九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mkk19.jpg

赤坂見附へ来て、丹下健三設計の赤坂プリンスホテル(赤プリ)を見れないのは寂しい気もします。バブルの象徴のホテルの一つでしたしね。2011年に営業中止され解体し、現在は東京ガーデンテラス紀尾井町に生まれ変わっています。(2016年7月オープン)

ホテルはザ・プリンスギャラリー東京 紀尾井町が入っています。


 

mkk20.jpg

旧李王家邸から赤坂プリンスホテル旧館を経て敷地内で曳家されたあと修復工事が進められ、2016年に料飲施設や宴会場を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」としてリニューアルオープン。ラ・メゾン キオイ はここにあります。


 

mkk1.jpg

ビルのど真ん中にこの施設があるのも多少違和感を感じますが。

 

 

mkk2.jpg

入口はここがフロントとして使用されていたのでしょうか。オープン当時は35室のホテルだったらしい

 

 

mkk4.jpg

メインダイニングはクラシックホテルらしい趣がありますね。

 

 

mkk3.jpg

今日の会場ははいってすぐ左手。席との間隔が狭くてぎゅうぎゅうで落ち着いた空間とは感じません。席を広くしてくださいと依頼したらテーブルがないので、無理と言われました。

 

 

mkk6.jpg

メニュー表は珍しく縦書き

 


 

mkk7.jpg

フォアグラ オレンジ アマゾンカカオ

フォアグラサンドをアマゾンカカオにつけていただ来ます。草のようなものは食べれません。

 

 

mkk9.jpg

帆立貝柱 リコッタサラータ 自然薯

 

 

mkk10.jpg

本鮪 蕪 プリムラ 八朔

 

 

mkk12.jpg

ジャンボ椎茸 太閤牛蒡 猪

 

 

mkk14.jpg

オマール海老 キャベツ ブール・ブラン

あまりにも海老が生生しく。

 

 

mkk15.jpg

豆乳 紅ズワイ蟹 エンドウ豆

結婚式の料理風の感動薄い料理も続きます。

 

 

mkk17.jpg

メインは

窯で焼いた和牛 小姫芋 ジュ・ド・オニオン

肉の脂身が多く、かなりこってり系。皆さんもこってりしてますねーと。私は半分は食べきれませんでした。

 

 

mkk18.jpg

デコポン フロマージュブラン ペルベーヌ

 

飲んだお酒

mkk5.jpg

ニコラ フィアット ブリュット リゼルブ

 

 

mkk8.jpg

ブルゴーニュ シャルドネ “ラ・ヴィニェ” 2017 (ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス)

ワインのラインアップは多くない。10,000円前後の価格帯も少ない。(6000円、7000円の白とかが多い)

 

 

 

mkk11.jpg

Eギガル の白 コート・ド・ローヌ ブラン

 

 

mkk13.jpg

GRAND BATEAU 2016

「グラン バトー」は、この輝かしい歴史を誇る最上級格付けシャトー「シャトー・ベイシュヴェル」の系譜を引く、優れた品質のボルドーワインです。

家のみならまだしも

 

mkk16.jpg

CHATEAU AMOUR 2014

MEDOC

 メドック北部で150年以上続く由緒あるシャトー・パニゴン。 オーナー夫妻が手掛ける「愛」という名の赤ワイン。 溢れる豊かな香りと、心地良いソフトな口当たり。

 

 

今日は美味しいワイン飲みたいというストレスもたまりました。

 

食べログ(掲載時点 3.57)

このページのトップへ

2019年3月10日 Posted time : 00:50 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02650.JPG

市房山がそびえる球磨郡水上村で山菜が出始めたと聞き、訪ねてみました。昨年は会社のHちゃんたちと一緒に山菜狩りのイベントに参加する予定も、嵐で中止。今年は、4月28日にイベントがあるらしく、今年こそ是非のがさず行きたいと思っているところ。こちらはまたジビエの里でもありますので、山菜&ジビエダブルで食べることができるこの時期ならではのお楽しみです。

ミシュランに載ったそば処山の幸館のそばも捨てがたいところではありますが、山菜&ジビエの魅力には負けてします。ここのおそばは本当においしい。温泉とおいしいものがいっぱいで水上村大好き。

DSC02661.JPG

ということでジビエと山菜を楽しむべく、市房観光ホテルさんへ!予約すればお昼に食事を提供してくださいます。こちらは山菜の天ぷら!シイタケ、フキノトウ、ホトトギス、花ウド、カキドオシ、ユキノシタ。本当に幸せの味。苦くて青臭くて最高です!これからの季節、どんどん山菜出てきますよ!

 

DSC02666.JPG 

こちらはしし鍋。みそ仕立てでこれまた美味です。コクのあるジビエとさっぱりした山菜って、最高の組み合わせだと感じます。

 

DSC02654.JPG

ロビーには山野草の絵はがきもアリ。

 DSC02653.JPG

 

うど味噌。本当にご飯泥棒です。これからは市房ダムの回りに桜が咲き誇り、桜祭りが開催されます。3月17日は花火大会などもありますよ!!<ya>

市房観光ホテル

球磨郡水上村湯山357

0966460234

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年3月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

obn18.jpg

東京では東の尾花、西の野田岩とも呼ばれる、鰻の超有名店に訪問します。尾花は明治創業で創業130年を超すお店。ミシュランでは鰻で1つ星を獲得しています。場所は南千住。

28年前に訪問

社会人2年目の時に訪問しています。当時はグルメ本で有名店を知る時代でしたね。友人と夜訪問して、私はこんなにうまい鰻があるのか、と衝撃を受けます。そして江戸川橋の石ばしなどを訪問するように。ということで28年ぶりに訪問。記憶の中で残っている鰻屋さんの一つです。

 

 

obn21.jpg

お店がオープンする前から並ばないと1巡目は無理でしょう。2巡目分で売り切れますので。昨年10月に座敷席からテーブル席に変更になり、11卓ですので最大22人。ここを訪問するノウハウは色々とネットに出ています。写真は敷地内にある稲荷神社。美味しい鰻を食べれることにお祈り。

 

 

obn19.jpg

お店の入口の左側は待合スペース。尾花の鰻はさらっときて、さらっと食べて帰るというより、この鰻を食べるという気持ちがないと無理ですね、並ぶの覚悟、しかし相当なる満足感を感じますので食はエンタメというのをはっきりと感じます。


 

obn20.jpg

冬は紺地に白字、夏は逆。韓国人など外国の方も多い。

 

 

obn4.jpg

テーブル席が並びます。以前は座敷でした。

 

 

obn1.jpg

私が座った窓側の席

 

 

obn2.jpg

鰻は店に入る前に注文しておきます。

うな重は 5300円(税別)と6300円の2種類。鰻のお店でも高額な部類に入るでしょうね。しかし普通の鰻屋に2回行くなら尾花で1回食べたいという鰻ファンも多いと言います。私はう巻を食べたかったので、小さいサイズにしました。28年前はいくらだったんですかね、2000円から3000円くらいでしょうか。


 

obn3.jpg

席に座っても鰻が提供されるまで時間がかかるので、日本酒を飲んだりう巻、焼鳥などの「あて」を頼むのが尾花流

 

 

obn5.jpg

う巻 2500円

値段もさることながら大きい。28年前にここではじめて「う巻き」を食べて衝撃的なふわふわ度と出し巻きの旨さに感激したのを思い出す。当時はいくらだったのだろう。たぶん1000円台前半くらいだろうか。

 

 

obn6.jpg

1人ではボリュームが多いのだが、うまいものは特別だ。

 

 

obn7.jpg

刻み鰻のボリュームもハンパナイ。タレにつけて食べるより、私はそのままが好きだ。

 

 

obn8.jpg

さていよいよ鰻が到着し28年ぶりの対面だ。肝吸いは400円

 

 

obn9.jpg

綺麗すぎる。この鰻をオーダーできる自分になったことにも感謝しつつ、鰻を頂くこととします。

 

 

 

obn10.jpg

尾花の鰻は蒸しと焼きが完璧だそうだ。

 

 

obn13.jpg

小サイズでも十分な量はある。

 

 

obn15.jpg

ふわふわすぎる。

そして普通の九州人の舌からすれば普通にタレは辛い部類に入るでしょう。このタレが鰻の旨さを十分に引き出しています。

 

obn14.jpg

雑な仕事の所がない。うなぎのタレも均一だ。

 

 

obn16.jpg

これはこれは「尾花の鰻」は素晴らしいと思いながら食べ進みます。鰻・タレ・ご飯が見事にコラボレーションマッチングしています。鰻重の三重奏。

 

 

obn11.jpg

さっぱりした肝吸いがとてもさわやか。

 

 

obn12.jpg

香物は きゅうり・白菜・人参の三点セットには及びませんが

 

 

obn17.jpg

米一粒も残さず完食。

東京うなぎ いいですね。

 

obn22.jpg

食べログ(掲載時点 4.11)

 

このページのトップへ

2019年3月 8日 Posted time : 00:22 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02554.JPG

久しぶりに國枝鮮魚さんに行きました。こちらは、海鮮丼をはじめとする魚介類がリーズナブル価格で楽しめるお店。午前中は、新鮮なお魚を店で購入することもできるんです。また「魚のおいしさを伝えたい」という男気あふれる店主は、車で新鮮な魚を行商もされていて、いろんなところのお得意さんから愛されていらっしゃいます。店主の國枝さん、いつ寝ているんだろう、いつご飯食べているんだろうと心配するのは、きっと私だけじゃないはず。

私よりさらに足繁く通う編集長の國枝鮮魚店バックナンバー(笑)↓

 

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

国枝鮮魚店(4) 熊本市水道町 今日も弁当売り切れ

 

 国枝鮮魚店(3) 熊本市水道町 やっと弁当

DSC02553.JPG

今回は、夜にお邪魔して、いろんなお料理をいただきました。その中で絶品だったのがこちらの太刀魚の煮付け。大人になるまで太刀魚を見たことも食べたことがなかったのですが、熊本に来てからは、そのおいしさに目覚めたわけです。淡泊でありながら、うまみもあるっていう稀有なおいしさ。自分で料理することはあんまりないので、お店で食べるとさらにおいしい。ちなみに太刀魚のお刺身は生まれてこのかたまだ一度も食べたことがありません。

kunieda2.jpg

 

これは別の機会にいただいた海鮮丼。見るも楽し、食べるともっとうれしい。

 

3号線沿いのこの看板が目印。ランチタイムは、店舗外左側に黒板メニューがありますので、限定ランチをチェックして入ることをオススメします!

 國枝鮮魚店

熊本市中央区水道町8の3トモイエフォートビル1F

096-353-5313

 

 

このページのトップへ

2019年3月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tomc14.jpg

取引先さんの転勤があり、大分にて送別会をセッティングしました。初めてだったのですがかねてから来たいと思っていた、トモクローバー大久保食堂さんを予約しました。12人でしたのでお店を貸切にしていただいて良かったです。声が大きくて、他のお客さんに迷惑がかかることは明らかですから。

 

tomc15.jpg

徒歩ではトキワ会館、センチュリーホテルを過ぎていくと看板が見つかりますので、それを左折。お店はすぐ見つかります。お店のコンセプトはホームページによると

あなたの“しあわせ”を
つくるレストラン

人生がより良い流れに変わる
キッカケとなる
幸運のフレンチレストラン 

四葉のクローバーはしあわせから来ているのですね。こちらの大久保智尚シェフはフランスでの8年の経験があり、2016年にトモクローバーをオープン。

 

コース料理を頂きながらワインを飲みましょう。今日の乾杯はドラモット シャンパン(画像なし)

 

tomc1.jpg

アミューズはシューでチーズをくるんだもの。

 

 

tomc2.jpg

サツマイモのスープ。寒い冬には少量の温かいスープが胃をあたためてくれるから嬉しいです。

 

 

tomc5.jpg

写真が綺麗ではないので、小さいですがイカ、サバ、茄子のマリネ風。

 

 

tomc8.jpg

魚(なにか忘れました)

ソースが本格的で美味しかったです。


 

tomc10.jpg

メインはチキンです。肉はホロホロになっていていますが、やわらかすぎず肉の食べごたえもあり、トリュフとマッシュルームスライスが華を添えます。

 

 

tomc12.jpg

料理はショートコースにしていましたので、チーズの盛り合わせを頼むことで赤ワインを頂く余韻の時間が出来ますね。

 

tomc13.jpg

デザートも美味しかったです。大久保シェフとお話をしました。私も結構東京のフランス料理には行くのですが、シェフも相当お詳しいようで、今週も東京に行きますと言ってらっしゃいました。お店の出口には東京の名だたるお店の名刺がずらっと置かれてありました。

 

?ワイン編ー

tomc3.jpg

Touraine Sauvignon Blanc 2015

生産者 ドメーヌ・ジャン・マリー・ペネ
生産地 ロワール トゥーレーヌ地区
品種  ソーヴィニヨン・ブラン種


 

tomc4.jpg

フランソワ・セルヴァン(マルセル・セルヴァン) シャブリ 2015

産地:フランス ブルゴーニュ地方 シャブリ地区

原産地呼称:A.O.C.シャブリ

品種:シャルドネ100%


 

tomc6.jpg

白3本目はテイストを変えて、アルザス リースリング

ドメーヌ・ポール・ブランク リースリング[2016]
Domaine Paul Blanck Riesling

ブランク家では「テロワールの持つ力を最大限に引き出すこと」を家訓とし、これを忠実に守ってワイン造りは行われています。

アルザス地方に、5つのグラン・クリュを含む36ヘクタールの畑を所有し、複雑な南向きのシュロスベルグの畑ではリースリング種が、隣のフルシュテンタムの畑は泥灰質、砂岩石灰岩の比率が高く、ゲヴュルツトラミネール種とピノ・グリ種が栽培されています。

 

 

tomc7.jpg

Cassis Blanc Clos Sainte-Magdeleine

味わいコメント:フレッシュでミネラルの風味が際立つカシの白ワイン。魚介類全般にぴったりの白ワイン。



 


tomc9.jpg

[2015]ジュヴレ・シャンベルタン/フレデリック・エスモナン
Gevrey-Chambertin/Frederic ESMONIN

シャンベルタンを筆頭に4銘柄のグラン・クリュを擁し、評価を上げているジュヴレ在のつくり手

 


IMG_0091.JPGボルドーは

 シャトー・シャス・スプリーン [2011]
Chateau Chasse Spleen

シャス・スプリーンは傑出したシャトーである。 過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、 3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。 貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは 突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと丸みのあるしっかりとした風味で特徴づけられている。(ボルドー第4版より抜粋) 


tomc11.jpg

最後の赤は、スパイシーなワインで決めましょう。

ドメーヌ・シャルヴァン  シャトーヌフ・デュ・パプ 2010  750ml 

ブドウ品種:グルナッシュ85%, シラー, ムールヴェードル, ヴァカレーズ  カラー:赤  ボディ:フル  スタイル:辛口


料理もワインも美味しかったと参加者の皆さんからは好評でした。

 

食べログ(掲載時点 3.25)

 

ホームページ



 

 

 

このページのトップへ

2019年3月 6日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

DSC02610.JPG

 

熊本市中央区上通にある高級生食パンの乃が美さん。遅ればせながらやっとデビュー。お友達にプレゼントしていただきました。この前食パンについての一考察したばかりでしたので、今回は、そのおいしさに迫ります。二人暮らしだとなかなか1本食べ尽くすのは勇気がいりますが、さすがおいしい食パンですね、結果からいうと、1本ぺろりとたいらげてしまいました。見た目は普通の食パンです。でも耳までおいしいと評判なので、期待度マックス。

DSC02612.JPG

 

もちろん最初は焼かずに何もつけずに食べて見ました。カット面で決めの細やかさとしっとり感がわかりますね。一口食べると、ふんわりしっとり。食感のよさだけでなく、ほんのり蜂蜜が甘くて小麦の香り。乃が美のパンは、卵が入っていないらしく、アレルギーの方も安心して食べれるとのこと。またバターではなくオリジナルのマーガリンを使うことでこのおいしさを引き出しているとHPにありました。段階的に食べていくと生でもおいしいですが、焼くとさらにおいしくなることを発見。外がかりっとすることで、中のふんわりがさらに引き立つ感じでした。ハムとチーズを乗せて焼いたり、そのままシンプルにバターをつけて食べたり、どんな食べ方をしてもおいしい!ちなみにお友達は予約なしで買えたとのことでしたが、熊本店のホームページを見ると前日までの予約がベターのようです。<YA>

乃が美 はなれ

熊本市中央区南坪井町4?11国友酒店テナント

0963216558

 

 

 

このページのトップへ

2019年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

siny7.jpg

 ようやく2度目の訪問となりました。行列やお休み、またまた自分の胃の調子などを言い訳けにして約2ケ月ぶりの訪問。今日は雨とあってか行列なし、ラッキー。


熊本スパイスカレーブームの新星であり、異色な雰囲気のエスニックな外観のお店。出水の住宅地にありますからまさしくそれも際立ちますね。

 

 

siny8.jpg

カレーは2種類。

激辛 か キーマ。今日はキーマと決めてます。

5人いたら4人激辛1人キーマ、みたいな感じでしょうか。キーマは1から5まで5段階の辛さ調整ができるので、辛いのだめな人でもいけるのか。

私はとりあえず3にしてみました。

 

 

siny1.jpg

20分ほどして到着。

1人で5人分調理された後でしたので、それにキーマは鍋でオーダーごとの作成となります。ライスは普通

 

 

siny2.jpg

固ゆで半玉がのってます

 

 

siny3.jpg

ほとんど肉ですよ。水分は少ない。

 

 

siny4.jpg

少しのせて頂きます。ドライカレーですね。

 

 

siny5.jpg

やはりカレーは食べてみないとわかりませんね。

是非食べに来てください!


 

siny6.jpg

全部肉をのせてから食べます。

3、中辛でも辛いですが、さわやかな山椒風味もあってか、するする入っていきます。


このキーマ、やはりもう一度食べたくなりますね。もちろん激辛も食べたくなります。

 

今度また食べに来ようっ と

思うほど

 

前回の記事

住宅街の中に行列カレー 深夜特急 熊本市出水

 

食べログ(掲載時点 3.33)

前回より上がっている。

 

 

 



 

このページのトップへ

カレンダー

2019年4月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー