九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2020年6月 6日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

_1010119.JPG3月に期間限定で発売されたハーゲンダッツホワイトミント&ショコラ。またまた食後の楽しみに購入。チョコミント好きの人のことを「チョコミン党」というらしいですが、私の友人に生粋のチョコミン党がいて、日本や海外で食べたチョコミントパッケージを、すべてスクラップしているツワモノがいます。チョコミントっていう食べ物は、一体誰が日本にもたらしたのだろうという疑問が浮かぶ。いろいろ探していたら、私と同じ疑問を持った方が、調べておられました。

チョコミントを巡る冒険

この記事によると、サーティーワンアイスクリームが昭和49年4月に売り出された時、日本に初めてチョコミントアイスがもたらされたらしいです。あのグリーンとチョコの茶色の色の組み合わせが日本になじまなかったのか、最初はあまり売れなかったとあります。あの色を見ておいしく感じる人と、「無理」って感じる人二手に分かれちゃいますよね。

_1010121.JPG

 

 

今回ご紹介するホワイトミント&ショコラは、ホワイトミントなだけに、ミントのグリーンは気配を消しています。一見するとクッキークリームのような感じに見えなくもない。思い起こせば、初めてクッキークリームを食べたときも「クッキーとアイス混ぜるなんて!」っと抵抗あったことを思い出す。それを言うなら、初めてオレオ食べたときも、「黒いクッキーなんて!」って思いました。今では何もかもおいしく感じる幸せ。

_1010124.JPG

というわけでさわやかなミントの香りを漂わせるこのアイスを、実食。やっぱりチョコミントおいしい。日本以外のどこかの国で、誰がチョコとミントを結婚させたのでしょうね。<YA>

 

 

このページのトップへ

2020年6月 4日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

_1000934.JPGタイのおみやげでもらったマッサマンカレーペーストでマッサマンカレー作りに挑戦。グリーンカレーやレッドカレーがフレッシュハーブをふんだんに使い、その香りをそこなわないようにさっと火を通して作るのに対し、マッサマンカレーは、シナモンや八角、クローブ、ナツメグなどのドライスパイスを多用し、たっぷりのココナッツミルクや魚醤、そしてナッツが入っているのだそう。

 _1000936.JPG

 

というわけでマッサマンカレーペーストとチキンで作ってみたマッサマンカレー。チキンとタマネギを炒めて、ペーストを入れ、ココナッツミルクでしばらく煮込んだ後、たっぷりのピーナッツと魚醤と砂糖を少々入れたら出来上がり。この作り方が正しいかわかりませんが、とってもおいしくできました。ピーナッツがけっこういい味出してますね。マッサマンカレーは、辛さが控えめで、辛いの苦手の人もおいしく食べることができますよ!<YA>

このページのトップへ

2020年6月 2日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

_1010094.JPG日清どん兵衛きつねうどんの縦型を購入。普通のカップ型のどん兵衛とどこが違うのでしょうか。まず熱湯を入れて、こちらは3分で出来上がり。カップ型は5分。価格も縦型がちょい安です。買ったときかさばらないのがポイント高いです。

 

_1010097.JPG

 

というわけで、もちろんお湯を注ぐだけですから、粉スープなどは入ってません。お揚げは麺を覆い尽くすように入ってますが、それでもカップ型より少々小型でしょうか。黄色い塊がちらほら見えるのは、炒り卵風のものと思われます。たしかどん兵衛カップ型には、卵は入ってなかったんじゃないかなと思って調べたら、やっぱり卵は入っておらず、ネギとかまぼこのみ。カップヌードルに入っているあの卵と似てます。

 

_1010099.JPG

 

平らな麺はカップ麺と同じかな。しかし、味は、普通においしいのですが、やはり慣れ親しんだカップ型とはちょっと味が違いますね。粉スープではないからでしょうか、かつおだしの芳醇な香りがいまいちしないのが残念。お揚げも小ぶりでじゅわっと感があまり感じられませんでした。どん兵衛はだしによるところが大きいことにあらためて気づかされた昼下がりでした。<YA>

このページのトップへ

2020年5月31日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

_1010171.JPGマックシェイク森永ラムネ。SNSでおいしいと評判でしたので、買ってみました。森永ラムネは、発売されて40年以上で誰もが知っているお菓子ラムネですが、我が子たちは、ブドウ糖が豊富で集中力があがるとのことで、勉強のお供としてぽりぽり食べるなど、その使い方も時代によって進化しているんだと思っておりました。そんな進化の一つととらえてよいのでしょうか、マックシェイクとのコラボです。このパッケージも昭和レトロ感とさわやか感が同時に表現されていてなかなかよいではありませんか!Sサイズは120円です。

 

_1010172.JPG

 

ふたをあけると、こんな感じ。持ち帰ったため、ちょっと溶け気味。真ん中は白っぽいんですが、周りを見るとほんのりブルーなのです。マックシェイクを飲むのは、きっと10年以上ぶりなのですけど、このラムネ味のマックシェイク、思った以上においしかったです。ラムネですから、さわやかな風味がふわっと広がり、このまますきっとした感じで終わるのかなと思った瞬間、ミルクの濃厚なクリーミーさがふわっと口に広がるのですよ。それでいて甘すぎないところがよく、まさにさわやかクリーミー。味にチープな感じがなくて、コスパがよいと感じました。<YA>

 

このページのトップへ

2020年5月29日 Posted time : 00:39 | Category : 熊本グルメ情報

_1010082.JPG新茶の季節の到来ですね。毎年、堀野園さんから、新茶のご案内のお手紙をいただくのですが、そのお手紙の中に、毎年もれなく新茶のプレゼントが入っていて、うきうきっとします。毎年の「新茶はじめ」は、この堀野園さんのプレゼント新茶です。

新型コロナウイルス騒動で覚えた単語の一つに、エピガロカテキンガレートというものがあります。エピガロカテキンガレートという緑茶にしか含まれないカテキンが、新型コロナウイルスに効くという話が話題になりました。堀野園さんのお手紙にもエピガロカテキンについて書いてありました。

 

_1010085.JPG袋を開けた瞬間、新茶特有のフレッシュな香り。1煎分ですが、幸せの香りです。お湯の温度が大事ですから、湯冷ましでちゃんと冷ましてから注ぎます。いろんな急須を試しましたが、この透明の急須が一番おいしくお茶が出る。

 _1010092.JPG

 

緑色が美しい。もうちょっと濃いめにすればよかったかな。フレッシュな新茶を口に含むと、甘みと香りが体中にさわやかに染み渡ります。新茶飲むと、注文せずにはおられませんね。我が家では、多めに注文して、冷凍庫に保存しています。HPを見ると、アマビエ新茶も売り出されていました!アマビエとお茶のパワーで悪疫退散!贈り物にぴったりですね!<YA>

 

 

このページのトップへ

2020年5月27日 Posted time : 11:18 | Category : D@EXコラム

_1000904.JPG

お籠もりデイズが続き、スイーツ食べすぎということで、気休めにノンカロリー・糖質ゼロのルイボスティーを飲んでみる。こちらはトワイニングのリッチルイボス。仕事の時は、シャキッとしたいので、カフェイン入りの紅茶やコーヒーを飲むことが多いのですが、夜のリラックスタイムには、カフェインゼロのルイボスティーが落ち着きますね。

ちなみにトワイニングがリッチルイボスを発売したのは、2019年。ルイボス市場に参入したの、つい最近なのですね。

ルイボスティーについて調べてみると、南アフリカのセダルバーグ山脈で育つお茶なのだそうですよ。このスティーブン・セガールとスピルバーグをたして2で割ったような名前のセダルバーグ山脈という場所は、30度を超す暑さと、砂漠のような土地という過酷な環境。このような土地で力強く生き抜くルイボスティーだからこそ、健康に良いパワーがみなぎっているのでしょう。南アフリカでは不老長寿の茶と呼ばれています。成分的にはフラボノイド豊富で強い抗酸化作用があるとのこと。ますますおいしく感じてしまうルイボスティー。

 

画像(350x234)

 

 

「ミルクティーにするとおいしい」とパッケージにありました。たしかにお茶自体にコクがあるので、合いそうですね。今度挑戦してみよう。今の季節は、ホットで飲むとおいしいですが、真夏になると、断然アイスでごくごく飲むのがおいしい。ルイボスティーの独特の香りは、苦手な人も多いかもしれませんが、きんきんに冷やすとおいしくいただけますよ。<YA>

 

 

このページのトップへ

2020年5月25日 Posted time : 00:24 | Category : 熊本グルメ情報

_1000887.JPGイチゴのシーズンもそろそろ終わり。今年はスーパーに行く機会が少なかったこともあり、イチゴを食べることがあんまりなかったです。というわけで、前回のイチゴのアイスなど、イチゴ系のスイーツに目を奪われること多く、先日、オボンマルシェさんで、イチゴのケーキを購入しました。こちらはオーソドックスなイチゴショート。生クリームとイチゴとスポンジというシンプルな組み合わせだからこそ、おいしいパティスリーのものはシンプルにうまいです。軟らかめのクリームがしっとりスポンジに軽めの圧をかけていて、ちょっとくずれそうなくらいな立ち姿がおいしい証拠。

_1000890.JPG

こちらは、イチゴのモンブランです。この手のカタチのケーキは、KKKにしか見えない。味は、とってもおいしいです。

 

_1000895.JPG

 

ザッハトルテ。ウイーンの5つ星ホテルホテルザッハーで生み出されたチョコケーキなので、ザッハトルテ。ピカピカのチョココーティングがとても美しいですね。オボンマルシェさんのチョコ系ケーキは、ガトーショコラとか、チョコロールケーキとかあって毎回悩みますね。

ちなみにオペラというチョココーティングされた四角のチョコケーキとザッハトルテってどう違うのかと調べたところ、オペラは、パリのオペラ座をイメージして作られていて、中にはコーヒーシロップが入っているのだそうです。金箔が乗っているものが多いのですが、オペラ座の上に立つアポロン像が持つ黄金の竪琴をイメージしてあるとのこと。パリの洋菓子店ダロワイヨが発案したとあり、フランス人の考えることは、とことんオシャレですよね。<YA>

オ・ボン・マルシェ

熊本市中央区新屋敷2の13の12

096-363-8078

 

 

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2020年7月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー