九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2018年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

yagc5.jpg

城彩苑から国立病院のそばを通って新町方面へ抜けるメインロードの角にある 八木カレー。

熊本では行列のできるカレー店としても有名。実は初めての訪問。

行列のできるカレー期待していまいます。先ずネットなどで事前情報収集して訪問。


 

 

yagc6.jpg

11:45に訪問。今日は1人しか並んでいない。ということで2台確保されている駐車場は空いているはず。うまく1台分空いていて駐車して店に戻ると、ものの数分の間に4名も行列ができてしまい、6番目となりました。1回転目は大丈夫(店内の席数はカウンター10、テーブル2くらい)と安心していました。

 

12:00丁度に店がオープン。入店後注文をします。こういう通なカレー屋さんって注文の仕方みても常連かどうかわかるんだよね。ラーメン屋っぽく。

 

店内は写真撮影禁止という張り紙があったので

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メニュー:辛さは マイルド・中辛・辛口・激辛 の4段階

ルーが オリジナルベース か ココナッツベース

 

 

オリジナルベース

インドカレー 700円、 エッグカレー 800円、ベーコンと野菜のカレー 1000円、 マトンカレー 1250円


ココナッツベース

インドカレー 800円、 エッグカレー 900円、ベーコンと野菜のカレー 1100円、 エビとナスのカレー 1250円

 

ライスの小盛 は50円引、 大盛は 150円増

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ベーコンと野菜にも惹かれましたが、ここはオリジナルのエッグカレーで。調理人1名とホール1名で切り盛りされています。厨房は見えませんが、1皿づつ小さい鍋で作成されているようです。ここは 時間にゆとりがないといけない ということは調査していました。

1番目に並んだ人のカレーが出てきたのが12時18分。それからゴルフのスタートのように だいたい5分で1皿仕上がっていきます。2人で来ていても一度に2皿とか出てこない。

 

 

外には2回転目の行列ができています。

順番はそろそろと思っていると


yagc1.jpg

玉ネギの酢漬けが運ばれてきました。

 

そして入店40分かかり到着。結構時間かかるんですね。ここまでかかるとは 蒸しから行う鰻屋と同等レベルですね。


 

yagc2.jpg

撮影は自由ですが、「他の人が写り込んだり、動画はだめですよ」と店員さんから一言ありました。


フライドエッグ(卵2個)から卵1個がころんと飛び出しておりました。サラサラ系のカシミール系カレーでスパイス香がするカレーです。




yagc4.jpg

野菜がえのき、おくら、じゃがいも、ナッツ、茄子など。カレーにえのきって組み合わせいままで食べたことないですが、結構いけるものですね。新たな収穫。


 

 

yagc3.jpg

サフランライス。

卵をつぶしていただきます。

 


中辛というのは思ったより辛くないですね。玉子も合わさるせいかマイルドになります。確かに野菜とかの入れ方も丁寧に作られているカレー感がありスパイスも沢山の種類が使ってあるでしょう。かなりスパイスなカレー。


もっと衝撃な感動があるかもと思っていたので、その点はありますが十分に行列してもここのカレーは食べたくなる味だと思います、マトンカレーも美味しそうでした。食べるの10分、合計約1時間。ふぅ TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ウィークエンド。ビストロで赤ワインを飲みながら食事と想定するも、ビストロが予約が一杯だったので、家の近くの生つくねを研究してみることとした。

 

東バイパスを市民病院方面から田井の島へ向かうとこのタレ幕を見て気になった人も多いでしょう。 名物生つくね焼

 

何年も気になっていたのですがようやく訪問。

 

 

jint1.jpg

駐車場もあります。

 

 

jint17.jpg

炭火焼 鳥仁(とりじん)。行動しないと来ないものです。焼鳥屋さんはワインもあることが多いし。

 

 

jint2.jpg

カウンター、テーブル、座敷。結構多く入ります。

 

 

jint4.jpg

やっぱり生つくね

色々串がありますが、面倒なので4人中3人分 鳥仁セット(串8本) 1500円。後は好みを追加しましょう。

 

好物の ぼんじり と やげん がないことかなぁ

 

 

jint33.jpg

ワインはハーフ4種類。ここは bで 帰宅後昨日の残りのワインを飲もう。

 

 

jint5.jpg

お通しのキャベツ2人前が少ないのは、野菜高騰の影響か。メニューにはキャベツおかわり200円。

 

 

jint6.jpg

豆腐サラダ 500円

 

 

 

jint7.jpg

串はメニューの右から順に。

わさび、ゆずこしょう、梅


 

 

jint8.jpg

単品だと350円の特上和牛串。焼き立てでうまい

 

 

jint9.jpg

コース外の白玉


 

jint10.jpg

手羽先

 

 

jint11.jpg

鳥はつ

 

 

jint13.jpg

ポテト巻き

 

 

jint14.jpg

ねぎま、コース外のピーマンと皮

 

 

jint154.jpg

豚バラ

以上のメニューれ以外にも何本か食べましたね。

 

jint16.jpg

最後に生つくね。名物だから早く来た方がよかった。軟骨が入ったつくね。

それに 棒生つくねを食べないと と後の後悔

 

味わいの刻 (こちらに生つくねが掲載されていました)

 

 

jint15.jpg

焼きおにぎり バター風味

 

やはり看板の生つくね、和牛串を最初にいったほうがよいではないでしょうか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.18)

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sugt1.jpg今年も実施の運びとなりました。熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室。ある会合の総会の特別講演会が料理教室でそのあと実食懇親会という運びです。エプロンがなくても料理教室に参加できます。


 

sugt3.jpg

こんな感じで実演しながら、講演されます。大画面に手元は写し出されますので、まるでテレビ番組を見ているよう。


今日の実演料理は 真鯛のブランダード と じゃが芋のキーマ風カレー。今年はカレーを食べている夏なのですが、今日もカレーを食べれそうです。


sugt2.jpg調理方法は詳しく書いてあります。真鯛のブランダードってこんな風に作っているとは知りませんでした。

 

講演の後は、挨拶と乾杯。あまりにもカレーの調理の香辛料でみんなの食欲も刺激されましたので、私も挨拶は短めに。

 

sugt4.jpg作りたてのブランダードを試食。 ソースもあったかくて美味しい。

 

 

sugt5.jpgオードブル盛り合わせ

真鯛のブランダード、スモークサーモンとピクルス、フォアグラと夏野菜のゼリー寄せ

 

 

sugt6.jpg海の幸のマリネ ガレット仕立て

 

 

sugt7.jpgはちべえトマトの冷製スープ。ボリュームたっぷりのスープでしたが、暑い夏にさっぱり、とても美味しかったです。はちべえトマト

 

 

sugt8.jpg天草産真鯛と海老のポワレ レムラードソース

 

 

sugt9.jpg生ハムとモッツァレラ 夏野菜のサラダ

 

 

sugt10.jpg味彩牛のロースト 赤ワインソース

 

 

sugt11.jpgじゃが芋のキーマ風カレー。じゃがいもはシャキシャキ感も残り、フライドオニオンを入れるとカレーの辛さもマイルドになると教えていただきました。

 

 

sugt12.jpgなめらか杏仁豆腐 プチフルーツ 梅酒ゼリー コーヒー

 

今日はかなり品数も多くお腹いっぱいになりました。杉山シェフ毎年有難うございます。TT

 

2017年

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(2)

 

2016年

 

熊本テルサ 杉山晃二総料理長のエプロンの要らない料理教室

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ymtz11.jpg

夏休みに子供のスイミングのイベントがありましたので、アクアドームに出かけてその帰りにアクアドームのそばにある、大和寿司さんを訪問しました。ここがオープンしてだいぶたちますが、初めての訪問です。

 

 

ymtz12.jpg

アクアドームとの関係はこう。アクアドームの入口といえばすぐわかります。目立ちます。店内はスペースはゆったりしていて、6人掛けのテーブルとか仕切られていて落ち着ける空間になっています。

 

 

(クリックメニュー拡大、戻る)

ymtz5.jpg

机に置いてあったラミネートされたメニュー表。

 


メニューの品数がびっくりするほど多く

 

 

度肝を抜かれました。

 

 

度肝って久しぶりに使いました、それくらいびっくりしました。

 

 

 

ymtz4.jpg

御膳メニューや釜飯メニュー、ここには掲載していないおつまみニュー、コースメニュー

 

 

ymtz3.jpg

ざるそばやざるうどんのセットメニュー

 

 

ymtz1.jpg

和定食、うなぎメニュー

 

 

ymtz7.jpg

壁面にはちらし寿司や、サラダちらし寿司。

いろんなネタの組み合わせで構成されています。


見ているだけで楽しくなります。悩みましたが、シンプルにグランドメニューのお寿司にすることにしました。ホームページを見ると全部詳しくわかりますが、海鮮丼などメニューは参考になるなぁーと思いました。



ymtz6.jpg

ボリュームと値段からいって、12貫のやまとにぎり 2000円にしました。

 

 

 

ymtz8.jpg

シャリは100円寿司のものよりは少し大きいです。

 

 

ymtz9.jpg

いくら・うに・とびっこ。


脂肪肝になる象徴みたいな寿司、好きですが。


 

ymtz10.jpg

子供は ざるそば握り 御膳 1380円。 いなりと太巻きであれば1000円、いなりにしなさいとはいいませんでしたが。

 

メニューの多さにびっくりしました。

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 


大和寿司 ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hmm13.jpg

7月20日頃オープンした熊本御幸笛田にある、ハンバーグマンにランチで訪問しました。「ピソリーノ」で有名なセイエンタープライズさんのグループ飲食店です。

 

 

hmm2.jpg

元ビーフ食堂(その前はケーキのミュール)があった場所です。ピソリーノさんの同じ敷地内。

 

 

hmm1.jpg

ビーフ食堂の名残はあります。Hはスーパーマンにもじってあるのでしょう。

 

 

hmm3.jpg

ハンバーグ食べ放題というのがあるんですね。毎週木曜日と20:30以降。

食べ放題になると食べすぎるから、食べ放題でないほうがよいです。


 

 

hmm4.jpg

店内は4人掛けのシートが7つ。30名弱のキャパです。今日もランチタイムは待ちが出ていました。1人だと4人席には座りにくいですね。待ちがあると。

 

 

hmm5.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

ロックハンバーグは300g

ファインハンバーグは200g

ステーキも豊富にありますし、ハンバーグ・ステーキなどのコンボメニューも豊富なので、ハンバーグ・ステーキ両方食べたい!

という方に向いています。


 

 

hmm6.jpg

ご飯、サラダ、スープ ゾーン。

食べ放題です。

 

 

hmm7.jpg

サラダはキャベツサラダ。

 

 

hmm8.jpg

ハンバーグに備えて控えめに。

 

 

hmm9.jpg

ご飯、サラダはセットするには、平日ランチ200円、土日祝日450円を払う必要がありますので、注意を。

ハンバーグのみ、だったらセットにしないほうがいい。

 

(ロックステーキの食べ方)

ロックステーキはアメリカで最高の意味に使う言葉。

同行者が頼んだ 300gの黒毛和牛ロックハンバーグ 1590円 を見本にしましょう。

 

 

店員の女性が調理してくれました。

 

hmm10.jpg

到着しました。付け合せはもやしとコーン。


まんまるのハンバーグが乗っています。野球のボール、げんこつか。


いえ砲丸投げのボール と言った方が近いでしょう。



 

hmm11.jpg熱いから投げれませんよ。

 

 

 hmm12.jpg

めちゃくちゃ切れそうなナイフで スパッと2つに


 

hmm22.jpg

中はとってもジューシー

 

 

hmm21.jpg

肉をうつぶせにして、背中からいくと思いきや

 

 

hmm20.jpg

鉄板に抑え込まれました。

 

 


hmm19.jpg

砲丸投げの面影はなくなり、草履みたいになっちゃいました。

 

 

hmm18.jpg

そこからソースをかけて、はい


あとは好きな焼き加減で召し上がってください。オージービーフで安全なのでレアもおすすめだとか。


 

私は ロックハンバーグ 150g と黒毛和牛150g  1280円 のセット。私はソースはジャポネ。


同じコンボハンバーグを食べた 同行者の女性は 「やみつきニンニク醤油」 いやーいいですね。

 

hmm17.jpg

右が黒毛和牛。大きさが違うように見えますが。

 

 

hmm16.jpg

こちらは切ってくれないので、自分で焼きやきします。


というか鉄板が熱すぎてか、肉汁が跳ねること。


 

hmm15.jpg

中はレア。

思ったより固くないですね、お肉。ビーフ100%だと思いきり固くなったりするのですが、オージービーフのせいでしょうか。だから食べやすい。


 

hmm14.jpgこんな感じになって落ち着いてから食べましょう。でも鉄板熱いです。おなか一杯になりました。TT


ハンバーグマン ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

続きますねー、夏休みカレーシリーズ

 

 

今日は JANI スリランカキッチンへ。スリランカ系のカレーショップは熊本も多いのです。一時期はまったように訪問していましたが

 

 

 


スリランカカレー ヌードルカリー胃もたれ検証・・・スリランカ2nd

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

 

今回、スリランカ系のカレーはひさしぶりです。

 

 

janic1.jpg辛島町にある ジャニ スリランカキッチンに。電車通りに面しています。少し先の左側に有料駐車場がありますので、そこを利用しました。

 

 

janic2.jpgスリランカ熊本は系列店ではないと思います、メニュー構成も少し違います。

 

 

 janic3.jpg

階段を上って2階がお店です。

 

 

janic4.jpg

こちらの扉の奥です。

 

 

janic5.jpg

サラリーマンなどで後は増えていきました。スリランカカレー宜しくファンの方がいらっしゃるのですね。



テーブル席とカウンター席。

カウンター席は10席はあるのでお一人様も安心して入店可能です。


 

 

janic6.jpg

スリランカカレーのチキンとミンチ (2種類を選べる)、そしてフライドライスに変更(+100円)

 

 

 

janic7.jpg

今回は普通にしました。

 

 

janic8.jpg

有機のキャベツサラダ。ドレッシングはシーザーサラダだったです。

 

 

janic9.jpg

ワンプレートで到着。台形に盛られたフライドライス。

カレーは2種類入っていますが、スープ系なので、もう混ざり合おうとしています。

 

 

 

janic10.jpg

チキンカレー側、こちらの

チキンカリー がスパイスが効いているふり。


 

janic11.jpg

ミンチは単独より混ぜて食べるほうがおいしいかも。

 

 

janic12.jpgさらっとしていて、胃の中へ消えていきます。

少しご飯を食べすぎました、お替りしていないのですが TT

 


 

食べログ(掲載時点 3.39)

 


このページのトップへ

2018年8月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

イベントやマルシェなどで移動販売をされていた、「養生カレー」さんが実店舗を持っているとのことで行ってみました。行列のできるカレー屋さんだけあって実店舗でも人気あるようですね。

 



「養生」 って体に良さそう・・・

芝生を養生とか 休ませるとかそういう意味だし・・・生活に留意して健康増進を図ることらしい。摂生の意味に近いとか。

 

yoz10.jpg場所は藤崎宮の参道に入って、1本目から右に少し横に入ったところ。丁子屋の駐車場の斜め前。

100円で40分駐車できるので、ここも便利。


シンプルな外観のお店ですね。


 

yoz2.jpg

カウンター席6席とテーブル席6席、12席くらいでいっぱいになります。

店内では2人の若い人がカレーを作っています。


 

 

yoz1.jpg

メニュー、クリック拡大。

ランチは ベジタリアンプレート 1200円 (3種類)、 チキンカレープレート 1400円 (3種)

単品カレーは 800円から2種盛 1000円とか

 


 

ご飯はおかわり無料 (長粒米)

 

 

回りの人が注文していたり、食べているのは全部プレート物、結構高いなと思いますが私も チキンカレープレートにしてみます。


 

yoz7.jpg

混んでいたので少し待ちましたが到着。豆のせんべい、ご飯も結構な量ですね。

 


シンガポール勤務時代はインドカレーにも親しんだ私ですが、スパイスが強くバター、牛乳、香辛料のガラムマサラを沢山使う北インドのカレーばかり食べていた記憶が。フィッシュヘッドカレーはシンガポール名物のインドカレーか。ここのは南インド風カレーとのこと。

 

 

 

yoz4.jpg

日南どりチキンカレー

 

 

yoz5.jpg

茄子のサンバル(野菜カレー)


 

yoz6.jpg

ダルカレー(豆カレー)

 

 

yoz9.jpg

南インドカレーって想像したより辛くないし、パンチが少ないんです。

さらっとしていて、体に入ってくる感じ。

物足りないといえば、たぶん自分の口が日本カレーとかタイカレーに慣れてしまっているせいなんでしょう。

 

 

 

yoz8.jpg

豆のカレーも小学生でも食べれるようなカレーです。

だから養生なんですね。


 

バターこってりチキンカレーや キーマカレーとは全然違くて、さらさら野菜カレーってことなんです。スパイスカレーではありますが、ご飯がどんどん進む感じでもなく、カレー3つ食べたのもあり今日はご飯のおかわりとはいきませんでした。TT

 

facebookのHP

 

Retty(養生カレー)

 

 

 

 



このページのトップへ

2018年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lioncc1.jpg

ライオンカレーに久しぶりに来ました。2回目です。前回は熊本地震のすぐ後だったので2年以上ぶりです。当時はこの建物は地震に大丈夫だったんだー、と感慨深くカレーを食べたのを思い出しました。それから2年、たぶんメニューも変わっていると思いますしカレーも進化しているのではないかと思います。

 

 

lioncc2.jpg

本日のカレーは スリランカ風チキンカレー 800円

 

 

 

lioncc3.jpg

3種類のカレー700円 + 日替わり カレーというのは2年前と変わりありません。

というか 店内が暑い(熱い)です。エアコンが効いていない感じ。これはカレーを食するのには暑すぎます。

入口の黒板に「暑いです」と書いてありました。お断りでしょうか。

 

まぁ、多少ガマンしてカレーを食べましょう。

 

 

チキンカレーに半熟スパイシーエッグのトッピング 800円

 

 

lioncc4.jpg

米は阿蘇のにこまる、辛みスパイスで辛さを調整する。

前回訪問時とはカウンターのレイアウトが変わっていた。厨房が広くなったのか。

 

 

lioncc5.jpg

丁度お客さんで混んでいたので15分ほどして到着。以前はルーと別々の提供だったが、今回はワンプレートの提供に変わっている。バナナチップ、アチャール、ピックルが別皿で。

 

 

lioncc6.jpg

見た感じから「うまそうなオーラ」が出ているカレーである。香辛料やナッツがふりかけてあったり、これもうまそうに見えるポイントじゃないかなぁ。

 

 

lioncc8.jpg

一緒にカレーに混ぜて食べよう。

 

 

lioncc7.jpgご飯は型抜きしてあるサフランライス。

 

 

lioncc9.jpg

スパイシーな半熟卵がGOOD。

途中辛みスパイスを入れながら調整。

やはり美味しかった。でもかなり暑かった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.47) 2年前は3.21だった。


 

このページのトップへ

2018年8月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

約半年ぶりに ネイルアンドカフェバー リラさんを訪問しました。

夜男性6人で。


女性が多いバーなのに 少しうるさくてすみませんでした。

 

赤ワインを飲んで白ワイン

 

lilas3.jpg熊本ワインの人気ブランド 菊鹿 シャルドネ樽熟成 2015年です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【白ワイン】熊本ワイン 菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2016 750ml
価格:3920円(税込、送料別) (2018/7/26時点)


 

熊本ワインのホームページオンライン

 

熊本の白ワインではナンバーワンだと思います。「菊鹿ワイン」という会社も出来てブランド化が進むそうです。

おつまみを少々、そしてデザートに行きます。


 

lilas1.jpg

 

lilas2.jpg

さすが女性客が多いリラさん、デザートのラインアップは豊富ですね。色々と頼んでみましょう。

 

lilas4.jpg

ティラミス 650円

 

 

lilas6.jpg

レモンケーキ & バニラアイス 600円

 

 

lilas5.jpg

リンゴと紅茶のクレームブリュレ 650円

 

 

lilas8.jpg紅茶味のブリュレに リンゴもインしている

 

lilas9.jpgナッツのブラウニー 650円

 

ブリュレ1口しか食べてない・・・・デザートって気が付いてみると、なくなっている・・・・ってこと

多くないですか。

 

夜リラ nail&and cafe bar lila (4)熊本並木坂

 

食べログ(採点なし


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近どれだけ カレー なんでしょう。

ラーメン食べなくなって最近カレーでそれも小麦が少ないもの。



暑いのでカレーが食べたくなるのはわかりますが・・・・お手軽ランチということでしばらく探究してみます。熊本はカレーが最近アツイですね。

 


chang9.jpg

熊本空港から西原村の香梅工場方面へ約10分弱。神戸たこ焼きの少し手前の左側にあります。スピードが出ているとすぐ通りすぎてしまいます。店の前に数台分の駐車場があります。横の駐車場はここのと違います。

 


CHANG PLANT (チャングプラント)。お店の前に移動販売車があったので、移動販売から店舗を構えたお店だと思ったらここは地震の前からあったんですね、しかも以前は熊本市内でもカレー屋さんをやられていてカレー経験は20年近くとか結構すごい歴史のあるカレー店舗さんなんですね、地震を乗り越えて再開オープンされたそうです。


 

chang10.jpg

白水の水使用、昔は黒カレーとか色々あったようです。辛さ控えめな手作りカレーとのこと。

 

 

chang12.jpg

店内はカウンター席とテーブル席で、11席程度とそれほど広くありません。ご主人はバイクがご趣味なのでしょうかツーリングの写真など飾ってありました。ランチタイムは過ぎていたのでお客さんは私一人。

 

 

chang11.jpg

カフェのような空間にもなっていますね。

 

 

chang1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

辛さは市販のカレーの中辛弱くらい (個人レベルでの判断) まじめな表現だ。辛さは個人差があるからね。

 

 

 

chang2.jpg

普通盛りのごはんは230g。

チキンカレー が標準のカレーなんでしょう。

 

 

chang4.jpg

ビーフステーキカレー 1500円、チキンレッグカレー 1300円というリッチなスパイスを使用したカレーもありますが。

 

 


chang3.jpg

辛くないキーマカレー 、スペアリブカレー もあるので、 5種類からの選択。

はじめてなので チキンカレー 850円、サラダドリンクセット 1150円にしてみます。

 

 

chang5.jpg

キャベツサラダを食べて

 

 

chang7.jpg

きれいな まん〇のご飯が乗った、チキンカレーが到着。

やはりスパイス料理は食欲をそそります。

 

 

chang6.jpg

黄色いのはポテトサラダ。ポテサラがカレーの中って珍しい。


味は濃いですがカレーの辛さだけ主張していなくて、食べやすくマイルド。結構好みのタイプに入ります。ご飯は230g結構多く感じました。パックご飯は180gくらいですよね。カレーだから230gも食べれるんだろうけど。

 

 

chang8.jpgまた食べに来てみようとおもう味かも。でも次は違うのにしてみよう。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

チャングプラントホームページ


このページのトップへ

2018年8月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)お店・外観編は前日

 

lbe12.jpg

ウェルカムドリンク

 

lbe15.jpg

アミューズは トリュフ風味のマドレーヌと木製のスプーンにのった6種のハーブのソルベ。

さわやかな味で口をさっぱりさせることが出来て、これからの料理への準備を。


 

lbe17.jpg

ローブさんは飾り付けもお皿も素晴らしい感性だと情報をいただいておりました。

 

 

lbe18.jpg

スパイシーなおつまみ

 

 

lbe20.jpg

鎌倉野菜 牡蠣

スガハラガラスの美しいガラスの器に乗せられた鎌倉野菜とアンチョビなどの複雑な味のドレッシング。このソースがとても美味しい。鎌倉で農家の経験をした今橋シェフのセンスだろうか。ガラスの器の中には土が入れられていて、まさしく「大地」を表現したような1皿に仕上がっているのだ。

 

 

lbe19.jpg

1つ1つの野菜の旨みが伝わってくる。ほんとうに満足感を味わっていたら。

 

 

lbe4.jpg

パンも手造りパンが多種類にわたって提供されていた。青のりのパンだが色んなバリュエーションがあってパン好きな人は食べ過ぎてしまいそうだ。

 

 

lbe1.jpg

続いてこの1品に目を奪われます。

高知の地鶏「土佐ジロー」の卵に黒トリュフをふんだんに削ってある1品。セップ茸が下に敷かれています。

 

 

lbe2.jpg

セップ茸と土佐ジローの卵とトリュフ。このコンビネーションが生む口の中の感動。濃厚でコクがありこれは美味しい。

 

 

lbe3.jpg

素晴しい1皿と感動していたところ、

 

 

lbe21.jpg

天草のアコウ鯛とフユイヌ

こちらはさっぱりとした美味しい鯛。量的にもベスト。


 

lbe23.jpg

新たまねぎ

玉ねだけ1皿に乗って出てくる。シンプルイズベスト。


 

lbe24.jpg

先ずはたまねぎだけ味わってみる。口の中に甘くそして濃厚なたまねぎの味がふわっと広がっていく。

 

 

lbe25.jpg

スープが添えられているのでそれを注ぎいただきます。オニオンスープとなります。

 

 

lbe26.jpg

フランス産鳩胸肉 ヤングコーン

久しぶりに鳩いただきました。

 

 

lbe27.jpg

お楽しみの平瀬パティシエのデセール。

1皿目は桃とハーブ 金の飴細工。

桃がジューシーで美味しい。平瀬パティシエのデセールは立体感がありとても素晴らしいという意味が少しわかりました。

 

 

lbe28.jpg

セカンドデセール

ごちそうなす、チョコレート。立体感ある皿に葉っぱと枝を作り、オリーブも添えて。ごちそうなすのアイスクリームですね。さっぱりして美味しい。

 

 

lbe29.jpg

そしてこれですよ、これ。

ネットでは宝石箱チョコレートを見ることが多いですが、今日はアイスの中にソースイン。

しかし素晴らしいミニマルディーズ。これはやられますね。

 

 

lbe30.jpg

4種類全部いただいてもいいということでしたので、遠慮せずに。

 

 

lbe32.jpg

ソースの中身は全部別。トリュフソースがはいったものはアイスとの絶妙なコラボレーション。最高でした。

 

 

lbe31.jpg

中目黒カフェファソンの水出しコーヒー。

今日は大人が最後までテンションマックスでよいのでしょうか・・・というくらい感動したなぁ。こちらのお店まだまだこれからステージが上がっていく気がしました。絶対また訪問したいと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.96)

 

ローブ ホームページ

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(お店・飲み物編)

今回は東京・東麻布(赤羽橋)にある、昨年度ミシュラン1つ星に選ばれた とても芸術性ある料理たちと素晴らしい時間に感動したRestaurant L'aube (ローブ)を2日に分けて掲載します。雰囲気・料理・ワイン。とても満足する時間をすごしました。こちらはミシュラン2018で一つ星を獲得されています。しかもオープンして1年半で獲得。


 

lbe5.jpg

場所は東京タワーのすぐ近く、地下鉄都営大江戸線の赤羽橋駅のすぐ近く、住所は東麻布になりますが商業地というよりマンション・住宅地も多いエリアになると思います。隠れ家的雰囲気もある場所。すぐ近くにはCHEZ TAKA(イタリアン)があり、外観はこちらのCHEZ TAKAが目を引きますが・・・。レストランローブはこのマンションの2階にあります。こんなところにという感じです。


 

lbe6.jpg

入口の階段で2階に上がりますが、お洒落なカフェ風の入口で知らないとフランス料理店とは思わない感じ。このシンプルなところもいいですね。

 

 

lbe7.jpg

ディナーのメニュー表のみ。

ホームページから

「L’aube(ローブ)」とは、始まりや夜明け、

誕生を表すフランス語です。

 

自然が創造した美しさと、人が創造した美しさの

絶妙なハーモニーを生み出すこと。

 

《その瞬間にしか存在しない美味しさ》を

創りつづけること。

 

ここから私達の物語が始まる。そんな想いを込めて

「 L’aube(ローブ)」と名付けました。

 

生産者のこだわり、その風景、季節の移ろい、

日本とフランスの食文化が響き合う、

新たな美味しさ、愉しさ、心地よさと、

それらが誕生する美しい瞬間をお届けしていきます。

 


 

lbe8.jpg

はじめてのフレンチ、入店する時はときめく瞬間であります。ローブさんはフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA シェフを務めた今橋英明さんと、同じくKEISUKE MATSUSHIMAでシェフパティシエを努めた平瀬祥子さんとソムリエの石田さんがタグを組んでオープンしたお店。平瀬さんは熊本市出身でニューオータニ熊本、熊本ニュースカイホテルでの勤務経験、フランスで8年もの経験があるお方、そしてソムリエ石田博さんは日本ソムリエ協会副会長(会長は田崎真也さん)で過去3回、日本最優秀賞も獲得したソムリエ業界の重鎮の方。その3方がタグを組んでいるのだから最強だし、デザートまで期待度高いです。


 

lbe9.jpg

店内はシンプルで白の椅子、ダークブルーのクロス、オープンキッチンから今橋シェフと平瀬パティシエの動きが見えます。凛とされてきびきび動かれる平瀬シェフが素敵です。


 

lbe11.jpg

店内の明かり加減もいい雰囲気で好きです。窓の間に一枚こうしたオブジェがあるだけでまったく違ういい雰囲気になるんですね。

 

 

lbe10.jpg

テーブルのショープレートがメビウスの輪的1筆書きになっていて料理が運ばれスタートするまでの楽しみな瞬間をつないでくれる。

 

 


lbe130.jpg

ローブはランチは毎週金曜日と第1,3,5土曜日 6000円から、ディナーは 5プレート+2デザートで 9000円(税、7%税)。星付フレンチ10000円以下です。満足感がすごいとすると嬉しいこと。ディナーのランクが松竹梅のランクがあると下のランクを食べているとがっかりしたりする瞬間もあるが、ここではそれはないです。

 

ワインのリストを見てもフランス産の高級ワインがずらっとということもなくリスト掲載されているワインはほぼホームページ通りです。種類はそれほど多くないのだがニューワールドのワインが多い。石田ソムリエの意見をも参考にすればよいと安心できます。

 


lbe14.jpg

DOGPOINT VINEYARD 2014 SECTION 94

ドッグ・ポイント・ヴィンヤード セクション94 2014

これだけ暑い夏だと、さわやかなソーヴィニヨンブランを選択してしまいます。最上の特定区画から造られるニュージーランド屈指のソーヴィニヨン・ブラン。かの有名なクラウディ・ベイのブドウを造り、ブドウ栽培のチーフワインメーカーでもあったドッグ・ポイント・ヴィンヤード 。クラウディ・ベイとの契約を終え、自社畑より2002年に初ヴィンテージをリリースしました。このワインは特定された区画となる「セクション94」のソーヴィニヨン・ブランのみを使用し、古樽のフレンチオークを使用し18ヶ月間熟成しています。(9.5)


 

lbe16.jpg

CRYSTALLUM BONA FIDE PINOT NOIR 2016 WALKER BAY


南アフリカのピノノワール。石田ソムリエ選択の1本。(11)

南アの「超」一級。


ここに触れずして、南アの今を語ることは不可能…ティム・アトキンMW格付け【一級】の15生産者のうちの一つ、『クリスタルム』。南アのニュー・ウェーブ、その新たな流れの中心的存在であり、世界から賞賛される渦中の最高峰銘柄でもあります。オーナーのピーター・アラン・フィンレイソンは、かの 『ブシャール・フィンレイソン』 を運営するフィンレイソン家の第三世代。

楽天のサイトに詳しく

 

 

 

 

 

lbe22.jpg

3本目はボルドーワインで締めくくり

2012 BRANAIRE DUCRU  ブラネール・デュクリュ 2012 サンジュリアン

ボルドーグランヴァン 4級。いわずもながこれは素晴しい・良いですね。あまりにも美味しくて気に入ったのでネットで購入してみようと思います。

 

 

lbe33s.jpgローブから少し歩けば東京タワーを下から望める場所。

 

明日は料理編を

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 



 

このページのトップへ

2018年8月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)

ラペの料理はおまかせコースのみ。昼は5000円(税・サ10%別)、夜は11品前後で12000円(税・サ10%別)。お肉を変更したから+いくらとかのシステムは存在しない。流れの中で料理を楽しむスタイル。

 

lapp18.jpg

ビー玉と同化したアミューズ。中にスープが閉じ込められている。

 

 

lapp17.jpg

サーモンのタルト

 

 

lapp19.jpg

 

lapp20.jpg

 

 

lapp2.jpglapp3.jpg

 

 

 

lapp4.jpg

 

 

lapp6.jpg

 

 

lapp7.jpg

 

 

lapp23.jpg

 

 

lapp8.jpg

 

 

lapp22.jpg

メニュー表は素材だけ書かれているのですが、持って帰ってくるのを忘れました。シェフが和歌山出身ということもあり和歌山の食材も多く使用されていました。そして特にお皿が大きくだいぶこだわっているなーと感じました。料理的にはしらすとうにのコンビネーションとか、和のテイストをだいぶ取り込んであるガストロノミーフレンチ。


韃靼ソバのブランマンジェは、フランス産オリーブオイルがかけられていてジャパニーズ、フレンチの美味しい複合。量的にもパンを食べずベストな量で満足できました。有難うございました。TT


食べログ(掲載時点 4.32)


 

 

 



 

このページのトップへ

2018年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lapp11.jpg

東京・日本橋。江戸の起点であると同時に日本の中心地。都市高速が橋の上を通っており風情も何もないが、ここを以前の雰囲気を少しでも出そうとか首都高速を地下を通そうとか色んなプロジェクトの構想はあるようである。


もう少し北へ上がると、日本橋三越がある。川を渡って2本目の道を右折してしばらくいった右側に、本日訪れるフレンチレストランLA PAIX(ラペ)がある。ラペは2014年10月オープンなので4年弱。昨年ミシュラン一つ星を獲得し、勢いに乗る東京フレンチレストランの一つといっていいでしょう。

 

 

lapp10.jpg

ビルの1階にモダンな入口があります。ラペは20席ほどの小さなフレンチレストラン。隠れ家的雰囲気にふさわしい。シェフの松本一平さんは和歌山県生まれで京風おでん割烹を営む実家に育ち、六本木レストランから渡欧、ベルギーのミシュランレストランでの勤務の後、2004年から約10年間、日本橋「オーグードゥジュールメルヴェイユ」にて初代シェフを務める。

 

 

lapp12.jpg

フレンチレストランに入店する時は、気持ちが高まる。LA PAIXとはフランス語で平和という意味。いつも穏やかな心をもって人とひととの温かなつながりを大切に調和のとれたお料理や空間をご用意し日々、お客さまをお迎えしたいという意味が込められれているという。

 

 

lapp13.jpg

こちらの階段を下りていくとお店の空間が広がっています。


 

lapp14.jpg

奥に半個室。手前にテーブル席。こじんまりした空間ですが 和のテイストを重んじたラペのガストロノミーフレンチを楽しめる空間がここにあります。

 

 

lapp15.jpg

今日は6人で訪問。ワインを数本飲むには一番いいと思います。

 

(ワイン編)

lapp16.jpg

シャンパン

BOLLINGER(ボランジェ) SPECIAL CUVEE BRUT   

きめの細かい上質な泡。優しいイースト香とほんのり甘い日だまりのような香り。穏やかなアロマとは対照的に、飲むときゅっと引き締まったレモンやオレンジを思わせる酸味が効いており、ふくよかで伸びやかなボディがあります。余韻も長く、エレガントな飲みごたえのあるシャンパーニュです。 (ENOTECA) (13)

 

lap1.jpg

白ワイン

2016 SANCERRE    LE MD DE BOURGEOIS  HENRI BOURGEOIS  サンセール ル・モンダネ ド・ブルジョワ

この時期特に美味しい、ロワール サンセールの ソーヴィニヨンブラン100%の白ワイン

完熟した葡萄を感じさせるエキゾチックな香り、そしてフルーティーなミネラル感のある芳醇な香りを備えます。魚、白身の肉、特にマンステールチーズ、子牛の薄切り肉などと好相性をみせる。10?12℃前後で、その偉大な個性を十二分に発揮し、3?5年の瓶内熟成で、さらにまろやかな旨味や複雑さが出てくる。 

 

 

lapp5.jpg

赤ワイン ブルゴーニュ

2008 NUITS-ST-GEORGES LES PRULIERS

今まで何度も飲んだことあります。最初は、え・・・と思いましたがデキャンタージュしておくとさすが

 

 

 

lapp9.jpg

赤ワイン ボルドー

ブルゴーニュワイン(ピノノワール)はカベルネ系ワインが好きな人にとっては、「薄い」という人がいるので、次のチョイスは無難にポイントが高い

 2014 CHATEAU CARMAILHAC シャトー・ダルマイヤック 5級

ダルマイヤックが所有する約69haの畑は、ポイヤック村の内陸側に位置し、ボルドーワインの最高峰ともいえる2つのシャトーに囲まれた素晴らしい立地です。1つはメドック格付け第1級のシャトー・ムートン・ロスチャイルド。そしてもう1つは、メドック格付け第5級ながら、いまやトップシャトーに名を連ねているシャトー・ポンテ・カネ。これらのポイヤックを代表する一流シャトーに挟まれたシャトー・ダルマイヤックは、なだらかな丘陸の日当たりが良い位置に建ち、申し分ないテロワールと言えます。(ENOTECA) (14)

 

 

lapp21.jpg

デザートワインとして スデュイロー。

ソーテルヌワインを 初めて飲んだ人はどうもお気に入りのようでした。それにデザートワインまでいくと締りますね。



料理編は明日に

 

食べログ(掲載時点 4.32)

このページのトップへ

2018年8月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

htsn8.jpg

2014年にオープンした羽田空港のHitoshinaya (ひとしなや)に来ました。こちらは第一旅客ターミナル(JAL)の出発ロビーにあります。東北方面のロビーで中央広場より北にあります。九州方面を利用することが多い我々は利用することが少ない側ですが、歩けばすぐなんです。

 

 

htsn6.jpg

ひとしなやは3つのお店が入っています。「あさごはん」「どんぶり」「らーめん」それぞれカウンター。あさごはんは5:30からオープンして早朝の出発にも対応しています。一日中あさごはんが食べれるんですが。


スペースもあさごはんが一番広い。和食の基本となるだしを追求した和食専門店です。それぞれのお店はガラスで仕切られていてオープンな感じです。それぞれのお店は2,3品しかメニューがない。だから入店前に決めないと「どんぶり専門店」ならカツ丼はあるだろうとかそんな気持ちで入ると「え・・・・」と思うかもです。

 

 

htsn9.jpg

店の入り口にはタブレットのメニューだから、表示されるのを待つのがじれったい。

 

 

htsn7.jpg

どの店にしようかと思って、「どんぶり」を選択。

 

 

htsn10.jpg

3品しかメニューがない。親子丼、高原豚麹焼きとローストビーフ丼

メニューが少ないから悩むこともあまりない。

 

 

htsn1.jpg

高原豚麹炙り焼き 出汁あんかけ丼 1204円(税別)にしましょう。

注文と同時に店内のグリルで肉2枚を焼き始められました。提供までの時間は短そうです。

 

 

htsn2.jpg

ご飯の上に豚肉2枚、出しあんかけ そしてニンニクチップとネギ。至ってシンプルな料理です。

 

 

htsn3.jpg

この出し汁が味が濃いおかげでご飯が進みます。

具材が少ないので少しさみしい感じはします。

いわば上品なチャーシュー丼みたいな感じですね。


 

htsn4.jpg

味噌汁はご汁と書いてあるけど、忘れてしまいました。

 

 

htsn5.jpg

比較的軽めの丼だと思いました。羽田空港内のレストランも飽きてきましたが、つぎは「あさごはん」に行ってみたいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年7月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmkek6.jpg

田迎カレーアンドミートに訪問しました。暑い夏はカレー。

水曜日が休みだから注意しましょう。

 

隣の「天真屋」さんは最近良く登場しているお店です。

 

tmkek2.jpg

カレーとステーキランチのお店。今日は2回目だけど メニューは決めていました。

和風山椒キーマカリー 800円

 

 

 

tmkek1.jpg

メニュー表からの抜粋。写真ではなくてこの絵というのがイイ感じですね。

 

 

tmkek3.jpg

半熟卵もオンされて、めちゃくちゃ美味しそうではないですか。昔東京に「ハイチカレー」のドライカレーというのがあって大好きだったんですが、店が少なくなって。でも10年ぶりくらいにハイチカレー食べたいなぁ、、、ってこのカレーを見て思っていたら。

10年前のダイニングエクスプレスの記事を発見。

 

サフランライスの上に 「やみつき山椒キーマ」がのっています。


 

 

tmkek4.jpg

先ずは普通に食べてください。キーマの辛さと山椒のさわやかさが口の中に広がります。


どうですか、卵を割ると シズル感。 からめていただくと更にマイルドで美味しい。結構な量のご飯ですがいただけました。

 

 

tmkek5.jpg

ほんと、このキーマカレーは癖になりそうです。担担麺とかと同じだ。TT

 

田迎 CURRY&MEAT 田迎カレーアンドミート(1) 熊本市田迎

 

食べログ(掲載時点採点なし)

 

 

このページのトップへ

2018年7月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

家からほど近いカフェで休日ファミリーランチです。私ははじめてです。

場所は電車通りに面しています。水前寺公園電停のすぐ前。周辺には水前寺公園訪問用などの有料駐車場は沢山あります。

からあげやさんの隣。

無機質な感じですので、歩いていたら気が付かない可能性も。

 

cafer9.jpg

カフェラペさんです。

 

cafer1.jpg

こちらは入口ではない。

 

 

cafer2.jpg

店の外のメニュー表もオシャレな感じです。

 

cafer8.jpgcafer3.jpgテーブル席、ソファー席入れてだいたい20名くらいのキャパ。店内は雑貨なども販売してありました。

 

cafer4.jpgランチはカフェ飯といったシンプルなもので、ご飯ランチとカレー、クロックムッシュの3品。

私と息子はカレーランチ。

 

cafer6.jpg

キッシュや本日のおかず盛のカフェラペご飯ランチ。

 

cafer5.jpg

野菜サラダと冷製じゃがいもスープ。

カレーのスプーンがやけに平すぎて、これでいただくのかと思ってしまう。

 

 

cafer7.jpg

その疑問もわかった。

カレーはチキンカレーだけど、サラサラタイプのカレーで本格的で肉もやわらかい。

そしてスプーンが平らでないとすくえないのだ。だから薄いスプーンに合理性がある。

カレーの味はこくはあって、丁寧に作られたものだと容易に推測がつく。手羽元チキンもぽろぽろと取れる程煮込まれている。TT

 


食べログ(掲載時点 3.15)


カフェラペ ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近、特に掲載頻度が多い天真屋さん。

ファミリーで休日にランチで訪問してみました。平日と同じ内容のランチをされているようです。


tnsny7.jpg国産十割生蕎麦を食べれるのもポイント高し、もちろん天草天然の魚も。

 

子供も親子丼を頼んだり、好きなものを食べていました。


 

tnsny6.jpg私は 天草海女めし丼と天ぷら、十割そば御膳 1980円。

天ぷらは私は食べないので、皆で共有。

 

 

tnsny3.jpg子供は豚バラカツと天草刺身と十割そばセット 980円。これに絞り自由のニンジンジュースと キャベツが食べ放題なのだから、お得感は相当なものですね。



tnsny4.jpg

刺身は2切れづつ。鯛・カンパチ・まぐろですね。

 

 

tnsny1.jpg結構なボリュームがある天草海女めし丼のセット。


 

tnsny2.jpgめかぶ、とろろ、とびっこ、ねぎとろ、海鮮類がぶつ切りになってたっぷり。胡麻をすったタレをかけて食べます。これが結構美味しい。天草海女丼も単品 1080円でいただけます。一度夜も訪問したいと考えています。TT

 

 

 

旬菜魚麺図 天真屋(1) 熊本市田迎 海鮮・郷土料理系居酒屋ランチ

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sixo11.jpg

アメリカにやってきたかのような雰囲気感。有楽町の駅のそば、6th by oriental hotel。ホテルではありません、イタリアンレストランです。経営は 1870年創業の日本でも最古のホテルとして知られる神戸の外国人専用ホテルとして名を馳せた神戸のオリエンタルホテルの系列です。6thというのは東京駅基準で6本目の通りだからとか。


 

sixo10.jpg

オールディダイニングで収容人数も約300人とハコが大きいレストランです。普段だったら人気のテラスも極暑ではこの通り、がらーんとしています。

 

 

sixo3.jpg

ランチタイムは特に周辺のサラリーマン、OLの方で込み合いますね。中に入ると居留地的雰囲気でオリエンタルです。

 

 

sixo4.jpg

雰囲気も落ち着いていますが、店員さんの「ペルファボーレ」(お願いします)って声が大きくて、少し前のイタリアン居酒屋的雰囲気があるのが少し残念ですね。


 

 

sixo1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

コース、パスタ、カレー、サラダなど。女性OLさん1人でサラダオンリーのランチを食べているのも何人か見かけました。地方であまり見かけない雰囲気です。


 

sixo2.jpg

今日は、地方ではあまり食べれない エンチラーダ 1200円 サラダ付 にすることにしました。

せっかくなのでメロンパンナコッタ のデザートをつけて 1500円


 

sixo5.jpg

サラダ

なんて特徴もないんですが

 

 

sixo6.jpg

2本入って熱々のエンチラーダ。エンチラーダってトルティーヤ(とうもろこしの皮)で具材を包んでチーズ焼きしたもの。コンビニでチンするトルティーヤは有名。

 

 

sixo7.jpg

ハラペーニョも。これは辛かった。

 

 

sixo8.jpg

トマトたっぷりで具材はチキン。思ったよりスパイシーでパンチがあったので、びっくりした。これだけ暑いからカレーと一緒でピリ辛フードは食が進みますね。

 

 

sixo9.jpg

メロンが載せてあるパンナコッタ。


外はめちゃくちゃアツイので、辛い物食べて甘い物食べて、心を落ち着かせて外に出かけました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ホームページ

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今、熊本スイーツ業界で最もホットなお店、

ぷりんせすわっふるさんに行ってきました。

何がホットかって。

 


熊本で唯一の ロールアイス と熊本で2軒目という エッグワッフル の両方が食べれるお店だからです。


食べてみないとわかんないですよ。

 

 

pwf18.jpg

場所は熊本市西区上代、西バイパス沿いで田崎の県道28号上代交差点をすぎたすぐの左側。ピンクの色ですぐわかります。駐車場も6台分くらいはありますね。お店は元カラオケバーを改装したもの。販売してあるものは最先端。そしてここのあゆ姫さん(オーナー)は熊本でも あゆ姫食い倒れ放浪記というブログを作られているブロガーとして有名なお方。たぶん最先端の情報が入ってくる方なんでしょうね。

 

 

ロールアイスはまだ7月11日からはじまったから超ニューですよ。東京原宿あたりでは昨年上陸して行列がものすごいらしいのですが、熊本ではまだ知名度が。でも夏休みあたりはピークタイムはマックス2時間待ちくらいになるかも。。。


 

先ずはエッグワッフル編。



エッグワッフルはゲットバーガーでも食べることができます。こちらを読めば エッグワッフルがどういうものかはおわかりになるかと。

pwf2.jpg

標準の トッピング+アイス+ソースのチョイスできるもので 700円

 

 

pwf3.jpg

もっとシンプルなものは500円

 

 

pwf1.jpg

スペシャルなものは 850円。 インスタ映えを狙うならこちらですね。ということでルンルンパナチョコを。


 

pwf4.jpg

850円です。オレオとかポッキーとかチョコレート、バナナなど沢山入っている。ランチ1食分くらいのコストするんですね。

 

 

pwf5.jpg

エッグワッフルが見える側。少しいただいてみましたが、パリパリしてたこ焼き器で焼いたようなワッフル。かわいい感じですね。

 

 

ロールアイス編

夏はロールアイスがやっぱり人気ですね。


pwf19.jpgロールアイスは700円で、ベースのアイス、ソース、トッピングを選んでいきます。トッピングは東京や大阪に比べて熊本価格でお安くしていますとのこと。

 

ロールアイスの作り方

 

pwf6.jpg

冷たくなるロールアイス製作用の上に、ソフトクリームで使用するソフトクリームミックス牛乳を投入しへらで撹拌します。

 

 

pwf7.jpg

次第に固まっていきます

 

 

pwf8.jpg

4角形に形を成形していきます。


 

 

pwf9.jpg

少しづつ固まっていきます。

 

 

pwf10.jpg

固くてもだめ、柔らかくてもだめ、くるりとなる微妙な固さが難しいと

 

 

pwf11.jpg

へらで くるくるっと。固くなりすぎたらクルンとならないし。

 

 

pwf12.jpg

面白そうだからしてみたいな。あゆ姫さんは修業したかと思えば ユーチューブで勉強したとか。

 

 

pwf13.jpg

7つくらい出来上がるのをカップに入れてトッピング。終わったら鉄板は暖かくしてアイスを除去して次回の備えます。


 

pwf14.jpg

娘はキャラメルソースを選んだようですね。

 

 

pwf15.jpg

マシュマロトッピング

 

pwf16.jpg

私はチョコアイスにチョコソースにチョコレートトッピングという

トリプルチョコレートにしてみました。

 

 

pwf17.jpg

ロールアイスの食感・・・・冷たいふわふわ、少し硬いみたいな感じで。このように1つ1つが手作りで手間がかかりますから、結構時間もかかるし値段も少し高いのがネックですが、一度話のネタには食べてみるといいですよ。TT

 

あゆ姫さんの知り合いの

ランチしましょのブログも御参考にしてください。

 

(参考)ロールアイスクリーム ファクトリー


 

 

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

amay8.jpg

前回訪問時から間がそれほど開かずの訪問となりました。天真屋さん。実はとなりの田迎カリーアンドミートに行ったのですが、水曜日でお休みだったので、空いているこちらにしました。

 

 

amay9.jpg

カレーを食べる脳から海鮮料理へスイッチを変えるのは少し苦労するが、仕方ないでしょう。

今日は天草海鮮海女めし とろとろ丼 1080円にしようと思っていたところ、

 

 

amay1.jpg

日替りは 海女丼とそばのセットと 聞いて、 これにします。

 

 

amay2.jpg

恒例の絞りたての人参ジュースと サラダをフレンチドレッシングでいただき、

 

 

amay3.jpg

丼が到着。

ごまをすってタレを入れて丼にかけていただくとのこと。

 

 

amay4.jpg

えび・たこ・ぶつ切りの魚が沢山。

めかぶやとろろのネバネバ系も。

 

 

amay6.jpg

ねぎとろ・きゅうり・やまいもなど。

 

 

amay7.jpg

お箸では食べにくいのでスプーンで。ゴマだれと海鮮がマッチしてこれが結構いけますね。

 

 

amay5.jpg

十割蕎麦までついていてこの値段ならリーズナブル満足感。また来ます。

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近熊本ネタが増えています・・・東京のフレンチはなかなか行けないから地元ネタにしてください・・とか高いトコより手が届くとかがいいとか・・・まぁ色々織り交ぜてはいるんですが・・・

 

 

 

胡椒(ペッパー)が癖になることで有名なペッパーランチ。ここ以外では食べれない唯一に近い食べ物だし。

でも最近、めっきり来る回数が減りました。一時期よく来ていたのですが。


 

 

暑くなってきて、お店の周りの肉を焼いている「もわー」とした熱気が快適ではないので。それに段々とお店の回りも残念ながら脂っぽくなってきた感があります。それは置いておいてもたまに食べたくなるのも事実。これは掲載していないものを載せてみます。まだ食べていない人は一度どうぞ。ペッパーフードの株価も最近下がっているけどもっと上がってほしいわ・・・・

 

 

1.お肉たっぷりビーフペッパーライス + チーズ、 コーン抜き

(これを自分的スタンダードにしています)

 

ikiss1.jpgikiss2.jpgikiss3.jpg

 

 

 

2.普通のビーフペッパーライス + たまご

(チーズを入れない代わりにたまご。チャーハンっぽくなる感じです。)

 

ikiss5.jpgikiss4.jpg

 

 

3.お肉たっぷりビーフペッパーライス + チーズ、 コーン抜き

これも1と同じスタンダード。

 

ikiss7.jpgikiss6.jpg

 

やはりスタンダードを注文していることが多い・・・・

 

ikiss9.jpgikiss8.jpgikiss10.jpg


ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

 

このページのトップへ

2018年7月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pvtl5.jpg上通りを抜けてやがて広町という場所にある、プライベートロッジ カフェアンドダイナーに。マクロビののれんがありますね。お店は2階です。

 

 

pvtl6.jpg

イベントでの出店とか急なお休みもあるようなので、営業日は事前確認しておいたほうがよいかもしれません。ヴィーガン・ベジタリアン オッケーと書いてあります。



パスタを入れなければ食べれそうですので、はいってみます。

 

 

pvtl7.jpg

2階のこちらのお店はアクセサリーのお店なので違います。この右側のドアが入口。

 

 

pvtl8.jpg

細い通路の奥に広がったスペースがあります。となりのお店の奥に位置します。テーブル席とカウンター席。今日は女子2名のお客さんでした。

 

 

pvtl2.jpg

調理場所とカウンター。プライベートロッジって 自分の家にいるような感覚でってことでしょうか。

 

 

pvtl9.jpg

ランチメニューは もう入ってくる時点から決めていました、本日の玄米ランチ 880円 で

お願いします。


 

pvtl1.jpg

玄米ランチは 夏野菜カレーか・・・今日はあんまりカレー気分ではなかったのだが・・・

 

 

pvtl3.jpg

薄味の野菜スープも付いていました。ワンプレートの玄米ランチ。野菜たっぷりのカレー。コーヒー付き

 

 

pvtl4.jpg

玄米はよく噛むから食べごたえがあります。それでも少し残してしまいました。玄米って自分の体にあっているのか、って思うんですよね。


食べログ(掲載時点 3.04)

このページのトップへ

2018年7月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kapua1.jpg

会社からほど近い 江越の平成さくら通りにある KAPUA cafe and bar (カプア)に来ました。ハワイアン・ポリネシアンをコンセプトにした明るいカフェです。空の色もブルーで気持ちいい。

 

 

kapua.jpg

入りましょう

 

 

kapua3.jpg

お洒落な空間で解放感もあり、ゆっくり過ごすのに向いてそう。インテリアもハワイ・ポリネシアン風。丁度平日、お昼の女子会数組開催中。パンケーキなども豊富だからカフェタイムもいいですね。

 

 

kapua4.jpg

ランチメニューは色々あります。名前だけではイメージ付きにくいです。ホームページで事前確認して訪問するとスムーズかもしれませんね。カレープレート 1000円にします。

 

10種類以上の野菜を煮込みスパイスとココナッツで仕上げたカプアカレーと

たっぷりの野菜をココナッツミルクで煮込んだグリーンカレーとチョイス可


 

kapua5.jpg

カプアカレーチョイスで。丁度女子会のメニューが立て込んでいたので提供されるまで時間がかかりました。色んなサラダがワンプレーとに収まっています。野菜を食べてしまわないとカレーを食べるスペース不足・・・


 

kapua6.jpg

 

 

kapua7.jpgこんな感じで色々と。今度はグリーンカレーにでも挑戦してみようか。

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

カプアホームページ

このページのトップへ

2018年7月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mjj6.jpg

日曜日に子供をランチに連れていかなくてはならず、買い物もあったので ココサにあるMUJIカフェに久しぶりに来店。(5)となっていますが、それ以上来ていると思いますが4,5ケ月ぶりになりますかね。12時前ですが、結構混んでます。

 

 

 

mjj7.jpg

無印のカレーって美味しいんですよ。レトルトカレーの中でもタイカレー、インドカレーは評判がいい。ファミリーマートの無印コーナーでも買えるけど、ショップだと品揃えもすごいし。いやまじで2種類買ってあいがけすればベスト。これはうまいうまいレベルでご飯もバリいけちゃいますよ。ほんと、だからまとめ買いをオススメしますよ。私が大学生時代はこんなカレーなかったもんね。せいぜいLEEの20倍とか単に辛いカレーでヒーヒーいいながら、カレー食べてましたよ。

カレーの話ではなくて

 

mjj8.jpg

ショーケースで副菜を見てから決めます。メニューからおにぎりが無くなっているな。

 

 

mjj9.jpg

今日のメインは

備中高原鶏の唐揚げ 油りん地ソース

ケール入り鶏肉のメンチカツ

鰆の味噌焼き

緑黄色野菜グラタン

茶美豚の酢豚



ということでグルテンフリーの鰆を選択。鰆の時期ではないんですが。

 

 

mjj10.jpg

冷菜は7種類から2つ選べます。

 

 

 

mjj1.jpg

2人の子供は全く同じチョイスをして・・・

メンチカツと ゴーヤと青菜の沖縄風白和え 、干し大根入り厚焼き卵のえのきあんかけ

私がm印のハンバーガーとかに小学生の子供を連れて行かないからか、渋い大人のようなチョイスをしてしまう・・・・

 

 

 

mjj2.jpg

わたしは 鰆とゴーヤの白和えと きゅうりと香味野菜と茶味豚のもろみ和え にしました。

 

 

mjj5.jpg

パーツ的に、十穀ごはん

大盛無料ですが・・・と聞かれました。大盛でなく普通で。

 

 

mjj3.jpg

これ普通

 

 

mjj4.jpgゴーヤの白和え 〇

茶味豚もろみ  △

 

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

このページのトップへ

2018年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sey13.jpg

鹿児島です、以前はよく鹿児島に仕事で来ていましたが最近は少なくなりました。鹿児島天文館でランチといえばやはり「うなぎ」も候補に入りますね。何度も訪問している末よしさんに。数年ぶりです。

 

 

sey12.jpg

うなぎが新幹線に乗っている。新幹線全線開業は2011年だよね。うなぎも高騰しているからどれくらいになってるのか。

 

 

sey14.jpg

本格炭火焼 最高級備長炭使用。末よしさんは朝10時からオープンしているからすごい。

 

 

sey1.jpg

うなぎは国産・鹿児島・大隅産じゃー。鹿児島鰻といえば生産量もすごいんじゃ。

 

 

sey2.jpg

店内1階はカウンター席とテーブル席。

 

 

sey3.jpg

さてと価格をチェック。まずうな丼とはご飯に薄いたれ、タレの量は多め。

うな重は蒲焼きに濃いタレ。ご飯とうなぎは別々。

そしてそれぞれ

松 2760円、竹 2080円、梅 1420円、 うな丼のみ小 980円高騰の折良心的な価格設定に感じる。



11年前は・・・・以前のブログをみて

松 2350円、竹 1750円、梅 1200円、小 850円

小はあんまり変わらない。でもこれだけのアップだと少ないですよね。でも鰻の量は同じかわかりません。

 

sey4.jpg

以前のブログを見て考えていたら丼が到着しました。そこそこ表面積は大きい丼だ。

 

 

sey5.jpg

松は 2枚+ご飯の中に2枚。

鰻エキス入り肝味噌汁。

 

 

sey6.jpg

関東風

背開き、蒸してある。。備長炭焼き、 ヨダレうなぎ。いいね


 

 

sey7.jpg

肝吸物でなく味噌汁というのも珍しい。

 

 

sey8.jpg

うなぎをひっくり返して。

 

 

sey9.jpg

ご飯を掘ると、鰻2切れが隠れています。松は4切れですから。これがご飯で更に蒸されてフカフカに。

 

 

sey11.jpg

肉厚で表面少しカリッとジュわっと。美味しくうなぎをいただきます。タレは甘め。

 

 

sey10.jpg

濃いタレの肝焼き。ここの好きだ。完全満足。

 

以前は竹を食べていましたね。

 

うなぎの末よし (1) 2007年の記事(古いのが残ってるなぁー)

 

うなぎの末よし (2)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

getb8.jpg

約半年ぶりに サニープレイスハンバーガーに来てみました。

え、GET

GET BURGERに 名前が変わっているじゃないですか。

6月末にサニープレイスハンバーガーから名称変更したとのこと。そうだったんですね。GETというとこの指のマークからもゲッツーを思い出します。違う、これはグーググーだ。

 

 

getb9.jpg

香港発 エッグワッフルもあるじゃないですか。私はワッフルは無理ですが 隣の席のインスタ女子は遠くからこのエッグワッフルを食べに来てたみたいです。まだエッグワッフルって日本ではポピュラーではないですね。エッグワッフルとヤフー検索しても熊本って出るくらいだから、熊本は店が多いのでしょうか。 ハウディのスイーツ女子は食べに行くべし。笑

 

 

getb1.jpg

店内もサニープレイスからGETに変更ー

 

getb10.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)

も少なくなってわかりやすく。旧来の人気バーガーはありますよ。

 

getb2.jpg

900円から2200円まで14種類。

今日は、コルビージャックチーズ 1200円にベーコントッピング 200円 + ジンジャーエールでお願いします。

 

 

getb3.jpg

ハンバーガーは10分から15分くらいかかります。

 

 

getb4.jpg

いや分厚くて嬉しいハンバーガー。コールスローサラダとポテト付

 

 

getb6.jpg

チーズとろとろだよ。

コルビージャックチーズって知ってますか

 

 



そうあのマーブルチーズというか大理石のような皆もおつまみで食べるような癖のないチーズです。コルビージャックチーズ

 

 

getb7.jpg

ベーコンもペラペラでなくて分厚いのが3枚です。

 

 

getb5.jpg

そして特筆すべきがこのナチュラルカットポテトの量です。これだけサービスしてくれるところはめったにありません。前回、次回はライスを頼もうと思ったけど、糖質が増えるのでやめました。

 

 

トランプ大統領が食べたハンバーガーで有名になった浜松町のマンチズバーガーシャックはこれでしたよ。皿がスカスカ

 

MUN4.jpg

 

さあ、皆もゲットバーガーでバーガーとエッグワッフルを。TT

 

SUNNY PLACE HAMBURGER  サニープレイスハンバーガー 熊本(2)

 

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmke8.jpg

田迎 CURRY&MEATに。昨日は隣の天真屋さんで和食をいただきました。(昨日の記事)その時気になったので早速翌日訪問。こちらのカレー屋さんは2018年4月3日オープン。天真屋さんの同系列です。駐車場は天真屋さんと共通ですからかなりたっぷりあります。場所は旧浜線沿い。

 

 

tmke9.jpg

カレーのランチとステーキのランチ。カレーはインド風。バターチキン、山椒牛キーマカリー、オリジナルカレー(今日は牛タン)の3種類があります。一度に3種類というのは無理なよう。

 

 

tmke3.jpg

1階は7席カウンター。2階にはテーブル席。夜は一人焼肉もできるようカウンターの前にグリルがあります。

 

 

tmke1.jpg

せっかくなので ハーフアンドハーフ 980円 で2種類を一度にということで、キーマ+月替り(牛タン)にすることに。今気づきましたがサラダ・ラッシーのセットもあるんですね。

 

 


 

 

tmke2.jpg

ステーキランチもあります。今度200gくらい食べてみようかな。

 

 

tmke4.jpg

以外とすぐ到着。

ターメリックライスを中心にして2種類入ってます。

 

tmke5.jpg

こちらはキーマ。和風山椒牛キーマカリー 清涼感たっぷりと書いてあるカレーということです。

 

 

tmke7.jpgこちらのキーマは辛いんですが、さっぱり味で美味しい。両方まぜても食べましたが、キーマカレーの方が気に入りました。ということで次回はキーマカリーだけのを食べてみます。半熟卵も付いているようなので。

 

食べログ(掲載時点採点なし)


ホームページ

このページのトップへ

2018年7月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uome13.jpg

田迎の旧浜線沿いにある、旬菜魚麺図 天真屋にランチに行ってみました。場所は浜線とけやき通りの交差するヒライのある交差点から100メートルほど中心部寄りにあります。大きな倉庫みたいな建物ですので、すぐわかりますし駐車場も店の前と奥にもあります。はじめての訪問です。旧浜線は混むのであまり使うことが少ないです。

 

 

uome12.jpg

店内は2階建ての構造で天井が高い。こちらは居酒屋のれんこんグループの1店です。

 

 

uome1.jpg

メニューは十割そばとのセットメニューや丼(カツ丼や海鮮丼)とのセット、天ぷらとのセットとか沢山あって全部は掲載しきれないので、ホームページを見ていただく方がよいと思います。というかメニューが沢山だ。蕎麦の単品とかアンダー1000円のメニューも結構あります。

 

 

uome2.jpg

十割そばとグルテンフリーのメインの組み合わせといえば、少なかった。

肥後うまか赤鶏 しっとり胸肉 塩麹焼きと天草天然刺身 十割蕎麦定食 1280円(税込)

これにした。

十割そばは店で挽いてそばにしていると書いてあった。十割そばはグルテンフリーだ。


 

 

uome6.jpg

キャベツサラダは食べ放題

 

 

uome3.jpg

熊本菊陽人参で自分でジューサーでジュースを作っていただける。面白いサービスだ。中嶋農法による人参。やってみよう。

 

 

uome4.jpg

カットされた人参が準備されているので

 

 

uome5.jpg

人参を入れてジュースにする。

 

 

uome7.jpg

3本分にしておいた。氷を入れたのでそんなに量はない。はじめてなので味もわからないし。

思ったより苦みもなく飲みやすいジュースだった。今度来たときはもっと増やしてみよう。

 

 

uome8.jpg

そうこうしていたら定食到着。

結構なボリュームだ。そばはやけに大きな器に入っている。

 

 

uome9.jpg

さっぱりした胸肉。

 

 

uome10.jpg

ぶり、まんだい(赤まんぼう)、たこ の刺身。

 

 

uome11.jpg

久しぶりに十割そばをいただいた。しかし食べてもこれが十割か2・8かはわからない。蕎麦はわからないものだ。お店の隣には系列のカレー屋さんがあるので、今度訪問してみよう。

 

YAさんの最近の記事

コスパ抜群!旬菜魚麺図天眞屋 ニンジンジュースでヘルシー

ニンジンジュースと海の幸 熊本市南区田迎 旬菜魚麺図天眞屋

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

eqp11.jpg

週末にファミリーで南坪井にある、イクイップメントフロアに来ました。催事などでカレーショップを出店されていることも知っていたのですが、お店に来るのは初めてです。子供たちは来たことがあるようです。外観は雑貨屋さん風。正面は広町に面していて、脇道のほうに入口があります。

 

 

eqp12.jpg

カレーやアジア料理が美味しいお店とのこと。今日はカレーにしてみるか。若いカップルにも人気なのかなぁ、数組来店。

 

 

eqp1.jpg

入口のカード。オムキーマカレー・スパイシーチキンカレー・日替わりお弁当。オードブルも予約であるようですね。店内はアジアン風インテリアです。ふわっとゆるい空気感がある感じで女性の一人客でも入りやすい雰囲気があります。

 

 

eqp2.jpg

店内のボード。

日替りのメニューが。

日替わりご飯は チキンと野菜の塩レモングリル

カレーは チキンと夏野菜のイエローカレー

アジアご飯はべトナム風冷麺(フォー)

 

 

eqp3.jpg

カレーも数種類ありますね。

サラダ・ドリンク付き 980円メニューで

マイルドキーマカレー、スパイシーチキンカレー、日替りカレー 1080円メニューで オムキーマチーズ入り

 

 

eqp4.jpg

セットドリンクも選べる幅が広い。

 

私はスパイシーチキンカレーに決定。

 

eqp5.jpg

サラダを食べて

 

 

eqp6.jpg

こちらは奥さんの日替り定食ランチ 980円

メインのほか3種類の副菜がついています。スープはないです。


 

eqp7.jpg

子供はお子様ランチなどもう選ぶこともなく、大人と同じ。アジアンご飯ランチ(フォー)デザート付 1280円。パクチーを美味しいと言ってパクパク食べる味覚の幅を持っているにも関わらず、トマトは嫌いだとーー

 

 

eqp8.jpg

下の子供はキーマカレー。デザート付 1180円。水分も多めのキーマカレーで半熟卵を混ぜるとマイルドになるためか、普通に食べてました。私も少し食べましたが美味しかった。

 

 

eqp9.jpg

スパイシーチキンカレー サラダ・ドリンク付 980円

手羽元の肉がホロホロ取れるし、スパイシーだけど美味しく、沢山の野菜から出てきたエキスが入っている感じ。本格的に作ってありますね。カレーはテイクアウトもできるようです。激辛でもなくて本当に食べやすくて美味しい。こういう味のカレーってどんどん食べすすめますね。スパイスマジックです。

 

 

eqp10.jpg

コーヒーをいただく。

 

当デックスブログブロガーのYAさんも気に入りのようです。


熊本市中央区坪井イクイップメントフロア オムキーマチーズ入りカレー

 

熊本市中央区南坪井町 町中なのに、隠れ家的カフェ♪イクイップメントフロア

 

 

食べログ(掲載時点 3.19)

このページのトップへ

2018年7月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rubur12.jpg

会社からほど近い、江越にある「フランス食堂 ル・ブリアン」に来てみました。2018年4月30日オープンですから、まだ比較的ニューです。ピンクの建物の色西松屋の隣です。こちらは以前もビストロがあって、いままで何度が店舗が変わっています。

 

 

rubur13.jpg

駐車場は店の前4台分のみ。となりの中津からあげもり山さんとは駐車場が共有していませんので、ご注意を。

 

 

rubur1.jpg

ランチメニューはそれぞれは日替り。

詳細のメニューは店内。


 

rubur2.jpg

こちらに来たのは今から10年くらい前にイタリアンだった時以来かもしれません。20名少しのキャパ。カウンターは4席。

 

 

rubur3.jpg

カレーにも惹かれますが、ここは一番人気と思われるチョイスメニューにしてみます。肉か魚がチョイスということです。ランチコースは前菜・スープ・パンorライス・メイン・デザートで 1500円 税込ですから、結構価値あるかも。

 

 

rubur5.jpg

ということで1品目はサラダ。しっかりボリュームサラダ。

 

 

rubur6.jpg

タコとトマトキュウリのマリネ ローストポークのタルタル

しっかり具材の入ったサラダ マリネ。

 

 

rubur7.jpg

新玉ねぎの冷製スープ。冷たく甘味のあるスープです。スープを飲んでいくとお腹がふくれてきます。ライスかパンが付きますが私は今日は両方パス。

 

 

rubur8.jpg

メインは 魚を選択し コショウダイのコンフィ 粒マスタードソース

みた感じ、味の濃い濃厚なソースを想像しましたが、そうでもなかったです。

 

 

rubur9.jpg

もう少し温かいと美味しいかなぁと思いましたが、ボリューム的にも満足です。

 

rubur4.jpg

飲み物はコースには付いておらず、別。

デザートはバナナのキャラメリゼ、パイナップルのソルベ (写真撮り忘れ)が付いているのですが、クレームブリュレが食べたくなったので、別(450円)で注文。

 

 

rubur10.jpg

 

 

rubur11.jpg

今日はそんなにお腹がすいていなかったのか、結構お腹一杯になりました。1500円で サラダ・スープ・パン・メイン・デザートならばコストパフォーマンスは良いと思います。(今日は別デザートで1950円)

今日もそうでしたが、お昼はいつも女性が多いお店だと推測します。

 


食べログ(掲載時点採点なし)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレス ブログに年に何度か登場するジャルディーノ。掲載しない場合もありますので、それ以上の回数は訪問していることに。特にランチ訪問が多いのですが、特にリピーターさんでにぎわっている印象。1000円でかなりのコスパランチなんです。今回は家族で1年弱ぶりにディナーで訪問。


 

jaljal6.jpg

セグレタ 2016 の白ワインをボトルで コスパのいいワインだ。

 

 

jaljal8.jpg

メニューは手書きの物以外にもありますので、結構色々。

 

 

jaljal5.jpg

15種のハウスサラダ 780円 15種というだけあって色んな野菜が入ってます。

 

 

jaljal4.jpg

小海老のニンニクオリーブオイル煮  870円

アヒージョですね。これも頼むことが多いメニュー。

 

 

jaljal1.jpg

鮑(あわび)のバター肝ソースソテー 1620円

濃厚なバター味のあわび。白ワインと合いますね。

 

 

jaljal3.jpg

フィッシュアンドチップス 670円

 

 

jaljal2.jpg

何か忘れてしまったなー。ハーフアンドハーフのピザ。

 

 

jaljal7.jpg

パンチェッタとハーブのペペロンチーノ グルテンフリー麺にチェンジ。

GENKIDOのグルテンフリーパスタは普通のパスタとほぼ同じ食感で美味しい。

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 

このページのトップへ

2018年7月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ncui1.jpg

並木坂にあるチャオリーにランチに来ました。こちらはヌーベルシノワのお店です。ヌーベルシノワってなんかフレンチみたいだと思いますが、そうですね。ヌーベルキュイジーヌ(新しいフランス料理)に習い、1980年代に香港あたりで流行しはじめた料理です。ヌーベルシノワとは新しい中華料理という意味で使用される造語です。何が新しいって伝統的中華料理より油を少なくしてあっさり目にして盛り付けにも気を配った感じ。

 

 

 

ncui3.jpg

店内は1階と2階。1階は15席ほど。2階はもう少し広いらしい。

 

 

ncui2.jpg

担担麺が有名らしくて、YAさんもたまに食べにくるようですね。

私は麺は食べないので、週替りランチ(AからD)から選びます。 800円とは高くない。低カロリーが良かったので、C カニと春雨のあっさり煮にします。

 

 

ncui4.jpg

15分ほどして到着。

ご飯、メイン、スープ、タピオカ、お新香


 

ncui5.jpg

鶏ガラスープの春雨煮です。ご飯のおかずというより、本当にあっさりしていて、単品で太平燕みたいに食べてしまい、ご飯はだいぶ残しちゃいました。

メニュー表をよく見なかったのでわかりませんでしたが、ダブルランチというのは2品選べるということでしょうね、1品・・800円、2品・・・1100円 と書いてあればわかりやすいかも。次回どういうものかチャレンジしてみます。

 

 

ncui6.jpg

スープ。

 

熊本市中央区上通町 俏麗(チャオリー) 担々麺

 

食べログ(掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2018年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ミシュランガイド熊本・大分2018 特別版

 (2018年7月13日 発売)

 


にて ビブグルマン (3500円以下でコストパフォーマンスの高いレストラン)に選ばれています、

 

 

ヨダレカレー を掲載します。すごくインパクトがあって名前を聞いたら忘れない。

ヨダレが出るほどうまいカレー です


 

今回は弊社情報誌ダイニングエクスプレス VOL33 「うまかもん」とのコラボ企画で 写真は7月上旬に実際に私が食べに行ったときのもの、文章はダイニングエクスプレス掲載のものを使用しています。

 

ydr10.jpg

オープンの12時前に行列が出来るのは当たり前とか

 

行列のできるカレー屋さん 

 


ヨダレカレーは熊本市南区田井島、平成とうや病院の斜め向かいにあります。お店は黄色1色で塗られた壁と赤い文字で書かれた看板のおかげで遠くから離れていても一目瞭然です。何よりの目印は昼時にカレーを食べるためにお店の外で溢れ返るお客さんではないかと思います。ランチでカレーが完売することも多々あり、連日県内だけではなく他県からのお客様もその噂を聞きつけてお店にやってくるのだとか。店内に入るとカレーのスパイスの香りが漂い、食欲を刺激します。また、壁にはたくさんの張り紙や雑貨が置いてあり、カレーを待っている間も楽しめるお店になっています。


 

 ydr11.jpg

行列がなくなった瞬間を撮影。またすぐ行列に

 

こだわりのカレー 

 


カレーのメニューは4種類あり、好きなカレーを単品(1種類)750円?、あいがけ(2種類)850円、混盛り(3種類)950円から選びます。(4種類がけカレーはメニューには無いようですが時間がある時に注文すると作りますとおっしゃっていました)


 4種類のカレーは時期によって変わるので行くたびにメニューが違うこともあるようです。今回の取材では花山椒と豆板醤がピリっときいた(マーラー)ポークキーマ、魚介がぎゅっと凝縮されたシーフードカレー、コクのある優しい味のバターチキンカレー、ハバネロを使用したパンチのあるハバチキキーマの4種類でした。(ダイニングエクスプレス雑誌取材当時のメニュー)

 

どれも辛さを控えめに作ってあり、とても食べやすいカレーになっています。SNS映えする見た目だけでなく、思わず笑みがこぼれてしまう程美味しいカレーです。さらに、カレーだけでなくカレーの上に乗っている副菜も手作りで、「美味しい!カレーに合いそう!」と思えば、料理のジャンルを問わずにアイディアを取り入れているそうです。また、お米はヨダレカレー専用米を奥さんのご両親と一緒に作っており、こだわり尽くしの愛情たっぷりカレーです。


 

 ydr3.jpg

カウンター席の上には色んな雑貨が並べられて店内も楽しい感じ

 

 

ydr1.jpg

メニューはたまに変わります。今日は4種類から。3種類を選ぶのも楽しい

 

 ヨダレカレー誕生の秘話 

 


店主の坂本さんは料理を作ることが好きで和洋中さまざまな飲食店で10年ほど働いていたそうです。ある日のまかないで、とても食べられるものではないくらい美味しくないカレーを作ってしまいます。失敗することは無いと思っていたカレーの難しさ・奥の深さに魅了された坂本さんは、それをきっかけに独学して、カレー屋をはじめることを決意。カレー屋をすることを聞いて奥さんは、「美味しい料理を作れるこの人なら大丈夫!」と後押しし、夫婦でお店を出すことになったそうです。

 


お店は熊本市西区で出す予定でしたがその直後に起きた熊本地震のために移動せざるを得ない状況に。ちょうど空き店舗があった熊本市南区田井島に場所を移し、「ヨダレカレー」が誕生しました。ここで疑問が。なぜ店名がヨダレカレーなのか?よだれが出るほど美味しいカレーという意味なのか?いえいえ、違うんです。テレビの食べ歩き番組を観ていたときに「よだれ鶏」が紹介されており、「よだれってつけるだけで美味しそうになるな・・・」ということでカレーにヨダレをつけて「ヨダレカレー」に決めたそうです。よだれが出るほど美味しいカレーは後付けのようですね。

 

 

 

 

  ydr2.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

 

ydr5.jpg

サラダのドレッシングも美味しい

 

 カレーの修業は大阪

 


実はよだれカレーの一皿にカレーのルゥを複数かけるスタイルは大阪にあるカレーをヒントに作ったものなのです。当時、カレーのルゥをあいがけするスタイルを熊本では誰もやっていなかったことから熊本でもやってみようと決心した坂本さん。大阪は熊本以上にカレーの激戦区ということで今でも半年に一回はお店を閉めて夫婦で大阪へ修業に行き、カレーを食べ歩くそうで、お客様が飽きないために新しいカレーのネタを探しています。修業の日はお店の入り口に「カレー修業のため長期休暇を頂きます」の張り紙が・・・。これを見たら残念ながら食べれなかった人も、つい笑って許してしまいそうですね!こうした修業の末、坂本さんが考案したカレーの種類はなんと30種類程。まだお店に出していないカレーもあるようです。


 

 

   ydr4.jpg

野菜出し汁のチーズカレー、チリポークキーマカレー、牛ビーフカレーの3つを選びました。

 


ydr7.jpg

3種類もカレーが乗っていると嬉しいわー

 


ydr6.jpg

違う人はタマチキポークカレーを選択。うずらも入っています。

 

 

 

ydr8.jpg

1皿にスパイスを繋げる 

 


ヨダレカレーではカレーのおススメの食べ方に「すべてのカレーを混ぜ合わせて食べる」とあります。「混ぜ合わせたら美味しくないのでは・・・?」という私の不安をぶつけると坂本さんが、DJからカレー屋になった方に言われたお話をしてくださいました。

 


「音楽もスパイスも同じ。音から音へ繋ぎ合わせるようにスパイスも音階に分け、お皿でスパイスが喧嘩しないように相性のいいスパイス同士を繋げる。3つの音(味)で1つの音(味)を出すようにカレーを作ることが大事。」この話を聞いて感動した坂本さんは、4種類のカレーのどれを合わせてもスパイスの相性がいいように考えて作っています。スパイスを音に例える・・・カレーの奥の深さに驚嘆です。


 

 

ydr9.jpg

今後は・・・

 


「どうしても複数のカレーを出すと提供に時間がかかってしまい、お客様にも迷惑をかけてしまうことも。今後は4種類から選べるカレーではなく1つのメニューのみで1皿に全力を注ぐカレーを作って、型にはまらずにこういうカレーもあったんだと思わせるカレーを作ってみたい。右を向けと言われたら左を向くカレー屋を目指します。」と話す坂本さん。常に進化し続けるヨダレカレーに今後も目が離せません。


今回の取材を通して、震災を乗り越え、夫婦二人三脚で1から作り上げたお店と知り、胸が熱くなると同時に、自分も「頑張らなくては」という気持ちがふつふつと湧いてきました。また、仲の良いご夫婦のカレーに対する熱い想いと、人を笑顔にする暖かい人柄に私もすっかりヨダレカレーの虜になりました。ヨダレカレーが誕生して約1年半。これから益々人気店になること間違いなしです。ぜひ皆さんも絶品カレーを食べにヨダレカレーへ行かれてはいかがでしょうか。 (文章 M.S.)

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soyma7.jpg

最近ずっとパッタイ(タイ風焼きそば)が食べたくて仕方がありません。ということで半年ぶりに来てみました。ソイマーニー。

 

 

soyma1.jpg

今日は一番奥の席に座りました。こちらカウンター以外は4席のテーブルしかないんですね。

 

 

soyma2.jpg

パッタイが・・・・パッタイがない。イエローカレーに変わっている。

お店の人に「パッタイは」

「今週はないんですよ」 わざわざ作ってくれるわけないか

 

まぁ、お店を出て次のパッタイ屋を探せるほどパッタイはどこにでもあるわけではないので

今日はガパオガイライスにします。

 

 

soyma3.jpg

サラダと海苔のスープをいただいて待ちます。

パッタイが食べたい。頭の中から離れません。


 

soyma4.jpg「ガパオライス」とは、タイの定番料理で簡単にいうと「鶏肉のバジル炒めご飯」。

私が食べたことのあるものより、チキンの一つ一つが大きいな。そぼろ風になっているところもあるので。タイでいただくのよりだいぶ日本人の口にあうように修正されているガパオ。


 

soyma5.jpg

まぜまぜしていただくのがタイ風。今日は中辛でお願いしてみました。卵がご飯を覆っています。

 

 

soyma6.jpg

箸で卵を割ってから撮影。この方がシズル感がでて美味しそうですね。中辛でしたがさほど辛くなく、途中ナンプラーで味付けを変えていただきました。久しぶりにガパオもいいけど、これを食べたいと思って違う食べ物に変更した時って少し残念ですね。

 

ガパオライス。家庭で簡単においしくできました! (YAさんブログ、イナバの缶詰めでガパオライス)

 

熊本市中央区九品寺 絶品タイ料理店 ソイマーニー

 

ソイマニー アジア(タイ)料理 熊本市九品寺

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oykd1.jpg

創業明治10年、熊本では有名なのでは。そば屋のイメージが強いのですが、うどん・そば・丼なんでもあります。

藤崎宮に近いため年末めちゃくちゃ混むイメージがあります。

 

「そばやさんで親子丼」を食べたくなって 頭に浮かんだこちらに来てみました。常連さん風な人が多いですね。ここには何度も来ていますが、親子丼を食べるのもはじめて。というかあまり親子丼たべないんです。東京のあべやさんくらいですね、食べるのは。

 

 

oykd2.jpg

牛丼というメニューもあるが肉丼もあり、ミニと普通の違いはご飯の量らしい。

今回は親子丼のミニにしてみます。

 

 

 

oykd3.jpg

イメージとまったく違うものが到着。

最初違うものが来たと思いました。

かなりたまごふわふわ丼だなぁ。

 

 

oykd4.jpg

はしでは食べれないんでしょう。スプーン必須。

 

 

oykd5.jpg

玉子をずらしてみると中に鶏肉、たまねぎなどが入っています。


そしてかなりのツユ。実は「ツユダク」というものが苦手でありまして。


そのものが美味しいとか美味しくないとかではなくて、牛丼もカツ丼もツユダクは箸が進みません。とり肉はだいぶいただきましたが、しばらく置いておいたらだいぶ汁をご飯が吸ってきました。子供がうどんでは足りないということなので、こちらの丼を食べさせました。私は追加でおにぎりをオーダー。ツユダクかどうかは最初に確認しないといけませんね。

 

YAさんもこちらのつゆダク親子丼食べられて結構好きなんですね。でもYAさんの時の方がつゆダクダクです

 

創業明治10年 広町の山本屋食堂 黄金の親子丼

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

山本屋食堂 ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年7月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kesn6.jpg

今日は魚の気分でしたので約5ケ月ぶりに国枝鮮魚店へ来ました。

 

 

kesn7.jpg

今日は前回に続いて弁当を食べたいと思います。

 

 

kesn1.jpg

弁当は 1280円で

本日のお刺身、のどぐろの塩焼き、なすとゴーヤの味噌炒め 肉じゃがなど・・・・

のどぐろまで付いているの。と思ったら 売り切れました。とのこと。


 

いつもはそこそこ人気の一番安い 680円の いわしのみりん焼き定食は 今日は人気がないようです。(9食限定)


 

そうなれば海鮮丼 のチョイス。多くの人が今日は 弁当・売り切れ・海鮮丼に流れていました。

 

kesn2.jpg

まあ沢山刺身が食べれるからいいんです。今日はご飯の上の刻み海苔は抜きでお願いしました。

 

 

kesn5.jpg

うに、いくら、たい、かんぱち、かに身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、たこ、マグロ、ほたて、しまあじ

13種類で豪華です。

 

 

kesn3.jpg

それぞれの魚も肉厚で。

ご飯が酢飯だと本当に嬉しいんですが、お寿司やさんではないからですね。

 

 

kesn4.jpg

この海鮮汁がいいんですよ。

今日は鯛とサーモンの身がたくさん入っていて、よく味の出た汁が美味しい。

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

国枝鮮魚店(3) 熊本市水道町 やっと弁当

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。

 

 

このページのトップへ

2018年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikkn1.jpg

羽田空港で食事。JALは九州方面は南側ターミナルだから中央から南よりのレストランの利用が多いのですが、今日は時間も少しありましたので、東北・北海道方面への飛行機のターミナル北側テラス2Fに行ってみました。一休茶屋というお店に。牛タンと卵かけご飯のお店です。女性の一人客が多いですね(空港だからか)


こちらは羽田・千歳他でみかけるMMCオーガニックコーヒーの店舗を経営したりしている、三本コーヒーの経営です。



ikkn2.jpg

牛タン焼きは一番安くて 赤タン焼が1580円から。通常のタンは1980円

 

 

ikkn3.jpg

それに対して、卵かけ丼 550円がとても安く感じます。(当然)

卵かけご飯は羽田空港でもう1か所食べれる場所があります。

 

 

ikkn4.jpg

色々定食はあるので何にするか悩む所ですが

 

ikkn5.jpg

ネットで検索したら、牛タンの評判がいまいちさんのようなので、

たまには卵かけご飯も食べてみたいと思い


極だし すき焼き鍋 卵かけ丼セット 1660円に決定。

 

ikkn6.jpg

標準でも量が多いご飯と

ミニ鍋

すき焼き用のたまごとスープ

たまごかけ丼用のたまご2個(卵3個は多いよな)

 

 

ikkn7.jpg

フツーの鍋です。味もね。

 

ikkn8.jpg

この卵と卵かけ用ご飯と違う卵かどうかは全くわかりません。

 

 

ikkn9.jpg

卵かけご飯(TKG)は年に2度くらいしか食べませんが、私は黄身だけ派で、1個使っていただきました。この上から醤油。

ご飯の量がちょっと多かったけど完食しました。今日は結局飛行機が遅延で1時間も遅れて、結構疲れました。食べておいて良かった。


 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

 

このページのトップへ

2018年7月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

熊本発 中九州クボタの子会社株式会社熊本玄米研究所と株式会社トレードマークの合弁会社、玄米玄氣堂株式会社が2018年6月14日、渋谷区松濤にレストランをオープン。早速訪問してみました。

詳細の記事はここ

 

国内初「玄米ペースト」を使った グルテンフリー玄米パスタ&玄米パンの店

 

以前からこちらの玄米パスタやパンは食べてました。

玄気堂 玄米パン。グルテンフリーのパンも売ってます。大津町

 

gmg15.jpg

渋谷区松濤。高級住宅エリアです。東急渋谷から3分程度。このあたりもお店がちらほらあるんです。

 

 

gmg16.jpg

天気がいいからオープンテラスになっていて気持ちよさそうでした。オープンすぐ入店。

 

 

gmg14.jpg

東京ではこの手のお店も敏感な感度の方に支持されるんでしょうね。

 

 

agmg2.jpg

カウンターから道方面を。まだオープンしたてだけあって綺麗だし、オシャレな空間ですね。

 

 

agmg1.jpg

約50席あるので、結構広く。ホールの店員さんがきびきびと働いておられました。

 

 

agmg7.jpg

玄米からGENMAIへ。

 

 

agmg6.jpg

玄米は天然の完全食 食物繊維やギャバ、ビタミンB1、B6を多く含む栄養をとれると。

 

昼には夜メニューは頼めないとのことですが、メニューの料理開発は「野菜のバーニャカウダ」で一大旋風を巻き起こした「AWkitchen」の株式会社イートウォークの渡邉明氏が担当したらしいです。

 

agmg4.jpg

カナッペなどもヴィジュアルも良さそうです。

 

 

agmg5.jpg

アヒージョいいですねー。ワインも比較的手ごろなものから揃っています。

 

 

agmg12.jpg

熊本の食材が使われていますね。

 

あ、今日はランチでした。

ランチメニューから選びましょう


 

agmg3.jpg

パスタランチとリゾットランチ。

ここのはグルテンフリーだから大丈夫です。サラダ・パン付。

魚介とロメインレタスのジェノベーゼ にしました。

 

 

agmg8.jpg

サラダを頂き

 

 

agmg9.jpg

グルテンフリーのパン。これは熊本製造かな。

 

 

agmg10.jpg

パスタ。帆立、あさり、貝柱入り、ジェノベーゼの味もしっかり。


大人の男性には少し少ないかなと思いますが、大盛にもできるようです。

 

 

agmg11.jpg

最近のGENKIDOのグルテンフリーパスタは普通の小麦パスタとわからないくらい。

 

 

agmg13.jpgリゾットランチ から

明太子と彩り野菜 菜園風チーズリゾット

 

玄米の米粒の味がしっかりしていると思います。

 

熊本で玄米パスタ麺が食べたければ「ジャルディーノ」さんに。私もたまに訪問しています。

ジャルディーノ 熊本 好きなランチ。野菜沢山。

 

 

GENMAI GENKIDO HOMEPAGE

 

食べログ(まだ採点なし)

 

このページのトップへ

2018年7月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

業界関係者の会合があり、群馬県高崎市へ行きました。初めてです。新幹線で東京駅から50分。博多と熊本(つばめ)くらいの乗車時間です。でも高崎駅近辺は発展していますね、高島屋もありますびっくりしました。隣接の県庁所在地前橋が人口33.8万人、高崎が37.4万人。合計すると約70万人。熊本市(73万人)と同規模だということがわかります。面積自体は770km2に対し熊本は390km2ですが。

 

tksk12.jpg

懇親会場は駅の近くの交差点の角にある「高崎ワインバール」。普通にあるバールで地元のワインが置いてあるとかあるかもしれませんが、特に特徴はさほどないと思います。スタンディングチェアで、もう少し落ち着ける場所だと良かったのですが。

 

 

tksk1.jpg

料理も数はありますが、普通です。

 

 

tksk4.jpg

ですので、掲載はこれくらいにしといて。

 

 

tksk13.jpg

A.ZIRNHELT RIESLING (ツィルンヘルト リースリング)アルザス 4300

アルザスのリースリングは安くても冷やしていると美味しい。これは普通に1500くらいで買えるワインですが。

 

 

tksk2.jpg

カリフォルニアの ROBERT MONDAVI (ロバート モンダヴィ セレクション)

値段は忘れたけど、これも2千円アンダーで買える。

 

 

tksk3.jpg

770miles  california  cabernet sauvignon 3500yen

ワインを大分飲みました。2次会を挟んで、高崎ラーメンに行きたいという人に連れられ


 

tksk7.jpg

環七ラーメン

高崎でカンナナラーメンですか。環七ラーメンといえば、「土佐っ子」「なんでんかんでん」といった超人気ラーメン屋が東京の環7沿いにある黄金期に過ごしました。「背脂チャチャ系」です。熊本の「おんのじ」ラーメンの雰囲気もあるね。

 

 

tksk5.jpg

土佐っ子だからではないでしょうが、土佐の醤油。しかも朝6時までやっとる。

店内に入るとめちゃくちゃ混んでいます。これは人気店ですね。

 

 

tksk8.jpg

あんまり食べたくはないけど、

 

 

tksk9.jpg

半チャーハン 480円。 同行者のオーダー

〆でチャーハン食べなくてもいいだろうに

 

 

tksk10.jpg

同行者の環7油そば 730円

細麺だからまだいいのかも。これで太麺だったら

 

 

tksk11.jpg

私の頼んだ「麺なし 油そば」だと思います。というかこんなにもやしが大盛りだったっけ。食べた記憶が薄いです。

翌日だいぶ胃もたれしている人が多かった模様。

 

ワインバール

食べログ(掲載時点 3.02)

 

ラーメン

食べログ(掲載時点 3.23)

このページのトップへ

2018年7月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ttno13.jpg

今日は東京BI食倶楽部で銀座。みちば和食 たて野さんに。銀座7丁目ビルの6階にあります。入口はシンプルな方が良いのですが、盾とか賞状がなにやら。

こちらは2008年オープンで和の鉄人・道場六三郎氏の門下の方が独立されたお店です。

 

 

ttno14.jpg

やっぱりフレンチが好きなんでしょうね。和食のメニューみてもあまりときめきません。強肴が「はも」とか個人的にテンション下がります。食べログ見ても、こちらのお店は「ローストビーフ丼の うにのせ」が評判良かったので楽しみにしていたのですが、お店の人に「今日はローストビーフは入っていませんよ」とのこと。ガックシ。ランチに食べに来てくださいってか。

 

 

ttno1.jpg

前菜の盛り合わせ

 

 

ttno4.jpg

何やらゼリーとカボスか。なんだろうと思いきや。

これは岩塩(ピンクソルト)でカボスを絞って

 

 

ttno6.jpg

鮮魚を

岩塩の上で「塗り塗り」して適度な塩分にしていただくというわけ。これははじめて。

白身の魚(ひらめ)とかがあうね。

 

 

 

ttno7.jpg

おこぜの潮椀

 

 

ttno8.jpg

水ナス握り

 

 

ttno9.jpg

焼き物が肉料理で

野菜つけあわせ

 

ttno10.jpg

室町時代のラーメン  経帯麺と煮ぬき汁

名前はなんだろうと思ったけど、けいたいめんが室町時代に食べられていたらしい。


 

ttno12.jpg

鱧の蒸籠むし  きざみ野菜  合せ出汁  ゆずこしょう

 

ttno11.jpg

はも です。この時期の名物ですか、でもタンパクであまり好みではない。


食事、デザートは席を替わったので食べていません。料理12か。場所もあると思うが。

 

 

今日いただいたワイン

ttno5.jpg

ALSACE GYOTAKU フランス アルザスの辛口白ワイン。

「お寿司に本当に合うワインは何か?」研究を重ねた夫妻(奥さんは日本人)が辿り着いた、

5品種のブレンドで生まれる、爽やかな酸とミネラルが魚介のうまみを引き出す1本。これはいいですね。

楽天市場

 

 

ttno3.jpg

KOYAMA PEARSONS VINEYARD 2014 ピノノワール

日本人ワイン醸造家 小山竜宇氏のニュージーランドワイン。(11)

ピノノワールだけどだいぶミネラル感があります。個人的にはさらっとしている感がありありです。

 

 

ttno2.jpg

CHATEAU DE PARENCHERE (シャトー・ド・パランシェール) (8)

価格的にこのレベルでこの味なら十分だと思いますが。少し冷やしすぎですけど。メルロー70、カベルネ30

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)


お店のホームページ

 

このページのトップへ

2018年7月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

料理前篇は昨日の記事

 

nbn71.jpg

日本伝統野菜とフランス伝統食文化の融合
和歌山の清流からの鮎を米粉焼きと3年熟成パテ シャルトリューズを香らせて、スイカとコンコンブルのルーロー ミント風味と江戸伝統野菜馬込半白胡瓜と水茄子のマリネ、冷たいソースオゼイユを添えて

 

HPから

和歌山県紀ノ川鮎/米粉/三年熟成鮎パテ/泉州水ナス/馬込半白胡瓜/富里スイカ/胡瓜/花丸胡瓜/ミント/鮎魚醤/シャルトリューズ/薬研堀スパイス/エストラゴン/花穂紫蘇/マイクロオゼイユ/ノルマンディーフレッシュチーズ/マヨネーズ/オゼイユフォンデュ/
 ※2018年3回目の夏の鮎料理、フィレは皮目のみに米粉を付け太白油で香ばしく焼き上げ、身側は焼き魚の内部をイメージして直にフライパンに接着させないで間接的に加熱しフワッと仕上げました。
鮎パテは鰻のタレ、熟成潤香の法則に基づいて継ぎ足しをして味に深みと時を加えました。
フランスでは定番の川魚に対する酸味のアプローチで、オゼイユ(酸葉、スカンポ)を乳脂肪、鮎魚醤と合わせ冷たいソースオゼイユとしました、キュウリウオ科の名の相性で、西瓜、胡瓜、花丸胡瓜、江戸東京野菜 馬込半白きゅうりとのコンビネーションをお楽しみ下さい。

 

 

nbn8.jpg

盆に入って出され、そして鮎を活かした料理法、ソースが美味しくて。

 

 

nbn6.jpg

Dom. Paul Pillot Chassagne Montrachet 1er Cru Les Champs Gains 2012

ドメーヌ・ポール・ピヨ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ クリュ レ・シャン・ガン

ソムリエの方に料理の相性と予算からこちらのモンラッシェをオススメ頂きました。

 

 

nbn18.jpg

※フランス国民食であるクスクスをコンパクトにまとめ食卓に、千葉県船橋市のホンビノス貝と野菜、スパイス、
ハーブでスパイシーなブイヨンを作り、夏野菜と酒蒸しした千葉県大原産マダカアワビをブイヨンに浮かべコクのあるアワビキモのソースとアリッサオイルの入ったスプーンでかき混ぜ、スポンジパン、スムールと共にお召し上がりください。


 

nbn19.jpg

私にとっても、かなりエスニックな料理に思えました。しかし素材とのコンビネーションでなんていうんですか、いただくたびに引き込まれていくようなそんなスープの1品です。残念ながらクスクスとパンは頂きませんでしたが、スープで十分です。

 

 

nbn20.jpg

フォワグラV.C.C焼き バッハコーヒー粗挽き仕上げ
メキシカンマンゴーのスパイスマリネとコンフィチュールミニョット,ココナッツのカプチーノ
 
“スパイルテイル”でアンビベした創業150年木村家本店人形焼と共に

 

テイスト的にはオーソドックスなフォアグラですが、コーヒーテーストが珍しいです。


 

nbn21.jpg

山口県産荻直送天然真鯛 皮をひいてしっとりとポワレ

初夏野菜(万願寺とうがらし、ズッキーニ、ピキオス)をあしらい ナベノソース入りシェリービネガーソース


このナベノソースがとても美味しい。真鯛のあっさりした味をきゅっと引き締めてくれる。

 

 

nbn22.jpg

メインは

オーストラリア産仔羊背肉 紀州備長炭でじっくり加熱し、コリアンダー風味のグラッサージュでグラッセ

ラムメルゲーズ入りブンムブーランジェールのミニタルトにのせて

 

 

nbn23.jpg

火入れ加減 味 肉質

今まで食べた仔羊で一番美味しかった。その感想オンリーです。

残念なのはいい赤ワインを飲んでいないことくらい。

 

 

nbn24.jpg

グレープフルーツとスパイス香る白ワインジュレ、
エクストラヴァージンオリーヴオイルとからめ、爽やかなミントのソルべをエスコート

果汁のハーモニーを楽しみました。

 

 

nbn25.jpg

アプリコットの捥ぎたてグラフティ ラム酒風味

シナモンの香るビツのコンポート 甘酒のクーリ ピスタチオとのデュオ

デザートの流れが自然というか、すっと入っていきます。そんな流れっていうのも大事ですね。

 

 

nbn26.jpg

日本堤 バッハコーヒーと駒形をイメージした小菓子

 

帰りに渡辺シェフと少しだけお話をさせていただきました。とても美味しかったです。

 

食べログ(掲載時点 4.06)

 

ナベノイズムホームページ

 

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年7月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbn9.jpg

東京浅草。都営浅草線浅草駅の出口を出て隅田川と並行して走っている路地を南の方面へ進みます。創業200年を超える鰻の老舗、前川を左手に見ながら進んでいきます。人通りは少ない場所です。

 

 

nbn11.jpg

しばらく歩くとコンクリートの無機質な建物が左手に見えてきます。ナベノーイズムの店舗です。同業界の方に予約していただき今回訪問しました。

 

 

nbn10.jpg

フランス国旗があり、フレンチのお店とすぐわかります。ナベノイズムは2016年7月オープン。2年弱ですね。渡辺雄一郎シェフは三ツ星レストランとして名高い「ジュエル・ロブション」はじめロブションシャトーレストランで21年間勤務。ナベノイズムは現在ミシュラン1つ星です。

 

 

nbn12.jpg

2階と3階に席があり隅田川が望めます。席数は24席。


 

 

nbn14.jpg

飾り皿は珍しい陶器のもの。渡辺シェフの家紋をモチーフにしてあり、陶器と木板が合わさったデザインとなっています。浅草なので、串から外れた団子だとも思ったがそうではないようだ。

 

 

nbn13.jpg

詳細なるメニュー表が。そしてホームページにも料理の詳細が解説してある。ナベノイズムは日本とフランスの素材の融合。フランス料理にうまく日本料理の素材が取り込まれている。ということだけくらいが事前情報だったので、料理も楽しみです。

 

 

nbn15.jpg

グラスの DELAMOTTE シャンパンで


 

nbn16.jpg

1杯はシャンパンいただきたい。

 

 

nbn17.jpg

赤肉メロンとミントのガスパチョ 凍らせたフランボワーズと白ポルト酒のジュレを忍ばせクランベリーのエキュームでビール仕立てに 
浅草老舗とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーヴのマリネ

 

ガスパッチョはさきほどの飾り皿をひっくり返して乗せてある。皿の上に3つの丸の皿が乗っている。先ほどの家紋のデザインをうまく融合したものです。


 

nbn3.jpg

こちらは色んな味が複雑に融合した味だ。アミューズ3品を頂いた最後いただきました。


 

nbn2.jpg

大心堂雷おこしとフランスの出会い
雷おこし古代/シャラントポワトゥーバター/スペイン産アンチョビ/シチリア産ケッパー/かんずり/すだち

おこしとバターの組み合わせが本当に地域の融合だ。こういう食べ方があるのか。


 

nbn1.jpg

駒形 種亀最中のカナッペ
種亀モナカ皮/塩昆布/アーモンド/丹波黒豆/ノルマンディー生チーズ/生ハム/赤ピーマンエッセンス

細かいアミューズだが、もなか・塩昆布といった日本食との融合。こちらもとても複雑な融合味が楽しめました。

 

 

nbn4.jpg

“両国江戸蕎麦ほそ川”の蕎麦粉をソースエミュリュッショネの技法で炊き上げたそばがき、奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレとアキテーヌキャビア、ウォッカクリーム、おろしたて天城ワサビのコンビネゾン

 

HPより

※江戸ソバリエの資格を持つ私が取得当時通い詰め惚れ込んだ両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をフランス製銅鍋、シリコン加工ホイッパー、プラック熱源で一気に炊き上げ、フランス産発酵バターで乳化させたオリジナルの冷たい蕎麦掻き、福井県敦賀市奥井海生堂の素晴らしい利尻昆布のジュレで香りを閉じ込めました。
ランチは塩雲丹、ディナーはキャビアを添え、ウォッカを垂らしたノルマンディー産サワークリーム、天城わさびとのハーモニー、そして何よりも口内に広がる香りとテクスチャーをお楽しみ頂きたいNabeno-Ismのスペシャリテの一品です。
●朝挽き蕎麦粉/キャビア/奥井海生堂蔵囲い2年昆布ジュレ/ノルマンディクリーム/ウォッカ/天城ワサビ/芽ネギ


 

nbn5.jpg

これはシグネーチャ―ディッシュです。ロブションもキャビア料理は有名なんですが、それをオマージュしたような1品ですね。蕎麦もフランスでガレットという食べ方があるように日本と共通しているところがありますね。蕎麦とキャビアの組み合わせが味わえるのってここだけしかないんじゃないだろうか。

 

(料理後半は明日)

 

食べログ(掲載時点 4.06)


 

 

このページのトップへ

2018年7月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbr1.jpg

鰻の稚魚が採れなくなり鰻がこれだけ高騰していくと、いつの日か「うな重が3000円で食べれた時代もあったよねー、今は10000円出さないと食べれないから」なんて会話が来ないとも言えませんね。そう思うと東京で美味しい鰻を食べたい。

今日はかねてより一度来てみようと思っていた 登亭 銀座店に。ここは銀座四丁目和光から有楽町方面へ行き、2本目の道を右折してすぐ。わずか1分程度ですから、超一等地ですね。和光の近くには竹葉亭という鰻屋もあります。

以前訪問した、天ぷら 阿部のすぐそばです。


 

nbr3.jpg

看板を見てから入店します。

 

 

nbr4.jpg

うなぎ弁当も1階で販売しているのですね。銀座の鰻はやはり買い物してからの「ご婦人」が多いんです。この登亭さん、2階の座席もあると思っていたら1階のみ、カウンター3席、テーブル席8席の11席の小さなお店でした。お店の外には行列用の椅子が置いてありました。3席のカウンターに着席。

ゆっくり食べるというよりファーストフード的にさくっとうなぎをいただく雰囲気です。うなぎはさくっと食べるもんです。

 

 

nbr5.jpg

丼と重は松・竹・梅。うなぎの量で値段が決まります。

多くの人のチョイスだろうと思われる、梅(3132円)にします。吸物とお新香付き。

 

 

nbr6.jpg

隣のカウンターのご婦人は白焼定食を頼んでおられました。

 

 

nbr7.jpg

以外に早く10分ほどで到着。ファーストフード的ですから、時間がかかってはいけません。

 

 

nbr8.jpg

オープン。

焦げ目の少ないキャラメル色のうなぎ4分の3。ご飯の地肌は見えてます。

お新香は2種盛

吸物だけど、肝が入っている。これは肝ではないのか、サービスなのか。わからない。

 

 

nbr9.jpg

醤油もかなりあっさり目のうなぎ。

焦げないように丁寧に焼かれた感じは出ています。身は柔らかく蒸されていますが、少し小骨感はありますね。

 

 

 

nbr11.jpg

米のボリュームはそうでもない。


 

nbr10.jpg

吸物(肝入ってるのかわからないが)は普通に。

 銀座の超一等地でいただくうな重3000円です。このあたりでは「俺のうなぎ」も美味しいです。

 


食べログ(掲載時点 3.54)


登亭ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ricatak1.jpg

夜京都に入りました。今月は2回目の京都です。3時ころ軽食をとりましたので、軽めのディナーをと思いイタリアンを食べたいと考え、結局丁度1年前くらいにランチで訪問したことのある、シチリア料理 リカータに来ました。ここの前菜が美味しかったので、前菜+ワインでもどうかと。ホテル日航プリンセス京都の近くです。


 

rikatak11.jpg

奥のカウンター席からテーブル席を望む。シェフ1人+ホール1名で運営されています。シチリア料理というカテゴリーが珍しく、ワインもシチリアのワインだそう。シチリアはイタリアの島です。


 

rikatak3.jpg

この形の島 イタリア半島のそばにあります。

 

rikatak5.jpg

スプマンテ(スパークリング)、白、赤と飲みましょうか。

 

 

rikatak2.jpg

今日は前菜盛り合わせともう1品くらいで大丈夫な胃の感じ。

 

rikatak4.jpg

魚肉料理の種類も豊富です

 

rikatak6.jpg

SALAPALUTA BRUT サラパルータ ブリュット 900円

 

 

rikatak7.jpg

色んな種類の前菜盛 1500円

オリーブオイルがたっぷり。柑橘系もはいってシチリアらしく、うれしいです。


 

rikatak8.jpg

グルテンフリーな前菜が嬉しい。

 

 

rikatak9.jpg

DUCA DI SALAPARUTA KADOS  840yen

 

 

rikatak10.jpg

IL FRAPPATO 850yen

 

rikatak12.jpg

お腹がいっぱいになってきたので、3分の2のポーションにしていただいた

カジキマグロのパンテッレリア風 2500円

(ケッパー、フレッシュトマト、オレガノ、アーモンド)

あっさりしていてスープが特に美味しい

 

 

rikatak13.jpg

ピスタチオのジェラートアイスで〆ました。

 

食べログ(掲載時点 3.57)


シチリア料理 リカータ 京都・四条  前回記事



 

 

このページのトップへ

2018年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbaro1.jpg

大阪梅田のヒルトンホテル隣接ヒルトンプラザイースト2Fにある、B BAR。昨年に続き2回目の訪問です。B BARはバカラバー。バカラのグラスでお酒が飲める、バカラのバー。カウンターとテーブル席もあります。内部は暗くムーディーな雰囲気。

 

 

bbaro2.jpg

全く知らないと敷居が高そうなバー。

 

 

bbaro3.jpg

入口入るとバカラのシャンデリアが設置されています。

 

 

bbaro4.jpg

色々なバカラのグラスが置いてありますね。カウンターは落ち着ける空間です。

 

 

bbaro6.jpg

クマモンのバカラ(確か4万円くらい)とドラえもんのバカラ。

 

 

bbaro5.jpg

今日もベガのグラスでボルドーワインを頂きました。

シャトーペデスクロー 2011 ポイヤック5級。

かなり渋いですねというか珍しい。ボルドー格付が本当ですかという評価のグランヴァンですが、最近はだいぶ良くなっていると聞きます。

 

食べログ(掲載時点 3.51)


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日のADHOC(1)からの続編

 

adh14.jpg

豆、ブッラータ、オマール海老

素材といい手が込んだ料理の提供が続きます。そして口の中で素材と素材が交わりその喜びが伝わってきます。

 


adh29.jpgフリーゼライン、ウナギ、オレンジ

これも見事な一皿。フリーゼラインとは新しい野菜。


 

adh16.jpg

ヒイカ、パブリカ、チョリソー

イカスミの網の上でチョリソーを焼いているかのように見えてしまう。

 

 

adh17.jpg

ソースもいかすみも入って手が込んでいる、複雑な味のコンビネーション。

 

 

adh18.jpg

GEVREY CHAMPERTIN 2012 Taupenot Merme

ドメーヌ・トープノ・メルム ジュヴレ・シャンベルタン

1405年からトプノ家とメルヌ家においてワイン造りをしており、モレ・サン・ドニで7代続く老舗ドメーヌ。1998年に兄のロマン・トプノがドメーヌ運営に参加してから急速に評価が高まりつつあります。母のドゥニーズ・メルムがアンリ・ペロ=ミノ夫人と姉妹だったことから、多くの素晴らしい区画を分割相続しました。しかも樹齢35?60年を超える超レア区画ばかり 今やモレ・サン・ドニのカリスマとして注目され、ブドウ畑ではクリストフ・ペロ・ミノと協同栽培を行っています。 出典

 

 

adh19.jpg

料理と合います。おすすめしていただいたワインで良かったです。

 

 

adh20.jpg

石鯛、ズッキーニ、新レモン

 

 

adh21.jpg

新玉ネギ、サワークリーム、リースリング

 

 

adh22.jpg

メインは

エゾ鹿、アスパラガス、アメリカンチェリー

ソースの味とあう鹿でした。あまり鹿は食べないのですが。

 

 

adh23.jpg

デザート1品目が

トウモロコシ、マンゴー、エスプレッソ

これも味が複雑にからみあう。アドックさんの料理ってこういうの多いです。味の味わい

 

 

adh24.jpg

食べかけではないデザート。これがデザイン

甘夏、レザーウッド、ムラング(メレンゲ)

さわやかな味

 

 

adh25.jpg

小菓子

 

 

adh26.jpg

最後にお店の人が「当たりが入っています」とお持ちいただきました、氷菓。

 

 

adh28.jpg

棒には 何にも書いてありませんでした。残念。


アドックさんの料理は品数は多いですし、個人的に途中ポーションを少なくしてもらいました。大阪のフレンチは比較的ボリュームが多い所が多いような。でも内容といいリピートしたくなるお店が多いです。しかもミシュランにリストされているところはレベルも高いです。

 

食べログ(掲載時点 3.92)

 

アドックホームページ

このページのトップへ

2018年6月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

adh15.jpg

大阪・中之島 堂島クロスウォーク内のレストランを訪問しました。


 


 

adh1.jpg

ADHOC(アドック)フレンチです。

1軒屋風で以前はトゥールモンドというフレンチレストランの後継で、店名変更リニューワル移転して2014年9月にオープンしたのがADHOC (アドック)。ミシュラン1つ星のフレンチ。シェフは高山龍浩氏。



adh2.jpg

ADHOC とは 目的のための、特別な という意味があるそうです。色んな方の評価を見てもリピートする、値段以上の満足感があるととても評判が良い。

 

 

adh3.jpg

店内はテーブル席20席。天井も高く、スタイリッシュで居心地の良い空間が広がっています。

 

 

adh9.jpg

いくつかの飾られている高級ワインの空ボトル。ペトリュスとかもある。

無駄が少ない空間っていうのはいいですね。

 

 

adh7.jpg

メニューはテーブルの上に、素材を記載したものが置いてあります。これがあると嬉しい。

アミューズ+7品+デザート2品 という11品くらいです。ディナーメニューは 12000円(税・サ別)のみ。

 

 

adh4.jpg

Champagne Beaumont des Crayeres
Grande Reserve Brut

ボーモン デ クレイエール (ボーモン クライエール) グラン レゼルヴ N.V. AOC シャンパーニュ 

味のタイプ:白・辛口
ブドウ品種:ピノ・ムニエ60%、シャルドネ25%、ピノ・ノワール15%

 

adh6.jpg

アミューズは

海苔、大あさり、海藻スープ。

 

 

adh5.jpg

海苔を食べて海藻スープを飲み、大浅利を食べると「うわ、海の香りと味」となる。スターターにふさわしい1品です。

 

 

adh8.jpg

アミューズ2品目は

鳥の巣のようなイメージのオブジェが運ばれたと思ったら、3品のアミューズが乗っていました。

 

adh10.jpg

飛び子のロール巻

 

adh11.jpg

幼鮎と卵の殻の中にはいったムース。

どれも美味しい。

 

 

adh12.jpg

SANCERRE SILEX MICHAEL THOMAS 2015  (6)

値段の割にはコストパフォーマンスがいい。

色々とワインはありますが、良心的な価格設定だと思います。

 

 

adh13.jpg

岩ガキ、フォラグラ

センスのいい出し方ですね。カキとフォアグラムース。コンビネーションの美味さに笑顔がでます。

 

 

続きの料理は明日に

 

食べログ(掲載時点 3.92)

 

アドックホームページ

 

このページのトップへ

2018年6月28日 Posted time : 00:14 | Category : 編集長コラム

sznm19.jpg

鈴波は名古屋が本店の魚介味醂粕漬店。魚久さんとか金為さんとかには行きましたね。鈴波は東京は六本木と日比谷のミッドタウンの2店舗があります。

かなり行列できる人気店ということでオープンに来ました。結構人気あるんですね。


sznm1.jpg

本日のお魚は銀ヒラス。買えば1枚600円くらい。

 

 

sznm3.jpg

店内は34席。すぐにいっぱいになりました。すごい。

 

 

sznm4.jpg

 

 

sznm6.jpg

鈴波の基本系はこれですね。日替わりの焼き魚定食。

 

 

sznm5.jpg

オプションが付いて価格が変わります。

 

sznm7.jpgsznm9.jpgsznm2.jpg

今日はさしみが「かつおのたたき」、基本系+さしみの 鈴波御膳にします。最後まで銀だら定食と迷いましたが。

 

 

sznm8.jpg

丹波黒豆を食べつつ、魚が焼き上がるのを待ちます。

 

 

sznm12.jpg

ワゴンで持ってこられ、1皿づつお盆にのせてくれます。お盆のまま持ってこないところに上品さを感じました。

 

 

sznm13.jpg

焦げ目なくほどよく焼かれた銀ヒラス

 

 

sznm14.jpg

カツオのタタキ 4切

 

 

sznm16.jpg

名古屋だから赤だしなんですね。上品な後味で美味しかった。


 

sznm15.jpg

新潟コシヒカリ。美味しく炊けていておかわりしようと思いましたが、無料か有料か確認せず、結局1膳だけにしました。


 

sznm17.jpg

焼き魚定食は胃にやさしい感じがします。焼き具合もよく、銀だらほど脂ケも少なく食べやすい。

 

 

sznm11.jpg

食後のお口直し「梅粕酢」


 

sznm18.jpg

食後に酢。さっぱりします。ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

鈴波ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bonte1.jpg

知人との急な会食のセッティング。場所を検討し今回予約したのは日本橋コレド室町2にある、カジュアルガストロノミー ラ・ボンヌターブル。直訳は『美しい食卓』。フランスでは『美味しいレストラン』のことをそう呼ぶ。一度来てみたいと思っていました。コレド室町2というビルには入っていますが、中には表玄関はありません。(正確には入れますが)

 

 

bonte2.jpg

外からが入口。夜は以外に店内は暗いなぁと思いました。ここは、西麻布にあるミシュランフレンチの名店、L'Effervescence(レフェルヴェソンス)の姉妹店で、そのフィロソフィーを汲んでいてかなり評判がいい。オープンは2014年3月。

 

 

bonte3.jpg

中村和成シェフの素材の持ち味を生かす料理が食べれるとあって楽しみです。

 

 

bonte4.jpg

奥から入口側を見る。左手がオープンキッチン。

 

 

bonte5.jpg

メニューは夜は 7500円(税・サ別)の1つのみ。

材料名だけ書かれたメニュー。

 

 

bonte6.jpg

ドラピエ シャンパーニュ “カルト・ドール・ブリュット” AOCシャンパーニュ (フランス・シャンパン)

 

 

 

bonte7.jpg

袋を開けてくださいと言われて、ポテトチップス風のアルミ袋の中から、ほくほくのポテト

 

 

bonte8.jpg

畑のサラダ(2名分)

フレッシュでほんとうにシンプルで美味しい。

 

 

bonte9.jpg

2016 Rita & Rudolf Trossen Schieferblume

ボトルでドイツのリースリングにしてみた。ミネラル感はありますが、フルーティふわっとしたドイツ系の白。

 

 

bonte10.jpg

原木椎茸、鮎のなれ鮨クリーム、クルミ、ディル

これ一番おいしかった。椎茸の美味しさがギュッと濃縮されていて、ワインのフルーティ感と口の中でマリアージュされてもう1個でなくてもう1個食べたい。

 

 

bonte11.jpg

穴子の米粉揚げ、キュウリ、梅、紫蘇

米粉揚げというところが嬉しい。サクサクしていて。


 

bonte12.jpg

じゃがいもの冷たいスープ、スナックエンドウ、帆立貝、柚子

帆立も美味しいし、じゃがいもと帆立というのも合うんですね。

 

 

bonte13.jpg

金目鯛の鱗焼き、エシャロットのソース、焼き蕪、レモン

 

 

bonte15.jpg

子羊の稲藁焼き、シシリアンルージュのソース

バジル、黒にんにく

 

 

bonte14.jpg

ARPEPE GRUMELLO ROCCA DE PIRO 2010

アールペペ グルメッロ ロッカ デ ピロ 2010 グラスでいただきました 1500yen


 

bonte16.jpg

メロン、新生姜のグラニテ、カモミールクリーム はちみつレモンとペルノーのジュレ。

さわやかなデザート。

 

 

bonte17.jpg

コーヒーと たこ焼き風デザート。

 

料理の提供スピードもタイミングよく、そしてこのお値段・場所でこのコストは納得感高いメニューですね。カジュアルフレンチでこのポイントの高さはすごいですね。

 

食べログ(掲載時点 4.12)


 

このページのトップへ

2018年6月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

syoshi1.jpg

東京うなぎ。今日は新橋から内幸町へ向かい、西新橋にある「吉田屋」さんに来ました。新しいビルの間に残る超昭和の建物。

 

 

syoshi2.jpg

風情がありますね。さあ入りましょう。

 

 

syoshi4.jpg

明治中期創業。亀戸天神前から昭和25年(1950年)に当地西新橋に移転して早60年以上。レトロなわけですね。歴史あるうなぎ店ですね。タレも継ぎ足し継ぎ足しかなぁ。

 

 

syoshi3.jpg

丼と重。カウンターに着座。店内はそんなに広くないですね。カウンターも数席。あまりにも昭和の香りがプンプンするので店内を見渡してしまいます。柱の傷など色んな所に歴史あり。

2000円から6000円まで、ここは一番人気メニューとおぼしき3000円のうな重(お吸い物、お新香付)にしましょう。

 

 

syoshi5.jpg

カウンターから丁寧に焼かれているのは見ていましたが、お味は。肝吸いは別だし、お新香も私の好きな3点セットでもない。

 

 

syoshi6.jpg

ご飯の盛りも均一盛でもなくそんなに量はなく、うなぎさんがご飯をカバーするには至らない。1匹ではなくしっぽは半分だから4分の3といったところ。うなぎの照りはいい色をしていて早く食べたくなる。

 

 

syoshi7.jpg

脂乗りもそこそこだけど、やっぱりご飯が軽目で私の好みより少し柔らか目。

 

 

syoshi8.jpg

濃いめのタレです。

 

 

syoshi9.jpgやっぱり肝吸いがいいと思いながらいただく。


うなぎも高騰していて、4000円くらいがんばって出して食べないと数年前のように2500円とかで1匹がっつりうまい鰻を頂く、なんのてのは無理なんでしょう。隣のカップルの会話に耳を傾け、うな重をかき込み、会計をすませ昭和レトロの世界から平成の終わりの世界へ出ていきました。

TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 


このページのトップへ

2018年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

HEROKK6.jpg

熊本駅新幹線口改装された、肥後よかモン市場の中にある大漁食堂 HERO海さんに行きました。今日は何を食べましょうか、和食ということは決めていたのですが。


 

HEROKK5.jpg

丼やカレーがメインのようですね。

 

HEROKK4.jpg

海鮮丼、マグロ丼、天丼、豚バラ焼肉丼

 

 

HEROKK3.jpg

漁師のまかない丼やカレーやから揚げもあるけど、人気NO.1という海鮮丼 1,382円にしてみましょう。確かにこれを頼んでいる人も多い。

 

 

HEROKK2.jpg

魚4種類(かつお、サーモン、鯛、なんだろう)、海老、ちりめん、いくら、たまご。

味噌汁は普通の味噌汁。魚とかが入っただしがある味噌汁だと嬉しんです。

 

 

HEROKK1.jpg

丼用のタレを上にかけていただきました。

駅ですのでさっとすませて、新幹線。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月24日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

業界関連の総会がありプリンスパークタワーに訪問。

昨年もここでフレンチをいただきました。400名弱と大きな結婚式クラス。

 

pptt1.jpg

昨年と比べていかに。

 

pptt2.jpg

サーモンマリネのジュレシート 魚介と小さなサラダ

水彩画のような爽やかなグリーンピュレと柑橘のアクセント


 

pptt6.jpg

ぶれてしまいました。

フォアグラのフラン 林檎のコンポート添え ガルバドス風味


 

pptt3.jpg

舌平目のファルシとラングスティーヌのポワレ

野菜の軽いトマト煮込み クレーム・ド・ボワブロンルージュ

 

 

pptt4.jpg

国産牛フィレ肉と木の実入り牛パテのルーラード パイ包み焼き

茸のデュクセル ソース・マルシャン・ドヴァン

 

 

pptt5.jpg緑すぎる

抹茶のモワローショコラ フルーツ添え 木苺ソース

 

昨年の記事メニュー

プリンスパークタワー東京  宴会ディナー

判定 2018年 (2017年に対し)

前菜  △

スープ 〇

魚  〇

肉  △

デザート △   2勝3分けで 昨年と同じ感じ。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

syer1.jpg

仕事の関係で早ランチしなければならなく、宿泊先のシェラトン都ホテル(白金台)でとることにしました。しかし通常のレストランは11時30分からでそれでは間にあわないので、10:30から営業しているカフェバンブーで。

このホテルの周辺は飲食店が少ないんです。コンビニまでも歩いて7,8分はかかりますし。

 

 

syer3.jpg

以外と食べれるメニューが少ない。

 

 

syer2.jpg

食べれる選択の中から、オムハヤシ 2300円。 税サ込だからこの値段は都内ホテルではありの値段。サラダもスープも何も付かない単品だけど。でもコーヒーはプラチナカードでフリーになる。

 

 

syer4.jpg

オムハヤシ到着。オムライスの上にソースがかかっているのを想像したけど違うものだった。我々業界関係者はすぐわかるこの卵。朝食などでも使用されるスクランブルエッグですね。

 

 

syer5.jpgこれは卵に換算したら相当な量はあるでしょうかね。見た目通りのボリュームで少し残してしまった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.09)

このページのトップへ

2018年6月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sptn16.jpg

赤ワインをボトルで

BURGUNDY  LE CHAPITRE VIELLES VIGNES 2014

DOMAINE JEAN FOURNIER 

お店の人のおすすめもあって、あんまり聞きなれないこのワインにしましたが料理に合って軽やかで美味しいワイン

 

 

sptn18.jpg

スプートニクのシグネチャー料理2

華やかな薔薇を形どった『薔薇ビーツとフォアグラ』

細かい仕事の料理ですね。華やかに驚きます。

 

 

sptn19.jpg

綺麗な料理です。

 

 

sptn33.jpg

オマール海老とアボカド
ココナッツのムース はちみつ、バニラ

1つ1つの量はそんなにないんですが、品数とワインでお腹いっぱいになりつつ。

 

 

sptn22.jpg

キノコづくし
中には卵 サマートリュフのパウダーと液体窒素で瞬間冷凍させたキノコ

 

sptn23.jpg

かなりインパクトを感じます。これも美味しい料理。

 

 

sptn24.jpg

クエ ボイルキャベツ

発酵させたキャベツのソース

皮パリ身はやわらかく。


 

sptn25.jpg

牛肉

どこかのも覚えていないわ。しかしとろけるようにやわらかく、最高。

 

 

sptn26.jpg

いよいよデザートですよ。

 

 

sptn27.jpg

日向夏みかんのスフレ
酒粕の瞬間冷凍シャーベットをたっぷりかけて

さっぱりして美味しい。フランス料理のデザートは別腹だわ。


 

sptn28.jpg

デザートが美味しいので、カナダのアイスワインを飲むことにしました。アイスワインは貴腐ワインですが、ドイツ・オーストリア・カナダ産のものをそう呼びます。ソーテルヌ(フランス)の貴腐ワインは有名ですよね。

 

 

sptn29.jpg

今日一のデザートがこちら。

チョコレートムースなんですが、食感が あったかい・つめたい・サクサク・ふわふわな 非常に複雑な食感に訴えるスペシャルデザートです。これはめったに食べれない。

 

 

sptn31.jpg

あったかいチョコレートソースを上に

 

 

sptn32.jpg

板チョコを溶かして湿潤

 

 

sptn30.jpg

中にしみわたっていきます。これだけでもすごいデザートなんですが、これだけ料理とワインを頂いて、コレですからね。もうやられますよ。

 

季節が変わるごとに旅しに来てみたくなるルスプートニク。

 

食べログ(掲載時点 4.14)


 

 

このページのトップへ

2018年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sptn20.jpg

東京・六本木の裏通りにあるフレンチ、歩いていると普通に通り過ぎてしまう感じ。ルスプートニクに行きました。六本木ミッドタウンからわずかです。高橋雄二郎シェフの世界が広がる新進気鋭のフレンチということで期待感高まります。

 

 

sptn1.jpg

ルスプートニクはミシュラン1つ星のフレンチです。あくまで店外、店内ともシンプルに。店外にメニュー表などありません。木の扉を押して入ります。

 

 

sptn2.jpg

店内もミシュランフレンチなのだろうかと普通の人は思うようなシンプルな内装。テーブルクロスがなくカジュアルな雰囲気も醸し出していますが、料理数は10数点にも及ぶ料理でそれぞれが力の入った、クラシックフレンチの料理法をうまく使ったフレンチ。テーブル数は食べログでは16席となっています。今日は香港はじめ外国の方が多く、お店の人に聞くと以外と多いそうです。

 

 

sptn4.jpg

ワインセラーと厨房。以外と厨房には予想以上の方が働いておられました。品数も多いのでタイミング作っていく必要もあるのでしょうか。

 

sptn21.jpg

スプートニクといえばロシアの衛星というくらいしか知識がありませんでした。「コースは季節を体現する瞬間を紡ぎながら旅のようにすすんでいきます。」本当に楽しみになってきました。

 

 

sptn3.jpg

シャンパンはグラスで TAITTINGER (テタンジェ)

高い人気を誇る有名なシャンパンでこれからの旅のスタートを祝います。

料理はメニューがなく品数も多いので、たぶん覚えきれません。直近の食べログさんに細かくレポートされている方のを参考にします。

 

 

sptn5.jpg

アミューズ

熟成させた甘鯛

 

 

sptn6.jpg

アミューズ2

チュロス、枝豆 チュロスは何かの野菜のチュロスだったが忘れてしまった。石の上に乗って出てきた。

 

 

sptn7.jpg

白ワインはこの時期特に飲みたくなる

ALSACE PINOT GRIS 'HUGEL' 2009 グラスで。

 

 

sptn8.jpg

フォアグラ 卵黄、根セロリなど入れて冷製茶碗蒸し
青リンゴ とフェンネルの花の部分を立てて

フォアグラなんですがガラスの器の中で、青リンゴのさわやかさとフォアグラムースのコンビネーション。うまい。


 

sptn9.jpg

ヤリイカ、3種の人参
ビネガーとエゴマのムース
マイクロコリアンダーを乗せて

 

 

sptn10.jpg

エルギン・シャルドネ・クローナル・セレクション 2015年

引き締まった酸とミネラルが印象的なシャルドネ!洗練された白果実やほのかに感じるオートミール、複雑なオーク樽由来の第二のアロマも立ち上がる!ピュアな果実と強烈に凝縮した味わいが特徴!フィネス感や繊細さを持ち合わせた南ア最高峰シャルドネ! と書かれている。

 

sptn12.jpg

稚鮎を薄くスライスしたゴボウで巻いて揚げた
鮎の肝のソース バルサミコ入り

ここのシグネーチャ―的料理の1皿目

土台の牛蒡ももちろん全部可食できますが、少しだけ食べるだけに。

 

sptn12.jpg

手が込んでいますね。幼鮎にもごぼうが巻いてあります。初めてここにきているので驚きの連続。

 

 

sptn13.jpg

続いてスモーク系の料理ですね。

丸い皿の中からは、煙とともに

 

 

sptn14.jpg

ん、炭状になった食べ物。香りから「牡蠣」ですね。牡蠣苦手なんですが。

 

 

sptn15.jpg

ソースをかけてくださり、美味しくいただきました。


続きの料理は明日。

 

食べログ(掲載時点 4.14)

このページのトップへ

2018年6月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

暑くなってくるとエスニック系の料理は食べたくなりますね。東京でも結構タイ料理とか行っていましたが、ここは久しぶりに訪問。新橋のアジア、オールドタイランド。

前回訪問して次はパッタイ食べようと思って2年近くかぁー


オールドタイランド 東京新橋 タイスキを食らう

 

oldts1.jpg烏森神社の裏の細い路地にあります。色使いが派手だからすぐ見つかります。女性のユーザーも多いお店。

 

oldts2.jpg

前回来たときとめにゅーは一緒のようです。

もちろん、パッタイ 1080円。ランチメニュー以外にも沢山あります。

 


oldts3.jpg

テーブルの調味料

 

 

oldts4.jpg

すぐに生春巻きとスープが運ばれてきました。スープは酸味のある、トムヤムクン風のスープ。美味しい。タイ人のシェフがきびきびと働いておられます。そんなに待たないでパッタイ登場。

 

 

oldts5.jpg

ピーナッツと生もやしは分られていて、レモン。干しエビがかかっていますね。

 

 

oldts6.jpg

少し大きめの海老がしっぽをきちんと取られて2尾入っていました。

 

 

oldts7.jpg結構なボリューム感を感じながら食べ始めましたが、美味しいため全部完食しました。途中調味料で味の変化を楽しみながら。ピーナッツはあんまり入れない方が私は好きだな。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2018年6月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

六堀の後はタクシーでリッツカールトン京都に。リッツカールトンのそばの鴨川ほとりでは「蛍」が鑑賞できるんです。知らなかった。しかも結構な数がいましたよ。

rctn1.jpg

関係者の方がおられましたので、スムーズに利用させていただきました。

さきほどまで、「ミラモンテ」を飲み過ぎた私たちは何なのでしょう。


 

rctn2.jpg

オードブルやチーズもレベルが高い。

 

rctn3.jpgMONTESSU 2015 モンテッス

サッシカイアの醸造家とオーナーファミリーがトスカーナを飛び出して、太陽の島サルデーニャにて手掛けるワイナリーがアグリコーラ・プニカです。

 

ミラモンテとは比べ物になりません。飲み過ぎてしまいます。


rctn5.jpg次のバーでは

グリュオラローズのセカンドワイン、

SARGET DE GRUAUD LAROSE 2014

以前は人の絵は描かれていませんでした。最近リニューワルしたのかな。サンジュリアン2級のグリュオ・ラローズのセカンドですからこれは安定している。また飲み過ぎてしまいます。

 

全国的に有名なラーメン店の役員の方と一緒に向かった先は(そのラーメン店の人のリクエスト)。タクシーで結構かかったけど。

 

rctn4.jpg天下一品の北白川総本店。

夢にまで見た、総本店。見てない。

というかラーメンの役員の方、昨日も深夜にここに来たらしい。どうしたんでしょうか。相当好きなのかな。

 

rctn7.jpg若い人はから揚げとかセットメニューを頼む、食べっぷり。

 

 

rctn6.jpg私はスープを少しいただくのが精いっぱいでした。

しかし後で気が付いたが、本店ってスープが濃いのか。それとも深夜だから煮詰まっただけか。わからないが。写真でもスープがドロドロに見える。

 

食べログ(掲載時点 3.55)


 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年6月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rkdn4.jpg

京都東急ホテルで研修があり、終了して懇親会は歩いてすぐ(西本願寺のすぐ近く)、西洋酒樓 六堀さんに。1F2F合わせても結構な人数(70名程度)が入ります。特に2Fが広い。               

 

rkdn1.jpg

洋食のお店です。いつもこの会は凝ったお店をセレクトされるのですが、今日はそうでもなく。


 

rkdn2.jpg

1Fはカフェみたいな雰囲気。

 

 

rkdn3.jpg

夜、帰る時はこんな風に。


 

rkhr1.jpg

洋食コースです。フリードリンクのワインが「ミラモンテ」、私はミラモンテを飲みすぎたらやばいって知っていました。私もつい飲み過ぎてしまい、またミラモンテを沢山飲み過ぎた知り合いも翌日、爆死したそうです。いい大人が飲むワインではない「ミラモンテ」。

 

 

rkhr8.jpgrkhr3.jpgrkhr2.jpgrkhr4.jpgrkhr6.jpgrkhr5.jpgrkhr7.jpg

料理がどうこういうより、ミラモンテ。ミラモンテはチリのワインで日本でだいたいワンコイン(500円)のワインです。750mlフルボトルでの話です。

 

食べログ(掲載時点 3.22)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

京都って平日も週末もかなり混んでいてランチをそこそこ気の利いたランチを探す場所に苦戦します。もちろん時間もたっぷりあって事前に予約していればいいんでしょうが。即ランチで美味しい所を食べたいと考えて

 

hstt12.jpg

京都駅ビルSUVACO(スバコ)JR京都伊勢丹3階。工事中もあり、そして3階にもレストランが数軒しかないので、JR京都駅ど真ん中にしては「穴場ムード」むんむんかんじていたのですが、店舗の前に行列。まだ11:15です。土曜日の京都はすごいわ。今入っている人が食べて出たら入れそうなので待つことにしました。約30分して入店。急がないと。

 

 

hstt6.jpg

はしたては京都の料亭 和久傳(わくでん)の系列店。こちらは丼・ソーメンのセットメニューが人気らしい。

 


hstt1.jpg

メニュー。値段はそんなに安くないです。

 

hstt3.jpg

女性が店の外の椅子に並んで、メニューを見ながら「悩むわー」といった

 

 

hstt4.jpg

会話がされており、私が「ここは何が美味しいんですか」と聞くと


hstt2.jpgどれも美味しいんですが、特にというと

 

hstt5.jpg

身なりの綺麗なご婦人は「鯖寿司ですよ」とオススメいただきました。


素麺は食べれなく、鯖寿司と迷った挙句、

「鯛の胡麻味噌丼」 1674円にします。

鯛茶という食べ物は余り好きではないのに、頼んでみました。

 

hstt7.jpg

美味しそうなご飯の上に 鯛の刺身の胡麻みそ和え。エクストラで味噌が付く。

 

 

hstt8.jpg

胡麻風味がしっかりと聞いた、鯛。

 

 

hstt10.jpg

鯛茶にしなくてもいけるわ

 

 

hstt11.jpg

せっかくなので、最後は鯛茶にしましたが、どうも「お茶漬け」という食べ方が好きではない。親が嫌いだったせいだろう。

 

 

hstt9.jpg

頭から「鯖寿司」が離れず、なんと1貫 540円もする焼鯖寿司を食べてみました。肉厚の鯖。寿司と鯖の間に生姜が挟まっていてさっぱり。やっぱりこちらの鯖寿司は美味しい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

はしたて ホームページ

 


 

 

 



 

このページのトップへ

2018年6月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rikf1.jpg

5月の月末、博多くうてんの「利久」に来ました。平日のランチでしたのでそんなに混んでいませんでした。ラッキーです。30周年k限定特別定食というのがありましたので、これにしました。(もう既に終わっていますが、美味しかったので紹介)

 

 

 

rikf2.jpg

牛タンの薄切りを丼にしたもの。結構なボリューム。これとテールスープだけでも十分な気がする。

 

 

rikf3.jpg

ご飯のボリュームに比べて肉も結構多い。美味しい。

 

 

rikf4.jpg

前回訪問時、「湯」と称したテールスープも今日は美味しかった。

前回の湯の記事

 

rikf5.jpg

牛タンも4切れ付いている。

 

 

ssmania2.jpg

そして翌日のランチ。ステーキマニアを訪問。本当は行こうと思ったお店はクローズだった。

 

 

ssmania1.jpg

3回目の訪問だ

 

 

ssmania3.jpg

今日もバリューステーキランチ。300g

肉を食べている感はあるが、私はいきなり!の方が好きだと思う。

前回のバリューステーキ記事

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月15日 Posted time : 00:22 | Category : 編集長コラム

 

前回の菊竹珈琲堂の掲載では、反響が大きく CBH を実際に食べに行きました。という報告をいただきました。CBHが何かわからない人のために前回記事

 

菊竹珈琲堂 アクロス福岡 老舗の喫茶店

 

 

ktkc9.jpg

今回も機会がありやってきた、菊竹珈琲堂。デザートが目に入りますね。

 

 

ktkc2.jpg

珈琲のみより、デザートとのセットメニューがとてもお得に感じるお店。

 

 

ktkc1.jpg

前回も気になったクレープアイス。

 

 

ktkc4.jpg

九州で名古屋名物 小倉トースト。

 

 

ktkc8.jpg

カップに入っているが、グレープフルーツのケーキ 741円 セット


 

ktkc7.jpg

フルーツヨーグルトホットケーキセット 900円

甘党のKさんにはこれがおすすめ。

 

 

ktkc6.jpg

フルーツクレープ。中にはアイス。そしてこれだけフルーツが入っているのが嬉しい。

 

 

ktkc5.jpg

小倉トーストセット 750円。ふわふわのパンに小倉とホイップ。どうしてもホットケーキのコストパフォーマンスには劣る気がする。


編集長は、何を食べたかって。珈琲とモンブランです。

 

食べログ(掲載時点 3.07)




 

このページのトップへ

2018年6月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

knkz11.jpg

札幌でのイマイチ会食バイキングはほどほどにして、「今日は宿泊地の千歳で寿司でも食べようではないですか」ということで7名でお寿司やさんを予約してやってきました。千歳市内にはお寿司屋さんも多く北海道ミシュランにリストされるお店もあります。今回そういう所ではありませんが、電話してどうにか滑り込むことが出来ましたので、嬉しい。

 

 

knkz12.jpg

千歳駅からタクシーでも10分かからない場所。千歳市内の繁華街を少しすぎた端っこのほうにあります。すし物語 季の風。今日のバイキングの半分干からびたお寿司より美味しいに決まっているでしょう。評価もよいです。

 

 

knkz13.jpg

飲み物は日本酒で行きましょうということで、今日はずっと日本酒。


 

knkz1.jpg

寿司中心のシンプルな構成。1Fはカウンターと小あがり、2Fは座敷。

「毛ガニが食べたいんですが・・・・」「前もって注文していただかないと・・・」

毛ガニって普通にお寿司屋さんとかにはないものですね。確かに高いし仕入ておいても売れなかったら困りますね。

 

 

knkz3.jpg

軽くつまみながら、数の子。

お正月以来。北海道は数の子よく食べるんでしょうか。


 

knkz4.jpg

1人1皿のお刺身盛り合わせ。

 

 

knkz2.jpg

ラベルが印象的な 男山 国芳乃名取酒 720ml 3600円。

大辛口とだけあって飲み口すっきり。今日一緒の方が社長さんとお知り合いとか。


 

knkz5.jpg

色々飲んでみましょう。

金滴酒造 杜氏の夢呑 純米吟醸 300ml 1600円

男山に比べるとふくよかなボディのある日本酒です。

 

 

knkz6.jpg

二世古酒造 生原酒・本醸造 300ml 1600円

生酒だしアルコール度数も18.5%と高い

 

 

knkz7.jpg

特上生寿司 2300円を注文。

椀は付いていません。 これで2300円はいいと思います。

ネタも新鮮。

 

knkz8.jpg

うに、いくら、かに、ミル貝、

 

knkz9.jpg

赤貝、生海老、貝柱、トロ、さより。

シャリも小さ目だから食べやすくて嬉しい。味も美味しい。

かんぴょう巻とかも食べたかったですが、ちょっとガマン。


 

knkz10.jpg

美味しくいただき、次はまた焼鳥屋に行ってしまいました。串鳥というチェーン店で、北海道内では31店舗。有名みたいです。混んでいました。しかし日本酒飲みすぎました。反省します。TT


食べログ(掲載時点 3.56)


季の風 ホームページ


 

このページのトップへ

2018年6月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oksb1.jpg北海道シリーズが続いています。せっかく北海道へ来たら本場の「スープカレー」を食べずには帰れないですね。最近では味噌ラーメンに並ぶ北海道の名物グルメにもなってきていますね。

今日は、タクシーの運転手とホテルの人にも聞いてイチオシでした奥芝商店へ来ました。ホクレンビルの地階です。このような有名店に来るためには1回転目に入れれば時間の計算がつきますので、開店前に来店。オープンの10分前に着いたらもう10人ほど並んでいました。1回転目は確定ですね。今日は5人で来店。

 

 

oksb4.jpg

のれんがかかってオープン。1組ずつ店内に案内されます。

 

 

oksb5.jpg

丁寧にオーダーメイドされて作られるカレーというのがうかがえますね。

 

 

oksb6.jpg

 

奥芝商店では、煮込み・素揚げ・茹で・炙り、そして鉄板焼きによる「焼き」「蒸し焼き」などの調理をした食材をスープカリーに入れています。カウンター席からは調理する様子が見えますね。


 

oksb2.jpgメニュー クリック拡大、戻る

メニューは色々と選ぶ必要があるので、初めてだと少し戸惑いますね。


先ずはスープを選ぶ

海老スープ(+100円)、チキンスープ、かきスープ(+200円)

多くの人は海老スープを選ぶ


相当な数からメニューを選ぶ。(ここで具材が確定してくる)

1品無料のトッピングを選ぶ (有料もあります)

辛さと ご飯の選択

 

ということで選ぶ楽しさがある、奥芝カレー。


 

 

oksb7.jpg

 

5月限定メニューの 肉肉メニューは、肉好き支店長の目に留まり、「俺は絶対これにする」とのこと。昨日も味噌ラーメン大盛でしたよね。


 

oksb9.jpg

玄米を頼んだ人。

レモンスライスが付いているのがスープカリー流



oksb8.jpg

季節の野菜カリー 1080円。 野菜がこれでもたっぷり入り。

 

 oksb10.jpg

旬の魚のフライと海鮮鉄板焼きカレー 1500円

魚フライが隠れている。

 

 

oksb13.jpg

宗谷黒牛100%ペッパーおくしバーグカリー 1550円

鉄板で丁寧に焼かれた美味しいメニュー。

 

 

oksb11.jpg

これが先ほどの限定メニュー

1450円。これはこれで肉詰椎茸もありで、ボリューム満点。さすが肉好き支店長チョイス

 

 

oksb14.jpg

私は

創成寺ときのこカリー 1400円

ソーセージがすごいわ。2本。1本を肉好きの支店長にわけて、半分はハンバーグカレーの支店長にわけて、私もどうにか完食。これでかなりの満足感あるスープカリーです。

スープがエビ濃厚でご飯を食べるというより、スープと野菜を食べることを優先してしまいます。しかし並んでも食べる価値ありですね奥芝商店。また来たいと思いました。東京の八王子にも同店名のお店がありますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.55)


 

 

このページのトップへ

2018年6月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

smr14.jpgCOTE DORでの食事の後、札幌すすきのへ。私も札幌訪問時は最近よく訪問しているバーマデューロさんに。すすきのの夜景がきれいなバーです。1軒覚えておくとプラス(BAR MADURO 食べログ掲載時点 3.63

 

そして3次会は・・・ミシュランフレンチからバーを経て、そして ラーメン

私もミシュランフレンチとラーメンが同じ日ってのは初めてです。沖縄から来た人は味噌ラーメン食べないで帰れないよね・・・

 

smr2.jpgということで、バーマデューロからも近い「すみれ 札幌店」に。階段まで行列だ。しばし並ぶのは良いでしょう。涼しいし。

 

smr1.jpg札幌で味噌ラーメンを食べるのはやけにわくわくする。

 

smr3.jpg

タッチ画面で注文します。ラーメンの種類は味噌・醤油・塩・昔風しょうゆ。ハーフがあるのは嬉しいですね。

 

 

smr4.jpg

味噌ラーメンの ハーフに 半熟ゆでたまご 合計 690円。普通のラーメン価格だが、ここでは普通ラーメンは900円だからね。

 

 

smr5.jpg

安田顕がTVに、水曜のドラマ「正義のセ」ですか・・・どうでもいいけど満杯。

 

 

smr8.jpg

すみれの看板と芸能人などのサイン一杯

 

 

smr6.jpg

半券、チャーハン食べたい人がいたから私が購入(700円)

 

 

 

smr11.jpg

普通盛。ちじれ麺といいスープといい旨そう

 

 

smr10.jpg

大盛り頼んじゃう人も。大丈夫だろうか。というかどういう胃なんだろう。

 

 

smr12.jpg

私は半ラーメン、半熟たまご、の麺無し

 

 

smr13.jpg札幌で食べる味噌ラーメンは美味しいです。スープの味噌が複雑な味がして美味しい。本当に美味しかった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)


ホームページ



 

 

 

このページのトップへ

2018年6月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日からの続編です

 

ctdr27.jpg

サメガレイのポワレ リゾットと醤油を効かせたバターソース

濃厚な味で塩度も高い味でした。

 

 

ctdr32.jpg

ブルゴーニュワインも行きたい感じになりましたので、

2015 GEVEREY CHAMBERTIN LA GIBRYOTTE

ジュヴレ シャンベルタン ラ・ジブリオット (15)

これは飲みたくなるワインを見つけました。しかも飲み得でポテンシャルが高いワイン。

ジュヴレ・シャンベルタン最高峰の生産者、クロード・デュガの子供たちが手がけるネゴシアン。その年最上の出来のワインのみを購入し、高品質なワインを生み出している。

エレガントで深みのあるブルゴーニュ

 

ctdr1.jpg

メインのお肉登場です。

十勝和牛フィレ肉の炭焼き サマートリュフと赤ワインソース

肉自体は低温で焼いたレアレアです。

 

ctdr4.jpg

演出でサマートリュフの削りかけ。本当によい香りがします。

 

ctdr3.jpg

柔らかくて美味しいです。なかなか十勝牛はこちらでは食べれない。

 

 

ctdr26.jpg

ブルゴーニュワインも力ありましたので、肉に合わせるワインとしてサンテミリオンをチョイス

2006 CHATEAU QUINAULT L'ENCLOS

2006シャトー キノランクロ (14)

メルロー比率は高いもののサンテミロン特別級。さすがに凝縮した果実味とフィネスさは備えていますね。しかしまだいいボルドーはありますので、選択に価格より年代を重きをおけばよかったかもと思いました。

 

ctdr5.jpg

紫蘇とヨーグルト

 

ctdr36.jpg

選択デザート。今日は人数が多いのでどれか一つチョイスとしましょう。

 

 

ctdr35.jpg

私はココナッツ風味のブランマンジェ 牛乳のシャーベット添え

フレッシュ感ありますね。真っ白なデザイン


 

 

ctdr33.jpg

オレンジのクリスピー パッションフルーツのシャーベット添え

 

 

ctdr9.jpg

国稀のスフレ

酒粕のパンナコッタと柚子のソルベ。

なかなか凝ったデザートです


 

ctdr34.jpg

ホワイトチョコのプチガトー ピスタチオのクリーム 生姜シロップ チャイラテのアイスクリーム

 

 

 

ctdr7.jpg

茶菓子。本当に充実したディナーを頂きました。

 

ctdr11.jpg夜帰る時の外観

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

このページのトップへ

2018年6月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ctdr13.jpg

札幌で会合があり全国・九州から集結しました。(写真は札幌道庁)5月は朝晩少し肌寒い感じもしますが、晴れであればさらっとした気候で過ごしやすい北海道。

 

 

ctdr12.jpg

時計台に来ると「北海道に来たなぁ」と実感します。ビルに囲まれていて風情がないと言われる時計台。観光客はやはり多い人気スポットですね。

 

 

ctdr14.jpg

今夜のディナーは、せっかくですから美味しいものを食べましょうということで私が場所のセッティングをさせていただきました。選択した場所は コートドール というフレンチです。円山公園のすぐ近くの閑静な住宅地の中にあります。1990年オープンで札幌では名だたるフレンチの名店として有名で、北海道ミシュランでも1つ星を獲得している店舗です。


 

ctdr15.jpg

コートドールは北海道の有名なお菓子「わかさいも」の会社わかさいも本舗が経営しているフレンチで、東京・三田にもコートドールというフレンチがありますが、ここがオープンさせたお店ですが今は資本関係はありません。丸い建物の中にインしましょう。

 

 

ctdr16.jpg

1階は天井の高い空間で、フラワーショップになっています。階段を上がっていくと

 

 

ctdr19.jpg

宇宙空間チックなワインバー兼待合室。こちらから階段で上がっていくとコートドールのフロアです。

 

 

ctdr17.jpg

ディナーコースは 7000、9000、12000円 (サ10%、税8%)。上の二つはメインの肉の違いです。

 

 

ctdr18.jpg

北海道ですから、メインは十勝和牛の 12000円

 

 

ctdr20.jpg

グランメゾンの雰囲気にふさわしい空間が広がっていました。

 

 

ctdr6.jpg

ワインが好きなので、ワインリストを眺めますがこれに時間を割いては恰好よくないので、サクッとチョイス。事前にホームページでチェックしていたので。

 

 

ctdr21.jpg

シャンパンは

BARONS DE ROTHCHILD 

バロン・ド・ロスチャイルド (11)


シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルドが理想に掲げるのは フレッシュさ、純粋さ、フィネスを備えたシャンパーニュ。ロスチャイルド、かなり飲み心地いいシャンパンです。基本となるブリュットは、アッサンブラージュによりバランスを追求したキュヴェ。シャルドネはコート・デ・ブラン地区、ピノ・ノワールはヴェルズネイ、アイ、マレイユ・シュール・アイ、ブジーなどの区画から収穫。さらにそれらのリザーヴワインを40%も配合るという、複雑なブレンドにより、芳醇、かつ爽やかという相反する要素を両立したシャンパーニュ

 

 

ctdr22.jpg

アミューズ

ポピーシード入りのグラスの上に肉のポップ、レバーなどなど


 

ctdr23.jpg

見た目に立体感ある手で食べられるアミューズ。

 

 

ctdr24.jpg

シャンパンとの相性も良いです。私はタルト系の土台はパスしましたが。

 

 

ctdr25.jpg

羽幌甘海老のタルタル ホワイトアスパラと胡瓜

ホワイトアスパラを立体的に立ててあるデザイン。そしてその上のクッキー土台に花とリーフ。見た目に潤しい前菜で、キャビアが添えられているのが嬉しい。

 

 

ctdr2.jpg

桜の香りを纏った蕪のロースト つぶ貝炭焼きとよもぎバターソース

つぶ貝の炭焼きも薄切りで蕪と一緒に食べやすく、美味しい1品

 

 

ctdr28.jpg

コストパフォーマンスが高いワインを選びました。季節的に最近よくいただくアルザスリースリング

2016 RIESLING VIEILLES VIGNES RIEFFEL

2016 リースリング ヴィエイユ ヴィーニュ リーフェル (6)

コストパフォーマンスが高くアルザスはミネラル感とさわやかな感じがありながらも重厚感があるというワインで私は好きです。

楽天のコメント


 

ctdr29.jpg

帆立貝のポワレ 柚子香る牛コンソメ

生帆立を使用しているとのこと。最初これだけかと思ったら


 

ctdr30.jpg

温かいスープが注がれました。

 

 

ctdr31.jpg

黄金色のコンソメスープ。帆立もボリューム感と繊維が細かく、とにかく美味しい。

 

(料理編の続きは明日)

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

 

このページのトップへ

2018年6月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikikum5.jpg本ブログでも何度も登場している いきなり!ステーキ。 2018年3月に熊本中心部にもいきなり!ステーキが出来ましたので初めて訪問しました。熊本空港、宮原サービスエリア、光の森につづいて4店舗目です。そして下通りはいきなりステーキの進出により、松本ステーキ、ステーキマニアなども含めてステーキ激戦区となりました。

 

ikikum2.jpg

店内は全席着席できます。立食イメージが強いいきなりステーキですが、やはり座って食べると落ち着きますよ。

 

 

ikikum4.jpg

ランチタイムメニュー。ステーキは厚切りレアでというのがいきなり!ステーキ。こちらの高いメニューでなくて

 

 

ikikum3.jpg

ランチの一番人気メニューの ワイルドステーキ・ライス・サラダ・スープ付き 300g 1390円をオーダーします。いきなりのワイルドステーキは美味しい。

 

ikikum1.jpg

からだすこやか茶が 300円なのですが、ゴールド会員だから私は無料。

 

 

ikikum7.jpg

いやあ、分厚いステーキが到着しました。がっつり行きましょう。もう少しバター乗せて欲しかったなぁ。付きあわせはコーンのみ。シンプルイズベスト。肉に集中。

 

 

ikikum6.jpg

到着したばかりは めちゃくちゃレア。これを焼きながらいただくのです。完食して大満足。回りはOLさん多し。最近はOLのランチはステーキ食べながら世間話になっているんですねー。TT


食べログ(掲載時点 なし)

 

 

このページのトップへ

2018年6月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

アナクラウンプラザ 熊本 ニュースカイホテル にて会合ディナーがありました。

 

anana1.jpgサーモンの軽いスモーク仕立て

トロピカルフルーツとサラダを添えて

 

軽い感じのスターターでいいですね、最近コース料理を食べていることが多く「どれだけ品数が多いんだよ」って自分でも思います。たまに丼物とか1品物、これを挟むといいんです。

 

anana2.jpgボケボケになったので小さく

冷製 枝豆のクリームスープ コンソメジュレ添え

 

anana3.jpgスズキのファルシのヴァプールと帆立貝のソテー 2種のソース

 

anana4.jpg牛フィレ肉のステーキ フォワイヨ仕立て

立体感がありますね。

 

anana5.jpgオレンジのブリュレとアイスクリーム。こちらも立体的です。

 

zime2.jpg

2次会はレストランバー Ziにてワインを飲みながら。色々食べた後、ここのメンチカツは美味しいです。3つ頼みました。

 

 

zime.jpg肉汁が出てくるメンチカツ。美味しかったです。

 


 



 

このページのトップへ

2018年6月 7日 Posted time : 00:05 | Category : 編集長コラム

stnt111.jpg

滝に行きました。全国にもいろんなところに同じ名前がある「白糸の滝」。滝は新緑のシーズンはいいですね。こちらは熊本県西原村にある「白糸の滝」益城方面からは通行止めなので、西原村の役場方面から益城へ戻る途中から山の方面に。

 

 

stnt3.jpg

パワースポット。このあたりの空気感は違います。本当にひんやりして涼しい。白糸の滝の駐車場からは遊歩道を下ってきます。いい散歩と思えばちょうどいい。滝に近くなると涼しくなる。

 

 

stnt4.jpg

近くまで行くと自然を感じます。機会があったら行ってみてくださいね。白糸の滝交流館

 

 

 

白糸の滝を背にして、イタリアン食堂というレストランがあります。白糸の滝交流会館を使用されています。話に聞いていましたのでランチ食べてきました。本格的です、地の栽培もの野菜・肉も含め美味しいです。パンも美味しいらしい。客席20席あまり。長陽村から地震の後移転されたようです。満足度高くリピーターが多いらしい。最高のロケーションです。店舗内・料理も撮影禁止ということで残念ながらレポできません。

 

 

stnt6.jpg

駐車場のそばには「楽や」という建物があり、ここも地震の後西原村から移転された豆腐・カフェです。ランチもあるようです。

 

 

stnt11.jpg

白糸の滝とセットで訪問するのが良さそうです。

 

 

stnt7.jpg

1階の小上がり休憩席。


 

stnt5.jpg

落花生豆腐が有名で、ごま豆腐とか販売されています。

 

 

stnt8.jpg

2階もカフェ休憩空間

 

 

stnt12.jpg

私はコーヒーのみですが、子供はさっき食べたばかりなのに豆乳パンケーキ、バニラ&あずき 700円を食べました。

 

 

stnt9.jpg

コーヒー

 

stnt10.jpg

ふわふわしていて美味しそうなパンケーキ。

 

パワースポットの滝に癒されました。TT

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

irty20.jpg

熊本・上通りから脇の方に入った所、丁度日航ホテルの裏側のロケーションあたり、和数奇司館ホテルの1Fにある飲食店街。

 

 

irty19.jpg

奥の方、右側にIRATY(イラティ)があります。オープンして10年くらい経過するんですね。小さな入口ので看板を見ておかないと通り過ぎます。評判がよいスペイン・バスク地方の料理を提供するお店ということで私のチョイスで4名の会合で利用しました。バスク地方ってスペインとフランスの国境あたり。どういう料理かはわかりませんけど、こちらのIRATYは炭火焼き系の料理が有名。

 

 

irty21.jpg

お店はカウンターとテーブル席。今日も11名のお客さんですから、10名+でいっぱいになる小さなお店です。行くときはTELしてからが良さそうですね。

 

 

irty22.jpg

天井からぶらさがっているのは、「豚の骨」生ハムのあとの骨ですね。つりさげられているのが取れて、頭にガツーン!てきたら大変なことになりそうと考えて。

 

 

irty23.jpg

前菜・野菜・肉と色々と炭焼きもあるのですが、面倒なのもありますので、今日はお店のおすすめの4000円のコースに+500円にしてもらい生ハムマシマシをお願いしました。

 

 

irty1.jpgirty2.jpg

美味しそう。

 

 

irty7.jpg

生ハムの盛り合わせ。色んな種類があって楽しめました。

 

 

irty6.jpg

ワインはスペイン・フランスを中心に2000円台後半から9000円くらいまで、結構豊富にラインアップされていて嬉しくなります。

FRUTO NOBLE SAUVIGNON BLANC

 

フルート・ノフ?レ ソーウ?ィニヨン・フ?ラン  3900yen

有機栽培(ヴィオディナミ)。青みがかった淡いグリーンイエロー。トロピカルフルーツや柑橘類、ハーブのような濃厚な香りが複雑に絡み合います。


一つ一つの量は多くありませんが。

irty8.jpg

鶏白レバーのパテ パンと一緒に

 

 

irty9.jpg

焼き玉葱のアンチョビ風味。ここの有名料理の一つらしいです。玉葱をグリルしてアンチョビをかけたもの。シンプルだけどワインに合って美味しい。


 

 

irty11.jpg

細いアスパラガスの炒めもの

 

 

irty12.jpg

RESALTE CRIANZA 2011 6800yen

リサルテ クリアンサ

 

ペスケラクリアンサを飲もうと思いましたが、今日はリサルテ クリアンサ。初めてです。さすがテンプラリーニヨ種。

テロワールの違うブドウを使い、複雑味を持たせ、力強さの中にもエレガントさを感じられるワインです。力強い味わいと心地よい酸、熟したタンニン、クリーミーさが持続します。ここ

 

 

irty13.jpg

魚の炭火グリル

 

 

irty14.jpg

肉のグリルが3種類出てくるとのことでした。先ずはチキン

 

irty15.jpgirty16.jpgirty17.jpg

スペアリブ。少し記憶が曖昧に・・・

 

 

irty18.jpg

別にデザートを頼んで食べて終了。こちらは同行者が頼んだもの。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sans17.jpg

東京駅丸の内側。工事も終わり芝生が綺麗に。日本の玄関口、外国人観光客がカメラで撮影する風景。辰野金吾の傑作としてこうして引き継がれている駅舎はビル駅より趣があっていいですね。

 

 

sans18.jpg

芝生を見ながら 今日の目的地は丸ビル。


 

sans19.jpg

こちらのエレベーターで35階のレストランフロアーに。上層階は高級店が多い。

 

 

sans29.jpg

オープン前なので扉が閉まっていますが、ここがSANS & SAVEURS(サンス・エ・サヴール) レストラン ひらまつ 系列のフレンチです。Sens & Saveurs (サンス・エ・サヴール)とは、フランス語で五感の追求を意味します。プルセル兄弟の想いを料理にしてあり、"プルセル・キュイジーヌ”は、フランス・ラングドック地方並びに地中海料理を基本コンセプトとしています。

 

sans1.jpg

BI食倶楽部です、眺めのいい場所の個室を。店のセレクションは私ではありません。


 

sans4.jpgワインラバーズばかりではないのですが、ワインは私が選んでいいですよ、と。でも今日は価格を考えて選択します。


 

sans2.jpg

パレスホテルや皇居などの眺めがすばらしい。しかし美味しいフレンチには眺めは副産物にしかならない。

 

 

sans3.jpg

ヒラマツ名がプリントされた DELAMOTTE BRUT シャンパンで乾杯。

 

 

sans5.jpg

よく冷えています。無難で普通に美味しいに決まってます。

 

 

sans6.jpg

一口前菜

 

 

sans8.jpg

新玉ねぎのクレームブリュレ風だったような。

 

 

sans7.jpg

2009 LOUIS JADOT PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS

ルイ・ジャド ピュリニィ・モンラッシェ レ・ルフェール (12)

ルイ・ジャドのシャルドネなら大丈夫だろうと踏んだが、どうにも私の口にもどうにも今日は合わなかった。失敗したと思いました。ゴメンナサイ。

 

 

sans9.jpg

高知県土佐 日戻り鰹のグラヴラックス 赤玉葱と林檎のサラダ

ガスパチョのジュレ ライムのクリーム

宮崎県小林市産キャビア<皇帝の涙>のタルトレット

最近国内産キャビアって増えてますね。


 

sans11.jpg

木の芽と山椒の香る仙台産穴子のヴァプール

フォアグラのポワれ ポルト酒とエピスのレデュクション

椎茸と茗荷のエチュベ スープ・ド・ポワゾン レモンのエムルッション

 

 

sans10.jpg

料理品数も少ないので もう赤にします。

2012 CHATEAU DE CHANTEGRIVE CAROLINE (9)

シャトー・ド・シャントグリーヴ ルージュ 2012


グラーヴのワイン。アンジェリュスのオーナーがコンサルタントを務める、パーカーも大絶賛のシャトーです。近代的な醸造設備と十分な樽熟成によって、飲み応えのある、質の高い赤ワインが完成しました。果実味と酸味、タンニンのバランスに優れた、根強い人気を誇る逸品です。



sans13.jpg

ポークローストを見せられて

 

 

sans14.jpg

燻製したロース肉のロティ ドライフルーツのチャツネ

馬鈴薯とフロマージュブランのピュレ ピスタチオのクランブル

焦がしオニオンソース


 

 

sans12.jpg

ボルドーの後はこれがいんでしょうね。以外にワインリストは4ページくらいしかなくて少ないなぁなんて思っていました。

2005 COTE ROTIE PRINCE DE MONVERT  (11)

スパイシーなワインはポークによく合う。私はさっきのボルドーよりコートロティがいいと思いました。

 

 

sans15.jpg

温かなパイナップルのコンソメ

リ・スフレのガレットブルトンとミントのジュレ

静岡県産山葵のアイスクリームを添えて

 

 

sans16.jpg

茶菓子

 

値段は12500+サービス13%、消費税8%なんですが、満足度が・・・という感じ。今日はこれは良かったという1品の思い出が残ってないですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

サンス・エ・サヴール

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

5月の週末の土曜日に結婚式に出席しました。社内で知り合われた二人ということで結婚式の出席者も役員・幹部・社員・同僚含め出席者の約半数が会社関係でした。結婚式も14:30スタートでしたので、ランチとディナーの間であまりお腹が空いていない時間でした。

 

kkrk10.jpg

前菜 チャイナオードブル フレンチスタイル

フランス料理の飾り付け風の中華前菜ということですね。

 

 

kkrk1.jpg

御造り

みやび鯛へぎ造り 天空鮪角造り 九州産車海老 あおり烏賊 あしらい


 

kkrk2.jpg

椀物

季節の真丈 清汁仕立

 

 

kkrk3.jpg

魚料理

鯛の広東蒸し

 

 

kkrk4.jpg

オマール海老とホタテ貝のハーモニー

 

 

kkrk5.jpg

熊本県産牛ヒレ肉のステーキ

季節の野菜添え おろし味噌だれ

ご飯は赤飯お持ち帰り

 

kkrk7.jpg

デザート

 

kkrk8.jpg

茶菓子(チョイスデザート)


 

kkrk6.jpgH夫妻お幸せに! TT

 

KKRホテル熊本にて結婚式

 



 

このページのトップへ

2018年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iseh3.jpg

京橋に宿泊していましたので、ランチにやってきました、この通りに有名な焼鳥屋さんが3軒あるとかで鳥鳥ストリーと呼ぶ人もいるとか。しかも美味しい焼鳥屋さん。地下鉄京橋駅から徒歩3分。

 

 

iseh2.jpg

道の奥から 食べログ 3.59の 栄一さん

 


 

iseh1.jpg

レトロ外観の 都鳥(みやことり) 食べログ 3.51


 

 

iseh4.jpg

今日訪問するのが、なんと大正10年創業 伊勢廣(いせひろ)さん。京橋本店もレトロです。ここが本店。帝劇、銀座、ニューオータニ、日本橋高島屋とそうそうたる場所にお店がある焼鳥の名店ですね。11:30の開店の10分前なら楽勝だろうと思ったら・・・

 

 

 

iseh16.jpg

10分前には20人・・・人気店すごい。

 

 

iseh17.jpg

午後から用事もありますので、1回転目に滑り込みたい。どうにか滑り込みました。

 

 

iseh6.jpg

メニューは焼鳥丼か定食。

他の人の注文を聞いていたら、5本定食か5本丼が多い。5本は ささみ・もも肉・団子・皮身・肝類。肝は今日はいらないので、肝がカットされた4本丼 1550円に決定。ご飯は普通盛り。

 

 

iseh7.jpg

山椒・塩・七味唐辛子の 3点セットは欠かせない。柚子胡椒とかいってはいけない雰囲気。

 

 

iseh5.jpg

カウンター越しに焼いてるのを見るのは良い。今日はカウンターではなくそばのテーブル相席だった。

 

 

iseh8.jpg

お茶とお新香

 

 

iseh9.jpg

スープがあまりにも濃厚コラーゲンでびっくり。こんなに濃いなんて。

 

 

iseh10.jpg

入店して30分ほど待ちました。ようやく丼が着丼。普通盛の丼では鶏がぎっしりに見えます。でも1本1本が大きくてどっしりして。

 

 

iseh13.jpg

いやー食欲をめちゃくちゃそそります。

 

 

iseh11.jpg

こんな焼鳥丼って食べるのはじめてです。皮も肉が付いていて単なる脂っぽい安い皮と違うわ。

 

 

iseh12.jpg

つくねがいい仕事しているわ

 

 

iseh14.jpg

ご飯を食べているというより焼鳥を食べてるんです。焼鳥もプリプリ旨く、ご飯大盛りもいけるでしょう。回りのサラリーマンの方も一生懸命丼をかき込んでいます。うな重もいいが焼鳥丼もいいねー。

 

 

iseh15.jpg

塩つくね、これは美味しい。今日は焼鳥丼のうまさにめちゃくちゃ感動しましたよ。行列してでも食べたくなる。焼鳥ストリート3店全制覇しようと思いました。また夜にワインや日本酒飲みながら伊勢廣さんの焼鳥を食べたい。


食べログ(掲載時点 3.64)

 

伊勢廣ホームページ

 

このページのトップへ

2018年6月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

麻布十番 アリエの料理後編

 


alie13.jpg

山菜と季節の貝類 新玉葱のムースと黒酢のヴィネグレット

貝類はあまり得意ではないのですが、こういう風に野菜とマリアージュされると嬉しく、白ワインともども美味しくいただけます。


 

alie22.jpg山形県産グリーンアスパラガスとリ・ド・ヴォ―のムニエル タイムの泡とクルミ、狼桃

野菜が美味しい。狼桃はトマトの銘柄です

 

 

alie21.jpg

オコゼのポワレ サラダ菜とウィキョウのクーリ

見た目にも鮮やかなグリーン。ウィキョウのソース


 

alie14.jpg

ブルゴーニュの赤は飛ばして

CHATEAU LEOVILLE BARTON 2008 SAINT-JULIEN

シャトー・レオヴィル バルトン サンジュリアン (20)

サンジュリアン2級のボルドー・グランヴァン。比較的値ごろ感はあるワインですが、サンジュリアンの格付ですからカベルネ 74%、メルロー 23%、カベルネフラン3%で濃厚な果実味と余韻を発揮するワイン。




alie18.jpg

合わせるメインは

今帰仁アグー 3種の部位をそれぞれの調理法で

沖縄のなきじんアグーです。牛フィレよりポークがいい時もあるんです。しかもこのように食べ比べできるなんて面白いし、それぞれがとても美味しい。なんという嬉しさ。腸詰も美味しいわ。

 

 

alie19.jpg

ボルドーグランヴァンを飲んだ後に飲む赤といったら、ローヌです

CHATEAU LA NERTHE 2007 CHATEAUNEUF-DU-PAPE 

シャトー・ラネルト シャトー・ヌフ・ド・パプ

ブドウ品種:グルナッシュ48%、シラー29%、ムールヴェードル22%、サンソー0.5%、その他0.5% 

スパイシーさのあるヌフ・ド・パブが開いていくのがいいです。今日は飲みすぎてしまう。


 

alie17.jpg

赤パブリカとブラッドオレンジのマリアージュ

 

 

alie15.jpg

エスプレッソと茶菓子

 

相当満足感ありますが、余韻を堪能するためにデザートワイン

 

 

alie16.jpgPLANETA PASSITO DI NOTO 2016

プラネタ パッシート・ディ・ノート 2016

 

プラネタのパッシートは、「シチリア島のユニークさを表現したモダンなワイン」を作りたいという希望から生まれました。海抜60mの畑で収穫されたモスカート100%でつくられたデザートワイン。今日も締りました。TT


食べログ(掲載時点 4.09)

 

アリエ ホームページ


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alie1.jpg

麻布十番で評判がとてもよいフレンチ「ALLIE」(アリエ)さんに会食で訪問しました。こちらも私が訪問したいと思っていたお店の一つです。麻布十番久しぶりに来ましたが昔より人がだいぶ多い気がしました。アリエさんは大江戸線麻布十番駅から南の方向へ歩いて4分程度の所、南北線麻布十番からはもっと近い。

 

 

alie2.jpg

エレベーターで4階に

 

 

alie3.jpg

個室を除けばお店は20人も入れば一杯になるようなサイズ。表参道のランベリーで岸本シェフの元仕事をされた、アリエの原島シェフと笹倉ソムリエのタグの思いが詰まったお店です。

 

 

alie6.jpg

ディナーメニューは 10000円(10%サ、税別)オンリー。この10000円というメニューはそれ以上出せばこれくらい良い素材を使って当たり前でしょう、、、という感じでもなく、しかし10000円という値段で比較されやすく、「東京で10000円でどれくらいの満足感が得れるか」という面白い所でもあるのが10000円のフレンチだと感じてます。

 

 

alie7.jpg

お酒代もかかりますが・・・

乾杯は アンリジロー(HENRI GIRAUD)の エスプリ・ナチュール (ESPRIT NATURE)。グラスで。フレンチレストランで取り扱っている所も結構ありますね。値段の割にいいACシャンパンです。

 

 

alie8.jpg

アミューズは小麦をディップしていただくもの。

 

 

alie10.jpg

トリュフ入りのサワークリーム。

クリームだけいただきましたが、ふわっと香るトリュフがたまらないクリームでシャンパンに合いますね。

 

 

alie12.jpg

アミューズの2品目は

海老せんべいを纏った真フグのフリット 有明産生海苔のソース

原島シェフはふぐ調理免許も持つ。

 

 

 

alie11.jpg

PULIGNY MONTRACHET 1er Cru CHAMP-GAIN 2015

FRANCOIS CARILLION (21)

ピュリニーモンラッシェ プルミエクリュ シャンガン フランソワ・カリヨン

今日の料理にぴったりの白。

樹齢約40年。ピュリニーの斜面上部にあり、サン・トーバンのコミューンに隣接するプルミエクリュ。上質の酸やミネラリーな性質を備えた透明感あるワインが生まれる。アプリコットや桃のエネルギッシュな香りにほのかなトースト香やミネラルのニュアンスがグラスから立ち昇る。内にひそむミネラルと酸がエネルギッシュなキャラクターをワインに添える。

 

(料理後編は明日)

 

食べログ(掲載時点 4.09)

 

 

このページのトップへ

2018年5月31日 Posted time : 00:07 | Category : 編集長コラム

pcr11.jpgパレスホテル東京に来ました。東京都千代田区丸の内 1ノ1ノ1。旧パレスホテル時代から続く 1964年創業のフレンチ「クラウン」に行くためです。ホテルのフレンチはビジネスユースも含め、短い時間でのランチなどに対応している場合が多いのも理由。1時間以内にランチを終えたい。「クラウン」は以前はミシュランの星を取ったことこともある有名店です。

 

pcr12.jpg

クラウンは和食 和田倉もある6階に位置します。この入口を見た瞬間から気持ちが高まる。

 

 

pcr13.jpg

シャンパングラスのオブジェのあるこの回廊を通ってダイニングに。こういうコリドーは気分が高まっていい。夜だと特にドレスアップした女性はいいんじゃないだろうか。と想像する。

 

 

pcr21.jpg

丸の内のオフィス街や皇居の緑を眺めながら、グラスシャンパン(ノンアル)で乾杯。お客さんの入りはいいようです。6階の割には高い眺め。

 

 

pcr14.jpg

5500円、6500円、8500円、11000円、14000円のメニューがありますが。

エクスプレスは5500円。今日は6500円にします。予定時間なども聞かれホテルのサービスに感謝。

 

 

pcr1.jpg

アミューズ。

枝豆の中のクッキーアミューズ。

 

 

 

pcr2.jpg

鮪のアミューズ。

さわやかで嬉しいし、美味しい。

 

pcr3.jpg

さっと米粉パンを準備していただきました。サービスもきびきびしていて気持ちいい。リスト見ましたがワインは相当ストックがありますね。

 

ここからはチョイスメニュー

 

pcr4.jpg

ロワール産ホワイトアスパラガスのグラタントリュフの香り/ イベリコベジョータの生ハム


 

pcr5.jpg

立派なアスパラ。食べごたえあり、お皿も熱くて本当に調理した美味しさをいただけるし、美味しくて感動しました。

 

 

pcr6.jpg

金華豚ロース肉のグリエ/ ラタトゥイユを合わせたスムール/ ラヴィゴットソースと豚足


 

pcr7.jpg

肉の火入れ加減と丁寧な仕事、脂身と肉のコンビネーション。豚が食べたい気分だったので、特にテンションがあがります。2つも食べれるかなと思いましたが、美味しくてこれもいけました。クラウンさんは美味しい。

 

 

pcr8.jpg

ヨーグルトムースと柚子のクレーム/ ドライフルーツのケーキ/ 青林檎と紫蘇のソルベ

さわやかなヨーグルト柚子のコンビネーション。

見た目も私が好きなタイプ。至高のキュイジーヌモダンの1シーンをランチで味わいました。ここは夜にもっといいメニューをいただく価値があるフレンチだと思いました。


 

pcr10.jpg

器も洒落たエスプレッソと茶菓子。

どれもすばらしい。

 

pcr9.jpg

細かい仕事に見入ってしまう。

 

クラウンさん、私がいままで訪問したフレンチの中でも ランチでこれだけのハイパフォーマンスを感じたお店では上のほう。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)

 

パレスホテル東京


 

 

このページのトップへ

2018年5月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

susit1.jpg

東京駅の大丸で少しの間、お寿司屋さんにお付き合いしました。すし鉄で、隣は鰻の「伊勢定」です。

 

 

susit2.jpg

デパートのお寿司屋さんなので、価格はそんなに高くないです。

 

 

susit3.jpg

カウンター席が2列、テーブル席という構成。テンションが上がるわけではないのですが、これを見てテンション急上昇。

 

 

susit4.jpg

アルガワインがあーるじゃないですか。こんなところで会えるとは思いませんでした。

山梨国産、勝沼醸造。

社長の有賀さんとは以前会っていました、元気にされているかなぁ。その時よくいただきました、アルガワイン。

 

 

susit5.jpg

アルガブランカのデミボトル。2000円くらいだったと思います。


飲み口すっきり。本当に日本のワインかと思うほど。しかし日本固有種「甲州」のポテンシャルはすごいな思います。お寿司屋さんでアルガブランカ。いいな。

勝沼醸造ホームページ

 

 

 

susit7.jpg

とり貝など

 

susit8.jpg

穴子焼き

 

 

susit6.jpg

中とろ

 

 

susit9.jpg握りで。

 

少し食べただけです、アルガブランカはまた飲みたいです。置いてある所見つけよう。

 


食べログ(掲載時点 3.27)

 

このページのトップへ

2018年5月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

miyou13.jpg

今日のランチは東京・人形町でうなぎだ。

人形町のうなぎといえば、うなぎ丼の原点オブ原点。うなぎ丼として販売された大野屋があった発祥の地。今でも鰻屋は多い。その中でも有名な 西伊豆松崎が本店の 三好に来ました。地下鉄人形町駅からはすぐです。以前人形町でランチしたのはブラザーズハンバーガーだったなぁ。この辺りもコアな美味しいお店がいっぱいある地区だ。

ブラザーズ ハンバーガー 東京・人形町


 

miyou2.jpg

さてさて、カウンター席に座り メニューを。

 

 

miyou1.jpg

うな重は標準が 花。

今日は「月」 3,850円 にします。楽しみです。


miyou3.jpg

先ずお茶も美味しいから丁寧な仕事ぶりをうかがわせるお店だ。

 

 

miyou4.jpg

炭火で炊くご飯と炭火で焼くうなぎ、70年引き継がれたタレ。そして職人さんによる焼き。カウンターで見ていると仕事ぶりがすごく丁寧。蒸しと焼きのタイミングでご飯をうまく盛り、丁寧に平べったくする。ここは重のふたはあるが、お客様に出すときには使用しない。

 


miyou5.jpg

だいたい25分くらいして到着した。うなぎは待っても食べる時間は短い。お重にふたはない。水分が閉じ込めるのを嫌うためか。

肝吸い、香物。私の好きな4種盛。



miyou6.jpg

私もだいぶ鰻は食べ歩いたが、相当期待感があるうなぎだ。

 

 

miyou7.jpg

とてもきれいな焼き目と色をしたうなぎだ。

 

 

miyou8.jpg

裏も見てみる。

 

 

miyou9.jpg

表面はカリッとふわっと、炭のわずかな香りが。

 

 

miyou10.jpg

ご飯は私は固めが好きだが、ここのは炭火で炊くご飯。固さ水分丁度いいし、タレをかける仕事も丁寧すぎる。鰻とご飯を口に運ぶたびに幸せになる。うな重って左側から食べていくのが作法とか。

 

 

miyou11.jpg

肝吸いもいい。

とても丁寧な仕事ぶりに相当な満足感を感じる。これなら3850円払ってもいい、また来よう。そう思わせる。

 

 

miyou12.jpg

ごちそうさまでした。

人形町、日本橋の鰻屋さん訪問は楽しくなりそうだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年5月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

echik2.jpg

YAさんのブログの竹林亭を思いだし、日曜日に久しぶりに来てみました。久しぶりといっても10年以上前です。富尾団地の先の方の住宅地の中にあります。

久しぶり 竹林亭の麻婆豆腐 時々無性に食べたくなります

YAさんは辛いの苦手じゃないのかな。

 

 

 

 

echik1.jpg

竹林があるから、竹林亭か。竹がありすぎて店がわからないくらいになっている。

 

 

echik3.jpg

中華料理のお店って感じですな。


 

echik4.jpg

ランチは 1380円のみで税別。 結構強気な価格だなと。昔は1000円切っていたですね。

メインは2品か。

麻婆目的の人がおおいだろうし。


 

 

echik5.jpg

麻婆の辛さはせっかくだから、激辛


ではなくてふつう。ふつうでも辛いらしいので。


 

echik7.jpg

スープ、ライス(おひつに入ってくる、大盛りは無料)、ザーサイ。

見た感じラー油がすごいけど。

 

 

 

echike8.jpg

美味しそうだ。

 

 

echik9.jpg

そのまま食べてみますが、思ったほど辛くない。これだけの見た目なら頭から火と汗まみれになりそうだけど、サンショウは効いていますが、辛さはそうでもない。

 

 

echik10.jpg

麻婆丼にしていただく。

回りの人もご飯を沢山食べている人が多い。

個人的には塩分濃度が高い気がするんですよね、塩ケが強くてご飯が食べたくなるみたいな。



echik11.jpg

ブロッコリーと豚肉のオイスターソース炒め

これも塩分は高いようです。後ですごく喉が渇きました。

 

 

echik6.jpg海老と彩り野菜のさっぱり炒め

 

食べログ(掲載時点 3.39)

 

このページのトップへ

2018年5月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

土曜日の夜遅くなったので博多駅で夕食を食べることにしました。車も運転しないといけないので、ワイン抜き。残念ですが。どこにしようかと考えて、初めて訪問するここにしました。バイキングで野菜が食べれそうだから。ワインの誘惑はありますが。

 

budok12.jpg

ぶどうの樹

福岡では結構有名なバイキングのお店です。

 

 

budok1.jpg

US産、AUST産、国産のお肉があります。一番安いものは1600円から佐賀牛まで。

肉を注文すれば+300円でさらだ、スープ、パン、ライスなどのビュッフェが着いてくる。ここが重要。

 

 

budok3.jpg

今日は何の肉にしようかと

 

 

budok2.jpg

旨食感という文字と ビュッフェも食べるので 肉は150gの国産牛サーロイン 3000円にします。

 

 

 

budok4.jpg

150gで1000円のメニューもあるんですか。

 

 

budok5.jpg

店の入り口近辺にバイキングはあります。サラダ。デザート、ドリンクも各種あります。

 

 

budok6.jpg

食べませんでしたが、まるい豆腐(まるとろ豆腐)もある。

バーニャカウダ食べ放題がいいよ。ワイン飲んでいたら嬉しいな。しかもこのソース美味しかった。


 

budok8.jpg

牛すじと大学芋も食べ放題。

牛すじとワインもあうしなぁ。



budok7.jpg

バーニャカウダと 牛すじをいただきました。ブロッコリーお替り。

 

 

budok10.jpg

肉が到着。皿に乗っている写真を想像していましたが、鉄板でした。150gとはいえ結構なボリュームに感じます。

 

 

budok9.jpg

分厚く切っているので、いいですね、旨みがあるはず。

 

 

budok11.jpgうん、想像した以上にいけます。

隣の人が飲んでいるワインがとても美味しそうだった。かなりの満足感を感じました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.13)


このページのトップへ

2018年5月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

marus1.jpg

2次会は金曜日ということなので、全然どこも空いてない、福岡。10人くらい2次会に行くというので、私がボトルワインを飲みたいので「バル」をキーワードに検索したお店をどうにか予約。ハコが大きい所でないと無理ですね。中洲のパーク中洲ビルの3階です。2次会だからそんなに皆さんも店を気にしていない。

 

 

marus2.jpg

個室チーズ&肉バル マシェール おじさんだけでバルだ。

 

 

marus3.jpg

メニューこんだけ、と目がテンになったが、和食膳屋のメニューも頼めるというから同系列なのだろう。それにしても洋食メニューは少ないんじゃない。

しかも・・・・確認しなかったミスですが、ボトルワインがない。ハウスワインの赤白しかないとのことで、かなり撃沈しました。バルでしょう。。あー今日はついていない。


 

marus4.jpg

皆さんこれを食べたいと。

チーズタッカルビ。 去年のブレイク韓流メニューですよ。インスタ映え。

よし、タッカルビにしましょう。2人前を二つ。おじさんタッカルビ。

 

 

marus8.jpg

アヒージョあたりをおつまみにと思ったが、オリーブオイルの量がすごすぎで具材が少ない。

 

 

marus6.jpg

かなり肉のぶつぎりがでかいタッカルビ。周りのチーズは3種類くらいブレンドされているようですね。とりあえずコンロの上でぐつぐつ。

 

 

marus7.jpgこの鶏肉はボリュームがありますね。でもとろけるチーズの量が少ないせいかあまり肉にからまない。

 

 

marus9.jpg

いやこれはでかすぎだから、カットしました。

明日のゴルフの話でも盛り上がり、結局今日の10人の中では一番優勝しそうにない人が優勝するという結末になりました。

 


食べログ(採点なし)


 

 

このページのトップへ

2018年5月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のホテルニューオータニ福岡の中華では、あまり良い記憶がなかったが、今日の洋食宴会メニューはどうでしょうか。中華のようなことがないことを。

 

noth8.jpg

前菜・スープ、魚、肉、デザートの5品構成のメニュー。

 

 

noth1.jpg

北海道産貝柱の香ばしい炙りとカナダ産オマール海老

フランス産マグレカナールのロティ―のアンサンブル

小さな森のサラダを添えて

 

 

 

noth2.jpg

森のサラダに秘密があるようで。スポイトの中にはドレッシングが入っていて、それを海老などに自分でかけるようになっている。説明の前に食べちゃっている人いるよ。

 

 

noth3.jpg

今日の宴会ワインは、LE CAVALIER BLANC 。白も赤もテーブルワインすぎよ、明日は二日酔いしたくないので、このワインは飲むのを中止しました。赤も少し飲んでみましたが、ランクは低いワインだと思います。


 

noth4.jpg

佐賀恵?白アスパラガスの濃厚なポタージュ 白雲のカプチーノのように

生ハムとオリーブオイル アーモンドの香りと共に

能書きが長いメニューだなぁ。あまり印象に残っていません。

 

 

noth5.jpg

福岡県鐘崎産天然「鱧」スズキと 博多一番鶏のクリーミームースのデュオ

香ばしく焼き上げたアンクルート仕立て  輝くミロワロールソースヴァンルージュとショロンソースの2種ソース

これも長いメニューだ。フライみたいになっている。


 

noth6.jpg

キャノンで仕立てた国産牛ヒレのロティ― 華やぎたつリッシュグレイビーソース

ソースがあるから肉も美味しく食べれました。

 

 

noth7.jpgレモンムースとラズベリーシャーベット 紅い果実を添えて

 

二次会は居酒屋に行くことにしました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J.J.モルチェ (白) ル・カヴァリエ・ブラン
価格:906円(税込、送料別) (2018/5/18時点)


 

このページのトップへ

2018年5月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tknk2.jpg熊本駅、また竹乃屋さんに来ました。飲食店は沢山あるのですがグルテンフリーのニーズに対応できるお店は以外に少ないのです。写真は前回のものを流用。

 

tknk3.jpg

炭火もも焼き、イベリコ豚は食べましたので、今日は 639円(税抜)の焼きサバにします。結構人気メニューですね。どうもランチメニュー以外にも夜のメニュー(居酒屋メニュー)も頼めるようでしたので、チャーシューを頼みました。300円台のメニューです。


 

tknya1.jpg

結構なボリュームで、食べるラー油ががっつりかかっています。これを食べながら定食が来るのを待ちます。

 

 

tknya2.jpg

段々お腹も満たされてきたのですが、チャーシューを食べたためサバ2枚(青森八戸沖のサバらしい)は結構多いなぁ。1枚でいいかも。

 

 

tknya3.jpg普段でもこれ2枚あると結構なボリュームで、サバ食ったなー って感じがします。福岡出張前のランチの一コマでした。TT

 



 

このページのトップへ

2018年5月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aqb12.jpg

東京・銀座線外苑前に来ました。港区北青山は10年ほど勤務した場所ですので特に思い入れがあります。そしてこのアクアヴィット(AQUABIT)訪問したいと思って、店のオープンからはほぼ10年。外苑前のレクサス青山の奥の方にある、クールでオシャレな外観のお店現在ニューヨーク店はミシュラン2つ星の現代北欧料理(モダンノルディック)のキュイジーヌです。こちらはトニーローマやウルフギャングステーキハウスで有名なWDIグループの店舗です。今回はランチに連れてきていただきました。


 

aqb13.jpg

北欧家具や北欧インテリアで店内は統一。スタイリッシュな空間ですね。天井も高い。

 

 

aqb14.jpg

ランチは2種類あり、3500円のプリフィックスメニューから。前菜2品・メイン1品のセレクト。お昼だしそれくらいの量が丁度良い。ビジネス系ランチミーティングにも良い。さすがにフレンチで8品とかでランチで2時間以上かかるのはノンアルコールではきつい。

 

 

aqb1.jpg

私は前菜の1品は サーモンのグラブラックス 卵黄とクレソンのソースを選択。北欧というとサーモンが美味しいので。他の方も前菜1品目は同じくサーモンをチョイス。

 

 

aqb2.jpg

大き目にカットされたサーモンとクレソンの緑色ソースが新緑を思わせる清清しい感じがします。

 

 

aqb3.jpg

パンは2種類。私はいただきませんでしたが。

 

 

aqb5.jpg

野菜のテリーヌとパルフェ 黒らっきょうのピュレ

最近フレンチでも見かけることの多い野菜のパフェ。見た目にインパクト大で、インスタ映えしますね。ふたの部分はチーズのガレット。

 

 

aqb6.jpg

中に入っている具材の説明も受けましたがよく覚えていません。

 

 

aqb8.jpg

ふたをとって近接写。ヘルシーな1品です。

 

 

aqb7.jpg

野菜のテリーヌ。一口でぱくっといけばよかった。周りを外したら中の野菜がぼろぼろこぼれて食べにくかった。

 

 

aqb4.jpg

相手の方は 豚喉肉とレバーのパテ 鶏玉と野菜のピクルス

 

 

 

aqb9.jpg

メインの魚は スズキのポワレ

野菜のソースだった。

 

 

aqb10.jpg

お肉の方は 信玄鶏のロースト 新じゃがいものエクラゼとムール貝

 

 

aqb11.jpg

デザートは抹茶とおもいきや、青菜のデザートムースといちご。さっぱりとしたテーストでした。アクアビットさんにはワインのラインアップもあるので、本当はディナーで美味しいワインを飲みながら料理をいただきたいところです。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

アクアヴィット ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sansy1.jpg

今日はBI食倶楽部にて東京・汐留にあるこちらのパークホテルへ来ました。エレベーターに乗って上層階のパークホテルロビーへ。花山椒の26階の個室ダイニングで会食です。

 

 

sansy2.jpg

献立は随時変更となりますので、丁度メニューチェンジの時期に重なり、今はこの料理ではないと思います。


 

 

sansy3.jpg

【先付】

海老の白和え フルーツトマト釜 キャビア 揚げ大葉

少しでもキャビアがあると嬉しくなるなぁ。



 

sansy4.jpg

【八寸】

筍木の芽和え、蓮麩田楽、卯の花玉子、水蛸柔煮、新じゃが芋寄せ、桜花蓮根、ちーず西京漬け、天豆、小鯛の桜押し寿司

色んなものが少しづつ

 

 

sansy5.jpg

白ワイン: グランポレール 長野 ふる里ぶどう園 シャルドネ

赤ワイン: ニュージーランド シレーニ セラーセレクション ピノノワール


値段を考慮して赤ワインを飲みたい人向けに私がセレクションしましたが、SILENIどうも今日の和食に合っていないようです・・・ごめんなさい。

 

 

 

sansy6.jpg

【椀物】

あいなめ葛打ち 丸茄子 笹打ち茗荷 冬瓜 梅肉

 

 

 

sansy78.jpg

【造り】

石鰈(かれい) 本鮪 牡丹海老 妻色々

お刺身は本当にこれくらいの量がいい。

 

 

 

sansy8.jpg

【焚合わせ】
白焼き穴子生湯葉巻き 葛餡掛け 雲丹 菜の花 山葵

sansy111.jpg

【焼き物】

近江牛網焼き レフォール レモン 醤油

見た目以上に脂が乗ってやわらかいお肉でした。

 

 

sansy7.jpg

CHATEAU CANTEMERLE 2011 HAUT MEDOC

先ほどのワインセレクションは失敗しましたので、これくらいは飲まないと美味しくないと思われる比較的無難なワインをチョイス。といってもいただいたワインリストの赤では一番高額なものですが。すごいワインは置いていないの・・・

オーメドック第5級ワインで2011年ですから、しっかりバランスのよい飲み頃ワイン。しかし実力は3級に匹敵するという評価があるグランヴァン。私もこちら寄りのワインが好きですね。最初からこちらにしとけばよかったんです。


 

sansy9.jpg

【酢の物】

細もずく 子持ち昆布 蛍烏賊 針ラディッシュ 割り酢ジュレ

 

 

 

sansy10.jpg

【食事】

うすい豆ご飯 ちりめん雑魚 赤出汁 香の物

うすい豆ご飯って濃い豆ご飯っていうのもあるんでしょうか。

 

 

sansy11.jpg【水菓子】 季節のフルーツ

 

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 

 

このページのトップへ

2018年5月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

「編集長、ペッパーライスがだいぶ癖になっているようですね」とお話をいただきました。まだその方はペッパーライスを食べたことがないというので、ぜひ一度おすすめしました。C級グルメといえど癖になるこの味とは。ペッパー(胡椒)というのは癖になるんでしょうか。

 

ppfss5.jpg

ステーキとかハンバーグとかメニューはありますが、やはりお肉たっぷりビーフペッパーライス 900円です。それにチーズトッピング +100円(これは楽天ポイントカードで無料)

 

 

 

ppfss6.jpg

コーンの食感が邪魔なので、今日はコーンを抜いてもらいました。相当勢いよくジュージューいっています。

 

 

ppfss1.jpg

さっそくチーズを投入し、軽くかきまぜます。チーズを注文しないとこのとろーり感は味わえません。

 

 

ppfss2.jpg

熱々の鉄板ですから、すぐにチーズが溶けだします。この変化を見ているのが面白い。

 

 

ppfss4.jpg

お肉たっぷりバージョンだとお肉がたっぷりで嬉しいですね。

 

 

ppfss3.jpg

チーズの部分が美味しい。ビーフペッパーライスはありそうでなかなかないフードです。チーズドリアやビーフライスとも違うこの癖になる味。ご飯にかかっている特製のタレとペッパーでしょうか。お肉たっぷりビーフペッパーライス+チーズで食べてみてください。

冷凍のビーフペッパーライスも通販にありますので、一度食べてみたいと思います。TT

 

 

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ベーコンチーズペッパーライス


食べログ(掲載時点 3.02)

 

このページのトップへ

2018年5月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

brrk1.jpg

2017年12月にオープンした BAROCCS(バロックス)にランチで行ってみました。熊本ホテルキャッスルの裏のオークス通りの1階にあります。こちらはハウディニュースのブログでも2月に女子会にぴったりの肉バルとして登場した、当社の肉系女子オシのお店です。

熊本市オークス通り 女子会にぴったりな肉バル BAROCCS(バロックス)

 

 

brkk3.jpg

店内はオープンカウンターキッチンと奥に結構広い感じ

 

 

brkk2.jpg

ランチメニューは、ハラミステーキ、ハンバーグ、カレー、ビーフシチューなど。

ローストビーフ丼のあとのクエスチョンマークは何なんでしょう。ローストビーフ丼じゃないのかな。


イチオシメニューっぽい、特選牛 ハラミステーキにしようと思います。100gは少ないと思ってダブルの200gにしてみます。



brkk4.jpg

ステーキですので、焼いて切って出てきます。調味料は3種類。塩以外のタレ(醤油ともう一つ)はそんなにパンチはなかったです。


 

 

brkk5.jpg

食べ進みましたが、噛んでいたら200gでも今日は量が多く感じました。自分では普通のステーキの方が好みだとわかりました。ご飯のおかずよりワインの相手としていいかもしれません。TT

 


食べログ(採点なし)

 

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

chayam1.jpg

東京汐留のロイヤルパークホテルに泊まっていた時はたまに訪問した、チャヤマクロビさん。オープンして15年ほど経つんですが、久しぶりに訪問してみました。そばに資生堂や日本テレビなどもあることから、OLさんでにぎわっているイメージがあったのです。夜も何回か来たことがあります。


 

 

chayam10.jpg

野菜主体のメニュー。やはり3,4年前とはメニューは少し変わっているようでした。チャヤマクロビは神奈川葉山のフレンチ日影茶屋の系列で20年位前ですね、東京ではCHAYAブームみたいなものもありました。素敵なレストラン。監査役に角田雄二さんがおられるように、スターバックス・ハンバーガーのシェイクシャックをを日本に持ち込んだ角田さんはCHAYAに養子になってからこれらの事業を開始されました。


 

chayam2.jpg

開放的で天井が高い店内

 

 

chayam4.jpg

今日はほとんど一番早いお客さんでした。

 

 

chyam5.jpg

物販スペースもあります

 

 

chyayam3.jpg

野菜主体のメニューが多いです。(クリック拡大、戻る)

 

日替わりメインアンドデリプレート マクロビメインで 1480円ですが、今日は魚に変更して 1580円。 マクロビメインは豆腐系の揚げ物。1000円前後ならまだしも1500円クラスとなると軽いランチにしては少しお高めという部類に入りますね。

 

 

chayam6.jpg

昔の方がサラダが多かった印象です。最近肉ランチが多かったせいか、今日は野菜、魚、玄米の軽ーいランチを体が欲しています。

 


 

chyam7.jpg

すずきのグリル。梅っぽいソースがかかっていた。

 

 

chayam8.jpg

色んな種類の野菜を食べて。

 

 

chayam9.jpg

国産有機玄米ごはん。かみごたえもあるし、ヘルシー。

野菜のマクロビフォーとか体にいいメニューがあるので、こういうお店も近くにあるといいけど。たまに使いたくなる。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

茶屋グループ

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fksn1.jpg

ゴールデンウィークに子供を連れて天草に潮干狩りに行こうと思ったのですが、あいにく雨でまた干満の時間帯も悪かったため諦めました。ということで天草気分でも味わわせようということで、天草に本店がある 海鮮家 福伸さんに来ました。強引なこじつけです。

銀座通りの地下にあります。店は大変綺麗です。子供も綺麗なので気に入っていました。

 

fksn2.jpg

GWなので、いつもの安いメニューのランチはなくて、通常メニュー(上クリック拡大)といくつかありました。

 

 

fksn3.jpg

私は刺身御膳 1400円にしてみました。サラダ、小鉢、茶碗蒸し、香物。茶碗蒸しはやけにスープみたいにゆるやかでした。

 

 

fksn5.jpg

ご飯とみそ汁、刺身。

みそ汁にはちぎり南関あげが入っていました。いいね、いいね。

 

 

fksn6.jpg

刺身は5種盛。そこそこボリュームがあります。ひらめが美味しかったかな。

 

 

fksn4.jpg

子供たちは寿司5貫と天ぷらセット 1350円。これにサラダ、味噌汁、茶碗蒸し

見ているとお子様セットに見えるがそうでもない。サビ抜きです。

 

 

fksn7.jpg

 

炙り穴子の棒寿司 1200円も。一口サイズで美味しいです。テークアウトもできるんだそう。

 

前回来たときは 海鮮ひつまぶしを食べたなぁ。

海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店 丼をかき込むのもいいね

 

食べログ(掲載時点 3.24)

前回より上がってる。

 


 

このページのトップへ

2018年5月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gsm14.jpg

オープンして6,7年経過すると思いますが、繁華街の銀杏通りに位置する、焼肉 孫三郎グループの高級店 厳選孫三郎に来ました。テーブル席2と個室いくつかで28席しかないそれほど広くないお店です。「厳選」の肉を売りにしているお店です。ここには最後の訪問になります。

 

 

gsm23.jpg

というのも 5月12日を最後にクローズして、5月22日に移転リニューワルだからです。西銀座通りに移転するそうです。

 

 

gsm1.jpg

6名で来店し、4名テーブルの2つ使用。

 

 

gsm2.jpg

テーブルにセッティングされた、タレは左から

食べる生姜タレ、自家製ポン酢鬼おろし大根、特製醤油だれ(20種類以上のフレーバーを混ぜて1週間熟成させたらしい)

 

 

 

gsm3.jpg

メニュー拡大。

こんな感じで写真付。

 

 

gsm8.jpg

厚切り牛タン 2160円

相当分厚いけど、切込みを入れてあるので焼きやすいし。やっぱりタンは厚切りですね。

 

 

gsm9.jpg

和牛ねぎ塩タン 1280円。厳選という名前にふさわしい薄切り牛タン。

こんな感じにさっとあぶるのがいいんですね。

 

 

gsm10.jpg

レモンを絞って

 

 

gsm5.jpg

サラダは2種類。こちらは豆腐サラダ

 

 

gsm6.jpg

究極のサラダとかいう名前で、スープのようなドレッシングが入った器に野菜が盛られていてそれを混ぜていただく。

 

 

gsm22.jpg赤身の盛り合わせ 2人前 3980円 赤身といっても赤身だらけではないよね。


黒樺牛(くろはなぎゅう)って、熊本駅の新幹線の4号車の乗車口の所にある気志團の広告のやつですね。

 

 

gsm20.jpg

焼いてみました。

 

 

 

gsm7.jpg

白菜キムチと

 

 

gsm21.jpg

熊本県産ハーブ鶏塩焼き 780円

 

 

gsm11.jpg

カルビ1人前 980円

こちらは普通のカルビ。


 

 

gsm13.jpg

肉厚

 

 

gsm12.jpg

イベリコ豚ソーセージ 780円

プレミアムソーセージだけあって、美味しい。

 

 

gsm17.jpg

終盤は ハラミの一夜漬け 1280円と

 

 

gsm18.jpg

ホルモン 780円。濃厚なたれだったなぁ、これは美味しかった。


他にも気になったメニューもあったので、またいつか来てみましょう。


 

gsm4.jpg

今日はグラスワインで 白はマルサンヌ

ボトルも2500円から色々と揃えてあります。

 

 

gsm19.jpg

ハートランド シラーズ オーストラリア 2014

 

 

gsm16.jpg

ヴィニウス シラー 2016

 

マルサンヌからシラーズそして、シラー。今日はノーマルでないワインを飲んだなー。TT

 


 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

大分都町での〆ラーといえば最近は鶏冠(とさか)が多かったのですが、最近〆ラーに全く興味ののない私は「どこでもいいよー」という感じでついていくだけ主流派。鶏ポタ食べていた頃がなつかしい。

鶏冠(とさか) 大分市都町 鶏ポタラーメン(2)

 

wanfu6.jpg

台湾ラーメンののぼりがある、中華料理「王華」に連れてきてもらいました。


 

wanfu1.jpg

温麺、冷麺 辛さ色々、25倍まで。25倍10分以内で完食で無料とか・・・すごい辛いんだろうなぁ。

 

 

wanfu2.jpg

ご飯類

wanfu3.jpg

温麺

 

 

wanfu4.jpg冷麺

 

さすがに酔っぱらっていたせいか、同行者がいただいたこれらの麺類が美味しかったかどうかの感想を聞くこともなく、

 

wanfu5.jpg餃子の餡を使った 餃子チャーハンを頼んで、半分くらい食べて残りは食べてもらいました。でも結構脂っぽくて、朝になってみれば寝る前にチャーハンなんて食べなければよかったと思う次第。〆ラーは麺抜きが胃の負担は少ないようです。TT

 

 


 


このページのトップへ

2018年5月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

tkho22.jpg

サザエ、黒ニンニク、香草バター、ニョッキ。

灰色の皿、塩を土台に。灰色の皿ってオシャレに感じる。

 

 

 

tkho21.jpg

濃厚な味でニョッキの下にサザエ。味も濃厚な味だね。サザエにはこのワイン。今日の全体の料理では私は1番これが印象に残りました。


 

 

tkho23.jpg

FAMILLE HUGEL 2015 RIESLING

アルザス・リースリング
“ヒューゲル”クラシック2015年

リーズナブルなフランスの白で、間違いない選択でシャブリやシャルドネでないとしたら、アルザスの白 リースリングで決まりでしょう。黄色いボトルのヒューゲル社のものは有名。さわやかな白。


 

 

 

tkho20.jpg

続いて西京味噌をキャラメリゼしたフォアグラと デコポン

かんきつ系とフォアグラというのは相性が良いですね。アルザスリースリングとの相性もさっぱりしていてあうと思います。

 

 

 

tkho18.jpg

見た目にも美しい

ホタテのポワレ 真鯛のクネル

 

.

tkho19.jpg

2010 CHATEAU BERNADOTTE  HAUT-MEDOC

シャトーベルナドット オーメドック

ボルドーでは外したくないので。これクラスなら大丈夫だと思います。

格付け第2級シャトー・ピション・ラランドの前所有者ランクザン夫人が1997年にラランドから数キロ程度の距離に位置するこのシャトーを取得しました。翌年からは土壌の調査に始まり醸造設備を一新するなど莫大な初期投資を行い、ラランド同様の目覚しい品質向上を果たしました。畑は35haでCS50%、ME44%、CF4%、PV2%を栽培し女性の感性が光るシルキーで滋味深い味わいのワイン造りを行っています。

下記より引用


 

 

 

tkho17.jpg

イトヨリダイ、オマール海老 包み

 

 

tkho16.jpg

口直しはキャンディータイプの冷菓

 

 

tkho15.jpg

メインは鴨でした。量が少なくて良かったです。お腹が大分いっぱいになってきたので。

 

 

tkho14.jpg

デザートを食べて終わり。でも、ワインを注ぐのは最初のグラスだけでほとんど注いでくれず忙しいのか会話も全くなし。料理はそこそこだと思いますが、サービスは・・・・、お客さんは我々の組だけ。料理って味オンリーでなくトータルのサービスだと思うのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

タカハシ ホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkho1.jpg

大分市で大分県の食材を使用したニューフレンチを提供するお店があると知り来てみました。場所は赤レンガ館とトキハ百貨店の間の道をまっすぐ進み、ふないアクアパークの角の所です。2階にお店の名前がドカンとありますので、わかりやすい。

ヌーヴェル・キュイジーヌとは新しいフレンチという意味。ヌーボーというと新酒の新という意味で使用されますね。

 

 

 

tkho2.jpg

店の入り口は1枚目の写真の左の方にあります。階段で上がっていきます。

 

 

tkho3.jpg

外が見えます。ソファー椅子は背もたれ部分が低く、座りやすいとはいえないソファーですが


 

 

tkho4.jpg

ナイフとナプキン。

 

 

tkho6.jpg

ワインはシャンパン、白、赤、この他にもページはありました。値付けはそんなに安いわけではないと思いました。

 

 

tkho8.jpg

日はリーズナブルなお酒でいくことにしました。シャンパンは止めて、

ラングロワ LANGLOIS クレマンド・ロワール ブリュット ハーフボトル

ロワール。ボランジェが社を購入した。シャンパーニュと同じく瓶内二次発酵による伝統的製法で、ベーシックなこのブリュットでも瓶熟成期間は2年とシャンパーニュの15ヶ月を超えます。値段の割にはいいと思いました。


 

tkho9.jpg

大分産椎茸のタルトとしいたけアイス

コンビネーションしていただくべくものが、アイスだけいただきました。確かにしいたけ。

 

 

tkho10.jpg

紅はるかをペーストにしてせんべいにしたもの。炭で絵模様を描いた。

 

 

tkho11.jpg

冠地鶏の一口パテと

 

 

tkho12.jpg

冠地鶏のコンソメスープ。これくらいの量と温かさがいいね。以前福岡のトアヒスで食べたダブルコンソメスープは量も多くて熱すぎた。


 

tkho13.jpg

パン。これ1種類しか提供されていませんでした。何種類があるといいんだけど、まぁ食べないんですが。他の人はね。

 

続きは明日

 

このページのトップへ

2018年5月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

umya8.jpg

熊本駅の肥後よかモン市場内の「うまや」に来ました。うまやはJR九州フードサービス経営の居酒屋で、熊本駅ではJR九州ホテルの1階にも入っていますので、以前からあるお店です。個人的感想であまりというか美味しくないと思っていた熊本駅の吉野家のそばにあった「ラーメンうまや」は無くなり、ラーメン一杢というお店に変わりました。

 


umya1.jpg

ディスプレイの中心部は牛タン、その後ろは蕎麦のセット物、ここは牛タンやそばが売りなんでしょうか・・・店内に入りメニューをみましょう。夜はもつ鍋とかも提供しているようですね。

 

 

umya2.jpg

(クリック拡大、戻る)

だご汁定食 649円って結構安いな。火の国定食は観光客向けメニューですね。

 

 

umya3.jpg

海老天も 676円とか、高菜めしとそばセットも649円とか、600円台メニューもあるとは意外と手頃価格だ。

 

 

umya4.jpg

牛タン麦とろろは 1250円。さっきまでの価格を見ると高く感じるが。チキン南蛮やヒレかつとのセットメニューも。牛タンは薄切りタイプ。提供時間も早いと思われる。これにすっか。

 

 

umya6.jpg

薄切り牛タンが6枚。

生たまごが付いているので、どうするのか聞いてみたら、TKGにしてくださいと。TKGにしたら「とろろ」の登場場所がないじゃないかと思ったが。ご飯も少な目でしたがおかわり追加料金って言われそうなのでやめた。

 

 

 

umya5.jpg

最近利休とか厚切り牛タンばかり食べていたので焼肉屋以外で薄切り牛タンは久しぶり。

 

 

umya7.jpg

薄切り牛タンは・・・食べがいは少ないかも。味がないので、塩もしくは醤油、唐辛子は必須でした。

また来てもいいが、ランチは牛タン以外には私が食べれるものがない・・・・TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

行こうと思ったお店があって上通り方面へ来たのですが、定休日でした。ということで近くにあるアジアンキュイジーヌ バーバーバー 333に来店。デックスでも登場頻度が高いアジアンレストラン。

 

baban1.jpg

前回訪問時は外装工事をしていたが終わったみたいです。

 

 

baban2.jpg

ランチメニューから、今日は久しぶりに パッタイランチセットをチョイス。それにパクチー盛+100円。

 

 

baban3.jpg

ワインの木箱テーブル。ラグランジュ・キノランクロ・ソシアンドマレ・レフィエイフドラグランジュなどボルドーのワインの木箱。このテーブルって他でも見るけど、どこで売っているんでしょうかね。ここは元イタリアンなのでしょうか。

 

 

baban4.jpg

たっぷりサラダ。

今日はいつにも増してたっぷり(増量)のような・・・ミニ揚げ春巻き2本付。

 

 

baban5.jpg

最初にパクチーだけやってきて、しばらくしてパッタイ到着。海老・厚揚げ・もやし、にんじん、など。パッタイの麺はグルテンフリーの米粉麺。


今日のパッタイはやけに茶色のイメージが強い。

 


baban6.jpg

 


そういえば前回は

 

 

 

333b6.jpg

ピーナッツとネギが乗っていたんだ。ネギは好き嫌いがあるのか今回は乗っていなかった。

 

 

 

baban7.jpg

パクチーを全部パッタイに混ぜていただきました。やはりパクチーがあると味がしまりますね、でも好きな人でないと多量のパクチーは無理だと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.03)

333までもう少し。

 

前回掲載記事

アジアン屋台 333(バーバーバー)(4) フォー

 

 

このページのトップへ

2018年5月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kikut8.jpg

年に一度打合せで訪問すること数年、アクロス福岡地下の菊竹珈琲堂。福岡の老舗ですが、どちらかというと高齢の方でいつも賑わっています。今日もぎりぎりで入店することができました。

 

 

kikut9.jpg

ランチもありますが、手作り関係のデザートが展示されていますので、インパクトがあります。

 

 

 

kikut10.jpg

中でも気になるメニューがホットケーキ。特にキャラメルバナナホットケーキです。セットで900円、単品780円。単品とセットの価格差が無い所は嬉しいですね。セットにしたら+500円とかになると・・・・


飲み物飲みたいけど、高いから単品だけでガマン。って人たまにいますからね。こんなパータンです。ホットケーキに1400円かーと思った。

 

 

 

kikut11.jpg

モンブランはセットにすると+341円も高くなる。ホットケーキの方がコスパがいいと思うけど。

 

 

kikut1.jpgガトーショコラ

 

 

kikut2.jpg

しぼりたてのモンブラン。フレッシュ感がある。

 

 

kikut3.jpg

私はグルテンフリーのマロングラッセ大福にしました。

 

 

kikut5.jpg

写真映えするメニューが欲しいので、Hさんにはこのメニュー。

CBH

キャラメルバナナホットケーキ。

バナナすごいですよ。チョコレートとはちみつが沢山かかって、ハニーハニースイート。

 

 

 

kikut4.jpg

パンケーキは手焼きで3枚。ケーキ地自体はすんなり食べれるそうです。珈琲にはホイップのサービスもあります。

 

 

kikut6.jpg

全部食べれるか心配しましたが 気がついたら

 

 

kikut7.jpg完食

 

Hさん、美味しかったそうです。菊竹珈琲堂さんはデザート目的で訪問したいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ゴールデンウィークの休日に 福岡へ仕事で行きました。熊本駅も人は多かったのですが、博多駅は人が比べ物にならないくらい多い。あまりの人人にびっくりしました。11:30にくうてんを覗いてみると、どこも行列。まるで開業当時を思い出させるような混み具合です。平日の空き具合を知っている私はびっくりしました。

 

くうてんでランチを取るのはあきらめ、穴場・・・少し離れたサンプラザが思いつきました。駅は少し離れると穴場というのが存在します。平日はサラリーマンが多いのですが、GWの休日は少ない。


 

kuraya5.jpg

博多うまかもん通り。飲食店の数はそうはないですが、どこかすんなりと入れるところはあるでしょう。ここで人気店はラーメンの一蘭と大地のうどんです。

大地のうどんは階段の中段まで行列ができていました。

 

 

kuraya6.jpg

博多駅の地下でつながっています。つるやゴルフから右の方です。一番奥が大地のうどん。

 

 

kuraya7.jpg

時間もないので、適当に居酒屋 石蔵に入ります。多少都会の新幹線駅チカにありそうなお店ですね。綺麗にはしています。石蔵の名前で何店舗か経営されているようです。

 

 

kuraya8.jpg

食品サンプルで目星をつけます。日本はこういうのがあるから外国旅行者もありがたいでしょうね。

 

 

 

kuraya1.jpg

昼メニュー。おかわりご飯・おかわり味噌汁は無料っていいですね。今日は食べませんけど。

一番安いメニューが天丼セット 780円。和定食以外は1000円以下のメニュー。

焼きさば定食 820円にします。

 

 

kuraya2.jpg

少し焼いてあったのでしょうか。以外と早く到着してくれてありがたい。漬物はまだ食べてませんよ、もう少し綺麗に入れたほうがいいと思いましたが。

小鉢はきんぴら。ご飯はそこそこのボリューム。


 

 

kuraya3.jpg

サバも半身で食べがいがありそうです。

 

 

kuraya4.jpg

普通に美味しいサバでした。行列もしなかったし、これで820円ならば妥当だと思いました。夜はサラリーマンが多い居酒屋になります。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)


 



 

 

このページのトップへ

2018年5月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bke10.jpg

ホテル日航熊本7Fにある 日本料理弁慶に来ました。最近弁慶の料理長は一ノ瀬さんから中島さんに変わられました。料理長が変わるとメニュー構成とか料理も変わりますので、今後変わってくると思われます。こちらは月替わりでメニューが変わりますので、既に終了した4月メニューとなりますがご紹介したいと思います。


 

bke2.jpg

かなり多くの食材を使ってある和食ですね、弁慶さんのは見た目よろしく味も好きな和食店の一つです。

 

 

bke1.jpg

桜海老 葉わさびのお浸し、桜葉手まり寿司、合鴨 烏賊桜和え、ふきくるみ和え、天草産飯蛸

 

 

bke3.jpg

天草産ひおうぎ貝、白身、さより、鰆たたき

ひおうぎ貝ってカラフルな色をした貝です、あまり食べたことはありませんでした。

 

 

 

bke4.jpg

土瓶蒸し

 

bke5.jpg

天草大王、若布、白ネギ、こごみ

大王の濃厚なだしが出た土瓶蒸し


 

bke11.jpg

筍青さ焼き

天草産車海老塩煮

 

 

bke6.jpg

熊本県産太刀魚なんば揚げ、アスパラ

この写真美味しそうに撮れたなぁ

 

 

bke7.jpg

天草産目張ると浅利の酒蒸し

ボリュームがありましたが、美味しく。


 

 

bke8.jpg

国産牛フィレ肉 新玉葱のソース掛け

お腹もいっぱいになってきたので、これくらいで丁度良かったです。


 

bke12.jpg

わらびご飯、香物、味噌汁

 

 

bke9.jpg

フルーツ盛り合わせ

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

このページのトップへ

2018年5月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mtm10.jpg

2015年9月オープンの熊本市街地での立食いステーキ店としては老舗の部類に入る、松本ステーキに行きました。相当久しぶりです。肉が固いというイメージがあり足が遠ざかっていたのですが、友人でここのステーキが熊本のステーキ屋(いきなりステーキ、ステーキマニア、松本ステーキ)の中では一番好きと聞いたので再訪してみました。ここも、いきなりステーキのビジネスをモデルにした地元資本の会社です。


 

mtm9.jpg

外装の造りは派手なので目立ちます。素敵:ステーキとは

 

 

mtm11.jpg

今日はランチなので、ランチから選びます。値段が安い順とか高い順に並んでいないので、全部見てから理解しないとわかりにくいです。オリジナルステーキがお店イチオシ、ヤングステーキ・カットステーキは安く肉を食べたいユーザー向きということですね。


 

mtm1.jpg

店内は以外に混んでます。ステーキ屋さんは人気があるんですね。奥の一人用立食いカウンター席に。やはり一人用だと落ち着きますね。

 

 

 

mtm3.jpg

店内で注文するタイプです。

1kgのメガステーキとかあるし、げんこつステーキとか、ピラフという安メニューもありますね。いきなりステーキのようなマイレージシステムはとっていませんので、過去にどれだけ食べたとかデータ化はできないようです。

 

 

mtm2.jpg

(クリック拡大、戻る)

通常メニューとランチメニュー。300gから注文ということですね。

今日は豪州産リブロースステーキ300g 1,833円(1,980円)にします。

ヤングステーキは開業当時は1200円だったと思いますが、50円値上げになって口臭予防タブレット37円が付いて1287円になったのでしょう、たぶん。またラーメンならぬ替え肉、追加肉のシステムがあるのも面白い。

 

 


mtm4.jpg

なんか色々書いてあるわ。300gが多い場合は少なくしないで肉のみかシェアして食べてくださいってことかー。


写真撮影OKっていいね。ダメって店もあるから。


 

mtm6.jpg

ステーキにショウガ・・・イチオシです。さっぱりするわ

 

 

mtm7.jpg

ジュージューいって到着。

ここの肉は網グリルではなく鉄板で焼いていました。だから焼き目が網目でない。こちらのほうが焼けるのが早いんですかね、焼けるのが。個人的には網目がいいんですが。

 

 

mtm8.jpg

以外にというか想像以上にお肉はやわらかく食べやすかったです。リブロースってこともあるんでしょうが、適度に脂も乗っていました。ヤングステーキ300の1.5倍するからといえば、そうなんでしょうが。ただ肉の上のバターがちょっとしつこい感じがしたのと、調味料に塩と胡椒が別々にあったほうがいいな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 7日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

肥後よかモン市場に来ました。飲食店は沢山ありますが、全制覇しようとは思いません。

平日なので比較的空いています。今日は2度目の訪問となる竹乃屋さんに。前回訪問時に食べようと決めていたものにいってみようと思います。

 

 

tknk2.jpg

かなりスペースはありますし、解放的なお店作り。

 

 

tknk3.jpg

ランチメニューから。

イベリコ豚定食 税込990円。一番高いメニューです。周りの人をみたら焼さば、唐揚げあたりが人気だとわかりました。

 

イベリコ豚(ベジョータ150g)。ベジョータとはなんでしょうか。イベリコ豚は与えられた飼料、血統、モンタネーラ(放牧)環境や増加体重によってランク付けされます。ドングリを食べて育った最高級のイベリコ豚(全体の10パーセントほど)は「ベジョータ」スペイン語で「どんぐり」と呼ばれ、どんぐり以外の普通の飼料を食べて育ったものは「セボ」と呼ばれます。放牧期間前と比較して、50%以上の体重増があり、肉質がベジョータの基準をクリアしたもの。WIKIPEDIAさんにお世話になりました。

 

 

 

tknk4.jpg

うんちくはいいから、さっさと食べてください。

イベリコ豚が鉄板で焼かれています。ポテトサラダとレモン、トマトが添えられています。ご飯は大盛り無料ですが普通盛りで。

 

 

tknk5.jpg

想像したものと違いました。ベーコンみたいなものを想像したので。

 

 

tknk6.jpg

ホルモンのしろとかを食べている感じです。結構噛みごたえはありますね。何でしょうか、塩気が少ないのでタレにつけてもあんまりご飯のおかずにはならない感じです。これを食べながらワインとか飲むのはわかります。次は焼きさばにしたいと思います。TT

 

前回の記事

熊本駅肥後よかモン市場 竹乃屋 熊本駅ナカ店





 

このページのトップへ

2018年5月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

前回のペッパーランチの記事を見て、ビーフペッパーライスが食べたくなった人も多いと思いますが、編集長はそういうものもオタベになるんですね、と聞きました。C級やジャンクにも一応興味はありますよ。そして今日は念願のペッパーフードで一番安いメニューに挑戦。

 

 

pepp4.jpgベーコンチーズペッパーライス M 650円。ビーフペッパーライスから肉がなくなり、チーズとベーコンが加わった熱々メニューです。でも結局カットステーキ50g200円をオプションで付けてチーズ増量は楽天カードで無料、ドリンク無料。結局900円を超えるメニューに。それでもアンダー1000円。

 

pepc4.jpg写真のようにチーズは溶けた状態ではないです。カットステーキがないと寂しい感じもしますね。チーズライスのようなものです。

 

 

pepc3.jpg

増量チーズを入れて早くかきまぜます。鉄板が相当アツイわ。

 

 

pepc2.jpg

チーズが溶けていくのを見ると楽しいです。熱すぎて食べれません。

 

 

pepc1.jpgこれぐらい落ち着けば食べれます。チーズが入ると味がどうしてもマイルドになるためペッパーライスというよりチーズドリア状態。確かに美味しいけど。後は好き好きでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 


 



このページのトップへ

2018年5月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kayaman1.jpg

前回の訪問から間を空けずに訪問となりました。佳山。今日は東京からの来訪者と一緒に。前回と同じ金額のコースですので、料理はほとんど一緒だろうと思います。


 

kayaman2.jpg

せっかくだから、日本酒は熊本のを。亀萬酒造の純米吟醸酒 萬坊。私はこういうフルーティなキレ度が低い日本酒が好きです。


すっきりとした飲み心地で、吟醸香がほのかに広がるお酒です。地元水俣の越小場産の「アイガモ農法無農薬米」を使用し、子供のように優しく、丁寧に醸した純米吟醸酒です。

 


kayaman4.jpg

阿蘇の日本酒 れいざんの 寿安山(じゅあんざん) ブルーのラベルはどこでも見ますが、純米吟醸の赤ラベルはホームページ上でも売り切れになっているくらい。私も赤ラベル初めて飲みました。この酒を何本も飲んじゃいました。やはりれいざんですよ、こういう味が好きという方が多かった。

 

 

kayaman5.jpg

う巻きは定番だから・・・・・うまい

 

kayaman3.jpgこちらは3人前の刺身。結構なボリュームです。

 

 

kayaman6.jpg

あわびのバター焼き。濃厚な味だわ。。これ以外にももちろんメニューはありますが、特に美味しそうなものを選んでみました。

 

 

kayaman7.jpg

今日は、これくらいの時間に出してくださいね、とあらかじめお願いしておいたので食べることができました。鶏と筍の釜飯。生米から炊いているので、時間もかかりますしね。炊き立ての釜飯は美味しい。そしてこの味噌汁の葱の切り幅が細くてやばいといつも思います。機械ではできない職人技ですね。

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

和食 佳山 熊本市下通り 何度も来てますが初掲載

 


 

このページのトップへ

2018年5月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cten1.jpg

私が会長を務める会ですが、ホテル日航熊本 2階 フランス料理 レ・セレブリテを貸し切りして「フランス料理の夕べ」を開催致しました。特に今回は女性の参加者が3分の2ということで、皆さん今日を楽しみにされていたようです。

 

人数も多いし予算も限られているので、事前に打ち合わせするためにランチに来ました。(その時の記事)今日が楽しく無事に終われば・・・と。もちろん私もワインを楽しみますが。


 

cten2.jpg

エントランスから奥の厨房へ向かってこんな感じで突き当り右側に広い部屋があります。

 

 

cten6.jpg

予算の関係上、料理を少し削りフルコースではなく、ショートコースにして、その分ワインを増量・・・

 

 

cten4.jpg

といっても、シャンパンではなくスパークリングワインにしました。切れはそこそこいいスパークリングワインだと思います。普通に乾杯して2杯くらいならこれで十分。



スパークリングワイン ルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット (スパークリングワイン フランス)

大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた仲田晃司氏は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、200077日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。

 

cten8.jpg

アミューズはなく 前菜

オマール海老 ブランダード キャビア

綺麗な飾り付けに目が奪われます。キャビアとシャンパン(スパークリングワイン)この組み合わせは欲しいんです。

 

 

cten5.jpg

白ワインは ニュートン シャルドネ 2016 ナパバレー


1977年にナパ・ヴァレーの中心に設立されたニュートン・ヴィンヤードは、平均標高1,400フィート(430メートル)のスプリング・マウンテンの急勾配な丘陵斜面に位置しています。ニュートンでは、それぞれの畑の果実の個性を生かそうと努力しています。

 


cten7.jpg

カリフォルニアのシャルドネは飲みやすいし、受けはいいと思います。

 

 

cten9.jpg

フォアグラポワレ トリュフリゾット

熱い状態で提供されました、キャビアに続いてフォアグラとトリュフ。贅沢ですね。

トリュフ香るリゾットは白ワインとも合いますね。

皆さん食べるのが早くて料理が提供されるスピードもそれに応じて早くなり、なんとなく慌ただしいフレンチになってきてます・・・


 

 

cten3.jpg

シャトー・ラ・カルドンヌ ハートラベル 2012 (赤、フランス) 

 


平均樹齢30年以上のメルロー種を主体につくられたクリュ・ブルジョワ・クラス。豊かな味わいはスパイシーなタンニンを見事に包み込んでいます。 フレンチオーク樽にて12カ月(225L、新樽比率50%)、その後ステンレスタンクで18カ月間落ち着かせた後ボトリング、地下セラーにて出荷まで熟成。メルロー 50%/カベルネ・ソーヴィニヨン 45%/カベルネ・フラン 5%

 

フルボディでバランスがいい。

 

cten10.jpg

ヒラメのヴァプール マリニエール

白ワインは追加しましたが、無くなったので赤ワインを飲みながらヒラメ

 

 

 

cten11.jpg

天草産 ホロホロ鳥 低温調理

ホロホロ鳥ってこんなに柔らかいんですね。感動。フルボディの赤とも相性はいいですね。しかしワインが足りずに、ニュートン(ナパ)の赤と クロワムートン(フランス)まで開けてしまいました。まぁ、高くはないワインですが。

 

 

cten12.jpg

ファーブルトン

 

スタートから2時間にて無事終了。楽しいフレンチの夕べとなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 


 

このページのトップへ

2018年5月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sgdn1.jpg

日曜日に子供が浜線バイパスにある「上海ガーデン」に行きたいというので、来ました。私はここでランチは食べたことはありませんので、私が居ない時に来たことがあるんでしょう。中華やし、太平燕でも食べようと思っていました。

 

 

sgdn2.jpg

庭で食べるガーデンランチではないですよ、上海ガーデンだからガーデンランチ。5種類のセットメニューがあります。たまにはメニューも変わるんでしょう。


 

どれか1つとスープ、サラダ、小鉢、ライス(又はおかゆ)、お漬物、デザート・コーヒー(ソフトドリンク)付 で800円(税別)とやけにコスパがいい感じがします。

 

 

sgdn3.jpg

海藻サラダ麺入りのサラダ


 

sgdn4.jpg

小さ目の器に無理やり入れ込んだ感のあるご飯と漬物、小鉢というかスープ。

 

 

sgdn5.jpg

Cのチンジャオロース 結構な盛り付け量です。

 

 

sgdn6.jpg

Eの麻婆豆腐。私はこれをセレクトしました。結構辛かったので、ライスが進む。

 

 

sgdn7.jpg

Bの鶏のから揚げ。大き目の唐揚げが5個くらい。子供はこれを2人とも選んだが量が多すぎて食べきれなかった。

 

 

sgdn8.jpg

唐揚げは残すと思ったら、デザートはぺろっと食べていた。

 

これにソフトドリンク付で856円だから、休日ランチではコスパ高ではないでしょうか。4人くらいではシェアシェアして食べるのがいいかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kht17.jpg
新大阪にほど近い、西中島南方。こちらの焼肉店にお客様に連れてきていただきました。いくつか候補があり私が指名したのですが、ここは2度目の訪問になります。1度目は業界の視察で大阪に来た時に梅田で焼肉店が用意されていたのですが、あまりにも口に合わない人が続出し、その中からリベンジ焼肉人が店を途中退席し、タクシーを飛ばして口コミで聞いたこの肉屋串八に来た ということです。偶然にも今回の2階の部屋も同じ部屋でした。

 

煉瓦デザインの洋館風で高級感ある店舗ですね、肉の質に相当こだわりがあるようです。

 

kht18.jpgエントランスもいい感じです。

 

メニューを見ていきましょう。


kht19.jpg肉の脂とかパンチとかバランスとかそういうことで分類されているお店ってあまりないですね。カルビとか、ロースとかそのグレード順みたいな。以外にありがたいです。おっさんたちは脂ぎとぎとのお肉を敬遠して安めの赤身肉とワインっていうのがいい。

 

kht3.jpgお刺身は体調が悪い方は控えてくださいと書いてありました。


 

kht1.jpg大阪だし、牛すじどて焼きは絶対食べたい。

 

 

kht2.jpgおまかせ焼肉とか注文して、今日は控えめにいきましょう。


 

kht4.jpgお通しからいいですね、しゃぶしゃぶ

 


kht5.jpgワインはこれ以外もあるようです。グルナッシュとかテンプラリーニョ種があるなんていいですな。とりあえず、おすすめされた14HANDSの赤ワイン(USA)にしました。


 

kht12.jpg 14ハンズは、ワシントン州の野生馬にインスピレーションを受けて生まれました。名前は力強く頑強な子馬達の背の高さである14ハンズ(1ハンドは人間の掌のサイズに値し、馬の背丈はハンズで表します)に由来しています。

 

kht7.jpg薄切りタン


 

kht6.jpgキムチの3種盛 880円

 

 

kht9.jpgどて煮 500円 500円でも結構食べがいがありましたし、やはり本場は美味しい。

 

 

kht8.jpgイチボ

 

kht11.jpg盛り合わせ肉が到着。後は焼いて飲んで焼いて飲んで。

 

 

kht13.jpg

無煙ロースターなんだけど、煙もうもうになってきた。


kht14.jpgCREMASCHI クレマスキ。 チリのカベルネ。さっきのよりこちらが安いワインだけど、そこそこチリワインはいけるわ。

 

 

kht15.jpg大阪ではやっぱりこれでしょう、ホルモン。放るもん(すてるもん)っていう人多いです。


 

kht16.jpgしろは脂を落として。

 

ワインをだいぶいただきました。美味しかったです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

MSUI1.jpg 前川水軍に来ました。1年ぶりくらいになりますか。今日は刺身と焼鳥が食べたくてここを選択。土曜日の夜で街の中はすごい人と車。雨も降っていて車動かん。丁度空いた駐車場に車を駐車。熊本でも20分400円と値段が高い普段は絶対止めない所。さっさと食べないと。

 

外観もメニューも撮らず。お酒は日本酒 冷やで。升にグラスが入って並々に。


 

MSUI6.jpg

前川水軍といえば、これ。「とろ箱」990円です。2人以上ならこれでしょう。たぶん3人前基準になっているのでしょう。これはお得感ありますよ。これで990円ならスーパーの刺盛はどうなっているのという感じ。

今日は仕入もいいですね。サーモン、鮪、タコ、いろいろ、脂肪肝の代名詞ウニやいくらまで。

 


MSUI7.jpg

あふれそうな感じに盛っちゃうのがポイント

ざっとしているのではなく、計算。シズル感ね。

素晴しいと思います。


 

 

MSUI8.jpgジャコサラダだってここのは盛りがいいから食べがいがあります。

 

 

 

MSUI2.jpg

子供をMマークのファーストフードに連れて行かないから、メガポテトがどえらく嬉しいみたい。

 

 

MSUI5.jpg

カンパチカマ

 

 

MSUI3.jpg

天草大王のチキン焼き

 

 

MSUI4.jpg

焼鳥の盛り合わせ。

 

MSUI9.jpgガーリックあさりバター。やばいくらいガーリックやった。

4人で1万円弱。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

前川水軍といえばこれですね。

 

 


 

 


 

 

このページのトップへ

2018年4月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム


tgen13.jpg

熊本ホテルキャッスル 桃花源へ来ました。2ケ月ぶりくらいでしょうか。以前もコース料理でした。今回は無理をお願いしてお酒を持込みさせていただきました。

 

 

 

tgen4.jpg

私が自宅のストックから持込みます、紹興酒は家では飲まないので。会稽山の30年物紹興酒。やはりなんといいますか、3年物ととか比較したら深さの度合いが違いますね。皆で楽しくいただきました。これは結構品質の高い紹興酒でした。

 

 

tgen12.jpg

OTHELLO (オテロ) 2012

今年買っておいて飲もうと思っていたワインです。

赤いOの字が印象的なカリフォルニアナパの赤ワインです。ドミナスエステートのセカンドワインがナパヌック、サードワインがオテロです。ドミナスの血をひく、濃いガーネット色のワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン(80%)カベルネ・フラン(14%)プティ・ヴェルド(6%)

 

 

tgen1.jpg

桃花源は熊本ではかなり有名な中華料理。多くの弟子の方たちは熊本でお店を開かれています。

前菜盛り合わせ


 

 

tgen2.jpg

2種海鮮とゆり根の炒め。帆立とイカです、これはキャッスルさんの定番に近いミルク炒め、イカミルクにはコーンが入っていることも多いのですが。

 

 

tgen3.jpg

豚肉の唐辛子炒め

おこげライスも付いてますね。

 

 

tgen5.jpg

フカヒレと蟹みその煮込み。

香草のエスニックさがフカヒレ煮込みにパンチを加えているような気がします。


 

tgen6.jpg

牛肉の醤油味噌炒め 蒸しパン添え

 

 

tgen7.jpg

チンジャオな肉をバンズで挟み込み、豪快に頂きます。といっても中身しか食べていないですけど。

 

 

 

tgen9.jpg

あっさりしていた

鶏肉と野菜のスープ フカヒレスープ食べたのでこれは・・・


 

 

tgen10.jpg

欠かさざる

麻婆豆腐丼 ピリ辛だけど、これは必須なんですね。

 

tgen11.jpg

 

古典式杏仁豆腐

 

熊本ホテルキャッスル 桃花源 四川料理

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年4月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmari14.jpg

東京マリオットホテル1階にある ラウンジアンドダイニング ジーを利用しました。昨日もワインを飲んでおり、今日は立食パーティで少し食事をしたので、宿泊ホテルでゆっくりしたいと思ったからです。東京マリオットホテルは1990年の御殿山ヒルズラフォーレ東京としてオープンしたホテルが2013年に東京マリオットホテルとしてオープンしました。

 

 

gmari13.jpg

品川駅から徒歩でも10分すこしかかり、駅近のホテルではありませんので、通りすがりの人が立ち寄るホテルではありません。宿泊客比率が高いホテルだともいえます。ダイニングジーは朝食会場としても使用される場所です。インターナショナルな雰囲気でアトリウム天井も高く、シンガポールやバンコクのホテルに来たかのような感じがします。大人の雰囲気が漂うダイニング。

 

 

gmari2.jpg

メニューを見ていきましょう。洋食系のグリルダイニングです。

 


gmari1.jpg

お腹が空いているときではないので

 

 

gandg.jpg

トマフォークステーキというのも気になりますが、一番安いハンギングテンダーガーリックペッパーステーキにします。お肉も赤身部分が多いとのことなので。

 

 

gmari4.jpg

白ワインは銘柄は忘れましたが、マリオットゴールドカードのウェルカムドリンクの代用としていただきました。

 

 

gmari5.jpg

ワインもグラスは90ml/180ml/270ml と3種類から選べ、またボトルワインメニューもありました。

 

 

gmari6.jpg

アミュ―ズはついているようです。何ですかねあまり口にあいませんでした。

 

 

gmari7.jpg

シーザーサラダのハーフ 800円 丁度いいサイズですし美味しかったです。

 

 

gmari9.jpg

ステーキに付け合せのマッシュポテト

 

 

gmari10.jpg

ステーキ到着しました。

まるで何かの骨のようですね。手でつかんでがぶりっていきますか。冗談。

 

 

 

gmari11.jpg

結構な赤身。ミディアムレアで頼みました。鉄板なら焼きながら食べれますが、鉄板ではないため、もう一度焼きをお願いしました。こいつはどうも噛み力が必要なお肉のようでした。

 

 

gmari8.jpg

ワインを飲んでごまかします。

せっかくなので、レギュラーサイズ180mlのグラスワインで一番ホットなものにします。

FREEMARK ABBEY CABERNET SAUVIGNON 2013

ボトルだと16000円


gmari12.jpg

Freemark  AbbeyはNapa  Valleyで最も初期に設立されたワイナリーのひとつで、その連綿とした歴史は1886年まで遡ることができます。世紀の変わり目に建てられた石造りのワイナリーは現在もそのまま使われています。ワイナリーの卓越したワインづくりの伝統は今日も受け継がれ、品質とその血統の良さを遺憾なく発揮したワインがつくられています。

買ったらこれくらいです。

 

IMG_8704.jpg

翌日の朝食で嬉しいものを見つけました。グルテンフリー(小麦抜き)のパンです。米粉主体で、丸パンと薄切り食パンもありました。なかなかグルテンフリーのパンを常備しているところは少ないです。インターナショナルなマリオットだからですかね。

 

 

IMG_8705.jpg

ソフトホイップバターをたっぷり塗っていただきました。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

unoy8.jpg

今日はJR新橋駅から徒歩約5分、すずめのお宿ならぬ、うなぎのお宿さんへ行ってみます。うなぎのお宿があるのは知っていましたが、初訪となります。

 

店の近くから鰻を焼くいい匂いがしていたため店を探し出すのはすぐでした。新しい建物ではなく老舗の鰻屋さん的な雰囲気はありますね。

 

 

unoy9.jpg

新橋という土地柄か、うなぎを食べながら飲むというのにも適したお店ですね。

 

 

 

unoy10.jpg

静岡鰻問屋直営と書いてあります。調べたら駿河淡水株式会社の直営のようです。これはうなぎについては期待できるのはないでしょうか。メニューを見ると、おおぶりうなぎ1匹使ったのが 大富士3500円とのことですね。でも梅は 1800円からありますから、価格弾力性のあるお店です。

 

 

unoy11.jpg

店内はカウンター席8席とテーブル席22席。30席のキャパがあります。

 

 

unoy12.jpg

うなぎの大きさで価格が決まり、すべて肝吸い付き。

今日はお腹のすき具合と相談して、お宿 2500円(おおぶりうなぎ3分の2)にしました。お宿と大富士が人気のよう。

 

 

unoy13.jpgお酒のあても沢山ありますね。でもうなぎ食べないとここに来る意味はないですね。

 

 

 

unoy7.jpg

大藤の二段重 大二段重 6800円

相当なボリュームなんだろうなぁ。


 

 

unoy1.jpg

うなぎを焼いているのが見えて 10分ちょっとで付きました。待ち時間としては適当ではないでしょうか。

シンプルなお重に肝吸い、香物、フルーツ

 

 

unoy2.jpg

ピンぼけしていますが、思ったよりおおぶりな肉厚うなぎです。香ばしい感じに焼けています。

 

 

unoy3.jpg

おおぶりなうなぎですので、3分の2でも結構大き目です。初訪問ですから「お宿」から入って良かったと思いました。2500円という価格も、東京価格では安い部類に入るのではと思います。鰻問屋さんの経営だからでしょう。

 

 

unoy5.jpg

厚く表面カリッと中ふわふわ。

 

 

unoy6.jpg

米の炊き具合といいい、タレが最初からべちゃべちゃでないところもよいです。本当にふわふわした鰻。うまいわ。いや、もっと早く「うなぎのお宿」を訪問しておくべきだったと思いました。これは新橋うなぎのお店に登録だ。

 

 

unoy4.jpg

肝吸いもシンプル。

夜に日本酒やワインとうなぎと行きたいものだ。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日のレストランリューズ続編です

 

rzu16.jpg

鴨のフォアグラのソテー リュバープのコンポートと共に フランボワーズの香りで

フレッシュなフォアグラとリュバーブ(日本でいうフキのようなもの)の甘く酸味のあるソース(ジャム)がフォアグラにマッチしてフランボワーズの軽やかな酸味もアクセント。

 

 

rzu13.jpg

島根県産の6時間蒸したあわびと 熊本県産の朝取り筍

やはり熊本県産の筍はフレンチでもよく使用されている。先日もジョンティアッシュさんで頂きました。

 

rzu14.jpg

ポーションはそんなに多くありませんが、1回目に訪問した時もこの天然あわびを頂きました。今日はあっさりとしたソースでした。本当に柔らかい。

 

 

ryzu6.jpg

1999 NUITS-ST-JEORGES CLOS DES PORRETS HENRI GOUGES

ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・ポレ・アンリ・グージュ

ここでブルゴーニュの赤。

ドメーヌの創始者アンリ氏はブルゴーニュのドメーヌワインの立役者。20世紀初期、ネゴシアンによって名前を偽ったブルゴーニュワインが出回っていたのを危惧したかれは、1929年にブルゴーニュワインの品質を守る組織を結成し、この地で最も早く自家元詰を実現しました。現在は3代目にあたるピエール氏とクリスチャン氏が後を継いでいます。


 

 

rzu1.jpg

魚料理

表面はかりっと中はふわっと。ソースもエスニック風のソースでよく合う


 

rzu2.jpg

1996 COS D'ESTOURNEL サンテステフ 2級

続くメインのワイン、ボルドーは2003コス・デストゥルネルと迷った末、思い切って1996をチョイス。1級ワインに迫るワインとしてスーパーセカンドと言われるコス。特にこの年代のコスともなると、価格も高いため「さらっと」飲めるワインではなくなりましたね。私も20年ぶりくらいにファーストワインのコスを頂きます。かなりテンションが上がりますね。

 

 

 

rzu3.jpg

メインは岩手短角牛

結構飲んできましたので、お腹も満腹度が高まってきました。短角は凝縮貫があり噛みごたえもあるお肉ですね。

 

 

rzu5.jpg

デセールは2品

 

 

rzu7.jpg

ブランマンジェと野菜のムース

 

 

rzu6.jpg

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

貴腐ワインはソーテルヌ。最後に料理全体が貴腐ワインをいただくことで締まりますし、余韻が楽しめます。貴腐ワインはいいですね。先日1998のディケムを飲みましたが、ディケムは貴腐の王様ですしほんと最高です。


 

rzu8.jpg茶菓子など

 

食べログ(掲載時点 4.13)

前回は4.19だった。

 

東京・六本木 レストランリューズ(2)ー2 料理とワインのマリアージュ

 

このページのトップへ

2018年4月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryzu1.jpg 東京・六本木 レストランリューズ(RYUZU)に来ました。3度目の訪問です。今日は異業種交流社長会で会場セッティングは幹事役の私が努めさせていただきました。初めての所で開催するわけにはいきませんので、2度訪問したことのあるミシュラン2つ星のリューズさんならば安心できます。今日は自腹です。


 

ryzu2.jpg毎回思うのですがこの階段を下りていくときって気分が高まります。


 

ryzu3.jpg階段を降りきった左側がリューズ。

 

ryzu4.jpg今日は個室を利用させていただきました。個室側からグランドフロアーを望む風景です。RYUZUさんは照明も落とされており、夜使いのフレンチにいい感じの照明です。


 

ryzu5.jpgリューズ。今日の料理は通常メニューで8000円、13000円の上にあるおまかせメニューでは一番安い、といっても19000円税サ別のコース。ワインは2人のサポート幹事の人と決めました。

 

 

 

ryzu8.jpg

シャンパーニュは クレモン ペルスヴァル (CLEMENT PERSEVAL) のロゼ

現在では仏国内でさえも入手困難になっており、日本への輸入数は極僅かな希少品となっています。

 

ラインナップの中でも特にレアなキュヴェがこちらのロゼ。極限られた本数しか流通しておらず、なかなか出会えない逸品です。

 

 

ryzu9.jpg

100% ピノ・ノワール

 

 

ryzu10.jpg

アミューズは2品

まぐろ・サーモンのスモーク

 

rzu9.jpg

こちら・・・何か忘れてしまいました。リューズさんはメニュー表がないので。

 

 

rzu11.jpg

Rieffel Grand Cru Zotzenberg Sylvaner
リーフェル グラン・クリュ ゾッツェンベルク シルヴァーナ

白ワインはワイン飲みなれた人も多いので、ブルゴーニュはやめてアルザスにしました。アルザスってコスパも良いし私は好きです。中でも、シルヴァーナ種のぶどうがアルザスのグランクリュに指定されたのは2000年代に入ってから。1975年、アルザスのグランクリュが制定された際にグランクリュに認められたぶどう品種は、Muscat(ミュスカ)、 Riesling(リースリング)、 Pinot Gris(ピノグリ)とGewurztraminer(ゲヴュルツトラミナー)の4品種。

 


ryzu7.jpg

KRITT PINOT BLANC 2016 クリット ピノブラン

こちらもアルザス。

アルザスの土地とブドウを熟知した伝統あるドメーヌ。ビオディナミ農法とマイクロ・クライメットが生む、複雑味が魅力。グラン・クリュ並みの土壌と古樹により造り出された、贅沢な味わい。



rzu10.jpg

ルクセンブルク産の半焼成パン

 

 

rzu12.jpg前菜

オマール海老・ホワイトアスパラガス

水玉のようなドット(ソース)が映えます。ロゼシャンパンにも合います。

 

 

続きは翌日に

このページのトップへ

2018年4月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fchik12.jpg

福岡市大名の料亭 稚加榮(ちかえ)に会合で訪問しました。二度目の訪問です。

博多料亭 稚加榮は、昭和36年に福岡の炭鉱王 中島徳松氏の持ち家を改装し、福岡市中央区大名に鳥料理店として創業しました。今は活魚、会席料理のお店です。建物は旅館ホテルのように立派です。

 

 

fchik1.jpg

刺身付の会席料理です。

醤油はぽん酢、しょうが醤油、わさび醤油

 

 

 

fchik2.jpg

前菜

 

 

fchik4.jpg

この時期が旬の白魚(しろうお)の踊り食い

食べるのは1年ぶり。

土佐酢の中にすくって入れて飲み込む。のど越しを楽しむ食だ。あまり得意ではない。



 

fchik3.jpg

新鮮なイカ刺し

結構こりこりしていた。

しょうが醤油で食べると美味しい。

 

今日は国産白ワインと同じく国産赤ワイン。


 

fchik5.jpg

ひらめの刺身

 

 

fchik6.jpg

小さな鍋物

 

 

fchik7.jpg

イカの胴体、足は天ぷらに

 

 

fchik8.jpg

鰆の柚餡焼き

 

 

 

fchik9.jpg

フカヒレ茶碗蒸し

 

 

fchik10.jpg

うにご飯とお味噌汁

 

 

fchik11.jpgデザート、果物

 

何が美味しかったかと・・・赤ワインかなぁ。

 

DSC02193.jpg博多駅で時間があったので、利久で牛タンと日本酒を飲んで新幹線で熊本に帰りました。これはこれでイイ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.60)


稚加榮ホームページ

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

だいぶ前から訪問していましたが、掲載したことのないお店です。最近はフレンチとか肉が多かったので、久しぶりに訪問しました。お刺身とか釜飯とか和食の美味しいお店です。

 

kayamak17.jpg

薔薇亭のあるSUN SPOTマツフジビルの地階にあります。

 

 

kayamak1.jpg

お店の中はカウンター席と個室。居酒屋気分で「ふらっ」とは入りにくい雰囲気はあるでしょう。

 

 

 

kayamak3.jpg

刺身、魚、肉系、揚げ物、煮物と色々とメニューはあります。しかし価格が一切書いていない、時価になっています。値段を気にせずに食べれれば最高なんでしょう。全く価格が書いていないといくらなんだろう、と考えてしまいますね。金額がないお寿司屋さんが近寄れないように、常連じゃないと不安ですよね。

 

 

kayamak4.jpg

 

kayamak2.jpg

米から炊く釜飯が美味しい。

おまかせ(コース)は5000円から。いつもはコースを頼むことが多いです。足りない場合に追加で単品。

 

 

kayamak5.jpg

馬刺しなどもおいしい部位が置いてあります。

 

 

kayamak9.jpg

前菜から。ひともじのぐるぐる他

 

 

kayamak6.jpg

酔鯨 純米吟醸 吟麗

特徴

香りはあくまで控えめとし、キレが良く飲み飽きのしない純米吟醸酒です。和食全般、特に醤油系のお料理との相性が良く、一緒に頂くお料理の良さを引き出します。当社が本格的に吟醸酒造りを始めた最初の商品で、現在でも中心となる商品です。

 

kayamak7.jpg

刺身 4人前

あわび、いか、まぐろ、たこ、さば、ひらめ、たい 新鮮で美味しい。

 

 

kayamak8.jpg

日本酒がすすみます。

 

 

kayamak10.jpg

これも定番となっている 「う巻」 ふわふわして美味しい。卵焼きにはマヨネーズをつけたくなりますが、おろしでがまん。

 

 

kayamak11.jpg

辛子レンコン、車海老、さわらの柚餡焼き

辛子レンコン、ツンと来ます。

 

 

kayamak12.jpg

なすのお浸しで一休みして

 

 

kayamak13.jpg

こちらは珍味の「根焼き」

馬の大動脈。こりこりした食感でイカ焼きと思えば抵抗感は減るけど。


 

 

kayamak14.jpg

ごま豆腐

 

 

 

kayamak15.jpg

濃厚なあわびのバター焼き。

あわびってバター焼きにするとかなり濃厚でこれはワインが飲みたくなってしまう・・・・

 

 

kayamak16.jpg

時間が無くなりつつ、ご自慢の釜飯をいただけませんでした。次回近いうちにまた訪問したいと思います。ここの味噌汁のねぎの切られた幅が細くてすごいんですよ。ものすごく切れる包丁と腕がないと無理だと思う。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.52)


このページのトップへ

2018年4月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

baba1.jpg

あっさりアジアンランチがしたくて、こちらに。アジアン屋台 バーバーバー333。4度目の訪問です。てっきりお店が休みかと思ったら店舗の外装が工事中でした。

 

 

baba2.jpg

今日はフォーの気分

 

 

baba3.jpg

パッタイも美味しかったが、今日はフォーから選択しよう。

一人で入ってきた女性客もパッタイランチセットを頼んでいる。

鶏ガラのフォーもいいけど、今日はフォー・ハイサン(魚介)にしよう。税込1188円だから結構いい値段。

 

 

baba5.jpg

ここのテーブルはワインの箱のテーブルだからもともとイタリアンのお店かなといらぬ推測をいつもしてしまう。

 

 

baba4.jpg

春巻きの揚げ物とサラダをいただきつつ

 

 

baba6.jpg

フォーが到着。うん、いつものフォーの景色と違う・・・あ、パクチーがないんだ。お店の人に聞くとパクチーは別注(100円)とのことなので、オーダー。

 

 

baba7.jpg

すぐ到着。パクチー小100円は結構盛りもあって。

 

 

baba8.jpg

全部いれよう。

 

 

baba9.jpg

やはりフォーにはパクチーが必須だよね。

 

 

baba10.jpg

麺は米麺だからグルテンフリー

 

 

baba11.jpg

いか、あさり、えびのコンビネーション。想像通りかなりあっさりのフォー。少し物足りない気分もしましたが、スープを飲んだせいかコーヒーは飲みたくなくなり、お店の人にコーヒーはお断りしました。パクチー入れても1300円弱は安いとはいえないなぁ。TT

 

 

アジアン屋台 333(バーバーバー)(3) タイカレー


 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sere1.jpg

ホテル日航熊本2階のフランス料理 レ・セレブリテに来ました。そんなに数はありませんが熊本で好きなフランス料理の一つです。今回は4月にこちらでフランス料理の夕べの会をしますので、ランチをしながらその打合せも兼ねます。

 

 

sere2.jpg

シェフのおすすめランチで 2,500円のを頼みますが、税サ込でこの値段は本当に満足いく価格です。いつも思います。


 

sere3.jpg

スターターは

鯛のマリネとホタルイカのソテー イカスミのガレット


見えにくいですが、ホタルイカが2匹。ホタルイカは沖漬けとか苦手なんですが、あったかくてこれはとても美味しかったです。

 

 

 

sere4.jpg

ポタージュは ビシソワーズ。

気温も下がっている時でしたので、暖かいスープに心が温まります。適温で提供されるフレンチです

 

 

sere5.jpg

スズキのポワレ 桜えびとあおさのり ソース・シャンパーニュ

ソースと魚の味がマッチして温かくて美味しい。

 

 

sere6.jpg

どこに桜えびが・・・・と

 

sere7.jpg

魚の皮のところに桜えびが焼いて乗せられています。香りがよくて手の込みよう。

 

 

sere8.jpg

阿蘇自然豚のコンフィ 香草パン粉焼き

 

 

sere9.jpg

私はパン粉を外していただきました。自然豚の甘味が出ていて、皿まで暖かく付け合せも美味しく満足しました。

 

 

sere10.jpgココナッツのブランマンジェ ミントのグラス と コーヒー


ランチで魚・肉のセレクトでなくて2500円。今日はガス入りウォーターだけでしたが相当満足感があるランチだと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.51

 

 

このページのトップへ

2018年4月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pepp1.jpg

ゆめタウンはません店のレストラン街に来ました。以前は豚テキとか食べに来てましたが最近はペッパーランチに来ることが多々あります。

 

ペッパーランチはいきなりステーキと同系列の株式会社ペッパーフードサービスが経営するステーキ・ハンバーグ・ペッパーライスのファーストフード店。

 

 

日本ではフードコート店の店舗が多いですね。国内では2018年2月で117店舗ですが、アジア海外では312店舗もある、外食実力店です。熱々の鉄板で食べるペッパーランチはうまい。


 

 

pepp2.jpg

ランチタイムは結構行列の事が多いのですが、調理時間が短くすぐ順番は回ってきます。私もペッパーフードの株主ですが、ペッパーフードは株式価格が高いため以前設定された優待300株というのが今や100株で1単元価格 7000円が下がって6000円だとしても200万円弱の投資をしないと優待株主になれないんですよ、だからもう少し引き下げた方が流動性も高まっていいと思うのですが、株価があがるのももちろん嬉しいのですが。


 

pepp3.jpg

ステーキは何度か食べましたが、いきなりステーキの方が価格も高いし美味しいと思います。私はもっぱらここでは「ビーフペッパーライス」を頂きます。

 

 

pepp5.jpg

結構ビーフペッパーライスが美味しいからリピートしている人も多くいそう。

 

 

 

pepp4.jpg

常のビーフペッパーライス Mは700円。お肉たっぷりビーフペッパーライスは 900円。普通はお肉たっぷりにすることが多いです。


お店をリピートするとドリンク券をくれます。楽天ポイントカード「ペッパーランチ」でトッピング無料。

 

 


pepp6.jpg

チーズトッピング +100円と お肉たっぷりビーフペッパーライス。コーンとねぎ。これは好き嫌いで外せると思うけど。

 

 

pepp7.jpg

鐵板がめちゃくちゃアツイのでライスの回りを囲んだ薄切り生肉もあっという間に焼けていきます。

 

 

pepp8.jpg

上にチーズをかけてかき混ぜます。

 

 

pepp9.jpg

チーズがすぐ溶けて、ドリア風になっていきます。部分的にはチーズが焦げて美味しくなる。

 

 

pepp10.jpg

全部にチーズをかけると飽きるので一部はノーマルの部分を残しておく方が良い。いやこれは癖になりますよ。もう何度も食べた。

 

 

肉も入っていない、ベーコンチーズペッパーライス M 650円というメニューもあります。これはチーズ好きにはたまらないメニューでしょうね。写真見てたら今日も食べたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

株式会社ハウディでは2018年度26名の新入社員(高卒・大卒)を迎えました。入社式、研修の後、夜の歓迎会は社員も含め約40名にて梅の花 熊本店にて開催しました。食べること、社外研修です。

 

 

umkh13.jpg熊本店もエントランスは素敵な雰囲気です。


 

umkh14.jpg先日の久留米店もそうですが、エントランスまで雰囲気があるのがいいですよね。


 

umkh17.jpg 入社式 特別懐石にて準備していただきました。若い人たちは沢山食べますからね。しかも梅の花さんでの食事は後で聞いてもとても新入社員に人気のある食事になっています。それは美味しいからです。HOWDYロゴも入れていただきメニューが、心配り有難うございます。


 

umkh15.jpg

座敷ではなくて着席だから嬉しいです。


 

umkh16.jpg会食がスタート。毎年ながら緊張した雰囲気で始まります。

前菜9品盛 から。これにご飯とみそ汁がつけば立派な食事になるくらいのボリュームです。


 

umkh3.jpg続いて茶碗蒸し。きざみ柚子がほのかな香り。


 

umkh2.jpgお造り三種

 

 

umkh1.jpg若竹煮小鍋仕立て 鍋に火をつけてぐつぐつとしばらくして頂きます。


 

umkh4.jpg目の前で豆腐が出来上がり・・・これで4人前・・・・すごくないですか


 

umkh5.jpgとりわけて、餡をかけて

ふく福豆腐桜海老餡かけ・・・・やわらかい茶碗蒸しのよう。私はこれが一番気に入りました。


 

umkh6.jpg生麩田楽


 

umkh7.jpg

結構お腹いっぱいです。強肴メインです。

黒毛和牛ロース溶岩焼き

 

 

umkh8.jpg

熱々の溶岩の上に並べて。

 

 

umkh9.jpgやわらかいお肉を頂きます。塩胡椒で食べたくなりました。


 

umkh10.jpg車海老天麩羅。こちらは社内の車エビ好き女子にプレゼントしました。


 

umkh11.jpg

筍の炊き込みご飯、湯葉吸物、香物


 

umkh121.jpgデザートはもっちり杏仁。女性に人気。

 

フルコースいただくと相当お腹いっぱいになりました。明日から新入社員は宿泊研修です。今日の新たな門出を祝すと共に、ハウディの一員として皆でがんばっていきましょう。

 

食べログ(掲載時点 3.08)


 

 

 

 


 


 

このページのトップへ

2018年4月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2018年3月17日に熊本駅高架下にオープンした肥後よかモン市場。何度か訪問しましたが、ランチを食べに行ってみました。月曜日だけあってそんなに多くなかったのですが、火曜日も行ってみたら昨日は何なのというくらい多い。


春休みですね、観光客も多いです。いよいよ第一弾としてオープンした飲食・物販60店舗もの空間は結構広い、という印象。

 

ykmn1.jpg

立体駐車場側からの入口(端っこの方)から入ってみます。このあたりはクリーニングとかそんなお店の並び。

 

kanba111.jpg

ラーメンとか串カツとか牛丼、ハンバーガーなどなどカジュアルな飲食店が多く、小麦系のお店が多いので私が食べるお店もそんなに多くない。

 

 

ykmn2.jpg

今日はここにします。博多竹乃屋。大きなオープンスペースのレストランです。飲食店で一番ここが広いでしょう。この日は結構客席空いていましたが翌日は満席に近かったです。

 

 

ykmn3.jpg

定食600円台から900円台。焼きサバ定食690円にも惹かれましたが、ここではあまり見かけない炭火もも焼き定食をオーダー。

 

 

ykmn4.jpg

来ました。

うん、これは鶏の炭火焼き定食ですね。

居酒屋で炭火焼きは頼むけど、ランチで炭火焼きってあまり食べないし、ましてご飯のおかずで食べるの初めてだ。

 

 

ykmn5.jpg

結構なボリュームです。

一人でこんなに炭火焼きだなんて。

どうもご飯にあうというわけではないんだけど、噛み噛み食べごたえもあり食べ進んでいきます。結構美味しいわ、この炭火焼き。



ykmn6.jpg

この赤くて辛い唐辛子にんにくが、辛いんだ

普通のゆず胡椒がいいんですが、聞くの忘れて食べ続けました。相当炭火焼きを食べた感じです。


しかしここのオープンスペースすぎるカウンターってなんか落ち着かないな。店と店の間の通路を歩いているとお店に着席している人と目があう構造に。


美味しかった、次はイベリコ豚定食を食べに来ます。TT

 

 





 

 

このページのトップへ

2018年4月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

kufuku2.jpg

熊本空港フードコートに来ました。ペッパーフードサービス応援で子供たちと私はいきなりステーキ。奥さんはステーキは食べたくないとのことなので、空福亭でハンバーガーを食べることにしました。このフードコートは2017年2月にオープンしました。

 

 

kufuku3.jpg

くまもとあか牛バーガー、とっとりバーガーフェスタで4位だったそう、4位って微妙な位置ですね。3位と4位って大きな差。

 

 

kufuku6.jpg

単品で980円ですか。セットで1330円。結構いい値段。他のバーガーは500,600円ですが。サニープレイスハンバーガーのバーガーはもっと高いのですが、フードコートというとどうしても高く感じてしまう。

 

 

kufuku7.jpg

焼きそばも人気メニュー。特盛りって相当大きい。

 

 

kufuku8.jpg

これで1330円

 

 

kufuku1.jpg

確かに赤牛を使用したパティですが、インパクトはそんなに。観光客さんが食べると思えばいいんですかね。

 

 

kufuku5.jpg

勢いのある、いきなりステーキです。ペッパーフードサービスの株価も復活してきましたので、含み益で食べれます。もっと益が出ればもっと食べれます。

 

 

kufuku4.jpg

私はリブロース 227g gは6.9円。子供用と申したら200gから対応してくれました。ご飯大盛りにしたけど、全部食べれませんでした。肉もレアなのですが、今度からミディアムレアにしようと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gnk1.jpg

中九州クボタさんの工場内にある、同経営のパン屋さん「玄気堂」。オープン以来人気のあるお店です。クボタさんの米産業育成の一環でもある同店、ビジネスとしても注目されています。

 

 

gnk2.jpg

いろいろな種類のパンが売ってありますが、午後のため商品はだいぶ減ってきてます。

 

 

gnk7.jpg

惣菜パンとかも沢山ありますが、私はパンを食べなくしてほぼ1年。たまに、バターたっぷり塗ってパンを食べたいと思いますよ。フランス料理とかでもタピオカ澱粉のパンとかも食べましたがあまり美味しくはない。


 

gnk6.jpg

グルテンフリーの玄米パスタ麺も販売してあります。(空港やカリーノのお店でも売っています)

 

 

gnk4.jpg

私も読んだジョコビッチの食事の本の事が書かれています。このパスタは市内のジャルディーノ(イタリアン)で食べることができますよ。私もよく食べます。

 

 

gnk5.jpg

2月からアレルギー27品目除去のグルテンフリーのパンが発売になりましたので、これを買いに来ました。100%玄米パンです。

 

 

gnk3.jpg見本の商品が展示されています。一番右のプレーンで1個150円。安くはないです。小さいです。冷凍してある商品をレジでくださいます。真ん中はひまわりシードを使ったパン 150円。抹茶小豆170円。


夜、プレーンとひまわりにバターたっぷり塗っていただきました。いやモチモチしてパサパサでもなくこれは普通のパンかなと思うほど美味しい。嬉しかったです。カリーノでも販売してあると嬉しいのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

玄気堂ホームページ


 

このページのトップへ

2018年4月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

中毒性のあるスリランカカレー。前回訪問時はじめてヌードルカリーをいただいたのですが、夜まで胃もたれ気味で全然お腹もすかないので、果して天気も良く体調がよい時にもそうなるのか、ココナッツカレー耐性を調べにスリランカ2ndへ行ってきました。

 

srilanc1.jpg

迷うことはない。カウンター席に着席するやいなや、ヌードルカレーセットを注文 800円。デザート抜きでお願いします。玄人的頼み方。

 

もじゃもじゃビーフンのカレー。見た感じは前回より辛くなさそうだ。

 

しかし食べているとやはり辛い。ビーフンに何もつけなくていいっていうか、カレーの量が多いのかも。白ご飯がいいんだけどとか考えつつ完食。

 

 

srilanc2.jpg

口直しでサラダをいただく。デザートはない。

 

 

ndcc5.jpg 前回はこんなに赤いカレーを頼んでいたんだ。それに比べれば今日のは可愛いんだけど。


結果、夜までお腹すきません。ココナッツカレーは腹持ちがいいんですね。タイカレーはそうでもないんですが、スリランカヌードルカレーはお腹が重くなります。ココナッツは自分にあっていないのかなと思うようになりました。次はイングランドカレーという辛さ一つ星のカレーにしてみようっと。TT


 

 

 

スリランカカレー ヌードルカリーで胃が・・・・スリランカ2nd


スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

このページのトップへ

2018年4月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭を掲載すると、「脳内肉欲」が刺激され肉を食べたくなる人がいるというお店。そして社員の人でも肉欲が刺激され実際薔薇亭を訪問した人もちらほら。私も年に3,4回は訪問している薔薇亭。数ケ月ぶりに来ました。


kmbara1.jpg銀座通りにある SUNSPOT マツフジビル、ここの2F,3Fが薔薇亭 ステーキサロン鉄板焼。

 

今日は料理の一部抜粋を掲載


kmbara2.jpg本日の前菜は6種類から選びます。私はあっさりスタートしたいので、いつもの蛤のオーブン焼き。肉好きな人には牛ヒレ肉の「たたき」風が人気。

 

 

kmbara4.jpg

美味しいです。ソースがなんともいえない。白ワインといきたいのですが、今日は乾杯の赤。同行者の方も気に入っておられました。

 

kmbara3.jpg

2012 CHATEAU MONTUS シャトー・モンテュス

 ぶどう品種タナ80%、カベルネ20%という、フランス南西地方AOCマディランの赤。若くてタンニンが強く果実感あふれるフルボディの強力なワインです。ワイン初心者には少し飲みにくく感じるかもしれません。時間の経過とともに飲みやすくなります。

 

 

kmbara5.jpg

濃厚味のの牛テールスープ

 

 

kmbara6.jpg

天草産あわび。やわらかくて美味しい。

 

 

kmbara7.jpg

ヒレとロースのコンビネーションでオーダー(5名分)今日のお肉は素晴らしい。調理は薔薇亭の跡継ぎの若い方に担当いただきました。ナイフさばきも抜群。

 

 

kmbara8.jpg

最近ヒレが好みです。野菜焼きやレタスサラダなども食べてフィナーレはガーリックライス(焼き飯)

 

 

kmbara9.jpg

目の前で見る楽しさ。

 

 

kmbara10.jpg

シズル感ものすごくあります

 

 

kmbara11.jpg

完成。少な目にしてもらいました。卵も海老も入っていてやっぱり美味しいです。

 

 

kmbara12.jpg

最後はいつものお決まり黒糖シャーベット(かき氷風黒糖味)で口の中さっぱり。

今日も美味しかったです。TT

 

薔薇亭 鉄板焼 熊本市 肉を食べる

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

 


このページのトップへ

2018年4月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

久しぶりにやってしまいました、ラーメン。酔って塩分を欲したのでしょうか、龍の家に来店。ワシントン通り店ってリニューワルしたんですね。綺麗になってます。1日目は一人で来店。

 

IMG_8631.jpg

脂も沢山のっている、とんこつこく味、麺固麺。とか言いつつ麺は食べないのに。久しぶりのトンコツスープは美味しい。今月2回目。

 


 

ttnoy1.jpg

同じ週に再訪しました。純粋なとんこつの味わい、とんこつ純味で麺を別盛でお願いします。と頼んで。

まるでつけ麺か、替え玉寸前のような状況ですが、この麺をそのまま同行者にプレゼント。

こく味も純味も美味しい。しかし1週間でラーメン2回は久しぶりだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hamaya1.jpg

当社の福岡支店が福岡県粕屋郡新宮町に移転したので来ましたが、この周辺にはランチする場所が少ないですよ、と社員から。なんかあるでしょう、食べるところが確実にある「トリアス久山」方面ではなく、あえて古賀インター方面へ4名で出向きました。

 

「麺勝」しかないですよ、と聞きましたが麺はパスなので、もう少し古賀インター方面へ車を走らせることしばらく。

 

ありました。昔のドライブインみたいなお店。ここで落ち着きましょう。

いやーこういうお店久しぶり。たまにはいいんじゃないですか。ブログ書いたら初になるかも。

 

弁当と定食のお店。おばちゃんたちが元気に働き、机が不整合的に並んだりしている、この光景。

 

 

hamaya2.jpg

プラスティックの下敷きに挟まったメニューは値段は「高い」と感じることはない。焼きめし定食550円、焼きそばのみ430円。一番高いのがホルモンうどん定食800円。


よくよくメニューをみても定食屋さんにあるメニューが多く、「これは面白そう」と感じるメニューも逆に少ない。

 

無難なものを選択しましょう。私は「豚のしょうが焼定食」650円、これが2名、焼めし定食、チキンカツ定食。

 

 

hamaya3.jpg

ご飯の盛がいい定食がきました。鐵板にわざわざ入っています。生姜焼き・・・というより野菜炒めじゃないのーって感じですが、野菜炒めにしてはお肉が多いし。小間切れ肉の生姜焼き。とりあえず文句を言わず腹を満たせ。

 

 

 

hamaya4.jpg

こちらはチキンカツ定食。カツは結構ボリューミーですね。しかし写真の撮り方によってはライスが生姜焼きに比べて超小盛に見えるから笑ってしまう。同じ大きさなんだけどね。TT

 



古賀市青柳町1572?1

092-943‐9841

このページのトップへ

2018年4月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ホテル日航熊本にてフレンチディナー。フレンチのお店「レ・セレブリテ」があるのですが人数的に入りきれず宴会場にてフレンチをいただきました。

 

 

nkfr1.jpg

 

nkfr11.jpgシャンパン・ワインは無理をお願いし持込みさせていただきました。

G.H. Mumm Champagne マム・シャンパーニュ グラン・コルドン

 


1827年シャンパーニュ地方の中心ランスでドイツのマム一族によって創業された名門メゾンです。赤いリボンの印象あるデザインは、世界最高峰の自動車レース「フォーミュラF1」のシャンパンファイトでも有名。マムは思い描く切れのあるシャンパン。

 

 

nkfr2.jpg

天草産真鯛のマリネとノルウェー産サーモンのスモーク

アサリのうまみをソースにパセリオイルのアクセント


フレンチのスターターのアミューズ。魚系・キャビアでマムシャンパンが更に引き立ちます。


 

nkfr3.jpg

鮑(あわび)と帆立貝柱の焼きリゾット 桜海老のフリッツ 柑橘風味

こちらもさっぱり系の前菜。白ワインが飲みたくなります。

 

 

nkfr12.jpg

CHABLIS PREMIER CRU MONTEE DE TONNERES 2014 WILLIAM FEVRE

ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル シャブリ1ER CRU モンテ・ド・トネル


シャブリ最高の造り手と称賛されるドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル。日当たりが良い、平均樹齢45年の一級畑から生み出される力強さとエレガンスを兼ね備えた逸品。


nkfr4.jpg

野菜のポタージュスープ 「セゾン」

 

 

nkfr5.jpg

熊本県産スズキのローストと熊本県産茄子のババガヌッシュ

 

焼きナスのペーストをババガヌッシュというらしい。

 

 

nkfr10.jpg

2011 Chateau Grand-Puy-Lacoste PAULLIAC

2011 シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト ポイヤック

メドック格付5級のグランヴァン。シャトーの起源は16世紀、ポイヤック村の南“グラン・ピュイ”の丘に位置しており、昔の所有者の名前“ラコスト”をつけ、現在のシャトー名になりました。ポイヤックらしい力強いワイン。

 

 

nkfr6.jpg

1万円前後のボルドー格付ワインでは比較的コストパフォーマンスがいいワイン。


nkfr7.jpg

国産牛フィレのステーキ 白ワインとエシャロットの香るソースで

 

 

nkfr8.jpgワインともよくあいます。

 

 

nkfr9.jpgパンナコッタと苺のスープ バニラアイスクリーム添え

 

以上。TT

 

 



 

このページのトップへ

2018年4月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wikeds8.jpg

韓国スイーツというと新大久保とかもメジャーですが、原宿も人気スポットの一つで、韓国かき氷を有名にした「ソルビン」もありますね。あと「ハッピンス」も有名です。そして遅れて2017年に上陸した日本1号店の「WIKED SNOW」に行ってみました。表参道の脇道に入って、パンケーキで行列ができると有名なEGG'n THINGS(エッグシングス)のすぐ近くです。

まだ真夏じゃないし、行列はないよね。


 

wikeds2.jpg

ポップな看板だな

 

wikeds1.jpg

店内に入りましょう。左側だけのスペースかと思ったら奥は以外に広く、行列もなく安心。

 

 

wikeds3.jpg

見本がショーケースに並べてあります。

 

 

wikeds4.jpg

スノーフレイクを食べましょう。

 

 

wikeds5.jpg

私は食べなく、子供にチョイスさせたら ウィキッドミルク 850円と ウィキッドチョコ 1200円。ランチ並の価格がするんですが、このかき氷は私も美味しいのを知っています。ミルクのまわりにアーモンドとかナッツが沢山。あんとのマッチングもベターです。

 

 

wikeds6.jpg

かき氷生地にチョコレート味がして美味しいです。

 

 

wikeds7.jpg

シナモントースト 550円

 

コーヒーは350円と普通の価格。


WIKID SNOWの記事

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

このページのトップへ

2018年4月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

abek10.jpg

休日に神楽坂へ来ました。神楽坂って休日はもっとひっそりした場所でしたが今や全然違うんですね、びっくりです。プチパリとも呼ばれる神楽坂には美味しいお店が沢山増えてきています。町の散策とかそういう意味も含めて桜のシーズンだし人も多くなってきているとはいえ。


イタリアンやフレンチに今から空いてますかと何軒が断られたので、それなら自力で並ぶぞと1年半ぶりに「あべや」さんに来ました。

 

 

abek11.jpg

メニューも1年半前と変更ありません。美味しい親子丼を食べれる比内地鶏のお店です。

 

 

abek12.jpg

おっと行列なくて入店できると思いきや、ランチタイムは1階のみで20席あまり。15分ほど待って入店できました。いわずもがな私が食事を終えて出てくるときは行列でした。普通の親子丼も50食限定ですし、極上も限定ですから沢山のお客さんが入れるわけけはないですね。料理も座ってすぐに出てくるわけでもないです。

 

 

abek13.jpg

一番人気は比内地鶏親子丼 並ですね。比内地鶏はブランド鶏です。あべやさんは秋田比内地鶏生産責任者の店。

 

 

abek14.jpg

寒い冬ならきりたんぽ鍋御膳とかも良さそうですね。

 

 

abek1.jpg

同伴の方の 比内地鶏親子丼。私も以前頂きました。

秋田美人豆腐、鶏スープ、いぶりがっこ(漬物)付です。ビジュアル的にここの親子丼はすごくインスタ映え、シズル感あふれます。

 

 

abek2.jpg

たまごがとろとろしていて

 

 

abek3.jpg

私は 極上親子丼 1600円。

普通の親子丼の上に生卵、炭火であぶった比内地鶏がのっている。

 

 

abek4.jpg

塩がかかっている、美人豆腐。さっぱりして美味しい

 

 

abek5.jpg

濃厚な鶏だしスープ

 

 

abek6.jpg

たまごがたっぷりで、とりすぎではないかと心配になるほどです。

 

 

abek8.jpg

たまごをつぶして

 

 

abek9.jpg

箸では食べにくいので、スプーンで頂きます。やっぱり美味しい。さすが秋田、お米も美味しい。

 

 

abek7.jpgポテサラがっこ 600円

ポテトサラダにいぶりがっこ(漬物)が小さく刻まれたものがはいっていて食感がいい。最近いぶりがっこって人気がありますね。


あべやさんは東京駅にもお店がありますし、また今度行ってみたいと思います。

 

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

あべやホームページ

このページのトップへ

2018年4月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt15.jpg

続いて シェフのスペシャリテ 島根県産 黒鮑(あわび)

8時間柔らかく蒸しあげ 熊本県産朝採り筍のソテーと共に

8時間も蒸したんですか、すごいです。とてもやわらかーい。でも思ったより量は少なかったんですが。熊本からはるばる来た筍、こんなところで出会いました。熊本の野菜はフレンチでもひっぱりだこです。

 

 

jjt14.jpg

こちらはプラス料金なしの

長崎県産 アズキハタのポワレ パセリバターとふきのとう 菜の花を沿えて

ホタルイカも2匹入ってます。ふわっとしたポワレ

 

 

jjt16.jpg

こちらはワインリストから

BOURGOGNE 2014 DOMINIQUE LAURENT MOREY SAINT DENIS

ドミニク ローラン モレ サン ドニ フランス

 

 

jjt17.jpg

リスト外のワイン

2009 VOSNE-ROMANE MEO CAMUZET  ヴォーヌロマネ メオ・カミュゼ

メオ・カミュゼは、ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名です。

 

 

 

jjt18.jpg

メオ・カミュゼは前のブルゴーニュワインの3倍の価格だった。比べてみたらこっちがいい。

 

 

jjt25.jpg

メイン

山形県産 特選フィレ肉のロースト 初春の味覚をちりばめて

やわらかくて、とても美味しい


 

 

jjt23.jpg

ミディアム

 

 

jjt24.jpg

プラス料金なしの

群馬県産くちどけ加藤ポーク ロース肉を優しくロースト 初春の味覚をちりばめて

表面カリッと中はやわらかく、ほんとうに口どけするようなポーク。これは追加料金でいただきたいくらい・・・



jjt22.jpg

デサールは2品

 

 

jjt21.jpg

ジョンティアッシュらしい飾りの料理1品だなぁ

ピスタチオ・苺・リュバーブ・ハイビスカスを春の庭園風に見立てて

 

 

jjt20.jpg

小菓子と

 

 

jjt19.jpgコーヒーで終わります。いやー今日も満足感を感じますよ。進藤シェフ有難うございました。TT

 

 

食べログ(掲載時点 4.09)

このページのトップへ

2018年4月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt1.jpg

今日は東京フレンチ。ほぼ2ケ月ぶり、3回目の訪問の東京白金台 ジョンティアッシュさんです。今日は入ってすぐ右手の個室ルームでの会食です。ジョンティアッシュさんも私のことを覚えていてくれました。ミシュラン1つ星のお店です。

 

 

jjt2.jpg

清潔感あふれるテーブルセッティング。ナイフのブランドはラギオールでした。

 

 

jjt9.jpg

今日のメニューは 10800円のメニュ デギュスタシオンに 魚料理に+3800円でアワビに変更、肉料理に+2200円で牛肉に変更という料理、それと何も変更しないメニュー。

 

 

jjt4.jpg

ボトルを空けるほど飲まない人なので、私もグラスで飲みたいものをセレクトします。

 

 

jjt5.jpg

前回もいただいた NM HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE


 

jjt6.jpg

アミューズは2品

一品目は新たまねぎのスープ

さわやかな甘みとジュレがおいしい1品

 

 

 

jjt7.jpg

わかさぎのフリット

これはパスになりました。

 

 

jjt8.jpg

バゲットはヨーロッパ産の半焼成パン

 

 

 

jjt11.jpg

鹿児島県産 車海老を野菜のブイヨンでしっかりとポッシェ

フルーツトマトのクーリーとスナックエンドウのサラダ 空豆のムースを添えて

2匹使用。カラッと揚げた頭の部分も美味しいし、空豆のムースとトマトソースの酸味がマッチングしてさわやかな味もするソースとの相性も良い。

 

 

 

jjt10.jpg

2015 Chassagne Montrachet Morey Coffinet 

モンラッシェ モレ・コフィネ

こちらはワインリスト外のメニュー

 

 

jjt13.jpg

続いてワインリストから

2014 SAUVIGNON GRI LE RETOUT BLANC HAUT MEDOC 

久しぶりにボルドー白。

 

 

jjt12.jpg

フォアグラのブランシャ焼き 金柑のコンポートと百合根 オレンジのエッセンスで

表面がカリッと焼かれたフォアグラ。金柑とオレンジのマッチングがとてもよく合いますね。

 

 

これ以降は明日のブログにて

 

このページのトップへ

2018年4月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hnun1.jpg

桜も満開になっている3月の後半の土曜日に訪問しました。昨年7月以来でしょうか、浜松町・新橋からほど近い慈恵会医大のすぐ近くにあるうなぎ 本丸。私のリストでコストパフォーマンスの高い東京のうなぎ屋さんの1つです。土曜日で12時前というのに結構お客さん多いんですね。

 

 

 

hnun2.jpg

持ち帰りも可能で弁当とかも販売しています。

 

 

hnun11.jpg

串に刺して蒸した鰻を焼いていきます。本丸は鰻卸なので本当に質のいい鰻が入ってきます。

 

 

hnun9.jpg

さて今日は全てのメニューから選べます。まずはチケットを買って席に着きます。

今日はかねてより興味がありました、信長丼 1,950円にします。東京でうなぎが1000円台で食べれるなんて嬉しいではないですか。

刻んだ鰻、ねぎ・刻み海苔、タレぶっかけ、これが信長丼だ。信長のように時代を駆け抜けろってか。


 

hnun3.jpg

うむ、価格改定のお知らせ

シラス不漁で活鰻の相場高騰により値上って。数年前にもこのようなことがあったけど、今年は更に深刻らしい。いやー、本丸さんにも高騰の波が。もちろんいままで何度もあったと思いますが、今回はやむをえない事情はわかります。

帰りにいくら上がるか聞いてみよう。


 

hnun5.jpg

信長丼到着

いやー食欲をそそりますね。ご飯も普通盛でも十分あり。

 

 

hnun7.jpg

かなり細く刻まれたうなぎ。タレもご飯に十分なほどかかっています。足りなければ机上にタレがある。

 

 

hnun6.jpg

肝吸いが標準で付属してくるのもありがたい。三つ葉、刻み柚子がはいったさっぱりしたお吸い物。

 

 

hnun4.jpg

私の好きな鰻の香物3点パターン。大根・人参・きゅうり

この3点がいい。前回・前々回の写真を見たら、人参ではなく奈良漬でした。


 

 

hnun8.jpg

ねぎと刻みのり(細刻みなのもよい)を沢山かけて頂きます。山椒をかけても美味しい。

だしも準備してくれますので、最後にだしを入れて鰻茶にもすることができます。満足感を感じます。

 

 

hnun10.jpg

さて、帰り際に4月2日からは値段はどうなるんですか、と聞いたところ

上うな重 は 2800円から 3400円の 600円アップ

特上うな重 も3800円から 4400円の 600円アップ

うな丼、信長丼は 1950円から 2250円の 300円アップ


高い鰻屋さんでもなかったので高騰の波は致し方なしとも思いますが、600円もアップするとだいぶ高くなった感がします。早く稚魚が取れて、値下げする時がくればいいなと思います。TT

 


うなぎ 本丸(2) 港区西新橋 丑の日の前

うなぎ 本丸 港区西新橋 創業180有余年

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2018年4月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

toent12.jpg

東京駅からほど近い、野村証券本社も入っているアーバンネットビルに業界の年度末の会合のためにやってきました。エントリーパスを受付でもらってエレベーターで21階の東京会館の会議室で会議です。

12時前に集合し値段は高いけど、普通の花見弁当以下のご飯も冷えた弁当を食べてロングランの会議。

会議も終了し同じフロアの中華料理へ。東京に来て同じところの弁当と中華。外の空気も吸えないし味気ないこと。

 

 

toent1.jpg

テーブルセッティングはされていたが、ここに人が来るのを見なかった。ここは会議のお客さんとか予約客しか訪問しないレストランですね。私たちが座った丸テーブル席はライティングが全然で、暗ーい場所と明るい場所がまちまち、でどうなっているの。と思ってしまった。加えてサーブする店員さんが全部オールドメンばかり。やはりお店を選択する幹事はセンスが要求される。

 

 

toent2.jpg

飲み放題付コースで今日は12000円と聞いた。

 

 

toent4.jpg

私はビールを飲みませんが、数百円で売られているチリワインを見ても何のテンションもあがらないどころか、だださがるだけである。今日の食事は消化試合か。

チリワインでもカッシェル・デル・ディアブロクラスなら許せるが。

 

 

toent3.jpg彩り華やかな五種前菜の盛り合わせ

 


toent5.jpg

鶏肉・烏賊・スナップエンドウの塩炒め

料理はテーブルに回る台もついておらず、1人ずつ盛り付けされたものが味気なく配給されていく。

 

 

toent6.jpg

東苑自慢の大海老のチリソース炒め煮

珍しくはない1品。

 

 

toent7.jpg

真鯛の揚げ物 香味ソースがけ

 

 

toent8.jpg

安ワインのおかげで酔いが回る。

牛肉と山菜の細切り炒め オイスターソース炒め

 

toent9.jpg

タラバ蟹とエノキ茸入り フカヒレのスープ

 

 

toent10.jpg

五目チャーハン

Nレイさんの本格の方が上行くんじゃあ・・・・

 

 

toent11.jpg

杏仁プリン 梅ソースで


終始周りの皆さんが食事をして笑顔になるという、いつもの光景を見ることはありませんでした。福井の蟹しかり、最近食事をしながら「怒っている」という場面に多く出くわします。そうならない場所選び、料理選びって重要ですね。窓の外から美味しいお店が沢山あるのにと思いながら、一本〆で会は終了しました。TT

 


食べログ(掲載時点 3.03

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

4ケ月ぶりに塚田農場で部長の私は出勤しました。

塚田農場は素材感が高く、家族もそこそこ好きなようです。

 

tkdd1.jpg

食べたもの全部ではありませんが、グランドメニューから

山盛りしらすのたっぷりサラダ 680円。しらすがたっぷりで美味しい。

 

 

tkdd2.jpg

ど定番のチキン南蛮 680円。 南蛮ソースを別添で。このソースも美味しい。

 

 

tkdd3.jpg

焼きサバ明太 680円

明太子がまるまる1本焼きサバの上に鎮座。サバと明太って意外にあうのね。

 

 

tkdd4.jpg

たれ焼きねぎま 480円。焼鳥感覚。

 

 

tkdd5.jpg

クリームチーズ醤油漬け 380円。これは初めて食べたけど、オリーブオイルもかかっていて胡椒風味と醤油風味チーズ。とても美味しい。日本酒と合いますね。写真はありませんが、とりまぶしも美味しいんです。


食べログ(掲載時点 3.08)

 

塚田農場メニュー

 

 

塚田農場 「えのきの月見ステーキ」 部長リピートしてきました。

 

 

このページのトップへ

2018年4月 4日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

ベトナム麺 フォーを子供と食べに来たのですが、あいにくお店はお休み。

何が食べたいか聞くと 「お肉」

昨日夜 いきなりステーキを一人で食べた私は、それは隠し 加茂川にとりあえず行こうと決めました。

 

kamg10.jpg

休日だし、子供に付き合おうと思い・・・・

サイコロステーキがいいというので、安い方の120gの1400円のサイコロステーキを2つオーダー。

 

 

kmgwn2.jpg

鐵板が運ばれ、しばらくしてから調味料、醤油・塩・タレ2種類

 

 

kmgwn4.jpg

ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、香物が運ばれてきました。

 

 

kmgwn3.jpg

3x4=12個、チョコレートダースみたいに綺麗に並んだお肉。1個10g換算ですね。ほとんど赤身じゃないですか、これくらいなら逆に胃にもたれなくていいんじゃないかと嬉しくなる。

 

 

kmgwn1.jpg

6個ずつ2回に分けて焼くことにしました。

赤身肉は負担がないですね。噛みごたえもありますし、満腹感も出ます。しかし昨夜に続いて肉とは。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)


加茂川で初ランチ 熊本市・上通 創業明治14年

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikinariss1s.jpg

福井から大阪経由で熊本空港に夜到着。

お腹も空いていたので空港で食事をすることにした。2Fにある「いきなりステーキ」に。ペッパーフードの株主にもなったことだし応援の意味で。私はゴールドカードホルダー。といっても合計4kgほどしか食べていないが。

熊本空港店は昨年2月に震災からリニューワルオープン。店舗も広くなって座って食べれるので快適な空間。狭い空間で立って肉の煙を感じながら食べずに済む。

今日はリブロース g=6.9円。 300gをオーダーしたら 336gでもよいですかと。まぁいいけど。肉だけで税込2508円。


 

 

ikinari2s.jpg

調味料がカウンターにしかないのが不便なところです。

空港店は昼メニューのワイルドステーキが夜食べれるためか、ステーキを食べに訪問している若人たちも見かける。

 

 

ikinariss3s.jpg

レアで頼んだが、かなりレア。少しは鉄板で焼くのでミディアムレアくらいにはなるが・・・・今日の後悔はご飯大盛り無料ですと言われて、大盛りにしてしまったこと。大盛りにしたからサラダも頼まず、肉と米だけ。あまり健康とは言えない食事だなぁ。TT

ほぼ1年前の記事

 

いきなりステーキ熊本空港店

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

このページのトップへ

2018年4月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

awar1.jpg

福井県の北部「芦原温泉」へ来ました。結構大きな温泉街なんですね、初めてです。宿泊会場は清風荘。こちらでは大きなホテルの1つです。会議を行い夜の懇親会場へ。越前カニを食べるのが目的です。

越前カニの漁は解禁が11月6日、猟期の採集が3月20日と決まっています。今回は禁漁終わりの時期です。越前カニ(福井水揚げのズワイガニのオス)は高級カニで有名なんですが、私も福井でいただくのは初めて。どんなものでしょうか。

越前カニの解禁と仕入

 

 

awar14.jpg

こちらが1人1杯のカニ(黄色いタグは三国港水揚げの証明タグ)大きいですね。

 

 

awar15.jpg

見た目気持ちいいものじゃあないけど、カニに着いている黒い粒は カニビルと呼ばれる寄生虫

こんな茹でカニ見せられて、「え、生カニを食べさせてくれるんちゃうかー」と言う人も・・・確かに。

 

 

awar5.jpg

なんやかんや料理が出てきて、献立には書いてあるものの。

 

 

awar6.jpg

福井まで来て こんな普通の刺身とかでお腹いっぱいにする意味って・・・・

 

 

awar8.jpg

越前おろしそばは今は不要な物です。

 

 

awar2.jpg

鰤西京焼き

 

 

awar4.jpg

煮物もなんでもいいけど

 

 

awar7.jpg

若狭牛 青竹蒸し (最近この蒸し物良く見かける)

 

 

awar3.jpg

うなぎの柳川鍋食べに、福井に来たんじゃあ・・・

 

 

awar13.jpg

ほとんどオールスルーします。

 

 

 

 

awar9.jpg

日本酒とかワインとかだいぶ飲んでしまって。

もう「いいかげんに、カニを出してよ!」と言う人続出し。乾杯から1時間超・・・

 

awar10.jpg

ようやくカニが出てきたけど。茹でカニだけですよ。

 

 

awar12.jpg

北海道で食べた毛ガニがよっぽど美味しかったな。そんなに感動がないけど、相当高いんですよ。

そんなにお腹が空いていないから、美味しくも感じないよね。

焼きカニも食べたかったし、どうしても消化不良で終了した福井でした。行く前はこんなイメージだったんですが

TT

 

 


 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sutes1.jpg

羽田空港から石川県の小松空港へ来ました。小松へ来るのは3度目ですね。飛行機も少し遅れて小松空港から小松駅へ向かう路線バスはお客様を待つこともなくほぼ定刻に駅へ向かってしまい、やむなくタクシーに。

食べログで検索していた「米八」というお寿司屋さんがたまたま定休日で、困ったと思っていたところ、タクシーの運転手さんに「駅の近くで美味しいお寿司屋さんありますか」と聞いて連れてこられたのがこちら。場所は餃子で有名な「勝っちゃん」と同じ通り。今の私には餃子という選択肢はありません。

たまにはこうして訪問するのも旅行ぽくていいですね。名前は寿司捨。捨って字はあまりお店には使わないなぁと考えつつ、入店。カウンターも結構多くてお昼から刺身をつまみに飲んでいる人たちや、どう考えても地元の人らしき人が多い。スーツケースを運ぶ私は完全いちげんさんだ。

 

 

sutes2.jpg

リーズナブルな価格設定ですね。内容は変われど平成6年から20年も値上していないということか・・・・

ここは お任せでもなく、 特上 2500円にしましょう。

 

 

sutes6.jpg

結局椀物がついていなかったことは後でわかりました。

 

 

sutes5.jpg

ネタの名前もなく、どんどん置かれていくお寿司・・・

結構な速さです。

 

 

sutes3.jpg

ネタは大き目。シャリも少し多めで

 

 

sutes4.jpg

石川・富山に来るとやはりお寿司は食べないとと思いつつ

 

 

sutes7.jpg

お店の人の握るの早いこと

 

 

sutes8.jpg

どんどん食べていきます。

 

 

sutes9.jpg

うに、いくらもついているんだ。

 

 

sutes10.jpg

数の子も

 

 

sutes11.jpg最後はうなぎで〆とのこと。10貫ですね。

デカシャリでそこそこ満腹になりました。所用時間わずか15分程度しかお店にいなかったと思います。お会計をしてJR小松駅へ徒歩で向かいました。


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年3月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

GOG14.jpg

食業界の方との情報交換会でこちらのお店を訪問しました。予約していただいたコルポデラストレーガ。イタリアンです銀座八丁目。桃花源銀座店がある銀座グランドホテルのすぐ近くのビルの地階です。

 

 

GOG15.jpg

席数はわずか14席。オープンは2012年2月とのことなので6年ということですね。イタリアワイン主流で料理とのコンビネーションも考えられているお店らしいです。といっても飲みたいワインは選んでしまう方ですが。

 

 

GOG17.jpg

乾杯はスプマンテ。レベルからいけばテーブルクラスです。

GANCIA BRUT SPARKLING WINE 


 

GOG16.jpg

今日は魚・肉のコースで6300円

 

 

GOG18.jpg

しまなみの真鯛のカルパッチョ

 

 

GOG3.jpg

BRAMITO CHARDONNAY ラミートシャルドネ 6500yen

サッシカイアと血縁関係にあるワイナリーで、アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー。

 

 

GOG1.jpg

サラミ、生ハムの盛り合わせ

 

 

GOG4.jpg

皆さんは豚肉のラグーソースのパスタ

 

 

GOG5.jpg

私にはゆで卵とアスパラ・・・・

 

 

GOG11.jpg

LE MACCHIOLE BOULGHERI ROSSO 2015

レ・マッキオーレ ボルゲリロッソ 2012 7200yen

トスカーナワインで  メルロー50%、カベルネフラン 30%、シラー20%と

 

 

GOG6.jpg

しまなみいしもちのグリル。

お皿の上にちょこんと。

 

 

GOG9.jpg

メインは牛ばら肉のペポーゾ

 

 

GOG10.jpg

ソースがもう少しあるとお肉のパサパサ感も少なくなると思うのだが。

 

 

GOG8.jpg

同行者の方が頼まれた 牛サーロイン肉のタリアータ (+500円)


 

GOG12.jpg

もう1本の赤は LA SEGRETA ROSSO お手頃な赤ですね。

以前、ジャルディーノで飲んだことがあります。

 

 

GOG13.jpg

デザート。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年3月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年は日本ウナギの稚魚が不漁で今年の夏はうなぎの高騰や不足が予想されます。今のうちにおいしい「うなぎ」を頂けるのは幸せなことかもしれません。東京には美味しい鰻屋さんが沢山。貴重なうなぎを頂きに訪問してみましょう。


銀座のど真ん中。日産ギャラリーから築地方面へ4丁目の交差点からわずか1分。日本で最高の地価を誇る場所です。住所は銀座5丁目なれどうなぎの名店、竹葉亭。お昼ピークを少し過ぎているためかすんなりと入れそうです。ラッキーです。

 

 

chik10.jpg

竹葉亭は江戸創業の老舗うなぎ。本家が分かれて、大阪竹葉亭・東京竹葉亭と3つに分かれている。海外や東京・大阪・神奈川に店舗がある。2席しか席がないが、この目の前はどんどん人が通る場所である。1Fがテーブル席で2Fは座敷。

 

 

chik11.jpg

うなぎ丼、うな重の他にも天丼や鯛茶漬もあるんだー。こういうメニューまで書いてあるのって正直でいいですね。1000円台のメニューもあるってことですし。

 

 

chik12.jpg

1Fは満杯で2Fに通されました。逆によかった。

この眺めですよ。銀ぶらしている人を見ながらランチという贅沢さ。目の前は三越ですよ。この場所でうなぎを食べるなんて、考えたら安いもんですね。


 

chik1.jpg

色々ついた定食メニューもありますが、余計なものはいらないので

 

 

chik13.jpg

うな重は1種類。いさぎよし。 3,600円(3,888円)のみ。

何度もいいますが、老舗・銀座のど真ん中ですからね。地方で食べるのとわけ違いますよ。

 

 

chik14.jpg

きも吸は別です。

鮪茶漬けというメニューもありますね。1,500円。

 

 

chik2.jpg

おつまみ類も沢山あります。日本酒飲みながら白焼とか幸せなんでしょうね。

 

 

chik3.jpg

到着しました。お重。お新香はたくあんとしば漬け。個人的にはきゅうり・大根あたりが好みなんですが。

 

 

chik4.jpg

さすが江戸からの老舗。仕事が平成末の世になっても丁寧ですね。職人気質を感じますよ。焼きが丁寧。

タレも薄めでふわっと感を感じます。江戸の鰻はこれだからいい。


 

chik5.jpg

ドアップにするとさらに旨さが伝わりそうな・・・

 

 

chik6.jpg

丁度1匹分が少し重なりつつ入っています。ご飯の量もしっかりありますし、固さも丁度よく、タレはまんべんなくまぶされていて、甘すぎない関東タイプです。

 

 

chik7.jpg

一方、肝吸いはシンプルで、三つ葉も入っていないもの。

このシンプルなものが鰻の旨さを引き立てるのでしょうか。

 

 

chik8.jpg

うなぎをひっくり返します。焼きは薄めですね。

 

 

chik9.jpg

このふわっと感あるうなぎ。美味しいです。

 

 

chik15.jpg

外を眺めると和光と三越、銀座4丁目。この場所ですからね。贅沢な感じです。お店は日本人でない人も結構訪問しているようでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

東京の錦糸町のホテルに宿泊です。錦糸町で宿泊するのは初めてです、錦糸町は場所は東京都・墨田区。東京スカイツリーに近いところですね。黄色い電車の総武線秋葉原からだと、浅草橋・両国・錦糸町と3つ目ですからそんなに遠くないのですが、普段宿泊している場所から離れるだけで随分雰囲気が違うところです。


今回の宿泊は昨年11月にオープンしたマリオットホテル系列のモクシ―東京。駅から7,8分ですがどうも回りが繁華街でシティホテルならぬホテルが乱立し、ここもその手のホテルかと思わるような・・・入口からしてその雰囲気。

バーカウンターが受付となっていたり、受付の女性もよくその手のホテル間違われると言われてました。でもマリオット系列だから外国人が多くて、部屋も面白い。ジムで軽く汗を流して遅めの夕食へ。

 

食べログで焼鳥全国ランキング4位を誇る名店の とり喜に一応電話するも、あっさりと断られてしまい、錦糸町はエスニック料理が多いので駅に近い「ベトナム料理」をチョイス。

 

 

sgnm14.jpg

駅のすぐ前、看板があるからすぐわかりました。サイゴンマジェスティック。予約はしていません。大丈夫だと思います。

 

 

sgnm13.jpg

色んなお店が入っている雑居ビル。この手の店って意外に入るのためらう時ってありますよね。

 

 

sgnm15.jpg

エレベーターを降りたら店。

お店の人と目があって店内へ。お客さんは想像したより多かった。一人客やカップル、友人など比較的若い人が多い。

 

 

sgnm1.jpg

お客さんがいないところを撮影。

 

さて何にするか、メニューの一部を掲載します。色んな料理がありますが、一人だとそんなに種類が食べれるわけありません。

 

sgnm9.jpgsgnm5.jpgsgnm4.jpgsgnm3.jpgsgnm2.jpg

先ずはこのベトナム ダラットの白ワインを飲みましょう。

一口飲んで、うーんやはり違いますね、シャルドネの白を頼み直し。

 

 

sgnm6.jpg

サラダ代わりに生春巻き 700円。

2本分です。ソースが余り辛くないスイートチリソースだったのですが、タイ料理のチリソースが好みです。

 

 

sgnm8.jpg

巻きたての生春巻きは美味しい。しかも春巻きの皮が薄透明でホンマモンのベトナム料理店のは美味しいわ。

 

 

sgnm10.jpg

厚揚げレモングラス唐辛子添え 600円

唐辛子のピリ辛がたまりませんね、こんなに厚揚げだけ食べれません。

 

 

sgnm11.jpg

焼きフティエウ 980円。

フォーを焼いてあるもの。回りのきゅうりの飾りがチープすぎるんだが。

 

 

sgnm12.jpg飾り付けはよそに味はいいんだよ。

赤ワインまで飲んでしまい、ふわっとした気分になりました。

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

このページのトップへ