九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2020年2月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1944.jpg

都シェラトンホテル東京の四川に半年ぶりくらいに来ました。ここの四川料理は東京でも有名らしいです。私は以前ランチが美味しかったので再訪。朝食券をランチ券に転用。朝食寝過ごしたわけではないぞ。

 

IMG_1946.jpg

静かなロケーションが売りのホテルだけあって落ち着くなぁ。お客様も平日だと打合せ系のビジネスマンとか、マダムさんとかが主体。フツーのランチサラリーマンはほぼいないですね。価格も少し高め。

 

IMG_1945.jpg

ランチセットは2200円に税サ。マリオットのエリートカードがあれば20%オフになります。以前2400円だったのは値下げになったのかなぁ。と思ったら以前は税(8%)、サ(10%)が含まれていたんだ。


メインが選択できます。

1.豚肉と葉ニンニクの唐辛子炒め

2.鶏肉の四川香辛料入り辛子煮

3.牛肉と青菜の炒め

4.海老と菜の花の卵炒め

辛くないのを選びたいので4ですね。

 

+1000円で四川激辛麻婆+デザート に変更可能。今回も普通で行きます。

 

IMG_1948.jpgザーサイ

蓮根と黄ニラの中国漬け菜和え

小松菜と蟹肉のスープ

 

 

IMG_1949.jpg

同時に

麻婆と卵炒め 到着。

 

 

IMG_1950.jpg

これだけの辛さで十分な麻婆豆腐。そしてご飯と一緒に食べると特に旨い麻婆ですね。これより激辛というやつはどんだけなんだろうと思ってしまいます。きっと食べたら頭のてっぺんから汗が吹き出し、毛が抜けそうなんだろうなぁ。

 

IMG_1951.jpgでかい海老が何匹も入っている贅沢な炒め物。卵の量もたっぷり使ってあって、卵とりすぎじゃないかと思うので、控えめにしてしまう。さすが四川料理でも辛くない料理も選べるというのが嬉しい配慮ですね。ごちそうさまでした。

今度激辛陳麻婆豆腐を食べに来ます。

 

四川という名の四川料理 東京・白金台

 

食べログ(掲載時点 3.75)

このページのトップへ

2020年2月15日 Posted time : 00:58 | Category : 熊本グルメ情報

DSC05248.JPG鉄板焼きの佳紋さんへ。お目の前で焼いて下さるので、お肉が食べたいときに家族でよく訪れるお店です。個室もあるので家族連れでも安心して楽しむことが出来ます。今日は鉄板で。サーロインとヒレを頼み、半分ずつ食べることに。

 

DSC05257.JPG

サラダ。

DSC05259.JPG

 

ドレッシングもオリジナルです。縁結びドレッシングという名前なのですね。ステキ。

DSC05250.JPG

コンソメの茶わん蒸し。濃厚美味。

DSC05256.JPG

エビ。

DSC05255.JPG

アワビ。

DSC05253.JPG

肉を焼く準備に入るシェフ。

DSC05261.JPG

ヒレ&サーロイン混合で、焼き立てを少しずつ出してくれます。どちらも味わうっていいな。それぞれおいしい。

DSC05264.JPG

これまでは焼きめしか白ご飯か選ぶっていうスタイルでしたが、焼きめしのみになっていました。焼きめし以外頼んだことないので、正解と思う。みんなそうなのでしょう。

DSC05262.JPG

お漬け物とみそしる。必ずついてくる律義さが好き。

DSC05266.JPG

 

デザートのブリュレもおいしい。ブルーのは塩のアイスだったかな。

DSC05265.JPG

 

コーヒーは最初は四つ葉型ですが、飲み干すごとに、ハート型になるかわいいカップです。

DSC05249.JPG

ランチタイムも一度は行ってみたいモノ。家族の節目に、佳紋ありです。<YA >

佳紋

熊本市中央区上通待ち3の15ステラ上通りビル

0963514129

 

 

このページのトップへ

2020年2月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1952.jpg

中目黒にあるミシュラン1つ星のフランス料理、クラフタル。2015年9月オープンです。カウンター6席、テーブル席は18席。目黒川沿いにあるビルの2階がお店です。

 

IMG_1953.jpg

コンクリートと木をベースとしたシンプルモダンな北欧テイストの店内。桜のシーズンは目黒川沿いの満開の桜が広い窓から見えることでしょう。ライトアップされてさぞかし綺麗だと思われます。

シェフは大土橋真也 氏( オオツチハシ シンヤ)1984年1月、鹿児島県出身の若きシェフ。「ザ・ジョージアンクラブ」「ジョエル・ロブション」にて腕を磨き渡仏。パリのネオビストロ「サチュルヌ」での勤務を経て2013年に日本。「レストランアニス」にて従事したのち、2015年9月に【CRAFTALE】をオープン。

 

 

IMG_1955.jpg

ディナーのコースは10,000円(税・サ別)と東京フレンチミシュラン店としては安い部類に入ると思います。20,000円の特別コースもあるようです。

 

 

IMG_1956.jpg

ホタテのチップス 木の皮かと思いましたよ。クリスピーな食感と帆立の味がしみわたる。

 

 

IMG_1957.jpg

こちらも帆立

 

IMG_1959.jpg

コーヒー、デザートに見立てたアミューズ

マッシュルームのスープやアイスにみたてたクリームなどなど。メニュー表はありませんでした。その時聞いてすぐ忘れてます

 

 

IMG_1961.jpg

食感が面白い。

クリスピーだったり素材と素材を組み合わせた感じで

「CRAFTALE(クラフタル)」とは、「CRAFT(クラフト)=手技」、「TALE(テール)=物語」の二つを重ねた言葉で、「生産者の愛情と情熱をお客様へと紡ぎ伝えるレストランであり続けたい」という想いが込められているとのこと。

そして

それぞれのお皿にストーリーを持たせているとのこと。個人的には皿の色だったりとても興味を惹かれました。

 

IMG_1962.jpg

 

 

IMG_1963.jpg

中から黄身がでてきて、まぜていただく。

 

 

IMG_1964.jpgIMG_1966.jpg

見た目にも綺麗で美味しい。

 

 

IMG_1967.jpg

デザートの器はスガワラで中に綿が入れられている。まるでドライアイスを使ってあるかのように見える。

 

IMG_1970.jpg

このデザートも美味しかったな。小枝と土のような感じのデザート

 

IMG_1971.jpg

中からクリームが出てきて混ぜ混ぜしていただく。

食感がサクサクアンド、、、で面白い。

パンも色々あるようです、パン食べなくても適度な量でした。

 

IMG_1954.jpgIMG_1958.jpg

ヴージョブラン クロ・デュ・プリウール “モノポール” [2013] (ドメーヌ・ドゥ・ラ・ヴジュレ)
Vougeot Clos du Prieure (Monopole) Blanc [2013] (Domaine de la Vougeraie)

わずか0.82haの畑から年産わずか約3300本のみ新樽比率25%、13ヵ月オーク樽熟

 

IMG_1965.jpg

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 

クラフタルホームページ

 

 

このページのトップへ

2020年2月13日 Posted time : 00:04 | Category : 熊本グルメ情報

DSC05292.JPG

フォローしているコムシロンカフェさんのインスタで紹介されていました「丸っと!カマンベールのトマトソースパスタ」をランチタイムに食べに行きました。かなりの迫力。美里町にあるコムシロンカフェさんの本店では、すでに大人気メニューなんだそうですよ。どどーんと丸ごとのカマンベールをあぶってあります。これ考えた人天才だなー。カロリーなんて気にしない気にしない。

 

DSC05296.JPG

 

カマンベールをわってみるととろーっと雪崩が起こるところもポイント高。動画で撮るとなかなかの臨場感があると思います。中もあつあつとろっとろです。トマトベースのパスタと絡めて食べるとカマンベールならではのコクと香りが、トマトパスタに憑依するところがポイントですな。ワインが欲しくなる一品です。<YA>

コムシロンカフェけやき通り店

熊本市南区出仲間1の3の1

0963704661

 

 

 

このページのトップへ

2020年2月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

熊本でもビッグネームの会社の方の叙勲の祝賀会に出席しました。料理のメニュー表の食材すごくてびっくりしていたのですが、実際食べても驚きでした。

 

IMG_1995.jpg

伊勢海老のフリットとうに・いくら・酒粕でマリネしたフォアグラのコンフィ フヌイユのピュレ

旨みを凝縮させたKUMAMOTOコンソメジュレ ソースコライユ

天草産ひおうぎ貝とキャビア カリフラワーのマリネ カラスミ和え 柑橘風味のヴィネグレット

山都町アグリージュのフレッシュハーブ


メニュー名です。2皿にしようとおもえばできる前菜。伊勢海老には金さん・銀さん(金粉・銀粉)。うに、いくら。宝石箱やー


 

IMG_2001.jpg

鮑と筍のラグー 肝のロワイヤル

フカヒレと生ハムのブイヨン 春菊 レモンの香り


鮑とフカヒレの出会い。うーん何ともいえない濃厚スープだ。

 

 

IMG_2002.jpg

メニュー表にはない一皿

キャビアと馬肉タルタル

キャビアの上に金さん・銀さん。こんなに会うことないのですが。褒章と関係ありや。

 

 

IMG_2003.jpg

天草御所浦産 真鯛と湯島大根のステーキ オリーブと蕗味噌のコンディモン

柚子風味のブールブラン チョリソーのオイル

 

IMG_2004.jpg黒毛和牛フィレ肉のポワレ 菊池古代米のガレット 彩々野菜

パルミジャーノ風味 冬葱とトリュフのソース

お肉やわらかっ

 

IMG_2005.jpg

銀座久兵衛さんのお寿司

 

 

IMG_2006.jpg芦北産レモンと玉名天水産苺「恋みのり」 パヴロヴァ

 

約3時間と少し。ゲストの歌もすごかったなぁ。思い出に残りました。

このページのトップへ

2020年2月11日 Posted time : 00:52 | Category : 熊本グルメ情報

DSC05359.JPG念願だった並木坂のタイ料理店、カートルアンさんにデビューしました。とにかくおいしいと評判のお店。南区の名店マイタイさんで腕を振るっておられたシェフなので、間違いなし。わたしの好きなメニューがずらり!全部食べたいのですが限られた胃袋にどれをチョイスするのかは悩みどころです。辛さも選べるのでピリ辛苦手の方でも大丈夫です。

DSC05380.JPG

パッドポンカリー。エビのカレー卵とじ炒め。のっけからおいしい。

 

DSC05361.JPG

生春巻き。なんておいしいのでしょう。一つひとつがいちいちおいしい。

DSC05366.JPG

裏メニューのパッタイ。世の中にあまたあるパッタイの中で、一番愛するパッタイ。マイタイさんの時からうまさぶれることなし。

DSC05377.JPG

ラープガイ。はっぱに来るんで食べます。

 

 

DSC05365.JPG

モンゴウイカのクリーム煮。

DSC05373.JPG

ガパオ。

DSC05360.JPG

ローストビーフ。

DSC05363.JPG

蒸し豚バラ肉の八角ニンニクソースかけ。

DSC05375.JPG

名前を失念してしまったキャラメルがかかったホットドリンク。おいしい。かなり食べました。食べたすべてがおいしく、大満足。ランチタイムはビュッフェなのでこちらもお邪魔したいと思います。<YA>

カートルアン

熊本市中央区城東町1−5−42 パレイシャル生駒3 1FC

096-288-1688

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年2月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1912.jpg

2018年1月以来の2度目の訪問になります、東京白金のフランス料理アルシミスト。2018年に外観のリノベーションをされていて、以前は紫と白を基調とした柔らかい雰囲気だったのですが、今度は木のドアに変更されてちょっと高級感がアップした外観に。この周辺はフランス料理が多くある地帯です。

 

IMG_1913.jpg

以前もシェフの気のこもった美味しい料理で良い印象でしたので、2度目も早く訪問したかったのですが、なかなか来れず。今回4人で訪問。

 

IMG_1914.jpg

お皿の上にのった小さなビーカーの下にメニューが。Les Alchimistes「アルシミスト」はフランス語で錬金術師の意味、素材と素材が組み合わさるというような意味でしょう。素材中心ですが書いてあるだけで嬉しいものです。何品でるとか、あとどれくらいとかわかりますからね。

 

IMG_1915.jpg

全11品。アルシミストは14席のフランス料理でミシュラン一つ星を獲得しているレストランでも小さな部類に入ります。ここより席数が少ないところといえば、オルグイユ12席、ル・コック11席、アルゴリズム8席 こんな感じですか。

 

オーナーシェフであられる山本健一シェフと笑顔の素敵なソムリエの飯塚麻希子さんのワインセレクトで奏でるアルシミストの料理達。これからどういう楽しみがあるのでしょうか。山本シェフはフランスに8年間滞在、最後は「The Worlds 50 Best Restaurant」の上位店「シャトーブリアン」で働いた経験を持ち、ガストロノミーポップをコンセプトにアルシミストを2011年7月にオープン。

IMG_1917.jpg

紫黒米(しこくまい) 熊本産

からすみ

サクサクしたおせんべいのような

前回も紫黒米せんべい頂きました。

 

IMG_1918.jpg

金時人参

 

IMG_1924.jpg

雲丹

 

IMG_1925.jpg

温かい雲丹がとろけるような味わいでした。

 

IMG_1926.jpg

ポロ葱

 

IMG_1927.jpg

帆立のトリュフのサンドとスープが絶妙にマッチング

 

IMG_1928.jpg

鰆、紅くるり大根、大葉

 

 

IMG_1931.jpg

ずわい蟹、根セロリ、葉にんにく

食感もよくて量も、提供のスピードも早すぎず遅すぎず、こちらのスピードにちゃんと合わせてくれている感じ。

 

IMG_1933.jpg

あんこう、マッシュルーム、たまねぎ

 

IMG_1935.jpg

短角牛、ケール、ピルピル


 

IMG_1940.jpg

ヴェルベーヌ、レモン

 

IMG_1941.jpg

みかん、オリーブ、チョコレート

料理も重くなく、量もヘビーでなくとても美味しくいただけます。今日はワインとのマリアージュも良かったですね、特にブルゴーニュの赤

 

IMG_1916.jpg

ジャック・ラセーニュ レ・ヴィーニュ・ド・モング エクストラ・ブリュット

Jacques Lassaigne Les Vignes de Montgueux Extra Brut

 

IMG_1938.jpg

ドメーヌ・ルロワのアリゴテ 2008 (白)、

ニュイ・サン・ジョルジュ1er クロ デ ザルジリエール 2003 Nuits-Saint-Georges 1er Cru CLOS DES ARGILLIERES

IMG_1930.jpgMEURSAULT 2016

 

食べログ(掲載時点 4.13)

アルシミスト ホームページ

 

レストラン アルシミスト(1) 東京・白金高輪 ミシュラン☆一つ

レストラン アルシミスト(2) 東京・白金高輪 ミシュラン☆一つ

 


このページのトップへ

カレンダー

2020年4月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー