九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

D@EXコラムの記事一覧

2019年8月15日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

DSC03999.JPG冷たいサラダをたっぷり作ることが多い今日この頃。久しぶりにサラダ2種をご紹介します。まずはゴーヤとツナのサラダです。とにかくゴーヤを半端なくいただく我が家では、チャンプルーや味噌炒めなどさまざまな料理を作りますが、一番評判がいいのがこちらのゴーヤとツナのサラダです。作り方は簡単。ゴーヤを半分に切ってワタを取って薄切りにしてボールに入れる。砂糖と塩をたっぷり入れてもむ。しばらく放置すると泡が出てくるので、水で洗い流して、水を切る。ツナ缶とぽん酢を混ぜたら出来上がりです。塩もみする人は多いかと思いますが、砂糖も一緒に入れてもむと、苦味が薄らぐ気がします。

DSC04023.JPG

次は、リンゴとマッシュルームとカマンベールのサラダ。今回は巨峰を混ぜて、フランスパンにトッピングしてみました。これまた作り方は簡単。リンゴとマッシュルーム(生)を薄切りにして、一口大にちぎったカマンベールチーズとカットした巨峰、オリーブオイル、塩コショウ、酢であえると出来上がり。簡単だけど、おいしいのでお試しくださいね。<YA>

 

このページのトップへ

2019年8月13日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC03975.JPGフルーツたっぷりのタルトがおいしい新屋敷のオ・ボン・マルシェさん。お盆で人が集まることが多いと思います。お盆に「おぼん」まるしぇを楽しむって、なかなかオツ(笑)。季節ごとに楽しみがあり、大好きなケーキ屋さんです。贈り物の焼き菓子を購入しに行ったのですが、おいしそうなイチジクのタルトを見つけ、ついつい購入してしまう。爽やかなグリーンにそそられます。イチジクの周りにパイの層のようなパリパリがついていて、白いふわふわの帽子をかぶっておられます。

 

DSC03977.JPG

断面カット。おいしいタルト生地にのったいちじくの真ん中にクリームがイン!グリーンと赤紫の造形が、食べるのがもったいないほどの美しさでした。イチジクの野生の香りとつぶつぶの食感、そして上品なクリームとパリッとした生地としっとりしたタルト。上手に食べるのは難しいですけど、季節のお楽しみのひとつです。<YA>

 

オ・ボン・マルシェ

熊本市中央区新屋敷2の13の12

096-363-8078

 

 

このページのトップへ

2019年8月11日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

DSC03920.JPG1818年創業の榮太樓総本舗。日本橋で榮太郎という少年が屋台をひいていたのが始まりなのだそうです。今では日本中の人が愛する和菓子のお店です。飴は食べても生菓子を食べる機会はなかなかなかったのですが、今回おみやげにいただいたのが黒豆大福です。榮太郎さんの黒豆大福は「せっかちな江戸っ子に食べやすく」と、歯切れの良い餅が特徴なのだそうですよ。

DSC03923.JPG

 

榮太樓の大福には「マンゲツモチ」という品種のモチ米が使用されています。粒の弾力が強く、モチ米本来の味わいと餅にしたときの歯切れの良さが楽しめるのだそうです。マンゲツモチって名前がなんともかわいい。無化学農薬、有機肥料栽培で作られています。

 

DSC03930.JPG

 

カットすると、あんこがこぼれんばかりにぎっしり。榮太樓の豆大福の豆は一般的な赤豌豆ではなく黒豆が使ってあるそうです。赤豌豆はその性質上、翌日には餅に水分を取られてしまい、固く締まってしまうのだそう。生菓子職人が餅と餡に合う豆を追い求めた結果、黒豆になったとHPにあります。軟らかいけれども歯切れがよい皮と、甘さ控えめのあんこが絶品です。<YA>

このページのトップへ

2019年8月 5日 Posted time : 00:55 | Category : D@EXコラム

DSC03906.JPG

 

何年ぶりかにうどんのウエストさんに行きました。麺の柔らかさといい、だしのあんばいといい、好きなうどんです。ネギとてんかすがテーブルに置いてあり、入れ放題。隣の席の人は、ガッサーという音がするほど、天かすを投入。もちろん誰もとがめる人はいません。時々天かすの中に小エビがはいっているので、それを「当たり」と呼ぶのは、我が家族だけでしょうか(笑)。こちらはごぼう天うどん。


DSC03910.JPG

絶妙な軟らかいけどこしのある麺。いりこベースのだしと絡んでとてもおいしいです。ウエストさんでは水曜日限定メニューなどもあるそうでまだまだ未開拓分野多し。特に人気のもつ鍋はまだ未経験。ランチタイムにささっと利用する「ランチタイムウエスター」なので、もつ鍋を食べるチャンスがなかったのですが、最近は店舗によっては居酒屋メニューが充実しており、居酒屋メニューともつ鍋を楽しむ「ナイトウエスター」が急増しているよう。24時間営業のウエストで、ハイボールを飲み、もつ鍋の最後をおじややうどんでシメル会社の若手社員Y君の話を聞き、ウエストの進化を知るわたくしなのでありました。<YA>

 

このページのトップへ

2019年8月 3日 Posted time : 00:52 | Category : D@EXコラム

DSC03899.JPG

黄色と赤がかわいいせんべいをいただきました。その名もカステラせんべい。バルーン型のおズボンをはいた南蛮人風のイラスト。ちなみに南蛮人とはスペイン、ポルトガル人。イギリス、オランダ人は紅毛人と呼ばれていたそうです。

「伝承銘菓」カステラせんべいと書いてあります。カステラせんべいが、伝承されていたことを初めて知りました。カステラは昔っからありますけど、カステラせんべいも私が知らなかっただけで昔っからあったのでしょうね。


DSC03904.JPG

カステラせんべいの文字。原材料は国内産小麦粉と、砂糖、鶏卵、はちみつ、バター。まさにカステラの材料がぎゅっとこの一枚に。サンドイッチマンのゼロカロリー理論でいけば、カステラの材料だけどカステラより小さいから、低カロリー(笑)?さくっとして優しい甘さがとてもおいしかったです。<YA>

三喜屋

 大村市荒瀬町186の1
0957の55の2078

このページのトップへ

2019年7月30日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

DSC03715.JPG夏と言えば、カレー!ということで糸井重里氏のほぼ日ストアで購入してみました「カレーの恩返し」。おうちのカレーにひっそり入れるスパイスということで、入れるだけで魔法のように本格的なカレーになるということです。スパイスが12種類ブレンドしてあります。ネーミングがコピーライターである糸井重里さんのセンスピカッですね。おうちのカレーにひっそり入れるの「ひっそり」もいいです。

 

DSC03717.JPG

カルダモン、クミン、コリアンダー、ターメリック、シナモン、ピンクペッパー、クローブ、トウガラシ、ローレルフェンネル、フェネグリーク、レモングラスの12種類。出来上がりの最後に加えます。一度フライパンで恩返しを炒めてから入れると、さらに香りが立つのだそうです。

DSC03785.JPG

 

恩返し。スパイシーなよい香り。

 

DSC03788.JPG

 

で、普通のバーモントカレー中辛&カレーの恩返しver.。スパイシーな本気のカレーの出来上がりです。好みの問題でしょうけど、家では醤油とケチャップが隠し味の昔風バーモントカレーが好きという私にはむきませんでした(笑)。こちらのスパイス、タンドリーチキンの下味やカレー鍋、マヨネーズディップ、野菜炒めなどいろんなものに入れて使えるみたいです。HPによるとおせんべい、クッキー、チョコレートなどのお菓子にも使えるとあります。チョコレートってどんな味になるのでしょうね!ココで買えます。<YA>

 

このページのトップへ

2019年7月28日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC03694.JPG叙々苑さんの高級弁当、焼肉弁当を羽田空港で購入しました。うっすら飛行機バックに映り込ませて撮影。熊本まで持ち帰る予定でしたが、空腹の男子大学生が食べたがったのと、飛行機内でにおいを放ったらどうしようと不安になり、人気のないところでオープン。

 

 DSC03696.JPG

 

HPで焼肉弁当と書いてあるものとは、肉の形状が少々違い、牛薄切焼弁当(1800円)だと思われます。キムチ、ナムル、金時豆、茎わかめの醤油漬けが入っています。見た感じは普通の薄切り肉でしかありませんが、一口いただき、食べたらやっぱり叙々苑クオリティなお肉。味も叙々苑焼き肉のタレ味で、しっかりおいしいです。叙々苑焼き肉のタレと叙々苑ドレッシングは、よく購入しますが、やはり肉が違うのでしょう、家で作ってもこんな味にはならないのですよね。

ちなみに東京大丸店が、弁当の売り上げベスト10ランキングを発表されていますが、牛薄切焼弁当は、堂々の10位。一年間で約2万6千個だそうです。それでも10位なのですね。というか崎陽軒のシウマイ弁当は強いなあ。熊本で手に入るものとすれば柿安ダイニングさんが入っています。黒毛和牛すき焼き牛、売ってあるのかな。今度買ってみようと思います。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年7月22日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

DSC03699.JPG

羽田空港で立ち寄ったPAULさん。1889年、フランス生まれのおいしいブーランジュリー。九州で買えるのは、福岡三越のみ。それにしてもsince1889はださく感じるけど、depuis1889は、オシャレに感じる。フランス語万歳です。

フランス語のHPは、tresオシャンティーですね。

 

DSC03701.JPGのサムネール画像

 

大きなバナナマフィンを見つけて購入。名前は、パン・オ・バナーヌ。バナナはよく見えませんが、チョコレートとクルミがいっぱいまぶしてあります。サイズ的にもかなり大きい。でもチョコとバナナの組み合わせが好きなので、一個ぺろりといけそう。

 

DSC03702.JPG

食べるとザクザク感がすごい。クルミも見た目以上に大ぶりで食べ応えあり。

 

DSC03704.JPG

中は蜂蜜風味でほんのり甘く、しっとり。ずっしりとした食感は、きっとバナナ効果でしょう。食感と、チョコバナナの香りが最高でした。次回はクロワッサンに挑戦します。<YA>

このページのトップへ

2019年7月20日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

DSC03684.JPG

赤城高原SAの第二段。これ、皆さんが買っておられたので、気になって買ってみました。渋川B級グルメ決戦初代チャンピオンだそうです。群馬県渋川市で行われたグルメ決戦の初代チャンピオンっていう意味らしい。渋川市のマルフクストアーさんが「赤城のホルモン屋」という有名店を運営していて、そこのホルモンが丸福ホルモン。

 

DSC03705.JPG

 

 

 

昭和48年生まれというから、長い間渋川市の皆さんに愛されてきた商品ということがわかります。もともと赤城豚という豚が有名で、どうせなら内臓もおいしくいただこうということで、生まれた商品だそうですよ。それにしても

There are no limits,everything is possible.

 って(笑)。なんだか熱い思いは伝わってきます。

 

DSC03707.JPG

 

「とうちゃんの夢は、ハワイでホルモン屋をやることなんだって。かなうといいね!」なるほど。There are no limits,everything is possibleの思いはこの夢にかかってるわけですね!

 

DSC03708.JPG

しょうゆあじのホルモン。モヤシと一緒に炒めてみました。簡単!安い!おいしい!の三拍子そろっていました。お皿は数年前に金麦集めてもらったたち吉のあいあい皿(笑)。お酒のおつまみにぴったりです。<YA>

 

このページのトップへ

2019年7月18日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

DSC03678.JPG関越自動車道をレンタカーでドライブ。赤城高原サービスエリアに立ち寄りました。都市高を含めて関東の高速道路って、本当にこわい。ちょっとだけ運転しましたが、10分も走ると手が汗でびっしょりになりギブアップです。九州の高速道路がいかにのんびりしているのかがわかります。赤城高原下りのサービスエリアは、最近リニューアルしたらしく、なんだかとってもオシャレです。

 

DSC03680.JPG

 

インスタ映えスポット。赤城高原牛乳っていうのが有名のようです。赤城と聞いて国定忠治の「赤城の山も今宵限り」を思い出す平成生まれはいないことでしょう・・・。こういうのって意味はわからないけれども、ふとした拍子に思い出して頭からこびりついて離れないですよね。ちなみに赤城山って温泉も有名。

 

DSC03682.JPG

大和屋さんというコーヒーショップ。和珈琲のお店のようです。

DSC03681.JPG

オシャレなディスプレイ。歴史を感じます。

DSC03683.JPG

お店をきょろきょろしていると、炭酸饅頭発見。こちらの名物のようです。温泉があるところって、炭酸せんべいとか炭酸饅頭とか売ってありますよね。雲仙の素朴な湯せんぺい食べたくなりました。

DSC03685.JPG

ドライブのおともに。たんさん。

 

DSC03687.JPG

割ったら粒あんぎっしり!炭酸まんじゅうは、群馬の郷土菓子らしく、農作業の合間に食べられていたものだそうです。重曹の香りが独特でなんともなつかしい感じ。蒸しパンを思い出します。

炭酸饅頭を風習として食べるところもあるのだそうです。栃木県の北部(特に那須地方)には8月1日を「釜の蓋」「釜蓋朔日(かまぶたのついたち)」と呼び、この日に炭酸まんじゅう(釜の蓋まんじゅう)を食べる風習が残っているのだとか。古くからこの地方で愛されていたことがわかります。

それにしてもいろんな地域の道の駅って、本当に楽しい。地元の人にとっては当たり前のものでも、九州人にとっては、あれもこれも珍しいものばっかりでした。次回は、赤城高原SAでバカ売れしていたホルモン焼きをご紹介したいと思います。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年7月14日 Posted time : 00:18 | Category : D@EXコラム

DSC03665.JPG

 

博多駅のKITTEに4月にオープンしたという久留米ラーメンの大砲ラーメンさんに行きました。KITTEのラーメン屋さんといえばShinShinさんですが、上層階にある大砲さんのほうが静かで落ち着いて食べることができそうな雰囲気だったので上まで登ってみました。久留米ラーメンと言えば、清陽軒さんと丸星さんに行ったことがあります。

以下は編集長の過去記事です。

久留米 清陽軒  ラーメンの王道

 

大砲さんにはラーメンと昔ラーメンがあるみたい。昔ラーメンは豚脂の揚げ玉通称かりかり付き。かりかりって、一度尾道ラーメンで食べたことありますが、脂がじゅわっとしておいしいですよね。ってことで昔ラーメンに。

 

DSC03676.JPG

 

 

久留米出身の田中麗奈ちゃんのポスター。久留米は聖子ちゃんといい、吉田羊さんといい美人さんが多いまちですね。

 

DSC03666.JPG

 

テーブルには、調味料いろいろありました。

 

DSC03667.JPG

 

というわけで昔ラーメン降臨。けっこうなエスプーマっぷり。画面下にネギと泡に隠れたかりかりが顔を出しています。

 

DSC03671.JPG

細麺、カタです。こってり系呼び戻しスープは、脂ぎっしゅな感じではなくほどよいです。かりかりもアクセントとなって、これまでいただいた久留米ラーメンの中では一番好きかも。「ミシュランガイド福岡・佐賀2014 特別版」でビブグルマン受賞されたのも納得のおいしさでした。最近は、久留米、玉名ラーメンを食べるチャンスが何度かありましたが、ちょっとはまりつつあります。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年7月12日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

DSC03209.JPG

 

那須にあるトラピスト修道院のガレットをいただきました。トラピスト修道院は、ローマカトリック教会に属するのだそうです。あまり詳しくないのですが、伊万里市にある聖母トラピチヌ修道院にも同じようなスイーツがあるので、同じ宗派なのでしょうか。聖母トラピチヌ修道院のクッキーは昔よく食べていました。素朴な味で、なんだか心まで清らかになるような感じがして好きでした。ガレットは初めてでワクワク。

DSC03218.JPG

かわいいメッセージカードが入っています。フランス語、大学以来久しぶりに見て、意外な単語を覚えていることに気づく。たしかmange(マンジュ)は食べるという意味だった。je mange du 饅頭(=私は饅頭を食べる)と覚えさせられた(笑)。そういうのばっかり覚えていて、肝心なことはすべて忘れている。

 

DSC03212.JPG

形もかわいい。2個入りパック。

DSC03214.JPG

 

フランス風菓子を、フランスで買ったお皿に載せてみるとさらにかわいい。ワッフルっぽい見た目です。一口食べると、なんだかなつかしい味がします。バターの風味と優しい甘さ、そしてなんとも言えない食感がたまらない。サクッでもなく、ホクッでもなく、ポクッていう感じの食感が(笑)。大事なところは手作りされているとのことで、心を込めて作られたのが伝わってきますね。

HP内の修道院の一日というところを見ると、起床は3時45分らしいです。就寝は20時とあります。夏でも3時45分は暗いですよね。冬になるとなおさらお布団から出るのがつらそう・・。そんな暮らしをしておられる方が作られるから、このような清らかな味になるのでしょう。購入はコチラへ! <YA>

 

このページのトップへ

2019年7月 6日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

DSC03565.JPG叙々苑 新宿中央東口店に。「並ぶ」焼き肉屋さんは熊本にもありますが、扉を開けた瞬間にハープの生演奏が流れる焼き肉屋さんは、熊本には当然ながらありません。以前新宿の游玄亭さんにいったところ、行列で断念。游玄亭さまよりワンランクリーズナブルなこちらの中央東口店さんに行きました。もちろん満席で数分待ち。コースメニューにしました。

DSC03568.JPG

オードブルの貝柱。

DSC03566.JPG

オードブルの冷ややっこ。オシャレです。

 

DSC03569.JPG

 

キムチも4種盛り。思う存分ぽりぽり。

DSC03575.JPG

ユッケ。ちょっと苦手なのですが

DSC03576.JPG

こうやってはさんで食べるとおいしいです。

 

DSC03567.JPG

チャプチェ。肉が来る前におなかいっぱいになってきました・・・。

DSC03580.JPG

焼肉盛り合わせ。量はそんなに多くないですが、聞きしに勝るおいしい叙々苑のお肉。近所の焼き肉屋さんでも十分おいしく感じますけど、皆さんが叙々苑と連呼するだけのことはある。「東京はすごいねー」と田舎者丸出しの会話。

 

DSC03586.JPG

シメのかに雑炊。

DSC03588.JPG

デザートとコーヒー。焼き肉なんて、本当に1年ぶりくらいに食べましたけど、しっかりパワーチャージしました。<YA>

叙々苑 新宿中央東口店

東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル7F

03-5360-8989 

 

このページのトップへ

2019年7月 2日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

DSC03654.JPG

久しぶりのCOFFE PARKさんへ。ここは生豆を購入してその場で焙煎して下さるお店です。熊本初登場のコーヒーなど、品ぞろえも充実の一途をたどっています。

 

熊本市北区室園 生豆をその場で焙煎!coffee PARK

DSC03656.JPG

生豆の種類もたくさん。ポップを見ながら、なんとなく自分の好みのものを探します。そしてコーヒーを焙煎している間に、おいしいコーヒーを無料でサーブして下さいます。これもまた楽しみの一つ。そして今回見つけたのが・・・

 

DSC03657.JPG

 

モヒートアイスコーヒー。豆購入したので、100円出せば作って下さるそうです。早速試してみることに!

 

DSC03661.JPG

こちらがモヒートアイスコーヒー。涼し気ですね!

 

DSC03662.JPG

 

 

上から見るとこんな感じです。コーヒーと炭酸のしゅわしゅわ、そしてミントの香りが合う!ほかでは飲んだことのないおいしさ!これ、カクテルみたいな感じで売り出してくれたらうれしいな。カルアミルクじゃちょっとまったりしすぎちゃう妙齢の奥様方に、すっきりしていてブレイクしそうな味でした。<YA>

コーヒーパーク

熊本市北区室園町9の50

096(343)3552

 

 

 

このページのトップへ

2019年6月24日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC03557.JPG

 

羽田空港に到着し、ちょっとゆっくり。エッグセレントバイツさんに行きました。イートインで520円のタルトとコーヒーのセットをオーダー。メルセデスのスターマークのドリンクなどもありました。「映える」んでしょうけど、普通のコーヒーで十分(笑)。

 

DSC03551.JPG

こちらがセット。目の前にはずらりメルセデス。若かりし頃、韓国人の友達が「自分ちの車はヒュンダイだ」と言っていたのを聞き、「韓国ではホンダのことをヒュンダイと発音するのだ」と思い込んでいたことを思い出した。カラオケのことを「きゃりおきー」とアメリカ人が言うのと同じレベルだと(笑)恥ずかしい。

 DSC03553.JPG

 

こちらがエッグタルト。グリーンカレー味。ぴりりとグリーンカレーでエスニックな香りを放ちつつ、卵のマイルドさがあるのでバランスがよいおいしさです。まさにエッグセレント!とだじゃれを言いたくなりました。

羽田空港第2ターミナルといえば、永青文庫の美術館があり、時間があるときに立ち寄っていたのですが、今回久しぶりに行こうとしたら、なんと撤退されてました。残念!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年6月22日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

DSC03498.JPGスリランカくまもとさんに売ってあったアショカリーというレトルトカレーを買いました。これはスリランカかごしまのアショカさんに手によるチキンカレーとのこと。おうちであのカレーが食べれるならば、本当に幸せです。レトルトの下の方にあるように、スリランカグループ(?)は7店舗あるみたいです。鹿児島に2店舗、福岡3店舗、熊本2店舗。

DSC03503.JPG

 

いざ実食。チキンがゴロゴロ入っています。レトルトの割りには、価格が高い(650円)ので材料は惜しみなく使ってあるのでしょう。小麦粉を一切使用してないらしく、サラサラとした口当たり。小麦粉アレルギーの方もおいしく食べることができます。一口食べるとまさしく慣れ親しんだスリランカ熊本のおいしいカレーの味がします。お店だと辛さを調節できますが、レトルトなので、私には少し辛すぎ、娘には少し甘すぎ。自分の好みの辛さに調節できないのが難点と言えば難点ですが、レトルトカレーなんだから普通のことです。(しかしネットショップでは、甘口とかリアルレッドとかいろんな辛さで販売しているみたいです。店舗には1種類しか売っていませんでした)ちなみにアショカリーに使われているスパイスは30種類以上なのだそうですよ。こだわり抜いて選んだスパイスを独自に加工、ブレンドし素材の旨味をスパイスの力で最大限に引き出してあります。まさに本場の味でした。<YA>

 

このページのトップへ

2019年6月16日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC02800.JPG

 

ぬたという名のぬたをいただきました。川添酢造さんのものです。明治33年創業した長崎県西海市の老舗。ぬたについて調べてみたところ、ぬたって高知生まれなのだそうです。ウィキペディアによるとぬたの定義には、ぶりの切り身を食べるときに使われるとありますし、もともとは葉にんにくもはいっていたとのこと。わたしのぬたの印象は、ネギを和えたり、イカに和えたりして食べるというもの。ブリと合わせたことはないですね。中でもお気に入りは、山菜の季節に山椒の葉をつぶしたものと混ぜ合わせ、タケノコやウドなどに絡めて食べるというもの。せっかくこだわりのぬたをいただいたので、山椒の葉をすりばちでごりごりしたものと混ぜてみました。

 

DSC03078.JPG

「山椒の葉をすり鉢ですったものにぬたを混ぜただけ」をタケノコに絡めて。ちなみに山椒の葉はフレッシュなものをさっと湯通しして冷凍保存ができますので、たっぷり冷凍保存すると、ぬたさえあれば一年中山椒酢味噌が楽しめますよ。<YA>

このページのトップへ

2019年6月14日 Posted time : 00:52 | Category : D@EXコラム

DSC03453.JPG国際通りのドンキホーテがあり、そこの上にあるカフェがICE Oasisさんです。国際通りの喧騒やドンキホーテの賑わいが嘘のように超ひっそり。子供さんのプレイスペースもあり、お子様連れで歩き疲れたファミリーの方がのんびりできる穴場スポットです。。

DSC03451.JPG

こちらはふわふわかき氷が有名なのだそうですが、疲れた体に染みそうなのがこのハーブティー。モモフルーツティーやミックスハーブティーなど、いろんな紅茶があります。

DSC03452.JPG

本日のおすすめハーブティーはモモフルーツティー。ポット1杯500円。十分2カップはとれるので、二人でシェア(笑)。一人250円也。

 

DSC03455.JPG

ほかにもいろんな実や植物がいっぱい入っています。モモは不老長寿の実と言われていて、女性の美と健康にとてもよいとされています。

 

DSC03459.JPG

こちらがモモ紅茶。桃のフレッシュな香りがしておいしいですね。国際通りは歩くと楽しいですが、毎回まあまあ疲れますね。そんなときにコーヒースポットってどこもいっぱいなことが多いのですが、ドンキの上のICE Oasisさんは、完全に穴場だと思います。<YA>

ICE Oasis

那覇市松尾2-8-19ドン・キホーテ5階

098-988-8689

              

 



このページのトップへ

2019年6月 8日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

DSC03625.JPG皆さんは、薏苡仁糖という御菓子をご存じでしょうか?読み方はよくいにんとうと読むのだそうです。薏苡仁糖は、細川三斎ゆかりの御菓子。肥後細川家初代の細川忠興(八代城に隠居して三斎と名乗る)がハトムギを使った茶の湯の菓子「薏苡仁糖(よくいにんとう)」を作らせたとの記録が残っています。しかし作り手がいなくなり、この菓子の製造が途絶えて数十年。このたび、6月初旬に八代にある松浜軒で行われた肥後古流のお茶会で、お茶菓子として振る舞われたとのことで、注目が集まりました。お茶会に参加した方からありがたくいただく幸運に恵まれた私。右の白いのが薏苡仁糖。左は青紅葉。ちなみに今の季節の松浜軒は、肥後花菖蒲がとてもきれいです。

ありがたき薏苡仁糖を実食。一言でわかりやすく言うならば、おこしっぽいです。おこしの原料はお米ですが、薏苡仁糖はヨクイニン、つまりはと麦が原料。お米よりも心なしか香ばしい感じがします。おまけに糖蜜の効果か何かわかりませんが砂糖だけではないいい香りがそこはかとなく漂っていて、上品。ちなみにヨクイニンは、肌の調子を整える漢方薬として有名。

 松浜軒という由緒ある場所で、肥後六花の一つである肥後花菖蒲を見ながら、武士の茶道である肥後古流のお抹茶を楽しみ、三斎ゆかりの御菓子をいただくとは、なんとぜいたくな時間なのでしょうか。ちなみに三斎のお父上であられる細川幽斎の展示会が、肥後銀行本店肥後の里山ギャラリーにて行われています。古今伝授のしつらえの様子が再現されてあり、見どころのある展示でしたよ。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年6月 6日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC03448.JPG

 

牧志公設市場の近くの商店街には、果物屋さんや野菜屋さん、乾物屋さんなどがいっぱい並んでいます。その中で目についたのが、中間水産。新鮮な魚介がたっぷり!

 

DSC03447.JPG

このクルマエビ。一匹500円。その場で焼いてくれるみたい。

DSC03444.JPG
お隣はお食事処になっています。

DSC03443.JPG
いろんな魚介類を調理してくださるのですが、調理料金が500円と書いてあり、少々不安に。エビ焼くだけで500円とられることはないかと思いますが。ちょっと不安になりつつ。それだったら一尾1000円換算になりますから。

DSC03445.JPG
壁を見ると有名人の写真あり(笑)。その間多くのお客様が来られていますが、外国人の方が多いですね。店員さんはバイリンガルじゃないとなかなか難しいですね。

DSC03450.JPG

エビ焼けました!とってもおいしいクルマエビでした!調理料金はとられず、500円ぽっきり。中真水産さんは公設市場の中にも店舗はあるみたいです。小腹が減ったら棒に刺さったパイナップルもいいですが、棒に刺さったクルマエビも乙なものです。<YA>


このページのトップへ

2019年6月 4日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC02819.JPG新茶がおいしい季節になりました。いろんな地域、茶舗のものを買い求め、せっせと楽しんでおります。鹿児島県といえば静岡県につぐお茶の産地。もっとも早く新茶がとれるので、シーズン真っ先に買うお茶は、だいたい鹿児島のものが多いです。今回ご紹介する「すすむ屋茶店」さんは、鹿児島に本店を置きながら、自由が丘や渋谷などにもお店を持ち、日本茶の文化やおいしさなどを若い人にも伝えておられます。ちなみに写真はすすむ屋茶店さんの大福茶という玄米茶。お正月用のお茶なのですが、ずいぶん前にいただきました。

 

DSC02821.JPG

“お正月のお茶”大福茶の始まりは、平安時代。都に疫病が流行したときに、ある僧がお茶によって人々を救ったとか。その徳にあやかろうと、時の天皇が毎年元旦にそのお茶を服するようになり、これを「王服茶(皇服茶)」と呼ぶようになり、その後、幸福の福の文字を当て「大福茶」となったとHPにあり、お正月に一年の無病息災を祈っていただく縁起のよいお茶として今に伝わっているんだそうです。茶舗によって、種類はいろいろ。すすむ屋茶店さんのは玄米茶で、お米もお茶も入っていて、飲み物にも食べ物にも困らないようにっていう意味なのだそうですよ。

 

DSC02852.JPG

 

こちらは、「すすむ屋茶店」さんの新茶。新茶ならではのフレッシュな香りはさわやか。心と体がしゃきーんとします。

お茶といえば、2019年5月22日の熊本日日新聞の「新生面」に、裁判官は出された緑茶は飲んでも紅茶を飲まないっていう話が載っていました。証人尋問などに行く際の心得として、紅茶にはブランデーなどが加えられている可能性があるからなのだそう。めっちゃジャスティスなお話でした(笑)。<YA>

すすむ屋茶店

鹿児島市上之祖の町2の7の13

099-251-4141

 

 

このページのトップへ

2019年6月 2日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

 

DSC03441.JPG

首里石鹸は、沖縄の素材を使った石鹸のお店です。

DSC03432.JPG

空港店や公設市場の近くの店舗はお伺いしたことがありましたが、牧志の国際通り沿いにあるととても便利。おまけにオープニングキャンペーン中でもろもろお安くなっていました!石鹸類も映えますね!かわいい!

DSC03438.JPG

お目当てはコレ↑マリンクレイ洗顔石鹸。こちら沖縄の泥であるクチャをした洗顔石鹸です。泥パックとかはよくありますけれども、洗顔プラス泥パックとダブルでしなくちゃいけないから、ずぼらな私にはちょっとめんどくさいのです。こちらのマリンクレイ線g南石鹸は、パックしながら洗顔もできる優れもの。

DSC03440.JPG

お店で試すこともできますので早速試してみました!これがマリンクレイ。トロピカルローズ、ベルガモットなど。これをあわ立てると・・・
DSC03437.JPG
こんな感じ!ふわふわです!見た目は石鹸ですが、粒子の細かい泥が入っているので、汚れを吸着してくれます。泥なのであんまりごしごししないほうがいいのかもしれませんが、ざらざらした感じはなくねっとりしています。
DSC03430.JPG
そしてもうひとつ購入したのがこちらの日焼け止め。会員登録したらオープン価格でなんと半額に。ボンボヤージュシリーズ。いい香りでラメ入りです。今年の夏はこれで乗り切ろう。<YA>

首里石鹸国際通り
那覇市松尾2の8の16
0800000377

 

 

このページのトップへ

2019年5月31日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 

DSC03429.JPG

泡盛と沖縄時料理の店「龍泉」というお店に行きました。国際通りのビルの地下にありますが、GW中にもかかわらず、お客様が一人もおらず軽い不安(笑)。昭和9年創業の泡盛の龍泉酒造さんがプロデュースするお店なのだそうです。本場の沖縄料理を楽しめそうでしたが、あまりおなかがすいておらず、ソーメンチャンプルーとゴーヤチャンプルーをオーダーしました。

 

DSC03427.JPG

こちらがそーめんちゃんぷるー。そーめん、アルデンテでおいしかったです。おうちで作るとけっこうべちゃっとなりますが、このくらいバリ堅仕上げにすると炒め物にするときべちゃっとならないのですね。今度試してみよう!

DSC03428.JPG

そしてゴーヤチャンプルー。沖縄のゴーヤってなぜにこんなに苦くないのでしょうね。今回はポークではなくアグー豚バラ炒めバージョンです。ヘルシーでおいしい。

DSC03327.JPG

ホテルに帰り着き、しばらくするとだんだん空腹感が高まり、編集長お勧めのポークたまごおにぎり本店のポー玉を食す(笑)。シンプルだけども、とってもおいしいですね!空港店には行列できているし、いろんなバージョンありで悩みましたが、これは行列できるわけがわかりました。帰りの空港でもイートイン!島豆腐バージョンとスタンダードバージョン、あぶらみそバージョンをシェアして食べました。あつあつだとさらにおいしい!!福岡にも店舗があるのですね。次回は編集長お勧めのめんたいバージョンを食べたいと思います。<YA>

龍泉

那覇市松尾1の4の5

098ー943ー7361

 

このページのトップへ

2019年5月29日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

DSC03400.JPG

また来てしまいました宜野湾市の「隠れ家レストラン KOBA 」。絶景がのぞめ、とにかく大人気のレストランなので、電話してから行きました。前回は牛ほほ肉赤ワインソース煮込みをいただいたのですが、周りにカレーを食べている人がとても多く、「カレー押し」の店らしいです。というわけでチキンカレーをオーダー。カレーにもこのチーズたっぷりのサラダついています。これだけでおいしい。

前回のKOBA.

隠れ家レストラン KOBA  とろける牛ほほ肉赤ワインソース煮込み

 

DSC03402.JPG

こちらがチキンカレー。見た目は普通なのですが、う、うまい。これやみつきになりそうなカレーです。どこにもない味。辛くて甘くて、止まらない。20 種類以上のハーブ&スパイスをオリジナルブレンドし、3日間かけて作るこだわりのカレーなのだそうですよ。これで千円ちょいって安すぎる。

 

DSC03403.JPG

お連れ様が頼んだ牛頬肉赤ワインソース煮込み。安定のおいしさ。お肉のボリューム、はんぱないです。

 

DSC03407.JPG

塩チーズケーキ。デザートまでおいしいなー。この前のキャラメルチーズもちょい苦で絶品でした。ちなみに・・・

 

DSC03405.JPG

フランスパンにこのチーズケーキをトッピングして食べるとおいしいことを発見。たぶんお行儀悪い食べ方(笑)

 DSC03408.JPG

 

カレーの種類が他にもあり、次回は他のカレーを食べて見ねばなるまい。この近所には古いアメリカ人専用住宅が何軒かあり、宝くじ当たったら買いたいといつも思うのであった(笑)。<YA>

隠れ家レストラン KOBA

沖縄県宜野湾市大山1-12-32

098-943-4341

 

このページのトップへ

2019年5月27日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

DSC03331 - コピー.JPG 

那覇市国際通りにあるとぅばらーまさんという沖縄料理のお店へ行きました。1階は普通の居酒屋風、2階は沖縄民謡などのライブを楽しみながら食事ができる店です。とぅばらーまとは八重山の民謡の名前のようです。昭和22年から毎年旧暦の8月13日にとぅばらーま大会というのが催されていて、とぅばらーま自慢たちがそのノドを振るうもののようです。動画でその様子を見ると、叙情あふれるとぅばらーまには、心動かされます。グローバル化といいますが、こういう文化は、消えたり薄まったりして欲しくないと強く願わずにはおられません。ということでこちらのおからのようなものは、一体なんだと思いますか?もちろんアイスクリームでもありません。これは落花生のおからです。沖縄の名産にじーまーみー豆腐というピーナッツ豆腐がありますがそのおからのようです。ピーナッツの皮の風味が残っていて、なかなかオツなおからでした。

DSC03339 - コピー.JPG

そしてふーちゃんぷるー。チャンプルーは、何をどこで食べても間違いなくおいしいですね。

DSC03336.JPG

アグーの餃子。これも普通の豚よりうまみがあるのでしょうけど、普通においしいです。

 

DSC03335.JPG

もずくの天ぷら。沖縄の天ぷらってふわふわってイメージありますがこちら、あつあつかりっかりっのもずくのてんぷら。これはこれでおいしいです。中から磯の香りがふんわり漂って最高!それにしても、塩の量は多すぎ(笑)。もっといろいろ食べたかったのですが、このもずくの天ぷら、けっこうおなかいっぱいになりますねー。

DSC03334 - コピー.JPG

 

というわけでシメの島らっきょう。ぽりぽりと止まらない。沖縄に行ったとき必ず立ち寄る中城ファームさんという野菜屋さんがあるのですが、そこにも島らっきょうが大量に売り出されており、購入して帰りました。マンゴーなんかも出てるかなと思いましたが、まだ時期が早かったようで、パイナップルを買って帰りました→重いっ!<YA>

 

島唄と地料理 とぅばらーま 国際通り店
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-7-25
TEL:098-862-3124

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年5月25日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

DSC01618.JPG 

 

首里城にいきました。前回言った時は工事中でしたが、中秋の宴があっていて、無料で琉球舞踊を堪能したあと、信じられないほどの土砂降りにずぶ濡れになりました。写真は前回の工事中。中秋の宴。御庭(うなー)からの風景。

那覇市 首里城 中秋の宴

 

DSC03353.JPG

 

今回は、首里城内部に入ってみたのですが、熊本城とは違い、何もかもカラフル。ここはもう秦の始皇帝とか中国の文化圏濃厚。

DSC03356.JPG

この扉に向かって座っているようなイス、ちょっと簡素に見えますけど。扉を開けると、先ほどの御庭が眼前に広がります。国王がお目見えするときは、このイスに座っておられ、眼前の御庭に、人々がずらりひれ伏している光景が広がるというわけです。

 

DSC03359.JPG

首里城内には「おせんみこちゃ」という場所があります。おせんみこちゃのあたりにさしかかるととってもいいにおいがするのですが、ここでは国王が女官と一緒に抹香をたいて毎朝拝んでおられたそうですよ。

 

DSC03384.JPG

売店に行くと、おせんみこちゃの抹香が売ってあり。ついつい購入。とてもいい香りがします。

 

DSC03365.JPG

琉球舞踊も楽しめました。

 

DSC01610.JPG

 

 

ちなみに前回ご紹介した龍の水源がありました「龍樋」(りゅうひ)。売店のトイレにある蛇口は・・・

 

DSC03386.JPG

 

こんな感じでした(笑)。<YA>

 

首里城公園

那覇市首里金城町1?2

このページのトップへ

2019年5月23日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC03409.JPG

読谷村にあるやちむんの里に行きました。村内の陶芸家の窯元が集中していて、陶芸ファンには見過ごせない場所。人間国宝である金城次郎氏の工房もあります。まだ沖縄の焼き物を見て歩いたことがなかったので、割安でやちむんが購入できる「やちむんの里」は一度攻めてみたいところ。大きなパーキングがあり、そこの地図によると、けっこう広い範囲に、窯や直売所が点々としているみたいです。

DSC03399.JPG

自然がいっぱいの環境にあるため、なんとなくピクニック気分。ハイビスカスでも色や形がいろいろで、ついつい写真に撮ってしまうほどのかわいらしさです。

 

DSC03415.JPG

ブーゲンビリアに見えるのだけど、真ん中からかわいいお花?不思議な形。

 

DSC03416.JPG

見たことないかわいいお花がいっぱい咲いていて、見とれてしまいます。

DSC03413.JPG

そしてかわいい焼き物もいっぱい!

 

DSC03412.JPG

お店によっていろいろ個性もありますが、どれも渋さ混じりのポップな柄。お料理が映えそう。

DSC03417.JPG

今回のお目当ては,実はシーサーちゃん。おうちにかわいいシーサーが欲しくってずっと探していましたところ、とってもいい感じのシーサーに巡り会いましたので、連れて帰りました。今では我が家の玄関に鎮座しておられます。

 

DSC03410.JPG

 

 

 天気がよかったので楽しめました。<YA>

 やちむんの里

沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1

このページのトップへ

2019年5月21日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

DSC03477.JPG

熊本県農業公園カントリーパークのバラが見頃を迎えています。会社のHちゃんとバラの美しさとアロマを堪能しに出掛けました。毎年フードパルのバラ園には行くのですが、カントリーパークは初めて。なんと470種、3万2000株のバラが咲き誇っているのだそうです。プリンセスコーナーやオリンピックコーナーなどカテゴリー分けしてあるのもわかりやすい。

DSC03480.JPG

 

もうすべてにうっとりするバラちゃんたち。イングリッシュガーデンに迷い込んだかのよう。

 

DSC03484.JPG

 

かわいいですね。香りも一個ずつかいでみる。強い香りのものもあれば、ほとんど香らないバラも。

DSC03485.JPG

 

すごく香るバラの中には、虫が入っている確率が高いことを今回知る(笑)。虫も引き寄せられるのでしょう。

 

DSC03479.JPG

それぞれすばらしい造形です。毎回、どれが一番好き?とか話しますけど、毎回答えは出ないものです(笑)。

DSC03495.JPG

 

この日は、くまもと唐揚げ選手権もあっていましたよ!1カップ100円でいろんな唐揚げをたべることができます。投票で金賞が決まります。そして今年の金賞は・・・

 

DSC03487.JPG

 

フンドーダイ五葉さんの天草塩からあげ!!私もこれに投票しました。とにかく塩レモンの風味がおいしい、外側のかりっと感と中身のふんわり感も絶妙です。フンドーダイさんといえば、透明なしょうゆ「透明醤油」で全国的に大ブレイク中。見た目はお水にしか見えないお醤油なんですよ!洋服についても汚れないし、パプリカなんかを醤油で煮てもすごくキレイな色に仕上がります。

ところで、この唐揚は、5月26日フンドーダイさんで初開催される朝市で食べることができるんだとか。みその詰め放題やみそ汁サービス、またしょうゆやみそも特別価格で購入できるのだそうですよ!唐揚げ食べるだけでも価値あり!これは行かねば!<YA>

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年5月19日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC03299.JPG 

佐賀県藤津郡太良町に竹崎がにを食べに行きました。予約しようと思いましたが、お目当てのところは満席。川したさんという料理屋さんに予約してから行きました。

DSC03301.JPG

メニュー。かにの釜飯は食べたいところですが、川した御膳はカニ釜飯ではなく、普通の白いご飯のよう。そしてかに釜めし御膳は、かにのみそ汁がついていないのである。カニ釜めしと、かにのみそ汁どちらも食したい食いしん坊はどうすればよいのでしょうか。ということで相談したところ、かに釜めし1350円に、プラス料金でかにみそ汁を付けてもらいました。これで両方食べれるってわけです。

 DSC03303.JPG

ほかにもかにのメニューや普通の丼物などもありました。

 

DSC03310.JPG

かにかまめしにかにのみそ汁をオプションで付けたもの。

DSC03314.JPG

かまめしオープン!かにの香りがふわーっと漂います。

 

DSC03317.JPG

お茶碗によそっていただきます。かにはそんなに大きい物じゃないのですが、ご飯全体にかにの風味がとけ出ていますね。みそ汁もかにのエキスがみそと相まって美味。釜飯もみそ汁も、カニがインしただけで、こんなにおいしくなるものですね。

DSC03318.JPG

 

みそ汁に入っていたカニ!海を見ながら、カニを食べるとなんだか旅感あり、休日の過ごし方としてとても正しい!と感じました(笑)。<YA>

竹崎カニ料理和風レストラン川した

佐賀県藤津郡太良町大浦750の1

0954の68の2645

 

 

 

このページのトップへ

2019年5月17日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

DSC03273.JPGコーヒー焙煎を趣味とする知人から,生豆をいただきました。いつもは焙煎したものをくださるのですが、「フライパン」で簡単にできるからやってみてとのことです。あんな真っ黒になるまでフライパンで煎るなんて、フライパンもダメージがかかるでしょうから、一番古いフライパンを使ってやってみました。まずは水で生豆をきれいに洗います。汚れを落とすのと、チャフっていうコーヒーの皮が飛ばなくするためという意図もあるようです。チャフって初めて聞きました。まずは、フライパンに入れて3分間蒸し煮。その後ひたすら炒り続けます。

DSC03278.JPG

すると皮みたいなものがいっぱいでてきます。これがチャフ。時々、火を止めて、屋外に出てフーフーしてチャフを吹き飛ばします。けっこうやっかいなものですね。

DSC03283.JPG

ひたすら煎って、ひたすらフーフーを繰り返します。徐々に色づいてきました。

 

DSC03286.JPG

 

けっこういい感じの色になってくると、ぱちぱちとはじける音がしますので、それが出来上がりの合図。というか、換気扇回しても部屋中モクモクしてます。香ばしいというか香ばしすぎる。

DSC03287.JPG

 

コーヒーっぽくできました!ちょっぴり深煎りですが、味はどうでしょう。出来たては苦くて、4日くらいしたら味が落ち着いてくるのだそう。

 

 DSC03290.JPG

 

待てずに当日飲みました(笑)‥苦い。4日経ってから飲むと味がなじみ、ベトナムコーヒーの味わいでした!アイスコーヒーにするとさらにおいしい!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年5月13日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

DSC02813.JPG

豊後水道に面した大分県佐賀関といえば、関さば・関あじが有名ですが、海が育むのはそれだけにあらず!この海域でとれる海藻「くろめ」は大分の郷土食として親しまれています。くろめ漁の始まりは、1月中旬から3月中旬までなのだそうで一年中取れるわけでないのだそう。つまり、生くろめは、希少品でこの季節だけのお楽しみとして地元で愛されています。一般的には「かじめ」と呼ばれるこの海藻の特長は粘り。「海の納豆」といわれており、食物繊維やミネラルが豊富です。そんなくろめを乾燥して刻んだものを、最中ならぬ「藻なか」の中に入れたのが、このくろめのおみそ汁です。作っておられるのは佐賀関加工グループさんです。


DSC02815.JPG

見た目が手まりみたいでかわいいですね。ほんのり藻の色になっているところがオシャレ。中を開けると黒いくろめがびっしり入っています。撮影してみましたが、ちょっとグロイほど入っていて体によさそう(笑)。


DSC02841.JPG

この状態で添付の味噌をいれてお湯を注ぐと簡単におみそ汁の出来上がり。アルギニン酸やアミノ酸、ヨード、カルシウムなど天然のミネラル分や植物繊維がたっぷりで年中食べることが出来るのでヘルシーです。<YA>

ココで買えます!

 

 


このページのトップへ

2019年5月 9日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

DSC03135.JPG

空腹で 駆け込みました ドトールに(俳句風)。日本で一番多いコーヒーチェーン店だそうです。ミラノサンドはABCとありますが、定番ではなく入れ替わり商品。今回はミラノサンドC照焼チキンとタマゴサラダに挑戦してみました。3月14日に新発売されたとのこと。「照り焼き味で、どこがミラノやねん」という言葉を飲み込みつつ(笑)。たずねたのは熊本上通店です。

DSC03138.JPG

岩手県産の菜彩鶏(さいさいどり)というブランド鶏を使用してあるのだそうですよ。この菜彩鶏は、最後の段階で飼料にビタミンEを加えているので、栄養的にも優れているとの事。醤油味の照焼と、マヨネーズたっぷりのタマゴサラダが、絶妙な醤油マヨネーズ味を再現してますね。蓮根とにんじんのキンピラがシャキシャキしているところに小技が聞いていておいしいです。ごま油も効いてますね。

DSC02678.JPG

店を出ると、すっかり夕方。長崎書店の灯屋にあかりがともり、いい感じの初夏の夕暮れでした。<YA>

ドトールコーヒー熊本上通店

熊本市中央区上通町4‐18



このページのトップへ

2019年5月 7日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

DSC03117.JPG 春のよき日、花見に行きました。2019年4月にファミリーマートで新発売の「野菜を食べよう!キンパ(豚コチュジャン巻&ナムル巻き)」をお供に。実はプサンでもキンパは食べたのだけど、アップするのを失念。正式はキムパッっていうんですかね。ごま油の風味ののりが特長。現地のものはこんな風に太巻き風でなく、細いもの。お任せでお願いしたら、ツナとタクワンっぽいものを巻いてくれましたが、本来は、ツナとかタクワンじゃなくて、こんな風にコチュジャン系の味のものでしょうか。今回の新発売商品は、豚コチュジャン巻きとシャキシャキナムル巻きの2種類が、3個ずつはいています。

豚コチュジャンまきは、ピリッとコチュジャン風味の豚肉がおいしい。玉子焼きの甘さもよいです。ナムルまきは、タクワンの風味が生きてます。こちらのほうがプサンで食べたキンパに近いですね。

 

DSC02952.JPGお花見は、毎年、竜田山配水池の下の穴場スポットに。

 

DSC02942.JPG

ほぼ満開で、ブラボー。

DSC02944.JPG

熊本市内が一望できるのに、花見客が圧倒的に少ないお勧めスポットです。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年5月 1日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

DSC03061.JPG

 カフェ文化が花咲く釜山ですが、東横イン西面の裏手に新しいオシャレなカフェエリアができていると聞き、行ってみました。ロッテホテルからは20分くらい歩いたでしょうか。こんな感じのオシャレスポット多数。ここは真っ白なケーキが有名なシャーロットというカフェです。インスタにけっこう上がっていますね!

 

 

DSC03065.JPG

古いビルジングを活用してオシャレなリノベエリアになっているのですが、歩いているだけでも楽しい。

DSC03056.JPG

これはケーキ屋さん。いろんなデザインのケーキを作ってくださるみたいです。

 

 

DSC03063.JPG

でもちょっと裏通りに入るとこんな感じのギャップ。もともとは田浦金物通という通りだったらしく、金物屋さんがたくさんあったのでしょう。その頃が名残ってる感じですが、これはこれでまたよい雰囲気。

 

DSC03053.JPG

かわいい雑貨屋さんも見つけました。

DSC03046.JPG

かわいいグッズがいっぱいです。

DSC03047.JPG

ビスケット柄のショルダーバッグをおみやげにお買い上げしました(笑)。フラワーロック的なものもある。いや動きそうにないので、ロックではない。

 

DSC03052.JPG

アンティークも。

DSC03048.JPG

 

トルコ風の織物もアリ。今から新たな観光スポットとして発展しそうなエリアですね!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年4月29日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC03038.JPG二日目の朝は絶対行きたいと思っていたのが、こちらの済州家(ちぇじゅが)。こちらはあわびのおかゆが有名なお店。ナンポドンにも店舗がありますが、ソミョンのロッテホテル近くの新しい方の済州家さんに伺いました

 

DSC03039.JPG

日本人に人気のお店です。日本語表記あり。

DSC03033.JPG

このあまだい塩焼きというのも人気とのことなので頼んでみます。

DSC03030.JPG

 水キムチやキムチなど。水キムチ(左下)って初めて食べたのですが、米粉などで発酵させたキムチ。野菜だけを食べるのかと思っていましたが、このお汁の部分にも乳酸菌が解け出ているから、お汁も一緒に食べるのがいいんですって。

DSC03034.JPG

こちらが一番人気のメニューといえばアワビ粥。アワビの内臓とごま油、お米を一緒に炊きたて、厚めに切られた大ぶりのアワビがどどーんとのっていますお粥です。内臓から出るダシがしっかりときいていて、調味料などは一切使用しなくても、濃く深いまろやかな味でいただけます。口に入れると、海の風味が広がります。うーむ。これはここでしか食べられないおいしさです。

DSC03037.JPG

アワビもぷりぷりと。

DSC03035.JPG

 

こちらはあまだい。身はほくほくで骨はぱりぱり!ほとんど骨がなくなるくらいパリパリ食べてしまいました。いい店です。誰もがリピするのがわかります。<YA>

済州家西面店

 

 

このページのトップへ

2019年4月27日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

DSC03014.JPGそして、釜山で忘れてはならないのが、この種ホットクです。ホットクとは、黒砂糖などを使った韓国のスイーツ。釜山ではひまわりやピーナッツなどの種が入った種ホットクというのが人気らしいです。ナンポドンにも種ホットクの名店があり、ずらーっと行列ができていましたよ。おばちゃんとおじちゃんがせっせと種ホットクを作っています。こちらの油、バターらしくちょっと黄色みがかってます。バターの風味で若干塩味がおいしいらしい。

DSC03016.JPG

こちら種。かつて飼っていたハムスターのハム子のことを一瞬思いだしたが、いやいやソウルフードだからおいしいはず。こんなに行列できてるんだもの。

DSC03019.JPG

少なめのバターで揚げます。最初はこんな風にふっくらしてますが、最後につぶしてホットクっぽい形に整形します。

DSC03022.JPG

口をオープンして、種をたっぷり入れます。

DSC03027.JPG

 

カップに入れてくれましたが、香ばしくってざくざくして、おいしい!ナッツ好きの人にオススメですね。ソウルのホットクよりも技ありって感じです。全然関係ないですが、大韓航空のナッツ・リターン事件を思い出しました(笑)。韓国人にとってはナッツは大事なモノなのかもしれませんね。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年4月25日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

 

DSC03010.JPG

夜は、フンくんオススメのナンポドンのサムギョプサル店へ。

DSC03006.JPG

ここはお客さまもちらほらいますが、例によってふらっと入るにはちょっと勇気がいる雰囲気。

DSC02993.JPG

小皿がいっぱい。韓国スタイル。

DSC02991.JPG

そしてたっぷりのサンチュとエゴマの葉っぱ。韓国料理はフレッシュ野菜をたっぷり食べますね。

DSC03008.JPG

お水もいい感じのボトルに入った水。

DSC02997.JPG

来ました。今から焼き上げます。

DSC03000.JPG

途中でおばちゃんがお肉をカットしてくれます。

DSC03005.JPG

 

じゅーじゅー。脂がほどよく落ちた頃が食べ頃。

DSC03004.JPG

サンチュとエゴマともろもろをトッピング。想像通りのおいしさです。やっぱりエゴマの葉っぱがいい味出してます!香りがいいです。ところで周りを見回してみても、こんな風に巻いて食べている人が、一人もおらずびっくり(笑)。果たしてマキマキして食べるのは正しい食べ方なのでしょうか。おいしいからいいさって感じで最後までマキマキして食べました。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年4月23日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 DSC02984.JPG

台湾ティーの専門店Gongchaさん。日本にも店舗があり人気のお店です。3月には福岡店もできたとのこと。タピオカミルクティーがおいしいとのことで行ってみました。タピオカとかグミとかあの手の食感のものを食べずに育った世代としては、タピオカってあんまりぴんとこないのですが、ポン・デ・リングのもちもちっとした感じはタピオカ粉が使ってあるからなんだとか。もともとタピオカってキャッサバという植物の根っこで白っぽいモノなのだそうです。その白っぽいもの、カラメルなどで色を付けて、茶色っぽくしてあるのだそうですよ。グルテンフリーフードとしても注目を浴びています。

それにしても、メニューをよく見るとタピオカ以外にも、アロエとかバジルシード、ナタデココなんかもあるみたいですね。スイーツなのに罪悪感のなさが若い女性たちの心をぐっととらえる理由なのでしょうね。確かにお店にいる女性たちは、みんなすらりとした若い女性ばかりでした。おばちゃん率低し。

 

 

DSC02988.JPG

こちらは、タピオカミルクティー甘さ30%オフで氷控えめ。カスタマイズできるのはうれしいです。もともとお茶の専門店だけあって、ミルクティーの香りも高く、太いストローでタピオカを吸うのも、表情筋が鍛えられそうでよい経験でした。<YA>

貢茶光復店

 

   

 

このページのトップへ

2019年4月21日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC02968.JPG釜山に行ってきました。ソウルには何度か行ったことがあるものの釜山は初めて。福岡空港からひとっとびです。まったく無知なまま伺ったのですが、現地にフンくんという知り合いがいて、フンくんのナビゲートで食い倒れ旅に行って参りました。まずはなタクシーでナンポドンへ。空港で黒いタクシーには乗らないようにというのもフンくんからのアドバイス。昼食はナッポクセを食べたいと伝えて、オススメの店へ。ナッポクセとは手長タコ、ホルモン、エビなどの魚介が入った辛い鍋。メニューには、ダコ+ホルモン炒めなどと書いてある。宇宙人的手長ダコのイラスト付き(右下)。

DSC02969.JPG

地元感満載。客もおらず、一人じゃなかなか入れない感じの店です(笑)。

DSC02973.JPG

キムチなどたくさん出てきました!小魚やキムチ、天ぷらの似たものなど。日本人の口には合います。

DSC02975.JPG

 

こちらがナッポクセ。辛そうですが、ピリ辛ぶりはちょうどよいです。もちろん辛さは選べますが、一番辛くないものを頼んだら、渡しでも大丈夫でした。

DSC02978.JPG

 

ご飯にのっけてみました。くせになるおいしさ。博多の韓国料理店でナッポクセをオーダーしたことがありますが、まったく別のものでした。理由はタコの種類が違うからじゃないかなという結論です。<YA>

このページのトップへ

2019年4月19日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 DSC02872.JPG

このたび15周年を迎えたフランス料理店コパンさんに、行きました。お目当ては、ニジマス。マスって食べるの久しぶり。5年ほど前に村上養魚場さんのマスのお刺身をいただき、味もさながらその美しさにびっくり。ほんのりピンク色でクセもなく、とても印象深かったのを覚えています。そして、思い出すのは80年代に行った柿原養鱒場。現在は、「くまもと水の迎賓館お手水の森」という名前で経営母体が変わったようですね。釣り堀もあって、とてもきれいな水とおいしい鱒料理が印象的でした。というわけで今回はニジマスのムニエルアーモンド風味。ワクワク!

DSC02874.JPG

春の季節は、歓送迎会の季節ですが。山鹿市のさくら湯とセットでコパンに足を運ぶこと数回。最高の癒やしです。里芋と地鶏のカダイフ包み焼き。一度食べて、とりこになったメニュー。

DSC02877.JPGスープドポワソン。魚介濃い。

DSC02875.JPG

手作りのパン。おいしすぎてついぞ残りを持ち帰ってしまいました。

 

DSC02879.JPG

こちらがニジマス。ネットで見ていたら、ワインに合うメニューでにじますとアーモンドを合わせて焼いたモノってけっこうヒットするのですね!フランス人の定番なのかな。アーモンドの香ばしさとニジマスって合います。とっても大きくて脂がのったニジマスでした。

DSC02880.JPG

パン。再び。

DSC02881.JPG

お口直しはシャーベット。ゆず味だったかな。

DSC02882.JPG

 

ブラジルプリン。練乳とグラノーラ入り。濃厚でおいしいです。

DSC02883.JPG

 

オランジェ。とキャラメルチョコ。おいしいフレンチを堪能しました。

フランスといえば数年前にパリに行き、子どもたちにノートルダム寺院を見せることができたのだけど。熊本地震の本震と同じ日に、真っ赤に燃えさかっているのを見ると、心がきゅんとしますね。パリの人たちにとってその出来事は、私たちが崩れた熊本城を見た3年前と同じような気持ちなのかもしれませんね。シンボルとしてよみがえることを願ってやみません。<YA>

 

 

山鹿市 春のビストロ・シェ・ル・コパン。幸せのひととき

山鹿市 ビストロ・シェ・ル・コパン 限定シカ肉ハンバーグ

山鹿市 コパンでご褒美ディナー。クスクス久しぶり♪

山鹿市ビストロ・シェ・ル・コパンさんでランチ

山鹿市 ビストロ・シェ・ル・コパンでランチ 鶏のソテー

山鹿市 コパンにて限定食材 博多地鶏のロースト和栗と鶏レバー詰めを食す

ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968の44の5605

 

 

 

 

 

 

ガレットデロワ 1月の風物詩 ビストロシェルコパン山鹿市

 

ガレットデロワ 1月の風物詩 ビストロシェルコパン山鹿市

 

このページのトップへ

2019年4月17日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

DSC02844.JPG宮崎県北方の道の駅、よっちみろ屋さんの自然薯もろみをいただきました。北方町は自然薯の産地。水はけの良い土壌が自然薯の栽培にむいているのだそうです。長いものでは1メートル以上の長いものが収穫できるのだそうですよ!もともと自然薯の産地ではなかったらしいのですが、2000年くらいから生産を開始していて、今ではこのような加工品ができるほどの産地となりました。自然薯は、元気がないときとか食欲がないときとかに食べると、なんとなく元気が出るような気がして大好き。スリスリするのがちょっとめんどくさいのですが、このもろみはスリスリする必要もなく自然薯を気軽にとることができますね。それにしてもよっちみろ屋さんっていう名前がすごく好き。道の駅って、たいてい「ちょっと寄ってみろやー」っていう感じでふらりと寄りますもんね(笑)。

 

DSC02845.JPG

 

 

見た目は普通のもろみっぽいのですが、一口食べると自然薯の土くさい香りが、ふわっと口の中に広がってびっくりしました!スーパーに打ってあるヤマイモとは一線を隠す、まごう事なき自然薯の香りです。キュウリや豆腐に添えたり、ご飯にのせたりいろいろ活用できます。自然薯の加工品っておまんじゅうしか見たことなかったのですが、この自然薯もろみは、安価で美味でおみやげにすると喜ばれますね。<YA>

 

このページのトップへ

2019年4月15日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

DSC02806.JPG

入江製菓のイチゴの金平糖。かわいい真っ赤の箱に入っています。イチゴの濃縮果汁がたっぷりなんです。

ちなみに入江製菓さんは昭和9年創業。いろは屋の金平糖というブランドで、金平糖を12種類出しておられます。みかん、ぶどう、ゆずなどのフルーツ系以外にも、抹茶やココアなどもあるのだそうですよ。

DSC02808.JPG

 

 

ほんのりピンク色。いちご味の金平糖。形は不揃いですがそれがまたかわいい。通常の金平糖よりも小さめのサイズです。金平糖といえば、皇室の引き菓子のボンボニエールでしか聞くことがありません。実はわたしこのボンボニエールの金平糖を今年になってから「一粒いただく」という光栄に預かるできごとがありました(笑)。なんとも神々しい味がしたことを記憶しております。一生に一度のことでしょう(笑)。

このいちごの金平糖は、果汁感が強く、イチゴの香りがとてもします。金平糖ってなんとなくアーティフィシャルな味の印象だったのですが、天然果汁感が強いのがいいですね。進化形金平糖ですね。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年4月13日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC02830.JPG宮崎県産のショウガを使った万能おかず生姜。かなり使い勝手がよいのでとても重宝しております。生姜はしょうゆ漬けされているのですが、イラストのようにご飯に乗っけて食べるというよりも、お料理にちょっと入れるととてもええ感じの味具合になるのがオススメなのです。たとえば豚の角煮や、煮魚、お好み焼き、もちろん豚の生姜焼きなど、さまざまな料理に入れていただくと、ぐんと味がしまります。

通常は、生姜の収穫は10月頃から始まるそうですが、この生姜は9月上旬から収穫する若生姜なのだそう。その結果、とてもフレッシュで筋張ったところがないんですね!納得のおいしさ。

 

DSC02840.JPG

 

 

この小ささに切るっていうのは、ご家庭では一手間も二手間もかかり、まあ絶対しませんよね(笑)。袋から出して、プラスチック容器に常備しておけば、お料理の最後にちょっと入れるだけ。チャーハンや卵焼き、豆腐の薬味など、何に入れてもおいしくいただけます。ご飯にてんこ盛りもおいしいと思われますが、他の具材とともに、生姜炊き込みご飯もオススメです。

 

ここで買えます!<YA>

このページのトップへ

2019年4月11日 Posted time : 00:51 | Category : D@EXコラム

DSC02809.JPG

 

当ブログでもたびたび取り上げさせていただく村岡屋さん。さが錦ラバーとしましては、4月1日にさが錦を使ったロールケーキ「さが錦ロール」が出たことで、浮き足立っております。佐賀近郊の限定店舗で一人2本までというハードルの高さでなかなかありつけそうにありません。こちらは同じく村岡屋さんの小城羊羹。言わずと知れた佐賀銘菓です。お花のパッケージがかわいいですね!

  小城羊羹は、明治初期生まれ。日清戦争(明治27年〜28年)で軍へ納入され、その日持ちの良さとおいしさで、人気が出たのだそうです。栄養価が高く兵隊の携行食として適した羊羹は、日露戦争(明治37年〜38年)でも重宝されたことから、戦後も軍との取引が拡大したんだそうですよ。羊羹と軍って意外なつながりがあるのですね。

 

DSC02810.JPG

お花の包装を開くと、レトロがらのお花があしらわれた渋いパッケージで老舗銘菓感をかもしだしてます。羊羹って昔の大きめサイズのモノだけでなく、小さいモノやフレーバーモノ、ドライフルーツが入ったモノなど、さまざまな進化を遂げていますね。会社のHちゃんから湯布院のピアノ型のジャズ羊羹をいただいておいしかったことを思い出しました。

 現代の羊羹はこんな感じに進化してるんですね。

進化形羊羹!

DSC02811.JPG

 

 

 小城羊羹の詰め合わせセットはいろんなフレーバーが楽しめて、うれしいです。小倉、抹茶、本練、赤練、そしてかぼちゃの5種類。それぞれのパッケージに英語表記がついていて説明してあるから外国人の方も安心して買えますね。海外のお菓子って興味あるモノの買うのに勇気がいりますがこれだと安心です。<YA>

 

 
当ブログ初期の頃の過去記事発見!

 

   【小城羊羹(ようかん)】 佐賀県小城町 羊羹の町 [全国特産物情報]

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年4月 9日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

DSC02823.JPG

黄金の村というステキな名前の徳島県の会社さんが出している寒さばのオリーブオイルづけ。血液さらさら効果や記憶力アップ効果など、その栄養価と手軽さでサバ缶の人気はうなぎ登りで、昔はおつまみ缶体裁のものが多かったのですが、なんだか最近はオシャレ。オリーブオイルやゆずと組み合わせると合わせるアルコールもついついワインなどになってしまいますね。

ちなみにきとうってヒラガナで書いてありますが、木頭ゆずというゆずは、徳島県那賀町木頭地区は、西日本第二の標高である・剣山の南麓に位置するゆずの産地です。標高300メートルで、一年を通して寒暖の差が激しいので、薫り高く、酸味の強いゆずができるんだそうですよ。


DSC02826.JPG

缶詰オープン。味付けはチキンブイヨン、白コショウ、ゆず、砂糖、食塩などでシンプル。オリーブオイルがしっかりまとっているので、見た目はけっこうオイリー。

DSC02827.JPG

 

 

ゆずの風味がけっこうきいていて、さっぱり風味。サバの臭みもすっかり消してくれるためゆずとの相性は抜群ですね!実はマヨネーズと混ぜてサンドイッチにしようかと思っていましたが、あんまりいろいろ混ぜずにそのまま食べて十分なお味!。大根と和風にたいたり、炊き込みご飯にしたり、卵と炒めてスクランブルエッグにしたり、使い道はいろいろですよ!。

ここで買えます!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年4月 7日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC02802.JPG

 

ハワイのお土産でいただいたハワイ産レインボウビーズの蜂蜜。ハワイって蜂蜜の産地らしく、蜂が元気に育つ環境もあり、蜂の輸出なども産業としてあるとのことです。美しい花が咲き乱れるハワイならではの蜂蜜なのですが、種類もMACNUTとChirstmas berry。マカダミアンナッツとクリスマスベリーという赤い実のつく植物のもの蜂蜜なのだそう。

 熊ちゃんの容器に入っていてかわいいのですが、蜂蜜ってあまり使う機会がないのでしばらく放置していました。なんといっても固まったりする使いづらさが一番の原因でしょうね。蜂蜜の溶かし方をいろいろ調べましたが、湯煎以外のグッドアイデアが引っかかってきませんでしたので、従順に湯煎して溶かしました。

 

DSC02804.JPG

 

 

で、何の料理に使ったかというと「大根とちくわの煮物」。まさかこの蜂蜜、ちくわと同じ鍋に入れられるとはハワイで想像しなかったでしょう。

プーさんの影響でしょうが、蜂蜜ってどうしても熊とセットになっています。熊って、蜂蜜好きというのもあるのかもしれませんが、物の本によると熊は、ハチノコが大好物なのだそうですよ。先日も、赤ちゃんに与えてボツリヌス菌中毒になったなんていう話がありましたが、無知ってこわいです。なんとなく体にいいっていうイメージもあるから、子どもさんに与えちゃったんでしょうけど、かわいい容器に惑わされず、赤ちゃんには絶対与えないでくださいね。<YA>

 

このページのトップへ

2019年4月 5日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

DSC02788.JPG紹介したカフェネイさんとほど近い場所にあるのがこの大力茶屋。大牟田では有名なうどん屋さんとのこと。店内でも食べることができますが、お持ち帰りする人も多いのだとか。ということでオススメの肉うどんとカレーうどんをお持ち帰りしてみました。店内は人がごった返していて写真が撮れるような状態ではないので撮影断念しました。そして冷凍もできるとかで買って帰る方は10個単位で買われていきます。

 

 DSC02798.JPG

こちらが持ち帰りの肉うどん。お鍋に入れて煮るだけです。簡単。ねぎまでついているからうれしい。

DSC02790.JPG

肉うどんはつぎに置いといて、まずは気になるカレーうどんから食べてみることにしました。とにかく大牟田市民がオススメしていたので。カレーうどん、普段あんまり食べることがないのだけど。

 

DSC02794.JPG

柔らかい太麺です。大好きな種類の麺。小麦粉感満載。

 

DSC02792.JPG

お肉もとろとろのが入っています。もしかしたら今まで食べたカレーうどんの中でナンバーワンかもしれません。300円くらいのびっくり価格も驚きですが、その味のクオリティも驚かされます。思った以上にピリ辛で甘みもあり、大人のカレーうどんです。ほかの方のブログを見ていると、カキフライがトッピングされているものなどもありました。次回は絶対大人買いしようと思いました。<YA>

大力茶屋

 

大牟田市宮部161?1

0944-58-1682

休水曜、第二第四木曜

 

 

このページのトップへ

2019年4月 3日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

DSC02769.JPG久しぶりに大牟田市にあるカフェneiさんへ。一度お伺いしてから忘れられず、時々訪ねたくなるカフェ。仕事で大牟田に行ったら時間が許せば行かずにはおれない。白木蓮が咲いていました。春爛漫ですね。

DSC02771.JPG

2階の席へ。ソファや椅子など、テーブルごとに違いますから居心地のよい場所へ座ります。窓から田んぼの風景が望めるベストポジションに。

DSC02781.JPG

ショコラとアッサムティーをオーダーしました。お友達は抹茶ショコラとキームン。最近紅茶を飲むことが多くて、嗜好の変化を感じます。コーヒーが大好きで何十年もコーヒー党だったのに、これまた不思議な変化ですね。子どもの頃に好んで飲んでいたトワイニングの紅茶を鶴屋さんで大量購入して飲んでいる。スーパーマーケットでトワイニングのダージリンはけっこう見るのですが、オレンジペコってあんまり売ってないのですが、鶴屋さんだとあります。レディーグレーとかアールグレーとかスーパーでを売らなくてもいいので、スタンダードなアッサムとかオレンジペコとかの品ぞろえを増して欲しいと願う日々。

 

 

DSC02782.JPG

 

幸せな時間はゆっくり過ぎていきます。ここはケーキや焼き菓子なども売ってあり、ドライフルーツのケーキをお持ち帰りしました。これまた美味でした。<YA>

カフェネイ

大牟田市宮部155?1

0944(56)0026

休/木曜

 

 

このページのトップへ

2019年3月28日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC02709.JPG

肉肉うどんさんの勢いが止まりません。博多名物「肉肉うどん」が熊本市南区江越に「肉肉うどん平成さくら通り店」として2019年3月19日(火)にオープンしました。熊本県内には熊本清水バイパス店、熊本嘉島店とあり、3店舗目となります。ちなみにこちらは先日食べた清水バイパス店の肉肉うどん(スタンダード)。黒いスープと、角切りの肉、そしてショウガが効いているのが特長。ショウガが想像以上に効いているので、ここでトウガラシを入れすぎると失敗します。というか失敗しました(笑)。

ちなみに平成さくら通り店の住所

熊本市南区江越2丁目15-30

 

こちらは、過去記事

肉肉うどん清水バイパス店 角切り肉とショウガがたっぷりのったうどん

肉肉うどん清水バイパス店 サクサクアジフライあります

 

DSC02712.JPG

麺も平たい。

DSC02707.JPG

こちらごぼてんの入った肉肉うどん。ショウガの量は調整してもらえます。こちら少々マシマシにしてもらったバージョン。

DSC02714.JPG

目の前には謎の壺。開けたことないので、オープンしてみる。

 DSC02713.JPG

 

キムチが入っていました。これはうどんのトッピング用でしょうか。新たな謎を発見し、to be continued...

<YA> 

 

 

肉肉うどん清水バイパス店

 

熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096 277 1529

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年3月18日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC02706.JPG

春到来!マックは3月13日のホワイトデー前日からてりたまシーズンが始まっています。オーソドックスなてりたま以外にも、厚切りペッパーベーコンてりたま、チーズてりたまの3種がラインナップです。今回はチーズてりたまに。

ところでてりたまバーガーと月見バーガーの違いってよくわからないって思いませんか?同じ卵でどう違うの?ってことでググってみました。すると、てりたまバーガーはポークパティ、そして月見バーガーはビーフパティだそうですよ。

 

DSC02702.JPG 

こちらチーズてりたま。ポテトとホットコーヒーのセット。いつもながら量多すぎるんですけどね。照り焼きの味がショウガとリンゴ、そしてガーリックが隠し味に入っています。ポークパティだからなんとなくビーフよりも肉肉しさがライトになっている印象。パティはてりやきバーガーがポーク、それ以外がビーフということなので、てりやきバーガーの流れからできたチーズてりたまであることがうかがえます。半熟卵ととろとろチェダーチーズで、とってもおいしい。お友達のフィレオフィッシュとアイスコーヒーも映り込んでます。フィレオフィッシュってもう何年も食べてないのですが、このお友達はいつもフィレオフィッシュ。根強いファンが多いのでしょう。

 

DSC02704.JPG

 

 

相変わらず進歩しないマックのハンバーガー撮影(笑)。おいしいんですよ、ホントに。今回発売された3つの中で口コミが高いのは、やはり厚切りペッパーてりたまのようです。けっこう厚いベーコンがインしていててジューシーなルックスです。食べるときにベーコンがかみ切れなかったりしてmessy(汚れちゃう)になりそうで、なんとなく敬遠してしまうのですが、本気でバーガー食べる際にはmessyを気にしてちゃダメですよね、きっと(笑)。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年3月 6日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

DSC02610.JPG

 

熊本市中央区上通にある高級生食パンの乃が美さん。遅ればせながらやっとデビュー。お友達にプレゼントしていただきました。この前食パンについての一考察したばかりでしたので、今回は、そのおいしさに迫ります。二人暮らしだとなかなか1本食べ尽くすのは勇気がいりますが、さすがおいしい食パンですね、結果からいうと、1本ぺろりとたいらげてしまいました。見た目は普通の食パンです。でも耳までおいしいと評判なので、期待度マックス。

DSC02612.JPG

 

もちろん最初は焼かずに何もつけずに食べて見ました。カット面で決めの細やかさとしっとり感がわかりますね。一口食べると、ふんわりしっとり。食感のよさだけでなく、ほんのり蜂蜜が甘くて小麦の香り。乃が美のパンは、卵が入っていないらしく、アレルギーの方も安心して食べれるとのこと。またバターではなくオリジナルのマーガリンを使うことでこのおいしさを引き出しているとHPにありました。段階的に食べていくと生でもおいしいですが、焼くとさらにおいしくなることを発見。外がかりっとすることで、中のふんわりがさらに引き立つ感じでした。ハムとチーズを乗せて焼いたり、そのままシンプルにバターをつけて食べたり、どんな食べ方をしてもおいしい!ちなみにお友達は予約なしで買えたとのことでしたが、熊本店のホームページを見ると前日までの予約がベターのようです。<YA>

乃が美 はなれ

熊本市中央区南坪井町4?11国友酒店テナント

0963216558

 

 

 

このページのトップへ

2019年3月 4日 Posted time : 00:18 | Category : D@EXコラム

DSC02600.JPG 

 

長崎県東彼杵郡波佐見町。波佐見焼きが有名なこの町で、3月24日まで波佐見豆皿ランチフェアが開催されています。これは波佐見町の10数箇所の飲食店で豆皿を使ったランチを1000円で提供するというもの。カレー屋さんやハンバーグ屋さん、お寿司屋さんなど、いろんなお店があり、毎年好評らしいのです。今年はしっかりデザートまでついて1000円というから、お得感満載。ココットさんという喫茶店に予約して行きました。

DSC02599.JPG

 

ココットさんは小さな喫茶店なのですが、煮込みパスタが有名な店で、知り合いは足繁く通っているとのこと。私は初参戦でしたが、かなりお客さまが多くてびっくりしました。パステルカラーがかわいい。

DSC02596.JPG

豆皿ランチセット。1000円。カレーのスープやエビフライ、サラダ、牛肉の磯辺焼き、そしてゴマのプリンなどいっぱいついてかなりお得。それも全部手作り感満載です。

DSC02597.JPG

カレーには春雨が入っています。スープとして飲んでもよし。わたしはご飯を入れてスープカレーにしていただきました。けっこうスパイシーで本格的な味でした。とにかくお得なので、もう一度くらい参戦したい気分です。<YA>

 

ココット

東彼杵郡波佐見町田ノ頭郷214?3

0956856594

     

 

このページのトップへ

2019年2月28日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

DSC02558.JPGガストで打ち合わせ。朝の時間に行くと10時半までモーニングタイム。ドリンクバー399円と同じ価格で、このピザトーストセット(399円)がいただける(ドリンクバー、スープ付き)のでモーニングを頼んでみました。モーニング10種類以上あって、意外と悩みます。和定食から洋風、サラダモーニング、おじや、卵もゆで卵、目玉焼き、スクランブルとさまざま。これ、悩まずに一発でチョイスできる人尊敬するなー。ちなみにパンのお代わりは99円から。プラス100円すればパンケーキなどにも変更できるとのこと。ピザ用のカッターで切りわけながら食べます。想像以上でも想像以下でもないおいしさで、パンなんかはかえってしっとりしていて市販の食パンよりもおいしいかもしれません。

 

DSC02559.JPG

 

時々思うのですけど食パンって、なかなかすごい名前だと思いませんか?パンだから食べるものなのは当たり前なのに、わざわざ「食」ってつける意味があるのだろうかと思うんです。それなら食米とかあってもいいと思うのだけど、なぜ食パンだけが食という冠をつけることに誰も異を唱えないのだろうと素朴な疑問(笑)。「菓子」パンの対局として「食事」パンという意味があるのかもしれないなーなんて考えたりもする。「調理」パンもありますし、そっちの線かもしれませんね!とドリンクバーのおいしいコーヒーと本日のスープかき玉汁を飲みながら、話す哲学的サタデーモーニングなのでした。<YA>

ガスト熊本藤崎店

熊本市中央区北千反畑町1の23

096の341の1355

 

このページのトップへ

2019年2月26日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

IMG_1459.JPG

 

最近は、肉汁たっぷりの高級ハンバーガーショップがたくさん出てきており、佐世保出身で佐世保バーガーラバーの私としては、ちょっぴり脅威(笑)。昔は安かった佐世保バーガーも最近はより小さく、より高くなっているので残念でもあります。そんな中、アメリカ人の友人がオススメしてくれたなんちゃって高級ハンバーガーの作り方を再現してみました。

材料:スーパーで2割引になっていたハンバーガー、ケチャップ、とろけるチーズ、バター

1スーパーやファストフードショップでリーズナブル価格のハンバーガーを買ってくる。

2ハンバーガーを分解する。

3フライパンにバターをひき、バンズとパテをカリッと焼く。その際、パテの上にチーズをたっぷり増量する。

4火が通ったら、分解した物をケチャップをたしながら再度組み上げる。終わり

いかがですか?簡単でしょう!?新垣結衣ちゃんの「0秒チキンラーメン」の手軽さには負けちゃいますけど、是非お試しください!<YA>

 

このページのトップへ

2019年2月24日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC02520.JPG

休憩したSAでふく富さんの梅の香ひじきを購入。こちら2011年めし友グランプリで全国準優勝を受賞したのだそうです。赤いパッケージのものは若干お安いのですが、こちらの金のパッケージのものは少々お高め。無着色国産梅を使っているのがお高い理由のようです。パッケージには梅の花。寒くったって、もう春ですね!

 

DSC02528.JPG

ひじきとかりかり梅、白ごまをあえてあります。梅が無着色なので、見た目は地味ですが、かり!かり!とアクセント。しっとりしたひじきとの対比がよいです。材料に芽ひじきと書いてあるので、やわらかいものが使われているのでしょう。すっぱさと海の香りとごまの香りで、ご飯が進みます。おにぎりにはもちろん、キュウリのあえ物やぶっかけうどんのトッピングなんかにも合いそうですね。

 

ココで買えます!

株式会社ふく富

福岡市博多区半道橋2-6-34

092?451?1910

 

このページのトップへ

2019年2月20日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

 

DSC02521.JPG

 

今年の我が家のカレンダーが楽しいので、ご紹介します。こちらは石垣島の食べ物や自然などのイラストをかかれる大塚水央さんのカレンダーです。イラブチャーやイリオモテヤマネコ、ちんすこうやシーサー、カーサームーチーなどなんでもアリアリ!それぞれ解説もついているので、毎日楽しいのです!

DSC02525.JPG

もちろん、食いしん坊としましては、食べ物のページが一番楽しい。沖縄でぜんざいといえば冷たい氷ぜんざい。甘く煮た金時豆にシャリシャリ氷が摘まれたオキナワンデザート。ああ、おいしそう。サータアンダギーは、表面がチューリップ型にきれいに割れているとおいしいとも言われる。ほー!そうなんですね。

DSC02524.JPG

大好きな島らっきょも。キムチ味のものも売っているとあります。

DSC02523.JPG

こちらはいまだトライしたことないイカスミ汁。こればっかりは食べず嫌いなのですけどね。いつの日かトライしたい。同じ日本ですが、聞いたことがない食べ物っていっぱいあるんですね。カニステル、マルグクァーなど、舌を噛みそうな発音多数。豊かな食文化を感じますね。楽しい!<YA>

 

このページのトップへ

2019年2月18日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

DSC02516.JPG

 

皆様、楽しいバレンタインデーを過ごされましたでしょうか?わたしは、バレンタインデーに会うご縁のある方にゴディバの個パック義理チョコ(マスターピースシェアリングパック)をアマゾンで購入し、袋詰めしてお贈りすることにしているのですが、今年も大量に購入したのに、誰にも会わず1個もはけず(笑)。ちびちび食べる日々です。

それとは別の話ですが、今年も明治チョコレートとセブン―イレブンがコラボしてキャンペーンをしていましたので、ゲットしにいきました。明治チョコレートを300円以上買うと、嵐松本くんのクリアファイルがもらえるっていう特典付き。ミルクチョコレートは、略して「みるち」と呼ぶのだそうです。確か昨年もクリアファイルほしさに明治チョコレートを買った記憶。

セブンイレブンで明治チョコをゲット「99.9 刑事専門弁護士SEASON2」のファイルもらえます

 

DSC08425.JPG

過去写真。テレビドラマ「99.9%刑事専門弁護士」で盛り上がっていた頃でした(笑)。前回はみるちのパッケージも1種類でしたが、今回はみるちのデザインがなんと50種類もあるのだそうですよ!パッケージの裏にはそれぞれメッセージも書いてあって、自分の気分に沿ったメッセージを選べます。久しぶりに食べる板チョコ、おいしいな。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年2月14日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

DSC02464.JPG

久しぶりに山鹿市の豊前街道をぶらぶら。昔ながらの風情が残る通りですが、なかでも大好きなお店の一つが、こうじ専門店の木屋本店さん。千代の園さんの近くにあり、江戸時代創業なのです。金栗四三ポスターも貼ってありますね。間口は狭く、奥に伸びる屋敷の作りは、当時の税金対策なのだとか。と、一緒に訪ねた外国人の知人に説明したけど、英語でうまく説明できず笑。

 

DSC02465.JPG

こうじ室もあって、こうじも売ってます。米米惣門ツアーの起点でもあります。今ではインバウンドのお客さまも増えているのだそうですよ!イケメンの8代目がほほ笑んでおられます(笑)。

 

DSC02466.JPG

 

甘酒の試飲をごちそうになりました。ここの甘酒は本当においしいです。お店のご主人は、ヨーグルトに混ぜて毎日飲んでいるそうですよ。甘さ控えめで滋味深い。飲む点滴って言葉がぴったりですね。

DSC02462.JPG

もちろんお持ち帰りしました!これでインフル撃退ですね。<YA>

山鹿市山鹿1820番地 

0968?43ー2301

 

このページのトップへ

2019年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC02445.JPG

 

イラストレーターのたなかみさきさんのPOP UP SHOPが鶴屋東館で開催されていると聞き、行ってきました。たなかみさきさんは、ビレッジバンガードなどともコラボされている売れっ子イラストレーターですが、ちょっとエッチでレトロな作風で知られています。熊本市内に住んでおられたこともあり、熊本にゆかりの深いイラストレーターさんです。2月2,3日にはご本人がポップアップショップにいらっしゃったみたいですが、用事がありお伺いすることができず。18日まで開催されていて、店内撮影OKとなってます。

DSC02443.JPG

 

ショップのタイトルは、「プライベートジェットストリッパー」展。この展示会のための書き下ろしも多数。もちろんイラスト購入できますよ!

DSC02444.JPG

Tシャツやバッグなどコラボ商品もあり!

DSC02447.JPG

 

今風だけど、なつかしくもあり。年齢層を超えて愛されてます。<YA>

私もフォローしてるたなかみさきさんのインスタはオススメ!みさきワールド全開ですhttps://www.instagram.com/misakinodon/

 

このページのトップへ

2019年2月 4日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

  

 

会社のHちゃんに教えてもらったおいしいケーキ屋さん山鹿市にあるriccaさんに行きました。鹿本農業高校の近くにあるのですけど、お店の店構えからとてもステキ!ここ、山鹿?って思っちゃう感じです。閉店ぎりぎりに滑り込みセーフ!

 

イートインスペースもあり。クリスマスリース作りやお食事会などのイベントもやられているみたい。この前のお食事会は花小町の本田シェフが来られたようです。なんというすばらしいコラボレーションなのでしょう!

 

DSC02390.JPG

ケーキを何個かお持ち帰り。フランス版ショートケーキ「フレジェ」。もともとフランスにはなかった苺を18世紀に探検家のフレジェという人物がチリから苺を持ち帰り栽培したのがきっかけで広まったとHPにあり。

DSC02387.JPG

オペラ!なぜオペラというのかというと、オペラ座を模してあるからだそう。モカ風味のバタークリーム、チョコレートのガナッシュ、たっぷりのコーヒーシロップ。なんというコラボレーションなのでしょうか。おいしすぎます。このチョコのおいしさだと、バレンタインチョコもきっとすばらしくおいしいでしょうね。

 

DSC02386.JPG

そして、一番気に入ったのがこちらのケーキ!名前を失念。今まで食べたことのないおいしさでした。次回はもっと詳しく書けるようにリベンジです涙。<YA>

ricca
熊本県山鹿市方保田279-1
Tel:0968-41-9399
営業時間:10時〜18時30分

お休みはここで確認!

このページのトップへ

2019年2月 2日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

DSC02380.JPG 

鹿児島といえばとんかつ!と毎回叫んで、毎回とんかつを食べますが、実は「このとんかつ、●烈亭のよりおいしい!」というものにいまだ巡りあわず。今度こそリベンジってことで、アミュプラザのかつ寿さんの「上黒ロースかつ定食」に挑戦。価格は250gで2500円なり。まあわかりやすいですけどね。量的には3切れくらいでおなかいっぱいになりそうと思いながらも、心強いメンズを二人連れていたので、シェアすれば、おいしいとんかつをちょこっとだけ堪能できるハズ。こちら、お待ちかねの上黒ロースカツ定食です。

DSC02383.JPG

 

ほのかなピンク色に期待大。ほかのとんかつより一回り以上お高いですから、期待しましたけど、普通においしいって感じでした。しかし脂がのっているからか、二切れでおなかいっぱいに。黒豚のしゃぶしゃぶはかなりヒットでしたが、とんかつっていうメニュー自体が、もう年齢的に無理ってことでしょうか。<YA>

 

とんかつかつ寿

鹿児島市中央町1の1アミュプラザ鹿児島地下一階

099-812-7127

このページのトップへ

2019年1月31日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

DSC02343.JPG

 

去年に引き続き東海大学の学食グルメを楽しみました。年齢を重ねて学食行くと変にウキウキするのは何なんでしょうね(笑)。

 

東海大学熊本キャンパスにてランチタイム

去年はカレーを食べましたが、今回は別の学食に潜入。いわゆるカフェ風の学食で、前回も「次回はカフェ風学食に行きたい」と熱望していたため夢が叶ったカタチです。なんだかメニューもオシャレです。ハンバーガーとかパンケーキとかあるみたい。

DSC02342.JPG

手ごねチーズハンバーガーとかそそられますが、ちょっと食べづらそう。

DSC02345.JPG

 

パスタにしてみます。日替わりパスタは、たらこパスタです。400円と激安。券売機で購入。前回行った学食よりも圧倒的にメニュー少ないですが、50円デザートとか謎の気になるメニューもあり。

 

DSC02347.JPG

パスタランチです。タラコがたっぷり入っていておいしそう!サラダとフランスパンがついています。これ、見た目以上に盛りがよくってびっくり!フランスパンまで入りませんでした。男性陣は、大盛りをオーダーしておられましたが、器がカツ丼が入っているような丼でした(笑)。オシャレとはいえ、食べ盛りの学生さん向けの配慮を欠かさないSIESTAさんでありました。<YA>

東海大学熊本キャンパス

 

 

熊本市東区渡鹿9の1の1

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年1月19日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

DSC02217.JPG

 

虎ノ門でランチ。スモーカーと一緒でしたので、喫煙できる場所をとのことで入ったのがソーホーズベーカリー3206さんです。こちらはベーカリーだけあってパンとかサンドイッチが有名なお店のようです。特に有名なのがゆで卵がいっぱいはいってフォトジェニックなデビルサンドなるもの。これは寒かったので温かいものが食べたくてボロネーゼをオーダーしました。ほかにサラサラのタイカレーなどのもあり。スモーカーたちは、テラス席で煙草を吸っていました。寒かろう・・。

DSC02219.JPG

 

こちらがボロネーゼ。お肉がごろごろしていて中太麺で食べ応えあり。しこしこしたパスタがミートソースに絡みおいしいですね。特選合いびき肉を使ってあり赤ワインとトマトソースで煮込んであるのだそうですよ。カフェにしては本格的です。

 DSC02216.JPG

 

こちらがカレー。タイカレー風でおいしそうでした。一仕事終わった後のランチはおいしさひとしおですね。この日、私は浜松町駅からこのエリアまで歩いて往復してみたのですが、一日14キロを歩いていました。今年の目標の一つに「歩く」っていうのがあるので、ミッションコンプリートしました。<YA>

 

ソーホーズベーカリー3206

東京都港区虎ノ門3-20-6大久保ビル 1F

 

このページのトップへ

2019年1月17日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

 

 

 

DSC02220.JPG

新宿の叙々苑に行こうと思いましたが、あいにく満席。頭の中が焼き肉でいっぱいになっていたので、近くのToRaJiさんに入りました。熊本には店舗がないので、初来店。分厚いタン塩が有名な店なのだそうです。とりあえずのサラダ。名前は4代目トラジサラダという名物サラダ。4代目JSBとは関係ないと思われますが。紫芋みたいなのも入ってノンオイルドレッシングで食べるヘルシーっぷり。

 

DSC02222.JPG

 

こちらはにぎり寿司。サーロイン握りでうまし。

 

DSC02225.JPG

石焼きピビンパ。香ばしおこげがおいしいです。メニューにピビンパとあります。ビビンバではない。ずっとビビンバと発音していましたが、正式名称ってなんなのでしょう。

DSC02223.JPG

 

何の肉か忘れましたが。上品な盛り(笑)。

DSC02224.JPG

目の前でジュージュー焼きます。全体的に厚切りでジューシー!おいしい!サシもちょうどよく入っています。

 

 

DSC02232.JPG

最後に出てきたアイス。

DSC02234.JPG

こちらもいただいた笛ガム。

 

 DSC02235.JPG

こちそうさまでした。それにしても新宿歌舞伎町って、本当にヒトが多くて、田舎から出てくると辛い(笑)。人酔いしました。<YA>

ToRaJi 新宿東宝ビル

東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル1F

 

 

このページのトップへ

2019年1月15日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

DSC02183.JPG

スリランカ2ndに行きました。また今年も何度もお世話になりますでしょうから、新年のご挨拶ってコトで。それにしてもおせちに飽きた方が多いのか、お正月から大盛況ですね。年末年始の暴飲暴食がたたっておりますが、メニューを見たらミニっていうのがあるのですね。価格は200円ほど普通サイズより安い。では今回はミニで行きます。こちらがミニサイズ。

スリランカカレーバックナンバー。

スリランカカレー ヌードルカリーで胃が・・・・スリランカ2nd

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

 

DSC02182.JPG

こちらの角度から見たら少し量が少ないのがわかっていただけると思います。ちなみに最も辛いリアルレッド。

 

念のため普通サイズは・・・。

 

DSC02184.JPG

 

これ。ヌードルの量はあんまり変わらないですが、肉の量が一個多いですね。ちなみに色を見てわかりますが、こちらはマイルドマイルドマイルドです。三回マイルドを言ったらこの色となります。

去年は福岡市のスリランカカレー店モナラデビューをしようと思い、天神から徒歩でモナラまで歩いて行ってみましたが、なんとお休み。今年はこちらもリベンジ予定です。<YA>

 

このページのトップへ

2019年1月11日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

DSC02121.JPG

すっかり嵐コンサート参戦時のルーティーンと化したSHINSHIN詣出(もうで)。嵐のメンバーが福岡コンサート時の楽屋で食べたことが発覚して以来、嵐ファンの聖地的な扱いとなっているわけで、コンサートのたびに毎回詣でてしまいます。

以下、嵐とは関係なく訪ねた日も数回。カップ麺も登場した際買ってしまう律義さよ(笑)。KITTEにあるので行きやすいのもありますが、毎回行列できている人気店です。

博多純情らーめん ShinShin 餃子セット&半やきめしセット

博多純情らーめん Shinshin 細麺♪おいしい♪

ShinShinカップ麺登場 炊き出し豚骨感あふれています

 

DSC02120.JPG

今回は、焼きラーメンを初めてオーダーしてみました。麺が針金のように見えますが・・・。

 

DSC02123.JPG

 

食べても針金のような硬さでした。ラーメンは麺の硬さ選べますけど、焼きラーメンは選べません。この硬さが標準と思われます。

DSC02119.JPG

こちらは定番のラーメンです。

DSC07859.JPG

 

らーめんのたれも健在。次回はラーメンで行きたいと思います。<YA>

Shinshin

博多区博多駅中央街9の1KITTE博多B1

092(260)6315

 

 

このページのトップへ

2019年1月 5日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC02240.JPG 

 

寒い毎日。最近マックづいていて、コーヒーだけじゃなんなんでってことで、ついついマックシナモンメルツを頼んでしまうこと多々。このマックシナモンメルツ463キロカロリーもあり、軽くバーガー一つ食べたくらいのカロリーを稼いでしまう。正月太りの加算もあるわけですから、稼いだ分くらいは消費しないといけないのですが、我が家からマックは徒歩3分のため、マック⇔自宅間を歩いて往復してもまったく加算分は減らない計算となる。

DSC02238.JPG

 

それでもこのとろっとろの見た目で目の前で差し出され、その甘さとスパイシーさが鼻腔をくすぐるとついついぺろっと食べてしまう。ああ、禁断のシナモンメルツ。

 DSC02242.JPG

 

期間限定販売ゆえ、毎年1月末くらいにはいなくなりますが、その限定感もかえってオーダーの回数を増やす原因となってしまう。こればっかりは上品な甘さとかカロリーオフとかグルテンフリーとかやめて、永遠に思いっきり毒々しく甘ったるいままでいてくれと強く願う。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年1月 3日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

howdytyasyudon2.jpg 

寒い毎日が続いています。こんなときに食べたくなるのは、さくら通り三楠のちゃんぽんですよね。というわけで、行こうとなったのですが、三楠の敷地内に・・・

 

DSC02064.JPG

 

キッチンカーのカレー屋さんがあるのですね。フジヤマドラゴンカレーさんです。

 

DSC02065.JPG

 

メニューはこんな感じ。なんだかそそられます。ってことで急遽フジヤマドラゴンカレープレーン辛口550円をお持ち帰りして会社で食べることにしました。

DSC02070.JPG

 

なかなかフォトジェニックなカレーではありませんか。ターメリックライス風の黄色いご飯に、キーマカレーと温泉卵、フライドオニオンがのっています。フライドオニオンの量に少々詐称感ありますが(笑)。横には、さらなるルーがあり。つまり普通カレーと、キーマカレーの2種類が楽しめる仕組み。

 

 

 

DSC02072.JPG

 

辛み調節用のスパイス付き。

DSC02073.JPG

 

ときにキーマ、ときにさらさら、ときにミックス。いろいろな食べ方が楽しめます。なかなかおいしい!辛さも辛すぎずちょうどよいです。チェーン店のようですが、HPにSpice up your boring life.という名コピーを発見(笑)。フジヤマドラゴンカレーを食べて、退屈な日々をスパイスで吹き飛ばしましょう!

熊本市南区馬渡2-135(さくら通り三楠駐車場内キッチンカー) 096-334-3339

 

 

このページのトップへ

2018年12月30日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

DSC02152.JPG博多駅のくうてんにあるポール・ボキューズさんでランチ。日曜でしたのに意外に空いていてびっくり。KITTEさんができてからあちらもお客さまが流れているのでしょうか。というわけでほぼ貸し切り状態で始まったランチタイム。

編集長は、ここのキャラメリゼしたクレームブリュレがお気に入り。楽しみです!

編集長過去記事↓

博多くうてん店

東京大丸店

 

3800円のコース(アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー)に前菜を鴨フォアグラのポワレ (+¥900)に変更しました。

DSC02159.JPG


鴨フォアグラのポワレ トウモロコシのガレットソースヴェルジュ。うまし。ソースがパッションフルーツ風で甘くて合います。
 

 

DSC02157.JPG

 

 
パンもいい香り。

 

DSC02155.JPG

 

 
チキンのパテとオリーブオイルも一緒に出てきました。

 

DSC02161.JPG

魚料理は、焦がしバターソースほろ苦いアンディーブのローストと一緒に。久しぶりのアンディーブ。大人になったのか、この苦みもおいしく感じられました。

 

DSC02163.JPG

お肉は、スペイン産栗豚肩ロース肉 糸島産豚肉のソーセージと冬野菜のポトフベアルネーズソース。手前の絵画チックな黄色のはマスタードです。これにつけながらいただきます。豚肩ロース肉も軟らかくてとてもおいしい。前菜を重くしてメインを軽くすると、満足感が高いことに気づく。

 

DSC02158.JPG

店内は知らぬ間に満席になっていました。やはり人気店です。女性でお一人様のお客さまもちらほらおられます。最初にメニューを見て気づきましたが、一番リーズナブルなランチメニューは1800円からあるのですね。すごいコスパだと感じます。

 

DSC02166.JPG

お待ちかねの「ムッシュ ポール ボキューズのクレームブリュレ」。ムッシュ、トレビアーンと叫びたくなるおいしさ。

 

 

DSC02164.JPG



キャラメリゼした林檎の軽いタルト シナモン風味のアイスクリームを添えて。シナモンアイス一つとっても、想像以上のおいしさです。あまり人がいなくて意外と穴場なのかもしれない。今度一人で訪ねてみよう。<YA>

 

このページのトップへ

2018年12月28日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC02180.JPG

ガトーよこはまさんのプレミアムチーズケーキをいただきました。こちらは伝説のチーズケーキが楽しめるという横浜のお店。羽田空港で購入できるみたい。HPを見ていると、フルーツソースがかかったものや紅茶フレーバーのものなど、いろんな種類が売ってあるようですね。しかしなぜかプレミアムチーズケーキの記述なし。

 

DSC02178.JPG

 

 

こちらプレミアムチーズケーキ。いろいろ調べていても、上にキャラメルたっぷりのプレミアムチーズケーキにあまりヒットしませんが、このキャラメルのおいしさこそが、チーズケーキのおいしさをぐっと引き立てる秘けつとなっています。もちろんチーズケーキ自体も上質のクリームチーズ効果か、甘さが控えめですが濃厚、濃厚だけどくどくないというバランスの良いお味なのですが、このほろ苦いキャラメルと合わせることで、さらにお味が複雑に!チーズケーキ、ちょっとはまりそうな予感です。<YA>

ガトーよこはま

横浜市神奈川区栄町89?26

045?441?2310

 

このページのトップへ

2018年12月26日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

DSC02061.JPG

ぐるぐる倉庫さんの植木店がオープンしました!チラシを見ていたらオープニング記念で、コストコフェアをやっているとのことで、冷やかしに行ってみることに。任天堂スイッチが安くで買える抽選会をしていたので、小学校3年生のおいっこを連れて参戦。スイッチ抽選券がもらえる行列は、すごい列で、「当たるわけないよね」って感じで、案の定ハズレ。そしてコストコフェアの商品にも人がむらがっていて早々に品薄に。一人1個だけしか買えなかったので、フレーバーコーヒーをゲット。ヘーゼルナッツバニラ味。アマゾンで調べてみたら、2700円で売っていました。1000円しなかったから、かなり格安なんじゃないでしょうか。

 

DSC02063.JPG

 

ホールビーンです。袋を開けると、いい香り。フレーバーコーヒーって好き嫌いがありますが、このコーヒーは、たくさん飲んだフレーバーコーヒーの中でもかなり好きな部類でした。ナッツとバニラが甘い香りで、コーヒーと合うんですね。甘い香りなのに、甘くないのもうれしいですし、ミルクを入れて飲んでもおいしい。しばらくはこれ一本でシゴト頑張れそう。

 

コンビニ各社さんで、甘くない一杯立ての甘くないフレーバーコーヒーとフレッシュフルーツジュース(絞りたて)が楽しめるとうれしいな。フルーツジュースはいつも言ってるけど、フレーバーコーヒーも是非この場を借りてお願いしておきます(笑)<YA>

 

このページのトップへ

2018年12月24日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

 

DSC02056.JPG

長崎県東彼杵郡川棚町。あまり熊本の方にはなじみがないかもしれませんが、日本棚田百選に選ばれている「日向の棚田」がカメラマンに人気。あと東彼杵郡出身の女優さんに仲里依紗さんがいます。さらにさらにインド孔雀がいっぱいいる大崎のくじゃく園。あの羽根の模様が目玉のようで怖かったことは今でもトラウマ的に覚えています。大学生になるとマジックが有名な四次元パーラーあんでるせんさんに通っていました。今もあるみたいですね。すばらしいマジックを見せてくださいます。そしていさみ屋の川棚まんじゅうもおいしいのですが、なんと売り切れ。同じくいさみ屋さんの心ばかりというオレンジのパウンドケーキを購入しました。おもたせにぴったりの名前とパッケージですね。

DSC02058.JPG

 

ずっしりとしたパウンドケーキで、カットするとオレンジの香りがふんわり香ります。材料に余計なものが入っていない手作り感がうれしいですね。ちなみにいさみ屋さんはかりんとうまんじゅうも大人気。そしてかりんとうまんじゅうも売り切れでした。もともとは和菓子ショップなので、和菓子からどんどん売れていくのでしょうね。次回は和菓子でリベンジです!<YA

有限会社いさみ屋

東彼杵郡川棚町栄町15の1

0956(82)2310

このページのトップへ

2018年12月18日 Posted time : 00:59 | Category : D@EXコラム

DSC09661.JPG

 

お友達にプレゼントでいただきましたHuilerie de Blotの種入りマスタード。 読み方はユイルリードゥブロと読みます。舌を噛みそうなネーミングです。紫色なのは、ぶどうの果汁が入っているから。Huilerie de Blotは、1857年に創業。フランス中部なだらかな山々が並ぶ美しい自然に恵まれたオーヴェルニュ地域圏ピュイ=ド=ドームにあります。1857年に創業し、オーナーのBouleauさんがその当時から使用されている石臼を使い昔ながらのシンプルな製法でヘーゼルナッツオイルやクルミオイルを作り続けています。
そしてこのぶどう果汁入りマスタードは添加物不使用だそうで体にも優しい商品。ソーセージやハム、ドレッシング、サンドイッチやホットドッグなど何にでも使用できますよ。

食べてみるとプチプチとした食感が楽しい風味豊かな種入りマスタードです。マスタードの種はフランス・シャロント産のブラウンマスタードを厳選して使用。マスタードの種に酢、水、白ワイン、塩を加え最低3ヶ月風味を移してから瓶詰めされます。増粘剤や保存料、着色料などの食品添加物は一切使っていないとのこと。クリスマスを間近に控えた今日この頃。オープンしたばかりの菊鹿ワイナリーにワインとソーセージを仕入れに行きたい気分になりますね。<ya>

このページのトップへ

2018年12月16日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

DSC01700.JPG

久しぶりに清水の肉肉うどんさんへ。3号線を歩いているといつも博多華丸氏がすごい目力で店の中から訴えかけてくる。「体調が悪ければ悪いほど、うまい!」と。というわけで体調が悪いときに行ってみました。

どうでもいいことですが、華丸さんのオシがはなまるうどんではないことに信念を感じます。きっと華丸さんの大好物がはなまるうどんでしたら、CM決定間違いなしでしょうに。なーんてね。

 前回の肉肉うどんの記事

DSC01699.JPG

単品、とろろ入り。肉肉うどん。本当に体調不良でしたので肉肉うどんなのに肉なしです。濃い甘辛スープが食欲増し。おいしく食べることができました。確かに体調不良のときでもイケマスね。

DSC01697.JPG

こちら連れが頼みましたアジフライ定食。ネットで見ていると、こちらのアジフライ人気みたいです。サクサクしていておいしそうでした。ご飯とうどんのダブル炭水化物はちょっとノーサンキューですけどね。<ya>

DSC01012.JPG

 

肉肉うどん清水バイパス店

 熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096の277の1529

 

このページのトップへ

2018年12月12日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

 

DSC02025.JPG

芦北へ行きました。芦北に行ったら是非立ち寄りたいのが、こちらのJAあしきたファーマーズマーケットでこぽんさんです。

DSC02027.JPG

でこぽん関連商品多数。なんだか全体的にオレンジ色がかっていますね。

DSC02029.JPG

でこぽんちゃんスイーツも多いです。そんな中、異彩を放っていたのが

DSC02031.JPG

北海道物産展(笑)。チーズやいくらの加工品などもたくさんありました。百貨店で見かける北海道物産展ではみたことないラインナップになかなか楽しめるっていうね。こちらはシロクマロールというパン。北海道産小麦100パーセント使用です。

DSC02037.JPG

くるみ入りなど数種類ありましたが、酪農バターロールを購入しました。白熊ちゃんが小麦を手に持っています。こちらの白熊ちゃんは、現代美術家ミヤマケイさんの手なるものだそうです、自然で素朴な色合いですね。白い球磨には、強く、気高く雄大な政令であり、大地の豊かな恵みや自然の大いなる力の象徴であり、大地の守り神といわれているそうですよ。

DSC02034.JPG

ふわふわのパン4個いり。これまた北海道フェアで買ったミモレットチーズと一緒に食べました。ふわふわでおいしいです。

DSC02024.JPG

帰りに芦北の舞鶴城公園に行きました。ここは、紅葉がきれいなスポットとして有名です。きれいですね?。

DSC02023.JPG

 

いつも見上げていた重盤岩が眼下に見えるスポットがあるとは!日の丸の旗がはためいていました。<ya>

舞鶴城公園

芦北郡津奈木町岩城

 

このページのトップへ

2018年12月 8日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC01919.JPG

 

テレビドラマ「木枯らし紋次郎」といっても、今の若い人は知るまい(笑)。私もおぼろげな記憶で、つまようじを加えた紋次郎が「あっしにはかかわりのねえことでござんす」と言っていたことだけを記憶しており、どんな話だったのかまったく覚えてはいない。ということを、紋次郎さんという店に行き思い出しました。紋次郎さんは、カレーがとってもおいしいと評判の店。ナゴミカレーロードという地図を肥後民家村で見つけて、それに掲載されていたのです。山鹿市や和水町、玉名市などは、カレー屋さんが多いのだそうです。紋次郎さんのカレーは、赤ワインで煮込んであるカレーなのだとか。

 

DSC01917.JPG

 

こちらはチーズカレー600円です。チーズ抜きの普通のカレーなら500円というからかなりリーズナブル。チーズがとろとろと糸をひいてかなり大量に入っているのがわかります。口に入れた瞬間は甘いのだけどじわじわ辛くなるという口の中で好みの展開に(笑)。赤い福神漬けを久しぶりに食べて、小学生の頃、嬉野温泉センターのプールに行くとき、必ず食べていたカレーを思い出した(笑)。ひょんなことで記憶の奥底の不思議な出来事を思い出して我ながらびっくりしました。<YA>

焼き肉居酒屋紋次郎

熊本県玉名郡和水町板楠62-1

0968344003

 

 

このページのトップへ

2018年11月29日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC01404.JPG上野駅近くで若者と合流。もつ焼きのおとんばという店に連れて行ってくれました。おとんばっていうところみれば、豚メインのお店でしょうか。入り口は小さいですが、ものすごい人でにぎわっています。中に入ると奥行きがあり、さらに2階もあって、思った以上に広い店。60人くらいは入るかな。広い店にぎゅうぎゅうにテーブルが入っていてものすごい人口密度!なんかすごい店に来たなあ!って感じで、東京ってやっぱり人だらけと感じる店です。メニューもこんな感じ。かなりリーズナブル。

 

DSC01414.JPG

銀杏揚げ。おいしい。数年前銀杏を食べ過ぎて以来アレルギーですが、食べ過ぎないことが肝心。銀杏とマンゴーのアレルギーは、過剰摂取が原因と自覚しているため自制する心が大事、オトナなんだから。

 

DSC01413.JPG

 

レバざんまい(ムースとパテ)。突然オシャレ居酒屋みたいになっていますね。

 

DSC01411.JPG

串盛り。1本90円は安い。

 DSC01405.JPG

 

 

オススメの肉味噌冷ややっこ。麻婆豆腐のような味です。夏場は麻婆豆腐よりこっちの方が食べやすいのかもしれない。

DSC01409.JPG

こちらもオススメの名代どろもつ煮込み。なんだかキモとモツの食べ過ぎで、少々胃袋に負担が。若者と行くと、酢の物とかオーダーするのを許してくれない。

 

DSC01410.JPG

 

ミズナと大根のじゃこサラダでさっぱりと。最終の飛行機に間に合うために急いで食べたため、なんだかもたれましたが、B級グルメを楽しみました。<YA>

もつ焼 おとんば

 東京都台東区上野6-7-13

03-6803-0291

 

 

 

このページのトップへ

2018年11月27日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

 DSC01403.JPG

 

長野に行ってきました。行ったのはぶどうの時期でしたので、ちょっと前の話。レンタカー借りてドライブしていると立ち寄りたくなるのが、道の駅。ご当地のおいしく珍しいものに出会えるので、楽しみの一つ。この道の駅は道の駅中条。長野市から白馬村方面に向かったところにある道の駅です。

 

DSC01397.JPG

名物は笹だんごならぬ笹おやき。笹にくるまっています。

DSC01396.JPG

 

なすかぼちゃ、野沢菜、さらにミックス(切り干し大根や野沢菜、長ネギ)もあり。おかず感満載ですね。信州は急峻な地形で米の生産に適していないことから、小麦文化が根付いているんだとか。季節の野菜や山菜を小麦粉の皮で包んで囲炉裏の灰の中で焼いていたのがおやきのルーツだそうです。中条地域では、端午の節句におやきを笹の葉に包んで子どもの成長を祝う風習があり、これが笹おやきのルーツと言われています。おやきはお土産用で冷たかったのですが、あつあつ出来たてだったのが・・・

DSC01393.JPG

これ。揚げもちです。ドライブのお供にぴったりの串刺し。セブン―イレブンのから揚げ棒よりもヘルシー。かな?

DSC01400.JPG

みその甘辛味が香ばしく、揚げもちなのでコクがありおいしいです。そういえばこちらの郷土食におぶっこというものがあります。おぶっこは、信州味噌のみそ汁に麺がと野菜がたっぷり入っているものです。そばや小麦文化が根付く信州で米を食べるとは実はぜいたくなことなのかもしれないと思いながら、揚げもちをほおばるひとときでした。<YA>

道の駅中条

 

長野市中条住良木1704 

 026-267-2188

 

 

 

このページのトップへ

2018年11月15日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC01825.JPG

鹿児島に来て、とんかつを食べずに帰るのは、クリープのないコーヒーってことで、とんかつ屋さんに。前回六白さんのカツ丼への思いを残したままでしたので、六白さんに行きましたが、まさかの定休日で、口コミのよかった開花亭さんへ。お昼の時間帯とは少しずらして来店しましたが、こちらもかなりの人気店のようで、店舗前にある駐車場はいっぱい。近くのコインパーキングにとめました。ぐるり見渡しましてもカツ丼食べている人はあまりおらず。でも今日の気分はカツ丼なんだもんね。揺らぐことなくオーダーしました。ヒレのカツ丼とロースのカツ丼の2種類がありました。こちらはロースのカツ丼。これでもご飯小盛りにしてもらってます。

 

DSC01827.JPG

お出汁のシミシミ感がすばらしい!

DSC01828.JPG

 

そして、カツの分厚さがすごい!同行者のヒレカツのカツ丼はこんなに分厚くなく、ロースで正解でした。しかしロースカツ丼より熟成ヒレカツ丼の方が少しお高い。熟成してあるからでしょうか。キャベツお代わり自由でセルフのコーヒーもついていて、850円となんとも良心的でお得。おなかもいっぱいです。

開花亭さんのメニューは、ミンチとタマネギを混ぜてデミグラスソースをかけて卵と絡めて食べるカツバーグ定食など、おいしそうだけど味の想像ができないメニューもありますね。とんかつならぬみそチキンマヨカツなんていうレアメニューもアリます。定番もきっちりおいしく、あくなき探求心からかチャレンジングなメニューもあり、地元の人に愛される人気店なのがわかります。<YA>

 

開花亭

谷山本店
TEL:099-267-4003 
鹿児島市谷山中央1-4970

このページのトップへ

2018年11月13日 Posted time : 00:40 | Category : D@EXコラム

 

DSC01753.JPG

鹿児島県歴史資料センター黎明館であっている西郷どん展を見た後、近くにあるロイヤルホストさんに行きました。3時頃でしたが昼食を食べていなかったので、こちらのパスタをオーダーしました。国産豚ときのこのポルチーニクリームソースです。ポルチーニっていつも思うけど、音の響きがかわいい。秋になると毎年のことですが、一度でいいからキノコ狩りを体験したくなる。「白鳥山でナバ狩りをして、その場で鍋にして食べた」などと聞くとうらやましい気持ちにいっぱいになるのですが、キノコばかりはやはり専門家と一緒に行かないと怖いです。竜田山にもおいしそうなキノコがいっぱい生えてますが「普通の顔」をした毒キノコがいっぱいあると専門家に聞きました。いかにも毒毒しい顔をしていなくても毒があるなんて、まったくキノコって深いです。

 

 

DSC01754.JPG

中太麺でアルデンテ。国産ポーク、フライした舞茸、しめじをポルチーニが香るクリームソースと合わせ、パルミジャーノレジャーノで仕上げてあります。寒い日はクリームパスタがおいしく感じられますね。

ところで先の黎明館なのですが、なんと12月からリカちゃんの50周年展があるようです。リカちゃんとその家族が580体展示されるだなんて、夢のよう(笑)リカちゃん世代の私としては、猛烈に見たい衝動に駆られております。<YA>

このページのトップへ

2018年11月 7日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC01334.JPGまたまた来ましたチーズがおいしいお店ポムドテールさん。寒くなるとますますチーズ熱がアップ。大分からチーズ好きのお友達が来たので来店です。それにしても相変わらずの満席ぶり。店がどんどん増殖しているポムドテールさんですが、根強いファンの皆さんから指示されているのがわかります。もう季節的に最後でしょうか。イチジクの前菜。チーズとの相性抜群です。

DSC01335.JPG

 

おきまりのラクレット。フランスパンにつけていただくのもおいしいですが、赤いジャガイモにつけて食べるととってもおいしいです。ジャガイモの味が濃い!

DSC01338.JPG

おきまりのアヒージョ。ガーリック入ってますが、もう全然気にしません。おいしいものを食べたい気持ちが勝つ。トマトも合うんですよね、アヒージョに。

DSC01340.JPG

 

ゴルゴンゾーラのパスタ。アルデンテ感と濃いチーズの組み合わせが絶品です。

DSC01341.JPG

 

いろんなチーズの種類がのったピザ。ハーフで。ブルーチーズが効いてます。他のメニューにも挑戦したいと思うのですが、いつも同じメニューを頼んでしまいます。

DSC01342.JPG

 

コーヒーでしめました。本当はおいしいチーズ系のデザートも食べたかったのですが、おなかがいっぱいです。クラフトビールとワインの充実ぶりも女子には必ず受ける店。オススメは山椒のクラフトビールです!近々また行きます!<YA>

ポム ド テール (Pomme de terre)

熊本市中央区上通町4?18第二井上ビル二階

096-322-5121

 

このページのトップへ

2018年11月 3日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

 

DSC01705.JPG

 

弊社の徒歩圏内にあるけやきカフェさん。経営が松橋町にあるカフェに変わられているとのことで、カフェメニューが充実していると聞き、訪ねてみました。オシャレな店内です。うどん屋さんだった頃の面影もなく、ちょっぴり悲しいのですけどね。この丼メニューが気になります。全品スープ付きで680円とリーズナブル。タイ風ガパオ丼とかもあり、これは一度試さねばなりません。今回はアボカドビーフ丼とチリマヨチキン丼をオーダー。

DSC01706.JPG

 

インスタ映えます!ご飯の上にレタス、そしてスイートチリソース味の揚げたチキンが載っています。揚げ立てチキンにチリ味が合いますね。マヨが入っていることでマイルドさとこくがプラスされていて、子どもでもおいしく食べることができます。

 

DSC01710.JPG

こちらはアボカドビーフ丼。丼と言えば親子丼と牛丼しか我が家のメニューのレパートリーはないのですが、ちょっと目先を変えるだけで、ずいぶん違ったオシャレな趣になりますね。真似して作ろう。ビーフの味は、ガーリックが効いたステーキソース風の味で美味でした。

 DSC01704.JPG

 

ここでもう一つのオススメがパンケーキです。スキレット鍋で一つずつ焼き上げるらしく、ちょっぴり時間はかかるけど絶品と聞きました。次回はパンケーキに挑戦します。ちなみにこのお店、夜はハイボール酒場という居酒屋さんになります。2つの顔を持つ店なのです(笑)。<YA>

 

けやきカフェ

熊本市南区馬渡2?13?3

096(379)0379

 

 

このページのトップへ

2018年10月22日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

DSC01361.JPG

「一生に一度は善光寺参りをしたい」と言わしめる長野県の善光寺。1400年も前に立てられたお寺です。初めてお参りする善光寺は、その威風堂々たるたたずまいにひれ伏してしまいたくなるほど。念仏を唱えれば誰でも極楽に生けるということで、男女分け隔てなく休載するというお寺で、昔から女性の参拝客も多かったのだそうです。

DSC01360.JPG

参道には、ずらりと宿坊があります。宿坊とはお参りに来た方が宿泊する旅籠的なところなのですが、それぞれの宿坊に御堂があり、住職がいらっしゃるのだそうです。なんでも39もの宿坊があるのだそうですよ。風情があります。

 

DSC01368.JPG

 

精進料理を振る舞われるのだとか。どれも古き良きたたずまいを残していらっしゃいます。

 

DSC01358.JPG

仁王像。筋骨隆々。シックスパックもがっつり割れている。家族の健康をしっかりお参りしてきました。<YA>

 

 

このページのトップへ

2018年10月20日 Posted time : 00:28 | Category : D@EXコラム

 DSC01637.JPG

「西郷どん」で沸く鹿児島に行ってきました。いよいよ大河ドラマもクライマックスに近づいており、秋の行楽シーズンも相まってかとにかく人が多い鹿児島。黎明館、城山、仙岩園などなど、どこにいっても人だらけというイメージです。天文館は、あまり詳しくないのですが、「味の六白でカツ丼を毎回食べる」という知人に連れられ尋ねました。こちらはとんかつ系のメニューが多数。ロース定食などもありますが、キャベ丼なるメニューを食べている方が多いみたい。もちろん壁ドンではありません。

 

 

DSC01636.JPG

 

 

キャベ丼。ご飯の上にキャベツの千切りがのってその上に熱々のとんかつと甘辛いとんかつソースがのっているという想像通りのどんぶりです。キャベツは少し太めの千切りでしゃきしゃき感マシマシです。カツも熱々で、このコンビネーションですから、間違いのないおいしさですね。ご飯少なめに盛っていただいたにもかかわらず、量が多くて途中でギブアップ。530円でこの量、このクオリティは良心的。まさに鹿児島の皆さんの胃袋を支えてきた店なのでしょうね。それにしても隣で食べているカツ丼のおいしそうなこと。次はカツ丼に挑戦してみようと思います。それにしても西郷どんのゆかりの地は、一回来たくらいでは回りきれませんでした。またかるかんを買い忘れたことも残念で、近々再訪したいと思います。<YA>

味の六白

鹿児島県鹿児島市東千石町14-5 2F
099-222-8885

 

 

 

このページのトップへ

2018年10月12日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

DSC01608.JPG宜野湾市にある隠れ家レストランKOBAさんに行きました。牛ほほ肉の赤ワイン煮込み料理がとってもおいしいと評判の店。宜野湾市といっても、広いです。驚くほど細い住宅街を山手の方に登っていき、本当にこっちで大丈夫!?という感じでしたが、なんとかたどり着きました。たどりついたはよいのですが、2階に上ると・・・・

 

DSC01607.JPG

 

こんな感じ(笑)。隠れ家感満載!ですが、扉を開くと。。。

 

DSC01591.JPG

 

こんな感じなステキレストラン。

DSC01592.JPG

窓際に座ると、眼下にすばらしい景色が広がります。とにかく人が多くて、窓際の席に座れず、残念でした。地元では有名なレストランなのでしょうね。実際は眼下にもっとすばらしい景色が広がっています。

DSC01595.JPG

 

お昼のコース。もちろん牛ほほ肉の煮込みにしました。サラダにはおいしいパルミジャーノがいっぱいかかっていて美味。

DSC01601.JPG

パンもあつあつのが出てきます。

 

DSC01599.JPG

こちらが牛ほほ肉の煮込みです。ほろっとくずれ、赤ワインソースも濃すぎずもたれず非常においしいです。たしか2000円ちょいでしたこのコース。コスパよすぎです。カレーもおいしいらしく、お客さまはカレーを頼んでる率が非常に高かったのですが、次回もカレーにはなびかず、牛ほほ肉を頼んでしまうだろう。

 

DSC01605.JPG

 

デザート。キャラメルチーズケーキ。キャラメルの味の深みがハンパないです。苦くて、すっぱくて、甘くって好みの味でした。沖縄って観光地価格、観光地テイストが多いレストランが多い印象しかありませんが、このお店は毎回訪ねることにしようと決めました。<YA>

隠れ家レストラン KOBA

沖縄県宜野湾市大山1-12-32

098-943-4341

 

 

このページのトップへ

2018年10月10日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC01542.JPG

 

那覇市内においしい担々麺の店があると聞き、訪ねました。その名も自家製極太麺 登竜門。麺も手作りのお店のようです。車は近くのコインパーキングに止めました。

 

DSC01534.JPG

店内は、異国情緒溢れる不思議な雰囲気。というか店員さんに日本人の方がいる気配がない。どうやら担々麺の専門店ではないみたいで、みそラーメンやトマトラーメン、塩ラーメンもあり。ティーダトマトラーメンという名称が那覇っぽい。まずは、食券を購入し、店員さんに渡します。冷やし担々麺と濃厚担々麺の2種類をオーダー。麺は平打ちや細麺から選べるので、平打ち麺に。大盛り無料とのことでしたが、普通盛りで。

DSC01537.JPG

出てきました温かい担々麺。上にナッツと干しエビみたいなものがのっています。胡麻は濃厚ですが、山椒のピリッとしたしびれる感がとてもよい。平打ち麺にしたのは正解だったかなと思いました。麺とスープの絡みがよいです。しかし自分が想像していたのよりもちょっとピリ辛具合が高かった。ネットで見るとそんなに辛くありませんって書いてあったのですが。

DSC01538.JPG

ほどなくして出てきたのが、冷やし担々麺。スープ少なめでさらに濃厚。ジャージャンロウ(肉味噌)が少し甘めなので、こちらの方が好みの味。ピリ辛度数もどストライクでした。

 

DSC01539.JPG

濃厚な胡麻の香りなのに、さっぱりすっきりしているのがいいですね。麺やスープだけでなくラー油などにも一つ一つこだわって、丁寧に作られているのがとてもよくわかり、おいしくいただきました。それにしても那覇のコインパーキングは、やっぱり高い!1時間くらい食事するだけで400円もとられました!<YA>

 

 担々麺自家製極太麺 登竜門

沖縄県那覇市久茂地2-11-16 1F

098-988-0044

このページのトップへ

2018年10月 4日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

DSC01544.JPG

首里城に続き、沖縄初!シリーズの第二弾。なんと北谷町美浜にあるアメリカンビレッジにも初めて行きました。(普通の人が観光で来るようなところにどこも行っていないことに改めて気づかされる)。一言で言うならば、あまり興味がなく訪ねなかったのですが、行ってみたらなかなか規模も大きく楽しかったので、ご紹介します。たぶん一番よかったのは、訪ねた時間帯でしょう。海に夕日が沈む時間帯から、夜のライトアップの時間帯は、うっとりするような美しさでした。。昼間に来ていたら少し印象が違っていたと思われます。北谷のホテル?の花火なども見ることができて、夜の時間帯はオススメです。

DSC01546.JPG

ビレッジ内のいたるところに、ハロウィンのデコレーションがありました。半袖でも熱い沖縄でしたが、しっかり秋の装い。近くに基地があるのでアメリカ人率がとても高いです

DSC01548.JPG

飲食店も多数。AandWはもちろん、レッドロブスター、トニーローマなどもあり、さすがアメリカンビレッジって感じ。ちなみに、先日編集長が絶賛されていたポークたまごおにぎり本店も発見!おなかいっぱいだったのが、ちょっと失敗だったかなと思いつつ。クライマックスコーヒーさんで一休みしました。クライマックスコーヒーは沖縄発のコーヒーショップ。イタリアンエスプレッソマシーンで作るコーヒーが有名なのだそう。

 

DSC01550.JPG

ステキなインテリアでしたが・・・

DSC01553.JPG

やっぱり海辺のテラス席が気持ちがいいね!カフェラテですが、コーヒーにこくがあるので、とてもおいしかったです!

DSC01633.JPG

 

ポークたまごの呪縛にとりつかれ、帰りに買ったポークたまごサンドイッチですが、やはりポークたまごはご飯との相性の方がよいと改めて実感しました。<YA>

美浜アメリカンビレッジ

中頭郡北谷町美浜16?2

0989265678

 

このページのトップへ

2018年10月 2日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

 

DSC01613.JPG

皆さん中秋の名月は楽しまれましたでしょうか?私は、初めて首里城に行ってきました。何度も沖縄に行っているのに首里城初めてなんてまったく不謹慎。モノレールの終点首里城で下りて、地元の人々に道を聞きながら歩く。看板もなく、結構遠いことに驚く(笑)。これは、ご年配の方はきつい距離です。道中、ちょうど選挙戦で盛り上がっていて、マイクを持って支援者の皆さんが猛アピールされていました。たどりつきましたが、やはり広いです、首里城。覚悟して登ります。

 

DSC01610.JPG

門を入ると、龍の水源がありました「龍樋」(りゅうひ)は、龍の口から湧水が湧き出していることからそのように名付けられたのだそう。この水は王宮の飲料水として使われていて中国皇帝の使者・冊封使(さっぽうし)が琉球を訪れたとき、那覇港近くにあった「天使館(てんしかん)」という宿舎まで、毎日ここから水を運んだと伝わります。この龍の彫刻は1523年に中国からもたらされたもので、約500年前のものだそうです。水は冷たくて気持ちよかった。

 

DSC01612.JPG

町が見下ろせます。雲が低く感じます。

 

 

DSC01615.JPG

たまたまですが、中秋の宴というイベントがあっていました!琉球舞踊や、琉球王・王妃の選考会などが行われるとのこと。

DSC01618.JPG

 

お色直し中の首里城の正殿。御庭(うなー)には、ずらっと椅子が並べられ、人がいっぱい!たまたま空いていた席に腰を下ろし、琉球舞踊などを堪能しました。人間国宝の方による演奏に乗せて踊る個展琉球舞踊は、息をのむ美しさ。首里城の正殿をバックに踊るとさらにタイムスリップしたかのよう。昔も中秋の名月は、先ほど書いた中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」に、舞踊を披露していたのだそうですよ。

DSC01632.JPG

衣装を見るだけでも沖縄に息づく文化のすばらしさを感じることができます。基地問題など、いろんな問題に翻弄されている沖縄ですが、ここは、ここだけで「内福」を保てていたなら、どれだけ幸福だったろうかと感じずにはおれません。

 

DSC01611.JPG

雲が低く感じます・・・などと詩人気取りで思っていたところ、なんとこの後土砂降りに(笑)。名月を楽しむことはできませんでしたが、沖縄の深い文化に触れる一夜でした。<YA>

 

首里城公園

 沖縄県那覇市首里金城町1-2
TEL:098-886-2020 FAX:098-886-2022

 

 

このページのトップへ

2018年9月28日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

DSC01369.JPG

麺道の最終章は、長野に飛びます。長野といえば、なんといっても信州そば。善光寺近くの蕎麦屋さんをスマホで探してみると評判のよいのがこちらのかんだたさんです。かんだたと言えば芥川龍之介の蜘蛛の糸。亡くなって、地獄へ落ちたインドの大泥棒かんだたが、生前蜘蛛を殺生しなかったことから、お釈迦様の慈悲がくだされ、蜘蛛の糸で地獄から脱出しようとするが、邪心をいただいたため、再び地獄に落ちてしまう話。この「邪心」ってなんだっけと思い調べてみたら、自分の下に、ほかの人たちが蜘蛛の糸を伝って登ってきていたので、重くて糸が切れるのではないかと思い、自分だけ登ろうとしたため、自分の上で糸が切れたという話でした。深いです・・。

DSC01375.JPG

セットメニューはこんな感じです。

DSC01376.JPG

単品に鴨ネギそば発見。

 

DSC01373.JPG

お通し。細切りの大根の炊いたんとDSC01374.JPG 

豆!二色どりの豆おいしい!

 

DSC01381.JPG

こちらは、鴨ネギそば。おそばと鴨汁とネギ、とても合います!おいしい!

 

DSC01380.JPG

こちらは、極楽セット。野菜の煮付けや、油地獄といなり寿司、サラダなど。油地獄って、ソバをかりっと揚げたものに、あんかけとろりがかけてあります。そばが香ばしく、とってもおいしいです!九州では見たことないですね。これ子ども向けにヒットしそう!

 

DSC01382.JPG

極楽セットは、そばが二種盛りにできます。手打ちそばと、白っぽいのは更級。どちらもおいしいですね!

 

DSC01378.JPG

そばの食べ方が書いてあります。そばは8本ずつすくって食べる、奥歯で2回ほど感で食べるなど書いてありますが、

9番には、

以上を気にせず、好きに食べる。とあり(笑)。それがかんだた流。

 

 

DSC01372.JPG

シリーズ第5弾で、麺の道はとりあえず終わりましたが、またやりたいと思います。<YA>

かんだた

長野市鶴賀権堂町2320

026-232-3718

 

 

 

このページのトップへ

2018年9月19日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

DSC01351.JPG

月一くらいの頻度で人吉に来ている感じですが、実はまだ訪ねていない名店が。ということで、今回は人吉の丸一そばさんに行きました。明治31年創業のおそばの老舗。おいしいといううわさは轟き渡っているもののウナギや餃子の誘惑に負けてしまい、なかなか行けずじまいでおりました。お店は、平成25年にリニューアルしたらしく、新しくとてもきれい。ラッキーなことに行列もできておらず、すんなりかしわそばにありつけました。地鶏を使ったかしわそば。ネギと鶏肉のみの具材はシンプルだけど、甘めのおつゆとかしわが合います。

 

DSC01352.JPG

 

麺も田舎そばっていうので、もっと太くて無骨な感じかなと思っていましたが。さらっとした感じの口触りで香りはしっかりそば感にあふれています。親子そばというのも人気らしく、文字通り、かしわと卵の親子がトッピングされています。そば屋さんって、そばの香りを楽しむために、シンプルなざるそばを食べるのもオススメですが、丸一そばさんみたいに、だしと、そばと、かしわと、すべてのコンビネーションを楽しみたい店ってありますよね。「だし」と「そば」と「かしわ」って書いて、「部屋とYシャツと私」を思い出すのは私だけか。唯一無二の他にないおいしさだと思いました。さて、これから5回シリーズで初秋にぴったり(かな?)の麺道シリーズをお届けします!<YA>

 

丸一そば

人吉市二日町7

0966(22)3078

休/水曜

 

 

このページのトップへ

2018年9月17日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム熊本グルメ情報

DSC00909.JPG

 

花畑町に隠れ家的なおばんざいやさんがあるのをご存じですか?名前は、「めいくいん」。じゃがいもみたいに誰からも愛される店でありたいという思いで命名されたのだそうです。ご覧の通り、ひともじのぐるぐるやポテトサラダ、煮物など、大皿料理がずらり。すべてその日に手作りされる絶品おふくろ料理で、単身赴任中など、おじさんの心をわしづかみにする要素満載のお店です。実際にカウンターには、男性客率高しです。こちらの女将は、天草のご出身ということで、お通しに天草直送のお刺身が出るといううれしいサプライズも。看板娘の大学生の娘さんも手伝っておられ、アットホームな雰囲気が魅力です。

 

DSC00912.JPG

 

こちらは人気メニューの手羽中の甘辛焼き。手羽中にかたくり粉をつけてカラッと焼いて、あまからーく仕上げてあります。外側のぱりっと感が最高で、これはお酒も進みますし、もちろんご飯もすすみます。具だくさんのポテトサラダもおいしく、すさんだ心に染みいる味。手作りの食べ物って、心に染みるなーと心から思った秋の夜でした。<YA>

めいくいん

熊本市中央区花畑町13の23花畑ビル地下

096ー355ー9088

 

このページのトップへ

2018年8月26日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC01040.JPG東京から訪ねてきた友人が手土産で持ってきてくれた「ニューヨークキャラメルサンド」。サイトによると、このお菓子はニューヨークの菓子店で売られていた「ハバナサンド」をもとに開発されたそう。ハバナサンドって、検索しましたがどんなものか不明。ハバナ、ニューヨーク、東京と、地名が多数出てきて、混乱(笑)。ちなみにバナナサンドではない。

 

DSC01042.JPG

 

を開けると、クッキーのオシャレな焼き印!「N.Y.C SAND」やエンパイステートビル、セントラルパーク、ブルックリンなど、前面にニューヨーク感満載。東京土産なのに、なんでやねんとまたもや突っ込みたくなりますが。

 

DSC01044.JPG

 カットしたら、とろっとしたソースが!絶対においしいとここで確信(笑)調べてみると、キャラメルをチョコレートで包んだものを挟んでいるそう。しかも使用するチョコレートは口溶けのよいクーベルチュールチョコレート。口に入れると、香ばしいクッキーの風味ととろとろのチョコレート&キャラメルがベストマッチ。ソースを挟んだクッキーがしっとりとならずにサクサクをキープしているのしているのがなかなかの技である。そしてなんと言っても黒糖を使用したキャラメルは、こんなにも深い味わいになるのか!と感動したの夏の日の昼下がりなのでした。<YA>

このページのトップへ

2018年8月24日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

DSC01033.JPG 

 

今日のおやつは、東京土産でいただいたこちら。亀十さんのどら焼きです。亀十さんといえば、浅草で大人気のどら焼き屋さんとして有名。なんでも東京三大どら焼きの一つに数えられるのだそうです。行列ができるほどの人気とのことで、わざわざ行列して買って頂いたとのことでありがたや♪それにしても自ら「有名特製」と名乗るこの筆文字に自信のほどがうかがえますね。

 

DSC01026.JPG

ワクワクしながら入刀します。黒あんと白あんがありますが、こちらは白あん。こしあんがたっぷり入ってるのが分かります。見るからにあんこぎっしり。一口食べて驚いたのは、生地のフワフワ感!こんなにフワフワなどら焼きは初めて食べたかも。まるでパンケーキみたいですね。和菓子の激戦区浅草で大人気なのもうなずけますね。

 

 

DSC01034.JPG

たまたまどら焼きを食べていた時に、たまたま読んでいた本が岡本仁さんの「ぼくの東京地図。」なのですが、なんと亀十さんのどら焼きが掲載されていました。どら焼き食べながら、本を読んでいたらそのどら焼きが読んでいる本に登場したって、なにげにこのシンクロはうれしい。作者の岡本さんも亀十のどら焼きは白あんがうまいと書かれています。私は蜂楽饅頭は黒あん派ですが、亀十は白あんの方が好きでした。老舗ならではの納得のおいしさです。<YA>

 

亀十

東京都台東区雷門2の18の11

03(3841)2210

 

このページのトップへ

2018年8月22日 Posted time : 00:18 | Category : D@EXコラム

DSC01097.JPG

 

宝塚のショーが終わって歩いて帰っていたところ、先ほど大行列だったサンドウィッチルマンの行列が途切れていましたので、お持ち帰りを決定。卵サンドが有名。サンドイッチマンじゃないですよ。サンドウィッチマン。

 

 

DSC01098.JPG

 

1964年創業の老舗です。

 

DSC01096.JPG

ショーウインドウにはおいしそうなサンドイッチがいっぱい!目移りしますが、ここは一番人気の卵サンドに。新幹線に乗ってから食べよう。

 

DSC01100.JPG

 

新幹線に乗って手ぶれしながら写したルマンサンドウィッチ。このパッケージがレトロでかわいい!

 

DSC01103.JPG

 

中はこんな感じ。卵がたっぷり!からしもたっぷり入っています。口に含むとふわっふわ!辛子もいい具合に効いてますね。この分厚さ、たまりませんね!

 

DSC01105.JPG

 

娘が食べたがった柿の葉寿司。サバ、タイ、サケの三種も新幹線グルメのお供。

 

DSC01106.JPG

 

cava!サンドイッチと柿の葉寿司のディナーでした。<YA>

 

サンドウィッチルマン

宝塚市栄町1の6

花のみちセルカ

0797(85)1200

このページのトップへ

2018年8月20日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

 

DSC01092.JPG

 

 

宝塚歌劇団花組公演を見に、宝塚市へ日帰りしました。今回の公演の演目は、天草四郎をモチーフとした「メサイア」という演目。せっかく天草のことを取り上げて下さるので、これは久々に見るべし!と思った次第。その前に腹ごしらえということで、本当はホール近くにあるルマンさんというサンドイッチ屋さんに行きたかったのですが、行列ができていたので、近くの洋食屋さんに入りました。「気ままなヴェニス」という名前です。店内にはヴェニスのお面などがたくさん飾ってあります。

DSC01085.JPG

ラザニアランチについているサラダ。野菜の鮮度にちょっと問題あり。シーザーサラダドレッシングはたっぷりかかっています。それにしてもJR宝塚の駅から、宝塚のホールまで続く花のみちってどうしてこんなにレトロ雰囲気なのでしょうね。昭和がそのまま残っているような感じが毎回歩くたび、ツボ(笑)。宝塚って実は温泉地で男性向けの歓楽街だったってことから、女性も楽しめるものをってことで当時の阪急の社長さんが作られたという話を先日本で読んだばかり。毎日大勢の女性たちが訪れる聖地となりました。

 

DSC01086.JPG

パン2種。ショーに思いをはせながら食べるひととき、幸せ。レバーペースト乗っけたい衝動。

 

DSC01087.JPG

ラザニアおいしいです。久しぶりに食べました。挽肉たっぷりです。

DSC01089.JPG

あつあつ!おいしい!小麦の麺帯がインしています。

 

DSC01091.JPG

デザートコーヒー付き。顔のように見えますね。これで1150円はかなりお安いと感じました。「メサイア」は、笑いあり涙ありのすばらしい演出と、天草四郎を演じた花組トップスター明日海りおさんのパフォーマンスが最高でした。7年ほど前に月組のトップスター霧矢大夢さんを取材したことがありますが、当時明日海さんは、霧矢さんの月組でナンバー3でした。あれから7年、今やトップとして大活躍中です。<YA>

気ままなヴェニス

宝塚市栄町1の6の2

花のみちセルカ2番館

0797617577

 

 

このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

DSC00916.JPG

ザ・ニューホテル熊本(旧ホテルニューオータニ熊本)さんは、私が結婚式を挙げさせていただいた大好きなホテルです。現在、名前が変わって、リブランド一年。ハンドフルートのコンサートなどさまざまな企画をなさっています。今回お伺いしたのは「Beer Night 80s」という企画。80年代の音楽をBGMに、ビールやお料理が楽しめる立食タイプのパーティーです。行ってみたら、たくさんの人がいてびっくり!自分も参加しておきながら言うのもなんですけど、こんなにみんな80年代に浸りたいのか!と半ば驚き。こちらは、DJブース。DJさんの周りでは踊っている方もちらほら!それにしてもなつかしい音楽いっぱいかかりましたよ!たとえばデッドオアアライブとか笑。若い方も多数参加されていて、楽しんでいらっしゃいました。ちなみに入り口部分には薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」のポスターなどが貼ってあり、盛り上がる気分を押さえられない演出(笑)。

 

 

DSC00914.JPG

 

これでもかってくらいビールたくさんありました。残念ながらノンアルビールを楽しみました。80年代に一緒に仕事をした人たちにばったり会ったり。あのきらびやかなバブルの時代を経験した人からすれば、「you spin me round(you tube)」かかったら、体が動くの止められないですもんね(笑)。

 

DSC00918.JPG

 

抽選会などもあり、料理もすこぶるおいしくて盛り上がりました。ニューホテル熊本さんは、かつてニューオータニだった頃、バリ等のリゾートホテル・アヤナリゾートプロデュースのインドネシアフェアを行うなど、なかなかおもしろい企画をされています。それにしても楽しかったな!ハンドフルート、ビアーナイトと2つのイベントを経て、さらにパワーアップしたイベントを期待しています!<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

DSC00821.JPG

とにかく暑いってことで、飛び込んだ宮崎市内の百貨店山形屋さん。朝はうどんですが、夕食はそばが食べたいってことで、おそばやさんに入りました。山形屋新館にあるそばときさんというお店。

ちなみにそばときとは、蕎麦の花のことだそうですよ。

「そば時や、秋の信濃の法善寺」という小林一茶の句があります。

 閉店間近で、お客さんは私だけでした。職人さんもおられて、ちょっと高級感あり。

 

DSC00822.JPG

 

メニューはこんな感じ。五目ちらしセット、豪華でおいしそう。そしてとてもお手頃価格。

 

DSC00823.JPG

 

出てきました五目ちらしセット。五目そばと、煮物と、ちらし寿司とお漬けモノ。そしてそば湯もあり。

DSC00824.JPG

 

ごもくそばは、天ぷら等揚げ立てあつあつです。意外とかまぼこがいい味出している。

DSC00825.JPG

 

ちらし寿司。疲れた体にすっぱいご飯はおいしい。いくらではなく紅ショウガがいい味だしている。煮物なども丁寧に作られたおいしさで、非常に満足度が高い夕食でした。

 

 

宮崎山形屋そばとき

宮崎市橘通東3丁目4の12

0985313111

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 8日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

DSC00836.JPG

 

宮崎市滞在2泊目。本日は朝寝坊もせずに、念願のきっちょううどんさんに来ました。朝6時から夜中の3時まで開いているうどんやさんなので、朝食にぴったり。3時間しか閉店時間がないなんて、すばらしいです、朝うどんセットもあります。コクバル氏は今でも宮崎県のあちこちにおられます(笑)。

 

 

DSC00832.JPG

 

かわいい壁。この横には横綱白鵬の写真。来店されたみたいですね。

 

DSC00830.JPG

 

こちら朝うどんセット310円!うどんと卵がけごはんで310円は安すぎますよね。ドトールモーニングではおなかいっぱいにならなかったメンズもこれなら大満足です。

 

DSC00835.JPG

こちらは、夏限定のいりこ冷やしうどん。いりこ粉ベースの冷たいだしに、麺とねぎと青トウガラシが入っています。これすごくおいしいです。自家製麺も麺がほどよく軟らかいのが好みだし、しっかりだしの味がするのに、薄味というすばらしいおいしさ。

 

DSC00833.JPG

 

 

青トウガラシ。これは、効きます。熊本にできないかな。通いたい。<YA>
 
きっちょう橘通店
 
宮崎市橘通西3-3-27宮崎アートセンタービル1階
TEL 0985-26-8889

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC00827.JPG

宮崎市に宿泊する時、毎回のことながらホテルのモーニングをつけないことにしているのは、私が朝食を普段食べないことに加え、きっちょううどんさんに行きたいからなのですが、寝坊してしまい、きっちょううどんに行けないという失態を犯してしまい、手軽に食べれるドトールコーヒーさんのモーニングに来ました。390円でハムタマゴサンドイッチを食べることができます。パンが焼いてあるのがちょうどよい具合。しかし、量は少々少なめ。ちょうどいい量であります。

 

DSC00829.JPG

 

断面。ハムと卵とレタスとトマト。普通にとてもおいしい。コーヒーもエスプレッソやカフェオレなどからも選べます。

DSC00828.JPG

 

朝セットは、ジャーマンドッグや、クラブハウスサンドなどもありますよ。せっかくならジャーマンドッグのチーズトッピングにすればよかったと後悔。カウンターにはなぜか黒糖ドーナツ棒が、たくさん売ってありました。熊本じゃないのに、なぜあのように大量の黒糖ドーナツ棒が販売されていたのか不明。宮崎の友達のおみやげ用に、宮崎のドトールで黒糖ドーナツ棒を大量に買いました笑。<YA>

 

ドトールコーヒーショップ宮崎橘通店

宮崎市橘通西3-10-27.

0985-77-6550.

 

このページのトップへ

2018年7月29日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

DSC09870.JPG

久しぶりに山鹿市のビストロシェルコパンさんに行きました。今回発売されたミシュランガイド熊本大分版・ビブグルマンに選ばれたようで、本当にうれしいです。だっておいしいもんね。選ばれて当然!と自称「YAシュラン」であるわたしがほめられたようでうれしい笑

というわけで、ミシュランガイド発売前に夕食時にお伺いした時のメニューを紹介します。

山鹿市 春のビストロ・シェ・ル・コパン。幸せのひととき

山鹿市 ビストロ・シェ・ル・コパン 限定シカ肉ハンバーグ

山鹿市 コパンでご褒美ディナー。クスクス久しぶり♪

山鹿市ビストロ・シェ・ル・コパンさんでランチ

山鹿市 ビストロ・シェ・ル・コパンでランチ 鶏のソテー

山鹿市 コパンにて限定食材 博多地鶏のロースト和栗と鶏レバー詰めを食す

 

 

 

DSC09873.JPG

 

ムール貝のガーリックバター詰め焼き。

 

DSC09871.JPG

 

 鮮魚のエスカベーシュ

 

 

DSC09874.JPG

オニオングラタンスープ

DSC09878.JPG

鮮魚とジャガイモの包み焼き。最近は、これを毎回頼んでしまうようになってしまいました。かなりおいしい。

 

DSC09876.JPG

 

 

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

 

DSC09877.JPG

鶏モモ肉のコンフィ。

 

DSC09879.JPG

 

コンフィに添えられたマスタード。

 

DSC09882.JPG

 

デリスフランボワーズ。

 

DSC09881.JPG

ブラジルプリン

 

DSC09883.JPG

クッキー

 

 DSC09884.JPG

 

 

そして、コーヒー。コスパがすばらしいので、いろんな人に食べてもらいたいおいしさです!<YA>

ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968の44の5605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC09875.JPG

 

このページのトップへ

2018年7月27日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 

DSC00649.JPG

 

毎年この季節になるととっても見に行きたくなるのが、鹿央物産館のハス。山鹿市にあるのでなかなか足を運ぶことがないのですが、今年は行ってきました。早朝だと涼しいかなと思いましたが、暑いです。今年は仕方がないですね。しかしそんな暑さを吹き飛ばすかのようにすがすがしい姿でハスが咲いていますよ。こちらは大賀ハスといわれる古代蓮です、なんと2000年前のハスで、地層から見つかった3つのハスの実から、発芽して、全国に広まったのだそうですよ。種が持つ力ってすごいですね。2000年間も生きてるんですから。

 

 

DSC00630.JPG

 

こちらは天竺斑(てんじくまだら)というハスです。白地に赤い縁取りがおしゃれでしょう??葉っぱの緑にとても映えます。

 

DSC00653.JPG

 

レストランでは、特別な朝食を食べることができるんです。それがハス花見朝食。鹿央町でとれたものばかりです。手前のは団子汁で白い団子と黒米の黒っぽい団子がはいっています。

DSC00657.JPG

 

 

おかゆには、くずのおだしをとろーりかけていただきます。おいしくて優しい味ですね。昼食はハス御膳というちょっと豪華な御膳に変わります。午後になるとハスが閉じてしまうので、早めに行くのがおすすめです。今しか見ることができないハスと、今しか食べることができない朝定食を楽しんでみませんか?<YA>

 

鹿央里やま蓮まつりは、8月5日までです。

 

鹿央物産館

山鹿市鹿央町岩原2965

0968(36)3838

このページのトップへ

2018年7月23日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC00624.JPG

 

会社のHちゃんのおみやげで、わがしあそびというお店のハーブのらくがんをいただきました。ハーブとらくがんの組み合わせって、よく考えたら、聞いたことないですね。紅茶やコーヒーにも合うお茶菓子って漢字でしょうか。わがしあそびさんのハーブのらくがんは、ローズマリー、ハイビスカス、カモミール、抹茶、イチゴ、ゆず、季節限定の南高梅もあるようです。こちらはローズマリー。袋を空けると、ローズマリーの香りが思ったより強いです。

 

DSC00626.JPG

 

 

ローズマリー自然の色だそうで、オフホワイトです。形もかわいく、ギリシャにある神殿の入り口の装飾模様のようです。口に含むとほろほろ?。あのお仏壇に供えてあるらくがんとはひと味もふた味も違いますね。甘さも控えめで、清涼感あるローズマリーの香りが、とても新鮮です。これは紅茶に合いそうで、らくがんの新境地感満載です。HPによると、ローズマリーって江戸時代から日本にあるそうですよ。昔の人もハーブティーみたいにして飲んでいたのかな。わがしあそびさんは、ドライフルーツの羊羹なども作っておられるみたいです。さらなる和と洋のコラボレーションも期待しますね。<YA>

wagashi asobi

〒145-0064 東京都大田区上池台1-31-1-101

TEL & FAX 03-3748-3539

このページのトップへ

2018年7月13日 Posted time : 00:40 | Category : D@EXコラム

IMG_0259.jpgアヤムベトゥトゥ?。という不思議な名前の料理を食べました。鶏のお腹にいろいろなスパイスを詰めて蒸したバリの伝統的な料理なのだそう。「アヤム・ベトゥトゥ・カス・ギリマヌク」さんというチェーン店が有名とのことで、行きました。 

店内は、ローカルの人達でごったがえしていて、人気のほどが伺えます。ナイフを入れるとほろりと崩れるくらいに柔らかく煮込まれていて、口に入れると、ターメリックやショウガ、ニンニクなど複雑なスパイスが香ります。とても美味しいのですが、これはかなり辛い!辛いのが苦手な方は、アヤム・ベトゥトゥ・ゴレンと言う揚げたタイプのベトゥトゥがオススメです。

 

IMG_0258.jpg

町をぶらぶらすると、お花屋さんなどもあります。神様の島なので、お供え用です。

 

IMG_0260.jpg

ウルワツ寺院にケチャックダンスを観にいきました。ウルワツ寺院は、海辺に立っていて夕日の時間は、すごくきれいです。日暮れとともに始まるケチャックダンス。不思議な世界観。満員御礼です。

IMG_0261.jpg

 チャッチャッチャッといいながら、ラマヤナ物語を、時に悲しく時に笑いとともに紹介してくれます。このおサルさん顔はこわいんですけど、笑わかせてくれました。子どもは怖がっていましたが(笑)。バリの夜は更けていきますが、カーチャーターにお願いすると、リーズナブルな価格ででいろんなところに連れて行ってくれます。訪ねたすべての場所が、印象に残り、普通ならば、今度は違うところに行こうと思うものですけれども、次も同じところを回りたいと思わせてくれる島でした。<YA>

 

このページのトップへ

2018年7月11日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

IMG_0256.jpg

スミニャックは、たくさんの店が並ぶショッピングエリアで、ぶらぶら歩きながらアタバックや民芸品など、いろんなお店が軒を連ねています。そのエリアにあるのが、ジェラートファクトリーです。いろんなジェラートがいっぱい!熱い!歩きつかれた!そんなときは、吸い寄せられるように入ってしまいます。

IMG_0255.jpg

ミントとベリーのジェラートとスイカジュースに生き返ります。店内もとてもかわいくって、インスタ映えスポットとしても有名なのだそうです。

IMG_0252.jpg

この日の午前中に見たバロンダンス。バロンとは聖獣で、ヒンドゥー教の物語が演じられます。ダンスと喜劇と盛りだくさん。ガムランの音色がとてもエキゾチックで、得がたい異文化体験でした。この指のそり具合がプロです。<YA>

このページのトップへ

2018年7月 9日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

IMG_0264.jpg

バリ島で、食べたいグルメといえば、ミーゴレンもそのひとつ。ナシゴレンよりもミーゴレン(麺)の方が好きなので、あらゆる店でミーゴレンに挑戦しました。とてつもなく辛い料理も多い中で、ミーゴレンだったら、間違いなく許容範囲だとわかる安心感もよいですね。

こちらのミーゴレンは、MIE88という店のもの。「ミードゥラパンドゥラパン」と読むらしいのですが、「ミーパチパチ」と呼んでいました。「ミーパチパチ」は、チェーン店で、いろんなところにお店がありますが、リーズナブルな価格で、とてもおいしいインドネシア料理を食べることができる店だと地元の方にも評判らしいです。このミーゴレンも、あらゆるところで食べたミーゴレンの中で、もっともおいしいミーゴレンでした。ナシゴレンや海老のすり身揚げなど、いずれも間違いないおいしさです。

 

IMG_0253.jpg

こちらは、別のお店で食べたミーゴレン、サテ付き。見ての通りこちらは、UFOに焼き鳥乗っけた的な風合い(笑)。にしても、インドネシア料理は、日本人の口に合うのです。<YA>

このページのトップへ

2018年7月 7日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 IMG_0262.jpg

バリ島で食べたいもののひとつにサテがあります。サテとは、焼き鳥のこと。正しくは、サテアヤムが焼き鳥で、サテカンピン(ヤギ)、サテリリ(魚)など、種類もいろいろあるみたいです。実は、ちょうどバリ島にいたとき、ガルンガンというお祭りの真っ最中でした。ガルンガンは、バリ島のお盆みたいなお祭りなのだそうで、まちのいたるところにペンジョールという背の高い飾り付けがなされ、風にふわふわ揺れています。で、このお祭りの時は、小さいお店はクローズしているところもあり、バリ島でサテリリのおいしい店を訪ねたのですが、閉まっており、食べることができませんでした。

こちらのサテアヤムは、ヌサドゥアエリアにあるショッピングモール「バリコレクション」内にあるロコカフェというレストランです。ピーナツソースにつけていただくサテは、絶品!雰囲気もいいし、味もおいしくって、少々お値段は張りますけど、次も行きたいお店です。

 

IMG_0263.jpg

ドリンクは、スイカジュース。何度飲んだかわからないくらいバリ島で飲みまくりました。すごくおいしいんです。

ロコカフェは、料理教室やホテル送迎などもなさっているみたい。そしてHPをチェックすると、JCBカード利用だと20パーセントオフになったらしい。カード使えばよかったな。<YA>

このページのトップへ

2018年7月 5日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

IMG_0250.jpg

バリ島に行きました。バリといえば、神々の島。信仰に基づく寺院等の文化施設、マリンスポーツ、食べ物、そしてかわいいアタバッグなど、いろんな魅力があるので、なにがしか趣味趣向にヒットする場所であると思いました。食べ物も、激辛系以外は、おおむね口に合うモノが多く、楽しめました。バリ島の魅力を5回シリーズでご紹介したいと思います。

今回は、コーヒーです。インドネシアはコーヒーの世界的産地で、バリ島でもいろんなところでコーヒーが作られており「バリコピ」の名で知られます。今回訪れた農園は、バリプリナ農園です。ガイドさんと行けば無料で入場できます。中に入ると、ジャングルみたいになっていました。農園の中には、ジャコウネコが!このジャコウネコの「う●こ」を使ったコーヒーがコピルアックと呼ばれる高級コーヒーです。コーヒー豆を食べたジャコウネコの糞の中から、豆を取りだし、コーヒーにしているのだそう。もちろんきれいに洗浄してあります。一度飲んだことありますが、おいしかった記憶があります。

 

IMG_0268.jpg

 

農園の中には、カフェがあります。そしてそのカフェからはすばらしいライステラス(棚田)の眺望が楽しめます。

 

IMG_0267.jpg

コーヒーを頼むと、無料でいろんな試飲コーヒーが出てくるんですよ!ジンジャーコーヒーやチョコレートコーヒーなど楽しい。左端に見えるのはおイモのチップス。いろいろ飲みつつ、どのコーヒーを買おうかチェック。

 

IMG_0266.jpg

バリのコーヒーは、こんな風に下に粉が沈殿しております。そろーりと飲みます。

 

 

IMG_0265.jpg

 

そして、コーヒーのおとものピサンゴレン。バナナのフリッターです。シロップをかけていただきます。ライステラスは、テガラランライステラスが有名ですが、そちらはすごく混んでいるのに対し、ここは、人も少なくて、ゆっくりコーヒーを飲みながら楽しめました。<YA>

バリプリナ農園

Banjar Pujung Kelod | Tegallalang, Bali, Indonesia

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月 3日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

 

DSC00439.JPG

なつかしいお菓子をいただきました。それが両口屋是清さんの旅まくら。子どもの頃のお歳暮お中元といえば、これをよくいただきました、子どもの頃はちっともこのよさがわかりませんでしたしたが、今見ると、この朝顔の包装紙もなんとも品があっておしゃれ。

 

 

DSC00441.JPG

そして、中を見ると、さらになんという整然とした並びなのでせう。キャンディーみたいにくるくるとくるんであるのですよ。

 

DSC00445.JPG

 

そしてこちらが、旅まくら。そして誰が考えたのでせう、この旅まくらという秀逸なネーミング。「せう」を乱発したくなる趣があるでせう?

 

DSC00446.JPG

HPに旅まくら誕生の由来が書いてありました。

 

銘菓詰合のひとつ、「旅まくら」。
このお菓子は昭和二十五年、愛知国体にご臨席になられる
昭和天皇・皇后両陛下の旅のつれづれをお慰めする菓子をとの命を
両口屋是清がいただき誕生したお菓子です。
普段にない旅情漂うお菓子にしたいとの思いから、
先祖より伝来の茶道具の花入れ、旅枕の形にヒントを得てつくりあげ、
両陛下も大変喜ばれたといわれています。

 

「旅のつれづれをお慰め」。このフレーズに、ひれ伏すわたし。というわけで、北海道小豆がたっぷり入ったおいしいお菓子を久しぶりに堪能し、幼き頃の思い出にひたりました。<YA」>

ココでかえます!

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月29日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC00424.JPG

岡山名物のむらすずめをいただきました。確か以前ブログに載っていた記憶があるなと思い検索すると、2006年の4月の編集長の記事でした。干支が一巡するくらい前からこのブログを書き続けていることも驚きですが、2006年に見たお菓子の記事をいまだに忘れていないことにも驚きます。大事なことは全部忘れてしまうのに(笑)。わたしも以前食べておいしかった記憶があり、今回もきびだんごとむらすずめのおみやげを前に、「どっちでも好きな方持って帰って」と言われて、迷わずむらすずめをいただいたほど。第一、このパッケージのかわいさが、たまりませんえ。こちらは、明治10年創業の橘香堂(きっこうどう)さんのものです。正式には、”むらすゞめ”だそう。 

 

DSC00427.JPG

新鮮な卵と小麦粉を混ぜあわせた生地を、クレープ風に丸く焼き上げた外皮に、厳選した北海道産あずきで作った粒あんをたっぷりと詰め込んであります。ぷつぷつ開いた穴が手作り感満載。誠実な味で、安心して食べることが出来ます。

 

DSC00429.JPG

明治の始めは、生菓子を一般的に「餅菓子」と言っていた時代で、米粉で作る菓子がほとんどだったのだそうです。そんな時代に、小麦粉や卵を使用して作られたお菓子ですから、洋菓子っぽいハイカラなお菓子だったんでしょうね。時代を超えて愛されるお菓子です。

ここで買えます!<YA>

このページのトップへ

2018年6月27日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

 

DSC00430.JPG 

 

会社の近くにあるツタヤ琴平店内にあるサブウェイでランチ。数年ぶりに行くと、頼むときちょっとどきどきします。何しろ選ぶものが多く、私の脳みそでは、難しく感じるのです。まずは何を食べるか選びます、次にパンの種類を選びます、その次に載せる野菜を選びます、そしてソースの種類を選びます、さらにポテトとドリンクの種類も選びます・・・。だもの。一体何通りの組み合わせができるのでしょうか。天文学的組み合わせだと思われます。とりあえずとっつきやすい日替わりにしよう。安い。セットで500円からあるのですね、ポテトを付けても660円とかなりお得!この日の日替わりは、チリチキン!チリチキンがグランドメニューに入ったのは今年4月からなのだそうですよ。タコスやチリ味ラバーのわたしにはもってこいのメニュー。

 

 

 

DSC00434.JPG

というわけで、サブウェイ慣れしているグルメのHちゃんの後ろについて、「同じパンで」「同じ野菜で」「同じソースで」と言い続けると、おいしいサンドイッチができるに決まっている。全幅の信頼(笑)。しかし野菜の盛りが半端ない!へたすれば、あごがはずれそうになるくらい野菜が盛られています。生野菜をこんなにたくさんの種類食べることが出来るなんて、やっぱりサブウェイ優れているなあ。チリソースは、唐辛子。ハバネロが効いています。辛過ぎるのは苦手だけど、ちょうどいいピリ辛具合。とってもおいしい!火曜日の日替わりなので、次回も火曜日に来よう。

 

 

DSC00431.JPG

 

サブウェイのポテトは、フレイバーがもいろいろあることも忘却していました。こちらトリプルチーズ味。トリプルだけに、三種類のチーズがかかっているのでしょうか?

 

DSC00435.JPG

ドリンクを飲みながら気づく。すべて紙コップが違うことに!右端のホットコーヒーのカップが、でこぼこしていて一番オシャレである。

わたしがこよなく愛していたミートボールのサンドイッチは、いまだに復活せずとも、はまってしまいそうな予感。2015年に期間限定で復活したらしいのですが、見逃してしまっていたことを今知る。

そしてサブウェイファンのあなたに耳寄り情報!6月29日は、「♯野菜多めで」キャンペーンだそうですよ!いつもより野菜盛り放題、好きなだけ!なのだそう!一部やっていない店舗もあるらしいので、要確認です!<YA>

 

サブウェイ琴平店
熊本市中央区本荘町726-1 TSUTAYA AVクラブ琴平店内
Tel:096-241-0711

 

このページのトップへ

2018年6月19日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

DSC09217.JPG

古湯温泉に旅館「千曲荘」のおかみが経営しているカフェがあると聞き、行きました。それがキッチン10さんです。とにかく人がいっぱいのカフェ。福岡県のマダムがドライブがてら訪ねてこられている印象です。特徴は、小鉢がたくさんついていること。旅館の女将ならではの小鉢料理は、季節の野菜が使ってあり、どれも絶品です。こちらは人気のハンバーグ。煮込みでしょうか、軟らかくてとてもおいしいです。ずらり小鉢もおいしいですよ!

 

DSC09215.JPG

こちらもファンが多いカレー。とろっとろに煮込んであります。見た目よりピリッと辛い!お星様みたいなお皿がかわいいですね。

 

DSC09213.JPG

店内には、こだわりの生産者の方が作られた食材や雑貨などもありました。古湯の温泉街はぶらぶらすると、昭和の香りがします。斉藤茂吉も愛したといわれる風情ある町並みは、散策するのにちょうどよい大きさ。川の音がいつも響いていて、気持ちのよい町です。<YA>

 

キッチン10

佐賀市富士町大字古湯855

0952-58-2075

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月17日 Posted time : 16:01 | Category : D@EXコラム

 DSC09670.JPG

海のおかきというおかきをいただきました。喜多山製菓さんという埼玉県のお菓子屋さんのものです、かに、ほたて、いか、えびの4種類があり、こちらはほたて味だそう。パッケージしぶい、海老やほたての絵がリアル。黒じゃなくてもよいのではと思ってしまう。

 

 

DSC09677.JPG

おかきとか食べるの久しぶり(笑)。息子の部活のスポーツ観戦のときにママ友の間で配布されるハッピーターンぶりである。さくさくしてて軽い歯ごたえがおいしい。おいしさの秘密は、このもち米にあるみたい。うるち米を10日間天日干しして、ちょうどよい水分量にしてからおかき作りをしているという懲りようです。おまけに、このおかきのポイントを著しくアップしているのが、揚げたホタテのヒモ?のようなものも時々含まれていること(笑)。これは「珍味」と呼ばれるものらしく、おかきのすきまに時々出現するこの珍味探しもとっても楽しい。このサイトで買えます!<YA> 

このページのトップへ

2018年6月15日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

DSC09754.JPG

久しぶりに鳥栖プレミアムアウトレットに行きました。ここに行く日は平日に限ります。お昼ごはんは、得意のフードコートへ。

みつせ鶏本舗さんに気になるメニューを発見したので、食べることに。

DSC09758.JPG

それがこれ。

みつせ鶏 どぶ漬から揚げ(480円)。どぶ漬って初めて聞きました、調べてみると、関西ではぬか漬けのことをどぶ漬けと呼ぶこともあるようですが、あまり関係なさそう。

 

DSC09761.JPG

 

このからあげ、実は一羽の鶏からわずか2つしかとれない希少部位「とりトロ」をを使ってあるのだそうです。それをカラリと揚げて、甘辛い秘伝のタレにくぐらせたものらしい。どぶっと漬けるのかな。胡麻もほどよくまぶされています。秘伝の甘辛タレとプリプリのお肉が美味。

 

DSC09763.JPG

久しぶりに見かけた能古うどんもゲット。能古うどんは、鳥栖プレミアムアウトレットモール詣でのときはなぜか毎回食べてしまううどん屋さん。麺が細いのがよいです。前回は温かいごぼてんうどんを食べました。この麺の細さが冷たい醤油出汁に合います!

 

DSC09762.JPG

おなかが満たされずたこ焼きをオーダー(笑)。フードコートは、年に一度行くか行かないかなのですが、、行ったら最後!ついついいろんなものを試したくなりますね。<YA>

このページのトップへ

2018年6月 7日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

 DSC07416.JPG

 

大分県日田市は、かつて天領で、今でも古い町並みが残る観光地です。水が清らかで多くの醸造元があることで有名ですが、おみやげでいただいたのがこの天領日田「これ一本」という醤油です。醸造元は、天保14年創業の日田醤油さん。天皇献上の栄誉を賜る最高級味噌醤油醸造元とHPにあり。これ一本!というネーミングからもこの醤油にかける意気込みが伝わってきます。

 DSC07417.JPG

 

 

創業170年の文字に重みアリ。天皇献上の栄誉に預かったこともあるのだそう。由緒正しき醤油屋さんの雰囲気をパッケージがかもし出しています。醤油もかけ醤油や天然ゆず醤油など数種類あり。味噌醤油だけでなく、甘酒や羊羹なども販売していらっしゃるみたいですよ。金のラベルで高級感漂っていますね。煮物にも合いますけど、もったいないのでお刺身につけて食べました。かつおぶしや昆布エキス、みりんなどが入っているので、とても深みのある味。味からも高級醤油感があふれていますね。<YA>

日田醤油

大分県日田市丸の内町2の1

0973(22)2456

ギフトセットもあります!

 

このページのトップへ

2018年6月 5日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

DSC09683.JPG

 

久しぶりのコーヒーパークさん。生豆をその場で焙煎してくださるお店です。パーキングも広くなってひときわ充実!

過去記事

DSC09684.JPG

で、豆を購入すると無料でコーヒー一杯サービスして下さいます。豆を焙煎するのに少々時間がかかるので、置いてある雑誌を読みながらコーヒーを飲むひとときは幸せです。必ず老眼鏡を持っていく私。「ホットにしますか?アイスにしますか?」と聞いてくださったので、初冷コーをお願いしました。

DSC09682.JPG

久しぶりに来たら、ステキな絵が描かれていました。ルーテル高校の学生さんが描かれたそうですよ!時々描き替えにこられるそうです。店がぱっと明るくなったようでとってもステキ!右にあるのは、店主の似顔絵。クリソツです(笑)。焙煎している間は、コーヒーの香りに体が包まれます。

 

DSC09689.JPG

アイスコーヒー。とても香り高くってこくもあり、おいしいです。近所にお気に入りのコーヒーショップがあるなんて、なんて幸せなのでしょう。おまけに豆を買ったら無料でいっぱいコーヒーがいただけるなんて。仕事に疲れたらふらーっと訪ねて豆を買うという幸せが徒歩圏内にあるなんて、とってもありがたいことですね。

 

DSC09686.JPG

豆が入っていた麻袋もステキですね。<YA>

コーヒーパーク

熊本市北区室園町9の50

096(343)3552

 

 

このページのトップへ

2018年6月 3日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC09432.JPG

 久しぶりに新宿さぼてんさんに行きました。東区のゆめタウン、サンピアンの中に、持ち帰り専門店(デリカ)があり、よく行っていましたが、ここ数年はすっかりご無沙汰。KITTE博多さんの中にさぼてんさんのレストランがあり、運良く行列が途切れたのですかさず入店。それにしてもとんかつ店は、ご年配の方が多いです。山盛りのとんかつを、残さずバリバリ食べていらっしゃる姿を見ると、頼もしく思います。80歳の父と来店しましたが、完食。とんかつって食欲増しますものね。わたしは5種チーズの絶品メンチがおいしそうだったのでオーダー。ちなみに今ではどこのとんかつ屋さんでもおなじみの胡麻ソースの元祖はさぼてんさんだそうですよ。とんかつって昔はさらさらのウスターソースかけて食べていた記憶。おまけにわらじみたいに大きくて、硬かった記憶(笑)。

 

DSC09430.JPG

山盛りのキャベツ。今ではとんかつ店の定番アイテム。キャベツ、ご飯、なめこお味噌汁のお代わりは自由です。

 

DSC09434.JPG

 

5種チーズの絶品メンチ。チーズあふれる感がたまらない!女性ごのみのメニューですね。<YA>

新宿さぼてん レストラン
KITTE博多店

福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1
KITTE博多 9F

092-260-6320

このページのトップへ

2018年6月 1日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

 

DSC09396.JPG

つけ麺元助さんの帰りに、エクレアのおいしいお店があると聞き、行ってみました。その名もセシルブルーさん。シュークリームは食べるけど、エクレアを食べることってあんまりないですね。それは餃子はよく食べるけど、シウマイは余り食べないとか、カレーはよく食べるけど、ハヤシライスはあんまり食べないとか、そのくらいの感覚です。「おいしいエクレア屋さん」っていうのもいまいち想像つきません。

 

DSC09398.JPG

ショーウインドーはこんな感じです。夕方に行ったからかなり品薄。それにしても華やかできれい!スイーツ感あふれていますね!

DSC09401.JPG 

左から塩キャラメル、ピスタチオ、モンブラン、ガトーショコラ、パリジャン。一番人気はピスタチオだそうです。手土産に持っていったのですが、箱を開けるときに、歓声があがるほどのかわいさ!インスタ映えってこういうことなのでしょう。一番人気だというピスタチオもおいしかったですが、個人的には塩キャラメルが甘辛くってツボでした!熊本にもエクレア専門店があればいいなーと思いました。<YA>

Éclair Atelier Cecil Blue/エクレア専門店セシルブルー

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院2-14-25

070-5692-7099

このページのトップへ

2018年5月30日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

 

DSC09391.JPG

福岡市の薬院においしいつけ麺屋さんがあると聞き、行ってみました。時間をはずして行ったにもかかわらず行列ができていました。熊本で暮らしていると行列に並んでまでラーメンを食べる気がしませんが、せっかく福岡に来たのだものって感じで並ぶこと30分。カウンターだけの小さいお店でしたが、入ることができました。全席IHヒーター完備の意味も、つけ麺を食べなれない私から見れば、いまいち意味がわからず。券売機で先に食券を買うシステムです。

DSC09393.JPG

ほどなくしてでてきたつけ麺。けっこうなボリューム感!おまけに麺が太い!慶史謹製と書いてありましたが、有名な製麺所のようですね。

 

DSC09392.JPG

こちらは、つけだれです。丼の下にはIHヒーター。これを自分でつけて温めます。つけだれが冷えないようにIHヒーターが一人ずつついてるのですね!熊本でつけ麺食べたときはこんなのなかったです。豚骨のベースに魚介のエキスがたっぷり入っています。チャーシューも脂っこくなくていい感じ。

DSC09395.JPG

このしこしこの太麺との相性が抜群ですね!味が濃すぎる人は、薄めるためのだしもおいてありましたが、薄めなくてもちょうどよかったです。(と思いましたが、後でのどが渇いたので、辛すぎたのかも)。

 

DSC09390.JPG

つけ麺といえばまだまだニューウェイブな感じがしますが、これだけ行列しているのを見ると、完全に市民権を得ているようですね。つけ麺初心者なる私の素朴な疑問なのですが、東京のつけ麺は、しょうゆ味なのでしょうか?ご当地ごとにみそとかしょうゆとかあるのかもしれませんね。つけ麺のカップ麺とかも出ているのでしょうか(笑)。意外と奥深いのかもしれません。<YA>

 博多元助(げんすけ) 元祖博多つけ麺専門店

福岡市中央区薬院2-2-2 薬院ビル 1F

 092-714-7739

 

このページのトップへ

2018年5月28日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

DSC09383.JPG

2度ほど登場している行列ができる博多ラーメンの名店ShinShinさん。KITTE博多にありますが、GWに見たときもかなりの長い行列ができていました。4月9日にカップ麺を登場させたとのうわさを聞き、コンビニで購入。

 ShinShin過去記事

2017年4月6日

 2018年1月5日

 

DSC09384.JPG

 

仕上げの子袋がついています。

DSC09388.JPG

うむ。君はほんとにShinShinなのかい?

DSC07855.JPG

お店で食べるとコレ。とってもおいしいです。見た目はやはり違います。

 

DSC09389.JPG

カップ麺だから、店と同じものを望むほうがおかしいのでしょうけど、炊き出し豚骨感はありますね。普通にカップラーメンだと思って食べるとおいしいですが、ShinShinラーメンを食べたいときに、これで代用できるっていうものではないかなと思ったのですが、博多華丸さんは、ツイッターで「店と同じ味がする」とおっしゃっていました。 印象的だったのは、謎肉のおいしさ。カップヌードルの謎肉よりも甘辛味でチャーシュー感があり、クオリティが高いと感じました!<YA>

 

このページのトップへ

2018年5月26日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC09372.JPG

新幹線で熊本に帰るとき、是非購入したかったもの。それが走る日本一プロジェクトの商品です。

走る日本一プロジェクトとは、HPによると

「ここでしか買えないお土産」をコンセプトに、地域の工芸メーカーと4社が協力して商品企画を行うことにより、旅の思い出を彩る特別なお土産をお客様にお届けいたします。新幹線の車内販売は、従来の「車内で必要な物を売る」ことに加え、「車内で魅力的な商品をご提案する」へ。交通網としてだけではなく、車内を旅行者と地域工芸との出会いの場とするために、両者の喜びとなるような品を創造していきます。

鹿児島・熊本でよく知られているものですが、ステキにプロデュースされています!なんといっても山陽新幹線でしか購入できないので、なかなか買う機会はないですよね。吉本清隆デザイン事務所さんがプロデュースされています。

 

DSC09371.JPG

ラインナップはこちら。

文(ぼん)旦(たん)檸檬(れもん)セット(ボンタンアメ&瀬戸内レモンアメ) 550円

奄美泥染ストール 4,800円

熊本大麦グラノーラ 黒豆きなこ(180グラム) 480円

みなまた紅茶 250円(車内提供用:2グラム×1パック)/500円(土産用:2グラム×5パック)

みなまた紅茶クッキー(2個入り) 170円 (コーヒー・紅茶とセットの場合は+150円)

 

水俣の茶園、桜野園と八代の洋菓子店Bombe ANNIVERSARYがコラボレーションしてできあがったお菓子です。茶葉感けっこうありますが、味も紅茶の香りが生きていて、かなりおいしい大人の味!小麦粉も熊本県産を使用しているこだわりようです。山陽新幹線車内でしか販売されていないというレア感もよいですね!

DSC09381.JPG

で、デザート用にみなまた紅茶クッキーを買ってみました。

DSC09373.JPG

一緒に買った柿の葉寿司。奈良のたなかさん。明治時代創業の老舗の柿の葉寿司屋さんです。サバと鮭とタイです。

 

 DSC09374.JPG

柿の葉寿司、抗菌作用あり。さば×3、さけ×2、鯛×2で合計7個。

 DSC09378.JPG

 

サケは、あっさり!

DSC09377.JPG

サバはまったり!

DSC09376.JPG

タイはさっぱり!それぞれ特有のおいしさがあります。柿の葉寿司を食べて、クッキーをいただくという有意義な時間でした。肥後よかモン市場もいいけれど、新幹線グルメも楽しいものです。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月24日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

  

 

DSC09363.JPG

錦市場の突き当たりのところには、錦天満宮があり、お参りをする方でにぎわっていました。天満宮なので、菅原道真公が鎮座されています。錦の天神さんの呼び名で親しまれている歴史の古い神社です。入り口にはたくさんのちょうちんがあり、中に入ると参拝客になでられたつやつやに光る牛がいます。

 

DSC09364.JPG

ちょうずの使い方。この洋服のレトロ感が(笑)。境内には、獅子舞のからくりおみくじなんかもあって、なかなか昭和な感じをかもしだしていますよ。

 

 

DSC09368.JPG

 

近くにあるカフェでお茶をしました。そこで出合ったのが、ココナッツと薔薇の心変わりなるドリンク。なかなかステキな色合い、シロップを混ぜてみたけど、色変わってるかな?というレベルの微変化。

 

 DSC09370.JPG

 

氷がすごくかわいいです!エディブルフラワーかな!

 

DSC09365.JPG

こちらは、抹茶シェイク!京都のカフェは、八ッ橋がおまけでついてくるんですね!うれしい!京都に来たら普段飲まない抹茶味のシェイクを頼まねばという気になる。

 

DSC09366.JPG

錦天満宮

京都市中京区新京極通り四条上る中之町537番地
TEL:075-231-5732

 

 

このページのトップへ

2018年5月22日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

  DSC09351.JPG

韓国冷麺に舌鼓を打った後は、京都の台所錦市場へ。400年の歴史を持つ商店街で、魚屋、漬け物や、おばんざい屋さんなどが並び、390メートルの長さになるのだそうです。GWの錦市場は、言わずとしれたすごい人混み。

全然知らなかったのですが、画家の伊藤若冲は、錦市場の出身なのだそうです、錦市場の青もの商が生家だったそうですよ。代表作の鶏の絵が飾られています。鶏とか象とかの絵も多いのですが、カボチャとかの絵もあるので、子どもの頃から青ものに親しんでいたってこともあるのでしょうか??

 

DSC09360.JPG

それにしても見るだけで楽しいお店の数々。佃煮おいしそうです。

DSC09357.JPG

タコ。ありのままのお姿で。

 

DSC09355.JPG

 

天井はレトロな色使い。ステンドグラス風天窓。

 

DSC09356.JPG

和菓子屋さんもたくさんありました。中でも一番外国人の方が集まっていたのが超有名ショップ「有次」。刃物や雪平鍋を作る老舗なのですが、店に入れないほど人がいました。<YA>

錦市場

地下鉄烏丸線「四条」駅下車で徒歩3分です。

 

このページのトップへ

2018年5月18日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 DSC09345.JPG

屋根がない観光バスで周遊は、劇的に暑かった(笑)。で駆け込んだのが韓国冷麺のお店です。先ほどのサー・トーマス・リプトンティーがある京都ポルタ内にあります。こちらは普通の冷麺。リンゴとほうれん草のナムル、ゆで卵が乗っています。リンゴがのっている冷麺って、韓国では一般的なのですかね!本来ならば、ビビンパとか、トッポギとか、チーズダッカルビとか食べたかったのですが、何しろバス観光が暑過ぎました。皆さんあつあつのビビンパ食べていておいしそうです。私はリームー。

 

DSC09350.JPG

つるつるの韓国冷麺はやっぱりおいしい!しこしこした麺がいいですね!例によって金属の箸でつるつるすべりやすい。韓国で木の箸が浸透しなかった理由を知りたくなります。

DSC09347.JPG

こちらエゴマたっぷりのチヂミ。久しぶりに食べたエゴマの香りに、ソウルで食べたチヂミを思い出す。エゴマって独特の香りですね。体が浄化されそうな気がします。キムチもけっこう辛くって、本格的で美味でした。口コミを見るとうどん屋さんの杵屋さんの系列店だそうですよ!<YA>

韓国料理 シジャン 京都ポルタ店

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町902 京都ポルタ地下街 B1F

075-343-3260

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月16日 Posted time : 00:52 | Category : D@EXコラム

DSC09337.JPG 

サートーマスリプトンのティーハウスを出て地上に上がったところに、観光バスの受付がありました。なんとロンドンみたいな2階建てバスがとまっているではありませんか。ステキ!乗りたい!満席と書いてありましたが、聞いてみたらどうにか席が開けられそうとのことなので、飛び乗りました。2階建てバスだから、すごく見晴らしがよいです!ルートはこんな感じ。車の中から見るだけですが、今日と観光した気分になりますよね。

<ルート>

JR京都駅烏丸口出発
・西本願寺・二条城
・冷泉家・京都御苑
・賀茂大橋(大文字)・琵琶湖疏水
・平安神宮大鳥居
・青蓮院 ・知恩院三門
・八坂神社・京都国立博物館
・三十三間堂・京都タワー  など

で京都駅に12時過ぎくらいに戻ってきます。

ちなみに写真は、平安神宮の大鳥居。大鳥居の下を通過するのですが、歩きや乗用車で通過するのとはわけが違います。2階建てバスのため、より高い位置でくぐっていくので迫力満点ですね。

DSC09333.JPG

 


こちらは二条城です。ガラスが映りこんでいますが、ご愛嬌ってことで。印象的だったのは、

東寺の五重の塔です。一瞬ですが、ビルとビルの間からしっかりと五重の塔が見える瞬間があります!見えた瞬間感動しますよ!カメラで撮影するのは至難の業ですが。

ほかにも大文字の送り火で有名な大の字を、賀茂大橋からは昼間でもくっきりと見ることが出来ます!公共交通機関で周ると時間もかかってしまいますが、とりあえずバスで周って、お気に入りのスポットをピンポイントで出かけるといいかもしれませんね!

JR京都駅烏丸口 定期観光バス乗り場(大人2000円)

 予約はココから!

 

このページのトップへ

2018年5月14日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

 

DSC09328.JPG

 

翌朝、どうしてもモーニングに訪ねたかったのが、こちらのサー・トーマス・リプトンティーのモーニング。京都駅に隣接するポルタという地下街にあり、8時から開いています。リプトンといえば、いわずと知れた1930年創業のイギリスの老舗の紅茶屋さん。サートーマスリプトンのティーハウスは、京都市内に4店舗あるみたいですが、モーニングでエッグベネディクトを出しているのは、ポルタ店だけのようです。880円のエッグベネディクトをオーダーしました。ドリンクを選べて、アイスミルクティーにしました。外国人のお客様が多いですね!

 

DSC09326.JPG

こちらはエッグベネディクト。これで880円は安い!というクオリティです。エッグベネディクトってこんなにおいしいのですね。というか今までおいしいエッグベネディクトに出会っていなかったのでしょうね(笑)。タマゴの半熟具合やパンのクオリティそして、何より、アイスミルクティーがやっぱりおいしい。ちゃんとした紅茶ってこんなにおいしいものなのだ、ティーパックじゃ駄目ねっと思った朝でした。<YA>

サー・トーマス・リプトンティー

 京都市下京区東塩小路町902

075-343-3901

このページのトップへ

2018年5月12日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

DSC09323.JPG

ゴールデンウイークに滋賀で用事があり、帰りに突然京都に一泊することにしてみました。ゴールデンウイークの京都なのに、なぜか駅前のビジネスホテルが当日格安で取れてしまったのだ。というわけで到着したのは日暮れごろ。夜のかもがわ美しい。

DSC09324.JPG

食事をどこでしようかとさまよいましたが、突然行ってもどこもこんな風な状態。こちらは超有名なラーメン専門店第一旭さん。これに並ぶ元気もなし。

DSC09321.JPG

歩いていたら、行列もなくすんなり入れそうな店を発見!みなみさんというお店です。串カツと鶏の炭火焼、そして出し巻きタマゴがおいしい店らしいです。

DSC09309.JPG

怪しげなドリンクメニューを発見。みなみオリジナルばくだん(笑)。京都のキングオブB級カクテルらしい。

DSC09304.JPG

ラムネ&ワイン(笑)。別々にサーブ。

DSC09305.JPG

こういう風にしていただくものだそうです。味は、ベリーチープで思わず笑みがこぼれます。これはこれで話の種になるドリンクです。

 

DSC09306.JPG

 

 

こちらは、出し巻き卵。お出汁を注いでくれます!イッツショータイム!

DSC09308.JPG

この出し巻き卵、皆さん頼んでいらっしゃいましたが、ふわふわでとてもおいしいです!お出汁飲み干したいほど。

DSC09313.JPG

こちらはみなみの名物サラダ。キムチの味がするんですね!ピリ辛でこれまた美味!

DSC09311.JPG

串カツ盛り合わせ。

DSC09312.JPG

ツボに入ったタレに漬けます。

DSC09314.JPG

二度づけゲンキンです、もちろん!

DSC09317.JPG

佐々木蔵之介さんのご実家の蔵元のお酒がありました!

DSC09318.JPG

すっきりしていておいしい!

DSC09316.JPG

こちらは、鶏の炭火焼。生たまねぎが敷いてあります。一緒に食べたらおいしい。これ我が家で真似しよう。

DSC09319.JPG

串カツ追加オーダー。生ハム&チーズ。価格もリーズナブルで、とてもよいお店でした。予約せずに一期一会の出合いも楽しいものです。<YA>

 炭火鶏串カツ みなみ 京都駅前店

京都市下京区新シ町139-3 

050-5594-9100

 

 

このページのトップへ

2018年5月 8日 Posted time : 14:10 | Category : D@EXコラム

 

DSC09065.JPG

 

会社のGさんがバラのウーロン茶をいただき、みんなで試飲&ティータイム。台湾のおみやげでもらったとのこと。とにかくかわいいパッケージにうっとりします。こちらのお店は1800年代創業の老舗のお茶屋さんらしく、台湾に100店舗以上あるお店とのことでした。老舗なのに老舗じゃない風のおしゃれなパッケージがなんともステキ。おみやげにもらうと気分が上がるステキなカンカンじゃないですか。ちなみに読み方嶢陽茶行(ヤオヤンチャーハン) (Geow Yong Tea Hong)

 

DSC09071.JPG

中はティーバッグになっています。ティーバッグの方が楽でうれしいですね!途中で忘れそうになりましたが、紅茶じゃなくってウーロン茶です。お湯を注ぐと、色は紅茶より薄め。しかし、バラの香りがふんわり漂います。かなり優雅な香りですね!ウーロン茶特有の発酵した香りもあり、心も体も美しくなりそうな気分です。

 

DSC09072.JPG

紅茶やコーヒーのフレイバーってけっこうありますが、ウーロン茶のフレイバーティーって日本ではあまり出合ったことがありません。これからの季節は冷茶にしてもおいしいかもしれないですね!ごちそうさまでした!<YA>

 

このページのトップへ

2018年4月30日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC09036.JPG

あまり間をおかずに、また来てしまいましたビストロ・シェ・ル・コパンさん。山鹿に用事があるから、コパンに来るのではなく、コパンがあるから山鹿に用事を作ってしまう。それもランチタイムではなく、夕方から夜にかかるように、綿密にスケジュールを組んでしまう。というわけで、今回はメインを数量限定のシカ肉のハンバーグにしました。旨み十分でおいしい。なんという幸せ。

 

DSC09032.JPG

前回は、プリフィクス前菜の選抜メンバーから外れていたムール貝は、今回晴れてメンバーインしており、オーダーしました。しかし、前回の前菜カダイフの包み焼きは、幸運な出会いでした。ムール貝がメンバーインしていたら、きっと食べなかったであろうけど、おそろしくおいしい食べ物だった。

 

DSC09031.JPG

今回は順不同&割愛でご紹介。

DSC09035.JPG

ビーツのスープ。これって、ロシアのボルシチっぽいですよね。サワークリームってロシアで、スメタナというらしい。作曲家のスメタナと関係あるんでしょうか。

 

DSC09037.JPG

お口直しのシャーベット。お祝い事で伺ったので、この後に出てくるデザートには名前を入れて下さっていました。お見せしたいけど、名前入りゆえ割愛(笑)。デザートは、ココア風味のプリンボネ。これまたおいしすぎる出会い。感動のサプライズで、すばらしい夜を過ごすことができました。ちなみに友人は、この後イノシシの赤酒煮込みなるおいしいメニューを食べに行ったのだとか。季節ごとに驚きのメニューを楽しませてくれます。<YA>

ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968 44 5605

このページのトップへ

2018年4月28日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

DSC09022.JPG

トラヤビルの3階にあるお城が見える定食屋さん「味処お川」さん。ランチに久しぶりに行きました。魚定食(煮魚・焼き魚)、からあげ定食、出し巻き卵定食、納豆定食、冷奴定食など、いかにもおいしそうな定食ばかり。客席を見回してみると、からあげ定食の率が高いですが、あら煮定食を毎回頼みます。次はからあげを食べてみよう。お決まりのバナナ付きの定食。今回は魚卵もついていました。珍しいですね。

DSC01561.JPG

こちらは、前回のあら煮定食。あらの量がはんぱない。甘辛くってとってもおいしいです。ご飯もセルフでお代わり自由なので、お替りしてしまいました。帰り際に、お店の女性がぬかどこを混ぜていて、我が家の冷蔵庫に眠っているぬか床のことを思い出す。そろそろ混ぜなければ(笑)。我が家のぬか床は、小倉たんか市場宇佐美商店さんの100年ぬか床です。市販(スーパー)のぬか床にこれを混ぜて熟成させると、とてもよいぬか床になりますよ。お川さんは40年近く続いているようですね。圧倒的にファンが多いお店なので、是非ずっとずっと続けて欲しいです!<YA>

 

DSC01565.JPG

味処お川

熊本市中央区上通町4-10 トラヤビル 3F

 096-353-2393

 

このページのトップへ

2018年4月26日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC08948.JPG

イタリアピエモンテの焼き菓子に、バーチディダーマという焼き菓子があります。一口サイズのサクサクしたクッキー生地に濃厚なチョコレートクリームをサンドしたものらしく、食べるときにすぼめた小さな口びるが「キス」をするときのかたちに似ていることから、[バーチ ディ ダマ = 貴婦人のキス] と呼ばれているのだとか。そのバーチディダーマの老舗で、1958年創業のパスティッチェリア リッパのバーチ ディ ダーマとアマレッティのセットをいただきました。アマレッティとは、リッパさんのもう一つの看板商品で、ちょっとさくさくしたメレンゲ風のクッキーです。ディーンアンドデルーカさんで購入できるようです。ラッピングがとてもかわいくて贈り物としていただくと気分が上がります。

 

DSC08951.JPG

アマレッティ。チョコレートコーティング。

 

DSC08954.JPG

中はクッキー生地。アーモンドの香りが強く、軽い口当たり。甘さ控えめのしっとりした食感がとてもおいしいですね。

ところでイタリアのピエモンテってどんなところなのでしょう。ピエモンテ州とは、イタリアの北西部の州で州都はトリノ。荒川静香さんが活躍したトリノオリンピックが行われたところであり、ユベントスの本拠地があるのもトリノ。「イタリア半島のブーツの膝小僧あたりです」と書かれているものもありますが、膝小僧よりずいぶん上の方の、太もも前面部って感じじゃないでしょうか。トスカーナ州と並んで、赤ワインの名産地なのだそう。最近かなり遅ればせながら、ワインのおいしさに目覚めつつある私ですが、味の特徴をいろいろ勉強したいなと思っています。ここで買えます。<YA>

 

このページのトップへ

2018年4月24日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

 

 

 

DSC08903.JPG

 

福岡にある伝説のスリランカ料理店、ツナパハさん。ずっと前から行きたいと思っていましたが、「ツナパハ+2(プラスデカ)」といういわゆる2号店がソラリアステージの地下にあると聞き、行ってきました。わたしは、今編集長が検証実験中のヌードルカレーをオーダー。他の人は、スリランカカレーとシュリンプホワイトカレーなどをオーダー。店内は、明るい雰囲気。

 

DSC08907.JPG

こちらはホワイトカレー。ルーのみ。エビのエキスが溶け出していておいしい。ホワイトカレーというだけあって、白っぽい。スリランカ熊本のリアルレッドを平気で食べる人がオーダーされたので、見た目ココナッツ感が強いですが、見た目より辛いです。

 

DSC08905.JPG

 

 

こちらは、定番スリランカカレー。ジャガイモ、チキンなどの配置等は、スリランカ熊本と激似。隣のテーブルの人はルーが足りなくなって、おかわりしていました。熊本では、見たことないな、ルーをお代わりしている人。ツナパハラバーの友人いはく、福岡ではけっこういるらしい。

 

 

DSC08908.JPG

 

こちらはヌードルカリー。予想に違わずおいしいですが、やはりスリランカ熊本・モナラを超えないと思ってしまう。ドライカレーを絶賛している方が多いので、次はドライカレーに挑戦してみようと思いました。<YA>

 

ツナパハ+2

 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ地下2階

 

このページのトップへ

2018年4月20日 Posted time : 00:49 | Category : D@EXコラム

DSC08886.JPGニューヨークトライベッカにあるBubbys。1990年にアメリカンパイの専門店としてスタートした店なのだそうですが、大名の小さな雑居ビルの中で発見。ティータイムで利用しました。おなじエリア内には、「シンガポール・シーフード・リパブリック」の九州1号店があります。Bubbysは、このシンガポールシーフードリパブリック内の“ポップアップレストラン”として期間限定でオープンしているのだそいうです。ちなみにシンガボールシーフードリパブリックさんは、シンガポールの4つの人気店が集合したお店なのだそう。

 

 

DSC08901.JPG

アメリケーンな黒板アート。バビーズのオーナーシェフのロン・シルバーがアメリカ各地を巡り、その土地に伝わる料理を現地のおばあちゃんから教わったメニューがたくさんあるらしい。またアメリカ文学小説のなかに出てくる料理なども、バビーズには登場するんだそうですよ。

DSC08900.JPG

  

こちらが、看板メニューのアップルパイ。ネーミングがマイルハイアップルパイというだけあって、こんもりと山盛りでかなりボリューム感あり。

  

  

DSC08899.JPG

こちらはシンガポールシーフードリパブリックのメニュー。チリクラブやらおいしそう。中華なんかもあります。シンガポールの中なのに・・・・・

 

DSC08890.JPG

 

一角だけとってもアメリカン(笑)。異国感あふれます。ロンのお母様のチーズケーキやチェリーパイ、ペカンナッツのパイなど、食べたかったな。ホテルバイキング後は、無理ですな。

 

DSC08898.JPG

 

 

ステキなカップ。天神地下街で購入したかわいいウサギのワッペンとともに(笑)。<YA>

シンガポールシーフードリパブリック福岡天神

Bubbys

福岡市中央区大名1の12の56の2階

092(707)0260

 

このページのトップへ

2018年4月18日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

 

DSC08794.JPG

 

大分にごまだしといううどんがあります。白身魚とごまをすりばちですって、しょうゆみそなどを加えて作られたモノで、大分の家庭では、欠かせない調味料です。我が家もうどんやお味噌汁用として手作りごまだしを常備して、使っています。白身魚を使った本格的なものではなく、ごま、みそ、かつお節を入れて混ぜたものです。私のごまだし好きを知っている友人が、市販のごまだしを大分で購入してくれました。佐伯本場のごまだしというのを食べる機会がなかなかないので、これはうれしいギフトです!漁村女性グループめばるさんが作っておられるとのことで、本場感がはんぱないですね!テレビなどでも紹介されているようですね。

 

DSC08796.JPG

 

ペースト状のみそ。ジャパニーズソウルフード的なよい香り。日本に生まれてよかった、と思える。

 

 

DSC08800.JPG

 

ごまだしうどんの作り方付き。やはりうどんは出汁に入ったモノではなく、釜揚げ風のゆであげがベストのよう。

 

DSC08799.JPG

 

かまぼこ切れにて、ネギのみ。シンプルでおいしいですね!私が作るものと比べるとやはり白身魚感が強いです。魚の焼いた身をほぐして、すりつぶしてあるので、市販のかつお節とは違って、魚の香りが立ちます。規格外の魚が捨てられるのを憂い、この商品ができたのだそうです。お野菜たっぷりのバーニャカウダのソースなどでも活用できるとあり、日本野菜ソムリエ協会主催の『調味料選手権・万能調味料部門 最優秀賞』を、2012年に受賞したこともあるのだそうです!変な混ざりものもないので、安心して食べることができます。<YA>

 

ここで買えます↓

漁村女性グループめばる

 

 

このページのトップへ

2018年4月16日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC08831.JPG先日、ばたばたと駆け込んだドトールコーヒーで、おいしいサンドイッチをいただきました。その名も「カマンベール ビーフ&チキン」。なんとひとつのサンドイッチでビーフとチキン、そして大好物のカマンベールチーズまで楽しめるすぐれもの!

DSC08834.JPG

シャキシャキレタスの上に、国産鶏を桜チップでスモークしたチキンと塩漬けし燻製したパストラミビーフが半分ずつのっています。
その上に、コールスローサラダとカマンベールチーズがトッピングしてある贅沢仕立て。

パストラミのコクと、ジューシーチキンのさっぱり感、そして、なんといってもカマンベールのまったりぶりがすばらしい。ミラノサンド、いろいろ食べましたが、一番スキかもしれません。次回も絶対これ食べよう!と思いつつ、先日再度ドトールに行きましたら、なんとメニューからなくなっていました。これって、シーズン商品だったのでしょうか?涙。復活を熱望します。<YA>

ドトールコーヒーショップ熊本上通店

熊本県熊本市中央区上通町4-18
096-312-3450


このページのトップへ

2018年4月14日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC08526.JPG

コメダ珈琲さん、50周年だそうです。わたしがお世話になっているのはかれこれ数年ですが、この喫茶店では、50年の間にいろんなドラマが繰り広げられたことでしょう。思えばここ数年の間でもこのコメダ珈琲さんでは、私的にはいろんなドラマが生まれています。

 

komedacoffee4.jpg

仕事の打ち合わせや、ノマドで原稿作成、そして子どもの受験日に家にいると落ち着かず、友人たちと一日中コーヒー飲んでたり。また合格発表の日も家の中だと落ち着かずに、朝からコメダで朝食をいただいた記憶。仕事や打ち合わせ、ランチ、そして一人でいたくないときなど、いろんなときに気軽に立ち寄りました。

komedacoffee1.jpg

 

仕事の打ち合わせでは、サンマルクカフェなどもよく利用するのですが、誰とどのシチュエーションで会ったのかほとんど覚えていません。それに比べて、コメダ珈琲さんでの打ち合わせなどは、不思議なほどに、行った人や話の内容などを鮮明に覚えているのが不思議。この差は何でしょうか。「伝統は、くつろぎです」のコピー通り、リラックス感が、そうさせるのでしょうか。

sironowa1.jpg

ちなみにこちらは、看板メニューのシロノワール。疲れたときに体に染みるあ・ま・さ!

 

コメダ珈琲店熊本大窪店

 熊本市北区大窪2-10-8

096ー342ー6518

このページのトップへ

2018年4月12日 Posted time : 00:59 | Category : D@EXコラム

DSC08715.JPG

 

熊本市中央区上通町の井上ビル。迷路のようなビルで有名。こちらに友達が行きつけのチーズがおいしい店があると聞いて行ってきました。ランチタイムもあるようです。リゾットグラタン、ドリア、ピザ、パスタなど、おいしそうです。グランドメニューも楽しめるらしく、チーズのペンネと、ホタテと海老のリゾットグラタンをオーダー。こちらのお店、実は飲食店だけでなく、お隣がTLabというワインショップになっています。だからワインの種類も豊富です。ちなみにポムドテールとは、大地のリンゴ=じゃがいものことだそうです!

 

DSC08716.JPG

まずは生ハムのサラダ。フレッシュベジタブルとしょっぱいハムの間違いないコンビネーション。“追いオリーブオイル”もあり。

 

DSC08718.JPG

こちらは、お友達のホタテと海老のリゾットグラタン。チーズのおいしさ存分に堪能。

DSC08721.JPG

こちらは、グランドメニューのゴルゴンゾーラチーズのペンネ。チーズ感マシマシでおいしい!

DSC08723.JPG

デザートを追加しました。チーズのお店だけあって、チーズケーキが絶品です。

DSC08722.JPG

店舗は、迷路ビル井上ビルなだけあって、不思議な構造。ポムドテールが満席だったら、いったんお店の外に出て、隣のワインショップTLABの先にある小さな部屋に通されます。小部屋が3つつながったような構造がなんともおもしろいのです。

DSC08726.JPG

レジの周りにもイタリア産のオリーブやペンネアラビアータのソースなど、イタリアンな食材が多数。

DSC08725.JPG

ネトルやカモミール、チェリーなどのお茶もたくさん売ってあります。贈り物にぴったりですね!

次回は、夜に行って、チーズ三昧を楽しみたいものです。<YA>

ポムドテール

熊本市中央区上通町4-18
096-322-5121 
 

 

このページのトップへ

2018年4月10日 Posted time : 00:57 | Category : D@EXコラム

DSC08929.JPG久しぶりに山鹿市のコパンさんに行きました。いつものプリフィクス。選ぶ楽しみあります。目移りしますね。

2016年11月21日

 2016年2月15日

2017年7月5日

DSC08930.JPG

さて今日のメインはお魚にすることにしましょう。連れは、羊にするそうです。

DSC08934.JPG

まずは前菜。わたしが頼んだのは、蓮根と鶏肉のテリーヌ。しゃっきしゃきの食感とジューシーな鶏肉のコラボ。

 

DSC08932.JPG

連れの前菜。サトイモと地鶏のカダイフ包み焼き。カダイフとは、極細の麺状の生地で、お菓子などによく使われるのだそうです。

 

 DSC08935.JPG

ビーツのスープ。サワークリームがアクセント。

 

DSC08936.JPG

メインの子羊のグリエ。

DSC08938.JPG

鮮魚のジャガイモ包み焼き。ジャガイモと鮮魚、想像以上に合います!なんというコラボレーション!

DSC08939.JPG

ヨーグルトのアイスからの

DSC08945.JPG

デザート。タルトオシトロン。柑橘の香りがフレッシュ!ちなみにこのアイスは金柑の味。

DSC08942.JPG

デリスオフランボワーズ。これまた華やかな見た目と甘酸っぱさがおいしいです!

DSC08946.JPG

オランジェとコーヒー。幸せな気分になり、山鹿市の公衆浴場さくら湯に入ってから熊本に帰りました。

 ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968(44)5605

休/月曜・木曜昼 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 8日 Posted time : 14:17 | Category : D@EXコラム

DSC08814.JPG

西郷どん効果で、薩摩ブームですが、薩摩の銘菓も注目を集めています。薩摩銘菓といえばいわずと知れたかるかんです。山芋と米粉の皮にあんこが入っていたり入っていなかったりのかるかん。島津斉彬の頃からあるお菓子で、殿様菓子と呼ばれていたということです。鹿児島みやげといえば薩摩蒸気屋さんのかるかんが有名ですが、文旦堂さんの桜かるかんをいただきました。春の限定商品です。かるかんは、邪道といわれようがわたしはあんこ入りが好きです。

DSC08822.JPG

文旦堂、ぼんたんどうと読むのだそうです。桜の花びらの模様がが春らしいですね。今年は、桜の時期が長くて、とてもきれいでしたね。何回もお花見に行きました。黒川温泉でもお花見したのですが、ソメイヨシノ以外の桜もたくさん咲いていました。自生している山桜でしょうか。

 

DSC08815.JPG

桜の葉っぱが練りこまれています。今年は、さくら餅も2回食べて、桜風味のお菓子にはまりました。甘すぎず、ふんわり桜の香りがしましたが、山芋感が薄いのがちょっと残念!文旦堂さんには西郷かるかんというものもあります。こちらは病もが自然薯らしいです!こちらで買えますよ!<YA>

 

このページのトップへ

2018年4月 6日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

DSC08769.JPG

 

三年坂に焼き鳥のおいしいお店があると聞き、行きました。その名もいっぴんさん。個室で焼き鳥を食べることができる店ってなかなかないので、ありがたいですね。ところでここで人気なのがモクテルというドリンクです。

 モクテル(MOCKTAIL)は、「MOCK=偽りの」という言葉とCOCKTAILを組み合わせた造語だそうです。お酒を使わないで作る、カクテルに見えるけれどカクテルじゃない飲み物というわけです。ロンドンで人気らしく、いろんな組み合わせもできるし、何よりオシャレ。飲めない人や飲みたくない日に、周りはおいしいカクテルを飲んでいるのに、自分だけウーロン茶やオレンジジュースなどのソフトドリンクを飲むのは悲しいもの。ぶどうジュースとカルピスの組み合わせや、こんな風にベリーをトッピングしたものなど、カクテルを飲んでいるかのような気分になるよさがあります。

DSC08767.JPG

こちらもモクテルです。組み合わせ次第ではモクテルの種類は無限大ですよね。ウーロン茶とジュースを合わせたモクテルは、ウーロン茶の渋みがなかなかの味で、はまりそうでした。お酒を飲めない人だけでなく「1次会でちょっと飲みすぎたので2次会は控えたいな」という人など、いろんな風に利用できるのがうれしいですね。

DSC08771.JPG

いちご酒、もも酒、みかん酒など女子向きのアルコールもあり。ちなみにアイス塩レモンサワーなるドリンクも人気なのだそうですよ。次に試してみよう!<YA> 

個室・焼き鳥 いっぴん 三年坂

熊本市中央区安政町5-13-1 1F

050-3373-2848

このページのトップへ

2018年4月 2日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

 

DSC08759.JPG

 

羽田空港で空弁をゲットしました。本当は、赤坂瑠宮さんでマーボー豆腐を食べる予定だったのですが、羽田空港第2ビルにはないのですね。いつのまになくなったのでしょう!というわけで空弁売り場をうろうろしましたが、彩鳳さんのシューマイに心をそそられ、衝動買い。こちらのシューマイ、ビッグでエビ入りなんですよ!シューマイだけを買ったことありますが、お弁当は初めて買います。

 

DSC08761.JPGのサムネール画像

お弁当。普通においしそう。エビがゴージャスですよね。5個も入っています。大好きな崎陽軒さんのシウマイと比べるとやはりエビの分だけ豪華感ありますね。からしもソースもついていてうれしい!胡麻がぱらぱらのお弁当のご飯って俵型のブロックによって構成されていますが、これは食べやすさの面からこのような形なのでしょうか。あまり考えたことなかったのですが、改めてこのカタチの不思議について考える。

 

DSC08763.JPGのサムネール画像

酢醤油もからしもたっぷりつけていただきます!冷えていてもおいしく感じられるシウマイですね。肉々しい味に、ご飯との配分を考えながら、食べ進めます。ご飯が8ブロックあるので、それに対してシウマイ5個。1.5ブロックに1シューマイあたりの換算でよいでしょう。そんな計算がしやすいように、8ブロックにしてあるという理由も考えられなくはない。

「ほか弁よりも冷たいお弁当の方が好き」という方に会ったことがありますが、なんとなくわかる気がするのは年を重ねたせいでしょうか。お弁当を食べている!っていう感じがよりいっそう強まりますよね。<YA>

 

 

このページのトップへ

2018年3月31日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

DSC08756.JPG

長野から東京駅へ戻り、いろんなおいしいものを買い込んで、明治神宮外苑でピクニックランチしました。東京駅はおいしいテイクアウトグルメがいっぱいで、目移りしそう!とりあえず今回は、この子たちをテイクアウトです。おいしそうでしょう!?

DSC08755.JPG

こちらは、東京駅と焼印された東京レンガパン。東京あんぱん豆一豆(まめいちず)さんのアンパンです。いろんな種類のあんぱんありですが、一番人気はこのレンガパンなんだそうですよ。東京駅といえば赤レンガですものね。ちなみに一番上のアンパンはチーズ入りです!これまた甘じょっぱくて美味。

 

DSC08757.JPG

割ったらこんな感じ。ホイップクリームとあんのバランスがとてもいいです。そしてこのずっしりとしたパン生地のおいしさも秀逸!

 

 DSC08753.JPG

こちらは、サンドイッチ専門店のメルヘンさんへ。一番人気はなんですか?と聞いてお勧めされたのがコレです。分厚いカツサンドたイチゴと生クリームのフルーツサンドまで1パックで楽しめます。

で、どうしても買いたくなったのが・・・

 

DSC08752.JPG

これ。洋ナシのサンドイッチ。フルーティーで洋ナシの香りが生きていて贅沢なおいしさ!

 

DSC08750.JPG

次にいなり寿司専門店の豆狸(まめだ)さん。大阪発祥のいなり寿司屋さんなのだそうです。右側のピンク色のいなり寿司にご注目!こちらは季節限定の桜いなりです!桜餅みたいな香りがしてとってもおいしいおいなりさんでした。残りは定番豆狸いなりと、ちりめん山椒のおいなりさんでした。ごちそうさまでした!<YA>

このページのトップへ

2018年3月29日 Posted time : 00:14 | Category : D@EXコラム

DSC08742.JPG

戸狩温泉スキー場の名物といえば、このとがりんとう。ホテルの近くにある公衆浴場「暁の湯」さんで購入しました。アップルかりんとうと書いてあり、信州リンゴ風味のかりんとうです!左下には戸狩温泉スキー場キャラクターとが坊が。

とが坊は、福を呼ぶふくろうがモチーフの男の子。戸狩温泉のとんだいら高原で啼いているふくろうに心を引かれ、自然の中で発展することを那賀って1977年に登場したのだそうですよ。なんと地域のマンホールの蓋にも描かれているとのことで、愛されているのですね!長野オリンピックのときには存在していたので、どこかで見たのかもしれないですね。

ちなみに暁の湯さんの露天風呂が入れなかったのが残念でした。雪を見ながら温泉に入りたかったな。

 

DSC08745.JPG

見た感じは普通のかりんとうですが、袋を開けた瞬間にりんごの甘酸っぱい香りがふんわり漂います!かりっとした食感ですが、りんごの酸味がかりんとうの油っぽさを消し、さわやかなおいしさですね。

いろいろ検索していましたところ、かつては「とが坊」ではなく「とがりん」がパッケージに印刷されていたようですね。とがりん、豚に見えますが、ふくろうに追いやられてしまったのでしょうか。行方が気になります。<YA>

このページのトップへ

2018年3月27日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

DSC08749.JPG

 

 

北陸新幹線でたどり着いたのは、雪国でした。こちらは長野の戸狩温泉スキー場近くの風景。3月前半でぽかぽか陽気だったにもかかわらず、真っ白な雪の風景に、川端康成の気分が少しわかりました。九州人の感覚からは考えられないですよね。

戸狩温泉スキー場は、天然雪のスキー場で、初心者から上級者まで楽しめるコースです。スキーは久しぶりでしたが、無理は禁物。怪我したら大変って感じで、年齢相応の控えめな滑りがベターです。それにしてもオリンピックパラリンピックの選手の皆さんって、本当にすごいのだなと改めて思いました。つるっつるにすべる雪って、怖くって仕方ないです。

 

DSC08747.JPG

行きの新幹線の春小町弁当で、山菜スイッチがオンになってしまいまして、夕食に出た山菜をパシャリ。こちらは雪解けと同時に現れるといわれるこごみちゃん。芽吹いたばかりの若い葉が前かがみにかがんでいるように見える様から名付けられたんだそうです。まだ雪深いので、昨シーズンのものをゆでて保存されていたのかもしれませんね!春特有の苦味のある味は胡麻和えに合いますね!ちなみにお伺いした日は、スキー場のイベントの日で、打ち上げ花火は、抽選会などでとても盛り上がりました!たいまつを持って滑走するたいまつ滑走の光が美しく、夜のスキー場の幻想的な雰囲気を堪能しました。もちろんその後は、温泉でほっこり!<YA>

戸狩温泉スキー場

長野県飯山市大字豊田6356?2

0269-65-2359

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月25日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC08729.JPG

 

東京駅で駅弁を買いました。駅弁などは、鶴屋さんの駅弁市で購入するくらいしかないのですが、旅のお供として買う駅弁はわくわく寒もひとしおです。季節限定の吹き寄せ弁当の春小町(1350円)。限定という文字と、残りがたった1個だったので、これは買うしかないでしょう。日本レストランエンタプライズさんのものです。

 

DSC08731.JPG

おしながきまで入っています。本格的ですね!他の方のブログにもアップされていましたが、2013年のもので、内容も違っていました。季節の人気弁当なのかもですね。

 DSC08732.JPG

お弁当、ちょっとわらび餅のデザートが横になっているのは、駅弁ってことでご愛嬌。見るからにおいしそうで、気持ちも上がります!たらの芽のてんぷらやこごみの胡麻和え、西京焼き、たけのこご飯と大好きなもの尽くしでうれしい!すべてとてもおいしくいただきました。体に春が舞い込んだようです。

DSC08736.JPG

同行者が食べました幕之内もアップします。幕の内だけあって、歌舞伎の隈取柄。1050円とお手ごろ価格。同じくNREの定番弁当。

DSC08741.JPG

HPを見てみると、

 キングサーモンの焼魚、玉子焼、蒲鉾といった幕之内弁当の三種の神器ほか、素材に合わせじっくり味付けされた煮物や揚物など、多彩に盛り込みました。

とあり、幕の内弁当の三種の神器がこの3品だということを知った北陸新幹線の中でした。今回の旅は、時間との戦いであったためテイクアウトグルメを中心にご紹介します!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月23日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム熊本特産物情報

 DSC08474.JPG

「人吉で一番うまい饅頭」というキャッチフレーズの饅頭をご存知ですか?それが「いわみ饅頭」です。青井阿蘇神社から徒歩圏内なのですが、とにかく午前中には売切れてしまうほどの人気ということ。訪ねてみると、そこは「いわみ商店」さんというそば・うどんやさんでしたが、おまんじゅうを買い求める方がひっきりなしに訪れます。こちらがおまんじゅうのパッケージ。「人吉で一番うまい」の文字が躍ります。自信の表れでもあり、謙虚さもある秀逸なコピーでしょう。そしてこの包装紙、かわい過ぎますでしょう(笑)?

 

  DSC08472.JPG

こちらが丸いまんじゅうと棒状の長まんじゅう。カタチが違う同じものだと思ったら、大間違いです(力説)!丸いものは十分柔らかいのですが、この棒状の長まんじゅうに比べると少々硬め。つまり長まんじゅうは、口の中で溶ける!まんじゅう業界の大トロであり、さらにいえば、まんじゅう業界のサーロインの冠をつけることが許されるレベルの逸品です。

「人吉で一番うまい」って、人吉の人は本当に謙虚だなと思います。添加物等を一切使ってないので、夏の暑い時期は販売なさらないのだそうです。また午前中には売切れてしまうことが多々なので、なるべく早めにご来店することをオススメします。<YA>

 

いわみ商店

人吉市上青井町180-1

0966(22)3541 

このページのトップへ

2018年3月21日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC08464.JPG

久しぶりにハンバーグのジールさんへ。ここはあか牛のハンバーグがとてもおいしいですが、あまりにも身近な存在過ぎて、なかなか立ちよることができません。29日の肉の日には、大行列ができていたものですが、なんと昨年の夏に「肉の日」が終了した模様で残念。肉の日やら、味千感謝デーやら、人が多くてなかなか足を運ぶ気分にならないのですが、なくなると、こんなことなら早めに足を運んでおけばよかったと悔やまれる。光陰矢のごとしです。いつまでもあると思うな肉の日。

DSC08466.JPG

というわけで、バーグ&エビフライ2尾をオーダーしました。ポットパイスープセット(サラダ、ごはん、ポットパイ付き)にしたかったのですが、売り切れとのこと。コーンスープもおいしかったのですが、隣でパイを崩しつつポットパイ食べている方のがやけにおいしそうに見えます。

DSC08468.JPG

こちらがエビフライのセット。立派なエビフライがついています。お隣が食材量販店ですので、そこから来たのかななんてかんぐるわたし。普通においしいです。

DSC08470.JPG

じゅわーっと肉汁あふれます。食べた瞬間、震災に160グラムのハンバーグのセットを震災価格で540円で提供されていたことを思い出しました。温かい食事、フレッシュな生野菜を低価格で食べさせていただき、感動したことを思い出します。

震災から2年。もう2年なのか、まだ2年なのか、複雑な気分。2年経って変わったところもあるし、全然進んでないところもあり。その差の開きが、さらに気持ちを複雑なものにさせます。春の陽気を感じると、あのときのことを思い出し、不安な気分が心をよぎるのは確か。復興を足がかりに、さらにあらたな進歩を遂げる創造的復興という言葉がありますが、絵に描いた餅のようにならないことを切に願います。<YA>

ジール

熊本市中央区室園町3-48
マリーハイム 1F

このページのトップへ

2018年3月17日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

DSC08668.JPG

前回書いたパン屋さんくるりんさんからほど近いところに、はま寿司佐世保中里店というお寿司屋さんができていたので行ってみることにしました。はま寿司さんは、すき家さんのグループなのですね。土日は100円寿司なのですが、平日は90円とお得!お伺いしたのが土日なので、メリットはなかったのですが、90円は安い!

受付のところで対応していたのは、なんとペッパー君でした。子どもさんたちが群がっていて、写真撮をることができませんでしたが、初めて見たペッパー君はけっこう働き者で、予約をきっちりとっていました。子どもの相手もしつつ、ちゃんと一人前に働いているところがすごかった(笑)

 

DSC08678.JPG

で、初めて知ったのですが、はま寿司さんって、回らないお寿司なんですね。回っているお寿司がなくって、注文したものは、レーンに乗って運ばれてくるスタイル。これはくるくるずしとは呼べないでしょう。乾いたネタがいつまでもぐるぐる回っている状態がないというメリットはありつつ、手持ちぶさたの時に、「とりあえず流れてるカッパ巻きでも食べとこうかな」というのができないです。こちらは、熱々の天ぷら。藻塩をかけていただくとおいしいです!

DSC08676.JPG

こちらは、タケノコやいくらが入った茶碗蒸し。くるくる寿司では茶碗蒸しオーダーする率高し。我が家じゃこんなにふわふわとろとろにできません。

 

DSC08673.JPG

お醤油の種類もたくさんあります。ココで買えるようですよ!

 

DSC08672.JPG

ホタルイカ。

 

 

 

DSC08670.JPG

お茶は塩こしょうのようなシェイクするスタイル。

 

DSC08674.JPG

 

回らないお寿司という言い方って、高いお寿司の代名詞みたいになっていましたが、「回らないお寿司食べに行こう」と言われてもはま寿司の可能性があることを、知った春の日でした。<YA>

 

はま寿司 佐世保中里店

佐世保市上本山町1006の3

0956428010

 

このページのトップへ

2018年3月15日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

DSC08653.JPG

長崎県佐世保市にある九十九島パールシーリゾート。水族館などがあるシーサイドの観光施設なのですが、そこの近くにあるパン屋さんがおいしいと聞き言ってみました。「名前は森のパン屋さんくるりん」。海辺なのに、森の中っぽい高台にあります。

 

DSC08656.JPG

 

中に入ると、とってもいい香り。おいしそうなパンがいっぱいです。テラスイートインスペースもあり、これからの季節は気持ちがいいですね!ウグイスも鳴いていました。まだまださえずりがおぼつかなくって、かわいらしい(笑)。すっかり春ですね!

 

DSC08657.JPG

 

こちら。人気のミニオン風キャラパン。ちゃんとアレルギーの方向けに原材料が書いてあるのがうれしいですね。右側のいちごアングルっていうのが、見るからにインスタ映え。トライアングルとイチゴを組み合わせた造語なのでしょうね。

 

DSC08654.JPG

 

で、塩パンにフィグ入りのパンに、シナモンパンなど、あきらかに買いすぎているわたし(笑)。佐世保バーガーに続く佐世保名物として名をはせているのが、揚げサンド。真弓精肉店というお肉屋さんにある揚げパンにポテトサラダを詰めたモノなのですが、テレビに取り上げられたことがあります。まるで佐世保のソウルフードのような扱いですが、わたしは食べたことがありませんでした。たまたま「くるりん」さんにもあったので、買って食べましたよ!甘めのポテサラが魅惑のおいしさでした!ちなみに私的一番ヒットは、チーズと蜂蜜の入ったパンでした。小麦粉のおいしさを忘れてしまった編集長に食べさせたいです(笑)<YA>

 

森のパン屋さん くるりん 鹿子前店  

長崎県佐世保市船越町70?31

0956-88-8342

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 9日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

DSC08430.JPG

かつて御船町で人気だったルアンさんが熊本市に移転してもう何年でしょうか。ホテル日航の裏の高田屋さんの2階にあり、リーズナブルな価格でランチが楽しめます。ここのオススメはサラダで、すごくいろんな種類の野菜がサラダに入っているんです。お料理もヘルシーでおいしく、女性の間で人気です。このお店のもうひとつの楽しみは、レジの近くに並んでいるセレクトショップ的なアイテムを見ること。こちらは、フェアトレードのチョコです。ジンジャー&レモンのチョコとかどんな味がするんでしょうね。

 

DSC08432.JPG

そして、今回気になったのがコレ!レモングラスティーの前にあるバラの絵が描いてあるボトルです。その右奥には同じ柄が書かれた別のボトルもあります。「思わずコレなんですか?」と聞いてしまいました。じつはこちらはフレンチクレイとクレンジングです。熊本の顔そりのサロンベラ熊本さんが、フェイシャルエステをされるときに使用しているのが、このベラローザフレンチクレイ。クレイですから、泥なのですが、この泥はいろんなミネラル分をたっぷり含んでお肌にとってもいいのだそうです。ルアンのオーナーさんも使用されている一押しの商品らしく、バラのとってもよい香りがするんですよ!手にとって使用させていただいたらお肌がすごくしっとりしたので、購入して、毎日お風呂タイムに楽しんでいます。

DSC08433.JPG

ここは、おいしい紅茶の種類が多く、うれしい。

DSC08431.JPG

ドライフラワーもいい感じです。隠れ家風の小さいお店ですが、お料理もインテリアも細部まで目が行き届いていて、独自の世界観。町のど真ん中にいることを忘れてしまいそうなゆったりしたひとときが過ごせますよ。<YA>

ルアン

 熊本市中央区上通町5-36の2階

080-6408-4911

このページのトップへ

2018年3月 3日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

 

3p4.jpg

那覇市首里にあるCafe 3-plantに行ってきました。たくさんの植物が飾られた店内は、コーヒーのいい香りが漂っていて落ち着く雰囲気。

 

3p5.jpg

 wi-fiや電源もあり、美味しいドリンクとともに仕事や勉強がはかどりそうな空間です。勉強に疲れたら・・・。

 

3p1.jpg

じゃじゃーん!こちらのハンモックでブレイクするのもいいかもね。

 

3p.jpg

 

今回いただいたのはエッグインクラウドの炙りチーズサーモン丼。エッグインクラウドという名前の通り、雲のように泡立てたメレンゲの上に卵黄を乗せてあります。ふわっふわのメレンゲととろっとろの卵黄が香ばしいあぶりチーズサーモンとベストマッチ。添えられたわさび醤油がピリリと味にアクセント。オシャレなカフェ飯でお腹が満たされました。

 3p3.jpg

 

店内にはいろいろな雑誌や本、マンガも置いてあって、ゆったり自分の時間を過ごせます。コピー機やラミネート加工機も利用できるので、オフィス感覚で使えますね。

個人的にはレジ前の手作りアクセサリーの販売コーナーがポイント高い。アクセサリー作家さんの小物を代行販売しているそうです。手作りならではの味わいがたまりません。美味しいご飯と素敵な空間で心もお腹も満たされました。また来ようっと!<YA>

 

カフェスリープラント

那覇市首里赤平2の12-1F

098(987)6913

 

 


このページのトップへ

2018年3月 1日 Posted time : 00:29 | Category : D@EXコラム

DSC08425.JPG

TBSテレビの日曜劇場「99.9?刑事専門弁護士ーSEASON?」にはまっています。嵐の松本潤さんが、刑事専門弁護士に扮し、数々の何事件を解決していくのですが、毎回爽快!で松潤といえば明治チョコのCMなのですが、それとのコラボ企画で対象明治チョコを2つ買うと、A5ファイルがもらえるというキャンペーンをやっています。バレンタインの翌日2月15日からで、家中チョコだらけなのに、さらにチョコを買ってしまったわたし。おまけにファイルは紫と白の二種類で、どっちもほしければ4個チョコを買わねばならない。各店舗限定数しかないらしくなくなり次第終了とのことなので、初日に行きゲット。もちろん松潤ファンの歌広場くんもツイッターでゲットした旨報告されていました。

配布数が少なく限定だったことから、とっくの昔にどの店舗もなくなっているだろうと思っていたところ、な、なんと会社の近くのセブンイレブンにまだ豊富にファイルが残っているのを発見しました。紫が人気なのか、白の方が一杯残っていました。

まだファイルをゲットしてない深山ファンの皆さん!きのこの山たけのこの里国民総選挙2018も始まった今、是非ゲットしてください!

このページのトップへ

2018年2月27日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

 

DSC08391.JPG

 

 

セブンスイーツいただきました。チョコミント好きの友人のチョイスはコレ。ざくざく食感チョコミントシュー。ざくざくのチョコでコーティングされています。チョコがビターっぽい色合いで、なかなかおいしそうです。右端に書かれたイラストで、なんとなく中身が予測できます。チョコミントは好きなのですが、見るからに自分では買わないタイプのおかしです。ブルーのクリームって、やっぱりそれなりのインパクトあり(笑)

 

DSC08393.JPG

ということで、断面カット。食べると、思ったよりミント臭(→「ミントシュー」とかけています笑)は強くなく、ほどよい甘さでクリーミー。ミントの強烈な清涼感が好きな人には物足りないかもしれませんが、ほんのりミントな感じでわたしは好きでした。そして、クリームがあふれ出しそうなくらいたっぷり入っているのも、ポイントが高いです。まったりクリームとざくざくざくチョコのコンビネーションで、おいしくいただきました!<YA>

 

 

このページのトップへ

2018年2月21日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

DSC08385.JPG

福岡市でレトロなアーケードを発見!柳橋連合市場というのだそうです。全長100メートルの商店街に40店舗ほどのお店が並んでいます。見た感じ、鮮魚系のお店や干物屋さんなどが多いです。そのアーケードを抜けてお邪魔したのが、こちらのマヌコーヒーさん。福岡では何店舗か展開されているようですね。古い建物をおしゃれにリノベして居心地のよい空間にされています。濃厚なコーヒーの香りに圧倒。この香りの濃さは、期待できそう!!

 

 

DSC08389.JPG

 

種類も多く、マラドーナやジャンティーク、ゴールドスターなど、聞いただけでは味の想像ができないコーヒーもあり、コーヒー好きとしては楽しいですね。いろいろ質問して、丁寧に答えて頂いたのに、聞いたはしから、「え、ジャンティークってなんだっけ?」と忘れていくのは、我ながら衰えを感じずにはおれない。一口ずつシェアしていただきましたが、コーヒーのコクがあり、それでいて、雑味がなくておいしかったです!

 

DSC08387.JPG

 

 

口コミを見ると、エスプレッソを絶賛されている方が多いですね。お友達のエスプレッソ。濃厚な香りとコクは、「ここ、イタリアのバル?」と思わせる本格的な味でした。このエスプレッソ、秀逸です!<YA>

 

 

マヌコーヒー柳橋店

福岡市中央区春吉1-1-11
092-725-8875

このページのトップへ

2018年2月19日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC08266.JPG

 

大学時代に、仲良くなった東北出身の友達がいました。お父さんの職業を「またぎ」と言っていて、そのとき初めて「またぎ」という言葉に出会った衝撃。そしてその後、その友人は、お父さんの職業を「きこり」ともいっていて、山とともに生きているのだと子供心に思った記憶があります。

というわけで、水上村でまたぎ丼をいただきました。現在、「奥球磨どんぶりフェア」というの期間限定の企画をやっていて、奥球磨3町村(多良木町・水上村・湯前町)にある11店舗で球磨産の肉や野菜を使ったこだわりの12品を食べることができます。

その中の一つ「ジビエどんぶりまたぎ丼」は、水の上の市場という物産館併設のレストランで食べることができるのです。鹿とイノシシどっちものっているんですよ!鹿はカツに、イノシシは甘辛味に仕上げてあります。どちらも臭みもなくってとってもおいしい!物産館には、ジビエのソフトジャーキーとかソーセージなども売ってありました。ここでしか食べることができない味ですね!<YA>

 

物産館水の上の市場

球磨郡水上村大字湯山47-8

(0966)46-0111

    奥球磨どんぶりフェアは、3月25日までです!<YA>

このページのトップへ

2018年2月17日 Posted time : 00:17 | Category : D@EXコラム

kanpai3.jpg

 

いよいよ熊本城マラソンも間近!マジカ!って思っている方もおおいはず。体調万全でしょうか??そこでこちらのアミノ酸をご紹介します。こちら、前回ご紹介した東大ブランドのサプリメントなのですが、名前が「乾杯」。

おつきあいの前後などに1本を目安に水などの飲料とともにお飲みください。と書いてあります。

「乾杯」だし、「おつきあい」だし、きっと二日酔いにいいですよ!ってことなんでしょうけど、決して二日酔いに効くとは書いていないところが東大っぽい逃げのうまさ。

 

kanpaikona4.jpg

 

 

二日酔いに効きそうな香りをにじませている乾杯式アミノ酸ですが、アミノ酸摂取に関するおもしろい話が、パッケージに書いてありました。1996年にアミノ酸で繁殖・育成・調教した馬がいたそうです。その名も「アミノスタローン」(笑)。シルベスター・スタローンした思い浮かばないのは、ロッキー世代ならではでしょう。そのアミロスタローンが東京シティ競馬で、6勝したのだそうですよ!血統がすべてといわれる競走馬の世界で、非エリートの東大での馬が大旋風を巻き起こしたのだそうです。こうしたことが、このアミノ酸サプリ研究の礎になったのだそうです。そうです。このサプリ、走れるサプリでもあるのです。味は、プラム味で思ったより飲みやすいです。前述したキャンディーよりもわたしは好きな味でした。もう本番には間に合わないかもですが、ココで買えます!<YA>

 

このページのトップへ

2018年2月15日 Posted time : 08:45 | Category : D@EXコラム

DSC08416.JPG

 

熊本市北区植木町にあるスーパーの入船市場さんが2月末日で閉店されるとのこと。地域で25年愛されてきたスーパーでした。地震で建物のダメージを受けたことが大きな理由の一つだそうです。閉店を惜しむ声が多いですね。2月いっぱい閉店セールが行われています。

 

DSC08414.JPG

 

こちらはお酒も豊富で、ちょいちょい利用させていただいていましたが、毎年恒例なのが、立春大吉のお酒です。こちらは、立春朝搾りといって、福岡県宇美町の小林酒造さんで、立春の日の早朝に搾り上がったばかりのできたての純米吟醸の新酒を、ボトルにつめて、宇美八幡宮の神主がお祓いしたのち、入船市場まで運んでこられます。無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願して、毎年購入させていただいていましたが、これも今年限りなのでしょうか涙。残念ですね。完全予約制で、今年の分はもう予約でいっぱいだそうですよ。

こちらは昨年の様子です。

 

DSC08413.JPG

こちらもオリジナルの限定酒です。

 

DSC08417.JPG

まだまだ在庫いっぱいです。閉店セールもにぎわっていますね、25年間地域に愛されたお店でした。<YA>

入船市場

熊本市北区植木町滴水91-2

096-273-5100

定休日:無休(2月末までの営業)

このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC08239.JPG

びぷれす熊日会館前では、時々催事が行われていて、いろんなところのいろんな食べ物があるのでついつい寄り道してしまいます。毎週水曜日に行われているのが、水上村の物産展です。そこで人気のおまんじゅうがこのおたけさんまんじゅうです。お嶽さんというのは、水上村にそびえる市房山のことを、地元の人はお嶽さんと親しみを込めて呼んでいるのだそう。そんなお嶽さんの麓の工房でおたけさんまんじゅうは作られています。

 丸い焼きまんじゅうなのですが、地元のお母さんたちが一つ一つ手焼きで焼いているのだそうです。食べるとあんこが秀逸。なんと小豆も水上村産のあずきを使っているのだそうですよ。北海道産が一番おいしいと思っていましたが、この小豆めちゃうまです!

 

DSC08260.JPG

 

こちらが、お嶽さんこと市房山。村を守っているように見えますね。球磨川の源流にある水上村は、ジビエなどもおいしいです。春になると山菜のてんぷらが50種類くらい食べることが出来るイベントがあるのだとか。今年は行ってみようかなと思います。<YA>

 

このページのトップへ

2018年1月25日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

 DSC07952.JPG

 

美里町にある二俣橋に行きました。ここは水面にハートができる橋として有名。二俣渡と二俣福良渡の二つの兄弟橋です。震災の影響でしばらく見ることが出来ませんでしたが、昨年末に再び通れるようになり、2月頃までお昼の12時前後にハートを水面に浮かび上がらせてくれます。少し変形していますが、ハート型になっているでしょう?またこの風景が見れるなんてうれしいですね。このハート効果もあり、恋人の聖地に認定されていて、多くのカップルが訪れていました。橋の周りには、修復のプロセスが、パネルで展示されていました。流れた石を同じ場所に積み直すなど、気の遠くなるような作業だったと知りました。ほかの文化財も一日も早く元の姿を取り戻せれば良いですね。

 

 

DSC07957.JPG

 

 

釈迦院川にかかっているのが「二俣渡」、津留川に架かっているのが「二俣福良渡」です。ごつごつの壁石は、「乱積み」と呼ばれる技法なのだそうですよ。

 

DSC07966.JPG

 

 

帰りは、近くにある美里町のコムシロンカフェさんでお茶しました。けやき通りのコムシロンカフェさんも好きですが、美里町のお店もいつもお客様でにぎわっています。自転車用のラックが置かれていましたので、ポタリングの方も安心して訪ねることができますよ!<YA>

コムシロンカフェ

下益城郡美里町小筵927

0964-46-3665

 

このページのトップへ

2018年1月23日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

 

tairyoku2.jpg

東京大学に行った人からお土産にいただきました。東京大学が開発したキャンディーとゼリー。その名も「体力」。カラダの基本となる筋肉に大切な分岐鎖アミノ酸(BCAA)等と健康維持のために欠かすことができないグルタミン、アルギニンをバランスよく配合したキャンディとのこと。1粒に200mgのアミノ酸が配合されています。体力シリーズは、このキャンディーとゼリーのほかにようかんもあるそうです。このパッケージとてもおしゃれで好き。病気が治りそうな感じもするし、東大サプリメントと書いてあるから、頭がよくなりそうな気もします。

tairyoku3.jpg

 

キャンディーは、抹茶味。食べた瞬間、薬っぽくて効きそう(笑)。アルギニンの味なのか?グルタミンの味なのか?お世辞にもおいしいとは言えませんけど、これで元気になるなら、これで東大に合格できるなら(→注意!賢くはなりません笑)と思えば、完食できるハズ!

原材料を詳しく見たらこんな感じ。

◆原材料名
砂糖、水飴、植物油脂、抹茶、香料、
ロイシン、アルギニン、グルタミン、
リジン、イソロイシン、バリン、
メチオニン、プロリン、ヒスチジン、
トレオニン、フェニルアラニン、
トリプトファン

 

とにかくキャンディーと言うより、薬感満載(笑)。

 

tairyokudrink1.jpg

同じく、リンゴ味のアミノ酸ゼリー。アミノ酸、ビタミン10種、エネルギーがインしてます。普通にストローをさして飲みますが、これもおいしいとは言えませんでしたが、効きそう(笑)。破裂防止に、パックの四隅を開いてから、冷凍庫に入れてシャーベット状にしていただくと、ちょっとベターでした。もうすぐ熊本城マラソンですね。栄養補給に、東大ブランドのサプリメントはいかがでしょうか?<YA>

 

ここで買えます!

 

 

このページのトップへ

2018年1月21日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

porkbea3.jpg年始早々ひどい風邪を引き、食欲ゼロに。おかゆとかうどんとか消化の良いものを食べればよいものを、猛烈にポークビーンズが食べたくなり、作りました。実は、ポークビーンズを作るのは初めて。メキシカン好きのわたしは、チリコンカーン的なものはよく作るのですが、風邪を引くと、チリ味じゃなく素朴なトマト味の方に心引かれます。

それにしてもさかのぼること、小学生の時。初めて給食のメニューに「チリコンカーン」って書いてあったのを見た時の衝撃は忘れられない。チリコンカーンという解読不能な異国メニューと食べたことがなかった私は、その強烈な言葉の響きに、どんだけ癖の強い食べ物なのだろうかと恐怖したのである。今思い返しても、なぜ「チリコンカーン」が給食のメニューとしてチョイスされたのか、不思議。当時からすれば、かなりの時代の先取りですね。そして、おいしかったけどね!

 

 

 

というわけで、今回はチリコンカーンではなく、ポークビーンズの作り方をば。サラダ用豆、ガーリック、豚挽肉、にんじんみじん切りを炒め、トマト缶(あればローリエをプラス)で煮て、鶏ガラスープの素と塩こしょう、ケチャップ、砂糖で味を調えるという簡単さ。にんじんのラペとダイコンの昆布漬けをサラダ代わりに、ズボラ感満載のワンプレートディッシュ(笑)。お豆ごろごろでおいしい。風邪の時はこのくらいパンチの効いた食べ物の方がおいしく感じるのは私だけか。カラフルな豆やトマトの真っ赤な色で元気になります!是非お試しください。<YA>

 

このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

 harajukuapple3.jpg

 

1924年創業のコロンバン。洋菓子の老舗です。日本で初めてフランス菓子を提供したお店とHPにあります。このロゴのかっこいいこと。箱自体がとてもおしゃれで、お菓子のカンカンフェチの私としてはとっておきたいのだけれど、パイで汚れちゃってて断念。

HPを見ていると、1950年代にコロンバンが出していた冊子「Bonbon」のバックナンバーがあり、パリのエスプリぷんぷんの内容についつい読み込んでしまいます。マロニエの落ち葉が舞うキャッフェには、モジリアニが、スーチンが、藤田が・・・とか書いてあると、グローバル化が進んだ今でもうっとりするのに、1950年代にこの雑誌を読んだ人は、フランスへのあこがれの思いを強く持ったことでしょうね。そんなあこがれのパリをぎゅっと詰め込んだようなコロンバンのお菓子です。

 

harajukuapple2.jpg

原宿はちみつ&紅玉のアップルパイをいただきました。原宿はちみつとは、コロンバンの原宿本店の屋上で原宿表参道の自然から採取した貴重な国産はちみつだそうですよ。小さい容器にちょこっとついています。

 

harajukuapple1.jpg

アップルパイ。カットする前のパイの網の目模様が美しかったのですが、もう半分は子どもたちの胃袋の中。原宿はちみつをたらーり♪寒い日でしたので、ちょっとオーブンで温めました。りんごはけっこう大きめでゴロゴロ!しゃきしゃきとした食感が少し残っています。蜂蜜は、なくても十分おいしいです。というか、アップルパイが十分甘いので、蜂蜜ない方がちょうどいい甘さかもね。羽田空港にお店があります。

 

羽田空港SMILE TOKYO店

羽田空港第2旅客ターミナル2F

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC07992.JPG

2月最初の午(うま)の日に、神社詣でをすると、とても運気がいいということで、全国の稲荷神社で初午大祭が行われます。今年の初午(はつうま)は2月7日で、この日は高橋稲荷神社は多くの参拝客でにぎわいます。福餅まきなどもあるようなので、今年は行ってみたいなと思っています。

 

DSC07995.JPG

おいなり神社にいる一対のお狐さま。お狐さまは、巻物と玉をくわえていると聞いたことがあります。こちらは巻物かな。

 

DSC07994.JPG

こちらは、宝珠という玉でしょうか。その宝珠は・・・

 

DSC07998.JPG

なんと午(うま)の胴体にも描かれていました!丸い玉が描かれているのわかりますか?宝珠の腹帯を締めた神馬かな?もうちょっと勉強してから来ないと駄目ですね・・。

 

DSC07993.JPG

 

高橋稲荷神社の境内。とっても広いのですね!神社参拝すると、心が洗われるようです。

 

dengaku3.jpg

 

鳥居を出たところに明治時代から続く田楽屋さんがあるのですが、以前ご紹介しました。お店の方は、以前は神社の境内にお店があったのだよとおっしゃっていました。また食べに行きたいな。<YA>

 

高橋稲荷神社

熊本市西区上代9丁目6番20号

 

                 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月15日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

DSC08032.JPG

 

 

クリスマスが過ぎ、お正月が終わったかと思ったら、もう恵方巻きなのですね。コンビニを見ても、どこを見ても恵方巻きののぼりがはためていおります。今年の恵方は南南東だそうです。こちらは濱かつさんの恵方巻き。オランダかつが巻かれているのですね!知らなかった!ご飯とオランダかつ合いそうですね!

 

DSC08033.JPG

いつも待たされる人気店ですが、珍しく、お客様がいない店内。

 

DSC08030.JPG

 

というわけで、この時期毎年食べている牡蠣フライを食べに来ました。一年ぶりくらいに来店すると、お漬け物、こんな小鉢で出てきてましたっけ?キャベツも別のお皿で出てきてましたっけ?といろんな変化に気づきます。もちろん、キャベツ、ご飯、味噌汁、漬け物はおかわり自由です。

 

DSC08031.JPG

 

牡蠣フライ。家では作らないので、うれしい。揚げたての広島産かきは、さくさくでとってもおいしいです。定番のかきふらいが5個ついたかきふらい膳だけでなく、かきふらいとヒレ膳、かきふらいとロース膳などのコンビネーションもありますよ!期間限定なので、是非お試しください。<YA>

とんかつ濱かつ

熊本市北区大窪4-1-11

096-346-8433

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月11日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

 

 人吉の老舗の鍛冶屋さんに、年末包丁を作っていただきました。切れ味抜群で、とても使いやすい!最高!って感じでお雑煮を作っていたらその包丁で、さっくりと指をやってしまいました(涙)。い、痛い。じんじんする、ということで、今日のランチタイムは、日清焼きそばUFO。地震の時や、けがの時。ピンチの時に颯爽と現れて、胃袋を満たしてくれるUFOは、本当に心強いものです。というわけで、チーズカレーなるUFOが出ていると知り、いざ実食。昨年11月に新発売されたみたいです。

 

 

この黄色のパッケージといい、カレーとチーズ感が出ています。ソースの味も少しするのかなあ。ソース味のしないUFOなんて、UFOではないなあ。青のりの代わりに、チーズの袋が入っています。チーズは、パルメザン、ゴーダ、エメンタールの3種類のチーズが入っているこだわりよう。

 

DSC07999.JPG

 

 

できあがり?。けっこうチーズたっぷりです。かやくは申し訳程度入っています。見た目はソース色ですが、香りはカレーです。カレーウスターソースって感じのお味。特にスパイシーというわけではなく、子どもさんでも食べることができる辛さです。カレーとチーズ、そして焼きそば風味ですから、想像以上でも想像以下でもないお味で、普通においしいです。でも変化球UFOを食べると、やっぱりオリジナルUFOには勝たないかなと思ってしまいます。オリジナルを超えるUFOを食べてみたいものです。<YA>

 

 

このページのトップへ

2018年1月 9日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC08022.JPG

 

長崎県佐世保市の四カ町アーケード内にあるナポリ食堂さんに行きました。かつては、ナポリスというお店でしたが、去年の秋に屋号を変更してリニューアルオープンしたみたいです。かつてはピザ感満載のお店でしたが、レモンステーキなどのご当地グルメもあり。

 

DSC08021.JPG

ここ、以前に伺ったときもピザが安価でおいしかった記憶。ちゃんと石窯で焼いてくれるのです。390円とリーズナブルなのはありがたいです。ピザの種類も10種類以上と豊富です。ドリア、パスタ、グラタンとイタリアン系は充実しています。ミートソースとコーンのピザがサンキューピザという名称で、390円なのですが。倍の価格を出してでも食べたかったチーズフォー。つまりクアトロフォルマッジ。780円。最初に食券を買って、着席するシステム。2階に広いスペースあります。

 

DSC08019.JPG

 

見た目は地味ですけど、チーズのいろんな味がしてやっぱりおいしい。

 

DSC08020.JPG

ちゃんとメープルシロップつけてくれて、うれしいな。食べ放題もあり。テイクアウトもOKです!<YA>

 

ナポリ食堂しまのせ店

佐世保市島瀬町9の7

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 7日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム熊本グルメ情報

DSC07925.JPG

皆様、そろそろおせちに飽きた頃。たそがれ東館においしいスープカレーの店があると聞き、行ってみました。その名もイエロースパイスさん。カウンター6席のみの小さなお店で、お昼時に行くと案の定満席でした。外のいすに腰掛けてしばらく待って、中に入ると、まずはスパイシーなカレーの香りに胃袋をぎゅっとつかまれます!

こちらのオーダーは紙に書くオーダーシートシステムです。こってりとかあっさりとか、トマトベースとか具材はカキとかチキンとかご飯のグラム数とかいろいろ選んでいくのですが、知人のおすすめのトマトベース、濃い味、チキンという組み合わせで行くと決めていたので、今回は、そう紙に書き込んで、店員さんに渡しました。友人はカキのカレーに挑戦です。

 

DSC07926.JPG

まずは、ご飯がやってきます。添えられているのは、なんとレモン。最初にご飯にレモンをじゅじゅっとしぼるのです。ご飯も雑穀米風。

 

DSC07931.JPG

おいしそう!トマトベースのスープカレー。彩りもきれいで、おしゃれ!

 

 

DSC07935.JPG

 

ご飯を一口スプーンに乗っけて、そのままスープカレーにくぐらせます。スープカレーよ、ご飯に染みこんでくれー。トマトの酸味とレモンの酸味もいい味出してます。

 

DSC07930.JPG

 

こちらは友人の頼んだカキのカレー。カキの濃厚な風味がカレーに溶け出しています。前夜牡蠣鍋をしてしまったために、この日は、カキはNOTHANKYOUでしたが、次回は、これを頼んでみたい。カキは季節限定のようですが、もうしばらくあるみたい。スープカレーを食べることはあんまりなかったのですが、北海道の人、こんなおいしいものをいつも食べているのね!かなりはまりそうな味でした。<YA>

 

イエロースパイス

熊本市中央区下通1の5の7

たそがれ東館2階

096の342の6114

 

このページのトップへ

2018年1月 5日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

DSC07849.JPG

KITTE博多にあるラーメン屋さんShinShinさん。某有名ジャニーズアイドルグループが食べたと評判になったことから、某ジャニーズアイドルグループのヤフオク!ドームコンサート参戦日に、食べないわけには行かないでしょう・・。ということで行ってみると案の定行列できていました。コンサートの日じゃなくても博多駅直結のKITTEさんにあるので、よく食べに行きますが、いつも人気です。座席数が多く、回転が速いのですぐに座れます(^_^)普通のラーメンをオーダー。

 

DSC07851.JPG

いかにも博多ラーメンな感じです。シンプルイズベスト!

 

DSC07855.JPG

 

麺の細さもまっすぐストレートぶりもいかにも博多。ホームページには、博多ラーメンとも長浜ラーメンとも違うと書いてあります。いかにも博多って書いたら違うのでしょう。熊本県民にはその違いはわからないのですが、博多の人はわかるんでしょうね。スープには豚骨だけでなく鶏ガラや野菜もいっぱい入っているようです。だから以外とあっさりしていて、くどくないのです。

 

DSC07859.JPG

こちら、らーめんのたれみたいなものがあるのを、食べ終わってから気づきました。スープに垂らして飲んでみたら、味に深みが出ました。ところで、メニューをよく見たら焼きラーメンもあるみたいです。昔小金ちゃんという屋台に行って食べた焼きラーメンが忘れられない。まだ小金ちゃんは健在のようです。次は焼きラーメンもいいなあ。<YA>

Shinshin

博多区博多駅中央街9の1KITTE博多B1

092(260)6315

 

このページのトップへ

2018年1月 3日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

DSC07989.JPG

大牟田市は、かつて炭鉱での町として栄えました。古きよき町並みが残り、特にすごいのは、大牟田市役所本庁旧館のかっこよさ!すばらしさ!昭和11年に建てられたそうで、当時の街のにぎわいを彷彿とさせるとても立派な建物です。ちなみに、日本のカルタの発祥の地でもあるらしくカルタの資料館もあります。そんな大牟田市のイオンにあるパスタトピザ。わかりやすい店名のイタリアンのお店です。ここは、仕事の打ち合わせでたまに利用させていただくパスタ屋さんなのですが、いつも老若男女でいっぱいです。地元の人たちに愛されているのがわかりますね!ランチタイムメニューもたくさんありますが、寒い季節はどうしてもクリーム系パスタに心動かされてしまいますね。濃厚カルボナーラをいただきました!おいしい!そして、早い!仕事の時はうどん屋並みに早く出てくるとうれしい。

 

DSC07990.JPG

 

 

 

友人が食べたなすと挽肉のピリ辛トマトがおいしそうでしたので、次回はそれにしようと思いました。ドルチェもパンケーキ系のメニューが多く充実しています。スイーツだけでも楽しめるお店ですよ!<YA>

パスタトピザ

 

大牟田市旭町2-28-1ゆめタウン大牟田 1階レストラン街
TEL:0944-53-1178

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 1日 Posted time : 13:25 | Category : D@EXコラム

 

 DSC07877.JPG

 

あけましておめでとうございます!今年もダイニングエクスプレスブログをよろしくお願いします!一年の計は元旦にありということで、元旦もオープンしているカフェドラムさんに行きました。他県の方に説明しますが、軽音部のたまり場カフェ「ドラム」ではないですよ。「カフェ ド ラム」さんです。熊本の老舗の喫茶店で、猫のマークが目印。大学時代から何百回訪ねたことでしょう。今も変わらぬ落ち着いた雰囲気なのがうれしい。オーダーしたコーヒー。一つはラテ。一つはソイ。しかし昔のカフェドラムは、こんなこじゃれたアートなコーヒーは出ませんでした。もちろんソイもなかったです。

今年やりたいことをいろいろ書き出してみる。昨年は例年以上にライブを聴きに行くことが多かった年でした。今年も去年以上にいろんなライブに行きたいな。特に昨年印象的だったライブ「琉球の風」には今年も行こう。琉球の風は、沖縄の民謡やポップスが楽しめるフードパルで行われるイベント。昨年は、宮沢和史、ネーネーズやビギンのメンバー島袋さん、そして大好きなかりゆし58、モンパチのキヨサクさんがやってきて、楽しくってびっくりしちゃった(笑)。今年2018年は、琉球の風が始まって10年の節目の年らしいので、さらに充実のイベントになるんじゃないかなと期待しています。

5月には、ブラジル音楽の奇才エルメート・パスコアールが八代公演をするとのことで、これも見逃せません。折しも今年は、ブラジル移民110年、ブラジル熊本県文化交流会設立60周年という節目の年なのだそうですよ。音楽の話ばかりになってしまいましたが、音楽って感動するだけでなく、その土地に脈々と根付いている文化を肌で感じるよい機会だと思います。

音楽のことばっかり書きましたが、もちろん食の探求も貪欲に!心新たにおいしい情報を皆様に発信していきたいと思います。<YA>

カフェ ド ラム

熊本市中央区安政町1の23金井ビルBF

096(356)2897

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月30日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

DSC07982.JPG

 

久しぶりに大好きなまち、長崎へ行きました。坂があって、そこにへばりつくように家並みがあって、電車が走っていて、町の雰囲気が独特。長崎駅ではダンスのイベントがあっていて、にぎやか。そこからしばらく行ったところにみらい長崎ココウォークという商業施設があります。大きな観覧車が屋上にあって、なんだかうれしくなります。

商業施設の中に入ると、バスセンターなどもあって、人でにぎわっていましたが、いざご飯を食べよう!となった時、長崎っぽいお店がなくってちょっとがっかりしました。長崎ちゃんぽんと浜勝があるから、長崎っぽいといえば長崎っぽいといえるのかなあ(笑)。

というわけで、年越しそばも兼ねましておそばやさんに入りました。素屋(もとや)さんという十割そばのお店です。そこで見つけたのが、ご当地そばからすみそばです。長崎は、日本ではじめてからすみづくりが始まった地です。先日のミニからすみ以来、今年はなんだかからすみづいています(笑)。からすみのおそばは、二種類あって、こちらは、からすみのペースト(左下)とからすみのコロッケがついた山芋とろろそばの御膳です。

 

DSC07984.JPG

こちらは、からすみのコロッケ。

DSC07986.JPG

 

割るとちょっと黄色いのがからすみ。揚げたて熱々!

 

DSC07988.JPG

麺はこんな感じ。十割にしては、あまり香らず。

 

DSC07985.JPG

 

 

こちらは、友人が頼んだからすみそば。千切りダイコンと貝割れ大根の上にからすみパウダーがトッピング!この下にはそばが隠れています。こちらのそばの方がからすみを堪能できると思います。

明日はいよいよ大晦日です。皆さん、今年の締めくくりにおいしい年越しそばを食べましょう。<YA>

ココウォーク四階 素屋

長崎市茂里町1の55

095(846)1208

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月28日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

warajii2.jpg

 

 寒くなってくると、恋しくなるのは、うどん!大好きなうどん屋さん「わらじや」さんに行く機会も増えるっていうもんです。かれこれ20年以上の付き合いになりましょうか。2006年にもブログでわらじやさんを取り上げていました。どんだけ通っとんねん!って感じです。前回は冷たいうどんを食べていました。ファンが多い店なので、とにかくいつもにぎわっています。まずは、いなり寿司をオーダーしました。これ、キュッと小ぶりで甘くておいしいのです!!

 

warajii1.jpg

 

こちらは、定番のとろろ昆布うどん。具材がシンプルであればあるほどおいしさを感じてしまうわらじやのうどん。麺は柔らかくつるんとした食感、おつゆはどちらかというとキリッとしています。いつ食べてもおいしい!職人さんたちのきりっとした感じが味に出ているなーといっつも感じます。夏の麺は少し細めで、冬になると少し太麺に調整されるそうです。

ここで気になっているのが、納豆うどんです。今回はカウンターだったのですが、隣の方が二人とも納豆うどんをオーダー!わらじやさんは、おだしがとても好みなので、ぶっかけ系の納豆うどんを頼んだことはないのですが、大将一押しなんだそうです・・!熊日あれんじの記事を見ると、案外おいしそう。夏になったら試してみようかな。<YA>

 

わらじや

熊本市北区飛田4の9の130

096(343)9783

休・水曜

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月26日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

DSC07878.JPG

益城町においしい中華料理のお店があると聞き行ってみました!その名も藍天さん。「らんてん」と読みます。こじんまりとした店なのですが、化学調味料を使わない体に優しい素材を使った中華料理屋さんなのです。失礼ながら、化学調味料なしの中華料理なんて、とても珍しいんじゃないかなあと思います。子供も安心して連れてくることができる店ですね。

 

DSC07880.JPG

 

ということで、子供さん連れOKの個室完備です!

 

DSC07879.JPG

ランチメニューは、担々麺などの麺類やご飯ものの定食など。ネギ塩湯麺もおいしそうだなあ。黒酢の油淋鶏やエビとイカの中華山椒ソースかけなど、すべておいしそう。今回はデザート付きの1230円の担々麺ランチにしました。

 

DSC07881.JPG

まずは、サラダ。湯葉かな?がのっていて、おいしい!この一手間がうれしいですねー。

 

DSC07883.JPG

 

点心!

 

DSC07886.JPG

 

担々麺。すっきりしたスープで好みの味です。辛さもほどほどで私でも十分おいしく食べることができました。めちゃ辛好きの人には、ちょっと物足りないかもしれません。

 

DSC07885.JPG

こちらお友達のネギ塩湯麺。担々麺と一口トレードしましたが、これはおいしい!!あっさりしているのに旨み十分なのです!

DSC07887.JPG

 

エビとイカ。うわーこれもおいしい!そして、このお皿の盛り付けがとてもステキです!

 

 

 

DSC07888.JPG

 

デザート。ごま団子とカキとリンゴ。この価格でこの満足感!お客様もいっぱいで満席です。地元で愛されているのがわかりますね!お座敷(個室)は、予約をお勧めします!<YA>

 

藍・天

上益城郡益城町広崎660?7

096?240?6034

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月22日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

DSC07862.JPG

アラモアナショッピングセンターにあるHONOLULUCOFFEEが、KITTE博多にあると聞いて、行ってみました。コナコーヒーが飲める店です。コナコーヒーには詳しくないのですが、フレーバーコーヒーは大好き。毎日コーヒーは飲みますが、時々はフレーバーコーヒーを挟みたい。こちらはマカダミアナッツのフレーバーコーヒーです。こくのある甘い香りがたまりません!

 

DSC07863.JPG

こちらは、お友達が頼んだ期間限定のダブルチョコレート。HONOLULUCOFFEEのロゴ、エキゾチックな女性が乗っていてステキですね。

 

DSC07864.JPG

上に乗っているのはホイップクリームとクランチ、下はチョコレートドリンクです。寒い人には、あったかバージョンもあるみたいですよ。

DSC07866.JPG

 

ハワイだけあって、パンケーキもとても人気のようですが、この日はドリンクのみ。ハワイにはマラサダというローカルスイーツがあると聞いたことがあります。揚げパンに砂糖やシナモンをまぶしたもののようですが、これが絶品との噂。ホノルルコーヒーのほかの店舗では取り扱っているとのこと。KITTE店にも登場しないかなあと思いました。<YA>

ITTE博多店

HONOLULUCOFFEE

 

福岡市博多区博多駅中央街1-1 B1階

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月12日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

DSC07828.JPGニューヨークに行った友人からおみやげでいただきましたファットウィッチベーカリーのブラウニー。ニューヨークマンハッタンのチェルシーマーケット内にあるようです。ニューヨークの金融街で働いていたパトリシア・ヘルディングさんが、息抜きで焼いていた母親直伝のブラウニーが同僚の間で評判になり、チェルシーマーケット内でお店を出すことになったのが始まりなんだとか。昨年京都にもオープンしたみたいですし、オンラインショップでも気軽に買えるようになりました。

なんと言ってもこのかわいい魔女のパッケージが良いです。ブラウニーって、日本ではあまり見かけませんが、濃厚なチョコの風味がたまりません。ブラウニーとガトーショコラってどこが違うのかわかりませんが、ガトーショコラは、スペルを見てもフランス由来、ブラウニーは、アメリカっぽいです。イメージとしては三角のガトーショコラを、濃くして四角にしたら、ブラウニーになるっていう乱暴な結論(笑)。

 

いただいたのはキャラメル味のブラウニー。慌ただしいニューヨークの金融街で生まれただけあって、キャラメルとチョコっていうダブル糖分で、疲れた体に染みますね。苦いコーヒーが欲しくなります。<YA>

このページのトップへ

2017年12月10日 Posted time : 00:18 | Category : D@EXコラム

DSC07810.JPG

長崎にあるからすみのお店、?野さん。1675年に創業した老舗中の老舗です。?野屋さんのからすみは、1712年には宮内庁の御用品となったとHPにあります。子どもの頃よく、父親宛のお歳暮で届いていた記憶がありますが、当時はそのおいしさがわかりませんでした。

ともとからすみは、ギリシャ、エジプトで生まれたのだそうです。保存食として食されていたのでしょう。からすみが、日本に入ってきた頃はサワラの卵で作っていたらしいのですが、ボラの卵で作ったのは、?野屋さんが初めてなのだそう。元祖を名乗る所以はそこにあります。

 

DSC07813.JPG

こんな風にパウチ状態で入っていました。しかし、このサイズ感・・・どのくらいのサイズかというと・・・・

 

DSC07815.JPG

じゃーん!愛用のマイジェットストリーム比較(笑)。そうです。高級品だから、めちゃめちゃ小さいのです!参加したパーティーのおみやげでいただきました。

 

DSC07816.JPG

開封しました。美しいべっ甲色。小さいながらも薄くスライスし、オーブントースターでチンしてご飯に乗っけて、大事に大事に食べました。おいしい♪

?野屋のからすみは、ココで買えます。(ちなみにジェットストリームサイズのものは、HPにはありませんでしたが笑)グルメの方向けのお歳暮にぴったり。九州が誇る珍味だと思います。<YA>

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月 8日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

DSC07784.JPG

人吉市の青井阿蘇神社に行きました。青井阿蘇神社は平成20年に国宝に指定された由緒ある神社。鎌倉時代から700年この地を治めた相良藩とともに有り続けました。人吉は地震の被害も少なく、楼門も拝殿もかつてのままの姿で、ほっと一安心。参拝終了後、青井阿蘇神社のパーキング近くに茶房を発見したので、訪ねて見ることにしました。名前はすいとぴいさんです。オープンは今年10月とのこと。

 

 

DSC07794.JPG

こちらはわさびのペペロンチーノです。人吉市近郊の球磨郡山江村はわさびの産地です。わさびって水がきれいなところにしか育たないと聞きます。山江村はかなり山の中で、そんな冷涼で水のきれいな土地だからこそおいしいわさびができるのでしょう。パスタの上に、こんもりのったわさびが見えますでしょうか?思ったほどからくなくて、香りがよいのです。

 

 

DSC07787.JPG

こちらは、もちっ娘(こ)というおまんじゅう。人吉氏の町中にある甘味屋のナカヤさんと姉妹店みたいで、店内で焼いていらっしゃいます。持ち帰りもできるようですよ!青井阿蘇神社参拝の折には、是非訪ねて欲しいスポットです。<YA>

すいとぴい

人吉市上青井町120-5

0966(35)6780

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月 6日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

DSC07638.JPG

 

広島に行くと、必ずドキッとして、買ってしまうのがこの桐葉菓というお菓子です。とうようかと詠みます。ドキッとする理由は、この字面の並びが、自分の名前に似ていて、店頭に並んでいたら、必ず目が止まり、熊本に連れて帰ろう・・・と思ってしまうという個人的な理由(笑)。

 

 

DSC07643.JPG

 

桐の葉っぱがモチーフのお菓子なのですが、広島みやげとしては、もみじ饅頭よりもこちらの方がおいしいという節もあります。実際に他の方のサイトを見てみると、もみじ饅頭を買おうとしていたら、地元の人から“待った”がかかり、「広島県民は、もみじ饅頭より桐葉菓の方が好き」と吹聴されたという人もいました。広島県民に聞きたい。パブリックには、もみじ饅頭オシでありながら、本当は、こっそり桐葉菓を食べているんじゃないのかい?と(笑)

 

 

 DSC07644.JPG

 

桐の焼き印がなんとも上品。四角いカタチは、座布団に由来しているとのこと。ざ!ざぶとんに由来!?恐るべき桐葉菓。

そしてこの桐葉菓の一番の魅力と言えば、このもっちもちの皮でしょう。

 

DSC07645.JPG

 

あんこもつぶつぶがしっかりしていて、上品な甘さです。もみじ饅頭の皮はどちらかといえば、ふんわりしています。生もみじっていうのがありますが、桐葉菓それに近い食感です、もち粉でできているためか、生もみじよりさらにもちもちしています。レンジで20秒加熱した後、オーブントースターで二分ほど焼き目を付けて食べてもおいしいそうです!<YA>

 

オンラインショップで買えます!

 

 

このページのトップへ

2017年12月 4日 Posted time : 11:10 | Category : D@EXコラム

DSC07752.JPG

「高校生が考えて作りました!」と書いてあるだけで、なんだかうれしくなって買ってしまうのは、おばさんの特徴でしょう。益城町のローソンで球磨商業高校の生徒さんが開発に携わったタイピーエンピロシキを購入しました。人吉球磨産のきくらげ入りのタイピーエン風の具材を包んでフライにしてあります。ラーメンマークに縁取られたべたで清々しいパッケージデザイン。そもそもタイピーエンってラーメンマークなんでしょうかね(笑)。グリーンのネクタイの高校生風女子が「平成28年の生キクラゲ生産量は熊本県がNO1です!」と書いてあります。知りませんでした!廃校を利用してキクラゲ工場にしている話を聞いたことがありますが、他にもいろんなところで作られているのでしょうね。生キクラゲは、物産館にあったら買ってしまうアイテムの一つ。調理もすごく簡単で、スープに、炒め物にととても重宝します。

 

DSC07824.JPG

 

コッペパン風のカタチ。けっこう大きいです。

 

DSC07827.JPG

 

中にはタイピーエンフィリングがイン。キクラゲ、春雨、キャベツ、玉ネギ、タケノコ、ニンジンなどなど。ちょっとわかりづらいのですが、いっぱい入っていますよ。そもそもピロシキの中身ってタイピーエンと重なるところが多いので、普通においしいです。やはり存在感があるのが、黒々としたキクラゲです。こりこりとしたアクセントは、ピロシキとは大いに違うタイピーエンのアドバンテージですね。ローソンのHPみても定番商品が期間限定商品なのかわかりませんでしたが、11月21日発売開始らしいので、もうしばらくはローソンで買えると思います!是非一度お試し下さい!

 

このページのトップへ

2017年12月 2日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

DSC07647.JPG

九州の紅葉もそろそろ見頃が終わり。そんな時にいただいたのが、広島楓乃樹さんのメープル紅葉フィナンシェです。紅葉のカタチでメープルシロップを使ったお菓子なのですよ。紅葉型でメープルシロップ!もみじ饅頭よりも、さらに原点に忠実ではないですか!(笑)。モンドセレクション金賞3年連続受賞だそうです。ちなみに広島県の県木は紅葉です!

そもそも楓と紅葉ってどう違うんでしょうか。

ものの本によると。

 

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。


植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。モミジという科や属はありません。

ということらしいです。

楓乃樹さんにはメープルシリーズというラインナップがあり、メープルゴーフレット、メープルもみじチーズケーキ、メープルもみじバームクーヘンなども人気なのだそうですよ!

 

 

 

DSC07649.JPG

いざ実食!袋を開けた瞬間から、かなりメープルシロップの強い香りがして、疲れた体に染みる香り。食感は、ふんわりしっとりというよりもサクッとしています。上等のクッキーを食べているような感じです。思った以上にメープルシロップの味が濃くて、コクがありぜいたくな味です。あんこが苦手な方用の広島みやげに、もみじのフィナンシェ、ポイント高いですね!<YA>

 

ココで買えます!

 

 

このページのトップへ

2017年11月24日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

DSC06810.JPG

 

打ち合わせで、サンマルクカフェへ。マッサージ器のある上通店ではなく、2階建ての下通店。上通店のに比べて少々くて暗いため、あんまり利用したことないのですが、2階にのぼると打ち合わせしやすい雰囲気で、ゆっくりと話ができます。

途中でおなかがすいたので、エビのサンドイッチを購入。こちらのサンドイッチは、耳付きなのですね!パンもふわふわでおいしかったです。打ち合わせしながら、サンドイッチ伯爵に思いをはせる。18世紀のイギリスでトランプをしながら食事したいがためにパンに具をはさませたものを作らせたサンドイッチ伯爵。どんだけトランプ好きやねん!と突っ込みいれたくなります。伯爵は、トランプに興じたかもしれませんけど、現代人は運転中に、打ち合わせ中にいろんな時にこのサンドイッチ伯爵の恩恵にあずかっています。すばらしい発明をありがとう!サンドイッチ伯爵!

そう考えるとき、便利な食べ物としてもうひとつ浮かぶのが、「からあげ棒」です。セブンイレブンのからあげ棒は、時間がないとき運転しながら食べると便利(笑)。18世紀のサンドイッチ伯爵に教えてあげたいものです。<YA>

 

サンマルクカフェ 熊本下通店

熊本市中央区手取本町5番20号

096(319)1309

 

このページのトップへ

2017年11月16日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム

DSC07364.JPG

先日ご紹介した緑のツタが壁面を飾っていてひときわ上通で目をひく1.5gakuya standさんへ。アイドルタイムがないので、打ち合わせにもぴったり。静かなので、ワインじゃなくってグレープジュース飲みながらの、打ち合わせがはかどります。前回もご紹介したように、お昼から飲み放題ができる店なので、周りの人には平日お昼から飲み放題にいどんでいるおばちゃんに見えたかもしれません(笑)。

DSC07365.JPG

近所のチェーンのコーヒー店だと、周りの声にかき消されてなかなか打ち合わせもはかどりませんけど、たまたまでしょうけど、この日は来客がなくって、上通なのに静かでうれしい。

 

 DSC07433.JPG

こちらのお店、2階はドライフラワーのお店になっています。経営者は違うのだそうですが、店内から直接2階に上れるので、ちょっとのぞいてみることに。ドライフラワーやアクセサリーなどがいっぱいあってとってもかわいいです。昔はドライフラワーというとなんとなく地味でださいイメージでしたが、今のドライフラワーは落ち着いた色合いがとってもおしゃれ。当たり前のことですが、生花と比べたら手間いらずで半永久的で手軽なインテリアとして重宝しますね。<YA>

 

 

1.5gakuyastand

熊本市中央区上通町9の6

0963591515

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月12日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

 

DSC07469.JPG

 

久しぶりに佐世保市民のソウルフードで、メディアにもたびたび取り上げられている佐世保玉屋のラビアンローズ(店の名前がラビアンローズだと言うことを最近知る。吉川晃司と関係はないだろう)のサンドイッチを食べました。昭和38年創業の佐世保玉屋は、佐世保市唯一の老舗百貨店。普通の百貨店ではありますが、基地の町佐世保だけあって、外国のお菓子などの品ぞろえはこの規模の百貨店にしてはかなり豊富な方だと言えるでしょう。そこで売っているサンドイッチなのですが、シンプルにレタスとハム、キュウリ、ゆで卵などが入っています。最大の特徴は甘いハチミツ入りのマヨネーズです。このマヨネーズ、甘めで多めで、ゆるめ。これにハマると、ほかのサンドイッチが食べられなくなります。というか、幼少期からこのサンドイッチで育った私からすれば、これ以外のサンドイッチは、もはやサンドイッチではないと言ってもよいくらいDNAに深く刻み込まれています。佐世保バーガーという言葉もなかった頃、普通にバーガーも食べていましたけど、どちらかといえばこちらの方がソウルフードかな。売り場に行くと、何百個もサンドイッチの入った箱が並んでいて、一心不乱にエキスパートたちがサンドイッチを作っている姿が見えます。それは、作り手こそ違えど、今も昔も同じ風景の職人技。佐世保バーガーとともにこちらのサンドイッチも食べていただくと、さらにディープな佐世保の魅力に触れることができます。<YA>

このページのトップへ

2017年11月10日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

DSC07592.JPG数年ぶりに鳥栖にあるプレミアムアウトレットモールに行きました。休日のアウトレットモールは大渋滞するのですね。鳥栖インターを下りた辺りから車が詰まりだして、モールに到着するまで、ずいぶん時間がかかりました。でついたのが遅かったこともあり。閉店時間の9時近くまでいる羽目に。よく沖縄のアウトレットモールには行くのですが、飛行機代を出して沖縄のモールでお買い物をすると、お洋服の割引分で飛行機代が出てるような錯覚をしてしまいます。「あ!かなりトクしてる!」と思うのですが、きっとこの考え方間違っています(笑)

DSC07584.JPG

車をパーキングから出すのもかなり時間がかかると放送が流れていたので腹ごしらえをすることに。寒いのであったかいものが食べたい!ということで、フードコートに一風堂さんもありましたが、今日は能古うどんさんにしました。能古うどんさんは博多で生まれたうどん屋さんのようです。

DSC07586.JPG

ごぼてん肉玉うどんです。手前が普通盛り、奥が大盛り。

DSC07587.JPG

上から撮影するとこんな風。どんぶりの大きさの違いがわかります。

DSC07590.JPG

能古うどんさんの最大の特徴はこの平たくて細い麺でしょう。柔らかいのにコシがあってスープとの絡みがよいですね!細い麺というと、長崎県の五島うどんが思い出されますが、五島うどんは平たくなくって丸い麺でどちらかといえばつるつるした印象。それぞれ違う持ち味でどちらとも好きです。店舗情報を見てみると、福岡県に店舗が多く、県外はこの鳥栖のプレミアムアウトレットモールだけみたいです。熊本にあればうれしいのになー。<YA>

 

このページのトップへ

2017年11月 8日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

DSC07575.JPG広島県福山市にある鞆の浦。ここは、古くから潮待ちの港として、また藩の御用達港として栄えました。一度も行ったことはないのですが、鞆の浦について調べる機会があり、行ってみたい場所の一つです。とアピールしていたら、鞆の浦のお菓子をいただきました。うれしい!

 

DSC07579.JPG

 

お菓子には、写真がのっていました。なんとも風情のある町並み。鞆の浦は、お寺や城跡などもたくさんあるのです。

DSC07576.JPG

鞆の浦は有名人がたくさん訪れた町でもあります。よい港だったこの町は、大型船が数多く訪れ、その結果豪商がたくさん!豪商たちが文化人たちの支援をしたため、多くの文化人が訪れたのだそうです。坂本龍馬も来たらしく、「いろは丸」が鞆の浦の沖合に沈んでいるという噂もあるようです。

 

 DSC07580.JPG

で、このお菓子の名前は、鞆の浦舟泊まり「浮ろらんたん」。浮ろらんたんって名前いいですねえ。

DSC07583.JPG

最中のお船のカタチの浮ろらんたん。確かに水に浮かびそう。これ、普通のおみやげお菓子にしてはかなりおいしくてびっくりしました!カラメルのほろ苦さ、アーモンドの香ばしさ、そしてもなかのふわっとした食感!調べてみると「金萬堂」さんという大正5年創業の尾道のお菓子屋さんのものでした。老舗のお菓子屋さんのお菓子なのですね?。以前紹介したさいかい堂の咲作米菓といい、最中と洋菓子のコラボレーションってなかなかいい味出します。ブームになるんじゃないかな。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 6日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

DSC07529.JPGのサムネール画像銀座若菜さんのチーズの味噌漬けをいただきました。銀座若菜さんと言えばお漬け物のイメージ。昭和28年創業とのことです。チーズの味噌漬けは、伊予の麦味噌と信州味噌をブレンドした特製の味噌床に北海道産クリームチーズを漬け込んであるそうです。熊本県民にはおなじみの豆腐の味噌漬けは、豆腐を味噌に漬け込んでいると、次第にクリームチーズみたいな風味になるというものですが、これはもともとクリームチーズなので、すでに目指している状態が保証されている、ということです(笑)。

DSC07530.JPG

ザワークラウトとか、コンブエキスとかも入っているのですね。

DSC07595.JPG

豆腐の味噌漬けとほとんど変わらないなめらかさと堅さ。味噌の香りが食欲をそそります。見た目も味噌っぽくなくて、白っぽい上品さ。

DSC07597.JPG

レーズンのカンパーニュに塗り塗りしてみました。クラッカーやパンにはとっても相性がいいですね。豆腐の味噌漬けよりも発酵が浅い感じなので、食べやすいです。野菜やフルーツにトッピングしてもおいしいのだそうです。ホームページに、グリルしたしいたけの傘の中にクリームチーズとパセリをトッピングするレシピがのっていました。キノコがおいしいきせつなので、試してみたいと思います!ちなみにチーズの酒粕漬けが新発売されたのだそう。こちらもおいしそうですね。<YA>

ここで買えます!

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 2日 Posted time : 00:51 | Category : D@EXコラム

DSC07526.JPG

 

板角総本舗さんのさくさく日記をいただきました。エビ煎餅ってどれ食べてもハズレがないですね。駄菓子屋さんに売ってあるどえらいオレンジ色の大きなエビ煎餅や、かっぱえびせんもそこそこ好きです(笑)でも本当においしいエビ煎餅は味が濃くってもっと好き。板角総本舗さんは、えびせん一筋なので、もうこれはおいしいに決まっています。創業は、明治22年。えびせん一筋120有余年です。

 

DSC07527.JPG

 

小さくってほんのりピンク色。見た目はパッと咲いた花びらのよう。揚げ煎なのですが、べとっとしておらず口触りが軽い!植物油100%でよい油を使っているのがよくわかります。製造年月日だけでなく、製造時間まで書いてあるのもすごいですね。ちなみにこちらは10月3日の9時35分製造とのこと。

しかし、このネーミング謎。さくさくはわかるけど、なんで「日記」なのでしょーねー(笑)と思い、パッケージに書いてある文言を見ると

自然のカルシウムたっぷり。

風味豊かな海の香りをからりと揚げました。

ひとくちでサクッ、どこでもサクッ、

いつも揚げたて食べきりサイズの新鮮パック。

まいにち楽しみたい小粋なおいしさです。

「サクッ」と「まいにち楽しみたい」→よって「さくさく日記」

この連想ゲーム合ってますでしょうか(笑)。

<YA>

板角総本舗

愛知県東海市荒尾町甚造15の1

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月31日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC07466.JPG

 

東京のおみやげでいただきました蟹のパテ。さっそくフランスパンにのっけて食べることにしました。羽田空港で購入したとのことですが、北海道の佐藤水産さんのシーフードパテシリーズの一つのようで、他にもホタテや鮭などのパテがあるみたいです。

それにしても佐藤水産さんのHPの品ぞろえを見ていると、おいしそうなものがいっぱい!鮭やイクラ、ほっけなどたまらない品ぞろえ。北海道に足を踏み入れたことのないわたしは、いつの日が、痛風を恐れずに海鮮食い倒れツアーをしてみたいと思っているので、その野望が再びふつふつとわき上がってきます。

買おうと思えば、通販で買える世の中ですけど、現地の空気で食べないとね。それにしても海の幸って本当にフォトジェニック。山の幸もおいしいけど、なんとなく見た目が地味なのですよね。

 

DSC07465.JPG

フランスパンに、たっぷりパテを塗っていただきます。思ったよりもさっぱりしていますが、蟹の風味は十分生きていて、蟹の食感もしっかりありました。レバーペーストと交互につけてフランスパンを食すぜいたくなひとときですが、スモークサーモンを買っておけばよかったとちょっと後悔。しかし、パテって、フランスパンにぬりぬりして食べる以外のおいしい食べ方教えて欲しいなあ。<YA>

 

このページのトップへ

2017年10月29日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC07507.JPG

 

俵山ルートを抜けて、南阿蘇方面に行ったところにあるマグマ食堂さんに行きました。今年になって長陽大橋ルートも開通したので、阿蘇にずいぶん行きやすくなりましたね!車は、。地震前もいっぱいでしたが、わたしが訪ねた日もいっぱい!客足が戻ってきているのでしょうね。

窓側に向かって席がずらり。阿蘇五岳が望めて、天気がよい日は最高の特等席です。残念ながら、この日は雨でした。

 

DSC07505.JPG

メニューがかなり豊富なのもびっくりしました。ラーメンも豚骨2種類、醤油、塩、つけ麺、カレーとんこつなど多数。ピリ辛味のマグマラーメンもあり、定食もあります。定食の餃子は、揚げもあり、茹でもあり(ちなみに焼きがないのがここの特長だそうです!)。それぞれがカード形式のメニューになっていて、詳しく説明してあるので、さらに迷いました(笑)。

で、決めたのが塩ラーメンです。チャーシュー、わかめ、ネギ、卵、メンマ、そしてレモン。さっぱりしているのにこくがあっておいしかったです。食べていて「おっ!」と一番うれしかったのが、ゆで卵。白っぽいゆで卵なので、味がついてないのかなと油断していたら、黄身がしっかり甘い味付けがしてあり、美味でした。白身よりも黄身の方が味が濃いような気がして、不思議なおいしさ。うーん、また食べたい!<YA>

 

マグマ食堂

阿蘇郡南阿蘇村河陰4607-1

0967674147

 

 

このページのトップへ

2017年10月27日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 

 

DSC07380.JPG

 

秋深し。リンゴのおいしい季節になりました。北区3号線沿いの二つ茶屋さんにアップルパイを買いに行きました。久しぶりですが、変わらぬ店構え。

DSC07386.JPG

朝早くお伺いしたので、焼きたて!リンゴはまさひろ林檎園さんのりんごだそう。まさひろ林檎園さんを調べてみたら、青森県弘前市のりんご園のようですよ。葉とらずリンゴや蜜入りリンゴなど、たくさんのこだわりのリンゴを作っていらっしゃるみたい。リンゴが採れる時期だけの季節限定のパイなのです。

 

DSC07387.JPG

ほかにもいろいろ。こちらは、焼きたてのチェリーパイです。クリーム入ってておいしい。チェリーパイといえば、昔はやったツインピークスというテレビシリーズを思い出します。アメリカのチェリーパイはたいていチェリーのみ、クリームなしです。

DSC07383.JPG

できたてほやほやのお菓子がいっぱいあっていい香りが漂っています。みたらし団子、あみかさ団子、甘酒まんじゅうなどの和菓子も充実しているので、和菓子と洋菓子どちらもお持たせにすることができるのが、ここのお店のいいところ。

 

  

DSC07389.JPG

 

いろんなものが売ってあります。お米のせんべい。なつかしい。ごぼう味、うす塩あじなどあり。

DSC07390.JPG

ミカンもあります。近所にあると、急な来客のときに本当にありがたいお店です。<YA>

二つ茶屋

熊本市北区清水本町1?35

0963434409

 

   

  

このページのトップへ

2017年10月23日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

DSC07196.JPG

 

大津町の役場の近くに、TG珈琲さんというお店があります。かつては、菊陽町にあったお店で、大津町のすてきな古民家に移転して営業されていましたが、被災してしまい、現在は新しく立て直されたお店で営業されています。菊陽町の時に訪ねて以来久しぶりの来店です。扉を開けると、甘い香りが漂っています。

 

DSC07199.JPG

 

おいしい焼き菓子がいっぱい!店主の方は、コーヒー焙煎のプロフェッショナルでありながら、なんと元々はパティシエさんなのです!女子的にはかなりポイント高い!コーヒーおいしくてもお菓子がいまいち、とかお菓子おいしくてもコーヒーいまいち、みたいなお店、本当にがっかりします。お菓子がおいしくて、コーヒーがおいしい。これは無敵です。

 

DSC07197.JPG

イートインコーナーもあります!かわいいカップ。顔のようでもアリ、芽のようでもあり、TGという文字でもある(笑)。すてきなロゴですね!コーヒーは、大津モカ、TGブレンドなど10種類以上あります。テイクアウトもできますよ!

 

DSC07202.JPG

こちらは、チーズケーキです。この豪華さは、パティシエさんのいるお店ならではのスイーツ感!熊本県産の有機レモンや荒尾のミルクと使った生クリームなどこだわりの材料。680円ですが、コーヒーと一緒に注文すると、400円になりますよ!コーヒー代プラス400円ってことです!焼き菓子もたくさん買って帰りました。<YA>

 

TG珈琲

大津町大津1197の2

0962855573

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月21日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

 

DSC07403.JPG

宮島さんというお菓子をいただきました。宮島っていう知人の顔が浮かびましたが、広島で宮島といえば、厳島神社です。宮島さん本舗巴屋清信さんという創業60年のお店が出していらっしゃいます。パッケージは2種類。厳島神社と菊花祭との様子でしょうか。2パターンのパッケージということは、味も2パターンあるのでしょう。

DSC07406.JPG

袋を開けると、おせんべい。見た目は一緒。形状的には風月堂のゴーフルを少し小さくしたようなものですが、ちょっと硬めで、ちょっと分厚い。瓦の形をしたかわらせんべいってありますよね。あんな風なあまーい香りと手触りです。

DSC07407.JPG

割ってみると、クリームが挟まっていてうれしい!チョコクリームバージョンとホワイトクリームバージョンでした!ばりばりっとした口ざわりがよく、食べ応えあり。しかしお年寄りには固すぎて少し不向きかもしれませんね。間にクリームが挟まっているので、瓦せんべいよりも技ありでおいしいです。懲りすぎず、シンプルすぎず、うますぎず、まずすぎず、高すぎず、安すぎず(笑)。ちょうどよい塩梅のクオリティーで、お持たせお菓子の需要に見事にこたえた名品だと思います。ココで買えます!<YA>

 

 

このページのトップへ

2017年10月15日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

 

DSC07409.JPG

 

山梨の方からおみやげで桔梗信玄棒をいただきました。桔梗屋さんといえば桔梗信玄餅が有名。あの紫に桔梗のお花をあしらった袋の愛らしいデザイン。そして、お餅に甘い黄な粉と黒蜜。おみやげの王様の呼び声も高く、いただくととっても気分が上がるおみやげのひとつです。こちらの信玄棒も桔梗屋さんおなじみの花柄模様がのかわいいパッケージに入っています。 

 DSC07412.JPG

編集長に“グルテニスト”と揶揄されるほどのグルテン好きの私としては、この小麦粉たっぷりの信玄棒も食さねばなるまい。見た目は熊本県民のソウルフード、黒糖ドーナツ棒に似ていますが、黄な粉がたっぷりかかっていてドーナツ棒とは似て非なるもの。たまたま黒糖ドーナツ棒をいただきましたので、みんなで食べ比べましたが、「黄な粉味が上品」などと好評価。

 

DSC07415.JPG

 

断面の黒糖の染み具合もちょうどいい感じ。原材料にローズマリー抽出物と書いてありますが、酸化防止剤として使われているようです。個パックなので、おみやげにもぴったりで、誰からも愛される後を引くおいしさです。私のグルテン漬けの日々はまだまだ続きます。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月13日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

 

DSC07422.JPG

 

 

ニューヨークのおみやげにKUSMITEAをいただきました。KUSMITEAは、帝政ロシア時代の1867年、サンクトペテルブルクで「クスミチョフ」という青年によって創業。皇帝の御用達の茶商だったそうです。クスミチョフっていかにもロシアっぽい名前です。クスミチョフティーにならなくてよかった。

1917年のロシア革命により、貴族的趣味のお茶文化は廃れてしまったことでフランスへ渡り、以来フランスで愛されているのだそうですよ。

DSC07424.JPG

こちらは、「BE COOL 」というティー。見た目もとってもかわいく、ペパーミントの香りがふわっとします。レモンバーベナ、甘草、ペパーミント、ローズヒップシードなどのブレンドです。心地良い香りでリラックスできます。ノンカフェインなので、夜のリラックスする時に最適です。ペパーミントの香りが、眠気を誘いますね。

日本でもここで買えます!<YA>

このページのトップへ

2017年10月11日 Posted time : 14:22 | Category : D@EXコラム

DSC07324.JPG

体育の日も終わり、スポーツの秋ではありますが、秋といえば読書の秋でもあります。こちらは中央区南坪井町のデルムンドさん。チェーンのコーヒー店とは違った落ち着きがあり、アラフィフにはしっくり来る店。昔の喫茶店の趣を残しなんだか落ち着きます。こちらのコーヒー、サイフォンで出てくるのが特徴。お替りできるからなんだか得した気分になりますし、何よりチェーン店の紙コップとは大きく異なるその趣き。

先日、エアロプレスという抽出方法のコーヒーを飲みましたが、抽出方法っていろいろなのだなと実感。そもそもサイフォン式って普通のペーパードリップと違うんでしょうね。コーヒー好きを自認しながら、基本的なことをよく知りません(笑)。ググッて見ると、

サイフォン式は、アルコールランプで下から水を加熱し気体の膨張によってお湯が上昇し、フラスコ上部にある粉に接触する抽出方法だそうです。

ですから、ペーパードリップだとコーヒーの淹れ方で味に個性が出やすいのですが、サイフォンは、蒸気なので、分量さえ間違わなければ、誰でもおいしいコーヒーを淹れることができます。デルムンドのコーヒーは、サイフォンのせいかわかりませんが、いつもおいしく感じ、帰りに我が家用に買って帰ることも多し。いつもジップロックの袋に入れてくれるのもなんだかいい感じです。<YA>

 

珈琲舎デル・ムンド

熊本市中央区南坪井町5の18


このページのトップへ

2017年10月 7日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

 

DSC07356.JPG

遅ればせながら、ツタヤ三年坂店2階にあるAnd Coffee Brewersさんへ。上乃裏通りにあるAnd Coffee Roastersさんが出しておられるコーヒーの抽出に特化した専門店なのだそうです。確かにメニューを見たら、ペーパードリップだけでなく、エアロプレス、コールドブリューと並んでいます。いろんな種類があるのですね。コールドブリューはなんとなく水出しかな?という感じはしましたが、エアロプレスって何だろう。エアロスミスじゃありません。試飲をさせていただき、気に入ったものをオーダーできます。

 

DSC07359.JPG

 

いろんな種類の豆があり迷いましたが、こくがあるのはエチオピアとのこと。エチオピアをエアロプレスにしていただきました。エアロプレス自体も普通のドリップよりこくが出る抽出方法なのだそうです。

 

DSC07360.JPG

しばらく時間があり店内をきょろきょろ。豆もいろいろ売ってあります。ツタヤ三年坂のよいところは、地下のスペースでコーヒーを飲みながら、店内にある本が読み放題なところです。いろんな本があるので、さまざまな企画を立てたりする時に、参考文献多数で本当に助かります。図書館でコーヒー飲みながら打ち合わせしてるようなものでしょうか。でも図書館はおしゃべりできないし、本も古いですけど、ツタヤさんは最新本多数ですもんね!すばらしい!

最近アマゾンプライムに入ってしまい、ツタヤさん率低下中。先日のニュースでツタヤさんが旧作見放題サービスを始められるとかで期待が高まります。頑張って欲しい。ツタヤさんは熊本の誇りですもん。

 

DSC07362.JPG

こんな風にして作るのですね!エアロプレス!最後の数滴は雑味が出るらしいのでもったいないけど捨てるみたい。しかし、このコーヒー、今まで飲んだことないタイプのコーヒーでした。エチオピアという豆の特長か、それともエアロプレスという淹れ方のせいかわかりませんが、香りといい、こくといいすごくエキゾチックな味。次回はかっこつけて「エチオピアをエアロプレスでお願いします」と言ってみようかしら(→いや、言えないな笑)。コーヒーって奥深いですね。

 

 

DSC05782.JPG

 

 

ちなみに、地下モリコーネさんでもコーヒー買えます。これはこれでまたおいしい。<YA>

 

このページのトップへ

2017年10月 1日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 

souhuren1.JPG

 

熊本市北区、旧3号沿いに日田やきそばで有名な想夫恋さんができました。近所なので、来店してみました。想夫恋さんは、熊本市南区に御幸店があり、会社からは近いのですが、行ったことがありません。旦那さんが、日田に行った時によく食べているようで、近所にできてうれしそうです。紅ショウガなどもスタンバっています。オーダーしたのは、シソトッピングの焼きそばと、卵トッピングの大盛り焼きそば。こちらのお店少々待たされるのも特長なのだそうです。それだけ時間をかけてこだわって作っておられるのでしょう。

 

 

souhuren2.JPG

 

こちらは、シソがトッピングされた焼きそば。やんちゃな麺が一本飛び出ておりますが、ご愛敬。シソと焼きそばのコラボは食べたことがなかったので、新鮮な一皿。濃厚さがシソの風味でさっぱりします。ソースは、ちょっと辛め。麺のぱりっとした堅焼き具合と軟らかいところのバランスがとってもいいですね。それとモヤシの使い方がおいしさの秘訣(ひけつ)のような気がします。しゃきっとした食感がとっても生きています。豚肉はもちっとした食感の角切りにこだわっているのだそうですよ。細かいところのこだわりが感じられる焼きそばです。

souhuren3.JPG

こちらは、卵トッピング大盛り。生卵の黄身だけがのっているのですね。麺と絡まるとまったりした風味になるみたいです。

 

souhuren4.JPG

大盛りとはいえ男性には少し量がたりなかったようで、餃子を追加オーダー。小ぶりの餃子です。

 

souhuren5.JPG

中はこんな感じ。お野菜たっぷりでおいしかったです。ご飯と餃子と焼きそばのお得なセットがありましたが、焼きそばとご飯は一緒に食べる感覚がないんですよねー(私だけ?)。単品重ねちゃうと少し高くなりましたが、こちらの組み合わせの方が満足感が高かったです。<YA>

 

想夫恋徳王店

熊本市北区下硯川1-2-25

096-245-7782

このページのトップへ

2017年9月25日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC07216.JPG

 

国道57号沿いにあった柿の葉寿しさん。同じく大津町の下町という場所に移転されていました。移転した建物は築185年の古民家で、趣のある建物。落ち着く内観で、古民家の風情を生かしています。こちらは、おなじみの柿の葉寿し。エビ、サバ、サケの三種類。エビは移転後の新メニューだそうですよ。

DSC07217.JPG

以前は、店内でだご汁などをたべることができましたが、「いろは」という店名になって、懐石料理が楽しめます。夏の間は、わたしの知り合いの“ゴーラー”たち(かき氷好き)は、盛んにここでかき氷を食べて、SNSにアップしていました。大津のお芋と和紅茶のメニューはかき氷でしょうか。そそられますね。

 

DSC07219.JPG

ランチは1500円「紫陽花」から、楓が2500円、椿が3500円という価格帯。月替わりでランチメニューが変わります。この日の紫陽花は、ガスパッチョや焼きナスのムース、鱧と獅子唐の味噌グラタン、はまぐりのお吸い物など、おいしいだけでなく見た目も美しくて感動。和食の枠にとらわれない斬新なお料理でした。穴子のせいろ寿司もおいしかったですが、もちろん柿の葉寿しもついてますよ。(この日はエビの柿の葉寿し)とにかく女性のお客さんで大にぎわい。予約していった方が確実です。<YA>

 

柿の葉寿し本舗・いろは

菊池郡大津町下町231番地

 

休/水曜

 

 

このページのトップへ

2017年9月19日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC07259.JPG

久しぶりに人吉市に行きました。いつも悩むのは、ランチをうなぎにするか、ぎょうざにするかの2択。今回は、茶びんさんのぎょうざを食べに行きました。相変わらずの黄色ののれんがたなびいております。昭和30年創業です。

 

DSC07251.JPG

 

中の間取りも変わらず、手前にテーブル席、奥に座敷があり、その奥に、金魚が泳ぐ小さな池があり、その奥がトイレ。相変わらず有名人の写真がいっぱい。愛されているお店だというのがとってもわかります。ちなみに時間を少しずらしていきましたが、地元の方と観光客の方でいっぱい!お母さんも大忙し。

 

DSC07254.JPG

 

まずは、ぎょうざ。ぱりっぱりの外側で・・・。

 

DSC07258.JPG

 

中は、ニラたっぷりでじゅわー。定番のおいしさ!

 

DSC07252.JPG

私はいつもの五目の焼きそば。うずらの卵は健在。量が半端ないのにぺろっと行けます。

 

DSC07256.JPG

そして、焼きそば。(パリパリ麺)。あきらかに食べ過ぎていますが、おいしすぎて、毎回完食してしまう、茶びんの不思議。また行きます。<YA>

 

和洋中華 茶びん
熊本県人吉市二日町5
0966 22 2938

このページのトップへ

2017年9月13日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

 

 

パクチー。大好きです。熊本県でも生産されていて大手スーパーでも簡単に買えるようになりました。一把買って、一日目=生春巻き、二日目=パクチー丼と、半分ずつ使っています。

 

 

これもとりあえずは、我が家に常備しています。まだ使ったことはないけれど。

 

 

 

 

前夜は生春巻きを作ってみました。エビを外側に見せるのがコツ。わたしはスイートチリソースに、マヨネーズを混ぜて食べるのがお気に入りです。

 

DSC07263.JPG

 

そして翌日のランチによく作るのがこちらのパクチー丼。簡単すぎるがっつりメニューです。豚バラの薄切り肉を砂糖、コショウ、ニョクマム、砂糖などと混ぜ合わせ、しばらく置いて、焼くだけ。ご飯に、たっぷりのパクチーと豚肉、アーモンドを載せて、ヌクチャム(レモン汁とニョクマム、ニンニク、砂糖、唐辛子などを混ぜ合わせた調味料)をかけて食べます。簡単なのに、タイの街角に迷い込んだかのような味付けになります!クックパッドにヌクチャムの作り方がのっていました。このヌクチャム、サラダやからあげ、焼き魚などにかけてもおいしいですよ!<YA>

 

このページのトップへ

2017年9月11日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

DSC07260.JPG

先日打ち合わせで、新市街のフレッシュネスバーガーさんへ。そこで気になるポスターを発見しました。「食べて救おう!SPAMバーガー」380円。2017年12月に25周年を迎えるフレッシュネスバーガーは2017年8月24日から「スパムバーガー生き残りキャンペーン」なるものを開始しています。これは、25周年というタイミングのメニュー刷新で、売り上げランキングワースト1常連の「スパムバーガー」の販売終了が検討されるというもの。こんな書き方されると、食べたくなるのが世の常。ちなみに売上ランキング8位以内に入らないと、絶滅してしまうらしいです。

この日は、おなかいっぱいでしたので、泣く泣く断念しましたが、後日、わざわざ東京でスパムバーガーを食す。わざわざ東京行ってまで食べなくてもよかったのだが。

 

DSC07288.JPG

 

こちらがスパムバーガー。コーヒーのあわ立ち具合に、生き残りへの気迫が感じられます。カウンターから、座席まで数メートルなのにこんなに泡立つとは(笑)。キャベツとトマト、スパムと目玉焼き&マヨの組み合わせ。ソースが照り焼きソースなのが、わたし的には、ちょっと解せない感じ。そしてさらに残念なことに、目玉焼きが堅焼きになっている。フレッシュネスバーガーの目玉焼きって、写真だと半熟なのに、なぜか、いつも堅焼きしか遭遇しないのはわたしの運が悪いからか。お店には本日のランキングが出ていて、この店では4位となかなかの好調ぶりでした。10月3日までのキャンペーンなので、スパム好きの方は、是非是非ご参戦ください!<YA>

 

 

このページのトップへ

2017年8月30日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC07102.JPG

佐賀市内で午前中取材があり、ちょうどお昼時。佐賀駅近くのグルメを探していると、とっても有名なカレー屋さんがあるとのことで行ってみました。名前はカレーショップ南陽さん。南野陽子ちゃんのファンでしょうか。とにかくしぶい店構え。店の外においしいカレーの香りが漂っていて、誘われるように入りました。地図にあるボンベイっていう響きもなつかしい。

DSC07096.JPG

店内は古きよき喫茶店の趣き。清潔に整えられていてすごく好感が持てます。お昼一番乗りでした。メニューは、インドカレーやビーフカレーなどありますが、ここはスペアリブカレーにしたい。

 

DSC07097.JPG

 

テーブルには、三種の神器が。レーズンがあるなんて、とってもうれしい!

 

DSC07099.JPG

運ばれてきたスープ。ブイヨンが効いています。しょっぱそうに見えますが、塩辛くないです。上品で旨みたっぷりの洋食屋さん風おいしいスープ♪

DSC07101.JPG

スペアリブのカレー。見るからにおいしそうです。ご飯は、少食ゆえに極少なめに盛ってもらっています。奥に見えるサラダは、サウザンアイランドドレッシングたっぷりのサラダです。サウザンアイランドドレッシング久しぶりに食べたなー。

DSC07100.JPG

ご飯にレーズンと福神漬けを少々のせていざ実食。カレールーは、スパイシーですが、少しさらっとした欧風カレー風の複雑な旨み。単純じゃない味に、人気の秘訣が伺われました。スペアリブのほろっとした感じがまたよかった。近所だったら週一くらいの頻度で訪ねたいカレー屋さんでした。<YA>

 佐賀県佐賀市栄町12  

0952-26-5312

休/木曜、第1、第3、第5水曜

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月28日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

DSC07007.JPG

島ごはん」・・。沖縄グルメの最後はここで締めくくらねばなるまい。この居酒屋さんに来るのは実に2年半ぶりです。そのときは、リッチモンドホテル那覇久茂地に宿泊していて、歩いて行ける距離にあるこの「島ごはん」さんに何度も沖縄料理を食べに行きました。そのとき食べた手作りジーマーミー豆腐が非常においしく、またゴーヤ以外のチャンプルーや島ラッキョウも初めて食し、沖縄グルメの洗礼を受けた夜(笑)。そのときいらっしゃったお店のご主人との会話も楽しかったなー。

とある願掛けをし、もしその願いがかなったら、必ずやまた行こうと心に誓ったのが2年半前でした。願いがかない、喜びひとしおって感じで再訪でき、うれしい限り。

DSC07003.JPG

ジーマーミー豆腐って、お土産屋用を買って食べてもおいしいけれど、地元の居酒屋さんで食べるととんでもなくおいしいのね・・。奥に見えるのは、島らっきょう。翌日誰にも会わない日にこっそり食べたい沖縄グルメ。

 

DSC07005.JPG

 

そして、フーチャンプルー。フにたまごがいっぱい染みていて、くにゃくにゃとした食感がおいしい。ここで食べて以来、我が家の食卓にも時々登場するようになったメニューです。

 

DSC07004.JPG

 

サラダ。せっかく沖縄だから、パパイヤのサラダにすればよかったなと後悔。

 

DSC07006.JPG

フランスパンにウニがたっぷり載せてあっておいしいです!。島ごはんさんは、仙台牛タンを備長炭で焼き上げた炭火焼が有名らしく、皆さん召し上がっていらっしゃいました。でも次回もおいしい沖縄料理をいろいろ食べてみたい。次回は、2年半前にお話したご主人にお会いできればいいなー♪<YA>

島ごはん

那覇市前島2の12の12

050(3469)1180

月曜定休

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月20日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC07046.JPG

 

沖縄コザにあるセレクトショップロージャース。1954年にオープンした日本で最初のショッピングモール「プラザハウス」の1階にあります。ヨーロッパやアメリカなどからの輸入雑貨や食品、お洋服などがあり、とにかくオシャレ。米軍文化が息づく沖縄ならではって感じで異国感があります。古い小さなショッピングセンターですが、建物は60年前のままらしい。お客様も店員さんも外国人の方が多いです。

プラザハウスの歴史は、ココ

 

DSC07045.JPG

壁に貼られたロージャースの歴史っぽい写真。フィフティースの時代から沖縄にあるんですものね。アメリカ人御用達だったことが伺えます。かつては日本人は入れなかったそうですよ。

DSC07053.JPG

 

そこで購入したファロのカシスマスタード。カシス入りのマスタードって初めてみましたが、色がとってもかわいいです。ちなみにファロは1840年創業のブルゴーニュのマスタード屋さんです。ブルゴーニュのディジョン地方はマスタードの産地です。ファロのマスタードは、カシスだけでなくエストラゴンなどさまざまな種類のマスタードがあります。インスタ映えしそうな黒スグリ(カシス)の赤色を購入。

 

DSC07055.JPG

肉や温野菜、お魚、何にでも合います。癖はないですがほのかに甘酸っぱくって、複雑な味のマスタードです。ソーセージにつけて食べたら絶品!サンドイッチに薄く塗ると、味も深みが出るし、何よりかわいいですよね!沖縄観光ってついつい国際通り中心になりがちですが、このような沖縄の歴史や文化が色濃く残るお店に行くと、沖縄らしさを深く感。<YA>

ロージャース

沖縄市久保田3-1-12プラザハウス1階

 

 

このページのトップへ

2017年8月18日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC06796.JPG

 

明治12年創業の老舗、青柳総本家さん。名古屋名物のういろうの元祖といっても過言ではない名店です。「青柳」だけあって、柳の枝に向かってカエルがぴょんぴょん跳んでいる姿がロゴ。これは、かえるのようにあきらめずに何事にもトライしよう!という青柳総本家さんの思いが込められているのだそうです。名古屋では1600年代からういろうが作られていたそうですが、青柳総本家の3代目さんがういろうを駅の構内やプラットホームで立ち売りされたのを皮切りに、全国に広まり、名古屋名物になったのだそうです。

長年名古屋の人たちに愛されているういろう。羊羹よりも甘さ控えめなことから、私は大好き。特に青柳総本家の「上がり」というういろうがお気に入りです。「上がりういろう」は、こしあん風味のういろうです。昭和34年に現在の天皇陛下がご成婚されたのを記念し、献上したので 「上がりういろう」と名付けられたのだそうです。天皇陛下に献上されるものを、私が食すなんて、おこがましいのですが、おいしさお墨付き。甘さが控えめで、上品な味がたまりません。

ういろうって当然ながら原材料がお米なのですが、青柳総本家さんには、なんとアスリート向けのういろうがあります。エネルギー効率のよい炭水化物と、適度な水分と糖質、これに塩分を少々加えた「青柳ういろうforアスリート」は、まさにアスリートにぴったり。ういろうとアスリートが結びつくとは、不思議ですが、常に進化し、新たなチャレンジを続ける老舗和菓子店のロゴは、やっぱりぴょんぴょんカエルがびったりだなと改めて感じました。こちらのカエルまんじゅうも