ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2017年4月22日 Posted time : 00:46 | Category : 熊本グルメ情報

ssairoo3.jpg

 

子どもがまだ小さかった頃の夜の外食。「何食べたい?」と息子に聞くと、かなりの頻度で「彩炉」と叫んだ。それは、保育園から高校卒業までしつこく続き、本当によく「彩炉」に焼肉を食べに行ったものである。大人からすれば、今日はちょっと魚がいいなとか、軽めにうどんとかでいいんだけどね、とか、サラダバーがある鍋島でもいいじゃん、とか思う時も多かった。しかし、「彩炉」とせがまれれば、ついつい子どもの喜ぶ顔見たさに連れて行ってしまう。

息子が高校を卒業して、東京の大学へ進学すると決まった。家を離れる前に、ご飯食べに行く?と聞いたらやっぱり「彩炉」と言った。で、あんなに行った「彩炉」だったけど、もしかしたら、夫婦二人だとそんなに足を運ぶこともないのかもしれないなと思ったら、突然さびしくなるものだ。今回はランチタイム利用。私はカルビ、息子はタン塩。

 

sairoo2.jpg

じゅーじゅー焼ける肉。ジュージューという音も、わたしの心の泣き声ね、なんて、もちろんセンチメンタル気分なのは、私だけ。一向に意に介さず肉にがっつく息子。まあ、それくらいでちょうどいい。中学校卒業したときもここにランチに来たことを思い出す。やっぱり節目節目に「彩炉」ありです。

sairoo1.jpg

 

日常って永遠に続くように思うのだけど、ずっとは続かないものなのだと、昼下がりに悟る、節目の春。息子が帰省したときにまたお世話になります。<ya>

彩炉清水店

熊本市北区高平3の38の5

096(341)3141 

このページのトップへ

waku

2017年4月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

アンティコカステッロ イタリアン 熊本市桜町

先日ディナーで訪問しましたが、間をさほど空けずランチで訪問してみました。ランチは初めてです。

 

antc1.jpg

ポテンシャルが高いお店ですので、ランチでもきっと満足できると思います。入ってみましょう。

 

antc2.jpgベーシックなランチコースは 2,160円のブロンゾコース。前菜、スープ、パスタ、メイン、ドルチェ、コーヒーです。

 

antc3.jpg4320円のコースもありますが、ブロンゾコースで十分だと思いそれにしました。

 

antc4.jpg自家製パンとオリーブオイル

 

antc5.jpg前菜の盛り合わせ、サラダ、大阿蘇地鶏、イベリコ、生ハム、チーズなどなど。


 

amtc5.jpg前回もいただきました、スウェーデンかぶのズッパ。甘味がありますね。

 

antc6.jpgパスタは2種類から選択できました。春野菜のパスタかな。

 

antc7.jpgトマトのカルネ系パスタ。どちらも美味しい。皿も深い底になっており見た目以上のボリュームとなる。

 

antc8.jpg大阿蘇ハーブ鶏のロースト。ハーブソルト味が肉のうまみを引き出してくれる。

 

antc9.jpgデザート3種盛りと

 

antc10.jpgエスプレッソでかなり満足。やはりここはランチも満足度が高いイタリアンです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

 


 

 


このページのトップへ

waku

2017年4月20日 Posted time : 00:55 | Category : D@EXコラム

DSC05516.JPG博多駅「くうてん」9階にある「磯らぎ」さんに。ここは、漁業や海産物を扱うお店が出している和食屋さんで、海鮮丼が有名とのこと。お茶漬けと海鮮丼がどっちも楽しめる二色丼セットをオーダーしました。1565円なり。ご飯は、大盛にしても追加料金なしなのだそうですよ!上品に普通盛にしました。こちらは最初に出てきたごぼう茶。香ばしくておいしい!

 

 DSC05518.JPG

こちらは、付き出し。薄味で上品。

 

DSC05520.JPG

来ました二色丼。海鮮の色とりどりの感じって、見るだけでアガリマスね!向かって左がお茶漬けで、右が海鮮丼。うにも乗ってる!女性でも普通盛では腹八分なので、男性は大盛をオススメします!。お茶漬けは、特製胡麻だれにあごだしのつゆをいっぱいかけて食べるとおいしいです! 

DSC05522.JPG

デザート付き。ポーションが少々少なかったことを除けば、満足の内容。次回は大盛にしようと思いました。<YA>

 

DSC05523.JPG

磯らぎ

福岡市博多区博多駅中央街1?1

050-5571-8808

 

  

 

このページのトップへ

waku

2017年4月19日 Posted time : 00:04 | Category : 編集長コラム

tonn1.jpgアミュプラザ大分のフードコート内にある、かつ丼トンテキの豚屋とん一に行ってみます。最近、ゴルフ場でもトンテキを食べました。大阪のトンテキは美味しかったなぁ。豚とん亭の記事。この行列、食事を終えて帰るころには長くなっていました。

この豚屋とん一さんは丸亀製麺で有名なトリドールのブランド。まだ全国で22店舗ほどしかなく、モールなどで増加中です。熊本にはまだありません。

 

tonn2.jpgかつ丼590円も人気メニュー。とんテキ丼になると790円ですし、トンテキ定食は890円(税込961円)ですから、フードコートでは高めのプライスでしょう。以外にカツ丼頼んでいる人が多い。

 

tonn3.jpgからあげ定食のから揚げの量はすごい。とんテキ丼も美味しそうなのだが、とんテキ定食。

 

tonn4.jpg目の前で調理しています。これは私のトンテキ。

 

tonn5.jpg鉄板の上に千切りキャベツ。その上にトンテキを。千切りキャベツにタレが染み込んでシナーってなってます。

 

tonn6.jpg見た目のタレの色は濃いのですが、それほどしつこくない味、いってみれば癖になるような特徴ある味ではないということ。

 

tonn7.jpg

肉肉感もあって美味しいのですが、衣もない分トンカツより満足感は低めのような気が今日はしました。お腹がすいていたのですかね。TT

 

食べログ(まだ評点なし)


 

このページのトップへ

waku

2017年4月18日 Posted time : 01:08 | Category : 編集長コラム

remb11.jpg 3月に当社子会社である、ハウディ大分食品株式会社の新社屋が完成致しました。大分業務流通団地の約2,700坪の土地に冷凍冷蔵ドライの物流センターを備えております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。そして3月末の日に大分市のレンブラントホテルにて関係者が集まり、落成祝賀会を開催致しました。この日のためにお呼びするお客様が満足していただけるようホテルにて事前の試食も行い当日を迎えました。ここではコースメニューをご紹介したいと思います。

 

remb1.jpg フォアグラのクリームブリュレ いきなりデザートっぽい、フォアグラのムース。味は濃厚ですが、パンにつけても美味しい!

 

remb2.jpgかぼすヒラメと甘エビのカルパッチョ・花壇に見立てて 少し野菜が時間が経過しているのが残念ですが、かぼすテイストとあっさりしたヒラメの良いコラボレーション。

 

remb4.jpg帆立とあさりのクラムチャウダーパイ包み焼き 熊本で昭和時代の洋食といえば山小屋、パイシチュー。移転したホルン山小屋も、もう既に無くなっていたんだ。

remb5.jpgあつあつ

 

remb3.jpgパンです。固くないパンは高齢者も大好き。

 

remb6.jpg鰆のパルメザンオーブン焼き・白ワインのソース 大分産ジャンボ椎茸・ラタトゥイユのオーブン焼きを添えて

椎茸は特に、味がいいじゃないのーーー

 

remb7.jpgカボスシャーベット ぶれてますが

 

remb8.jpg味彩牛フィレ肉にステーキ豊後白葱赤ワインソース

やわらかくて美味しいですよ。高齢者にも優しい柔らかさ。

 

remb9.jpgシェフ特製デザート

 

今後ともハウディ大分食品をどうぞよろしくお願い申し上げます。TT

 


 

 

このページのトップへ

waku

2017年4月18日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

 hukudanosio1.jpg

イルカウォッチングで有名な天草市五和町二江。こちらに「ふくだの塩工房」さんはあります。こちらのお塩は、天日干し塩。太陽にさらされ、30日。お日様と潮風のみの力で自然乾燥されるのです。塩の作り方としては釜炊き塩というのもあり、こちらは当然早く水分が蒸発します。しかし、天日塩は非加熱で、時間がかかる分、ミネラルや味が全然違うんです。こちらの塩も旨みがあって本当においしい。おにぎりで食べると、おいしさが際立ちます。魚にしても野菜にしてもそうですが、太陽の下で干すと旨みが凝縮しますよねー。干ししいたけも、かますの一夜干しも、太陽の力の賜物です。

ところで、五和町に、五和歴史民俗資料館があるらしいのですが、地元の沖の原遺跡の展示コーナーがあるのだそう。そこには九州で初めて発見された古墳時代の製塩土器が展示されているのだそうです。縄文時代から製塩してたって当たり前のことなのかもしれないですけど、すごくないですか?そしてその土器が今も残ってるんですよ!と素直に感動(笑)。昔はこの素焼きの製塩土器に海水を入れて、煮詰めて塩を作っていたのだそうです。

ほかのサイトを見ると「塩を取り出すときは、土器を割って取り出したので、見つかる土器は壊れた状態で見つかります。塩は税として納めていたので、役所のあったところで多く見つかります」書いてありました。役所の近くに、塩ツボがあるなんて!今はなき「ヘーボタン」を押したくなりました(笑)。骨製釣り針も展示されているんですって!次にイルカウォッチングに行くときは、訪ねてみたいスポットが増えました!<YA>

 

ふくだの塩工房

 天草市五和町二江127の1

0969(33)2070

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

月の木(寿司) 大分市 (1) 気に入りました

 

前半戦で結構お腹も満たされてきましたが、シャリもそんなに大きくないので、食べれます。

 

tukino23.jpgあめたの昆布〆

 

tukino24.jpg白みる貝。貝類は苦手としているのですが、食べました。

 

tukino25.jpgしめ鯖昆布。

 

tukino26.jpgクルマ海老。おいしいわ。

 

tukino1.jpgうに。今日のうには北海道。

 

tukino3.jpgあなご。ふわっとして溶けるように美味しい。

 

tukino2.jpgたまご

 

tukino4.jpg巻物はかんぴょう巻ハーフ。味がしっかりしたかんぴょうだ。

 

tukino5.jpgお椀物。

 

お酒を飲み、またご主人と話したりして約2時間、ゆっくりと食事を楽しませていただきました。こういう時間もいいですね。再訪したいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

 

 

このページのトップへ

waku

カレンダー

2017年4月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー