九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年6月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tdk1.jpg

那覇でイタリアンをということで予約してこちらのお店に。てだこ亭。公設市場から路地に曲がってやってきました。てだこというのは沖縄の言葉で太陽の子供。アットホームなお店で飯塚みどりシェフが1人で全て切り盛りしているお店とのことで、急ぐ方には不向きなお店。やがて20年にもなるお店です。

 

 

tdk2.jpg

テーブル、こあがり席で約20席ほど。忙しそうでヘルプされる方は募集されているとのこと。こちらはこだわりの食材で沖縄県の食材で提供するイタリアンと聞いてます、値段もそんなに安くないと。

 

 

tdk3.jpg

太陽(ティーダ)サラダ 1200円

 

 

tdk4.jpg

一人でも少ないかなっていうボリュームなんですね。

 

 

tdk5.jpg

スペシャル前菜盛り合わせ いろいろな食材が入ってます。 2人前3200円、こちらは3人前。まぁ4800円ですね。

 

 

tdk7.jpg

チキンロースト どちらの鶏か忘れましたが5000円。

 

 

tdk8.jpg

クリーム系のパスタ 2000円

食材こだわりのお店です、好きなものを沢山食べていたら結構なお値段になる感じ、コース料理 3000?4000円からもあるそうです。


食べログ(掲載時点 3.67)

 

てだこ亭

 

このページのトップへ

2019年6月 8日 Posted time : 00:01 | Category : D@EXコラム

DSC03625.JPG皆さんは、薏苡仁糖という御菓子をご存じでしょうか?読み方はよくいにんとうと読むのだそうです。薏苡仁糖は、細川三斎ゆかりの御菓子。肥後細川家初代の細川忠興(八代城に隠居して三斎と名乗る)がハトムギを使った茶の湯の菓子「薏苡仁糖(よくいにんとう)」を作らせたとの記録が残っています。しかし作り手がいなくなり、この菓子の製造が途絶えて数十年。このたび、6月初旬に八代にある松浜軒で行われた肥後古流のお茶会で、お茶菓子として振る舞われたとのことで、注目が集まりました。お茶会に参加した方からありがたくいただく幸運に恵まれた私。右の白いのが薏苡仁糖。左は青紅葉。ちなみに今の季節の松浜軒は、肥後花菖蒲がとてもきれいです。

ありがたき薏苡仁糖を実食。一言でわかりやすく言うならば、おこしっぽいです。おこしの原料はお米ですが、薏苡仁糖はヨクイニン、つまりはと麦が原料。お米よりも心なしか香ばしい感じがします。おまけに糖蜜の効果か何かわかりませんが砂糖だけではないいい香りがそこはかとなく漂っていて、上品。ちなみにヨクイニンは、肌の調子を整える漢方薬として有名。

 松浜軒という由緒ある場所で、肥後六花の一つである肥後花菖蒲を見ながら、武士の茶道である肥後古流のお抹茶を楽しみ、三斎ゆかりの御菓子をいただくとは、なんとぜいたくな時間なのでしょうか。ちなみに三斎のお父上であられる細川幽斎の展示会が、肥後銀行本店肥後の里山ギャラリーにて行われています。古今伝授のしつらえの様子が再現されてあり、見どころのある展示でしたよ。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年6月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jyu9.jpg

今年はANAの利用(第二ターミナル)が多い。羽田空港でランチということで検索して3階のテラスフードコートにあるこちらのお店に来てみました。自由が丘バーガー。わかりにくいのですが、左のお店はケパブのお店で右側がハンバーガーのお店。

 

 

jyu7.jpg

かなりこだわりのあるハンバーガーショップのようです、羽田空港、青山、自由が丘にお店があるようです。自由が丘バーガーというだけでなんかオシャレなイメージがありますね。国産牛100%パテたまご、乳製品不使用の天然酵母オリジナルバンズ、ニセコ産の有機じゃがいもを使用して、「自家製フライドポテト」


 

jyu8.jpg

ハンバーガー単品で950円からです。今回チーズバーガー1150円にオーガニックジンジャーエール、ポテトの+650円セットに。2000円近く、結構いい値段になりますね。

 

 

jyu6.jpg

木のフォークとナイフを使っていただきます。

 

 

jyu5.jpg

こんな感じです。ハンバーガーがめちゃくちゃビッグというわけではありませんが、ずっしりとしたバンズのパンですね。

 

 

jyu3.jpg

チーズのとろとろ感がいい。

 

 

jyu2.jpg

バンズは食べないので、分解してフォークとナイフでいただきました。こだわりのハンバーガーといったところでしょうか。

 

 

jyu4.jpg

ニュージーランド、カーマコーラ社のジンジャーエール。生姜の風味がして美味しい。普通に買っても結構なお値段(1本400円くらい)がするオシャレなボトルに入ったドリンクですね。お店にとっても普通のドリンクほどの利益商材というわけでもなさそうです。

 

 

jyu1.jpgGINGERELLA(ジンジャエーラ)に使用されている生姜は、スリランカ産とのこと。

 


自由が丘バーガー ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2019年6月 6日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

DSC03448.JPG

 

牧志公設市場の近くの商店街には、果物屋さんや野菜屋さん、乾物屋さんなどがいっぱい並んでいます。その中で目についたのが、中間水産。新鮮な魚介がたっぷり!

 

DSC03447.JPG

このクルマエビ。一匹500円。その場で焼いてくれるみたい。

DSC03444.JPG
お隣はお食事処になっています。

DSC03443.JPG
いろんな魚介類を調理してくださるのですが、調理料金が500円と書いてあり、少々不安に。エビ焼くだけで500円とられることはないかと思いますが。ちょっと不安になりつつ。それだったら一尾1000円換算になりますから。

DSC03445.JPG
壁を見ると有名人の写真あり(笑)。その間多くのお客様が来られていますが、外国人の方が多いですね。店員さんはバイリンガルじゃないとなかなか難しいですね。

DSC03450.JPG

エビ焼けました!とってもおいしいクルマエビでした!調理料金はとられず、500円ぽっきり。中真水産さんは公設市場の中にも店舗はあるみたいです。小腹が減ったら棒に刺さったパイナップルもいいですが、棒に刺さったクルマエビも乙なものです。<YA>


このページのトップへ

2019年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ndw10.jpg

東京で一番有名な鰻店といえば、ここ野田岩さんでしょう。創業は約200年前江戸時代寛政年間、第11代将軍徳川家斉の時に創業されました。野田岩さんは店舗は銀座、下北沢、日本橋高島屋、パリとあるのですが、ここ麻布飯倉本店は趣ある店舗です。東京タワーからもすぐ近くです。野田岩さんはミシュランで1つ星を取っているお店。


本店は蔵のような雰囲気のお店です、飛騨高山から合掌造りを解体して持ち込んだ古民家風。この蔵と裏のビルの建物は一体化しています。

 

 

ndw11.jpg

斜め前の陸橋から撮影するとこんな感じです。都内のこの場所に忽然と現れている由緒ある建物のような雰囲気。ここで重厚なる重箱を頂きます。今回はディナーで酒なしで訪問。

 

 

ndw9.jpg

5代目野田岩

超人気店です、東京では野田岩さんと尾花さん (以前の記事)はよく比較にされますが、どちらがどうではなく、それぞれの個性があり何とも言えないのではないでしょうか。

 

 

ndw12.jpg

暖簾をくぐると左手が1階のテーブル席、正面から2階に上がる階段があります。古民家風といったように中は落ち着いた重厚な空間です。消費税の他にサービス料10%がとられるだけあってか、和服の女性の方の丁寧なご対応。これも歴史の一つなんですね。

 

 

ndw3.jpg

雰囲気的にそば屋とは一線を画す落ち着きよう。

 

 

ndw4.jpg

鰻の形の箸置き

天然うなぎは4月から12月と書いてありますが、今日の重用の鰻は養殖鰻。

 

ndw5.jpg

お通しなども豊富です、ここは野田岩ならぬ逸品の「鰻の煮こごり」650円と おすすめの鰻巻き (1切れ540円)を2切れ行ってみましょう。本来なら日本酒や白ワインで白焼きとかいきたいのですが、今日はお茶。

 

 

ndw7.jpg

鰻茶

 

ndw6.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

 

ndw8.jpg

鰻重は 竹(丼)2300円

菊 3100円

萩 3900円

山吹 4600円

桂 5700円

鰻高騰の折、それほど驚くような価格ではなくなっています、逆に東京の超一流店ですから本当に妥当なプライスに感じてしまいます。今日は真ん中の萩にします。

 

 

ndw2.jpg

鰻の煮こごり

鰻のエキスが出た煮こごりですね。煮こごりってあまり食べないのですが、最初の一口、とても美味しいですね。フランス料理でいうテリーヌ的。するっと。白ワインが欲しくなる。

 

 

ndw1.jpg

箱が運ばれたので、うなぎかと思いきや鰻巻きでした。外はお熱いので触れないでくださいとのこと。やけに早かったので、作り置きかと勘違いしましたが、そうではないでしょうね。

 

 

ndw20.jpg

尾花ほどの鰻のエキスギューみたいな感じはありませんでしたが、上品な感じの鰻巻でした。二重構造でお湯がはいっており冷めないような配慮がされており、ちびちびと頂くことが出来ますね。固くしぼった大根おろし、山椒を使っていただきました。


 

ndw19.jpg

お重が到着しました。以外に早かったですね。

 

 

ndw18.jpg

鰻が縦に並んでいます。

 

 

ndw14.jpg

これが野田岩の鰻。どちらかというと表面カリっとした焼きではなく、見た目もふわっとした感じの鰻で舌の上でもふわっといく鰻。

 

 

ndw17.jpg

う巻もいただき、萩のボリュームで十分だと思いました。

 

 

 

ndw13.jpg

ご飯もべちょべちょしておらず、さすが一流店の炊きである。タレはあっさりしておる。

 

 

ndw16.jpg

香物3点盛りと大根おろし。口直しにも最適ですね。

 

 

ndw15.jpg

肝吸いは相当料理長の気合が入っている1品ですね、熱いのも仕様のうち。肝は1つ入っているタイプではなく固い部分が少しづつ入っている、むにゅっとした部分は入っていません。

 

次回は酒をいただきながら、鰻といきたい。

 

食べログ(掲載時点 3.88)

 

野田岩ホームページ

 

このページのトップへ

2019年6月 4日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC02819.JPG新茶がおいしい季節になりました。いろんな地域、茶舗のものを買い求め、せっせと楽しんでおります。鹿児島県といえば静岡県につぐお茶の産地。もっとも早く新茶がとれるので、シーズン真っ先に買うお茶は、だいたい鹿児島のものが多いです。今回ご紹介する「すすむ屋茶店」さんは、鹿児島に本店を置きながら、自由が丘や渋谷などにもお店を持ち、日本茶の文化やおいしさなどを若い人にも伝えておられます。ちなみに写真はすすむ屋茶店さんの大福茶という玄米茶。お正月用のお茶なのですが、ずいぶん前にいただきました。

 

DSC02821.JPG

“お正月のお茶”大福茶の始まりは、平安時代。都に疫病が流行したときに、ある僧がお茶によって人々を救ったとか。その徳にあやかろうと、時の天皇が毎年元旦にそのお茶を服するようになり、これを「王服茶(皇服茶)」と呼ぶようになり、その後、幸福の福の文字を当て「大福茶」となったとHPにあり、お正月に一年の無病息災を祈っていただく縁起のよいお茶として今に伝わっているんだそうです。茶舗によって、種類はいろいろ。すすむ屋茶店さんのは玄米茶で、お米もお茶も入っていて、飲み物にも食べ物にも困らないようにっていう意味なのだそうですよ。

 

DSC02852.JPG

 

こちらは、「すすむ屋茶店」さんの新茶。新茶ならではのフレッシュな香りはさわやか。心と体がしゃきーんとします。

お茶といえば、2019年5月22日の熊本日日新聞の「新生面」に、裁判官は出された緑茶は飲んでも紅茶を飲まないっていう話が載っていました。証人尋問などに行く際の心得として、紅茶にはブランデーなどが加えられている可能性があるからなのだそう。めっちゃジャスティスなお話でした(笑)。<YA>

すすむ屋茶店

鹿児島市上之祖の町2の7の13

099-251-4141

 

 

このページのトップへ

2019年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gthg11.jpg

JR恵比寿から渋谷橋方面へ徒歩で4,5分程度、わかりやすい場所にあるゴッサムグリルへランチに来てみました。もちろん夜がメインのお店です。2009年オープンですから10年くらい。

こちらのゴッサムグリルは系列店に渋谷・丸の内で有名なパン屋さんがあります。VIRON(ヴィロン)というお店です。東京のパンでも食べログで5本の指に入るというくらいすごいお店。

渋谷(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.94

東京(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.88

 

兵庫県加古川のパン屋ル・スティルが渋谷に2003年フランス風の店舗とバゲットを売りにしたヴィロンを進出しこれが当たって、それから牧場経営へと、牛乳・バター・クリームを提供し更には自社牧場のステーキハウスを出店しようとされて出されたお店とのこと。

 

 

gthg10.jpg

繁盛店にはひきつける何かがあるはずですよね。

黒板に書かれたランチメニュー。チョップドステーキ・グリル・ハンバーガー。チョップドステーキと名乗るハンバーグを提供しているお店は少ないので特に気になりますね。


 

gthg9.jpg

近隣にはIT、外資系も多いとあってか、サラダメニューも充実。サラダとスープとのセットもあるようでした。男性一人でサラダ食べている方も複数名見かけました。常連さんぽかったです。

 

 

gthg7.jpg

店内は奥に細長くキャパは44席。

 

gthg8.jpg

左側は調理ブース、店内にもドライエイジングのビーフが吊り下げられていました。

 

 

gthg6.jpg

メニュークリック、拡大

今日は初めてですので、チョップドステーキ 真ん中サイズ 225g 1700円をセレクト

フレンチフライ、サラダ添え パン付き パンはヴィロンのパンがなんとた・食べ放題。


 

gthg5.jpg

夜のメニューをお伺いしたら黒板を持ってきていただきました。

Tボーンから各種シェアサイズから取り揃えてありますね。岡山ジャージーは1g換算46円。なんかうまそうですね。

 

 

gthg4.jpg

系列店ヴィロンのパンですと紹介があり4種盛が届けられました、1つだけ頂きました。バターも美味しかったです

 

 

gthg3.jpg

チョップドステーキ。焼き加減はミディアムとウェルダンの中間で

ソルトアンドペッパー、マスタード、ケチャップで好みの味に調整していただきます。まずはサラダから頂いていきます。

 

 

gthg2.jpg

肉肉しくて素晴らしい。噛みしめるとギュー(牛)って。

 

 

gthg1.jpg

肉だけの塊です。225gはどうかなと思いましたが丁度良かったです。飽きずに食べることができました。ゴッサムグリルでは夜にワインとステーキというのも良さそうですね。

 

食べログ(掲載時点 3.69)

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年6月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー