ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

D@EXコラムの記事一覧

2017年3月27日 Posted time : 00:59 | Category : D@EXコラム

seben1.jpg

 

ついに甘くないカフェラテがセブンイレブンに誕生しました。グリコと共同で開発したというセブンの甘いアイスカフェラテは苦手で、ローソンとファミマを行き来していておりましたが、ついに甘くないヤツがセブンに登場!だいたいですね。セブンの甘いアイスカフェラテを初めて買った時の話ですけど。「これって、甘くないですか?」と店員さんに確認したら「甘くないですよ」と言われ、飲んだら「あまっ!」という“甘くない詐欺”の被害者が知人に数人おりました。あのミルクビーズっていうのが甘かったわけですが、甘いコーヒーが飲みたい気分の時は、マウントレーニエくらいの激甘なものの方がかえって潔い。というわけで待望のノンシュガーのセブンカフェラテでございます!

 

seben2.jpg

カフェラテの専用マシーンが新たに設置されています。間違って、通常のコーヒーマシーンのところにカップをセットしてしまいそう。飲んだ感想としては、わたし的には、コーヒーのコクと、ミルクのマイルドさが際立つローソンに軍配があがりましたが好みの問題です。ファミマより好きでした。今からの季節、大活躍しそうです!<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2017年3月23日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

DSC04848.JPG上通にシアトルズベストコーヒーができて以来、こちらで打ち合わせをすることが多くなりました。で、いろんなコーヒーを試すわけですが、今回はSBCモカをオーダーしました。エスプレッソショットに、SBC特製のチョコレートソース、ミルクを加え、ホットには、ホイップクリームとチョコをトッピング。チョコはそのままはもちろん、お好みでマドラー代わりにして使えます。こんなカタチのチョコをバトンチョコというのだそうです。くるくる回すバトンに似ているからでしょうね。一回混ぜてみたけど、簡単には溶けませんので、ポリポリ食べました(笑)。ちょっとビターでおいしいです!後ろはカフェラテ。安定のうまさ。

DSC04849.JPG

右に見えるは「PUBLICMARKET」の文字。シアトルのランドマークともいえるパイクプレイスマーケットのことで、おみやげものや魚介類などの露店が迷路のようにたくさん立ちならんでいます。1907年創業の歴史ある市場で、スターバックスの一号店があるところ。数年前に行ったときは、大行列でした。なんと2017年6月にリニューアルするみたいです。あの古い老舗感がよかったんだけどなー。と思わないでもないですが、市場独特の楽しさはきっと新しくなっても残るでしょうね!サーモン買いに行きたいなー、などと上通で妄想するひとときでした。<YA>

シアトルズベストコーヒー

熊本市中央区上通町5の6

このページのトップへ

waku

2017年3月17日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC04896.JPG

 

創業120年のお弁当屋さん東海軒。創業以来人気なのが、鯛めし。静岡から名古屋へと新幹線に乗りましたので、鯛めしのお弁当を買ってみました。列車の中でお弁当を食べるなんて、何十年ぶりだろう♪わくわくします。

DSC04899.JPG

こちらが特製鯛めし(900円)。元祖鯛めし(700円)はお漬物しかついていませんが、特製のほうはおかず付きです。明治時代以来のロングセラー。甘くてぽろぽろした鯛めしは、くちざわりもよく、魚嫌いのお子さんでもおいしく食べてくれそう。おかずも彩りよく薄味で美味。

DSC04897.JPG

こちらは三角のお弁当富士の味覚(1050円)。お弁当をあけるときってどうしてこんなにわくわくするのでしょう♪

 

DSC04902.JPG

富士の味覚はいろいろ入っていてこれまたおいしそう!百貨店の駅弁市も楽しいですが、列車で食べる駅弁等のおいしいことといったら。一人だとなかなか勇気が出ませんが、二人だとおいしいおいしいとむしゃむしゃ食べることができました(笑)。<YA>

このページのトップへ

waku

2017年3月15日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

DSC04874.JPG

 

静岡市で出会ったおいしいお店をご紹介します。その名も車やさん。クルマの文字はねっころがっています(笑)。昨年伊豆に(マイカーで)行ったときいただいたキンメダイの味が忘れられず、キンメに再び挑戦♪

DSC04879.JPG

 

ご主人と奥さん、そして静岡大学の学生さんのアルバイトの女性がいらっしゃいました。皆さん気さくで、雰囲気がいいのがわかります。カウンターには、ずらりおばんざい。見ているだけで幸せ。

 

DSC04884.JPG

こちらは、のっぺい汁です。きくらげなんかが入っていて、熊本ののっぺとはまた趣が違います。ご主人は佐渡のご出身だそうです。

DSC04888.JPG

 

ぜひぜひ食べていただきたいつみれ汁。こんぶのみでだしがとってあるのだとか。今まで食べたつみれ汁の中で、一番おいしいです。

DSC04887.JPG

お刺身も新鮮で美味。ノンアルコールで残念です。

 

DSC04893.JPG

お待ちかねのキンメダイ!サイズ感がなかなか伝わらないでしょうが、このキンメかなり大きなサイズです。干物もおいしいですが、煮つけが最高ですね。油がのっていて、おいしさが半端なかったです。 旅でおいしいものに出会うとそのまちのことが大好きになりますね!<YA>

 車や

静岡市葵区常磐町2-2-16

054-255-5004

このページのトップへ

waku

2017年3月11日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

oyasumi1.jpg

 

南阿蘇ティーハウスさんのお茶。熊本県内に住んでおりながら、博多のアミュプラザで購入することが多いという不思議(笑)。東急ハンズさんやフーディーワンなどにも置いてあります。南阿蘇ティーハウスさんは、阿蘇にハーブ農園を持っておられ、栽培してブレンドしています。種類もフラワー系やグラス系などいろいろ。「お肌ぷるぷる」とか「おなかすっきり」とか「リラックス」とか用途別に分類されているのでわかりやすいのも魅力です。こちらはリラックスする香りの「おやすみ」というブレンドです。レモングラス、カモミール、ラベンダー、レモンピールなどなど。香りだけでも癒やされますが、飲むととっても優しい味がします。ぐっすり睡眠で、朝起きれません。(ハーブティーの効果とは無関係です笑)

 

oyasumi3.jpg

 

いろいろ入っています。ティーバッグもかわいくて、カラダによいものを飲んでいるという目からの刺激にもなる(笑)。ワカホリックになりがちな春の夜に、ネコを膝にのせて、パックをしながら茶をすするひととき一番癒やされます。明日も頑張ろうっと(^^)

 

南阿蘇ティーハウス

熊本市中央区保田窪2?12?3

096(387)2550

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年3月 7日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

DSC04865.JPG

 

人生初の名古屋城に行きました。特にお城に詳しいわけでもなく、興味があるわけでもないのですが、すごいですね・・。名古屋城って。わたし的な天守閣のスタンダードが熊本城であり、私的スタンダードの本丸御殿も熊本城なので、天下人、家康の名古屋城のすごさにどえりゃー驚きました。

特に解説付きで回った本丸御殿は、すばらしかったです。部屋ごとの格付けがなされているのですが、虎のふすま絵の部屋、植物のふすま絵の部屋、そして人の風俗が描かれたふすま絵の部屋がありました。人の風俗が描かれたふすま絵の部屋が、最も格式が高い部屋なんだそうです。虎とかの部屋の方が豪華な金箔などが使われていますのにね。解説付きで見ると、見方も変わりますね。こちらはご存じ金のしゃちほこ。初めましてです。

 

DSC04868.JPG

お昼をどこで食べようかと考えてうろうろしましたが、名古屋城正門(外側)近辺には、お食事をとるところがあまりないんですね。中に入ると正門入ってすぐ近くにお食事処を発見!味噌カツ丼(900円)です。食券を買って、テーブルにつくと運ばれてきました。味噌カツって、実はお初かも。わたしが想像していたよりずいぶん甘くてびっくりしました。これも味噌カツスタンダードな味付けなんでしょうか。おうちでとんかつ揚げるときも、名古屋の人はみんなこのタレを家庭で手作りするんでしょうか。甘さと八丁みその風味が生きてて、午後の仕事の脳内アドレナリンのまわりがよかったです。(医学的根拠ナシ)

 

 

DSC04864.JPG

 

 

埋蔵文化財が発掘されています。普通だったらふーんと通り過ぎるのですが、家康のものすごいお宝が眠っているかもと思うとドキドキします!!もうすぐすると、桜の季節。名古屋城もしだれ桜やソメイヨシノが咲き乱れるそうですよ。お城をバックに咲く桜は、なんだかきりっとしていていいですよね。熊本のお城も早く元の姿に戻りますように。<YA>

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年3月 1日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

DSC05269.JPG

 

久しぶりに平成のオーデンさんに。もちろんお目当てはスペアリブのカレーです。ハム・サンドイッチ系もとってもおいしいのですけどね。ついついカレーにそそられてしまいます。いつものサラダ。あれ?いつもタマネギ入ってますけど、今日は入ってないような気がします。

  

DSC05274.JPG

  

こちらがスペアリブのカレー。骨付きでどどーんとでっかい。15センチくらいはあるのではないでしょうか。それにしても、いつものよりスペアリブ大きくないですか(笑)?おまけにご飯も多いような気がします。欧風カレー好きな人にはたまらないですね。甘くて辛くて、いろんな味が溶け出ている感じがします。ほろほろ崩れるスペアリブがカレーと絡んでえもいわれぬおいしさに!いつ食べても大好きな味!!

 

DSC05277.JPG

シメのコーヒー。ところでオーデンさんは、上熊本駅の「えきマチ一丁目」に店舗を出店されるみたいですね!北区在住の私としては、すいぶん近くなってうれしいです!残念ながらスペアリブのカレーは上熊本駅ではいただけないとのことですが、ハムなどが手軽に手に入るようになります!ちなみにえきマチ一丁目には、ケーキのスイスさんも入るみたい。にぎわいそうで、楽しみですね。<YA>

オーデンハムファクトリー

熊本市南区馬渡1?1?24

096(378)8615

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月27日 Posted time : 09:39 | Category : D@EXコラム

relaxbalm1.jpg

 

プレゼントでもらったパーフェクトポーションのリラックスバームが最近のお気に入りです。とにかく香りがよい。ラベンダー、ゼラニウム、イランイランといった癒しのためのブレンドで、疲れた時にこめかみや肩、首の後ろなどにちょっとつけると、疲れがすーっと抜けていくかのようです。香りの効果ってすごいですよね。一気に気分が上がります。

 

こちらもお勧めのアウトドアスプレー。なぜか沖縄で購入。「累計140万本突破の大人気商品」と書かれていました。虫除けの効果があるかどうかはわかりませんでしたが、天然成分100パーセントで、ペパーミント、ユーカリ、ティーツリーなど、すーっとする好みの香りなので、つけていると気分がすっきりして、アロマテラピー作用がありそう。

パーフェクトポーションは、オーストラリア生まれのオーガニックアロマ&ナチュラルコスメブランドで、創始者はサルバトーレ・バタリアという方なのだそう。このサルバトーレさんが、自宅のキッチンで手作りしたアロマ製品をオーガニックマーケットで販売し始めたのが、始まりとHPにありました。自宅のキッチンでアロマを手作りする男性って世の中に存在するんですね。わたしの周りにはいそうにありません(笑)。<YA> 

このページのトップへ

waku

2017年2月25日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

 DSC04853.JPG毎年楽しみにしている2月のビッグイベント鶴屋百貨店さんの全国の駅弁当とうまいもの大会。熊本の二月の風物詩として定着し、楽しみにしている方も多いと思います。森のいかめしや牛肉ど真ん中など、人気弁当多数。森というのはお弁当屋さんの名前だと思っていましたが、北海道に森駅という小さな駅があり、その地域のお母さんたちが冬場に余ったイカにご飯をつめて作ったのが始まりと言われています。イカの味がしみこんだもちもちしたしょうゆご飯がおいしいですよね。

今回は北海弁当をゲット!イクラやカニがてんこ盛りの北海道の弁当は色鮮やかで、見た目も麗しく、肉系よりもどうしても食欲を刺激してしまう。

 

DSC04855.JPG

どどーん!やっぱりカラフルで麗しい!ウニにイクラにカニ。海鮮御三家です。このお弁当、実はフーディーワンでゲットしました。鶴屋さんの行列と人ごみを想像するだけで人酔いしそうで(笑)。実はバレンタイン前でチョコも買わなければならず、フーディーワンで両方とも調達するのが、時間も消費エネルギーも(場合によっては駐車場代も)節約できます(笑)。特にインフルエンザの時期は、フーディーワンは便利ですね!よく利用していた駅前のお店がなくなって残念です。<YA>

このページのトップへ

waku

2017年2月19日 Posted time : 00:51 | Category : D@EXコラム

joripasu1.jpg

  

数年ぶりにジョリーパスタさんに行きました。相変わらず大繁盛しております。季節柄オイスターを使ったスープパスタなどがあり、おいしそうでしたが、テーブルに座ると、期間限定のこのメニューを発見。「国産黒毛和牛のミートソース 〜肉詰めジャンボマッシュルーム添え〜」。サラダ・ドリンクバー付1,490円(+税)。単品のカロリーは、1,125kcal価格もカロリーもそこそこ高い。でもおいしそう!特別感謝企画の第1弾らしく1月26日から販売開始されているそうです。期間限定ものっぽい感じなので、頼んでみました。

joripasu2.jpg

 

こちらはサラダです。リンゴがインしてます。奥にあるのはオニオンとベーコンのスープ。バーでセルフでした。

 

 

joripasu3.jpg

 

そして出てきたパスタ。マッシュルームが大きい!黒毛和牛のミートソース少ない!ジャンボマッシュルームに入っているのは、合い挽き肉。オーブンで焼いてあるようです。シュウマイのような味でなかなかおいしいです。真ん中に乗っているのはサワークリーム。全体の味をまろやかにしてくれます。

 

joripasu4.jpg

 

このマッシュルーム食べるだけでも価値あり!クリームソースとの相性もよさそう。ルパンがカリオストロの城で次元と取り合っていたミートボールスパゲッティのことを思い出した早春の昼下がりでした。<YA>

ジョリーパスタ熊本上水前寺店

熊本市中央区上水前寺2の24の26

096の387の3755

 

このページのトップへ

waku

2017年2月17日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 

fukuokabairan4.jpg

 

KITTE博多二日目のランチは、横浜で出合った梅蘭の焼きそばに。思い起こせば初めて食べたのは、2年前の冬。博多で食べることができるとは知りませんでした。意図せずして、我が編集長も博多ネタ。

KITTE→くうてん→KITTEとなってしまってい、博多駅近辺飲食店ネタ充実ウイークとなっています(笑)

 

fukuokabairan3.jpg

海鮮味と普通味がありますが、ちょっとお高いですが海鮮味に。エビなどの魚介がたっぷり入っています。サイズも普通と小がありますが、小でもおなかいっぱいになります。

横浜の従業員の方も中国の方でしたが、福岡の従業員さんも中国の方みたいですね。横浜ではウーロン茶が出てきたのですが、こちらは水がサーブされました。「温かいお茶下さい」と行ったら、ホットウーロン茶が運ばれてきました♪

fukuokabairan1.jpg

 

こちらが、海鮮やきそばの小(1300円)。かりかり焼きそばぶりは健在。

 

fukuokabairan2.jpgきれいに写真をトルのは、なかなか難しいですね。炒めた魚介類と野菜にアツアツの沙茶醤油味の餡をかけてあり、その上にかりかりに焼き上げた中華麺をのせてあります。沙茶醤(さーちゃーじゃん)ってはじめて聞きました。ヒラメなどの魚介類をベースに、ニンニク、ごま、香辛料、油を加えて煮込んだ調味料らしいですよ。スーパーの中華調味料コーナーに売ってあるみたい。知らなかった。

かりかりの焼きそばとトロリ餡、そしてぷりぷりの魚介がおいしい!博多駅近くで食べることができるなんて、最高!<YA>

梅蘭

博多区博多駅中央街9の1KITTE博多

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月15日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

hakatano1.jpg博多駅で食事をするとき、くうてんの人の多さにちょっと辟易としていましたが、KITTEHAKATAというビルができて以来、ご飯どころに苦労することがなくなりました。博多マルイが入っていて、地下1階と9階10階が飲食店のフロアとなっています。飲食店フロアの名前は、「うまいと」。よかネーミングですね。但馬屋、叙々苑、銀座ライオンなど、熊本にはない有名店も入っています。2日間、このビルでお昼ご飯を食べることになり、初日は、おそばやさん「そば茶屋華元本膳庵」さんに伺いました。名前が長くて覚えられそうにないですが、なんでも創業から40年以上、博多で親しまれている更科そばのお店なのだそうです。

老舗感はでていますが、メニューはいろいろ多岐ににわたります。おそばに、どんぶり、お酒のつまみ、しゃぶしゃぶ、つけ蕎麦などなど。冒険はナシにしてシンプルな温そばを食べたい気分でしたので、こちらのあげの入った蕎麦を食しました。おだしも上品で、麺も上品♪同じ麺なのに、うどんと違う高級感がいいですね。二日目は、横浜で出合ったあの味を博多で再訪します。<YA>

そば茶屋 華元 本膳庵

博多区博多駅中央街9の1KITTE博多10階

092の260の6339

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月13日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

avenue1.jpg

 

福岡市南区井尻。駅のすぐ近くの「とり唐さんわ」さんの2階に、アベニューという喫茶店があります。そこのコーヒーがおいしいと聞き、行ってみました。階段の入り口にはこの小さな看板だけ。なかなかマニア好みの予感。階段を上ったら、

avenue5.jpg

キラキラした広い空間!そして、楽器多数!

avenue3.jpg

クラビノーバや・・・。

avenue4.jpg

サックス、ギター、などなど。ここは音楽好きが集まる喫茶店で、第四土曜日の15時から音楽会を開いていらっしゃいます。ちなみに3月の音楽会は、25日3時からの予定です(入場料2000円。)この日も楽譜を広げて、ゴスペルの譜読みをする女性が、なにやら真剣な表情です。

コーヒーをオーダーし、ゴスペルの譜読みのお姉さんとおしゃべり♪(というか、邪魔をした笑)隣の席の人も、みんな友達になってしまうような不思議な心地よさが魅力。店主のアベさんとのおしゃべりもとっても楽しい。アベさんだから、お店の名前がアヴェニューなのだと気づく(^^)

 

avenur7.jpg

出てきたハンドドリップコーヒー。アベさんは「おいしいコーヒーを出したい!」という一心で、お店をオープンする前にコーヒー好きの人たちを数名集めて、全員がOKを出したコーヒーしか出さないようにしよう!と計画。何度も何度も豆を変え、ブレンドも変え、いれかたも工夫し、やっと全員のOKがでたコーヒーが、コレです。コクがあってすごくおいしい!添えられたチョコも、アベさんのセレクトで、すばらしい相性です。ちなみに、向こう側の楽譜が、お姉さんが今度挑戦するゴスペルの譜。小学生のピアノのレッスン以来、まじめに譜を見たことないので、頭がくらくらしました(笑)

音楽にうとい私ですが、アベさんのバイオリンの内部に立っている魂柱という細い棒の“深いい話”や、だじゃれ満載のトークなどを満喫し、楽しい福岡の夜は更けてゆくのでした。<YA>

COFFEEアヴェニュー

福岡市南区井尻4の3の1の2F

090-6893-6045

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月 9日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

1594okou1.jpg薫玉堂は、京都の西本願寺前で、文禄三年(1594年)の創業以来のお香屋さんです。HPを見ると、日本最古の御香調進所と書かれています。御本山・本願寺をはじめ、全国各宗派の御本山、御寺院へお香を納めておられるようです。

薫玉堂には代々伝わる調香帳(レシピ)があって、香木をはじめ、漢方にも使われる植物がお香の原材料として記されているんだそうですよ。400年前のレシピが残っているとしたら、いにしえ人と同じ香りを今わたしたちも匂っているということになります。

 

1594okou2.jpg

こちらは、音羽の滝という名のお香です。説明がきには

清水さんの滝つぼに流れ落ちる東山三十六峰に連なる音羽山の湧水。千年以上もとぎれることのない、清らかで涼やかな流れを連想させる香り。

 

とあります。こういうのネーミングや説明文書くの難しそうだなと、ライター目線で考えてしまう。香りを言葉にするのって、本当に大変お察しします。「上品で、涼やかな香りでした。」(→たった数文字で終わらせるへっぽこライター笑)。一日の最後に香ると、ふっと落ち着きますよ。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月 7日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

 

 

umino1.JPG

 

長崎県佐世保市の日本一長いという噂のある四ケ町アーケードを歩いていると、新しいカフェを発見。その名も喫茶UMINO。ウミノと言えば、長崎市にある老舗喫茶店ウミノを思い出します。長崎のウミノは、1955年創業で浜の町アーケード内に2店舗ありました。フルーツサンドが有名で、趣のある喫茶店だったのですが、なんと知らぬ間に閉店していて、今は長崎市内ではアミュプラザの中に1店舗カフェが残るのみみたいです。経営者も変わっていて今はニップンドーナツ九州が事業を継承しているのだそうです。で、咲く春に佐世保市内にもカフェとしてオープンしたといういきさつのよう。カフェかあ、喫茶店の方が渋くてかっこよかったのにね・・。

 

umino2.jpg

そして、忘れてはならないのが、ウミノのフルーツサンドイッチです。「あれまでなくなっていたらどうしよう」と思いましたが、ある!ちゃんとありました。フルーツサンドイッチは、長崎県出身の女優原田知世さんの好物だった記憶。

カナディアンサンドというのも気になります。ハムとエッグ、チーズが入っているみたい。食べたいけど、この後の食事会にそなえてコーヒーのみにしよう。

 

umino3.jpg

こちらブレンドコーヒー。こくがあっておいしいです。豆もひいてもらって買って帰りました。

 

umino4.jpg

 

マダムもたくさんつどっています。ガラス張りで明るくオープンな雰囲気がステキなのだけど、薄暗い喫茶店をなつかしんでしまうのは、やはり年のせいでしょう・・。<YA>

 

カフェウミノ

佐世保市本島町4の22

0956(22)3721

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月 5日 Posted time : 00:18 | Category : D@EXコラム

 

バレンタインデーにぴったりのチョコレートシフォンケーキ「フレイバー」。チーズケーキやクッキー、グラノーラなど、アメリカンのホームメードスイーツを取り扱っていらっしゃいます。今回ご紹介するのは、こちらのチョコレートのシフォンケーキです。よく取り寄せていておいしいとのお友達からの情報で、食べてみました。とにかくでかい、というか、高い。価格ではなく、背高のっぽなのです(笑)。インパクトがありますが、カットが難しそう。ちなみにメープルシフォンケーキという白いシフォンケーキもあります。こちらのチョコレートは、冬季限定で販売されているようですよ!

 

flavor1.jpg

袋を開けると、ぷーんといい香り♪ホームメード感あふれてます。本来ならば、上から下まで縦長にカットしなくてはならないようですが(カットの仕方が書いてある紙が入っていました)・・・

flavor2.jpg

普通は、せいぜいこの高さが限度でしょう。甘さは控えめで、大人の味です。何よりもすばらしいのはこのシフォンケーキの食感でしょうか。ふわふわなんだけど、しっとりします。アメリカのホームメードケーキって、概して大味なので、こんなに繊細な食感のものはないでしょう!!高さが16センチもあるので、完食できるか不安でしたが、一気に食べてしまいました(笑)。あー、冬に食べるチョコはなんておいしいのでしょうか。

 

 

 

 

 

こちらはメイプル味。バレンタインラッピングも今なら間に合うみたいです。大きいプレゼントで、びっくりさせたい!という方にはお薦めです。バレンタインデーに2人で食べると、なおおいしいって感じです。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2017年2月 3日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

mameya1.jpg

「鬼はーそと!福はーうち!」ってことで、今日は節分、つまり立春です。庭の水仙がぐんぐん伸びているのを見ると春を感じますが、まだまだ寒い毎日。近年は、豆よりも、恵方巻きの方に注目が集まっていますが、恵方巻きを無言で食べてから、豆まきをするのが節分行事1セット(笑)。インフルエンザも席巻しており、家の中のウイルスも邪気もぜーんぶ一緒に払う意味で、豆まき必須です。

豆まき用の豆ではないのですが、太宰府天満宮の参道にある豆屋さん、その名も「まめや」の豆をご紹介します。お店には、黒糖空豆、わさび豆、ソフト塩豆など置いてある豆は、常時80種類くらいあるとのこと。わたしがいただいたのは、抹茶といか味ピーナッツ。略して「いかピー」。

 

 mameya2.jpg

 

 

見た目はシンプルで、不揃いの感じが、手作りならでは。このいかピーかなりおいしいです。まずはこのカリサクの食感。かりっとしてさくっとしています。かりかりやっていると、最初にイカの香りがぷーんときてその後、香ばしいピーの香りが!イカは里芋というベストパートナーがいながら、ピーナッツともすばらしい相性という罪なヤツ。塩加減と、ほんのちょっぴり甘さもあって、「開けたら最後、YOUCANTSTOP!」というプリングルスの名コピーを思い出します。

 

 

宰府まめや

福岡県太宰府市宰府2-6-15

 

TEL/FAX
092-925-0181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年2月 1日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

kdoawarihurutu1.jpg

毎日寒いですね。なんだかお肌がかさかさになってきたような気もします。ということで、美肌作りにはかかせないコラーゲンを注入です。こちらは、フルーツ王国岡山で作られているコラーゲンゼリー。岡山と言えば、桃やブドウなど、おいしいフルーツがいっぱい。そのフルーツにコラーゲンを掛け合わせました。

使ってあるコラーゲンは、魚由来のもの。マリンコラーゲンっていうから海藻かと思いましたが、お魚のコラーゲンだそう。たしかにアンコウとか食べるとぷっるぷるコラーゲンを感じますよね。で、コラーゲンをペプチドまで低分子化して体に吸収しやすくしてあります。フルーツのビタミンCと合わせると、コラーゲン効果が高まるらしく、まさに最強の組み合わせと言えます。食物繊維たっぷりのこんにゃく粉も入っているから、おなかの掃除にもGOOD。

このゼリーとにかく見た目がきれい。白桃、ピオーネ、マスカットという大好きフルーツの3トップで構成されていて最強です。このセット、「岡山セット」というネーミング(笑)。確かに、岡山感満載ですね。

 

ナシ、キウイ、マンゴーなんかもあるようです。常温でもぷるぷるしておいしいですが冷蔵庫で冷やしたり、凍らせてシャリシャリにしてもおいしいですよ。スティックタイプなので、携帯もできます。すっぽんよりも安く、アンコウよりも手軽にコラーゲン補給いかがですか?<YA>

果実工房さんで買えます!

 

このページのトップへ

waku

2017年1月30日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC04655.JPG

水俣市においしいソーセージ屋さんがあります。その名もモンヴェェール農山さん。以前、妙見祭に行ったときに、出店でソーセージを出しておられて、初めて食べましたが、そのガーリック入りのソーセージがおいしくて、以来ファンになってしまいました。水俣の山の中で豚を育てて、それを加工していらっしゃいますが、とにかく商品の種類が豊富!中でも一番のお気に入りがこのザウマーゲンです。ザウマーゲンは、ドイツ、プファルツ地方の名物とのことで、ソーセージの中にジャガイモが入っています。珍しいでしょう!?これが絶品であります。

 

DSC04661.JPG

 

ジャガイモがインしているのがわかりますか?表面をちょっとカリッと焼いたらとってもおいしいです。一枚350円はちっと高いですが、珍しいので、贈り物にするとすごく喜ばれます。昨年のお歳暮に大活躍しました。ネットで買えます。

 

 

yunoturu4.jpg

 

水俣のお店は、すごく山に中にありますが、たどり着いたら、まるで軽井沢のような楽園風の景色!敷地は、東京ドーム10個分なのだそう。人工の滝が流れていたり、休日に遊びに来るのにぴったりです。それだけ環境がいい場所で豚ちゃんが育っているということでもあります。加工品を買うことができる店舗だけでなく、レストランやバーベキューハウスも併設されていて、おいしい豚肉料理をいただくことができます。水俣市街からは少し外れていますが、訪ねる価値大ですよ!

 

モンヴェール農山

水俣市長崎552の7

0966(68)0028

 

 

このページのトップへ

waku

2017年1月28日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

7tantan2.jpg

 

「四川美味」ロス・・・。先月閉店してしまった子飼商店街の坦々麺のお店四川美味さんにオマージュをささげるべく、さまざまなところで坦々麺に挑戦するも(なんのオマージュじゃ)、なかなかしっくり来る味がありません。ですが、あえていうなら、この味ってことで、セブンイレブンの冷凍坦々麺をご紹介。

「冷凍坦々麺かい!」と独りごちたそこのあなた。この坦々麺、まったく侮れないおいしさなんですよ。ひき肉や青梗菜も入っていて、ひき肉いためたり、青梗菜ゆでたりする手間はありません。麺をチンして、スープを熱湯で温めれば出来上がりです。

 

7tantan1.jpg

ピリッと好みのからさ。胡麻の風味も生きていますが、胡麻のどぶどぶした感じはありません。麺も冷凍にしては、しこっとしておいしいです。このレベルの担々麺が電子レンジでチンするだけの手軽さで簡単に食べられるなら、平凡な担々麺屋さんに行って食べる必要はナシって感じです。価格もたしか200円台だった記憶。手軽に買えて、手軽においしい坦々麺。これはこれで、価値があると思います。

と、ここまで書いてセブンイレブンに新しい担々麺を買いに行ったところ、な、なんと!取り扱いしなくなっているようです。セブンイレブンの店員さんいはく「セブンは、人気商品でもリニューアルするんですよね」とのこと。なんという悲しいお知らせ。わたしの担々麺ジプシーは続きます(涙)。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2017年1月24日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

choco1.jpg

 

バレンタイン目前!チョコのご紹介です!といいたいところですが、このオシャレなパッケージの中に入っているのは、実は羊羹です。名前は、ジャズ羊羹。「羊羹をジャズのよく似合う品と軽やかさを備えたスイーツに仕立てたい」という思いから、ジャズ羊羹作りは始まったのだそう。湯布院のCREEKSさんという喫茶店で売っています。ネットを見たら、現在売切れのようです。もう何年も前から、人気ですが、いまだに手に入りづらいのですね。この季節は、特に品薄。

 

choco2.jpg


和菓子職人が一本ずつ手作業で仕上げていらっしゃいます。ジャズだけあって、ピアノの鍵盤がとってもおしゃれ。上層部は、牛乳と練乳ペースに竹炭で鍵盤を描いた羊羹。下層部は、黒糖ようかんにドライいちじくを入れた羊羹。二層仕立てになっています。

ドライイチジクは、ワインに一昼夜浸した2種類のドライイチジクだそうです。沖縄県産の黒糖の香りが、ぷーんと鼻に抜けて、いちじくのぷちぷちっとした食感が、なんとも羊羹に合いますね。お茶にも合うけど、コーヒーにも、そしてワインにも合う大人の味です。保存料・着色料は一切使用していないとのこと。味も見た目もこだわりの羊羹ですね。ココで買えます。(品切れ中の場合あり)<YA>

このページのトップへ

waku

2017年1月18日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

 DSC04667.JPG

 

東京ばな奈の冬限定商品、東京ばな奈きら星「見ぃつけたっ」アーモンドミルク味をいただきました。11月1日から発売されているようです。つまりバナナの味もしつつ、アーモンドミルク味がプラスされているってことですよね。

 

DSC04670.JPG

 

ふわふわのスポンジにはお星様の柄。冬の星座であるオリオン座、カシオペア座、北斗七星らしいです。3つ並んでいるのがオリオン座、ということなので、こちらはオリオン座か?
細かいところでかわいさを演出されています。サンリオのキキとララを思い出しました。

 

DSC04671.JPG

 

断面はこんな感じです。バナナアーモンドミルクのクリームがたっぷり入っています。バナナの香りが、ふわっと広がり、最後にちょこっとくるアーモンドの香り。アーモンドが強すぎず弱すぎずなのがおいしさの秘密かもしれません。東京ばな奈もおいしいけれど、アーモンドの味が追っかけてくるアーモンドミルク味の方が、少し上級者向けって感じがしました。<YA>

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年1月16日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

DSC04656.JPG

釜山のお土産にいただき、ついに賞味することができたスターバックスのミルクカスタードプリン。韓国ですごい人気でその後、昨年11月に日本のスタバにも上陸。現在も品薄が続いているという曰く付きのプリンです。韓国のスタバではヨーグルトが新発売され、そちらが大ブレイク中らしく、プリンは、少々下火となり、入手できたとのことでした。チョコレートのプリンもあるみたいです。韓国のプリンの方が、日本のスタバプリンよりもおいしいという噂もあり、(信憑性はありません。あしからず)期待度マックスです。

 

DSC04663.JPG

 

少々こぶりなプリン。スターバックスの文字が光る。ネットで絶賛されていますので、いろいろ検索してみましたが、日本のプリン容器の方が断然かわいい。そして、賞味期限等も日本と韓国では違うみたいなので、少し味も違うのかもしれません。

 

 

 

DSC04665.JPG

 

 

すくってみるとこんな感じ。ふるふるというよりもどちらかといえば硬めです。一口食べると「うまっ!」と声が出る。たぶん10人中8人の大人は「うまっ!」と言います(笑)。甘さは控えめですが、味は濃厚。濃厚なのに、べたべたともたれず、さっぱりとしていて、キメが細やか。とにかくおいしいです。このプリンが午前中に売り切れるっていうのは、納得ですね。いただいた韓国版にはカラメルが入っていませんでしたが、苦いカラメルが入っていたならば、さらにおいしいでしょうね。日本バージョンも絶対食べたい!と思わずにはおれないおいしさでした。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年1月14日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

FDSC03569.JPG

 

上熊本駅近くの民家そば店「ふくなが」さんを再訪。前回は9月で、鴨の冷たいおそばをいただきました。今回は、温かいそばを食べたいと思って行ったのですが、温かいのと冷たいの2種類楽しめるそばがあるのね。寒いけど、冷たいのもとってもおいしかったので、両方セットもりそば少なめ(1000円)にしました。

 

 

fukunagaa2.jpg

 

 

冷たいそばと、温かいそばが二回にわけて出てきます。温かいおそば。めっちゃシンプルですが、おいしい。キリっとした醤油味のお汁です。

 

 

fukunagaa1.jpg

 

体があったまりました。寒い日はコレに限る。

 

 

 

fukunagaa3.jpg

 

でも、欲張りですので、冷たいそばも食べます。小鉢いろいろついています。前回もポテトサラダとごま豆腐がでましたが、この二つ、とってもおいしいです。家のポテトサラダは、どういうわけかこんな風にならない。ちょっとしたデザートがついているのもふくながさんの魅力ですね。前回はあんこでしたが、今回は抹茶のプリンのようなものが出てきました。安定の美味。

何度も言いますが、コスパがいいという言葉がぴったり。1000円でこれだけ手の込んだものを出してくださるところはなかなかないでしょう。

 

 

 

fukunaaa3.jpg

寒い季節ですが、冷たいもりそばもオーダーしてよかったです。どんなに寒くってもたぶん次回も冷たいのオーダーしてしまいます。細い道と駐車しづらいパーキングの難点に目をつぶってでも、訪ねたいお店です。<YA>

 

ふくなが

熊本市西区京町本丁3の17

096(355)0852

休/日曜

 

このページのトップへ

waku

2017年1月12日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

DSC04592.JPG

 

久しぶりに七城町にあるメロンドームへ。この時期猛烈に食べたくなるのが、メロンアイスでもメロンパンでもなく、こちらの米麺ちゃんぽん(650円)です。2011年にもアップしています。毎回、行くたびに米麺ちゃんぽんを食べるので「メロンドーム、これしかないんじゃないか?」と思われているかもしれませんが、そんなことはなく、親子丼やだご汁、そして小鉢類も相当な魅力的なメニューがてんこ盛り。かなりおいしそうな選択肢がたくさんあって、毎回、悩むのに、毎回コレにしちゃうっていうね(笑)。相当な頭の中の葛藤を勝ち抜いて、毎回米麺ちゃんぽんを選んでいるわけです。

 

DSC04594.JPG

 

菊池市は言わずと知れた米どころ。米麺ちゃんぽんは、そんな菊池産の米100%の麺。少しガーリックが香るところが、なんともおいしい。つるつる、もちもちの食感が、やっぱりオリジナル!量は多くってなかなか減りませんが、ちゃんぽん麺よりも軽いので、おなかにもたれず、完食できました。小麦アレルギーの方とかにも是非食べて欲しいですね。菊池温泉と抱き合わせると、至福の休日の楽しみ方ですね。心も体もぽっかぽか!

それにしても、ちゃんぽんと言って思い出されるのは、長崎京華園の肉団子入り特製ちゃんぽんです。今年のランタンフェスティバルもにぎわうんでしょうね。久しぶりに行ってみようかな。<YA>

メロンドーム

菊池市七城町岡田306

0968ー25?5757

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年1月 4日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

 

belllepoque4.jpg

熊本市西区二本木にあるベルエポック。知る人ぞ知るショコラトリーなのですが、チーズのお店と言ってもいいですし、フレンチのお店と言ってもいいお店。とにかくワインに合う食べ物があるお店です。外観はこんな感じ。パーキングがないので、長居したいときは近くのコインパーキングに止めるのをお薦めします。

 

belllepoque5jpg.jpg

中の雰囲気はこんな感じ。不思議の国に迷い込んだかのようです。熊本にいることを忘れてしまいそう。

 

belllepoque3.jpg

チーズケーキが数種類。目移りしそう。チーズ苦手な人でも楽しめるチーズケーキもあり。

 

belllepoque2.jpg

 

こちらは、ピスタチオとミモレットのチーズケーキ。チーズケーキの概念がひっくり返ります。びっくりするくらいおいしい。大人のチーズケーキです。今まで食べてたチーズケーキはなんだったんだろうって感じです。

 

belllepoque1.jpg

こちらは、ボンボンショコラ。中のガナッシュはシャンパーニュです。ロマネコンティのたるで熟成させたシャンパーニュで、国内には120本しか入荷していないものとのこと。その中の1本を使ってあり、練り込んであります。おいしいー。一粒500円の至福!ランチやディナーも楽しめますが、まだ未体験。一組限定なので、予約必須ですが、おいしいに決まってる!近いうちにトライしたいと思います。<YA>

ベルエポック

熊本市西区二本木4-3-40

096-354-1905

このページのトップへ

waku

2017年1月 2日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

 idokoro2.jpg

 

「11056」。この暗号のような数字を見て、ピンと来る人は、通です(笑)。こちらはカフェ「イドコロ」のシフォンサンドです。この数字でイドコロと読ませるあたりが、なんともイキですね!ベリーがたっぷり乗っていて、チーズの風味もします。シフォンケーキってなんだかプレーンなイメージですが、シフォンサンドとなると、いろんなものがはさまっていて、意外と新しいですよね。ボリュームあるけど、ふわっふわだから、ぺろっと食べてしまいました。

 

 

idokoro7.jpg

 

 

イドコロは、3号線沿いの南区八幡町にあるカフェ。ブルーの外観が目印です。ちょっと北側に広い駐車場があります。

 

 

idokoro3.jpg

お座敷もあって、子どもイスも完備。テーブル席もあり。

 

idokoro4.jpg

実は、こちらのカフェの売りは、なんと竈ご飯と和食なんですよ!がっつり定食屋っぽいメニューで、男性にも人気!おまけに竈で炊いたあつあつのご飯が運ばれてくるから、本格的です。

 

idokoro1.jpg

 

じゃーん。こちらは、海鮮丼!お刺身もとっても新鮮です。おされなカフェで海鮮丼が食べられるなんて、本当に不思議なお店です。わたしは個人的に、このお店のカリフォルニアロールが大好き!お薦めです。<YA>

Cafe×GOHANイドコロ

熊本市南区八幡9丁目6-36

096-357-0987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年12月25日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

DSC04493.JPG

皆さん、メリークリスマス!どんなクリスマスをお過ごしですか?よいこのところにはサンタさんが来たかな?我が家にサンタさんが来なくなって久しいのですが、今年は久しぶりにやってきて子猫を置いていってくれました♪というわけで、クリスマスにぴったりの紅茶をご紹介します。こちらは、トワイニングのクリスマスティー。カレー屋さんの梵我さんのレジのところに売ってありました。ひときわきらきらのパッケージ。クローブとシナモンのホリディフレーバーと書いてあります。トワイニングは1706年からイギリスで愛されています。イギリスの人は、1700年代から優雅でオシャレだったわけです。

 

DSC04497.JPG

 

1箱に20個、ティーバッグが入っています。持ち手のところもいちいちステキ。この裏側には「オーバー300年の実績!」と書かれています。(もちろん英語で)かつてこの部分をチョキンと切って、本のしおりにしていたすてきなおじさまがいたなあ。トラディショナルスパイスフレーバーと書いてありますから、クローブとシナモンというのは伝統的な配合なのでしょうか。お湯を注いで4分間待つと、すばらしい香りの紅茶が出来上がりました。いつもよりちょっと特別な香りに、ぜいたく気分。甘くないのに、甘い香りに包まれるうっとりしたひとときです。<YA>

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年12月23日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 

takeo5.jpg

 

 ずっと行きたかった御船山楽園に行きました。というか小さい頃行ったことあったのですが、まったく「豚に真珠」で、興味なし。この庭園は、なんと172年前に開園された鍋島家ゆかりの庭園なのです。春のつつじや桜、そして秋の紅葉がきれいで、夜間ライトアップが有名。周辺には駐車場がいっぱいあり、シャトルバスが出ています。シャトルバスはぎゅうぎゅうですが、車が混雑していないのでとってもスムーズ。庭園の真ん中に池があって、紅葉が水面に映り込みます。うっとりするほど綺麗。それにしてもすごい人です。入園料は700円と決してお安くはない。つつじの時期、桜の時期と、この人数・・・と、頭の中でそろばんをはじくわたし(笑)。

 

takeo4.jpg

 

花より団子なので、武雄に来たならば、このラーメン屋に寄らねばなるまい。来久軒。紅葉狩り帰りの人がちらほら。いつもすごく多いのに、こんな日は意外と少ないのですね。オレンジの看板に、白抜き文字「ラーメン」って、いかにもラーメン屋さんって感じ。

 

takeo2.jpg

 

こちらがラーメン。クリーミー豚骨スープとほぼ同化したチャーシューが乗ってます。汁が保護色となり、見えづらいですが、安心して下さい、しっかり二枚乗ってますよ。普通のラーメンには、ノリがのっていますが、チャーシュー麺には、海苔がのってないみたいです。

 

takeo1.jpg

 

中太ストレート麺。硬すぎず、柔らかすぎず。昔ながらの味です。こういうラーメンが一番落ち着きます。それは、昔の歌謡曲を聞くようななつかしさと、間違いのなさです。

最近、第一回TKUラーメン選手権に行き、新進気鋭のラーメンを2種類食べたのですが、おいしいはおいしいんだけど、なんか落ち着かないね(価格も800円くらいしたし)という感じになりました。きっとマルちゃん正麺がいかにおいしくても、マルタイの「これだラーメン」が食べたくなるのと同じ感覚です。<YA>

来久軒

武雄市武雄町武雄4190の2

0954(22)2522

 

このページのトップへ

waku

2016年12月21日 Posted time : 00:09 | Category : D@EXコラム

 

ganbaranai4.jpg

 

タコライスがおいしい店があると聞き、行ってみました。その名も「店なのに頑張らないお店」!頑張りすぎて疲れている時に行ったので、なんだか脱力できるこのネーミング。メニューを見ると、たこ焼き、タコス、唐揚げ、フライドポテト、焼きそばと、ジャンクオブジャンク!B級グルメの宝庫ですね!

 

ganbaranai3.jpg

アミーゴー!な雰囲気の店内。子どもたちの塗り絵がいっぱい貼ってあります。この雰囲気で食すべきは、メキシカンフードでしょう!

 

ganbaranai2.jpg

 

というわけで、じゃじゃーん!かなり盛りの良いタコライスが出てきました。サルサソースは、手作りで、ぴりっとしておいしい!チーズと挽肉との相性も抜群です。それにしても量が多い!720円ですが、女子ならば、半分しても、多すぎるくらいの感じでした。

後ろにあるのは、タコスです。珍しく手作りハードシェルのぱりっぱりのタコスなんですよ!

B級グルメですが、たこ焼きも一切作り置きされないのだそうで、できたてのあつあつが出てくるなど、細やかな配慮がうれしい。子どもたち向けに庭でバーベキューパーティーをするなど、地域の人気店でもあります。<YA>

 店なのに頑張らないお店

熊本市南区蔦町1の7の15

休/水

電話080-9060-1010

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年12月19日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

 

 

 

kakuni5.jpg

 

 

豚の角煮を炊飯機で作るレシピが載っていたので、挑戦してみたら、意外と簡単でしたのでご紹介します。まずは、豚バラ肉を焼き目がつくように炒めます。その後炊飯器に、豚肉と調味料(しょうゆ、砂糖、ショウガ、酒)を入れて、炊飯で一回炊きます。

 

kakuni3.jpg

炊き終わったら、ゆで卵とネギと投入し、もう一回、炊飯をスイッチオン。つまり二回炊飯をするわけです。

kakuni1.jpg

 

で、出来上がったのがこれ!超簡単で、お肉ほろほろ!炊飯器メニューなかなかよいですね!焦げたりする心配がなくて、ほったらかしでできるのが魅力です。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年12月11日 Posted time : 00:59 | Category : D@EXコラム

 beefsyokudou3.jpg

特に、寒くなってくると体がエネルギーを蓄えたがるのか、例年体重マシマシ気味。でも、 肉!肉が食べたい!そんな気分の時の パワーチャージにぴったりのお店が、御幸笛田のビーフ食堂さんです。ピソリーノさんのお隣にあります。思いっきりお肉を食べたいとき、このビーフ食堂さんならば、オシャレな雰囲気と、オシャレな盛り付けで、なんとなく女性一人でも入りやすいんですよね。忘・新年会にもぴったりのお店です。

こちらが大人気のロービー丼。ローストビーフがたっぷりです。ちょうど柔らかくなる程度の火の入り具合が絶妙。グレービーソースとマヨネーズ風のソース、そして卵黄が混ざると、えもいわれぬおいしさ!小、並、大、特大、超特大など、サイズもいろいろありますので、おなかの具合と相談しながら、オーダーできますよ。ランチタイムだと、夜よりも100円お安いです。ランチタイムは、小が800円、夜は小が900円となります。

 

beefsyokudou2.jpg

 

内装は、アメリカのダイナーに来たような雰囲気。WOODYがいそう。

beefsyokudou1.jpg

アートな雰囲気の店内。ロービー丼とともに人気なのが、神のハンバーグ。阿蘇赤牛100パーセントのレアハンバーグで、鉄板の上でじゅーじゅー言いながら運ばれてくるみたい。好みの焼き具合で食べることができるみたいで、お肉好きにはたまりませんねー!光の森井にも店舗があるそうなので、是非訪ねてみてくださいね。<YA>

ビーフ食堂

熊本市南区御幸笛田2-20-71

TEL096(285)5492

  

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年12月 9日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

coffeelo1.jpg

イオンタウン西熊本が11月11日に増床オープンしました。あまり南区の方に足を運ぶことはないのですが、知らないうちに、すごい都会になっていますねー。西熊本駅なる駅もできていて、南熊本駅の渋さに比べると、とてつもなく近代的(笑)!(南熊本駅は、あのままでいて欲しいのですけどね)というわけで、こちらも熊本初上陸の倉敷珈琲さんに行きました。サンマルクの系列の珈琲ショップのようです。いっぱいずつサイフォンで淹れるコーヒーが売りです。こちらは注いだ状態ですが、運ばれてくるときは・・・

 

coffeelo2.jpg

こんな風に空っぽのカップでやってきます。けっこう量があって、2杯分くらいはたっぷりありますね。豆はマンデリンにしました。

 

coffeel4.jpg

メニューにこういう表が載っていて、わかりやすい。「マンデリンは酸味とコクがあって好き」と公言していたのですが、この表によると、マンデリンは、酸味がないようです!じゃああのすっぱさは何だったのだろう・・。確かにコクはあるけど、酸味は少ないですね。酸化したコーヒーを飲んでいただけだったのでしょうか(笑)。

 

coffeelo3.jpg

 

お店の中は、ブラウン系の色調で、落ちついた雰囲気。なんとお会計時にJAFのカードを出すと、若干割り引きあり!JAFのカード特典って、九州国立博物館でしか活用したことないのですが、コーヒーショップで出すのは、なんとも勇気がいりますね(笑)。<YA>

 

倉敷珈琲店

熊本市南区上ノ郷2の500イオンタウン西熊本

096(312)4309

このページのトップへ

waku

2016年12月 7日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

DSC04092.JPG

 

以前「ゴボノーラ」ご紹介しました県産干し野菜のシリーズ「HOSHIKO」。その中に、「畑のおだし」というだしがあります。畑のおだしは、野菜8種類、きのこ2種類、おからが入ったおだしで、甘みの強いたまねぎをベースに、キャベツ、にんじん、セロリなどがブレンドしてあります。すべて熊本県産の安心素材。化学調味料も一切入っていない安心にこだわったおだしです。

 

DSC04093.JPG

粉末状のおだしが、袋に入っています。大体これ1パックあたり、水400ccが目安。和洋中何にでも使えて、お味噌汁はもとより、カレーやシチュー、水炊きなんかの時も使えます。だしをとった後の袋の中身も活用!食物繊維がたっぷりなので、マヨネーズやおみそ、調味料を加えて、ディップにしたり、肉団子や餃子の具材としても使えます。

調味料として使うのもオススメなのだそう。袋を破って、丸ごと使えるというスグレモノ。炊き込みご飯やリゾットのソース作りにぴったりです。聞けば聞くほど、使えるおだし!大人買いしたい方は、ココをクリック!<YA>

このページのトップへ

waku

2016年12月 3日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

DSC04132.JPG

 

友人にいただいた「プチ梅」。ずっと昔から知っているようで、初めて見たような不思議なお菓子。プチ携帯できるのが売りなのだそうです。少女マンガの女の子の目の中に入っているようなピカピカしたお星様。

 

 

DSC04136.JPG

 見えづらいのですが、フィルムケースくらいの容器に、正露丸みたいな粒。正露丸って糖衣が主流で今の子は正露丸(オリジナル)知らないのかもしれないですね。

DSC04135.JPG

中は、じゃーん。けっこうごつごつした粒。まさしく正露丸。歯に詰めても、歯痛は治りません。硬さは正露丸よりも硬いです。干した梅を丸めてあります。

味は甘酸っぱく目がさめます。甘みが思ったより強いので、お子さまでも食べやすいかも。いまどき珍しいタイプのお菓子ですが、沖縄みやげとのこと。

沖縄と梅干って何か関係あるのでしょうか?干し梅の大家、スッパイマンもたしか沖縄でしたよね。と思って、ググッてみると、干し梅はもともと中国・台湾で作られていましたが、それが沖縄を経由して日本に入ってきたとウィキに書いてありました。

ということならば、プチ梅が、中国産でも文句言えない。なぜならそれは「本場」であり、「ルーツ」なのだから!!プチ梅から、干し梅の文化人類学に思いをはせる昼下がりでした。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2016年12月 1日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

DSC04087.JPG

 

熊本県産の乾燥野菜のブランドHOSHIKO。そのホシコが出しているゴボウのグラノーラ「ゴボノーラ」が人気です。グラノーラはダイエットにぴったりの食材として注目されていますが、ゴボウのグラノーラだから、さらにヘルシー!てんさい糖が入っている少し甘いバージョンと、甘くないバージョンの二種類があります。

 

DSC04089.JPG

大麦とゴボウを中心に、ショウガや、アーモンドなどが入っています。とにかく繊維だらけって感じ。食感はザクザク!

 

DSC04088.JPG

熊本県産ゴボウの香りが、すごくいいですねー。ヨーグルトなどに入れて食べてもおいしいですが、私はサラダにトッピング!スープなんかに少し入れると、よい感じのアクセントになります。健康と美容に意識の高い女性たちの全国的なブームになりそうな予感です。<YA>

ココで買えます!

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月29日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

DSC04083.JPG

熊本県民にはおなじみのあられが、味千ラーメンとコラボ!とんこつラーメン味のあられができました!チイちゃん、目立ってますねー。毎月22日の味千感謝デーに並ぶのが、わたしの夢。いつも人が多くって、ついつい並ぶのあきらめます。

それにしても熊本の味千ラーメンから、世界の味千ラーメンになる勢いが止まりませんね。ベトナムとか中国、ニューヨークなどなど、世界中に店舗あり。(おまけに、ついつい外国に行っても、味千食べてしまう率高し。味千ラーメン見つけると、ほっとして入っちゃうんですよね)。私たちが慣れ親しんだ味を、世界に人に気に入ってもらえて誇らしい気持ちです。

 

DSC04084.JPG

見た目は、ノーマルあられと変わりませんが、香りはたしかにとんこつ。味もほどよいとんこつ味で、熊本県民としては少々物足りないですが、一般受けすレベルにとどめてあります。独特のくるんと丸まった形のあられ、ぼりぼり食べ始めると、止まらない。ラーメンとともに、あられも世界征服して欲しいですね。チィちゃん、がんばれ!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月27日 Posted time : 00:51 | Category : D@EXコラム

DSC04094.JPG

 

最近、頂いたお菓子の中で、スマッシュヒットだったのが、こちらの「作咲米菓(さくさくまいか)」。長崎県佐世保市のさいかい堂というお菓子屋さんの商品です。最中の生地に、米粉サブレの生地を絞って焼いた、サクサクと軽い食感の焼き菓子です。さいかい堂さんは、1910年創業。私が小さいころは、和菓子屋さんだった記憶。

DSC04096.JPG

おもては、普通のクッキー風ですが・・。

 

DSC04097.JPG

裏は、もなか!さくさくとした食感と、香ばしいもなかの皮の香りがたまらない!どうして、最中とクッキーのコラボを誰も思いつかなかったのでしょうか!!!

 

 

DSC04098.JPG

 

 甘さも控えめで、食べやすいので年配の方でも大丈夫。何度もリピしてしまいそうなおいしさです。佐世保の新たな銘菓として定着しそうな予感です。<YA> 

 

さいかい堂本店 

 長崎県佐世保市春日町16の11

0956(22)8391

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月25日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

DSC04075.JPG

 

山口県萩市に行きました。萩といえば、吉田松陰と萩焼が有名ですが、夏みかんも有名ってご存知でしたか?夏みかんを日本で初めて経済栽培した土地が、萩なのだそう。明治時代の話です。吉田松陰も夏みかんを植樹したり、日本で初めてマーマレードを作ったのは、福沢諭吉だったりと、みかんがらみの文人のエピソードが多いですね。さすが、山口県!

たけなかさんは、夏みかんなどのかんきつるいの栽培から、加工までをなさっている会社です。ゼリーやピール、マーマレードなど、おいしそうな加工品がいっぱい!オランジェット大好きなので、萩の道の駅で購入しました。

 

DSC04126.JPG

 

チョコの塊のように見えますが、中はしっかり夏みかんのピールの煮詰めたものが詰まっています。甘くて苦い夏みかんと、ほろっとコクのあるチョコがおいしい!チョコとみかんを組み合わせようなんて、誰が考えたのでしょうねー。天才ですね!こんなおしゃれなお菓子を生み出すのは、やっぱりフランス人でしょうねー。いちご大福も天才ですが、オランジェットも天才です。

中学生以来久しぶりにたずねた萩は、昔のままの雰囲気でした。町割りとか、松下村塾あたりの趣とか、とてもステキ。コンビニなどの色調もシックに統一されていて、古きよき日本を感じるひとときでした。<YA>

 

夏みかんのたけなか

0120(081)723

このページのトップへ

waku

2016年11月23日 Posted time : 00:40 | Category : D@EXコラム

 DSC04043.JPG

島根県益田市に行きました。画家の雪舟が晩年を過ごしたところであり、柿本人麻呂が生まれた地として知られています。柿本人麻呂と言えば、宮廷歌人で、いうなれば歌の神様。水前寺公園にある古今伝授の間で伝授されるときに柿本人麻呂の掛け軸をかけて執り行ったといわれています。石見神楽が伝承されている歴史あるまちです。

ホテルの方に人気の居酒屋と聞いて夕食に訪ねたのが、こちらの居酒屋はやとさんです。500円ランチで人気のお店だったのだそうですが、最近数十年ぶりに500円ランチをやめられたみたいです。

お店に入ると、地元の人であふれかえっていました。メニューもお安い。居酒屋と言いながら、飲む気もなかったので、ラーメンに。山陰のほうのラーメンって、いったいどんな感じなんだろうかと思い調べてみましたが、豚骨だったり醤油だったり、道産子だったり、いろんな種類のラーメン店があるみたい。益田市には「●一ラーメン(まるいち)」さんというラーメンの名店(豚骨も醤油もあるみたい)があると聞いて来ましたが、お尋ねする時間もなくて残念。とりあえずはやとのラーメンに挑戦です。

和風だけどいいですか?」と言われてでてきたのがこちらのラーメン。鍋焼きうどんが入っているような鉄鍋になみなみと和風ラーメン。こ、これは、量が多い。

 

DSC04046.JPG

 

 

ストレート麺。味は、純和風の醤油ラーメンでおいしかったですが、完食できませんでした。

 

DSC04048.JPG

 

家族連れのお客様とかが食べていたのは、定食系。定食メニューの充実ぶりがはんぱなかったです。チキンカツが人気のようで、チキンカツを召し上がっている率が高いですね。これは、同行者が食べた生姜焼きと、魚フライとうどんの定食。盛がよくって、人気なのがわかりますね!<YA>

 

居酒屋はやと

 

益田市あけぼの本町4の2

0856の22の5943

このページのトップへ

waku

2016年11月17日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

tuguto1.jpg

 

セイラタウン近く内にある和食の「つぐと」さん。本格的な和食がお手頃価格で食べることができるので、女性に人気。「てしお」さんのグループのようですよ。もともと居酒屋さんだったところを改造されたようです。ランチは本格的な和の懐石料理が2000円くらいで食べることができます。

 

tuguto3.jpg

 

人気なのは、煮アナゴの押しずしです。真ん中には、クリームチーズがとしそが挟まっていて、すばらしいコンビネーションです。アナゴとクリームチーズ!相性良すぎ!

ところで、今回のこの写真、カメラマンの友人と一緒でしたので、カメラを渡して撮ってもらいました(笑)。すばらしい!フォトジェニック。さすがカメラマンですねー。同じカメラで撮っているのにな。まだまだ修業がたりないです。

 

 tuguto4.jpg

 

私が撮ると、こんな風(笑)。何が違うんでしょうねー。クレームブリュレ、おいしかったです。

 

tuguto2.jpg

 

掘りごたつ式のお座敷がいっぱいあり、お祝い事とかにぴったりな感じです。40人くりあは入れそう。忘新年会を迷っておられる方は、ぴったりと思いますよ!!クリスマス前にはクリスマスケーキも売ってます。<YA>

 

つぐと

熊本市下江津3の15の10

096の234の6770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月13日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

piccolina5.jpg

 

久しぶりにカフェピッコリーナさんにランチに行きました。こちらのパスタは、超アルデンテ。ほどよくしこっとしていてとっても好きです。アルデンテって子どもの時はなかったですよね。それを言うならば、子どもの頃は、ミートソースとナポリタンくらいしかなかったですよね。さらに言うならば、パスタって言葉はなくって、全部スパゲッティだったよね、などと回想。パスタにスプーンが添えられるようになったのっていつ頃からだろうとか考え出したら切りがない(笑)。要は、年を重ねてしまったのね、ってことです。1100円のパスタランチに、今日はドルチェも添えました。

 

熊本市中央区南坪井町 アルデンテでおいしかった カフェピッコリーナ

絶妙なアルデンテ感!カフェピッコリーナのボロネーゼ

 

piccolina4.jpg

 

心も体も温まるスープは、野菜のおいしさが溶け出てます。

 

 

piccolina3.jpg

今回は、ペペロンチーノで。いつもはクリーム系のパスタを頼むのだけれども。ペペロンチーノもおいしいです。麺は見た目以上に、しこっとしてますよ!おいしい!

ちなみにピッコリーナさんは、以前ご紹介したエスニックの「333(バーバーバー)」さんと同系列のお店なのだそうですよ。

 

piccolina1.jpg

 

コーヒー&ドルチェ。このチョコレートケーキが絶品でした。我が家と同じのノリタケプレートなので、なんとなく親近感がわきます。が、我が家のノリタケプレートに乗るのは、食パンレベルで、こんなおいしいドルチェをのせてもらえることはない(笑)一人でもふらっと立ち寄れる雰囲気が魅力ですね!<YA>。

カフェピッコリーナ

熊本市中央区南坪井町5の18サウスファイブセカンドビル1階

096(356)4745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月11日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

serviceramen3.jpg

寒くなると、ラーメンの頻度が増えてきます・・。古賀インターチェンジ上りのフードコートにあるらーめん那の福さん。こちらはサービスエリアなのに、自家製の生麺の店です。サービスエリア内で製麺しているとは、本格派の香りがします。

ラーメンの食品サンプルを久しぶりに拝ませていただきました。全部ほとんど同じに見えますが、卵がのっていたりいなかったりなど、細かいところがちょこちょこ違います。普通のとんこつラーメンをオーダー。ピーピー鳴るヤツを持たされて待つシステム。あのピーピー鳴るヤツって正式名称あるんでしょうか。「ポケベル」っていう名前が死語になっておらず、このピーピー鳴るやつにスライドすればよいかもしれません。

 

 

serviceramen2.jpg

 

少し具材が少なめではあるものの、食品サンプルそのまんまのラーメンが運ばれてきました(笑)。紅ショウガ、メンマ、キクラゲ、ネギ、チャーシュー。オーソドックス博多ラーメンが目の前に!って感じです。

 

sercisuramen1.jpg

忘れちゃいけない、ストレート細麺。この麺こそが、売りなのでしょう。自家製の生麺ならではのしこっとした感じが、とってもおいしかったです。やっぱり博多ラーメンは細麺が合いますね。那の福さんは、関東の上里SAにもあり、本場の博多ラーメンが人気のようですよ!<YA>

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年11月 1日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

  

 

sercisucurry1.jpg

 

古賀サービスエリアで気になったので買ってみた佐賀牛カレーパン。わざわざ掲げてある看板っぷりが、おそらく人気商品なのだと、推測。

servicearea3.jpg

 

そこで、著しく価格の違うジャワカレーパンも購入し、食べ比べてみることに。こちらはジャワカレーパン。200円強。普通のパン屋さんのカレーパンよりも割高ですね。東京スカイツリー風の建物(?もしかしたら、山高帽をかぶった人かも)の横にエレファント。一般的なカレーパンよりもおいしいです!

 servicearea4.jpg

 

で、こちらがうわさの佐賀牛のカレーパン。400円くらいした記憶。佐賀牛のお肉がごろっと入っていますが、普通のカレーパンよりちょっと高級かなってくらいのクオリティ。これだったらジャワカレーパン2個の方がお得かな。

 

servicearea2.jpg

 

古賀SAには、こんな「博多ぶらぶら」のオブジェもあります。「ちゃららららちゃらららちゃららっら?♪さえもん名物ぶーらぶら」熊本では流れていませんかね、このファンキーなCM

 

 

servicearea1.jpg

 

古賀サービスエリアには、ポケスポットありました。さて、腹ごしらえも終わったら、運転再開!もちろん運転中はポケモンGOは封印です!<YA>

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年10月30日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

 

CDSC03566.JPG

 

東京のスイーツショップ「テオブロマ」の土屋公二氏。カカオの産地にこだわった20種類以上のクーベルチュールを使いこなす日本屈指のショコラティエです。その 土屋シェフ監修のチョコレート店「ASOFORET」が11月下旬に阿蘇にオープン予定なのだそう。こちらのチョコは、そのお店とテオブロマが熊本復興支援を目的として企画致した復興支援チョコです。製造はすでに、阿蘇にあるASOFORETさんで製造しているそうです。売り上げの一部を義援金として寄付するとのこと。

CDSC03568.JPG

 

カカオ含有率60%のダークチョコレートと41%のミルクチョコレートの2種類があって、こちらはミルク。こチョコは、催事で購入したため、現在どこで購入できるのかは不明ですが、阿蘇市乙姫にあるコスギリゾートにオープンするみたいです。もともとオープン予定は春だったようですが、きっと地震で延期になったのでしょうね。熊本の素材を使った地産地消がテーマのチョコレートもあるらしく、オープンが待ち遠しいですね!<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年10月26日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

coffeepark8.jpg

熊本市北区、国道3号線沿いのミスタードーナツとベスト電器の正面あたりに、9月末から新しいコーヒーショップが開店しています。ちょうどコーヒー豆がなくなったので、ふらっと行ってみました。豆も売っていらっしゃいますが、一杯300円でコーヒー飲めるみたいです。

 

coffeepark6.jpg

 

お店に入って、びっくり!すべて生豆!なんとこちらのお店、生豆をその場で焙煎してくださるんです!こんなお店初めて!

 

coffeepark5.jpg

チョコの香りがする豆(名前を忘れました)を進められてチョイス!200グラムで1000円弱と、価格もリーズナブルです。それにしても生豆って半透明でキレイ。

 

coffeepark1.jpg

焙煎している間に、豆を買いに来た方は一杯コーヒーサービスだそうです。この日は、この3種類から選べました。

 

coffeepark4.jpg

お兄さんがコーヒーを淹れてくれました。脱サラして新町のお店で修行されたそうですよ!

 

coffeepark2jpg.jpg

 

 

焙煎したては香りが最高!おいしい!!珈琲好きにはたまらない!

 

 

coffeepark3.jpg

 

コーヒーメーカーやフィルターもありますよ!お店の前に2台くらいは車止めれます!お急ぎの方は電話してから取りに行くと便利です。<YA>

 

コーヒーパーク

熊本市北区室園町9?50

096(343)3552

 

このページのトップへ

waku

2016年10月22日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

 

geiDSC03537.JPG

 

日本緑茶センター株式会社さんが出している「GARASHA」というお茶が、目に留まりました。九州国立博物館のミュージアムショップにて。熊本の人にはすごくなじみのある名前。細川ガラシャは、細川忠興の正室で、明智光秀の3女。キリスト教に改宗した悲劇の女性として知られています。ガラシャって髪を結っているイメージはありません。もしかしたら、このガラシャさんは、細川ガラシャさんじゃないのかもしれませんね。

ちなみにこちらのお茶、煎茶とほうじ茶、玄米茶の3種類がありますよ。

 

お茶茶.jpg

 

三角テトラのティーバッグに入っています。現代人向けに開発したすっきりテイストの日本茶です。煎茶特有の渋さがとれ、ほのかな甘さを感じられるます。日本人的には、ものたりない味ですが、パッケージのインパクトといい、柔らかな飲み口といい、外国人の方へのおみやげにはぴったりです。<YA>

 

 

 

ここで買えます!

 

 



このページのトップへ

waku

2016年10月20日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

  

 

syarikarepan4.jpg

 

くら寿司で、いつものじゃないやつを食べるシリーズ。北海道の開拓団じゃないですが、未知なる領域に踏み込むフロンティア精神にわれながら喜びを感じております。北大路 欣也氏も大絶賛(?)のシャリカレーパン。シャリカレーまではまだしも(これ、意外においしかったですし)。シャリカレーパンは、「ありえないよね・・」と思いつつも、ついにオーダーしてしまいました。数量限定販売なのですね。おまけに150円と安いです。
 
 
syarikarepan2.jpg
 
 
シャリカレーパンは、くるくるのターンテーブルには乗ってきてません。オーダー入ってから揚げてくれるのでしょう。はこばれてきたシャリカレーパン。あつあつ!おいしそう!でも、中にはシャリが入っているのですよ。シャリが挟まったパンなんですよ!!油断できません。
 
 
syarikarepan1.jpg
 
 
インサイドをアップでパシャリ!普通においしそう。ここのカレールーは、シャリに合うカレーになるように研究を重ね、26種類のスパイスと13種類以上の野菜や果物が入っているのだそう。26種類のスパイスはわかるけど、13種類「以上」の野菜って気になる。「10種類以上」の野菜ならわかるけど、13種類以上って、どういう数字なんだろう。
 
肝心なお味は、なかなかおいしいです。まず、このパンのかりっとした感じがすごくいいですね!シャリの感じはほとんど感じられず。だからこそよいのだと思います。普通においしいカレーパンでしたよ!
 
 
syarikarepan3.jpg
 
カレーつながりで、お初の熟成カレイ。こちらはリピ決定です。
 
 
syarikarepan6.jpg
 
 
 
こちらは、湯葉。ちょっとヒモっぽい(笑)。もうちょっと幅が広くてもいいような。味はおいしいです!<YA>
 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年10月14日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム熊本グルメ情報

petitmachun6.jpg 

 

 

先日イベントでご紹介しましたお菓子の「Ptit machin」(プチマシャン)さんと、生活雑貨 とめがねの「Pivert」(ピベール)さんが10月1日にオープン。9月30日にプレオープンのイベントがあり、一足先にお伺いしました。焼き菓子の専門店と、かわいい雑貨が購入できるお店です。ステキなおうちの一階にあります。もちろんイートインスペースもあり、お菓子とコーヒーを楽しむことができますよ。ただし、こちらのお店は中学生未満は入店できません。高価な割れ物とかがあるので、大人のためのスペースです。

わたしは、この前いただいたピチヴィエというアーモンドの焼き菓子が気に入ってしまい、目移りしましたが、やっぱりピチヴィエちゃんをいただくことにしました。

 

 

petitmachun2.jpg

 

こちらが、ピチヴィエ。カフェオレとともに。模様もステキでしょう。

 

petitmachun1.jpg

 

 

中は、こんな感じ。さっくさく!アーモンドの香りがたまらない!なんというおいしさ!!

 

 

petitmachun3.jpg

 

こちらは洋なしのパイです。おいしい!

 

petitmachun7.jpg

 

雑貨もすごーくステキ。メガネの種類も豊富。とにかくオシャレです。この前別のお店でメガネ買ったばかりで、失敗したなーと後悔してしまいました。

 

 

petitmachun4.jpg

 

カフェスペースからのぞむお庭も気持ちいいです。金峰山は、下界よりも少し涼しいですね。

 

petitmachun5.jpg

 

 

お持ち帰りのお菓子。ああ、全部おいしい。食べ過ぎてしまう。カレー風味のビスケットなんていうのもあります。ギモーブってこんなにおいしかったっけ?とびっくりしますよ。<YA>

 

Pivert(ピベール・08039522374)

Ptit machin  (プチマシャン・09074704141)

熊本市西区河内町岳 1878-8(金峰山フォレストビラ内)

11時から5時

休/月・火

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

861-5344 Kumamoto-shi
熊本県熊本市西区河内町岳 1878-8

このページのトップへ

waku

2016年10月12日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

tyuusin8.jpg 

  

 

野菜の肉巻き串というものがおいしい!」とずいぶん前に聞いたのですが、野菜を肉で巻いただけだよね?って感じであまりピンと来ずにいました。熊本市では、仁音(ひとね)さんが有名です。たまたま東広島市で入ったお店が野菜の肉巻き串屋さんだったことから、そのおいしさを知ることになりました。ネギやミニトマト、うずらの卵(野菜ではないですが)を豚バラで巻いて、焼いてあります。ええ!!!ってびっくりするほどおいしい。

 

tyuusin9.jpg

 

こちらは、一番気に入った青ネギ巻き。ちなみに豚肉は、瀬戸もみじ豚というご当地豚なのだそうです。おいしい!肉巻き串には、「焼き」と「蒸し」があります。見ての通り、これは「焼き」です。蒸しの方が少々お高い。

 

 

tyuusin7.jpg

 

 

蒸しには、こちらのタレがついてきます。

 

tyuusin4.jpg

 

蒸し野菜の肉巻き串です。甲乙つけがたいおいしさ!しかし、下準備にすごく手間がかかりますよね。おうちでしてみたいなと思ったけど、ちょっとめんどくさそう。

 

 

tyusin3.jpg

 

 

そんなこんなで、オーダーしてからくるまでに時間がかかります。広島カープ優勝の余波がまだまだ色濃く残っていて、盛り上がった団体客の串盛りがみるみる空になり、その対応で、追われていらっしゃいました。

 

 

tyuusin5.jpg

 

こちら、地酒の飲み比べ♪いろんな種類のお酒があるんですね。

 

tyuusin6.jpg

 

 

肉巻き串だけでなく、ほかのメニューも充実。ゴマサバお刺身。

 

tyuusin2.jpg

 

ムール貝。

 

tyuusin1.jpg

 

お店の名前はちゅうしん蔵。忠臣蔵の歴史などが壁に貼られています。貼ってある新聞記事を読んでみると、オーナーさんが四十七士の子孫なのだそうです。すごい!!おいしい夜をごちそうさまでした。<YA>

 

tyuusin10.jpg

 

 

地酒と野菜肉巻き串 ちゅうしん蔵(音出ます)

 

東広島市西条本町13-3 や台すしさん2F
電話:082-437-4774 
    定休日:日曜日 営業時間 18:00〜26:00 

    定休日:日曜日 営業時間 18:00〜26:00 

 

このページのトップへ

waku

2016年10月10日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

budou11.jpg

 

今日は体育の日!体にいいことしましたか?体にいいことした後は、ワインがおいしいものです。ということで、今日はワインのお店のご紹介♪

熊本市の並木坂にソムリエタナカさんというワインのおいしいお店がありましたが、そちらが2016年6月に手取天満宮の参道沿いに移転オープンしました。以前、ワイン好きの友達に並木坂のお店に連れて行っていただいたことがあります・・が、お酒の弱いわたしは、「おいしい!」と、珍しく飲み過ぎてしまい、かなりふらふらになった記憶(-_-)「新しいお店は、3時頃からオープンしているから、ぶどうジュースが飲めるよ」という友人の言葉に誘われ、仕事の合間にぶどうのジュースを飲みに行きました。なんとぜいたくなブレイクなのでしょうか。

お店の中は、ステキな雰囲気。ビストロ遠山さんと、ワイン関係のギフトショップが入っています。HPを見ると、ビストロ遠山さんは、予約したらランチもできるようですね。一度お邪魔してみたいです。

こちらは、ワインではなくぶどうのジュースです。ステキなグラスに注いでくださり、お昼間からぜいたく気分♪ブドウが濃い!おいしい!暑くて疲れていたので、一気に飲み干し、五臓六腑に元気をチャージ!

 

budou12.jpg

 

こちらは、友人がオーダーした別の種類のぶどうジュース。透明できりっとした味わいで、飲み比べも楽しいです♪秋が深まってくると、なんだかワインを飲みたくなります。次回は、飲み過ぎることなく、おいしいワインをちょっとだけ飲みたい気分です。<YA>

Wine Bar タナカ

熊本市中央区上通町3の26の1(手取天満宮参道)

096(351)3324

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年10月 8日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

kakihamakatu3.jpg

 

毎日毎日暑い日が続き、いまだに冷房のお世話になっておりますが、もう10月。残すところ今年も3ヶ月をきってしまったとは思えません、昨今の暑さ。しかし、飲食店では続々と冬モードに切り替わっている模様で、浜かつさんでは冬の味覚であるかきふらい膳が出てました。自宅では、なかなかカキフライを作ることはありません。というわけで、おのずと外食でカキフライを楽しむことになるわけですが、かつて某大安売り飲食チェーン店でカキフライを食したところ、あたってしまい、価格の安い外食カキフライはちょっと苦手であります。1000円越えればOKであろうという思い込みで、浜かつさんのカキフライはよく食べます。もちろんあたったことはない。

 

kakihamakatu1.jpg

今回は、かきふらいのミックスかつ膳。カキフライ2個、ハーブチキン(とんかつではないのですね)、エビフライ1個というラインナップで、1090円はお安いです。量的にもちょうどよい。ちなみに、週末の浜かつは、いつも並ぶ覚悟でいきます。この日も30分は並んだでしょうか。おまけに、ロースカツ膳とヒレカツ膳が売れ切れていました。夜7時ごろに、人気商品が売り切れることってよくあるのですかね?

 

 

kakihamakatu2.jpg

 

テイクアウトコーヒーを発見。お店で飲むコーヒーは単品290円らしいのですが、食後だと200円で提供してくださるとのこと(飲んだことはないのですが)。テイクアウトになると、なんと100円になるというすばらしい(不思議な)システム。さらに言うならば、浜勝のおしるこは100円というお値頃感。価格の感覚がいまいちつかめない常連客のわたし(笑)。北海道小豆たっぷりのおしるこ100円って、かなりお得ですが、満腹すぎていつも断念してしまいます。<YA>

とんかつ浜かつ熊本市水バイパス店

熊本市北区大窪4?1?11

096(346)8433

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年10月 2日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

45th1.jpg

 

買っちゃいました。日清カップヌードル45周年バースデー記念パッケージ。45周年を記念して、チリトマト、醤油、カレー、シーフードの4種のカップヌードルは花火柄になっています。コンビニの一番目立つところに置いてあるので、何度かスルーしましたが、やっぱり買っちゃいましたって人多いと思います。限定らしいので、なくなり次第終了するようです。普通に花火かと思ってよく目を凝らすと、具材が花火柄になっている模様。花火のど真ん中には、謎肉が鎮座していますね。いつからか、カップヌードルに入っている肉は、謎肉と呼ばれるようになっています。正式名称は、「ダイスミンチ」というのだそう。2009年にダイスミンチから「コロ・チャー」と呼ばれるコロコロしたチャーシューに一時期変わっていたらしいのですが、2015年からこの「コロチャー」に加えて、ダイスミンチが復活したのだそうです。まったく気づかず(笑)。ずっと謎肉がインしていると思い込んでいました。ちなみに謎肉は、ポーク由来のものらしいと言われています。

cup1.jpg

 

こちらは、カレー味。味は、今も昔も変わらず。カレー味とシーフード味は、私的には、健康のバロメーターでもあります。体調がよいと、食べたいと思わせ、胃腸の具合がいまいちだと、まったく食べたくなくなるシロモノです。ジャガイモのスカッとした感じとかも相変わらず。おいしくいただきました。

 

45周年を記念して、ゆでたまご先生書下ろしのカップヌードル大帝なるものも生まれているようですよ!<YA> 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年9月24日 Posted time : 11:22 | Category : D@EXコラム

 eiDSC03539.JPG

九州国立博物館のおみやげをいただきました。オランダ商人風の人やらがいて、アートな箱ですが、裏ははがきになっています。こちらは、一七世紀頃のウンスンカルタだそう。ウンスンカルタは、ポルトガルから伝わったカルタを日本語にアレンジしたものだそうです。いつも思っていたのですが、あのオランダ商人やら天正少年使節団とかが首に巻いているひらひらしたジャバラのようなものって、正式名称はなんというのでしょうか?いろいろ調べていたら、16世紀から17世紀に流行した車型の付け襟で、英語で「ラフ」、フランス語で「フレイズ」というものだそう。日本人ならば「ザビエル襟」というのが一番わかりやすいのでしょうか笑。

 

kuroaame1.jpg

中は、大好きなえいたろう飴(漢字が旧字?で変換できませんでした)でした♪梅干、黒飴、抹茶、紅茶など、大好きなフレーバー入っています。安政4年創業。なんと150年間味が変わってないのだそうです。ところで、うめぼし飴って黄色と赤の二種類があるって知ってましたか?紅茶はマイルドなミルクティー味です。キシリクリスタル好きのわたしですが、やっぱりえいたろうに戻っちゃいますね。九博といえば、待ちに待った鳥獣戯画展がいよいよ10月4日から始まりますよ!これは行かねば!!<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2016年9月16日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

KADSC03543.JPG

 

気候もよくなり、アウトドアシーズンの到来。9月は祝日も多いので、キャンプやバーベキューなどを楽しむ方が多いと思います。そんな方に試していただきたいのが、パーフェクトポーションのアウトドアボディスプレーです。「累計140万本突破の大人気商品」いう口コミもあって購入。アウトドアボディスプレーという名前ですが、お店の方に聞くと、虫除け効果があるとのこと。肌の弱い子どもさんのためにお父さんが開発された商品のようです。

HPを見ていると、

「公園でのお散歩やキャンプ、お庭でのガーデニングなどが楽しい反面、気になるのが夏の刺激。

楽しい時間を台無しにしないためにも、アウトドアへのお出かけ前にシュッとスプレーをおすすめします。

とあり。

「夏の刺激」・・この言葉に引っかかりHPよく見ると、「虫除け」とは一言も書いてないです。「敏感肌やお子様のお肌をガードしたいときに」との文言にも、日焼けから守るのか、虫から守るのか、よくわからず、うまい具合に書かれてるなと、ライター目線になってしまうわたし。ちなみに、わたしがこちらのスプレーをつけて草むらに入ったときは、確かに蚊に刺されることはなかったです。偶然か、スプレー効果かは不明。

いずれにしても天然成分100パーセントで、ペパーミント、ユーカリ、ティーツリーなど、すーっとする好みの香りなので、つけていると気分がすっきりして、アロマテラピー作用はあると思います。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2016年9月 6日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

maDSC03545.JPG

 

復興割を使って、天草に一泊旅行に行きました。宿泊料は70パーセントオフですから、かなりお得感満載の旅でした。イセエビのお刺身食べて、海鮮丼食べて、イルカウォッチングして、あー幸せ!天草大好き!山の旅よりも、海の旅が断然食いしん坊にはもってこいですね。というわけで、楽しすぎ!おいしすぎに激しく罪悪感に駆られてしまい。だんなさまに、赤うにの瓶詰めのお土産(笑)。丸健水産さんは、うにの種類も多く、甘塩やアルコール付けなどもありますが、本当に赤うにのおいしさを堪能するならば、殻から出して瓶に詰めただけのこの甘い赤うにが最高です。価格は2700円と、少々値は張りますが、このおいしさには変えられない。家に帰って、ご飯の上にシソとうにをたっぷり乗せてお醤油たらして食べました(→家人へのおみやげではなかったのか?)。赤うには9月くらいまでしか食べられないので、早めに食べることをオススメします!<YA>

丸健水産

天草市五和町二江4662の5

0969(33)1131

 

このページのトップへ

waku

2016年9月 4日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 DSC03582dd.JPG

 

河内町といえば、飽託郡のイメージが強く、熊本市内という感じがしないのですが、今は熊本市西区に属しています。とにかく夕日がきれい!みかんがおいしい!そして夏目漱石ゆかりの地としても有名です。熊本市内からはほど近いのになんともリゾート感あふれる高台に、BandBマンダリンカフェはあります。こちらマンダリンカフェからの風景。夕日が落ちる時間はたまりません。

下に見える建物は、モダンガールという老健施設です。ペット可と書いてあります。

MDSC03581.JPG

 

BandBマンダリンカフェは、東京から移り住まれ、バリ島など外国暮らしが長かった女性がオーナーさんなので、外観も内装も外国に迷い込んだような雰囲気。外国人の泊り客も多く、一泊二人部屋で4500円。復興支援で県外からいらした方が宿泊するときは価格はもっとお安くなるのだそうですよ。熊本地震の時は、こちらのカフェは支援拠点となり、物資をここから運んだり、お風呂や食事を提供したり、さまざまな活動をされたそうです。本当にかっこいい女性オーナーさんです。近くにはナルシストのイスという絶景スポットもあり、金峰山を走る熊本の自転車乗りの皆さんにも人気の場所です。

 

MDSC03579.JPG

おしゃべりしながらスイカをご馳走になりました。食べたスイカの種から、見事に実ったスイカなのだそうですよ。甘くておいしかった!9月10日にはフラメンコギターの集いもあります。今後いろんなイベントを開催されるそうですよ!<YA>

 BandBMandarin cafe

熊本市西区河内町野出47の1

096(335)8587

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月29日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

okayamamomoko1.jpg  

 

岡山県は「くだもの王国」。中でも今の季節は、桃がおいしい季節です。中でも清水白桃は、岡山県で栽培されている桃の4割をしめていて、果肉が緻密で食感がなめらか。

果物が豊富な県にもかかわらず、特産果物である「清水白桃」を使用した『定番のお土産商品』が今までなかったとのことから、岡山県青果物販売株式会社によって作られたのがこの「おかやま桃子」。桃が熟している期間って短いですが、その一番熟した時期に収穫してお菓子にしてあります。「桃子」ってネーミングがなんかかわいいですね。白桃のゼリーはありますけど、プリンはあんまりないですよね。

 

 

 

 

材料には桃と乳製品が入っていて、見た目は真っ白。ゼリーじゃなくってプリンなんだなあとここで確認。プリンのなめらかさもありますが、びっくりするほど旬の桃の風味があふれています。ちょっと小さめなのもサイズ的にGOOD!1個100円強とお手頃ですが、本格的な濃い?味でコスパがいいですね。チョコレート味やチーズケーキ味などもありますが、味的にはこのスタンダードなプリンが一番おいしかったです。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年8月27日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

udonbai7.jpg

東山魁夷展を見に、九州国立博物館に行きました。ほど近いところにあったうどんそばのお店に立ち寄ることに。うどんやさんなのにバイキングの文字。パーキングには車がいっぱい止まっている(おまけに地元のナンバー)なので、地元で愛されているお店でしょう。

 

udonbai3.jpg

 

 

外には、お野菜コーナーあり。

 

udonbai4.jpg

 

 

お値段はそばまたはうどんにバイキング付きで600円。安い!そばかうどんが選べたので、そばに。店の真ん中にはバイキングコーナーがあります。豪華っていうわけでもないですが、サラダやカボチャの煮付け、おから、昆布やお豆の炊いたの、フルーツなど、おふくろの手作り料理が並びます。味もとてもおいしいです。バイキングでオススメなのが、野菜の天ぷら。びっくりするくらいサクサクの衣です!どうやったらこんな風にできるのかなあ。おうちでしてもべちゃっとしてしまいます。

 

udonbai5.jpg

 

 

ざるそばきましたー。石臼挽きの二八。激安なのにこだわりのそば。

 

udonbai6.jpg

暑い時はこれに限ります。とにかくすばらしいコストパフォーマンス。野菜天とそば食べるだけでも価値があります。<YA>

 

松屋 原店

筑紫野市大字原420の1

092(924)9800

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月25日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC03427.JPG

 

鳥取県倉吉市に行きました。倉吉市は、かつて商工業で栄え、白壁土蔵群には、白壁赤瓦の古い建物がたくさんあり、昔ながらの雰囲気を楽しむことができます。それも思ったよりも広い範囲で残っていて、見どころ満載。江戸大正明治の古い民家で、普通に商売したり暮らしていらっしゃったりする方がいらっしゃいます。お土産物やさんもたくさんあって、ぶらぶらすると半日くらいはゆっくり楽しめます。知らない町に行くと、意外なものに出会いますね!

 

で、夜は倉吉市内の居酒屋さんへ。名前は鳥取だけに、「とっ鳥や」。何店舗かお店があるようです。こちら焼き鳥と釜飯がとてもおいしかったのですが

 

kurayosi2.jpg

 

これ。おうちでやったら子どもが喜びそうだなと思ったのでご紹介します。ガリガリ君ソーダ。

 

 

kurayosi1.jpg

 

 

ソーダの海からガリガリ君を救出すると、こんな感じ。森永のダブルソーダでもできますね!アイスコーヒーに森永の練乳氷バーとかも案外いけるかもしれません。<YA>

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

とっ鳥や

鳥取県倉吉市山根585の1

0958(26)5858

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月23日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

torimesi1.jpg

 夏休みも終盤に入りました。今年は震災の影響で、早めに2学期に入るところも多いようですね。子どもたちのお昼ご飯に頭を悩ませる日々ももうすぐ終わりですが、この夏もお昼ご飯に大活躍だった混ぜ込みご飯の素をご紹介します。

大分の郷土料理鶏めしです。鶏とごぼう、そして強めのしょうゆが食欲をそそります。大分はとり天なども有名なので、鶏料理が多いのでしょうか。

 

IMG_4440.JPG

 

炊きあがったご飯に混ぜるだけ♪コンロの火も使わなくていいので、暑くなくって楽ちんです♪おにぎりにしてもおいしい。

価格的には500円強なので、お安くはないのですが、鶏のコリコリした感じとか、ゴボウの香りとか、常に我が家の冷蔵庫に常備。忙しい時は休日のお昼などに重宝する優れものですよ!<YA>

 

 

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このページのトップへ

waku

2016年8月21日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

tandori1nan2.jpg

 

久しぶりのスリランカ熊本。先日おそるおそる一号店に行きましたが、地震の影響でクローズしていました。というわけで1号店ファンが、二号店に押し寄せており、2号店、大繁盛が続いています。毎日暑いし、皆さんスパイシーカレーで暑気払いって感じでしょう!

サイドメニューを頼むことはほとんどないのですが、すなごだでチキンテッカを食べた翌日に、タンドリーチキンを食べに行きました。チキンテッカとタンドリーチキンの違いがわからずに(笑)

こちらは、スリランカ熊本のタンドリーチキン。非常に柔らかくてスパイシー。

 

nan.jpg

ナイフがすっと入る柔らかさ。中まで味が染みています。

肝心のチキンテッカとタンドリーチキンの違いですが、味や見た目ではよくわからず。ネットで調べると、テッカはtikkaと書いて、肉や魚の骨をとって、マリネして漬け込んだ後、揚げたり焼いたりしたものとあります。

タンドリーチキンは、タンドール窯で焼いたもので骨付きが多いとのこと。スリランカ熊本さんのタンドリーチキンは、骨なしでした。うーん。おいしければどちらでもよいのですけどね!もともとtikkaには「小片」という意味があるらしいので、小ぶりのものがテッカなのかもしれません。

学び→おいしければ、どっちでもいいやってことでした。<YA>

 

スリランカくまもと2nd

熊本市中央区安政町5の8の2F

096(355)8055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月11日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

kurasiki1.jpg

倉敷市に行きました。が観光もせず、大原美術館にも行かず、唯一夕食で伺ったのが、こちら。ぶっかけうどん「ふるいち」ホテル近くのうどんやさんです。ノリ、ネギ、てんかす、生卵が乗ったしょうゆ味の普通のぶっかけが有名らしいのですが、気になるメニューを発見。食券を買ってから席に着きます。食券を買うところには、熊本地震の募金箱。ありがとうございます。感謝します。

 

kurasiki2.jpg

気になるメニューとは、ごまだれぶっかけ(520円)。いきなり変化球を頼んでしまうのには、訳があります。我が家では、朝ごはんにゴマたれうどんを食べる不思議な習慣があるため、向学のためにオーダー。この習慣、20年ほど前に泊まりに来た友人が我が家で披露して以来、我が家の定番となった不思議な食文化です。彼女はまだ朝食にごまだれうどんを食べているのでしょうか(笑)。

  

kurasiki3.jpg

 

強烈なゴマの香りというより、ほんのりごま風味のおだしに柔らかい太麺。ヘルシーでおいしいです。なぜか周りは韓国人らしき人の集団。国を超えて人気の店なんでしょうか。500円でおなかいっぱいになりました。おみやげセットなんかも売ってあるので、贈答にもぴったりですよ。<YA>

ぶっかけうどんふるいち仲店

倉敷市阿知2の3の23

086?422?2389

原則として無休

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月 7日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

 

 

 

sinbasi2.jpg 

 

岡山のお土産でいただいた「調布」というお菓子。調布市に関係あるのかと思いましたが、まったく関係ないようで、古代、租税として朝廷に納められた手織の巻布「調布」に似ているところから命名された言われるお菓子です。確かに小学校で習いましたよね、「租庸調」って。あの調なんだと納得。奈良・平安の時代より夏の季語として和歌に詠まれるほど歴史あるものなのだそうですよ。

 

sinbasi1.jpg

 

断面はこんな感じです。中に入っているのは、ふんわりとしたやわらかい求肥。外側は、卵をたっぷりと使った香ばしいカステラ生地の薄皮でくるんと巻いてあります。表面を軽くあぶってもおいしいです。中のもちもちかんがすばらしい。

調布は、いろんなお店が販売しているお菓子のようです。鮎の形をした若鮎というお菓子の原型とも言われているんだとか。確かに構造は一緒ですよね。長い年月をかけて、進化しているお菓子なのですね。<YA>

 

株式会社廣榮堂

岡山市中納言町7の32

 

 

このページのトップへ

waku

2016年8月 5日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

DSC01640.JPG

 マカオ。一度も行ったことありませんが、ザヴェネチアンマカオリゾートが出来たころ、「行った体(てい)で、ヴェネチアンマカオを舞台とする小説を書いてください」とオーダーされ、書いて、とある雑誌に掲載された恐ろしい記憶がよみがえります。

先日、アメリカ人の友人が、マカオ経由で、熊本に遊びに来てくれました。そのときにいただいたおみやげがコレ。下のほうにWALNUTPASTRYとありますので、胡桃のクッキーだとわかります。お菓子の名前は、“合桃酥”“合桃”は、又の名を“核桃”とも書くのですが、くるみの事なのだそうです。

 

DSC01642.JPG

 

こんな感じ。色気がないパッケージですが、おいしい!ちょっと粉っぽいクッキーで、この粉っぽさ、けっこう好き。粉っぽさと中華風のオイリーさがミックスされているんです。しっとりしていてやさしい甘い香りがふわっと口の中に広がります。絶妙なおいしさに食べだしたらとまらないクッキーでした。<YA>

このページのトップへ

waku

2016年8月 3日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

 

 

 

kohiitiba1.jpg

 

カフェビストロ珈琲市場長嶺店さん。移転して初めて伺いました。珈琲市場って名前が田崎市場や生鮮市場をホーフツとさせ、なんだかピンときませんが、名前とは裏腹におしゃれな雰囲気。カフェビストロと名を売っているだけあって、コーヒーだけでなくお料理も人気なのだそうです。ジャズライブやカフェコンサートなどのイベントもなさっていらっしゃいますよ。今回は打ち合わせにてコーヒーのみ。

 

kohiitiba2.jpg

 

とにかくコーヒーの種類多数!さすが、コーヒーマイスターがいるお店ですね!大好きなマンデリンをオーダー。たっぷりでてきてうれしいです。一人でも気軽に立ち寄れるステキなお店です。<YA>

 

珈琲市場長嶺店

熊本市東区長嶺南4-1-85

096-381-0510

  

このページのトップへ

waku

2016年8月 1日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

 

camon5.jpg

 

 

こちらサラダ。

久しぶりに上通近くの佳紋さんに。こちらは、子ども連れでも気軽に楽しめる鉄板焼きのお店で、時々利用されていただきます。この日は当日に予約の電話をいれたのに、ラッキーなことに席がとれました。本当は、鉄板の前で食べたかったのだけど、個室でいただきます。おいしさは変わりませんので、十分満足なんですけれどもね。6000円代からコース料理はありますが、オマールエビと、黒毛サーロイン、鉄板焼きピラフがはずせないので、8000円の蘭コース。わたしはフィレがよいので、6200円の宴コース。こちらはオマールではなく、ホタテ。はずせない鉄板焼きピラフはついています。

camon9.jpg

オードブル。

 

camon8.jpg

ビシソワーズ。

camon7.jpg

オマールエビ。

 

camon6.jpg

 

わたしが頼んだホタテ。

camon4.jpg

黒毛和牛サーロイン。焼きたてが2回にわけて出てきます。

 

camon3.jpg

 

おいしいです♪camon2.jpg

 

鉄板焼きライス。これははずせない。おうちじゃ作れない味。

 

camon1.jpg

 

 

最後のデザートまで、しっかりおいしいです。ランチタイムにお邪魔したことないので、今度行ってみたいです。パーキングも近くに止めたらコインくださいますよ!<YA>

佳紋

熊本市中央区上通町3-15 ステラ上通りビル

096-351-4129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月30日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

 kittyou5.jpg

 

宮崎に出張。前夜に橘通りで見かけたでっかいきっちょううどんの看板。宮崎名物、無添加、煮干うどんの文字にそそられ、どうしても行きたくなり、営業時間を確認したところ、朝6時から開いているではないですか!ということで、ホテルのビュッフェはやめて、朝はきっちょううどんに初参戦!早朝7時にお邪魔しました。地元の常連風の年配のお客様多し。夜中は閉まっているはずなのに、なぜかイスで寝ている若い人もいる(笑)。ゴボウ天におぼろ昆布をトッピングしたバージョンをオーダー。

 

kittyou2.jpg

 

 ネギが、無料でマシマシにできるようで、ネギ多めにしました。いやこんなに多くなくってもいいんだけどね(笑)。下が見えません

kittyou3.jpg 

 

ようやく昆布がこんにちは。麺は中太麺で、柔らかめ。おいしいー!けっこうボリュームありますね。煮干ダシが効いているので、昆布もプラスすると味の深みがはんぱない!

 

kittyou4.jpg

おなかいっぱいといいながら、いなり寿司も食べます。ショウガが効いていて、すっきりしたおいしさです。定宿近くでこんなステキなブレックファストがいただけるなんて!次回から朝ビュッフェやめて、ここに決定!<YA>

 

 kittyou1.jpg

きっちょううどん橘通店

 宮崎市橘通西3-3-27宮崎アートセンタービル1階

TEL 0985-26-8889

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月28日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

yuan4.jpg

 

植木温泉の温泉邸湯ー庵さん。家族風呂で人気。場所が植木なので、福岡などからのリピーターさんも多いお店です。こちらの温泉施設、ご飯もおいしいのでよく利用します。稲庭うどんと季節の食材を使った創作和食が人気。オーナーはもともと本格的な懐石料理のお料理人さんなのですが、温泉の待ち時間が出来たときって、待っている間につるつるっとうどんを食べたいときってありますよね。ですからおいしい稲庭うどんも提供されています。

 

yuan3.jpg

お料理もおいしいのですが、店内に器が売ってあるので、わたしの中ではポイント高い。有田焼など、有名窯元のサンプル品が、お手ごろ価格でずらりとお店に並んでいます。サンプル品と思って侮ることなかれ。手描きの素敵な器もあり、「え!こんな安いの!?」とびっくりしちゃうほど(笑)。先日は、手描きのそばチョコをゲット。とにかく質がよくて、安い!有田の陶器市とかに、高速道路使って行くのがバカらしくなるレベルですよ。

yuan1.jpg

この日、印象的だったのが、とうもろこしご飯です。我が家でもとうもろこしご飯はよく作るのですが、トッピングに、トマトやオクラ、アスパラガスなどが乗っています。これが乗っているだけで、おごちそう感MAXですね!<YA>

 

 

和楽

熊本市北区植木町亀甲1526の1湯ー庵内

96の275の5770

 休水曜

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月26日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

sironowa1.jpg

 

コメダと言えば、「シロノワール」と言うぐらいのクオリティと聞きながら、なかなか挑戦する機会がありませんでした。なんでもコメダのデザート注文数でも不動のナンバーワン人気なんだそうです。サクサクふんわり焼いたデニッシュパンの上にたっぷりのソフトクリームが乗っています。熱々と冷々が混在しているところに、シロノワールのおいしさがあるようです。

ちなみにシロノワールのネーミングの由来は、おシロ(城)には関係ないようです。黒っぽい(フランス語で「ノワール」)の上に、白いソフトクリームが乗っていることから、シロノワールなんだそう。いっそ「黒いお城=城ノワール」ってことで、熊本城復興スイーツにでも認定されて欲しい。もっと甘いのかなと思っていましたが、ちょうどよい甘さで、なかなかおいしいです。サイズもレギュラーとミニがあります。食べやすいように4等分されているので、シェアにも向いています。

 

sironowa2.jpg

ところで、サンドイッチのランチメニューのようなものを発見。こちら平日のランチタイムに5月から限定店舗で展開が始まった「昼コメプレート」。サラダなんかもついていてお得♪ちなみにこちらをいただいたのは、コメダ珈琲の熊本大窪店です。とにかくこちらのサンドイッチは一様に量が多すぎ!お持ち帰りもOKなので、包んでもって帰りました。<YA>

コメダ珈琲熊本大窪店

熊本市北区大窪町2の10の8

096?342?6518

このページのトップへ

waku

2016年7月24日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

sasuga8.jpg

 

7月30日は土曜丑の日!夏の土用入りは、7月19日ですので、30日めがけて食べなくても、その前後に食べればよいようです。ということで一足早くうなぎを食べに行きました。長崎県佐世保市にある鰻、さすがさん。おいしいうなぎを食べさせてくれるお店。家族でよく利用します。

 

sasuga7.jpg

 

一番ノリでした。丑の日はもちろん満席になりますので、要注意!

 

sasuga6.jpg

 

うなぎのホネ。手が止まらない。ずっとぽりぽりやっときたい。

sasuga4.jpg

うな重にしようかひつまぶしにしようか、毎回迷います。価格は一緒で松は2700円。前回はうな重でしたので、今回はひつまぶしに挑戦!3度おいしいひつまぶし。

1そのまま食べる

2薬味&とろろをかける

3だしをかける

の工程で進めていきます。 

 

sasuga3.jpg

 

ひつまぶし(原型)のアップ!

 

sasuga2.jpg

 

薬味トッピング!濃厚なうなぎにさっぱりした風味が加わります。

 

sasuga1.jpg

 

とろろトッピング!まったりとしたとろろがご飯とうなぎにまとわりついて、えもいわれぬコラボレーション。

 

sasuga5.jpg

 

ちなみに、こちらは連れが頼んだうな重。王道はやっぱりこちらですね。甘辛だれが香ばしくっておいしいです!<YA>

鰻さすが

佐世保市天満町1の4

0956の25?5539

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月10日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

momoamazake1.jpg

 

蒸し暑い日が続いてます。そんなときにおすすめなのが、甘酒!甘酒って冬のイメージが強く、夏に甘酒?という方も多いかもしれませんが、甘酒は、夏の季語。飲む点滴という異名をとるほど、栄養価に優れているので、病中病後や夏ばてなどの滋養アップにとてもいいんだとか。ビタミンや食物繊維、アミノ酸などもたっぷり入っているので美容効果も高いと言われています。そんな甘酒健康法を初めて一週間ほどですが、なんだか化粧ののりがよくなったような気がするのは、私だけでしょうか?いや、私だけだと思いますけど、期待を込めてこの甘酒健康&美容法を続けてみようと思っています。冷蔵庫で冷やしてそのまま飲んでもおいしいですが、豆乳と割ったりしてもけっこういけます。ちなみにこちらは、先週ゲットした桃の甘酒です。桃の果肉が刻んで入っていて、美味。

 

 

 

 

amazake1.jpg

 

 

ももの甘酒を購入したのは、こちら。梅が枝酒造さん。江戸時代から続く老舗の酒蔵です。建物もとても風情があります。こんな古い酒蔵が佐世保市あるとは知りませんでした。杉玉も立派。予約すれば、酒蔵見学もできるみたいです!

 

amazake2.jpg

 

 

日本酒や焼酎、奈良漬け、酒かす漬けなど、品揃えいろいろ。試食も可能です。こちらは甘酒コーナー。桃、ブルーベリー、あずきなど、甘酒のフレーバーが充実。全部試飲して、全種類ゲット。あずき甘酒もおしるこみたいでおいしい♪この夏は、甘酒生活始めませんか?<YA>

ココで買えます。

梅ケ枝酒造

長崎県佐世保市城間町317

0956(59)2311

営業時間9時から18時


 

このページのトップへ

waku

2016年7月 6日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

rawkakao1.jpgチョコはチョコでも「ローカカオ」のチョコってご存じですか?最近スーパーフードとして注目されてるらしく、ネットでもけっこう引っかかってきます。カカオ豆をローストする一般的な作り方のチョコレートは、加熱によって、栄養成分の多くが失われてしてしまうんだとか。非加熱のローチョコレートは、カカオの豊富な栄養素を生きたまま摂ることができるビューティスイーツとして、美容意識の高い女性に注目されているんだそうです。


そもそもチョコレートの原料である「カカオ」は緑茶の4倍ものポリフェノールを含んでいて、ビタミンEやカテキンも豊富。抗酸化作用が高い健康食。

そこで、ローフード研究家の知人が作ってくれたのが、このローカカオのチョコレート。製菓用のローカカオバターとカカオパウダーを混ぜて、ハート型のモールドに入れて固めるだけで、こんなかわいいローチョコレートができるんだそうです。甘さも控えめで、ソフトな食感のチョコ。風味が豊かなので、何個でもいけそうだけど、ビューティースイーツだからって、いっぱい食べていいってわけでもありません!(笑)。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年7月 4日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム

 raityou5.jpg

 

「雷鳥」・・・。ぱっといわれてどんな鳥なのかまったく思いつきません。雷鳥の里というお菓子をいただき、その外観を知りました。雷っていう荒々しい名前の割には、超愛らしいルックス。

 

raityou4.jpg

 

HPに雷鳥の説明あり。

3000m級の北アルプスに生息する高山鳥で日本の特別天然記念物に指定されています。夏羽はほぼ褐色に冬羽は純白に衣替えする特徴があり、人を恐れず、真近に可愛い親子の姿で登山者の目を楽しませてくれます。

氷河の昔よりひっそりと山岳に暮らす愛らしい雷鳥のように、誰からも愛されるお菓子でありたいという思いで名づけられたんだそうですよ。

鳴き声はオスは、「ぐわぁぁぁー」と意外にダイナミックに鳴くのだそう(笑)

 

raityou3.jpg

40年も前からのロングセラー。見た目はシンプル。

 

raityou2.jpg

 

中を割ると、クリームが入っています。この2層のクリーム、意外とおいしいです。いろんなブログを読んでみると、よく書いてある言葉が

「雷鳥の里 意外とおいしい」でした。雷鳥の切り紙が入っていましたので・・・

 

raityou1.jpg

 

遊んでみました。北アルプスならぬジャングルで生き抜く雷鳥です。ぐわぁぁぁー(笑)!!!<YA>

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月 3日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

kuriyou3.jpg

 

 長野県の小布施町は、栗の産地として有名。小布施栗といって、室町時代から600年以上名産であり続けているとのこと。江戸時代には紀州みかん、甲州ぶどうと並んで徳川三大果とされたのだそうですよ。なんだか栗って果実ですが、フルーツの仲間に入れるのは、少し不思議な感じですよね。 

kuriyou2.jpg

 

 国産の栗は、加工する上で渋離れが悪く、煮ると割れやすいという難点があるんだそう。確かに天津甘栗って、丸々として、煮崩れすることなく売られてますよね。その煮崩れの弱点がある国産栗ですが、風味がすごくいいのだそうです。

 

kuriyou1.jpg

 

煮崩れするけど、おいしく食べる方法ってあるんですねえと思わせた栗ようかんがコレ。なんと、羊羹自体が栗の味です。普通の栗羊羹って、羊羹の中に栗のつぶつぶが入っていますよね。さすが創業120余年、竹風堂さんですね。羊羹全てが、栗の味♪栗好きにはたまりません。<YA>

ここで買えます!

栗菓子竹風堂

長野県上高井郡小布施町973

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年7月 1日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

tateki10.jpg

 

久しぶりに熊本市中央区の串揚げのお店「楯己」さんへ。創業37年だそうです。かつては串揚げ屋さんは何店舗かありましたが、最近はここくらいですかね。ビルの奥のわかりづらいところにありますが、おいしいお店はたいていわかりづらいところにあります。

 

tateki9.jpg

 

平日のランチタイムでしたが、お客様は私たち一組だけ。ここがおいしいことはお墨付きなので、別に不安にもならず。建物自体は古いですが、きちんと整えられている感じが好き。ランチタイムはとてもお得。

tateki8.jpg

1080円で串揚げ7本と、小鉢、ご飯、お味噌汁、漬物、サラダ。安すぎる。酢ゴボウが美味。タレもたくさんでてきます。お塩とかカレー味とか。

 

tateki7.jpg

 

こちらは、揚げる前の状態です。ジャガイモを裏ごしして、バターと一緒に丸めたものとか、エリンギとかいろいろ。

 

tateki6.jpg

 

おいしさの秘訣は、お店の方がきちんと一つ一つ手作業で揚げてくださるところです。ちょうどよい揚げ具合を見計らって、アツアツを食べることができます。揚げすぎても駄目、生っぽくても駄目、絶妙としか言いようがない。この鉄瓶?と呼んでいいのかわかりませんが、こちらだと油が、鉄瓶の中を対流するので、これもおいしく揚がる秘訣なのだそう。おうちじゃ、こんなので揚げてる人はいないですよね笑。

 

tateki5.jpg

 

続々と揚がり、相性ぴったりのタレの上に串が置かれます。ささみとか、スナップエンドウとか、エリンギとか、砂ずりとか、海老とか。肉やら魚やらいろいろありましたが、外側を見ただけじゃ判別できなくなりました。

tateki4.jpg

追加も一口100円くらいからできます。女性にはちょうどよい量ですが、男性には少し少な目かも。

 

tateki3.jpg

 

「お肉がいいです」とか「お野菜お願いします」とか言ったらいろいろ追加で揚げてくれました。プラス4本追加しました。

 

tateki2.jpg

 

おうちでは、絶対無理です。このおいしさ!おいしさの秘訣をいろいろ聞き出してみましたところ、衣に水を使わず牛乳を使ったり、キノコ類は冷して味を凝縮させるとおいしいとか、いろいろ教えてくださいましたよ!しかし、おうちでは絶対無理(笑)。ここで食べたほうがおいしいに決まってる!

tateki1.jpg

女性にサービスでアイスの串揚げがついてきました!これまた絶品デザートです。<YA>

楯己

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月29日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

hanaasobi1.jpg

 

熊本市中央区新町の青桐通りにある「花遊」さん。久しぶりに訪ねると、モッコウバラがたくさん咲いていました。古民家風のあめ色の建物のくぐり戸をくぐれば、骨董品など、珍しい調度が並んでいて、なかなか雰囲気のある空間です。お料理もとても繊細。きれいな器にもられた和の創作料理が、いっぱいでてきます。お野菜中心のメニューで、美しい見た目もさながら、味も上品でおいしい。以前いただいた印象深いメニューのひとつに、トマトの揚げだしがあります。トマトを揚げて、おだしにつけてあるのですが、これがだしの味と、トマトの酸味がすごくあっていてとても美味。トマトがどんどんおいしくなる季節なので、また食べたいな。女性同士の会食などにはぴったりのオシャレな店です。<YA>

 

花遊

096-328-8744
熊本県熊本市中央区新町4-6-2

このページのトップへ

waku

2016年6月27日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム

coccolina1.jpg

 

 すごくかわいいクッキーを発見!インスタグラム(@coccolina_cookies)で見て以来、そのかわいさに釘付けとなったコッコリーナさんのクッキーです。コッコリーナは、熊本にある小さなアイシングクッキーの工房。アイシングクッキーとは、なにかというと、着色した砂糖(アイシング)でクッキーの上にかわいくデコレートしたクッキーのことです。もちろん「安心してください!食べることはできますよ!(古っ)」。とにかく細工が細かいのと、デザインがかわいいので、贈り物などにぴったりです。芸能人の方でもひいきにしている方がいらっしゃるようです。クッキーを作っていらっしゃるのは、後藤未帆さんとお姉さんの麻由子さん。アイシングのデザインなどは、もっぱら妹の未帆さんがされています。ひとつひとつ手作業で作られるので、時間がかかり、オーダーもすごく多いので、順番に作っていかれているようですが、なかなか納品まで時間がかかる模様。

「待てないわ!」という方には、朗報!7月4日から10日まで、ツタヤ三年坂の1階イベントスペースで、コッコリーナさんのクッキーが購入できるようですよ!まずはインスタグラムをチェック!<YA>

このページのトップへ

waku

2016年6月25日 Posted time : 00:27 | Category : D@EXコラム

yosinoyamugitoro1.jpg

 

女性にとって吉野家さんは、おいしいけど、行きにくいお店のひとつ。行けば必ずそのおいしさとコスパのよさに、「人気なのもわかるね」と納得するんですが、どうも敷居が高いです。しかし、その敷居を取っ払うCMを見てしまうことに。夏の新メニュー「麦とろ牛皿御膳」。無性に食べたい!たまたま久留米方面に行く予定があったので、高速道路玉名サービスエリアののぼりのところの店舗で早速いただきました。580円は安い。牛皿じゃなくって、鰻皿のバージョンもあるのですね。ここは、やっぱり牛皿でしょう。

 

yosinoyamugi2.jpg

「とろろ」「麦めし」「おくら」といった食物繊維豊富な食材と「牛皿」を一緒にした、つまり、がっつりだけど、ヘルシーな御膳。どんぶりだとなんとなく豪快に食べなくちゃいけないイメージで抵抗があるのですが、牛皿だと上品に食べることができます。とろろは、長芋を粗く擦りおろし、「サクサク」とした食感を残してあります。「麦めし」はとろろとの相性がよい押し麦を使用。ご飯と麦が別炊きにしてあるみたいで、麦がべチャッとならず、ぽろぽろの食感になっていてちょっと病みつき。牛皿のタレは、昔はもうちょい甘目が好きですが、肉の旨みをぐんと引き出していて十分おいしいです。一人「吉野家」をする日はまだ程遠いですが、暑くて食欲が出ない日にはもってこいのメニューですね。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月19日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

hakatanohito1.jpg

二鶴堂といえば、博多中洲の老舗のお菓子屋さんで、一番人気はなんといっても「博多の女(ひと)」。昭和40年代からあるベストセラーで、あの印象的な博多人形のお姿がステキ。今回ご紹介する八女抹茶味は、期間限定商品です。こちらのパッケージには若い女性のイラストが描いてあり、あの印象的な博多人形はいませんでした。どうせなら博多人形シリーズでいってほしかった!あの時代がかった感じが逆に新しいです。

味は、美味。抹茶の豊かな香りと、すっきりした苦みを感じられるバームクーヘンに小豆羊羹を流し込み、一口サイズに仕上げてあります。抹茶とあずきですから、間違いないです。調べてみたら、博多の女には、あまおう味もあるのですね。どんどん進化中です。<YA>

 

ここで買えます!

 

このページのトップへ

waku

2016年6月17日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

almond1.jpg

 

最近はまっているのが、コレ。グリコのアーモンド効果というドリンクです。アーモンドの健康法って、何度かブームになった影響もあってか、最近は、塩のついていないローストアーモンドも簡単にコンビニで手に入るようになりました。昔は製菓店の大袋しかなかったのですよね。古くなったナッツ類は有害だと聞いたので、大袋で買ってしまった古いナッツの処理にも非常に困った記憶。コンビニの小袋はとてもありがたいです。さらに、ドリンクだとあまりそんなことも考える必要もなく、手軽ですよね。

ちなみにアーモンドには、ビタミンEや食物繊維がたっぷりで

  •  抗酸化作用
  •  動脈硬化の予防
  •  コレステロールを下げる
  •  美肌効果
  •  シミ、そばかすの予防
  •  便秘解消

などの効果があるんだそうですよ。女性にはうれしい!。実際、最近「アーモンド効果」生活を続けていますが、なんとなくお肌にはりが出たような(自己)満足感。コレステロールが低いのも魅力で、これなら続けられそうです。味は、アーモンドキャラメルを少し薄くしたような飲みやすさ。砂糖不使用や、コーヒー風味などさまざまなバージョンが出ているようですよ。今度試してみようと思います。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月13日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

kibidango2.jpg

 

岡山シリーズ第二弾!本日ご紹介するのは、岡山土産の定番、直球ストレートのきびだんごです。「きびだんご」と画像検索すると、たくさんのきびだんごの画像が出てきます。中でもとびきりかわいいのは、山方永寿堂さんのきびだんごのパッケージです。こちらは昭和21年創業の老舗のきびだんごやさんなのですが、岡山のデザインユニット「COCHAE・コチャエ」さんが手掛けるかわいいパッケージに昨年リニューアルされたのだそうです。犬、猿、キジ、そして鬼もとびきりかわいいです。癒やされますねー(^o^)

 

 

kibidango1.jpg

 

きびだんごは江戸時代末期に考案されたモノらしく、もともとはきびを使ったおだんごでしたが、今では餅米の粉などを混ぜて、柔らかくなっています。食べて店がわかるほどのきびだんごマニアではないので、比べようがないのですが、長年、岡山で愛されている老舗のきびだんご屋さんなので、味は確か。おみやげにすると、とっても喜ばれますよ。<YA>

 

 

山方永寿堂〈きびだんご〉

住所:岡山県岡山市中区西川原53-8

TEL:086-270-0202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月11日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

DSC02518.JPG

平戸の永田食品さんの「平戸魚醤油10イヤーズオールド」。ウイスキーのような風貌で売られていましたが、10年間熟成された魚醤です。1本1620円。10年もの間、熟成させた醤油ですから、そのくらいはして当然です。保存料や添加物は一切入っていない完全無添加の魚醤油。天草・牛深にも魚醤をつくっている西岡勝次商店さんというところがあり、我が家に常備していましたが、今回はこちらを購入してみました。魚醤って一度買うと、なかなかなくならずに数年間冷蔵庫に放置されますが、それでもガパオやチャーハンには必ずといっていいほど利用するので、なくてはならない存在。これがないと味に深みが出ないのですよね。というか、ガパオとチャーハン以外で魚醤の使い道があったらぜひ教えて欲しいとも思ってしまう。

というわけで、平戸魚醤で早速ガパオを作ってみました。ミンチ肉と細切れにしたパプリカを炒めて、オイスターソースと砂糖少々で味付けします。味がなじんだら、魚醤を一降り。最後にバジルの葉っぱをたくさん入れると出来上がりです。ご飯と目玉焼きと一緒に食べるとおいしいですよ!平戸魚醤は、10年ものだけあって、味の深みがあり、まろやかでおいしいです。ぜひお試しください。<YA>

 

こちらで買えます!

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月 9日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

DSC02580.JPG

 

我部祖河食堂。「がぶそがしょくどう」と読みます。沖縄県の元祖ソーキそばのお店です。創業は昭和41年。ひのえうまです。沖縄県内に10店舗あるそうで、わたしが訪ねたのは、西原店。メイクマンニューマン店という不思議な名前のホームセンターの敷地内にあります。「がぶそが」といい、ニューマン店といい、いちいち文化の違いを感じずにはおられない。

 

DSC02579.JPG

 

メニューです。とてもリーズナブル。ジューシーとかもあり。おにぎりの具も「みそ」。そして沖縄の食堂は、ぜんざい率高し。

 

DSC02587.JPG

 

こちらは、ソーキそば。卵焼きが乗っていて、うれしい!

 

DSC02588.JPG

 

 

麺は自家工場で作られたやや細めの平麺で、スープは豚骨と鰹節でとられており、澄んだスープですが、濃厚。

 

 

DSC02584.JPG

 

昔の大衆食堂を思わせる店内。観光客らしき人はおらず、メイクマンニューマン店の買い物客がちらほらでした。<YA>

我部祖河食堂

沖縄県中城群西原町字小那覇1565

098(945)3299

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月 7日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

 

DSC02502.JPG

 

 

「ぷちぷちつぶつぶ鮮鼓堂♪」というCM。熊本では見たことないですが、有名な辛子めんたいのメーカーさんのようです。長崎県佐世保市吉岡町に、直営店舗があり、かなりにぎわうとのうわさで、行ってきました。ちなみに「鮮鼓堂」の名前の由来は、鮮度が良く、太鼓のように響き渡るようにとの思いでつけられています。「太鼓のように響き渡る新鮮さ・・」なかなかオリジナルな発想ですね。

 

DSC02504.JPG

 

中に入ると、明太工場があり、自由に見学できるみたいです。店舗内に並べられたショーケースには、明太子だけでなく、冷凍したイカやフライ、イカの塩辛やたこわさなど、魚介中心のいろんな品揃え、安いです。明太子の種類も多く、試食もたくさんあるので、いろいろ食べてみて好みの明太をゲットしましょう。

 

DSC02509.JPG

 

わたしがゲットしたのは、こちらのこんぶ入り。リピーターの友人が、これが一番おいしいと言っていたので、こればっかり5箱ほど購入。冷凍庫で3カ月くらいはもちます。粒が大きめで昆布のうまみがしみ出たなかなかの味。

 

 

DSC02506.JPG

 

 

こちらは、ドリンクコーナー。なんと無料で飲み放題です。小さな子どもさんたちが楽しそうにジュースを飲んでいました。<YA>

鮮鼓堂佐世保支店

佐世保市吉岡町1090の1

0120の767690

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月 3日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

okayaamroll2.jpg    

 

「岡山といえば何?」といわれて、きびだんご以外思いつかないとするならば、それは食いしん坊としては失格でしょう。今回、岡山でたくさんおいしいスイーツに出合いましたので、いろいろとご紹介したいと思います。まずは、こちら。おかやまロールです。岡山のおいしい食材がぎっしり詰まったロールケーキなんですよ。

 

okayamaroll1.jpg

 

このロールケーキの中に巻き込まれている岡山素材は、4つ。

きびだんご

清水白桃

ジャージー乳(スポンジ)

美作産丹波黒豆昨秋黒甘納豆

 

下の白いのはきびだんごで、上に、黒豆、桃、黒豆の純に並んでいます。白桃はジャムになっています。こうやって並べてみると、ロールケーキがわたくしにほほえみかけてくれているようですね。

豆と桃は、スポンジケーキにも合いますが、このきびだんごがもっちりとした食感でかなりよいアクセントとなっています。スポンジ自体もジャージー牛乳の風味が生きた濃厚な味で、高級感がありました。このお菓子を食べれば、岡山の特産品がわかり、もしかしたら小学校の地理の学習教材なんかにも役に立つのかもしれませんね。<YA>

お菓子処清風庵

岡山市北区下伊福一丁目4の6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年6月 1日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

 

 

 

DSC02459.JPG

熊本から広島へ高速で向かう途中の小谷サービスエリア。アンデルセンのパンを購入できるだけでなく、イートインできるSAです。初めて立ち寄って見たのですが、なんとなく普通のサービスエリアとは趣が異なるオシャンティーさ。

HPによると

小谷サービスエリア(上り線)は、2010年に全面リニューアル。「The SA and more」をコンセプトに、サービスエリアの枠にとらわれない新しさ、楽しさの創造をしたいと、高速道路初となる本格的な石窯やフラワーショップを導入した

 
とあります。
 
The SA and more」わかるようなわからないような。わざわざ英語にしなくてもよいような笑。高速道路を利用される方はもちろん、近隣にお住まいの方も、ふらっと訪ねることがデキルみたいですよ。
 
ちなみにアンデルセンは、広島に拠点を置くデンマークパンのお店です。九州には福岡と大分にあるみたいですよ。
 
 
DSC02461.JPG
 
 
お昼になると、さまざまなパンがイートインできるみたいですが、朝早い時間は、種類もちょっと限られていました。こちらは、とろーりおいしいチーズがたっぷり入ったホットハムサンドです。シンプルですが、こういうメニューは、素材がいいと完璧においしくなります。「いい素材を使うと少量でも満足」。大人になるとこういうのが一番うれしいですね。SAメニューではなかなか出合えないタイプのブレックファストでした。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年5月31日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム

 rokomoko3.jpg

 

去年けっこうおいしいと思ったロコモコバーガーが、今年も発売。5月20日からでした。ハワイ州観光局公認です。ハイビスカスのお花をあしらった南の島感あふれるパッケージ。ハワイの定番料理ロコモコをイメージして開発されています。

そもそもロコモコの定義ってあるのでしょうか?ウィキペディアなどを見てみると、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレービーソースをかけたものが基本とあります。ロコモコって、アボカドが入っているイメージ。乗ってなくてもロコモコですね。

 

 

rokomokover1.jpg

 

バンズの上には粉チーズがふりかけられていて、香ばしい香りです。

 

rokomoko2.jpg

 

中はこんな感じ。目玉焼きとビーフパテ2枚、チェダーチーズ、レタス、そしてグレービーソース&スイートレモンソースだそうです。ロコモコっていえばロコモコですが、月見バーガーといえば月見バーガーのようでもある。グレービーソースも効いています。味はけっこう好みの味です。ハワイ感覚とかはあんまりないものの、次食べるときもこれかなと思います。いっそパイナップルとかはさんであったらハワイっぽいんですけどね。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月29日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

kumamotonojounetu1.jpg

 

熊本にボランティアで全国からたくさんの方が支援にいらしています。本当に感謝の思いでいっぱいです。でも、「熊本まで足を運ぶのはちょっと・・」という方も多いはず。「熊本の復興を支援したい!」という方、おいしいお菓子を買って熊本を応援しませんか?

こちらは、熊本城復興のためにフランス菓子教室「ADU-kichen(アヅキッチン)」さんが発売を始めた手作りのお菓子「熊本の情熱」です。受注を受けてからひとつひとつ手作りで作られるので、量はたくさんできないのですが、味はお墨付き。

熊本県のみかんの名産地である河内町のみかんピューレと、みかんの花からとられたはちみつ、そしてパッションフルーツの酸味もおいしいです。1個1200円なり。

 

jounetu1.jpg

 

実は、このフランス菓子、かつて「河内の情熱」というネーミングで人気だったガトードボワイヤージュ。復興を機にネーミングを変えました。発送も受け付けるそうですよ!<YA>

 

アヅキッチン

090(1873)1321

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月27日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

eggmer2.jpg

 

羽田空港第二ターミナルに昨年オープンしたエッグセレントバイト。そちらのエッグセレントタルトがおいしいと聞き、ゲットしました。エッグタルトはポルトガルのお菓子なんだそうですよ。

 

eggmer1.jpg

 

こちらがエッグセレントタルト。サクサクのパイ生地の中に、とろーり卵が入っています。甘すぎないトロッとした濃厚な卵に、焦げ目の香ばしさがさらにおいしさをアップ。ポルトガルではわざわざこげが多いタルトを買っていく人もいるのだそうです。確かに香ばしくってとてもおいしいです。180度のオーブンで3分ほど焼いて食べてもクレームブリュレのような食感が秀逸ですが、凍らせて食べてもおいしいんだそうです。洗練されたスイーツもいいですが、なんとなく手作り感あふれるお菓子で、好感が持てました。<YA>

 

「eggcellent BITES」

羽田空港第二ターミナル地下一階

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月25日 Posted time : 11:03 | Category : D@EXコラム

pati3.jpg

 

 5月9日は、サーティーワンアイスクリームのお客様感謝デー!で、全品100円ということで三号線沿いの熊本清水パイバス店に行きましたが、残念ながら該当店舗ではなかったのか、昼間で終わってしまったのかわかりませんが、夜に行ったらやってませんでした・・。がっかり。しかし5月限定で、人気No.1「ポッピングシャワー」のポップロックキャンディを2倍に増量! サーティワン史上MAXのはじける美味しさ!と書いてあったので、ポッピングシャワーを頼みました。

ちなみに、写真は初CMとなったジャニーズWESTの皆さんです。 

pati2.jpg

 

ぱちぱち増量のポッピングシャワー。口に含むと、なつかしいパチパチ感。ちなみに、子供のころに食べたパチパチキャンディーの名前は「ドンパッチ」だったと記憶。味はオレンジ味だったなあ。

pati1.jpg

来年こそは、お客様感謝デーに遭遇できますように!<YA>

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月21日 Posted time : 11:05 | Category : D@EXコラム

 rinki4.jpg

 

真っ暗闇の子飼商店街。ぽつんとひとつだけついている灯りを頼りにいくとらぁあめん臨機さんがあります。パーキングはありませんが、その辺のコインパーキングに止めると100円補助してくださいます。

臨機さんのラーメンは、タイとマグロの頭からスープをとっており、「鮮魚系」とうたってらっしゃいます。カウンターに座ると、いい香り♪

 

rinki1.jpg

 

こちらはらぁめん650円。とんこつ帝国熊本には珍しい澄み切ったスープ。魚介のエキスがじわっと染み出ていて、滋味深いですね。ここでしか味わえないおいしさ。子供からお年寄りまで万人に愛される味ですね。

 

rinki2.jpg

 

麺は細みの縮れ麺です。味の絡みがよく、スープとのバランスが最高です。

 

 

rinki3.jpg

 

鯛めしを250円でつけると、タイのほぐしたのと、ゆかりが混ぜ込んであるご飯がやってきました。ラーメンのスープに浸して食べると絶品でしたよ。

商店街の店舗は、けっこうお店を開いていらっしゃるところも多いようですが、大学時代からお世話になったサンリブさんの店舗がなかなかオープンしないのが、さびしい限りです。<YA>

 

ラーメン臨機

096-346-2239

熊本市中央区西子飼町8-23 1F

このページのトップへ

waku

2016年5月19日 Posted time : 10:57 | Category : D@EXコラム

hukkou1.jpg

 

本格的なタイ料理を食べることができる九品寺のソイマーニーさん。なんと期間限定で500円復興支援ランチを提供されています。メニューは、ガパオライスと、馬肉ハンバーグの二種類。サラダやスープなどはついていませんが、本当にお得なメニューです。

びっくりするのは、売上の一部を寄付されるのではなくて、全額寄付されるとのこと。今回の地震で、たくさんの神社仏閣が倒壊しましたが、地域にあるお寺の復興資金として役立ててもらうのが目的なのだそうです。

安いですが、きちんと手をかけて作っていらっしゃる料理です。ガパオライスのおいしさはお墨付きなのですが、馬肉ハンバーグのクオリティもとても高いと感じました。馬肉を「二度挽き」しているのが、やわらかくって、ジューシーなハンバーグの秘訣なのだそうですよ。

 

 

 

 

DSC02025.JPG

 

オーナーさんは「とにかくたくさんの人に食べて欲しい!」とおっしゃっていましたので、ぜひお運び下さい。

  営業日は、月火木金の11時30分から14時までです。

ソイマーニー

熊本市中央区九品寺3ー18ー22

050 1538 4862

このページのトップへ

waku

2016年5月17日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

kurak1.jpg

 

 

しばらくは外食したくともオープンしていないお店も多かったのですが、中でも待ちわびていたのが、「無添くら寿司」のオープン(笑)。オープン初日に行くと、待ちわびた人たちであふれかえっていました。いつもレジにいるお姉さんたちの笑顔にも癒されます。「エビが回ってる幸せ」を感じるひととき。

 

 

 kurak2.jpg

 

「欲しいものは、いつまでもあるわけではない」。その「一期一会」な教訓を胸に、今日もかかんに食べたことのない新メニューに挑む。こちらはシャリカレー。初挑戦。ご飯にルーがかかっているだけで、ルーの中に固形の具も見当たらず。シャリとカレー。とても合います。すっぱくて、辛くて、甘みも感じられて、複雑な味覚となっています。これはアリです。

 

kurak3.jpg

 

初挑戦、その2.うな丼。乗っているうなぎはほんの一切れですけど、うな丼を食べた気にはなります。量的にちょうどよいです。ちなみに緑色のバランは、無意味にのっているわけでも、彩りのためにのせられているわけでもない。バランの上に、山椒の小袋が乗ってました。

 

kurak4.jpg

 

課題その3。長野県民の人気ナンバーワンの寿司ネタが「サラダ軍艦」という話をテレビでやっていて、(ちなみに、全国一位の人気寿司ネタはまぐろ)。サラダ軍艦の検証。くら寿司には、サラダ系は「シーフードサラダ」と「サラダ」の2種。こちらシーフードサラダ。ちなみに沖縄県のくら寿司にはシーフードサラダはないそうです。

 

kurak5.jpg

 

こちらは「サラダ」。彩りはこちらが鮮やか。もちろんシーフードサラダの方が、たこなどの磯の香りが強いのですが、圧倒的に「サラダ」の方が好みの味。同じテーブルで食事をした3人すべてが、こちらの「サラダ」に軍配を上げました。STAP細胞ばりの検証実験は、今後も続けていきたいと思います。<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月13日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

 

DSC02573.JPG

 

大阪王将に行きました。それも沖縄で(笑)。海外旅行に行くとよくあるじゃないですか。いろんな郷土料理を食べた後で、どうしても慣れ親しんだ味に戻りたくなるっていうあの現象(笑)。餃子が無性に食べたくなり、駆け込んだのでした。「帰れま10」で、大阪王将メニューの堂々1位は、やっぱりこの餃子です。国産の豚肉にキャベツ、にら、ニンニクなどをあわせてその日に提供する分だけ、すべて手作業で包んでいるんだそうですよ。一日130万個売れるとのこと。大人気ですね!ちなみに帰れま10のベストスリーは

1位ぎょうざ

2位焼き飯

3位餃子定食

4位からあげ

 

だそうです。

 

DSC02571.JPG

大阪王将に行く人の間で結構人気なのが、こちらの天津飯。「かえれま10」でも11位の高ランク。とろっとろの餡がかかっています。シンプルなルックスもなんだか愛らしい。

 

DSC02575.JPG

中は、白ご飯が入っているだけで、まさにシンプル。人気なのがうなづけるおいしさ。

 

DSC02572.JPG

 

で、こちらは、汁なし坦々麺。かなり太い縮れ麺です。油そばの趣きですねー。肉みそと麺の絡みと配分がけっこう難しい。それにしても麺の噛み応えが半端ない!口の周りを極度に動かすので、ほうれい線の予防にはよいかもしれません(笑)。<YA>

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月11日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

DSC02596.JPG

 

沖縄シリーズ続きます。那覇市にある牧志公設市場。いわずとしれた沖縄の台所です。那覇市民の台所として親しまれて60年以上が経ち、沖縄近海で獲れる魚介類や県産の野菜、フルーツに県産牛や豚肉、かまぼこ、島豆腐、加工品、調味料など沖縄県の食材が一同に集まっています。2階は、食堂街になっていて、1階で買った海の幸を料理してもらい食べることができます。一回でカニや海老などを買って、いざ二階の食堂へ。「きらく」というお店で料理してもらいました。買っていかなくても、ずらり下がっている豊富なメニューが楽しめます。 

DSC02599.JPG

まずは、島らっきょう。こちらでは、鰹節と醤油でいただきます。おいしいー♪

 

DSC02601.JPG

海ぶどう。プチプチした食感!

DSC02603.JPGのサムネール画像

 

ハリセンボンのからあげ。外はかりっと、中はふわっとしてます。

 

DSC02605.JPGのサムネール画像

 

ゴーヤチャンプル。玉子のふわふわ具合が絶品。今までたべたゴーやチャンプルーの中で一番おいしかった!

 

DSC02607.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

カニのネギ炒め。

 

DSC02609.JPGのサムネール画像

 

海老のお刺身。甘くてぷりぷりです。

 

DSC02611.JPGのサムネール画像

 

海老の塩焼きは、鮮魚店さんがサービスしてくれました。

 

DSC02613.JPGのサムネール画像

 

海老のお刺身を食べた後は、お味噌汁にしてくれました。

 

DSC02614.JPGのサムネール画像

 

4人でおなかいっぱいになって、なんと8000円ほど(笑)。お魚屋さんもたくさんあるので、どこで買うかで値段も変わってくるのかもしれませんが、私たちがお世話になったのは、儀間鮮魚店さん。びっくりする安さとおいしさで、大満足!かなりオススメです!<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2016年5月 9日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

DSC02576.JPG

 

沖縄のほっともっとで見つけた「ちゃんぽん」。沖縄限定メニューということでゲット。ちゃんぽんといえば、長崎ちゃんぽんが思い浮かびます。豚骨や鶏がら、野菜から抽出した豚骨ベースのスープに、キャベツやもやしの野菜、イカやエビなどの魚貝類を炒めた具を乗せた麺料理ですが、沖縄ではちょっと違うということを初めて知りました。後ろにあるのは、おなじみさんぴんちゃ。言い換えれば「眠り誘うくすりー♪」なジャスミンティーです(古っ)。

 

DSC02578.JPG

 

沖縄でちゃんぽんというと、野菜炒めを卵でとじ、ご飯の上に乗せたものみたいです。スパムと野菜、そして玉子でいためた野菜炒めをご飯の上にのっけたものなのだそうです。長崎ちゃんぽんもいいけど、沖縄ちゃんぽんもおいしい!夏やすみの子どものお昼ご飯とかにぴったりの庶民の味です。添付されているソースをかけて食べると、さらにちゃんぽん感マックス!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年4月19日 Posted time : 00:52 | Category : D@EXコラム

 DSC02444.JPG

 

熊本市南区江越にあるみやかわさん。外はさくっ!、中はじゅわーな感じの鶏のからあげがおいしくて、会社のランチでよく利用します。中はサラリーマン風の人たちが多数!駐車場も少ないため、かなりごった返しています。お店には、からあげの持ち帰りなどのチラシもあり、完全にからあげ押しなお店なのですが、前夜にからあげを食べたこともあり、どうしてもからあげ気分にならず、日替わりのイワシの塩焼き定食にしました。

春はイワシがおいしい季節♪少々こぶりではありますが、3匹です。塩加減もよく、おいしい。ドコサヘキサエン酸もたっぷりで、頭がよくなりそう。ちなみにウルメイワシって目がウルウルしているからウルメイワシっていうらしいです。ちなみに、カタクチイワシに関しては、口が頭の片側に寄っている」ことに由来するのだそうです。知りませんでした。もっとステキな名前はなかったのでしょうか(笑)

このお店でいつもうれしいのが、おいしいポテトサラダと、フルーツがついてくることです。昔食べたときは、芋ようかんではみたいなデザートもついてきた記憶。ボリューム、味付けともに間違いのないおいしさです。<YA>

食のみや川

熊本県熊本市南区江越1-8-24

096-370-2550

このページのトップへ

waku

2016年4月13日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

DSC02635.JPG

 
久しぶりに浜勝さんへ。春の限定メニュー「桜香るミルフィーユかつとオランダかつ膳」 をいただきました。こちらは、桜とめんたいのミルフィーユかつ、オランダかつ、エビフライ、季節の野菜(アスパラとなす)がついて、1,290円。桜とめんたいって新しい!エビフライまでついているセットなので、さらにうれしい。
 
薄切り肉をミルフィーユ状にしたものの中に、桜の葉っぱとめんたいがくるまっています。桜餅のような香りが、ふわっと口に広がり、めんたいのピリッとした風味!なかなかオツな味で、好みの味でした。欲を言えば、とんかつソースが強すぎるので、ポン酢とかを使ったさっぱりソースなどがあればうれしいなあ。とんかつソースつけると、めんたいと桜の香りが、一瞬にして消えてしまうので、わたしはちょっとお塩を振って食べました。プラス100円で、ご飯を「豆ご飯」に変えることができたのですが、残念ながら豆ごはん売り切れ。浜勝のご飯って、お変わり無料で、高校生の息子と行くと、ご飯とキャベツ、味噌汁を永遠にお替わりし続けるのですが、豆ご飯も永遠にお替わりできるんでしょうか(笑)。気になります。浜勝の季節ものの中では、カキフライとともに、定番化して欲しい一品です。<YA>

このページのトップへ

waku

2016年4月11日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

giga2.jpg

 

4月6日に発売されたギガビックマックに挑戦しました。ビックマック<グランドビックマック<ギガビックマックの順のサイズ感で、

 
グランドビッグマック
ビッグマックの1.3倍超
重量 305g
エネルギー 764kcal
  
ギガビッグマック
ビッグマックの2.8倍のビーフパティ
重量 401g
エネルギー 1034kcal
とのこと。
 
単品でも740円、バリューセットにすると1000円。Mサイズの1.7倍という「グランドフライ」とMサイズの2倍「グランドコーク」が入った「グランドセット」はギガビッグマックのセットで1100円。
 
 
GIGA1.jpg
 
どどーん。かなりの厚み。グランドビックマックを食べた横綱白鳳が、「もう一枚たしてみたら?」と言ったことで誕生したという逸話を持つギガビックマック。パテ二枚をダブル重ねで4枚のパテが鎮座している姿は、圧巻。30才越えたら、ちょっとひるんじゃうねって感じのボリューム感ですが、高校生男子の胃袋を満足させるに十分でした。コスパがいいとはいえませんが、数量限定なので、つわものはぜひお試しあれ!<YA>
 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年4月 9日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

 

kado9.jpg

 

 

 加賀料理のお店「かど福」に久しぶりに家族で来訪。カニを食べたくなると、電話で予約してから、お伺いするのですが、いつもの場所(銀座通り吉野や2階)を尋ねると、「かど福、なくなってる!」。旧店舗の正面の新しいビルの7階に移転したようです。移転先が近くなので助かりました。見事なボイルカニ。ミソもいっぱい詰まってます。このカニ、天才です!

 

kado8.jpg

 

ちらは、カニグラタン。人気メニューで毎回頼みます。

 

kado7.jpg

 

お刺身盛り合わせ。おいしいー♪何を食べてもクオリティが高いです。はずれなし。

 

kado6.jpg

 

タイのあら炊き。ゴボウが合います。

 

kado5.jpg

 

ステーキ。ほどよいサシ。

 

kado4.jpg

 

焼きタケノコ♪

 

kado3.jpg

 

焼き牡蠣♪牡蠣小屋の牡蠣の3倍程度のサイズ(笑)。価格も3倍増し。

kado2.jpg

 

てんぷら。ふきのとうも入っていてうれしい。

 

kado1.jpg

 

〆は焼きおにぎり。移転したから、特別高くなったというわけでもない価格帯で、満足。

かど福

熊本市中央区花畑町10?18 花畑プラネットビル7F

このページのトップへ

waku

2016年4月 7日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

DSC02430.JPG

 

新しい癒しコーヒーとして、コメダ珈琲が売り出しているのが、「小豆小町」(480円)。文言のとおり、コーヒーの中に、小豆が入っているだけのものですが、なかなか合うんじゃないだろうかと期待。黒糖みたいな味になりそうと脳内推測。

 

DSC02432.JPG

 

11時になる前でしたので、もれなくモーニングつけました。パンに塗るものを選べるのですが、この期に及んで、おぐらあんをつけます。ダブルあんこ(笑)。どんだけ好きやねん。小豆があっさりした甘さなので、和とも洋ともいえない、もっといえば、コーヒーともいえない(笑)不思議な味になってます。ココアとか甘酒のようにスイーツ系のドリンクと思って飲めばけっこういける味。普段ブラックコーヒー派ですが、違和感なくおいしくいただきましたよ。

 

DSC02431.JPG

 

憩いの場、コメダ珈琲大窪店。打ち合わせでよく利用します。マクドナルドで打ち合わせより、断然仕事がはかどります(笑) <YA>

 

 

 

 

 

 

 

〒860-0083

熊本市北区大窪2丁目10番8号

このページのトップへ

waku

2016年4月 5日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

DSC02550.JPG

 

久しぶりにガストさんで食事。期間限定の超あらびきビーフバーグが評判と聞いたので、オーダー。キャッチフレーズは

「超肉食派のあなたに捧げます。」

こういう"ど直球"のキャッチコピーって、意外とのせられてオーダーしてしまう(笑)。こちらコーンスープ。ファミレスらしさにあふれる味。やっぱファミレスでは、コーンスープ飲まないとねって感じ。

 

DSC02552.JPG

 

超あらびきビーフバーグ白まいたけと赤ワインソース。白まいたけは、グリルしてあって、食感がすごくこりっとしており美味。肉は粗びきで、肉汁あふれる感じ。肉食系女子を十分満足させる肉肉しさです。ハンバーグとチョップドビーフの差っていまいちわかりませんが、「あ、チョップドビーフってこうゆうやつなのね」と感じる瞬間です。

それにしてもすかいらーくのキャラクターって昔も今も変わらないですね。鳥の種類はひばりなのだそうですよ。眠そうな目がかわいいです。<YA>

このページのトップへ

waku

2016年3月30日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

 DSC02489.JPG

  

  

「まだシーズンオフになってないかしら・」と思いつつ電話したマルモ水産(長崎県佐世保市)の海上かき焼小屋。「まだやってます!」とのことで、今年最初で最後のかき焼小屋に行って参りました!看板が目印。看板に沿っていけばたどり着きます。

 

 

  

DSC02494.JPG

  

海上のかき小屋なので、大きな船が通ると、ゆらゆらゆれます。九十九島の島々が見えて気持ちいいです!

  

DSC02496.JPG

  

メニューも牡蠣だけでなく、さざえ、ひおうぎがい、あわび、干物などなど。焼きおにぎりもあります。

  

 DSC02499.JPG

  

軍手と牡蠣をオープンするナイフ状のものが配られると、いよいよゴングがなりました。上の方に見えるブルーの布は風呂敷。牡蠣を焼いていると、とにかくはじけるので、汁がびゃんびゃん飛んできます。汚れてもいい服を着て、さらに足には風呂敷をかけて、飛散する牡蠣汁を回避。顔とかを直撃する可能性もあるので、要注意!

 

DSC02501.JPG

 

焼き牡蠣ちゃん♪お醤油や酢もいただけますが、自然な塩味で、何もつけなくてもおいしいです。広島の牡蠣もいいですが、小ぶりで味がつまった九十九島の牡蠣のおいしさは、最高ですね!<YA>

マルモ水産 長崎県佐世保市船越町944
TEL:0956-28-0602 FAX:0956-28-0602

 

このページのトップへ

waku

2016年3月28日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

 

881.jpg

一食入魂の沖縄の旅、ラストはステーキハウス88へ。こちらは、創業35年の老舗のステーキ屋さんです。辻本店や、ちゅら海店など、数店舗ありますが、お伺いしたのは、国際通りにあるビルの2階。ビルの名前は、後で調べたら、勉強堂ビル(笑)。塾とかが入っているビルではないんですけどね!200グラムで1500円です。安い!2階に上がったら行列で、少し待ちました。

 

884.jpg

 

スープとサラダ。このスープ、不思議な味。限りなくアメリカっぽい味で、キャンベルのクリームスープを使っているといううわさもあるようです。後ろに見えるのは、オリジナルドレッシング。

 

 

883.jpg

 

 

ご飯かパンが選べます。パン、バターが塗ってあってとてもやわらかくておいしい。かなりおすすめ。

 

 

882.jpg

 

じゅわーっと鉄板で出てきたステーキ。レモンの上にのっているのは、バター。赤い粒粒が交じっているのは何でしょうか?エビまでつけちゃったので、おなかいっぱい!いかにもアメリカンな雰囲気で、沖縄気分満喫できますよ。<YA>

ステーキハウス88

 沖縄県那覇市牧志3丁目1番6号

勉強堂ビル2F

098の866の3760

このページのトップへ

waku

2016年3月26日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

inndojinn6.jpg

 

沖縄の夜、郷土料理を食べましょうということで、口コミで評判がよかった国際通りの「いちまいる」さんへ。那覇市にある国際通りは、1.6キロ(1マイル)の短いとおりにたくさんお店があるので、「奇跡の1マイル」といわれているのだそうです。それにちなんでのいちまいるなのでしょうか。お店の外には客引きの中東系のお兄さん。外国人の方がお客さんに声をかけているお店多いですね。店の雰囲気もなんとなく雰囲気あります。

 

inndojin4.jpg

 

お通し。純和風なおだしの味。これも沖縄料理かな。

 

indojin1.jpg

 

沖縄三点盛り。ミミガー、海ぶどう、島ラッキョウ。ミミガーちょっと苦手だけど、きくらげと思って食べる。味噌の味付けでした。

 

inndojinn5.jpg

 

ジーマーミー豆腐。ぷるんぷるんでおいしい。島豆腐は固いですけどね。

indojinn6.jpg

フーチャンプルー。チャンプルーの中で一番好き。ちなみに我が家に帰ってからもフーチャンプルーを食べ続けています。お麩って、水で戻せるしとっても簡単。コツは、水で戻した麩を、味付けした卵液にしばらくつけてから、卵とじにすること。麩に卵液がしみて、ふわふわになります。もちろんポークは必須。

 

indojin2.jpg

 

こちらは、ホタテのフライです。あつあつで、おいしかったです。いちまいるさんすごくリーズナブルでとてもよい店でした。朝粥のメニューもあり、朝、昼、晩オープンしているみたいです!ランチはなんとワンコイン(500円)なのだそうです!<YA>

 

いちまいる

 沖縄県那覇市牧志2-5-34

 098-863-6607

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月24日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

 

 

 

fontana1.jpg

 

 

国際通りに新しいイタリアンジェラートのお店を発見。名前はフォンターナさん。ブルーシール全開の沖縄の地で、あまのじゃくだと思いつつも、こちらに挑戦。シークワーサーやパッション、紅芋など16種類ほどある中で選んだのは、もちろんトレビの泉の前で食べたピスタチオ(白目)。

 

fontana3.jpg

 

ピスタチオ。マーメイドの素敵なパッケージ。沖縄で国際通りを歩くティーンエージャーたちは、食べたくなるでしょう?価格はシングルでも380円ほどの強気価格。ま、仕方ないですよね。この立地だし。昨年の1月に来たときにはなかったのにですね。

 

 

 

 

fontana2.jpg

 

余談ですが、昨年1月に来たときになかったものの代表格と言えば、吉本おきなわ花月です。国際通りのど真ん中に、どどーんと立っていました。芸人さんが中に入っているお化け屋敷も併設されています。吉本の劇場に入るの初めてでしたが、この日は、おかずくらぶ、トレンディエンジェル、レイザーラモンなど、けっこうなビッグネームを堪能。一番ツボにはまった芸人さんが、クロスバー直撃という2人組でした。人気出てほしいものです。<YA>

 

フォンターナジェラート

那覇市牧志2の5の36

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月22日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

DSC02154.JPG

 

 

熊本学園大学の裏にあるおうちカフェさんにお届け物があって伺いました。こちらは、細い路地にひっそりとあるカフェなのですが、10年以上前からあります。学園大の学生さんや先生、そして近所の人たちがふらりと訪れる居心地のよいカフェです。こんな風にこだわりの絵本がいっぱい!ムーミンのグッズも多いですね。お店の方がムーミン好きなんでしょうね!

 

DSC02159.JPG

 

 こんなかわいいぬいぐるみも座っておりました。ほっこり癒やされます。

 

DSC02155.JPG

 

カウンターとテーブル席があり。カウンターに座ると、なんとなく隣の席の方と仲良しになってしまうような雰囲気が好き。今回は食事をする時間がなかったのですが、日替わりランチもリーズナブルでおいしいのだそう。わたしが以前いただいたのは、フレンチトースト。ふんわりしていてとてもおいしかった記憶。お店の人気メニューなのだそうですよ。パーキングがないので、近くのコインパーキングに止めるのがベター。料理教室なども開催されているようですよ!<YA>

おうちカフェ

熊本市中央区大江二丁目11の50

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月16日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

simanmon5.jpg

 

毎月第4日曜日に天草市の大矢崎公園で開かれている「島んもんマルシェ」に行きました。ここには天草のおいしいものがいっぱい。パン屋さんや焼き芋屋さん、おでんやさん、ジャムやさんなど、25以上のブースが所狭しと並んでいて楽しいです。こちらは、松下かまぼこ店さん。肉球のかまぼこ。かわいいです!

 

 

simanmon3.jpg

 

肉球かまぼこのおでんです。味の染みた湯島ダイコンがおいしい!

 

 

simanmon6.jpg

 

こちらは牛深の吉永製パン所のいちごパン。このパッケージレトロでかわいい!

 

simanmon2.jpg

 

中はイチゴのホイップクリーム。ミセスサンタという天草産のイチゴをつかってあるのだそうです。後ほど買いに行ったときは、売り切れてました(T_T)

 

simanmon4.jpg

 

こちらは、キクラゲ屋が入ったコンフィチュールです。学校の廃校でキクラゲを育てて、加工品を作っていらっしゃるそうですよ!珍しいものもたくさんありますね!

 

 

sijmanmon3.jpg

 

以前ご紹介した楽園珈琲さん。とにかく大行列の大人気でした。列が途切れたタイミングでパシャリ。一杯ずつドリップしてくれます。

 

 

sijanmon1.jpg

 

ポカポカの大矢崎公園では、タコ上げのイベントやフラメンコを踊っているグループなど、イベント感満載でした。4月も第4日曜日に開かれますよ!<YA>

島んもんマルシェ

天草市広瀬

毎月第四日曜日開催

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月12日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

charlietakos2.jpg 

 

一年ぶりにチャーリー多幸寿(タコス)さん来訪。タコス屋さんさまざまあり、味もさまざまですが、ここのタコスはとても好み。国際通りなのに、一年前と同じくがらーんとしているのが不思議なのですが、味がよいのでひるみません。まずはレジで注文・会計して、座席に座って待つスタイル。タコスの種類は、ビーフ、チキン、ツナの3種類。ツナは写真を見ると、ツナマヨ風のタコスのようです。ツナマヨ好きなんですが、タコスの店でツナマヨ食べる気にはならず、ビーフ2チキン2をオーダー。ほどなくして出てきました。皮がぱりっぱりなんですよね!アメリカのそれとも違いますが、とてもおいしい!甘すぎないチリソースも好み。細切りレタスのふわふわした感じもよいです。コーヒー頼んだけど、コーラが合います、きっと。初めてのデートで来るのはやめましょう。かなり豪快な食べっぷりを披露しなければならないはめになります。

 

charlietakos1.jpg

 

 

そして、前回食べてはまってしまったのが、こちらのステーキサンド。オーロラソースとトマトレタス、そしてビーフがとても合うのです。肉が柔らかくておいしいです。タコスもいいけど、甲乙つけがたいおいしさで、リピ確実。タコライスも嫌いではないのですが、まだ未挑戦。次回もこの組み合わせで頼んでしまうのだろうな。

 

okinawa1.jpg

 

 

 帰りは、牧志公設市場近辺をぶらぶら散歩。この前ブラタモリで那覇やってましたね。ミミガーやテビチなど、沖縄ならではの食材が並んでいます。黒糖と海ぶどうを調達して帰りました。<YA>

チャーリー多幸寿

那覇市松尾1の3の4の2F

098-861-9995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月10日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

toubara5.jpg

 

春とはいえ少々肌寒い沖縄に行きました。国際通りをぶらぶらしているとソーキそばのお店があり、入りました。名前はとぅばらーま」。とぅばらーま」とは沖縄八重山地方を代表する民謡で、長い間歌い継いで来たものなのだそう。八重山の人にとってはまさに心の唄なのでしょうね。店内もなかなか民族的なインテリア。

 入り口には巨大な三線が立て掛けられていて、中も沖縄の古い民家調のインテリアです。夜には島唄のライブが行われるみたい。でも口コミによるとBEGINや夏川りみの歌が多いのだとか。どうせなら「とぅばらーま」が聞いてみたいですよね。お昼間だったので、とりあえずライブはなし。軟骨ソーキそば730円と、あぐー餃子580円をオーダーしました。

 

toubara3.jpg

 

こちらが軟骨ソーキそば。軟骨まで柔らかく煮てある豚がおいしい。やっぱりソーキそばのおいしさは、このソーキのクオリティによるところが大きいですよね。麺のおいしさの差もあるのでしょうが、そこまで判別できるほどソーキそば熟達者ではないです。

 

toubara2.jpg

 

黄色っぽくてこしのある麺。丸いかまぼこみたいなのも、九州ではあまり見ないタイプですよね。少々甘めでおそばに合ってます。

 

toubara4.jpg

 

アグー餃子は、アグー豚のうまみが凝縮されていました。ラー油はなくって、島唐辛子を泡盛につけた「コーレーグス」がテーブルに置いてあります。これをおそばにも餃子のたれにも投入。振りかけて食べると、辛うまです。泡盛の独特の香りがなんともよい風味で、旅行気分満点です。<YA>

 

 

toubara1.jpg

 

とぅばらーま国際通り店

那覇市牧志2の7の25

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年3月 4日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC02186.JPG

 

入屋うどんに行った後に、豊前街道をぶらぶらしました。八千代座をはじめとする昔ながらの建物がまだそこかしこに残っていて、なかなか風情がありますね。八千代座の近くにカフェを見つけました。名前はメトロカフェさん。昔、天聴という酒蔵だったところの母屋を改築してオープンされてます。なかなか風情があるでしょう?奥の扉を開けると、古い蔵が見学できますよ。

 

DSC02182.JPG

 

メトロカフェさんには、からすの文庫という本棚があり、かわいい絵本がいっぱいあります。あれもこれも詠みたくなりますね?。コーヒー片手にいつまでも詠んでいたい雰囲気です。子どもさんも楽しめますね。

 

DSC02185.JPG

 

 

4月から、月二回映画の日というのを始められるのだそうです。その日には映画にちなんだメニューもあるのだとか。こちらは、ブリトーです。ちょっとメキシカンっぽくてなかなか美味!ブリトーってコンビニのイメージが強いんですが、本場のブリトーってこんなにおいしいんですね!時の流れが止まったかのような不思議な時間が流れるカフェです。<YA>

 

メトロカフェ

山鹿市山鹿1392

0968の43の0874

 

 
   
   

 

 

このページのトップへ

waku

2016年2月17日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

kurazusi6.jpg

 

「無添くら寿司様」。夕食の支度が間に合わないときに、助けていただく我が家の台所(笑)。いつも食べるものが決まってしまうのですが、ちょっと挑戦してみたい気分のときもたまにあります。そのときたま挑戦したい日に、目に付いたのが、コレ!石澤謙一さんという方が手がけたお寿司です。石澤謙一さんって、有名和食料理屋で料理長を務めた方とのこと。「有名和食料理屋」ってえらいもわっとした書き方やなあ。というわけで、チキン南蛮カツを頼んでみました。

 

 

 

kurazusi5.jpg

石澤タルタルソースを使ったチキン南蛮カツ。このタルタル甘めでおいしいです。ご飯と南蛮とタルタルだから、黄金コンビネーションでおいしかったです。チキンがあったかいともっとおいしかったのだけど。

 

 

kurazusi7.jpg

 

次に目に付いたのが、コレ。濃厚みそラーメン。7種類の魚介が入っているのだそうです。化学調味料なしなので、子どもさんにも安心!くら寿司にしては相当高級な部類に入る360円。これまでも魚介のしょうゆラーメンなどがありましたが、360円出すなら、寿司3皿半のほうがずいぶんお得だなと感じました。

 

kurazusi4.jpg

 

 

旨辛と辛くないのに二種。こちら辛くないバージョンです。なかなかおいしそうです。半熟気味な玉子もうれしい!

 

 

kurazusi3.jpg

 

麺は少々黄色みがかっています。弾力あり。これまでいただいたくら寿司期間限定ラーメンの中では一番好きでした!化学調味料なしなのに、魚介の旨みがすごいですね!

 

 

kurazusi2.jpg

 

サイドメニューのシメは、こちら。センテンススプリング!じゃなくってスプリングロール!あ、春巻きです。中身は何かというとー・・・

 

kurazusi1.jpg

 

チョコバナナです。揚げてあるチョコバナナ、新鮮でおいしいですね。普通はクレープに入っているのを想像しますよね。こういうサプライズ好きです。おまけにおいしかったです。たまにはこういう楽しみ方もよいですね!

無添くら蔵ずし坪井店

熊本市央区坪井4-11-20

0963410610  

<YA>

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年2月11日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

DSC02051.JPG

 

小倉北区のコレットにあるKIHACHIカフェに。週末に行くと、とにかく人が多くって、外のいすは、マダムたちの行列ができています。平日はそんなこともなく、落ち着いてゆっくりできるので大好きなお店です。スイーツもパスタもおいしいのですが、今回は初めてのメニューに挑戦。その名も「リゾーニ」。イタリアンに詳しい人ならば、ご存じなのかもしれませんが、齢●年の主婦であるわたしは、リゾーニを知らず。リゾットの仲間だろうと思ったのですが、似て非なるものでした。

こちらが、季節限定メニュー「冬野菜と海老のクリームリゾーニ 」。ぷりぷりの海老に旬のかぶと白菜を加え、クリーミーに仕上げてあります。おいしそうでしょう?リゾーニって米のカタチをしたパスタなのですね!当然ながら麺よりも粒が小さいので、クリームがうまく麺に絡んでいて美味!味をすっているのに、ぶよぶよじゃない食感は見事ですね。米とは違ったおいしさがあります。それにしても普通のパスタの3分の1くらいの量で、1400円あまり。小食の私ですら、全然たりなかったので、コスパ的にはどうなんでしょうかね?972円のアップルクランブルまでがっつり食べちゃったら、3000円近くなっちゃいますね、ちょっと高いかな。2月いっぱいの限定なので、リゾーニ未体験の人はぜひ!<YA>

 

キハチ カフェ 小倉コレット井筒屋

北九州市小倉北区京町3-1-1 コレット井筒屋1F

093-514-1911

このページのトップへ

waku

2016年2月 5日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

DSC02052.JPG

 

先日九州地区を襲った大雪の日。家から一歩も出たくなかったのですが、所用で小倉に行かなければならず、新幹線で小倉に向かいました。高速道路、飛行機、特急列車などすべて止まったあの日。新幹線だけは、動くのだという文明の底力(?)を感じた方は多いと思います。小倉駅に隣接するデパートも3時半で早々と営業が終わって、どうしよう・・どこで時間をつぶそうか・・と思って駅に向かうと温かく迎えてくれたのが、小倉駅の中にある小倉鉄なべさんでした

こちらは、ホルモンのみそ焼き。ちょっと苦手なマルチョウですが、みそと好相性合うんですね。おいしい。

 

DSC02054.JPG

 

次に出てきたのが、ごまサバの茶漬け。冷え切った体に染みます。寒さに削がれた心と体で、温かいものをいただくと、命を救ってもらったという感じがします。おおげさではなくって(笑)。ずずずずーっとお茶漬けをかき込みながら、雪国の方とか、みなさんすごいな、と改めて思う。

 

DSC02056.JPG

 

こちらが、小倉名物の鉄鍋ぎょうざ(二人前)。じゅじゅじゅじゅーっという高らかな音が、寒さで弱りきった心に染みます。カリカリに焼き上げた皮と、ふわっとした風味。寒さも手伝ってその味わいは忘れがたい(笑)。普通の日に来たらここまで感動しなかったかもしれませんが、手作りだからこその飽きのこない、素朴な美味しさが染みました。小倉B級グルメの王様です。<YA>

小倉鉄なべエキナカ店

北九州市小倉北区浅野1-1-1

093 511 8031

 

このページのトップへ

waku

2016年2月 3日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC01991.JPG

 

宮崎市においしいスペイン料理の店があると聞き、行ってみました。名前は「バルの2月」さん。2月に行くと何かいいことあるのでしょうか。扉を開けた瞬間にスペインの香りが充満!この日スペイン料理を一緒に楽しんだ友人とは、学生時代一緒にスペイン旅行をした仲。マドリッドで魚介類三昧をした日々を思い出しながらの楽しい夕食会でした。こちらはレバーペーストです。それにしてもお客様が多いのにびっくり!カウンターの端っこの席がたまたま2席だけ空いていたのでラッキーでした。大人数で行くときは、予約必須の店のようです。

 

 

DSC01995.JPGのサムネール画像

 

アボカドたっぷりのサラダ。とにかく盛りがよくってコスパが抜群!

 

DSC01999.JPG

 

ミートボールのパエリア。自分的にルパン三世がカリオストロの城で食べていたミートボールスパゲティのブームが来ているのでオーダーしましたが、ムール貝とか魚介たっぷりのパエリアにするべきだったかも。これはこれでトマトベースでおいしいです。ミートボールなのに、ご飯のベースには魚介の香りがしました。

 

DSC01996.JPG

 

こちらは生ハムのエンパナーダ。あつあつで、トマト味のフィリングが美味でした。

こちらのお店にはトリッパを使ったカジョスなど、マニア好みのメニューもあり。トマトソースでじっくり煮込まれたハチノス(胃袋)は、見た目がちょっと苦手でしたが、スペインで食べたとき、そのおいしさにはまってしまった味。とにかく食いしん坊すぎて、スペインでは、食あたりになり病院にお世話になった記憶までよみがえりました。

 

DSC02000.JPG

 
 
 
みんなでワイワイするには、ぴったりのお店。味も価格も申し分なしの楽しい夜でした。<YA>
 
バルの2月
 
宮崎市橘通西3丁目3?27

このページのトップへ

waku

2016年2月 1日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC01714.JPG 

 

 

熊本市中央区本荘にあるレンタルスペースアンドサロン「DOLCE(ドルチェ)さんで行われたお料理教室に行きました。ちなみにこちらのドルチェさんは、貸しスタジオもアリ、音楽会なども開催できます。すごくすてきな部屋でびっくりでした!

 

 

DSC01715.JPG

 

 こちらは、本日の先生お二人です。「ADUキッチン」の主宰者でフードアナリストのADU(あづ)さんとアシスタントさん。ADUさんの教室は、完全予約制で自分の都合のよい時間に開催していただけるので、とても便利!毎週曜日とか、月に一度とか決めなくても、予約さえとれれば、自分の都合がいいときに、お料理やお菓子を教えていただけるのでありがたいんです。

 

 

DSC01717.JPG

 

 

今回は、野菜ジュースを使ったスープを教えていただきました。普通野菜ジュースというとなんとなくトマトベースの辛いモノを想像していましたが、フルーツ入りの甘い系の野菜ジュースをスープにできるというのが目からうろこ!ポイントは、野菜を炒めるときに少々小麦粉を振って、一緒に炒めること。これで小麦粉がだまにならず、スープに適度な粘度が生まれ、とろーりとしたスープが生まれます。

 

 

ADUキッチン熊本 090 4587 1321

レンタルスペースアンドサロンDOLCE096 373 0088

熊本市中央区本荘6の12の31

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年1月30日 Posted time : 00:55 | Category : D@EXコラム

DSC01589.JPG

 

 

下益城郡美里町の「佐俣の湯」。この季節には、足繁く通いたくなる温泉です。とにかく景色が最高で、身も心もリラックスできます。ここの物産館で、新しい名物を発見!こちらはこんカツです。こんカツって「婚活」ではありませんよ!こんにゃくを使ったカツなんです。もちろんこんにゃくは美里町で収穫されたモノ。決め手はこんにゃくに練り込まれたカレー味!子どもも大好きな味にしあげられていて、おつまみにもヨシ。さくっとした歯触りと、罪悪感のないカロリーの低さ、そしてピリッとアクセントとなるカレー味など、これは婚活イベントと提携して、全国的に売り出してもいいレベル!婚活だけじゃなくっても、さまざまな年齢層に愛されるファストフードとして定着して欲しいですね!

 

それにしても、この時購入して以来、こんカツに出会ってません。佐俣の湯にも毎日置いてあるわけじゃないようで、幻のファストフードとなりました。イベントなどの時に販売しているとの情報も。次に出会えるのはいつのことでしょうか(笑)。このレア感もまたたまりませんね!<YA

 

 

このページのトップへ

waku

2016年1月20日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

mosugokujou2.jpg

 

モスバーガーを食べようと思うとき、毎回異常なほどに迷ってしまうわたし。マイナビによると好きなハンバーガーランキングで男女ともにトップを獲得しているモスバーガーですが、女性400人に好きなモスバーガーランキング調査によると

1位 モスバーガー
2位 海老カツバーガー
3位 テリヤキバーガー
4位 モスチーズバーガー
5位 テリヤキチキンバーガー

 

なのだそう。海老カツバーガー、食べたことないですが、こんなに人気なのですね。わたしが毎回悩むのは、期間限定もの、テリヤキチキン、ロースカツバーガーの3種。今回は期間限定「とびきりハンバーグサンド傑作ベーコン」スライスチーズ入り。スライスチーズをたすだけで、30円アップしますが、コーヒーを自分でドリップして、セットにしないことで、一点豪華バーガーをオーダー。といっても580円ですけどね。ほか弁と比べたらかなり豪華ですよね。

 

mosugokujou1.jpg

「とびきりハンバーグサンド傑作ベーコン」スライスチーズ入り。長いネーミングですが、「とびきり」というせりふと、「傑作」というせりふのダブル効果で、とびきり傑作なわけですから、かなりおいしそうな名前。断面はこんな感じ。バンズ、デミマスタードソース、オニオンソテー、ベーコン、チーズ、国産合いびき肉、トマト、レタス、マヨネーズ、バンズという並びになっている模様です。

パテのジューシーさに傑作なベーコンの旨みが加わり、かなり複雑な味へと昇華。肝はベーコンじゃないでしょうか。かなりスモーキーなおいしさあふれるベーコンです。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2016年1月15日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

デックス用2.jpg


佐賀に住んでいる友人の勧めで、井出ちゃんぽんに行ってきました!

友人によると、いつも行列で人気店とのこと。


私がお店に行ったのは正月の12時過ぎでしたが、駐車場も満車、店内も常に満席状態でした。


デックス用 ちゃんぽん.jpg


しかも、こちらのちゃんぽん、野菜が山のようにたっぷりと盛られているのが特徴のようです。

私は普通に「ちゃんぽん」を注文しましたが、それでも下にあるちゃんぽん麺を覆い尽くすかように

野菜が盛られていました。野菜の盛り具合伝わるでしょうか。

写真の撮り方が下手ですみません。。。。


どうやら、上に盛られている野菜と麺は別々に調理されているよう。

野菜にはしっかりと味が付けられていて、とっても美味しかったです!

量的にはとっても多いのですが、不思議とぺろっと全部食べれます。

たっぷりの野菜と食材の旨みを生かしたコクのあるスープのおかげでしょうか。

これはやみつきになりそうです!!


特製ちゃんぽん2.jpg


友人が注文した「特製ちゃんぽん」。

私が注文したものより一回り大きい器に、これまたたっぷりの野菜ときくらげが!


 以前、佐賀県ではちゃんぽんの上にきくらげをトッピングするという噂を耳にしていましたが、

本当にきくらげがちゃんぽんの上にのせられていました。


デックス用3.jpg


メニューにもちゃんとトッピングの欄にきくらげがいました!

ちゃんぽんのトッピングできくらげはあんまり見かけないですよね。

面白いなと思いました。


次回はきくらげがトッピングされた「特製ちゃんぽん」にチャレンジしようと思います!!<MA>



北方井手ちゃんぽん 兵庫店


佐賀県佐賀市兵庫町大字藤木1281−25

0952-32-4510

このページのトップへ

waku

2016年1月 8日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC01693.JPG熊本県庁通りにある鴨料理のお店「若竹」さんに行きました。こちらは5年ほど前に一度行ったっきりでしたが、鴨料理だけでなく、とてもおいしいお鍋を食べることが出来るお店です。今回のお目当ては、あんこう鍋です。現在、外観を改装していらっしゃいますが、安心してください。お店は開いてますよ!

 

DSC01696.JPG

 

 

単品メニューも充実。

こちらはむかごの天ぷらです。ほくほくしてておいしい。小さいだけに芋の味がぎゅっと凝縮していますね。

 

 

DSC01694.JPG

 

次はぎんなん。一時期ぎんなん拾いをした後に、かなり食べ過ぎてぎんなんアレルギーになっていましたが、現在は克服。やっぱり大好きで、少し食べ過ぎましたが、なんともない体に感謝。

 

 

 

DSC01698.JPG

 

新もののタケノコです。ただ焼いただけで、春の香りがぎゅぎゅっとおいしい。お醤油とかつけないで十分おいしくいただけますよ。

 

 

DSC01702.JPG

 

お肉料理や定食もたくさんあるんですね。お昼に開いてたらランチにぴったりなんですが、残念ながら夜のみの営業のようです。

 

 

 

DSC01700.JPG

 

 

 

 

メインのあんこう鍋。だし味にしましたが、このだし絶品です。とろっとしたアンコウが最高。下の方を探ると、キモも立派。体が温まりますね!シメは、おじやに。あんこうのだしがしっかり出たおじやは、もちろん最高でした。おなかいっぱい食べて、お酒も少々飲んで一人上がり2500円也。とてもリーズナブルで、おいしい夜でした。新年会にぴったりですよ!

 

若竹

 

熊本市中央区水前寺公園15の28

 

096 386 2938

このページのトップへ

waku

2016年1月 4日 Posted time : 00:43 | Category : D@EXコラム

rutao2.jpg  

 

ルタオといえば、小樽にあるチーズケーキのおいしいお店。全国どこのものでもポチれば簡単に買うことができますが、こちらのルタオもごたぶんにもれずご当地スイーツでありながら、全国的に人気の御菓子として定着しました。こちらの商品でわたしが好きなのは、「プルミエまあある」というスイーツです。こちらが「まあある」。「ショコラオレ」と「ショコラブラン」の2種類。 

 

rutao1.jpg

 

 

丸いからまああるなんでしょうね。こちらは、フィヤンティーヌというクレープの薄焼きを砕いたものをチョコでコーティングしてあります。フィヤンティーヌって初めて聞きましたが、サクサクと軽やかな食感が楽しいですね。大好きな森永チョコフレークを思い出すおいしさですね!

「ショコラ ブラン」は、ホワイトチョコレートに、甘酸っぱいラズベリーとストロベリーのフリーズドライチップがアクセントです。こちらもおいしいですね!

HPをよく見るとルタオって、オーナメントやアイス、パンなどいろんなものを手がけていらっしゃるのですね。「ドゥーブルフロマージュ」という商品のキャッチフレーズが「何度も、何度も、好きにさせてみせる」。商品に対する自信の程が伺えます。<YA>

 

オンラインショップはこちら

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2016年1月 2日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

mikan3.jpg

 

静岡県には三ケ日町(みっかびまち)という名の町があります。浜名湖をのぞむ町で、温暖で日照量が多いことから、古くからみかんの産地として知られています。なんでもここのみかんは、明治初期にはすでに全国に馬で運ばれ、味の良さを知られていたそう。熊本は河内のみかんが有名ですが、やはり海辺の町のみかんはおいしいようですね。そちらの三ケ日みかんを使ったチーズタルトのご紹介です。

全然関係ないですが、「三ケ日」なだけに、正月三が日の間にアップしたいと思い、2日にアップ!

マスコットキャラクターは、ミカちゃん。少し時代がかったキャラクターなので、調べてみたところ、なんと1979生生まれ!小学2年生くらいの設定で誕生したと思われるミカちゃん、妙齢に達し、なんと37歳でした(笑)逆にレトロでかわいいですね。

 

mikan1.jpg

 

 袋もなかなかいい味だしております。「三ケ日町農業共同組合推奨品」の文字がキラリン♪

mikan2.jpg

 

ミカン風味のチーズタルトです。袋を開けると、ふわーっとすっぱいいい香り!みかんのすっぱさとチーズのすっぱさが絶妙に交じり合っております。みかんとチーズ、なかなかいいですね!<YA>

 

株式会社敷島屋

浜松市西区館山寺町2792?1

 

このページのトップへ

waku

2015年12月27日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

DSC01662.JPG

 

熊本県が今年から出荷しているブランドイチゴ「ゆうべに」をいただきました。くまモンのほっぺと同じ色で、まさしく熊本の赤ですね!11月から5月くらいまで出荷されるそうです。ちなみに「ゆうべに」という名前は公募で決まったのだそうです。「ゆう」は熊本の熊からとってあるんだそうですよ♪ 

 

DSC01653.JPG

 

イチゴのハウスにもお邪魔しました。ゆうべにの特長は香りの強さ。ハウス中にいい香りが漂っていますよー!おいしそうなイチゴ、鈴なりになっていました!

 

DSC01659.JPG

熊本には、超おいしいイチゴのブランド「ひのしずく」がありますが、ずんぐりむっくりの「ひのしずく」に比べて、「ゆうべに」は、スマート。とんがり帽子がかわいいででしょう?一口食べるとジューシーな果汁が口いっぱいに広がります。甘さとすっぱさのバランスがとてもよく、イチゴ本来のおいしさで、イチゴ好きにはたまらない味です。今年度はまだ生産量が少ないため、なかなか手に入りづらいのだとか。来年度からは生産者が増えるとのことで、楽しみですね!<YA>

このページのトップへ

waku

2015年12月21日 Posted time : 20:30 | Category : D@EXコラム

DSC01561.JPG

 

熊本市中央区ホテルキャッスル近くのビルの中にある定食屋さん「味処お川」さん。お昼のお魚の定食が絶品でよく利用します。カウンターにはずらりと大鉢料理が並び、夜に来たらお酒とともに、さらに楽しめそうなお店。遠方から来られた方を、お連れすると間違いなく喜ばれそうだろうな、と思いながら、あんまり夜に出歩かないので、お昼で我慢。こちらの一番窓際の席に座ると、熊本城の天守閣が見えます。

塩サバ定食とかふんわり玉子焼き定食とか、納豆定食とか、魅力的なお昼のメニューアリ。今回も、やっぱりアラ煮定食。絶対間違いないので、毎回頼んでしまうヤツです。小鉢も美味。バナナまでついている。言うことなしの絶品定食です。ご飯もお変わり自由ですよ!

 

DSC01565.JPG

 

お店は40年近く続いているようですね。圧倒的にファンが多いお店なので、是非ずっとずっと続けて欲しいです!<YA>

味処お川

熊本市中央区上通町4-10 トラヤビル 3F

096-353-2393

このページのトップへ

waku

2015年12月19日 Posted time : 00:27 | Category : D@EXコラム

bonfam7.jpg

 

北九州市小倉でおいしいお昼のフレンチを食べようということになり、いろいろ探しましたが、老舗フレンチでランチをやっているところって、意外と少ないのですね。口コミなどで見たところ、一番評価が高かったのが、こちらのボンファムさん。フランスの食材と地元北九州の食材を中心に“美食”にこだわり北九州で33年続いているフランス料理店です。

土曜日でしたのに、ラッキーなことに予約がとれました。小倉駅に到着して、商店街をぶらぶらと歩き抜けたところにあります。普通に歩くと結構距離があるのかもしれませんが、アーケードをウインドウショッピングしながら歩くと、意外とすぐに着きました。

 

bonfam6.jpg

 

お昼のコースは二種類。3500円と2800円と、意外とリーズナブル。今回3800円のコースは、鶏のパテから始まります。それにしても、お店にお伺いしたら、やはり最後のテーブルだったようで、お店は満席。こじんまりとしたお店なので、細かいところまで行き届いているのが印象的。最後まで、おいしさだけでなく、驚きやお皿、お料理の見た目の美しさなど、楽しませていただきました。デザートまで、一つ一つがとても洗練されていて、丁寧に作られている印象。おまけにおなか一杯!シェフの方も細やかに声をかけてくださり、久しぶりに優雅な時間を過ごしました。以下、お料理いろいろ♪

 

bonfam5.jpg

bonfam4.jpgbonfam3.jpgbonfam2.jpgbonfam1.jpg

 美味!贅沢な時間を過ごしました。また、絶対行きます。<YA>

フランス料理 ボンファム

北九州市小倉北区
馬借3-1-7 小川レジデンス1F 103
093-522-1391
営業時間/12:00から14:00
18:00から21:30(予約制)
店休日/月曜日

このページのトップへ

waku

2015年12月17日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

DSC01568.JPG

 

山口県防府市にある防府競輪場の中にある食堂、まねき猫。防府競輪場内には、食堂が横並びに二軒ありましたが、まねきねこの置物が置いてあるほうの店が(当たり前ですが)招き猫です。

こちらの定食屋さん、最初は格安の定食屋さんとしてスタートされたようですが、車券を買う時間がないというお客様のもあり、一時期バイキングになったのだとか。
その頃は、競輪をしないのに、ここに食事の為に来るなんて人もいるほどの人気店だったそうで、一時期は2号店もあったという話。



DSC01571.JPG

 

定食の種類は非常に多彩ですが、わたしがオーダーしたのは、バカボンのほっぺたのようなピンクのなるとが入った肉ウドン。肉の量が少ないですが、おいしかったのでよしとしましょう。とろろ昆布が入っていたのが、旨みとなりなかなかおいしいです。

 

DSC01570.JPG

 

 

こちらはちゃんぽん。こちらも肉少な目ですが、しっかり美味です。

 

DSC01573.JPG

 

S級で神奈川県出身の五十嵐力選手のサインあり。努力、復活、根性、気合などのメッセージ。そのときに感じた思いや願いを文字にしたためられたのかもしれません。厳しい世界に生きている方なので、ちょっとジーンと来ます。帰りは、防府天満宮で、受験祈願。菅原道真公におまいりして帰りました。<YA>

まねき猫

山口県防府市国分寺町8の2防府競輪場

   

0835-22-1212

このページのトップへ

waku

2015年12月15日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

DSC01556.JPG

 

寒くなると、決まって食べたくなるのが、とろっととろけるあったかいチーズ!毎年の恒例ではありますが、熊本市中央区「レクロ」さんのブルーチーズフォンデュを食べに行きました。ゴルゴンゾーラを使ったフォンデュなのですが、チーズ好きの人にはたまらないおいしさ!ブルーチーズ独特の香りが、生クリームで中和され、絶妙な味わいのチーズフォンデュなのです。こちらのアロマポットに入ってサーブされるのも定番。そう、この容器は、フォンデュ鍋ではなくアロマポットなのだそうです。

 

DSC01551.JPG

 

手作りの料理がとにかくおいしい。アラカルトでいろんなお皿を頼んで、カウンターでワインでも飲むと最高です!もちろん女子会はテーブル席で。お店にはシニアソムリエもいるので、お料理に合うワインもしっかり教えてくださいます。

 

DSC01558.JPG

 

こちらは、ソムリエの証。小麦粉をこねてシュー皮を作っていらっしゃったので、ソムリエエプロンに小麦粉がついているところも、なんだかかっこよいものです。言わずと知れた人気店ですので、年末年始は、予約して行く方が安心ってもんです!<YA>

 

レクロ

熊本県熊本市中央区中央街2-3 ライズ下通EXE 102

TEL  096-326-2303

このページのトップへ

waku

2015年12月11日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

DSC01627.JPG

 

石川県 加賀棒茶。昭和天皇に献上された由緒正しき棒茶をいただきました。年齢を重ねてから特に焙じ茶を好まれた昭和天皇の口に合うように、試行錯誤して作られたお茶というありがたいお茶なのだそう。熱湯で一分間。香ばしい香りが特徴です。

それにしてもこのパッケージのおめでたいこと。いのししと打ち出の小槌、そしてすみれ。この不思議な組み合わせがかわいいですよね。

 

DSC01630.JPG

中を開けると、ティーパックが6個入っていました。こちらの菫(すみれ)は、茎のほうじ茶。一番摘みの上質な茎を芯から浅く焙じあげました。一杯の湯のみで簡単に本物の茶のおいしさを味わうことができますよ。棒茶って本当に棒のよう(笑)。茶葉というか(茶の茎)自体の色も鮮やかじゃないですが、すごく深みのある味わいで、茶本来の渋味・旨味・芳香を充分に引き出してあります。


ほかにも梅、超、松、木瓜というティーバックあり。ほうじ茶や玄米茶、煎茶など、それぞれのおいしさがあるようですね。

加賀棒茶は、水出しでもおいしくいただけるとのこと。すっきりした甘味と旨味、飲むと鼻から抜ける芳ばしさは、温かいお茶以上にクリアに感じられるみたいですね。ここで買えます!<YA>

丸八製茶場

加賀市動橋町夕1番8

このページのトップへ

waku

2015年12月 7日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC01584.JPG 

 

熊本県下益城郡美里町。霊台橋だけでなく、最近はフォレストアドベンチャーができ、注目のスポットとなっています。ついに年甲斐もなく「フォレストアドベンチャー美里」デビューした私。実際体験してみると、カタログやHPなどで見るよりもかなりスリリングで、高所恐怖症でもないのですが、やはり高所は恐怖だと思い知らされます。30メートル下の谷底を見ながら、ロープを滑り渡るという体験は、度胸を試される体験でした。

で、帰りに寄らせていただいたのが、こちらの「森のぱんや」さんです。ログハウス調の店構えがとってもかわいいです。こちらのお店、実はワインセラーなんかもあったりして、こだわりのお店です。一番人気が・・・

 

 

 

DSC01580.JPG

 

これ。赤ちゃんのおしりぱんです。どうですか、この見事な赤ちゃんのおしり風の柔らかさ、白さ。ふわっふわの白パンの中には、カスタードクリームがたっぷり入っています。大人も子どもも幸せになる味です。熊本市内からわざわざ買いに来る人も多いのだそうですよ。

 

DSC01583.JPG

 

人気上昇中!と書いてある塩パン。いつの間にか市民権を得ている塩パンですが、愛媛県八幡浜市が元祖なんですね。全然知りませんでした。

一日二食主義を始めて2年くらいになりますが、朝食を食べなくなると、おいしいパンへ巡り合うチャンスが確実に減っています。これはゆゆしき問題ですね。<YA>

 

森のぱんや

下益城郡美里町佐俣1090

0964-46-2037

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年12月 3日 Posted time : 00:52 | Category : D@EXコラム

otabe2.jpg

 

限定のおたべ「あきおたべ」をいただきました。12月になったので「ふゆおたべ」へと変わっているかもしれませんが、HPを見るとまだ「あきおたべ」があっぷされているので、もうちょっとサキなのかもしれません。紅葉と古寺のコラボレーションが、いかにもジャパーンですね。

 

otabe1.jpg

 

つぶつぶの栗つぶがたっぷり入った「栗あん」と、ほくほくと炊き上げた「紫芋あん」を、「生八つ橋」で包み込みました。コシヒカリを使っているのだそうですよ。柔らかくって香りもよくっておいしいですね。

 

寒くなると、ニッケの香りのものが食べたくなるのは、わたしだけでしょうか?シナモンは、体を温める作用があると漢方で言われているので、その節は一理あるのかもしれません。

 

 久しぶりにシナボンを食べたくなりました。シナボンは、シアトル発祥のシナモンロールの店なのですが、日本では苦難の歴史があります。満を持して一度日本に上陸しましたが、2009年に一度完全撤退。2012年に再上陸というプロセスを踏んでいます。わたしが去年お邪魔した六本木店が、再上陸一号店だそうです。

 シナモンロールは、八つ橋と比べると、確かに日本人の口には少々甘すぎるのかもしれませんが、疲れたときのチャージ感がはんぱないドーピングスイーツ(笑)。シアトル生まれといえば、スターバックスが有名ですが、日本のシナボンは、シアトルズベストコーヒーと組んでいます。シアトルズベストコーヒーは、シアトルで1970年代に始まったコーヒー店。北米事業はスタバに買収されたようですが、なぜか日本にはたくさんシアトルズベストコーヒーの店舗があります。これまた不思議なことです。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2015年11月27日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

tujiri2.jpg

 

 

大正12年創業の老舗のお茶屋さん、つじり茶屋さん。小倉京町銀天街というアーケード沿いにあります。店の周りは、煎られているほうじ茶のいい香り!誘われるように、お店に入ると、お茶がところせましとおいてあります。辻利茶舗の歴史をひもとくと、なかなかおもしろい。京都宇治で江戸時代万延元年に創業した辻利。九州最大の商都である小倉に来たところ活気と人情が気に入り、そのまま小倉に居着いたことが、小倉の辻利さんの始まりなのだそう。

創業者は辻利右衛門という方で、この方の功績を聞くとすばらしい。

まず、玉露の製法を確立したなのだそう。この方がいなかったら、今の世の中に玉露がなかったかもしれないんですね。また茶櫃の裏側にブリキを張ったのもこの方なのだそうです。江戸時代はただの木の箱にお茶を保存していましたが、高温多湿な日本の気候だと劣化したりしたのでしょう。ブリキを張ることで、保存状態は格段にアップしますよね!お茶文化の継承に本当に貢献した方です。

 

tujiri1.jpg

 

奥には、辻利の日本茶が楽しめるスペースがありましたので、休憩がてら寄ってみました。右が冷抹茶、左が温かい煎茶。えー、この容器何?(^_^;)今までの歴史の話は何だったの?と驚愕。若い人にお茶を楽しんでもらいたいという思いの表れなのかもしれませんが、あまりにカジュアル。辻利右衛門が見たらなんというのでしょうね。<YA>

 

 つじり茶屋

 

北九州市小倉北区魚町1-2-11

TEL&FAX:093-521-1215
■営業時間:10:00〜20:00
■定休日:年中無休(元旦以外)

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年11月19日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

onthebook6.jpg

上通にある長崎書店さんの上にあるセレクトショップ「On the books」さん。老舗本屋さんの上にあるからこの店名。なかなか思いつかないですが、覚えやすくて、オシャレ。おいしいコーヒーを片手に、国内外から選ばれたウエア、バッグ、シューズ、そして生活用品をそろえたお店です。シンプルだけど、かっこいいものばかりが置いてあるこのお店で、「ONTHETABLE」というイベントが11月8日に行われたので行ってきました。

 このイベントは、Turkの鉄のフライパンを使ってお料理の実演を行われました。ソーセージやベーコン、パンケーキなどが、目の前で焼ういてくれて、その場で試食できます。こちらは上の裏にできたばかりのPegのソーセージと、麻こころ茶屋のモスタルダ。これは絶品!ソーセージが欲しい!と言ってみましたが「Pegのお店に食べに行ってね!」とのことでした。

 

onthebook1.jpg

 

 こちらは、柿、シトラス、ブルーベリーのモスタルダ。麻ごころ茶屋さんのオリジナルだそうですよ。モスタルダとは、北イタリアの伝統的な料理で、フルーツや野菜をマスタードエッセンスで炊き上げたものです。甘くて、マスタードの香りが、すばらしい。こちらは、購入。また後日ゆっくりご報告します。

 

onthebook5.jpg

 当日は、おいしいもの、楽しいものがいっぱいで、ラインナップはこちら。

 
・ZAKKAWORKS
TurkやSaturniaなど、家庭及びホテル、レストランで使用されるキッチン用品や雑貨の輸入販売。
 
・AND COFFEE ROASTERS
上乃裏通りのロースター&カフェ。スペシャルティコーヒー豆の焙煎から抽出まで店内で行っています。
 
・麻こころ茶屋
天草で食堂カフェを営みながらスペシャルティコーヒー豆の焙煎、自然素材のストックフードを製作。
 
・amata
“コーヒーと一緒に”をテーマにしたお菓子を制作。Onthebooksと、AND COFFEE ROASTERSで販売中。

 

DSC01516.JPG

 amataのお菓子。

 

onthebook2.jpg

 

食材、いろいろ。トマトはTurkで焼かれていました。

 

onthebook4.jpg

 ジャンデュボ。ゾーリンゲンと並ぶフランスの刃物の町、ティエールにあり、製造における多くの工程が代々技術を引き継ぐ職人によりハンドメイドで作られています。

DSC01515.JPG

 

 刃物とぎ実演中!

onthebook7.jpg

 

 

人人人で、すごいにぎわいでした!Turkの試食はありませんが、11月 23日(月・祝) まで、「ONTHETABLE」絶賛開催中です。12:00-19:00  (8日のみ11:00-20:00)。楽しいので、ふらりとのぞいてみませんか?(9日(月) 10日(火) 17日(火)は定休日)<YA>

 

 

オンザブックス

熊本市中央区上通町6-23長崎書店ビル2FのB

  • OPEN 12:00-19:00
  • CLOSE 火曜・第2月曜
  • TEL 096-354-0876

このページのトップへ

waku

2015年11月17日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

pack3.jpg

羽田空港のおみやげでいただきましたNIPPONARTMASK。だるま、おきつねさま、そして、ひょっとこの柄のパックです。もともとは、お江戸アートマスクという浮世絵風のマスクがあったのですが、その第二段なのだそうです。

 

 

 ちなみにこちらがお江戸アートマスクです(笑)。抹茶の香りだそう。

 

 

pack2.jpg

 

にっぽんあーとますくは4枚入り。一枚はシークレット。

 

 

pack1.jpg

 

 

何が入っていたかというと、じゃーん。へのへのもへじでした。プレゼントすると、もらった人が笑顔に!自分もきれいになりつつ、つけている間、周りの人も笑顔に!と一石二鳥以上の効果があるマスクですよ!プレゼントにいかがですか?<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年11月15日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

miyajimara1.jpg

 

広島県の宮島SA(下り)。車を降りた瞬間に、目に入るのは、牡蠣殻に乗った焼き牡蠣や串に刺さった牡蠣の燻製など、牡蠣!カキ!かき!。これは、九州のSAでは決して見ることができない風景で、アガリマス。殻に乗った焼き牡蠣は、うまみたっぷりでおいしいです。でもそれだけでは腹ごしらえも中途半端ってことで、中のスナックコーナーに立ち寄りました。寒くなってきたからかラーメンを召し上がっていらっしゃるお客様率が高いです。こちら700円の「宮島ラーメン」。油膜多めで、アブラギッシュ。

 

miyajimara2.jpg

三昼夜かけてじっくり煮だしたスープと細もやし、しっかりとした歯ごたえのチャーシューとの相性が抜群。SAのラーメンなので、ほとんど期待してなかったのですが、思ったよりもおいしいラーメン!尾道ラーメンとは全然違ったラーメン文化が、宮島近辺にはあるようですね。尾道から少し南下しただけですが、九州の味にぐんと近づいていたラーメンでした。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年11月13日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

kometiri2.jpg

 

テザリングを覚えた昨今。スタバ以外でもNOMADワークが可能になり、コメダ珈琲にお邪魔することが多くなりました。コメダ珈琲大窪店のスタッフさんに、「フリーワイファイありますか?」と聞くと、「席によってはあります」というなんとも「?」な回答を得て、とりあえずコンセントつきの席があることだけは確認していたので、コンセント&テザリングで、お仕事です。ハロウィンの日にお邪魔したら、こんなにかわいいおまけつきでした。

大窪店の場合、道路をはさんで向かい側に、イートインできるおいしいパン屋さんがあって、モーニングは苦戦するのではないかといつも思っちゃいます。

「パン有料でコーヒー無料のパン屋さん」VS「パンと卵無料で、コーヒー有料のコメダ珈琲」

わたしは、落ち着いて朝ごはん食べれるコメダ派ですが、パン屋さんの魅力にも抗いがたく、帰りにパンを買って帰ります。(笑)

 

 

kometiri1.jpg

 

ずっと仕事していたら、おなかすきました。こちらは、チリドッグ。コメダの軽食はハズレがないですね。パリパリの皮のソーセージとちょいピリ辛なチリソース、ソーセージがホカホカでおいしい。こんなに利用するならば、今度こそコーヒーチケットを買おうと心に誓います。<YA>

 

コメダ珈琲大窪店

熊本市北区大窪2-10-8

096-342-6518

 

このページのトップへ

waku

2015年11月 7日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

caramel3.jpg

 

羽田空港のおみやげニューヨークキャラメルサンド。ニューヨークチーズケーキとかニューヨークっていう冠がつくお菓子が発売されるたびに、「本当にニューヨークで流行ってんのかな?」と思うわたしは疑い深いのだろうか。実は、今回ご紹介するニューヨークキャラメルサンドは、ニューヨークで現在はやっているサンドというわけではなく、1960年代のニューヨークで作られていたハバナサンドを基に開発したものらしいです。「ハバナサンド」って初めて聞きました。あっさり味のクッキー生地で、キャラメルとチョコレートをサンドした柔らかい食感のクッキーのことを「ハバナサンド」というのだそう。

 

caramel2.jpg

 

 

 こちら、現物。見た目がかなりオシャレなクッキーですよね。

 

caramel1.jpg

 

ニューヨークビスケットにチョコとトロットロのキャラメルがはさんであります。かじるとキャラメルがドローっと糸引くぐらいトロトロ!すごく甘いですが、ほのかな苦味が感じられるのがいいところ!ビスケットがサックサク♪ちょっと苦めのコーヒーとベストマッチです。<ya>

 

 

このページのトップへ

waku

2015年11月 3日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

kumamotojou1.jpg

 

しぶりに熊本城に行きました。いつもは頬当御門(ほほあてごもん)の方から入っていくのですが、今回はカメラマンさんのオススメもあって櫨方門(はぜかたもん)の方から入ってみました。こちらから入ると、天守閣に近づくまでの石垣とお城のコラボレーションがすごく絵になります。「二様の石垣」が、どどーんと目の前に現れ、「おおっ!」という感じ。

ちなみに「二様の石垣」とは、なんぞやという方のために。

「二様の石垣」

加藤と細川時代の異なった様式の石垣。右側の石垣の方が古い石積みの方法で、隅に同じ大きさの石を積み上げる「穴太積(あのうづみ)」と呼ばれているもの。左側の石垣は「算木積(さんぎづみ)」と呼ばれるもので、長方形の角石を左右交互に積んでおり、勾配が急なことが特徴です。行ったときに確認してみてくださいね!

 

 

siratama1.jpg

 

櫨方門の近くには、「桜の馬場 城彩苑」があります。築城400年と、九州新幹線の開業を記念してopenした「桜の馬場 城彩苑」にある飲食物販施設「桜の小路」には、熊本県下選りすぐりの23店舗が軒を連ねています。「白玉屋新三郎」は、創業370有余年、自家製白玉粉で作る白玉が自慢の店。こちらの冷たい白玉ぜんざい。冷たいぜんざい食べ納めです。



siratama2.jpg

 

城彩苑にあった自販機。加藤清正と熊本城がすごくステキ!熊本県内いろんなところに置けばいいのにな、と思いました。<ya>

このページのトップへ

waku

2015年11月 1日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

milky2.jpg

 

広島で大人買いしたペコ&カープ坊やのミルキー。ペコちゃんがカープの帽子をかぶっています。ただそれだけのことなのにかわいい。パッケージはミルキーのテーマカラーであり広島カープのチームカラーでもある赤をベースに、片面には広島カープの赤い帽子と白いホームユニフォームを身に着けたペコちゃんが、もう一方にはペコちゃんの様に舌を出してバットを構える「カープ坊や」(広島東洋カープのマスコットキャラクター)がデザインされています。カープカラーがレッドだから、ペコちゃんとのコラボもスムーズってものです。

 

milky1.jpg

 

1箱5個入りで、65円也。ばらまき菓子に最高のコスパ&かわいさ。広島近郊でしか発売されておらず、数量限定なので、お早めに!<ya>

このページのトップへ

waku

2015年10月30日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

rigaroiyal9jpg.jpg

 北九州市小倉北区にあるリーガロイヤルホテル小倉さん。駅前に立つひときわ大きなホテルで、存在感あります。ランチを食べようということで訪れた「龍鳳」さん。広東料理のお店です。飲茶ランチがオススメということでしたが、なんだかおいしそうな限定ランチがあり、そちらに。「ジャスミンコース」という名前の月変わりのコースランチです。価格も2000円とリーズナブル。食べ終わった感想として、とても満足でした。こちらは前菜盛り合わせ。

 

 

rigaroiyal8jpg.jpg

なめこ入りふかひれスープ。ふかひれがアクセントで食感も楽しい。

 

 

rigaroiyal7jpg.jpg

 

ホタテ貝柱のマヨネーズソース。マンゴーとナシ?が具在として入っていて、驚きのおいしさ。揚げたホタテの貝柱もぷりぷりです。単なるエビマヨじゃないところがポイント高いと思います。

 

 

rigaroiyal6jpg.jpg

次々と出てくるお料理の数々。小海老とブロッコリーの塩味炒め。これもおいしい。ふくろたけを久しぶりに食べました。ホテルクオリティを十分満たしています。

 

 

 

rigaroiyal5.jpg

 

マーボー茄子。これもおいしい。揚げたなすのじゅわっと感と我が家で使うレトルトではまったく出せない本物のマーボーの味。

 

 

rigaroiyal4.jpg

 

カニ肉とレタスのチャーハン。おいしいしか言葉が出ない貧困なボキャブラリー。少々味が上品なのも、マーボーの濃い味とのバランスをはかってのことだと推察。

 

 

rigaroiyal3.jpg

 

本日のデザート。タピオカココナッツミルク。派手さはないけど、本当にすべておいしかったです。これで2000円は、かなりお得。4人様以上で1名様無料というすばらしい特典もあるみたい。

 

rigaroiyal1.jpg

 ホテルって、間違いないなあと当たり前ですが、改めて感じた昼下がりでした。<YA>

リーガロイヤルホテル小倉 龍凰

北九州市小倉北区浅野2-14-2

(093)531-1070

 

 

このページのトップへ

waku

2015年10月26日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

lever2.jpg

 

 天草市南新町にあるピカソさん。20年ほど前に「風月さん」という本渡市のカレー屋さんがあったのですが、そちらの息子さんが、ジビエや天草大王を使ったお料理を作っていらっしゃるという噂には聞いていました。その中の一つが、こちらの天草大王のレバーペーストです。げんきフェスタに出店していらっしゃったので、即購入。見た目(左)は単なるレバーカラーなのでありますが、これ、非常においしいです。

 

lever1.jpg

 

 

パンに塗って食べると、レバーのうまみが口の中いっぱいに広がります。天草大王の肉のうまみは、知っていたつもりでしたが、レバーとなると、さらに味が凝縮。やみつきになるおいしさです。もっと買っとけばよかったと心の底から後悔。聞いた話によると、一度購入した人は、リピーターになり、なんと毎回お一人で30個も購入されるお客様もいらっしゃるとか。わかります、わかりますその気持ち。とまらないー!!

それにしても天草は、おいしいものがいっぱい。天草に行く楽しみがまた一つ増えました。<YA>

ピカソ
天草市南新町3番8号     
Tel : 090-5386-9414     

 

 

このページのトップへ

waku

2015年10月24日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

 tair3.jpg

 

上通から3号線に向かう筋のところに、ひっそりとたたずむお店が、タイル食堂。タイルがちりばめられているインテリアがなんともかわいいです。こちらは、自家製ハーブをたっぷり使ったピザが人気のお店ですが、他のお料理もかなり美味。6月にオープンしたばかりなので、わたしも初めて伺いました。ピザはテイクアウトもできますよ!

 

tair2.jpg

 

 お店の人気メニュー、豚のスペアリブ。食べやすいようにカットしてくださいます。甘辛味が食欲をそそります。ワインにもビールにも合う!めちゃくちゃおいしいです!

 

tair1.jpg

 

こちらのお店、定期的に新しいメニューが増えているので、それも楽しみ。カキの季節になると、カキとキノコをたっぷり使ったグラタンも登場します。ホワイトソースが濃厚で、カキとの相性抜群!キノコのこりこり感も楽しめます。

タイル食堂さんで人気なのが、手作り「サングリア」。透明ボトルの中には、季節のフルーツがぎっしり入ったサングリアが!季節ごとの味が楽しめて、女性に大人気なんだそうですよ!<ya>

 

タイル食堂

熊本市中央区草葉町4-10 エトワ-ル草葉 1F

096-223-5119 

火曜定休

このページのトップへ

waku

2015年10月22日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

genkifesta1.jpg

 

10月17・18日にグランメッセで行われていた「KAB元気フェスタ2015」に行きました。こちら10回目とのことで、初参戦。中に入ると、とにかく人が多くて、びっくり!なるべく人ごみを避けて暮らしているので、人に酔ったのは久しぶり。パンやカレーなどおいしいものがいっぱいでとにかく目移りしてしまいます。どこも大行列でしたが、もっとも長い行列を作っていたのが・・・

 

 

DSC01358.JPG

 

こちら。天草大王をたっぷり使ったカレーです。500円、ワンコインという安さ!実はこちらのカレー、以前ご紹介したパトリスジュリアンさんが監修したカレーです。パトリスジュリアンさんとは、ルクルーゼを日本に紹介したライフスタイルデザイナーさん。ユニクロのシーエムにもかつて出演されていましたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。ブースには、パトリスさんご本人の姿もあり、トレードマークの「しましま」(ボーダーシャツ)を着て、見るからにオシャンティー!周りのスタッフの方たちも全員ボーダー柄のお召し物で、統一感があり、チームパトリスって感じ。チームワークのよさが伝わってきますね!

味は、辛味を抑えたエキゾチックな味。辛いのがお好みの方には、チリペッパーを振りかけてくれます。天草大王のエキスが溶け出ていて、おいしかったです。レトルトとかできないかなーと切に願ってしまいました。

<ya>

このページのトップへ

waku

2015年10月20日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

ittyan1.jpg広島駅ビル2階には、お好み焼き店がひしめくフロアがあり、ここで晩ご飯を食べるのが好きなのですが、いつもまず一番先に足を運ぶのが、エレベーターを降りた真正面にある「麗ちゃん」というお好み焼き屋さんです。しかし毎回こちらのお店は大行列ができていて、お好み焼きの香ばしい香りが充満するこのフロアで、空きっ腹を抱えて、この行列に並ぶ勇気がどうしても起こらず、ついつい周りの店舗に入ってしまうわけです。地元の方にこういうときの対処法を伺うと、多くの人は「いっちゃんがおいしいよ!」と言います。よって、いっちゃんに行きました。2度目の来訪。一度目と同じメニューのネギかけの広島焼きをオーダー。こちら、そばかうどんか選べますが、やっぱりそばでしょう!

 

それにしても、このフロア、がらがらに空いているお好み焼き店と、ぎゅうぎゅうに人が入っている店の差がなんだか不思議。「いっちゃん」もカウンター席は満席でしたので、2席だけ空いていたテーブル席に行きましたので、人気店なのでしょうね。

 

こちらの麺は、オリジナル麺らしく、とてももちもちしておいしい。ネギがお好み焼きにとても合っていて、「七味をかけたら、ネギと相性がいい」というお店の方のアドバイスで、七味をたっぷりかけると、さらにおいしさアップです。隣のテーブルの方は、カープの話題で盛り上がっているところでお好み焼きを食べるというシチュエーションも、広島気分をアップさせてくれますね。<YA>

 

いっちゃんアッセ店

広島市南区松原町2?37

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年10月18日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

mekari1.jpg

 

10月の三連休。またまた広島へ。九州から本州へ渡る境目のところにある「めかりサービスエリア」。関門海峡の風景を楽しみながら食事をするにはもってこいのPAです。九州最後のPAとあって、熊本から高速に乗れば、疲労もそこそこたまっており、休憩にはぴったりの距離感。というわけで、ランチはここでいただくことに。エリア名の「めかり」とは、付近一帯の地名である「和布刈(めかり)」を平仮名表記したものだそうです。読めないですよね、この漢字笑。

 

 

 

mekari2.jpg

 

下関だけあって、ふぐ系のメニュー多数。ふぐ丼とかふぐちゃんぽん、うに、いくら系の海鮮丼もおいしそうでしたが、天草での海鮮の日々を払拭すべき日々を送っているので、ふぐカレーをオーダーしました。しゃちほこのようで、なかなかおいしそうでしょう?

 

 

 

 

mekari3.jpg

 

ご飯の上に千切りキャベツがのって、その上に、あつあつさくさくのふぐのフライが乗っています。揚げたてが乗っているので、なかなかのポイント。お店の方が笑顔で、とても感じがいいのが印象的でした。旅の疲れがとれました!<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年10月14日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

peyang2.jpg

 

ペヤングのソース焼きそば。発売中止などにもなり、苦難の時を経てきましたが、万を持して復活しました。個人的には、幼き頃から今まで食べた記憶がありません。UFOは、けっこうお世話になりました。しかし大人の階段を上るにつれ、あんなに愛したUFOだったのに、「もうUFO卒業ね」と思った時期があり、つまり「もう肉より野菜の方がおいしいね」と思った時期と不思議と重なるUFO卒業の時期(笑)。話はそれましたが、「中止→復活!おまけに湯切りを改良したんだぞ!」とペヤングの復活に異常に反応する息子につられて購入。ついつい食べてみようかという気分に。こちらは激辛ペヤング。「辛さレベルマックス!」の言葉通りかなりマックス!これは、本当に辛いです。復活への熱い思いが込められています。

 

peyang1.jpg

 

こちらは普通味。

 

 

peyang3.jpg

 

こちらが、湯切り口。かつての湯切り口は、麺が「だばぁ」と流しにこぼれ落ちる状態「ペヤングだばぁ」を引き起こしていたとのこと。初音ミクの歌に「ペヤングだばぁ」という歌があるのだそうです。

 

 

peyang4.jpg

 

ぺりぺりっと剥げばこんな感じ。「だばぁ」は防げます。しかし、お湯を入れる前に、ぺりぺり剥いだのはまずかったです。

 

DSC01082.JPG

 

 

湯切りも「だばぁ」にならず、ソースをかけたところ。UFOに比べて優しい味でおいしいですね!一度は卒業したカップ焼きそばにまたもどってもいいかなと思わせてくれる上品な焼きそばでした。<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年10月 8日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

 

 

naporeon1.jpg

内牧といえば、温泉!というのがおばさん思考の定番ですが、実はアウトドアの宝庫でもあります。パラグライダーやボルダリング、ポッカールなどなど舌をかみそうな名前のアウトドア体験をした後にぴったりのお店が、こちらのになぽれおん食堂さんです。なぜ内牧でなぽれおん?と思ったら、ナポレオンというパチンコ屋さんの敷地内にありました。系列店かもしれませんね。たいていパチンコ屋さんに隣接する定食屋さんは、リーズナブルでお得が、定説。

 

naporeon4.jpg

 

こちらは鶏唐揚げ定食。外はかりっかり、中はふわっふわでした。阿蘇は、丸福といい、唐揚げの名店が多いですね。

 

naporeon2.jpg

 

おすすめのメニューには、星印がついていました。こちらのホルモン定食にもしっかり星印がついていたのでオーダー。味噌煮込みで柔らかくて、おいしい。ご飯が新米だったので、相乗効果でホルモンのおいしさが引き立つってわけです(^_^)阿蘇高菜もついていてご当地感もありますね!

 

 

 

naporeon3.jpg

 

こってりしすぎないところがいいですね!内牧に来ると赤牛丼目当てに、いまきん食堂に足を運んでしまうことが多いですが、こちらも穴場です。地元の人におすすめのところを伺ったら、ここを紹介して下さったので、間違いありませんよ!おなかいっぱいになりました!<YA>

 

 

 

なぽれおん食堂

 

熊本県阿蘇市内牧1039-2

0967-32-0903

 

このページのトップへ

waku

2015年9月30日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

0918kagetuarasi3.jpg

 

らあめん花月嵐さんデビューしました。熊本県にはまだ店舗がないようです。神の舌を持つと言われるラーメン王・石神秀幸さんがオシのラーメン屋さんとして有名です。種類も黒いのやら赤いのやら、限定商品やらいろいろあって悩みます。「一番人気のものをください」と言ったら、一番オーソドックスなタイプのラーメン「嵐げんこつらあめん」をおすすめしてくださいました。

 

 

 

0918kagetuaras2.jpg

 

こちらの「げんこつらあめん」は、花月嵐ブランドを日本全国200店以上まで拡げた第一の立役者なんだそうで、大多数の人が注文する一杯なんだそうですよ。良質なげんこつを長時間じっくりと煮込み完成するスープ。アクセントは、細かいツブツブ状の背脂。つぶつぶ背脂って、尾道ラーメンのイメージですが、とんこつに背脂は、ぷちぷちして新しいおいしさですね。台湾に進出したそうですが、現地でも人気なのだそうですよ!TONKOTSU は世界共通語ですね!

 

 

 

 

0918kagetuarasi1.jpg

 

 

麺はこんな感じ。中太麺ストレートっていうんでしょうか。黒こしょうは、お好みでかけて食べるスタイルです。それにしても女一人で、ラーメン屋に入ることにまったくもって抵抗がなくなってしまい、我ながら、やばいと思ってしまう今日この頃。次は、一人ビストロとかやってみたいな。大人の階段、一歩ずつ上ろうと思います。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年9月26日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

0908otukimi2.jpg

 

 

秋のイベントと言えば、ハロウィンがメインとなっていますが、日本古来のイベントを味わうのも楽しいものです。 9月27日は中秋の名月。皆さんは、どんな場所で、どなたとお月見されますか?今年は、例年よりも少し大きめのお月様が楽しめるそうですよ。こちらのお菓子は、お菓子の香梅さんから9月27日のみ限定800コで発売される「お月見うさぎ」です。7個入りで、1131円。ヤマイモ入りの生地にあんこが入っています。見た目のかわいさにノックアウトですね!昨年も購入しましたが、なんとなくお月見気分が盛り上がるので、今年も購入予定!予約なしでも買えるそうですが、限定なのでお早めに購入することをおすすめします。

 

お月見スイーツをいろいろ調べてみたところ、いっぱいありましたよ。

 

 

 

 

こちらは、創業明治23年の玉華堂さんのお月見団子です。正当派のお月見だんごを三宝に持って楽しみましょう。

ほかにもモロゾフは、お月見プリンを発売されるようです。9月24日(木)?27日(日)までの期間限定商品。また、デンマーククリームチーズケーキもお月見バージョンのようで、うさぎの後ろ姿の絵があしらわれているのだそう。お気に入りのスイーツを買って、楽しんでみませんか?<YA>

 

 

 

 

 

 

 

また

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年9月24日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

0908daikoku1.jpg

 

大黒ラーメンさんに行きました。最近ラーメン率の高さに自分でも驚きます。体がコラーゲンを欲しているのでしょうか(笑)。というわけで、サイドメニューで頼んだホルモン煮込みがとてもおいしかったので、ご紹介します。

大黒ラーメンは、数々の有名人たちが訪れる熊本ラーメンの名店。壁には大黒ラーメンファンの有名人の色紙がずらり。KAT-TUNの色紙が一番目立つところに貼ってあり、「ジャニーズって色紙OKだったっけ?」などといつも思ってしまいます(笑)。

中太麺に、豚骨スープが絡み、本当においしいです。しかし、いつもラーメンいっぱいで満腹になり、サイドメニューを頼んだことがありませんでした。つまり、ホルモン煮込みをオーダーしたことがありませんでした。ネットで検索すると、大黒ラーメンのホルモン煮込みファンの方はけっこう多いようですね。大黒ラーメンさんのホルモン煮込みは、みその香りが立ち、ホルモン自体も臭みがなくてとろっとろです。一人分ずつ容器に入れて、持ち帰りもできるので、とても便利ですよ!ホルモン好きの人にはオススメです!<Ya>

大黒ラーメン

熊本市北区高平1-1-14

096-352-7418

 

このページのトップへ

waku

2015年9月22日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

0908torokutyuuka1.jpg

 

肥後銀行渡鹿支店さんのすぐ近くにある中華料理のお店、王府さん。リンゴ酢と蜂蜜で味付けしたマイルドな酢豚が絶品とのうわさを聞きましたが、麺を食べたい気分で、中華風焼きそばを、オーダー。中華風って、ソース味なのかぱりぱり麺なのか、皿ウドン系などか、女性のスタッフの方に聞きましたが、中国人の方だったようで、いまいち思いが伝わらず、とりまえずたのんでまえ!ってなことで、でてきたのがこちらの麺でした。ボリューム満点の柔らかい麺。もちろんソース焼きそばではありません。しょうゆかな?オイスターソースかな?なかなか深い味付けでおいしいです。とにかくコスパが高く、おなかいっぱいです。

 

0908torokutyuka2.jpg

 

 こちらは、友人が頼んだもの。サンラータンだったかたんたんめんだったか失念。なかなかおいしかったそうです。黄金チャーハンやキムチチャーハンなるメニューもあり。気になりますね。

 

0908torokutyuka3.jpg

 

王と書いてワンと読むって、王貞治(ワンちゃん)がいなかったら、こんなに日本に定着していたでしょうか・・と時々思う(笑)。<YA>

 

王府

熊本県熊本市中央区渡鹿1-18-42

096-373-6664

このページのトップへ

waku

2015年9月20日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

0908swiss2.jpg

 

ハロウィン間近の洋菓子店は、なんだか楽しげなデコレーションになってきます。今回は、スイスさんの上通りにお伺いしました。先日数十年ぶりにスイスに行って以来、スイスのマイブームが続いています。制服もレトロでかわいいし、店の雰囲気も落ち着いていて好きです。昔はオシャレなカフェとか好きだったのだけど、年を重ねるごとに喫茶店とか、昔からあるケーキ屋さんとかの方がしっくりくるようになるんですよね。

 

 

0908swiss1.jpg

 

 今回はケーキを我慢して、エスプレッソをオーダー。なみなみとつがれたエスプレッソにビックリ仰天しました(笑)。スタバとは比べ物にならない大盤振る舞いぶりに、「さすが熊本の老舗!」と叫んでしまいそうになりました。奥にあるのは、チャイです。どっからどーみてもチャイと同じサイズ。エスプレッソをオーダーするたびに節目がちな目で「量が少ないけど、いいですか?」と聞くスタバスタッフに見せてやりたいものです。<YA>

スイス上通店

熊本市中央区上通1の15

096-355-7141

このページのトップへ

waku

2015年9月18日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

 

0831yosimuta2.jpg

 

吉牟田高原にドライブに行ってきました。どうですか、このすばらしい高原美!熊本県民には、阿蘇とか吉牟田とか見慣れているかもしれませんが、県外出身の私にはきわめて感動的です!これからどんどん秋色を帯びてきて、さらに風情のある風景へと変わっていきます。

 

0831yosimuta4.jpg

 

 そこで、久しぶりに吉無田水源に水汲みに来ました。さわさわというせせらぎの音が涼しげです。こちらは、かつて編集長がダイニングエクスプレスの記事にされていたこともあり、詳しくは、そちらを参照!それによると、阿蘇の伏流水がふんだんに沸いているというよりも、水が少ないこの地に、植林によって豊かな水をはぐくんだ人々の努力の賜物のようです。熊本は、地下水に恵まれている土地なので、先人の努力が私たちの暮らしを潤しているんだなーとしみじみ。

 

0831yosimuta3.jpg

 

今日も、にぎわっている水汲み場。ひっきりなしに人が訪れ、はんぱないペットボトルの量に、皆さん冷蔵庫にそれだけ隙間があるなんて、なんてすばらしいんだろうと思わずにはいられない(笑)。ちなみに我が家のぎゅうぎゅうの冷蔵庫には、ペットボトル2本が限界です。吉無田水源の水で、コーヒーやお茶を淹れたら本当においしいんです。おまけになんだかデトックスで健康になった気分♪熊本市内からは1時間程度なので、ちょっとドライブがてら訪れるのにぴったりですね。<YA>

 

吉無田水源

上益城郡御船町田代

 

このページのトップへ

waku

2015年9月14日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

0831touki3.jpg

 

かつて南坪井町にあった器屋さん陶季さん。移転して数年経つと思いますが、初めて黒髪のお店に行きました。古い民家を改造した建物は、雰囲気があってステキです。置いてあるじゅうたんなどもとてもオシャレ。

 

 

0831touki2.jpg

 

 豆皿もいっぱい。目移りするほどかわいいです。ノリタケやナルミなど、国産の洋ものの食器も愛用していますが、なんと言っても食べ物がおいしそうに見えるのは、和の食器ですね。枝豆とかをちょちょんと入れるだけでも、とっても絵になるんですよねー。高い器だけでなく、安くておしゃれなものもたくさんあるのがいいです。すったとろろ芋が食べたかったので、グレーの片口を買いました。間違ってスープやおでんなどを入れたら大変!片方からこぼれてしまいます。

 

0831touki1.jpg

 

おいしいお菓子と抹茶をいただきました。優雅なひとときです。近隣にコインパーキングがあります。<YA>

陶季(とうき)

熊本市中央区黒髪3-11-2

096-346-0052

このページのトップへ

waku

2015年9月12日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

0831raikyu1.jpg

 

佐賀県武雄市に、向かいました。この日は、台風の翌日。熊本からの高速道路が閉鎖され、3号線で北上するも、大渋滞。朝7時に出発したにもかかわらず、武雄に到着したのは、12時くらいでした(笑)。もちろん帰りの高速も閉鎖されていたので、開通するまで、とにかく時間をつぶさねば!5時間もかけて帰りたくない!ということで、手始めに来たのがこちらのラーメン店。御船山観光ホテルの近くに、40年くらい前からあるラーメン屋さん。小学生の頃に数回訪れたことがあり、味も何もかも忘れているだろうと思ったのですが、匂いとか雰囲気とか、味とか、食べたら思い出します。久しぶりに来るって書いて来久軒なんだけど、久しぶり過ぎです(笑)。

シンプルな細めん。スープはクリーミーだけど、熊本ラーメンと比べると断然あっさり。殺風景ともいえる店内ですが、なぜかすっきり整理整頓された雰囲気です。昔来た時は、お客様でごったがえしていたような記憶がありましたが、すっきりしていても、なお人気店の風格があります。

 

0831raikyu2.jpg

 

店の名前も何もかも忘れていたのに、すべてを思い出すパーキングに漂うこの匂い(笑)。この後は、うわさの武雄市立図書館に行きました。本屋さんなのか、図書館なのか、カフェなのか、雑貨なのか。何を目的で訪れる人が一番多いのでしょうとか思ってしまうほど、とにかく人でごったがえしています。観光バスも数台。ぞろぞろとおじいちゃんおばあちゃんがガイドさんに連れられて入っていく姿に、観光ルートに組み込まれていることを確認。なぜか付箋を買って帰りました(笑)。<YA>

来久軒

 

佐賀県武雄市武雄町武雄4190-2

 

 0954-22-2522

 

 

このページのトップへ

waku

2015年9月 6日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

0810miyagawa3.jpg

 

社の近くにあるので、ランチにお邪魔させてもらう「食のみやがわ」さん。からあげとかチキン南蛮とかがおいしい店として有名です。先日はコロッケとからあげのコンビネーションをご紹介させていただきましたが、今回はホルモン煮込み定食に挑戦しました。ホルモンは、マルチョーとか、焼肉屋さんで焼くタイプはちょっと苦手。こちらのホルモンに込みは、ぷりぷりでありながら、さっぱりした味付け。臭みもなく、なかなかおいしかったですよ。

 

0810miyagawa2.jpg

 

 お友達が頼んだチキンカツの定食です。マスタードが添えてあると、「マスラー」としては、うれしい。一口いただきましたが、さくさくの衣にジューシーなお肉がよいですね。みやがわさんは、揚げ物のクオリティが高いと感じます。今回はサイドディッシュに大好物の白和えなどもついていて、ポイント高い。家で造ると手間がかかるんですよね、白和え。

 

0810miyagawa1.jpg

 

ところで、人気No.1のみやがわのから揚げって、醤油ベースで注文を受けてからタレをモミこんであるのだそうです。1個単位で追加もできるんだとか。男子高校生にありがたいシステムですね。持ち帰りも可能なのでお土産にも出来ます!今度お持ち帰りしてみようかな。性別を問わず大満足なランチです。<YA>

食のみやがわ

熊本市南区江越1-8-24

096-370-2550 

このページのトップへ

waku

2015年9月 2日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

0818komeda2.jpg

 

コメダ珈琲さんのモーニングは、それを目的として利用するわけではないのですが、午前中の打ち合わせなどで行けば、コーヒーだけにすればいいものの、必ずモーニングのセットにせずにはおれないという気分になってしまいます。モーニングの時間が午前11時までというすでにモーニング(朝)ではない時間までやっているため、ついついこのサービスをつけてしまうのです。で、この日も10時半からの打ち合わせ@コメダ珈琲だったために、「ホットコーヒーください。あ、やっぱりモーニングつけて」となってしまいました。しかし、この時間、お客様が多いことこの上なしですね。満席で名前まで書かされるというまさしくモーニングすぺりこみ客で満たされています。

で、モーニングセット。3人でばらばらに頼んだらこんな風。トーストと温かいゆで卵は、経験済み。アンコとか玉子サラダとかってありましたっけ?ゆで卵もいいけれど、玉子サラダの一手間もありがたいです。

0818komeda1.jpg

 

そして、打ち合わせ終わったら、ここで人気のみそかつサンドイッチでランチしようと思っていたのに、満腹になってしまい、ランチもせずに帰ってしまいました(笑)。コメダ珈琲さん、熊本のカフェの歴史を変えていますね、あきらかに。回数券買おうかな。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年9月 2日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

0818boo5.jpg

 

熊本市中央区安政町のビルにあるBOOさん。おいしいイタリアンがリーズナブルな価格で食べることができるダイニングバーです。なかなかしぶい雰囲気。古民家からいろんな廃材を持ってきて、しつらえてある店内のインテリアですが、なんかかっこいい。壁にサインもいっぱいあります。英語っぽく見えるんですが、有名人でしょうか。

 

 

0818boo3.jpg

 

 イタリアンのお店で、建具などにバリバリの和の素材が使ってあるのですが、ワイングラスとも合うというのが不思議な感じなのです。

 

0818boo2.jpg

 

 こちらは、キノコがたっぷり入ったリゾットです。米のアルデンテ感が秀逸で、 我が家で作るなんちゃってリゾットとは、一味も二味も違います。キノコが何種類も入っているから、いろんな旨みが溶け出ています。

 

0818boo1.jpg

 

こちらは、とろーり生クリームのパスタです。濃厚なんですけど、もたれないという絶妙なバランスですね。イタリアンとはいえ、しょうゆやお出汁など、和の調味料もふんだんに使ってあるので、日本人の口になじむおいいしさです。ちなみにオーナーさんは、甲冑が好きということで、マイ甲冑をお持ちなのだそう。マイカッチューってどんなんだろう(笑)。ちなみに、こちらのお店の端っこのテーブルは、遠めに熊本城がのぞめる席があるんですよ♪<YA>

ダイニングバーBOO

熊本市中央区安政町6-3 TM11ビル 9F

096-325-6800

このページのトップへ

waku

2015年8月19日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

0727buraku3.jpg

 

関西のおみやげでいただいた御菓子所泉寿庵さんの御菓子「蕪楽(ぶらく)」。「夏の花や月は東に日は西に」と与謝蕪村の句が書かれているところから、蕪村にまつわるお菓子のようです。ホームページによると

摂州(ふるさと)を想う、その心。風を謳い、花を楽しむ。
季は春の夕暮れ。広大な菜の花畑。 太陽が西の空を赤くにじませて、まだ少し明るみが残る刻。振り返れば月がうっすら可憐に浮かぶ…。 今でもよく知られている蕪村の名句です。
この大舞台は、蕪村の故郷である摂津国毛馬と言われています。 蕪村は郷土を愛し、自然を慈しみながら、数々の名作を世に残しています。この蕪村のふる里を想う心に少しでも近づければ…との願いで[蕪楽ぶらく]と命名いたしました。

 

とあり。わかったようなわからないような説明ですが(笑)、何しろ風情のあるお菓子のよう。モンドセレクションも受賞しています。

0727buraku2.jpg

 

丹念に練り上げ、しっとりした白餡を、上質のバターを使ったミルク風味の皮で包み込み、ほんのり甘い、やさしい口溶けの饅頭です。和のお饅頭でありながら、洋風の香りもするのでコーヒー・紅茶にも合います。そのしっとり具合が秀逸で、これは、世にあまたあふれる「おみやげ饅頭」の中ではかなりのヒットです。

ところで、わたくし、宝塚歌劇団が好きで、時々宝塚市に観劇に行くのですが、そこでよくお見かけするのが宝塚歌劇せんべい

このakbのまゆゆもテレビ番組でオススメしているおせんべいを作っているのも、泉寿庵さんのようですよ。恐るべし、泉寿庵。ふり幅が広いですね。<ya>

ネットで買えます!

このページのトップへ

waku

2015年8月17日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

0727tomuyamu2.jpg

 

去年発売になって以来、夏になるとついつい手が伸びてしまうコイケヤのトムヤムクン味のエキゾチップス。エキゾチップスって、すばらしいネーミングですよね。エスニック系のポテトチップスってすぐわかりますものね。こちらのエキゾチップスシリーズには、トムヤムクン味とグリーンカレー味の二種類があります。ついつい真っ赤なパッケージでインパクトあるトムヤムクン味に手が伸びてしまいます。

エキゾチックチップスって、赤唐辛子、レモングラス、こぶみかんの葉、コリアンダー、ジンジャー、セロリシードと6種のスパイス&ハーブを使用してあるのだそうですよ。

 

tomuyamu0727.jpg

 

赤唐辛子の辛さがけっこう効いていて、最後に口の中にすっぱさが広がる不思議な味。毛穴から汗が出そうな辛さと、複雑な味わいで、夏の暑さがすかっと吹き飛びます。硬あげポテト並みのかりっとした食感もすごくいいですよ。夏の夜はビールのお供にいかがですか?<ya>

このページのトップへ

waku

2015年8月15日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

0721kamogawa3.jpg

 

明治14年創業、すき焼きの老舗として長い間熊本で愛されている加茂川さんにランチに行きました。加茂川さんといえば、バブルの頃、いろんな人に連れて行ってもらったなあ・・などなど思い出がいっぱい(笑)。お店も昔のままなのがかえっていい雰囲気です。この日のランチも満席で、しばらく待ちましたが、メニューを見ながらいろいろと悩むひとときもまた楽しいものです。こちらは、言わずと知れた味彩牛のすき焼き定食。1600円。鉄鍋に入ってぐつぐつと出てきます。いつ食べても間違いのないおいしさです。

 

0721kamogawa4.jpg

 

加茂川さんは、すき焼きだけでなくて、お肉料理が全般的においしいです。こちらはハンバーグの定食。ビーフシチューやしゃぶしゃぶなどもあります。お肉がジューシー。今度はビーフシチューも食べてみよう。

0721kamogawa1.jpg

 

加茂川がおいしいのはお肉料理だけじゃないんですよ。最後のアイスまで本格的なおいしさです。こちらは、紅茶のアイス。紅茶好きには是非食べて欲しい本格的な味。

 

0721kamogawa2.jpg

 

左側壁にいるくまもんさえいなければ、いつの時代の写真かわかりませんね(笑)。今も昔も本当においしいものだけを食べることができる店です。熊本の財産ですね。<ya>

 

すき焼き加茂川

熊本県熊本市中央区上通町2-6
TEL. 096-354-2929

このページのトップへ

waku

2015年8月13日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

0727kakitane3.jpg

柿の種専門店、かきたねキッチンさん。できた頃は、ものめずらしさで購入しましたが、今となってはフレーバー柿の種屋さんとして、定着したみたいです。以前買ったのは透明のプラスチックの容器でしたが、今回はcubeというオシャレなパッケージです。味は、てりやきマヨネーズ+バターピーナッツ。ちょっとした贈り物に喜ばれるパッケージと大きさ、そして味付けですよ。てりやきマヨネーズ味は、このキューブシリーズではルーキーのようです。人気が出たら、キューブにも昇格するらしいです。

 

0727kakinotane1.jpg

 

 見た目は普通の柿の種。といっても、普通のよりも少しサイズが大きいと感じます。 甘辛てりやきソースにマヨネーズの酸味がかさなり、美味しい!相方は濃厚なバターピーナッツです。ちなみにキューブシリーズの人気ナンバーワンは、「贅沢チーズ+アーモンド」らしいです。強敵ですが、照り焼きマヨネーズ味にもトップの座を狙って欲しいです。みんなが集まるお盆のおもたせにもぴったりですよ!<ya>

このページのトップへ

waku

2015年8月11日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

gapao3.jpg

 

暑い毎日が続きますが、こんな日にはピリッと辛いランチを食べたくなるものです。家庭で簡単にガパオが作れるということを、クックパッドで知って以来、我が家の定番メニューとなりましたが、たまにはお店の味も食べてみたいなということで、エブリワンさんで見つけたガパオライスを買ってみました。見た感じ本格的。お店で温めてもらうと、レジの周りにガパオの香りが充満!想像以上の香りの強さにびっくり!これは期待できそうですね!

 

gapao2.jpg

 

パプリカの彩りもきれい。目玉焼きも半熟!けっこうピリッとしていて、ほっともっとのガパオライスよりも大人の味で好みでした。ホーリーバジルを使ってあるらしく、とても本格的ですね。私もスーパーや物産館でバジルを探すのですが、このホーリーバジルというものには、なかなかめぐり合いません。そしてこのホーリーバジルで作るガパオは、乾燥バジルで作ったものより数倍おいしいのです。この辺のこだわりがおいしさの秘訣ですね。8月4日までの限定発売のよう。この記事がアップされる頃には終了しているってわけですね(涙)<ya>

 

このページのトップへ

waku

2015年8月 1日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

wasanta21.jpg

 

玉名郡和水町のスリランカ&メキシコ料理、略して「スリメキ食堂」の「わさんたらんか」さんを再訪。前回果たせなかったメニューにトライしました。こちらは、わさんたスペシャルカレーです。骨つきチキンをじっくり煮込んであります。ほろほろのチキンと、チキンのエキスがしっかり溶け出たカレーが最高です。上に乗っているのは、小魚やナッツなどを合えたものです。カレーにすごく合うのが不思議。まるでスリランカの食堂にいるかのような本格的な味です!(スリランカ・・行ったことないですが笑)

 

wasanta22.jpg

 

 こちらは、カルニータというメキシコ料理。トルティーヤの中に、お肉の煮込んだものが挟まっています。メキシコ料理もスリランカ料理も、本格的で参りますね。それにしても、まだ食べつくせないメニューがいっぱいです。こちらのお店は大人数で行って、とりわけながら食べるのがベストですね。

ところで今日、明日は、和水町では、「和水町古墳祭」が開催中です。8月2日には、約800人の市民が練り歩く松明行列や花火などもありますよ。足を運んでみては!?<YA>

このページのトップへ

waku

2015年7月30日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

 

 

kantori5.jpg

 

 北九州市の繁華街を歩いていると、明らかにディープな香りを放つコーヒーショップがYAMAOKAさん。since1972です。YAMAOKAの上に「gallup」という文字があるのですが、いったい何かなと思い調べてみたところ、アリゾナ州境近くの北西ニューメキシコの町の名前らしい。

 

 

kantori4.jpg

 

一階入り口のところのメニュー。濃いでしょう(笑)?ウエスタンというよりも、インディアンですよね?羽根の感じがネイティブアメリカンの香りです。

 

kantori3.jpg

 

お店の中は、こじんまりとしてこぎれいです。壁はこんな感じ。奥の棚には、カチーナという人形がありました。カチーナは、精霊でホピ族の守り神。私もこのお人形が大好きで、一時期集めていたので、20年ぶりの再会(笑)。

 

 

kantori2.jpg

 

アイスコーヒーとホットコーヒー。500円しないのでとても良心的な価格。スターバックスやドトールも大好きなのですが、たまにはこんな感じの喫茶店にはいると、とってもくつろぎますね。アイスコーヒーは、少し甘くてやさしい味。寡黙なご主人が丁寧に淹れてくださいました。個性のある喫茶店が、次々となくなっていますが、ずっとこのままでいて欲しいと思えるような喫茶店でした。<YA>

 

コーヒーショップ YAMAOKA
 
北九州市小倉北区 魚町1丁目3-18
093-531-7066 

このページのトップへ

waku

2015年7月28日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

seikouen2.jpg

 

清香園さんの平成店に初めてお邪魔しました。焼き肉屋さんのランチだと、目の前の鉄板で、セルフで焼いて食べるスタイルも多いのですが、こちらのランチは、じゅわーっという音とともに、アツアツの鉄板が運ばれてきます。個室だし、忙しく肉を焼く必要もないし、なんとなく落ち着きます。こちら牛タン定食。並で940円。上(1410円)というのもあるらしい。こんなに価格がアップするということは、相当クオリティの高い牛タンなのでしょうね。それにしてもおいしそうな匂い。匂いをかぐだけで、ご飯が何杯もいけそうです!

 

 

seikouen1.jpg

 

ご飯と、お漬物とサラダとお味噌汁つきなのですが、ご飯とお味噌汁は、おかわり自由だそう。こちらのご飯は、ネギご飯といって、韓国のりとネギのごま油風味のご飯なんです。これがアツアツの牛タンにびっくりするほど合います。牛タンって、家庭で調理することないので、お店で食べるととってもおいしい。ランチメニューを見ていたら、ハンバーグとかステーキとか、豆腐チゲ、牛スジ煮込みなどの定食もあるみたいです。焼肉以外にもいろんなものが食べれるところがいいですね。<YA>

 

清香園 平成店

熊本市南区平成2-3-8

096-334-2911

このページのトップへ

waku

2015年7月26日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

hurenti4.jpg

 

北九州市小倉北区のBekk(ベック)さんに行きました。こちらは、小倉駅から徒歩7から8分ほど旦過市場(たんがいちば)の方向に歩いた川のほとりにある隠れ家的レストランです。うっかり歩いていると見落としそうになるほど、こじんまりとした外観。若いシェフが迎えてくださり、2階席に案内されました。お昼は、コース料理のみとのこと。今回は3000円のコースをお願いしました。結論から言うと、かなりの満足ランチでした。新鮮な魚介類たっぷりの前菜。あまーい雲丹に、生ハムメロンと大好きなものばかり。

 

hurenti3.jpg

 

 ぷりっぷりのアサリがたっぷり入ったパスタ。アサリを贅沢に投入しているところが、味に深みを出しています。一品ずつに贅沢感が漂いますね!

 

hurenti2.jpg

 

チキンのソテー。プロの技でしょうか、低温調理だからでしょうか、秘訣はわからないのですが、ふわっとしたジューシーな柔らかさがとても印象的。普通にソテーしても、こんなに柔らかくはならないですよね、一つ一つが丁寧に作られているのがわかります。

 

hurenti1.jpg

 

 コーヒー、デザートまで満足でした。欲を言えば、小食の私にちょうどよい量なので、男性には少しものたりないかも。こじんまりとしたお店なので、予約した方が安心です。<YA>

 

Bisteria
Bekk ベック

小倉北区船場町7-4

093-522-5225

 

このページのトップへ

waku

2015年7月22日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

 

maitai1.jpg

 

 

アジアン料理で親しまれている熊本市南区けやき通り沿いのマイタイさんが、6月1日移転オープンしました。場所は同じくけやき通り沿いで、熊本出仲間郵便局の隣です。人気だった定番のアジアン料理だけでなく、馬刺しなどの居酒屋メニューもたっぷり楽しめるのがうれしいですね。こちらは、海鮮と香味野菜のヤムです。ヤムっていうのは、タイ語で混ぜ合わせるという意味なのだそうですよ。お任せメニューで作っていただきました。スイートチリソースが食欲をそそります。

 

 

maitai4.jpg

 

 

アジア系の香辛料がたくさん。お昼はまだお邪魔したことないのですが、ビュッフェ形式なのだそうです。いろんなお料理を食べることができて、これまた楽しみですね。

 

maitai3.jpg

 

奥に見えるのはカウンターバーです。バータイムは、10時から翌2時で、いろんなお酒が楽しめますよ。

 

maitai2.jpg

 

オシャレな入り口。パーキングも8台完備です。パワーアップしたマイタイにまたまた通いつめそうです。<ya>

Ts Ding Bar MAITHAI

このページのトップへ

waku

2015年7月20日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

otoboke2.jpg

 

 東京のおみやげって、個人的には「東京ばなな」などのようないかにも東京みやげ的なものより、虎屋の羊羹のような和菓子をいただいたほうがうれしいのですが、そういうものは熊本のデパートにもあるので、東京のおみやげである必要もないのですよね。その点、豆源さんのおとぼけ豆ってこちらには売ってないので、おみやげ的には秀逸です。「おとぼけ」って言葉、久しぶりに聞いたような気がします。豆菓子約50種類、おかき約25種類と多彩な商品の中で、人気NO.1の豆菓子なのだそうです。「青海苔」「きざみ海苔」「海老」の3種類。飽きのこない三色の味が評判。ホームページには、「お土産やご進物に必ずといっていいほど添えられる商品です」とあり、「必ずといっていいほど」というせりふに自信のほどが伺えます。

 

otoboke1.jpg

 

ちなみに、豆源さんは、慶応元年(1865年)創業の老舗。江戸時代から変わらない、豆の持ち味と風味を守る製法で、豆菓子のおいしさをとことん追求しています。東京・六本木からほど近い下町、麻布十番にある本店では、職人による手作りで人気の豆菓子やおかきの実演販売が行われています。江戸っ子にとってはおなじみの“おやつ”として、世代を問わず愛されています。お年寄りにも固すぎないサクッとした食感がとてもよく、ぽりぽりといつまでも食べてしまいます。<ya>

 

豆源 

 東京都港区麻布十番1-8-12 豆源本店

フリーダイヤル 0120-410(ヨイマメ)-413(ヨイミセ)(10時から18時) 「よいまめよいみせ」

このページのトップへ

waku

2015年7月18日 Posted time : 13:18 | Category : D@EXコラム

 

せいようけん1.JPG

 

福岡県久留米市にある久留米ラーメンの人気店清陽軒さんに行きました。なかなか昭和チックな店構え。店構えはあえてこんな感じですが、後ろに見えるように本当の姿は立派な新しいビルですよ。駐車場も十分にあります。人も多いですが、店も広いし、回転も早いので、お休みの日でしたが、待たずにスムーズに入れました。

 

せいようけん3.JPG

 

こちらが、昭和27年からその味を守りつがれている「屋台仕込みラーメン」です。カリカリの背脂が特長。豚の頭を3日間煮込んで作るスープが絶品ですねー。細麺に合います。まさにザ★久留米!って感じの味です。

 

 

せいようけん5.JPG

 

連れがオーダーした替え玉です。「バリカタにすればよかった」と後悔していました。おいしくて、コラーゲンたっぷり。翌日お肌がぷりぷりに・・とまではいきませんでしたが、なんとなく化粧のノリがよかったような気がします。<YA>

清陽軒

久留米市諏訪野町1798-6 

 TEL:0942-32-9736 /11:00から22:00 / 定休日:第3火曜

このページのトップへ

waku

2015年7月16日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

 

 最近はまっているレシピ本が、こちらの「パトリス・ジュリアンのおつまみ」です。パトリス・ジュリアン氏は、ルクルーゼやカフェ文化、そしてゲランドの塩を日本に広めたライフスタイルデザイナー。昨年は熊本県の観光キャンペーンにも協力されていたので、ご存知の方がいらっしゃるかもしれません。こちらの「パトリス・ジュリアンのおつまみ」は、彼自身がいろんな国で暮らした経験があることから、いろんな国の食文化のエキスがぎっしり詰まったレシピ本。とっても簡単で、とってもおいしい。こんな組み合わせ方があるの?とまさに目からウロコです。一番気に入っているレシピは、レバーをオリーブオイルでじっくり揚げて、酢に野菜と一緒に漬け込んだマリネ料理。レバーといえば醤油煮しか思い浮かばなかった貧困な食卓の私からすれば、まるでフォアグラを食べているかのような味わい深い常備食ができ、何度作ったかわからないくらいです。

 

 

同時期に発売されたのが、こちらの「ライフレシピ」。パトリスさん自身が、今まで生きてきた中の教訓のようなことが書いてあるのですが、これが私的には「まいにち、修造!」レベルのわかりやすさと深さを兼ね備えた人生バイブルです。「毎日をハッピーに生活するには、小さな喜びに気づくこと」という言葉に、思わずうなづいてしまいました。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年7月12日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

duaarudeibeko1.jpg

 

羽田空港で買ったジュアアルディペコというお茶。途中であえて切るならば「ジュアアル」+「ディペコ」なのか「ジュア」+「アルディペコ」なのか、はたまた「ジュアアルディ」+「ペコ」なのか、いろいろ悩むネーミングと感じるのは、私だけでしょうか?

アフリカのケニアで栽培されている伝統的な茶葉“カメリア シネンシス”をベースに南アフリカのルイボスを加えて生まれた無添加の自然派飲料です。赤ワインの有効成分として有名なポリフェノールやカテキン等抗酸化成分が豊富です。健康雑誌に特集されて以来、健康に関心が高い主婦層などから注目を集め、今では多くのテレビやファッション誌で紹介されており、モデルも飲んでいるなど、知名度もアップ中です。雑誌アンアンで「金賞」評価も得たというこのお茶、一袋で、1から2リットルのティーができるとするならば、そんなに高い買い物ではないです。雑誌にはマイボトルに入れて持ち歩くモデルや美容ライターの記事が載っていたりするので、「今ダイエットにはコレが効く」的な位置づけなのでしょう。

 

天然野草100%ジュアアルディペコ

天然野草100%ジュアアルディペコ
価格:3,240円(税込、送料別)

 

一口飲んだ印象は、飲みやすい!です。夏場の麦茶代わりにごくごく飲める感じ。お通じがよくなったとか、おなかぽっこりが改善された、血液がさらさらになったなどの体験談もあり、期待できます。今年の夏は、これで一回りスリムになればよいなあともくろむ今日この頃です。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年7月10日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

 

 

先日ご紹介しましたコーヒー「コピルアック」と一緒にいただいたバリコスメ。高いヨーロッパの化粧品は、それなりによいのですが、きっと同じような成分で安く作れるんじゃないかという気もしています。そんな思いに答えてくれるのが、このギジスーパークリーム。化粧下地らしいのですが、海藻、大豆、冬瓜、アーモンドなど、某有名高級クリームに入ってそうな成分がたくさん盛り込まれています。

特に海藻には、アンチエイジング効果が!ギジスーパークリームの色は化学的な染料は使用していないのだそうです。自然な薬草成分から作られているので色の違いが微妙にあるそうですよ。手作り感あふれてますね♪

 

 

zugi1.jpg

 

 

けっこう小さめの容器なのですが、化粧下)として使うのであれば、そんなに量はいらないので、夏場はこのくらいあれば、けっこう持ちます。たっぷりめの化粧水が乾ききらないうちに顔や首に伸ばすのがコツ。
今ハヤリの「ガッテン塗り」もやってみました。「ガッテン塗り」とは、洗顔後すぐに、クリームだけを塗るだけというシンプルすぎるスキンケア。「ためしてガッテン」で放映されて以来、認知された方法なのですが、ニベアの青缶でやるとなかなか効果的。ギジクリームで試してみたところ、ニベアよりもぐんと肌のモチモチ度がアップしました。是非お試しください!<YA>

このページのトップへ

waku

2015年7月 6日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

oden3.jpg

 

会社のお昼休みに、大好きなオーデンさんへスペアリブのカレーを食べに行こうと決めた朝は、午前中頭の中がカレーだらけになるのですが、この日は、たまたまスペアリブが切れていて、ソーセージのカレーしかないとのこと。私的には、スペアリブ気分でしたので、ちょっとがっかりしていたところ、なんと「カツカレーもありますよ♪」とおっしゃってくださいました。メニューにはない一期一会カレーに心躍ります。こちらがわざわざ作っていただいたであろうオーデンカツカレー。申し訳ないのとおいしいのと嬉しいので、心から感謝の気持ちが湧き上がりました。サクッとした衣に柔らかく脂身の少ないポーク。これは定番メニューに入れて欲しいくらいのおいしさでした。ありがとうございますオーデンさん。さらにファンになりました。

 

oden2.jpg

 

サラダのオニオンが好き。福神漬けもおいしいです。

 

oden1.jpg

 

コーヒーもいつものごとくおいしい。もう二度と食べることはできないカツカレーにノックアウトでした。お中元に、ソーセージを買おうと思います。<YA>

 

オーデン・ハムファクトリー

営業時間:11:00?20:00
定休:火曜  TEL096-378-8615

 

このページのトップへ

waku

2015年7月 4日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

rakuen2.jpg

 

コーヒーねたでもう一つ。天草にあるJAさんの直売所「JAとれたて市場」さん。こちらは、天草のおいしい農産物や海の幸がいっぱい。でこぽんのオブジェが目印で、掘り出し物を求めてついつい立ち寄ってしまいます。そちらでお見かけしたのがこの楽園珈琲さん。なんだかおいしいコーヒーを出してくれそうな予感。熊本までのロングドライブの前に、いっぱいカフェインを注入したいところです。それにしても楽園珈琲って名前いいですね。

 

 

rakuen5.jpg

 

豆の種類も豊富。楽園ブレンド一杯300円です。HPを見ていると、サーファーのご夫婦が経営されているみたいです。この日、お店にいらっしゃったのはかっこいい女性の方でした。

 

 

rakuen4.jpg

 

あつあつコーヒー。ゆっくりドリップしてくださるので、待ち時間にいろいろとおしゃべりさせていただき、家庭用の豆も購入しました。いろんなところにケータリングされているみたいですね。熊本市内にもいらっしゃるのかな。コーヒーの味もコクと深みのある味。口の中に含んだ瞬間より、2秒後の方がぐーんとおいしく感じられるコーヒーです。十分覚醒して、熊本まで安全運転で帰りました。<YA>

 

楽園珈琲

天草市瀬戸町2ー1

毎週 月・水・木・金曜日 10:00から17:00

(イベント出店のためお休みする日もあります)

 

このページのトップへ

waku

2015年7月 2日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

 

 

ついにデビューしました、コピ・ルワック。コーヒー豆を見つめるジャコウネコの写真が目印。お食事中の方には申し訳ないのですが、ジャコウネコの排泄物の中から、取り出したコーヒー豆を使ってあります。これが、体の中で適度な発酵というかなんというのかわかりませんが、ちょうどよい具合に酵素が回っておいしいコーヒーになるのだそうです。バリに行った友人が現地で飲んだところ、かなり美味だったので、おみやげにいただきました。物価が安いバリでもコーヒー一杯が500円、豆100グラムが2500円近くしたというから、かなり高級コーヒーです。

 

 

 

豆自体は、別段ほかのコーヒー豆と変わりません。もちろん香りも特別変なにおいがするわけでもありません。(当たり前)。淹れたてのコーヒーは香り豊か!飲んでみての一番の印象は、すごくコクがあるということでした。コクがあるのに、(酵素のおかげ?かわかんないんですが)とてもまろやかなのです。こぞってみんなが絶賛する理由がわかりました。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年6月30日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム

amakusaolive1.jpg

 

草にオリーブ園があることはなんとなく知っていましたが、先日「天草オリーブ園AVILO」さんに、オリーブのお花見に行ってきました。オリーブの花って5から6月くらいに咲き、なんとキンモクセイに見た目はそっくり。でも、モクセイみたいないい香りはしないのがちょっと残念。白い小さな花が一杯咲いていて、かわいい花でした。

オリーブ園に併設されているショップには、オリーブオイルだけでなくコスメなども勢ぞろい。天草スペシャルブレンドというオリーブオイルを購入しました。天草で育てて、摘み取って、搾油したオリーブオイルがブレンドされています。天草産100パーセントのオリーブオイルは、一万円以上して、さすがにちょっと手が出ませんでした。ブレンドしてあるものでも、品質はお墨付き。天草オリーブ園のオリーブオイルは、国際的オリーブオイルコンテスト「オリーブジャパン2015」で金賞を受賞するほど質がいいんです。

口に含むと、とってもフルーティーな香りに、びっくり!いつも使っているイタリアのメーカーのエクストラバージンオリーブオイルとの違いに驚かされます。イタリアのものも、エクストラバージンと書かれており、酸度8パーセント以下のものですが、エクストラバージンでも、いろいろランクがあるのだなと実感しました。

天草オリーブ園がすごいのは、「体験型のオリーブ園」だということ。お料理教室や手絞り体験、オリーブオイルのテイスティングの教室なども行っていらっしゃいます。子供連れでも楽しめて、オリーブオイルの奥深い魅力に触れることができます。<YA>

〒863-2201 熊本県天草市五和町御領蛍目1580-1

0969320366

このページのトップへ

waku

2015年6月18日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

しろや1.JPG

 

北九州市小倉駅の近くにあるシロヤベーカリーさんに行きました。こちらは北九州の老舗のパン屋さんだそう。アーケードの中にあるのですが、それでなくても人でぎゅうぎゅうパンパンのアーケードに、シロヤの前だけ行列ができており、人口密度高!いつも行列に並ぶのをひるむのですが、行列を上から見下ろせるアーケード沿いの喫茶店があり、そこからこの行列を観察してみると、かなりスムーズに行列がはけていることを確認。けっこう長い行列の後ろの方に並んでも10分たらずで買えました。

行列自体も、とにかくカオス!混沌としているため、パンが入っている対面形式のショーケースに近づいてくると、少々ずうずうしくオーダーしないと、気が弱い人はどんどん後ろのおばちゃんたちに順番を抜かれてしまいます。初心者な私がもじもじしていると、隣のおばちゃんが、「一緒に買ってあげようか」と言ってくださいました。若い人は、ここでおばちゃんにもまれていると、世の中に出たとき勉強になるなと思ってしまいました。

 

 

しろや2.jpg

 

 

アンパン、フランスパン、レーズンパン、サニーパン、食パンなどのパン系と、オムレットやシュークリームなどの昭和のスイーツ系とに分かれています。なんとなく勝手がわからず、パンのショーケースの前に並んでしまったため、レーズンパンなどを購入。オムレットが安くて人気の店と、後々わかり、少し後悔。しかしレーズンパンも朝食にぴったり!ブログで人気のサニーパンとオムレットに次回は挑戦します。<YA>

 

シロヤベーカリー

 

福岡県北九州市小倉北区京町2-6-14

093-521-4688

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年6月16日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

なみきざかえすぷれっそ2.jpg

 

熊本市中央区の並木坂にあるグッドディールカフェさん。アメリカのビーチをイメージしたカフェです。グッドディールというのは、アメリカでよく使う表現だったと記憶。「Good deal?」とアメリカ人に聞かれると、deal=取引みたいな意味があるので、「いい取引?」という意味で、「けっこうあなたにとってメリットのある話でしょ?」とかいうニュアンス。たとえば「英語教えてあげるわりに、お茶おごってよ。Good deal?」みたいな使い方です。 

 

なみきざかえすぷれっそ.jpg

 

前置きは置いといて、おしゃれでゆったりした雰囲気なので、打ち合わせなどでも時々利用します。不思議と話がはずむ店ってありますが、私の中ではそのカテゴリーに入る店。エスプレッソをよくオーダーしますが、これまた本格的なおいしさです。619日にあるナイツの熊本公演のポスターが貼ってあり、毎回とても気になり(ナイツファンゆえ)、ついに「チケットほしいんですが」聞いてみましたが、カフェでは購入できないみたいです。というわけで、ナイツに関しては「 good deal」とはいきませんでしたが、いい時間が過ごせる数少ないカフェの一つですよ。<YA>

グッドディールカフェ

熊本市中央区上林町3-36並木坂ビル 1F

096-288-4834

 

このページのトップへ

waku

2015年6月14日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

 

 

丸美屋さんののりたま。ロングセラーでありながら、若い子にも人気。さまざまなふりかけがある中で、高校生の息子の一番お気に入りがこののりたまで、家で切らしたことがありません。強烈な「のりたまラー」の息子は、白飯でおにぎりを作っては、のりたまの袋に入れて、「しゃかしゃかポテト」ならぬ「しゃかしゃかおにぎり」を作る日々(お子様は真似しないでね!)。そんな息子の携帯用にと思い購入したのが、ひよこチップ入り「手のりたま」。のりたま発売55周年を記念した、期間限定品です。ごはんが華やぐかわいい“ひよこ型チップ”が入っていますよ。


hiyoko1.jpg

 

こちら、手のりたまひよこチップ入り。かわいいひよこチップ見えますか?無表情な感じが、なかなか渋いです。手のひらサイズで密閉性も高いから、食卓はもちろん携帯に便利!!カバンの中に忍ばせて、職場や学校への持ち運びもラクラク。どこにでも連れて行けるかわいい手のりたま。のりたまを補充しながら、使い続けたいと思います。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年6月12日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

あそたかなめし1.JPG

 

梅雨の合間の晴れた日に、南阿蘇ビジターセンターさんにお邪魔しました。南阿蘇ビジターセンターとは、阿蘇くじゅう国立公園阿蘇地域の魅力をジオラマやパネル、映像などを使って紹介し、自然とのふれあいを楽しむきっかけを提供するための施設です。お目当ては、こちらに隣接する阿蘇野草園。南阿蘇ビジターセンターに隣接する阿蘇野草園は、阿蘇に生育する植物を自然に近い状態で観察することができる施設です。四季折々の花が楽しめるだけでなく、野鳥、昆虫類、両生類など様々ないきものを観察することができます。約5ヘクタールの園内には、南阿蘇自然学習歩道が整備されていて、森の中に続く道は格好のウォーキングコースとなっています。サクラソウやカノコソウなど初夏の草花を楽しんだり、きれいな声でなくブルーのオオルリを見かけたり。日に日に緑が濃くなるこの季節は、自然散策にぴったりです。

ひとしきり歩いたら、おなかがぺこぺこ。隣接する食堂で、高菜めしとだごじるの定食をいただきました。だご汁のお味噌がちょっと赤味噌っぽくて新しい味!高菜飯を食べると、阿蘇に来た!って感じがしますよね。<YA>

南阿蘇ビジターセンター
阿蘇郡高森町大字高森3219

休/毎週水曜日

このページのトップへ

waku

2015年6月 4日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

よんよん3.jpg

韓国のオモニがつくる本場の味が楽しめると評判の南熊本の「よんよん家族」さんに行きました。よんよんとは、永遠にという意味なのだそう。韓流ファンの友達に連れられて行ったのですがとにかく安いのにびっくり。こちらの定食は、「よんよん定食」。なんと500円ぽっきりです。この日のメインは、イカのコチュジャン炒めでした。右上の小皿は、ワラビでしたよ。韓国でもワラビ食べるんですね。

 

よんよん2.jpg

 

イカのコチュジャン炒め。ソウルで食べているような味付けで、本場感が半端ないです。だからといって辛すぎるわけではありません。味が、本当に本場って感じなんです。おいしい!

 

よんよん4.jpg

 

 

こちらはソルロンタン。牛の骨や、肉、内臓などを一昼夜煮込んである手間のかかるスープです。ぐつぐつした感じで出てきますよ。そして、韓流のファンたちの集いの場というだけあって、すごいのが・・・・

 

よんよん1.jpg

 

す、すごいですねー。壁一面が、こんな感じです。悲しいことに、誰一人としてわかりません(笑)。韓流ファンの方には、垂涎ものの空間なんでしょう。

 

 

よんよん5.jpg

 

韓流ファンじゃなくても、韓国料理が好きな方なら大満足のお店です。チヂミやビビンパ、キンパにトッポギなどなど是非食べてみたいものです。<YA>

よんよん家族

熊本県熊本市中央区八王寺町36-1

096-370-3370

このページのトップへ

waku

2015年6月 2日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

くろだぶし2.JPG

 

「酒は飲め飲め、飲むならばー♪」の黒田節。福岡に伝わる民謡の中ではかなり認知度の高いほうに入るでしょう。なぜか神事などで雅楽の調べでもよく聞きますね。そんな黒田節のことを考えながら、黒田節というお店に入りました。小倉のアーケード街にあります。こちらは、海鮮丼(1300円)です。お昼のおすすめの中には、大エビ天丼(950)や天ぷら刺身定食(1300円)など魚介類を使った魅惑のメニュー多数。とにかく丁寧に仕上げられており、ネタが新鮮。ネタの種類も多く、色々と味わうことが出来ました。特に印象深かったのは、貝柱です。甘くってプリッとして最高でした。


くろだぶs1.JPG

 

こちらは、「黒田節定食」(1300円)。いろんなおすすめの一品の盛り合わせです。特にオススメしたいのが、ぬか炊き。青魚をぬかで炊いた北九州の郷土料理で、以前食べてからファンになりました。家で作りたいけど、なかなか出せない郷土の味です。

 

くろだぶし3.JPG

 

 真っ赤なさかずきが印象的ですね。魚介類は、お酒とともに楽しみたいものです。<YA>

活魚料理黒田節
福岡県北九州市小倉北区京町2-6-19
093-521-7477
水曜日休

 

このページのトップへ

waku

2015年5月31日 Posted time : 00:55 | Category : D@EXコラム

 

おにぎらず」。とは、ご飯をにぎる「おにぎり」に対して、広げた海苔にのせて包むだけでにぎらないおにぎり、つまり「おにぎらず」。簡単でボリューム満点なことから、人気です。最近のジャーサラダと二大ハヤリランチといえるのではないでしょうか。クックパッドにはたくさんのメニューが載っていて、どれもおいしそう。こちらの「おにぎらずアイデア帳」も見るからに食欲をそそります。

 

 

 

 

知らなかったのですが、レシピのルーツは、「モーニング」の「クッキングパパ」なのだそうですよ。 そんな昔に編み出されていたとはびっくりですね。実際作ってみると、メリットがいっぱいです。まず、アツアツのご飯でも握れるということ。またどこから食べても具材にすぐたどりつき、つねにご飯とおかずが一緒に口の中に入るということ。不器用でもそれなりのカタチになること。目新しさと、見た目のかわいさ、そして圧倒的な実用性が、人気の秘訣ですね。

 

我が家の定番は、なんといってもスパムと玉子焼き。ハワイアン気分になります。缶詰のサンマのかばやきや、きんぴらごぼうとレタスなど、なんでもかんでもはさんで食べることができて、おにぎり界の革命ですね。<YA>

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年5月29日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

 

 

0428kitakyumotu4.jpg

 

北九州市小倉にある井筒屋コレットさんの11階にある「麺屋 福博軒」さん。麺屋さんというだけあって、オリジナルちぢれ麺を使用した「汁なし坦々麺」が看板メニュー。自家製芝麻醤をベースに、中国醤油、柑橘酢に数種類の調味料をブレンドした自家製のタレが、麺と絶妙。決め手の中国産花山椒を乾煎りした秘伝スパイスが深みのある味わいなのだそう。しかしその日は少々肌寒く、なんだか鍋気分♪こちらは、博多もつ鍋の有名店でもあり、お昼にお得なランチメニューがあるとのことで、今回はもつ鍋にしました。

 

0428kitakyumotu3.jpg

 

 どどーん。コラーゲンぷりっぷりのもつたっぷり鍋。みそとしょうゆを二種類オーダー。鍋の真ん中に仕切りあり。しょうゆは、誰でもお楽しみいただける味、みそは、ちょっとぴり辛いのおとなの味。子どもさんにはちょっと辛過ぎるしれません。汗がにじむ辛さでした。

 

 

0428kitakyumotu2.jpg

 

お昼のもつ鍋は、アラカルト料理付き。アラカルト料理は、もやしと

 

 

0428kitakyumotu1.jpg

 

餃子などなど。鍋の材料も、ご飯も一口餃子もおかわり自由で980円。ランチタイム限定とはいえ、かなりお得でした。周りのテーブルの人は、焼きラーメンを食べていて、こちらもかなり人気のようです。「ダイエット中!でもおなかいっぱい食べたい!」というダイエット女子の希望を満たしてくれるおいしいランチでした。<YA>

麺屋 福博軒

福岡県北九州市小倉北区京町3-1-1 セントシティ北九州I’m 11F

093-521-8900

 

このページのトップへ

waku

2015年5月27日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

1689478517551f872c348f0[1].jpg

 

熊本ラーメン、博多ラーメン、長浜ラーメン、久留米ラーメン、そして玉名ラーメン。ラーメンといえば、このくらいしかわからず、あまり詳しくもないのですが、小倉ラーメンなるカテゴリーがあることをはじめて知りました。もちろん小倉といえば、鉄鍋ぎょうざや焼きうどんなど、B級グルメの宝庫。小倉ラーメンというカテゴリーがあったとしても不思議ではないのですけど。というわけで、小倉ラーメンの有名店である陽林軒さんに行きました。

とんこつの種類もいろいろありました。

しょうゆとんこつ、みそとんこつ、塩とんこつ。こちらは、みそとんこつです。

 

 

788113953551f870f21f43[1].jpg

 

みそが溶かし込んであるためか、レッドの器の写りこみか、少々赤いラーメン。みそとんこつって初めて食べましたがまろやかなのに、深みのある味わいでおいしいです。麺の太さは、熊本よりも細め。博多よりもちょっと太いかな。麺の固さについては、特に何も聞かれず。博多だとたいてい「バリ固」オーダー派なので、ちょっと柔らかめという印象でした。

ダイエット週間が終わって、久しぶりにとんこつラーメンを食すると、おいしさが身に染みました。というわけで、ラーメン熱が再燃。4月から5月にかけて、久留米、玉名とラーメン行脚をしてしまい、ダイエットの効果が水の泡と化している今日この頃。コラーゲンも摂取してるからアンチエイジングになるもんね、と言い訳しつつ、ぼちぼちアップしていきます。<YA>

 

 

陽林軒

福岡県北九州市小倉北区砂津3-1-1 チャチャタウン小倉1F

093-533-7234 

このページのトップへ

waku

2015年5月19日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

 

 

0428turunoya4.jpg

 

水俣市南東にある山の温泉として知られる湯の鶴温泉。かつて湯治場として栄えた温泉に、今新しいお店が続々と誕生しています。2年ほど前にオープンしたのが、こちらの湯の鶴迎賓館「鶴の屋」さん。初めてお伺いしましたが、新茶の季節を迎えて、水俣特産の新茶がたくさん置いてありました。通常、新茶は八十八夜に茶積みするのが通例なのですが、水俣は七十七夜に茶摘みするのだそう。一足先においしい新茶が楽しめるのです。

鶴の屋さんの二階はバイキングレストランとなっています。地元の野菜を中心とした野菜料理が多数。いぐさうどんという珍しいうどんもあり、おいしかったです。

 

0428turunoya3.jpg

 

たくさん盛りすぎました、という「バイキングあるある」。

 

0428turunoya2.jpg

 

盛りすぎたのに、さらにグリーンカレーもいただきました。これまたピリットしていておいしい。

 

 

0428turunoya1.jpg

 

通常、バイキングは、1500円なのですが、和王のステーキというメイン料理をつけると、2800円になります。もちろん、和王のステーキをつけなくても、おいしくておなかいっぱいになるのですが、これをつけると満足感が全然違います。特別な人とのランチには、こちらをプラスすることをオススメします<ya>。

 

 

鶴の屋
〒867-0025
熊本県水俣市湯出1421-11
Tel.0966-68-0268

このページのトップへ

waku

2015年5月13日 Posted time : 12:31 | Category : D@EXコラム

 

 

0428kihati4.jpg

 

北九州市のCOLETの中にある熊谷喜八さんのキハチカフェでティータイム。熊谷喜八さん、この春、黄綬褒章を受賞されたばかりで超タイムリー♪デパートの中なのに、うっとりするほど洗練された空間です。お客様もハイソなマダムが多いです。

 

0428kihati2.jpg

 

 ケーキセットは、季節(4月)のロールケーキ、「デコポンのロールケーキ」で。ジューシーなデコポンとキャラメリゼしたバナナが入っていましたロールケーキ。デコポンのフレッシュな酸味とバナナのねっとりした甘みが最高ですね。ロールケーキの深い世界を垣間見ました。

 

 

0428kihati1.jpg

 

熊本にもできないかなキハチカフェ。女性の美意識を高めさせてくれる数少ないカフェですね。<YA>

キハチカフェ

福岡県北九州市小倉北区京町3-1-1コレット内

このページのトップへ

waku

2015年5月 9日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

0428kurotyan3.jpg

 

総本家黒田家さんは、草木饅頭が有名なお店。今年創業100周年を迎える老舗オブ大牟田市なお店です。こちらの百周年記念菓が「くろちゃん饅頭」。麻生太郎にちなんだ「たろちゃん饅頭」とは、似て非なるものです。

 

0428kurotyan2.jpg

 

一口サイズのしっとりしたこしあんで黒糖のコクのある甘みがあり、竹炭を使い黒くツヤっとした見た目が特徴です。大牟田市は炭鉱の町なので、黒いお菓子が多いですね。炭鉱夫の人たちは、甘い和菓子で疲れを癒したのかもしれませんね。そう考えると、町の産業を支えたお菓子ですね。

 

 

0428kurotyan1.jpg

 

 草木饅頭は、総本家の黒田屋のほかに、元祖の江口栄商店さんもあります。味の違いがあるんでしょうか?こちらのお饅頭も食べてみたいですね。

総本家黒田家

大牟田市草木1036
TEL:0944-51-5555

このページのトップへ

waku

2015年4月27日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

0320garittobamu1.jpg

 

皆さん、ガリットバウムというバームクーヘンをご存知でしょうか?というか、そもそもガリットチュウというスーパーお笑い芸人をご存知でしょうか?ガリットチュウの福嶋善成(似顔絵)くんは、天草市の出身です。天草市にある洋菓子店ボングーさんが、ガリットバウムというガリットチュウとのコラボ商品を出されているのです。

福嶋君は、彼が高校生の頃から知っていて、それはそれはおもしろい若者でした。今じゃ押しも押されぬ人気者。あの頃、彼から「運動会で仮装をするからスカート貸して」と言われ、ロングスカートを貸したことがあります(笑)。「あのスカートは無駄になっていなかったわ」と、テレビを見ながら涙する親心の私。個人的には、たのきんトリオの野村義男と小雪、藤原紀香の物まねが好き。スーザンボイルは、顔が似ている(笑)。

肝心のガリットバウムですが、本当にガリっという食感がすごくいい。3種のナッツを練り込み、外はカリっと中はしっとりとした食感のバウムクーヘン。生地を一層一層丁寧に焼き上げた商品で、フランスのお菓子ブッシュドノエルのように木を連想させるお菓子です。サクサクの食感とナッツがくせになりそうです♪ガリットチュウもガリットバウムも全力で応援したいと思います。<YA>

 

ボングー

 熊本県天草市太田町21-14
0969-23-3711

このページのトップへ

waku

2015年4月25日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

0404rizotto.jpg

 「リゾットダイエット」。また新たな(無駄な)ダイエットにハマろうとしているわたし。リゾットは、水分が多くて満腹感が得られる、白米を食べるよりも炭水化物の量が減らせる・・その二つの理由から、ダイエット効果があるのだそうです。で、おいしいリゾットの作り方を知りたいと思い、クックパッドで調べてみました。もちろんご飯から作るのじゃなくって、お米から作るものが、芯が少し残ったアルデンテでおいしいに決まってます。

今回作ったのは、トマトとベーコン、キャベツのリゾット。

たっぷりのオリーブオイルで具を炒めて、お米を入れてさらに炒め、水とコンソメスープのもとを入れて10分でできあがり♪最後に粉チーズを振りかけます。

大切なのは2つ。

1.お米を洗わないこと。

2.お米に水を加えてから、10分という時間を厳守すること。このさじ加減で、アルデンテ感が残るかどうかが全然違ってきますよ。

最後に、粉チーズとかブラックペッパーを振りかけるとさらにおいしくなりますよ。是非お試しください。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年4月19日 Posted time : 12:16 | Category : D@EXコラム

0320hakatacurry1.jpg

 

新幹線の「びっくりつばめ」を使って博多に行くと、ついてくる金券。時間がないときは、アミュプラザ地下のゴディバでチョコをゲット。時間があるときは、このスラージで食事をして帰ることが多いです。特に最近知人がムンバイと南インドのケララを旅行し、、スパイスのすばらしさについて聞いたばかり。インド人は、スパイスとヨーグルトなどの発酵食品のおかげで、あの体型と美貌を維持していると思うと、カレーもなおさらおいしく感じるものです(単純)。前回お伺いしたときは、サラサラ系のカレーをいただきましたが、今回は、ちょっと粘度のあるチキンカリーに挑戦しました。こちら「カライチキン」(980円)。辛いチキンではありません。チキンとピーマンをスパイスでセミドライに煮込んだカリーです。このくらいまったりしたカレーの方がナンの絡みがよいですね。

 

curry1.jpg

 

こちらは、ナン。一人一枚は多すぎるので、女性であれば、3人で2枚くらいが正解です。相変わらず、店内はボリウッド映画が流れています。

わたし的には、「三枚目」としか認識できないインドの「二枚目」シリーズ第二段↓。ボリウッドの香りがぷんぷん♪<YA>

 

スラージ

  JR博多シティシティダイニングくうてん9階

092-409-6717

このページのトップへ

waku

2015年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0404obo1.jpg

ダイハツオーヴォ。シルクドソレイユの最新作で、300万人を動員した『オーヴォ』が日本上陸中です。福岡公演は、4月5日で終わりましたが、現在仙台公演の真っ最中、まだまだオーヴォ熱が下がることはありません。そのオーヴォの公演を記念して発売されていたスイーツがコレ。名前は、「A・F・E アクロバット・ファンタジー・エッグ」。名前まで華やかじゃありませんか。石村萬盛堂がコラボした「オーヴォ福岡公演記念ケーキ」のようです。なぜか、オーヴォとは関係ない福岡県大牟田市のゆめタウンで発見。

ちなみにそもそも「オーヴォ」とは、ポルトガル語で「たまご」の意味。劇中にも大きなたまごが登場します。このたまごをモチーフにした、かわいいたまご形のケーキ。カップの中には、ピスタチオムースとチーズムース、苺のソースが層になっており、その上にはたくさんのフルーツがあしらわれています。フルーツも、劇中に登場するキウイや、フォーリナーを表現したブルーベリーなど、オーヴォをイメージさせるものばかり!。イチゴの真ん中のところには、オーヴォのキラキラとした華やかなイメージから、きらめくクラッシュゼリーがトッピングされています。

 オーヴォの迫力あるアクロバット、ファンタジーの世界のおどろきが詰まったケーキですね。仙台でもあらたなコラボ商品が生まれていることでしょう♪<YA>

このページのトップへ

waku

2015年4月15日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

0404edomaedusi.jpg

 

銀座の寿し利さん。「すしとし」さんと読みます。百貨店の大江戸展で熊本に店舗を出されているときに、食べて帰るのが、好きです。こういうのを「江戸前寿司」というのかもしれませんが、そもそも江戸前寿司って、どんな定義なのだろうと思い、チェック。

ウィキペディアによると

広義には、東京で特に多く見られる「握りずしを中心とした寿司屋で提供されるすし」全般を「江戸前ずし」という

と、なんとももやっとした定義で。

江戸前の海(現在の東京湾)は遠浅の干潟を抱えた天然の漁場であり、目の前で取れた新鮮な魚介類を新鮮なうちに提供することが可能であった。

 と、これまたもやっとした内容。

となると、江戸前の海でとれないマグロ中心のこのお寿司は、江戸前といえるかどうかわかりませんが。とにかく大江戸展なので、江戸前ってことにします。

マグロ6貫と巻物一本、そして出汁巻き玉子が2切れ乗っています。赤身、中トロ、大トロと三種類のおいしさが楽しめるしくみ。巻物のマグロの巻き方は、海苔が内側のカリフォルニア巻き(笑)。ちゃんと職人さんが握ってくださるので、シャリのほろっとした感じや口の中でマグロがとろける感じに、いつも食べ慣れている「回るお寿司」とは、違う寿司の醍醐味(だいごみ)を感じました(笑)。<YA>

寿し利

03-3545-2774

東京都中央区銀座3-11-7

このページのトップへ

waku

2015年4月13日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

0404yariudon.jpg

 

 福岡に行くとよく見かけるやりうどん。熊本には店舗がないようですが、初めて入ってみました。こちらは北九州市にあるチャチャタウンというショッピングモールのフードコードの店舗。チャチャタウンって、初めて行きましたが、なんだか不思議なモール。映画館もあり、観覧車もあり、イベント会場もあり。私が行った日は、平日のお昼間だったのに、マクドナルドと、洋麺屋ピエトロさんに猛烈に行列ができていて、ちょっとびっくり。なぜこの2店舗だけ、大行列だったのか不明。小倉の人は、チェーン店が好きなのでしょうか。

 

 

0404yariudon3.jpg

 

やりうどんもローカルですが、チェーン店です。肉うどんは、少々甘めのおだしがおいしいです。麺は、福岡の老舗である「かろのうろん」などと同様に、こしのない柔らか麺。細くて柔らかい麺が甘いおだしにとろろーんと溶ける様に入っている感じがなんとも好みでした。うどんだけじゃなく、とんかつ定食などもありましたので、がっつり行きたい人にもオススメです!<YA>

やりうどん
 

チャチャタウン小倉

北九州市小倉北区砂津3-1-1

093-531-7012

このページのトップへ

waku

2015年4月 8日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

 

olive2.jpg

 

 北イタリアのオリーブオイルブレンダーのクリスティアーノ・ディ・リッカルディス氏が熊本に来られましたので、オリーブオイルについてお勉強がてらオリーブオイルを使ったお食事会に参加しました。こちらは、熊本市中央区出水のカリフォルニア料理の名店KAWAZOEさんです。シェフとオリーブオイルのコラボレーションが楽しみ!わくわく!

説明をなさっている方が、クリスティアーノさん。オリーブオイルブレンダーであるクリスティアーノさんは、イタリア中のオリーブオイル畑を周り、最良の香りや味を引き出すブレンドや配合を考えて、世に出していらっしゃいます。もちろん産地や年度によって味のばらつきがあるオリーブなのですが、そこを感じさせないバランスのブレンドに仕上げるのが、オリーブオイルブレンダーの腕の見せどころです。

 

olive6.jpg

オリーブオイルを使ったお料理の数々が出てきました。ちょっと照明が暗くて、写真の写りが悪いのはご勘弁下さい。菊池真土の水田ゴボウのガストロパック。ガストロパックというのは、ちょっとわかりにくいんですが、減圧にすることで、味が染みやすくなるのだそうです。ゴボウそのものの風味が生きていて、とても薫り高い一品です。オリーブオイルとの相性も抜群です。

 

olive5.jpg

こちらは、タコの低温調理マンゴーソース。甘いマンゴーソースと柔らかく煮込んだタコが合います。

 

olive4.jpg

 

マグロの梅酒ジュレ。左のマグロを右のマグロにはそれぞれ異なるオリーブオイルがかけてあります。それぞれの香りが立ってすごくフルーティー。

olive3.jpg

黒毛和牛の草牛のステーキ。樹齢が高いオリーブの木から採れるオリーブオイルは、味にコクがあり、ことなった趣があることを知りました。

olive1.jpg

 最後の最後まで、おいしくってため息が漏れます・・。オリーブオイルのシャーベットバルサミコ酢がけ。オリーブオイルがフルーティーに香るアイスは、ちょっとピスタチオのアイスのようなナッティなおいしさで、絶品でした。この日は、クリスティアーノさんが手がけられた無農薬レモンのオリーブオイルをいただきました。オリーブの実とレモンを石臼でていねいにペースト状にしてつくるオイルは、すばらしい香り。バニラやお魚料理、サラダ、ヨーグルトなどに合いますよ。オリーブオイルの奥深き世界に触れることができたすばらしい宴に感謝でした。

クリスティアーノさんのレモン風味のオリーブオイルはココで買えます!<YA>

このページのトップへ

waku

2015年4月 4日 Posted time : 00:09 | Category : D@EXコラム

 

0320charry6.jpg

 

那覇の国際通り沿いにあるチャーリー多幸寿(タコス)さん。タコスって漢字にするとこんなにおめでたいな感じになるんですね(笑)。とにかく口コミで評判なので、行ってきました。

 

 

0320charry2.jpg

 

お値段もお手ごろ。タコス2個とフライドポテトソフトドリンクで780円。タコスはいろんなところで食べますが、ここのタコスはかなりのクオリティ。まずタコシェルの手作り感がすばらしく、他では食べられないおいしさでした。中のミートといい、レタスのカットの繊細さといい、ベストでした。残念なのは、guacamoleがついてないこと。是非、gualamoleをトッピングして欲しいと切に願うタコスフリークのわたし。

 

 

0320charry1.jpg

 

こちらは、単品で頼んだステーキサンド(530円)です。牛ステーキにたまねぎ、トマト、レタスをサンドしてあります。これも想像以上のおいしさでした。普通は、歯で噛み切れないほどの固い牛肉がはさまっているはずなのに、柔らかくてジューシーな質のよいお肉でした。

 

0320charry3.jpg

 

紅茶についている「レモン果汁」がなんだかいい感じ♪次に沖縄に行くときも、必ず立ち寄りたいと思えるお店でした。<YA>

 

0320chikakamitori4.jpg

 

チャーリー多幸寿 国際通り

沖縄県那覇市松尾1丁目3番地4 沖縄屋松尾 2F

098-861-9995

このページのトップへ

waku

2015年3月29日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

0320okinwazxebura1.jpg

 

沖縄のコンビニで見つけた沖縄ならではのB級グルメを2つご紹介します。こちらは、オキコパンのゼブラパン。失踪するゼブラの絵。なぜかしら首に下がっている黄色の看板。そして、かなりでっかいサイズ感。何もかもインパクトありです。黒糖フラワークリームを織り込んだふんわりとしたスポンジのような生地にピーナッツクリームをはさんであります。

 

0320okinwazebura2.jpg

 

包丁のないホテルの部屋にてカットしましたため、美しくないですが、横からみるとシマウマのような模様が見えることから”ゼブラパン”という名がついたようです。ピーナッツバターと黒糖って合いますね。昔給食で黒糖パンってあったなあと思い出す。牛乳が欲しくなる味ですね。

 

0320okinawa2.jpg

 

こちらもコンビニで見つけた油みそ。ポークはいわずと知れたランチョンミートで玉子焼きと一緒にあわせてあります。油味噌とは、沖縄でアンダンスーと言われるもの。甘ーいみそです。

 

0320okinawa3.jpg

 

横から見るとこんな感じ。ポークと玉子とご飯の相性というのは、スパムおにぎりで実証済みですが、問題は、油みそですよね。ちょっと甘めの味噌に、沖縄っぽさが倍増した感じですね。インパクトという面からいくと、油みそは大貢献ですが、個人的には、あんだんすーが入っていないバージョンの方が好きでした。もちろんあんだんすー無しのポーク玉子もありますよ。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年3月27日 Posted time : 12:23 | Category : D@EXコラム

 

0320okinwasoba1.jpg

 那覇市美栄橋近くにある居酒屋さん「たんや沖縄たんたん」。たんやっていうからには、たんの料理がメインのお店なのですが、沖縄に来て牛タンっていう気分にもならなかったので、とりあえず沖縄そばを頼みました。しかし、皆さん、もれなく牛タンをオーダーなさっていますから、かなり有名店なのは間違いないようですよ。沖縄そば、味はたんぱくなんですが、深みのある味付けで大好きです。ところで沖縄そばとソーキそばの違いってわかりますか?沖縄の人によると、ばら肉が乗っているのが、沖縄そば。軟骨のついた骨付き肉が乗っているのが、ソーキそばなのだそうです。なんとなくソーキそばの方が旨みがありそうですね。 

 

 

0320okinwasoba2.jpg

 

 こちらは、フーチャンプルーです。お麩って日常生活ではなかなか食べませんが、周りの味がじゅわっと染みておいしいなあ。こちらのスパム風のやつは、普段熊本で食べているスパムとはちょっと違う感じ。食べたことはないのですが、これが噂のオキハムのランチョンミートかな。スパムよりも少々赤いです、色合いが。

 

 

0320okinwa1.jpg

 

牧志公設市場かいわい。この混沌ぶり。いつ来てもいいですね。フルーツもまだ甘みが乗っていない時期なので、ちょっとまだ買えない季節。そのかわりというわけではないですが、天然ものの海ぶどうというものを沖縄のおばあに試食させていただきました。養殖ものと違って、つぶつぶの中に旨みがぎゅっと詰まっていました。<YA>

たんや沖縄 たんたん

沖縄県那覇市前島2-15-16

このページのトップへ

waku

2015年3月14日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

hanedapattai2.jpg

 

 

女が一人、夜の滑走路を見渡せるロケーションのレストランにいるのは、なんだかちょっとさびしい・・と思いながらも、空腹に勝てず入ってしまった羽田空港のロイヤルデリ。ボリュームたっぷりの特製サンドイッチ、15種類のアンティパスト・サラダなどが、自慢の店。おまけに、ローカロリー&ヘルシーのマヨネーズ、オリーブオイルを使用しているので、女性の方でもカロリーを気にせずに楽しめるオシャレなニューヨークスタイルのデリです。サラダが自慢、ニューヨーク風デリと知りつつも、オーダーしたのは、タイ料理のパッタイ。大好きなんですよ、パッタイが。こちらパッタイです。自慢のフレッシュサラダもついていたのでうれしい。酸味と辛味が絶妙でおいしかったです。パッタイならではのスクランブルエッグが少々甘かったのが、さらにおいしさを引き出しています。海老が一匹。鎮座しております。

 

 

hanedapattai1.jpg

 

 

ダイナー風のインテリアは、大人の空間。空港に集う人たちって、なんだかみんな非日常感の中で、いろんな思いを抱えているという感じがします。帰ってきた人、今からどこかに行く人、家族とともに別れを惜しむ人などなど。なんだか悲喜こもごもの人生劇場が、繰り広げられているのが空港のレストランですね。人生の旅立ちにいただくパッタイ。なんだか感慨深いものがありますね。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年3月12日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

sangenton3.jpg

 

久しぶりにおいしいかつサンドに出会ったのでご紹介。ポンパドウルさんの三元豚カツサンドです。三元豚とか四元豚とか最近よく聞きますが、三種類の豚を交雑したものが、三元豚、四種類が四元豚というのだそうです。メリットは、それぞれの豚のいいところを引き出すこと。逆に言うと、六白黒豚とかは、純粋種をかけあわせているんだそうですよ。パッケージもなんだかステキですね。和の模様の上に、パリのエッフェル塔かなんかがあしらわれています。

 

 

sangenton2.jpg

 

 

なんだか高級感があります。マスタードついてますよ。たしかにとんかつとマスタードは合いますが、カツサンドにつけて食べるという発想はありませんでした。

 

sangenton1.jpg

 

女性の一食分だとちょうどいいですが、男性には少し少なめの量。食パンからこだわっているので、絶品です。 厚みのあるふんわり・しっとりした食パンは、ポンパドウルオリジナルの「拓(ひらく)」というもので弾力があってほんのり甘いです。その真ん中には、厚切りの脂の乗った三元豚カツがジューシー。ソースのコクはもちろん、なんと隠し味の甘味のある白味噌ソースが味に奥深さを加えています。 リピしたいと思ってお店で探すのですが、売り切れか販売終了か、なかなか出会うことがありません。また、食べたいなあと切に願う今日この頃です。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年3月 8日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

hanedaytuka2.jpg

 

遅ればせながらデビューしました赤坂璃宮さんの麻婆豆腐。羽田空港で食べると、なんだか邪道な気がしまして、いつか赤坂本店や銀座店へ出向きたいと思っていたのですが、人に誘われてあっさりと第一ターミナルのお店に。羽田空港に店舗があると、地方に住む人間にはまことにありがたいことです。というわけで、やはりここは麻婆豆腐をオーダー。赤坂璃宮の麻婆豆腐といえば、数十年前、故周富徳さんがテレビに出ていらっしゃってしきりに宣伝されていました。当時、レトルトパウチしか食したことがなかったわたしにとって、どんな麻婆豆腐が本物なのかがわからなかった状態。その後、大人になり、熊本ホテルキャッスルさんの「桃花源」の麻婆豆腐にはまり、そのあと、けやき通り沿いにあった「鴻翔」さんの麻婆豆腐にはまり、マーボー行脚を続けてまいりました。

 

 

hanedatyuka1.jpg

 

 

 

常々思っているのですが、おいしい麻婆豆腐は、中毒性があります。前述の2つが四川系としたら、今回の赤坂離宮は、広東系とのこと。四川と広東の差は、いまいちわからないんですが、食べた人すべてが「うまかった」と口をそろえる麻婆豆腐を賞味する機会がようやく訪れたわけです。

 

hanedatyuka4.jpg

 

長い前置きはさておき、さらに前置きを。赤坂離宮さんは、焼物、フカヒレ、海鮮料理が看板料理で、日本食在の良さをうまく引き出しているのが売り。羽田空港第一ビルの店内は豪華で、高級中華の雰囲気は醸し出しています。熱々の土鍋で運ばれてきた麻婆豆腐は、豆腐の量も多く、またひとつひとつも大きく食べ応えありです。そして結構辛い!旨辛ぶりに汗がじわっとでてきます。辛さも調節できるとのことですが、「けっこうくるね」的に辛い方がおいしい。実際、一緒に頼んだ担々麺は、辛さ控えめでオーダーしたところ、ちょっと残念な味でした。次回も間違いなく麻婆豆腐をオーダーするでしょう。中毒になる麻婆豆腐をまた発見しました。<YA

 

赤坂璃宮1ビル店 

 

羽田空港第1旅客ターミナル3階 

電話 03 5757 8839 

営業時間 11時から21時

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年3月 4日 Posted time : 13:10 | Category : D@EXコラム

hokaben1.jpg

 

 

 

 

もうすぐ終了」。HPにそう書いてあって、いったいいつまでなのかはっきりわからないほっともっとの「プレミアム洋食弁当」。“贅沢な洋食”をテーマに一つひとつのおかずにこだわったお弁当で、ほっともっとにあるまじき790円という強気の価格設定です。
おかずは、特製オニオンソースで味わう牛肉100%使用の粗挽きハンバーグと、紅ズワイガニの身が入った濃厚でコクのあるカニクリームコロッケに、洋食のおかずの定番であるエビフライ。まるでお子様ランチの王道をいくようなメニューですが、使ってある材料が、本物っぽいです。

ミニトマトにも、ちゃんとバジルソースがかかっていておしゃれな味。チーズ風味のパスタ&チキンサラダに、かぼちゃサラダと、サラダも3種類入っています。サラダは、それぞれほんのちょっとずつしか入っていませんが、それぞれ特徴がある味で楽しめました。個人的にはかぼちゃのサラダが一番好きでしたが、チーズパスタサラダに関しては、からあげ弁当の下に申し訳程度に入っているパスタの方がシンプルで好みの味。あの「申し訳パスタ」のファンは意外と多いです、私の周りには。エビフライは細身ながらぷりぷりとした食感。カニクリームコロッケは紅ズワイガニの身を使っているそうですが、言われなければ、冷食のカニクリームコロッケと思ってしまう感じでしょうか。一番おいしかったのは、粗挽きハンバーグ。スパイスが効いた牛肉100%のハンバーグで厚みもあり食べごたえ十分。キノコとオニオンのソースがとても合っていて本格的な味でした。少々固いのは、牛肉100パーセントだから、仕方ないのでしょうが、ほっともっとの「割らなくてもいい割り箸」で少々苦戦しました(笑)。終了する前に、もう一度くらい食べときたいプレミアムなお弁当でした。<YA

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年3月 2日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

yamasakihamburg3.jpg

 

スーパーで見つけた福岡大学の文字が躍るランチパック。福岡大学の学生さんと山崎製パン株式会社が共同で企画した商品「ランチパック(ハンバーグ)ケチャップ&マヨネーズ」です。作ったのは経済学部の学生さんたち。「ベンチャー起業論」という授業で「ブランディングプロジェクト」をやっていて、「福岡大学のブランディング」の取り組 みの一つなのだそうです。食べ物でブランディング。確かに大学生っぽいですね。九州のみで、2月1日から3月31日までの期間限定発売です。

 

yamasakihamburg1.jpg

 

 

ランチパック断面図。ハンバーグとパンなので、間違いないお味です。お肉もボリュームがあり、ジューシ♪間にはさまっているケチャップマヨネーズが効いていて、大学生が間違いなく好きな味。

HPによると、大学の特徴を訴えるパッケージデザイン等、山崎パンと試行錯誤を行い、完成までにかかった期間はなんと約7カ月!力強さを表すハンバーグに、情熱 とスクールカラーのグーミエ(えんじ色)を表すケチャップを合わせた福岡大学らしい商品になりました。

 エンジのことを「グーミエ」っていうんですね。初めて知りました。フランス語で、綴りは「Goumier」。オシャレです。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年2月28日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

orehakatu2.jpg

 

公立大学の前期試験が終わって、ほっとしているヒトも多いのでは?しかしまだまだ続く受験戦争。そんな時に食べていただきたいのが、この「俺の塩」のちゃんぽん味焼きそば。「ちゃんとぽんと俺は勝つ」ということらしいですが、この「俺の塩」がやきそばであるゆえに、あくまでも「焼きチャンポン」とは呼ばず、「ちゃんぽん味やきそば」となっています。熱湯一分でできるのですが、作るときに是非活用していただきたいのが・・・

タカトシタイマーです!タカアンドトシは、マルちゃんのイメージキャラクターなのですが、ちゃんぽんができる間、カウントしてくれますよ!受験生の気分転換には、ぴったりのゆるーい雰囲気のタイマーですね。

 

 

orehakatu1.jpg

 

かまぼこが桜になっていて、サクラサクって感じ。味は、「ちゃんぽん味焼きそば」というよりも普通に「塩焼きそば」ですが、キャベツの量よりも、サクラかまぼこの量の方がふんだんに入っているところに、マルちゃんの愛を感じました。我が家の受験生と一緒に、半分ずつして食べました。キットカットやハッピーターンなどなど、受験あやかり商品であふれる我が家。サクラサクかな???<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2015年2月26日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0806walkerr1.gif

 

この粉っぽさ。このぽろっとした触感、この絶妙な甘み。クッキーでもないビスケットでもないショートブレッドというお菓子の存在を知ったのは、大人になってからでした。中でも好きなのがこのウォーカーのショートブレッド。赤と黒のタータンチェックの柄がスコットランドっぽく、100年以上の長きにわたりそのレシピが伝えられています。なんと現在は、40か国以上で愛されているお菓子なのだそうです。ウォーカーのショートブレッドは、チョコチップが入ったものや、アーモンドが入ったもの、さらに細長いもの、丸いものなどいろいろなバージョンがあり、どれも好き。ネットなどで、いろんな種類のショートブレッドが詰め合わせてあるものを買っといて、手土産としてお友達に配ると喜ばれます。中でも一番好きなのが、チョコチップが入って丸いショートブレッドです。チョコチップ感が絶妙で、あのぽろっと癖になる触感ととても合います。

 

今回、ショートブレッドについて調べていてわかったのですが、このウォーカーのショートブレッドのチョコというのもあるのだそうです。これはチョコがショートブレッドに練りこんであるのではなく、ショートブレッドをチョコでコーティングしてあるもののようです。それも、チョコ全コーティングとチョコ半コーティングの2バージョンあるらしい。さ!さらに、形状は、ラウンドでも棒状でもなく「三角」らしい・・。そそられます。何パターンあるのでしょうか、恐るべきバラエティに富んだショートブレッドの謎でした(笑)。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年2月22日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

1218kasyu2.jpg

 

 

今日のおやつはメイプルカシューナッツ。先日ご紹介したハニーナッツと同じように、甘いナッツは、疲れた体にしみる大好きなお菓子の一つ。こちらは、豆豊さんという静岡の会社のものです。インド産のカシューナッツが、メイプルシロップとお砂糖に包み込まれたけっこう甘めのお菓子です。歯ごたえはいいし、メイプルの味も、カシューナッツの味も、しっかり主張していて、おいしくてなかなかやめられません。カシューナッツは、貧血や月経不順を改善する働きがあるとのこと。女性の体にもぴったりですね。

 

 

 

1218kasyu1.jpg

 

 

カリッカリのメイプルカシュー。COOKPADを見てみると、けっこうファンが多くて、自分で作る方もいらっしゃるようですね。メイプルシュガーと、甜菜糖などを混ぜ合わせたものに、カシューナッツを絡めて、250度のオーブンでひっくり返しながら焼くだけで簡単にできるのだそう。買うとけっこう割高なので、今度手作りしてみようかな。アーモンドやピーナッツなどほかのナッツでもできるみたいですよ!<YA

 

このページのトップへ

waku

2015年2月20日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

 athay1.jpg

 

 

「体にいいのはわかってるんだけど、味がね」って人多いと思います。健康に良いドリンクをさまざま試しましたが、続かないのが常。昨春に購入したグリーンスムージーのジューサーも、気がつけばほこりをかぶったまま。寒い季節はどうしても健康ドリンクへの情熱が薄らいでしまうってものです。

 

そんな時にいただいたのが、このアサイードリンク。アサイーボウルとかアサイースムージーなどを耳にすることが多いですが、試したことはありませんでした。アサイー(Açai)は、ブラジルのアマゾン熱帯雨林に自生する、ヤシ科の植物だそうで、熱帯雨林の直射日光と、大量に振り続く激しい雨の中という厳しい環境下で、1年かけて育ち、豊かな自然で育った紫色の小さな粒には「スーパーフード」と言われるほど多くの栄養素が含まれています。


栄養分を調べてみると、HPなどによって表記はさまざま。とりあえずどこでも謳っているのが、たっぷりの食物繊維とたっぷりのカルシウム、たっぷりの鉄分そして、カリウム、マグネシウム、ビタミンなどなど。まさにスーパーフルーツのようです。

 

肝心の味ですが、「見た目はあまり良くないけど、思ったより美味しい!!」というのが、正直な印象。このアサイースムージーはカシス系の味で、癖がなくてすごく飲みやすいのが意外でした。これなら続けられそう!1パック飲み終わる頃には、若返っていることを願って、今年の春は健康ドリンク飲み続けよう。<YA>

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年2月18日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

arabiannhakisob1.gif

 

アラビヤン焼きそばというのを発見。いかにも長く愛されていそうなパッケージなのに、なぜだかこの年になって、初めて見ました。調べてみるとサッポロ一番の袋ラーメンでおなじみのサンヨー食品から発売されている商品のようです。袋めんがメインですが、BIGサイズのカップめんも企画商品として期間限定であったようですね。こちらの画像は、袋めんの写真が載ったカップめんの画像です。我ながら、わかりにくい説明です(笑)。

 

ターバンを巻いたインド人風の青い目の人形の写真と「不思議な位おいしく出来ます」というキャッチコピーが秀逸。

 

ソースがとにかく濃厚。最近は、UFOの液体ソースばかり食べていたので、粉末ソースの独特の風味が新鮮で、ガツンと体にしみるよう。一度食べるときっと病みつきになります。ちなみに袋めんのソースの袋には「お子様には8分目お使い下さい」と書いてあるのだそう。なんと親切!そしてなんと危険!食べてみて、なぜ「アラビヤン」なのかの謎は解明できませんでしたが、おいしくいただきました。限られたお店でしか売っていないようなので、なかなか店頭で見ることが出来ません。ネットでは買えるようなので、是非一度食べてみてください。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年2月14日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

0428makaroni1.jpg

 

 

マカロニ&チーズ。アメリカ人の家にホームステイしていた時、子供たちは、昼食にこれをよく食べているのを覚えています。マカロニって、日本ではマヨネーズとあえることがあっても、チーズとあえることはあまりないですよね。子供たちの常食としてもっと普及してもよいんじゃないかと思います。こちらの商品は、ドライマカロニに、チーズで有名なクラフトのチーズソースパウダーをセットにした、アメリカの子供たちには人気の商品です。 

作り方も超簡単。準備するものはバターとミルクとお鍋だけ。マカロニを茹でて、準備した材料を入れてかき混ぜるだけなので、小さなお子さんも喜んでお手伝いできますね。

 この際スポンジボブっていったい何者?というのを調べてみました。海底都市に住む海綿のスポンジボブ。台所じゃなくって、海底都市に住んでいるんですね!仲間であるヒトデのパトリック、カタツムリのゲイリー、いかのイカルドの4種類の形をしたマカロニが入っています。「いかのイカルド」って、狙ってつけたんでしょうか(笑)。先日、ニュースでスポンジボブのおもちゃかなんかを飲み込んだ子のレントゲン写真に、スポンジボブがうつっているニュースがあっていましたね。食べちゃいたいほど、好きだったんでしょうか(笑)。

ニュースはこちら。http://minkara.carview.co.jp/userid/361287/blog/34983203/

 

味は、子供向けではありますが、「パトリックだ!ゲイリーだ!」などと言いながらみんなで食べると、童心に帰って楽しいものです。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2015年2月 9日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

yasoutya1.jpg

 

緑茶に紅茶に、コーヒー。どれもそれぞれ大好きなのですが、 最近一番はまっているお茶をご紹介します。それがこちらの「野草混合茶25TEA」です。こちらは、阿蘇にある南阿蘇農園さんが出していらっしゃるお茶で、言葉通り25種類もの薬草が入っているんですよ。 

25種類一覧。

大麦、はと麦、とうきび、ローズヒップ、黒豆茶、ハブ、どくだみ、ほうじ、ビワの葉、柿の葉、桑の葉、はま茶、クコの実、クマザサ、銀杏葉、くこの葉、おおばこ、スギナ、あまちゃづる、甘草、ぎむねま、しもん、アロエ、カキドオシ、レイシ

 

ずいぶん、薬草詰め込まれています笑。聞いたことある薬草ばかりなので、逆に安心して飲めます。飲みにくそうと思われるかもしれませんが、麦茶みたいですごく飲みやすい。冬はもちろんホットで飲んでますが、夏に冷やして飲んでも、絶対おいしいです。

 

 010625tya1.jpg

 

食物繊維・ミネラル・アミノ酸・ビタミン等たくさんの栄養素がバランスよく含まれており、毎日たっぷり飲んでいただくことで体質改善にもつながるとのこと。

 

どんな方が飲めばいいの?ということで、こちらのお茶を売っていらっしゃるプーラビーダさんのHPによると

毎日のお通じが気になる人

ストレスを感じている人

野菜不足の人

油っぽいものや甘いものがお好きな方

デトックスしたい方

素肌美人を目指す人

冷え性の人

妊娠中授乳中の人

などなど

 

とあります。

 

女性であれば、どれか一つには必ず当てはまりますよね(笑)。<YA>

南阿蘇農園

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陰字赤迫1871番5
0967-67-2111

 

 

このページのトップへ

waku

2015年2月 4日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

20130731uradana1.gif

 大好きな美容室ウラダナスタイルさんに、このたび、雑貨のコーナーが誕生しました。アクセサリーや生活用品、もちろん大好きなプレッツェルなども販売されています。店長がよりすぐったオシャレな雑貨があって、目移りしますよ。パーマをしていると、こんなスタイルでコーヒーが振る舞われます。キャラメル風味やヘーゼルナッツのカフェオレもあり、アメリケーンな感じですよ。

 

 

 

サワドーのプレッツェル。残念ながら、このビッグサイズは売ってなかったですが、おやつサイズで200円というお手頃価格で売っています。あんまり大きいボトルだと、最後の方は湿気がくるので、200円で買い足しながら食べるというのがよいです。サワドーのパンとかプレッツェルとか、アメリカでは一般的ですが、日本では見ることはあまりありません。

正式にはsour doughで、小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌など複数の微生物を使った伝統的なパン種。このパン種で作ったパンは、少し酸っぱくってかなり私好みの味です。プレッツェルで強い酸っぱさを感じることはあまりないですが、なんとなく風味が残っています。

 

 

 

このトイレクリーナーも見つけました。500円だし、かわいいので、即購入。ふち裏にもしっかり届く形状がなかなか優れています。私はブルーを購入しましたが、独特の海外っぽい香りがなかなかいいですね。<YA>

ウラダナスタイルザビレッジ

熊本市北区打越町7-1

096-346-0051

このページのトップへ

waku

2015年2月 2日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

141229migakimame1.jpg

 

寒い季節は、コーヒーとチョコの消費量が増し気味な我が家。見たことがないコーヒーがあると、ついつい手に取ってしまいます。今回見つけたのは、福岡筑紫丘ティーヒルの「やすらぎのブレンド」というコーヒー。フーディーワンさんで見つけました。「磨き豆」という表現がとてもインパクトがあります。調べて見たらキョーワズコーヒーさんが出しているブランドのようです。キョーワズ珈琲といえば、2月末でもって閉店する県民百貨店さんにお店があります。熊本のキョーワの火は、とだえてしまうのでしょうか。

 

0512nutigisio3.jpg

 

筑紫丘ティーヒルは、筑紫丘高校のすぐ近くにあるのだそうです。お店には、一番人気の目覚めのブレンドをはじめ、30種類程のコーヒーが並んでいるのだそう。喫茶コーナーもあって、挽きたての一杯だてコーヒーやサンドウィッチ、クラブサンド、やパスタのセットもあり、ランチで利用する人も多いのだとか。地元に愛される珈琲喫茶という感じなのでしょうね。しかし深まるのは、コーヒー専門店なのに、なぜ「ティーヒル」という名前なのかという謎。コーヒー苦手な人に「お茶もそろってます」というアピールの意味でしょうか?(実際、喫茶では、紅茶やジュース類も充実しているみたいです)。それともオーナーさんの名前が「茶丘」さんとか(→ありえない推測笑)。

やすらぎブレンドは、すっきりとしたキレのよい味。それでいて立ち上ってくる香りが、とても深みがあり、美味でした。<YA>

福岡・筑紫丘ティーヒル

福岡市南区向野2の11の25

092-552-3646

 

キョーワズコーヒーネットショップは、ココ

 

このページのトップへ

waku

2015年1月31日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

 

remon2.jpg

 

山口県防府市にある光浦醸造は、江戸時代から米やみそを作ってきた醸造所です。そちらが出している塩レモンやレモンティーが人気なのだそうですよ。こちらフローティングレモンティー。なんともレトロなパッケージがステキですね。

 

 

 

 

個パックになっているのですが、乾燥した瀬戸内産のレモンが入っています。もちろん紅茶もレモンも国産です。レモン風味の粉末の紅茶ってありますが、本物の乾燥レモンが入っている紅茶って初めて見ました。風味もレモンのフレッシュなエキスが凝縮されていて、かなり強くレモンが香り、おいしいです。

 

heart1.jpg

 

 

こちらのフローティングレモンのシリーズには、ほかにも赤、白、緑のパッケージがあり、赤白緑のパッケージのものは、なんとレモンがハート型になっているのだそうです。↑すごくかわいいですね。欲しい!と思って検索しましたが、サイトで見ても売り切れていますね。これは、ヒットしそう!

 

 

 

 

 

ほかにも光浦醸造さんには、「まほうだし」という名前のおだしがあります。これまた魔法のように料理がおいしくなるかつおのおだしです。

 

オンラインショップはこちら!<YA>

光浦醸造工業株式会社

防府市台道4725番地

0835 32 0020

このページのトップへ

waku

2015年1月29日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

 

 

 

nutts.jpg

 

大分の蜂蜜屋さんである近藤養蜂場さん。アカシアやれんげなどたくさんの種類の蜂蜜を取り扱っていらっしゃいますが、ストロベリーハニやブルーベリーハニーなど、フルーツなどとの組み合わせた蜂蜜も人気です。

中でも最近のヒットが、こちらのナッツの蜂蜜漬け。アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、くるみが蜂蜜の中に入っています。今流行のメイソンジャーなどに自作してもオシャレな感じですね

 

 

 食べ方としては、もちろんそのままポリポリ食べてもおいしいのですが、トーストに乗せてカリカリに焼いたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりいろいろできます。一番相性がいいと思ったのは、パンケーキに蜂蜜ごととろーりとかけたもの。ちょっと香ばしく、ちょっとほろにがいナッツの香りがほのかに蜂蜜に移っていて、かなりおいしいです。

自宅で作る場合は、お好みのナッツを乾煎りして、蜂蜜をそそいで一週間くらいしたら味がなじんでおいしいのだそうですよ。たまたま木の実が蜂蜜のウロの中に落ちてしまい、それを食べてしまったリスがいたら、この衝撃の組み合わせに驚くだろうなあなどと考えながらぽりぽり食べてしまったハニーナッツ。是非お試しください。<YA>

 

近藤養蜂場

大分県豊後高田市草地8767
0120-223-183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年1月27日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

1218himiko1.jpg

 

大正時代創業の熊本県山鹿市の卑弥呼醤院さん。たくさんの種類のみそを作っておられ、工場である蔵の二階に「味噌汁カフェ」まである知る人ぞ知るみその老舗です。ここの味噌は、いわゆる生みそで、熱処理やアルコール処理をしていません。昔ながらの古式室蓋製麹法で仕込んであり、酵母菌が生きています。食べるとわかるのですが、香りがとてもよくて味わい深いので、全国各地にファンがいらっしゃいます。今回ご紹介するのは、その卑弥呼醤院さんの甘露しょうゆというお醤油。甘露というからには、もちろん甘めなのですが、九州人の食卓に甘いお醤油は欠かせませんよね。お刺身に、タマゴかけご飯に、冷奴にと大活躍。お正月には、このお醤油で何個のお餅が胃袋に入っていったかわからないほどです(笑)。 左は、みそだれ。三年味噌を使ってあり、「焼肉は、味噌味のタレじゃなくちゃ嫌!」という方にオススメです。

 

前述しました味噌汁カフェ「茶房さくらさくら」さんは、古民家風でとても落ち着く空間でした。周りには所狭しと骨董があり、おまけにリーズナブルな価格で販売もされているので、気に入ったものを見つけたら、買って帰ることができます。これからの季節はおひなさまがたくさん飾ってあり、おひな様好きのお客様でにぎわいます。一足先に春を感じに行くのもいいですね。<YA>

 

卑弥呼醤院 (ひみこしょういん)

〒861-0331
熊本県山鹿市鹿本町来民1586
TEL:0968-46-2123(代)

 

ここをクリック↓

 

 

このページのトップへ

waku

2015年1月23日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

fuji2.jpg

 

 ひょうたんの中に描かれている富士山がなんともおめでたいおせんべいをいただきました。こちらは中川政七商店の手焼きせんべい「富士山」。「ふじさん」と読むのでしょうが、なんとなく「FUJIYAMA」と読みたくなる外国人のおみやげにぴったりのおせんべいです。中川政七商店は、1716年創業の老舗。博多駅のアミュプラザにお店が入っているので、かわいい和雑貨を探しに、博多に行ったときは必ずのぞきます。

 

fuji1.jpg

 

 

中をあけると、春夏秋冬に分かれています。四季折々の富士山を表してあり、とてもアートですね。冬は、甘い砂糖、夏は胡椒、秋は一味、春は抹茶味です。国産うるち米の生地を、一枚一枚、手で焼き上げてあります。見た目よりもけっこう大きくて、食べ応えありました。ばりっばりっという歯ごたえ。ぬれせんべいもいいけれど、おせんべいは、こうでなくっちゃね!全部おいしいけど、砂糖の甘いのが、しょっぱいせんべい生地と相性がいい冬が好みでした。もちろん外国人のお客様も狙っているようで、英語表記があるのですが、訳すると、春の緑は木の芽を、夏のブラックペッパーは石ころのある道を、秋のカイエンヌペッパーは秋の紅葉を、冬の白砂糖は、ブリリアントな雪のに覆われた富士山を表していますとのこと。日本語にない表現になんだか新鮮ですね。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年1月21日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

ichijiku2.jpg

 

イチジクも大好きですが、干したイチジクはさらに好き。今回出合ったのは日本海の潮風に吹かれて育ったおいしい干しイチジクです。海に面した水はけのよい土壌に、潮風、山おろしが吹く島根県出雲市多伎町。石見銀山よりもちょっと北の日本海側に面した土地で、出雲大社より少し西側にある町です。そんな多伎町は、1970年代からイチジクの産地として知られています。その高い糖度のイチジクを干して味を凝縮させたのが、こちらの干しイチジクです。

多伎町のイチジクの品種は蓬莱柿(ほうらいし)と呼ばれる品種。これは、寛永年間に日本に伝えられた品種で、中国の蓬莱から伝来した柿に似て甘い果実の意味でこの名前がついたと伝えられています。別名唐柿ともいい、熟すと星型に先が開き、小ぶりで甘みが強いのが特徴です。いちじくの中でも特に食物繊維、ポリフェノールを多く含んでいて、希少価値の高い品種なのだそうですよ。

 

 

ichijiku1.jpg

 

フランス「ヴェゼノーブルいちじく収穫祭」最優秀賞受賞。また未知なる賞に遭遇(笑)。食べ物のブログを書いていると、未知なる賞にさまざま出会います。モンドセレクション賞受賞というのはあまりにも有名すぎて、希少価値が薄らいでいますが、「ヴェゼノーブルいちじく収穫祭」最優秀賞受賞という希少すぎる賞もまたあまりインパクトがないですね。みんな知りすぎている賞と、レア過ぎる賞。狙うならどっちがお得なのだろうといつも考えてしまいます。

一番大事なことを言い忘れていましたが、肝心の味なのですが、この干しいちじく、かなりおいしいのです!イスラエルの干しイチジクに一時期はまっていましたが、それよりも断然こちらが好み。イスラエルのは、スミルナという種類で、白くてふわふわの食感。こちらの方が好きな方も多いと思いますが、噛み応えがあって味が濃いのは、こちらの蓬莱柿ですね。お試しください!<YA>

出雲農業共同組合多伎農産加工場

出雲市多伎町小田77の2

0853862110

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年1月19日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

1203sasakama3.jpg

 

かまぼこの鐘崎さん。仙台の蒲鉾のお店です。今回ご紹介するのは、笹かまぼこの「大漁旗」。見るからにビッグサイズで、食べごたえがあるのが外側からも伺えます。 

 

 1203sasakama1.jpg

 

こちら、アイフォン4S比較。本当に大きいんです。だからこそ、中のふっくらふわふわ感がはんぱないです。表面は香ばしく、中はふんわり。切ったりせずに、そのままがぶっと食べましょう。「ワイルドだろぉー?」って、そういえば最近聞きません(笑)。

 

1203sasakama2.jpg

 

この蒲鉾がすごいのは、そのサイズだけじゃありません。2008年に、お客様から一通の葉書が寄せられたそうです。その内容は「卵アレルギーの子供に、どうしても笹かまぼこを食べさせたいので、卵白を使用しない笹かまぼこを作っていただけないでしょうか」というもの。

本来、蒲鉾にはつなぎとして卵白が使われるのが一般的で、かまぼこ業界では「卵白不使用」は難しいのだだとか。鐘崎さんは、原材料の調達や製造工程、衛生管理すべての工程を一から見直しました。失敗してはチャレンジを繰り返し、費やすこと2年。ついに卵白を使用しない笹かまぼこを商品化したのだそうです。卵アレルギーの方でも安心して食べることができますね。すばらしい企業努力です。<YA>

 

 鐘崎 

宮城県仙台市若林区鶴代町6-65

0120-444-777

このページのトップへ

waku

2015年1月15日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

 

 141229fin4.jpg

 

ディサローノ。イタリアに伝わるアマレットリキュールで、杏の核から作られる「恋のお酒」。その誕生秘話は、ルネッサンス時代までさかのぼります。1525年に、レオナルド・ダ・ヴィンチの弟子であった芸術家ベルナルディーノ・ルイー二は、サローノ町の教会にフレスコ画を描くことを任命されてやってきました 彼はフレスコ画のマリア様のモデルとして、地元の宿屋の美しい女主人を選びました。 感謝の印として、女主人は彼に香り豊かで繊細な味わいの琥珀色をしたリキュールを贈りました。この琥珀色のリキュールが、ディサローノの伝説のはじまりです。1600年代に、レイナ家のジョヴァンニ・レイナが、宿屋の女主人が作った昔のレシピを見つけました。 レイナ家はこの昔のレシピを代々しっかりと守り、20世紀のはじめ、子孫のドメニコ・レイが『Disaronno Originale』を作り、売られるようになったのだそうです。

 

 

 

 

その大人気ディサローノと、イタリアのファッションブランドヴェルサーチとがタイアップして、11月に限定リリースされた特別デザインボトルがコレです。どうですか、この華やかさ。ヴェルサーチって感じでしょう?限定品とあって、ネットで見ても売り切れているお店が多いですね。花畑町のFins Barさんで発見しました。

 

 

141229fins2.jpg

 

 

Fins Barは、カウンターだけのこじんまりとしていて、店主と話をするのが楽しいバー。お任せで作ってもらった名も知らぬブルーのカクテル。おいしかったです。

 

 

141229fins3jpg.jpg

 

 

Fins Bar

 熊本市花畑町12-15 雅装堂6F

096-354-2060

このページのトップへ

waku

2015年1月11日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

141229staba1.jpg

 

ドライブスルーで時々お世話になっている大江のスターバックスの店内に、初来店。パーキングも満車!おまけに店内もいっぱい!すごい人ですね。皆さんお勉強していたり、読書していたり、おしゃべりしていたり、さまざまです。いつも思うのですが、あんなにワイワイにぎやかなところで勉強している学生は、頭に入るのでしょうか?私なら隣の人の会話が気になりますけどね(笑)。いつものように、ラテのショートを飲んでいたら、お姉さんが試飲を持ってきてくださいました。オレンジの華やかな風味が印象的な冬季限定のドリンク『チョコレート オランジュ モカ』です。12月の末に発売されたみたい。ほんのちょっとだけいただきましたが、うれしいですよね!

日本限定で発売されている『チョコレート オランジュ モカ』は、砂糖漬けのオレンジをチョコレートで包んだお菓子「オランジェット」をモチーフにした、オレンジのフルーティーな風味とチョコレートのリッチな味わいのコンビネーションを楽しめるカフェモカです。オレンジとチョコ、そしてエスプレッソの相性が最高でした。

 

 

この上に乗っているホイップクリームとつぶつぶにもすごいこだわりが。オレンジの風味が楽しめるように、オレンジが香るホイップクリーム、果肉感と微かなほろ苦さが口の中に広がるオレンジピール、カリッとした食感のオレンジシュガーが乗っているんだそう!異なる味や食感でオレンジの豊かな風味を楽しめるんだそうです。一気に飲んでしまうと、わかりませんので、つぶつぶ感を楽しんでみてくださいね。寒さも深まるこの季節、オレンジの香りが華やかで、ちょっと贅沢な気分を味わえる『チョコレート オランジュ モカ』。2月14日のバレンタインまでの期間限定商品ですので、お試しあれ。<YA>

 

スターバックス熊本大江店

熊本市中央区 大江3-2-33

このページのトップへ

waku

2015年1月 5日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

1218ahmadtea2.jpg

 

イチゴの紅茶にはまってます。ジャンナッツのストロベリーティーを常備していますが、切れたので「ポンパドール」で見つけたイチゴの紅茶「アーマッド」を買ってみました。ジャンナッツもアーマッドも500円くらいで安いのが魅力。

 

 

 

↑こちらはジャンナッツ。カルディコーヒーファームで買えます。アップルやグレープなどいろいろありますが、ストロベリーが一番好き。

 

1218ahmadtea1.jpg

 

こちらは、ポンパドールのあるアーマッドのストロベリーティー。袋の中には、赤い果実片が入っているのが特長です。同じストロベリーティーでもジャンナッツとは香りや味が違います。イメージとしては、ジャンナッツは甘い香り。アーマッドは華やかな香り。それぞれ甲乙つけがたいおいしさがあります。娘は、アーマッド派。わたしはジャンナッツ派でした。飲み比べると楽しいです。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年1月 1日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

eto4.jpg

 

あけましておめでとうございます。今年も楽しい食の情報がいっぱいのダイニングエクスプレスブログを宜しくお願いします。 新年にふさわしい開運干支あめをご紹介します。なんというかわいい絵。お母さん羊に子どもの羊がじゃれています。周りには鈴やマツなどの絵がちりばめられており、おめでたさ満載ですね。

 

eto2.jpg

 

おみくじは、大吉でした。「金運 色事に迷わねば、恵みあり」(笑)だそうです。なんとお隣のデスクの独身女性も同じ文面でした笑。今年は、(今年も)色事に迷わないようにしよう。

 

eto1.jpg

 

紅白の棒付きキャンディでした。かわいいですね。追いかけっこしながら遊ばせて見ると、なんだか幸せな気分になりました。今年も皆さまにとってハッピーな一年でありますように。<YA>

 

株式会社岩井製菓

京都府宇治市丸山203の3

0774214023

このページのトップへ

waku

2014年12月29日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

 1203gomasaba1.jpg

 

唐津といえば、イカ!イカといえば唐津!とインプットされている人は多いと思いますが、玄界灘の新鮮な魚介類を使ったイカシュウマイが人気なのが萬坊さん。博多駅に行く機会があると、ついつい駅の売店でおみやげに買ってしまいます。こちらはタイやアジなどを使ったお茶漬けも人気。

釣ったばかりの魚を醤油に漬け込み、そのままごはんにのせて食べる漁師たち。この贅沢な船上料理「漬け丼」をイメージして作られたのが、萬坊の人気茶漬け「玄海灘産 天然鯛茶漬け」と「玄海灘産 天然あじ茶漬け」です。今回はご紹介するのは、唐津の名店『鮨処つく田』との コラボレーションで生まれた「萬坊のごま鯖」。お店の方から「強烈にオススメします!」といわれたので、買いました。ところで、私はこの『鮨処つく田』さんを恥ずかしながら知りませんでしたが、“九州につく田あり”と言われる名店らしいです。一度行ってみたいですね。

「萬坊のごま鯖」は、玄海の新鮮な魚介類が味わえる『鮨処つく田』の「ごま鯖」を期間限定で萬坊がお届け。鯖の味を活かしながら、醤油・生姜・煎り胡麻で漬け込んであります。洗練&熟成!相当おいしいです。

 

 

ちなみにこちらは、萬坊さんのアジ茶漬けです。まぎれもないごちそう茶漬けですねー。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2014年12月23日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

1203kororo2.jpg

 

コロロ。UOO(ユーオーオー)ではありせん。嵐の相葉雅紀くんがCMをしています。プチッと弾ける、まるで果実そのものの食感が味わえると評判で、コロコロとした可愛い新食感グミです。果汁はなんと100%。生果汁を6倍濃縮したものが入っていて、果物よりも果物っぽいと評判。濃厚かつジューシーな味わいが楽しめます。

 

 

1203kororo1.jpg

 

中身はコレ。「本物っぽい!」と思わず声にしてしまった程のリアル過ぎる見た目。それは房からちぎったグレープの実そのものです。

リアリティさは見た目だけに留まらず、指でつまんだ感触も本物そっくり。薄皮の中にたっぷりと果汁が入ったぷにょぷにょのグレープの実にとても似ています。
口に含むと、プチッと皮が弾けた中から溢れるのは果汁感のあるやわらかグミ。普段食べているグミよりも、ジューシーで柔らか。ゼリーに近い感じでしょうか。見た目のインパクトがありますが、味はふつうに甘酸っぱくておいしい。好き嫌いが分かれる食感かもしれませんね。このぷにゅーっとした食感は食べてみないとわからないから、是非一度食べてみるべしです笑。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年12月21日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

1218ponpa1.jpg

 

ポンパドウルでかわいいクリスマスのパンを発見!12月1日に発売されたウインターコレクションです。ミニ雪だるま、ミニツリー、ミニエトワール、そしてミニハート。かわいいパン4個が小さな箱に詰められて、480円です。このサイズで、一個100円以上すると思うと、決してお安くはありませんが、このヒイラギの葉っぱ?の飾りとかなんとなくなつかしい感じがして、ついつい買ってしまいました。季節もの、それもサンタものを見つけると、財布がゆるんでしまいますね。

イチゴチョコのコーティングがなされているハート型のパンの中にはイチゴジャムが詰まっています。また雪だるまの中には、チョコレートが入っています。そして、クリスマスツリーにはカスタードが、エトワールにはレモンクリームが入っているというこだわりっぷり。全部のセンターにクリームが入っているなんて、うれしいですね。 冬は甘いものがおいしく感じてしまい、ついついスイーツ過多気味な日々。ほかにも季節のオススメ商品がいろいろなポンパドウル。ビーフシチューがパンの中に入ったものも、12月12日から新発売されています。12月26日には、羊の形をしたパンも新発売されるとか。まさに干支パン!これまた買ってしまいそうですね。<YA>

 

 

このページのトップへ

waku

2014年12月 7日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

keirinjou2.jpg

 

息子の自転車の試合で山口県防府市の防府競輪場に行きました。防府市には以前住んでいたこともあり、なつかしい。20年ぶりくらいに足を運んだのですが、昔の面影はほとんどなくなっていました。防府天満宮のほど近くに、防府競輪場があることも今回初めて知りました。防府駅に、時間を合わせていくと、競輪場に連れて行ってくれる無料タクシーがいます。「無料タクシーってどんなの?」と思って、指定された時間に行くと、わらわらと競輪場に向かうおっちゃんたちがタクシー乗り場に集まってきます。集まった人たちは、タクシーに4人ずつ乗り合わせ、無料で競輪場に送ってくれるというすばらしいシステム。この日は場外が合っていたため、けっこうたくさんの人たちがタクシーを利用していましたよ。たしかに、バスをチャーターするより安いですよね。よいシステムです。タクシーの中でも競輪の話を話しかけられますが、まったくわからず相槌のみ(笑)。

その競輪場には、立派な食堂があり、お昼ご飯が、これです。ちゃんぽん定食350円。安くてボリューム満点ですね。おじちゃんたちの胃袋を満たすのは、このくらいないとだめなんでしょうね。

 

keirinjou1.jpg

 

がらスープのような透き通った汁は、どちらかといえば、上品なラーメンのよう。その日は寒かったので、温かいスープが体に染みました。おまけに、お店のおばちゃんたちが、「サービスだよ」といって、おでんを持ってきてくれました。女性客には1個でしたが、男性客には3個ほど笑。ちゃんぽん定食ですら完食できないほどのボリュームなのに、おでんは、かなりヘビーでしたが、味の染みたタマゴはめちゃくちゃおいしかったです。大好きだった防府の町に、思いがけず帰ることができて、温かいおばちゃんたちの心に触れたよい休日でした。<YA>

防府競輪場

〒747-0021 山口県防府市国分寺町8-2

 

このページのトップへ

waku

2014年12月 3日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

1128rahuransu2.jpg

 

 旬のラフランス。毎年、さまざまなラフランスを食べるのですが、「高いものはおいしい、安いものは、それなり」という哲学が破られることはありませんでした。しかし、今年は、安くておいしいラフランスにめぐり合い、とってもハッピー!ラフランス漬けの日々でも、罪悪感がありません!三号線沿いの旧ビッグザビック(現ゆめマート)においてありました。ちゃんと茎部分が飛び出るよう、容器に穴がついています。サイズは少々小ぶりではありますが、ちょっと家で寝かせることが肝心。そのうち抜群の香りとおいしさに大変身します。

 

1128rahuransu1.jpg

 

山形県の東根市は、さくらんぼ、桃、ぶどうなどさまざまな果物が実る豊かな土地柄。10月下旬から11月にかけて旬を迎えています。ラ・フランスは品種によって収穫したあとに一度2〜5℃で冷蔵保存された後、15〜17℃の環境で巨大冷蔵室で追熟されます。買ってきた当初は、いつも少々硬いので、4から5日は、我が家でも室温で追熟。香りが強くなってきて、柔らかくなると、食べごろです。もうすぐ旬が終わってしまいますので、ちょっとさびしい。今のうちせっせと食べます。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年11月21日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

aroha2.jpg

 

熊本市北区麻生田にあるコナリゾートカフェさんに行きました。こちらはパンケーキが有名なお店で、最初のころは人が多くてなかなか入れませんでしたが、今は少し落ち着いた様子。ゆっくりと気の置けない仲間と過ごすのにぴったりのカフェです。ランチメニューがこんなに充実しているとは知りませんでしたが、パスタやステーキハンバーグチキンなどなどよりどりみどりです。今回はパスタランチ。醤油ベースっぽいぺペロンチーノでした。久しぶりにマッシュルームを見たような気もします。パスタはどちらかといえばアルデンテというよりも、もっちり生パスタのような食感。ピリからのソースが絡んで美味です。

 

 

aroha4.jpg

 

こちらサラダ。サウザンアイランドドレッシングのようなドレッシングが美味。

 

aroha3.jpg

 

こちらはスープ。寒くなってくると、もうちょっと量が入っていてもいいような。今回メニューの豊富さに圧倒されたわけですけれども、HPを見ると、なんとエッグベネディクトなるメニューを発見!わたしのあこがれの君であるエッグベネディクトが麻生田に生息しているとは思いませんでした!好きな芸能人が、意外と近場に住んでいたくらいの衝撃です。パンケーキとなると、甘い印象ですが、エッグベネディクトのような大人辛いメニューもあるのがアメリカっぽい感じがします。アサイーボールやキャラメル珈琲など、ハワイ度数満点のメニューも多数。次回はエッグベネディクト初体験をご紹介したいと思います。<YA>

 

aroha1.jpg

 

KONA RESORT CAFE

熊本市北区麻生田3-11-12 営業時間:11:00〜25:00 TEL:096-337-5188

 

 

このページのトップへ

waku

2014年11月15日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

1104dean1.jpg

 

羽田空港のおみやげは、いつもコレと決めているDEANand DELUCAのキッシュですが、こちらは初めてのカボチャキッシュです。上に乗っているシードがきわめて秋冬っぽい。このルックスだけでもそそられてしまいます。

 

 

 

1104dean2.jpg

 

 

 

ヨコからも撮影にしてみました。具(具って言うのかはわからないのですが)の層がなんともおいしそうでしょう?カボチャ、ハム、ほうれん草とおぼしき葉っぱ、さらにもちろんパンプキン、チーズなどなどの中に、こりっとした食感が。左の方に見える茶色い固まりは、ゴボウでした。キッシュにゴボウってすごく合うんですね!ゴボウの香りが濃厚なチーズとともに口の中でふわっと広がります。シードもカリッカリ、かぼちゃもほっくほく!寒い季節に心も体も温まるキッシュです。<YA>

 

 

1104dean3.jpg

 

 

デザートはコレ。パンプディングのようなもの。ベリーが入っています。下はプリンやブリュレ系統のまったりしたおいしさ、上はクロワッサンのカリッとした食感で、ベリーの酸味との相性がいいです。

おみやげでいただくと、商品の名前がわからないのですが、D・DのHPで探してもなぜかメニューの名称が探せないのがもどかしいのです。今回のは「パンプキンキッシュ」と「クロワッサンプディング」と私的に勝手に命名しましたが、きっともっとすてきな名前があるはずですよね。<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2014年11月13日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

 

京都にあるお寺、実相院(じっそういん)に行った方から、おみやげをいただきました。こちらのお寺は、1229(寛喜元)年に静基(じょうき)僧正が開基、不動明王をご本尊としているお寺なのだそう。紅葉の季節には、床に反射した紅葉が映り込む「床もみじ」を見ることができるのだそう。水に映ったり、地面に落ちたりという落ち葉も趣がありますが、モミジで床が真っ赤に染まるなんて、なんて風情があるのでしょう。床をぴかぴかに磨けば磨くほど、あめ色の床と赤が見事に溶け合うのでしょう。日本人ならではの感覚ではないでしょうか。こんな風に新緑の時期は「床みどり」、雪の時期は「雪化床」となります。それぞれ趣があり、すばらしいですね。

 

tokomidori1.jpg

 

 

そちらに行った方からおみやげでいただいたお茶。「床みどり」。有機栽培紅茶のウバです。みどりだから緑茶かと思ったのですが、とてもおいしい紅茶でした。それにしても、気になるのは、ここに書かれた赤文字(笑)。

院好みの

とあります。嵐ファンクラブの会報で、相葉雅紀くんが訪ねたお寺として有名なこのお寺。何か関係があるのでしょうか(笑)。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年11月 9日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

sakuranoakebono1.jpg

 

「まだまだ時間がある」と思っていた受験生の皆さん。急に寒くなってきて、いよいよラストスパートですね。最近はキットカットなどなど、受験用のお菓子も多いのですが、受験用お菓子の元祖ともいうべきお菓子を菊池市で発見しました。それが合志製菓さんの「桜の曙」です。創業以来変わっていないというパッケージは、筆文字で「桜の曙」がかなり渋い。合志製菓の「合」という文字も「合格」にしか見えず、「桜」「合(格)」という文字が刻まれたピンク色のお菓子は、受験用の縁起菓子として、受験を控えた人にプレゼントしたところとても喜ばれましたよ。

 

sakuranoakebono2.jpg

 

 

お菓子は、ピンクと白の格子模様の落雁のようなものです。真ん中に餡子がはさまっているのが黒くすけています。ほろほろとした落雁が適度な柔らかさで、格子模様にピンクと白を組み合わせるのってかなり技術がいりそうです。

sakuranoakebono3.jpg

 

一個ずつはずして、お茶請けに。ピンクも白も味は一緒です。餡子と落雁の甘さがほろっと口の中に広がり、これは受験生の脳みそへの等分補給にもよさそうですよ。味は緑(抹茶)と白のバージョンもあります。こちらは抹茶の苦味がちょっと大人の味です。お取り寄せ可能で、冷凍保存もできますので、受験生へのプレゼントにどうぞ。<YA>

 

合志製菓

菊池市隈府1299

0968-25-2214

 

このページのトップへ

waku

2014年10月30日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

yasai2.jpg

 

 熊本県菊池市は、熊本県の北部に位置し、農畜産業が盛んな市です。日本名水百選にも選ばれている菊池渓谷にも程近いことから、阿蘇の伏流水や渓谷から流れる新鮮な水と肥沃な大地に恵まれています。特に有名なのが、お米。全国トップランクの食味を誇るといわれています。

そんな菊池市の安全安心な農畜産物のインターネット販売が10月20日開始。全国どこにいても、安全安心でおいしい農畜産物をお買い求いただけるようになりました。名前は、菊池まるごと市場。おいしいものだけを厳選して、まるごと売ってあります。

 

nikkuup.jpg

 

品揃えは、旬の野菜や旬のくだものだけにとどまりません。旭志牛などのお肉や、菊池に長らく伝わる松風などの伝統菓子など、さまざまな品揃え。熊本ふるさとを遠く離れて、関西や関東に住んでいらっしゃる方には、なつかしいものばかりです。果物や野菜に冠しては、菊池基準をクリアしたもの以外は取り扱われません。菊池基準とは、安全安心の度合いを示す基準で、1から7まであります。7が一番基準が高いのですが、きちんとセレクトされた安全安心な野菜だけが取り扱われていると思うと、安心して購入することができますね。<YA>

 

菊池まるごと市場

(写真はイメージです)

このページのトップへ

waku

2014年10月24日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

katu3.jpg

 

島県の小松島町で「フィッシュカツ」「カツ」とも呼ばれている「カツ天」をいただきました。長年にわたり徳島県人に愛されてきた徳島県人のソウルフードなんだそう。「カツ」というと豚カツなどの"肉"を連想しそうですが、徳島で「カツ天」「カツ」というと、魚のすり身をパン粉で揚げた本品のようなものが主流です。元々カレーなどのスパイスがしっかり効いた味が付いている「かつ天」は、子供のおやつやお弁当、酒のつまみや食卓のおかずなどに大活躍です。年配の方から小さなお子さんまで幅広い年齢層に大人気の徳島県が産み出した名品「カツ天」は、近年ではメディアでもよく取り上げられていることもあり、全国からの注文も多く、今や徳島を代表する特産品となっています。

 

 

 

katu2.jpg

 

もちろんそのまま食べても美味しいですが、オーブントースターやフライパンで少々表面を焼いて、ソースや醤油、マヨネーズを付けて食べるのもオススメです。
谷商店さんの「カツ天」は、新鮮な魚はもちろん、七味唐辛子、カレー粉などでピリッと辛めに味付けされているので、一度食べるとやみつきになりそう!

 

katu1.jpg

 

断面が少し黄色いのがわかると思います。たしかに思った以上にカレーの風味が強くて、おいしいですね。食べた時にカリッとした食感が楽しめるように、生地は薄めで油は風味豊かなゴマ油を使用。パン粉がベチャっとせずカラッと揚るようによく揚げられているところもGOOD!
ピリッとした辛さがお酒のあてに、おやつやご飯のお供など、何にでも合います。また、小さく刻んで焼きそばやお好み焼などの具材や、弁当のおかずなどにも大活躍しそうです。すり身の揚げたもので、パン粉がついているものはあまりこちらでは見ません。これは、徳島の人がうらやましいです。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年10月22日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラムカテゴリを追加

golden2.jpg

 

息子のお供でゴールデンボンバーのコンサートに行きました。「女々しくて」のサビしか知らずに行っていいものか、浮いてしまわないか心配したのですが、結果十分に楽しめました。直木賞作家で、ホテルローレルの作者である桜木紫乃さんが、「鬼龍院翔」の歌詞に影響を受けていると、受賞インタビューのときに語っていたのが印象的で、文章を書くことを生業としている身としては、これは「一発見てみて損はないか」と思ったことも福岡マリンメッセに足を運んだ理由のひとつでもあります。

桜木さんが記者会見で言っていた印象深いゴールデンボンバーの歌詞は「慰めて、隅々まで」。確かに、何か訴える力があるような気がするなあとも思い、ほかの曲名をつらつら眺めていると「ローラの傷だらけ」というものにも目が留まる。ローラの傷だらけ・・。確かデビュー当初はサザンオールスターズも色物バンド的だったなあとかも考える。この人何かありますよ、きっと。

 

golden1.jpg

 

というわけで、グッズ販売にも並んでみました。並んでいるときも、ファンの皆様のなりきりメイクがなかなか楽しい。こちらはゴールデンボンバーのとんこつラーメンです。ほかはうどん、焼きそばなどがありました。博多マリンメッセでしたので、とんこつラーメンかなあと思い、こちらを購入。味は、あっさり系かと思いきや味がしっかりとんこつしてましたよ。

コンサートは、初心者なりに楽しめましたが、やっぱりDVDなどで研究を重ねて振り付けなどを覚えてから参戦すると、数倍楽しかっただろうなーと後悔。ファンの皆さんの一体感がすばらしく、金爆愛が伝わってきました。それにこたえるかのような趣向を凝らしたパフォーマンスで、勢いあるバンドっていうのは、こうでなくっちゃねーと改めて思いました。肝心の歌詞ですが、ホールの残響でよく聞き取れず(笑)。CDでお勉強しなおしです(笑)。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年10月18日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

roger.jpg

 

パリで香水やボディローションなどで人々を魅了するロジェガレ。9月11日にアミュプラザ博多にお店をオープンしました。ちょうど一階のサマンサタバサの正面あたりのこじんまりとしたスペースですが、ついつい足を止めずにはいられない香りに引き寄せられますね。

1862年にパリで誕生したロジェ・ガレ。アルマン・ロジェとシャルル・ガレが独自の製法でフレグランスを調合、パリのサントノレ通りに<”La Boutique du Bonheur”>>をオープンして以来パリジェンヌたちに愛されています。ロジェ・ガレこだわりは、自然由来の香り。いちじくの香りやオレンジ、ジンジャー、緑茶など、あまり香水としてなじみのない香りがとても新鮮です。

今回ご紹介するのは、ハンドクリーム。「フルールドオスマンサス」という舌を噛みそうなラインのもので、香りは、なんと金木犀です。金木犀ってとてもよい香りなのに、そういえば、ハンドクリームで見たことないなあと思い、即購入。

金木犀だけでなく、マンダリン、グレープフルーツ、さらに別名「安息香」と呼ばれる甘いバニラのようなベンゾインエッセンシャルの香りが、幸せと陶酔への境地へと誘います。フレグランスウォーターやボディミルクもありますので、是非お試しください。

 


アミュプラザ博多

〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1

TEL 092-483-2820

営業時間 10:00-21:00

このページのトップへ

waku

2014年10月14日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

 

 

0912ishikeri3.jpg

 

佐賀県伊万里市といえば、伊万里牛が有名。おいしいステーキやハンバーグを出してくれるお店が意外とたくさんあります。そんな中のひとつがこのレストラン「石けり」さん。ずいぶん昔からあるお店で、よくハンバーグを食べに通っていたのですが、数十年ぶりに訪ねました。

こじんまりとしたお店ですが、お客さんがいっぱいで、相変わらず人気の様子。チーズの入った煮込みハンバーグをオーダー。最初に出てきたサラダ。真ん中に乗っかっているたまねぎがなんともかわいくて、おいしい。

 

 

0912ishikeri2.jpg

 

 

ぐつぐつぐつと運ばれてきた煮込みハンバーグ。ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリーなども肉汁があふれ出たデミグラスソースに泳いでいます。

 

0912ishikeri1.jpg

 

中を割ると、とろーり、チーズがあふれ出てきて、視覚的にもおいしさが伝わってきます。一口食べると、100パーセント伊万里牛を使っているだけあって、肉のおいしさがはんぱないです。鉄板の上に乗ってじゅじゅじゅじゅーっと運ばれてくる焼きハンバーグも非常においしく、個人的には煮込みよりも焼きハンバーグの方が好みでした。長く続いている店には、それなりに理由がありますね。期待を裏切らないおいしさでした。

武雄市立図書館など、佐賀県がブレイクの予感。丸善とジュンク堂も佐賀県とコラボ企画やってますよ!<YA>

レストラン石けり

佐賀県伊万里市二里町大里乙203-3

0955-23-3922 

このページのトップへ

waku

2014年10月 6日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0912otukimi2.jpg

 

1804年創業、大分県で一番古い和菓子のお店である但馬屋老舗。そちらが出していらっしゃるお月見のお菓子をいただきました。「歴代藩主に愛され、岡藩主中川公に召された菓子司となったとありますから、長い間、大分の人たちに愛されてきた御菓子屋さんです。「お月見」と墨文字で書かれていて、横には愛らしいウサギの絵。

 中を開けると、・・・

0912otsukimi1.jpg

 

 ふわふわのウサギの大福と、月に見立てた羊羹が入っていました。見た目のかわいさも秀逸ですが、味もさすが老舗の和菓子屋さんという感じのクオリティ。大福がふわふわで、甘すぎない餡もとてもおいしかったです。但馬屋さんの月にまつわるお菓子は、「荒城の月」「新月」「宵越しの月」など多数。こちらのうさぎの大福のほうが、見た目的には軍配があがりますね。季節商品でしょうか、オンラインショップでは買えないよみたい。来年のお月見までお預けですね。<YA>

但馬屋老舗

大分県竹田市竹田町40番地
TEL:0974-63-1811
 

 オンラインショップあります。

このページのトップへ

waku

2014年10月 2日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

ti-zu2.jpg

 

冬になるとチーズフォンデュをよく作ります。ブルーチーズを少し入れると、とてもおいしいことを発見して以来、このカステッロのブルーチーズをよく買います。チーズフォンデュ以外にも、こんな風に、ピザパンに乗せたりするだけで、深みのあるチーズの味わい。「ブルーチーズはちょっと苦手」という人でも、ちょっと焼いてあげると、香りが飛んで芳醇な味わいだけが残ります。

 

 

0603bluecheese1.jpg

 

見た目はこんな感じ。ちょっと抵抗感がある方がいらっしゃるかもしれませんね。グリュイエールやチェダーチーズなど、比較的癖のないチーズを小さめのダイスに切って、フライパンに入れます。そこに小麦粉をふりかけて、チーズがとろけるまで火を通します。小麦粉はチーズに粘度を与える目的です。途中、お好みの量のブルーチーズを投入。好みで擦り下ろしたガーリックとお塩を適量入れます。ガーリックはたっぷりの方がおいしいです。後は、フランスパンやブロッコリー、ゆでたニンジンやジャガイモなどなどをたっぷりつけていただきます。寒い季節は本当に心も体も温まりますね。

 

 

0528bluecheese1.jpg

 

 

 価格がお安いのも魅力。1927年創業の老舗です。HPを見るとレシピいろいろ。定番からデザートまで、ブルーチーズを使ったレシピがたくさんあります。焼きリンゴに、メレンゲとブルーチーズのマジパンを乗せて焼いてあるメニューが、ちょっと気になります。リンゴの甘酸っぱいのとブルーチーズの組み合わせ、今度試してみたいと思います。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年9月20日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0714yubari1.jpg

 

夕張メロンは、北海道の大地の恵みをたっぷり受けて大きく育ったとてもジューシーで、果肉の柔らかいメロンです。夕張市農業協同組合に集荷され、厳格な検査に合格したものだけを「夕張メロン」のブランドで出荷するため、夕張メロンは夕張市農業協同組合の登録商標となっているんです。その新鮮な夕張メロンの果汁をたっぷり使用して風味豊かなに仕上げたのが夕張メロンキャラメルです。

 

 

 

 

いわずと知れた北海道のお土産ランキング常連の商品なのですが、一枚目の写真と、2枚目の写真が違うのはおわかりになるでしょうか。ほんのちょっとだけ違うんですよ、パッケージが。

一枚目は、キャラメルですが、2枚目の写真は、「夕張メロンキャラメル線香」のパッケージです。「食べられません!」と書いてあります。ちょっと見てもわかりませんよね笑。夕張メロンの甘い香りがするようです。

 

 

 

 

 

こちらはコーン型の線香。

 

 

 

 こちらは、夕張メロンキャラメルキャンドル。香りはまさしく夕張メロンです。それもそのはず、このお香には夕張メロンキャラメルに使われている果汁と同じものを原料に加えています。パッケージに「原料供給元/夕張市農業共同組合」とあるのが、その証拠です。メロンの甘い香りが、パッケージを開けた瞬間に漂いますよ。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年9月18日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0902masyumasyu.jpg

 

パッケージに書かれている「me」とは、マシュマロエレガンスの頭文字。「マシュマロエレガンス」とは、マシュマロを使ったお菓子のブランドで、「キャラマロ」や「グミマロ」などのラインナップ。この夏の新作が「マシュマローズ」というお菓子です。

 

0902masyumaro2.jpg

 

こちらマシュマローズ。「ラズベリーとヨーグルト」と「マンゴー&オレンジ」の2種類。ふたつの味のマシュマロがくっついているから、複数形でマシュマローズのようです。マシュマロって、ギモーブと違うのでしょうか?最近、マシュマロのことをなぜか「ギモーブ」と書いて売ってありますよね。

 

0902masyumaro1.jpg

 

「ラズベリーとヨーグルト」。ふわふわしゅわしゅわでおいしい!甘酸っぱくてフルーティーな香りも魅力ですね。マシュマロって一年中でホワイトデイの時にたった一回見る(食べる)くらいなのですが、もっといろんな種類やテイストのかわいいものがあってもいいと思います。そう思えば、このマシュマロは画期的。きりっぱなしの感じもなんだかフランスっぽくてステキです。羽田空港第1ターミナル2F 羽田スタースイーツで購入しました。<YA>

 

このページのトップへ

waku

2014年9月16日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

mehiko3.jpg

 

某テレビの博多駅くうてんのランチランキング(1000円以下)で一位になったメキシコ料理店「カンティーナエルボラーチョ」。満席覚悟でランチタイムにお邪魔したら、ラッキーにも1テーブルだけ空いていました。インテリアは、まさにメキシコ。黄色の壁に赤い文字、いたるところにメキシコ雑貨が。そして壁一面にずらりとテキーラがあり、ど派手さが陽気なメキシコ文化を象徴してますね。こちらのメキシコ料理店は、大名や日本橋にもお店があるようですね。

「カマロン・レボサド」「ティンガ・デ・ポジョ」などなど、南米のプロレスラーの名前かと思われるようなメニューばかり。今回オーダーしたものは、「カルネ・コン・フリホーレス」。牛肉にほくほくのピントビーンズ豆の煮込みが絡まったタコスです。トルティージャと豆とビーフの組みあわせが最高です。辛さが★であらわされていますので、自分の好きな辛さのメニューがオーダーできます。ちなみに、こちらは全然辛くないメニューでした。上に乗っているのは、香草。一緒に行った連れが苦手だったので、1個だけ乗せてもらいました。味は本格的なのですが、バーだからでしょうか、1個のボリュームが少ないです。いろいろたくさん頼んでみんなで分けて食べるのが正解ですね。

 

mehiko2.jpg

エンチラーダロハ。少し甘みのあるトマトソースがおいしい(704円)。エンチラーダは、具材を巻いたソフトタコスに、ソースがかかっているものという認識です。アメリカでエンチラーダを食べると、ビーンズとチリがたっぷりかかっているので、こちらのトマトソースはあっさり気味でちょっと上品な味。こちらは少々ピリットしていて、生タマネギが効いています。

お店の代表の方は、メキシコで修行された方のようです。これが本場の味なのかどうかはわかりませんが、とにかく美味なのだけは確か。

 

mehiko1.jpg

 

 最後は、アボカドと海老のサラダ。まったりとしたアボカドと海老のコンビネーションは、間違いのないおいしさです。土日に行くとアラカルトメニューでしたが、平日は、ランチがあるようですね。

お店のHPを見ていると、パリパリのハードタコスはTEXMEX(テキサスで生まれたメキシコ料理)で、本物のメキシカンのタコスはソフトなトルティーヤがメインなのだそうです。

カンティーナ エルボラーチョ

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1?1 
JR博多シティ10F

092 409 6263

このページのトップへ

waku

2014年9月12日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0827granora3.jpg

 

じわじわ、ブームが来ていますね、グラノーラ。中でも好きなのが、この自由が丘グラノーラ。自由が丘なんてステキな響き・・。ジュノエスクベーグルが出しているグラノーラです。シリアルとグラノーラってどう違うのでしょうか?「グラノーラ」とは、主にアメリカなどでよく食べられているシリアルの一種でオートミールなどを主とした穀物に、蜂蜜や油脂を絡めて香ばしく焼き上げ、ナッツやドライフルーツを加えて混ぜ合わせたものです。蜂蜜や油脂を絡めて焼き上げてあるのが、グラノーラってことでしょうか?たしかにこのざくざく、ぱりぱりの食感は、シリアルじゃなくってグラノーラって感じがします。

 



 

 

0827granora2.jpg

 

 

ハニー&フルーツ、チョコレート&ナッツ、キャラメルラテなどなど、種類もいっぱい。こちらは大好きなシナモンアップル味。アーモンド、ココナッツ、パンプキンシード、くるみなどなど、リスの大好物がいっぱい入っています。もちろん、ミルクや豆乳、ヨーグルトに合わせてもとてもおいしいのですが、いつものサラダのトッピングなどにすると、食感的にも味的にもちょっとしたアクセントになり、新しいおいしさですよ。ベーグルも大好きですが、グラノーラブレックファストにもはまりそうですね。お店は、博多駅の阪急百貨店にあります。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年9月 8日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

kisimen2.jpg

 

名古屋のおみやげでいただいたきしめん。日常ほとんど食すことがほとんどないので、よく知っているようで、まったく未知の食べものでもあります。名古屋の町には、うどん屋さんがなくて、きしめん屋さんの方がたくさんあるのでしょうか。きしめん自体は「好色一代男」にも記述があるほど、古い食べ物だそうです。名古屋の老舗、よしだ屋のきしめんは、添加物を使わず、塩と小麦粉だけで作ってあります。

 

0902kisimen1.jpg

 

ゆでてみてわかったのですが、うどんに比べると平たい分だけ、早く茹で上がりますね。見た目はけっこう時間がかかりそうな麺ですが、4分くらゆでると、もうふにゃっとしたほどよい感じになりました。そのまま水で洗って、冷たくして、添付のつゆにつけながら、ざるそばみたいにして食べました。ちょっと豪華に海老2尾。この体裁が正しいかどうかわからないのですが、ネギをぱらぱらと散らせばなんとなくおいしそうです。食べ始めて気づきましたが、ネギと生姜は、ざるそばのように「つけ汁に入れる」が正解でした。

麺はコシとは無縁のものですが、優しい柔らかさでおいしい。柔らかい分、汁を少し吸ってくれるのか、味なじみがよい感じがします。「ざるきしめん」と書いてあるので、冷たくしていただくのが正解なのかもしれませんが、間違いなくあったかい麺もおいしいはずです。いろいろググッてみると、あったかきしめんの具って、鰹節、おあげ、ねぎとけっこうシンプル。おつゆも見た感じ黒くってしょうゆが強いようです。涼しくなってきたので、次はあたたかいきしめんに挑戦します。ココで買えます!<YA>

 

kisimen1.jpg

 

おそばも人気みたいです!↓

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2014年8月31日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0714monsan3.jpg

 

最近は、「世界の絶景」的な本がけっこうあって、ぼーっと眺めていると、世界中にいろんなところがあるものだと、驚嘆します。最近本で見てびっくりしたのは、「ウユニ塩湖」。「天空の鏡」との異名を持つウユニ塩湖は、空と海とがつながっていて、空の雲が湖に鏡のように映りこんで、とってもきれい。湖は浅いため、あるけるようで、コンディションがいいときじゃないとこの美しい風景にめぐり合えないというレア感も手伝って、一度見てみたいなあと切望します。今回ご紹介するのは、行ってみたい絶景シリーズのひとつであるフランスのモンサンミッシェルのキャラメルボンボン。知人からおみやげでいただきました。

 

0714monsan1.jpg

 

 「au lait et au beurre」と裏に書いてあります。牛乳とバターが加えられたキャラメルという意味でしょうか。ほかにもフランス語がたくさん書いてあるけど、判読不可。

 

0714monsan2.jpg

 

甘さもけっこう強いですが、ミルクがかなり強いですね。ちょっと塩も入っているのかなあ。ついつい噛んでしまって何個も食べてしまいます。フランスの味だーって感じです。山で遭難したときに、ポケットに入れておくと、3日くらいは命拾いして、生きながらえそうな味。

 

 

こちらは夕暮れのモンサンミッシェル。ステキすぎる。パリから少し遠いんですよね、パリまではたどりついても、ここまでなかなか足を延ば