九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2020年9月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_3150.jpg大分に行ったときにこちらのお店に連れてきてもらいました。都町にある和食 ななにんさん。ちょっとわかりづらい路地からビルへ。1階にあります。

すてきな感じのドアですね。ななにん というくらいですから、7人入るカウンターのお店かと思ったらカウンターには8人、全部で10人ほどが入るお店でした。菜々人と書いてある紹介サイトもありました。


 

IMG_3151.jpg

和食・日本酒好きな方にとっては嬉しいお店でしょう。女将が日本酒に詳しいようです。

こちらのななにんさんは 2018 熊本・大分の ミシュランガイド ミシュランプレート掲載店でもあります。


文章を一部お借りすると

店内はバーを思わせる洒落た空間で魚介は天然物にこだわる店主。自家農園で作る野菜が無農薬栽培なのも嬉しい。合わせる酒は、もてなしの心溢れる主の妻に任せたい。

 


IMG_3152.jpg

目の前で調理される新鮮なタコ。


 

IMG_3154.jpg

料理はあくまで少量づつ、日本酒の「あて」として。

やわらかい鮑。

 

 

IMG_3156.jpg

大分だから、もちろん かぼす・塩 刺身に醤油はなくてもいける。

 

 

IMG_3157.jpg

貝は苦手なので、すみません。

 

IMG_3158.jpg

手巻きがあったり

 

IMG_3160.jpg

土瓶蒸し

 

IMG_3162.jpg

メインの宮崎牛が出るころには、久しぶりに飲む日本酒がだいぶまわってきていました。

 

IMG_3163.jpg

明太ごはんにして。ごはんがとても美味しい。

 

 

IMG_3153.jpg

 

IMG_3155.jpg

 

IMG_3159.jpg

 

IMG_3161.jpg

 

ビールのあと結局4種類の日本酒をいただきました。ご馳走様でした。

 

食べログ(掲載時点 3.37)


このページのトップへ

2020年9月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

IMG_2988.jpgバーバーバーさんに。

前回来て気になっていたフォーガパオを食べるつもり、満々。

着席してすぐフォーガパオを注文、何も考えず。

 

前回の記事

IMG_3126.jpg

アップルジュースと サラダをいただいて待ちます。


 

IMG_3127.jpg

今日も白身魚のフライ。

小さいけど美味しい。お弁当にもよいサイズですね。

 

 

IMG_3129.jpg

到着。

え、フォーガパオってスープのある麺だったの。。。

フォーの上にガパオって書いてあるので、ライスの代わりがフォーになったものと思い込み。(パッタイ焼きそばみたいなものを想像していた)

フォーそのものは麺という意味でしょう、

驚いていると店員さんが、ガパオライスのほうがよかったですか・・・と心配してくださりました。

 

グーグルやヤフーで「フォーガパオ」と検索しても、333 こちらのお店のこのメニューが最初にヒットするくらいだから、ここ独自のメニュー名なんでしょう。

 

 

IMG_3130.jpgガパオがどんどん下に沈んでいくのでれんげがないと食べにくいですが、味はガパオから染み出た味がして美味しい。他のお客さんが、「フォーガパオって何ですか」って店員さんに聞いていたけど、わからない場合は聞かなくちゃ自分。勝手に思い込んでしまう。


食べログ(掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2020年8月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_3116.jpg

前回訪問時から間を開けずに来てしまいました、ヒノマルキッチンさん。もちろん今日はサラダと決めています。

 

 

IMG_3117.jpg

日替りパスタが何か説明してくれていますが、聞いてませんでした。

サラダランチプレート 700円 スープ、パン付で税別です。 オレンジジュースとセットに。

税込で890円。いまは野菜も高いですからね、お得に感じます。


サラダランチプレートは緑黄色野菜125g+淡色野菜55g=180g

1日の野菜推奨摂取量の半分相当が含まれているとのこと。

 

 

IMG_3119.jpg

ドレッシングは4種類からオーロラソースを選択。

おや、サラダだけと思ったら総菜もついてるんですね、ソーセージや卵焼きといったタンパク質のものも付いているのが嬉しい。

 

IMG_3120.jpg

野菜は人参のラぺやかぼちゃサラダ、などなど新鮮で美味しいですね。

女性にファンが多いのも納得できます。サラダの内容・お惣菜は日替りで変わったりするようです。

ソーセージも隣のマルシェで売ってありました。


 

フードロスはいけませんので、完食。

 

前回の記事

 

食べログ(掲載時点 3.25)

 


 

このページのトップへ

2020年8月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2986.jpg

ガチ暑ですね、

暑いとくればアジア料理。コロナ禍では料理で世界を味わう。

久しぶりに333(バーバーバー)さんに来ました。何度目の登場でしょうか。一ノ蔵の斜め前。バーバーバーの目の前のコインパーキングに駐車。

以前の黄色主体のお店のデザインからシックなものに変わっていますね。

 

IMG_2987.jpg

パッタイを食べようと思ったのですがランチではなくなっているようですね。残念。


 

IMG_2989.jpg

店内もナチュラル調で壁の装飾物が無くなったり、シンプル化していました。

 

 

IMG_2988.jpg

ランチメニューも変わっていました。900円、950円、1000円の価格で5種類。

フォーガパオという フォーの上のガパオも気になりましたが最近ガパオを食べたばかりなので、今日はフォーガー(鶏)にします。

唐揚げと白身魚のフライは白身魚で。

 

IMG_2990.jpg

やってきました。

小さめの白身魚フライ2個とサラダ、フォー。ドリンクも選べます。見た目もよいですね。

 

IMG_2992.jpg

チリタルタルにライムを絞って。

 

IMG_2991.jpg

久しぶりにフォーをいただきます。鶏肉とかパクチー、もやし等などが入っています。あっさり目のスープでもたれません。

フォーはいい。

東京ではタイ国専門食堂のフォーが好きなのですが、最近食べていない。(記事)

 

IMG_2993.jpg

フォーの麺ってするする食べ進み美味しいせいなのか、いつも麺の量が少なく感じるんですよね。その分野菜(もやし)がたっぷりなんですが。今度麺大盛ってあるか聞いてみよう。

 

以前の記事(バーバーバー)

 

食べログ(掲載時点3.08) 3.33まであと0.25

 

このページのトップへ

2020年8月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2975.jpg

熊本で三年坂TSUTAYAといえば有名な場所。オシャレな本屋さんや雑貨ショップだったり、スタバ・カルディとかちょっとした時間つぶしにもぴったりな場所。日の丸マルシェというちょっとした物産館的ショップもあったりして面白いですね。ここで売っているお弁当があったのですが、色々なお店のがあってとても美味しそうなんです。

 

2019年8月にモリコーネからリニューワルしたのですが、来ようと思って1年。コロナになってサラダバイキングなども無くなりました。

 

 

IMG_2977.jpg

サラダランチプレートがあるではないですか、美味しそう。でもサラダだけより、たんぱく質が入ったサラダが好きなんですよね、ランチとしては。ロカボックスというお店、残念ですが閉まったんですよね。


暑すぎて疲れているので、肥後うまか赤鶏のチキンソテーレモンソース 900円とコーラにします。

 

 

IMG_2981.jpg

ここのお店は隣のヒノマルマルシェに入ってきた食材をリユースするというフードロスへの取り組みを実施しているそうです。

マルシェ → キッチン この流れでメニューとして再活用されるのですね。その意味でサラダを提供することがフードロスに大きくつながるというわけ。

 

 

IMG_2979.jpg

セットメニューのサラダも十分にみずみずしく美味しかった。もっと食べたくなりました。

 

 

IMG_2980.jpg

店内はナチュラル系で、この後多くのOLさんたちが入ってきました。場所柄ですね。

 

 

IMG_2983.jpg

パンと

 

IMG_2982.jpg

チキン みた瞬間大きい、と思いました。

 

IMG_2985.jpg

表面はカリッと中はジューシー。赤鶏の旨さでしょうか。むにゅーっとした普通の胸肉と違いますね。みた瞬間は半分残そうかと思いましたが、全部食べてしまいました。残してフードロスにするわけにはいかないので。というより美味しいので全部食べてしまいました。こちらの味付けは市役所裏のイナロ食堂の看板メニュー レモンソースで仕上げたと書いてありました。イナロさん何度か足を運んだことありますよ。

今度はサラダを食べに来ようと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.25)

 

 

イナロ食堂の記事

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2955.jpg

むちゃくちゃ暑い日々が続いてます。

こんなに暑いと昼何食べようか、考えますよね。


外しばらく歩くと食欲なくなりますわ。

今年はコロナで海外も行けないし、食で世界を味わいましょう。



ということで上通のアーケードが終わってすぐ、左側にあるビルの1Fにある カートルアンさんに。タイ・中華料理のお店です、昨年の6月オープン。



 

IMG_2956.jpg

内装を以前のお店からリニューワルしてあるため、シャレオツなお店に変身しています、アジアンリゾートチック。

テラス席もありますが、通行人の方と目が合いそう。

 

 

IMG_2958.jpg

店内はナチュラルシック。細長いレイアウトになっています。

 

 

IMG_2959.jpg

ランチは3つから選べます。

ガパオ(粗挽き肉のバジル炒め)にします。ランチにはすべてグリーンカレーが付く? ガパオにも?

ライスお替り無料って沢山食べる人にはよいですね。


シェフは田迎にあるタイ料理の有名店、「マイタイ」で8年修行されたとのこと。マイタイの味に似ているというわけですね。

 

IMG_2960.jpg

(クリック拡大、戻る)

夜メニューも色々、リカー類も揃っています。

今度来てみよう。

 

 

IMG_2961.jpg

サラダと揚げ春巻き(前菜)が来ました。サラダが食べたかったので良かった。

 

 

IMG_2962.jpg

ごはんは少な目にしました。

スープはかき玉。グリーンカレーがあるので、スープはなくてもいいと思いましたが。ガパオはライスとは別になっています。



IMG_2964.jpg

ごはんにかけていただきます。

ガパオはほどよい辛さ、ガパオライスにグリーンカレーをかけたので、具の多いグリーンカレーになりました。具が余り過ぎました。卵焼きはついてませんでした。もガパオライスに半熟卵焼きを割って食べたかった。


 

IMG_2965.jpg比較的マイルドなグリーンカレーです。

 

 

IMG_2966.jpg

茄子とかいっぱい入っていて美味しかったです。

頭から汗が噴き出してきました。外が激熱な日に辛いものは汗がとまりませんな。

 

マイタイさん好きのYAさんは行ったことあるのかなー。

と思ったら記事になってました。

2月のYAさんの記事

 

私のマイタイさんの記事

 

食べログ(掲載時点 3.06)

このページのトップへ

2020年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2903.jpg

今回はこちらに。昼ランチで訪問したことがあり美味しかったので。恵比寿にある新中華のCINA(チーナ)。ビルの2階です。お店にとってはきついことだと思いますが、お店の予約が取りやすくなっているのも事実であります。

 

 

IMG_2904.jpg

前回来た時から夜コースメニューもありますが、単品つまみながら飲みたいと思っていました。タパスは500円からと頼みやすい。

コースは夜は6000円から。

 

IMG_2905.jpg

でも1人だとどうしても頼みにくいメニューってありますね、ハーフサイズが準備されていると嬉しいのですが。

 

IMG_2908.jpg

白ワインを頼んだ後に、サントリーのザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームがあることに気が付き、生のを飲んでみたくてオーダー。醸造家の夢と書いてある缶。ふつうのプレモルよりちょいお高めのビール。ここでは1杯700円。やはり喉乾いている時にはビール。

 

 

IMG_2906.jpg

CINA風椎茸の唐揚げ 黒酢和え 500円

椎茸の唐揚げって面白いですね、黒酢とうまくあってかなり美味しかった。

 

IMG_2907.jpg

湯葉とパクチーの和え物 500円

パクチーとさっぱり湯葉があいます。おつまみによいですね。

 

IMG_2910.jpg

旬素材の春巻き 800円

とうもろこしとすり身でしょうか。すり身がちょっと重たい感じがしました。

 

 

IMG_2911.jpg

メインはラムラックステーキ ガーリックスパイス添え 1400円

柔らかいラムでした。でも3切れくらいで十分でした。2人でシェアするのによい量ですね。

 

 

IMG_2912.jpg

そんなに食べているわけではないのですが、お腹が満たされてきたので最後はごま香る担々麺。ハーフサイズ700円があったので良かったです。フルサイズは無理です。麺は細麺、久しぶりに担々麺を食べました。


新中華はワインとかに合わせて軽く食べるのが良いですね。

 

前回の記事

 

食べログ(掲載時点 3.89)

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2895.jpg

東京うなぎも最近食べていないので、何度も訪問したことのある新橋の 鰻卸店直営のお店 うなぎのお宿さんに来ました。最近は新橋界隈もテレワークの大会社さんが増えてきたようで人通りも少なめ。鰻の時期とはいえお客さんもいつもより少な目でした。



IMG_2896.jpg

あら、以前はお宿は2500円(税込)だったのですが、梅・お宿・大富士は200円値上がりしています。二段は500円も。

今年は鰻は安くなっているのですが、このタイミングで値上げとは・・・


お宿にするか梅にするか悩んでいたところ、お店の方が特別メニューがありまして、これが良いですよとのことなので

 

 IMG_2897.jpg

2000円のこれにします。

お宿よりうなぎが少し大きいか、量が多いのでしょう。確かに得した気分がします。

うなぎのお宿3号店が有楽町に出来たのですね、コロナのこの状況下で新店とは景気がよいのでしょうか。


新店(ガード下ですね)

 

IMG_2898.jpg

綺麗に焼かれて香ばしい鰻。以前いただいた梅 1800円より大きめの鰻です。

 

 

IMG_2900.jpg

これだけ鰻があるならばご飯少な目にしてください、と言わなくとも普通の量のご飯も食べれました。

残すのは簡単にできますが、「ごはん追加でお願いします」って丼ものの場合は言えませんねー。


 

IMG_2901.jpg表面はかりっと中はジューシー。関東風の鰻はうまい。

 

うなぎのお宿(3)の記事

 

食べログ(掲載時点3.57)

このページのトップへ

2020年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2870.jpg

7月に東京に。コロナ感染者数が爆発するぎりぎりのところでした。とはいえ人と一緒に食事もどうにも影響を考慮して一人飯に。せっかくだから美味しいものを。

以前一人飯したことのある、麻布十番のイタリアンに電話をしたところ空いているとのことなのでこちらに。ラパルタメントディナオキ。シェフ1人と女性の2名でされています。

 

IMG_2871.jpg

カウンターとテーブル席 14名ほどでいっぱいになる感じですが、今日は半分にしてありました。他のお客さんと同時の19時スタートにて。コース料理は10,000円の1本で品数はデザートまでいれて全部で12品。アルコールはペアリングとグラスオーダーがあります。以前来た時はペアリングにしたのですが、今日は好きなものを好きなだけ飲みたいと思います。

 

IMG_2875.jpg

最初は牡蠣。苦手なのですがこの量なら大丈夫。スプマンテを2杯。

 

 

IMG_2876.jpg

カプレーゼ

 

IMG_2878.jpg

鰹でした。

 

IMG_2881.jpg

雲丹ともずくとイカ墨のパスタ 量少な目で。器が面白い。

 

IMG_2882.jpg

美味しかった、アジのタルタル

島根のどんちっちというブランドのようです、初めて聞きました。

 

IMG_2884.jpg

ハチの巣、トリッパ(胃袋)

表面がかりっとしてうまい。

 

IMG_2887.jpg

魚です、忘れました。

 

IMG_2888.jpg

手作りの これも量は少なめ

 

IMG_2889.jpg

リゾット すっぽんとイブリガッコがはいっていたよね。

 

IMG_2891.jpg

メインの牛肉

 

IMG_2893.jpg

コンポート。美味しかった。

一人飯もいいものです。

 

IMG_2872.jpg

FRANCIACORTA BRUT FRATUS フランチャコルタ ブリュット フラタス

きれいな酸味の飲みやすい辛口フルーティ

2杯

IMG_2879.jpg

Rivera Lama dei Corni 2017 シャルドネ

イタリア、プーリア州の“カステル・デル・モンテ”の一部、岩の多いラーマ・ディ・コルヴォという丘陵地帯にある銘醸畑のシャルドネをフレンチオークのバリック樽でアルコール発酵後、フレンチバリックで9ヶ月熟成


IMG_2883.jpg

Piazzo Roero Arneis 2018

 

IMG_2885.jpg

Azienda Le Vigne Fontecuoia 2010


 

IMG_2890.jpg

ESPEDITO Pinot Grigio

 

IMG_2894.jpgSaecula Grillo 2018  シチリアのワイン

 

これだけ飲めば十分です。帰りにハーゲンダッツを買って帰ります。

 

食べログ(掲載時点 3.98)

このページのトップへ

2020年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2917.jpg

編集長のようなオサーン世代にとってファミレスといえば、ガストやジョイフル、デニーズでもない。熊本人なら鶴屋のファミリーレストランがファミレス。そして世代的には あさみのる や にんじんハウス です。

もうここには40年以上も通っているからなぁ。(通っているというほどでもないが)


ファミリーレストランは和洋中デザートまでメニュー豊富、家族が好きなものを食べてもよい、よき昭和時代の風景。今でもおばあちゃんたちがここで1人飯食べてますよ、結構。

いつからかはわからないが、ボンシェールというフランス語の名前もついてます。おいしいごちそうという意味かな。人気のあるファミレスだから入店時は名前を書いて前の椅子で待つこともありますよ。


 

IMG_2916.jpg

郷土料理、馬刺しもなんでもあって県外からのお客さんにもいけると思いますよ。ここでの私のお気に入りは太平燕。(タイピーエン)今更説明する必要はないですね。というか他のはほとんど食べていないので。

870円。税込。

 

 

IMG_2918.jpg

この皿うどん 懐かしいわぁ。

熊本で皿うどんといえば麺がやわらかい焼きそば風。パリパリの麺を皿うどんというのを知ったのは東京に行ってから。

 

IMG_2920.jpg

そしてこちらが 噂のうまい太平燕。

具材たっぷり。イカ・エビ・シイタケ・豚肉・タケノコ・青菜・白菜・人参 などなど。

素揚げの卵が1個。1個というのがいいですねー

 

IMG_2921.jpg

見てわかるとおり、スープが透き通っているわけではなく、めちゃコクのあるスープ。シイタケからの味なのか鶏ガラかなんかわからないんだけど、コク旨なんですよ。たぶんこの太平燕はファンがいるはず。もしかして何十年もここの太平燕を食べているファンがいるかも。もちろんシェフは変わって味が引き継がれているのかその辺はわかんなんですが。

 

 

IMG_2669.jpg

これは前回来た時の太平燕。この時のほうがスープが色濃かったイメージ。


具材タップリでうまいのでお勧めです。

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

このページのトップへ

2020年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2814.jpg

並木坂にあるヌーベルシノワ(新中華)の 俏麗(チャオリー)に来ました。以前ランチで訪問してだいぶ時間が経っています。

以前の記事

 

IMG_2816.jpg

夜なので、生ビールとか白ワインを飲みながらいただきます。

メニュー表。そんなにメニューが沢山というわけではないけれど、中華のつぼは抑えている感じ。こちらの料理人の方はホテルキャッスル熊本の桃花源に以前いらっしゃったことがあるそう。というと四川系なのですね。

店内もオシャレでシンプル

 

IMG_2822.jpg

エビと豆腐のサラダ 800円

彩りがよいサラダです、乾燥野菜のようなものが入っています。

 

IMG_2824.jpg

青菜のあっさり炒め 800円

さっと炒めたシャキシャキ感が残る炒め物。家の中華料理では食べないのでどうしても外食中華だと食べたくなる。

 

 

IMG_2817.jpg

イカのミルク炒め 800円

キャッスルにもあるけど、よりクリーミーな気がします。かぼちゃがアクセントとなってよいですね。キャッスルのには枝豆ではなくコーンが入っていたなぁ。

 

IMG_2818.jpg

牛肉とピーマンの細切り炒め 950円

チンジャオロースーです、さっと炒めてタケノコともやしのシャキシャキ感。

 

IMG_2820.jpg

小籠包(3個) 600円

 

IMG_2823.jpg

ラムのスパイシー炒め 1200円

なんという香料かわかんないけど、スパイシー。嫌いではない味。

 

 

IMG_2825.jpg

五目チャーハン 900円

一粒がパラパラなチャーハンで〆。

 

食べログ(掲載時点 3.45)

前回は3.08からアップ


 

このページのトップへ

2020年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2843.jpg

オムライス専門店 ポムの樹に来ました。鶴屋の7階にあります。よく見かけるポム、実は初ポム。私の食事でオムライスというのをチェーン店で食べるという選択肢がなく、いままで1回も来ずに。

オムライスの記憶といえば、大学生の時に後輩に誘われて浅草の老舗洋食有名店 「レストラン吾妻」で食べたオムライス。オムライスなのに3000円くらいしたのを覚えています。フランス料理のコース8000円のをいただくより「ものすごく高いもの」を食べたとインプットされる記憶。(今は3500円らしい)


オム談義はよいとして、今日はポム。ポムの樹のポムフードは鹿児島の会社のよう、知らなった。オムライスは卵のとりすぎとご飯のとりすぎになるので敬遠していました。

 

IMG_2844.jpg

先日、このポップをみて食べようと思ってました。

糖質OFF メニュー変更。 SSからSサイズも。ポムの樹ってオムライスのみならず、パスタ、ドリアなど洋食やさんなのですね。メニューすごく多いですね。Sとか書いてあるから、普通のオムにはMやL、LLもあるのかと思ったら違うみたい。

 

IMG_2846.jpg

どんな糖質オフかというと

ライスの代わりに、あいびきミンチを使って提供してあるのです

あいびきミンチ&玉ねぎ と あいびきミンチ&玉ねぎ&ぷるんちゃん


ぷりんちゃんじゃなく、ぷるんちゃんて、こんにゃく米。

 

 

IMG_2845.jpg

糖質OFFケチャップオムレツ SS950円

野菜マヨネーズオムレツ SS950円

エビとフリルレタスのマヨネーズオムレツ SS1050円


さて、今日は初めてなので野菜もついてる野菜マヨネーズオムレツ。ケチャップと野菜が同じ価格という理解なら野菜付きを選んでしまう。

卵はSSが3個、Sが4個。明らかにとりすぎだからSSにしよう。

 

IMG_2848.jpg

到着。

オムライスやソースがかかっていないと映え(ばえ)ませんね。

 

IMG_2849.jpg中はあいびきミンチと玉ねぎ。

最初の一口はオムレツを食べているようで美味しいんです。二口三口と食べていくと、ライスがむしょうに欲しくなります。メニューを見てみたが「ライス」だけのメニューはありませんでした。(ラーメン屋ではないですもんね)


これはSは無理ですよ、途中味に飽きてしまいお願いしてケチャップを少しいただきました。肉肉しい香りもあったので、やはりケチャップは必須ですね。


業務用のミニオムレツ(こんな感じ)を10個くらい食べた気分です。

 

次回は気合をいれて Sのケチャップオムレツ

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

このページのトップへ

2020年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2790.jpg

久しぶりに機会があって、薔薇亭さんへ訪問。コロナ休養明け、美味しいものがとても美味しく、外食がこんなに楽しいものと実感する日々。そして薔薇亭で鉄板焼きがいただける幸せ。特に久しぶりだからテンション上がります。そういえば以前もブログ見て、社員が「奮発して食べに行きました」と話してくれたのを思い出しました。


 

IMG_2791.jpg

以前行った時より少し高くなっているようです。でもリゾートホテルや都会でいただく鉄板焼きのレベルと比べれば、満足度からいって相当上をいく薔薇亭。

 

IMG_2793.jpg

前菜を5種から選択します。以前は馬刺しとかもありましたね。

今日は5名とも一致して特選牛ヒレ肉のたたき。私はこれを食べるのははじめてでしょうか。同行者の方がヒレのたたきがお気に入りのようでした。

 

 

IMG_2796.jpg

野菜とネギに挟まれたタタキ。目の前でポン酢をかけてくれます。

確かにあっさりしていて、前菜としてグッド。刺身とかカルパッチョでなくて、タタキを食べるこの喜びといいましょうか・・・

 

 

IMG_2797.jpg

軟らかく煮こまれたテール。

 

 

IMG_2799.jpg

スタートは鮑。

1人1個。

IMG_2801.jpg柔らかくて美味しすぎます。今日はシャンパンにして、白ワインを飲んでいなかったのですが白が飲みたくなった。

 

 

IMG_2802.jpg

お肉を見せてくれて、焼きに入ります。

肉を焼いたり、野菜やこんにゃく、もやしを焼いてくれて

サラダ(トマトかレタス)もチョイスできてうれしい。

 

IMG_2805.jpg

分厚い鉄板で焼くから旨い。

 

 

IMG_2804.jpg

柔らかすぎてモーたまりません。これ以外にもお肉は出てきましたよ。

 

IMG_2806.jpg

ガーリックライスは〆の鉄板。

 

IMG_2807.jpg

ちょっと少なめにしてもらっても十分な量

 

IMG_2808.jpg

デザートは3つから選ぶスタイル。以前はもっと多かったなぁ

もちろん黒糖シャーベット

 

IMG_2809.jpgあっさりとした黒糖のシャーベットのシャリシャリ感が、なんともいいんです。これどこかで買えないかしらと思う。

 

 

IMG_2803.jpgサンテミリオン地区 シャトーカノンのセカンド クロワカノン 2012

 

薔薇亭 鉄板焼き(1) 熊本市 ここに来ると満足度が高いわ

薔薇亭 鉄板焼き(2)

 

2017年11月の記事

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

このページのトップへ

2020年7月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

6月23日放送のマツコの知らない世界で

12年間 毎年約360日、昼食に蕎麦を食べ続ける男性

DEENの池森秀一さん

の回を見て、そばを食べたくなっていました。

(私も乾麺の10割そば結構好きです)


というか毎日そばで飽きんのかい!って思いますが。

 

 

IMG_2766.jpg

ということで、4年以上ぶりに来ました。水前寺にある手打百芸 中の森さん。熊本でも美味しいお蕎麦屋さんとしても有名のようです。この雰囲気は4年前と何も変わりません。

 

 

IMG_2767.jpg

違いは、今回は夏用の暖簾ですかね。

駅の駐車場料金まで負担してくれるのは変わっていない。

 

IMG_2771.jpg

今日はすぐ満杯になりました。「るるぶトラベル 熊本」を持った人もいるから掲載されているのかな。

 

IMG_2768.jpg

一応アレルギーの方のためにうどんもあるようですが、ここは蕎麦屋さん、よくある丼ものとかセットものとかはない。

そばを楽しむお店、日本酒でも飲みたくなる雰囲気がすごく出てる。

 

 

IMG_2769.jpg

ひやものも 「冷かけそば」しかなくて逆に潔さを感じますね。

前回は「もり」が820円でしたから、60円アップになっているようです。

今日は 三色そば(1320円)と 野菜のてんぷら (440円)

DEENの池森さんみたいな蕎麦好きなら昼食に限らず、三食そばでもいいんでしょうね。

 

 

IMG_2774.jpg

色の黒い日本酒ではなくて、そばつゆ。

 

IMG_2775.jpg

ピーマン、かぼちゃ、ししとう、にんじん、なすも入ってましたか。

やっぱり海老と野菜にすればよかったと・・・・

 

 

IMG_2777.jpg

三色そばとは

上から

田舎(そば殻の入った昔ながらの黒っぽいそば)

挽きぐるみ(そば殻を外し丸抜き実にして打ったそば)

更科(実の中心部で打った真っ白くほのかな甘みのそば)


熊本で10割白い更科が食べれるところはかなり少ないと思う。

 

 

IMG_2781.jpg挽きぐるみから。

軽い感じのそばと思ったのは前回同様。美味しいですね、みずみずしく。3種類もあって結構満足ですが、海老天野菜くらいは食べれる余裕があります。

今回は更科特に美味しいなぁーと思いました。また来てみます。


2016年の記事


食べログ(掲載時点 3.49)

このページのトップへ

2020年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2683.jpg

白金台にある「ラリューム」に約1年半ぶりに訪問。進藤佳明シェフが近くにあったフレンチ、ジョンティアッシュから独立されてオープンしたお店です。シェフはラトリエ ドゥ ジョエルロブション出身で、六本木フレンチ リューズの飯塚隆太シェフは師匠のような存在です。リューズも何度も訪問していますが、確かにテーストは近いと思います。

 

IMG_2685.jpg

メニュー表

 

IMG_2686.jpg

店名の入ったナプキンのテーブルセッティング

 

IMG_2687.jpg

アミューズはシュー生地に生ハムとパテが挟んであるもの。

森林鶏白レバームース・ハモンセラーノを詰めたグジュール。

シャンパンといただきます。うまい。

 

 

IMG_2688.jpg

新島産新玉葱のロティとムース 北海道産生雲丹とコンソメジュレを添えて

濃厚なコンソメジェルと生雲丹のコラボレーション。スガハラの食器とマッチング。



IMG_2692.jpg

フランス産 フォアグラのブランシャ焼き

日向夏のコンフィチュールとそら豆のクーリーと共に

フォアグラ前回もいただきましたが、今回のは日向夏がアクセントになってしつこさを感じなくなっていました。


IMG_2693.jpg静岡産 伊勢海老 180度で40秒火入れし グリーンアスパラガスとジロール茸のフリカッセを添えて

伊勢海老とはなんとも贅沢なぁ。

 

 

 IMG_2695.jpg

千葉県産太刀魚のブランシャ焼き 新生姜のバターソース 姫竹のフリットを添えて

生姜のソースがさっぱりと素材の味を引き立ててくれる。

 

 

IMG_2696.jpg

メインは仔羊をチョイスしたのですが、もうすでにお腹がいっぱいに。

フランス シストロン産 仔羊のロースト 旬の野菜を添えて

 

IMG_2699.jpg

河内晩柑とピンクグレープフルーツ ケークシトロンとクレームディプロマット

フロマージュブランのアイスと共に

 

 

IMG_2700.jpgIMG_2690.jpg

モンラッシェ[2017] オリヴィエルフレーヴ

 

IMG_2697.jpg

 

前回の記事

 

食べログ(掲載時 3.68)

 

ホームページ

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年6月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2524.jpg

食べログでも高評価で以前から気になっていた 恵比寿にある LOVATというお店で夕食をとります。

ビストロと思ったら、ワインレストランと書いてありました。ワインが豊富に揃っているんでしょうね。


IMG_2527.jpg

洋食系ラインアップの料理です、コースもありますがアラカルトにします。

メインは時間をかけて料理されるため早めの注文が良いようです。焼き上がりまで目安として40分と書いてありますね。


 

IMG_2532.jpg新玉ねぎと背黒イワシの酢漬けサラダ 900円

さっぱりしたサラダが食べたかったのでちょうど良かったです。

 

 

IMG_2536.jpg

ジャンボマッシュルームとラクレットチーズのオーブン焼き 1200円

 

 

IMG_2537.jpg

肉厚でジューシーでまるでハンバーグを食べているかのよう。

美味しい。

メインもハンバーグにしたのですが。

 

IMG_2538.jpg

時間をかけて焼いていただいた、A5黒毛和牛100%ハンバーグ 2800円/200g

肉感ぎっしりのハンバーグでしょう。


 

IMG_2539.jpg

卵を割って。ジューシーというより肉の塊り、肉を食べている感のハンバーグ。

200gくらいはすぐ食べれました。

 

IMG_2529.jpg

グラスワインも種類は豊富で 白は カリフォルニアのCALERA

 

IMG_2535.jpgボルドー赤はイフ・ド・ジョンケーレ

ボトルでもいろんなワインがあって比較的リーズナブル。5000円ー6000円クラスが沢山ありました。

ホームページにも掲載されていました。

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

ホームページ


このページのトップへ

2020年6月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

だいぶ前に訪問。浜松町の世界貿易センタービル40Fにある、フランス料理「レストランレインボー」会合で訪問。

世界貿易センタービルっていえば、小さいころから図鑑で日本の高い建物として掲載されていました。東京タワーとかと比べるやつ。

WIKIPEDIAによれば


1970年(昭和45年)3月竣工、日本初の超高層ビルである霞が関ビル(36階、147m)を5m上回る高さで、1971年6月、西新宿京王プラザホテル(47階、169m)が竣工するまでの間、日本一の高さであった。

日本を代表するビルだったのです、世界貿易センタービルはWORLD TRADE CENTERです。

 

IMG_2513.jpg

ビルのことはずっと覚えているのですが、料理のほうは思い出に残らずすぐ忘れてしまうでしょう。

フランス料理・・・今や東京のレベルは高いので。

 

IMG_2514.jpg

海の幸のカクテル セルフィーユとフランボワーズのアクセント

味が・

 

IMG_2515.jpg

野菜を入れたコンソメスープ


 

IMG_2516.jpg

舌平目のボーピエット 白ワイン蒸し アメリカンソース

このあたりから頭では、違う料理のことを考えていました。

 

IMG_2518.jpg

ローストビーフ

ホースラディッシュと温野菜添え

 

 

IMG_2519.jpg桜のマロンシャンテリー

 

以上。

 

食べログ(掲載時点 3.46)

このページのトップへ

2020年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

コロナで編集長はブログのお休みをいただいておりました。

外食が出来ずらかったので。持ち帰りなどでレストラン食も楽しんでおりましたが。

ようやく外食にも行けるということでブログも再開、宜しくお願いします。

 

IMG_2744.jpg

創業昭和24年、熊本では郷土料理で有名な青柳さんが2020年5月 リニューワルしたので、訪問しました。

ココサのそばです。

外装も相当お金かかっている雰囲気のビルですね。

 

 

IMG_2745.jpg

今日はお料理8000円のコース。

メニュー表は字が小さくて。もう少し紙も大きくてよいので見やすいといいなぁ。なんて思いながら老眼鏡を

 

IMG_2746.jpg

一杯目は生ビールで。フロアー毎に生ビールのメーカーが違うよう。取引関係があるからでしょう。

希望があるならば「キリン」がよいとか言っておいたほうが良さそうです。

前菜は 芋、蛸、南瓜、鮑、紫陽花見立て、鱧の子塩辛

水前寺菜の紫陽花に見立てたジュレが季節感あり、です。

 

 

IMG_2747.jpg

活きイカ その他三種盛り。

イカ一皿ずつ持っていただいたのですが、時間がかかったので、早く食べたい・・勝手にお食べください

・・・・でもよいかなぁと。

 

IMG_2748.jpg

その他三種盛り。

 

IMG_2749.jpg

魚焼きもの

 

 

IMG_2750.jpg

鱧徳利蒸し

この時期よく出てくる鱧とアユはあまり好きではない。

 

IMG_2751.jpg

加茂茄子揚げ浸し友地餡かけ

さっぱりして美味しかったな。

 

IMG_2753.jpg

赤牛網焼き山葵ソース添え

結構赤牛の割りに脂がのっているなぁと思いました。もちろん柔らかかった。


IMG_2754.jpg

にぎり2貫、浅利味噌汁

 

IMG_2755.jpg

フルーツ

 

IMG_2752.jpgワインは菊鹿シャルドネとブルゴーニュの白、ナパバレーの赤。フルボディのメルローだ!

 

新装、ご繁盛をお祈りします。

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

ホームページ


 

このページのトップへ

2020年3月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2481.jpg

かなり久しぶりにホテル日航熊本のフランス料理 レ・セレブリテでディナー。日航熊本の2階にあります。


 

IMG_2484.jpg

MENU表

 

IMG_2485.jpg

カナぺ

 

IMG_2488.jpg

見た目が華やかでこういう料理をいただきたいと思わせる・・

オマール海老 コライユのソースとチュイル フランス産ホワイトアスパラのブランマンジェ キャビア添え

キャビアブランマンジェとMOETのシャンパンが合う。

 

IMG_2489.jpg

天草産金目鯛と甲イカのポアレ

吉田果樹園「食べるレモン」のプール・ブラン

食べるレモン、はじめて知りました。甲イカの触感もよく。

 

 

IMG_2493.jpg

またまたとてもヴィジュアルがひかれるメニューだ。

鮑のプレゼと帆立貝のムース 天草あおさのりのパイ包み焼き

菜の花 県産あさりとサフランのソース

熱々パイ包みの中に鮑が・・とても柔らかくて美味しい。ソースもとてもアクセントになってます

 

 

IMG_2495.jpg

メイン

九州産黒毛和牛フィレ肉のグリエ

ミディアムレアで。火入れ具合もよく柔らかいー。この丁度いい分量がたまらない。コースの分量もパンを食べずほんとう丁度良かった。


 

IMG_2497.jpg

八代産晩白柚とヨーグルトのグラニテ

 

 

IMG_2500.jpg

なかはた農園苺のパヴロヴァ ピスタチオのグラス

ピスタチオとソーテルヌワインがあいすぎる。

 

 

IMG_2483.jpg

定番シャンパン モエ

 

IMG_2486.jpg

オリン・スウィフト ”マネキン” ホワイト・ブレンド カリフォルニア

エチケットも珍しい、カリフォルニアの白ワイン。シャルドネ48%、ソーヴィニヨンブラン14%、グルナッシュブラン12%、ヴィオニエ12%、マルサンヌ8%、ルーサンヌ4%、マスカット2%

 

IMG_2482.jpg

赤はブルゴーニュのジュベルシャンベルタン 2013と

シャトーラトゥールのサードワイン PAUILLAC 2013 両方丁度飲みごろ。

 

 

IMG_2494.jpgデザートワインは 1998 ソーテルヌ

Château Lafaurie-PeyragueySauternes (Premier Grand Cru Classé) 1998 VIVINOでも4.2ポイント。

デザートワインいいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.44)

このページのトップへ

2020年3月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2445.jpg

北九州・小倉へ来ましたので、小倉駅からもほど近いこちらのうなぎ屋さんに行ってみました。「川淀」さん。小倉には田舎庵という有名なうなぎ屋さんがあるのですが、こちらも60年以上続く鰻屋さんとして有名なようです。お店は魚町商店街に面していますが、店は2階まで階段を登らねばいけません。

 

IMG_2446.jpg

セイロ、うな丼、うな重、ひつまぶしとメニューは豊富なのですが、うな重はご飯と別々のタイプです。ここは何にしようかと考えましたが、値段はどれも中串は2800円で統一されています。切り刻まれた鰻(ひつまぶし)を食べるより大きいものが食べたかったのでうな丼の中を選択。周りを見ても、どれかに注文が集中しているようではありませんでした。

 

 

IMG_2447.jpg

焼いてあるのを温め直すというような作業ではありません。ここの焼き場で職人さんが10本以上も刺された鰻を丁寧に焼かれています。焼きが丁寧なので、出てくるまで結構待ちました。

 

 

IMG_2448.jpg

丼のオープン

 

IMG_2449.jpg

比較的大ぶりな鰻が3切れ。見た感じはうなぎが多いとは感じませんでしたね。奮発して上にすればよかった。見るからに表面はパリっとした焼きの鰻。香ばしさを感じます。

 

IMG_2450.jpg

タレには何度かくぐらせてありましたが、食べてみるとそんなにタレの味がしみ込んでいるわけではない、比較的あっさり目の味の鰻と思いました。タレ自体は甘目だと思います。

 

IMG_2452.jpg

中はふわっとして美味しい。でもご飯にかかっているタレも少し少ないかなと感じています。


 

IMG_2451.jpg

肝吸い

 

IMG_2453.jpg

突き出しは山芋短冊で香物はパターンとして大好きなきゅうり、ニンジン、大根の3点セット+アルファ。

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

 

このページのトップへ

2020年3月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

久しぶりに博多駅でランチだ。何を食べようかと思って悩んだが結局ここを選択してしまう。

夜は満杯の席も昼は空いておる。

たんかの牛タン串。

チャーハンとセットにすると食べすぎかと思って今日は麦飯+テールスープセット。

 

IMG_2460.jpg

牛タン焼きが1430円でめしセットが300円なので1780円(税別)

 

IMG_2461.jpg美味しい牛タン串が食べれるお店は少ない。今日も満足、また来よう。昔はスープに肉も入っていたけど今日はスープのみ。

 

博多たんかの牛タン串と焼き飯しは黄金コンビだ(5)

 

 

このページのトップへ

2020年3月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2425.jpg

2019年の4月にオープンしたのでほぼ1年。何度か行っていますが、いつも注文するのが決まってきました。というかマンネリしているだけなんです。

やわらかポーク角煮野菜に トッピングは

ピザミックスと まいたけ1/2

ご飯は小(150g)で 辛さは2(甘口)か 3 (それでも十分な辛さはあるけど)辛さ100まであるので2とかは辛さのうちに入らないと思われます。

 

 

IMG_2426.jpg

チーズは柔らかいうちはよいのですが、時間とともに固まってきます。

角煮が2つ。とろとろになっているので食べやすい。野菜もいろいろ入っています。

 

IMG_2427.jpg具材も沢山はいっていて、野菜も接種できますのでスープカレーは良いですね。

ランチタイムはコーヒーのサービスもあります。

 

前回の記事

結構旨い。スープカレー専門店 ごうや 熊本三年坂店

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

ホームページ

このページのトップへ

2020年3月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2406.jpg

ホテル日航熊本 弁慶にて会食。普段は1万円のコースをいただくことが多いですが、(1.5万円、2万円のコースもあり)今日はしずか8000円のコースがありましたのでそちらにしました。弁慶の料理長は現在は中島幹夫さん。


 

IMG_2410.jpg

今は禁酒週間にしているのでノンアルで。

前菜 こごみあおさ和え うるい白和え ホタルイカ桜燻し グリーンアスパラ浸し 奥阿蘇鱒と青豆

 

 

IMG_2411.jpg

お造り

縞鯵 中とろ うに

縞鯵が美味しい。


IMG_2413.jpg

薄葛仕立てになっている

胡麻豆腐 車海老 筍 菜の花 桜花

 

IMG_2414.jpg

焼肴

鰆蒸し焼き 浅利の出し汁 ふきの唐 スナップエンドウ

スナップエンドウ シャキシャキして美味しい

 

IMG_2415.jpg

蛤と白魚おぼろ蒸し エノキ はす芋

蛤がぷりぷりとしていて美味しかった

 

IMG_2416.jpg

くまもとあか牛 うるい巻き 菜種の餡

行者ニンニクの天ぷらが美味しかった。

 

IMG_2417.jpg

筍とキャベツご飯 新玉ねぎ醤油漬け 大根とわかめ味噌汁

 

IMG_2419.jpg

カスタードプリン 苺ヨーグルトソース

 

IMG_2418.jpg

こちらは+300円でいただける あんみつ。普通は900円のメニュー。

 

ごちそうさまでした。

 

弁慶ホームページ


食べログ(掲載時点 3.46)

このページのトップへ

2020年3月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2375.jpg

少し前に訪問した、沖縄那覇のハンバーガーの有名店です、ズートンズ。食べログ那覇ハンバーガーでナンバーワン。ハンバーガーって結構有名店巡りするの好きなんですけど、沖縄で高得点って期待しますよね。場所は国際通りから脇に入った場所。アメリカ人でにぎわっているお店かといえばそうでもなく、観光客や地元の人も多いらしい。

 

IMG_2376.jpg

アボガドチーズバーガーが人気商品なんでしょう。一番上に書いてあります。バーガー屋さんにタコライスは沖縄らしいですね。バンズ・パティ・ソース すべて手作り。

 

 

IMG_2377.jpg

店内はカウンターとテーブル席。キッチンに面したカウンター席は先客がいらっしゃったので撮影していませんが、店内アメリカ風グッズや装飾品、シールなどで彩られています。

 

IMG_2378.jpg

バーガー屋さんぽいですね

 

IMG_2380.jpg

入り口にも3席のカウンター

 

IMG_2379.jpg

バーガーはドリンク注文でポテト無料。

ベーコンバーガー 990円のグレードアップ版 自家製ベーコンバーガー 1160円にしましょう。

 

 

IMG_2381.jpg

本土ではめったにおめにかからない オリオンクリアフリーで喉の渇きを潤し


 

IMG_2383.jpg

到着。

ケチャップはニコちゃんマークになっているんですね。

 

IMG_2385.jpg

バンズもしっかり厚みのあるタイプですよ。

少し食べましたが、外もカリッとしていてうまい!

 

IMG_2384.jpg

この分厚い自家製ベーコン2枚が食べがいがありますね。

自家製だけあって、こだわりを感じますし、自家製ベーコンにしてよかった。

 

IMG_2386.jpg

パテはそんなに分厚いってわけではありませんでしたが、十分でした。もっとオニオンが欲しかったなぁー

 

 

IMG_2387.jpg

沖縄ジャパニーズハンバーガーのポー玉。

あったかいポー玉最高です。明太ポー玉が大好き。280円で満足度高い。

 

ポー玉の記事

 

ズートンズ食べログ(掲載時点 3.64)

 

このページのトップへ

2020年3月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2388.jpg

2月にホテル日航熊本にて開催された「ソムリエ田崎真也とワインを愉しむスペシャルディナー」に。コロナウィルスでイベントが神経質になるころでした。テーブルは他人とは共用しないように、しかも配置はゆっくりめと大変気を使ってありました。私はワイン好きな友人と出席。

 

IMG_2389.jpg

中野総料理長のフランス料理とワインのマリアージュ。ワインリストはここでは掲載しないほうがよいと思うので。

スパークリングワイン、白、日本酒、焼酎、赤、デザートワインと沢山ありました。量が少ないなんてことなくて逆に多かったくらいです。

 

IMG_2391.jpg

苓北産蕪のムーステリーヌ 五和町産ひおうぎ貝と紅ズワイ蟹のマリネ

八代産カリフラワーのシフォン キャビア

スターターのキャビアとスパークリングワイン。やっぱりこの組み合わせは王道です。

 

IMG_2392.jpg

ジョージアのオレンジワイン(アンバーワイン)白ワインに分類されるオレンジワイン。今結構ブームになっています。熟成感のあるワインに感じます

 

IMG_2393.jpg

寒穴子とフォアグラのプレッセ「オペラ」ペドロヒメネスのヴィネグレット

エピスコロンボ 菊池産牛蒡と菊芋のエクラゼ エキゾチックフルーツのピュレ


 

IMG_2394.jpg

この穴子とフォアグラの超濃厚な組み合わせがまったりして、たまらなくいい。

 

 

IMG_2395.jpg

天草産鰆のミキュイ 湯島大根のステーキ 蕗とオリーブ味噌 春菊 柚子の香り

 

IMG_2396.jpg

上天草猪肉のロティ 球磨村九州鹿のフリカデル セージ風味のジュド ジビエ

山都町人参のピュレ 架け干し米と冬トリュフのリゾット 焼き葱のオイル


トリュフのリゾット(といっても水分少な目)がガツンとくる濃厚なトリュフ風味で美味しかった。

 

IMG_2397.jpg

三角町 吉田果樹園温州みかんのクレームブースト

メイプルシロップと天の上紅茶風味のババ

 

ワインも結構珍しいものが多かったです、1991年のヴィンテージワインもいただきました。

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2359.jpg

会食会にてこちら、豆腐屋うかいさんに、3度目の訪問です、東京タワーの真下。うかいグループのお店です。

 

 

IMG_2360.jpg

庭園と和のしつらえの建物。江戸の風情があり、外国からのお客さんは喜びそうですね。

 

 

IMG_2362.jpg

前回もいただきましたが、月コース。うかいさん安くはないんですよね、いつも思いますが。ワインも結構いいお値段・・


 

IMG_2361.jpg

養老とうふ 芹と北寄貝 菜花に生からすみ 鴨くわ焼き 黒豆松葉

 

IMG_2363.jpg

蕪と焼白子 白みそ仕立て

白子苦手なんですが、前回も。

 

 

IMG_2365.jpg

名物のあげ田楽

シンプルに焼いたあげです。材料や技術はそんなにかかっていないものと思われます。

 

IMG_2366.jpg

本日の湊より

なんだか忘却

料理たんたんと進みますが、ぐっとくるものが欲しい・・。

 

IMG_2367.jpg

かに飯蒸し

 

IMG_2369.jpg

名物 豆水豆腐

名物第二弾。豆腐を昆布だしのつゆで。

とうふ です。

 

IMG_2370.jpg

特選和牛 炭火焼き

脂がのっていたので、ソースより塩で食べたほうが美味しかった。皿の絵は何の木でしょうか。

 

IMG_2371.jpg

深川ご飯 あさりめしですね。

デザートははっさく

 

IMG_2372.jpg夜の東京タワーはやっぱり綺麗。

 

豆腐屋うかい 東京・芝公園 東京タワーに圧巻されるけど

 

食べログ(掲載時点 3.75)

このページのトップへ

2020年3月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2315.jpg

サタデーランチでこちらに訪問。CINA New Modern Chinese、新中華料理です。場所は恵比寿の西口。住宅街の中に飲食店が並んでいる通りがあり、ビルの中に入っています。この場所ってJR恵比寿のホームからはめちゃくちゃ近いんだけど、坂を登ったり遠回りしなければいけない場所。こちらの経営は焼肉・牛しゃぶで有名な「うしごろ」グループのお店 うしごろは美味しさで有名だからこちらも期待できるでしょう。食べログのポイントも高いしね。

 

 

IMG_2318.jpg

平日はワンメニューのランチもありますが、3コース 2800、3800、5000円 しかも税込。

2800と3800の違いは2品増えます。せっかくなので38のコースで

 

IMG_2317.jpg

お店結構にぎわっています。きれいな恰好をしシャンパンを飲み交わす女子会、若い子連れカップルとか、新婚さん友人の組とか、東京の土曜日だなーと思わずもいられないシチュエーションに、白ワインのボトルを開けたくなりましたが我慢。

 

IMG_2321.jpg

お店は中華中華した内装でもなく、ダイニングバー的なお洒落な雰囲気。もちろんデート使用も可能なお店。しいていえば壁がコンクリートのため声が響きやすいということかな。

 

IMG_2320.jpg

チャイニーズタパス4種から (写真は2人前)

季節の前菜 菜の花と湯葉、干しエビ

さっぱりとした味で

 

IMG_2323.jpg

旬素材の春巻き(2人前)

もう春巻きかと思ったらお店の人が「寒いですので暖かい料理を先にお持ちしました」との心遣い。揚げたてで暖かいというよりアツイ。美味しい。

 

IMG_2325.jpg

セロリと紅芯大根のCINAサラダ

豆腐サラダ好きなんですよね

 

IMG_2326.jpg

細切りクラゲとパクチーの和え物

細切りクラゲって、細くて(当たり前ですが)食べやすくて美味しい。パクチーともあいます

 

IMG_2329.jpg

鉢鉢鶏 四川よだれ鶏

1人2枚。蒸し鶏ですね、このたれがマッチして旨い。


IMG_2331.jpg熟成黒酢の酢豚

店員の方が取り分けてくれましたが、1皿にも同じようにしてくれてすごいなーって。こういう細かい所嬉しい。


IMG_2334.jpg

クランベリーとブルーベリーのソースがきいてます、豚肉も柔らかい。


IMG_2335.jpg

徳島県産ブランド卵「あわそだち」とズワイ蟹肉を使ったカニ玉

 

IMG_2337.jpg

とりわけしていただきました。

今回のコースでほんと、これが一番美味しかったです。

濃厚卵の蟹玉 ほんと濃厚でふわふわで、沢山食べたくなります。平日ランチメニューで数量限定 蟹玉チャーハン(1800円)のメニューもあると教えていただきました。

 

IMG_2338.jpg

牛タンの唐辛子煮込み

うしごろグループですからお肉は。厚切り牛タンで箸でも崩れるかと思いましたが、違って結構感触がしっかりしたお肉でしたよ。

 

IMG_2341.jpg

最後は四川山椒の麻婆豆腐 か 胡麻香る担担麺のチョイス。

 

IMG_2342.jpg

私は麻婆豆腐。ラー油が沢山入ってるわけでなくまたマーも効きすぎず、ちょうどよい感じです。担担麺も胡麻が濃厚で美味しかったです。

 

IMG_2343.jpg

最後は桜アイスで。中に餅がはいってた。

杏仁が食べたかったけど。

でもニューチャイニーズ、かなり満足できました。夜メニューもこちら美味しそうです。

 

食べログ(掲載時点 3.90)

ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2020年3月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2258.jpg

4度目の訪問になるでしょうか、新橋の鮨処順さん。烏森神社のそばですのでわかりやすいです。30分でサクッとカウンターで1個ずつ握られるうまい寿司を食べれます。順さんは銀座SIXにも店舗があるのですが、最近インバウンドが減少しお客さん少なくなってますねーとのこと。今日も11貫(松)4500円(税別)。9貫(竹)3000円もあります。醤油をつける必要はありません。

 

IMG_2402.jpg

がり、ひらめ

すみいか、本マグロ

 

IMG_2403.jpg

赤貝、あじ

しじみの味噌汁、こはだ

 

IMG_2405.jpg

たまご、ばふんうに、まぐろ、あなご、ひもきゅう

 

11貫もうあと少し食べたい気分になるけど止める、この丁度良さ。今日もごちそうさまでした。

 

ランチカウンター 鮨処 順 烏森店、東京新橋

新橋で美味しいランチ寿司 鮨処 順 烏森店

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

このページのトップへ

2020年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2277.jpgフレンチ激戦地区にある白金にあるミシュランひとつ星 アルゴリズム(L'ALGORITHME)に。

白金の通りに面したマンションの少し奥まったところにあります。道に面したところにあるお店は「あきやま」という和食屋さん

 

 

IMG_2278.jpg

お店のコンセプトはフレンチ方程式。素材×調理で最適解を出すということらしい。



IMG_2279.jpg

L字カウンター8席のみ。東京のミシュラン店でも最も少ない客席のお店となります。オーナーシェフは深谷博輝氏。銀座レカン、ビストロ ボン・ファムでフレンチを学び三つ星フレンチで有名なカンテサンスでスーシェフとしてさらにフレンチの腕に磨きをかけて2017年オープン。カンテサンス出身のフレンチは東京に増えてきましたが、カンテサンスにはまだ行ったことはありません。予約取れないので・・

 

IMG_2281.jpg

なかなか明るいお皿。友人と訪問したのですが、隣席のお連れの方が遅れており、4名一斉スタートとのことなので、待たされました。

 

IMG_2283.jpg

メニューはIPADに書かれているのを見せられました。合計11品。飲み物はノンアルコールかアルコールのペアリングのみ。

7グラスのペアリングの少し少な目バージョンを頼みました。ペアリングは忙しいので好みではないのですが、ペアリングしかないので、仕方ありません。

 

IMG_2288.jpg

最初は季節をお手に取って一口で?

というアミューズ。生ハム


IMG_2290.jpg

ほたて

アミノ酸と有機酸 テクスチャーの落差

ワインとあわせてあるとのこと

 

 

IMG_2292.jpg

本マグロ 子牛 薫香

 

IMG_2294.jpg

すごい味のミクスチャー。

ウニと肉と魚・・・・ボリュームもそこそこあり、なんという複雑味。


 

IMG_2296.jpg

動物性脂質 炭水化物と乳製品 エピス

フォアグラでした。あったかく溶けだしそうなフォアグラで濃厚なソース。

 

 

IMG_2298.jpg

放たれる旨味 〇〇神経〆 熟成

鰆の神経〆にキャビア。うーんなかなかの味ですね。

 

 

IMG_2300.jpg

鳥系でしたが何か忘れてしまいました

 

IMG_2304.jpg

不変のアルゴリズム

イノシシ肉

とろとろでした。


IMG_2305.jpgWコンソメ
IMG_2306.jpg

イチゴのデザート

 

IMG_2307.jpg

総じて今日の料理は味がしっかりめの料理の印象が強かったです。

 

IMG_2310.jpg

ゴマ生チョコレート

 

ワインは7杯

シャンパン1

白3、赤3

IMG_2399.JPG

マリー ドゥメシャンパーニュ ブリュット トラディション NV(左上)

アシルティコ 2018 ミロナス ワイナリー ギリシャワイン (左下)

ドメーヌ・ド・シャントメルル・フランシス・ブダン シャブリ 2018 (右上)

シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ 2011年 ドメーヌ・カミュ・ペール・エ・フィス (右下)

シャンベルタン〇



IMG_2400.JPG 

 M.シャプティエ コンドリュー“インヴィターレ” [2016]

ギガルのヌフドパフ NEUF-DU-PAPE 2015 スパイシーで美味しかったな

 

食べログ(掲載時点 3.88)

 

アルゴリズム ホームページ



 

このページのトップへ

2020年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

久しぶりの登場の中国料理 頂香(いただき かおると 書いてディンシャン)。

もと岩田屋伊勢丹デパートにあった中華園の流れをくむ中華料理屋さん。そしてここの太平燕は有名。

お店に掲示されている太平燕の写真は私が撮影したもの。

 

たまに訪問していますが、最近あまり食べないものを食べました。

 

IMG_2350.jpg

ボリュームあるランチ。土日もやっているのもうれしいです。

800円で酢豚、チャーハン、サラダ、スープ、杏仁 (税別)の酢豚定食を食べることが多いのですが、

今日は天津飯セット

天津飯って人生でも数回しか食べたことがないはず・・・・

 

2月11日放送のマツコの知らない世界 餡だく天津飯の世界

を見てから食べたいと思ってたんですよね。

 

 

IMG_2351.jpg

優しい味のスープとサラダ、唐揚げ2個、アンニンと 天津飯

 

 

IMG_2352.jpg

テレビでも餡だけ食べて、それからタマゴ、ご飯、餡を3分の1ずつ食べるってやっていたな。ここのは思うに優しい餡です。甘酢を想像しましたが、全然酢の感じはしません。ふわふわの卵が美味しいです。


久しぶりに食べて・・・・中華風オムライス・・・・あんが沢山ご飯とからむと 中華風リゾット・・・・

「つゆだく」が好きではないので、私は天津飯あまり好きではないかもしれません。そういえば汁が多い中華丼も好きじゃなかった。

自分の中で天津飯の基準をもってないですね、私。

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん) 熊本市八王寺 太平燕

 






 

このページのトップへ

2020年3月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2169.jpg

徳島ラーメン2杯で胃にパンチ(胃がピンチ)

徳島市内へ向かう途中の道路沿い、この看板見たら めちゃくちゃ美味しそう。

美味しいオーラをきっちり感じることができたので早速お店へイン。

 

 

IMG_2162.jpg

ジェラート屋さんです

今切川と旧吉野川が分かれるあたり、旧吉野川が店の裏を通っています。お店もナチュラルな感じでいいですね。後でわかったのですが、1997年創業らしい。徳島市内にも店舗があるとか。

 

IMG_2167.jpg

岡山県蒜山高原から毎日運ばれてくる搾りたてジャージー牛乳を低温殺菌し厳選された果物、野菜などをたっぷり使用し、その日売る分だけを毎日心をこめて手作りしています。

その日売る分だけを製造・・・・・こういうのグッときます。新鮮ですね。


 

IMG_2168.jpg

しぼりたて牛乳、いちご牛乳、ミルクココア、抹茶、ロイヤルミルクティー、いちごのフローズンヨーグルト、かぼちゃプリン、さくらもち

8種類からシングルは350円ー、ダブルは400円ー


 

IMG_2164.jpg

シンプルな感じでいい。パフェのようなプレミアムジェラートもあります。店内から望む旧吉野川がなんともいい感じ。テラス席もあります。夏だったら特に劇混みしそうな感じのいいお店。

 

 

IMG_2166.jpg

ミルクココアとしぼりたて牛乳を選びました。甘ったるくない自然な味。


つくりおきでない手作りジェラート、美味しい。オーラを信じてよかったです。オンラインショップもあります、これはぜひお取り寄せしたいアイテムです。


食べログ(掲載時点3.53)

 

ナチューラホームページ

このページのトップへ

2020年2月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近ワインとかおフランス料理ばかりでB級グルメの掲載がないですね、とお叱り(激励)のお言葉をいただきます。

ということで ラーメン

 

「芸能人のGACKT(ガクト)は年1回京都のラーメンを食べる」と昔聞いたときは、夜食を入れて1ケ月に10回以上ラーメンを食べている私は「絶対無理すぎる」と思っていましたが、グルテンフリーにして今やほぼラーメンレスの生活。インスタントラーメンも3年ほど食べてません。ラーメン屋には行きますが、麺無しとかチャーハンとかいただきます。

 

たまにはラーメン食べたいなあ とのことで悲願であった徳島ラーメンを本場でいただきます。

生卵と肉の乗ったあの濃いスープのラーメンが食べたい。

 

IMG_2144.jpg

一軒目はここ。王王軒(わんわんけん) 支那そばという徳島ラーメンです。

徳島ラーメンとは3系統(WIKIPEDIAより)

スープに薄口醤油や白醤油などで味付けした所謂とんこつの白系、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺の茶(黒)系、鶏がらや野菜などを使い薄口醤油を加えた薄い色のスープを用いる黄系

茶系がまずイメージする徳島ラーメン。東大というチェーン店も有名です。(岡山の東大

そして王王軒は徳島ラーメン食べログナンバーワン、そして 渡部の歩き方で渡部さんがこの王王軒訪問しているんですよね。だから来てみたかったんです。


 

IMG_2135.jpg

肉入り(小)がよいですね。

徳島ラーメンは肉も卵も入っているし、めしが食べたくなる。

めしは(小)を

 

IMG_2136.jpg

券売機で購入します。小が並、大は大。

 

 

IMG_2138.jpg

替え玉もできるんだ。

麺半分をお願いしましたが、無理でした。

 

IMG_2140.jpg

ねぎ、めんま、もやし、たまご、豚バラ肉

いいですね、


 

IMG_2141.jpg

豚骨鶏ガラ出汁に醤油タレでコクのある味わいで、だけど醤油醤油した感じでもないですね。豚骨の旨みを感じる。

クリーミーなスープは天下一品の舌ざわり。どうしてもすき焼きのスープを思い出してしまう徳島ラーメンですが、そんなに甘い味はしません。


 

IMG_2142.jpg

久しぶりの麺は美味しいですね、中細麺。こういう麺が好きなのです、麺カタとかは注文できないようですが。

 

 

IMG_2143.jpg

徳島ラーメンはご飯ともあう、最高のコンビネーションだわ。ここは徳島の代表店だけある、ひっきりなしにお客さんが入ってくる。活気があります。

食べログ(掲載時点 3.71)

 

せっかく徳島まで来たのですから、はしごです。車で王王軒から5分程度のお店、奥屋藍住本店。満腹中枢が刺激される前に。いったいどうしたんでしょう。

 

IMG_2145.jpg

駐車場も空いてました。お客さんもたくさん入っているようです。

 

IMG_2146.jpg

奥屋は3店舗あるようです、ここが本店。

 

 

IMG_2149.jpg

徳島ラーメン、塩とんこつラーメン、みそラーメン、坦々麺 いろいろありますね。

どんぶりとのセットも豊富。

2軒目ですから肉玉入り(並)803円を 麺の固さが選べますね、うれしい。かためで麺半分オッケーいただきました。

 

IMG_2151.jpg

王王軒さんとも似ています。こちらがスープの色が少し薄いでしょうか。もやし、めんま、ねぎ、卵、肉。肉の味付けもしっかりしていて。でもご飯はもう食べれません。


 

IMG_2152.jpg

麺も固さばっちりで、うまい。

スープも濃厚ながらもコクもありますね。でもどうしてもビジュアル的にすき焼きのたれの味を頭の中ではイメージしてしまうのです。


 

IMG_2153.jpg

卵をつぶしてマイルドな味に。麺は全部食べ切れませんでしたが、こちらのラーメンとても美味しかったです。

食べログ(掲載時点 3.38)

奥屋ホームページ

 

さて翌日 徳島市内

IMG_2102.jpg

中華そば 村田商店。広い駐車場、綺麗なお店。最近綺麗になったのでしょうか。わかりません。

M-1グランプリ2017で優勝した「とろサーモン」の村田秀亮さんの実兄が店主さんをしているラーメン屋さんとのことです。


IMG_2103.jpg

中華そば 600円 と半チャーハン(+400円)セット 味玉を入れて 1100円。結構高くなりました。

麺は半分で

 

IMG_2104.jpg

スープに油分が多いラーメンです。

黄系のラーメンで、醤油味の豚バラ肉ではありません。

 

 

IMG_2106.jpg

さすがに茶系ラーメンをあれだけ食べているとマイルドさを感じますね。備え付けの醤油ダレを入れるとスープに締まりが出ました。こんなにスープ飲んだら後で喉が渇きそう。

 

IMG_2105.jpgチャーハン。塩気が少ないというかグルソーの味が聞いていない素朴なチャーハンの味でした。

食べログ(掲載時点 3.46)

 

ということでラーメン屋さん3軒も行ってしもた。久しぶりのラーメンの麺美味しかったです、やっぱりラーメン食べないと食の楽しみ減りますね。


 

 


 


 


 




 

このページのトップへ

2020年2月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2223.jpg

ちょうど1年ぶりの訪問です、トモクローバーさん。昨年沢山の種類のワインもいただき出席者に好評でしたので、今年も利用させていただきました。3月の異動もはじまる時期、1回目の送別会も兼ねて。昨年と同様の12名。何人かは入れ替わっておりますが。料理は5000円のコース料理で。

 

トモクローバー。大分出身の大久保智尚シェフはフランスでの料理経験もあります、そして知り合いとか友人の方が名だたる東京ミシュランフレンチなどのお店のシェフをやられていて、入り口には名刺が1枚だけでなく、どんと何枚も置かれてあります。私も最近行ったお店もいくつかありました。東京フレンチの話で盛り上がりました。


IMG_2224.jpg

クローバー CLOVER っていいですよね。

クローバーって中にがある。

CLOVER ほらね


IMG_2229.jpg

アミューズ はシューのチーズイン

そしてスープは撮り忘れ

 

IMG_2239.jpg

しろさばふぐとイカ

 

IMG_2242.jpg

お魚の名前は忘れましたが、濃厚なソースでパンにつけると美味しそうでした。

 

IMG_2247.jpg

メインはポーク。

メインのポークは久しぶりだったので、嬉しかった。厚切りで美味しかったです。

 

IMG_2249.jpg

デザート。

ワインはシャンパン2、白4、赤4合計10本いただきました。昨年も10本でした。

 

IMG_2254.jpgIMG_2255.jpgIMG_2248s.jpgTomo Clover (トモクローバー)大久保食堂 大分市府内町

 

食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2020年2月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2183.jpg

懇親会、送別会、試食会を兼ねて訪問。熊本市シャワー通り沿いの地階にある、アンジェロさん。熊本で40年くらい営業されているそうなのですが、初訪問です。店内では50席程度入るオープンな空間に白いテーブルが並んでいます。(お客さんがいて撮影できなかったのですが)


IMG_2184.jpg

3800円と5000円のコースがあり

 

 

IMG_2185.jpg

これはランチでしょうか。

 

IMG_2186.jpg

単品メニューもいろいろありますね

 

IMG_2188.jpg

なんとも緑色の深いオリーブオイル。

バゲット(パン)は食べないので残念ですが。

 

IMG_2189.jpg

オードブルは生ハムメロン、サーモン、鮮魚のタルタル

 

 

IMG_2190.jpg

魚貝のサラダ

ドレッシングの名前聞きましたが、忘れちゃいました。

 

IMG_2193.jpg

名物メニューとのこと、熱々の木の子のパイ包みスープ

 

 

IMG_2194.jpg

めちゃくちゃ熱いので、ナイフで切ってくれました。パンは他の人が食べてくれました。

????スープといえば、熊本の50歳オーバーくらいのひとたちにとっては「山小屋」(レストラン)のスープ。なつかしい。水車とトーテムポールの洋食レストラン。坪井でホルン山小屋もありましたがもうありません。

こちらのスープ、山小屋さんのスープのルーツともつながっているそうです。

 

IMG_2195.jpg

カキのフローレンス風。

目の前で巨大な火が噴きあがり、驚きました。

一人2個というボリューム。私は牡蠣が苦手なので

 

IMG_2196.jpg

こちらのお魚料理に変更していただきました。気をつかっていただきまして。


 

IMG_2200.jpg

牛フィレ肉のソテーがメイン料理で

 

IMG_2201.jpg

デザートを食べて終了。コーヒーも付いてましたが最近コーヒーは飲まないためパスしました。

ワインは4種類いただきました。

 

IMG_2187.jpg

SOAVE CLASSICO 2018

ソアヴェ・クラシコは、熟成にも耐えうる芳醇な香りとコクのある味わいで良質な土壌からのミネラル感やブドウが成熟された甘い香りが漂い、余韻も長く留まります。


IMG_2192.jpg

アントワーヌ・シャトレ/シャブリ クラッシック [2018] 白 750ml Antoine Chatelet Chablis

ブルゴーニュAOC シャブリ


IMG_2197.jpg

レオン・パルディガル コート・デュ・ローヌ ブラン[2016]白ワイン 辛口 750ml フランス

Leon Perdigal Cotes du Rhone Blanc

 

IMG_2198.jpg

バローロ[2015]年・テッレ・ダ・ヴィーノ社・DOCGバローロ Barolo [2015] Terre da Vino DOCG Barolo

イタリアピエモンテ州のワイン  品種:ネッビオーロ100%

 

食べログ(掲載時点 3.32)

このページのトップへ

2020年2月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2042.jpg

石川県 能登和倉温泉の加賀屋。旅亭として有名です、まだ行ったことないのですが。

加賀屋のお店が全国8ケ所にあります、銀座・東京有明・名古屋・京都・広島・博多・金沢・七尾。博多はくうてんにありましたね。

今回は銀座へ行きました。銀座5丁目、4丁目の交差点からも歩いてすぐ、地階にお店はあります。

 

IMG_2044.jpg地階は内装にもお金がかかっている感じですね、地階と思えない感じですし、結構広いですね。

 

IMG_2046.jpg

先付け 茶降り海鼠(なまこ)

 

 

IMG_2047.jpg

前菜 こんか鰯寿司 千社唐味噌漬け

こんか鰯とは魚を糠に漬け込み、発酵させたもの。


IMG_2049.jpg

お椀 白味噌仕立て 慈姑餅 八目葛打ち

なんというか、慈姑 くわい餅と読むとはわからない。

 

IMG_2050.jpg

本日の鮮 ぶりの薄作り

 

IMG_2052.jpg

銀鱈味噌漬け

 

IMG_2055.jpg

牛サーロイン加賀棒茶餡

たんたんとメインまで。普通にワインを飲んで話して、食べて。普通な感じで。

 

IMG_2056.jpg鰻茶漬け

 

IMG_2057.jpg

倉豆腐

重たい感じはしたけど、黒蜜味でこれがおいしかった。洋風ブランマンジェのような。

 


IMG_2048.jpg

ドメーヌ・ド・ニザス ル・マゼット ブラン フランスラングドック 6.5

 

 

IMG_2053.jpg

アナベラ ナパ カベルネ 9

オーパス・ワンの隣の畑で作られたワイン。市販価格2千円台ワインとしては良いほうだと思います。ナパヴァレーらしい。

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

加賀屋レストランホームページ

 


このページのトップへ

2020年2月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_2070.jpg

京都で開催された会合に。この会合は美味しい料理や飲み物が提供されると聞いております。私は初めて参加させていただきます。

京都ホテルオークラにて開催。雪が降って寒いよ。京都ってコロナウィルスの関係で観光客が激減。今までは外国人めちゃくちゃ多かったけど、確実に少ないってわかります。

 

昼はイタリアン。昼はお酒は飲まないのですが、提供されるワインリストをみて飲まないわけには・・・でも飲みすぎて後でバス移動の時トイレに行きたくてやばかったです。移動がある前のお酒は要注意です。

 

新鮮鰯のマリネ オレンジ風味・・・全体的に料理もそうですが、お皿がやけに華やか。

 

 

IMG_2072.jpg

タリオリーニ アスパラガスソース

 

IMG_2074.jpg

京都野菜のミラノ風 ミネストローネ

同席になった人は重鎮の方で最初は緊張しましたが。。


 

IMG_2075.jpg

大黒シメジ入り琵琶湖産紅鱒のロール仕立て トマト風味ソース


撮り忘れた 飯蛸の赤ワイン煮込み レンズ豆添え があり

 

IMG_2078.jpg

京都産牛フィレ肉のステーキ バルバレスコワインソース

お肉柔らかくて脂分も少なくてうまいっ

 

IMG_2079.jpg

チョコレート風味のタルト

魚の皿と同じかな。

 

 

IMG_2076.jpg

シャンパンはフェラーリのレセルヴァ 白はピエロバンの2010、カ・デル・ボスコの2015

赤は イルバチャレ ブライダの2016がありましたが、一番はこれ、GAJA(ガヤ)のカマルカンダ 2015 スーパートスカーナですね。カベルネソーヴィニヨン主体でぐっとくるワインです。


酒造視察して日本酒をいただき

 

IMG_2097.jpg

夜の和食でのワインラインはこれですから、もう飲みすぎます。あさつゆ(白)、リンド2016(赤)は何度もいただいていますが、ポマール プルミエクリュ レグランゼプノ 2015(一番右) これは。

 

 

 

 

このページのトップへ

2020年2月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

北欧スタイル、ガストロノミー最先端フレンチ

IMG_2013.jpg

2016年から3年連続1つ星獲得、北欧系センスを取り入れたフレンチで名の知れるクローニー。こちらのスタッフさんたちの名前を聞けば素晴らしいということがわかるお店。

東京3つ星フレンチとして名が知れ渡っているカンテサンスのディレクトゥールを務めた小澤一貴氏と、苦楽を共にしたシェフ春田理宏(はるたみちひろ)氏、コラージュ・コンラッド東京のマネージャーだった小野寺透氏、そしてソムリエの石川雄大氏の4名によって、2016年12月にオープン。

 

IMG_2018.jpg

完成鋭い料理がどんどん出てきます。黒い石の中に食べられる熱々の豚の頬肉のコロッケ。

こちらのクローニーではグランメゾン東京でリンダ・真知子・リシャール役で出演していた冨永愛もテーブルマナーを学んだらしく、2019年12月28日放送の人生最高レストランというテレビ番組で紹介されています。その紹介ページ 動画も探せばありますね。

 

 

IMG_2019.jpg

最初はクロケット、キャビアの入ったアミューズ

 

IMG_2020.jpg

最初は小麦イン系が続きましたが。

 

IMG_2021.jpg

たこ焼きっぽいもの

 

IMG_2022.jpg

アオリイカ

 

 

IMG_2024.jpg

 

 

IMG_2025.jpg

トリュフ、かに肉

 

IMG_2027.jpg

トリュフの風味は少なかったけど、味は美味しいねー。

 

IMG_2028.jpg

パンも一皿になる料理だ。ヨーグルトと八海山の酒粕を入れたホイップバター?と

 

IMG_2029.jpg

金目鯛は火入れ具合も完璧でした。

 

IMG_2030.jpg

鳩肉

 

IMG_2033.jpg

デザートも量も少な目で嬉しい

 

IMG_2034.jpg

 

 

IMG_2037.jpg

 

 

IMG_2016.jpgIMG_2023.jpgIMG_2031.jpgIMG_2032.jpg

 

Crony(クローニー)の日本語の意味は 「永続的な茶飲み友達」ずっと一緒にいても心地よく気兼ねない会話ができる仲間。

夜の遅い場所柄です、21:30からはワインバー、アラカルトもあります

 

食べログ(掲載時点 3.99)

クローニーホームページ


 


 

このページのトップへ

2020年2月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1944.jpg

都シェラトンホテル東京の四川に半年ぶりくらいに来ました。ここの四川料理は東京でも有名らしいです。私は以前ランチが美味しかったので再訪。朝食券をランチ券に転用。朝食寝過ごしたわけではないぞ。

 

IMG_1946.jpg

静かなロケーションが売りのホテルだけあって落ち着くなぁ。お客様も平日だと打合せ系のビジネスマンとか、マダムさんとかが主体。フツーのランチサラリーマンはほぼいないですね。価格も少し高め。

 

IMG_1945.jpg

ランチセットは2200円に税サ。マリオットのエリートカードがあれば20%オフになります。以前2400円だったのは値下げになったのかなぁ。と思ったら以前は税(8%)、サ(10%)が含まれていたんだ。


メインが選択できます。

1.豚肉と葉ニンニクの唐辛子炒め

2.鶏肉の四川香辛料入り辛子煮

3.牛肉と青菜の炒め

4.海老と菜の花の卵炒め

辛くないのを選びたいので4ですね。

 

+1000円で四川激辛麻婆+デザート に変更可能。今回も普通で行きます。

 

IMG_1948.jpgザーサイ

蓮根と黄ニラの中国漬け菜和え

小松菜と蟹肉のスープ

 

 

IMG_1949.jpg

同時に

麻婆と卵炒め 到着。

 

 

IMG_1950.jpg

これだけの辛さで十分な麻婆豆腐。そしてご飯と一緒に食べると特に旨い麻婆ですね。これより激辛というやつはどんだけなんだろうと思ってしまいます。きっと食べたら頭のてっぺんから汗が吹き出し、毛が抜けそうなんだろうなぁ。

 

IMG_1951.jpgでかい海老が何匹も入っている贅沢な炒め物。卵の量もたっぷり使ってあって、卵とりすぎじゃないかと思うので、控えめにしてしまう。さすが四川料理でも辛くない料理も選べるというのが嬉しい配慮ですね。ごちそうさまでした。

今度激辛陳麻婆豆腐を食べに来ます。

 

四川という名の四川料理 東京・白金台

 

食べログ(掲載時点 3.75)

このページのトップへ

2020年2月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1952.jpg

中目黒にあるミシュラン1つ星のフランス料理、クラフタル。2015年9月オープンです。カウンター6席、テーブル席は18席。目黒川沿いにあるビルの2階がお店です。

 

IMG_1953.jpg

コンクリートと木をベースとしたシンプルモダンな北欧テイストの店内。桜のシーズンは目黒川沿いの満開の桜が広い窓から見えることでしょう。ライトアップされてさぞかし綺麗だと思われます。

シェフは大土橋真也 氏( オオツチハシ シンヤ)1984年1月、鹿児島県出身の若きシェフ。「ザ・ジョージアンクラブ」「ジョエル・ロブション」にて腕を磨き渡仏。パリのネオビストロ「サチュルヌ」での勤務を経て2013年に日本。「レストランアニス」にて従事したのち、2015年9月に【CRAFTALE】をオープン。

 

 

IMG_1955.jpg

ディナーのコースは10,000円(税・サ別)と東京フレンチミシュラン店としては安い部類に入ると思います。20,000円の特別コースもあるようです。

 

 

IMG_1956.jpg

ホタテのチップス 木の皮かと思いましたよ。クリスピーな食感と帆立の味がしみわたる。

 

 

IMG_1957.jpg

こちらも帆立

 

IMG_1959.jpg

コーヒー、デザートに見立てたアミューズ

マッシュルームのスープやアイスにみたてたクリームなどなど。メニュー表はありませんでした。その時聞いてすぐ忘れてます

 

 

IMG_1961.jpg

食感が面白い。

クリスピーだったり素材と素材を組み合わせた感じで

「CRAFTALE(クラフタル)」とは、「CRAFT(クラフト)=手技」、「TALE(テール)=物語」の二つを重ねた言葉で、「生産者の愛情と情熱をお客様へと紡ぎ伝えるレストランであり続けたい」という想いが込められているとのこと。

そして

それぞれのお皿にストーリーを持たせているとのこと。個人的には皿の色だったりとても興味を惹かれました。

 

IMG_1962.jpg

 

 

IMG_1963.jpg

中から黄身がでてきて、まぜていただく。

 

 

IMG_1964.jpgIMG_1966.jpg

見た目にも綺麗で美味しい。

 

 

IMG_1967.jpg

デザートの器はスガワラで中に綿が入れられている。まるでドライアイスを使ってあるかのように見える。

 

IMG_1970.jpg

このデザートも美味しかったな。小枝と土のような感じのデザート

 

IMG_1971.jpg

中からクリームが出てきて混ぜ混ぜしていただく。

食感がサクサクアンド、、、で面白い。

パンも色々あるようです、パン食べなくても適度な量でした。

 

IMG_1954.jpgIMG_1958.jpg

ヴージョブラン クロ・デュ・プリウール “モノポール” [2013] (ドメーヌ・ドゥ・ラ・ヴジュレ)
Vougeot Clos du Prieure (Monopole) Blanc [2013] (Domaine de la Vougeraie)

わずか0.82haの畑から年産わずか約3300本のみ新樽比率25%、13ヵ月オーク樽熟

 

IMG_1965.jpg

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 

クラフタルホームページ

 

 

このページのトップへ

2020年2月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

熊本でもビッグネームの会社の方の叙勲の祝賀会に出席しました。料理のメニュー表の食材すごくてびっくりしていたのですが、実際食べても驚きでした。

 

IMG_1995.jpg

伊勢海老のフリットとうに・いくら・酒粕でマリネしたフォアグラのコンフィ フヌイユのピュレ

旨みを凝縮させたKUMAMOTOコンソメジュレ ソースコライユ

天草産ひおうぎ貝とキャビア カリフラワーのマリネ カラスミ和え 柑橘風味のヴィネグレット

山都町アグリージュのフレッシュハーブ


メニュー名です。2皿にしようとおもえばできる前菜。伊勢海老には金さん・銀さん(金粉・銀粉)。うに、いくら。宝石箱やー


 

IMG_2001.jpg

鮑と筍のラグー 肝のロワイヤル

フカヒレと生ハムのブイヨン 春菊 レモンの香り


鮑とフカヒレの出会い。うーん何ともいえない濃厚スープだ。

 

 

IMG_2002.jpg

メニュー表にはない一皿

キャビアと馬肉タルタル

キャビアの上に金さん・銀さん。こんなに会うことないのですが。褒章と関係ありや。

 

 

IMG_2003.jpg

天草御所浦産 真鯛と湯島大根のステーキ オリーブと蕗味噌のコンディモン

柚子風味のブールブラン チョリソーのオイル

 

IMG_2004.jpg黒毛和牛フィレ肉のポワレ 菊池古代米のガレット 彩々野菜

パルミジャーノ風味 冬葱とトリュフのソース

お肉やわらかっ

 

IMG_2005.jpg

銀座久兵衛さんのお寿司

 

 

IMG_2006.jpg芦北産レモンと玉名天水産苺「恋みのり」 パヴロヴァ

 

約3時間と少し。ゲストの歌もすごかったなぁ。思い出に残りました。

このページのトップへ

2020年2月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1912.jpg

2018年1月以来の2度目の訪問になります、東京白金のフランス料理アルシミスト。2018年に外観のリノベーションをされていて、以前は紫と白を基調とした柔らかい雰囲気だったのですが、今度は木のドアに変更されてちょっと高級感がアップした外観に。この周辺はフランス料理が多くある地帯です。

 

IMG_1913.jpg

以前もシェフの気のこもった美味しい料理で良い印象でしたので、2度目も早く訪問したかったのですが、なかなか来れず。今回4人で訪問。

 

IMG_1914.jpg

お皿の上にのった小さなビーカーの下にメニューが。Les Alchimistes「アルシミスト」はフランス語で錬金術師の意味、素材と素材が組み合わさるというような意味でしょう。素材中心ですが書いてあるだけで嬉しいものです。何品でるとか、あとどれくらいとかわかりますからね。

 

IMG_1915.jpg

全11品。アルシミストは14席のフランス料理でミシュラン一つ星を獲得しているレストランでも小さな部類に入ります。ここより席数が少ないところといえば、オルグイユ12席、ル・コック11席、アルゴリズム8席 こんな感じですか。

 

オーナーシェフであられる山本健一シェフと笑顔の素敵なソムリエの飯塚麻希子さんのワインセレクトで奏でるアルシミストの料理達。これからどういう楽しみがあるのでしょうか。山本シェフはフランスに8年間滞在、最後は「The Worlds 50 Best Restaurant」の上位店「シャトーブリアン」で働いた経験を持ち、ガストロノミーポップをコンセプトにアルシミストを2011年7月にオープン。

IMG_1917.jpg

紫黒米(しこくまい) 熊本産

からすみ

サクサクしたおせんべいのような

前回も紫黒米せんべい頂きました。

 

IMG_1918.jpg

金時人参

 

IMG_1924.jpg

雲丹

 

IMG_1925.jpg

温かい雲丹がとろけるような味わいでした。

 

IMG_1926.jpg

ポロ葱

 

IMG_1927.jpg

帆立のトリュフのサンドとスープが絶妙にマッチング

 

IMG_1928.jpg

鰆、紅くるり大根、大葉

 

 

IMG_1931.jpg

ずわい蟹、根セロリ、葉にんにく

食感もよくて量も、提供のスピードも早すぎず遅すぎず、こちらのスピードにちゃんと合わせてくれている感じ。

 

IMG_1933.jpg

あんこう、マッシュルーム、たまねぎ

 

IMG_1935.jpg

短角牛、ケール、ピルピル


 

IMG_1940.jpg

ヴェルベーヌ、レモン

 

IMG_1941.jpg

みかん、オリーブ、チョコレート

料理も重くなく、量もヘビーでなくとても美味しくいただけます。今日はワインとのマリアージュも良かったですね、特にブルゴーニュの赤

 

IMG_1916.jpg

ジャック・ラセーニュ レ・ヴィーニュ・ド・モング エクストラ・ブリュット

Jacques Lassaigne Les Vignes de Montgueux Extra Brut

 

IMG_1938.jpg

ドメーヌ・ルロワのアリゴテ 2008 (白)、

ニュイ・サン・ジョルジュ1er クロ デ ザルジリエール 2003 Nuits-Saint-Georges 1er Cru CLOS DES ARGILLIERES

IMG_1930.jpgMEURSAULT 2016

 

食べログ(掲載時点 4.13)

アルシミスト ホームページ

 

レストラン アルシミスト(1) 東京・白金高輪 ミシュラン☆一つ

レストラン アルシミスト(2) 東京・白金高輪 ミシュラン☆一つ

 


このページのトップへ

2020年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1901.jpg

呉服町電停のすぐ近くの電車通りに面しているお寿司屋さん「魚嘉」(うおよし)さんへ来ました。昨年も同一の新年会がここでありましたので1年ぶり2回目の訪問です。熊本地震のあと2018年9月にリニューアルオープン。


 

IMG_1899.jpg

今日は寒い日ですし、和食ですのでアツカンですね。

 

 

IMG_1902.jpg

刺身に カズノコが入っているのが1月らしい。嫌いじゃないですけど。

 

 

IMG_1904.jpg

これはできれば避けたい オイスター


IMG_1903.jpg

茶碗蒸しも同等に苦手な部類の白子でした。

 

IMG_1905.jpg

鍋は鴨鍋。フグ鍋よりかはいいですが。

しゃぶしゃぶ度合が強いと肉が固くなってしまうので、ソフトしゃぶしゃぶが合いますね。臭み消しの役割ともなるネギと牛蒡の野菜の方が美味しくて柚子胡椒とそれを食べてました。ネギと牛蒡のシャキシャキ感がよいですね。

 

IMG_1907.jpg

 

 

IMG_1908.jpg

キスの天ぷらと

自家製そばを茹でて少しだけ食べて

 

IMG_1909.jpg

最後は2貫のにぎりとばってら。

昨年も鴨鍋だったんですね、すっかり忘れていました。

 

1921年(大正10年)創業のお寿司屋 魚よし 熊本

 

食べログ(掲載時点3.13)

 

 

このページのトップへ

2020年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1877.jpg

以前大阪出張が多かった際には常宿にしていた丸ビルにある第一ホテル。空港からのリムジンバスが直行するから便利だったんですよね。大阪駅で中華を食べようと調べたら、丸ビルに入っているここが意外に評価が高かったので来てみることに。8階にあります。丸ビルですから窓も曲線、当たり前ですが。

 

 

IMG_1879.jpg

忙しいサラリーマンやOLの方たちには、こちらのビジネスランチの需要が。1000円でメインが定番料理とチョイス料理から2品が選べるとあって人気。後、限定の麻婆豆腐もありました。激辛っぽいのですが美味しそう。

 

 

IMG_1878.jpg

杏花(あんず)ランチコースを注文。せっかくなので+500円でふかひれスープにグレードアップ。早めに料理をお願いしたわけではないのですが、サクサク出てきてよかったです。

 

 

IMG_1880.jpg

前菜(2名分)

海老がプロレスしてるんじゃないかって思う。

 

IMG_1882.jpg

フカヒレスープ(1人前)

熱い。酢を入れたらサンラータンスープみたいになって更に美味しくなった

 

IMG_1883.jpg

大エビのマヨソース

かなり甘目のミルクソースっぽいマヨソース

 

IMG_1884.jpg

点心2種は焼売と海老餃子

 

IMG_1885.jpg

豚ばら肉の塩漬けと中国野菜の炒め

中国野菜美味しいですね。

 

IMG_1886.jpg

四川麻婆豆腐

ホテルキャッスル熊本の味に慣れているとやはり違うのだけど、これはこれで薬膳風の風味もして美味しい。

 

IMG_1887.jpg杏仁豆腐で口直し

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

ホームページ

このページのトップへ

2020年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1866.jpg

大阪・北新地 ピ・グレコ、イル・チェントリーノと同じく現在大阪でのミシュラン☆獲得イタリアンの一つ、しかも食べログでも大阪一、全国でもイタリアンのお店のの10本の指に入るという トムクリオーザさんへ来店しました。2013年9月オープン、わずか12席の人気イタリアンですので、だいぶ前から予約していました。テーブルチェックの予約システムで予約できるので便利ですね。

 

場所は北新地のビルの2階にあります。カウンター席4席と、テーブル席8席。1回転目はコース料理、20:30からはアラカルトも注文できるようです。

 

IMG_1867.jpg

グラスシャンパンをいただきながら、アミューズは 安納芋とキャビア。キャビアの量も満足な量ですね。マスカルポーネとのコンビネーションがたまりませんね。


トムとは店主、浅井 努 ( ツトム )さんのトム、クリオーザはイタリア語で好奇心という意味とのことです。浅井シェフは大阪のイタリアンの有名店ポンテベッキオで料理長をされた方。ここはイタリアンをベースに日本の四季を重んじ旬を意識した料理と打ちたてのパスタ、それとペルシュウ(生ハム)が有名とのことです。

 

IMG_1868.jpg

カツオ、セロリ、カラスミ

サラダとはいいつつもこれは美味しい前菜ですね。セロリを細かく刻んだシャキシャキしたさっぱり感と美味しさ。

 

IMG_1869.jpg白ワインは BRICCO MAIOLICA PENSIERO INFINITO ペンシエーロ インフィニート

 

IMG_1870.jpg

イタリア・タマニー二社の手動スライサーでものすごーく薄くスライスされる、ハムがこちら。普通にパルマ生ハムと呼ぶモノではありません。(パルマで作っていないので) 岐阜県ボンダボンのハム多田 昌豊氏の作る国産最高級ハム。

多田さんの作るハム。食品添加物を一切加えず、経験や技術に誇りを持ち続けるそんな思いを込めて「生ハム」とは呼ばず、PÄRSÙT(ペルシュウ)(現地の方言でパルマハム)と呼ぶのです。

ペルシュウだけでもとろけるようにウマイのですが、ゴルフボール大のおにぎりをくれました。おにぎりハム最高に美味しかったなぁ。サラダ、ゆで卵などもつけあわせに頂きます。

 

IMG_1871.jpg

手羽先のフォアグラ詰め 黒トリュフがけ

手羽先の中にフォアグラ・トリュフとスープのコンビネーションがこれは幸せですね。脳内トリュフホアグラで何度も刺激されます、やばいです。

 

IMG_1872.jpg

すっぽんをベースにした耐熱シートで包まれたスープ。コラーゲンたっぷり。

メインはシャラン産鴨肉

美味しそうだったので残念ながら撮影忘却で


IMG_1873.jpg

手打ちパスタ

私はゴルフボールサイズでいただきました。

 

IMG_1875.jpg濃厚なピスタチオのパンナコッタ うまいなぁー。

 

いやぁトムクリオーザさん本当に美味しかったです。

 

食べログ(掲載時点 4.24)


ホームページ

 

ボンダボンの生ハム

このページのトップへ

2020年2月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1807.jpg

北九州小倉に行った際に、ワインを飲みましょうということで地元の方にこちらのお店に連れてきていただきました。小倉の中心部にある、スペインバルです、1階はカウンター席、テーブル席、2階は個室やテーブル席があります。結構若い方でにぎわっていましたね。


IMG_1808.jpg

スペイン料理はやっぱりワインに合う親しみやすい料理が多いから好きですね。

お皿いっぱいの生ハム 880円

ハモンセラーノ生ハムが沢山盛り。

 

 

IMG_1809.jpg

 

IMG_1810.jpg

海老の塩フリット 680円

そのまま食べられる

 

IMG_1811.jpg

海老のアヒージョ シェリー風味 880円

定番のアヒージョですね。マッシュルームのアヒージョも好きなのですが。

 

IMG_1812.jpgニュージーランド産ラムチョップのグリル 1本480円

美味しかったので2度オーダー。こちらのお店の看板商品の一つ。確かに独特のラムの香りはなく食べやすいラム肉ですね。

 

IMG_1813.jpg

オリジナルスパニッシュソーセージ 1080円

 

IMG_1814.jpg締めはやっぱり 魚介のパエリア 2、3人前 1,890円

店内にてたっぷりのオマール海老から丁寧に作った自慢のダシを使用した海の幸たっぷりのパエリアです。


ホームページ

食べログ(掲載時点 3.17)

このページのトップへ

2020年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001652.jpg

年末の挨拶廻りで久留米に来ましたので、ランチはここにしました。かなり久しぶりの大善寺うなぎです。平日ということもあり、しかも運の良さが重なり待たずに入れました。休日とか1,2時間待ちが普通になるとかと聞いてます。

富松うなぎ屋。久留米には沢山のうなぎ屋さんがありますが、ナンバーワンの人気を誇るうなぎ屋さん。大善寺地区は川魚問屋が集まっていた歴史を背景に福岡屈指のウナ処として知られている。

 

 

R0001656.jpg

創業80年ちょっと。建物も落ち着いた趣がある感じですが、案内された部屋も庭が見える落ち着いた感じでした。


 

R0001657.jpg

メニュー表。

定番のうなぎ定食、せいろ蒸し、コイ料理なんてものもあります。

 

 

R0001658.jpg

せいろ蒸し 2450円 税込ってもはや鰻高騰時代において安いレベル。肝吸い、お新香、小鉢付。

 

 

R0001659.jpg

ポリポリと鰻の骨を食べてせいろを待ちましょう

 

R0001660.jpg

到着。冬の寒い時にあつあつのセイロ蒸し、最高じゃないですか。

 

 

R0001661.jpg

セイロはご飯に味がついているから、これくらいの鰻の量で充分すぎる。

それにご飯の量もたっぷりだ。


R0001663.jpg継ぎ足しで来た甘目でしっかりしたタレを味わいいつつ、熱めのせいろは満足感がハンパナイですね。行列しても食べたくなる気持ちがわかります。冬うなぎも最高です。並セイロ最高。

 

相当(2006年)昔の記事。大善寺にある島崎うなぎ。せいろが1575円。昔は鰻はそんなに高くなかったんですよねー


食べログ(掲載時点 3.73)

 

 

このページのトップへ

2020年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001626.jpg

新大阪に来ました。今日のランチは蕎麦が食べたくなり検索して美味しそうなお蕎麦屋さんを見つけたので新大阪から地下鉄御堂筋線で一駅(歩いてもそんなに遠くはないのですが)東三国の駅のすぐ近くの松吟庵さんに来ました。私は10割蕎麦しか食べないのですが、大阪は粉もの文化で蕎麦屋さんよりうどんが絶対多いはず。しかも十割蕎麦のお店は少ないでしょう。こちらの松吟庵さんは、本店は宮城県の松島にあるそう。長屋古民家風のお店です。なんか味のある蕎麦屋さん。

 

R0001628.jpg

カウンターと4席ほどのテーブル。2階もありますが。

 

R0001629.jpg

お昼の定食と自家打ち十割蕎麦。こちらは定食の人気が高いとのことなのでそば定食(1000円)にします。

十割蕎麦 + 小鉢2種 + 出汁巻卵 + じゃこ飯

 

12月から価格訂正があったもよう。

 

 

R0001630.jpg

夜は蕎麦居酒屋として。呑み助アイテムが沢山ありますね。牡蠣とか牛タンとか、どれも美味しそうだわ。

 


R0001632.jpg

到着しました。結構なボリュームですよ。今日はご飯少な目でお願いしました。かけ蕎麦かもり蕎麦を選べましたが、もりで。いやかなり高スペックな定食セットですね。

 

 

R0001638.jpg

そばもそこそこの量がある。

つるっとした食べ心地。比較的短めのお蕎麦。北海道産蕎麦粉70%

 

 

R0001637.jpg

小鉢もそれぞれが美味しい。

 

 

R0001635.jpg

サクサクの揚げ立て舞茸の天ぷら。

 

 

R0001636.jpg

じゃこ飯も同時に進んで食べれますね、これは。


 

R0001634.jpg

人気の出し巻き卵。

しっかりとダシの味がするでも優しい味。

 

R0001639.jpgここはやっぱり日本酒といきたいところ。宮城の地酒とかいいですね。

おいしいお蕎麦屋さんでした。近くにあったらリピりたいです。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ホームページ

 

このページのトップへ

2020年1月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001587.jpg

名古屋栄(地下鉄伏見)から徒歩6,7分程度。白川公園の近くにあるラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチさん。前回のランチ訪問から2年強。名古屋は年間訪問回数も少ない年なのでだいぶ時間が空いてしまいました。ずっとディナーで訪問したいと思っていましたが。こちらはカウンター6席があるフレンチ。夜来るとレストランも雰囲気が変わるものですね。こちらはミシュラン☆1つです。

 

 

R0001594.jpg

メニュー表

オーナーシェフ竹内 正樹氏は、フランス「ラ・ピラミッド」より料理人のキャリアをスタート。帰国後「タイユヴァン・ロブション」、「ミクニ・ナゴヤ」などを経て、2007年「グランファミーユ・シェ松尾 名古屋店」の料理長、2013年に独立し『ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ』をオープン。

 

R0001591.jpg

見た目も庭のようなアミューズ

キノコのヴァリュエーション 2019

「キノコのブラマンジェにソテーしたキノコ」「ケークサレ」「シュー皮の中にキノコとクリームチーズ」

 

R0001599.jpg

愛媛県産寒鰤のマリネ スダチの香り

聖護院かぶらのピューレとラディッシュのラメル

今回一番印象に残り、美味しかったのがこの一皿。見た目も綺麗でキャビアと寒鰤、スダチのコンビネーションが素晴らしい。店名の「ラ・フロレゾン」とは、フランス語で“開花・最盛期”という意味があり、スペシャリテの前菜や見た目にも華やかな料理を信条としているとのこと。前回のランチですら驚いたものだ。

 

 

R0001602.jpg

スペイン産フォアグラのア・ラ・プランチャ

アーモンドの香る佐渡産黒いちじくのコンフィ―

パンデピスのクーリとヴィンコットソースで。

一転濃厚なフォアグラ。

 

R0001603.jpg

山口県産クエのキュイソン・ナクレ

天然鮑と柚子の香るナージュ仕立て

 

 

R0001607.jpg

フランスシャラン産ビュルゴー鴨の低温ロースト

季節野菜を添えて 発酵黒にんにくと香り高いジュのソース

 

今日はお腹がいっぱいになってデザートパスしました。

 

R0001589.jpg

R0001595.jpgR0001600.jpgR0001605.jpg

御馳走様でした。TT


食べログ(掲載時点 4.09)

 

綺麗なホームページ

このページのトップへ

2020年1月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

IMG_1753.jpg

名古屋市内から車で高速道路を使用して1時間と少し、飛騨高山方面の途中にある岐阜県郡上(ぐじょう)市。郡上八幡の街は踊りとお城、そして綺麗な水のある街として有名。小高い八幡山上にある郡上八幡城は昭和8年再建の日本最古の木造再建城。山の上にあることも可愛いし、日本の城ランキングでも上の方に顔を出す城好きマニアもうならせるお城。私もずっと来たかったのですが、ようやく訪問することができました。郡上八幡は古い町並みも残り雰囲気のあるいい街ですね。

 

 

R0001608.jpg

綺麗な水ということでここの街には美味しい鰻屋さんも。評判が高い 吉田屋美濃錦(みのきん)さんを訪問します。郡上八幡博覧館の通り沿い、ホテル郡上八幡の宿吉田屋の1Fにあります。

 

R0001613.jpg

歴史がすごいんですね。1880年創業だから、140年。創業100年を機に美濃錦に屋号を変更したとか。うなぎ100名店のひとつになっています。

 

 

R0001614.jpg

郡上八幡は水路が沢山あって、水が豊富。

 

 

R0001610.jpg

九州の養鰻場から国産のみを仕入れた三河一色産。郡上の水温の低い井戸水を3日から1週間かけ流し鰻の泥くささをなくすという。

うなぎ丼 3200円

うな重  4200円

うなぎ長焼き定食 3200円

うなぎ長焼き上定食 4200円

 

 

R0001611.jpg

ひつまぶしもあるが、今日はうな丼にしょう。

 

 

R0001624.jpg

店の中に井戸があるぞ

 

 

R0001625.jpg

あらーここでくみ取った水でうなぎを立てているのか。身が引き締まってらしい。

 

R0001612.jpg

鰻が提供されるまで20?30分かかるというから、うなぎの骨を食べてIPADでもしてましょう。

 

 

R0001615.jpg

到着。

この丼の柄好きだわ。Yの牛丼屋さんぽい。

 

 

R0001618.jpg

4切れ。十分な量ですね。ほぼ1匹といっていいでしょう。

 

 

R0001620.jpg

鰻自体は薄めなんですが、表面は適度にパリっと(カリッと)していて、甘目のタレが九州人には嬉しい感じ。確かに綺麗な水で仕立てられている鰻とあって、嫌な雑味を感じられません。うまい。ご飯もその綺麗なお水で炊かれているのでしょう。

 

 

R0001621.jpg

郡上八幡城を散策した後で、お腹すいていたから美味しい。

 

R0001623.jpg

直焼きですこれだけ焼きが丁寧で表面がかりっとしていると焼き魚を食べているよう。でも鰻のタレといいご飯と絶妙なコンビネーションなんだなぁ。

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

美濃錦ホームページ

 

このページのトップへ

2020年1月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001569.jpg

江戸時代、尾張徳川家御用達となり繁栄した、名古屋最古の料亭 河文。

料亭としてはもちろん、中日本唯一の迎賓館としても、

伊藤博文や乃木希典など歴史的要人たちに愛されてきました。(HPより)

老舗料亭 河文の座敷後で、400年の歴史と伝統を受け継ぐTHE KAWABUN NAGOYA (イタリアン)名古屋在住の方他数名と訪問しました。

 

 

R0001570.jpg

CLASSIC 4500yen (平日限定)

KAWABUN 6500yen

Premium 10000yen


 

R0001571.jpg

店内はバースペースなど結構広めの作り。メインフロアーは結構人が沢山入るようになっています。今日は最後は満杯(これより広いスペースですが)でしたね。

 

R0001572.jpg

フォアグラ最中

次郎柿

最中はM-1 ミルクボーイで人気フードになったかな。フォアグラと最中って提供するフレンチもありますが、相性いいんでしょう。フィンガーフードとして最適ですし。

 

 

R0001576.jpg

金目鯛のカルパッチョ 紅しぐれ 唐墨 柚子ヴィネグレット

見た目にも麗しいサラダカルパッチョ。

 

 

R0001579.jpg

豊橋産あいち鴨のラグー 生ペンネ

 

R0001582.jpg

生雲丹とイカ墨のタリオリーニ


 

R0001583.jpg

北海道産冬鱈と今市蕪のカルトッチョ

 

 

R0001585.jpg

黒毛和牛ランプ トリュフマルサラソースとトリュフマッシュ

このメインに合わせるワインはケンゾーエステートのRINDO 2016

 

R0001586.jpg

ホワイトチョコレートのムース 赤い果実のソース

 

KAWABUN HOMEPAGE

 

食べログ(掲載時点 3.58)


 

このページのトップへ

2020年1月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1731.jpg

久しぶりにホテル日航熊本 和食「弁慶」さんでいただきました。冬メニュー(12月)です。


 

IMG_1733.jpg

前菜 菊池水田ごぼうと菊陽人参和え 芹胡桃和え

熊本県産水菜と浅利芥子味噌 河豚皮煮凍り 雲子落花生揚げ

かまくらみたいな竹細工が可愛い。

 

 

IMG_1734.jpg

造里

河豚薄造里 青森県大間産本まぐろ 辛味大根 葱

 

IMG_1735.jpg

煮物椀

かにと小柱進丈清まし仕立て 舞茸 青味 松葉柚子

 

 

IMG_1737.jpg

焼肴

九州産穴子香煎焼き あん肝煮付け

赤茄子叩き 蒸し白才

 

IMG_1738.jpg

合肴

蕪 牛深産うまかぶり スープ煮

 

 

IMG_1739.jpg

進肴

河豚唐揚げ 青味 振り柚子

 

IMG_1740.jpg

強肴

黒毛和牛地部煮

熊本県産揚里芋と生麩 山葵

 

IMG_1741.jpg

阿蘇波野産そば 河豚出汁 焼葱 高菜 梅肉

 

IMG_1742.jpg

柚子寒天みつ豆 きんかん甘露煮

 

IMG_1736.jpg白ワインまた各種日本酒といろいろごちそう様でした。

 

食べログ(掲載時点 3.44)

このページのトップへ

2020年1月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1707.jpg

土曜日です、ハンバーガーが食べたくなり、百名店に選出されているこちらのお店を訪問。JR目黒駅から山手線の外側の方へ歩いて4分程度。坂の途中にあります。大戸屋が2階に入っているビルと同じです。

 

 

IMG_1708.jpg

ハングリーヘブンというお店です。

 

IMG_1709.jpg

ハンバーガーぽくない、煙取りがありましたので焼肉屋をリニューワルしたのかと思いました。

昼はハンバーガー、夜は焼肉。そうなんだ。

そのせいか4人とか6人掛けが多くて2人席が少ない。

 

IMG_1712.jpg

ハンバーガーの種類もかなり豊富ですので、悩みます。

 

IMG_1710.jpg

ソースなどを選択できるハンバーガーもあります。

 

 

IMG_1713.jpg

セットもポテトのサイズやオニオンリングやらで色々な組合わせ。だんだんわからなくなりそう。

ヘブンダブル1200円に+250円でXSポテトとドリンク

 

 

IMG_1714.jpg

ポテトはこれくらいで丁度良いでしょう。XS

ヘブンダブルはマヨネーズ/レタス/トマト/オニオン/レリッシュ/ビーフパテ2枚。


 

IMG_1717.jpg

ジューシーな肉肉しいパテがよいですね。

バンズも黒光りしており、しっかりしたタイプです。

 

IMG_1719.jpg肉肉して美味しい。もちろんバンズは頂きませんでしたが、この肉の塊感がたまらないですね。ハンバーグを食べている感じがいいんですよねー。こういう上質ハンバーガーってたまに食べたくなりますね!


食べログ(掲載時点 3.72)

このページのトップへ

2020年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1686.jpg

東京である勉強会の会合(会食)がオテル・ド・ミクニ(四ツ谷)で開催されました。オテル・ド・ミクニはフレンチ界の巨匠三國清美(みくにきよみ)シェフのお店です。

 

 

IMG_1687.jpg

今日は会合向けに特別にアレンジされた江戸東京野菜を使用したコースにて。

 

 

IMG_1689.jpg

普段よりショートメニューの構成になっていますが、楽しみ。

今日は三国シェフ本人もお店におられ、後で顔をだしてくださるとのことでした。

 

IMG_1691.jpg

アミューズ

 

IMG_1692.jpg

江戸野菜(えど やさい)とは、主に現在の東京23区やその周辺で伝統的に生産されていた野菜(在来品種)である。

 

東京八王子算赤カブのヴルーテ、えびのしんじょう合え、ミルクの泡のせ、青森産白魚のフリット、

オゼイユとヴェルヴェーヌ添え、七味の香り

 

 

IMG_1695.jpg

山口宇部沖真鯛のグリエ、立川産ブロッコリーと春菊入りリゾット

西東京産マスタードグリーンのサラダ、マスタードレッドと春菊のセシェ、

山椒とピンクペッパー添え、ニンニク風味の春菊ソース

 

 

IMG_1696.jpg

葉っぱで中が見えませんが、リゾットがありました。

 

 

IMG_1698.jpg

宮崎産和牛フィレ肉のロティ

五種の江戸東京野菜(江戸川産しんとり菜、小平産内藤かぼちゃ、八王子産牛蒡、世田谷産大根、檜原村産芋)添え、赤ワインソース

 

 

 

IMG_1699.jpg

北海道滝上町産乳酸菌たっぷりのフロマージュブラン 宮崎産金柑風味

 

 

IMG_1700.jpg

江戸産内藤栗のモンブラン仕立て、東京ゆずの葛寄せ、グラスショコラ ソースフランボワーズ

東京の栗のモンブランって初めてです。

 

 

IMG_1701.jpg

ソルベ(シャーベット)ではなくてドライアイスで、シュワ―っと。

 

ご一緒した「あおい有紀」さんも記事にされていました。

 

食べログ(掲載時点 3.75)

 

このページのトップへ

2020年1月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1682.jpg

新橋・浜松町地区でお世話になっている鰻屋さん上位の「うなぎ本丸」都内での良心的価格と満足感で私は高いポイントを与えます。

前回の記事にもありますが、ここ数年で価格もアップ。今回の増税時に更にアップしました。

上うな重は 2800円から1昨年4月に3400円になって、今回10月から3500円に。

 

IMG_1669.jpg

特上食べたいなぁ

 

IMG_1670.jpg

今日は2度目の信長丼 2300円

これは満足度が高い1品

 

IMG_1672.jpg

信長丼はうなぎと海苔とねぎの三位一体感を味わう丼なのだ。

 

 

IMG_1673.jpg

丼から見えるコメの量が多く見えるから、ご飯沢山やなーと思ってしまう。

 

 

IMG_1674.jpg

うなぎもこれだけあれば十分です。

 

IMG_1675.jpg

本丸さんの3点香物セット(大根、にんじん、きゅうり)はビジュアルも最高である。3点はこれに限る。

 

 

IMG_1676.jpg

熱めの肝吸い

 

IMG_1677.jpg

海苔とねぎをかけて

 

IMG_1678.jpg多少混ぜ混ぜして頂きます。最高ですね。このコンビネーション三位一体感。なかなか。わさびをつけたり、山椒をかけてみたり。味のバリュエーションを味わいながら。私はだしでお茶漬けにするのは嫌いですから、このままで全部頂きました。

ねぎとか薬味がある分なのか、うな丼より満足度が高いような気がしました。

 

うなぎ 本丸(4) 港区西新橋 創業180有余年 税も上がった

うなぎ 本丸(3) 港区西新橋 創業180有余年 鰻高騰

うなぎ 本丸(2) 港区西新橋 丑の日の前

うなぎ 本丸 港区西新橋 創業180有余年

 

食べログ(掲載時点 3.67)

 

このページのトップへ

2020年1月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1655.jpg

来ようと思ってなかなか来なかった 銀座のカーン・ケバブ・ビリヤニを訪問。銀座のおもちゃ屋といえば有名博品館の6階にあります。なかなか食べログでも評価の高い100名店の一つ。お客さんの入りも想定するに良さそうです、でも席数110席とのことなので、大丈夫ですね。

 

IMG_1660.jpg

ビリヤニって何でしょう。

ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。

えー!三大炊き込みご飯なんて知らなかったですよね。ビリヤニ協会

昨年、一昨年あたり日本でも流行すると言われましたがそれほど過熱したわけではないですね。

 

IMG_1659.jpg

私もいままでビリヤニに正式に向き合ったことはありませんので、今日はビリヤニ。

ランチは1260円のセットが多いですが、ビリヤニのラムで。

 

IMG_1658.jpg

カレーランチもいろいろ選択の幅はありそうです。

 

IMG_1662.jpg

スープとオレンジドレッシングのサラダが到着。スパイシーなサラダ。

 

IMG_1663.jpg

ビリヤニ到着。

ライタと豆カレーもセットについてます。

見た目にオレンジや白や黄色、華やか。しかしめちゃくちゃ量が多い。こんなに米ばっかり食べれない(きっと)

 

 

IMG_1664.jpg

味はこれ標準ですか、相当スパイシーですよ。何十種類ものスパイスが入っている感じ。スパイス自体がごろごろと入っているから、それをよけながら食べます。あー頭から汗が止まりません。喉の方からヒリヒリします。ラム自体はすごーく柔らかい。

スパイスの味は旨いですよ。でも朝から胃の調子が悪く、体調をもう少し考えれば良かった。銀座なら今日は焼き魚の魚久にでもすれば良かった。

 

食べログ(掲載時点 3.77)

 


 


このページのトップへ

2020年1月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1642.jpg

前回訪問時から約半年。来てしまいました、喜多方ラーメン 坂内 汐留シティセンター店

とろとろチャーシューが食べたくなりました今回は昼会議時間が早いため、オープンの11:00に来店。1番乗りでした。オープンしたらお客さん続々来るのが東京ランチタイム。

前回はフェアをやっていました。

 

IMG_1644.jpg

坂内といえば、焼豚ラーメンす。

 

IMG_1645.jpg

トッピングは味付け玉子、半ライスはサービス。

 

 

IMG_1647.jpg

いやいやインパクトあるフワトロチャーシューメン。なんともすごい量です。スープはあっさりしています。

 

IMG_1648.jpg

絶対今回のチャーシューが量多いと感じました。前回はフェアだったからかなぁ。前回14枚、今回は

いずれにせよ、もう何枚か数える気すら失います。麺も見えません。


数年ぶりやはり美味しい 喜多方ラーメン 坂内 (前回の記事)

 

IMG_1650.jpg

タマゴ

 

IMG_1651.jpg

チャーシューさん、ちょっとごめんよ。ネギとメンマが顔を出してくれました。

いやーしかしこのチャーシュー半端ないです。途中からだんだん飽きてきます(冗談)


 

IMG_1652.jpg麺+ライス+チャーシュー 全部食べたらかなりやばいと思うくらいの量です。普通盛りなのですが、大盛りといったらどんだけでしょう。ラーメン最近食べないのですが、やっぱりテンション上がりますね!

 

 

 

このページのトップへ

2020年1月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1615.jpg

1月には「ふぐ」を食べることで利用させていただくことが2度ほどある、和食仲むらさん。

今年最初のふぐです。 和食仲むら本店 熊本市

今回は同業の方が10名ほど全国から熊本へ来られて会議と懇親会を。全国から熊本へいらっしゃった方は「馬刺」を期待される方も多いので今回は郷土料理コースにておもてなし。

 

IMG_1616.jpg

蛸のやわらか煮も味が上品で美味しく

 

 

IMG_1619.jpg

前菜盛り付けはひともじぐるぐる・辛子レンコンといったメジャーなものから、豆腐の味噌漬けとかカラスミ、牡蠣のオイル燻製、とか酒飲みにはたまらない、アテ。

 

IMG_1620.jpgIMG_1621.jpg

期待の馬刺。

これだけ綺麗な馬刺しを食べれたとあって出席者の方ももちろん大満足

 

IMG_1627.jpg

 

IMG_1628.jpg

 

IMG_1631.jpg

 

IMG_1632.jpg

 

IMG_1633.jpg..IMG_1634.jpg

今日の郷土料理コース、私たち熊本人からしてももちろん、おいしかったです。


IMG_1626.jpg

カリフォルニアのシャルドネ KENDALL-JACKSON

ケンダル・ジャクソンは現在カリフォルニア州の5つの地域にまたがりブドウ畑を所有し、世界でも最大規模の醸造設備を持つ4つのワイナリーを所有、そして世界60ヵ国以上にワインを輸出している大手ワイン・メーカーです。このワイン良いですね。

 

IMG_1629.jpg

ニュージーランドの有名な白 クラウディベイ

シャルドネの後だとさっぱりしすぎ感を感じますね。

 

IMG_1630.jpgシャトーモンペラ 2016

仲むらさんでは赤はこれ、モンペラ。思い出のワイン。2006年にここ仲むらで世界の三國清美シェフと一緒に会食した際に三國シェフのセレクトで飲んだワインがこれ。神の雫にも登場したワイン。

 

食べログ(掲載時点 3.45)

 

このページのトップへ

2020年1月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1581.jpg

立食パーティでの落ち着かない食事は今日はやめて、前回訪問から間を開けずにこちらのフレンチに訪問。六本木ヒルズにある2つ星フレンチ ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション。カウンター席だから予約もしないで訪問できるこの気軽さ。ほとんどの席は埋まってましたが。

 

IMG_1583.jpg

カウンター席から厨房が見えるし、動きもテキパキだから気持ちがいい。

 

 

IMG_1586.jpg

アミューズは前回同様 豚のリエット

 

 

IMG_1589.jpg

今回はアラカルトから数品選ぶこととします。前菜は

キャビアとオマール海老のジュレをなめらかなカリフラワーのクレームで

ロブションレストランのスペシャリテともいうべき、この品をこちらでいただけるとは。

 

IMG_1590.jpg

これです

 

 

IMG_1591.jpg

中にはキャビアと海老のジュレとクレームが微妙に重なりあい口の中でほどけますね。


 

IMG_1593.jpg

前菜2皿目は ズッキーニをプロヴァンサル エピセ ミモザのバリュエーションで

ジューシーなズッキーニが3つのアレンジメントで楽しめる一皿。白ワインとのコンビネーションも〇。

 

 

IMG_1597.jpg

メインは以前訪問した際に、隣の人が食べていて気になっていた

和牛のパヴェット ハーブ入りサラダとポテトピュレを添えて

想像したよりかなり濃厚な味付けなのですね、オニオンソースが効いてます。


IMG_1588.jpg

 

 

IMG_1599.jpgSAINT-MILLION GRAND CRU CHATEAU FONBEL 2013  2.3K

 

ロブションの味を ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション (L'ATELIER de Joel Robuchon)

 

食べログ(掲載時点 3.79)

 

このページのトップへ

2020年1月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1573.jpg

羽田空港第二ターミナル(ANA)に2017年12月にオープンしたカフェ。GGGカフェ。3階にあります。

グッドグリーンガーデンでGGGか。よいネーミングですね。センスがいい。


PRによると

旅する女性が“かわいくなれるカワイイごはん”をテーマに見た目にも中身にもこだわり、

あるようでなかった「野菜がたっぷり食べられるカフェレストラン」です。とのこと。


旅するおっさんが更に健康になるために、昼サラダをエンジョイすることとします。

 

IMG_1578.jpg

サラダ盛り盛りプレートがあるって嬉しいですよ。見た目にも綺麗な彩りだし、空港とか麺とか小麦系が多くを〆ているのでランチに困ります、更に嬉しい。

 

 

IMG_1579.jpg

色々オムライスプレートとかもあるし。

なるほど旅する女性がかわいくなれるわけだ。(意味不明)

 

IMG_1574.jpg

2 4品目の彩りサラダプレート

w/チキンorベーコン1,080yen

w/海老1,180yen

 

チキンをセレクト。チキンが結構一杯はいっているやん。

 

IMG_1576.jpg

卓上のオリーブオイルで食べるのも良し。

 

IMG_1575.jpg

野菜の種類がたっぷりだから、飽きにくい。

旅するおっさんにも最適。


食べログ(掲載時点 3.26)

 

このページのトップへ

2020年1月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1519.jpg

城山ホテル鹿児島で忘年会がありました。洋食コース料理です。同業の会社さんからの商品がアレンジされてはいっているメニュー構成になっていたようです。城山ホテルといえば朝食が有名なところ。朝一から行列ができますので、早めに行った方が良いですね。やはり翌日の朝は一番目に並びました。(ゴルフだったので早かっただけですが・・)

 

チキンささみ・エノキ・シメジ・ハムのコンソメゼリー寄せ オマール海老メダイヨン 赤パプリカピュレソース

 

IMG_1520.jpg

さつま芋のポタージュ フォアグラの香り

香りというよりフォアグラ自体も入っているし、このスープすごく濃厚で胃にどしっとくる感じでした。


IMG_1521.jpg

茶巾卵・魚介・カクテルウインナーリゾットの軽いグラティネ

フライドフィッシュ添え

 

 

IMG_1522.jpg

ローストビーフ

2種ミニクロケット添え レフォールソース


 

IMG_1523.jpg黄桃・さくらんぼ風味わらび餅・ホワイトショコラムースのガトー仕立て

 

 

このページのトップへ

2020年1月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2020年 明けましておめでとうございます。

今年もダイニングエクスプレス ブログを宜しくお願い致します。

今年の1本目は京都の和食や 乃り英(のりひで)さん


IMG_1490.jpg

金融機関の会合があり、京都に。2次会の会場でこちらに。1次会は立食パーティのためしっかり食事をするわけですが。こちらのお店は熊本の株式会社三勢さんのグループ会社で、社長の実弟さん福原英人さんが料理をとりしきってらっしゃいます。祇園の「乃り泉」(のりせん)で修業された福原さんが提供する和食は上質で丁寧。

場所は一乗寺。京都の北の方です。一乗寺といえば天下一品ラーメン総本店がある場所ですね。近い所です。


 

IMG_1485.jpg


IMG_1486.jpg

.IMG_1487.jpgIMG_1489.jpg

 

 

IMG_1491.jpg

 

IMG_1492.jpgIMG_1495.jpgIMG_1496.jpg疲れていても和食は胃に優しく入ってきますね。料理と一緒に日本酒も進みます。清水焼きの器も食に彩を添えてましたね。美味しい京料理有難うございました。

 

食べログ(掲載時点 3.29)


 


 

 

このページのトップへ

2019年12月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

出張で名古屋方面にはあまり来ないので、セントレアを使う機会も少ないです。空港結構広くて・・・歩きます。今回も駐機場からすごく遠くて気絶しそうになりました。

名古屋方面でランチにしたかったのですが、名鉄空港特急のミュースカイも時間が合わずセントレアで昼食。


色々食べるものは多いし、本当は台湾まぜそばやひつまぶしも人気があると思いますが、こちらに。

 

R0001568.jpg

炭焼牛たん東山 中部国際空港セントレア店
愛知県常滑市セントレア1-1 中部国際空港 旅客ターミナルビル 4F レンガ通り
TEL/0569-84-2421


平日お昼ですがスムーズすぎるくらいに入れました。仙台が本店のお店です。


 

R0001560.jpg

ランチメニューから選びましょう。

牛タン定食でもよいのですが、



R0001561.jpg

もっとヘルシーで安い レディースランチにしましょう。

レディースランチは男性でも頼んでよいとのことで。


牛タン焼き1枚、生姜煮、浅漬け、山芋と半熟卵のサラダ、麦飯、スープ 十分すぎます。

 

R0001563.jpg

サラダが沢山いただけるのが嬉しい。

白いのは山芋。

注目は蓮根チップス。最近よく使われていますね、食感もよくてサラダにぴったり。半熟卵との相性も〇。

 

 

R0001564.jpg

半熟卵をつぶしていただきます。

これだけサラダを食べておけばヘルシー気分です。牛タンだってヘルシーですしね。

 

R0001565.jpg

サラダを食べ終わって3点セット到着。タイミングいいじゃないですか。

浅漬けが写真よりかなり多く、これは吉野家の浅漬けより多すぎ。牛タンは1枚を3つに切ってある。比較的柔らかい食感の牛タンでした。

 

R0001566.jpg

ご飯は麦の量といい、炊き方がどうも私にはマッチしませんでしたが、

ヘルシーランチでした。。福岡にも東山さんは2店舗ありますね。

 

ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.06)


 

このページのトップへ

2019年12月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001543.jpg

シャワー通りにある、お店が固まっているビル、シャワーヴァレービル 2Fのアモシ(AMOSHI)さんに。2度目の訪問です。1度目はカメラのメモリーを入れ忘れておりました。アモシはお店、ASIMO(アシモ)は本田が開発した2足歩行ロボット。

美味しいものを食べさせていただけるお店です。鉄板カウンターとテーブル席。今日も満席でした。予算(5千円UP) を伝えればコース料理を作っていただけると思います。


 

R0001545.jpg

お店の暗さと このデジカメの機能が合わず、暗いこと。修正しても限度あり・・・残念

しかもメニュー表はないので記憶が。舌は美味しさは覚えておりますが、脳はメニュー名を覚えておりません。

 

R0001548.jpgR0001551.jpg

濃厚なトリュフ風味のこのスープ好きだ。

 

フォアグラ入りマッシュルームのポタージュときざみトリュフというんですね、

ハウディニュースのブログを思い出して見てわかりました。

 

R0001553.jpgR0001554.jpgR0001555.jpgR0001557.jpgR0001559.jpgワインも色々ありますし、お肉の種類も豊富。

また来ないといけませんね。


食べログ(掲載時点 3.10)


 

このページのトップへ

2019年12月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1547.jpg

お祈りしなくてはいけないことがあり、やって来ました。島根県出雲大社。来たかったんですよね、ずっと。島根県出雲市は島根県では松江に次ぐ第二の都市、山陰地方でも松江・鳥取についで3番目の人口17万人。合併してですが。観光地ということもあり、人気の場所ですね。

11月に来たかったんです。

旧暦10月。他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、ここ出雲では神在月と呼びます。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。やっぱり出雲大社はすごかった。歴史がすごい。

 

 

IMG_1562.jpg

そしてここ。秋に来たかったんですよ。足立美術館。ここは安来にありますので、米子とか鳥取と島根の境くらいです。

日本庭園は、米誌ランキングで16年連続「庭園日本一」になっている。すごく観光客の方が多かったです。庭が素晴らしい。そして横山大観の絵とか。すごくよかった。


 

 

R0001517.jpg

JR出雲市。今や数少ない寝台特急の終着駅。いいねぇ。サンライズ出雲

旧大社駅舎も行きました。レトロで良かったですよ、昔の賑わいがなんとなく思い出されます。

JR出雲市駅周辺にはホテルが沢山あります。宿泊は出雲市駅に隣接したツインリーブス出雲。一畑グループで去年までは同じ建物に百貨店があったとのこと。

そして駅前には代官町と呼ばれる飲食店街が広がります。昔はすごかったんだろうなという感じですね。怪しい感じで少し暗い路地がレトロ感あふれていて地方都市のこんな感じ、結構好きです。今でも結構飲食店はありますよ。

 

 

R0001519.jpg

ということで調べてから、こちらへ予約しないで来てみました。GYRO(ジャイロ)

出雲は女性旅が多いと聞きますが、どうなんでしょう。

 

R0001521.jpg

色々メニューもありますし入りましょう。

 

 

R0001525.jpg

雑居商業ビルの2階に

いやいやお店は結構混んでいましたよ。しかも女性が多いし。こういう雰囲気のお店が少ないのでしょうか、いえ料理も美味しいのでしょう。カウンターで次の予約までの時間制限付で座れました。カウンターは8席。

R0001522.jpgR0001523.jpg

 

 

R0001526x.jpg

さくさくとワインを数杯飲んで軽く食べましょう。

 

 

R0001528.jpg

海老のアヒージョ 600円

小エビではなくって結構大き目の海老でしたよ。

 

 

R0001530.jpg

バーニャカウダ 850円

アンチョビオイルソースはさらっとしたタイプでした。ソースに付けにくいからマヨも一緒に付けて。

 

 

R0001531.jpg

生ハムを食べて、時間終了となりました。ごちそうさまでした。

飲み足りないので、ワインバーを探しました。近くにありました。

 

R0001532.jpg

萬 VIN と書きます。

 

R0001533.jpg

何杯か飲みましょう

 

 

IMG_1543.jpg

白とかボジョレー(赤)とか、

なんか高級ワインのボトルが一杯飾られていました。マスターは話好きのきさくな方で楽しかったです。

 

 

IMG_1545.jpg

サラミ

知らない街でこうして初めてのワインバーに入るのって楽しいですね。明日は町並み研究として境港の水木しげるロードを訪問することにします。

 

GYRO (食べログ掲載時点 3.40)


わいんの店 萬 (食べログ掲載時点 3.06)

 

 

R0001535.jpgR0001538.jpg鳥取県米子市の寿司弁慶で回転寿司2皿いただきました。

 

 

このページのトップへ

2019年12月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001481.jpg

久しぶりに(数か月ぶり)に風土木さんに訪問。寒くなってきて、フォーみたいなあったか麺が食べたくなります。左も右も風土木です。ランチタイムは近隣のサラリーマン・OLさんでにぎわいます。

 

 

R0001484.jpg

フォーは基本1000円。

半ライスとパクチーは無料 (嬉しい) ミニカレーorとろろを付けても +50円アップ

今日はまだ食べたことの無い、カリーフォーにします。レッドカレーと干しエビ調味料は合うのかな。


 

R0001486.jpg

カレーも美味しいのだが、単品カレーフォーで。

 

R0001488.jpg

干しエビの旨辛調味料 650円はクセになる調味料。なんとも言えないコクと辛みが料理の味を更に引き立てます。何にでもあう。今回はこの調味料を2つお持ち帰り。

 

R0001487.jpg

保存料・着色料無添加で万能。バグース(素晴らしい)

 

 

R0001490.jpg

単品カリーフォー。小さな豆腐とプチデザートが付いています。いいね。

 

 

R0001493.jpg

麺固めをお願いしました。

なんとも干しエビ調味料入れなくてもだいぶコクがありそうな雰囲気のあるカリーフォー。

 

 

R0001496.jpgやはり、干しエビ調味料は万能でした。辛さのコクがでて海老風味カリーフォー。塩味フォーに投入するよりコクが倍増して、辛くなって頭から汗が出ます。でも美味しいですね。やはり風土木さんにたまには訪問してフォーを食べたくなります。

 

フォーとカレーが人気の アジアン居酒屋 風土木(2) 東京・大門

 

食べログ(掲載時点 3.55)

このページのトップへ

2019年12月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム


R0001463.jpg

2019年3月20日に新たにオープンした銀座にあるホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」。14階にレストラン「オーパス(Opus)」がオープンしたと知って訪問しました。こちらのOpusはミシュラン1つ星を獲得した広尾のOdeの生井シェフが監修してあるとのこと。期待ですね。私もOdeには2度訪問したことがあります。

 

R0001464.jpg

写真を見ても、Odeっぽい料理が並んでいます。こちらは朝はホテルの朝食会場としても使用される。日本各地から取り寄せた魚介や野菜を特製の釜で調理する「モダンシーフードグリル」を特徴としたお店とのこと。

 

R0001465.jpg

Odeの入口とイメージが似ているなぁ・・・

 

oude21.jpg

こちらは広尾のOdeの入口

 

 

R0001466.jpg

夜は多少暗めの空間。今日はちょいワイン飲みとして訪問してみましたが。

 

 

R0001470.jpg

テラス席。夏とか気持ちよさそう。

 

R0001468.jpg

コース料理とアラカルト。

アラカルトはそんなに多くないメニュー。

 

R0001473.jpg

サンマ

 

R0001474.jpg

 

 

R0001475.jpg

シーザーサラダ ハーフサイズ

 

 

R0001478.jpg

 

 

R0001479.jpg

中にはベーコンが2枚。

 

 

R0001480.jpg

CRACKER JACKのワインを赤白1杯ずつ。

 

 

 

このページのトップへ

2019年12月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001440.jpg

京都に住む方にこちらに連れてきていただきました。京都ホテルオークラ別邸 粟田山荘。(あわたさんそう)くりたと思いました。大通りを外れて細い道を上がって行ったつきあたりにある、ひっそりとした落ち着いた場所です。

 

 

R0001442.jpg

昭和12年に西陣の織元の別荘として生まれた建物で数寄屋造りです。7年連続ミシュラン1つ星も獲得したことのあるお店です。

 

R0001445.jpg

1階のお庭が見える部屋にご案内いただきました。11月だったのですが、葉も色づきはじめ秋だなぁと感じるお庭。

 

 

R0001447.jpg

料理は懐石料理。メニュー表がなかったのですが、秋を感じる紅葉の葉が使ってありました。

 

R0001449.jpg

 

R0001450.jpg

 

R0001453.jpg

 

R0001455.jpg

 

R0001458.jpg

 

R0001459.jpg

 

R0001460.jpg

 

R0001461.jpg

デザートなんか、葉っぱも食べれるんと違う・・・って思ってしまう量ですね。

 

ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.49)

 

このページのトップへ

2019年12月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001431.jpg

仕事で京都・京丹波に来ました。こちらは初めてです。丹波っていうと黒豆。高速のサービスエリアも黒豆を使ったスイーツとか美味しそうなものが沢山。うまいもんの宝庫ですね。

京都や大阪方面から天橋立方面へ行く丁度中間あたりにあります、京丹波。本当に山が周りにある感じです。こちらにランチに連れてきていただきました、八光亭。立派な建物です、観光バスなどもランチスポットとして利用しているようです。

 

 

R0001432.jpg

色んなメニューはあるものの、3人が気になったメニューが丹波牛のメニュー。

そして厚切りすき焼き膳に決定。

 

R0001433.jpg

一人は+500円で、松茸すき焼きと松茸ご飯に変更。

随分安いもんです。外国産だろうと思ったら、注意書きが 上記メニューに使用しております松茸は極上輸入松茸となっております。

「極上輸入」って言葉が。

 

 

R0001434.jpg

到着。

 

 

R0001438.jpg

厚い肉だが火が通るのだろうか。

 

 

R0001439.jpg

ぐつぐつ・・・・


3人の感想。厚切り肉は 味が染み込まない肉 という感じでやっぱりすき焼きは薄い肉がいい。厚切り肉は(鉄板)焼きでしょうということで一致。

 


食べログ(掲載時点 3.03)

このページのトップへ

2019年12月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001417.jpg

大阪駅の近くでビストロを探していて、こちらに来てみました。東梅田にあるルコントワです。ノーアポです。

東梅田の商店街から横道に入ったところ。

「お初天神裏参道」なんか面白い名前。しかもこの狭い通りにはタイ料理とか居酒屋とか色んな店が並んでいて面白い雰囲気。オープンなところもいいですね。

 

R0001418.jpg

ルコントワは入ってすぐの左側。

ビストロ的お店、カウンターとテーブル。一人でも入りやすいお店ですね。いい。軽く飲んで食べます。

 

 

R0001419.jpg

グラスワインも安い。450円から1400円まで広いラインアップ、いいねえ。

 

 

R0001421.jpg

食事も色々ありますね。食べたくなります。

ワインはボトルをもって来てくれなく、ノーフォトです。

 

R0001420.jpg

オリーブ

 

R0001423.jpg

ビンチョス 1つ350円は

林檎とロックフォールと鶏肉とトランペット茸

 

 

R0001425.jpg

季節のキノコのソテー 900円

 

 

R0001426.jpg

黄身にからめて食べると美味しい。

 

 

R0001429.jpg

フォアグラ トリュフ 牛肉の冷製ロッシーニを ポーション少な目にて。

温かい料理にすればよかったなぁ、などと思いつつ。ボリューム的にはそこそこありましたので。

 

ワイン美味しかったな。リーズナブルで料理も美味しくて。

こちらのお店は色んなお店をやられていますが、以前訪問したミシュラン1つ星のリエゾンもこちらの経営です。(リエゾンも美味しかった)

2019ミシュラン大阪で1つ星 フランス料理リエゾン(LIAISON)

 

ザダイニング ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年12月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001376.jpg

パッタイが食べたくなり、こちらに来ました。新橋の烏森神社の近くにある「オールドタイランド」。だいぶ来ましたが久しぶりです。

ランチタイムは近隣のOLさんなどで大賑わいのお店です。

 

 

R0001377.jpg

メニュークリック拡大戻る

税率変更などもあり少し変更になっています。迷わずパッタイ 1100円。

今日はパクチー盛 210円も。なぜかパッタイには付いていないパクチー。象さんマークはお子様におすすめとのこと。象のイメージと結びつかんわ。

 

 

R0001378.jpg

トムヤムスープと生春巻き付

トムヤムが付いているのは嬉しいなぁ。

 

 

R0001383.jpg

ピーナツも端っこにしてある丁寧さ。もやしたっぷり。大ぶりの海老も2,3匹入っていて満足です。

 

 

R0001381.jpg

パクチーも同時到着

 

 

R0001385.jpg

上に盛り盛りして頂きます。ナイス! パクチーもりもりはパンチが効いてます。

やっぱり安定的にうまい、オールドタイランドのパッタイ。大盛りってできるのかな。

 

オールドタイランド(3) 東京新橋 2年近くぶり

 

食べログ(掲載時点 3.60)

 

 

このページのトップへ

2019年12月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001386.jpg

ホテル日航熊本 2階 中華料理桃李(とうり)にて来年新卒入社の方と懇親会を開催しました。11月の内定式の後ですから、データのアップロードが遅いこと。

そういえば2015年もこちらでやっていました。

ホテル日航熊本 桃李 ランチ

 

 

R0001387.jpg

 

 

R0001389.jpg

 

 

R0001390.jpg

海苔で巻いて食べる春巻き

 

R0001391.jpg

グラタンに見える海老チリ


 

R0001393.jpg

酢豚

 

R0001395.jpg

中華おこわ

 

R0001397.jpg杏仁。タピオカは皆さん大好きなんですね。

今年の流行語大賞トップテンにも「タピる」ってありました。

 

桃李

このページのトップへ

2019年12月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001399.jpg

行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行けなかったラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションに。2003年オープンで六本木ヒルズの2Fテラスに面してあります。

ロブションというフランス料理の巨匠の方は有名ですね、2018年に亡くなられました。

「ガストロノミー ジョエル・ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」がミシュラン三つ星、「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」が二つ星、こちら「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(六本木ヒルズ)」が二つ星を獲得しています。

 

恵比寿の3つ星はランクが違う店ですが、こちらはカジュアルで値段もそう。2つ星の料理がこの値段で味わえますし、人気店ですね。 

 

R0001400.jpg

カウンターが中心で内装は赤と黒。カウンターも腰高で背もたれも少なく多少ゆっくりするのにはきついかなぁ。カウンターで調理などを見ながらさくっと美味しい料理をいただくのにはぴったり。場所柄お客様も国際色豊か。

 

ディナーのコースは 5300円、7800円、9500円、13500円。

9500円のコース(アミューズ、前菜、スープ、主菜、デザート、飲み物)を頼む人が多そうですが、今日はスープという気分ではなかったので、一番安い5300円のアミューズ、主菜、デザート、飲み物)にアラカルトで前菜を2品組合せることにしました。


R0001405.jpg

アミューズは豚のリエット

 

R0001407.jpg

小さなお皿で前菜メニューも豊富だから選ぶ楽しみもあります。

1品目は ずわい蟹と大根のラメルをピモンデスペレット風味で

小さな蟹のように見える前菜だ。


 

R0001408.jpg

丁寧な仕事、さすがロブション。うーん白ワインとあうこの蟹前菜。

 

 

R0001409.jpg

2品目は帆立貝のミキュイ 海藻バターと共に

バターの風味が濃厚で帆立貝ベターに美味しい。こちらで焼かれたパンも美味しそうだが食べないので、もったいないと思う。

併設されているパティスリーは

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ店

 

R0001413.jpg

メインは6皿からチョイスできて、追加料金なしの

仔羊背肉のロティ なめらかなポテトピュレと共に。


仔羊の火入れ具合が最高でした。うまい。

 

R0001415.jpg

デザートは4種類からチョイス

モンブランアルディッシュ マロンのグラス クリームをクランベリーのクーリと共に

なめらかな甘さ控えめモンブラン。上品だこと。

デザート食べてショートコース終了。これで十分ロブション最高です。

 

隣で食べていた常連女性2人の和牛パヴェットが美味しいーーの声が頭に焼き付き、今度また来ようと決めました。

 

R0001411.jpg

グラスのワインも赤白豊富、嬉しいですね。リスト外にも準備があるよう。

 

 

IMG_1470.jpg

サンセール シャトーデュノゼ ドメーヌ デュノゼ 2017



IMG_1472.jpg

オーメドック シャトー ソシアンド マレ 2012

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

ホームページ

 

このページのトップへ

2019年12月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001337.jpg

うかいグループのフラッグシップといえば、銀座のうかい亭。一度は行ってみたい。今日はグリルうかい丸の内。三菱煉瓦館のそば、丸の内ブルックスクエアの2Fです。ここの中庭はレンガの建物が見えて素敵な空間。

 

 

R0001341.jpg

空間自体もゆっくりしていますし、ほぼ個室もあります。席数は60だとか。

 

 

R0001342.jpg

10周年なんですね。10周年特別コース。普通のコースより更にグレードアップされた内容になっています。

 

 

R0001344.jpg

肉肉コースのスタートですね

 

R0001347.jpg

ボタン海老とキャビアのジュレ

フランス料理のようなスタートでした。

 

R0001350.jpg

フォアグラのポワレと来ましたか。お皿もインパクトがありますね。

 

 

R0001354.jpg

紅葉鯛と松茸のナージュ

 

 

R0001358.jpg

オマール海老のパスタ

パスタは少なく、ほぼオマールで占められていて味もこってり濃厚なクリーム。久しぶりに少しだけパスタをいただきました。


R0001363.jpg

イベリコ豚の塩釜焼き

ハーブを加えた塩釜焼きですね、オープン当初使用していたイベリコ豚を特別に用意したとのこと。

 

R0001364.jpg

切り分けられて持ってこられました。10人だったのですが全部切り分けるということではないんですね。

 

 

R0001368.jpg

こちらが牛サーロイン

 

 

R0001370.jpg

炭火焼き。

結構脂分があるお肉です。もう赤身がさっぱりしていい感じです。この量でもイナフでした。

 

R0001372.jpg

私は食べれる部分が多いのでモンブランを。

 

R0001373.jpg

他の人のシフォンケーキです。

ごちそうさまでした。

 

R0001343.jpgR0001352.jpgR0001348.jpgR0001360.jpgR0001355.jpg今日は休肝日にしていましたので、皆さんのワインを選ぶ役のみ引き受けました。

 

グリルうかい丸の内ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.72)

このページのトップへ

2019年12月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001324.jpg

銀座でカレーが食べたくなってログってこちらのお店へ。ハレギンザ。ソニー通りにあります。雑居ビルの上の方。

えーそばにあったフランス料理屋さん 名前が エスコフィエ。どこかで聞いた名前・・・

エスコフィエといえば日曜9:00「グランメゾン東京」でキムタクがパリで働いていたお店じゃないですか、えー銀座にあったんですか。調べると創業68年もの老舗のフレンチ。食べログ銀座エスコフィエ めちゃくちゃクラシコなフレンチじゃないですか、こちらも気になる。

 

 

R0001323.jpg

今日はカレーでガマン。晴れではないけど。

 

 

R0001335.jpg

あれ、お店閉まっているのかと思いきや、OPEN。看板が出ていたし、CLOSEはないか。重い鉄扉を開けて入ります。同じフロアには牡蠣バーのお店があって、牡蠣食べれない人は来ないでくださいと書いてあった。特色ありますね。隠れ家ですね。

牡蠣バー(食べログ)


R0001325.jpg

カウンター席とテーブル席 席数は食べログには38席と書いてあります。夜は色々ありますね。

 

 

R0001326.jpg

カレー5種。銀座で800円以下のカレーとは良心的。

トッピングは130円と250円。

今日はアースカレーに本日の野菜トッピング(里芋とオクラ)にします。


 

R0001328.jpg

温めるだけで以外にすぐ出てきました。

牛豚合いびき肉とトマトのカレー。一番マイルドなカレーとのことなので胃に刺激も少ないでしょう。


 

R0001330.jpg

オクラと里芋が目立ちますね。あと茹で卵。

濃厚ながらコクがありそうなルーですね。

 

 

R0001332.jpgいやいや、こだわりをもって作っているカレーですね。ルーのみがあったら他のも挑戦したいくらいですね。

今度はまた違うのにしよう。ハレギンザは100名店のひとつ。

気になるエスコフィエのホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.76)


 

このページのトップへ

2019年12月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001294.jpg

以前ランチで訪問したラ・ボンバンスの姉妹店 SUDACHI(スダチ)が美味しかったので、ラ・ボンバンスに訪問したいと思いディナーで訪問。

また訪問したくなる 和食スダチ(SUDACHI) 東京・広尾

 

六本木と渋谷の間、ひっそりとした印象のある高樹町の国道246沿いにあります。大きな看板はなくBの文字だけ。地下にお店があります。

 

R0001296.jpg

カウンターと半個室の空間。オープンキッチンというわけではありません。お店がらがらなのは早い時間に着いたためであり、今日も結局満席。こちらはミシュラン1つ星を長くとっていたお店。

料理のジャンルは新和食・創作和食といったところですね。しかし素材の良さを十分出しているお店で岡本信シェフの丁寧な対応が心地よいです。岡本シェフは日本料理「鴨川」などで研鑽され、こちらをオープン。



R0001297.jpg

謎解きメニューです。全然わからないでしょう。都度都度お店の方に聞けば解読してくれます。


普通に読めるところとそうでないところが、手7ケ絵B=手長海老

4胡座&男地WIN フォアグラと男(メン)地(チ)WIN(勝つ)

9”&木ハムたけ like8き = 牛 と松たけ すき焼き


面白いですね。

 

R0001299.jpg

濃厚なキノコスープと手長海老。

 

 

R0001300.jpg

北京ダック チキンウィング

 

R0001303.jpg

アマダイ おわん

 

R0001308.jpg

フォアグラ メンチカツ

フォアグラはソテーでした。このプレートにはそんなに驚きがなかったかも。

 

R0001309.jpg

サンマ(3 間) チーズ 賀茂茄子

トリュフが素敵

 

R0001313.jpg

牛すき焼き マツタケ

すき焼きとマツタケですか。

 

R0001314.jpg

旬の美味しさにうなりつつ

 

 

R0001316.jpg

ふかひれ かにあんかけ鍋

スープ物が少し多いような気もしますが、贅沢な食材が続きますね。

 

R0001317.jpg

締めはこちらのご飯。残したらおにぎりでお持ち帰り可能。

5:30=ごはん

 

R0001318.jpg

生いくらで いくら丼

 

R0001319.jpg

お腹一杯になっていたので、控えめに。

 

R0001321.jpg

名物白い〇ー〇ー

スダチでも食べたよ。美味しかった。何でしょう。

 

 

R0001322.jpg

門部RUN=モンブラン、マスカット


謎解き和食。意外なメニューの連続でやっぱり新和食。

 

食べログ(掲載時点 3.85)

 

ラボンバンス ホームページ

このページのトップへ

2019年11月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001256.jpg短い上海ステイの最終日のディナーは四川料理、また中華料理である。個人的にはイタリアンとかフレンチが食べたい気分だが致し方ない。一軒家の洋館を使った四川料理。日本人の口にもあうマイルドな四川料理とのことでほっとする。


R0001257.jpg

例のごとく前菜がどんどんと運ばれてくる。これはめちゃくちゃ辛そうなアイテム。

 

 

R0001258.jpgrrs (32).jpgrrs (31).jpg

最初にデザートとか出てくるんだ。

 

rrs (30).jpgrrs (29).jpg

最近では中国でも普通にサラダ

 

rrs (28).jpg

大根おろしのような。

 

rrs (27).jpgrrs (26).jpgrrs (25).jpgrrs (24).jpg

一発目の麻婆豆腐。10人分だからなすぎだねえ。

熊本のホテルでも食べる味に似ていました。

 

rrs (23).jpgrrs (22).jpg

結構大きな鍋。血鍋か、辛くてヒーヒーします。

 

rrs (21).jpgrrs (20).jpg

スペアリブ。

中華料理ってみんなの分量考えずに、自分のところで「がばっと」取る人が必ずいるね。どうして。


 

rrs (19).jpgrrs (18).jpg

北京ダック

 

rrs (17).jpg

脂っぽいので、北京ダックはいつも食べません。

 

rrs (16).jpgrrs (37).jpg

ミニミニサイズの焼しょうろんぽお。

数年前は日本でも流行ったなぁ

 

rrs (36).jpg最後に〆の麻婆。さっきのより辛いバージョンでした。TT

 

 

このページのトップへ

2019年11月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001230.jpg

上海駅そばのホテル、VIENNA INTERNATIONAL HOTELにて昼食。ウィーンというだけあって装飾品などがヨーロッパ寄りになっていますね。中華料理が2日目で飽きていますが、仕方ありません。

 

 

R0001231.jpg

一品粤珍楼 上海

日本語的には聘珍軒 となるので、聘珍樓=高級中華と想像していまいます。実際は日本人観光客が団体で送り込まれたりするよくある中華料理ではないでしょうか。朝、宿泊ホテルの朝食会場で見かけた団体さんもこちらに送り込まれていました。

 

R0001233.jpg

料理は前菜、スープ、野菜など、関係なくどんどん運ばれてきます。

 

 

R0001234.jpgR0001236.jpgR0001238.jpg

日本人の口に合わない、サンラータン。

こんなサンラータン初めて。

 

R0001239.jpg

一番無難な味

 

 

R0001240.jpg

ケチャップ味の酢鶏

 

R0001241.jpgR0001242.jpgR0001243.jpgR0001244.jpgR0001245.jpgR0001246.jpg

手を付ける暇もなく、どんどん料理が運ばれて、これだけ並んでしまう。圧倒されますよ。チャーハンと白飯。

 

 

R0001247.jpg最後に蒸し魚。

おかげで食べすぎずにすみました。

 


 

 

 

このページのトップへ

2019年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

R0001165.jpgR0001167.jpg

今日の夕食は上海蟹のフルコースです。本場で上海蟹は初めての体験。蟹好きというわけではないので、いままで本場で食べたいと思ったことはあまりありません。でも今回は楽しみ。セントラルホテルの中にあります。

 

 

R0001170.jpgR0001171.jpgR0001173.jpgR0001175.jpgR0001176.jpgR0001177.jpg

6品も前菜がずらっと出てきました。普通のゴマドレがかかったサラダなんていうものも。

最後のは蛸ではなくて、アヒルの舌らしい。

 

 

R0001179.jpg

フカヒレのスープ

 

R0001180.jpg

上海蟹の和え物。(10人分くらいです)蟹2匹分以上の蟹肉。

上品な味で美味しい。

 

 

R0001183.jpg

こちらも蟹肉スープ

 

R0001184.jpg

上品な小エビの蟹肉和え。

蟹肉ソースはどれも同じ味。

 

R0001185.jpg

ひいらぎ貝みたいなものとの和え物


 

R0001186.jpg

湯葉の揚げ物みたいなもの。

 

 

R0001187.jpg

野菜の上にも蟹肉が。蟹肉のせればいいってもの。

 

 

R0001188.jpg

炒飯。

上海蟹は・・・・

ご飯の後に出てくるんですか。

 

R0001190.jpg

蒸し揚げられた蟹たちの登場。

メスがよいかオスがいいか聞かれて、私はメスをチョイス

 

R0001191.jpg

メスの方がこぶり

 

R0001192.jpg

給仕スタッフが解体してくれてそれを頂きます。

蟹味噌も本場で味わいます。蟹肉はめんどくさいくらい取りにくい。


 

R0001193.jpg

胡麻ソース入りの白玉。

これめちゃくちゃうまい。普通の白玉に胡麻ソースが入っているのは日本では見たことない。

 

R0001194.jpgデザートの後に点心なのか。。。疑問。

 

上海蟹のフルコースは初めてだったのでよい思い出になりました。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2019年11月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

中国・上海へ2泊3日で視察に出かけました。工場や市場、スーパー等視察を行いましたが、2泊3日で朝食以外は中華。3日も中華ばかり食べるとうんざりでしたね。昼夜中華だけでも飽きますが。イタリアンとかフレンチなどを挟むと嬉しかったなぁ、団体行動ですので文句は言えませんけど。

到着した昼食は、上海航空酒店という空港すぐ近くのホテルの中華にて。福岡出発がともあろうに1時間半も出発が遅れ・・・

 

R0001148.jpg

バドワイザー シュープリームというワインのようなボトルに入ったお洒落なビール。飲んでいませんが、薄いらしい。

 

R0001150.jpg

ほとんど料理の撮影のみですけど

コース料理だったのですが食材を食べてからしか料理がわからず、

味にもさほど感動しなく

 

R0001151.jpgR0001152.jpgR0001154.jpgR0001157.jpgR0001158.jpg

シンガポールラクサのようなエスニック麺料理

 

R0001159.jpg

普通の野菜炒めがシンプルで美味しいし

 

 

R0001160.jpgR0001161.jpgふーんと言った感じの1食目となりました。

 

 

このページのトップへ

2019年11月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001134.jpg

久しぶりに来ましたよ、1年半以上ぶりでしょうか。うなぎの本丸さん。昨年の4月から高騰して今年の10月からは消費税アップ。価格はどうなっているのでしょうか。こちらは慈恵会病院がすぐそばなので、診察が終わった人とか結構高齢方のお客さんも目立ちます。栄養ある鰻を食べて元気になりましょう。

 

 

R0001137.jpg

上うな重は 2800円から昨年4月に3400円になって、今回10月から3500円に。

信長丼も食べたいですが、今日は頼んだことない うな丼 2300円にします。チケットを買う方式からテーブルで注文する方式に変わっていました。

 

 

R0001139.jpg

来ました。

綺麗な鰻ですね、さすが本丸さん。そしてスタンダードで肝吸い。

 

R0001142.jpg

香物は大好きな色鮮やかな三点盛り(大根、ニンジン、きゅうり)

この3点に勝つ盛りはないね。


R0001144.jpg

熱い肝吸い。味は比較的薄めだと。

 

 

R0001145.jpg

この量で充分だと思って食べだすと、美味しいふっくらした鰻が美味しいから食べ終わる頃にはもっと食べたくなる。上うな重にしたほうがよいのか。でも値段は1.5倍もする。

 

 

R0001146.jpg

タレとのコンビネーションが良い。満足です。

 

うなぎ 本丸(3) 港区西新橋 創業180有余年 鰻高騰

うなぎ 本丸(2) 港区西新橋 丑の日の前

うなぎ 本丸 港区西新橋 創業180有余年

 

食べログ(掲載時点 3.67)

このページのトップへ

2019年11月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1335.jpg

倉敷に来ました。倉敷は2度目です、岡山県第二の都市、中国地方でも第三の都市です。倉敷美観地区という大原美術館だの、水路として使われた運河沿いの白壁やアイビースクエア(倉敷紡績跡)など見どころの多い地区です。

倉敷・児島といえば国産ジーンズの聖地ですね、今回予定外でここのジーンズを2本買っちゃいました。グラフゼロ

美観地区にお店が2軒あります。それはよいとして

 

 

R0001111.jpg

食事の場所はこちらを選びました。八軒蔵

寛政8年(1796年)に建築された重要文化財「大橋家住宅」の米蔵を改装したフレンチレストラン。美観地区からすぐ近く。倉敷ロイヤルアートホテル内にあります。蔵を改造したフレンチレストランなんてグっと来ますよね。


 

R0001114.jpg

隣にあるのが大橋家の本体。ホームページを見ると歴史といい、名家だったことがうかがい知れますね。

 

 

R0001115.jpg

店内はシックで落ち着いた雰囲気。フレンチをいただくのによい空間ですね、1階と2階で約50名収容可能。天井が高い空間も落ち着きます。

 

 

R0001117.jpg

瀬戸内名産の魚介を使ったサラダ。いきなりこのコンビネーションに驚かせられ、トリュフもいくらも、なかなかうまいぜ。

 

 

R0001120.jpg

魚(なにか完全に忘れました)

 

R0001123.jpg

スープ

 

R0001124.jpg

オマール海老のハーフ

濃厚な味なんだけどなかなか美味しい。


 

R0001126.jpg

CARL JUNG カールユング

DE-ALCHOHOL ノンアルコール赤ワインです。1本800円くらいです、味はぶどうジュースですよ。雰囲気です、雰囲気。

 

 

R0001127.jpg

お口直し

 

R0001130.jpg

牛肉のフォアグラ巻き

 

 

R0001132.jpgデザート。


オマール海老までは値段の割にかなり良いスペックを提供するなぁ、と感激していました。お肉とデザートは。今日は皆さん1品目が印象に残ったと言っていました。倉敷の雰囲気ある場所でこの料理。よいのではないですか。


食べログ(掲載時点 3.47)

 

ホームページ

このページのトップへ

2019年11月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

しばらく記事を書いていなかったので、だいぶたまってしまいました。気が向いた時(時間が少し出来た時)にぼちぼちと書いていきます。

 

R0001102.jpg

とある会合の70周年の記念祝賀会でホテル熊本テルサさんに。この日をはさんで東海・関東方面へ大きな台風が近づいており来場を見送られた方も数名。本当に9、10月の行事って台風が来るため影響する時がありますね。

 

 

R0001099.jpg

オードブルの盛り合わせ。

スパークリングワインと飲んだら美味しそうなのですが、禁酒中のためノンアルコールビール。



R0001101.jpg

秋野菜のポタージュ

秋野菜としか書いてなかったので、かぼちゃベースまではわかりますが他に何が入っているか、疑問でした。

 

 

R0001103.jpg

天草産真鯛と海老のポワレ

 

 

R0001105.jpg

レモンのグラニテ

 

R0001106.jpg

牛フィレ肉の網焼き 赤ワインソース

 

 

R0001108.jpgパンナコッタとマロンクリームなどデザートです

 

ほとんど写真だけでした。では次の作成に移ります。

このページのトップへ

2019年10月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001093.jpg

大分では鰻を食べたことがないので、今日は鰻屋さんを紹介していただきました。大分駅から車で10分ちょっとでしょうか、うなぎ割烹八つ瀬さん、大分ではレベルが高いとのことです。そして関東風の蒸した鰻が食べれるということです。

店内はテーブル席と座敷の個室。個室は掘りごたつではなかったので、テーブル席を選びましたがお店の人がいうように「エアコンの風がきつかった」です。

 

 

R0001081.jpg

うなぎ1匹のハーフサイズのうな丼 2220円と1匹のうな重 3590円。

それぞれ10%の税込ですから、2000円と3250円くらいですね、だいたい。

そんなに高い感じではないと。

 

R0001083.jpg

うざくなどもありますね、う巻があったら頼んでましたね。

 

 

R0001082.jpg

昭和52年創業、そして鰻は九州産、米は新潟コシヒカリ。

かなり期待できるスペックのうな丼(重)ですね。

 

R0001085.jpg

私は今日は丼。

最初の感想、ご飯たっぷりじゃないの。あ、うなぎが少ないから白いスペースが多くご飯が多く感じるだけかも。でも結構入ってそうよ。

 

R0001090.jpg

これだけ肉厚の鰻だから、貧弱な感じは全然しない。

タレも甘―って感じではなく、うなぎとのバランスがいいタレだこと。ご飯にかかっているタレは少な目なので自分で好きなだけタレを入れて調整できるところもよいですね。香物・肝吸い付


 

R0001092.jpg

照りの具合といい、焼き(外は少しカリッと、中はふわっと)も良し、さすが人気店ですね。そしてご飯の固さもべちょ系ではなく私の好み。

 

 

R0001086.jpg

こちらはもう一方の、うな重、さすが鰻の量が多い。

 

 

R0001088.jpg今思い出しても美味しそうです。

うなぎは丼よりお重のほうが重箱の角があってやはり食べやすい。美味しかったです。

 

 

食べログ(掲載時点 3.39)

 

ホームページ

このページのトップへ

2019年10月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001071.jpg

大分に夜インしたので、2019年6月にオープンしたオーパに行ってみました。場所はトキハ百貨店の前、以前はフォーラスというファッションビルがありました。全く新しくはなっていますが、平日ということもあるのか、全体的にお客さんが少ない感じ。食関係が多いためなのかな。今日はここで軽く食べようと思っていたので、いくつか見てこちらのメキシカンに。

 

 

R0001068.jpg

そばには夜風が気持ちいオープンスペースも。いくつかの店舗のメニューを食べれるようです、最近お酒飲まないからカフェで夕食済ましたりするのも可能。

 

 

R0001069.jpg

メニュー色々あるかと思ったら少な目だったので、今日は軽く、これですね。

タコスプレート ドリンク付 1380円 タコス、サラダ、ポテト、チキン。

 

 

R0001070.jpg

おつまみメニューとかあります

 

R0001073.jpg

レモネードで

 

 

R0001076.jpg

到着。写真と違って立体感がないなぁと思いましたが。

トルティーヤ、ガーリックポテト、チキン、サラダ。

見た目と同じく分量は大したことありませんが、今日はそんなにお腹すいてません。

 

R0001077.jpg

野菜を食べて

 

R0001078.jpgサラダも付いてるし、チキンはスパイシーな味でした。

 

食べログ(掲載時点 3.02)

このページのトップへ

2019年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001050.jpg

高田馬場、学生時代を過ごした懐かしい場所です。最近の馬場はラーメン・カレー・とんかつといった食べ物の美味しいお店が多いので、今日はカレーから選択。いまいる場所に近いこちらの「横浜ボンベイ 高田馬場店」に。JR高田馬場からも数分の場所。横浜ボンベイの関連ですね、色々ないきさつはあるようですが。そして系列的には1956(昭和31)年に創業した「デリー」(上野)にいきつくようです。

 

 

R0001053.jpg

10月は消費増税の影響なしか。

 

 

R0001054.jpg黒板メニューでは こちらの1番人気は ボンベイカレー。

 

 

R0001058.jpg

店内は20席弱の空間。

 

 

R0001052.jpg

(クリック拡大、戻る)

ボンベイカレーとカシミールカレーの両方を味わえるよく張りバージョンもありますが、ここは素直にボンベイカレーに。辛さマークも2つなので、ビビる必要もなさそうです。

玉ねぎの甘さとスパイスのポテンシャルを最大限引き出した、まさに至福のひと皿。感動と衝撃のカレー体験をお届けしましょう!ってすごく楽しみなるキャッチコピーじゃないですか。

 

 

R0001057.jpg

トッピング。パクチーも気になるが、ここはボンベイタマゴ

 

 

R0001060.jpg

玉ねぎスライス(酢)とボンベイタマゴ

 

 

R0001061.jpg

カレー継ぎ足しで作っているらしい。温めるだけでしょうか、出てくるのは早かったです。

ライスは普通。綺麗に薄型台形に盛られていますね。

 

 

R0001063.jpg

チキン3個。表面は激辛に見えますが、コク旨です。下の方には玉ねぎの旨さがギュッと詰まって沈んでいます。サラサラ。複雑な味がからみあいますね。美味しいですね。

 

 

R0001065.jpgご飯は固め。固めなのでこのサラサラスープとの相性が良いですね。スープカレーを頂いている感じです。

ご飯は完食できませんでしたが、スープは完食。

他のメニューでも三元豚のポークカレーとか美味しそう。

 

食べログ(掲載時点 3.67)

 

 

 

このページのトップへ

2019年10月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001037.jpg

東京に夜到着。品川近辺でディナーをすませようと、お肉が食べたかったので超久しぶりにアウトバックステーキハウスへ。品川駅正面の坂途中にあるのは知っていたのですが、初めて訪問。平日ですし席キャパがなんと320席もあるので予約なしに訪問。

 

 

R0001038.jpg

週末のプライムリブもよいなぁ。

こちらはアメリカナンバーワンステーキハウスで店内はオーストラリア開拓の雰囲気。ラグビーワールドカップとかやっているので外国の方が多いだろうなぁと推測。

 

R0001042.jpg

なんとも広大は空間があり驚きました。地下にいる雰囲気がしない。外国人の方も多いのですが、日本の団体さんも結構いますね。コース料理もあるし。こちらは皆で少しづつシェアする食べ方がよいです。アメリカサイズなので、看板メニューにもなっているブルーミン・オニオン(花びらのような形)・チキンウィングなどシェアして。

 

 

 

R0001040.jpg

今日はシグネーチャ―ステーキから。

こちらには サイドアイテム(添え物)2品、カップスープorサラダ付。

アウトバックスペシャル200gの2720円から、アンガスリブアイ 280gの3900円まで。こちらは1人で食べれる分量ですね。どれにしようか考えて、ブラックアンガス(豪州産黒毛牛)のリブアイステーキに。柔らかいはず。

 

R0001041.jpg

焼き加減はミディアムレア

ソースは和風フィナデニと洋風デミグラスから、デミグラスを。でも結局塩コショーが一番美味しかった。

サイドアイテムは バターライス・コールスロー・温野菜・マッシュポテト・フライドポテト・ベイクドポテトから 温野菜とフライドポテトを選択

 

 

 

R0001044.jpg

本日のスープ・シーザーサラダ・ハウスサラダからシーザーサラダをチョイス。レタスを使ったシーザーサラダは美味しいです。

 

 

R0001048.jpg

小さく見えますが、そうでもない。

鉄板の上のステーキ(いきなりステーキ)が多いので、たまにはお皿の上のステーキも良いですね。油とかはねないし。

 

 

R0001047.jpg

パンも食べず、ポテトも残しましたが280gのステーキとサラダでお腹いっぱいになりました。肉質は柔らかく、ジューシーでした。プライムリブを食べたいなぁ、プライムリブといえばダイエー系列のビクトリアステーション。今となっては食べれない栄枯盛衰の外食産業のなつかしい味。

 

食べログ(掲載時点 3.42)

 

 

このページのトップへ

2019年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001017.jpg

福岡県柳川に宿泊をしました。どちらで夕食を食べようかと考え、どこでも食べれるものはあるけれど、やはり「せいろ蒸し」でしょう。ということでやってきました、うなぎのせいろ蒸しの元祖といわれる、本吉屋さん。西鉄柳川駅から車で5分くらいでしょうか。柳川では御花に近い「若松屋」さんには何度か行ったことがありますが、こちらは初めて。

なんと創業300年以上!


まるで歴史ある旅館か、旅亭のような趣き。旅の途中に訪れたらテンションあがりますね。

 

R0001020.jpg

夜は炭水化物控えめにしていて、鰻を食べることは少ないのですが今日はそうは言ってられませんね。

 

 

R0001021.jpg

柳川にはうなぎのお店がたーくさんありますが、高級な部類に入ります。(推測ですがあたっているでしょう)

特せいろ蒸し(きも吸・香物付) 4100円

 

 

R0001022.jpg

う巻とかはないんだ、つまみをいただこうと思いましたがノンアルコールビールなのでやめておきました。


 

R0001023.jpg

大広間。仕切ってあります。

約25分待ったでしょうか。

蒸したりしているので、時間はかかりますが本当にお腹がすいた。

 

 

R0001024.jpg

到着しました。やっと食べれます。

相当熱気が出てているので、熱いぞ。

 

R0001026.jpg

うなぎのテリがものすごい。

錦糸卵は幅広薄タイプ。

 

R0001028.jpg

照りがすごいし、甘ーいタレかと思ったらそうでもありません。江戸時代から継ぎ足しして使われているタレ。そして鰻はやわらかい。蒸してあるので。

 

 

R0001029.jpg

熱い肝吸い。

 

 

R0001031.jpg

せいろ蒸しはご飯にもちゃんと味がついているので、もうそれだけでも食べれます。

鰻はそんなに量がなくても大丈夫。蒸し箱に入れて蒸してあるから、ほんとうに熱い。



R0001032.jpg

結構なご飯の量ですが、味がまんべんなくついており、どんどん食べすすめる。


 

R0001033.jpg特せいろ蒸しとフツーの違い(差額400円)は ご飯の間にうなぎが1切れ入っていること。

隠してあるよう。


完食。


消費税10%で 合計5060円。

 

食べログ(掲載時点 3.73)

旅ぐるたび

ホームページ

 

このページのトップへ

2019年10月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

会合があり、ホテルニューオータニ佐賀へ行きました。佐賀にニューオータニがあるのは知っていましたが初めてです、創業は昭和51年ですから、創業43年になりますね。建物の構造なども年代は感じます、逆をいえばどっしりとした作りというか。

ホテルニューオータニ佐賀HP

 

R0001008.jpg今日はこちらで洋食を宴会場で頂きます。

 

R0001009.jpg

海の幸と彩りサラダのカクテル

佐賀海苔の風味豊かなドレッシングで

 

R0001011.jpg

茸のクリームスープ カプチーノ仕立て

結構濃厚でした

 

 

R0001013.jpg

磯の香りを纏った白身魚の蒸気蒸しとコンソメで煮込んだ武雄産青梗菜 佐賀味噌入り白ワインソースで

味噌のソースもまた濃厚風味だ

 

R0001014.jpg

特選牛ロース肉と彩り佐賀野菜のハーモニー マスタード香るデミソース

 

 

R0001015.jpg伊万里梨入りパンナ・コッタ

県産巨峰のジュレとミルクジェラート添え

 

わけあって禁酒しているのですが、ワイン飲めないとやっぱり盛り上がらない感あります。TT



 

このページのトップへ

2019年10月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000986.jpg

毎年開催されている、メーカーさん取扱いの食材を使用したフランス料理の会食会。ワインも美味しく楽しみにしています。

美食家のアミューズブッシュ

喜鮪の中トロのミ・キュイ アロマート野菜 バジルとマンゴーのクーリ


R0000990.jpg

写真の発色が悪いのですが、見た目に華やかな

黒瀬ぶりのタルタル エシャロットとごま風味 大根のカネロニ仕立て

博多なすのキャビア 彩野菜


 

R0000992.jpg

マッシュルームとオニオンのヴルーテスープ 椎茸を浮かべて

めちゃくちゃ濃厚なスープ



R0000994.jpg

海老の組体操みたいな料理が出てきました。

白姫えびのポワレ トマトのピストゥ サフランリゾット パプリカソース


R0000997.jpg

ルビーグレープフルーツのシャーベット

 

メインの牛フィレ肉を撮るのを忘れる。

 

R0001000.jpg

ガトーオペラ

 

R0000984.jpg

シャンパンはボランジェ

 

R0000989.jpg

白はブルゴーニュ ドメーヌ・ジョセフ・ロティ

 

R0000998.jpgALBERT BICHOT GEVREY CHAMBERTIN LA CUVEE DU GENERAL LEGRAND 2012

アルベール・ビショー ジュヴレ・シャンベルタン ラ・キュヴェ・ドゥ・ジェネラル・ルグラン 2012

 


このページのトップへ

2019年10月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000968.jpg

熊本ホテルキャッスルさんで会食会がありました。フランス料理です。こちらのホテルには11Fにトゥール・ド・シャトーという名前のフランス料理店があるほど、洋食・中華については特に評価の高いホテルです。

 

1皿目は鮑のコンフィ 海苔のソース ポワロ葱のフリット添え

 

R0000969.jpg

ズワイ蟹 烏賊を詰めたズッキーニのシャルロット キャビア添え トマトスープ仕立て

中には蟹肉がたっぷり入っていて、ゼリー状のトマトスープとの相性もさっぱりしています。


 

R0000972.jpg

コンソメスープ マッシュルームとタピオカ

濃厚なコンソメスープの底の方になんと今流行中のタピオカが入っています。スプーンでタピオカを、もちもちしています。

 

 

R0000975.jpg

オマール海老のムースと鱸(すずき)のグラチネ ソースナンティア

 

 

R0000977.jpg

洋梨のグラニテ

 

 

R0000978.jpg

国産牛ロース肉のグリエ フォアグラ添え 赤ワインソース

 

 

R0000980.jpg

ガトーオペラ グランマルニエのアイスと共に

 

スパークリングワインの後には 白ワイン

R0000965.jpg

ルイジャドのブルゴーニュ 白 シャルドネ 2015

 

 

R0000966.jpg

サン ヴェラン ジャック&ナタリー ソメーズ 2014
Saint Veran Jacques & Nathalie Saumaize

フランス・ブルゴーニュ・マコネ・サン ヴェラン



R0000963.jpg

赤は パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトーマルゴー 2004 1級ワインシャトーマルゴーのセカンド。熊本のリカーショップで相場より大分安いのを見つけましたので今回お持込みさせていただきました。


 

R0000976.jpg

2004、いま飲みごろです。美味しかったです。

 


 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年10月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダムカレーって知ってますか。

テレビなどで見て知っている方もいると思います。ご飯でルーをせき止めているような感じのカレーです。家でカレー食べるとき私も最近ダムにします。黒部ダムカレーなど有名ですが、熊本にもあるんですよ。

 

その前に 日本ダムカレー協会というものが存在するんです。

 

DAM1.jpg地震から18ホール復活営業された、阿蘇東急ゴルフクラブのレストランにあるのが立野ダムカレー 1080円(ドリンクバー付)

カツカレーバージョンもあります。

ハーブ・野菜で北向き山原生林を、牛蒡とレンコンをチップにして木を、また、土や柱状節理を鶏肉などでイメージしました。

立野ダムカレーのページ

 

 

DAM2.jpgダムカレーをゴルフ場で食べるのは初めてですね。

静かな水面のように結構ルーをたくわえたダムですね。


食べ方はダムカレーを食べる方式のA (ご飯のど真ん中を決壊させる) B(端っこを決壊させる) C (決壊させずに食べる。)(どれも勝手に私が考えたものですが)

どれで食べても味は変わらないでしょうけど。

 

ダムカレー美味しいです。結構ボリュームがありました。

 

 

阿蘇東急ゴルフクラブ

立野ダム


 

このページのトップへ

2019年9月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

白川のそばのグリルクドウさん

グリルクドウとヤフーで検索するとダイニングエクスプレスのブログはかなり上の方に。いままで3回掲載しています。お店の方も知ってらっしゃいました。

 

素敵なレストランが グリルクドウ GRILL KUDOH 熊本市九品寺

白川を望むレストラン グリル クドウ(2) 熊本市九品寺

テラス席が気持ちよい グリルクドウ(3) 熊本市九品寺

 

今日は4回目ですね。会合だったのですがコース料理でした。

 

250.jpg251.jpg252.jpg

 

253.jpg255.jpg256.jpg257.jpg

デザートは恒例のクレームブリュレのアイス載せ。飲み物はひたすらワイン。ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.31)

 

このページのトップへ

2019年9月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000839.jpg

札幌にあるフランス料理 モリエールさんを訪問しました。モリエールといえば現時点で日本のミシュランでわずか4店舗しかない三つ星のフランス料理店の一つ。東京のジュエル・ロブション、カンテサンス、ロオジエ(最近2つ星から昇格)、そして北海道のモリエール。念願かなっての訪問。


実は昨年9月に訪問する予定だったのですが、当日朝北海道地震が発生し訪問がかないませんでした。モリエールさんは観光客にも人気が高く、なかなか予約がとりずらいお店です。

 

R0000841.jpg

モリエールは丸山公園を前にするマンションの1階にあります。中道博シェフはメディアなどで有名です。


R0000843.jpg

30席の室内は上品で落ち着いた空間が広がっています。スタッフの方も丁寧な方が多いこと。ワインを選んだりしていますが、ワインの品数は思ったより少な目でした。こちらではワインより料理を重点的にいきましょう。

 

料理編

R0000849.jpg

とうもろこしのタルト

熱々の生地にクリーミーなとうもろこしペーストがはいったもので、手でいただきます。

 

 

R0000851.jpg

とうもろこしのガスパッチョ

ゴールドラッシュの粒がエッジが効いてフレッシュすぎて旨いなぁ

 

 

R0000855.jpg

椎茸 山わさび

天ぷらにしてある椎茸に 山わさび。この暖かい椎茸の食感。もう幸せ感。

 

 

R0000862.jpg

見た目にも最高な季節野菜 20種類が盛られていて

単なる冷たいサラダとは違う、絶妙な温度帯の組み合わせのサラダ。なんという、いままで食べたフレンチのサラダでトップレベルですね確実に。


 

 

R0000864.jpg

フォアグラ 舞茸

 

 

R0000865.jpg

回転させてみます。フォアグラとトリュフ、これも絶妙な熱加減であり味のコンビネーション。素晴しすぎます

 

 

R0000875.jpg

魚はあいなめとリゾット。

あいなめは超高級魚。このソースなんだろう魚の味をすごく引き出す。


 

R0000879.jpg

口直しのソルベから

 

 

R0000880.jpg

十勝牛

火加減すごいですね

 

R0000881.jpg

かぶと付け合せはポテトグラタン

 

R0000884.jpg

グラタンだけ別に運ばれるサービス。

 

R0000893.jpg

超ふわふわのドーナツは

そのまま食べても美味しいし、

 

R0000890.jpg

胡椒が振り掛けられたミルクアイスとコンビネーション。

数年ぶりにドーナッツ食べました。

 

 

R0000894.jpg

ほおづきなどフレッシュフルーツ

 

R0000895.jpg

エスプレッソで締め

最初は料理のペースはかなり早く感じます。2時間と少しで終了。

3時間オーバーとかならないあたり、だれない感じがしてよいですね。

 

飲み物編

R0000845.jpg

シャンパンはグラスで

ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ


 

R0000859.jpg

白は 2008 Beaune 1er Cru Marconnets

ボーヌプルミエクリュ マルコネ

 

 

R0000878.jpg

赤はブルゴーニュ Nuits Saint Georges 1er Cru Les Damodes

2012 ニュイサンジョルジュ プルミエクリュ レダモド

 

 

R0000888.jpgシャトー・カントグリル/ソーテルヌ Chateau Cantegril /Sauternes 2014 

今日の料理の後にはデザートワイン(甘口ワイン)(ソーテルヌ)をいただきたくなりました。

 

 

食べログ(掲載時点 4.29)

 

モリエール ホームページ

このページのトップへ

2019年9月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssR0000923.jpg

札幌でお寿司、3年ぶりですね。札幌でもフレンチとかスープカレーが多くなかなか鮨までは

今日はこのお店に小さい頃から来ているという方の予約でお邪魔しました。こちらは創業大正12年、4代続くお寿司屋さん。

丁度男子プロゴルフ、ANAオープンが札幌ゴルフクラブ輪厚で開催されているということもあり、多くの人が知るプロゴルファーもこのお店で食事をされていました。

 

 

R0000925s.jpg

我々7名は2回転目、カウンター席にて。

 

 

R0000930.jpg

おつまみ、お寿司のおまかせコースにて。

筋をとってある鮪はとろけるのです。

 

R0000931.jpg

ちょっとで脂がじわっと。

 

 

R0000932.jpg

もちろん、いくらです

いくらするのでしょうか。

 

R0000935.jpg

牡丹海老のわた

 

 

R0000938.jpg

 

 

R0000933.jpg

井戸水は菊鮨オリジナルの日本酒 ボトル4,000円。

ワインでなくお寿司やさんで 日本酒飲んでいるうちはリーズナブル。

 

 

R0000934.jpg

飲みやすい

 

R0000941.jpg

さばいたばかりの牡丹海老を。

とろける海老ですね。

 

R0000942.jpg

あわびと、貝

 

R0000944.jpg

これも海老ですが、牡丹海老ですかね、忘れました。

 

 

R0000945.jpg

土瓶蒸し

 

R0000946.jpg

雲丹入りの土瓶蒸しははじめてかも。

 

 

R0000947.jpg

さばいたばかりのイカ。

これは酒のあてに、最高にうまいですね。

 

R0000949.jpg

うにの塩分だけで十分ですね。うにの直盛り。

 

 

R0000950.jpg

あなご

 

R0000951.jpg

まぐろ 普通の順番とは違うんですね。


 

R0000954.jpg

とろたく、一応コース終了。結構飲みましたのでお腹一杯です

 

R0000955.jpg

そばの人の頼んだ、しめ鯖

 

この時期ですが、夜はだいぶ冷えてきます。

 

食べログ(掲載時点 3.65)

菊鮨 ホームページ

このページのトップへ

2019年9月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

札幌に、いやー涼しいですね。九州は9月になっても極暑。

札幌は最高気温20度から25度の間。もう一番気持ちがいいシーズン。

今日は札幌の経営者の方と熊本の経営者の方の懇親会でこちらへ。

 

R0000896.jpg

すすきののど中心、ニッカウイスキの看板の真向かいにある、1階がマクドナルドのビルの8階。オイスターアンドステーキハウス ES。こちらは札幌でいくつか飲食店をされているグループ。

 

 

R0000898.jpg

早めに来てメニューチェックなどをしたいと思います

 

 

R0000899.jpg

オイスターバー的雰囲気。

 

 

R0000900.jpg

ステーキはいきなりステーキのようにg単位で頼めるシステム。もちろんコース料理などもあるんですが、16人で好きなものを食べていきます。週末とあってか相当な賑わい。グループ来客が多いようです。

 

 

R0000902.jpg

厚岸の生牡蠣。

 

R0000901.jpg

このメニュー表はいいね。写真が大きくて。

メニュー研究中に人が増えてきたので中止。

 

 

R0000903.jpg

丸いパン

 

R0000904.jpg

2500円でアルコール飲み放題。25種類のワインも含むというすごさ。しかもコロナビールも飲み放題に入っている。これは安いんじゃないですか。

 

 

R0000906.jpg

忘れもしないのですが2011年秋、会社の歓送迎会で生牡蠣に当たって以来、生は食べれません。あの胃をぐりぐりされるような痛みはもう味わいたくない。その時は私だけでなく10人くらいやられましたね。思い出す事件です。


 

R0000907.jpg

蒸し牡蠣も見てるだけ

 

 

R0000916.jpg

北海度で食べるものって何でも美味しく感じるわ

 

 

R0000917.jpg

海老の唐揚げだって旨い

 

 

R0000908.jpg

ミスジやイチボなど

赤身のお肉をオーダーして取り分けて頂きます。

 

 

R0000909.jpg

何グラムあるのかさっぱりわかりませんが。

 

 

R0000910.jpg

熱いうちのお肉の美味しいこと。

 

 

R0000914.jpg

こういうお肉は胃もたれしにくいんですよね。

飲み放題も安いのでいろいろ食べて一人6000円で収まりました。満足度は高いですね、ここ。

 

食べログ(掲載時点 3.26)

 

 

このページのトップへ

2019年9月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000802.jpg

ラ・パッションさんに訪問。金融機関主催のワイン会の打ち合わせをここで行います。無理を言ってワインも持込みさせていただきました。ラパッションさんはクラシクなフレンチ料理のお店。2000円、3500、5000、7500、10000円と色々ありますが、今日は上の方のグレードで。

 

R0000803.jpg

最近よくいくロカボックスのななめ前。セブンイレブンの近く。三年坂ビルの5Fです。

 

 

R0000809.jpg

前菜3種盛

生ハム、いちじくサラダ

スモークサーモン クリームチーズ

野菜のゼリー寄せ かに肉

シャンパンはバロンフィリップドロスチャイルドをあわせて。ムルソーの白を飲んで、

 

 

R0000815.jpg

フレッシュフォアグラには

シャンボールミュジニー DUJAC 2013(赤)をあわせ

 

 

R0000818.jpg

鯛には

 

R0000816.jpg

ボルドー白 ドメーヌ・ド・シュバリエ 2014を

 

 

R0000821.jpg

和牛を

 


R0000804.jpgシャンベルタン CLOS DE BEZE 2011

私の持ち込んだ ボルドー シャトー グリュオラローズ 2000

デザートいらないくらいワインをいただきました。


2年前もこちらで打合せを行いました。(その際のブログ

 

食べログ(掲載時点 3.00)


このページのトップへ

2019年9月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

間を空けずリピートしました。ロカボックス。

もちろんサラダです。


R0000791.jpg今日は4席あるカウンター席のひとつに座りました。

セブンイレブンの前でたばこを吸っている人とか、道を歩いている人と視線があうような気がする。2階なので視線はあわないんでしょうけどね。

 

R0000790.jpg店内はナチュラル調でやはりお客さんは女性が多い。

お一人さんの女性もカウンターがあるので入りやすい。

 

R0000793.jpgセットものにしないとスープは付かないそうなので、今日もバターコーヒーとのセットにする。

サラダは自家製ローストビーフのサラダ 880円  284Kcal

ドラゴンフルーツはブロッコリーに変えてもらって、ドレッシングはコブサラダドレッシング。

 

R0000796.jpg

ローストビーフとゆで玉子、ナッツも入っているので結構お腹もちは良さそうなサラダである。

 

 

R0000797.jpg

ドレッシングの量もたっぷり入っている。

 

 

R0000799.jpg

混ぜて食べることにします。

ローストビーフもたべがいがあるし、丁度いい分量に作られているサラダ。

私はこれ1つで十分。もう食べれません。

 

 

R0000801.jpg

今日はアイスにしてみたバターコーヒー。

実はこれが意外にお腹にたまるコーヒー、満腹感が更に増すというか 食事中に飲んでいると食事の中でも満腹中枢が刺激されてしまう。

バターコーヒーダイエット ってあるんですね、どうりでお腹もちがいい。普通のバターではないんですけど。


普通に買えるようになれば飲む頻度もあがりそうだが。

 

R0000827.jpgこちらは違う日の スパイシーシュリンプサラダ 930円 109Kcal

ミックスレタス、スパイスシュリンプ、パクチー、アボガド、赤タマネギ、トマト、パルメザンチーズにゆで玉子トッピング。

パクチーが効いてさわやかエスニック風サラダ。トマトを違うのに変えても良かったな。パクチー増量したらスパイスすぎるかな。

ドレッシングはサウザンアイランド。

バターコーヒーはもちろん。サラダ好きでお腹いっぱいローカロリーで〇。

 


このページのトップへ

2019年9月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000746.jpg

ブログに登場する機会が少ない小倉。今回小倉の台所、旦過市場を探索しました。

平日夕方は人もまばらですが、楽しそうに夕食後のスイーツを買い物されている近くにお住いのOLさんとか。

のんびりした雰囲気。

 

昭和レトロの街 新新旦過横丁へ。

看板の酒の絵がワインって、フツービールとか日本酒じゃないのか。ここにワインの香りがする。

 

 

 

R0000742.jpg

少し奥に入ると昭和レトロ。オシャレな感じのする居酒屋、飲食店とかバーとかカフェとか。もっと夜遅くなるとなんか怪しい雰囲気を醸しだしそうな。小倉昭和館というレトロな映画館があったり、タイムスリップゾーン。しかも似せて作ってあるわけではないからリアルゾーン。


新旦過横丁

R0000747.jpg

ビストロのお店をみつけました。えしぇ蔵。

ワイン好きならエシェゾーがフランス・ブルゴーニュの特級畑とわかります。

他にもお洒落居酒屋、フレンチなど惹かれるものもありましたが、ここにしてみます。

 

 

R0000749.jpg

コース 5000円 などコース料理でなくてもビストロ的使い方が出来そうです

 

 

R0000751.jpg

中に入ってみましょう

 

 

R0000752.jpg

1階は8席のL字型カウンター。席はゆっくりしています。

壁との距離が近くトイレに行くとき後ろが通りにくそう。2階はテーブル席です。

 

 

R0000753.jpg

一品500円のオードブルとかおつまみに適してそうですし、

 

 

R0000754.jpg

他にもメニューありますが、

シェアして色々食べるのも美味しそうですね。

 

 

R0000756.jpg

先ずはシュワシュワジュース の200mlミニボトルを。

価格の割には美味しいスペインのセグラ・ビューダス。

 

 

R0000759.jpg

お付きだしの生ハムがあう(切出し生ハムは美味しい)

 

 

R0000763.jpg

500円メニューからタコのグリーンペッパーマリネ

シュワシュワとあいますね。


 

R0000769.jpg

グラ白は レ・ロワヨー シャルドネ。ラングドックのワイン。

 

 

R0000764.jpg

フレッシュホワイトアスパラ ブルーチーズ煮 1000円

 

 

R0000770.jpg

濃厚なソースがまったりしていて、白ぶどうジュースにとても合います。

パンにこのソースをつけていただきたくなります。

 

 

R0000773.jpg

イベリコ豚のソテー 1800円

 

 

R0000775.jpg

こちらも味しっかり目のソテーでした。

プリプリしたイベリコの食感を楽しみながらいただきます。

 

滞在時間は短めでしたが、お腹いっぱいになりました。金曜とかこの周辺はどんな感じなんですかね、興味あります。

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2019年9月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000789.jpg

夜は居酒屋のお店に、昼カレー。マガリ(間借り)カレーとして有名だったお店が昨年秋に独立。サンテリアになったのは知っていたのですがなかなか訪問できず。車は近くのコインバーキングに止めましょう。

 

8月23日で営業終了、9月移転 マガリカレー 熊本市大江

 

やげん軟骨キーマカレー。とても美味しかった、2回しか食べていませんが。今日はそれを食べよう。お昼は12時オープン。なんと行列店に。カウンター10席のみ。5人目なので大丈夫。

 

 

 

R0000778.jpg

4のサンテリアプレート(あいがけカレー)が人気のようです。しかし今日はアチャールなどの副菜がないので1100円ですとのこと。それにしよう。


キーマカレーも入っているし。今日の気まぐれカレーは「スリランカカレー」相当カレー店としてのオーラが出ているね。夜はバーにもなっていてビールとかアルコールも飲めるようです。

 

 

R0000780.jpg

平日はドリンク・サラダ付。ラッシーは甘いのでアイスコーヒーで。

 

 

R0000781.jpg

カウンター越しにカレーを作る様子が見れて、まだかまだかとはイライラしません。

しかし久しぶりだなぁ。

左側のキーマカレーにスープ状のスリランカカレーのマリアージュ。これは素晴らしいのではないか。

スパイスカレー。

もう写真を撮っている場合ではありません。



 

R0000783.jpg

ナッツ 玉葱 レモン かいわれ

もう完全食欲をそそるカレー様ですね。


 

R0000786.jpg

チキン。

ルーがあると君はそれを引き立てる脇役でしかない。

 

 

R0000788.jpg

間借りカレー時代よりパワーアップしていると思いました。

これは素晴らしい。また来なくてはいけない。

スパイスカレーのマリアージュが楽しめるなんて、しかもサフランライスというのがとてもいい。

サンテリアさんの軟骨やげんキーマはいいですね。ルー大盛りにして食べたい。

 

ここの隣には私の好きなディッピンドッツのアイスクリームのお店があるんですよね。ディッピンしたいところでした。


 

食べログ(掲載時点 3.23)


 

 

 

このページのトップへ

2019年9月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000727.jpg

美味しいサラダをランチに食べれる専門店って熊本ではあまり知らなかったのですが、今年3月にオープンした「ロカボックス」に初めて来ました。あるのは知っていましたが、場所が。

場所は入江タクシーのそばのセブンイレブンのある四差路の反対側。出会い系オリエンタルラウンジの向かい側です。パスタ屋さんのそば。1階には店舗(席)はありません。


 

R0000726.jpg

サラダでお腹いっぱいになりましょう。

880円のサラダ

これだけで満足サラダ

入店。

 

R0000728.jpg

地元産の野菜を沢山使用されています。


 

R0000729.jpg店は2階。1階にもお洒落な空間になっていますが。荷物置き場として。

2階はテーブル席、カウンター席。ナチュラル調で清潔感ありますね。そして女性が多い。OLさんたちのランチの場ですね。やっぱりサラダできれいになりたい。

 

 

R0000730.jpg

自分で野菜をチョイスしていくカスタムサラダができるのです。トッピングは16種類の中から5つ、主菜を6つの中から1つ、ドレッシングも選ぶことができ600万通り以上の組み合わせになるというのですが、そんなの面倒くさいし美味しい組合せがわからない、という方のためにあらかじめ決められたメニューもありますね。


 

R0000732.jpg

肉系の低糖質セットメニューもありますが、たぶんサラダでお腹いっぱいになる。

 

 

R0000731.jpg

バターコーヒーが気になりますので、これも(セットで+350円)

サラダはグリルチキンシーザーサラダ

ミックスレタス・グリルチキン・ベビーリーフ・ブロッコリー・ゆでたまご・赤たまねぎ・パルメザン。

これで216Kcal。そんなに少ないのかい。


 

R0000733.jpg

見た目にも結構大きなボウルに入って出てきます。

手前からドレッシング・スープ・バターコーヒー


 

 

R0000734.jpg

ドレッシングはシーザーサラダドレッシング。

 

 

R0000736.jpg

チキンって少しばかりのトッピングかと思ったら、かなりのボリュームですね。ムネ肉ですので脂肪分も少ない。

 

 

R0000738.jpg

こんなビッグサラダをいただくのは久しぶり。

カロリーコントロールも兼ねて。

いや、結構おいしいです。色んな野菜がトッピングされているから単調にはなりませんね。チキン・たまごとかも入っているので、草だけ食べている感はありません。


リピーター用の少し安くなるチケットとかも販売しています。バターコーヒーも続けることで効用があるとか。



R0000739.jpg

全部食べたらかなりお腹一杯です。

それでも216Kcalってほんとうか。リピータになりそうだ、ここ。

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

ロカボックス(ホームページ)

 

 

 

このページのトップへ

2019年9月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000673.jpg

大分市内で江戸前寿司はここと決めています。アーケードにあるWAZAWAZAビルの1階奥にある「月の木」さん。オープンして10年目です。今回は2年ぶり3度目の訪問です。

 

 

R0000674.jpg

大将が通勤で使用するバイクが置いてあります。前回と同じです。お寿司やさんの入口というよりオシャレなバーという雰囲気。重量のある鉄製ドアを開けて中に入ると、8席のカウンター。今日は先客がいらっしゃったので撮影はできませんでしたが。


 

R0000676.jpg

いつも清潔感のある仕事場。

これだけ綺麗な空間があるから、素敵。カレンダーとか貼ってあるこてこてのお寿司やさんと違ってハイブリッドすぎる。しかもオープン10年。

 

R0000675.jpg

今日はビールの後は井戸水を

井戸水というのは日本酒。やっぱり寿司には井戸水が一番合う。

月替りの大吟醸から、酔鯨・鷹来屋と飲み進みます。

 

 

R0000682.jpg

お造りを

関サバ、いさき、たい、やりいか。

醤油・ポン酢・塩カボスで頂きます。

うーん、美味しい。関サバ滑らかで最高です。

 

R0000687.jpg

あての たらこワサビ漬け

日本酒が美味しい。


いよいよお寿司のスタートです。

 

R0000688.jpg

真鯛(腹側)

シャリは米酢に赤酢をプラスして、米の一粒のエッジのきいた仕上がりとなっている。決して小さくもなく大きくもない。シャリはお腹の空き具合で小さくも調整してくれる。

 

 

R0000689.jpg

やりいか

甘味がありますね。

お寿司屋さんでは他のお寿司屋さんの話はしにくいのですが、大将はお寿司やさんの食べ歩きが好きとのことで、色々と美味しいお店を教えていただきました。でもなかなか予約がとれないお店ばかりだそうです。。

 

R0000691.jpg

関サバ

こちらは大分の地の物にこだわって沢山使ってあります。大分はお魚美味しいですから。

 

R0000693.jpg

ミナミマグロ赤身 ヅケ

 

 

R0000696.jpg

ミナミマグロ 中トロ

うーん美味しいのでもう1貫行きたくなりますが。


 

R0000699.jpg

インターバルの茶碗蒸し。

この暖かさが胃にしみわたり、よく出しが出ている。すごく複雑な味。赤嶺さんから何の出しが聞きましたが忘れてしまいました。

 


 

R0000700.jpg

とりがい

 

 

R0000703.jpg

このしろ

こはだでなくコノシロってところがこだわりか。

 

 

R0000704.jpg

こだい

 

R0000707.jpg

車エビ

身の締り具合と甘味のバランスがいい。

 

R0000709.jpg

臼杵の赤うに

臼杵でうにってとれるんですね、甘くて新鮮なうに。海苔がパリパリな時に。

 

 

R0000710.jpg

濃厚な卵焼き

 

 

R0000713.jpg

フィナーレが近づきました。

穴子

やはり江戸前のお仕事。フワトロ穴子。醤油(タレ)の味がきつくなくグー。

 

R0000715.jpg

椎茸が入るとこが大分らしい椀物

量もこれくらいでとてもいい。

 

R0000716.jpg〆のかんぴょう。もう1個あったが食べてしまった。


久しぶりの月の木さん、大満足させていただきました。今回のミシュランでは星ではなくビブグルマンでしたが次回のミシュランでは星付になればよいですね。


月の木(寿司) 大分市 (1) 気に入りました

月の木(寿司) 大分市 (2)

月の木(寿司) (2)1 大分市でおまかせ握り

月の木(寿司) (2)2 大分市でおまかせ握り

 

食べログ(掲載時点 3.69)

このページのトップへ

2019年9月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000655.jpg

たまたまですがバルで最近飲むことが多くなっています。お客さんも居酒屋より雰囲気も良く気軽さが受けているのでしょう。今日はこちら、博多の中洲リバレインやホテルオークラから那珂川をはさんだ向かいにあるビルの1階にあるBAR VITA。天神にもお店があるようです。

 

 

R0000659.jpg

店内はテーブル席とカウンター席。ワインはカリフォルニアのロバート・モンダヴィのブランドを多く揃えているようです。ウッドブリッジという比較的リーズナブルなワインから色々と取り揃えてあります。

 

 

R0000657.jpg

カウンター席にて。外も人通りは少ないですからゆっくり。

 

 

R0000658.jpg

ワインメニュー表

 

R0000660.jpg

フードメニュー表

 

 

R0000661.jpg

スパークリングワインにて

お通し

 

 

R0000667.jpg

ハムとサラミの盛り合わせ 880円

前菜は生ハムだよね

 

R0000670.jpg

マッシュルームのアヒージョ 580円

300円台から800円台(中心価格は500円台)の料理が多いので気軽に食べ飲めるバルです。


 

R0000663.jpg

ロバートモンダヴィ シャルドネ 2017  880円

 

 

R0000671.jpgロバートモンダヴィ ナパバレー シャルドネ 2015

次へ行きます

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

ホームページ


 

このページのトップへ

2019年9月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000650.jpg

上通りを抜けてアーケードのない通りが、並木坂。熊本でも若者に人気のあるエリア。最近マイブームのサク飲み(チビ飲み)としてこちらに訪問。イタリア食堂 トリッパ、タウン誌などでここにあるのは知っていたが。

 

 

R0000631.jpg

美味しそうな料理の写真などが。

店内がよく見えないので1人で入るのをためらいそうになるが、「お一人様でもご利用しやすい雰囲気」と書いてあったので入ってみる。

 

 

R0000633.jpg

店の入り口付近(画像にはない)にカウンター席が数席あるが通りから見えてしまいそうなので、奥に入りました。右側が厨房。

 

 

R0000636.jpg

奥へいくと6人掛けテーブルが6席。お店の名前のトリッパって牛の胃袋。イタリア料理では煮込みが有名ですね。こちらは素材にこだわった料理が提供されているとか。

 

 

R0000637.jpg

色んなメニューがありましたが1人だと難しいですね。量もあるし

県産野菜のサラダと

 

R0000638.jpg

糸島豚ウデ肉のプロシュート アフミカート 780円の2品を頼みました。

あと 950円の白ワイン1杯


 

R0000639.jpg

今日のワインに乾杯

 

 

R0000641.jpg

なかなか美味しいサラダ

 

 

R0000646.jpg

見た目以上にボリュームがある

 

 

R0000642.jpg

これもボリュームがあった プロシュート

 

 

R0000647.jpg約10kgの豚肉を塩漬けして7時間も茹で上げたとのこと。

やわらかくてめちゃ美味しいですね。

これは美味しい。


今日はこの2皿でした。

ワインはまた違う場所で頂きました。

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

ホームページ

このページのトップへ

2019年9月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000609.jpg

今年の4月にオープンした3年坂にある、スープカレー専門店ごうやさんに。通るたびに気になってました。

ごうやというとゴーヤーチャンプルーなのですが、ごうやは鹿児島発のスープカレー店。

北海道じゃないのと思いきや、鹿児島3店舗に続く4店舗目。

 

 

R0000610.jpg

ツタヤと下通りの間。場所はとてもよいです。以前居酒屋ささのさんがあった時行ったことあります。地下にあるのでお客様の入り具合とか全くわからないです。

 

 

 

R0000611.jpg

入ってみましょう。

 

 

R0000612.jpg

狭い階段を下ります。(地階のお店はあまり得意ではないのです。閉所恐怖症なんでしょうか)

店内は結構なお客さんで写真撮影は出来ませんでした。女性のお一人様もちらほら。スープカレーは女性に人気なんですね、野菜プラスさらさらカレーでヘルシーメニューっぽいからでしょうか。

 

 

R0000613.jpg

北海道で見るスープカレーと同じです。

1070円から1440円まで14種類がラインアップ。

基本メニューたる やわらかチキン野菜 1180円にまいたけ 130円をトッピング。ご飯は小と中の間のサイズをお願いしました。175グラムですね、と店員さんから。はい175gでお願いします。

 

 

 

R0000615.jpg

トッピングの種類沢山。

色々入れてったら5000円くらいのスープカレーも出来上がりそう。


 

R0000614.jpg

食べ方も書いてあります。

 

 

R0000616.jpg

辛さは1から100まであるとか。

今日は4(やや辛口)。

100のうちの4って赤ちゃんレベルじゃないですか。

100番は失神って、おーこわ。。20番くらいはいけるかなぁ。31番以上はプラス50円て良心的な価格設定ですね。想像しただけで頭から火が出そうだ。

 

 

 

R0000617.jpg

来ました。

思ったより丼も大きく、私がいつも食べる麺無しラーメンのようですが、やっぱりスープカレーです。具材もゴロゴロ、しかもスープも沢山入っています。ご飯は175g。

これは期待感高まります。



R0000620.jpg

とりあえず色んな野菜が入ってます。舞茸トッピングして良かった。

 

 

R0000621.jpg

やわらかチキンレッグが1本。野菜もぶつぎり大がごろごろっと。

 

 

R0000627.jpg

肉もほろほろ、スープも想像以上に美味しいです、熊本でこれが食べれるならいいですね。ご飯メインではなく野菜スープとして食べる感覚がいいです。

こちらにはまた来てみます。

 

下通り近辺にはスープカレー専門店が2軒


イエロースパイス スープカレー 熊本 たそがれ東館

スープカレーは野菜 スパイスラボ(SPICE LABO)熊本市花畑町

 

参考になるブログ記事

ゴウヤホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.01)

 

美味しかったので、後日また来てみました。今日は やわらかポーク角煮1090円+まいたけ130円税込1220円。辛さは辛口レベルの7、ご飯はノーマル。

R0000722.jpgやわらか角煮がごろごろと入っていて美味しい。野菜の量もこれだけあれば十分。前回気が付かなかったがコーヒー(アイスホット)が無料でセルフサービスになっている。今日はほとんど女性のお客さんでした。

 


 

 

 

このページのトップへ

2019年9月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000510.jpg

かなりブランクがあきました。江越にあるフランス食堂 ル・ブリアンさんに夜訪問。

最近暑すぎて昼間に水分摂取量が多いので、夜も冬に比べてお腹がすかない。

 

 

R0000513.jpg

今日は2名で訪問。

 

 

R0000512.jpg

アラカルトをつまみながら、ワインを飲もうという。

 

 

R0000514.jpg

生ハムやシャルキュトリーを白ワインを飲む、これがいいだろう。

 

 

R0000515.jpg

オンリストされているワインでは無難な、ルイジャドのブルゴーニュ白。ルイジャドのワインは1本10万円クラスのも2千円クラスのものも、書いてある文字が違うくらいだから面白い。安価なワインも高級に感じようと思えば感じる。

 

 

R0000520.jpg

阿蘇自然豚の生ハム 700円

いちじくと桃。


R0000518.jpg

パテドカンパーニュ 1200円

分厚く結構なボリュームがこれだけでもある。岩塩がキリッと聞いて旨みを引き出す。


 

R0000523.jpg

にんにくと香草風味のポテト 800円

 

 

R0000524.jpg

本日のスープ かぼちゃ 600円

 

 

R0000525.jpg

本日のお魚料理 1700円 いさき

 

 

R0000526.jpgクレームブリュレ

 


 

フランス食堂 ル・ブリアン 熊本市江越 チョイスランチ

南区江越 フランス食堂 ル ブリアン コスパ最高!

熊本市南区江越 ルブリアン ついに一日5食の限定ビストロカレーを食す!

アラカルトで気軽に頼めるのが嬉しいビストロ ルブリアン 熊本市江越

 

食べログ(掲載時点 3.10)

 

 

 

このページのトップへ

2019年9月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1128.jpg

「立ち飲み」のフォーマットとしては おっさん臭い、角打ち(酒屋の角で飲む)、ガード下、酔っ払い、ホッピー、疲れる、といったことになるのでしょうが、令和時代となり、この時代は「立ち飲み」が全国的に熱くなってきてきています。

地方では土地が安いためか「なんで立って飲まなくちゃいけないんだ」となりますし、「立ち飲み行こうぜー」とはならないのですが、ここ5,6年特に東京を中心に立ち飲み文化隆盛中。熊本でも立ち飲み屋は沢山ありますが、行ったことはありません。

 

 

気軽に立って飲むことから、「隣の人や知らない人とも会話できる、いわば出会いの場」としてもアツいのです。立ち飲みにも飲み物中心のバー的なものもあれば、食事ができるところももちろんあります。お一人様として楽しめるのが立ち飲み。ウィキペディアによれば北九州が立ち飲み発祥とか。恵比寿がアツイとも書いてあります。

 {一方で、恵比寿界隈などでは女性が一人で入れるお洒落な店構え、多国籍な客で賑わう空間など、従来の角打ちとはイメージが変わった新しいタイプの立ち飲み屋が人気である。}

 


 

IMG_1126.jpg

2015年オープンになる、恵比寿駅からすぐ近くの喜久やさんに初めて訪問。2軒目ですから軽く行きます。立ち飲み天ぷらバルです。約40席ですね。女性でも入りやすいお洒落なお店です。中を見たところ、女性だけ・男性だけの組、カップル色々です。結構混んでます。


中央に揚げる場所があり、周りをカウンターが取り囲んでいます。天ぷらというと油ギッシュなイメージですが、そうではなくワインバー的お洒落な雰囲気。


 

 

IMG_1127.jpg

天ぷらもスダンダードなものから、色々。

変わりダネのパクチーの天ぷらとかあります。自家製ポテサラ(380円)を食べながら、揚げあがるのを待ちます。

<お品書き>

 

 

IMG_1125.jpg

豆腐の揚げ出し 380円

海老天 1本 300円

大根 230円

白ワイン(カザルガルシア) 500円

 

恵比寿ビールといきたいところだが、白ワイン。天ぷらはポルトガルのフリットが発祥だからもともと洋酒との相性が良い。立ち飲み天ぷら、面白いスタイル。でも隣の人が1人でない限り、食べながら話しかけるというのは難しい。

 

IMG_1123.jpg

大根の上にとろろ昆布。外はカリ、中ジューシーでホクホク。

豆腐の揚げ出しが熱々で美味しい。

海老天はさすがにコスト的に。

1杯飲んで税込2257円。

 

喜久やさんは少しづつ店舗が増えてきています。

 

喜久や ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.46)

このページのトップへ

2019年8月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000597.jpg

最近記事ネタが連続することが多い吉野家とか。今日もてんまやさんで連続。

暑いのでそばを食べようと訪問。駐車場がそれほど多くないので、満杯だったらあきらめようかと。

大丈夫でした。

 

R0000598.jpg

以前はカレー屋をされていたところは蕎麦とカウンター焼鳥のお店にチェンジ。

 

 

R0000601.jpg

十割蕎麦を食べれるお店は熊本市内には意外と少ないもの。

 

 

 

 

R0000599.jpg

これ以外にもゴージャスなメニューがありますが、この8品から選択することにしよう。

前回は豚生姜焼きだったので、

 

R0000600.jpg

天然刺身付にします。

 

 

R0000602.jpg

そばは2玉

ご飯は小盛でお願いした。そこが見えるほど薄かった。

チキンの上にタルタルがどっかりと。


 

 

R0000604.jpg

チキン南蛮定食に

+380円増す

お腹具合とか南蛮定食で今日は十分だと思いました。

 

 

R0000603.jpg

普通の盛より少ないですが、私はYAさんと同じく2枚でも十分すぎます。

回りを見ると、おひとり様の女性とか皆さん3玉でした。すごいわ。ご飯も普通盛で。

どうりで・・

 

 

R0000607.jpg

かなりモリタル状態

 

 

R0000608.jpg

もう少し南蛮酢が効いているとハッピーなのです

 

次回は3玉いってみます。

 

十割そば 3枚まで無料 藁焼き てんまや 熊本(2)

 

リニューワルしてもボリューム〇 藁焼き てんまや 熊本

 

食べログ(掲載時点 3.40)

 

このページのトップへ

2019年8月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000580.jpg

品川は評価も高いインド料理が多いエリアだなぁと思って、今日はこちら、デヴィコーナーに。デヴィというと夫人しか思い浮かばないのは暑さにやられたわけではないが、皆さんと同じだと思う。

店の前で写真を撮っていたら、店員さんに空いてるぞと言われました。


スパイスカレーは好んで食べますが、インドカレーはナンと一緒に食べたいけど、ナン食べないので足が遠のきます。といってもダバ・インディアとか有名店にも行ってますが。

 

 

R0000582.jpg

インドワインとかあるのか。

 

 

R0000581.jpg

夜メニューも美味しそうなカレー沢山あるけど、何にしよ。

 

R0000595.jpg

店内はらせん階段を上がると2階にも多くの客席があります。

 

 

R0000596.jpg

今日は一番人気とおぼしき、Aセットにアイスティーにしておきます。ライスで。

隣のさわやかカップルのナンが美味しそうでした。

この後どこに行くかで相談中。いいね。

 

 

R0000590.jpg

チキンカレー、野菜カレー、サラダ。鉄の容器とスプーンがカチャカチャするのは好きではないけど。

サラダはインド的スパイシードレッシング。

比較的マイルドな味です。くせはそんなにない。


 

R0000592.jpg

ランチはあくまで普通のランチですね、

ここは夜メニューのカレーが豊富すぎます、たぶん相当うまいカレーもあるんでしょう、と思わせてくれます。

チキンカレーも辛さビンビンはこないですね

 

R0000593.jpgご飯の量が今日の私には多すぎで食べきれなかった。チキンはやわらかくて美味しかったです。

今度はどこかにビリヤニを食べに行こう。

 

食べログ(掲載時点 3.72)

 

 

このページのトップへ

2019年8月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000568.jpg

今年の土用丑の日あたりには鰻を食べていないのを思い出しました。珍しい。

すっかり13時をとうにオーバーしているので、こちらに訪問しました。俺のうなぎ 銀座店(旧店名 ときとう)

昼1度、夜1度訪問したので3度目ですね。

初めて訪問したのは丁度2年ほど前のこと。13時を過ぎているので行列はなかった。というかこんなに暑いのに外で並ぶの無理っしょ。

 

 

R0000579.jpg

奥能登産コシヒカリの米。

国産鰻。今回は養殖の三河一色産。

 

R0000570.jpg

前回よりあがっています。同じ値段だと思って来たんですけどね。

2700円が3300円に。600円もアップですか。

でも肝吸い・赤だしが400円が200円に。400円は高いけど。実質400円の値上げかな。

 

 

R0000571.jpg

銀座ときとう時代から使われているお重。

お客さんも少なくなり静かで涼しい場所で鰻が食べれるのは嬉しい。

 

 

R0000573.jpg

初めて食べた時より、ご飯が見えている。

鰻の量が少しばかり減ったのか。

 

 

R0000575.jpg

表面はかりっとしています。炙りうな重だし。

思ったより薄めの鰻ですが、面積はそこそこありますね。



R0000578.jpgご飯粒も比較的しっかり目。粒のエッジがきいています。

前回は普通を食べて「大盛りにすればよかった」と書いていました。今回もそう感じました、だいぶ前だったのですっかり忘れていました。

 

お昼ではなくお酒を飲みながら美味しいうな重を食べたいです。

俺のうなぎ 銀座 旧店名は銀座ときとう

食べログ(掲載時点 3.72) 前回より+0.09

このページのトップへ

2019年8月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000537.jpg

 前回は3月に訪問したローブ。今回は大人数の貸切でこちらをアレンジさせていただきました。色々とご注文を聞いてください有難うございました。私の好きなフレンチの一つです。ミシュラン1つ星を獲得されており、今橋シェフ、平瀬パティシエ、石田ソムリエ、そして新たに加わった山本マネージャーの相乗効果が発揮されたこれからも期待されるフレンチ。

 

 

R0000538.jpg

入店します。

今日は席のアレンジメントがいつもと違います。撮影はしていませんが、2列に並べて。

 

 

R0000540.jpg

ウェルカムジュースから。

生姜のジュースです。夏の暑さもさっぱりするようなさわやかなジンジャージュース。

 

 

R0000542.jpg

アミューズ

5種類のハーブのアイスクリーム マグロのコンフィとヨーグルトのタルト

ハーブのアイスクリームはさっぱりしてこれからの素晴らしい食事のスタートとなる。

 

 

 

R0000548.jpg

フォアグラ 玉蜀黍(とうもろこし) ジュランソン産フォアグラのテリーヌ スイートコーンとヤングコーン ヤングコーンのヒゲ コーンのクルトン 白ワインのジュレ 

夏らしい1品ですね、フォアグラのテリーヌとコーンの甘味がうまくマッチしてシャンパンとあいます。

 

 

R0000551.jpg

軍鶏 杏茸(ジロール)

川俣軍鶏コンフィのクロケット ジロール茸 杏のジュレ

これはソースの使い方がよいですね。さっぱりしたクロケットにあう。

 

 

R0000553.jpg

鮎 アーモンド  鮎骨と尾のフリット 魚出汁のソース パセリとレモンの香り

鮎があまり好きでない私もこれは美味しかった。なんという美味しいだし汁。アーモンドと一緒にしてこの味わい。

 

 

 

R0000557.jpg

土佐あかうし 李

グレードアップメニュー。熊本の赤牛はよく食べますが、土佐。

 

 

R0000559.jpg

火入れ状態といい量といい最高です

 

 

R0000561.jpgカカオ ペルー産カカオ ペルー産バナナのアイスクリーム カカオバターとカカオムース 

これだけふんだんなチョコレート。もう私のテイストにばっちり。

 

 

R0000563.jpg

そして、宝石箱。

ホワイトチョコレート

中には美味しい3種類。忘れてしまいましたが、いいんです。美味しいから。

 

R0000564.jpg

一人3個ずつ。

コーヒーも本当に美味しい。

 

 

R0000539.jpg

シャンパンは ラルマンディエ・ベルニエ ラティテュード ヴェルテュ ブラン・ド・ブラン NV

Latitude Vertus Blanc de Blancs NV

 

 

R0000549.jpg

パスカル エ ローラン ボルジョ シャサーニュ モンラッシェ V.V. 白 2017

 

R0000556.jpg

CH.BRANAIRE DUCRU

シャトー・ブラネール・デュクリュ 2013 サンジュリアンボルドー4級

 

 

今日も本当に素晴らしい料理をいただきました。

 

気に入りフレンチ Restaurant L'aube (ローブ)(3)東京・赤羽橋

Restaurant L'aube (ローブ)(1) 東京・赤羽橋 芸術性ある料理に感動

Restaurant L'aube (ローブ)(2) 東京・赤羽橋 芸術性ある料理に感動

 

食べログ(掲載時点 3.94)

このページのトップへ

2019年8月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000528.jpg

激暑なのでアジア料理が食べたくなります。ということで芝大門にあるタイ国専門食堂に。前回訪問時からはそんなに日が空いていません。OLさんたちに大人気の食堂なので、12時前でも店に入れない。

 

 

R0000529.jpg

今日はパッタイにします。3回目の訪問で初めてです。

パクチー盛 100円を添えて。

 

R0000530.jpg

ピンボケしているので小さいけど。

 

 

R0000534.jpg

もやしなど野菜がもりもりのパッタイ。えびは2匹

かなり野菜が多くよいのですが、麺が少ない感じ。もう少し麺が食べたい。


 

 

R0000533.jpgパクチー盛


さわやかなパッタイ。

OLさんにはガパオガイ 800円が一番人気のようでした。

 

タイ国専門食堂 芝公園 カオマンガイ20食限定だし。

 

タイ国専門食堂 クェイティオ・ナーム 芝大門

 

食べログ(掲載時点 3.60)

このページのトップへ

2019年8月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

編集長も吉野家行くんですか、たまに行きますよ。他の牛丼系はあまり行きませんが。6月はスタンプカードで吉野家の茶碗をもらうために。丼もの+牛皿などでスタンプ2個たまりますから、14個集めるのにはそんなに苦労しませんでした。

 

沖縄の吉野家では沖縄のソウルフード タコライスが食べれるのは知っていましたが、

 

夏季限定で全国(一部店舗除く)店舗でも食べれるんです。正確な終了日はわかりませんが、たぶん8月までは大丈夫なのだろうか。

 

 

tccc3.jpg

沖縄以外では食べる機会も少ないタコライス。

キングタコスで食べた発祥のタコライスは美味しかった。(その時の記事


野菜もミートも入ったヘルシー食 タコライス。牛丼並よりこっちがいい。450円(税込)という価格は安く感じる。タコライスって単品ワンコイン以下で食べれる場所って本土では限られているせいかもしれない。

 

 

tccc4.jpg

株主配当還元率のよい吉野家株式を保有しているので、株主優待券も使わなければいけない。8/9現在約22万円(最小単元100株)の投資で3000円の優待券が年に2度いただける。配当も2000円年間出るので優待利回りは良い方だ。



 

tccc1.jpg

さて今回はタコライス 並 450円 (別に50円割引券あり)

隣の人の牛丼が美味しく見えたので牛皿(並)も同時注文。タコスミート・レタス・チーズ そしてサルサソース(辛口)、別添でハバネロソースも付いてくる。


思ったよりレタスの量も多いしヘルシー感あります。食べごたえありですし、吉野家タコライスいい。


 

 

tccc2.jpgこれで780円。

 

トク盛もあって チーズ・レタス・タコスミートが2倍って。ご飯は普通なのか。確認したい、トク盛を食べにくる理由ができた。

 

 


 

このページのトップへ

2019年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1165.jpg

2019年8月15日にオープンしたての MOFF ANIMAL CAFE ココサ熊本店(3階)に行ってみました。人が中を見ています。フラッシュを使わなければ撮影可。

癒しとしてアニマルカフェは人気がありますね。全国チェーンのようです。


 

 

IMG_1167.jpg

入園料 600円+税/30分(ワンドリンクオーダー制)
・30分以降 200円+税/10分
・最大料金 平日:1,600円+税、土日祝日:2,400円+税
※3歳以下は入園料・ドリンクともに無料。


とのこと。入らずに外から見てみよう。

 

IMG_1164.jpg

ネットカフェみたいな空間は半個室でその中で戯れるのか・・・・


 

IMG_1158.jpg

猫様はご主人のように椅子に座ってらっしゃる。

 

 

IMG_1159.jpg

撮影しようとしたら逃げて行った、猫らしい。

ねずみをくわえたネコは、床面の図。影かと見間違いそうだ。

 

 

 

IMG_1163.jpg

この子は撮影に応じてくれた。


ガラス越しなら見ていて楽しい、私は猫アレルギーなので店内はたぶん無理。興味ある人は是非。

 

MOFF ANIMAL CAFE


 

 

 

 

このページのトップへ

2019年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000508.jpg

かなり暑いですね。暑いとカレーが食べたくなりますね。

平日も土日も行列が出来てることが多い、カレー屋さん 深夜特急。訪問しようと思った時が不定期なお休みだったりして

数ケ月ぶりの訪問となりました。


 

R0000499.jpg

メニューにも変更はないようです。

キーマカレーの 3(中辛)で。 1から5まであります。1が辛くないほう。

今日はご飯は普通盛りで、アルブルタもアチャールもなしで。

 

 

R0000501.jpg

来ました。

玉子のっていましたか。忘れていました。前回の画像を見たら乗っていました。

マスターのご飯のつぎ方が雑でなく丁寧な細かな作業、こういうのが嬉しい。


 

R0000503.jpg

白金でひき肉ライス食べてから食べたかった

ここのキーマカレーはひき肉ライス

ひき肉(鶏)がハンパなく。

 

 

R0000506.jpg

今日は6席座っている人 全部キーマカレー

最近は深夜特急はキーマカレーが人気なのだろうか。

最初少しかけてから食べます。

 

 

R0000507.jpgそして残っているひき肉を全部投入。

カレーを食べるというより「丼」を食べる感覚

ひき肉ライスうまい。辛さ3はそんなに辛くない。

 

住宅街の中に行列カレー 深夜特急 熊本市出水

キーマカレーを食す 深夜特急(2) 熊本市出水

キーマカレー大盛を食す 深夜特急(3) 熊本市出水

 

食べログ(掲載時点 3.33)


 

このページのトップへ

2019年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000482.jpg

上通り近辺で遅い夕食。

気になっていたシャルキュトリー・シャルマンへふらりと。

上通り側からだと細い路地を入った奥の方にある。向こう側の道体とすぐ。

9席のレストランなので一杯だったらあきらめようかと。

遅い時間だったためか空いていた。3月オープンの新しいお店。

 

 

R0000484.jpg

3席のテーブルと2席のカウンター、2席テーブルが2つの合計9席。

熊本でお店をされていて、京都へ修業へ行かれたご主人の方がお店を経営されている。

女性的な店の外観・インテリアだがご主人のこだわりのよう。

 

 

R0000485.jpg

シャルキュトリーは最近良く耳にするようになりました。肉を加工したパテやテリーヌなどの総称。

お酒のおつまみとしても最適ですね。

冷蔵庫から選べます。隣はカウンター席。


R0000483.jpgワイン・シャルキュトリー・サラダ・メイン など

料理の数は決して多くはないが、シャルキュトリーでワインをというスタイルが良さそう。暑いのでスパークリングワインを。

 

 

R0000486.jpg

SANTERO Pinot Chardonnay Spumante サンテロ スプマンテ 200ml

ワイン漫画『神の雫』にお買い得デイリースプマンテとして登場、神咲雫からも『旨みもあるし、泡も綺麗』と絶賛されたスパークリングワイン。ピノビアンコ種50%とシャルドネ種50%を用いてつくられた本格辛口のスパークリングワイン

 

R0000488.jpg

パテドカンパーニュ 780円

豚肉の旨みをぎゅっと感じる。

 

 

R0000492.jpg

memento blanco 2016

ソーヴィニヨン・ブラン70%ヴェルデホ30%

ミネラル感薄い感じ

 

R0000489.jpg

ペッパー 牛肉

パストラミ 650円

 

R0000494.jpg

シャルマンサラダ 800円

白トリュフオイルと半熟卵のソースをまぜてかけていただく。

 

 

R0000496.jpgこんな感じ。

 

短い時間でいただくワインとシャルキュもいいな。

 

ホームページ

食べログ(採点なし)

このページのトップへ

2019年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000473.jpg

翌日のランチはスープカレーと決めていました。最近はスープカレーの名店も多く食べログポイントでも3.5を超える有名店が続々誕生している札幌。

外国人観光客も行列してスープカレー。


飛行機の関係から11時30分オープンのお店ではなく、11時オープンのお店から選択


奥芝商店は1年2ケ月前に訪問しています。札幌も30度を超えるピーカン天気、外で並べるわけがないので、地下にあるこちらに。おプンの20分前に到着して10番目。1回転目は確保できた。帰る頃には20人以上の行列となっていました。

 

 

R0000474.jpg

カウンターに着席

調理の様子が良く見える


 

R0000472.jpg

鉄板焼きのハンバーグトッピングとか

 

R0000470.jpg

一番人気の やわらかチキンレッグと季節の野菜カリー

今日はこれにしよう。小おぐしバーグ付 1480円

1品サービストッピングは アボガドで 80円トッピングのきくらげ。

色んなトッピングがあってオーダーメイドできる。

 

R0000468.jpg

スープは えびスープ +100円

辛さは 3弥生

ご飯は玄米で普通(220g)のレモン付


オーダー完了

 

 

R0000467.jpg

中国人トラベラーは牛ヒレステーキのスープカリー 2200円を注文。

 

 

R0000466.jpg

ボリュームのあるメニューだこと。

 

R0000475.jpg

いやいや、野菜含め相当なボリュームで、もう何の野菜が入っているかわからない。

スープの分量が少ないんではないかと思えるくらい野菜が多い。

 

 

R0000477.jpg

玄米220gは頼みすぎの失敗だ。

 

 

R0000478.jpg

具材がたくさんで野菜が沢山食べれるのは嬉しいが

 

 

R0000480.jpgチキンも立派すぎて食べがいがすごい。ごちそうさまでした。

 


奥芝商店  札幌 濃厚なスープカレーでお腹いっぱい

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

このページのトップへ

2019年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000419.jpg

週末を使って札幌へ来ました、一人旅です。福岡から直行便を使えばホント近いです。

今回のディナーは2年ぶり2度目の訪問、サブールさんに。前回はなかなか飲めないワインを飲んだ記憶が大きく料理と向き合っていなかったと。


サブールさんはすすきののど真ん中。飲食店が沢山入ったビルの2階にあります。夫婦2人で経営されているフレンチレストランですが、料理の質からかなりの評判店。


 

R0000440.jpg

箱根、フランス、東京から札幌の有名店で腕を振るってきた金田二朗シェフの料理が味わえる、ワインも多彩なラインアップ。グラスワインは白赤3種類ずつ、ボトルワインもオーダーからすぐ取り出していただく管理の良さ。


 

R0000427.jpg

アミューズ エンガワ、帆立

 

 

R0000431.jpg

まぐろ

 

R0000434.jpg

ガスパチョ

蟹肉贅沢

 

R0000437.jpg

キャビア、うに、蟹、グリーンピースムース

北海道の贅沢な味、キャビアとうにのコンビネーションがいい

 

 

R0000441.jpg

うーんどれも美味しい

 

R0000446.jpg

サブールさんの名物 クネル

魚介のすり身を使った料理なのですが、トップにうに大盛り、そして香り高いソースとマッチングして本当に美味しい。

 

 

R0000449.jpg

蝦夷あわび

肝ソースの味といい、火入れの具合も良くてペロっと。

 

R0000453.jpg

かなりお腹いっぱいですが、グラニテをはさんで

 

 

R0000454.jpg

牛と羊肉が選べました。せっかく北海道なので羊、名前は忘れたけど

レバー、脂分、肉 どれもソースとの相性が抜群で感動。

 

 

R0000458.jpg

ヤングコーン

 

R0000459.jpg

ヨーグルトアイスでさっぱりしたあと

 

 

R0000463.jpg

シャンパンを贅沢に使った桃のコンポート

最後に大盛りシャンパンは少しきつかったですが、2時間半札幌フレンチを堪能しました。

 

 

R0000424.jpg

Dom. René Monnier Meursault Charmes 1er Cru 2011

 

R0000447.jpgCHATEAU TRONQUOY-LALANDE 2007

カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー48%、プティ・ヴェルド4%

 

食べログ(掲載時点 3.75)


 

このページのトップへ

2019年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000397.JPG

私の入っている団体で「杉山シェフのエプロンのいらない料理教室」を主催しました。私が参加するようになって今年で4回目の出席となります。


エプロンのいらない料理教室は、講習スタイルの料理教室。見ているだけで良いのです。


熊本テルサの総料理長 杉山晃二シェフにいつも大変お世話になっています。


 

R0000400.jpg

こんな感じでスクリーンに鍋や手元が写し出され、料理の香りを感じながら実演が進んでいきます。

今日の料理は2品、スモークサーモンと真鯛と夏野菜のガレット。


アシスタントの女性の方、カメラ持つの疲れないのかなといつも思います。五十肩の私には今は無理です、カメラを鍋に落としてしまいます。

 

 

R0000402.jpg

スモークして出来上がったばかりのサーモン。塩気もあって薫香がして美味しい。

 

 

R0000403.jpg

出来上がったガレット。後ほどの実食が楽しみです。

 

実食懇親会へと移ります。

 

R0000404.jpg

アミューズ。冷製フォアグラ、生ハム、キッシュ


 

R0000407.jpg

海の幸のマリネ ガスパチョ仕立て

スモークサーモン、スモーク帆立、キャビアが良いコンビネーション。暑いので冷製ガスパチョ(トマトスープ)の酸味がまた美味しいこと。



 

R0000409.jpg

オニオングラタンスープ

 

 

R0000413.jpg

真鯛と夏野菜のガレット

ガレットとは丸く薄いもの、こちらはジャガイモと真鯛がダイス状に刻まれたものをうまくまとめてあります。

 

 

R0000414.jpg

牛ヒレ肉の網焼き 赤ワインソース

お肉の柔らかさ、分量といいも申し分なし。

 

 

R0000417.jpg

パッションマンゴーのムース

プチトマトのコンポート

 

 

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(3)2018

 

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(2)2017

 

熊本テルサ 杉山晃二総料理長のエプロンの要らない料理教室 2016

 

 

 

このページのトップへ

2019年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0000371.jpg

ホテル日航熊本の裏、1本道を挟んでうらにある、ビルにあるスペイン料理トレスへ行きます。ずっと行きたかったのですがなかなか来る機会がありませんでした。こちらには和食のえにしさんも入っています。

 

 

R0000372.jpg

スペイン料理は熊本にもそうそう沢山はありません。スペインバルもほんと少ないですね。

スペインは太陽の国、フランス料理ほど堅苦しくなく飲む雰囲気がありますから「気軽」さがあります。

 

 

R0000374.jpg

階段で3階に。

10歳未満のお客様はお断りと書いてあります。

カフェ利用もできないと。

こういう看板見ると必ず、俺の精神年齢は9歳や とかいう人がいますね。

 

R0000376.jpg

こちらが入口

スペインの国旗

 

R0000377.jpg

カウンター席、テーブル席、右側にもテーブル席

約40人ほど入るでしょうか。今日は平日だったのでそこまでは多くなかったですが、結構週末は混んでます。

予約していったほうがよいです。

 

 

R0000380.jpg

スペイン料理といえばパエリアですが、糖質を少なくしたいので今日はパス

 

 

R0000378.jpg

本日の料理も色々ありますね。ワインの量も豊富

 


R0000382.jpg

カヴァ 1+1=3 ウ メス ウ ファン トレス ブリュット

チャレッロ45%、パレリャーダ30%、マカベオ25%。平均樹齢35?40年。ドザージュは8g/l。「100kgのぶどうから、60kgの一番絞り果汁が、10?15kgのプレス果汁がとれます。ほとんどのカヴァは、少しでも多くの量をつくるためプレス果汁も使いますが、1+1=3では一番絞り果汁しか使用しません。

 

いただいたもの

R0000384.jpg

アンチョビポテト 中皿 700円

アンチョビがアクセントのポテト

 

R0000385.jpg

グリーンオリーブ 350円

 

 

R0000390.jpg

エンサラダ・デ・ミクスタ 700円

ミックスサラダ。オリーブオイルやビネガー・塩といったシンプルな

味付けサラダはスペイン風。

 

R0000386.jpg

スペイン料理というとこれを食べたくなる海老のアヒージョ。 900円

小エビ。

ぐつぐつしててこれは火傷しそうだ。

 

R0000388.jpg

ハモンイベリコ生ハムとサラミの3種盛り合わせ 2500円


 

R0000391.jpg

ほうれん草のスペインオムレツ 700円

 

 

R0000393.jpg塾成赤牛ロースの網焼 2500円 150gup

少し分量を増やしてもらいましたので、その分アップ。

 

3人でこれだけだからそんなに食べてませんが、パエリアは大人数がよいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.46)

このページのトップへ

2019年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hry8.jpg

一人で居酒屋にはめったに行きませんが、今日は家から比較的近い出水にある「ひらき家」さんに来てみました。こちらに住んで10年以上ずっと気にはなっていなかったのですが、来る機会もなく。たまたま家族が旅行中だったので一人飯を。

 

 

hry10.jpg

メニューは色々、手作り感が強く大将がとても明るい感じで常連のお客さんと話をされていたのが印象的です。

 

 

hry9.jpg

チャンプルーやもずくなど、沖縄料理ベースなのでしょうか。

 

 

 

 

 

hry1.jpg

手書き料理も沢山。これだけメニューもあると嬉しい。

手前がカウンター席、奥は座敷席(ノン堀ごたつ)

 

 

hry2.jpg

昨日見た映画で俳優が飲むコロナが美味しそうだったので、コロナを

居酒屋さんにコロナ置いてあるって珍しい。

 

 

hry3.jpg

付き出しはいわしの梅煮

 

 

hry5.jpg

天然あじ刺 720円

一人で刺身9切れは多すぎだ。

 

 

hry4.jpg

一番人気は食べてみないと

男前豆腐の揚げ立て厚揚げ 480円。

本当に熱いですよ、と言われました。


 

hry6.jpg

熱いですが、中ふわふわで外カリッとシンプルでうまい。

これは1人で全部いけますね。美味しい。

生姜・わさび・塩・醤油とバリュエーションを変えて。

 

 

hry7.jpg

牛サイコロ串焼き 2本 600円

これも熱々。

そして食べがいがあります。


今日はこれだけで十分。一人では食べる量は限られてるので家族で来て色々食べてみたいと思います。

 

 

食べログ(詳細なし)

 

このページのトップへ

2019年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptnn7.jpg

真夏にタイ料理。夏も冬も関係なく食べたくなりますね。以前は冬の寒空に訪問したから、かなり久しぶりです。スリランカカレーも入った雑居ビルの2階にあります。


 

ptnn2.jpg

手前がピントン(タイ料理)、奥はスリランカ料理。いつも思うがアジアっぽい。

 

 

ptnn3.jpg

夏だからか今日はほとんど満席で驚いた。

何にしようか考えて、ここではガパオ・ライスを食べたことがないので、これにしょう。

2日前に掲載したひき肉ライスでいえば、ガパオライスこそ、タイのひき肉ライスだ。


 

 

ptnn4.jpg

なんと呼ぶのかわからないスープと

生春巻きサラダが運ばれました。生春巻きの皮がむにゅっとしていました。

 

 

ptnn5.jpg

とても綺麗に盛られたともいえないガパオライス。

目玉焼き付。

 

 

ptnn6.jpg

目玉焼きは半熟を期待したが堅焼きだった。

ガパオの具も水気が比較的多くてご飯が少しシャバになってきた。

そんなに辛さはなかった。調味料で調整すれば辛くなるパターンです。


会計をしようと800円払ったら、今日は600円ですよ、と言われました。日替りランチがガパオライスだったよう。だから周りもガパオばっかり食べてたんだ。少し得をした気分になった。



タイ料理 ピントン(2) 熊本市下通 真冬はアジア

タイ料理 ピン トン  熊本市下通 ここはアジアだ。

 

食べログ(掲載時点 3.18)

このページのトップへ

2019年7月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hns17.jpg

東京でもシャレオツな地区白金にある、このお店、しばらく前に見つけて気になっていました。名前からインパクトありありです。「ひき肉少年」。なんとか少年というと狼少年くらいしか思い浮かばないオッサン。


ひき肉という商品はメジャーじゃない。それが店名に。興味あるある。

ランチに行ってみました。


 

hns16.jpg

ひき肉少年と検索すると やけに 嵐とセットに出てくる。読んでみたら、2018年1月27日の「嵐にしやがれ」で「絶品!丼デスマッチ」のコーナーで紹介されたお店で、櫻井翔氏が食べたようだ。


こちらは看板。太ったキャラは店長なのでしょうか。


肉の卸などをしている矢沢ミート系列で、東京ハンバーグで超有名なミート矢沢(まだ行ったことはないが)で働いていた店長が「ひき肉」に魅せられ、ひき肉ライスという商品を作って開業したようです。開業は2013年11月だから結構経つのですね。

 

 

hns1.jpg

お店は11:30から20:00まで。

ちょいワルオヤジのペポーゾが名物か。でも今日は少年の夢と決めている。

 

 

hns2.jpg

券売機で購入します。

 

 

hns3.jpg

ペポーゾ売り切れって・・・


1200円からメニューがあります。ワンプレート+スープですから安い感じはしないですが、ひき肉ライスというめったにないカテゴリーライスと考えるしかないでしょう。マネできないものですから。


少年の夢(いい名前ですね・・)が一番人気


少女の夢というのも一番右にあります。(低糖質メニューと書いてある・・・)

 

hns5.jpg

ははーん、こちらのひき肉ってのは鶏なんだな。

普通にはひき肉=合いびきって思っちゃうな。

 

 

hns6.jpg

食材にもこだわりあり。

なんかこれモスバーガーの黒板にも似てるわ。


 

hns7.jpg

スープもオリエンタルな味ですが

 

 

hns8.jpg

特製にんにくダレ と 春巻きの皮フライは トッピング。

 

 

hns9.jpg

やってきました。少年の夢 ご飯は普通盛りにしたけど、もっと食べれそう。カレーライスとは違いますよ。ライスはクミン・トマト・チキンスープで炊いてあります。

秘伝のスパイスを効かせたあんが乗っています。ひき肉がたっぷり入っています。トッピングはパクチー、トマト、チーズ、ゆで玉子。まるでタコライスのようですね。

タコライスもスパイシーですから、テイストは類似しているのかなぁと推測。


 

 

hns10.jpg

いろどりはいいですね。

 

 

hns11.jpg

ご飯もなんともいえずスパイシーです。

 

 

hns12.jpg

後程は混ぜて食べましょう

 

 

 

hns13.jpg

あんと一緒にライスを。確かに色んなスパイスの味が感じられますが、オリエンタル麻婆ライスのような味。

 

 

hns14.jpg

大きな鶏ミンチも入っているの

 

 

hns15.jpg私はパクチーと一緒に食べるとさわやか味で気に入った。


にんにくは控えめにして。卓上にカイエンペッパーやハバネロも置いてあるので味の調整も。

 

パクチーといい、この味は大人のライスだ。少年時代を思い出して大人がだまってかき込む。そういうスタイル。次回はご飯大盛り、パクチー大盛りで挑戦したい。夜食に食べたくなるが20時で閉店だ。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 


 



 

このページのトップへ

2019年7月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkh1.jpg

 東京・表参道の骨董通りから少し入った所、住宅があるど真ん中に2018年4月にオープンした、この建物。まるで倉庫かインテリアショップのようないでたち。テストキッチンH。イタリアンの大御所、料理の鉄人でも有名になった旧「リストランテ・ヒロ」山田宏巳シェフの集大成とでもいうべきレストラン。テストキッチンというくらいだから、テスト(仮)なのかと思いきや、

本人いわく、こんな大舞台でそれはないですよ。と。料理の進化を続けるシェフにとっては、テストしながら発展していくという意味も込められているんですね、と納得。

 

 

tkh2.jpg

夜のメニューは4種類。5800円、8000円、10000円、12000円の4種類。場所柄プリフィクスの5800円があるのも軽い食事には向いているメニューですね。一番安いのが5800円でも飲んだら相応にはしますが。



tkh3.jpg

約100席の広い店内に柱のないこの巨大空間。解放感がありますね。まるでショーがはじまるようなワクワク感を感じさせてくれます。手間のカウンターの空間も後ではいっぱいになってました。

 

 

tkh4.jpg

違う角度から。スタッフの動きがあって面白いですね。上部のほうに「やるしかない」と書いてあります。企業理念でしょうか。

 

 

tkh6.jpg

岩手県釜石産雲丹 と新たまねぎのジュレ

 

 

tkh7.jpg

パン。オリーブオイルを添えてパンを出す光景はどこでも見ますが、これは山田シェフがはじめたのだとか。

 

 

tkh8.jpg

高知県産徳谷トマト 山梨県産桃冷製カッペリーニ

桃の甘さとトマトの酸っぱさが妙にマッチしていますね。

 

 

tkh10.jpg

春巻きっぽい、鮎の揚げ物

 

 

tkh12.jpg

温かい自家製生ハム。

2枚。美味しい。

なんか九州の形に見えてきた。

 

 

tkh14.jpg

タリアテッレ なんの茸だっけ。

 

 

tkh16.jpg

ひおうぎ貝

 

 

tkh17.jpg

ビーフ

食べかけではない。

 

tkh19.jpg

ワゴンデザート

 

 

tkh20.jpg

とりあえずオススメを4種類 盛ってもらいました。

 

飲み物編

tkh5.jpg

シャンパンはBOLLINGER(ボランジェ)

 

tkh9.jpg

ST.PAULS GFILL SAUVIGNON

 

tkh11.jpg

トレフェッセン エステート ナパ ヴァレー シャルドネ 2016

 

 

tkh13.jpg

チンクアンタ CINQUANTA

 

tkh15.jpg

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・マレシャル

 

NUITS SAINT GEORGES 1ER CRU CLOS DE LA MARECHALE 2013


 

tkh18.jpg

A. Rafanelli CABERNET SAUVIGNON アメリカ

 

食べログ(掲載時点 3.74)


このページのトップへ

2019年7月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

refv22.jpg

東京・西麻布にあるフレンチ、レフェルヴェソンスさんに。こちらはミシュラン2つ星を獲得されており、また食べログポイントでも全国のフランス料理でベストファイブに入るという、日本を代表するフレンチの1店です。場所は高樹町、富士フィルム本社の裏手の長谷寺近くの閑静な住宅街の中にあります。

 

 

refv23.jpg

入口から洗練された雰囲気を感じますが、ウェイティングルームも照明は落としてあり、雰囲気も。室内は写真撮影できなかったのですが、比較的ゆとりある空間でした。ほんとお客さんが一杯でした。予約も取りにくいお店ですしね。

 

 

refv1.jpg

白ワインと日本酒のカクテルが食前酒。

杯で頂きます。

 

 

refv3.jpg

夜のメニューは1つです。ですので他のテーブルの人も同じメニューを頂いています。名前は再興(ルネッサンス)と称したデザートまでいれて11品のメニュー。


refv4.jpg歳時記 ほろほろ鳥のコンソメ、ウニ、パブリカ/赤紫蘇、ジンジャービール

お口直しも添えられています。濃厚なコンソメにウニがぐいっと存在感を。

 

 

refv5.jpg

アップルパイ。レフェルヴェソンスの定番ともいうべき1品でどんどん新しいアップルパイが出てきているようです。

 

 

refv6.jpg

今日のアップルパイは 紅鮭、枝豆、茶臼岳、黒トリュフ。

食べてみたら・・・・めちゃくちゃ熱ーいって

説明書にどうぞ火傷にお気をつけてって。書いてあるじゃない。黒トリュフの濃厚な贅沢アップルパイ

 

 

refv8.jpg

敬愛するアルチザンー時季のお野菜たち

なんと野菜種類の説明書きも

この中に54種類もの野菜が・・・って1枚ずつですかって聞きそうになりましたがそうなんでしょう。

味が複雑にブレンドされて、かなりインパクトのある1品でしたよ。



refv9.jpg

知らん野菜ばっかりだ。

 

 

refv10.jpg

夏のレメディ 関あじ&おかひじき、焼き茄子、ズッキーニ、フローレンスフェンネル

 

 

refv11.jpg

かなりさっぱりした味でした。

魚だけ食べても十分美味しいと思います。


 

refv12.jpg

レフェルヴェソンスの定番メニューともいうべき1皿

定点ー蕪とパセリ、キントアハム、ブリオッシュ

昼夜コースに必ず出てくるようです。シンプルながらも季節問わず同じのを出すって結構な努力だと思います。

 

 

refv13.jpg

旅、記憶ー鮎、蕎麦粉のガレット、夏のハーブと蓼酢

鮎もレフェルヴェソンスさんのお得意素材ということです。

この時期フレンチは鮎が多くて、あまり鮎好きではないので「外しておいてほしい食材」に入れる場合もあるのですが

 

 

refv14.jpg

継がれる味ーちいさな茶碗蒸し、毛蟹、とうもろこし、ライム

これくらいの量でぴったりに美味しいフラン。

 

 

refv15.jpg

ラギオールのナイフを選んでメインで使用するとのこと。一番右を選択。

 

 

refv17.jpg

今帰仁アグー豚ロース・ロティの黒糖ソースと海ぶどう、ハンダマ、モロヘイヤ/まぐろの節出汁と共に

沖縄食材メインですね。なきじんアグー、ビーフでも良かったのですが、今日の流れからはポークがよいとも思いました。

このアグー相当やわらかく、量も丁度良く、美味しくいだけました。

 

 

refv18.jpg

南風ーパイナップルとサツマイモ、赤生姜のグラニテ

 

 

refv19.jpg

木の陰でー桃、梅、東葉草、香水木


 

refv21.jpg

ジューシーな桃が美味しい

 

 

refv20.jpg

小菓子とお薄

ごちそうさまでした。

 

refv2.jpg

ラルマンディエ・ベルニエ テール・ド・ヴェルテュ ノン・ドゼ 1er 2013

ヴェルテュ斜面中央部にある最高の区画から収穫されたシャルドネを100%使用。フランス、シャンパーニュ地方、コート・デ・ブラン地区

 

 

refv7.jpg

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ コンベット 2015 ドメーヌ ジャック プリウール

Puligny Montrachet 1er Cru Les Combettes Domaine Jacques Prieur 

 

 

refv16.jpg

Graf Zweigelt 2013 / Weingut Maria & Sepp Muster

オーストリアのツヴァリゲルト種

 

食べログ(掲載時点 4.62)


 

 

このページのトップへ

2019年7月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

zsn14.jpg

新橋でお寿司を食べようということになり、電話で事前予約して訪問。どうにか滑り込むことが出来ました。結構混んでいますからね。こちらの順さんには1年弱ぶり2度目の訪問です。カウンターに座って美味しいお寿司を頂きます。しかしながらサラリーマンが多い新橋地区。嬉しいことに1貫ごとの提供のタイミングも早く時間もそんなにかかりません。滞在時間30数分といったところでしょうか。


こちらの順さんは、GINZA SIX、神戸、新橋に合計4店舗ありますね。


zsn15.jpg

お昼のコースは 松 11貫 4500円 と 竹 9貫 2800円。

せっかくなので、美味しい松にします。

ノンアルコールビールにて乾杯


 

zsn16.jpg

カウンターにお寿司のネタが並んでいます。

 

 

zsn4.jpg

茶釜でお茶を入れてくれます。テイクアウトメニューもあって、あじずしや和尚さん巻き(焼き穴子とたくあんの巻きずし)がおすすめだそう。

 

 

zsn1.jpg

11貫のスタート。醤油が塗られており特につける必要なくパクパク頂きます。

いさき

 

zsn2.jpg

すみいか

 

 

zsn3.jpg

本まぐろ 中とろ

とろけますね。


 

zsn5.jpg

あわび

蒸し鮑ではない生の鮑なのでコリコリ食感でしたね。

 

zsn6.jpg

宍道湖産しじみの味噌汁。

以前は東京でしじみの貝の具を食べて恥ずかしい思いもしましたが、宍道湖産のなら喜んでいただきます。


 

zsn7.jpg

たまご

 

 

zsn8.jpg

こはだ

 

 

zsn9.jpg

白えび

ねっとりした甘さが口の中に広がりますね

 

 

zsn10.jpg

淡路島産 あじ

 

zsn11.jpg

鉄火巻

 

 

zsn12.jpg

ばふんうに

うにの美味しさがありますね。もう1貫食べたい。

写真は撮っていませんが、ここでもう1貫 中トロ。今日は大トロが無かったらしく・・・前回は大トロでした。

 


zsn13.jpg

あなご


こにて11貫。今日はお腹空いていたのでもう少し食べれましたが、米食ですし お腹に余韻を作っておいた方が良いので追加はしませんでした。ごちそうさまでした。TT

 

新橋で美味しいランチ寿司 鮨処 順 烏森店

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

このページのトップへ

2019年7月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wazyo6.jpg

鶴屋に用事がありましたので、駕町通りでランチと思いました。昼に駕町通りはあまり通りませんが意外にランチをやっているお店って少ないんですね。


あ、北熊ラーメンがオープンしている。以前担担麺のお店があった跡地。ラーメン食べないのですが、4月にオープンしていたのですね。結構なお客さん。


その隣に和食ぽい雰囲気がすごくするお店がありましたので、入ってみようと思いました。和静とかいて「とじょう」


 

wazyo1.jpg

ランチは3種類と少な目。

肉じゃがと海鮮と迷って海鮮に。

ミルフィーユカツが人気メニューなのかな。

 

wazyo2.jpg

3時から飲めるお店なんですね、早飲み対応のお店は少ないから重宝しますね。

といっても私はそんな時間からは飲みませんが・・・

店内はカウンター席とテーブル席。宴会にも対応できるようです。

 

 

wazyo3.jpg

海鮮丼

 

 

wazyo4.jpg

いくら、たこ、かんぱち、まぐろ、サーモン、たい

6種類 2,3切れずつ載っていました。

 

 

wazyo5.jpg

ご飯がかなりあつあつで、熱かった。

私は酢飯のちらしのほうがやっぱり好きなんだな。


食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2019年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mymm11.jpg

かなり久しぶりにリストランテ・ミヤモトさんに。知り合いの人たちと1階を貸切りで。2007年のブログ記事が残っていました。2006年の年末に訪問して、その後1回行っているので、かなり久しぶり。今建設中の熊本城ホールのすぐ近く。街中からは歩いても行ける距離です。

 

 

mymm2.jpg

プリフィクススタイルみたいなコース料理で。前菜はしゃこ海老のフリッターみたいなもの、穴子か。しゃこ海老は苦手。

 

 

mymm3.jpg

サラータ。食前のサラダは体によい。

 

 

mymm5.jpg

冷製スープかと思ったら冷たくなかったコーンスープ。

 

 

mymm9.jpg

パスタは2種類ありましたが、とりあえず人の手に。

 

 

mymm7.jpg

メインはグリル系。1人用ではありませんが2切れ食べて席移動して戻ったら、もうありませんでした(TT)

 

 

mymm10.jpg

デザートはドライアイスを使う系でしたが、何が出てきたか覚えていないとは。何をしていたのでしょう。

 

ワインを沢山飲んだのは覚えています。翌日も反省しました。

 

mymm1.jpg

スプマンテ ブリュット N.V. ガロフォリ 泡 750ml

等級 : Bianco Spumante D.O.C.
葡萄品種:ヴェルディッキオ 100%
熟成:シャルマ方式
アルコール度数 : 12.0%
白くきめ細やかな持続性のある泡。熟れた白桃の風味を伴う、若々しく果実味あふれる凝縮感のある香り。フレッシュ感あふれる非常に魅惑的な味わい。

 

 

mymm4.jpg

ボーリュー・ヴィンヤード BV <白> <ワイン/カリフォルニア>

最近日本に輸入されるようになった、ワイン。ワインショップで2000円以下でありコスパが良いワインとして最近有名。私もショップで買って飲んだことあります。シャルドネらしいワイン。



 

 

mymm6.jpg

CAVE MONT BLANC


 

mymm8.jpgレーヴェンスウッド・ヴィントナーズ・ブレンド・ジンファンデル・カリフォルニア[2016]年

 

食べログ(掲載時点 3.45)

  

このページのトップへ

2019年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tankat7.jpg

博多駅でランチといえばここに来たくなる。ダイニングエクスプレスでも複数回掲載している私のお気に入りのお店です。夜は混雑しているんです。が、昼夜同一メニューですので昼は客単価が高くなり混んでいないということが多い。昼飲みしている人もたまにいますが。こんなに美味しい串や焼き飯が行列なしに食べれるなんて。嬉しい限り。

 

tankat5.jpg

牛タン1串で 1430円。

でもここ以外で類似牛タン串は数少ない。


 

tankat6.jpg

焼き飯 690円と あわせると2000円オーバーとランチでは贅沢になりますが、満足度を考えると決して高くはない。

一応麦ごはんとテールスープのセット+300円もありますが。


 

tankat3.jpg

久しぶりでテンションあがります、最近牛タンが食べたかったので。

この分厚い牛タン。

 

 

tankat4.jpg

7粒の幸せといったところ。

1粒でも食べごたえあります。うーん来てよかった。


tankat1.jpg

そして焼き飯。

分量も結構あるのですが、パラパラで旨すぎなのでするっと食べれますね。新橋チャーハン王とほぼ同スペックの焼き飯が行列なしに食べれるとは感激ですね。

 

 

tankat2.jpg

焼き飯のタレもありますが、入れると結構味がついちゃうので、そのまま本来の味を楽しむのがベスト。

 

たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

博多 たんか(2) 昼牛タン+チャーハンで満足度アップ。

博多 たんか(3) はしごで牛タン

博多駅昼飯の選択肢の一つとなっている 博多たんかの牛タン串

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

このページのトップへ

2019年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

inaron7.jpg久しぶりに、市役所の裏側にあるカフェ風食堂のイナロ食堂へ来てみました。何度かランチに来たことはありましたが、今日は夜です。

 

 


inaron8.jpg

ナチュラルなカフェ風食堂の雰囲気があり、女性に人気です。

 

 

inaron9.jpg

黒板にも料理が書かれています。

 

 

inaron10.jpg

洋食中心のメニューで価格もリーズナブルな価格。同行者とシェアして食べるのが良さそうです。

 

 

inaron1.jpg

自家製生ハムと野菜のクレイジーサラダ EX バルサミコドレッシング 750円

比較的脂身の多い生ハムがちりばめられていました。



inaron2.jpg

山芋のソテー バター醤油 580円

バター醤油風味のサクサクした山芋がワインにあいますね。

 

 

inaron6.jpg

黒板メニューから

地アジスモークと夏野菜のオーブン焼き 780円


 

inaron3.jpg

こちらイナロ食堂の名物といっていい、

ハーブ鶏のレモンソテー 1280円。パン付き。

パン粉が振り掛けられるのですが、外してもらいました。

レモン風味ソース。

 

 

inaron4.jpg

ピザマルゲリータ 880円

 

 

inaron5.jpg

自家製メンチカツ 880円

 

 

inaron11.jpg

ワインは白 カリフォルニアの CALERA 2015

以前からカレラ・ジェンセンは「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれ、長年ワインファンの間で人気の高いワインでした。特に赤は人気が高く、また白はミネラル感あるシャルドネでこちらも評判が高いです。

 

イナロ食堂 熊本市 女子会向きの女子好みしそうなお店

 

食べログ(掲載時点 3.37)

 

 

このページのトップへ

2019年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rak1.jpg

品川でタイ料理のパッタイ(焼きそば)が食べたくて土曜日のランチで訪問。品川 タイ料理で食べログ検索して引っかかったお店で評価が一番高かったこちらのラックタイに訪問。品川駅から第一京浜を北に3分程度。品川グランパサージュにも系列店があるようです。階段で下に降ります。スーツケースが重いわ。

 


rak2.jpg

こちら。土曜日の割には意外に混んでいました。タイ人の方が従業員も多いですね。調理人もたぶんそう。店内はタイのローカル食堂といった雰囲気。

 

 

rak3.jpg

写真付のメニューはありがたいですが、今日はパッタイのみ頂きます。

 

 

rak6.jpg

パッタイに目玉焼き100円プラスしてのっけます。

 

 

rak4.jpg

スープとともにやってきた、緑色が少ないパッタイ。元気のなさを感じます。

 

 

rak5.jpg

麺も比較的元気なく、これといった特色の少ないパッタイ。都内ではベターなパッタイも多いです。おなかを埋めるための食事になったのが少し残念です。

 

 

食べログ(掲載時点 3.54)


 



 

このページのトップへ

2019年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

当社に永年勤務いただいた方の送別会を熊本ホテルキャッスルの2階にて有志で開催致しました。本人は中華料理が好きでしたので、今日は中華のフルコース。キャッスルホテルは四川料理の桃花源があるから特に有名ですね。

 

tnri9.jpg

その方の名前が入ったメニューでした。

 

 

tnri10.jpg

前菜

豆腐を刻んだものと、きくらげの酢の物はさっぱりしていいですね。

 

 

tnri1.jpg

ヤリイカのカラスミ炒め

いつもはコーンが入っているのが多いけど、あれはミルク炒めですね。今日はカラスミ風味でゴージャス

 

tnri2.jpg

豚ヒレ肉の唐辛子炒め

 

 

tnri3.jpg

カニ肉と特上フカヒレ煮込み

これは美味しい1品ですね。

 

 

tnri4.jpg

和牛ロースの細切り黒味噌炒め 蒸しパン添え

パンに挟んでいただくところですが、中身だけ食べました。結構味噌がきいた濃厚な味付けでした。

 

 

tnri5.jpg

オマール海老のチリソース

芝エビのチリソースと違ってオマール海老ですから。

 

 

tnri7.jpg

定番中の定番 四川マーボー丼

 

 

tnri6.jpg

トーガンと鶏肉の蒸しスープ。

薬膳の味のスープで滋養強壮に良さそうな味ですねー

 

 

tnri8.jpg

古典式杏仁トーフ

あっという間の2時間でした。翌々日のゴルフコンペは大雨の影響で延期になりました。

 

H顧問、本当に長い間お疲れ様でした、そして有難うございました。

 

 

このページのトップへ

2019年7月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tyoa1.jpg

ここに最初に来てからもう15年は経過すると思いますが、今でもたまに訪問しています。焼鳥メインのお店。おつまみとかもそんなに種類はありません。だから串メインなんです。当時からカレーがあったのは今からすればすごく先進性があるというか、カレーブームだからというわけではなく昔から。

(プリプリしたぼんじり)

 

tyoa2.jpg

(とりみ)

何度も来ているのですが、このブログに掲載したのも1回きり。しかも12年以上前とは。ここはカウンター席とテーブル席4x3

 

tyoa3.jpg

(やげん)軟骨部分と肉部分の絶妙バランス

15年前と比較したらお酒の種類も格段に増えています。日曜日の夜やっていることがいいですね、平日は結構混んでいますし。いや日曜も電話して行った方がよいですが。

そしてワインやスパークリングワインのデミボトルなどが置いてあることも嬉しいし、焼酎の種類も豊富。

 

 

tyoa4.jpg

(すなずり)

私は食べません

 

tyoa5.jpg

(ねっく)

 

 

tyoa6.jpg

(皮、しお)

 

 

tyoa7.jpg

必ず頼む(つくね)

 

 

tyoa8.jpg

(粗挽きソーセージ)


 

tyoa9.jpg

(しらたま)

 

tyoa10.jpg(手羽先)


普通は外観、メニュー、料理という流れなのですが、今日は珍しく料理だけ撮影しました。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2019年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨年10月にリニューワルオープンして2度目の訪問です。ブログ掲載はリニューワル前もしていますが。休日に訪問しましたが外まで行列でした。十割そば3枚まで無料だからそこがポイントなんでしょうか。

 

tnmm6.jpg

最近撮影用に使っていたSONY RX100M3が故障したので、I-PHONEを使っていました。しかしストロボ他の修理に出したら買う(6万円)より高い8万円って。なんなんでしょう。だからソニーはもうやめて最近出たリコーのGR3にしました。ソニーのRXシリーズは外装も傷に弱いし。単焦点レンズで画質がいいことで知られるカメラです。

 

おそばお一人様3玉まで無料。これが受けているのでしょう。

 

tnmm1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

メニューが少し変わったようです。天然刺身の有り無しが選べるようです。刺身を付けなければ1000円以内に収まります。

 

 

tnmm2.jpg

天ぷらが付くメニューも。

 

tnmm4.jpg

同行者が頼んだ 天ぷら(海老2本と季節野菜)と自家製十割蕎麦定食 1170円。そばは1玉。これが3玉とは相当なボリュームだわ。

 

 

tnmm5.jpg

刺身は3種類

 

 

tnmm3.jpg私は豚生姜焼きと自家製十割蕎麦定食 910円。蕎麦は2枚にしてみました。結構なボリュームでお腹がいっぱいになりました。これに加えて 自分で作る人参ジュースが飲み放題。

 


リニューワルしてもボリューム〇 藁焼き てんまや 熊本

 

食べログ(掲載時点 3.44)

かなり上がってます


 

このページのトップへ

2019年7月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fujita12.jpg

土用丑の日(今年は7月27日、土)が近づいてくると、鰻が食べたくなりますね。体が欲するのでしょうか。冬でも食べていますので、そういうわけではないと思いますが。今回は白金台というリッチな感じのする土地にある、うなぎのお店に土曜日に訪問。平日だろうが土曜日だろうが少しゆったりしたセレブ空気感のある街。


こちらは2016年にオープンした静岡、浜松の鰻の有名店の支店。四代目であり唯一の東京支店。IGAXビルの3階にあります。路面店ではないため注意して歩いていないと通りすぎそうです。

 

 

fujita11.jpg

エレベーターで3階にあがると、エントランスがこれ。一瞬で和の雰囲気のお店の前に来るこの瞬間の心地よさ。

 

 

fujita10.jpg

入口には焼き場も見える6席のカウンター席。店内は結構広いですね。上質で綺麗な空間。カウンター席で夜というのもいいですね。

 

 

fujita9.jpg

プラチナ通りに面している側。後程、カップルで白ワインボトル組というまた「美味しそうな」。やはり土曜日の東京は違うね。

 

 

fujita7.jpg

いやいや美味しそうな鰻の雰囲気がある。

 

 

fujita8.jpg

うな重も3200円からとプラチナな地区にしてはそんなに高い感はないかも。

 

 

fujita6.jpg

う巻は今日はやめておこう、うな重(花)とノンアルコールビール

 

 

fujita5.jpg

隣にいた女性1人はコース料理を召し上がりになられていました。

夜ならうなぎづくしコースとかいいでしょうね。

 

 

fujita4.jpg

しばらくして到着。雰囲気もとてもよいし、サーブされるのも上品でなかなか宜しい。

 

 

fujita3.jpg

アメ色に焼かれた鰻。ふっくらした鰻だ。香モノは奈良漬、キャベツ、たくあん。

 

 

fujita2.jpg

分量的にも十分、ご飯は普通をお願いしました。

 

 

fujita13.jpg

ご飯は一粒がしっかりしたものですが、軽く盛られており粒がパラパラ状態になって、お箸では食べづらくスプーンが欲しくなる感じ。もう少し固めに抑えてあったほうがよいと思ったのですが。

 

 

fujita1.jpg

これはかなり、肝控えめな肝吸い。

 

日本酒、ワイン色々と取り揃えているのが嬉しい。夜ユーズも落ち着いていけるお店です。

 

うなぎ藤田ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.65)


 

 

このページのトップへ

2019年7月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lau12.jpg

外苑前は11年も勤務した会社がある場所。このあたりもランチに訪問していた場所なので、懐かしい思いとエネルギッシュだった時代を思い出す場所。以前の同僚と訪問。外苑前に2018年11月にオープンした新しいフレンチ、L'EAU。黒いのが扉と思って押したら開きません。右側が入口。

 

 

lau11.jpg

店内は黒ベースのシックな雰囲気。ローとはフランス語で水を表します。東長崎で「セビアン」というレストランをされていた清水崇充さんが独立されてローをオープン。

 

 

lau10.jpg

素材名だけを記載したメニュー。

 

 

lau6.jpg

水 葉 土 石

最初の一皿から盆栽みたいな料理が出てきたなぁと、かなりインスタ映えする一皿。4つだけ食べることができる。かなりフォトジェニックすぎて苔とかすごくて庭のようだ。

 

 

lau7.jpg

これも食べれるところ、子豚・オリーブ・タイム

 

lau8.jpg

絵が上手なスタッフが書いた説明書のようなものをくれた。

 

 

lau4.jpg

鰯 馬 大葉

 

 

lau3.jpg

鰻 菊芋

 

oau2.jpg

菊芋のカリカリ感と鰻のまったり感がマッチング

 

 

lau1.jpg

鮑 賀茂茄子

 

lau20.jpg

量的にヘビーでない分量が続いていくので食べ飽きない

 

 

lau19.jpg

鮎 沢蟹

この時期よく出てくることの多い鮎。あまり好きではないのでお伝えしておくべきだった。

 

 

lau18.jpg

経産牛 ズッキーニ

経産牛と書いていないほうがよい。フレンチで書いてあるの初めて見ました。赤身です。

 

 

lau17.jpg

枇杷(びわ) フルムダンベール

 

lau16.jpg

抹茶

 

lau15.jpg

パリパリ崩して

 

lau14.jpg

食感が良かった。

 

 

lau13.jpg

プティフールは石の上に

ピーナッツみたいなキャラメル。1つは本物のピーナッツ

葉っぱみたいに見える緑色は本当のチョコレートで食べられる。

マカロン

 

 

lau9.jpg

DRAPPIER

 

lau5.jpg

DEMESSEY 

Chassagne-Montrachet 1er Cru En Virondot 2000
シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ アン・ヴィロンド

シャサーニュ森の斜面最上部に位置する孤高の一級区画。豊満な果実味とたっぷりとしたミネラル感が特徴です。新樽率30%。 

 

 


食べログ(掲載時点 4.05)

 

 


このページのトップへ

2019年7月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ホテル日航熊本桃李にて会合ディナー。メニュー表はありませんでしたが、前回も海苔で巻いて食べる春巻きがあったようですね。

あいにく今は飲茶や春巻き系は頂かないのですが、チャーハン美味しかったです。

 

taoir6.jpg

taoir5.jpgtaoir4.jpgtaoir3.jpgtaoir2.jpgtaoir1.jpgtaoir8.jpgtaoir7.jpg

 

ホテル日航熊本 桃李

ホテル日航熊本 桃李 ランチ

 

食べログ(掲載時点 3.02)

このページのトップへ

2019年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

東京駅で日本酒飲みながら焼鳥食べたいというリクエストで、私が知っているお店をリストしたらここしかありませんでした。皆さん歩くのもかったるいようなので。あべや北町ダイニング店です。場所は知っていましたが初訪問。2階にあるためかレストランへ行く目的がないと入ってくる人も少なく穴場ですね。

 

 

abey11.jpg

あべやの親子丼はもう当ブログでは3回も掲載している。

 

abey10.jpg

秋田比内地鶏生産責任者の店

焼鳥は初めてだ。

 

abey9.jpg

ほろ酔いセットやちょい飲みセットがあるあたりが駅居酒屋といった感じです。

 

 

abey8.jpg

食サンプルはなくてもいいと思うのですが、初めての人には助かりますね。外国人とか。

 

 

abey7.jpg

お付だしといぶりがっこ

 

abey6.jpg

日本酒。

鳥海山超辛口電口にしましょう。

 

abey4.jpg

+15ということで切れがある。疲れた体にしみわたる。

 

 

abey5.jpg

何サラダか忘れましたが

 

 

abey3.jpg

出し巻き卵。玉子が美味しいからうまい。

 

 

abey2.jpg

焼鳥6本セット 2200円。

プリプリですね。歯ごたえのある食べ心地の鶏が比内地鶏。

もちろん1人で6本は多い、大き目だし。


abey1.jpg

最後の〆は親子丼 1100円、今日は極上でなく普通の。シェアして頂きます。サク飲みで美味しい日本酒と美味しいものが食べれれば満足。


本家あべ家 神楽坂店 比内地鶏の親子丼

本家あべ家 神楽坂店(2) 比内地鶏極上親子丼

たまに食べたくなる親子丼 本家あべ家 東京・KITTE

あべやが正しいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.49)

 

 

このページのトップへ

2019年6月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

業界関連の周年行事があり、明治記念館に。

皇室にゆかりある落ち着いた場所です。

 

mekii1.jpg

メニューは一度試食会で食べています。

 

 

mekii7.jpg

オードブルプレート6品。全国各地の食材ということで1皿に盛られた1皿。

そんなに凝ってある品というわけではないです。

 

 

mekii5.jpg

帆立貝の冷たいクリームスープ カラスミと共に

 

 

mekii4.jpg

甘鯛のパヴェ 海苔の香り 温泉卵とキャビアのオリーブオイルの軽いソース。

海苔が結構のっていてインパクトあるのですが、写真に撮るとあまり映えませんね。


 

mekii3.jpg

国産牛ヒレ肉のグリエと野菜のロースト添え 柚子胡椒ソース

試食ではオーストラリア肉と食べ比べしましたが、やはり高くても国産牛ヒレが美味しい。

 

 

mekii6.jpgワインはムートンカデ。バロンフィリップで価格は安くよいのですが、白はボルドーではない方が良いんですが。予算の都合もありますので。

 

明治記念館ホームページ

 

 

このページのトップへ

2019年6月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

coci7.jpg

恵比寿から渋谷橋方面へ3分。川沿いに建つ一軒家のレストランがCOCI(コチ)。以前から気になっていたのですが、初の訪問。2005年オープンだとか。橋のすぐそばなので、気になって入る人も多いと見受けます。川沿いに申し訳なさそうに、極小地に建つ極狭住宅のような趣きが興味を引きつけるんです。

 

 

coci6.jpg

パッタイとかアジアンフードのお店です。このそばに別のタイ料理のお店もある。

 

 

coci5.jpg

丁度パッタイも食べたかったし、それにするか。

 

 

coci4.jpg

1階はカウンター席と2名かけのカウンターテーブル。奥にソファー席。キッチンなどがある関係で1階はそんなに広くないですね。


 

coci1.jpg

2階にあがればそんなに窮屈感は感じません。窓が大きいせいもあるでしょう。

 

 

coci3.jpg

パッタイ 1100円にします。

知ってます、料理屋さんなどでは 1100(円)と円を描かない方が、お客さんが注文するらしいです。

xxワイン 8900と書いた方が、記号と認識し 8900円と書くより単価が上がるらしい。

 誰も1100タイバーツだとは思わないでしょう。


 

coci2.jpg

調味料4種と。サラダはもやしと野菜の至ってシンプルなもの。

 

 

coci10.jpg

もやしも麺もボリューム的に適当でオッケーなパッタイ。ピーナッツをふりかけるのではなく添えてあるのは心配りですね。個人的にはパクチーも欲しいのですが。

 

coci11.jpg

パクチーの代わりに調味料で味を整えて頂きます。

 

 

coci9.jpg

お腹空いていたし美味しいです。

 

coci8.jpg

かんきつ系デザート。

隣のカップルさんは、昼から白のボトルワイン開けていて美味しそうでした。ここはオーガニックワインとか置いているようです。

東京は昼からお酒を飲んでいる人が多いわ・・・


COCIホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

このページのトップへ

2019年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

 

 

 

 

spt11 (18).jpg

埼玉県川越に来ました。川越は川越と名前が付く駅が3つ集中しています。川越(JR)、本川越(西武)、川越市(東武)。本川越が真ん中にありこの周辺は結構発展しています。川越といえば「うなぎ」が思い浮かびますし、確かに美味しいのですが、うなぎだけだと時間が持ちませんので、地元の美味しい所を検索して「すぺいん亭」に。まんまスペイン料理のお店です。本川越からタクシーで10分弱という距離。

小川菊のうなぎも美味しかった

 

spt11 (17).jpg

長い歴史の中で作り上げられてきたスペインの伝統料理をより多くのお客様に「おいしい」と言って頂けるよう創業以来約30年、努力して参りました。中でもスペイン料理の華“パエリア”では、1982年に5.5mの大鍋ギネス記録を樹立また、本場バレンシア・スエカのパエリアコンクールに、アジア人として初めて挑み、以後、女性スタッフを含め国際部門では1位を6回、総合ではアジア人歴代最高位の2位を獲得するなど、数々の挑戦と記録を重ねながら、店でも屋外でもおいしく炊き上げる技術を磨き続けています。
世界で"No.1"に輝いたエリアをはじめバスク、カタルーニャ、ガリシア、ラマンチャ、アンダルシアなどスペイン各地で育まれた逸品を、どうぞごゆっくりご堪能ください。 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページから。


相当、パエリアがいいらしいです。店の前にも鍋が。でけー

 

spt11 (19).jpg

こうして記念撮影する人、います。

 

 

spt11 (20).jpg

店内に入ると異国空間ですね。これは

 

spt11 (21).jpg

体育館みたいに天井が高くて、モザイク、ステンドグラス、ガウディの建築物風オブジェなど、異空間でまるでスペインへ来ちゃったんじゃないの的雰囲気。

 

spt11 (4).jpg

ワインは地下セラーから選んでくださいと。

なかなか面白いです。この雰囲気好き。

 

spt11 (2).jpg

スペシャルディナーコースの一番高いやつ ちがった、 一番安いやつ 3500円を頼んでいました。

足りない場合など個別に追加すればいいと最近思います。

 

 

spt11 (1).jpg

これ以外にもメニューありました。

 

 

spt11 (3).jpg

ハモンイベリコは追加オーダー。生ハムと白ワインは必須です。塩気もあり脂分が少しとろけるあたりが美味しい。

 

 

spt11 (5).jpg

前菜盛り合わせ。ムール貝の空貝に一口サイズのオードブルが。これは4人前です。

 

 

spt11 (6).jpg

スペイン風じゃがいもオムレツがボリューミー

 

 

spt11 (11).jpg

追加でオーダー トリッパ

なかなか旨いです。これは適当に作っているわけがない。

 

 

spt11 (9).jpg

海老のアヒージョ。これもいいです、オイルをパエリアに垂らして食べると美味しいよ、とお店の兄ちゃんが教えてくれました。

 

 

spt11 (10).jpg

コースのマッシュルームのワイン煮。濃厚なソースだ、これは旨い。

 

 

spt11 (12).jpg

皿に取り分けて頂きます。


 

spt11 (14).jpg

コースのガスパチョ

トマトの冷製スープです。

 

 

spt11 (15).jpg

お腹もいっぱいになってきたところで、パエリア。

めちゃくちゃ具沢山。そしてお米もアルデンテで美味しいわ。さすがギネス世界一とったことあるパエリアだ。レモン絞って食べると美味しいねー。久しぶりにパエリア食べたけど、やっぱりこんな大鍋が雰囲気でていいですね。

 

 

spt11 (16).jpg

カプチーノ

 

spt11 (7).jpg

 

マーティン・コダック アルバリーニョ 

古くからスペイン最高の白ワイン産地として知られ、ブドウも「ペルゴラ」と呼ばれる棚栽培で、そこで作られる品種は、「ガリシアの女王」の異名を持つこの地方が誇る独自品種の「アルバリーニョ」

 

spt11 (8).jpg

ドゥルシネア・ソービニヨンブラン

 

 

spt11 (13).jpg

プレディカドール

生産地 ラ・リオハ州D.O.C.リオハ/ La Rioja
原材料 ブドウ(テンプラニーリョ、マスエロ)

 

すぺいん亭ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.60)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ザ・プリンスパークタワーにて業界関連の総会ディナー

 

jsour5.jpg

マグロと真鯛のタルタル仕立て キャビア添え

帆立貝のマリネ ビーツソースとヴィネグレット


タルタルは結構大きくて食べごたえあり。


jsour4.jpg

百合根のフランに蕪のクリームポタージュ

 

 

jsour3.jpg

モッツァレラチーズでグラチネしたオマール海老のムース詰めグラタン プロバンス風ケークサレ添え

どっしりとした濃厚味、特にチーズがかかっているのもある。


 

jsour2.jpg

牛フィレ肉のポワレとフォアグラソテー ロッシーニ風 芳香なトリュフソース

今日は三大珍味(キャビア・フォアグラ・トリュフ)が全部入っていますね。

 

 

 

jsour1.jpg

ココナッツのブランマンジェ フルーツ飾り マンゴーソース

玉子っぽく見える

 

昨年はこんな感じでした。



 

このページのトップへ

2019年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kmta11.jpg

東京駅近辺でお蕎麦を食べようと思い、調べたら丸の内オアゾというビルにお店がありましたので訪問。丸の内の北側になります。丸の内ホテルがそばにあり、本屋の丸善が入っている商業ビルの5Fに「小松庵」はあります。

 

 

kmta10.jpg

こちらです。小松庵は駒込が本店のお蕎麦屋さんで大正11年創業の老舗。現在は駒込、丸の内オアゾ以外に新宿高島屋、二子玉川ライズ、渋谷東急東横、ソラマチの6店舗があります。静かな雰囲気がある高級なお蕎麦屋さんの雰囲気。

 

 

kmta8.jpg

ざっとメニューをみても平均客単価2000円弱といったところでしょうか。東京だから成り立つ価格ともいえますね。

 

 

kmta9.jpg

「出し」にもこだわりがあるお蕎麦屋さんです、今日は食欲がないのでそば店を選択。

 

 

kmta7.jpg

ランチメニューの天箱 1800がここの一番人気メニューと推測がつきます。

 

 

kmta6.jpg

おまかせ天付き で3400円です、この価格となると鰻と同レベルなんですね。

 

 

kmta5.jpg

冷たいそばも。小ぶりせいろ 630円が普通の安いそば屋の普通盛り価格ですね。小ぶりのものはおつまみなどをいただいて〆に食べるサイズのものでしょうか。

 

 

kmta4.jpg

玉子とじで 1600円で。つけ汁 ごま蕎麦にしました。

1850円という価格には、リーズナブル感はありませんが

もちろん別途消費税

 

kmta1.jpg

こちらです。

野菜が付いています、そばの量は普通です。

 

kmta3.jpg

久しぶりに蕎麦の味を楽しみましょう。

 

 

kmta2.jpg

ごまダレに付けるとやっぱり蕎麦の風味が無くなりますね。普通のもりが良かった。ここのお店は日本酒とアテで、最後軽めのそばで〆る江戸スタイル的使いが良いのでは・・と思いました。

 

 

小松庵ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

このページのトップへ

2019年6月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tnsm2.jpg

フォーチュンガーデンでの立食から1軒はさんで、こちらのお店へ。河原町にあるとんかつ屋さん。私の友人は何度も来たことがあるらしく、気に入っているので連れてきていただきました。とんかつ屋さんというより、バーの雰囲気です。

 

 

tnsm3.jpg

入口にはとんかつ清水と和筆記なのが京都らしく。そしてここは極厚カツサンドで有名らしく、一種の深夜自虐的グルメ品らしい。

 

 

tnsm4.jpg

天井などには色んな方のサインなどが。和紙作家の堀木エリ子さんのサインも。腹の底からのパッション。うん、その隣には腹の上のクッションと書いてあるなぁ。

 

 

tnsm5.jpg

カウンター席のみです。カツサンドが出てくるまで30分はかかるから飲みながら待つのがふつう。カツサンドオール1500円。

 

 

tnsm6.jpg

飲み物を照明で照らしてくれた。


 

tnsm7.jpg

4cmはあろうかという極厚カツサンド。丸太のようですね、これはカット前。カツサンドは私の禁食リスト入りしているのですが、今日だけはいいか。

 

 

tnsm8.jpg

カットしたらあまりにもジューシーなので、バーナーで少しあぶり

 

 

tnsm9.jpg

完成。注文していないのですがたぶん3切で1500円なのか。衣という衣はついていなく、まさに肉。

 

 

tnsm10.jpg

思ったよりシンプルな味です。ソースが比較的あっさりめなためでしょう。


 

tnsm11.jpg

とにかく分厚い。酔っていたし1切れしか食べなかったけど、かなり大口にしないと口に入らない。

 

 

tnsm1.jpg

道端の端っこに花を咲かせている雑草。普段はあまり気にならない風景が気になる時もあるから不思議。

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

このページのトップへ

2019年6月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fgard1.jpg

フォーチュンガーデン京都。京都市役所とホテルオークラのすぐ近く、京都の中心地。国会議事堂の設計で知られる日本近代建築の巨匠武田五一(たけだごいち)氏の作品の1927年に誕生した島津製作所旧本社ビル。2012年にレストラン・ウェディング・パーティーのスペースとして生まれ変わっています。


 

fgarad2.jpg

今回は立食パーティの会場として訪問。古い建築物は好きなので結構テンションが上がります。

 

 

fgrard3.jpg

SINCE1927と書いてあります。


 

fgard4.jpg

入口も重厚感があって良いですね。

 

fgard10.jpg

エレベーターもかなり古い歴史ものでしたが、階段なんかの照明もレトロな雰囲気がしていいです。

 

fgard5.jpg

1階のレストランスペースも天井が高く、居心地がよい雰囲気が。

 

fgard6.jpg

京都らしく中庭スペースにも竹を使ってあります。屋上は夏季にはビアガーデンのようなテラススペースになるとのこと。ここも快適に違いありません。

 

 

fgard9.jpg

立食パーティでした。色々と食べるものはありましたが。

 

fgard8.jpg

生ハムとワインとか

 

fgard7.jpg会場スペースも人数の割にはたっぷり余裕があって快適でした。京都旅行でこういうビストロで食事というのもいいかなと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

フォーチュンガーデンホームページ


 

 

このページのトップへ

2019年6月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fleu14.jpg

久しぶりの熊本ネタのような気がします。天気が良かったのでドライブがてら南阿蘇に。空気はクリアーとは言えないものの新緑まぶしい季節は気持ちが良いですね、というか今日は阿蘇も30度を超えるとかで、本当かいな。ランチは一度行きたいと思っていた、山の洋食屋フレールに。13時すぎていましたので休日・人気店ながら待たずに入店できました。熊本方面からだと俵山トンネルを抜けて阿蘇望の郷くぎのの少し手前の左側。

しかし道の駅のモンベルのお店はこんな場所に、すごいなぁと思う。


 

fleu13.jpg

店の中からは阿蘇の山々が見えて気持ちいい。観光客にも嬉しいスポットですね。


 

fleu11.jpg

メニューはセットメニュー、オムライス、カレーなど洋食ものが沢山ありますが、赤牛ものもおすすめですね。


 

fleu12.jpg

私はこれを食べたくなった。

 

fleu10.jpg

同行者は他のメニューをセレクト。

 

 

fleu9.jpg

サラダ。手作りドレッシングが売ってあって美味しいので買って帰りました。

 

 

fleu8.jpg

たっぷり野菜の入ったスープ

 

 

fleu6.jpg

ビーフシチュー

5時間ほど煮込んであるらしい。

 

 

fleu5.jpg

結構ボリューム感(180g)があった赤牛ハンバーグ。赤牛らしく牛脂が沢山というわけではなく、肉の旨みを感じるハンバーグでした。

 

 

fleu4.jpg

帆立。大ぶりな北海道産ホタテが沢山入っていました。皿はフラワー柄でした。こちらのお店は2018熊本・大分のミシュランでビブグルマンに選定されているのです。店舗入り口にステッカーがありました。

 

 

fleu3.jpg

パン、白米、玄米と選べる

 

 

fleu2.jpg

コーヒーカップがオシャレで。

 

この写真を見るとドッグランのお店が出来る前はもっと見通しが素晴らしかったんですね。

 

 

fleu1.jpg

白水水源の源泉を見て。いつ来てもココは気持ちがいいスポットですね。

 

食べログ(掲載時点 3.20)

 

 

このページのトップへ

2019年6月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tos4.jpg

会食で訪問、東京高輪 品川グースの3階にあります、加賀料理 大志満昭和46年開業。ここは今は巨大なビジネスホテルになっていますが、以前はパシフィックホテル東京といって、都内でも有数のシティホテルでした。といっても以前から京急系列には変わりないのですが。パシフィックホテル時代はフランス系のル・メリディアンとも提携していましたね。いずれにせよ以前の重厚感が無くなってはいますが。

 

 

tos12.jpg

加賀料理は石川県以外では食べたことがありません。今日は懐石コース。大志満は東京・横浜に6店舗あるとか。

 

 

tos11.jpg

小松菜と桜海老

 

tos9.jpg

よもぎ豆腐

蛸とじゅんさい

金時草のひたし

とうもろこし真蒸

白海老のこの腸かけ

 

 

tos8.jpg

鱒の蒸し物

 

 

tos6.jpg

造り

特にぐぐっと来る料理も少なく


tos5.jpg

治部煮

あんまり好きではない

 

tos3.jpg

鱒のうに焼き

 

tos2.jpg

稚鮎と丘ひじき

tos1.jpgtos7.jpg

今回なんと、森伊蔵が飲み放題焼酎に入っているのが驚きで。普通どうかはわかりませんが、一休などのプランでも森伊蔵プランとかあるようです。HPみると森伊蔵フェアとかもやっていますね、森伊蔵酒造と昔からつながりがあって手に入るんでしょうね。普通にボトルメニューを見せて頂いたら 4合瓶で12500円って・・・安いですね。もちろん普通の価格の焼酎と比べたら別格なプライスなんですがプレミア価格が通例の森伊蔵。森伊蔵の緑で18500円とは。これもびっくりなプライスですね。今日は皆さんは料理より焼酎でした。ワインなんかはフツーのイタリアワインでしたからね。

 

tos10.jpg

森伊蔵

 

大志満ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.57)

 

このページのトップへ

2019年6月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム


kbsi3.jpg

ラーメンの街喜多方でも御三家といわれる坂内食堂の系譜のラーメン店です。今や全国、海外にも広まった坂内、今から30年以上も前に東京の1号店に行ってます。はじめて訪問したのは社会人1年目の時に先輩と外出の際に連れられて。大手町に外出して、内幸町のガード下にあった坂内に。その先輩はいつも11時のアポイントをしていたな、帰りにラーメンとか食事して帰るためだろう、思い出す。そして笹塚に住んでいた時も近くに店があったのでお世話になりました。


あっさりしながらもコクのあるスープ、平麺の麺、そしてチャーシュー麺を食べたくなる超トロトロボリューミーなチャーシュー。坂内食堂喜多方ラーメン 坂内に数年ぶりに訪問しましたよ。あのトロトロチャーシューが食べたくなりまして。場所は新橋汐留シティセンター店。何度か来てます。


 

kbsi2.jpg

チャーシュー麺は970円。これだけボリュームがあると思えば安い。しかもラッキーなことに訪問した時にチャーシュー祭りをやっていて、150円引き。

チャーシューラーメンと炙り焼豚ご飯、味玉がセットになったのを注文。

普通の炙り焼豚ご飯セットが980円でチャーシュー麺変更で+300円そして今日は祭りでー150円。

ということで1130円。

 

 

kbsi1.jpg

麺が見えなくなるまで覆われたチャーシュー麺。14枚ははいっています。チャーシューご飯に3枚。合計17枚。

ここのチャーシューは本当にやわらかくて美味しいから。女性のファンも多い。汐留シティセンターは働いている人が多いからすぐ満席になって行列でした。

 

 

 

kbsi6.jpg

スープはすっきりしている味なのですが、コクというか塩分もあり飲み飽きない。飲みすぎはよくないのだが。もちろんこのチャーシューとの相性も抜群。豚骨スープなのですが、ギラギラ感もなく。数年ぶりにいただいてもあの頃の味と変わっていない。自分の舌もいろんな旨いものを食べても、このラーメンは旨いと感じる。やはりラーメン好きなのだ。


 

kbsi5.jpg

残念ながら麺は完食できないので、チャーシューご飯を食べます。美味しいですし、玉子を丼に入れていただくのもいい。

 

 

kbsi4.jpg麺を完食しないでこんなに腹いっぱいになるとはどういうことだ。そういえば昔もチャーシュー麺を食べたら腹いっぱいになっていた20代の頃を思い出した。


坂内のこのラーメンはまた食べようと思いました。坂内ラーメンは九州にはありません。関東で食べるのがよい。1000円でこんなに満足感を味わえるのだから。

 

坂内ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

このページのトップへ

2019年6月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tdk1.jpg

那覇でイタリアンをということで予約してこちらのお店に。てだこ亭。公設市場から路地に曲がってやってきました。てだこというのは沖縄の言葉で太陽の子供。アットホームなお店で飯塚みどりシェフが1人で全て切り盛りしているお店とのことで、急ぐ方には不向きなお店。やがて20年にもなるお店です。

 

 

tdk2.jpg

テーブル、こあがり席で約20席ほど。忙しそうでヘルプされる方は募集されているとのこと。こちらはこだわりの食材で沖縄県の食材で提供するイタリアンと聞いてます、値段もそんなに安くないと。

 

 

tdk3.jpg

太陽(ティーダ)サラダ 1200円

 

 

tdk4.jpg

一人でも少ないかなっていうボリュームなんですね。

 

 

tdk5.jpg

スペシャル前菜盛り合わせ いろいろな食材が入ってます。 2人前3200円、こちらは3人前。まぁ4800円ですね。

 

 

tdk7.jpg

チキンロースト どちらの鶏か忘れましたが5000円。

 

 

tdk8.jpg

クリーム系のパスタ 2000円

食材こだわりのお店です、好きなものを沢山食べていたら結構なお値段になる感じ、コース料理 3000?4000円からもあるそうです。


食べログ(掲載時点 3.67)

 

てだこ亭

 

このページのトップへ

2019年6月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jyu9.jpg

今年はANAの利用(第二ターミナル)が多い。羽田空港でランチということで検索して3階のテラスフードコートにあるこちらのお店に来てみました。自由が丘バーガー。わかりにくいのですが、左のお店はケパブのお店で右側がハンバーガーのお店。

 

 

jyu7.jpg

かなりこだわりのあるハンバーガーショップのようです、羽田空港、青山、自由が丘にお店があるようです。自由が丘バーガーというだけでなんかオシャレなイメージがありますね。国産牛100%パテたまご、乳製品不使用の天然酵母オリジナルバンズ、ニセコ産の有機じゃがいもを使用して、「自家製フライドポテト」


 

jyu8.jpg

ハンバーガー単品で950円からです。今回チーズバーガー1150円にオーガニックジンジャーエール、ポテトの+650円セットに。2000円近く、結構いい値段になりますね。

 

 

jyu6.jpg

木のフォークとナイフを使っていただきます。

 

 

jyu5.jpg

こんな感じです。ハンバーガーがめちゃくちゃビッグというわけではありませんが、ずっしりとしたバンズのパンですね。

 

 

jyu3.jpg

チーズのとろとろ感がいい。

 

 

jyu2.jpg

バンズは食べないので、分解してフォークとナイフでいただきました。こだわりのハンバーガーといったところでしょうか。

 

 

jyu4.jpg

ニュージーランド、カーマコーラ社のジンジャーエール。生姜の風味がして美味しい。普通に買っても結構なお値段(1本400円くらい)がするオシャレなボトルに入ったドリンクですね。お店にとっても普通のドリンクほどの利益商材というわけでもなさそうです。

 

 

jyu1.jpgGINGERELLA(ジンジャエーラ)に使用されている生姜は、スリランカ産とのこと。

 


自由が丘バーガー ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2019年6月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rrr (1).jpg

六本木リューズはミシュラン2つ星のフレンチレストラン。階段を下がっていくエントランスがいいですね。

 

 

rrr (2).jpg

ショートメニューのグレードアップバージョンで

 

 

rrr (12).jpg

スープ


 

rrr (10).jpg

キャビアと蟹とムースの3層。結構食べごたえがあり、しかしこれが一番食べたいもの。

 

 

rrr (9).jpg

島根産あわび

 

 

rrr (8).jpg

季節ものの鮎。鮎好きではない。


 

rrr (6).jpg

ビーフ

 

 

rrr (5).jpgrrr (4).jpgrrr (3).jpg

ビルカール サルモン ブリュット

 

 

rrr (11).jpg

シャサーニュモンラッシェ フィリップバカレ

 

 

rrr (7).jpgクロワゼバージュ ポイヤック

 

食べログ(掲載時点 4.15)

このページのトップへ

2019年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ndw10.jpg

東京で一番有名な鰻店といえば、ここ野田岩さんでしょう。創業は約200年前江戸時代寛政年間、第11代将軍徳川家斉の時に創業されました。野田岩さんは店舗は銀座、下北沢、日本橋高島屋、パリとあるのですが、ここ麻布飯倉本店は趣ある店舗です。東京タワーからもすぐ近くです。野田岩さんはミシュランで1つ星を取っているお店。


本店は蔵のような雰囲気のお店です、飛騨高山から合掌造りを解体して持ち込んだ古民家風。この蔵と裏のビルの建物は一体化しています。

 

 

ndw11.jpg

斜め前の陸橋から撮影するとこんな感じです。都内のこの場所に忽然と現れている由緒ある建物のような雰囲気。ここで重厚なる重箱を頂きます。今回はディナーで酒なしで訪問。

 

 

ndw9.jpg

5代目野田岩

超人気店です、東京では野田岩さんと尾花さん (以前の記事)はよく比較にされますが、どちらがどうではなく、それぞれの個性があり何とも言えないのではないでしょうか。

 

 

ndw12.jpg

暖簾をくぐると左手が1階のテーブル席、正面から2階に上がる階段があります。古民家風といったように中は落ち着いた重厚な空間です。消費税の他にサービス料10%がとられるだけあってか、和服の女性の方の丁寧なご対応。これも歴史の一つなんですね。

 

 

ndw3.jpg

雰囲気的にそば屋とは一線を画す落ち着きよう。

 

 

ndw4.jpg

鰻の形の箸置き

天然うなぎは4月から12月と書いてありますが、今日の重用の鰻は養殖鰻。

 

ndw5.jpg

お通しなども豊富です、ここは野田岩ならぬ逸品の「鰻の煮こごり」650円と おすすめの鰻巻き (1切れ540円)を2切れ行ってみましょう。本来なら日本酒や白ワインで白焼きとかいきたいのですが、今日はお茶。

 

 

ndw7.jpg

鰻茶

 

ndw6.jpg

(メニュークリック拡大、戻る)

 

ndw8.jpg

鰻重は 竹(丼)2300円

菊 3100円

萩 3900円

山吹 4600円

桂 5700円

鰻高騰の折、それほど驚くような価格ではなくなっています、逆に東京の超一流店ですから本当に妥当なプライスに感じてしまいます。今日は真ん中の萩にします。

 

 

ndw2.jpg

鰻の煮こごり

鰻のエキスが出た煮こごりですね。煮こごりってあまり食べないのですが、最初の一口、とても美味しいですね。フランス料理でいうテリーヌ的。するっと。白ワインが欲しくなる。

 

 

ndw1.jpg

箱が運ばれたので、うなぎかと思いきや鰻巻きでした。外はお熱いので触れないでくださいとのこと。やけに早かったので、作り置きかと勘違いしましたが、そうではないでしょうね。

 

 

ndw20.jpg

尾花ほどの鰻のエキスギューみたいな感じはありませんでしたが、上品な感じの鰻巻でした。二重構造でお湯がはいっており冷めないような配慮がされており、ちびちびと頂くことが出来ますね。固くしぼった大根おろし、山椒を使っていただきました。


 

ndw19.jpg

お重が到着しました。以外に早かったですね。

 

 

ndw18.jpg

鰻が縦に並んでいます。

 

 

ndw14.jpg

これが野田岩の鰻。どちらかというと表面カリっとした焼きではなく、見た目もふわっとした感じの鰻で舌の上でもふわっといく鰻。

 

 

ndw17.jpg

う巻もいただき、萩のボリュームで十分だと思いました。

 

 

 

ndw13.jpg

ご飯もべちょべちょしておらず、さすが一流店の炊きである。タレはあっさりしておる。

 

 

ndw16.jpg

香物3点盛りと大根おろし。口直しにも最適ですね。

 

 

ndw15.jpg

肝吸いは相当料理長の気合が入っている1品ですね、熱いのも仕様のうち。肝は1つ入っているタイプではなく固い部分が少しづつ入っている、むにゅっとした部分は入っていません。

 

次回は酒をいただきながら、鰻といきたい。

 

食べログ(掲載時点 3.88)

 

野田岩ホームページ

 

このページのトップへ

2019年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gthg11.jpg

JR恵比寿から渋谷橋方面へ徒歩で4,5分程度、わかりやすい場所にあるゴッサムグリルへランチに来てみました。もちろん夜がメインのお店です。2009年オープンですから10年くらい。

こちらのゴッサムグリルは系列店に渋谷・丸の内で有名なパン屋さんがあります。VIRON(ヴィロン)というお店です。東京のパンでも食べログで5本の指に入るというくらいすごいお店。

渋谷(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.94

東京(ヴィロン)食べログ掲載時点 3.88

 

兵庫県加古川のパン屋ル・スティルが渋谷に2003年フランス風の店舗とバゲットを売りにしたヴィロンを進出しこれが当たって、それから牧場経営へと、牛乳・バター・クリームを提供し更には自社牧場のステーキハウスを出店しようとされて出されたお店とのこと。

 

 

gthg10.jpg

繁盛店にはひきつける何かがあるはずですよね。

黒板に書かれたランチメニュー。チョップドステーキ・グリル・ハンバーガー。チョップドステーキと名乗るハンバーグを提供しているお店は少ないので特に気になりますね。


 

gthg9.jpg

近隣にはIT、外資系も多いとあってか、サラダメニューも充実。サラダとスープとのセットもあるようでした。男性一人でサラダ食べている方も複数名見かけました。常連さんぽかったです。

 

 

gthg7.jpg

店内は奥に細長くキャパは44席。

 

gthg8.jpg

左側は調理ブース、店内にもドライエイジングのビーフが吊り下げられていました。

 

 

gthg6.jpg

メニュークリック、拡大

今日は初めてですので、チョップドステーキ 真ん中サイズ 225g 1700円をセレクト

フレンチフライ、サラダ添え パン付き パンはヴィロンのパンがなんとた・食べ放題。


 

gthg5.jpg

夜のメニューをお伺いしたら黒板を持ってきていただきました。

Tボーンから各種シェアサイズから取り揃えてありますね。岡山ジャージーは1g換算46円。なんかうまそうですね。

 

 

gthg4.jpg

系列店ヴィロンのパンですと紹介があり4種盛が届けられました、1つだけ頂きました。バターも美味しかったです

 

 

gthg3.jpg

チョップドステーキ。焼き加減はミディアムとウェルダンの中間で

ソルトアンドペッパー、マスタード、ケチャップで好みの味に調整していただきます。まずはサラダから頂いていきます。

 

 

gthg2.jpg

肉肉しくて素晴らしい。噛みしめるとギュー(牛)って。

 

 

gthg1.jpg

肉だけの塊です。225gはどうかなと思いましたが丁度良かったです。飽きずに食べることができました。ゴッサムグリルでは夜にワインとステーキというのも良さそうですね。

 

食べログ(掲載時点 3.69)

 

このページのトップへ

2019年6月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gsi11.jpg

維新號はついに明治・大正・昭和・平成・令和と5時代をかけた中華料理屋さんになりました。ルーツは明治32年(1899年)までさかのぼり、中国人留学生向けのお店は時代を経て、日本の経済界や財界からも支持を受ける中華料理店となりました。赤坂維新號銀座というとお店が赤坂にあるのではと思ってしまう。以前は赤坂にあって赤坂維新號と呼ばれていたようだ。

 

 

 

gsi10.jpg

今回は会合にて訪問。地階の個室は窓もなく個人的に息苦しい感じであまり好きではない。

 

 

gsi9.jpg

今日のメニュー。ここの名物はフカヒレの土鍋煮込みという。

 

 

gsi8.jpg

前菜盛り合わせ

 

gsi6.jpg

白木くらげと鶏肉のスープ

 

 

 

gsi5.jpg

大海老の三色風味

海老チリ風味、海老マヨ風味、バジルっぽい感じか

 

 

 

gsi4.jpg

ふかひれの土鍋煮込み

 

 

gsi15.jpg

具は青菜とフカヒレのみとシンプルです。フカヒレのあんもとろっとしており、結構どっしり感のあるフカヒレスープですね。

 

 

gsi1.jpg

北京ダック

1人1切。あまり好きでない北京ダックだから十分。

 

gsi2.jpg

お肉は用とされないようです。アジアではお肉でチャーハンとか