九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ukaii12.jpg

東京BI食倶楽部、東京があまりにも寒い1月のある日にやってきました、東京・芝の豆腐屋うかい。うかいグループの1店舗です、2度目の訪問になります。以前来た時は夏だったのですが、今回は真冬。また違うテイストです。


以前来た時も東京タワーの迫力が一番記憶に残っているですが、果たして。

 

ukaii11.jpg

東京タワーのすぐ下に広大な日本庭園を構える、同店。このインパクトはすごいですよ、タワー。昭和時代の余韻に浸りますよね、やはり。オレンジ色、近くから見るとド迫力。

 

 

ukaii13.jpg

庭園を歩いて離れに異動するのですが、今日は寒くて景色をゆっくり眺める余裕が少ない。

 

 

ukaii15.jpg

田楽処ではあげを焼いています。

 

 

ukaii14.jpg

御献立、これがあるといいですね。何が出てくるかわかるから。

こちらの「うかい」さんは、夜はホームページを見ると3コース

花 10800円

月 13500円

芝 16200円

豆腐料理というのに結構高いんですね。

 

 

ukaii16.jpg

前菜

芹と北寄貝

菜の花 黒豆 鴨くわ焼き

養老豆腐

 

 

ukaii18.jpg

あったかいうちにさっさと食べなさいと督促された 鴨くわ焼き

確かに冷えてきたら固くなってた。

 

 

ukaii17.jpg

うに ON の養老豆腐

 

 

ukaii19.jpg

続いて先ほど外の建物で焼いていた あげ田楽

 

 

ukaii1.jpg

ねぎをのせていただきます。なんてことはない あげ。

 

 

ukaii2.jpg

そして

蕪と焼き白子 白みそ仕立て

白子は人にあげて

 

 

ukaii3.jpg

かに飯し蒸し

なんとまぁ、上品な。

 

 

ukaii5.jpg本日の湊より

何の魚か完全に忘れてしまった。

 

 

ukaii6.jpg

豆水豆腐

名物料理だと思います、でもびっくりする感動もありませんね。


 

ukaii7.jpg

なめらかではある豆腐

 

 

ukaii8.jpg特選和牛炭火焼き

 

 

ukaii9.jpg

ご飯はあさりの深川めし って

 

 

ukaii10.jpg

はっさく

 

 

ukaii20.jpg

熱燗をいただいたあとには カリフォルニアの CALERA (カレラ) ピノノワール 2014

ロバートパーカー氏をもって「カリフォルニアのロマネコンティ」といわせたワイン。といってもカレラは店売りで3,4千円のワインなんですが。

以前シャルドネ(白)を飲んだ時はとてもよい印象だったのですが、今回のピノ・ノワールはそうでもなかったですね。


 

ukaii4.jpg

続いては ボルドーテイストのカリフォルニアをいただきましょうということで CLOS DU VAL (クロデュバル) 2014

1976年、ブラインドテイスティングにて、ムートン・ロートシルトやオー・ブリオンをやぶりカリフォルニアのワインが第1位に選ばれました。1986年また第1位に選ばれたのが、このクロ・デュ・ヴァルでした!パリ・テイスティング事件。これでクロ・デュ・ヴァルの名前は世界に知られることになりました。

さすがカベルネ、1本通ったボディラインがありますね。ナパのカベルネ。

 

ちょっとワインに傾いて。月コース考えればフランス料理とワインを飲んだほうが内容も満足度高いんじゃないかなぁ。景色と雰囲気代というのもあると思いますが。外人さんとか喜びそう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.71)

豆腐屋うかいホームページ


 


このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC08239.JPG

びぷれす熊日会館前では、時々催事が行われていて、いろんなところのいろんな食べ物があるのでついつい寄り道してしまいます。毎週水曜日に行われているのが、水上村の物産展です。そこで人気のおまんじゅうがこのおたけさんまんじゅうです。お嶽さんというのは、水上村にそびえる市房山のことを、地元の人はお嶽さんと親しみを込めて呼んでいるのだそう。そんなお嶽さんの麓の工房でおたけさんまんじゅうは作られています。

 丸い焼きまんじゅうなのですが、地元のお母さんたちが一つ一つ手焼きで焼いているのだそうです。食べるとあんこが秀逸。なんと小豆も水上村産のあずきを使っているのだそうですよ。北海道産が一番おいしいと思っていましたが、この小豆めちゃうまです!

 

DSC08260.JPG

 

こちらが、お嶽さんこと市房山。村を守っているように見えますね。球磨川の源流にある水上村は、ジビエなどもおいしいです。春になると山菜のてんぷらが50種類くらい食べることが出来るイベントがあるのだとか。今年は行ってみようかなと思います。<YA>

 

このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fudo10.jpg

浜松町で暖かいランチをと・・・訪問。アジアン居酒屋 風土木。東京にどか雪の降った翌日、めちゃくちゃ寒い日、麺類が食べたいでもラーメン食べれないし、ということでここに訪問。

手しごと旬鮮台所「たかなし」 東京・浜松町 ランチ 前回たかなしを訪問したときに、斜め前にあるお店がこちらだったのです、目をつけておきました。

 

調べたら以外とこのあたりでも女性に人気があるとか。大門駅から2分程度です。

 

fudo1.jpg

ランチメニューは、日替わり、カレー、フォーの構成です。寒いので早く店内にはいります。

 

fudo4.jpg

奥がありそう、入口のテーブル席に座りました。居酒屋ですね、日本酒や焼酎が並びます。アジアン居酒屋。

 

 

fudo3.jpg

カレーも相当こだわっているようですね、寒いから10年かけて作った高知県産生姜使用の生姜カレーというのもよさそうですが。

 

 

fudo2.jpg

めったにみない、創作フォーでしょう。

ベースが950円、 ミニカレーかとろろ丼つけて ジャスト1000円。わずか50円増し。

しかも創作フォーが 6種類もあるから何度来ても楽しめそう、いいですねー。


人気どころは坦々フォーというのは想像つきますが、今日はめったにない、マー油フォーに挑戦してみます。もちろんミニとろろ丼付、パクチー入り。

 

 

fudo5.jpg

到着しました。マー油が入っていて豚骨ラーメンみたいですね。嬉しい。

 

 

fudo6.jpg

小さな豆腐、一口ケーキまでついていた。

 

 

fudo7.jpg

とろろはかなりゆるゆるなスープみたい。業務用だと思いますが、とろろのかけらも入ってます。

 

 

fudo8.jpg

とんこつラーメンにパクチーみたいな図。チャーシューは1枚、もやしなどが入って、スープも美味しい。これはヒットです。

 

 

fudo9.jpg 麺は固ゆでのフォーだと嬉しいのですが、意外に食感はやわめ。温まります。グルテンフリーの創作フォー、いいですね、今度訪問したら坦々フォーといきたいところです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisi11.jpg

うなぎやさんがあるのは知っていましたが、あまり熊本でうなぎを食べないものですから、一度も訪問したことがありませんでした。下通りから路地に少し入った所にあります。今日はたまたま行こうとした店が空いていなかったので、ここに来てみました。

3代目ということです。調べたら大正15年創業といいますから、歴史はすごいですね。

 

 

 

daisi5.jpg

店は奥に長い造りで両側にテーブル席が並んでいます。座ってからメニューを考えます。

 

 

daisi12.jpg

ふむふむ、うな重がなくて、乗るか乗らないか 「うな丼」か「うなめし」の選択ということね。

 

 

daisi2.jpg

この料理解説本のようなメニューは何ですか。わかりにくいけど。神奈川・小田原でグラム表示のうなぎや松琴楼というのもあったけど。

1切 650円からうな丼が食べれるってこと?

うなぎ少なくないか。


うな丼の場合1匹は6切丼。


 

daisi1.jpg

ご飯とうなぎが別々になった うなめし。

うなめしの場合は2枚からで4枚でうなぎ1匹。公式が更にわかりづらく うな丼1に対しうな飯1.5ということか。

 

 

daisi4.jpg

それにナスA とか ナスBとか、特にナスAはBに比べて安い。(うなぎがないから)

ホルモン味噌煮込とかおおよそ うなぎやらしからぬメニューもあるし。

 

 

daisi3.jpg

普通のお店にはなく、うざくが安い。


ここははじめてなので、


うざく 325円  + うなめし (3枚)1700円 というチョイスにしてみた。

 

 

daisi7.jpg

うざくも同時着。2段になっている。

 

 

daisi8.jpg

なんか真っ黒い おたふくソース。いやタレ。


熊本ではこうしたうなぎめしもあるが、関東ではこんなうな飯ってあまり食べないから。

 


daisi9.jpg

粘度が高いタレです。かなり糖度も高いと思うタレ。

うなぎは本当に3切。

 

 

daisi10.jpg

ご飯の上に乗せるとこんな感じ。普通のうな重よりうなぎも少ないですね、まぁ値段も安いけどその分。


うなぎは結構はごたえがありますね。プリプリ。

うなぎ3枚ではご飯食べきれないよと思ったら、間違い。

 

タレ飯という食べ方でご飯がどんどん進む

これなら1枚丼でご飯大盛いく人もいるかも、と思ってしまう。

ご飯が足りずスモールおかわりしてしまった。


 

daisi6.jpg

うざく


うなぎを牛丼のようにかきこむのは味がありませんな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 5日 Posted time : 00:07 | Category : 熊本グルメ情報

DSC08363.JPG

 

会社の新年会で、熊本市のオークス通りに昨年末にオープンしたバロックスさんに行きました。ここは、今話題の肉バルです。いつも感動のお料理の数々を提供してくださるAmoshiさんの姉妹店のようで、期待が高まります。

Amoshi↓

2017年7月の記事

2017年12月の記事

 

DSC08364.JPG

とりあえず肉!肉が食べたい!ってことで、肉祭りの始まりです。ワインに合う生ハム。

 

DSC08365.JPG

 

女子会にぴったりのおみせということで、前菜からとてもかわいいですね。ジャーに入っているのは、ラペ。レーズンが混ざっていて、おうちでまねできそう。

DSC08366.JPGサラダ。温玉を混ぜ混ぜ。シーザーサラダドレッシングでしょうか。相性抜群。

 

DSC08378.JPG

 

肉!2種類。それぞれ噛みごたえとかうまみとか違うんですね。肉ばっかり食べると病気になるって、昔は言われてましたけど。今じゃご長寿さんインタビューみたいなテレビを見ていると、大好物は「肉!」と叫んでいるご老人が多い。肉食べると、生きてる!って感じがします。

DSC08379.JPG

トリュフがオンされているパスタ。ペペロンチーノ風。ところで会社の女の子とおしゃべりするのは、楽しいです。「若い人の間で、何はやってる?」「休日何してる?」と軽くストーカー的に聞きまくる(笑)。

 

DSC08376.JPG

 

パンを。。。

DSC08377.JPG

アヒージョに浸すという愉悦。アヒージョなんて、わたしが若い頃はなかったよ。

 

DSC08375.JPG

ピザはあったけど、こんな薄いピザは昔はなかったよ(笑)。

 

DSC08371.JPG

Amoshiスピリットが生きているのでしょう。相変わらずびっくりさせてくれる演出がありました。

DSC08370.JPG

 

イッツショータイム!ぼーっ!という音をたててあぶられています!

 

DSC08373.JPG

生卵入りの特製ソースにつけていただくと、とろとろでおいしいです。

 

 DSC08381.JPG

 

 

デザートのブラッドオレンジシャーベットまで大満喫でした。ランチもやっているみたいなので、是非訪ねてみてください!店員さんがチェックのシャツを着ているのも印象的。それぞれ異なる“”チェック縛りなユニフォームも必見です。<YA>

BAROCCS

熊本市中央区上通町6?8

050-5594-7849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmtt11.jpg 日本料理とみたさんを訪問しました。前回訪問したのは昨年の春になりますので、9ケ月ぶりになりますでしょうか。

 

 

tmtt12.jpg

夜のおもてなしは3コース。今日は真ん中の十三夜コース 7500円です。今日は満席のようですね。前回訪問したときのブログにも書いていたんですが、ここはメニューがなくて女性の方の説明だけですので、料理を覚えきれません。しばらくたつと何を食べたのか忘れている・・・・


和食・フレンチ問わずメニュー表があるだけでグレード感がアップすると思うのですが。もしかしたら予約時に伝えておけば作ってくれるのかわかりませんが。

 

tmtt13.jpg

最初の1品

 

tmtt14.jpg

季節の雰囲気を出した前菜盛はいつも感心します。ふきのとうの天ぷらなど春を感じる内容。

 

 

tmtt15.jpg

あわびとか


 

tmtt17.jpg

箱の中にもまて貝とか前菜が入っています。


 

tmtt16.jpg

私は今日は冷酒にします。先ずは岩手の純米吟醸生原酒の「南部美人」。ふくよかなボディを持つ日本酒ですね、好きな味です。

 

 

tmtt18.jpg

お椀もの

 

tmtt1.jpg

湯葉引き、かなり塩分が高い。

 

 

tmtt2.jpg

お造りの盛り合わせ

 

 

tmtt3.jpg

今度は新潟のお酒、純米吟醸生原酒の麒麟山(きりんざん)

こちらの方が、南部美人より口当たりは軽やかな。

 

 

tmtt4.jpg

かぐや姫じゃないけど、筍の皮でデコレート。

 

tmtt5.jpg

煮物

 

 

tmtt6.jpg

揚げ物


 

tmtt7.jpg

ナマコポン酢

 

tmtt8.jpg

お食事は竹の皮に包んだもの。

 

tmtt9.jpg

一口菓子

 

tmtt10.jpg

お抹茶


料理だけではそんなに胃が大きくならないほどのサイズ感です。上品に流れる 繊細な和食系のとみたさんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPHB1.jpg

 上乃裏通りから少し入ったところにある、サニープレイスハンバーガーに来ました。前回はステーキを食べたのですが、絶対ここのハンバーガー食べたいと思っているのです。といっても今はグルテンフリーを通しているのでパンは食べれません。

  

 

SPHB2.jpg

食欲をそそるハンバーガーですね。ここのお店でステーキ食べている人は多くない。


  

SPHB3.jpg

前回はお客さんがいて撮影できなかったポップな壁に描かれたハンバーガーの絵。うーんシズル感あふれるこの絵を見ているとむしょうにハンバーガーが食べたくなる。

  

 

SPHZB6.jpg

ここのパテはビーフ100%だから、うれしい。そういうお店は意外と少ない。だから私にとってメニューの選択の幅が広がります。

  

 

SPHB5.jpg

チーズたっぷりのラクレットチーズバーガーにもひかれるなぁ。この前動画撮っていた人いたもの。

  

 

SPHB4.jpg

今日はこれにしようと決めた。

人気ナンバーワンのハンバーガー、グレートビーフチーズバーガー。

コンビーフ100gとパテ200gで300gの肉、ハンバーガーではなくて肉!とのこの感じがいいじゃないですか。

ジンジャーエールとセットにして1600円(税別)

 

SPHB9.jpg

まじでかいです。想像以上でした。

  

 

SPHB7.jpg

シュレッドされたコンビーフも沢山入っている。

  

 

SPHB10.jpg

ポテトも3個食べてから撮影しましたが

トランプ大統領が訪日の際に霞が関ゴルフクラブで食べた、日本でも高評価の浜松町マンチズバーガーよりもポテトが多いぞ。そこが少ないのか。

  

 

SPHB8.jpg

偽りなく、これは肉ですよ、肉。


  

SPHB11.jpg

粒マスタードが載っています。

食べにくいので、ナイフとフォークでいただきます。結構なボリューム。


SPHB12.jpgビーフ100なのでぼろぼろとなりますが、これが実に旨味があっておいしい。しかし肉だけだから、ライスが欲しくなる。ステーキランチがあるから、ここにはライスがある。

今度頼もう、ハンバーガーとライス下さい。TT

 

  食べログ(掲載時点 3.06)

   

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年2月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー