九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2017年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ljdd1.jpg

浜松町でランチ。駅から第一京浜を渡って6,7分と言ったところですか。事前調査してこちらに来ました。外観=高級フレンチかマンションの入口かケーキショップっぽいですね。英文字が普通は読めないですよね。ジャルダン ドデーヌ。でもいい感じではないですか。

 

 

ljdd2.jpg

ランチの紹介黒板を見て。

 

DSC09347.jpg

1000円メニュー統一で前菜+メニュー+パン。コーヒーも付かず(オプションでもなかったような)。一番安いメニューではないので頼みやすいし。


やはり1000円から1300円くらいのメニューは東京ランチではOLさんとかにも人気がある価格帯だと思います。フレンチでゆっくりランチする時間はないですが、前菜メインならお店に来る時間を入れても十分です。

 

 

ljdd3.jpg

お店の一番奥に通されました。ウォッチしていたら女性だけかというと男性も結構入ってきます。席数28。天井高く雰囲気がいいビストロですね。

 

 

ljdd4.jpg

バゲットが来ましたが、丁寧にお断り。

 

 

ljdd5.jpg

さつまいものポタージュ。温かくそんなに濃厚ではありませんが優しい味ですね。

 

そして メインの 豚ロースのソテー マスタードソース マッシュポテト添え。


豚の迫力にびっくり。OLさん大丈夫なのかと心配するくらい。

 

ljdd6.jpg

上から見たら普通さ。

 

 

ljdd7.jpg

マッシュポテトの上に、鎮座。お。

 

 

ljdd8.jpg

この分厚さ。びっくり。どうも他の人の料理を見てもボリュームが多いみたいです。

 

 

ljdd9.jpg

柔らかくて周りはこんがりと。美味しい。お店の人に聞いたらだいたい300gですね、とのこと。300g・・・ステーキは食べれるのに、だいぶ残してしまった。店員さん心配したのか「お口に合いましたか・・・」「すみません、少食なので」

 

マスタードソースも酢キャベツも美味しかった。いやほんとびっくりランチだった。

 

食べログレポートではここは3店舗目で同様の1000円ランチを提供する姉妹店が浜松町にあるようだ。全部訪問したい(TT)

 

1号店 オ・デリス・ド・ドディーヌ 2013年02月
2号店 レ・ピフ・エ・ドディーヌ 2014年11月
3号店 レ・ジャルダン・デ・ドディーヌ 2016年02月

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 



 

 

 

このページのトップへ

2017年12月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09326.jpg

会合がありこちらに伺いました。上海厨房 龍々宝(ろんろんぱお)。下通りと篭町通りをつなぐ道の途中にあります。一見して中華料理とわかるお店ですね。そんなにオープンして日が経っているわけではなさそうです。初めての訪問。

 

 

RRP2.jpg

ロンロンパオでなくてロンロンバオでしょう。


 

RRP3.jpg

店内はカウンターとテーブル席。カウンターの雰囲気は中華料理屋さんっぽくない雰囲気があります。

 

 

RRP1.jpg

今日は一番右のコースに近いもの。料理・飲み放題で5000円のコースと聞きました。

 

 

RRP4.jpg

お付だし。バンバンジー・きくらげはわかるが、中華料理なのにキムチ。

 

 

RRP5.jpg

鯛のお刺身。混ぜて食べるやつ。

 

 

RRP6.jpg

スモークチキン

 

RRP7.jpg

酢豚。たんたんと料理が運ばれてきて。

 

 

IMG_7936.jpg

中華にもかかわらず、3年ものの紹興酒は飲まず、ワインに手を出して危ないことになるか。チリのカベルネソーヴィニヨン、SILVIO。味は薄い、極テーブル、デイリーワインでした。。飲み過ぎなさそうが吉。

 

 


RRP8.jpg

魚の蒸し物

 

 

RRP9.jpg

山椒がめちゃくちゃきいた、蝦の唐揚げ。口がびりびりだ。

 

RRP10.jpg

雑炊でしたのでパスしました。最後はチャーハンがよいなぁ。

 

RRP11.jpg

杏仁豆腐。

 

家に帰って、今日はナパ・ヴァレーの白ワインとブルゴーニュの白の飲み比べをしました。(TT)

 

食べログ(採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年12月 9日 Posted time : 00:08 | Category : 編集長コラム

最近、寒い冬だけどアジア料理を食べる機会が多い。

今日はここ。


333b9.jpg

アジアン屋台バーバーバー(333)熊本では数少ないベトナム料理もある料理店。

 

 

333b1.jpg

しばらく平日ランチは中止していて11月にリニューワルして開始したよう。以前より少し値段もアップしましたね。入りましょう。

 

 

333b2.jpg

ランチタイムだけど、1人目。空いていました。

 

 

333b3.jpg

もとイタリアンだったのか、テーブルがワインの木箱だし! 1人客のおじさんが一人入ってきた。

 

 

333b4.jpg

メニューはベトナム(フォー)、タイカレーなどあるのですが、今日はパッタイランチセット 1000円にしようと思う。たっぷりサラダ、前菜、ドリンクが付いている。

 

 

333b5.jpg

前菜(生春巻き)と一緒になった たっぷりサラダ。

 

 

333b6.jpg

パッタイが来たけど、ねぎやら、ピーナッツやらでどうも麺には見えない。

だから、軽くかきまぜてみた。

 

 

333b8.jpg

こんな感じだよね。ライムを絞れば脂っぽさもさっぱりする。


 

333b7.jpgパッタイ食べるの久しぶりかも。

 

今度は以前食べたグリーンカレーにしよう。

以前の記事はこちら。

333 バーバーバー アジアン屋台 熊本市

 

食べログ(掲載時点 3.03)

3.33までがんばってほしい。

 

 

このページのトップへ

2017年12月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

suizen7.jpg

休みの日のランチに子供と家から近い、水前寺共済会館になんとなく来てみました。ランチは初めてです。レストラン水前寺。営業時間が朝7時からと随分早いなと思ったら、宿泊施設の朝食会場なんですね。近所のおじいさん、おばあさんとか団体で結構混んでいました。1人で訪問している人もちらほら。

 

 

suizen8.jpg

日替りは日祝日は1000円で、なんか色々ありますが、何にしようかなぁ。

 

 

suizen6.jpg

メニューに入っていた お!カキフライ。広島県のカキフライにも惹かれるが、揚げ物はだめなので。

太平燕 900円にします。太平燕にはドリンクバーが付かないと言われました。

 

suizen1.jpg

サラダバーが付いている。スープは「味噌汁」と!

 

 

suizen5.jpg

娘が頼んだとろとろオムライス 900円。 チキンライスにふわふわたまご。

 

 

suizen2.jpg

息子が頼んだ ロースカツ膳。定食と思ってしまった。ロースカツは

 

 

suizen3.jpg

私が頼んだ太平燕ランチ。ランチというだけあって、白ご飯が付いているが、食べれるだろうか。

 

 

suizen4.jpg

白湯のスープだが、結構珍しく濃いめのスープの太平燕だと思いました。玉子は丸1個入っていますし。味は濃いので白ご飯が食べれないわけはないのですが、せっかく太平燕でローカロリーメニューにしたので、ご飯はほどほどにして。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2017年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中華料理の後に、飲み食べ足りない5人が常連さんに連れてきてもらったお店は、ここ。

空いてて良かった。

 

bmr9.jpg

非常識ビストロマルコ。一度来たら忘れない。私みたいな常識人が来ていい店でしょうか。

非常識になっていい店でしょうか。

マルコといえば母をたずねて三千里。関係ないけど。

 

 

bmr7.jpg

1階にあります。少し横道に入った所。ビストロです。

 

 

bmr8.jpg

非常識とは他の店では味わえない、常識の上にたつ非常識。シェフは星付きレストランで修業をしたというからホンマものですね。

 

 

bmr10.jpg

ワインのセレクションは任せてください。さあ、入りましょう。

 

 

bmr11.jpg

カウンター8席、テーブル12席の小さな空間が居心地の良い非常識。


 

bmr12.jpg

カウンターで飲むのも落ち着く非常識。

 

 

bmr13.jpg

料理がかなり美味しいという非常識。

 

 

bmr21.jpg

今日は皆さんワインの日にしましょう。グラスワインはパスしてですね、ワインリストはないので、セラーの前に行きお店の人と一緒にチョイス。

 

bmr20.jpg

SILENI ESTATES CELLAR SELECTION SAUVIGNON BLANC 2017 4500yen

シレーニ・エステート セラーセレクション ソーヴィニヨンブラン

手頃価格のワインというところで、ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。ドライで果実味ある飲みやすいワインですね。


bmr14.jpg

手書きのメニューを見ると読み物みたいで

 

bmr15.jpg

色々と食べたくなるけど

 

bmr16.jpg

常連さんの意見を聞きながら

 

bmr24.jpg

食事の注文を入れる。非常識ではないけれど。

 

bmr19.jpg

生ハム・サラミを頂く。白ワインにあう。

 

 

bmr18.jpgbmr22.jpg

メニューの説明付で、神の牛生ハム。当店名物。

肩ロースと宮崎産和牛モモの2種盛の2人前。イタリア産チーズがふわっと。牛のタタキのような生ハム。

5人でこれだけだと少なすぎる、、非常識だ

 

 

bmr2.jpg

料理は5人で2皿ずつ!

 

田舎風パテ 糸島豚と青山椒のパテ 780円 超絶ワインに合うということだから、ワインセレクションは

 

bmr17.jpg

こちら側(フランス)に振りました。

Le Marquis de Calon Segur 2014  11,000yen

ル・マルキ・ド・カロンセギュール


女性に大人気のサンテステフの3級ワイン、カロンセギュールのセカンドワイン。値段的にはファーストの半分から3分の1ですね。2014はまだ若々しいだけに、いいですねこのタンニン感。

 

bmr3.jpg

カマンベールのアヒージョ 900円。これは美味しい、ワインに良く合う。

 

 

bmr4.jpg

そしてこれでしょう。本気のビーフシチュー。非常識ではないよ。48時間かけて作るビーフシチュー。

ホテル以上のビーフシチューです。肉ごろごろ、とろとろ。ワインとめちゃ合うよ。

 

 

bmr6.jpg

世界のフライドポテト。このスパイスか塩が癖になる。

 

 

bmr5.jpg

まだ飲むというから、次はこれ

Les Tours de Beumont 2014  4,000yen

グラスワインでも出している、クリュブルジョアクラスのシャトーボーモンのセカンドワイン。質と価格のバランスがとれたボーモンのセカンドだから間違いない選択肢でしょうね。マルキドカロンと変わらないという意見も。。。あなた非常識。

 

 

bmr1.jpgbmr23.jpg

 

編集長用にということで小麦粉フリーのトルティーヤピザ。カリッと感がいいですね。でも1皿しか頼まず1切れのみ。

今日は5人未満でワイン3本。

 

非常識ビストロマルコを堪能しました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.36)

このページのトップへ

2017年12月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

編集長も訪問先すべてを掲載しているわけでもないです。写真撮っていない時もありますしね。

今日は同席されていたブログファンの方も多かったので、掲載。

こういうのもあったよな、みたいな記憶。

 

not1.jpg

ニューオータニの中華は 「大観苑」という名前が多いですね。

食べログでは 3.5のポイント

 

お店ではなくて宴会場ですけど。

 

not2.jpgnot3.jpgnot4.jpgnot5.jpgnot6.jpg今日は宴会の間、リーズナブルなテーブルワインを飲むことなく話に集中して自分の席を離れていたため、料理をほとんど食べずに2次会に持ち越すすることに!

それはそれでいいんじゃない、と 思う1日。(TT)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年12月 5日 Posted time : 00:03 | Category : 編集長コラム

 

福岡に来ましたので、博多駅でランチとなりましたが、今日はくうてんではなく、ここ!

 

tancaf12.jpg

駅から3百歩横丁。博多駅のすぐ近く。ここに来たらもちろんここです。

 

 

tancaf13.jpg

牛タン たんか。

私的ランチ超穴場店。ランチタイムの混雑なし。

値段は少し高いですけど、満足度も高い。

 

 

tancaf4.jpg

ランチタイムは安さというのも混む要素の一つ。ここは昼夜同一メニュー。

 

 

tancaf14.jpg

牛タン焼き1本で1430円。

今日は2本行くか考えたがやはり1本にした。


 

tancaf3.jpg

今日はご飯とテールスープのセット+300じゃなくて、

これだ!

がんこ親父の焼きめし 690円

 

たんかに来たからには焼きめし行きましょうよ!!

 

 

tancaf1.jpg

焼かれる前の牛タン串。本当に焼く前から美味しそうだよコレ、やばい。

 

 

tancaf6.jpg

到着しました。7粒の幸せ。

 

 

tancaf7.jpg

こんなに分厚いタンをいただけるとは、幸せに他ならない。

 

 

tancaf8.jpg

こういう風にがぶりといってみたり

半分ほど食べたところで、

 

チャーハン到着!焼きめしか。

 

 

tancaf9.jpg

きました、久しぶりです。白飯よりテンションがあがるのはあたりまえ。690円のこのチャーハンだけでも十分な気もするがやはり牛タンとセットにすれば最強だ。

 

 

tancaf10.jpg

横から。結構たまごが入ってる!

 

 

cha3.jpg

たんかのチャーハンは 東京・新橋のチャーハン王のチャーハンとほぼ同一。それはそう、タンカのチャーハン技術監修されているから。新橋で行列しなくてもここで食べれるんだよ。

 

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tancaf11.jpg

これは美味しいチャーハンですよ、やっぱり。

 

焼きめしの食べ方

 

tancaf2.jpgtancaf5.jpgこのやきめしのタレを付けていただきます。イヤー満足でした。税込2289円。(TT)


たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年12月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kawasei9.jpg

東京・飯田橋で業務があり、鰻屋を訪問することに。時間がもう少しあれば、20代前半の頃背伸びをして訪問した鰻の名店、石ばしはし本を久しぶりに訪問したかったが、両店とも料理が出るまで時間がかかるので、今回は飯田橋にある名店にすることにした。飯田橋から神楽坂方面へ行くと、以前訪問した志満金もある。


 

kawasei8.jpg

周囲はリーズナブル感があるランチのお店が結構あるのですが、ここだけ高級感が漂っている感じ。静岡吉田産のうなぎを取り扱う、川勢さんに。ここも蒸す時間など入れたら30分以上かかるので、事前に電話予約。滑り込みでどうにか予約できました。


 

kawasei10.jpg

ランチ限定うな重は3000円で、うなぎの量と質で値段が。松で3600円、特上5400円、中入重はなんと7000。極上の日本酒かワインを飲みながら頂きたくなる価格だ。今日は電話で3600円のを予約しておきました。

 

 

kawasei11.jpg

江戸前鰻に期待できそうなコメントですねぇ。

 

kawasei12.jpg

店内は地下へ下った先にあります。テーブル席は26席と書いてあるが障子の手前には16席しか確認できなかった。

 

 

kawasei1111.jpg

うなぎまでだいぶ時間がありそうなので、本当は日本酒といきたいところだが、うなぎの骨を注文(300円)にポリポリすることにした。だいぶ味が濃くついた骨だこと、全部食べれないので持ち帰りをお願いした。聞いたところ社外製造品とのこと。

 

 

kawasei2222.jpg

ポリポリだけでは辛いので、野菜の炊きあわせ700円を注文。更に日本酒が欲しくなった。

 

 

kawasei1.jpg

ようやくお重が到着しました。嬉しい瞬間。

 

kawasei2.jpg

オープン。お重は結構うすいのですが、あげ底ではないのですね。

 

 

kawasei3.jpg

焼き目は比較的薄めで、きれいにタレがのった照りのある綺麗な鰻ですね。さすが静岡吉田産。見ただけでヨダレが出そうになります。

 

 

kawasei4.jpg

肝吸い

 

kawasaei5.jpg

ウナギの表面は薄い面がカリッとして、中はフワトロ食感。うーん、江戸前だ。タレの味も上品な甘さとコクがブレンドされた感じで、いくらでもご飯も鰻も食べれそうな味。これはかなり上の部類に入る鰻の完成度。

 

kawasei6.jpg

ご飯は最初少ないかと思ったら、あげ底でない分結構な量がありました。全部食べ切りましたがお腹がいっぱいになりました。山椒の質も高く、ぱらっと振り掛けると一層食欲が引き出されます。しかし山椒なしでもここの鰻はご飯とうなぎのバランスがいいので、山椒のことを忘れてしまいます。

 

 

kawasei7.jpgウナギのふたに、宮川と書いてあったので聞いてみたら、四ツ谷の宮川本店とは姉妹店だとか。お重をいただかれたのでしょうか。いずれにせよ、美味しい鰻を有難うございました。(TT)


食べログ(掲載時点 3.60)

 

うなぎの川勢ホームページ

このページのトップへ

2017年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pint1.jpg

落ち葉が舞うこの頃、とても寒いのだが、タイ料理が食べたくなる。夏に味噌ラーメンの理論を以前このブログで書いたことがあるが、逆の季節の食べ物を欲しくなるのかもしれない。いずれにせよ、休日に一人でタイ料理を食べに来た。熊本では本場のタイ料理のお店が多いわけではない。今日は下通りにあるピントンに。以前からずっと気になっていた店の一つである。

 

 

pint10.jpg

地震でよく影響を受けなかったなぁと思う雑居ビル。色んな飲食店が入っている。

 

 

pint2.jpg

階段で2階にあがると、一瞬タイのバンコクの雑居ビルにでもスリップした気分になる。隣はスリランカカレーの名店。

 

 

pint3.jpg

ピントンは30席ほどのお店だろうか。お店の中にはいってもここはタイに来たのではないか?と思うところは面白い。

 

 

pint4.jpg

ランチメニュー、クリック拡大、戻る。

今日は無難にグリーンカレーでもいこう。スープをトムヤムクンに+200円でチェンジだ。1時以降にしか頼めないパッタイセットが気になる。

 

pint5.jpg

ご丁寧に写真まで置いてある。わからない人も多いためか。カオマンガイも食べたくなった。

 

 

pint6.jpg

生春巻きが来た、スイートチリソースがピリ辛で美味しいわ。

 

 

pint7.jpg

いやーこのトムヤムクンスープが絶品だ。この酸味がホンマモンの味だ。額から汗が出てくるわ。ほんと当たり。

 

 

pint8.jpg

グリーンカレー来ました。

いや!NO

スープとご飯は別々がいいのだ。一緒になっているのは自分はNG、次回来たら別々にできるか聞いてみよう。

 

 

pint9.jpg

じわっと辛さがやってくるグリーンカレー。個人的にはスープみたいにして飲みたいから、別々がいい。それにご飯がスープの中に入っているのはあまり好みではない。いずれにせよ1000円でコーヒーまで付いて、トムヤムクンが美味しかったからオッケー。(TT)


食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2017年12月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

argile10.jpg

今日は銀座にあるARGILE(アジル)でフレンチです。ロイヤルクリスタル銀座ビルという名前のいかにも高級そうなビルの7Fにあります。そう、8Fには日本のフレンチ界でも有名なエスキスが入店しています。そしてアジルはそのエスキスの姉妹店という位置付けです。値段もエスキスに比較するとカジュアル。2016年7月オープンです。


 

argile9.jpg

エレベーターを降りて入店すると待ち合わせ的スペースが用意されています。

 

 

argile11.jpg

そして店内へ。木をふんだんに使用したフロアーはまるで森の中に迷い込んだかのよう。流木が置いてあるのですが角度によっては動物の頭のように見えるから不思議。机のレイアウトも面白いなぁと思います。

 

 

argile8.jpg

色んなデザイナーさんの技術が集まって出来た店内。壁は左官職人 久住有生さんの技術によるもの。ARGILEとはフランス語で泥や粘度を意味するとか。

 

 

argile1.jpg

ランチは5000円のみのメニュー(平日、土日は7000円)。夜は9500円ですので、銀座フレンチではそんなに高くないレベルです。昼もエスキスの半分程度です。もちろん置いてあるワインもエスキスがグランメゾン系の品ぞろえに比べるとリーズナブルな価格のものが多いです。

 

argile13.jpg

昼ですが白ワイン1杯だけ

 

 

argile12.jpg

というのは冗談であり、ぶどうジュース。


 

 

5000円のコースは前菜、魚、肉、デザート、コーヒー。私はパン抜きで。

 

argile14.jpg

先ずは前菜のオマールエビのブランマンジェ

柑橘のぶんたんが乗っています。ソースにはアーモンドミルクも使用されています。上品な味ですね。

 

 

argile15.jpg

山口産鯛の木の子ソース

お皿の一部にデコレーションしてあるのはオシャレですね。鯛はうろこをカリッと。私はうろこ苦手なのですが火入れが十分されていますので、美味しいですよとのアドバイスで食べてみるとほんとクリスピー感があり違和感はあまりなかったです。

 

 

argile16.jpg

身は美味しい。

 

 

argile2.jpg

肉料理はエゾシカ。先週シカを食べたばかりなのでチキンか豚が良かったのですが、メニューで肉種は選択できません。

 

 

argile3.jpg

うちのしかは牛肉と思うほど美味しいですよということで、いただきました。確かにジューシーで違和感もこれはなかったのですが、今日はワインも飲んでないしシカでない方が良かったかなぁ。

 

 

argile4.jpg

ライム系のジュースで

 

argile5.jpg

デザートはチョイスメニューです。パフェ風、タルト風、チョコレートケーキなど。

 

 

argile6.jpg

抹茶のムースのグランベリー添えにしました。抹茶自体の味が濃厚に出ています。

 

 

argile7.jpg

最後はエスプレッソとチョコレート。7Fのエスキスさんも平日ならばそんなに混んでいませんよと聞きましたので一度訪問したいですね。ランチ11000円の一番量が少ないコースで十分らしいです。でもワインも飲みたいですね。最後に村島輝樹シェフと挨拶をさせていただきました。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.89)

 

アジル ホームページ

 

このページのトップへ

2017年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rindom10.jpg

今日はずいぶん前から予約していた、宮崎市中心部にある紫鈴(りんど)さんへ鉄板焼を食べるために訪問します。こちらは知る人ぞ知るブランド牛の中のブランド牛「尾崎牛」を取り扱うお店です。尾崎牛は宮崎の牛。そしてケンゾーワイナリーのワインもあるとところがポイント。尾崎牛とケンゾーワイナリーのマリアージュを楽しみましょう。

 

尾崎牛とは

 

rindom15.jpg

4名で訪問。今日はコースにします。尾崎牛は脂がしつこくないらしいので、ロースでもギトギト感はないとか。それでは牛ヒレ2のロース2のコンビネーションメニューでいってみましょう。

7名のカウンター席と1テーブル席。限られた席です。

 

rindom17.jpg

ワインは黒板メニューから。シェフはソムリエの資格もお持ちです。カリフォルニアのラインアップが多く、ボトルは均一メニューとなっています。

 

 

rindom16.jpg

CALERA Josh Jensen Selection Chardonnay Central Coast 2014 

カレラ ”ジョシュ・ジェンセン・セレクション” シャルドネ セントラルコースト

白は おすすめによりこれにしました。カレラ、いい選択ができました。


ジョシュ・ジェンセン氏はラ・ロマネ・コンティで、醸造はドメーヌ・デュジャックで修行を積みました。 カレラはその技術をもって、ブルゴーニュに負けない石灰質を豊富に含んだ畑で栽培した葡萄を使用して作られたワインです。カレラが「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれるゆえんがここにあります。


rindom14.jpg

尾崎牛のカレー風味

 

 

rindom12.jpg

焼きシーザーサラダ。真ん中の部分は深くなっています。ベーコンの風味が効いている。

 

 

rindom13.jpg

ケンゾーエステートの白、ロゼもありますが、赤ワインはこちらから。ケンゾーワイナリー直営レストランの価格と比べて割高にはなりますが。あい、紫は比較において、リーズナブル感はありますが、ここ紫鈴(りんど)さんでは店名と同じワインを飲むのがいいと。それにRINDOは特に素晴らしいワイン。2014

 

rindom11.jpg

グラスの中に世界があると感じるほど、若々しく繊細なフィネスと力強さ、そして凝縮した果実味。素晴らしいとしかいいようがありません。RINDOと尾崎牛がいただけるとは幸せ感を感じマックスです。

 

 

rindom1.jpg

尾崎牛のブロック4人前。ロースとヒレ。素晴らしいですね。


 

rindom2.jpg

新サーモンのステーキをいただきつつ、肉を焼くのを眺めています。

 

 

rindom3.jpg

表面は少し焼きすぎかと思うくらいにきつね色になるのですが。

 

 

rindom4.jpg

肉の分厚さがいいですね。

 

 

rindom6.jpg

熱を冷ましながら調理が終わり、1人前ずつ綺麗に取分けられてサーブされます。竹炭岩塩です

 

 

rindom7.jpg

手前はロース。奥がヒレ

なんですか、この表面はカリカリなんだけど、中がレアで肉汁、旨みが閉じ込められている。素晴らしい、8切れの幸せ。もっと食べたくなる。あれだけ焼いてるのに表面だけとはびっくりする。

 

 

rindom5.jpg

りんどの次の余韻ワインは、

Angels & Cowboys Proprietary Red [2014]

キャノンボール エンジェルズ アンド カウボーイズ プロプラエタリー レッド  2014

こちらもフルボディの豊満な風味のワインでした。                                                                                                         

 

rindom8.jpg

ガーリックライス スープがかかってリゾット風

 

rindom9.jpg

デザート。

紫鈴(りんど)のお店で紫鈴(りんど)のワインを飲みながら。尾崎牛は素晴らしかった。さすがです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

飲んだ後の深夜ラーメンに付きあわせられました。麺のレポートが少ないと最近読者の方に言われていますので、それもあってお店の中に。宮崎の中心部にあります、しかし宮崎市内って思ったよりコンビニが少ないんですね。歩いてもなかなか見つかりませんでした。

 

mka1.jpg この麺やさんの評価とかどうとか、あまり気にならない。麺を食べないと思うし。てげ頑張っちょります!てげって熊本のたいぎゃと同じですね。大概から派生した言葉。てげてげ となると適当に という意味らしい。

 

mka4.jpg

カウンターとテーブル席。深夜なのでピークタイムは過ぎたと思う。明日のことを考えずに、日本酒冷やを注文してしまう。

 

 

mka2.jpg

ラーメン各種あります。どれもこれも胃にパンチを浴びそうなので、比較的豚にらもやし炒めの乗ったベトコンラーメン。ベトコンってベトナムラーメンかな。違う違う、ベストコンディションラーメンという。

ベトコンラーメン発祥

 

こんなに夜遅くに日本酒とラーメンで ベストコンディションになるわけないか



mka3.jpg

知り合いは壁のポスターの 汁なしまぜそばを注文。翌朝からお腹の調子が良くないと言っていたのは、どうしてだろうか。

 

 


mka5.jpg

私のベトコンラーメンは麺なしです。あっさりしている。麺ハーフで50円引きだけど、麺なしはいくらか確認するのを忘れた。

 

 

mka6.jpg

深夜にまぜそばはちょっとタフですねー。

 

 

mka7.jpg

つるっともちっと平打ち麺。


しばらくラーメンはお預けします。TT


食べログ(掲載時点 3.09)

 


このページのトップへ

2017年11月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ポチロンのメニュー、ワイン編は昨日の記事です。

【料理編】

今日の料理は5000円のコースです

ptr18.jpg前菜 マスカルポーネとトマト、ポテトサラダ、生ハムと梨

 

ptr2.jpgハムをもう少し食べたくて追加オーダー (1000円)

 

ptr19.jpg

サラダ 新鮮で美味しい 色々な野菜が入っていると思ったら・・・

 

 

ptr20.jpg

中から鯖の切り身

宮崎も鯖が美味しいところなんですね、もちろんこれも生の刺身。


 

ptr21.jpg

グランドメニューにもある 里芋のアンチョビバター。むかごも入っています。白ワインに合う味ですね。

 

 

ptr22.jpg

パンも美味しそうだ

 

 

DSC09115.jpg

こちらもグランドメニューにもある、赤海老のアヒージョ。

これがガーリックが効いていて美味しい。えびの殻の中の部分がサクッとして味が濃縮されていてとても美味。これは他の人も賛同。

 

 

ptr3.jpg

魚は真鯛

 

 

ptr5.jpg

カルネは私の苦手な鹿でした。

 

 

ptr6.jpg

お腹がまだ空いていらっしゃる方に、とポモードーロのサービスまで。

 

 

ptr7.jpg デザートはキャラメルアイスとピスタチオのクレームブリュレ。ピスタチオが濃厚テースト、美味しい。そしてコーヒーを頂きコース終了。本当に満足できる美味しい料理でした。ずっとお客さんが満席のお店でした。そして最後は山本シェフがお店の外までお見送り。とても好感のあるお店、ポチロンさんでした。TT


食べログ(掲載時点 3.70)

このページのトップへ

2017年11月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptr8.jpg

久しぶりに宮崎を訪問しました。事前に予約をしておいた、ビストロ(フレンチ) ポチロンさんに。こちらはビストロで宮崎で食べログポイント 3.7ととても高評価のお店。楽しみですね。宮崎駅前の大通りから左に少し入った場所にあります。カリーノのすぐ近くです。

 

ptr9.jpg

店の前の看板もいい雰囲気です。

 

ptr10.jpg

店内はカウンター席とテーブル席。20名ちょっとでいっぱいになる店内です。

 

 

ptr11.jpg

グラスワインのリスト。ボトルワインのリストはなく、ワインは沢山ストックがあるらしいので、予算とか好みで選択するのです、昔ってこういうお店が多かったですね。

 

 

ptr15.jpg

単品メニューは紙で。ビストロですので、価格は良心的ですし、2人でシェアして食べるというのもスタイルでしょう。

 

 

ptr13.jpgptr12.jpg

今日は単品メニューではなくて、5000円のコースを予約していました。

 

 

ptr17.jpg

Domaine Pattes Loup
Chablis [2012] ドメーヌ・パット・ルー シャブリ 9800yen

1本目はシェフと相談しこちらの1本をセレクト。ブルゴーニュのシャルドネ、若きシャブリの生産者パット・ルーのキレの良い白。

 

 

ptr23.jpg

La Castellada 

Rosso della Castellada[2003]  12000yen

 ラ カステッラーダ
ロッソ デッラ カステッラーダ[2003] 
【赤ワイン・イタリア・フリウリV・G州】

 

2本目は悩んだ結果、なかなか飲めないであろうワインをセレクト。フリウリのイタリアワインで2003年物。特に03はよい年とのことで、ぎゅっと果実味の詰まったワインで、カベルネ・メルロー主のこのワインは大きなグラスで空気に触れさせ、とても良い飲みごろとなりました。

 

ptr4.jpg

足りないワインはグラスワインの赤を。

 

【料理編】は明日。

 

食べログ(掲載時点 3.70)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

こちらは前回食べたえのきの記事

塚田農場 「えのきの月見ステーキ」 人気限定商品。

 

季節限定なので、久しぶりに訪問し「えのきの月見ステーキ」を食べてきました。(もちろん、他のメニューもいただいていますが)

680円のえのき月見ステーキ。えのきの端材というのがこれを家庭で作れない理由なんです。

 

エノキの軸であり、学校給食用に使用されたエノキの端材に甘味と旨みがあることに注目してメニュー化された商品である。生産しているのは宮崎県の(有)加藤えのきさん。えのきの切株につくねをのせてこんがりと焼き、卵黄とステーキソースを落としたメニュー (前回記事と同じ)

 

前回は写真が綺麗に撮れなかったので、スタッフの方が調理してくれます。


 

enob1.jpg

熱々鉄板の上にエノキ そして黄身がのって到着

 

 

enob2.jpg

ステーキソースが付いています。

 

 

enob3.jpg

ステーキソースをかけて。鉄板が熱々でないのか、今日はじゅーっとなりません。


 

enob4.jpg

黄身をつぶして


 

enob5.jpg

よくからめます

 

 

enob6.jpg

さあ ナイフとフォークでカット


 

enob7.jpg

熱々でないので卵は半熟のまま

 

 

enob8.jpg4つに切り分け、頂きます。シャキシャキした感触でこれは美味しいメニューです。TT

 




 



このページのトップへ

2017年11月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lunac1.jpg

今日は上乃裏通りにある、「上乃裏洋食 ルナ・クレッシェンテ」に行ってみることにします。香川商事の駐車場のすぐ近くです。特に下調べしていたというわけではなく、ここに洋食屋さんがあるなぁ、という感じで。2017年の2月オープンだそうです。古民家をリノベーションしたお店です。

 

 

lunac2.jpg

ランチタイムは1000円から1500円といったところです。とりあえず入ってみましょう。

 

 

lunac4.jpg

カウンター席とテーブル席全部で20席ほどのスペース。ランチはシェフが1人で切り盛りされています。イタリア料理主体の洋食といった感じです。

 

 

lunac3.jpg

ランチメニューは。ハンバーグ、ステーキがメインですね。今日は牛肉や魚の気分でもなく、若鶏のレモンバターステーキランチにしてみます。サラダ・スープ・ドリンクが付いています。いつもは一番安いメニューを頼まないのですが、今日は900円メニュー!

 

 

 

lunac5.jpg

サラダから。

 

 

lunac6.jpg

カップスープ(オニオンコンソメスープ)をいただき。

 

lunac7.jpg

メインの肉。レモンバターとは、マスタードにも見えますが、一枚の若鶏。野菜が少し添えられています。

 

 

lunac8.jpg

手間かけて作られた感じがする。チキンの表面はとてもカリッとしており、皮独特のにゅるっとした感じはありません。味もいいですね。

 

lunac9.jpg

夜メニューにもあるようです。コーヒーまでいただいて900円なら安いと感じます。夜もいつか来てみたいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時 採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年11月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。 前回訪問時の記事

 

昨日は 肉マニア(ステーキマニア)になったので、今日は肉はもうケッコー。ってことで街中に用事があり、クニエダさんで弁当を食べようと思い、足を運びました。

 

kunies1.jpgここです。並んではいないようです。

 

 

kunies2.jpgメニューもどん!。前回と変わりないメニュー。今日は魚河岸弁当にしようかな。でもアジフライは食べれないし。今日はカウンターに着席。

 

なぁに!今日は魚河岸弁当も売り切れ、おまけにカジキ鮪丼も特大赤エビ天丼膳も売り切れとは!!!牛ステーキ膳も200円値上げになっているし。

 

今日はうなぎか海鮮丼しかチョイスがないのね。隣のおばさんは弁当期待してきたから帰りました。

 

私は、海鮮丼にします。

 

kunies3.jpg今日はビジュアル的にいい海鮮丼です。隣のお姉さんが、私の海鮮丼見て「おいしそうですねー!!、じゃあ私はカジキ鮪丼」って注文しましたが・・・・ずるっ、内心「それ、売り切れですよ・・」・・仕方なく海鮮丼にされてましたが。「今日は贅沢だよーーー!!って」

 

kunies4.jpgうに、いくらがあると一気に高級感アップ。脂肪肝を経験した私にはこれはいけないいけない。

 

うに、いくら、かんぱち、かに身、ネギトロ、サーモン、アオリイカ、赤貝、羽魚、鮪、タイラギ貝柱、シマアジ


今日は大当たりですね。

 

kunies6.jpg反対側からも。まるで海鮮の宝石箱やぁーーー。

さすが魚やの丼。ご飯は酢飯ではなく、海苔が乗っていますが 海苔なしの方が良かった。。

 

kunies5.jpg海鮮汁が魚がたっぷり入っていて、美味しいわ。今日は当たりの日、今度また来てみよう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)


 


 


このページのトップへ

2017年11月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

manst10.jpg

いきなりステーキゴールドメンバーの私は、自称ステーキマニア(笑)。沖縄とかでは1000円くらいのステーキが大流行しておりますが、こちらはリッチモンドホテルのそばに2017年9月にオープンした「ステーキマニア」の1号店。いきなりステーキが熊本空港にオープンして、下通りには類似店の松本ステーキができたりして、久しぶりのステーキ店です。いきなりステーキが街中にできればいいのに!外はカリッと中はジューシーって表現まで焼けるのか?と思う

 

manst11.jpg

ランチタイムに訪問。こちらはgのカット売りはしていなんですね。あんまり肉質にもこだわっていない感じがするし、とりあえず肉食いたい!というニーズを満たすのでしょうか。それにこのお店は夜中の3時とか4時までやってるんですね、松本ステーキも夜遅いですが。そんな時間にステーキ食べるんですか。沖縄ならなんとなくわかるけど。

 

manst5.jpg 1人個室のようなスペースがある。こちらは落ち着きそう。シートには椅子があって、全席立食いではありません。天井も高くて換気は綺麗にされていると感じます。いきなりステーキ熊本空港店のオープンしたすぐは換気がひどくて耐えられなかったのを思い出す。


 

manst12.jpg

ランチタイムはこの3つがメニュー。1番人気は300gのバリューステーキであることは一目瞭然。ここは、肉だから上のランクであるマニアリブステーキランチ 300g 2,290円を選択しようと思う。


 

manst2.jpg

10種のソース×10種以上の薬味・・・・。うまい肉は塩とコショーで十分だと思うのだが、そんなにソースとかつけなくてもいいんじゃないか。

 

manst1.jpg

オリジナルソースに加えて2つ選んでくださいと言われました。どれでも大差はないでしょう、というかそんな使わないから、6みそと7きざみわさびを選択。

 

manst4.jpg

夜のグランドメニューも見てみます。サーロインとヒレがありますね、450g以上は1g単位で追加できるそう。昼も頼めるかどうかは聞きませんでしたが。

 

 

manst3.jpg

目の前にも色んな調味料が。なんか多すぎだぞ。岩塩があるのはよいこと。

 

 

manst6.jpg

申し訳なそうなキャベツのサラダ(胡麻ドレ)とコンソメスープ、3種のソースが来ました。

 

 

manst7.jpg

結構待ったかな。ようやく肉が到着。見た瞬間、「でかいわ、食えるかな・・・」視覚的表面積のトリックにだまされる。しかも脂身が多い気がする。メニューの写真も脂身が多いけど。

 

 

manst8.jpg

これは薄いじゃないの。やっぱり厚切りステーキがいいんだね。

 

manst9.jpgとりあえず切り刻んでみるが、どうも繊維質が多い気がする。肉汁が閉じ込められていないんだ。税込2473円。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

このページのトップへ

2017年11月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

joan5.jpg

今日は店の前を通るたびに気になっていたレストランに来ました。熊本方面から行くと益城熊本空港インターの手前のマクドナルドを左折してしばらく行ったところにあります。お店の名前はJOAN(ジョアン)といいます。オープンは2016年の3月で熊本地震があり、その後GWの前から再開されていたようです。

 

 

joan6.jpg

駐車場の奥にセンスのいい建物と素敵なガーデン。最初通った時はインテリアショップか飲食店かどうかわかりませんでした。隣に雑貨のお店も併設されています。

 

 

joan7.jpg

こちらがJOANの入口です。

 

joan8.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

今日はウィークディ。ランチセットは1000円から色々とありますね。ミートローフ、パスタ3種、カレー、ハッシュドビーフ、サラダ。サラダも気になりましたが、今日はせっかくですから、ジョアンランチコース 2000円にしようと思います。

 

joan11.jpg

店内は天井も高くて解放感があり好み。しかし男2人の我々を除けば女性ばかりではないですか。お店の方の話によれば平日はほとんど女性が大半とのこと。おしゃべりランチに花が咲いているのでしょう。

 

 

joan9.jpg

男2人はオシャレにやっぱりテラス席。

 

 

joan10.jpg

テーブルオーナメントの演出も女性のハートをつかみますよね。

 

joan12.jpg

前菜、サラダ、スープのコンビネーションディッシュが登場。スープはパンプキンスープ(ホット)。イタリアンの前菜が3品。なかなかサラダも美味しい。

 

 

joan13.jpg

そしてハーフパスタは今月は青ジソのジェノベーゼ。ジェノベーゼソースたっぷりでパルメザンチーズとからめていただくと美味しそう、ということで麺抜きの私は見るだけ、このパスタは同伴者がいただきました。

 

 

joan1.jpg

メインは私は真鯛のソテー ピカンタソース。コクのあるソースと白身がマッチしていて、美味しい。

 

 

joan2.jpg

同伴者は グリルチキン 赤ワイン トリュフマスタードソース。結構ボリュームのあるお肉でした。ソースをからめると一層美味しく。

 

 

joan3.jpg

デザート1品目はパンナコッタ。ブルーベリーソースもうまくマッチングしていて美味しいね。

 

 

joan4.jpg女性にも嬉しいセカンドデザートはカットケーキ2品、ホイップクリーム添え。パンもパスタも食べてないのですが、結構お腹がいっぱいになりました。ごちそう様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

JOAN ホームページ


 

 

 

このページのトップへ

2017年11月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ジャルディーノ 熊本 でグルテンフリーパスタ。

ブログでも何度も登場しているジャルディーノさん。私の訪問頻度も高く、こちらは本当に女性のお客さんが多いお店です。女性に人気があるということは確かですよね。2次会的な飲食で利用しましたが、この時も我々以外はほぼ女性。

 

 

JALD6.jpg

先ずはニュージーランドの セレシン・エステイト・ソーヴィニヨン・ブラン・マールボロ2015年

辛口白ワイン。4600yen

 

JALD3.jpg

じゃがバターだが、無塩より有塩タイプが美味しいと思う。

 

JALD1.jpg

イタリアの赤をチョイスしました。  ラ・セグレタ・ロッソ 2015

3400yen

 


JALD4.jpg

フィッシュアンドチップスはおつまみで。

 

 

JALD5.jpg

地元のソーセージ。これは美味しい。

 

 

JALD2.jpg

NZからイタリア、次はやっぱり、こっちサイドのワインにきてしまいますね。CHATEAU POUPILLE (シャトー・プピーユ)メルロー100%

シンプルなラベルにもかかわらず、プピーユの知名度は高い。ペトリュスとブラインドテイスティングで決勝にまで残ったワインとして

コートドカスティヨンの奇跡とまで言われたワイン。神の雫にも登場したワインとしても有名。6490yen

 

 


またランチに家族で来ました。ほんとココよく来ます。

 

IMG_7816.jpg

自家製麺のグルテンフリーパスタから玄気堂監修の玄米パスタ麺に変更されているようですね。玄気堂とは中九州クボタさんが経営するパン屋さん。もちろん工場も持っています。最近グルテンフリーとしてパスタも売り出されているようです。

 

野菜バイキング・スープ・飲み物がフリーで付いています。

 

IMG_7818.jpg

スープカレー 960円。これは北海道で食べるのと変わらないくらい美味しい!北海道ならカレーのセットだけで1000円以上は絶対します。だからこれはお得です。

 

 

IMG_7819.jpg

アサリと色々キノコのフレッシュトマトパスタ 990円。

新しいグルテンフリーパスタはほんと言われないと普通の小麦パスタとわからないくらい。以前は小麦パスタもありましたが、ランチは全部グルテンフリーパスタになったようですね。


 

IMG_7821.jpg

あそび豚とマコモダケの豆乳カルボナーラ風 温玉のせ 990円

子供が好きなカルボナーラ。チーズと卵がからみあい、美味しい。

 

 

IMG_7820.jpg

オムライス パンナポロネーゼ 960円

これも子供に人気のメニュー。半熟卵がとろとろで中にはチキンライス。

 

IMG_7822.jpg ランチに+185円でデザートを。ティラミスはマスカルポーネチーズが濃厚で、いつも頼む定番品。帰る頃には並んでいるお客さんがいました。相変わらず人気がありますね。ぜひ一度行かれてみてください。TT

 

 

このページのトップへ

2017年11月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

又こい家 羽田第一ターミナル(JAL) 立食い寿司

 

matk3.jpg

羽田空港での食事でたまに利用させていただいている、又こい家。熊本行きのJAL最終はこの近くから最近出発することが多い。今日は座って丼を食べます。メニューの中では丼を食べることが多い。

 

 

matk1.jpg

丼ものを頼んでいる人は以外に少ないと思う。

 

 

matk2.jpg

夕方になると売り切れになるメニューもありますね。

 

 

matk4.jpg

最近の丼はもっぱら、これ。サーモン炙り丼。沢山のサーモンが乗っているし、最近はめちゃくちゃ高騰しているいくらもたっぷり。これに魚の味噌汁が付いています。ご飯は酢飯です。これで1200円。

 

 

matk5.jpgサーモンばっかりだと飽きるので、光物3点セットというお刺身を最近は付けます。今日はサバ、あじ、いわしの3点で680円。

これでサーモンばかりで飽きるということはありません、ナイスチョイスです。これだけ食べると結構満腹になります。来年にかけ秋鮭も高騰しますが、輸入サーモンですからメニューから無くならないように。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2017年11月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

molc2.jpg 会議の後の会食でこちらを訪問しました。東京・京橋に昨年秋にオープンしたビル 京橋エドグランの地階1階にあるレストラン、明治屋京橋モルチェ。日本の洋食の歴史といっていいほどのレストランです。明治屋は創業1885年(明治18年)、モルチェは昭和8年、明治屋京橋ビル完成以降京橋の老舗レストランとして地元の人に愛されてきました。京橋ビル改築のため3年ぶりに2016年秋にオープン。地下鉄の改札からすぐですね。

 

 

molc1.jpg

テラス席もありますが、利用している人は見ませんでした。地階の空間で少し寒いかも。

 

 

molc3.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

洋食やさんといったメニューがずらり。

 

molc4.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

ハンバーグステーキ シュパール風というのが、モルチェで一番有名なメニューのようです。

 

 

molc5.jpg

(クリック、メニュー拡大 戻る)

ミートソース、ハヤシライスは洋食やさんの定番。

 

 

molc6.jpg店内はシンプルで結構広い。席数182席もある。

 

molc9.jpg

オードブルからスタート。これ以外にも料理ありましたが撮り忘れているものも・・・

 

 

molc10.jpg

野菜スティックとチーズの盛り合わせ

 

 

molc11.jpg

CHATEAU DEGAS (シャトー・ドガ) 2014 BORDEAUX SUPERIEUR

メルロー100%、新樽オーク35%12か月熟成。デイリーワインの域は出ないと思います、酒屋で普通1500円くらいのワインです。

 

 

molc12.jpg

洋食ビアホール系といえばソーセージですね。

 


DSC08937.jpg

1本目の反省を踏まえて、次はボルドーグランヴァン

CHATEAU MARQUIS DE TERME 2008 MARGAUX 4級 (シャトー・マルキ・ド・テルム)AOC マルゴー

明治屋輸入のワインで、マルキドテルム結構珍しいですね。08のマルゴーですから柔らかいのですが、メルロー100%のテーブルワインとの比較はもちろんこちら。

 

 

molc15.jpg

こちらは名物のハンバーグ。ハンバーグの上部がへこんでいてそこに半熟卵が・・

 

 

molc14.jpg

あんまり半熟ではないのでもう少し半熟ならよいのにと思う。

 

 

molc13.jpg

最後に少しボディが強いワインが欲しいということで

CHATEAU PHELAN SEGUR 2012 SAINT-ESTEPHE 

モンローズとカロンセギュールの隣接地、2003年には当時9のシャトーにしか与えられなかった、クリュブリュジョア エクセプショナル級に認定された、実力はシャトー。やはりこのワインのボディはすごいですね。2012年でまだまだ若々しくて、そういうワインに合わせるのは。

 

 

 

molc16.jpg和牛のステーキです。脂がのりすぎていますので、これ全部食べたわけではないですよ。4切れほど。

建物が新しいので、古い洋食屋さんを訪問したというイメージはないのですが、ランチにでも訪問したいかな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.26)


 

 

このページのトップへ

2017年11月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_7778.jpg

大阪出張がありましたので、以前訪問したことのある ケンゾーエステート 大阪店へ行きました。ワインの美味しい季節、こちらの「紫鈴」(りんど)ワインをいただこうと思います。以前の記事 KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能

最近デジカメのメモリーの調子が悪くて数日分のデータが無くなりました。だから写真はスマホの数枚分しか(泣)



こちらではグラスワインは40mlからショット売りしています。白ワインはあさつゆ 80ml 1,200円、赤は明日香 80ml 1,700円、紫鈴 120ml 2,550円。

 

 

IMG_7779.jpg

料理はアラカルトで (アラカルトメニュー

トリュフのポテトフライをいただき、そして蝦夷鮑(あわび)のステーキ。あわびのステーキだけで立派なメイン。この2品で十分です。アラカルトの写真の飾り付けが美味しそうに感じたのですが・・・

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続いて、ビストロ ダイア 名古屋です。


ビストロを唄うフレンチ、評判の良いビストロ ダイアさん(名古屋)を訪問しました。最近、ささしまライブ駅のそばのグローバルゲートにグランドダイア店を出店され、これからもっと評判が高くなりそうな勢いのあるフレンチですね。水口シェフがそちらに移られ、ビストロダイアは久保田料理長がとりしきられています。色々とお話しをさせていただきましたが、とても料理への情熱があられます。北海道の食材にこだわりをもっておられます。

 

IMG_7780.jpg

今日もアラカルトで。前菜の盛り合わせをいただきます。一つ一つが丁寧で飾り付けがとても綺麗です。キャビアを加えていただきました。白ワインに合いますね。白はグラスでニュージーランドのものともう1杯。

このあと、オマール海老の半身を。

 

 

IMG_7781.jpg

今日の赤ワインは CLOS DU MARQUIS (クロ・デュ・マルキ)BORDEAUX SAINT-JULIEN 2008

私がワインを飲み始めたころ、酒屋で買った記憶のあるワインです。


IMG_7782.jpg メインは牛ヒレとあわせます。黒トリュフがふんだんに使用されているので香りがいい。そしてお肉も2枚、やわらかいし、値段的に料理はコストパフォーマンスがとてもいいと思います。ワインは全然飲みきれず、お店に残して。満足でした。TT

 

食べログ(掲載時点 4.0)

 

ビストロダイア ホームページ

このページのトップへ

2017年11月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kasumi1.jpg

今回、霞が関カンツリー倶楽部を訪問する機会をいただきました。トランプ大統領と安部首相がゴルフ外交をした会場として、また2020年東京オリンピックのゴルフ開催場所として、一躍有名になった、埼玉県川越市にある「霞が関カンツリー倶楽部」です。会員制の倶楽部であり、日本国内数あるゴルフ場の中でも片手レベルに数えられ、世界のベストコース100にも選出される、名門コースです。


1929年10月開場、80年以上の歴史と伝統を持つコースであり、東と西の36ホールを持つコースとしては日本初。そして1930年(昭和5年)にはゴルフコースの世界的名設計者のチャールズ・H・アリソンの手で改造された。アリソンバンカーという深いバンカーは有名です。

 

名門というだけあり、ドレスコード(服装)やファストプレーなど色々としきたりがあります。

 

kasumi10.jpg

東コース10番の名だたるショートホール。池超え深いアリソンバンカーは人の高さ以上あります。私は左のラフから寄せワンのパーで切り抜けました。

 

kasumi11.jpg

オリンピックのラストホールとなる、18番ミドルホール。池と深いバンカーが見えます。左に安全に運んでワンピン弱に寄せてパー。

 

 

kasumi6.jpg

ゴルフ場紹介ではなくて食事の紹介などをしなければ。。


トランプ大統領と安部首相はこちらで、ハンバーガーを食べたことで有名になりました。そのハンバーガーとは浜松町にあるマンチズ・バーガーシャックで、私も訪問したことがあります。今や超有名に・・・大行列でしょうね。


マンチズバーガーシャックの訪問の記事

 

 

kasumi5.jpg

レストランからパター練習場を望む。

 

 

 

kasumi2.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

レストランは直営ではなくて、ホテルニューオータニが委託を受けているのですね。


メニューの品数はそんなに多くありません。ここは看板メニューの黒毛和牛のやわらかビーフシチューを食べないわけにはいかないでしょう。

 

 

kasumi3.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

kasumi4.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

ランチメニューに比べておつまみメニューが豊富です。倶楽部ライフとは胃を満たすだけでなく、おつまみをいただきながら会話に花を咲かすということでしょう。

 


kasumi7.jpg

霞が関カンツリー倶楽部のロゴ入りのお皿に入った、ビーフシチューが到着しました。ワインを煮詰めた濃い香りがします。

 

 

kasumi8.jpg

お肉がごろごろ入っていて、柔らかく、デミグラスソースの香りが濃厚でワイン風味がしっかり。これは昼から赤ワインが飲みたくなるビーフシチューです。スープの量は少なかったです。

 

 

kasumi9.jpgこちらはビーフピラフ。お皿の周りの飾り付けがフレンチっぽいですね。

 

今日は1日とても貴重な経験をしました。TT

 

霞が関カンツリー倶楽部

 

このページのトップへ

2017年11月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kyn1.jpg

自宅の比較的近くにある、この看板の焼肉屋さんに家族と行ってみることにしました。

 

 

kyn12.jpg

清乃家という焼肉屋さんで、駐車場は隣の銀行のタイムス有料駐車場を利用してください、とのことでした。小さなお店ですが満席になりましたので人気があることがわかりました。

 

 

kyn2.jpg

チェーン店のようにメニューがいっぱいあって、ということはありません。

 居酒屋ひげ八・焼肉 清乃家・ひげ酒場 とりがある と同系列店舗のようです。



kyn3.jpg

特選と思いましたが、馬が入っていたため、得とく盛り合わせ 4500円 と あかみカルビ 1680円 を中心にします。

 

 

kyn4.jpg

塩、酢玉ねぎ、ゆずこしょう

 

 

kyn6.jpg

手造りの豆腐がついてます。これが美味しい。


 

kyn5.jpg

今日のワインはヴァルグラン プレミアム ブラン ハーフボトル 3700円。


冗談です、800円でした。普通にスーパーやコンビニでは400円クラスのだと思います。最近高級ワインばかり、飲んでいたせいか

安く感じます。しかしこのワイン、フツーにデイリーワインとして考えれば比較的おいしいと思いますが。


 

 

kyn7.jpg

とくとく。

 

kyn10.jpg

赤身はステーキ肉っぽい感じで脂も少なく食べやすかった。

 

kyn8.jpg

さすがに最近豚バラ焼肉は・・・・もうEかも。

 

 

kyn9.jpg

野菜サラダ 550円

 

 

kyn11.jpgガーリックチャーハン 650円。 これは結構ボリュームもあり単体として十分に美味しいと思いました。お肉も破片が入っています。TT

 

食べログ(採点なし)

 

 

このページのトップへ

2017年11月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tk111.jpg

10人ほどの宴会を水道町にある、郷土料理 とく一さんで開催しました。私は以前はよく訪問していましたが最近では久しぶりです。熊本の郷土料理が沢山そろっているお店です。今日は創作系のお料理フリードリンク込で 5000円という一番安いコースを頼みました。それに辛子レンコンと一文字のぐるぐるをプラス。

お店の方に無理をいってお酒を持ちこみさせていただきました。

 

tk113.jpg

日本酒は 獺祭2割3分 純米大吟醸

ブルゴーニュの赤2本

 

NUITS SAINT GEORGES V.V.

ニュイ・サン・ジョルジュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ パトリスリオン 2013

と マダムルロワ(LEROY)のブルゴーニュ。こちらは2本セットでよくあるワイン。

 

ボルドーの赤は

格付2級のシャトーグリュオラローズのセカンドワイン サルジェ・ド・グリュオー・ラローズ 2002

 

このような4本を加えて開催。

 

 

tk15.jpg

郷土料理単品も充実。

 

tk16.jpg

私は苦手ですが、馬肉関係も充実。

 

こちらコースの写真

tk112.jpgtk11.jpgtk12.jpgtk13.jpgtk14.jpgtk17.jpgtk18.jpgtk19.jpgtk191.jpg

 

料理の説明は省略しますが、2002年のセカンドワインの年代物となってしまった、サルジェ。芳香なアロマはもっと大きなボルドーグラスで飲んだらイメージが変わると思いました。和食に軽めのブルゴーニュの赤、今日は白ワイン無しでしたがなかなか鴨肉とも合いましたし、良かったと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.27)

 

 

このページのトップへ

2017年11月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wsk23.jpg

オープニングのシャンパンは

ピエール・ジモネ ブリュット フルーロン 1erクリュ 2009


 

wsk22.jpg

次にボランジェのロゼ。皆さんの評価いまいちのようでしたが。

 

 

wsk24.jpg白ワインは新世界のワインを先ずいただきます。

NEUDORF  Moutere Chardonnay 2007 ノイドルフ ムーテリー シャルドネ

ブルゴーニュの白ワインと比べるとやはりという感じはしますが。

 

wsk21.jpg

Hubert Moret Meursault Charmes 1er Cru
ユベール・モレ ムルソー シャルム プルミエ・クリュ 1999

幹事さんが品質劣化したこのワインを比較のために出品いただきました。

どんどんワインが出てきます。多すぎて飲みすぎます。

 

wsk3.jpg

CHATEAU SIRAN MARGAUX 2005

シャトー・シラン マルゴー 2005

ACマルゴー クリュブルジョワ エクセプショネル級

 


wsk5.jpg

CHATEAU POTENSAC MEDOC 2005

シャトー・ポタンサック 2005

ワインにはまる30代のころ、酒屋で買って飲んだことがあるなつかしいワイン。

 

wsk4.jpg

コレッツィオーネ・チンクアンタ +1 [NV]カンティーナ・サン・マルツァーノ

なんでも出てきて、イタリアワインまで。


 

wsk8.jpg

シャトー・リヴィエール・ル・オー 2014年 お手頃ワインです

 

 

wsk10.jpg

シンデレラワイン、SOCIANDO-MALLET シャトー・ソシアンド・マレ 2000年。

1995年のソシアンドマレと飲み比べ。

ポテンシャル高いわ。

 

wsk18.jpg

ル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズ

LE PETIT LION DU MARQUIS DE LAS CASES 2011

ラトゥールに隣接する畑のブドウから作り出される
サン・ジュリアンの王、格付2級 レオヴィル・ラス・カーズの正式なセカンド・ラベル。

 

wsk14.jpg

今日のメインのグランヴァンは シャトー・ラトゥール 1989

太っ腹に4本。といっても30人だとグラス1杯なのですが・・・

最高峰のワインですしこのヴィンテージですから、フレンチレストランで頼むとそのお店でも値段の高い方から何番目かには

ランクされると思います。


 

 

wsk6.jpgやはり超熟ワインであり、89ですから若々しさはないですが、もう少し沢山飲まないとグラスの中の進化がつかめませんでした。しかしトータル的には飲みすぎました。

 

wsk9.jpg2次会、3次会と続き 飲み足らない人と KRUG GRANDE CUVEE などを頂き、撃沈しました。TT

 

 



このページのトップへ

2017年11月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

銘醸ワインを楽しむ夕べ 2016

 

銘醸ワインを楽しむ夕べ

 

wsk12.jpg 金融機関の行事で恒例となりました、銘醸ワインを楽しむ夕べ。昨年まで私がワインセレクトの幹事でしたが今年から後輩にその道を譲っています。場所は ジャルディーノさんで特別メニューを頂きます。今年のワインは量もすごい。約30名もの参加者で楽しいワイン会が執り行われました。

 

【料理編】

wsk15.jpg

前菜

自家製カポナータ、カンパチの昆布〆のマリネ、いずみ鶏ムネ肉のコンフィ

昆布〆は昆布風味が効いておいしいですね。

 

 

wsk16.jpgキャビア メルバトーストを添えて

私もリクエストしたキャビア。シャンパンと白にあわせて頂きます。一人一つではないですよ。それでも4、5人でシェアしても結構な量のUS産キャビア。

 

 

wsk19.jpg

魚は宮城産生牡蠣のグラタン オランデーズソース

今日は牡蠣は友人に譲りました。

 

 

wsk25.jpg

魚2品目は ジャルディーノさんでも何度かいただいている、鯛と4種キノコの香り蒸し

手袋をしてから、この耐熱袋を開けます。

 

 

 

WSK1.jpg

キノコの香りが広がります。好きなメニューです。

 

wsk2.jpg

メインは牧草牛ヒレ肉の南仏風ソテー ツルムラサキ添え

肉のボリュームもあり美味しかったです。ソースが赤ワインとあってました。

 

 

wsk7.jpgチーズの盛り合わせと枝付干葡萄

 

ワインが主役となる、ワイン会。翌日はワイン編をお届けします。TT

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年11月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jont8.jpg

ここ数日は、六本木RYUZUや小笠原伯爵邸での食事が続いていたのですが、土曜日熊本に帰る前の日にたまたま運よく、白金のジョンティアッシュさんの予約が取れましたので、訪問しました。訪問したいと思っていたフレンチの一つです。丁度六本木RYUZUの飯塚シェフもジョンティアッシュの遠藤シェフもたぶん同時期にラトリエ・ドゥ・ジョエルロブションで勤務されていたという関係。そしてジョンティアッシュもミシュラン一つ星のお店、期待感高まりますね。今回はランチで訪問。


白金の目黒通りから外苑西通り(白金台プラチナ通り)へ入って1本目を左折、すぐわかります。ビルは改装中でした。

 

 

jont9.jpg

ランチはベースは4650円のコース。そして7500円、10800円のコースもありますが。

 

 

jont7.jpg2階がエントランスです。

 

jont10.jpg

ジョンティアッシュ。ランチは12時から。予約していた名前を告げ入店します。


 

jont11.jpg

入ってすぐ左側の部屋に案内されます。ここの部屋には20人ほど入れるでしょうか。机の上のオーナメントが綺麗ですね。

 

 

jont13.jpg

ワインといきたいのですが、今日は車を運転しなくてはならず、フレッシュジンジャージュース。これがまたジンジャーをすごい感じるジュースで濃厚

 

jont12.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

肉料理は+1800円で和牛に変更をお願いしました。

 

jont15.jpg

ワインのマリアージュメニューなども沢山用意されているんですね。夜も来たいなぁ。

 

 

jont14.jpg

アミューズの1品目はフォアグラ系なんですが、生地に小麦がはいってNGのため、生ハムが出てきました。

 

 

 

jont16.jpg

アミューズ2品目はフランス モンサンミッシェルのムール貝の前菜。貝は苦手ですが、このムール貝とても美味しい。

 

 

jont17.jpg

前菜

北海道産 毛蟹をエフィロッシェにし土佐産仏手柑(ブッシュカン)で香り付け

赤パプリカ・ルッコラのエスプーマと共にガトー仕立てに

 

 

jont18.jpg

ケーキのようにして食べてくださいということなので、二つ割に。切るのがもったいないくらい。いや、これ美味しいです。ほんとうに。

 

 

jont19.jpg

広島県三次産 九重栗南瓜の滑らかなポタージュ ポワトリーヌヒュメと香ばしいクルトンを添えて

 

 

jont1.jpg

クリーミーで濃厚、舌の中でまろやかに南瓜の風味が広がります。いいね。

 

 

jont2.jpg

メインは 佐賀県産 特選和牛 希少部位(クリ)のロースト セップ茸のボルドレーズと共に

塩のあんばいが絶妙!肉もやわらかいし。ポーション的にも4切れという丁度良い量だから満足。

 

 

jont3.jpg

デザートは 熱々のチョコレートスフレに洋梨と生姜のコンフィを忍ばせて メープルシロップのグラスを添えて

 

 

jont4.jpg

木目の細かいスフレ。これだけでもチョコレートの香りがして美味しいのに。

 

 

jont5.jpg

アイスとか投入して溶けだしてマイルドになり。なんですか、このデザートのとりこになる感、ハンパナイです。


 

jont6.jpgキャラメルとかエスプレッソ。満足いたしました。ここもお気に入りのお店になりました。店員さんのアテンドや解説、心配りもサービスとしてかなり完成形に近いものではないでしょうか。料理の味も。ここはかなり女性のファンが多いと確信しました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)


ジョンティアッシュのホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh23x.jpg

料理編です。ポーションはわかりませんが、結構ボリュームがありそうです。

 

 

ogh22.jpg

乾杯はCAVAですね。

Imperial Gran Reserva 2012   9,000yen

 

 

ogh21.jpg

アミュ―ズ

セップ茸とシャンピニオンのモレット 堀川ごぼうと軽いテクスチャーといか セージの香り

 

 

ogh19.jpg

前菜という感じか魚に入りそうだが、

帆立貝アンディープのグラッセ 秋のトリュフとともに

黒トリュフ、これくらいの量はやっぱりアミューズ前菜だ。


 

ogh20.jpg

白は Anayon Chardonnay 2015 8,000Yen

 

 

ogh17.jpg

スペイン料理だから、か、生ハムが食べたいと誰か。

 

ogh16.jpg

ハモンセラーノ。脂はのっていたが塩加減は良かった。白がすすむ。

 

 

ogh18.jpg

セップ茸のエラード テティージャの暮れ間 ペドロヒメネスのキューブ

 

 

ogh15.jpg

赤です。赤はオススメワイン、銘醸地ブリオラートの特徴であるしっかりしたタンニン、果実味があるワイン。

Mas Des Masos 2004 15,000Yen

 

 

ogh14.jpg

鴨のアロスメロッソ トランペット茸 クレソンリーフ シェリービネガー

リゾット。

 

ogh1.jpg

ハタのブランチャ 白いんげん豆のクレモソ モハマコンソメ

 

 

ogh3.jpg

特選牛ロース ポワローコンフィ りんごのピュレ 赤ワインソース

 

 

ogh2.jpg

2nd Rosso

Conde de Herrvias 2004 15,000Yen


 

ogh4.jpg

りんごのコンポジション

 

 

ogh5.jpg

どんぐり ショコラ マロン カシス ヘーゼルナッツ

 

ogh6.jpg

ドーム型のチョコをずらすと、中にいろいろ。

いやー量も品数も十分でした。我々よりディナー先にスタートしたカップルさんは、食べ終わって出る時まだメインでした。3時間半以上はかかっていたと・・・ヨーロッパペースですね。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.84)

 

このページのトップへ

2017年11月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh7.jpg

東京BI食倶楽部で訪問しました。新宿・河田町にある小笠原伯爵邸。旧宅、古い建築物好きな私も一度は訪問したいと考えていた建物です。しかしここはレストランなどで利用しないと一般見学はできないため、訪問できずにいた場所の一つでもあります。

 

 

ogh8.jpg

庭からの建物一部。こちらはよく雑誌等で掲載される装飾部分。

小笠原伯爵邸は昭和2年(1927年)、礼法の宗家で有名な小笠原家30代当主・小笠原長幹(ながよし)伯爵の本邸として完成しました。代々小倉藩を治める大名の家柄だった小笠原家所有の敷地は竣工当時約20000坪。今なお約1000坪の敷地面積を誇ります。


 

ogh9.jpg

2002年6月スパニッシュ様式の館が施設として生まれ変わりました。このように小鳥のモチーフが多用され別名「小鳥の館」とも呼ばれています。

 

 

ogh10.jpg

日本初期のステンドグラス作家 小川三知(さんち)氏の作品。

 

 

ogh27.jpg

中庭(パティオ)から屋上へ行ってみましょう。


 

ogh26.jpg

屋上も居心地が良さそうなくつろげる場所。本当に贅沢なつくりだったんですね。

 

 

ogh25.jpg

階下へ。

 

ogh11.jpg

エントランスのそば、かつての伯爵家の正餐用食堂。テーブルは当時実際に使用されていた唯一残る家具。

 

 

ogh13.jpg

応接間。ヨーロッパからの照明やインテリア


 

ogh12.jpg

西洋館喫煙室(シガールーム)イスラム風デザインで作るのが当時の流行だったとか。

 

 

ogh24.jpg

レストランのテラス席として利用されている部分は、当時はベランダ。この他にもレストランとして利用されている部屋はあります。我々は今日はここでディナーとなります。食事編は明日掲載。TT

 


小笠原伯爵邸ホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ssera8.jpg銀座1丁目からも銀座4丁目からもそんなに遠くないビル、銀座ベルビア館に来ました。はじめて来たビルですが、LOFTとかも入ってる割には人が少ない、穴場な感じのビル。飲食店も結構入っているのですが、夜賑わうのか昼は以外に賑わってないような。これも穴場感。


食欲がない時の、タイカレー。食べようと思って検索して、そこそこ評価の高いお店が見つかったので来てみました。

 

ssera1.jpg

7階にあるタイ料理のレストラン サイアムセラドン。表に椅子が並べられているところを見ると並ぶのでしょうか。

ここは サイアムヘリテイジの店舗名で2店舗、サイアムセラドン名で6店舗ほど出店しています。

 

 

ssera3.jpg

夜メニューでしょうか。タイ料理のコースもありますね。

 

 

ssera4.jpg

テーブルがぎっしり詰められた店内。というかまだ1組目なんですか。大穴場ですねぇ。笑

個人的には夜飲んでいるときにこのぎちぎち館は勘弁してほしいけど。

 

ssera2.jpg

クリックメニュー拡大、戻る。

予定通り タイカレーセットでも食べようと思ったが、夜のフルコースを頭がよぎり、胃に少しでも優しい カオマンガイ(チキンライス)980円を注文。本当にチキンな胃袋だよ、でも昨日ワイン飲み過ぎたからなぁ。生春巻1本 350円で注文。

 

 

ssera5.jpg

お客さんが少ないせいか、生春巻きとスープがすぐに出てきた。普通の春巻きだった。惣菜の岩田さん(ロックなんとか)の生春巻きのほうが個人的には好きかもしれない。

 

ssera6.jpg

プレート到着しました。右上はポテトサラダ、右下はサラダ豆。

 

 

ssera7.jpg可もなく不可もなくしかし可と感じるカオマンガイ(チキンライス)。タイ国専門食堂のカオマンガイのほうが好みかも。同じフロアーでもゴッチズビーフというお店が行列で気になりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 



 

 

このページのトップへ

2017年11月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryuzu8.jpg

東京レストラン事情に詳しい当社のYHさんに紹介していただいた、六本木にあるRYUZU(リューズ)さんへ訪問予定の数日前に電話したらラッキーなことにカウンター席が予約が取れましたので、訪問しました。六本木の交差点から歩いて3分程度の距離にあります。

 

 

ryuzu9.jpg

エントランスは地階1階。長い階段を下る先には竹がライトアップされており、ムーディな空間が広がり、とても期待感を感じさせると共に、お店に向かうワクワク感を感じます。

 

 

ryuzu10.jpg

階段を下った左側がRYUZU。エントランスの自動ドアを開けて店内へ入ります。今回予約していた時間帯は遅めだったため既にフロアーにはお客さんが沢山。そしてお店の天井も高く私好み。個室もあります。

 

 

ryuzu11.jpg

カウンターに着座。ワインセラーと厨房が見えます。飯塚隆太シェフが調理しておられます。飯塚シェフはタイユバン・ロブション、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションで勤務され、2011年2月にRYUZUをオープンし、今やミシュラン2つ星のお店として認められています。

 

ryuzu12.jpg

カウンターの熱気がこちらにも伝わってきます。メニューを見ながら今日のストーリーを考えていくのが楽しみ。

 

 

ryuzu13.jpg

今日はコースメニューでなくて魚介系のアラカルトで行くことにします。カウンターはアラカルトで注文できます。


今日の白ワインは新ドメーヌ、


ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2013]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2013]



 

ryuzu14.jpgぶどう本来のすっきりした味わいと旨みがフィネスとして感じられるワイン。

 

 

ryuzu15.jpg

アミューズはスモークサーモンとサンマと茄子のミルフィーユ。

 

 

ryuzu16.jpg

このスモークサーモン美味しいです。さんまも自然と笑みがこぼれます。

 

 

ryuzu17.jpg

2品目のアミュ―は パンプキンスープ。

 

 

ryuzu1.jpg

メニューに載っていないのを作っていただきました。蟹のムース、ずわい蟹、キャビアと贅沢なコンビネーション。

 

 

ryuzu2.jpg

素晴しいです、モンラッシェとの相性もとてもよく、口の中に幸せ感が充満します。キャビアやばいです。

 

 

ryuzu3.jpg

 ここでマネージャーのおすすめにより、椎茸を赤ワインと合わせることにしました。2010 シュヴレ シャンベルタン(ジャンテ・パンショ)Cevrey Chambertin (Geantet Pansiot)

 

ryuzu4.jpg

八色椎茸をタルト仕立てに コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って

ぷりぷりした椎茸とシャンベルタンのマリアージュがたまりません。


 

ryuzu5.jpg

今日のメインです。

島根産 天然鮑のソテー 鮑のエッセンスソースで

 

 

ryuzu6.jpg

想像した以上に美味しいあわび。丁度1個分入ってます。これをまた食べるために訪問したくなるなぁ。

 

 

ryuzu7.jpg今日は肉はいただきません。エスプレッソダブルと茶菓子。

 

店員さんの応対も大変良く、料理も感激します。ここは再訪したいリスト入りです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2017年11月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LABI3.jpg

鮭の卵いくらも高くなってきているから海鮮料理を食べるのも良いのですが、北海道は美味しいものが沢山ある。「スープカレー専門店」というのはなかなか見かけません。最近は北海道ソウルフードとして認識度も急上昇ですよね。スープカレーは小麦が含まれないため私もオッケーなので嬉しいのです。

 

LABI2.jpg

新千歳空港でスープカレーを食べるなら、チェーン店のLABI(ラビ)ですね。評価も高いお店です。市電通り食堂街の中にあります。

 

 

LABI1.jpg

具材を選ぶのと、スープカレーの辛さとかトッピング、海老味とかラーメンのように選択自由。



 

LABI4.jpg

チキンTO野菜カレー オリジナル 1230円あたりが一番人気のスタンダードメニューですね。

 

 

LABI5.jpg

角煮TO野菜カレー 1330円 に マイタケをトッピングしていただくことにしましょう。辛さは0番から50番まであり、3番が中辛って。どんだけ50倍ってすごいんやねん。恐る恐る5番くらいにしとこう。

 

 

LABI6.jpg

ご飯にレモン。辛そうな感じがしますが。。。

 

LABI7.jpg

辛さはそれほど辛くなく、想像した以下で少しがっかり。

しかし野菜は沢山で嬉しいわ、キャベツ、マイタケ、にんじん、じゃがいも、おくら、かぼちゃ、なす、ブロッコリー、たまご。それぞれが煮込んであるのではなく、トッピングで付いている。

 

 

IMG_7336.JPG今回美味しかったのが、隨縁カントリークラブで食べたスープカレー。スープのパンチといいコクといい、これは癖になる味でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.57)

 

ラビホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年11月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中国料理 頂香(でぃんしゃん) 熊本市八王寺 太平燕。

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)2 熊本市八王寺 夜ごはん

 

最近、うなぎとかフレンチ、鉄板焼きなどが続いており、あっさりを体が欲していた。ブログでも3度目の登場となる頂上(でぃんしゃん)へ行き、焼きビーフンを食べようと。実は1度焼ビーフンも食べているのだが、その時ミスで撮影したデータが紛失してしまった。

 

dys66.jpg3度目の登場ですので、詳細は以前のブログに譲りましょう。平日ですし座れることが多いのはいいこと。

 

dys11.jpg

店内はこんな感じ。


 

dys55.jpg

セットメニューとかメニューは色々とありますが、ここは迷わず 焼きビーフン 810円。中華屋さんで焼きビーフンが普通にランチで食べれるって意外に珍しいと。小麦抜きの私にとってはとてもありがたいメニュー。調理場で中華鍋を振る音が聞こえます。


 

dys22.jpg
しばらくして到着。きくらげとイカが目立ち、ちゃんぽんスライスが入っていないため色味に乏しくはなっていますが、野菜も豊富に入っています。最初机の上に置かれたときには、「こんなに食べれないぞ」と思うのですが、ナンノナンノ。
dys33.jpg
麺より野菜が多いんじゃナイカっていう。。。
dys44.jpg
味は単一なので、一味でも振り掛けたくなるところですが、せっかくの薄味なのでがまん。今日も残さず食べてしまったのはこのあっさり感のためでしょう。だいぶ野菜も接取できてよいメニューです。
dys77.jpg
レジの奥の窓に掲げられている、額縁に入った太平燕の写真。これは中華園さんにダイニングエクスプレスの取材御礼で私が贈った2枚のうちの1枚ということがわかったのでお店の人にも話をしてみた。もう1枚というのは中華園のディスプレイに掲示されていたもの。下の写真は2010年に私が撮影したもの。写真の角度は微妙に違うが同じ太平燕。
085ta.JPG
中華園さんに贈った私の写真が頂香さんに引き継がれてとても嬉しい思いです。TT

このページのトップへ

2017年11月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭 鉄板焼き やきしゃぶからスタートする贅沢感

 

本当に何度もこのブログで登場している、薔薇亭。また行ってきたのですが、このブログを見て実際食べてみたという方もちらほら。やっぱり鉄板焼きは充実空間ですね。あ、ヒレコースは少し値段が上がったようです。個人的にはここのヒレ(フィレ)はやわらかすぎで、ロースよりベターと感じています。


kbbt10.jpg

チョイスメニューから私はいつも蛤のオーブン焼き と白ワインを頂きます。肉は後のお楽しみ。

 

 

kbbt11.jpg

同行者は肉好きのため、ヒレ肉のたたき。

 

 

kbbt1.jpg

テールスープがたまらなく味がいい。

 

 

kbbt2.jpg

今日は5人で訪問しました。鮑を焼いています。

 

kbbt3.jpg

これも白ワインと相性が良いですね。

 

 

kbbt5.jpg

フィレ3、ロース2の割合のお肉。サシがきれいに入っております

 

 

kbbt4.jpg

野菜ももちろん

 

 

kbbt6.jpg

や、やわらかすぎます。美味しいし。


 

kbbt7.jpg

ロース肉 やっぱりヒレだな。

 

 

kbbt8.jpg

最後はチャーハンで。

 

 

kbbt9.jpgお決まりのように、黒糖シャーベット。

今日も順序正しく最後までたどりつき、満足感を得ました。飲み過ぎぬよう TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

このページのトップへ

2017年11月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ffss9.jpg

大阪のリーガロイヤルホテルにて結婚式があり出席しました。300人以上の選ばれた出席者という感じの結婚式で、会場に入るなり生花の使い方とその華やかさに度肝を抜かれました。全面に映写用のスクリーンが。

 

 

ffss101.jpg

私の座った長テーブルの目の前には生花があり、正面の人とは話すことができませんでした。

 

 

ffss132.jpg

昨日の夜は蒲郡でフレンチで、今日の昼もフレンチのフルコース。胃に負担をかけぬようお酒は控えめにすることとします。料理もとても美味しそうなものばかりです。

 

 

ffss12.jpg

海の幸と彩り野菜のプレッセ グリーンオリーブソース。

前菜は私の大好きなテリーヌ。しかも海鮮まで入ったテリーヌで上には贅沢にもキャビアが添えられています。

 

 

ffss33.jpg

南瓜のクリームスープとコンソメジュレ

 

 

ffss44.jpg

オマールエビのスフレ仕立て トリュフ風味

オマールエビ半身を使ったスペシャリテ。トリュフの風味がしっかりして満足感しっかりした一品。蟹爪の部分も添えられています。


 

 

ffss55.jpg

赤・白ともサントリー関係のベリンジャー。

 

 

ffss66.jpg

グラニテをいただき、特選牛のロティ 赤ワインソース ギュルイエール風味のポテトグラタンと共に

お肉柔らかくて美味しい、いい。

 

 

ffss77.jpg

目玉焼きに見立てたデザート。普通に目玉焼きに見えてしまう。黄身の部分はマンゴーソース。白身はヨーグルト系

 

 

ffss88.jpg

これまたびっくりしたモンブラン。チョコレートがロビンフッドの羽根みたいじゃないですか。金粉もこれぞとばかりに振り掛けられております。これは贅沢なケーキですね。しかし結構量が多いこと、甘いです。

 

料理、かなり満足しました。有名な歌手の方の独唱や演奏もあり楽しいひと時を過ごしました。TT

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgb8.jpg

朝食はせっかくだから、メインダイニングで洋食と決めました。今日も特等テラス席で。夜は少しかすんでいた竹島がきれいに見える、とはいっても雨が降っているので少しかすんでいるが。

 

 

gmgb7.jpg

クラシックブレークファストは普通は2500円、今回は宿泊でパックになっています。

 

 

gmgb2.jpg

トマトジュースとヨーグルト、サラダが到着。

 

gmgb1.jpg

優雅で気持ちいい時間。

 

 

gmgb3.jpg

パン。

 

 

gmgb4.jpg

普段はホテルでも卵類はいただかないのですが、せっかくですからオムレツを。皿には竹島から望む蒲郡クラシックホテルが描かれています。

 

gmgb5.jpg

ノーマルな状態で撮影してから、ケチャップをかけてみました。

 

 

gmgb6.jpg

中はふわとろのシンプルオムレツでした。眺めがいいから、とてもいい気分で朝食を。蒲郡ステイはとても楽しかったです。TT

 

蒲郡クラシックホテルホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgd4.jpg

メインダイニングの後半編です。白いんげん豆のスープ。これはなめらかで白いんげんの重たるしくない味でいいんじゃないですか。

 

 

gmgd21.jpg

伊勢海老と白身魚のクレビネット包み焼き白ワインソース

黒く見えるのはソースではなくお皿のデザイン。思いのほか白ワインが進んでしまい・・・・魚なのに赤に。


 

gmgd3.jpg

ボルドーのオーメドック クリュ・ブルジョワ シャトー・ピュイ・カステラの2011年。カベルネは60%以下でメルローが30%あるので女性的なワインだろう。

 

 

gmgd5.jpg

ソムリエの方が自信をもっておすすめしていただいた1本がこれ。ハートの図柄か可愛い、カリフォルニアワイン、SIRITA(シリタ)

2004メルロー。相当タンニンが強くボディがあると教えていただきました。


一般小売用としてではなく、格調高いレストランのみで供出される目的で誕生したワインであるため、一般流通はおろか生産量も極端に少なく極めて入手困難なアイテムとなっております。とのことで、ラリー・ストーン氏(アメリカで有名なソムリエ)のプライベートレーベルワイン。

 

 

gmgd6.jpg

並べて飲み比べ。

 

gmgd7.jpg

ようやく伊勢海老を食べます。

 

gmgd8.jpg

グラニテをいただき

 

 

gmgd9.jpg

オーセンティックなフレンチのメイン。

黒毛和牛フィレ肉とフォアグラのソテー 御津産イチジクソース

 

 

gmgd10.jpg

お肉柔らかいし、満足。

 

 

gmgd20.jpg渥美半島産マスクメロン ポルト酒ゼリー添え ローズヒップと紅茶のシャーベット。ごちそうさまでした。TT

 


食べログ(掲載時点 3.40)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmgd18.jpg

クラシックホテルのメインダイニングは心が躍る気分がする。その空間に足を運びいれた瞬間からホテルに入った時とまた違う幕が開く気分がする。この感覚は新しいモダンフレンチのお店やグランメゾンを唄うお店でもは味わえない重厚感がある。

 

 

gmgd19.jpg

壁面には既に飲まれたグランヴァンなどのワインの空ボトルがディスプレイされていた。これだけ並べると綺麗だ。

 

 

gmgd17.jpg

今回の特等席はわずか6席のテラス席。既に暗くなった三河湾を望むだけではない。

 

 

gmgd1.jpg

今日の料理は宿泊パックとセットになっていたフルコースだが、メインダイニングのメニューと見比べてみるとだいたい13000円から15000円といった程度でしょう。それに今回はワインのペアリングコースも付けていますので、楽しみ感倍増します。

 

 

gmgd16.jpg

シャンパンは2016年に登場した、ボトルの色が鮮やかなブルーのポメリー、驚きました。

 

gmgd15.jpg

これはいいですね。フレッシュな余韻感を雨の三河湾を見ながら。

 

 

gmgd14.jpg

ボルドーのグランヴァンは数はそんなに多くないですが。

 

 

gmgd13.jpg

アミューズは柑橘のゼリーと鴨スライス

 

 

gmgd11.jpg

蒲郡産赤座海老とバジル風味のクスクス メヒカリ(アオメエソ)のエスカベッシュ 蒲郡産マイクロトマトと食用花

 

華やかさのある皿が登場した。こういった地元の素材を利用してあるフレンチというのがとても嬉しい。素敵な皿に見とれていると、バンバンと音が鳴り出し。


 

gmgd12.jpg

窓から、地元のお祭りの打ち上げ花火が開始された。フレンチを食べながらファイヤーワークス。ものすごいマリアージュだ。短い時間の花火だったが今年初めて近くで見た花火はとても綺麗だった。


 

gmgd2.jpg

あまりにも 花火がきれいだったので、マリアージュで用意された白ワインを注文しないで ハーフボトルのムルソー HENRI DARNAT(アンリ・ダルナ)をオーダーする。

 

翌日の メインダイニング(2)へと続きます。

 

 

 

このページのトップへ

2017年11月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

gmg1.jpg

今日の宿泊地、愛知県蒲郡市 蒲郡クラシックホテルに到着しました。蒲郡クラシックホテルは一度訪問してみたいと考えていたホテルです。クラシックホテルに宿泊するのは2009年の長崎 雲仙観光ホテル以来になります。当時のダイニングエクスプレス記事、なつかしい。


クラシックホテルは WIKIPEDIA を読むとわかるが、日本では約10がクラシックホテルと称されている。なだたる高級ホテルばかり。歴史があり趣があり、ホテルという存在だけで落ち着いた惹かれるものがある空間へと足を運んでみよう。



今回もホテルアプローチから部屋の景色までをたどってみましょう。

 

 

gmg9.jpg

クラシックホテルはドアとかノブに歴史の趣を感じます。蒲郡クラシックホテルは1912年(明治45年)創業、1934年に蒲郡ホテルとして竣工されました。城郭風建築で、雲仙観光ホテル、横浜ニューグランドホテル、大津琵琶湖ホテルと並び国際観光ホテル計画に基づき建築されたとのこと。

 

 

gmg2.jpg

ホテルの中へと足を運ぼう。


1987年に当ホテルは蒲郡プリンスホテルとして経営が変わり、2011年の静岡クレタケグループの経営に変わるまで続く。

 

gmg5.jpg

クラシックホテルは重厚感あるロビーが特徴でもある。同じクラシックホテルの横浜ニューグランドホテルは当時の華やかな時代を思わせるロビーが今も現存している。

 

 

gmg4.jpg

チェックインのあと、階段を上がりシャンデリアを眺める。

 

 

gmg6.jpg

ロビーに戻り下から眺める。


 

gmg7.jpg

昔っぽい針でフロアーを示すエレベーターに乗り 客室312へと向かう。

 

 

gmgc2.jpg

312はツイン+ミニリビングの部屋である。廊下は雲仙観光ホテルほどのムードはなく普通のホテルっぽさを感じた。蒲郡クラシックホテルは三河湾国定公園の中核となる竹島の対岸に建つ。竹島は約400mの竹島橋で結ばれている。湾に面した部屋だったので竹島も眺めることが可能。

 

 

gmg3.jpg

部屋から竹島と三河湾を望む。

 

 

gmg8.jpg

部屋でしばらく休憩したのち、2階にあるメインダイニングルームでの会食へと階段を下りて向かおう。パステルのやわらかい光のステンドグラスがとてもムーディで心地よい。TT

 

 

蒲郡クラシックホテル (ホームページ)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

うなぎの名産地、静岡県で本格的鰻屋さんで鰻を食べていないことに気が付いた。浜松では餃子とか食べているのに、静岡県は何十回も行ったことがあるのに海鮮料理や寿司などは沢山食べているのに、どうしてか鰻を食べていないのだ。


それなら食べないと。丁度東京から愛知県へ向かう予定だったので途中下車してうなぎをという計画、そしてせっかくだから、静岡県内食べログベスト10に入る店をチョイスする。そして平日ではないので並ぶ覚悟をするということでチョイスしたお店は、静岡県内ナンバー10の


うなぎの甚八

 

 

甚八は幸い新幹線掛川駅から徒歩5,6分程度。東京から掛川までは1時間40分あまり。二日酔いだが自分の行動力には驚いてしまう。しかし11時開店だから10時半に並ばなければ・・・・土用丑の日に佐原で10時30分から並んだのを思い出す。

 

 

 

jinpachi2.jpg

10時半で1番乗りです。これは一巡目確定です。私の後にお客さんが続々並び始め11時の開店前には20人ほどの行列。

 

そして甚八さんの入口の看板に「お子様連れはにがてです」。すごい看板ですが、お子様にはウナギの味はわからないためか、時間がかかるのか、さわぐのか何か理由は聞けませんが。。インパクトありすぎ。

 

デジカメのメモリーでトラブルが発生し、撮影した写真が全部パーに。スマホの分しかありません。残念。

 

 

 

jinpachi.jpg

店内には1組ずつ案内されます。カウンター席に。店に入って約20分。うな重 松 サラダ付 2900円。都内より安いです。

 

 

jinpachi4.jpg

ご飯の量多め、私の好きなご飯粒固めしっかり系です。タレも甘辛。これは旨いですね。こんなに美味しい鰻ならはたまに食べたい。いや並んでも食べたい。関西風の直焼きなんですね。ウナギ自体もふっくらして脂乗りもいい。イイ!三つ葉の多い肝吸いがさわやかすぎる味。カウンターにたまたま座った隣の女性と 「いやー、おいしい鰻ですね」と言葉を交わす。

 

 

jinpachi3.jpg

掛川といえば掛川城。木造で再建された天守閣は立派です。御殿は現存で重要文化財。とてもバランスのいいコンパクトなお城でした。

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

うなぎの甚八レポート

 

このページのトップへ

2017年10月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

AIRG1.jpg

今日は銀座でランチ会食。場所は銀座4丁目交差点からもほど近いエグジットメルサの8Fにあるオープンして約2年のモダンフレンチのお店。食べログでは東京都フレンチでベスト50に入り、評点も4.11(掲載時)を誇るお店である。シェフは山本氏、食べログのレビューを見ても相当期待が出来そうな、アーティスティックでインスタ映えしそうなモダンフレンチのお店であることがうかがえますね。さてどうなんでしょうか。

 

 

arig2.jpg

8Fには和食店とかもあるのですが、ここだけ異空間のようなフレンチのお店となっていますね。上質で軽快なイメージもある清潔感あるレストランのエントランス。

 

airg3.jpg

ワインセラー。色々と取り揃えられており、話したところ入れ替えをやっており、ボルドーグランヴァンもどんどん増えてきているとのこと。

 

 

arg4.jpg

席数はこのほかにテーブル2名x2でキャパは27席程度です。この日は女性だけで満席。すごいですね。皆さんもちろん予約して「女子会」ならぬ「マダム会」の感じでした。

 

 

arg5.jpg

ランチはアミューズ、前菜、魚、肉、デザート の5皿構成で4500円の均一。肉魚付でこの値段は良いコストパフォーマンスではないでしょうか。また夜も6800円という、この場所で 本当ですか?と思うような価格ではないでしょうか。もちろん飲むワインの種によって価格は変わりますけどね。

 

 

arg7.jpg

私はシャルドネで作った葡萄ジュース。(ワインではなくてノンアルコールのジュースです)

 

 

arg6.jpg

ご一緒された方は白のグラス。オーストリアのフランツアントンメーヤー。特徴ある白。

 

 

arg9.jpg

アミューズは とっても小さな一口サイズの フォアグラのソフトクリーム。フォアグラ風味の効いたクリームがソフトクリーム風になっています。これは見た目にも可愛いですし、味も濃厚ながらクリーム状となっていますので、食べやすい。

 

arg8.jpg

土台の部分の粉は食べれません。

 

arg10.jpg

スペシャリテは AIRの名物ともなっている 野菜のパフェ。見た目に立体感がありすごいインパクト。サーブする人が説明してくれていますが、野菜の数が多すぎて頭に残りません。というか見た目に興味が話を聞いていなかった。しかし野菜パフェとは。パフェスプーンで頂きます。

 

 

arg11.jpg

これはまた野菜の複雑な味が層ごとに変わっていき、これは何でしょう。思い切り白ワインが欲しくなる。

 

 

arg12.jpg

パンはスルーして

この間に+1000円で帆立ディルオイルを追加できますが、量があるのでパスします。

 

arg13.jpg

鮮魚は蟹のブランダード マカデミアナッツ レモンのコンフィ。

ブランダードとは「混ぜる」と言う意味で、鱈を牛乳で茹でジャガイモを加え混ぜてペースト状にしたお料理です

上にある白いものは野菜のかぶ

 

arg14.jpg

カブと蟹のソースとブランダードが複雑に絡み合い、これは美味しい。

 

 

arg15.jpg

さて、メインの豚肉 スペアリブ ポルチーニ茸 アップルパイ。

アップルパイと豚肉のコンビネーションなんですが。表面はアップルパイの生地。


 

arg16.jpg

マイナス190度とかのボトルから、低音冷凍されたアップルが皿の上に。ドライアイスのようなけむりふわふわの効果となり、見た目にインパクトある料理ですね。今日はポークを食べたい気分でしたので丁度良かった。

 

 

arg17.jpg

アップルパイをどけると、アップルソースとスペアリブ。なんともポルチーニ茸がいい味を出しています。

 

 

arg18.jpg

デザートはこれまた立体感ある、球体が。フォレノワール グリオットチェリー ブランマンジェ。皿の下にはチョコチップが。


フランス語でフォレは森、ノワールは黒いという意味で、ドイツ南西部の森林地帯「黒い 森(ドイツ語ではシュバルツヴァルト)」にちなんだお菓子でそれをイメージしてあります。


arg19.jpg

濃厚なチョコレート味で締めくくりました。エスプレッソと一緒に。満足感が高いランチでした。夜も期待できると思います。いつか訪問したいと。ホームページも綺麗。TT

 

食べログ(掲載時点 4.11)

 

レストランエール ホームページ

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fukn14.jpg

10月中旬の東京は寒い日がありました。雨もしとしと降って、薄手のコートを着ないと夜も寒いくらい。今日も明日も立食パーティの予定でしたので、今日は立食での食事をほとんど取らず会話に集中し、静かに食事をすることを選択しました。いやーこれも楽しみですね。

宿泊場所の赤坂の近辺で鰻の美味しそうなところを選んで訪問。鰻店というと結構夜閉まるのが早いのですが、こちらふきぬきさんはラストオーダー21:30で22:30閉店なので、遅めの部類ではないでしょうか。店は赤坂見附の飲食街の南端のほうで見つけやすい。外国人の旅行者の方も結構お店の中に吸い込まれていく、有名なガイドブックなどに掲載されているのか。1F、地階とお店はありますが1Fでは数組の方が日本酒を飲んでらっしゃいました。

 

fukn9.jpg

メニュー表を見ていきましょう。創業大正12年です。大正12年というと1923年、関東大震災の年ではないですか。創業94年ということになりますね。

 

fukn1.jpg

富貴貫と書き、高貴でそれを貫くという意味、お客様に良いものを提供しづつけるという強いメッセージが込められているという。

 

fukn2.jpg

うなぎは4ランクですね。松の上に菊がある。普通に竹 3,230円を頼むことにする。竹と松の価格差は1000円、結構大きいね。多くの人は竹を頼みそう。東京のスタンダード的価格だと思います。

 

fukun3.jpg

ひつまぶしもありますが、ひつまぶしには梅がありませんね。

 

fukn3.jpg

うな重は蒸して焼くので30分時間がかかります、とのこと。やはり夜だからどんどん準備しているわけではないのでしょう。まぁゆっくりと。今日はうざくと白ワインという気持ちが強まってきた。

 

fukn4.jpg

塩辛なんてのもあるのだが、天ぷらやみたい。

 

fukn6.jpg

酒の通しの枝豆自体も秀逸。

 

fukn5.jpg

白ワイン 180mlで、タティアラ(オーストラリア)というスーパー・コンビニで販売されているワインしかなかった。もう少しグレードが良いワインを置いてほしいと思うが、グラスワインと称したペットボトルワインなどよりいいかなと思ってしまう。

 

 

fukn7.jpg

うざく1200円。ほとんど鰻じゃないですか。結構食べごたえあります。うなぎの量からいって高くない。

 

 

fukn8.jpg

うなぎが出てこず、次は赤ワイン、こちらもタティアラに。ギンギンに冷え過ぎている。


 

fukn10.jpg

もうそろそろかなーと思ったら、到着。お腹空いてきました。

 

fukn11.jpg

薄めの色付のうなぎは上品な感じがします。老舗の鰻屋さんという雰囲気が出ているお重。

 

fukn12.jpg

竹でほぼ1匹の鰻。焼き加減からいって上品なふわっとさがあり、バランスが良い鰻という感じ。脂がのりすぎてもおらず決してパサパサでもなく、少し柔らか目のご飯との相性も抜群に感じます。ご飯の量はそれほど多めではありませんが。醤油の甘辛さのバランスもいいですね。日本への来訪者の方も日本でこれほど美味しい鰻を食べれれば満足ではないでしょうか。

 

 

fukn13.jpg

やっぱり、鰻はいいですね。完食です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kaiko9.jpg

福岡空港で遅めのランチ。どこにしようかと考えて、せっかくだから記事になるものをと、食べログで検索。ポイント3.5オーバーの和食のこのお店なら間違いなさそう。しかもとっくにランチタイムは過ぎているのに結構多くのお客さんが入っていく。そばのお寿司屋さんなどと比較しても価格の面でリーズナブルだからだろう。

ここは第二ターミナルの3階。福岡空港は改修中だから少しわかりにくい。空港だからアイドルタイムもなく「昼飲み」している人も多く見かける。

 

kaiko1.jpg

15:00までサービスされているランチは950円均一と空港にしては良心的な価格設定。これだけメニューがあれば同行者にもあまり気を使わずにお店に入ってからどれを食べるか決めることができる。


 

kaiko2.jpg

お昼の定食より少しプレミアムな やりいか定食なんていうのもディスプレスされているので惹かれたりもする。

 

kaiko3.jpg

席に座って何にするか考える。

 

kaiko4.jpg

グランドメニューにも酒のアテになりそうな居酒屋メニューも沢山あるし、定食のメニューも豊富。


 

kaiko5.jpg

もつ鍋セットとか、大分とり天定食といった、これから帰る人が九州を懐かしむメニューまで用意されているのが空港和食の特徴でもある。ただ塩サバ定食とか頼んでも面白くないので、ここは 鯖めし (1280円)というものを頼むこととした。鯖めしって熊本でもほとんど、いや全く食べる機会はない。大分では関サバとか食べますが。

 

kaiko7.jpg

しばらくして到着。とろろとゴマダレが付いている。8切れの鯖がおけの中に収まっている。店員のお姉さんがゴマダレのかけ過ぎには注意してくださいと。

 

 

kaiko6.jpg

ちらし寿司のような雰囲気だが。生のサバだ。酢でも〆ていない生鯖は関東の人から見たら奇異という。福岡ではゴマサバとか食べますので普通のような感じですが。サバの寄生虫といえばアニサキスで、寄生虫にかかるとめちゃくちゃ痛い胃痛がするとのことで有名だが、九州のサバにはアニサキスがいない、少ないとも言われている。

福岡の生サバはあたらない?

 

 

kaiko8.jpg

茶碗によそい、とろろと胡麻ダレをかけていただきます。結構このゴマダレが濃くてご飯とサバともうまくマッチングして味は濃い甘系だけど、結構癖になる味。イヤー結構満足しました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisy8.jpg 千葉県市原市に宿泊しました。幕張とか千葉市は大きな行事のため団体宿泊が難しくて、まぁ市原でもどこでも美味しいものが食べれれば。「市原といえば、焼肉。」なんでやー、と思うかもしれませんが、大きな幹線道路に焼肉屋さんが多いことは確か。数えたわけではありませんが。千葉県といえば「赤門」焼肉も有名ですが、こちらは大将軍。熊本で大将軍というとチャーシューが美味しいラーメン屋ですが。こちらは熊本でいうところの「彩炉」みたいなチェーン店という感じです。

 

ここから先は肉を食べたくなってもかまわまいという人がお読みください。

 

daisy9.jpg店内も清潔感あります。

 

daisy10.jpgこんな感じにセッティング。うんちくが書いてある紙をみてみます。

 

daisy11.jpg千葉市内の都町が本店。東京の笹塚にもあるんだ。

 

daisy12.jpgコースは4種類。今日は贅沢に極コース 7800円、と期待したが、彩コースとのこと、ガックシ。飲み放題別。上タン塩だけは共通。後は肉の質が違う。

 

daisy1.jpg和牛カルビでも1280円からだから、結構いい肉を使っているお店だと推測。

 

daisy13.jpg上タン塩4人前。一人頭4枚見当。そこそこ厚みありますね。

 

daisy14.jpgじゃんじゃん焼いていきましょう。

 

daisy15.jpg塩とレモンがいい。

 

daisy16.jpg

ロース来ました。

 

 

daisy17.jpg

まだまだ行けそうです。


 

daisy18.jpg

通常の和牛カルビ 私が写真を撮る前に食べ終えた人たち・・・

 

daisy2.jpg

上ミノとホルモンを。

通常ならこれで終わりなんですが、「肉少ないでしょ・・・」と幹事の方がカルビ肉をオーダー。各テーブルにこれだけ。


ドン

 

daisy3.jpg

ちょっと、多すぎではないでしょうか。もうどうにでもなれってことでしょうか。

 

 

daisy4.jpg

それではガンガン焼いていくしかありません。

 

 

daisy5.jpg

脂が多いから、火も出るわ。しかしながら、全て皆さんの胃の中に収まり


 

daisy6.jpgライス・ビビンバ・クッパからビビンバを食べる人は胃が強いし。

 

 

daisy7.jpg

今日も杏仁なのだが、中華料理ではないので、シャーベットとかアイスがいいんじゃない?って思う。

少し飲みすぎ、食べ過ぎました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

大将軍ホームページ

 


 


このページのトップへ

2017年10月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

赤坂離宮 銀座店

赤坂離宮 羽田空港第一ターミナル店 担担麺

広東名菜 赤坂璃宮 麻婆豆腐

 

ブログでも何度も登場している赤坂離宮、久しぶりに訪問しました。羽田第一ターミナル(JAL)の数多くある飲食店でも食べログポイントNO.1だし安定感ある実力店です。

 

akrk4.jpg第一ターミナルの4Fにあります。

 

akrk5.jpg単品料理も充実しています。

 

今日はセットメニューを掲載しています。クリック拡大、戻る。

akrk1.jpgakrk2.jpgakrk3.jpg

今日は私は単品チャーハンを頼みます。ここのチャーハン美味しいから。でも一人では多いので、チャーハンの大盛りを頼もうか悩んでいる人に分けてあげることにしました。

 

akrk6.jpgakrk7.jpg少なそうに見えるが結構多い。セットメニューのチャーハンには海老が入ってません。ぱらぱらで卵も綺麗に絡んでいて、途中飽きてきたら醤油を少し垂らして。個人的にはこのように固めてないチャーハンが好き。固めるって丸くなっているやつ。

 

 

akrk8.jpgakrk9.jpg同行者が頼んだ、坦々麺。ここのとても美味しいんだけどね。昔はこれ目当てでした。今は麺無しタンタンは頼めないから。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktai1.jpg

 川崎へやってきましたので、せっかくですから川崎駅から車で約10分、川崎大師(かわさきだいし)へやってきました。仲見世の通りを通っていきましょう。夕方ですので、人も少ない仲見世。川崎大師は初詣ランキングで全国第3位を誇ります。(ちなみに1位は明治神宮、2位は成田山新勝寺、第4位が浅草浅草寺ということですから、その人気度はたいしたもの。そして初詣という言葉もここ川崎大師からはじまったとも。厄除け大師として成田山、高尾山と共に、真言宗智山派の大本山。

 

ktai12.jpg

スケールが大きいことに驚き。

 

ktai7.jpg

開創は1128年。約900年前です。

 

 

ktai4.jpg

食に結びつけると、川崎大師周辺には飴屋さんと、くず餅屋さんが多い。6,7軒はあるだろうか。しかもくず餅を久寿と書いているから、どうしてだろうと思う。

この近辺に住んでいた九兵衛さんが、できあがった餅を川崎大師へ寄進したところ、当時の上人から、「久の字に、縁起のよい寿の字を付け、『久寿餅』とするがよい」とのお言葉をいただき、ここに川崎大師名物が誕生したというわけ。

ktai8.jpg

入口の一番近くにある、歴史がある住吉というお店に入ってみましょう。以前芸能人が川崎大師を訪問するテレビでここに入ってました

 

 

ktai9.jpg

久寿餅は450円、まんじゅうは350円。おもち帰り品も沢山販売しています。

 

 

ktai10.jpg

久寿餅くらいなら、大丈夫でしょう。1皿を3人でシェアします。

 

 

ktai5.jpg

店内で食べることができます。

 

 

ktai2.jpg

黒蜜と黄粉をまぶした 久寿餅。歯切れの良いコンニャクというような食感。私はわらび餅のほうが好きだと思います。

 

ktai11.jpg

こちらはあんころまんじゅう。甘いです。


何が驚きというと、この近くには「味の素」の発祥の地があり、(創業者の名前の鈴木町という駅もあるくらい)調味料味の素を作る過程でうまみの元グルテンを取り出し、残ったでんぷんを使って作られたものが、くず餅で だからこのあたりの名産物になったとか。ということはくず餅は小麦粉。いやー、食べてしまってますよ。てっきり関西の葛餅と混同してしまいそうになります。びっくりしました。TT

 

きっかけ

 

くずもち

 

 

このページのトップへ

2017年10月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

keisuke10.jpg 川崎市の外食視察の一環として市内中心部に出てきました。3次会の会場として検索をかけていたところ、同行者の知り合いがこのお店のグループに居るということで、訪問したのが、「牛タン 圭助 川崎仲見世店」 牛タンは皆さんが3次会でつまみたいものなのでしょうか、よくわかりませんが。同行者の中に「ケイスケ」という名前が2人もいたのにはびっくり。ケイスケ割でもあれば面白いのに。

 

経営はKIDS HOLDINGで、多業種の飲食業を年商140億円、200店舗を経営しており結構大きなグループ会社。さてどんなメニューでしょう。

 

(メニュー研究)お腹が空いていないのでメニュー研究ですが、さすが美味しそうなメニューと写真が並んでいますね。

全てクリック拡大、戻る。

 

keisuke4.jpgkeisuke1.jpgkeisuke12.jpgkeisuke3.jpgkeisuke5.jpgkeisuke11.jpgkeisuke13.jpgkeisuke7.jpg

牛タン焼き 中 1580円。厚切り牛タンは美味しい。この牛タン屋さんというのも関東でだいぶ増えてきたと思う。

 

 

keisuke6.jpg

私はハイボールを飲みませんが、ハイボール飲みに人気なのがポテト。圭助ではポテトフライ しょっつるバター和え 480円と、魚醤の一つであるしょっつるが組み合わさりこれはこれでうまい。

 

 

keisuke8.jpg

ハラミ焼き ネギポン酢。 880円。日本酒を飲んでいて食べたかどうか記憶に全くない。


 

keisuke9.jpg

牛タンネギ味噌もやし 320円。ちょっとしたおつまみですね。

 

 

keisuke99.jpgおつまみスパイシーテール 580円。薄切りにしたテールをスパイシーに味付け。酒のつまみにぴったりのメニュー。ビーフジャーキーに近いメニューだ。


今日はこれにて外食視察は終了です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



このページのトップへ

2017年10月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NNGK1.jpg

団体研修旅行で神奈川県の川崎へ行きました。東京・横浜は多く訪問していても川崎は訪問したことがない、という人も多くいて、だからこそ訪問する意味もあるという。羽田空港から京急で早いものだと2駅目、約15分で到着するという近さ。私は今までも多く川崎は訪問していてこのブログでも ラーメン一幻、金子半之助、サイゴンキムタンなどを紹介している。


川崎市はあまり知られないが、元気のある政令指定都市である。人口は福岡市と近い約150万人で人口密度は大阪に次ぐ規模、そして高齢化比率が全国一低い政令指定都市、ちなみに一番高いのは北九州市。つまり、武蔵小杉や川崎にはヤングジェネレーションが流入し平均年齢を下げ、人口成長が起こっている成長都市というわけ。だから活気というか熱気を感じるのも無理はありません。


JR川崎駅近辺は整理され、駅の改札口からすぐにラゾーナ川崎という一大ショッピングモールに隣接し、川崎駅近辺はショッピングリゾートと化しています。元気がある町はいいなぁ。ということで今回もラゾーナ川崎で食事をしようということになり、選択したお店がここ、「南国酒家」

 

 

NNGK2.jpg

南国酒家というと原宿。というイメージ。高級感ある中華料理で有名です。関東近辺に店舗は集中していますが、博多くうてんや大分にも南国酒家の店舗はあります、

広東炒麺南国酒家

という名前で麺の店が展開されています。予備知識はその程度で


 

NNGK3.jpg

秋コースは4800円、6800円、8800円(税別)。やはり8800円のフカヒレ姿煮は美味しそうだが、今日は4800円のコース+飲み放題。

 

 

NNGK4.jpg

このような単品メニューのディスプレイはありがたい、やはりショッピングモールだからファミリー層の利用も多い。

 

 

NNGK5.jpg

さあ食べましょう。おまかせ前菜4種の盛り合わせ。えび、サーモン、チャーシュウ、野菜。サーモンはナッツがかかって分厚い刺身のようなもの。

 

 

NNGK6.jpg

飲み放題以外のメニューからワインをオーダー。イタリア ケットマイヤー 2015 辛口。さらっとした飲み口のワイン。

 

 

NNGK7.jpg

ふかひれと松茸、ずわい蟹の香りとろみスープ。これは美味しいと思う。

 

 

NNGK8.jpg

五目入り湯葉巻き揚げ


 

NNGK9.jpg

おまかせ蒸し点心

 

 

NNGK10.jpg

天然海老とアオリイカ、彩り野菜の干し海老搾菜醤炒め

美味しい中華料理ではこういうのに差が出ますね。丁寧に色んな具材が入って美味しい。

 

 

NNGK11.jpg

豚フィレと銀杏、いぶりがっこ、カシューナッツの黒胡椒炒め

今回、一番皆さんの興味を引いた1品。秋田県名産の漬物「いぶりがっこ」が入っているパンチのある炒め物。いぶりがっこが入っていない人もいて、がっかりしていた。

 

NNGK12.jpg

目鯛と蓮根の重ね蒸し 舞茸の香りあんかけ

 

NNGK13.jpg

五目具だくさん あんかけ焼きそば。これは1人前にとりわけてもらったもの。

名前通り具材たっぷり、具しかいただきませんでした。下に麺は入っていますが。

 

 

DSC08287.jpg

あんにんどうふ

 

皆さん、まぁまぁ満足されていたようですが、中華はやはりお金を出すことでグレードの高い食材が出てきますので、それを期待される場合は8800円のコースですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dorob8.jpg

  かなり久しぶりに 泥武士 with matsu を訪問しました。昔は泥武士(どろぶし)でした。1993年オープンですから24年目ですね。2000年ごろは いわばここが発信となって全国から視察、食べにいらっしゃるくらい一世風靡したお店です。当時は「オーガニッ」という言葉すら、まだ世の中に浸透していませんでした。

夜もオーガニックワインを飲みながら食事とか、相当野菜とか材料にこだわったお店で、2000年代に東京・広尾店がオープンしたと記憶しています。そして銀座店。銀座には今も店舗があります。熊本発信で東京と熊本に店舗がある珍しい外食店舗です。

 

 

dorob9.jpg

どういうランチメニューがあったかも忘れてしまいましたが、有名なのはビーフ with ライス。もともと泥武士は三年坂のデーブスレストランの姉妹店ということでスタートして、このビーフ with ライスというのも当時からの看板メニューの一つでした。当時は黒酢豚というのもあったと記憶しています。

 

dorob1.jpg

天井が高いんですね。忘れていました。昔は小さな扉から入っていた記憶があります。

 

 

dorob3.jpg

4席ほどのカウンター席とテーブル、個室席。なつかしいです。


 

dorob2.jpg

ビーフ with ライス 1200円。オーガニックビーフステーキを頼んでから、やっぱり昔の味をということで、ビーフライスに変更。

 

dorob4.jpg

先ずはサラダが到着しました。

 

 

dorob5.jpg

しばらくして、ビーフウィズライスとみそ汁が到着。結構見た目以上にご飯の量が多い。ステーキの量はというと隠れているのも入れて5個なのです。

 

dorob6.jpg

泥武士オリジナルの醤油で炒めたライス。オーストラリア産オーガニックビーフもニンニク、塩胡椒くらいなので、全体は「意外に薄味」こんなに薄味だったかなと記憶の中で考えつつ。ほんとうにこのビーフwithライスがめちゃくちゃ流行ったのですから。

 

dorob7.jpg

こちらはだしの味がかなり出ており、こんにゃくなど具材も沢山入っています。最後は味噌汁をおかずにご飯を頂きましたが、ご飯の量も多く、だいぶ残してしまいました。オーガニックのホットコーヒーをいただいて終了。また夜に来てみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

泥武士ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ruwani11.jpg

10月だというのに、夏のような天気が続いておりまして。今日の昼はカレーにしよう。それも小麦なしのカレーということでタイカレー系統がよい。


あまりにもこのブログに登場しすぎて頭に残っている、ルワニさんへ。記者YAさんのお気に入り。編集長もいよいよ訪問です。

だって、この登場回数。


スリランカ家庭料理 熊本並木坂 ルワニ

スリランカ料理 フライドライス&カレー 安定のおいしさ 並木坂 ルワニ

並木坂 ルワニでワンコイン!スリランカライスアンドカレー。安い!旨い!

ハウディニュースでも。 スリランカカレー

ruwani22.jpg

市役所裏にあるスリランカカレーとは兄弟店でしょうか。メニュー構成や看板が似ています。上通りがランチは50円安いのはなぜだろう。

 

ruwani33.jpg

2階へあがり、店内へ。

 

 

ruwani44.jpg

今日はたまたまだろう、私が滞在した時間はお客さんが終始私だけだった。お店には悪いが相席などより落ち着くパターンだ。

 

 

ruwani55.jpg

ランチメニューは750円のセットから単品500円なんてのもある。初心者なので、スリランカ ライス&カレー をいただこう。思い出したが、東京では珍しいネパール料理だのに30年以上も前から行っていた。当時は大のエスニック好きだった。東京出張の折にはエスニック訪問するが熊本では珍しい。

 

ruwani66.jpg

レッド3くらいいきなりいっちゃおうか。

 

頭からの汗を想像して、またYAさんのブログ記事 マイルド・マイルド とかにびびってしまい、ふつうの1段階下のマイルドに。

チキンの胃袋だ。

 

 

ruwani77.jpg

アイスティーとサラダで。

3種類のカレーと書いてあったので、「チキン」とオーダーしたら、それは全部入りということだった。初心者とばれた。

 

ruwani88.jpg

同じカレーに見えるが違うカレーだろうか。じゃがいも、チキン、野菜がダムのようにカレーをせき止めていると思いきや、スープの量が多すぎて混合している。

 

 

ruwani99.jpg

スープが多すぎというくらい。そしてスープはサラサラだ。辛さですか、いや全然辛くないですよ。期待外しくらい頭から汗も出ない。レトルトのタイカレーのほうがめちゃ辛い。だから次回はレッド3でヒリヒリ感を味わいたい。翌日休みの日にしたいが。

 

 

ruwani100.jpg

マイルド。

 

ruwani102.jpgアイスまでついていて、嬉しい。でも蜂蜜とかはいらないかも。単品500円でもよい気がする。レッドにすれば+50円です。TT

 

食べログ(軽鎖時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikunieda2.jpg

ランチに麺類を食べなくなって選択幅が狭まり困ってます。当ブログのYAさんの記事をたまたま思い出し、急遽訪問してみることにしました。場所は水道町です。わが家の魚河岸 国枝鮮魚。魚がメインのお店だとすぐわかりますね。

 

 

ikunieda1.jpg

ランチメニューは6品のラインアップ。全てが魚というわけではなく、牛ステーキ膳という魚嫌いの人と一緒でも入ることができる配慮かどうかはわかりませんが、いいですね。限定5品の鮪丼膳 680円もあります。まぁ、先着ですね。

 


ikunieda4.jpg

店の入り口近辺はカウンター、奥はテーブル席。女性客が多いことを見ても、まちに買い物に来たりした人の帰りでしょうか。まず間違いはなさそうです。かくいう私も4人テーブルにご婦人1名と相席。相手が話しかけてきてここは常連さんのようです。

 

ikunieda3.jpg

一番人気は魚河岸弁当。YAさんの取材時の昨年は1080円でしたので、200円値上がりしていますね。ボリューム等に変更があったかどうかは不明ですが。どれも美味しそうですが、ビギナーなので海鮮丼にします。

 

 

ikunieda5.jpg

着丼。丼は小さく見えますがそうでもないですよ。サラダ、味噌汁、お新香付。みた感じ これで1280円。1080円時代だったら安すぎですね。

 

ikunieda6.jpg

刺身は分厚くそして色んな種類があるので楽しめます。ご飯は酢飯ではありません、普通のあったかライス。

ネタは うに、いくら、タイ、かんぱち、カニ身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、中トロ、太刀魚、羽がつお、羽魚とあるが、うにとねぎとろの存在には気が付かなかった。あったのかどうかも不明ですが、たぶん海老に置き換わったのか。そういうこともあるだろう。

 

 

ikunieda8.jpg

結構な数が入っているので、刺身でお腹いっぱいになります。

 

 

ikunieda7.jpg

この味噌汁が味が出ていて美味しかった。また刺身ご飯が食べたくなったら来ます。相席の人は弁当だったが魚の煮つけも美味しそうだった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

celeb12.jpg 思い返せばこの1週間、フレンチづいてます。直近1週間でフレンチディナー4回目、昼も入れると5回目です。これほど集中することはありませんが、同じ店で同じ料理を食べているわけではありませんので、飽きるということはありません。しかもフレンチはお酒も美味しくいただけます。寿司毎日は飽きるでしょうがフレンチは飽きません、好きというのもあるんですが。今日はホテル日航熊本 2Fのレ・セレブリテにビジネスディナーで訪問。

 

celeb14.jpg

メインダイニングへ通じる通路。奥がキッチンとメインダイニング。

 

celeb15.jpg

入ってすぐの右側カウンター席、今日はメインダイニングではなく個室。

 

 

celeb16.jpg

6,7品構成のフレンチです。コースはディナーは事前予約をしないメニューは8500円コースです。

 


celeb2.jpg

パンも美味しいのですが・・・

 

celeb13.jpg

メインディッシュを+1500円で牛肉に変更

 

 

celeb17.jpg

アミューズ、シャルキュトリー。大阿蘇鱒など。


 

celleb1.jpg

オマール海老、ブロッコリー、トリュフ。見た目にも鮮やかで美しい。サラダ仕立てとなっています。シャンパンはお酒飲む人の数が少なく私はグラスで。

 

 

celeb3.jpg

本来ある、貝メニューを外していただき、変更は小さなリゾット海鮮。


 

celeb18.jpg

白はフルボトルで2011 マコン・ヴィラージュ テグエ・エ・フィス

 

celeb4.jpg

楽しみにしていた 吟醸フォアグラ ズワイガニ トマト

 

celeb5.jpg

卵の黄身も入っており、タルタルしていただきます。白に合いますね。

 

 

celeb6.jpg

マナガツオ 茸 ピスタチオ。 量はこれくらいがベターなんですよね。ここのは一皿が上品で量も多くなくていい。

 

 

celeb7.jpg

赤はサントリーの経営する3級シャトー ラグランジェのセカンドワイン。2013のレ・フィエフ・ド・ラグランジェ。ハーフボトルで。

 

 

celeb10.jpg

まだまだ若いフレッシュさを感じます。

 

celeb8.jpg黒毛和牛フィレ肉のグリエ。

 

celeb9.jpg

お肉もとても柔らかく、量も適度です。

 

 

celeb11.jpgフロマージュ・ブランと赤い果実。

 

今日もフレンチ+ワイン堪能しました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

このページのトップへ

2017年10月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tanca12.jpg

先週の土曜日夜に「博多 たんか」で牛タンを食べようと思ったら「予約で一杯です」とのこと。駅から三百歩横丁とは面白い名前をつけたものだ。オープンしてから1年半くらい経過するが、ここで食べたことはない。場所はKITTEビルの地階続きでJRJP博多ビルの地階。10軒ほどありますが、ここは飲み屋横丁という感じだ。

 

tanca11.jpg

博多ランチはくうてんが多いのだが、今日は三百歩横丁だ。ランチタイムは過ぎているし、選び放題のはずだ。福岡支店のCYさんからの情報で福岡のたんかの牛タンは気になってはいたが訪問せずじまい。本店は食べログで3.8もスコアする名店だから気になるのも当たり前。

 

tanca13.jpg

夜に比べて、営業してるのかなと思わせるくらい人が少ない。わかった!飲むイメージが強くてランチを食べるというイメージがないんだ。こういう店はアナ雪ならぬアナ昼だ。つまりランチのお得メニューがないから普通に食べると高くつきやすい、という。

 

tanca6.jpg

夜の混雑とはうそのよう、それかたまたま今日がそうなのか

 

昼も夜もないから、メニュー紹介。どれでも頼めるということ。ランチタイム限定でご飯とスープのセット 300円があるから、これを組合わせすればいい。

 

tanca1.jpg

タンワサとか気になるし。

 

tanca2.jpg

今日は 一番メニューらしき タンカの牛タン焼き 1430円にライスセット300円をプラスしよう。

 

tanca4.jpg

タン刺しとかいい感じ。

 

tanca3.jpg

以外に野菜料理もしっかりあるし

 

tanca5.jpg

すっかり忘れていたが、ここのチャーハンは名物だった。これこれ。

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tanca8.jpg

来ました。インパクトあるタン串だ。

 

tanca7.jpg

1本1430円ですよ。期待しないわけはないでしょう。いやぁ、分厚い。粒マスタードとマスタード。牛タン醤油をつけて召し上がれとのこと。

 

 

tanca9.jpg

見てください。この桜色の分厚い、牛タン。これはうまいですね。 一人で食べに来ている若い女性はたぶんリピーターだ。ぶどうジュースが欲しくなります。7回のお楽しみ。

 

 

tanca10.jpg

テールスープにも立派な肉入り。

これはこれは、美味しくて 牛タンか牛サガリを追加注文しようと思いましたが、また待たなくてはいけなくなるから、今日はやめて、次回は万全を期します。2本行きます。ご飯の炊き自体はいまいちだから、チャーハン希望かな。それだと昼4000円コースになってしまうけど。TT


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月16日 Posted time : 10:00 | Category : 編集長コラム

ichirann6.jpg

YAさんをグルテニストと評してはいるが 編集長は最近B級グルメのレポート少ないですね、と指摘を受けることも多く。うどん・そば・パスタ・ラーメン・パン・ピザを食べていないですしね。でも飲んだ帰り、体が塩分を欲してしまい、ラーメン一蘭を通り過ぎて、また戻ってビルの地下に吸い込まれてしまった。一蘭は一人でしか訪問したことがない。一人で入りやすいラーメン店。

 

ichirann2.jpg

味集中カウンターだから店員さんと会話もせず、隣の人と目を合わせることもない。味に集中できるシステム。もう20年以上も前だろうか博多で一蘭に入った時は感動したものだ。

 

ichirann1.jpg

味の濃さとか、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシューなどをセレクトする。以前「秘伝のタレは辛いので別添でお願いします」と言ったら、秘伝だからダメと断られた。店外流出して味を研究されると困るからだろうか。

 

 

ichirann4.jpg

ラーメン790円。久しぶりですね。

 

 

ichirann3.jpg

適度なこってり感。ねぎは青ネギが良い。

 

ichirann5.jpg

以前はこうやって麺を持ち上げて撮影していたな。兄ちゃんに「麺無し」とお願いしたら「それはできませんよ、お客さん」と言われた。麺の固さとかチャーシューあり、なしとか選べるのに、麺なしが選べないのはどうしてだろう。

私は最近ラーメンのスープニストとなっている。ラーメンはスープが命だ。麺は残して気の毒だったが麺無しをお願いした上だから仕方がない。体にラーメンの塩分が染み渡る。でもこの習慣はよろしくないだろう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lps0.jpg

この1週間はフレンチ料理づいている。昨日に続いて今日もフレンチ。来月開催される銀行の会合のワインセミナーの幹事の事前打ち合わせをフランス料理を食しながら行うこととなった。訪問した先は ラ・パッションさんで、以前は上通りの長崎書店の2Fにあったのですが、ココサの近くに移転して訪問は初めて。

 

【料理編】

lps1.jpg

前菜系。私が予約したわけではなく、非嗜好食品(小麦)が入って・・・

 

lps2.jpg

フレッシュ フォアグラ

 

lps7.jpg

オマール海老、帆立、鮮魚

 

lps9.jpg

鴨ロースト 苦手としてる食材の一つ・・・

 

lps10.jpg

デザート

 

【ワイン編】

lps12.jpg

偶然一致、昨日もシャンパンはデラモットのブリュット。本当はドンペリの予定が持ってくる人が変更したよう。

 

 

lps4.jpg

白は オパリー・ド・シャトー・クーテ 2011

貴腐ワインの産地、ソーテルヌの第1級に格付けされる辛口白ワイン。

 

lps6.jpg

フレンチオーク100%の新樽で発酵。この黄金色

 

 

lps5.jpg

私の持込みは 奮発して 2002 シャトー・ムートン・ロートシルト ボルドー第1級。フランスの5大シャトーの一つ。

パーカーポイント 94から96

カベルネソーヴィニヨン78%、メルロー12%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルト1%。ワインオブザヴィンテージと呼ぶにふさわしい素晴らしいワイン。飲みごろが2015から2040,50年というから、今開けるのはまだ若さを感じるかもしれないが。さあ、どうだろう。この年のラベルデザインはイリヤ・カバコフ、タイトルは「窓」

 

 

lps8.jpg

これは、当たりです。ワインセラーに13年ほど寝かせていましたが劣化はありませんし、濃いルビー色で本当に濃厚で豊か。ものすごいボディ感。グラスの中の時間の経過と共に、躍るような成長を感じさせます。02のムートンははじめて飲みますが、タニックで素晴らしいワイン、ポテンシャルありますね。。

 

lps11.jpg

今日いただいた、シャンパンとワイン。TT

 

食べログ(採点なし)

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

熊本ホテルキャッスルで役員会の後に会食会を実施しました。フレンチのトゥールドシャトーが貸切ということで宴会場をフレンチスタイル長テーブルで。長テーブルにホワイトクロスというだけで雰囲気が出ます。


csty2.jpg

乾杯のシャンパンはデラモット ブリュット。辛口のシャンパン。

 

csty3.jpg

アミューズはあわびのサンド、キノコ一口スープと揚げもの。スープだけ。

 

 

csty5.jpg

リクエストしておいたキャビアとパンケーキ。

 

csty4.jpgシャンパンとキャビア。うーん幸せなひと時ですね。


csty6.jpg皆さん美味しいと言っていたブレッド。

 

csty7.jpg

フォアグラの味噌マリネ ピクルス、フルーツ、サラダ

 

csty8.jpg

フレッシュフォアグラの上に綺麗にいちじくとか並べられていて、味噌味がこのワインとマリアージュ。

 

csty9.jpgポルトガルのワイン、マディラ セルシアル種 アルコール度 19%。この琥珀色した白ワインとまったりあうのが味噌テーストフォアグラ。新鮮な感じ。

 

csty14.jpg白はドメーヌ・ジャン・リケール ヴィレ・クレッセ  レ・ヴェルシェール 2014

切れる辛口。

 

csty10.jpgカマスのグリエとオマール海老  ラタトゥイユとポルチーニ添え

秋刀魚と思ってしまったが(笑) 白を味わう時間は短かった。

 

csty11.jpg

黒毛和牛フィレ肉のグリエ デュクセル仕立てトリュフオイルの香り

デュクセルソースって玉ねぎやらみじん切りにしてソースにしたもの。

 

csty12.jpg

肉めちゃやわらかい。

 

DSC08138.jpg洋ナシのムースとコンポート ガトーショコラとバニラアイス

 

明日もフレンチで極上グランヴァンワインとをいただきますので、今日はワインはほどほどにセーブしたつもりです。今日はキャビアとフォアグラでした。TT

 

 



このページのトップへ

2017年10月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hghm1.jpg

熊本でめったに鰻を食べない私が (いつも東京とかで食べているからね)今日は熊本で鰻訪問。家から近いのに初めての訪問の東濱屋 水前寺。出前では食べたことがありましたが。今日は子供たちが日曜学校で奥さんと珍しく2人でランチタイム。駐車場は3台分しかない。後は近隣パーキング。


いつもウォーキングしているとき、鰻を焼く煙が美味しそうだったけど、今日は食べる番。煙がボぉーーーーって出とる。

 

 

hghm2.jpg

明治10年創業と老舗です。東濱屋と読めない。


 

hghm3.jpg

さあ入りましょう。せいろ蒸しを事前に電話して予約しておきました。

 

hghm4.jpg

昔は座敷席だったのでしょうか、今はテーブル席です。江津湖にそそぐ川が透明でせせらぎ感がいい感じ。

 

メニューです。いつもの通りクリック拡大、戻る。

 

ghhm5.jpghghm6.jpghghm7.jpg

注文品は 並みの鰻セイロ蒸し。 2800円税別。特上は4600円もするんだよ。

 

 

hghm9.jpg

お重箱を見つつ撮影してから。

 

 

hghm10.jpg

開けて撮影。せいろ蒸しって福岡柳川とかで食べるけど、久しぶりのような気がする。

 

hghm11.jpg

柳川のものと比べて 錦糸卵の盛りが上品だ。鰻もいい具合に焼かれている。

 

 

hghm12.jpg

肝吸もいい仕事している。肝は食べると元気になる気、がする。


 

hghm13.jpg

鰻は国産ですよね。

 

 

hghm14.jpg

鰻の味付けも薄味で上品で、ご飯もふっくら。味付けが薄いからご飯の量は多いけど、食べれるんです。あったかくて美味しい。これは結構ご飯の量多いよ。普通の大人でもお腹がいっぱいになる量だと思います。ミニせいろ 1600円でも十分だったかもしれない。

 

 

hghm15.jpg

う巻 1500円も頼んでみました。ふわふわ卵焼きで結構うなぎの量が多いわ。ミニせいろにう巻、うざく、肝焼きと井戸水(日本酒)あたりをマリアージュさせるのもよいかもしれない。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)

 

 

このページのトップへ

2017年10月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cocah10.jpg

博多アミュプラザのくうてんで夕食予定。時間はあまりないので何にしようかと思い、シンガポール駐在員時代にもだいぶお世話になった「コカレストラン」に決定。タイスキだいぶ食べたなぁ。それから訪問することはあまりありませんでしたが、タイスキ食べたい。8月シンガポールに行った時も気になりましたが、日本にもあるので訪問はせず。こちらは福岡支店のCYさんも御用達。

東京の有楽町にコカレストランがあるのを知っていたので全国にあると思っていたら博多と有楽町にしかなさそうです。タイ・バンコクが本店のタイスキチェーンですがアジアに30店舗ほどあるようです。

お腹がすいているから早く食べましょう。

 

cocah11.jpg

入口に掲示されているメニュー。タイスキは1人では無理だから、セットメニューにするか。

セットメニューもなんだかなぁ、個別にメニューを拝見しましょう。これからしつこいくらいにメニューが出ますから。

飛ばしてください。でも行きたい人には参考になるかも。アトランダムに掲載されています。無いのもあります。

(クリックで拡大、戻る)

 

cocah1.jpgcocah2.jpgcocah3.jpgcocah12.jpgcocah13.jpgcocah14.jpg

メニューは豊富ですね。

ヤムウンセンの小(580円)とタイグリーンカレー (1000円)、マナジュース 200円

 

 

cocah5.jpg

お付だしのえびせん。こればかり食べるとお腹がふくれるわ。

 

cocah6.jpg

えび、いか、海鮮たっぷりのヤムウンセン。ピリ辛で食欲を増進します。ボリュームも小の割に十分。以外とこれだけでお腹が大分ふくれてきてしまいます。春雨よりその他の具材がたっぷりだ。

 

cocah7.jpg

タイカレー。以外にマイルド。脂がギトギト系ではないのでマイルドタイカレーの部類だ。チキンやエッグプラント等の具材も入っています。長粒米とのマッチングはやっぱりいいですね。タイカレーって食欲がなくてもサラサラお腹の中に入っていく不思議。

 

 

cocah8.jpg

ルーの量はたっぷりあるよ。

 

cocah9.jpg金属製のスプーンでいただく。ご飯おかわりできるほど食べてしまった。いやおかわりはしないけど。約2000円。やっぱり大人数で色々なメニューを食べるのがいいかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

okrr1.jpg

今日の夜はオークラ福岡でフレンチと知っていつつ、昼間はくうてんでポールボキューズ。魚のセレクションにしておいたしパンもいただいていないので、お腹は空いていました。会食でのコース。

 

 

okrr2.jpg

鮪と海老のタルタル 中トロの炙りカルパッチョ メスクランのサラダを添えて。

乾杯はモエ・シャンドン。パンを食べないのでタルタルだけ頂く。

 

 

okrr3.jpg

南瓜(かぼちゃ)のクリームスープ 野菜のエテュヴェを浮かべて

エテュヴェとは蒸した野菜ということです。濃厚なスープだった。

 

okrr4.jpg

白ワインはオークラセレクション。これは良いですね。いつものオークラセレクションワインよりちょっと上のクラスだと感じた。

 

 

okrr5.jpg

海老と真鯛のライムとバジル風味蒸し 小松菜とたもぎ茸を添えて シェリーのクリームソース

小松菜でソースが、デザインでしょう。

 

 

okrr6.jpg

海老の尾はカリカリ

 

okrr7.jpg

メルローのオークラセレクションワイン。グランヴァン。個人的には赤より今日は白が良かったと。

 

okrr8.jpg

牛フィレ肉のグリエ ディジョンマスタードのクリームと赤ワインソース

濃厚なマスタードクリームでした

 

okrr9.jpgデザート。

 

だいぶ、シャンパンとワインを頂きましたが、この日はまだまだ赤ワイン(2014 シュヴレシャンベルタン ドメーヌ フーリエ)だの白ワインをいただくことになりました。TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pboc1.jpg

JR博多シティくうてん9Fにある、ポールボキューズ博多に来ました。中庭風の開放的な雰囲気があるレストランの前を通ったことがある人は覚えているでしょう。くうてんに来ればとりあえず何か食べたいものが見つかります。大丸東京のポール・ボキューズの記事。ここはレストランひらまつの経営です。


ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 笑顔出るクレームブリュレ。


色々お店はありますが、ソフィストケイトされたハイブリッドなフィネスを求めるなら、ポールボキューズ。長たらしいがどんなフィネスか。

値段は適度で、気持ちよい食事ができる時間かどうか、でしょう。

 

 

pboc2.jpg

ランチセットは1500円から。パン、メイン、デザート、コーヒーで 1500円ですし、ブリュレとコーヒーだけでも1500円くらいかかってもおかしくはない。だから考え方によってはオッケー。

しかも平日などのフレンチレストランは以外とすんなり入れます。サラリーマン男性とかは敬遠する店ですし。

 

 

pboc3.jpg

(クリック拡大、戻る)

キッズメニューをきちんと準備しているのも有り難いですね。おすすめとランチセットとの違いは前菜が付くかどうか。フレンチなどは選択するメニューによってはプラスいくら、とかで高くなるので、選択メニューをする際は注意が必要です。

 

pboc4.jpg

(クリック拡大、戻る)

 


pboc5.jpg

店内に入るとフィネス感のためか、ワインが飲みたくなる。ぐっと我慢。

 

pboc6.jpg

前菜は 香ばしく焼き上げた秋刀魚とキノコのコンフィ 人参のサラダを添えて。

最近何かと値段が高く、漁獲量が減っているとの秋刀魚。オリーブオイル、バルサミコとイタリアン風の前菜です。

 

 

pboc7.jpg

香ばしい。

 

pboc8.jpg

2品目も魚をセレクト

軽く燻製をかけた九州産鮮魚のポワレ 焼き茄子のピューレ オレンジ風味のバターソース

どうも人参ときゅうりというのは、前菜のカラーリングにも似ていて見た目の新鮮さに欠けてしまった。真鯛だが、豚肉をチョイスすればよかったかと後悔する。

 

 

pboc9.jpg

続いてメインのクレームブリュレ。これを食べたかったのだから、メインと言ってもいいでしょう。笑

 

 

pboc10.jpg皿は薄いながらもしっかり食べごたえがあります。バニラビーンズも沢山はいった濃厚なブリュレ。いやー満足感ピークです。

おいしいデザート有難うございました。子供たちを連れて行ってあげたい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

ポールボキューズ博多ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ushiok11.jpg

COCOSAビルのすぐ近く、一風堂ラーメンが1階にある新しいビル、NADELビルに今年の5月にオープンした海鮮系の居酒屋「八潮」へ行ってきました。店舗数は少ないのに焼肉屋が2件も入っているビルです。会合で訪問したのですが、幹事さんは私の意向を考えず、新しいからという理由でこちらを予約したよう。

 

 


 

 

ushiok1.jpg

エントランスは2階です。鮨屋ではないのですが、鮨屋さんみたいにこうこうと店内が明るい。居酒屋はもう少し照度が低い方がよいと思うのだが。あまり明るいと落ち着かない私。今日は会合で料理3800円、飲み放題込5000円を頼んだようです。

 

 

ushiok2.jpg

白あえと前菜

 

ushiok3.jpg

刺身もタイ、きびなご、赤身とそう特筆すべくことはなくです。


 

ushiok4.jpg

鯛のおかしらの煮付け。こういうのものが人気があったり。

 

ushiok5.jpg

忘れました。お魚の。

 

ushiok6.jpg

飲み放題なのに、すぐ違うものをオーダーしたがる人っていますよね。私の事ですが。

飲み放題のワインってどういうものかわからないので、少し敬遠します。シャンパンのブーブクリコが7200円とお手頃価格、でしたので友人と相談しこれを頼むことに。夜のお店だともっと高いのは当たり前ですがね。

 

 

ushiok7.jpg

茶碗蒸し

 

ushiok8.jpg

エビマヨ

 

ushiok9.jpg

ローストポーク

 

ushiok10.jpgご飯もの。


ブーブクリコと南アフリカの赤ワイン トラピチェ 2200円 は安いけど美味しかった。TT

 

このページのトップへ

2017年10月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pirorin.jpg 「地鶏のじとっこ」で有名、全国展開している エーピーカンパニー(AP COMPANY)の基幹外食店 宮崎県日南市 塚田農場。来店数に応じ、昇進システムを取っています。最初は主任からスタート、課長、部長、専務、社長と昇進していきます。

私もたぶん7回以上行っていますので、「部長」の名刺を持っています。昇進に応じ色んなサービスが受けられます。このサイトに詳しく

 

塚田農場は素材感が高く美味しいので 家族にも受けがよいのですが、「ふるさと納税」で 日南市に寄付をして「塚田農場の商品券」をもらえることもリピート訪問になっています。

 

さて、メニューで美味しいものがあります。

 

IMG_7433.JPG

2017年も9月6日から発売となった、「加藤えのきの月見ステーキ」(680円)4年目の提供になるというが、昨年は4万4000食の注文があったとか。来年の1月ころまでの期間限定で。

エノキの軸であり、学校給食用に使用されたエノキの端材に甘味と旨みがあることに注目してメニュー化された商品である。生産しているのは宮崎県の(有)加藤えのきさん。えのきの切株につくねをのせてこんがりと焼き、卵黄とステーキソースを落としたメニュー。なかなか家では食べれないメニューですし、食感がシャキシャキ、帆立の貝柱みたいで美味しい。店員さんが卵黄をすぐつぶしてしまいましたので、写真が撮れませんでした。

卵黄がのった

塚田農場HP

 

IMG_7435.JPG噛めば噛むほど・・・という味がする。これはリピートしたいし、最近色々とメニューも変更になりました。

 

塚田農場のホームページ

 

 

 

 

 


このページのトップへ

2017年10月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

CAFE&MEAL MUJI  COCOSA熊本 こだわり素材

 

CAFE&MEAL MUJI(2)  COCOSA熊本 また来た

 

前回に9月になったらメニュー変わりますから、と聞いていたので もう変わっているだろうと来店。

 

mjrs3.jpg

今日は平日なのに、女性がほとんどで満杯。前回は夏休みに訪問していたし、平日というのは子供たちがいない女性率が高いのか。10分ほど待って着席。今日は一汁三菜定食 950円にします。

 

mjrs1.jpg

メニューとガラスケースの中のものは同一なので、事前に見ておけば間違いない。

 

 

mjrs.jpg新しいメニューも投入されたよう。選ぶ楽しみがあります。

 

mrjs4.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)

mjrs5.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)


メイン5品のうち、夏メニュー色の強いゴーヤーチャンプルーが残ったのが以外です。メインからは茶美豚の生姜焼き、サブメニュー7品の中からは、じゃがじゃこサラダと塩こうじラタトゥイユに決定。

mjrs6.jpg到着しました。ご飯は白米、味噌汁、漬物付きです。見た感じは今の私にとってはボリューミーに感じます。

 

 

mjrs7.jpg 

注文を受けて作ったと思われる生姜焼き。

mjrs9.jpg

じゃがじゃこサラダ

 

 

mjrs8.jpgラタトゥイユ

 

生姜焼きもボリュームがありました。健康的に野菜が豊富ですので女性に人気があるのでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

isgn10.jpg

会合があり、埼玉県の大宮に行きました。大宮は今年2度目、最近毎年訪問していますが、駅周辺は居酒屋さんが多く居酒屋さんで食事をすることが多いのですが、今日は会食場所らしいところです。伊勢錦(いせきん)さんは創業明治14年で120年余りの歴史がある日本料理店です。こちらに移転されたのは平成19年といいます、大通りから脇道にはいって、この黒い壁はなんだろう、と思うところが入口です。

 

 

isgn11.jpg

秋の入口、松茸フェアがあっています。今日は特選松茸御献立 12000円のコース料理を予約してあります。

 

 

isgn12.jpg

メニューを見ても、松茸が多い。熊本の人かどうかわからないですが、年配の方って「まったけ」って言いますよね。

 

 

isgn1.jpg

胡桃豆腐 無花果(いちじく)美味出汁


 

isgn13.jpg

穴子寿司、秋刀魚煮浸し 栗ブランデー煮 松茸身巻き 鴨ロース

 

 

isgn2.jpg

土瓶蒸し。松茸はこれも美味しいですね。

才巻海老、鱧、鶏、銀杏、結び三つ葉、酢橘

 

 

isgn3.jpg

お造りは鮪、鯛菊〆、勘八 鮪美味しい

 

 

isgn4.jpg

赤ワインを頂きましょう。サヴィニ・レ・ボーヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ(V.V) 2006年

 

 

isgn5.jpg

冬瓜ベーコン巻、栗麩利休煮、蟹黄身煮

 

 

isgn6.jpg

黒毛和牛山椒焼き

 

 

isgn7.jpg

松茸フライ

 

isgn8.jpg

松茸釜飯し

ふんだんに松茸がはいっていて、びっくり。

 

isgn9.jpg

デザート。

 

まったけ三昧、ありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2017年10月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

czt9.jpg

東京に出張で行きましたので、銀座でランチをしました。予約しておいた店、銀座シェトモ(CHEZ TOMO)に訪問です。銀座1丁目の交差点のすぐ近くのポーラビルの11Fと12Fにあります。大通り沿いですし迷うことはほぼありません。シェトモはオーナーシェフ市川知志のお店で以前は白金にあった店が2009年に銀座に移転。フランスでのシェフ経験をも生かし、有機などの食材にこだわり、訪問者の記憶に残るフレンチを提供したい同店、楽しみですね。

 

czt10.jpg

エレベータで上がります。おたる政すし 銀座店もここにあります。


 

czt14.jpg

店内はスタイリッシュな洗練された空間が広がります。高い天井。いいですね。夜は銀座の夜景を眺められるし、こちらにはフレンチでは珍しいカウンター席もあります。正面で話すより横に座って話す方が話が進む場合もありますね。

 

 

czt12.jpg

ワインも抱負に準備、ランチタイムにはマダムさんたちがほとんどですね。


 

czt13.jpg

ランチメニューは 3200円と6800円がありますが、ネットで時間と席を予約でき、特別メニューの税サ込5000円のメニューを。2品はチョイスメニュー。

 

 

czt15.jpg

お昼ですが、赤ワインを頂きます。


いえ、クランベリージュースです。ワインのつもりで。

 

 

czt16.jpg

手造りジャムとブレッド。

 

czt17.jpg

1品目はシェトモの名物の1品ともなっている、生ウニの貴婦人風。見た目にインパクトある1品です。ウフ・ブイエ(かきまぜた卵)と海老の風味を凝縮させた古典的なアメリケーヌ・ソースにウニを組み合わせたもの。

 

 

czt18.jpg

濃厚な味の1品ですね。うにの茶碗蒸しのよう。

 

czt19.jpg

2品目は魚とテリーヌのチョイスから、テリーヌを選択。

フランス産天然木の子とハンガリー産フレッシュフォアグラのテリーヌ仕立て 焼きネギのクリームソースと共に。フォアグラがとても美味しいしキノコとうまくマッチングしている。四角のものはキノコの出し汁を固めたムース。これはワインが欲しくなる一皿。

 

czt1.jpg

そしてまた シェトモ名物の無農薬野菜のディッシュ。

先ずは紙がテーブルに置かれます。26種の野菜とその料理法が書かれており

 

 

czt2.jpg

透明な皿の上に丁寧に並べられた宝石のような野菜たちが、文字が見えるように置かれます。ほんとうに鮮やかな野菜の色に目を奪われます。これは生の野菜ではなくて調理されたものなんです。山梨県境川産無農薬野菜で露地栽培。

 

czt5.jpg

フォトジェニックなシーンです。どれから食べようかと悩みます。

 

 

czt3.jpg

一つ一つの仕事が丁寧です。

 

 

czt4.jpg

白い紙を外してみたらこんな感じに。全部綺麗にいただきましたが、結構なボリュームがあります。

 

 


 

 

czt6.jpg

続いて魚もしくは肉のチョイスメニューから、メインディッシュ魚をチョイス。

長崎県産玄海灘産磯魚(小鯛、イトヨリ、カサゴ、ハタetc)を使ったサフラン風味の濃厚な南仏風スープ。小海老のクネル 国産有機白米と小海老のチップを添えて。

これも濃厚なスープで、チーズスライスを中にいれて、いただきました。手間がだいぶかかっていると思います。お腹いっぱいなのですが美味しい料理は食べれる。

 

 

czt7.jpg

最後に4種類のデザートの紹介。素材を見せてくれ説明してくれます。秋なのでモンブランをチョイス。

 

 

czt8.jpg見た目のインパクトといい味といい洗練されたデザート。エスプレッソと頂きました。


相当満足感の高いランチでした。提供のタイミングもとても良かったです。3200円のランチメニューには+900円でウニの貴婦人風をオプションで付けることもできますし、3200円のメニューだけでも満足感高いと思います。インパクトのある野菜アレンジ、あれはまた食べたくなりますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

銀座シェトモホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

imhn1.jpg

人形町今半のすき焼きといえば、もう日本全国区のブランドです。くうてんのようにデパートや空中店舗があると多くのデパートにありきやと思いきや、西日本では名古屋以西、ここ博多にしかありません。くうてんの中でも高級な部類に位置づけられるお店の一つです。一度も行ったことがないので、行ってみます。うなぎ屋さんでリッチなお年を召された方が、お肉を食べたい時にも利用されるシーンは多いかと。価格も鰻とあまり変わりません。

 

imhn3.jpg

昼から一人でしゃぶしゃぶとかすき焼きというわけにはいきませんが。

 

 

imhn2.jpg

枠で囲んであるランチメニューを選んだ方が無難かな。

 

 

imhn4.jpg

昼メニュー、クリック拡大。戻る。

名物というくらいなので、ステーキ重 2700円にしてみます。あまりステーキ重というメニューを今まで食べたケースは少ないかもしれない。

 

 

imhn5.jpg

野菜サラダと前菜

 

imhn6.jpg

ステーキ重の到着。ミディアムレアをオススメされたので、それをオーダーしました。味噌汁と粉山椒が合いますよということです。

 

 

imhn7.jpg

肉はそこそこのボリュームはありますね。

 

 

imhn8.jpg

タレ自体は濃くありませんので、少し物足りなさを感じました。肉もそんなに脂が乗っているという質のものではありません。食べ進むうち、うな重と比較して飽きてきました。塩コショーとかテーブルにあるとよいのですが、今日はそのまま最後までいただきました。ご飯の量も結構あって、お腹もいっぱいに。

土曜日だったため、隣のテーブルの人はすき焼き食べている。美味しそうに見えて。

 

imhn9.jpgかぼちゃプリンのデザート。

 

TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

このページのトップへ

2017年10月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

月の木(寿司) (2)1 大分市でおまかせ握り

 

 

otkk3.jpg

箸休めの茶碗蒸しの出しが美味しすぎて、感動する。福井の日本酒 梵もいただきます。ついでに月替り日本酒(青森)も。今日は日本酒がとても美味しく。

 

 

otkk4.jpg

後半に行きます。いわし。

 

otkk5.jpg

あめか

 

 

otkk6.jpg

このしろ

 

 

otkk7.jpg

車海老。

 

otkk8.jpg

うに軍艦。海苔がパリパリなうちに召し上がり下さいと。

 

 

otkk9.jpg

濃厚味の卵焼き。フィナーレも近づいてきましたね。

 

 

otkk10.jpg

ふわふわ穴子。ワンダフル。

 

 

otkk12.jpg

濃い味がしっかりついたかんぴょう巻、わさびがピリッと。

 

 

otkk11.jpg

お椀もの。

8800円の1本勝負のメニューで最後の椀までいくと最高の満足感。また絶対行きますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.62)

このページのトップへ

2017年10月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

otkk13.jpg

大分で澄み切った美味しいお寿司の世界に。半年ぶりの訪問です。江戸前寿司の月の木。カウンター8席のお店で人気店ですので、週末はなかなか予約が取れません、ですので事前に予約とってでも訪問したくなります。前回は一人で訪問しましたが、今回は5人での訪問となります。


月の木(寿司) 大分市 (1) 気に入りました

 

月の木(寿司) 大分市 (2)

 

otkk23.jpg

金属製の重いドアをあけるとカウンターの空間が広がります。窓からは隣のビルの煉瓦が見え、赤嶺さんいわく「この景色が私は特に気に入っています」とのこと。前回は8席のカウンターだったのですが、今日はカウンターに座る人数の関係上でしょう、9席になっています。本当に清潔感がある店内です。

 

otkk22.jpg

先ずは前菜から。北海道産の生のいくら。今年はいくらが高騰していますね。貴重品です。プチプチ弾力感があります。

 

 

otkk21.jpg

生タコ、関アジ、シマアジ、コウイカの4点セットのお刺身盛り。私はビールは飲まず井戸水(日本酒)をぐぐっといきます。銘柄は大分の鷹木屋。

 

 

otkk20.jpg

関アジもたまらなく日本酒にあいますね。


 

otkk19.jpg

あてに、たらこわさびが出るのですが、特別オーダーしておいた煮物、鯛の煮付け。身もぷりぷりして美味しい。このあたりで日本酒を高知の日本酒に。そして段々お腹もふくれつつ、お寿司のスタート。

 

 

otkk18.jpg

関さばから。月の木さんでは醤油などは軽く塗ってあります。そのままいただきます。シャリは赤酢で小さ目。

 

 

otkk17.jpg

コウイカ。

 

otkk16.jpg

日南しぶだい

 


otkk15.jpg

シマアジ

 

otkk1.jpg

づけまぐろ

 

otkk2.jpg貫目は 南まぐろオオトロ。やっぱり美味しいです。もう1個いきたいくらい。

 

ここでお寿司は一旦休憩。(2)へ移ります。明日。TT

 


このページのトップへ

2017年10月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ondork1.jpg

小倉でランチを取ることになり、JR小倉駅から徒歩5分、魚町にある焼肉「おんどる」さんを訪問しました。魚町は昼間から焼肉屋で混んでいるランチ地帯ではないという読みがありました。創業は1987年。おんどるさんは本店は水巻で北九州市内に3店舗があります。質が高い肉を提供しており、高い評価となっています。


 

ondork2.jpg

さあ、中に入ってみましょう。

 

ondork3.jpg

入口には木製の牛のオブジェがお出迎え。頭のくぼみに小銭が入っているのは、いかにも日本的で笑ってしまいそうになります。ドンキホーテのレジの小銭とは違いますよ。

 

 

ondork4.jpg

店内は昼だからうす暗く感じる8席分のカウンターとその奥にテーブル席、お座敷など。カウンター席のある焼肉店って珍しいけど、こういうところは一人でも訪問しやすいからいいですね。

 

 

ondork5.jpg

ランチメニュー(1)(クリックで拡大、戻る)

神戸まぶし980円が一番安いランチメニュー。

 

 

ondork6.jpg

ランチメニュー(2)(クリックで拡大、戻る)

サーロインステーキ重なども売りのようだ。

 

ondork8.jpg

ランチメニュー(3)(クリックで拡大、戻る)

コールドステーキとは文字通り冷たいステーキ。

 

ondork7.jpg

ランチメニュー(4)(クリックで拡大、戻る)おんどるのすきしゃぶはここでしか食べられないとか。今日はこのすきしゃぶ御膳 3300円にしてみよう。


 

ondork9.jpg

サラダを食べて。

 

 

ondork11.jpg

肉とつけたれ、卵が運ばれました。焼いて、タレと玉子につけて食べる。

 

 

ondork10.jpg

お肉にはだいぶ脂がのっているようだ。

 

 

ondork16.jpg

肉が薄いから油を引いたとはいえ肉が網にひっついてしまう。もう少し厚さが欲しいところ。

 

 

ondork15.jpg

タレにつけて、卵をからめていただきます。やわらかい。。。。

 

ondork13.jpgすきしゃぶを食べ終わる頃、セットメニューが運ばれてきました。タレ、醤油など、ナムル。

 

 

ondork14.jpg

焼肉の肉も質がよさそう。上段から上タン、豚バラ(宮崎県産おいも豚)、鶏もも(宮崎県産さくら姫豚、極上カルビ、ハラミ

 

ondork12.jpg特選カルビを生玉子とタレにからめていただきます。脂がのって美味しい。。TT

 

食べログ(掲載時点  3.59)

 

おんどるホームページ

このページのトップへ

2017年9月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

以前訪問した SUN華凰(その時の記事) 夜に訪問したいと思っていましたので予約して訪問しました。以前一度満席で断られたことがあります。週末は家族連れ等で混んでいるようです。予約必須ですね。

 

sunkaoh15.jpg

四川料理です、元ホテルキャッスルに勤務された方のお店で評判の良いお店です。

 

sunkaoh16.jpg

予約した時間に訪問すると「満席です」との表示が。やはり予約して正解。

メニューは全部でありませんが紹介します。

 

sunkaoh3.jpg

メニュー1(クリックで拡大、戻る)

 

sunkaoh1.jpg

メニュー2(クリックで拡大、戻る)

 


sunkaoh2.jpg

メニュー3(クリックで拡大、戻る)

 

sunkaoh4.jpg

メニュー4(クリックで拡大、戻る)

 

 

sunkaoh5.jpg

白ワインが飲みたかったのですが、たまたま品切れで カリテッラ(チリ)のハーフボトルを。かなり冷やしてありましたが、常温ワインが好み。


 

sunkaoh8.jpg

前菜で隊の中国風活造り 1700円

 

sunkaoh9.jpg

鯛の身も厚く、さっぱりした前菜ですし美味しいですね。


 

sunkaoh7.jpg

春巻き1本130円というリーズナブル。私はパスします。

 

sunkaoh13.jpg娘の大好きなフカヒレスープ。1650円。十分4人前は取れる。


 

sunkaoh6.jpg

チンジャオロース 1200円。結構ボリュームありますし、これも美味しい。白ライスが欲しくなる。

 

sunkaoh14.jpg

チンゲン菜の塩炒め 750円。中華のスタンダード。塩味でシャキシャキ。


 

sunkaoh12.jpg

蟹肉焼き飯 800円。丁寧に作られた感がある、チャーハン。玉子もきめ細かく、美味しいですね。

 

sunkaoh10.jpg

チマキ
かなり美味しかったです。紋甲イカのミルク炒めとかホイコーロとかまだ食べたいものも沢山ありました。TT

このページのトップへ

2017年9月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_7389.JPG 夕景が綺麗なポイントとして有名な珍観光地、河内の「ナルシスト丘」にナルシストの一人として行ってきました。冗談。熊本市内からもそんなに遠くないですね。バイクのツーリストさんに人気のポイント。しかし高所が嫌いな私は絶景ポイントというのは苦手なんです。アプリで標高を測定してみたら250mとのこと。でも以外に高く感じます。横島方面の埋め立て地を眼下に。今日は普賢岳方面は綺麗には見えませんでした。

 

こちらのサイトで夕日等みてください。

 

YAさんがこの近くのカフェを紹介していたと思い、訪問してみました。マンダリンカフェ。 記事

 

mdrn6.jpgナルシストの丘から徒歩2分くらい。1軒屋のカフェ。土日はランチもはじめられたよう。

 

 

mdrn1.jpgここから望む景色も綺麗だ。目の前にはモダンガールという老人ホームさん、毎日朝この眺めを見てリフレッシュされるのだろうか。


 

mdrn2.jpg店内もありますが、テラスもお客さんがだれもいなかったので、テラス席に。

 

mdrn3.jpg飲み物系はビールもワインもコーヒーも抹茶オレもなんでもワンコインの500円。ということでせっかく飲むなら


 

mdrn4.jpgアイスコーヒー。車だから。


 

mdrn5.jpg子供たちはカシスのシャーベット。

熊本市内より標高250mあるから、少し涼しいです。もし台風とか来たら風すごそうだなぁと思い、帰ってきました。TT

 


 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月28日 Posted time : 00:03 | Category : 編集長コラム

taiyokenrr5.jpg

小倉で飲んだ後に、ラーメンを食べようということになり訪問したのがこちらの太陽軒本店。支店があるかどうかはわからないが、ホームページでは創業昭和元年というから驚いている。小倉の繁華街の中心部に位置します。店はカウンター席13席のみ。確か6,7人で来店したがぎりぎり席が空いていた。ラーメン店は久しぶりの訪問。


 

taiyokenrr1.jpg

メニューを拝見。塩、みそ、しょうゆ、それに最近加わったのだろうのエビ系。豚骨ラーメン以外はある。やはり豚骨ラーメンは臭いとダシが違うからだろう。〆のラーメン店なら豚骨よりこちらの方がベターでしょう。男女とベトナム人のアルバイトの女性が調理のお手伝いをしていた。

 

 

taiyokenrr2.jpg

両となりの人のラーメンだけ撮影させていただきました。こちらがエビラーメン 730円。中央にあるオレンジ色がエビエキスでしょう。これを溶かしたら海老の味になっていくのでしょう。ベースは塩ラーメンとかと変わらないのでは。

 

 

taiyokenrr3.jpg

特製醤油ラーメン 730円。醤油の割にはチャーシュウはがっつり系のが入っています。3色の麩がどういう意味なのかはわかりませんが、

 

taiyokenrr4.jpg

私もお付き合いで来店した以上頼まないわけにはいかないので、注文は味噌ラーメンの麺無し。もやし多めと注文したのですが、そう多くもありませんでした。味噌汁ですね、あっさりめ。でもそんなに濃くは無い味噌スープですし麺も食べていないので翌日の胃もたれもありませんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.27)

 

太陽軒ホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年9月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tenho9.jpg

小倉前日入りで小倉駅に到着したのが22時少し前。夕食を食べずに我慢したのでお腹が空いてたまりません。何を食べるか考えていて夜まで空いているということで焼肉を検索。この時間なら混んでいるという心配はないでしょう。それでもこちらのお店は22:30ラストオーダーなんですね。

選んだ店は小倉魚町の飲食街が沢山ある通りにある、天穂と書いて「てんすい」と呼ぶ。黒毛和牛でも幻とも言われる小倉牛という北九州の和牛を取り扱っているらしい。


 

tenho10.jpg

メニュー1 クリック拡大 戻る

 

tenho1y.jpg

メニュー2 クリック拡大 戻る

tenho2y.jpg

メニュー3 クリック拡大 戻る

 

今日は夜も遅いし、肉とアルコールだけに決めた

 

小倉牛特選カルビ 1500円

厚切り牛タン 1680円

グラスワインと日本酒

 

 

tenho3y.jpg

お通しのローストビーフと赤ワイングラス。やはりグラスの赤ワインはポテンシャルが低く感じる。

 

 

tenho4y.jpg

小倉牛特選カルビ。すごいサシではないですか!びっくり。A5クラスですね。こんなサシを夜に食べて胃は大丈夫でしょうか・・・・不安。とりあえず、この肉の迫力にさきほどの赤ワインでは完全に負けてしまいます。


 

tenho5y.jpg

厚切り牛タンもいいですね。4切れ。

 

 

tenho6y.jpg

赤ワインはポテンシャルが低く、さっさと日本酒(冷)に切り替えて肉を焼き始める。銘柄は忘れてしまった。

 

 

tenho7y.jpg

さっとあぶって 塩・コショー で充分な肉です

 

 

tenho8y.jpgもう引き上げます。想像した通り、相当な脂の乗り具合ですが柔らかい。

しかしこの時間にこの脂には体がびっくりしてしまいました。翌日軽い胃もたれ。

 

でもここは肉の質がとてもいいと思います。TT


 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

天穂ホームページ


 

 

 

このページのトップへ

2017年9月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

札幌フレンチ ル・マンサ(1)

前日に続き

 

mansa3.jpg鮑のヴァブール 黒磯海苔のクルート 肝ソース

素材を蒸すという意味につかわれるヴァブール。見た目も相当濃い色の肝ソース。

 

mansa4.jpgやわらかい鮑が。濃厚なソースも。ワイン、モンラッシェとの相性もとても良い。

 

mansa6.jpg十勝・黒毛和牛A5 フィルのポワレ

相当お腹がいっぱいになってきたのですが、美味しいものは食べれますね。ワインは赤に変えましょう。白ワインも結構飲んだので赤はグラスにしました。2杯いただく。

 

mansa5.jpgグラスワインは、神の雫のワイン、シャトーモンペラ 2014 いいチョイスではないですか。

10年以上も前に三國シェフと食事をした際に、シャトーモンペラをいただいたのを思い出しました。(その時の記事

 

mansa7.jpg

アヴァンデセール

アヴァンデセールとは「デセール」はデザート。デザートの前の1品のデザートという意味で冷たいデザートが多い。


 

mansa9.jpgデザート4種からのチョイスで私はクレームブリュレ。冷たいクレームブリュレ。


 

mansa11.jpgバニラビーンズ感がハンパなく濃厚なブリュレ。やっぱり美味しい。


 

mansa8.jpgもう一人の方は 桃と柑橘茶のスープ

 

mansa10.jpgエキストラデザート マカロン、チョコ、ゼリー。

 

結構満足感が高いコース料理でした。


食べログ(掲載時点 3.52)

 

ルマンサ ホームページ




 

 


 

このページのトップへ

2017年9月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mansa19.jpg 札幌の最後は知り合いと評判の札幌フレンチを訪問することにした。ル・マンサ。ミシュラン北海道一つ星のお店である。店名のル・マンサは逆読みするとサンマ。釧路から笹井シェフがこちらに移転したのは2015年9月である。釧路では評判のフレンチであったらしい。

ル・トロワのビルはファッションビルとレストランなどが入居するビルだが、以前は丸井大通り別館。ル・マンサの周囲は普通のレストランが多いのだが、ここだけは高級感あふれる異空間に感じる。フレンチは雰囲気・料理・サービスどれをとっても満足いくべきものが欲しいがここは眺めも大通り公園も望めスタイリッシュな空間が広がる。

 

mansa18.jpg今日のメニューはこちら。品数といいボリュームもそこそこありそう。ディナーは9000円、12000円、15000円と3コースがある。ル・マンサでキャビアを食べるために、コース料金は15000円。税サ別。

 

mansa16.jpg1皿目は毛ガニとキャビアのマリアージュ。キャビアの金属のふたをあけると一面にキャビアが広がる。アミューズのキャビアは本当に心が高まる瞬間です。

 

mansa15.jpgキャビアの下には毛ガニのほぐしが敷かれている。これは美味しい1品だ。キリッと冷えたシャンパンと行きたいが、今日は泡は飛ばして、

 

mansa17.jpg2014 シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ レショーメ

白ワインは冷やしてしまいますので、濡れる前に撮影。今日はこの1本をメインに考えています。さすがモンラッシェのプルミエクリュ。

 

mansa1.jpgワインにパンは欠かせないと以前は思っていたが、最近はパンは見るだけ

 

mansa14.jpg

とうもろこしの冷たいスープ

とうもろこしエキス氷のディスクを添えて

 

 

mansa13.jpg

氷を割ると冷たいスープが更に冷たくなる。

札幌の夏は以外と寒いので、氷の入ったスープだと体が冷えてしまいます。常温程度のスープがよかったかも。

 

mansa12.jpgルマンサの名物ともなっている、サンマのタルト ルマンサ風。とうもろこしベースの生地のミルフィユにサンマをのせ、華やかにアクセントをつけたもの。サンマもフレンチに会いますね。

 


mansa2.jpg

アナゴのファルシー カレー風味

ファルシとは詰め物のこと。

 

 

料理編は明日に続きます。

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

ルマンサのホームページ

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

itdk10.jpg

今日は熊本の人だけで、すすきのにあるジンギスカンの店「いただきます」に。北海道へ来るといつもジンギスカンへ来ているのですが、今日は北海道産ジンギスカンのお店。全く知識がありませんでした。北海道産のジンギスカンって相当貴重なんですね。羊肉の99.5%は輸入らしいですよ!!

行列してるお店ですから。ラーメン屋じゃないから回転率がいいわけではないでしょうに。


 

itdk9.jpg

すすきのの道沿いの駐車場のようなスペースに、バーベキュー風が用意されていて予約していたこちらに案内されました。外は涼しいしなんていうことはない。気持ちがいい。

 

 


 

 

itdk11.jpg

サイドメニューもドリンクメニューも気合が入っているような感じではなく、逆にメニューが少ないくらいだ。


 

itdk12.jpg一方、肉には相当気合が入っているのだ。ジンギスカン=安いもの と考えている方はその常識が変わる。いただきますはジンギスカン屋を開くために羊飼いになってサフォーク種を育てている(直営農場)のだ。それにこのサフォーク種は相当な高級肉で、A5の牛肉より高値で取引されているとか、ミシュラン星の店でも使われているとか。安いジンギスカンとは育ちが違う。

 

itdk1.jpg

モモ・ウデ・バラ・スネなどがはいった、このジンギスカン1皿で980円、です。

 

 

itdk2.jpg

肉が新鮮だからあんまり焼く必要もないくらいだ。

 

itdk3.jpg

肉質はジューシー。塩とコショーでいただくのが美味しい。せっかくだけど、美味しいワインが無いのが残念。

 

itdk4.jpg

レバー 980円。これで2人前だったかな。

 

itdk6.jpg

ロース 1790円/1人前。 これは1.5人前だと思う。

 

 

itdk7.jpg

こちらがいただきますの、ハイスペック肉。ヒレ。3人前です。1人前3,300円もするのですよ、牛肉と同じというよりそれ以上じゃないですか。これは3人前でということで1万円。いやぁ、ジンギスカン侮るなかれ。

 

itdk8.jpg

確かにこのお肉は柔らかいし、ジューシーですよ。でも焼肉だし、少しもったいない気もしました。飲み代を入れて皆で割って8000円。ジンギスカンって結構するのね。後で聞いたら札幌の人もサフォーク種のジンギスカンなんてそうそう食べれるもんじゃない(高いから)ということです。

いただきますじゃなくて、ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.69)

 

いただきますホームページ

このページのトップへ

2017年9月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sankai4.jpg

9月上旬、札幌へ行きました。銀行関連の行事で熊本から同志14名ほど。熊本の最低気温23度くらいが札幌の最高気温、だいぶ肌寒く感じます。いつもより少し低めかもしれません。札幌の人たちと交流会ということで、予約されていたこのお店に来ました。「さんかい」せっかく札幌へ来たので、お金は出してももう少し高級なところへ行きたかったのですが、仕方ありません。やっぱり旅は食事が充実したものでないと楽しくありません。

 

sankai5.jpg

料理はコース料理+飲み放題。お酒のメニューも、あまりそそられるものではありませんね。いまは不漁で珍しい秋刀魚の刺身。

 

 

sankai6.jpg

キンキの煮付けが一人1つ。これが結構値段するのか。不明ですが。味は美味しい。


 

sankai1.jpg

普通の天ぷらだから眺めておいて。


 

sankai2.jpg

ローストビーフも少しこってり気味。

 

sankai3.jpg

お寿司の3貫盛り。なんというんですか、懇親会メニューですから、どうだこうだのという感想もあまりありません。

 

翌日は札幌市内を5:30に出発し桂ゴルフ倶楽部で7時からゴルフをしました。5:30頃はすすきので朝帰りする人たちなども多く見かけます。北海道は午前中のスループレーでランチは

 

harbua.jpg真駒内産ハーブ豚丼 1650円。 肉厚の豚肉にこってりした味付けがついてます。

 

北海道では美味しい食を楽しみたいんですが、今回は初めて札幌ラーメン無しになりそうです。

 


 

このページのトップへ

2017年9月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

syobo9.jpg

だいぶ前に訪問したのですが、掲載するのを忘れていました。訪問先は博多くうてんの9Fにある椒房庵(しょうぼうあん)。ここっていつも行列があって、早い時間でないと入れない。行列ができるお店というのは興味があるので訪問してみることにした。

ここは久原本家グループ、だしで有名な茅乃家の飲食店だったんだ。椒房庵の明太子も同グループの商品。だから、女性のお客さんがいつも多いんだ。というかくうてんは全体的に女性が多いが。。

 

 

syobo11.jpg

明太子も売りの一つ。博多の玄関口だもの。

 

syobo12.jpg

ふむふむ

 

 

syobo10.jpg

定食って結構いい値段するじゃないですか。でも女性のお客さん多いんだよね。これはもう少し奮発してうなぎ屋でも行けばよかったか。

 

syobo14.jpg

タ、タマゴ焼きに 1,500円は払いたくない思い・・・

 

syobo13.jpg

それならこれしかないでしょう。銀だらみりん御膳 1,950円。2000円オーバーの定食。どんなに期待をしていいのか、よくわからない複雑な気持ち。

 

syobo1.jpg

見た目は普通の定食です。

 

 

syobo2.jpg

銀だらも、個人的にそう感動するわけではなかった。量もそれほど多くない。

 

syobo3.jpg

玉子焼き

 

syobo4.jpg

茅乃家のだしを使った味噌汁。いやいや、すみません。私にはそれほどまでのこだわりは。。。

 

syobo5.jpg

確かにご飯は美味しかったが、おかわりはしなくていいかなと思ったし

 

syobo6.jpg

明太子は二切れ

 

syobo7.jpg

汁気の少し多いポテサラとか。

 

syobo8.jpg

玉子焼き。

なんというんでしょう。定食で2000円。もう少しだせばもっと美味しいものもあると思うと、くうてんで違うところを選びそうです。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

シンガポールの観光地、セントーサ島へ行きました。以前セントーサ島のすぐ近くに住んでいたので、この辺りの地理には詳しいのですが、大分雰囲気が変わりました。オーチャードからは143番のバスで移動。143番は基幹ルートの一つなので二階建バスの事も多く、子供も二階建バスの2Fの最前列に大喜び。 以前はWTC(ワールドトレードセンター)と呼んでいたセントーサ島のゲートウェイは今はVIVO CITYという巨大ショッピングセンターになっているし、セントーサ島まではモノレールもあり、ユニバーサルスタジオシンガポールもありで一大エンタメ地域。

 

今回はセグウェイに乗りにセントーサ島へ行き、セグウェイは短い時間だったけれど楽しかった。

 

ランチはアジアン、シンガポールフードも食べておかないとということで、モノレール終点駅のそばのGOOD OLD DAYSというローカルフード屋に。

GOOD OLD DAYSって古きよき時代? 昔ばかりを懐かしまないで今を楽しもうよ、って思う。店名に惹かれない。

 

GOD66.jpg

海の眺めがよいのかと思いきやそうでもない。客先は相当広い。週末なのだがそれほどお客さんは多くない。VIVO CITYのフードコートはお客さんが相当多い。

 

GOD1.jpg

メニューはクリック拡大。

ローカルフードもS$12程度(1000円くらい)と高級レストランの感覚が普通になっていると激安に感じる。フードコートならS$7ドル程度。

 

GOD55.jpg

BEEF HOR FUN (牛肉米麺) 肉が沢山。幅広麺の米粉麺。見た目以上に美味しい。

 

 

GOD33.jpgサテー (S$7.8) マレー風焼鳥 ピーナツソースは甘いがつけると美味しい。サテーは日本の焼鳥より1本の身の量が少ない。

 

 

GOD22.jpg

フライドライス(焼き飯) S$9.8

海老も沢山。ぱらっとした長粒米のチャーハン。

 

 

GOD44.jpg

シンガポールチキンライス (海南鶏飯)S$11.8

チキンライスを食べずしてシンガポールは・・・グルテンフリー食。3種のソース(しょうが、チリ、ダークソイ)は必須だ。

この味でS$11.8ならありだと思う。


シンガポールは高級中華もいいけど、フードコートなのでぜひともローカルフードを堪能したい。

 

このページのトップへ

2017年9月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cjms15.jpg

シンガポールのホテルといえば、ラッフルズホテル。このホテルに近づくとシンガポールへ来たなと思う。駐在時代も含め一度も泊まったことはないが。シンガポール名物のシンガポールスリングを飲みにロングバーへ観光客を連れてきたのは数知れず。今はリニューワル中でショップも直営を除いては閉まっています。

 

cjms16.jpg

のっぽビルWESINがあるシティホールのそばに、チャイムスという教会堂の構内にレストラン群がオープンしたのは私の駐在していた1990年代後半だったと思う。ここがオープンした時は驚きましたよ。教会の敷地内でお酒とか飲むレストランがあるのだから。夜になるとめちゃくちゃ雰囲気がよくて、とてもなつかしい場所。本食とかも増えているが当時はイタリアンとか洋食中心でした。

 

私の家族 大人2名+小人2、シンガポールに駐在している妹夫婦2名の6名で来店。(妹の子供は塾に)

 

cjms17.jpg

今回はここ、レイガーデンという中華。以前から日本からの来客や送別会などで結構利用していたレストランで香港が本店の名店。シンガポールに以前は2店舗ありましたが、今はここだけ。日本人にも人気があり、シンガポールの中華ではアッパークラスの位置付け。駐在時代から上司には中華のオーダーの仕方とか色々教えてもらいました。結局中華は、フカヒレ、イセエビ、あわび、といった高級食材を入れるとめちゃくちゃ高くなるんです。たぶんここも当時の2倍くらいするでしょう。

 



日本人が高級と思う、北京ダックは以外と安いんです。だから当時食べ過ぎて私は今は好きじゃない。でも今日は 先ず半羽を注文しておきます。(S$36、税サ込で3,500円くらい)

 

 

cjms1.jpg

前菜 (S$3.5、税サ込350円くらい)


 

cjms4.jpg

にんにく風味のきゅうり (S$6、税サ込700円くらい)


 

cjms3.jpg

クラゲのバルサミコ酢漬け (S$14,税サ込1400円くらい) 結構味が濃い。

 

 

 

cjms5.jpg

ドランクンプローンを食べたかったが子供もいるので、普通のボイル海老を400gオーダー。

100gS$14なので、S$56税サ込 5500円くらい

ぷりぷりして美味しいが、昔はこんなに高くなかった

 

白ワインを頼んだが、普通のやつで1本1万円くらい。

 

 

cjms6.jpg

なつかしい。これを食べるため!スープなんだが、今日のメインの位置づけ。ふかひれの蟹みそスープ。

4人前オーダー。1つS$52、税サ込5000円。

 

 

cjms7.jpg

高い以上にやはり濃厚で美味しい。

 

cjms8.jpg

北京ダック。半羽で10枚くらいでしょう。

 

 

cjms9.jpg

味噌をつけて、ネギを巻いて。

 

 

cjms10.jpg

このあたりは定番の安いメニューで 豆腐と茄子の煮物 S$26

 

 

cjms11.jpg

これも定番です、香港カイラン。(S$24、2400円くらい)

 

 

cjms12.jpgcjms13.jpg

北京ダックのあまり肉はチャーハンとか焼きそばにしてもらいます。今日はチャーハンにS$27

長粒米のチャーハンはやはり美味しい。

 

昔は一人6,7千円だったと記憶しています。駐在員に聞いたらここは普通に飲んで食べたら、1名1.5万円から2万円とのこと。今日は 大人4名、子供2名でメニュー少な目で6万円弱でした。

 

cjms14.jpgチャイムス (CHIJMES) の夜はとても素敵な雰囲気です。

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tsutar9.jpg

ミシュランガイド東京2016にてラーメン屋ではじめてミシュラン1つ星を獲得した「Japanese Soba Noodles tsuta」の初の外国出店店舗、シンガポール店を訪問しました。おやつ時間でお腹はすいていないが、来ないわけにはいかんでしょう。

 

日本では整理券もらうために、朝7時からとか並ぶんですよ。覚悟しないと。東京でも行ったことはないです。

食べログでは評点3.96

 


シンガポール店は2016年11月にオープン。少し落ち着いたとはいえまだ日本人はじめお客さんは多いようです。外国出店の足掛かりでシンガポールは1店舗目です。メガネのアイウェアショップオンデーズと組んで出店しているようです。

 

おっと、こちらは裏口だった。

 

tsutar8.jpg

表門へ。オーチャードロードからスコッツロードを右折、スタバが目の前にあるビルの1Fです。パシフィックプラザというビルですが、20年ほど前にはここには当時ZOOKと並ぶシンガポールの人気ディスコ、STUDIO BAKERSがあったのを思い出す。

 

 

tsutar1.jpg

 トッピングネタを店員に勧められたが、タッチパネルで基本の醤油そばを注文。シンガポールドルで15ドル。日本円にして約1200円少し。日本でも1000円くらいはするから、そんなに高くはない。トッピングとかしたら2000円近くにはなりますが。

 

 

 

tsutar2.jpg

店内はカウンターのみ。おやつ時間なのにほぼ満杯。ミシュランというのはすごいのね。

 

 

tsutar3.jpg

ラーメン到着。透き通ったスープとトリュフのかぐわしい香り。

 

 

tsutar6.jpg

この塊がトリュフソースというか、トリュフオイル。秘密の味の塊なんだな、これが。

 

 

tsutar4.jpg

スープは透き通った雑味のない味で魚介の風味。シンガポールでもこんなにレベルが高いラーメンが食べれるようになったと感激する。

 

 

tsutar5.jpg

麺も細麺の割にはしっかりとした歯ごたえがあり、いい感じである。しかし麺を食べすぎるわけにはいかない。ここはスープに専念するとする。

 

tsutar7.jpgこのチャーシュウはイマニですな。

 


 

 

このページのトップへ

2017年9月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mariott1.jpg

シンガポールに着いた日は飛行機の遅れと金曜日のめちゃくちゃすごい渋滞に阻まれ、チャンギエアポートからオーチャードまで1時間もかかるありさま。ECP(East Coast Parkway)がノロノロ運転って初めての経験だし、BT Merah ロードも超渋滞。空港でベンツタクシーに乗ってオーチャードロードまで50シンガポールドル以上。(日本円で4500円程度)昔だったらせいぜい20から25ドルといったところ。

 


夕食は妹につきあってもらって、オーチャードロードにあるマリオットホテルのプールグリルへ来た。ローリーズでプライムリブを食べたかったのだが、満杯だった。ここの1Fの中にある喫茶店ではよくお茶したものだ。クロスロードというオープンカフェも20年以上たっても存在していた。

 

 

mariott4.jpg

プールグリルは昼のランチはリーズナブル。駐在人も含め日本人も比較的多いレストランとか。

 

 

mariott3.jpg

南国的プールサイドレストラン。ゆっくりした気持ちになりますね。

 

 

mariott2.jpg

白ワインを飲んで、リブアイステーキが 280gで 72++シンガポールドル ++というのは消費税7%とサービス料10%という意味  税込7000円ですかサイドメニューなしで。高いね。

10ドルで海老のグリルを追加。ポテトも10ドル。

 

mariott5.jpg

パン。

 

 

mariott6.jpgシーザーサラダ。そういえば昔からシンガポールのホテルのシーザーサラダは美味しかった。

 

 

mariott7.jpg

普通のシューストポテトです。

 

 

mariott8.jpgお肉は見た目以上にやわらかく、美味しかった。ワイン2杯と、全部で200シンガポールドル(日本円で約16500円)昔みたいにシンガポールのホテルで食事しても安くはないですね。TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年9月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

料理編です。

 

lewin2.jpg(クリック拡大、戻る)

グラスワインのメニューです。シンガポールはお酒は安くありません。ワイン1杯はだいたい税込2000円といったところでしょう。

日本経営、白も赤ワインも新潟県にあるワイナリー レスカルゴのがありますので、これにしたいと思います。白はPINOT BLANC


lewin3.jpg2001年のムートンがS$1200 このクラスだと日本の高級フレンチと変わらないかも。

 

lewin21.jpg昼間からいただく白ワイン。リゾート風雰囲気も感じいい気分。

 

lewin18.jpg

温かいように中に熱い石が入っています。ブレッド。

 

 

lewin17.jpg

ジャム入りバター。見てるだけです。

 

lewin13.jpg

私が頼んだ前菜、フォアグラのソテー

繊細な味付けで美味しい。


lewin15.jpg

奥さんがオーダーした

栗の温製スープ リコッタチーズニョッキ スパイスクリーム

 

lewin14.jpg

マロン風味まったりのスープが注がれます。


 

lewin6.jpg

サーモンの照り焼きラディッシュソース キノコのソテー

西京焼き的風味がしたサーモン。

 

 

lewin4.jpg

赤ワインはエスカルゴの聖龍 2014 マスカットベーリーA 日本でボトル3000円弱でショップで販売されているワインである。

 

 

lewin5.jpg

マスカットベーリーAの軽やかなテイストがランチに良く合う。


 

lewin10.jpg

奥さんはいちごのタルト

 

 

lewin11.jpg

私はいちごのケーキ 子供が食べました。


lewin12.jpg

 

キッズメニューの紹介

 

lewin1.jpgキッズメニューが用意されているのはありがたいですね。S$28ドルで スープ、魚もしくは鳥肉もしくはパスタ、デザート。飲み物付

 

lewin16.jpg軽やかな飾り付けのパンプキンスープ

 

lewin7.jpg

きのこクリームパスタ。

 

 

lewin8.jpg

ひな鳥のソテー。黒米。フレンチらしい盛り付け。

 

 

lewin9.jpgストロベリーアイス。

 

森に囲まれた邸宅、非日常感があるレストラン、ルーウィンテラスはオススメのレストランだと思います。TT

 

ルーウィンテラス ホームページ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lewin29.jpg 夏休みに家族とシンガポールへ旅行へ行きました。家族は先に行っていて私が遅れて到着。妹がシンガポールに住んで3年半になり、初めての訪問になります。今から20年ほど前に私もシンガポールに2年駐在していた経験があり、マーライオンの上の茶色とブルーの上のビル(リパブリックプラザ)で働いていました。その後も何度もシンガポールは訪問していますが、直近では10年ぶり。相当驚くことが沢山あります

1997年のシンガポール人口 380万人    2017年 570万人 労働者等の外国人の増加

平均給与 日本420万円(H25)  シンガポール 380万円 シンガポールは共働きが多いし

一人当たり名目GDP(2015) 日本$34,523 シンガポール$52,888

1997年当時とバスの初乗りもタクシー料金もほぼ2倍に感じます。レストランでの食事やホーカーズでのランチなども2倍くらいになっているでしょうね。(当時はS$2でホーカーで食べれたが、今はS$4からS$5ドル) S$は83円程度。人口が増えて、昔はオーチャードロードもこんなに混んでいなかったし、車も渋滞していなかった。都市国家としての悩みが色々ありますね。

 

治安は日本よりいいです、いやもう物価の高さに驚きます。シンガポールのみならず香港や台湾でも昔を知っていると感じます。比較すると日本は食事とか安く感じます。

 

lewin28.jpgマリーナベイサンズ、カジノやガーデンバイザベイ(写真エアコンの効いた巨大なドーム)、セントーサのユニバーサルスタジオシンガポールとか本当に多くの観光施設もできましたし、どれも巨大な施設にびっくりです。日本食も当時は味千ラーメンですらなくて、日本食も高価でした。スターバックスが初登場したころ。今や日本食のチェーン店数もものすごい量。インターネットすら1995年頃はピーヒャラヒャラのモデム通信でよくフリーズしていた。EメールもなくてPAR AVIONのエアメールをもらっていた時代。携帯電話は現地でもっていましたが、日本から携帯電話を持ってきても使えない時代。

ほんとうに20年で色々変わりましたが、食を楽しむということには変わりはありません。食事へ行きましょう!

 

lewin27.jpg

2014年オープンのLEWIN TERRACEというジャパニーズフレンチレストランを紹介してもらい、予約していました。シンガポールの中心部フォートカニングパークの斜面にあるレストラン。このわかりにくい入口が逆にいい感じ。シンガポール切手博物館のそばの駐車場に入口の案内板があります。ヒルストリート(HILL STREET)からコールマンストリート(CALLMAN STREET)に入ってすぐ左側。

 

 

lewin26.jpg

This way UP 上に上がりましょう。

ルーウィンテラスの料理長は松本圭介シェフ、日本人です。ここの経営は東京でインターコンチネンタル東京ベイなどのホテル、レストラン、結婚式場を経営する上場企業のツカダグローバルホールディングです。

 

 

lewin25.jpg

ゆるやかな坂道を上がりながら、歴史を感じます。

ここの建物は1908年イギリス統治時代の高官の住居。コロニアルスタイルです。消防関係らしいです、そばには消防署があります。


 

lewin24.jpg

熱帯の雰囲気があっていい感じです。ジャパニーズフレンチをコロニアルスタイル邸宅で味わう、贅沢です。

 

 

lewin23.jpg

テラス席は思うほど暑くない。心地いいです、ルーウィンテラスの特等席です。

 

lewin20.jpg

室内では結婚式の披露宴が行われていました。週末は結婚式が多いようです。



lewin191.jpg

テラス端っこの席は後で日本人の若いカップルが座りましたが、私と同じツーリストでしょうか。よく調べているなぁ。


 

lewin22.jpg

 

(メニュークリック拡大、戻る)

デザートまで付いた3コースのメニューを渡されました。S$48です。税込で4,700円くらいでしょう。私はフォアグラに変更してもらいましたので、S$8追加、結局ワイン2杯飲んで一人ではS$103 税込にすると10,000円。シンガポールは高級レストランは物価安くないですよ。

 

食事メニューは明日紹介します。

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日のフレンチ マツウラも美味しかった。やはりディナーでワインと一緒にいただくフレンチは格別だ。仕事を終え名古屋に戻ってきたのが13:00。ランチには少し遅くなったが、遅れても美味しいのを食べるチャンスがある。

気になっていたフレンチ、ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチに電話するとランチのラストオーダーに間にあいそうだ。早速行ってみることとする。普段使いのランチの価格帯ではないためだろう。ここは夜訪問したいくらいの期待感がある。

 

takanago9.jpg

名古屋の地下鉄栄駅からは徒歩5,6分程度。白川公園の北側にある。アーク栄白川パークビルの1F。このビルの5Fには熊本の企業 あつまるホールディングス名古屋支店が入居しているのがわかった。綺麗なビル。

 

 

takafr2.jpg

店内に入ると先ずオープンキッチンのカウンター席6席と、テーブル席14席がある。背筋がピンと伸びるような軽い緊張感を感じながら案内されるカウンター席に着席する。今日は飲み物はノンアルコールのシードルにする。オープンキッチンのモダンフレンチとは珍しい。きびきびと働く人たちがとても印象的。

2013年オープンの同店。オーナーシェフの竹内正樹氏はフランスでの勤務、東京恵比寿のタイユバン・ロブション・シェ松尾の勤務経験もあるシェフだ。

 

takefr1.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

メインが1品で3,800円、2品は5,400円のコース。メインが羊だったので、それはパスして今日は魚メインの1品コースとする。

 

 

takenago2.jpg

アミューズはとうもろこしのスープと自家製鴨のくんせい。

 

 

takenago1.jpg

魅せ方がいいですね。凍ったドーム状のふたがついている。このお店は相当フォトジェニックな女性が喜ぶような飾り付けがされているらしい。

 

takenago3.jpg

バルサミコ酢をつけていただく。

 

 

takenago4.jpg

2品目。はっとしそうな美しさ。声を出しそうになる。見た目が華やかで楽しい気分になる。

北海道産帆立貝と天使の海老のマリネ ラ・フロレゾン風 くいんしーメロンとマンゴー、パッションのアクセントで

蟹肉とメロンのマリアージュも新鮮だし、マンゴーソースがとてもアクセントとなって美味しい。

 

 

takenago5.jpg

ブレッド 今日は見るだけにしておいた。

 

 

takenago6.jpg

ぐっとシックな感じで

スズキとアオリイカのア・ラ・プランチャ アンチョビ風味の2種のズッキーニと共に ソース・ルージュ・エ・ノワール

網のようなものはイカスミで作ったもの


 

takenago7.jpg

デザートは運ばれたときから、ドライアイスの涼しげでテーブルに置かれたときに広がる清涼感を感じ、これまた心を奪われる。パイナップルとマンゴーのマリアージュだ。女性ならとても嬉しいデザートのはず。

 

takenago8.jpgエスプレッソとチョコレート小菓子。本当に満足感を感じました。名古屋名物「ひつまぶし」を比べたら価格もいい勝負だと思うが、感動はこちらに軍配があると思う。こういうお店が近くにあればと思う。TT

 

タケウチのホームページも美しさが秀逸だ。

 

食べログ(掲載時点 4.08)


 



このページのトップへ

2017年9月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日からの名古屋フレンチ マツウラの続きです。

 

skmt13.jpg

鱧のサラダ仕立て。キャビアも添えられている。


 

skmt16.jpg

オマール海老のポワレ。見た目にも華やか。前品と野菜が似ているが。。

 

 

skmt14.jpg

2本目の白ワインは サンセール・レ・ベレ・ダム 1997


 

skmt15.jpg

写真が大きくなってしまったが、黄金色している。好印象のワイン。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


 

 

skmt18.jpg

メインは大分ニード牧場 雌牛のロースのグリエ。肉の量は2切れ。野菜とトリュフのマリアージュ。

 

skmt17.jpgワインは スペインワイン。以外だったなぁ。

ティント・ペスケラ・レゼルヴァ 2012 ぶどうはテンプラリーニョ種

ポテンシャル高いわ。タンニンも強いしぐっとくる力強いテースト。ロバートパーカーが「スペインのペトリュス」と評したとか。

 

 

skmt19.jpg

緑野菜のソルベ

 

 

skmt20.jpg

ヨーグルトとソルベ系デザート(名前忘れました)

 

 

skmt21.jpg

エスプレッソと小菓子。右のは砂糖。色が濃くなると黒砂糖の量が増えていく。オシャレ。

 

四間道レストラン マツウラさんでとてもいい時間を過ごさせていただきました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.66)

 

フレンチのお店のホームページって最近特にレベルが上がっています。全面を写真に使用したり料理がとても美味しく見える写真だったり。本当に色んなお店のホームページを見ても、「本当に行きたい!」と思わせたくなるのが多いのに気が付きます。


マツウラのホームページ


 


 

 

このページのトップへ

2017年9月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

skmt10.jpg

名古屋に出張で来ました。名古屋は東京や大阪に比べて極端に来る機会が少ないです。あまり印象に残っていないのですが、ジャンクフード系を頂いていることも多く・・・。そこで今回はK女史の推薦のモダンフレンチ、四間道(しけみち)レストラン マツウラにやってきました。

歴史的な街並み、380年の蔵を再生したレストラン、モダンフレンチと私の興味もピークに達します!四間道とは1700年の大火の後、尾張藩主が堀川沿いにある商家を焼失から防ぐため、道幅を4間(7メートル)に拡張したことからその名前が付きます。だから古い街並みにしては通りが幅広い。

 

skmt11.jpg

この近辺は本当に雰囲気がいい。昔の町並み大好き。蔵のそばのわきがエントランスになっているマツウラ。こんな場所にデートで連れてこられたら気持ちもUPしますね。

 

skmt12.jpg

テラス席もありますが。

 

 

skmt1.jpg

この蔵の天井の高さ。解放感がありたまりません。フランスの古城的たたずまいを感じたりします。幸いこの日はゲストも少なく、気分もゆっくり。

 

skmt3.jpg

焼鳥や寿司もいいけど、やはりフレンチは私の好きな料理のトップ3だと思います。特に型にとらわれない料理の提供方法で最近の流行であるモダンフレンチと呼ばれる料理は特に好きです。


 

skmt2.jpg

ドリンクメニュー(クリック拡大、戻る)

料理とのマリアージュも考えてお店におまかせの シャンパン・白・白・赤のワインコースにします。これで5000円だからリーズナブルだと思います。とても楽しみです。

 

 

skmt4.jpg

ドリンクメニュー(クリック拡大、戻る)

ランチメニューは 2800円、3800円、6000円、スペシャルが10000円

ディナーはAが6000円、Bが8000円、Cが12000円、スペシャルが15000円

今回は予約していたディナーCです。ランチは2800円もしくは3800円が需要が高そうなメニューですね。

 


skmt9.jpg

最初の一杯は ブルーノ・パイヤール。フレンチの巨匠ジュエル・ロブションのレストランでは常にサーブされるといわれるシャンパーニュ。期待が持てそうです。

 

 

skmt5.jpg

一口目から感激。良い。サーブされる温度といい、完璧。バランスが良くこれからの料理を飾るにふさわしいシャンパン。

 

skmt6.jpg

アミューズはうにとコンソメジュレ

 

 

skmt8.jpg

モダンフレンチのアミューズいいです。


 

skmt23.jpg

なかなかフレンチでも美味しい野菜テリーヌが食べれるところは少ない。マツウラさんはテリーヌも売りの一つ。今日の農園野菜のテリーヌスペシャリテは20種以上もの野菜を使用したテリーヌ。見ているだけで楽しい気分になる。テリーヌ大好き。

 

 

skmt7.jpg

土の団子みたいな盆栽が置かれたと思ったら

 

 

skmt27.jpg

表面はオリーブとかいろいろ、中身はバター。とても濃厚なテースト。


 

skmt24.jpg

小麦パンはNGとお伝えしておいたら、タピオカでんぷんのパンを用意して頂きました。有難うございます。

 

skmt25.jpg

1杯目の白ワインは ブルゴーニュ ムルソー ヴィエイユ ヴィーニュ 2014 ドメーヌ ポール ガローデ 

グラスで提供するワインではとても良いと思うし。

 


skmt26.jpg

1杯目のワインとしてだいぶ軽快な気持ちになりますね

 

続きは明日


 

このページのトップへ

2017年9月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中華料理 栄耀 熊本市・田崎市場 夏は栄養つけなくちゃ。

 

先日、ランチにどこに行くか迷ってしまったため、2度目の訪問ということで田崎市場の栄耀さんに行ってみることにしました。夏の暑い日は田崎市場のゆるっとした雰囲気がせかされた気もしなく良いのかもしれません。

前回はマーボー豆腐だったので、今回は太平燕にしようと思って訪問したが、あまりにも暑く太平燕は断念。


EIYOTAS1.jpg

今日の日替わりは3種類。


(A)豚バラ焼肉

(B)油淋鶏

(C)冷やし担担麺(おにぎり付)


前回の訪問時にも油淋鶏はありましたし、これを頼んでいるお客さんが多い。

 

ということで今回は (A) 豚バラ焼肉 を頼むことに。

 

EIYOTAS2.jpg待ち時間も短く運ばれてきました。市場っていうのは時間をかけているわけにはいかないですからね。ご飯は普通でいいですね、と聞かれたご飯の量も多く、小鉢が2品とサラダ、味噌汁。前回はマーボー豆腐の時も味噌汁だった。

 

 

EIYOTAS3.jpg味がしっかりついた豚焼肉。ボリューム的には十分すぎました。TT

 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年9月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

農家レストラン しのじのに行きました。2017年は2回目だと思います。

県外からのVISITORさんを連れて行ってあげました。今日は井戸水(日本酒)を飲むことになるだろうから料理は控えめのしのじのコースの5000円のコースをセレクト。ここではこれでも十分に満足できる内容だと私は思います。野菜はほとんどを熊本産を使用。さすがJAさんの経営。

農家レストラン しのじの 熊本 (2)

 

sinojj1.jpg小鉢

 

sinojj2.jpg

sinojj3.jpgばってん茄子

 

sinojj4.jpgサラダたまねぎの焼き物

 

sinojj5.jpg今日のメインは

りんどうポーク トマトすき焼き

トマトすき焼きって食べたことありませんが、どういう味なんでしょうか。

 

 

sinojj6.jpg具材はこんなかんじで4人前。トマトがありますね。

 

sinojj7.jpgトマトと一緒に煮るのですが、トマトの酸味が豚肉とうまくマッチして、これが何ともいい味わいで豚肉だけでいただくよりはるかに美味しいのです。トマト鍋って最近名前も効きますしトマトジュースで代用される方もいるらしいですが、このようにトマトをまるごと入れて煮るというのも面白いですね。

 

sinojj8.jpg揚げ物

 

sinojj9.jpgご飯類

 

sinojj10.jpgデザート

 

日本酒も色んな種類をいただきまして結構いい気分。TT

 

食べログ(掲載時点 3.32)

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ddexi10.jpg

 先日訪問してから日が浅いのですが、夜家族で食べに来ました。家から近いし近所の中華屋さんという感じの頂香(でぃんしゃん)。訪問客の人も気軽に来ている感じ。


メニューはクリックして拡大、戻るで元の画面

 

中華園におられた方ですので、料理は中華料理は色々とあります。


ddexi1.jpg

娘がフカヒレの姿煮を食べたいと言いましたが、「それはここじゃなくて、 じいちゃんがいる時にしてくれ」と言いました。

チャーハンとから揚げでごまかそうと思いましたが、奥さんに「から揚げばかり食べさせるな・・」と言われてしまいました。

 

ddexi2.jpgddexi3.jpgddexi11.jpgddexi4.jpg

くらげの酢の物 800円

 

 

ddexi5.jpg

青菜炒め 700円。 中華屋さんのこういうのがシャキシャキ感がありうまい。

 

 

ddexi9.jpg

フカヒレの姿煮は食べさせてあげれなかったので、フカヒレのスープは1200円。どこでフカヒレの姿煮とか覚えたのかと思ったら、私が居ない時に横浜中華街に行って、奥さんの友達とかと食べたらしい。

 

 

 

ddexi7.jpg

ホイコーロ(回鍋肉) 1000円 私は白飯にホイコーロでよい。


 

ddexi8.jpg

ザーサイ 300円。高級店ではないのでサービスではない。

 


ddexi6.jpgチャーハン 750円。中華屋さんのチャーハンだ。そんなにお腹が減っているわけではなかったので、沢山頼んでいないですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)


 

 

このページのトップへ

2017年9月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ラブラーメンの私がメンラーを断って早3ケ月。自発的にラーメン屋には足を運んでいない。(先日青森で入ったラーメン屋は人の連れられて)


編集長も随分情けない胃袋になりましたね。と部下にも言われ我慢して。。


ダイニングエクスプレスの大食企画でも登場した野菜たっぷりラーメンで有名な太一商店さん。久しぶりに訪問することにしました。


以前の大食企画の記事はこちら

 

taichirr6.jpg

おー!音声付のタッチパネルに変わっているし。逆に使いにくい。背油の量とか野菜の量をパネルで指定するために1人が購入するのが時間がかかるぞ。


 

taichirr2.jpg

ラーメン、つけめん、まぜそばのラインアップ。以前はレッドというのはなかったな。

 

taichirr1.jpg

今日はラーメンスペシャル 麺小森のおばちゃま。880円

 

すみません、「麺なしでお願いします」 「麺なしすか」 「はい」

 

太一商店で麺なし を頼むとは。そんな奴おらんやろう。麺抜きでも値段は一緒です。

 

「編集長、私は太一で麺無しは頼めません・・・」と後輩

お店にとって麺抜きを作るのは難しくない。リンガーハットでも麺無しメニューがあるのだ。大丈夫。


 

 

taichirr3.jpg

見た目には麺有りと何も変わらない。太一商店では麺を食べているのか、野菜を食べているのか今までわからなかった。

 

 

taichirr4.jpg

一応確認しましたが、麺は入っていません。麺が無い分もやしキャベツが大盛りになっているのですが。このニラがめちゃくちゃ229(ニンニク)臭。久しぶりのラーメンは麺が無くても美味しいこと。このスープがまたノーコーすぎて、今までこんなにノーコーなものを胃袋にいれていたとは、胃がびっくりしよる。


 

taichirr5.jpg

スペシャルは味玉と肉も2枚入っているので、結構カロリーはすごいでしょう。結局麺を食べないにもかかわらず、かなりお腹いっぱいになりました。自分でもがっかりするくらい情けない胃袋になっていました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.13)

 

このページのトップへ

2017年9月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aobaib8.jpg

 12:56発の指宿駅発イブタマに乗るために、それまでの時間でランチタイムとなった。予定していたさつま郷土料理のお店青葉に。青葉までは指宿駅から1分という近さ。駅前には商店街があるがシャッター街となっている。いくつか飲食店はオープンしていたが昭和40年代は新婚旅行客で賑わっていたのだろう。

 

 

aobaib1.jpg

(クリック拡大、戻る)

黒豚のロースカツとか、うなぎ、さつま定食が売りの郷土料理のお店である。入店客は観光客が多そうだ。

 

aobaib2.jpg

(クリック拡大、戻る)

黒豚のちゃんぽんとは珍しいこと。

 

aobaib3.jpg

(クリック拡大、戻る)

ご当地丼というのがあって、湯たまらん丼というらしい。おん玉が乗っていることが条件らしい。


aobaib6.jpg

さつま定食 1780円にした。

盛りだくさんの定食で内容は


豚骨煮、キビナゴの刺身、さつま揚げ、かつお腹皮の唐揚げ、茶碗蒸し、薩摩芋レモン煮、ご飯、味噌汁、漬物と結構ボリューム満載の定食

熊本の肥後定食というのがあったら何が入るかを考えてみた。

赤牛、ひともじのぐるぐる、ミニ太平燕もしくはだご汁、辛子レンコン、馬刺、高菜めし、といったところだろうか。値段は結構しそうな感じ。まぁそれはよいとして。

 

aobaib4.jpg

きびなご。旬は5,6月。新鮮かどうかはいまいちわからない。あまり新鮮さは感じなかった。

 

aobaib5.jpg

角煮。バラ肉でなく骨付肉を味噌ベースの調味料で柔らかく煮たもの。結構味は濃いが肉はやわらかい。

 

aobaib7.jpg

揚げたてのさつま揚げ・・・これは美味しい。丸形でふわふわで中にひじきが入っておる。

かつお腹皮の素揚げ・・・カツオの腹のトロ部分。そんなに柔らかくはないと思う。臭みはそんなにない。

 

さつま定食色々食べれて良かったです。もう少し茶碗蒸しがおいしいと嬉しい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

このページのトップへ

2017年9月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 指宿名物の砂蒸し風呂にも行き、お腹も減ってきました。今回は1泊2食でそんなには高くないプランだったのですが、さすが白水館、素晴しい料理をが準備されていて少しびっくり。

 

 

hks1.jpg

 


 

hks2.jpg

お刺身盛り合わせ

 

 

hks3.jpg

黒豚の角煮

 

 

hks4.jpg

いさぎと床節

 

 

hks5.jpg

黒豚のしゃぶしゃぶ 肉は結構厚い

 

 

hks6.jpg

 

 

hks7.jpg

メニュー表には載っていないサービスメニュー。さつま芋天。ありがとうございます。

 

 

hks8.jpg

カツオのたたき


こちらは朝食バイキングメニューから。

 

hksk1.jpg

指宿白水館と焼印の入ったさつま揚げ。玉ねぎの甘味がたっぷりでおいしい。一口サイズ。

 

 

hksk2.jpg

紅はるかのふかしイモ。

 

hksk3.jpg

ふくれ菓子

 

 

hksk4.jpgあくまき。


朝食から鹿児島食を食べて満足です。普通に洋食・和食の準備もありました。ごちそうさまでした。TT

 

 

このページのトップへ

2017年9月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

srkm3.jpg ランチの後は子供達期待のプール。この風景。海もそばに見えます。気分はタイのプーケット。

勘違いもほどほどに。建物は白水館で一番高級な離宮の棟。

 

srkm1.jpg

おやつはもちろんプーケット名物フルーツアイスクリーム。ではなくて鹿児島やから、しろくま。

ホテル内喫茶店からデリバリーしてくれて850円。写真の雰囲気が夏らしいね。

 

しろくま本家は天文館むじゃきなのです銀座千疋屋のパフェかと思うほど、フルーツが立派なんだ。


 

srkm2.jpgメロン、すいか、バナナ、りんご、ネーブル、パイン、バナナ。氷地にも練乳感たっぷりで美味しい。TT

 


 


 

このページのトップへ

2017年9月 4日 Posted time : 00:09 | Category : 編集長コラム

家族旅行で鹿児島県指宿へ行きました。指宿は久しぶりです。今回は新幹線+いぶたまです。くらたまではありません。いぶたまとは指宿のたまて箱。鹿児島中央駅と指宿駅を約50分で結びます。JR九州の企画物特急電車です。ディーゼルカーの内装に手を入れてあります。

 

fen0.jpg

熊本駅 9:03 鹿児島中央 9:46 9:58 指宿駅 10:49

2時間もかからないで九州の南端指宿まで来てしまいました。近いなぁ。指宿駅からタクシーで10分で宿泊の白水館に到着しました。

 

fen14.jpg白水館は指宿でも屈指のホテル。2008年先代の美術品コレクションを収納した美術館施設 薩摩伝承館がオープン。3000点以上。ものすごいコレクションです。伝承館内にリストラン フェニーチェがあります。予約していました。

 

 fen16.jpg

リストランテ フェニーチェ ディ アクアパッツア。アクアパッツァというと東京広尾の日高良実シェフが有名だが、このお店はアクアパッツァに勤務されていた竹内晃氏が初代料理長。軽井沢のオーベルジュに転出されたため、現在はAPPIA南麻布から六本木キャンティでも勤務された西窪操氏が料理長を務める。

 

 

fen2.jpg

都内の静かなイタリアンレストランにいるかという感覚になるくらい、南九州の端に居るのを忘れてしまいそうだ。


 

fen3.jpg

いや、外だけの景色をぼっと眺めるとインドネシアのバリのヒルトンホテルといってもわからないくらい。

 

 

fen1.jpg

サラダまたはスープ、パスタ、コーヒーで1100円のメニューもあります。ここはメインが付く料理で3,212円か

 

 

fen15.jpg

付かない 2,112円か。今日はつかないほうで。

 

 

fen6.jpg

自家製フォカッチャ。オリーブオイルを添えてくれればベストなんだがなぁ。


 

fen7.jpg

前菜は生ハムのサラダ、鮪サラダ、茄子のミルフィーユ。

 

 

fen9.jpg

スープは冷製ヒシボワーズ


 

fen10.jpg

パスタはペンネトマトソースかペペロンチーノ。

 

fen11.jpg

私のパスタはグルテンフリーでお願いしたら、ベトナムのフォーを使ったパスタが出てきた。フォーだけど全然コシがなかった。

 

 

fen8.jpg

単品で鹿児島産豚肉のグリル ガルム風味  1738円


 

fen13.jpgfen12.jpg選べるチーズもしくはデザート。


指宿で唯一のリストランテです。地方都市にはこのようなリストランテはあまりないのですが、白水館という施設がありここの経営者さんも食には大変こだわっておられるため、このようなリストランテがあるのですね。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2017年9月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbcafe6.jpg

東バイパス沿いにある、野菜倶楽部 ベルベジカフェに行ってみました。こちらはカフェ業態を経営する店の監修でオープンしたお店です。こちらの場所は色んな形態のお店になっていたのですが、ベルベジカフェになって4年くらい経過しますね、以前はまぐろ市場でした。駐車場もアクセスしやすい。店内に入ると販売野菜も置いてあり、店名通り野菜に重点を置いたお店ということがわかります。

 

バイキング+メインメニューが基本構成。


bbcafe7.jpg

ランチタイムに訪問しましたので、ランチメニューを。

(画像クリックして拡大します。戻るメニューで戻る)

ランチは1200円から1500円、別にステーキセットで2000円とかありますが。バイキング付です。単品でも価格設定があります。バイキング+メインとなります。小学生はバイキング料金が500円ですから、700円からパスタセットということになりますね。良心的価格設定ではないでしょうか。

店内も80席と広い。

 

bbcafe3.jpgお昼は今日はバイキングのみにします。といってもパンやご飯、カレーなどもあるのです。もちろんドリンクも。

 

 bbcafe1.jpg

野菜のみならずちょっとしたお惣菜もあります。


 

bbcafe2.jpg

白ごはんと炊き込みごはん(とうもろこしごはん)

 

bbcafe4.jpg

セルフサンドコーナーもあり、またフレンチトーストは焼き立てが味わえます。

 

 

bbcafe5.jpg

これだけ取りました。とうもろこしご飯はサラダの上にのせて、カリフォルニアスタイルでライスサラダっぽくしていただきました。おかわりはしたくないくらいにお腹にたまりました。コーヒーを飲んで終了。TT

 

食べログ(掲載時点 3.23)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年9月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。

 

あまりにも暑いので、今日は都路里で抹茶のかき氷としましょうか。


tjr6.jpg

辻利の茶寮都路里は全国どこにでもはありません。京都と東京。店舗一覧 東京はここオンリー。大丸東京10階。美術・宝飾・時計等のフロアーにあります。

 

tjr2.jpg(クリックメニュー拡大 戻るで元に)

ドリンクメニューは抹茶関係充実しています。

 

tjr4.jpg(クリックメニュー拡大 戻るで元に)

 

tjr3.jpgパフェが美味しそうで、、一人女性のごほうびパフェもいる。

 

tjr1.jpgかき氷はどれにしようか。

 

tjr7.jpg減量中なので、普通のアイス抹茶にしようと思ったら、加糖されているとのこと。

 

tjr5.jpg確かに甘い。添えられていた抹茶アラレが美味しかったので、ショップで購入しました。TT


オンラインショップでも購入可能。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年9月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

PH11.jpg

夏休みにペニンシュラホテル東京に宿泊しました。ペニンシュラホテルは東京に外資系ホテルラッシュの時にオープンし、開業10年目。同じクラスのホテルでは、コンラッドホテルやマンダリンオリエンタル東京、アンダースホテルとかアッパーではリッツカールトンとかありますね。

普段は結構高いのですが、少し安かったので、ホスピタリティの勉強のつもりで。まず、荷物を預けたのですが「今日の夜は雨が降る予報になっておりますので、と傘を貸し出してくれるとのこと」雨が降ると思っていなかったので、嬉しい。しかも本当に降りまして傘助かりました。

 

PH1.jpg

場所はJR有楽町駅から徒歩3分程度。ペニンシュラは香港旅行したかはわかると思いますが、「半島酒店」ですよね。宿泊客は香港、中華系のアッパーな客層の方が多いです。持ち物とか見てもすぐわかります。

 

 

PH3.jpg

ロビーは天井高い。入ってすぐ両側にロビーという朝食、軽食スペースが広がります。このロケーション落ち着かないという向きもあるでしょうね。待ち合わせの椅子は長椅子が2つでいつも混んでいる感じ。

 

PH2.jpg

目のような大きなオブジェがありました。


 

PH5.jpg

玄関から入るとここを通ってフロントに通じます。見えているソファー2脚が待ち合わせなどのスペース。300室ホテルクラスにしては狭いね。

 

PH4.jpgPH8.jpg

ペニンシュラといえば英国アフタヌーンティや朝食スペース。

 

 

PH6.jpg

部屋はスタンダードでも50平方メートルくらいあり広いです。もちろんシャワー・バスタブ別。洗面台ダブル。洋服を入れるドレッシングルーム(押入れのようなもの)が超狭いビジネスホテルの部屋くらいあってびっくりした。宿泊した部屋の場所によるのでしょうが、嫌いなJRの走行音が聞こえてちょっとがっかり。

 

PH7.jpg

朝食メニュー(クリック拡大)

朝食は宿泊とセットになっていましたが、価格は4200円(+消費税8%、サービス料15%)。アッパー価格ですね。しかもバイキングではありません。和朝食もペニンシュラブレックファーストも同価格。海外からのアッパー旅行客にとっては日本だしこの価格でも受け入れられているのでしょうか、和食食べている人が多かった。帝国ホテルはバイキングで3800円サービス別。帝国ホテルには9000円のコース仕立朝食もあります、これは思い出に残りそうだなぁ。




PH9.jpg

オレンジジュースと紅茶

 

 

PH10.jpg

卵ハムソー もしくは サラダ もしくは フレンチトースト。サラダを選択し、ベーカリーバスケットをスルーすると、サラダオンリー。

こんなんでサービスフィーってないんじゃないですか。という感じで。ジュース・紅茶・サラダであの価格なら確かにハイアッパーだと思う。しかしサーブする女性の仕事ぶりはテキパキしていて気持ち良かったな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

ペニンシュラ東京ホームページ

 


 

 

このページのトップへ

2017年8月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

大丸東京で軽いランチミーティング。場所は聞いていなかったが、うなぎの伊勢定と言われたら今日は鰻気分ではないので、、「すみませーん」で和食の近為かパスタなしでサバティーニ・ディ・フィレンツエに変更願おうと思ったが、場所はここ。


 

pbb10.jpg

ブラッスリー・ポール・ボキューズ。博多のくうてんにも入っているのでおなじみかもしれないが、フランスの有名な料理人ボール・ボキューズ氏の名前を冠したブラッスリー。ここはそこそこの価格でいい気分を味わえるレストランだ。しかも福岡店とかの価格設定は東京よりも少しリーズナブルで非常に良心的だと思う。ここではクレーム・ブリュレをいただかないと。ポール氏が広めたといってもいいのだろう。パリパリしたキャラメリゼが特徴だね。

 

pbb11.jpg ここのランチは1890円から。2160円だとメインディッシュ+デザート+飲み物。店内は白赤貴重でさわやかなフレンチブラッセリ―といった感じ。店員の方も丁寧でとても教育が良くされていると思う。

 

pbb12.jpg前菜+メイン+デザート+飲み物のB 3,780円あたりも人気メニューですので、これにしようと思います。前菜・メイン・デザートは選択となります。

 

pbb13.jpg タコのマリネ、鱧、フォアグラとどれも今日の気分ではなかったので、Bコースはやめて、Aコースに+500円でサラダを付けることにしました。これくらいで十分のはず。

 

PBB1.jpg

メインディッシュは 本日のメインディッシュはブイヤベース。でも+1200円だからやめて メカジキのソテーに。これで十分。


 

pbb2.jpg

やっぱり デザートはクレーム・ブリュレを選んじゃうんだ。

 

 

pbb3.jpg

BREAD  私は見てるだけ


 

pbb4.jpg

サラダ。

フレンチは真上から撮影すると綺麗。だけど夜とかは影ができたりして難しい。

 

 

pbb5.jpg

メカジキのソテー。

 

pbb6.jpg

レモンソースがアクセント。 海藻が周りにあるのもいい具合だ。

 

 

pbb7.jpg

ゆっくりペースで出てくるから最後の1品。クレームブリュレ。これとコーヒーだけでも満足する。

 

 

pbb8.jpg

氷のはった湖の薄氷をスプーンで砕くようにパリパリと。なかには適度な甘さのブリュレ。うーんいい。

 

pbb9.jpg

コーヒーもおいしい。

熊本の人は博多駅くうてんのブラッセリ―・ポール・ボキューズへどうぞ。予約もネットでできますよ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京HP

 

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 博多

 


このページのトップへ

2017年8月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

qilin4.jpg 銀座 麒麟。QILINと書いてあるからわかりづらいかな!銀座SIXとバーニーズ銀座の丁度間くらい、バーニーズの道向かいにあります。 東京BI食倶楽部で訪問。1Fから5Fまで厨房フロア4Fを除いて全部中華のフロア。

 

 

qilin5.jpg

老舗っぽい感じですね。

【チューボーですよ!】の「銀座の巨匠」で有名な松島徹料理長が2003年より総料理長。

 

 

qilin6.jpg

今日は12,500円+のコース。

本日のお勧め前菜六種盛り合わせ

 

qilin7.jpg

大きなフカヒレの姿煮込み 黒トリュフの香り  コラーゲンの塊 いきなり2品目にガツン!とくる1品やなー。かなり味も濃厚でマッタリーノの味。口に入れると黒トリュフの香り。どうせマッタリくるなら、思い切って黒トリュフのスライスと一緒に食べたいわ!

 

 

qilin10.jpg

車海老と松茸の香り炒め


 

qilin8.jpg

和牛ロースのステーキ 黒胡麻ソースかけ これも黒胡麻ソースがふかひれのマッタリーノとかぶってしまう。あっさりで頂きたい感じ。

 

 

qilin9.jpg

丸々干し鮑とマコモ茸の上海風醤油味煮込み 鯵は醤油とはいえ、これまたマッタリーノの典型干し鮑(あわび)


 

qilin1.jpg

こりこり、こりこりした味。


 

qilin2.jpg

締めはラーメン屋で出てくる冷凍チャーハン。

うそ、梅干し風味のさっぱり炒飯

 

 

qilin3.jpg本日のデザート三種盛り合わせ


置いてある赤ワインとかボルドーの高級ワインが相場より結構安いと思いました。高いワインは飲みませんでしたが。料理の味的には上海料理とはいえ、個人的にはマッタリーノの味に感じました。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2017年8月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

smnn18.jpg

日本橋三越のすぐ近くのコレド室町にTとのランチミーティングで来ました。コレド室町は1から3までビルがあり、江戸風情を感じる造りです。神社もあります。

 

smnn17.jpg

1は一番最初に出来ました。チョコレートケーキのTOPSもある。

 

smnn19.jpg

2は地階とかにカジュアルなお店があったり食のジャンルもかなり豊富。

 

smnn1.jpg

4階にある 日本橋 鰤門。銀座にもお店があり 株式会社ゴダックの飲食部門は数店舗経営されています。美味しそうなお店が多い

 

 

 

smnn20.jpg

普通に気軽に入れる雰囲気ではない外観は凛とした感じでビルの中にある雰囲気がしない。寿司ミーティングは写真撮影が多くて結構面倒くさいのが難点。


 

smnn2.jpg

(クリック拡大)

お昼は3800円から。東京という場所、この雰囲気を考慮すれば後は味だけだが、リーズナブル感はあるのではなかろうか。多くの人もそういう感想をもっているようだ。今日はおまかせのミニマム 4800円でオーダー。井戸水とか麦ジュースとか飲みたくなるが昼なので、茶だよ茶。

 

 

smnn4.jpg

白木のカウンターがまぶしく感じます。さていよいよ食事はスタートしますが、今回は前菜系は少なくなってます。嫌いなものは私は貝類が少し苦手とお伝えしました。

 

 

smnn5.jpg

スタートは海老の昆布〆。ここは塩と数種の醤油を使い分け、手元ではつけないお店です。

 

 

smnn6.jpg

あおりいか。ねっとり感があるいかです。

 

smnn7.jpg

かすご鯛


 

smnn8.jpg

しまあじ

 

smnn9.jpg

大間の鮪漬け 中トロが食べたくなったがコースには入っていないよう。

 

smnn10.jpg

新子。コハダ、このしろとなっていく。

 

smnn11.jpg

かなり脂盛りのノドグロ

 

smnn12.jpg

焼き卵とミニいくら丼

 

 

smnn13.jpg

ふわふわであつあつのアナゴ


 

smnn15.jpg

最後はかんぴょう巻き

 

 

smnn16.jpgデザートはわらび餅。うまし。

トータルで10貫だとまだ食べれる、という人が多いかもしれないですね。


雰囲気といい場所がらといいこの素材でこの価格は納得ではないでしょうか。夜は10000円から18000円といったところ、もちろんお酒を飲むと高くはなりますが。日本酒飲みながらお寿司も最高ですしね。お寿司屋さんって夜も比較的明るいお店が多いのがまぶしくて私的に難点なのですが。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 


 

このページのトップへ

2017年8月28日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

ONY1.jpg

銀座で旨いものでも食うか。新橋方面から銀座へ向かう途中。首都高速の下をくぐる直前にいつも人があふれているお店が人が少ない。あれ。そうか今日は日曜日だ。

俺の肉も先日訪問したが、これが俺のグループのお店。

前から来ようと思ってから入ってみるか。ここ高評価のお店だし、ミュージックも味わえそうだし。お通し300円=ミュージック代。

 

onyk4.jpg

俺のやきとりは大井町と蒲田にある。基幹店はここだ。立食ではないし。店は地階なので雰囲気はわからない。とりあえず入ろう。


 

onyk3.jpg

飲み物メニュー クリック拡大

 

onyk2.jpg

食事メニュー クリック拡大

見にくいメニューだな

 

さすが俺のグループ。安いわ。しかし一人で来て焼鳥2本セットって困るぅ、100円寿司のように2カンずつは不要なんだけど。お店の人に一応確認する。これって2本とかの値段ですよね。ハイ。

銀座でこの値段ですか。お客さんが満杯なわけだ。


しかも通された席は奥の席の角でガラス貼り。勘弁してくれ。自分を見ながら飯を食うのか。まぁ割り切ろう。

 

 

onyk5.jpg

雰囲気に飲まれる前に、井戸水を飲もう。鶴齢 新潟の酒 600円。

 

 

onyk6.jpg

量は大したことない。飲んで落ち着いた。

 

 

onyk8.jpg

最近は少食なのでオードブルはこの1品のみ。生雲丹とサクサク長芋 780円。

 

 

onyk9.jpg

生雲丹がたっぷり入っている。これはコスパがいいし味もいい。


そうこうしているとどんどん焼鳥が運ばれてきた。卓上に塩、七味、一味、さんしょう等が置いていないのはいかんなぁ。

 

onyk7.jpg

うずら串 2本 280円

 

onyk10.jpg

つくね 塩 2本 380円

 

onyk11.jpg

皮タレ 3本 360円

 

 

onyk12.jpg

手羽先 塩 2本 360円

まじで スーパーの駐車場で焼いて販売している焼鳥より安くてうまいわ。京都の日本酒玉川に変更、これも美味しい。

 

onyk13.jpg

やげん 3本 360円

 

やはり焼鳥は1本基準で好きなの2本くらいがベスト。やげん3本は歯が疲れる。結局12本も食べたけど野菜物がない。隣の席のテーブルで若いカップルが割り勘で女性が沢山払っていた。これくらい全部払えよ・・と思う。


 

onyk14.jpgミュージック20分演奏を聴いて、お店を後にしました。なんかせかされた気分のディナーだったな。ここは1人は向かない。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2017年8月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dexi8.jpg

中国料理 頂香に来てみました。2015年3月にオープンしていますので2年以上経過します。浜線バイパスと並行して走る裏道で、お菓子の香梅さんから入っていて、ちょこちょこっと、シャトレーゼのある少し先です。比較的わかりやすいし駐車場も8台程は確保されています。

 

 

dexi9.jpg

頂香と書いて でぃんしゃん と読むそうです。日本人には読めないわ。

 

dexi1.jpg

昼夜営業されています。昼は750円から1000円が中心価格帯です。中華料理なのでセットメニューの種類も豊富です。


 

dexi2.jpg

店内は清潔感があります。右手側にも席はあります。頂香さんは、今は無き交通センター(県民百貨店)の中華名店 中華園に20年ほど勤務された方がオープンされたお店ということです。中華園は太平燕を熊本に広めたお店としても有名です。ここでも中華園風太平燕が食べれると聞いてました。

 

dexi3.jpg

(クリック拡大。)

あいのり定食というのも人気のよう。名前が「あいのり」ってフジテレビで放送されていた恋愛バラエティのような名前だな。太平燕セットA,Bでいいような気もするが。


 

dexi4.jpg

(クリック拡大。)

麺類はかなり豊富だなぁ。麺を食べなくなる前に来ておけばよかった。太平燕単品を注文しよう。太平燕は春雨だからオッケー。

 

 

 

dexi5.jpg

想像した通り、中華園の太平燕と似ている。12年前のダイニングエクスプレス 中華園の記事。もう既に中華園は無くなっているし、超さんもご逝去されました。

 

 

dexi6.jpg

鶏ガラのあっさりとしたコクが薄いスープと、しゃきしゃきした白菜。豚・いか・しいたけ、きくらげ等々、中華園のと似ている。器まで似ているがこれは同じものだろうか。

 

dexi7.jpg 春雨は少し太目の春雨。緑豆の春雨かどうかわかりませんでしたが。中華園閉店時におじゃまして以来、久しぶりにこの味を食べた気がします。中華園というお店は無くても熊本伝統の中華園太平燕はここにあるのですね。セットメニューはほとんど唐揚げがはいっていてNGなのですが、ここには珍しく「焼きビーフン」というメニューがありますので、今度また訪問したいと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.0)

このページのトップへ

2017年8月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_7207.JPG 香取でうなぎを食べて充電したら、一般道を1時間ほどドライブして千葉県の東端、銚子市までやってきました。男は端に憧れる。

日本一早い初日の出で有名な銚子市。銚子といえば、犬吠崎。台風とか大雨の時にテレビでも見ますね。犬吠崎あたりの地形はすごい。

銚子はジオパークなんですね。

 

余りにも暑いので車に戻って冷たいものでも求めましょう。(ハウディニュース風)

 

ymss2.jpg 銚子には2大醤油メーカーがあります。キッコーマンに次ぐ醤油メーカーのヤマサ醤油とヒゲタ醤油。銚子は、夏涼しく冬暖かい気候と、高い湿度が特徴で、しょうゆづくりに重要なこうじ菌にとっても最適な環境、そして利根川水運で消費地の江戸まで運べます。今回はヤマサ醤油を訪問しましたが、日曜のため見学は無し、ショップをのぞきます。しかし工場大きいわ。びっくりしました。

 

ymss1.jpg

ショップ棟

 

ymss3.jpg

日本最古の動態保存ディーゼル機関車がありました。

 

 

ymss4.jpg

ヤマサのマークの上の漢字が付いているのは、HPによれば


江戸末期の1864年、幕府は物価の上昇を抑えるため、

諸商人に販売価格の3〜4割引を厳命したそうです。

 ところが、ヤマサをはじめとする品質が優良な7銘柄のみ、

特に「値を下げるに及ばず」とのお墨付きを得て、「最上しょうゆ」の称号を得たのです。

 というわけで、マークにある“上”の文字は、「最上しょうゆ」の証なのです!


とのこと。


ymss5.jpg

醤油はもちろん、お菓子とか色々販売してありました。醤油まんじゅうを購入。餡がしょうゆ味らしいしここでしか販売していないとか。

 

ymss7.jpg

休憩コーナーでは。おや、せんべいとソフトクリーム。

 

ymss8.jpg

ソフトクリームは 「しょうゆ」ですね。250円とは丁度いい値段。試食してみましょう。

 

ymss9.jpg

ブログのネタ記録では10年以上前に大分県竹田市麦蔵で醤油ソフトクリームを食べたのが初めてでしたが、ヤマサ醤油さんでいただいたのは本当にキャラメル風の味で醤油が濃厚すぎます。美味しいです。コーンの部分は小麦粉なのに全部食べてもうた。

 

 

ymss6.jpg

手焼きせんべいを焼いている人も。小学生に断って写真撮らせていただいた。TT

 


 



 


このページのトップへ

2017年8月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

swym8.jpg 九州に台風5号が接近する頃、関東地方はカンカン照り。今日は早起きして、電車の京成スカイアクセスで成田空港まで。日暮里から成田空港まで35分というのは驚く。到着客に紛れレンタカーを借りて、香取市(以前の佐原市)まで来ました。佐原は24年ぶりくらいです。風情のある街並みで好きなんです。10月に私の所属する会の視察旅行でこちらに来るのですが、私は佐原には来ないのでその下見も兼ねて。


 

swym7.jpg佐原は利根川水系の中継地として発展した街。川沿いに伝統的町並みがあり散策にぴったりなのですが、暑すぎる。川越と並び小江戸の一つに数えられます。

 

 

swym6.jpg佐原の柳並木、ドラマなどでもよく登場します


 

swym9.jpg江戸とか明治期の建築物があって比較も面白い。灯篭があるお店は小堀屋本店というおそば屋さん。


 

swym5.jpgタイムスリップした感じだよ。そして佐原は地図の伊能忠敬の育った場所としても有名。旧居と記念館がある。

偶然だが、この日の夜テレビの「しくじり先生、俺みたいになるな」で 久しぶりにみたオリラジ中田氏が

伊能忠敬氏を取り上げて、ひとりGOOGLE とか説明してたけど、中身は前向きで結構良かったよ。

 


散策していたらお腹がすいてきたので、ランチへ行きましょう。(ハウディニュース風に)

 


 

 

 

swym10.jpgというより、ここに来るために佐原に来たんだ。うなぎ割烹山田。またうなぎ。このあたりは水郷なので鰻屋さんが多い。しかも山田屋さんは千葉県でも指折りの名店。

 

地元の人が店が開く30分前には並ばないと!ということで10時半に到着。10人が行列。しかし暑い。1巡目にぎりぎり入れそうな感じでほっとする。今日は二度目の土用丑の日。ディズニーに比べれば30分の行列なんてあっという間。

 


 

swym11.jpg創業300年という割にはそんなに古くない建物。場所が変わったかららしい。11時のオープンの時には50人くらい並んでいた、びっくりだ。

 

 

swym12.jpg

2人の人が相席でもいいですよ、ということでぎりぎり1巡目。しかし犬のオーナーさんでドッグテイストに少し耐えれない。

注文は「じか重 上 きも吸付 3900円」

多くの人はじか重が多い。じか重はご飯の上に直接のせたもの、うな重は別々らしい。

 

 

swym13.jpg割烹というだけあって、色んなメニューがある。うなぎは注文を受けて焼きはじめる。ここは「箱蒸し」という技法でうなぎを調理されており、今ではここだけのよう。

箱蒸しという白焼きのうなぎを箱の中に入れ、蒸気を使わずに鰻の余熱で蒸しあげてから備長炭で焼くスタイルとのことです。

 

 

swym14.jpg入店から約25分で重が到着。早くいただきましょう。


 

swym15.jpg調査通りのインパクトがある。やはり箱蒸しのためか普段食べる関東鰻重とは少し雰囲気が違う。


 

swym16.jpg

関東風の色は濃いめのタレ。だが味はマイルド。継ぎ足しながら使われているよう。

 

 

swym17.jpg

お重からはみ出るよう。でも普通のお店の並べ方と逆ですね。


 

swym1.jpg

肝吸いも大き目の肝。


 

swym2.jpg

雰囲気としては関西風の直焼きに近いものの、中はふわふわなのでとても美味しい。

 

 

swym3.jpg

ご飯のボリュームも普通に大盛りくらいの量はあると思う。食べ進むうちに食べきれないかもと思ったが、おいしい鰻はやはりご飯も進んでしまう。美味しいよ!

なかなか佐原までは来れないけど、こんなに美味しい鰻が食べれたので遠くまで来てよかった・・・と感謝。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.64)

 

 



 

このページのトップへ

2017年8月24日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

日本1号店フーターズ赤坂店のオープンから7年。オープン時に赤坂に訪問しその後何回か行っていますが、今回は夜の遅い時間に「ポテトフライが食べたい」というH氏の欲望にも近いリクエストにより、アメリカンカジュアルダイニングといえばフーターズというくらい、東京・大阪・名古屋で現在6店舗展開するフーターズの銀座店へ行ってきました。


FTS7.jpgいつ行っても人が多い。リーズナブルで明るい雰囲気だからか。カジュアルレストランとスポーツバーの雰囲気。

 

FTS3.jpg働いている女性はフーターズガールといい、国籍豊かで場の雰囲気を盛り上げてくれる。

 

FTS2.jpg

メニューはクリック拡大

映画に出てくるようなアメリカンジャンクファーストフードを満喫したい方には最高!のメニューがずらり。

 

FTS1.jpgメニューはクリック拡大

 

色々ありすぎる。お腹が空いているときに行ったらやばいことになる。

 

FTS6.jpg

ボーンレスチキン むね 980円 ソースがくどいかも。

 

 

FTS4.jpg

沖縄では当たり前のハンバーガーショップ A&W(エーアンドダブリュー、エンダー)ならではのポテトフライがカーリーフライ。700円。 A&Wのカーリーフライはねじのようにぐるぐるになっているから別物。

 

 

FTS5.jpgチリチーズカーリーフライ 950円。

 

H氏、お腹が空いてない時に来てもやばいことになってないか? TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)


このページのトップへ

2017年8月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oren1.jpg

台風によるスケジュール変更で夜に東京入り、神田で夕食。調べてここに決めた。「俺の肉」

俺のフレンチとか俺のグループとは関係ない。2009年オープンでこちらの方が先だ。

神田というと焼肉のイメージはあまりないが、美味しそうなお店は沢山ある、さすがサラリーマンの街だ。しかし土曜というとサラリーマンもめっきり少ない。ここは普段は一杯だと思われる、今日はラッキーだったかもしれない。


 

oren15.jpg

27席しかないので、大人数の宴会には向かない。このたたずまいが、神田の路地では郷愁を誘う、いい感じ。


 

oren2.jpg

メニューに目を通す。牛ユッケは売りの一つだとわかるが、今日はアローン焼肉なのでパス。

 

oren3.jpg

見ていると色々と食べたくなる。

 

oren6.jpg

肉盛り頼みたいところだが・・・単品で行くこととする。

 

oren4.jpg

4席しかないカウンターに座り。


 

oren5.jpg

とりあえず、お通しと井戸水(コップ酒)でのどを潤しながら考える。決めた。今日は肉しか食べない。

上カルビ 1,480円

上タン塩 1,200円

オススメ(ミスジ) 1,480円

 

oren7.jpg

同時に着弾した。逆にこれに小ライスで十分すぎるくらいだ。牛タン定食より肉の量は多いのだから。

 

oren9.jpg

肉がフレッシュなのかこの暑さなのか。


 

oren8.jpg

カルビは以外にうすかった。


 

oren10.jpg

本日のおすすめのミスジの方が食べがいがありそうだ。

 

oren11.jpg

アローン焼肉はあせらなくていいのだ。今日の流儀は部位別にいただいていく。

 

 

oren12.jpg

おかわりの井戸水は群馬の地酒 水芭蕉 (780円)にした。並々でコップ2杯分あるからコップ酒480円と比較してもリーズナブルだ。

 

 

oren14.jpg

カルビは薄いので2枚一度に食べることにした。

 

 

oren13.jpg

やはり一番おいしかったのはこれだった。会計 6,330円。「俺の肉」とは食べログレビュワーさんのコメントで 複数で来店した時 焼き台の網の肉を「それ 俺の肉!」と取り合いになるくらいの美味しい肉を提供したいとの想いからの命名なのだそうだ

と書いてありました。

 

今日は全部俺の肉だった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.57)



このページのトップへ

2017年8月22日 Posted time : 00:05 | Category : 編集長コラム

yokoyamaa8.jpg

ダイニングエクスプレス読者の方、お待たせしました。久しぶりのラーメン店の登場です。青森市の繁華街にある深夜営業のラーメン店に突入です。青森といえば、煮干しラーメンを食べて帰らないわけにはいかないでしょう。あと味噌牛乳カレーラーメンもあるのですが。十三湖しじみラーメンのお店もあるが、ここはニボラーで。

 

yokoyamaa1.jpg

ここは20時から朝4時まで営業。さすが今日は混んでるわ。

 

 

yokoyamaa2.jpg

中華そば 細麺は 650円。これしかないという感じだなぁ。

 

 

yokoyamaa4.jpg

何!ギラギラ煮干し! 惹かれるなぁ。熊本麺商人の極ニボみたいなものか。かなりギラギラしたくなってきた、ということで追加!

 

 

yokoyamaa5.jpg

来ました。超オイリーなギラギラです。真夏の青森では顔もこんなにギラギラすることはなさそうですが。あ、実はこれは私のではなくて一緒に来た方のラーメン。

 

 

yokoyamaa6.jpg

やっぱりあっさりニボでしょう。澄んだ煮干しラーメン。これですね。

 

 

yokoyamaa7.jpg

チジレ度がいい具合の麺ではないですか。ということで撮影会は終了。私はラーメンはパスさせていただきました。。スープは数口ずついただきました。好みはギラギラの方でした。

 

yokoyamama3.jpg

私といえばおつまみチャーシュー400円を2枚程度。ギラギラ煮干し太麺ラーメン大盛りを食べれないとは、情けない胃袋になったもんだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

このページのトップへ

2017年8月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sty1.jpg

地元の人に予約していただき、訪問した「さとや」さん。海鮮が美味しい居酒屋さんとのこと。ねぶた祭りが開催中のため、音が響きます。

 

sty2.jpg

井戸水(日本酒)のおすすめは色々ありますね。人任せにしたせいか何を飲んだかすっかり忘れました。いけませんね。

 

sty3.jpg

料理はおすすめ以外にも通常メニュー品が沢山あります。


 

stya4.jpg

お通しから

 

stya5.jpg

わさび入りポテトサラダ 550円。 食べてない状態でこれだけか。。


 

stya8.jpg

ズワイ蟹と大根のサラダ 750円

 

 

stya15.jpg

もろきゅう

stya6.jpgお刺身の盛り合わせ。大間の本鮪はじめ、美味しそうなのが綺麗に並べられています。

 


stya7.jpg

今別産生うにとか、美味しいし。


stya9.jpg

これも肉がやわらかく美味しいと人気だった、前沢牛霜降りサガリ串焼き 1本480円。

 

stya11.jpg

陸奥湾産活きホタテの刺身。

 

 

stya12.jpg

珍味系・・・パス

 

stya10.jpgカマンベールチーズの燻製 450円。ハーフポーション、くんせいの具合が絶妙で日本酒にあう。

 



stya14.jpg

新生姜の海老巻天ぷら 600円。見てただけですが。

日本酒と白ワインを堪能。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月20日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

mikim0.jpg 2年ぶりの青森訪問です。8月2日から7日まで開催された青森のねぶた祭りに行ってきました。(開催期間中全部いたわけではありませんが)ねぶた祭りを実際見るのは初めて。熊本が気温38度とか言っているときに、青森は24度とか。同じ日本ですか?!って感じでジャケット着てもフツーなのが変な感じ。今回は沢山ねぶた祭りを満喫させていただきました。ねぶた祭り期間中はホテルも満杯。ねぶたが通る近くは交通規制で飲食店もまつり終了の21時からはどこも賑わいます。軽く食事はしていたので、「日本酒」と「まぐろのぶつ切り」を目当てに予約済みの和食屋さんに。

 

mikim1.jpg

三亀松(みきまつ)とはなかなか読めないわ

 

mikim2.jpg

枝豆とホヤ貝(苦手です)、黒いのは つるつるわかめ というわかめを使った麺。知らないで食べていたら絶対もずくと勘違いするわ。

 

mikim3.jpg

大間の赤まぐろのぶつ切り。これよこれ。赤身もいいですね。ホテルでは朝食にも出ていました。

 

mikim4.jpg

かにと

 

mikim5.jpg

海老で

銘柄は忘れたけど日本酒を冷で。

 

mikim6.jpg

最後はシンプルなおにぎり。TT

 

食べログ(掲載時点なし)


このページのトップへ

2017年8月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yotte1.jpg

羽田空港(JAL)第一ターミナル内で乗換のためのランチタイム。時間がないので、さっとすませられて美味しいお寿司「又こい家」をセレクトした。12番ゲートの前にある。ここはターミナル内(荷物検査上内)にある飲食店では食べログポイントも高いところです。夏休みとあって家族連れが多い空港内。ここはのんびり食べている人も少ないから回転はいい。立食いメインですが、そばにテーブルもあるのでそちらを利用することも可能。2人で訪問。手荷物はかごの中に入れる。

 

 

yotte11.jpg

丼からビールと一緒になったセットメニューなど、もちろん100円寿司よりはアッパーレベル。高目の回転寿司やさんくらいのイメージで良いでしょう。

 

yotte12.jpg

限定25食の夏の5貫握り 1600円をベースにいくつか単品で注文することにします。

 

 

yotte7.jpg

(メニューはクリック拡大、戻るで元の画面)

又こい家は築地が本店で 羽田に第一、第二、東京勝どき、大阪難波に合計5店舗。違う名前の鮨屋でも出店している寿司メインの飲食業さんです。単品は150円から。サーモン(150円)、タコ(150円)、イカ(250円)、大トロ(500円)、かんびょう巻(350円)、鉄火巻(450円)これは2人でシェア。巻物にすると手巻き+200円とのこと。具材の量が増えるのでしょうね。

 

 

yotte2.jpg

注文して出てくるまでが早いこと。いか、サーモン、たこ

 

yotte3.jpg

シマアジ、中とろ

 

yotte4.jpg

キス

 

yotte5.jpg

石垣貝とのこと。少し苦手な感じ。食べました。単品だと600円。とり貝に類するようだ。

 

 

yotte6.jpg

穴子

 

yotte10.jpg

大トロ (後半でなく最初に食べれば良かった)

 

yotte9.jpg

鉄火巻

 

yotte8.jpgやっぱり〆のかんぴょう巻

 

予定よりかなり早くランチタイムは終了しました。時間ありませんがラウンジでコーヒーでもいただきましょう。TT

 

又こい家 ということで次回の東京の際、また行ってしまいました。

 

matak1.jpg同行者は寿司8貫セット。この日は休日なので麦ジュース。

 

matak2.jpg

私はサーモン炙り丼(1200円) 以前食べている人が美味しそうで気になっていたメニュー。脂ののったサーモンといくら。

 

matak3.jpgmatak4.jpgボリュームたっぷりのサーモンといくら。ご飯の量も十分で、これは満足度が高いメニューだと思いました。味噌汁にもエビが入っているし。これはターミナル内ではオススメの一品かもしれません。ごちそう様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 




 


 

 

 

このページのトップへ

2017年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sunk6.jpg

近見にある中華料理屋に行ってみました。近見プラザのすぐ手前を右折します。駐車場があります。その奥に店舗があります。

 

 

sunk1.jpg

中国四川料理 SUN華凰 (サンカオウ)。英語と感じの組み合わせの中華料理屋さんはあまりないのではと思います。SUNとはたぶん太陽ですね、日曜日のSUNではないでしょう。こちらのお店は元ホテルキャッスルで修業された方のお店だそうです。キャッスルも四川料理なのでその系統をひいているのでしょうか。

 

sunk2.jpg

そうだとすれば、担担麺あたりが売りになるのでしょうが、あいにく麺は食べませんので、今日はランチの1から4から選ぶことにします。気分的に4のひき肉と春雨の辛し煮にすることを決定し店内に入ります。ランチメニューが4種類もあるのは良いですね。それに料理2品のランチにもできますから、2人で来れば全種類を味わえる。

 

店内はテーブル席中心でカウンターもなく2人席も少ないため1人は入りにくいなぁと思いました。ピーク時間は過ぎており4人テーブル席に。

 

sunk3.jpg

ご飯と漬物とスープが到着。

 

 

sunk4.jpg

しばらくして春雨が到着。結構スープが入っていました。具材はひき肉がメイン。

 

 

sunk5.jpg

思ったほど辛くはなく、ご飯のおかずにしてはスープみたいだし春雨なので、少しミスマッチだと思いました。味自体は美味しかったです。こちらは単品料理も沢山ありますし、夜に訪問したらもっと色々と食べれるので楽しいのではないかと思いました。TT


食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

From the Farm ジャルディーノのランチ 熊本市

何度かジャルディーノさんは記事にしていますが、記事にしていない訪問回数はかなりの数になります。ランチも週末よく来ているし、平日深夜にもぶどうジュースを飲みに来たりします。


そういえば銀行さんのぶどうジュースの会もこちらでやってました。

銘醸ワインを楽しむ夕べ 2016

 

銘醸ワインを楽しむ夕べ

 

GDN10.jpgジャルディーノさんはセカンドサイトの2Fにあります。1Fはケーキのスイスと中華のジャンジャンゴー。紅蘭亭と同じ系列店です。

 

GDN11.jpg階段を上って2階に。半2階みたいなところも飲食スペースです。オープン風になっています。冬は寒いので幌のカバーがされ風を遮ります。

 

GDN1.jpg(メニュー1 クリックで拡大します)

メニューは結構豊富です。パスタ・ピザ・いろいろあります。野菜はここの自慢です。自家菜園がありますので。

 

 

GDN13.jpg(メニュー2 クリックで拡大します)  小さな小鉢メニュー。

 

GDN14.jpg(メニュー3 クリックで拡大します)

 

GDN15.jpg (メニュー4 クリックで拡大します)

 

GDN12.jpg(メニュー5 クリックで拡大します)

 

GDN16.jpg(メニュー6 クリックで拡大します)

 

ピザもここのは美味しいのですが、パスタの9種類がなんと全部グルテンフリー生麺に変更(+150円)できるのです。熊本では他にないんじゃないかな。あったら教えてほしいです。

 

グルテンフリー(小麦ぬき)の麺は生パスタみたいに美味しいし。

 

GDN2.jpg透明なぶどうジュースを飲みながらいただきます。

小海老のニンニクオリーブ煮(アヒージョ) 飲み物とセットで少し安かった。通常は870円。

 

GDN3.jpg鰹のタタキとアボガドサラダ 870円。オクラと山芋とたまねぎたっぷり。

 

GDN6.jpg鮑のバター肝ソースソテー 1620円。野菜がまわりにたっぷりあって美味しい。

 

GDN7.jpg肝ソースが濃厚すぎるくらいだ。ぶどうジュースがうまい。

 

GDN5.jpgスペアリヴのグリル 805円。これも濃い味付けのリブ。赤いブドウジュースにチェンジ。

 

 

GDN9.jpgパンチェッタとハーブのペペロンチーノ グルテンフリー生麺 1040円。

つるつるっとした生麺で、言われないとフツーのパスタとわからないかも。しかもGI値は低い。

 

GDN8.jpgカルボナーラ 1000円。こちらもグルテンフリー麺。濃厚なカルボナーラとグルテンフリー麺は結構あいます。全然普通に食べてもめちゃくちゃ美味しい。生パスタ麺という感じです。


 

フツーのパスタだとどんな風になるのか?って。それはこうです。


 

GDN4.jpg麺のアルデンテ感というかプリプリ感は写真の見た目にもわかりますね。今日も美味しかった、ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 




 

 

このページのトップへ

2017年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

8月8日の記事に登場するもわずか。

 

MUJIにまた来ちゃいました。休日とあってやっぱり混んでました。名前を書いて約20分。その間は無印のお店を見たりして時間をつぶします。店内だからエアコンも効いているので待つのもそれほど苦ではありません。

今回は妻と小学校高学年の娘を連れて来ました。女性はどういうセレクションをするでしょうか。頼むのは1汁三菜定食 950円です。

 

IMG_7088.jpgショーケースに並んでいるのは実際のメニューの現物なので、それを見つつ。

 

IMG_7087.jpgおにぎりも色々ある。


メインや副菜のメニューは8月から少し変わるそうなので、写真のとは違うかもしれません。

 


IMG_7079.jpg奥さんのセレクションは メインは長崎県産アジフライ、冷菜はタイ風春雨サラダと鶏レバーのからしマヨネーズ和え

鶏レバーはレバー臭さが辛子マヨネーズでだいぶ解消されていた。

 

 

IMG_7080.jpgアジフライ

 

IMG_7082.jpg娘のセレクションはゴーヤーチャンプルー、きのことオリーブの洋風白和え、かぼちゃといんげんのカラフルサラダと十穀米。

 

IMG_7084.jpg両方濃い味のまったり冷菜。ゴーヤーチャンプルーが出来たてで卵とじされていて結構おいしかった。娘はこれだけの量を完食してしまいました。感想を聞いたらおいしかったそう。

 

IMG_7085.jpg編集長’S セレクションは、これ。量が少ないって。奥さんに絞り取られているので。

 

ノン小麦(白和えの醤油を除く)のセレクション。こちらの組み合わせだとおにぎり150円と冷菜2ケで460円 合計610円です。今の私には十分。ゆっくり食べれば食べがいもあります。足りない時ってガツガツ食べたとき。TT

 

ーーーーーーーーーーーーーー

平日市役所まで来たのでまた寄ってみました。リピ率高しです。8月にメニュー変更があると聞いていたのですがメニューは7月と同じままでがっかりしましたが。

 

TODAY'S SELECTION

ccssm12.jpg高菜おにぎり 180円、きのことオリーブの洋風白和え 230円、ゴーヤーチャンプルー 380円。790円です。

ゴーヤーチャンプルーは卵とじされています。TT


 

 




 

 

 



このページのトップへ

2017年8月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

よかよか市場に続く熊本市田崎市場内食堂シリーズです。

 

ceiyo7.jpg 田崎市場内の中華食堂 栄耀さんにきました。8月4日は栄養の日、夏は栄養つけないとバテてしまいますからね。車は市場内にも色々止めるところは多いです。特に昼時にもなると雰囲気的に以外にゆるっとした感じが市場内に漂っている気がします。昔は出仲間にあったお店が16年12月に移転してきたようです。

 

ceiyo1.jpg日替わりは3種類。麺1品、定食2品。ここは担担麺とか油淋鶏(ゆーりんち)がおいしいとか。

 

ceiyo2.jpg店の億と壁際はすべてカウンター席。学校の椅子のような感じですが。以外に中華といっても清潔感ある感じですね。冷房も効いていました。

 

ceiyo9.jpg(メニューはクリックで拡大します)

メニューを見てみましょう。定食・飯・麺とバランスよくラインアップ。メニューはこの1枚のみ。太平燕もひかれますし、チャーハンも惹かれますが、ここは名物の油淋鶏といきたいところですが、今日は暑いので麻婆豆腐定食 750円をオーダー。値付けも市場内にあるためか、妥当な感じですね。

 

ceiyo3.jpg到着。っていう麻婆もご飯も量多すぎでしょ(汗)

 

味噌汁なん。


ceiyo5.jpg市場内はボリュームが多くないといけないのね。サラダや漬物、もやし、キンピラ風。これもおいしかった。

 

ceiyo4.jpg見た目は辛そうですが、あまり具材は入っていない、豆腐メインのシンプル麻婆。

 

ceiyo6.jpg 量はありましたが、辛いと食べれるんですね。残すと信じたご飯も麻婆も完食しました。麻婆はそんなに辛くないです。ラー油がもう少し強くてマーが効けばベストなんですが、あまり辛いと汗ダラダラになりますから、これくらいがマイルド麻婆で丁度よいのかもしれません。というより、たぶんこのお店では人気メニューではないのかもしれない。相当お腹いっぱいになったのは間違いないです。コストパフォーマンスはいいと思います。TT

 

紹介してあるブログ


 


 



 

このページのトップへ

2017年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sgym8.jpg

料理教室へ行きました。「エプロン忘れたんですが・・」「安心してください!エプロンもかっぽうぎもいらないですから」「よかった・・・」ということで

ホテル熊本テルサにて開催された 杉山シェフののエプロンのいらない料理教室へ参加しました。杉山さんは熊本テルサの総料理長。毎年、特別アレンジで料理教室+会食をお願いしております。

 

これは昨年の記事

 

夏バテ防止にリコピンたっぷりの、トマトを使った2品の料理教室。私たちはシェフが料理するのを見て学習するのです。そして出来上がった料理が。

 

sgym10.jpg

バジルの香りがとてもいい、あさり貝とトマトのパスタ。麺を茹でながらそのタイミングでパスタソースを作るのがタイミングばっちり。

 

sgym9.jpg

2品目は 大阿蘇どりのバスク風 軽い煮込み。フライパンで焼いた肉を出したあと、水をいれてフライパンに付着した肉汁を溶かしだしその旨みまで料理に取り込むのがポイント。

見てるだけで、皆さんのお腹がグーグーグー状態でしたので、私の挨拶も軽めにすませ会食に。

 

sgym1.jpg

オードブル盛り合わせ

スモークサーモンのポーピエット

ポークパテのキッシュ

マグロと長芋のマリネ

生ハムとメロンのプロシェット

鴨とオレンジ

 

sgym2.jpg

あさり貝とトマトのパスタ。ボンゴレロッソです。

 

sgym3.jpg

かぼちゃの冷製スープ

 

sgym4.jpg

パン

 

sgym5.jpg

イトヨリと帆立貝柱のポワレ

スイカのグラニテ(写真なし)

 

sgym6.jpg

料理教室でもあった、大阿蘇どりのバスク風 軽い煮込み

 

sgym7.jpg

マンゴーのムースと塩アイスクリーム

 

また来年も楽しみにしたいと思います。TT

 

 

このページのトップへ

2017年8月13日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

yokayoka1.jpg

田崎市場に肉を食べに行きました。赤牛です。肉食堂よかよかは、肉の卸の三協グループの経営です。

 

 

yokayoka2.jpg

市場の一部を改造した内装とかオシャレ感は全くない、肉食堂よかよか。猛暑なのにエアコンが生ぬるかった。


 

yokayoka10.jpg

赤牛を名物としているのか、よかよかグループとして県内にもいくつもお店を出している。今まであまり赤牛食べよう!って思ったことがなかったので、気にしたこともありませんでした。

 

 

yokayoka3.jpg

黒板メニュー。まぁここは あか牛丼でしょう。市場で勤務されているような方は日替わりを頼んでおられました。

 

yokayoka4.jpg

壁には写真メニューが。

 

yokayoka5.jpgあか牛、そぼろ、しぐれの よかよか丼は1200円

 

 

yokayoka6.jpg

到着。丼はけっこう大き目。小鉢2品、しぐれ、味噌汁。食べるのにスプーンは使いませんでした。丼内にはしぐれと白味噌、わさび。

 

 

yokayoka7.jpg

しっかしレアなんだな。肉自体は薄切り。

 

 

yokayoka8.jpg

赤身だし、やわらかいことはやわらかい。

 

 

 

yokayoka11.jpg半熟卵をつぶして。

 

 

yokayoka9.jpgご飯の上にのせて、まるでマグロを食べているようだ。以外にご飯の量が多くて。わさびをのせて醤油をかけていただいた。税込1620円。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

このページのトップへ

2017年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kaminari1.jpg

中華が食べたくなり、浜線とバイパス交差点にあり駐車しにくいと思い訪問したことがなかった、「中華菜園 雷火」に来てみました。ここの名物は鳥ネギ塩ラーメンと書いてありますし、スープがなくなったら終了とも書いてあるので、麺が売りの中華屋さんでしょうか。中は町の中華屋さんといった感じで、サラリーマンが多くいて、入る時に提供に時間がかかりますと言われました。

 

kaminari4.jpg

カウンター前の壁ですが、いろんなセットメニューがあり、頭がぐるぐる回りそうです。このほかにもメニューは沢山あります。

 

 

kaminari2.jpg

ランチにチャーハンはないと思いきや、壁メニューにあったり、複雑です。

 

kaminari3.jpgサービスランチはご飯もの。2品で780円ということなので、とりあえずこれにしましょう。2 豚肉のピリ辛四川ソースかけ と4 マーボー豆腐 にします。マーボー豆腐の辛さ控えめはできませんと。相当辛いのか?でもライスおかわり無料もありがたい感じですね。そんなに食べれないけど。

 

kaminari5.jpg

結局30分まって到着。結構なボリュームですね。

 

kaminari7.jpg

同じようなサラダが2皿になってしまった。こちらはピリ辛ソース。

 

 

kaminari6.jpg

辛さ調整できないと書いてあったので、激辛を期待したけど、期待外れのマーボー。片栗粉が固まっていたりしてとろみが多いタイプで家庭料理っぽさも感じます。ラー油がおいてあったのですが、追加はやめて今日は素直にいただきます。時間オーバーしたので、急いで食べたので。サラリーマンのお客さんの注文メニューが1品ずつ違ったので、これが提供する準備に時間がかかっていたのでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)


 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rocabo2.jpg

すき家に行きました。最近は米抜きの炭水化物ダイエットなどしているユーザーもいるため、牛丼を敬遠する人を取り込もうというためか、春に新メニューに加わった、ロカボ麺を食べに行ってきました。2種類あるのですが、低糖質を唄うメニューです。


ロカボとは何か (すき家ホームページより)

生活習慣病予防や体に負担をかけないダイエットとして注目を集めている"ロカボ"。一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱している「緩やかな糖質制限」のことをいいます。
糖質を1食あたり20gから40g、おやつ10g、1日あたり70gから130gに制限することにより、糖が中性脂肪として蓄積され肥満や生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれる食後の血糖の急上昇を抑える新しい食事方法です。最低必要量の糖質は確保した上で、エネルギー源やからだの構成成分の材料として重要なたんぱく質や脂質はしっかりと摂取するよう推奨されているため、無理なく楽しんで健康なからだづくりを続けることができます。


ではロカボ牛ビビン麺 590円 を注文。

 

rocabo1.jpg

麺の上に、牛丼の具、キムチ、ほうれん草、こんにゃくが乗っています。別添で辛ソースが付いてきます。

 

辛そうなんですが、

 

麺の感想は・・・・・・一口食べてみて、こんにゃく麺なのですが、この感触が合わないのです。そういえば少し前にセブンイレブンでこんにゃく麺を食べたときも一口で食べるのをやめました。

 

だから、ミニライス 130円 を頼んでおかずにして食べることにしました。HPによるとミニライスで 311Kcal

 

フツーにご飯を食べることとなってしまった。まぁ私の目的はロカボでなく、グルテンフリーなので良いのですが。(ただし、ロカボ牛ビビン麺は醤油が含まれているため小麦表示は〇になっています)

TT

 


 


 

 

このページのトップへ

2017年8月10日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

honmaruu7.jpg

2回目の訪問、創業180年老舗うなぎ本丸に行ったのは、土用丑の日の直前の金曜日。今日は絶対人が多いに違いない!やっぱり行列だ。でもうなぎ屋さんは丼料理だから回転はいいから待ちましょう。今年の春から夏にかけて、鰻の食べ過ぎだわ。

 

honmaruu6.jpg

1Fの仕込み場では鰻が沢山焼かれていました。

 

honmaruu8.jpg

メニュー表に青い張り紙が。7月いっぱいは提供しないと。忙しいためか。

 

HONM7.jpg

邪魔なので、引っ剥がして撮影。

というのは冗談で前回撮影したのを見ると「ひつまぶし」と「信長丼」。信長・・・信長丼って調べたらこいつは美味しそうです。7?8年前はランチでは1000円!で出ていたようです。今日も前回に引き続き うな重 上

 

 

honmaruu1.jpg

どんどん作っているからそれほど待たず到着。

 

honmaruu2.jpg

オープン。おや、前回より鰻が小さい気がする。前回の写真と比べてみよう。

 

前回の記事

 

 

honmaruu3.jpg

昨年より鰻も安くなっているので、うなぎ屋さんは今年は利益率が高いのだろうか。

 

 

 

honmaruu4.jpg

ここの肝吸はみつばもたっぷりで美味しい。

 

honmaruu5.jpg

ふわふわで美味しいです、タレは少な目なのでお好みでタレはかけることができるタレさしがあります。いやぁ、かきこんでしまいました。一緒に九州から来られた方も関東風鰻に満足されておられました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年8月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

立食パーティでの がっつり食いは止めて会話に集中し、せっかくの東京ですから取引先と美味しい焼肉を食べながらということになりました。私が急遽予約担当となり、浜松町・新橋界隈で食べログ3.5以上で当日予約可能なお店で見つけたお店がここ。

 

urut6.jpg

大門駅からは徒歩1分。野村不動産の商業施設ビルGEMS大門にある焼肉屋さん。

 

urut7.jpg

鯖専門店のSABARもここにあったんだ。9Fのうる寅へ。


ここから先は肉の誘惑に耐えれる人だけお読みください。


 

urut8.jpg

店内は清潔感があります。お店はしばらくして満席になりました。

 

urut9.jpg

立食パーティで寿司など食べた人もいるので、セットメニューは流して

 

 

urut11.jpg

A5チャンピオン牛の希少メニューもたくさんあるし、しかもシ・シ シャトーブリアンまで!

 

 

urut12.jpg

一番安いカルビ 750円も食べてみないと。

 

urut13.jpg

美味しそうな肉ばかり。生牛タンもいこう。

 

 

urut10.jpg

姉妹店の赤坂 肉兵衛の船盛りで有名になった。ここにも舟盛りあるが、ここは日本橋盛りを行きましょう!

皆さんの目の色が変わりました。

 

urut14.jpg

カクテキでスタートして。

 

urut15.jpg

山盛り和風サラダ 550円。 この立体感が食欲をそそる。

 

urut16.jpg

焼肉店には珍しい、パクチーキュウリサラダ 780円。好き嫌いはある野菜だが、今日の参加者は大半はパクチスト。

なんと今日は(8月9日)パクチーの日! パクチーパクチー!!


 

urut20.jpg

上タン塩 2人前 @1150円  厚みも適当にありますね。

 

urut2.jpg

一番安い 750円のカルビ2人前 は 「え?このサシでこの値段?」と思いきや・・・みんなの感想は

 

 

 

(固) 歯が悪いのか。いや違う。

 

urut17.jpg

はい、気を取り直したところで お待ちかねの日本橋が到着!これですよ、肉の船盛り。フォト的にいいですね。9種盛。皿に乗っている肉より興奮しますよ、これ。見せ方大事ですね。それに天井からのハロゲンライトが余計肉を美しく見せる。


 

urut18.jpg

さがり、らんぷ、肉モモ、上タン塩、肩芯、芯しん


urut19.jpg

上ハラミ、みすじ(うで)、ざぶとん(肩ロース)

ミスジ、ざぶとんは脂ものっておいしそーう。

 

urut1.jpg

らんぷ。

 

urut4.jpg

みすじ さっきのカルビとは全然違いますわ

 

urut3.jpg

最後のホルモンはちょっとホールモンやね。

 

urut5.jpg今日は人気がないホールモン。


いや肉の日本橋9種盛良かったです。暑い夏だから、焼肉ですよね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ccsm15.jpg

下通りの旧ダイエー跡地に4月27日にオープンしたCOCOSAには何度か行ってますが

 

ccsm16.jpg

今日は4Fにある無印良品の外食店、cafe & meal MUJI に来ました。cafe&meal では福岡・天神に次ぐ九州2店舗目

 

 

ccsm17.jpg

ラーメンやうどんばかり食べすぎて皆さんに心配をかけた私は最近和食党、一汁三菜 万歳。

 

ccsm3.jpg

ショーケースにはデリが。食事で提供される。これはテイクアウトも可能。

 

ccsm4.jpg

店内は無印同様、シンプル空間。

 

ccsm10.jpg

平日昼間ならランチタイムも空いていますね

 

ccsm7.jpg

素材にこだわってあるのは私としても嬉しい。最近はジャンクフードを食べるのもめっきり減った。

 

ccsm8.jpg

ドレッシングも手作りか。化学調味料も最小限。

 

ccsm9.jpg

白米は蛇紋岩米(じゃもんがんまい)。コシヒカリ。

 

ccsm5.jpg

多くの人がオーダーするメニューは 選択メニューで温菜+冷菜2+米+味噌汁で 950円(税込)。ランチ700円相場より少し高めだが素材感とか考慮すればアンダー1000円というのはうまい価格設定だと思う。女性も選択メニューは大好き。

 

ccsm6.jpg

アレルギー表示があるのは嬉しい。今日もノン小麦でいきます。冷菜などは単品でもオーダー可

 

 

ccsm11.jpg

温菜は いか団子のトマトチリソース

冷菜は タイ風春雨サラダとかぼちゃといんげんのカラフルサラダ。 白米。

 

 

ccsm12.jpg

一つのボリュームもほどよく。

 

ccsm13.jpg

通常サイズのライス。高菜をまぜていただきました。結局食べきれなくて3分の1残してしまった。土釜おこげ

 

ccsm14.jpg

枝豆がたっぷり入った、豆腐入りイカ団子。ヘルシーランチで嬉しい気分になった。また来たいと思いました。女性にはいいと思いますよ。デザートとドリンクが付いたセットは1400円です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

炭火焼干物食堂 越後屋権兵衛 東京・浜松町 極上のさばや! 前回の記事

 

echigog1.jpg 今日は所用があり、浜松町にてアーリーランチ予定。さてどこにするか。よし半年ぶりに越後屋権兵衛さんにしよう。11時20分だったけど、早弁のお父さんたちで満杯になりそう。東京すごいね。近くの明太子食べ放題のやまや浜松町店も大人気。今日は何の定食にするか。

 

echigog2.jpg

730円から定食があるのは嬉しい限り。前回は極上さばいしる定食。今日は銀鮭塩焼き定食にしようとしたら、「時間少しかかります」と言われ、サーモンつながりで「サーモンハラス干し定食」800円に変更。そのままお金を払い、カウンター席に着席。水はセルフ。とろほっけ定食も人気があるようです。しまった、とろほっけにすべきだった。ここは魚が美味しいから2品おかずが食べたくなる。

 

echigogo3.jpg

半焼きしてあったおかげが、あっという間に到着。そしてうなぎのような でかハラスにびっくり。

 

echigog4.jpg

こんなに大きいハラス見たことない。本当に鮭のハラスか。

 

echigog5.jpg

半分にしてみます。

 

echigog6.jpg

身は脂がのっています、が塩気が少なくて。醤油をかけました。でもハラスってあんまりご飯のおかずにならないね。だから最後は味噌汁とお新香でご飯を食べました。店の滞在時間も10分ちょっと。ほんとの早弁だ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 



 


このページのトップへ

2017年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sgng10.jpg

久留米の重永鮮魚店が経営する地元の回転寿司店 しげながに来ました。久留米市内に2店舗、鳥栖に1店舗の3店舗ある、100円寿司よりもっと高級な回転寿司です。鳥栖プレミアアウトレットの近くにあります。なかなか最近では100円寿司に押されて高級店は厳しいですが、ネタがいいのはもちろんですから、元気に頑張っているところも沢山あります。しげながもその一つですね。

 

sgng11.jpg

店内は白基調。皿の色で値段が違うスタイルは熊本でも峰寿司とかこうでした。峰寿司さんは今や香港に沢山ありますからね。

 

sgng12.jpg

回転していますが、オーダー形式です。寿司シャリはロボットでなく手握り。

 

sgng4.jpg

130円から520円まで。170円から260円が中心価格帯。通常の100円寿司の予算の2、3倍は考えておいた方がよいと思います。私の場合回転寿司では7、8皿が標準ですから。今日の予算は2500円内にします。

 

 

sgng13.jpg

軍艦もあるし、巻物でお腹一杯にする作戦もある。椀物は概して原価率が低いから注文はやめておく。

 

 

sgng1.jpg

ネタは大半が輸入品のトロサーモン。 380円 肉厚で美味しかった。

 

sgng2.jpg

地アジ 220円

 

sgng3.jpg

100円寿司とは差別化、生うに 520円をオーダーする。今日一のメニューになりそうだ。やはり美味しい。

 

sgng5.jpg

ウニのあとは100円寿司ネタとあまり変わらないと思われる、ボイル海老 170円

 

sgng7.jpg

これは220円

 

sgng8.jpg隣の人の頼んだ煮穴子が美味しそうだったので、380円。身はふわふわしていた。

 

sgng6.jpg

〆は納豆で 130円

 

sgng9.jpg

7皿食べました。この程度にしておきましょう。お会計して 税込 2,182円。予算内に収まりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3,52)


 

このページのトップへ

2017年8月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbar6.jpg

KENZO ESTATE WINERYでいいワインと過ごした後には、東京と大阪にしかないバー、B BARに。KENZOからも歩いてすぐ。ヒルトンホテルのヒルトンプラザイーストの2Fにあります。バカラの直営のバーです。バカラのグラスで優雅なひと時が過ごせます。

 

bbar8.jpgこちらは羽田空港第一ターミナル内の伊勢丹のそばにある、バカララウンジ。以前はここもB BARといっていたそうです。カウンターのみの空間ですが、飛行機の出発までの空間をここでゆっくり過ごしている人、見たことない。

 

bbar1.jpg

カウンターとテーブル席で40席あまり。

 

bbar7.jpg

大人のスタイリッシュな空間が広がっています。

 

bbar2.jpg

ワイングラスはいくつか並べてくれて、選べました。

 

 

bbar3.jpg

安定感があり、どっしりしたバカラの名作「ベガ」を選びました。

 

 


 

 

bbar4.jpg

熊本から来たことを告げると、クマもんバカラをテーブルに置いてくれました。せっかくなので水晶玉みたいなバカラも置いてもらいました。これはシリウスボウルといい調べたら25万円くらいのようです。クマもんは4万円だったと記憶。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kes9.jpg

日本人が所有するカリフォルニア ナパ・バレーの有名なワイナリー

KENZO ESTATEはカリフォルニア ナパ・バレーにあるワイナリーの直営レストラン。東京・大阪・京都に店舗があり、今回訪問の機会を得たのは大阪店。いやぁ期待感高まります。米国ワインの90%を生産するカリフォルニア1200のワイナリーのうちナパ・バレーには500くらいがあるのですが、ナパの生産量はわずか4%。小規模なワイナリーがひしめく場所。KENZO ESTATEの所有者はストリートファイターなどのゲームで有名なカプコンの創業者辻本憲三氏であり、平成20年にファーストリリースされたワインがとても高い評価を得ています。

一からワイン造りをはじめたりとか、アウトドア用に買った土地でワイナリーを作ったとかその話などはホームページに詳しく。

 

kes10.jpg

店舗へ入りましょう。テイスティングルーム、ショップ、レストランとなっています。27席。シャレオツな空間ですね。都会のビルの中にあるリゾートのよう。

 

 

kes11.jpg

今日はテイスティング・カウンターで食事をしながら頂きます。

 

kes13.jpg

目の前の雰囲気からしてワイナリーに来たようですね。KENZO ESTATEにはビールとか焼酎とか一切ありません。もちろん自社で製造しているワインのみ。ワイン好きが訪れるレストラン。

 

kes12.jpg

提供しているのは あさつゆ、結、明日香、紫鈴(りんど)、紫、藍、夢久の7種類です。明日香・紫鈴はフルボトルで15000円、紫・藍は34800円ですから、こちらは直営で安いとはいえボルドー並の価格で取引されているワインということがこの価格からもわかるでしょう。心配するなかれ、このワイナリーでは40mlからオーダーできます。藍の40mlなら1950円。

日本酒の利き酒ならぬ、利きワインセット 40mlの7杯 で7350円。これを飲みたいと思います。全種類味わえるんです。


ワインの紹介

kes15.jpg

結 2016 マルベック 47%、メルロー37%、カベルネフラン16%

 

kes17.jpg

あさつゆ 2016 ボトルだと10400円。 これはもう1杯飲みたくなりました。ソーヴィニヨンブラン89%、セミニョン11%

 

kes19.jpg

明日香 2014 カベルネフラン79%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー8%、マルベック1.5%、プチヴェルド 1.5%

 

kes1.jpg

 

赤の4本は完全飲み比べをしてみます。

紫鈴 2014 カベルネソーヴィニヨン53%、メルロー25%、プチヴェルド10%、カベルネフラン10%、マルベック2.5%

紫2013 メルロー79%、マルベック17%、カベルネソーヴィニヨン2%、カベルネフラン2%

藍2013 カベルネソーヴィニヨン90%、マルベック7%、メルロー1.5%、カベルネフラン1.5%

 

ボルドーブレンドの紫鈴(りんど)が結構気に入りました。飲み比べすると特徴がわかるし楽しい。

 

 

kes7.jpg

デザートワインは夢久です。

料理の紹介

ディナーコースは一番廉価な8000円にします。ワインを味わうためでもあります。見た目にも凝ってる料理が次々。アラカルトも充実しています。

 

kes16.jpg

  • 丸ごとフルーツトマトと鱧のポッシェ 梅肉のアクセント

 

kes20.jpg

  • 冬瓜のブレゼとシマ鯵 プティピーマンのハーブ仕立て

 

kes21.jpgkes2.jpg

  • 真名鰹の低温コンフィ 川辺農園の地野菜との饗宴

 

kes3.jpg

  • シャンピニオンを纏ったマグレカナールのロティ ジロール茸と枝豆


kes4.jpg

素材をポークに変更していただきました。

 

kes5.jpgkes6.jpg

好きなチーズを2種セレクトして。

 

kes8.jpg

  • メロンとシャルトリューズのババロア のガトー仕立て ヨーグルトのグラニテ

ゆっくりとワインを飲みながら食事をされているお客さんが多いです、食後にカウンターに寄ってワインを飲まれている方もいます。素敵な雰囲気と素晴らしいナパ・バレーのワインをいただけるレストランワイナリーでした。充実したディナーでした。東京のお店にも行ってみたくなりました。TT

このページのトップへ

2017年8月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

熊本市中央区 アジアンキュイジーン333(バーバーバー)

 

「333」(バーバーバー)さんの生春巻ミント入りでおいしい!

 

33309.jpg このブログのライターYAさんが、2回記事にしている 333(バーバーバー)さんに家族でランチに行きました。最近、ラーメンの記事が無くなり、アジア料理が多いことは、私がグルテンフリーにしているため。アジアのフォーは米粉だからオッケー。こちらは日曜日がお休みだから要注意。

 

33310.jpg

陽気になるような外観ですね。ベトナム・タイのご飯。333 って名前のビールがベトナムにあるよね。

 


333112.jpg

ランチは800円から。フォーランチ 前菜・サラダ・ドリンク付。


 

33302.jpg

最近は小学生の子供もほぼ一人前食べるので、フォーランチを2つと、333ランチそれにグリーンカレーランチをオーダー。

 

 

33301.jpg

店内もアジアンチックな内装だ。


 

33303.jpg

こちらは333ランチ。若鳥の唐揚げとアジフライのバジル塩を選択してある。

 

33305.jpg

フォーは子供が食べて、私がメインで食べることになったタイグリーンカレー。チキンが2本入っている。味はマイルドなカレーでガツン!と来るパンチはない。

 

33306.jpg

パンチがないけど、翌日の ヒリヒリーノを心配せずに済む。

 

33304.jpg

標準でついてくるサラダ。ミニ揚げ春巻き付き。

 

33307.jpg

若い方の中ではこの人の事が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。パクチー入り。子供もパクチーは大丈夫なようです。

 

33308.jpg

米粉麺ですので、グルテンフリー。フォーって見た目以上にコシもあるんですよ。子供もさすがに全部は食べきれず、私もいただきましたが、ほんとあっさりしていていいですね。熊本ではフォーのランチは数少ないから、今度一人で食べに来よう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

 


このページのトップへ

2017年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mjm10.jpg

こんなに美味しい鰹タタキは熊本では食べれない。

以前にイオンモール岡山に来たときはフードコートで東大ラーメンを食べたのだが、今日の昼はレストラン街でいただこうとやってきたものの、どの店にしたらいいか悩んでしまう。全国チェーンでなくて地方チェーンか単独店で美味しそうなお店・・・食べログも高いお店がいいと歩いてたら、行列がある店が。ここにしよう!

 

mjm11.jpg

明神丸は高知が本店で、東京と岡山に店舗がある。地方本拠です。明神丸は藁焼き鰹タタキが売り。わら焼き職人西田店長はお小遣い0円とな。

 

 

mjm1.jpg

注文を受けてから、鰹を焼くとのこと。高知で見て以来だ。

 

mjm13.jpg

炎がすごくて、藁を追加する店長。

 

mjm12.jpg

昼の定食もほとんどが藁焼き鰹のオンパレードよ。

 

mjm2.jpg

塩たたきにするか

 

mjm3.jpg

タレたたきにするか

 

mjm4.jpg

悩んだ人向けの、これやき定食 1,260円に決定しました。これやきとは高知の幡多弁で「これだ」とか「これです」という意味。これ焼きは枚数は6枚のよう。

 

mjm5.jpg

藁焼き到着。小鉢は業務用の穂先竹の子か。味噌汁、ライス、お新香。見る感じではそんなに鰹のボリュームも多くない。隣の人の塩タタキと鰹のにぎり定食のほうが同じ値段でもボリュームがあったな!

 

 

mjm6.jpg

天日塩がのった塩タタキ

 

mjm7.jpg

継ぎ足しポン酢熟成タレのタレ焼き

 

mjm8.jpg

ご飯の炊き加減もオッケー

 

mjm9.jpg

とろとろに柔らかくて、美味しいわ!やっぱりこんなに美味しい鰹食べたのは高知に行って以来だ!こんなに美味しいから10切もいけますね。それにタレより塩タタキが好みです。中はほんとレアって感じです。美味しかったわ!TT


食べログ(掲載時点 3.47)

 

明神丸ホームページ

このページのトップへ

2017年8月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

viap6.jpg

所要で岡山市へ来ました。岡山市は1年半ぶりくらいです、以前レモンカルボナーラを駅で食べたのを思い出しました。今日は岡山ではよく宿泊する後楽ホテルの近くにある、岡山市では評価の高いカジュアルイタリアンのお店、VIA PACE (ヴィアパーチェ)さんを訪問することにしました。

外観はコンクリート打ちっぱなしのビルの1Fでスタイリッシュなビルです。

 

viap7.jpg

テーブル席とカウンター席。カウンター席に座ります。

 

 

viap8.jpg

バル的に利用できるカジュアルなお店なので、白ワインを飲みながら前菜などをつまむことに決めた。最近小麦抜きを実行していて、パスタとかピザ、パンという昔だったら外せないアイテムを外さないといけない。それでも食べるものは沢山ある。

 

viap9.jpg

生ハム、チーズも充実している。吉田牧場のカマンベールチーズがあるので、評判がいいらしい。これは外せないと。

 

viap10.jpg

お付だしのピクルス

 

viap1.jpg

岡山産無菌豚の田舎風テリーヌ 通常は750円ですが、こちらのお店優しいことに1人ならハーフポーションも出来ますよ、ということでハーフポーションに。優しいなぁ、こういう心遣いはぐっとくる。味も濃厚でまったりしたテリーヌ。これが結構胃にたまる。

 

viap2.jpg

イワシのインサオール。400円

 

viap3.jpg

ポテトサラダ ハーフ200円

 

viap4.jpg

生ハム3種盛り合わせ ハーフで500円。背肉、モモ肉、首肉。白ワインにあう。

 

 

viap5.jpg

チーズ3種盛り合わせ 700円。 吉田牧場のカマンベールは濃厚でクリーミー、確かにうまい。白ワインを2杯@570飲んで会計は3,600円でした。これだけ食べればパスタ無しでも十分です。少食になっているのかなぁ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.60)

 

 

このページのトップへ

2017年7月30日 Posted time : 00:30 | Category : 編集長コラム

創作和食 縁(えにし)(2) 熊本市水道町

 

えにしさんも早いもので3回目の登場です。今回は宴会でおじゃましました。飲込5,000円という比較的リーズナブルな料金でお願いしてあったようなのですが。料理の写真を掲載しましょう。

 

ENSS1.jpg

ENSS2.jpg見栄えのする前菜ですね。少しづつの量が女性にも好評です。

 

EMSS3.jpgお刺身。個人的にはこれくらいのボリュームだと美味しく食べれる。

 

ENSS5.jpgサラダ。取り分けて頂きます。

 

ENSS4.jpgシイラの焼き物だっと記憶しているが。

 

ENSS6.jpgENSS7.jpgENSS8.jpgお酒も別オーダーで日本酒も頼んで満足度が更に上がりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

このページのトップへ

2017年7月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hpt7.jpg

伊藤忠商事に勤務する友人に東京・代官山にある ハイライフ・ポークテーブルという豚肉専門店に連れてきていただきました。可愛い豚のオブジェが出迎え。ハイライフポークテーブルはマンサード代官山2F。代官山で食事するのは久しぶりだなぁ。このお店はカナダの三元豚を取り扱っていて、カナダ最大手のハイライフ・ポーク・グループ。4年ほど前に伊藤忠商事が50億円ほど投資して33%の株式を保有しているとのこと。日本のアンテナショップというところでしょうか。テラス席などを眺めつつ店内へ。

 

hpt13.jpg

冷蔵ショーケースに豚の色んな部位が並べられている。

 

hpt11.jpg

店内は天井も高く、カウンター席とテーブル席に分かれています。気持ちいい空間ですね。

 

hpt8.jpg

窓際の席に座りましたが、今日は金曜日とあって後々多くのお客さんで大にぎわい。

 

hpt9.jpg

メニューはサラダ・もちろん豚肉関係もたくさんありますが、パスタ・ピザ・ワインなども充実。

 

hpt6.jpg

メニュー真ん中のこの4品はオススメらしい。のでスモークローストポークと厚切りポークグリルを注文。

 

hpt10.jpg

TODAY'S SPECIALも沢山あるので、結構メニュー選択に迷ってしまう。

 

hpt12.jpg

まずはドライリブ 揚げたリブ。1本200円。手羽先みたいなもんかなぁ。1人1本といわず、5本くらいはいけるかな。ビールのおともに。

 

hpt1.jpg

ハーブ三元豚の前菜の盛り合わせ。ハム・リエットなどなど。

 

hpt14.jpg

ブルドポークとパクチーのサラダ 1300円 パクチーが刺激となってなんとも美味しいし。白ワインとパクチーっていい感じ!新鮮。

 

 

hpt5.jpg

自家製ソーセージのグリル 1000円。 旨みがギュッとつまったソーセージで噛むと更に旨みが染み出してくる感じ。

 

hpt2.jpg

厚切りポークグリルステーキ。 もう少し厚くてもいいと思うが頼む量が少なかったためかな。

 

hpt3.jpg

スモークローストポーク到着。

 

hpt4.jpg

分厚いです。これもローストされて旨みがとじ込められています!白ワインも赤ワインもあう。美味しかったです。今回は大好きなピザやパスタは封印しているため写真は撮れませんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

このページのトップへ

2017年7月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

7月のとある暑い日、結婚式がありました。お二人は当社で出会われたということでなんと結婚式の出席者の約半分が社員関係ということで、一番いままで主席した中で社員数が多かったんじゃないかなと。場所はKKRホテル熊本。15時からの結婚式ということであまりお腹はすいていなかったのですが。和洋中折衷コース。

 

KKRW8.jpg

前菜 王朝前菜盛り合わせ

 

KKRW1.jpg

お造り みやび鯛へぎ造り 天空鮪角造り 天草産車海老 あおりいか あしらい一式

 

KKRW2.jpg

お椀物 季節の真丈 清汁仕立

 

KKRW3.jpg

魚料理 鯛の特製チリソース仕立て

 

KKRW4.jpg

海老料理 オマールエビとホタテ貝のポワレ ウニクリームソース

 

KKRW5.jpg

熊本県産牛ヒレ肉のステーキ 季節の野菜添え まぼろしの味噌のたれ

 

まぼろしの味噌ってこれですね。

 

KKRW6.jpg

握り寿司 (鯛、まぐろ、イカ)

 

KKRW7.jpg

デザート 桃と林檎のガトー

 

KKRT9.jpgW夫妻、お幸せに! TT

 


このページのトップへ

2017年7月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム
ssh9.jpg今日は東京BI食倶楽部 で赤坂四川飯店へやってきました。倶楽部で中華料理に行くのは昨年の赤坂離宮 銀座店以来です。料理代のみで10,000円ですが、どんなのが食べれますでしょうか。前回の赤坂離宮ではもう少し出さないと、という印象だったのですが。四川飯店といえば陳建一さんのお店で、熊本のホテルキャッスル齋藤社長、桃花源も四川料理です。

ssh10.jpg野菜の彫刻を見ながら、乾杯。今日はビール抜きでいきなり紹興酒でいっちゃいます。


ssh11.jpgお楽しみ6種オードブル。豆腐の千切りは好きだ。6種類もあると満足しますね。


ssh12.jpg揚げ豚肉と干し貝柱の澄ましスープ。貝柱は衣に包まれているが、スープには味がだいぶ出ている。


ssh1.jpg牛サーロインのトウチ炒め 結構脂もがっつりまとったサーロインの肉だなぁ。これは胃にもガツンと来ます、おいしいけど。

ssh2.jpg大海老のチリソース。これまた味は濃厚やのう!海老も大きい。だいぶお腹も満足してきました。

ssh3.jpgフカヒレの姿煮 伝統の醤油味。 ひとりワンポーションのフカヒレ。結構コラーゲン。

ssh4.jpg味も濃厚だ。もうこれ以上は。

ssh5.jpg
三種具入り冬瓜の煮込み。スープ系2連投、これは軽くスルー。

ssh6.jpg陳麻婆豆腐とご飯。待ってました!四川ですね、これこれ。でも人数分より絶対多い。ご飯に乗せて食べます。別添のマーが来ました。

ssh7.jpgご飯おかわりしましたよ、もちろん麻婆も。ホテルキャッスル桃花源の味にも近かった。

ssh8.jpgデザート
東京ですし、これで10000円はかなり満足できるレベルだと思います。コースは一般で8000円から20000円まで準備されているようです、それ以上は交渉だと思います。ランチなら1300円でこの麻婆豆腐が味わえます。紹興酒と芋焼酎飲み過ぎた。TT


このページのトップへ

2017年7月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

orenou9.jpg

昨日は土用丑の日ということで、またまた鰻。俺のうなぎ に来ました。いつかは来たいと思っていたうなぎ屋さんで、俺のグループに属しますので、食材原価率が高いと想われます。俺のグループになった鰻屋さんというのが正しいでしょうか、以前は 銀座ときとうさんでした。このあたりの飲食店にしては昼のオープンは12時からと遅く、それに加えたぶん並ぶでしょうから、1順目に入るには少し並んだほうがよさそうです。

 

ung.jpg

写真はぼけましたので、小さいですが。この後行列が10名以上できました。ランチ帰りの人も「何のお店?」って感じで覗いてきます。

 

orenou1.jpg

12時と同時にオープン。清潔感ある内装でカウンター席とテーブル席に分かれます。26席で、焼きを担当する時任さんは、有名な野田岩で10年以上修業された方らしい。一番奥のカウンター席に案内されました。だから焼き場が目の前で楽しい。

 

orenou2.jpg

ランチ限定商品です、炙りうな重(1匹)が夜は 4500円のところ、2700円 となんと夜の4割引き。肝吸いもしくは赤出しは+400円。特別はうなぎの量の違いですから、今回はうな重+きも吸い 税込3348円。次から次へとお客さんが入ってきます。

 

orenou8.jpg

丁寧に焼いている様子が。使用している鰻は三河一色産。炙りうな重というくらいで、バーナーであぶっておられました。

 

orenou3.jpg

10、15分ほどしてお重が到着。


 

orenou4.jpg

ほほう、ご飯が見えないほど立派な鰻で覆われた重はいい眺めだ。ご飯は大盛も無料ですが、今回は普通で。特に香ばしい香りが食欲を増させます。

 

orenou5.jpg

こげ目も少なく、ふわっとした鰻。といいつつも外は炙っているだけあってカリッとして、中はふわっとしています。タレはそんなにきつい感じではなく少し薄めで足りなければ補充タレで。

 

orenou6.jpg

場所も銀座ですから、2000円台でこのボリュームのうなぎが食べれるのはそんなに高い気はしませんでした。本当は日本酒と一緒に頂きたいのですが。

 

orenou7.jpgご飯は粒がしっかりした固め。タレも少な目です。うなぎも量がありますので、大盛のご飯にしても食べれそうな感じがしました。新橋ではランチでも値段も2000円とリーズナブルな「うなぎのささき」さんにも行こうと思うのですが、違うお店を訪問したくてなかなかいけてません。俺のうなぎももちろん美味しかったです。今度は大盛にしてみます。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 


このページのトップへ

2017年7月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今日は土用丑の日

 

ogagg0.jpg

埼玉県の川越に来ました。大宮からJRで22分、池袋からなら東武東上線で30分。池袋からは快速で近いですね。小江戸と呼ばれる風情のある町として有名で、江戸時代は水陸の要所として物資供給基地、川越街道も通り繁栄した街である。1893年(明治26年)の川越の大火で町の3分の1を焼き尽くしたものの、現存する蔵や建築物も沢山あります。多くは明治に作られたものもありますが。

 

ogaggg.jpg

街歩きするのにコンパクトなサイズですね。菓子屋横丁とか、大正浪漫通り、蔵造りエリアなどに分かれています。東京から近い割に充実した観光場所ではないでしょうか。(観光関連

 

 

ogag13.jpg

内陸地ですから、昔から鰻が取れて名物になっており沢山のお店があるのですが、川越エリアでもナンバーワンとの名高い小川菊(おがきく)さんに行ってみましょう。観光客が多いエリアなので、席を取るのも準備が必要。10時のオープンに名前を書いて1時間散策して11時に戻ってくるというのが一番効率がいいと思います。入場には1組ずつですので、順番が多い場合15分くらいかかるかもしれません。もちろんうなぎの提供も遅くなります。

ogag1.jpgこちらは外観。珍しい3階建ての木造。

 

ogag4.jpg

1階のテーブル席

 

 

ogag5.jpg

テーブル席


ogag3.jpg

1品料理から きも焼き 700円

 

ogag2.jpg

今日はうな重は竹に相当する 上 3400円にします。 合計税込 4100円

 

ogag6.jpg

肝焼き 少し苦い、やっぱり日本酒とセットがいい。

 

ogag7.jpg

15分ほど待ったでしょうか、お重が到着しました。

 

ogag8.jpg

ご飯は多めにしますかと聞かれましたが普通で。十分な量のうなぎ、そして肝吸物、お新香


 

ogag9.jpg

焼きの具合もちょうど良く綺麗な鰻ですね。そしてタレも九州人にはほっとするような感じの醤油きつさはなく少し甘目にも感じ、うなぎもフワトロ。以外にいけるのでご飯大盛りでも大丈夫だと思いました。

 

ogag10.jpg

肝吸いも美味しかった。

 

ogag11.jpg

鰻です。

 

ogag12.jpg

米の炊き具合もばっちりだと思います。3000円台のうな重ですから満足感を味わえなければと思いますが、さすが老舗。TT

 

食べログ(掲載時点 3.60)

 

このページのトップへ

2017年7月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tomori6.jpg

 埼玉県大宮へ来ました。1年ぶりになります。昨年は〆のご飯でダンダダン酒場に来たのを思い出します。(記事) 今回も後で行ってみましたが、金曜日ということもありめちゃくちゃ混んでいました。大宮駅の近辺の飲食店街っていつも賑わっているイメージがあるんだけど。今日は駅のすぐ近く、飲み屋さんも入っているビルの5Fにある 株式会社ディー・アール経営の竹庭TOMORIに。チェーン店です。

 

tomori7.jpg

100席収容の個室居酒屋なので、広さは結構あります。

 

tomori8.jpg

全部のメニューではないのですが、そんなに品数はないと思う。松坂・伊勢地方の料理をメインとする珍しい居酒屋。

 

tomori10.jpgtomori9.jpgtomori12.jpg

刺身の盛り合わせ

 

tomori1.jpg

はまぐり

 

tomori2.jpg

かま

 

tomori4.jpg

イワシのみりん干し

 

tomori5.jpg

雪室塾生の唐揚げ 880円

 

tomori11.jpg

松坂豚の冷しゃぶサラダ 890円

 

tomori3.jpg

雪室熟成豚のトンテキ 四日市風 980円

 

どれもそこそこの値段がするのですが、お店は結構沢山お客さん入っていました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.26)

 

 

このページのトップへ

2017年7月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kity16.jpg

たまに来る 熊本市の焼鳥屋さんの一つです、吉鳥はなれ。地階です。

 

kity13.jpg

コの字 カウンターが店の真ん中にあり、この雰囲気がいいですよね。清潔感がある焼鳥屋さんです。

 

 

kity14.jpg

串メニューはこんな感じ。九州ですし豚バラもありますよ。今日はそれぞれが頼むと面倒くさいので、吉鳥おまかせコース 14本、2500円にします。ここの串は一つ一つがそんなに大きいわけではないから14本いけると思います。

 

kity15.jpg

おつまみメニュー

 

kity1.jpg

きゅうりのお浸しと大根おろし。芋焼酎のボトルを空けて開始です。


kity2.jpg

つくね タレ

 

kity3.jpg

かしわとちぎも(レバー)

 

kity4.jpg

ししとうと 白玉

 

kity5.jpg

ししとうを食べたら、ぎんなんとさび焼きが到着

 

kity6.jpg

白玉とさび焼きを食べたら なすが到着

 

kity7.jpg

こげちゃっていますが、手羽先。

 

kity8.jpg

皮としいたけ

 

kity9.jpg

しいたけ食べたら、イカダ(ねぎ)が来て

 

kity10.jpg

食べていなかったら、アスパラとハツが到着

 

kity12.jpg

やげんと豚バラ追加

 

kity11.jpgチーズフライ

 

結局16本食べました。ここのサイズだとこれくらい大丈夫です。せこいですが単品で頼んだのといくら違うか計算してみました。

つくね160、かしわ160、ちぎも160、ししとう160、さび焼き 200、ぎんなん 160、白玉 160、なす 160

手羽先 250、しいたけ 200、皮焼 160、アスパラ 200、はつ 160、いかだ 160 合計 2,450円!

 

得するとかあまりないんですね、1本分くらい安いのかと思いましたが。次回からは単品にするか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 




 

このページのトップへ

2017年7月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

issd6.jpg

千葉で食事となり、この日はめちゃくちゃ疲れていたので、山形牛の焼肉でも食べようと千葉そごうに来ました。しかし疲れて焼肉焼くのも面倒くさいなぁと思って、

 

デパートによくテナントとして入っていて、東京駅大丸でも何度かいただいたことのある うなぎの 伊勢定にしました。

 

issd7.jpg

入口は少し凝った造りに。食サンプルも並べてあり。

 

isd8.jpg

竹も桜もあんまり変わらないように見えるし・・・・

 

issd1.jpg

梅から肝吸い アンダーラインが引いてある。

 

issd2.jpg

日本酒を飲んで、うな重を食べる。疲れたときはこれがいい。男山を飲んだ。

 


issd3.jpg

あては、肝焼き 600円

 

issd4.jpg

うな重は竹 2900円。食品サンプルと同じだ。

 

issd5.jpg伊勢定のうなぎって中庸なんですよね、デパートにあるから特色ありすぎても、ですが、普通に丼としてかっこむには美味しいと思う。ほんとこの時期はうなぎを体が欲してしまう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.13)

このページのトップへ

2017年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sgnk6[.jpg

羽田空港から京浜急行で京急川崎まで約15分。それから商店街を抜けてお目当てのサイゴンキムタンへやってきました。商店街とかスーツケースを引いて歩くのは疲れる。道も所々石畳みたいになっているし。

最近アジア料理が多いが、アジア料理はメニューを選べばローカロリーのものも多い。ベトナム料理も今はポピュラーだが、今から30年も前に池袋のサイゴンレストランへ行ってた時はまだ珍しい国の食べ物だった。

 

 

sgnk7.jpg

なんだかとても見にくいメニューが掲示してある。店内で個別に見てみることに。

 

sgnk8.jpg

Dランチ 890円。トムヤムクンフォー、生春巻、鳥のレモングラス、ライス

 

sgnk9.jpg

Iランチ 790円 は豚のせビーフン、生春巻きORチャーハン。

 

sgnk11.jpg

こちらは英語がついていない、フォー&生春巻き 755円 そのままやん。

 

sgnk10.jpg

レギュラーめし。生春巻き、ベトナムチャーハン、鳥フォー、チェー。 800円。レギュラーめしという居酒屋の丼飯みたいな名前が気に入って、これにしてみることにする。レギュラーというくらいだから、定番ってことだし。

 

sgnk1.jpg

角度が悪いけど、チャーハンよりフォーの方が大きい。これで800円だからワンダフルだ。

 

sgnk4.jpg

生春巻き。うん、おいしい。いつも食べている RF-1のとは違う。

 

sgnk3.jpg

フォーもしっかりしてるじゃないですか。パクチー入れていいか聞かれてOKと。

 

sgnk5.jpg

麺の量も結構入っていて、満足します。以外にコシのあるフォー麺です。

 

sgnk2.jpg作り置きっぽい、ミックスベジが沢山はいった少し脂っぽいチャーハンは全部食べれませんでした。この味でボリュームで800円ならいいと思いますよ、キムタン。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2017年7月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nishiyama19.jpg

食事しながら打ち合わせをしてください、と言われ「にし山」地図をメールでもらってスマホで近づくも見つからない。が!!この店の名前の書き方。「にし山」とは読めないですよね、「八山」もしくは「尽山」みたいに脳が思ってしまっていた。店に到着するまで苦労した。

 

nishiyama11.jpg

小料理屋という感じだ。

 

nishiyama1.jpg

日本酒の品ぞろえは豊富で、ビールで乾杯の所を日本酒で乾杯して食事の前に飲み過ぎてしまった。食事はこんなこんなですが。

 

nishiyama5.jpgnishiyama8.jpgnishiyama3.jpgnishiyama2.jpg

かなり苦手さんのシャコ。

 

nishiyama4.jpgnishiyama6.jpg

これです。おでんなのですが、「くんせい」がありますよ。「くんせい」大好きなんです。そういえば大学の時、東京にはおでんにくんせいがないのを知ってショックでした。地方のものなんだ。熊本ではくんせいというこれは、「かまぼこのくんせい」。天草とかでは普通に売っています。鶴屋の地階では売っています。そのまま食べても美味しい!くんちゃん、最高。

くんせいかまぼこ

 

nishiyama7.jpg

赤飯がおいしいとのこと。

 

nihiyama8.jpg

 

では。TT

食べログ(評点なし)

 

このページのトップへ

2017年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

thaiss4.jpg

新橋でたまに伺うタイ料理屋さんが「オールドタイランド」(以前の記事)。そこはタイ人のコックが料理しているのですが、芝大門にあるこれまたタイ料理の人気店、タイ国専門食堂に来ました。名前が通っぽいですし、東京とかだとタイ大使館のそばにありそうなお店ですが、タイ大使館はこの近くにはありません。昭和アジアンチックな外装ですね。ここは人気店だし、今日は20食限定のカオマンガイを食べるためにアーリーランチ。

 

thaiss1.jpg

専門食堂っていうのがいいですね。ここのそばには、昌平というおいしい蕎麦屋さんもあるのですが。


 

thaiss3.jpgランチ限定のソムタム(青パパイヤサラダ)これも一緒にいきますか。

 

 

thaiss5.jpg

店内は天井が高く、左手がキッチン。テーブル席が並びます。奥の方に案内されました。一番乗りですから、料理の提供も1番!時間が読めます。

 

thaiss6.jpg

アジアっぽさがありますね。長テーブルみたいになってますが、2人で来てもくっついたまま?

 

thaiss2.jpg

カオマンガイは決まっていますが、汁ビーフンも食べたい。ハーフサイズがあればよかったけど、ないので、カオマンガイとソムタムにする。

 

 

thaiss8.jpg

夜メニュー。なんですか!これはないでしょう。字が小さすぎて読めないのでちょっと来る気になれません。写真付でメニューとかないのでしょうか・・・・シェフはここは日本人のようです。

 

 

thaiss7.jpg

ソムタム。パクチーと青パパイヤでさっぱりします。食欲が刺激される感じ、シンハービールが欲しくなる。

 

thaiss9.jpg

蒸し鶏ごはん到着。ここの蒸し鶏はやわらかいと聞いているのですが、どうでしょうか。20食限定で、後から入ってくるお客さんもこれを頼んでいる人が多い。シンガポール チキンライス(海南鶏飯)とタイ カオマンガイの違いってわかりますか?

これをみてください。

タレです。シンガポールチキンライスはダークソイ、チリソース、生姜ソースなど最低3種はソースが付いてます。

 

 

thaiss10.jpg

ここの蒸し鶏はいやな臭みもなく、あっさりとふっくらしている。確かにやわらかい。チキンライスによくある、デロッとした皮もついていない。

 

thaiss11.jpg

鶏のだし汁で煮込んだライスは長粒米でタイ米。

 

thaiss12.jpg特製ソースにつけていただきます。個人的はもう少しチリをいれたくなる。でもこのカオマンガイで900円というのはOKだと思いますよ。タイ国専門食堂は女性客にも人気があるようです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

 

 

 

このページのトップへ

2017年7月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nmt13.jpg 東京・蒲田(当ブログでは丸一を紹介)に続くとんかつ激戦区 浜松町の評判店、のもと家にやってきました。昼は行列店。今日は気合をいれて夜のスタート時間にやってきました。浜松町のとんかつNO.3は、のもと家、とんかつ大門 檍、むさしや芝大門店です。のもと家の場所は大門からほど近く。以前紹介した「利尻ラーメンくろおび」のそばになります。

 

nmt1.jpg 鹿児島 六白黒豚を使用したとんかつが売りのお店です。2Fへ行きましょう。

 

nmt2.jpg

夜メニューです。厚切りロースにもひかれますが、どうも240gの豚カツは私には多すぎると思いますし。今日は160gのロース 2100円 にします。ご飯・豚汁・キャベツのおかわりは +100円

 


nmt3.jpg

ミックスなども人気があるとのことですが。のもと家さんは東京とんかつ会議第8回目に殿堂入りしている実力店。最近東京では鹿児島黒豚より林SPF豚やブランド豚を売りにしたお店が多いのだが、ここは鹿児島にこだわっておられる。それならば黒霧島ロックを飲もうじゃありませんか。(結局2杯飲んだ)


nmt4.jpg入口の写真を忘れていました。

 

nmt5.jpg店内はカウンター席5席とテーブル席16席。テーブル席もゆっくりとして2Fだけに明るくゆっくりと食事ができる雰囲気である。

 

nmt6.jpgトンカツ屋さんなので、注文して出てくるまで時間がかかりますが、目の前で揚げていますのでそれを見るのも楽しみです。

 

nmt7.jpgお約束通り1枚はずらして撮影。箸入れもいれて。

 

nmt8.jpgアップに。きれいな肉質の豚。衣もサクサク感あるパン粉です

 

nmt9.jpg黒豚取扱い店だからみそ汁でなく、豚汁が標準でついてくるのも嬉しい限り。

 

nmt10.jpgポテトサラダ 山芋もついていました。

 

nmt11.jpgご飯も鹿児島の米。炊き具合もよし。

 

nmt12.jpg黒豚は脂身も多いですし、私はソースより塩派です。やわらかくおいしい。衣も見た目以上には厚くありませんでした。茎わさびもついていて、味のバリュエーションを楽しめます。

熊本のとんかつ有名店 勝烈亭にも六白黒豚のとんかつがありまして、180g2500円。その時の記事 今回もかなり満足感を感じました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2017年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

PPT1.jpgプリンスパークタワー東京にて業界の関連の総会・懇親会がありました。今回のメニューもいつものとおりフルコース。

 

PPT2.jpg

サーモンマリネと野菜のモザイク グリーンマスタードのアクセント サラダを添えて

人の形に見えてしまうのはデザインか。豆のデザインが何か羽のようにも見えてしまう。遊び心がある。


 

PTT3.jpg

セロリラヴのフランに雲丹の軽いクリームソース 濃厚なウニの味。

 

PPT4.jpg

中からトリュフが。

 

PPT5.jpg

茄子のコンディマンを敷いた いとより鯛のソテー キャビア入りブールブランソース

 

PPT6.jpg

赤ワインは国産マンズワインの山形マスカット ベーリーA。なかなかよいと思う。

 

PPT7.jpg

国産牛フィレ肉ゆっくりロースト ポルチーニ茸のコンディマン乗せ 芳醇な赤ワインソース


 

PPT8.jpgココナッツムースとパイナップルのコンポート フルーツ添え 木苺ソース


美味しくいただきました。TT


 


このページのトップへ

2017年7月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kane7.jpg

東京駅大丸地下売り場の視察。10時台の百貨店は人が少なくてゆっくり見れていいですね。お昼前になると特にここは新幹線に乗る人たちでいっぱいになりますし。ひとしきり視察して、今日は弁当を1個買おうという計画。この時間なら選び放題。どこのお店も〇×の番組で紹介されました!とか芸能人がうまいと言ったとかそんなことが書いてある。どこにするか悩みましたが、普段行列ができていると知っていた、牛タンにすることに。

 

 

kane8.jpg

やわらか煮牛タン重 1,080円にするか

 

kane1.jpg

厚切り牛タンステーキ弁当 2000円。2000円なら、お店で食べたいと思って、結局焼き立て牛タン弁当 8切 1500円にすることにしました。私が買ったら、この弁当お店の人しまっていました。どうしてかな。

 

 

kane3.jpg

注文を受けると焼き始めました。5枚?10切れ。8枚って書いてあったよ、サービスかも。

 

 

kane2.jpg

厚切りではないけど、これくらいで十分かも。

 

kane4.jpg

かねさきって仙台の笹かまで有名なかまぼこ屋なんですよね。熊本では牛タン弁当1500円は手に入らない。

 

kane6.jpg

せっかく牛タン焼き立てなのに、ご飯があったかくない。どーして?牛タンの数は、

 

kane5.jpgん?8枚。2枚はどこ消えた?わかりませんが。薄味なので塩がほしいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

 


このページのトップへ

2017年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

szk6.jpg

「編集長はうなぎが好きですから、今日は飯・飲みにしましょう」ということで連れてきていただきました、蒲田駅。蒲田・大森近辺には美味しい鰻屋さんが多いことは知っているのですが、前に「大森の野田岩」に行っただけ。JR蒲田から商店街を抜けて、すぐ近くに来ると「うなぎの香り」でこの近くだとわかりました。来てみたかった、この店。

 

szk5.jpg

寿々喜(すずき)さん。昭和チックな外観と町並みにマッチして庶民感あふれる感じ最高。創業80年の鰻屋さんでもとは神田にあって、戦争で焼失して闇市の区画整理でこちらに移ったらしい。だからこちらに移ってからが長いですね。店内はアジア系の店員さんの動きとかやけに活発。こりゃー人気店だ。

 

szk7.jpg

ほう、うな丼とかでなく1品から書いてありますので、つまみに飲みたくなりますね。が、外にも行列がありますのでね。

うな丼 1,980円とのこと。 今や夜メニューで2000円アンダーの鰻丼って少なくなった。

 

szk8.jpg

まず軽めに生冷酒といっておきましょう。きも焼き 売り切れ!それでは うざく750円にしましょう。

 

szk9.jpg

申し訳なさそうについているキンピラ。庶民派鰻屋の絵図。

 

szk10.jpg

うざくのうなぎも表面がカリカリしているのではないの!結構うなぎの量はありました。

 

szk11.jpg

お重 2290円をオーダーしておいたので、しばらくたって日本酒が飲み終わる頃やってきました。いやぁー表面焦げてるではないかい。焼きすぎたか?

 

szk1.jpg

本当に炭火強いかもね。でも他の人のも見たけど、やっぱり少し焦げ目が強い。


 

szk2.jpg

こんな感じに

 

szk3.jpg

ご飯にまぶされたタレの量も適量で、ご飯の固さも丁度よかった。表面がカリカリで中はふわふわです。強火でぐっって焼いたパターンですかね。だんだん焦げは気にならなくなってましたが。

 

szk4.jpg

ここのうな重は、丼をかっくらうようにがっつくのが似合っていると思いました。焼鳥屋と変わらないようにいきましょう!上品に食べるような雰囲気がお客さんの雰囲気からも感じません。飯・飲みの意味がわかりました。飯をさっさと食べてゆっくり飲みに行きましょうという店の選択ではベストです。お客さんも多かった。TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年7月14日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

azm10.jpg

せっかく福島県まで来ましたので、会津若松まで足を伸ばしました。会津まで来たんですから「そば」でしょう。会津若松市内中心部にある、有名店 桐屋 権現亭 さんに。福島県は全国でもトップ10に入る蕎麦の生産量です。古い町並みの残る地区で3階建ての和風建築。

 

azm11.jpg

くわー。11時オープンでまだ11:30になっていないのに、そば食べてるお客さんが。電車の時間がありますので、さっと食べてさっと帰りましょう。

 

azm1.jpg

天ぷらそばとか、これ以外にもふつうの蕎麦メニューもありますが。

 

azm2.jpg

福島産のそばを使用したそばの3種盛も人気があるようです。このあたりのメニューになると観光客が注文多いのではないかと推測。

 

azm3.jpg

こだわりそばの中から、今日は石臼10割そばの「会津頑固そば」 1470円を選択。それでも税込1588円。

 

 

azm4.jpg

以外に早く到着。

 

 

azm5.jpg

なかなか潔くそこそこの量がある盛りです。エッジがたった□メン。

 

azm6.jpg

わさびをすらないと。サメ吉 か。いいネーミングだ。

 

azm7.jpg

気を付けないと指をすってしまう。

 

 

azm9.jpg

時間もないので、ざざーっと頂きます。そばの香り、田舎風そば。コシもある。

 

azm8.jpgそんなに辛さを感じないが濃い目のつゆ。つゆにつけないよりつけた方が全然美味しい。わずか15分程度の滞在で店を後にしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2017年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wgran8.jpg

6月に熊本市内のWグランラセーレにて社員の方の結婚式がありました。私の家からも近い結婚式場です。6月後半といえば梅雨のじめじめした日が多いのですが、この日は結婚式の時間は梅雨の一休み。良かったですね。

1皿目は、バゲットにのせた無花果とロックフォールチーズ 馬肉のロティ 糸島産マイクロ野菜とともに サラダ海老のマリネ キャビア添え

 

wgran1.jpg

お造りの盛り合わせ 本鮪、間八、烏賊、イクラ