ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2017年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fjm14.jpg 神田で会議があり、軽く飲もうということでこちらのお店にやってきました。神田の大通りから少し道に入った所にあります。日本料理ふぐ料理 藤むら。今は夜の営業しかしていないようです。店を知らなければ先ず入店することがない。HPによると昭和47年開業とのことなので、歴史は相応にありますね。

 

fjm15.jpg壁面のメニューをみて食べたいものをどんどんオーダーします。大人の居酒屋です。子供の居酒屋はないけど。


fjm1.jpgお付だしの細いアスパラガス タルタルソース

 

fjm4.jpgもずく酢 500円

 

fjm2.jpg刺身の盛り合わせ あわびはコリコリ 金額不明ということで

 

fjm3.jpgまぐろは美味しい

 

fjm5.jpgポテトサラダは鉄板ですね。 500円

 

fjm6.jpgくじらベーコン 1000円 私は食べませんでした。というか気が付いたら無くなってた。

 

fjm7.jpgまぐろぶつ 金額不明

 

fjm8.jpg焼酎のおともにはこれ、私も大好き エイヒレ 550円。

 

fjm9.jpgこれも好きな人が多い 地鶏の唐揚げ 800円

 

fjm10.jpg食べ過ぎに注意 私も大好き ギンナン 750円

 

fjm11.jpgメバル煮付け 1100円 食べる暇がなかった。

fjm13.jpg以外にヒットだと思ったメンチカツ 650円。ソースがたっぷり。

 

fjm12.jpgやっぱりこれは外せない。出し巻き玉子 650円。ふわふわでいけますね。

 

これ以外にも何品か頼んだ気もしましたが、私はあまり食べていませんね。では。TT


藤むら ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.22)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

このページのトップへ

waku

2017年6月23日 Posted time : 00:25 | Category :

DSC06266.JPG

 

大好きなタイ料理のお店、ソイマーニーさんへ。

2016年2月

2016年5月

2017年2月

今回は、新メニューマッサマンカレーに挑戦です。かつてNHK朝ドラで有名になった「マッサン」じゃありません。マッサマンカレーとはタイカレーの一種なのだそう。このマッサマンカレーって、2011年にアメリカの旅行情報サイト「CNN TRAVEL」のWORLD'S 50 BEST FOODS(世界で一番おいしい食べ物ベスト50)のランキングにおいて1位を獲得したのだそう。けっこう有名なカレーなのですね。グリーンカレーとレッドカレーくらいしか知りませんでした。

 

DSC06271.JPG

こちらがマッサマンカレー。ガイ(チキン)が使ってあります。ココナッツミルクが入っているのか、ちょっとミルキーな色ですね。味は、見た目より辛くてとっても好みの味でした!こちらのシェフはタイ暮らしが長かったので、本格的な味付けでいつも感動します。最近はCOCOSAの西部ガスショールームヒナタでタイ料理のお料理教室もなさっているみたいですよ!こんなのおうちで作れたら家族も大喜びですよね!<YA>

ソイマーニー

熊本市中央区九品寺3ー16ー22

050 1538 4862

休/水曜

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

HONM4.jpg

創業文政十年(1827年)というから歴史180年以上という老舗。徳川二の丸御用商として、芝田村町(現在の港区芝二丁目)付近に海老屋鉄五郎が業を成す海老屋が屋号であるが、親しい同志から「ての字」と呼ばれていたらしく現在の会社の屋号も(株)ての字。慈恵医大のすぐ近くにある。

 

店頭ではお持ち帰りの人が並んでいました。人がいなくなって店舗撮影。

 

HONM5.jpg次から次へと鰻が焼かれていく。

 

HONM6.jpg弁当は1100円から3700円の豪華版まで色々と取り揃えてある。鰻屋さんの値段の差はほとんど鰻の量だから、わかりやすい。

 

HONM7.jpg東京のランチタイムは激戦だね。鰻屋さんだって例外にもれず、多くの人が来るわ来るわ。早い時間から昼食食べている人が多いのも東京の特徴なのか。私も出張族だから早めのランチにしないと美味しいものにはありつけません。うな重 上 2800円をセレクト。いまや都内2000円台のお重は安くさえ感じます。特上ですら3000円台です。

 

tenoji111.jpg

しばらくして到着。綺麗に焼けたうなぎ。綺麗です。個人的には好きな焼き加減の色目をしています。肝吸いとお新香。しかしうなぎ1匹というわけではなく、一部ないのがわかりますね。頭としっぽの部分です。

 

HONM1.jpgパーツを見ましょう。やはり綺麗な色をしています。いいんじゃないですか。香ばしい香りで期待感が高まります。

 

HONM2.jpg

丁寧な肝吸い。三つ葉が沢山入っていますね。

 

HONM3.jpg鰻の厚みは決してあるわけではないですが、大き目のうなぎを使用していると思います。そして焼き加減がよいだけに、味もふわっとしながらも、食感があり、炊き加減は文句ないご飯とのマッチング、たれとのマッチングも絶妙で、旨い旨いと思いながら箸が進みます。特上も食べてみたい。そう思わせる老舗のうなぎ屋さんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)



このページのトップへ

waku

2017年6月21日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

DSC06275.JPGやぎ・・・。熊本では食べる食文化はありません。少女ハイジが飼っていたヤギのユキちゃんのイメージが強く、沖縄でやぎ汁とか聞くとついついユキちゃんの顔が浮かび、まだ挑戦したことない。ということで、沖縄みやげでいただいたやぎののむヨーグルト。パッケージには、やぎが「うめぇ?」と言っている絵が描いてあります(笑)。

はごろも牧場は、中頭郡中城村のサトウキビ畑が広がる海が見渡せる場所にあるのだそうです。中城村は縁があって行ったことがありますが、朝になると聞いたこともない(南国の)美しい鳥のさえずりが聞こえ、海を見渡せる場所にあります。ヤギの牧場があるとはまったく知りませんでした。沖縄って田舎に行けば行くほど、異国です。あの鳥のさえずりや見たことのない草花に、ついつい興味津々です。

 

肝心のやぎみるくのむヨーグルトですが、オリゴ糖バージョンとプレーンの二種類あるようです。適度にとろっとろで、飲み口も思ったよりあっさり・・・と思いきや、3秒くらいすると「あー、確かにヤギっぽい」という感じ(笑→説明わかりにくっ!)。ラム肉などが好きな人は、ちょっとハマるかもしれませんね!通販もあります!<YA>

 

ヤギ汁にも挑戦してみたい。

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kurumar6.jpg

色んなグルメを網羅するのが編集長コラム。今日はくるまラーメンです。ここ数か月たまに家の近くを通りかかっていたので気になっていたんです。中学生の時家の前を通るラーメン屋を追いかけた!夜食で食べた事数回。あの思い出はまだ私の心に残っている。チャララーララ チャラララー チャルメラの哀しげな音。体験というものは貴重だ。昔、このチャルメラはエンドレステープ(なつかしい)に録音されていること。ラッパで吹いたのを録音していることを聞いた。お腹がすいたころにやってくる。今日は奥さんに許可を得て外に飛び出た。カメラは忘れない。

 

kurumar2.jpg

おじさんは車のスピードを落とし路駐してくれた。軽ワゴンに赤文字で「くるまラーメン」と書いてある。そのまんまの屋号。あっという間に私の後に続いて3人ほど行列が出来た。良かったねおじさん。メニューの写真を撮るのを忘れたが、普通のラーメン 500円、 大盛りとチャーシュー麺は700円と。今日は普通のラーメンにしよう。

 

kurumar1.jpg

今日は雨が降っている。シトシト雨とチャルメララーメンは似合う。ラーメンを作っている間におじさんと世間話。いつからやっているのか、どこから来ているのかなどなど。多くの人に聞かれるのだろう。12年ほど前から初めており菊池市から来ているよう。ネット情報にもよれば四国の方で熊本ラーメンのうまさにはまり、脱サラして菊池で来来ラーメンをフランチャイズでやっているけど、こうして自分のラーメンを求めて、くるまラーメンをやっているとのこと。

この光景、中学生時代の自分を思い出して胸が熱くなった。

 

 

kurumar3.jpg

ブログに掲載しますと言ったら快諾してくれた。昔と違うのはチャルメラが聞こえたら携帯に電話してくださいと。時代は変わった。昔はラーメン屋を追いかけて走る時代だった。

 

 

kurumar5.jpg

ラーメンを楽しそうに作っているおじさん。一体1日何杯くらい売れるんだろう。相当な重労働に違いない。

 

kurumar7.jpg

出来上がったラーメン。発砲スチロールの丼に入れてくれた。ねぎ、きくらげ、チャーシュウ、玉子といったシンプルな豚骨ラーメン。麺カタとか注文できるのだろうか。

 

kurumar4.jpg

揚げニンニクは3杯まで。そんなに入れたらニンニク臭くなっちゃうよ。だから1杯。

 

kurumar8.jpg

家に持ち帰るのに、輪ゴム付きラップで蓋を作ってくれた。これがいい味を出している。

 

 

kurumar9.jpg

蛍光灯の下だと以外に黄色っぽいスープ。中学時代と比較して旨いものや有名なラーメンをもいっぱい食べてきたから、どんな風に味を感じるだろうか。丼のまますすってみると、想像したよりボディを感じるスープ。少し脂っぽさを多く感じる豚骨スープではありますが。

 

 

kurumar10.jpg麺はもうちょっと固めが好みかな。でも十分いける麺。丁度ラーメンを食べているときに車のチャルメラの音が遠ざかっていった。真冬の寒い時に食べてみたい。TT

 

PS. その後何度かチャルメラの音を聞いていますが、夜の12時前に音が大きくなった気がするチャルメラはどうかなぁ。。

 


このページのトップへ

waku

2017年6月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

urizn1.jpg 今回の沖縄訪問メンバーで初沖縄の方がいて、ホンマモンの沖縄料理が食べたいらしく、「うりずん」さんを予約して訪問しました。2次会という位置付けで9時くらいだったのですが、沖縄タイムではまだまだ1次会スタートのような時間帯。

ここは国際通りから少し距離もあり、普通に観光客が歩いてふらっとお店に入る、というような場所にはありません。だからふらっと客というのはここにはいません。検索してきた人はいるでしょうけど。私は6年ぶりくらいの訪問で3回目。うりずん本館のレトロ感あるたたずまい。沖縄三味線の音楽が聞こえてきそうです。

 

urizn2.jpg パンフレットのようなカタログがメニューになっており、写真付なので初心者にも選びやすし。裏面にもあります。さて、皆が食べたいものをどんどんと頼みましょう。まずはオリオンビールと泡盛で乾杯。

 

urizn3.jpg

ラフテー 864円 豚のエグミもなく箸で切れる三枚肉の柔らかさ。


 

urizn5.jpg

島ダコ刺身 864円  沖縄でとれるタコは島タコ。やや身が固くかめばかむほど・・・・これは本土で食べるものとあんまり変わらないかなぁ。

 

urizn4.jpg

島らっきょうの天ぷら 540円。 サクサクあっさりと食べられる島らっきょう。泡盛に合うね。おいしくてもう一皿オーダー。

 

 

urizn6.jpg

ドゥル天 648円。うりずんがドゥル天の発祥と言われる。ドゥル天とは田芋に豚肉、カマボコ、しいたけを混ぜてカラリと揚げた田芋のコロッケ。

 

urizn8.jpg

もずくの天ぷら メニューに載っていなかったが作っていただきました。カリッとしてかき揚げみたいで旨い。

 

 

urizn10.jpg

ゴーヤーチャンプルー 648円。 もう超有名な沖縄料理。洗練されたゴーヤーチャンプルの味。ゴーヤ自体の美味しさを感じる。

 

 

urizn11.jpg

ゴーヤーチップス 540円。カリッとあげてあるにも関わらず、水分が飛んでおらずゴーヤーのうまみが凝縮されたチップス。私のお気に入りメニュー。泡盛もチップスも止まらなくなる。


 

urizn9.jpg

ヒラヤチー 540円。 沖縄風お好み焼きです。

 

 

urizn7.jpg焼きそば 540円。 麺は沖縄そばの麺。

 

2次会の割にはしっかり頂きました。今日は〆のステーキという選択はありませんでした。美味しかった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.64)


 

 

このページのトップへ

waku

2017年6月19日 Posted time : 00:04 | Category : 熊本グルメ情報

 

 DSC06729.JPG

 

 

以前からずっと気になっていた水前寺のレストランオレゴンさんに行きました。ここは、ハンバーグとオムライスがとてもおいしいと評判のレストラン。ランチタイムを少し外して行ったのですがそれでもお客さまは多かったです。客層は、ビジネスマンの方も多いですが、「水前寺ネーゼ」(つまりジモティー)の方が、自宅からちょっとお昼食べにきましたーみたいな方も多いです。気取らない雰囲気が地元の方に長年愛されているのでしょう。

 

DSC06723.JPG

 

壁にはアスリートのお写真多数。ご主人が野球好きなんでしょうね!自主トレなどで熊本に来られたときに立ち寄られるのでしょう。

 

DSC06725.JPG

周りの人はハンバーグやオムライスをオーダーされている方が多し。しかし、日替わりがとんかつでしたので、とんかつにしました。定食感満載で、小鉢もしっかりおいしい!とんかつも少々薄めではありましたが、アツアツで、これで1000円しないのは、お財布に優しいですね。ご飯少なめに盛ってもらえばよかった。満腹です!

 

DSC06727.JPG

しっかりコーヒーまでいただきました。隣の人の大きいエビフライが気になりました。次回はエビフライにしよう。<YA>

レストランオレゴン

 

 熊本市中央区水前寺1の6の11

096(385)6865

 

 

 

 

   熊本市中央区水前寺1-6-11   電話:     

このページのトップへ

waku

カレンダー

2017年7月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー