九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2018年2月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tuoy7.jpg

昨日、部下が「今日魚良に行って刺身御膳食べてきましたー」と聞き、今日は私も行きたくなりました。少し並んだとのことでした・・・

 

二つ入口がありますが、今日は1人ということもあり待たずに入れました。12時少しすぎだったのに。ラッキーですねー。そういえば前回は12月末だったので、混んでいたのですかね。

魚が良から魚良、今日は何を食べようかな。 詳細メニューなどは前回の記事(後に記載)を参考に。


 

tuoy8.jpg

天然本マグロ丼定食は1500円。私が食べた前回は1000円だったけど。。。中身が違うのか・・・確かめたくなるけど。今日はこれはやめて違うのにしよう。

 

ということで、魚良で前回同伴者が食べていた 刺身御膳(梅)にします。前回の記事を見たら、次回は刺身御膳(竹)を食べると書いていたんだ・・・

 

「刺身御膳(梅)」です。膳を見て、あ・私が頼んだのって梅だっけ、刺身の量を見てパニックてしまった。あまりにもボリューミーだったから。

 

刺身御膳は松、竹、梅、そして刺身定食(700円)確かに梅を頼んだ。

 

 

tuoy1.jpg

サラダ、小鉢2、刺身、から揚げ、香物、デザート、味噌汁、ご飯。 これで野口英世1枚ですか・・・・・

やっぱりすごいコストパフォーマンス。高ストパフォーマンスのお刺身だわい。

 

 

tuoy2.jpg

鯛、サーモン、タコ、 まぐろ、ビンチョウマグロ、イカ、カンパチ、カツオ、ごまさば  ということで9種類。

ご飯の上に乗せれば立派な海鮮丼になるわー

 

 

tuoy6.jpg

刺身の量多すぎでしょう。ゴマサバも美味しかった。

 

 

 

tuoy3.jpg

新鮮だし、税込1000円の本当に英世さん一枚。いや確実に食べすぎカモ

 

 

tuoy4.jpg

唐揚げ。

味噌汁がカボチャの味噌汁ってとこも許せちゃうね。

 

 

tuoy5.jpgあれだけ刺身とおかずがあれば、普通盛のご飯が余るわけがない。大盛も無料なんですね。今日は並ばなかったけど、これなら多少並んだとしても許せます。アンダー1000円メニューも沢山あるし、あなどれないなぁ、ここ。TT

 

 

魚良 熊本・田崎市場内 ハンパないコスパにびっくりランチ

 

食べログ(掲載時点 3.20)

このページのトップへ

2018年2月21日 Posted time : 00:30 | Category : 編集長コラム

fukusi11.jpg

ランチで銀座通りの銀座ビルに来ました。今日はここに来るためです。「海鮮家 福伸」。天草に本店がある福伸さんの支店です。実は初めての訪問なんです。地下にあるお店って意外に苦手で・・・

 

 

fukusi12.jpg

外国人も多いのでしょうか。そして福伸御膳は930円(税別)税込1004円。ランチで見た目もボリュームあって1000円くらいのお店だと人気あるでしょうね。

 

 

fukusi1.jpg

地下のお店へ行きましょう。

 

 

fukusi2.jpg

丼とか色々メニューはあるので楽しめそうですね。店内は清潔感ある感じで個室とカウンター席(6席程度)。今日はカウンター席。ちょっと暗めで夜とかは落ち着きそうな空間。メニューを見ていきましょう。

 

 

fukusi4.jpg

週替りランチなるものは ブリの漬け丼 930円

 

 

fukusi3.jpg

選べるランチは1000円、刺身も天ぷらも荒炊きも食べたいと思ったら次の写真にもある、ぜいたく御膳1600円かな。それでもそんなに高いわけでもないと。福伸御膳 930円あたりはパフォーマンスがよいメニューなんだと思うけど。

 

 

fukusi5.jpg

穴子丼も美味しそうだが。天ぷらは食べれないので、今日は海鮮丼とかが掲載されているメニューから

海鮮ひつまぶし 1500円 にしました。



 

fukusi6.jpg

到着。写真と違ってかいわれのっていなくて良かった―

キラキラ、まるで 海の宝石箱やー

彦麻呂かって、たまに使ってますがこのフレーズ。

味噌汁には南関あげ。


 

fukusi7.jpg

いくら、いか、まぐろ、もうわけわかんないけど、色々入ってます。


 

fukusi8.jpg

なんか食欲が出てくる。

 

 

fukusi9.jpg

わさび汁を醤油にといて、濃い醤油というより味のついた醤油。全部かけてしまったのでわからなくなったけど。

 

 

fukusi10.jpg

箸では食べにくく、付属のスプーンで。

かき込みました。うまい。いやー米より海鮮が多かった感じや。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

 

 


このページのトップへ

2018年2月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mujic9.jpg

数ケ月ぶりになるでしょうか、久しぶりにCOCOSAにあるMUJIカフェへ来ました。(4)となっていますが、記事にしていないのもありますから、もう少し来ているでしょうか。カフェですが、COCOSAの4F無印良品の一角にあるとあってか、平日昼間などは女性がほとんどを占めます。メニューは多くなく、デフォルトメニューの1汁3菜定食が 950円とお手頃価格ということもあるでしょう。

 

 

MUJIc1.jpg

ショーケースのメニューの現物を見て、サイドメニューを決めておくと良いです。持ち帰りも可能メニュー。

 

 

mujic2.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る)

温菜1品は 5メニューから1つ

備中高原鶏の唐揚げ 油淋鶏ソース

茶味豚のプルコギ

鮭のかんずり焼き

干し野菜煮と鶏肉の酒粕焼き

蓮根と里芋のホクホクグラタン

 

 

mujic3.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る) 冷菜は2つ

鶏レバーのからしマヨネーズ和え

小松菜とひじきのサラダ

かぼちゃとさつまいものサラダ

かきあえなます

長芋とセロリのサフジ(インド料理の一種で野菜の蒸し煮や炒め煮のこと)

里芋と根菜のくるみ味噌和え

干し野菜の塩キンピラサラダ

 

なんか、美味しそうです、とりあえず目新しいメニューから2品選んでみました。


 

mujic4.jpg

しばらくして運ばれてきました。

 

 

mujic5.jpg

量は少なく見えますが、結構あります。お弁当に置き換えれば、メイン結構ボリュームありっという感じ。

 

 

mujic7.jpg

かきあえなます。

胡麻の味が濃厚で、食べやすかった。

 

 

mujic6.jpg

カレー風味。長芋とセロリ

 

 

mujic8.jpg

ご飯は釜炊きと言ってられました。そういえば忘れてた。ご飯美味しいです。ご飯大盛りにできるかどうなんでしょう。メニューには書いてありませんでしたが。TT

CAFE&MEAL MUJI(3)  COCOSA熊本 MUJIカフェ

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tesion7.jpg

安政町にある 塩ラーメン専門店 てしお に久しぶりに来ました。昼間からラーメン屋さん、半年ぶりくらいでしょうか。夜ラーメン屋さんで麺無しラーメンは何度か食べましたが。

今日はラーメンが目当てではありません。

 

 

tesion1.jpg

ランチ限定

てしおのローストポーク 鉄板肉ランチ

ラーメン屋さんで昼に鉄板肉ランチオンリーを提供しているお店って少ないですよね。

とりあえず入ってみましょう。


女性の一人客も数組・・・

 

今日は店員さん1名で配膳も調理も全部。いつもそうなのかなぁ。忙しそう。

 

 

tesion2.jpg

サイズは大中小 しかも100円刻み。薬味は別100円

ライス大盛り無料

それなら 大 1000円にしてみます。

 

 

tesion3.jpg

到着しました。ご飯+味噌汁+鉄板焼き+ミニ冷奴

結構レアなポークステーキですね。


tesion4.jpg

タレをかけてくださいとのことでした。

紙ナプキンを首からかけて


 

tesion5.jpg

ジューッという音と共に焼けます。

 

 

tesion6.jpgこうして平面に肉をばらして、焼いていただきました。以外にポークステーキいけるもんですね。

トンテキと思えば同じです、のようなものです。調味料はマスタードだけだと飽きますね。醤油がほしかったけど、無かったし忙しそうだったので、冷奴にあった醤油をつけて。TT

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 

てしお 安政町店 熊本市 塩ラーメンが美味しい。


 

 

このページのトップへ

2018年2月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

vvs9.jpg

寒い日だったし、一度行ってみたかったお店に家族と来店。熊本店は2010年にオープンして移転してこの場所にオープンしたよう。長野が本社の株式会社スープアンドイノベーションが展開するベリーベリースープのFC店です。現在は全国に30店舗強、九州には4店舗あるようです。スープストックのようなファーストフード店舗です。

食べるスープをコンセプトにしているようで、スープと白胡麻ごはん、またはスープと石窯ライ麦パンを基本スタイルとしているようです。

 

vvs8.jpg

ピントがぼけぼけになっている店外のメニュー表。

下通りに面していれば目立つかもしれませんが、場所は銀座通りのしのじのやサルバトーレがあるビルの少し先、飲み屋が沢山入るビルの1Fにあります。ファーストフードかなと思ってしまいますが。


 

vvs10.jpg

店内に入ると、おおよそファーストフードとは違うような、、ダーツがあったりサーフボードがあったり、夜は居酒屋なんでしょう、「たこわさ」とか居酒屋のメニュー表みたいなのがぶら下がっています。FCなのでこの辺は緩やかなのか。

 

 

vvs2.jpg

食べるスープは14種類。価格設定は650円と750円でわかりやすい。

 

 

vvs1.jpg

飲むスープが5種類、パスタやメニュー乗せてませんがカレーとか色々ありますね。組み合わせてセットメニューとかにするようです。スープベースは本部からやってきて、店内調理でそれに野菜や具材を入れてスープにするスタイルですね。今日は若い女性が2人忙しそうにしていました。これだけ種類あると作るの結構面倒くさいのかなと思ってしまいます。


 

vvs4.jpg

魚介ガーリックバタースープセット (950円)

 

 

vvs5.jpg

私がたまに食べる 「麺抜きラーメン」のようなものです。もやしなどの野菜、帆立・サーモン・海老・いか入ってます。これにラーメン麺を入れたらまさしくラーメンだ。普通にあっさりスープです。

 

 

vvs7.jpg

ソーセージと温野菜のポトフ+春雨 850円

タイピーエンみたいな・・・・

 

 

vvs6.jpg

ビーフバーグシチュー 650円

このベースも共通ですが、デミグラスのコクはあり、結構いけると思います。ビーフシチュー 650円は一番の人気メニューと推測、ボルシチも冬は人気ありそうだけど。

 

 

vvs3.jpg

ミートソース 800円

メニュー写真よりだいぶ美味しそう。

 

熊本にはスープストックトーキョーもありませんが、いまや欲しければ楽天の通販でも手に入りますしね。

今日はとても寒かったので体はあたたまりました。TT

 

ベリーベリースープ HP

 

肥後ジャーナル記事

このページのトップへ

2018年2月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NKTY5.jpg

ホテル日航熊本 阿蘇の間にて社員のT君の結婚式がありましたので、出席しました。お昼からの開催でしたので、丁度ランチタイムです。

前菜  (今日の料理は和洋折衷だったのですが、メニュー表には詳しく記載されていなかったです。魚の種類とかもう少し書いてあると嬉しいのですが・・・)

 

 

 

NKTY6.jpg

お造り

鯛、まぐろ、鰤


 

NKTY9.jpg

マルシェからのお魚とアサリのマリニエール

 

 

NKTY8.jpg

RED WOOD CREEK 2015

今日はワインも 酒類は飲みませんでした。

 

 

NKTY1.jpg

国産牛フィレ肉とフォアグラのステーキ

肉は柔らかかった

 

 

 

NKTY2.jpg

にぎり寿司

 

 

 

NKTY3.jpg

りんごのジュレとASOMILKのアイスクリーム、パン、コーヒー

 

 

NKTY4.jpg最後の挨拶のシーン

T君夫妻お幸せをお祈りします!TT


 

このページのトップへ

2018年2月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kuron11.jpg

浜線バイパスの田井の島の少し先にある、「黒の厨房」。以前はポークバードと言っていました。ポークバード時代には訪問したことありますが、黒の厨房は初めて。ランチで訪問。

 

 

kuron10.jpg

とりあえず入りましょう。靴をぬいで上がるお店です。スリッパははきません。床が靴下で少し滑るような感じ。。。

 

 

kuron4.jpg

メニュークリック拡大、戻る

和牛、黒豚、地鶏を唄うだけあり、肉に関するメニューが豊富。こちらで焼き魚定食とか煮つけ定食はないんかーと思わないでください。肉が中心のメニュー構成ですから。

 

 

kuron3.jpg

鶏メニューも豊富ですね。

 

 

kuron22.jpg

週替りランチは 日替りみたいに安いランチメニューと思いきや、グランドメニューとほとんど値段は一緒でした。それならグランドメニューから選んでみましょう。

そうですね、今日は豚の気分でしたので


黒豚のトンテキ定食 (1500円)


kuron52.jpg

おかわりも可能なサラダを黒の厨房オリジナルドレッシングでいただきます。

 



kuron62.jpg

定食到着

 

 

kuron72.jpg

トンテキのお肉ってプリプリした豚肉のイメージがあるのですが、これはプリプリはしていません。タレもそんなに甘ーいという感じでもないタレ。

 

 

kuron82.jpg

トンテキってタレが味を決めるといっていいほど。

 

 

kuron92.jpg

デザートとコーヒー。

女子で結構ゆっくりとお話をされている方もいますが、料理のサービスの提供は早いと思いますので、ランチするのも時間を要するというわけでもないと思います。また今度来て違うメニューを頼んでみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)


黒の厨房 ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sri210.jpg

スリランカカレーの2号店に行ってみます。2号店と1号店ってそんなに離れていません。2号店はツタヤのある三年坂通りにあります。この通りって車が通らないから道にやけに飲食店の看板が出ている通り。

寒いから体の芯からあったまりたい。

 

sri21.jpg

税込800円 ランチメニュー。サラダ、デザート・ティー付です。

最初はとっつきにくそうですが、一度はまるとリピーターが多いカレー。

 

 

sri22.jpg

2階へ上がります。

 

sri23.jpg

スリランカ家庭料理の店、スリランカ2nd

 

 

sri25.jpg

カウンターに着座しましたが、店内は思ったより明るくて広い。1号店が窓がない作りに対して通りに面していますから、明るい。

そして女性が多いこと。女性が辛い物には強いとかいいますが、たぶんこれはリピーターOL軍だと思う。

 

 

sri24.jpg

新鮮なスパイスを使ったメニュー。前回はドライカレーにしましたので、今日は1の通常のスリランカカレー 辛さアベレージでいきましょう。

これを見た取引先の方、ぜひ3倍以上にチャレンジ願いたい。そして感想を聞きたい。

 

 

sri26.jpg

キャベツサラダをいただいて待ちます。

 

 

sri27.jpg

ドライカレーはチキン、じゃがいも1ずつが、

通常のカレーは2個づつになるんだ。

ココナッツのいい香り。前回食べたレベル+1よりは赤味が少ない感じです。

 

sri28.jpg

食べ進むと辛いですよ。頭からじわっと汗がでます。

スープライスですから、まるでスープの飲み物のように食べていけます。

ココナッツミルクがふんだんに使われていますから、辛さを感じるほど、翌日胃のヒリヒリ感はありませんね。以外にも体に優しいんじゃない。

 

 

sri29.jpg紅茶は飲まずに今日はヨーグルトアイスクリームだけ食べました。


やはりくせになる。1号店から関係のルワニ全部行きました。なぜか2号店が食べログ3.5オーバーだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

スリランカカレー ルワニ 並木坂に編集長もいよいよ・・・

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日に続きアニエルドールの後編です。

 

aniel27.jpg

ウズラ 山菜

ウズラ肉をホットドッグにしたもの。こちらは同伴の方用、私には小麦フリーのを作っていただきました。

 

 

aniel26.jpg

ウズラ肉を使った前菜の1品

 

aniel28.jpgウズラの卵と肉のコンビネーション

 

 

aniel29.jpg

続いて

フグ 豆 蕎麦

見た目にもボリュームがある・・・まだ前菜ですよ、大丈夫かな・・・

 

 

aniel30.jpg

和がうまく調和した料理ですね。フグのサラダ仕立ても美味しい

そばはそばの実などが入っているんですね。

 

 

aniel32.jpg

ここまでが前菜でしょう。

和牛 バイ貝 ブロッコリー カラスミ

生の牛が小さく角切りされていてソースとうまくからみあいこれは美味しすぎます。貝との食感もうまく組み合わさっている。私はこの料理が結果一番美味しかったと全部食べ終わって思いました。

 

 

aniel14.jpg

ワササギ 海老芋 椎茸 ブランダード

ワカサギのフリット。スープは目の前で入れてくれました。これくらいの量だから嬉しい

 

 


aniel33.jpg

Amiot Servelle Chambolle Musigny 2011
アミオ・セルヴェル シャンボール・ミュジニー

アミオセルヴェル

 

 

aniel34.jpg

繊細さのあるワインです。

 

 

aniel15.jpg

魚 平貝 黄蕪 ワーテルゾーイ

ワーテルゾーイ(泡立てたクリーム)にはうにが入っている

魚はアマダイ。うろこカリッと料理はあまり好きではない。

 

 

aniel16.jpg

シャラン産鴨 ゴボウ リンゴ ワサビ

鴨も少な目にしてもらいました。シードルソース。やわらかい鴨でした。

 

 

aniel17.jpg

キウイ ピスタチオ ホワイトチョコ

 

 

aniel18.jpg

シンプルながらあっさり美味しい

 

 

aniel19.jpg

パースニップ 柑橘 バナナ

パースニップの皮、柑橘が心地いいデザートです。

 

 

aniel21.jpg

小麦入りですが、たこ焼きに見立てた茶菓子 可愛いアクセントですね。

 

 

aniel22.jpg

こちらもデザート

 

 

aniel20.jpg

最後のデザート


品数も沢山で、デザートも充実。予約が取りにくい今昨年度ミシュラン一つ星を獲得したレストランというのがうなずけます。素材を損なわない調理法で、見た雰囲気、創造性も高く、このコース料理で10000円とは破格としかいいようがないのではないでしょうか。シェフにもお見送りいただき、満足感を感じお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 4.05)

 

アニエルドール ホームページ

 

 

 




 

このページのトップへ

2018年2月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aniel4.jpg

だいぶ前から予約していた、昨年ミシュラン一つ星を獲得した大阪・阿波座のアニエルドールさんを訪問しました。ホームページなどを見ていましたので、お店の洗練された雰囲気とか期待していました。

人通りが少ない裏通りにひっそりたたずむフレンチ。大阪で前回訪問した同じミシュラン一つ星のラ・カンロさんにも共通するこの感じ。席数14、なかなか予約が取りづらくなっていると聞きました。


 

aniel1.jpg

グレーやホワイト基調のシンプルモダン。

30代後半の藤田晃成(あきなり)さんがオーナーシェフ。大阪のフレンチで修業の後、フランスに渡りノルマンディー、バスク、リヨンと地方にて4年半の修業の後、2013年8月にアニエルドールをオープン。

 

 

aniel2.jpg

agnel d'or とは、12?15世紀に鋳造されていた子羊の図柄を持つフランスの中世金貨らしいです。以前はテーブルクロスのないビストロだったのですが、昨年5月にリニューワルしてガストロノミー(美食を味わう学問とそれを供する空間)としてオープン。

 

 

 

aniel3.jpg

重厚なドアを押して中に入ります。舞台への入口。

 

 

aniel9.jpg

すぐお店があるわけではなく、通路があります。ここあたりはいい空間創造ですね。

 

 

aniel5.jpg

照明は以外に明るく感じました。もう少し暗くてスポットがあってもいいと思いましたが、いずれにせよクリーンで無駄な絵とかそういうものがないシンプルモダン。

 

 

aniel6.jpg

テーブルセッティング

 

 

 

aniel8.jpg

ペンペン草ではないですよね。

 

 

aniel7.jpg

最近流行の使用食材の一部のみを記載したメニュー。10皿以上のメニューです。

となりのテーブルの食べている様子を見ても結構なボリュームがありそう。

かなりアーティスティックで嗜好こらしたフレンチのようです、藤田シェフのワールドが広がっていそう。

 

 

aniel12.jpg

アミューズ

鹿 ブルーベリー ヘーゼルナッツ

 

 

aniel13.jpg

鹿のくんせい肉をキャラメリゼしたもの。

 

 

aniel11.jpg

鹿のエキスのスープ。濃厚なエキス

同時に2品出てきました。

 

 

aniel10.jpg

シャンパンは PIERRE TRICHET ピエール・トリシェ

パワフルなシャンパンです。

 

 

aniel23.jpg

海老 人参 みかん ディル

2品提供。

 

 

aniel25.jpg

こちらはロワイヤル(茶碗むし風)にて提供されてあります。

これは美味しい1品ですね。


 

aniel24.jpg

 

 

aniel31.jpg

このページのトップへ

2018年2月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mizuki1.jpg

休日に子供と2人でランチ、どこにするのか決めていなかったのですが、こちらの店にフラッと入ってみました。

熊本初上陸 熟成和牛焼肉専門店 MIZUKI

熟成肉を扱うお店はあったと思いますが、こちらのお店は関東で初めて熟成和牛焼肉店を開業された方の身内がはじめたお店だそう。オープンは2017年7月1日、まだ半年ちょっとです。

 

 

mizuki3.jpg

店内はテーブル席と壁に向かったカップルシート。デート用にも使えますしお一人焼肉もオッケー。炭火グリルを使用します。夜のワインリスト見ましたが、結構いいワインも置いてますね(ゴクリ)

 

 

mizuki2.jpg

今日はランチですから、ランチメニューからいきましょう。

焼肉ランチ(カルビ、ロース のミックス) 150g  1,500円を2つ

 

熟成肉ってだいぶ浸透してきましたね。ここのはドライエイジング(寝かせた)した肉です。

 

 

mizuki5.jpg

ご飯、サラダ、わかめスープ、もやしナムルのセット。手前にはタレや塩など入れてください。ご飯は炊き立てでなく、少しエイジングされているのかな。

 

 

mizuki4.jpg

肉が到着。1人前でこれだけ。

肉が重なっていて結構な量。肉にも脂がのっており

これで1500円ですから、結構満足感ありますよ。

もしかしたら90g 1000円でもちょうどいいのかもしれない。

でもあと少し欲しくなると思う。

 

 

mizuki6.jpg焼けるのも早いから、乗せすぎに注意。美味しくいただきました。TT

食べログ(掲載時点採点なし)

 

MIZUKI ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kamogawa11.jpg

熊本ですき焼の名店といえば、加茂川さんです。電話番号が示すように 2929(ニクニク)。お肉の加工、卸業者さんでもあります。創業明治14年というから創業137年ですか、すごい。


10年以上も前にダイニングエクスプレスの取材でも訪問しました。今でも野中さんが撮影した「あの写真はよかったです」と言われます。2018年は2度目の訪問になります、前回はすき焼き、しゃぶしゃぶをいただき、今回は団体会合ですき焼きです。ここを訪問する時の鉄則。「お腹をすかせれば更に旨い」


 

kamogawa2.jpg

サシが入ったお肉(あ、食べ放題ではないですよ)。4人前ですが、これで十分なくらいの量・・・年とったんだね皆。

 

 

kamogawa1.jpg

脂もたっぷり。

砂糖+しょうゆ、みりんでは 糖分が多く胃にもたれるため「わりした」であっさりと仕上げてくれる要望をお願いしました。


 

kamogawa3.jpg

贅沢にも半分の肉をすき焼き鍋に投入します。早く卵をかき混ぜときます。

 

 

kamogawa4.jpg

早速周辺部からよい香りが・・・・肉も焼けてきました。

 

 

kamogawa5.jpg

肉をまず頂くのが流です。

もう女中さんからゴーサインが出そうです。


 

kamogawa6.jpg

すき焼きの一口めの美味しさといったら。創業明治14年、肉の旨さを伝える味だわ。

 

 

kamogawa7.jpg

野菜高騰の折り、白菜は少な目の気がしましたが、まぁ肉の後は野菜が美味しいのにはわけがありますね。肉汁でぐつぐつするから。

 

 

kamogawa8.jpg

違う鍋で天草大王も焼いて、大王すき焼きへと突入する贅沢。

 

 

kamogawa9.jpg

酒ばかり飲んで大王を食べた記憶がない。

 

 

kamogawa10.jpg瑞鷹の吉村さんが持参した、超辛口 本醸造 瑞鷹 を冷でぐいぐい いきました!TT

 

ダイニングエクスプレスの10年以上前の記事

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

加茂川ホームページ

 


 


 

このページのトップへ

2018年2月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soym9.jpg

デックスブログの2年前のYAさんの記事を見てから気になっていたお店、SOI MARNYさんに行きました。当時はランチはやっていなかったようですが、いまはやっているようです。アジア料理昔から好きですから。

その記事


新しい建物の前が駐車場ですので便利ですね。


 

soym10.jpg

980円 均一メニューですよーって感じ

 

 

soym1.jpg

入ります

 

 

 

 

soym3.jpg

新しい建物ですね、天井が高くていいですね。


 

soym5.jpg

カウンター席5席


 

soym2.jpg

ランチメニューです、5種類。

食べたいのはパッタイ。(焼きそば) 米麺です。

 

soym4.jpg

サラダとスープをいただきつつ

 

soym6.jpg

タイでよく出てくる調味料。

辛いの甘いの酸っぱいの。ブレンドして味を調整。これが楽しい。使い方を説明してくださいました。


 

soym7.jpg

最近パッタイが好き。

ヘルシーで美味しいし。

油分も少ない。

米麺だし。

レモンかけるとすっぱ美味しい。

 

こちらはタイ10年在住されて熊本でタイ料理をオープンされたとか。

 

 

soym8.jpgやっぱ、美味しい。


というか大盛にしたい。TT


食べログ(掲載時点評価なし)


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lem7.jpg

東京銀座4丁目から歩いて5分弱のところにある銀座フレンチ、ラールエラマニエールを訪問しました。オーナーソムリエ 吉岡慶篤さんのお店です。名前は1回聞いても覚えられません。

 

 

lem8.jpg

店名の由来“l'art et la maniere (ラールエラマニエール)”
フランスの古い言葉で「ラール・エ・ラ・マニエール」は“正しい導き方”という意味を持っています。生産者の気持ちをお客様のもとへつなぐという意味があるそう。

飲食店などが入ったビルの地階にあります。

 

 

lem9.jpg

地階へは階段で降りるのかと思ったら、入れないように。階段が急すぎて危ないのか使用されていない様子、エレベーターで降りてくださいと書いてありました。


 

lem10.jpg

自らグランメゾンをうたうレストラン。銀座の上品なエスプリ感が漂います。お店のスペースはそんなに大きくはないですね。テーブル席20席と個室6隻の26席のようです。

 

 

lem11.jpg

奥から望む

 

 

lem18.jpg

昼は平日限定軽めのコース 4000円と フルコースの5500円、8000円があります。ここは竹に相当する5500円のコースにしましょう。 魚肉が入りますので、結構なボリュームかもと不安になりますが。


 

lem12.jpg

机の上のバラのオーナメント。素敵ですね、皿には店名が彫ってありました。

 

 

lem13.jpg

DIDIER (ディディエ)のぶどうジュースです。オーガニックでこだわりのぶどうジュース。

1本小売価格2500円/750mlするジュースですから、フツーのワインより高いという話も。(1杯お店で800円)

 

 

lem14.jpg

アミューズはゆりの根のムース、オリーブオイル

スプーンでいただきます。量はこの2/3くらいでちょうどいいと思いました。

 

 

lem1.jpg

続いて

クレームブリュレに見立てたフォアグラムース、えびいも

アミューズも2品連続でムース系・・・・確かにフォアグラブリュレは美味しい。ワインが欲しくなる。

 

 

lem17.jpg

パンの代わりにいただいたじゃがいもペースト、これもムース系で

とりあえず 二口、三口だけにしておきました。

 

 

 

lem16.jpg

帆立のムース、ブロッコリー、ハーブ

食べられるパンジー。

またムースですか、どれだけやわらか系が続くのか。

 

 

lem15.jpg

見た目にも華やかで

 

 

lem2.jpg

さつまいもとカカオのスープ エスプーマ仕立て

 

 

 

lem3.jpg

佐渡島産鰤(ぶり)

やわらかくて火入れ熱加減、脂乗りもちょうどよく、これが一番おいしかった。

 

 

lem4.jpg

続いてメイン肉

バラ肉のロースト、京野菜

量が多くて、今日は魚メイン終了でもよかった感じ。



 

lem5.jpgいちご系デザート

土台はごぼうとか聞いたと思う。

 

lem6.jpg

コーヒーと茶菓子

 

ご馳走様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.99)

 

ホームページ

 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ukaii12.jpg

東京BI食倶楽部、東京があまりにも寒い1月のある日にやってきました、東京・芝の豆腐屋うかい。うかいグループの1店舗です、2度目の訪問になります。以前来た時は夏だったのですが、今回は真冬。また違うテイストです。


以前来た時も東京タワーの迫力が一番記憶に残っているですが、果たして。

 

ukaii11.jpg

東京タワーのすぐ下に広大な日本庭園を構える、同店。このインパクトはすごいですよ、タワー。昭和時代の余韻に浸りますよね、やはり。オレンジ色、近くから見るとド迫力。

 

 

ukaii13.jpg

庭園を歩いて離れに異動するのですが、今日は寒くて景色をゆっくり眺める余裕が少ない。

 

 

ukaii15.jpg

田楽処ではあげを焼いています。

 

 

ukaii14.jpg

御献立、これがあるといいですね。何が出てくるかわかるから。

こちらの「うかい」さんは、夜はホームページを見ると3コース

花 10800円

月 13500円

芝 16200円

豆腐料理というのに結構高いんですね。

 

 

ukaii16.jpg

前菜

芹と北寄貝

菜の花 黒豆 鴨くわ焼き

養老豆腐

 

 

ukaii18.jpg

あったかいうちにさっさと食べなさいと督促された 鴨くわ焼き

確かに冷えてきたら固くなってた。

 

 

ukaii17.jpg

うに ON の養老豆腐

 

 

ukaii19.jpg

続いて先ほど外の建物で焼いていた あげ田楽

 

 

ukaii1.jpg

ねぎをのせていただきます。なんてことはない あげ。

 

 

ukaii2.jpg

そして

蕪と焼き白子 白みそ仕立て

白子は人にあげて

 

 

ukaii3.jpg

かに飯し蒸し

なんとまぁ、上品な。

 

 

ukaii5.jpg本日の湊より

何の魚か完全に忘れてしまった。

 

 

ukaii6.jpg

豆水豆腐

名物料理だと思います、でもびっくりする感動もありませんね。


 

ukaii7.jpg

なめらかではある豆腐

 

 

ukaii8.jpg特選和牛炭火焼き

 

 

ukaii9.jpg

ご飯はあさりの深川めし って

 

 

ukaii10.jpg

はっさく

 

 

ukaii20.jpg

熱燗をいただいたあとには カリフォルニアの CALERA (カレラ) ピノノワール 2014

ロバートパーカー氏をもって「カリフォルニアのロマネコンティ」といわせたワイン。といってもカレラは店売りで3,4千円のワインなんですが。

以前シャルドネ(白)を飲んだ時はとてもよい印象だったのですが、今回のピノ・ノワールはそうでもなかったですね。


 

ukaii4.jpg

続いては ボルドーテイストのカリフォルニアをいただきましょうということで CLOS DU VAL (クロデュバル) 2014

1976年、ブラインドテイスティングにて、ムートン・ロートシルトやオー・ブリオンをやぶりカリフォルニアのワインが第1位に選ばれました。1986年また第1位に選ばれたのが、このクロ・デュ・ヴァルでした!パリ・テイスティング事件。これでクロ・デュ・ヴァルの名前は世界に知られることになりました。

さすがカベルネ、1本通ったボディラインがありますね。ナパのカベルネ。

 

ちょっとワインに傾いて。月コース考えればフランス料理とワインを飲んだほうが内容も満足度高いんじゃないかなぁ。景色と雰囲気代というのもあると思いますが。外人さんとか喜びそう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.71)

豆腐屋うかいホームページ


 


このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fudo10.jpg

浜松町で暖かいランチをと・・・訪問。アジアン居酒屋 風土木。東京にどか雪の降った翌日、めちゃくちゃ寒い日、麺類が食べたいでもラーメン食べれないし、ということでここに訪問。

手しごと旬鮮台所「たかなし」 東京・浜松町 ランチ 前回たかなしを訪問したときに、斜め前にあるお店がこちらだったのです、目をつけておきました。

 

調べたら以外とこのあたりでも女性に人気があるとか。大門駅から2分程度です。

 

fudo1.jpg

ランチメニューは、日替わり、カレー、フォーの構成です。寒いので早く店内にはいります。

 

fudo4.jpg

奥がありそう、入口のテーブル席に座りました。居酒屋ですね、日本酒や焼酎が並びます。アジアン居酒屋。

 

 

fudo3.jpg

カレーも相当こだわっているようですね、寒いから10年かけて作った高知県産生姜使用の生姜カレーというのもよさそうですが。

 

 

fudo2.jpg

めったにみない、創作フォーでしょう。

ベースが950円、 ミニカレーかとろろ丼つけて ジャスト1000円。わずか50円増し。

しかも創作フォーが 6種類もあるから何度来ても楽しめそう、いいですねー。


人気どころは坦々フォーというのは想像つきますが、今日はめったにない、マー油フォーに挑戦してみます。もちろんミニとろろ丼付、パクチー入り。

 

 

fudo5.jpg

到着しました。マー油が入っていて豚骨ラーメンみたいですね。嬉しい。

 

 

fudo6.jpg

小さな豆腐、一口ケーキまでついていた。

 

 

fudo7.jpg

とろろはかなりゆるゆるなスープみたい。業務用だと思いますが、とろろのかけらも入ってます。

 

 

fudo8.jpg

とんこつラーメンにパクチーみたいな図。チャーシューは1枚、もやしなどが入って、スープも美味しい。これはヒットです。

 

 

fudo9.jpg 麺は固ゆでのフォーだと嬉しいのですが、意外に食感はやわめ。温まります。グルテンフリーの創作フォー、いいですね、今度訪問したら坦々フォーといきたいところです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisi11.jpg

うなぎやさんがあるのは知っていましたが、あまり熊本でうなぎを食べないものですから、一度も訪問したことがありませんでした。下通りから路地に少し入った所にあります。今日はたまたま行こうとした店が空いていなかったので、ここに来てみました。

3代目ということです。調べたら大正15年創業といいますから、歴史はすごいですね。

 

 

 

daisi5.jpg

店は奥に長い造りで両側にテーブル席が並んでいます。座ってからメニューを考えます。

 

 

daisi12.jpg

ふむふむ、うな重がなくて、乗るか乗らないか 「うな丼」か「うなめし」の選択ということね。

 

 

daisi2.jpg

この料理解説本のようなメニューは何ですか。わかりにくいけど。神奈川・小田原でグラム表示のうなぎや松琴楼というのもあったけど。

1切 650円からうな丼が食べれるってこと?

うなぎ少なくないか。


うな丼の場合1匹は6切丼。


 

daisi1.jpg

ご飯とうなぎが別々になった うなめし。

うなめしの場合は2枚からで4枚でうなぎ1匹。公式が更にわかりづらく うな丼1に対しうな飯1.5ということか。

 

 

daisi4.jpg

それにナスA とか ナスBとか、特にナスAはBに比べて安い。(うなぎがないから)

ホルモン味噌煮込とかおおよそ うなぎやらしからぬメニューもあるし。

 

 

daisi3.jpg

普通のお店にはなく、うざくが安い。


ここははじめてなので、


うざく 325円  + うなめし (3枚)1700円 というチョイスにしてみた。

 

 

daisi7.jpg

うざくも同時着。2段になっている。

 

 

daisi8.jpg

なんか真っ黒い おたふくソース。いやタレ。


熊本ではこうしたうなぎめしもあるが、関東ではこんなうな飯ってあまり食べないから。

 


daisi9.jpg

粘度が高いタレです。かなり糖度も高いと思うタレ。

うなぎは本当に3切。

 

 

daisi10.jpg

ご飯の上に乗せるとこんな感じ。普通のうな重よりうなぎも少ないですね、まぁ値段も安いけどその分。


うなぎは結構はごたえがありますね。プリプリ。

うなぎ3枚ではご飯食べきれないよと思ったら、間違い。

 

タレ飯という食べ方でご飯がどんどん進む

これなら1枚丼でご飯大盛いく人もいるかも、と思ってしまう。

ご飯が足りずスモールおかわりしてしまった。


 

daisi6.jpg

うざく


うなぎを牛丼のようにかきこむのは味がありませんな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmtt11.jpg 日本料理とみたさんを訪問しました。前回訪問したのは昨年の春になりますので、9ケ月ぶりになりますでしょうか。

 

 

tmtt12.jpg

夜のおもてなしは3コース。今日は真ん中の十三夜コース 7500円です。今日は満席のようですね。前回訪問したときのブログにも書いていたんですが、ここはメニューがなくて女性の方の説明だけですので、料理を覚えきれません。しばらくたつと何を食べたのか忘れている・・・・


和食・フレンチ問わずメニュー表があるだけでグレード感がアップすると思うのですが。もしかしたら予約時に伝えておけば作ってくれるのかわかりませんが。

 

tmtt13.jpg

最初の1品

 

tmtt14.jpg

季節の雰囲気を出した前菜盛はいつも感心します。ふきのとうの天ぷらなど春を感じる内容。

 

 

tmtt15.jpg

あわびとか


 

tmtt17.jpg

箱の中にもまて貝とか前菜が入っています。


 

tmtt16.jpg

私は今日は冷酒にします。先ずは岩手の純米吟醸生原酒の「南部美人」。ふくよかなボディを持つ日本酒ですね、好きな味です。

 

 

tmtt18.jpg

お椀もの

 

tmtt1.jpg

湯葉引き、かなり塩分が高い。

 

 

tmtt2.jpg

お造りの盛り合わせ

 

 

tmtt3.jpg

今度は新潟のお酒、純米吟醸生原酒の麒麟山(きりんざん)

こちらの方が、南部美人より口当たりは軽やかな。

 

 

tmtt4.jpg

かぐや姫じゃないけど、筍の皮でデコレート。

 

tmtt5.jpg

煮物

 

 

tmtt6.jpg

揚げ物


 

tmtt7.jpg

ナマコポン酢

 

tmtt8.jpg

お食事は竹の皮に包んだもの。

 

tmtt9.jpg

一口菓子

 

tmtt10.jpg

お抹茶


料理だけではそんなに胃が大きくならないほどのサイズ感です。上品に流れる 繊細な和食系のとみたさんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPHB1.jpg

 上乃裏通りから少し入ったところにある、サニープレイスハンバーガーに来ました。前回はステーキを食べたのですが、絶対ここのハンバーガー食べたいと思っているのです。といっても今はグルテンフリーを通しているのでパンは食べれません。

  

 

SPHB2.jpg

食欲をそそるハンバーガーですね。ここのお店でステーキ食べている人は多くない。


  

SPHB3.jpg

前回はお客さんがいて撮影できなかったポップな壁に描かれたハンバーガーの絵。うーんシズル感あふれるこの絵を見ているとむしょうにハンバーガーが食べたくなる。

  

 

SPHZB6.jpg

ここのパテはビーフ100%だから、うれしい。そういうお店は意外と少ない。だから私にとってメニューの選択の幅が広がります。

  

 

SPHB5.jpg

チーズたっぷりのラクレットチーズバーガーにもひかれるなぁ。この前動画撮っていた人いたもの。

  

 

SPHB4.jpg

今日はこれにしようと決めた。

人気ナンバーワンのハンバーガー、グレートビーフチーズバーガー。

コンビーフ100gとパテ200gで300gの肉、ハンバーガーではなくて肉!とのこの感じがいいじゃないですか。

ジンジャーエールとセットにして1600円(税別)

 

SPHB9.jpg

まじでかいです。想像以上でした。

  

 

SPHB7.jpg

シュレッドされたコンビーフも沢山入っている。

  

 

SPHB10.jpg

ポテトも3個食べてから撮影しましたが

トランプ大統領が訪日の際に霞が関ゴルフクラブで食べた、日本でも高評価の浜松町マンチズバーガーよりもポテトが多いぞ。そこが少ないのか。

  

 

SPHB8.jpg

偽りなく、これは肉ですよ、肉。


  

SPHB11.jpg

粒マスタードが載っています。

食べにくいので、ナイフとフォークでいただきます。結構なボリューム。


SPHB12.jpgビーフ100なのでぼろぼろとなりますが、これが実に旨味があっておいしい。しかし肉だけだから、ライスが欲しくなる。ステーキランチがあるから、ここにはライスがある。

今度頼もう、ハンバーガーとライス下さい。TT

 

  食べログ(掲載時点 3.06)

   

 

このページのトップへ

2018年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年2回目のリラ訪問となりました。夜に訪問したので略して夜リラ。


会合の2次会で、当社の部下が「ブログに何度も登場しているリラへ行きたい」とのことで。

 

話を聞くと「アンチョビキャベツ」が食べたかったとのこと。


詳しくのお店紹介は過去の記事を見ていただくとわかります。今日は土曜日だけあってお客さんも一杯でカウンターに着席。

 

今日は夜リラ nail&and cafe bar lila (3)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

LIRA11.jpg結局ワインを3杯づつ頂きました。


そしてソーセージの5種盛 (900円) 鉄鍋がジューーいってました。

 

 

LIRA33.jpg

枝豆のオリーブオイル炒め 480円

オリーブオイル炒めって初めて食べました。美味しいですね。

 

 

LIRA22.jpgそしてアンチョビキャベツ 600円。


赤ワインに合いますね。


二人で6杯飲んだのでボトルを最初から頼んだ方が安かったんじゃないかと反省(笑

TT

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

このページのトップへ

2018年2月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1月と2月に最低2回は毎年訪問している、ふぐを食べる行事。

今年も仲むらさんにやってきました。

 

nkmf1.jpg

昔は住宅だった堂々とした建物

 


 

nkmf12.jpg

さあ入りましょう

 

 

 nkmf2.jpg

エントランスが長くておしゃれです

 

 

 nkmf3.jpg

入口。シックモダンな店内

 

 

 nkmf4.jpg

前菜

 

 

 nkmf5.jpg

小さな器に沢山入った前菜。ヒレ酒を飲んでいる人が多いですが、私は冷酒で。

 

 

 nkmf8.jpg

白子さんは周りの人にあげて

 

nkmf6.jpg

1人1皿のフグ刺し。今日は皆さん肝が例年より多いと・・・・

 


nkmf7.jpg純米大吟醸とふぐ刺し。いいですわ。

 

 

nkmf9.jpg

ふぐ鍋具材。

今年は白菜とかめちゃ高いので、、野菜も少ないような気が・・・・

 

 

nkmf10.jpg

唐揚げと


 

nkmf11.jpg最後に雑炊をいただきました。また2月に訪問します。TT

 

和食仲むら本店 熊本市 フグで福を呼ぶ(2017年記事)

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IKNSS5.png ここしばらく同じ経営のペッパーフードは何度か行きましたが、いきなり!ステーキから足が遠のいていました。そういえばゴールドカードで誕生日プレゼントのステーキがあったなと思い出し、出張の帰りに熊本空港店に寄ってみました。


ゴールドカードという既得権益で誕生日に毎年300gのステーキプレゼント。なんとうれしいことでしょう。年に1回は行かないとカード更新はできないと思います。いずれにせよ、300gというのは6.9円で2070円税無しの価値があるんです。


1年に最低1回はいきなり!ステーキにいきたいと思います。以前は400gだったんですね、忘れていました。 (2016年の記事

 

 

IKNSS1.jpg熊本空港のフードコートには2軒しかない。空福亭(ハンバーガー、やきそば)といきなり!だ。

 

 

IKNSS2.jpgカウンターで注文して席で待つ。ここはしょうゆとかわさびとか調味料がここのカウンターにしかないから、不便です。


 

IKNSS3.jpg

ジュージューいっている肉。 ライス・サラダセットを付けました。今日は324円で済みました。

 

 

IKNSS4.jpgいきなり!ステーキのリブロース。熊本でも他に類似ステーキ店舗はありますが、やはり元祖のいきなり!ステーキが美味しいと思います。ごちそうさまでした。TT


 

 


 

このページのトップへ

2018年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jtas9.jpg

私が予約して東京の取引先の方と5名で白金台のジョンティアッシュさんを訪問しました。こちらは2回目の訪問となります。ミシュラン1つ星のフレンチです。遠藤佳明シェフの料理と熊澤大樹ソムリエのサービスでとても心地よく過ごせる食事になると思います。

 

 

jtas10.jpg

エントランスは2階、1個室とダイニング。キャパは約20名+といったところです。

 

 

jtas11.jpg

今日はダイニング席。テーブルのオーナメントを見るとこれからの楽しい食事のエントリーという気持ちが高まってくる。

 

 

jtas12.jpg

お酒を召し上がりになられない方もおられましたが、乾杯は

N.M HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE (アンリ ジロー エスプリ ナチュール)

完熟した桃や洋梨などのフルーティな香りの中に、バニラや白コショウのニュアンスが感じられ、ピノ・ノワール主体のシャンパーニュならではの芳醇さと、軽やかなタンニンが印象的。


 

jtas13.jpg

アミューズは2品

 

jtas15.jpgjtas16.jpg

糖度の高いトマト

 

 

jtas1.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas14.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas21.jpg

昨日のアルシミストに続き 

マルク・モレ・エ・フィス シャサーニュ・モンラッシェ 1er シュヌヴォット 2007

シャルドネ100%


 

 

jtas17.jpg

メニュー表がないので、説明を聞き取れないとわからないメニューもありますが、こちらはホームページのメニューと同じ

北海道産雲子のムニエル ちぢみほうれん草に乗せて 焦がしバターのソースで


この季節って白子が多いですね、あまり好きではないのですが、これはバターソースが濃厚だったので食べれました。

 

 

jtas18.jpg

味付け好みでした。

 

 

jtas19.jpgフォアグラのプランシャ焼き ビーツ・大浦牛蒡・ゆり根と合わせて  酸味の効いたビーツのクーリー・黒トリュフと共に

 

 

jtas20.jpg

フォワグラ・トリュフと贅沢なコンビネーション。そしてモンラッシェ。いいですね。前菜にキャビアが欲しかった・・・・

 

 

jtas22.jpg 千葉県産寒鰆のポワレ 京都産聖護院蕪のかぶら蒸しと共に

大黒本シメジを添え 黄柚子を香らせて

鰆っていうとあっさりした感じなのですが、この鰆は脂がのってて美味し。

 

jtas2.jpg

ECHEZEAUX GRAND CRU

CAPITAIN GAGNERO

 

 

jtas3.jpg

メインは熊本の赤牛。

熊本から来たんですよ、えーそうなんですか。

しかし熊本でもめったに食べれないほど上質な部分の赤牛。いい部分って東京に行っちゃうのかなとか思いつつ、他の皆さんもこの赤牛美味しいと言って下さり熊本県民として嬉しかったです。しかし昨日から本当に熊本の食材を沢山食べてる。

 

 

jtas4.jpg

とてもやわらかい。


デセールは2品。両方とも美味しい、2品目の樹氷のようなデザート、金粉・銀粉が散らしてあって冬のデザートっぽい感じです

 

jtas5.jpgjtas6.jpgjtas7.jpgjtas8.jpg

帰りに遠藤シェフと少しお話しする時間がありました。次回訪問する予約もして後にしました。本日はありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.08)

 

ジョンティアッシュホームページ

このページのトップへ

2018年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kintame1.jpg

昼は和食がよいですね。埼玉方面から戻ってきて次の用事までと思い、東京駅の「あべや」に行こうと考えたのですがなんと改装中でクローズ。ということでとりあえず大丸東京のレストラン街に。12Fです。

夜の事も考え、今日は近為(きんため)にします。

 

 

kintame11.jpg

近為は京都にて明治12年創業、創業130年。野菜の漬物と魚の粕漬などを販売されています。販売店舗は京都1、東京3店舗。

近為さんはいつも中を覗くと比較的年齢の高めの女性の方が多いんですよ。


 

kintame3.jpg

メニューの数は定食類が多いです。全部は掲載しきれません・・・・

美味しそうな魚の焼き物のラインアップが沢山。

 

 

kintame4.jpg

いくつもメニューがある中で最終的にこの3つに絞りました。

さばの味噌漬とごはん 1780円

 

 

kintame2.jpg

銀だらの粕漬とごはん 2800円

 

 

kintame5.jpg

京あわせ

さわら粕漬と鮭味噌漬の2つ盛 1800円

 

これにしました。

 

 

kintame6.jpg

最初に季節の京漬物が運ばれてきました。これをたべつつ。味付けも薄味で美味しい。

 

 

kintame7.jpg

小鉢は汲み上げ湯葉、ひじき、ちりめん山椒、デザートはわらび餅

 

 

kintame8.jpg

さわらも美味しそうですが、基本的にあっさりめの魚ですから

 

 

kintame9.jpg

鮭の方が美味しかったと。和食は胃にやさしい気がします。

 

 

kintame10.jpg

ご飯も漬物や粕漬けにあう炊き方をされていると思います。おかわりしたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

近為ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alsim1.jpg

ドメーヌ マルク モレ エ フィス Domaine Marc Morey & Fils

シャサーニュ モンラッシェ 2014

 

 

alsim12.jpg

パンは食べないのですが、何種類も美味しそうなものが用意されてありました。

 

 

alsim5.jpg

青森県 帆立 カリフラワー トレビスタルティーボ

トレビスタルティーボとはイタリア野菜で紫に見える部分の野菜

 

今回の料理も見た目に繊細な料理ですね。


 

 

alsim6.jpg

これは美味しいですね、モンラッシェにぴったりの1品。

 

 

alsim7.jpg

続いて白にあう料理が、アルシミストのシグネーチャ―料理ともいうべき

福岡県 菊芋 雲丹 ピーナツ

 

黒いのがピーナツ

 

alsim8.jpg

雲丹のふんわり感がたまりません。

 

 

alsim9.jpg

長崎県 五島列島 神経〆天然鯛 ・ トリュフ ・フェンネル


 

alsim11.jpg

ナイフで切ってもらってオープンしたらトリュフの香りがすごくて、スープも沢山入っている。このまま食べると思いきや。

 

 

alsim10.jpg

別添のフェンネルを入れてお召し上がり下さい。

 

 


alsim13.jpg

こんな感じで頂きます。

なかなかです

 

 

alsim14.jpg

茨城県 鴨 ・イカ墨・カブ

メインは鴨。個人的には+料金があってもビーフをいただきたいのですが、分厚い鴨でした。イカ墨ソースというのも珍しい組み合わせです。

 

 

 

alsim16.jpg

赤はグラスワイン

Le Clos des Fées

Les Sorcières 2015

AOP Côtes-du-Roussillon

 

 

 

alsim15.jpg

1杯だけに

 

 

alsim17.jpg

デセールは2品

苺 ピスタチオ ヨーグルト 白バルサミコ酢 春菊

春菊アイスと白バルサミコ酢、冷凍されたヨーグルトチップのコンビネーションが複雑で、珍しい味

 

 

alsim18.jpg

チョコレート ラズベリー ナッツ

チョコをいただくとほっとします

 

 

alsim19.jpgシャンパーニュ 生姜 ローズマリー

一口菓子も美味しかったです。


品数はありますが、量が一つ一つは小さいので楽しみながら食べることが出来ます。本当に美味しかった、また機会があれば訪問したいと思います。九州の食材が沢山使われていて嬉しいと思います。TT

 


食べログ(掲載時点 4.18)


 

 

このページのトップへ

2018年1月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

アルシミストを2日連続で

alsim20.jpg

白金・高輪というと特別におしゃれでハイソ(古い)な響きがする土地です。今日はフレンチ アルシミストを訪問します。やはりフレンチを訪問するのは心が躍りますね。劇場に行くかのようです、今月は何度劇場に行くことか・・・

三田線・南北線の白金高輪駅からも歩いて5分とかからない場所の白金商店街にアルシミストはあります。

 

 

alsim21.jpg

ビルの1Fにお店があり、上品な雰囲気が漂う入口。色使いがいいですね、薄いパープル(ライラック)とホワイトのコンビネーション。紫私も好きな色です。全席シェフズテーブル14席ほどの小さなお店ですが、このコンパクトなフレンチで美味しい料理を頂きましょう。

 

 

alsim22.jpg

L'ALCHIMISTE

 

 

alsim23.jpg

ドアを開けて中へ入りましょう

 

 

 

alsim26.jpg

素敵な空間です、決して広くはないのですが柔らかなパステルカラーで心地よく落ち着く、厨房も見える位置関係のテーブル席。

 

 

alsim24.jpg

オーナーシェフであられる山本健一シェフと笑顔の素敵なソムリエの飯塚麻希子さんのワインセレクトで奏でるアルシミストの料理達。これからどういう楽しみがあるのでしょうか。山本シェフはフランスに8年間滞在、最後は「The Worlds 50 Best Restaurant」の上位店「シャトーブリアン」で働いた経験を持ち、ガストロノミーポップをコンセプトにアルシミストを2011年7月にオープン。

 

alsim25.jpg

ディナーはおまかせ 12000円(税・サ10%別)のみ。

料理のみがかかれたメニューがあり、いったいどんな料理が出てくるのだろうという想像力がかきたてられるとの思い。

 

 

alsim27.jpg

ワインは自然派ワインと呼ばれるものが豊富にそろっており、我々のよく聞くシャトー・・・・のボルドーとかいったものは本当に少ない。

シャンパーニュ SANGER (サンゲール)をグラスで。50% ピノ・ノワール, 50% ピノ・ムニエ ボトルではシャンパンというほど好きではないのですが、アミューズとシャンパンは一緒にいただきたい。

 

 

alsim28.jpg

コクがありながらも切れのあるどんな料理にもマッチしそうなサンゲール

 

 

alsim30.jpg

1品目のアミューズは

キャビア、晩白柚

今日はメニューを見ると九州/熊本の食材が豊富に使われているとか。東京のフレンチでは長崎の魚や熊本の肉、野菜がとてもプレミアあるものとして扱われていることが多いです。


シャンパンとこの組み合わせ、やっぱりいいですね。もっと沢山キャビアが食べたいんですが・・・

 

 

alsim29.jpg

熊本産 紫黒米 倭寇サバ

スモークの演出付で登場。

古代風食べ方みたいな雰囲気

 

 

alsim31.jpg

一瞬フォワグラのパテかと思うようなサバで、黒米とベストマッチ。

 

 

alsim2.jpg

茨城県 白菜、 熊本県 新牛蒡 リードヴォー

このまま食べるのかと思っていたら、

 

 

alsim3.jpg

温かい白菜スープが注がれ

 

 

alsim4.jpgいや、これも美味しい。リードヴォー(子牛の胸線)と白菜のマッチングがとても良いではないですか。スープですがこれだけの

量ですので、ソースですね。


前半の部はここまで。


食べログ(掲載時点 4.18)

 

 

このページのトップへ

2018年1月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

TKNS9.jpg

お決まりの浜松町ランチ。会議の時間までは短いし、今日は夜はフレンチなので和食がよいかなと考え、食べログで検索してそれほど遠くないところで定食が食べれるところを探しました。

手しごと旬鮮台所「たかなし」さんです。


 

TKNS1.jpg

焼き魚系のメニューが沢山。外に値段は書いていないのですが、ネット情報で1000円オールと知ってましたので。

 

 

TKNS2.jpg

1Fはカウンター席です。1人でも訪問しやすいお店でサラリーマンの男性の方が多い。こちらがメニュー表なのですがこちらにも値段表記がない。はじめてですので、銀ムツとヒラス照焼きにします。夜は色んなお魚とか美味しい1品がいただける居酒屋さんです。


TKNS3.jpgご飯はこちらの釜に入ってます。

 

 

TKNS4.jpg

食べログとかには魚は焼いてあるのを再度焼かれて出している、と書いてありました。

見た目の魚のボリュームはそれほどではありませんが、小鉢2品と香物、味噌汁。

 

 

TKNS5.jpg

身はしっかりした魚 2切。

 

 

TKNS6.jpg

がんも、切干大根、中華春雨

 

 

TKNS7.jpg

釜炊きというのもあるのでしょう。ご飯はアツアツで美味しかったと思います。

 

 

TKNS8.jpg脂の乗った魚で、胃に負担をかけない食事を今日はしたと思いました。食事時間は短く、このお店をあとにしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

たかなしホームページ

 


 

 

このページのトップへ

2018年1月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sarasa14.jpg

かなり久しぶりですが、東バイパスのピースフルYOU YOUのそばにある、更紗(さらさ)へ来ました。プチ贅沢の人気店ですので、予約して来訪しました。プチ贅沢というのもランチは一番安いメニューが2000円からで、花かご膳が有名なお店。ここは少しづつ沢山の種類が食べたいという女性の希望を満たしてくれるお店、ということで女性特にアッパー層に人気が高い。

西原の萌の里の近くにもありましたが、熊本地震の影響で閉店になりました。

 

 

sarasa15.jpg

入口の左側には蔵風の建物があるのですが、写真ボケボケでしたので削除。古民家風エントランス

 

 

sarasa5.jpg

仕切られた空間(個室もあります)でゆっくり食事ができますね。

 

 

sarasa1.jpg

メニューを見ていきましょう。

先ずはスタンダードメニューは 花かご御膳 2000円。1の膳から3の膳まで。写真で見ても結構な量ですね。

 

 

sarasa2.jpg

花かご鉄板焼膳は 花かご+鉄板焼 で3500円。

 

 

sarasa3.jpg

更紗御膳 3500円。これより高いメニューもあるのですが、回りをみていくと2000円から3500円のメニューを食べている人が多い感じ。更紗御膳はデザートコーヒーがインされていますので、花かご+デザートとの価格差は1000円ほど。

 

今日は 花かご2000円+デザート・コーヒー 300円の合計2300円にします。


 

 

sarasa7.jpg

2000円メニューでもこのようにお品書きがあるととても嬉しい。

 

 

sarasa4.jpg

白あえとかんぱちのサラダ 白あえがクリームのようにまったりしている。


 

sarasa6.jpg

そして花かご。

8つの小さな皿に沢山の料理が乗っていて、楽しみだなぁ。

蟹グラタンは甲羅の中に入っているし、焼き魚は何かわからないが白身の西京焼きで美味しい、牛ロース焼きまで付いているし。

 

三の膳のご飯も同時に運ばれてきました。

 

 

 

sarasa10.jpg

右下は柚子羊羹

 

 

sarasa8.jpg

湯葉巻と白身魚西京焼き。ご飯のおかずにいいですね。

 

 

sarasa9.jpg

牛ロース焼き

 

 

sarasa11.jpg

これだけでも結構な、呉汁、茶碗蒸し、手造り豆腐のサラダ。

いや全部食べたら相当おなかがいっぱいになりましたよ。これに牛鉄板焼きは私は無理だわ。

 

 

sarasa13.jpg

デザートは4種から選択できました。

 

 

sarasa12.jpg葛餅は黒糖きなこ、ホット甘酒

 

満足感を感じお店を後にしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

更紗ホームページ

 


 

このページのトップへ

2018年1月25日 Posted time : 00:37 | Category : 編集長コラム

rend4.jpg

先週ディンシャン(頂香)で食べた麻婆豆腐が余り辛くなかったので、辛い麻婆を食べようと思って初訪問のこのお店に。蓮台寺飯店。駐車場が店の前に3台、店の先に3台分あります。

場所は熊本港方面へ、蓮台寺のJR地下を通過して牛丼すぎ家の斜め前あたりです。

 

 

rend5.jpg

日替りランチ500円というのは安いですね、しかもサラダ・スープ・コーヒー付。今日は麻婆丼とのこと。

 

 

rend6.jpg

ご飯おかわりも大盛りも無料、しかも税込金額。いいですね。

日替り 500円でも良かったのですが。

女性組も500円ランチを注文している人も多いし。

 

土鍋麻婆定食の 辛

 

 

 

rend1.jpg

土鍋麻婆です。サラダ・香物・ご飯。スープのコップのふちが2ケ所も欠けているのは・・・・

 

 

rend2.jpg

色は激辛風にも見えますが、なんか茶色っすね。


カットしていない豆腐が入っているようです。


 

 

rend3.jpg以外に豆腐の量が多いような気もします。


そんなに辛くはないと思って、食べ進むと・・・・やっぱり辛い。頭の上から汗が吹き出します。ヒーヒーします。


ご飯のおかわりをしないと食べれませんでした。ご飯のおかわりするって私的には珍しい。


コーヒーを飲んでお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年1月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

newk1.jpg

ザ・ニューホテル熊本(旧ニューオータニ熊本、現在ニューオータニホテルグループ)で新年会を開催し、出席してきました。以前博多のニューオータニで中華料理を頂いたときは、あんまり食べれるものがなかったのを記憶していますが、今日はどうでしょうか。

 

 

newk9.jpg

サーモンと鯛の刺身中華ソース。タレが多すぎて辛い。

 

newk2.jpg少しフカヒレの入ったスープ

 


newk4.jpg

海老と野菜の炒めもの

 

 

newk5.jpg

春巻きとえび餃子

 

 

newk6.jpg

肉とニンニクの芽の炒めもの

 

 

newk7.jpg

チャーハン。一番評価が高かった模様。

 

 

newk8.jpg

杏仁豆腐

 

 

newk3.jpgワインはアサヒの TAKUN SELECTION チリのカリテラのブランドでシャルドネとソーヴィニヨンブランのブレンド

ホームページで価格を見て、あまりにもテーブルだったので、ワインは2杯にとめて2次会、3次会の居酒屋で飲むこととしました。TT

 

TAKUN SELECTION

 


 

このページのトップへ

2018年1月23日 Posted time : 00:25 | Category : 編集長コラム

trcc6.jpg 2018年1月15日に新しくオープンしたレストラン「テラス」に早速訪問してきました。場所はホテル日航熊本の裏のほう、上通郵便局の近く、セブンイレブン上の裏通り店向かいです。民家2棟をリノベーションしたレストランです。もともとは壁がありましたので、中を覗くことはできませんでしたが、壁がなくなりました。通りからだけではレストランとはわかりづらい感じです。

 

trcc7.jpg通りの入口はこんな感じの表札がありました。レストランとはわかりにくいです、普通メニューとか置いてあると思っていたのですが、


 

trcc5.jpg帰る時に見たら、メニュー表が貼ってありました。

 

trcc8.jpg門をくぐってこちらがエントランス。大正時代に建築された事務所らしいです。内装はリノベーションされて綺麗です。

 

trcc9.jpgこちらの建物内にあるバーコーナーです。

 

trcc10.jpg鉄筋コンクリート造りの昭和初期頃に建築された本館がレストランの飲食スペースです。

 

trcc11.jpg こちらは本館の2Fに上がる階段から。飲食スペースと事務所棟にガラス張りの厨房。そしてテラスがあります。ここのお店は東京でレストランを経営する熊本出身の田尻秀一郎さんが震災の復興につなげたいと計画されて、ここの雰囲気を活用し熊本県産の素材を使ったレストランをオープンしたいとの思いで作られたとのことです。

 

trcc23.jpg

2階はカウンターだけ外に向かって設置されていますがテーブルを置くスペースもありますね。

 

 

trcc12.jpg

3人で来ましたが外を眺めて食事です。丁度厨房が見えて人の動きがあって面白いです。

 

 

trcc13.jpg

ランチメニューは、シュラスコ+サラダビュッフェ。といってもパスタ・カレー・デザート・スープ・ドリンクも付いてます。1500円からです(私が訪問した時は税込とのことでした)3人ですので、肥後赤鶏、天草梅肉ポーク、味彩牛の3つを頼んでシェアしようと思います。

 

 

 

trcc19.jpgサラダビュッフェコーナーのそばでシュラスコを焼いておられます。

 

trcc15.jpg

サラダバーコーナー。いやぁ、野菜が高い折にこんなに沢山、新鮮で美味しそうな野菜がたっぷりでうれしいじゃないですか。しかも普通にスーパーとかで売っているような野菜でないところもポイント。

 

 

 trcc16.jpg

パスタ系も充実しています。

 

 

trcc17.jpg

美味しかったポテトサラダ。

 

 

trcc26.jpg

ボロネーゼ

コメントに イタリアン人シェフの本気で作ったボロネーゼって

イタリアンそのものがイタリア人ですよね。



trcc18.jpg

こちらもイタリアン人。キッシュ。

料理がなくなったら、必ずしも同じ料理がそこに来るわけでもなく、違うのが来るのが楽しみなんです。いやあ、ビュッフェゾーンだけでここは満足感が得られるお店ですね。


 

 

 trcc20.jpg

ドレッシング

熟成豆板醤と白葱のドレッシング

清正人参と香味野菜のドレッシング

バンコク風スイートチリのドレッシング


清正人参ドレッシングは人気ですねー

 

 

  trcc25.jpg

こちらも美味しかったメニュー。これ単体でワインとか飲めますよ・・・というくらい!

天草エリンギと葉玉葱の自家製XO醤炒め台湾風

 

 

  trcc4.jpg

手が込んでますね。美味しい。

水田ごぼうと湯島大根 ブルドチキンの自家製BBQソース

 



trcc21.jpg

シャドーワインという珍しいいも。

 

 

trcc28.jpg

デザートコーナー

 

 

trcc22.jpg

第一弾のビュッフェメニューをいただきます。

 

 

trcc24.jpg

同伴者はカレーをいただいていたので。

 


trcc27.jpg

シュラスコの赤鶏 (こちらは1人前)

 

 

trcc29.jpg

3個なのでわけやすい。

 

 

trcc1.jpg

ポーク。

焼けた部分をカットしてくれます。3枚で1人分。

 

 

trcc2.jpg

ポークが一番おいしかったんです。オススメ

 

 

trcc14.jpg

味彩牛 ポーション的にはそんなにないと思います。。

 

 

trcc3.jpg

3人でシェアしてもお肉自体の量はそんなにないと思いますが・・・テラスさんは野菜ビュッフェがとてもいい。これからもこの野菜メニューが維持されていけばリピートしたいのですが、たぶんこちら口コミなどでこれから混んでくると思います。土日は予約必須ですね。TT


 

このページのトップへ

2018年1月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rumon12.jpg

今日は LE MONDOさんに来ました。年末数回訪問したのですが、来たらたまたまお休みということが多かったのですが、今日は空いてました。フレンチビストロのお店です。以前訪問した イナロ食堂さんと同じビルです。

こちらは2015年秋オープンで、以前もここにはイタリアンの飲食店があったような。

 

 

rumon13.jpg

メインは選択できるようです。入ってみましょう。

 

 

rumon14.jpg

ビル入ってすぐ、1Fの左側がお店です。

 

 

rumon1.jpg

カウンター席と4人掛けの席が6テーブル。30人未満のお店です。

 

 

rumo133.jpg

反対側にはカウンターのイタリアンで最近有名な IL CASINOがあります。まだ行ったことはありません。

 

 

rumon3.jpg

メニューは平日限定の気軽な950円メニュー、1450円メニュー、2500円メニューがあります。ドリンクは別料金になっています。500円の差は前菜、デザートが付くかどうか。


はじめての訪問ですし、ここは真ん中の1450円のメニューにしましょう。

 

 

rumon2.jpg

メニューは追加料金などで選択ができます。カウンター上の黒板を見てください。

メインの肉は標準の 豚ロースで

デザートはクレームブリュレ +200円。

 

rumon4.jpg

山都町有機野菜サラダ

 

パン・ライスはどちらも不要ということでお断りして

 

 

rumon5.jpg

ミニ前菜

大阿蘇ハーブ鶏、タスマニアスモークサーモン、パテ (鶏だと思う) これは一口ずつ。

 

 

rumon6.jpg

ごぼうのスープ

結構しっかりしたスープ

 

 

rumon7.jpg

メインは 真空低温調理した豚肩ロース ラクレット仕立て

ラクレットはチーズ。

浜松町のビストロほど巨大な豚ロースでなくて安心。あれはすごいもの。

 

 

rumon8.jpg

厚みはそこそこありますね。

 

 

rumon9.jpg

弾力あるお肉。塩胡椒をつけても美味しい。

 

 

rumon10.jpg

デザートはマダガスカルバニラのクレームブリュレ。

ブリュレ結構好きだなぁ。

 

 

rumon11.jpg濃厚な味がしました。コーヒーは別だったので、頼まなくて 合計 1650円。平日に今度また食べに来ようかと思います。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

DIXN4.jpg

ダイニングエクスプレス4度目の登場、中国料理 頂香(でぃんしゃん)。昼ランチとして普段使いのできるお店、しかも座れる(ここもポイント)ので訪問してます。今日は辛い麻婆豆腐が食べたくなったので、訪問してみました。最近の傾向として寒ければ寒いほど辛い料理が食べたくなります。唐辛子のパワーで体を温めようとしているのでしょうか。

 

 

DIXN3.jpg

麻婆丼定食 800円。 サラダ、から揚げ、スープ、杏仁豆腐付です。

 

 

DIXN2.jpg

ゴルフボールくらいの大きさのからあげ。中華料理屋だから周りは片栗粉だと思っ1個は食べました。結構衣ビシっと。

 

DXIN1.jpg

麻婆は全然辛く、もっとパンチのきいた麻婆が食べたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)3 熊本市八王寺 焼きビーフン

このページのトップへ

2018年1月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ILG11.jpg

JR大阪駅の北、グランフロント大阪 北館1F にある、イルギオットーネ ディ ピューにやってきました。イルギオットーネ本店といえば京都。今はもうありませんが、河原町のイルギオットーネ クチネーリアには一度行ったことがあります。名前からみてもこちらはイタリアンです。ショッピングゾーンの北館に行って探すもなかなか見つかりません。こちらはビル内からのアクセスがないのです、わかりにくい。一度外に出てから入店。

 


ILG12.jpg

並木通りの人があるく道からは少し高くなっているので目線などが合うことはありません。店内は細長く天井が高く、ガラスが大きいから昼はルーミーで明るい店舗。

 

 

ILG13.jpg

MENU A 3500円のコースを選びました。安い方です。一休などでも予約される方が多い店舗のようです。直前のTEL直予約でしたが、今回は一人小麦×なのでと事前に伝えてます。親切にもメニューが私用になっている。嬉しいですね。(リゾットがもう一人はパスタなので・・・)

 

 

ILG14.jpg

スタートはシャンパンで・・・

いきたいのですが、

RAISI BULLE BIO ARMAGNAC / FRANCE  900yen  (レジブルービオ) そういえば銀座のAGILEでもこれを飲みました。

このノンアルコール シャンパン(ぶどうジュース)は結構甘いんですよね、口当たりが。だから1杯以上飲まなくて良いのですが。

 

 

 

ILG15.jpg

グリッシーニ。

グリッシーニの奥の壁に 「昭和のかき氷機」が。冬なのに、何でしょうか・・・・

 

 

ILG16.jpg

おお葉の上に球体ドームガラス、なんでしょうか。ふたをとるとスモークされた風味が。演出がいいですね。

 

 

ILG17.jpg

焦げちゃった!海老芋

白みそのバーニャカウダ

 

 

ILG18.jpg食用炭を使ってあって焦げた炭風に見える。これくらいの二口分くらいのアミューズで面白さがあると嬉しい。

 

 

ILGI1.jpg

2品目はサラダ

鰤(ぶり)の炙り

色んな大根サラダ 黄柚子の香り


なんと、白い粉は大根をシャーベット状に削ったものでさっきのかき氷機で店員さんがその場で削ってかけてくれたもの。

演出が凝っていますね。


 

ILG2.jpg

カツオかと思うような、ぶり。

黄柚子と大根がアクセントになって、口の中で、えっ!という感じ。冷たいのですが、これは面白くて美味しいです。ブリは2切。

 

 

ILG4.jpg

続いては 泡泡エスプーマ。

私はパスタNGなのでリゾットに変更してもらいました。サーモンとかぶらのリゾット。

 

 

ILG5.jpg

いくらが入っていて、しかも米の食感が絶妙。おいしいリゾットです。

 

 

ILG3.jpg

パスタもこんな感じであわあわ。

 

 

ILG19.jpg

パンはこういう木箱に入っています。

 

 

ILG6.jpg

ローストポークに変更していただきました。むかご、野菜色々。黒い粉はオリーブを削った粉だそう。

 

 

ILG7.jpg

弾力があり食べごたえのあるポークでした。緑は芽キャベツ。芽キャベツが1枚1枚とって調理されていますねー

 

 

ILG8.jpg

私のデザートは エスプレッソパンナコッタと ピスタチオアイスクリーム。

濃厚なのにアイスとのコンビネーションが絶妙でおいしいー


 

 

ILG10.jpg

エスプレッソは面白い形のスプーンです

 

 

ILG9.jpgもう一人の方のデザート。

パンを食べずこれだけの量で充分です。

スピーディに料理を運んでくれたおかげで比較的早くランチが終わりました。周りはぜーんぶ女子会なのでゆっくりと。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)


このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kest1.jpg

LA CANROでフレンチを堪能した後の2次会は、梅田まで戻りこちらを訪問しました。私は3回目になります、ヒルトンホテルのすぐ近くにある KENZO ESTATE (ケンゾーエステート)大阪店。

最近特に注目を浴びているケンゾーワイナリー。ワインに多少詳しい人なら、あああのケンゾーというくらい、高品質なナパ・バレーのワインとして有名ですね。先ほどはフランス ブルゴーニュのワインを味わいましたので、次はナパの濃厚なワインを頂きましょう。

 

 

kest2.jpg

手前はカウンター席

 

okuza.jpg奥はテーブル席と個室

 

 

kest3.jpg

ケンゾーワイナリーでも人気の高い赤ワイン、紫鈴 RINDO(リンド)

グラスワインは40ml単位で頼めます。


80ml 1700円


やっぱりリンド。11月に宮崎でリンドを肉に合わせていただきましたが、ワイン単体でももちろんこれは重厚なワイン。

 

kest4.jpg

おつまみというものはそんなに不要なのですが、ここではこれ。

トリュフポテトフライ (1500円)


積み木ゲームのジェンガみたいにポテトフライが積まれています。そしてその上に店員さんがトリュフをスライサーでかけてくれます。トリュフの効いたポテトフライ。なんていいんでしょう!そして赤ワインとトリュフ。

 

 

kest5.jpg

次にケンゾーワイナリーの頂点の一つ、カベルネソーヴィニヨン主体の藍 AI (アイ)を。


40ml  1,950円。 ボトルだと34,800円です。


個人的にはリンドのバランスが好きです。


3回目のケンゾーワイナリーは2杯だけでしたが、とても印象に残りました。TT


 

KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能


食べログ(掲載時点 3.59)

 

ケンゾーワイナリー 大阪店 ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

料理後篇です。五感に訴える料理が続きます。

 

laca12.jpg

割れたようなお皿がデザイン。

毛蟹、ディル(ハーブ)

期待してましたキャビア

 

laca11.jpg台座部分は少し温かく、キャビアとの絶妙のコンビネーション。感性に訴える一品。

 

 

laca2.jpg

長崎クエ

 

 

laca3.jpg

牛テール、根セロリ


これは器が相当熱くてリゾットというか韓国の石焼鍋風。

おいしい、米の絶妙の感じがとてもいい。


 

laca4.jpg

本当にどの品もおいしいです。

 

 

laca5.jpg

和牛、牡蠣

 

laca13.jpgシャンボール ミュジニー プルミエ クリュ  レ プラント 2010  J.カシュー

ピノノワール100%


 

laca14.jpg粉雪の粉末の中から

 

 

laca15.jpg

いちご

 

laca16.jpg

木の上のバーは生チョコレート

 

 

laca17.jpgこのチョコレート最高においしい。とろける。

 

 

laca18.jpg

エスプレッソ

 

 

laca19.jpg

まるで宝石箱に入った チョコ、タルト

 

laca29.jpg

演出がかっこよすぎる。

1連の料理とワイン。実はアミューズを1枚とり忘れてしまった・・・・白子だったのですがあまり好きでなくて撮影するのを忘れてしまっていました。

相当なる満足感を感じ、違うメニューの時にまた来てみたいと思いました。夜は料理のコースは15000円です。税サ別。

TT

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

ラ・カンロ ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

laca23.jpg

 今回大阪のフレンチ、LA KANROを訪問するにあたり、食事に行くというより劇場に行くような、わくわくした気分が高まるのを日に日に感じていました。仕事で何十回も訪問している大阪ですが、ゆっくりとした食事、ワインを堪能した回数は本当に少ない。今回は大阪フレンチでも食べログポイント高得点の同店、そしてミシュラン一つ星に新たに加わったことでだいぶ前に予約をしていました。

  

 
laca24.jpg

大阪駅からは車で10分程度、タクシーで1000円の距離。おおよそ飲食店街とはかけ離れた大通りの裏の一角にラ・カンロはあります。外からほのかに明るい店内を除くとカウンターで食事をしている人たち。

 

laca25.jpg

重厚な扉を開けるといきなり店内というわけではなく、通路を通って店内へと導かれます。この細かな店舗デザインも劇場への入り口という期待感を高めてくれます。

 

 

laca1.jpg

フランスブルゴーニュを中心に数百種ものワインを貯蔵してあるセラー。8席のフレンチでこのラインアップとは大したものですし、ワインリストがかなり分厚い。このリストを見ているだけでも楽しい。


laca21.jpg

今回は3人で訪問。カウンター8席のみのフレンチ。

仲嶺淳一シェフの料理とソムリエ桒原孝明氏が奏でるラ・カンロ。パリの三ツ星アストランス、大阪福島のカモシヤクスモトで修業されて、2013年11月ここをオープンしました。スタイリッシュで洗練され無駄なものがないこの空間はとてもムーディ。


 

 laca22.jpg

景色や人通りを眺めるわけでもなく、スポットライトがあたる料理と対峙する空間としてのカウンター。

 

 

brssss.jpg

シャンパンはグラスでオーダー。

Vilmart & Cie Grand Cellier

木樽発酵、樽熟成、クリュグなどの名だたる生産者が取り入れる手法で、「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランスの星付レストランが採用する故希少性のあるシャンパン。

 

 

menulac1.jpg

材料のみが書かれたメニュー。

 

 

laca7.jpg

アミューズ

オマール海老、柚子

見た目からお花のようなこの細かいデコレーション。1品目から惹きつけられる。シャンパンとの相性もばっちりだ。

 

laca8.jpg

ずらして撮影

 

 

laca9.jpg

これはほかの人のパンだが、グルテンフリーの私には米粉のパンを用意していただきました。

 

 

laca26.jpg

悩んだが

ドメーヌ・ラモネ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ モルジョ [2013]  を選択した。黄金色でふくよかなモンラッシェ。至福のひとときである。

 

laca10.jpg

フォアグラのムース 野菜類と上には細かく刻んだトリュフ。

なんともこのフォアグラと白ワインのマリアージュが素晴らしい。木の器も素晴らしい選択だ。

 

料理の続きは明日(TT)

 

ラ・カンロ フーズピープル

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでも短期間の間で3回目の登場の人気店。

 

KSE1.jpgわが家の魚河岸 国枝鮮魚店。

 

行列はまだ見たことないけど人気店。

 

KSE2.jpg寒いせいかそんなに混んでいませんでした。いつもはカウンター多いのに、今日はカウンターに着席します。

 

KSE3.jpg今日はメニュー選び放題ということです。

7食限定のこれを目当てに訪問する人も多い、680円メニューも選べますし


いつもは売り切れの魚河岸弁当も。海鮮丼は今日はパスして、

 

魚河岸弁当 1280円ですね、だって 今日は3食限定とか。 そんな限定って少ないじゃないじゃないですか。少なすぎてあせるわ。フライ物とかが今日は入っていないのもポイント高いし。


 

KSE4.jpg来ました。

 

すごいボリューム、カンパチのアラか。迫力ある煮物だこと。あまりアラとか食べないのでこういう機会に。


KSE6.jpg今日は鯛のすまし汁ですね、いい味してます。

 

KSE7.jpg

切干大根煮、きゅうりとタコの酢の物、黒豆。正月の残りではないと思うけど。

 

KSE5.jpg

カンパチ。

身も脂が乗っていて以外と美味しかった。

 

 

KSE8.jpg

刺身は9種類。これだけで刺身定食で十分満足なのですが。

定食ぜーんぶ食べると結構お腹一杯。ご飯おかわりどうですか?と聞かれたけどやめておきました。


今日は夜がフレンチなので、昼和食にして良かったと思いました。TT

 

前回の記事

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



 



 

このページのトップへ

2018年1月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LUNY2.jpg

休日に家族とルナ クレッシェンテに行きました。最近熊本市内でもご飯に行くところが思い浮かばずに苦戦します・・・ここは2回目の訪問です。正月は藤崎宮に近いためかランチもかなり混んでいたようです。前回訪問した時は気が付かなかったのですが、ベトナムアジアンキュイジーネの333(バーバーバー)と同系列のようです。


 

LUNY10.jpg

子供的メニューもないと不満になっちゃいますが、ここなら大丈夫でしょう。


 

LUNY1.jpg

メニューを見て大丈夫そうです。ご注文をいただいてから1つ1つ丁寧に作りますと書いてあります。

 

LUNY4.jpg

店舗内を奥から撮影しました。古民家リノベーションした店舗です、昨年の2月オープンでやがて1周年。


 

LUNY3.jpg

今日は大根サラダ

 

 

LUNY5.jpg

オニオンスープ

 

 

LUNY6.jpg

子供は2人とも ふわとろオムレツハンバーグランチ 1100円。

卵の下にはハンバーグが隠れています。ハンバーグも丁寧に焼いて作ってあるみたい。美味しそうでした。

 

 

LUNY7.jpg

奥さんは本日のお魚ランチ 1400円、今日のお魚はエビス鯛。

 

それぞれ ライスかパンが選べます。

 

LUNY8.jpg

私は前回食べたチキンが美味しくて  若鶏の照り焼きステーキランチ 900円。 って支払う私が一番安いの!

だいたいそんなもんですか。

いやチキンが食べたいから メニュー900円 だったわけで。


美味しいですよ、でもレモンバターの方が美味しいかも。

 

LUNY9.jpgコーヒーと +300円でドルチェ盛。クレームブリュレは濃厚でした。ごちそうさまでした。TT

 

上乃裏洋食 Luna crescente (ルナ クレッシェンテ) 上乃裏通・熊本

 

食べログ(採点なし)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

espi1.jpg

ビストロ&ワイン エスポワールに来ました。今日はこれで4次会目です。ここにはフランスのグランヴァンワインなどそうそうたるワインがラインアップされているのですが、メニューのこの4000円と5000円均一のページから選ぶことにしましょう。

 

 

esp4.jpgespi3.jpg

5000円のメニューから、アメリカ カリフォルニアワイン、 ボーグル ピノノワール。

5000円で提供されているとは思えないほどのワイン。


 

 

espi2.jpgペッパーウッドグローブのメルロー2014 いくらのかは忘れてしまいました。これも4・5000円以下だと思いますが・・・

今宵は2次会から6人で白ワイン2本、赤ワイン4本を空けました。正月から飲み過ぎが続いてます。(TT)


食べログ(掲載時点 3.0)

 

エスポワールホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日の記事は、壱の倉庫。その後はリラに流れました。。最近昼カレーリラすることが多かったのですが、今日は夜リラで赤ワイン。

 

LIL6.jpg

また昼とは違いライトアップされています。男だけで入るリラ。


 

LIL8.jpg

食事のメニューは豊富です。さっき結構食べたのですが若い人もいるので軽めのメニューを頼みましょう。

 

 

LIL7.jpg

グラスワインしかないと思っていましたが、いやいあyワインもボトルで色々あるではないですか、先ず赤のジンファンデルを飲みましょう。

 

LIL1.jpg

また食べるのですか、ソーセージ5種盛 900円


 

LIL2.jpg

また食べるのですか 生ハム 900

 

 

LIL3.jpg

枝付きほしぶとうとイチジクがあるのが嬉しいですね

 


LIL4.jpg

これが一番人気メニューだった アンチョビキャベツ 600円。

ワインともあいますね。


LIL5.jpg

また頼むのですか、スイートチリポテト 500円

ほとんど食べてるものがさっきと同じなんですが・・・

 

LIL10.jpg

ミックスナッツ 300円

 

 

LIL9.jpgGnarly Head Old Vine Zinfandel

 ナーリー・ヘッド・オールドヴァイン ジンファンデル

熟成された果実味を感じます、ジンファンデルですから!

 

その後のワインはチリのCONO SUR カベルネに突入しました。ごちそうさまでした。TT

 

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

このページのトップへ

2018年1月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

壱之倉庫 (イチノソウコ)  熊本上乃裏通り ブームの火付け役

 

先日コストパフォーマンスのよいランチということでご紹介した壱之倉庫。今日はワインを飲みに夜行ってみました。予約をして訪問しましたが、休日とあってか満席でパーティも開催されていました。ここは夜も人気店なんですねー。

 

1nsk.jpg

夜の倉庫もライトアップされていい感じのお店の感じですね、ここは室内の天井が高いから好きです。

 

 

1nsk1.jpg

ビアレストランというか、夜メニューは洋風居酒屋さんメニューですね

 

1nsk2.jpg

(クリック拡大、戻る)

昼もコスパが良いですが、夜も高くないですね。リーズナブルです。


 

1nsk3.jpg

ワインメニューも普通に安くないですか。。。3000円以下が大半。まぁ、あまり有名なのはありませんけど。

 

1nsk4.jpg

安い。普通に手に入るワインばかりですが、気軽なテーブルワインといったところです。

 

 

1nsk7.jpg

少し食べていたので、軽めに

オリーブ色々 (350円)と生ハム (750円)

 

1nsk12.jpg

シーザーサラダ (780円)

ベーコンがたっぷりはいっていて、レタスとのバランスが・・・

 

 

1nsk10.jpg

ジャイアントペッパーソーセージ (GPS) 1本 380円

ソーセージは必需品といったところ。


 

1nsk11.jpg

いろいろチーズ盛り (800円)

チーズ4種類です。


 

1nsk8.jpg

フライドポテト 450円

自然なカットでホクホクでこれが一番評判良かったメニュー。ということでワインはここでは白を2本、次のお店も決まっていたので。

 

1nsk5.jpg

ラ・クロワザード レゼルブ シャルドネ(フランス) 2800円

安いワインにもかかわらず、こちらでは結構大き目のグラスを提供してくれるから嬉しいですね。グラスが大きいと少し安いワインも美味しく感じます。


 

1nsk6.jpg1nsk9.jpgウマニロンキ カサル・ディ・セッラ 3000円

 

気軽に飲めるワインTT

 

食べログ(掲載時点 3.51)



 


 

このページのトップへ

2018年1月11日 Posted time : 00:44 | Category : 編集長コラム

ksn16.jpg

うなぎは東京で食べることがほとんどなのですが、今日は珍しく熊本でうなぎを食べに来ました。市内から空港へ行く第二空港線沿いの佐土原にある「かわ専」さんです。いつも通る時に駐車場が埋まっています。今日はお店のオープンが11時なので、11時半前には到着しましたが、それでもお客さんが多い。正月あけなので、うなぎ食べたくなる人が多いのでしょうか。

ブログの記録では訪問はなんと10年ぶりです。その間に鰻の高騰などもあり、値段もだいぶ変わっているのでしょうね。

 

ksn1.jpg

入りましょう。

 

 

ksn17.jpg

うなぎの産地証明が。今日のは宮崎産だそうです。

豊富なメニューをみていきます。

 

ksn8.jpg

うなぎランチは3切れ。

 

ksn2.jpg

せいろ蒸しもあるんですね、30分ほどかかるとのことなのでパス

 

ksn3.jpg

かわ専はひつまぶしも有名なんだよなぁ。

 

ksn9.jpg

ひつまぶしといえば名古屋。その違いとかが書いてある紙。

 

ksn4.jpg

ひつまぶし 3400円とは以外にいい値段と・・熊本にいると感じてしまう。


 

ksn5.jpgksn6.jpgksn7.jpg

メニュー沢山ありますが、ここはうなぎ1匹という、特上うな丼 2760円を選択。


 

ksn10.jpg

しばらく待って到着します。普通はうな重食べるから丼は久しぶりだ。

 

 

ksn11.jpg

うなぎがご飯の上に重なっとる。


 

ksn12.jpg

うなぎの頭まではいっとる。特上、十分すぎる量のうなぎだ。

 

 

ksn13.jpg

三葉でなくてかいわれってとこが・・・・見た目のクオリティがサガル。

 

 

ksn14.jpg

なんか箸で持っても弾力感があるうなぎ。ぷりぷりしとるわ。

 

 

ksn15.jpgうなぎは関東風ばかり食べていたから、熊本風のうなぎがすんなり入ってこなくなっているのを感じます。食の好き好きは変わるようです。(TT)


2007年のダイニングエクスプレス記事

 

かわ専ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年1月10日 Posted time : 00:04 | Category : 編集長コラム

srir12.jpg

栄通りから、下通りと三年坂方面です。先にはCOCOSAがあります。青柳さんがある通りです。


 

srir13.jpg

右側には飲食店などが沢山入った、古い雑居ビル。何度か紹介したことのあるタイ料理 ピン・トンもここにあります。スリランカの国旗が目を引きますね。(言われなければどこの国旗かわかりませんが)

 

srir1.jpg

スリランカのカレーはファンが多いことで有名。800円のランチカレーセットはお得感があります。

 

 

srir2.jpg

階段を上がるといつものように、ここはアジア。

 

 

srir3.jpg

ピントンをすぎて奥の方が、スリランカ熊本。店内はあまりにもお客さんが多くて撮影できませんでした。びっくりしました。結構な人気がうかがえます。正月から胃袋にパンチを与えたいリピーターが沢山いるようです。

 

srir5.jpg

メニューはクリック拡大、戻る。

5種類のランチメニューから選択します。

☆3つ が日本の辛いレベルということですが。


隣の女性は一人で真っ赤なカレーを食べている・・これは・・・レベル5ですよ。私にはこれは無理だわ。しかも平然と食べておられる。

前回カレーのルワニでマイルドにしてしまった情けなさから、今回はレベル4にするぞ。(+50円)

 

隣の男性のドライカリーがおいしそうだったので、これに決定。

 

 

srir6.jpg

ファルーダってドリンクがあるのですね、

しかし絵の女性の目が かなり・・・

srir4.jpg先ずはサラダでこれからの 辛さに備えることにしましょう。

 

 

srir9.jpg

真ん中にドライカレーそして2種類のカレーと チキン・ジャガイモ。

 

 

srir7.jpg

レベル4はこの赤さは食欲をそそりますね。隣の女性のレベル5にも引けを取らない。

 

 

srir8.jpg

皿もそこそこ深くカレーの量もボリュームがあります。カレーが多いんじゃないかというくらい。

 

 

srir10.jpg

かなりココナツの味がして美味しいし、スープカレーみたいに辛いけど、するする胃に入っていくから不思議だ。汗が出てくる。

 

 

srir11.jpg食後にはヨーグルトアイスとアイスティー。ほっとしてお店を後にする。(850円)、今度またリピートします。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.15)

このページのトップへ

2018年1月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sech6.jpg

家族や親せきが集まるお正月。お正月といえばおせち料理。塩分が濃くてのどは渇くのですがこれを食べないとお正月が来た気がしないですね。私の今回のおせちは、朝は 八代グランドホテルのオードブルおせち 13,000円(税込)子供も好きな海老フライやから揚げも入っていてこれは結構食べるところが多いおせちでした。食事券1000円も入っていました。

 

 

sech7.jpg

実家ではこちら。このバージョンははじめてのの ホテルキャッスル熊本の フランス料理おせち。60000円(税込)。2枚プレゼントで年末ジャンポ宝くじが入っていますが、100万円に3000番くらい違いました。

 

 

sech8.jpg

開けてみましょう。仏蘭西 でなくて佛蘭西 となっています。

 

 

sech4.jpg

キャッスルのおせちにはメニュー表がついているんですよね。これがあると「これは何」ってならずにすみます。

洋食総料理長は松田祐一シェフ。

 

 


sech3.jpg

全貌はこんな感じです。

 

sech9.jpg

一の重。いくらもたっぷり。スモークサーモンは袋に入っています。蟹サラダが美味しかった。真ん中左に見えるのはあわび。ピンクの袋にかずのこのわさびクリーム和え

 

 

sech10.jpg

仏蘭西料理っぽいメニューが多い二ノ重。牛フィレ肉のパイ包みがインパクトあり。左下のパテドカンパーニュのゼリー寄せも美味しかった。これはワインが飲みたくなる料理のオンパレードや。

 

sech1.jpg

三の重はケーキやマカロン、チーズ。子供たちが喜ぶ段ですね。

 

 

sech2.jpg

ビン詰キャビアを発見。白ワインが欲しくなる。この時飲まなかったから、3日の日に百貨店でキャビアを買って家でシャブリワインを飲みました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アメリカ産】天然キャビア 20g
価格:3960円(税込、送料別)(2018/1/6時点)


 

 

sech5.jpgこちらはホテルキャッスルの45000円税込の3段おせち。今年も色々なおせちを堪能いたしました。1年が平和に過ぎてまた2019年も美味しいおせち料理が食べれればと思います。TT

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nailcafe33.jpg

年末に再度訪問しました、ネイルアンドカフェバー・リラさん。先日訪問したばかりですし、男性1人客は珍しいのか、私のことを覚えていただいてたようです。(嬉しい)

さて今日は年末のお休みに入っている人も多いシーズンのため、席はほぼ満席。カウンターに着席しました。前回同様カレーを頼むのですが、前回5・6を頼みましたので、今回は2・3を頼むことにします。

バターチキンカレー

アボガドキーマカレー


待つこともなく運ばれてきました。スーツネクタイでしたから急いでいると思われたのかも。

 

 

nailcafe44.jpg

日替りスープと ワンプレートでサラダとカレー。カレーは前回はスープカレーだったので容器に入っていたのですが今回は皿盛。味がコンビネーションしても美味しいでしょう。


 

nailcafe11.jpg

バターチキン

トマトベースに生クリームとナッツのコクが定番のカレー

 

nailcafe22.jpgアボガドキーマカレー

黒こしょうがピリッとスパイシー、アボガドでマイルド。

辛さは辛さ調節スパイスがありますので、それを入れてください、ということなので両方ともそんなに辛くないです。キーマカレーが個人的には気に入りました。ここのカレーってスパイスを使って丁寧に作られた感があるんですよね、女性の若いシェフの方ですが。


またカレーが食べたくなったら訪問させていただきます。(TT)

 

前回の記事

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

 

このページのトップへ

2018年1月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptt8.jpg

真冬はアジア料理。2度目の訪問です、タイ料理ピントン。平日昼間、COCOSAから伸びるこの通りは閑散としています。


 

ptt1.jpg

階段で2階に上るとアジア。隣はスリランカ料理。2度目なのでだいぶ慣れました。

 

 

ptt3.jpg

前回同様店内奥の右側のスペース、店員さんから全くの死角になるスペースで落ち着いていただくこととする。

 

ptt2.jpg

ランチは800円から。今日は注文は一時以降にしてくれ!メニューの パッタイ・セット 950円にします。というかこれを食べるために1時に合わせてやってきました。暇ならば1時前でも作ってくれるんだと思いますけど、わからない。

 

 

ptt4.jpg

生春巻とグレードアップ(+200円)してトムヤムクンに。今日のトムヤムクンはずいぶん酸味が弱い。パンチが少なく煮込まれた感がある。少し物足りないが、日にちによって変わるのだろうか。

 

 

ptt5.jpg

パッタイ到着。

パッタイは焼きそばの類似。学生の時タイへ旅行した時に一番目に覚える料理は、カオパッ(焼き飯)とパッタイ(焼きそば)。これは日本人の口にあう。


干しエビがかかっている。パクチーをたっぷりかけて食べたいわ。

 

 

ptt6.jpg

麺が短け、タイの屋台で食べたパッタイを思い出す。そういえば30年くらい昔は10バーツ(ハーバーツという)25円から30円くらいで食べれたっけ。なつかしいじゃない。

タイに思いをはせながら完食。

 

ptt7.jpgコーヒーは無料、アイスとバナナの揚げ春巻きも付いていた。TT

 

前回の記事はこちら

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2018年1月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

BATAN7.jpg

 熊本・西銀座通り ドン・キホーテより少し下通り寄りにあるこのお店を訪問しました。「馬タン牛タン」。うまたん ぎゅうたんと読むはずですが、どうしても競馬の馬連・馬単を想像してしまいます。熊本で馬関係というのは観光客にやはり人気があるのですね、外国の方とか観光客っぽい方がお店に吸い込まれていきます。


BATAN1.jpg

ランチメニュー、クリック拡大・戻る。

一番安いのが馬丼980円、あとは1000円台から2980円、税込3000円超メニューですから、そこそこの価格帯。ドリンクがアルコールもOKというのは珍しいですね、仕事だからアルコールは無理なので、ホットコーヒーをと思ったら、アイスコーヒーしかありませんでした。この時期にホットドリンクがないのはつらいかも。

 

 

BATAN2.jpg

牛タンだけのメニューがあればと思ったのですが、ありませんでした。

結局、赤牛と牛タンの二種炭火焼き ごちそう丼 1980円にしました。税込で2000円オーバー。

サラダ・味噌汁・小鉢付

 

BATAN3.jpg

こちら側が赤牛で

 

BATAN4.jpg

こちら側は牛タン


 

BATAN5.jpg

半熟卵をつぶしていただきます。ご飯の量は結構ありました。

 

 

BATAN6.jpg

ごちそうさまでした。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

このページのトップへ

2018年1月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uoy1.jpg

田崎市場へ来ましたので、ランチをして帰ることにしました。田崎市場って卸売市場なのに食べるとこ少ないんですよね。中華の栄耀か、肉食堂よかよかとか。

ここは来たのはじめてです。こちらの写真は入口。反対側にも入口があり駐車場側です。

 

uoy2.jpg

こちら。こちらに12時前だというのに結構な行列が・・・・これは期待できるんじゃないですか。行列を見ても帰る人いませんよ。並んでも食べたい!ってことですね。

営業時間は

AM6:00?9:00 AM10:00?PM2:00 PM6:00?9:00(ラストオーダー)

これは11時すぎでも11時30分でも並ぶ可能性ありますよね。逆に1時過ぎの方が空いてるかも。

 

uoy16.jpg

定食700円とかですよ。

ここからランチメニュー全掲載しますので、どれにするか考えましょう。拡大、戻るもできますよ。

 

uoy4.jpguoy5.jpguoy6.jpguoy7.jpguoy8.jpguoy9.jpg

メニュー多すぎでしょう。油淋鶏定食があるのは栄耀さんと親戚関係でその関係だとか。

 


uoy3.jpg

悩んだ挙句、この1000円の本まぐろ丼に決定。丼の上の赤い線がまぐろでしょう!

 

 

uoy10.jpg

こちらは同行ユー課長の 刺身御膳(梅) 1000円 ご飯大盛

 

これで野口英世先生1枚ですか! ガクガクブルブル

それに正月前にナマコなんて食べていいんですか。


 

 

uoy11.jpg

刺身8種類プラスなまこ

これには参った。

 

 

uoy12.jpg

私はこれだ。

天然本まぐろ丼。これもコスパいいね。ご飯は普通盛。

 

 

uoy13.jpg

この前(久留米のうなぎ)もそうだけど、錦糸卵はね、いらないんだけど。魚がいいから我慢だね。刺身定食のマグロよりこちらの方がさすがにいいマグロっぽいですね。

 

 

uoy14.jpg

いいですよ。

 

uoy15.jpg1000円でこれって大満足。 デザートが缶詰というのと、味噌汁がかぼちゃでなくて魚の汁物だったら最高なんだけど、今度は刺身御膳(竹) 1500円いってみたい。今度また食べに来よう。松野覚悟で。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.20)


 

 

このページのトップへ

2018年1月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bonv15.jpg

ホテル日航の裏手でセブンイレブンのすぐ近くにある、Bon Vita(ボン・ヴィータ)に来ました。フレンチなのですが、シェフはイタリアン出身でイタリアの料理法をうまく取り入れたフレンチ。「食べて健康になる料理」を提案されています。

井本慶太シェフはイタリアの星付レストランで8年勤務の後、南阿蘇で「Trattoria Keita」をオープン、市内「Sazae」のオープニングシェフも勤められ、現在はBon Vitaのシェフをされておられます。

 

 

bonv12.jpg

店内はカウンターとテーブル席、白・青を基調にしており今日は貸切なので、テーブルセッティングも斜めにしてあります。総席数は30席。

 

bonv13.jpg

先ずは熊本ワインプロデュースのスパークリングワインで乾杯。結構にごりがあるスパークリングワインです。

 

bonv9.jpg

前菜です。前方からハガツオ、鴨

 

 

bonv8.jpg

Domaine Macon Verze 2014

ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2014

自然系ワインやフランス、イタリア、新世界に至るまで多くのワインのバリュエーションがあります。

 

bonv10.jpg

シャルドネです。

 

bonv4.jpg

パン

 

bonv1.jpg

あんのう芋の入ったスープ。ごぼうの味がしました。

 

 

bonv3.jpg

スクランブルエッグ
クレーマ・フレーシュとキャビア

ここのシグネーチャ―料理ですね。

 

bonv5.jpg

海老 スープにだいぶ味が出ている。

 

 

bonv2.jpg

Meursault 2015 "Les Grands Charrons" 

ムルソー


 

bov6.jpg

お口直し

 

bonv11.jpg

 

赤はカントメルルの2011(写真は09)とラコストボリー2012 (グランピュイラコスト2nd)を比較しながら。

値段的にも同スペックだったが、オーメドック5級 カントメルルは飲みやすいボルドーでよし。


 

bonv6.jpg

和牛ホホ肉のワイン仕込み

 

 

bonv7.jpgデザート

 

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

ボンヴィータホームページ

このページのトップへ

2018年1月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1nos8.jpg

熊本、上の裏通りや並木坂などこの界隈がにぎわう火付け役となった 壱之倉庫に久しぶりに来ました。(先週も来たのですが)蔵が目印ですね。ファミリーマートから横道に入ります。たまに訪問するアジアンキュイジーネ 333(バーバーバー)の斜め前。

 

 

1nos9.jpg

ビア・レストランと書いてありますが、洋食レストランという感じです。この界隈ではコストパフォーマンスも高いランチの人気店でもあります。

 

 

1nos10.jpg

この倉庫って移転されてここに来たのか!知らなかった。

 

 

1nos1.jpg

天井が高い、ふきぬけの蔵。この天井の高さが気持ちいい。入口から奥を望む。

 

 

1nos2.jpg

奥から入口方面を望む。


 

1nos11.jpg

ランチは8種類。

スープ・サラダ・メイン・パンorライス・ドリンク・デザート で税込の値段ですよ。

800円から1300円まで。800円のチキン南蛮は特にコスパいいですね。周りの人を見てもチキン南蛮食べている人も多い。人気メニューではないでしょうか。だって、弁当とコーヒー・デザートでも800円はするんですよ。

 

 

1nos12.jpg

RICH LUNCH 2000円もあります。魚・肉がついて2000円というのもコスパは良いですねぇ―、食べたことはないですけど。

 

 

1nos3.jpg

スープとサラダ。サラダには少し豆腐が乗っています、そして今日はいくらが乗っていた。

 

 

1nos5.jpg

私は 秋鮭と木の子のバター醤油包み焼き 1000円 に。来年は鮭が不漁により高騰することが報じられてますね。

 

 

1nos6.jpg

色は濃厚ですが、そんなにまったりはしていません。いんげん、えのき、ねぎ、トマト、しめじ。

 

 

1nos4.jpg

こちらはボリューミーで甘酢が特にあうチキン南蛮。女性はこのボリューム大丈夫って感じです。

 

11nos13.jpg

明太クリームパスタ 900円

 

 

1nos14.jpg

ジャンボソーセージとチキンのグリル 950円。ソーセージはスパイシーです。

 

1nos7.jpg

ドリンクとパンナコッタ・マンゴーゼリー がついてます。これが着いていると女性も嬉しいですよね。だから女性のお客さんも多いのでしょうか。雰囲気もいいしこれでランチが1000円以下、チキン南蛮800円ってコスパ良すぎじゃないですか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

壱之倉庫 ホームページ

このページのトップへ

2018年1月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lila11.jpg

上通り過ぎて並木坂の途中に4月にオープンした、カフェを訪問しました。ネイルアンド カフェバー リラ。これはもちろん女性ターゲットのカフェですよね、ネールですよ。編集長(私)がネールをするわけではないですけど。

 

 

lila10.jpg

さすがネールのお店、女性の料理人の方のアレンジがとてもフォトジェニックなスイーツの写真が。綺麗。

 

 

lila9.jpg

ランチはカレープレート 1000円があるようです。これにしましょう、入りましょう。

 

 

lila1.jpg

男性でも大丈夫ですか、と一応断りを入れて入店。清潔感あふれるナチュラル系カフェ。

 

 

lila4.jpg

ハーブティーもこだわりが沢山あり。

 

 

lila3.jpg

クリック拡大、戻る

夜は色々なフードメニューとカクテルなどもあり、ご飯を楽しむことができるカフェ。

 

lila2.jpg

6種のカレーのうち2つが選べるカレープレート。

1.欧風ビーフカレー

2.バターチキンカレー

3.アボガドキーマカレー

4.ホワイトカレー

5.ひよこ豆と野菜のスープカレー

6.グリーンカレー

 

lila5.jpg

5.スープカレー と6.グリーンカレー。ライスは結構多くてターメリックライスの色が付いています。サラダ・スープ付。グリーンカレーはチキンが入っています。


 

lila6.jpg

さらっとしたスープカレー。辛さはマイルド。

 

lila8.jpgひよこ豆、はいってます

 

たまにはカフェ飯もよいですね。次は違うカレーにチャレンジ。(TT)

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

 

このページのトップへ

2018年1月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09846.jpg 久留米の鰻の名店、ふぢ井うなぎに来ました。想像とは違いレトロ調のお店の外観にびっくりしたのはいうまでもありません。福岡佐賀2014ミシュランで唯一うなぎ部門でミシュラン一つ星を獲得しているお店です。予約しておいてよかったです。お店は昭和54年創業で現在は2代目の  筬島 浩之 氏がオーナー兼料理長をつとめます。


fuju1.jpg

予約優先ということが書いてあります。お店のキャパは少ないです。15名といったところでしょうか。 

  

fuju2.jpg今日の一番最初のお客さんのようでした。4名で訪問しましたので奥の座敷に座りました。ここは予約していないと料理が出る時間がかかるお店だと思います。

  

  

fuju3.jpg


メニューは豊富ですね。普通に東京とかで頼むのと違いわかりにくい。うな重というものがないじゃないですか。それに代わるものはうな丼なのでしょうか。かつ丼900円、親子丼800円というメニューはさすがに頼みにくそうだが。。。鰻が苦手な人のためか、うな丼+かつ丼というパターンもありきや。お子様サイズうな丼+かつ丼で1800円だ。

 

fuju4.jpg写真付きのメニューもあります。私は普通はうざく派ですが、ここは珍しい鰻の唐揚げを。

 

 

fuju5.jpgこちらはウナギの骨。出てくるまでの間、ポリポリ。4人前にしては少ないと思いきや。自家製だろうか。

  

fuju9.jpgうなぎのからあげ。あえて食べなくてもいいかなくらいのイメージですかね。

 

fuju10.jpg


私は上鰻丼を注文しました。お箸も上質、丁寧な感じが出ています。

 

fuju11.jpgオープン。お、太めの錦糸卵がごはんの上に。見た目のうなぎはそんなに量が多くない。実は錦糸卵とうなぎご飯はあまり好きじゃない。メニュー写真に錦糸卵がのっているのがあったら頼まなかった。ここは聞いておくべきだった。蒲焼定食を頼むべきだったか。

  

fuju15.jpg

ご飯の間にうなぎが入っている。錦糸卵が麺のようで、うなぎ+ごはんを食べる邪魔をする。ご飯は比較的柔らか目の部類だと思う。

  

 

fuju12.jpg さわやかな肝吸

 

fuju6.jpg

こちらは同行者が頼んだ鰻わさ丼、人気メニューのようである。このような丼は珍しい。

 

fuju7.jpg

細切のうなぎの上に万能ねぎがたっぷり。わさび、ねぎ、のりに秘伝タレがマッチしているとのことだが、どんな味なのだろう。


 

fuju8.jpg

アップの写真を撮ってみました。

 

fuju14.jpg

海苔をふりかけて、美味しそう。しかし「一口どうですか?」という言葉もなく全部食べられて・・・・自分から「下さい」とは言えませんのでね。少し残念。いえめちゃくちゃ残念、味の想像のみ。


 

fuju16.jpg

食後にコーヒーをサービスくれます、鰻屋さんで上質なコーヒーをいただく、いいですね、この一杯のサービス。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

このページのトップへ

2017年12月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kaitm9.jpg

北九州へ業務で行き、門司港レトロ地区に来ました。仲卸直営店のお寿司屋 海人(かいと)へ来ました。ちゃんらーを食べに来たのを思い出しましたが、だいぶ前だったんだなぁ。ちゃんらーの記事

 

 

kaitm10.jpg

廻転寿司と書いてあります。


 

kaitm8.jpg

入りましょう。

店内では お寿司レーンはありますが、寿司は1つも回っていません。

富山スタイルですね。

お店の方もオーダーしてくださいねーと。

 

 

kaitm3.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

110円メニューからいろいろあります。

 

kaitm1.jpg

おつまみメニューなども豊富

 

kaitm2.jpg

寿司のランチメニューもあります。

特上にしようと思ったけど、天ぷらが不要なので、寿司御膳DX にしました。

にぎり9貫、手巻き1本、茶碗蒸し、赤だしのセットです。

回りをみると、寿司御膳を頼んで後お好みでオーダーという方もいるようですね。

 

kaitm4.jpg

茶碗蒸し。最初に食べなければ良かった。温かくて美味しいのだがスープと同じでお腹にたまる。

 

 

kaitm5.jpg

単品の活いわし 230円

 

kaitm6.jpg

単品のトロサーモン 230円

 

 

kaitm7.jpg9貫セット。結構なボリューム。お腹いっぱいになりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.26)

このページのトップへ

2017年12月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rcont1.jpg

県外からの来訪者があり、洋食通のYHさんに紹介してもらいこちらを訪問しました。私は初めての訪問です。フレンチビストロ ル・コントワール。ランチは土日しか営業していません。20席ほどのお店。

 

 

 

DSC09788.jpg

昼は(営業していませんが)こんな感じで上の裏通りからみると駐車場のそばで、蔦のからまる建物です。1本横道に入るだけで静かな感じです。

 

 

rcont2.jpg

店内はこんな感じ、クロスはかかっていないテーブル。ビストロですね。



rcont3.jpg

収容能力あるワインセラーが2台。カウンターもあります。お店の名前のコントワールとはフランス語でカウンターという意味。お客様に目が届く距離で美味しい料理が提供されます。

こちらの今野修平シェフは、ハンガリー・オランダの大使館で通算5年の経験がある公邸料理人。ヨーロッパ本場で要人をおもてなししていた経験もあります、料理にも熊本県産の素材が多用されています。

 

 

rcont4.jpg

CHAMPAGNE DRAPPIER Carte d'Or Brut

シャンパーニュ ドラピエ カルト・ドール ブリュット

フランスのシャンパン。1808年にシャンパンメーカーとしてスタート。現社長は8代目で、フランスを代表するシャンパンの一つ。


 

rcont5.jpg

オードブルは生ハムとフォアグラのもなかサンド

最近増えてきたフォアグラをサンドして食べるスタイル。シャンパンにあいますね、そして

 

 

rcont6.jpg

Puligny Montrachet Les Reuchaux 2014 / Yves Boyer Martenot 2013

ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2014 / イヴ・ボワイエ・マルトノ

モンラッシェでは(値段も)飲みやすいか、軽いエレガント感があるワイン。


 

rcont7.jpg

マサバとレンズ豆 生サバが出てくるとは、レンズ豆が食べにくいですが。

 

 

rcont8.jpg

BREAD

 

 

rcont9.jpg

グルテンフリーということで からすみが振り掛けてあるリゾットをいただきました。米の芯が残った美味しいリゾット。

 

 

rcont10.jpg

金目鯛、はまぐり、たらの芽

もうたらの芽ですか、早いものですね。

 

 

rcont11.jpg

赤はボルドーにしたかったのですが、あいにく飲みたくなるボルドーワインが・・・

オススメしていただいたのが、これ。バルバレスコ。イタリア・・・

 

Produttori del Barbaresco 2007 Rio Sordo

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

ネッビオーロ100%種。数日経ったら飲んだ記憶がないくらいのイメージ。

 


rcont12.jpg

新たまねぎのスープ

 

 

rcont13.jpg

すずき、天草根セロリ

 

 

rcont14.jpg

和牛フィレ

 

 

rcont15.jpg

デセール

 

rcont16.jpg

エスプレッソ

 

 

rcont17.jpg

2次会は2017.6オープンの手取神社参道にある、ワインバータナカにはじめて訪問。ビストロ遠山とワインバーとワインショップが共存しているような不思議な空間。


バンド・オブ・ヴィントナーズコンソーシアム

カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー2014 をグラスでいただく。


ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

このページのトップへ

2017年12月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPH1.jpg

上の裏のグリルドギャンのそばにある、サニープレイスハンバーガーに行ってみました。9月にオープンした健軍の2号店です。がっつりした肉肉ハンバーガー、熊本ではお店があまりなくて欲していたのですが、いまは食べません。(パンと小麦入りパテ)でも行ってみたかったのです。

 

 

SPH11.jpg

ステーキメニューもあるから大丈夫。

 

 

SPH2.jpg

お店に行って、メニューや実物を見たかった(人のだけど)すごいハンバーガーっ。

 

SPH6.jpg

メニューも豊富ですごいインパクトあるわ。

実物のブラックスペシャル見ましたが、すごいわ。それにチーズハンバーガーもとろとろチーズで女子はインスタ!皆カメラで何枚も撮っている。

 

 

SPH3.jpg

チーズハンバーガーがかなりの人気。


SPH4.jpg

いいんです、私はハンバーガーではなくてステーキ。そうですね、座布団の200gくらいにしておきますか。

 

 

SPH5.jpg

狭い店内はパテを焼いているせいか空気が肉の香りで服につきそう。POPな店内。

 

 

SPH9.jpg

サラダもスープもなんもなし、肉とめし。

 

 

SPH7.jpg

湯気が美味しそうな・・・

 

 

SPH8.jpg

十分な量のボリューム。肉を食べながら人のハンバーガーに視線が行く。

 

 

SPH10.jpg

いや、おいしいですよ、US肉。でもソースの味が濃厚すぎて塩コショーが好きな私には味が濃いと感じてしまいますね。これに塩かけたら塩分多いっしょ。

聞いたところ、バンズは肉100%とのこと。本当ですか。では今度おじゃまします。(TT)


食べログ(採点まだなし)


サニープレイスハンバーガーホームページ

このページのトップへ

2017年12月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

inaro8.jpg

市役所に用事があり、すぐ裏、近くのこのビルでランチすることにしました。1Fのルモンドは今日はお休みのようです。

 

 

inaro9.jpg

イナロというカフェ風レストランがあるので、こちらに行ってみます。カフェ風なので女性がいっぱいというオチになりそうですが、まだ早い時間なのでそれは大丈夫でしょう。

 

 

inaro1.jpg

日替りランチはチキンソテー たらこマヨネーズ焼き。

 

 

inaro2.jpg

エレベーターで3Fに。イナロの意味はよくわかりませんが、とりあえず入ってみましょう。

 

 

inaro3.jpg

雑貨屋さん風のナチュラルテイストのお店ですね、カフェ風で女子テイストなお店です。でも寒い冬に木のチェアは私は時間が持てない。カウンター席もあるようで、次々と女子がランチに入ってきていました。

 

 

inaro4.jpg

人気ナンバーワンと書かれているから、これにしようかな。チキンソテーレモンソース、濃厚そうなソースが想像できる。サラダ・スープ・コーヒーがついて980円。

 


inaro5.jpg

スープとサラダを頂き

 

 

inaro6.jpg

来ました。パンではなくてライスというのが嬉しいです。ライスに二重線が引いてあるので、パンという選択肢はないよ、っていうことでしょう。

 

 

inaro7.jpg

と思ったら、このチキンの上にパン粉が、ふりふり。うーん。チキンは表面かりっと、ソースはやっぱり濃厚です。バターと生クリームだからカロリーも高そう。でもこのソース美味しい部類だと思いますよ。普通に完食しました。


ブログのYAさんも4月に夜訪問されたようです。チキンソテー食べられているようですね。その時の記事。

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 


このページのトップへ

2017年12月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dwg1.jpg

研修があり、福岡の宗像にある「玄海ロイヤルホテル」にやってきました。2度目の宿泊になります。ここは世界遺産にも認定された「宗像大社」のすぐ近くとだけあって、最近宿泊客が日本人・外国人問わず増えてきているとのこと。この日も土曜日だったのですが、満室で、大型バスからアジアの方が沢山ホテルに入ってきていました。

 

 

dwg2.jpg

今日の夕食は1泊2食のパックで玄海海鮮懐石。平日ツインに泊まれば1泊2食付で10000円を切る料金というリーズナブルさ。週末はそういう風にはいきませんが。

 

 

dwg3.jpg

小鉢2種

 

 

dwg5.jpg

海の幸鍋。海鮮やらの味噌風煮込み。

 

 

dwg6.jpg

造りの盛り合わせ。あわびも少々、刺身も何種類か入っていてこれが一番よかったかな。

 

 

dwg7.jpg

海老芋饅頭 玄米揚げ ソースはごま風

 

dwg8.jpg

茶碗蒸し

 

 

dwg9.jpg

天ぷら盛り合わせ(今は私の友達ではない)

 

 

dwg11.jpg

烏賊しゅうまい

 

 

dwg4.jpg

釜飯。途中から火をつけてぐつぐつ。海鮮が少し入ってます。

 

dwg10.jpg

出来上がりはこんな感じ。美味しそうです。それにうっすらついたおこげが更に美味しさを引き立ててくれます。しかし味が薄いんだ。

 

 

dwg12.jpg

デザート。この後ホテル内にある居酒屋に。翌朝はバイキング朝食。料理長の考案した「内田焼き」というすりみ揚げが美味しかったです。(TT)


玄海ロイヤルホテル ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

333th1.jpg

ベトナム・タイ キュイジーネ 333(バーバーバー)に来ました。平日も普通にさらっと入れます。冬にアジアン、これがいいんです。店を出る時には頭のてっぺんから汗噴き出して、うー寒ぅ っていうのが理想。

 

前回訪問時に決めたように、今日はタイカレーにします。

 

 

bbbth2.jpg

たっぷり野菜、前回は生春巻きだったけど今日は揚げ春巻きが前菜。

 

 

333th2.jpg

タイカレー到着。これは、困った。広い皿にライスが乗っていて、そこにカレーをつけて食べるのが理想なのだが、茶碗に入ったご飯だから困る。

 

 

333th3.jpg

チキンが2本。カレー自体は思ったよりサラサラのココナッツ風味で、強烈なパンチはないので食べやすい。もっと具があればいいのだが、スープカレーみたいに飲んでも大丈夫な辛さだ。

 

辛い物を食べた後のコーヒーって美味しくないわ。辛さが口に残っているから甘いものがいい。

 

帰る時、外に出たら頭の上が暑くなっていて案の定 うーさむっ。 ケが少なくなってきているから(TT)

 

以前の記事


アジアン屋台 333(バーバーバー) 2度目 パッタイ。

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ppk1.jpg 一度来てみようと思っていましたが、なかなか訪問しなかった熊本のフレンチに来ました。ランチです。市役所のそば、駐車場の前のビルの2Fにあります。ピンクの看板が目印。ル・プチ・パリ。

 

 

ppk10.jpg

メニューも手書きでとても見にくいのですが、セットメニューで1520円(税別)からですね。

 

 

ppk2.jpg

初めてだからこの狭い階段を上がるのは勇気がいるような。壁もピンクだし。

 

 

ppk3.jpg

入口はこちら。フランス・パリのアパートのような、プチホテルの入口のような妙にレトロ感を感じます。

 

 

ppk4.jpg

店の幅は狭いです。ハイブリッドなフレンチばかり訪問しているとこのふわっと感はいったいなんなんだろう?と思ってしまう。だから、まるでパリに来たかのような妙な空気感に包まれてしまうのが不思議だ。

 

 

ppk5.jpg

1520円から3670円、スペシャルコースは5400円まで。

何にするか悩むべくもなく、無難そうな牛肉の木の子ソースにします。

 

 

ppk6.jpg

奥さん(と思われる人) が注文とりや料理を運びます。食器を棚から出す音がうるさいんだけどと思いつつ、前菜。

魚のテリーヌ(中は帆立)とサラダ。パンはパスしました。

見た目以上にしっかりと作られたテリーヌですね。

 

 

ppk7.jpg

ポタージュスープ。結構テリーヌでお腹がふくれました。


 

ppk8.jpg

メインが来ました。結構のボリュームです。そして思った以上に想像以上に味がいいのです(かなりクリーミーな味ですが濃厚ソース)、これにはびっくりしました。さすがフレンチを唄うお店で平成元年から営業しているだけあり、マスターは料理の腕はありますね。ソースで食べさせるフレンチ、ソースと肉のマッチングもよいですし、ポテトの千切りを焼いたものが少し焼き過ぎたのを除けば、これは美味しい一皿ですよ。

 

 

ppk9.jpg

デザートは3種類からタルト、プリン、ガトーショコラ。プリンを選択、ジェラートも美味しくて普通デザート残しますが全部食べてしまった。税込1750円。これはボリュームあって、私は肉魚の両方は無理だ (TT)

 

食べログ(掲載時点 3.03)


 

 

 

このページのトップへ

2017年12月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

canc11.jpg

男性だけですが、居酒屋忘年会というのもシャレないので今日はイタリアン。半年ぶりに訪問です、アンティコカステッロ。私が予約しました。私以外の人ははじめてとのこと。

 

 

canc12.jpg

美味しいワインと料理となると、どうしてもイタリアンとかフレンチ、ビストロという選択肢になってしまいますね。

 

 

canc16.jpg

ferrari brut 6480yen

イタリアのスプマンテでもめちゃくちゃ有名なフェラーリで乾杯。イタリア服飾界のブランドでも御用達ブランドですね。

 

canc17.jpg

シャルドネ品種で24か月樽熟成の本格派スプマンテ。

 

 

canc18.jpg

今日は5500円のコース料理で普段より前菜生ハム多めというリクエストしていました。さわら、県産若鶏、生ハム5種とサラダ。

結構満足感ある生ハムサラダでフェラーリが美味しいです。

 

 

canc19.jpg

美味しそうなパンですが、私は食べず人にあげました。

 

 

canc1.jpg

豆のスープ。(何の豆か忘れました)

 

 

canc20.jpg

SAUVIGNON LIVIO FELLUGA  7720yen

ソーヴィニヨン リヴィオ フェッルーガ さわやかな白、ソーヴィニヨン種だけありワインの出来自体が秀逸。ラベルが複雑なデザインでかわいい。

 

 

canc2.jpg

CASANOVA TOSCANA vermentino  6372yen

ソーヴィニヨンからトスカーナの白、ヴェルメンティーノ種のワインに来ました。さわやかな白でライト感はありますが、以外と飲みやすく感じるワインではないでしょうか。

 

 

canc3.jpg

熊本坂本いのしし肉のパッパルデッレ

幅広麺、私はいのしし肉のソースを少しだけ食べました。そしてパスタは他の人に。

 

 

canc4.jpg

芦北あしあか海老のリゾット。米の食感といい海老の旨みが凝縮されて、いいですね。

 

 

canc5.jpg

IL BACIALE 2014 (イルバチャレ)

イル バチャレ モンフェッラート ブライダ ピエモンテのワインです、バルベーラ60%、ピノ・ネロ30%、カベルネ・ソーヴィニョン5%、メルロー5%  マリアージュされていいですね。やわらかい赤。


 

 

 

canc6.jpg

メインはお肉の方は鹿肉。一口頂きましたが、火が通っていて食べやすかったです。

 

 

canc7.jpg

魚は天草の鯛

 

 

canc9.jpg

まだ飲み足りず

Ronco Nole Azienda Agricola di Lenardo

高品質少量生産の「ディレナルド」ワイナリー、メルロー 50%/レフォスコ 25%/カベルネ・ソーヴィニヨン&フラン 25%

イタリアワインってこのあたりの普通に2千円くらいで買えるワインもポテンシャルありますね。

 

canc8.jpgcanc10.jpg

生姜ムース、フランボワーズ、エスプレッソ。今日も御馳走様でした。また3次会で飲んだ シャトー・クロワ・ムートン 2014 が価格の割にボディがしっかりして本当にバリュー感高いと思いました、びっくりしました。(TT)

 

アンティコカステッロ イタリアン 熊本市桜町(2)

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ekin8.jpg

JR熊本駅です、もう数年もするとこの駅舎を見ることができなくなるのですね。しかし張りぼてみたいな窓の駅舎って政令指定都市の玄関口としてどうなんだろう。今日はエキナカに来てみます。エキナカとは改札中とか駅にある場合、両方のケースで使用されるようだ。

 

 

ekin2.jpg

ファミリーマートのそばの駅中食堂。

 

 

ekin1.jpg

定食や居酒屋メニューなどのディスプレイ。入ってみることにします。

 

 

ekin4.jpg

店内はテーブルが2列に並んでいて、入り口より以外に広いものだなと感じた。


 

ekin3.jpg

クリック拡大、戻る。

定食メニューはいろいろありますが、生姜焼定食、からあげ定食は680円。価格改定の張り紙が見ずらいです。1000円のビフテキ定食を頼んでいる人が何名かいた。


 

ekin5.jpg

味噌豚焼き定食 780円(税別)にしました。それほど時間もたたず運ばれてきました。一応駅という場所柄ですね。小さな豆腐と味噌汁、ごはん、味噌豚です。

 

 

ekin6.jpg

しっかり味のついた味噌豚が7,8枚は入っていたのでおかずにはなります。

 

 

ekin7.jpg

これは普通盛り。夜は居酒屋にもなるようです。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.0)


 

 

 

このページのトップへ

2017年12月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏もうなぎ、冬もうなぎ。ラーメンに変わってうなぎ。値段は高いが東京のうなぎは満足度が高い。そして今日も鰻の名店を探す、

ということで

 

hsgu18.jpg東京・平和島のうなぎの名店 はせ川さんに来ました。平和島というと競艇のイメージがあるのですが、初訪問。京急蒲田から品川行に乗換えて戻ること3駅。以外と小さな駅、駅前の小さな商店街を抜けてそれから左折して環七に出て横断歩道を渡ればすぐ。

 

hsgu17.jpg結構立派な建物でびっくり。90何年も前ってこのあたりは何にもなかったんでしょうね。

 

hsgu20.jpgお店の前に主要メニューが書いてあるとは親切。

 

hsgu1.jpg入ってみましょう。日曜日のお店がオープンしたてというのに、お客さんが多いこと。地元の人なんでしょうか。テーブル席に着席。店内は和風というわけではなく、明治大正チックな洋風。

 

hsgu2.jpgこだわりを感じる。

 

hsgu3.jpgメニューはクリック拡大、戻る。

メニューに目を通しましょう。上は3600円です、東京の標準に近い価格帯です。

全く気が付かなかったが、玉子重 800円とか、親子重 1300円、 うな玉重 1700円という安いメニューまである。

頼みにくいが、どういうのものか食べてみたいが。

 

hsgu4.jpg

鍋料理があるとは珍しい。

 

 

hsgu5.jpg鰻ハムという珍しいものにも惹かれるが、

うざく と うな重(上) 本当は日本酒かワインだが、お茶。

 

hsgu6.jpg酢とうなぎのバランスが良いうざく 800円。上品な仕上がりだ。

 

hsgu7.jpg

うな重(上)が到着しました。10分くらいで到着しました。いい感じです。

 

 

hsgu9.jpg

この蓋をあける瞬間がたまりません。ほんとうに綺麗なうなぎ。重一面です、松だとご飯が見える部分が多いです。やはり見えない方がいい。

 

 

hsgu8.jpg

お新香もこだわりと美味しさがある。うなぎはお新香のポテンシャリティも大事なのです。


 

hsug13.jpg

これもクオリティの高い肝吸、熱めですので三つ葉のさやわかさを感じゆっくりと頂きます。

 

 

hsgu16.jpg

蓋の裏を見ると、この字では はせ川とは読めないが。むせ川かなぁ。

 

 

hsgu10.jpg

うなぎは一番真ん中の部分から食べるようにしていますが、本当は左側からか

 

 

hsgu14.jpg

身はふっくらして、秘伝のタレは香ばしく切れの良い上品さ。うなぎの脂感も上品すぎる、いい。

 

 

hsgu15.jpg

ご飯はそんなに固めではなく、水分も含むが次第にこのうなぎにはこの炊き具合がマッチしているのでは思う。うなぎの柔らかさと米の炊き具合が見事にマッチしたうな重だ。これは箸がすすみます。

 


hsgu12.jpgこの山椒が秀逸だ。以前はもっとピリピリしていたとの情報もあるが、十分なほどの香りとピリ感は残る。近くに住んでいるおじさんだろう、ふらっと立ち寄り、碁の本を読みながら うなぎ(松)を食べて帰った。カッコいい感じがした。 (TT)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 



 

このページのトップへ

2017年12月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

addo14.jpg

土曜日に浜松町でランチ。オフィス街のため気の利いたお店で営業しているところは少ない。そこで出てきたお店が、ここ。Aux Delicies de dodine (オ・デリス・ド・ドディーヌ)

11:30のオープンに合わせて訪問。


addo2.jpg

豚肉にこだわっている、フレンチビストロ。

 

オープンの11:30に訪問した。ガラガラ!と思いきや、ほとんど予約客さんで私ともう一人だけが予約なしで入れました。ドディーヌすごい。

 

 addo1.jpg

このメニューを見て、当ブログの読者ならピンと来たかも。そう最近掲載した


Les Jardin des dodine (レジャルダンデドディーヌ)浜松町ビストロ、びっくりする。


系列店です、オデリスが先にオープン。

 

addo4.jpg

カウンター、テーブル席で30席少し。ビストロ。それも2018ミシュランのビブグルマン(5千円以下で美味しいものが食べれる店)にもリストされるお店です。昼も夜も人気。

土日は1000円ランチも席が予約できると聞いてびっくり。予約です、といって次々にお客様が入ってくるから。

 

 

addo3.jpg

前回は豚ロースのソテー(当店は豚ロースのロースト)を残してしまい、ですが今日は体調悪くないからどうでしょうか。

 

 

addo5.jpg

カウンターの前にも豚の飾りやら

 

 

addo6.jpg

いも豚ってあるんですね。どれも結構なボリュームがあるようです。

 

 

addo7.jpg

今日はポタージュではなくてサラダをチョイス。サラダは美味しい。いつものようにバゲットパンは遠慮しました。

 

 

addo9.jpg

豚ロースト到着。失敗したよ、つけ合わせがサラダ。かぶっているじゃないか。


でも、やっぱりでかい。

 

 

addo8.jpg

面積があって厚さは1cm少し。マッシュポテトもたっぷりだ。表面の部分がカリカリで特に美味しい。

 

 

addo10.jpg

肉は結構ジューシーです。それに味付けも前のお店より少し濃い。美味しいです、これで1000円ならば流行りますね。でも全部食べきれませんでした。ごめんなさい。300gは結構牛肉を食べるよりきついかも。豚肉だと結構噛みますからね。

 

 

addo12.jpg

エスプレッソ(+200円)とデザート(クレームブリュレ、+300円)を頼んでみようと思って。

 

 

addo13.jpg中は固めの味の濃いブリュレ。デザートまで食べて1500円。これはやっぱりコストパフォーマンスの良いランチですね。3店舗まで残す一つ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

1号店 オ・デリス・ド・ドディーヌ 2013年02月
2号店 レ・ピフ・エ・ドディーヌ 2014年11月
3号店 レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ 2016年02月

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uose14.jpg

東区花立にある、魚やさん、アーンド海鮮食堂 魚勢(うおせい)にやってきました。一度来ようと思っていてなかなか訪問しなかったお店の一つです。海鮮マーケット風の場所なので前を通ったことのある人はすぐわかるかもしれませんが。こちらは魚やさんの入口。

 

 

uose15.jpg

色んな新鮮なお魚が販売されていますねー。お刺身やお惣菜も販売しています。買ったお魚を調理してもらって食べることもできる海鮮食堂も併設されてます。でもこれがいつも混んでいるとの話。

 

 

uose16.jpg

魚やさん側から食堂へも行けます。

 

 

uose13.jpg

こちらは食堂の入口。店内では何人も並んでいるではありませんか。名前を書いて待ちましょう。

 

以下メニューなどなど、クリック拡大戻る

uose1.jpg

uose2.jpguose3.jpguose5.jpguose6.jpg

 

やっぱりここは海鮮丼じゃないの!ってことで特選海鮮丼 小 1409円を頼むことに。小はご飯の量は200g、酢飯をセレクト。

 

 

uose7.jpg

カウンター席に。以外に待ちました。そして海鮮丼は手間がかかるのか、出てくるのが遅いメニューみたい。隣の定食の人はえらい早かった。

 

 

uose8.jpg

醤油は2種類置いてありました。

 

uose9.jpg

知らなかった熊本のお米、歌瀬米を使ってあるようです。

もう腹減ったよ・・・ようやく到着。

 

 

uose10.jpg

魚がたっぷりすぎます。10種類のネタがのった海鮮丼。酢飯だから海鮮ちらし寿司ですね。ワクワク。

 

 

uose11.jpg

新鮮偽りなしの海鮮丼。

 


uose12.jpgネタが多すぎて、ご飯200gとはマッチしなかった。もう少しご飯いけました。今回ビジュアル的に海鮮丼を選びましたが、3色丼や5色丼なら並でアンダー1000円。しかしここ、メニューが豊富すぎます。巨大な貝汁定食があったり、結構奥が深い食堂だと思いました。(TT)


食べログ(掲載時点 3.54)

 

魚勢ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ode22.jpg しばらくするとカウンター席は満席となりました。先ずはアミューズはドラゴンボールに見立てたもの。シグネーチャ料理でオマールエビのエキス(ジュ)をオマール風味のカカオバターで閉じ込めたもの。一口で頂きます。お酒を飲む人にはオレンジのクアントローが提供されます。濃厚な香りが口の中に広がります、これからの料理の期待感が高まります。

 

ode21.jpg

ほうじ茶が敷き詰められて(食べれません)その上に、メレンゲ風にフォアグラムースと玉ねぎ、いぶりがっこ。

 

 

ode20.jpg

いぶりがっこのシャキシャキ感とフォアグラがマッチング。

グルテンフリーなので、キャビアジャガイモタルト・さんま牛肉というシグネチャー料理には会わず、これ。

 

ode18.jpgゴールデンキャビア(魚卵)とじゃがいものムース

 

ode17.jpg白ワインが頂きたくなりますね、これは。


 

ode16.jpgグレーの皿の端っこにのせられた、水タコ、水晶ぶんたん、コリアンダー

 

ode15.jpgというか、このマリアージュやばい。美味しすぎ。

 

ode14.jpg白子、さつまいも、黒ニンニク。目の前でトリュフをすって乗せてフォームをかけてくれます。さつまいもリゾットにたらの白子、

発酵バターのミルクフォーム。実は私は白子が苦手なので、一口で食べてジュースで流し込むとか。

 

ode12.jpg鱈、おかひじき、椎茸。鱈1個でも十分だけどと思うほど、でもこの鱈めちゃくちゃ美味しいわ。椎茸の火入れ加減も絶妙。

 

ode1.jpgメインは川俣シャモ(福島県のシャモ)、黒こしょう、蕪。フォームに隠れて見えないが。

 

ode2.jpgこれも美味しいです。弾力ある肉の食べごたえ。

 

 

ode13.jpg枕のような焼き立てフォカッチャ。

 

 

ode4.jpgアマゾンカカオ、藁、金柑

料理の割にデザートが少し感動が薄かったのですが、日によるのでしょう。

 

ode3.jpgコーヒーやエスプレッソが供されず、ハーブティーか和茶を選ぶようになっている。逆に新鮮なのだが、エスプレッソを飲みたい気分だった。小さなお菓子はクリームチーズ。

全体的に満足度は高いランチコース。ぶどうジュース2杯、ペリエ飲んで税込12000円は飲み物代が少し高いせいか。

 

xxxxx.jpg生井シェフにお見送りいただき、帰りに今日の食材の紙をいただきました。テーブルにメニュー表があった方が好きなのですが、これも新しいサービスの一つでしょうか。来年はミシュラン星の獲得に近いレストランかもしれません。(TT)

 

食べログ(掲載時点 4.16)

 

ODE ホームページ


 

このページのトップへ

2017年12月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2017年9月23日にオープンした東京・広尾のフレンチ ODE(オード)にランチで訪問しました。予約が偶然取れました。

 

ode7.jpg 広尾の交番の前、広尾商店街の入り口あたり。この野菜の看板を目印にすればすぐわかります。ここの2階です。広尾はオシャレな土地なのだが、裏通りに入ればレトロ。それにこのような建物がそばにあるからびっくり!する。これを目印にしてもいい。

 

ode8.jpg ODEはグレーがテーマ色。モノトーンのこの雰囲気で入る前からやられそうです。ODEの生井裕介(なまいゆうすけ)シェフは八丁堀のミシュラン1つ星 シックプッテートル出身、独立されました。シックは閉店してリニューワル、ステッソ エ マガーリ シックという評価高いイタリアンに生まれ変わったよう。

 

ode10.jpg劇場型カウンター13席。潔いグレーカラーで木材は多用せずあくまでシック。

 

ode9.jpgカウンターを備えるフレンチが増えてきたのはいいことだと思う。正面に相対するのもよいが隣席だと話しやすい。

 

ode6.jpg13席のカウンター席の他に個室となる4席。

 

ode5.jpgカウンターの奥には6席の半個室。

 

ランチは料理6000円(税、サ別)と11000円。今日は6000円のコース(7品)にする。多くの人はこの6000円のメニューをチョイスしているようだ。これで十分な品数だ。

 

ode11.jpg

初めて見たときはびっくりしたけど、今は普通。水をかけるとムクムクするおしぼり。

 

 

ode23.jpgノンガスのロゼジュース。JUS RAISIN ROSE CABERNET

 

ode19.jpgこちらはガス入りのロゼジュース。

 

生井シェフの手さばきによるランチ編は明日。(TT)

 

食べログ(掲載時点 4.16)

このページのトップへ

2017年12月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

福岡市で忘年会でこちらに伺いました。私のチョイスではありませんが。

名前は、、


ybr7.jpg大名やぶれかぶれ。

 

福岡飲みでは 前回の非常識ビストロマルコ に続き、インパクトある名前のお店。

 

ybr8.jpg店に入りましょう。今日は10人以上の宴会で2階の個室。

ざっとメニューに目を通しましょう。

 

ybr9.jpg

やりいかの造りが1000円とは安いですね。

 

 

ybr10.jpgybr11.jpgybr13.jpg写真付メニューが沢山あり、掲載するのは面倒なのでやめますが、、、

幹事さん今日はフリーオーダー制ですか、この人数で。


結構 やぶれかぶれ

 

飲み放題メニューではなくて、ワインが自由に飲めるということですね。

 

ybr17.jpg刺身の盛り合わせ。博多だからゴマサバに関東からのビジターが感動。

 

ybr18.jpg刺身の前に、サラダ食わせんかいーという人もいたりして、やぶれかぶれ。

 

ybr15.jpg居酒屋さんだがそこそこ飲めるワインが置いてある、うれしい。

キュヴェ ラトゥール ブラン 2015 3800yen

きりっと冷えててほしいので、氷と水で冷やす。

 

ybr16.jpgBRIANELLO (ブリアネッロ)白 2015  4,000yen

居酒屋さんだし、フランス系より今日はイタリア系があっている気がしてチェンジ。


ybr20.jpg明太だし巻き 900円

ここから怒涛のように料理が到着。誰が何を頼んだかわからず、やぶれかぶれっぽい。

 

ybr19.jpgさつま揚げ 620円。たこ焼きかと思った。

 

ybr3.jpg

焼酎のみにはエイヒレ。

 

ybr5.jpg焼き餃子 600円。パリパリですね、私は今は餃子パス。

 

ybr4.jpg

地鶏の炭火焼き 870円

 

ybr2.jpgPORPORA 2012 3800yen

赤ワインは今日はこれ1本のみ。

 

 

ybr11.jpg

味噌だれっぽいのがやけに辛いけど旨かった。

 

 

ybr6.jpgホルモン焼き、これも美味しかったので、追加オーダーをしました。

 

みなさんお酒飲みすぎたよう。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

このページのトップへ

2017年12月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

結婚式の参加者で4次会へ突入しました。天草市には繁華街という場所はなく店が点在していまして、少し寂しく。たぶん熊本市内では今頃にぎわっているだろうなぁとか想像しながら。


あくまで参加者のみの4次会なので新郎新婦が来るわけでもなく、3次会の居酒屋は4次会へ行くためのつなぎ。

 


なぜか、焼肉店がめちゃくちゃ混んでいて空くのは23時過ぎだという。私はパスしても良かったのですが、天草まで来て編集長、食道園に行かないんですか?と。そう言われたら、行きましょう。

 

syokud1.jpg

食道園。この雰囲気がなんともレトロ感ばりばり。

 

 

syokud15.jpg

店もレトロで簡素な作り。隣では消火器の販売もやっているのか。防災関係は安全な焼肉屋さんだろう。

 

syokud2.jpg

こういう雰囲気の焼肉屋さんて減ってきたなぁ。

 

 

syokud3.jpg

ポスターもレトロだし、6人席の割には狭いし。一緒した一人は130kgオーバーなのに。それにロースターも小さくて笑いそうだ。

 

 

syokud4.jpg

夜も遅いので、今日はタン焼、カルビ焼、ホルモン焼、ミノ焼、ウィンナーを各2人前ずつ。

 

 

syokud5.jpg

タン到着。キャベツが両側から挟まれていて肉の全貌が見えない。

 

 

syokud7.jpg

キャベツを動かす。

 

 

syokud8.jpg

〆の牛タン焼

 

 

syokud12.jpg

焼けるのが早い。

 

 

syokud6.jpg

カルビ焼。赤身と脂身のバランスがいい肉だ。脂が多いと深夜はこたえる。

 

 

syokud11.jpg

キャベツは はしっこにあればよいのだヨ。

 

 

syokud9.jpg

なにげに皆に人気があったのはホルモン。

 

 

syokud13.jpg

ウィンナー

 

 

syokud14.jpg深夜の焼肉、久しぶりでしたが、意外に楽しかった。食道園が食道炎にならないよう!!(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.06)

このページのトップへ

2017年12月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aleg7.jpg

知り合いの結婚式があり、12月の土曜日に天草市(旧本渡市)のホテルアレグリアガーデンズ天草にやってきました。夕方17:30からの結婚式なので、今日は泊まり(宿泊はビジネスホテルです)。南国のリゾート地に来たかのような雰囲気。


 

aleg6.jpg

景色を見て心癒されます。といっても結構外は寒いのですが、景色は夏。

 

今日は全国各地から出席者が集い、総勢は300名弱、大きな結婚式です。料理も今日は力が入っている、と聞きました。


aleg8.jpg

メニューを見ると和食主体、やはり天草の海鮮料理が出てくると期待してしまいます。


aleg10.jpg

紅白手毬寿司、鴨ロースと千枚漬け、タラバカニ和風ジュレとキャビアのせ彩り野菜、車海老とアスパラ香草パン粉上げ晩柑ソース

パン粉関係はスルーしてご飯もお腹にたまるのでパス。


 

 

aleg12.jpg

伊勢海老ですよ!、天然鯛、中トロ鮪、水烏賊

久しぶりに伊勢海老の刺身を食べました。

 

 

aleg13.jpg

中トロも美味しかった。

 

 

aleg11.jpg

PIAT DOR CHARDONNAY

メルシャン取り扱いのピア・ドール。

 

 

aleg14.jpg

鮃(ひらめ)蓮根蒸し 吉野仕立て 鶯菜 桜麩 舞茸

 

 

aleg3.jpg

活き鮑ステーキ 唐墨バターソース 伊勢海老ビスク添え 温かい里芋ムース ズッキーニ ペコロス シブレット

ペコロスとは小さいタマネギ。シブレットは前方に見える細長いハーブの1種、アサツキと同類のもの。鮑柔らかく白ワインと合いますね。

 

 

aleg2.jpg

PIAT DOR MERLOT

白と同じブランドのメルロー。


aleg4.jpg

阿蘇赤牛のステーキ フォアグラのソテー トリュフ添え 季節のガロニ

ソースが濃厚で、フォアグラと下にあるパンケーキに気付かないで少し食べてしまった。

 

 

aleg15.jpg

ショートパスタ うに添え

 

 

aleg5.jpg

自家製プリンをココットで 美味しい果物あれこれ。

少しデザートにパンチを欠いた気がします。和食だからこの流れになったのかな。


結婚されたお二人には幸せになってほしいと思います。(TT)



 

このページのトップへ

2017年12月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

気になっていたビストロへ来てみました。国道3号線に面しています。わかりやすいのですが、うるさいかなぁと。お店ではそうでもなかったです。立体駐車場の反対側です。

 

 

juli8.jpg

ビストロ ジュリエンヌ。カウンター4席、テーブル席20席の小さなビストロです。

 

 

juli7.jpg

ランチタイムです。2000円と3000円のメニューがありAの2000円コースにします。サラダ、スープ、メイン、ご飯、デザート、コーヒー。立派なミニコースですね。これで2000円とはいかに。

 

 

juli6.jpg

肉も魚は追加料金なしで2種類、追加ありで3種類。なしは上の黒板メニュー。

 

 

juli9.jpg

テーブル席は女性でいっぱいじゃないですか。これって期待できるってやつですかね。運よくカウンターに着座できました。シェフは本田克美さん。厨房で忙しそうにされています。

 

 

juli10.jpg

黒板にも今日のメニューが。

 

 

juli11.jpg

県産野菜をたっぷり使われているビストロさんらしく、サラダも野菜がたっぷり。

 

 

juli1.jpg

白菜と生姜の豆乳スープ。お腹がだんだんとふくれてきます。自家製のパンがあるのですが、残念ながら私はスルーしました。

 

 

juli2.jpg

メインも色んな野菜がたっぷりプラスされた、牛サガリのグリルペッパーソース。しかしシェフは本田さんだけで20人以上の料理を調理しているので、すごすぎます。頭がサガリます。

 

 

 

juli3.jpg

しっかり食べごたえのあるお肉です。もうこれはお腹いっぱい過ぎます。

 

 

juli12.jpg

デザートは選択できます。私はサツマイモのプディングとヴラン・マンジェを。

 

 

juli5.jpgこれで、2000円のランチ。税込2160円で内容と比較し あら満足度はかなり高いです。女性が多いのもうなずけます。アラカルトメニューやワインも充実していますので、今度夜に来てみたいと思います。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.15)


ジュリエンヌホームページ

このページのトップへ

2017年12月13日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

東京では地方ではまだ見ない新しい業態が沢山ありますね。


都内5店舗のチェーン、はまぐりをメインにしたお店に行ってみます。ランチです。

 

yakiha9.jpg

浜松町の駅から大門駅方面へ(交差点のすぐ近く)。この辺りも飲食店が多いです

 

 

yakiha8.jpg

ムーンストリート大門っていうんですか。飲食店が多いビルですね。

 

 

yakiha10.jpg

焼はまぐりるは地階。

 

 

yakiha11.jpg

空席があってよかった。入りましょう。

 

 

yakiha13.jpg

お客さんが入ってきます、カウンターもすぐ埋まりましたよ。女性客が意外と多いんですね、これは美味しいっていうことでしょう。

 

 

yakiha12.jpg

何にしようか。、魚と肉、それと海鮮丼、なめろうご飯の 5種類のランチメニュー。1000円からですね。すべての定食には煮はまぐり1個と煮物が付きます。今日の煮物は冬野菜の五目煮。魚か肉を頼んでいるお客さんが多い。

 

煮はまぐり海鮮丼で。

 

 

yakiha7.jpg

煮はまぐり1個追加。

 

 

yakiha1.jpg

来ました。見ると結構なボリュームですよ。サラダも付いているし。ヘルシーだ。


 

yakiha2.jpg

ご飯の割におかずの多いような感じがします。ご飯は白飯。

 

 

yakiha6.jpg

ちゃんと煮はまぐり乗っていました。夜は焼きはまぐりをワンコスタイルで食べさせてくれるお店だそう。はまぐりを売りにするなんて珍しいお店ですよね。

 

 

yakiha3.jpg

少し身が小さい煮はまぐり。タレをかけてあります。美味しい、でも冷めてる。

 

 

yakiha4.jpg

はまぐりのお吸い物。こころが落ち着くわ。

 

 

yakiha5.jpg

野菜煮の量がすごく多くて、でも全部食べました。夜来てみたくなるお店です。昼もまた来よう。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

焼はまぐりのサイト

 

このページのトップへ

2017年12月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

impjf4.jpg東京・帝国ホテルでディナーをしました。宴席ですが、フレンチのフルコースです。帝国ホテルでフレンチに合わせるワインはそこそこのワインだと期待。

 

IMG_7939.jpgシャンパンは SEGURA VIUDAS (セグラヴューダス)

ってシャンパンではありません。スペインのCAVA、スパークリングワインですね。ドンペリ白と間違われたのですか。

 


 

impjf99.jpgやはり前菜は楽しみですね。

オマール海老と帆立貝柱の菜園仕立て キャヴィア飾り

 

impjf33.jpgコンソメスープ はなびら茸とロワイヤル入り

茸はなくても十分に美味しいスープだが。

 

impjf22.jpgSANCERRE 2015

フランスロワール地方のワイン、サンセール

 

impjf55.jpg

舌平目のポーピエット ソースコキャージュ

ポーピエットとは魚の薄切りで野菜や魚などを巻いたもの。中にはサーモンが入ってました。なんとも優しい味ですね。

 

 

impjf66.jpg

グラニテは柑橘フルーツ

 

 

impjf11.jpg

魚と赤飲んでいました。

CHATEAU VILLA BEL AIR 2012   シャトー・ヴィラ・ヴェレール

M.CAZES と書いてあるのはミッシェル・カーズ。カーズ家はスーパーセカンドと言われる5級ワイン、シャトー・ランシュ・バージュのオーナー。このレベルならば十分です。楽天で購入するなら2000円台後半でした。


 

impjf77.jpg

黒毛和牛フィレ肉のポワレ ソースシャトーブリアン トリュフ風味ポテトと温野菜を添えて。

肉の上にソースをかけたほうが美味しそうなのにと思ってしまうが、肉はめちゃ柔らかい。トリュフ風味ポテトだったの忘れてた。

 

 

impjf88.jpg

秋のフルーツを使ったクラフティ ヨーグルトシャーベットと共に

 

昨年は

帝国ホテル で宴会フレンチディナー

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

2017年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ljdd1.jpg

浜松町でランチ。駅から第一京浜を渡って6,7分と言ったところですか。事前調査してこちらに来ました。外観=高級フレンチかマンションの入口かケーキショップっぽいですね。英文字が普通は読めないですよね。ジャルダン ドデーヌ。でもいい感じではないですか。

 

 

ljdd2.jpg

ランチの紹介黒板を見て。

 

DSC09347.jpg

1000円メニュー統一で前菜+メニュー+パン。コーヒーも付かず(オプションでもなかったような)。一番安いメニューではないので頼みやすいし。


やはり1000円から1300円くらいのメニューは東京ランチではOLさんとかにも人気がある価格帯だと思います。フレンチでゆっくりランチする時間はないですが、前菜メインならお店に来る時間を入れても十分です。

 

 

ljdd3.jpg

お店の一番奥に通されました。ウォッチしていたら女性だけかというと男性も結構入ってきます。席数28。天井高く雰囲気がいいビストロですね。

 

 

ljdd4.jpg

バゲットが来ましたが、丁寧にお断り。

 

 

ljdd5.jpg

さつまいものポタージュ。温かくそんなに濃厚ではありませんが優しい味ですね。

 

そして メインの 豚ロースのソテー マスタードソース マッシュポテト添え。


豚の迫力にびっくり。OLさん大丈夫なのかと心配するくらい。

 

ljdd6.jpg

上から見たら普通さ。

 

 

ljdd7.jpg

マッシュポテトの上に、鎮座。お。

 

 

ljdd8.jpg

この分厚さ。びっくり。どうも他の人の料理を見てもボリュームが多いみたいです。

 

 

ljdd9.jpg

柔らかくて周りはこんがりと。美味しい。お店の人に聞いたらだいたい300gですね、とのこと。300g・・・ステーキは食べれるのに、だいぶ残してしまった。店員さん心配したのか「お口に合いましたか・・・」「すみません、少食なので」

 

マスタードソースも酢キャベツも美味しかった。いやほんとびっくりランチだった。

 

食べログレポートではここは3店舗目で同様の1000円ランチを提供する姉妹店が浜松町にあるようだ。全部訪問したい(TT)

 

1号店 オ・デリス・ド・ドディーヌ 2013年02月
2号店 レ・ピフ・エ・ドディーヌ 2014年11月
3号店 レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ 2016年02月

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 



 

 

 

このページのトップへ

2017年12月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09326.jpg

会合がありこちらに伺いました。上海厨房 龍々宝(ろんろんぱお)。下通りと篭町通りをつなぐ道の途中にあります。一見して中華料理とわかるお店ですね。そんなにオープンして日が経っているわけではなさそうです。初めての訪問。

 

 

RRP2.jpg

ロンロンパオでなくてロンロンバオでしょう。


 

RRP3.jpg

店内はカウンターとテーブル席。カウンターの雰囲気は中華料理屋さんっぽくない雰囲気があります。

 

 

RRP1.jpg

今日は一番右のコースに近いもの。料理・飲み放題で5000円のコースと聞きました。

 

 

RRP4.jpg

お付だし。バンバンジー・きくらげはわかるが、中華料理なのにキムチ。

 

 

RRP5.jpg

鯛のお刺身。混ぜて食べるやつ。

 

 

RRP6.jpg

スモークチキン

 

RRP7.jpg

酢豚。たんたんと料理が運ばれてきて。

 

 

IMG_7936.jpg

中華にもかかわらず、3年ものの紹興酒は飲まず、ワインに手を出して危ないことになるか。チリのカベルネソーヴィニヨン、SILVIO。味は薄い、極テーブル、デイリーワインでした。。飲み過ぎなさそうが吉。

 

 


RRP8.jpg

魚の蒸し物

 

 

RRP9.jpg

山椒がめちゃくちゃきいた、蝦の唐揚げ。口がびりびりだ。

 

RRP10.jpg

雑炊でしたのでパスしました。最後はチャーハンがよいなぁ。

 

RRP11.jpg

杏仁豆腐。

 

家に帰って、今日はナパ・ヴァレーの白ワインとブルゴーニュの白の飲み比べをしました。(TT)

 

食べログ(採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年12月 9日 Posted time : 00:08 | Category : 編集長コラム

最近、寒い冬だけどアジア料理を食べる機会が多い。

今日はここ。


333b9.jpg

アジアン屋台バーバーバー(333)熊本では数少ないベトナム料理もある料理店。

 

 

333b1.jpg

しばらく平日ランチは中止していて11月にリニューワルして開始したよう。以前より少し値段もアップしましたね。入りましょう。

 

 

333b2.jpg

ランチタイムだけど、1人目。空いていました。

 

 

333b3.jpg

もとイタリアンだったのか、テーブルがワインの木箱だし! 1人客のおじさんが一人入ってきた。

 

 

333b4.jpg

メニューはベトナム(フォー)、タイカレーなどあるのですが、今日はパッタイランチセット 1000円にしようと思う。たっぷりサラダ、前菜、ドリンクが付いている。

 

 

333b5.jpg

前菜(生春巻き)と一緒になった たっぷりサラダ。

 

 

333b6.jpg

パッタイが来たけど、ねぎやら、ピーナッツやらでどうも麺には見えない。

だから、軽くかきまぜてみた。

 

 

333b8.jpg

こんな感じだよね。ライムを絞れば脂っぽさもさっぱりする。


 

333b7.jpgパッタイ食べるの久しぶりかも。

 

今度は以前食べたグリーンカレーにしよう。

以前の記事はこちら。

333 バーバーバー アジアン屋台 熊本市

 

食べログ(掲載時点 3.03)

3.33までがんばってほしい。

 

 

このページのトップへ

2017年12月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

suizen7.jpg

休みの日のランチに子供と家から近い、水前寺共済会館になんとなく来てみました。ランチは初めてです。レストラン水前寺。営業時間が朝7時からと随分早いなと思ったら、宿泊施設の朝食会場なんですね。近所のおじいさん、おばあさんとか団体で結構混んでいました。1人で訪問している人もちらほら。

 

 

suizen8.jpg

日替りは日祝日は1000円で、なんか色々ありますが、何にしようかなぁ。

 

 

suizen6.jpg

メニューに入っていた お!カキフライ。広島県のカキフライにも惹かれるが、揚げ物はだめなので。

太平燕 900円にします。太平燕にはドリンクバーが付かないと言われました。

 

suizen1.jpg

サラダバーが付いている。スープは「味噌汁」と!

 

 

suizen5.jpg

娘が頼んだとろとろオムライス 900円。 チキンライスにふわふわたまご。

 

 

suizen2.jpg

息子が頼んだ ロースカツ膳。定食と思ってしまった。ロースカツは

 

 

suizen3.jpg

私が頼んだ太平燕ランチ。ランチというだけあって、白ご飯が付いているが、食べれるだろうか。

 

 

suizen4.jpg

白湯のスープだが、結構珍しく濃いめのスープの太平燕だと思いました。玉子は丸1個入っていますし。味は濃いので白ご飯が食べれないわけはないのですが、せっかく太平燕でローカロリーメニューにしたので、ご飯はほどほどにして。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2017年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中華料理の後に、飲み食べ足りない5人が常連さんに連れてきてもらったお店は、ここ。

空いてて良かった。

 

bmr9.jpg

非常識ビストロマルコ。一度来たら忘れない。私みたいな常識人が来ていい店でしょうか。

非常識になっていい店でしょうか。

マルコといえば母をたずねて三千里。関係ないけど。

 

 

bmr7.jpg

1階にあります。少し横道に入った所。ビストロです。

 

 

bmr8.jpg

非常識とは他の店では味わえない、常識の上にたつ非常識。シェフは星付きレストランで修業をしたというからホンマものですね。

 

 

bmr10.jpg

ワインのセレクションは任せてください。さあ、入りましょう。

 

 

bmr11.jpg

カウンター8席、テーブル12席の小さな空間が居心地の良い非常識。


 

bmr12.jpg

カウンターで飲むのも落ち着く非常識。

 

 

bmr13.jpg

料理がかなり美味しいという非常識。

 

 

bmr21.jpg

今日は皆さんワインの日にしましょう。グラスワインはパスしてですね、ワインリストはないので、セラーの前に行きお店の人と一緒にチョイス。

 

bmr20.jpg

SILENI ESTATES CELLAR SELECTION SAUVIGNON BLANC 2017 4500yen

シレーニ・エステート セラーセレクション ソーヴィニヨンブラン

手頃価格のワインというところで、ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。ドライで果実味ある飲みやすいワインですね。


bmr14.jpg

手書きのメニューを見ると読み物みたいで

 

bmr15.jpg

色々と食べたくなるけど

 

bmr16.jpg

常連さんの意見を聞きながら

 

bmr24.jpg

食事の注文を入れる。非常識ではないけれど。

 

bmr19.jpg

生ハム・サラミを頂く。白ワインにあう。

 

 

bmr18.jpgbmr22.jpg

メニューの説明付で、神の牛生ハム。当店名物。

肩ロースと宮崎産和牛モモの2種盛の2人前。イタリア産チーズがふわっと。牛のタタキのような生ハム。

5人でこれだけだと少なすぎる、、非常識だ

 

 

bmr2.jpg

料理は5人で2皿ずつ!

 

田舎風パテ 糸島豚と青山椒のパテ 780円 超絶ワインに合うということだから、ワインセレクションは

 

bmr17.jpg

こちら側(フランス)に振りました。

Le Marquis de Calon Segur 2014  11,000yen

ル・マルキ・ド・カロンセギュール


女性に大人気のサンテステフの3級ワイン、カロンセギュールのセカンドワイン。値段的にはファーストの半分から3分の1ですね。2014はまだ若々しいだけに、いいですねこのタンニン感。

 

bmr3.jpg

カマンベールのアヒージョ 900円。これは美味しい、ワインに良く合う。

 

 

bmr4.jpg

そしてこれでしょう。本気のビーフシチュー。非常識ではないよ。48時間かけて作るビーフシチュー。

ホテル以上のビーフシチューです。肉ごろごろ、とろとろ。ワインとめちゃ合うよ。

 

 

bmr6.jpg

世界のフライドポテト。このスパイスか塩が癖になる。

 

 

bmr5.jpg

まだ飲むというから、次はこれ

Les Tours de Beumont 2014  4,000yen

グラスワインでも出している、クリュブルジョアクラスのシャトーボーモンのセカンドワイン。質と価格のバランスがとれたボーモンのセカンドだから間違いない選択肢でしょうね。マルキドカロンと変わらないという意見も。。。あなた非常識。

 

 

bmr1.jpgbmr23.jpg

 

編集長用にということで小麦粉フリーのトルティーヤピザ。カリッと感がいいですね。でも1皿しか頼まず1切れのみ。

今日は5人未満でワイン3本。

 

非常識ビストロマルコを堪能しました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.36)

このページのトップへ

2017年12月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

編集長も訪問先すべてを掲載しているわけでもないです。写真撮っていない時もありますしね。

今日は同席されていたブログファンの方も多かったので、掲載。

こういうのもあったよな、みたいな記憶。

 

not1.jpg

ニューオータニの中華は 「大観苑」という名前が多いですね。

食べログでは 3.5のポイント

 

お店ではなくて宴会場ですけど。

 

not2.jpgnot3.jpgnot4.jpgnot5.jpgnot6.jpg今日は宴会の間、リーズナブルなテーブルワインを飲むことなく話に集中して自分の席を離れていたため、料理をほとんど食べずに2次会に持ち越すすることに!

それはそれでいいんじゃない、と 思う1日。(TT)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月 5日 Posted time : 00:03 | Category : 編集長コラム

 

福岡に来ましたので、博多駅でランチとなりましたが、今日はくうてんではなく、ここ!

 

tancaf12.jpg

駅から3百歩横丁。博多駅のすぐ近く。ここに来たらもちろんここです。

 

 

tancaf13.jpg

牛タン たんか。

私的ランチ超穴場店。ランチタイムの混雑なし。

値段は少し高いですけど、満足度も高い。

 

 

tancaf4.jpg

ランチタイムは安さというのも混む要素の一つ。ここは昼夜同一メニュー。

 

 

tancaf14.jpg

牛タン焼き1本で1430円。

今日は2本行くか考えたがやはり1本にした。


 

tancaf3.jpg

今日はご飯とテールスープのセット+300じゃなくて、

これだ!

がんこ親父の焼きめし 690円

 

たんかに来たからには焼きめし行きましょうよ!!

 

 

tancaf1.jpg

焼かれる前の牛タン串。本当に焼く前から美味しそうだよコレ、やばい。

 

 

tancaf6.jpg

到着しました。7粒の幸せ。

 

 

tancaf7.jpg

こんなに分厚いタンをいただけるとは、幸せに他ならない。

 

 

tancaf8.jpg

こういう風にがぶりといってみたり

半分ほど食べたところで、

 

チャーハン到着!焼きめしか。

 

 

tancaf9.jpg

きました、久しぶりです。白飯よりテンションがあがるのはあたりまえ。690円のこのチャーハンだけでも十分な気もするがやはり牛タンとセットにすれば最強だ。

 

 

tancaf10.jpg

横から。結構たまごが入ってる!

 

 

cha3.jpg

たんかのチャーハンは 東京・新橋のチャーハン王のチャーハンとほぼ同一。それはそう、タンカのチャーハン技術監修されているから。新橋で行列しなくてもここで食べれるんだよ。

 

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tancaf11.jpg

これは美味しいチャーハンですよ、やっぱり。

 

焼きめしの食べ方

 

tancaf2.jpgtancaf5.jpgこのやきめしのタレを付けていただきます。イヤー満足でした。税込2289円。(TT)


たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年12月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kawasei9.jpg

東京・飯田橋で業務があり、鰻屋を訪問することに。時間がもう少しあれば、20代前半の頃背伸びをして訪問した鰻の名店、石ばしはし本を久しぶりに訪問したかったが、両店とも料理が出るまで時間がかかるので、今回は飯田橋にある名店にすることにした。飯田橋から神楽坂方面へ行くと、以前訪問した志満金もある。


 

kawasei8.jpg

周囲はリーズナブル感があるランチのお店が結構あるのですが、ここだけ高級感が漂っている感じ。静岡吉田産のうなぎを取り扱う、川勢さんに。ここも蒸す時間など入れたら30分以上かかるので、事前に電話予約。滑り込みでどうにか予約できました。


 

kawasei10.jpg

ランチ限定うな重は3000円で、うなぎの量と質で値段が。松で3600円、特上5400円、中入重はなんと7000。極上の日本酒かワインを飲みながら頂きたくなる価格だ。今日は電話で3600円のを予約しておきました。

 

 

kawasei11.jpg

江戸前鰻に期待できそうなコメントですねぇ。

 

kawasei12.jpg

店内は地下へ下った先にあります。テーブル席は26席と書いてあるが障子の手前には16席しか確認できなかった。

 

 

kawasei1111.jpg

うなぎまでだいぶ時間がありそうなので、本当は日本酒といきたいところだが、うなぎの骨を注文(300円)にポリポリすることにした。だいぶ味が濃くついた骨だこと、全部食べれないので持ち帰りをお願いした。聞いたところ社外製造品とのこと。

 

 

kawasei2222.jpg

ポリポリだけでは辛いので、野菜の炊きあわせ700円を注文。更に日本酒が欲しくなった。

 

 

kawasei1.jpg

ようやくお重が到着しました。嬉しい瞬間。

 

kawasei2.jpg

オープン。お重は結構うすいのですが、あげ底ではないのですね。

 

 

kawasei3.jpg

焼き目は比較的薄めで、きれいにタレがのった照りのある綺麗な鰻ですね。さすが静岡吉田産。見ただけでヨダレが出そうになります。

 

 

kawasei4.jpg

肝吸い

 

kawasaei5.jpg

ウナギの表面は薄い面がカリッとして、中はフワトロ食感。うーん、江戸前だ。タレの味も上品な甘さとコクがブレンドされた感じで、いくらでもご飯も鰻も食べれそうな味。これはかなり上の部類に入る鰻の完成度。

 

kawasei6.jpg

ご飯は最初少ないかと思ったら、あげ底でない分結構な量がありました。全部食べ切りましたがお腹がいっぱいになりました。山椒の質も高く、ぱらっと振り掛けると一層食欲が引き出されます。しかし山椒なしでもここの鰻はご飯とうなぎのバランスがいいので、山椒のことを忘れてしまいます。

 

 

kawasei7.jpgウナギのふたに、宮川と書いてあったので聞いてみたら、四ツ谷の宮川本店とは姉妹店だとか。お重をいただかれたのでしょうか。いずれにせよ、美味しい鰻を有難うございました。(TT)


食べログ(掲載時点 3.60)

 

うなぎの川勢ホームページ

このページのトップへ

2017年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pint1.jpg

落ち葉が舞うこの頃、とても寒いのだが、タイ料理が食べたくなる。夏に味噌ラーメンの理論を以前このブログで書いたことがあるが、逆の季節の食べ物を欲しくなるのかもしれない。いずれにせよ、休日に一人でタイ料理を食べに来た。熊本では本場のタイ料理のお店が多いわけではない。今日は下通りにあるピントンに。以前からずっと気になっていた店の一つである。

 

 

pint10.jpg

地震でよく影響を受けなかったなぁと思う雑居ビル。色んな飲食店が入っている。

 

 

pint2.jpg

階段で2階にあがると、一瞬タイのバンコクの雑居ビルにでもスリップした気分になる。隣はスリランカカレーの名店。

 

 

pint3.jpg

ピントンは30席ほどのお店だろうか。お店の中にはいってもここはタイに来たのではないか?と思うところは面白い。

 

 

pint4.jpg

ランチメニュー、クリック拡大、戻る。

今日は無難にグリーンカレーでもいこう。スープをトムヤムクンに+200円でチェンジだ。1時以降にしか頼めないパッタイセットが気になる。

 

pint5.jpg

ご丁寧に写真まで置いてある。わからない人も多いためか。カオマンガイも食べたくなった。

 

 

pint6.jpg

生春巻きが来た、スイートチリソースがピリ辛で美味しいわ。

 

 

pint7.jpg

いやーこのトムヤムクンスープが絶品だ。この酸味がホンマモンの味だ。額から汗が出てくるわ。ほんと当たり。

 

 

pint8.jpg

グリーンカレー来ました。

いや!NO

スープとご飯は別々がいいのだ。一緒になっているのは自分はNG、次回来たら別々にできるか聞いてみよう。

 

 

pint9.jpg

じわっと辛さがやってくるグリーンカレー。個人的にはスープみたいにして飲みたいから、別々がいい。それにご飯がスープの中に入っているのはあまり好みではない。いずれにせよ1000円でコーヒーまで付いて、トムヤムクンが美味しかったからオッケー。(TT)


食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2017年12月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

argile10.jpg

今日は銀座にあるARGILE(アジル)でフレンチです。ロイヤルクリスタル銀座ビルという名前のいかにも高級そうなビルの7Fにあります。そう、8Fには日本のフレンチ界でも有名なエスキスが入店しています。そしてアジルはそのエスキスの姉妹店という位置付けです。値段もエスキスに比較するとカジュアル。2016年7月オープンです。


 

argile9.jpg

エレベーターを降りて入店すると待ち合わせ的スペースが用意されています。

 

 

argile11.jpg

そして店内へ。木をふんだんに使用したフロアーはまるで森の中に迷い込んだかのよう。流木が置いてあるのですが角度によっては動物の頭のように見えるから不思議。机のレイアウトも面白いなぁと思います。

 

 

argile8.jpg

色んなデザイナーさんの技術が集まって出来た店内。壁は左官職人 久住有生さんの技術によるもの。ARGILEとはフランス語で泥や粘度を意味するとか。

 

 

argile1.jpg

ランチは5000円のみのメニュー(平日、土日は7000円)。夜は9500円ですので、銀座フレンチではそんなに高くないレベルです。昼もエスキスの半分程度です。もちろん置いてあるワインもエスキスがグランメゾン系の品ぞろえに比べるとリーズナブルな価格のものが多いです。

 

argile13.jpg

昼ですが白ワイン1杯だけ

 

 

argile12.jpg

というのは冗談であり、ぶどうジュース。


 

 

5000円のコースは前菜、魚、肉、デザート、コーヒー。私はパン抜きで。

 

argile14.jpg

先ずは前菜のオマールエビのブランマンジェ

柑橘のぶんたんが乗っています。ソースにはアーモンドミルクも使用されています。上品な味ですね。

 

 

argile15.jpg

山口産鯛の木の子ソース

お皿の一部にデコレーションしてあるのはオシャレですね。鯛はうろこをカリッと。私はうろこ苦手なのですが火入れが十分されていますので、美味しいですよとのアドバイスで食べてみるとほんとクリスピー感があり違和感はあまりなかったです。

 

 

argile16.jpg

身は美味しい。

 

 

argile2.jpg

肉料理はエゾシカ。先週シカを食べたばかりなのでチキンか豚が良かったのですが、メニューで肉種は選択できません。

 

 

argile3.jpg

うちのしかは牛肉と思うほど美味しいですよということで、いただきました。確かにジューシーで違和感もこれはなかったのですが、今日はワインも飲んでないしシカでない方が良かったかなぁ。

 

 

argile4.jpg

ライム系のジュースで

 

argile5.jpg

デザートはチョイスメニューです。パフェ風、タルト風、チョコレートケーキなど。

 

 

argile6.jpg

抹茶のムースのグランベリー添えにしました。抹茶自体の味が濃厚に出ています。

 

 

argile7.jpg

最後はエスプレッソとチョコレート。7Fのエスキスさんも平日ならばそんなに混んでいませんよと聞きましたので一度訪問したいですね。ランチ11000円の一番量が少ないコースで十分らしいです。でもワインも飲みたいですね。最後に村島輝樹シェフと挨拶をさせていただきました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.89)

 

アジル ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rindom10.jpg

今日はずいぶん前から予約していた、宮崎市中心部にある紫鈴(りんど)さんへ鉄板焼を食べるために訪問します。こちらは知る人ぞ知るブランド牛の中のブランド牛「尾崎牛」を取り扱うお店です。尾崎牛は宮崎の牛。そしてケンゾーワイナリーのワインもあるとところがポイント。尾崎牛とケンゾーワイナリーのマリアージュを楽しみましょう。

 

尾崎牛とは

 

rindom15.jpg

4名で訪問。今日はコースにします。尾崎牛は脂がしつこくないらしいので、ロースでもギトギト感はないとか。それでは牛ヒレ2のロース2のコンビネーションメニューでいってみましょう。

7名のカウンター席と1テーブル席。限られた席です。

 

rindom17.jpg

ワインは黒板メニューから。シェフはソムリエの資格もお持ちです。カリフォルニアのラインアップが多く、ボトルは均一メニューとなっています。

 

 

rindom16.jpg

CALERA Josh Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2014 

カレラ ”ジョシュ・ジェンセン・セレクション” シャルドネ セントラルコースト

白は おすすめによりこれにしました。カレラ、いい選択ができました。


ジョシュ・ジェンセン氏はラ・ロマネ・コンティで、醸造はドメーヌ・デュジャックで修行を積みました。 カレラはその技術をもって、ブルゴーニュに負けない石灰質を豊富に含んだ畑で栽培した葡萄を使用して作られたワインです。カレラが「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれるゆえんがここにあります。


rindom14.jpg

尾崎牛のカレー風味

 

 

rindom12.jpg

焼きシーザーサラダ。真ん中の部分は深くなっています。ベーコンの風味が効いている。

 

 

rindom13.jpg

ケンゾーエステートの白、ロゼもありますが、赤ワインはこちらから。ケンゾーワイナリー直営レストランの価格と比べて割高にはなりますが。あい、紫は比較において、リーズナブル感はありますが、ここ紫鈴(りんど)さんでは店名と同じワインを飲むのがいいと。それにRINDOは特に素晴らしいワイン。2014

 

rindom11.jpg

グラスの中に世界があると感じるほど、若々しく繊細なフィネスと力強さ、そして凝縮した果実味。素晴らしいとしかいいようがありません。RINDOと尾崎牛がいただけるとは幸せ感を感じマックスです。

 

 

rindom1.jpg

尾崎牛のブロック4人前。ロースとヒレ。素晴らしいですね。


 

rindom2.jpg

新サーモンのステーキをいただきつつ、肉を焼くのを眺めています。

 

 

rindom3.jpg

表面は少し焼きすぎかと思うくらいにきつね色になるのですが。

 

 

rindom4.jpg

肉の分厚さがいいですね。

 

 

rindom6.jpg

熱を冷ましながら調理が終わり、1人前ずつ綺麗に取分けられてサーブされます。竹炭岩塩です

 

 

rindom7.jpg

手前はロース。奥がヒレ

なんですか、この表面はカリカリなんだけど、中がレアで肉汁、旨みが閉じ込められている。素晴らしい、8切れの幸せ。もっと食べたくなる。あれだけ焼いてるのに表面だけとはびっくりする。

 

 

rindom5.jpg

りんどの次の余韻ワインは、

Angels & Cowboys Proprietary Red [2014]

キャノンボール エンジェルズ アンド カウボーイズ プロプラエタリー レッド  2014

こちらもフルボディの豊満な風味のワインでした。                                                                                                         

 

rindom8.jpg

ガーリックライス スープがかかってリゾット風

 

rindom9.jpg

デザート。

紫鈴(りんど)のお店で紫鈴(りんど)のワインを飲みながら。尾崎牛は素晴らしかった。さすがです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

飲んだ後の深夜ラーメンに付きあわせられました。麺のレポートが少ないと最近読者の方に言われていますので、それもあってお店の中に。宮崎の中心部にあります、しかし宮崎市内って思ったよりコンビニが少ないんですね。歩いてもなかなか見つかりませんでした。

 

mka1.jpg この麺やさんの評価とかどうとか、あまり気にならない。麺を食べないと思うし。てげ頑張っちょります!てげって熊本のたいぎゃと同じですね。大概から派生した言葉。てげてげ となると適当に という意味らしい。

 

mka4.jpg

カウンターとテーブル席。深夜なのでピークタイムは過ぎたと思う。明日のことを考えずに、日本酒冷やを注文してしまう。

 

 

mka2.jpg

ラーメン各種あります。どれもこれも胃にパンチを浴びそうなので、比較的豚にらもやし炒めの乗ったベトコンラーメン。ベトコンってベトナムラーメンかな。違う違う、ベストコンディションラーメンという。

ベトコンラーメン発祥

 

こんなに夜遅くに日本酒とラーメンで ベストコンディションになるわけないか



mka3.jpg

知り合いは壁のポスターの 汁なしまぜそばを注文。翌朝からお腹の調子が良くないと言っていたのは、どうしてだろうか。

 

 


mka5.jpg

私のベトコンラーメンは麺なしです。あっさりしている。麺ハーフで50円引きだけど、麺なしはいくらか確認するのを忘れた。

 

 

mka6.jpg

深夜にまぜそばはちょっとタフですねー。

 

 

mka7.jpg

つるっともちっと平打ち麺。


しばらくラーメンはお預けします。TT


食べログ(掲載時点 3.09)

 


このページのトップへ

2017年11月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ポチロンのメニュー、ワイン編は昨日の記事です。

【料理編】

今日の料理は5000円のコースです

ptr18.jpg前菜 マスカルポーネとトマト、ポテトサラダ、生ハムと梨

 

ptr2.jpgハムをもう少し食べたくて追加オーダー (1000円)

 

ptr19.jpg

サラダ 新鮮で美味しい 色々な野菜が入っていると思ったら・・・

 

 

ptr20.jpg

中から鯖の切り身

宮崎も鯖が美味しいところなんですね、もちろんこれも生の刺身。


 

ptr21.jpg

グランドメニューにもある 里芋のアンチョビバター。むかごも入っています。白ワインに合う味ですね。

 

 

ptr22.jpg

パンも美味しそうだ

 

 

DSC09115.jpg

こちらもグランドメニューにもある、赤海老のアヒージョ。

これがガーリックが効いていて美味しい。えびの殻の中の部分がサクッとして味が濃縮されていてとても美味。これは他の人も賛同。

 

 

ptr3.jpg

魚は真鯛

 

 

ptr5.jpg

カルネは私の苦手な鹿でした。

 

 

ptr6.jpg

お腹がまだ空いていらっしゃる方に、とポモードーロのサービスまで。

 

 

ptr7.jpg デザートはキャラメルアイスとピスタチオのクレームブリュレ。ピスタチオが濃厚テースト、美味しい。そしてコーヒーを頂きコース終了。本当に満足できる美味しい料理でした。ずっとお客さんが満席のお店でした。そして最後は山本シェフがお店の外までお見送り。とても好感のあるお店、ポチロンさんでした。TT


食べログ(掲載時点 3.70)

このページのトップへ

2017年11月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptr8.jpg

久しぶりに宮崎を訪問しました。事前に予約をしておいた、ビストロ(フレンチ) ポチロンさんに。こちらはビストロで宮崎で食べログポイント 3.7ととても高評価のお店。楽しみですね。宮崎駅前の大通りから左に少し入った場所にあります。カリーノのすぐ近くです。

 

ptr9.jpg

店の前の看板もいい雰囲気です。

 

ptr10.jpg

店内はカウンター席とテーブル席。20名ちょっとでいっぱいになる店内です。

 

 

ptr11.jpg

グラスワインのリスト。ボトルワインのリストはなく、ワインは沢山ストックがあるらしいので、予算とか好みで選択するのです、昔ってこういうお店が多かったですね。

 

 

ptr15.jpg

単品メニューは紙で。ビストロですので、価格は良心的ですし、2人でシェアして食べるというのもスタイルでしょう。

 

 

ptr13.jpgptr12.jpg

今日は単品メニューではなくて、5000円のコースを予約していました。

 

 

ptr17.jpg

Domaine Pattes Loup
Chablis [2012] ドメーヌ・パット・ルー シャブリ 9800yen

1本目はシェフと相談しこちらの1本をセレクト。ブルゴーニュのシャルドネ、若きシャブリの生産者パット・ルーのキレの良い白。

 

 

ptr23.jpg

La Castellada 

Rosso della Castellada[2003]  12000yen

 ラ カステッラーダ
ロッソ デッラ カステッラーダ[2003] 
【赤ワイン・イタリア・フリウリV・G州】

 

2本目は悩んだ結果、なかなか飲めないであろうワインをセレクト。フリウリのイタリアワインで2003年物。特に03はよい年とのことで、ぎゅっと果実味の詰まったワインで、カベルネ・メルロー主のこのワインは大きなグラスで空気に触れさせ、とても良い飲みごろとなりました。

 

ptr4.jpg

足りないワインはグラスワインの赤を。

 

【料理編】は明日。

 

食べログ(掲載時点 3.70)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

こちらは前回食べたえのきの記事

塚田農場 「えのきの月見ステーキ」 人気限定商品。

 

季節限定なので、久しぶりに訪問し「えのきの月見ステーキ」を食べてきました。(もちろん、他のメニューもいただいていますが)

680円のえのき月見ステーキ。えのきの端材というのがこれを家庭で作れない理由なんです。

 

エノキの軸であり、学校給食用に使用されたエノキの端材に甘味と旨みがあることに注目してメニュー化された商品である。生産しているのは宮崎県の(有)加藤えのきさん。えのきの切株につくねをのせてこんがりと焼き、卵黄とステーキソースを落としたメニュー (前回記事と同じ)

 

前回は写真が綺麗に撮れなかったので、スタッフの方が調理してくれます。


 

enob1.jpg

熱々鉄板の上にエノキ そして黄身がのって到着

 

 

enob2.jpg

ステーキソースが付いています。

 

 

enob3.jpg

ステーキソースをかけて。鉄板が熱々でないのか、今日はじゅーっとなりません。


 

enob4.jpg

黄身をつぶして


 

enob5.jpg

よくからめます

 

 

enob6.jpg

さあ ナイフとフォークでカット


 

enob7.jpg

熱々でないので卵は半熟のまま

 

 

enob8.jpg4つに切り分け、頂きます。シャキシャキした感触でこれは美味しいメニューです。TT

 




 



このページのトップへ

2017年11月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lunac1.jpg

今日は上乃裏通りにある、「上乃裏洋食 ルナ・クレッシェンテ」に行ってみることにします。香川商事の駐車場のすぐ近くです。特に下調べしていたというわけではなく、ここに洋食屋さんがあるなぁ、という感じで。2017年の2月オープンだそうです。古民家をリノベーションしたお店です。

 

 

lunac2.jpg

ランチタイムは1000円から1500円といったところです。とりあえず入ってみましょう。

 

 

lunac4.jpg

カウンター席とテーブル席全部で20席ほどのスペース。ランチはシェフが1人で切り盛りされています。イタリア料理主体の洋食といった感じです。

 

 

lunac3.jpg

ランチメニューは。ハンバーグ、ステーキがメインですね。今日は牛肉や魚の気分でもなく、若鶏のレモンバターステーキランチにしてみます。サラダ・スープ・ドリンクが付いています。いつもは一番安いメニューを頼まないのですが、今日は900円メニュー!

 

 

 

lunac5.jpg

サラダから。

 

 

lunac6.jpg

カップスープ(オニオンコンソメスープ)をいただき。

 

lunac7.jpg

メインの肉。レモンバターとは、マスタードにも見えますが、一枚の若鶏。野菜が少し添えられています。

 

 

lunac8.jpg

手間かけて作られた感じがする。チキンの表面はとてもカリッとしており、皮独特のにゅるっとした感じはありません。味もいいですね。

 

lunac9.jpg

夜メニューにもあるようです。コーヒーまでいただいて900円なら安いと感じます。夜もいつか来てみたいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時 採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年11月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。 前回訪問時の記事

 

昨日は 肉マニア(ステーキマニア)になったので、今日は肉はもうケッコー。ってことで街中に用事があり、クニエダさんで弁当を食べようと思い、足を運びました。

 

kunies1.jpgここです。並んではいないようです。

 

 

kunies2.jpgメニューもどん!。前回と変わりないメニュー。今日は魚河岸弁当にしようかな。でもアジフライは食べれないし。今日はカウンターに着席。

 

なぁに!今日は魚河岸弁当も売り切れ、おまけにカジキ鮪丼も特大赤エビ天丼膳も売り切れとは!!!牛ステーキ膳も200円値上げになっているし。

 

今日はうなぎか海鮮丼しかチョイスがないのね。隣のおばさんは弁当期待してきたから帰りました。

 

私は、海鮮丼にします。

 

kunies3.jpg今日はビジュアル的にいい海鮮丼です。隣のお姉さんが、私の海鮮丼見て「おいしそうですねー!!、じゃあ私はカジキ鮪丼」って注文しましたが・・・・ずるっ、内心「それ、売り切れですよ・・」・・仕方なく海鮮丼にされてましたが。「今日は贅沢だよーーー!!って」

 

kunies4.jpgうに、いくらがあると一気に高級感アップ。脂肪肝を経験した私にはこれはいけないいけない。

 

うに、いくら、かんぱち、かに身、ネギトロ、サーモン、アオリイカ、赤貝、羽魚、鮪、タイラギ貝柱、シマアジ


今日は大当たりですね。

 

kunies6.jpg反対側からも。まるで海鮮の宝石箱やぁーーー。

さすが魚やの丼。ご飯は酢飯ではなく、海苔が乗っていますが 海苔なしの方が良かった。。

 

kunies5.jpg海鮮汁が魚がたっぷり入っていて、美味しいわ。今日は当たりの日、今度また来てみよう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)


 


 


このページのトップへ

2017年11月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

manst10.jpg

いきなりステーキゴールドメンバーの私は、自称ステーキマニア(笑)。沖縄とかでは1000円くらいのステーキが大流行しておりますが、こちらはリッチモンドホテルのそばに2017年9月にオープンした「ステーキマニア」の1号店。いきなりステーキが熊本空港にオープンして、下通りには類似店の松本ステーキができたりして、久しぶりのステーキ店です。いきなりステーキが街中にできればいいのに!外はカリッと中はジューシーって表現まで焼けるのか?と思う

 

manst11.jpg

ランチタイムに訪問。こちらはgのカット売りはしていなんですね。あんまり肉質にもこだわっていない感じがするし、とりあえず肉食いたい!というニーズを満たすのでしょうか。それにこのお店は夜中の3時とか4時までやってるんですね、松本ステーキも夜遅いですが。そんな時間にステーキ食べるんですか。沖縄ならなんとなくわかるけど。

 

manst5.jpg 1人個室のようなスペースがある。こちらは落ち着きそう。シートには椅子があって、全席立食いではありません。天井も高くて換気は綺麗にされていると感じます。いきなりステーキ熊本空港店のオープンしたすぐは換気がひどくて耐えられなかったのを思い出す。


 

manst12.jpg

ランチタイムはこの3つがメニュー。1番人気は300gのバリューステーキであることは一目瞭然。ここは、肉だから上のランクであるマニアリブステーキランチ 300g 2,290円を選択しようと思う。


 

manst2.jpg

10種のソース×10種以上の薬味・・・・。うまい肉は塩とコショーで十分だと思うのだが、そんなにソースとかつけなくてもいいんじゃないか。

 

manst1.jpg

オリジナルソースに加えて2つ選んでくださいと言われました。どれでも大差はないでしょう、というかそんな使わないから、6みそと7きざみわさびを選択。

 

manst4.jpg

夜のグランドメニューも見てみます。サーロインとヒレがありますね、450g以上は1g単位で追加できるそう。昼も頼めるかどうかは聞きませんでしたが。

 

 

manst3.jpg

目の前にも色んな調味料が。なんか多すぎだぞ。岩塩があるのはよいこと。

 

 

manst6.jpg

申し訳なそうなキャベツのサラダ(胡麻ドレ)とコンソメスープ、3種のソースが来ました。

 

 

manst7.jpg

結構待ったかな。ようやく肉が到着。見た瞬間、「でかいわ、食えるかな・・・」視覚的表面積のトリックにだまされる。しかも脂身が多い気がする。メニューの写真も脂身が多いけど。

 

 

manst8.jpg

これは薄いじゃないの。やっぱり厚切りステーキがいいんだね。

 

manst9.jpgとりあえず切り刻んでみるが、どうも繊維質が多い気がする。肉汁が閉じ込められていないんだ。税込2473円。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

このページのトップへ

2017年11月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

joan5.jpg

今日は店の前を通るたびに気になっていたレストランに来ました。熊本方面から行くと益城熊本空港インターの手前のマクドナルドを左折してしばらく行ったところにあります。お店の名前はJOAN(ジョアン)といいます。オープンは2016年の3月で熊本地震があり、その後GWの前から再開されていたようです。

 

 

joan6.jpg

駐車場の奥にセンスのいい建物と素敵なガーデン。最初通った時はインテリアショップか飲食店かどうかわかりませんでした。隣に雑貨のお店も併設されています。

 

 

joan7.jpg

こちらがJOANの入口です。

 

joan8.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

今日はウィークディ。ランチセットは1000円から色々とありますね。ミートローフ、パスタ3種、カレー、ハッシュドビーフ、サラダ。サラダも気になりましたが、今日はせっかくですから、ジョアンランチコース 2000円にしようと思います。

 

joan11.jpg

店内は天井も高くて解放感があり好み。しかし男2人の我々を除けば女性ばかりではないですか。お店の方の話によれば平日はほとんど女性が大半とのこと。おしゃべりランチに花が咲いているのでしょう。

 

 

joan9.jpg

男2人はオシャレにやっぱりテラス席。

 

 

joan10.jpg

テーブルオーナメントの演出も女性のハートをつかみますよね。

 

joan12.jpg

前菜、サラダ、スープのコンビネーションディッシュが登場。スープはパンプキンスープ(ホット)。イタリアンの前菜が3品。なかなかサラダも美味しい。

 

 

joan13.jpg

そしてハーフパスタは今月は青ジソのジェノベーゼ。ジェノベーゼソースたっぷりでパルメザンチーズとからめていただくと美味しそう、ということで麺抜きの私は見るだけ、このパスタは同伴者がいただきました。

 

 

joan1.jpg

メインは私は真鯛のソテー ピカンタソース。コクのあるソースと白身がマッチしていて、美味しい。

 

 

joan2.jpg

同伴者は グリルチキン 赤ワイン トリュフマスタードソース。結構ボリュームのあるお肉でした。ソースをからめると一層美味しく。

 

 

joan3.jpg

デザート1品目はパンナコッタ。ブルーベリーソースもうまくマッチングしていて美味しいね。

 

 

joan4.jpg女性にも嬉しいセカンドデザートはカットケーキ2品、ホイップクリーム添え。パンもパスタも食べてないのですが、結構お腹がいっぱいになりました。ごちそう様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

JOAN ホームページ


 

 

 

このページのトップへ

2017年11月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ジャルディーノ 熊本 でグルテンフリーパスタ。

ブログでも何度も登場しているジャルディーノさん。私の訪問頻度も高く、こちらは本当に女性のお客さんが多いお店です。女性に人気があるということは確かですよね。2次会的な飲食で利用しましたが、この時も我々以外はほぼ女性。

 

 

JALD6.jpg

先ずはニュージーランドの セレシン・エステイト・ソーヴィニヨン・ブラン・マールボロ2015年

辛口白ワイン。4600yen

 

JALD3.jpg

じゃがバターだが、無塩より有塩タイプが美味しいと思う。

 

JALD1.jpg

イタリアの赤をチョイスしました。  ラ・セグレタ・ロッソ 2015

3400yen

 


JALD4.jpg

フィッシュアンドチップスはおつまみで。

 

 

JALD5.jpg

地元のソーセージ。これは美味しい。

 

 

JALD2.jpg

NZからイタリア、次はやっぱり、こっちサイドのワインにきてしまいますね。CHATEAU POUPILLE (シャトー・プピーユ)メルロー100%

シンプルなラベルにもかかわらず、プピーユの知名度は高い。ペトリュスとブラインドテイスティングで決勝にまで残ったワインとして

コートドカスティヨンの奇跡とまで言われたワイン。神の雫にも登場したワインとしても有名。6490yen

 

 


またランチに家族で来ました。ほんとココよく来ます。

 

IMG_7816.jpg

自家製麺のグルテンフリーパスタから玄気堂監修の玄米パスタ麺に変更されているようですね。玄気堂とは中九州クボタさんが経営するパン屋さん。もちろん工場も持っています。最近グルテンフリーとしてパスタも売り出されているようです。

 

野菜バイキング・スープ・飲み物がフリーで付いています。

 

IMG_7818.jpg

スープカレー 960円。これは北海道で食べるのと変わらないくらい美味しい!北海道ならカレーのセットだけで1000円以上は絶対します。だからこれはお得です。

 

 

IMG_7819.jpg

アサリと色々キノコのフレッシュトマトパスタ 990円。

新しいグルテンフリーパスタはほんと言われないと普通の小麦パスタとわからないくらい。以前は小麦パスタもありましたが、ランチは全部グルテンフリーパスタになったようですね。


 

IMG_7821.jpg

あそび豚とマコモダケの豆乳カルボナーラ風 温玉のせ 990円

子供が好きなカルボナーラ。チーズと卵がからみあい、美味しい。

 

 

IMG_7820.jpg

オムライス パンナポロネーゼ 960円

これも子供に人気のメニュー。半熟卵がとろとろで中にはチキンライス。

 

IMG_7822.jpg ランチに+185円でデザートを。ティラミスはマスカルポーネチーズが濃厚で、いつも頼む定番品。帰る頃には並んでいるお客さんがいました。相変わらず人気がありますね。ぜひ一度行かれてみてください。TT

 

 

このページのトップへ

2017年11月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

又こい家 羽田第一ターミナル(JAL) 立食い寿司

 

matk3.jpg

羽田空港での食事でたまに利用させていただいている、又こい家。熊本行きのJAL最終はこの近くから最近出発することが多い。今日は座って丼を食べます。メニューの中では丼を食べることが多い。

 

 

matk1.jpg

丼ものを頼んでいる人は以外に少ないと思う。

 

 

matk2.jpg

夕方になると売り切れになるメニューもありますね。

 

 

matk4.jpg

最近の丼はもっぱら、これ。サーモン炙り丼。沢山のサーモンが乗っているし、最近はめちゃくちゃ高騰しているいくらもたっぷり。これに魚の味噌汁が付いています。ご飯は酢飯です。これで1200円。

 

 

matk5.jpgサーモンばっかりだと飽きるので、光物3点セットというお刺身を最近は付けます。今日はサバ、あじ、いわしの3点で680円。

これでサーモンばかりで飽きるということはありません、ナイスチョイスです。これだけ食べると結構満腹になります。来年にかけ秋鮭も高騰しますが、輸入サーモンですからメニューから無くならないように。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2017年11月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

molc2.jpg 会議の後の会食でこちらを訪問しました。東京・京橋に昨年秋にオープンしたビル 京橋エドグランの地階1階にあるレストラン、明治屋京橋モルチェ。日本の洋食の歴史といっていいほどのレストランです。明治屋は創業1885年(明治18年)、モルチェは昭和8年、明治屋京橋ビル完成以降京橋の老舗レストランとして地元の人に愛されてきました。京橋ビル改築のため3年ぶりに2016年秋にオープン。地下鉄の改札からすぐですね。

 

 

molc1.jpg

テラス席もありますが、利用している人は見ませんでした。地階の空間で少し寒いかも。

 

 

molc3.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

洋食やさんといったメニューがずらり。

 

molc4.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

ハンバーグステーキ シュパール風というのが、モルチェで一番有名なメニューのようです。

 

 

molc5.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

ミートソース、ハヤシライスは洋食やさんの定番。

 

 

molc6.jpg店内はシンプルで結構広い。席数182席もある。

 

molc9.jpg

オードブルからスタート。これ以外にも料理ありましたが撮り忘れているものも・・・

 

 

molc10.jpg

野菜スティックとチーズの盛り合わせ

 

 

molc11.jpg

CHATEAU DEGAS (シャトー・ドガ) 2014 BORDEAUX SUPERIEUR

メルロー100%、新樽オーク35%12か月熟成。デイリーワインの域は出ないと思います、酒屋で普通1500円くらいのワインです。

 

 

molc12.jpg

洋食ビアホール系といえばソーセージですね。

 


DSC08937.jpg

1本目の反省を踏まえて、次はボルドーグランヴァン

CHATEAU MARQUIS DE TERME 2008 MARGAUX 4級 (シャトー・マルキ・ド・テルム)AOC マルゴー

明治屋輸入のワインで、マルキドテルム結構珍しいですね。08のマルゴーですから柔らかいのですが、メルロー100%のテーブルワインとの比較はもちろんこちら。

 

 

molc15.jpg

こちらは名物のハンバーグ。ハンバーグの上部がへこんでいてそこに半熟卵が・・

 

 

molc14.jpg

あんまり半熟ではないのでもう少し半熟ならよいのにと思う。

 

 

molc13.jpg

最後に少しボディが強いワインが欲しいということで

CHATEAU PHELAN SEGUR 2012 SAINT-ESTEPHE 

モンローズとカロンセギュールの隣接地、2003年には当時9のシャトーにしか与えられなかった、クリュブリュジョア エクセプショナル級に認定された、実力はシャトー。やはりこのワインのボディはすごいですね。2012年でまだまだ若々しくて、そういうワインに合わせるのは。

 

 

 

molc16.jpg和牛のステーキです。脂がのりすぎていますので、これ全部食べたわけではないですよ。4切れほど。

建物が新しいので、古い洋食屋さんを訪問したというイメージはないのですが、ランチにでも訪問したいかな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.26)


 

 

このページのトップへ

2017年11月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_7778.jpg

大阪出張がありましたので、以前訪問したことのある ケンゾーエステート 大阪店へ行きました。ワインの美味しい季節、こちらの「紫鈴」(りんど)ワインをいただこうと思います。以前の記事 KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能

最近デジカメのメモリーの調子が悪くて数日分のデータが無くなりました。だから写真はスマホの数枚分しか(泣)



こちらではグラスワインは40mlからショット売りしています。白ワインはあさつゆ 80ml 1,200円、赤は明日香 80ml 1,700円、紫鈴 120ml 2,550円。

 

 

IMG_7779.jpg

料理はアラカルトで (アラカルトメニュー

トリュフのポテトフライをいただき、そして蝦夷鮑(あわび)のステーキ。あわびのステーキだけで立派なメイン。この2品で十分です。アラカルトの写真の飾り付けが美味しそうに感じたのですが・・・

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続いて、ビストロ ダイア 名古屋です。


ビストロを唄うフレンチ、評判の良いビストロ ダイアさん(名古屋)を訪問しました。最近、ささしまライブ駅のそばのグローバルゲートにグランドダイア店を出店され、これからもっと評判が高くなりそうな勢いのあるフレンチですね。水口シェフがそちらに移られ、ビストロダイアは久保田料理長がとりしきられています。色々とお話しをさせていただきましたが、とても料理への情熱があられます。北海道の食材にこだわりをもっておられます。

 

IMG_7780.jpg

今日もアラカルトで。前菜の盛り合わせをいただきます。一つ一つが丁寧で飾り付けがとても綺麗です。キャビアを加えていただきました。白ワインに合いますね。白はグラスでニュージーランドのものともう1杯。

このあと、オマール海老の半身を。

 

 

IMG_7781.jpg

今日の赤ワインは CLOS DU MARQUIS (クロ・デュ・マルキ)BORDEAUX SAINT-JULIEN 2008

私がワインを飲み始めたころ、酒屋で買った記憶のあるワインです。


IMG_7782.jpg メインは牛ヒレとあわせます。黒トリュフがふんだんに使用されているので香りがいい。そしてお肉も2枚、やわらかいし、値段的に料理はコストパフォーマンスがとてもいいと思います。ワインは全然飲みきれず、お店に残して。満足でした。TT

 

食べログ(掲載時点 4.0)

 

ビストロダイア ホームページ

このページのトップへ

2017年11月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kasumi1.jpg

今回、霞が関カンツリー倶楽部を訪問する機会をいただきました。トランプ大統領と安部首相がゴルフ外交をした会場として、また2020年東京オリンピックのゴルフ開催場所として、一躍有名になった、埼玉県川越市にある「霞が関カンツリー倶楽部」です。会員制の倶楽部であり、日本国内数あるゴルフ場の中でも片手レベルに数えられ、世界のベストコース100にも選出される、名門コースです。


1929年10月開場、80年以上の歴史と伝統を持つコースであり、東と西の36ホールを持つコースとしては日本初。そして1930年(昭和5年)にはゴルフコースの世界的名設計者のチャールズ・H・アリソンの手で改造された。アリソンバンカーという深いバンカーは有名です。

 

名門というだけあり、ドレスコード(服装)やファストプレーなど色々としきたりがあります。

 

kasumi10.jpg

東コース10番の名だたるショートホール。池超え深いアリソンバンカーは人の高さ以上あります。私は左のラフから寄せワンのパーで切り抜けました。

 

kasumi11.jpg

オリンピックのラストホールとなる、18番ミドルホール。池と深いバンカーが見えます。左に安全に運んでワンピン弱に寄せてパー。

 

 

kasumi6.jpg

ゴルフ場紹介ではなくて食事の紹介などをしなければ。。


トランプ大統領と安部首相はこちらで、ハンバーガーを食べたことで有名になりました。そのハンバーガーとは浜松町にあるマンチズ・バーガーシャックで、私も訪問したことがあります。今や超有名に・・・大行列でしょうね。


マンチズバーガーシャックの訪問の記事

 

 

kasumi5.jpg

レストランからパター練習場を望む。

 

 

 

kasumi2.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

レストランは直営ではなくて、ホテルニューオータニが委託を受けているのですね。


メニューの品数はそんなに多くありません。ここは看板メニューの黒毛和牛のやわらかビーフシチューを食べないわけにはいかないでしょう。

 

 

kasumi3.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

kasumi4.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

ランチメニューに比べておつまみメニューが豊富です。倶楽部ライフとは胃を満たすだけでなく、おつまみをいただきながら会話に花を咲かすということでしょう。

 


kasumi7.jpg

霞が関カンツリー倶楽部のロゴ入りのお皿に入った、ビーフシチューが到着しました。ワインを煮詰めた濃い香りがします。

 

 

kasumi8.jpg

お肉がごろごろ入っていて、柔らかく、デミグラスソースの香りが濃厚でワイン風味がしっかり。これは昼から赤ワインが飲みたくなるビーフシチューです。スープの量は少なかったです。

 

 

kasumi9.jpgこちらはビーフピラフ。お皿の周りの飾り付けがフレンチっぽいですね。

 

今日は1日とても貴重な経験をしました。TT

 

霞が関カンツリー倶楽部

 

このページのトップへ

2017年11月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kyn1.jpg

自宅の比較的近くにある、この看板の焼肉屋さんに家族と行ってみることにしました。

 

 

kyn12.jpg

清乃家という焼肉屋さんで、駐車場は隣の銀行のタイムス有料駐車場を利用してください、とのことでした。小さなお店ですが満席になりましたので人気があることがわかりました。

 

 

kyn2.jpg

チェーン店のようにメニューがいっぱいあって、ということはありません。

 居酒屋ひげ八・焼肉 清乃家・ひげ酒場 とりがある と同系列店舗のようです。



kyn3.jpg

特選と思いましたが、馬が入っていたため、得とく盛り合わせ 4500円 と あかみカルビ 1680円 を中心にします。

 

 

kyn4.jpg

塩、酢玉ねぎ、ゆずこしょう

 

 

kyn6.jpg

手造りの豆腐がついてます。これが美味しい。


 

kyn5.jpg

今日のワインはヴァルグラン プレミアム ブラン ハーフボトル 3700円。


冗談です、800円でした。普通にスーパーやコンビニでは400円クラスのだと思います。最近高級ワインばかり、飲んでいたせいか

安く感じます。しかしこのワイン、フツーにデイリーワインとして考えれば比較的おいしいと思いますが。


 

 

kyn7.jpg

とくとく。

 

kyn10.jpg

赤身はステーキ肉っぽい感じで脂も少なく食べやすかった。

 

kyn8.jpg

さすがに最近豚バラ焼肉は・・・・もうEかも。

 

 

kyn9.jpg

野菜サラダ 550円

 

 

kyn11.jpgガーリックチャーハン 650円。 これは結構ボリュームもあり単体として十分に美味しいと思いました。お肉も破片が入っています。TT

 

食べログ(採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年11月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tk111.jpg

10人ほどの宴会を水道町にある、郷土料理 とく一さんで開催しました。私は以前はよく訪問していましたが最近では久しぶりです。熊本の郷土料理が沢山そろっているお店です。今日は創作系のお料理フリードリンク込で 5000円という一番安いコースを頼みました。それに辛子レンコンと一文字のぐるぐるをプラス。

お店の方に無理をいってお酒を持ちこみさせていただきました。

 

tk113.jpg

日本酒は 獺祭2割3分 純米大吟醸

ブルゴーニュの赤2本

 

NUITS SAINT GEORGES V.V.

ニュイ・サン・ジョルジュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ パトリスリオン 2013

と マダムルロワ(LEROY)のブルゴーニュ。こちらは2本セットでよくあるワイン。

 

ボルドーの赤は

格付2級のシャトーグリュオラローズのセカンドワイン サルジェ・ド・グリュオー・ラローズ 2002

 

このような4本を加えて開催。

 

 

tk15.jpg

郷土料理単品も充実。

 

tk16.jpg

私は苦手ですが、馬肉関係も充実。

 

こちらコースの写真

tk112.jpgtk11.jpgtk12.jpgtk13.jpgtk14.jpgtk17.jpgtk18.jpgtk19.jpgtk191.jpg

 

料理の説明は省略しますが、2002年のセカンドワインの年代物となってしまった、サルジェ。芳香なアロマはもっと大きなボルドーグラスで飲んだらイメージが変わると思いました。和食に軽めのブルゴーニュの赤、今日は白ワイン無しでしたがなかなか鴨肉とも合いましたし、良かったと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.27)

 

 

このページのトップへ

2017年11月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wsk23.jpg

オープニングのシャンパンは

ピエール・ジモネ ブリュット フルーロン 1erクリュ 2009


 

wsk22.jpg

次にボランジェのロゼ。皆さんの評価いまいちのようでしたが。

 

 

wsk24.jpg白ワインは新世界のワインを先ずいただきます。

NEUDORF  Moutere Chardonnay 2007 ノイドルフ ムーテリー シャルドネ

ブルゴーニュの白ワインと比べるとやはりという感じはしますが。

 

wsk21.jpg

Hubert Moret Meursault Charmes 1er Cru
ユベール・モレ ムルソー シャルム プルミエ・クリュ 1999

幹事さんが品質劣化したこのワインを比較のために出品いただきました。

どんどんワインが出てきます。多すぎて飲みすぎます。

 

wsk3.jpg

CHATEAU SIRAN MARGAUX 2005

シャトー・シラン マルゴー 2005

ACマルゴー クリュブルジョワ エクセプショネル級

 


wsk5.jpg

CHATEAU POTENSAC MEDOC 2005

シャトー・ポタンサック 2005

ワインにはまる30代のころ、酒屋で買って飲んだことがあるなつかしいワイン。

 

wsk4.jpg

コレッツィオーネ・チンクアンタ +1 [NV]カンティーナ・サン・マルツァーノ

なんでも出てきて、イタリアワインまで。


 

wsk8.jpg

シャトー・リヴィエール・ル・オー 2014年 お手頃ワインです

 

 

wsk10.jpg

シンデレラワイン、SOCIANDO-MALLET シャトー・ソシアンド・マレ 2000年。

1995年のソシアンドマレと飲み比べ。

ポテンシャル高いわ。

 

wsk18.jpg

ル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズ

LE PETIT LION DU MARQUIS DE LAS CASES 2011

ラトゥールに隣接する畑のブドウから作り出される
サン・ジュリアンの王、格付2級 レオヴィル・ラス・カーズの正式なセカンド・ラベル。

 

wsk14.jpg

今日のメインのグランヴァンは シャトー・ラトゥール 1989

太っ腹に4本。といっても30人だとグラス1杯なのですが・・・

最高峰のワインですしこのヴィンテージですから、フレンチレストランで頼むとそのお店でも値段の高い方から何番目かには

ランクされると思います。


 

 

wsk6.jpgやはり超熟ワインであり、89ですから若々しさはないですが、もう少し沢山飲まないとグラスの中の進化がつかめませんでした。しかしトータル的には飲みすぎました。

 

wsk9.jpg2次会、3次会と続き 飲み足らない人と KRUG GRANDE CUVEE などを頂き、撃沈しました。TT

 

 



このページのトップへ

2017年11月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

銘醸ワインを楽しむ夕べ 2016

 

銘醸ワインを楽しむ夕べ

 

wsk12.jpg 金融機関の行事で恒例となりました、銘醸ワインを楽しむ夕べ。昨年まで私がワインセレクトの幹事でしたが今年から後輩にその道を譲っています。場所は ジャルディーノさんで特別メニューを頂きます。今年のワインは量もすごい。約30名もの参加者で楽しいワイン会が執り行われました。

 

【料理編】

wsk15.jpg

前菜

自家製カポナータ、カンパチの昆布〆のマリネ、いずみ鶏ムネ肉のコンフィ

昆布〆は昆布風味が効いておいしいですね。

 

 

wsk16.jpgキャビア メルバトーストを添えて

私もリクエストしたキャビア。シャンパンと白にあわせて頂きます。一人一つではないですよ。それでも4、5人でシェアしても結構な量のUS産キャビア。

 

 

wsk19.jpg

魚は宮城産生牡蠣のグラタン オランデーズソース

今日は牡蠣は友人に譲りました。

 

 

wsk25.jpg

魚2品目は ジャルディーノさんでも何度かいただいている、鯛と4種キノコの香り蒸し

手袋をしてから、この耐熱袋を開けます。

 

 

 

WSK1.jpg

キノコの香りが広がります。好きなメニューです。

 

wsk2.jpg

メインは牧草牛ヒレ肉の南仏風ソテー ツルムラサキ添え

肉のボリュームもあり美味しかったです。ソースが赤ワインとあってました。

 

 

wsk7.jpgチーズの盛り合わせと枝付干葡萄

 

ワインが主役となる、ワイン会。翌日はワイン編をお届けします。TT

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年11月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jont8.jpg

ここ数日は、六本木RYUZUや小笠原伯爵邸での食事が続いていたのですが、土曜日熊本に帰る前の日にたまたま運よく、白金のジョンティアッシュさんの予約が取れましたので、訪問しました。訪問したいと思っていたフレンチの一つです。丁度六本木RYUZUの飯塚シェフもジョンティアッシュの遠藤シェフもたぶん同時期にラトリエ・ドゥ・ジョエルロブションで勤務されていたという関係。そしてジョンティアッシュもミシュラン一つ星のお店、期待感高まりますね。今回はランチで訪問。


白金の目黒通りから外苑西通り(白金台プラチナ通り)へ入って1本目を左折、すぐわかります。ビルは改装中でした。

 

 

jont9.jpg

ランチはベースは4650円のコース。そして7500円、10800円のコースもありますが。

 

 

jont7.jpg2階がエントランスです。

 

jont10.jpg

ジョンティアッシュ。ランチは12時から。予約していた名前を告げ入店します。


 

jont11.jpg

入ってすぐ左側の部屋に案内されます。ここの部屋には20人ほど入れるでしょうか。机の上のオーナメントが綺麗ですね。

 

 

jont13.jpg

ワインといきたいのですが、今日は車を運転しなくてはならず、フレッシュジンジャージュース。これがまたジンジャーをすごい感じるジュースで濃厚

 

jont12.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

肉料理は+1800円で和牛に変更をお願いしました。

 

jont15.jpg

ワインのマリアージュメニューなども沢山用意されているんですね。夜も来たいなぁ。

 

 

jont14.jpg

アミューズの1品目はフォアグラ系なんですが、生地に小麦がはいってNGのため、生ハムが出てきました。

 

 

 

jont16.jpg

アミューズ2品目はフランス モンサンミッシェルのムール貝の前菜。貝は苦手ですが、このムール貝とても美味しい。

 

 

jont17.jpg

前菜

北海道産 毛蟹をエフィロッシェにし土佐産仏手柑(ブッシュカン)で香り付け

赤パプリカ・ルッコラのエスプーマと共にガトー仕立てに

 

 

jont18.jpg

ケーキのようにして食べてくださいということなので、二つ割に。切るのがもったいないくらい。いや、これ美味しいです。ほんとうに。

 

 

jont19.jpg

広島県三次産 九重栗南瓜の滑らかなポタージュ ポワトリーヌヒュメと香ばしいクルトンを添えて

 

 

jont1.jpg

クリーミーで濃厚、舌の中でまろやかに南瓜の風味が広がります。いいね。

 

 

jont2.jpg

メインは 佐賀県産 特選和牛 希少部位(クリ)のロースト セップ茸のボルドレーズと共に

塩のあんばいが絶妙!肉もやわらかいし。ポーション的にも4切れという丁度良い量だから満足。

 

 

jont3.jpg

デザートは 熱々のチョコレートスフレに洋梨と生姜のコンフィを忍ばせて メープルシロップのグラスを添えて

 

 

jont4.jpg

木目の細かいスフレ。これだけでもチョコレートの香りがして美味しいのに。

 

 

jont5.jpg

アイスとか投入して溶けだしてマイルドになり。なんですか、このデザートのとりこになる感、ハンパナイです。


 

jont6.jpgキャラメルとかエスプレッソ。満足いたしました。ここもお気に入りのお店になりました。店員さんのアテンドや解説、心配りもサービスとしてかなり完成形に近いものではないでしょうか。料理の味も。ここはかなり女性のファンが多いと確信しました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)


ジョンティアッシュのホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh23x.jpg

料理編です。ポーションはわかりませんが、結構ボリュームがありそうです。

 

 

ogh22.jpg

乾杯はCAVAですね。

Imperial Gran Reserva 2012   9,000yen

 

 

ogh21.jpg

アミュ―ズ

セップ茸とシャンピニオンのモレット 堀川ごぼうと軽いテクスチャーといか セージの香り

 

 

ogh19.jpg

前菜という感じか魚に入りそうだが、

帆立貝アンディープのグラッセ 秋のトリュフとともに

黒トリュフ、これくらいの量はやっぱりアミューズ前菜だ。


 

ogh20.jpg

白は Anayon Chardonnay 2015 8,000Yen

 

 

ogh17.jpg

スペイン料理だから、か、生ハムが食べたいと誰か。

 

ogh16.jpg

ハモンセラーノ。脂はのっていたが塩加減は良かった。白がすすむ。

 

 

ogh18.jpg

セップ茸のエラード テティージャの暮れ間 ペドロヒメネスのキューブ

 

 

ogh15.jpg

赤です。赤はオススメワイン、銘醸地ブリオラートの特徴であるしっかりしたタンニン、果実味があるワイン。

Mas Des Masos 2004 15,000Yen

 

 

ogh14.jpg

鴨のアロスメロッソ トランペット茸 クレソンリーフ シェリービネガー

リゾット。

 

ogh1.jpg

ハタのブランチャ 白いんげん豆のクレモソ モハマコンソメ

 

 

ogh3.jpg

特選牛ロース ポワローコンフィ りんごのピュレ 赤ワインソース

 

 

ogh2.jpg

2nd Rosso

Conde de Herrvias 2004 15,000Yen


 

ogh4.jpg

りんごのコンポジション

 

 

ogh5.jpg

どんぐり ショコラ マロン カシス ヘーゼルナッツ

 

ogh6.jpg

ドーム型のチョコをずらすと、中にいろいろ。

いやー量も品数も十分でした。我々よりディナー先にスタートしたカップルさんは、食べ終わって出る時まだメインでした。3時間半以上はかかっていたと・・・ヨーロッパペースですね。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.84)

 

このページのトップへ

2017年11月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh7.jpg

東京BI食倶楽部で訪問しました。新宿・河田町にある小笠原伯爵邸。旧宅、古い建築物好きな私も一度は訪問したいと考えていた建物です。しかしここはレストランなどで利用しないと一般見学はできないため、訪問できずにいた場所の一つでもあります。

 

 

ogh8.jpg

庭からの建物一部。こちらはよく雑誌等で掲載される装飾部分。

小笠原伯爵邸は昭和2年(1927年)、礼法の宗家で有名な小笠原家30代当主・小笠原長幹(ながよし)伯爵の本邸として完成しました。代々小倉藩を治める大名の家柄だった小笠原家所有の敷地は竣工当時約20000坪。今なお約1000坪の敷地面積を誇ります。


 

ogh9.jpg

2002年6月スパニッシュ様式の館が施設として生まれ変わりました。このように小鳥のモチーフが多用され別名「小鳥の館」とも呼ばれています。

 

 

ogh10.jpg

日本初期のステンドグラス作家 小川三知(さんち)氏の作品。

 

 

ogh27.jpg

中庭(パティオ)から屋上へ行ってみましょう。


 

ogh26.jpg

屋上も居心地が良さそうなくつろげる場所。本当に贅沢なつくりだったんですね。

 

 

ogh25.jpg

階下へ。

 

ogh11.jpg

エントランスのそば、かつての伯爵家の正餐用食堂。テーブルは当時実際に使用されていた唯一残る家具。

 

 

ogh13.jpg

応接間。ヨーロッパからの照明やインテリア


 

ogh12.jpg

西洋館喫煙室(シガールーム)イスラム風デザインで作るのが当時の流行だったとか。

 

 

ogh24.jpg

レストランのテラス席として利用されている部分は、当時はベランダ。この他にもレストランとして利用されている部屋はあります。我々は今日はここでディナーとなります。食事編は明日掲載。TT

 


小笠原伯爵邸ホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ssera8.jpg銀座1丁目からも銀座4丁目からもそんなに遠くないビル、銀座ベルビア館に来ました。はじめて来たビルですが、LOFTとかも入ってる割には人が少ない、穴場な感じのビル。飲食店も結構入っているのですが、夜賑わうのか昼は以外に賑わってないような。これも穴場感。


食欲がない時の、タイカレー。食べようと思って検索して、そこそこ評価の高いお店が見つかったので来てみました。

 

ssera1.jpg

7階にあるタイ料理のレストラン サイアムセラドン。表に椅子が並べられているところを見ると並ぶのでしょうか。

ここは サイアムヘリテイジの店舗名で2店舗、サイアムセラドン名で6店舗ほど出店しています。

 

 

ssera3.jpg

夜メニューでしょうか。タイ料理のコースもありますね。

 

 

ssera4.jpg

テーブルがぎっしり詰められた店内。というかまだ1組目なんですか。大穴場ですねぇ。笑

個人的には夜飲んでいるときにこのぎちぎち館は勘弁してほしいけど。

 

ssera2.jpg

クリックメニュー拡大、戻る。

予定通り タイカレーセットでも食べようと思ったが、夜のフルコースを頭がよぎり、胃に少しでも優しい カオマンガイ(チキンライス)980円を注文。本当にチキンな胃袋だよ、でも昨日ワイン飲み過ぎたからなぁ。生春巻1本 350円で注文。

 

 

ssera5.jpg

お客さんが少ないせいか、生春巻きとスープがすぐに出てきた。普通の春巻きだった。惣菜の岩田さん(ロックなんとか)の生春巻きのほうが個人的には好きかもしれない。

 

ssera6.jpg

プレート到着しました。右上はポテトサラダ、右下はサラダ豆。

 

 

ssera7.jpg可もなく不可もなくしかし可と感じるカオマンガイ(チキンライス)。タイ国専門食堂のカオマンガイのほうが好みかも。同じフロアーでもゴッチズビーフというお店が行列で気になりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 



 

 

このページのトップへ

2017年11月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryuzu8.jpg

東京レストラン事情に詳しい当社のYHさんに紹介していただいた、六本木にあるRYUZU(リューズ)さんへ訪問予定の数日前に電話したらラッキーなことにカウンター席が予約が取れましたので、訪問しました。六本木の交差点から歩いて3分程度の距離にあります。

 

 

ryuzu9.jpg

エントランスは地階1階。長い階段を下る先には竹がライトアップされており、ムーディな空間が広がり、とても期待感を感じさせると共に、お店に向かうワクワク感を感じます。

 

 

ryuzu10.jpg

階段を下った左側がRYUZU。エントランスの自動ドアを開けて店内へ入ります。今回予約していた時間帯は遅めだったため既にフロアーにはお客さんが沢山。そしてお店の天井も高く私好み。個室もあります。

 

 

ryuzu11.jpg

カウンターに着座。ワインセラーと厨房が見えます。飯塚隆太シェフが調理しておられます。飯塚シェフはタイユバン・ロブション、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションで勤務され、2011年2月にRYUZUをオープンし、今やミシュラン2つ星のお店として認められています。

 

ryuzu12.jpg

カウンターの熱気がこちらにも伝わってきます。メニューを見ながら今日のストーリーを考えていくのが楽しみ。

 

 

ryuzu13.jpg

今日はコースメニューでなくて魚介系のアラカルトで行くことにします。カウンターはアラカルトで注文できます。


今日の白ワインは新ドメーヌ、


ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2013]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2013]



 

ryuzu14.jpgぶどう本来のすっきりした味わいと旨みがフィネスとして感じられるワイン。

 

 

ryuzu15.jpg

アミューズはスモークサーモンとサンマと茄子のミルフィーユ。

 

 

ryuzu16.jpg

このスモークサーモン美味しいです。さんまも自然と笑みがこぼれます。

 

 

ryuzu17.jpg

2品目のアミュ―は パンプキンスープ。

 

 

ryuzu1.jpg

メニューに載っていないのを作っていただきました。蟹のムース、ずわい蟹、キャビアと贅沢なコンビネーション。

 

 

ryuzu2.jpg

素晴しいです、モンラッシェとの相性もとてもよく、口の中に幸せ感が充満します。キャビアやばいです。

 

 

ryuzu3.jpg

 ここでマネージャーのおすすめにより、椎茸を赤ワインと合わせることにしました。2010 シュヴレ シャンベルタン(ジャンテ・パンショ)Cevrey Chambertin (Geantet Pansiot)

 

ryuzu4.jpg

八色椎茸をタルト仕立てに コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って

ぷりぷりした椎茸とシャンベルタンのマリアージュがたまりません。


 

ryuzu5.jpg

今日のメインです。

島根産 天然鮑のソテー 鮑のエッセンスソースで

 

 

ryuzu6.jpg

想像した以上に美味しいあわび。丁度1個分入ってます。これをまた食べるために訪問したくなるなぁ。

 

 

ryuzu7.jpg今日は肉はいただきません。エスプレッソダブルと茶菓子。

 

店員さんの応対も大変良く、料理も感激します。ここは再訪したいリスト入りです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2017年11月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LABI3.jpg

鮭の卵いくらも高くなってきているから海鮮料理を食べるのも良いのですが、北海道は美味しいものが沢山ある。「スープカレー専門店」というのはなかなか見かけません。最近は北海道ソウルフードとして認識度も急上昇ですよね。スープカレーは小麦が含まれないため私もオッケーなので嬉しいのです。

 

LABI2.jpg

新千歳空港でスープカレーを食べるなら、チェーン店のLABI(ラビ)ですね。評価も高いお店です。市電通り食堂街の中にあります。

 

 

LABI1.jpg

具材を選ぶのと、スープカレーの辛さとかトッピング、海老味とかラーメンのように選択自由。



 

LABI4.jpg

チキンTO野菜カレー オリジナル 1230円あたりが一番人気のスタンダードメニューですね。

 

 

LABI5.jpg

角煮TO野菜カレー 1330円 に マイタケをトッピングしていただくことにしましょう。辛さは0番から50番まであり、3番が中辛って。どんだけ50倍ってすごいんやねん。恐る恐る5番くらいにしとこう。

 

 

LABI6.jpg

ご飯にレモン。辛そうな感じがしますが。。。

 

LABI7.jpg

辛さはそれほど辛くなく、想像した以下で少しがっかり。

しかし野菜は沢山で嬉しいわ、キャベツ、マイタケ、にんじん、じゃがいも、おくら、かぼちゃ、なす、ブロッコリー、たまご。それぞれが煮込んであるのではなく、トッピングで付いている。

 

 

IMG_7336.JPG今回美味しかったのが、隨縁カントリークラブで食べたスープカレー。スープのパンチといいコクといい、これは癖になる味でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.57)

 

ラビホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年11月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中国料理 頂香(でぃんしゃん) 熊本市八王寺 太平燕。

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)2 熊本市八王寺 夜ごはん

 

最近、うなぎとかフレンチ、鉄板焼きなどが続いており、あっさりを体が欲していた。ブログでも3度目の登場となる頂上(でぃんしゃん)へ行き、焼きビーフンを食べようと。実は1度焼ビーフンも食べているのだが、その時ミスで撮影したデータが紛失してしまった。

 

dys66.jpg3度目の登場ですので、詳細は以前のブログに譲りましょう。平日ですし座れることが多いのはいいこと。

 

dys11.jpg

店内はこんな感じ。


 

dys55.jpg

セットメニューとかメニューは色々とありますが、ここは迷わず 焼きビーフン 810円。中華屋さんで焼きビーフンが普通にランチで食べれるって意外に珍しいと。小麦抜きの私にとってはとてもありがたいメニュー。調理場で中華鍋を振る音が聞こえます。


 

dys22.jpg
しばらくして到着。きくらげとイカが目立ち、ちゃんぽんスライスが入っていないため色味に乏しくはなっていますが、野菜も豊富に入っています。最初机の上に置かれたときには、「こんなに食べれないぞ」と思うのですが、ナンノナンノ。
dys33.jpg
麺より野菜が多いんじゃナイカっていう。。。
dys44.jpg
味は単一なので、一味でも振り掛けたくなるところですが、せっかくの薄味なのでがまん。今日も残さず食べてしまったのはこのあっさり感のためでしょう。だいぶ野菜も接取できてよいメニューです。
dys77.jpg
レジの奥の窓に掲げられている、額縁に入った太平燕の写真。これは中華園さんにダイニングエクスプレスの取材御礼で私が贈った2枚のうちの1枚ということがわかったのでお店の人にも話をしてみた。もう1枚というのは中華園のディスプレイに掲示されていたもの。下の写真は2010年に私が撮影したもの。写真の角度は微妙に違うが同じ太平燕。
085ta.JPG
中華園さんに贈った私の写真が頂香さんに引き継がれてとても嬉しい思いです。TT

このページのトップへ

2017年11月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭 鉄板焼き やきしゃぶからスタートする贅沢感

 

本当に何度もこのブログで登場している、薔薇亭。また行ってきたのですが、このブログを見て実際食べてみたという方もちらほら。やっぱり鉄板焼きは充実空間ですね。あ、ヒレコースは少し値段が上がったようです。個人的にはここのヒレ(フィレ)はやわらかすぎで、ロースよりベターと感じています。


kbbt10.jpg

チョイスメニューから私はいつも蛤のオーブン焼き と白ワインを頂きます。肉は後のお楽しみ。

 

 

kbbt11.jpg

同行者は肉好きのため、ヒレ肉のたたき。

 

 

kbbt1.jpg

テールスープがたまらなく味がいい。

 

 

kbbt2.jpg

今日は5人で訪問しました。鮑を焼いています。

 

kbbt3.jpg

これも白ワインと相性が良いですね。

 

 

kbbt5.jpg

フィレ3、ロース2の割合のお肉。サシがきれいに入っております

 

 

kbbt4.jpg

野菜ももちろん

 

 

kbbt6.jpg

や、やわらかすぎます。美味しいし。


 

kbbt7.jpg

ロース肉 やっぱりヒレだな。

 

 

kbbt8.jpg

最後はチャーハンで。

 

 

kbbt9.jpgお決まりのように、黒糖シャーベット。

今日も順序正しく最後までたどりつき、満足感を得ました。飲み過ぎぬよう TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

このページのトップへ

2017年11月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ffss9.jpg

大阪のリーガロイヤルホテルにて結婚式があり出席しました。300人以上の選ばれた出席者という感じの結婚式で、会場に入るなり生花の使い方とその華やかさに度肝を抜かれました。全面に映写用のスクリーンが。

 

 

ffss101.jpg

私の座った長テーブルの目の前には生花があり、正面の人とは話すことができませんでした。

 

 

ffss132.jpg

昨日の夜は蒲郡でフレンチで、今日の昼もフレンチのフルコース。胃に負担をかけぬようお酒は控えめにすることとします。料理もとても美味しそうなものばかりです。

 

 

ffss12.jpg

海の幸と彩り野菜のプレッセ グリーンオリーブソース。

前菜は私の大好きなテリーヌ。しかも海鮮まで入ったテリーヌで上には贅沢にもキャビアが添えられています。

 

 

ffss33.jpg

南瓜のクリームスープとコンソメジュレ

 

 

ffss44.jpg

オマールエビのスフレ仕立て トリュフ風味

オマールエビ半身を使ったスペシャリテ。トリュフの風味がしっかりして満足感しっかりした一品。蟹爪の部分も添えられています。


 

 

ffss55.jpg

赤・白ともサントリー関係のベリンジャー。

 

 

ffss66.jpg

グラニテをいただき、特選牛のロティ 赤ワインソース ギュルイエール風味のポテトグラタンと共に

お肉柔らかくて美味しい、いい。

 

 

ffss77.jpg

目玉焼きに見立てたデザート。普通に目玉焼きに見えてしまう。黄身の部分はマンゴーソース。白身はヨーグルト系

 

 

ffss88.jpg

これまたびっくりしたモンブラン。チョコレートがロビンフッドの羽根みたいじゃないですか。金粉もこれぞとばかりに振り掛けられております。これは贅沢なケーキですね。しかし結構量が多いこと、甘いです。

 

料理、かなり満足しました。有名な歌手の方の独唱や演奏もあり楽しいひと時を過ごしました。TT

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgb8.jpg

朝食はせっかくだから、メインダイニングで洋食と決めました。今日も特等テラス席で。夜は少しかすんでいた竹島がきれいに見える、とはいっても雨が降っているので少しかすんでいるが。

 

 

gmgb7.jpg

クラシックブレークファストは普通は2500円、今回は宿泊でパックになっています。

 

 

gmgb2.jpg

トマトジュースとヨーグルト、サラダが到着。

 

gmgb1.jpg

優雅で気持ちいい時間。

 

 

gmgb3.jpg

パン。

 

 

gmgb4.jpg

普段はホテルでも卵類はいただかないのですが、せっかくですからオムレツを。皿には竹島から望む蒲郡クラシックホテルが描かれています。

 

gmgb5.jpg

ノーマルな状態で撮影してから、ケチャップをかけてみました。

 

 

gmgb6.jpg

中はふわとろのシンプルオムレツでした。眺めがいいから、とてもいい気分で朝食を。蒲郡ステイはとても楽しかったです。TT

 

蒲郡クラシックホテルホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgd4.jpg

メインダイニングの後半編です。白いんげん豆のスープ。これはなめらかで白いんげんの重たるしくない味でいいんじゃないですか。

 

 

gmgd21.jpg

伊勢海老と白身魚のクレビネット包み焼き白ワインソース

黒く見えるのはソースではなくお皿のデザイン。思いのほか白ワインが進んでしまい・・・・魚なのに赤に。


 

gmgd3.jpg

ボルドーのオーメドック クリュ・ブルジョワ シャトー・ピュイ・カステラの2011年。カベルネは60%以下でメルローが30%あるので女性的なワインだろう。

 

 

gmgd5.jpg

ソムリエの方が自信をもっておすすめしていただいた1本がこれ。ハートの図柄か可愛い、カリフォルニアワイン、SIRITA(シリタ)

2004メルロー。相当タンニンが強くボディがあると教えていただきました。


一般小売用としてではなく、格調高いレストランのみで供出される目的で誕生したワインであるため、一般流通はおろか生産量も極端に少なく極めて入手困難なアイテムとなっております。とのことで、ラリー・ストーン氏(アメリカで有名なソムリエ)のプライベートレーベルワイン。

 

 

gmgd6.jpg

並べて飲み比べ。

 

gmgd7.jpg

ようやく伊勢海老を食べます。

 

gmgd8.jpg

グラニテをいただき

 

 

gmgd9.jpg

オーセンティックなフレンチのメイン。

黒毛和牛フィレ肉とフォアグラのソテー 御津産イチジクソース

 

 

gmgd10.jpg

お肉柔らかいし、満足。

 

 

gmgd20.jpg渥美半島産マスクメロン ポルト酒ゼリー添え ローズヒップと紅茶のシャーベット。ごちそうさまでした。TT

 


食べログ(掲載時点 3.40)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgd18.jpg

クラシックホテルのメインダイニングは心が躍る気分がする。その空間に足を運びいれた瞬間からホテルに入った時とまた違う幕が開く気分がする。この感覚は新しいモダンフレンチのお店やグランメゾンを唄うお店でもは味わえない重厚感がある。

 

 

gmgd19.jpg

壁面には既に飲まれたグランヴァンなどのワインの空ボトルがディスプレイされていた。これだけ並べると綺麗だ。

 

 

gmgd17.jpg

今回の特等席はわずか6席のテラス席。既に暗くなった三河湾を望むだけではない。

 

 

gmgd1.jpg

今日の料理は宿泊パックとセットになっていたフルコースだが、メインダイニングのメニューと見比べてみるとだいたい13000円から15000円といった程度でしょう。それに今回はワインのペアリングコースも付けていますので、楽しみ感倍増します。

 

 

gmgd16.jpg

シャンパンは2016年に登場した、ボトルの色が鮮やかなブルーのポメリー、驚きました。

 

gmgd15.jpg

これはいいですね。フレッシュな余韻感を雨の三河湾を見ながら。

 

 

gmgd14.jpg

ボルドーのグランヴァンは数はそんなに多くないですが。

 

 

gmgd13.jpg

アミューズは柑橘のゼリーと鴨スライス

 

 

gmgd11.jpg

蒲郡産赤座海老とバジル風味のクスクス メヒカリ(アオメエソ)のエスカベッシュ 蒲郡産マイクロトマトと食用花

 

華やかさのある皿が登場した。こういった地元の素材を利用してあるフレンチというのがとても嬉しい。素敵な皿に見とれていると、バンバンと音が鳴り出し。


 

gmgd12.jpg

窓から、地元のお祭りの打ち上げ花火が開始された。フレンチを食べながらファイヤーワークス。ものすごいマリアージュだ。短い時間の花火だったが今年初めて近くで見た花火はとても綺麗だった。


 

gmgd2.jpg

あまりにも 花火がきれいだったので、マリアージュで用意された白ワインを注文しないで ハーフボトルのムルソー HENRI DARNAT(アンリ・ダルナ)をオーダーする。

 

翌日の メインダイニング(2)へと続きます。

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

gmg1.jpg

今日の宿泊地、愛知県蒲郡市 蒲郡クラシックホテルに到着しました。蒲郡クラシックホテルは一度訪問してみたいと考えていたホテルです。クラシックホテルに宿泊するのは2009年の長崎 雲仙観光ホテル以来になります。当時のダイニングエクスプレス記事、なつかしい。


クラシックホテルは WIKIPEDIA を読むとわかるが、日本では約10がクラシックホテルと称されている。なだたる高級ホテルばかり。歴史があり趣があり、ホテルという存在だけで落ち着いた惹かれるものがある空間へと足を運んでみよう。



今回もホテルアプローチから部屋の景色までをたどってみましょう。

 

 

gmg9.jpg

クラシックホテルはドアとかノブに歴史の趣を感じます。蒲郡クラシックホテルは1912年(明治45年)創業、1934年に蒲郡ホテルとして竣工されました。城郭風建築で、雲仙観光ホテル、横浜ニューグランドホテル、大津琵琶湖ホテルと並び国際観光ホテル計画に基づき建築されたとのこと。

 

 

gmg2.jpg

ホテルの中へと足を運ぼう。


1987年に当ホテルは蒲郡プリンスホテルとして経営が変わり、2011年の静岡クレタケグループの経営に変わるまで続く。

 

gmg5.jpg

クラシックホテルは重厚感あるロビーが特徴でもある。同じクラシックホテルの横浜ニューグランドホテルは当時の華やかな時代を思わせるロビーが今も現存している。

 

 

gmg4.jpg

チェックインのあと、階段を上がりシャンデリアを眺める。

 

 

gmg6.jpg

ロビーに戻り下から眺める。


 

gmg7.jpg

昔っぽい針でフロアーを示すエレベーターに乗り 客室312へと向かう。

 

 

gmgc2.jpg

312はツイン+ミニリビングの部屋である。廊下は雲仙観光ホテルほどのムードはなく普通のホテルっぽさを感じた。蒲郡クラシックホテルは三河湾国定公園の中核となる竹島の対岸に建つ。竹島は約400mの竹島橋で結ばれている。湾に面した部屋だったので竹島も眺めることが可能。

 

 

gmg3.jpg

部屋から竹島と三河湾を望む。

 

 

gmg8.jpg

部屋でしばらく休憩したのち、2階にあるメインダイニングルームでの会食へと階段を下りて向かおう。パステルのやわらかい光のステンドグラスがとてもムーディで心地よい。TT

 

 

蒲郡クラシックホテル (ホームページ)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

うなぎの名産地、静岡県で本格的鰻屋さんで鰻を食べていないことに気が付いた。浜松では餃子とか食べているのに、静岡県は何十回も行ったことがあるのに海鮮料理や寿司などは沢山食べているのに、どうしてか鰻を食べていないのだ。


それなら食べないと。丁度東京から愛知県へ向かう予定だったので途中下車してうなぎをという計画、そしてせっかくだから、静岡県内食べログベスト10に入る店をチョイスする。そして平日ではないので並ぶ覚悟をするということでチョイスしたお店は、静岡県内ナンバー10の


うなぎの甚八

 

 

甚八は幸い新幹線掛川駅から徒歩5,6分程度。東京から掛川までは1時間40分あまり。二日酔いだが自分の行動力には驚いてしまう。しかし11時開店だから10時半に並ばなければ・・・・土用丑の日に佐原で10時30分から並んだのを思い出す。

 

 

 

jinpachi2.jpg

10時半で1番乗りです。これは一巡目確定です。私の後にお客さんが続々並び始め11時の開店前には20人ほどの行列。

 

そして甚八さんの入口の看板に「お子様連れはにがてです」。すごい看板ですが、お子様にはウナギの味はわからないためか、時間がかかるのか、さわぐのか何か理由は聞けませんが。。インパクトありすぎ。

 

デジカメのメモリーでトラブルが発生し、撮影した写真が全部パーに。スマホの分しかありません。残念。

 

 

 

jinpachi.jpg

店内には1組ずつ案内されます。カウンター席に。店に入って約20分。うな重 松 サラダ付 2900円。都内より安いです。

 

 

jinpachi4.jpg

ご飯の量多め、私の好きなご飯粒固めしっかり系です。タレも甘辛。これは旨いですね。こんなに美味しい鰻ならはたまに食べたい。いや並んでも食べたい。関西風の直焼きなんですね。ウナギ自体もふっくらして脂乗りもいい。イイ!三つ葉の多い肝吸いがさわやかすぎる味。カウンターにたまたま座った隣の女性と 「いやー、おいしい鰻ですね」と言葉を交わす。

 

 

jinpachi3.jpg

掛川といえば掛川城。木造で再建された天守閣は立派です。御殿は現存で重要文化財。とてもバランスのいいコンパクトなお城でした。

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

うなぎの甚八レポート

 

このページのトップへ

2017年10月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

AIRG1.jpg

今日は銀座でランチ会食。場所は銀座4丁目交差点からもほど近いエグジットメルサの8Fにあるオープンして約2年のモダンフレンチのお店。食べログでは東京都フレンチでベスト50に入り、評点も4.11(掲載時)を誇るお店である。シェフは山本氏、食べログのレビューを見ても相当期待が出来そうな、アーティスティックでインスタ映えしそうなモダンフレンチのお店であることがうかがえますね。さてどうなんでしょうか。

 

 

arig2.jpg

8Fには和食店とかもあるのですが、ここだけ異空間のようなフレンチのお店となっていますね。上質で軽快なイメージもある清潔感あるレストランのエントランス。

 

airg3.jpg

ワインセラー。色々と取り揃えられており、話したところ入れ替えをやっており、ボルドーグランヴァンもどんどん増えてきているとのこと。

 

 

arg4.jpg

席数はこのほかにテーブル2名x2でキャパは27席程度です。この日は女性だけで満席。すごいですね。皆さんもちろん予約して「女子会」ならぬ「マダム会」の感じでした。

 

 

arg5.jpg

ランチはアミューズ、前菜、魚、肉、デザート の5皿構成で4500円の均一。肉魚付でこの値段は良いコストパフォーマンスではないでしょうか。また夜も6800円という、この場所で 本当ですか?と思うような価格ではないでしょうか。もちろん飲むワインの種によって価格は変わりますけどね。

 

 

arg7.jpg

私はシャルドネで作った葡萄ジュース。(ワインではなくてノンアルコールのジュースです)

 

 

arg6.jpg

ご一緒された方は白のグラス。オーストリアのフランツアントンメーヤー。特徴ある白。

 

 

arg9.jpg

アミューズは とっても小さな一口サイズの フォアグラのソフトクリーム。フォアグラ風味の効いたクリームがソフトクリーム風になっています。これは見た目にも可愛いですし、味も濃厚ながらクリーム状となっていますので、食べやすい。

 

arg8.jpg

土台の部分の粉は食べれません。

 

arg10.jpg

スペシャリテは AIRの名物ともなっている 野菜のパフェ。見た目に立体感がありすごいインパクト。サーブする人が説明してくれていますが、野菜の数が多すぎて頭に残りません。というか見た目に興味が話を聞いていなかった。しかし野菜パフェとは。パフェスプーンで頂きます。

 

 

arg11.jpg

これはまた野菜の複雑な味が層ごとに変わっていき、これは何でしょう。思い切り白ワインが欲しくなる。

 

 

arg12.jpg

パンはスルーして

この間に+1000円で帆立ディルオイルを追加できますが、量があるのでパスします。

 

arg13.jpg

鮮魚は蟹のブランダード マカデミアナッツ レモンのコンフィ。

ブランダードとは「混ぜる」と言う意味で、鱈を牛乳で茹でジャガイモを加え混ぜてペースト状にしたお料理です

上にある白いものは野菜のかぶ

 

arg14.jpg

カブと蟹のソースとブランダードが複雑に絡み合い、これは美味しい。

 

 

arg15.jpg

さて、メインの豚肉 スペアリブ ポルチーニ茸 アップルパイ。

アップルパイと豚肉のコンビネーションなんですが。表面はアップルパイの生地。


 

arg16.jpg

マイナス190度とかのボトルから、低音冷凍されたアップルが皿の上に。ドライアイスのようなけむりふわふわの効果となり、見た目にインパクトある料理ですね。今日はポークを食べたい気分でしたので丁度良かった。

 

 

arg17.jpg

アップルパイをどけると、アップルソースとスペアリブ。なんともポルチーニ茸がいい味を出しています。

 

 

arg18.jpg

デザートはこれまた立体感ある、球体が。フォレノワール グリオットチェリー ブランマンジェ。皿の下にはチョコチップが。


フランス語でフォレは森、ノワールは黒いという意味で、ドイツ南西部の森林地帯「黒い 森(ドイツ語ではシュバルツヴァルト)」にちなんだお菓子でそれをイメージしてあります。


arg19.jpg

濃厚なチョコレート味で締めくくりました。エスプレッソと一緒に。満足感が高いランチでした。夜も期待できると思います。いつか訪問したいと。ホームページも綺麗。TT

 

食べログ(掲載時点 4.11)

 

レストランエール ホームページ

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fukn14.jpg

10月中旬の東京は寒い日がありました。雨もしとしと降って、薄手のコートを着ないと夜も寒いくらい。今日も明日も立食パーティの予定でしたので、今日は立食での食事をほとんど取らず会話に集中し、静かに食事をすることを選択しました。いやーこれも楽しみですね。

宿泊場所の赤坂の近辺で鰻の美味しそうなところを選んで訪問。鰻店というと結構夜閉まるのが早いのですが、こちらふきぬきさんはラストオーダー21:30で22:30閉店なので、遅めの部類ではないでしょうか。店は赤坂見附の飲食街の南端のほうで見つけやすい。外国人の旅行者の方も結構お店の中に吸い込まれていく、有名なガイドブックなどに掲載されているのか。1F、地階とお店はありますが1Fでは数組の方が日本酒を飲んでらっしゃいました。

 

fukn9.jpg

メニュー表を見ていきましょう。創業大正12年です。大正12年というと1923年、関東大震災の年ではないですか。創業94年ということになりますね。

 

fukn1.jpg

富貴貫と書き、高貴でそれを貫くという意味、お客様に良いものを提供しづつけるという強いメッセージが込められているという。

 

fukn2.jpg

うなぎは4ランクですね。松の上に菊がある。普通に竹 3,230円を頼むことにする。竹と松の価格差は1000円、結構大きいね。多くの人は竹を頼みそう。東京のスタンダード的価格だと思います。

 

fukun3.jpg

ひつまぶしもありますが、ひつまぶしには梅がありませんね。

 

fukn3.jpg

うな重は蒸して焼くので30分時間がかかります、とのこと。やはり夜だからどんどん準備しているわけではないのでしょう。まぁゆっくりと。今日はうざくと白ワインという気持ちが強まってきた。

 

fukn4.jpg

塩辛なんてのもあるのだが、天ぷらやみたい。

 

fukn6.jpg

酒の通しの枝豆自体も秀逸。

 

fukn5.jpg

白ワイン 180mlで、タティアラ(オーストラリア)というスーパー・コンビニで販売されているワインしかなかった。もう少しグレードが良いワインを置いてほしいと思うが、グラスワインと称したペットボトルワインなどよりいいかなと思ってしまう。

 

 

fukn7.jpg

うざく1200円。ほとんど鰻じゃないですか。結構食べごたえあります。うなぎの量からいって高くない。

 

 

fukn8.jpg

うなぎが出てこず、次は赤ワイン、こちらもタティアラに。ギンギンに冷え過ぎている。


 

fukn10.jpg

もうそろそろかなーと思ったら、到着。お腹空いてきました。

 

fukn11.jpg

薄めの色付のうなぎは上品な感じがします。老舗の鰻屋さんという雰囲気が出ているお重。

 

fukn12.jpg

竹でほぼ1匹の鰻。焼き加減からいって上品なふわっとさがあり、バランスが良い鰻という感じ。脂がのりすぎてもおらず決してパサパサでもなく、少し柔らか目のご飯との相性も抜群に感じます。ご飯の量はそれほど多めではありませんが。醤油の甘辛さのバランスもいいですね。日本への来訪者の方も日本でこれほど美味しい鰻を食べれれば満足ではないでしょうか。

 

 

fukn13.jpg

やっぱり、鰻はいいですね。完食です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kaiko9.jpg

福岡空港で遅めのランチ。どこにしようかと考えて、せっかくだから記事になるものをと、食べログで検索。ポイント3.5オーバーの和食のこのお店なら間違いなさそう。しかもとっくにランチタイムは過ぎているのに結構多くのお客さんが入っていく。そばのお寿司屋さんなどと比較しても価格の面でリーズナブルだからだろう。

ここは第二ターミナルの3階。福岡空港は改修中だから少しわかりにくい。空港だからアイドルタイムもなく「昼飲み」している人も多く見かける。

 

kaiko1.jpg

15:00までサービスされているランチは950円均一と空港にしては良心的な価格設定。これだけメニューがあれば同行者にもあまり気を使わずにお店に入ってからどれを食べるか決めることができる。


 

kaiko2.jpg

お昼の定食より少しプレミアムな やりいか定食なんていうのもディスプレスされているので惹かれたりもする。

 

kaiko3.jpg

席に座って何にするか考える。

 

kaiko4.jpg

グランドメニューにも酒のアテになりそうな居酒屋メニューも沢山あるし、定食のメニューも豊富。


 

kaiko5.jpg

もつ鍋セットとか、大分とり天定食といった、これから帰る人が九州を懐かしむメニューまで用意されているのが空港和食の特徴でもある。ただ塩サバ定食とか頼んでも面白くないので、ここは 鯖めし (1280円)というものを頼むこととした。鯖めしって熊本でもほとんど、いや全く食べる機会はない。大分では関サバとか食べますが。

 

kaiko7.jpg

しばらくして到着。とろろとゴマダレが付いている。8切れの鯖がおけの中に収まっている。店員のお姉さんがゴマダレのかけ過ぎには注意してくださいと。

 

 

kaiko6.jpg

ちらし寿司のような雰囲気だが。生のサバだ。酢でも〆ていない生鯖は関東の人から見たら奇異という。福岡ではゴマサバとか食べますので普通のような感じですが。サバの寄生虫といえばアニサキスで、寄生虫にかかるとめちゃくちゃ痛い胃痛がするとのことで有名だが、九州のサバにはアニサキスがいない、少ないとも言われている。

福岡の生サバはあたらない?

 

 

kaiko8.jpg

茶碗によそい、とろろと胡麻ダレをかけていただきます。結構このゴマダレが濃くてご飯とサバともうまくマッチングして味は濃い甘系だけど、結構癖になる味。イヤー結構満足しました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisy8.jpg 千葉県市原市に宿泊しました。幕張とか千葉市は大きな行事のため団体宿泊が難しくて、まぁ市原でもどこでも美味しいものが食べれれば。「市原といえば、焼肉。」なんでやー、と思うかもしれませんが、大きな幹線道路に焼肉屋さんが多いことは確か。数えたわけではありませんが。千葉県といえば「赤門」焼肉も有名ですが、こちらは大将軍。熊本で大将軍というとチャーシューが美味しいラーメン屋ですが。こちらは熊本でいうところの「彩炉」みたいなチェーン店という感じです。

 

ここから先は肉を食べたくなってもかまわまいという人がお読みください。

 

daisy9.jpg店内も清潔感あります。

 

daisy10.jpgこんな感じにセッティング。うんちくが書いてある紙をみてみます。

 

daisy11.jpg千葉市内の都町が本店。東京の笹塚にもあるんだ。

 

daisy12.jpgコースは4種類。今日は贅沢に極コース 7800円、と期待したが、彩コースとのこと、ガックシ。飲み放題別。上タン塩だけは共通。後は肉の質が違う。

 

daisy1.jpg和牛カルビでも1280円からだから、結構いい肉を使っているお店だと推測。

 

daisy13.jpg上タン塩4人前。一人頭4枚見当。そこそこ厚みありますね。

 

daisy14.jpgじゃんじゃん焼いていきましょう。

 

daisy15.jpg塩とレモンがいい。

 

daisy16.jpg

ロース来ました。

 

 

daisy17.jpg

まだまだ行けそうです。


 

daisy18.jpg

通常の和牛カルビ 私が写真を撮る前に食べ終えた人たち・・・

 

daisy2.jpg

上ミノとホルモンを。

通常ならこれで終わりなんですが、「肉少ないでしょ・・・」と幹事の方がカルビ肉をオーダー。各テーブルにこれだけ。


ドン

 

daisy3.jpg

ちょっと、多すぎではないでしょうか。もうどうにでもなれってことでしょうか。

 

 

daisy4.jpg

それではガンガン焼いていくしかありません。

 

 

daisy5.jpg

脂が多いから、火も出るわ。しかしながら、全て皆さんの胃の中に収まり


 

daisy6.jpgライス・ビビンバ・クッパからビビンバを食べる人は胃が強いし。

 

 

daisy7.jpg

今日も杏仁なのだが、中華料理ではないので、シャーベットとかアイスがいいんじゃない?って思う。

少し飲みすぎ、食べ過ぎました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

大将軍ホームページ

 


 


このページのトップへ

2017年10月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

赤坂離宮 銀座店

赤坂離宮 羽田空港第一ターミナル店 担担麺

広東名菜 赤坂璃宮 麻婆豆腐

 

ブログでも何度も登場している赤坂離宮、久しぶりに訪問しました。羽田第一ターミナル(JAL)の数多くある飲食店でも食べログポイントNO.1だし安定感ある実力店です。

 

akrk4.jpg第一ターミナルの4Fにあります。

 

akrk5.jpg単品料理も充実しています。

 

今日はセットメニューを掲載しています。クリック拡大、戻る。

akrk1.jpgakrk2.jpgakrk3.jpg

今日は私は単品チャーハンを頼みます。ここのチャーハン美味しいから。でも一人では多いので、チャーハンの大盛りを頼もうか悩んでいる人に分けてあげることにしました。

 

akrk6.jpgakrk7.jpg少なそうに見えるが結構多い。セットメニューのチャーハンには海老が入ってません。ぱらぱらで卵も綺麗に絡んでいて、途中飽きてきたら醤油を少し垂らして。個人的にはこのように固めてないチャーハンが好き。固めるって丸くなっているやつ。

 

 

akrk8.jpgakrk9.jpg同行者が頼んだ、坦々麺。ここのとても美味しいんだけどね。昔はこれ目当てでした。今は麺無しタンタンは頼めないから。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktai1.jpg

 川崎へやってきましたので、せっかくですから川崎駅から車で約10分、川崎大師(かわさきだいし)へやってきました。仲見世の通りを通っていきましょう。夕方ですので、人も少ない仲見世。川崎大師は初詣ランキングで全国第3位を誇ります。(ちなみに1位は明治神宮、2位は成田山新勝寺、第4位が浅草浅草寺ということですから、その人気度はたいしたもの。そして初詣という言葉もここ川崎大師からはじまったとも。厄除け大師として成田山、高尾山と共に、真言宗智山派の大本山。

 

ktai12.jpg

スケールが大きいことに驚き。

 

ktai7.jpg

開創は1128年。約900年前です。

 

 

ktai4.jpg

食に結びつけると、川崎大師周辺には飴屋さんと、くず餅屋さんが多い。6,7軒はあるだろうか。しかもくず餅を久寿と書いているから、どうしてだろうと思う。

この近辺に住んでいた九兵衛さんが、できあがった餅を川崎大師へ寄進したところ、当時の上人から、「久の字に、縁起のよい寿の字を付け、『久寿餅』とするがよい」とのお言葉をいただき、ここに川崎大師名物が誕生したというわけ。

ktai8.jpg

入口の一番近くにある、歴史がある住吉というお店に入ってみましょう。以前芸能人が川崎大師を訪問するテレビでここに入ってました

 

 

ktai9.jpg

久寿餅は450円、まんじゅうは350円。おもち帰り品も沢山販売しています。

 

 

ktai10.jpg

久寿餅くらいなら、大丈夫でしょう。1皿を3人でシェアします。

 

 

ktai5.jpg

店内で食べることができます。

 

 

ktai2.jpg

黒蜜と黄粉をまぶした 久寿餅。歯切れの良いコンニャクというような食感。私はわらび餅のほうが好きだと思います。

 

ktai11.jpg

こちらはあんころまんじゅう。甘いです。


何が驚きというと、この近くには「味の素」の発祥の地があり、(創業者の名前の鈴木町という駅もあるくらい)調味料味の素を作る過程でうまみの元グルテンを取り出し、残ったでんぷんを使って作られたものが、くず餅で だからこのあたりの名産物になったとか。ということはくず餅は小麦粉。いやー、食べてしまってますよ。てっきり関西の葛餅と混同してしまいそうになります。びっくりしました。TT

 

きっかけ

 

くずもち

 

 

このページのトップへ

2017年10月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

keisuke10.jpg 川崎市の外食視察の一環として市内中心部に出てきました。3次会の会場として検索をかけていたところ、同行者の知り合いがこのお店のグループに居るということで、訪問したのが、「牛タン 圭助 川崎仲見世店」 牛タンは皆さんが3次会でつまみたいものなのでしょうか、よくわかりませんが。同行者の中に「ケイスケ」という名前が2人もいたのにはびっくり。ケイスケ割でもあれば面白いのに。

 

経営はKIDS HOLDINGで、多業種の飲食業を年商140億円、200店舗を経営しており結構大きなグループ会社。さてどんなメニューでしょう。

 

(メニュー研究)お腹が空いていないのでメニュー研究ですが、さすが美味しそうなメニューと写真が並んでいますね。

全てクリック拡大、戻る。

 

keisuke4.jpgkeisuke1.jpgkeisuke12.jpgkeisuke3.jpgkeisuke5.jpgkeisuke11.jpgkeisuke13.jpgkeisuke7.jpg

牛タン焼き 中 1580円。厚切り牛タンは美味しい。この牛タン屋さんというのも関東でだいぶ増えてきたと思う。

 

 

keisuke6.jpg

私はハイボールを飲みませんが、ハイボール飲みに人気なのがポテト。圭助ではポテトフライ しょっつるバター和え 480円と、魚醤の一つであるしょっつるが組み合わさりこれはこれでうまい。

 

 

keisuke8.jpg

ハラミ焼き ネギポン酢。 880円。日本酒を飲んでいて食べたかどうか記憶に全くない。


 

keisuke9.jpg

牛タンネギ味噌もやし 320円。ちょっとしたおつまみですね。

 

 

keisuke99.jpgおつまみスパイシーテール 580円。薄切りにしたテールをスパイシーに味付け。酒のつまみにぴったりのメニュー。ビーフジャーキーに近いメニューだ。


今日はこれにて外食視察は終了です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



このページのトップへ

2017年10月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NNGK1.jpg

団体研修旅行で神奈川県の川崎へ行きました。東京・横浜は多く訪問していても川崎は訪問したことがない、という人も多くいて、だからこそ訪問する意味もあるという。羽田空港から京急で早いものだと2駅目、約15分で到着するという近さ。私は今までも多く川崎は訪問していてこのブログでも ラーメン一幻、金子半之助、サイゴンキムタンなどを紹介している。


川崎市はあまり知られないが、元気のある政令指定都市である。人口は福岡市と近い約150万人で人口密度は大阪に次ぐ規模、そして高齢化比率が全国一低い政令指定都市、ちなみに一番高いのは北九州市。つまり、武蔵小杉や川崎にはヤングジェネレーションが流入し平均年齢を下げ、人口成長が起こっている成長都市というわけ。だから活気というか熱気を感じるのも無理はありません。


JR川崎駅近辺は整理され、駅の改札口からすぐにラゾーナ川崎という一大ショッピングモールに隣接し、川崎駅近辺はショッピングリゾートと化しています。元気がある町はいいなぁ。ということで今回もラゾーナ川崎で食事をしようということになり、選択したお店がここ、「南国酒家」

 

 

NNGK2.jpg

南国酒家というと原宿。というイメージ。高級感ある中華料理で有名です。関東近辺に店舗は集中していますが、博多くうてんや大分にも南国酒家の店舗はあります、

広東炒麺南国酒家

という名前で麺の店が展開されています。予備知識はその程度で


 

NNGK3.jpg

秋コースは4800円、6800円、8800円(税別)。やはり8800円のフカヒレ姿煮は美味しそうだが、今日は4800円のコース+飲み放題。

 

 

NNGK4.jpg

このような単品メニューのディスプレイはありがたい、やはりショッピングモールだからファミリー層の利用も多い。

 

 

NNGK5.jpg

さあ食べましょう。おまかせ前菜4種の盛り合わせ。えび、サーモン、チャーシュウ、野菜。サーモンはナッツがかかって分厚い刺身のようなもの。

 

 

NNGK6.jpg

飲み放題以外のメニューからワインをオーダー。イタリア ケットマイヤー 2015 辛口。さらっとした飲み口のワイン。

 

 

NNGK7.jpg

ふかひれと松茸、ずわい蟹の香りとろみスープ。これは美味しいと思う。

 

 

NNGK8.jpg

五目入り湯葉巻き揚げ


 

NNGK9.jpg

おまかせ蒸し点心

 

 

NNGK10.jpg

天然海老とアオリイカ、彩り野菜の干し海老搾菜醤炒め

美味しい中華料理ではこういうのに差が出ますね。丁寧に色んな具材が入って美味しい。

 

 

NNGK11.jpg

豚フィレと銀杏、いぶりがっこ、カシューナッツの黒胡椒炒め

今回、一番皆さんの興味を引いた1品。秋田県名産の漬物「いぶりがっこ」が入っているパンチのある炒め物。いぶりがっこが入っていない人もいて、がっかりしていた。

 

NNGK12.jpg

目鯛と蓮根の重ね蒸し 舞茸の香りあんかけ

 

NNGK13.jpg

五目具だくさん あんかけ焼きそば。これは1人前にとりわけてもらったもの。

名前通り具材たっぷり、具しかいただきませんでした。下に麺は入っていますが。

 

 

DSC08287.jpg

あんにんどうふ

 

皆さん、まぁまぁ満足されていたようですが、中華はやはりお金を出すことでグレードの高い食材が出てきますので、それを期待される場合は8800円のコースですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dorob8.jpg

  かなり久しぶりに 泥武士 with matsu を訪問しました。昔は泥武士(どろぶし)でした。1993年オープンですから24年目ですね。2000年ごろは いわばここが発信となって全国から視察、食べにいらっしゃるくらい一世風靡したお店です。当時は「オーガニッ」という言葉すら、まだ世の中に浸透していませんでした。

夜もオーガニックワインを飲みながら食事とか、相当野菜とか材料にこだわったお店で、2000年代に東京・広尾店がオープンしたと記憶しています。そして銀座店。銀座には今も店舗があります。熊本発信で東京と熊本に店舗がある珍しい外食店舗です。

 

 

dorob9.jpg

どういうランチメニューがあったかも忘れてしまいましたが、有名なのはビーフ with ライス。もともと泥武士は三年坂のデーブスレストランの姉妹店ということでスタートして、このビーフ with ライスというのも当時からの看板メニューの一つでした。当時は黒酢豚というのもあったと記憶しています。

 

dorob1.jpg

天井が高いんですね。忘れていました。昔は小さな扉から入っていた記憶があります。

 

 

dorob3.jpg

4席ほどのカウンター席とテーブル、個室席。なつかしいです。


 

dorob2.jpg

ビーフ with ライス 1200円。オーガニックビーフステーキを頼んでから、やっぱり昔の味をということで、ビーフライスに変更。

 

dorob4.jpg

先ずはサラダが到着しました。

 

 

dorob5.jpg

しばらくして、ビーフウィズライスとみそ汁が到着。結構見た目以上にご飯の量が多い。ステーキの量はというと隠れているのも入れて5個なのです。

 

dorob6.jpg

泥武士オリジナルの醤油で炒めたライス。オーストラリア産オーガニックビーフもニンニク、塩胡椒くらいなので、全体は「意外に薄味」こんなに薄味だったかなと記憶の中で考えつつ。ほんとうにこのビーフwithライスがめちゃくちゃ流行ったのですから。

 

dorob7.jpg

こちらはだしの味がかなり出ており、こんにゃくなど具材も沢山入っています。最後は味噌汁をおかずにご飯を頂きましたが、ご飯の量も多く、だいぶ残してしまいました。オーガニックのホットコーヒーをいただいて終了。また夜に来てみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

泥武士ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ruwani11.jpg

10月だというのに、夏のような天気が続いておりまして。今日の昼はカレーにしよう。それも小麦なしのカレーということでタイカレー系統がよい。


あまりにもこのブログに登場しすぎて頭に残っている、ルワニさんへ。記者YAさんのお気に入り。編集長もいよいよ訪問です。

だって、この登場回数。


スリランカ家庭料理 熊本並木坂 ルワニ

スリランカ料理 フライドライス&カレー 安定のおいしさ 並木坂 ルワニ

並木坂 ルワニでワンコイン!スリランカライスアンドカレー。安い!旨い!

ハウディニュースでも。 スリランカカレー

ruwani22.jpg

市役所裏にあるスリランカカレーとは兄弟店でしょうか。メニュー構成や看板が似ています。上通りがランチは50円安いのはなぜだろう。

 

ruwani33.jpg

2階へあがり、店内へ。

 

 

ruwani44.jpg

今日はたまたまだろう、私が滞在した時間はお客さんが終始私だけだった。お店には悪いが相席などより落ち着くパターンだ。

 

 

ruwani55.jpg

ランチメニューは750円のセットから単品500円なんてのもある。初心者なので、スリランカ ライス&カレー をいただこう。思い出したが、東京では珍しいネパール料理だのに30年以上も前から行っていた。当時は大のエスニック好きだった。東京出張の折にはエスニック訪問するが熊本では珍しい。

 

ruwani66.jpg

レッド3くらいいきなりいっちゃおうか。

 

頭からの汗を想像して、またYAさんのブログ記事 マイルド・マイルド とかにびびってしまい、ふつうの1段階下のマイルドに。

チキンの胃袋だ。

 

 

ruwani77.jpg

アイスティーとサラダで。

3種類のカレーと書いてあったので、「チキン」とオーダーしたら、それは全部入りということだった。初心者とばれた。

 

ruwani88.jpg

同じカレーに見えるが違うカレーだろうか。じゃがいも、チキン、野菜がダムのようにカレーをせき止めていると思いきや、スープの量が多すぎて混合している。

 

 

ruwani99.jpg

スープが多すぎというくらい。そしてスープはサラサラだ。辛さですか、いや全然辛くないですよ。期待外しくらい頭から汗も出ない。レトルトのタイカレーのほうがめちゃ辛い。だから次回はレッド3でヒリヒリ感を味わいたい。翌日休みの日にしたいが。

 

 

ruwani100.jpg

マイルド。

 

ruwani102.jpgアイスまでついていて、嬉しい。でも蜂蜜とかはいらないかも。単品500円でもよい気がする。レッドにすれば+50円です。TT

 

食べログ(軽鎖時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikunieda2.jpg

ランチに麺類を食べなくなって選択幅が狭まり困ってます。当ブログのYAさんの記事をたまたま思い出し、急遽訪問してみることにしました。場所は水道町です。わが家の魚河岸 国枝鮮魚。魚がメインのお店だとすぐわかりますね。

 

 

ikunieda1.jpg

ランチメニューは6品のラインアップ。全てが魚というわけではなく、牛ステーキ膳という魚嫌いの人と一緒でも入ることができる配慮かどうかはわかりませんが、いいですね。限定5品の鮪丼膳 680円もあります。まぁ、先着ですね。

 


ikunieda4.jpg

店の入り口近辺はカウンター、奥はテーブル席。女性客が多いことを見ても、まちに買い物に来たりした人の帰りでしょうか。まず間違いはなさそうです。かくいう私も4人テーブルにご婦人1名と相席。相手が話しかけてきてここは常連さんのようです。

 

ikunieda3.jpg

一番人気は魚河岸弁当。YAさんの取材時の昨年は1080円でしたので、200円値上がりしていますね。ボリューム等に変更があったかどうかは不明ですが。どれも美味しそうですが、ビギナーなので海鮮丼にします。

 

 

ikunieda5.jpg

着丼。丼は小さく見えますがそうでもないですよ。サラダ、味噌汁、お新香付。みた感じ これで1280円。1080円時代だったら安すぎですね。

 

ikunieda6.jpg

刺身は分厚くそして色んな種類があるので楽しめます。ご飯は酢飯ではありません、普通のあったかライス。

ネタは うに、いくら、タイ、かんぱち、カニ身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、中トロ、太刀魚、羽がつお、羽魚とあるが、うにとねぎとろの存在には気が付かなかった。あったのかどうかも不明ですが、たぶん海老に置き換わったのか。そういうこともあるだろう。

 

 

ikunieda8.jpg

結構な数が入っているので、刺身でお腹いっぱいになります。

 

 

ikunieda7.jpg

この味噌汁が味が出ていて美味しかった。また刺身ご飯が食べたくなったら来ます。相席の人は弁当だったが魚の煮つけも美味しそうだった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

celeb12.jpg 思い返せばこの1週間、フレンチづいてます。直近1週間でフレンチディナー4回目、昼も入れると5回目です。これほど集中することはありませんが、同じ店で同じ料理を食べているわけではありませんので、飽きるということはありません。しかもフレンチはお酒も美味しくいただけます。寿司毎日は飽きるでしょうがフレンチは飽きません、好きというのもあるんですが。今日はホテル日航熊本 2Fのレ・セレブリテにビジネスディナーで訪問。

 

celeb14.jpg

メインダイニングへ通じる通路。奥がキッチンとメインダイニング。

 

celeb15.jpg

入ってすぐの右側カウンター席、今日はメインダイニングではなく個室。

 

 

celeb16.jpg

6,7品構成のフレンチです。コースはディナーは事前予約をしないメニューは8500円コースです。

 


celeb2.jpg

パンも美味しいのですが・・・

 

celeb13.jpg

メインディッシュを+1500円で牛肉に変更

 

 

celeb17.jpg

アミューズ、シャルキュトリー。大阿蘇鱒など。


 

celleb1.jpg

オマール海老、ブロッコリー、トリュフ。見た目にも鮮やかで美しい。サラダ仕立てとなっています。シャンパンはお酒飲む人の数が少なく私はグラスで。

 

 

celeb3.jpg

本来ある、貝メニューを外していただき、変更は小さなリゾット海鮮。


 

celeb18.jpg

白はフルボトルで2011 マコン・ヴィラージュ テグエ・エ・フィス

 

celeb4.jpg

楽しみにしていた 吟醸フォアグラ ズワイガニ トマト

 

celeb5.jpg

卵の黄身も入っており、タルタルしていただきます。白に合いますね。

 

 

celeb6.jpg

マナガツオ 茸 ピスタチオ。 量はこれくらいがベターなんですよね。ここのは一皿が上品で量も多くなくていい。

 

 

celeb7.jpg

赤はサントリーの経営する3級シャトー ラグランジェのセカンドワイン。2013のレ・フィエフ・ド・ラグランジェ。ハーフボトルで。

 

 

celeb10.jpg

まだまだ若いフレッシュさを感じます。

 

celeb8.jpg黒毛和牛フィレ肉のグリエ。

 

celeb9.jpg

お肉もとても柔らかく、量も適度です。

 

 

celeb11.jpgフロマージュ・ブランと赤い果実。

 

今日もフレンチ+ワイン堪能しました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

このページのトップへ

2017年10月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tanca12.jpg

先週の土曜日夜に「博多 たんか」で牛タンを食べようと思ったら「予約で一杯です」とのこと。駅から三百歩横丁とは面白い名前をつけたものだ。オープンしてから1年半くらい経過するが、ここで食べたことはない。場所はKITTEビルの地階続きでJRJP博多ビルの地階。10軒ほどありますが、ここは飲み屋横丁という感じだ。

 

tanca11.jpg

博多ランチはくうてんが多いのだが、今日は三百歩横丁だ。ランチタイムは過ぎているし、選び放題のはずだ。福岡支店のCYさんからの情報で福岡のたんかの牛タンは気になってはいたが訪問せずじまい。本店は食べログで3.8もスコアする名店だから気になるのも当たり前。

 

tanca13.jpg

夜に比べて、営業してるのかなと思わせるくらい人が少ない。わかった!飲むイメージが強くてランチを食べるというイメージがないんだ。こういう店はアナ雪ならぬアナ昼だ。つまりランチのお得メニューがないから普通に食べると高くつきやすい、という。

 

tanca6.jpg

夜の混雑とはうそのよう、それかたまたま今日がそうなのか

 

昼も夜もないから、メニュー紹介。どれでも頼めるということ。ランチタイム限定でご飯とスープのセット 300円があるから、これを組合わせすればいい。

 

tanca1.jpg

タンワサとか気になるし。

 

tanca2.jpg

今日は 一番メニューらしき タンカの牛タン焼き 1430円にライスセット300円をプラスしよう。

 

tanca4.jpg

タン刺しとかいい感じ。

 

tanca3.jpg

以外に野菜料理もしっかりあるし

 

tanca5.jpg

すっかり忘れていたが、ここのチャーハンは名物だった。これこれ。

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tanca8.jpg

来ました。インパクトあるタン串だ。

 

tanca7.jpg

1本1430円ですよ。期待しないわけはないでしょう。いやぁ、分厚い。粒マスタードとマスタード。牛タン醤油をつけて召し上がれとのこと。

 

 

tanca9.jpg

見てください。この桜色の分厚い、牛タン。これはうまいですね。 一人で食べに来ている若い女性はたぶんリピーターだ。ぶどうジュースが欲しくなります。7回のお楽しみ。

 

 

tanca10.jpg

テールスープにも立派な肉入り。

これはこれは、美味しくて 牛タンか牛サガリを追加注文しようと思いましたが、また待たなくてはいけなくなるから、今日はやめて、次回は万全を期します。2本行きます。ご飯の炊き自体はいまいちだから、チャーハン希望かな。それだと昼4000円コースになってしまうけど。TT


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月16日 Posted time : 10:00 | Category : 編集長コラム

ichirann6.jpg

YAさんをグルテニストと評してはいるが 編集長は最近B級グルメのレポート少ないですね、と指摘を受けることも多く。うどん・そば・パスタ・ラーメン・パン・ピザを食べていないですしね。でも飲んだ帰り、体が塩分を欲してしまい、ラーメン一蘭を通り過ぎて、また戻ってビルの地下に吸い込まれてしまった。一蘭は一人でしか訪問したことがない。一人で入りやすいラーメン店。

 

ichirann2.jpg

味集中カウンターだから店員さんと会話もせず、隣の人と目を合わせることもない。味に集中できるシステム。もう20年以上も前だろうか博多で一蘭に入った時は感動したものだ。

 

ichirann1.jpg

味の濃さとか、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシューなどをセレクトする。以前「秘伝のタレは辛いので別添でお願いします」と言ったら、秘伝だからダメと断られた。店外流出して味を研究されると困るからだろうか。

 

 

ichirann4.jpg

ラーメン790円。久しぶりですね。

 

 

ichirann3.jpg

適度なこってり感。ねぎは青ネギが良い。

 

ichirann5.jpg

以前はこうやって麺を持ち上げて撮影していたな。兄ちゃんに「麺無し」とお願いしたら「それはできませんよ、お客さん」と言われた。麺の固さとかチャーシューあり、なしとか選べるのに、麺なしが選べないのはどうしてだろう。

私は最近ラーメンのスープニストとなっている。ラーメンはスープが命だ。麺は残して気の毒だったが麺無しをお願いした上だから仕方がない。体にラーメンの塩分が染み渡る。でもこの習慣はよろしくないだろう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lps0.jpg

この1週間はフレンチ料理づいている。昨日に続いて今日もフレンチ。来月開催される銀行の会合のワインセミナーの幹事の事前打ち合わせをフランス料理を食しながら行うこととなった。訪問した先は ラ・パッションさんで、以前は上通りの長崎書店の2Fにあったのですが、ココサの近くに移転して訪問は初めて。

 

【料理編】

lps1.jpg

前菜系。私が予約したわけではなく、非嗜好食品(小麦)が入って・・・

 

lps2.jpg

フレッシュ フォアグラ

 

lps7.jpg

オマール海老、帆立、鮮魚

 

lps9.jpg

鴨ロースト 苦手としてる食材の一つ・・・

 

lps10.jpg

デザート

 

【ワイン編】

lps12.jpg

偶然一致、昨日もシャンパンはデラモットのブリュット。本当はドンペリの予定が持ってくる人が変更したよう。

 

 

lps4.jpg

白は オパリー・ド・シャトー・クーテ 2011

貴腐ワインの産地、ソーテルヌの第1級に格付けされる辛口白ワイン。

 

lps6.jpg

フレンチオーク100%の新樽で発酵。この黄金色

 

 

lps5.jpg

私の持込みは 奮発して 2002 シャトー・ムートン・ロートシルト ボルドー第1級。フランスの5大シャトーの一つ。

パーカーポイント 94から96

カベルネソーヴィニヨン78%、メルロー12%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルト1%。ワインオブザヴィンテージと呼ぶにふさわしい素晴らしいワイン。飲みごろが2015から2040,50年というから、今開けるのはまだ若さを感じるかもしれないが。さあ、どうだろう。この年のラベルデザインはイリヤ・カバコフ、タイトルは「窓」

 

 

lps8.jpg

これは、当たりです。ワインセラーに13年ほど寝かせていましたが劣化はありませんし、濃いルビー色で本当に濃厚で豊か。ものすごいボディ感。グラスの中の時間の経過と共に、躍るような成長を感じさせます。02のムートンははじめて飲みますが、タニックで素晴らしいワイン、ポテンシャルありますね。。

 

lps11.jpg

今日いただいた、シャンパンとワイン。TT

 

食べログ(採点なし)

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

熊本ホテルキャッスルで役員会の後に会食会を実施しました。フレンチのトゥールドシャトーが貸切ということで宴会場をフレンチスタイル長テーブルで。長テーブルにホワイトクロスというだけで雰囲気が出ます。


csty2.jpg

乾杯のシャンパンはデラモット ブリュット。辛口のシャンパン。

 

csty3.jpg

アミューズはあわびのサンド、キノコ一口スープと揚げもの。スープだけ。

 

 

csty5.jpg

リクエストしておいたキャビアとパンケーキ。

 

csty4.jpgシャンパンとキャビア。うーん幸せなひと時ですね。


csty6.jpg皆さん美味しいと言っていたブレッド。

 

csty7.jpg

フォアグラの味噌マリネ ピクルス、フルーツ、サラダ

 

csty8.jpg

フレッシュフォアグラの上に綺麗にいちじくとか並べられていて、味噌味がこのワインとマリアージュ。

 

csty9.jpgポルトガルのワイン、マディラ セルシアル種 アルコール度 19%。この琥珀色した白ワインとまったりあうのが味噌テーストフォアグラ。新鮮な感じ。

 

csty14.jpg白はドメーヌ・ジャン・リケール ヴィレ・クレッセ  レ・ヴェルシェール 2014

切れる辛口。

 

csty10.jpgカマスのグリエとオマール海老  ラタトゥイユとポルチーニ添え

秋刀魚と思ってしまったが(笑) 白を味わう時間は短かった。

 

csty11.jpg

黒毛和牛フィレ肉のグリエ デュクセル仕立てトリュフオイルの香り

デュクセルソースって玉ねぎやらみじん切りにしてソースにしたもの。

 

csty12.jpg

肉めちゃやわらかい。

 

DSC08138.jpg洋ナシのムースとコンポート ガトーショコラとバニラアイス

 

明日もフレンチで極上グランヴァンワインとをいただきますので、今日はワインはほどほどにセーブしたつもりです。今日はキャビアとフォアグラでした。TT

 

 



このページのトップへ

2017年10月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hghm1.jpg

熊本でめったに鰻を食べない私が (いつも東京とかで食べているからね)今日は熊本で鰻訪問。家から近いのに初めての訪問の東濱屋 水前寺。出前では食べたことがありましたが。今日は子供たちが日曜学校で奥さんと珍しく2人でランチタイム。駐車場は3台分しかない。後は近隣パーキング。


いつもウォーキングしているとき、鰻を焼く煙が美味しそうだったけど、今日は食べる番。煙がボぉーーーーって出とる。

 

 

hghm2.jpg

明治10年創業と老舗です。東濱屋と読めない。


 

hghm3.jpg

さあ入りましょう。せいろ蒸しを事前に電話して予約しておきました。

 

hghm4.jpg

昔は座敷席だったのでしょうか、今はテーブル席です。江津湖にそそぐ川が透明でせせらぎ感がいい感じ。

 

メニューです。いつもの通りクリック拡大、戻る。

 

ghhm5.jpghghm6.jpghghm7.jpg

注文品は 並みの鰻セイロ蒸し。 2800円税別。特上は4600円もするんだよ。

 

 

hghm9.jpg

お重箱を見つつ撮影してから。

 

 

hghm10.jpg

開けて撮影。せいろ蒸しって福岡柳川とかで食べるけど、久しぶりのような気がする。

 

hghm11.jpg

柳川のものと比べて 錦糸卵の盛りが上品だ。鰻もいい具合に焼かれている。

 

 

hghm12.jpg

肝吸もいい仕事している。肝は食べると元気になる気、がする。


 

hghm13.jpg

鰻は国産ですよね。

 

 

hghm14.jpg

鰻の味付けも薄味で上品で、ご飯もふっくら。味付けが薄いからご飯の量は多いけど、食べれるんです。あったかくて美味しい。これは結構ご飯の量多いよ。普通の大人でもお腹がいっぱいになる量だと思います。ミニせいろ 1600円でも十分だったかもしれない。

 

 

hghm15.jpg

う巻 1500円も頼んでみました。ふわふわ卵焼きで結構うなぎの量が多いわ。ミニせいろにう巻、うざく、肝焼きと井戸水(日本酒)あたりをマリアージュさせるのもよいかもしれない。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)

 

 

このページのトップへ

2017年10月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cocah10.jpg

博多アミュプラザのくうてんで夕食予定。時間はあまりないので何にしようかと思い、シンガポール駐在員時代にもだいぶお世話になった「コカレストラン」に決定。タイスキだいぶ食べたなぁ。それから訪問することはあまりありませんでしたが、タイスキ食べたい。8月シンガポールに行った時も気になりましたが、日本にもあるので訪問はせず。こちらは福岡支店のCYさんも御用達。

東京の有楽町にコカレストランがあるのを知っていたので全国にあると思っていたら博多と有楽町にしかなさそうです。タイ・バンコクが本店のタイスキチェーンですがアジアに30店舗ほどあるようです。

お腹がすいているから早く食べましょう。

 

cocah11.jpg

入口に掲示されているメニュー。タイスキは1人では無理だから、セットメニューにするか。

セットメニューもなんだかなぁ、個別にメニューを拝見しましょう。これからしつこいくらいにメニューが出ますから。

飛ばしてください。でも行きたい人には参考になるかも。アトランダムに掲載されています。無いのもあります。

(クリックで拡大、戻る)

 

cocah1.jpgcocah2.jpgcocah3.jpgcocah12.jpgcocah13.jpgcocah14.jpg

メニューは豊富ですね。

ヤムウンセンの小(580円)とタイグリーンカレー (1000円)、マナジュース 200円

 

 

cocah5.jpg

お付だしのえびせん。こればかり食べるとお腹がふくれるわ。

 

cocah6.jpg

えび、いか、海鮮たっぷりのヤムウンセン。ピリ辛で食欲を増進します。ボリュームも小の割に十分。以外とこれだけでお腹が大分ふくれてきてしまいます。春雨よりその他の具材がたっぷりだ。

 

cocah7.jpg

タイカレー。以外にマイルド。脂がギトギト系ではないのでマイルドタイカレーの部類だ。チキンやエッグプラント等の具材も入っています。長粒米とのマッチングはやっぱりいいですね。タイカレーって食欲がなくてもサラサラお腹の中に入っていく不思議。

 

 

cocah8.jpg

ルーの量はたっぷりあるよ。

 

cocah9.jpg金属製のスプーンでいただく。ご飯おかわりできるほど食べてしまった。いやおかわりはしないけど。約2000円。やっぱり大人数で色々なメニューを食べるのがいいかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

okrr1.jpg

今日の夜はオークラ福岡でフレンチと知っていつつ、昼間はくうてんでポールボキューズ。魚のセレクションにしておいたしパンもいただいていないので、お腹は空いていました。会食でのコース。

 

 

okrr2.jpg

鮪と海老のタルタル 中トロの炙りカルパッチョ メスクランのサラダを添えて。

乾杯はモエ・シャンドン。パンを食べないのでタルタルだけ頂く。

 

 

okrr3.jpg

南瓜(かぼちゃ)のクリームスープ 野菜のエテュヴェを浮かべて

エテュヴェとは蒸した野菜ということです。濃厚なスープだった。

 

okrr4.jpg

白ワインはオークラセレクション。これは良いですね。いつものオークラセレクションワインよりちょっと上のクラスだと感じた。

 

 

okrr5.jpg

海老と真鯛のライムとバジル風味蒸し 小松菜とたもぎ茸を添えて シェリーのクリームソース

小松菜でソースが、デザインでしょう。

 

 

okrr6.jpg

海老の尾はカリカリ

 

okrr7.jpg

メルローのオークラセレクションワイン。グランヴァン。個人的には赤より今日は白が良かったと。

 

okrr8.jpg

牛フィレ肉のグリエ ディジョンマスタードのクリームと赤ワインソース

濃厚なマスタードクリームでした

 

okrr9.jpgデザート。

 

だいぶ、シャンパンとワインを頂きましたが、この日はまだまだ赤ワイン(2014 シュヴレシャンベルタン ドメーヌ フーリエ)だの白ワインをいただくことになりました。TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pboc1.jpg

JR博多シティくうてん9Fにある、ポールボキューズ博多に来ました。中庭風の開放的な雰囲気があるレストランの前を通ったことがある人は覚えているでしょう。くうてんに来ればとりあえず何か食べたいものが見つかります。大丸東京のポール・ボキューズの記事。ここはレストランひらまつの経営です。


ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 笑顔出るクレームブリュレ。


色々お店はありますが、ソフィストケイトされたハイブリッドなフィネスを求めるなら、ポールボキューズ。長たらしいがどんなフィネスか。

値段は適度で、気持ちよい食事ができる時間かどうか、でしょう。

 

 

pboc2.jpg

ランチセットは1500円から。パン、メイン、デザート、コーヒーで 1500円ですし、ブリュレとコーヒーだけでも1500円くらいかかってもおかしくはない。だから考え方によってはオッケー。

しかも平日などのフレンチレストランは以外とすんなり入れます。サラリーマン男性とかは敬遠する店ですし。

 

 

pboc3.jpg

(クリック拡大、戻る)

キッズメニューをきちんと準備しているのも有り難いですね。おすすめとランチセットとの違いは前菜が付くかどうか。フレンチなどは選択するメニューによってはプラスいくら、とかで高くなるので、選択メニューをする際は注意が必要です。

 

pboc4.jpg

(クリック拡大、戻る)

 


pboc5.jpg

店内に入るとフィネス感のためか、ワインが飲みたくなる。ぐっと我慢。

 

pboc6.jpg

前菜は 香ばしく焼き上げた秋刀魚とキノコのコンフィ 人参のサラダを添えて。

最近何かと値段が高く、漁獲量が減っているとの秋刀魚。オリーブオイル、バルサミコとイタリアン風の前菜です。

 

 

pboc7.jpg

香ばしい。

 

pboc8.jpg

2品目も魚をセレクト

軽く燻製をかけた九州産鮮魚のポワレ 焼き茄子のピューレ オレンジ風味のバターソース

どうも人参ときゅうりというのは、前菜のカラーリングにも似ていて見た目の新鮮さに欠けてしまった。真鯛だが、豚肉をチョイスすればよかったかと後悔する。

 

 

pboc9.jpg

続いてメインのクレームブリュレ。これを食べたかったのだから、メインと言ってもいいでしょう。笑

 

 

pboc10.jpg皿は薄いながらもしっかり食べごたえがあります。バニラビーンズも沢山はいった濃厚なブリュレ。いやー満足感ピークです。

おいしいデザート有難うございました。子供たちを連れて行ってあげたい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

ポールボキューズ博多ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ushiok11.jpg

COCOSAビルのすぐ近く、一風堂ラーメンが1階にある新しいビル、NADELビルに今年の5月にオープンした海鮮系の居酒屋「八潮」へ行ってきました。店舗数は少ないのに焼肉屋が2件も入っているビルです。会合で訪問したのですが、幹事さんは私の意向を考えず、新しいからという理由でこちらを予約したよう。

 

 


 

 

ushiok1.jpg

エントランスは2階です。鮨屋ではないのですが、鮨屋さんみたいにこうこうと店内が明るい。居酒屋はもう少し照度が低い方がよいと思うのだが。あまり明るいと落ち着かない私。今日は会合で料理3800円、飲み放題込5000円を頼んだようです。

 

 

ushiok2.jpg

白あえと前菜

 

ushiok3.jpg

刺身もタイ、きびなご、赤身とそう特筆すべくことはなくです。


 

ushiok4.jpg

鯛のおかしらの煮付け。こういうのものが人気があったり。

 

ushiok5.jpg

忘れました。お魚の。

 

ushiok6.jpg

飲み放題なのに、すぐ違うものをオーダーしたがる人っていますよね。私の事ですが。

飲み放題のワインってどういうものかわからないので、少し敬遠します。シャンパンのブーブクリコが7200円とお手頃価格、でしたので友人と相談しこれを頼むことに。夜のお店だともっと高いのは当たり前ですがね。

 

 

ushiok7.jpg

茶碗蒸し

 

ushiok8.jpg

エビマヨ

 

ushiok9.jpg

ローストポーク

 

ushiok10.jpgご飯もの。


ブーブクリコと南アフリカの赤ワイン トラピチェ 2200円 は安いけど美味しかった。TT

 

このページのトップへ

2017年10月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pirorin.jpg 「地鶏のじとっこ」で有名、全国展開している エーピーカンパニー(AP COMPANY)の基幹外食店 宮崎県日南市 塚田農場。来店数に応じ、昇進システムを取っています。最初は主任からスタート、課長、部長、専務、社長と昇進していきます。

私もたぶん7回以上行っていますので、「部長」の名刺を持っています。昇進に応じ色んなサービスが受けられます。このサイトに詳しく

 

塚田農場は素材感が高く美味しいので 家族にも受けがよいのですが、「ふるさと納税」で 日南市に寄付をして「塚田農場の商品券」をもらえることもリピート訪問になっています。

 

さて、メニューで美味しいものがあります。

 

IMG_7433.JPG

2017年も9月6日から発売となった、「加藤えのきの月見ステーキ」(680円)4年目の提供になるというが、昨年は4万4000食の注文があったとか。来年の1月ころまでの期間限定で。

エノキの軸であり、学校給食用に使用されたエノキの端材に甘味と旨みがあることに注目してメニュー化された商品である。生産しているのは宮崎県の(有)加藤えのきさん。えのきの切株につくねをのせてこんがりと焼き、卵黄とステーキソースを落としたメニュー。なかなか家では食べれないメニューですし、食感がシャキシャキ、帆立の貝柱みたいで美味しい。店員さんが卵黄をすぐつぶしてしまいましたので、写真が撮れませんでした。

卵黄がのった

塚田農場HP

 

IMG_7435.JPG噛めば噛むほど・・・という味がする。これはリピートしたいし、最近色々とメニューも変更になりました。

 

塚田農場のホームページ

 

 

 

 

 


このページのトップへ

2017年10月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

CAFE&MEAL MUJI  COCOSA熊本 こだわり素材

 

CAFE&MEAL MUJI(2)  COCOSA熊本 また来た

 

前回に9月になったらメニュー変わりますから、と聞いていたので もう変わっているだろうと来店。

 

mjrs3.jpg

今日は平日なのに、女性がほとんどで満杯。前回は夏休みに訪問していたし、平日というのは子供たちがいない女性率が高いのか。10分ほど待って着席。今日は一汁三菜定食 950円にします。

 

mjrs1.jpg

メニューとガラスケースの中のものは同一なので、事前に見ておけば間違いない。

 

 

mjrs.jpg新しいメニューも投入されたよう。選ぶ楽しみがあります。

 

mrjs4.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)

mjrs5.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)


メイン5品のうち、夏メニュー色の強いゴーヤーチャンプルーが残ったのが以外です。メインからは茶美豚の生姜焼き、サブメニュー7品の中からは、じゃがじゃこサラダと塩こうじラタトゥイユに決定。

mjrs6.jpg到着しました。ご飯は白米、味噌汁、漬物付きです。見た感じは今の私にとってはボリューミーに感じます。

 

 

mjrs7.jpg 

注文を受けて作ったと思われる生姜焼き。

mjrs9.jpg

じゃがじゃこサラダ

 

 

mjrs8.jpgラタトゥイユ

 

生姜焼きもボリュームがありました。健康的に野菜が豊富ですので女性に人気があるのでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

isgn10.jpg

会合があり、埼玉県の大宮に行きました。大宮は今年2度目、最近毎年訪問していますが、駅周辺は居酒屋さんが多く居酒屋さんで食事をすることが多いのですが、今日は会食場所らしいところです。伊勢錦(いせきん)さんは創業明治14年で120年余りの歴史がある日本料理店です。こちらに移転されたのは平成19年といいます、大通りから脇道にはいって、この黒い壁はなんだろう、と思うところが入口です。

 

 

isgn11.jpg

秋の入口、松茸フェアがあっています。今日は特選松茸御献立 12000円のコース料理を予約してあります。

 

 

isgn12.jpg

メニューを見ても、松茸が多い。熊本の人かどうかわからないですが、年配の方って「まったけ」って言いますよね。

 

 

isgn1.jpg

胡桃豆腐 無花果(いちじく)美味出汁


 

isgn13.jpg

穴子寿司、秋刀魚煮浸し 栗ブランデー煮 松茸身巻き 鴨ロース

 

 

isgn2.jpg

土瓶蒸し。松茸はこれも美味しいですね。

才巻海老、鱧、鶏、銀杏、結び三つ葉、酢橘

 

 

isgn3.jpg

お造りは鮪、鯛菊〆、勘八 鮪美味しい

 

 

isgn4.jpg

赤ワインを頂きましょう。サヴィニ・レ・ボーヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ(V.V) 2006年

 

 

isgn5.jpg

冬瓜ベーコン巻、栗麩利休煮、蟹黄身煮

 

 

isgn6.jpg

黒毛和牛山椒焼き

 

 

isgn7.jpg

松茸フライ

 

isgn8.jpg

松茸釜飯し

ふんだんに松茸がはいっていて、びっくり。

 

isgn9.jpg

デザート。

 

まったけ三昧、ありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2017年10月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

czt9.jpg

東京に出張で行きましたので、銀座でランチをしました。予約しておいた店、銀座シェトモ(CHEZ TOMO)に訪問です。銀座1丁目の交差点のすぐ近くのポーラビルの11Fと12Fにあります。大通り沿いですし迷うことはほぼありません。シェトモはオーナーシェフ市川知志のお店で以前は白金にあった店が2009年に銀座に移転。フランスでのシェフ経験をも生かし、有機などの食材にこだわり、訪問者の記憶に残るフレンチを提供したい同店、楽しみですね。

 

czt10.jpg

エレベータで上がります。おたる政すし 銀座店もここにあります。


 

czt14.jpg

店内はスタイリッシュな洗練された空間が広がります。高い天井。いいですね。夜は銀座の夜景を眺められるし、こちらにはフレンチでは珍しいカウンター席もあります。正面で話すより横に座って話す方が話が進む場合もありますね。

 

 

czt12.jpg

ワインも抱負に準備、ランチタイムにはマダムさんたちがほとんどですね。


 

czt13.jpg

ランチメニューは 3200円と6800円がありますが、ネットで時間と席を予約でき、特別メニューの税サ込5000円のメニューを。2品はチョイスメニュー。

 

 

czt15.jpg

お昼ですが、赤ワインを頂きます。


いえ、クランベリージュースです。ワインのつもりで。

 

 

czt16.jpg

手造りジャムとブレッド。

 

czt17.jpg

1品目はシェトモの名物の1品ともなっている、生ウニの貴婦人風。見た目にインパクトある1品です。ウフ・ブイエ(かきまぜた卵)と海老の風味を凝縮させた古典的なアメリケーヌ・ソースにウニを組み合わせたもの。

 

 

czt18.jpg

濃厚な味の1品ですね。うにの茶碗蒸しのよう。

 

czt19.jpg

2品目は魚とテリーヌのチョイスから、テリーヌを選択。

フランス産天然木の子とハンガリー産フレッシュフォアグラのテリーヌ仕立て 焼きネギのクリームソースと共に。フォアグラがとても美味しいしキノコとうまくマッチングしている。四角のものはキノコの出し汁を固めたムース。これはワインが欲しくなる一皿。

 

czt1.jpg

そしてまた シェトモ名物の無農薬野菜のディッシュ。

先ずは紙がテーブルに置かれます。26種の野菜とその料理法が書かれており

 

 

czt2.jpg

透明な皿の上に丁寧に並べられた宝石のような野菜たちが、文字が見えるように置かれます。ほんとうに鮮やかな野菜の色に目を奪われます。これは生の野菜ではなくて調理されたものなんです。山梨県境川産無農薬野菜で露地栽培。

 

czt5.jpg

フォトジェニックなシーンです。どれから食べようかと悩みます。

 

 

czt3.jpg

一つ一つの仕事が丁寧です。

 

 

czt4.jpg

白い紙を外してみたらこんな感じに。全部綺麗にいただきましたが、結構なボリュームがあります。

 

 


 

 

czt6.jpg

続いて魚もしくは肉のチョイスメニューから、メインディッシュ魚をチョイス。

長崎県産玄海灘産磯魚(小鯛、イトヨリ、カサゴ、ハタetc)を使ったサフラン風味の濃厚な南仏風スープ。小海老のクネル 国産有機白米と小海老のチップを添えて。

これも濃厚なスープで、チーズスライスを中にいれて、いただきました。手間がだいぶかかっていると思います。お腹いっぱいなのですが美味しい料理は食べれる。

 

 

czt7.jpg

最後に4種類のデザートの紹介。素材を見せてくれ説明してくれます。秋なのでモンブランをチョイス。

 

 

czt8.jpg見た目のインパクトといい味といい洗練されたデザート。エスプレッソと頂きました。


相当満足感の高いランチでした。提供のタイミングもとても良かったです。3200円のランチメニューには+900円でウニの貴婦人風をオプションで付けることもできますし、3200円のメニューだけでも満足感高いと思います。インパクトのある野菜アレンジ、あれはまた食べたくなりますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

銀座シェトモホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

imhn1.jpg

人形町今半のすき焼きといえば、もう日本全国区のブランドです。くうてんのようにデパートや空中店舗があると多くのデパートにありきやと思いきや、西日本では名古屋以西、ここ博多にしかありません。くうてんの中でも高級な部類に位置づけられるお店の一つです。一度も行ったことがないので、行ってみます。うなぎ屋さんでリッチなお年を召された方が、お肉を食べたい時にも利用されるシーンは多いかと。価格も鰻とあまり変わりません。

 

imhn3.jpg

昼から一人でしゃぶしゃぶとかすき焼きというわけにはいきませんが。

 

 

imhn2.jpg

枠で囲んであるランチメニューを選んだ方が無