九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2017年10月25日 Posted time : 00:34 | Category : 熊本グルメ情報

DSC07394.JPG

山鹿市にてランチタイムぎりぎりに滑り込んだ大好きなお店ビストロシェルコパンさん。何度かご紹介していますが、今回はランチコースA(1100円)をオーダーしてみました。前回はランチコースB(2200円)。Aはサラダとメインとドリンクです。それにしてもいつ来ても気持ちのよいお店。何もかもすっきりしています。サラダに、クスクスがかかっていたのが、何よりうれしい。もちろんおやさい超絶フレッシュ。

 

20177月5日クスクスディナー

2017年6月13日ランチB

2016年2月15日ディナー

2016年11月ディナー若鶏の栗レバー包み焼き

 

 

DSC07396.JPG

パン。好みの味。このあと追加で出てきましたが、持って帰りました。全然関係のない話ですが、最近、グルテニストの私はフランソアの全粒粉ソフトフランスというパンにはまっています。サンフランシスコのサワドウブレッド思い出す味。

 

DSC07398.JPG

若鶏のソテーマスタードソース。サラダ風ご飯とか、焼き野菜とか付け合わせ。

 

DSC07400.JPG

 

外はパリっ!と仕上げ。中は、ふんわり柔らか。アツアツで、カメラ湯気でくもる。マスタードソースって、家で作っても、酸っぱすぎたり焦げ付きやすかったりでいろいろ。ほどよくならないのですよね。チキンもこんなに柔らかくならないものです。

 

DSC07402.JPG

〆のコーヒーまで満足。デザートまで食べたかったのだけど、時間がなく残念。そろそろ若鶏に栗がくるまった名物メニューが始まる頃ではないでしょうか。今年も食さねば!<YA>

ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968の44の5605

 

 

このページのトップへ

2017年10月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktai1.jpg

 川崎へやってきましたので、せっかくですから川崎駅から車で約10分、川崎大師(かわさきだいし)へやってきました。仲見世の通りを通っていきましょう。夕方ですので、人も少ない仲見世。川崎大師は初詣ランキングで全国第3位を誇ります。(ちなみに1位は明治神宮、2位は成田山新勝寺、第4位が浅草浅草寺ということですから、その人気度はたいしたもの。そして初詣という言葉もここ川崎大師からはじまったとも。厄除け大師として成田山、高尾山と共に、真言宗智山派の大本山。

 

ktai12.jpg

スケールが大きいことに驚き。

 

ktai7.jpg

開創は1128年。約900年前です。

 

 

ktai4.jpg

食に結びつけると、川崎大師周辺には飴屋さんと、くず餅屋さんが多い。6,7軒はあるだろうか。しかもくず餅を久寿と書いているから、どうしてだろうと思う。

この近辺に住んでいた九兵衛さんが、できあがった餅を川崎大師へ寄進したところ、当時の上人から、「久の字に、縁起のよい寿の字を付け、『久寿餅』とするがよい」とのお言葉をいただき、ここに川崎大師名物が誕生したというわけ。

ktai8.jpg

入口の一番近くにある、歴史がある住吉というお店に入ってみましょう。以前芸能人が川崎大師を訪問するテレビでここに入ってました

 

 

ktai9.jpg

久寿餅は450円、まんじゅうは350円。おもち帰り品も沢山販売しています。

 

 

ktai10.jpg

久寿餅くらいなら、大丈夫でしょう。1皿を3人でシェアします。

 

 

ktai5.jpg

店内で食べることができます。

 

 

ktai2.jpg

黒蜜と黄粉をまぶした 久寿餅。歯切れの良いコンニャクというような食感。私はわらび餅のほうが好きだと思います。

 

ktai11.jpg

こちらはあんころまんじゅう。甘いです。


何が驚きというと、この近くには「味の素」の発祥の地があり、(創業者の名前の鈴木町という駅もあるくらい)調味料味の素を作る過程でうまみの元グルテンを取り出し、残ったでんぷんを使って作られたものが、くず餅で だからこのあたりの名産物になったとか。ということはくず餅は小麦粉。いやー、食べてしまってますよ。てっきり関西の葛餅と混同してしまいそうになります。びっくりしました。TT

 

きっかけ

 

くずもち

 

 

このページのトップへ

2017年10月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

keisuke10.jpg 川崎市の外食視察の一環として市内中心部に出てきました。3次会の会場として検索をかけていたところ、同行者の知り合いがこのお店のグループに居るということで、訪問したのが、「牛タン 圭助 川崎仲見世店」 牛タンは皆さんが3次会でつまみたいものなのでしょうか、よくわかりませんが。同行者の中に「ケイスケ」という名前が2人もいたのにはびっくり。ケイスケ割でもあれば面白いのに。

 

経営はKIDS HOLDINGで、多業種の飲食業を年商140億円、200店舗を経営しており結構大きなグループ会社。さてどんなメニューでしょう。

 

(メニュー研究)お腹が空いていないのでメニュー研究ですが、さすが美味しそうなメニューと写真が並んでいますね。

全てクリック拡大、戻る。

 

keisuke4.jpgkeisuke1.jpgkeisuke12.jpgkeisuke3.jpgkeisuke5.jpgkeisuke11.jpgkeisuke13.jpgkeisuke7.jpg

牛タン焼き 中 1580円。厚切り牛タンは美味しい。この牛タン屋さんというのも関東でだいぶ増えてきたと思う。

 

 

keisuke6.jpg

私はハイボールを飲みませんが、ハイボール飲みに人気なのがポテト。圭助ではポテトフライ しょっつるバター和え 480円と、魚醤の一つであるしょっつるが組み合わさりこれはこれでうまい。

 

 

keisuke8.jpg

ハラミ焼き ネギポン酢。 880円。日本酒を飲んでいて食べたかどうか記憶に全くない。


 

keisuke9.jpg

牛タンネギ味噌もやし 320円。ちょっとしたおつまみですね。

 

 

keisuke99.jpgおつまみスパイシーテール 580円。薄切りにしたテールをスパイシーに味付け。酒のつまみにぴったりのメニュー。ビーフジャーキーに近いメニューだ。


今日はこれにて外食視察は終了です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



このページのトップへ

2017年10月23日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

DSC07196.JPG

 

大津町の役場の近くに、TG珈琲さんというお店があります。かつては、菊陽町にあったお店で、大津町のすてきな古民家に移転して営業されていましたが、被災してしまい、現在は新しく立て直されたお店で営業されています。菊陽町の時に訪ねて以来久しぶりの来店です。扉を開けると、甘い香りが漂っています。

 

DSC07199.JPG

 

おいしい焼き菓子がいっぱい!店主の方は、コーヒー焙煎のプロフェッショナルでありながら、なんと元々はパティシエさんなのです!女子的にはかなりポイント高い!コーヒーおいしくてもお菓子がいまいち、とかお菓子おいしくてもコーヒーいまいち、みたいなお店、本当にがっかりします。お菓子がおいしくて、コーヒーがおいしい。これは無敵です。

 

DSC07197.JPG

イートインコーナーもあります!かわいいカップ。顔のようでもアリ、芽のようでもあり、TGという文字でもある(笑)。すてきなロゴですね!コーヒーは、大津モカ、TGブレンドなど10種類以上あります。テイクアウトもできますよ!

 

DSC07202.JPG

こちらは、チーズケーキです。この豪華さは、パティシエさんのいるお店ならではのスイーツ感!熊本県産の有機レモンや荒尾のミルクと使った生クリームなどこだわりの材料。680円ですが、コーヒーと一緒に注文すると、400円になりますよ!コーヒー代プラス400円ってことです!焼き菓子もたくさん買って帰りました。<YA>

 

TG珈琲

大津町大津1197の2

0962855573

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NNGK1.jpg

団体研修旅行で神奈川県の川崎へ行きました。東京・横浜は多く訪問していても川崎は訪問したことがない、という人も多くいて、だからこそ訪問する意味もあるという。羽田空港から京急で早いものだと2駅目、約15分で到着するという近さ。私は今までも多く川崎は訪問していてこのブログでも ラーメン一幻、金子半之助、サイゴンキムタンなどを紹介している。


川崎市はあまり知られないが、元気のある政令指定都市である。人口は福岡市と近い約150万人で人口密度は大阪に次ぐ規模、そして高齢化比率が全国一低い政令指定都市、ちなみに一番高いのは北九州市。つまり、武蔵小杉や川崎にはヤングジェネレーションが流入し平均年齢を下げ、人口成長が起こっている成長都市というわけ。だから活気というか熱気を感じるのも無理はありません。


JR川崎駅近辺は整理され、駅の改札口からすぐにラゾーナ川崎という一大ショッピングモールに隣接し、川崎駅近辺はショッピングリゾートと化しています。元気がある町はいいなぁ。ということで今回もラゾーナ川崎で食事をしようということになり、選択したお店がここ、「南国酒家」

 

 

NNGK2.jpg

南国酒家というと原宿。というイメージ。高級感ある中華料理で有名です。関東近辺に店舗は集中していますが、博多くうてんや大分にも南国酒家の店舗はあります、

広東炒麺南国酒家

という名前で麺の店が展開されています。予備知識はその程度で


 

NNGK3.jpg

秋コースは4800円、6800円、8800円(税別)。やはり8800円のフカヒレ姿煮は美味しそうだが、今日は4800円のコース+飲み放題。

 

 

NNGK4.jpg

このような単品メニューのディスプレイはありがたい、やはりショッピングモールだからファミリー層の利用も多い。

 

 

NNGK5.jpg

さあ食べましょう。おまかせ前菜4種の盛り合わせ。えび、サーモン、チャーシュウ、野菜。サーモンはナッツがかかって分厚い刺身のようなもの。

 

 

NNGK6.jpg

飲み放題以外のメニューからワインをオーダー。イタリア ケットマイヤー 2015 辛口。さらっとした飲み口のワイン。

 

 

NNGK7.jpg

ふかひれと松茸、ずわい蟹の香りとろみスープ。これは美味しいと思う。

 

 

NNGK8.jpg

五目入り湯葉巻き揚げ


 

NNGK9.jpg

おまかせ蒸し点心

 

 

NNGK10.jpg

天然海老とアオリイカ、彩り野菜の干し海老搾菜醤炒め

美味しい中華料理ではこういうのに差が出ますね。丁寧に色んな具材が入って美味しい。

 

 

NNGK11.jpg

豚フィレと銀杏、いぶりがっこ、カシューナッツの黒胡椒炒め

今回、一番皆さんの興味を引いた1品。秋田県名産の漬物「いぶりがっこ」が入っているパンチのある炒め物。いぶりがっこが入っていない人もいて、がっかりしていた。

 

NNGK12.jpg

目鯛と蓮根の重ね蒸し 舞茸の香りあんかけ

 

NNGK13.jpg

五目具だくさん あんかけ焼きそば。これは1人前にとりわけてもらったもの。

名前通り具材たっぷり、具しかいただきませんでした。下に麺は入っていますが。

 

 

DSC08287.jpg

あんにんどうふ

 

皆さん、まぁまぁ満足されていたようですが、中華はやはりお金を出すことでグレードの高い食材が出てきますので、それを期待される場合は8800円のコースですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dorob8.jpg

  かなり久しぶりに 泥武士 with matsu を訪問しました。昔は泥武士(どろぶし)でした。1993年オープンですから24年目ですね。2000年ごろは いわばここが発信となって全国から視察、食べにいらっしゃるくらい一世風靡したお店です。当時は「オーガニッ」という言葉すら、まだ世の中に浸透していませんでした。

夜もオーガニックワインを飲みながら食事とか、相当野菜とか材料にこだわったお店で、2000年代に東京・広尾店がオープンしたと記憶しています。そして銀座店。銀座には今も店舗があります。熊本発信で東京と熊本に店舗がある珍しい外食店舗です。

 

 

dorob9.jpg

どういうランチメニューがあったかも忘れてしまいましたが、有名なのはビーフ with ライス。もともと泥武士は三年坂のデーブスレストランの姉妹店ということでスタートして、このビーフ with ライスというのも当時からの看板メニューの一つでした。当時は黒酢豚というのもあったと記憶しています。

 

dorob1.jpg

天井が高いんですね。忘れていました。昔は小さな扉から入っていた記憶があります。

 

 

dorob3.jpg

4席ほどのカウンター席とテーブル、個室席。なつかしいです。


 

dorob2.jpg

ビーフ with ライス 1200円。オーガニックビーフステーキを頼んでから、やっぱり昔の味をということで、ビーフライスに変更。

 

dorob4.jpg

先ずはサラダが到着しました。

 

 

dorob5.jpg

しばらくして、ビーフウィズライスとみそ汁が到着。結構見た目以上にご飯の量が多い。ステーキの量はというと隠れているのも入れて5個なのです。

 

dorob6.jpg

泥武士オリジナルの醤油で炒めたライス。オーストラリア産オーガニックビーフもニンニク、塩胡椒くらいなので、全体は「意外に薄味」こんなに薄味だったかなと記憶の中で考えつつ。ほんとうにこのビーフwithライスがめちゃくちゃ流行ったのですから。

 

dorob7.jpg

こちらはだしの味がかなり出ており、こんにゃくなど具材も沢山入っています。最後は味噌汁をおかずにご飯を頂きましたが、ご飯の量も多く、だいぶ残してしまいました。オーガニックのホットコーヒーをいただいて終了。また夜に来てみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

泥武士ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月21日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

 

DSC07403.JPG

宮島さんというお菓子をいただきました。宮島っていう知人の顔が浮かびましたが、広島で宮島といえば、厳島神社です。宮島さん本舗巴屋清信さんという創業60年のお店が出していらっしゃいます。パッケージは2種類。厳島神社と菊花祭との様子でしょうか。2パターンのパッケージということは、味も2パターンあるのでしょう。

DSC07406.JPG

袋を開けると、おせんべい。見た目は一緒。形状的には風月堂のゴーフルを少し小さくしたようなものですが、ちょっと硬めで、ちょっと分厚い。瓦の形をしたかわらせんべいってありますよね。あんな風なあまーい香りと手触りです。

DSC07407.JPG

割ってみると、クリームが挟まっていてうれしい!チョコクリームバージョンとホワイトクリームバージョンでした!ばりばりっとした口ざわりがよく、食べ応えあり。しかしお年寄りには固すぎて少し不向きかもしれませんね。間にクリームが挟まっているので、瓦せんべいよりも技ありでおいしいです。懲りすぎず、シンプルすぎず、うますぎず、まずすぎず、高すぎず、安すぎず(笑)。ちょうどよい塩梅のクオリティーで、お持たせお菓子の需要に見事にこたえた名品だと思います。ココで買えます!<YA>

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2017年11月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー