九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年11月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

タイへ出張で来ました。タイは通算20回以上は訪問していると思いますが、昔の話。タイには20年ぶりの久しぶりすぎる訪問。楽しみです。着いた日はバンコクから車で2時間半ほどのチョンブリ県のシラチャの先まで足を伸ばしました。有名なパタヤの少し手前です。シラチャには2000年代になって日本企業がどんどん進出して、日本人が4000人とも5000人とも住んでいる町。シラチャ自体は25万人ほどが住んでいますからその規模がしれてよう。日本人学校もあるんです。

 

前置きはそれくらいにして、国際港レムチャバンのレストランに現地の人に連れてきていただきました。

 


海が見えてきて海産物とか販売してあるお店が多い所にそのレストランはありました。


 

thth8.jpg

え、ここですか。

私もアジア駐在経験があるので慣れてはいるんですが、想像と大違い

 

 

thth9.jpg

NONGPAI ノンパイというお店でしょうか。

 

 

thth10.jpg

簡素な板張りの海上レストラン。海の上にあるのは確かだが。

昔インドネシアのバタム島のこういうところで海鮮料理食べて 腹が激痛くなったのを思い出す。

 

 

thth11.jpg

この風景、

国際港のはしっこの漁村ですね。マングローブなんかもあって。

 

 

thth12.jpg

タイに着いて初めて、シンハ―ビール大瓶で喉を潤します。

 

thth4.jpg

メニューは英語表記なのでわかります。都心部より田舎ですから価格は安いんでしょうね。オーダーは現地の人まかせ。

 

 

thth13.jpg

野菜炒め そんなに辛くない。

 

 

thth1.jpg

魚を揚げたもの。結構大きな魚なんでしょう。美味しかった。

 

 

thth6.jpg

タイというと養殖の海老も有名ですが。普通に美味しい海老。

 

 

thth7.jpg

何の蟹かわかりませんが。

 

 

thth3.jpg

これはピリ辛味のイカとか海鮮と玉子の炒め物。

 

 

thth14.jpg

野菜のおでんスープのような料理。

 

 

thth5.jpg

タイ風チャーハンのカオパッ。

やっぱり本場のカオパッは美味しい。ナンプラーをつけていただくと味もグッド。これからタイ料理店をいくつか掲載したいと思います。


 

このページのトップへ

2018年11月27日 Posted time : 00:44 | Category : D@EXコラム

 DSC01403.JPG

 

長野に行ってきました。行ったのはぶどうの時期でしたので、ちょっと前の話。レンタカー借りてドライブしていると立ち寄りたくなるのが、道の駅。ご当地のおいしく珍しいものに出会えるので、楽しみの一つ。この道の駅は道の駅中条。長野市から白馬村方面に向かったところにある道の駅です。

 

DSC01397.JPG

名物は笹だんごならぬ笹おやき。笹にくるまっています。

DSC01396.JPG

 

なすかぼちゃ、野沢菜、さらにミックス(切り干し大根や野沢菜、長ネギ)もあり。おかず感満載ですね。信州は急峻な地形で米の生産に適していないことから、小麦文化が根付いているんだとか。季節の野菜や山菜を小麦粉の皮で包んで囲炉裏の灰の中で焼いていたのがおやきのルーツだそうです。中条地域では、端午の節句におやきを笹の葉に包んで子どもの成長を祝う風習があり、これが笹おやきのルーツと言われています。おやきはお土産用で冷たかったのですが、あつあつ出来たてだったのが・・・

DSC01393.JPG

これ。揚げもちです。ドライブのお供にぴったりの串刺し。セブン―イレブンのから揚げ棒よりもヘルシー。かな?

DSC01400.JPG

みその甘辛味が香ばしく、揚げもちなのでコクがありおいしいです。そういえばこちらの郷土食におぶっこというものがあります。おぶっこは、信州味噌のみそ汁に麺がと野菜がたっぷり入っているものです。そばや小麦文化が根付く信州で米を食べるとは実はぜいたくなことなのかもしれないと思いながら、揚げもちをほおばるひとときでした。<YA>

道の駅中条

 

長野市中条住良木1704 

 026-267-2188

 

 

 

このページのトップへ

2018年11月26日 Posted time : 00:00 | Category :

unaoya6.jpg

新橋のうなぎ うなぎのお宿に訪問です。今年の春以来2度目の訪問です。夏にも夜伺ったのですが、ワインと鰻が食べたくてワインが無かったので、違う店に行った記憶があります。

今日はランチです。ここは鰻問屋直営。新橋から少し離れているためかまた、鰻と言う普通のランチよりは高い価格なのか、ある程度回転は良いイメージです。

 

 

unaoya7.jpg

1800円から6800円までラインアップされています。

多くの人は 梅、お宿、大富士から選択。

前回はお宿だったのですが、今日のお腹のすき具合と相談し今日もお宿を選びました。

 

 

unaoya1.jpg

香ばしく焼けたうなぎがのっています。

これだけのボリュームがあればお宿で十分です。フルーツ付。


 

unaoya2.jpg

食欲をそそります。さすが鰻!

 

 

unaoya4.jpg

ご飯の量も結構あります。

 

 

unaoya5.jpg

炊き具合も前回通りちょうどいい感じです。

タレのからみ具合もオッケー。

やはり鰻は満足感を感じますね、完食しました。


 

unaoya3.jpg

肝吸いも〇

 

 

次回は大富士といきたいところ。TT

 

うなぎのお宿 うなぎ 東京・新橋 鰻問屋直営の鰻

 

食べログ(掲載時点 3.58)

前回よりプラス0・03

 

 

 

このページのトップへ

2018年11月25日 Posted time : 00:51 | Category : 熊本特産物情報

DSC01902.JPG大河ドラマ西郷どんもクライマックスを迎え、完全に西郷どんと化したたくましい鈴木良平の姿を見ることができなくなるかと思うと、名残惜しい毎日なのですが、来年の大河は金栗四三ということで、出身地である和水町(玉名郡)や玉名市は現在今大注目のスポットとなっています。1月には大河ドラマ館やミュージアム、金栗四三の生家などもオープンし、盛り上がること必至です。そんな中で日曜日に個数限定で菊水ロマン館で売り出されているのがこちらの「金の栗おはぎ」です。「金栗おはぎ」ではなく「きんのくりおはぎ」ですよ。

見た目がなかなかユニークでしょう?米が外側、あんこと栗が中に入っています。まさにご飯が外側、海苔が内側に巻かれているカリフォルニアロールの発想なのですが、ルーツがカリフォルニアロールとは思えません。一つ言えるのは、餡子の量がちょうどいい少なさで、お米が黒米なので食感が楽しめるというメリットがあることです。中には栗の渋皮煮が丸ごと入っていて、作りとしてはかなり豪華な作りであり、パッケージのオシャレさもあって、おみやげなどにむいています。個数限定ということもあり、是非早めに行ってゲットしてくださいね!<YA>

道の駅菊水ロマン館

玉名郡和水町江田455

(0968)-86-3100

 

このページのトップへ

2018年11月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ttem5.jpg

10月にリニューワルオープンした田迎にある、藁焼き てんまやさんにランチで訪問。

リニューワル前も何度も訪問しており、当ブログでも紹介していました。そばにあった田迎ミートアンドカリーも大好きだったのですがもう閉店になってしまいました。


今回のお店はリニューワルして右側は太陽が差し込むような店造りに変わっている。国産十割蕎麦をお店で作っているのは変わらない。よかった。でも国産蕎麦粉が高騰している今年は大変だろうなぁと推測。


 

ttem6.jpg

クリック拡大、戻る

メニューは藁焼き刺身定食 980円などなど 11品。以前あった海鮮丼などはなくなっていて定食物が多いですね。

ランチ限定でそばは3玉までなんと無料!

これは沢山食べる人には嬉しいと思います。

 

 

ttem4.jpg

私は藁焼き刺身定食

以前のキャベツサラダはバイキング方式から変更。

結構なボリュームですよ。刺身は3種類。藁焼きされているところが見えるようになっていてこれは演出ですね。


 

ttem3.jpg

鰹と鯛、あとなんだろう。

塩でも美味しかった。

 

 

ttenm1.jpg

子供が食べたとんかつ定食 1080円

これも刺身までついてこのボリューム

 

 

ttem2.jpg赤鶏とり天定食 の とり天もボリューム〇


ここは10割そばだから美味しいですね。嬉しくなります。TT


 

てんまやホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.08)



 

このページのトップへ

2018年11月23日 Posted time : 00:49 | Category : 全国特産物情報

DSC01854.JPG

 

久しぶりに長崎に一泊旅行に行きました。行きたいところがたっぷりあって、その中の一つがこちらの吉宗さん。知らない人がいないくらいの茶碗むしと蒸寿司の名店。創業は慶応2年。昭和2年に建てられた歴史的建造物で、ちょうちんが下がっていて風情があります。靴の番頭さんのような方も世代交代か若返りを図っておられましたが、ちゃんと定位置にスタンバイ。週末に行きましたので中に入るまで行列に並びました。1階のテーブル席で囲炉裏席みたいな相席でした。御一人前(茶碗むし・蒸寿司1350円)を頼みました。

 

DSC01847.JPG

なんてかわいい器なのでしょう。帆船のようなものが描かれています。茶椀むしの容器には茶椀むしと書かれています。

DSC01848.JPG

子どもの頃は大きくって食べれないと思っていましたが、オトナになってみるとそうでもない大きさ。蒸寿司の3色の具の敷き詰められた感じも、茶椀むしのバカボンのほっぺのようななるとも健在です。蒸寿司の左上の茶色いのは挽肉そぼろではなく、お魚を炊いたものです。長崎ですもの。ピンクのでんぶとかぶっても魚ですよね。この蒸し蒸しセットのことを、吉宗さんでは「夫婦蒸し」と呼ばれています。なんとも愛情深いセット名。

 

DSC01852.JPG

 

茶椀むし。優しい味でおいしい。幸せ。とりあえず長崎でのミッションをクリアして大満足でした。<YA>

吉宗

長崎市浜町8-9

095(821)0001 

 

 

このページのトップへ

2018年11月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

solmn3.jpg

夏以来の訪問になります、カレーのお店ソロモン厨房。

2度ほど訪問したのですが、たまたまの休業日にあたってました。

今日は空いていました。

 

 

solmn4.jpg

かなりお客さんが多く賑わってます。

今日はドライカラーを食べようと思っていました。900円

それにサラダをつけて 1000円

 

solmn5.jpg

サラダで空腹の胃袋を満たし待ちます

 

 

solmn1.jpg

はい、登場。オクラの乗ったドライカレー。うん。

イメージしたドライカレーと違う・・・・


私のイメージするドライカレーというのは、ハイチカレーのようなドライカレーで・・・このタイプはドライカレーというよりカレーピラフという枠にはいっていて。

ググってみてもドライカレーってドライタイプのピラフやチャーハンに近いものととウェットの汁気が少ないカレーが乗ったタイプがあるようで。

 

 

solmn2.jpgかなりご飯の量が多くて、カレーのルーを別オーダーしたかったけど、ルーのみの注文もメニューに書いてなくて。

今日は炭水化物ばっかり摂取してしまいました。

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー