九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2018年4月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sere1.jpg

ホテル日航熊本2階のフランス料理 レ・セレブリテに来ました。そんなに数はありませんが熊本で好きなフランス料理の一つです。今回は4月にこちらでフランス料理の夕べの会をしますので、ランチをしながらその打合せも兼ねます。

 

 

sere2.jpg

シェフのおすすめランチで 通常の2,500円のを頼みますが、税サ込でこの値段は本当に満足いく価格です。いつも思います。私のJAL グローバルクラブカード提示で10%オフになります。


 

sere3.jpg

スターターは

鯛のマリネとホタルイカのソテー イカスミのガレット


見えにくいですが、ホタルイカが2匹。ホタルイカは沖漬けとか苦手なんですが、あったかくてこれはとても美味しかったです。

 

 

 

sere4.jpg

ポタージュは ビシソワーズ。

気温も下がっている時でしたので、暖かいスープに心が温まります。適温で提供されるフレンチです

 

 

sere5.jpg

スズキのポワレ 桜えびとあおさのり ソース・シャンパーニュ

ソースと魚の味がマッチして温かくて美味しい。

 

 

sere6.jpg

どこに桜えびが・・・・と

 

sere7.jpg

魚の皮のところに桜えびが焼いて乗せられています。香りがよくて手の込みよう。

 

 

sere8.jpg

阿蘇自然豚のコンフィ 香草パン粉焼き

 

 

sere9.jpg

私はパン粉を外していただきました。自然豚の甘味が出ていて、皿まで暖かく付け合せも美味しく満足しました。

 

 

sere10.jpgココナッツのブランマンジェ ミントのグラス と コーヒー


ランチで魚・肉のセレクトでなくて2500円。今日はガス入りウォーターだけでしたが相当満足感があるランチだと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.51

 

 

このページのトップへ

2018年4月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pepp1.jpg

ゆめタウンはません店のレストラン街に来ました。以前は豚テキとか食べに来てましたが最近はペッパーランチに来ることが多々あります。

 

ペッパーランチはいきなりステーキと同系列の株式会社ペッパーフードサービスが経営するステーキ・ハンバーグ・ペッパーライスのファーストフード店。

 

 

日本ではフードコート店の店舗が多いですね。国内では2018年2月で117店舗ですが、アジア海外では312店舗もある、外食実力店です。熱々の鉄板で食べるペッパーランチはうまい。


 

 

pepp2.jpg

ランチタイムは結構行列の事が多いのですが、調理時間が短くすぐ順番は回ってきます。私もペッパーフードの株主ですが、ペッパーフードは株式価格が高いため以前設定された優待300株というのが今や100株で1単元価格 7000円が下がって6000円だとしても200万円弱の投資をしないと優待株主になれないんですよ、だからもう少し引き下げた方が流動性も高まっていいと思うのですが、株価があがるのももちろん嬉しいのですが。


 

pepp3.jpg

ステーキは何度か食べましたが、いきなりステーキの方が価格も高いし美味しいと思います。私はもっぱらここでは「ビーフペッパーライス」を頂きます。

 

 

pepp5.jpg

結構ビーフペッパーライスが美味しいからリピートしている人も多くいそう。

 

 

 

pepp4.jpg

常のビーフペッパーライス Mは700円。お肉たっぷりビーフペッパーライスは 900円。普通はお肉たっぷりにすることが多いです。


お店をリピートするとドリンク券をくれます。楽天ポイントカード「ペッパーランチ」でトッピング無料。

 

 


pepp6.jpg

チーズトッピング +100円と お肉たっぷりビーフペッパーライス。コーンとねぎ。これは好き嫌いで外せると思うけど。

 

 

pepp7.jpg

鐵板がめちゃくちゃアツイのでライスの回りを囲んだ薄切り生肉もあっという間に焼けていきます。

 

 

pepp8.jpg

上にチーズをかけてかき混ぜます。

 

 

pepp9.jpg

チーズがすぐ溶けて、ドリア風になっていきます。部分的にはチーズが焦げて美味しくなる。

 

 

pepp10.jpg

全部にチーズをかけると飽きるので一部はノーマルの部分を残しておく方が良い。いやこれは癖になりますよ。もう何度も食べた。

 

 

肉も入っていない、ベーコンチーズペッパーライス M 650円というメニューもあります。これはチーズ好きにはたまらないメニューでしょうね。写真見てたら今日も食べたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

株式会社ハウディでは2018年度26名の新入社員(高卒・大卒)を迎えました。入社式、研修の後、夜の歓迎会は社員も含め約40名にて梅の花 熊本店にて開催しました。食べること、社外研修です。

 

 

umkh13.jpg熊本店もエントランスは素敵な雰囲気です。


 

umkh14.jpg先日の久留米店もそうですが、エントランスまで雰囲気があるのがいいですよね。


 

umkh17.jpg 入社式 特別懐石にて準備していただきました。若い人たちは沢山食べますからね。しかも梅の花さんでの食事は後で聞いてもとても新入社員に人気のある食事になっています。それは美味しいからです。HOWDYロゴも入れていただきメニューが、心配り有難うございます。


 

umkh15.jpg

座敷ではなくて着席だから嬉しいです。


 

umkh16.jpg会食がスタート。毎年ながら緊張した雰囲気で始まります。

前菜9品盛 から。これにご飯とみそ汁がつけば立派な食事になるくらいのボリュームです。


 

umkh3.jpg続いて茶碗蒸し。きざみ柚子がほのかな香り。


 

umkh2.jpgお造り三種

 

 

umkh1.jpg若竹煮小鍋仕立て 鍋に火をつけてぐつぐつとしばらくして頂きます。


 

umkh4.jpg目の前で豆腐が出来上がり・・・これで4人前・・・・すごくないですか


 

umkh5.jpgとりわけて、餡をかけて

ふく福豆腐桜海老餡かけ・・・・やわらかい茶碗蒸しのよう。私はこれが一番気に入りました。


 

umkh6.jpg生麩田楽


 

umkh7.jpg

結構お腹いっぱいです。強肴メインです。

黒毛和牛ロース溶岩焼き

 

 

umkh8.jpg

熱々の溶岩の上に並べて。

 

 

umkh9.jpgやわらかいお肉を頂きます。塩胡椒で食べたくなりました。


 

umkh10.jpg車海老天麩羅。こちらは社内の車エビ好き女子にプレゼントしました。


 

umkh11.jpg

筍の炊き込みご飯、湯葉吸物、香物


 

umkh121.jpgデザートはもっちり杏仁。女性に人気。

 

フルコースいただくと相当お腹いっぱいになりました。明日から新入社員は宿泊研修です。今日の新たな門出を祝すと共に、ハウディの一員として皆でがんばっていきましょう。

 

食べログ(掲載時点 3.08)


 

 

 

 


 


 

このページのトップへ

2018年4月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2018年3月17日に熊本駅高架下にオープンした肥後よかモン市場。何度か訪問しましたが、ランチを食べに行ってみました。月曜日だけあってそんなに多くなかったのですが、火曜日も行ってみたら昨日は何なのというくらい多い。


春休みですね、観光客も多いです。いよいよ第一弾としてオープンした飲食・物販60店舗もの空間は結構広い、という印象。

 

ykmn1.jpg

立体駐車場側からの入口(端っこの方)から入ってみます。このあたりはクリーニングとかそんなお店の並び。

 

kanba111.jpg

ラーメンとか串カツとか牛丼、ハンバーガーなどなどカジュアルな飲食店が多く、小麦系のお店が多いので私が食べるお店もそんなに多くない。

 

 

ykmn2.jpg

今日はここにします。博多竹乃屋。大きなオープンスペースのレストランです。飲食店で一番ここが広いでしょう。この日は結構客席空いていましたが翌日は満席に近かったです。

 

 

ykmn3.jpg

定食600円台から900円台。焼きサバ定食690円にも惹かれましたが、ここではあまり見かけない炭火もも焼き定食をオーダー。

 

 

ykmn4.jpg

来ました。

うん、これは鶏の炭火焼き定食ですね。

居酒屋で炭火焼きは頼むけど、ランチで炭火焼きってあまり食べないし、ましてご飯のおかずで食べるの初めてだ。

 

 

ykmn5.jpg

結構なボリュームです。

一人でこんなに炭火焼きだなんて。

どうもご飯にあうというわけではないんだけど、噛み噛み食べごたえもあり食べ進んでいきます。結構美味しいわ、この炭火焼き。



ykmn6.jpg

この赤くて辛い唐辛子にんにくが、辛いんだ

普通のゆず胡椒がいいんですが、聞くの忘れて食べ続けました。相当炭火焼きを食べた感じです。


しかしここのオープンスペースすぎるカウンターってなんか落ち着かないな。店と店の間の通路を歩いているとお店に着席している人と目があう構造に。


美味しかった、次はイベリコ豚定食を食べに来ます。TT

 

 





 

 

このページのトップへ

2018年4月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

kufuku2.jpg

熊本空港フードコートに来ました。ペッパーフードサービス応援で子供たちと私はいきなりステーキ。奥さんはステーキは食べたくないとのことなので、空福亭でハンバーガーを食べることにしました。このフードコートは2017年2月にオープンしました。

 

 

kufuku3.jpg

くまもとあか牛バーガー、とっとりバーガーフェスタで4位だったそう、4位って微妙な位置ですね。3位と4位って大きな差。

 

 

kufuku6.jpg

単品で980円ですか。セットで1330円。結構いい値段。他のバーガーは500,600円ですが。サニープレイスハンバーガーのバーガーはもっと高いのですが、フードコートというとどうしても高く感じてしまう。

 

 

kufuku7.jpg

焼きそばも人気メニュー。特盛りって相当大きい。

 

 

kufuku8.jpg

これで1330円

 

 

kufuku1.jpg

確かに赤牛を使用したパティですが、インパクトはそんなに。観光客さんが食べると思えばいいんですかね。

 

 

kufuku5.jpg

勢いのある、いきなりステーキです。ペッパーフードサービスの株価も復活してきましたので、含み益で食べれます。もっと益が出ればもっと食べれます。

 

 

kufuku4.jpg

私はリブロース 227g gは6.9円。子供用と申したら200gから対応してくれました。ご飯大盛りにしたけど、全部食べれませんでした。肉もレアなのですが、今度からミディアムレアにしようと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gnk1.jpg

中九州クボタさんの工場内にある、同経営のパン屋さん「玄気堂」。オープン以来人気のあるお店です。クボタさんの米産業育成の一環でもある同店、ビジネスとしても注目されています。

 

 

gnk2.jpg

いろいろな種類のパンが売ってありますが、午後のため商品はだいぶ減ってきてます。

 

 

gnk7.jpg

惣菜パンとかも沢山ありますが、私はパンを食べなくしてほぼ1年。たまに、バターたっぷり塗ってパンを食べたいと思いますよ。フランス料理とかでもタピオカ澱粉のパンとかも食べましたがあまり美味しくはない。


 

gnk6.jpg

グルテンフリーの玄米パスタ麺も販売してあります。(空港やカリーノのお店でも売っています)

 

 

gnk4.jpg

私も読んだジョコビッチの食事の本の事が書かれています。このパスタは市内のジャルディーノ(イタリアン)で食べることができますよ。私もよく食べます。

 

 

gnk5.jpg

2月からアレルギー27品目除去のグルテンフリーのパンが発売になりましたので、これを買いに来ました。100%玄米パンです。

 

 

gnk3.jpg見本の商品が展示されています。一番右のプレーンで1個150円。安くはないです。小さいです。冷凍してある商品をレジでくださいます。真ん中はひまわりシードを使ったパン 150円。抹茶小豆170円。


夜、プレーンとひまわりにバターたっぷり塗っていただきました。いやモチモチしてパサパサでもなくこれは普通のパンかなと思うほど美味しい。嬉しかったです。カリーノでも販売してあると嬉しいのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

玄気堂ホームページ


 

このページのトップへ

2018年4月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

中毒性のあるスリランカカレー。前回訪問時はじめてヌードルカリーをいただいたのですが、夜まで胃もたれ気味で全然お腹もすかないので、果して天気も良く体調がよい時にもそうなるのか、ココナッツカレー耐性を調べにスリランカ2ndへ行ってきました。

 

srilanc1.jpg

迷うことはない。カウンター席に着席するやいなや、ヌードルカレーセットを注文 800円。デザート抜きでお願いします。玄人的頼み方。

 

もじゃもじゃビーフンのカレー。見た感じは前回より辛くなさそうだ。

 

しかし食べているとやはり辛い。ビーフンに何もつけなくていいっていうか、カレーの量が多いのかも。白ご飯がいいんだけどとか考えつつ完食。

 

 

srilanc2.jpg

口直しでサラダをいただく。デザートはない。

 

 

ndcc5.jpg 前回はこんなに赤いカレーを頼んでいたんだ。それに比べれば今日のは可愛いんだけど。


結果、夜までお腹すきません。ココナッツカレーは腹持ちがいいんですね。タイカレーはそうでもないんですが、スリランカヌードルカレーはお腹が重くなります。ココナッツは自分にあっていないのかなと思うようになりました。次はイングランドカレーという辛さ一つ星のカレーにしてみようっと。TT


 

 

 

スリランカカレー ヌードルカリーで胃が・・・・スリランカ2nd


スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

このページのトップへ

2018年4月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭を掲載すると、「脳内肉欲」が刺激され肉を食べたくなる人がいるというお店。そして社員の人でも肉欲が刺激され実際薔薇亭を訪問した人もちらほら。私も年に3,4回は訪問している薔薇亭。数ケ月ぶりに来ました。


kmbara1.jpg銀座通りにある SUNSPOT マツフジビル、ここの2F,3Fが薔薇亭 ステーキサロン鉄板焼。

 

今日は料理の一部抜粋を掲載


kmbara2.jpg本日の前菜は6種類から選びます。私はあっさりスタートしたいので、いつもの蛤のオーブン焼き。肉好きな人には牛ヒレ肉の「たたき」風が人気。

 

 

kmbara4.jpg

美味しいです。ソースがなんともいえない。白ワインといきたいのですが、今日は乾杯の赤。同行者の方も気に入っておられました。

 

kmbara3.jpg

2012 CHATEAU MONTUS シャトー・モンテュス

 ぶどう品種タナ80%、カベルネ20%という、フランス南西地方AOCマディランの赤。若くてタンニンが強く果実感あふれるフルボディの強力なワインです。ワイン初心者には少し飲みにくく感じるかもしれません。時間の経過とともに飲みやすくなります。

 

 

kmbara5.jpg

濃厚味のの牛テールスープ

 

 

kmbara6.jpg

天草産あわび。やわらかくて美味しい。

 

 

kmbara7.jpg

ヒレとロースのコンビネーションでオーダー(5名分)今日のお肉は素晴らしい。調理は薔薇亭の跡継ぎの若い方に担当いただきました。ナイフさばきも抜群。

 

 

kmbara8.jpg

最近ヒレが好みです。野菜焼きやレタスサラダなども食べてフィナーレはガーリックライス(焼き飯)

 

 

kmbara9.jpg

目の前で見る楽しさ。

 

 

kmbara10.jpg

シズル感ものすごくあります

 

 

kmbara11.jpg

完成。少な目にしてもらいました。卵も海老も入っていてやっぱり美味しいです。

 

 

kmbara12.jpg

最後はいつものお決まり黒糖シャーベット(かき氷風黒糖味)で口の中さっぱり。

今日も美味しかったです。TT

 

薔薇亭 鉄板焼 熊本市 肉を食べる

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

 


このページのトップへ

2018年4月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

久しぶりにやってしまいました、ラーメン。酔って塩分を欲したのでしょうか、龍の家に来店。ワシントン通り店ってリニューワルしたんですね。綺麗になってます。1日目は一人で来店。

 

IMG_8631.jpg

脂も沢山のっている、とんこつこく味、麺固麺。とか言いつつ麺は食べないのに。久しぶりのトンコツスープは美味しい。今月2回目。

 


 

ttnoy1.jpg

同じ週に再訪しました。純粋なとんこつの味わい、とんこつ純味で麺を別盛でお願いします。と頼んで。

まるでつけ麺か、替え玉寸前のような状況ですが、この麺をそのまま同行者にプレゼント。

こく味も純味も美味しい。しかし1週間でラーメン2回は久しぶりだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hamaya1.jpg

当社の福岡支店が福岡県粕屋郡新宮町に移転したので来ましたが、この周辺にはランチする場所が少ないですよ、と社員から。なんかあるでしょう、食べるところが確実にある「トリアス久山」方面ではなく、あえて古賀インター方面へ4名で出向きました。

 

「麺勝」しかないですよ、と聞きましたが麺はパスなので、もう少し古賀インター方面へ車を走らせることしばらく。

 

ありました。昔のドライブインみたいなお店。ここで落ち着きましょう。

いやーこういうお店久しぶり。たまにはいいんじゃないですか。ブログ書いたら初になるかも。

 

弁当と定食のお店。おばちゃんたちが元気に働き、机が不整合的に並んだりしている、この光景。

 

 

hamaya2.jpg

プラスティックの下敷きに挟まったメニューは値段は「高い」と感じることはない。焼きめし定食550円、焼きそばのみ430円。一番高いのがホルモンうどん定食800円。


よくよくメニューをみても定食屋さんにあるメニューが多く、「これは面白そう」と感じるメニューも逆に少ない。

 

無難なものを選択しましょう。私は「豚のしょうが焼定食」650円、これが2名、焼めし定食、チキンカツ定食。

 

 

hamaya3.jpg

ご飯の盛がいい定食がきました。鐵板にわざわざ入っています。生姜焼き・・・というより野菜炒めじゃないのーって感じですが、野菜炒めにしてはお肉が多いし。小間切れ肉の生姜焼き。とりあえず文句を言わず腹を満たせ。

 

 

 

hamaya4.jpg

こちらはチキンカツ定食。カツは結構ボリューミーですね。しかし写真の撮り方によってはライスが生姜焼きに比べて超小盛に見えるから笑ってしまう。同じ大きさなんだけどね。TT

 



古賀市青柳町1572?1

092-943‐9841

このページのトップへ

2018年4月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ホテル日航熊本にてフレンチディナー。フレンチのお店「レ・セレブリテ」があるのですが人数的に入りきれず宴会場にてフレンチをいただきました。

 

 

nkfr1.jpg

 

nkfr11.jpgシャンパン・ワインは無理をお願いし持込みさせていただきました。

G.H. Mumm Champagne マム・シャンパーニュ グラン・コルドン

 


1827年シャンパーニュ地方の中心ランスでドイツのマム一族によって創業された名門メゾンです。赤いリボンの印象あるデザインは、世界最高峰の自動車レース「フォーミュラF1」のシャンパンファイトでも有名。マムは思い描く切れのあるシャンパン。

 

 

nkfr2.jpg

天草産真鯛のマリネとノルウェー産サーモンのスモーク

アサリのうまみをソースにパセリオイルのアクセント


フレンチのスターターのアミューズ。魚系・キャビアでマムシャンパンが更に引き立ちます。


 

nkfr3.jpg

鮑(あわび)と帆立貝柱の焼きリゾット 桜海老のフリッツ 柑橘風味

こちらもさっぱり系の前菜。白ワインが飲みたくなります。

 

 

nkfr12.jpg

CHABLIS PREMIER CRU MONTEE DE TONNERES 2014 WILLIAM FEVRE

ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル シャブリ1ER CRU モンテ・ド・トネル


シャブリ最高の造り手と称賛されるドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル。日当たりが良い、平均樹齢45年の一級畑から生み出される力強さとエレガンスを兼ね備えた逸品。


nkfr4.jpg

野菜のポタージュスープ 「セゾン」

 

 

nkfr5.jpg

熊本県産スズキのローストと熊本県産茄子のババガヌッシュ

 

焼きナスのペーストをババガヌッシュというらしい。

 

 

nkfr10.jpg

2011 Chateau Grand-Puy-Lacoste PAULLIAC

2011 シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト ポイヤック

メドック格付5級のグランヴァン。シャトーの起源は16世紀、ポイヤック村の南“グラン・ピュイ”の丘に位置しており、昔の所有者の名前“ラコスト”をつけ、現在のシャトー名になりました。ポイヤックらしい力強いワイン。

 

 

nkfr6.jpg

1万円前後のボルドー格付ワインでは比較的コストパフォーマンスがいいワイン。


nkfr7.jpg

国産牛フィレのステーキ 白ワインとエシャロットの香るソースで

 

 

nkfr8.jpgワインともよくあいます。

 

 

nkfr9.jpgパンナコッタと苺のスープ バニラアイスクリーム添え

 

以上。TT

 

 



 

このページのトップへ

2018年4月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wikeds8.jpg

韓国スイーツというと新大久保とかもメジャーですが、原宿も人気スポットの一つで、韓国かき氷を有名にした「ソルビン」もありますね。あと「ハッピンス」も有名です。そして遅れて2017年に上陸した日本1号店の「WIKED SNOW」に行ってみました。表参道の脇道に入って、パンケーキで行列ができると有名なEGG'n THINGS(エッグシングス)のすぐ近くです。

まだ真夏じゃないし、行列はないよね。


 

wikeds2.jpg

ポップな看板だな

 

wikeds1.jpg

店内に入りましょう。左側だけのスペースかと思ったら奥は以外に広く、行列もなく安心。

 

 

wikeds3.jpg

見本がショーケースに並べてあります。

 

 

wikeds4.jpg

スノーフレイクを食べましょう。

 

 

wikeds5.jpg

私は食べなく、子供にチョイスさせたら ウィキッドミルク 850円と ウィキッドチョコ 1200円。ランチ並の価格がするんですが、このかき氷は私も美味しいのを知っています。ミルクのまわりにアーモンドとかナッツが沢山。あんとのマッチングもベターです。

 

 

wikeds6.jpg

かき氷生地にチョコレート味がして美味しいです。

 

 

wikeds7.jpg

シナモントースト 550円

 

コーヒーは350円と普通の価格。


WIKID SNOWの記事

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

このページのトップへ

2018年4月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

abek10.jpg

休日に神楽坂へ来ました。神楽坂って休日はもっとひっそりした場所でしたが今や全然違うんですね、びっくりです。プチパリとも呼ばれる神楽坂には美味しいお店が沢山増えてきています。町の散策とかそういう意味も含めて桜のシーズンだし人も多くなってきているとはいえ。


イタリアンやフレンチに今から空いてますかと何軒が断られたので、それなら自力で並ぶぞと1年半ぶりに「あべや」さんに来ました。

 

 

abek11.jpg

メニューも1年半前と変更ありません。美味しい親子丼を食べれる比内地鶏のお店です。

 

 

abek12.jpg

おっと行列なくて入店できると思いきや、ランチタイムは1階のみで20席あまり。15分ほど待って入店できました。いわずもがな私が食事を終えて出てくるときは行列でした。普通の親子丼も50食限定ですし、極上も限定ですから沢山のお客さんが入れるわけけはないですね。料理も座ってすぐに出てくるわけでもないです。

 

 

abek13.jpg

一番人気は比内地鶏親子丼 並ですね。比内地鶏はブランド鶏です。あべやさんは秋田比内地鶏生産責任者の店。

 

 

abek14.jpg

寒い冬ならきりたんぽ鍋御膳とかも良さそうですね。

 

 

abek1.jpg

同伴の方の 比内地鶏親子丼。私も以前頂きました。

秋田美人豆腐、鶏スープ、いぶりがっこ(漬物)付です。ビジュアル的にここの親子丼はすごくインスタ映え、シズル感あふれます。

 

 

abek2.jpg

たまごがとろとろしていて

 

 

abek3.jpg

私は 極上親子丼 1600円。

普通の親子丼の上に生卵、炭火であぶった比内地鶏がのっている。

 

 

abek4.jpg

塩がかかっている、美人豆腐。さっぱりして美味しい

 

 

abek5.jpg

濃厚な鶏だしスープ

 

 

abek6.jpg

たまごがたっぷりで、とりすぎではないかと心配になるほどです。

 

 

abek8.jpg

たまごをつぶして

 

 

abek9.jpg

箸では食べにくいので、スプーンで頂きます。やっぱり美味しい。さすが秋田、お米も美味しい。

 

 

abek7.jpgポテサラがっこ 600円

ポテトサラダにいぶりがっこ(漬物)が小さく刻まれたものがはいっていて食感がいい。最近いぶりがっこって人気がありますね。


あべやさんは東京駅にもお店がありますし、また今度行ってみたいと思います。

 

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

あべやホームページ

このページのトップへ

2018年4月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt15.jpg

続いて シェフのスペシャリテ 島根県産 黒鮑(あわび)

8時間柔らかく蒸しあげ 熊本県産朝採り筍のソテーと共に

8時間も蒸したんですか、すごいです。とてもやわらかーい。でも思ったより量は少なかったんですが。熊本からはるばる来た筍、こんなところで出会いました。熊本の野菜はフレンチでもひっぱりだこです。

 

 

jjt14.jpg

こちらはプラス料金なしの

長崎県産 アズキハタのポワレ パセリバターとふきのとう 菜の花を沿えて

ホタルイカも2匹入ってます。ふわっとしたポワレ

 

 

jjt16.jpg

こちらはワインリストから

BOURGOGNE 2014 DOMINIQUE LAURENT MOREY SAINT DENIS

ドミニク ローラン モレ サン ドニ フランス

 

 

jjt17.jpg

リスト外のワイン

2009 VOSNE-ROMANE MEO CAMUZET  ヴォーヌロマネ メオ・カミュゼ

メオ・カミュゼは、ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名です。

 

 

 

jjt18.jpg

メオ・カミュゼは前のブルゴーニュワインの3倍の価格だった。比べてみたらこっちがいい。

 

 

jjt25.jpg

メイン

山形県産 特選フィレ肉のロースト 初春の味覚をちりばめて

やわらかくて、とても美味しい


 

 

jjt23.jpg

ミディアム

 

 

jjt24.jpg

プラス料金なしの

群馬県産くちどけ加藤ポーク ロース肉を優しくロースト 初春の味覚をちりばめて

表面カリッと中はやわらかく、ほんとうに口どけするようなポーク。これは追加料金でいただきたいくらい・・・



jjt22.jpg

デサールは2品

 

 

jjt21.jpg

ジョンティアッシュらしい飾りの料理1品だなぁ

ピスタチオ・苺・リュバーブ・ハイビスカスを春の庭園風に見立てて

 

 

jjt20.jpg

小菓子と

 

 

jjt19.jpgコーヒーで終わります。いやー今日も満足感を感じますよ。進藤シェフ有難うございました。TT

 

 

食べログ(掲載時点 4.09)

このページのトップへ

2018年4月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt1.jpg

今日は東京フレンチ。ほぼ2ケ月ぶり、3回目の訪問の東京白金台 ジョンティアッシュさんです。今日は入ってすぐ右手の個室ルームでの会食です。ジョンティアッシュさんも私のことを覚えていてくれました。ミシュラン1つ星のお店です。

 

 

jjt2.jpg

清潔感あふれるテーブルセッティング。ナイフのブランドはラギオールでした。

 

 

jjt9.jpg

今日のメニューは 10800円のメニュ デギュスタシオンに 魚料理に+3800円でアワビに変更、肉料理に+2200円で牛肉に変更という料理、それと何も変更しないメニュー。

 

 

jjt4.jpg

ボトルを空けるほど飲まない人なので、私もグラスで飲みたいものをセレクトします。

 

 

jjt5.jpg

前回もいただいた NM HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE


 

jjt6.jpg

アミューズは2品

一品目は新たまねぎのスープ

さわやかな甘みとジュレがおいしい1品

 

 

 

jjt7.jpg

わかさぎのフリット

これはパスになりました。

 

 

jjt8.jpg

バゲットはヨーロッパ産の半焼成パン

 

 

 

jjt11.jpg

鹿児島県産 車海老を野菜のブイヨンでしっかりとポッシェ

フルーツトマトのクーリーとスナックエンドウのサラダ 空豆のムースを添えて

2匹使用。カラッと揚げた頭の部分も美味しいし、空豆のムースとトマトソースの酸味がマッチングしてさわやかな味もするソースとの相性も良い。

 

 

 

jjt10.jpg

2015 Chassagne Montrachet Morey Coffinet 

モンラッシェ モレ・コフィネ

こちらはワインリスト外のメニュー

 

 

jjt13.jpg

続いてワインリストから

2014 SAUVIGNON GRI LE RETOUT BLANC HAUT MEDOC 

久しぶりにボルドー白。

 

 

jjt12.jpg

フォアグラのブランシャ焼き 金柑のコンポートと百合根 オレンジのエッセンスで

表面がカリッと焼かれたフォアグラ。金柑とオレンジのマッチングがとてもよく合いますね。

 

 

これ以降は明日のブログにて

 

このページのトップへ

2018年4月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hnun1.jpg

桜も満開になっている3月の後半の土曜日に訪問しました。昨年7月以来でしょうか、浜松町・新橋からほど近い慈恵会医大のすぐ近くにあるうなぎ 本丸。私のリストでコストパフォーマンスの高い東京のうなぎ屋さんの1つです。土曜日で12時前というのに結構お客さん多いんですね。

 

 

 

hnun2.jpg

持ち帰りも可能で弁当とかも販売しています。

 

 

hnun11.jpg

串に刺して蒸した鰻を焼いていきます。本丸は鰻卸なので本当に質のいい鰻が入ってきます。

 

 

hnun9.jpg

さて今日は全てのメニューから選べます。まずはチケットを買って席に着きます。

今日はかねてより興味がありました、信長丼 1,950円にします。東京でうなぎが1000円台で食べれるなんて嬉しいではないですか。

刻んだ鰻、ねぎ・刻み海苔、タレぶっかけ、これが信長丼だ。信長のように時代を駆け抜けろってか。


 

hnun3.jpg

うむ、価格改定のお知らせ

シラス不漁で活鰻の相場高騰により値上って。数年前にもこのようなことがあったけど、今年は更に深刻らしい。いやー、本丸さんにも高騰の波が。もちろんいままで何度もあったと思いますが、今回はやむをえない事情はわかります。

帰りにいくら上がるか聞いてみよう。


 

hnun5.jpg

信長丼到着

いやー食欲をそそりますね。ご飯も普通盛でも十分あり。

 

 

hnun7.jpg

かなり細く刻まれたうなぎ。タレもご飯に十分なほどかかっています。足りなければ机上にタレがある。

 

 

hnun6.jpg

肝吸いが標準で付属してくるのもありがたい。三つ葉、刻み柚子がはいったさっぱりしたお吸い物。

 

 

hnun4.jpg

私の好きな鰻の香物3点パターン。大根・人参・きゅうり

この3点がいい。前回・前々回の写真を見たら、人参ではなく奈良漬でした。


 

 

hnun8.jpg

ねぎと刻みのり(細刻みなのもよい)を沢山かけて頂きます。山椒をかけても美味しい。

だしも準備してくれますので、最後にだしを入れて鰻茶にもすることができます。満足感を感じます。

 

 

hnun10.jpg

さて、帰り際に4月2日からは値段はどうなるんですか、と聞いたところ

上うな重 は 2800円から 3400円の 600円アップ

特上うな重 も3800円から 4400円の 600円アップ

うな丼、信長丼は 1950円から 2250円の 300円アップ


高い鰻屋さんでもなかったので高騰の波は致し方なしとも思いますが、600円もアップするとだいぶ高くなった感がします。早く稚魚が取れて、値下げする時がくればいいなと思います。TT

 


うなぎ 本丸(2) 港区西新橋 丑の日の前

うなぎ 本丸 港区西新橋 創業180有余年

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2018年4月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

toent12.jpg

東京駅からほど近い、野村証券本社も入っているアーバンネットビルに業界の年度末の会合のためにやってきました。エントリーパスを受付でもらってエレベーターで21階の東京会館の会議室で会議です。

12時前に集合し値段は高いけど、普通の花見弁当以下のご飯も冷えた弁当を食べてロングランの会議。

会議も終了し同じフロアの中華料理へ。東京に来て同じところの弁当と中華。外の空気も吸えないし味気ないこと。

 

 

toent1.jpg

テーブルセッティングはされていたが、ここに人が来るのを見なかった。ここは会議のお客さんとか予約客しか訪問しないレストランですね。私たちが座った丸テーブル席はライティングが全然で、暗ーい場所と明るい場所がまちまち、でどうなっているの。と思ってしまった。加えてサーブする店員さんが全部オールドメンばかり。やはりお店を選択する幹事はセンスが要求される。

 

 

toent2.jpg

飲み放題付コースで今日は12000円と聞いた。

 

 

toent4.jpg

私はビールを飲みませんが、数百円で売られているチリワインを見ても何のテンションもあがらないどころか、だださがるだけである。今日の食事は消化試合か。

チリワインでもカッシェル・デル・ディアブロクラスなら許せるが。

 

 

toent3.jpg彩り華やかな五種前菜の盛り合わせ

 


toent5.jpg

鶏肉・烏賊・スナップエンドウの塩炒め

料理はテーブルに回る台もついておらず、1人ずつ盛り付けされたものが味気なく配給されていく。

 

 

toent6.jpg

東苑自慢の大海老のチリソース炒め煮

珍しくはない1品。

 

 

toent7.jpg

真鯛の揚げ物 香味ソースがけ

 

 

toent8.jpg

安ワインのおかげで酔いが回る。

牛肉と山菜の細切り炒め オイスターソース炒め

 

toent9.jpg

タラバ蟹とエノキ茸入り フカヒレのスープ

 

 

toent10.jpg

五目チャーハン

Nレイさんの本格の方が上行くんじゃあ・・・・

 

 

toent11.jpg

杏仁プリン 梅ソースで


終始周りの皆さんが食事をして笑顔になるという、いつもの光景を見ることはありませんでした。福井の蟹しかり、最近食事をしながら「怒っている」という場面に多く出くわします。そうならない場所選び、料理選びって重要ですね。窓の外から美味しいお店が沢山あるのにと思いながら、一本〆で会は終了しました。TT

 


食べログ(掲載時点 3.03

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

4ケ月ぶりに塚田農場で部長の私は出勤しました。

塚田農場は素材感が高く、家族もそこそこ好きなようです。

 

tkdd1.jpg

食べたもの全部ではありませんが、グランドメニューから

山盛りしらすのたっぷりサラダ 680円。しらすがたっぷりで美味しい。

 

 

tkdd2.jpg

ど定番のチキン南蛮 680円。 南蛮ソースを別添で。このソースも美味しい。

 

 

tkdd3.jpg

焼きサバ明太 680円

明太子がまるまる1本焼きサバの上に鎮座。サバと明太って意外にあうのね。

 

 

tkdd4.jpg

たれ焼きねぎま 480円。焼鳥感覚。

 

 

tkdd5.jpg

クリームチーズ醤油漬け 380円。これは初めて食べたけど、オリーブオイルもかかっていて胡椒風味と醤油風味チーズ。とても美味しい。日本酒と合いますね。写真はありませんが、とりまぶしも美味しいんです。


食べログ(掲載時点 3.08)

 

塚田農場メニュー

 

 

塚田農場 「えのきの月見ステーキ」 部長リピートしてきました。

 

 

このページのトップへ

2018年4月 4日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

ベトナム麺 フォーを子供と食べに来たのですが、あいにくお店はお休み。

何が食べたいか聞くと 「お肉」

昨日夜 いきなりステーキを一人で食べた私は、それは隠し 加茂川にとりあえず行こうと決めました。

 

kamg10.jpg

休日だし、子供に付き合おうと思い・・・・

サイコロステーキがいいというので、安い方の120gの1400円のサイコロステーキを2つオーダー。

 

 

kmgwn2.jpg

鐵板が運ばれ、しばらくしてから調味料、醤油・塩・タレ2種類

 

 

kmgwn4.jpg

ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、香物が運ばれてきました。

 

 

kmgwn3.jpg

3x4=12個、チョコレートダースみたいに綺麗に並んだお肉。1個10g換算ですね。ほとんど赤身じゃないですか、これくらいなら逆に胃にもたれなくていいんじゃないかと嬉しくなる。

 

 

kmgwn1.jpg

6個ずつ2回に分けて焼くことにしました。

赤身肉は負担がないですね。噛みごたえもありますし、満腹感も出ます。しかし昨夜に続いて肉とは。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)


加茂川で初ランチ 熊本市・上通 創業明治14年

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikinariss1s.jpg

福井から大阪経由で熊本空港に夜到着。

お腹も空いていたので空港で食事をすることにした。2Fにある「いきなりステーキ」に。ペッパーフードの株主にもなったことだし応援の意味で。私はゴールドカードホルダー。といっても合計4kgほどしか食べていないが。

熊本空港店は昨年2月に震災からリニューワルオープン。店舗も広くなって座って食べれるので快適な空間。狭い空間で立って肉の煙を感じながら食べずに済む。

今日はリブロース g=6.9円。 300gをオーダーしたら 336gでもよいですかと。まぁいいけど。肉だけで税込2508円。


 

 

ikinari2s.jpg

調味料がカウンターにしかないのが不便なところです。

空港店は昼メニューのワイルドステーキが夜食べれるためか、ステーキを食べに訪問している若人たちも見かける。

 

 

ikinariss3s.jpg

レアで頼んだが、かなりレア。少しは鉄板で焼くのでミディアムレアくらいにはなるが・・・・今日の後悔はご飯大盛り無料ですと言われて、大盛りにしてしまったこと。大盛りにしたからサラダも頼まず、肉と米だけ。あまり健康とは言えない食事だなぁ。TT

ほぼ1年前の記事

 

いきなりステーキ熊本空港店

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

このページのトップへ

2018年4月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

awar1.jpg

福井県の北部「芦原温泉」へ来ました。結構大きな温泉街なんですね、初めてです。宿泊会場は清風荘。こちらでは大きなホテルの1つです。会議を行い夜の懇親会場へ。越前カニを食べるのが目的です。

越前カニの漁は解禁が11月6日、猟期の採集が3月20日と決まっています。今回は禁漁終わりの時期です。越前カニ(福井水揚げのズワイガニのオス)は高級カニで有名なんですが、私も福井でいただくのは初めて。どんなものでしょうか。

越前カニの解禁と仕入

 

 

awar14.jpg

こちらが1人1杯のカニ(黄色いタグは三国港水揚げの証明タグ)大きいですね。

 

 

awar15.jpg

見た目気持ちいいものじゃあないけど、カニに着いている黒い粒は カニビルと呼ばれる寄生虫

こんな茹でカニ見せられて、「え、生カニを食べさせてくれるんちゃうかー」と言う人も・・・確かに。

 

 

awar5.jpg

なんやかんや料理が出てきて、献立には書いてあるものの。

 

 

awar6.jpg

福井まで来て こんな普通の刺身とかでお腹いっぱいにする意味って・・・・

 

 

awar8.jpg

越前おろしそばは今は不要な物です。

 

 

awar2.jpg

鰤西京焼き

 

 

awar4.jpg

煮物もなんでもいいけど

 

 

awar7.jpg

若狭牛 青竹蒸し (最近この蒸し物良く見かける)

 

 

awar3.jpg

うなぎの柳川鍋食べに、福井に来たんじゃあ・・・

 

 

awar13.jpg

ほとんどオールスルーします。

 

 

 

 

awar9.jpg

日本酒とかワインとかだいぶ飲んでしまって。

もう「いいかげんに、カニを出してよ!」と言う人続出し。乾杯から1時間超・・・

 

awar10.jpg

ようやくカニが出てきたけど。茹でカニだけですよ。

 

 

awar12.jpg

北海道で食べた毛ガニがよっぽど美味しかったな。そんなに感動がないけど、相当高いんですよ。

そんなにお腹が空いていないから、美味しくも感じないよね。

焼きカニも食べたかったし、どうしても消化不良で終了した福井でした。行く前はこんなイメージだったんですが

TT

 

 


 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sutes1.jpg

羽田空港から石川県の小松空港へ来ました。小松へ来るのは3度目ですね。飛行機も少し遅れて小松空港から小松駅へ向かう路線バスはお客様を待つこともなくほぼ定刻に駅へ向かってしまい、やむなくタクシーに。

食べログで検索していた「米八」というお寿司屋さんがたまたま定休日で、困ったと思っていたところ、タクシーの運転手さんに「駅の近くで美味しいお寿司屋さんありますか」と聞いて連れてこられたのがこちら。場所は餃子で有名な「勝っちゃん」と同じ通り。今の私には餃子という選択肢はありません。

たまにはこうして訪問するのも旅行ぽくていいですね。名前は寿司捨。捨って字はあまりお店には使わないなぁと考えつつ、入店。カウンターも結構多くてお昼から刺身をつまみに飲んでいる人たちや、どう考えても地元の人らしき人が多い。スーツケースを運ぶ私は完全いちげんさんだ。

 

 

sutes2.jpg

リーズナブルな価格設定ですね。内容は変われど平成6年から20年も値上していないということか・・・・

ここは お任せでもなく、 特上 2500円にしましょう。

 

 

sutes6.jpg

結局椀物がついていなかったことは後でわかりました。

 

 

sutes5.jpg

ネタの名前もなく、どんどん置かれていくお寿司・・・

結構な速さです。

 

 

sutes3.jpg

ネタは大き目。シャリも少し多めで

 

 

sutes4.jpg

石川・富山に来るとやはりお寿司は食べないとと思いつつ

 

 

sutes7.jpg

お店の人の握るの早いこと

 

 

sutes8.jpg

どんどん食べていきます。

 

 

sutes9.jpg

うに、いくらもついているんだ。

 

 

sutes10.jpg

数の子も

 

 

sutes11.jpg最後はうなぎで〆とのこと。10貫ですね。

デカシャリでそこそこ満腹になりました。所用時間わずか15分程度しかお店にいなかったと思います。お会計をしてJR小松駅へ徒歩で向かいました。


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年3月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

GOG14.jpg

食業界の方との情報交換会でこちらのお店を訪問しました。予約していただいたコルポデラストレーガ。イタリアンです銀座八丁目。桃花源銀座店がある銀座グランドホテルのすぐ近くのビルの地階です。

 

 

GOG15.jpg

席数はわずか14席。オープンは2012年2月とのことなので6年ということですね。イタリアワイン主流で料理とのコンビネーションも考えられているお店らしいです。といっても飲みたいワインは選んでしまう方ですが。

 

 

GOG17.jpg

乾杯はスプマンテ。レベルからいけばテーブルクラスです。

GANCIA BRUT SPARKLING WINE 


 

GOG16.jpg

今日は魚・肉のコースで6300円

 

 

GOG18.jpg

しまなみの真鯛のカルパッチョ

 

 

GOG3.jpg

BRAMITO CHARDONNAY ラミートシャルドネ 6500yen

サッシカイアと血縁関係にあるワイナリーで、アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー。

 

 

GOG1.jpg

サラミ、生ハムの盛り合わせ

 

 

GOG4.jpg

皆さんは豚肉のラグーソースのパスタ

 

 

GOG5.jpg

私にはゆで卵とアスパラ・・・・

 

 

GOG11.jpg

LE MACCHIOLE BOULGHERI ROSSO 2015

レ・マッキオーレ ボルゲリロッソ 2012 7200yen

トスカーナワインで  メルロー50%、カベルネフラン 30%、シラー20%と

 

 

GOG6.jpg

しまなみいしもちのグリル。

お皿の上にちょこんと。

 

 

GOG9.jpg

メインは牛ばら肉のペポーゾ

 

 

GOG10.jpg

ソースがもう少しあるとお肉のパサパサ感も少なくなると思うのだが。

 

 

GOG8.jpg

同行者の方が頼まれた 牛サーロイン肉のタリアータ (+500円)


 

GOG12.jpg

もう1本の赤は LA SEGRETA ROSSO お手頃な赤ですね。

以前、ジャルディーノで飲んだことがあります。

 

 

GOG13.jpg

デザート。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年3月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年は日本ウナギの稚魚が不漁で今年の夏はうなぎの高騰や不足が予想されます。今のうちにおいしい「うなぎ」を頂けるのは幸せなことかもしれません。東京には美味しい鰻屋さんが沢山。貴重なうなぎを頂きに訪問してみましょう。


銀座のど真ん中。日産ギャラリーから築地方面へ4丁目の交差点からわずか1分。日本で最高の地価を誇る場所です。住所は銀座5丁目なれどうなぎの名店、竹葉亭。お昼ピークを少し過ぎているためかすんなりと入れそうです。ラッキーです。

 

 

chik10.jpg

竹葉亭は江戸創業の老舗うなぎ。本家が分かれて、大阪竹葉亭・東京竹葉亭と3つに分かれている。海外や東京・大阪・神奈川に店舗がある。2席しか席がないが、この目の前はどんどん人が通る場所である。1Fがテーブル席で2Fは座敷。

 

 

chik11.jpg

うなぎ丼、うな重の他にも天丼や鯛茶漬もあるんだー。こういうメニューまで書いてあるのって正直でいいですね。1000円台のメニューもあるってことですし。

 

 

chik12.jpg

1Fは満杯で2Fに通されました。逆によかった。

この眺めですよ。銀ぶらしている人を見ながらランチという贅沢さ。目の前は三越ですよ。この場所でうなぎを食べるなんて、考えたら安いもんですね。


 

chik1.jpg

色々ついた定食メニューもありますが、余計なものはいらないので

 

 

chik13.jpg

うな重は1種類。いさぎよし。 3,600円(3,888円)のみ。

何度もいいますが、老舗・銀座のど真ん中ですからね。地方で食べるのとわけ違いますよ。

 

 

chik14.jpg

きも吸は別です。

鮪茶漬けというメニューもありますね。1,500円。

 

 

chik2.jpg

おつまみ類も沢山あります。日本酒飲みながら白焼とか幸せなんでしょうね。

 

 

chik3.jpg

到着しました。お重。お新香はたくあんとしば漬け。個人的にはきゅうり・大根あたりが好みなんですが。

 

 

chik4.jpg

さすが江戸からの老舗。仕事が平成末の世になっても丁寧ですね。職人気質を感じますよ。焼きが丁寧。

タレも薄めでふわっと感を感じます。江戸の鰻はこれだからいい。


 

chik5.jpg

ドアップにするとさらに旨さが伝わりそうな・・・

 

 

chik6.jpg

丁度1匹分が少し重なりつつ入っています。ご飯の量もしっかりありますし、固さも丁度よく、タレはまんべんなくまぶされていて、甘すぎない関東タイプです。

 

 

chik7.jpg

一方、肝吸いはシンプルで、三つ葉も入っていないもの。

このシンプルなものが鰻の旨さを引き立てるのでしょうか。

 

 

chik8.jpg

うなぎをひっくり返します。焼きは薄めですね。

 

 

chik9.jpg

このふわっと感あるうなぎ。美味しいです。

 

 

chik15.jpg

外を眺めると和光と三越、銀座4丁目。この場所ですからね。贅沢な感じです。お店は日本人でない人も結構訪問しているようでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

東京の錦糸町のホテルに宿泊です。錦糸町で宿泊するのは初めてです、錦糸町は場所は東京都・墨田区。東京スカイツリーに近いところですね。黄色い電車の総武線秋葉原からだと、浅草橋・両国・錦糸町と3つ目ですからそんなに遠くないのですが、普段宿泊している場所から離れるだけで随分雰囲気が違うところです。


今回の宿泊は昨年11月にオープンしたマリオットホテル系列のモクシ―東京。駅から7,8分ですがどうも回りが繁華街でシティホテルならぬホテルが乱立し、ここもその手のホテルかと思わるような・・・入口からしてその雰囲気。

バーカウンターが受付となっていたり、受付の女性もよくその手のホテル間違われると言われてました。でもマリオット系列だから外国人が多くて、部屋も面白い。ジムで軽く汗を流して遅めの夕食へ。

 

食べログで焼鳥全国ランキング4位を誇る名店の とり喜に一応電話するも、あっさりと断られてしまい、錦糸町はエスニック料理が多いので駅に近い「ベトナム料理」をチョイス。

 

 

sgnm14.jpg

駅のすぐ前、看板があるからすぐわかりました。サイゴンマジェスティック。予約はしていません。大丈夫だと思います。

 

 

sgnm13.jpg

色んなお店が入っている雑居ビル。この手の店って意外に入るのためらう時ってありますよね。

 

 

sgnm15.jpg

エレベーターを降りたら店。

お店の人と目があって店内へ。お客さんは想像したより多かった。一人客やカップル、友人など比較的若い人が多い。

 

 

sgnm1.jpg

お客さんがいないところを撮影。

 

さて何にするか、メニューの一部を掲載します。色んな料理がありますが、一人だとそんなに種類が食べれるわけありません。

 

sgnm9.jpgsgnm5.jpgsgnm4.jpgsgnm3.jpgsgnm2.jpg

先ずはこのベトナム ダラットの白ワインを飲みましょう。

一口飲んで、うーんやはり違いますね、シャルドネの白を頼み直し。

 

 

sgnm6.jpg

サラダ代わりに生春巻き 700円。

2本分です。ソースが余り辛くないスイートチリソースだったのですが、タイ料理のチリソースが好みです。

 

 

sgnm8.jpg

巻きたての生春巻きは美味しい。しかも春巻きの皮が薄透明でホンマモンのベトナム料理店のは美味しいわ。

 

 

sgnm10.jpg

厚揚げレモングラス唐辛子添え 600円

唐辛子のピリ辛がたまりませんね、こんなに厚揚げだけ食べれません。

 

 

sgnm11.jpg

焼きフティエウ 980円。

フォーを焼いてあるもの。回りのきゅうりの飾りがチープすぎるんだが。

 

 

sgnm12.jpg飾り付けはよそに味はいいんだよ。

赤ワインまで飲んでしまい、ふわっとした気分になりました。

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

このページのトップへ

2018年3月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yhmg9.jpg

浜松町でランチ。お目当てのお店が「ランチ中止しました」ということでしたので、近くにある以前訪問した「焼きはまぐりる」に行ってみます。12時前ですので大丈夫でしょう。

 

 

 

yhmg2.jpg

 

前回は 煮はまぐり海鮮丼。

人気メニューは週替り定食なのですが、前回も気になっていた 鮮魚三種のなめろうご飯 1100円にします。

 

 

 

yhmg1.jpg

店内はお店に入るとすぐカウンター席

 

 

yhmg3.jpg

奥にテーブル席というつくり

 

 

yhmg6.jpg

膳が到着。

結構なボリュームです。サラダ・煮物・デリ・煮はまぐり・はまぐり椀

 

 

 

yhmg4.jpg

なめろうご飯。

 

 

yhmg7.jpg

今日は焼き立てのぷりぷりのはまぐりが付いていました。

前回は しなーっとなっていて、今回のはさすがに美味しい。

 

 

yhmg5.jpg

はまぐりのお椀もいい味が出ています。

 

 

yhmg8.jpg

たたきがのっているご飯。たたき自体に味があり特に醤油をつけなくてもいけますね。黄色いのはたくあん。全部いただいたら結構満足感ありました。

ここは女性だけで訪問する人も多い程のランチ人気店ですね。


食べログ(掲載時点 3.57)

 

焼はまぐりる 大門店 はまぐりの専門店です!

 

このページのトップへ

2018年3月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tankf1.jpg

博多KITTEの野菜を食べるカレーCAMPで食事をしてましたが、どうしてもそれで夕食を終わりたくないと思い、ご飯と野菜を残して三百歩横丁のたんかに来ました。夜来るのは初めてです。

 

 

tankf3.jpg

といってもカレーを食べてしまったことを後悔。そんなにお腹すいていませんが、牛タン焼きは外せません。

 

 

tankf2.jpg

ジンジャーエールと牛タンのお通しを

 

 

tankf4.jpg

たんかの牛タンは美味しいです。

お腹空いているときに食べたらさらに美味しいです。

部厚い牛タン串が食べれるお店ってそんなにないです。



tankf5.jpg

これです。

 

 

 

tankf6.jpgオススメメニューから 牛タンスジの炭火焼き 780円。 ゆず胡椒たっぷり。

ボリュームたっぷりでしかも これも美味しい。お酒の共にぴったりなのですが、今日はジンジャーエール。

今日は焼き飯は無理です。


やはりお腹を空かせて訪問して、最後に焼き飯で〆るのがたんか流ですね。

 

博多 たんか(2) 昼牛タン+チャーハンで満足度アップ。

 

たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

食べログ(掲載時点 3.59)

このページのトップへ

2018年3月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

campc14.jpg

博多KITTEの地階のレストラン街にある、キャンプに行きました。ここは来ようと思っていたのですが、なかなか来る時間がなくて2018年になりました。野菜を食べるカレー キャンプ。他のお店はお酒を飲む人たちでごった返していますが、夜はここは他のお店に比べて少なく、ランチ需要が高いお店だと推測できます。


コンセプトのあるお店として面白いですね。


昔、キャンプで仲間と作った野菜たっぷりのカレー。これが驚くほど美味しかった。健康的とか、そういうことではなくて、やさしくて、力強いうまさ・・・「野菜っておいしい!カレーって楽しい!」 この感動をみなさんにも知ってもらいたくて、代々木の路地裏で小さなカレー屋を始めました。それが「野菜を食べるカレーcamp」です。

 

 

campc13.jpg

野菜のアピール。

全国に今や30店舗弱あるチェーン店に成長。経営元の株式会社バックパッカーズは昨年夏にかつ丼の「かつや」を全国経営するアークサンドサービスホールディングに66%の株式を譲渡した。つまり今は「かつや」の子会社ということだ。今後店舗がますます増加するだろう。

 

campc12.jpg

店内はキャンプをイメージさせる装飾がいたるところに。バックパックという社名からか。リュックが壁に。

 

 

campc3.jpg

見ているだけで楽しくなるお店づくりは面白い。

 

 


campc7.jpg

カレーって楽しい!って確かに思った経験は皆さんあるでしょうね。それはキャンプとカレーが切り離せない食べ物だったからですね。

 

 

campc5.jpg

はんごうの中にカテラリー。水は水筒という凝りよう。

 

 

campc3.jpg

コップとか吊りさげられている飾り

 

 

campc2.jpg

メニューはもちろんカレー中心。

1日分の野菜カレー 990円。11品目以上の野菜350g以上。そしてカレーのルゥの味を選べるシステム。1.本店オリジナル 2.タイ風グリーンカレー 3.南インド風カレー

他にも色々とカレーの種類やトッピングはありますが、今日は野菜カレーでタイ風グリーンカレーを選択。ライスは普通・小盛・大盛が無料。普通盛。

 

フライパンで野菜を投入してカレーを作られている。

 

campc9.jpg

野菜野菜野菜が到着。

玉ねぎ・長茄子・カボチャ・ジャガイモ・さつまいも・パプリカ・しめじ・キャベツ・小松菜・トマト・黄トマト等

人参は本店マスターがあまり好きではないので、メニュー登場回数が少ないらしいってホームページに書いてあった。笑

 

campc10.jpg

スプーンがショベルになっている、これも受ける。

 

 

campc8.jpgいやー本当に野菜が多くてスープが少ないわ。まるごと野菜を食べているよう。これで350gならいいんじゃないですか、1日分の野菜取れるし。もう少しカレースープの量が多いと嬉しいんですが。

しかし夕食をこのカレーだけにしてしまうのが惜しくて、少し残して次のお店に行くことにした。

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

カレーキャンプホーム

このページのトップへ

2018年3月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

marur2.jpg

梅の花さんで沢山食べて、2次会、3次会と行った帰り。

「久留米に来たならラーメンですよね」という悪魔のささやき、ビール好きのM氏の誘導でお決まりのラーメンコース。

さてどこにしようか。10名を超える団体がたまたますっぽり収容できるラーメン屋さん。丸江ラーメン。昨年も来ましたよ。

不人気店ではないのに、待たずに入れるとは嬉しい。


 

 

marur5.jpg

結構外にはトンコツ臭。トンコツがだめなF氏はお店の前のの「ぽよぽよ」で一人醤油ラーメン。

 

 

marur1.jpg

ラーメン650円。昨年と同じ。

 

 

marur3.jpg

こちらが普通のラーメン。美味しそうですねー。

 

昨年までは私もこちら派でしたが、今はこっち派。

 

ラーメン、麺なし

ただのトンコツスープ。いいんです、ラーメンのコストは大半はスープ代。


marur4.jpg今写真を見てわかったけど、麺無しにしてとは言ったけど、具抜きとは言わなかったはず。

メンマ・キクラゲ・卵・麺抜きのラーメン。

ここのラーメン胃もたれないからいいわ。


食べログ(掲載時点 3.03)


丸江ラーメン 福岡県久留米市 豚骨ラーメン

 

このページのトップへ

2018年3月24日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

umhn15.jpg

歓送迎会のシーズンです。梅の花久留米店に来ました。大人数の宴会です。ここは2度目の訪問です、西鉄久留米駅から歩いてすぐ。

 

 

umhn16.jpg

梅の花さんは久留米発祥の外食チェーン店。中でも久留米店が好きなのはエントランスです。お店までのエントランスって大事だと思う。特に梅の花さんの店舗作りはこのあたりがとても考慮されています。

 

 

umhn13.jpg

この濡れた石畳みのエントランスを歩いていく楽しみ。

 

今日はグランドメニューから、鍋を湯豆腐なら4100円のところ、黒毛和牛のしゃぶしゃぶに贅沢に変更して5900円。

 

 

umhn1.jpg

挨拶と乾杯は短く、宴がスタート。

嶺岡豆腐
湯葉煮
お浸し

 

umhn2.jpg

今日のワインは 和食にイタリアのワインしかもワインバブル時代に流行したキャンティです。当時イタリアンが流行した時代、キャンティだいぶ飲みましたね。

 

 

umhn3.jpg

お造り


 

umhn4.jpg

湯葉豆腐

 

umhn6.jpg

茶碗蒸し

 

 

umhn7.jpg

これは名物、梅の花のランチでも欠かせない 豆腐しゅうまい

 

 

umhn5.jpg

黒毛和牛しゃぶしゃぶ (一人前ではありません・・・)

 

 

umhn8.jpg

さっとお湯にくぐらせて頂きます。美味しい。

 

 

umhn9.jpg

おしのぎ

 

umhn10.jpg

まだ続きます。

湯葉田楽

結構お腹にたまる食材です

 

 

umhn11.jpg

湯葉グラタンと湯葉揚げ

湯葉揚げはふわふわ豆腐で美味しい。

 

 

umhn12.jpg

そしてご飯と湯葉吸物

 

 

umhn14.jpg水菓子


湯葉・豆腐といったヘルシー素材中心ですので、女性に大人気の梅の花さん。そして品数も豊富で沢山の種類を食べる女性の要望を満たしてくれます。飲みに走るより食べに走りたいお店です。


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年3月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nhsi9.jpg

 出張の前に熊本駅でランチをしよう。丁度3月17日オープンに向けて改装中だったり白川口2Fのお店もクローズしているから、食べれるところは少ない。ということで穴場と推測できるザニューホテル熊本へ来ました。目指すは地階。和食と中華がありますが、今日は中華料理四季へ。


 

 

nhsi1.jpg

この卵とろとろのタイピーエンも注目度が高いんだけど、今日はタイピーエンという気分ではなくて。

 

 

 

nhsi2.jpg

週替りランチ 1400円というのがあり、これが人気っぽい。メイン2品とご飯・スープ、香の物・サラダ・デザート付き。

いいんじゃない。

 

 

nhsi3.jpg

中華定番の麺やご飯ものもありますが、今日は日替わり

1.豚肉のガーリックソース

2.海老と野菜の炒め物 老酒風味

3.本日の点心三種盛り

4.カニ肉と春雨の煮込み

 

2と4を選択。

 

nhsi4.jpg

サラダとスープが運ばれてきて、サラダをいただきつつ

 

 

 

nhsi5.jpg

ライスと香の物、春雨が。というかこれだけでも十分な量じゃないと思うほど。

 

 

nhsi6.jpg

春雨が美味しいこと、ご飯にも合いますね。十分じゃないかと思ったら食べているうち全部するっと入りました。

 

 

 

nhsi7.jpg

海老と野菜の炒め物。 葱もシャキシャキで美味しい。

 

 

nhsi8.jpg

最後に杏仁豆腐。


ホテルですしゆっくりした空間でいただける食事。財込1400円。

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

このページのトップへ

2018年3月22日 Posted time : 00:24 | Category : 編集長コラム

ikkos1.jpg

結構飲んだ後の何次会っていうんだろう。友人の欲望を満たすために連れられて、一竜。ここは何度も来たことありますから他にしましょう。

 

ikkos2.jpg

こちらもそばにある、一幸舎。何度か来たことがあります。

私は今ラーメンにこだわりはあまりなくなっているので、こちらにしましょう。家系ならぬ泡系ってあるんですか。

ラーメンの泡泡好きではないんですが・・・


 

 

ikkos3.jpg

今や日本に観光で来る外国人にも大変人気の豚骨ラーメン。

一幸舎は外国展開も沢山しているんですね。

 

 

ikkos4.jpg

券売機で、私は普通のラーメン 700円。

 

 

ikkos5.jpg

白しょうがってあるんですね。

ラーメンスープに色が付かないからいいですね。


 

ikkos7.jpg

木目の細かい泡があるラーメン。ネギ・きくらげ・チャーシュウ。

 

 

ikkos8.jpg

麺も美味しそうですが、食べませんので、友人の丼に入れてあげました。

 

 

ikkos6.jpgネギ3倍増しの青ネギラーメン。800円。

確かに3倍以上は入っていますが、そんなにネギバカってほどではない。

ラーメンスープの記憶はありません。翌日結構胃もたれしました。

 

食べログ(掲載時点 3.43)

このページのトップへ

2018年3月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

higob1.jpg

キャッスルで会議がありましたので、機会を逃して訪問していなかった、加茂川さん直営の肥後バル(HIGO BAR)に行ってみました。2015年12月オープンですから、だいぶ経ちましたね。加茂川の1階にあります。週替りランチはじめましたと書いてありました。今週は980円の和牛メンチカツでした。

 

 

higob2.jpg

ランチタイムは肥後バルステーキやハンバーグ、メンチカツなどが売りですね。

 

 

 

higob4.jpg

ビーフカツ、ハンバーグ、ハヤシライス

 

 

higob3.jpg

最近は肉頻度が多い気がしますが、

今日は 肥後バルステーキ 1280円(税込)にします。

昨日掲載の ステーキマニアと価格が近いですね。

 

 

higob7.jpg

厚い鉄板にのってきました。ソースは 洋風、和風、おろしポン酢から選べましたので、おろしにしました。付けあわせはパスタとポテト。

 

 

higob5.jpg

200g以上はあると思われるカットステーキ肉。一口サイズだから食べやすい。塩、ゆずこしょう、は卓上にありましたが、ペッパーもあってほしいなぁと思いました。

 

 

higob6.jpg味噌汁ではなくだご汁。

私は食べれませんが、巨大なメンチカツやビーフカツがとても美味しそうでした。

 


食べログ(掲載時点 3.16)

 

このページのトップへ

2018年3月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

stmn5.jpg

約4ケ月ぶりに、立食い(といっても席があるが)ステーキの ステーキマニアに来てみました。昼なのですが結構混んでいます。下通りには いきなりステーキもオープンして 松本ステーキ含めさしずめステーキ戦争でしょうか。

 

 

stmn6.jpg

今日はここの定番ステーキを食べるつもりです。

 

 

stmn1.jpg

バリューステーキランチ。1280円(税別)

ライス、スープ、サラダ付。ライスは五穀が普通か選べるようです。ソースも基本+2種類が選べます。

焼き方は聞かれませんでした。


しかし女性のお一人ステーキとか 友ステーキとか多いなぁ。

 

stmn2.jpg

肉来ました。混んでいたせいか思ったより待ちました。

脂っぽい椅子に座ってじっと待つのって結構苦痛かも。

 

 

stmn3.jpg

焼いた肉がカットしてあります。

普通のナイフでは切れないほど固いということでしょうか。


 

stmn4.jpg結構レアなので、熱い鉄板で焼きます。

味は、まぁ値段相応といったところでしょうか。やわらかくもないのですが、分厚さはありますので

肉を食ってるぞという実感はします。噛んで満腹中枢が満たされます。


ライスはほとんど残してしまいました。

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

ステーキマニア 熊本市新市街 マニアになるかどうか・・・

 

このページのトップへ

2018年3月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yurin1.jpg

HAN'Sステーキを食べて、松山の方まで歩いて 沖縄居酒屋さんに。游林屋。もちろんお腹はすいていません。泡盛を飲みましょう。

 

yurin2.jpgyurin3.jpgメニューは沖縄料理中心ですね。

 

yurin4.jpg

もずく(320円)とジーマミー豆腐 (480円)

 

 

 

yurin5.jpg

スクガラス豆腐 (380円)tofu with young salted fish

 

 

 

yurin6.jpg

私はこれが好き、ゴーヤーチャンプルー 600円

 

 

yurin7.jpg

イカ墨焼きそば 680円

口の中が真っ黒になりますねー。

 

 

yurin8.jpg島らっきょうの天ぷら 520円。


今日は6人で食べたのこれだけ。ステーキ効いてるわ。


食べログ(掲載時点 3.20)



このページのトップへ

2018年3月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hanss1.jpg

せっかくの那覇です。「ステーキを食べてから居酒屋に行く」という同行者たちの意見に流され、JUMBO STEAK HAN'Sへ。

行列ではないですか。外国人にも人気があるみたい。

「大丈夫、予約しておいたから」ほっ。


 

hanss2.jpg

1パウンドステーキが有名なんですね。1パウンドは450gですが、最近いきなりステーキや色々と肉を食べる機会も増えている人たちが多く、たいして驚かない量になってます。

 

 

hanss7.jpg

店内。

 

 

hanss6.jpg

肉の部位別に紹介してあるメニュー。わかりやすい。

 

 

hanss5.jpg

逆に種類が多くて悩むとかあります。

 

hanss4.jpg

牛肉以外も置いてます。スープサラダライスのセットメニューは+150円で、単品ライスも150円。不思議だなぁ。

 

 

hanss3.jpg

私も多くの人が頼んだ ティーボーンステーキ 450g(1パウンド)にします。2950円。しかし皆さんはセットメニューですが私は単品。

 

 

hanss19.jpg

同行者の頼んだ テンダーロイン 300g

 

 

hanss9.jpg

ランプ 1パウンド

 

 

hanss11.jpg

ティーボーンステーキをレアで。つけ合わせが寂しいな。

鉄板が熱くて焼き焼きしていけるかなーと思ったらそんなに熱くなかった。


 

hanss12.jpg

お肉は分厚いお肉を食べるのがいいです。これはそんなに厚くない。

 

 

hanss13.jpg

ちょっとレアすぎたので、鉄板を温め直してもらいました。

お酒はワイン1杯だけなので、居酒屋にゴー。

 

 

HAN'S ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

このページのトップへ

2018年3月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mtmo8.jpg

那覇の松山に来ました。同行者のおすすめでこちらのお店に。あぐーしゃぶしゃぶのお店「まつもと」さんです。予約しないと難しいという人気店らしい。それは食べログポイントを見ても納得、著名人も多く訪問するとか。せっかく来るならこういうお店がいいですね。こちらは本店で、今日は支店でとのこと。歩いてすぐです。

 

 

mtmo9.jpg

一軒家のお店ですね。中に入りましょう。

 

 

mtmo10.jpg

たたみ敷の上にテーブル。テーブルがいい。5000円のあぐーしゃぶしゃぶコースです。アグーは沖縄の銘柄豚。

 

 

mtmo12.jpg

もずく。おいしいもずく。

 

 

mtmo11.jpg

久米島の海ぶどう。いやプチプチ感がとても美味しい海ぶどう。沖縄で食べる海ぶどうって本当に美味しい。

 

 

mtmo4.jpg

オリオンビールで乾杯と行きたいが、皆さんはオリオンで私は遅れて皆さんが飲むといった、シャンパン

VEUVE CLIEQUOT ROSE ヴーヴクリコ ロゼ

こんな価格でいいのって思いましたが、1本しかないよ、とのことでした。

 

 

mtmo5.jpg

1人1杯限り。

 

 

mtmo13.jpg

CALITERRA RESERVA 2016 カベルネソーヴィニヨン 3,000yen

チリワインのテーブルワイン的存在。ワインは種類はないみたい。そうだよね、泡盛が主だし。いや肉が主役。


 

mtmo15.jpg

野菜が運ばれてきて、これは4人前ね。

 

 

mtmo16.jpg

肉の前に野菜が鍋に投入されたから、びっくりした。大根をいれておくといいとか。

 

 

mtmo17.jpg

そしてあぐーが登場。うわ、白いな。もちろん脂身なんですが。

 

 

mtmo1.jpg

先ずは花の部分をいれるんか。びっくり。

 

mtmo3.jpg

しゃぶしゃぶして。

 

 

mtmo2.jpg

ポン酢ねぎでいただきます。少し甘目。

シークワーサー胡椒と豆板醤がプラスして辛さ長生。

豚しゃぶってゴマダレってすぐなるんだけど、ゴマダレはない。ゴマダレよりあっさりしてる分、あとあとの胃もたれもない。

でもごまだれも欲しい。

 

mtmo14.jpg

島らっきょを肉で巻いて食べるのも いとうまし。

 

 

mtmo6.jpg

2人前肉の追加。いくらしゃぶしゃぶとはいえだいぶ脂接取したんじゃないかなー。

 

 

mtmo7.jpgおじやも作って運んできてくれました。いやー美味しかったです。TT

 

まつもと本店

食べログ(掲載時点 3.78)


 

このページのトップへ

2018年3月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 toah21.jpg今日はグラスワインでどんどん行ってみましょう。

LAFORET Bourgogne Chardonnay 2015

AOCブルゴーニュワイン。優しいワインですね、これは。1杯でいいかなぁ。

  

     

 

toah22.jpg

ビシソワーズなんですが、

ローストアーモンド、カラスミ、パセリ油、コーヒーのパンナコッタが入っていて、特にパセリ油がアクセントとなって触感も面白い。


toah1.jpg

続いて葉っぱの形のお皿にのって、キンメダイと紅芯大根。色目がよいですね。

  

 

toah2.jpg

意外とさっぱりです。

  

 

toah23.jpg

JOSEPH MELLOT SINCERILE 2015

ジョセフメロ サンセール


  

toah4.jpg

あなご、聖護院かぶ

パリッとしたあなご、あたたかい。かぶと一緒だとやわらかい雰囲気になる。

  

 

 

toah3.jpg

 

COTES DU RHONE ROUGE BELLERUCHE 2016

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・べルルーシュ 2016

プライスからしたらローヌはコストパフォーマンスが高い。このワインは2杯いただきました。もう少しセラーなどものぞいて良いワインを飲めばよかったかなと。

 

toah5.jpg

夜メインとしては鴨なのでテンションが下がってしまう。こればかりは好き嫌いがあるのでどうしようもない。やはりメニューが最初にあって、何が出てくるのかを私は知りたい。


  

toah6.jpg

表面はパリッとしている。

    

toah7.jpg

デセール。レモンアイス。

    

 

toah8.jpg

チーズケーキ

 

今日は最後のほうに一緒に来た方にトラブルが発生してゆっくりと最後のほうは食事ができませんでした。残念。

 

食べログ(掲載時点 3.78)


 

 

 

このページのトップへ

2018年3月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

toah9.jpg

福岡市内、大濠公園の近くの大手門の住宅街にあるフレンチ「トアヒス」さんにお邪魔しました。いやー、住宅街に突然現れるお洒落な空間。ビル自体もレトロ感があっていい雰囲気出しています。(BLDG44)最近福岡県内でも評判のフレンチと聞いています。さて。

  

 

toah10.jpg

木の板にGASTRONMY FRENCHと書いてあります。ロブション出身の山下泰史シェフが2016年5月にオープン。世界に通用する日本のフレンチということで日本の素材をうまく使用してその神髄を料理で表しているとか。

  

 

toah11.jpg富士山がモチーフになっているのれんをくぐってお店に入ります。

  

 

toah13.jpg店内は少し暗めの照明で、クロスなどがかかっていない、クリーンな空間でまるでバーかなにかにいるようです。

  

 

toah12.jpg

壁には大手門のモチーフがありますね。


  

toah14.jpg

テーブルが引き出しになっていて、カテラリーが収まっています。最近このタイプの洋食関係増えてきていると思う。

  

 

toah16.jpg

 

クリック拡大、戻る

シャンパンメニュー。

とりあえずテタンジェのハーフにしようか。

  

toah15.jpgグラスワインなどもリーズナブルなラインアップを揃えていますね。そんなにワインの価格でビクビクするフレンチではなさそうです。今日は料理はおまかせ9000円のコース。といってもこれ1本しかディナーメニューはありません。

  

  

toah17.jpg

フランス大統領の主催する公式レセプションにはテタンジェが用いられ、フランスおよび世界の一流レストランの極上のワインリストにも、必ずテタンジェの名前を目にすることができます。1734年創業のシャンパーニュ・テタンジェ社は、経営するファミリーの名前を社名に掲げる今日では数少ない家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。引用


toah18.jpg

ダブルコンソメ。

丁寧に2度だしをとったコンソメでめちゃくちゃ熱いので、下の木の部分からもっていただきます。熱すぎて・・・・

しかもシャンパンを飲みながらアミューズをいただきたい派なんですが、コンソメから2品目までの時間が飽きすぎ。一体どうしたことでしょう。

  

toah19.jpg

ハンバーガー風でフォアグラとか挟んだもの。

 

 

toah20.jpgだいぶ待ちました。私はパンがだめなので 具の部分だけ。とろろ昆布とフォアグラって合うんじゃないですか。白ワイン白ワイン。

 

ということで明日の続編に。

このページのトップへ

2018年3月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

diljj6 (6).jpgクリック拡大、戻る

ジャルディーノのランチです。思いつくことがないとここに来ることも多い。ランチで新鮮な野菜も食べれて、サラダバイキング・スープ、フリードリンクで 1000円程度。しかも嬉しいことにグルテンフリーパスタです。なかなか置いてないです。


 

diljj6 (5).jpg普通のバイキングにはあまり置いていない、「焙煎ナッツ」と「りんごとたまねぎ」ドレッシングがいいですね。手前にある5品は日替わりで変わるから、いつ来ても同じということがないから、飽きません。

 

diljj6 (4).jpg

鶏肉とトマトのフレッシュパスタ 990円 バイキング付

レンコンのシャキシャキ感がいいですね。もちろんグルテンフリーパスタ。

 

 

diljj6 (3).jpg

海老とタラコの豆乳クリームパスタ 990円 バイキング付

えびもゴロゴロ。

 

 

diljj6 (2).jpg

パンナボロネーゼ 960円

とろとろ卵。生クリームとひき肉のソースとマッチング。


 

diljj6 (1).jpg+185円で ティラミスなどデザート。このティラミス美味しいから頼むことが多い。

 

食べログ(掲載時点 3.19)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rikuten9.jpg

久しぶりにくうてんの 牛たん炭焼 利休 博多店へ来ました。いつも行列はみかけますが、さすが土曜日は21時過ぎでも行列ができているんですね。しかも外国人の旅行者の方にも人気なんですね。ガイドブックかなんかに乗っているのか。

 

 

rikuten10.jpg

メニューなどをみて何にするか考えつつ待つしかない。段々お腹がすいてきた。


 

rikuten2.jpg

スタンダードな牛たん定食 (3枚6切)が1782円。

 

 

rikuten1.jpg

更に分厚い 極 がある。極はまだ食べたことがないので、今日はこれにしてみよう。

極は3枚6切 で2,595円。これは税別なので 税込 2495円。やがて3000円だ。鰻も食べれる価格となる。

 

 

rikuten3.jpg

着きました。青唐辛子の量が少ないですね。申し訳ないくらいってやつ。ライスは大盛が無料だったので、大盛にしてみました。

 

 

rikuten5.jpg

先ずはテールスープからいただきましょう。薄い。コクが足りない。湯ですよ。

いや、これはないでしょう。これはない。

 

 

rikuten8.jpg

このスープはもう イ

 

rikuten6.jpg

厚切の極。

斜めに切っているから特に厚く見えますね。切れ目があるので、噛み切りやすいけど。


 

rikuten7.jpg

真横から見るとこんな感じ。ご飯が多すぎた。


 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nanm16.jpg

今日の夕食は、鉄板焼き 南南西。昨日食事をした汐彩のすぐそばです。本当は隣接したアラマンダホテルにもマラルンガという鉄板焼き屋もありますが、あちらがまだ高級な鉄板焼きです。店内は上記のテーブルが反対側にもう1台あります。

 

 

nanm2.jpg

琉球食材を使った本日の前菜

 

 

nanm1.jpg

WOODBRIDGE BY ROBERT MONDAVI CHARONNAY CALIFORNIA  2016

ロバートモンダヴィのカリフォルニアシャルドネ。

 

 

nanm3.jpg

オマールとイカを焼いていきます。

 

 

nanm6.jpg

テール部分ですね。鉄板焼きは焼くのを見るのも楽しいです。

 

 

nanm7.jpg

オマールテールとシーフード サラダ仕立て
ハーブ&ガーリック オリーブの香り

 

 

nanm4.jpg

琉球野菜の鉄板焼き
?宮古味噌とアグー豚の特製油味噌添え?

緑色の野菜は「オオタニワタリ」というシダ系の植物で、台湾では食用にすると書いてあった。沖縄でも食べるのか。



 

nanm5.jpg

宮古牛ではなく国産。ヒレとロース

 

 

nanm10.jpg

鉄板で焼けるいい音を聞いていると食欲が増大します。

 

 

nanm11.jpg

いい焼け具合。

 

nanm12.jpg

ガーリックチップ添え

 

nanm9.jpg

FRANCIS COPPOLA ZINFANDEL2014

映画監督のフランシス・フォード・コッポラは1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの一部を購入して以来、カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。


 

nanm13.jpg

CHATEAU CITRAN 2007

ボルドーオーメドック クリュ・ブリュジョワ級、カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%

 

 

nanm14.jpg

ガーリックライスとお味噌汁。

 

 

nanm15.jpg

ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

myko16.jpg

宮古島へ行きました、宮古島訪問は3度目になりますが全てここのホテルに宿泊しています。ブリーズベイマリーナ。高級ホテルのアラマンダも同系列でここのレストランの数は東急リゾートなどと比べても格段に数が多い。最近は宮古島はインバウンドにも人気があり、7年ほどまえに前来た時より外人観光客が激増しているイメージ。

 

 

myko17.jpg

ホテル1階にある、沖縄料理の居酒屋「汐彩」を訪問。以前はここでは豚しゃぶとかいただいた記憶がありますが、今日はアラカルトメニューで好きなものをいただきましょう。

 

 

myko1.jpg

宮古島北部にある泡盛の池間酒造の「太郎」という泡盛をいただきます。

 

 

myko2.jpg

スクガラス豆腐

 

 

myko3.jpg

宮古島産うみぶどう 500円。

ものすごくプチプチしていて新鮮で美味しかった。


 

myko4.jpg

海人サラダ 1200円

こちらにも海ぶどう。


 

myko5.jpg

ゴーヤーチャンプルー 800円。

ゴーヤがフレッシュでやっぱり沖縄現地で食べるチャンプルーは美味しい―。コーレーグース(島とうがらしを泡盛に漬け込んだ調味料)をかけて。

 

 

myko6.jpg

グルクンの唐揚げ 800円

グルクンは沖縄の県魚でグルクンから揚げは沖縄料理屋さんでもポピュラーな料理です。

 

 

myko7.jpg

天ぷらです。

 

 

myko9.jpg

宮古牛一口ステーキ 2000円

宮古牛は結構高いんですよね。

 

 

myko8.jpg

宮古牛握り寿司(3カン 1200円)

柔らかくて美味しい。でも1貫しか食べれなかった。

 

 

myko10.jpg

お店はホテル前の琉球の風に変わり、生春巻きとラフテー

 

 

myko11.jpg

豆腐チャンプルー

 

myko13.jpg

ソーメンチャンプルー、今では食べれない一品。

 

 

myko12.jpg

宮古島のかまぼこ

 

 

myko14.jpg

スパイシーから揚げ

 

 

myko15.jpg

にんにくばくだん。

ゴルフ場じゃないんですから、これを頼まなくても。


まぁ、沖縄に来ると色々と食べたいものが沢山あります。

 


 

このページのトップへ

2018年3月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

前日に続き、六本木リューズ続編

 

rzr2.jpg

魚料理。何のワインにしようか考えていて、何のお魚か聞いて忘れてしまいました。上にはムール貝


 

rzr3.jpg

赤が飲みたくなりましたので、

2007 Chateau Sociando Mallet 

ボルドーのシャトーソシアンドマレ。ボルドーの格付ワインではありませんが3級クラスの価格で取引されている、有名なシンデレラワインですね。確か2000年前後にシャトー・シャススプリーンなどと共に人気になりました。それでも当時は4000円から5000円くらいで購入できましたが。私もこのワインはヴィンテージ違いで色々と飲んだことがあります。


 

rzr4.jpg

黒毛和牛 フィレ肉 野菜のソテーを添えて

 

 

 

rzr5.jpg

黒トリュフの濃厚な香り

 

 

rzr6.jpg

柔らかくて美味しい。

 

rzr7.jpg

2012 CH. SMITH HAUT LAFITTE (シャトー・スミス・オーラフィット)

グラーヴ地区の特級ワイン。ソシアンドマレより私はこちらのほうが、印象が良かったです。シャトー説明など

 

 

rzr8.jpg

軽やかなヌガーグラッセにフランボワーズのエスプーマソース

 

 

rzr9.jpg

最後の〆はやはり ソーテルヌでしょう。貴腐ワインと呼ばれるデザートワンです。シャトーディケムが有名ですが、ディケムはめちゃくちゃ高いですからね。

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

スデュイローははじめてでしたが、価格の割にポテンシャルが高いデザートワインですね。シュデュイローの説明など

 

 

rzr10.jpg

エスプレッソと小菓子。リューズさんは満足度が高いフレンチです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2018年3月 9日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

東京・六本木

  

rzr11.jpg

レストランリューズ(RYUZU)です。ミシュラン2つ星のフレンチ。昨年1度訪問したので2度目になります。

  

 

rzr12.jpg

 この長い階段を下りてお店は左側にあります。この長い階段はお店へのエントランスとして期待高まるものであり結構気に入っています。今はもうありませんが神宮前のイタリアンMANIN (マニン)はバブル時代に店内に大階段があり見られる階段として多くの人にインパクトを与えました。

 

rzr13.jpg

 左側がお店。自動ドアは左手にあります、入りましょう。

そしてまずは喉を潤すべくシャンパンをオーダー。そしてゆっくりとメニューを見ていきましょう。

 

rzr20.jpgBILLCART-SALMON CHAMPAGNE (ビルカール サーモン シャンパーニュ)をグラスで

家族経営ならではの『少量逸品主義』を貫くメゾン。 「LA REVUE VIN DE FRANCE」にてクオリティーの高い ノンヴィンテージシャンパン第1位に輝いたブリュット・レゼルヴ。  

前回はアラカルトでしたが、今日は 前菜・魚料理・肉料理・デザートのショートメニュー8000円を変更しながら。

   

rzr19.jpg生ハム アミューズ

 

rzr17.jpg

スモークサーモンとスープ

 

rzr14.jpgこれ以外にも色々と揃っていますということなので、今日はグラスワインを中心に飲んでみます。沢山の種類が楽しめるのもグラスワインチョイスのメリット。

    

rzr1.jpg

アルザスのリースリングをチョイス。比較的アルザスのワインはリーズナブルなプライスでアッパーなフレンチレストランでボトルでアルザスをオーダーすることはめったいにないから、これも嬉しい。

2014 ALSACE GRAND CRU SCHLOSSBERG RIESLING PAUL BLANCK

アルザス シュロスブルグ リースリング


ポール・ブランクは、グラン・クリュ認定の努力を続け、1975年に息子たちの尽力でアルザス・グラン・クリュ第一号という名誉を獲得します。 シュロスベルグのブドウ畑は一貫して特別なブドウ畑として認識され、1975年には政府当局に認められる一番の“特級ブドウ畑”である。主に急斜面のため段段畑の式でブドウ畑を耕作することを採用する。これは南に向かっている。ここの花崗岩はワインの清らかな味を与える。このワインは最初の造る数年間で花の香りを含有する。預けておいた5年や10年の後でこれはもっと鉱物の香りを持つ。(引用

 

rzr16.jpg

前菜

北海道産 雲丹をフェンネルのクレームで 旨味ジュレと共に

中にはキャビアも見えますね。うにとキャビアのマリアージュ。期待感高まる1品です。

 

 

rzr15.jpg

さすがにこれはおいしい。口の中でうにとキャビア まったりと海の味が広がります。

 

 

rzr18.jpg

 

 

 

これに合わせるワインはモンラッシェ。

ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2014]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2014]

前回訪問時にこの2013のフルボトルを頼んだのですが、訪問記録に残っているのかソムリエさんが前回これを飲まれましたねと言われた時には驚きました。

 

 

続編は明日

 

前回の記事

レストラン RYUZU(リューズ) 東京・六本木 フレンチ


 

 

このページのトップへ

2018年3月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

新橋ランチ。目星をつけた1件目は貸切でアウト、困って思いついたうなぎ屋さんささきは閉店。時間がないので、困ったと思っていたら目に留まったこの看板。


his7.jpg

美味しそうなベーコンの写真だ。


食べログも何もみないで、とりあえずここにするか。東京飛び込み久しぶりである。これはこれで面白い。


his1.jpg

カウンターのみの鉄板焼きやだ。まぁ通りを歩いている数からいって混んでいることはないだろう(という推測)

 

 

his6.jpg

時間がないので、早速入ります。

 

 

his3.jpg

お客さん1名と店員さん1名。

奥に座ろうとしたら、「となりに座ってください」と。こんなにがらがらなのに。たまにそういう風に思う。

店内は新しくはない雰囲気。


 

his2.jpg

ベーコン定食1本のみ。迷うことはない。

となりの人に「その定食はダブルですか」と聞いたら「ふつー」との答えだったので、私も普通に。


色々召し上がり方とかが書いてある。岩中(いわちゅう)豚とは岩手のブランド豚。

店員さんが奥から豚肉を持ってきて鉄板で焼いていた。ふたをして焼いたり、焼くだけだから時間はかからない。


his4.jpg

普通盛りライス、半熟卵、スープ、ほんの少し乗ったサラダとベーコン。

 

his5.jpg

そのまま食べると、マンマベーコンなのだが塩味があって美味しい。厚切りだから肉を食べている感がある。

以外にいける。ご飯もいける。

以外なのは

DSC01254.jpgこいつ。


廣特製の辛味噌で、唐辛子・味噌・多くの果実・魚介等を使った辛味噌をつけていただくと、これがあっているんだ。ほとんどこれをつけて食べた。半熟卵は黄身が固くなっていてそんなに合わなかったと思う。


先客は帰ってしまい、1000円札1枚を出して、ごちそうさまといって店を後にした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.03)


 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uoy11s.jpg

今日は何度か訪問したことのある、魚や一丁 銀座本店に。こちらはヴィアホールディングス(上場企業)が経営する居酒屋さん。編集長も東京で居酒屋に行くんですかと。たまには行きますよ。自発的にはないですが、同行者として。

 

uoy13s.jpg

刺身中心のメニューにしてもらいました。居酒屋ではかなり高額の予算でしたので。4人前の刺身に加え。。。

 

uoy12s.jpg

このうに。4人前なので、7列ありますから、一人平均1列と4分の3。かなりの量ですね。結局2列分くらいはいただきました。

 

 

uoy16s.jpg

刺身としていただいたり

 

 

uoy17s.jpg

酢飯の上にのせてミニうに丼という食べ方もあり、海苔で巻いても。うーんこれは最高に美味しい。


 

uoy15s.jpg

鯛シャブも。

 

uoy14s.jpg

実は鯛しゃぶとか鯛茶漬けとかってあまり惹かれない。。。

 

 

uoy18s.jpg

天ぷらも最近はパスしてますが、今日は日本酒を熱燗で。TT

 

食べログ(掲載時点 3.01)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

またもやSDカード忘れのミスをしてしまったため、同行者のKさん、SさんからIPHONE写真を借りました。有難うございました。

 

osb10.jpg

大分で一度訪問したいと思っていた有名シェフエミコさんの経営するオステリア・ブーチョに訪問。大分の食材をめいっぱい使用したイタリアン、オオイタリアン。今日はそこそこの数だったし、急に従業員さんが減ったとかで貸切。うるさかったのでそれがよかったかも。

 

料理は4250円のコースに生ハム別注文。ワインは好きなものを飲みたいだけ飲む。シャンパン、白、赤 相当飲みましたが、珍しいワインばかり飲んで写真がなくなったので記憶がありません。まぁ、いいか。

 

osb7.jpg

生ハムいちご。いちごと生ハムのコンビネーションとシャンパン。うーんいいね。

 

 

osb9.jpg

大分の地野菜色々バーニャカウダ。

しょうがみたいなものは「しょうがいも」というらしい。

 

osb6.jpg

このソースがまた美味しい。ここの貸切部屋って、どこかイタリアの田舎町の家庭料理屋(イタリアだからイタリア料理とはあえていわず)に来た感じ。いいね。

 

osb5.jpg

なんとも、めいっぱいの前菜盛(1人前)

レバーのペーストも白ワインにめちゃあうし。


 

osb3.jpg

ラザーニャですか、チーズのいい香り。

 

osb4.jpg

家庭的ラザーニャ。

 

osb2.jpg

イメージするミートソースっぽいラザーニャと違ってクリームソース主体。でもこくがあって美味しい。

 

 

osb1.jpg

一番おいしかったのが、このローストポーク。表面はカリッと中はジューシーで火の通り具合が絶妙で赤ワインとめちゃくちゃ合うし。これはおかわりしたくなった。(これは3人でシェア用だ)

 

osb8.jpg

デザートのティラミスとパンナコッタもイタリア―ノ。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点3.56)

 

オステリア・ブーチョ グループホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

itns1.jpg

コストパフォーマンスの高いランチ、そして夜もいい雰囲気でワインと紹介したことのある、壱之倉庫。休日に子供と訪問しました。いつもは混んでいることが多いのですが、今日はタイミングよく入店できました。

  

 

itns3.jpg

山鹿にある倉庫を移築したもので、天井の高さが気持ちがいい。


  

itns2.jpg

ここのランチはリピーターさんが多いと思います。そして前回訪問時と少しメニューも変わっています。人気メニューのチキン南蛮は健在。というか800円税込みでこのパフォーマンスにはほんと驚きます。今日は私は 阿蘇名物 赤牛丼 1300円にします。県外客の方にとっても 1300円でこの内容の赤牛丼を食べれると嬉しいのではないでしょうか。

  

  

itns4.jpg

まずはスープが運ばれてきました。

とき卵わかめスープ

  

itns5.jpg

サラダが。前回よりグレードが上がった気がします。チキンの胸肉と豆腐が添えられています。店員さんに「サラダがよくなりましたね」、と話をしたら、「ありがとうございます」と返事がありました。

  

  

itns6.jpg

こちらは子供の頼んだ、チキン南蛮。二人ともチキン南蛮。普通チキン南蛮なんて食べないのに、どんだけ好きやねん。

  

  

itns7.jpg

浅めのボウルにはいった赤牛丼。ごはんのボリュームはそうでもないですが、お肉はたっぷり入っている。サラダ、長芋と半熟卵、わさびが添えられています。

 

itns8.jpg

お肉の厚さはこんな感じに。

itns9.jpg

上に重なっていた2切れを食べた後に撮影しても、まだステーキのような一枚肉の分量はあるかと思われる、赤牛丼。ごはんにたれが染みていていけます。お肉もやわらかくて赤牛だから脂身も少なくていけますね。

もう少しごはん食べれる感じですね。


itns10.jpgコーヒーとプチデザート(パンナコッタ、マンゴープリン添え)がついて、完結。チキン南蛮はパンかライスが選べます。これで800円(赤牛丼は1300円)ってすごくないですか。TT

食べログ(掲載時点3.51)

 

壱之倉庫 (イチノソウコ)(2)  熊本上乃裏通 夜ワイン

このページのトップへ

2018年3月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fugun11.jpg

和食仲むらさんで、ふぐを食べる新春の企画の2回目です。1年で一番ふぐを食べる時期。今日は前回訪問してから決めたことがありました。てっさ(ふぐ刺身)と赤ワインを飲む・・・初めてです。

 

料理のマリアージュからいけば、白のリースリングとかシャブリとかになりそうなんですが、あえて。いやまずは冷の日本酒からですよ。

 

 

fugun1.jpg

阿蘇・小国の河津酒造の純米吟醸 「小国蔵 一本〆」 宴会のスタートなのに、1本〆というのも・・・・・

地元農家と契約栽培された、酒造好適米『一本〆』を50%にまで精白し、阿蘇・小国の湧水で厳寒のなかゆっくりと醗酵させた飲み口のやさしいキレのある純米吟醸です。    HPより

 

 

fugun2.jpg

続いて県北 和水町の花の香酒造(はなのかしゅぞう)の純米大吟醸 花の香 桜花。山田錦50%の磨きで、少しにごりがかった生原酒。こちらのお酒も上品でほのかなやわらかさがあります。が少し特徴があると思います。

 

 

fugun3.jpg

前菜からいってみましょう。

 

 

fugun5.jpg

てっさ1人前。ポン酢に肝をといて・・・・

 

 

fugun4.jpg

あわせていただくのは酒屋さんで買って 3本持ち込んだ、南フランスのワイン

Delas Crozes Hermitage Les Launes Rouge
ドゥラス クローズ・エルミタージュ レ・ローヌ ルージュ 2014

 ローヌ川の左岸に広がるローヌ北部最大のAOPであるクローズ・エルミタージュ。北方の土壌は花崗岩、南に行くに従い沖積層と丸い石の大地が広がっています。最大限に熟成したぶどうを手摘みし、完全除梗した後、コンクリートオープンタンクで28-32℃の温度管理のもと、アルコール発酵を行います。約30%のワインは樽熟成。残り70%は果実のアロマそのものを活かすべくタンク熟成されます。(引用


シラー100%なのでスパイシーなんですが、やはりローヌはいいですね、値段とのコスパもいいし時間の経過とともに。てっさとのマッチングは悪くないですよ。ポン酢とワインは相性悪くない。個人的な好き好きはありますが。


 

fugun6.jpg

白子さんはパス

 

 

fugun8.jpg

唐揚げ

 

 

fugun7.jpg

鍋。今日は離席していたら 鍋全部無くなってた・・・・

 

その間、お店のセラーから シャトーモンペラ (CHATEAU  MONT PERAT) を飲みました。


 

fugun9.jpgfugun10.jpg

雑炊とデザート。

来年も赤ワインとてっさ。楽しみです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.21)


和食仲むら本店 熊本市 恒例のふぐ行事

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yels1.jpg

熊本では珍しいスープカレーの専門店「イエロースパイス」を訪問しました。2016年4月オープンとのことですが。下通りから少し入った所にある飲み屋などが入ったビル「たそがれ東館」の2Fにあります。

SPORTS&CAFE&BAR YELLOWイエローの経営とのことで、イエロースパイスですか。

 

yels2.jpg

昼間はひっそりとした感じですね。

 

 

yels5.jpg

カウンター6席のみの空間で、調理人1名とホール1名で運営されています。

 

 

yels6.jpg

本日の野菜とか書いてあります。ご飯は21雑穀米・・・・白飯がいいんだけど、選択はできないようです。

 

 

yels4.jpg

北海道のスープカレー同様にライスにレモンを絞ってかける・・・

 

 

yels3.jpg

オーダーシートがあり、

スープ、味、メインの肉、辛さ、ご飯の量、トッピングなどが選べるようになっています。基本は1000円

 

 

yels8.jpg

バターがはいってますね。野菜は素揚げしてあります。今回、辛さは3のおすすめ、そんなに辛くないよーの所にしておきます。

 

 

yels10.jpg

野菜は沢山の種類が入っている。

 

 

yels9.jpg

スープはそんなに辛くなく、比較的さらさらであっさりしているなーという感想。もっと濃い感じがあってもいいと。

 

 

yels7.jpg白ご飯のチョイスもできると嬉しいんだけど。

 

 

yels11.jpg

豚肉薄切りの具が入ってます。チキンとの選択です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

北海道で食べたスープカレー(隨縁ゴルフのスープカレーは美味しかった・)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでどんだけ登場しているのかという ジャルディーノさん

いや実際来ている回数は数知れず


夜のワインとデザートのためにまた訪問。

 

iljj1.jpg頼もうと思ったワインが欠品していて

CHABLIS LA PIERRELEE 2015 (シャブリ ラ ピエレレ) 4100yen

安定感あるシャブリではないでしょうか。ブルゴーニュのシャブリでこの価格と質は納得ですね。

シャブリ大好きの英国でも最も愛されるシャブリとして実に25%のシェアを誇る物凄い実力!! とネットではコメントも。

 

iljj2.jpgポテトとケチャップは必須アイテム・・

 

iljj5.jpg

地元のソーセージ

 

 

iljj4.jpg

特別に出していただいたイタリア生ハム・・・・美味しいです。ワインに合います。


 

iljj3.jpg

クアトロフォルーマジョ 4種のチーズのピザ。私はパスです。

 

 

iljj6.jpg

そして前回も・・・・カルボナーラの麺の食べ比べ。一つは普通の麺。

 

 

iljj7.jpg

もう1方はグルテンフリーパスタ。ジャルディーノさんは熊本でも珍しくグルテンフリーパスタを出されるから嬉しいです。

昨年後半からグルテンフリーパスタは玄気堂さんの玄米パスタを使われています。

知らないで食べていたら全然わからない・・・・という感想。美味しいですよ、ランチタイムもグルテンフリーパスタはありますので、ぜひ。ここのランチは値段内容ともお値打ち。

 

iljj8.jpgGRAVELLO ROSSO LIBRANDI (グラヴェロ ロッソ リブランディ)5720yen

南イタリア カラブリアのワイナリー リブランディが作った1本。 楽天リンク

ワイン品種はガリオッポと カベルネ・ソーヴィニヨン これはいいワインですね。


 

さてカタラーナとティラミスの デザートタイム。

iljj9.jpgティラミス

 

カタラーナは2つオーダー。

女性の店員さんが、ガスボンベバーナーで目の前で最後の仕上げ。いいですね。

 

iljj10.jpg

火力すごいです。カタラーナとクレームブリュレの違いわかりますか。

 

 

iljj11.jpg

周辺部から焼いていって

 

 

iljj112.jpg

一周させて

 

 

iljj13.jpg

ちょっと気を抜くと・・・・焼けすぎやない・・・・まぁ大丈夫です。

2個目は慎重にいきましょう。

 

 

iljj14.jpg

美味しそう。

 

 

iljj15.jpg

2個目は控えめに。少し冷たく、表面はパリパリ おいしかったです。TT

 


直近のジャルディーノ記事 ダイニングエクスプレス

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2014年9月にオープンして、熊本のすしざんまいに初めて行ってみました。いつも横を通るとどれくらい人入っているかなーってちら見していたんですが。すしざんまいは築地など東京では何度も行ったことがあるのですが。


熊本には「すし鮮」が先にあって「すしざんまい」が出来たら「すし鮮」が2号店、3号店とすぐ近くに出店してせまいエリアで「すし戦争」となったのですが、どうみても「すしざんまい」が集客が高く・・・・2号店は現在は「すし若」になっています。しかしこのエリアにはすしが多い・・・すしざんまい 朝まで営業してますから・・・


szmi1.jpg夜は満員とかあるけど、昼だし、即ランチ。

 

szmi2.jpgにぎりも単品でも安いんだよ。

 

szmi3.jpg今日はセット系にしよう。

 

 

szmi6.jpgカウンターに着座。メニューは結構沢山あります。

(クリック拡大、戻る)

すしざんまいはまぐろなんだが・・・


szmi4.jpg

本まぐろ鉄火丼は980円だし、おいしそう。

 

 

szmi5.jpgセット握りですね。

まぐろざんまいは東京で食べたときは満足度高かったけど・・・


今日は、得々すしざんまい 1980円に トロサーモン 128円 追加。

若い板前さんが手際よく握ってくれ、そんなに待つこともなく好感。

 

szmi7.jpg

一番上のグレードですし、見た目も華やか。ねぎの寿司はいらないけど。12カンと巻物

 

 

szmi8.jpg

すしざんまいってこんなにシャリが大きかったかなというくらい1カンにボリュームもありまして。まぐろなんかの切り方は上手にボリュームがありました。

 

 

szmi9.jpg

あおさのお味噌汁。

しかしお客さんは女性ばっかりだったなー。会計税込 2276円 TT

 

食べログ (掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2018年2月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ndcc8.jpg

スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

福岡在住のダイニングエクスプレスブログ読者の知り合いの方から、「編集長のブログを見て、私もたまに訪問するスリランカカレー屋さんのカレーが食べたくなりました」とLINEで連絡がありました。


しかも ヌードルカレー がフェバリット(好物)だと。

 

私はまだ食べたことありません・・・スリランカへ行ってみましょう。


 

 

ndcc1.jpg

この前も来ましたが。

今日は満席。しかもOLさんやらお一人さんやら。すごい熱気やわ。スリランカすごし。


 

ndcc2.jpg

ヌードルカリーはビーフンがもじゃもじゃしたイメージだったので、敬遠していたが、今日はこれしかない。

 

 

ndcc3.jpg

ヌードルカリーにだけ目が行く。

「ヌードルカリー  辛さ プラスでお願いします」

 

口がすべってしまった。辛さプラスなんて。

 

 

ndcc4.jpg

サラダは口直しのためにとっておこう。

 

 

ndcc5.jpg

来ましたよ・・・・

うわーレッドやレッド、チリオイルたっぷりだ。もじゃもじゃビーフン。


福岡の人にLINEで写真送信。

 

ndcc6.jpg

チキンもごろごろはいってます。

 

 

ndcc7.jpg

ビーフンだけ食べると優しい味。


カレーに絡めると美味しい。カレーだけスープカリーとして飲むと・・・・やっぱりカラーい。でも旨旨辛辛。次第に頭のてっぺんから汗。

ココナッツミルクのこの濃厚なカレーが今日はだいぶ胃にもたれることになりました。体調がかなりいい時でないとダメですね。

しかし完食ですよ。アイスは今日はキャンセル。

 

LINEが来ました。「私もヌードルカリーの誘惑に勝てず、モナラ来ちゃいました」

4枚の写真付き。許可をいただき掲載します。

 

IMG_8419.jpgモナラ。ランチは890円ですね。

RESTAURENT になってますが。

 

IMG_8420.jpg

IMG_8421.jpg早い時間にいらっしゃったのかな。

 

IMG_8422.jpg同じスタイルですね。これも辛そうです。皆さんで ビバ スリランカ。TT

 

 

モナラ(掲載時点 3.11)

 

スリランカ2ND (掲載時点 3.50)

 

 

 

 


 

 



 

このページのトップへ

2018年2月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tstk17.jpg

カワハギとアワビ

パプリカとアワビの肝ソース

 

 

tstk1.jpg

あわび1個です。モンラッシェとアワビ・・・ソースも濃厚な肝ソースは・・・美味しいです。

 

 

tstk11.jpg

ブルゴーニュの赤にいきましょう。

Domaine Louis Jadot Chambertin-Clos de Beze Grand Cru 2006

ドメーヌ・ルイ・ジャド  シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ グラン・クリュ 2006

ブルゴーニュでも有数のドメーヌ ルイ・ジャドのグランクリュワイン。


 

tstk4.jpg

お花畑

 

tstk3.jpg

グラニテ

 

tstk12.jpg

今回の私の持込みワインは・・・はじめて飲みます。

CHATEAU MOUTON ROTHSCHILD 2000

シャトー・ムートン ロートシルト 2000

1級格付けワインのムートンロートシルトでも間違いなく記憶に残るワインであり、2000年のミレニアムを祝して作られたワイン。2000年はボルドーでも1982年以降のビッグヴィンテージであり、入手も困難になってきたプラチナワイン。カベルネソーヴィニヨン86%、メルロー14%。この年はワインのラベルではなく、ボトルに刻まれたエッチングボトル。


幸せではないですか。私が自宅セラーで保管していた貴重なワインの1本です。記念日にあけようと思っていましたが、やはりワインラバーズたちと飲まなければ意味がありません。

 

tstk2.jpg

濃縮された果実味あふれ、さすがムートンロートシルト。17年経過しますが、まだまだ あと数十年はいけると評価されています。

 

 

tstk5.jpg

牛フィレ肉のグリエ モリーユ茸風味

 

 

tstk6.jpg

柔らかいですしソースとボルドーワインが見事にマッチします。

 

 

tstk14.jpg

ブルゴーニュとボルドー

 

 

tstk18.jpg

やはり長熟させるワインはいいコルクを使っていますね。重くてぎっしり感があります。


 

tstk8.jpg

4人で5本は飲みすぎました。

 

 

tstk7.jpgデザート、コーヒー

 

今日も素晴らしいシャンパン、ワインを飲み、また美味しい料理を味わいました。TT

 

食べログ(採点なし)


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tstk9.jpg

熊本ホテルキャッスルの11階、フランス料理 トゥールドシャトーにやってきました。美味しい料理とハイパーなワイン会をしようと、ワインが好きな4人が集まりワイン会を開催しました。1人1本お気に入りのワインをシャンパン・白・ブルゴーニュ赤・ボルドー赤と役割を決めて持込みさせていただきました。トゥールドシャトーのワインもいただきましたよ。

 

tstk10.jpg

フランス語で天守閣を意味します。

 

 

tstk28.jpg

現在天守閣は覆いがされて工事中です。ライトアップはされています。

 

tstk15.jpg

メニュー表を見ると今日のフランス料理の食材がすごいこと。

 

tstk16.jpg

キャビア・フォワグラ・トリュフ・オマール海老・あわび と・・・期待感高まります。

 

 

tstk26.jpg

Bollinger Vieilles Vignes Francaises Blanc de Noir 2005

 ボランジェ ヴィエイユ ヴィーニュ フランセーズ ブランドノワール 

シャンパンはボランジェの最高峰クラスで3702本が生産されたと。私がいままで飲んだ一番いいシャンパンとなりました。


 

tstk25.jpg

酸がきめ細かく、ただ酸があってシャキッとしているシャンパンと違い、芳香な香りとこれぞという成熟度合を感じさせる葡萄の主張。うーんこんなにいいシャンパンってあるんだ。


 

tstk23.jpg

新たまねぎとキャビアのカクテル

 

 

tstk22.jpg

シャンパンとキャビア。もうこれはこれは満足度が高い。キャビアをリクエストしておいて良かった。

 

 

tstk21.jpg

続いて

オマール海老とホワイトアスパラガスのサラダ

サラダというよりオマール海老が沢山、これは贅沢ですね。白ワインを合わせましょう。

 

 

tstk24.jpg

トゥールドシャトーのワインリスト外から注文をしたワイン。こちらはハイパーというわけではないですが。

Cellier des Ursulines Meursault 2003

セリエ・デ・ウルスリーヌ ムルソー 2003

【セリエ・デ・ウルスリーヌについて】
Pierre Ravaut氏によりブリニー・レ・ボーヌに2001年に設立されたネゴシアン。Ravaut氏が造り手を訪問し、Cellerバック・ヴィンテージをティスティングして購入。造り手の名は伏せた状態、かつエチケットがないボトルで安価に仕入れるので、ワインのクオリティーと比較すると大変お得な内容。ただ、Ravaut氏の「洗練されたアロマとフレッシュさ、骨格のある味わい」というがワイン選びのモットーは外していないシリーズです。抜粋


tstk20.jpg

続いて

 

tstk19.jpg

ォワグラのポワレ オニオンスープ仕立て

これはとても美味しいです。ふたがしてあって、ふたを取るとトリュフの香りが・・・フォアグラも美味しい・・・

 

 

tstk13.jpg 

CHEVALIER MONTRACHET GRAND CRU 2013 Philippe Colim

シュヴァリエ・モンラッシェ グラン・クリュ [2013] フィリップ・コラン

この白もなかなか普通には飲めませんね。モンラッシェのグランクリュ。2013ですがこれは早いとか全然ないです、やはり2003のムルソーより私はモンラッシェが好き。

 

【明日に続く】

 


このページのトップへ

2018年2月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

当社の事務職の方(女性)の結婚式がありましたので出席しました。場所はザスタイルオブエクセレントです。こちらでの結婚式は2回目です。お相手の方の勤務先の社長さんは私と中学校・高校の同級生です。

ということでいつも通り写真を撮影するのですが、たまーにあるミス SDカード忘れに気が付き、何枚か携帯電話で撮影。注意しておかないといけませんね。ソニーのデジカメ 撮影後NO CARDと一瞬しか出ないため撮影に一生懸命だと気が付きません。

 

IMG_8372.jpg

真鯛とオマール海老のロースト オリエンタルな香りと共に

オリエンタルな香りってどんな香りだったっけ・・・・あとでメニューを見ても思い出せませんね・・・・クリーム系の味だったというのは覚えておりますが。

 

 

IMG_8374.jpg

特選牛フィレ肉のグリエ

冬大根のおろしポン酢ソース 柚子の香りを添えて

おろしポン酢であっさり。大根がたっぷりというわけではなくさらりとしたソースでした。

 

 

IMG_8382.jpg

マロンムースとヴェニラジェラート

チュイールダンティーユ添え

 

IMG_8368.JPGMERVEILLE (メルベイユ)驚きとかの意味

南フランス最大のワイン企業ジャンジャンのテーブルワイン

今日はワインは止めておきました。北海道からの日本酒がありましたのでそちらを。自宅に帰ってから赤・白とコート・ド・ローヌのワインとボルドーのワインを堪能。

 

 

IMG_8387.jpg

S夫妻お幸せに。TT

 

スタイルオブエクセレント

 

 

このページのトップへ

2018年2月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kamg9.jpg

先月夜に2回訪問して間をあけず、今度はランチで子供と2人で来てみました。ランチを加茂川さんで食べるのははじめてではないかなぁ。1Fには同経営のHIGO BAR(肉系バル)も出来ていますが、こちらも未訪問。

 

 

kamg8.jpg

メニューを見ると ランチメニューは800円から1800円程度。普通のランチ感覚で利用される方も多いはず

 

 

 

kamg1.jpg

2階の店内を奥(上通り側)から。

 

 

kamg10.jpg

メニュー考察

グレードの高い「定食」 と「ランチ」に分かれており、差は小鉢、サラダが付いていること。肉の質も違いますが。

一番安いメニューが生姜焼き800円。あと国産黒毛和牛牛丼といったちょっと豪華な牛丼、これでも900円。一番人気と思われるすき焼鉄鍋ランチが1000円。

囲んである定食は 1800円(税込)とすこし贅沢なメニュー。回りの人をみたらサイコロステーキも美味しそうだった。


今日は味彩牛すき焼鉄鍋定食にします。

 

 

kamg2.jpg

こちらは小学生の子供が頼んだ 牛焼肉ランチ 900円。


 

kamg3.jpg

鉄板の上に肉と野菜。900円ですし よいんじゃないでしょうか。


 

kamg4.jpg

すき焼き。

てっきり 火のついた鍋に生の野菜、肉とかが入っているのを想像していたけど、すぐ食べられるように調理済のものが出てくるんですね。サラダ、小鉢、おしんこ、味噌汁。ご飯はおかわりオッケーとのこと。(茶碗1杯ですからね)

 

 

kamg6.jpg

小鉢は牛のしぐれ煮

 

 

kamg5.jpg

こんにゃくの下にはうどんが入ってました。

 

 

kamg7.jpg

そんなに甘い味付けではなかったなー。

冬は鍋ってだけで暖まります。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

加茂川ホームページ

 

前回記事

 

創業明治14年 すき焼き 加茂川 熊本市上通

このページのトップへ

2018年2月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkgk9.jpg

熊本ホテルキャッスル 中華料理 桃花源で食事をしました。今日はコース料理です。桃花源には久しぶりに訪問した気がします。

 

 

tkgk1.jpg

前菜彩々

前菜の5種盛り合わせ

 

 

tkgk2.jpg

カキと銀杏の唐辛子炒め

2種海鮮とユリ根炒め

 

 

tkgk3.jpg

フカ胸ヒレの姿煮込み

ボリュームあるフカヒレでした。私はフカヒレスープには白こしょうを入れていただくのが好きです。シンガポールに住んでいた時に教えていただきました。

 

tkgk4.jpg

牛スペアリブの蓮の葉包み蒸し

八角の効いた漢方の味のするお肉だな。


 

tkgk5.jpg

オマールエビの香り蒸し

半身です。味付けもあっさりで食べやすい。

 

 

tkgk6.jpg

白菜の蒸しスープ

漢字では 白菜芯湯

白菜の芯を使ってあるスープってことですね。

 

 

tkgk7.jpg

四川激辛麻婆丼

ホテルキャッスルのド定番。これを食べるためにホテルキャッスルの中華に来る人もいるほどのマーボー。

 

 

tkgk8.jpg古典式杏仁豆腐


以上です、今日は中華にワインをいただきましたが、さすがにワインのラインアップは赤ワインも4種類しかありませんでした。一番安いベリンジャー MERLOT を頂きました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)


 

 

このページのトップへ

2018年2月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tuoy7.jpg

昨日、部下が「今日魚良に行って刺身御膳食べてきましたー」と聞き、今日は私も行きたくなりました。少し並んだとのことでした・・・

 

二つ入口がありますが、今日は1人ということもあり待たずに入れました。12時少しすぎだったのに。ラッキーですねー。そういえば前回は12月末だったので、混んでいたのですかね。

魚が良から魚良、今日は何を食べようかな。 詳細メニューなどは前回の記事(後に記載)を参考に。


 

tuoy8.jpg

天然本マグロ丼定食は1500円。私が食べた前回は1000円だったけど。。。中身が違うのか・・・確かめたくなるけど。今日はこれはやめて違うのにしよう。

 

ということで、魚良で前回同伴者が食べていた 刺身御膳(梅)にします。前回の記事を見たら、次回は刺身御膳(竹)を食べると書いていたんだ・・・

 

「刺身御膳(梅)」です。膳を見て、あ・私が頼んだのって梅だっけ、刺身の量を見てパニックてしまった。あまりにもボリューミーだったから。

 

刺身御膳は松、竹、梅、そして刺身定食(700円)確かに梅を頼んだ。

 

 

tuoy1.jpg

サラダ、小鉢2、刺身、から揚げ、香物、デザート、味噌汁、ご飯。 これで野口英世1枚ですか・・・・・

やっぱりすごいコストパフォーマンス。高ストパフォーマンスのお刺身だわい。

 

 

tuoy2.jpg

鯛、サーモン、タコ、 まぐろ、ビンチョウマグロ、イカ、カンパチ、カツオ、ごまさば  ということで9種類。

ご飯の上に乗せれば立派な海鮮丼になるわー

 

 

tuoy6.jpg

刺身の量多すぎでしょう。ゴマサバも美味しかった。

 

 

 

tuoy3.jpg

新鮮だし、税込1000円の本当に英世さん一枚。いや確実に食べすぎカモ

 

 

tuoy4.jpg

唐揚げ。

味噌汁がカボチャの味噌汁ってとこも許せちゃうね。

 

 

tuoy5.jpgあれだけ刺身とおかずがあれば、普通盛のご飯が余るわけがない。大盛も無料なんですね。今日は並ばなかったけど、これなら多少並んだとしても許せます。アンダー1000円メニューも沢山あるし、あなどれないなぁ、ここ。TT

 

 

魚良 熊本・田崎市場内 ハンパないコスパにびっくりランチ

 

食べログ(掲載時点 3.20)

このページのトップへ

2018年2月21日 Posted time : 00:30 | Category : 編集長コラム

fukusi11.jpg

ランチで銀座通りの銀座ビルに来ました。今日はここに来るためです。「海鮮家 福伸」。天草に本店がある福伸さんの支店です。実は初めての訪問なんです。地下にあるお店って意外に苦手で・・・

 

 

fukusi12.jpg

外国人も多いのでしょうか。そして福伸御膳は930円(税別)税込1004円。ランチで見た目もボリュームあって1000円くらいのお店だと人気あるでしょうね。

 

 

fukusi1.jpg

地下のお店へ行きましょう。

 

 

fukusi2.jpg

丼とか色々メニューはあるので楽しめそうですね。店内は清潔感ある感じで個室とカウンター席(6席程度)。今日はカウンター席。ちょっと暗めで夜とかは落ち着きそうな空間。メニューを見ていきましょう。

 

 

fukusi4.jpg

週替りランチなるものは ブリの漬け丼 930円

 

 

fukusi3.jpg

選べるランチは1000円、刺身も天ぷらも荒炊きも食べたいと思ったら次の写真にもある、ぜいたく御膳1600円かな。それでもそんなに高いわけでもないと。福伸御膳 930円あたりはパフォーマンスがよいメニューなんだと思うけど。

 

 

fukusi5.jpg

穴子丼も美味しそうだが。天ぷらは食べれないので、今日は海鮮丼とかが掲載されているメニューから

海鮮ひつまぶし 1500円 にしました。



 

fukusi6.jpg

到着。写真と違ってかいわれのっていなくて良かった―

キラキラ、まるで 海の宝石箱やー

彦麻呂かって、たまに使ってますがこのフレーズ。

味噌汁には南関あげ。


 

fukusi7.jpg

いくら、いか、まぐろ、もうわけわかんないけど、色々入ってます。


 

fukusi8.jpg

なんか食欲が出てくる。

 

 

fukusi9.jpg

わさび汁を醤油にといて、濃い醤油というより味のついた醤油。全部かけてしまったのでわからなくなったけど。

 

 

fukusi10.jpg

箸では食べにくく、付属のスプーンで。

かき込みました。うまい。いやー米より海鮮が多かった感じや。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

 

 


このページのトップへ

2018年2月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mujic9.jpg

数ケ月ぶりになるでしょうか、久しぶりにCOCOSAにあるMUJIカフェへ来ました。(4)となっていますが、記事にしていないのもありますから、もう少し来ているでしょうか。カフェですが、COCOSAの4F無印良品の一角にあるとあってか、平日昼間などは女性がほとんどを占めます。メニューは多くなく、デフォルトメニューの1汁3菜定食が 950円とお手頃価格ということもあるでしょう。

 

 

MUJIc1.jpg

ショーケースのメニューの現物を見て、サイドメニューを決めておくと良いです。持ち帰りも可能メニュー。

 

 

mujic2.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る)

温菜1品は 5メニューから1つ

備中高原鶏の唐揚げ 油淋鶏ソース

茶味豚のプルコギ

鮭のかんずり焼き

干し野菜煮と鶏肉の酒粕焼き

蓮根と里芋のホクホクグラタン

 

 

mujic3.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る) 冷菜は2つ

鶏レバーのからしマヨネーズ和え

小松菜とひじきのサラダ

かぼちゃとさつまいものサラダ

かきあえなます

長芋とセロリのサフジ(インド料理の一種で野菜の蒸し煮や炒め煮のこと)

里芋と根菜のくるみ味噌和え

干し野菜の塩キンピラサラダ

 

なんか、美味しそうです、とりあえず目新しいメニューから2品選んでみました。


 

mujic4.jpg

しばらくして運ばれてきました。

 

 

mujic5.jpg

量は少なく見えますが、結構あります。お弁当に置き換えれば、メイン結構ボリュームありっという感じ。

 

 

mujic7.jpg

かきあえなます。

胡麻の味が濃厚で、食べやすかった。

 

 

mujic6.jpg

カレー風味。長芋とセロリ

 

 

mujic8.jpg

ご飯は釜炊きと言ってられました。そういえば忘れてた。ご飯美味しいです。ご飯大盛りにできるかどうなんでしょう。メニューには書いてありませんでしたが。TT

CAFE&MEAL MUJI(3)  COCOSA熊本 MUJIカフェ

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tesion7.jpg

安政町にある 塩ラーメン専門店 てしお に久しぶりに来ました。昼間からラーメン屋さん、半年ぶりくらいでしょうか。夜ラーメン屋さんで麺無しラーメンは何度か食べましたが。

今日はラーメンが目当てではありません。

 

 

tesion1.jpg

ランチ限定

てしおのローストポーク 鉄板肉ランチ

ラーメン屋さんで昼に鉄板肉ランチオンリーを提供しているお店って少ないですよね。

とりあえず入ってみましょう。


女性の一人客も数組・・・

 

今日は店員さん1名で配膳も調理も全部。いつもそうなのかなぁ。忙しそう。

 

 

tesion2.jpg

サイズは大中小 しかも100円刻み。薬味は別100円

ライス大盛り無料

それなら 大 1000円にしてみます。

 

 

tesion3.jpg

到着しました。ご飯+味噌汁+鉄板焼き+ミニ冷奴

結構レアなポークステーキですね。


tesion4.jpg

タレをかけてくださいとのことでした。

紙ナプキンを首からかけて


 

tesion5.jpg

ジューッという音と共に焼けます。

 

 

tesion6.jpgこうして平面に肉をばらして、焼いていただきました。以外にポークステーキいけるもんですね。

トンテキと思えば同じです、のようなものです。調味料はマスタードだけだと飽きますね。醤油がほしかったけど、無かったし忙しそうだったので、冷奴にあった醤油をつけて。TT

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 

てしお 安政町店 熊本市 塩ラーメンが美味しい。


 

 

このページのトップへ

2018年2月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

vvs9.jpg

寒い日だったし、一度行ってみたかったお店に家族と来店。熊本店は2010年にオープンして移転してこの場所にオープンしたよう。長野が本社の株式会社スープアンドイノベーションが展開するベリーベリースープのFC店です。現在は全国に30店舗強、九州には4店舗あるようです。スープストックのようなファーストフード店舗です。

食べるスープをコンセプトにしているようで、スープと白胡麻ごはん、またはスープと石窯ライ麦パンを基本スタイルとしているようです。

 

vvs8.jpg

ピントがぼけぼけになっている店外のメニュー表。

下通りに面していれば目立つかもしれませんが、場所は銀座通りのしのじのやサルバトーレがあるビルの少し先、飲み屋が沢山入るビルの1Fにあります。ファーストフードかなと思ってしまいますが。


 

vvs10.jpg

店内に入ると、おおよそファーストフードとは違うような、、ダーツがあったりサーフボードがあったり、夜は居酒屋なんでしょう、「たこわさ」とか居酒屋のメニュー表みたいなのがぶら下がっています。FCなのでこの辺は緩やかなのか。

 

 

vvs2.jpg

食べるスープは14種類。価格設定は650円と750円でわかりやすい。

 

 

vvs1.jpg

飲むスープが5種類、パスタやメニュー乗せてませんがカレーとか色々ありますね。組み合わせてセットメニューとかにするようです。スープベースは本部からやってきて、店内調理でそれに野菜や具材を入れてスープにするスタイルですね。今日は若い女性が2人忙しそうにしていました。これだけ種類あると作るの結構面倒くさいのかなと思ってしまいます。


 

vvs4.jpg

魚介ガーリックバタースープセット (950円)

 

 

vvs5.jpg

私がたまに食べる 「麺抜きラーメン」のようなものです。もやしなどの野菜、帆立・サーモン・海老・いか入ってます。これにラーメン麺を入れたらまさしくラーメンだ。普通にあっさりスープです。

 

 

vvs7.jpg

ソーセージと温野菜のポトフ+春雨 850円

タイピーエンみたいな・・・・

 

 

vvs6.jpg

ビーフバーグシチュー 650円

このベースも共通ですが、デミグラスのコクはあり、結構いけると思います。ビーフシチュー 650円は一番の人気メニューと推測、ボルシチも冬は人気ありそうだけど。

 

 

vvs3.jpg

ミートソース 800円

メニュー写真よりだいぶ美味しそう。

 

熊本にはスープストックトーキョーもありませんが、いまや欲しければ楽天の通販でも手に入りますしね。

今日はとても寒かったので体はあたたまりました。TT

 

ベリーベリースープ HP

 

肥後ジャーナル記事

このページのトップへ

2018年2月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NKTY5.jpg

ホテル日航熊本 阿蘇の間にて社員のT君の結婚式がありましたので、出席しました。お昼からの開催でしたので、丁度ランチタイムです。

前菜  (今日の料理は和洋折衷だったのですが、メニュー表には詳しく記載されていなかったです。魚の種類とかもう少し書いてあると嬉しいのですが・・・)

 

 

 

NKTY6.jpg

お造り

鯛、まぐろ、鰤


 

NKTY9.jpg

マルシェからのお魚とアサリのマリニエール

 

 

NKTY8.jpg

RED WOOD CREEK 2015

今日はワインも 酒類は飲みませんでした。

 

 

NKTY1.jpg

国産牛フィレ肉とフォアグラのステーキ

肉は柔らかかった

 

 

 

NKTY2.jpg

にぎり寿司

 

 

 

NKTY3.jpg

りんごのジュレとASOMILKのアイスクリーム、パン、コーヒー

 

 

NKTY4.jpg最後の挨拶のシーン

T君夫妻お幸せをお祈りします!TT


 

このページのトップへ

2018年2月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kuron11.jpg

浜線バイパスの田井の島の少し先にある、「黒の厨房」。以前はポークバードと言っていました。ポークバード時代には訪問したことありますが、黒の厨房は初めて。ランチで訪問。

 

 

kuron10.jpg

とりあえず入りましょう。靴をぬいで上がるお店です。スリッパははきません。床が靴下で少し滑るような感じ。。。

 

 

kuron4.jpg

メニュークリック拡大、戻る

和牛、黒豚、地鶏を唄うだけあり、肉に関するメニューが豊富。こちらで焼き魚定食とか煮つけ定食はないんかーと思わないでください。肉が中心のメニュー構成ですから。

 

 

kuron3.jpg

鶏メニューも豊富ですね。

 

 

kuron22.jpg

週替りランチは 日替りみたいに安いランチメニューと思いきや、グランドメニューとほとんど値段は一緒でした。それならグランドメニューから選んでみましょう。

そうですね、今日は豚の気分でしたので


黒豚のトンテキ定食 (1500円)


kuron52.jpg

おかわりも可能なサラダを黒の厨房オリジナルドレッシングでいただきます。

 



kuron62.jpg

定食到着

 

 

kuron72.jpg

トンテキのお肉ってプリプリした豚肉のイメージがあるのですが、これはプリプリはしていません。タレもそんなに甘ーいという感じでもないタレ。

 

 

kuron82.jpg

トンテキってタレが味を決めるといっていいほど。

 

 

kuron92.jpg

デザートとコーヒー。

女子で結構ゆっくりとお話をされている方もいますが、料理のサービスの提供は早いと思いますので、ランチするのも時間を要するというわけでもないと思います。また今度来て違うメニューを頼んでみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)


黒の厨房 ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sri210.jpg

スリランカカレーの2号店に行ってみます。2号店と1号店ってそんなに離れていません。2号店はツタヤのある三年坂通りにあります。この通りって車が通らないから道にやけに飲食店の看板が出ている通り。

寒いから体の芯からあったまりたい。

 

sri21.jpg

税込800円 ランチメニュー。サラダ、デザート・ティー付です。

最初はとっつきにくそうですが、一度はまるとリピーターが多いカレー。

 

 

sri22.jpg

2階へ上がります。

 

sri23.jpg

スリランカ家庭料理の店、スリランカ2nd

 

 

sri25.jpg

カウンターに着座しましたが、店内は思ったより明るくて広い。1号店が窓がない作りに対して通りに面していますから、明るい。

そして女性が多いこと。女性が辛い物には強いとかいいますが、たぶんこれはリピーターOL軍だと思う。

 

 

sri24.jpg

新鮮なスパイスを使ったメニュー。前回はドライカレーにしましたので、今日は1の通常のスリランカカレー 辛さアベレージでいきましょう。

これを見た取引先の方、ぜひ3倍以上にチャレンジ願いたい。そして感想を聞きたい。

 

 

sri26.jpg

キャベツサラダをいただいて待ちます。

 

 

sri27.jpg

ドライカレーはチキン、じゃがいも1ずつが、

通常のカレーは2個づつになるんだ。

ココナッツのいい香り。前回食べたレベル+1よりは赤味が少ない感じです。

 

sri28.jpg

食べ進むと辛いですよ。頭からじわっと汗がでます。

スープライスですから、まるでスープの飲み物のように食べていけます。

ココナッツミルクがふんだんに使われていますから、辛さを感じるほど、翌日胃のヒリヒリ感はありませんね。以外にも体に優しいんじゃない。

 

 

sri29.jpg紅茶は飲まずに今日はヨーグルトアイスクリームだけ食べました。


やはりくせになる。1号店から関係のルワニ全部行きました。なぜか2号店が食べログ3.5オーバーだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

スリランカカレー ルワニ 並木坂に編集長もいよいよ・・・

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日に続きアニエルドールの後編です。

 

aniel27.jpg

ウズラ 山菜

ウズラ肉をホットドッグにしたもの。こちらは同伴の方用、私には小麦フリーのを作っていただきました。

 

 

aniel26.jpg

ウズラ肉を使った前菜の1品

 

aniel28.jpgウズラの卵と肉のコンビネーション

 

 

aniel29.jpg

続いて

フグ 豆 蕎麦

見た目にもボリュームがある・・・まだ前菜ですよ、大丈夫かな・・・

 

 

aniel30.jpg

和がうまく調和した料理ですね。フグのサラダ仕立ても美味しい

そばはそばの実などが入っているんですね。

 

 

aniel32.jpg

ここまでが前菜でしょう。

和牛 バイ貝 ブロッコリー カラスミ

生の牛が小さく角切りされていてソースとうまくからみあいこれは美味しすぎます。貝との食感もうまく組み合わさっている。私はこの料理が結果一番美味しかったと全部食べ終わって思いました。

 

 

aniel14.jpg

ワササギ 海老芋 椎茸 ブランダード

ワカサギのフリット。スープは目の前で入れてくれました。これくらいの量だから嬉しい

 

 


aniel33.jpg

Amiot Servelle Chambolle Musigny 2011
アミオ・セルヴェル シャンボール・ミュジニー

アミオセルヴェル

 

 

aniel34.jpg

繊細さのあるワインです。

 

 

aniel15.jpg

魚 平貝 黄蕪 ワーテルゾーイ

ワーテルゾーイ(泡立てたクリーム)にはうにが入っている

魚はアマダイ。うろこカリッと料理はあまり好きではない。

 

 

aniel16.jpg

シャラン産鴨 ゴボウ リンゴ ワサビ

鴨も少な目にしてもらいました。シードルソース。やわらかい鴨でした。

 

 

aniel17.jpg

キウイ ピスタチオ ホワイトチョコ

 

 

aniel18.jpg

シンプルながらあっさり美味しい

 

 

aniel19.jpg

パースニップ 柑橘 バナナ

パースニップの皮、柑橘が心地いいデザートです。

 

 

aniel21.jpg

小麦入りですが、たこ焼きに見立てた茶菓子 可愛いアクセントですね。

 

 

aniel22.jpg

こちらもデザート

 

 

aniel20.jpg

最後のデザート


品数も沢山で、デザートも充実。予約が取りにくい今昨年度ミシュラン一つ星を獲得したレストランというのがうなずけます。素材を損なわない調理法で、見た雰囲気、創造性も高く、このコース料理で10000円とは破格としかいいようがないのではないでしょうか。シェフにもお見送りいただき、満足感を感じお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 4.05)

 

アニエルドール ホームページ

 

 

 




 

このページのトップへ

2018年2月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aniel4.jpg

だいぶ前から予約していた、昨年ミシュラン一つ星を獲得した大阪・阿波座のアニエルドールさんを訪問しました。ホームページなどを見ていましたので、お店の洗練された雰囲気とか期待していました。

人通りが少ない裏通りにひっそりたたずむフレンチ。大阪で前回訪問した同じミシュラン一つ星のラ・カンロさんにも共通するこの感じ。席数14、なかなか予約が取りづらくなっていると聞きました。


 

aniel1.jpg

グレーやホワイト基調のシンプルモダン。

30代後半の藤田晃成(あきなり)さんがオーナーシェフ。大阪のフレンチで修業の後、フランスに渡りノルマンディー、バスク、リヨンと地方にて4年半の修業の後、2013年8月にアニエルドールをオープン。

 

 

aniel2.jpg

agnel d'or とは、12?15世紀に鋳造されていた子羊の図柄を持つフランスの中世金貨らしいです。以前はテーブルクロスのないビストロだったのですが、昨年5月にリニューワルしてガストロノミー(美食を味わう学問とそれを供する空間)としてオープン。

 

 

 

aniel3.jpg

重厚なドアを押して中に入ります。舞台への入口。

 

 

aniel9.jpg

すぐお店があるわけではなく、通路があります。ここあたりはいい空間創造ですね。

 

 

aniel5.jpg

照明は以外に明るく感じました。もう少し暗くてスポットがあってもいいと思いましたが、いずれにせよクリーンで無駄な絵とかそういうものがないシンプルモダン。

 

 

aniel6.jpg

テーブルセッティング

 

 

 

aniel8.jpg

ペンペン草ではないですよね。

 

 

aniel7.jpg

最近流行の使用食材の一部のみを記載したメニュー。10皿以上のメニューです。

となりのテーブルの食べている様子を見ても結構なボリュームがありそう。

かなりアーティスティックで嗜好こらしたフレンチのようです、藤田シェフのワールドが広がっていそう。

 

 

aniel12.jpg

アミューズ

鹿 ブルーベリー ヘーゼルナッツ

 

 

aniel13.jpg

鹿のくんせい肉をキャラメリゼしたもの。

 

 

aniel11.jpg

鹿のエキスのスープ。濃厚なエキス

同時に2品出てきました。

 

 

aniel10.jpg

シャンパンは PIERRE TRICHET ピエール・トリシェ

パワフルなシャンパンです。

 

 

aniel23.jpg

海老 人参 みかん ディル

2品提供。

 

 

aniel25.jpg

こちらはロワイヤル(茶碗むし風)にて提供されてあります。

これは美味しい1品ですね。


 

aniel24.jpg

 

 

aniel31.jpg

このページのトップへ

2018年2月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mizuki1.jpg

休日に子供と2人でランチ、どこにするのか決めていなかったのですが、こちらの店にフラッと入ってみました。

熊本初上陸 熟成和牛焼肉専門店 MIZUKI

熟成肉を扱うお店はあったと思いますが、こちらのお店は関東で初めて熟成和牛焼肉店を開業された方の身内がはじめたお店だそう。オープンは2017年7月1日、まだ半年ちょっとです。

 

 

mizuki3.jpg

店内はテーブル席と壁に向かったカップルシート。デート用にも使えますしお一人焼肉もオッケー。炭火グリルを使用します。夜のワインリスト見ましたが、結構いいワインも置いてますね(ゴクリ)

 

 

mizuki2.jpg

今日はランチですから、ランチメニューからいきましょう。

焼肉ランチ(カルビ、ロース のミックス) 150g  1,500円を2つ

 

熟成肉ってだいぶ浸透してきましたね。ここのはドライエイジング(寝かせた)した肉です。

 

 

mizuki5.jpg

ご飯、サラダ、わかめスープ、もやしナムルのセット。手前にはタレや塩など入れてください。ご飯は炊き立てでなく、少しエイジングされているのかな。

 

 

mizuki4.jpg

肉が到着。1人前でこれだけ。

肉が重なっていて結構な量。肉にも脂がのっており

これで1500円ですから、結構満足感ありますよ。

もしかしたら90g 1000円でもちょうどいいのかもしれない。

でもあと少し欲しくなると思う。

 

 

mizuki6.jpg焼けるのも早いから、乗せすぎに注意。美味しくいただきました。TT

食べログ(掲載時点採点なし)

 

MIZUKI ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kamogawa11.jpg

熊本ですき焼の名店といえば、加茂川さんです。電話番号が示すように 2929(ニクニク)。お肉の加工、卸業者さんでもあります。創業明治14年というから創業137年ですか、すごい。


10年以上も前にダイニングエクスプレスの取材でも訪問しました。今でも野中さんが撮影した「あの写真はよかったです」と言われます。2018年は2度目の訪問になります、前回はすき焼き、しゃぶしゃぶをいただき、今回は団体会合ですき焼きです。ここを訪問する時の鉄則。「お腹をすかせれば更に旨い」


 

kamogawa2.jpg

サシが入ったお肉(あ、食べ放題ではないですよ)。4人前ですが、これで十分なくらいの量・・・年とったんだね皆。

 

 

kamogawa1.jpg

脂もたっぷり。

砂糖+しょうゆ、みりんでは 糖分が多く胃にもたれるため「わりした」であっさりと仕上げてくれる要望をお願いしました。


 

kamogawa3.jpg

贅沢にも半分の肉をすき焼き鍋に投入します。早く卵をかき混ぜときます。

 

 

kamogawa4.jpg

早速周辺部からよい香りが・・・・肉も焼けてきました。

 

 

kamogawa5.jpg

肉をまず頂くのが流です。

もう女中さんからゴーサインが出そうです。


 

kamogawa6.jpg

すき焼きの一口めの美味しさといったら。創業明治14年、肉の旨さを伝える味だわ。

 

 

kamogawa7.jpg

野菜高騰の折り、白菜は少な目の気がしましたが、まぁ肉の後は野菜が美味しいのにはわけがありますね。肉汁でぐつぐつするから。

 

 

kamogawa8.jpg

違う鍋で天草大王も焼いて、大王すき焼きへと突入する贅沢。

 

 

kamogawa9.jpg

酒ばかり飲んで大王を食べた記憶がない。

 

 

kamogawa10.jpg瑞鷹の吉村さんが持参した、超辛口 本醸造 瑞鷹 を冷でぐいぐい いきました!TT

 

ダイニングエクスプレスの10年以上前の記事

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

加茂川ホームページ

 


 


 

このページのトップへ

2018年2月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soym9.jpg

デックスブログの2年前のYAさんの記事を見てから気になっていたお店、SOI MARNYさんに行きました。当時はランチはやっていなかったようですが、いまはやっているようです。アジア料理昔から好きですから。

その記事


新しい建物の前が駐車場ですので便利ですね。


 

soym10.jpg

980円 均一メニューですよーって感じ

 

 

soym1.jpg

入ります

 

 

 

 

soym3.jpg

新しい建物ですね、天井が高くていいですね。


 

soym5.jpg

カウンター席5席


 

soym2.jpg

ランチメニューです、5種類。

食べたいのはパッタイ。(焼きそば) 米麺です。

 

soym4.jpg

サラダとスープをいただきつつ

 

soym6.jpg

タイでよく出てくる調味料。

辛いの甘いの酸っぱいの。ブレンドして味を調整。これが楽しい。使い方を説明してくださいました。


 

soym7.jpg

最近パッタイが好き。

ヘルシーで美味しいし。

油分も少ない。

米麺だし。

レモンかけるとすっぱ美味しい。

 

こちらはタイ10年在住されて熊本でタイ料理をオープンされたとか。

 

 

soym8.jpgやっぱ、美味しい。


というか大盛にしたい。TT


食べログ(掲載時点評価なし)


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lem7.jpg

東京銀座4丁目から歩いて5分弱のところにある銀座フレンチ、ラールエラマニエールを訪問しました。オーナーソムリエ 吉岡慶篤さんのお店です。名前は1回聞いても覚えられません。

 

 

lem8.jpg

店名の由来“l'art et la maniere (ラールエラマニエール)”
フランスの古い言葉で「ラール・エ・ラ・マニエール」は“正しい導き方”という意味を持っています。生産者の気持ちをお客様のもとへつなぐという意味があるそう。

飲食店などが入ったビルの地階にあります。

 

 

lem9.jpg

地階へは階段で降りるのかと思ったら、入れないように。階段が急すぎて危ないのか使用されていない様子、エレベーターで降りてくださいと書いてありました。


 

lem10.jpg

自らグランメゾンをうたうレストラン。銀座の上品なエスプリ感が漂います。お店のスペースはそんなに大きくはないですね。テーブル席20席と個室6隻の26席のようです。

 

 

lem11.jpg

奥から望む

 

 

lem18.jpg

昼は平日限定軽めのコース 4000円と フルコースの5500円、8000円があります。ここは竹に相当する5500円のコースにしましょう。 魚肉が入りますので、結構なボリュームかもと不安になりますが。


 

lem12.jpg

机の上のバラのオーナメント。素敵ですね、皿には店名が彫ってありました。

 

 

lem13.jpg

DIDIER (ディディエ)のぶどうジュースです。オーガニックでこだわりのぶどうジュース。

1本小売価格2500円/750mlするジュースですから、フツーのワインより高いという話も。(1杯お店で800円)

 

 

lem14.jpg

アミューズはゆりの根のムース、オリーブオイル

スプーンでいただきます。量はこの2/3くらいでちょうどいいと思いました。

 

 

lem1.jpg

続いて

クレームブリュレに見立てたフォアグラムース、えびいも

アミューズも2品連続でムース系・・・・確かにフォアグラブリュレは美味しい。ワインが欲しくなる。

 

 

lem17.jpg

パンの代わりにいただいたじゃがいもペースト、これもムース系で

とりあえず 二口、三口だけにしておきました。

 

 

 

lem16.jpg

帆立のムース、ブロッコリー、ハーブ

食べられるパンジー。

またムースですか、どれだけやわらか系が続くのか。

 

 

lem15.jpg

見た目にも華やかで

 

 

lem2.jpg

さつまいもとカカオのスープ エスプーマ仕立て

 

 

 

lem3.jpg

佐渡島産鰤(ぶり)

やわらかくて火入れ熱加減、脂乗りもちょうどよく、これが一番おいしかった。

 

 

lem4.jpg

続いてメイン肉

バラ肉のロースト、京野菜

量が多くて、今日は魚メイン終了でもよかった感じ。



 

lem5.jpgいちご系デザート

土台はごぼうとか聞いたと思う。

 

lem6.jpg

コーヒーと茶菓子

 

ご馳走様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.99)

 

ホームページ

 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ukaii12.jpg

東京BI食倶楽部、東京があまりにも寒い1月のある日にやってきました、東京・芝の豆腐屋うかい。うかいグループの1店舗です、2度目の訪問になります。以前来た時は夏だったのですが、今回は真冬。また違うテイストです。


以前来た時も東京タワーの迫力が一番記憶に残っているですが、果たして。

 

ukaii11.jpg

東京タワーのすぐ下に広大な日本庭園を構える、同店。このインパクトはすごいですよ、タワー。昭和時代の余韻に浸りますよね、やはり。オレンジ色、近くから見るとド迫力。

 

 

ukaii13.jpg

庭園を歩いて離れに異動するのですが、今日は寒くて景色をゆっくり眺める余裕が少ない。

 

 

ukaii15.jpg

田楽処ではあげを焼いています。

 

 

ukaii14.jpg

御献立、これがあるといいですね。何が出てくるかわかるから。

こちらの「うかい」さんは、夜はホームページを見ると3コース

花 10800円

月 13500円

芝 16200円

豆腐料理というのに結構高いんですね。

 

 

ukaii16.jpg

前菜

芹と北寄貝

菜の花 黒豆 鴨くわ焼き

養老豆腐

 

 

ukaii18.jpg

あったかいうちにさっさと食べなさいと督促された 鴨くわ焼き

確かに冷えてきたら固くなってた。

 

 

ukaii17.jpg

うに ON の養老豆腐

 

 

ukaii19.jpg

続いて先ほど外の建物で焼いていた あげ田楽

 

 

ukaii1.jpg

ねぎをのせていただきます。なんてことはない あげ。

 

 

ukaii2.jpg

そして

蕪と焼き白子 白みそ仕立て

白子は人にあげて

 

 

ukaii3.jpg

かに飯し蒸し

なんとまぁ、上品な。

 

 

ukaii5.jpg本日の湊より

何の魚か完全に忘れてしまった。

 

 

ukaii6.jpg

豆水豆腐

名物料理だと思います、でもびっくりする感動もありませんね。


 

ukaii7.jpg

なめらかではある豆腐

 

 

ukaii8.jpg特選和牛炭火焼き

 

 

ukaii9.jpg

ご飯はあさりの深川めし って

 

 

ukaii10.jpg

はっさく

 

 

ukaii20.jpg

熱燗をいただいたあとには カリフォルニアの CALERA (カレラ) ピノノワール 2014

ロバートパーカー氏をもって「カリフォルニアのロマネコンティ」といわせたワイン。といってもカレラは店売りで3,4千円のワインなんですが。

以前シャルドネ(白)を飲んだ時はとてもよい印象だったのですが、今回のピノ・ノワールはそうでもなかったですね。


 

ukaii4.jpg

続いては ボルドーテイストのカリフォルニアをいただきましょうということで CLOS DU VAL (クロデュバル) 2014

1976年、ブラインドテイスティングにて、ムートン・ロートシルトやオー・ブリオンをやぶりカリフォルニアのワインが第1位に選ばれました。1986年また第1位に選ばれたのが、このクロ・デュ・ヴァルでした!パリ・テイスティング事件。これでクロ・デュ・ヴァルの名前は世界に知られることになりました。

さすがカベルネ、1本通ったボディラインがありますね。ナパのカベルネ。

 

ちょっとワインに傾いて。月コース考えればフランス料理とワインを飲んだほうが内容も満足度高いんじゃないかなぁ。景色と雰囲気代というのもあると思いますが。外人さんとか喜びそう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.71)

豆腐屋うかいホームページ


 


このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fudo10.jpg

浜松町で暖かいランチをと・・・訪問。アジアン居酒屋 風土木。東京にどか雪の降った翌日、めちゃくちゃ寒い日、麺類が食べたいでもラーメン食べれないし、ということでここに訪問。

手しごと旬鮮台所「たかなし」 東京・浜松町 ランチ 前回たかなしを訪問したときに、斜め前にあるお店がこちらだったのです、目をつけておきました。

 

調べたら以外とこのあたりでも女性に人気があるとか。大門駅から2分程度です。

 

fudo1.jpg

ランチメニューは、日替わり、カレー、フォーの構成です。寒いので早く店内にはいります。

 

fudo4.jpg

奥がありそう、入口のテーブル席に座りました。居酒屋ですね、日本酒や焼酎が並びます。アジアン居酒屋。

 

 

fudo3.jpg

カレーも相当こだわっているようですね、寒いから10年かけて作った高知県産生姜使用の生姜カレーというのもよさそうですが。

 

 

fudo2.jpg

めったにみない、創作フォーでしょう。

ベースが950円、 ミニカレーかとろろ丼つけて ジャスト1000円。わずか50円増し。

しかも創作フォーが 6種類もあるから何度来ても楽しめそう、いいですねー。


人気どころは坦々フォーというのは想像つきますが、今日はめったにない、マー油フォーに挑戦してみます。もちろんミニとろろ丼付、パクチー入り。

 

 

fudo5.jpg

到着しました。マー油が入っていて豚骨ラーメンみたいですね。嬉しい。

 

 

fudo6.jpg

小さな豆腐、一口ケーキまでついていた。

 

 

fudo7.jpg

とろろはかなりゆるゆるなスープみたい。業務用だと思いますが、とろろのかけらも入ってます。

 

 

fudo8.jpg

とんこつラーメンにパクチーみたいな図。チャーシューは1枚、もやしなどが入って、スープも美味しい。これはヒットです。

 

 

fudo9.jpg 麺は固ゆでのフォーだと嬉しいのですが、意外に食感はやわめ。温まります。グルテンフリーの創作フォー、いいですね、今度訪問したら坦々フォーといきたいところです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisi11.jpg

うなぎやさんがあるのは知っていましたが、あまり熊本でうなぎを食べないものですから、一度も訪問したことがありませんでした。下通りから路地に少し入った所にあります。今日はたまたま行こうとした店が空いていなかったので、ここに来てみました。

3代目ということです。調べたら大正15年創業といいますから、歴史はすごいですね。

 

 

 

daisi5.jpg

店は奥に長い造りで両側にテーブル席が並んでいます。座ってからメニューを考えます。

 

 

daisi12.jpg

ふむふむ、うな重がなくて、乗るか乗らないか 「うな丼」か「うなめし」の選択ということね。

 

 

daisi2.jpg

この料理解説本のようなメニューは何ですか。わかりにくいけど。神奈川・小田原でグラム表示のうなぎや松琴楼というのもあったけど。

1切 650円からうな丼が食べれるってこと?

うなぎ少なくないか。


うな丼の場合1匹は6切丼。


 

daisi1.jpg

ご飯とうなぎが別々になった うなめし。

うなめしの場合は2枚からで4枚でうなぎ1匹。公式が更にわかりづらく うな丼1に対しうな飯1.5ということか。

 

 

daisi4.jpg

それにナスA とか ナスBとか、特にナスAはBに比べて安い。(うなぎがないから)

ホルモン味噌煮込とかおおよそ うなぎやらしからぬメニューもあるし。

 

 

daisi3.jpg

普通のお店にはなく、うざくが安い。


ここははじめてなので、


うざく 325円  + うなめし (3枚)1700円 というチョイスにしてみた。

 

 

daisi7.jpg

うざくも同時着。2段になっている。

 

 

daisi8.jpg

なんか真っ黒い おたふくソース。いやタレ。


熊本ではこうしたうなぎめしもあるが、関東ではこんなうな飯ってあまり食べないから。

 


daisi9.jpg

粘度が高いタレです。かなり糖度も高いと思うタレ。

うなぎは本当に3切。

 

 

daisi10.jpg

ご飯の上に乗せるとこんな感じ。普通のうな重よりうなぎも少ないですね、まぁ値段も安いけどその分。


うなぎは結構はごたえがありますね。プリプリ。

うなぎ3枚ではご飯食べきれないよと思ったら、間違い。

 

タレ飯という食べ方でご飯がどんどん進む

これなら1枚丼でご飯大盛いく人もいるかも、と思ってしまう。

ご飯が足りずスモールおかわりしてしまった。


 

daisi6.jpg

うざく


うなぎを牛丼のようにかきこむのは味がありませんな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmtt11.jpg 日本料理とみたさんを訪問しました。前回訪問したのは昨年の春になりますので、9ケ月ぶりになりますでしょうか。

 

 

tmtt12.jpg

夜のおもてなしは3コース。今日は真ん中の十三夜コース 7500円です。今日は満席のようですね。前回訪問したときのブログにも書いていたんですが、ここはメニューがなくて女性の方の説明だけですので、料理を覚えきれません。しばらくたつと何を食べたのか忘れている・・・・


和食・フレンチ問わずメニュー表があるだけでグレード感がアップすると思うのですが。もしかしたら予約時に伝えておけば作ってくれるのかわかりませんが。

 

tmtt13.jpg

最初の1品

 

tmtt14.jpg

季節の雰囲気を出した前菜盛はいつも感心します。ふきのとうの天ぷらなど春を感じる内容。

 

 

tmtt15.jpg

あわびとか


 

tmtt17.jpg

箱の中にもまて貝とか前菜が入っています。


 

tmtt16.jpg

私は今日は冷酒にします。先ずは岩手の純米吟醸生原酒の「南部美人」。ふくよかなボディを持つ日本酒ですね、好きな味です。

 

 

tmtt18.jpg

お椀もの

 

tmtt1.jpg

湯葉引き、かなり塩分が高い。

 

 

tmtt2.jpg

お造りの盛り合わせ

 

 

tmtt3.jpg

今度は新潟のお酒、純米吟醸生原酒の麒麟山(きりんざん)

こちらの方が、南部美人より口当たりは軽やかな。

 

 

tmtt4.jpg

かぐや姫じゃないけど、筍の皮でデコレート。

 

tmtt5.jpg

煮物

 

 

tmtt6.jpg

揚げ物


 

tmtt7.jpg

ナマコポン酢

 

tmtt8.jpg

お食事は竹の皮に包んだもの。

 

tmtt9.jpg

一口菓子

 

tmtt10.jpg

お抹茶


料理だけではそんなに胃が大きくならないほどのサイズ感です。上品に流れる 繊細な和食系のとみたさんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPHB1.jpg

 上乃裏通りから少し入ったところにある、サニープレイスハンバーガーに来ました。前回はステーキを食べたのですが、絶対ここのハンバーガー食べたいと思っているのです。といっても今はグルテンフリーを通しているのでパンは食べれません。

  

 

SPHB2.jpg

食欲をそそるハンバーガーですね。ここのお店でステーキ食べている人は多くない。


  

SPHB3.jpg

前回はお客さんがいて撮影できなかったポップな壁に描かれたハンバーガーの絵。うーんシズル感あふれるこの絵を見ているとむしょうにハンバーガーが食べたくなる。

  

 

SPHZB6.jpg

ここのパテはビーフ100%だから、うれしい。そういうお店は意外と少ない。だから私にとってメニューの選択の幅が広がります。

  

 

SPHB5.jpg

チーズたっぷりのラクレットチーズバーガーにもひかれるなぁ。この前動画撮っていた人いたもの。

  

 

SPHB4.jpg

今日はこれにしようと決めた。

人気ナンバーワンのハンバーガー、グレートビーフチーズバーガー。

コンビーフ100gとパテ200gで300gの肉、ハンバーガーではなくて肉!とのこの感じがいいじゃないですか。

ジンジャーエールとセットにして1600円(税別)

 

SPHB9.jpg

まじでかいです。想像以上でした。

  

 

SPHB7.jpg

シュレッドされたコンビーフも沢山入っている。

  

 

SPHB10.jpg

ポテトも3個食べてから撮影しましたが

トランプ大統領が訪日の際に霞が関ゴルフクラブで食べた、日本でも高評価の浜松町マンチズバーガーよりもポテトが多いぞ。そこが少ないのか。

  

 

SPHB8.jpg

偽りなく、これは肉ですよ、肉。


  

SPHB11.jpg

粒マスタードが載っています。

食べにくいので、ナイフとフォークでいただきます。結構なボリューム。


SPHB12.jpgビーフ100なのでぼろぼろとなりますが、これが実に旨味があっておいしい。しかし肉だけだから、ライスが欲しくなる。ステーキランチがあるから、ここにはライスがある。

今度頼もう、ハンバーガーとライス下さい。TT

 

  食べログ(掲載時点 3.06)

   

 

このページのトップへ

2018年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年2回目のリラ訪問となりました。夜に訪問したので略して夜リラ。


会合の2次会で、当社の部下が「ブログに何度も登場しているリラへ行きたい」とのことで。

 

話を聞くと「アンチョビキャベツ」が食べたかったとのこと。


詳しくのお店紹介は過去の記事を見ていただくとわかります。今日は土曜日だけあってお客さんも一杯でカウンターに着席。

 

今日は夜リラ nail&and cafe bar lila (3)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

LIRA11.jpg結局ワインを3杯づつ頂きました。


そしてソーセージの5種盛 (900円) 鉄鍋がジューーいってました。

 

 

LIRA33.jpg

枝豆のオリーブオイル炒め 480円

オリーブオイル炒めって初めて食べました。美味しいですね。

 

 

LIRA22.jpgそしてアンチョビキャベツ 600円。


赤ワインに合いますね。


二人で6杯飲んだのでボトルを最初から頼んだ方が安かったんじゃないかと反省(笑

TT

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

このページのトップへ

2018年2月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1月と2月に最低2回は毎年訪問している、ふぐを食べる行事。

今年も仲むらさんにやってきました。

 

nkmf1.jpg

昔は住宅だった堂々とした建物

 


 

nkmf12.jpg

さあ入りましょう

 

 

 nkmf2.jpg

エントランスが長くておしゃれです

 

 

 nkmf3.jpg

入口。シックモダンな店内

 

 

 nkmf4.jpg

前菜

 

 

 nkmf5.jpg

小さな器に沢山入った前菜。ヒレ酒を飲んでいる人が多いですが、私は冷酒で。

 

 

 nkmf8.jpg

白子さんは周りの人にあげて

 

nkmf6.jpg

1人1皿のフグ刺し。今日は皆さん肝が例年より多いと・・・・

 


nkmf7.jpg純米大吟醸とふぐ刺し。いいですわ。

 

 

nkmf9.jpg

ふぐ鍋具材。

今年は白菜とかめちゃ高いので、、野菜も少ないような気が・・・・

 

 

nkmf10.jpg

唐揚げと


 

nkmf11.jpg最後に雑炊をいただきました。また2月に訪問します。TT

 

和食仲むら本店 熊本市 フグで福を呼ぶ(2017年記事)

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IKNSS5.png ここしばらく同じ経営のペッパーフードは何度か行きましたが、いきなり!ステーキから足が遠のいていました。そういえばゴールドカードで誕生日プレゼントのステーキがあったなと思い出し、出張の帰りに熊本空港店に寄ってみました。


ゴールドカードという既得権益で誕生日に毎年300gのステーキプレゼント。なんとうれしいことでしょう。年に1回は行かないとカード更新はできないと思います。いずれにせよ、300gというのは6.9円で2070円税無しの価値があるんです。


1年に最低1回はいきなり!ステーキにいきたいと思います。以前は400gだったんですね、忘れていました。 (2016年の記事

 

 

IKNSS1.jpg熊本空港のフードコートには2軒しかない。空福亭(ハンバーガー、やきそば)といきなり!だ。

 

 

IKNSS2.jpgカウンターで注文して席で待つ。ここはしょうゆとかわさびとか調味料がここのカウンターにしかないから、不便です。


 

IKNSS3.jpg

ジュージューいっている肉。 ライス・サラダセットを付けました。今日は324円で済みました。

 

 

IKNSS4.jpgいきなり!ステーキのリブロース。熊本でも他に類似ステーキ店舗はありますが、やはり元祖のいきなり!ステーキが美味しいと思います。ごちそうさまでした。TT


 

 


 

このページのトップへ

2018年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jtas9.jpg

私が予約して東京の取引先の方と5名で白金台のジョンティアッシュさんを訪問しました。こちらは2回目の訪問となります。ミシュラン1つ星のフレンチです。遠藤佳明シェフの料理と熊澤大樹ソムリエのサービスでとても心地よく過ごせる食事になると思います。

 

 

jtas10.jpg

エントランスは2階、1個室とダイニング。キャパは約20名+といったところです。

 

 

jtas11.jpg

今日はダイニング席。テーブルのオーナメントを見るとこれからの楽しい食事のエントリーという気持ちが高まってくる。

 

 

jtas12.jpg

お酒を召し上がりになられない方もおられましたが、乾杯は

N.M HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE (アンリ ジロー エスプリ ナチュール)

完熟した桃や洋梨などのフルーティな香りの中に、バニラや白コショウのニュアンスが感じられ、ピノ・ノワール主体のシャンパーニュならではの芳醇さと、軽やかなタンニンが印象的。


 

jtas13.jpg

アミューズは2品

 

jtas15.jpgjtas16.jpg

糖度の高いトマト

 

 

jtas1.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas14.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas21.jpg

昨日のアルシミストに続き 

マルク・モレ・エ・フィス シャサーニュ・モンラッシェ 1er シュヌヴォット 2007

シャルドネ100%


 

 

jtas17.jpg

メニュー表がないので、説明を聞き取れないとわからないメニューもありますが、こちらはホームページのメニューと同じ

北海道産雲子のムニエル ちぢみほうれん草に乗せて 焦がしバターのソースで


この季節って白子が多いですね、あまり好きではないのですが、これはバターソースが濃厚だったので食べれました。

 

 

jtas18.jpg

味付け好みでした。

 

 

jtas19.jpgフォアグラのプランシャ焼き ビーツ・大浦牛蒡・ゆり根と合わせて  酸味の効いたビーツのクーリー・黒トリュフと共に

 

 

jtas20.jpg

フォワグラ・トリュフと贅沢なコンビネーション。そしてモンラッシェ。いいですね。前菜にキャビアが欲しかった・・・・

 

 

jtas22.jpg 千葉県産寒鰆のポワレ 京都産聖護院蕪のかぶら蒸しと共に

大黒本シメジを添え 黄柚子を香らせて

鰆っていうとあっさりした感じなのですが、この鰆は脂がのってて美味し。

 

jtas2.jpg

ECHEZEAUX GRAND CRU

CAPITAIN GAGNERO

 

 

jtas3.jpg

メインは熊本の赤牛。

熊本から来たんですよ、えーそうなんですか。

しかし熊本でもめったに食べれないほど上質な部分の赤牛。いい部分って東京に行っちゃうのかなとか思いつつ、他の皆さんもこの赤牛美味しいと言って下さり熊本県民として嬉しかったです。しかし昨日から本当に熊本の食材を沢山食べてる。

 

 

jtas4.jpg

とてもやわらかい。


デセールは2品。両方とも美味しい、2品目の樹氷のようなデザート、金粉・銀粉が散らしてあって冬のデザートっぽい感じです

 

jtas5.jpgjtas6.jpgjtas7.jpgjtas8.jpg

帰りに遠藤シェフと少しお話しする時間がありました。次回訪問する予約もして後にしました。本日はありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.08)

 

ジョンティアッシュホームページ

このページのトップへ

2018年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kintame1.jpg

昼は和食がよいですね。埼玉方面から戻ってきて次の用事までと思い、東京駅の「あべや」に行こうと考えたのですがなんと改装中でクローズ。ということでとりあえず大丸東京のレストラン街に。12Fです。

夜の事も考え、今日は近為(きんため)にします。

 

 

kintame11.jpg

近為は京都にて明治12年創業、創業130年。野菜の漬物と魚の粕漬などを販売されています。販売店舗は京都1、東京3店舗。

近為さんはいつも中を覗くと比較的年齢の高めの女性の方が多いんですよ。


 

kintame3.jpg

メニューの数は定食類が多いです。全部は掲載しきれません・・・・

美味しそうな魚の焼き物のラインアップが沢山。

 

 

kintame4.jpg

いくつもメニューがある中で最終的にこの3つに絞りました。

さばの味噌漬とごはん 1780円

 

 

kintame2.jpg

銀だらの粕漬とごはん 2800円

 

 

kintame5.jpg

京あわせ

さわら粕漬と鮭味噌漬の2つ盛 1800円

 

これにしました。

 

 

kintame6.jpg

最初に季節の京漬物が運ばれてきました。これをたべつつ。味付けも薄味で美味しい。

 

 

kintame7.jpg

小鉢は汲み上げ湯葉、ひじき、ちりめん山椒、デザートはわらび餅

 

 

kintame8.jpg

さわらも美味しそうですが、基本的にあっさりめの魚ですから

 

 

kintame9.jpg

鮭の方が美味しかったと。和食は胃にやさしい気がします。

 

 

kintame10.jpg

ご飯も漬物や粕漬けにあう炊き方をされていると思います。おかわりしたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

近為ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alsim1.jpg

ドメーヌ マルク モレ エ フィス Domaine Marc Morey & Fils

シャサーニュ モンラッシェ 2014

 

 

alsim12.jpg

パンは食べないのですが、何種類も美味しそうなものが用意されてありました。

 

 

alsim5.jpg

青森県 帆立 カリフラワー トレビスタルティーボ

トレビスタルティーボとはイタリア野菜で紫に見える部分の野菜

 

今回の料理も見た目に繊細な料理ですね。


 

 

alsim6.jpg

これは美味しいですね、モンラッシェにぴったりの1品。

 

 

alsim7.jpg

続いて白にあう料理が、アルシミストのシグネーチャ―料理ともいうべき

福岡県 菊芋 雲丹 ピーナツ

 

黒いのがピーナツ

 

alsim8.jpg

雲丹のふんわり感がたまりません。

 

 

alsim9.jpg

長崎県 五島列島 神経〆天然鯛 ・ トリュフ ・フェンネル


 

alsim11.jpg

ナイフで切ってもらってオープンしたらトリュフの香りがすごくて、スープも沢山入っている。このまま食べると思いきや。

 

 

alsim10.jpg

別添のフェンネルを入れてお召し上がり下さい。

 

 


alsim13.jpg

こんな感じで頂きます。

なかなかです

 

 

alsim14.jpg

茨城県 鴨 ・イカ墨・カブ

メインは鴨。個人的には+料金があってもビーフをいただきたいのですが、分厚い鴨でした。イカ墨ソースというのも珍しい組み合わせです。

 

 

 

alsim16.jpg

赤はグラスワイン

Le Clos des Fées

Les Sorcières 2015

AOP Côtes-du-Roussillon

 

 

 

alsim15.jpg

1杯だけに

 

 

alsim17.jpg

デセールは2品

苺 ピスタチオ ヨーグルト 白バルサミコ酢 春菊

春菊アイスと白バルサミコ酢、冷凍されたヨーグルトチップのコンビネーションが複雑で、珍しい味

 

 

alsim18.jpg

チョコレート ラズベリー ナッツ

チョコをいただくとほっとします

 

 

alsim19.jpgシャンパーニュ 生姜 ローズマリー

一口菓子も美味しかったです。


品数はありますが、量が一つ一つは小さいので楽しみながら食べることが出来ます。本当に美味しかった、また機会があれば訪問したいと思います。九州の食材が沢山使われていて嬉しいと思います。TT

 


食べログ(掲載時点 4.18)


 

 

このページのトップへ

2018年1月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

アルシミストを2日連続で

alsim20.jpg

白金・高輪というと特別におしゃれでハイソ(古い)な響きがする土地です。今日はフレンチ アルシミストを訪問します。やはりフレンチを訪問するのは心が躍りますね。劇場に行くかのようです、今月は何度劇場に行くことか・・・

三田線・南北線の白金高輪駅からも歩いて5分とかからない場所の白金商店街にアルシミストはあります。

 

 

alsim21.jpg

ビルの1Fにお店があり、上品な雰囲気が漂う入口。色使いがいいですね、薄いパープル(ライラック)とホワイトのコンビネーション。紫私も好きな色です。全席シェフズテーブル14席ほどの小さなお店ですが、このコンパクトなフレンチで美味しい料理を頂きましょう。

 

 

alsim22.jpg

L'ALCHIMISTE

 

 

alsim23.jpg

ドアを開けて中へ入りましょう

 

 

 

alsim26.jpg

素敵な空間です、決して広くはないのですが柔らかなパステルカラーで心地よく落ち着く、厨房も見える位置関係のテーブル席。

 

 

alsim24.jpg

オーナーシェフであられる山本健一シェフと笑顔の素敵なソムリエの飯塚麻希子さんのワインセレクトで奏でるアルシミストの料理達。これからどういう楽しみがあるのでしょうか。山本シェフはフランスに8年間滞在、最後は「The Worlds 50 Best Restaurant」の上位店「シャトーブリアン」で働いた経験を持ち、ガストロノミーポップをコンセプトにアルシミストを2011年7月にオープン。

 

alsim25.jpg

ディナーはおまかせ 12000円(税・サ10%別)のみ。

料理のみがかかれたメニューがあり、いったいどんな料理が出てくるのだろうという想像力がかきたてられるとの思い。

 

 

alsim27.jpg

ワインは自然派ワインと呼ばれるものが豊富にそろっており、我々のよく聞くシャトー・・・・のボルドーとかいったものは本当に少ない。

シャンパーニュ SANGER (サンゲール)をグラスで。50% ピノ・ノワール, 50% ピノ・ムニエ ボトルではシャンパンというほど好きではないのですが、アミューズとシャンパンは一緒にいただきたい。

 

 

alsim28.jpg

コクがありながらも切れのあるどんな料理にもマッチしそうなサンゲール

 

 

alsim30.jpg

1品目のアミューズは

キャビア、晩白柚

今日はメニューを見ると九州/熊本の食材が豊富に使われているとか。東京のフレンチでは長崎の魚や熊本の肉、野菜がとてもプレミアあるものとして扱われていることが多いです。


シャンパンとこの組み合わせ、やっぱりいいですね。もっと沢山キャビアが食べたいんですが・・・

 

 

alsim29.jpg

熊本産 紫黒米 倭寇サバ

スモークの演出付で登場。

古代風食べ方みたいな雰囲気

 

 

alsim31.jpg

一瞬フォワグラのパテかと思うようなサバで、黒米とベストマッチ。

 

 

alsim2.jpg

茨城県 白菜、 熊本県 新牛蒡 リードヴォー

このまま食べるのかと思っていたら、

 

 

alsim3.jpg

温かい白菜スープが注がれ

 

 

alsim4.jpgいや、これも美味しい。リードヴォー(子牛の胸線)と白菜のマッチングがとても良いではないですか。スープですがこれだけの

量ですので、ソースですね。


前半の部はここまで。


食べログ(掲載時点 4.18)

 

 

このページのトップへ

2018年1月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

TKNS9.jpg

お決まりの浜松町ランチ。会議の時間までは短いし、今日は夜はフレンチなので和食がよいかなと考え、食べログで検索してそれほど遠くないところで定食が食べれるところを探しました。

手しごと旬鮮台所「たかなし」さんです。


 

TKNS1.jpg

焼き魚系のメニューが沢山。外に値段は書いていないのですが、ネット情報で1000円オールと知ってましたので。

 

 

TKNS2.jpg

1Fはカウンター席です。1人でも訪問しやすいお店でサラリーマンの男性の方が多い。こちらがメニュー表なのですがこちらにも値段表記がない。はじめてですので、銀ムツとヒラス照焼きにします。夜は色んなお魚とか美味しい1品がいただける居酒屋さんです。


TKNS3.jpgご飯はこちらの釜に入ってます。

 

 

TKNS4.jpg

食べログとかには魚は焼いてあるのを再度焼かれて出している、と書いてありました。

見た目の魚のボリュームはそれほどではありませんが、小鉢2品と香物、味噌汁。

 

 

TKNS5.jpg

身はしっかりした魚 2切。

 

 

TKNS6.jpg

がんも、切干大根、中華春雨

 

 

TKNS7.jpg

釜炊きというのもあるのでしょう。ご飯はアツアツで美味しかったと思います。

 

 

TKNS8.jpg脂の乗った魚で、胃に負担をかけない食事を今日はしたと思いました。食事時間は短く、このお店をあとにしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

たかなしホームページ

 


 

 

このページのトップへ

2018年1月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sarasa14.jpg

かなり久しぶりですが、東バイパスのピースフルYOU YOUのそばにある、更紗(さらさ)へ来ました。プチ贅沢の人気店ですので、予約して来訪しました。プチ贅沢というのもランチは一番安いメニューが2000円からで、花かご膳が有名なお店。ここは少しづつ沢山の種類が食べたいという女性の希望を満たしてくれるお店、ということで女性特にアッパー層に人気が高い。

西原の萌の里の近くにもありましたが、熊本地震の影響で閉店になりました。

 

 

sarasa15.jpg

入口の左側には蔵風の建物があるのですが、写真ボケボケでしたので削除。古民家風エントランス

 

 

sarasa5.jpg

仕切られた空間(個室もあります)でゆっくり食事ができますね。

 

 

sarasa1.jpg

メニューを見ていきましょう。

先ずはスタンダードメニューは 花かご御膳 2000円。1の膳から3の膳まで。写真で見ても結構な量ですね。

 

 

sarasa2.jpg

花かご鉄板焼膳は 花かご+鉄板焼 で3500円。

 

 

sarasa3.jpg

更紗御膳 3500円。これより高いメニューもあるのですが、回りをみていくと2000円から3500円のメニューを食べている人が多い感じ。更紗御膳はデザートコーヒーがインされていますので、花かご+デザートとの価格差は1000円ほど。

 

今日は 花かご2000円+デザート・コーヒー 300円の合計2300円にします。


 

 

sarasa7.jpg

2000円メニューでもこのようにお品書きがあるととても嬉しい。

 

 

sarasa4.jpg

白あえとかんぱちのサラダ 白あえがクリームのようにまったりしている。


 

sarasa6.jpg

そして花かご。

8つの小さな皿に沢山の料理が乗っていて、楽しみだなぁ。

蟹グラタンは甲羅の中に入っているし、焼き魚は何かわからないが白身の西京焼きで美味しい、牛ロース焼きまで付いているし。

 

三の膳のご飯も同時に運ばれてきました。

 

 

 

sarasa10.jpg

右下は柚子羊羹

 

 

sarasa8.jpg

湯葉巻と白身魚西京焼き。ご飯のおかずにいいですね。

 

 

sarasa9.jpg

牛ロース焼き

 

 

sarasa11.jpg

これだけでも結構な、呉汁、茶碗蒸し、手造り豆腐のサラダ。

いや全部食べたら相当おなかがいっぱいになりましたよ。これに牛鉄板焼きは私は無理だわ。

 

 

sarasa13.jpg

デザートは4種から選択できました。

 

 

sarasa12.jpg葛餅は黒糖きなこ、ホット甘酒

 

満足感を感じお店を後にしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

更紗ホームページ

 


 

このページのトップへ

2018年1月25日 Posted time : 00:37 | Category : 編集長コラム

rend4.jpg

先週ディンシャン(頂香)で食べた麻婆豆腐が余り辛くなかったので、辛い麻婆を食べようと思って初訪問のこのお店に。蓮台寺飯店。駐車場が店の前に3台、店の先に3台分あります。

場所は熊本港方面へ、蓮台寺のJR地下を通過して牛丼すぎ家の斜め前あたりです。

 

 

rend5.jpg

日替りランチ500円というのは安いですね、しかもサラダ・スープ・コーヒー付。今日は麻婆丼とのこと。

 

 

rend6.jpg

ご飯おかわりも大盛りも無料、しかも税込金額。いいですね。

日替り 500円でも良かったのですが。

女性組も500円ランチを注文している人も多いし。

 

土鍋麻婆定食の 辛

 

 

 

rend1.jpg

土鍋麻婆です。サラダ・香物・ご飯。スープのコップのふちが2ケ所も欠けているのは・・・・

 

 

rend2.jpg

色は激辛風にも見えますが、なんか茶色っすね。


カットしていない豆腐が入っているようです。


 

 

rend3.jpg以外に豆腐の量が多いような気もします。


そんなに辛くはないと思って、食べ進むと・・・・やっぱり辛い。頭の上から汗が吹き出します。ヒーヒーします。


ご飯のおかわりをしないと食べれませんでした。ご飯のおかわりするって私的には珍しい。


コーヒーを飲んでお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年1月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

newk1.jpg

ザ・ニューホテル熊本(旧ニューオータニ熊本、現在ニューオータニホテルグループ)で新年会を開催し、出席してきました。以前博多のニューオータニで中華料理を頂いたときは、あんまり食べれるものがなかったのを記憶していますが、今日はどうでしょうか。

 

 

newk9.jpg

サーモンと鯛の刺身中華ソース。タレが多すぎて辛い。

 

newk2.jpg少しフカヒレの入ったスープ

 


newk4.jpg

海老と野菜の炒めもの

 

 

newk5.jpg

春巻きとえび餃子

 

 

newk6.jpg

肉とニンニクの芽の炒めもの

 

 

newk7.jpg

チャーハン。一番評価が高かった模様。

 

 

newk8.jpg

杏仁豆腐

 

 

newk3.jpgワインはアサヒの TAKUN SELECTION チリのカリテラのブランドでシャルドネとソーヴィニヨンブランのブレンド

ホームページで価格を見て、あまりにもテーブルだったので、ワインは2杯にとめて2次会、3次会の居酒屋で飲むこととしました。TT

 

TAKUN SELECTION

 


 

このページのトップへ

2018年1月23日 Posted time : 00:25 | Category : 編集長コラム

trcc6.jpg 2018年1月15日に新しくオープンしたレストラン「テラス」に早速訪問してきました。場所はホテル日航熊本の裏のほう、上通郵便局の近く、セブンイレブン上の裏通り店向かいです。民家2棟をリノベーションしたレストランです。もともとは壁がありましたので、中を覗くことはできませんでしたが、壁がなくなりました。通りからだけではレストランとはわかりづらい感じです。

 

trcc7.jpg通りの入口はこんな感じの表札がありました。レストランとはわかりにくいです、普通メニューとか置いてあると思っていたのですが、


 

trcc5.jpg帰る時に見たら、メニュー表が貼ってありました。

 

trcc8.jpg門をくぐってこちらがエントランス。大正時代に建築された事務所らしいです。内装はリノベーションされて綺麗です。

 

trcc9.jpgこちらの建物内にあるバーコーナーです。

 

trcc10.jpg鉄筋コンクリート造りの昭和初期頃に建築された本館がレストランの飲食スペースです。

 

trcc11.jpg こちらは本館の2Fに上がる階段から。飲食スペースと事務所棟にガラス張りの厨房。そしてテラスがあります。ここのお店は東京でレストランを経営する熊本出身の田尻秀一郎さんが震災の復興につなげたいと計画されて、ここの雰囲気を活用し熊本県産の素材を使ったレストランをオープンしたいとの思いで作られたとのことです。

 

trcc23.jpg

2階はカウンターだけ外に向かって設置されていますがテーブルを置くスペースもありますね。

 

 

trcc12.jpg

3人で来ましたが外を眺めて食事です。丁度厨房が見えて人の動きがあって面白いです。

 

 

trcc13.jpg

ランチメニューは、シュラスコ+サラダビュッフェ。といってもパスタ・カレー・デザート・スープ・ドリンクも付いてます。1500円からです(私が訪問した時は税込とのことでした)3人ですので、肥後赤鶏、天草梅肉ポーク、味彩牛の3つを頼んでシェアしようと思います。

 

 

 

trcc19.jpgサラダビュッフェコーナーのそばでシュラスコを焼いておられます。

 

trcc15.jpg

サラダバーコーナー。いやぁ、野菜が高い折にこんなに沢山、新鮮で美味しそうな野菜がたっぷりでうれしいじゃないですか。しかも普通にスーパーとかで売っているような野菜でないところもポイント。

 

 

 trcc16.jpg

パスタ系も充実しています。

 

 

trcc17.jpg

美味しかったポテトサラダ。

 

 

trcc26.jpg

ボロネーゼ

コメントに イタリアン人シェフの本気で作ったボロネーゼって

イタリアンそのものがイタリア人ですよね。



trcc18.jpg

こちらもイタリアン人。キッシュ。

料理がなくなったら、必ずしも同じ料理がそこに来るわけでもなく、違うのが来るのが楽しみなんです。いやあ、ビュッフェゾーンだけでここは満足感が得られるお店ですね。


 

 

 trcc20.jpg

ドレッシング

熟成豆板醤と白葱のドレッシング

清正人参と香味野菜のドレッシング

バンコク風スイートチリのドレッシング


清正人参ドレッシングは人気ですねー

 

 

  trcc25.jpg

こちらも美味しかったメニュー。これ単体でワインとか飲めますよ・・・というくらい!

天草エリンギと葉玉葱の自家製XO醤炒め台湾風

 

 

  trcc4.jpg

手が込んでますね。美味しい。

水田ごぼうと湯島大根 ブルドチキンの自家製BBQソース

 



trcc21.jpg

シャドーワインという珍しいいも。

 

 

trcc28.jpg

デザートコーナー

 

 

trcc22.jpg

第一弾のビュッフェメニューをいただきます。

 

 

trcc24.jpg

同伴者はカレーをいただいていたので。

 


trcc27.jpg

シュラスコの赤鶏 (こちらは1人前)

 

 

trcc29.jpg

3個なのでわけやすい。

 

 

trcc1.jpg

ポーク。

焼けた部分をカットしてくれます。3枚で1人分。

 

 

trcc2.jpg

ポークが一番おいしかったんです。オススメ

 

 

trcc14.jpg

味彩牛 ポーション的にはそんなにないと思います。。

 

 

trcc3.jpg

3人でシェアしてもお肉自体の量はそんなにないと思いますが・・・テラスさんは野菜ビュッフェがとてもいい。これからもこの野菜メニューが維持されていけばリピートしたいのですが、たぶんこちら口コミなどでこれから混んでくると思います。土日は予約必須ですね。TT


 

このページのトップへ

2018年1月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rumon12.jpg

今日は LE MONDOさんに来ました。年末数回訪問したのですが、来たらたまたまお休みということが多かったのですが、今日は空いてました。フレンチビストロのお店です。以前訪問した イナロ食堂さんと同じビルです。

こちらは2015年秋オープンで、以前もここにはイタリアンの飲食店があったような。

 

 

rumon13.jpg

メインは選択できるようです。入ってみましょう。

 

 

rumon14.jpg

ビル入ってすぐ、1Fの左側がお店です。

 

 

rumon1.jpg

カウンター席と4人掛けの席が6テーブル。30人未満のお店です。

 

 

rumo133.jpg

反対側にはカウンターのイタリアンで最近有名な IL CASINOがあります。まだ行ったことはありません。

 

 

rumon3.jpg

メニューは平日限定の気軽な950円メニュー、1450円メニュー、2500円メニューがあります。ドリンクは別料金になっています。500円の差は前菜、デザートが付くかどうか。


はじめての訪問ですし、ここは真ん中の1450円のメニューにしましょう。

 

 

rumon2.jpg

メニューは追加料金などで選択ができます。カウンター上の黒板を見てください。

メインの肉は標準の 豚ロースで

デザートはクレームブリュレ +200円。

 

rumon4.jpg

山都町有機野菜サラダ

 

パン・ライスはどちらも不要ということでお断りして

 

 

rumon5.jpg

ミニ前菜

大阿蘇ハーブ鶏、タスマニアスモークサーモン、パテ (鶏だと思う) これは一口ずつ。

 

 

rumon6.jpg

ごぼうのスープ

結構しっかりしたスープ

 

 

rumon7.jpg

メインは 真空低温調理した豚肩ロース ラクレット仕立て

ラクレットはチーズ。

浜松町のビストロほど巨大な豚ロースでなくて安心。あれはすごいもの。

 

 

rumon8.jpg

厚みはそこそこありますね。

 

 

rumon9.jpg

弾力あるお肉。塩胡椒をつけても美味しい。

 

 

rumon10.jpg

デザートはマダガスカルバニラのクレームブリュレ。

ブリュレ結構好きだなぁ。

 

 

rumon11.jpg濃厚な味がしました。コーヒーは別だったので、頼まなくて 合計 1650円。平日に今度また食べに来ようかと思います。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

DIXN4.jpg

ダイニングエクスプレス4度目の登場、中国料理 頂香(でぃんしゃん)。昼ランチとして普段使いのできるお店、しかも座れる(ここもポイント)ので訪問してます。今日は辛い麻婆豆腐が食べたくなったので、訪問してみました。最近の傾向として寒ければ寒いほど辛い料理が食べたくなります。唐辛子のパワーで体を温めようとしているのでしょうか。

 

 

DIXN3.jpg

麻婆丼定食 800円。 サラダ、から揚げ、スープ、杏仁豆腐付です。

 

 

DIXN2.jpg

ゴルフボールくらいの大きさのからあげ。中華料理屋だから周りは片栗粉だと思っ1個は食べました。結構衣ビシっと。

 

DXIN1.jpg

麻婆は全然辛く、もっとパンチのきいた麻婆が食べたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)3 熊本市八王寺 焼きビーフン

このページのトップへ

2018年1月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ILG11.jpg

JR大阪駅の北、グランフロント大阪 北館1F にある、イルギオットーネ ディ ピューにやってきました。イルギオットーネ本店といえば京都。今はもうありませんが、河原町のイルギオットーネ クチネーリアには一度行ったことがあります。名前からみてもこちらはイタリアンです。ショッピングゾーンの北館に行って探すもなかなか見つかりません。こちらはビル内からのアクセスがないのです、わかりにくい。一度外に出てから入店。

 


ILG12.jpg

並木通りの人があるく道からは少し高くなっているので目線などが合うことはありません。店内は細長く天井が高く、ガラスが大きいから昼はルーミーで明るい店舗。

 

 

ILG13.jpg

MENU A 3500円のコースを選びました。安い方です。一休などでも予約される方が多い店舗のようです。直前のTEL直予約でしたが、今回は一人小麦×なのでと事前に伝えてます。親切にもメニューが私用になっている。嬉しいですね。(リゾットがもう一人はパスタなので・・・)

 

 

ILG14.jpg

スタートはシャンパンで・・・

いきたいのですが、

RAISI BULLE BIO ARMAGNAC / FRANCE  900yen  (レジブルービオ) そういえば銀座のAGILEでもこれを飲みました。

このノンアルコール シャンパン(ぶどうジュース)は結構甘いんですよね、口当たりが。だから1杯以上飲まなくて良いのですが。

 

 

 

ILG15.jpg

グリッシーニ。

グリッシーニの奥の壁に 「昭和のかき氷機」が。冬なのに、何でしょうか・・・・

 

 

ILG16.jpg

おお葉の上に球体ドームガラス、なんでしょうか。ふたをとるとスモークされた風味が。演出がいいですね。

 

 

ILG17.jpg

焦げちゃった!海老芋

白みそのバーニャカウダ

 

 

ILG18.jpg食用炭を使ってあって焦げた炭風に見える。これくらいの二口分くらいのアミューズで面白さがあると嬉しい。

 

 

ILGI1.jpg

2品目はサラダ

鰤(ぶり)の炙り

色んな大根サラダ 黄柚子の香り


なんと、白い粉は大根をシャーベット状に削ったものでさっきのかき氷機で店員さんがその場で削ってかけてくれたもの。

演出が凝っていますね。


 

ILG2.jpg

カツオかと思うような、ぶり。

黄柚子と大根がアクセントになって、口の中で、えっ!という感じ。冷たいのですが、これは面白くて美味しいです。ブリは2切。

 

 

ILG4.jpg

続いては 泡泡エスプーマ。

私はパスタNGなのでリゾットに変更してもらいました。サーモンとかぶらのリゾット。

 

 

ILG5.jpg

いくらが入っていて、しかも米の食感が絶妙。おいしいリゾットです。

 

 

ILG3.jpg

パスタもこんな感じであわあわ。

 

 

ILG19.jpg

パンはこういう木箱に入っています。

 

 

ILG6.jpg

ローストポークに変更していただきました。むかご、野菜色々。黒い粉はオリーブを削った粉だそう。

 

 

ILG7.jpg

弾力があり食べごたえのあるポークでした。緑は芽キャベツ。芽キャベツが1枚1枚とって調理されていますねー

 

 

ILG8.jpg

私のデザートは エスプレッソパンナコッタと ピスタチオアイスクリーム。

濃厚なのにアイスとのコンビネーションが絶妙でおいしいー


 

 

ILG10.jpg

エスプレッソは面白い形のスプーンです

 

 

ILG9.jpgもう一人の方のデザート。

パンを食べずこれだけの量で充分です。

スピーディに料理を運んでくれたおかげで比較的早くランチが終わりました。周りはぜーんぶ女子会なのでゆっくりと。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)


このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kest1.jpg

LA CANROでフレンチを堪能した後の2次会は、梅田まで戻りこちらを訪問しました。私は3回目になります、ヒルトンホテルのすぐ近くにある KENZO ESTATE (ケンゾーエステート)大阪店。

最近特に注目を浴びているケンゾーワイナリー。ワインに多少詳しい人なら、あああのケンゾーというくらい、高品質なナパ・バレーのワインとして有名ですね。先ほどはフランス ブルゴーニュのワインを味わいましたので、次はナパの濃厚なワインを頂きましょう。

 

 

kest2.jpg

手前はカウンター席

 

okuza.jpg奥はテーブル席と個室

 

 

kest3.jpg

ケンゾーワイナリーでも人気の高い赤ワイン、紫鈴 RINDO(リンド)

グラスワインは40ml単位で頼めます。


80ml 1700円


やっぱりリンド。11月に宮崎でリンドを肉に合わせていただきましたが、ワイン単体でももちろんこれは重厚なワイン。

 

kest4.jpg

おつまみというものはそんなに不要なのですが、ここではこれ。

トリュフポテトフライ (1500円)


積み木ゲームのジェンガみたいにポテトフライが積まれています。そしてその上に店員さんがトリュフをスライサーでかけてくれます。トリュフの効いたポテトフライ。なんていいんでしょう!そして赤ワインとトリュフ。

 

 

kest5.jpg

次にケンゾーワイナリーの頂点の一つ、カベルネソーヴィニヨン主体の藍 AI (アイ)を。


40ml  1,950円。 ボトルだと34,800円です。


個人的にはリンドのバランスが好きです。


3回目のケンゾーワイナリーは2杯だけでしたが、とても印象に残りました。TT


 

KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能


食べログ(掲載時点 3.59)

 

ケンゾーワイナリー 大阪店 ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

料理後篇です。五感に訴える料理が続きます。

 

laca12.jpg

割れたようなお皿がデザイン。

毛蟹、ディル(ハーブ)

期待してましたキャビア

 

laca11.jpg台座部分は少し温かく、キャビアとの絶妙のコンビネーション。感性に訴える一品。

 

 

laca2.jpg

長崎クエ

 

 

laca3.jpg

牛テール、根セロリ


これは器が相当熱くてリゾットというか韓国の石焼鍋風。

おいしい、米の絶妙の感じがとてもいい。


 

laca4.jpg

本当にどの品もおいしいです。

 

 

laca5.jpg

和牛、牡蠣

 

laca13.jpgシャンボール ミュジニー プルミエ クリュ  レ プラント 2010  J.カシュー

ピノノワール100%


 

laca14.jpg粉雪の粉末の中から

 

 

laca15.jpg

いちご

 

laca16.jpg

木の上のバーは生チョコレート

 

 

laca17.jpgこのチョコレート最高においしい。とろける。

 

 

laca18.jpg

エスプレッソ

 

 

laca19.jpg

まるで宝石箱に入った チョコ、タルト

 

laca29.jpg

演出がかっこよすぎる。

1連の料理とワイン。実はアミューズを1枚とり忘れてしまった・・・・白子だったのですがあまり好きでなくて撮影するのを忘れてしまっていました。

相当なる満足感を感じ、違うメニューの時にまた来てみたいと思いました。夜は料理のコースは15000円です。税サ別。

TT

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

ラ・カンロ ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

laca23.jpg

 今回大阪のフレンチ、LA KANROを訪問するにあたり、食事に行くというより劇場に行くような、わくわくした気分が高まるのを日に日に感じていました。仕事で何十回も訪問している大阪ですが、ゆっくりとした食事、ワインを堪能した回数は本当に少ない。今回は大阪フレンチでも食べログポイント高得点の同店、そしてミシュラン一つ星に新たに加わったことでだいぶ前に予約をしていました。

  

 
laca24.jpg

大阪駅からは車で10分程度、タクシーで1000円の距離。おおよそ飲食店街とはかけ離れた大通りの裏の一角にラ・カンロはあります。外からほのかに明るい店内を除くとカウンターで食事をしている人たち。

 

laca25.jpg

重厚な扉を開けるといきなり店内というわけではなく、通路を通って店内へと導かれます。この細かな店舗デザインも劇場への入り口という期待感を高めてくれます。

 

 

laca1.jpg

フランスブルゴーニュを中心に数百種ものワインを貯蔵してあるセラー。8席のフレンチでこのラインアップとは大したものですし、ワインリストがかなり分厚い。このリストを見ているだけでも楽しい。


laca21.jpg

今回は3人で訪問。カウンター8席のみのフレンチ。

仲嶺淳一シェフの料理とソムリエ桒原孝明氏が奏でるラ・カンロ。パリの三ツ星アストランス、大阪福島のカモシヤクスモトで修業されて、2013年11月ここをオープンしました。スタイリッシュで洗練され無駄なものがないこの空間はとてもムーディ。


 

 laca22.jpg

景色や人通りを眺めるわけでもなく、スポットライトがあたる料理と対峙する空間としてのカウンター。

 

 

brssss.jpg

シャンパンはグラスでオーダー。

Vilmart & Cie Grand Cellier

木樽発酵、樽熟成、クリュグなどの名だたる生産者が取り入れる手法で、「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランスの星付レストランが採用する故希少性のあるシャンパン。

 

 

menulac1.jpg

材料のみが書かれたメニュー。

 

 

laca7.jpg

アミューズ

オマール海老、柚子

見た目からお花のようなこの細かいデコレーション。1品目から惹きつけられる。シャンパンとの相性もばっちりだ。

 

laca8.jpg

ずらして撮影

 

 

laca9.jpg

これはほかの人のパンだが、グルテンフリーの私には米粉のパンを用意していただきました。

 

 

laca26.jpg

悩んだが

ドメーヌ・ラモネ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ モルジョ [2013]  を選択した。黄金色でふくよかなモンラッシェ。至福のひとときである。

 

laca10.jpg

フォアグラのムース 野菜類と上には細かく刻んだトリュフ。

なんともこのフォアグラと白ワインのマリアージュが素晴らしい。木の器も素晴らしい選択だ。

 

料理の続きは明日(TT)

 

ラ・カンロ フーズピープル

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでも短期間の間で3回目の登場の人気店。

 

KSE1.jpgわが家の魚河岸 国枝鮮魚店。

 

行列はまだ見たことないけど人気店。

 

KSE2.jpg寒いせいかそんなに混んでいませんでした。いつもはカウンター多いのに、今日はカウンターに着席します。

 

KSE3.jpg今日はメニュー選び放題ということです。

7食限定のこれを目当てに訪問する人も多い、680円メニューも選べますし


いつもは売り切れの魚河岸弁当も。海鮮丼は今日はパスして、

 

魚河岸弁当 1280円ですね、だって 今日は3食限定とか。 そんな限定って少ないじゃないじゃないですか。少なすぎてあせるわ。フライ物とかが今日は入っていないのもポイント高いし。


 

KSE4.jpg来ました。

 

すごいボリューム、カンパチのアラか。迫力ある煮物だこと。あまりアラとか食べないのでこういう機会に。


KSE6.jpg今日は鯛のすまし汁ですね、いい味してます。

 

KSE7.jpg

切干大根煮、きゅうりとタコの酢の物、黒豆。正月の残りではないと思うけど。

 

KSE5.jpg

カンパチ。

身も脂が乗っていて以外と美味しかった。

 

 

KSE8.jpg

刺身は9種類。これだけで刺身定食で十分満足なのですが。

定食ぜーんぶ食べると結構お腹一杯。ご飯おかわりどうですか?と聞かれたけどやめておきました。


今日は夜がフレンチなので、昼和食にして良かったと思いました。TT

 

前回の記事

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



 



 

このページのトップへ

2018年1月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LUNY2.jpg

休日に家族とルナ クレッシェンテに行きました。最近熊本市内でもご飯に行くところが思い浮かばずに苦戦します・・・ここは2回目の訪問です。正月は藤崎宮に近いためかランチもかなり混んでいたようです。前回訪問した時は気が付かなかったのですが、ベトナムアジアンキュイジーネの333(バーバーバー)と同系列のようです。


 

LUNY10.jpg

子供的メニューもないと不満になっちゃいますが、ここなら大丈夫でしょう。


 

LUNY1.jpg

メニューを見て大丈夫そうです。ご注文をいただいてから1つ1つ丁寧に作りますと書いてあります。

 

LUNY4.jpg

店舗内を奥から撮影しました。古民家リノベーションした店舗です、昨年の2月オープンでやがて1周年。


 

LUNY3.jpg

今日は大根サラダ

 

 

LUNY5.jpg

オニオンスープ

 

 

LUNY6.jpg

子供は2人とも ふわとろオムレツハンバーグランチ 1100円。

卵の下にはハンバーグが隠れています。ハンバーグも丁寧に焼いて作ってあるみたい。美味しそうでした。

 

 

LUNY7.jpg

奥さんは本日のお魚ランチ 1400円、今日のお魚はエビス鯛。

 

それぞれ ライスかパンが選べます。

 

LUNY8.jpg

私は前回食べたチキンが美味しくて  若鶏の照り焼きステーキランチ 900円。 って支払う私が一番安いの!

だいたいそんなもんですか。

いやチキンが食べたいから メニュー900円 だったわけで。


美味しいですよ、でもレモンバターの方が美味しいかも。

 

LUNY9.jpgコーヒーと +300円でドルチェ盛。クレームブリュレは濃厚でした。ごちそうさまでした。TT

 

上乃裏洋食 Luna crescente (ルナ クレッシェンテ) 上乃裏通・熊本

 

食べログ(採点なし)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

espi1.jpg

ビストロ&ワイン エスポワールに来ました。今日はこれで4次会目です。ここにはフランスのグランヴァンワインなどそうそうたるワインがラインアップされているのですが、メニューのこの4000円と5000円均一のページから選ぶことにしましょう。

 

 

esp4.jpgespi3.jpg

5000円のメニューから、アメリカ カリフォルニアワイン、 ボーグル ピノノワール。

5000円で提供されているとは思えないほどのワイン。


 

 

espi2.jpgペッパーウッドグローブのメルロー2014 いくらのかは忘れてしまいました。これも4・5000円以下だと思いますが・・・

今宵は2次会から6人で白ワイン2本、赤ワイン4本を空けました。正月から飲み過ぎが続いてます。(TT)


食べログ(掲載時点 3.0)

 

エスポワールホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日の記事は、壱の倉庫。その後はリラに流れました。。最近昼カレーリラすることが多かったのですが、今日は夜リラで赤ワイン。

 

LIL6.jpg

また昼とは違いライトアップされています。男だけで入るリラ。


 

LIL8.jpg

食事のメニューは豊富です。さっき結構食べたのですが若い人もいるので軽めのメニューを頼みましょう。

 

 

LIL7.jpg

グラスワインしかないと思っていましたが、いやいあyワインもボトルで色々あるではないですか、先ず赤のジンファンデルを飲みましょう。

 

LIL1.jpg

また食べるのですか、ソーセージ5種盛 900円


 

LIL2.jpg

また食べるのですか 生ハム 900

 

 

LIL3.jpg

枝付きほしぶとうとイチジクがあるのが嬉しいですね

 


LIL4.jpg

これが一番人気メニューだった アンチョビキャベツ 600円。

ワインともあいますね。


LIL5.jpg

また頼むのですか、スイートチリポテト 500円

ほとんど食べてるものがさっきと同じなんですが・・・

 

LIL10.jpg

ミックスナッツ 300円

 

 

LIL9.jpgGnarly Head Old Vine Zinfandel

 ナーリー・ヘッド・オールドヴァイン ジンファンデル

熟成された果実味を感じます、ジンファンデルですから!

 

その後のワインはチリのCONO SUR カベルネに突入しました。ごちそうさまでした。TT

 

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

このページのトップへ

2018年1月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

壱之倉庫 (イチノソウコ)  熊本上乃裏通り ブームの火付け役

 

先日コストパフォーマンスのよいランチということでご紹介した壱之倉庫。今日はワインを飲みに夜行ってみました。予約をして訪問しましたが、休日とあってか満席でパーティも開催されていました。ここは夜も人気店なんですねー。

 

1nsk.jpg

夜の倉庫もライトアップされていい感じのお店の感じですね、ここは室内の天井が高いから好きです。

 

 

1nsk1.jpg

ビアレストランというか、夜メニューは洋風居酒屋さんメニューですね

 

1nsk2.jpg

(クリック拡大、戻る)

昼もコスパが良いですが、夜も高くないですね。リーズナブルです。


 

1nsk3.jpg

ワインメニューも普通に安くないですか。。。3000円以下が大半。まぁ、あまり有名なのはありませんけど。

 

1nsk4.jpg

安い。普通に手に入るワインばかりですが、気軽なテーブルワインといったところです。

 

 

1nsk7.jpg

少し食べていたので、軽めに

オリーブ色々 (350円)と生ハム (750円)

 

1nsk12.jpg

シーザーサラダ (780円)

ベーコンがたっぷりはいっていて、レタスとのバランスが・・・

 

 

1nsk10.jpg

ジャイアントペッパーソーセージ (GPS) 1本 380円

ソーセージは必需品といったところ。


 

1nsk11.jpg

いろいろチーズ盛り (800円)

チーズ4種類です。


 

1nsk8.jpg

フライドポテト 450円

自然なカットでホクホクでこれが一番評判良かったメニュー。ということでワインはここでは白を2本、次のお店も決まっていたので。

 

1nsk5.jpg

ラ・クロワザード レゼルブ シャルドネ(フランス) 2800円

安いワインにもかかわらず、こちらでは結構大き目のグラスを提供してくれるから嬉しいですね。グラスが大きいと少し安いワインも美味しく感じます。


 

1nsk6.jpg1nsk9.jpgウマニロンキ カサル・ディ・セッラ 3000円

 

気軽に飲めるワインTT

 

食べログ(掲載時点 3.51)



 


 

このページのトップへ

2018年1月11日 Posted time : 00:44 | Category : 編集長コラム

ksn16.jpg

うなぎは東京で食べることがほとんどなのですが、今日は珍しく熊本でうなぎを食べに来ました。市内から空港へ行く第二空港線沿いの佐土原にある「かわ専」さんです。いつも通る時に駐車場が埋まっています。今日はお店のオープンが11時なので、11時半前には到着しましたが、それでもお客さんが多い。正月あけなので、うなぎ食べたくなる人が多いのでしょうか。

ブログの記録では訪問はなんと10年ぶりです。その間に鰻の高騰などもあり、値段もだいぶ変わっているのでしょうね。

 

ksn1.jpg

入りましょう。

 

 

ksn17.jpg

うなぎの産地証明が。今日のは宮崎産だそうです。

豊富なメニューをみていきます。

 

ksn8.jpg

うなぎランチは3切れ。

 

ksn2.jpg

せいろ蒸しもあるんですね、30分ほどかかるとのことなのでパス

 

ksn3.jpg

かわ専はひつまぶしも有名なんだよなぁ。

 

ksn9.jpg

ひつまぶしといえば名古屋。その違いとかが書いてある紙。

 

ksn4.jpg

ひつまぶし 3400円とは以外にいい値段と・・熊本にいると感じてしまう。


 

ksn5.jpgksn6.jpgksn7.jpg

メニュー沢山ありますが、ここはうなぎ1匹という、特上うな丼 2760円を選択。


 

ksn10.jpg

しばらく待って到着します。普通はうな重食べるから丼は久しぶりだ。

 

 

ksn11.jpg

うなぎがご飯の上に重なっとる。


 

ksn12.jpg

うなぎの頭まではいっとる。特上、十分すぎる量のうなぎだ。

 

 

ksn13.jpg

三葉でなくてかいわれってとこが・・・・見た目のクオリティがサガル。

 

 

ksn14.jpg

なんか箸で持っても弾力感があるうなぎ。ぷりぷりしとるわ。

 

 

ksn15.jpgうなぎは関東風ばかり食べていたから、熊本風のうなぎがすんなり入ってこなくなっているのを感じます。食の好き好きは変わるようです。(TT)


2007年のダイニングエクスプレス記事

 

かわ専ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年1月10日 Posted time : 00:04 | Category : 編集長コラム

srir12.jpg

栄通りから、下通りと三年坂方面です。先にはCOCOSAがあります。青柳さんがある通りです。


 

srir13.jpg

右側には飲食店などが沢山入った、古い雑居ビル。何度か紹介したことのあるタイ料理 ピン・トンもここにあります。スリランカの国旗が目を引きますね。(言われなければどこの国旗かわかりませんが)

 

srir1.jpg

スリランカのカレーはファンが多いことで有名。800円のランチカレーセットはお得感があります。

 

 

srir2.jpg

階段を上がるといつものように、ここはアジア。

 

 

srir3.jpg

ピントンをすぎて奥の方が、スリランカ熊本。店内はあまりにもお客さんが多くて撮影できませんでした。びっくりしました。結構な人気がうかがえます。正月から胃袋にパンチを与えたいリピーターが沢山いるようです。

 

srir5.jpg

メニューはクリック拡大、戻る。

5種類のランチメニューから選択します。

☆3つ が日本の辛いレベルということですが。


隣の女性は一人で真っ赤なカレーを食べている・・これは・・・レベル5ですよ。私にはこれは無理だわ。しかも平然と食べておられる。

前回カレーのルワニでマイルドにしてしまった情けなさから、今回はレベル4にするぞ。(+50円)

 

隣の男性のドライカリーがおいしそうだったので、これに決定。

 

 

srir6.jpg

ファルーダってドリンクがあるのですね、

しかし絵の女性の目が かなり・・・

srir4.jpg先ずはサラダでこれからの 辛さに備えることにしましょう。

 

 

srir9.jpg

真ん中にドライカレーそして2種類のカレーと チキン・ジャガイモ。

 

 

srir7.jpg

レベル4はこの赤さは食欲をそそりますね。隣の女性のレベル5にも引けを取らない。

 

 

srir8.jpg

皿もそこそこ深くカレーの量もボリュームがあります。カレーが多いんじゃないかというくらい。

 

 

srir10.jpg

かなりココナツの味がして美味しいし、スープカレーみたいに辛いけど、するする胃に入っていくから不思議だ。汗が出てくる。

 

 

srir11.jpg食後にはヨーグルトアイスとアイスティー。ほっとしてお店を後にする。(850円)、今度またリピートします。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.15)

このページのトップへ

2018年1月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sech6.jpg

家族や親せきが集まるお正月。お正月といえばおせち料理。塩分が濃くてのどは渇くのですがこれを食べないとお正月が来た気がしないですね。私の今回のおせちは、朝は 八代グランドホテルのオードブルおせち 13,000円(税込)子供も好きな海老フライやから揚げも入っていてこれは結構食べるところが多いおせちでした。食事券1000円も入っていました。

 

 

sech7.jpg

実家ではこちら。このバージョンははじめてのの ホテルキャッスル熊本の フランス料理おせち。60000円(税込)。2枚プレゼントで年末ジャンポ宝くじが入っていますが、100万円に3000番くらい違いました。

 

 

sech8.jpg

開けてみましょう。仏蘭西 でなくて佛蘭西 となっています。

 

 

sech4.jpg

キャッスルのおせちにはメニュー表がついているんですよね。これがあると「これは何」ってならずにすみます。

洋食総料理長は松田祐一シェフ。

 

 


sech3.jpg

全貌はこんな感じです。

 

sech9.jpg

一の重。いくらもたっぷり。スモークサーモンは袋に入っています。蟹サラダが美味しかった。真ん中左に見えるのはあわび。ピンクの袋にかずのこのわさびクリーム和え

 

 

sech10.jpg

仏蘭西料理っぽいメニューが多い二ノ重。牛フィレ肉のパイ包みがインパクトあり。左下のパテドカンパーニュのゼリー寄せも美味しかった。これはワインが飲みたくなる料理のオンパレードや。

 

sech1.jpg

三の重はケーキやマカロン、チーズ。子供たちが喜ぶ段ですね。

 

 

sech2.jpg

ビン詰キャビアを発見。白ワインが欲しくなる。この時飲まなかったから、3日の日に百貨店でキャビアを買って家でシャブリワインを飲みました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アメリカ産】天然キャビア 20g
価格:3960円(税込、送料別)(2018/1/6時点)


 

 

sech5.jpgこちらはホテルキャッスルの45000円税込の3段おせち。今年も色々なおせちを堪能いたしました。1年が平和に過ぎてまた2019年も美味しいおせち料理が食べれればと思います。TT

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nailcafe33.jpg

年末に再度訪問しました、ネイルアンドカフェバー・リラさん。先日訪問したばかりですし、男性1人客は珍しいのか、私のことを覚えていただいてたようです。(嬉しい)

さて今日は年末のお休みに入っている人も多いシーズンのため、席はほぼ満席。カウンターに着席しました。前回同様カレーを頼むのですが、前回5・6を頼みましたので、今回は2・3を頼むことにします。

バターチキンカレー

アボガドキーマカレー


待つこともなく運ばれてきました。スーツネクタイでしたから急いでいると思われたのかも。

 

 

nailcafe44.jpg

日替りスープと ワンプレートでサラダとカレー。カレーは前回はスープカレーだったので容器に入っていたのですが今回は皿盛。味がコンビネーションしても美味しいでしょう。


 

nailcafe11.jpg

バターチキン

トマトベースに生クリームとナッツのコクが定番のカレー

 

nailcafe22.jpgアボガドキーマカレー

黒こしょうがピリッとスパイシー、アボガドでマイルド。

辛さは辛さ調節スパイスがありますので、それを入れてください、ということなので両方ともそんなに辛くないです。キーマカレーが個人的には気に入りました。ここのカレーってスパイスを使って丁寧に作られた感があるんですよね、女性の若いシェフの方ですが。


またカレーが食べたくなったら訪問させていただきます。(TT)

 

前回の記事

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

 

このページのトップへ

2018年1月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptt8.jpg

真冬はアジア料理。2度目の訪問です、タイ料理ピントン。平日昼間、COCOSAから伸びるこの通りは閑散としています。


 

ptt1.jpg

階段で2階に上るとアジア。隣はスリランカ料理。2度目なのでだいぶ慣れました。

 

 

ptt3.jpg

前回同様店内奥の右側のスペース、店員さんから全くの死角になるスペースで落ち着いていただくこととする。

 

ptt2.jpg

ランチは800円から。今日は注文は一時以降にしてくれ!メニューの パッタイ・セット 950円にします。というかこれを食べるために1時に合わせてやってきました。暇ならば1時前でも作ってくれるんだと思いますけど、わからない。

 

 

ptt4.jpg

生春巻とグレードアップ(+200円)してトムヤムクンに。今日のトムヤムクンはずいぶん酸味が弱い。パンチが少なく煮込まれた感がある。少し物足りないが、日にちによって変わるのだろうか。

 

 

ptt5.jpg

パッタイ到着。

パッタイは焼きそばの類似。学生の時タイへ旅行した時に一番目に覚える料理は、カオパッ(焼き飯)とパッタイ(焼きそば)。これは日本人の口にあう。


干しエビがかかっている。パクチーをたっぷりかけて食べたいわ。

 

 

ptt6.jpg

麺が短け、タイの屋台で食べたパッタイを思い出す。そういえば30年くらい昔は10バーツ(ハーバーツという)25円から30円くらいで食べれたっけ。なつかしいじゃない。

タイに思いをはせながら完食。

 

ptt7.jpgコーヒーは無料、アイスとバナナの揚げ春巻きも付いていた。TT

 

前回の記事はこちら

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2018年1月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

BATAN7.jpg

 熊本・西銀座通り ドン・キホーテより少し下通り寄りにあるこのお店を訪問しました。「馬タン牛タン」。うまたん ぎゅうたんと読むはずですが、どうしても競馬の馬連・馬単を想像してしまいます。熊本で馬関係というのは観光客にやはり人気があるのですね、外国の方とか観光客っぽい方がお店に吸い込まれていきます。


BATAN1.jpg

ランチメニュー、クリック拡大・戻る。

一番安いのが馬丼980円、あとは1000円台から2980円、税込3000円超メニューですから、そこそこの価格帯。ドリンクがアルコールもOKというのは珍しいですね、仕事だからアルコールは無理なので、ホットコーヒーをと思ったら、アイスコーヒーしかありませんでした。この時期にホットドリンクがないのはつらいかも。

 

 

BATAN2.jpg

牛タンだけのメニューがあればと思ったのですが、ありませんでした。

結局、赤牛と牛タンの二種炭火焼き ごちそう丼 1980円にしました。税込で2000円オーバー。

サラダ・味噌汁・小鉢付

 

BATAN3.jpg

こちら側が赤牛で

 

BATAN4.jpg

こちら側は牛タン


 

BATAN5.jpg

半熟卵をつぶしていただきます。ご飯の量は結構ありました。

 

 

BATAN6.jpg

ごちそうさまでした。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

このページのトップへ

2018年1月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uoy1.jpg

田崎市場へ来ましたので、ランチをして帰ることにしました。田崎市場って卸売市場なのに食べるとこ少ないんですよね。中華の栄耀か、肉食堂よかよかとか。

ここは来たのはじめてです。こちらの写真は入口。反対側にも入口があり駐車場側です。

 

uoy2.jpg

こちら。こちらに12時前だというのに結構な行列が・・・・これは期待できるんじゃないですか。行列を見ても帰る人いませんよ。並んでも食べたい!ってことですね。

営業時間は

AM6:00?9:00 AM10:00?PM2:00 PM6:00?9:00(ラストオーダー)

これは11時すぎでも11時30分でも並ぶ可能性ありますよね。逆に1時過ぎの方が空いてるかも。

 

uoy16.jpg

定食700円とかですよ。

ここからランチメニュー全掲載しますので、どれにするか考えましょう。拡大、戻るもできますよ。

 

uoy4.jpguoy5.jpguoy6.jpguoy7.jpguoy8.jpguoy9.jpg

メニュー多すぎでしょう。油淋鶏定食があるのは栄耀さんと親戚関係でその関係だとか。

 


uoy3.jpg

悩んだ挙句、この1000円の本まぐろ丼に決定。丼の上の赤い線がまぐろでしょう!

 

 

uoy10.jpg

こちらは同行ユー課長の 刺身御膳(梅) 1000円 ご飯大盛

 

これで野口英世先生1枚ですか! ガクガクブルブル

それに正月前にナマコなんて食べていいんですか。


 

 

uoy11.jpg

刺身8種類プラスなまこ

これには参った。

 

 

uoy12.jpg

私はこれだ。

天然本まぐろ丼。これもコスパいいね。ご飯は普通盛。

 

 

uoy13.jpg

この前(久留米のうなぎ)もそうだけど、錦糸卵はね、いらないんだけど。魚がいいから我慢だね。刺身定食のマグロよりこちらの方がさすがにいいマグロっぽいですね。

 

 

uoy14.jpg

いいですよ。

 

uoy15.jpg1000円でこれって大満足。 デザートが缶詰というのと、味噌汁がかぼちゃでなくて魚の汁物だったら最高なんだけど、今度は刺身御膳(竹) 1500円いってみたい。今度また食べに来よう。松野覚悟で。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.20)


 

 

このページのトップへ

2018年1月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bonv15.jpg

ホテル日航の裏手でセブンイレブンのすぐ近くにある、Bon Vita(ボン・ヴィータ)に来ました。フレンチなのですが、シェフはイタリアン出身でイタリアの料理法をうまく取り入れたフレンチ。「食べて健康になる料理」を提案されています。

井本慶太シェフはイタリアの星付レストランで8年勤務の後、南阿蘇で「Trattoria Keita」をオープン、市内「Sazae」のオープニングシェフも勤められ、現在はBon Vitaのシェフをされておられます。

 

 

bonv12.jpg

店内はカウンターとテーブル席、白・青を基調にしており今日は貸切なので、テーブルセッティングも斜めにしてあります。総席数は30席。

 

bonv13.jpg

先ずは熊本ワインプロデュースのスパークリングワインで乾杯。結構にごりがあるスパークリングワインです。

 

bonv9.jpg

前菜です。前方からハガツオ、鴨

 

 

bonv8.jpg

Domaine Macon Verze 2014

ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2014

自然系ワインやフランス、イタリア、新世界に至るまで多くのワインのバリュエーションがあります。

 

bonv10.jpg

シャルドネです。

 

bonv4.jpg

パン

 

bonv1.jpg

あんのう芋の入ったスープ。ごぼうの味がしました。

 

 

bonv3.jpg

スクランブルエッグ
クレーマ・フレーシュとキャビア

ここのシグネーチャ―料理ですね。

 

bonv5.jpg

海老 スープにだいぶ味が出ている。

 

 

bonv2.jpg

Meursault 2015 "Les Grands Charrons" 

ムルソー


 

bov6.jpg

お口直し

 

bonv11.jpg

 

赤はカントメルルの2011(写真は09)とラコストボリー2012 (グランピュイラコスト2nd)を比較しながら。

値段的にも同スペックだったが、オーメドック5級 カントメルルは飲みやすいボルドーでよし。


 

bonv6.jpg

和牛ホホ肉のワイン仕込み

 

 

bonv7.jpgデザート

 

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

ボンヴィータホームページ

このページのトップへ

2018年1月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1nos8.jpg

熊本、上の裏通りや並木坂などこの界隈がにぎわう火付け役となった 壱之倉庫に久しぶりに来ました。(先週も来たのですが)蔵が目印ですね。ファミリーマートから横道に入ります。たまに訪問するアジアンキュイジーネ 333(バーバーバー)の斜め前。

 

 

1nos9.jpg

ビア・レストランと書いてありますが、洋食レストランという感じです。この界隈ではコストパフォーマンスも高いランチの人気店でもあります。

 

 

1nos10.jpg

この倉庫って移転されてここに来たのか!知らなかった。

 

 

1nos1.jpg

天井が高い、ふきぬけの蔵。この天井の高さが気持ちいい。入口から奥を望む。

 

 

1nos2.jpg

奥から入口方面を望む。


 

1nos11.jpg

ランチは8種類。

スープ・サラダ・メイン・パンorライス・ドリンク・デザート で税込の値段ですよ。

800円から1300円まで。800円のチキン南蛮は特にコスパいいですね。周りの人を見てもチキン南蛮食べている人も多い。人気メニューではないでしょうか。だって、弁当とコーヒー・デザートでも800円はするんですよ。

 

 

1nos12.jpg

RICH LUNCH 2000円もあります。魚・肉がついて2000円というのもコスパは良いですねぇ―、食べたことはないですけど。

 

 

1nos3.jpg

スープとサラダ。サラダには少し豆腐が乗っています、そして今日はいくらが乗っていた。

 

 

1nos5.jpg

私は 秋鮭と木の子のバター醤油包み焼き 1000円 に。来年は鮭が不漁により高騰することが報じられてますね。

 

 

1nos6.jpg

色は濃厚ですが、そんなにまったりはしていません。いんげん、えのき、ねぎ、トマト、しめじ。

 

 

1nos4.jpg

こちらはボリューミーで甘酢が特にあうチキン南蛮。女性はこのボリューム大丈夫って感じです。

 

11nos13.jpg

明太クリームパスタ 900円

 

 

1nos14.jpg

ジャンボソーセージとチキンのグリル 950円。ソーセージはスパイシーです。

 

1nos7.jpg

ドリンクとパンナコッタ・マンゴーゼリー がついてます。これが着いていると女性も嬉しいですよね。だから女性のお客さんも多いのでしょうか。雰囲気もいいしこれでランチが1000円以下、チキン南蛮800円ってコスパ良すぎじゃないですか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

壱之倉庫 ホームページ

このページのトップへ

2018年1月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lila11.jpg

上通り過ぎて並木坂の途中に4月にオープンした、カフェを訪問しました。ネイルアンド カフェバー リラ。これはもちろん女性ターゲットのカフェですよね、ネールですよ。編集長(私)がネールをするわけではないですけど。

 

 

lila10.jpg

さすがネールのお店、女性の料理人の方のアレンジがとてもフォトジェニックなスイーツの写真が。綺麗。

 

 

lila9.jpg

ランチはカレープレート 1000円があるようです。これにしましょう、入りましょう。

 

 

lila1.jpg

男性でも大丈夫ですか、と一応断りを入れて入店。清潔感あふれるナチュラル系カフェ。

 

 

lila4.jpg

ハーブティーもこだわりが沢山あり。

 

 

lila3.jpg

クリック拡大、戻る

夜は色々なフードメニューとカクテルなどもあり、ご飯を楽しむことができるカフェ。

 

lila2.jpg

6種のカレーのうち2つが選べるカレープレート。

1.欧風ビーフカレー

2.バターチキンカレー

3.アボガドキーマカレー

4.ホワイトカレー

5.ひよこ豆と野菜のスープカレー

6.グリーンカレー

 

lila5.jpg

5.スープカレー と6.グリーンカレー。ライスは結構多くてターメリックライスの色が付いています。サラダ・スープ付。グリーンカレーはチキンが入っています。


 

lila6.jpg

さらっとしたスープカレー。辛さはマイルド。

 

lila8.jpgひよこ豆、はいってます

 

たまにはカフェ飯もよいですね。次は違うカレーにチャレンジ。(TT)

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

 

このページのトップへ

2018年1月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09846.jpg 久留米の鰻の名店、ふぢ井うなぎに来ました。想像とは違いレトロ調のお店の外観にびっくりしたのはいうまでもありません。福岡佐賀2014ミシュランで唯一うなぎ部門でミシュラン一つ星を獲得しているお店です。予約しておいてよかったです。お店は昭和54年創業で現在は2代目の  筬島 浩之 氏がオーナー兼料理長をつとめます。


fuju1.jpg

予約優先ということが書いてあります。お店のキャパは少ないです。15名といったところでしょうか。 

  

fuju2.jpg今日の一番最初のお客さんのようでした。4名で訪問しましたので奥の座敷に座りました。ここは予約していないと料理が出る時間がかかるお店だと思います。

  

  

fuju3.jpg


メニューは豊富ですね。普通に東京とかで頼むのと違いわかりにくい。うな重というものがないじゃないですか。それに代わるものはうな丼なのでしょうか。かつ丼900円、親子丼800円というメニューはさすがに頼みにくそうだが。。。鰻が苦手な人のためか、うな丼+かつ丼というパターンもありきや。お子様サイズうな丼+かつ丼で1800円だ。

 

fuju4.jpg写真付きのメニューもあります。私は普通はうざく派ですが、ここは珍しい鰻の唐揚げを。

 

 

fuju5.jpgこちらはウナギの骨。出てくるまでの間、ポリポリ。4人前にしては少ないと思いきや。自家製だろうか。

  

fuju9.jpgうなぎのからあげ。あえて食べなくてもいいかなくらいのイメージですかね。

 

fuju10.jpg


私は上鰻丼を注文しました。お箸も上質、丁寧な感じが出ています。

 

fuju11.jpgオープン。お、太めの錦糸卵がごはんの上に。見た目のうなぎはそんなに量が多くない。実は錦糸卵とうなぎご飯はあまり好きじゃない。メニュー写真に錦糸卵がのっているのがあったら頼まなかった。ここは聞いておくべきだった。蒲焼定食を頼むべきだったか。

  

fuju15.jpg

ご飯の間にうなぎが入っている。錦糸卵が麺のようで、うなぎ+ごはんを食べる邪魔をする。ご飯は比較的柔らか目の部類だと思う。

  

 

fuju12.jpg さわやかな肝吸

 

fuju6.jpg

こちらは同行者が頼んだ鰻わさ丼、人気メニューのようである。このような丼は珍しい。

 

fuju7.jpg

細切のうなぎの上に万能ねぎがたっぷり。わさび、ねぎ、のりに秘伝タレがマッチしているとのことだが、どんな味なのだろう。


 

fuju8.jpg

アップの写真を撮ってみました。

 

fuju14.jpg

海苔をふりかけて、美味しそう。しかし「一口どうですか?」という言葉もなく全部食べられて・・・・自分から「下さい」とは言えませんのでね。少し残念。いえめちゃくちゃ残念、味の想像のみ。


 

fuju16.jpg

食後にコーヒーをサービスくれます、鰻屋さんで上質なコーヒーをいただく、いいですね、この一杯のサービス。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

このページのトップへ

2017年12月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kaitm9.jpg

北九州へ業務で行き、門司港レトロ地区に来ました。仲卸直営店のお寿司屋 海人(かいと)へ来ました。ちゃんらーを食べに来たのを思い出しましたが、だいぶ前だったんだなぁ。ちゃんらーの記事

 

 

kaitm10.jpg

廻転寿司と書いてあります。


 

kaitm8.jpg

入りましょう。

店内では お寿司レーンはありますが、寿司は1つも回っていません。

富山スタイルですね。

お店の方もオーダーしてくださいねーと。

 

 

kaitm3.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

110円メニューからいろいろあります。

 

kaitm1.jpg

おつまみメニューなども豊富

 

kaitm2.jpg

寿司のランチメニューもあります。

特上にしようと思ったけど、天ぷらが不要なので、寿司御膳DX にしました。

にぎり9貫、手巻き1本、茶碗蒸し、赤だしのセットです。

回りをみると、寿司御膳を頼んで後お好みでオーダーという方もいるようですね。

 

kaitm4.jpg

茶碗蒸し。最初に食べなければ良かった。温かくて美味しいのだがスープと同じでお腹にたまる。

 

 

kaitm5.jpg

単品の活いわし 230円

 

kaitm6.jpg

単品のトロサーモン 230円

 

 

kaitm7.jpg9貫セット。結構なボリューム。お腹いっぱいになりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.26)

このページのトップへ

2017年12月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rcont1.jpg

県外からの来訪者があり、洋食通のYHさんに紹介してもらいこちらを訪問しました。私は初めての訪問です。フレンチビストロ ル・コントワール。ランチは土日しか営業していません。20席ほどのお店。

 

 

 

DSC09788.jpg

昼は(営業していませんが)こんな感じで上の裏通りからみると駐車場のそばで、蔦のからまる建物です。1本横道に入るだけで静かな感じです。

 

 

rcont2.jpg

店内はこんな感じ、クロスはかかっていないテーブル。ビストロですね。



rcont3.jpg

収容能力あるワインセラーが2台。カウンターもあります。お店の名前のコントワールとはフランス語でカウンターという意味。お客様に目が届く距離で美味しい料理が提供されます。

こちらの今野修平シェフは、ハンガリー・オランダの大使館で通算5年の経験がある公邸料理人。ヨーロッパ本場で要人をおもてなししていた経験もあります、料理にも熊本県産の素材が多用されています。

 

 

rcont4.jpg

CHAMPAGNE DRAPPIER Carte d'Or Brut

シャンパーニュ ドラピエ カルト・ドール ブリュット

フランスのシャンパン。1808年にシャンパンメーカーとしてスタート。現社長は8代目で、フランスを代表するシャンパンの一つ。


 

rcont5.jpg

オードブルは生ハムとフォアグラのもなかサンド

最近増えてきたフォアグラをサンドして食べるスタイル。シャンパンにあいますね、そして

 

 

rcont6.jpg

Puligny Montrachet Les Reuchaux 2014 / Yves Boyer Martenot 2013

ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2014 / イヴ・ボワイエ・マルトノ

モンラッシェでは(値段も)飲みやすいか、軽いエレガント感があるワイン。


 

rcont7.jpg

マサバとレンズ豆 生サバが出てくるとは、レンズ豆が食べにくいですが。

 

 

rcont8.jpg

BREAD

 

 

rcont9.jpg

グルテンフリーということで からすみが振り掛けてあるリゾットをいただきました。米の芯が残った美味しいリゾット。

 

 

rcont10.jpg

金目鯛、はまぐり、たらの芽

もうたらの芽ですか、早いものですね。

 

 

rcont11.jpg

赤はボルドーにしたかったのですが、あいにく飲みたくなるボルドーワインが・・・

オススメしていただいたのが、これ。バルバレスコ。イタリア・・・

 

Produttori del Barbaresco 2007 Rio Sordo

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ

ネッビオーロ100%種。数日経ったら飲んだ記憶がないくらいのイメージ。

 


rcont12.jpg

新たまねぎのスープ

 

 

rcont13.jpg

すずき、天草根セロリ

 

 

rcont14.jpg

和牛フィレ

 

 

rcont15.jpg

デセール

 

rcont16.jpg

エスプレッソ

 

 

rcont17.jpg

2次会は2017.6オープンの手取神社参道にある、ワインバータナカにはじめて訪問。ビストロ遠山とワインバーとワインショップが共存しているような不思議な空間。


バンド・オブ・ヴィントナーズコンソーシアム

カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー2014 をグラスでいただく。


ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

このページのトップへ

2017年12月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPH1.jpg

上の裏のグリルドギャンのそばにある、サニープレイスハンバーガーに行ってみました。9月にオープンした健軍の2号店です。がっつりした肉肉ハンバーガー、熊本ではお店があまりなくて欲していたのですが、いまは食べません。(パンと小麦入りパテ)でも行ってみたかったのです。

 

 

SPH11.jpg

ステーキメニューもあるから大丈夫。

 

 

SPH2.jpg

お店に行って、メニューや実物を見たかった(人のだけど)すごいハンバーガーっ。

 

SPH6.jpg

メニューも豊富ですごいインパクトあるわ。

実物のブラックスペシャル見ましたが、すごいわ。それにチーズハンバーガーもとろとろチーズで女子はインスタ!皆カメラで何枚も撮っている。

 

 

SPH3.jpg

チーズハンバーガーがかなりの人気。


SPH4.jpg

いいんです、私はハンバーガーではなくてステーキ。そうですね、座布団の200gくらいにしておきますか。

 

 

SPH5.jpg

狭い店内はパテを焼いているせいか空気が肉の香りで服につきそう。POPな店内。

 

 

SPH9.jpg

サラダもスープもなんもなし、肉とめし。

 

 

SPH7.jpg

湯気が美味しそうな・・・

 

 

SPH8.jpg

十分な量のボリューム。肉を食べながら人のハンバーガーに視線が行く。

 

 

SPH10.jpg

いや、おいしいですよ、US肉。でもソースの味が濃厚すぎて塩コショーが好きな私には味が濃いと感じてしまいますね。これに塩かけたら塩分多いっしょ。

聞いたところ、バンズは肉100%とのこと。本当ですか。では今度おじゃまします。(TT)


食べログ(採点まだなし)


サニープレイスハンバーガーホームページ

このページのトップへ

2017年12月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

inaro8.jpg

市役所に用事があり、すぐ裏、近くのこのビルでランチすることにしました。1Fのルモンドは今日はお休みのようです。

 

 

inaro9.jpg

イナロというカフェ風レストランがあるので、こちらに行ってみます。カフェ風なので女性がいっぱいというオチになりそうですが、まだ早い時間なのでそれは大丈夫でしょう。

 

 

inaro1.jpg

日替りランチはチキンソテー たらこマヨネーズ焼き。

 

 

inaro2.jpg

エレベーターで3Fに。イナロの意味はよくわかりませんが、とりあえず入ってみましょう。

 

 

inaro3.jpg

雑貨屋さん風のナチュラルテイストのお店ですね、カフェ風で女子テイストなお店です。でも寒い冬に木のチェアは私は時間が持てない。カウンター席もあるようで、次々と女子がランチに入ってきていました。

 

 

inaro4.jpg

人気ナンバーワンと書かれているから、これにしようかな。チキンソテーレモンソース、濃厚そうなソースが想像できる。サラダ・スープ・コーヒーがついて980円。

 


inaro5.jpg

スープとサラダを頂き

 

 

inaro6.jpg

来ました。パンではなくてライスというのが嬉しいです。ライスに二重線が引いてあるので、パンという選択肢はないよ、っていうことでしょう。

 

 

inaro7.jpg

と思ったら、このチキンの上にパン粉が、ふりふり。うーん。チキンは表面かりっと、ソースはやっぱり濃厚です。バターと生クリームだからカロリーも高そう。でもこのソース美味しい部類だと思いますよ。普通に完食しました。


ブログのYAさんも4月に夜訪問されたようです。チキンソテー食べられているようですね。その時の記事。

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 


このページのトップへ

2017年12月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dwg1.jpg

研修があり、福岡の宗像にある「玄海ロイヤルホテル」にやってきました。2度目の宿泊になります。ここは世界遺産にも認定された「宗像大社」のすぐ近くとだけあって、最近宿泊客が日本人・外国人問わず増えてきているとのこと。この日も土曜日だったのですが、満室で、大型バスからアジアの方が沢山ホテルに入ってきていました。

 

 

dwg2.jpg

今日の夕食は1泊2食のパックで玄海海鮮懐石。平日ツインに泊まれば1泊2食付で10000円を切る料金というリーズナブルさ。週末はそういう風にはいきませんが。

 

 

dwg3.jpg

小鉢2種

 

 

dwg5.jpg

海の幸鍋。海鮮やらの味噌風煮込み。

 

 

dwg6.jpg

造りの盛り合わせ。あわびも少々、刺身も何種類か入っていてこれが一番よかったかな。

 

 

dwg7.jpg

海老芋饅頭 玄米揚げ ソースはごま風

 

dwg8.jpg

茶碗蒸し

 

 

dwg9.jpg

天ぷら盛り合わせ(今は私の友達ではない)

 

 

dwg11.jpg

烏賊しゅうまい

 

 

dwg4.jpg

釜飯。途中から火をつけてぐつぐつ。海鮮が少し入ってます。

 

dwg10.jpg

出来上がりはこんな感じ。美味しそうです。それにうっすらついたおこげが更に美味しさを引き立ててくれます。しかし味が薄いんだ。

 

 

dwg12.jpg

デザート。この後ホテル内にある居酒屋に。翌朝はバイキング朝食。料理長の考案した「内田焼き」というすりみ揚げが美味しかったです。(TT)


玄海ロイヤルホテル ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

333th1.jpg

ベトナム・タイ キュイジーネ 333(バーバーバー)に来ました。平日も普通にさらっと入れます。冬にアジアン、これがいいんです。店を出る時には頭のてっぺんから汗噴き出して、うー寒ぅ っていうのが理想。

 

前回訪問時に決めたように、今日はタイカレーにします。

 

 

bbbth2.jpg

たっぷり野菜、前回は生春巻きだったけど今日は揚げ春巻きが前菜。

 

 

333th2.jpg

タイカレー到着。これは、困った。広い皿にライスが乗っていて、そこにカレーをつけて食べるのが理想なのだが、茶碗に入ったご飯だから困る。

 

 

333th3.jpg

チキンが2本。カレー自体は思ったよりサラサラのココナッツ風味で、強烈なパンチはないので食べやすい。もっと具があればいいのだが、スープカレーみたいに飲んでも大丈夫な辛さだ。

 

辛い物を食べた後のコーヒーって美味しくないわ。辛さが口に残っているから甘いものがいい。

 

帰る時、外に出たら頭の上が暑くなっていて案の定 うーさむっ。 ケが少なくなってきているから(TT)

 

以前の記事


アジアン屋台 333(バーバーバー) 2度目 パッタイ。

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ppk1.jpg 一度来てみようと思っていましたが、なかなか訪問しなかった熊本のフレンチに来ました。ランチです。市役所のそば、駐車場の前のビルの2Fにあります。ピンクの看板が目印。ル・プチ・パリ。

 

 

ppk10.jpg

メニューも手書きでとても見にくいのですが、セットメニューで1520円(税別)からですね。

 

 

ppk2.jpg

初めてだからこの狭い階段を上がるのは勇気がいるような。壁もピンクだし。

 

 

ppk3.jpg

入口はこちら。フランス・パリのアパートのような、プチホテルの入口のような妙にレトロ感を感じます。

 

 

ppk4.jpg

店の幅は狭いです。ハイブリッドなフレンチばかり訪問しているとこのふわっと感はいったいなんなんだろう?と思ってしまう。だから、まるでパリに来たかのような妙な空気感に包まれてしまうのが不思議だ。

 

 

ppk5.jpg

1520円から3670円、スペシャルコースは5400円まで。

何にするか悩むべくもなく、無難そうな牛肉の木の子ソースにします。

 

 

ppk6.jpg

奥さん(と思われる人) が注文とりや料理を運びます。食器を棚から出す音がうるさいんだけどと思いつつ、前菜。

魚のテリーヌ(中は帆立)とサラダ。パンはパスしました。

見た目以上にしっかりと作られたテリーヌですね。

 

 

ppk7.jpg

ポタージュスープ。結構テリーヌでお腹がふくれました。


 

ppk8.jpg

メインが来ました。結構のボリュームです。そして思った以上に想像以上に味がいいのです(かなりクリーミーな味ですが濃厚ソース)、これにはびっくりしました。さすがフレンチを唄うお店で平成元年から営業しているだけあり、マスターは料理の腕はありますね。ソースで食べさせるフレンチ、ソースと肉のマッチングもよいですし、ポテトの千切りを焼いたものが少し焼き過ぎたのを除けば、これは美味しい一皿ですよ。

 

 

ppk9.jpg

デザートは3種類からタルト、プリン、ガトーショコラ。プリンを選択、ジェラートも美味しくて普通デザート残しますが全部食べてしまった。税込1750円。これはボリュームあって、私は肉魚の両方は無理だ (TT)

 

食べログ(掲載時点 3.03)


 

 

 

このページのトップへ

2017年12月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

canc11.jpg

男性だけですが、居酒屋忘年会というのもシャレないので今日はイタリアン。半年ぶりに訪問です、アンティコカステッロ。私が予約しました。私以外の人ははじめてとのこと。

 

 

canc12.jpg

美味しいワインと料理となると、どうしてもイタリアンとかフレンチ、ビストロという選択肢になってしまいますね。

 

 

canc16.jpg

ferrari brut 6480yen

イタリアのスプマンテでもめちゃくちゃ有名なフェラーリで乾杯。イタリア服飾界のブランドでも御用達ブランドですね。

 

canc17.jpg

シャルドネ品種で24か月樽熟成の本格派スプマンテ。

 

 

canc18.jpg

今日は5500円のコース料理で普段より前菜生ハム多めというリクエストしていました。さわら、県産若鶏、生ハム5種とサラダ。

結構満足感ある生ハムサラダでフェラーリが美味しいです。

 

 

canc19.jpg

美味しそうなパンですが、私は食べず人にあげました。

 

 

canc1.jpg

豆のスープ。(何の豆か忘れました)

 

 

canc20.jpg

SAUVIGNON LIVIO FELLUGA  7720yen

ソーヴィニヨン リヴィオ フェッルーガ さわやかな白、ソーヴィニヨン種だけありワインの出来自体が秀逸。ラベルが複雑なデザインでかわいい。

 

 

canc2.jpg

CASANOVA TOSCANA vermentino  6372yen

ソーヴィニヨンからトスカーナの白、ヴェルメンティーノ種のワインに来ました。さわやかな白でライト感はありますが、以外と飲みやすく感じるワインではないでしょうか。

 

 

canc3.jpg

熊本坂本いのしし肉のパッパルデッレ

幅広麺、私はいのしし肉のソースを少しだけ食べました。そしてパスタは他の人に。

 

 

canc4.jpg

芦北あしあか海老のリゾット。米の食感といい海老の旨みが凝縮されて、いいですね。

 

 

canc5.jpg

IL BACIALE 2014 (イルバチャレ)

イル バチャレ モンフェッラート ブライダ ピエモンテのワインです、バルベーラ60%、ピノ・ネロ30%、カベルネ・ソーヴィニョン5%、メルロー5%  マリアージュされていいですね。やわらかい赤。


 

 

 

canc6.jpg

メインはお肉の方は鹿肉。一口頂きましたが、火が通っていて食べやすかったです。

 

 

canc7.jpg

魚は天草の鯛

 

 

canc9.jpg

まだ飲み足りず

Ronco Nole Azienda Agricola di Lenardo

高品質少量生産の「ディレナルド」ワイナリー、メルロー 50%/レフォスコ 25%/カベルネ・ソーヴィニヨン&フラン 25%

イタリアワインってこのあたりの普通に2千円くらいで買えるワインもポテンシャルありますね。

 

canc8.jpgcanc10.jpg

生姜ムース、フランボワーズ、エスプレッソ。今日も御馳走様でした。また3次会で飲んだ シャトー・クロワ・ムートン 2014 が価格の割にボディがしっかりして本当にバリュー感高いと思いました、びっくりしました。(TT)

 

アンティコカステッロ イタリアン 熊本市桜町(2)

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ekin8.jpg

JR熊本駅です、もう数年もするとこの駅舎を見ることができなくなるのですね。しかし張りぼてみたいな窓の駅舎って政令指定都市の玄関口としてどうなんだろう。今日はエキナカに来てみます。エキナカとは改札中とか駅にある場合、両方のケースで使用されるようだ。

 

 

ekin2.jpg

ファミリーマートのそばの駅中食堂。

 

 

ekin1.jpg

定食や居酒屋メニューなどのディスプレイ。入ってみることにします。

 

 

ekin4.jpg

店内はテーブルが2列に並んでいて、入り口より以外に広いものだなと感じた。


 

ekin3.jpg

クリック拡大、戻る。

定食メニューはいろいろありますが、生姜焼定食、からあげ定食は680円。価格改定の張り紙が見ずらいです。1000円のビフテキ定食を頼んでいる人が何名かいた。


 

ekin5.jpg

味噌豚焼き定食 780円(税別)にしました。それほど時間もたたず運ばれてきました。一応駅という場所柄ですね。小さな豆腐と味噌汁、ごはん、味噌豚です。

 

 

ekin6.jpg

しっかり味のついた味噌豚が7,8枚は入っていたのでおかずにはなります。

 

 

ekin7.jpg

これは普通盛り。夜は居酒屋にもなるようです。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.0)


 

 

 

このページのトップへ

2017年12月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏もうなぎ、冬もうなぎ。ラーメンに変わってうなぎ。値段は高いが東京のうなぎは満足度が高い。そして今日も鰻の名店を探す、

ということで

 

hsgu18.jpg東京・平和島のうなぎの名店 はせ川さんに来ました。平和島というと競艇のイメージがあるのですが、初訪問。京急蒲田から品川行に乗換えて戻ること3駅。以外と小さな駅、駅前の小さな商店街を抜けてそれから左折して環七に出て横断歩道を渡ればすぐ。

 

hsgu17.jpg結構立派な建物でびっくり。90何年も前ってこのあたりは何にもなかったんでしょうね。

 

hsgu20.jpgお店の前に主要メニューが書いてあるとは親切。

 

hsgu1.jpg入ってみましょう。日曜日のお店がオープンしたてというのに、お客さんが多いこと。地元の人なんでしょうか。テーブル席に着席。店内は和風というわけではなく、明治大正チックな洋風。

 

hsgu2.jpgこだわりを感じる。

 

hsgu3.jpgメニューはクリック拡大、戻る。

メニューに目を通しましょう。上は3600円です、東京の標準に近い価格帯です。

全く気が付かなかったが、玉子重 800円とか、親子重 1300円、 うな玉重 1700円という安いメニューまである。

頼みにくいが、どういうのものか食べてみたいが。

 

hsgu4.jpg

鍋料理があるとは珍しい。

 

 

hsgu5.jpg鰻ハムという珍しいものにも惹かれるが、

うざく と うな重(上) 本当は日本酒かワインだが、お茶。

 

hsgu6.jpg酢とうなぎのバランスが良いうざく 800円。上品な仕上がりだ。

 

hsgu7.jpg

うな重(上)が到着しました。10分くらいで到着しました。いい感じです。

 

 

hsgu9.jpg

この蓋をあける瞬間がたまりません。ほんとうに綺麗なうなぎ。重一面です、松だとご飯が見える部分が多いです。やはり見えない方がいい。

 

 

hsgu8.jpg

お新香もこだわりと美味しさがある。うなぎはお新香のポテンシャリティも大事なのです。


 

hsug13.jpg

これもクオリティの高い肝吸、熱めですので三つ葉のさやわかさを感じゆっくりと頂きます。

 

 

hsgu16.jpg

蓋の裏を見ると、この字では はせ川とは読めないが。むせ川かなぁ。

 

 

hsgu10.jpg

うなぎは一番真ん中の部分から食べるようにしていますが、本当は左側からか

 

 

hsgu14.jpg

身はふっくらして、秘伝のタレは香ばしく切れの良い上品さ。うなぎの脂感も上品すぎる、いい。

 

 

hsgu15.jpg

ご飯はそんなに固めではなく、水分も含むが次第にこのうなぎにはこの炊き具合がマッチしているのでは思う。うなぎの柔らかさと米の炊き具合が見事にマッチしたうな重だ。これは箸がすすみます。

 


hsgu12.jpgこの山椒が秀逸だ。以前はもっとピリピリしていたとの情報もあるが、十分なほどの香りとピリ感は残る。近くに住んでいるおじさんだろう、ふらっと立ち寄り、碁の本を読みながら うなぎ(松)を食べて帰った。カッコいい感じがした。 (TT)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 



 

このページのトップへ

2017年12月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

addo14.jpg

土曜日に浜松町でランチ。オフィス街のため気の利いたお店で営業しているところは少ない。そこで出てきたお店が、ここ。Aux Delicies de dodine (オ・デリス・ド・ドディーヌ)

11:30のオープンに合わせて訪問。


addo2.jpg

豚肉にこだわっている、フレンチビストロ。

 

オープンの11:30に訪問した。ガラガラ!と思いきや、ほとんど予約客さんで私ともう一人だけが予約なしで入れました。ドディーヌすごい。

 

 addo1.jpg

このメニューを見て、当ブログの読者ならピンと来たかも。そう最近掲載した


Les Jardin des dodine (レジャルダンデドディーヌ)浜松町ビストロ、びっくりする。


系列店です、オデリスが先にオープン。

 

addo4.jpg

カウンター、テーブル席で30席少し。ビストロ。それも2018ミシュランのビブグルマン(5千円以下で美味しいものが食べれる店)にもリストされるお店です。昼も夜も人気。

土日は1000円ランチも席が予約できると聞いてびっくり。予約です、といって次々にお客様が入ってくるから。

 

 

addo3.jpg

前回は豚ロースのソテー(当店は豚ロースのロースト)を残してしまい、ですが今日は体調悪くないからどうでしょうか。

 

 

addo5.jpg

カウンターの前にも豚の飾りやら

 

 

addo6.jpg

いも豚ってあるんですね。どれも結構なボリュームがあるようです。

 

 

addo7.jpg

今日はポタージュではなくてサラダをチョイス。サラダは美味しい。いつものようにバゲットパンは遠慮しました。

 

 

addo9.jpg

豚ロースト到着。失敗したよ、つけ合わせがサラダ。かぶっているじゃないか。


でも、やっぱりでかい。

 

 

addo8.jpg

面積があって厚さは1cm少し。マッシュポテトもたっぷりだ。表面の部分がカリカリで特に美味しい。

 

 

addo10.jpg

肉は結構ジューシーです。それに味付けも前のお店より少し濃い。美味しいです、これで1000円ならば流行りますね。でも全部食べきれませんでした。ごめんなさい。300gは結構牛肉を食べるよりきついかも。豚肉だと結構噛みますからね。

 

 

addo12.jpg

エスプレッソ(+200円)とデザート(クレームブリュレ、+300円)を頼んでみようと思って。

 

 

addo13.jpg中は固めの味の濃いブリュレ。デザートまで食べて1500円。これはやっぱりコストパフォーマンスの良いランチですね。3店舗まで残す一つ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

1号店 オ・デリス・ド・ドディーヌ 2013年02月
2号店 レ・ピフ・エ・ドディーヌ 2014年11月
3号店 レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ 2016年02月

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uose14.jpg

東区花立にある、魚やさん、アーンド海鮮食堂 魚勢(うおせい)にやってきました。一度来ようと思っていてなかなか訪問しなかったお店の一つです。海鮮マーケット風の場所なので前を通ったことのある人はすぐわかるかもしれませんが。こちらは魚やさんの入口。

 

 

uose15.jpg

色んな新鮮なお魚が販売されていますねー。お刺身やお惣菜も販売しています。買ったお魚を調理してもらって食べることもできる海鮮食堂も併設されてます。でもこれがいつも混んでいるとの話。

 

 

uose16.jpg

魚やさん側から食堂へも行けます。

 

 

uose13.jpg

こちらは食堂の入口。店内では何人も並んでいるではありませんか。名前を書いて待ちましょう。

 

以下メニューなどなど、クリック拡大戻る

uose1.jpg

uose2.jpguose3.jpguose5.jpguose6.jpg

 

やっぱりここは海鮮丼じゃないの!ってことで特選海鮮丼 小 1409円を頼むことに。小はご飯の量は200g、酢飯をセレクト。

 

 

uose7.jpg

カウンター席に。以外に待ちました。そして海鮮丼は手間がかかるのか、出てくるのが遅いメニューみたい。隣の定食の人はえらい早かった。

 

 

uose8.jpg

醤油は2種類置いてありました。

 

uose9.jpg

知らなかった熊本のお米、歌瀬米を使ってあるようです。

もう腹減ったよ・・・ようやく到着。

 

 

uose10.jpg

魚がたっぷりすぎます。10種類のネタがのった海鮮丼。酢飯だから海鮮ちらし寿司ですね。ワクワク。

 

 

uose11.jpg

新鮮偽りなしの海鮮丼。

 


uose12.jpgネタが多すぎて、ご飯200gとはマッチしなかった。もう少しご飯いけました。今回ビジュアル的に海鮮丼を選びましたが、3色丼や5色丼なら並でアンダー1000円。しかしここ、メニューが豊富すぎます。巨大な貝汁定食があったり、結構奥が深い食堂だと思いました。(TT)


食べログ(掲載時点 3.54)

 

魚勢ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ode22.jpg しばらくするとカウンター席は満席となりました。先ずはアミューズはドラゴンボールに見立てたもの。シグネーチャ料理でオマールエビのエキス(ジュ)をオマール風味のカカオバターで閉じ込めたもの。一口で頂きます。お酒を飲む人にはオレンジのクアントローが提供されます。濃厚な香りが口の中に広がります、これからの料理の期待感が高まります。

 

ode21.jpg

ほうじ茶が敷き詰められて(食べれません)その上に、メレンゲ風にフォアグラムースと玉ねぎ、いぶりがっこ。

 

 

ode20.jpg

いぶりがっこのシャキシャキ感とフォアグラがマッチング。

グルテンフリーなので、キャビアジャガイモタルト・さんま牛肉というシグネチャー料理には会わず、これ。

 

ode18.jpgゴールデンキャビア(魚卵)とじゃがいものムース

 

ode17.jpg白ワインが頂きたくなりますね、これは。


 

ode16.jpgグレーの皿の端っこにのせられた、水タコ、水晶ぶんたん、コリアンダー

 

ode15.jpgというか、このマリアージュやばい。美味しすぎ。

 

ode14.jpg白子、さつまいも、黒ニンニク。目の前でトリュフをすって乗せてフォームをかけてくれます。さつまいもリゾットにたらの白子、

発酵バターのミルクフォーム。実は私は白子が苦手なので、一口で食べてジュースで流し込むとか。

 

ode12.jpg鱈、おかひじき、椎茸。鱈1個でも十分だけどと思うほど、でもこの鱈めちゃくちゃ美味しいわ。椎茸の火入れ加減も絶妙。

 

ode1.jpgメインは川俣シャモ(福島県のシャモ)、黒こしょう、蕪。フォームに隠れて見えないが。

 

ode2.jpgこれも美味しいです。弾力ある肉の食べごたえ。

 

 

ode13.jpg枕のような焼き立てフォカッチャ。

 

 

ode4.jpgアマゾンカカオ、藁、金柑

料理の割にデザートが少し感動が薄かったのですが、日によるのでしょう。

 

ode3.jpgコーヒーやエスプレッソが供されず、ハーブティーか和茶を選ぶようになっている。逆に新鮮なのだが、エスプレッソを飲みたい気分だった。小さなお菓子はクリームチーズ。

全体的に満足度は高いランチコース。ぶどうジュース2杯、ペリエ飲んで税込12000円は飲み物代が少し高いせいか。

 

xxxxx.jpg生井シェフにお見送りいただき、帰りに今日の食材の紙をいただきました。テーブルにメニュー表があった方が好きなのですが、これも新しいサービスの一つでしょうか。来年はミシュラン星の獲得に近いレストランかもしれません。(TT)

 

食べログ(掲載時点 4.16)

 

ODE ホームページ


 

このページのトップへ

2017年12月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2017年9月23日にオープンした東京・広尾のフレンチ ODE(オード)にランチで訪問しました。予約が偶然取れました。

 

ode7.jpg 広尾の交番の前、広尾商店街の入り口あたり。この野菜の看板を目印にすればすぐわかります。ここの2階です。広尾はオシャレな土地なのだが、裏通りに入ればレトロ。それにこのような建物がそばにあるからびっくり!する。これを目印にしてもいい。

 

ode8.jpg ODEはグレーがテーマ色。モノトーンのこの雰囲気で入る前からやられそうです。ODEの生井裕介(なまいゆうすけ)シェフは八丁堀のミシュラン1つ星 シックプッテートル出身、独立されました。シックは閉店してリニューワル、ステッソ エ マガーリ シックという評価高いイタリアンに生まれ変わったよう。

 

ode10.jpg劇場型カウンター13席。潔いグレーカラーで木材は多用せずあくまでシック。

 

ode9.jpgカウンターを備えるフレンチが増えてきたのはいいことだと思う。正面に相対するのもよいが隣席だと話しやすい。

 

ode6.jpg13席のカウンター席の他に個室となる4席。

 

ode5.jpgカウンターの奥には6席の半個室。

 

ランチは料理6000円(税、サ別)と11000円。今日は6000円のコース(7品)にする。多くの人はこの6000円のメニューをチョイスしているようだ。これで十分な品数だ。

 

ode11.jpg

初めて見たときはびっくりしたけど、今は普通。水をかけるとムクムクするおしぼり。

 

 

ode23.jpgノンガスのロゼジュース。JUS RAISIN ROSE CABERNET

 

ode19.jpgこちらはガス入りのロゼジュース。

 

生井シェフの手さばきによるランチ編は明日。(TT)

 

食べログ(掲載時点 4.16)

このページのトップへ

2017年12月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

福岡市で忘年会でこちらに伺いました。私のチョイスではありませんが。

名前は、、


ybr7.jpg大名やぶれかぶれ。

 

福岡飲みでは 前回の非常識ビストロマルコ に続き、インパクトある名前のお店。

 

ybr8.jpg店に入りましょう。今日は10人以上の宴会で2階の個室。

ざっとメニューに目を通しましょう。

 

ybr9.jpg

やりいかの造りが1000円とは安いですね。

 

 

ybr10.jpgybr11.jpgybr13.jpg写真付メニューが沢山あり、掲載するのは面倒なのでやめますが、、、

幹事さん今日はフリーオーダー制ですか、この人数で。


結構 やぶれかぶれ

 

飲み放題メニューではなくて、ワインが自由に飲めるということですね。

 

ybr17.jpg刺身の盛り合わせ。博多だからゴマサバに関東からのビジターが感動。

 

ybr18.jpg刺身の前に、サラダ食わせんかいーという人もいたりして、やぶれかぶれ。

 

ybr15.jpg居酒屋さんだがそこそこ飲めるワインが置いてある、うれしい。

キュヴェ ラトゥール ブラン 2015 3800yen

きりっと冷えててほしいので、氷と水で冷やす。

 

ybr16.jpgBRIANELLO (ブリアネッロ)白 2015  4,000yen

居酒屋さんだし、フランス系より今日はイタリア系があっている気がしてチェンジ。


ybr20.jpg明太だし巻き 900円

ここから怒涛のように料理が到着。誰が何を頼んだかわからず、やぶれかぶれっぽい。

 

ybr19.jpgさつま揚げ 620円。たこ焼きかと思った。

 

ybr3.jpg

焼酎のみにはエイヒレ。

 

ybr5.jpg焼き餃子 600円。パリパリですね、私は今は餃子パス。

 

ybr4.jpg

地鶏の炭火焼き 870円

 

ybr2.jpgPORPORA 2012 3800yen

赤ワインは今日はこれ1本のみ。

 

 

ybr11.jpg

味噌だれっぽいのがやけに辛いけど旨かった。

 

 

ybr6.jpgホルモン焼き、これも美味しかったので、追加オーダーをしました。

 

みなさんお酒飲みすぎたよう。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

このページのトップへ

2017年12月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

結婚式の参加者で4次会へ突入しました。天草市には繁華街という場所はなく店が点在していまして、少し寂しく。たぶん熊本市内では今頃にぎわっているだろうなぁとか想像しながら。


あくまで参加者のみの4次会なので新郎新婦が来るわけでもなく、3次会の居酒屋は4次会へ行くためのつなぎ。

 


なぜか、焼肉店がめちゃくちゃ混んでいて空くのは23時過ぎだという。私はパスしても良かったのですが、天草まで来て編集長、食道園に行かないんですか?と。そう言われたら、行きましょう。

 

syokud1.jpg

食道園。この雰囲気がなんともレトロ感ばりばり。

 

 

syokud15.jpg

店もレトロで簡素な作り。隣では消火器の販売もやっているのか。防災関係は安全な焼肉屋さんだろう。

 

syokud2.jpg

こういう雰囲気の焼肉屋さんて減ってきたなぁ。

 

 

syokud3.jpg

ポスターもレトロだし、6人席の割には狭いし。一緒した一人は130kgオーバーなのに。それにロースターも小さくて笑いそうだ。

 

 

syokud4.jpg

夜も遅いので、今日はタン焼、カルビ焼、ホルモン焼、ミノ焼、ウィンナーを各2人前ずつ。

 

 

syokud5.jpg

タン到着。キャベツが両側から挟まれていて肉の全貌が見えない。

 

 

syokud7.jpg

キャベツを動かす。

 

 

syokud8.jpg

〆の牛タン焼

 

 

syokud12.jpg

焼けるのが早い。

 

 

syokud6.jpg

カルビ焼。赤身と脂身のバランスがいい肉だ。脂が多いと深夜はこたえる。

 

 

syokud11.jpg

キャベツは はしっこにあればよいのだヨ。

 

 

syokud9.jpg

なにげに皆に人気があったのはホルモン。

 

 

syokud13.jpg

ウィンナー

 

 

syokud14.jpg深夜の焼肉、久しぶりでしたが、意外に楽しかった。食道園が食道炎にならないよう!!(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.06)

このページのトップへ

2017年12月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aleg7.jpg

知り合いの結婚式があり、12月の土曜日に天草市(旧本渡市)のホテルアレグリアガーデンズ天草にやってきました。夕方17:30からの結婚式なので、今日は泊まり(宿泊はビジネスホテルです)。南国のリゾート地に来たかのような雰囲気。


 

aleg6.jpg

景色を見て心癒されます。といっても結構外は寒いのですが、景色は夏。

 

今日は全国各地から出席者が集い、総勢は300名弱、大きな結婚式です。料理も今日は力が入っている、と聞きました。


aleg8.jpg

メニューを見ると和食主体、やはり天草の海鮮料理が出てくると期待してしまいます。


aleg10.jpg

紅白手毬寿司、鴨ロースと千枚漬け、タラバカニ和風ジュレとキャビアのせ彩り野菜、車海老とアスパラ香草パン粉上げ晩柑ソース

パン粉関係はスルーしてご飯もお腹にたまるのでパス。


 

 

aleg12.jpg

伊勢海老ですよ!、天然鯛、中トロ鮪、水烏賊

久しぶりに伊勢海老の刺身を食べました。

 

 

aleg13.jpg

中トロも美味しかった。

 

 

aleg11.jpg

PIAT DOR CHARDONNAY

メルシャン取り扱いのピア・ドール。

 

 

aleg14.jpg

鮃(ひらめ)蓮根蒸し 吉野仕立て 鶯菜 桜麩 舞茸

 

 

aleg3.jpg

活き鮑ステーキ 唐墨バターソース 伊勢海老ビスク添え 温かい里芋ムース ズッキーニ ペコロス シブレット

ペコロスとは小さいタマネギ。シブレットは前方に見える細長いハーブの1種、アサツキと同類のもの。鮑柔らかく白ワインと合いますね。

 

 

aleg2.jpg

PIAT DOR MERLOT

白と同じブランドのメルロー。


aleg4.jpg

阿蘇赤牛のステーキ フォアグラのソテー トリュフ添え 季節のガロニ

ソースが濃厚で、フォアグラと下にあるパンケーキに気付かないで少し食べてしまった。

 

 

aleg15.jpg

ショートパスタ うに添え

 

 

aleg5.jpg

自家製プリンをココットで 美味しい果物あれこれ。

少しデザートにパンチを欠いた気がします。和食だからこの流れになったのかな。


結婚されたお二人には幸せになってほしいと思います。(TT)



 

このページのトップへ

2017年12月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

気になっていたビストロへ来てみました。国道3号線に面しています。わかりやすいのですが、うるさいかなぁと。お店ではそうでもなかったです。立体駐車場の反対側です。

 

 

juli8.jpg

ビストロ ジュリエンヌ。カウンター4席、テーブル席20席の小さなビストロです。

 

 

juli7.jpg

ランチタイムです。2000円と3000円のメニューがありAの2000円コースにします。サラダ、スープ、メイン、ご飯、デザート、コーヒー。立派なミニコースですね。これで2000円とはいかに。

 

 

juli6.jpg

肉も魚は追加料金なしで2種類、追加ありで3種類。なしは上の黒板メニュー。

 

 

juli9.jpg

テーブル席は女性でいっぱいじゃないですか。これって期待できるってやつですかね。運よくカウンターに着座できました。シェフは本田克美さん。厨房で忙しそうにされています。

 

 

juli10.jpg

黒板にも今日のメニューが。

 

 

juli11.jpg

県産野菜をたっぷり使われているビストロさんらしく、サラダも野菜がたっぷり。

 

 

juli1.jpg

白菜と生姜の豆乳スープ。お腹がだんだんとふくれてきます。自家製のパンがあるのですが、残念ながら私はスルーしました。

 

 

juli2.jpg

メインも色んな野菜がたっぷりプラスされた、牛サガリのグリルペッパーソース。しかしシェフは本田さんだけで20人以上の料理を調理しているので、すごすぎます。頭がサガリます。

 

 

 

juli3.jpg

しっかり食べごたえのあるお肉です。もうこれはお腹いっぱい過ぎます。

 

 

juli12.jpg

デザートは選択できます。私はサツマイモのプディングとヴラン・マンジェを。

 

 

juli5.jpgこれで、2000円のランチ。税込2160円で内容と比較し あら満足度はかなり高いです。女性が多いのもうなずけます。アラカルトメニューやワインも充実していますので、今度夜に来てみたいと思います。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.15)


ジュリエンヌホームページ

このページのトップへ

2017年12月13日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

東京では地方ではまだ見ない新しい業態が沢山ありますね。


都内5店舗のチェーン、はまぐりをメインにしたお店に行ってみます。ランチです。

 

yakiha9.jpg

浜松町の駅から大門駅方面へ(交差点のすぐ近く)。この辺りも飲食店が多いです

 

 

yakiha8.jpg

ムーンストリート大門っていうんですか。飲食店が多いビルですね。

 

 

yakiha10.jpg

焼はまぐりるは地階。

 

 

yakiha11.jpg

空席があってよかった。入りましょう。

 

 

yakiha13.jpg

お客さんが入ってきます、カウンターもすぐ埋まりましたよ。女性客が意外と多いんですね、これは美味しいっていうことでしょう。

 

 

yakiha12.jpg

何にしようか。、魚と肉、それと海鮮丼、なめろうご飯の 5種類のランチメニュー。1000円からですね。すべての定食には煮はまぐり1個と煮物が付きます。今日の煮物は冬野菜の五目煮。魚か肉を頼んでいるお客さんが多い。

 

煮はまぐり海鮮丼で。

 

 

yakiha7.jpg

煮はまぐり1個追加。

 

 

yakiha1.jpg

来ました。見ると結構なボリュームですよ。サラダも付いているし。ヘルシーだ。


 

yakiha2.jpg

ご飯の割におかずの多いような感じがします。ご飯は白飯。

 

 

yakiha6.jpg

ちゃんと煮はまぐり乗っていました。夜は焼きはまぐりをワンコスタイルで食べさせてくれるお店だそう。はまぐりを売りにするなんて珍しいお店ですよね。

 

 

yakiha3.jpg

少し身が小さい煮はまぐり。タレをかけてあります。美味しい、でも冷めてる。

 

 

yakiha4.jpg

はまぐりのお吸い物。こころが落ち着くわ。

 

 

yakiha5.jpg

野菜煮の量がすごく多くて、でも全部食べました。夜来てみたくなるお店です。昼もまた来よう。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

焼はまぐりのサイト

 

このページのトップへ

2017年12月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

impjf4.jpg東京・帝国ホテルでディナーをしました。宴席ですが、フレンチのフルコースです。帝国ホテルでフレンチに合わせるワインはそこそこのワインだと期待。

 

IMG_7939.jpgシャンパンは SEGURA VIUDAS (セグラヴューダス)

ってシャンパンではありません。スペインのCAVA、スパークリングワインですね。ドンペリ白と間違われたのですか。

 


 

impjf99.jpgやはり前菜は楽しみですね。

オマール海老と帆立貝柱の菜園仕立て キャヴィア飾り

 

impjf33.jpgコンソメスープ はなびら茸とロワイヤル入り

茸はなくても十分に美味しいスープだが。

 

impjf22.jpgSANCERRE 2015

フランスロワール地方のワイン、サンセール

 

impjf55.jpg

舌平目のポーピエット ソースコキャージュ

ポーピエットとは魚の薄切りで野菜や魚などを巻いたもの。中にはサーモンが入ってました。なんとも優しい味ですね。

 

 

impjf66.jpg

グラニテは柑橘フルーツ

 

 

impjf11.jpg

魚と赤飲んでいました。

CHATEAU VILLA BEL AIR 2012   シャトー・ヴィラ・ヴェレール

M.CAZES と書いてあるのはミッシェル・カーズ。カーズ家はスーパーセカンドと言われる5級ワイン、シャトー・ランシュ・バージュのオーナー。このレベルならば十分です。楽天で購入するなら2000円台後半でした。


 

impjf77.jpg

黒毛和牛フィレ肉のポワレ ソースシャトーブリアン トリュフ風味ポテトと温野菜を添えて。

肉の上にソースをかけたほうが美味しそうなのにと思ってしまうが、肉はめちゃ柔らかい。トリュフ風味ポテトだったの忘れてた。

 

 

impjf88.jpg

秋のフルーツを使ったクラフティ ヨーグルトシャーベットと共に

 

昨年は

帝国ホテル で宴会フレンチディナー

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

2017年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ljdd1.jpg

浜松町でランチ。駅から第一京浜を渡って6,7分と言ったところですか。事前調査してこちらに来ました。外観=高級フレンチかマンションの入口かケーキショップっぽいですね。英文字が普通は読めないですよね。ジャルダン ドデーヌ。でもいい感じではないですか。

 

 

ljdd2.jpg

ランチの紹介黒板を見て。

 

DSC09347.jpg

1000円メニュー統一で前菜+メニュー+パン。コーヒーも付かず(オプションでもなかったような)。一番安いメニューではないので頼みやすいし。


やはり1000円から1300円くらいのメニューは東京ランチではOLさんとかにも人気がある価格帯だと思います。フレンチでゆっくりランチする時間はないですが、前菜メインならお店に来る時間を入れても十分です。

 

 

ljdd3.jpg

お店の一番奥に通されました。ウォッチしていたら女性だけかというと男性も結構入ってきます。席数28。天井高く雰囲気がいいビストロですね。

 

 

ljdd4.jpg

バゲットが来ましたが、丁寧にお断り。

 

 

ljdd5.jpg

さつまいものポタージュ。温かくそんなに濃厚ではありませんが優しい味ですね。

 

そして メインの 豚ロースのソテー マスタードソース マッシュポテト添え。


豚の迫力にびっくり。OLさん大丈夫なのかと心配するくらい。

 

ljdd6.jpg

上から見たら普通さ。

 

 

ljdd7.jpg

マッシュポテトの上に、鎮座。お。

 

 

ljdd8.jpg

この分厚さ。びっくり。どうも他の人の料理を見てもボリュームが多いみたいです。

 

 

ljdd9.jpg

柔らかくて周りはこんがりと。美味しい。お店の人に聞いたらだいたい300gですね、とのこと。300g・・・ステーキは食べれるのに、だいぶ残してしまった。店員さん心配したのか「お口に合いましたか・・・」「すみません、少食なので」

 

マスタードソースも酢キャベツも美味しかった。いやほんとびっくりランチだった。

 

食べログレポートではここは3店舗目で同様の1000円ランチを提供する姉妹店が浜松町にあるようだ。全部訪問したい(TT)

 

1号店 オ・デリス・ド・ドディーヌ 2013年02月
2号店 レ・ピフ・エ・ドディーヌ 2014年11月
3号店 レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ 2016年02月

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 



 

 

 

このページのトップへ

2017年12月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09326.jpg

会合がありこちらに伺いました。上海厨房 龍々宝(ろんろんぱお)。下通りと篭町通りをつなぐ道の途中にあります。一見して中華料理とわかるお店ですね。そんなにオープンして日が経っているわけではなさそうです。初めての訪問。

 

 

RRP2.jpg

ロンロンパオでなくてロンロンバオでしょう。


 

RRP3.jpg

店内はカウンターとテーブル席。カウンターの雰囲気は中華料理屋さんっぽくない雰囲気があります。

 

 

RRP1.jpg

今日は一番右のコースに近いもの。料理・飲み放題で5000円のコースと聞きました。

 

 

RRP4.jpg

お付だし。バンバンジー・きくらげはわかるが、中華料理なのにキムチ。

 

 

RRP5.jpg

鯛のお刺身。混ぜて食べるやつ。

 

 

RRP6.jpg

スモークチキン

 

RRP7.jpg

酢豚。たんたんと料理が運ばれてきて。

 

 

IMG_7936.jpg

中華にもかかわらず、3年ものの紹興酒は飲まず、ワインに手を出して危ないことになるか。チリのカベルネソーヴィニヨン、SILVIO。味は薄い、極テーブル、デイリーワインでした。。飲み過ぎなさそうが吉。

 

 


RRP8.jpg

魚の蒸し物

 

 

RRP9.jpg

山椒がめちゃくちゃきいた、蝦の唐揚げ。口がびりびりだ。

 

RRP10.jpg

雑炊でしたのでパスしました。最後はチャーハンがよいなぁ。

 

RRP11.jpg

杏仁豆腐。

 

家に帰って、今日はナパ・ヴァレーの白ワインとブルゴーニュの白の飲み比べをしました。(TT)

 

食べログ(採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年12月 9日 Posted time : 00:08 | Category : 編集長コラム

最近、寒い冬だけどアジア料理を食べる機会が多い。

今日はここ。


333b9.jpg

アジアン屋台バーバーバー(333)熊本では数少ないベトナム料理もある料理店。

 

 

333b1.jpg

しばらく平日ランチは中止していて11月にリニューワルして開始したよう。以前より少し値段もアップしましたね。入りましょう。

 

 

333b2.jpg

ランチタイムだけど、1人目。空いていました。

 

 

333b3.jpg

もとイタリアンだったのか、テーブルがワインの木箱だし! 1人客のおじさんが一人入ってきた。

 

 

333b4.jpg

メニューはベトナム(フォー)、タイカレーなどあるのですが、今日はパッタイランチセット 1000円にしようと思う。たっぷりサラダ、前菜、ドリンクが付いている。

 

 

333b5.jpg

前菜(生春巻き)と一緒になった たっぷりサラダ。

 

 

333b6.jpg

パッタイが来たけど、ねぎやら、ピーナッツやらでどうも麺には見えない。

だから、軽くかきまぜてみた。

 

 

333b8.jpg

こんな感じだよね。ライムを絞れば脂っぽさもさっぱりする。


 

333b7.jpgパッタイ食べるの久しぶりかも。

 

今度は以前食べたグリーンカレーにしよう。

以前の記事はこちら。

333 バーバーバー アジアン屋台 熊本市

 

食べログ(掲載時点 3.03)

3.33までがんばってほしい。

 

 

このページのトップへ

2017年12月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

suizen7.jpg

休みの日のランチに子供と家から近い、水前寺共済会館になんとなく来てみました。ランチは初めてです。レストラン水前寺。営業時間が朝7時からと随分早いなと思ったら、宿泊施設の朝食会場なんですね。近所のおじいさん、おばあさんとか団体で結構混んでいました。1人で訪問している人もちらほら。

 

 

suizen8.jpg

日替りは日祝日は1000円で、なんか色々ありますが、何にしようかなぁ。

 

 

suizen6.jpg

メニューに入っていた お!カキフライ。広島県のカキフライにも惹かれるが、揚げ物はだめなので。

太平燕 900円にします。太平燕にはドリンクバーが付かないと言われました。

 

suizen1.jpg

サラダバーが付いている。スープは「味噌汁」と!

 

 

suizen5.jpg

娘が頼んだとろとろオムライス 900円。 チキンライスにふわふわたまご。

 

 

suizen2.jpg

息子が頼んだ ロースカツ膳。定食と思ってしまった。ロースカツは

 

 

suizen3.jpg

私が頼んだ太平燕ランチ。ランチというだけあって、白ご飯が付いているが、食べれるだろうか。

 

 

suizen4.jpg

白湯のスープだが、結構珍しく濃いめのスープの太平燕だと思いました。玉子は丸1個入っていますし。味は濃いので白ご飯が食べれないわけはないのですが、せっかく太平燕でローカロリーメニューにしたので、ご飯はほどほどにして。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2017年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中華料理の後に、飲み食べ足りない5人が常連さんに連れてきてもらったお店は、ここ。

空いてて良かった。

 

bmr9.jpg

非常識ビストロマルコ。一度来たら忘れない。私みたいな常識人が来ていい店でしょうか。

非常識になっていい店でしょうか。

マルコといえば母をたずねて三千里。関係ないけど。

 

 

bmr7.jpg

1階にあります。少し横道に入った所。ビストロです。

 

 

bmr8.jpg

非常識とは他の店では味わえない、常識の上にたつ非常識。シェフは星付きレストランで修業をしたというからホンマものですね。

 

 

bmr10.jpg

ワインのセレクションは任せてください。さあ、入りましょう。

 

 

bmr11.jpg

カウンター8席、テーブル12席の小さな空間が居心地の良い非常識。


 

bmr12.jpg

カウンターで飲むのも落ち着く非常識。

 

 

bmr13.jpg

料理がかなり美味しいという非常識。

 

 

bmr21.jpg

今日は皆さんワインの日にしましょう。グラスワインはパスしてですね、ワインリストはないので、セラーの前に行きお店の人と一緒にチョイス。

 

bmr20.jpg

SILENI ESTATES CELLAR SELECTION SAUVIGNON BLANC 2017 4500yen

シレーニ・エステート セラーセレクション ソーヴィニヨンブラン

手頃価格のワインというところで、ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。ドライで果実味ある飲みやすいワインですね。


bmr14.jpg

手書きのメニューを見ると読み物みたいで

 

bmr15.jpg

色々と食べたくなるけど

 

bmr16.jpg

常連さんの意見を聞きながら

 

bmr24.jpg

食事の注文を入れる。非常識ではないけれど。

 

bmr19.jpg

生ハム・サラミを頂く。白ワインにあう。

 

 

bmr18.jpgbmr22.jpg

メニューの説明付で、神の牛生ハム。当店名物。

肩ロースと宮崎産和牛モモの2種盛の2人前。イタリア産チーズがふわっと。牛のタタキのような生ハム。

5人でこれだけだと少なすぎる、、非常識だ

 

 

bmr2.jpg

料理は5人で2皿ずつ!

 

田舎風パテ 糸島豚と青山椒のパテ 780円 超絶ワインに合うということだから、ワインセレクションは

 

bmr17.jpg

こちら側(フランス)に振りました。

Le Marquis de Calon Segur 2014  11,000yen

ル・マルキ・ド・カロンセギュール


女性に大人気のサンテステフの3級ワイン、カロンセギュールのセカンドワイン。値段的にはファーストの半分から3分の1ですね。2014はまだ若々しいだけに、いいですねこのタンニン感。

 

bmr3.jpg

カマンベールのアヒージョ 900円。これは美味しい、ワインに良く合う。

 

 

bmr4.jpg

そしてこれでしょう。本気のビーフシチュー。非常識ではないよ。48時間かけて作るビーフシチュー。

ホテル以上のビーフシチューです。肉ごろごろ、とろとろ。ワインとめちゃ合うよ。

 

 

bmr6.jpg

世界のフライドポテト。このスパイスか塩が癖になる。

 

 

bmr5.jpg

まだ飲むというから、次はこれ

Les Tours de Beumont 2014  4,000yen

グラスワインでも出している、クリュブルジョアクラスのシャトーボーモンのセカンドワイン。質と価格のバランスがとれたボーモンのセカンドだから間違いない選択肢でしょうね。マルキドカロンと変わらないという意見も。。。あなた非常識。

 

 

bmr1.jpgbmr23.jpg

 

編集長用にということで小麦粉フリーのトルティーヤピザ。カリッと感がいいですね。でも1皿しか頼まず1切れのみ。

今日は5人未満でワイン3本。

 

非常識ビストロマルコを堪能しました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.36)

このページのトップへ

2017年12月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

編集長も訪問先すべてを掲載しているわけでもないです。写真撮っていない時もありますしね。

今日は同席されていたブログファンの方も多かったので、掲載。

こういうのもあったよな、みたいな記憶。

 

not1.jpg

ニューオータニの中華は 「大観苑」という名前が多いですね。

食べログでは 3.5のポイント

 

お店ではなくて宴会場ですけど。

 

not2.jpgnot3.jpgnot4.jpgnot5.jpgnot6.jpg今日は宴会の間、リーズナブルなテーブルワインを飲むことなく話に集中して自分の席を離れていたため、料理をほとんど食べずに2次会に持ち越すすることに!

それはそれでいいんじゃない、と 思う1日。(TT)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月 5日 Posted time : 00:03 | Category : 編集長コラム

 

福岡に来ましたので、博多駅でランチとなりましたが、今日はくうてんではなく、ここ!

 

tancaf12.jpg

駅から3百歩横丁。博多駅のすぐ近く。ここに来たらもちろんここです。

 

 

tancaf13.jpg

牛タン たんか。

私的ランチ超穴場店。ランチタイムの混雑なし。

値段は少し高いですけど、満足度も高い。

 

 

tancaf4.jpg

ランチタイムは安さというのも混む要素の一つ。ここは昼夜同一メニュー。

 

 

tancaf14.jpg

牛タン焼き1本で1430円。

今日は2本行くか考えたがやはり1本にした。


 

tancaf3.jpg

今日はご飯とテールスープのセット+300じゃなくて、

これだ!

がんこ親父の焼きめし 690円

 

たんかに来たからには焼きめし行きましょうよ!!

 

 

tancaf1.jpg

焼かれる前の牛タン串。本当に焼く前から美味しそうだよコレ、やばい。

 

 

tancaf6.jpg

到着しました。7粒の幸せ。

 

 

tancaf7.jpg

こんなに分厚いタンをいただけるとは、幸せに他ならない。

 

 

tancaf8.jpg

こういう風にがぶりといってみたり

半分ほど食べたところで、

 

チャーハン到着!焼きめしか。

 

 

tancaf9.jpg

きました、久しぶりです。白飯よりテンションがあがるのはあたりまえ。690円のこのチャーハンだけでも十分な気もするがやはり牛タンとセットにすれば最強だ。

 

 

tancaf10.jpg

横から。結構たまごが入ってる!

 

 

cha3.jpg

たんかのチャーハンは 東京・新橋のチャーハン王のチャーハンとほぼ同一。それはそう、タンカのチャーハン技術監修されているから。新橋で行列しなくてもここで食べれるんだよ。

 

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tancaf11.jpg

これは美味しいチャーハンですよ、やっぱり。

 

焼きめしの食べ方

 

tancaf2.jpgtancaf5.jpgこのやきめしのタレを付けていただきます。イヤー満足でした。税込2289円。(TT)


たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年12月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kawasei9.jpg

東京・飯田橋で業務があり、鰻屋を訪問することに。時間がもう少しあれば、20代前半の頃背伸びをして訪問した鰻の名店、石ばしはし本を久しぶりに訪問したかったが、両店とも料理が出るまで時間がかかるので、今回は飯田橋にある名店にすることにした。飯田橋から神楽坂方面へ行くと、以前訪問した志満金もある。


 

kawasei8.jpg

周囲はリーズナブル感があるランチのお店が結構あるのですが、ここだけ高級感が漂っている感じ。静岡吉田産のうなぎを取り扱う、川勢さんに。ここも蒸す時間など入れたら30分以上かかるので、事前に電話予約。滑り込みでどうにか予約できました。


 

kawasei10.jpg

ランチ限定うな重は3000円で、うなぎの量と質で値段が。松で3600円、特上5400円、中入重はなんと7000。極上の日本酒かワインを飲みながら頂きたくなる価格だ。今日は電話で3600円のを予約しておきました。

 

 

kawasei11.jpg

江戸前鰻に期待できそうなコメントですねぇ。

 

kawasei12.jpg

店内は地下へ下った先にあります。テーブル席は26席と書いてあるが障子の手前には16席しか確認できなかった。

 

 

kawasei1111.jpg

うなぎまでだいぶ時間がありそうなので、本当は日本酒といきたいところだが、うなぎの骨を注文(300円)にポリポリすることにした。だいぶ味が濃くついた骨だこと、全部食べれないので持ち帰りをお願いした。聞いたところ社外製造品とのこと。

 

 

kawasei2222.jpg

ポリポリだけでは辛いので、野菜の炊きあわせ700円を注文。更に日本酒が欲しくなった。

 

 

kawasei1.jpg

ようやくお重が到着しました。嬉しい瞬間。

 

kawasei2.jpg

オープン。お重は結構うすいのですが、あげ底ではないのですね。

 

 

kawasei3.jpg

焼き目は比較的薄めで、きれいにタレがのった照りのある綺麗な鰻ですね。さすが静岡吉田産。見ただけでヨダレが出そうになります。

 

 

kawasei4.jpg

肝吸い

 

kawasaei5.jpg

ウナギの表面は薄い面がカリッとして、中はフワトロ食感。うーん、江戸前だ。タレの味も上品な甘さとコクがブレンドされた感じで、いくらでもご飯も鰻も食べれそうな味。これはかなり上の部類に入る鰻の完成度。

 

kawasei6.jpg

ご飯は最初少ないかと思ったら、あげ底でない分結構な量がありました。全部食べ切りましたがお腹がいっぱいになりました。山椒の質も高く、ぱらっと振り掛けると一層食欲が引き出されます。しかし山椒なしでもここの鰻はご飯とうなぎのバランスがいいので、山椒のことを忘れてしまいます。

 

 

kawasei7.jpgウナギのふたに、宮川と書いてあったので聞いてみたら、四ツ谷の宮川本店とは姉妹店だとか。お重をいただかれたのでしょうか。いずれにせよ、美味しい鰻を有難うございました。(TT)


食べログ(掲載時点 3.60)

 

うなぎの川勢ホームページ

このページのトップへ

2017年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pint1.jpg

落ち葉が舞うこの頃、とても寒いのだが、タイ料理が食べたくなる。夏に味噌ラーメンの理論を以前このブログで書いたことがあるが、逆の季節の食べ物を欲しくなるのかもしれない。いずれにせよ、休日に一人でタイ料理を食べに来た。熊本では本場のタイ料理のお店が多いわけではない。今日は下通りにあるピントンに。以前からずっと気になっていた店の一つである。

 

 

pint10.jpg

地震でよく影響を受けなかったなぁと思う雑居ビル。色んな飲食店が入っている。

 

 

pint2.jpg

階段で2階にあがると、一瞬タイのバンコクの雑居ビルにでもスリップした気分になる。隣はスリランカカレーの名店。

 

 

pint3.jpg

ピントンは30席ほどのお店だろうか。お店の中にはいってもここはタイに来たのではないか?と思うところは面白い。

 

 

pint4.jpg

ランチメニュー、クリック拡大、戻る。

今日は無難にグリーンカレーでもいこう。スープをトムヤムクンに+200円でチェンジだ。1時以降にしか頼めないパッタイセットが気になる。

 

pint5.jpg

ご丁寧に写真まで置いてある。わからない人も多いためか。カオマンガイも食べたくなった。

 

 

pint6.jpg

生春巻きが来た、スイートチリソースがピリ辛で美味しいわ。

 

 

pint7.jpg

いやーこのトムヤムクンスープが絶品だ。この酸味がホンマモンの味だ。額から汗が出てくるわ。ほんと当たり。

 

 

pint8.jpg

グリーンカレー来ました。

いや!NO

スープとご飯は別々がいいのだ。一緒になっているのは自分はNG、次回来たら別々にできるか聞いてみよう。

 

 

pint9.jpg

じわっと辛さがやってくるグリーンカレー。個人的にはスープみたいにして飲みたいから、別々がいい。それにご飯がスープの中に入っているのはあまり好みではない。いずれにせよ1000円でコーヒーまで付いて、トムヤムクンが美味しかったからオッケー。(TT)


食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2017年12月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

argile10.jpg

今日は銀座にあるARGILE(アジル)でフレンチです。ロイヤルクリスタル銀座ビルという名前のいかにも高級そうなビルの7Fにあります。そう、8Fには日本のフレンチ界でも有名なエスキスが入店しています。そしてアジルはそのエスキスの姉妹店という位置付けです。値段もエスキスに比較するとカジュアル。2016年7月オープンです。


 

argile9.jpg

エレベーターを降りて入店すると待ち合わせ的スペースが用意されています。

 

 

argile11.jpg

そして店内へ。木をふんだんに使用したフロアーはまるで森の中に迷い込んだかのよう。流木が置いてあるのですが角度によっては動物の頭のように見えるから不思議。机のレイアウトも面白いなぁと思います。

 

 

argile8.jpg

色んなデザイナーさんの技術が集まって出来た店内。壁は左官職人 久住有生さんの技術によるもの。ARGILEとはフランス語で泥や粘度を意味するとか。

 

 

argile1.jpg

ランチは5000円のみのメニュー(平日、土日は7000円)。夜は9500円ですので、銀座フレンチではそんなに高くないレベルです。昼もエスキスの半分程度です。もちろん置いてあるワインもエスキスがグランメゾン系の品ぞろえに比べるとリーズナブルな価格のものが多いです。

 

argile13.jpg

昼ですが白ワイン1杯だけ

 

 

argile12.jpg

というのは冗談であり、ぶどうジュース。


 

 

5000円のコースは前菜、魚、肉、デザート、コーヒー。私はパン抜きで。

 

argile14.jpg

先ずは前菜のオマールエビのブランマンジェ

柑橘のぶんたんが乗っています。ソースにはアーモンドミルクも使用されています。上品な味ですね。

 

 

argile15.jpg

山口産鯛の木の子ソース

お皿の一部にデコレーションしてあるのはオシャレですね。鯛はうろこをカリッと。私はうろこ苦手なのですが火入れが十分されていますので、美味しいですよとのアドバイスで食べてみるとほんとクリスピー感があり違和感はあまりなかったです。

 

 

argile16.jpg

身は美味しい。

 

 

argile2.jpg

肉料理はエゾシカ。先週シカを食べたばかりなのでチキンか豚が良かったのですが、メニューで肉種は選択できません。

 

 

argile3.jpg

うちのしかは牛肉と思うほど美味しいですよということで、いただきました。確かにジューシーで違和感もこれはなかったのですが、今日はワインも飲んでないしシカでない方が良かったかなぁ。

 

 

argile4.jpg

ライム系のジュースで

 

argile5.jpg

デザートはチョイスメニューです。パフェ風、タルト風、チョコレートケーキなど。

 

 

argile6.jpg

抹茶のムースのグランベリー添えにしました。抹茶自体の味が濃厚に出ています。

 

 

argile7.jpg

最後はエスプレッソとチョコレート。7Fのエスキスさんも平日ならばそんなに混んでいませんよと聞きましたので一度訪問したいですね。ランチ11000円の一番量が少ないコースで十分らしいです。でもワインも飲みたいですね。最後に村島輝樹シェフと挨拶をさせていただきました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.89)

 

アジル ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rindom10.jpg

今日はずいぶん前から予約していた、宮崎市中心部にある紫鈴(りんど)さんへ鉄板焼を食べるために訪問します。こちらは知る人ぞ知るブランド牛の中のブランド牛「尾崎牛」を取り扱うお店です。尾崎牛は宮崎の牛。そしてケンゾーワイナリーのワインもあるとところがポイント。尾崎牛とケンゾーワイナリーのマリアージュを楽しみましょう。

 

尾崎牛とは

 

rindom15.jpg

4名で訪問。今日はコースにします。尾崎牛は脂がしつこくないらしいので、ロースでもギトギト感はないとか。それでは牛ヒレ2のロース2のコンビネーションメニューでいってみましょう。

7名のカウンター席と1テーブル席。限られた席です。

 

rindom17.jpg

ワインは黒板メニューから。シェフはソムリエの資格もお持ちです。カリフォルニアのラインアップが多く、ボトルは均一メニューとなっています。

 

 

rindom16.jpg

CALERA Josh Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2014 

カレラ ”ジョシュ・ジェンセン・セレクション” シャルドネ セントラルコースト

白は おすすめによりこれにしました。カレラ、いい選択ができました。


ジョシュ・ジェンセン氏はラ・ロマネ・コンティで、醸造はドメーヌ・デュジャックで修行を積みました。 カレラはその技術をもって、ブルゴーニュに負けない石灰質を豊富に含んだ畑で栽培した葡萄を使用して作られたワインです。カレラが「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれるゆえんがここにあります。


rindom14.jpg

尾崎牛のカレー風味

 

 

rindom12.jpg

焼きシーザーサラダ。真ん中の部分は深くなっています。ベーコンの風味が効いている。

 

 

rindom13.jpg

ケンゾーエステートの白、ロゼもありますが、赤ワインはこちらから。ケンゾーワイナリー直営レストランの価格と比べて割高にはなりますが。あい、紫は比較において、リーズナブル感はありますが、ここ紫鈴(りんど)さんでは店名と同じワインを飲むのがいいと。それにRINDOは特に素晴らしいワイン。2014

 

rindom11.jpg

グラスの中に世界があると感じるほど、若々しく繊細なフィネスと力強さ、そして凝縮した果実味。素晴らしいとしかいいようがありません。RINDOと尾崎牛がいただけるとは幸せ感を感じマックスです。

 

 

rindom1.jpg

尾崎牛のブロック4人前。ロースとヒレ。素晴らしいですね。


 

rindom2.jpg

新サーモンのステーキをいただきつつ、肉を焼くのを眺めています。

 

 

rindom3.jpg

表面は少し焼きすぎかと思うくらいにきつね色になるのですが。

 

 

rindom4.jpg

肉の分厚さがいいですね。

 

 

rindom6.jpg

熱を冷ましながら調理が終わり、1人前ずつ綺麗に取分けられてサーブされます。竹炭岩塩です

 

 

rindom7.jpg

手前はロース。奥がヒレ

なんですか、この表面はカリカリなんだけど、中がレアで肉汁、旨みが閉じ込められている。素晴らしい、8切れの幸せ。もっと食べたくなる。あれだけ焼いてるのに表面だけとはびっくりする。

 

 

rindom5.jpg

りんどの次の余韻ワインは、

Angels & Cowboys Proprietary Red [2014]

キャノンボール エンジェルズ アンド カウボーイズ プロプラエタリー レッド  2014

こちらもフルボディの豊満な風味のワインでした。                                                                                                         

 

rindom8.jpg

ガーリックライス スープがかかってリゾット風

 

rindom9.jpg

デザート。

紫鈴(りんど)のお店で紫鈴(りんど)のワインを飲みながら。尾崎牛は素晴らしかった。さすがです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

飲んだ後の深夜ラーメンに付きあわせられました。麺のレポートが少ないと最近読者の方に言われていますので、それもあってお店の中に。宮崎の中心部にあります、しかし宮崎市内って思ったよりコンビニが少ないんですね。歩いてもなかなか見つかりませんでした。

 

mka1.jpg この麺やさんの評価とかどうとか、あまり気にならない。麺を食べないと思うし。てげ頑張っちょります!てげって熊本のたいぎゃと同じですね。大概から派生した言葉。てげてげ となると適当に という意味らしい。

 

mka4.jpg

カウンターとテーブル席。深夜なのでピークタイムは過ぎたと思う。明日のことを考えずに、日本酒冷やを注文してしまう。

 

 

mka2.jpg

ラーメン各種あります。どれもこれも胃にパンチを浴びそうなので、比較的豚にらもやし炒めの乗ったベトコンラーメン。ベトコンってベトナムラーメンかな。違う違う、ベストコンディションラーメンという。

ベトコンラーメン発祥

 

こんなに夜遅くに日本酒とラーメンで ベストコンディションになるわけないか



mka3.jpg

知り合いは壁のポスターの 汁なしまぜそばを注文。翌朝からお腹の調子が良くないと言っていたのは、どうしてだろうか。

 

 


mka5.jpg

私のベトコンラーメンは麺なしです。あっさりしている。麺ハーフで50円引きだけど、麺なしはいくらか確認するのを忘れた。

 

 

mka6.jpg

深夜にまぜそばはちょっとタフですねー。

 

 

mka7.jpg

つるっともちっと平打ち麺。


しばらくラーメンはお預けします。TT


食べログ(掲載時点 3.09)

 


このページのトップへ

2017年11月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ポチロンのメニュー、ワイン編は昨日の記事です。

【料理編】

今日の料理は5000円のコースです

ptr18.jpg前菜 マスカルポーネとトマト、ポテトサラダ、生ハムと梨

 

ptr2.jpgハムをもう少し食べたくて追加オーダー (1000円)

 

ptr19.jpg

サラダ 新鮮で美味しい 色々な野菜が入っていると思ったら・・・