九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年6月 5日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

DSC09683.JPG

 

久しぶりのコーヒーパークさん。生豆をその場で焙煎してくださるお店です。パーキングも広くなってひときわ充実!

過去記事

DSC09684.JPG

で、豆を購入すると無料でコーヒー一杯サービスして下さいます。豆を焙煎するのに少々時間がかかるので、置いてある雑誌を読みながらコーヒーを飲むひとときは幸せです。必ず老眼鏡を持っていく私。「ホットにしますか?アイスにしますか?」と聞いてくださったので、初冷コーをお願いしました。

DSC09682.JPG

久しぶりに来たら、ステキな絵が描かれていました。ルーテル高校の学生さんが描かれたそうですよ!時々描き替えにこられるそうです。店がぱっと明るくなったようでとってもステキ!右にあるのは、店主の似顔絵。クリソツです(笑)。焙煎している間は、コーヒーの香りに体が包まれます。

 

DSC09689.JPG

アイスコーヒー。とても香り高くってこくもあり、おいしいです。近所にお気に入りのコーヒーショップがあるなんて、なんて幸せなのでしょう。おまけに豆を買ったら無料でいっぱいコーヒーがいただけるなんて。仕事に疲れたらふらーっと訪ねて豆を買うという幸せが徒歩圏内にあるなんて、とってもありがたいことですね。

 

DSC09686.JPG

豆が入っていた麻袋もステキですね。<YA>

コーヒーパーク

熊本市北区室園町9の50

096(343)3552

 

 

このページのトップへ

2018年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sans17.jpg

東京駅丸の内側。工事も終わり芝生が綺麗に。日本の玄関口、外国人観光客がカメラで撮影する風景。辰野金吾の傑作としてこうして引き継がれている駅舎はビル駅より趣があっていいですね。

 

 

sans18.jpg

芝生を見ながら 今日の目的地は丸ビル。


 

sans19.jpg

こちらのエレベーターで35階のレストランフロアーに。上層階は高級店が多い。

 

 

sans29.jpg

オープン前なので扉が閉まっていますが、ここがSANS & SAVEURS(サンス・エ・サヴール) レストラン ひらまつ 系列のフレンチです。Sens & Saveurs (サンス・エ・サヴール)とは、フランス語で五感の追求を意味します。プルセル兄弟の想いを料理にしてあり、"プルセル・キュイジーヌ”は、フランス・ラングドック地方並びに地中海料理を基本コンセプトとしています。

 

sans1.jpg

BI食倶楽部です、眺めのいい場所の個室を。店のセレクションは私ではありません。


 

sans4.jpgワインラバーズばかりではないのですが、ワインは私が選んでいいですよ、と。でも今日は価格を考えて選択します。


 

sans2.jpg

パレスホテルや皇居などの眺めがすばらしい。しかし美味しいフレンチには眺めは副産物にしかならない。

 

 

sans3.jpg

ヒラマツ名がプリントされた DELAMOTTE BRUT シャンパンで乾杯。

 

 

sans5.jpg

よく冷えています。無難で普通に美味しいに決まってます。

 

 

sans6.jpg

一口前菜

 

 

sans8.jpg

新玉ねぎのクレームブリュレ風だったような。

 

 

sans7.jpg

2009 LOUIS JADOT PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS

ルイ・ジャド ピュリニィ・モンラッシェ レ・ルフェール (12)

ルイ・ジャドのシャルドネなら大丈夫だろうと踏んだが、どうにも私の口にもどうにも今日は合わなかった。失敗したと思いました。ゴメンナサイ。

 

 

sans9.jpg

高知県土佐 日戻り鰹のグラヴラックス 赤玉葱と林檎のサラダ

ガスパチョのジュレ ライムのクリーム

宮崎県小林市産キャビア<皇帝の涙>のタルトレット

最近国内産キャビアって増えてますね。


 

sans11.jpg

木の芽と山椒の香る仙台産穴子のヴァプール

フォアグラのポワれ ポルト酒とエピスのレデュクション

椎茸と茗荷のエチュベ スープ・ド・ポワゾン レモンのエムルッション

 

 

sans10.jpg

料理品数も少ないので もう赤にします。

2012 CHATEAU DE CHANTEGRIVE CAROLINE (9)

シャトー・ド・シャントグリーヴ ルージュ 2012


グラーヴのワイン。アンジェリュスのオーナーがコンサルタントを務める、パーカーも大絶賛のシャトーです。近代的な醸造設備と十分な樽熟成によって、飲み応えのある、質の高い赤ワインが完成しました。果実味と酸味、タンニンのバランスに優れた、根強い人気を誇る逸品です。



sans13.jpg

ポークローストを見せられて

 

 

sans14.jpg

燻製したロース肉のロティ ドライフルーツのチャツネ

馬鈴薯とフロマージュブランのピュレ ピスタチオのクランブル

焦がしオニオンソース


 

 

sans12.jpg

ボルドーの後はこれがいんでしょうね。以外にワインリストは4ページくらいしかなくて少ないなぁなんて思っていました。

2005 COTE ROTIE PRINCE DE MONVERT  (11)

スパイシーなワインはポークによく合う。私はさっきのボルドーよりコートロティがいいと思いました。

 

 

sans15.jpg

温かなパイナップルのコンソメ

リ・スフレのガレットブルトンとミントのジュレ

静岡県産山葵のアイスクリームを添えて

 

 

sans16.jpg

茶菓子

 

値段は12500+サービス13%、消費税8%なんですが、満足度が・・・という感じ。今日はこれは良かったという1品の思い出が残ってないですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

サンス・エ・サヴール

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

5月の週末の土曜日に結婚式に出席しました。社内で知り合われた二人ということで結婚式の出席者も役員・幹部・社員・同僚含め出席者の約半数が会社関係でした。結婚式も14:30スタートでしたので、ランチとディナーの間であまりお腹が空いていない時間でした。

 

kkrk10.jpg

前菜 チャイナオードブル フレンチスタイル

フランス料理の飾り付け風の中華前菜ということですね。

 

 

kkrk1.jpg

御造り

みやび鯛へぎ造り 天空鮪角造り 九州産車海老 あおり烏賊 あしらい


 

kkrk2.jpg

椀物

季節の真丈 清汁仕立

 

 

kkrk3.jpg

魚料理

鯛の広東蒸し

 

 

kkrk4.jpg

オマール海老とホタテ貝のハーモニー

 

 

kkrk5.jpg

熊本県産牛ヒレ肉のステーキ

季節の野菜添え おろし味噌だれ

ご飯は赤飯お持ち帰り

 

kkrk7.jpg

デザート

 

kkrk8.jpg

茶菓子(チョイスデザート)


 

kkrk6.jpgH夫妻お幸せに! TT

 

KKRホテル熊本にて結婚式

 



 

このページのトップへ

2018年6月 3日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC09432.JPG

 久しぶりに新宿さぼてんさんに行きました。東区のゆめタウン、サンピアンの中に、持ち帰り専門店(デリカ)があり、よく行っていましたが、ここ数年はすっかりご無沙汰。KITTE博多さんの中にさぼてんさんのレストランがあり、運良く行列が途切れたのですかさず入店。それにしてもとんかつ店は、ご年配の方が多いです。山盛りのとんかつを、残さずバリバリ食べていらっしゃる姿を見ると、頼もしく思います。80歳の父と来店しましたが、完食。とんかつって食欲増しますものね。わたしは5種チーズの絶品メンチがおいしそうだったのでオーダー。ちなみに今ではどこのとんかつ屋さんでもおなじみの胡麻ソースの元祖はさぼてんさんだそうですよ。とんかつって昔はさらさらのウスターソースかけて食べていた記憶。おまけにわらじみたいに大きくて、硬かった記憶(笑)。

 

DSC09430.JPG

山盛りのキャベツ。今ではとんかつ店の定番アイテム。キャベツ、ご飯、なめこお味噌汁のお代わりは自由です。

 

DSC09434.JPG

 

5種チーズの絶品メンチ。チーズあふれる感がたまらない!女性ごのみのメニューですね。<YA>

新宿さぼてん レストラン
KITTE博多店

福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1
KITTE博多 9F

092-260-6320

このページのトップへ

2018年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iseh3.jpg

京橋に宿泊していましたので、ランチにやってきました、この通りに有名な焼鳥屋さんが3軒あるとかで鳥鳥ストリーと呼ぶ人もいるとか。しかも美味しい焼鳥屋さん。地下鉄京橋駅から徒歩3分。

 

 

iseh2.jpg

道の奥から 食べログ 3.59の 栄一さん

 


 

iseh1.jpg

レトロ外観の 都鳥(みやことり) 食べログ 3.51


 

 

iseh4.jpg

今日訪問するのが、なんと大正10年創業 伊勢廣(いせひろ)さん。京橋本店もレトロです。ここが本店。帝劇、銀座、ニューオータニ、日本橋高島屋とそうそうたる場所にお店がある焼鳥の名店ですね。11:30の開店の10分前なら楽勝だろうと思ったら・・・

 

 

 

iseh16.jpg

10分前には20人・・・人気店すごい。

 

 

iseh17.jpg

午後から用事もありますので、1回転目に滑り込みたい。どうにか滑り込みました。

 

 

iseh6.jpg

メニューは焼鳥丼か定食。

他の人の注文を聞いていたら、5本定食か5本丼が多い。5本は ささみ・もも肉・団子・皮身・肝類。肝は今日はいらないので、肝がカットされた4本丼 1550円に決定。ご飯は普通盛り。

 

 

iseh7.jpg

山椒・塩・七味唐辛子の 3点セットは欠かせない。柚子胡椒とかいってはいけない雰囲気。

 

 

iseh5.jpg

カウンター越しに焼いてるのを見るのは良い。今日はカウンターではなくそばのテーブル相席だった。

 

 

iseh8.jpg

お茶とお新香

 

 

iseh9.jpg

スープがあまりにも濃厚コラーゲンでびっくり。こんなに濃いなんて。

 

 

iseh10.jpg

入店して30分ほど待ちました。ようやく丼が着丼。普通盛の丼では鶏がぎっしりに見えます。でも1本1本が大きくてどっしりして。

 

 

iseh13.jpg

いやー食欲をめちゃくちゃそそります。

 

 

iseh11.jpg

こんな焼鳥丼って食べるのはじめてです。皮も肉が付いていて単なる脂っぽい安い皮と違うわ。

 

 

iseh12.jpg

つくねがいい仕事しているわ

 

 

iseh14.jpg

ご飯を食べているというより焼鳥を食べてるんです。焼鳥もプリプリ旨く、ご飯大盛りもいけるでしょう。回りのサラリーマンの方も一生懸命丼をかき込んでいます。うな重もいいが焼鳥丼もいいねー。

 

 

iseh15.jpg

塩つくね、これは美味しい。今日は焼鳥丼のうまさにめちゃくちゃ感動しましたよ。行列してでも食べたくなる。焼鳥ストリート3店全制覇しようと思いました。また夜にワインや日本酒飲みながら伊勢廣さんの焼鳥を食べたい。


食べログ(掲載時点 3.64)

 

伊勢廣ホームページ

 

このページのトップへ

2018年6月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

麻布十番 アリエの料理後編

 


alie13.jpg

山菜と季節の貝類 新玉葱のムースと黒酢のヴィネグレット

貝類はあまり得意ではないのですが、こういう風に野菜とマリアージュされると嬉しく、白ワインともども美味しくいただけます。


 

alie22.jpg山形県産グリーンアスパラガスとリ・ド・ヴォ―のムニエル タイムの泡とクルミ、狼桃

野菜が美味しい。狼桃はトマトの銘柄です

 

 

alie21.jpg

オコゼのポワレ サラダ菜とウィキョウのクーリ

見た目にも鮮やかなグリーン。ウィキョウのソース


 

alie14.jpg

ブルゴーニュの赤は飛ばして

CHATEAU LEOVILLE BARTON 2008 SAINT-JULIEN

シャトー・レオヴィル バルトン サンジュリアン (20)

サンジュリアン2級のボルドー・グランヴァン。比較的値ごろ感はあるワインですが、サンジュリアンの格付ですからカベルネ 74%、メルロー 23%、カベルネフラン3%で濃厚な果実味と余韻を発揮するワイン。




alie18.jpg

合わせるメインは

今帰仁アグー 3種の部位をそれぞれの調理法で

沖縄のなきじんアグーです。牛フィレよりポークがいい時もあるんです。しかもこのように食べ比べできるなんて面白いし、それぞれがとても美味しい。なんという嬉しさ。腸詰も美味しいわ。

 

 

alie19.jpg

ボルドーグランヴァンを飲んだ後に飲む赤といったら、ローヌです

CHATEAU LA NERTHE 2007 CHATEAUNEUF-DU-PAPE 

シャトー・ラネルト シャトー・ヌフ・ド・パプ

ブドウ品種:グルナッシュ48%、シラー29%、ムールヴェードル22%、サンソー0.5%、その他0.5% 

スパイシーさのあるヌフ・ド・パブが開いていくのがいいです。今日は飲みすぎてしまう。


 

alie17.jpg

赤パブリカとブラッドオレンジのマリアージュ

 

 

alie15.jpg

エスプレッソと茶菓子

 

相当満足感ありますが、余韻を堪能するためにデザートワイン

 

 

alie16.jpgPLANETA PASSITO DI NOTO 2016

プラネタ パッシート・ディ・ノート 2016

 

プラネタのパッシートは、「シチリア島のユニークさを表現したモダンなワイン」を作りたいという希望から生まれました。海抜60mの畑で収穫されたモスカート100%でつくられたデザートワイン。今日も締りました。TT


食べログ(掲載時点 4.09)

 

アリエ ホームページ


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 1日 Posted time : 00:53 | Category : D@EXコラム

 

DSC09396.JPG

つけ麺元助さんの帰りに、エクレアのおいしいお店があると聞き、行ってみました。その名もセシルブルーさん。シュークリームは食べるけど、エクレアを食べることってあんまりないですね。それは餃子はよく食べるけど、シウマイは余り食べないとか、カレーはよく食べるけど、ハヤシライスはあんまり食べないとか、そのくらいの感覚です。「おいしいエクレア屋さん」っていうのもいまいち想像つきません。

 

DSC09398.JPG

ショーウインドーはこんな感じです。夕方に行ったからかなり品薄。それにしても華やかできれい!スイーツ感あふれていますね!

DSC09401.JPG 

左から塩キャラメル、ピスタチオ、モンブラン、ガトーショコラ、パリジャン。一番人気はピスタチオだそうです。手土産に持っていったのですが、箱を開けるときに、歓声があがるほどのかわいさ!インスタ映えってこういうことなのでしょう。一番人気だというピスタチオもおいしかったですが、個人的には塩キャラメルが甘辛くってツボでした!熊本にもエクレア専門店があればいいなーと思いました。<YA>

Éclair Atelier Cecil Blue/エクレア専門店セシルブルー

〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院2-14-25

070-5692-7099

このページのトップへ

カレンダー

2018年6月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー