九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年1月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ILG11.jpg

JR大阪駅の北、グランフロント大阪 北館1F にある、イルギオットーネ ディ ピューにやってきました。イルギオットーネ本店といえば京都。今はもうありませんが、河原町のイルギオットーネ クチネーリアには一度行ったことがあります。名前からみてもこちらはイタリアンです。ショッピングゾーンの北館に行って探すもなかなか見つかりません。こちらはビル内からのアクセスがないのです、わかりにくい。一度外に出てから入店。

 


ILG12.jpg

並木通りの人があるく道からは少し高くなっているので目線などが合うことはありません。店内は細長く天井が高く、ガラスが大きいから昼はルーミーで明るい店舗。

 

 

ILG13.jpg

MENU A 3500円のコースを選びました。安い方です。一休などでも予約される方が多い店舗のようです。直前のTEL直予約でしたが、今回は一人小麦×なのでと事前に伝えてます。親切にもメニューが私用になっている。嬉しいですね。(リゾットがもう一人はパスタなので・・・)

 

 

ILG14.jpg

スタートはシャンパンで・・・

いきたいのですが、

RAISI BULLE BIO ARMAGNAC / FRANCE  900yen  (レジブルービオ) そういえば銀座のAGILEでもこれを飲みました。

このノンアルコール シャンパン(ぶどうジュース)は結構甘いんですよね、口当たりが。だから1杯以上飲まなくて良いのですが。

 

 

 

ILG15.jpg

グリッシーニ。

グリッシーニの奥の壁に 「昭和のかき氷機」が。冬なのに、何でしょうか・・・・

 

 

ILG16.jpg

おお葉の上に球体ドームガラス、なんでしょうか。ふたをとるとスモークされた風味が。演出がいいですね。

 

 

ILG17.jpg

焦げちゃった!海老芋

白みそのバーニャカウダ

 

 

ILG18.jpg食用炭を使ってあって焦げた炭風に見える。これくらいの二口分くらいのアミューズで面白さがあると嬉しい。

 

 

ILGI1.jpg

2品目はサラダ

鰤(ぶり)の炙り

色んな大根サラダ 黄柚子の香り


なんと、白い粉は大根をシャーベット状に削ったものでさっきのかき氷機で店員さんがその場で削ってかけてくれたもの。

演出が凝っていますね。


 

ILG2.jpg

カツオかと思うような、ぶり。

黄柚子と大根がアクセントになって、口の中で、えっ!という感じ。冷たいのですが、これは面白くて美味しいです。ブリは2切。

 

 

ILG4.jpg

続いては 泡泡エスプーマ。

私はパスタNGなのでリゾットに変更してもらいました。サーモンとかぶらのリゾット。

 

 

ILG5.jpg

いくらが入っていて、しかも米の食感が絶妙。おいしいリゾットです。

 

 

ILG3.jpg

パスタもこんな感じであわあわ。

 

 

ILG19.jpg

パンはこういう木箱に入っています。

 

 

ILG6.jpg

ローストポークに変更していただきました。むかご、野菜色々。黒い粉はオリーブを削った粉だそう。

 

 

ILG7.jpg

弾力があり食べごたえのあるポークでした。緑は芽キャベツ。芽キャベツが1枚1枚とって調理されていますねー

 

 

ILG8.jpg

私のデザートは エスプレッソパンナコッタと ピスタチオアイスクリーム。

濃厚なのにアイスとのコンビネーションが絶妙でおいしいー


 

 

ILG10.jpg

エスプレッソは面白い形のスプーンです

 

 

ILG9.jpgもう一人の方のデザート。

パンを食べずこれだけの量で充分です。

スピーディに料理を運んでくれたおかげで比較的早くランチが終わりました。周りはぜーんぶ女子会なのでゆっくりと。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)


このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

 harajukuapple3.jpg

 

1924年創業のコロンバン。洋菓子の老舗です。日本で初めてフランス菓子を提供したお店とHPにあります。このロゴのかっこいいこと。箱自体がとてもおしゃれで、お菓子のカンカンフェチの私としてはとっておきたいのだけれど、パイで汚れちゃってて断念。

HPを見ていると、1950年代にコロンバンが出していた冊子「Bonbon」のバックナンバーがあり、パリのエスプリぷんぷんの内容についつい読み込んでしまいます。マロニエの落ち葉が舞うキャッフェには、モジリアニが、スーチンが、藤田が・・・とか書いてあると、グローバル化が進んだ今でもうっとりするのに、1950年代にこの雑誌を読んだ人は、フランスへのあこがれの思いを強く持ったことでしょうね。そんなあこがれのパリをぎゅっと詰め込んだようなコロンバンのお菓子です。

 

harajukuapple2.jpg

原宿はちみつ&紅玉のアップルパイをいただきました。原宿はちみつとは、コロンバンの原宿本店の屋上で原宿表参道の自然から採取した貴重な国産はちみつだそうですよ。小さい容器にちょこっとついています。

 

harajukuapple1.jpg

アップルパイ。カットする前のパイの網の目模様が美しかったのですが、もう半分は子どもたちの胃袋の中。原宿はちみつをたらーり♪寒い日でしたので、ちょっとオーブンで温めました。りんごはけっこう大きめでゴロゴロ!しゃきしゃきとした食感が少し残っています。蜂蜜は、なくても十分おいしいです。というか、アップルパイが十分甘いので、蜂蜜ない方がちょうどいい甘さかもね。羽田空港にお店があります。

 

羽田空港SMILE TOKYO店

羽田空港第2旅客ターミナル2F

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kest1.jpg

LA CANROでフレンチを堪能した後の2次会は、梅田まで戻りこちらを訪問しました。私は3回目になります、ヒルトンホテルのすぐ近くにある KENZO ESTATE (ケンゾーエステート)大阪店。

最近特に注目を浴びているケンゾーワイナリー。ワインに多少詳しい人なら、あああのケンゾーというくらい、高品質なナパ・バレーのワインとして有名ですね。先ほどはフランス ブルゴーニュのワインを味わいましたので、次はナパの濃厚なワインを頂きましょう。

 

 

kest2.jpg

手前はカウンター席

 

okuza.jpg奥はテーブル席と個室

 

 

kest3.jpg

ケンゾーワイナリーでも人気の高い赤ワイン、紫鈴 RINDO(リンド)

グラスワインは40ml単位で頼めます。


80ml 1700円


やっぱりリンド。11月に宮崎でリンドを肉に合わせていただきましたが、ワイン単体でももちろんこれは重厚なワイン。

 

kest4.jpg

おつまみというものはそんなに不要なのですが、ここではこれ。

トリュフポテトフライ (1500円)


積み木ゲームのジェンガみたいにポテトフライが積まれています。そしてその上に店員さんがトリュフをスライサーでかけてくれます。トリュフの効いたポテトフライ。なんていいんでしょう!そして赤ワインとトリュフ。

 

 

kest5.jpg

次にケンゾーワイナリーの頂点の一つ、カベルネソーヴィニヨン主体の藍 AI (アイ)を。


40ml  1,950円。 ボトルだと34,800円です。


個人的にはリンドのバランスが好きです。


3回目のケンゾーワイナリーは2杯だけでしたが、とても印象に残りました。TT


 

KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能


食べログ(掲載時点 3.59)

 

ケンゾーワイナリー 大阪店 ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

料理後篇です。五感に訴える料理が続きます。

 

laca12.jpg

割れたようなお皿がデザイン。

毛蟹、ディル(ハーブ)

期待してましたキャビア

 

laca11.jpg台座部分は少し温かく、キャビアとの絶妙のコンビネーション。感性に訴える一品。

 

 

laca2.jpg

長崎クエ

 

 

laca3.jpg

牛テール、根セロリ


これは器が相当熱くてリゾットというか韓国の石焼鍋風。

おいしい、米の絶妙の感じがとてもいい。


 

laca4.jpg

本当にどの品もおいしいです。

 

 

laca5.jpg

和牛、牡蠣

 

laca13.jpgシャンボール ミュジニー プルミエ クリュ  レ プラント 2010  J.カシュー

ピノノワール100%


 

laca14.jpg粉雪の粉末の中から

 

 

laca15.jpg

いちご

 

laca16.jpg

木の上のバーは生チョコレート

 

 

laca17.jpgこのチョコレート最高においしい。とろける。

 

 

laca18.jpg

エスプレッソ

 

 

laca19.jpg

まるで宝石箱に入った チョコ、タルト

 

laca29.jpg

演出がかっこよすぎる。

1連の料理とワイン。実はアミューズを1枚とり忘れてしまった・・・・白子だったのですがあまり好きでなくて撮影するのを忘れてしまっていました。

相当なる満足感を感じ、違うメニューの時にまた来てみたいと思いました。夜は料理のコースは15000円です。税サ別。

TT

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

ラ・カンロ ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC07992.JPG

2月最初の午(うま)の日に、神社詣でをすると、とても運気がいいということで、全国の稲荷神社で初午大祭が行われます。今年の初午(はつうま)は2月7日で、この日は高橋稲荷神社は多くの参拝客でにぎわいます。福餅まきなどもあるようなので、今年は行ってみたいなと思っています。

 

DSC07995.JPG

おいなり神社にいる一対のお狐さま。お狐さまは、巻物と玉をくわえていると聞いたことがあります。こちらは巻物かな。

 

DSC07994.JPG

こちらは、宝珠という玉でしょうか。その宝珠は・・・

 

DSC07998.JPG

なんと午(うま)の胴体にも描かれていました!丸い玉が描かれているのわかりますか?宝珠の腹帯を締めた神馬かな?もうちょっと勉強してから来ないと駄目ですね・・。

 

DSC07993.JPG

 

高橋稲荷神社の境内。とっても広いのですね!神社参拝すると、心が洗われるようです。

 

dengaku3.jpg

 

鳥居を出たところに明治時代から続く田楽屋さんがあるのですが、以前ご紹介しました。お店の方は、以前は神社の境内にお店があったのだよとおっしゃっていました。また食べに行きたいな。<YA>

 

高橋稲荷神社

熊本市西区上代9丁目6番20号

 

                 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

laca23.jpg

 今回大阪のフレンチ、LA KANROを訪問するにあたり、食事に行くというより劇場に行くような、わくわくした気分が高まるのを日に日に感じていました。仕事で何十回も訪問している大阪ですが、ゆっくりとした食事、ワインを堪能した回数は本当に少ない。今回は大阪フレンチでも食べログポイント高得点の同店、そしてミシュラン一つ星に新たに加わったことでだいぶ前に予約をしていました。

  

 
laca24.jpg

大阪駅からは車で10分程度、タクシーで1000円の距離。おおよそ飲食店街とはかけ離れた大通りの裏の一角にラ・カンロはあります。外からほのかに明るい店内を除くとカウンターで食事をしている人たち。

 

laca25.jpg

重厚な扉を開けるといきなり店内というわけではなく、通路を通って店内へと導かれます。この細かな店舗デザインも劇場への入り口という期待感を高めてくれます。

 

 

laca1.jpg

フランスブルゴーニュを中心に数百種ものワインを貯蔵してあるセラー。8席のフレンチでこのラインアップとは大したものですし、ワインリストがかなり分厚い。このリストを見ているだけでも楽しい。


laca21.jpg

今回は3人で訪問。カウンター8席のみのフレンチ。

仲嶺淳一シェフの料理とソムリエ桒原孝明氏が奏でるラ・カンロ。パリの三ツ星アストランス、大阪福島のカモシヤクスモトで修業されて、2013年11月ここをオープンしました。スタイリッシュで洗練され無駄なものがないこの空間はとてもムーディ。


 

 laca22.jpg

景色や人通りを眺めるわけでもなく、スポットライトがあたる料理と対峙する空間としてのカウンター。

 

 

brssss.jpg

シャンパンはグラスでオーダー。

Vilmart & Cie Grand Cellier

木樽発酵、樽熟成、クリュグなどの名だたる生産者が取り入れる手法で、「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランスの星付レストランが採用する故希少性のあるシャンパン。

 

 

menulac1.jpg

材料のみが書かれたメニュー。

 

 

laca7.jpg

アミューズ

オマール海老、柚子

見た目からお花のようなこの細かいデコレーション。1品目から惹きつけられる。シャンパンとの相性もばっちりだ。

 

laca8.jpg

ずらして撮影

 

 

laca9.jpg

これはほかの人のパンだが、グルテンフリーの私には米粉のパンを用意していただきました。

 

 

laca26.jpg

悩んだが

ドメーヌ・ラモネ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ モルジョ [2013]  を選択した。黄金色でふくよかなモンラッシェ。至福のひとときである。

 

laca10.jpg

フォアグラのムース 野菜類と上には細かく刻んだトリュフ。

なんともこのフォアグラと白ワインのマリアージュが素晴らしい。木の器も素晴らしい選択だ。

 

料理の続きは明日(TT)

 

ラ・カンロ フーズピープル

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでも短期間の間で3回目の登場の人気店。

 

KSE1.jpgわが家の魚河岸 国枝鮮魚店。

 

行列はまだ見たことないけど人気店。

 

KSE2.jpg寒いせいかそんなに混んでいませんでした。いつもはカウンター多いのに、今日はカウンターに着席します。

 

KSE3.jpg今日はメニュー選び放題ということです。

7食限定のこれを目当てに訪問する人も多い、680円メニューも選べますし


いつもは売り切れの魚河岸弁当も。海鮮丼は今日はパスして、

 

魚河岸弁当 1280円ですね、だって 今日は3食限定とか。 そんな限定って少ないじゃないじゃないですか。少なすぎてあせるわ。フライ物とかが今日は入っていないのもポイント高いし。


 

KSE4.jpg来ました。

 

すごいボリューム、カンパチのアラか。迫力ある煮物だこと。あまりアラとか食べないのでこういう機会に。


KSE6.jpg今日は鯛のすまし汁ですね、いい味してます。

 

KSE7.jpg

切干大根煮、きゅうりとタコの酢の物、黒豆。正月の残りではないと思うけど。

 

KSE5.jpg

カンパチ。

身も脂が乗っていて以外と美味しかった。

 

 

KSE8.jpg

刺身は9種類。これだけで刺身定食で十分満足なのですが。

定食ぜーんぶ食べると結構お腹一杯。ご飯おかわりどうですか?と聞かれたけどやめておきました。


今日は夜がフレンチなので、昼和食にして良かったと思いました。TT

 

前回の記事

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



 



 

このページのトップへ

カレンダー

2018年2月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー