九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2019年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1165.jpg

2019年8月15日にオープンしたての MOFF ANIMAL CAFE ココサ熊本店(3階)に行ってみました。人が中を見ています。フラッシュを使わなければ撮影可。

癒しとしてアニマルカフェは人気がありますね。全国チェーンのようです。


 

 

IMG_1167.jpg

入園料 600円+税/30分(ワンドリンクオーダー制)
・30分以降 200円+税/10分
・最大料金 平日:1,600円+税、土日祝日:2,400円+税
※3歳以下は入園料・ドリンクともに無料。


とのこと。入らずに外から見てみよう。

 

IMG_1164.jpg

ネットカフェみたいな空間は半個室でその中で戯れるのか・・・・


 

IMG_1158.jpg

猫様はご主人のように椅子に座ってらっしゃる。

 

 

IMG_1159.jpg

撮影しようとしたら逃げて行った、猫らしい。

ねずみをくわえたネコは、床面の図。影かと見間違いそうだ。

 

 

 

IMG_1163.jpg

この子は撮影に応じてくれた。


ガラス越しなら見ていて楽しい、私は猫アレルギーなので店内はたぶん無理。興味ある人は是非。

 

MOFF ANIMAL CAFE


 

 

 

 

このページのトップへ

2019年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000508.jpg

かなり暑いですね。暑いとカレーが食べたくなりますね。

平日も土日も行列が出来てることが多い、カレー屋さん 深夜特急。訪問しようと思った時が不定期なお休みだったりして

数ケ月ぶりの訪問となりました。


 

R0000499.jpg

メニューにも変更はないようです。

キーマカレーの 3(中辛)で。 1から5まであります。1が辛くないほう。

今日はご飯は普通盛りで、アルブルタもアチャールもなしで。

 

 

R0000501.jpg

来ました。

玉子のっていましたか。忘れていました。前回の画像を見たら乗っていました。

マスターのご飯のつぎ方が雑でなく丁寧な細かな作業、こういうのが嬉しい。


 

R0000503.jpg

白金でひき肉ライス食べてから食べたかった

ここのキーマカレーはひき肉ライス

ひき肉(鶏)がハンパなく。

 

 

R0000506.jpg

今日は6席座っている人 全部キーマカレー

最近は深夜特急はキーマカレーが人気なのだろうか。

最初少しかけてから食べます。

 

 

R0000507.jpgそして残っているひき肉を全部投入。

カレーを食べるというより「丼」を食べる感覚

ひき肉ライスうまい。辛さ3はそんなに辛くない。

 

住宅街の中に行列カレー 深夜特急 熊本市出水

キーマカレーを食す 深夜特急(2) 熊本市出水

キーマカレー大盛を食す 深夜特急(3) 熊本市出水

 

食べログ(掲載時点 3.33)


 

このページのトップへ

2019年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000482.jpg

上通り近辺で遅い夕食。

気になっていたシャルキュトリー・シャルマンへふらりと。

上通り側からだと細い路地を入った奥の方にある。向こう側の道体とすぐ。

9席のレストランなので一杯だったらあきらめようかと。

遅い時間だったためか空いていた。3月オープンの新しいお店。

 

 

R0000484.jpg

3席のテーブルと2席のカウンター、2席テーブルが2つの合計9席。

熊本でお店をされていて、京都へ修業へ行かれたご主人の方がお店を経営されている。

女性的な店の外観・インテリアだがご主人のこだわりのよう。

 

 

R0000485.jpg

シャルキュトリーは最近良く耳にするようになりました。肉を加工したパテやテリーヌなどの総称。

お酒のおつまみとしても最適ですね。

冷蔵庫から選べます。隣はカウンター席。


R0000483.jpgワイン・シャルキュトリー・サラダ・メイン など

料理の数は決して多くはないが、シャルキュトリーでワインをというスタイルが良さそう。暑いのでスパークリングワインを。

 

 

R0000486.jpg

SANTERO Pinot Chardonnay Spumante サンテロ スプマンテ 200ml

ワイン漫画『神の雫』にお買い得デイリースプマンテとして登場、神咲雫からも『旨みもあるし、泡も綺麗』と絶賛されたスパークリングワイン。ピノビアンコ種50%とシャルドネ種50%を用いてつくられた本格辛口のスパークリングワイン

 

R0000488.jpg

パテドカンパーニュ 780円

豚肉の旨みをぎゅっと感じる。

 

 

R0000492.jpg

memento blanco 2016

ソーヴィニヨン・ブラン70%ヴェルデホ30%

ミネラル感薄い感じ

 

R0000489.jpg

ペッパー 牛肉

パストラミ 650円

 

R0000494.jpg

シャルマンサラダ 800円

白トリュフオイルと半熟卵のソースをまぜてかけていただく。

 

 

R0000496.jpgこんな感じ。

 

短い時間でいただくワインとシャルキュもいいな。

 

ホームページ

食べログ(採点なし)

このページのトップへ

2019年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000473.jpg

翌日のランチはスープカレーと決めていました。最近はスープカレーの名店も多く食べログポイントでも3.5を超える有名店が続々誕生している札幌。

外国人観光客も行列してスープカレー。


飛行機の関係から11時30分オープンのお店ではなく、11時オープンのお店から選択


奥芝商店は1年2ケ月前に訪問しています。札幌も30度を超えるピーカン天気、外で並べるわけがないので、地下にあるこちらに。おプンの20分前に到着して10番目。1回転目は確保できた。帰る頃には20人以上の行列となっていました。

 

 

R0000474.jpg

カウンターに着席

調理の様子が良く見える


 

R0000472.jpg

鉄板焼きのハンバーグトッピングとか

 

R0000470.jpg

一番人気の やわらかチキンレッグと季節の野菜カリー

今日はこれにしよう。小おぐしバーグ付 1480円

1品サービストッピングは アボガドで 80円トッピングのきくらげ。

色んなトッピングがあってオーダーメイドできる。

 

R0000468.jpg

スープは えびスープ +100円

辛さは 3弥生

ご飯は玄米で普通(220g)のレモン付


オーダー完了

 

 

R0000467.jpg

中国人トラベラーは牛ヒレステーキのスープカリー 2200円を注文。

 

 

R0000466.jpg

ボリュームのあるメニューだこと。

 

R0000475.jpg

いやいや、野菜含め相当なボリュームで、もう何の野菜が入っているかわからない。

スープの分量が少ないんではないかと思えるくらい野菜が多い。

 

 

R0000477.jpg

玄米220gは頼みすぎの失敗だ。

 

 

R0000478.jpg

具材がたくさんで野菜が沢山食べれるのは嬉しいが

 

 

R0000480.jpgチキンも立派すぎて食べがいがすごい。ごちそうさまでした。

 


奥芝商店  札幌 濃厚なスープカレーでお腹いっぱい

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

このページのトップへ

2019年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000419.jpg

週末を使って札幌へ来ました、一人旅です。福岡から直行便を使えばホント近いです。

今回のディナーは2年ぶり2度目の訪問、サブールさんに。前回はなかなか飲めないワインを飲んだ記憶が大きく料理と向き合っていなかったと。


サブールさんはすすきののど真ん中。飲食店が沢山入ったビルの2階にあります。夫婦2人で経営されているフレンチレストランですが、料理の質からかなりの評判店。


 

R0000440.jpg

箱根、フランス、東京から札幌の有名店で腕を振るってきた金田二朗シェフの料理が味わえる、ワインも多彩なラインアップ。グラスワインは白赤3種類ずつ、ボトルワインもオーダーからすぐ取り出していただく管理の良さ。


 

R0000427.jpg

アミューズ エンガワ、帆立

 

 

R0000431.jpg

まぐろ

 

R0000434.jpg

ガスパチョ

蟹肉贅沢

 

R0000437.jpg

キャビア、うに、蟹、グリーンピースムース

北海道の贅沢な味、キャビアとうにのコンビネーションがいい

 

 

R0000441.jpg

うーんどれも美味しい

 

R0000446.jpg

サブールさんの名物 クネル

魚介のすり身を使った料理なのですが、トップにうに大盛り、そして香り高いソースとマッチングして本当に美味しい。

 

 

R0000449.jpg

蝦夷あわび

肝ソースの味といい、火入れの具合も良くてペロっと。

 

R0000453.jpg

かなりお腹いっぱいですが、グラニテをはさんで

 

 

R0000454.jpg

牛と羊肉が選べました。せっかく北海道なので羊、名前は忘れたけど

レバー、脂分、肉 どれもソースとの相性が抜群で感動。

 

 

R0000458.jpg

ヤングコーン

 

R0000459.jpg

ヨーグルトアイスでさっぱりしたあと

 

 

R0000463.jpg

シャンパンを贅沢に使った桃のコンポート

最後に大盛りシャンパンは少しきつかったですが、2時間半札幌フレンチを堪能しました。

 

 

R0000424.jpg

Dom. René Monnier Meursault Charmes 1er Cru 2011

 

R0000447.jpgCHATEAU TRONQUOY-LALANDE 2007

カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー48%、プティ・ヴェルド4%

 

食べログ(掲載時点 3.75)


 

このページのトップへ

2019年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000397.JPG

私の入っている団体で「杉山シェフのエプロンのいらない料理教室」を主催しました。私が参加するようになって今年で4回目の出席となります。


エプロンのいらない料理教室は、講習スタイルの料理教室。見ているだけで良いのです。


熊本テルサの総料理長 杉山晃二シェフにいつも大変お世話になっています。


 

R0000400.jpg

こんな感じでスクリーンに鍋や手元が写し出され、料理の香りを感じながら実演が進んでいきます。

今日の料理は2品、スモークサーモンと真鯛と夏野菜のガレット。


アシスタントの女性の方、カメラ持つの疲れないのかなといつも思います。五十肩の私には今は無理です、カメラを鍋に落としてしまいます。

 

 

R0000402.jpg

スモークして出来上がったばかりのサーモン。塩気もあって薫香がして美味しい。

 

 

R0000403.jpg

出来上がったガレット。後ほどの実食が楽しみです。

 

実食懇親会へと移ります。

 

R0000404.jpg

アミューズ。冷製フォアグラ、生ハム、キッシュ


 

R0000407.jpg

海の幸のマリネ ガスパチョ仕立て

スモークサーモン、スモーク帆立、キャビアが良いコンビネーション。暑いので冷製ガスパチョ(トマトスープ)の酸味がまた美味しいこと。



 

R0000409.jpg

オニオングラタンスープ

 

 

R0000413.jpg

真鯛と夏野菜のガレット

ガレットとは丸く薄いもの、こちらはジャガイモと真鯛がダイス状に刻まれたものをうまくまとめてあります。

 

 

R0000414.jpg

牛ヒレ肉の網焼き 赤ワインソース

お肉の柔らかさ、分量といいも申し分なし。

 

 

R0000417.jpg

パッションマンゴーのムース

プチトマトのコンポート

 

 

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(3)2018

 

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(2)2017

 

熊本テルサ 杉山晃二総料理長のエプロンの要らない料理教室 2016

 

 

 

このページのトップへ

2019年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000371.jpg

ホテル日航熊本の裏、1本道を挟んでうらにある、ビルにあるスペイン料理トレスへ行きます。ずっと行きたかったのですがなかなか来る機会がありませんでした。こちらには和食のえにしさんも入っています。

 

 

R0000372.jpg

スペイン料理は熊本にもそうそう沢山はありません。スペインバルもほんと少ないですね。

スペインは太陽の国、フランス料理ほど堅苦しくなく飲む雰囲気がありますから「気軽」さがあります。

 

 

R0000374.jpg

階段で3階に。

10歳未満のお客様はお断りと書いてあります。

カフェ利用もできないと。

こういう看板見ると必ず、俺の精神年齢は9歳や とかいう人がいますね。

 

R0000376.jpg

こちらが入口

スペインの国旗

 

R0000377.jpg

カウンター席、テーブル席、右側にもテーブル席

約40人ほど入るでしょうか。今日は平日だったのでそこまでは多くなかったですが、結構週末は混んでます。

予約していったほうがよいです。

 

 

R0000380.jpg

スペイン料理といえばパエリアですが、糖質を少なくしたいので今日はパス

 

 

R0000378.jpg

本日の料理も色々ありますね。ワインの量も豊富

 


R0000382.jpg

カヴァ 1+1=3 ウ メス ウ ファン トレス ブリュット

チャレッロ45%、パレリャーダ30%、マカベオ25%。平均樹齢35?40年。ドザージュは8g/l。「100kgのぶどうから、60kgの一番絞り果汁が、10?15kgのプレス果汁がとれます。ほとんどのカヴァは、少しでも多くの量をつくるためプレス果汁も使いますが、1+1=3では一番絞り果汁しか使用しません。

 

いただいたもの

R0000384.jpg

アンチョビポテト 中皿 700円

アンチョビがアクセントのポテト

 

R0000385.jpg

グリーンオリーブ 350円

 

 

R0000390.jpg

エンサラダ・デ・ミクスタ 700円

ミックスサラダ。オリーブオイルやビネガー・塩といったシンプルな

味付けサラダはスペイン風。

 

R0000386.jpg

スペイン料理というとこれを食べたくなる海老のアヒージョ。 900円

小エビ。

ぐつぐつしててこれは火傷しそうだ。

 

R0000388.jpg

ハモンイベリコ生ハムとサラミの3種盛り合わせ 2500円


 

R0000391.jpg

ほうれん草のスペインオムレツ 700円

 

 

R0000393.jpg塾成赤牛ロースの網焼 2500円 150gup

少し分量を増やしてもらいましたので、その分アップ。

 

3人でこれだけだからそんなに食べてませんが、パエリアは大人数がよいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.46)

このページのトップへ

2019年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hry8.jpg

一人で居酒屋にはめったに行きませんが、今日は家から比較的近い出水にある「ひらき家」さんに来てみました。こちらに住んで10年以上ずっと気にはなっていなかったのですが、来る機会もなく。たまたま家族が旅行中だったので一人飯を。

 

 

hry10.jpg

メニューは色々、手作り感が強く大将がとても明るい感じで常連のお客さんと話をされていたのが印象的です。

 

 

hry9.jpg

チャンプルーやもずくなど、沖縄料理ベースなのでしょうか。

 

 

 

 

 

hry1.jpg

手書き料理も沢山。これだけメニューもあると嬉しい。

手前がカウンター席、奥は座敷席(ノン堀ごたつ)

 

 

hry2.jpg

昨日見た映画で俳優が飲むコロナが美味しそうだったので、コロナを

居酒屋さんにコロナ置いてあるって珍しい。

 

 

hry3.jpg

付き出しはいわしの梅煮

 

 

hry5.jpg

天然あじ刺 720円

一人で刺身9切れは多すぎだ。

 

 

hry4.jpg

一番人気は食べてみないと

男前豆腐の揚げ立て厚揚げ 480円。

本当に熱いですよ、と言われました。


 

hry6.jpg

熱いですが、中ふわふわで外カリッとシンプルでうまい。

これは1人で全部いけますね。美味しい。

生姜・わさび・塩・醤油とバリュエーションを変えて。

 

 

hry7.jpg

牛サイコロ串焼き 2本 600円

これも熱々。

そして食べがいがあります。


今日はこれだけで十分。一人では食べる量は限られてるので家族で来て色々食べてみたいと思います。

 

 

食べログ(詳細なし)

 

このページのトップへ

2019年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptnn7.jpg

真夏にタイ料理。夏も冬も関係なく食べたくなりますね。以前は冬の寒空に訪問したから、かなり久しぶりです。スリランカカレーも入った雑居ビルの2階にあります。


 

ptnn2.jpg

手前がピントン(タイ料理)、奥はスリランカ料理。いつも思うがアジアっぽい。

 

 

ptnn3.jpg

夏だからか今日はほとんど満席で驚いた。

何にしようか考えて、ここではガパオ・ライスを食べたことがないので、これにしょう。

2日前に掲載したひき肉ライスでいえば、ガパオライスこそ、タイのひき肉ライスだ。


 

 

ptnn4.jpg

なんと呼ぶのかわからないスープと

生春巻きサラダが運ばれました。生春巻きの皮がむにゅっとしていました。

 

 

ptnn5.jpg

とても綺麗に盛られたともいえないガパオライス。

目玉焼き付。

 

 

ptnn6.jpg

目玉焼きは半熟を期待したが堅焼きだった。

ガパオの具も水気が比較的多くてご飯が少しシャバになってきた。

そんなに辛さはなかった。調味料で調整すれば辛くなるパターンです。


会計をしようと800円払ったら、今日は600円ですよ、と言われました。日替りランチがガパオライスだったよう。だから周りもガパオばっかり食べてたんだ。少し得をした気分になった。



タイ料理 ピントン(2) 熊本市下通 真冬はアジア

タイ料理 ピン トン  熊本市下通 ここはアジアだ。

 

食べログ(掲載時点 3.18)

このページのトップへ

2019年7月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hns17.jpg

東京でもシャレオツな地区白金にある、このお店、しばらく前に見つけて気になっていました。名前からインパクトありありです。「ひき肉少年」。なんとか少年というと狼少年くらいしか思い浮かばないオッサン。


ひき肉という商品はメジャーじゃない。それが店名に。興味あるある。

ランチに行ってみました。


 

hns16.jpg

ひき肉少年と検索すると やけに 嵐とセットに出てくる。読んでみたら、2018年1月27日の「嵐にしやがれ」で「絶品!丼デスマッチ」のコーナーで紹介されたお店で、櫻井翔氏が食べたようだ。


こちらは看板。太ったキャラは店長なのでしょうか。


肉の卸などをしている矢沢ミート系列で、東京ハンバーグで超有名なミート矢沢(まだ行ったことはないが)で働いていた店長が「ひき肉」に魅せられ、ひき肉ライスという商品を作って開業したようです。開業は2013年11月だから結構経つのですね。

 

 

hns1.jpg

お店は11:30から20:00まで。

ちょいワルオヤジのペポーゾが名物か。でも今日は少年の夢と決めている。

 

 

hns2.jpg

券売機で購入します。

 

 

hns3.jpg

ペポーゾ売り切れって・・・


1200円からメニューがあります。ワンプレート+スープですから安い感じはしないですが、ひき肉ライスというめったにないカテゴリーライスと考えるしかないでしょう。マネできないものですから。


少年の夢(いい名前ですね・・)が一番人気


少女の夢というのも一番右にあります。(低糖質メニューと書いてある・・・)

 

hns5.jpg

ははーん、こちらのひき肉ってのは鶏なんだな。

普通にはひき肉=合いびきって思っちゃうな。

 

 

hns6.jpg

食材にもこだわりあり。

なんかこれモスバーガーの黒板にも似てるわ。


 

hns7.jpg

スープもオリエンタルな味ですが

 

 

hns8.jpg

特製にんにくダレ と 春巻きの皮フライは トッピング。

 

 

hns9.jpg

やってきました。少年の夢 ご飯は普通盛りにしたけど、もっと食べれそう。カレーライスとは違いますよ。ライスはクミン・トマト・チキンスープで炊いてあります。

秘伝のスパイスを効かせたあんが乗っています。ひき肉がたっぷり入っています。トッピングはパクチー、トマト、チーズ、ゆで玉子。まるでタコライスのようですね。

タコライスもスパイシーですから、テイストは類似しているのかなぁと推測。


 

 

hns10.jpg

いろどりはいいですね。

 

 

hns11.jpg

ご飯もなんともいえずスパイシーです。

 

 

hns12.jpg

後程は混ぜて食べましょう

 

 

 

hns13.jpg

あんと一緒にライスを。確かに色んなスパイスの味が感じられますが、オリエンタル麻婆ライスのような味。

 

 

hns14.jpg

大きな鶏ミンチも入っているの

 

 

hns15.jpg私はパクチーと一緒に食べるとさわやか味で気に入った。


にんにくは控えめにして。卓上にカイエンペッパーやハバネロも置いてあるので味の調整も。

 

パクチーといい、この味は大人のライスだ。少年時代を思い出して大人がだまってかき込む。そういうスタイル。次回はご飯大盛り、パクチー大盛りで挑戦したい。夜食に食べたくなるが20時で閉店だ。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 


 



 

このページのトップへ

2019年7月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkh1.jpg

 東京・表参道の骨董通りから少し入った所、住宅があるど真ん中に2018年4月にオープンした、この建物。まるで倉庫かインテリアショップのようないでたち。テストキッチンH。イタリアンの大御所、料理の鉄人でも有名になった旧「リストランテ・ヒロ」山田宏巳シェフの集大成とでもいうべきレストラン。テストキッチンというくらいだから、テスト(仮)なのかと思いきや、

本人いわく、こんな大舞台でそれはないですよ。と。料理の進化を続けるシェフにとっては、テストしながら発展していくという意味も込められているんですね、と納得。

 

 

tkh2.jpg

夜のメニューは4種類。5800円、8000円、10000円、12000円の4種類。場所柄プリフィクスの5800円があるのも軽い食事には向いているメニューですね。一番安いのが5800円でも飲んだら相応にはしますが。



tkh3.jpg

約100席の広い店内に柱のないこの巨大空間。解放感がありますね。まるでショーがはじまるようなワクワク感を感じさせてくれます。手間のカウンターの空間も後ではいっぱいになってました。

 

 

tkh4.jpg

違う角度から。スタッフの動きがあって面白いですね。上部のほうに「やるしかない」と書いてあります。企業理念でしょうか。

 

 

tkh6.jpg

岩手県釜石産雲丹 と新たまねぎのジュレ

 

 

tkh7.jpg

パン。オリーブオイルを添えてパンを出す光景はどこでも見ますが、これは山田シェフがはじめたのだとか。

 

 

tkh8.jpg

高知県産徳谷トマト 山梨県産桃冷製カッペリーニ

桃の甘さとトマトの酸っぱさが妙にマッチしていますね。

 

 

tkh10.jpg

春巻きっぽい、鮎の揚げ物

 

 

tkh12.jpg

温かい自家製生ハム。

2枚。美味しい。

なんか九州の形に見えてきた。

 

 

tkh14.jpg

タリアテッレ なんの茸だっけ。

 

 

tkh16.jpg

ひおうぎ貝

 

 

tkh17.jpg

ビーフ

食べかけではない。

 

tkh19.jpg

ワゴンデザート

 

 

tkh20.jpg

とりあえずオススメを4種類 盛ってもらいました。

 

飲み物編

tkh5.jpg

シャンパンはBOLLINGER(ボランジェ)

 

tkh9.jpg

ST.PAULS GFILL SAUVIGNON

 

tkh11.jpg

トレフェッセン エステート ナパ ヴァレー シャルドネ 2016

 

 

tkh13.jpg

チンクアンタ CINQUANTA

 

tkh15.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・マレシャル

 

NUITS SAINT GEORGES 1ER CRU CLOS DE LA MARECHALE 2013


 

tkh18.jpg

A. Rafanelli CABERNET SAUVIGNON アメリカ

 

食べログ(掲載時点 3.74)


このページのトップへ

2019年7月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

refv22.jpg

東京・西麻布にあるフレンチ、レフェルヴェソンスさんに。こちらはミシュラン2つ星を獲得されており、また食べログポイントでも全国のフランス料理でベストファイブに入るという、日本を代表するフレンチの1店です。場所は高樹町、富士フィルム本社の裏手の長谷寺近くの閑静な住宅街の中にあります。

 

 

refv23.jpg

入口から洗練された雰囲気を感じますが、ウェイティングルームも照明は落としてあり、雰囲気も。室内は写真撮影できなかったのですが、比較的ゆとりある空間でした。ほんとお客さんが一杯でした。予約も取りにくいお店ですしね。

 

 

refv1.jpg

白ワインと日本酒のカクテルが食前酒。

杯で頂きます。

 

 

refv3.jpg

夜のメニューは1つです。ですので他のテーブルの人も同じメニューを頂いています。名前は再興(ルネッサンス)と称したデザートまでいれて11品のメニュー。


refv4.jpg歳時記 ほろほろ鳥のコンソメ、ウニ、パブリカ/赤紫蘇、ジンジャービール

お口直しも添えられています。濃厚なコンソメにウニがぐいっと存在感を。

 

 

refv5.jpg

アップルパイ。レフェルヴェソンスの定番ともいうべき1品でどんどん新しいアップルパイが出てきているようです。

 

 

refv6.jpg

今日のアップルパイは 紅鮭、枝豆、茶臼岳、黒トリュフ。

食べてみたら・・・・めちゃくちゃ熱ーいって

説明書にどうぞ火傷にお気をつけてって。書いてあるじゃない。黒トリュフの濃厚な贅沢アップルパイ

 

 

refv8.jpg

敬愛するアルチザンー時季のお野菜たち

なんと野菜種類の説明書きも

この中に54種類もの野菜が・・・って1枚ずつですかって聞きそうになりましたがそうなんでしょう。

味が複雑にブレンドされて、かなりインパクトのある1品でしたよ。



refv9.jpg

知らん野菜ばっかりだ。

 

 

refv10.jpg

夏のレメディ 関あじ&おかひじき、焼き茄子、ズッキーニ、フローレンスフェンネル

 

 

refv11.jpg

かなりさっぱりした味でした。

魚だけ食べても十分美味しいと思います。


 

refv12.jpg

レフェルヴェソンスの定番メニューともいうべき1皿

定点ー蕪とパセリ、キントアハム、ブリオッシュ

昼夜コースに必ず出てくるようです。シンプルながらも季節問わず同じのを出すって結構な努力だと思います。

 

 

refv13.jpg

旅、記憶ー鮎、蕎麦粉のガレット、夏のハーブと蓼酢

鮎もレフェルヴェソンスさんのお得意素材ということです。

この時期フレンチは鮎が多くて、あまり鮎好きではないので「外しておいてほしい食材」に入れる場合もあるのですが

 

 

refv14.jpg

継がれる味ーちいさな茶碗蒸し、毛蟹、とうもろこし、ライム

これくらいの量でぴったりに美味しいフラン。

 

 

refv15.jpg

ラギオールのナイフを選んでメインで使用するとのこと。一番右を選択。

 

 

refv17.jpg

今帰仁アグー豚ロース・ロティの黒糖ソースと海ぶどう、ハンダマ、モロヘイヤ/まぐろの節出汁と共に

沖縄食材メインですね。なきじんアグー、ビーフでも良かったのですが、今日の流れからはポークがよいとも思いました。

このアグー相当やわらかく、量も丁度良く、美味しくいだけました。

 

 

refv18.jpg

南風ーパイナップルとサツマイモ、赤生姜のグラニテ

 

 

refv19.jpg

木の陰でー桃、梅、東葉草、香水木


 

refv21.jpg

ジューシーな桃が美味しい

 

 

refv20.jpg

小菓子とお薄

ごちそうさまでした。

 

refv2.jpg

ラルマンディエ・ベルニエ テール・ド・ヴェルテュ ノン・ドゼ 1er 2013

ヴェルテュ斜面中央部にある最高の区画から収穫されたシャルドネを100%使用。フランス、シャンパーニュ地方、コート・デ・ブラン地区

 

 

refv7.jpg

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ コンベット 2015 ドメーヌ ジャック プリウール

Puligny Montrachet 1er Cru Les Combettes Domaine Jacques Prieur 

 

 

refv16.jpg

Graf Zweigelt 2013 / Weingut Maria & Sepp Muster

オーストリアのツヴァリゲルト種

 

食べログ(掲載時点 4.62)


 

 

このページのトップへ

2019年7月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

zsn14.jpg

新橋でお寿司を食べようということになり、電話で事前予約して訪問。どうにか滑り込むことが出来ました。結構混んでいますからね。こちらの順さんには1年弱ぶり2度目の訪問です。カウンターに座って美味しいお寿司を頂きます。しかしながらサラリーマンが多い新橋地区。嬉しいことに1貫ごとの提供のタイミングも早く時間もそんなにかかりません。滞在時間30数分といったところでしょうか。


こちらの順さんは、GINZA SIX、神戸、新橋に合計4店舗ありますね。


zsn15.jpg

お昼のコースは 松 11貫 4500円 と 竹 9貫 2800円。

せっかくなので、美味しい松にします。

ノンアルコールビールにて乾杯


 

zsn16.jpg

カウンターにお寿司のネタが並んでいます。

 

 

zsn4.jpg

茶釜でお茶を入れてくれます。テイクアウトメニューもあって、あじずしや和尚さん巻き(焼き穴子とたくあんの巻きずし)がおすすめだそう。

 

 

zsn1.jpg

11貫のスタート。醤油が塗られており特につける必要なくパクパク頂きます。

いさき

 

zsn2.jpg

すみいか

 

 

zsn3.jpg

本まぐろ 中とろ

とろけますね。


 

zsn5.jpg

あわび

蒸し鮑ではない生の鮑なのでコリコリ食感でしたね。

 

zsn6.jpg

宍道湖産しじみの味噌汁。

以前は東京でしじみの貝の具を食べて恥ずかしい思いもしましたが、宍道湖産のなら喜んでいただきます。


 

zsn7.jpg

たまご

 

 

zsn8.jpg

こはだ

 

 

zsn9.jpg

白えび

ねっとりした甘さが口の中に広がりますね

 

 

zsn10.jpg

淡路島産 あじ

 

zsn11.jpg

鉄火巻

 

 

zsn12.jpg

ばふんうに

うにの美味しさがありますね。もう1貫食べたい。

写真は撮っていませんが、ここでもう1貫 中トロ。今日は大トロが無かったらしく・・・前回は大トロでした。

 


zsn13.jpg

あなご


こにて11貫。今日はお腹空いていたのでもう少し食べれましたが、米食ですし お腹に余韻を作っておいた方が良いので追加はしませんでした。ごちそうさまでした。TT

 

新橋で美味しいランチ寿司 鮨処 順 烏森店

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

このページのトップへ

2019年7月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wazyo6.jpg

鶴屋に用事がありましたので、駕町通りでランチと思いました。昼に駕町通りはあまり通りませんが意外にランチをやっているお店って少ないんですね。


あ、北熊ラーメンがオープンしている。以前担担麺のお店があった跡地。ラーメン食べないのですが、4月にオープンしていたのですね。結構なお客さん。


その隣に和食ぽい雰囲気がすごくするお店がありましたので、入ってみようと思いました。和静とかいて「とじょう」


 

wazyo1.jpg

ランチは3種類と少な目。

肉じゃがと海鮮と迷って海鮮に。

ミルフィーユカツが人気メニューなのかな。

 

wazyo2.jpg

3時から飲めるお店なんですね、早飲み対応のお店は少ないから重宝しますね。

といっても私はそんな時間からは飲みませんが・・・

店内はカウンター席とテーブル席。宴会にも対応できるようです。

 

 

wazyo3.jpg

海鮮丼

 

 

wazyo4.jpg

いくら、たこ、かんぱち、まぐろ、サーモン、たい

6種類 2,3切れずつ載っていました。

 

 

wazyo5.jpg

ご飯がかなりあつあつで、熱かった。

私は酢飯のちらしのほうがやっぱり好きなんだな。


食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2019年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mymm11.jpg

かなり久しぶりにリストランテ・ミヤモトさんに。知り合いの人たちと1階を貸切りで。2007年のブログ記事が残っていました。2006年の年末に訪問して、その後1回行っているので、かなり久しぶり。今建設中の熊本城ホールのすぐ近く。街中からは歩いても行ける距離です。

 

 

mymm2.jpg

プリフィクススタイルみたいなコース料理で。前菜はしゃこ海老のフリッターみたいなもの、穴子か。しゃこ海老は苦手。

 

 

mymm3.jpg

サラータ。食前のサラダは体によい。

 

 

mymm5.jpg

冷製スープかと思ったら冷たくなかったコーンスープ。

 

 

mymm9.jpg

パスタは2種類ありましたが、とりあえず人の手に。

 

 

mymm7.jpg

メインはグリル系。1人用ではありませんが2切れ食べて席移動して戻ったら、もうありませんでした(TT)

 

 

mymm10.jpg

デザートはドライアイスを使う系でしたが、何が出てきたか覚えていないとは。何をしていたのでしょう。

 

ワインを沢山飲んだのは覚えています。翌日も反省しました。

 

mymm1.jpg

スプマンテ ブリュット N.V. ガロフォリ 泡 750ml

等級 : Bianco Spumante D.O.C.
葡萄品種:ヴェルディッキオ 100%
熟成:シャルマ方式
アルコール度数 : 12.0%
白くきめ細やかな持続性のある泡。熟れた白桃の風味を伴う、若々しく果実味あふれる凝縮感のある香り。フレッシュ感あふれる非常に魅惑的な味わい。

 

 

mymm4.jpg

ボーリュー・ヴィンヤード BV <白> <ワイン/カリフォルニア>

最近日本に輸入されるようになった、ワイン。ワインショップで2000円以下でありコスパが良いワインとして最近有名。私もショップで買って飲んだことあります。シャルドネらしいワイン。



 

 

mymm6.jpg

CAVE MONT BLANC


 

mymm8.jpgレーヴェンスウッド・ヴィントナーズ・ブレンド・ジンファンデル・カリフォルニア[2016]年

 

食べログ(掲載時点 3.45)

  

このページのトップへ

2019年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tankat7.jpg

博多駅でランチといえばここに来たくなる。ダイニングエクスプレスでも複数回掲載している私のお気に入りのお店です。夜は混雑しているんです。が、昼夜同一メニューですので昼は客単価が高くなり混んでいないということが多い。昼飲みしている人もたまにいますが。こんなに美味しい串や焼き飯が行列なしに食べれるなんて。嬉しい限り。

 

tankat5.jpg

牛タン1串で 1430円。

でもここ以外で類似牛タン串は数少ない。


 

tankat6.jpg

焼き飯 690円と あわせると2000円オーバーとランチでは贅沢になりますが、満足度を考えると決して高くはない。

一応麦ごはんとテールスープのセット+300円もありますが。


 

tankat3.jpg

久しぶりでテンションあがります、最近牛タンが食べたかったので。

この分厚い牛タン。

 

 

tankat4.jpg

7粒の幸せといったところ。

1粒でも食べごたえあります。うーん来てよかった。


tankat1.jpg

そして焼き飯。

分量も結構あるのですが、パラパラで旨すぎなのでするっと食べれますね。新橋チャーハン王とほぼ同スペックの焼き飯が行列なしに食べれるとは感激ですね。

 

 

tankat2.jpg

焼き飯のタレもありますが、入れると結構味がついちゃうので、そのまま本来の味を楽しむのがベスト。

 

たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

博多 たんか(2) 昼牛タン+チャーハンで満足度アップ。

博多 たんか(3) はしごで牛タン

博多駅昼飯の選択肢の一つとなっている 博多たんかの牛タン串

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

このページのトップへ

2019年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

inaron7.jpg久しぶりに、市役所の裏側にあるカフェ風食堂のイナロ食堂へ来てみました。何度かランチに来たことはありましたが、今日は夜です。

 

 


inaron8.jpg

ナチュラルなカフェ風食堂の雰囲気があり、女性に人気です。

 

 

inaron9.jpg

黒板にも料理が書かれています。

 

 

inaron10.jpg

洋食中心のメニューで価格もリーズナブルな価格。同行者とシェアして食べるのが良さそうです。

 

 

inaron1.jpg

自家製生ハムと野菜のクレイジーサラダ EX バルサミコドレッシング 750円

比較的脂身の多い生ハムがちりばめられていました。



inaron2.jpg

山芋のソテー バター醤油 580円

バター醤油風味のサクサクした山芋がワインにあいますね。

 

 

inaron6.jpg

黒板メニューから

地アジスモークと夏野菜のオーブン焼き 780円


 

inaron3.jpg

こちらイナロ食堂の名物といっていい、

ハーブ鶏のレモンソテー 1280円。パン付き。

パン粉が振り掛けられるのですが、外してもらいました。

レモン風味ソース。

 

 

inaron4.jpg

ピザマルゲリータ 880円

 

 

inaron5.jpg

自家製メンチカツ 880円

 

 

inaron11.jpg

ワインは白 カリフォルニアの CALERA 2015

以前からカレラ・ジェンセンは「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれ、長年ワインファンの間で人気の高いワインでした。特に赤は人気が高く、また白はミネラル感あるシャルドネでこちらも評判が高いです。

 

イナロ食堂 熊本市 女子会向きの女子好みしそうなお店

 

食べログ(掲載時点 3.37)

 

 

このページのトップへ

2019年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rak1.jpg

品川でタイ料理のパッタイ(焼きそば)が食べたくて土曜日のランチで訪問。品川 タイ料理で食べログ検索して引っかかったお店で評価が一番高かったこちらのラックタイに訪問。品川駅から第一京浜を北に3分程度。品川グランパサージュにも系列店があるようです。階段で下に降ります。スーツケースが重いわ。

 


rak2.jpg

こちら。土曜日の割には意外に混んでいました。タイ人の方が従業員も多いですね。調理人もたぶんそう。店内はタイのローカル食堂といった雰囲気。

 

 

rak3.jpg

写真付のメニューはありがたいですが、今日はパッタイのみ頂きます。

 

 

rak6.jpg

パッタイに目玉焼き100円プラスしてのっけます。

 

 

rak4.jpg

スープとともにやってきた、緑色が少ないパッタイ。元気のなさを感じます。

 

 

rak5.jpg

麺も比較的元気なく、これといった特色の少ないパッタイ。都内ではベターなパッタイも多いです。おなかを埋めるための食事になったのが少し残念です。

 

 

食べログ(掲載時点 3.54)


 



 

このページのトップへ

2019年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

当社に永年勤務いただいた方の送別会を熊本ホテルキャッスルの2階にて有志で開催致しました。本人は中華料理が好きでしたので、今日は中華のフルコース。キャッスルホテルは四川料理の桃花源があるから特に有名ですね。

 

tnri9.jpg

その方の名前が入ったメニューでした。

 

 

tnri10.jpg

前菜

豆腐を刻んだものと、きくらげの酢の物はさっぱりしていいですね。

 

 

tnri1.jpg

ヤリイカのカラスミ炒め

いつもはコーンが入っているのが多いけど、あれはミルク炒めですね。今日はカラスミ風味でゴージャス

 

tnri2.jpg

豚ヒレ肉の唐辛子炒め

 

 

tnri3.jpg

カニ肉と特上フカヒレ煮込み

これは美味しい1品ですね。

 

 

tnri4.jpg

和牛ロースの細切り黒味噌炒め 蒸しパン添え

パンに挟んでいただくところですが、中身だけ食べました。結構味噌がきいた濃厚な味付けでした。

 

 

tnri5.jpg

オマール海老のチリソース

芝エビのチリソースと違ってオマール海老ですから。

 

 

tnri7.jpg

定番中の定番 四川マーボー丼

 

 

tnri6.jpg

トーガンと鶏肉の蒸しスープ。

薬膳の味のスープで滋養強壮に良さそうな味ですねー

 

 

tnri8.jpg

古典式杏仁トーフ

あっという間の2時間でした。翌々日のゴルフコンペは大雨の影響で延期になりました。

 

H顧問、本当に長い間お疲れ様でした、そして有難うございました。

 

 

このページのトップへ

2019年7月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tyoa1.jpg

ここに最初に来てからもう15年は経過すると思いますが、今でもたまに訪問しています。焼鳥メインのお店。おつまみとかもそんなに種類はありません。だから串メインなんです。当時からカレーがあったのは今からすればすごく先進性があるというか、カレーブームだからというわけではなく昔から。

(プリプリしたぼんじり)

 

tyoa2.jpg

(とりみ)

何度も来ているのですが、このブログに掲載したのも1回きり。しかも12年以上前とは。ここはカウンター席とテーブル席4x3

 

tyoa3.jpg

(やげん)軟骨部分と肉部分の絶妙バランス

15年前と比較したらお酒の種類も格段に増えています。日曜日の夜やっていることがいいですね、平日は結構混んでいますし。いや日曜も電話して行った方がよいですが。

そしてワインやスパークリングワインのデミボトルなどが置いてあることも嬉しいし、焼酎の種類も豊富。

 

 

tyoa4.jpg

(すなずり)

私は食べません

 

tyoa5.jpg

(ねっく)

 

 

tyoa6.jpg

(皮、しお)

 

 

tyoa7.jpg

必ず頼む(つくね)

 

 

tyoa8.jpg

(粗挽きソーセージ)


 

tyoa9.jpg

(しらたま)

 

tyoa10.jpg(手羽先)


普通は外観、メニュー、料理という流れなのですが、今日は珍しく料理だけ撮影しました。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2019年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨年10月にリニューワルオープンして2度目の訪問です。ブログ掲載はリニューワル前もしていますが。休日に訪問しましたが外まで行列でした。十割そば3枚まで無料だからそこがポイントなんでしょうか。

 

tnmm6.jpg

最近撮影用に使っていたSONY RX100M3が故障したので、I-PHONEを使っていました。しかしストロボ他の修理に出したら買う(6万円)より高い8万円って。なんなんでしょう。だからソニーはもうやめて最近出たリコーのGR3にしました。ソニーのRXシリーズは外装も傷に弱いし。単焦点レンズで画質がいいことで知られるカメラです。

 

おそばお一人様3玉まで無料。これが受けているのでしょう。

 

tnmm1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

メニューが少し変わったようです。天然刺身の有り無しが選べるようです。刺身を付けなければ1000円以内に収まります。

 

 

tnmm2.jpg

天ぷらが付くメニューも。

 

tnmm4.jpg

同行者が頼んだ 天ぷら(海老2本と季節野菜)と自家製十割蕎麦定食 1170円。そばは1玉。これが3玉とは相当なボリュームだわ。

 

 

tnmm5.jpg

刺身は3種類

 

 

tnmm3.jpg私は豚生姜焼きと自家製十割蕎麦定食 910円。蕎麦は2枚にしてみました。結構なボリュームでお腹がいっぱいになりました。これに加えて 自分で作る人参ジュースが飲み放題。

 


リニューワルしてもボリューム〇 藁焼き てんまや 熊本

 

食べログ(掲載時点 3.44)

かなり上がってます


 

このページのトップへ

2019年7月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fujita12.jpg

土用丑の日(今年は7月27日、土)が近づいてくると、鰻が食べたくなりますね。体が欲するのでしょうか。冬でも食べていますので、そういうわけではないと思いますが。今回は白金台というリッチな感じのする土地にある、うなぎのお店に土曜日に訪問。平日だろうが土曜日だろうが少しゆったりしたセレブ空気感のある街。


こちらは2016年にオープンした静岡、浜松の鰻の有名店の支店。四代目であり唯一の東京支店。IGAXビルの3階にあります。路面店ではないため注意して歩いていないと通りすぎそうです。

 

 

fujita11.jpg

エレベーターで3階にあがると、エントランスがこれ。一瞬で和の雰囲気のお店の前に来るこの瞬間の心地よさ。

 

 

fujita10.jpg

入口には焼き場も見える6席のカウンター席。店内は結構広いですね。上質で綺麗な空間。カウンター席で夜というのもいいですね。

 

 

fujita9.jpg

プラチナ通りに面している側。後程、カップルで白ワインボトル組というまた「美味しそうな」。やはり土曜日の東京は違うね。

 

 

fujita7.jpg

いやいや美味しそうな鰻の雰囲気がある。

 

 

fujita8.jpg

うな重も3200円からとプラチナな地区にしてはそんなに高い感はないかも。

 

 

fujita6.jpg

う巻は今日はやめておこう、うな重(花)とノンアルコールビール

 

 

fujita5.jpg

隣にいた女性1人はコース料理を召し上がりになられていました。

夜ならうなぎづくしコースとかいいでしょうね。

 

 

fujita4.jpg

しばらくして到着。雰囲気もとてもよいし、サーブされるのも上品でなかなか宜しい。

 

 

fujita3.jpg

アメ色に焼かれた鰻。ふっくらした鰻だ。香モノは奈良漬、キャベツ、たくあん。

 

 

fujita2.jpg

分量的にも十分、ご飯は普通をお願いしました。

 

 

fujita13.jpg

ご飯は一粒がしっかりしたものですが、軽く盛られており粒がパラパラ状態になって、お箸では食べづらくスプーンが欲しくなる感じ。もう少し固めに抑えてあったほうがよいと思ったのですが。

 

 

fujita1.jpg

これはかなり、肝控えめな肝吸い。

 

日本酒、ワイン色々と取り揃えているのが嬉しい。夜ユーズも落ち着いていけるお店です。

 

うなぎ藤田ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.65)


 

 

このページのトップへ

2019年7月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lau12.jpg

外苑前は11年も勤務した会社がある場所。このあたりもランチに訪問していた場所なので、懐かしい思いとエネルギッシュだった時代を思い出す場所。以前の同僚と訪問。外苑前に2018年11月にオープンした新しいフレンチ、L'EAU。黒いのが扉と思って押したら開きません。右側が入口。

 

 

lau11.jpg

店内は黒ベースのシックな雰囲気。ローとはフランス語で水を表します。東長崎で「セビアン」というレストランをされていた清水崇充さんが独立されてローをオープン。

 

 

lau10.jpg

素材名だけを記載したメニュー。

 

 

lau6.jpg

水 葉 土 石

最初の一皿から盆栽みたいな料理が出てきたなぁと、かなりインスタ映えする一皿。4つだけ食べることができる。かなりフォトジェニックすぎて苔とかすごくて庭のようだ。

 

 

lau7.jpg

これも食べれるところ、子豚・オリーブ・タイム

 

lau8.jpg

絵が上手なスタッフが書いた説明書のようなものをくれた。

 

 

lau4.jpg

鰯 馬 大葉

 

 

lau3.jpg

鰻 菊芋

 

oau2.jpg

菊芋のカリカリ感と鰻のまったり感がマッチング

 

 

lau1.jpg

鮑 賀茂茄子

 

lau20.jpg

量的にヘビーでない分量が続いていくので食べ飽きない

 

 

lau19.jpg

鮎 沢蟹

この時期よく出てくることの多い鮎。あまり好きではないのでお伝えしておくべきだった。

 

 

lau18.jpg

経産牛 ズッキーニ

経産牛と書いていないほうがよい。フレンチで書いてあるの初めて見ました。赤身です。

 

 

lau17.jpg

枇杷(びわ) フルムダンベール

 

lau16.jpg

抹茶

 

lau15.jpg

パリパリ崩して

 

lau14.jpg

食感が良かった。

 

 

lau13.jpg

プティフールは石の上に

ピーナッツみたいなキャラメル。1つは本物のピーナッツ

葉っぱみたいに見える緑色は本当のチョコレートで食べられる。

マカロン

 

 

lau9.jpg

DRAPPIER

 

lau5.jpg

DEMESSEY 

Chassagne-Montrachet 1er Cru En Virondot 2000
シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ アン・ヴィロンド

シャサーニュ森の斜面最上部に位置する孤高の一級区画。豊満な果実味とたっぷりとしたミネラル感が特徴です。新樽率30%。 

 

 


食べログ(掲載時点 4.05)

 

 


このページのトップへ

2019年7月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ホテル日航熊本桃李にて会合ディナー。メニュー表はありませんでしたが、前回も海苔で巻いて食べる春巻きがあったようですね。

あいにく今は飲茶や春巻き系は頂かないのですが、チャーハン美味しかったです。

 

taoir6.jpg

taoir5.jpgtaoir4.jpgtaoir3.jpgtaoir2.jpgtaoir1.jpgtaoir8.jpgtaoir7.jpg

 

ホテル日航熊本 桃李

ホテル日航熊本 桃李 ランチ

 

食べログ(掲載時点 3.02)

このページのトップへ

2019年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

東京駅で日本酒飲みながら焼鳥食べたいというリクエストで、私が知っているお店をリストしたらここしかありませんでした。皆さん歩くのもかったるいようなので。あべや北町ダイニング店です。場所は知っていましたが初訪問。2階にあるためかレストランへ行く目的がないと入ってくる人も少なく穴場ですね。

 

 

abey11.jpg

あべやの親子丼はもう当ブログでは3回も掲載している。

 

abey10.jpg

秋田比内地鶏生産責任者の店

焼鳥は初めてだ。

 

abey9.jpg

ほろ酔いセットやちょい飲みセットがあるあたりが駅居酒屋といった感じです。

 

 

abey8.jpg

食サンプルはなくてもいいと思うのですが、初めての人には助かりますね。外国人とか。

 

 

abey7.jpg

お付だしといぶりがっこ

 

abey6.jpg

日本酒。

鳥海山超辛口電口にしましょう。

 

abey4.jpg

+15ということで切れがある。疲れた体にしみわたる。

 

 

abey5.jpg

何サラダか忘れましたが

 

 

abey3.jpg

出し巻き卵。玉子が美味しいからうまい。

 

 

abey2.jpg

焼鳥6本セット 2200円。

プリプリですね。歯ごたえのある食べ心地の鶏が比内地鶏。

もちろん1人で6本は多い、大き目だし。


abey1.jpg

最後の〆は親子丼 1100円、今日は極上でなく普通の。シェアして頂きます。サク飲みで美味しい日本酒と美味しいものが食べれれば満足。


本家あべ家 神楽坂店 比内地鶏の親子丼

本家あべ家 神楽坂店(2) 比内地鶏極上親子丼

たまに食べたくなる親子丼 本家あべ家 東京・KITTE

あべやが正しいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.49)

 

 

このページのトップへ

2019年6月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

業界関連の周年行事があり、明治記念館に。

皇室にゆかりある落ち着いた場所です。

 

mekii1.jpg

メニューは一度試食会で食べています。

 

 

mekii7.jpg

オードブルプレート6品。全国各地の食材ということで1皿に盛られた1皿。

そんなに凝ってある品というわけではないです。

 

 

mekii5.jpg

帆立貝の冷たいクリームスープ カラスミと共に

 

 

mekii4.jpg

甘鯛のパヴェ 海苔の香り 温泉卵とキャビアのオリーブオイルの軽いソース。

海苔が結構のっていてインパクトあるのですが、写真に撮るとあまり映えませんね。


 

mekii3.jpg

国産牛ヒレ肉のグリエと野菜のロースト添え 柚子胡椒ソース

試食ではオーストラリア肉と食べ比べしましたが、やはり高くても国産牛ヒレが美味しい。

 

 

mekii6.jpgワインはムートンカデ。バロンフィリップで価格は安くよいのですが、白はボルドーではない方が良いんですが。予算の都合もありますので。

 

明治記念館ホームページ

 

 

このページのトップへ

2019年6月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

coci7.jpg

恵比寿から渋谷橋方面へ3分。川沿いに建つ一軒家のレストランがCOCI(コチ)。以前から気になっていたのですが、初の訪問。2005年オープンだとか。橋のすぐそばなので、気になって入る人も多いと見受けます。川沿いに申し訳なさそうに、極小地に建つ極狭住宅のような趣きが興味を引きつけるんです。

 

 

coci6.jpg

パッタイとかアジアンフードのお店です。このそばに別のタイ料理のお店もある。

 

 

coci5.jpg

丁度パッタイも食べたかったし、それにするか。

 

 

coci4.jpg

1階はカウンター席と2名かけのカウンターテーブル。奥にソファー席。キッチンなどがある関係で1階はそんなに広くないですね。


 

coci1.jpg

2階にあがればそんなに窮屈感は感じません。窓が大きいせいもあるでしょう。

 

 

coci3.jpg

パッタイ 1100円にします。

知ってます、料理屋さんなどでは 1100(円)と円を描かない方が、お客さんが注文するらしいです。

xxワイン 8900と書いた方が、記号と認識し 8900円と書くより単価が上がるらしい。

 誰も1100タイバーツだとは思わないでしょう。


 

coci2.jpg

調味料4種と。サラダはもやしと野菜の至ってシンプルなもの。

 

 

coci10.jpg

もやしも麺もボリューム的に適当でオッケーなパッタイ。ピーナッツをふりかけるのではなく添えてあるのは心配りですね。個人的にはパクチーも欲しいのですが。

 

coci11.jpg

パクチーの代わりに調味料で味を整えて頂きます。

 

 

coci9.jpg

お腹空いていたし美味しいです。

 

coci8.jpg

かんきつ系デザート。

隣のカップルさんは、昼から白のボトルワイン開けていて美味しそうでした。ここはオーガニックワインとか置いているようです。

東京は昼からお酒を飲んでいる人が多いわ・・・


COCIホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

このページのトップへ

2019年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

 

 

 

 

spt11 (18).jpg

埼玉県川越に来ました。川越は川越と名前が付く駅が3つ集中しています。川越(JR)、本川越(西武)、川越市(東武)。本川越が真ん中にありこの周辺は結構発展しています。川越といえば「うなぎ」が思い浮かびますし、確かに美味しいのですが、うなぎだけだと時間が持ちませんので、地元の美味しい所を検索して「すぺいん亭」に。まんまスペイン料理のお店です。本川越からタクシーで10分弱という距離。

小川菊のうなぎも美味しかった

 

spt11 (17).jpg

長い歴史の中で作り上げられてきたスペインの伝統料理をより多くのお客様に「おいしい」と言って頂けるよう創業以来約30年、努力して参りました。中でもスペイン料理の華“パエリア”では、1982年に5.5mの大鍋ギネス記録を樹立また、本場バレンシア・スエカのパエリアコンクールに、アジア人として初めて挑み、以後、女性スタッフを含め国際部門では1位を6回、総合ではアジア人歴代最高位の2位を獲得するなど、数々の挑戦と記録を重ねながら、店でも屋外でもおいしく炊き上げる技術を磨き続けています。
世界で"No.1"に輝いたエリアをはじめバスク、カタルーニャ、ガリシア、ラマンチャ、アンダルシアなどスペイン各地で育まれた逸品を、どうぞごゆっくりご堪能ください。 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページから。


相当、パエリアがいいらしいです。店の前にも鍋が。でけー

 

spt11 (19).jpg

こうして記念撮影する人、います。

 

 

spt11 (20).jpg

店内に入ると異国空間ですね。これは

 

spt11 (21).jpg

体育館みたいに天井が高くて、モザイク、ステンドグラス、ガウディの建築物風オブジェなど、異空間でまるでスペインへ来ちゃったんじゃないの的雰囲気。

 

spt11 (4).jpg

ワインは地下セラーから選んでくださいと。

なかなか面白いです。この雰囲気好き。

 

spt11 (2).jpg

スペシャルディナーコースの一番高いやつ ちがった、 一番安いやつ 3500円を頼んでいました。

足りない場合など個別に追加すればいいと最近思います。

 

 

spt11 (1).jpg

これ以外にもメニューありました。

 

 

spt11 (3).jpg

ハモンイベリコは追加オーダー。生ハムと白ワインは必須です。塩気もあり脂分が少しとろけるあたりが美味しい。

 

 

spt11 (5).jpg

前菜盛り合わせ。ムール貝の空貝に一口サイズのオードブルが。これは4人前です。

 

 

spt11 (6).jpg

スペイン風じゃがいもオムレツがボリューミー

 

 

spt11 (11).jpg

追加でオーダー トリッパ

なかなか旨いです。これは適当に作っているわけがない。

 

 

spt11 (9).jpg

海老のアヒージョ。これもいいです、オイルをパエリアに垂らして食べると美味しいよ、とお店の兄ちゃんが教えてくれました。

 

 

spt11 (10).jpg

コースのマッシュルームのワイン煮。濃厚なソースだ、これは旨い。

 

 

spt11 (12).jpg

皿に取り分けて頂きます。


 

spt11 (14).jpg

コースのガスパチョ

トマトの冷製スープです。

 

 

spt11 (15).jpg

お腹もいっぱいになってきたところで、パエリア。

めちゃくちゃ具沢山。そしてお米もアルデンテで美味しいわ。さすがギネス世界一とったことあるパエリアだ。レモン絞って食べると美味しいねー。久しぶりにパエリア食べたけど、やっぱりこんな大鍋が雰囲気でていいですね。

 

 

spt11 (16).jpg

カプチーノ

 

spt11 (7).jpg

 

マーティン・コダック アルバリーニョ 

古くからスペイン最高の白ワイン産地として知られ、ブドウも「ペルゴラ」と呼ばれる棚栽培で、そこで作られる品種は、「ガリシアの女王」の異名を持つこの地方が誇る独自品種の「アルバリーニョ」

 

spt11 (8).jpg

ドゥルシネア・ソービニヨンブラン

 

 

spt11 (13).jpg

プレディカドール

生産地 ラ・リオハ州D.O.C.リオハ/ La Rioja
原材料 ブドウ(テンプラニーリョ、マスエロ)

 

すぺいん亭ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.60)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ザ・プリンスパークタワーにて業界関連の総会ディナー

 

jsour5.jpg

マグロと真鯛のタルタル仕立て キャビア添え

帆立貝のマリネ ビーツソースとヴィネグレット


タルタルは結構大きくて食べごたえあり。


jsour4.jpg

百合根のフランに蕪のクリームポタージュ

 

 

jsour3.jpg

モッツァレラチーズでグラチネしたオマール海老のムース詰めグラタン プロバンス風ケークサレ添え

どっしりとした濃厚味、特にチーズがかかっているのもある。


 

jsour2.jpg

牛フィレ肉のポワレとフォアグラソテー ロッシーニ風 芳香なトリュフソース

今日は三大珍味(キャビア・フォアグラ・トリュフ)が全部入っていますね。

 

 

 

jsour1.jpg

ココナッツのブランマンジェ フルーツ飾り マンゴーソース

玉子っぽく見える

 

昨年はこんな感じでした。



 

このページのトップへ

2019年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kmta11.jpg

東京駅近辺でお蕎麦を食べようと思い、調べたら丸の内オアゾというビルにお店がありましたので訪問。丸の内の北側になります。丸の内ホテルがそばにあり、本屋の丸善が入っている商業ビルの5Fに「小松庵」はあります。

 

 

kmta10.jpg

こちらです。小松庵は駒込が本店のお蕎麦屋さんで大正11年創業の老舗。現在は駒込、丸の内オアゾ以外に新宿高島屋、二子玉川ライズ、渋谷東急東横、ソラマチの6店舗があります。静かな雰囲気がある高級なお蕎麦屋さんの雰囲気。

 

 

kmta8.jpg

ざっとメニューをみても平均客単価2000円弱といったところでしょうか。東京だから成り立つ価格ともいえますね。

 

 

kmta9.jpg

「出し」にもこだわりがあるお蕎麦屋さんです、今日は食欲がないのでそば店を選択。

 

 

kmta7.jpg

ランチメニューの天箱 1800がここの一番人気メニューと推測がつきます。

 

 

kmta6.jpg

おまかせ天付き で3400円です、この価格となると鰻と同レベルなんですね。

 

 

kmta5.jpg

冷たいそばも。小ぶりせいろ 630円が普通の安いそば屋の普通盛り価格ですね。小ぶりのものはおつまみなどをいただいて〆に食べるサイズのものでしょうか。

 

 

kmta4.jpg

玉子とじで 1600円で。つけ汁 ごま蕎麦にしました。

1850円という価格には、リーズナブル感はありませんが

もちろん別途消費税

 

kmta1.jpg

こちらです。

野菜が付いています、そばの量は普通です。

 

kmta3.jpg

久しぶりに蕎麦の味を楽しみましょう。

 

 

kmta2.jpg

ごまダレに付けるとやっぱり蕎麦の風味が無くなりますね。普通のもりが良かった。ここのお店は日本酒とアテで、最後軽めのそばで〆る江戸スタイル的使いが良いのでは・・と思いました。

 

 

小松庵ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

このページのトップへ

2019年6月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tnsm2.jpg

フォーチュンガーデンでの立食から1軒はさんで、こちらのお店へ。河原町にあるとんかつ屋さん。私の友人は何度も来たことがあるらしく、気に入っているので連れてきていただきました。とんかつ屋さんというより、バーの雰囲気です。

 

 

tnsm3.jpg

入口にはとんかつ清水と和筆記なのが京都らしく。そしてここは極厚カツサンドで有名らしく、一種の深夜自虐的グルメ品らしい。

 

 

tnsm4.jpg

天井などには色んな方のサインなどが。和紙作家の堀木エリ子さんのサインも。腹の底からのパッション。うん、その隣には腹の上のクッションと書いてあるなぁ。

 

 

tnsm5.jpg

カウンター席のみです。カツサンドが出てくるまで30分はかかるから飲みながら待つのがふつう。カツサンドオール1500円。

 

 

tnsm6.jpg

飲み物を照明で照らしてくれた。


 

tnsm7.jpg

4cmはあろうかという極厚カツサンド。丸太のようですね、これはカット前。カツサンドは私の禁食リスト入りしているのですが、今日だけはいいか。

 

 

tnsm8.jpg

カットしたらあまりにもジューシーなので、バーナーで少しあぶり

 

 

tnsm9.jpg

完成。注文していないのですがたぶん3切で1500円なのか。衣という衣はついていなく、まさに肉。

 

 

tnsm10.jpg

思ったよりシンプルな味です。ソースが比較的あっさりめなためでしょう。


 

tnsm11.jpg

とにかく分厚い。酔っていたし1切れしか食べなかったけど、かなり大口にしないと口に入らない。

 

 

tnsm1.jpg

道端の端っこに花を咲かせている雑草。普段はあまり気にならない風景が気になる時もあるから不思議。

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

このページのトップへ

2019年6月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fgard1.jpg

フォーチュンガーデン京都。京都市役所とホテルオークラのすぐ近く、京都の中心地。国会議事堂の設計で知られる日本近代建築の巨匠武田五一(たけだごいち)氏の作品の1927年に誕生した島津製作所旧本社ビル。2012年にレストラン・ウェディング・パーティーのスペースとして生まれ変わっています。


 

fgarad2.jpg

今回は立食パーティの会場として訪問。古い建築物は好きなので結構テンションが上がります。

 

 

fgrard3.jpg

SINCE1927と書いてあります。


 

fgard4.jpg

入口も重厚感があって良いですね。

 

fgard10.jpg

エレベーターもかなり古い歴史ものでしたが、階段なんかの照明もレトロな雰囲気がしていいです。

 

fgard5.jpg

1階のレストランスペースも天井が高く、居心地がよい雰囲気が。

 

fgard6.jpg

京都らしく中庭スペースにも竹を使ってあります。屋上は夏季にはビアガーデンのようなテラススペースになるとのこと。ここも快適に違いありません。

 

 

fgard9.jpg

立食パーティでした。色々と食べるものはありましたが。

 

fgard8.jpg

生ハムとワインとか

 

fgard7.jpg会場スペースも人数の割にはたっぷり余裕があって快適でした。京都旅行でこういうビストロで食事というのもいいかなと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

フォーチュンガーデンホームページ


 

 

このページのトップへ

2019年6月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fleu14.jpg

久しぶりの熊本ネタのような気がします。天気が良かったのでドライブがてら南阿蘇に。空気はクリアーとは言えないものの新緑まぶしい季節は気持ちが良いですね、というか今日は阿蘇も30度を超えるとかで、本当かいな。ランチは一度行きたいと思っていた、山の洋食屋フレールに。13時すぎていましたので休日・人気店ながら待たずに入店できました。熊本方面からだと俵山トンネルを抜けて阿蘇望の郷くぎのの少し手前の左側。

しかし道の駅のモンベルのお店はこんな場所に、すごいなぁと思う。


 

fleu13.jpg

店の中からは阿蘇の山々が見えて気持ちいい。観光客にも嬉しいスポットですね。


 

fleu11.jpg

メニューはセットメニュー、オムライス、カレーなど洋食ものが沢山ありますが、赤牛ものもおすすめですね。


 

fleu12.jpg

私はこれを食べたくなった。

 

fleu10.jpg

同行者は他のメニューをセレクト。

 

 

fleu9.jpg

サラダ。手作りドレッシングが売ってあって美味しいので買って帰りました。

 

 

fleu8.jpg

たっぷり野菜の入ったスープ

 

 

fleu6.jpg

ビーフシチュー

5時間ほど煮込んであるらしい。

 

 

fleu5.jpg

結構ボリューム感(180g)があった赤牛ハンバーグ。赤牛らしく牛脂が沢山というわけではなく、肉の旨みを感じるハンバーグでした。

 

 

fleu4.jpg

帆立。大ぶりな北海道産ホタテが沢山入っていました。皿はフラワー柄でした。こちらのお店は2018熊本・大分のミシュランでビブグルマンに選定されているのです。店舗入り口にステッカーがありました。

 

 

fleu3.jpg

パン、白米、玄米と選べる

 

 

fleu2.jpg

コーヒーカップがオシャレで。

 

この写真を見るとドッグランのお店が出来る前はもっと見通しが素晴らしかったんですね。

 

 

fleu1.jpg

白水水源の源泉を見て。いつ来てもココは気持ちがいいスポットですね。

 

食べログ(掲載時点 3.20)

 

 

このページのトップへ

2019年6月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tos4.jpg

会食で訪問、東京高輪 品川グースの3階にあります、加賀料理 大志満昭和46年開業。ここは今は巨大なビジネスホテルになっていますが、以前はパシフィックホテル東京といって、都内でも有数のシティホテルでした。といっても以前から京急系列には変わりないのですが。パシフィックホテル時代はフランス系のル・メリディアンとも提携していましたね。いずれにせよ以前の重厚感が無くなってはいますが。

 

 

tos12.jpg

加賀料理は石川県以外では食べたことがありません。今日は懐石コース。大志満は東京・横浜に6店舗あるとか。

 

 

tos11.jpg

小松菜と桜海老

 

tos9.jpg

よもぎ豆腐

蛸とじゅんさい

金時草のひたし

とうもろこし真蒸

白海老のこの腸かけ

 

 

tos8.jpg

鱒の蒸し物

 

 

tos6.jpg

造り

特にぐぐっと来る料理も少なく


tos5.jpg

治部煮

あんまり好きではない

 

tos3.jpg

鱒のうに焼き

 

tos2.jpg

稚鮎と丘ひじき

tos1.jpgtos7.jpg

今回なんと、森伊蔵が飲み放題焼酎に入っているのが驚きで。普通どうかはわかりませんが、一休などのプランでも森伊蔵プランとかあるようです。HPみると森伊蔵フェアとかもやっていますね、森伊蔵酒造と昔からつながりがあって手に入るんでしょうね。普通にボトルメニューを見せて頂いたら 4合瓶で12500円って・・・安いですね。もちろん普通の価格の焼酎と比べたら別格なプライスなんですがプレミア価格が通例の森伊蔵。森伊蔵の緑で18500円とは。これもびっくりなプライスですね。今日は皆さんは料理より焼酎でした。ワインなんかはフツーのイタリアワインでしたからね。

 

tos10.jpg

森伊蔵

 

大志満ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.57)

 

このページのトップへ

2019年6月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム


kbsi3.jpg

ラーメンの街喜多方でも御三家といわれる坂内食堂の系譜のラーメン店です。今や全国、海外にも広まった坂内、今から30年以上も前に東京の1号店に行ってます。はじめて訪問したのは社会人1年目の時に先輩と外出の際に連れられて。大手町に外出して、内幸町のガード下にあった坂内に。その先輩はいつも11時のアポイントをしていたな、帰りにラーメンとか食事して帰るためだろう、思い出す。そして笹塚に住んでいた時も近くに店があったのでお世話になりました。


あっさりしながらもコクのあるスープ、平麺の麺、そしてチャーシュー麺を食べたくなる超トロトロボリューミーなチャーシュー。坂内食堂喜多方ラーメン 坂内に数年ぶりに訪問しましたよ。あのトロトロチャーシューが食べたくなりまして。場所は新橋汐留シティセンター店。何度か来てます。


 

kbsi2.jpg

チャーシュー麺は970円。これだけボリュームがあると思えば安い。しかもラッキーなことに訪問した時にチャーシュー祭りをやっていて、150円引き。

チャーシューラーメンと炙り焼豚ご飯、味玉がセットになったのを注文。

普通の炙り焼豚ご飯セットが980円でチャーシュー麺変更で+300円そして今日は祭りでー150円。

ということで1130円。

 

 

kbsi1.jpg

麺が見えなくなるまで覆われたチャーシュー麺。14枚ははいっています。チャーシューご飯に3枚。合計17枚。

ここのチャーシューは本当にやわらかくて美味しいから。女性のファンも多い。汐留シティセンターは働いている人が多いからすぐ満席になって行列でした。

 

 

 

kbsi6.jpg

スープはすっきりしている味なのですが、コクというか塩分もあり飲み飽きない。飲みすぎはよくないのだが。もちろんこのチャーシューとの相性も抜群。豚骨スープなのですが、ギラギラ感もなく。数年ぶりにいただいてもあの頃の味と変わっていない。自分の舌もいろんな旨いものを食べても、このラーメンは旨いと感じる。やはりラーメン好きなのだ。


 

kbsi5.jpg

残念ながら麺は完食できないので、チャーシューご飯を食べます。美味しいですし、玉子を丼に入れていただくのもいい。

 

 

kbsi4.jpg麺を完食しないでこんなに腹いっぱいになるとはどういうことだ。そういえば昔もチャーシュー麺を食べたら腹いっぱいになっていた20代の頃を思い出した。


坂内のこのラーメンはまた食べようと思いました。坂内ラーメンは九州にはありません。関東で食べるのがよい。1000円でこんなに満足感を味わえるのだから。

 

坂内ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

このページのトップへ

2019年6月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tdk1.jpg

那覇でイタリアンをということで予約してこちらのお店に。てだこ亭。公設市場から路地に曲がってやってきました。てだこというのは沖縄の言葉で太陽の子供。アットホームなお店で飯塚みどりシェフが1人で全て切り盛りしているお店とのことで、急ぐ方には不向きなお店。やがて20年にもなるお店です。

 

 

tdk2.jpg

テーブル、こあがり席で約20席ほど。忙しそうでヘルプされる方は募集されているとのこと。こちらはこだわりの食材で沖縄県の食材で提供するイタリアンと聞いてます、値段もそんなに安くないと。

 

 

tdk3.jpg

太陽(ティーダ)サラダ 1200円

 

 

tdk4.jpg

一人でも少ないかなっていうボリュームなんですね。

 

 

tdk5.jpg

スペシャル前菜盛り合わせ いろいろな食材が入ってます。 2人前3200円、こちらは3人前。まぁ4800円ですね。

 

 

tdk7.jpg

チキンロースト どちらの鶏か忘れましたが5000円。

 

 

tdk8.jpg

クリーム系のパスタ 2000円

食材こだわりのお店です、好きなものを沢山食べていたら結構なお値段になる感じ、コース料理 3000?4000円からもあるそうです。


食べログ(掲載時点 3.67)

 

てだこ亭

 

このページのトップへ

2019年6月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jyu9.jpg

今年はANAの利用(第二ターミナル)が多い。羽田空港でランチということで検索して3階のテラスフードコートにあるこちらのお店に来てみました。自由が丘バーガー。わかりにくいのですが、左のお店はケパブのお店で右側がハンバーガーのお店。

 

 

jyu7.jpg

かなりこだわりのあるハンバーガーショップのようです、羽田空港、青山、自由が丘にお店があるようです。自由が丘バーガーというだけでなんかオシャレなイメージがありますね。国産牛100%パテたまご、乳製品不使用の天然酵母オリジナルバンズ、ニセコ産の有機じゃがいもを使用して、「自家製フライドポテト」


 

jyu8.jpg

ハンバーガー単品で950円からです。今回チーズバーガー1150円にオーガニックジンジャーエール、ポテトの+650円セットに。2000円近く、結構いい値段になりますね。

 

 

jyu6.jpg

木のフォークとナイフを使っていただきます。

 

 

jyu5.jpg

こんな感じです。ハンバーガーがめちゃくちゃビッグというわけではありませんが、ずっしりとしたバンズのパンですね。

 

 

jyu3.jpg

チーズのとろとろ感がいい。

 

 

jyu2.jpg

バンズは食べないので、分解してフォークとナイフでいただきました。こだわりのハンバーガーといったところでしょうか。

 

 

jyu4.jpg

ニュージーランド、カーマコーラ社のジンジャーエール。生姜の風味がして美味しい。普通に買っても結構なお値段(1本400円くらい)がするオシャレなボトルに入ったドリンクですね。お店にとっても普通のドリンクほどの利益商材というわけでもなさそうです。

 

 

jyu1.jpgGINGERELLA(ジンジャエーラ)に使用されている生姜は、スリランカ産とのこと。

 


自由が丘バーガー ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2019年6月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rrr (1).jpg

六本木リューズはミシュラン2つ星のフレンチレストラン。階段を下がっていくエントランスがいいですね。

 

 

rrr (2).jpg

ショートメニューのグレードアップバージョンで

 

 

rrr (12).jpg

スープ


 

rrr (10).jpg

キャビアと蟹とムースの3層。結構食べごたえがあり、しかしこれが一番食べたいもの。

 

 

rrr (9).jpg

島根産あわび

 

 

rrr (8).jpg

季節ものの鮎。鮎好きではない。


 

rrr (6).jpg

ビーフ

 

 

rrr (5).jpgrrr (4).jpgrrr (3).jpg

ビルカール サルモン ブリュット

 

 

rrr (11).jpg

シャサーニュモンラッシェ フィリップバカレ

 

 

rrr (7).jpgクロワゼバージュ ポイヤック

 

食べログ(掲載時点 4.15)

このページのトップへ

2019年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ndw10.jpg

東京で一番有名な鰻店といえば、ここ野田岩さんでしょう。創業は約200年前江戸時代寛政年間、第11代将軍徳川家斉の時に創業されました。野田岩さんは店舗は銀座、下北沢、日本橋高島屋、パリとあるのですが、ここ麻布飯倉本店は趣ある店舗です。東京タワーからもすぐ近くです。野田岩さんはミシュランで1つ星を取っているお店。


本店は蔵のような雰囲気のお店です、飛騨高山から合掌造りを解体して持ち込んだ古民家風。この蔵と裏のビルの建物は一体化しています。

 

 

ndw11.jpg

斜め前の陸橋から撮影するとこんな感じです。都内のこの場所に忽然と現れている由緒ある建物のような雰囲気。ここで重厚なる重箱を頂きます。今回はディナーで酒なしで訪問。

 

 

ndw9.jpg

5代目野田岩

超人気店です、東京では野田岩さんと尾花さん (以前の記事)はよく比較にされますが、どちらがどうではなく、それぞれの個性があり何とも言えないのではないでしょうか。

 

 

ndw12.jpg

暖簾をくぐると左手が1階のテーブル席、正面から2階に上がる階段があります。古民家風といったように中は落ち着いた重厚な空間です。消費税の他にサービス料10%がとられるだけあってか、和服の女性の方の丁寧なご対応。これも歴史の一つなんですね。

 

 

ndw3.jpg

雰囲気的にそば屋とは一線を画す落ち着きよう。

 

 

ndw4.jpg

鰻の形の箸置き

天然うなぎは4月から12月と書いてありますが、今日の重用の鰻は養殖鰻。

 

ndw5.jpg

お通しなども豊富です、ここは野田岩ならぬ逸品の「鰻の煮こごり」650円と おすすめの鰻巻き (1切れ540円)を2切れ行ってみましょう。本来なら日本酒や白ワインで白焼きとかいきたいのですが、今日はお茶。

 

 

ndw7.jpg

鰻茶

 

ndw6.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

 

ndw8.jpg

鰻重は 竹(丼)2300円

菊 3100円

萩 3900円

山吹 4600円

桂 5700円

鰻高騰の折、それほど驚くような価格ではなくなっています、逆に東京の超一流店ですから本当に妥当なプライスに感じてしまいます。今日は真ん中の萩にします。

 

 

ndw2.jpg

鰻の煮こごり

鰻のエキスが出た煮こごりですね。煮こごりってあまり食べないのですが、最初の一口、とても美味しいですね。フランス料理でいうテリーヌ的。するっと。白ワインが欲しくなる。

 

 

ndw1.jpg

箱が運ばれたので、うなぎかと思いきや鰻巻きでした。外はお熱いので触れないでくださいとのこと。やけに早かったので、作り置きかと勘違いしましたが、そうではないでしょうね。

 

 

ndw20.jpg

尾花ほどの鰻のエキスギューみたいな感じはありませんでしたが、上品な感じの鰻巻でした。二重構造でお湯がはいっており冷めないような配慮がされており、ちびちびと頂くことが出来ますね。固くしぼった大根おろし、山椒を使っていただきました。


 

ndw19.jpg

お重が到着しました。以外に早かったですね。

 

 

ndw18.jpg

鰻が縦に並んでいます。

 

 

ndw14.jpg

これが野田岩の鰻。どちらかというと表面カリっとした焼きではなく、見た目もふわっとした感じの鰻で舌の上でもふわっといく鰻。

 

 

ndw17.jpg

う巻もいただき、萩のボリュームで十分だと思いました。

 

 

 

ndw13.jpg

ご飯もべちょべちょしておらず、さすが一流店の炊きである。タレはあっさりしておる。

 

 

ndw16.jpg

香物3点盛りと大根おろし。口直しにも最適ですね。

 

 

ndw15.jpg

肝吸いは相当料理長の気合が入っている1品ですね、熱いのも仕様のうち。肝は1つ入っているタイプではなく固い部分が少しづつ入っている、むにゅっとした部分は入っていません。

 

次回は酒をいただきながら、鰻といきたい。

 

食べログ(掲載時点 3.88)

 

野田岩ホームページ

 

このページのトップへ

2019年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gthg11.jpg

JR恵比寿から渋谷橋方面へ徒歩で4,5分程度、わかりやすい場所にあるゴッサムグリルへランチに来てみました。もちろん夜がメインのお店です。2009年オープンですから10年くらい。

こちらのゴッサムグリルは系列店に渋谷・丸の内で有名なパン屋さんがあります。VIRON(ヴィロン)というお店です。東京のパンでも食べログで5本の指に入るというくらいすごいお店。

渋谷(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.94

東京(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.88

 

兵庫県加古川のパン屋ル・スティルが渋谷に2003年フランス風の店舗とバゲットを売りにしたヴィロンを進出しこれが当たって、それから牧場経営へと、牛乳・バター・クリームを提供し更には自社牧場のステーキハウスを出店しようとされて出されたお店とのこと。

 

 

gthg10.jpg

繁盛店にはひきつける何かがあるはずですよね。

黒板に書かれたランチメニュー。チョップドステーキ・グリル・ハンバーガー。チョップドステーキと名乗るハンバーグを提供しているお店は少ないので特に気になりますね。


 

gthg9.jpg

近隣にはIT、外資系も多いとあってか、サラダメニューも充実。サラダとスープとのセットもあるようでした。男性一人でサラダ食べている方も複数名見かけました。常連さんぽかったです。

 

 

gthg7.jpg

店内は奥に細長くキャパは44席。

 

gthg8.jpg

左側は調理ブース、店内にもドライエイジングのビーフが吊り下げられていました。

 

 

gthg6.jpg

メニュークリック、拡大

今日は初めてですので、チョップドステーキ 真ん中サイズ 225g 1700円をセレクト

フレンチフライ、サラダ添え パン付き パンはヴィロンのパンがなんとた・食べ放題。


 

gthg5.jpg

夜のメニューをお伺いしたら黒板を持ってきていただきました。

Tボーンから各種シェアサイズから取り揃えてありますね。岡山ジャージーは1g換算46円。なんかうまそうですね。

 

 

gthg4.jpg

系列店ヴィロンのパンですと紹介があり4種盛が届けられました、1つだけ頂きました。バターも美味しかったです

 

 

gthg3.jpg

チョップドステーキ。焼き加減はミディアムとウェルダンの中間で

ソルトアンドペッパー、マスタード、ケチャップで好みの味に調整していただきます。まずはサラダから頂いていきます。

 

 

gthg2.jpg

肉肉しくて素晴らしい。噛みしめるとギュー(牛)って。

 

 

gthg1.jpg

肉だけの塊です。225gはどうかなと思いましたが丁度良かったです。飽きずに食べることができました。ゴッサムグリルでは夜にワインとステーキというのも良さそうですね。

 

食べログ(掲載時点 3.69)

 

このページのトップへ

2019年6月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gsi11.jpg

維新號はついに明治・大正・昭和・平成・令和と5時代をかけた中華料理屋さんになりました。ルーツは明治32年(1899年)までさかのぼり、中国人留学生向けのお店は時代を経て、日本の経済界や財界からも支持を受ける中華料理店となりました。赤坂維新號銀座というとお店が赤坂にあるのではと思ってしまう。以前は赤坂にあって赤坂維新號と呼ばれていたようだ。

 

 

 

gsi10.jpg

今回は会合にて訪問。地階の個室は窓もなく個人的に息苦しい感じであまり好きではない。

 

 

gsi9.jpg

今日のメニュー。ここの名物はフカヒレの土鍋煮込みという。

 

 

gsi8.jpg

前菜盛り合わせ

 

gsi6.jpg

白木くらげと鶏肉のスープ

 

 

 

gsi5.jpg

大海老の三色風味

海老チリ風味、海老マヨ風味、バジルっぽい感じか

 

 

 

gsi4.jpg

ふかひれの土鍋煮込み

 

 

gsi15.jpg

具は青菜とフカヒレのみとシンプルです。フカヒレのあんもとろっとしており、結構どっしり感のあるフカヒレスープですね。

 

 

gsi1.jpg

北京ダック

1人1切。あまり好きでない北京ダックだから十分。

 

gsi2.jpg

お肉は用とされないようです。アジアではお肉でチャーハンとか焼きそばとかの具にするのですが。

 

 

gsi14.jpg

牛肉のXOソース

フカヒレというメインを過ぎてしまうと、この肉も魚も添え物でしかない感じです。盛り上がりが1回どころの中華の宿命ですね。

 

gsi13.jpg

白身魚の醤油蒸し

 

 

gsi12.jpg上海風焼きそば、饅頭、杏仁

これこそ、しゅんとして行くフィナーレ。

 

中華にはあうお酒が少ない。紹興酒とワインか。

gsi7.jpgルイ・ラトゥールのマコン・ヴィラージュ

 

gsi3.jpg

エル・ビンクロ アレハンドロ・フェルナンデス 2013 赤 EL VINCULO

産地 :スペイン、ラ・マンチャ
生産者 :アレハンドロ・フェルナンデス
品種 :テンプラニーリョ
味わい :やや辛口
ボディ :フルボディ

 

食べログ(掲載時点 3.61)


 

このページのトップへ

2019年5月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sisn4.jpg

宿泊先として選ぶことも多い、東京・白金台 都シェラトンホテル。閑静な住宅地でコンビニも都内の割には遠く、交通の便が良いわけではないのですが品川や広尾、目黒などにも近く、また静かなホテルとして人気のシェラトン都。


朝食券を使わなかった場合ランチ券としても利用できるということでしたので、ランチではじめてこちら四川に訪問してみました。朝食では何度か来たことありましたが。ホテルの中華ですし評価とか気にしていませんでしたが、都内の四川料理ではそこそこ高い評価なんですね、こちら。客層は土地柄かマダム系やビジネスマン。場所柄普通のサラリーマンというのは少ないです。



sisn5.jpg

ランチセット 2400円として朝食券が使用できるようです。税サ付きますので、それがただとはなんか得した気分。4種類のメインから選択できるようですね。アップグレードランチは麻婆豆腐が四川風辛陳麻婆豆腐+デザートになるようです。陳麻婆も気になりますがプラス1400円ですから、アップグレードにしては結構高め。今日はなしということで。

 

 

sisn3.jpg

春雨のマスタードソース和え

トマトとセリのスープ

ザーサイ


トマトとセリのスープの酸味が美味しい


 

sisn2.jpg

メインとして選択した 豚肉とキャベツの四川風辛子炒めと麻婆豆腐がご飯ともども到着。

 

 

sisn6.jpg

ホテル中華だけあって、クオリティ高いですね。


 

sisn1.jpg麻婆豆腐も熊本で食べるホテルの麻婆に似ていると思いました。これも美味しいです。アップグレードしなくても十分ですが、逆にアップグレードされた麻婆はどんだけ辛いのでしょうか。たぶん頭汗ダラダラになるでしょうね。


食べログ(掲載時点 3.77)

 



 

 

このページのトップへ

2019年5月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

thsn5.jpg

前回訪問時から約3年が経過しました。浅草線大門駅や浜松町南口からは徒歩7,8分と言ったところでしょうか、東京・芝大門にある、タイ国専門食堂に訪問。前回はタイの国旗がかかっていたのですが、今日は見えなかったので休みかと思ったら営業中でした。今日はフォー目当てで訪問、お昼すぐ前でしたが近隣のOLさんたちでかなり賑わっていました。前回はアーリーランチで店内を撮影できたのですが、とてもそんな状況ではなく。

 

 

thsn4.jpg

クリック拡大、戻る。

今日はクェイティオ・ナーム 汁ビーフン 800円にします。パクチーは大盛りプラスですが通常にしておきます。前回訪問時より多少メニューが進化して品数が増加していますね。パッタイとかなかったので。パッタイには混雑時はお時間をいただいておりますと書いてありました。

 

thsn3.jpg

ほどなくして汁ビーフン到着。これはかなりヴィジュアル的にすぐれた汁ビーフンですね。野菜のシャキシャキ感もあり、通常でぜいたくに盛られたパクチー、そしてボリューム感あふれる丼。フォーだけで物足りないかとも思いましたがそうではないみたい。

 

 

thsn2.jpg

豚肉のかたまりやフィッシュボールなども入っております。スープもあっさりしており美味しいです。多少物足りない時にはナンプラーを。

 

 

thsn1.jpg

麺も美味しいけど、もう少しコシがあると特に好きなんですが。さすがりタイ国専門食堂は周辺のOLさんに人気あるエスニックレストランです。

 

タイ国専門食堂 芝公園 カオマンガイ20食限定だし。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

前回掲載時 3.54 (+0.07アップ)

 

 

このページのトップへ

2019年5月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

unos7.jpg

新橋にあるうなぎのお宿さんを訪問。掲載は3回目ですが、訪問回数は4回目です、新橋にあって使い勝ってがよいのでたまに訪問しています。静岡の駿河淡水という鰻問屋さんの経営という鰻屋さん。

 

 

unos6.jpg

店内はカウンター席とテーブル席。鰻の焼く美味しそうな匂いが食欲をそそります。

 

 

unos5.jpg

いつも大ぶりうなぎ3分の2サイズの「お宿」を頼んでいたのですが、今日はそれほどお腹もすいておらず、一番ここでは安いメニュー、梅1800円を注文してみることにしました。鰻高騰の折、今や本格的な鰻屋さんでアンダー2000円で美味しい鰻を食べれる機会も減ってきましたね。

 

 

unos4.jpg

目の前には山椒、たれ、醤油など。

 

 

unos3.jpg

ほどなくして丼が到着しました。待ちすぎないこの時間も新橋ランチタイムでは重要。

 

 

unos2.jpg

うなぎ2分の1サイズが梅。大ぶりうなぎとは書いていないものの、どうみても大ぶりな鰻の3分の1と半分にカットしてある鰻のポーション入り。この値段で肝吸いまで付いてます。そして香物。

 

 

unos1.jpg

立派なうな丼だと思いますよ。ご飯のボリュームは大盛り+100円でできますが、普通にこのボリュームで十分です。

 

 

unos8.jpg

タレが少し少な目なのは自分で調節できるように別添タレがついているためでしょう。鰻も表面はカリッと中はふわっと、満足指数が高い鰻です。

 

 

unos9.jpg肝吸い


うな重を食べる機会がうな丼より多いのですが、今日はうなぎのお宿さんで食べて1800円の梅でも結構な満足感を感じました。

 

うなぎのお宿 うなぎ 東京・新橋 鰻問屋直営の鰻

鰻卸問屋直営 うなぎのお宿(2) 東京・新橋

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2019年5月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

沖縄編が続いています・・

那覇空港で最近必ず食べるもの

 

ポー玉です

 

potm2.jpg

ポークたまごおにぎり本店 那覇空港。到着ロビーにあります。いつも行列ですが、テイクアウトのお客様も多く列はさばけます。場合によっては画面左方面まで行列が90度に曲がっていることも。


あつあつのポー玉 美味しいです。

 

 

potm3.jpg

私が一番好きなのが明太ソースがはいったポー玉。280円。

玉子焼きも焼き立てで美味しいです。

 

 

potm1.jpg

こちらはスペシャルな

島豆腐の厚揚げと自家製油味噌 440円 一番高いメニュー。

 

 

potm4.jpgノーマルな ポー玉 250円

2個も食べれば十分お腹いっぱいになります。那覇空港へ行ったらぜひ寄りたいですね。市内にもお店あります。


ポークたまごおにぎり本店 那覇空港 これ食べないと。

ポー玉とステーキは外せない 那覇にて

沖縄編 ポー玉、ステーキ、牛すじ  みるく しゃぶしゃぶ

相当好きなんですね

 

続いてお茶をしただけなのですが、この店雰囲気もいいし、サラダとかとても美味しそうでした。

那覇市内から車で30分、アメリカテイストあふれる、美浜アメリカンビレッジの海沿いにある

VONGO&ANCHOR というカフェレストラン

 

vongo3.jpg

入口はこちらではなく海側から

 

 

vongo5.jpg

海側、風がめちゃくちゃ強い時があるからフードがしてありますが、そよ風だったらめちゃくちゃ気持ちよさそう。

 

 

vongo4.jpg

珍しくカプチーノを


 

vongo2.jpg海も見えて気持ちいいです

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

oknn1.jpg

沖縄といえばステーキなのですが、1000円ステーキは食べず、ホテルのディナーのメイン料理はステーキでした。キノコソースで濃厚な味。

 

 

oknn3.jpg

沖縄といえば、エンダー(A&W)のカーリーフライ、こちらはチリチーズトッピング。

エンダーは本土にないから、観光客にも大人気。


oknn2.jpg

ホテルでいただいた、海ぶどうご飯 ウィズ半熟卵。

プチプチ食感とご飯。なるほど。美味しい。

 

 

ss36.jpg

ホテルのバイキングの朝食のサラダと思いきや、

沖縄料理店でいただいた、シーザーサラダ。カット野菜に業務用シーザーサラダドレッシングかけてクルトンのせただけ。お店の名前は書けませんが。単品で600円って、。

 

では


 


 

このページのトップへ

2019年5月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kintako13.jpg

元祖タコライスを求めて来ました、沖縄県金武町(きんちょう)。那覇から高速を使って約1時間。キャンプハンセン(基地)がある金武の中心部はアメリカ風の建物が並ぶ場所。日本の田舎町と全然違うなぁ。夜はネオンがキラキラっぽい感じの街。そして真昼間から観光客、地元っ子とどんどん人が集まってくるのが、ここ、キングタコス。

 

kintako12.jpg

カフェメニューの定番ともなっているタコライス=タコス+ライスの発祥の地ですよ。ピンク色の建物だし目立ちます。看板はメキシコのカラーで、白がライス、緑はレタス、赤は肉、黄色がチーズだとか、うんうん。


タコライス発祥のお店。パーラー千里(創業者は儀保松三(ぎぼまつぞう)さん)で1984年から。基地でも提供されていたタコスをヒントにしたタコライス。パーラー千里とは別場所で現在キングタコスはファミリーで引き継がれています。


 

kintako1.jpg

お店の外のメニュー表。クリック拡大。

皆はタコライス目当てでしょう。


 

kintako2.jpg

店の中。とんでもなく忙しく調理されているのと、タコライスの量が ものすごすぎる。

 


kintako3.jpg

発祥であり、本店。

 

 

kintako4.jpg

タコス4PCS 600円と シンプルなタコライス 500円。タコライスっていうかミート飯。

 

 

kintako6.jpg

ホットチキン 6個で300円。唐揚げと思えばいい。ピリ辛ですが、揚げたてで旨い。

 

 

kintako9.jpg

タコスの皮は店内で揚げて、それから半分に折って具材を詰め詰め。野菜がシャキシャキでスパイシーな肉フレークと合いますね。うまい。オリオンビールが欲しくなる。

 

 

kintako5.jpg

王道メニュー、タコライスチーズ野菜。700円。イートインでもこのプラスティックトレイ。ご飯の量がハンパナイ。野菜の量もハンパナイ。はみ出てくることを了解済。

 

 

kintako7.jpg

いやいや、これ1人で食べれるんですかというボリュームです。ソースはケチャップとタコソースがあって、うまくブレンドしたり味の変化を楽しみながら頂きます。


 

 

kintako8.jpg

トレイの上に容赦なくはみ出てくる野菜とチーズ。拾って食べましたが。

 

 

kintako10.jpg

こちらはドライカレー。違ったタコライス。肉飯ですな。こちらも美味しいのですが、ご飯の量に対して飽きてきます。

 

 

kintako11.jpg

何度も食べてますが、タコライスって意外に好きかも。以外にスパイシーだから想像以上に食べれましたが、おなかいっぱいになりすぎます。

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 

ぐるたび(キングタコス)

 

 

このページのトップへ

2019年5月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kiso1.jpg

GWに沖縄へ行きました。美ら海水族館に行ったのですが朝9時に行ったのですがまだそれほど混んではいませんでしたが、午後とかものすごく混むらしいです。那覇方面へ戻る許田インターあたりもかなりの渋滞かと。以前、スキューバダイビングをしていたこともありますので、マンタやジンベエザメのゆっくりした動きを見ると癒されますね。ジンベエは海で見たことはありませんが。

 

 

kiso2.jpg美ら海水族館は2時間で切り上げ、ランチ場所は10年ぶりに訪問しようと本部のきしもと食堂 八重岳店へ。1905年創業の老舗本店も本部町にあるのですが、八重岳店は駐車場は敷地内ですし、ゆったり感があるので。多少行列はありましたが回転はよいですね。10年ぶりとわかったのも、ダイニングエクスプレスブログの記事にしていたからです。

 

 

kiso3.jpg

食券を購入します。3枚、5枚、10枚とかまとめ買いモードがあります。

 

 

kiso9.jpg

メニューはきしもとそばのみ でサイズが違うだけ。とてもわかりやすい。 特大 がLARGEで、大がMEDIUM、小はSMALL。小がSMALLはわかるけど。これって日本人と外人とサイズが違うってことなのか。Tシャツが日本ではLだけど、アメリカSみたいな。漢字を大中小にしたほうがよくないかなぁ。以前の記事を見ると大を食べたんだけど、特大でも食べれたみたいなことを書いていましたが。


というか今はノン麺派なので、今日は子供のスープと肉をいただき、50食限定のじゅーしー(炊き込みご飯)を食べます。

 

 

kiso4.jpg

コーレーグースは泡盛ベースだから入れるのはだめですね。

 

 

kiso5.jpg

これですよ、10年ぶり。大サイズ。

三枚肉2枚と赤身1枚。結構なボリューム。麺のボリュームすごいわ。それにジューシーも具材たっぷりで美味しそう。


 

kiso6.jpg

ほろほろとくだけやすい三枚肉。味もしっかり付いていて、うまいですね。麺は固麺、平打ち、ストレートでシコシコ感。しばらくスープに浸かっているとやわらかくなります。

 

kiso8.jpg

だしはかつおだしと醤油ベースで、かつおの香りがぷんぷんしますね。追加で魚粉を入れて食べたくなる。今回ひさしぶりに麺を2本ほどいただきました。


 

kiso7.jpg具材がたっぷり入ったじゅーしー。濃い味付けでおいしかったです。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

2009.1.7 手打ちそば きしもと食堂八重岳店 【沖縄県・本部町】

 

 

2007.10 手打ちそば きしもと食堂 【沖縄県・本部町】

このページのトップへ

2019年5月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gko15.jpg

このブログでも登場は3回目となります。前回3月に訪問したのは今回の行事の下見(舌味)もかねて。大甲橋そばの旧家をリノベーションしたオシャレスポットです。川が見えてテラス席が気持ちいシーズンになりました。

 

 

gko16.jpg

グリルクドウさん。今回は店内部分を全部貸切に。女性が多い会合ですので、料理と雰囲気に満足してもらわないと会場セッティングした私のセンスが問われます。

前回とは多少料理の内容は変えていただきました。

 

gko1.jpg

タコのマリネ

 

 

gko2.jpg

鴨のスモーク

 

 

gko4.jpg

いんげん豆

 

 

gko7.jpg

生ハムサラダ

彩りの美しさが目を引きますね。

 

gko8.jpg

あわびとアスパラガスの炒めもの

 

 

gko9.jpg

穴子のフリッター

 

 

gko10.jpg

シェルパスタ ラグーソース

 

gko12.jpg

メインの炭火焼きグリル。

岩塩に付けて食べるとお肉の旨みが出てきますね。

 

 

gko14.jpg

クレームブリュレのアイス載せ

皆さんからも好評だったデザート。

 

基本飲み放題で、1種類だと飽きますのでワインも色々とオーダー

gko3.jpg

Wine Men of Gotham Chardonnay ワイン メン オブ ゴッサム シャルドネ 2018

品種:シャルドネ100% 産地:南オーストラリア・マクラーレン・ヴェール、リバーランド、バロッサ・ヴァレー 樹齢:10−20年 平均収穫量:2.5-3トン/エーカー


 

gko5.jpg

ソアーヴェ クラシコ ピエロパン 2017
Soave Classico Pieropan

ソアーヴェでもっとも尊敬されている造り手として知られる「ピエロパン」の常に高い評価を得るスタンダードソアーヴェ。

ガルガーネガ85%、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ15%


gko6.jpg

 

gko0.jpg

ALSACE RIESLING

 

gko11.jpg

デ ボルトリ DB (ディービー) セミヨン シャルドネ 2018 デ ボルトリ社
De Bortoli DB Semillon CHardonnay [2018]


gko13.jpgOdfjell Armador Cabernet Sauvignon 2016 Valle del Maipo
オドフェル アルマドール カベルネ・ソーヴィニヨン 2016 ヴァジェ・デル・マイポ

 

 

今日は大人数でしたので、多品種のワインを品評しながら楽しい会となりました。


食べログ(掲載時点 3.12)

 

素敵なレストランが グリルクドウ GRILL KUDOH 熊本市九品寺

 

白川を望むレストラン グリル クドウ(2) 熊本市九品寺


このページのトップへ

2019年5月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ponsy14.jpg

朱鷺メッセで開催されたパーティの後の2次会で訪問しました。新潟駅直結の日本酒を広める施設、越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館。新潟の酒蔵の酒を全てきき酒できる場所。併設されたレストランが魚沼釜蔵。駅直結というのが嬉しいですね、冬とかは寒い風がぴゅーぴゅーですから、少しでも吹きさらしを避けたいですもんね。新潟駅の近くのホテルからも便利です。

 

 

ponsy15.jpg

酔い処 と書いてあるのが面白い。2次会で来ましたが、食べログ3.58の高得点のお店だからよいのではないかな、と思っていました。

 

ponsyu16.jpg

ずらっと冷蔵庫に入っている日本酒。こちらの日本酒のラインアップは本当に多い。味を変えて色々な銘酒を楽しむのにぴったりですね。

 

 


ponsy4.jpg

お酒のランク別に揃えられていて、説明もあるのでわかりやすく、90ml、180ml、270mlと選べます。すぐなくなるので、270を基本頼んで皆さんとシェア。色んな種類を飲みました。


 

ponsy1.jpg

メニューはこれ以外にもあるのですが、海鮮・肉・新潟の地の物まで色々とメニューはありますので、不足感はないですね。2次会なので好きなもの頼むパターンで

 

 

ponsy2.jpg

水・米が美味しい魚沼の日本酒はやっぱり美味しい

 

 

ponsy3.jpg

刺身のセット

 

 

ponsy5.jpgお通しの野菜スティックと味噌

 

 

ponsy6.jpg

お通しだろうか、かつお味噌

 

 

ponsy7.jpg

いかの一夜干し

 

 

ponsy8.jpg

細すぎるししゃもと思ったら、 能生直送干物 げんぎょ 450円。

げんぎょははじめて聞いた名前ですが、深海魚で上越の幻の魚だとか。食べる前に食べられてしまった。


 

ponsy9.jpg

栃尾の特大油揚げ 納豆はさみ焼き 650円

新潟名物ですね、表面はカリッと大きな油揚げ。

 

 

ponsy10.jpg

頼んでみました のどぐろの塩屋き 一匹 3700円

脂は上品な感じの焼き物。日本酒を飲みながらいただくとかなり新潟気分満喫。



ponsy11.jpg

さばの干物 1180円

 

 

ponsy12.jpg

特大本まぐろカマ焼き

 

 

ponsy13.jpg和豚もち豚味噌カツ

 

日本酒沢山種類を頂きましたが、美味しい日本酒を飲んだせいか翌日は以外にすっきりでした。

 

食べログ(掲載時点 3.58)


 

 

このページのトップへ

2019年5月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssys14.jpg

出張で新潟市へ。新潟といえばコシヒカリの米どころ、そして新鮮な魚介。せっかくなら美味しいものを食べたいということで新潟駅で寿司屋さんをチェックしていましたが、こちらのお店をネットで見つけ、90%はあきらめていましたがオープン直前に電話。なんとなんと超ラッキーなことに1席カウンター席にお通ししてくれました。運がよく普通は当日なんてとてもとても予約できないそうです。


新潟駅からはタクシーで10分弱。鍛冶小路と本町4番。なんと創業は昭和3年、先代が屋台からはじめた江戸前鮨の流れが脈々とながれている本格店です。養殖ものは使わないとのこと。楽しみです。

 

 

ssys15.jpg

新潟県寿司組合が設定している「極み」というコースがあります。3,500円で特上10貫にお椀。これが握りの一番人気ですね。


 

ssys18.jpg

カウンター8席と小上がり席。大将と会話しながらいただく寿司。堅苦しい雰囲気ではなくきさくなご主人です。

 

 

ssys16.jpg

ランチメニューには生ばらちらし 1000円というサービスメニューもありますが、ここは握りですね。ちらし食べている方もいらっしゃいました。

 

ssys17.jpg

隣の人は日本酒を・・・美味しそうでした。

 

 

ssys19.jpg

会議がありますので、ノンアルコールで雰囲気だけでも。

 

 

ssys20.jpg

寿司安、大将と話しているんですが、お店が休みの日が月に数日あってなんとJR東日本のトランスイート 四季島(JR九州でいう七つ星)でお寿司を握られている3店のうちの一つとのこと。すごいですね。

 

 

ssys21.jpg

最後ではなくて最初に卵

 

 

ssys22.jpg

明朗にわかる価格となっているので、よいですね。

 

醤油はつけてくれますので、そのままいただきます。大将いわく寿司は醤油をべちゃべちゃ付けるものではない。

ssys1.jpg

ほうぼう

 

ssys2.jpg

コハダ

 

ssys3.jpg

めだい 藻塩をつけて

 

 

ssys4.jpg

うまづらはぎ

隣のカップルと提供が同じでしたので、お互い「ウンウン」といいながら食べる。アンジャッシュ渡部がテレビでウンウンいって寿司を食べる理由がわかるー。

 

ssys5.jpgぶりとろ

 

ssys6.jpg

南蛮えび (新潟での呼び方)普通は甘えび

自家製えびから作った魚醤につけて 本当に甘くて美味しい。

 

 

ssys8.jpg

いくら

 

 

ssys9.jpg

北海道の生うに 海苔なしで。濃厚な味ですね

 

 

ssys10.jpg

トロ わさびが沢山載せてありますが、トロの脂が多くて丁度いい

 

 

ssys11.jpg

酢イカ

ここでコース10貫は終了ですが、少しだけ追加

 

 

ssys12.jpg

のどぐろ

脂が乗っていますが、適度な量だから嬉しい。ベタベタすぎるわけじゃない。

 

ssys13.jpg

〆はかんぴょうにて

 

 

ssys7.jpg

お味噌汁


1貫毎いただけでこのクオリティ。大将から「次は新潟いついらっしゃるのですか」と優しい言葉がけが。特に予定はないのですが、美味しい寿司食べにまた来たいなぁと思ってお店を後にしました。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

 

このページのトップへ

2019年5月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

台北編ラストは 小龍包のディンタイフォン。台湾料理にだいぶ飽きてきているのですが、初台湾でディンタイフォンに来たことがない人がいたので、こちらに。私は2度目です。台湾に来る日本人にも大人気のスポットです。お店は何店舗かあります。熊本鶴屋にも店舗がある、ディンタイフォン。日本と少しメニュー違います。

 

dth17.jpg

新光三越店の地階2階にある店舗に行きます。2014年オープン。ディンタイフォンは予約できませんし、とても人気があるので、デパートのオープンの11時より少し前から行列していれば確実に入れるとのことです。デパートに並んでいる人よりディンタイフォンのために並んでいる人が多い。デパートのオープンより少し早い10:50には店舗に案内してくれます。

 

dth16.jpg

お客さんが一杯になったら整理券をもらってお店の前に並びます。

 

 

dth15.jpg

これだけの席もあっという間に一杯になります。11時から食事を開始しますが、どんどん料理が運ばれてきますので30分もあれば食べ終わって退店する人も多いので回転は良いですね。

 

 

dth1.jpg

前菜の見本ショーケース。海外でも日本の食品サンプルが並べられることも珍しくなくなりました。

 

盛のサービスがサンプルよりいいですね。

 

dth3.jpg

 

 

dth4.jpg

 

 

dth5.jpg

 

 

dth14.jpg

 

 

 

dth10.jpg

 

dth6.jpg

豚肉。好んで食べられていますね

 

 

dth7.jpg

小龍包 10個入りのせいろ。10個で円換算して750円くらいです。日本では6個で908円ですから、台湾では1個75円、日本では151円。半額といったところでしょう。普通は餃子とか焼売は食べませんが、これを食べないわけにはいきません。

 

 

dth8.jpg

日本で食べる時はかなり熱々ですが、こちらはそうでもないかな。たまたまなのか。

 

 

dth2.jpg

生姜醤油で頂くとの説明書

 

 

dth12.jpg

焼き餃子 羽根パリ

 

dth13.jpg

鳥スープ

 

 

dth9.jpg

海老炒飯。小龍包10個とほぼ同じ値段。海老がかなりたっぷり入っているではないですか。こんな海老チャーハンめったに見ません。そこそこ大きいのでシェアして。

 

 

dth11.jpg

胡麻団子

 

台湾で小籠包を食べるなら 鼎泰豊がオススメ! 何を食べるべき?並ばず食べるには? 

 

台湾料理を各種いただきました。日本に帰ってきたらさすがにしばらく中華はいいかな・・・となりました。

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年5月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

台北まだ続きます。

 

hinabe14.jpg

台北に詳しい人が今回アレンジをしてくれたのですが、今日の夕食は火鍋。台湾料理に少し飽きてきたので丁度良かったです。本場の火鍋ってどんなものでしょう。台北でも有名な這一鍋。台北に3店舗あるようです。

 

 

hinabe13.jpg

入口もゴージャスで、中もテーブルはセパレートされていて落ち着く空間ですね。強めにエアコンが効いていますので、暑くないどころか、鍋をしないと寒いくらい。

 

 

hinabe15.jpg

鍋を選びます。結局2種鍋がいいということになりますね。辛い定番の御膳麻辣鍋と、チキンベースの老火湯を選択、おしどり鍋というらしい。

 

 

hinabe1.jpg

基本料金に基本の野菜と肉とかがついていて、スープや豆腐は食べ放題らしいです。あとはトッピングで食べたいものをどんどん追加オーダーします。牛肉、豚肉、羊肉などを食べましょう。

 

 

hinabe2.jpg

ミンチボール系も人気アイテム

 

 

hinabe4.jpg

赤いやつは唐辛子なんですが、レバーが入っていると思ったら鴨血というらしいですね。

 

 

hinabe6.jpg

辛そうなのですが食欲をそそってしまうから怖い。それに辛い鍋にくぐらせた食材はゴマダレと相性がよいこと。マイルドになるから。

 

 

hinabe3.jpg

醤油やネギ、にんにく、などなど 調味料バーがあって取り放題。これはすごいですね。胡麻ダレが食べ放題。

 

 

hinabe5.jpg

胡麻ダレも濃厚で味も私が好きなマイルドタイプながらみずあめのような糖は少ないんじゃないかな。ねぎを入れて。

 

 

hinabe7.jpg

ラム(羊)は火鍋によく合います。

 

 

hinabe11.jpg美味しいので追加オーダーします。

 

 

hinabe9.jpg

きのこもよいのですが、生キクラゲが美味しかった。日本でも最近生キクラゲ提供していますが、値段は高いですが、台湾は乾燥キクラゲも作っているだけあって生キクラゲも安い。

 

 

hinabe12.jpg

到着したときは、ドライアイスのスモークの演出があった牛肉カーテンことビーフ肉。今日は豚かラムが合うと思いました。

 

 

hinabe8.jpg

かなり食べてビールを飲んだ気がするのですが、一人3千円弱程度だったのではないでしょうか。

 

 


 

 

このページのトップへ

2019年5月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

台北シリーズ

 

ztsiny1 (2).jpg

台湾で有名、リーズナブルで若い台北っ子に人気の四川料理、KIKI(キキ)に。1991年創業で現在台湾に9店舗ほど展開。

 

 

ztsiny1 (16).jpg

KIKIの経営陣は台湾の芸能人ということも手伝ってか人気。しかしそれだけではお店は続きません。味の研究にも余念がなく、店舗デザインとかにもこだわっているとか。台湾を代表する四川料理店ということですね。

 

 

 

ztsiny1 (15).jpg

辛そうな料理が。。唐辛子マークがついていますが調整してくれるそうです。

 

 

ztsiny1 (14).jpg

辛くないのもありますから安心を

 

 

ztsiny1 (13).jpg

台湾ビール

 

ztsiny1 (12).jpg

いきなり超辛そうな炒め物。チキンですね。辛くないと言われて唐辛子を食べてしまった、紳士は撃沈していました。

 

 

ztsiny1 (11).jpg

青菜というと辛子ははいっていないはずだが、ピリ辛菜です。

 

 

ztsiny1 (10).jpg

オアシスともいえる、ふんわか豆腐。これが一番いい。

 

 

ztsiny1 (9).jpg

豆菜。スパイシーで美味しい、気に入りました。

 

 

ztsiny1 (8).jpg

海老を素揚げにしたもの。

 

 

ztsiny1 (6).jpg

白身の天ぷら

 

 

ztsiny1 (5).jpg

餃子

 

 

ztsiny1 (4).jpg

担担麺

 

 

ztsiny1 (7).jpg

麻婆豆腐

かなりマーが効いていますが、これはクセになりますね、辛さ的には甘ちゃん仕様だと思います。


 

ztsiny1 (3).jpgこれもオアシス的チャーハン。チャーハンの激辛とかあまりない。

 

しかし人気になる理由はわかります、安くて美味しい。

 


 

このページのトップへ

2019年5月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

以前台湾に行った時に、ゴルフ場で食べた台湾料理は塩気が多くてめちゃくちゃ美味しくないなぁと思っていたのですが、今回ゴルフ場でいただいた台湾料理はとても美味しかったです。ゴルフ場で美味しいものが食べれるとは思いませんでした。台湾のゴルフ場ではロールスロイスとかベントレーとかポルシェなども多く、メルセデスの小さいものはフツーの車に見えるほどリッチ層が沢山。ということで必然的に提供される台湾料理もレベルが高いものなんでしょう。

 

ztsiny1 (24).jpg

豆菜 炒め物

これはスパイシーでレベルが高い仕上げ方だぁ。

 


 

ztsiny1 (23).jpg

青菜の炒めもの

シンプルイズベスト

 

 

ztsiny1 (22).jpg

豚肉とか椎茸とか炒め物

 

 

ztsiny1 (21).jpg

海老チリ

レベルが高いと思ったら、ここのお店は台北のホテルの中華料理店の系列でした。

 

ztsiny1 (20).jpg

酸辣湯(サンラータン)

日本でもおなじみの酸っぱいスープ。美味しいです。

 

 

ztsiny1 (19).jpg

台湾ではよく食べられる 切干大根の卵焼き

大根の食感が良いですね。

 

 

ztsiny1 (18).jpg

おなじみ焼きビーフン

 

 

 

ztsiny1 (17).jpg

麻婆豆腐

うまい。

 

 

twr1.jpg

豆腐の炒めもの。

柔らかい食感のこの豆腐が美味しすぎる

 

 

twr6.jpg

豚肉の薄切り 雲肉片(うんぱいろう)

 

 

twr5.jpg

牛肉の炒めもの

 

 

twr4.jpg

焼きビーフン

 

twr3.jpg

チャーハン

 

twr2.jpg麻婆豆腐

こちらは比較的あっさりめ。

 

多品種少量食べています。スケジュール上許されないのですが、洋食が食べたくなります。

 

このページのトップへ

2019年5月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ztsiny1 (1).jpg

台北に視察旅行で行きました。食事関係のテーマとしては「台湾料理を食べつくす、しかも普通クラスのお店で」ということで、今回はミシュラン星のお店などなく、3000円以下クラスのお店で沢山食べました。しかし数日続くとさすがに台湾家庭料理でも飽きますね。お寿司とか洋食が食べたくなりました。記録もかねてご紹介しましょう。


 

ztsiny1 (41).jpg

こちらのお店は創業約50年の台北では有名な台湾家庭料理のお店。現地の人他日本人駐在員などにも大変人気のお店です。価格もリーズナブル。1品は1000円弱からあとは食材によります。

 

 

ztsiny1 (40).jpg

写真があるからわかりやすいですね。もうどんどん好きなものをオーダーしちゃいましょう。中華テーブル1卓個室を貸し切りました。

 

 

ztsiny1 (39).jpg

鶏肉の蒸し物

 

 

ztsiny1 (38).jpg

蒜香醃蜆仔(しじみのニンニク醤油漬)

しじみを約50度の温度でゆっくり加熱して、半生の状態を醤油とニンニクに漬け込んであります。かなりニンニクの臭いがきつい。しじみは嫌いではないですが・・・

 

 

ztsiny1 (37).jpg

台湾といえば、からすみ。大根にはさんでチマチマ頂きます。紹興酒に合いますね。

 

 

ztsiny1 (36).jpg

牛カルビ肉のような炒め物。

 

 

ztsiny1 (35).jpg

空芯菜の炒めもの

台湾料理の定番ですね、しかも美味しい。

 

 

ztsiny1 (34).jpg

牡蠣の卵とじ

これも定番品。今日はまだ初日なので牡蠣は食べませんでしたが。

 

 

ztsiny1 (33).jpg

イカボール。思ったより弾力が強く。

 

 

ztsiny1 (32).jpg

豚足の煮物 ピーナッツ

 

 

 

ztsiny1 (31).jpg

レバーを焼いたもの

 

 

ztsiny1 (29).jpg

酢豚

 

 

ztsiny1 (28).jpg

豆腐と海老の炒めもの

台湾料理の豆腐は美味しいなぁ、ほっとする味

 

 

ztsiny1 (27).jpg

はまぐりのスープ

 

 

ztsiny1 (26).jpg

チンジャオロース

ピーマンも細切ではないし、少し雑なのか、これが普通のチンジャオなのか。

 

 

ztsiny1 (25).jpgチャーハン。普通に美味しいんじゃないですか。

 

欣葉(シンイエ)が絶対オススメです 

このページのトップへ

2019年5月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

okian7.jpg

子供たちを連れて上野動物園でパンダの香香(シャンシャン)を見てランチタイム。どこに行こうかと考えてせっかくなら上野で美味しくて安い老舗というチョイスでこちらに3年ぶりに訪問してみました。翁庵さん。上野駅から歩いて数分。1899年創業の翁庵は歴史がある老舗のそば屋さん、といっても高級感ただよわせているわけでもなく庶民的で、仕事が素晴らしい。常連になってさらっと訪問して日本酒と蕎麦なんていただきたる風情。

 

 

okian9.jpg

蕎麦は最近食べないので、丼ものチャレンジです。

 

 

okian6.jpg

メニューは豊富でイカ丼とか珍しいものもありますが、順当に親子丼 並 950円を。チケットを入口で購入してから席に着きます。今日は急な階段を上がって2階に。かなり風情のある店内。

 

 

okian1.jpg

しばらくして緑色の丼が登場しました。本当に従業員の若い女性の方もテキパキ無駄な動きがなく働いておられて好感が持てます。

 

 

okian2.jpg

くーっ、このお蕎麦屋さんらしい親子丼。いいですね。

つゆだく だとテンションが下がりますので、つゆ少な目でオーダー。

 

 

okian3.jpg

卵がレアという親子丼もよいのですが、こちらの卵はミディアムです。これがいいんです。

 

 

okian4.jpg

甘目のある醤油タレ。ご飯にめちゃくちゃ合います。

 

 

okian5.jpgこちらは、かつ丼

 

ローテーションも早く食べたら出る。

 

翁庵(おきなあん) 上野の蕎麦名店 ねぎせいろ

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2019年4月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sdc1.jpg

西麻布にある創作和食料理 ラ・ボンバンスの姉妹店のスダチ(SUDACHI)を土曜ランチで訪問。ラ・ボンバンスは10年間ミシュラン1つ星を獲得。残念ながら2018年のミシュランでは落選となったようですが。スダチは南青山7丁目。高樹町あたりは公共交通機関の便利が悪い場所。広尾の高級住宅地にもほど近く、大人の飲食店が多いゾーンです。スダチはファミリーマートの地階にあります。

 

sdc20.jpg

地階に入るとカウンターが先ず目に入ります。個室は2部屋。落ち着いた空間です。

 

 

sdc4.jpg

ランチのコース料理です。安いほうのコース。前菜4種。

 

 

sdc5.jpg

どれこれ1品が手が込んでいます。

 

 

sdc6.jpg

温かいものは最初に召し上がってください、と言われました。メニュー表はありませんでした。

 

 

sdc7.jpg

椀もの

 

 

sdc8.jpg

お出しもしっかりとってあって、美味しい。

 

 

sdc9.jpg

お刺身。4人で訪問したのですがそれぞれの器が違っていて楽しい演出ですね。それに器によって料理の見え方も全然違います。面白いなぁ。

 

sdc10.jpg

 

 

 

sdc11.jpg

ランス料理風のローストビーフとアスパラガス

ハート形の可愛いお皿こちらは白バージョン

 

sdc12.jpg

黒バージョン

 

 

 


 

 

sdc13.jpg

名物と言われるこちらの鯛茶漬け。茶漬けは嫌いなのですが、名物とあれば美味しんでしょう。

 

 

sdc18.jpg

土鍋で炊いたご飯、新潟県産米。ほかほかです。最後食べきれなかったら白おむすびにしてテイクアウトさせてくれました。嬉しかったですね。

 

 

 

sdc14.jpg

鯛茶漬け、あまり食べたいのですが、こちらの鯛は胡麻ダレ仕立て。九州の方はゴマサバとか食べますけど、鯛茶のごまダレというのも九州なのでしょうか、わかりませんが。相当コクの強い胡麻ダレですね、なんというんですか、クセになる濃さというか。パンチがありすぎといえば、そうかもしれませんけど。

 

 

sdc16.jpg

ご飯にのせてみました。結構なボリュームがあります。全部ではありません。普通なら鯛茶漬定食ができるレベルの出来ですね。コクのあるゴマダレが炊き立てのご飯と絡んで、結構お腹一杯だったのですが、するすると入ります。

 

 

sdc17.jpg

茶を入れるのは好きではないので、これは違う人の写真

 

 

sdc19.jpg

白く見えるのは、コーヒー味のブランマンジェ。白いけどコーヒーという視覚と味覚のギャップ料理。ゆっくりいただいたランチ。美味しかったです。


 

食べログ(掲載時点 3.84)

 

スダチ ホームページ

このページのトップへ

2019年4月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

labu16.jpg

東京赤羽橋にあるフレンチ L'aube(ローブ)。今回は桜満開の3月末の訪問で昨年7月に訪問依頼2度目。

 

 

labu14.jpg

入口はビルの1階で少しわかりにくいのか、遅れる人も。

 

 

labu17.jpg

今回は6人で訪問しました。コンパクトにまとまった店内ですが、照明の適度さもあってか隣の人との距離感も気にならず。今橋シェフ、平瀬パティシィエ、石田ソムリエのコンビネーションは前回の記事でも書いたように、ローブの良さを最大限に引き出しておられます。昨年度もミシュラン1つ星を獲得。

 

 

labu15.jpg

料理が5皿+2デザートでコース9000円、4皿+1皿で7000円と比較的リーズナブルな価格帯のフレンチにもかかわらず、1皿1皿が渾身作で満足度の高いフレンチのため2度目の訪問となりました。ワインも比較的リーズナブルな価格帯のものも多く、第三世界のものも多く揃えてあります。

 

 

labu19.jpg

アミューズ

新玉葱のスープ

 

 

 

labu1.jpg

土佐ジローの卵

 

 

labu2.jpg

 

 

labu3.jpg

イカ カモミール

 

 

labu4.jpg

これは結構特徴のある味ですが好きなアレンジメントですね。

 

 

labu5.jpg

グリーンアスパラガスとハーブ

 

 

labu6.jpg

ホルスタイン カレープラント

1皿ごとの綺麗な盛り付けがとても目を引きます。もちろん味も。

 

 

labu7.jpg

五島列島イサキ ハーブ

 

 

labu8.jpg

仔羊 牡蠣

 

 

labu10.jpg

柑橘 ココナッツ

 

labu11.jpg

 

labu12.jpg

宝石にみたてたチョコレート

これは6人分。お好みでチョイスできるのですが、4つセレクトをお願いしました。前回は夏だったのでアイスだったのですがこのチョコレートはそれぞれ味が違ってとても楽しいですね。普段に買って食べても結構なお値段がするチョコレートですね。


labu13.jpg

まるで宝石箱ですね。

 

labu18.jpg

Gary Farrell Russian River Valley Sellection Chardonnay

ギャリー・ファレル ロシアン・リヴァー・ヴァレー・セレクション シャルドネ 2016 750ml 10K


『伝説のパリ・テースティング』においてカリフォルニアが勝利した際、Ch.モンテレーナのワインに使われていたことで一躍有名になったバチガルピ・ヴィンヤードを始め、ロシアン・リヴァー・ヴァレーの8つの高品質な契約畑から厳選した葡萄を使い豊かな陽光と冷たい海風を感じさせるバランスの良いシャルドネ。

 

labu9.jpgBOUCHE DU RHONE 2016 TREVALLON 2.6K

 

Restaurant L'aube (ローブ)(1) 東京・赤羽橋 芸術性ある料理に感動

Restaurant L'aube (ローブ)(2) 東京・赤羽橋 芸術性ある料理に感動

 

食べログ(掲載時点 3.99)

 

レストランローブ ホームページ

 

このページのトップへ

2019年4月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

borr11.jpg

目黒あたりでお店を検索して、訪問してみました。リストランティーノ・ルベロ。イタリアンです。JR目黒駅から目黒駅を白金方面に、途中路地にはいってすぐ、徒歩5分とかからない便利な場所です。しかし路地に少しはいっただけで静かな雰囲気。

 

 

borr10.jpg

路地からさらに左折してお店へ

 

 

borr12.jpg

60年の一軒家レストラン。オープンは2007年だから10年以上も前ですね。

 

 

borr13.jpg

1階は3テーブルの12席、2階は18席とのことですから30席ですが、個人的には1階の雰囲気のほうが落ち着いた感じがして好きでした。今回の食事も1階にて。

 

 

borr14.jpg

テーブルデコレーション。ナプキンがシャツみたいでネクタイがパスタに着色して作ってあります。他の方は色違いが準備してありました。

 

 

borr15.jpg

事前予約のコースメニュー 6500円。8000円コースもあるのですが、これくらいの価格は東京では使い勝っての良い価格帯なんですよね。

 

 

borr16.jpg

コースメニューを頼まない場合はアラカルトをシェアする方法でいただく。

 

 

borr18.jpg

ナプキンを取ったお皿の図柄もバチカンですか、素敵ですね。

 

 

borr20.jpg

料理のスタート

新玉葱 空豆

あったかく濃厚なスープが胃をほっとさせますし、チーズをカリッと焼いたものが美味しい

 

 

 



borr21.jpg

真鯛、筍、白子

白子は右手前。普段は苦手なもののひとつですが量も少なく炭火で表面をカリッとやいていて美味しい。茶色のものがチーズパウダーでこれにつけていただく。

 

borr3.jpg

ANTIPASTO CARDO 肉のアンティパスト

ブッラータ 和牛テール マッシュルーム

ここまで食べるとルベロさんの料理は美味しいなと思えてきます。これからの料理も期待できますね。

 

 

borr5.jpg

サルサ・ヴェルデ 新じゃがいも

 

DSC07443.jpg

合馬の筍 国産最高級スパゲッティ

どこのパスタか興味があって聞いてみましたが、忘れました。北九州の合馬の筍、春らしいパスタですね。少量にしてもらいました。

 

 

 

borr24.jpg

クラッタ パルミジャーノ カルナローリ

これは美味しい1品ですね

 

 

 

borr25.jpg

サルティンボッカ 山形豚

サルティンボッカは調理法みたいなもので、イタリア語で「口に飛び込んでくる」という意味で、それくらい美味しくて食べられる料理


 

borr23.jpg

ティラミス マスカルポーネ

 

 

borr22.jpg

エスプレッソ

 

ワインはボトルからグラスからイタリア物を中心に多くの品揃えがありますね。詳しい説明も読みながら自分が飲みたいワインをグラスで注文できるので、嬉しいですね。白2杯と赤2杯をセレクト。

ルベロさん、料理も美味しいしあまりイタリアンは食べないのですが、結構いいと思いました。

 

 

borr17.jpgborr19.jpgborr1.jpgborr2.jpgborr4.jpgborr6.jpgborr8.jpgborr9.jpg

 

食べログ(掲載時点 3.99)

 

ルベロ ホームページ

 

このページのトップへ

2019年4月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

simp12.jpg

通称白本として有名な「東京最高のレストラン 2019」の昨今話題のレストランの一つとして一番最初に掲載されていたフレンチ、「サンプリシテ」を訪問しました。オープンは2018年の1月ですから1年少し。


コース料理の大半を占めるのは魚介類。それも熟成魚をも特徴としている。場所は東京でも屈指のオシャレエリア、代官山。高級なフレンチが多いとはいえないゾーンですが、わかりやすい場所にあります。

 

 

sip13.jpg

Sの字がお魚にもなっています。シェフは相原薫さん、フランスでの修業後、銀座レカンでスーシェフ、広尾「レヴェランス」、荻窪「ヴァリノール」でシェフを努められて独立。


 

simp13.jpg

2階にあるドアを開けて店内に入ると

 

 

simp14.jpg

正面にはシェフズテーブルのカウンター席、奥にはテーブル席が広がります。シンプルな内装です。個人的にはもう少し照明が暗いほうが好きなんですが。

 

 

sim0.jpg

基本的にはペアリングのお店ですね、知りませんでした。私的には自分で選択したワインをじっくり飲みたい派なのですが、今回は無理をいってワインは選んだワインをボトルでいただきました。シャンパンはグラスでピエール・パイヤール ブージー レ・パルセル グラン・クリュ


 

simp000.jpg

サンプリシテ、日本語では単純な、簡素な。<簡素さ>は美しさの原点であり終着点、そしてフランス語では女性名詞です。

 

 

simp00.jpg

毛蟹 蕎麦

蕎麦粉のガレットの中には毛蟹 スタートからいいですね。


 

simp16.jpg

帆立

上にはトリュフ刻み

これもいいですわ

 

simp15.jpg

マドレーヌ

小麦かと思ったらカリッとしたマドレーヌ(黒オリーブと竹炭を練り込んだもの)の中から生ハムのだし汁とオリーブピュレのスープが。いやぁ、美味しかった。

 

 

simp17.jpg

しらす ボルディエ

パンにボルディエバター、しらすにキャビア。これも口の中でのハーモニーが素晴らしく美味しくてもっと食べたくなります。



simp18.jpg

つづいて玉手箱と

 

 

simp10.jpg

開けると、薫香

 

 

simp11.jpg

7日間熟成鰤ですね。


 

simp1.jpg

桑名 蛤 菜の花

ジュレ仕立て。蛤が白ワインと・・・素晴らしい


simp2.jpg

舞鶴 黒鮑 黒トリュフ

 

 

simp3.jpg

なんとも柔らかい黒あわび、満足。

 

nanaohoso.jpg七尾 細魚 白アスパラ

青い皿に映えますね。とても鮮やか。

 

simp4.jpg

五島林鮮魚 平すずき

五島列島福江の魚のプロ、林鮮魚さんから届く魚。うーむ。

 

 

simp6.jpg

ようやく肉。というか魚・貝で十分なコース仕立て。

銀の鴨 塩タマチャン

 

 

simp7.jpg

苺 ヨーグルト

 

simp8.jpg

蕗の薹(ふきのとう)

 

simp9.jpg

エスプレッソ

 

流れるような仕事のなせるフレンチ。季節ごとに来ても楽しいんでしょうね。

 

食べログ(掲載時点 4.24)

 

サンプリシテ ホームページ

このページのトップへ

2019年4月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

msgo1.jpg

高樹町から日赤病院方面へ入った道の左側の2Fにあるコントワールミサゴ。料理の美味しい旨いものフレンチのお店があると聞いて今回機会があり訪問を。このあたりは地下鉄の駅からも15分以上かかる遠い場所で、近くには広尾の高級住宅地。美味しいお店も沢山ある大人の穴場ゾーン的場所。住所は西麻布4丁目。

 

 

msgo2.jpg

コースは7500円から。美味しいモノそして店名にコントワール(フランス語でカウンターを意味する)とあるだけあって、シェフズカウンターがよい席なのでしょう。アラカルトも豊富、ここでは好きなものを自由に頼むもよさそう。ポーションも調整してくれます。そしてジビエ関係もお得意とのこと(私は苦手ですが)

 

msgo3.jpg

悩んでしまうほどのメニューがあり、パスタやカレーとか以外なメニューもあるビストロフレンチ

 

 

msgo4.jpg

しっかりめの味付けのフレンチとふんだので、個人的にあまり量は食べれないと思う。

 

 

msgo5.jpg

Lの字カウンターとテーブル席で20席ほど。落ち着いたレトロっぽさを少し感じる店内です。

 

 

msgo7.jpg

アミューズで メジマグロのお寿司 お寿司はシェフが以前お寿司屋さんに働いていたためか、洋風ドレッシングで味付けをしてあり、洋風お寿司です。

 

 

msgo10.jpg

アン肝とカブ 金柑のコンビネーション

カブのピューレと金柑が濃厚なアン肝をうまく引き立ててていますね。

 

 

msgo11.jpg

バーニャカウダ

ソースが滑らかで美味しいです。

 

 

msgo8.jpg

こちらのシグネチャー的料理のひとつでもある

北海道産生ウニとコンソメジュレのアンサンブル

 

 

msgo9.jpg

生ウニたっぷり、スムーズでジュレのさわやかな濃厚さとあいまって、なんとも白ワインといただくと至福のひとときです

 

 

msgo12.jpg

ポルチーニ茸といろいろなキノコソテー

 

 

msgo13.jpg

黄身とからめて、ぎゅっと濃縮した味のキノコたち。

ここの料理はすごくレベルが高いなぁと思いました。


 

msgo14.jpg

オーストラリア仔羊のロースト

こちらもグリル具合が最高の仔羊。ソースも美味しい。

 

 

msgo15.jpg

モンブラン

油断したすきに溶け出しました。


料理はどれも美味しかったです。一つ、カウンターの後ろをサーブのために何度も通られるのが気を使ったくらいですかね。

 

msgo6.jpg

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ ザンブラゼ 2015
Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Embrazees 2015

生産者:ヴァンサン エ ソフィー モレ /Vincent et Sophie MOREY

 

 

食べログ(掲載時点 4.06)

 

ホームページ

 

このページのトップへ

2019年4月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

imh16.jpg

会食でこちらに訪問しました。明治28年創業でこの地での開業は昭和27年、人形町の下町風情の残る場所にある人形町今半さん。今半というお店はすき焼きでよく聞きます。浅草の今半とかありますが、どれも浅草の今半本店をルーツとしており現在は都内の4店舗は独立経営とのこと。(WIKIPEDIAによる)人形町今半はデパートなど色々なところにありますので、見た方も多いかと。JR博多駅にもあります。ステーキ重は食べたことあります。

 

 

imh17.jpg

1Fは鉄板焼き、2Fはしゃぶしゃぶ、すき焼き。

 

 

imh18.jpg

前菜から。牛肉のしぐれ煮も美味しい。

さまざまなことを思い出す桜かな しみじみとそうですね。

 

 

imh1.jpg

お造りも、上品なものたちが。

これは日本酒ですね。


imh20.jpg小吸物

胃があたたまって嬉しいですね。

 

imh2.jpg

炊きあわせ

 

 

imh3.jpg

野菜。これで4人前なのでなんてことはないですね。

 

 

imh5.jpg

お肉などおかわりはしない前提で、コースのお肉4人前。ということは1人3切れですね。これくらいは普通にいけます。

 

 

imh6.jpg

栃木のお肉らしいです。かなりサシが入っていますので、脂っぽいかなーと危惧

仲居さんがすき焼きを作ってくれます

 

 

imh7.jpg

薄底の鍋にわりしたを投入、すぐさま沸騰したら


 

imh8.jpg

お肉を丁寧に1まいずつ焼いていきます。手早く。

 

 

imh9.jpg

焼けるスピードも早い

 

 

imh10.jpg

とき卵に入れてくれます。この時を待っていた。

1枚目、口の中でとろけるくらいに柔らかい肉。とても美味しい。思ったよりタレも甘目の味付けですね。

 

 

imh11.jpg

野菜などを投入して2度目のお肉を

 

 

imh12.jpg

野菜とコンビネーションで。

美味しいモノってまだ食べたいなーと思うくらいがちょうどよいのかも。こんなに脂が多いお肉を食べたら後で後悔するだろうし。

 

 

imh14.jpg

卵ご飯 というか 卵とじご飯ですね、

シンプルにご飯だけいただきたかったので、これは一口だけに。

 

 

imh15.jpg

白いいちごですね。最初赤くなってないイチゴかと思いました。

赤いいちごがいいですが。

 

 

imh19.jpg

純米大吟醸磨き2割3分 獺祭 (山口)

 

 

imh4.jpg

ラ・ダーム・ド・モンローズ 2013

モンローズのセカンドワイン


 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

今半ホームページ

 


 

このページのトップへ

2019年4月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

itka15.jpg

土曜日の夜に鹿児島にてしゃぶしゃぶ。8人いたのでだいぶ前からしゃぶしゃぶの有名店を予約しようとしたのですが、どこも一杯でした。ここ「いちにぃさん」を予約できてほっとしました。

こちらはそばつゆ仕立てのしゃぶしゃぶが有名だとか。いちにぃさん自体は北海道、東京、鹿児島などにも店舗がありますが、経営母体がそば屋さんだからとのこと、なるほど。


 

itka1.jpg

2階に上がっていくと、並んでいるではないですか。それも外国人の方多い。鹿児島の人気フードなんですね、黒豚のしゃぶしゃぶは。

 

 

itka2.jpg

3800円、4800円、6000円の黒豚しゃぶコースで6000円にしたのですが、後で鹿児島の人から3800円で十分ですよ、食べきれなかったでしょうと。

 

 

itka23.jpg

しゃぶしゃぶの前に刺身とか

 

 

itka5.jpg

角煮とか

ゆっくりお酒も飲めないくらいにどんどん料理が出てきて


 

itka11.jpg

これは友人に上げましたが、黒豚ヒレカツ。

 

 

itka4.jpg

そばつゆ仕立てのしゃぶしゃぶには ねぎとゆず胡椒。

そばつゆは鹿児島の生醤油とザラメ、味醂で調合し熟成させた本返し醤油を、一番だしと追いがつおで香り豊かに仕上げたものらしいです。

 

itka6.jpg

さっぱりした感じでいいですね。

 

 

itka7.jpg

豚肉はバラ主体。バラの良質の脂身は匂いがなく独特の甘味があり、熱湯にくぐらせるとたちまち身が縮みます。

 

 

itka8.jpg

野菜にもネギがたっぷり。

 

 

itka10.jpg

お酒を飲む暇もなく、黒豚しゃぶしゃぶ。

どんどん投入


 

itka9.jpg

確かにあっさりして、食べやすいですね。

濃厚なゴマダレも好きだけど

 

 

itka12.jpg

黒毛和牛ロースステーキ

もうかなりお腹一杯

 

 

itka13.jpg

少しだけ食べましたが、豚しゃぶの後のそばって美味しいですね。

 

 

itka14.jpg一口蒸し寿司と豚汁

1時間でこの量をとはかなりヘビーでした。今日は皆さんお酒もゆっくり飲めず、お酒代がめちゃくちゃ安い。行列ができているから回転を速くしたかったのかもしれませんが、サービスのスピード少し早かったです。


食べログ(掲載時点 3.54)

 

いちにぃさん ホームページ

このページのトップへ

2019年4月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gkd1.jpg

九品寺のグリルクドウを訪問、2度目です。1度目の記事は検索の上位にランクされており、このブログ記事がグリルクドウさんを訪問するきっかけになっているかもしれません。

素敵なレストランが グリルクドウ GRILL KUDOH 熊本市九品寺


詳細はそちらを参照いただくとして、この上の写真は鶴屋方面から大甲橋を渡っていくときに見えるリバーポート9ビル。にぎやかそうなビルに見えますね。

 

 

gkd2.jpg

近寄っていくとこんな感じ。夕刻のライトアップが素敵です。白川にもライトアップがあれば桜の時期とか綺麗だと思いますが、今後のライトアップ施設設置に期待です。

 

 

gkd3.jpg

前回同様 5000円のコースを頂きました。

レバーパテ

 

 

gkd4.jpg

うにの冷製カッペリーニ

うにが沢山はいっていて、カッペリーニが細いのにしっかりアルデンテで美味しいわ。

 

 

gkd5.jpg

自家製かきのスモーク

かきは苦手なので一緒の方に。

 

 

gkd6.jpg

生ハムサラダ

 

 

gkd7.jpg

あわびとアスパラ

白ワインを飲むスピードもあがりますね

 

gkd8.jpg

穴子のフリット

こちらも見るだけ

 

 

gkd11.jpg

メインの炭火焼きグリル

お肉がかみしめるほど凝縮される味で赤ワインも進みますね


 

gkd12.jpg

浅利と筍のパスタ

 

 

gkd13.jpg

クレームブリュレのアイスのせ。前回も頂きました。

最後に落ち着くデザート。

 

gkd9.jpg

白はHOMECREEK ソーヴィニヨンブラン 2018

赤はFRANCISCAN 2015 カベルネソーヴィニヨン 2015

 

食べログ(掲載時点 3.12)

 

このページのトップへ

2019年4月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

2019年2度目の沖縄です。

 

simlk1 (7).jpg

那覇空港についたら、最近お決まりの ポー玉。

ポー玉食べないと沖縄始まらない。 あつあつのご飯とスパムと卵焼き。シンプルなやつもしくは明太子が一番いい。


詳しいことは以前の記事を


ポークたまごおにぎり本店 那覇空港 これ食べないと。

ポー玉とステーキは外せない 那覇にて

 

simlk1 (6).jpg

今回は1000円ステーキは食べませんでしたね。

もっと高い鉄板焼きへ行きましたが、肉より先にオマール海老が出てきて もう食べる気一気に減退し食べませんでした。なんか食事というよりESA状態でした。

 

 

fsimlk1 (3).jpg

あぐーしゃぶしゃぶも頂きました。みるくさんです、去年行った 「まつもと」さんも有名店ですが、こちらも評判店。

 

まつもと アグーしゃぶしゃぶ。沖縄那覇。 沖縄はアグー。

 

fsimlk1 (4).jpg

芸能人の色紙とかいっぱい飾ってありました。今日はこちらを貸切。

 

 

fsimlk1 (2).jpg

特選アグー しゃぶしゃぶ 4000円。以外に高いと思ってしまいます、飲み物も別です。

 

 

fsimlk1 (1).jpg

野菜類。しいたけの個数から見ると5人分ですか

 

 

fsimlk1 (12).jpg

相当薄切りのアグー豚

 

 

fsimlk1 (10).jpg

しゃぶしゃぶして食べるんですが、みるく流はこのポスターの食べ方です。


 

IMG_0182.jpg

なんかよくわからないおじさんのポスター。USENのポスターかな。

みるくは、しゃぶしゃぶを卵と胡椒で食べるんだよ。

 

fsimlk1 (9).jpg

卵と胡椒って、ごまだれと違って、胡椒が効いてうまい。あっさりしていて。

 

 


fsimlk1 (5).jpg

あと、2回通ったけど こちらの牛すじ煮がヒットでした。ステーキの88グループの炉端屋さん。大衆炉端八十八

 

 

fsimlk1 (8).jpg

さすが沖縄。居酒屋さんでもポテトフライといえばカーリーフライなのね。沖縄はエンダーですからね。

エンダーとはA&W ハンバーガー。


また来月も沖縄に来ます。



 

このページのトップへ

2019年4月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mzz1.jpg

土曜日の昼に銀座・新橋界隈でお寿司を食べようと思うと、平日と比べて選択肢がぐっと少なくなります。といってもそんなにお寿司に詳しくないので、候補店は知らないのですが。今日はカレッタ汐留の46階にあるお寿司屋さんに。

 

 

mzz2.jpg

美寿思 とかいて みずし

美しく思う の間に 寿 綺麗ですね。

こちらの美思寿は 本格江戸前寿司 魚がし日本一 グループの高級店です。

 

mzz3.jpg

ランチにぎり は2000円から5000円。

お寿司は価格イコール、ネタの価格が高くなる ですので 今日は特上にします。カウンター席。

 

 

mzz4.jpg

前菜

日本酒が飲みたくなりますが、ノンアルコールビールで我慢

 

mzz5.jpg

茶碗蒸し

 

 

mzz6.jpg

 

mzz7.jpg

 

mzz8.jpg

 

mzz9.jpg

 

mzz10.jpg

 

mzz11.jpg

 

mzz12.jpg

 

mzz13.jpg

 

mzz14.jpg

 

mzz15.jpg

 

mzz16.jpg

 

mzz17.jpg

 

mzz18.jpg

 

mzz19.jpg

 

ふわふわした穴子、あっさりした赤酢がさらりとしたシャリ、しっかり味の濃いかんぴょう巻、ほっとする蛤のお吸い物、お皿が汚れたら1貫ずつふき取っていただく心配り。美味しく食事ができました。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

にっぱんホームページ

 

 

このページのトップへ

2019年4月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

xum (3).jpg

株式会社ハウディでは今年は22名の新入社員(大卒・高卒)を迎えました。これから一緒にがんばっていきましょう。入社式も新元号発表がありましたので、少し早目に終了しました。「令和」の発表もあり、一生思い出に残る1日となりましたね。懇親会は梅の花熊本さんにて。なんと令和は梅の花の宴の歌から来ている・・・ということでこれも何かの縁ですかね。


 

xum (2).jpg

指定席に着席。緊張している顔の人もいますが、「お腹空きました」と若いパワーがある人が多かったように思います。

 

 

xum (1).jpg

特別懐石メニューにて。

9品の料理から。昨年もそうだったのですが、結構ボリュームがあるんです。

 

 

 

xum (7).jpg

土瓶蒸し

中に湯葉や筍、はまぐりなど。新入社員は土瓶蒸しの食べ方がわからない方も。はじめてかもしれないですね。

 

 

x (9).jpg

お造り

 

 

x (8).jpg

 

 

x (7).jpg

名物の豆腐しゅうまい

 

 

x (6).jpg

田楽と揚げ物

 

 

xum (6).jpg

いのしし鍋と豆腐

 

xum (5).jpg

珍しいメニューだと思いました。

 

 

xum (4).jpg

お食事と

 

xum(9).jpgデザート

2時間にわたり同期や社員の方とのコミュニケーションを行い、明日からの合宿研修に備えました。


 

 

このページのトップへ

2019年4月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sunoy10.jpg

今年の鰻の稚魚は昨年より不漁で年々高騰。本当に鰻が食べれなくなる日が来るんではないかと思うほどの高騰。輸入物だからとか、もうそんなことを言ってられない。鰻の記事を見るとまた鰻が食べたくなる。東京は本当に鰻の名店が沢山。今日は時間が限られていたので、新橋で、うなぎのお宿、3回目。


 

sunoy2.jpg

テーブル席。夜うなぎの串で居酒屋風にも使え、うなぎコースもリーズナブル。鰻問屋さんだからできる価格。

 

 

sunoy1.jpg

いつもはお宿ですが、今日は前回から次回は大富士と決めていたので。

梅でもたぶん満足できるんでしょう。男性でも梅 大盛 頼んでいた人もいます。

 

 

sunoy3.jpg

うなぎの串などで日本酒、いいですね。

 

 

sunoy4.jpg

大富士 3500円が到着

 

 

sunoy5.jpg

おおぶりの鰻が1匹、どーんと。

 

 

sunoy6.jpg

秋から冬にかけての鰻は脂が乗っていますね。身がふわふわで表面かりっと

 

 

sunoy7.jpg

肝吸いは三つ葉類が少なめの

 

 

sunoy8.jpg

米の固さは標準と言ったところ

 

 

sunoy9.jpg鰻の量はたっぷりだから、満足しますが、お昼ならば お宿 2500円で十分だと思います。うなぎ弁当でも2000円以上しますし、2500円の価値はあると思いますよ。


うなぎのお宿 うなぎ 東京・新橋 鰻問屋直営の鰻

 

鰻卸問屋直営 うなぎのお宿(2) 東京・新橋

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2019年4月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cor18.jpg

会食で東京・銀座の鉄板焼きコルザへ。こちらはキッコーマンさんの直営のお店です。食品メーカーさんの直営アンテナレストランは一時期よりだいぶ減りましたね。

銀座の6丁目。鉄板焼き台数も3台あり11人も同時に着席できるキャパがあります。

 

 

cor1.jpg

入店

 

cor2.jpg

こちらの席は11人。

鉄板焼きはお寿司と同じでやはりカウンター(鉄板の前)ですね。

 

cor4.jpg

前菜は2種類

金目鯛の炙り

シェリーヴィネガーのヴィネグレット


 

cor6.jpg

アスパラガスのグラタン サバイヨンソース

ソースも焼けていますが、サラサラしたスープみたいなソースで鐵板で焼かれたアスパラガスが美味しい。

 

 

cor7.jpg

オニオングラタンスープ

 

 

cor8.jpg

あわび、一人1個

韓国産ということですが結構大ぶりの鮑、白ワインといただくと美味しそうだ。

 

cor9.jpg

ジャパニーズ鉄板焼きは、これは日本料理の一つですね。

 

 

cor10.jpg

やはり美味しいです。鉄板焼きでは海鮮はあわび、オマール、海老 色々ありますが あわびは食べたいですね。

 

 

cor12.jpg

サラダ

 

cor14.jpg

特選黒毛和牛フィレ肉

 

cor15.jpg

焼きおにぎり茶漬

茶漬けや雑炊は好きではありません、しいていえばツユダクの牛丼も

 

 

cor16.jpg

エンターテインメント

一瞬の事だったので撮影タイミングが遅れた、アイスクリームの炎上ショー

 

 

cor17.jpg

溶けたアイスクリーム

表面は溶けています。表面ホットで中は冷たい。

あえて鉄板で焼く意味が アイスクリームの天ぷらと同様にいまいちわかりませんがそんなこと気にしないで美味しく食べましょう。

cor3.jpgcor5.jpgcor11.jpgcor13.jpg

 

 

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

コルザホームページ

このページのトップへ

2019年3月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jtk6.jpg

電車通り沿いの健軍近くにある、路家(じっか)さんに。3度目のランチ訪問です。

前回はパッタイが食べれずカレーをいただきましたので、今日は道も全然混んでおらず少し早目に到着。

 

 

jtk9.jpg

いつも混んでいることが多いのですが、今日はランチ一番乗り、ということでパッタイは大丈夫でしょう。

 

 

jtk7.jpg

パッタイ・クン 980円に プラス100円で麺大盛、たぶん普通サイズは女性サイズだからいけるでしょう。

 

 

jtk1.jpg

サラダを食べて待ちます

 

 

jtk2.jpg

大ぶりの海老が3匹入った パッタイ。

比較的大きめのピーナツとシャキシャキもやしは少な目。後で気が付いたけど、パクチーは別売りでした。

 

 

 

jtk3.jpg

辛くない焼きそばと書いてあるように、辛さは自分で調整するようです。

麺も比較的柔らかい方で、優しい味なのですが、途中からパンチを求めて「唐辛子」と「お酢」を入れ過ぎてしまいました。

 

 

jtk4.jpg

パッタイってホントにたまに食べたくなる。ラーメン食べなくなったから一層ですね。ちょっと多かったけど完食しました。

パッタイはいいですね

 

 

jtk5.jpgデザートのおしるこ風

 

 

ダイニングエクスプレス 読者の方へお知らせ

編集長コラムにつき、いままで色々な食べ歩きの記事を参考にしていただき有難うございます。事情により3月31日より投稿の回数を減らさせていただきたいと思います。個人的な食べ歩き・ワイン飲みは継続したいと思います。

 


 

路家(じっか) タイ料理 熊本市健軍

パッタイ食べれず 路家(じっか)(2) タイ料理 熊本市健軍


食べログ(掲載時点 3.48)

 

 

 

このページのトップへ

2019年3月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sbngg1.jpg

最近スパイスカレーブームのせいか、カレー屋さんはどこも人が増えてきている感じです。

3月13日に惜しまれながら一旦クローズした、ここの近くのライオンカレーさんは閉店近くなってからは何十人も並ぶ行列でびっくりしました。

人気上昇中ですね。LION CURRY(ライオンカレー)(3)熊本市本山町

 

人気になって違う場所でオープン・・・というわけですね。

 

今日は何度も登場しており、登場している以上に訪問している梵我カレーさん

 

 

sbngg3.jpg

ほとんどバターチキン系を頼みますが、たまにはほうれん草カレーもいい。今度はほうれん草にしよう。

 

 

sbngg2.jpg

壁の写真メニューに載っていないメニューもあるんですね。いままであまり気が付かなかった。

 

 

sbngg8.jpg

カウンターの前にあるスパイスたち。スパイスのお店だったんでしょう。

 

 

sbngg4.jpg

シーフードバターチキンの辛口 750円に チキンティッカ 3個 200円

 

 

sbngg6.jpg

マイルドでそう辛くはないカレー。辛さが欲しい場合は辛みスパイスで調整するといいです。

 

 

sbngg5.jpg

スパイスで味付けされたチキンティッカ

 

 

sbngg7.jpgライス。ここのかれーは安定的に美味しいので固定ファンが多い。

 

 

食べログ(掲載時点 3.10)

 

キーマ茄子が食べたくて 梵我カレー(2) 熊本市河原町

ここのカレー最近食べたくなりますね 梵我(3)

バターチキンです。 梵我 熊本市

このページのトップへ

2019年3月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ggb9.jpg

肉肉しいハンバーガーが食べたいときにはここに。ゲットバーガーです。

 

 

ggb10.jpg

1000円オーバーの高級ハンバーガー。でもそれに見合う肉肉しさ。

 

 

ggb7.jpg

何にするか迷った挙句、ニューヨークベーコンエッグ 1400円に。

前回もこれを食べたのをすっかり忘れていました。

 

 

ggb2.jpg

ジンジャーエール

 

 

ggb8.jpg

分厚いハンバーガーが登場

 

 

ggb1.jpg

パン

-----------------

エッグ

ベーコン

チェダーチーズ

オリジナルソース

パティ

オニオン

トマト

ザワークラウト

------------------

パン


 

ggb4.jpg

ナイフとフォークで頂きます。

紙に包んで食べてもいいんですが。


 

ggb5.jpg

テーブル席が撤収され、一部カウンター席に変わっていた。エッグワッフルも販売しているので、女性がインスタ撮影中でした。

 

パテも分厚く美味しいハンバーガー ゲットバーガー(2) 熊本市上乃裏

ゲットバーガー (旧サニープレイス) 熊本市上乃裏

ランチボックスの宅配を始めました!ハンバーガーがおいしいGet Burger(熊本市中央区南坪井町)

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2019年3月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

siva1.jpg

下通りと銀座通りがクロスする近くにある、このビルに来ました。

とめ手羽が入っているビルです。

 

 

siva2.jpg

今日はこちら。SHIVA インド料理です。カレーなのですが。

SHIVAの下通り店は2017年オープン。健軍と川尻にも店舗があります。健軍は電車通り沿いにありますので、あのインド料理と思われる方もいるかと思います。


 

 

siva3.jpg

店内はカウンター席、テーブル席。12時でまだ空いているだろうと思ったところ、意外にもかなり混んでいました。しかもインド系のお客さんも多くインターナショナル色豊かで、ここは熊本かと一瞬疑ってしまうほど。女性のお一人客とか女性2人組とか、カレーブームの影響かと思ってしまいます。

 

そして料理が安い

税込で料理が680円から1000円以内が多い。結構インド料理って高いところありますもんね。700円でプレーンナンがお替り自由とは恐れ入りました。



siva4.jpg

キーマカツカレーとは日本風カレーだな。

 

 

siva5.jpg

最初に運ばれたサラダはエスニックスパイス風味のドレッシングだった。

 

 

siva6.jpg

Dランチ 950円にした。ライスで。隣の人のナンが美味しそうだった。

カレーは2品  チキン・バターチキン・ベジタブル・ポーク・シーフードから選択。

キーマは選べないのか では バターチキンとポークにしてみる。


頼んでいないのにご飯大盛・・・と思ったらこれが標準サイズ。たぶん多い。そして長粒米と思ったら普通の日本米だった。


 

siva9.jpg

チキンティッカ

これはいつも食べているボンガさんのほうに軍配か。


 

siva8.jpg

ポーク

 

 

siva7.jpg

バターチキン

辛さはいくつと言わなかったが、いったいいくつなんだろう。0から50倍まで選べるとか。そんなに辛くはなかった。あまり辛くするとお腹こわしてしまうから、マイルドがいいかも。カレー自体はとても美味しい、でもご飯が日本米よりあちらのさらっとした米があう気がする。

 

 

メニューも豊富なのでまた出直して来よう。

 

 

SHIVAホームページ

食べログ(掲載時点 3.0)

 

このページのトップへ

2019年3月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rze1.jpg

東京 六本木 RYUZU。お店に至るロケーションとか店内の雰囲気(照明)とかもちろん、ロブションで腕を磨かれた飯塚隆太シェフの料理、気に入っています。

 

 

rze2.jpg

といっても1年弱ぶりの久しぶりの訪問。


 

rze4.jpg

グラスワイン、ペアリング、ボトルワイン 色々あるのですが(リストにのっていないものもあります)

 

 

rze5.jpg

アミューズをいただき

 

rze6.jpg

何のスープか覚えていないけど、今日はショートメニューのアップグレード版


 

rze8.jpg

定番品なのですが、食べたかったメニューがこれ、2度目です。今日はオマールエビのなめらかなムースとズワイ蟹のアンサンブル キャヴィアと共に。キャビアと蟹のマッチングが白ワインとたまりませんね。これだけでも食べに来たい。

 

 

 

rze9.jpg

魚は何か覚えていないくらい、野菜のシャキシャキ感がよい

 

 

rze11.jpg

黒毛和牛 フィレ肉 季節野菜のソテーを添えて 

とても柔らかいし、トリュフとの相性も素晴らしい。野菜の火入れ具合も最高だし、文句のつけようがない。こういう美味しいお肉って素晴らしい。

 

 

rze12.jpg

デザート

 

rze13.jpg

ミニャルディーズ

 

ーワイン編ー

rze3.jpg

DEUTS BRUT CLASSIC

ドゥーツ ブリュット クラシック


rze7.jpg

ボーダン バンジャマン ルルー  Benjamin Leroux Chassagne Montrachet 1er Cru 2012

ダヴィット・クロワと共に、将来を期待されている新進の醸造家。コント・アルマンの醸造家として、かなり若い時期に抜擢され、2007年クロリティー・ネゴシアンを設立

 

 

rze10.jpgMARGAUX DU CHATEAU MARGAUX 2013

シャトーマルゴーのサードワイン。サードワインは以前は手軽に飲めたのですが、昔と比べてかなり高騰していますね。

 

 

東京・六本木 フレンチレストラン リューズ (3)ー2

 

リューズ ホームページ

 

このページのトップへ

2019年3月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

splabo1.jpg

やぼ天ビルにある北海道スープカレーの専門店、スパイスラボにやってきました。2018年3月オープンなので1年たってからようやく訪問。やぼ天ビルには歴史がある焼鳥「やぼ天」(ダイニングエクスプレス記事)があります。

 

 

splabo2.jpg

お店の前の看板。地図は向きが難しい。北が上というわけでもなく、銀座通りが左手に来た方がわかりやすい地図だし。そもそもお店の前には地図はいらないかも。それなら、電話番号もいらないだろうみたいなこと言わないでください。

 

 

splabo6.jpg

お店はカウンターとテーブル。以前ラーメン屋があったのか何があったのか記憶に全くない。スナックなのかなぁ。

 

 

splabo5.jpg

生きくらげトッピングに惹かれたがこれはディナー限定。

 

 

splabo3.jpg

オーダーシートがあり基本1000円。あとご飯の量とかで変わってくる。

辛さは激辛、神辛、ヨガファイヤー、ヨガインフェルと。

インフェルってなんだろう。インフェルノかな。

 

 

 

splabo4.jpg

赤ペンで印をするシステム。ラーメンの一蘭のような。

ごはんは小と中の間に〇をしてみたが、通じなかったので 中に訂正した。

 

 

splabo7.jpg

ほどなくして到着。ご飯は十何穀米とか。

 

 

splabo8.jpg

以前行ったことのあるイエロースパイスの暖簾分けのお店のようだ。野菜が串に刺さっているし、システムが似ている。


イエロースパイス スープカレー 熊本 たそがれ東館

また食べたい絶品スープカレー! イエロースパイス 熊本市中央区下通

 

splabo9.jpg

スープカレーは野菜が沢山食べれるから嬉しい。

辛さ3で丁度いいレベル。

 

 

splabo10.jpg

バターが入っているあたりもイエロースパイスと同じ。

深夜も2時まで営業しているので、〆スープカレーする人にも人気。


食べログ(掲載時点 3.04)


 

このページのトップへ

2019年3月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

snjn.jpg

銀座通りにある、塚田農場などの飲食店が入るビル、銀座プレイスビルの8Fにある、農家レストランしのじのさんへ行きました。何回目かは覚えていません。今日は5名で個室会食。

 

 

ssnjn1.jpg

ここのエレベーターは2基あるのですが、途中のフロアに飲み屋さんも入ったりしていていつも混む(到着するのが遅い)イメージ。もう5周年なんですか。

 

 


ssnjn2.jpg

野菜などの生産者が黒板にずらり。こちらはJA熊本が母体となっているレストランです。

 

 

ssnjn3.jpg

今日はコース料理

前菜。ポテサラみたいなものと豆腐。

 

ssnjn5.jpg

蒸し饅頭

 

 

ssnjn6.jpg

海老の土瓶蒸し

 

 

ssnjn7.jpg

たこと筍

 

 

ssnjn8.jpg

メインの鉄板焼き(1人前)

通常の会席にプラス料金で肉が2枚増えました。


 

 

ssnjn9.jpg

鉄板の上で焼きますが、煙がもうもうになりました。個室でしたが排煙機能がありましたので、最後は助かりました。

 

 

ssnjn10.jpg

揚げ物

 

 

ssnjn11.jpg

ご飯とみそ汁

 

 

ssnjn12.jpg

デザート。食べかけではないですよ、わらび餅1個。

 

今日の料金ではCPが悪いかなと感じました。

 


食べログ(掲載時点 3.21)

 

農家レストラン しのじの 熊本 (3)

農家レストラン しのじの 熊本 (2)

農家レストラン しのじの 熊本

 

 

このページのトップへ

2019年3月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jor1.jpg

鶴屋パーキングのすぐ近くの道沿いにある、イタリアン ジュール。(JOULIUM) このお店は美味しいですよと聞いていたのですが、初訪問です。オープンは2010年なので結構前ですね、よくタウン雑誌の記事とかにも掲載されています。

 

 

jor2.jpg

外に喫煙コーナーがあるように、中は禁煙。私のように吸わない人や子供・妊婦さんにも優しいですね。

 

 

jor3.jpg

テーブル席23席、カウンター7席。こちらはロフト席から撮影。ロフト席はテーブルではなく、厚い座布団仕様の座敷で5,6名吸われます。天井はその分低いですが。

 

 

jor4.jpg

こちらはオススメですが、定番メニューはピザ・パスタ・肉・前菜など多様に準備されています。


 

jor7.jpg

今日はベルギービールから初めて、白ワイン・赤ワインとリレーしました。

 

 

jor5.jpg

プロシュートディパルマ 680円

モモ肉、18ケ月熟成。ピンク色した美味しい生ハムです。オリーブオイルなしに普通で食べたい感じです。

 

 

jor6.jpg

自家製ロースハム 580円 このハムは美味しいですね、気に入りました。

 

 

jor8.jpg

パテドカンパーニュ 580円

スパイス感もあり、凝縮感のある美味しいパテ、マヨネーズ・マスタードをつけても。このカンパーニュ好きです。

 

 

jor9.jpg

野菜たっぷりキッシュ 480円

本当に野菜たっぷりのキッシュに仕上がっていますね。

 

 

jor10.jpg

椎茸とマッシュルームのアヒージョ 880円

オリーブオイルでぐつぐつ煮込まれたマッシュルーム。パンをつけて食べてもうまい。

 

 

jor11.jpg

カルボナーラ 980円

麺は太麺のヴェルミチェッリ。生クリームは使用していない濃厚カルボナーラ。

 

 

jor12.jpg

オススメメニューからロメインレタスのシーザーサラダ 780円

シーザーサラダはロメインレタスだと美味しいですね。

 

 

jor13.jpg

オススメメニューから鮮魚のアクアパッツァ 1480円

あさり、トマト、オリーブのコンビネーション。

 

 

jor14.jpg

大津、樋口さんちの極味豚ロース肉の炭火グリル バルサミコソース 2名分(ハーフ) 1380円

お肉もやわらかく、じっくりグリルされています。これは大きいのを注文すれば良かったと後悔。

 

 

jor15.jpg

クレームブリュレ 480円

 

美味しかったのでまた訪問したいと思います。

ホームページにもメニュー詳しくのっています

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2019年3月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

siny7.jpg

行列のできるカレーとしてカレーファンに認知されてきた深夜特急

 

 

間を空けずの登場です。またカレーを食べる頻度が増えているようです。ここのキーマを食べたくなりました。前回と何も変わらないと面白くないので、今日はカレーではめったに頼まない 大盛り にチャレンジしようと思います。


 

sinytt1.jpg

カウンターから望むとテーブルの皿のそばにタッパーにいれてあるのが、アルブルタ(ポテト)とアチャール(たまねぎ)。

 

 

sinytt2.jpg

今日は キーマカレーの辛さレベル2 (甘い方から2番目)850円に、ライス大盛り +100円、

アルブルタ、 オニオンアチャール 各+50円 合計1050円です。


 

sinytt3.jpg

順番づつ作成されて登場。お店自体3度目、キーマ2度目なので慣れたものですが。

結構ご飯大盛りですね。


siny1.jpg前回の普通盛

 

sinytt4.jpg

丁寧に作られたキーマ。ほとんどキーマ肉という贅沢さ

 

 

sinytt5.jpg

アチャールとアルブルタ。米があるので、ポテトという糖質を摂取しなくても良いのだが。

 

 

sinytt6.jpg

辛さ2というレベルはどういうものか。

さわやかな辛さ


sinytt7.jpg

アチャールが結構辛いから、それを混ぜて食べていると結構辛くなる。でも丁度いいかな。

アチャールの辛さより、アチャールなしでレベル3とか4もよいかもしれない。今度は大盛の4とかにチャレンジしたくなった。ただご飯の量からいけば大盛りと普通盛りの中間が欲しい分量だが。

 

 

食べログ(掲載時点 3.33)

 

 

このページのトップへ

2019年3月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

casi16.jpg

熊本市役所庁舎のすぐ近くの裏道にひっそりとたたずむ、イル・カジーノさんに訪問しました。数年も前から訪問しようと考えて早。昨年にはミシュラン1つ星を獲得されさらに予約が難しくなるのではー と思っていました。カウンター8席のみ。コースメニューのみ、ワインペアリングのみ。

 

 

casi18.jpg

バーの居ぬきのようなこのカウンターのみのイタリアンをとりしきるのは、熊本生まれの別城健太郎シェフ。同シェフはイタリア修業時代、ローマを中心にイタリア全土の料理を吸収し、帰国後は東京・白金台の「BOSCHETTA(ボスケッタ)」でシェフを務めたあと熊本で2015年イル・カジーノをオープン。

 

 

casi3.jpg

ロワールアスパラガス

 

 

casi4.jpg

料理1つ1つ手が込んでいると思う。丁寧に作られている感があり、別城シェフの料理に対する思いが伝わってくる。

 

 

casi6.jpg

八朔 蟹

 

 

casi8.jpg

ここが熊本ではなく、東京で食事をしている気分になる。

 

 

casi10.jpg

パスタも自家製麺だろうか

 

casi11.jpg

トリュフリゾット

 

 

 

casi13.jpg

宮崎尾崎牛のロースト

 

 

casi14.jpg

 

 

ーワイン編? ペアリングなので、出されるままに飲みました。

 

casi17.jpg

ROTARI スパークリングワイン

シャンパーニュにも使用される高級ブドウ品種、「ピノ・ノワール」と「シャルドネ」のみを使用し、さらにより深いコクと繊細な泡立ちを実現させる瓶内二次醗酵という製法でスパークリングワインを造り出し、優れた造り手として各方面で非常に高い評価を得ています。

 

casi5.jpg

WACHAU オーストリアワイン

 

 

 

 

casi2.jpg

Michel Sarrazin et Fils Givry Sans Nom Blanc
ミシェル・サラザン・エ・フィス ジヴリ サン・ノン ブラン

 

 

casi7.jpg

 

 

casi9.jpg

日本酒が登場

 

casi12.jpgcasi15.jpgペアリングでも気が付けば結構飲んでいました。

 

食べログ(掲載時点 3.64)

このページのトップへ

2019年3月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tgkr7.jpg

街中に予定があったので、半年ぶりにたごカレーを訪問してみることにした。前回は入口に置いてあったメニューがないので、営業しているのかなと不安になったが。

 

 

tgkr8.jpg

12時開店ですと書いてありました。お客さんは5人ほど。カウンター席は5席、テーブル席入れても10人ほどで一杯になるお店です。

 

IMG_0131.jpg

前回はチキンカレー。内田店長が渾身の力で作っているカレーの品々。前回よりメニューが増えている。というより今日はラムカレーがあるんですね、よかった。

迷わずラムカレー 1300円。中辛。他のカレーよりプレミア価格、それだけのことはあるでしょう。


 

tgkr1.jpg

野菜を食べて待っています。

 

 

tgkr2.jpg

スパイシーな香りとともに到着しました。いやーこのスパイス感ハンパナイです。

 

 

tgkr3.jpg

ホロホロに柔らかそうなラム肉とオクラ・じゃがいも・にんじん。

 

 

tgkr4.jpg

完全に旨そうなオーラがすごいです。早く食べたいです。

 

 

tgkr5.jpg

1983年7月31日、熊本市内のカレーの名店でマトンカレーの極辛口を食べ、今までに味わった事のない本格的なカレーに衝撃を受け私のカレー人生が始まりました。あれから33年(平成28年現在)。私の夢を叶えたこだわりのカレーを皆様に味わって頂ければと思っています。思い出の味に追いつき追い越す。 15種類のスパイスが奏でる本格インド風カレー『たごCURRY』。玉ねぎ、香味野菜、牛肉などを使ったブイヨンに自らブレンドした15種類のスパイス。 旨味あふれる本格インドカレーは、チキンカレー、野菜とひよこ豆のカレー、BLTカレー、馬キーマカレー、えびカレー、ラムカレーと準備しております。

 

ホームページから

 

 

tgkr6.jpg

これはスパイシーで印象に残る美味しいカレーです。大盛りライスでもいける。15種類のスパイスが奏でる本格インド風カレー『たごCURRY』。玉ねぎ、香味野菜、牛肉などを使ったブイヨンに自らブレンドした15種類のスパイス。 

 

 

IMG_0132.jpg

カウンターテーブルの前には先日訪問した大阪の「コロンビアエイト」のレトルトが。こんなのあるんですね、と内田店長とお話をしていたら、「コロンビアエイトの境さんは同級生ですよ」と。

前回、コロンビアエイトでたごカレーさんも美味しいと話をしていたのですが、同級生とは。カレー道なんですね。もうびっくりです。ということは私の先輩ですね。

 

コロンビアエイトのレトルト作るなんて、さすがスパイスのS&Bさんです。


amazonで販売してあるので6食分購入しました。食べるの楽しみです。

 

Tago Curry & Bar たごカレー 熊本市下通り カレーマニアに有名

スパイスカレーのビブグルマン コロンビア8(Columbia8) 大阪上本町店

 

食べログ(掲載時点 3.50)

このページのトップへ

2019年3月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kkee11.jpg

シンガポールチキンライスをケチャップのかかったチキンライスを想像する人はだいぶ少なくなるほど、シンガポールローカルフードとしてチキンライス(海南鶏飯)は有名になりました。


シンガポールから日本に進出してきた、威南記(ウィナムキー)海南鶏飯の日本本店がここ。2015年7月オープンです。といってもまだ日本に3店舗しかないのです(以外に少ない)シンガポールには4店舗あるそうです。食べたことがあるかどうかは記憶にありません。

 

 

kkee1.jpg

JR田町駅から歩いて5分程度の場所のビルとビルの間にある店舗ですし、結構大きいですね。

 

 

kkee2.jpg

チキンライスはランチにいただくのに適しています。夜もシンガポールフードが沢山ある。

 

 


kkee4.jpg

店内は天井も高くファンが回っていて、アジア的解放感ある雰囲気を少し感じることができます。

 

 

kkee3.jpg

メニュークリック拡大

チキンライスはローストとスチームの2種類がありますが、ここは定番のスチーム 1100円にします。サイドメニューも色々とありますが、食べきれなさそうなので

 

 

kkee5.jpg

たまに食べたくなるチキンライス。

 おすすめの食べ方。

チリソース、ジンジャーソース、ダークソイソースをからめて頂きます。

 

 

kkee6.jpg

これがテーブルに置いてあるソース類、使い放題。シンガポールではあらかじめ小皿にセットされて持ってくるお店が多かったかと。

 

 

kkee7.jpg

そう待つこともなく到着。あらかじめソースは準備しておきました。ご飯は普通サイズ。

 

 

kkee9.jpg

鳥皮のプニュプニュが多いチキンライス。骨もついている部分も。鳥皮プニュプニュが苦手な人はローストをチョイスするほうがよいかもですね。

 

 

kkee8.jpg

長粒米。チキンライスは鶏の煮汁で炊いたもの。

以外に大盛りでもいけたかも。

 

 

kkee10.jpg

チリソースも激辛というわけでもありませんでした。3種類のソースをからめていただくと美味しい。ダークソイソースも日本人にあうような味だった。

 

食べログ(掲載時点 3.58)


ウィナムキー ホームページ

このページのトップへ

2019年3月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cskk1.jpg

先日熊本ホテルキャッスルでの結婚式にお呼ばれして出席しました。地階のフロアーでの結婚式に出席するのは初めてでした。


この年になると2次会の案内状をいただくことはないのですが、受付の女子がくれました。もらえるだけで嬉しい、有難う。出席者も平均年齢がとても若く、本気で2次会に行こうかと・・・・

 

 

cskk4.jpg

天井に到達しそうなウェディングケーキ

 

 

cskk2.jpg

魚介とポークのパテ

クールジェットのムースと海老のシトロネ


 

cskk3.jpg

オマール海老と茸のソテー

ヴェトラーブの蜂蜜風味


今日はこのオマール海老が一番美味しかったと・・・私は思う。ソースも美味しかった。


 

cskk5.jpg

コンソメフラン

ズワイ蟹とつぶ貝


 

cskk6.jpg

スズキのポワレ ニンジンのピュレとブルゴーニュ風野菜添え

 

 

cskk7.jpg

牛フィレ肉のグリエ デュクセル風味

 

 

cskk8.jpg

フルーツタルト カシスシャーベット添え

 

 

cskk9.jpgNさん、結婚おめでとうございます。

 

 

このページのトップへ

2019年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mkk19.jpg

赤坂見附へ来て、丹下健三設計の赤坂プリンスホテル(赤プリ)を見れないのは寂しい気もします。バブルの象徴のホテルの一つでしたしね。2011年に営業中止され解体し、現在は東京ガーデンテラス紀尾井町に生まれ変わっています。(2016年7月オープン)

ホテルはザ・プリンスギャラリー東京 紀尾井町が入っています。


 

mkk20.jpg

旧李王家邸から赤坂プリンスホテル旧館を経て敷地内で曳家されたあと修復工事が進められ、2016年に料飲施設や宴会場を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」としてリニューアルオープン。ラ・メゾン キオイ はここにあります。


 

mkk1.jpg

ビルのど真ん中にこの施設があるのも多少違和感を感じますが。

 

 

mkk2.jpg

入口はここがフロントとして使用されていたのでしょうか。オープン当時は35室のホテルだったらしい

 

 

mkk4.jpg

メインダイニングはクラシックホテルらしい趣がありますね。

 

 

mkk3.jpg

今日の会場ははいってすぐ左手。席との間隔が狭くてぎゅうぎゅうで落ち着いた空間とは感じません。席を広くしてくださいと依頼したらテーブルがないので、無理と言われました。

 

 

mkk6.jpg

メニュー表は珍しく縦書き

 


 

mkk7.jpg

フォアグラ オレンジ アマゾンカカオ

フォアグラサンドをアマゾンカカオにつけていただ来ます。草のようなものは食べれません。

 

 

mkk9.jpg

帆立貝柱 リコッタサラータ 自然薯

 

 

mkk10.jpg

本鮪 蕪 プリムラ 八朔

 

 

mkk12.jpg

ジャンボ椎茸 太閤牛蒡 猪

 

 

mkk14.jpg

オマール海老 キャベツ ブール・ブラン

あまりにも海老が生生しく。

 

 

mkk15.jpg

豆乳 紅ズワイ蟹 エンドウ豆

結婚式の料理風の感動薄い料理も続きます。

 

 

mkk17.jpg

メインは

窯で焼いた和牛 小姫芋 ジュ・ド・オニオン

肉の脂身が多く、かなりこってり系。皆さんもこってりしてますねーと。私は半分は食べきれませんでした。

 

 

mkk18.jpg

デコポン フロマージュブラン ペルベーヌ

 

飲んだお酒

mkk5.jpg

ニコラ フィアット ブリュット リゼルブ

 

 

mkk8.jpg

ブルゴーニュ シャルドネ “ラ・ヴィニェ” 2017 (ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス)

ワインのラインアップは多くない。10,000円前後の価格帯も少ない。(6000円、7000円の白とかが多い)

 

 

 

mkk11.jpg

Eギガル の白 コート・ド・ローヌ ブラン

 

 

mkk13.jpg

GRAND BATEAU 2016

「グラン バトー」は、この輝かしい歴史を誇る最上級格付けシャトー「シャトー・ベイシュヴェル」の系譜を引く、優れた品質のボルドーワインです。

家のみならまだしも

 

mkk16.jpg

CHATEAU AMOUR 2014

MEDOC

 メドック北部で150年以上続く由緒あるシャトー・パニゴン。 オーナー夫妻が手掛ける「愛」という名の赤ワイン。 溢れる豊かな香りと、心地良いソフトな口当たり。

 

 

今日は美味しいワイン飲みたいというストレスもたまりました。

 

食べログ(掲載時点 3.57)

このページのトップへ

2019年3月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

obn18.jpg

東京では東の尾花、西の野田岩とも呼ばれる、鰻の超有名店に訪問します。尾花は明治創業で創業130年を超すお店。ミシュランでは鰻で1つ星を獲得しています。場所は南千住。

28年前に訪問

社会人2年目の時に訪問しています。当時はグルメ本で有名店を知る時代でしたね。友人と夜訪問して、私はこんなにうまい鰻があるのか、と衝撃を受けます。そして江戸川橋の石ばしなどを訪問するように。ということで28年ぶりに訪問。記憶の中で残っている鰻屋さんの一つです。

 

 

obn21.jpg

お店がオープンする前から並ばないと1巡目は無理でしょう。2巡目分で売り切れますので。昨年10月に座敷席からテーブル席に変更になり、11卓ですので最大22人。ここを訪問するノウハウは色々とネットに出ています。写真は敷地内にある稲荷神社。美味しい鰻を食べれることにお祈り。

 

 

obn19.jpg

お店の入口の左側は待合スペース。尾花の鰻はさらっときて、さらっと食べて帰るというより、この鰻を食べるという気持ちがないと無理ですね、並ぶの覚悟、しかし相当なる満足感を感じますので食はエンタメというのをはっきりと感じます。


 

obn20.jpg

冬は紺地に白字、夏は逆。韓国人など外国の方も多い。

 

 

obn4.jpg

テーブル席が並びます。以前は座敷でした。

 

 

obn1.jpg

私が座った窓側の席

 

 

obn2.jpg

鰻は店に入る前に注文しておきます。

うな重は 5300円(税別)と6300円の2種類。鰻のお店でも高額な部類に入るでしょうね。しかし普通の鰻屋に2回行くなら尾花で1回食べたいという鰻ファンも多いと言います。私はう巻を食べたかったので、小さいサイズにしました。28年前はいくらだったんですかね、2000円から3000円くらいでしょうか。


 

obn3.jpg

席に座っても鰻が提供されるまで時間がかかるので、日本酒を飲んだりう巻、焼鳥などの「あて」を頼むのが尾花流

 

 

obn5.jpg

う巻 2500円

値段もさることながら大きい。28年前にここではじめて「う巻き」を食べて衝撃的なふわふわ度と出し巻きの旨さに感激したのを思い出す。当時はいくらだったのだろう。たぶん1000円台前半くらいだろうか。

 

 

obn6.jpg

1人ではボリュームが多いのだが、うまいものは特別だ。

 

 

obn7.jpg

刻み鰻のボリュームもハンパナイ。タレにつけて食べるより、私はそのままが好きだ。

 

 

obn8.jpg

さていよいよ鰻が到着し28年ぶりの対面だ。肝吸いは400円

 

 

obn9.jpg

綺麗すぎる。この鰻をオーダーできる自分になったことにも感謝しつつ、鰻を頂くこととします。

 

 

 

obn10.jpg

尾花の鰻は蒸しと焼きが完璧だそうだ。

 

 

obn13.jpg

小サイズでも十分な量はある。

 

 

obn15.jpg

ふわふわすぎる。

そして普通の九州人の舌からすれば普通にタレは辛い部類に入るでしょう。このタレが鰻の旨さを十分に引き出しています。

 

obn14.jpg

雑な仕事の所がない。うなぎのタレも均一だ。

 

 

obn16.jpg

これはこれは「尾花の鰻」は素晴らしいと思いながら食べ進みます。鰻・タレ・ご飯が見事にコラボレーションマッチングしています。鰻重の三重奏。

 

 

obn11.jpg

さっぱりした肝吸いがとてもさわやか。

 

 

obn12.jpg

香物は きゅうり・白菜・人参の三点セットには及びませんが

 

 

obn17.jpg

米一粒も残さず完食。

東京うなぎ いいですね。

 

obn22.jpg

食べログ(掲載時点 4.11)

 

このページのトップへ

2019年3月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tomc14.jpg

取引先さんの転勤があり、大分にて送別会をセッティングしました。初めてだったのですがかねてから来たいと思っていた、トモクローバー大久保食堂さんを予約しました。12人でしたのでお店を貸切にしていただいて良かったです。声が大きくて、他のお客さんに迷惑がかかることは明らかですから。

 

tomc15.jpg

徒歩ではトキワ会館、センチュリーホテルを過ぎていくと看板が見つかりますので、それを左折。お店はすぐ見つかります。お店のコンセプトはホームページによると

あなたの“しあわせ”を
つくるレストラン

人生がより良い流れに変わる
キッカケとなる
幸運のフレンチレストラン 

四葉のクローバーはしあわせから来ているのですね。こちらの大久保智尚シェフはフランスでの8年の経験があり、2016年にトモクローバーをオープン。

 

コース料理を頂きながらワインを飲みましょう。今日の乾杯はドラモット シャンパン(画像なし)

 

tomc1.jpg

アミューズはシューでチーズをくるんだもの。

 

 

tomc2.jpg

サツマイモのスープ。寒い冬には少量の温かいスープが胃をあたためてくれるから嬉しいです。

 

 

tomc5.jpg

写真が綺麗ではないので、小さいですがイカ、サバ、茄子のマリネ風。

 

 

tomc8.jpg

魚(なにか忘れました)

ソースが本格的で美味しかったです。


 

tomc10.jpg

メインはチキンです。肉はホロホロになっていていますが、やわらかすぎず肉の食べごたえもあり、トリュフとマッシュルームスライスが華を添えます。

 

 

tomc12.jpg

料理はショートコースにしていましたので、チーズの盛り合わせを頼むことで赤ワインを頂く余韻の時間が出来ますね。

 

tomc13.jpg

デザートも美味しかったです。大久保シェフとお話をしました。私も結構東京のフランス料理には行くのですが、シェフも相当お詳しいようで、今週も東京に行きますと言ってらっしゃいました。お店の出口には東京の名だたるお店の名刺がずらっと置かれてありました。

 

?ワイン編ー

tomc3.jpg

Touraine Sauvignon Blanc 2015

生産者 ドメーヌ・ジャン・マリー・ペネ
生産地 ロワール トゥーレーヌ地区
品種  ソーヴィニヨン・ブラン種


 

tomc4.jpg

フランソワ・セルヴァン(マルセル・セルヴァン) シャブリ 2015

産地:フランス ブルゴーニュ地方 シャブリ地区

原産地呼称:A.O.C.シャブリ

品種:シャルドネ100%


 

tomc6.jpg

白3本目はテイストを変えて、アルザス リースリング

ドメーヌ・ポール・ブランク リースリング[2016]
Domaine Paul Blanck Riesling

ブランク家では「テロワールの持つ力を最大限に引き出すこと」を家訓とし、これを忠実に守ってワイン造りは行われています。

アルザス地方に、5つのグラン・クリュを含む36ヘクタールの畑を所有し、複雑な南向きのシュロスベルグの畑ではリースリング種が、隣のフルシュテンタムの畑は泥灰質、砂岩石灰岩の比率が高く、ゲヴュルツトラミネール種とピノ・グリ種が栽培されています。

 

 

tomc7.jpg

Cassis Blanc Clos Sainte-Magdeleine

味わいコメント:フレッシュでミネラルの風味が際立つカシの白ワイン。魚介類全般にぴったりの白ワイン。



 


tomc9.jpg

[2015]ジュヴレ・シャンベルタン/フレデリック・エスモナン
Gevrey-Chambertin/Frederic ESMONIN

シャンベルタンを筆頭に4銘柄のグラン・クリュを擁し、評価を上げているジュヴレ在のつくり手

 


IMG_0091.JPGボルドーは

 シャトー・シャス・スプリーン [2011]
Chateau Chasse Spleen

シャス・スプリーンは傑出したシャトーである。 過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、 3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。 貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは 突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと丸みのあるしっかりとした風味で特徴づけられている。(ボルドー第4版より抜粋) 


tomc11.jpg

最後の赤は、スパイシーなワインで決めましょう。

ドメーヌ・シャルヴァン  シャトーヌフ・デュ・パプ 2010  750ml 

ブドウ品種:グルナッシュ85%, シラー, ムールヴェードル, ヴァカレーズ  カラー:赤  ボディ:フル  スタイル:辛口


料理もワインも美味しかったと参加者の皆さんからは好評でした。

 

食べログ(掲載時点 3.25)

 

ホームページ



 

 

 

このページのトップへ

2019年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

siny7.jpg

 ようやく2度目の訪問となりました。行列やお休み、またまた自分の胃の調子などを言い訳けにして約2ケ月ぶりの訪問。今日は雨とあってか行列なし、ラッキー。


熊本スパイスカレーブームの新星であり、異色な雰囲気のエスニックな外観のお店。出水の住宅地にありますからまさしくそれも際立ちますね。

 

 

siny8.jpg

カレーは2種類。

激辛 か キーマ。今日はキーマと決めてます。

5人いたら4人激辛1人キーマ、みたいな感じでしょうか。キーマは1から5まで5段階の辛さ調整ができるので、辛いのだめな人でもいけるのか。

私はとりあえず3にしてみました。

 

 

siny1.jpg

20分ほどして到着。

1人で5人分調理された後でしたので、それにキーマは鍋でオーダーごとの作成となります。ライスは普通

 

 

siny2.jpg

固ゆで半玉がのってます

 

 

siny3.jpg

ほとんど肉ですよ。水分は少ない。

 

 

siny4.jpg

少しのせて頂きます。ドライカレーですね。

 

 

siny5.jpg

やはりカレーは食べてみないとわかりませんね。

是非食べに来てください!


 

siny6.jpg

全部肉をのせてから食べます。

3、中辛でも辛いですが、さわやかな山椒風味もあってか、するする入っていきます。


このキーマ、やはりもう一度食べたくなりますね。もちろん激辛も食べたくなります。

 

今度また食べに来ようっ と

思うほど

 

前回の記事

住宅街の中に行列カレー 深夜特急 熊本市出水

 

食べログ(掲載時点 3.33)

前回より上がっている。

 

 

 



 

このページのトップへ

2019年3月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

周年行事があり、出席させていただきました。ホテル日航熊本さんです。今日の周年行事はセレクトお土産とかゴージャスだった。パーティは乾杯が終わると熊本式なのかビールを持って歩き回る人がとても多かったです。

 

nikkh1.jpg

前菜盛り合わせ

 

 

nikkh2.jpg

お造里

真鯛、中とろ、かんぱち、いか、梅人参、金魚草

 

 

nikkh3.jpg

フォアグラのコンソメ ロワイヤル

 

 

 

nikkh4.jpg

天草産真鯛のポワレ 「マリニエール」

 

 

nikkh5.jpg

国産牛フィレ肉のステーキ マルシェからの野菜を添えて

かなり柔らかく美味しかったです。


 

 

nikkh6.jpg

金目鯛、うに、海老 のお寿司

 

 

nikkh7.jpg栗のオペラと抹茶アイスクリーム

 

周年行事おめでとうございました。

このページのトップへ

2019年3月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mts1.jpg

東京から来客の方があり、熊本ホテルキャッスルの11F トゥール・ド・シャトーさんにてディナーを頂きました。

 

1皿目は 熊本県産塩トマトと渡り蟹のサラダ 蜂蜜風味のソース

熊本はトマト生産ナンバーワンですし、塩トマトは八代地方で生産されている小ぶりな美味しいトマトです。


 

mts2.jpg

石垣に見立てたフォアグラと天草大王のバルサミコ風味

熊本城の石垣に見立てたということですね、冷たいフォアグラはシャンパンや白ワインにもあうので好きです。

 

 

mts4.jpg

白魚・蛤のロワイヤル仕立て サフラン風味

上品な味です

 

 

mts5.jpg

阿蘇山女魚と自然豚のパイ包み焼き 山椒風味のバターソース

 

 

mts6.jpg

メインは

熊本県産 あか牛フィレ肉のポワレ 赤酒とトマトビネガー風味のソース

とても柔らかい赤牛です。


 

mts7.jpg

ココナッツ風味 リ・オレと苺のソース

リ・オレってお米を使ったデザートです。


 

mts8.jpg

チョコレートのムースとパンペルデュ 柑橘風味


 

mts3.jpg今日の赤ワインはカロンセギュールのセカンドワイン。

価格も高くなくボルドーポンテシャル。


御馳走様でした。

このページのトップへ

2019年2月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkgn1.jpg

東京からの来客があり、ホテルキャッスル熊本の桃花源さんを訪問しました。

 

 

tkgn15.jpg

桃花源は四川料理です、今日は豪華食材を使用した特別メニュー。

 

 

tkgn14.jpg

先ずは前菜。前菜だけでも結構なボリュームがあります。ビールと紹興酒で。

 

 

tkgn12.jpg

乾燥アワビの煮込み

アワビ丸丸1個です。やわらかくて濃厚なソースの味です。

 

tkgn11.jpg

キャッスルの宴会などでもよくいただくことのある

カキと銀杏の辛子炒め

以前は苦手だったのですが、最近普通に食べれるようになりました。


 

tkgn10.jpg

フカヒレの姿煮

最近ここまで綺麗で美味しいフカヒレ食べていなかったです。バンコクで食べたフカヒレとは一線を画しますね。黒酢を少し、ホワイトペッパーを入れて食べると更に味が引き立ちます。

コラーゲンの鶏杉ですね。

 

 

tkgn9.jpg

和牛セロリ人参の香料辛子炒め

 

 

tkgn7.jpg

オマール海老の香り蒸し

贅沢なオマール海老です。ホテルキャッスルさんのオマール海老は婚礼にしろ、美味しいこと。ほんとうに、いいオマール海老を使っているとは聞いていますが、ほんとうにそうですね。

 

 

tkgn6.jpg

鯉の頭入り土鍋

濃厚な土鍋ですね、これは。かなりのコクがあります。


 

tkgn5.jpg

相当煮込んである味がするスープ。

 

 

tkgn4.jpg

桃花源(キャッスル熊本)といえば、この麻婆豆腐。

見るだけで汗が出る人もいるはずの、麻婆。

山椒とラー油が効いた麻婆。

ご飯と一緒に食べてハッピーな麻婆。

 

 

tkgn3.jpg

麻婆ご飯、ザーサイ。

 

個人的には途中で相当お腹いっぱいになりました。

 

tkgn2.jpg

古典式杏仁豆腐

ココナッツミルクが濃厚です。


 

tkgn13.jpg

紹興酒もいただきましたが、ワインは

シャトーラグランジュ 2013

 

 

tkgn8.jpg

 

レ・トゥーレル・ド・ロングヴィル 2008

LES TOURELLES DE LONGUEVILLE

 

「メドックで最も荘厳」と称されるポイヤックの格付け第2級シャトー、 ピション・ロングヴィル・バロンのセカンドワイン。 メルロを主体としたふくよかで肉付きの良い豊満なスタイル。

 

食べログ(掲載時点 3.40)


 

このページのトップへ

2019年2月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nha1.jpg

結婚式のために那覇に行きました。日本列島が寒い時期の沖縄ってほんとにいいですね、あったかい。心も開放的な気分に。さて、まず空港について到着ゲートを出てすぐポー玉をいただきます。

ポークたまごおにぎり本店

 

行列がすごくても回転はよいので、すぐ順番は回ってきます。結構テイクアウトされる人が多い。

 

 

nha2.jpg

カウンター席でいただきます。

 

 

nha3.jpg

明太子 280円と もずくスープ。普通は2個はいけますが、飛行機の中で少し食べたので。

 

 

nha4.jpg

久しぶりのポー玉。美味しいです。今回1泊2日で結局3個のポー玉をいただきました。沖縄ではコンビニでもフツーに売っています。こちらでも普通に買えたらいいのに。

あつあつのポー玉最高

ということで前回のポー玉記事


 

nha5.jpg

夜は結婚式。沖縄の結婚式色々と噂には聞いていましたが、思ったより静かだなぁと。時間通りに始まるのも驚きましたが、かりゆしウェア着た人がいるかと思ったら1人もいないし。(かりゆしで来たら浮いちゃいますね)九州みたいにビールやワイン瓶もってうろちょろする人もいないし。


 

nha7.jpg

料理は1皿づつではなく、中華のテーブル方式。

 

松山での2次会に知り合いと繰り出して

 

最後に連れてこられたのは、当初から想定通り

 

ステーキ


 

nha12.jpg

1000円ステーキです。

お決まりだもんな

 

 

nha8.jpg

メニューは色々あるんですが、

 

 

nha9.jpg

皆さん、200gの1000円ステーキしか頼まない。ハイボール飲みながら

 

 


nha10.jpg

サラダはまだしも、ライスまで食べるのか。

 

 

nha11.jpgこれを食べれるのは、泡盛で完全に中枢神経が飛んでいるからですね。

ここに誘った張本人は今日の肉は柔らかくて最高ですよ。とのこと。

私も前回訪問時はうまい、うまいと書いているんですね。今日は・・・・まぁいいか、ちなみにじゃんけんは負けました。

 

ステーキハウス88Jr. 松山店。 那覇の夜は〆ステーキ。

 

食べログ(掲載時点 3.20)

 

88グループ

 

 


 


 


 



 

このページのトップへ

2019年2月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

casit1.jpg

本日の打合せ会場は、銀座カシータ。ホテル ザ セレスティン銀座に2017年10月にオープンしたイタリアンです。ホテルの朝食会場としても使用されるレストラン。カシータは株式会社サニーテーブルが運営するレストランで、表参道はじめ6店舗経営されています。以前青山・表参道のカシータには行ったことがあります。テラス席でのデザートなど印象的だったなぁ。

 

 

casit2.jpg

理想のダイニングを世界的高級ホテルチェーンで有名なアマンリゾートとするだけあって、洗練された雰囲気を醸し出しています。東京タワーも見える。

 

 

casit3.jpg

こちらは魚介に特化したイタリアン、ということです。

 

 

casit4.jpg

今日のメニューはエグゼクティブクラスなのですが、イタリアンで見られるパスタとかリゾットとかありません。私的には全て受け入れ可能なので嬉しいのですが。


 

casit6.jpg

前菜

 

 

casit7.jpg

雲丹とキャビア

三杯酢のジュレとキャビアコンディメント

雲丹とキャビア。これはスプマンテにあうスタータだこと。嬉しくなります

 

 

casit8.jpg

先ずはウニから。

うまい。

 

 

casit9.jpg

キャビアそのままいただきます。

以前、札幌のルマンサで食べたフレンチを思い出しました。

 

 

casit12.jpg

旬の魚介のカルパッチョバー

天然真鯛、炙りカマス、本マグロ、江戸前銀鮭、アオリイカ、マダイ、牡丹海老

 

魚介に特化している分、カルパッチョの量も多く。私的にはこの3分の1くらいで十分なのですが、ちょっと量が多かった。江戸前銀鮭とはなんだろうと思ったら、千葉県で養殖されている鮭のことらしい。

 

 

casit13.jpg

蝦夷鮑のソテー ジャガイモのカダイフ巻と焼きリゾット

 

 

casit14.jpg

左の△がリゾット、下に鮑がありました。

柔らかい鮑でしたね


 

casit16.jpg

黒毛和牛シャトーブリアンのグリル

ウズラのポーチドエッグ、黒トリュフ マデュラソース

 

シャトーブリアンは牛肉の超高級部位として知られています。さすがに柔らかいですし、脂っぽいわけではなくお肉の美味しさがありますね。


 

casit17.jpg

季節のソルベ

デザートにもう少しこだわりがあると更にテンションが上がるのだが。今日はうに、キャビア、カルパッチョと生類を沢山食べてしまったためか、お酒も入って後程胃が重くなりました。昼激辛のカレーを食べたせいもあると思いますが、さっさと寝ました。

 

 

 

casit5.jpg

スプマンテはFERRARI

 

 

casit10.jpg

エルヴェ・ヴィルマード ソーヴィニヨン

【生産者情報】
エルヴェ・ヴィルマード(旧名ドメーヌ・デュ・ムーラン)
ロワール地方シュヴェルニ(1993年に格付けされた歴史の浅いAOC)
ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣。
エルヴェ・ヴィルマードは、ティエリー・ピュズラとも親交が深く、ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになりました。

 

 

casit11.jpg

LE MARQUIS DE CALON SEGUR 2015

 

カロン・セギュール(3級)のセカンドラベルであるル・マルキ・ド・カロン・セギュール。ファーストラベル同様、ハートのモチーフを施したラベルが目を引く人気の銘柄で、メルロ64%、カベルネ・ソーヴィニョン36%のブレンド。メルロの比率が多い分、まろやかな味わいに仕上がっています。

 

casit15.jpg

La Dame de Montrose
ラ・ダム・ド・モンローズ 2014

銘醸モンローズが手掛けるセカンド銘柄。ファーストの意志を見事継承した、力強いタンニンが溶け込む味わい。

 

 

食べログ(掲載時点 3.12)朝食評価など入っているためでしょうか・・

 

カシータホームページ

 

このページのトップへ

2019年2月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lcro1.jpg

大阪フレンチでも感動した1軒、La Kancro(ラカンロ)さんに1年ぶりの訪問です。お店の場所とか詳細などは前回の記事を参照いただくとして今回はラカンロさん無駄をそぎ落とした店内の中で味わう洗練されたアートのような料理を中心にご紹介したいと思います。

 

La Kanro (ラカンロ) 大阪・東天満 アート作品のようなフレンチを(1)

 

La Kanro (ラカンロ) 大阪・東天満 アート作品のようなフレンチを(2)

 

lcro2.jpg

飲食店が特に多い場所ではなく、オフィスビルやマンションなどもある地区。このひっそりしたところにたたずむラカンロがいい感じ

 

 

lcro3.jpg

8席のみのカウンターシートから望むとシャンパン・ワイングラスしか見えない、ハイブリッドなバーのような景色が広がります。

 

 

lcro4.jpg

メニューも素材のみ記載されているので、何が出てくるのかは想像できません。前回のメニューとかぶらないように調べてあると思います。

 

 

lcro6.jpg

黒胡椒 玉葱

小さなカップの中には胡椒や刻まれたトリュフなど。

 

 

lcro7.jpg

玉葱のムース。かなりトリュフのテイスト、パルメジャーノもからみクリームな1皿

 

 

lcro8.jpg

白魚

白魚の上にトリュフスライス


 

lcro10.jpg

鰤 大根

 

 

lcro9.jpg

脂ののった鰤の上に唐味大根があり、カラスミもかかっており、その上にお花畑。

なんとも見た目がアーティスティックで食べるのがもったいない1皿。お味も納得できる1品ですね、これは。美しすぎます、こんなぶり大根素晴しい。

 

 

lcro11.jpg

牡蠣、子牛

子牛のラヴィオリ、スープが濃厚。

 

 

lcro13.jpg

トリュフ 人参

 

 

lcro14.jpg

香辛料 カリフラワー

スパイス香る鰻。

 

lcro15.jpg

かなり細かなピンセット的作業の飾り付け

 

 

 

lcro16.jpg

桜えび ほうれん草

蝦夷鹿です。

 

 

LCANRO17.jpg金柑とメレンゲ

 

lcro20.jpg

バンデピス

 

lcro5.jpg

シャンパンはグラスで

NV ブラン ド ノワール エリック ロデズ シャンパン 辛口 白  Eric Rodez Blanc de Noirs Brut NV


 

lcro12.jpg

François Mikulski Meursault Goutte d'Or 2011
フランソワ・ミクルスキ ムルソー グットドール

ムルソーを中心に約8ha、16区画を所有しています。環境に優しい栽培方法を心がけ、自家製のコンポストを使い続けています。収量は、白は45hl/ha?50hl/ha、赤は35hl/haに抑えています。ミクルスキ

 


lcro18.jpg

Dom. Arlaud Morey Saint Denis 1er Cru Les Blanchards 2014
ドメーヌ・アルロー・モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ レ・ブランシャール

 

 

今日も満足なコース料理でした、ラ・カンロさん。

 

食べログ(掲載時点 4.12)


このページのトップへ

2019年2月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dbi13.jpg

大阪コロンビアエイト上本町店の店長さんと話をしていて、東京ならダバ・インディアがおすすめですとの言葉から数日後東京へ行く機会があり早速訪問。11時45分に到着したのですが11時15分からオープンで7名行列。丁度1回転するくらいのいい時間ではないでしょうか。お店も60席ありますので。


場所は東京八重洲から歩いて6分くらいで、地下鉄銀座線京橋からも近いです。相当な有名店のようです。ダバ・インディアとはヒンズー語で食堂という意味らしい。

 

 

dbi3.jpg

南インド料理と書いてあります。

熊本で養生カレーというところに行って以来。

 

 

dbi2.jpg

ランチは東京のど真ん中で850円から1250円ですから、リーズナブルではないでしょうか。ランチミールス(定食)がカレー4種とスープが食べれて面白そう。

 

 

 

dbi1.jpg

カレー3種は 辛口がマトンキーマカレー、中辛がマラバーリチキン、マイルドはミックスベジカレー。

 

 

dbi4.jpg

店内は結構暑い感じに賑わっています。人が満杯なので写真は遠慮。カウンター席に着席しメニューを見ます。

Cのランチミールス 1250円に決定。ライス大盛にして。パパド(豆から作ったせんべい)、パトゥーラ(ナンの生地を油で揚げたもの)付。

 

dbi5.jpg

ご飯大盛りにしても結構多いカレー。

パパドは豆なので、いただきますが、パトゥーラは少しだけ。

 

 

dbi11.jpg

マトンキーマカレー。

かなりスパイス感が強く一番辛いカレーです。コロンビアエイトのカレーより辛いかも。となりで本日のカレーでマトンキーマ1種を選んだOLさんはかなり「辛い」「辛い」と連発されていました。

 

 

dbi7.jpg

中辛のマラバーリチキン

 

 

dbi8.jpg

ミックスベジカレー

とうがん、いも、にんじん などなど トマトクリーミーソース

 

 

dbi9.jpg

サンバルカレー

南インドでは味噌汁のようなもの。豆と数種の野菜をタマリンドと共に煮込んだ、南インドでは毎日食べられる伝統的な菜食カレー。野菜だけとは思えない旨みとトマトやタマリンドの酸味が特徴

 

dbi10.jpg

ラッサムスープ。トマト(野菜)、タマリンド(果物)などを黒胡椒やニンニクで味付けして煮たもので、辛味と酸味が強いのが特徴である。(WIKIPEDIA)

 

dbi12.jpg

色んな味をブレンドしながら食べてみました。スパイス感がマイルドから辛いのまで色々ありました。前回養生カレーで南インドカレーはパンチが無いと書いてしまい、反省しました。かなりパンチがありました。汗が出まくりましたよ。しかしスパイス系はクセになりますね。

 

食べログ(掲載時点3.92)

全国のカレーランキング6位

 


 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

col810.jpg

大阪に夜入り。今回大阪上本町という場所に宿泊するのは初めて。伊丹空港から高速バスに乗ってしまえば梅田もここも時間的にはそんなに変わらないですね。近鉄百貨店があり、近鉄線の始発駅とあって結構大きなターミナル駅ですね。


今日の夜はカレーのスパイスで胃を休ませたい・・・という思いでいそいそと出かけたのはこちら、上本町の大通りに面している「コロンビアエイト 大阪上本町店」。スパイス成分が胃を元気にしてくれるでしょう。

 

 

col811.jpg

前回大阪訪問時にはコロンビアエイト北浜本店と迷った挙句、谷口カレーを訪問した経緯がある。

コロンビアエイトのつづりは COLUMBIA 国のCOLOMBIAとはつづりが違う。

 

 

col812.jpg

カウンター席とテーブル席。

閉店に近い時間だったため行列ということはなくてホッとしました。昼とか行列でしょう

 

 

co8.jpg

事前に調べていた通り、初めてのお客さんは キーマカレーか ヌードルカレーしか選択できません。2回目という嘘はつきたくはありませんので、正直にコロンビアエイトのスタンダードカレーであるキーマカレー(900円)を選択。


カレー屋さんというと黙々と作っているご主人も多いのですが、こちらのご主人は明るくてきぱきと動かれています。お客様も少なかったので話をしていたら・・・どこからですか。「熊本からです」・・・あそこのカレーは美味しいですよね、とか、とても熊本にお詳しい。


話していたら私の高校の一つ上の先輩ということが判明。こんなところでお会いするとは。私の知人の先輩も知っておられ地元の話で盛り上がり。

 

 

co81.jpg右手にスプーン、左手にししとう。

ししとうの苦みとカレーをあわせてあるそうです。少しづつししとうをかじりながらいただくということです。面白いスタイルですね。

 

 

co82.jpg

キーマカレーです。

かなりスパイス感満載のインパクトあるカレーです。素揚げされたししとうの下にはたまねぎのピクルス。ご飯は大盛無料なので、珍しく大盛りに。

数十種類のスパイスがブレンドされて、初めて食べる複雑な味。何ですかこの味は。舌の上で色んな味がブレンドされて、こればっかりはこれを食べないと説明できません。

 

 

col82.jpg

ししとうはちびりちびり食べても4,5回で食べてしまいますね。

 

 

col83.jpg

麦が入ったライスの上にもナッツやスパイスが。キーマも下に入っています。


 

col84.jpg

セットのグレープフルーツジュースを合間に飲むと、あらら辛さがリセットされて不思議なドリンク。グレープフルーツってカレーと食べるとこんなに変わるんでしたっけ。

 

 

col85.jpg

本当、辛さはそうでもないですよ、ししとう+グレープフルーツジュース+カレーでエッジのきいたスパイス感を味わえるゲキウマのカレーです。

 

 

col86.jpg

壁にはカレーの香辛料が並んでいます。

するっと食べれました。そして1回お店を出て再度入店。

2回目ということで「花火」を食べましょう。2皿目のカレー、食べれるか不安ですが、大阪まで来て今日「花火」を食べておかないわけにはいきません。ご飯は少し少な目にて。ご主人によると1日2皿食べる人は少ないとか・・・

 

 

col87.jpg

花火 900円

花火DX(デラックス) 950円 という花火に和風トッピング、山椒、生卵、ネギが乗ったバージョンもあります。


いやあ見た目にキーマ以上にインパクトがありますね、ゴマがぐるっと、色も赤いし。普通の鍋からかけただけのカレーと違います。

 

 

col89.jpg

ご主人が言われるように、キーマを食べてから2回目から花火を食べてください。意味わかるような感じです。さっきより汗噴き出します。でも複雑なスパイス味に脳が麻痺しているのか、どんどん食べすすみ、完食。よくがんばりました。

たまに食べたくなりますねこの味は。中毒性があるカレーですね。

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

コロンビアエイト ホームページ

 

このページのトップへ

2019年2月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oude21.jpg

2017年9月オープンのフレンチ、ODE(オード)。オープンしてすぐ11月にランチで訪問して以来、本来のディナーメニューをと思っていてだいぶ時間が経過したが、逆に変化が出てきているのかと楽しみになります。生井裕介シェフのこのODEは昨年期待された通り、ミシュラン1つ星を獲得されました。入口はビルの2階。まるでバーかと思うような無駄のないスタイリッシュ感。


 

oude20.jpg

劇場型オープンキッチンカウンターと個室、半個室が2つ。

前回はランチでカウンター内での調理も多かったと記憶していますが、ディナーは以外に奥の調理場で調理されていることが多かったです。

 

oude17.jpg

メニュー表はありません。最後に渡される素材が記載された紙のみ。

さて、これは定番の ドラ〇ン ボール。オマールエビの凝縮されたスープが入っています。

 

 

oude18.jpg

オレンジのコアントロー酒と合わせていただきます。

 

 

oude16.jpg

フィンガーフードで

ちりめんキャベツ 山葵

 

 

oude15.jpg

焼きたてのパン

 

 

oude14.jpg

小柱 スナップエンドウ

皿の演出の仕方が面白い

 

oude13.jpg

こちらの定番ともいえる料理 グレー 2019

グレーはオードのカラー、そしてその中には


 

oude12.jpg

宮崎のブランド牛 尾崎牛とサンマ

見事なコンビネーション

 

 

oude2.jpg

イノシシ 春菊

 

 

oude3.jpg

牡蠣 源助大根

お皿もグレー。ほんとうに量的には多くなく丁度いい分量で品数が多いから色々と楽しめます

 

 

oude4.jpg

ロックフォール 若竹

 

 

oude5.jpg

柔らかいです

 

 

oude6.jpg

 

oude7.jpg鰆 ちじみほうれん草

 

 

 

oude9.jpg

赤姫牛 ごぼう

 

 

ouvde.JPG

ライムリーフ 密柑

 

oude11.jpg

キャラメル リンゴ ビーツ

 

 

oude23.jpg

サツマイモ 洋梨 山椒

 

 

ouvde2.jpg

デセール

 

流れるような料理の品々。

 

 

oude19.jpg

シャンパーニュ BLANC DE BLANC

 

 

oude1.jpg

PULIGNY-MONTRACHET 1ER CRU DEMESSEY 2000

高級辛口白ワインの代表格、ミネラリーな高級辛口白ワインを産出する、世界的な白の銘醸地。しかも貴重な18年熟成バックヴィンテージ

 

 

oude8.jpg

Le Relais de  Durfort-Vivens 2015

マルゴー2級デュルフォールデュバンのセカンドワイン。評価も高いセカンドワインのよう。

コスト的にもパフォーマンスはよいと思いました。


 

oude10.jpgデザートワインも選べます。

 

 

ODE(オード)(1) 東京・広尾 流れるようなフレンチ・フュージョン

 

ODE(オード)(2) 東京・広尾 流れるようなフレンチ・フュージョン

 

食べログ(掲載時点 4.26)

 

このページのトップへ

2019年2月13日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

1月と2月に毎年2回食べる仲むらさんでのふぐ。第一弾。今回は写真少な目。日本酒をいただくのに夢中になりすぎました。

 

nnmr5.jpg

前菜

 

 

nnmr2.jpg

フグ刺し。

初めて参加の隣の人は、これって1人前ですかと驚かれていました。そうです1人前ですよ。あせらずゆっくりお召し上がり下さい。

 

 

nnmr1.jpg

苦手な白子の茶碗蒸し

 

 

nnmur3.jpg

鍋の具材

鍋に入っているシーンは撮影できず。

ふぐの鍋ってあんまり好きではないのですが、理由があって餅の量がやけに多い鍋。

 

 

nnmr4.jpg

唐揚げ

 

美味しかったです。

 


昨年バージョン

和食仲むら本店 熊本市 恒例のふぐ行事

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

1月のある日、賀詞交換会に行きました。熊本のグループ企業さんの毎年恒例の賀詞交歓会。昨年は出席できず2年ぶりです。いつも美味しい料理をいただけるので楽しみ。今日はメニュー表撮影するのを忘れてしまいました。


そして新年福引が豪華景品なので、皆さん大注目。今回も一等は沖縄ペア旅行だったり、ダイソンホットアンドクールや5万円分の商品券などなど。当たる人には当たるものですね。普通の会合だと不在という人がいるのですが、さすが豪華景品皆さん、トイレやたばこ休憩から戻ってきていました。

 

 

yzws1.jpg

6種オードブル盛り合わせ


 

yzws2.jpg

牡蠣の辛子炒め

 

 

yzws3.jpg

フォアグラのトリュフ風味

 

 

yzws4.jpg

フカヒレ入りスープ


 

yzws5.jpg

牛フィレ肉のパイ包み焼き

 

 

yzws6.jpg

キャッスル定番の麻婆御飯

 

 

yzws7.jpgデザート


来年も楽しみです。

 

このページのトップへ

2019年2月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

土曜日に、東京で散策。三菱美術館でアメリカ・フィリップスコレクションを拝見。ピカソ・モネ・ゴーギャン・ブラックなどの名画を鑑賞。そしてランチ。まんてん鮨は満杯だったので、歩いてKITTEに。行列で有名な根室花まる鮨は11:30の時点で120分待ち。すごいなぁ、そんなに待てない。


ということでショップリストをみたら、地階にあべやさんがあるのでここにします。東京駅以外にもここにもあったのですね、神楽坂店で2度食べたことのある親子丼、今回は8ケ月ぶりくらいです。

 

abt1.jpg

ヨーロッパ人と思しきツーリストさんも入っていて、ここは人気店ですね。神楽坂店は結構並びますから。神楽坂よりお店の収容人数は多そうです。

 

abt2.jpg

メニューは微妙に神楽坂と違いますが、

今日は親子丼御膳 2052円 にします。親子丼とサラダ、副菜、デザートが付いたセットものですね。


 

abt3.jpg

別々に来るのかと思いましたが、ワンプレートで到着しました。

 

 

abt4.jpg

玉子たっぷりの親子丼。

 

 

abt5.jpg

比内地鶏味噌煮込み

鶏の味噌煮込みってあまり食べませんが、結構濃い味でした。

 

 

abt6.jpg

比内地鶏卵ドレッシングのサラダ

 

 

abt7.jpg

秋田の漬物 いぶりがっこ。最近結構有名になってますよね。シャキシャキ感と薫香がよいですね。

 

 

abt8.jpg

比内地鶏たまごプリン

かなり濃厚でした。


 

abt9.jpg

汁気の多い親子丼なので、スプーンが食べやすいです。ツユダクの丼は嫌いなのですが、ここは多少ツユ多くても気になりません。

 

 

abt10.jpg

鶏も美味しいので、たまに食べたくなる親子丼です。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 


本家あべ家 神楽坂店 比内地鶏の親子丼

本家あべ家 神楽坂店(2) 比内地鶏極上親子丼

 

あべやホームページ

 

 

このページのトップへ

2019年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

呉服町電停のすぐ近くにある「魚よし」さんは、初代嘉次郎が新町3丁目に「石寿司」の名で開業し大正11年(1922)頃、現在の地に「魚嘉」として移転して約100年が経過し、現在は4代目。


2016年の熊本地震で被害を受けられ、2018年9月にリニューアルオープンされました。今回新年会の会合で訪問しました。以前のお店は訪問したことはありません。

 

uoys13.jpg外観もシンプルでかなり現代風の建築物に生まれ変わりました。

 

 

uoys1.jpgこちらの漢字の魚嘉という文字は以前の建物から使用されていたものだとうかがえます。店内はカウンターとテーブル席がありますが、パーティションなどが建物に組み入れられており、個室にできるという仕組みになっています。宴会などにももってこいの最新式ですね。

 

uoys2.jpg

今日は日本酒(冷)を飲みながら食を進めていくこととします。

 

 

uoys3.jpg

お造り

しつらえが上品で、どれも丁寧なお仕事というのがわかります。

 

 

uoys4.jpg

ふぐとアン肝

上質な素材を美味しく調理してありますね。

 

 

uoys5.jpg

焼き牡蠣

 

 

uoys6.jpg

ボケ写真は茶碗蒸し

 

 

uoys7.jpg

アワビ

とても柔らかいです。

 

 

uoys8.jpg

天ぷら

 

 

uoys10.jpg

鴨鍋べ

 

 

uoys9.jpg

ニ八そばをくぐらせて。最近蕎麦職人の方が入られて、ランチをはじめ蕎麦も提供されております。

 

 

uoys12.jpgお寿司

これくらいが最後には丁度いいですね。ごちそうさまでした。

 

こちらのブログにも詳しく書かれてあります。


食べログ(掲載時点 3.04)

このページのトップへ

2019年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

btry1.jpg

東京、渋谷から東急線で2駅の祐天寺。歩いて数分、閑静な住宅街の中にクレモンティーヌ・ビスはあります。ビストロフレンチです。

 

 

btry2.jpg

ディナーは5800円、6800円ですが、今日はアラカルトでお酒を頂きます。店内はワインレッド基調で外国人のお客様も多く、雰囲気がプチパリ気分、ここ。店内はカウンター4席を含め20席の小さな、夫婦で経営されています。

 

 

btry3.jpg

黒板メニューからカンパチのマリネ

見た目にも美しい

 

 

btry9.jpg

林檎とアンティーヴ、クレソン、ゴルゴンゾーラチーズ、クルミのサラダ。

色々入っていて美味しいなぁ

 

 

btry4.jpg

定番的にビストロで食べたくなる

パテ・ド・カンパーニュ


 

btry6.jpg

またお肉

山形豚の自家製ロースハム

 

 

btry7.jpg

黒板メニュー イイタコのココット煮

 

 

btry10.jpg

真鱈の白子のムニエル、春菊のソース

白子は苦手です

 

 

btry12.jpg

イチボのロティ

柔らかくて美味しいお肉ですね。


 

btry13.jpg

フォンダンショコラ バニラアイス添え

冬ですよね、フォンダンショコラ

 

 

btry14.jpg

自家製生姜キャラメルアイスクリーム

甘くショウガ味。食後にぴったり

 

食事はそんなに沢山ではないのですが、ワインはシャンパンそして、

 

btry5.jpg

サシャーニュモンラッシュ 2013 ジャン・マルク・ボワイヨ

 

 

btry8.jpg

Dom. Alain Jeanniard Chambolle Musigny
ドメーヌ・アラン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー 2014

マキコレワイン

 

btry11.jpgレ・フィエフ・ド・ラグランジュ Les Fiefs de Lagrange 2013

サントリー経営サンジュリアンボルドー シャトー・ラグランジュ 3級のセカンドワイン。何度も飲みましたね、これ。

シャンボールミュジニーの後のこれは少し軽かった。

 

ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.60)

このページのトップへ

2019年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

miyosiu9.jpg

8ケ月ぶりの2度目の訪問となります、人形町、うなぎ三好。

他にも人形町にはうなぎの美味しいお店が沢山あるのですが、またこちらに。

 

 

miyosiu.jpg

前回は「月」をいただいたのですが、今日は 「花」3320円にします。肝吸・漬物付です。

 

 

miyosiu2.jpg

ここの美味しいお茶をいただきながら、週刊文春を読みながらうなぎの到着を待ちます。

鰻屋ではスマホよりスポーツ新聞より文春があう。新潮も読みましたが。

 

 

miyosiu3.jpg

到着。待ち遠しかった。

ふたは付いていません。湿気を嫌うためでしょうね。

 

 

miyosiu4.jpg

重の到着のあと、肝吸いと香物。にんじん、だいこん、きゅうりのこの3点セットが大好きなんだ。

 

 

miyosiu6.jpg

炭火焼き 色目も最高にいいですね。丁寧な仕事です。

 

 

miyosiu5.jpg

肝吸いも三つ葉のバランスがとてもいい。鰻重・肝吸い・香物がとても引き立てあっているビジュアルですね、ここのは。

 

 

miyosiu7.jpg

久しぶりです。美味しいです。

 

 

miyosiu8.jpg

大嫌いな汁のべちゃ感もなく、ぐにゃーっとしたご飯でもなく、米粒のエッジが効いたいいお米を使っているとおぼしき炭火炊きの米。ほんとうにコメも旨い。鰻と米が互いに引き立てあっている。うなるよ。TT

 

三好 うなぎ 東京・人形町 ここの鰻好きだわ

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tng11.jpg

最近ブームのスパイスカレー。大阪がスゴイというのは聞いて知っていたのですが実は大阪でカレーを最近食べた記憶がありません。ということで北浜近辺に居ましたので、この付近がカレー屋さんが多くてアツイとのことですので、その中から評判が高い1軒をセレクトして訪問しました。


といってもオープン前でないと並ぶとのことなので少し前に来店。5分前で一番乗り。この近くのカシミールというカレー屋さん(食べログ3.76)は1時からオープンとの張り紙があるのに1時間半前から並んでいましたよ。すごい。


 

tnc1.jpg

街の中のガソリンスタンドというのも違和感を覚えますが、そのそばにあります。

フォークオールドブックストアに同居する マガリ(間借り)カレー。今では多くを見かけますが、ここが先駆らしい。(2013年オープン)間借りとは夜居酒屋の昼間とかカレーを借りて営業しているというパターン。


 

tng2.jpg

土日祝日定休日ですよ

平日オンリー、人気店。普通のサラリーマンだと大阪在住でもハードルが高いお店ですね。

 

 

tng3.jpg

最初に入店できるので店内ショットも人がいない。

本はまばらですが、この地階にもお店があります。待ち合いの椅子が小学校の教室の椅子だ

 

 

tng4.jpg

東横堀川が望めるカウンター席に。川が見えて落ち着く。カフェのよう。

 

 

tng5.jpg

さて肝心のメニューですが、

スパイスチキンカレー 800円 以外は 2種類

両方10食限定で スパイスシーフードカレー 900円、麻辣豚バラキーマカレー 900円。

最近流行の麻辣系ですね。

 

ネクターにも惹かれるなぁ、「とろける美味しさネクター」飲みたくなりましたが。私はチキン、もう1人は麻辣。

 

 

tng7.jpg

しばらくして到着。アイガケがあったらいいのにと思いつつ、

豆腐とかカボチャなど野菜が相当煮込まれて入っていますね。

 

 

tng6.jpg

サフランライスの量もそれほどではないのですが、美味しそうなスパイスの香りが脳を刺激します。入店前まではそんなにお腹すいていなかったのですが、食欲神経をかなり刺激されます。

 

 

tng10.jpg

以外にチョイ辛はそれほど、辛くなくスパイスの絶妙なカレー感というか、すんなり胃袋に入っていきます。1皿するっと。

 

 

tng8.jpg

麻辣です。

ごまだの色々と降りかかっていて、こちらがスパイシー感はありますが、想像していた激辛感は少ないですが、食べながら汗かいていましたよ。

 

 

tng9.jpgやはり美味しそう。

するっと食べれたので、隣の人が食べいてた 色が黒っぽいシーフードカレー10食限定も食べればよかったとお店を出る時に思いました。美味しいから2人で3皿はいけるでしょう。お店を出るころには店内満席、行列でした。10食限定カレーはオープン前に行列しないと無理かもですね。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

谷口カレーの記事


 

 

このページのトップへ

2019年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lsn14.jpg

今年初のミシュランレストランは、大阪にて。北新地からJR東西線で1駅新福島駅から歩いて数分のエリアにあります。ここの辺りはなんか美味しそうなオシャレなお店が沢山ありますね。お店の名前は

 

 

lsn12.jpg

リエゾン。フランス語で繋ぐ、繋げるの意味があるとのことです。当社の情報誌ダイニングエクスプレス最新号(34号)次に流行るお店に掲載させていただきました。その後2019ミシュラン大阪・鳥取でミシュラン1つ星に選ばれたのでびっくりしました。そういうご縁で今回訪問させていただきました。


こちらはもと「ポワン」というミシュランレストランがあった跡地。ポワンもミシュラン2つ星店「アキュイール」が13年に福島に移転解明したお店ということですから、ここは名店が続くレストランの場所。


 

lsn13.jpg

昼は3500円、夜は6000円のコース。

6000円は安いですね。評判も6000円でコスパが良いとの声が多く、ここは運営元がTHE DININGという12店舗外食レストランを経営する企業です。


今回はスペシャリテの10000円のコースです。といっても星付で10000円は普通としては高くないですよね。


 

lsn15.jpg

店内はシンプルベストな空間が広がり調理場も見えて動きもあります。そしてきつすぎないゆっくりとした空間がベスト。テーブル席4卓で22席。平日でしたが後程一杯になりました。でも6000円のコースを皆さん召し上がられていたようですね。それにビールなどを飲む方も多くみかけました。

 

 

lsn25.jpg

メニュー表です。シンプルながらもこういうメニュー表があるフレンチが私は好きですね。特にフランス語並列表記とは不要だし。

 

 

lsn23.jpg

アミューズから

さくらえび スイートポテト

シャンパンはボランジェをいただきながら。

 

 

lsn22.jpg

キャビアのタルト

 

 

lsn21.jpg

中にはキャビアのサンドイッチ。シャンパンとキャビア。やはり嬉しいですね。

 

 

lsn24.jpg

玉ねぎとベーコンのクグロフ

 

 

lsn19.jpg

皿の端っこにのってやってきたのは

そば粉のブリニ うに 焼きなす

 

 

lsn18.jpg

いやいや綺麗にデコられていること。

 

 

lsn17.jpg

バターが4種類も。ゆず味とかありました。

 

 

lsn16.jpg

かぶらのムース

オマール海老のコンソメ

 

 

lsn1.jpg

ほんとに適度と思う量で、オマール海老も美味しく。

白ワインモンラッシェとのマリアージュが抜群。

 

 

lsn2.jpg

北海道産 ほたて貝柱とあわび プール・ノワゼット

貝柱の上に載っているのがあわび。うーん、美味しいですね。火入れも良くて柔らかい。

 

 

 

lsn3.jpg

フランス産 フォアグラのポワレ 十穀米のリゾット

ここまでキャビア、オマール、あわびと高級食材が続き、そしてキャビアに続き、トリュフ、フォアグラと3大珍味も登場。満足感高いですね。よければトリュフは目の前で削られるとあの香りがふわーーんとして最高なのですが、今回は削ってあるものが提供されました。フォアグラ、トリュフのリゾットはやはり香りたち美味しいですね。

 

 

lsn4.jpg

こちらのスペシャリテはだし汁の旨みを味わうフレンチということで、スープが極み。

今回は 長崎県産 甘鯛の鱗焼き ポトフ仕立て

 

 

lsn6.jpg

北海道産 黒毛和牛サーロインのロースト

 

 

lsn7.jpg

サシが入りすぎていて2切だったから食べれたかも。

 

 

lsn10.jpg

タルトタタン

 

 

lsn11.jpg

大阪のフレンチってほんと充実感が高いんですよね、どこも。

 

 

lsn20.jpg

シャサーニュ モンラッシェ 白 2012 ラモネ ramonet chassagne-montrachet

1920年、ピエール・ラモネ氏によって創設。ドメーヌ設立当時の1920年代から元詰を開始、その後、息子のアンドレが引き継ぎました。アメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として今日の名声を獲得するきっかけとなりました。

 

lsn5.jpg赤と間違って頼んだ白

ラベイユ・ド・フューザル・ブラン 2009

モンラッシェの後に飲むのには・・・いまいち。


 

lsn8.jpg

《クアディー》 エレクトラ [2014] Quady カリフォルニアのデザートワイン

 

 

lsn9.jpgマーカス モリトール リースリング ユルツィガー ヴェルツガルテン シュペートレーゼ 2016

 「口の中では甘口アウスレーゼのジューシーなアプリコットが前面に出て砂糖漬けにした柑橘果実と一体となっている。素晴らしくフルーティーなリースリングでフィネスとエレガンスに傑出している。」 byワイン・アドヴォケイト

 

食べログ(掲載時点 3.53)

このページのトップへ

2019年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

先日ホテル日航熊本にて社員の方の結婚式があり出席しました。出会いの縁があり数年の交際期間を経てご結婚されることに。

 

jalky8.jpgとても寒い日でしたが、自分も十何年か前に同じ会場にて結婚式をしたなぁと思いだし。


 

jalky1.jpg

昼間ですし、ノンアルコールビールで料理をいただきました。

奥阿蘇鱒と野菜のプレス ビーツのエッセンス 滑らかな鱒のリエット

山葵風味のクリーム ハーブと野菜の香り

 

jalky3.jpg

ハチミツでマリネした鴨のフォアグラ シブレットとガーリック風味

サフラン パルミジャーノ香る焼きリゾット


ご飯とフォアグラも合いますね。


 

jalky4.jpg

野菜のポタージュスープ 季節の香りを添えて

濃厚な野菜スープ。

 

 

jalky5.jpg

スズキとジャガイモのティアン キャベツのエチュペ添え

アサリのジュとベルモットのソース

 

 

 

jalky6.jpg

国産牛フィレ肉のロティと牛タンのドープ

滑らかなセロリラーブのピュレ ソース・フォレスティエール

 

 

jalky7.jpg

天使のクリームと赤いベリーのスープ

 

 

jalky2.jpg珍しい和装姿でウェディングケーキ入刀。この後にウェディングドレスに着替えられていました。

ケーキは新婦友人のパティシエさんの手作りだそう。でもケーキは配られませんでした。食べたかったなぁ。

Tさん、Mさんお幸せに。

 



 


 

このページのトップへ

2019年1月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ライオンカレーさん

年末からずっと訪問するのを伺っていましたが、定休日だったり、行列だったり(特に週末とか) 正月明けて平日に訪問しました。

正月明けというのはカレーが食べたくなりますもんね。おせちもいいけど、カレーもね

ハウスHPによれば

1976年(昭和51年)以降、年末年始に流された買い置き訴求の「おせちもいいけどカレーもね!」というキャンディーズのCMが話題となりました。

このCM知ってるのっておじさんたちだよ。

 

 

liont6.jpg

今年から新メニューになったとのことです。

 


liont7.jpgクリック拡大、戻る

メニューは2種類になったようですね。以前は3種類と日替りがあって、3種類は700円だったのですが。

肥後のうまか赤鶏のチキンカレー 900円

阿蘇自然豚のキーマカレー 950円


前回、キーマを食べたので今回はチキンカレーにスパイシーエッグのトッピングに。サラダとか無くなったんですね。

辛さもチョイスできるようです。今日は辛口にしましたが、辛いと言えば辛いです。

中辛・辛口・大辛・激辛(+50円)から選べます。

 

liont3.jpg

ほどなくして到着。

ワンプレートにアチャール(漬物)なども一緒に乗っています。ビジュアル的にいいですね。手羽元チキンが2つ。

 

 

 

liont1.jpg

ナッツ類も乗ってるのが特徴。

以前のカレーにも増して旨そうになってないか

 


liont2.jpg

チキンが隠れている

地鶏銘柄コンテストで最優秀賞(日本一)を受賞した熊本の赤鶏を使用してあるとのこと。ホロホローとまではいきませんが、骨からはするっと取れます。

 

 

liont4.jpg

スパイシーエッグも半熟でいい感じ。

 

 

liont5.jpg

カレーを飲んでみて「このカレーが(今日は)並ばなくて食べれるなんてすごくないか。都会だったら絶対毎日行列レベルだよ」と思いながら、来るたびにグレードアップしている味に感動して今日も帰りました。TT


人気上昇中ですね。LION CURRY(ライオンカレー)(3)熊本市本山町

香辛喫茶 LION CURRY (2) 熊本市本山町 暑いけど美味しい

香辛喫茶 LION CURRY 熊本市本山町

 

 

食べログ(掲載時点 3.47)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年1月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ayus10.jpg

正月に球磨川の対岸にある坂本の「鮎のさかた」に連れてきていただきました。ここに来るのは3回目です。民宿もされているお店です。

 

 

ayus1.jpg

広間に置いてある囲炉裏を囲んで頂きます。

 

 

ayus2.jpg

先ずは囲炉裏で焼かれている名物の鮎の塩屋き。でかいです。もちろんこの時期ですから天然の冷凍物。おばちゃんが鮎の骨の取り方を教えていただきました。でも鮎はあまり好きなお魚ではないので、私にはこの量は多すぎました。

 

 

ayus5.jpg

かなり大きい

 

 

ayus3.jpg

田舎料理、煮しめ。

昆布、天ぷら、ちくわ、れんこん、こんにゃく、さといも、わらびなどなど。

わらびももちろん地の旬ものではありませんが、煮しめにすると旨いですね。

 

 

ayus4.jpg

いかとコノシロ姿寿司

 

 

ayus6.jpg

今日のメインはシシ鍋です。猪年だからというわけではないですが。普通には味噌味の鍋を食べることが多いです。そういえば以前、愛知県の山奥で2度食べた「赤味噌のしし鍋」は美味しかったなぁ。

が、今日は「すき焼き」で頂きます。ししですき焼きです。

 

 

ayus7.jpg

フレッシュな獲れたての肉でしょう。食べたら豚肉に近いですからね。

 

 

ayus8.jpg

ねぎも沢山入れて、いろりでぐつぐつ煮ていきます。九州風で砂糖をたっぷり入れて、醤油・清酒で味を調えます。

 

 

ayus9.jpgすき焼き、これはかなりいけますね。玉子にくぐらせて美味しい。たまに食べるしし鍋、美味しいですね。今年の干支ですので、特に有り難くいただき、パワーをもらい今年も頑張ろうと思います。


鮎のさかた

 

このページのトップへ

2019年1月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

antcc1.jpg

私も熊本で好きなイタリアンのひとつ、アンティッコ・カステッロさんです。昨年の12月以来、1年ぶりに訪問しました。私が14名の忘年懇親会をセットしたのですが、失敗しました。飲むと声や笑い声が大きい人が多すぎて、カップルのお客様に迷惑がかかったかなと。やはり小さな店では少人数がベターですね。個室の居酒屋系の方があっていたのかもしれません。早く帰った方がいいと思い、料理も急がせてしまいました。

早足で料理とワインの掲載を。今日は7500円の魚・肉のコースです。

 

 

antcc3.jpg

前菜はバーニャカウダ。

 

 

antcc5.jpg

盛り合わせ

自家製のスモークサーモンが美味しかったですね。

 

 

antcc7.jpg

イカ墨を練り込んだパスタ。蟹身

細い麺でした。少し食べてみましたが美味しかった。

 

 

antcc9.jpg

リゾット

 

antcc10.jpg

トリュフを削っていただきました。

トリュフリゾット嬉しい

 

 

antcc11.jpg

ポーチドエッグをからめていただきます。

 

antcc12.jpg

ぶれたので写真小さ目の魚

 

 

antcc13.jpg

メインは鴨

 

antcc14.jpg

デザート3種盛もぶれたので。

 

ワイン編

antcc2.jpg

FERRARI MAXIMUM 6480yen スプマンテ

フェッラーリ社は、1902年に創業者ジュリオ・フェッラーリがシャンパンと同格のスプマンテを造りたいとの思いから設立。イタリア大統領官邸をはじめ国外のイタリア大使館の公式晩餐会などで必ず提供され、フランスでも愛飲される極めて稀なイタリアを代表するスプマンテのワイナリーです。

 

 

antcc4.jpg

BOLLINI TRENTINO シャルドネ 3,996yen

ワインセレクトに定評のあるドイツの「ルフトハンザ航空」ビジネスクラスに採用の実績を誇る超コスパなシャルドネ「ボッリーニ」!食事との抜群の相性を誇り、世界各国のレストランで支持されているワイン

 

antcc6.jpg

TOBLAR PINOT GRIGIO 4,752yen

 

 

antcc8.jpgRONCO NOLE  ロンコ・ノーレ ディナルド 5184yen

原産国 イタリア 地 方 フリウリ ヴェネツィア・ジューリア
品質分類・原産地呼称 ヴィーノ・ダ・ターヴォラ
ブドウ品種 メルロー 50%/レフォスコ 25%/
カベルネ・ソーヴィニヨン&フラン 25%
醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵
ALC度数 12.76 % キャップ仕様 コルク 種類 赤ワイン 色 赤
味わい ミディアムボディ 飲み頃温度 16℃

 

アンティコカステッロ イタリアン 熊本市桜町(3) ワイン堪能

 

食べログ(掲載時点 3.55)

このページのトップへ

2019年1月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tnku0.jpg

久留米には有名な鰻屋さんが数多くありますが、創業200年以上も続くお店があると聞き、それでは行ってみましょうということで来てみました。JR久留米駅から徒歩数分という距離にある、見た感じから雰囲気がある老舗の鰻屋さんですね。駐車場はわかりやすい看板が立っています。

創業は文化元年(1804年)。215年という歴史のあるお店です。

 

tnku2.jpg

旧藩主 有馬家 御膳寮奉仕 と書いてあります。

1621年(元和7年)に有馬豊氏が篠山城に入城以来、藩主は脈々と有馬家が次いでそのお殿様に御膳寮奉仕役として代々つかえて来た由緒ある鰻屋さんというわけです。現在は9代目という。

 

tnku3.jpg

店内は1階のテーブル席と2階は座敷席があるようです。今日は1階。

こちらのお店は日曜日がお休み。

 

メニュー表はネット掲載できないと書いてありました。

うなぎせいろ(肝吸い付)特上 4200円、特3700円、上3200円

定食は特上 4000円、特3600円、上3200円、うなぎ丼は 3200円

ネットで見ると約8?10年前はせいろの特で2700円ですから1000円も値上げになっているようです。そして3700円という値付けは地方では高めの設定かもしれません。


 

 

tnku4.jpg

こちらは定食

 

 

 

tnku5.jpg

かなり強めの濃い感じのうなぎのかば焼きのタレの香りがします。

 

 

tnku6.jpg

表面はカリッとしている感じです

 

 

tnku7.jpg

うなぎせいろ 特

築後地方ではやはりうなぎといえば「せいろ蒸し」ですね。

 

 

 

tnku8.jpg

三つ葉も少なくシンプルな肝吸い

 

 

tnku9.jpg

ここは錦糸卵がかなり細いですね。特徴の一つです。せいろですからかなり熱々です。

 

 

tnku10.jpg

飴色に焼かれた鰻。表面はカリッとして中はふわ、こちらの鰻は関東と同様に背開とのこと。食べるとタレの香ばしい香りとコクが広がります。

 

 

tnku11.jpg

秘伝のタレがからまったご飯が素晴らしいと思いました。一粒一粒がしっかりしていて、美味しくないせいろにありがちな、べちゃーーーとした感が全くなく、かなり丁寧に炊かれたお米と蒸しのコンビネーションがこの食感を生むのだと思います。なかなかこれほど美味しい米のせいろ蒸しってないかなぁと。結構ご飯の量はありますが、美味しいので食べすすめます。たまにはせいろ蒸しもいいですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.41)



 

 

 

このページのトップへ

2019年1月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ブログ読者の方から、梵我(ボンガ)さんにカレーを食べに行きました、美味しかったです。と報告をいただきました。嬉しいことです。

 

bonnn.jpg

そして私もボンガニゴー (梵我にGO)

今日は きのこバターチキンカレー 650円に チキンティカ +200円。

今日はお腹が空いていたのでご飯は普通にしました。

 

 

 

bonnn1.jpg

辛口

辛口は

甘口、中辛、辛口、大辛、激辛のランクでいけば真ん中

 

人気がある完全無添加のカレー

 

 

bonnn3.jpgサラダ、ポテト、アチャール

 

記事では4回目ですが、もっと来ていますね。


 

ここのカレー最近食べたくなりますね 梵我(3)

 

キーマ茄子が食べたくて 梵我カレー(2) 熊本市河原町

 

食べログ(掲載時点 3.10)

このページのトップへ

2019年1月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

YAさんの記事を見て久しぶりにクレーム・ブリュレが食べたくなり博多に来たついでに訪問しました。ポール・ボキューズ博多。

 

pbc13.jpg

くうてんの9階です。平日は穴場。

サラリーマン系は少ないです。婦人方とか時間がある方かな。でも料理の提供もスピーディでそんなに時間はかからないランチ、だから穴場。

 

pbc1.jpg

ランチは 1800円 本日の小さな一皿、メイン、デザート、コーヒー

2500円 本日の小さな一皿、スープ、前菜、メイン、デザート、コーヒー

3800円 本日の小さな一皿、前菜(魚・肉)、メイン、デザート、コーヒー。


ということです。YAさんは3800円プラス900円アップグレードでしたが、私は今日は2500円をセレクト。

 

 

pbc2.jpg

店内用メニュー

 

pbc3.jpg

プラスしないで済む料理を選びました。

 

 

pbc4.jpg

テーブルクロスの上にはテーブル形の丸い紙が敷いてあり、汚してもこれを交換するようになっています。効率的ですね。

 

 

pbc5.jpg

2500円の注文で ひらまつの20%株主優待を使用します。

12/25の株式暴落時点で ひらまつの株価は1株 272円、だいぶ含み損です。

500株以上で20%の優待券もらえます、つまり現在は 136000円という低価格で。

ひらまつのフレンチやリゾートを多く訪問するという方ならもっていてお得ですね。

 

 その後決算上方修正と配当金で少し株価は持ち直してきています。

 

 

以前ここで利用しました。

ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座 フレンチ美食リゾート

 

 

pbc6.jpg

パンは食べません。こちらはマドレーヌの一口アミューズ

こちらも食べれませんでしたが


 

pbc7.jpg

カボチャのスープ

あまり濃厚感はないスープ

 

 

pbc9.jpg

真鱈のブランダード グラタン仕立て

 

 

pbc8.jpg

スペイン産 栗豚肩ロース肉、糸島産豚肉のソーセージと冬野菜のポトフ ペアルネーズソース

あったまるメニューです。YAさんもこちらを食べたと。

ポトフなのでさっぱりメニューで、胃にもたれにくいメニュー。今日も夜は会合でコースメニューだからこれくらいがいいわ。

 

 

pbc10.jpg

肉がほろほろって崩れる。

 

 

pbc11.jpg

やはり、これ。

薄氷のようなクレームブリュレ。パリパリして、これですよ。

 

 

pbc12.jpg通な人しか知らないと思いますが、バニラビーンズの国際価格は高騰しすぎてるんです。

本格的バニラアイスクリームの原価が以前より高くなっているんです。ケーキ屋とかでもバニラエッセンスを多用するところとかが多くなっています。

こちらのブリュレには従来のようにビーンズがたっぷり。お店の人とバニラ高騰している折に大変ですね、というような話をしました。

 

美味しかったです。TT

 

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 博多 やはりクレームブリュレ

 

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 笑顔出るクレームブリュレ。

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 



このページのトップへ

2019年1月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

 

 

 

 

irrt20.jpg

IRATY(イラティ)に約半年ぶりに2度目の訪問です。今回忘年会の予約を私がしました。このメンバーには飲んだら声が大きくなる人が多くお店を選ぶのには注意を払います。私は「飲み放題」のお店は好きではないので (ワインがあまり美味しくないでしょう)そういう意味でもワインが美味しい所を選びたい。12人で貸切。


 

irrt21.jpg

店内はテーブル席ゾーンとカウンターのみ。普通に10人+2、3人で一杯になりますから、12人は満席貸切という状態です。バスク料理は最近東京などでも人気上昇中の料理。

もう既に炭火焼きの調理に入られています。

 

 

irrt6.jpg

一部ですがワインの種類も豊富でそんなに高くないラインアップ。

 

 

irrt1.jpg

料理は5000円で 肉中心で・・・とお願いしました。

 

料理編

irrt24.jpg

生ハム、サラミ4種盛 4人前ずつ

生ハムは欠かせませんね。CAVA(スパークリングワイン)といただきます。美味しい。

 

 

irrt25.jpg

レバー鶏パテ

白ワインと

 

 

irrt4.jpg

パン、食べた人は美味しいって言ってました。

 

 

irrt5.jpg

山羊チーズ、茄子

 

これから肉肉オンパレードだそうです。

 

irrt8.jpg

先ずはポーク。どこの銘柄かは忘れました。


 

irrt10.jpg

肉厚でジューシーだわ

 

 

irrt9.jpg

イノシシのロースト

珍しいですね。

 

 

irrt11.jpg

天草ホロホロ鶏

淡泊ですが柔らかいお肉です。

 

 

irrt14.jpg

続いて仔羊肉

もう赤ワインの進捗が止まりません。

 

 

irrt15.jpg

赤牛です。いやーこれは美味しい、じっくり低温で焼かれて旨みが凝縮されていますね。また食べたい。

 

 

irrt17.jpg

コース外でデザートを2品ほどオーダー

 

 

irrt18.jpg

 

 

irrt19.jpg

 

ワイン、アルコール編

 

irrt23.jpg

CAVA CASTELLROIG BRUT カヴァ・ブリュット カステルロッチ

ここのワインは良心的な価格設定だと思います。

ノーマルクラスであるこのブルットは、ただ若い樹齢の葡萄を使っただけのものではありません。これはフレッシュでフルーティ、飲みやすいものを意図して造っています。そのため、生産するカバのほとんどがブルット ナトゥレの中、このブルットを生産しています。

 

 

irrt22.jpg

SUMARROCA BRUT RESERVA 2015 スマロッカ・カヴァ ブリュット レゼルバ


パレリャーダ42%・マカベオ27%・チャレッロ24%・シャルドネ7%

 

irrt7.jpg

スペインの地ビールも飲みます。

 

irrt2.jpg

VIA TERRA BLANCA ヴィア テラ ブランカ 2015

 

 

irrt3.jpg

ブルゴーニュの白シャルドネ CUVEE SAINT VINCENT 2013 ブラン・キュヴェ ヴァンサン

楽天

 

irrt16.jpg

DRAGON GRAN RESERVA 2008

モナストレル種のぶどう。アンダー3千円ですし、この価格なら。見た感じも高級そうに見えるんだけど

 

 

irrt12.jpg

GARDACHO CRIANZA ガルダッチョ クリアンサ

カベルネ50、テンプラリーニョ 50

 

 

irrt13.jpg

TINT PESQUERA CRIANZA 2014

もうこれは何度も飲んで好きなスペインワインの一つ。酒屋でも買います。フルボディです。こちらでは6200円と高い部類には入りますが、グラス計算しても1杯1000円未満ですから。

 

IRATY(イラティ) スペイン・バスク料理 熊本市上通り

 

 


 

このページのトップへ

2019年1月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sint11.jpg

家からすぐ近くにオープンしたカレー屋さん。だいぶ長い間工事していたのですが、大きな看板もなく何屋さんだろうと。お店は最初は土日しか空いていなくて、土日の昼にはお店の前に行列ができているのがこのあたりの住宅街では珍しい雰囲気で。

 


sint1.jpg

場所は出水のユメマート江津店の通りで数十m離れたところ。江津幼稚園のななめ向かい。こんなところに行列のできるカレー屋さんができるとは思いませんでした。オープンして数か月たっていますがようやく訪問の機会を得ました。もちろん日曜日だったので15分ほど外で行列して待ちました。

 

こちらのお店は福岡で有名なカレー GARAM(ガラム)で修業された米加田さんが経営されているカレー屋さん。ガラムも6席、お店の雰囲気とかそういうものも引き継いで作られているとか。ガラムには行ったことないのですが。

 

 

sint10.jpg深夜特急 というお店の名前が印象的。

私たちおじさん世代ではバブル期にバックパッカーのバイブル的小説であった沢木耕太郎の紀行小説を思い出します。大沢たかおがテレビに出ていましたね。


 

 sint4.jpg

入口の本もインドやスパイスに関連するもの。

 

 

sint2.jpg

スパイスが30種類以上も。

メニューは2種類

深夜特急カレー(激辛) 850円、 キーマカレー 850円

トッピングはアルブルタ(じゃがいも)50円、オニオンアチャール 50円 ライス大盛り 100円

 

ここに来る人はカレーのこと好きなんでしょう。

 

sint3.jpg

L字カウンター6席。シェフが一人で調理されています。

手前の壺に水が入っています。


今日は深夜特急カレーに アチャールをつけて。 10分くらいでしょうか、意外に早く到着しました。キーマカレーのほうが少し時間がかかるとか。


 

sint5.jpg

ご飯とカレー。当たり前ですがシンプルイズザベスト。

隣の人が汗かきかきを見ると、辛いのかと推測。

 

 

sint6.jpg

銀皿に手羽元チキン2本とルー。

まずはルーを一口。


スパイシーで複雑なサラサラスープ。しばらくすると辛みがきますが、頭から火が噴きだすほどではなくて安心しました。

 

 

sint7.jpg

アチャールも辛い。

逆にアルブルタ(ポテトサラダ)はやさしい味に感じます。

 

 

sint8.jpg

ご飯は固め。これ大好き。

そしてチキンもほろほろーーってとれるほど柔らかく煮込まれています。うまい。

 

 

sint9.jpgルーがサラサラだから、ご飯とよく絡みます。

ご飯完食。

福岡の名店の味が熊本で味わえるとあってこれからもお客さんが増えそうです、今度はキーマカレーですね。

 

 

けんさむの熊本紹介

 

食べログ(掲載時点 3.16)

 

 

キーマカレーを食す 深夜特急(2) 熊本市出水

 

キーマカレー大盛を食す 深夜特急(3) 熊本市出水

このページのトップへ

2019年1月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

capp1.jpg

東京・表参道のリストランテ カッパス。ミシュラン星ではありませんが大変評判のよいイタリアンレストランです。2013年オープン。国道246号から表参道と並行して走る細い道をしばらくいくと左側にカッパスはあります。右側の丁度向かいにネオンも綺麗なバッカス(BACCHUS)というお店がありますが、何も関係はないとのこと。間違いそう。


 

capp2.jpg

プリフィクス8000円、フルコース12000円とありますが、今日はシェフと相談するうちに美味しい素材を使用した量は少ないけど特別仕立てのコースにしてもらいました。

 

 

capp3.jpg

カデルボスコ社 Franciacorta DOCG Brut Cuvée Prestige

 

フランチャコルタ キュヴェ・プレステージ 

シャルドネ75%/ピノビアンコ10%/ピノネロ15%


 

capp4.jpg

オリーブ かなりしっかりした肉質

 

 

capp7.jpg

まぐろとえびの前菜

 

 

capp8.jpg

イカとカラスミのマリアージュ

 

 

capp10.jpg

こちらのお店は イタリア全20州の郷土料理のスピリットをエレガントに表現いたします。とのようにパスタ麺もかなりの種類があって、それをセレクトしてくれたり味付けも多様にアレンジ可能。私はパスタは控えめにしていますが、ここでは頂かないと意味がありません。

 

capp11.jpg

この時期季節限定の「白トリュフ」を思ったより沢山削ってもらいました。私もこれだけの量をパスタでいただくのは初めてです。すごい香り・・・白トリュフは基本は生でしか食べない超高級トリュフ。トリュフ通販のサイト

 

 

capp12.jpg

本当にパスタもすごく美味しくて、白トリュフとマリアージュして これは参ってしまいました。

 

 

capp13.jpg

メインのビーフ

 

 

capp15.jpg

デザートの濃厚なパンナコッタ

 

ワインはグラス売りが多いです。料理にあわせて阿部さんが提案してくれます。白・赤・デザートワインといただきました。基本はイタリアワインが中心です。

 

capp5.jpgcapp6.jpgcapp9.jpgcapp14.jpg

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 4.23)

 

カッパス ホームページ

このページのトップへ

2019年1月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kunien5.jpg

前回訪問時と同じく約5ケ月ぶりの訪問となりました。国枝鮮魚店。今日はなかなか売り切れでありつけない「弁当」をいただきたいと思います。といっても到着時間が12時過ぎているので怪しいかもです。

 

 

kunien1.jpg

鮮魚の漬け丼 8食限定 680円というのはまだ大丈夫のようですが、弁当はやっぱり売り切れていました。寿司膳というのも新しくメニューに加わったようですね。

 

ということでまた海鮮丼に

 

 

kunien2.jpg

久しぶりに来たので、「刻み海苔抜き」で注文するのを忘れてました。サラダとあさり汁がついてきます。

 

 

kunien3.jpg

うに、いくら、たい、カンパチ、かに身、ねぎとろ、サーモン、やりいか、赤貝、羽魚、ひらめ、中トロ、たいらぎ

 

相当にボリュームある刺身たち

 

 

kunien4.jpg

何度も食べてますが1枚1枚が分厚くて食べがいがありますね。ご飯の量と刺身の量があっていないという嬉しさ。ごちそうさまでした。TT

 

国枝鮮魚店(4) 熊本市水道町 今日も弁当売り切れ

 

食べログ(掲載時点 3.16)

-----------------

2週間後くらいに会社の人と訪問しました。今日は買い物帰りの女性などでだいぶ混んでいました。海鮮丼をチョイス(弁当は揚げ物だったので)


skns1.jpgskns2.jpg私の海鮮丼はきざみ海苔なし。

今日は珍しく味噌汁ではなくて、あさりのすまし汁


skns5.jpgうに、いくら、たい、カンパチ、カニ身、ねぎとろ、サーモン、タコ、赤貝、マカジキ、中とろ、貝柱、ぶり

という陣容です。

 

skns4.jpg

skns3.jpg

身厚な刺身たち。ご馳走様でした。

 

 

このページのトップへ

2019年1月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lcur7.jpg

真夏のどえらく暑くエアコンも故障しているんじゃないかと思える日から数か月。もうそんなことはなくなって久しぶりに訪問。いつものようにファミリーマートの駐車場に止めて少し買い物してから入店。最近スパイスカレーブームでライオンカレーもどんどん人気が上がってきているのを感じます。

 

 

lcur6.jpg

本日のカレーは2種類。

日替わりカレーがあると飽きなくていいですね。

 

 

lcur1.jpg

メニューはポーク、チキン、エビの基本にトッピングを色々。ライス1.25倍は100円で、1.5倍は150円で、おかわりは200円、大盛り1.25倍というのはルーが大盛りになるということか。表としては少しわかりにくいのですが。

 

今日は阿蘇自然豚のナスキーマカレー に スパイシーエッグとサラダ。 1100円です

 

 

lcur2.jpg

来ました。サラダはキャベツにドレッシングがかかっているだけなので、牛丼Yのサラダのほうがまだいいと思うのですが。


カレーは3度目ですが、だいぶ香辛料マシマシになった感じがありますね。キーマなのでチキンカレーより水分少な目でどろっとしている感じです。カレーかけたあとトッピングがバリです。ナッツ類も豊富。



lcur3.jpg

ライスはターメリックライス。スパイシーエッグもついていて。

トマトだのナスがトッピングされていて カレー食べたい神経がオンされますね。結構ご飯の量もあるのですが、いけますね。

 

 

lcur5.jpg

しつこいくらいにアップ

 

 

lcur4.jpgアチャール(漬物)、バナナチップは食後の口直しに。美味しかったです。TT

 

2019年からメニュー変更になりました。また掲載します。

 

 

香辛喫茶 LION CURRY (2) 熊本市本山町 暑いけど美味しい

 

食べログ(掲載時点 3.47)

 

 

このページのトップへ

2019年1月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

syotai1.jpg

浜松町・大門でランチ検索していて食べログで見つけたお店に訪問。

コメントから期待できそうですが、いかに。


 

syotai2.jpg

一枚一枚 丁寧に炭火で焼いているから美味い。

鶏もも丼、焼肉丼、熟成豚バラ丼

そして両方食べたい人向きに ハーフアンドハーフ

それも物足りない人には 全部のせの トリプル丼

全部のせですか。30年以上前から「九州じゃんがらラーメン」が流行らせた 全部入りってあったよね。久しぶりに食べたくなった。

九州じゃんがらラーメン

 

 

syotai3.jpg

東京焼肉店 唯一取扱い店 甲州富士桜ポーク これも美味しそうだが

うどんもあるんですね。

そして焼肉屋の牛カレー 限定20食 590円のカレーも。



syotai8.jpg

店内に入ると 広い空間が広がっている

入口の所の冷蔵ケースにはサシの入った美味しそうな肉が。


近隣のサラリーマンが多いけど、昼間は丼だけだから 隣で美味しそうな焼肉とビールを食べながらという人を横目で見ながら丼をかっつくというようなシチュエーションが無いのは安心だ。

 

 

syotai4.jpg

炭火焼ランチシリーズから

今日は 日南鶏もも&特製和牛A5カルビ 1100円に決めました。

A5カルビは脂っぽいだろうから、鶏ももとの組み合わせがいいだろうと。



syotai5.jpg

隣のカレーを注文した人が到着が早いのは当たり前

1枚ずつ肉を焼いてから、オーダーの順番通りに運ばれてきます。


 

syotai6.jpg

ご飯の量は+100円で大盛りに変更可能。

 

 

syotai7.jpg

A5のカルビ肉は美味しいです。

焼肉丼を頼んでいる人も多かったし、今度はそっちにしてみようと思います。TT

 


食べログ(掲載時点 3.77)

 

 

 

このページのトップへ

2019年1月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

karak12.jpg

あまりこちらには来ないのですが、用事があって休日に長嶺方面で家族でランチ。

イタリアントマトではありません、CARAaCARA (カーラカーラ) 熊本自然食キッチン。駐車場は道向かいと、そばにも6台分あります。店内はそんなに広くないので一人客でなければ駐車場は空いている確率も高いと思います。


 

 

karak1.jpg

プレートランチ 1050円(税込)と チョイスランチ (1280円)のランチセットが主流です。

パスタ・オムライス・カレー とスープ サラダ パンがセットになっています。

1080円でなく1050円なんですね。980円に税かな

 

 

karak2.jpg

糖質制限ダイエットランチというのもあります。

3ケ月で10キログラム痩せたオーナーシェフの実践メニューと。オーナーシェフはスリムですので、今も継続されているんだろうと推測できます。お店自体はオーナーシェフと女性の方(娘さんかな・・)とされています。


こういうメニューがあると嬉しいですね、しかし今日は普通のメニューにします。


 

karak4.jpg

チョイスメニューのスープとサラダ・パン

 

 

karak6.jpg

トマトの量が沢山。

トマト店先で販売されていました。

 

 

 

karak3.jpg

チョイスメニューのカマスのカルパッチョ

 

 

karak5.jpg

プレートランチ 1050円に付属する、スープ・サラダ・パン

 

 

karak7.jpg

子供オーダーのチョイスメニューのボロネーゼ

産山村の赤牛を使った贅沢なミートソース パスタ自体の量はそんなに多くない

 

 

 

karak8.jpg

チョイスメニューの 牛すじ肉のスリランカカレー

こちらも赤牛を使ったカレー。以外に優しい味だった。

 

 

karak9.jpg

チーズオムライス

西原自給園自然卵・熊本トマトのソース。トマトソースは自家製でしょう。

 

 

karak10.jpg

めったにオムライスを食べないのですが、パスタとオムライスの選択でしたので・・・

私はきのこオムライス

エリンギ、舞茸、小国ジャージーホワイトソース

 

 

karak11.jpg

かなりクリーミーです。ナガミネーゼというパスタがイチオシなんでしょうか。熊本の食材にこだわりを持たれて提供されているお店ですね、ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 


 

このページのトップへ

2019年1月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jikak2.jpg

健軍にあるタイ料理の路家に来ました。2年ぶりくらいでしょうか、2度目の訪問です。

今日はパッタイ(タイ風焼きそば)を食べる気マンマンで来ました。



jikak3.jpg

メニューにもある。よし。パッタイお願いします。

「最初は時間を頂きます」という返事から、


「今日は売り切れてしまいました・・・」

回りの人をみたら「パッタイ」を食べている人が多い、ここの名物なのか。


食べたいものの心が折れたときは、違うものを食べてもあまりうまく感じない。それをわかっていて今日は本日のタイカレー

(たぶん野菜カレーみたいなものだっただろう)をオーダー。

 

 

jikak4.jpg

サラダ

カフェ イクイップメントフロアと同じ系列の皿ですね。

 

 

jikak5.jpg

パッタイに比べたら到着時間もめちゃくちゃ早く、カレー到着。

 

 

jikak6.jpg

野菜は色々入っていますが、

 

 

jikak1.jpg食べたいものを食べている人を横目でカレーを食べても、なんとも。

 

 

路家(じっか) タイ料理 熊本市健軍

 

食べログ(軽鎖時点 3.50)

 

このページのトップへ

2018年12月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

今日は12月31日、そばにゆかりのある日なのにラーメンですみません。

 

negik2.jpg

鮨匠のむらで最高級のお寿司を堪能したにもかかわらず、ホテルに帰る前に友人がラーメンを食べるといいだした。昔だったらラーメンの選択にも一言もの申したい私でしたが、最近は麺類には無頓着。

 


土曜日の天文館の夜は人でごった返していて、人気があるラーメン店には人が外まで。


ねぎらあめんがよいというので、ここに入ってみることに。これだけ人があふれているから店内にも人はいたけど、普通はどうなんだろうと考えつつ。

 

 

negik4.jpg

ねぎ系のラーメン屋なんですね。

私はねぎ飛魚(あご)友人はねぎチャーシューと、もう一人は何頼んだか忘れた。

あごラーメンもだいぶメジャーになったなぁ。


 

negik3.jpg

ぎょうざも名物か

 

 

negik5.jpg

なんか、熊本ラーメンのようなねぎチャーシュウ。

 

 

negik1.jpg私のあご。

鹿児島ラーメンの麺はやわらかいのを忘れていた。数本食べて残りは全部友人のチャーシュー麺に投入してあげた。

あごだけの汁になりました。

といって濃厚な味でもなく麺もないので胃にもやさしく、塩分を体に補給してしまったという感じでしたね。特筆すべくはあまりないかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

最近落ち着いていたカレーシリーズ。

食べには行っていたんですよ、掲載していないのが多数あっただけ。

今年は12月上旬になるまで結構あたたかく、カレーを食べたくなる時期も長かったかと。寒くなったら食べたくないというわけではないですよ。

 

iqp7.jpg

ということで、坪井にあるエクイップメントフロアさんに。

3度目の登場ですね。

今日はスパイシーチキンカレーと最初から決めていました。

 

 

iqp1.jpg

今日は店内にも一番のり

 

 

iqp3.jpg

アジアごはんのガパオにもぐらっときましたが、当初の予定通り、チキンカレーで。

サラダ・ドリンク付けて980円。

ここはカフェということもあって、女子率が高いランチになることが多いですね。

 

 

iqp2.jpg

ミニサラダ

図柄のせいかボリューミーに見える

 

 

iqp4.jpg

とろっとろに煮込んであるカレー。チキンの肉もホロホロと。ご飯の量も私には少し多いくらい。

 

 

iqp5.jpg

カレーの場合、ご飯食べれちゃうんですね。おいしい。

 

 

iqp6.jpg今日はチャイ。

 

オムキーマチーズ入りを イクイップメントフロア (Equipment Floor)(2) 熊本市南坪井町

 

食べログ(掲載時点 3.13)

このページのトップへ

2018年12月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkf7.jpg

毎年恒例の帝国ホテルでのディナー宴席。上質な料理と飲めるワインが提供されるので嬉しいです。

 

 

tkf9.jpg

海の幸のキューブ仕立て キャビア飾り 花びらのソース

かなりビジュアルがお花畑のような前菜で嬉しいですね。キャビア、サーモン。真珠のようなものはなんだろう。

ロマネスコカリフラワーも添えられていますね。

 

 

 

tkf1.jpg

コンソメスープ 茸と彩り野菜入り

帝国ホテルのコンソメスープは上品で濃くて。

 

 

tkf3.jpg

海藻風味の天然真鯛 サフラン香る甲殻類のジュとともに

 

 

tkf4.jpg

洋梨のグラニテ

 

 

tkf5.jpg

黒毛和牛フィレ肉のポワレ 柚子香るヴァレルヴィネガーソース 温野菜を添えて

 

お肉やわらかい。昨年のお肉より美味しかった。昨年肉の上のソースをかけたらと書いていましたが今年はかけてありました。


インペリアルホテル(帝国ホテル)でディナーフレンチ 宴席だけど。(昨年)

 

 

 

tkf6.jpg

マロンのクリームとラム酒の香るジュレに和三盆アイスクリーム クルミをちりばめて

 

 

tkf8.jpg

モメサン プイィ・フュイッセ 2017  (白ワイン)


 

tkf2.jpg

VILLA BEL AIR 2013

昨年は2012だったなぁ


「シャトー・ヴィラ・ベレール」は、JMカーズがボルドーのグラーヴ地区で手がけるワイナリーです。M.CAZES と書いてあるのはミッシェル・カーズ。カーズ家はスーパーセカンドと言われる5級ワイン、シャトー・ランシュ・バージュのオーナー土壌はガロンヌ河の堆積である砂利と粘土混じりの石灰質です。

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nnm16.jpg 鹿児島に友人と来ました。わずか8席の劇場シートを4名分、2ケ月前から予約してここを訪問するためにスケジュールを組みました。最近南九州3県のトップ鮨を訪問した締めくくりは鹿児島県。近海ものにこだわり漁師から直接仕入れた魚をも提供するこだわりのお店らしいです。

 

4代続く 熊本のすし名店  鮨 仙八

 

シャリが口の中でぱっとほどけ最高にうまい 一心鮨 光洋 宮崎市

 

 

nnm17.jpg

19:00に予約をしていたので、時間調整。

カウンター8席のみの至極の空間。ジャズが流れ、野村大将はおおよそ鮨職人ぽくない黒っぽい服装。2人の料理人の合計3名で提供されます。会話の多くで「これが野村流」とあったように、こだわりのこだわりが多くあるのです。

 

nnm19.jpgこれからはじまる劇場が楽しみです。

 

 

nnm20.jpg

鹿児島の淡口醤油、たたき梅とわさび、みそだれ、ごま塩、ポン酢を使っていただきますが、それぞれどれを使ったらいいかは教えてくれます。お寿司はそのまま。

 

お酒は会計をしてわかったが、飲む量と料金は関係があまりないようだ。高級な焼酎なども出てきたものだからびっくりした。

 

nnm21.jpg
出汁巻き卵と飛び魚の薩摩揚げ
最初から上質なしつらえの料理に感激する。


nnm22.jpg
どこの若布か忘れたがとても美味しかった。

nnm23.jpg
ひらめ

nnm25.jpg
エンガワ
うますぎる。
日本酒がすすみまくります

nnm26.jpg
かんぱち


nnm27.jpg
真蛸
火入れ加減がレアで、プリプリ、柔らか。かむと甘味が
これも日本酒を進ませてくれる呑兵衛のアイテムだ。

nnm29.jpg
白子、シャリ
白子が苦手な私はどっきりしたが、友人はこのリゾットみたいなものはゲキウマ!丼で食べたいと申していました。
濃厚でコクがあり、私はこれだけの量だから美味しいと思うんだけど、好きな人は好きなんだ


nnm31.jpg
ハガツオ

nnm35.jpg
いくらのはいった茶碗蒸し

さあ前菜も終わり、いよいよお寿司。

約20貫ほど出てくるそうです。しかしマイクロサイズ(シャリネタ小さ目)とのことなので、完食するようにがんばりましょう。
ゆっくり時間をかけて食べますから。

nnm37.jpg
あおりいか
一発目から来てますね、ねっとり甘く、ふわっとして、いい。

nnm38.jpg
めいちだい(目一鯛)

nnm39.jpg
なみくだひげえび
聞いたことがない。ねっとりした甘味のある珍しい海老、甘エビとは全然違う


nnm18.jpg
お店の人がI?PADで魚の写真を見せてくれる時もある。
すじあら

nnm41.jpg
すじあら
あっさりしながらも、魚の旨みが凝縮されている。

nnm40.jpg
くるまえび(鹿児島坊津産)
完璧ですね

nnm1.jpg
こはだ
うまいなぁ、もう1貫1貫の旨みを噛みしめていくしかありません。

nnm3.jpg
さより

nnm4.jpg
かごしまの鯵
脂が乗ってこれも旨い

nnm5.jpg
しまあじ 1.5kgもの
いやこれも続いて旨い鮨が続きました。

nnm6.jpg
出ました、すじこ。
口の中でこれはこれはという感じ

nnm7.jpg
あわび
もう本当に蒸しの素晴らしさといい包丁の入れといい
口の中でとろけるように柔らかい。もう1個食べたい。

nnm8.jpg
北海道厚岸の牡蠣
牡蠣の鮨とは珍しい

nnm9.jpg
バショウカジキの大トロ
教えてもらわないとサーモンかと思いそうだ。
これはうまい。

nnm10.jpg
写真も見せてくれました。

nnm11.jpg
すま
脂が乗っているね


nnm12.jpg
づけまぐろ(本鮪)

nnm13.jpg
美味しい椀(山芋となめたけ)をはさんで
あさつきの細かいこと・・・

nnm14.jpg
蒸し太刀魚
のむら名物というような丁寧なお寿司
口の中に入れるとホロホロなんですが、旨みが出てきてこれが太刀魚の鮨なのか

nnm15.jpg
穴子
単なるふわっとした単調な穴子ではなく、ボディのしっかりさもあるこれは立派な穴子です。いやいや相当食べて楽しみました。

そして日本酒・焼酎 色々と頂きました。
結構飲みました。

nnm24.jpgnnm28.jpgnnm30.jpgnnm32.jpgnnm33.jpgnnm34.jpgnnm36.jpg
友人ともども、相当な満足感を感じお店を後にしました。シャリの量は小さいものの、ビールなどでお腹がいっぱいになると最後の方はお寿司がきつくなると思います。友人は苦しそうでした。大将は相当よいお魚を仕入れられている。それは地元の強いコネクションがあるからでしょう。機会があればまた訪問したいお店です。TT




このページのトップへ

2018年12月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

esq17.jpg

東京・銀座。ロイヤルクリスタル銀座という高級な名前のビルの9階にあるフレンチレストラン、ESQUISSE(エスキス)を訪問しました。こちらは2012年オープンでミシュラン2つ星を獲得しているグランメゾン。銀座では最近までは2つ星だったフレンチレストラン、ロオジエが3つ星に昇格して話題になっています。

1年ほど前になりますがこちらの姉妹店で7Fにあるアジル(ミシュラン1つ星)に訪問したことはあります。


ARGILE(アジル) 銀座 フレンチ エスキスの姉妹店!

 

esq1.jpg

店内は比較的暗めのライティング、綺麗な夜景というわけでもなく同じ目線で銀座の町並み(銀座SIXなど)が見えます。

 

 

esq20.jpg

メニューは素材のみ記載されています。今日は2つあるディナーコースの安い方を頼んでいます。

 

 

esq4.jpg

アミューズ(儚さ)

雲丹、りんご、マッシュルーム


 

esq5.jpg

塩がEの文字になっている、凝っている。

エグゼクティブシェフはフランスコルシカ出身のシェフリオネル・ベカ氏。シェフソムリエは若林英司氏、シェフ・パティシエは成田一世氏、3人の職人たちの奏でるハーモニーというフレンチの伝統に和を取り入れた料理という。


 

esq7.jpg

かぼちゃ、いくら、燻製ミルク

照明がデジカメでも綺麗に映らない・・・

 

 

esq8.jpg

聖護院蕪、発酵キャベツ、白トリュフ

価格もめちゃくちゃ高い白トリュフが使用されている。以外と軽い風味でした。

 

 

esq9.jpg

白子が苦手なのでオマール海老に変更していただきました。

 

 


esq11.jpg

はた、ぶどう酵母、ぎんなん。

結構ハイペースで料理が出てくるので少し落ち着きません。

 

esq13.jpg

メインは赤牛、ごぼう、オレンジ

 

 

esq14.jpg

グレープフルーツ、桂花陳酒、ミント

 

 

esq15.jpg

マルメロ、オレンジなど

 

 

esq16.jpgマカロンなど

 

それぞれは美味しんですが、これといったぐっと印象に残るお皿はなかった。

 

 

esq2.jpg

シャンパンはコースとセットになっている。

2006 Pierre Paillard La Grande Recolte Bouzy Grand Cru Extra Brut

 

esq6.jpg

2002 シャサーニュ・モンラッシェ 1erモルジョ 2015 ジョセフ・ドルーアン

モンラッシェの大部分を所有するラギッシュ候爵家の畑で、1947年以来、ドルーアンが葡萄栽培から醸造までのすべてを任されています。まろやかで豊かな果実味あふれる長い余韻、そして奥深い複雑さを持つこのワインは、世界を魅了する偉大なワインです。フレンチオークで12ヶ月熟成。

 

esq30.jpg2002 CHATEAU LYNCH BAGES (ランシュ・バージュ) DEMI

メドック格付け五級ですが、二級に匹敵する高い品質のワインをつくっているシャトーです。
ヴィンテージによるムラがなく、コストパフォーマンスが高い事でも有名です。

 

 

食べログ(掲載時点 4.56)

 

エスキスホームページ

 

このページのトップへ

2018年12月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iomo9.jpg

飯田橋・神楽坂地区で食べログポイントも高い、評判のインド料理屋さんを訪問してみました。インド料理 想いの木。神楽坂上登り切ったところにあります。一番近い地下鉄は大江戸線の牛込神楽坂。

注意していないと通り過ぎそうな間口の入口です。インド料理というよりオシャレな和カフェ風の入口です。なんかすごくこだわりがあるお店という感じが伝わってきます。

 

 

iomo10.jpg

お米とお野菜は福岡県築後平野の大自然で愛情いっぱいに育てた自家栽培品と豊洲市場より直送された新鮮な食材を使用されています。

 

 

 

iomo11.jpg

急な階段を上った先にお店のドアがあります。

 

 

iomo12.jpg

インド料理風ではない、オシャレな空間。30人ほどでいっぱいになる空間です。この後すぐいっぱいになりましたが、お客さんは女性が多いこと。

 

iomo0.jpg

医食同源に基づいた安全で安心できるお料理

よい素材の商品を使用していることがうかがえます。

 

 

iomo1.jpg

ランチは3種類 1220円、1320円、1420円の3種類。

カリー1種、もしくは2種、タンドリーチキンが付くなどのバリュエーションで価格違い。

せっかくだからカリー2種食べたいということで 木への想い 1620円 ハーフナンとハーフサフランライス

 

 

iomo2.jpg

カリーは3種のうち2種をセレクト。

四季の野菜カリーとココナッツプローンカリーにします。北インドと南インドを両方味わえます。

 

 

iomo3.jpg

ひよこ豆のサラダがスパイシーで美味しい

 

 

iomo4.jpg

ワンプレートで到着

とても上質なインドカレーということがうかがえます。

 

 

iomo5.jpg

小さい器の中に色んな野菜が入っています。

福岡産自家製ピーマン・人参、青森産アピオス、京野菜・万願寺唐辛子、北海道・かぼちゃなどが入っています。

先日神楽坂の焼鳥屋でいただいたアピオスもここで会いました。すぐ会うとは。いままで知らないで食べていただけかもしれないな。

 

 

iomo7.jpg

具材がごろごろ。丁寧で優しくさややかなスパイスの味

 

 

iomo6.jpg

こちらもマイルドでコクのあるカレー。

 

 

iomo8.jpgカレーって写真見てると食べたくなる。

接客も丁寧で本当に上品なインドカレー屋さんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.75) カレー百名店

 

ホームページ

このページのトップへ

2018年12月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

石畳のある情緒ある街並み神楽坂。神楽坂は雰囲気がよいので以前(といっても20年ほど前から)からたまに来ています。最近は外国人やビストロなども多く東京のプチパリとも呼ばれています。

今日は神楽坂で焼鳥

 

ugu22.jpg

YAKITORI葵を訪問しようと思ったら一杯とのことでグループ店の、焼鶏うぐいすをご紹介頂きました。神楽坂通りから本多横丁にはいってすぐ神楽坂つなしょうテラス(3軒の飲食店が入るビル)でうぐいすは2018年5月オープンのお店。カウンターのみのオシャレな雰囲気の焼鳥でワインのラインアップも豊富。デート系でも使えるお店です。

 

 

ugu1.jpg

階段を上に上がっていきます。3階

 

 

ugu2.jpg

L字形カウンターでいい雰囲気です。12席。

お庭テラスもあり3階にいるのを忘れそうです、喫煙はこのテラスで。焼鳥屋というと煙モーモーというところもありますが、こちらは清潔感あふれるお店。


 

ugu3.jpg

焼鳥コースは3800円と

 

 

ugu4.jpg

5200円のコース。

今日は3800円のコースにします。

 

 

ugu5.jpg

単品でも1本300円くらいのものが多く、比較的アッパーな焼鳥屋さんに入ると思います。普通に飲んでいたら1人8000円から10000円前後くらいでしょうね。

 

 

ugu6.jpg

1部ですが、シャンパン、白、赤ワインのラインアップも沢山あります。ボトルでもグラスでも


 

ugu7.jpg

お付だし

 

 

ugu9.jpg

春菊ときのこのお浸し

牛筋の煮込み

安納芋のムース

安納芋のムースは濃厚でクリーミー美味しかった。

 

ugu10.jpg

牛筋の煮込み

ひとつひとつの料理が丁寧であると感じる。

 

 

ugu12.jpg

有機リーフのシンプルなサラダ

ドレッシングは手作りかどうかわからないが、このサラダ美味しい。

 

 

ugu16.jpg

梅紫蘇おろし

おろしでもさっぱりした味付けで口をさっぱりさせるのに一役

 

 

ugu11.jpg

焼鳥8種

何を出されるかはわかりません。

最初はささみ。丁寧な焼き具合と食べやすいボリュームの肉。提供される温度がよく考えられていると感じる。



ugu14.jpg

砂肝

あまり混んでは食べない串だが、塩加減もよく美味しい

 

 

 

ugu15.jpg

せせり

トリュフ塩がかけられていてワインにあうこと。

 

 

ugu17.jpg

鳥皮

うまく焼けている

 

ugu23.jpg

アピオス芋

はじめていただいた。青森県ではほどいもと呼ばれているらしい。むかごみたいな感じ。


 

ugu18.jpg

アスパラ

シャキッとはしていなかったけど。

 

ugu20.jpg

レバー、新鮮な具合

 

 

ugu21.jpg

最後は鶏スープ

 

今日のワイン

 

ugu8.jpg

レ・ザレ・ド・カントメルル 2011

メドック5級 シャトーカントメルルのセカンドワイン

美味しいワイン。ここでも赤ボルドー2番目の安さ


 

ugu13.jpg

シャトー・ボーモン 2014

こちらもクリュブリュジョワクラスのメドックでは日本でも入手やさしく、安定感あるワイン。しかもリーズナブル。

ボルドー最廉価ワイン。


焼鳥に合いました。こちらの店雰囲気も心地よく、客層もアッパーで、また料理も美味しかったです。隠れ家風デートでご利用下さい。

 

食べログ(掲載時点 3.48)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年12月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fdki1.jpg

10ケ月ぶりくらいの2度目の訪問となります、浜松町(大門)のアジアン居酒屋 風土木さんで フォーランチ。

ここの創作フォー、結構人気があるようです。

 

 

fdki13.jpg

すぐそばに、フォー・カレーの系列店が出てきていました。ランチの内容は同じだとか。ラーメンよりフォーのほうが女性に人気があるんですね。

 

 

fdki2.jpg

カレーとフォー。

6種類もの種類のフォーがあるのは珍しい。全メニュー食べたくなる。

 

 

fdki4.jpg

日替わり定食、カレー、フォー。

選択肢も多いから嬉しいです。

 

fdki3.jpg

fdki5.jpg

フォーにかける熱い思いの店長がプロデュースする創作フォーはうまい。

 

 

fdki6.jpg

チキンカレーも気になっているので、今日は両方だ。

 

 

fdki7.jpg

11時後半に入るといいんですが12時前にもなると続々お客さんが入ってくる。

 

 

fdki8.jpg

坦々フォー に ミニカレー 1000円  小鉢と右上写真には写っていないミニケーキが。香草を入れてもらいました。

麺は以前訪問した時に、やわらかい印象はありましたが

隣の人が「メンカタで」とお願いしているのを後で聞いて、なんだ「メンカタ」できるんだ、次回からそうしよと思いました。



fdki9.jpg

坦々フォーとはいかに。

 

 

fdki12.jpg

次回は麺カタ。でもスープコクもあって美味しいし、このフォーいいですね。

 

 

fdki11.jpg

干しエビの旨辛調味料 添加物なし

これ販売してあります、1つ買って帰ります。


これはめちゃくちゃコクがでる調味料ですよ。辛いだけのラー油調味料と違って海老の旨さがぎっしり。フォーに投入してもご飯の上に載せてもいけます。かなり気に入りました。

 

 

fdki10.jpg

カレー(チキン)も想像通りの美味しさ。ちょっとお腹いっぱいになりますが。

いやー、風土木のフォー。うまい。

 

 

干し海老調味料が美味しくて自宅で2日で全部食べてしまいました。やみつきです、ということで翌週東京に来た時にまたフォーを食べに来ました。調味料も複数個購入。

 

 

fdki16.jpg

今日は塩味フォー。麺カタ。950円

カレーつけても+50円しか増えないならそっちがいいかも。

ゆずこしょうの優しい味と書いてあります。

 

 

fdki14.jpg

チャーシューもラーメン屋で食べるような立派なのが入っているし、スープが美味しい。

 

 

fdki15.jpg

フォーはつるつる入っていきますね。干し海老調味料との相性も抜群です。

 

アジアン居酒屋 風土木 東京・大門 ランチのフォーが秀逸ね

 

食べログ(掲載時点 3.50)

このページのトップへ

2018年12月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今日は私のお店セッティングで10人ほどの宴会、場所は海鮮家 福伸さん。


昼は2度訪問、夜は初めての訪問です。場所も銀座通りでわかりやすいし、上品な空間そして2次会への移動も便利な場所なのでいいですね。5000,6000、7000円と通常はあるようです。飲み放題込で今日は6000円のコース。

 

飲み放題というと日本酒などもイマイチだったりするのですが、銘柄は聞いていませんがこちらの熱燗は美味しかった。

 

fksk1.jpg

刺身の盛り合わせからスタート。色んな魚種がはいっていました。あんこうの肝も

 

 

fksk2.jpg

サラダは鴨とごぼうのサラダ。和風さっぱりで美味しい。

 

 

fksk3.jpg

続いて牡蠣グラタン。

あんまり牡蠣グラタンは好んでは食べませんが、チーズたっぷりで美味しかったな。

 

 

fksk4.jpg

海鮮焼き

海老、帆立、マイタケ、銀杏

 

 

fksk5.jpg

ローストビーフ

お肉も出るんですね

 

 

fksk6.jpg

天ぷら

 

 

fksk7.jpg〆はちりめん山椒ご飯。


皆さん満足されておりました。今度また利用したいと思います。TT

 

福伸ホームページ

 

 


海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店(2) 刺身定食にする

 

海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店 丼をかき込むのもいいね


このページのトップへ

2018年12月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ybt21.jpg

今日はやぼ天。

ダイニングエクスプレス初登場、とはいっても何度も来ているお店、しかも何十年も前から。

たぶん私の中での外食焼鳥の源流はこのお店だろう。

一番昔に来たのはたぶん35年ほど前。

ロングランヒットのお店ですねー

 

 

ybt22.jpg

当時でもオシャレな焼鳥屋さんだった。カウンター席とテーブル。

今でもご出勤前の女性の方も利用されている。

 


浪人時代、大学に受かって熊本を離れる3月最後の夜に、親に「お前が食べたいものを食べに連れて行ってあげる」と言われ

やぼ天をリクエストをして家族で食べにいったのを覚えている。こういう思い出はずっと時間が経っても思い出として残るから素敵だ。

 

 

ybt23.jpg

お付だしは辛子レンコン、ひともじぐるぐる、こんにゃく、トマト。

郷土料理もあるので県外のお客さんを連れてくるお店としての利用価値も高い。

 

 

ybt2.jpg

焼鳥は一見高そうだが、1本のボリュームが結構あるので、納得できる。

選ぶのが面倒くさくなるし、コースがお得な気がするので基本 Aコース 3240を頼むことが多い。

 

 

ybt4.jpg

馬肉とかのラインアップもさすがですね。

 

 

ybt3.jpg

1品料理、黒板料理もあります。あと、ここは焼酎のラインアップもすごいんですね、佐藤黒とかいろいろあります。

 

 

ybt1.jpg

やぼ天のおろし大根がうまいのは 柑橘系の味付けがなされているからでしょう。手羽先をこれに付けて食べるとゲキウマ。

 

 

ybt6.jpg

炙り銀杏。これがある時には頼むのですが、量が多くて「体悪くなるんじゃないか」という気持ちになりつつも食べ過ぎてしまう。

 

 

ybt5.jpg

よくあるカマンベールチーズフライ 600円 なんですが、ここで頼む定番品。

 

 

ybt10.jpg

コース付属のサラダ、一品料理、馬刺

馬刺しは一人前ですよ。これがいいんですね、さすが熊本。

あんまり馬刺は好きではないんですが、少量的にいただきました。



ybt11.jpg

日本酒とあいますな

 

 

ybt8.jpg

焼鳥です、とり身 290円

ぷりぷりだ

 

ybt9.jpg

せせり 290円 焼き具合もいいですね。

 

 

ybt12.jpg

手羽先 330円

ここの手羽先、身もしっかり付いてて 例のおろし大根に入れて食べるとうまいんですわ

 

 

ybt13.jpg

トマトベーコン巻焼 280円

あっさりしている焼鳥っていうか、トマトですわ

 

 

ybt14.jpg

ピントあってませんが、見てわかる通りうずら 210円

 

 

ybt15.jpg

しいたけつみれ

普通に頼むと360円なんですね、高い部類の串


 

ybt18.jpg

ささみ明太 320円

いやーこの明太子の量ありがたや。

普通はこれの5分の1くらい。ご飯もらって明太ご飯にしちゃおうかというくらいです。

 

 

ybt19.jpg

ささみ納豆 330円

納豆と海苔とささみがあうあう。これはもう1本食べたくなる。

これで8本、全部足してみたら 2080円 ということは 残り分は1160円

 

ここからは追加オーダー

 

 

ybt16.jpgybt17.jpg

つくね月見 680円。

1本は結構ボリューミー 美味しい

 

ybt20.jpg

皮焼き

皮はもう少しパリッとしていたほうが好みかな。少し柔らかいので。


 

お腹いっぱい。やっぱりうまい、老舗ですね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

銀座でお寿司を食べようと思い、ネットで予約を探しましたがフランス料理と違ってやはりお寿司屋さんはネット予約できるところが少ない。今後は増加してくるでしょうけど。

ということで予約可能なところで新橋にも近く便利がいいこちらのお店に。

 

寿司割烹 濤崎

 

tzki21.jpg

弥生ビル 2Fにあるのですが、銀座らしく夜のお店が沢山あるビル。

 

 

tzki1.jpg

静かなたたずまいのお店。ランチは銀座で2000円や3000円でにぎりが食べれるというのでそんなに敷居が高い、というわけではなさそうです。

 

 

tzki2.jpg

夜のコースは 3種。真ん中のコースにします。

 

 

tzki3.jpgtzki5.jpg

日本酒でいきました。

黒龍、風の森雄町、船中八策の3種類をいただきましたが、

結構ペースが速く酔いも早いこと・・・

 

 

tzki4.jpg

先付

色んなお料理がはいっていて、懐石のコースみたいです。

 

 

tzki6.jpg

うなぎのあんかけ


 

tzki7.jpg

刺身もボリュームがありましたよ。

 

 

tzki8.jpg

焼き魚

 

 

tzki9.jpg

揚げ物は

 

 

tzki10.jpg

中には蟹肉やら海鮮がぎっしりはいっておりました。

 

 

tzki11.jpg

そしてフカヒレスープ・・・・お酒も飲んで結構お腹いっぱいなモードになってきているので、お寿司は満腹で食べることになるでしょう。

 

tzki12.jpg

中華料理を食べに来てるわけではなく、フカヒレはあまり期待していないんですが。

 

 

tzki13.jpg

いよいよお寿司です。7貫と聞きましたのでそれくらいなら問題なくいけるでしょう。

 

 

tzki14.jpg

タイミングよくサクサク出されます。

 

 

tzki15.jpg

お寿司うまいけど。

 

 

tzki16.jpg

これだけお腹がいっぱいだと、感激が少ないわ。日本酒飲み過ぎた。


 

tzki17.jpg

お腹との戦いになってきた。

 

 

tzki18.jpg

たまご


 

tzki19.jpg

いよいよラスト

脂肪肝の代名詞、いくら・うに。

 

 

tzki20.jpg

海苔無しうにを食べてから、海苔がないほうがうまく感じる最近。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年12月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oldpa9.jpg

タイから帰ってきてしばらく。パッタイが食べたくなり来ました、オールドタイランド 新橋。

昼間は結構いつも混んでます。カウンター席は回転が良いから入れました。

4度目か5度目かの訪問です。

 

 

oldpa2.jpg

前回とはメニューは変わってませんでした。

 

 

oldpa1.jpg

パッタイ 1080円と決めていたのですが。

 

 

oldpa4.jpg

シンハ―ビールのグラスに、ノンアルコールビール。気分だけでも。

 

 

oldpa3.jpg

4種の調味料があとでパッタイを食べるのにアクセントを付け加える。

 

 

oldpa5.jpg

先ずは 生春巻きとトムヤムクンスープ。この酸っぱさが美味しい。

 

 

oldpa6.jpg

パッタイ到着しました。

生もやしとピーナツは別添え。パクチーは付いていないんですね、頼めるのでしょうか。今度聞いてみます。


 

oldpa7.jpg

タイ人のシェフが作っているせいか、タイで食べるのと同等かそれ以上にうまい。えびも2匹大き目のやつが入っている。

オールドタイランド やはりいい。ここのパッタイは旨す。

 

 

 

タイでいただいたパッタイ(もちろんこれも旨い)

 

ptii1.jpg

 

 

違うところのパッタイ

本当パッタイ好きだ。

ptii2.jpg

オールドタイランド(3) 東京新橋 2年近くぶり

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pnan8.jpg

今回の同行者が何十年も前から通っている、フカヒレ専門店があるとのことで連れてきていただきました。場所はバンコクでも1,2を争う繁華街スポット、サイアムスクエア。ブランド物も販売しているモールもすぐそば。

このあたりは以前の雰囲気があるのですが、道を少しはいっただけ。いわば東京の銀座、超一等地の地価にあるレストランなんですよ。この古い雰囲気がどうみても怪しい。

 

 

pnan1.jpg

普通の庶民風に見えるレストランなのだが、今日もお客さんはゼロ。いつも少ないという。2階に上がる。

 

 

 

pnan2.jpg

値段をシールで改定、改定した形跡がうかがわれる。

フカヒレスープ 1人前 1000です。 1000バーツ(3500円)ですよ、ここは庶民のレストランではない。

高級レストランです。

 

 

pnan3.jpg

土鍋でぐつぐつ煮られたフカヒレスープ。

コンロの関係で1度に4つしかできない。

 

 

pnan7.jpg

綺麗な姿煮のフカヒレが入っているわけではないのだ。

以外とコマ切れだった。

 

 

pnan5.jpg

スープは濃厚、なんとも言えないのが癖になると言われれば・・・・

フカヒレスープにはホワイトペッパー。これはお決まりだ。

 

 

pnan4.jpg

パクチーと生もやしを入れて食べると美味しい。

 

 

pnan6[.jpg普通の1品料理もありチャーハンも美味しいが、ここではスープだけで満足だと その人がいっていた。

 

 

お店の紹介

このページのトップへ

2018年12月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

elgg1.jpg

バンコク市内でも有数の有名なステーキハウスに行きました。BTSスクンビットからすぐ近く、超一等地にある4階建てのヨーロッパ風のビルにあります。エルガウチョ アルゼンチン ステーキハウス。

ベトナムのステーキハウスでハノイが本店だとかで、ホーチミンでもステキハウスというとエルガウチョというくらい、素敵なステーキハウス。


 

elgg2.jpg

冗談はいいとしてテラス席、1Fは少しカジュアルオシャレな感じ。

 

 

elgg3.jpg

1階には肉屋もあってテイクアウトできる。バンコクではまだまだ牛肉も高く高級品なので、ステーキの値段も高いという。


 

elgg4.jpg

2階はテーブル席、カウンターなど。

日本人も多いしもちろん外国のお客さんも多い。相当賑わっているお店だということがわかります。値段は同じクラスの日本のお店より高い。

 

 

elgg6.jpg

英語メニュー。

私も高いなぁと思った。

 

 

elgg5.jpg

肉は部類、グレードで価格が分かれています。

リブアイステーキの一番良い 250gで 2490円。ってここは日本じゃないよ。

 2490円じゃなくて 2490バーツ。 1バーツ=3.5円として 3.5倍(8715円)それに税サ。

でしょう、高級。

 

 

elgg7.jpg

ワインメニューも。

普通に日本円と間違ってしまう感覚。ワインボトルは7000円くらいから

カリフォルニアの高級ワイン オーパスワンは 24000バーツ 84000円。これは日本のフレンチり安いかも。



 

elgg8.jpg

アルゼンチンのワインの品揃えは豊富ですね。アルゼンチンのお店ではないんだけど、名前がアルゼンチンステーキハウスというくらいだからか。

 

 

 

elgg9.jpg

パンとにんにくを揚げたもの。美味しそうだった。

 

 

elgg12.jpg

シーザーサラダ このボリューム感で 490B(約1700円)ですか。びっくりするなぁ

 

 

elgg11.jpg

スモークサーモン 490B (約1700円)

5人でシェアしたらごく少量だった。でも美味しかった。

 

 

elgg13.jpg

プライムリブ 900gのカット (骨付で)

100gで690B 6210B (22000円もするんですね)

単純に5割すると一人140gで4500円。


 

elgg14.jpg

目の前で切り分けてくれます。

 

 

elgg15.jpg

可食部分はこれだけなんですね。チキンも頼んでいたので。

柔らかくて塩でいただくと、溶けるように美味しかったです。もう少し食べたい気分はガマンしてポテトフライをいただきました。

 

ソースだけでも110バーツするんですからね、これはまさしく高級店ですね。

 

 

アルゼンチンのワイン2種を飲みます。

elgg10.jpg

EL ENEMIGO MALBEC 2014

2400バーツ

 

elgg16.jpgCATENA 2015 CABERNET SAUVIGNON

2400バーツ

 

エルガウチョ ステーキハウスの記事

 

このページのトップへ

2018年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

東京で来年記念行事があり、そのディナーの試食会を行いました。私はこの金額じゃあ、たいしたものは無理だろうーと

思っていましたが。

ビールで乾杯、いや最低でもスパークリングワインでしょう。ということで変更。

 

mksi6.jpg

メニューはメインまで含めて4品。やはり少ないわ

 

 

mksi1.jpg

オードブルも全国各地の商品6品という構成なのだが、2,3千円のフランス料理のランチのオードブルなら許せるという程度か、小魚(右手前)はないよなぁ。


 

mksi2.jpg

とうもろこしスープの上にポップコーンてか

安すぎるでしょう。どうみても。却下

 

 

mksi3.jpg

カダイフをまとった平目のフリット。

衣を食べているんじゃないかと思えるんですよ。



mksi4.jpg

牛ヒレ肉 ポルチーニ茸のプラリネの香り

オーストラリア牛がこのソースの量で多少ジューシーに感じられるけど。

肉もグレードアップして料理法も変えてもらいましょう。

 

mksi5.jpgチョコレートのドーム仕立て

うーん。

結局この倍のお値段を出して再構築となりました。当日が楽しみです。


 

IMG_9590.jpg

夜にお腹がすいたので、久しぶりに吉野家の牛丼並を食べました。

 

 


 


 

 

このページのトップへ

2018年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bolan19.jpg

バンコク屈指の伝統的タイ料理に新鮮さを加えたキュイジーヌモダンタイ料理のBO.LAN (ボラン)に訪問します。相当レベルが高いタイ料理と聞いていますので期待です。タイのミシュラン1つ星にも選ばれているレストラン。

バンコクは渋滞が激しく夕方は全然ダメです。ということでBTS(高架鉄道)にのってトンロー駅で降りて歩くことに。このあたりは高級な住宅街。5分も歩かないうちに着きました。


 

bolan20.jpg

1軒屋のレストランで相当空間を贅沢に使ってあります。

まるでリゾートホテルにでも来た感じがします。

エントランスからはじまるこのワクワク感、いいですね。



bolan21.jpg

プールを横目で見ながらエントランスへと誘導されます。夕方のこの空気感はほんとうに気持ちいい。

 

 

bolan22.jpg

まるでアジアンリゾートホテルのショップのような雰囲気のエントランス、ミニショップ。

 

 

bolan24.jpg

先ずはウェイティングコーナーで軽いおつまみ。

このドリンクはだれかHPでライスワインと書いていたけど、私たちの時は甘いジュースだったような気がする。

 

 

bolan25.jpg

コースは 2種類 BOLAN BALANCE が 2,680バーツ (税サ別)。

今回いただいたのが BOLAN FEAST が 3,280バーツ (税サ別)(約12000円)

このお店は外国人メインの価格です。超ハイクラス。隣のテーブルは香港からのお客さんでした。



 

bolan32.jpg

ウェイティングコーナーから厨房に案内されました。フツー珍しいよね。全員お通ししてくれるわけないでしょうけど。

この人がオーストラリア人のディラン・ジョーンズさんですよね。

ドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんとディラン・ジョーンズのシェフによって生まれた店ですが、この夫妻はどちらもバンコクの名店「ナーム」で研鑽を積んでおられました。



bolan31.jpg

米を食べてパイナップルを食べると口の中でコンビネーション。面白い演出だなぁ。

 

 

bolan23.jpg

メインダイニング。私たちはこの右手奥に案内されました。

 

 

bolan28.jpg

いよいよ食事のスタート

これをグイッと言ってくださいって、ウィスキーのストレートみたいな。

だから先ほどお米をたべさせたんですかね。

お酒に少し弱い同行者はこれで結構酔った・・・と言ってました。

 

 

bolan0.jpg

アミューズブッシュ1

右側から順番に食べてくださいと。

なんかこう味の競演です。一つのアミューズに何種類もの素材が使ってあって。結構驚き。


bolan2.jpgアミューズブッシュ2

これも左側からいただきます。どれもこれも美味しいじゃないですか。

 

 

bolan4.jpg

担担麺風のスープ麺 美味しい

 

bolan6.jpg

ウズラ肉を揚げたもの ソフトボイルエッグ

 

 

bolan5.jpg

 

 

bolan00.jpgbolan8.jpg

ハーブ鶏と蟹、バンブーのカレー

マイルドで濃厚でこれはこれは美味しい

 

 

bolan10.jpgbolan11.jpg

トムヤムスープ

これがクリーミーでコクがあって、なんやこれっていうくらい美味しかったです。



bolan12.jpg

豚肉

 

 

bolan13.jpg

どれこれ美味しい料理を出しますので、ご飯に持って好きなように食べてくださいという感じのスタイルです。

どれもこれも確かに美味しくて素晴らしい。納得ですよ。


デザートも色々出してくれました。外国人ですごく賑わっているお店でした。

 

bolan14.jpgbolan15.jpgbolan16.jpgbolan18.jpg

 

WINE

タイはワインの酒税も高いけど、せっかくなので頂きました。

 

bolan30.jpg

ラベントス ブラン・ド・ブラン ラベントス・イ・ブラン

Raventos i Blanc Blanc de blanc

 

bolan29.jpgbolan1.jpg

ドメーヌ・ユベール・ラミー[2014]サン トーバン ブラン プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・シャトニール(Domaine Hubert LAMY)750ml

葡萄品種:シャルドネ100%
醸造・熟成:オーク樽熟成18ヶ月(新樽5%、1?9年樽使用(ヴォージュ、アリエ、トロンセ産))


白いお花の香りがふわっと広がる2015年。ピュアな果実感とつまった酸がシャープに広がります。フィネスに富んだ香りが心地よく余韻も長く続きます。完成度の高さに驚く1本です。


bolan3.jpg

Odfjell 'Winemaker's Travesy by Odfjell', Central Valley, Chile

 

レストラン ボラン

 

このページのトップへ

2018年11月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ths11.jpg

シラチャの街の中心部から車で10分弱のこのレストランに連れてきていただきました。道路に面している側の入口。店名がタイ語しか書いてないので名前不明。気にもしなかった。

 

 

ths10.jpg

こちらは横の道に面した側。2階の部分がオープンエアのレストランになっています。タイの夜のこの生涼しい風がそよぐ空気感、とても好きです。

 

さすがシラチャ。日本人が多いだけあってこのお店にも外人のガールフレンドを連れた日本人駐在員らしき人や子供を連れた家族、女性二人で訪問している日本人などなど。こんなところに沢山いるんですね。

 

メニュークリック拡大、戻る

ths14.jpg

メニューは日本語も併記されておりわかりやすいですね。

ソムタム(青パパイヤ) が40バーツ 1バーツは3.5円ほどなので、140円。日本人が来るお店ですし、タイ庶民の店というわけではないですが、日本からすればやはり安い!ですね。

 

 

ths13.jpg

日本でもおなじみのガパオライスとかチャーハンとかこの手は 50バーツ。175円ですか。

 

 

ths15.jpg

スープなんかの種類も多い

ここもパッタイ(タイ風焼きそば)以外は注文はおまかせします。

 

 

ths1.jpg

SINGHA(シンハ―ビール)の廉価版ビール  リオビールに挑戦。