九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2017年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ssera8.jpg銀座1丁目からも銀座4丁目からもそんなに遠くないビル、銀座ベルビア館に来ました。はじめて来たビルですが、LOFTとかも入ってる割には人が少ない、穴場な感じのビル。飲食店も結構入っているのですが、夜賑わうのか昼は以外に賑わってないような。これも穴場感。


食欲がない時の、タイカレー。食べようと思って検索して、そこそこ評価の高いお店が見つかったので来てみました。

 

ssera1.jpg

7階にあるタイ料理のレストラン サイアムセラドン。表に椅子が並べられているところを見ると並ぶのでしょうか。

ここは サイアムヘリテイジの店舗名で2店舗、サイアムセラドン名で6店舗ほど出店しています。

 

 

ssera3.jpg

夜メニューでしょうか。タイ料理のコースもありますね。

 

 

ssera4.jpg

テーブルがぎっしり詰められた店内。というかまだ1組目なんですか。大穴場ですねぇ。笑

個人的には夜飲んでいるときにこのぎちぎち館は勘弁してほしいけど。

 

ssera2.jpg

クリックメニュー拡大、戻る。

予定通り タイカレーセットでも食べようと思ったが、夜のフルコースを頭がよぎり、胃に少しでも優しい カオマンガイ(チキンライス)980円を注文。本当にチキンな胃袋だよ、でも昨日ワイン飲み過ぎたからなぁ。生春巻1本 350円で注文。

 

 

ssera5.jpg

お客さんが少ないせいか、生春巻きとスープがすぐに出てきた。普通の春巻きだった。惣菜の岩田さん(ロックなんとか)の生春巻きのほうが個人的には好きかもしれない。

 

ssera6.jpg

プレート到着しました。右上はポテトサラダ、右下はサラダ豆。

 

 

ssera7.jpg可もなく不可もなくしかし可と感じるカオマンガイ(チキンライス)。タイ国専門食堂のカオマンガイのほうが好みかも。同じフロアーでもゴッチズビーフというお店が行列で気になりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 



 

 

このページのトップへ

2017年11月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryuzu8.jpg

東京レストラン事情に詳しい当社のYHさんに紹介していただいた、六本木にあるRYUZU(リューズ)さんへ訪問予定の数日前に電話したらラッキーなことにカウンター席が予約が取れましたので、訪問しました。六本木の交差点から歩いて3分程度の距離にあります。

 

 

ryuzu9.jpg

エントランスは地階1階。長い階段を下る先には竹がライトアップされており、ムーディな空間が広がり、とても期待感を感じさせると共に、お店に向かうワクワク感を感じます。

 

 

ryuzu10.jpg

階段を下った左側がRYUZU。エントランスの自動ドアを開けて店内へ入ります。今回予約していた時間帯は遅めだったため既にフロアーにはお客さんが沢山。そしてお店の天井も高く私好み。個室もあります。

 

 

ryuzu11.jpg

カウンターに着座。ワインセラーと厨房が見えます。飯塚隆太シェフが調理しておられます。飯塚シェフはタイユバン・ロブション、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションで勤務され、2011年2月にRYUZUをオープンし、今やミシュラン2つ星のお店として認められています。

 

ryuzu12.jpg

カウンターの熱気がこちらにも伝わってきます。メニューを見ながら今日のストーリーを考えていくのが楽しみ。

 

 

ryuzu13.jpg

今日はコースメニューでなくて魚介系のアラカルトで行くことにします。カウンターはアラカルトで注文できます。


今日の白ワインは新ドメーヌ、


ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2013]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2013]



 

ryuzu14.jpgぶどう本来のすっきりした味わいと旨みがフィネスとして感じられるワイン。

 

 

ryuzu15.jpg

アミューズはスモークサーモンとサンマと茄子のミルフィーユ。

 

 

ryuzu16.jpg

このスモークサーモン美味しいです。さんまも自然と笑みがこぼれます。

 

 

ryuzu17.jpg

2品目のアミュ―は パンプキンスープ。

 

 

ryuzu1.jpg

メニューに載っていないのを作っていただきました。蟹のムース、ずわい蟹、キャビアと贅沢なコンビネーション。

 

 

ryuzu2.jpg

素晴しいです、モンラッシェとの相性もとてもよく、口の中に幸せ感が充満します。キャビアやばいです。

 

 

ryuzu3.jpg

 ここでマネージャーのおすすめにより、椎茸を赤ワインと合わせることにしました。2010 シュヴレ シャンベルタン(ジャンテ・パンショ)Cevrey Chambertin (Geantet Pansiot)

 

ryuzu4.jpg

八色椎茸をタルト仕立てに コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って

ぷりぷりした椎茸とシャンベルタンのマリアージュがたまりません。


 

ryuzu5.jpg

今日のメインです。

島根産 天然鮑のソテー 鮑のエッセンスソースで

 

 

ryuzu6.jpg

想像した以上に美味しいあわび。丁度1個分入ってます。これをまた食べるために訪問したくなるなぁ。

 

 

ryuzu7.jpg今日は肉はいただきません。エスプレッソダブルと茶菓子。

 

店員さんの応対も大変良く、料理も感激します。ここは再訪したいリスト入りです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2017年11月 8日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

DSC07575.JPG広島県福山市にある鞆の浦。ここは、古くから潮待ちの港として、また藩の御用達港として栄えました。一度も行ったことはないのですが、鞆の浦について調べる機会があり、行ってみたい場所の一つです。とアピールしていたら、鞆の浦のお菓子をいただきました。うれしい!

 

DSC07579.JPG

 

お菓子には、写真がのっていました。なんとも風情のある町並み。鞆の浦は、お寺や城跡などもたくさんあるのです。

DSC07576.JPG

鞆の浦は有名人がたくさん訪れた町でもあります。よい港だったこの町は、大型船が数多く訪れ、その結果豪商がたくさん!豪商たちが文化人たちの支援をしたため、多くの文化人が訪れたのだそうです。坂本龍馬も来たらしく、「いろは丸」が鞆の浦の沖合に沈んでいるという噂もあるようです。

 

 DSC07580.JPG

で、このお菓子の名前は、鞆の浦舟泊まり「浮ろらんたん」。浮ろらんたんって名前いいですねえ。

DSC07583.JPG

最中のお船のカタチの浮ろらんたん。確かに水に浮かびそう。これ、普通のおみやげお菓子にしてはかなりおいしくてびっくりしました!カラメルのほろ苦さ、アーモンドの香ばしさ、そしてもなかのふわっとした食感!調べてみると「金萬堂」さんという大正5年創業の尾道のお菓子屋さんのものでした。老舗のお菓子屋さんのお菓子なのですね?。以前紹介したさいかい堂の咲作米菓といい、最中と洋菓子のコラボレーションってなかなかいい味出します。ブームになるんじゃないかな。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LABI3.jpg

鮭の卵いくらも高くなってきているから海鮮料理を食べるのも良いのですが、北海道は美味しいものが沢山ある。「スープカレー専門店」というのはなかなか見かけません。最近は北海道ソウルフードとして認識度も急上昇ですよね。スープカレーは小麦が含まれないため私もオッケーなので嬉しいのです。

 

LABI2.jpg

新千歳空港でスープカレーを食べるなら、チェーン店のLABI(ラビ)ですね。評価も高いお店です。市電通り食堂街の中にあります。

 

 

LABI1.jpg

具材を選ぶのと、スープカレーの辛さとかトッピング、海老味とかラーメンのように選択自由。



 

LABI4.jpg

チキンTO野菜カレー オリジナル 1230円あたりが一番人気のスタンダードメニューですね。

 

 

LABI5.jpg

角煮TO野菜カレー 1330円 に マイタケをトッピングしていただくことにしましょう。辛さは0番から50番まであり、3番が中辛って。どんだけ50倍ってすごいんやねん。恐る恐る5番くらいにしとこう。

 

 

LABI6.jpg

ご飯にレモン。辛そうな感じがしますが。。。

 

LABI7.jpg

辛さはそれほど辛くなく、想像した以下で少しがっかり。

しかし野菜は沢山で嬉しいわ、キャベツ、マイタケ、にんじん、じゃがいも、おくら、かぼちゃ、なす、ブロッコリー、たまご。それぞれが煮込んであるのではなく、トッピングで付いている。

 

 

IMG_7336.JPG今回美味しかったのが、隨縁カントリークラブで食べたスープカレー。スープのパンチといいコクといい、これは癖になる味でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.57)

 

ラビホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年11月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中国料理 頂香(でぃんしゃん) 熊本市八王寺 太平燕。

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)2 熊本市八王寺 夜ごはん

 

最近、うなぎとかフレンチ、鉄板焼きなどが続いており、あっさりを体が欲していた。ブログでも3度目の登場となる頂上(でぃんしゃん)へ行き、焼きビーフンを食べようと。実は1度焼ビーフンも食べているのだが、その時ミスで撮影したデータが紛失してしまった。

 

dys66.jpg3度目の登場ですので、詳細は以前のブログに譲りましょう。平日ですし座れることが多いのはいいこと。

 

dys11.jpg

店内はこんな感じ。


 

dys55.jpg

セットメニューとかメニューは色々とありますが、ここは迷わず 焼きビーフン 810円。中華屋さんで焼きビーフンが普通にランチで食べれるって意外に珍しいと。小麦抜きの私にとってはとてもありがたいメニュー。調理場で中華鍋を振る音が聞こえます。


 

dys22.jpg
しばらくして到着。きくらげとイカが目立ち、ちゃんぽんスライスが入っていないため色味に乏しくはなっていますが、野菜も豊富に入っています。最初机の上に置かれたときには、「こんなに食べれないぞ」と思うのですが、ナンノナンノ。
dys33.jpg
麺より野菜が多いんじゃナイカっていう。。。
dys44.jpg
味は単一なので、一味でも振り掛けたくなるところですが、せっかくの薄味なのでがまん。今日も残さず食べてしまったのはこのあっさり感のためでしょう。だいぶ野菜も接取できてよいメニューです。
dys77.jpg
レジの奥の窓に掲げられている、額縁に入った太平燕の写真。これは中華園さんにダイニングエクスプレスの取材御礼で私が贈った2枚のうちの1枚ということがわかったのでお店の人にも話をしてみた。もう1枚というのは中華園のディスプレイに掲示されていたもの。下の写真は2010年に私が撮影したもの。写真の角度は微妙に違うが同じ太平燕。
085ta.JPG
中華園さんに贈った私の写真が頂香さんに引き継がれてとても嬉しい思いです。TT

このページのトップへ

2017年11月 6日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

DSC07529.JPGのサムネール画像銀座若菜さんのチーズの味噌漬けをいただきました。銀座若菜さんと言えばお漬け物のイメージ。昭和28年創業とのことです。チーズの味噌漬けは、伊予の麦味噌と信州味噌をブレンドした特製の味噌床に北海道産クリームチーズを漬け込んであるそうです。熊本県民にはおなじみの豆腐の味噌漬けは、豆腐を味噌に漬け込んでいると、次第にクリームチーズみたいな風味になるというものですが、これはもともとクリームチーズなので、すでに目指している状態が保証されている、ということです(笑)。

DSC07530.JPG

ザワークラウトとか、コンブエキスとかも入っているのですね。

DSC07595.JPG

豆腐の味噌漬けとほとんど変わらないなめらかさと堅さ。味噌の香りが食欲をそそります。見た目も味噌っぽくなくて、白っぽい上品さ。

DSC07597.JPG

レーズンのカンパーニュに塗り塗りしてみました。クラッカーやパンにはとっても相性がいいですね。豆腐の味噌漬けよりも発酵が浅い感じなので、食べやすいです。野菜やフルーツにトッピングしてもおいしいのだそうです。ホームページに、グリルしたしいたけの傘の中にクリームチーズとパセリをトッピングするレシピがのっていました。キノコがおいしいきせつなので、試してみたいと思います!ちなみにチーズの酒粕漬けが新発売されたのだそう。こちらもおいしそうですね。<YA>

ここで買えます!

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭 鉄板焼き やきしゃぶからスタートする贅沢感

 

本当に何度もこのブログで登場している、薔薇亭。また行ってきたのですが、このブログを見て実際食べてみたという方もちらほら。やっぱり鉄板焼きは充実空間ですね。あ、ヒレコースは少し値段が上がったようです。個人的にはここのヒレ(フィレ)はやわらかすぎで、ロースよりベターと感じています。


kbbt10.jpg

チョイスメニューから私はいつも蛤のオーブン焼き と白ワインを頂きます。肉は後のお楽しみ。

 

 

kbbt11.jpg

同行者は肉好きのため、ヒレ肉のたたき。

 

 

kbbt1.jpg

テールスープがたまらなく味がいい。

 

 

kbbt2.jpg

今日は5人で訪問しました。鮑を焼いています。

 

kbbt3.jpg

これも白ワインと相性が良いですね。

 

 

kbbt5.jpg

フィレ3、ロース2の割合のお肉。サシがきれいに入っております

 

 

kbbt4.jpg

野菜ももちろん

 

 

kbbt6.jpg

や、やわらかすぎます。美味しいし。


 

kbbt7.jpg

ロース肉 やっぱりヒレだな。

 

 

kbbt8.jpg

最後はチャーハンで。

 

 

kbbt9.jpgお決まりのように、黒糖シャーベット。

今日も順序正しく最後までたどりつき、満足感を得ました。飲み過ぎぬよう TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

このページのトップへ

カレンダー

2017年12月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー