九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2020年2月 9日 Posted time : 09:57 | Category : D@EXコラム

DSC05502.JPG

誰が考えているのだろうといつも思うマックの期間限定商品のネーミング。ブアツく生きよう!アツ!ベーダブチ。わかりやすそうなカタカナ列記ですが、なぜか毎回全然覚えない。「アツベーダブチ」って語呂が悪いからじゃないんですかね。とかいろいろ言いながらもまんまと頼んじゃうんですけれどもね。知らないうちに第3段までいっているのですね。こちら第2弾商品です。

DSC05503.JPG

筆文字でアツ!。圧かかってますね。上にある山みたいのは、富士山の日の出でしょうか。

DSC05505.JPG

というわけで「マックの画像、絶対おいしそうに撮れない説」は、今年も粛々と継続されるのであった。たしかにダブチーの存在感があります。思ったよりとろけてないチーズ2枚とパテ2枚+厚切りベーコン。ピクルスも効いてます。がぶっとかぶりつくと肉肉しくってジューシーでおいしい!ベーコンの存在感も思ったよりあって、香ばしいです。

ちなみに、今年は元旦早々、マックの福袋購入を目指して、マクドナルドまで歩いて行きました。マックの店内で流れている謎のティロリティロリという音(音楽)がなるポテト型のタイマーなどが入っている「nicoand...」とのコラボ福袋だったのですが、なんと「ドライブスルー以外福袋購入不可」というこれまた謎の仕打ちに遭い、とぼとぼ歩いて帰りましたとさ(笑)。めげずにブアツク生きます。<YA>

 

このページのトップへ

2020年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1901.jpg

呉服町電停のすぐ近くの電車通りに面しているお寿司屋さん「魚嘉」(うおよし)さんへ来ました。昨年も同一の新年会がここでありましたので1年ぶり2回目の訪問です。熊本地震のあと2018年9月にリニューアルオープン。


 

IMG_1899.jpg

今日は寒い日ですし、和食ですのでアツカンですね。

 

 

IMG_1902.jpg

刺身に カズノコが入っているのが1月らしい。嫌いじゃないですけど。

 

 

IMG_1904.jpg

これはできれば避けたい オイスター


IMG_1903.jpg

茶碗蒸しも同等に苦手な部類の白子でした。

 

IMG_1905.jpg

鍋は鴨鍋。フグ鍋よりかはいいですが。

しゃぶしゃぶ度合が強いと肉が固くなってしまうので、ソフトしゃぶしゃぶが合いますね。臭み消しの役割ともなるネギと牛蒡の野菜の方が美味しくて柚子胡椒とそれを食べてました。ネギと牛蒡のシャキシャキ感がよいですね。

 

IMG_1907.jpg

 

 

IMG_1908.jpg

キスの天ぷらと

自家製そばを茹でて少しだけ食べて

 

IMG_1909.jpg

最後は2貫のにぎりとばってら。

昨年も鴨鍋だったんですね、すっかり忘れていました。

 

1921年(大正10年)創業のお寿司屋 魚よし 熊本

 

食べログ(掲載時点3.13)

 

 

このページのトップへ

2020年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本グルメ情報

DSC05388.JPG会社の新年会で大好きなAmoshiさんに。こちらのお料理にはいつも驚きと感動をいただきますが、今回もまたすばらしいお料理の数々でした。クルミ。自分で割って食べる(笑)。いつもおそるおそる割る。

DSC05391.JPG

こちらのお料理は、すばらしい食材の組み合わせとそのおいしさを引き立たせるソースのバランスのよさに頭を殴られるような衝撃。いつもながら、とてもおいしい料理なのに、カメラの腕がなく、美しく写らないことと順不同のご紹介&忘却の数々をお許し下さい。イチゴとウニという組み合わせ。驚きのマリアージュぶり。

DSC05394.JPG

豚肉とネギ。低温でじっくり火を通されている豚肉とネギの合うことといったら。

DSC05398.JPG

蟹のサラダ。

 

DSC05399.JPG

かわいい容器に入ったのは、トリュフとフォアグラ。

DSC05400.JPG

トリュフと・・・

DSC05403.JPG

フォアグラ。うーむ。うなってしまうこのおいしさ。

DSC05406.JPG

白子を香ばしく焼いたモノ。

DSC05407.JPG

肉。たしか春菊のソースだったか。料理人の島本さん、毎回ながら刺激を下さいます。予定調和ではない、かかんな挑戦に、頑張ろうと思えるのです。バレンタインデーまであと一週間。本命との勝負ディナーは、ぜひここで。<YA>

 

Amoshi

熊本市中央区下通 2-7-32 シャワーヴァレービル 2F

096-354-0678

 

 

このページのトップへ

2020年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1877.jpg

以前大阪出張が多かった際には常宿にしていた丸ビルにある第一ホテル。空港からのリムジンバスが直行するから便利だったんですよね。大阪駅で中華を食べようと調べたら、丸ビルに入っているここが意外に評価が高かったので来てみることに。8階にあります。丸ビルですから窓も曲線、当たり前ですが。

 

 

IMG_1879.jpg

忙しいサラリーマンやOLの方たちには、こちらのビジネスランチの需要が。1000円でメインが定番料理とチョイス料理から2品が選べるとあって人気。後、限定の麻婆豆腐もありました。激辛っぽいのですが美味しそう。

 

 

IMG_1878.jpg

杏花(あんず)ランチコースを注文。せっかくなので+500円でふかひれスープにグレードアップ。早めに料理をお願いしたわけではないのですが、サクサク出てきてよかったです。

 

 

IMG_1880.jpg

前菜(2名分)

海老がプロレスしてるんじゃないかって思う。

 

IMG_1882.jpg

フカヒレスープ(1人前)

熱い。酢を入れたらサンラータンスープみたいになって更に美味しくなった

 

IMG_1883.jpg

大エビのマヨソース

かなり甘目のミルクソースっぽいマヨソース

 

IMG_1884.jpg

点心2種は焼売と海老餃子

 

IMG_1885.jpg

豚ばら肉の塩漬けと中国野菜の炒め

中国野菜美味しいですね。

 

IMG_1886.jpg

四川麻婆豆腐

ホテルキャッスル熊本の味に慣れているとやはり違うのだけど、これはこれで薬膳風の風味もして美味しい。

 

IMG_1887.jpg杏仁豆腐で口直し

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

ホームページ

このページのトップへ

2020年2月 5日 Posted time : 00:44 | Category : 熊本グルメ情報

DSC05301.JPGこの時期のお楽しみと言えば「ガレット・デ・ロワ」。1月いっぱいということでしたので、ビブグルマン店のビストロシェ・ル・コパンさんに滑り込みました。ちなみに「ガレット・デ・ロワ」とは、「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)をお祝いして食べるお菓子とされています。中にフェーブという小さなお人形が入っているとラッキーです。

DSC05308.JPG

こちらが「ガレット・デ・ロワ」。王冠がのってきました。この日は、たまたまホールでしたので、どのカットを食べるか自分で決めさせていただきました。

DSC05309.JPG

アーモンドプードルがいっぱいですごくおいしいのです。わくわく。しかし今年はフェーブちゃんは入っておらず。残念!

 

DSC02329.JPG

 

ちなみにこちら、昨年、お友達のに入っていたフェーブ。かわいいでしょ!

DSC05306.JPG

もちろんディナーもしっかり堪能しましたよ。この日のメインは、ブイヤベース!魚介のうまみがぎっしりで、とても温まりました。キクイモのスープやサトイモの燻製など、すべておいしかったです。また行かなくっちゃ。<YA>

ビストロ・シェ・ル・コパン

山鹿市古閑683の1

0968の44の5605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1866.jpg

大阪・北新地 ピ・グレコ、イル・チェントリーノと同じく現在大阪でのミシュラン☆獲得イタリアンの一つ、しかも食べログでも大阪一、全国でもイタリアンのお店のの10本の指に入るという トムクリオーザさんへ来店しました。2013年9月オープン、わずか12席の人気イタリアンですので、だいぶ前から予約していました。テーブルチェックの予約システムで予約できるので便利ですね。

 

場所は北新地のビルの2階にあります。カウンター席4席と、テーブル席8席。1回転目はコース料理、20:30からはアラカルトも注文できるようです。

 

IMG_1867.jpg

グラスシャンパンをいただきながら、アミューズは 安納芋とキャビア。キャビアの量も満足な量ですね。マスカルポーネとのコンビネーションがたまりませんね。


トムとは店主、浅井 努 ( ツトム )さんのトム、クリオーザはイタリア語で好奇心という意味とのことです。浅井シェフは大阪のイタリアンの有名店ポンテベッキオで料理長をされた方。ここはイタリアンをベースに日本の四季を重んじ旬を意識した料理と打ちたてのパスタ、それとペルシュウ(生ハム)が有名とのことです。

 

IMG_1868.jpg

カツオ、セロリ、カラスミ

サラダとはいいつつもこれは美味しい前菜ですね。セロリを細かく刻んだシャキシャキしたさっぱり感と美味しさ。

 

IMG_1869.jpg白ワインは BRICCO MAIOLICA PENSIERO INFINITO ペンシエーロ インフィニート

 

IMG_1870.jpg

イタリア・タマニー二社の手動スライサーでものすごーく薄くスライスされる、ハムがこちら。普通にパルマ生ハムと呼ぶモノではありません。(パルマで作っていないので) 岐阜県ボンダボンのハム多田 昌豊氏の作る国産最高級ハム。

多田さんの作るハム。食品添加物を一切加えず、経験や技術に誇りを持ち続けるそんな思いを込めて「生ハム」とは呼ばず、PÄRSÙT(ペルシュウ)(現地の方言でパルマハム)と呼ぶのです。

ペルシュウだけでもとろけるようにウマイのですが、ゴルフボール大のおにぎりをくれました。おにぎりハム最高に美味しかったなぁ。サラダ、ゆで卵などもつけあわせに頂きます。

 

IMG_1871.jpg

手羽先のフォアグラ詰め 黒トリュフがけ

手羽先の中にフォアグラ・トリュフとスープのコンビネーションがこれは幸せですね。脳内トリュフホアグラで何度も刺激されます、やばいです。

 

IMG_1872.jpg

すっぽんをベースにした耐熱シートで包まれたスープ。コラーゲンたっぷり。

メインはシャラン産鴨肉

美味しそうだったので残念ながら撮影忘却で


IMG_1873.jpg

手打ちパスタ

私はゴルフボールサイズでいただきました。

 

IMG_1875.jpg濃厚なピスタチオのパンナコッタ うまいなぁー。

 

いやぁトムクリオーザさん本当に美味しかったです。

 

食べログ(掲載時点 4.24)


ホームページ

 

ボンダボンの生ハム

このページのトップへ

2020年2月 3日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

DSC05458.JPG

 

さて皆さん、熊本城マラソンに向けての走り込みは進んでおられますでしょうか。路上で走っている人がぐんと多くなる気がするこの季節。家人も付け焼き刃的な謎の走り込みを始めましたので、高級厚底シューズはプレゼントできませんが、筋肉の状態をよくする目的で良質なたんぱくしつ補給に向けて、この鶏のささみのくんせいをプレゼントして差し上げましょう。

 

DSC05463.JPG

 

うれしい個パック。宮崎産の若鶏のささみと日向灘の塩を使い、外はこんがり香ばしく、中はしっとりやわらかな燻製に仕上げてあります。それにしてもコンビニのサラダチキンってなんであんなにやわらかいのでしょうか。家で鶏ハムをよく作りますが、どんなに頑張ってもあんなに柔らかくならないのですよね。

 

 

DSC05469.JPG

 

こちらは燻製なので、中までふんわりというわけにはいかないようで、割けるチーズのような感じ。味は、こしょうがピリッときいていておいしいです。普通におつまみとして食べてもおいしいですが、サラダに混ぜたり、野菜炒め、チャーハン、スパゲッティのトッピングなど、いろんな使い方ができるので便利です。何よりこのスモーキーさは、家庭ではなかなか出せませんね。しばらくは食卓にささみを多くして、来たるべき熊本城マラソンに備えたいと思います。

 

 

黒こしょうがないバージョンもあるみたい。子どものおやつにもよいですね!<YA>

このページのトップへ

カレンダー

2020年4月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー