九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2018年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

HEROKK6.jpg

熊本駅新幹線口改装された、肥後よかモン市場の中にある大漁食堂 HERO海さんに行きました。今日は何を食べましょうか、和食ということは決めていたのですが。


 

HEROKK5.jpg

丼やカレーがメインのようですね。

 

HEROKK4.jpg

海鮮丼、マグロ丼、天丼、豚バラ焼肉丼

 

 

HEROKK3.jpg

漁師のまかない丼やカレーやから揚げもあるけど、人気NO.1という海鮮丼 1,382円にしてみましょう。確かにこれを頼んでいる人も多い。

 

 

HEROKK2.jpg

魚4種類(かつお、サーモン、鯛、なんだろう)、海老、ちりめん、いくら、たまご。

味噌汁は普通の味噌汁。魚とかが入っただしがある味噌汁だと嬉しんです。

 

 

HEROKK1.jpg

丼用のタレを上にかけていただきました。

駅ですのでさっとすませて、新幹線。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月24日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

業界関連の総会がありプリンスパークタワーに訪問。

昨年もここでフレンチをいただきました。400名弱と大きな結婚式クラス。

 

pptt1.jpg

昨年と比べていかに。

 

pptt2.jpg

サーモンマリネのジュレシート 魚介と小さなサラダ

水彩画のような爽やかなグリーンピュレと柑橘のアクセント


 

pptt6.jpg

ぶれてしまいました。

フォアグラのフラン 林檎のコンポート添え ガルバドス風味


 

pptt3.jpg

舌平目のファルシとラングスティーヌのポワレ

野菜の軽いトマト煮込み クレーム・ド・ボワブロンルージュ

 

 

pptt4.jpg

国産牛フィレ肉と木の実入り牛パテのルーラード パイ包み焼き

茸のデュクセル ソース・マルシャン・ドヴァン

 

 

pptt5.jpg緑すぎる

抹茶のモワローショコラ フルーツ添え 木苺ソース

 

昨年の記事メニュー

プリンスパークタワー東京  宴会ディナー

判定 2018年 (2017年に対し)

前菜  △

スープ 〇

魚  〇

肉  △

デザート △   2勝3分けで 昨年と同じ感じ。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

syer1.jpg

仕事の関係で早ランチしなければならなく、宿泊先のシェラトン都ホテル(白金台)でとることにしました。しかし通常のレストランは11時30分からでそれでは間にあわないので、10:30から営業しているカフェバンブーで。

このホテルの周辺は飲食店が少ないんです。コンビニまでも歩いて7,8分はかかりますし。

 

 

syer3.jpg

以外と食べれるメニューが少ない。

 

 

syer2.jpg

食べれる選択の中から、オムハヤシ 2300円。 税サ込だからこの値段は都内ホテルではありの値段。サラダもスープも何も付かない単品だけど。でもコーヒーはプラチナカードでフリーになる。

 

 

syer4.jpg

オムハヤシ到着。オムライスの上にソースがかかっているのを想像したけど違うものだった。我々業界関係者はすぐわかるこの卵。朝食などでも使用されるスクランブルエッグですね。

 

 

syer5.jpgこれは卵に換算したら相当な量はあるでしょうかね。見た目通りのボリュームで少し残してしまった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.09)

このページのトップへ

2018年6月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sptn16.jpg

赤ワインをボトルで

BURGUNDY  LE CHAPITRE VIELLES VIGNES 2014

DOMAINE JEAN FOURNIER 

お店の人のおすすめもあって、あんまり聞きなれないこのワインにしましたが料理に合って軽やかで美味しいワイン

 

 

sptn18.jpg

スプートニクのシグネチャー料理2

華やかな薔薇を形どった『薔薇ビーツとフォアグラ』

細かい仕事の料理ですね。華やかに驚きます。

 

 

sptn19.jpg

綺麗な料理です。

 

 

sptn33.jpg

オマール海老とアボカド
ココナッツのムース はちみつ、バニラ

1つ1つの量はそんなにないんですが、品数とワインでお腹いっぱいになりつつ。

 

 

sptn22.jpg

キノコづくし
中には卵 サマートリュフのパウダーと液体窒素で瞬間冷凍させたキノコ

 

sptn23.jpg

かなりインパクトを感じます。これも美味しい料理。

 

 

sptn24.jpg

クエ ボイルキャベツ

発酵させたキャベツのソース

皮パリ身はやわらかく。


 

sptn25.jpg

牛肉

どこかのも覚えていないわ。しかしとろけるようにやわらかく、最高。

 

 

sptn26.jpg

いよいよデザートですよ。

 

 

sptn27.jpg

日向夏みかんのスフレ
酒粕の瞬間冷凍シャーベットをたっぷりかけて

さっぱりして美味しい。フランス料理のデザートは別腹だわ。


 

sptn28.jpg

デザートが美味しいので、カナダのアイスワインを飲むことにしました。アイスワインは貴腐ワインですが、ドイツ・オーストリア・カナダ産のものをそう呼びます。ソーテルヌ(フランス)の貴腐ワインは有名ですよね。

 

 

sptn29.jpg

今日一のデザートがこちら。

チョコレートムースなんですが、食感が あったかい・つめたい・サクサク・ふわふわな 非常に複雑な食感に訴えるスペシャルデザートです。これはめったに食べれない。

 

 

sptn31.jpg

あったかいチョコレートソースを上に

 

 

sptn32.jpg

板チョコを溶かして湿潤

 

 

sptn30.jpg

中にしみわたっていきます。これだけでもすごいデザートなんですが、これだけ料理とワインを頂いて、コレですからね。もうやられますよ。

 

季節が変わるごとに旅しに来てみたくなるルスプートニク。

 

食べログ(掲載時点 4.14)


 

 

このページのトップへ

2018年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sptn20.jpg

東京・六本木の裏通りにあるフレンチ、歩いていると普通に通り過ぎてしまう感じ。ルスプートニクに行きました。六本木ミッドタウンからわずかです。高橋雄二郎シェフの世界が広がる新進気鋭のフレンチということで期待感高まります。

 

 

sptn1.jpg

ルスプートニクはミシュラン1つ星のフレンチです。あくまで店外、店内ともシンプルに。店外にメニュー表などありません。木の扉を押して入ります。

 

 

sptn2.jpg

店内もミシュランフレンチなのだろうかと普通の人は思うようなシンプルな内装。テーブルクロスがなくカジュアルな雰囲気も醸し出していますが、料理数は10数点にも及ぶ料理でそれぞれが力の入った、クラシックフレンチの料理法をうまく使ったフレンチ。テーブル数は食べログでは16席となっています。今日は香港はじめ外国の方が多く、お店の人に聞くと以外と多いそうです。

 

 

sptn4.jpg

ワインセラーと厨房。以外と厨房には予想以上の方が働いておられました。品数も多いのでタイミング作っていく必要もあるのでしょうか。

 

sptn21.jpg

スプートニクといえばロシアの衛星というくらいしか知識がありませんでした。「コースは季節を体現する瞬間を紡ぎながら旅のようにすすんでいきます。」本当に楽しみになってきました。

 

 

sptn3.jpg

シャンパンはグラスで TAITTINGER (テタンジェ)

高い人気を誇る有名なシャンパンでこれからの旅のスタートを祝います。

料理はメニューがなく品数も多いので、たぶん覚えきれません。直近の食べログさんに細かくレポートされている方のを参考にします。

 

 

sptn5.jpg

アミューズ

熟成させた甘鯛

 

 

sptn6.jpg

アミューズ2

チュロス、枝豆 チュロスは何かの野菜のチュロスだったが忘れてしまった。石の上に乗って出てきた。

 

 

sptn7.jpg

白ワインはこの時期特に飲みたくなる

ALSACE PINOT GRIS 'HUGEL' 2009 グラスで。

 

 

sptn8.jpg

フォアグラ 卵黄、根セロリなど入れて冷製茶碗蒸し
青リンゴ とフェンネルの花の部分を立てて

フォアグラなんですがガラスの器の中で、青リンゴのさわやかさとフォアグラムースのコンビネーション。うまい。


 

sptn9.jpg

ヤリイカ、3種の人参
ビネガーとエゴマのムース
マイクロコリアンダーを乗せて

 

 

sptn10.jpg

エルギン・シャルドネ・クローナル・セレクション 2015年

引き締まった酸とミネラルが印象的なシャルドネ!洗練された白果実やほのかに感じるオートミール、複雑なオーク樽由来の第二のアロマも立ち上がる!ピュアな果実と強烈に凝縮した味わいが特徴!フィネス感や繊細さを持ち合わせた南ア最高峰シャルドネ! と書かれている。

 

sptn12.jpg

稚鮎を薄くスライスしたゴボウで巻いて揚げた
鮎の肝のソース バルサミコ入り

ここのシグネーチャ―的料理の1皿目

土台の牛蒡ももちろん全部可食できますが、少しだけ食べるだけに。

 

sptn12.jpg

手が込んでいますね。幼鮎にもごぼうが巻いてあります。初めてここにきているので驚きの連続。

 

 

sptn13.jpg

続いてスモーク系の料理ですね。

丸い皿の中からは、煙とともに

 

 

sptn14.jpg

ん、炭状になった食べ物。香りから「牡蠣」ですね。牡蠣苦手なんですが。

 

 

sptn15.jpg

ソースをかけてくださり、美味しくいただきました。


続きの料理は明日。

 

食べログ(掲載時点 4.14)

このページのトップへ

2018年6月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

暑くなってくるとエスニック系の料理は食べたくなりますね。東京でも結構タイ料理とか行っていましたが、ここは久しぶりに訪問。新橋のアジア、オールドタイランド。

前回訪問して次はパッタイ食べようと思って2年近くかぁー


オールドタイランド 東京新橋 タイスキを食らう

 

oldts1.jpg烏森神社の裏の細い路地にあります。色使いが派手だからすぐ見つかります。女性のユーザーも多いお店。

 

oldts2.jpg

前回来たときとめにゅーは一緒のようです。

もちろん、パッタイ 1080円。ランチメニュー以外にも沢山あります。

 


oldts3.jpg

テーブルの調味料

 

 

oldts4.jpg

すぐに生春巻きとスープが運ばれてきました。スープは酸味のある、トムヤムクン風のスープ。美味しい。タイ人のシェフがきびきびと働いておられます。そんなに待たないでパッタイ登場。

 

 

oldts5.jpg

ピーナッツと生もやしは分られていて、レモン。干しエビがかかっていますね。

 

 

oldts6.jpg

少し大きめの海老がしっぽをきちんと取られて2尾入っていました。

 

 

oldts7.jpg結構なボリューム感を感じながら食べ始めましたが、美味しいため全部完食しました。途中調味料で味の変化を楽しみながら。ピーナッツはあんまり入れない方が私は好きだな。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2018年6月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

六堀の後はタクシーでリッツカールトン京都に。リッツカールトンのそばの鴨川ほとりでは「蛍」が鑑賞できるんです。知らなかった。しかも結構な数がいましたよ。

rctn1.jpg

関係者の方がおられましたので、スムーズに利用させていただきました。

さきほどまで、「ミラモンテ」を飲み過ぎた私たちは何なのでしょう。


 

rctn2.jpg

オードブルやチーズもレベルが高い。

 

rctn3.jpgMONTESSU 2015 モンテッス

サッシカイアの醸造家とオーナーファミリーがトスカーナを飛び出して、太陽の島サルデーニャにて手掛けるワイナリーがアグリコーラ・プニカです。

 

ミラモンテとは比べ物になりません。飲み過ぎてしまいます。


rctn5.jpg次のバーでは

グリュオラローズのセカンドワイン、

SARGET DE GRUAUD LAROSE 2014

以前は人の絵は描かれていませんでした。最近リニューワルしたのかな。サンジュリアン2級のグリュオ・ラローズのセカンドですからこれは安定している。また飲み過ぎてしまいます。

 

全国的に有名なラーメン店の役員の方と一緒に向かった先は(そのラーメン店の人のリクエスト)。タクシーで結構かかったけど。

 

rctn4.jpg天下一品の北白川総本店。

夢にまで見た、総本店。見てない。

というかラーメンの役員の方、昨日も深夜にここに来たらしい。どうしたんでしょうか。相当好きなのかな。

 

rctn7.jpg若い人はから揚げとかセットメニューを頼む、食べっぷり。

 

 

rctn6.jpg私はスープを少しいただくのが精いっぱいでした。

しかし後で気が付いたが、本店ってスープが濃いのか。それとも深夜だから煮詰まっただけか。わからないが。写真でもスープがドロドロに見える。

 

食べログ(掲載時点 3.55)


 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年6月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rkdn4.jpg

京都東急ホテルで研修があり、終了して懇親会は歩いてすぐ(西本願寺のすぐ近く)、西洋酒樓 六堀さんに。1F2F合わせても結構な人数(70名程度)が入ります。特に2Fが広い。               

 

rkdn1.jpg

洋食のお店です。いつもこの会は凝ったお店をセレクトされるのですが、今日はそうでもなく。


 

rkdn2.jpg

1Fはカフェみたいな雰囲気。

 

 

rkdn3.jpg

夜、帰る時はこんな風に。


 

rkhr1.jpg

洋食コースです。フリードリンクのワインが「ミラモンテ」、私はミラモンテを飲みすぎたらやばいって知っていました。私もつい飲み過ぎてしまい、またミラモンテを沢山飲み過ぎた知り合いも翌日、爆死したそうです。いい大人が飲むワインではない「ミラモンテ」。

 

 

rkhr8.jpgrkhr3.jpgrkhr2.jpgrkhr4.jpgrkhr6.jpgrkhr5.jpgrkhr7.jpg

料理がどうこういうより、ミラモンテ。ミラモンテはチリのワインで日本でだいたいワンコイン(500円)のワインです。750mlフルボトルでの話です。

 

食べログ(掲載時点 3.22)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

京都って平日も週末もかなり混んでいてランチをそこそこ気の利いたランチを探す場所に苦戦します。もちろん時間もたっぷりあって事前に予約していればいいんでしょうが。即ランチで美味しい所を食べたいと考えて

 

hstt12.jpg

京都駅ビルSUVACO(スバコ)JR京都伊勢丹3階。工事中もあり、そして3階にもレストランが数軒しかないので、JR京都駅ど真ん中にしては「穴場ムード」むんむんかんじていたのですが、店舗の前に行列。まだ11:15です。土曜日の京都はすごいわ。今入っている人が食べて出たら入れそうなので待つことにしました。約30分して入店。急がないと。

 

 

hstt6.jpg

はしたては京都の料亭 和久傳(わくでん)の系列店。こちらは丼・ソーメンのセットメニューが人気らしい。

 


hstt1.jpg

メニュー。値段はそんなに安くないです。

 

hstt3.jpg

女性が店の外の椅子に並んで、メニューを見ながら「悩むわー」といった

 

 

hstt4.jpg

会話がされており、私が「ここは何が美味しいんですか」と聞くと


hstt2.jpgどれも美味しいんですが、特にというと

 

hstt5.jpg

身なりの綺麗なご婦人は「鯖寿司ですよ」とオススメいただきました。


素麺は食べれなく、鯖寿司と迷った挙句、

「鯛の胡麻味噌丼」 1674円にします。

鯛茶という食べ物は余り好きではないのに、頼んでみました。

 

hstt7.jpg

美味しそうなご飯の上に 鯛の刺身の胡麻みそ和え。エクストラで味噌が付く。

 

 

hstt8.jpg

胡麻風味がしっかりと聞いた、鯛。

 

 

hstt10.jpg

鯛茶にしなくてもいけるわ

 

 

hstt11.jpg

せっかくなので、最後は鯛茶にしましたが、どうも「お茶漬け」という食べ方が好きではない。親が嫌いだったせいだろう。

 

 

hstt9.jpg

頭から「鯖寿司」が離れず、なんと1貫 540円もする焼鯖寿司を食べてみました。肉厚の鯖。寿司と鯖の間に生姜が挟まっていてさっぱり。やっぱりこちらの鯖寿司は美味しい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

はしたて ホームページ

 


 

 

 



 

このページのトップへ

2018年6月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rikf1.jpg

5月の月末、博多くうてんの「利久」に来ました。平日のランチでしたのでそんなに混んでいませんでした。ラッキーです。30周年k限定特別定食というのがありましたので、これにしました。(もう既に終わっていますが、美味しかったので紹介)

 

 

 

rikf2.jpg

牛タンの薄切りを丼にしたもの。結構なボリューム。これとテールスープだけでも十分な気がする。

 

 

rikf3.jpg

ご飯のボリュームに比べて肉も結構多い。美味しい。

 

 

rikf4.jpg

前回訪問時、「湯」と称したテールスープも今日は美味しかった。

前回の湯の記事

 

rikf5.jpg

牛タンも4切れ付いている。

 

 

ssmania2.jpg

そして翌日のランチ。ステーキマニアを訪問。本当は行こうと思ったお店はクローズだった。

 

 

ssmania1.jpg

3回目の訪問だ

 

 

ssmania3.jpg

今日もバリューステーキランチ。300g

肉を食べている感はあるが、私はいきなり!の方が好きだと思う。

前回のバリューステーキ記事

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月15日 Posted time : 00:22 | Category : 編集長コラム

 

前回の菊竹珈琲堂の掲載では、反響が大きく CBH を実際に食べに行きました。という報告をいただきました。CBHが何かわからない人のために前回記事

 

菊竹珈琲堂 アクロス福岡 老舗の喫茶店

 

 

ktkc9.jpg

今回も機会がありやってきた、菊竹珈琲堂。デザートが目に入りますね。

 

 

ktkc2.jpg

珈琲のみより、デザートとのセットメニューがとてもお得に感じるお店。

 

 

ktkc1.jpg

前回も気になったクレープアイス。

 

 

ktkc4.jpg

九州で名古屋名物 小倉トースト。

 

 

ktkc8.jpg

カップに入っているが、グレープフルーツのケーキ 741円 セット


 

ktkc7.jpg

フルーツヨーグルトホットケーキセット 900円

甘党のKさんにはこれがおすすめ。

 

 

ktkc6.jpg

フルーツクレープ。中にはアイス。そしてこれだけフルーツが入っているのが嬉しい。

 

 

ktkc5.jpg

小倉トーストセット 750円。ふわふわのパンに小倉とホイップ。どうしてもホットケーキのコストパフォーマンスには劣る気がする。


編集長は、何を食べたかって。珈琲とモンブランです。

 

食べログ(掲載時点 3.07)




 

このページのトップへ

2018年6月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

knkz11.jpg

札幌でのイマイチ会食バイキングはほどほどにして、「今日は宿泊地の千歳で寿司でも食べようではないですか」ということで7名でお寿司やさんを予約してやってきました。千歳市内にはお寿司屋さんも多く北海道ミシュランにリストされるお店もあります。今回そういう所ではありませんが、電話してどうにか滑り込むことが出来ましたので、嬉しい。

 

 

knkz12.jpg

千歳駅からタクシーでも10分かからない場所。千歳市内の繁華街を少しすぎた端っこのほうにあります。すし物語 季の風。今日のバイキングの半分干からびたお寿司より美味しいに決まっているでしょう。評価もよいです。

 

 

knkz13.jpg

飲み物は日本酒で行きましょうということで、今日はずっと日本酒。


 

knkz1.jpg

寿司中心のシンプルな構成。1Fはカウンターと小あがり、2Fは座敷。

「毛ガニが食べたいんですが・・・・」「前もって注文していただかないと・・・」

毛ガニって普通にお寿司屋さんとかにはないものですね。確かに高いし仕入ておいても売れなかったら困りますね。

 

 

knkz3.jpg

軽くつまみながら、数の子。

お正月以来。北海道は数の子よく食べるんでしょうか。


 

knkz4.jpg

1人1皿のお刺身盛り合わせ。

 

 

knkz2.jpg

ラベルが印象的な 男山 国芳乃名取酒 720ml 3600円。

大辛口とだけあって飲み口すっきり。今日一緒の方が社長さんとお知り合いとか。


 

knkz5.jpg

色々飲んでみましょう。

金滴酒造 杜氏の夢呑 純米吟醸 300ml 1600円

男山に比べるとふくよかなボディのある日本酒です。

 

 

knkz6.jpg

二世古酒造 生原酒・本醸造 300ml 1600円

生酒だしアルコール度数も18.5%と高い

 

 

knkz7.jpg

特上生寿司 2300円を注文。

椀は付いていません。 これで2300円はいいと思います。

ネタも新鮮。

 

knkz8.jpg

うに、いくら、かに、ミル貝、

 

knkz9.jpg

赤貝、生海老、貝柱、トロ、さより。

シャリも小さ目だから食べやすくて嬉しい。味も美味しい。

かんぴょう巻とかも食べたかったですが、ちょっとガマン。


 

knkz10.jpg

美味しくいただき、次はまた焼鳥屋に行ってしまいました。串鳥というチェーン店で、北海道内では31店舗。有名みたいです。混んでいました。しかし日本酒飲みすぎました。反省します。TT


食べログ(掲載時点 3.56)


季の風 ホームページ


 

このページのトップへ

2018年6月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oksb1.jpg北海道シリーズが続いています。せっかく北海道へ来たら本場の「スープカレー」を食べずには帰れないですね。最近では味噌ラーメンに並ぶ北海道の名物グルメにもなってきていますね。

今日は、タクシーの運転手とホテルの人にも聞いてイチオシでした奥芝商店へ来ました。ホクレンビルの地階です。このような有名店に来るためには1回転目に入れれば時間の計算がつきますので、開店前に来店。オープンの10分前に着いたらもう10人ほど並んでいました。1回転目は確定ですね。今日は5人で来店。

 

 

oksb4.jpg

のれんがかかってオープン。1組ずつ店内に案内されます。

 

 

oksb5.jpg

丁寧にオーダーメイドされて作られるカレーというのがうかがえますね。

 

 

oksb6.jpg

 

奥芝商店では、煮込み・素揚げ・茹で・炙り、そして鉄板焼きによる「焼き」「蒸し焼き」などの調理をした食材をスープカリーに入れています。カウンター席からは調理する様子が見えますね。


 

oksb2.jpgメニュー クリック拡大、戻る

メニューは色々と選ぶ必要があるので、初めてだと少し戸惑いますね。


先ずはスープを選ぶ

海老スープ(+100円)、チキンスープ、かきスープ(+200円)

多くの人は海老スープを選ぶ


相当な数からメニューを選ぶ。(ここで具材が確定してくる)

1品無料のトッピングを選ぶ (有料もあります)

辛さと ご飯の選択

 

ということで選ぶ楽しさがある、奥芝カレー。


 

 

oksb7.jpg

 

5月限定メニューの 肉肉メニューは、肉好き支店長の目に留まり、「俺は絶対これにする」とのこと。昨日も味噌ラーメン大盛でしたよね。


 

oksb9.jpg

玄米を頼んだ人。

レモンスライスが付いているのがスープカリー流



oksb8.jpg

季節の野菜カリー 1080円。 野菜がこれでもたっぷり入り。

 

 oksb10.jpg

旬の魚のフライと海鮮鉄板焼きカレー 1500円

魚フライが隠れている。

 

 

oksb13.jpg

宗谷黒牛100%ペッパーおくしバーグカリー 1550円

鉄板で丁寧に焼かれた美味しいメニュー。

 

 

oksb11.jpg

これが先ほどの限定メニュー

1450円。これはこれで肉詰椎茸もありで、ボリューム満点。さすが肉好き支店長チョイス

 

 

oksb14.jpg

私は

創成寺ときのこカリー 1400円

ソーセージがすごいわ。2本。1本を肉好きの支店長にわけて、半分はハンバーグカレーの支店長にわけて、私もどうにか完食。これでかなりの満足感あるスープカリーです。

スープがエビ濃厚でご飯を食べるというより、スープと野菜を食べることを優先してしまいます。しかし並んでも食べる価値ありですね奥芝商店。また来たいと思いました。東京の八王子にも同店名のお店がありますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.55)


 

 

このページのトップへ

2018年6月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

smr14.jpgCOTE DORでの食事の後、札幌すすきのへ。私も札幌訪問時は最近よく訪問しているバーマデューロさんに。すすきのの夜景がきれいなバーです。1軒覚えておくとプラス(BAR MADURO 食べログ掲載時点 3.63

 

そして3次会は・・・ミシュランフレンチからバーを経て、そして ラーメン

私もミシュランフレンチとラーメンが同じ日ってのは初めてです。沖縄から来た人は味噌ラーメン食べないで帰れないよね・・・

 

smr2.jpgということで、バーマデューロからも近い「すみれ 札幌店」に。階段まで行列だ。しばし並ぶのは良いでしょう。涼しいし。

 

smr1.jpg札幌で味噌ラーメンを食べるのはやけにわくわくする。

 

smr3.jpg

タッチ画面で注文します。ラーメンの種類は味噌・醤油・塩・昔風しょうゆ。ハーフがあるのは嬉しいですね。

 

 

smr4.jpg

味噌ラーメンの ハーフに 半熟ゆでたまご 合計 690円。普通のラーメン価格だが、ここでは普通ラーメンは900円だからね。

 

 

smr5.jpg

安田顕がTVに、水曜のドラマ「正義のセ」ですか・・・どうでもいいけど満杯。

 

 

smr8.jpg

すみれの看板と芸能人などのサイン一杯

 

 

smr6.jpg

半券、チャーハン食べたい人がいたから私が購入(700円)

 

 

 

smr11.jpg

普通盛。ちじれ麺といいスープといい旨そう

 

 

smr10.jpg

大盛り頼んじゃう人も。大丈夫だろうか。というかどういう胃なんだろう。

 

 

smr12.jpg

私は半ラーメン、半熟たまご、の麺無し

 

 

smr13.jpg札幌で食べる味噌ラーメンは美味しいです。スープの味噌が複雑な味がして美味しい。本当に美味しかった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)


ホームページ



 

 

 

このページのトップへ

2018年6月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日からの続編です

 

ctdr27.jpg

サメガレイのポワレ リゾットと醤油を効かせたバターソース

濃厚な味で塩度も高い味でした。

 

 

ctdr32.jpg

ブルゴーニュワインも行きたい感じになりましたので、

2015 GEVEREY CHAMBERTIN LA GIBRYOTTE

ジュヴレ シャンベルタン ラ・ジブリオット (15)

これは飲みたくなるワインを見つけました。しかも飲み得でポテンシャルが高いワイン。

ジュヴレ・シャンベルタン最高峰の生産者、クロード・デュガの子供たちが手がけるネゴシアン。その年最上の出来のワインのみを購入し、高品質なワインを生み出している。

エレガントで深みのあるブルゴーニュ

 

ctdr1.jpg

メインのお肉登場です。

十勝和牛フィレ肉の炭焼き サマートリュフと赤ワインソース

肉自体は低温で焼いたレアレアです。

 

ctdr4.jpg

演出でサマートリュフの削りかけ。本当によい香りがします。

 

ctdr3.jpg

柔らかくて美味しいです。なかなか十勝牛はこちらでは食べれない。

 

 

ctdr26.jpg

ブルゴーニュワインも力ありましたので、肉に合わせるワインとしてサンテミリオンをチョイス

2006 CHATEAU QUINAULT L'ENCLOS

2006シャトー キノランクロ (14)

メルロー比率は高いもののサンテミロン特別級。さすがに凝縮した果実味とフィネスさは備えていますね。しかしまだいいボルドーはありますので、選択に価格より年代を重きをおけばよかったかもと思いました。

 

ctdr5.jpg

紫蘇とヨーグルト

 

ctdr36.jpg

選択デザート。今日は人数が多いのでどれか一つチョイスとしましょう。

 

 

ctdr35.jpg

私はココナッツ風味のブランマンジェ 牛乳のシャーベット添え

フレッシュ感ありますね。真っ白なデザイン


 

 

ctdr33.jpg

オレンジのクリスピー パッションフルーツのシャーベット添え

 

 

ctdr9.jpg

国稀のスフレ

酒粕のパンナコッタと柚子のソルベ。

なかなか凝ったデザートです


 

ctdr34.jpg

ホワイトチョコのプチガトー ピスタチオのクリーム 生姜シロップ チャイラテのアイスクリーム

 

 

 

ctdr7.jpg

茶菓子。本当に充実したディナーを頂きました。

 

ctdr11.jpg夜帰る時の外観

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

このページのトップへ

2018年6月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ctdr13.jpg

札幌で会合があり全国・九州から集結しました。(写真は札幌道庁)5月は朝晩少し肌寒い感じもしますが、晴れであればさらっとした気候で過ごしやすい北海道。

 

 

ctdr12.jpg

時計台に来ると「北海道に来たなぁ」と実感します。ビルに囲まれていて風情がないと言われる時計台。観光客はやはり多い人気スポットですね。

 

 

ctdr14.jpg

今夜のディナーは、せっかくですから美味しいものを食べましょうということで私が場所のセッティングをさせていただきました。選択した場所は コートドール というフレンチです。円山公園のすぐ近くの閑静な住宅地の中にあります。1990年オープンで札幌では名だたるフレンチの名店として有名で、北海道ミシュランでも1つ星を獲得している店舗です。


 

ctdr15.jpg

コートドールは北海道の有名なお菓子「わかさいも」の会社わかさいも本舗が経営しているフレンチで、東京・三田にもコートドールというフレンチがありますが、ここがオープンさせたお店ですが今は資本関係はありません。丸い建物の中にインしましょう。

 

 

ctdr16.jpg

1階は天井の高い空間で、フラワーショップになっています。階段を上がっていくと

 

 

ctdr19.jpg

宇宙空間チックなワインバー兼待合室。こちらから階段で上がっていくとコートドールのフロアです。

 

 

ctdr17.jpg

ディナーコースは 7000、9000、12000円 (サ10%、税8%)。上の二つはメインの肉の違いです。

 

 

ctdr18.jpg

北海道ですから、メインは十勝和牛の 12000円

 

 

ctdr20.jpg

グランメゾンの雰囲気にふさわしい空間が広がっていました。

 

 

ctdr6.jpg

ワインが好きなので、ワインリストを眺めますがこれに時間を割いては恰好よくないので、サクッとチョイス。事前にホームページでチェックしていたので。

 

 

ctdr21.jpg

シャンパンは

BARONS DE ROTHCHILD 

バロン・ド・ロスチャイルド (11)


シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルドが理想に掲げるのは フレッシュさ、純粋さ、フィネスを備えたシャンパーニュ。ロスチャイルド、かなり飲み心地いいシャンパンです。基本となるブリュットは、アッサンブラージュによりバランスを追求したキュヴェ。シャルドネはコート・デ・ブラン地区、ピノ・ノワールはヴェルズネイ、アイ、マレイユ・シュール・アイ、ブジーなどの区画から収穫。さらにそれらのリザーヴワインを40%も配合るという、複雑なブレンドにより、芳醇、かつ爽やかという相反する要素を両立したシャンパーニュ

 

 

ctdr22.jpg

アミューズ

ポピーシード入りのグラスの上に肉のポップ、レバーなどなど


 

ctdr23.jpg

見た目に立体感ある手で食べられるアミューズ。

 

 

ctdr24.jpg

シャンパンとの相性も良いです。私はタルト系の土台はパスしましたが。

 

 

ctdr25.jpg

羽幌甘海老のタルタル ホワイトアスパラと胡瓜

ホワイトアスパラを立体的に立ててあるデザイン。そしてその上のクッキー土台に花とリーフ。見た目に潤しい前菜で、キャビアが添えられているのが嬉しい。

 

 

ctdr2.jpg

桜の香りを纏った蕪のロースト つぶ貝炭焼きとよもぎバターソース

つぶ貝の炭焼きも薄切りで蕪と一緒に食べやすく、美味しい1品

 

 

ctdr28.jpg

コストパフォーマンスが高いワインを選びました。季節的に最近よくいただくアルザスリースリング

2016 RIESLING VIEILLES VIGNES RIEFFEL

2016 リースリング ヴィエイユ ヴィーニュ リーフェル (6)

コストパフォーマンスが高くアルザスはミネラル感とさわやかな感じがありながらも重厚感があるというワインで私は好きです。

楽天のコメント


 

ctdr29.jpg

帆立貝のポワレ 柚子香る牛コンソメ

生帆立を使用しているとのこと。最初これだけかと思ったら


 

ctdr30.jpg

温かいスープが注がれました。

 

 

ctdr31.jpg

黄金色のコンソメスープ。帆立もボリューム感と繊維が細かく、とにかく美味しい。

 

(料理編の続きは明日)

 

食べログ(掲載時点 3.78)

 

 

このページのトップへ

2018年6月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikikum5.jpg本ブログでも何度も登場している いきなり!ステーキ。 2018年3月に熊本中心部にもいきなり!ステーキが出来ましたので初めて訪問しました。熊本空港、宮原サービスエリア、光の森につづいて4店舗目です。そして下通りはいきなりステーキの進出により、松本ステーキ、ステーキマニアなども含めてステーキ激戦区となりました。

 

ikikum2.jpg

店内は全席着席できます。立食イメージが強いいきなりステーキですが、やはり座って食べると落ち着きますよ。

 

 

ikikum4.jpg

ランチタイムメニュー。ステーキは厚切りレアでというのがいきなり!ステーキ。こちらの高いメニューでなくて

 

 

ikikum3.jpg

ランチの一番人気メニューの ワイルドステーキ・ライス・サラダ・スープ付き 300g 1390円をオーダーします。いきなりのワイルドステーキは美味しい。

 

ikikum1.jpg

からだすこやか茶が 300円なのですが、ゴールド会員だから私は無料。

 

 

ikikum7.jpg

いやあ、分厚いステーキが到着しました。がっつり行きましょう。もう少しバター乗せて欲しかったなぁ。付きあわせはコーンのみ。シンプルイズベスト。肉に集中。

 

 

ikikum6.jpg

到着したばかりは めちゃくちゃレア。これを焼きながらいただくのです。完食して大満足。回りはOLさん多し。最近はOLのランチはステーキ食べながら世間話になっているんですねー。TT


食べログ(掲載時点 なし)

 

 

このページのトップへ

2018年6月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

アナクラウンプラザ 熊本 ニュースカイホテル にて会合ディナーがありました。

 

anana1.jpgサーモンの軽いスモーク仕立て

トロピカルフルーツとサラダを添えて

 

軽い感じのスターターでいいですね、最近コース料理を食べていることが多く「どれだけ品数が多いんだよ」って自分でも思います。たまに丼物とか1品物、これを挟むといいんです。

 

anana2.jpgボケボケになったので小さく

冷製 枝豆のクリームスープ コンソメジュレ添え

 

anana3.jpgスズキのファルシのヴァプールと帆立貝のソテー 2種のソース

 

anana4.jpg牛フィレ肉のステーキ フォワイヨ仕立て

立体感がありますね。

 

anana5.jpgオレンジのブリュレとアイスクリーム。こちらも立体的です。

 

zime2.jpg

2次会はレストランバー Ziにてワインを飲みながら。色々食べた後、ここのメンチカツは美味しいです。3つ頼みました。

 

 

zime.jpg肉汁が出てくるメンチカツ。美味しかったです。

 


 



 

このページのトップへ

2018年6月 7日 Posted time : 00:05 | Category : 編集長コラム

stnt111.jpg

滝に行きました。全国にもいろんなところに同じ名前がある「白糸の滝」。滝は新緑のシーズンはいいですね。こちらは熊本県西原村にある「白糸の滝」益城方面からは通行止めなので、西原村の役場方面から益城へ戻る途中から山の方面に。

 

 

stnt3.jpg

パワースポット。このあたりの空気感は違います。本当にひんやりして涼しい。白糸の滝の駐車場からは遊歩道を下ってきます。いい散歩と思えばちょうどいい。滝に近くなると涼しくなる。

 

 

stnt4.jpg

近くまで行くと自然を感じます。機会があったら行ってみてくださいね。白糸の滝交流館

 

 

 

白糸の滝を背にして、イタリアン食堂というレストランがあります。白糸の滝交流会館を使用されています。話に聞いていましたのでランチ食べてきました。本格的です、地の栽培もの野菜・肉も含め美味しいです。パンも美味しいらしい。客席20席あまり。長陽村から地震の後移転されたようです。満足度高くリピーターが多いらしい。最高のロケーションです。店舗内・料理も撮影禁止ということで残念ながらレポできません。

 

 

stnt6.jpg

駐車場のそばには「楽や」という建物があり、ここも地震の後西原村から移転された豆腐・カフェです。ランチもあるようです。

 

 

stnt11.jpg

白糸の滝とセットで訪問するのが良さそうです。

 

 

stnt7.jpg

1階の小上がり休憩席。


 

stnt5.jpg

落花生豆腐が有名で、ごま豆腐とか販売されています。

 

 

stnt8.jpg

2階もカフェ休憩空間

 

 

stnt12.jpg

私はコーヒーのみですが、子供はさっき食べたばかりなのに豆乳パンケーキ、バニラ&あずき 700円を食べました。

 

 

stnt9.jpg

コーヒー

 

stnt10.jpg

ふわふわしていて美味しそうなパンケーキ。

 

パワースポットの滝に癒されました。TT

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

irty20.jpg

熊本・上通りから脇の方に入った所、丁度日航ホテルの裏側のロケーションあたり、和数奇司館ホテルの1Fにある飲食店街。

 

 

irty19.jpg

奥の方、右側にIRATY(イラティ)があります。オープンして10年くらい経過するんですね。小さな入口ので看板を見ておかないと通り過ぎます。評判がよいスペイン・バスク地方の料理を提供するお店ということで私のチョイスで4名の会合で利用しました。バスク地方ってスペインとフランスの国境あたり。どういう料理かはわかりませんけど、こちらのIRATYは炭火焼き系の料理が有名。

 

 

irty21.jpg

お店はカウンターとテーブル席。今日も11名のお客さんですから、10名+でいっぱいになる小さなお店です。行くときはTELしてからが良さそうですね。

 

 

irty22.jpg

天井からぶらさがっているのは、「豚の骨」生ハムのあとの骨ですね。つりさげられているのが取れて、頭にガツーン!てきたら大変なことになりそうと考えて。

 

 

irty23.jpg

前菜・野菜・肉と色々と炭焼きもあるのですが、面倒なのもありますので、今日はお店のおすすめの4000円のコースに+500円にしてもらい生ハムマシマシをお願いしました。

 

 

irty1.jpgirty2.jpg

美味しそう。

 

 

irty7.jpg

生ハムの盛り合わせ。色んな種類があって楽しめました。

 

 

irty6.jpg

ワインはスペイン・フランスを中心に2000円台後半から9000円くらいまで、結構豊富にラインアップされていて嬉しくなります。

FRUTO NOBLE SAUVIGNON BLANC

 

フルート・ノフ?レ ソーウ?ィニヨン・フ?ラン  3900yen

有機栽培(ヴィオディナミ)。青みがかった淡いグリーンイエロー。トロピカルフルーツや柑橘類、ハーブのような濃厚な香りが複雑に絡み合います。


一つ一つの量は多くありませんが。

irty8.jpg

鶏白レバーのパテ パンと一緒に

 

 

irty9.jpg

焼き玉葱のアンチョビ風味。ここの有名料理の一つらしいです。玉葱をグリルしてアンチョビをかけたもの。シンプルだけどワインに合って美味しい。


 

 

irty11.jpg

細いアスパラガスの炒めもの

 

 

irty12.jpg

RESALTE CRIANZA 2011 6800yen

リサルテ クリアンサ

 

ペスケラクリアンサを飲もうと思いましたが、今日はリサルテ クリアンサ。初めてです。さすがテンプラリーニヨ種。

テロワールの違うブドウを使い、複雑味を持たせ、力強さの中にもエレガントさを感じられるワインです。力強い味わいと心地よい酸、熟したタンニン、クリーミーさが持続します。ここ

 

 

irty13.jpg

魚の炭火グリル

 

 

irty14.jpg

肉のグリルが3種類出てくるとのことでした。先ずはチキン

 

irty15.jpgirty16.jpgirty17.jpg

スペアリブ。少し記憶が曖昧に・・・

 

 

irty18.jpg

別にデザートを頼んで食べて終了。こちらは同行者が頼んだもの。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sans17.jpg

東京駅丸の内側。工事も終わり芝生が綺麗に。日本の玄関口、外国人観光客がカメラで撮影する風景。辰野金吾の傑作としてこうして引き継がれている駅舎はビル駅より趣があっていいですね。

 

 

sans18.jpg

芝生を見ながら 今日の目的地は丸ビル。


 

sans19.jpg

こちらのエレベーターで35階のレストランフロアーに。上層階は高級店が多い。

 

 

sans29.jpg

オープン前なので扉が閉まっていますが、ここがSANS & SAVEURS(サンス・エ・サヴール) レストラン ひらまつ 系列のフレンチです。Sens & Saveurs (サンス・エ・サヴール)とは、フランス語で五感の追求を意味します。プルセル兄弟の想いを料理にしてあり、"プルセル・キュイジーヌ”は、フランス・ラングドック地方並びに地中海料理を基本コンセプトとしています。

 

sans1.jpg

BI食倶楽部です、眺めのいい場所の個室を。店のセレクションは私ではありません。


 

sans4.jpgワインラバーズばかりではないのですが、ワインは私が選んでいいですよ、と。でも今日は価格を考えて選択します。


 

sans2.jpg

パレスホテルや皇居などの眺めがすばらしい。しかし美味しいフレンチには眺めは副産物にしかならない。

 

 

sans3.jpg

ヒラマツ名がプリントされた DELAMOTTE BRUT シャンパンで乾杯。

 

 

sans5.jpg

よく冷えています。無難で普通に美味しいに決まってます。

 

 

sans6.jpg

一口前菜

 

 

sans8.jpg

新玉ねぎのクレームブリュレ風だったような。

 

 

sans7.jpg

2009 LOUIS JADOT PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS

ルイ・ジャド ピュリニィ・モンラッシェ レ・ルフェール (12)

ルイ・ジャドのシャルドネなら大丈夫だろうと踏んだが、どうにも私の口にもどうにも今日は合わなかった。失敗したと思いました。ゴメンナサイ。

 

 

sans9.jpg

高知県土佐 日戻り鰹のグラヴラックス 赤玉葱と林檎のサラダ

ガスパチョのジュレ ライムのクリーム

宮崎県小林市産キャビア<皇帝の涙>のタルトレット

最近国内産キャビアって増えてますね。


 

sans11.jpg

木の芽と山椒の香る仙台産穴子のヴァプール

フォアグラのポワれ ポルト酒とエピスのレデュクション

椎茸と茗荷のエチュベ スープ・ド・ポワゾン レモンのエムルッション

 

 

sans10.jpg

料理品数も少ないので もう赤にします。

2012 CHATEAU DE CHANTEGRIVE CAROLINE (9)

シャトー・ド・シャントグリーヴ ルージュ 2012


グラーヴのワイン。アンジェリュスのオーナーがコンサルタントを務める、パーカーも大絶賛のシャトーです。近代的な醸造設備と十分な樽熟成によって、飲み応えのある、質の高い赤ワインが完成しました。果実味と酸味、タンニンのバランスに優れた、根強い人気を誇る逸品です。



sans13.jpg

ポークローストを見せられて

 

 

sans14.jpg

燻製したロース肉のロティ ドライフルーツのチャツネ

馬鈴薯とフロマージュブランのピュレ ピスタチオのクランブル

焦がしオニオンソース


 

 

sans12.jpg

ボルドーの後はこれがいんでしょうね。以外にワインリストは4ページくらいしかなくて少ないなぁなんて思っていました。

2005 COTE ROTIE PRINCE DE MONVERT  (11)

スパイシーなワインはポークによく合う。私はさっきのボルドーよりコートロティがいいと思いました。

 

 

sans15.jpg

温かなパイナップルのコンソメ

リ・スフレのガレットブルトンとミントのジュレ

静岡県産山葵のアイスクリームを添えて

 

 

sans16.jpg

茶菓子

 

値段は12500+サービス13%、消費税8%なんですが、満足度が・・・という感じ。今日はこれは良かったという1品の思い出が残ってないですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

サンス・エ・サヴール

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

5月の週末の土曜日に結婚式に出席しました。社内で知り合われた二人ということで結婚式の出席者も役員・幹部・社員・同僚含め出席者の約半数が会社関係でした。結婚式も14:30スタートでしたので、ランチとディナーの間であまりお腹が空いていない時間でした。

 

kkrk10.jpg

前菜 チャイナオードブル フレンチスタイル

フランス料理の飾り付け風の中華前菜ということですね。

 

 

kkrk1.jpg

御造り

みやび鯛へぎ造り 天空鮪角造り 九州産車海老 あおり烏賊 あしらい


 

kkrk2.jpg

椀物

季節の真丈 清汁仕立

 

 

kkrk3.jpg

魚料理

鯛の広東蒸し

 

 

kkrk4.jpg

オマール海老とホタテ貝のハーモニー

 

 

kkrk5.jpg

熊本県産牛ヒレ肉のステーキ

季節の野菜添え おろし味噌だれ

ご飯は赤飯お持ち帰り

 

kkrk7.jpg

デザート

 

kkrk8.jpg

茶菓子(チョイスデザート)


 

kkrk6.jpgH夫妻お幸せに! TT

 

KKRホテル熊本にて結婚式

 



 

このページのトップへ

2018年6月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iseh3.jpg

京橋に宿泊していましたので、ランチにやってきました、この通りに有名な焼鳥屋さんが3軒あるとかで鳥鳥ストリーと呼ぶ人もいるとか。しかも美味しい焼鳥屋さん。地下鉄京橋駅から徒歩3分。

 

 

iseh2.jpg

道の奥から 食べログ 3.59の 栄一さん

 


 

iseh1.jpg

レトロ外観の 都鳥(みやことり) 食べログ 3.51


 

 

iseh4.jpg

今日訪問するのが、なんと大正10年創業 伊勢廣(いせひろ)さん。京橋本店もレトロです。ここが本店。帝劇、銀座、ニューオータニ、日本橋高島屋とそうそうたる場所にお店がある焼鳥の名店ですね。11:30の開店の10分前なら楽勝だろうと思ったら・・・

 

 

 

iseh16.jpg

10分前には20人・・・人気店すごい。

 

 

iseh17.jpg

午後から用事もありますので、1回転目に滑り込みたい。どうにか滑り込みました。

 

 

iseh6.jpg

メニューは焼鳥丼か定食。

他の人の注文を聞いていたら、5本定食か5本丼が多い。5本は ささみ・もも肉・団子・皮身・肝類。肝は今日はいらないので、肝がカットされた4本丼 1550円に決定。ご飯は普通盛り。

 

 

iseh7.jpg

山椒・塩・七味唐辛子の 3点セットは欠かせない。柚子胡椒とかいってはいけない雰囲気。

 

 

iseh5.jpg

カウンター越しに焼いてるのを見るのは良い。今日はカウンターではなくそばのテーブル相席だった。

 

 

iseh8.jpg

お茶とお新香

 

 

iseh9.jpg

スープがあまりにも濃厚コラーゲンでびっくり。こんなに濃いなんて。

 

 

iseh10.jpg

入店して30分ほど待ちました。ようやく丼が着丼。普通盛の丼では鶏がぎっしりに見えます。でも1本1本が大きくてどっしりして。

 

 

iseh13.jpg

いやー食欲をめちゃくちゃそそります。

 

 

iseh11.jpg

こんな焼鳥丼って食べるのはじめてです。皮も肉が付いていて単なる脂っぽい安い皮と違うわ。

 

 

iseh12.jpg

つくねがいい仕事しているわ

 

 

iseh14.jpg

ご飯を食べているというより焼鳥を食べてるんです。焼鳥もプリプリ旨く、ご飯大盛りもいけるでしょう。回りのサラリーマンの方も一生懸命丼をかき込んでいます。うな重もいいが焼鳥丼もいいねー。

 

 

iseh15.jpg

塩つくね、これは美味しい。今日は焼鳥丼のうまさにめちゃくちゃ感動しましたよ。行列してでも食べたくなる。焼鳥ストリート3店全制覇しようと思いました。また夜にワインや日本酒飲みながら伊勢廣さんの焼鳥を食べたい。


食べログ(掲載時点 3.64)

 

伊勢廣ホームページ

 

このページのトップへ

2018年6月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

麻布十番 アリエの料理後編

 


alie13.jpg

山菜と季節の貝類 新玉葱のムースと黒酢のヴィネグレット

貝類はあまり得意ではないのですが、こういう風に野菜とマリアージュされると嬉しく、白ワインともども美味しくいただけます。


 

alie22.jpg山形県産グリーンアスパラガスとリ・ド・ヴォ―のムニエル タイムの泡とクルミ、狼桃

野菜が美味しい。狼桃はトマトの銘柄です

 

 

alie21.jpg

オコゼのポワレ サラダ菜とウィキョウのクーリ

見た目にも鮮やかなグリーン。ウィキョウのソース


 

alie14.jpg

ブルゴーニュの赤は飛ばして

CHATEAU LEOVILLE BARTON 2008 SAINT-JULIEN

シャトー・レオヴィル バルトン サンジュリアン (20)

サンジュリアン2級のボルドー・グランヴァン。比較的値ごろ感はあるワインですが、サンジュリアンの格付ですからカベルネ 74%、メルロー 23%、カベルネフラン3%で濃厚な果実味と余韻を発揮するワイン。




alie18.jpg

合わせるメインは

今帰仁アグー 3種の部位をそれぞれの調理法で

沖縄のなきじんアグーです。牛フィレよりポークがいい時もあるんです。しかもこのように食べ比べできるなんて面白いし、それぞれがとても美味しい。なんという嬉しさ。腸詰も美味しいわ。

 

 

alie19.jpg

ボルドーグランヴァンを飲んだ後に飲む赤といったら、ローヌです

CHATEAU LA NERTHE 2007 CHATEAUNEUF-DU-PAPE 

シャトー・ラネルト シャトー・ヌフ・ド・パプ

ブドウ品種:グルナッシュ48%、シラー29%、ムールヴェードル22%、サンソー0.5%、その他0.5% 

スパイシーさのあるヌフ・ド・パブが開いていくのがいいです。今日は飲みすぎてしまう。


 

alie17.jpg

赤パブリカとブラッドオレンジのマリアージュ

 

 

alie15.jpg

エスプレッソと茶菓子

 

相当満足感ありますが、余韻を堪能するためにデザートワイン

 

 

alie16.jpgPLANETA PASSITO DI NOTO 2016

プラネタ パッシート・ディ・ノート 2016

 

プラネタのパッシートは、「シチリア島のユニークさを表現したモダンなワイン」を作りたいという希望から生まれました。海抜60mの畑で収穫されたモスカート100%でつくられたデザートワイン。今日も締りました。TT


食べログ(掲載時点 4.09)

 

アリエ ホームページ


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年6月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alie1.jpg

麻布十番で評判がとてもよいフレンチ「ALLIE」(アリエ)さんに会食で訪問しました。こちらも私が訪問したいと思っていたお店の一つです。麻布十番久しぶりに来ましたが昔より人がだいぶ多い気がしました。アリエさんは大江戸線麻布十番駅から南の方向へ歩いて4分程度の所、南北線麻布十番からはもっと近い。

 

 

alie2.jpg

エレベーターで4階に

 

 

alie3.jpg

個室を除けばお店は20人も入れば一杯になるようなサイズ。表参道のランベリーで岸本シェフの元仕事をされた、アリエの原島シェフと笹倉ソムリエのタグの思いが詰まったお店です。

 

 

alie6.jpg

ディナーメニューは 10000円(10%サ、税別)オンリー。この10000円というメニューはそれ以上出せばこれくらい良い素材を使って当たり前でしょう、、、という感じでもなく、しかし10000円という値段で比較されやすく、「東京で10000円でどれくらいの満足感が得れるか」という面白い所でもあるのが10000円のフレンチだと感じてます。

 

 

alie7.jpg

お酒代もかかりますが・・・

乾杯は アンリジロー(HENRI GIRAUD)の エスプリ・ナチュール (ESPRIT NATURE)。グラスで。フレンチレストランで取り扱っている所も結構ありますね。値段の割にいいACシャンパンです。

 

 

alie8.jpg

アミューズは小麦をディップしていただくもの。

 

 

alie10.jpg

トリュフ入りのサワークリーム。

クリームだけいただきましたが、ふわっと香るトリュフがたまらないクリームでシャンパンに合いますね。

 

 

alie12.jpg

アミューズの2品目は

海老せんべいを纏った真フグのフリット 有明産生海苔のソース

原島シェフはふぐ調理免許も持つ。

 

 

 

alie11.jpg

PULIGNY MONTRACHET 1er Cru CHAMP-GAIN 2015

FRANCOIS CARILLION (21)

ピュリニーモンラッシェ プルミエクリュ シャンガン フランソワ・カリヨン

今日の料理にぴったりの白。

樹齢約40年。ピュリニーの斜面上部にあり、サン・トーバンのコミューンに隣接するプルミエクリュ。上質の酸やミネラリーな性質を備えた透明感あるワインが生まれる。アプリコットや桃のエネルギッシュな香りにほのかなトースト香やミネラルのニュアンスがグラスから立ち昇る。内にひそむミネラルと酸がエネルギッシュなキャラクターをワインに添える。

 

(料理後編は明日)

 

食べログ(掲載時点 4.09)

 

 

このページのトップへ

2018年5月31日 Posted time : 00:07 | Category : 編集長コラム

pcr11.jpgパレスホテル東京に来ました。東京都千代田区丸の内 1ノ1ノ1。旧パレスホテル時代から続く 1964年創業のフレンチ「クラウン」に行くためです。ホテルのフレンチはビジネスユースも含め、短い時間でのランチなどに対応している場合が多いのも理由。1時間以内にランチを終えたい。「クラウン」は以前はミシュランの星を取ったことこともある有名店です。

 

pcr12.jpg

クラウンは和食 和田倉もある6階に位置します。この入口を見た瞬間から気持ちが高まる。

 

 

pcr13.jpg

シャンパングラスのオブジェのあるこの回廊を通ってダイニングに。こういうコリドーは気分が高まっていい。夜だと特にドレスアップした女性はいいんじゃないだろうか。と想像する。

 

 

pcr21.jpg

丸の内のオフィス街や皇居の緑を眺めながら、グラスシャンパン(ノンアル)で乾杯。お客さんの入りはいいようです。6階の割には高い眺め。

 

 

pcr14.jpg

5500円、6500円、8500円、11000円、14000円のメニューがありますが。

エクスプレスは5500円。今日は6500円にします。予定時間なども聞かれホテルのサービスに感謝。

 

 

pcr1.jpg

アミューズ。

枝豆の中のクッキーアミューズ。

 

 

 

pcr2.jpg

鮪のアミューズ。

さわやかで嬉しいし、美味しい。

 

pcr3.jpg

さっと米粉パンを準備していただきました。サービスもきびきびしていて気持ちいい。リスト見ましたがワインは相当ストックがありますね。

 

ここからはチョイスメニュー

 

pcr4.jpg

ロワール産ホワイトアスパラガスのグラタントリュフの香り/ イベリコベジョータの生ハム


 

pcr5.jpg

立派なアスパラ。食べごたえあり、お皿も熱くて本当に調理した美味しさをいただけるし、美味しくて感動しました。

 

 

pcr6.jpg

金華豚ロース肉のグリエ/ ラタトゥイユを合わせたスムール/ ラヴィゴットソースと豚足


 

pcr7.jpg

肉の火入れ加減と丁寧な仕事、脂身と肉のコンビネーション。豚が食べたい気分だったので、特にテンションがあがります。2つも食べれるかなと思いましたが、美味しくてこれもいけました。クラウンさんは美味しい。

 

 

pcr8.jpg

ヨーグルトムースと柚子のクレーム/ ドライフルーツのケーキ/ 青林檎と紫蘇のソルベ

さわやかなヨーグルト柚子のコンビネーション。

見た目も私が好きなタイプ。至高のキュイジーヌモダンの1シーンをランチで味わいました。ここは夜にもっといいメニューをいただく価値があるフレンチだと思いました。


 

pcr10.jpg

器も洒落たエスプレッソと茶菓子。

どれもすばらしい。

 

pcr9.jpg

細かい仕事に見入ってしまう。

 

クラウンさん、私がいままで訪問したフレンチの中でも ランチでこれだけのハイパフォーマンスを感じたお店では上のほう。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)

 

パレスホテル東京


 

 

このページのトップへ

2018年5月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

susit1.jpg

東京駅の大丸で少しの間、お寿司屋さんにお付き合いしました。すし鉄で、隣は鰻の「伊勢定」です。

 

 

susit2.jpg

デパートのお寿司屋さんなので、価格はそんなに高くないです。

 

 

susit3.jpg

カウンター席が2列、テーブル席という構成。テンションが上がるわけではないのですが、これを見てテンション急上昇。

 

 

susit4.jpg

アルガワインがあーるじゃないですか。こんなところで会えるとは思いませんでした。

山梨国産、勝沼醸造。

社長の有賀さんとは以前会っていました、元気にされているかなぁ。その時よくいただきました、アルガワイン。

 

 

susit5.jpg

アルガブランカのデミボトル。2000円くらいだったと思います。


飲み口すっきり。本当に日本のワインかと思うほど。しかし日本固有種「甲州」のポテンシャルはすごいな思います。お寿司屋さんでアルガブランカ。いいな。

勝沼醸造ホームページ

 

 

 

susit7.jpg

とり貝など

 

susit8.jpg

穴子焼き

 

 

susit6.jpg

中とろ

 

 

susit9.jpg握りで。

 

少し食べただけです、アルガブランカはまた飲みたいです。置いてある所見つけよう。

 


食べログ(掲載時点 3.27)

 

このページのトップへ

2018年5月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

miyou13.jpg

今日のランチは東京・人形町でうなぎだ。

人形町のうなぎといえば、うなぎ丼の原点オブ原点。うなぎ丼として販売された大野屋があった発祥の地。今でも鰻屋は多い。その中でも有名な 西伊豆松崎が本店の 三好に来ました。地下鉄人形町駅からはすぐです。以前人形町でランチしたのはブラザーズハンバーガーだったなぁ。この辺りもコアな美味しいお店がいっぱいある地区だ。

ブラザーズ ハンバーガー 東京・人形町


 

miyou2.jpg

さてさて、カウンター席に座り メニューを。

 

 

miyou1.jpg

うな重は標準が 花。

今日は「月」 3,850円 にします。楽しみです。


miyou3.jpg

先ずお茶も美味しいから丁寧な仕事ぶりをうかがわせるお店だ。

 

 

miyou4.jpg

炭火で炊くご飯と炭火で焼くうなぎ、70年引き継がれたタレ。そして職人さんによる焼き。カウンターで見ていると仕事ぶりがすごく丁寧。蒸しと焼きのタイミングでご飯をうまく盛り、丁寧に平べったくする。ここは重のふたはあるが、お客様に出すときには使用しない。

 


miyou5.jpg

だいたい25分くらいして到着した。うなぎは待っても食べる時間は短い。お重にふたはない。水分が閉じ込めるのを嫌うためか。

肝吸い、香物。私の好きな4種盛。



miyou6.jpg

私もだいぶ鰻は食べ歩いたが、相当期待感があるうなぎだ。

 

 

miyou7.jpg

とてもきれいな焼き目と色をしたうなぎだ。

 

 

miyou8.jpg

裏も見てみる。

 

 

miyou9.jpg

表面はカリッとふわっと、炭のわずかな香りが。

 

 

miyou10.jpg

ご飯は私は固めが好きだが、ここのは炭火で炊くご飯。固さ水分丁度いいし、タレをかける仕事も丁寧すぎる。鰻とご飯を口に運ぶたびに幸せになる。うな重って左側から食べていくのが作法とか。

 

 

miyou11.jpg

肝吸いもいい。

とても丁寧な仕事ぶりに相当な満足感を感じる。これなら3850円払ってもいい、また来よう。そう思わせる。

 

 

miyou12.jpg

ごちそうさまでした。

人形町、日本橋の鰻屋さん訪問は楽しくなりそうだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年5月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

echik2.jpg

YAさんのブログの竹林亭を思いだし、日曜日に久しぶりに来てみました。久しぶりといっても10年以上前です。富尾団地の先の方の住宅地の中にあります。

久しぶり 竹林亭の麻婆豆腐 時々無性に食べたくなります

YAさんは辛いの苦手じゃないのかな。

 

 

 

 

echik1.jpg

竹林があるから、竹林亭か。竹がありすぎて店がわからないくらいになっている。

 

 

echik3.jpg

中華料理のお店って感じですな。


 

echik4.jpg

ランチは 1380円のみで税別。 結構強気な価格だなと。昔は1000円切っていたですね。

メインは2品か。

麻婆目的の人がおおいだろうし。


 

 

echik5.jpg

麻婆の辛さはせっかくだから、激辛


ではなくてふつう。ふつうでも辛いらしいので。


 

echik7.jpg

スープ、ライス(おひつに入ってくる、大盛りは無料)、ザーサイ。

見た感じラー油がすごいけど。

 

 

 

echike8.jpg

美味しそうだ。

 

 

echik9.jpg

そのまま食べてみますが、思ったほど辛くない。これだけの見た目なら頭から火と汗まみれになりそうだけど、サンショウは効いていますが、辛さはそうでもない。

 

 

echik10.jpg

麻婆丼にしていただく。

回りの人もご飯を沢山食べている人が多い。

個人的には塩分濃度が高い気がするんですよね、塩ケが強くてご飯が食べたくなるみたいな。



echik11.jpg

ブロッコリーと豚肉のオイスターソース炒め

これも塩分は高いようです。後ですごく喉が渇きました。

 

 

echik6.jpg海老と彩り野菜のさっぱり炒め

 

食べログ(掲載時点 3.39)

 

このページのトップへ

2018年5月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

土曜日の夜遅くなったので博多駅で夕食を食べることにしました。車も運転しないといけないので、ワイン抜き。残念ですが。どこにしようかと考えて、初めて訪問するここにしました。バイキングで野菜が食べれそうだから。ワインの誘惑はありますが。

 

budok12.jpg

ぶどうの樹

福岡では結構有名なバイキングのお店です。

 

 

budok1.jpg

US産、AUST産、国産のお肉があります。一番安いものは1600円から佐賀牛まで。

肉を注文すれば+300円でさらだ、スープ、パン、ライスなどのビュッフェが着いてくる。ここが重要。

 

 

budok3.jpg

今日は何の肉にしようかと

 

 

budok2.jpg

旨食感という文字と ビュッフェも食べるので 肉は150gの国産牛サーロイン 3000円にします。

 

 

 

budok4.jpg

150gで1000円のメニューもあるんですか。

 

 

budok5.jpg

店の入り口近辺にバイキングはあります。サラダ。デザート、ドリンクも各種あります。

 

 

budok6.jpg

食べませんでしたが、まるい豆腐(まるとろ豆腐)もある。

バーニャカウダ食べ放題がいいよ。ワイン飲んでいたら嬉しいな。しかもこのソース美味しかった。


 

budok8.jpg

牛すじと大学芋も食べ放題。

牛すじとワインもあうしなぁ。



budok7.jpg

バーニャカウダと 牛すじをいただきました。ブロッコリーお替り。

 

 

budok10.jpg

肉が到着。皿に乗っている写真を想像していましたが、鉄板でした。150gとはいえ結構なボリュームに感じます。

 

 

budok9.jpg

分厚く切っているので、いいですね、旨みがあるはず。

 

 

budok11.jpgうん、想像した以上にいけます。

隣の人が飲んでいるワインがとても美味しそうだった。かなりの満足感を感じました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.13)


このページのトップへ

2018年5月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

marus1.jpg

2次会は金曜日ということなので、全然どこも空いてない、福岡。10人くらい2次会に行くというので、私がボトルワインを飲みたいので「バル」をキーワードに検索したお店をどうにか予約。ハコが大きい所でないと無理ですね。中洲のパーク中洲ビルの3階です。2次会だからそんなに皆さんも店を気にしていない。

 

 

marus2.jpg

個室チーズ&肉バル マシェール おじさんだけでバルだ。

 

 

marus3.jpg

メニューこんだけ、と目がテンになったが、和食膳屋のメニューも頼めるというから同系列なのだろう。それにしても洋食メニューは少ないんじゃない。

しかも・・・・確認しなかったミスですが、ボトルワインがない。ハウスワインの赤白しかないとのことで、かなり撃沈しました。バルでしょう。。あー今日はついていない。


 

marus4.jpg

皆さんこれを食べたいと。

チーズタッカルビ。 去年のブレイク韓流メニューですよ。インスタ映え。

よし、タッカルビにしましょう。2人前を二つ。おじさんタッカルビ。

 

 

marus8.jpg

アヒージョあたりをおつまみにと思ったが、オリーブオイルの量がすごすぎで具材が少ない。

 

 

marus6.jpg

かなり肉のぶつぎりがでかいタッカルビ。周りのチーズは3種類くらいブレンドされているようですね。とりあえずコンロの上でぐつぐつ。

 

 

marus7.jpgこの鶏肉はボリュームがありますね。でもとろけるチーズの量が少ないせいかあまり肉にからまない。

 

 

marus9.jpg

いやこれはでかすぎだから、カットしました。

明日のゴルフの話でも盛り上がり、結局今日の10人の中では一番優勝しそうにない人が優勝するという結末になりました。

 


食べログ(採点なし)


 

 

このページのトップへ

2018年5月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のホテルニューオータニ福岡の中華では、あまり良い記憶がなかったが、今日の洋食宴会メニューはどうでしょうか。中華のようなことがないことを。

 

noth8.jpg

前菜・スープ、魚、肉、デザートの5品構成のメニュー。

 

 

noth1.jpg

北海道産貝柱の香ばしい炙りとカナダ産オマール海老

フランス産マグレカナールのロティ―のアンサンブル

小さな森のサラダを添えて

 

 

 

noth2.jpg

森のサラダに秘密があるようで。スポイトの中にはドレッシングが入っていて、それを海老などに自分でかけるようになっている。説明の前に食べちゃっている人いるよ。

 

 

noth3.jpg

今日の宴会ワインは、LE CAVALIER BLANC 。白も赤もテーブルワインすぎよ、明日は二日酔いしたくないので、このワインは飲むのを中止しました。赤も少し飲んでみましたが、ランクは低いワインだと思います。


 

noth4.jpg

佐賀恵?白アスパラガスの濃厚なポタージュ 白雲のカプチーノのように

生ハムとオリーブオイル アーモンドの香りと共に

能書きが長いメニューだなぁ。あまり印象に残っていません。

 

 

noth5.jpg

福岡県鐘崎産天然「鱧」スズキと 博多一番鶏のクリーミームースのデュオ

香ばしく焼き上げたアンクルート仕立て  輝くミロワロールソースヴァンルージュとショロンソースの2種ソース

これも長いメニューだ。フライみたいになっている。


 

noth6.jpg

キャノンで仕立てた国産牛ヒレのロティ― 華やぎたつリッシュグレイビーソース

ソースがあるから肉も美味しく食べれました。

 

 

noth7.jpgレモンムースとラズベリーシャーベット 紅い果実を添えて

 

二次会は居酒屋に行くことにしました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J.J.モルチェ (白) ル・カヴァリエ・ブラン
価格:906円(税込、送料別) (2018/5/18時点)


 

このページのトップへ

2018年5月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tknk2.jpg熊本駅、また竹乃屋さんに来ました。飲食店は沢山あるのですがグルテンフリーのニーズに対応できるお店は以外に少ないのです。写真は前回のものを流用。

 

tknk3.jpg

炭火もも焼き、イベリコ豚は食べましたので、今日は 639円(税抜)の焼きサバにします。結構人気メニューですね。どうもランチメニュー以外にも夜のメニュー(居酒屋メニュー)も頼めるようでしたので、チャーシューを頼みました。300円台のメニューです。


 

tknya1.jpg

結構なボリュームで、食べるラー油ががっつりかかっています。これを食べながら定食が来るのを待ちます。

 

 

tknya2.jpg

段々お腹も満たされてきたのですが、チャーシューを食べたためサバ2枚(青森八戸沖のサバらしい)は結構多いなぁ。1枚でいいかも。

 

 

tknya3.jpg普段でもこれ2枚あると結構なボリュームで、サバ食ったなー って感じがします。福岡出張前のランチの一コマでした。TT

 



 

このページのトップへ

2018年5月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aqb12.jpg

東京・銀座線外苑前に来ました。港区北青山は10年ほど勤務した場所ですので特に思い入れがあります。そしてこのアクアヴィット(AQUABIT)訪問したいと思って、店のオープンからはほぼ10年。外苑前のレクサス青山の奥の方にある、クールでオシャレな外観のお店現在ニューヨーク店はミシュラン2つ星の現代北欧料理(モダンノルディック)のキュイジーヌです。こちらはトニーローマやウルフギャングステーキハウスで有名なWDIグループの店舗です。今回はランチに連れてきていただきました。


 

aqb13.jpg

北欧家具や北欧インテリアで店内は統一。スタイリッシュな空間ですね。天井も高い。

 

 

aqb14.jpg

ランチは2種類あり、3500円のプリフィックスメニューから。前菜2品・メイン1品のセレクト。お昼だしそれくらいの量が丁度良い。ビジネス系ランチミーティングにも良い。さすがにフレンチで8品とかでランチで2時間以上かかるのはノンアルコールではきつい。

 

 

aqb1.jpg

私は前菜の1品は サーモンのグラブラックス 卵黄とクレソンのソースを選択。北欧というとサーモンが美味しいので。他の方も前菜1品目は同じくサーモンをチョイス。

 

 

aqb2.jpg

大き目にカットされたサーモンとクレソンの緑色ソースが新緑を思わせる清清しい感じがします。

 

 

aqb3.jpg

パンは2種類。私はいただきませんでしたが。

 

 

aqb5.jpg

野菜のテリーヌとパルフェ 黒らっきょうのピュレ

最近フレンチでも見かけることの多い野菜のパフェ。見た目にインパクト大で、インスタ映えしますね。ふたの部分はチーズのガレット。

 

 

aqb6.jpg

中に入っている具材の説明も受けましたがよく覚えていません。

 

 

aqb8.jpg

ふたをとって近接写。ヘルシーな1品です。

 

 

aqb7.jpg

野菜のテリーヌ。一口でぱくっといけばよかった。周りを外したら中の野菜がぼろぼろこぼれて食べにくかった。

 

 

aqb4.jpg

相手の方は 豚喉肉とレバーのパテ 鶏玉と野菜のピクルス

 

 

 

aqb9.jpg

メインの魚は スズキのポワレ

野菜のソースだった。

 

 

aqb10.jpg

お肉の方は 信玄鶏のロースト 新じゃがいものエクラゼとムール貝

 

 

aqb11.jpg

デザートは抹茶とおもいきや、青菜のデザートムースといちご。さっぱりとしたテーストでした。アクアビットさんにはワインのラインアップもあるので、本当はディナーで美味しいワインを飲みながら料理をいただきたいところです。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

アクアヴィット ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sansy1.jpg

今日はBI食倶楽部にて東京・汐留にあるこちらのパークホテルへ来ました。エレベーターに乗って上層階のパークホテルロビーへ。花山椒の26階の個室ダイニングで会食です。

 

 

sansy2.jpg

献立は随時変更となりますので、丁度メニューチェンジの時期に重なり、今はこの料理ではないと思います。


 

 

sansy3.jpg

【先付】

海老の白和え フルーツトマト釜 キャビア 揚げ大葉

少しでもキャビアがあると嬉しくなるなぁ。



 

sansy4.jpg

【八寸】

筍木の芽和え、蓮麩田楽、卯の花玉子、水蛸柔煮、新じゃが芋寄せ、桜花蓮根、ちーず西京漬け、天豆、小鯛の桜押し寿司

色んなものが少しづつ

 

 

sansy5.jpg

白ワイン: グランポレール 長野 ふる里ぶどう園 シャルドネ

赤ワイン: ニュージーランド シレーニ セラーセレクション ピノノワール


値段を考慮して赤ワインを飲みたい人向けに私がセレクションしましたが、SILENIどうも今日の和食に合っていないようです・・・ごめんなさい。

 

 

 

sansy6.jpg

【椀物】

あいなめ葛打ち 丸茄子 笹打ち茗荷 冬瓜 梅肉

 

 

 

sansy78.jpg

【造り】

石鰈(かれい) 本鮪 牡丹海老 妻色々

お刺身は本当にこれくらいの量がいい。

 

 

 

sansy8.jpg

【焚合わせ】
白焼き穴子生湯葉巻き 葛餡掛け 雲丹 菜の花 山葵

sansy111.jpg

【焼き物】

近江牛網焼き レフォール レモン 醤油

見た目以上に脂が乗ってやわらかいお肉でした。

 

 

sansy7.jpg

CHATEAU CANTEMERLE 2011 HAUT MEDOC

先ほどのワインセレクションは失敗しましたので、これくらいは飲まないと美味しくないと思われる比較的無難なワインをチョイス。といってもいただいたワインリストの赤では一番高額なものですが。すごいワインは置いていないの・・・

オーメドック第5級ワインで2011年ですから、しっかりバランスのよい飲み頃ワイン。しかし実力は3級に匹敵するという評価があるグランヴァン。私もこちら寄りのワインが好きですね。最初からこちらにしとけばよかったんです。


 

sansy9.jpg

【酢の物】

細もずく 子持ち昆布 蛍烏賊 針ラディッシュ 割り酢ジュレ

 

 

 

sansy10.jpg

【食事】

うすい豆ご飯 ちりめん雑魚 赤出汁 香の物

うすい豆ご飯って濃い豆ご飯っていうのもあるんでしょうか。

 

 

sansy11.jpg【水菓子】 季節のフルーツ

 

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.56)

 

 

このページのトップへ

2018年5月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

「編集長、ペッパーライスがだいぶ癖になっているようですね」とお話をいただきました。まだその方はペッパーライスを食べたことがないというので、ぜひ一度おすすめしました。C級グルメといえど癖になるこの味とは。ペッパー(胡椒)というのは癖になるんでしょうか。

 

ppfss5.jpg

ステーキとかハンバーグとかメニューはありますが、やはりお肉たっぷりビーフペッパーライス 900円です。それにチーズトッピング +100円(これは楽天ポイントカードで無料)

 

 

 

ppfss6.jpg

コーンの食感が邪魔なので、今日はコーンを抜いてもらいました。相当勢いよくジュージューいっています。

 

 

ppfss1.jpg

さっそくチーズを投入し、軽くかきまぜます。チーズを注文しないとこのとろーり感は味わえません。

 

 

ppfss2.jpg

熱々の鉄板ですから、すぐにチーズが溶けだします。この変化を見ているのが面白い。

 

 

ppfss4.jpg

お肉たっぷりバージョンだとお肉がたっぷりで嬉しいですね。

 

 

ppfss3.jpg

チーズの部分が美味しい。ビーフペッパーライスはありそうでなかなかないフードです。チーズドリアやビーフライスとも違うこの癖になる味。ご飯にかかっている特製のタレとペッパーでしょうか。お肉たっぷりビーフペッパーライス+チーズで食べてみてください。

冷凍のビーフペッパーライスも通販にありますので、一度食べてみたいと思います。TT

 

 

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ベーコンチーズペッパーライス


食べログ(掲載時点 3.02)

 

このページのトップへ

2018年5月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

brrk1.jpg

2017年12月にオープンした BAROCCS(バロックス)にランチで行ってみました。熊本ホテルキャッスルの裏のオークス通りの1階にあります。こちらはハウディニュースのブログでも2月に女子会にぴったりの肉バルとして登場した、当社の肉系女子オシのお店です。

熊本市オークス通り 女子会にぴったりな肉バル BAROCCS(バロックス)

 

 

brkk3.jpg

店内はオープンカウンターキッチンと奥に結構広い感じ

 

 

brkk2.jpg

ランチメニューは、ハラミステーキ、ハンバーグ、カレー、ビーフシチューなど。

ローストビーフ丼のあとのクエスチョンマークは何なんでしょう。ローストビーフ丼じゃないのかな。


イチオシメニューっぽい、特選牛 ハラミステーキにしようと思います。100gは少ないと思ってダブルの200gにしてみます。



brkk4.jpg

ステーキですので、焼いて切って出てきます。調味料は3種類。塩以外のタレ(醤油ともう一つ)はそんなにパンチはなかったです。


 

 

brkk5.jpg

食べ進みましたが、噛んでいたら200gでも今日は量が多く感じました。自分では普通のステーキの方が好みだとわかりました。ご飯のおかずよりワインの相手としていいかもしれません。TT

 


食べログ(採点なし)

 

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

chayam1.jpg

東京汐留のロイヤルパークホテルに泊まっていた時はたまに訪問した、チャヤマクロビさん。オープンして15年ほど経つんですが、久しぶりに訪問してみました。そばに資生堂や日本テレビなどもあることから、OLさんでにぎわっているイメージがあったのです。夜も何回か来たことがあります。


 

 

chayam10.jpg

野菜主体のメニュー。やはり3,4年前とはメニューは少し変わっているようでした。チャヤマクロビは神奈川葉山のフレンチ日影茶屋の系列で20年位前ですね、東京ではCHAYAブームみたいなものもありました。素敵なレストラン。監査役に角田雄二さんがおられるように、スターバックス・ハンバーガーのシェイクシャックをを日本に持ち込んだ角田さんはCHAYAに養子になってからこれらの事業を開始されました。


 

chayam2.jpg

開放的で天井が高い店内

 

 

chayam4.jpg

今日はほとんど一番早いお客さんでした。

 

 

chyam5.jpg

物販スペースもあります

 

 

chyayam3.jpg

野菜主体のメニューが多いです。(クリック拡大、戻る)

 

日替わりメインアンドデリプレート マクロビメインで 1480円ですが、今日は魚に変更して 1580円。 マクロビメインは豆腐系の揚げ物。1000円前後ならまだしも1500円クラスとなると軽いランチにしては少しお高めという部類に入りますね。

 

 

chayam6.jpg

昔の方がサラダが多かった印象です。最近肉ランチが多かったせいか、今日は野菜、魚、玄米の軽ーいランチを体が欲しています。

 


 

chyam7.jpg

すずきのグリル。梅っぽいソースがかかっていた。

 

 

chayam8.jpg

色んな種類の野菜を食べて。

 

 

chayam9.jpg

国産有機玄米ごはん。かみごたえもあるし、ヘルシー。

野菜のマクロビフォーとか体にいいメニューがあるので、こういうお店も近くにあるといいけど。たまに使いたくなる。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

茶屋グループ

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fksn1.jpg

ゴールデンウィークに子供を連れて天草に潮干狩りに行こうと思ったのですが、あいにく雨でまた干満の時間帯も悪かったため諦めました。ということで天草気分でも味わわせようということで、天草に本店がある 海鮮家 福伸さんに来ました。強引なこじつけです。

銀座通りの地下にあります。店は大変綺麗です。子供も綺麗なので気に入っていました。

 

fksn2.jpg

GWなので、いつもの安いメニューのランチはなくて、通常メニュー(上クリック拡大)といくつかありました。

 

 

fksn3.jpg

私は刺身御膳 1400円にしてみました。サラダ、小鉢、茶碗蒸し、香物。茶碗蒸しはやけにスープみたいにゆるやかでした。

 

 

fksn5.jpg

ご飯とみそ汁、刺身。

みそ汁にはちぎり南関あげが入っていました。いいね、いいね。

 

 

fksn6.jpg

刺身は5種盛。そこそこボリュームがあります。ひらめが美味しかったかな。

 

 

fksn4.jpg

子供たちは寿司5貫と天ぷらセット 1350円。これにサラダ、味噌汁、茶碗蒸し

見ているとお子様セットに見えるがそうでもない。サビ抜きです。

 

 

fksn7.jpg

 

炙り穴子の棒寿司 1200円も。一口サイズで美味しいです。テークアウトもできるんだそう。

 

前回来たときは 海鮮ひつまぶしを食べたなぁ。

海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店 丼をかき込むのもいいね

 

食べログ(掲載時点 3.24)

前回より上がってる。

 


 

このページのトップへ

2018年5月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gsm14.jpg

オープンして6,7年経過すると思いますが、繁華街の銀杏通りに位置する、焼肉 孫三郎グループの高級店 厳選孫三郎に来ました。テーブル席2と個室いくつかで28席しかないそれほど広くないお店です。「厳選」の肉を売りにしているお店です。ここには最後の訪問になります。

 

 

gsm23.jpg

というのも 5月12日を最後にクローズして、5月22日に移転リニューワルだからです。西銀座通りに移転するそうです。

 

 

gsm1.jpg

6名で来店し、4名テーブルの2つ使用。

 

 

gsm2.jpg

テーブルにセッティングされた、タレは左から

食べる生姜タレ、自家製ポン酢鬼おろし大根、特製醤油だれ(20種類以上のフレーバーを混ぜて1週間熟成させたらしい)

 

 

 

gsm3.jpg

メニュー拡大。

こんな感じで写真付。

 

 

gsm8.jpg

厚切り牛タン 2160円

相当分厚いけど、切込みを入れてあるので焼きやすいし。やっぱりタンは厚切りですね。

 

 

gsm9.jpg

和牛ねぎ塩タン 1280円。厳選という名前にふさわしい薄切り牛タン。

こんな感じにさっとあぶるのがいいんですね。

 

 

gsm10.jpg

レモンを絞って

 

 

gsm5.jpg

サラダは2種類。こちらは豆腐サラダ

 

 

gsm6.jpg

究極のサラダとかいう名前で、スープのようなドレッシングが入った器に野菜が盛られていてそれを混ぜていただく。

 

 

gsm22.jpg赤身の盛り合わせ 2人前 3980円 赤身といっても赤身だらけではないよね。


黒樺牛(くろはなぎゅう)って、熊本駅の新幹線の4号車の乗車口の所にある気志團の広告のやつですね。

 

 

gsm20.jpg

焼いてみました。

 

 

 

gsm7.jpg

白菜キムチと

 

 

gsm21.jpg

熊本県産ハーブ鶏塩焼き 780円

 

 

gsm11.jpg

カルビ1人前 980円

こちらは普通のカルビ。


 

 

gsm13.jpg

肉厚

 

 

gsm12.jpg

イベリコ豚ソーセージ 780円

プレミアムソーセージだけあって、美味しい。

 

 

gsm17.jpg

終盤は ハラミの一夜漬け 1280円と

 

 

gsm18.jpg

ホルモン 780円。濃厚なたれだったなぁ、これは美味しかった。


他にも気になったメニューもあったので、またいつか来てみましょう。


 

gsm4.jpg

今日はグラスワインで 白はマルサンヌ

ボトルも2500円から色々と揃えてあります。

 

 

gsm19.jpg

ハートランド シラーズ オーストラリア 2014

 

 

gsm16.jpg

ヴィニウス シラー 2016

 

マルサンヌからシラーズそして、シラー。今日はノーマルでないワインを飲んだなー。TT

 


 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

大分都町での〆ラーといえば最近は鶏冠(とさか)が多かったのですが、最近〆ラーに全く興味ののない私は「どこでもいいよー」という感じでついていくだけ主流派。鶏ポタ食べていた頃がなつかしい。

鶏冠(とさか) 大分市都町 鶏ポタラーメン(2)

 

wanfu6.jpg

台湾ラーメンののぼりがある、中華料理「王華」に連れてきてもらいました。


 

wanfu1.jpg

温麺、冷麺 辛さ色々、25倍まで。25倍10分以内で完食で無料とか・・・すごい辛いんだろうなぁ。

 

 

wanfu2.jpg

ご飯類

wanfu3.jpg

温麺

 

 

wanfu4.jpg冷麺

 

さすがに酔っぱらっていたせいか、同行者がいただいたこれらの麺類が美味しかったかどうかの感想を聞くこともなく、

 

wanfu5.jpg餃子の餡を使った 餃子チャーハンを頼んで、半分くらい食べて残りは食べてもらいました。でも結構脂っぽくて、朝になってみれば寝る前にチャーハンなんて食べなければよかったと思う次第。〆ラーは麺抜きが胃の負担は少ないようです。TT

 

 


 


このページのトップへ

2018年5月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

tkho22.jpg

サザエ、黒ニンニク、香草バター、ニョッキ。

灰色の皿、塩を土台に。灰色の皿ってオシャレに感じる。

 

 

 

tkho21.jpg

濃厚な味でニョッキの下にサザエ。味も濃厚な味だね。サザエにはこのワイン。今日の全体の料理では私は1番これが印象に残りました。


 

 

tkho23.jpg

FAMILLE HUGEL 2015 RIESLING

アルザス・リースリング
“ヒューゲル”クラシック2015年

リーズナブルなフランスの白で、間違いない選択でシャブリやシャルドネでないとしたら、アルザスの白 リースリングで決まりでしょう。黄色いボトルのヒューゲル社のものは有名。さわやかな白。


 

 

 

tkho20.jpg

続いて西京味噌をキャラメリゼしたフォアグラと デコポン

かんきつ系とフォアグラというのは相性が良いですね。アルザスリースリングとの相性もさっぱりしていてあうと思います。

 

 

 

tkho18.jpg

見た目にも美しい

ホタテのポワレ 真鯛のクネル

 

.

tkho19.jpg

2010 CHATEAU BERNADOTTE  HAUT-MEDOC

シャトーベルナドット オーメドック

ボルドーでは外したくないので。これクラスなら大丈夫だと思います。

格付け第2級シャトー・ピション・ラランドの前所有者ランクザン夫人が1997年にラランドから数キロ程度の距離に位置するこのシャトーを取得しました。翌年からは土壌の調査に始まり醸造設備を一新するなど莫大な初期投資を行い、ラランド同様の目覚しい品質向上を果たしました。畑は35haでCS50%、ME44%、CF4%、PV2%を栽培し女性の感性が光るシルキーで滋味深い味わいのワイン造りを行っています。

下記より引用


 

 

 

tkho17.jpg

イトヨリダイ、オマール海老 包み

 

 

tkho16.jpg

口直しはキャンディータイプの冷菓

 

 

tkho15.jpg

メインは鴨でした。量が少なくて良かったです。お腹が大分いっぱいになってきたので。

 

 

tkho14.jpg

デザートを食べて終わり。でも、ワインを注ぐのは最初のグラスだけでほとんど注いでくれず忙しいのか会話も全くなし。料理はそこそこだと思いますが、サービスは・・・・、お客さんは我々の組だけ。料理って味オンリーでなくトータルのサービスだと思うのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

タカハシ ホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkho1.jpg

大分市で大分県の食材を使用したニューフレンチを提供するお店があると知り来てみました。場所は赤レンガ館とトキハ百貨店の間の道をまっすぐ進み、ふないアクアパークの角の所です。2階にお店の名前がドカンとありますので、わかりやすい。

ヌーヴェル・キュイジーヌとは新しいフレンチという意味。ヌーボーというと新酒の新という意味で使用されますね。

 

 

 

tkho2.jpg

店の入り口は1枚目の写真の左の方にあります。階段で上がっていきます。

 

 

tkho3.jpg

外が見えます。ソファー椅子は背もたれ部分が低く、座りやすいとはいえないソファーですが


 

 

tkho4.jpg

ナイフとナプキン。

 

 

tkho6.jpg

ワインはシャンパン、白、赤、この他にもページはありました。値付けはそんなに安いわけではないと思いました。

 

 

tkho8.jpg

日はリーズナブルなお酒でいくことにしました。シャンパンは止めて、

ラングロワ LANGLOIS クレマンド・ロワール ブリュット ハーフボトル

ロワール。ボランジェが社を購入した。シャンパーニュと同じく瓶内二次発酵による伝統的製法で、ベーシックなこのブリュットでも瓶熟成期間は2年とシャンパーニュの15ヶ月を超えます。値段の割にはいいと思いました。


 

tkho9.jpg

大分産椎茸のタルトとしいたけアイス

コンビネーションしていただくべくものが、アイスだけいただきました。確かにしいたけ。

 

 

tkho10.jpg

紅はるかをペーストにしてせんべいにしたもの。炭で絵模様を描いた。

 

 

tkho11.jpg

冠地鶏の一口パテと

 

 

tkho12.jpg

冠地鶏のコンソメスープ。これくらいの量と温かさがいいね。以前福岡のトアヒスで食べたダブルコンソメスープは量も多くて熱すぎた。


 

tkho13.jpg

パン。これ1種類しか提供されていませんでした。何種類があるといいんだけど、まぁ食べないんですが。他の人はね。

 

続きは明日

 

このページのトップへ

2018年5月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

umya8.jpg

熊本駅の肥後よかモン市場内の「うまや」に来ました。うまやはJR九州フードサービス経営の居酒屋で、熊本駅ではJR九州ホテルの1階にも入っていますので、以前からあるお店です。個人的感想であまりというか美味しくないと思っていた熊本駅の吉野家のそばにあった「ラーメンうまや」は無くなり、ラーメン一杢というお店に変わりました。

 


umya1.jpg

ディスプレイの中心部は牛タン、その後ろは蕎麦のセット物、ここは牛タンやそばが売りなんでしょうか・・・店内に入りメニューをみましょう。夜はもつ鍋とかも提供しているようですね。

 

 

umya2.jpg

(クリック拡大、戻る)

だご汁定食 649円って結構安いな。火の国定食は観光客向けメニューですね。

 

 

umya3.jpg

海老天も 676円とか、高菜めしとそばセットも649円とか、600円台メニューもあるとは意外と手頃価格だ。

 

 

umya4.jpg

牛タン麦とろろは 1250円。さっきまでの価格を見ると高く感じるが。チキン南蛮やヒレかつとのセットメニューも。牛タンは薄切りタイプ。提供時間も早いと思われる。これにすっか。

 

 

umya6.jpg

薄切り牛タンが6枚。

生たまごが付いているので、どうするのか聞いてみたら、TKGにしてくださいと。TKGにしたら「とろろ」の登場場所がないじゃないかと思ったが。ご飯も少な目でしたがおかわり追加料金って言われそうなのでやめた。

 

 

 

umya5.jpg

最近利休とか厚切り牛タンばかり食べていたので焼肉屋以外で薄切り牛タンは久しぶり。

 

 

umya7.jpg

薄切り牛タンは・・・食べがいは少ないかも。味がないので、塩もしくは醤油、唐辛子は必須でした。

また来てもいいが、ランチは牛タン以外には私が食べれるものがない・・・・TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年5月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

行こうと思ったお店があって上通り方面へ来たのですが、定休日でした。ということで近くにあるアジアンキュイジーヌ バーバーバー 333に来店。デックスでも登場頻度が高いアジアンレストラン。

 

baban1.jpg

前回訪問時は外装工事をしていたが終わったみたいです。

 

 

baban2.jpg

ランチメニューから、今日は久しぶりに パッタイランチセットをチョイス。それにパクチー盛+100円。

 

 

baban3.jpg

ワインの木箱テーブル。ラグランジュ・キノランクロ・ソシアンドマレ・レフィエイフドラグランジュなどボルドーのワインの木箱。このテーブルって他でも見るけど、どこで売っているんでしょうかね。ここは元イタリアンなのでしょうか。

 

 

baban4.jpg

たっぷりサラダ。

今日はいつにも増してたっぷり(増量)のような・・・ミニ揚げ春巻き2本付。

 

 

baban5.jpg

最初にパクチーだけやってきて、しばらくしてパッタイ到着。海老・厚揚げ・もやし、にんじん、など。パッタイの麺はグルテンフリーの米粉麺。


今日のパッタイはやけに茶色のイメージが強い。

 


baban6.jpg

 


そういえば前回は

 

 

 

333b6.jpg

ピーナッツとネギが乗っていたんだ。ネギは好き嫌いがあるのか今回は乗っていなかった。

 

 

 

baban7.jpg

パクチーを全部パッタイに混ぜていただきました。やはりパクチーがあると味がしまりますね、でも好きな人でないと多量のパクチーは無理だと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.03)

333までもう少し。

 

前回掲載記事

アジアン屋台 333(バーバーバー)(4) フォー

 

 

このページのトップへ

2018年5月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kikut8.jpg

年に一度打合せで訪問すること数年、アクロス福岡地下の菊竹珈琲堂。福岡の老舗ですが、どちらかというと高齢の方でいつも賑わっています。今日もぎりぎりで入店することができました。

 

 

kikut9.jpg

ランチもありますが、手作り関係のデザートが展示されていますので、インパクトがあります。

 

 

 

kikut10.jpg

中でも気になるメニューがホットケーキ。特にキャラメルバナナホットケーキです。セットで900円、単品780円。単品とセットの価格差が無い所は嬉しいですね。セットにしたら+500円とかになると・・・・


飲み物飲みたいけど、高いから単品だけでガマン。って人たまにいますからね。こんなパータンです。ホットケーキに1400円かーと思った。

 

 

 

kikut11.jpg

モンブランはセットにすると+341円も高くなる。ホットケーキの方がコスパがいいと思うけど。

 

 

kikut1.jpgガトーショコラ

 

 

kikut2.jpg

しぼりたてのモンブラン。フレッシュ感がある。

 

 

kikut3.jpg

私はグルテンフリーのマロングラッセ大福にしました。

 

 

kikut5.jpg

写真映えするメニューが欲しいので、Hさんにはこのメニュー。

CBH

キャラメルバナナホットケーキ。

バナナすごいですよ。チョコレートとはちみつが沢山かかって、ハニーハニースイート。

 

 

 

kikut4.jpg

パンケーキは手焼きで3枚。ケーキ地自体はすんなり食べれるそうです。珈琲にはホイップのサービスもあります。

 

 

kikut6.jpg

全部食べれるか心配しましたが 気がついたら

 

 

kikut7.jpg完食

 

Hさん、美味しかったそうです。菊竹珈琲堂さんはデザート目的で訪問したいですね。

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ゴールデンウィークの休日に 福岡へ仕事で行きました。熊本駅も人は多かったのですが、博多駅は人が比べ物にならないくらい多い。あまりの人人にびっくりしました。11:30にくうてんを覗いてみると、どこも行列。まるで開業当時を思い出させるような混み具合です。平日の空き具合を知っている私はびっくりしました。

 

くうてんでランチを取るのはあきらめ、穴場・・・少し離れたサンプラザが思いつきました。駅は少し離れると穴場というのが存在します。平日はサラリーマンが多いのですが、GWの休日は少ない。


 

kuraya5.jpg

博多うまかもん通り。飲食店の数はそうはないですが、どこかすんなりと入れるところはあるでしょう。ここで人気店はラーメンの一蘭と大地のうどんです。

大地のうどんは階段の中段まで行列ができていました。

 

 

kuraya6.jpg

博多駅の地下でつながっています。つるやゴルフから右の方です。一番奥が大地のうどん。

 

 

kuraya7.jpg

時間もないので、適当に居酒屋 石蔵に入ります。多少都会の新幹線駅チカにありそうなお店ですね。綺麗にはしています。石蔵の名前で何店舗か経営されているようです。

 

 

kuraya8.jpg

食品サンプルで目星をつけます。日本はこういうのがあるから外国旅行者もありがたいでしょうね。

 

 

 

kuraya1.jpg

昼メニュー。おかわりご飯・おかわり味噌汁は無料っていいですね。今日は食べませんけど。

一番安いメニューが天丼セット 780円。和定食以外は1000円以下のメニュー。

焼きさば定食 820円にします。

 

 

kuraya2.jpg

少し焼いてあったのでしょうか。以外と早く到着してくれてありがたい。漬物はまだ食べてませんよ、もう少し綺麗に入れたほうがいいと思いましたが。

小鉢はきんぴら。ご飯はそこそこのボリューム。


 

 

kuraya3.jpg

サバも半身で食べがいがありそうです。

 

 

kuraya4.jpg

普通に美味しいサバでした。行列もしなかったし、これで820円ならば妥当だと思いました。夜はサラリーマンが多い居酒屋になります。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)


 



 

 

このページのトップへ

2018年5月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bke10.jpg

ホテル日航熊本7Fにある 日本料理弁慶に来ました。最近弁慶の料理長は一ノ瀬さんから中島さんに変わられました。料理長が変わるとメニュー構成とか料理も変わりますので、今後変わってくると思われます。こちらは月替わりでメニューが変わりますので、既に終了した4月メニューとなりますがご紹介したいと思います。


 

bke2.jpg

かなり多くの食材を使ってある和食ですね、弁慶さんのは見た目よろしく味も好きな和食店の一つです。

 

 

bke1.jpg

桜海老 葉わさびのお浸し、桜葉手まり寿司、合鴨 烏賊桜和え、ふきくるみ和え、天草産飯蛸

 

 

bke3.jpg

天草産ひおうぎ貝、白身、さより、鰆たたき

ひおうぎ貝ってカラフルな色をした貝です、あまり食べたことはありませんでした。

 

 

 

bke4.jpg

土瓶蒸し

 

bke5.jpg

天草大王、若布、白ネギ、こごみ

大王の濃厚なだしが出た土瓶蒸し


 

bke11.jpg

筍青さ焼き

天草産車海老塩煮

 

 

bke6.jpg

熊本県産太刀魚なんば揚げ、アスパラ

この写真美味しそうに撮れたなぁ

 

 

bke7.jpg

天草産目張ると浅利の酒蒸し

ボリュームがありましたが、美味しく。


 

 

bke8.jpg

国産牛フィレ肉 新玉葱のソース掛け

お腹もいっぱいになってきたので、これくらいで丁度良かったです。


 

bke12.jpg

わらびご飯、香物、味噌汁

 

 

bke9.jpg

フルーツ盛り合わせ

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

このページのトップへ

2018年5月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mtm10.jpg

2015年9月オープンの熊本市街地での立食いステーキ店としては老舗の部類に入る、松本ステーキに行きました。相当久しぶりです。肉が固いというイメージがあり足が遠ざかっていたのですが、友人でここのステーキが熊本のステーキ屋(いきなりステーキ、ステーキマニア、松本ステーキ)の中では一番好きと聞いたので再訪してみました。ここも、いきなりステーキのビジネスをモデルにした地元資本の会社です。


 

mtm9.jpg

外装の造りは派手なので目立ちます。素敵:ステーキとは

 

 

mtm11.jpg

今日はランチなので、ランチから選びます。値段が安い順とか高い順に並んでいないので、全部見てから理解しないとわかりにくいです。オリジナルステーキがお店イチオシ、ヤングステーキ・カットステーキは安く肉を食べたいユーザー向きということですね。


 

mtm1.jpg

店内は以外に混んでます。ステーキ屋さんは人気があるんですね。奥の一人用立食いカウンター席に。やはり一人用だと落ち着きますね。

 

 

 

mtm3.jpg

店内で注文するタイプです。

1kgのメガステーキとかあるし、げんこつステーキとか、ピラフという安メニューもありますね。いきなりステーキのようなマイレージシステムはとっていませんので、過去にどれだけ食べたとかデータ化はできないようです。

 

 

mtm2.jpg

(クリック拡大、戻る)

通常メニューとランチメニュー。300gから注文ということですね。

今日は豪州産リブロースステーキ300g 1,833円(1,980円)にします。

ヤングステーキは開業当時は1200円だったと思いますが、50円値上げになって口臭予防タブレット37円が付いて1287円になったのでしょう、たぶん。またラーメンならぬ替え肉、追加肉のシステムがあるのも面白い。

 

 


mtm4.jpg

なんか色々書いてあるわ。300gが多い場合は少なくしないで肉のみかシェアして食べてくださいってことかー。


写真撮影OKっていいね。ダメって店もあるから。


 

mtm6.jpg

ステーキにショウガ・・・イチオシです。さっぱりするわ

 

 

mtm7.jpg

ジュージューいって到着。

ここの肉は網グリルではなく鉄板で焼いていました。だから焼き目が網目でない。こちらのほうが焼けるのが早いんですかね、焼けるのが。個人的には網目がいいんですが。

 

 

mtm8.jpg

以外にというか想像以上にお肉はやわらかく食べやすかったです。リブロースってこともあるんでしょうが、適度に脂も乗っていました。ヤングステーキ300の1.5倍するからといえば、そうなんでしょうが。ただ肉の上のバターがちょっとしつこい感じがしたのと、調味料に塩と胡椒が別々にあったほうがいいな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 7日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

肥後よかモン市場に来ました。飲食店は沢山ありますが、全制覇しようとは思いません。

平日なので比較的空いています。今日は2度目の訪問となる竹乃屋さんに。前回訪問時に食べようと決めていたものにいってみようと思います。

 

 

tknk2.jpg

かなりスペースはありますし、解放的なお店作り。

 

 

tknk3.jpg

ランチメニューから。

イベリコ豚定食 税込990円。一番高いメニューです。周りの人をみたら焼さば、唐揚げあたりが人気だとわかりました。

 

イベリコ豚(ベジョータ150g)。ベジョータとはなんでしょうか。イベリコ豚は与えられた飼料、血統、モンタネーラ(放牧)環境や増加体重によってランク付けされます。ドングリを食べて育った最高級のイベリコ豚(全体の10パーセントほど)は「ベジョータ」スペイン語で「どんぐり」と呼ばれ、どんぐり以外の普通の飼料を食べて育ったものは「セボ」と呼ばれます。放牧期間前と比較して、50%以上の体重増があり、肉質がベジョータの基準をクリアしたもの。WIKIPEDIAさんにお世話になりました。

 

 

 

tknk4.jpg

うんちくはいいから、さっさと食べてください。

イベリコ豚が鉄板で焼かれています。ポテトサラダとレモン、トマトが添えられています。ご飯は大盛り無料ですが普通盛りで。

 

 

tknk5.jpg

想像したものと違いました。ベーコンみたいなものを想像したので。

 

 

tknk6.jpg

ホルモンのしろとかを食べている感じです。結構噛みごたえはありますね。何でしょうか、塩気が少ないのでタレにつけてもあんまりご飯のおかずにはならない感じです。これを食べながらワインとか飲むのはわかります。次は焼きさばにしたいと思います。TT

 

前回の記事

熊本駅肥後よかモン市場 竹乃屋 熊本駅ナカ店





 

このページのトップへ

2018年5月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

前回のペッパーランチの記事を見て、ビーフペッパーライスが食べたくなった人も多いと思いますが、編集長はそういうものもオタベになるんですね、と聞きました。C級やジャンクにも一応興味はありますよ。そして今日は念願のペッパーフードで一番安いメニューに挑戦。

 

 

pepp4.jpgベーコンチーズペッパーライス M 650円。ビーフペッパーライスから肉がなくなり、チーズとベーコンが加わった熱々メニューです。でも結局カットステーキ50g200円をオプションで付けてチーズ増量は楽天カードで無料、ドリンク無料。結局900円を超えるメニューに。それでもアンダー1000円。

 

pepc4.jpg写真のようにチーズは溶けた状態ではないです。カットステーキがないと寂しい感じもしますね。チーズライスのようなものです。

 

 

pepc3.jpg

増量チーズを入れて早くかきまぜます。鉄板が相当アツイわ。

 

 

pepc2.jpg

チーズが溶けていくのを見ると楽しいです。熱すぎて食べれません。

 

 

pepc1.jpgこれぐらい落ち着けば食べれます。チーズが入ると味がどうしてもマイルドになるためペッパーライスというよりチーズドリア状態。確かに美味しいけど。後は好き好きでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 


 



このページのトップへ

2018年5月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kayaman1.jpg

前回の訪問から間を空けずに訪問となりました。佳山。今日は東京からの来訪者と一緒に。前回と同じ金額のコースですので、料理はほとんど一緒だろうと思います。


 

kayaman2.jpg

せっかくだから、日本酒は熊本のを。亀萬酒造の純米吟醸酒 萬坊。私はこういうフルーティなキレ度が低い日本酒が好きです。


すっきりとした飲み心地で、吟醸香がほのかに広がるお酒です。地元水俣の越小場産の「アイガモ農法無農薬米」を使用し、子供のように優しく、丁寧に醸した純米吟醸酒です。

 


kayaman4.jpg

阿蘇の日本酒 れいざんの 寿安山(じゅあんざん) ブルーのラベルはどこでも見ますが、純米吟醸の赤ラベルはホームページ上でも売り切れになっているくらい。私も赤ラベル初めて飲みました。この酒を何本も飲んじゃいました。やはりれいざんですよ、こういう味が好きという方が多かった。

 

 

kayaman5.jpg

う巻きは定番だから・・・・・うまい

 

kayaman3.jpgこちらは3人前の刺身。結構なボリュームです。

 

 

kayaman6.jpg

あわびのバター焼き。濃厚な味だわ。。これ以外にももちろんメニューはありますが、特に美味しそうなものを選んでみました。

 

 

kayaman7.jpg

今日は、これくらいの時間に出してくださいね、とあらかじめお願いしておいたので食べることができました。鶏と筍の釜飯。生米から炊いているので、時間もかかりますしね。炊き立ての釜飯は美味しい。そしてこの味噌汁の葱の切り幅が細くてやばいといつも思います。機械ではできない職人技ですね。

 

食べログ(掲載時点 3.52)

 

和食 佳山 熊本市下通り 何度も来てますが初掲載

 


 

このページのトップへ

2018年5月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cten1.jpg

私が会長を務める会ですが、ホテル日航熊本 2階 フランス料理 レ・セレブリテを貸し切りして「フランス料理の夕べ」を開催致しました。特に今回は女性の参加者が3分の2ということで、皆さん今日を楽しみにされていたようです。

 

人数も多いし予算も限られているので、事前に打ち合わせするためにランチに来ました。(その時の記事)今日が楽しく無事に終われば・・・と。もちろん私もワインを楽しみますが。


 

cten2.jpg

エントランスから奥の厨房へ向かってこんな感じで突き当り右側に広い部屋があります。

 

 

cten6.jpg

予算の関係上、料理を少し削りフルコースではなく、ショートコースにして、その分ワインを増量・・・

 

 

cten4.jpg

といっても、シャンパンではなくスパークリングワインにしました。切れはそこそこいいスパークリングワインだと思います。普通に乾杯して2杯くらいならこれで十分。



スパークリングワイン ルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット (スパークリングワイン フランス)

大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた仲田晃司氏は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、200077日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。

 

cten8.jpg

アミューズはなく 前菜

オマール海老 ブランダード キャビア

綺麗な飾り付けに目が奪われます。キャビアとシャンパン(スパークリングワイン)この組み合わせは欲しいんです。

 

 

cten5.jpg

白ワインは ニュートン シャルドネ 2016 ナパバレー


1977年にナパ・ヴァレーの中心に設立されたニュートン・ヴィンヤードは、平均標高1,400フィート(430メートル)のスプリング・マウンテンの急勾配な丘陵斜面に位置しています。ニュートンでは、それぞれの畑の果実の個性を生かそうと努力しています。

 


cten7.jpg

カリフォルニアのシャルドネは飲みやすいし、受けはいいと思います。

 

 

cten9.jpg

フォアグラポワレ トリュフリゾット

熱い状態で提供されました、キャビアに続いてフォアグラとトリュフ。贅沢ですね。

トリュフ香るリゾットは白ワインとも合いますね。

皆さん食べるのが早くて料理が提供されるスピードもそれに応じて早くなり、なんとなく慌ただしいフレンチになってきてます・・・


 

 

cten3.jpg

シャトー・ラ・カルドンヌ ハートラベル 2012 (赤、フランス) 

 


平均樹齢30年以上のメルロー種を主体につくられたクリュ・ブルジョワ・クラス。豊かな味わいはスパイシーなタンニンを見事に包み込んでいます。 フレンチオーク樽にて12カ月(225L、新樽比率50%)、その後ステンレスタンクで18カ月間落ち着かせた後ボトリング、地下セラーにて出荷まで熟成。メルロー 50%/カベルネ・ソーヴィニヨン 45%/カベルネ・フラン 5%

 

フルボディでバランスがいい。

 

cten10.jpg

ヒラメのヴァプール マリニエール

白ワインは追加しましたが、無くなったので赤ワインを飲みながらヒラメ

 

 

 

cten11.jpg

天草産 ホロホロ鳥 低温調理

ホロホロ鳥ってこんなに柔らかいんですね。感動。フルボディの赤とも相性はいいですね。しかしワインが足りずに、ニュートン(ナパ)の赤と クロワムートン(フランス)まで開けてしまいました。まぁ、高くはないワインですが。

 

 

cten12.jpg

ファーブルトン

 

スタートから2時間にて無事終了。楽しいフレンチの夕べとなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 


 

このページのトップへ

2018年5月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sgdn1.jpg

日曜日に子供が浜線バイパスにある「上海ガーデン」に行きたいというので、来ました。私はここでランチは食べたことはありませんので、私が居ない時に来たことがあるんでしょう。中華やし、太平燕でも食べようと思っていました。

 

 

sgdn2.jpg

庭で食べるガーデンランチではないですよ、上海ガーデンだからガーデンランチ。5種類のセットメニューがあります。たまにはメニューも変わるんでしょう。


 

どれか1つとスープ、サラダ、小鉢、ライス(又はおかゆ)、お漬物、デザート・コーヒー(ソフトドリンク)付 で800円(税別)とやけにコスパがいい感じがします。

 

 

sgdn3.jpg

海藻サラダ麺入りのサラダ


 

sgdn4.jpg

小さ目の器に無理やり入れ込んだ感のあるご飯と漬物、小鉢というかスープ。

 

 

sgdn5.jpg

Cのチンジャオロース 結構な盛り付け量です。

 

 

sgdn6.jpg

Eの麻婆豆腐。私はこれをセレクトしました。結構辛かったので、ライスが進む。

 

 

sgdn7.jpg

Bの鶏のから揚げ。大き目の唐揚げが5個くらい。子供はこれを2人とも選んだが量が多すぎて食べきれなかった。

 

 

sgdn8.jpg

唐揚げは残すと思ったら、デザートはぺろっと食べていた。

 

これにソフトドリンク付で856円だから、休日ランチではコスパ高ではないでしょうか。4人くらいではシェアシェアして食べるのがいいかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)


 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kht17.jpg
新大阪にほど近い、西中島南方。こちらの焼肉店にお客様に連れてきていただきました。いくつか候補があり私が指名したのですが、ここは2度目の訪問になります。1度目は業界の視察で大阪に来た時に梅田で焼肉店が用意されていたのですが、あまりにも口に合わない人が続出し、その中からリベンジ焼肉人が店を途中退席し、タクシーを飛ばして口コミで聞いたこの肉屋串八に来た ということです。偶然にも今回の2階の部屋も同じ部屋でした。

 

煉瓦デザインの洋館風で高級感ある店舗ですね、肉の質に相当こだわりがあるようです。

 

kht18.jpgエントランスもいい感じです。

 

メニューを見ていきましょう。


kht19.jpg肉の脂とかパンチとかバランスとかそういうことで分類されているお店ってあまりないですね。カルビとか、ロースとかそのグレード順みたいな。以外にありがたいです。おっさんたちは脂ぎとぎとのお肉を敬遠して安めの赤身肉とワインっていうのがいい。

 

kht3.jpgお刺身は体調が悪い方は控えてくださいと書いてありました。


 

kht1.jpg大阪だし、牛すじどて焼きは絶対食べたい。

 

 

kht2.jpgおまかせ焼肉とか注文して、今日は控えめにいきましょう。


 

kht4.jpgお通しからいいですね、しゃぶしゃぶ

 


kht5.jpgワインはこれ以外もあるようです。グルナッシュとかテンプラリーニョ種があるなんていいですな。とりあえず、おすすめされた14HANDSの赤ワイン(USA)にしました。


 

kht12.jpg 14ハンズは、ワシントン州の野生馬にインスピレーションを受けて生まれました。名前は力強く頑強な子馬達の背の高さである14ハンズ(1ハンドは人間の掌のサイズに値し、馬の背丈はハンズで表します)に由来しています。

 

kht7.jpg薄切りタン


 

kht6.jpgキムチの3種盛 880円

 

 

kht9.jpgどて煮 500円 500円でも結構食べがいがありましたし、やはり本場は美味しい。

 

 

kht8.jpgイチボ

 

kht11.jpg盛り合わせ肉が到着。後は焼いて飲んで焼いて飲んで。

 

 

kht13.jpg

無煙ロースターなんだけど、煙もうもうになってきた。


kht14.jpgCREMASCHI クレマスキ。 チリのカベルネ。さっきのよりこちらが安いワインだけど、そこそこチリワインはいけるわ。

 

 

kht15.jpg大阪ではやっぱりこれでしょう、ホルモン。放るもん(すてるもん)っていう人多いです。


 

kht16.jpgしろは脂を落として。

 

ワインをだいぶいただきました。美味しかったです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年5月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

MSUI1.jpg 前川水軍に来ました。1年ぶりくらいになりますか。今日は刺身と焼鳥が食べたくてここを選択。土曜日の夜で街の中はすごい人と車。雨も降っていて車動かん。丁度空いた駐車場に車を駐車。熊本でも20分400円と値段が高い普段は絶対止めない所。さっさと食べないと。

 

外観もメニューも撮らず。お酒は日本酒 冷やで。升にグラスが入って並々に。


 

MSUI6.jpg

前川水軍といえば、これ。「とろ箱」990円です。2人以上ならこれでしょう。たぶん3人前基準になっているのでしょう。これはお得感ありますよ。これで990円ならスーパーの刺盛はどうなっているのという感じ。

今日は仕入もいいですね。サーモン、鮪、タコ、いろいろ、脂肪肝の代名詞ウニやいくらまで。

 


MSUI7.jpg

あふれそうな感じに盛っちゃうのがポイント

ざっとしているのではなく、計算。シズル感ね。

素晴しいと思います。


 

 

MSUI8.jpgジャコサラダだってここのは盛りがいいから食べがいがあります。

 

 

 

MSUI2.jpg

子供をMマークのファーストフードに連れて行かないから、メガポテトがどえらく嬉しいみたい。

 

 

MSUI5.jpg

カンパチカマ

 

 

MSUI3.jpg

天草大王のチキン焼き

 

 

MSUI4.jpg

焼鳥の盛り合わせ。

 

MSUI9.jpgガーリックあさりバター。やばいくらいガーリックやった。

4人で1万円弱。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

前川水軍といえばこれですね。

 

 


 

 


 

 

このページのトップへ

2018年4月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム


tgen13.jpg

熊本ホテルキャッスル 桃花源へ来ました。2ケ月ぶりくらいでしょうか。以前もコース料理でした。今回は無理をお願いしてお酒を持込みさせていただきました。

 

 

 

tgen4.jpg

私が自宅のストックから持込みます、紹興酒は家では飲まないので。会稽山の30年物紹興酒。やはりなんといいますか、3年物ととか比較したら深さの度合いが違いますね。皆で楽しくいただきました。これは結構品質の高い紹興酒でした。

 

 

tgen12.jpg

OTHELLO (オテロ) 2012

今年買っておいて飲もうと思っていたワインです。

赤いOの字が印象的なカリフォルニアナパの赤ワインです。ドミナスエステートのセカンドワインがナパヌック、サードワインがオテロです。ドミナスの血をひく、濃いガーネット色のワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン(80%)カベルネ・フラン(14%)プティ・ヴェルド(6%)

 

 

tgen1.jpg

桃花源は熊本ではかなり有名な中華料理。多くの弟子の方たちは熊本でお店を開かれています。

前菜盛り合わせ


 

 

tgen2.jpg

2種海鮮とゆり根の炒め。帆立とイカです、これはキャッスルさんの定番に近いミルク炒め、イカミルクにはコーンが入っていることも多いのですが。

 

 

tgen3.jpg

豚肉の唐辛子炒め

おこげライスも付いてますね。

 

 

tgen5.jpg

フカヒレと蟹みその煮込み。

香草のエスニックさがフカヒレ煮込みにパンチを加えているような気がします。


 

tgen6.jpg

牛肉の醤油味噌炒め 蒸しパン添え

 

 

tgen7.jpg

チンジャオな肉をバンズで挟み込み、豪快に頂きます。といっても中身しか食べていないですけど。

 

 

 

tgen9.jpg

あっさりしていた

鶏肉と野菜のスープ フカヒレスープ食べたのでこれは・・・


 

 

tgen10.jpg

欠かさざる

麻婆豆腐丼 ピリ辛だけど、これは必須なんですね。

 

tgen11.jpg

 

古典式杏仁豆腐

 

熊本ホテルキャッスル 桃花源 四川料理

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年4月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gmari14.jpg

東京マリオットホテル1階にある ラウンジアンドダイニング ジーを利用しました。昨日もワインを飲んでおり、今日は立食パーティで少し食事をしたので、宿泊ホテルでゆっくりしたいと思ったからです。東京マリオットホテルは1990年の御殿山ヒルズラフォーレ東京としてオープンしたホテルが2013年に東京マリオットホテルとしてオープンしました。

 

 

gmari13.jpg

品川駅から徒歩でも10分すこしかかり、駅近のホテルではありませんので、通りすがりの人が立ち寄るホテルではありません。宿泊客比率が高いホテルだともいえます。ダイニングジーは朝食会場としても使用される場所です。インターナショナルな雰囲気でアトリウム天井も高く、シンガポールやバンコクのホテルに来たかのような感じがします。大人の雰囲気が漂うダイニング。

 

 

gmari2.jpg

メニューを見ていきましょう。洋食系のグリルダイニングです。

 


gmari1.jpg

お腹が空いているときではないので

 

 

gandg.jpg

トマフォークステーキというのも気になりますが、一番安いハンギングテンダーガーリックペッパーステーキにします。お肉も赤身部分が多いとのことなので。

 

 

gmari4.jpg

白ワインは銘柄は忘れましたが、マリオットゴールドカードのウェルカムドリンクの代用としていただきました。

 

 

gmari5.jpg

ワインもグラスは90ml/180ml/270ml と3種類から選べ、またボトルワインメニューもありました。

 

 

gmari6.jpg

アミュ―ズはついているようです。何ですかねあまり口にあいませんでした。

 

 

gmari7.jpg

シーザーサラダのハーフ 800円 丁度いいサイズですし美味しかったです。

 

 

gmari9.jpg

ステーキに付け合せのマッシュポテト

 

 

gmari10.jpg

ステーキ到着しました。

まるで何かの骨のようですね。手でつかんでがぶりっていきますか。冗談。

 

 

 

gmari11.jpg

結構な赤身。ミディアムレアで頼みました。鉄板なら焼きながら食べれますが、鉄板ではないため、もう一度焼きをお願いしました。こいつはどうも噛み力が必要なお肉のようでした。

 

 

gmari8.jpg

ワインを飲んでごまかします。

せっかくなので、レギュラーサイズ180mlのグラスワインで一番ホットなものにします。

FREEMARK ABBEY CABERNET SAUVIGNON 2013

ボトルだと16000円


gmari12.jpg

Freemark  AbbeyはNapa  Valleyで最も初期に設立されたワイナリーのひとつで、その連綿とした歴史は1886年まで遡ることができます。世紀の変わり目に建てられた石造りのワイナリーは現在もそのまま使われています。ワイナリーの卓越したワインづくりの伝統は今日も受け継がれ、品質とその血統の良さを遺憾なく発揮したワインがつくられています。

買ったらこれくらいです。

 

IMG_8704.jpg

翌日の朝食で嬉しいものを見つけました。グルテンフリー(小麦抜き)のパンです。米粉主体で、丸パンと薄切り食パンもありました。なかなかグルテンフリーのパンを常備しているところは少ないです。インターナショナルなマリオットだからですかね。

 

 

IMG_8705.jpg

ソフトホイップバターをたっぷり塗っていただきました。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

unoy8.jpg

今日はJR新橋駅から徒歩約5分、すずめのお宿ならぬ、うなぎのお宿さんへ行ってみます。うなぎのお宿があるのは知っていましたが、初訪となります。

 

店の近くから鰻を焼くいい匂いがしていたため店を探し出すのはすぐでした。新しい建物ではなく老舗の鰻屋さん的な雰囲気はありますね。

 

 

unoy9.jpg

新橋という土地柄か、うなぎを食べながら飲むというのにも適したお店ですね。

 

 

 

unoy10.jpg

静岡鰻問屋直営と書いてあります。調べたら駿河淡水株式会社の直営のようです。これはうなぎについては期待できるのはないでしょうか。メニューを見ると、おおぶりうなぎ1匹使ったのが 大富士3500円とのことですね。でも梅は 1800円からありますから、価格弾力性のあるお店です。

 

 

unoy11.jpg

店内はカウンター席8席とテーブル席22席。30席のキャパがあります。

 

 

unoy12.jpg

うなぎの大きさで価格が決まり、すべて肝吸い付き。

今日はお腹のすき具合と相談して、お宿 2500円(おおぶりうなぎ3分の2)にしました。お宿と大富士が人気のよう。

 

 

unoy13.jpgお酒のあても沢山ありますね。でもうなぎ食べないとここに来る意味はないですね。

 

 

 

unoy7.jpg

大藤の二段重 大二段重 6800円

相当なボリュームなんだろうなぁ。


 

 

unoy1.jpg

うなぎを焼いているのが見えて 10分ちょっとで付きました。待ち時間としては適当ではないでしょうか。

シンプルなお重に肝吸い、香物、フルーツ

 

 

unoy2.jpg

ピンぼけしていますが、思ったよりおおぶりな肉厚うなぎです。香ばしい感じに焼けています。

 

 

unoy3.jpg

おおぶりなうなぎですので、3分の2でも結構大き目です。初訪問ですから「お宿」から入って良かったと思いました。2500円という価格も、東京価格では安い部類に入るのではと思います。鰻問屋さんの経営だからでしょう。

 

 

unoy5.jpg

厚く表面カリッと中ふわふわ。

 

 

unoy6.jpg

米の炊き具合といいい、タレが最初からべちゃべちゃでないところもよいです。本当にふわふわした鰻。うまいわ。いや、もっと早く「うなぎのお宿」を訪問しておくべきだったと思いました。これは新橋うなぎのお店に登録だ。

 

 

unoy4.jpg

肝吸いもシンプル。

夜に日本酒やワインとうなぎと行きたいものだ。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.55)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日のレストランリューズ続編です

 

rzu16.jpg

鴨のフォアグラのソテー リュバープのコンポートと共に フランボワーズの香りで

フレッシュなフォアグラとリュバーブ(日本でいうフキのようなもの)の甘く酸味のあるソース(ジャム)がフォアグラにマッチしてフランボワーズの軽やかな酸味もアクセント。

 

 

rzu13.jpg

島根県産の6時間蒸したあわびと 熊本県産の朝取り筍

やはり熊本県産の筍はフレンチでもよく使用されている。先日もジョンティアッシュさんで頂きました。

 

rzu14.jpg

ポーションはそんなに多くありませんが、1回目に訪問した時もこの天然あわびを頂きました。今日はあっさりとしたソースでした。本当に柔らかい。

 

 

ryzu6.jpg

1999 NUITS-ST-JEORGES CLOS DES PORRETS HENRI GOUGES

ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・ポレ・アンリ・グージュ

ここでブルゴーニュの赤。

ドメーヌの創始者アンリ氏はブルゴーニュのドメーヌワインの立役者。20世紀初期、ネゴシアンによって名前を偽ったブルゴーニュワインが出回っていたのを危惧したかれは、1929年にブルゴーニュワインの品質を守る組織を結成し、この地で最も早く自家元詰を実現しました。現在は3代目にあたるピエール氏とクリスチャン氏が後を継いでいます。


 

 

rzu1.jpg

魚料理

表面はかりっと中はふわっと。ソースもエスニック風のソースでよく合う


 

rzu2.jpg

1996 COS D'ESTOURNEL サンテステフ 2級

続くメインのワイン、ボルドーは2003コス・デストゥルネルと迷った末、思い切って1996をチョイス。1級ワインに迫るワインとしてスーパーセカンドと言われるコス。特にこの年代のコスともなると、価格も高いため「さらっと」飲めるワインではなくなりましたね。私も20年ぶりくらいにファーストワインのコスを頂きます。かなりテンションが上がりますね。

 

 

 

rzu3.jpg

メインは岩手短角牛

結構飲んできましたので、お腹も満腹度が高まってきました。短角は凝縮貫があり噛みごたえもあるお肉ですね。

 

 

rzu5.jpg

デセールは2品

 

 

rzu7.jpg

ブランマンジェと野菜のムース

 

 

rzu6.jpg

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

貴腐ワインはソーテルヌ。最後に料理全体が貴腐ワインをいただくことで締まりますし、余韻が楽しめます。貴腐ワインはいいですね。先日1998のディケムを飲みましたが、ディケムは貴腐の王様ですしほんと最高です。


 

rzu8.jpg茶菓子など

 

食べログ(掲載時点 4.13)

前回は4.19だった。

 

東京・六本木 レストランリューズ(2)ー2 料理とワインのマリアージュ

 

このページのトップへ

2018年4月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryzu1.jpg 東京・六本木 レストランリューズ(RYUZU)に来ました。3度目の訪問です。今日は異業種交流社長会で会場セッティングは幹事役の私が努めさせていただきました。初めての所で開催するわけにはいきませんので、2度訪問したことのあるミシュラン2つ星のリューズさんならば安心できます。今日は自腹です。


 

ryzu2.jpg毎回思うのですがこの階段を下りていくときって気分が高まります。


 

ryzu3.jpg階段を降りきった左側がリューズ。

 

ryzu4.jpg今日は個室を利用させていただきました。個室側からグランドフロアーを望む風景です。RYUZUさんは照明も落とされており、夜使いのフレンチにいい感じの照明です。


 

ryzu5.jpgリューズ。今日の料理は通常メニューで8000円、13000円の上にあるおまかせメニューでは一番安い、といっても19000円税サ別のコース。ワインは2人のサポート幹事の人と決めました。

 

 

 

ryzu8.jpg

シャンパーニュは クレモン ペルスヴァル (CLEMENT PERSEVAL) のロゼ

現在では仏国内でさえも入手困難になっており、日本への輸入数は極僅かな希少品となっています。

 

ラインナップの中でも特にレアなキュヴェがこちらのロゼ。極限られた本数しか流通しておらず、なかなか出会えない逸品です。

 

 

ryzu9.jpg

100% ピノ・ノワール

 

 

ryzu10.jpg

アミューズは2品

まぐろ・サーモンのスモーク

 

rzu9.jpg

こちら・・・何か忘れてしまいました。リューズさんはメニュー表がないので。

 

 

rzu11.jpg

Rieffel Grand Cru Zotzenberg Sylvaner
リーフェル グラン・クリュ ゾッツェンベルク シルヴァーナ

白ワインはワイン飲みなれた人も多いので、ブルゴーニュはやめてアルザスにしました。アルザスってコスパも良いし私は好きです。中でも、シルヴァーナ種のぶどうがアルザスのグランクリュに指定されたのは2000年代に入ってから。1975年、アルザスのグランクリュが制定された際にグランクリュに認められたぶどう品種は、Muscat(ミュスカ)、 Riesling(リースリング)、 Pinot Gris(ピノグリ)とGewurztraminer(ゲヴュルツトラミナー)の4品種。

 


ryzu7.jpg

KRITT PINOT BLANC 2016 クリット ピノブラン

こちらもアルザス。

アルザスの土地とブドウを熟知した伝統あるドメーヌ。ビオディナミ農法とマイクロ・クライメットが生む、複雑味が魅力。グラン・クリュ並みの土壌と古樹により造り出された、贅沢な味わい。



rzu10.jpg

ルクセンブルク産の半焼成パン

 

 

rzu12.jpg前菜

オマール海老・ホワイトアスパラガス

水玉のようなドット(ソース)が映えます。ロゼシャンパンにも合います。

 

 

続きは翌日に

このページのトップへ

2018年4月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fchik12.jpg

福岡市大名の料亭 稚加榮(ちかえ)に会合で訪問しました。二度目の訪問です。

博多料亭 稚加榮は、昭和36年に福岡の炭鉱王 中島徳松氏の持ち家を改装し、福岡市中央区大名に鳥料理店として創業しました。今は活魚、会席料理のお店です。建物は旅館ホテルのように立派です。

 

 

fchik1.jpg

刺身付の会席料理です。

醤油はぽん酢、しょうが醤油、わさび醤油

 

 

 

fchik2.jpg

前菜

 

 

fchik4.jpg

この時期が旬の白魚(しろうお)の踊り食い

食べるのは1年ぶり。

土佐酢の中にすくって入れて飲み込む。のど越しを楽しむ食だ。あまり得意ではない。



 

fchik3.jpg

新鮮なイカ刺し

結構こりこりしていた。

しょうが醤油で食べると美味しい。

 

今日は国産白ワインと同じく国産赤ワイン。


 

fchik5.jpg

ひらめの刺身

 

 

fchik6.jpg

小さな鍋物

 

 

fchik7.jpg

イカの胴体、足は天ぷらに

 

 

fchik8.jpg

鰆の柚餡焼き

 

 

 

fchik9.jpg

フカヒレ茶碗蒸し

 

 

fchik10.jpg

うにご飯とお味噌汁

 

 

fchik11.jpgデザート、果物

 

何が美味しかったかと・・・赤ワインかなぁ。

 

DSC02193.jpg博多駅で時間があったので、利久で牛タンと日本酒を飲んで新幹線で熊本に帰りました。これはこれでイイ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.60)


稚加榮ホームページ

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

だいぶ前から訪問していましたが、掲載したことのないお店です。最近はフレンチとか肉が多かったので、久しぶりに訪問しました。お刺身とか釜飯とか和食の美味しいお店です。

 

kayamak17.jpg

薔薇亭のあるSUN SPOTマツフジビルの地階にあります。

 

 

kayamak1.jpg

お店の中はカウンター席と個室。居酒屋気分で「ふらっ」とは入りにくい雰囲気はあるでしょう。

 

 

 

kayamak3.jpg

刺身、魚、肉系、揚げ物、煮物と色々とメニューはあります。しかし価格が一切書いていない、時価になっています。値段を気にせずに食べれれば最高なんでしょう。全く価格が書いていないといくらなんだろう、と考えてしまいますね。金額がないお寿司屋さんが近寄れないように、常連じゃないと不安ですよね。

 

 

kayamak4.jpg

 

kayamak2.jpg

米から炊く釜飯が美味しい。

おまかせ(コース)は5000円から。いつもはコースを頼むことが多いです。足りない場合に追加で単品。

 

 

kayamak5.jpg

馬刺しなどもおいしい部位が置いてあります。

 

 

kayamak9.jpg

前菜から。ひともじのぐるぐる他

 

 

kayamak6.jpg

酔鯨 純米吟醸 吟麗

特徴

香りはあくまで控えめとし、キレが良く飲み飽きのしない純米吟醸酒です。和食全般、特に醤油系のお料理との相性が良く、一緒に頂くお料理の良さを引き出します。当社が本格的に吟醸酒造りを始めた最初の商品で、現在でも中心となる商品です。

 

kayamak7.jpg

刺身 4人前

あわび、いか、まぐろ、たこ、さば、ひらめ、たい 新鮮で美味しい。

 

 

kayamak8.jpg

日本酒がすすみます。

 

 

kayamak10.jpg

これも定番となっている 「う巻」 ふわふわして美味しい。卵焼きにはマヨネーズをつけたくなりますが、おろしでがまん。

 

 

kayamak11.jpg

辛子レンコン、車海老、さわらの柚餡焼き

辛子レンコン、ツンと来ます。

 

 

kayamak12.jpg

なすのお浸しで一休みして

 

 

kayamak13.jpg

こちらは珍味の「根焼き」

馬の大動脈。こりこりした食感でイカ焼きと思えば抵抗感は減るけど。


 

 

kayamak14.jpg

ごま豆腐

 

 

 

kayamak15.jpg

濃厚なあわびのバター焼き。

あわびってバター焼きにするとかなり濃厚でこれはワインが飲みたくなってしまう・・・・

 

 

kayamak16.jpg

時間が無くなりつつ、ご自慢の釜飯をいただけませんでした。次回近いうちにまた訪問したいと思います。ここの味噌汁のねぎの切られた幅が細くてすごいんですよ。ものすごく切れる包丁と腕がないと無理だと思う。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.52)


このページのトップへ

2018年4月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

baba1.jpg

あっさりアジアンランチがしたくて、こちらに。アジアン屋台 バーバーバー333。4度目の訪問です。てっきりお店が休みかと思ったら店舗の外装が工事中でした。

 

 

baba2.jpg

今日はフォーの気分

 

 

baba3.jpg

パッタイも美味しかったが、今日はフォーから選択しよう。

一人で入ってきた女性客もパッタイランチセットを頼んでいる。

鶏ガラのフォーもいいけど、今日はフォー・ハイサン(魚介)にしよう。税込1188円だから結構いい値段。

 

 

baba5.jpg

ここのテーブルはワインの箱のテーブルだからもともとイタリアンのお店かなといらぬ推測をいつもしてしまう。

 

 

baba4.jpg

春巻きの揚げ物とサラダをいただきつつ

 

 

baba6.jpg

フォーが到着。うん、いつものフォーの景色と違う・・・あ、パクチーがないんだ。お店の人に聞くとパクチーは別注(100円)とのことなので、オーダー。

 

 

baba7.jpg

すぐ到着。パクチー小100円は結構盛りもあって。

 

 

baba8.jpg

全部いれよう。

 

 

baba9.jpg

やはりフォーにはパクチーが必須だよね。

 

 

baba10.jpg

麺は米麺だからグルテンフリー

 

 

baba11.jpg

いか、あさり、えびのコンビネーション。想像通りかなりあっさりのフォー。少し物足りない気分もしましたが、スープを飲んだせいかコーヒーは飲みたくなくなり、お店の人にコーヒーはお断りしました。パクチー入れても1300円弱は安いとはいえないなぁ。TT

 

 

アジアン屋台 333(バーバーバー)(3) タイカレー


 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sere1.jpg

ホテル日航熊本2階のフランス料理 レ・セレブリテに来ました。そんなに数はありませんが熊本で好きなフランス料理の一つです。今回は4月にこちらでフランス料理の夕べの会をしますので、ランチをしながらその打合せも兼ねます。

 

 

sere2.jpg

シェフのおすすめランチで 2,500円のを頼みますが、税サ込でこの値段は本当に満足いく価格です。いつも思います。


 

sere3.jpg

スターターは

鯛のマリネとホタルイカのソテー イカスミのガレット


見えにくいですが、ホタルイカが2匹。ホタルイカは沖漬けとか苦手なんですが、あったかくてこれはとても美味しかったです。

 

 

 

sere4.jpg

ポタージュは ビシソワーズ。

気温も下がっている時でしたので、暖かいスープに心が温まります。適温で提供されるフレンチです

 

 

sere5.jpg

スズキのポワレ 桜えびとあおさのり ソース・シャンパーニュ

ソースと魚の味がマッチして温かくて美味しい。

 

 

sere6.jpg

どこに桜えびが・・・・と

 

sere7.jpg

魚の皮のところに桜えびが焼いて乗せられています。香りがよくて手の込みよう。

 

 

sere8.jpg

阿蘇自然豚のコンフィ 香草パン粉焼き

 

 

sere9.jpg

私はパン粉を外していただきました。自然豚の甘味が出ていて、皿まで暖かく付け合せも美味しく満足しました。

 

 

sere10.jpgココナッツのブランマンジェ ミントのグラス と コーヒー


ランチで魚・肉のセレクトでなくて2500円。今日はガス入りウォーターだけでしたが相当満足感があるランチだと思います。

 

食べログ(掲載時点 3.51

 

 

このページのトップへ

2018年4月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pepp1.jpg

ゆめタウンはません店のレストラン街に来ました。以前は豚テキとか食べに来てましたが最近はペッパーランチに来ることが多々あります。

 

ペッパーランチはいきなりステーキと同系列の株式会社ペッパーフードサービスが経営するステーキ・ハンバーグ・ペッパーライスのファーストフード店。

 

 

日本ではフードコート店の店舗が多いですね。国内では2018年2月で117店舗ですが、アジア海外では312店舗もある、外食実力店です。熱々の鉄板で食べるペッパーランチはうまい。


 

 

pepp2.jpg

ランチタイムは結構行列の事が多いのですが、調理時間が短くすぐ順番は回ってきます。私もペッパーフードの株主ですが、ペッパーフードは株式価格が高いため以前設定された優待300株というのが今や100株で1単元価格 7000円が下がって6000円だとしても200万円弱の投資をしないと優待株主になれないんですよ、だからもう少し引き下げた方が流動性も高まっていいと思うのですが、株価があがるのももちろん嬉しいのですが。


 

pepp3.jpg

ステーキは何度か食べましたが、いきなりステーキの方が価格も高いし美味しいと思います。私はもっぱらここでは「ビーフペッパーライス」を頂きます。

 

 

pepp5.jpg

結構ビーフペッパーライスが美味しいからリピートしている人も多くいそう。

 

 

 

pepp4.jpg

常のビーフペッパーライス Mは700円。お肉たっぷりビーフペッパーライスは 900円。普通はお肉たっぷりにすることが多いです。


お店をリピートするとドリンク券をくれます。楽天ポイントカード「ペッパーランチ」でトッピング無料。

 

 


pepp6.jpg

チーズトッピング +100円と お肉たっぷりビーフペッパーライス。コーンとねぎ。これは好き嫌いで外せると思うけど。

 

 

pepp7.jpg

鐵板がめちゃくちゃアツイのでライスの回りを囲んだ薄切り生肉もあっという間に焼けていきます。

 

 

pepp8.jpg

上にチーズをかけてかき混ぜます。

 

 

pepp9.jpg

チーズがすぐ溶けて、ドリア風になっていきます。部分的にはチーズが焦げて美味しくなる。

 

 

pepp10.jpg

全部にチーズをかけると飽きるので一部はノーマルの部分を残しておく方が良い。いやこれは癖になりますよ。もう何度も食べた。

 

 

肉も入っていない、ベーコンチーズペッパーライス M 650円というメニューもあります。これはチーズ好きにはたまらないメニューでしょうね。写真見てたら今日も食べたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

株式会社ハウディでは2018年度26名の新入社員(高卒・大卒)を迎えました。入社式、研修の後、夜の歓迎会は社員も含め約40名にて梅の花 熊本店にて開催しました。食べること、社外研修です。

 

 

umkh13.jpg熊本店もエントランスは素敵な雰囲気です。


 

umkh14.jpg先日の久留米店もそうですが、エントランスまで雰囲気があるのがいいですよね。


 

umkh17.jpg 入社式 特別懐石にて準備していただきました。若い人たちは沢山食べますからね。しかも梅の花さんでの食事は後で聞いてもとても新入社員に人気のある食事になっています。それは美味しいからです。HOWDYロゴも入れていただきメニューが、心配り有難うございます。


 

umkh15.jpg

座敷ではなくて着席だから嬉しいです。


 

umkh16.jpg会食がスタート。毎年ながら緊張した雰囲気で始まります。

前菜9品盛 から。これにご飯とみそ汁がつけば立派な食事になるくらいのボリュームです。


 

umkh3.jpg続いて茶碗蒸し。きざみ柚子がほのかな香り。


 

umkh2.jpgお造り三種

 

 

umkh1.jpg若竹煮小鍋仕立て 鍋に火をつけてぐつぐつとしばらくして頂きます。


 

umkh4.jpg目の前で豆腐が出来上がり・・・これで4人前・・・・すごくないですか


 

umkh5.jpgとりわけて、餡をかけて

ふく福豆腐桜海老餡かけ・・・・やわらかい茶碗蒸しのよう。私はこれが一番気に入りました。


 

umkh6.jpg生麩田楽


 

umkh7.jpg

結構お腹いっぱいです。強肴メインです。

黒毛和牛ロース溶岩焼き

 

 

umkh8.jpg

熱々の溶岩の上に並べて。

 

 

umkh9.jpgやわらかいお肉を頂きます。塩胡椒で食べたくなりました。


 

umkh10.jpg車海老天麩羅。こちらは社内の車エビ好き女子にプレゼントしました。


 

umkh11.jpg

筍の炊き込みご飯、湯葉吸物、香物


 

umkh121.jpgデザートはもっちり杏仁。女性に人気。

 

フルコースいただくと相当お腹いっぱいになりました。明日から新入社員は宿泊研修です。今日の新たな門出を祝すと共に、ハウディの一員として皆でがんばっていきましょう。

 

食べログ(掲載時点 3.08)


 

 

 

 


 


 

このページのトップへ

2018年4月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2018年3月17日に熊本駅高架下にオープンした肥後よかモン市場。何度か訪問しましたが、ランチを食べに行ってみました。月曜日だけあってそんなに多くなかったのですが、火曜日も行ってみたら昨日は何なのというくらい多い。


春休みですね、観光客も多いです。いよいよ第一弾としてオープンした飲食・物販60店舗もの空間は結構広い、という印象。

 

ykmn1.jpg

立体駐車場側からの入口(端っこの方)から入ってみます。このあたりはクリーニングとかそんなお店の並び。

 

kanba111.jpg

ラーメンとか串カツとか牛丼、ハンバーガーなどなどカジュアルな飲食店が多く、小麦系のお店が多いので私が食べるお店もそんなに多くない。

 

 

ykmn2.jpg

今日はここにします。博多竹乃屋。大きなオープンスペースのレストランです。飲食店で一番ここが広いでしょう。この日は結構客席空いていましたが翌日は満席に近かったです。

 

 

ykmn3.jpg

定食600円台から900円台。焼きサバ定食690円にも惹かれましたが、ここではあまり見かけない炭火もも焼き定食をオーダー。

 

 

ykmn4.jpg

来ました。

うん、これは鶏の炭火焼き定食ですね。

居酒屋で炭火焼きは頼むけど、ランチで炭火焼きってあまり食べないし、ましてご飯のおかずで食べるの初めてだ。

 

 

ykmn5.jpg

結構なボリュームです。

一人でこんなに炭火焼きだなんて。

どうもご飯にあうというわけではないんだけど、噛み噛み食べごたえもあり食べ進んでいきます。結構美味しいわ、この炭火焼き。



ykmn6.jpg

この赤くて辛い唐辛子にんにくが、辛いんだ

普通のゆず胡椒がいいんですが、聞くの忘れて食べ続けました。相当炭火焼きを食べた感じです。


しかしここのオープンスペースすぎるカウンターってなんか落ち着かないな。店と店の間の通路を歩いているとお店に着席している人と目があう構造に。


美味しかった、次はイベリコ豚定食を食べに来ます。TT

 

 





 

 

このページのトップへ

2018年4月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

kufuku2.jpg

熊本空港フードコートに来ました。ペッパーフードサービス応援で子供たちと私はいきなりステーキ。奥さんはステーキは食べたくないとのことなので、空福亭でハンバーガーを食べることにしました。このフードコートは2017年2月にオープンしました。

 

 

kufuku3.jpg

くまもとあか牛バーガー、とっとりバーガーフェスタで4位だったそう、4位って微妙な位置ですね。3位と4位って大きな差。

 

 

kufuku6.jpg

単品で980円ですか。セットで1330円。結構いい値段。他のバーガーは500,600円ですが。サニープレイスハンバーガーのバーガーはもっと高いのですが、フードコートというとどうしても高く感じてしまう。

 

 

kufuku7.jpg

焼きそばも人気メニュー。特盛りって相当大きい。

 

 

kufuku8.jpg

これで1330円

 

 

kufuku1.jpg

確かに赤牛を使用したパティですが、インパクトはそんなに。観光客さんが食べると思えばいいんですかね。

 

 

kufuku5.jpg

勢いのある、いきなりステーキです。ペッパーフードサービスの株価も復活してきましたので、含み益で食べれます。もっと益が出ればもっと食べれます。

 

 

kufuku4.jpg

私はリブロース 227g gは6.9円。子供用と申したら200gから対応してくれました。ご飯大盛りにしたけど、全部食べれませんでした。肉もレアなのですが、今度からミディアムレアにしようと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gnk1.jpg

中九州クボタさんの工場内にある、同経営のパン屋さん「玄気堂」。オープン以来人気のあるお店です。クボタさんの米産業育成の一環でもある同店、ビジネスとしても注目されています。

 

 

gnk2.jpg

いろいろな種類のパンが売ってありますが、午後のため商品はだいぶ減ってきてます。

 

 

gnk7.jpg

惣菜パンとかも沢山ありますが、私はパンを食べなくしてほぼ1年。たまに、バターたっぷり塗ってパンを食べたいと思いますよ。フランス料理とかでもタピオカ澱粉のパンとかも食べましたがあまり美味しくはない。


 

gnk6.jpg

グルテンフリーの玄米パスタ麺も販売してあります。(空港やカリーノのお店でも売っています)

 

 

gnk4.jpg

私も読んだジョコビッチの食事の本の事が書かれています。このパスタは市内のジャルディーノ(イタリアン)で食べることができますよ。私もよく食べます。

 

 

gnk5.jpg

2月からアレルギー27品目除去のグルテンフリーのパンが発売になりましたので、これを買いに来ました。100%玄米パンです。

 

 

gnk3.jpg見本の商品が展示されています。一番右のプレーンで1個150円。安くはないです。小さいです。冷凍してある商品をレジでくださいます。真ん中はひまわりシードを使ったパン 150円。抹茶小豆170円。


夜、プレーンとひまわりにバターたっぷり塗っていただきました。いやモチモチしてパサパサでもなくこれは普通のパンかなと思うほど美味しい。嬉しかったです。カリーノでも販売してあると嬉しいのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

玄気堂ホームページ


 

このページのトップへ

2018年4月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

中毒性のあるスリランカカレー。前回訪問時はじめてヌードルカリーをいただいたのですが、夜まで胃もたれ気味で全然お腹もすかないので、果して天気も良く体調がよい時にもそうなるのか、ココナッツカレー耐性を調べにスリランカ2ndへ行ってきました。

 

srilanc1.jpg

迷うことはない。カウンター席に着席するやいなや、ヌードルカレーセットを注文 800円。デザート抜きでお願いします。玄人的頼み方。

 

もじゃもじゃビーフンのカレー。見た感じは前回より辛くなさそうだ。

 

しかし食べているとやはり辛い。ビーフンに何もつけなくていいっていうか、カレーの量が多いのかも。白ご飯がいいんだけどとか考えつつ完食。

 

 

srilanc2.jpg

口直しでサラダをいただく。デザートはない。

 

 

ndcc5.jpg 前回はこんなに赤いカレーを頼んでいたんだ。それに比べれば今日のは可愛いんだけど。


結果、夜までお腹すきません。ココナッツカレーは腹持ちがいいんですね。タイカレーはそうでもないんですが、スリランカヌードルカレーはお腹が重くなります。ココナッツは自分にあっていないのかなと思うようになりました。次はイングランドカレーという辛さ一つ星のカレーにしてみようっと。TT


 

 

 

スリランカカレー ヌードルカリーで胃が・・・・スリランカ2nd


スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

このページのトップへ

2018年4月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

薔薇亭を掲載すると、「脳内肉欲」が刺激され肉を食べたくなる人がいるというお店。そして社員の人でも肉欲が刺激され実際薔薇亭を訪問した人もちらほら。私も年に3,4回は訪問している薔薇亭。数ケ月ぶりに来ました。


kmbara1.jpg銀座通りにある SUNSPOT マツフジビル、ここの2F,3Fが薔薇亭 ステーキサロン鉄板焼。

 

今日は料理の一部抜粋を掲載


kmbara2.jpg本日の前菜は6種類から選びます。私はあっさりスタートしたいので、いつもの蛤のオーブン焼き。肉好きな人には牛ヒレ肉の「たたき」風が人気。

 

 

kmbara4.jpg

美味しいです。ソースがなんともいえない。白ワインといきたいのですが、今日は乾杯の赤。同行者の方も気に入っておられました。

 

kmbara3.jpg

2012 CHATEAU MONTUS シャトー・モンテュス

 ぶどう品種タナ80%、カベルネ20%という、フランス南西地方AOCマディランの赤。若くてタンニンが強く果実感あふれるフルボディの強力なワインです。ワイン初心者には少し飲みにくく感じるかもしれません。時間の経過とともに飲みやすくなります。

 

 

kmbara5.jpg

濃厚味のの牛テールスープ

 

 

kmbara6.jpg

天草産あわび。やわらかくて美味しい。

 

 

kmbara7.jpg

ヒレとロースのコンビネーションでオーダー(5名分)今日のお肉は素晴らしい。調理は薔薇亭の跡継ぎの若い方に担当いただきました。ナイフさばきも抜群。

 

 

kmbara8.jpg

最近ヒレが好みです。野菜焼きやレタスサラダなども食べてフィナーレはガーリックライス(焼き飯)

 

 

kmbara9.jpg

目の前で見る楽しさ。

 

 

kmbara10.jpg

シズル感ものすごくあります

 

 

kmbara11.jpg

完成。少な目にしてもらいました。卵も海老も入っていてやっぱり美味しいです。

 

 

kmbara12.jpg

最後はいつものお決まり黒糖シャーベット(かき氷風黒糖味)で口の中さっぱり。

今日も美味しかったです。TT

 

薔薇亭 鉄板焼 熊本市 肉を食べる

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

 


このページのトップへ

2018年4月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

久しぶりにやってしまいました、ラーメン。酔って塩分を欲したのでしょうか、龍の家に来店。ワシントン通り店ってリニューワルしたんですね。綺麗になってます。1日目は一人で来店。

 

IMG_8631.jpg

脂も沢山のっている、とんこつこく味、麺固麺。とか言いつつ麺は食べないのに。久しぶりのトンコツスープは美味しい。今月2回目。

 


 

ttnoy1.jpg

同じ週に再訪しました。純粋なとんこつの味わい、とんこつ純味で麺を別盛でお願いします。と頼んで。

まるでつけ麺か、替え玉寸前のような状況ですが、この麺をそのまま同行者にプレゼント。

こく味も純味も美味しい。しかし1週間でラーメン2回は久しぶりだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hamaya1.jpg

当社の福岡支店が福岡県粕屋郡新宮町に移転したので来ましたが、この周辺にはランチする場所が少ないですよ、と社員から。なんかあるでしょう、食べるところが確実にある「トリアス久山」方面ではなく、あえて古賀インター方面へ4名で出向きました。

 

「麺勝」しかないですよ、と聞きましたが麺はパスなので、もう少し古賀インター方面へ車を走らせることしばらく。

 

ありました。昔のドライブインみたいなお店。ここで落ち着きましょう。

いやーこういうお店久しぶり。たまにはいいんじゃないですか。ブログ書いたら初になるかも。

 

弁当と定食のお店。おばちゃんたちが元気に働き、机が不整合的に並んだりしている、この光景。

 

 

hamaya2.jpg

プラスティックの下敷きに挟まったメニューは値段は「高い」と感じることはない。焼きめし定食550円、焼きそばのみ430円。一番高いのがホルモンうどん定食800円。


よくよくメニューをみても定食屋さんにあるメニューが多く、「これは面白そう」と感じるメニューも逆に少ない。

 

無難なものを選択しましょう。私は「豚のしょうが焼定食」650円、これが2名、焼めし定食、チキンカツ定食。

 

 

hamaya3.jpg

ご飯の盛がいい定食がきました。鐵板にわざわざ入っています。生姜焼き・・・というより野菜炒めじゃないのーって感じですが、野菜炒めにしてはお肉が多いし。小間切れ肉の生姜焼き。とりあえず文句を言わず腹を満たせ。

 

 

 

hamaya4.jpg

こちらはチキンカツ定食。カツは結構ボリューミーですね。しかし写真の撮り方によってはライスが生姜焼きに比べて超小盛に見えるから笑ってしまう。同じ大きさなんだけどね。TT

 



古賀市青柳町1572?1

092-943‐9841

このページのトップへ

2018年4月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ホテル日航熊本にてフレンチディナー。フレンチのお店「レ・セレブリテ」があるのですが人数的に入りきれず宴会場にてフレンチをいただきました。

 

 

nkfr1.jpg

 

nkfr11.jpgシャンパン・ワインは無理をお願いし持込みさせていただきました。

G.H. Mumm Champagne マム・シャンパーニュ グラン・コルドン

 


1827年シャンパーニュ地方の中心ランスでドイツのマム一族によって創業された名門メゾンです。赤いリボンの印象あるデザインは、世界最高峰の自動車レース「フォーミュラF1」のシャンパンファイトでも有名。マムは思い描く切れのあるシャンパン。

 

 

nkfr2.jpg

天草産真鯛のマリネとノルウェー産サーモンのスモーク

アサリのうまみをソースにパセリオイルのアクセント


フレンチのスターターのアミューズ。魚系・キャビアでマムシャンパンが更に引き立ちます。


 

nkfr3.jpg

鮑(あわび)と帆立貝柱の焼きリゾット 桜海老のフリッツ 柑橘風味

こちらもさっぱり系の前菜。白ワインが飲みたくなります。

 

 

nkfr12.jpg

CHABLIS PREMIER CRU MONTEE DE TONNERES 2014 WILLIAM FEVRE

ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル シャブリ1ER CRU モンテ・ド・トネル


シャブリ最高の造り手と称賛されるドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル。日当たりが良い、平均樹齢45年の一級畑から生み出される力強さとエレガンスを兼ね備えた逸品。


nkfr4.jpg

野菜のポタージュスープ 「セゾン」

 

 

nkfr5.jpg

熊本県産スズキのローストと熊本県産茄子のババガヌッシュ

 

焼きナスのペーストをババガヌッシュというらしい。

 

 

nkfr10.jpg

2011 Chateau Grand-Puy-Lacoste PAULLIAC

2011 シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト ポイヤック

メドック格付5級のグランヴァン。シャトーの起源は16世紀、ポイヤック村の南“グラン・ピュイ”の丘に位置しており、昔の所有者の名前“ラコスト”をつけ、現在のシャトー名になりました。ポイヤックらしい力強いワイン。

 

 

nkfr6.jpg

1万円前後のボルドー格付ワインでは比較的コストパフォーマンスがいいワイン。


nkfr7.jpg

国産牛フィレのステーキ 白ワインとエシャロットの香るソースで

 

 

nkfr8.jpgワインともよくあいます。

 

 

nkfr9.jpgパンナコッタと苺のスープ バニラアイスクリーム添え

 

以上。TT

 

 



 

このページのトップへ

2018年4月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

wikeds8.jpg

韓国スイーツというと新大久保とかもメジャーですが、原宿も人気スポットの一つで、韓国かき氷を有名にした「ソルビン」もありますね。あと「ハッピンス」も有名です。そして遅れて2017年に上陸した日本1号店の「WIKED SNOW」に行ってみました。表参道の脇道に入って、パンケーキで行列ができると有名なEGG'n THINGS(エッグシングス)のすぐ近くです。

まだ真夏じゃないし、行列はないよね。


 

wikeds2.jpg

ポップな看板だな

 

wikeds1.jpg

店内に入りましょう。左側だけのスペースかと思ったら奥は以外に広く、行列もなく安心。

 

 

wikeds3.jpg

見本がショーケースに並べてあります。

 

 

wikeds4.jpg

スノーフレイクを食べましょう。

 

 

wikeds5.jpg

私は食べなく、子供にチョイスさせたら ウィキッドミルク 850円と ウィキッドチョコ 1200円。ランチ並の価格がするんですが、このかき氷は私も美味しいのを知っています。ミルクのまわりにアーモンドとかナッツが沢山。あんとのマッチングもベターです。

 

 

wikeds6.jpg

かき氷生地にチョコレート味がして美味しいです。

 

 

wikeds7.jpg

シナモントースト 550円

 

コーヒーは350円と普通の価格。


WIKID SNOWの記事

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

このページのトップへ

2018年4月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

abek10.jpg

休日に神楽坂へ来ました。神楽坂って休日はもっとひっそりした場所でしたが今や全然違うんですね、びっくりです。プチパリとも呼ばれる神楽坂には美味しいお店が沢山増えてきています。町の散策とかそういう意味も含めて桜のシーズンだし人も多くなってきているとはいえ。


イタリアンやフレンチに今から空いてますかと何軒が断られたので、それなら自力で並ぶぞと1年半ぶりに「あべや」さんに来ました。

 

 

abek11.jpg

メニューも1年半前と変更ありません。美味しい親子丼を食べれる比内地鶏のお店です。

 

 

abek12.jpg

おっと行列なくて入店できると思いきや、ランチタイムは1階のみで20席あまり。15分ほど待って入店できました。いわずもがな私が食事を終えて出てくるときは行列でした。普通の親子丼も50食限定ですし、極上も限定ですから沢山のお客さんが入れるわけけはないですね。料理も座ってすぐに出てくるわけでもないです。

 

 

abek13.jpg

一番人気は比内地鶏親子丼 並ですね。比内地鶏はブランド鶏です。あべやさんは秋田比内地鶏生産責任者の店。

 

 

abek14.jpg

寒い冬ならきりたんぽ鍋御膳とかも良さそうですね。

 

 

abek1.jpg

同伴の方の 比内地鶏親子丼。私も以前頂きました。

秋田美人豆腐、鶏スープ、いぶりがっこ(漬物)付です。ビジュアル的にここの親子丼はすごくインスタ映え、シズル感あふれます。

 

 

abek2.jpg

たまごがとろとろしていて

 

 

abek3.jpg

私は 極上親子丼 1600円。

普通の親子丼の上に生卵、炭火であぶった比内地鶏がのっている。

 

 

abek4.jpg

塩がかかっている、美人豆腐。さっぱりして美味しい

 

 

abek5.jpg

濃厚な鶏だしスープ

 

 

abek6.jpg

たまごがたっぷりで、とりすぎではないかと心配になるほどです。

 

 

abek8.jpg

たまごをつぶして

 

 

abek9.jpg

箸では食べにくいので、スプーンで頂きます。やっぱり美味しい。さすが秋田、お米も美味しい。

 

 

abek7.jpgポテサラがっこ 600円

ポテトサラダにいぶりがっこ(漬物)が小さく刻まれたものがはいっていて食感がいい。最近いぶりがっこって人気がありますね。


あべやさんは東京駅にもお店がありますし、また今度行ってみたいと思います。

 

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

あべやホームページ

このページのトップへ

2018年4月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt15.jpg

続いて シェフのスペシャリテ 島根県産 黒鮑(あわび)

8時間柔らかく蒸しあげ 熊本県産朝採り筍のソテーと共に

8時間も蒸したんですか、すごいです。とてもやわらかーい。でも思ったより量は少なかったんですが。熊本からはるばる来た筍、こんなところで出会いました。熊本の野菜はフレンチでもひっぱりだこです。

 

 

jjt14.jpg

こちらはプラス料金なしの

長崎県産 アズキハタのポワレ パセリバターとふきのとう 菜の花を沿えて

ホタルイカも2匹入ってます。ふわっとしたポワレ

 

 

jjt16.jpg

こちらはワインリストから

BOURGOGNE 2014 DOMINIQUE LAURENT MOREY SAINT DENIS

ドミニク ローラン モレ サン ドニ フランス

 

 

jjt17.jpg

リスト外のワイン

2009 VOSNE-ROMANE MEO CAMUZET  ヴォーヌロマネ メオ・カミュゼ

メオ・カミュゼは、ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名です。

 

 

 

jjt18.jpg

メオ・カミュゼは前のブルゴーニュワインの3倍の価格だった。比べてみたらこっちがいい。

 

 

jjt25.jpg

メイン

山形県産 特選フィレ肉のロースト 初春の味覚をちりばめて

やわらかくて、とても美味しい


 

 

jjt23.jpg

ミディアム

 

 

jjt24.jpg

プラス料金なしの

群馬県産くちどけ加藤ポーク ロース肉を優しくロースト 初春の味覚をちりばめて

表面カリッと中はやわらかく、ほんとうに口どけするようなポーク。これは追加料金でいただきたいくらい・・・



jjt22.jpg

デサールは2品

 

 

jjt21.jpg

ジョンティアッシュらしい飾りの料理1品だなぁ

ピスタチオ・苺・リュバーブ・ハイビスカスを春の庭園風に見立てて

 

 

jjt20.jpg

小菓子と

 

 

jjt19.jpgコーヒーで終わります。いやー今日も満足感を感じますよ。進藤シェフ有難うございました。TT

 

 

食べログ(掲載時点 4.09)

このページのトップへ

2018年4月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jjt1.jpg

今日は東京フレンチ。ほぼ2ケ月ぶり、3回目の訪問の東京白金台 ジョンティアッシュさんです。今日は入ってすぐ右手の個室ルームでの会食です。ジョンティアッシュさんも私のことを覚えていてくれました。ミシュラン1つ星のお店です。

 

 

jjt2.jpg

清潔感あふれるテーブルセッティング。ナイフのブランドはラギオールでした。

 

 

jjt9.jpg

今日のメニューは 10800円のメニュ デギュスタシオンに 魚料理に+3800円でアワビに変更、肉料理に+2200円で牛肉に変更という料理、それと何も変更しないメニュー。

 

 

jjt4.jpg

ボトルを空けるほど飲まない人なので、私もグラスで飲みたいものをセレクトします。

 

 

jjt5.jpg

前回もいただいた NM HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE


 

jjt6.jpg

アミューズは2品

一品目は新たまねぎのスープ

さわやかな甘みとジュレがおいしい1品

 

 

 

jjt7.jpg

わかさぎのフリット

これはパスになりました。

 

 

jjt8.jpg

バゲットはヨーロッパ産の半焼成パン

 

 

 

jjt11.jpg

鹿児島県産 車海老を野菜のブイヨンでしっかりとポッシェ

フルーツトマトのクーリーとスナックエンドウのサラダ 空豆のムースを添えて

2匹使用。カラッと揚げた頭の部分も美味しいし、空豆のムースとトマトソースの酸味がマッチングしてさわやかな味もするソースとの相性も良い。

 

 

 

jjt10.jpg

2015 Chassagne Montrachet Morey Coffinet 

モンラッシェ モレ・コフィネ

こちらはワインリスト外のメニュー

 

 

jjt13.jpg

続いてワインリストから

2014 SAUVIGNON GRI LE RETOUT BLANC HAUT MEDOC 

久しぶりにボルドー白。

 

 

jjt12.jpg

フォアグラのブランシャ焼き 金柑のコンポートと百合根 オレンジのエッセンスで

表面がカリッと焼かれたフォアグラ。金柑とオレンジのマッチングがとてもよく合いますね。

 

 

これ以降は明日のブログにて

 

このページのトップへ

2018年4月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hnun1.jpg

桜も満開になっている3月の後半の土曜日に訪問しました。昨年7月以来でしょうか、浜松町・新橋からほど近い慈恵会医大のすぐ近くにあるうなぎ 本丸。私のリストでコストパフォーマンスの高い東京のうなぎ屋さんの1つです。土曜日で12時前というのに結構お客さん多いんですね。

 

 

 

hnun2.jpg

持ち帰りも可能で弁当とかも販売しています。

 

 

hnun11.jpg

串に刺して蒸した鰻を焼いていきます。本丸は鰻卸なので本当に質のいい鰻が入ってきます。

 

 

hnun9.jpg

さて今日は全てのメニューから選べます。まずはチケットを買って席に着きます。

今日はかねてより興味がありました、信長丼 1,950円にします。東京でうなぎが1000円台で食べれるなんて嬉しいではないですか。

刻んだ鰻、ねぎ・刻み海苔、タレぶっかけ、これが信長丼だ。信長のように時代を駆け抜けろってか。


 

hnun3.jpg

うむ、価格改定のお知らせ

シラス不漁で活鰻の相場高騰により値上って。数年前にもこのようなことがあったけど、今年は更に深刻らしい。いやー、本丸さんにも高騰の波が。もちろんいままで何度もあったと思いますが、今回はやむをえない事情はわかります。

帰りにいくら上がるか聞いてみよう。


 

hnun5.jpg

信長丼到着

いやー食欲をそそりますね。ご飯も普通盛でも十分あり。

 

 

hnun7.jpg

かなり細く刻まれたうなぎ。タレもご飯に十分なほどかかっています。足りなければ机上にタレがある。

 

 

hnun6.jpg

肝吸いが標準で付属してくるのもありがたい。三つ葉、刻み柚子がはいったさっぱりしたお吸い物。

 

 

hnun4.jpg

私の好きな鰻の香物3点パターン。大根・人参・きゅうり

この3点がいい。前回・前々回の写真を見たら、人参ではなく奈良漬でした。


 

 

hnun8.jpg

ねぎと刻みのり(細刻みなのもよい)を沢山かけて頂きます。山椒をかけても美味しい。

だしも準備してくれますので、最後にだしを入れて鰻茶にもすることができます。満足感を感じます。

 

 

hnun10.jpg

さて、帰り際に4月2日からは値段はどうなるんですか、と聞いたところ

上うな重 は 2800円から 3400円の 600円アップ

特上うな重 も3800円から 4400円の 600円アップ

うな丼、信長丼は 1950円から 2250円の 300円アップ


高い鰻屋さんでもなかったので高騰の波は致し方なしとも思いますが、600円もアップするとだいぶ高くなった感がします。早く稚魚が取れて、値下げする時がくればいいなと思います。TT

 


うなぎ 本丸(2) 港区西新橋 丑の日の前

うなぎ 本丸 港区西新橋 創業180有余年

 

食べログ(掲載時点 3.58)

このページのトップへ

2018年4月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

toent12.jpg

東京駅からほど近い、野村証券本社も入っているアーバンネットビルに業界の年度末の会合のためにやってきました。エントリーパスを受付でもらってエレベーターで21階の東京会館の会議室で会議です。

12時前に集合し値段は高いけど、普通の花見弁当以下のご飯も冷えた弁当を食べてロングランの会議。

会議も終了し同じフロアの中華料理へ。東京に来て同じところの弁当と中華。外の空気も吸えないし味気ないこと。

 

 

toent1.jpg

テーブルセッティングはされていたが、ここに人が来るのを見なかった。ここは会議のお客さんとか予約客しか訪問しないレストランですね。私たちが座った丸テーブル席はライティングが全然で、暗ーい場所と明るい場所がまちまち、でどうなっているの。と思ってしまった。加えてサーブする店員さんが全部オールドメンばかり。やはりお店を選択する幹事はセンスが要求される。

 

 

toent2.jpg

飲み放題付コースで今日は12000円と聞いた。

 

 

toent4.jpg

私はビールを飲みませんが、数百円で売られているチリワインを見ても何のテンションもあがらないどころか、だださがるだけである。今日の食事は消化試合か。

チリワインでもカッシェル・デル・ディアブロクラスなら許せるが。

 

 

toent3.jpg彩り華やかな五種前菜の盛り合わせ

 


toent5.jpg

鶏肉・烏賊・スナップエンドウの塩炒め

料理はテーブルに回る台もついておらず、1人ずつ盛り付けされたものが味気なく配給されていく。

 

 

toent6.jpg

東苑自慢の大海老のチリソース炒め煮

珍しくはない1品。

 

 

toent7.jpg

真鯛の揚げ物 香味ソースがけ

 

 

toent8.jpg

安ワインのおかげで酔いが回る。

牛肉と山菜の細切り炒め オイスターソース炒め

 

toent9.jpg

タラバ蟹とエノキ茸入り フカヒレのスープ

 

 

toent10.jpg

五目チャーハン

Nレイさんの本格の方が上行くんじゃあ・・・・

 

 

toent11.jpg

杏仁プリン 梅ソースで


終始周りの皆さんが食事をして笑顔になるという、いつもの光景を見ることはありませんでした。福井の蟹しかり、最近食事をしながら「怒っている」という場面に多く出くわします。そうならない場所選び、料理選びって重要ですね。窓の外から美味しいお店が沢山あるのにと思いながら、一本〆で会は終了しました。TT

 


食べログ(掲載時点 3.03

 


 



 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

4ケ月ぶりに塚田農場で部長の私は出勤しました。

塚田農場は素材感が高く、家族もそこそこ好きなようです。

 

tkdd1.jpg

食べたもの全部ではありませんが、グランドメニューから

山盛りしらすのたっぷりサラダ 680円。しらすがたっぷりで美味しい。

 

 

tkdd2.jpg

ど定番のチキン南蛮 680円。 南蛮ソースを別添で。このソースも美味しい。

 

 

tkdd3.jpg

焼きサバ明太 680円

明太子がまるまる1本焼きサバの上に鎮座。サバと明太って意外にあうのね。

 

 

tkdd4.jpg

たれ焼きねぎま 480円。焼鳥感覚。

 

 

tkdd5.jpg

クリームチーズ醤油漬け 380円。これは初めて食べたけど、オリーブオイルもかかっていて胡椒風味と醤油風味チーズ。とても美味しい。日本酒と合いますね。写真はありませんが、とりまぶしも美味しいんです。


食べログ(掲載時点 3.08)

 

塚田農場メニュー

 

 

塚田農場 「えのきの月見ステーキ」 部長リピートしてきました。

 

 

このページのトップへ

2018年4月 4日 Posted time : 00:02 | Category : 編集長コラム

ベトナム麺 フォーを子供と食べに来たのですが、あいにくお店はお休み。

何が食べたいか聞くと 「お肉」

昨日夜 いきなりステーキを一人で食べた私は、それは隠し 加茂川にとりあえず行こうと決めました。

 

kamg10.jpg

休日だし、子供に付き合おうと思い・・・・

サイコロステーキがいいというので、安い方の120gの1400円のサイコロステーキを2つオーダー。

 

 

kmgwn2.jpg

鐵板が運ばれ、しばらくしてから調味料、醤油・塩・タレ2種類

 

 

kmgwn4.jpg

ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、香物が運ばれてきました。

 

 

kmgwn3.jpg

3x4=12個、チョコレートダースみたいに綺麗に並んだお肉。1個10g換算ですね。ほとんど赤身じゃないですか、これくらいなら逆に胃にもたれなくていいんじゃないかと嬉しくなる。

 

 

kmgwn1.jpg

6個ずつ2回に分けて焼くことにしました。

赤身肉は負担がないですね。噛みごたえもありますし、満腹感も出ます。しかし昨夜に続いて肉とは。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)


加茂川で初ランチ 熊本市・上通 創業明治14年

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikinariss1s.jpg

福井から大阪経由で熊本空港に夜到着。

お腹も空いていたので空港で食事をすることにした。2Fにある「いきなりステーキ」に。ペッパーフードの株主にもなったことだし応援の意味で。私はゴールドカードホルダー。といっても合計4kgほどしか食べていないが。

熊本空港店は昨年2月に震災からリニューワルオープン。店舗も広くなって座って食べれるので快適な空間。狭い空間で立って肉の煙を感じながら食べずに済む。

今日はリブロース g=6.9円。 300gをオーダーしたら 336gでもよいですかと。まぁいいけど。肉だけで税込2508円。


 

 

ikinari2s.jpg

調味料がカウンターにしかないのが不便なところです。

空港店は昼メニューのワイルドステーキが夜食べれるためか、ステーキを食べに訪問している若人たちも見かける。

 

 

ikinariss3s.jpg

レアで頼んだが、かなりレア。少しは鉄板で焼くのでミディアムレアくらいにはなるが・・・・今日の後悔はご飯大盛り無料ですと言われて、大盛りにしてしまったこと。大盛りにしたからサラダも頼まず、肉と米だけ。あまり健康とは言えない食事だなぁ。TT

ほぼ1年前の記事

 

いきなりステーキ熊本空港店

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

このページのトップへ

2018年4月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

awar1.jpg

福井県の北部「芦原温泉」へ来ました。結構大きな温泉街なんですね、初めてです。宿泊会場は清風荘。こちらでは大きなホテルの1つです。会議を行い夜の懇親会場へ。越前カニを食べるのが目的です。

越前カニの漁は解禁が11月6日、猟期の採集が3月20日と決まっています。今回は禁漁終わりの時期です。越前カニ(福井水揚げのズワイガニのオス)は高級カニで有名なんですが、私も福井でいただくのは初めて。どんなものでしょうか。

越前カニの解禁と仕入

 

 

awar14.jpg

こちらが1人1杯のカニ(黄色いタグは三国港水揚げの証明タグ)大きいですね。

 

 

awar15.jpg

見た目気持ちいいものじゃあないけど、カニに着いている黒い粒は カニビルと呼ばれる寄生虫

こんな茹でカニ見せられて、「え、生カニを食べさせてくれるんちゃうかー」と言う人も・・・確かに。

 

 

awar5.jpg

なんやかんや料理が出てきて、献立には書いてあるものの。

 

 

awar6.jpg

福井まで来て こんな普通の刺身とかでお腹いっぱいにする意味って・・・・

 

 

awar8.jpg

越前おろしそばは今は不要な物です。

 

 

awar2.jpg

鰤西京焼き

 

 

awar4.jpg

煮物もなんでもいいけど

 

 

awar7.jpg

若狭牛 青竹蒸し (最近この蒸し物良く見かける)

 

 

awar3.jpg

うなぎの柳川鍋食べに、福井に来たんじゃあ・・・

 

 

awar13.jpg

ほとんどオールスルーします。

 

 

 

 

awar9.jpg

日本酒とかワインとかだいぶ飲んでしまって。

もう「いいかげんに、カニを出してよ!」と言う人続出し。乾杯から1時間超・・・

 

awar10.jpg

ようやくカニが出てきたけど。茹でカニだけですよ。

 

 

awar12.jpg

北海道で食べた毛ガニがよっぽど美味しかったな。そんなに感動がないけど、相当高いんですよ。

そんなにお腹が空いていないから、美味しくも感じないよね。

焼きカニも食べたかったし、どうしても消化不良で終了した福井でした。行く前はこんなイメージだったんですが

TT

 

 


 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年4月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sutes1.jpg

羽田空港から石川県の小松空港へ来ました。小松へ来るのは3度目ですね。飛行機も少し遅れて小松空港から小松駅へ向かう路線バスはお客様を待つこともなくほぼ定刻に駅へ向かってしまい、やむなくタクシーに。

食べログで検索していた「米八」というお寿司屋さんがたまたま定休日で、困ったと思っていたところ、タクシーの運転手さんに「駅の近くで美味しいお寿司屋さんありますか」と聞いて連れてこられたのがこちら。場所は餃子で有名な「勝っちゃん」と同じ通り。今の私には餃子という選択肢はありません。

たまにはこうして訪問するのも旅行ぽくていいですね。名前は寿司捨。捨って字はあまりお店には使わないなぁと考えつつ、入店。カウンターも結構多くてお昼から刺身をつまみに飲んでいる人たちや、どう考えても地元の人らしき人が多い。スーツケースを運ぶ私は完全いちげんさんだ。

 

 

sutes2.jpg

リーズナブルな価格設定ですね。内容は変われど平成6年から20年も値上していないということか・・・・

ここは お任せでもなく、 特上 2500円にしましょう。

 

 

sutes6.jpg

結局椀物がついていなかったことは後でわかりました。

 

 

sutes5.jpg

ネタの名前もなく、どんどん置かれていくお寿司・・・

結構な速さです。

 

 

sutes3.jpg

ネタは大き目。シャリも少し多めで

 

 

sutes4.jpg

石川・富山に来るとやはりお寿司は食べないとと思いつつ

 

 

sutes7.jpg

お店の人の握るの早いこと

 

 

sutes8.jpg

どんどん食べていきます。

 

 

sutes9.jpg

うに、いくらもついているんだ。

 

 

sutes10.jpg

数の子も

 

 

sutes11.jpg最後はうなぎで〆とのこと。10貫ですね。

デカシャリでそこそこ満腹になりました。所用時間わずか15分程度しかお店にいなかったと思います。お会計をしてJR小松駅へ徒歩で向かいました。


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年3月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

GOG14.jpg

食業界の方との情報交換会でこちらのお店を訪問しました。予約していただいたコルポデラストレーガ。イタリアンです銀座八丁目。桃花源銀座店がある銀座グランドホテルのすぐ近くのビルの地階です。

 

 

GOG15.jpg

席数はわずか14席。オープンは2012年2月とのことなので6年ということですね。イタリアワイン主流で料理とのコンビネーションも考えられているお店らしいです。といっても飲みたいワインは選んでしまう方ですが。

 

 

GOG17.jpg

乾杯はスプマンテ。レベルからいけばテーブルクラスです。

GANCIA BRUT SPARKLING WINE 


 

GOG16.jpg

今日は魚・肉のコースで6300円

 

 

GOG18.jpg

しまなみの真鯛のカルパッチョ

 

 

GOG3.jpg

BRAMITO CHARDONNAY ラミートシャルドネ 6500yen

サッシカイアと血縁関係にあるワイナリーで、アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー。

 

 

GOG1.jpg

サラミ、生ハムの盛り合わせ

 

 

GOG4.jpg

皆さんは豚肉のラグーソースのパスタ

 

 

GOG5.jpg

私にはゆで卵とアスパラ・・・・

 

 

GOG11.jpg

LE MACCHIOLE BOULGHERI ROSSO 2015

レ・マッキオーレ ボルゲリロッソ 2012 7200yen

トスカーナワインで  メルロー50%、カベルネフラン 30%、シラー20%と

 

 

GOG6.jpg

しまなみいしもちのグリル。

お皿の上にちょこんと。

 

 

GOG9.jpg

メインは牛ばら肉のペポーゾ

 

 

GOG10.jpg

ソースがもう少しあるとお肉のパサパサ感も少なくなると思うのだが。

 

 

GOG8.jpg

同行者の方が頼まれた 牛サーロイン肉のタリアータ (+500円)


 

GOG12.jpg

もう1本の赤は LA SEGRETA ROSSO お手頃な赤ですね。

以前、ジャルディーノで飲んだことがあります。

 

 

GOG13.jpg

デザート。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年3月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年は日本ウナギの稚魚が不漁で今年の夏はうなぎの高騰や不足が予想されます。今のうちにおいしい「うなぎ」を頂けるのは幸せなことかもしれません。東京には美味しい鰻屋さんが沢山。貴重なうなぎを頂きに訪問してみましょう。


銀座のど真ん中。日産ギャラリーから築地方面へ4丁目の交差点からわずか1分。日本で最高の地価を誇る場所です。住所は銀座5丁目なれどうなぎの名店、竹葉亭。お昼ピークを少し過ぎているためかすんなりと入れそうです。ラッキーです。

 

 

chik10.jpg

竹葉亭は江戸創業の老舗うなぎ。本家が分かれて、大阪竹葉亭・東京竹葉亭と3つに分かれている。海外や東京・大阪・神奈川に店舗がある。2席しか席がないが、この目の前はどんどん人が通る場所である。1Fがテーブル席で2Fは座敷。

 

 

chik11.jpg

うなぎ丼、うな重の他にも天丼や鯛茶漬もあるんだー。こういうメニューまで書いてあるのって正直でいいですね。1000円台のメニューもあるってことですし。

 

 

chik12.jpg

1Fは満杯で2Fに通されました。逆によかった。

この眺めですよ。銀ぶらしている人を見ながらランチという贅沢さ。目の前は三越ですよ。この場所でうなぎを食べるなんて、考えたら安いもんですね。


 

chik1.jpg

色々ついた定食メニューもありますが、余計なものはいらないので

 

 

chik13.jpg

うな重は1種類。いさぎよし。 3,600円(3,888円)のみ。

何度もいいますが、老舗・銀座のど真ん中ですからね。地方で食べるのとわけ違いますよ。

 

 

chik14.jpg

きも吸は別です。

鮪茶漬けというメニューもありますね。1,500円。

 

 

chik2.jpg

おつまみ類も沢山あります。日本酒飲みながら白焼とか幸せなんでしょうね。

 

 

chik3.jpg

到着しました。お重。お新香はたくあんとしば漬け。個人的にはきゅうり・大根あたりが好みなんですが。

 

 

chik4.jpg

さすが江戸からの老舗。仕事が平成末の世になっても丁寧ですね。職人気質を感じますよ。焼きが丁寧。

タレも薄めでふわっと感を感じます。江戸の鰻はこれだからいい。


 

chik5.jpg

ドアップにするとさらに旨さが伝わりそうな・・・

 

 

chik6.jpg

丁度1匹分が少し重なりつつ入っています。ご飯の量もしっかりありますし、固さも丁度よく、タレはまんべんなくまぶされていて、甘すぎない関東タイプです。

 

 

chik7.jpg

一方、肝吸いはシンプルで、三つ葉も入っていないもの。

このシンプルなものが鰻の旨さを引き立てるのでしょうか。

 

 

chik8.jpg

うなぎをひっくり返します。焼きは薄めですね。

 

 

chik9.jpg

このふわっと感あるうなぎ。美味しいです。

 

 

chik15.jpg

外を眺めると和光と三越、銀座4丁目。この場所ですからね。贅沢な感じです。お店は日本人でない人も結構訪問しているようでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

東京の錦糸町のホテルに宿泊です。錦糸町で宿泊するのは初めてです、錦糸町は場所は東京都・墨田区。東京スカイツリーに近いところですね。黄色い電車の総武線秋葉原からだと、浅草橋・両国・錦糸町と3つ目ですからそんなに遠くないのですが、普段宿泊している場所から離れるだけで随分雰囲気が違うところです。


今回の宿泊は昨年11月にオープンしたマリオットホテル系列のモクシ―東京。駅から7,8分ですがどうも回りが繁華街でシティホテルならぬホテルが乱立し、ここもその手のホテルかと思わるような・・・入口からしてその雰囲気。

バーカウンターが受付となっていたり、受付の女性もよくその手のホテル間違われると言われてました。でもマリオット系列だから外国人が多くて、部屋も面白い。ジムで軽く汗を流して遅めの夕食へ。

 

食べログで焼鳥全国ランキング4位を誇る名店の とり喜に一応電話するも、あっさりと断られてしまい、錦糸町はエスニック料理が多いので駅に近い「ベトナム料理」をチョイス。

 

 

sgnm14.jpg

駅のすぐ前、看板があるからすぐわかりました。サイゴンマジェスティック。予約はしていません。大丈夫だと思います。

 

 

sgnm13.jpg

色んなお店が入っている雑居ビル。この手の店って意外に入るのためらう時ってありますよね。

 

 

sgnm15.jpg

エレベーターを降りたら店。

お店の人と目があって店内へ。お客さんは想像したより多かった。一人客やカップル、友人など比較的若い人が多い。

 

 

sgnm1.jpg

お客さんがいないところを撮影。

 

さて何にするか、メニューの一部を掲載します。色んな料理がありますが、一人だとそんなに種類が食べれるわけありません。

 

sgnm9.jpgsgnm5.jpgsgnm4.jpgsgnm3.jpgsgnm2.jpg

先ずはこのベトナム ダラットの白ワインを飲みましょう。

一口飲んで、うーんやはり違いますね、シャルドネの白を頼み直し。

 

 

sgnm6.jpg

サラダ代わりに生春巻き 700円。

2本分です。ソースが余り辛くないスイートチリソースだったのですが、タイ料理のチリソースが好みです。

 

 

sgnm8.jpg

巻きたての生春巻きは美味しい。しかも春巻きの皮が薄透明でホンマモンのベトナム料理店のは美味しいわ。

 

 

sgnm10.jpg

厚揚げレモングラス唐辛子添え 600円

唐辛子のピリ辛がたまりませんね、こんなに厚揚げだけ食べれません。

 

 

sgnm11.jpg

焼きフティエウ 980円。

フォーを焼いてあるもの。回りのきゅうりの飾りがチープすぎるんだが。

 

 

sgnm12.jpg飾り付けはよそに味はいいんだよ。

赤ワインまで飲んでしまい、ふわっとした気分になりました。

 


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

このページのトップへ

2018年3月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yhmg9.jpg

浜松町でランチ。お目当てのお店が「ランチ中止しました」ということでしたので、近くにある以前訪問した「焼きはまぐりる」に行ってみます。12時前ですので大丈夫でしょう。

 

 

 

yhmg2.jpg

 

前回は 煮はまぐり海鮮丼。

人気メニューは週替り定食なのですが、前回も気になっていた 鮮魚三種のなめろうご飯 1100円にします。

 

 

 

yhmg1.jpg

店内はお店に入るとすぐカウンター席

 

 

yhmg3.jpg

奥にテーブル席というつくり

 

 

yhmg6.jpg

膳が到着。

結構なボリュームです。サラダ・煮物・デリ・煮はまぐり・はまぐり椀

 

 

 

yhmg4.jpg

なめろうご飯。

 

 

yhmg7.jpg

今日は焼き立てのぷりぷりのはまぐりが付いていました。

前回は しなーっとなっていて、今回のはさすがに美味しい。

 

 

yhmg5.jpg

はまぐりのお椀もいい味が出ています。

 

 

yhmg8.jpg

たたきがのっているご飯。たたき自体に味があり特に醤油をつけなくてもいけますね。黄色いのはたくあん。全部いただいたら結構満足感ありました。

ここは女性だけで訪問する人も多い程のランチ人気店ですね。


食べログ(掲載時点 3.57)

 

焼はまぐりる 大門店 はまぐりの専門店です!

 

このページのトップへ

2018年3月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tankf1.jpg

博多KITTEの野菜を食べるカレーCAMPで食事をしてましたが、どうしてもそれで夕食を終わりたくないと思い、ご飯と野菜を残して三百歩横丁のたんかに来ました。夜来るのは初めてです。

 

 

tankf3.jpg

といってもカレーを食べてしまったことを後悔。そんなにお腹すいていませんが、牛タン焼きは外せません。

 

 

tankf2.jpg

ジンジャーエールと牛タンのお通しを

 

 

tankf4.jpg

たんかの牛タンは美味しいです。

お腹空いているときに食べたらさらに美味しいです。

部厚い牛タン串が食べれるお店ってそんなにないです。



tankf5.jpg

これです。

 

 

 

tankf6.jpgオススメメニューから 牛タンスジの炭火焼き 780円。 ゆず胡椒たっぷり。

ボリュームたっぷりでしかも これも美味しい。お酒の共にぴったりなのですが、今日はジンジャーエール。

今日は焼き飯は無理です。


やはりお腹を空かせて訪問して、最後に焼き飯で〆るのがたんか流ですね。

 

博多 たんか(2) 昼牛タン+チャーハンで満足度アップ。

 

たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

食べログ(掲載時点 3.59)

このページのトップへ

2018年3月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

campc14.jpg

博多KITTEの地階のレストラン街にある、キャンプに行きました。ここは来ようと思っていたのですが、なかなか来る時間がなくて2018年になりました。野菜を食べるカレー キャンプ。他のお店はお酒を飲む人たちでごった返していますが、夜はここは他のお店に比べて少なく、ランチ需要が高いお店だと推測できます。


コンセプトのあるお店として面白いですね。


昔、キャンプで仲間と作った野菜たっぷりのカレー。これが驚くほど美味しかった。健康的とか、そういうことではなくて、やさしくて、力強いうまさ・・・「野菜っておいしい!カレーって楽しい!」 この感動をみなさんにも知ってもらいたくて、代々木の路地裏で小さなカレー屋を始めました。それが「野菜を食べるカレーcamp」です。

 

 

campc13.jpg

野菜のアピール。

全国に今や30店舗弱あるチェーン店に成長。経営元の株式会社バックパッカーズは昨年夏にかつ丼の「かつや」を全国経営するアークサンドサービスホールディングに66%の株式を譲渡した。つまり今は「かつや」の子会社ということだ。今後店舗がますます増加するだろう。

 

campc12.jpg

店内はキャンプをイメージさせる装飾がいたるところに。バックパックという社名からか。リュックが壁に。

 

 

campc3.jpg

見ているだけで楽しくなるお店づくりは面白い。

 

 


campc7.jpg

カレーって楽しい!って確かに思った経験は皆さんあるでしょうね。それはキャンプとカレーが切り離せない食べ物だったからですね。

 

 

campc5.jpg

はんごうの中にカテラリー。水は水筒という凝りよう。

 

 

campc3.jpg

コップとか吊りさげられている飾り

 

 

campc2.jpg

メニューはもちろんカレー中心。

1日分の野菜カレー 990円。11品目以上の野菜350g以上。そしてカレーのルゥの味を選べるシステム。1.本店オリジナル 2.タイ風グリーンカレー 3.南インド風カレー

他にも色々とカレーの種類やトッピングはありますが、今日は野菜カレーでタイ風グリーンカレーを選択。ライスは普通・小盛・大盛が無料。普通盛。

 

フライパンで野菜を投入してカレーを作られている。

 

campc9.jpg

野菜野菜野菜が到着。

玉ねぎ・長茄子・カボチャ・ジャガイモ・さつまいも・パプリカ・しめじ・キャベツ・小松菜・トマト・黄トマト等

人参は本店マスターがあまり好きではないので、メニュー登場回数が少ないらしいってホームページに書いてあった。笑

 

campc10.jpg

スプーンがショベルになっている、これも受ける。

 

 

campc8.jpgいやー本当に野菜が多くてスープが少ないわ。まるごと野菜を食べているよう。これで350gならいいんじゃないですか、1日分の野菜取れるし。もう少しカレースープの量が多いと嬉しいんですが。

しかし夕食をこのカレーだけにしてしまうのが惜しくて、少し残して次のお店に行くことにした。

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

カレーキャンプホーム

このページのトップへ

2018年3月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

marur2.jpg

梅の花さんで沢山食べて、2次会、3次会と行った帰り。

「久留米に来たならラーメンですよね」という悪魔のささやき、ビール好きのM氏の誘導でお決まりのラーメンコース。

さてどこにしようか。10名を超える団体がたまたますっぽり収容できるラーメン屋さん。丸江ラーメン。昨年も来ましたよ。

不人気店ではないのに、待たずに入れるとは嬉しい。


 

 

marur5.jpg

結構外にはトンコツ臭。トンコツがだめなF氏はお店の前のの「ぽよぽよ」で一人醤油ラーメン。

 

 

marur1.jpg

ラーメン650円。昨年と同じ。

 

 

marur3.jpg

こちらが普通のラーメン。美味しそうですねー。

 

昨年までは私もこちら派でしたが、今はこっち派。

 

ラーメン、麺なし

ただのトンコツスープ。いいんです、ラーメンのコストは大半はスープ代。


marur4.jpg今写真を見てわかったけど、麺無しにしてとは言ったけど、具抜きとは言わなかったはず。

メンマ・キクラゲ・卵・麺抜きのラーメン。

ここのラーメン胃もたれないからいいわ。


食べログ(掲載時点 3.03)


丸江ラーメン 福岡県久留米市 豚骨ラーメン

 

このページのトップへ

2018年3月24日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

umhn15.jpg

歓送迎会のシーズンです。梅の花久留米店に来ました。大人数の宴会です。ここは2度目の訪問です、西鉄久留米駅から歩いてすぐ。

 

 

umhn16.jpg

梅の花さんは久留米発祥の外食チェーン店。中でも久留米店が好きなのはエントランスです。お店までのエントランスって大事だと思う。特に梅の花さんの店舗作りはこのあたりがとても考慮されています。

 

 

umhn13.jpg

この濡れた石畳みのエントランスを歩いていく楽しみ。

 

今日はグランドメニューから、鍋を湯豆腐なら4100円のところ、黒毛和牛のしゃぶしゃぶに贅沢に変更して5900円。

 

 

umhn1.jpg

挨拶と乾杯は短く、宴がスタート。

嶺岡豆腐
湯葉煮
お浸し

 

umhn2.jpg

今日のワインは 和食にイタリアのワインしかもワインバブル時代に流行したキャンティです。当時イタリアンが流行した時代、キャンティだいぶ飲みましたね。

 

 

umhn3.jpg

お造り


 

umhn4.jpg

湯葉豆腐

 

umhn6.jpg

茶碗蒸し

 

 

umhn7.jpg

これは名物、梅の花のランチでも欠かせない 豆腐しゅうまい

 

 

umhn5.jpg

黒毛和牛しゃぶしゃぶ (一人前ではありません・・・)

 

 

umhn8.jpg

さっとお湯にくぐらせて頂きます。美味しい。

 

 

umhn9.jpg

おしのぎ

 

umhn10.jpg

まだ続きます。

湯葉田楽

結構お腹にたまる食材です

 

 

umhn11.jpg

湯葉グラタンと湯葉揚げ

湯葉揚げはふわふわ豆腐で美味しい。

 

 

umhn12.jpg

そしてご飯と湯葉吸物

 

 

umhn14.jpg水菓子


湯葉・豆腐といったヘルシー素材中心ですので、女性に大人気の梅の花さん。そして品数も豊富で沢山の種類を食べる女性の要望を満たしてくれます。飲みに走るより食べに走りたいお店です。


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年3月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nhsi9.jpg

 出張の前に熊本駅でランチをしよう。丁度3月17日オープンに向けて改装中だったり白川口2Fのお店もクローズしているから、食べれるところは少ない。ということで穴場と推測できるザニューホテル熊本へ来ました。目指すは地階。和食と中華がありますが、今日は中華料理四季へ。


 

 

nhsi1.jpg

この卵とろとろのタイピーエンも注目度が高いんだけど、今日はタイピーエンという気分ではなくて。

 

 

 

nhsi2.jpg

週替りランチ 1400円というのがあり、これが人気っぽい。メイン2品とご飯・スープ、香の物・サラダ・デザート付き。

いいんじゃない。

 

 

nhsi3.jpg

中華定番の麺やご飯ものもありますが、今日は日替わり

1.豚肉のガーリックソース

2.海老と野菜の炒め物 老酒風味

3.本日の点心三種盛り

4.カニ肉と春雨の煮込み

 

2と4を選択。

 

nhsi4.jpg

サラダとスープが運ばれてきて、サラダをいただきつつ

 

 

 

nhsi5.jpg

ライスと香の物、春雨が。というかこれだけでも十分な量じゃないと思うほど。

 

 

nhsi6.jpg

春雨が美味しいこと、ご飯にも合いますね。十分じゃないかと思ったら食べているうち全部するっと入りました。

 

 

 

nhsi7.jpg

海老と野菜の炒め物。 葱もシャキシャキで美味しい。

 

 

nhsi8.jpg

最後に杏仁豆腐。


ホテルですしゆっくりした空間でいただける食事。財込1400円。

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

このページのトップへ

2018年3月22日 Posted time : 00:24 | Category : 編集長コラム

ikkos1.jpg

結構飲んだ後の何次会っていうんだろう。友人の欲望を満たすために連れられて、一竜。ここは何度も来たことありますから他にしましょう。

 

ikkos2.jpg

こちらもそばにある、一幸舎。何度か来たことがあります。

私は今ラーメンにこだわりはあまりなくなっているので、こちらにしましょう。家系ならぬ泡系ってあるんですか。

ラーメンの泡泡好きではないんですが・・・


 

 

ikkos3.jpg

今や日本に観光で来る外国人にも大変人気の豚骨ラーメン。

一幸舎は外国展開も沢山しているんですね。

 

 

ikkos4.jpg

券売機で、私は普通のラーメン 700円。

 

 

ikkos5.jpg

白しょうがってあるんですね。

ラーメンスープに色が付かないからいいですね。


 

ikkos7.jpg

木目の細かい泡があるラーメン。ネギ・きくらげ・チャーシュウ。

 

 

ikkos8.jpg

麺も美味しそうですが、食べませんので、友人の丼に入れてあげました。

 

 

ikkos6.jpgネギ3倍増しの青ネギラーメン。800円。

確かに3倍以上は入っていますが、そんなにネギバカってほどではない。

ラーメンスープの記憶はありません。翌日結構胃もたれしました。

 

食べログ(掲載時点 3.43)

このページのトップへ

2018年3月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

higob1.jpg

キャッスルで会議がありましたので、機会を逃して訪問していなかった、加茂川さん直営の肥後バル(HIGO BAR)に行ってみました。2015年12月オープンですから、だいぶ経ちましたね。加茂川の1階にあります。週替りランチはじめましたと書いてありました。今週は980円の和牛メンチカツでした。

 

 

higob2.jpg

ランチタイムは肥後バルステーキやハンバーグ、メンチカツなどが売りですね。

 

 

 

higob4.jpg

ビーフカツ、ハンバーグ、ハヤシライス

 

 

higob3.jpg

最近は肉頻度が多い気がしますが、

今日は 肥後バルステーキ 1280円(税込)にします。

昨日掲載の ステーキマニアと価格が近いですね。

 

 

higob7.jpg

厚い鉄板にのってきました。ソースは 洋風、和風、おろしポン酢から選べましたので、おろしにしました。付けあわせはパスタとポテト。

 

 

higob5.jpg

200g以上はあると思われるカットステーキ肉。一口サイズだから食べやすい。塩、ゆずこしょう、は卓上にありましたが、ペッパーもあってほしいなぁと思いました。

 

 

higob6.jpg味噌汁ではなくだご汁。

私は食べれませんが、巨大なメンチカツやビーフカツがとても美味しそうでした。

 


食べログ(掲載時点 3.16)

 

このページのトップへ

2018年3月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

stmn5.jpg

約4ケ月ぶりに、立食い(といっても席があるが)ステーキの ステーキマニアに来てみました。昼なのですが結構混んでいます。下通りには いきなりステーキもオープンして 松本ステーキ含めさしずめステーキ戦争でしょうか。

 

 

stmn6.jpg

今日はここの定番ステーキを食べるつもりです。

 

 

stmn1.jpg

バリューステーキランチ。1280円(税別)

ライス、スープ、サラダ付。ライスは五穀が普通か選べるようです。ソースも基本+2種類が選べます。

焼き方は聞かれませんでした。


しかし女性のお一人ステーキとか 友ステーキとか多いなぁ。

 

stmn2.jpg

肉来ました。混んでいたせいか思ったより待ちました。

脂っぽい椅子に座ってじっと待つのって結構苦痛かも。

 

 

stmn3.jpg

焼いた肉がカットしてあります。

普通のナイフでは切れないほど固いということでしょうか。


 

stmn4.jpg結構レアなので、熱い鉄板で焼きます。

味は、まぁ値段相応といったところでしょうか。やわらかくもないのですが、分厚さはありますので

肉を食ってるぞという実感はします。噛んで満腹中枢が満たされます。


ライスはほとんど残してしまいました。

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

ステーキマニア 熊本市新市街 マニアになるかどうか・・・

 

このページのトップへ

2018年3月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yurin1.jpg

HAN'Sステーキを食べて、松山の方まで歩いて 沖縄居酒屋さんに。游林屋。もちろんお腹はすいていません。泡盛を飲みましょう。

 

yurin2.jpgyurin3.jpgメニューは沖縄料理中心ですね。

 

yurin4.jpg

もずく(320円)とジーマミー豆腐 (480円)

 

 

 

yurin5.jpg

スクガラス豆腐 (380円)tofu with young salted fish

 

 

 

yurin6.jpg

私はこれが好き、ゴーヤーチャンプルー 600円

 

 

yurin7.jpg

イカ墨焼きそば 680円

口の中が真っ黒になりますねー。

 

 

yurin8.jpg島らっきょうの天ぷら 520円。


今日は6人で食べたのこれだけ。ステーキ効いてるわ。


食べログ(掲載時点 3.20)



このページのトップへ

2018年3月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hanss1.jpg

せっかくの那覇です。「ステーキを食べてから居酒屋に行く」という同行者たちの意見に流され、JUMBO STEAK HAN'Sへ。

行列ではないですか。外国人にも人気があるみたい。

「大丈夫、予約しておいたから」ほっ。


 

hanss2.jpg

1パウンドステーキが有名なんですね。1パウンドは450gですが、最近いきなりステーキや色々と肉を食べる機会も増えている人たちが多く、たいして驚かない量になってます。

 

 

hanss7.jpg

店内。

 

 

hanss6.jpg

肉の部位別に紹介してあるメニュー。わかりやすい。

 

 

hanss5.jpg

逆に種類が多くて悩むとかあります。

 

hanss4.jpg

牛肉以外も置いてます。スープサラダライスのセットメニューは+150円で、単品ライスも150円。不思議だなぁ。

 

 

hanss3.jpg

私も多くの人が頼んだ ティーボーンステーキ 450g(1パウンド)にします。2950円。しかし皆さんはセットメニューですが私は単品。

 

 

hanss19.jpg

同行者の頼んだ テンダーロイン 300g

 

 

hanss9.jpg

ランプ 1パウンド

 

 

hanss11.jpg

ティーボーンステーキをレアで。つけ合わせが寂しいな。

鉄板が熱くて焼き焼きしていけるかなーと思ったらそんなに熱くなかった。


 

hanss12.jpg

お肉は分厚いお肉を食べるのがいいです。これはそんなに厚くない。

 

 

hanss13.jpg

ちょっとレアすぎたので、鉄板を温め直してもらいました。

お酒はワイン1杯だけなので、居酒屋にゴー。

 

 

HAN'S ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

このページのトップへ

2018年3月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mtmo8.jpg

那覇の松山に来ました。同行者のおすすめでこちらのお店に。あぐーしゃぶしゃぶのお店「まつもと」さんです。予約しないと難しいという人気店らしい。それは食べログポイントを見ても納得、著名人も多く訪問するとか。せっかく来るならこういうお店がいいですね。こちらは本店で、今日は支店でとのこと。歩いてすぐです。

 

 

mtmo9.jpg

一軒家のお店ですね。中に入りましょう。

 

 

mtmo10.jpg

たたみ敷の上にテーブル。テーブルがいい。5000円のあぐーしゃぶしゃぶコースです。アグーは沖縄の銘柄豚。

 

 

mtmo12.jpg

もずく。おいしいもずく。

 

 

mtmo11.jpg

久米島の海ぶどう。いやプチプチ感がとても美味しい海ぶどう。沖縄で食べる海ぶどうって本当に美味しい。

 

 

mtmo4.jpg

オリオンビールで乾杯と行きたいが、皆さんはオリオンで私は遅れて皆さんが飲むといった、シャンパン

VEUVE CLIEQUOT ROSE ヴーヴクリコ ロゼ

こんな価格でいいのって思いましたが、1本しかないよ、とのことでした。

 

 

mtmo5.jpg

1人1杯限り。

 

 

mtmo13.jpg

CALITERRA RESERVA 2016 カベルネソーヴィニヨン 3,000yen

チリワインのテーブルワイン的存在。ワインは種類はないみたい。そうだよね、泡盛が主だし。いや肉が主役。


 

mtmo15.jpg

野菜が運ばれてきて、これは4人前ね。

 

 

mtmo16.jpg

肉の前に野菜が鍋に投入されたから、びっくりした。大根をいれておくといいとか。

 

 

mtmo17.jpg

そしてあぐーが登場。うわ、白いな。もちろん脂身なんですが。

 

 

mtmo1.jpg

先ずは花の部分をいれるんか。びっくり。

 

mtmo3.jpg

しゃぶしゃぶして。

 

 

mtmo2.jpg

ポン酢ねぎでいただきます。少し甘目。

シークワーサー胡椒と豆板醤がプラスして辛さ長生。

豚しゃぶってゴマダレってすぐなるんだけど、ゴマダレはない。ゴマダレよりあっさりしてる分、あとあとの胃もたれもない。

でもごまだれも欲しい。

 

mtmo14.jpg

島らっきょを肉で巻いて食べるのも いとうまし。

 

 

mtmo6.jpg

2人前肉の追加。いくらしゃぶしゃぶとはいえだいぶ脂接取したんじゃないかなー。

 

 

mtmo7.jpgおじやも作って運んできてくれました。いやー美味しかったです。TT

 

まつもと本店

食べログ(掲載時点 3.78)


 

このページのトップへ

2018年3月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 toah21.jpg今日はグラスワインでどんどん行ってみましょう。

LAFORET Bourgogne Chardonnay 2015

AOCブルゴーニュワイン。優しいワインですね、これは。1杯でいいかなぁ。

  

     

 

toah22.jpg

ビシソワーズなんですが、

ローストアーモンド、カラスミ、パセリ油、コーヒーのパンナコッタが入っていて、特にパセリ油がアクセントとなって触感も面白い。


toah1.jpg

続いて葉っぱの形のお皿にのって、キンメダイと紅芯大根。色目がよいですね。

  

 

toah2.jpg

意外とさっぱりです。

  

 

toah23.jpg

JOSEPH MELLOT SINCERILE 2015

ジョセフメロ サンセール


  

toah4.jpg

あなご、聖護院かぶ

パリッとしたあなご、あたたかい。かぶと一緒だとやわらかい雰囲気になる。

  

 

 

toah3.jpg

 

COTES DU RHONE ROUGE BELLERUCHE 2016

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・べルルーシュ 2016

プライスからしたらローヌはコストパフォーマンスが高い。このワインは2杯いただきました。もう少しセラーなどものぞいて良いワインを飲めばよかったかなと。

 

toah5.jpg

夜メインとしては鴨なのでテンションが下がってしまう。こればかりは好き嫌いがあるのでどうしようもない。やはりメニューが最初にあって、何が出てくるのかを私は知りたい。


  

toah6.jpg

表面はパリッとしている。

    

toah7.jpg

デセール。レモンアイス。

    

 

toah8.jpg

チーズケーキ

 

今日は最後のほうに一緒に来た方にトラブルが発生してゆっくりと最後のほうは食事ができませんでした。残念。

 

食べログ(掲載時点 3.78)


 

 

 

このページのトップへ

2018年3月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

toah9.jpg

福岡市内、大濠公園の近くの大手門の住宅街にあるフレンチ「トアヒス」さんにお邪魔しました。いやー、住宅街に突然現れるお洒落な空間。ビル自体もレトロ感があっていい雰囲気出しています。(BLDG44)最近福岡県内でも評判のフレンチと聞いています。さて。

  

 

toah10.jpg

木の板にGASTRONMY FRENCHと書いてあります。ロブション出身の山下泰史シェフが2016年5月にオープン。世界に通用する日本のフレンチということで日本の素材をうまく使用してその神髄を料理で表しているとか。

  

 

toah11.jpg富士山がモチーフになっているのれんをくぐってお店に入ります。

  

 

toah13.jpg店内は少し暗めの照明で、クロスなどがかかっていない、クリーンな空間でまるでバーかなにかにいるようです。

  

 

toah12.jpg

壁には大手門のモチーフがありますね。


  

toah14.jpg

テーブルが引き出しになっていて、カテラリーが収まっています。最近このタイプの洋食関係増えてきていると思う。

  

 

toah16.jpg

 

クリック拡大、戻る

シャンパンメニュー。

とりあえずテタンジェのハーフにしようか。

  

toah15.jpgグラスワインなどもリーズナブルなラインアップを揃えていますね。そんなにワインの価格でビクビクするフレンチではなさそうです。今日は料理はおまかせ9000円のコース。といってもこれ1本しかディナーメニューはありません。

  

  

toah17.jpg

フランス大統領の主催する公式レセプションにはテタンジェが用いられ、フランスおよび世界の一流レストランの極上のワインリストにも、必ずテタンジェの名前を目にすることができます。1734年創業のシャンパーニュ・テタンジェ社は、経営するファミリーの名前を社名に掲げる今日では数少ない家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。引用


toah18.jpg

ダブルコンソメ。

丁寧に2度だしをとったコンソメでめちゃくちゃ熱いので、下の木の部分からもっていただきます。熱すぎて・・・・

しかもシャンパンを飲みながらアミューズをいただきたい派なんですが、コンソメから2品目までの時間が飽きすぎ。一体どうしたことでしょう。

  

toah19.jpg

ハンバーガー風でフォアグラとか挟んだもの。

 

 

toah20.jpgだいぶ待ちました。私はパンがだめなので 具の部分だけ。とろろ昆布とフォアグラって合うんじゃないですか。白ワイン白ワイン。

 

ということで明日の続編に。

このページのトップへ

2018年3月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

diljj6 (6).jpgクリック拡大、戻る

ジャルディーノのランチです。思いつくことがないとここに来ることも多い。ランチで新鮮な野菜も食べれて、サラダバイキング・スープ、フリードリンクで 1000円程度。しかも嬉しいことにグルテンフリーパスタです。なかなか置いてないです。


 

diljj6 (5).jpg普通のバイキングにはあまり置いていない、「焙煎ナッツ」と「りんごとたまねぎ」ドレッシングがいいですね。手前にある5品は日替わりで変わるから、いつ来ても同じということがないから、飽きません。

 

diljj6 (4).jpg

鶏肉とトマトのフレッシュパスタ 990円 バイキング付

レンコンのシャキシャキ感がいいですね。もちろんグルテンフリーパスタ。

 

 

diljj6 (3).jpg

海老とタラコの豆乳クリームパスタ 990円 バイキング付

えびもゴロゴロ。

 

 

diljj6 (2).jpg

パンナボロネーゼ 960円

とろとろ卵。生クリームとひき肉のソースとマッチング。


 

diljj6 (1).jpg+185円で ティラミスなどデザート。このティラミス美味しいから頼むことが多い。

 

食べログ(掲載時点 3.19)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rikuten9.jpg

久しぶりにくうてんの 牛たん炭焼 利休 博多店へ来ました。いつも行列はみかけますが、さすが土曜日は21時過ぎでも行列ができているんですね。しかも外国人の旅行者の方にも人気なんですね。ガイドブックかなんかに乗っているのか。

 

 

rikuten10.jpg

メニューなどをみて何にするか考えつつ待つしかない。段々お腹がすいてきた。


 

rikuten2.jpg

スタンダードな牛たん定食 (3枚6切)が1782円。

 

 

rikuten1.jpg

更に分厚い 極 がある。極はまだ食べたことがないので、今日はこれにしてみよう。

極は3枚6切 で2,595円。これは税別なので 税込 2495円。やがて3000円だ。鰻も食べれる価格となる。

 

 

rikuten3.jpg

着きました。青唐辛子の量が少ないですね。申し訳ないくらいってやつ。ライスは大盛が無料だったので、大盛にしてみました。

 

 

rikuten5.jpg

先ずはテールスープからいただきましょう。薄い。コクが足りない。湯ですよ。

いや、これはないでしょう。これはない。

 

 

rikuten8.jpg

このスープはもう イ

 

rikuten6.jpg

厚切の極。

斜めに切っているから特に厚く見えますね。切れ目があるので、噛み切りやすいけど。


 

rikuten7.jpg

真横から見るとこんな感じ。ご飯が多すぎた。


 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nanm16.jpg

今日の夕食は、鉄板焼き 南南西。昨日食事をした汐彩のすぐそばです。本当は隣接したアラマンダホテルにもマラルンガという鉄板焼き屋もありますが、あちらがまだ高級な鉄板焼きです。店内は上記のテーブルが反対側にもう1台あります。

 

 

nanm2.jpg

琉球食材を使った本日の前菜

 

 

nanm1.jpg

WOODBRIDGE BY ROBERT MONDAVI CHARONNAY CALIFORNIA  2016

ロバートモンダヴィのカリフォルニアシャルドネ。

 

 

nanm3.jpg

オマールとイカを焼いていきます。

 

 

nanm6.jpg

テール部分ですね。鉄板焼きは焼くのを見るのも楽しいです。

 

 

nanm7.jpg

オマールテールとシーフード サラダ仕立て
ハーブ&ガーリック オリーブの香り

 

 

nanm4.jpg

琉球野菜の鉄板焼き
?宮古味噌とアグー豚の特製油味噌添え?

緑色の野菜は「オオタニワタリ」というシダ系の植物で、台湾では食用にすると書いてあった。沖縄でも食べるのか。



 

nanm5.jpg

宮古牛ではなく国産。ヒレとロース

 

 

nanm10.jpg

鉄板で焼けるいい音を聞いていると食欲が増大します。

 

 

nanm11.jpg

いい焼け具合。

 

nanm12.jpg

ガーリックチップ添え

 

nanm9.jpg

FRANCIS COPPOLA ZINFANDEL2014

映画監督のフランシス・フォード・コッポラは1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの一部を購入して以来、カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。


 

nanm13.jpg

CHATEAU CITRAN 2007

ボルドーオーメドック クリュ・ブリュジョワ級、カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%

 

 

nanm14.jpg

ガーリックライスとお味噌汁。

 

 

nanm15.jpg

ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

myko16.jpg

宮古島へ行きました、宮古島訪問は3度目になりますが全てここのホテルに宿泊しています。ブリーズベイマリーナ。高級ホテルのアラマンダも同系列でここのレストランの数は東急リゾートなどと比べても格段に数が多い。最近は宮古島はインバウンドにも人気があり、7年ほどまえに前来た時より外人観光客が激増しているイメージ。

 

 

myko17.jpg

ホテル1階にある、沖縄料理の居酒屋「汐彩」を訪問。以前はここでは豚しゃぶとかいただいた記憶がありますが、今日はアラカルトメニューで好きなものをいただきましょう。

 

 

myko1.jpg

宮古島北部にある泡盛の池間酒造の「太郎」という泡盛をいただきます。

 

 

myko2.jpg

スクガラス豆腐

 

 

myko3.jpg

宮古島産うみぶどう 500円。

ものすごくプチプチしていて新鮮で美味しかった。


 

myko4.jpg

海人サラダ 1200円

こちらにも海ぶどう。


 

myko5.jpg

ゴーヤーチャンプルー 800円。

ゴーヤがフレッシュでやっぱり沖縄現地で食べるチャンプルーは美味しい―。コーレーグース(島とうがらしを泡盛に漬け込んだ調味料)をかけて。

 

 

myko6.jpg

グルクンの唐揚げ 800円

グルクンは沖縄の県魚でグルクンから揚げは沖縄料理屋さんでもポピュラーな料理です。

 

 

myko7.jpg

天ぷらです。

 

 

myko9.jpg

宮古牛一口ステーキ 2000円

宮古牛は結構高いんですよね。

 

 

myko8.jpg

宮古牛握り寿司(3カン 1200円)

柔らかくて美味しい。でも1貫しか食べれなかった。

 

 

myko10.jpg

お店はホテル前の琉球の風に変わり、生春巻きとラフテー

 

 

myko11.jpg

豆腐チャンプルー

 

myko13.jpg

ソーメンチャンプルー、今では食べれない一品。

 

 

myko12.jpg

宮古島のかまぼこ

 

 

myko14.jpg

スパイシーから揚げ

 

 

myko15.jpg

にんにくばくだん。

ゴルフ場じゃないんですから、これを頼まなくても。


まぁ、沖縄に来ると色々と食べたいものが沢山あります。

 


 

このページのトップへ

2018年3月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

前日に続き、六本木リューズ続編

 

rzr2.jpg

魚料理。何のワインにしようか考えていて、何のお魚か聞いて忘れてしまいました。上にはムール貝


 

rzr3.jpg

赤が飲みたくなりましたので、

2007 Chateau Sociando Mallet 

ボルドーのシャトーソシアンドマレ。ボルドーの格付ワインではありませんが3級クラスの価格で取引されている、有名なシンデレラワインですね。確か2000年前後にシャトー・シャススプリーンなどと共に人気になりました。それでも当時は4000円から5000円くらいで購入できましたが。私もこのワインはヴィンテージ違いで色々と飲んだことがあります。


 

rzr4.jpg

黒毛和牛 フィレ肉 野菜のソテーを添えて

 

 

 

rzr5.jpg

黒トリュフの濃厚な香り

 

 

rzr6.jpg

柔らかくて美味しい。

 

rzr7.jpg

2012 CH. SMITH HAUT LAFITTE (シャトー・スミス・オーラフィット)

グラーヴ地区の特級ワイン。ソシアンドマレより私はこちらのほうが、印象が良かったです。シャトー説明など

 

 

rzr8.jpg

軽やかなヌガーグラッセにフランボワーズのエスプーマソース

 

 

rzr9.jpg

最後の〆はやはり ソーテルヌでしょう。貴腐ワインと呼ばれるデザートワンです。シャトーディケムが有名ですが、ディケムはめちゃくちゃ高いですからね。

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

スデュイローははじめてでしたが、価格の割にポテンシャルが高いデザートワインですね。シュデュイローの説明など

 

 

rzr10.jpg

エスプレッソと小菓子。リューズさんは満足度が高いフレンチです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2018年3月 9日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

東京・六本木

  

rzr11.jpg

レストランリューズ(RYUZU)です。ミシュラン2つ星のフレンチ。昨年1度訪問したので2度目になります。

  

 

rzr12.jpg

 この長い階段を下りてお店は左側にあります。この長い階段はお店へのエントランスとして期待高まるものであり結構気に入っています。今はもうありませんが神宮前のイタリアンMANIN (マニン)はバブル時代に店内に大階段があり見られる階段として多くの人にインパクトを与えました。

 

rzr13.jpg

 左側がお店。自動ドアは左手にあります、入りましょう。

そしてまずは喉を潤すべくシャンパンをオーダー。そしてゆっくりとメニューを見ていきましょう。

 

rzr20.jpgBILLCART-SALMON CHAMPAGNE (ビルカール サーモン シャンパーニュ)をグラスで

家族経営ならではの『少量逸品主義』を貫くメゾン。 「LA REVUE VIN DE FRANCE」にてクオリティーの高い ノンヴィンテージシャンパン第1位に輝いたブリュット・レゼルヴ。  

前回はアラカルトでしたが、今日は 前菜・魚料理・肉料理・デザートのショートメニュー8000円を変更しながら。

   

rzr19.jpg生ハム アミューズ

 

rzr17.jpg

スモークサーモンとスープ

 

rzr14.jpgこれ以外にも色々と揃っていますということなので、今日はグラスワインを中心に飲んでみます。沢山の種類が楽しめるのもグラスワインチョイスのメリット。

    

rzr1.jpg

アルザスのリースリングをチョイス。比較的アルザスのワインはリーズナブルなプライスでアッパーなフレンチレストランでボトルでアルザスをオーダーすることはめったいにないから、これも嬉しい。

2014 ALSACE GRAND CRU SCHLOSSBERG RIESLING PAUL BLANCK

アルザス シュロスブルグ リースリング


ポール・ブランクは、グラン・クリュ認定の努力を続け、1975年に息子たちの尽力でアルザス・グラン・クリュ第一号という名誉を獲得します。 シュロスベルグのブドウ畑は一貫して特別なブドウ畑として認識され、1975年には政府当局に認められる一番の“特級ブドウ畑”である。主に急斜面のため段段畑の式でブドウ畑を耕作することを採用する。これは南に向かっている。ここの花崗岩はワインの清らかな味を与える。このワインは最初の造る数年間で花の香りを含有する。預けておいた5年や10年の後でこれはもっと鉱物の香りを持つ。(引用

 

rzr16.jpg

前菜

北海道産 雲丹をフェンネルのクレームで 旨味ジュレと共に

中にはキャビアも見えますね。うにとキャビアのマリアージュ。期待感高まる1品です。

 

 

rzr15.jpg

さすがにこれはおいしい。口の中でうにとキャビア まったりと海の味が広がります。

 

 

rzr18.jpg

 

 

 

これに合わせるワインはモンラッシェ。

ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2014]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2014]

前回訪問時にこの2013のフルボトルを頼んだのですが、訪問記録に残っているのかソムリエさんが前回これを飲まれましたねと言われた時には驚きました。

 

 

続編は明日

 

前回の記事

レストラン RYUZU(リューズ) 東京・六本木 フレンチ


 

 

このページのトップへ

2018年3月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

新橋ランチ。目星をつけた1件目は貸切でアウト、困って思いついたうなぎ屋さんささきは閉店。時間がないので、困ったと思っていたら目に留まったこの看板。


his7.jpg

美味しそうなベーコンの写真だ。


食べログも何もみないで、とりあえずここにするか。東京飛び込み久しぶりである。これはこれで面白い。


his1.jpg

カウンターのみの鉄板焼きやだ。まぁ通りを歩いている数からいって混んでいることはないだろう(という推測)

 

 

his6.jpg

時間がないので、早速入ります。

 

 

his3.jpg

お客さん1名と店員さん1名。

奥に座ろうとしたら、「となりに座ってください」と。こんなにがらがらなのに。たまにそういう風に思う。

店内は新しくはない雰囲気。


 

his2.jpg

ベーコン定食1本のみ。迷うことはない。

となりの人に「その定食はダブルですか」と聞いたら「ふつー」との答えだったので、私も普通に。


色々召し上がり方とかが書いてある。岩中(いわちゅう)豚とは岩手のブランド豚。

店員さんが奥から豚肉を持ってきて鉄板で焼いていた。ふたをして焼いたり、焼くだけだから時間はかからない。


his4.jpg

普通盛りライス、半熟卵、スープ、ほんの少し乗ったサラダとベーコン。

 

his5.jpg

そのまま食べると、マンマベーコンなのだが塩味があって美味しい。厚切りだから肉を食べている感がある。

以外にいける。ご飯もいける。

以外なのは

DSC01254.jpgこいつ。


廣特製の辛味噌で、唐辛子・味噌・多くの果実・魚介等を使った辛味噌をつけていただくと、これがあっているんだ。ほとんどこれをつけて食べた。半熟卵は黄身が固くなっていてそんなに合わなかったと思う。


先客は帰ってしまい、1000円札1枚を出して、ごちそうさまといって店を後にした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.03)


 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uoy11s.jpg

今日は何度か訪問したことのある、魚や一丁 銀座本店に。こちらはヴィアホールディングス(上場企業)が経営する居酒屋さん。編集長も東京で居酒屋に行くんですかと。たまには行きますよ。自発的にはないですが、同行者として。

 

uoy13s.jpg

刺身中心のメニューにしてもらいました。居酒屋ではかなり高額の予算でしたので。4人前の刺身に加え。。。

 

uoy12s.jpg

このうに。4人前なので、7列ありますから、一人平均1列と4分の3。かなりの量ですね。結局2列分くらいはいただきました。

 

 

uoy16s.jpg

刺身としていただいたり

 

 

uoy17s.jpg

酢飯の上にのせてミニうに丼という食べ方もあり、海苔で巻いても。うーんこれは最高に美味しい。


 

uoy15s.jpg

鯛シャブも。

 

uoy14s.jpg

実は鯛しゃぶとか鯛茶漬けとかってあまり惹かれない。。。

 

 

uoy18s.jpg

天ぷらも最近はパスしてますが、今日は日本酒を熱燗で。TT

 

食べログ(掲載時点 3.01)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

またもやSDカード忘れのミスをしてしまったため、同行者のKさん、SさんからIPHONE写真を借りました。有難うございました。

 

osb10.jpg

大分で一度訪問したいと思っていた有名シェフエミコさんの経営するオステリア・ブーチョに訪問。大分の食材をめいっぱい使用したイタリアン、オオイタリアン。今日はそこそこの数だったし、急に従業員さんが減ったとかで貸切。うるさかったのでそれがよかったかも。

 

料理は4250円のコースに生ハム別注文。ワインは好きなものを飲みたいだけ飲む。シャンパン、白、赤 相当飲みましたが、珍しいワインばかり飲んで写真がなくなったので記憶がありません。まぁ、いいか。

 

osb7.jpg

生ハムいちご。いちごと生ハムのコンビネーションとシャンパン。うーんいいね。

 

 

osb9.jpg

大分の地野菜色々バーニャカウダ。

しょうがみたいなものは「しょうがいも」というらしい。

 

osb6.jpg

このソースがまた美味しい。ここの貸切部屋って、どこかイタリアの田舎町の家庭料理屋(イタリアだからイタリア料理とはあえていわず)に来た感じ。いいね。

 

osb5.jpg

なんとも、めいっぱいの前菜盛(1人前)

レバーのペーストも白ワインにめちゃあうし。


 

osb3.jpg

ラザーニャですか、チーズのいい香り。

 

osb4.jpg

家庭的ラザーニャ。

 

osb2.jpg

イメージするミートソースっぽいラザーニャと違ってクリームソース主体。でもこくがあって美味しい。

 

 

osb1.jpg

一番おいしかったのが、このローストポーク。表面はカリッと中はジューシーで火の通り具合が絶妙で赤ワインとめちゃくちゃ合うし。これはおかわりしたくなった。(これは3人でシェア用だ)

 

osb8.jpg

デザートのティラミスとパンナコッタもイタリア―ノ。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点3.56)

 

オステリア・ブーチョ グループホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年3月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

itns1.jpg

コストパフォーマンスの高いランチ、そして夜もいい雰囲気でワインと紹介したことのある、壱之倉庫。休日に子供と訪問しました。いつもは混んでいることが多いのですが、今日はタイミングよく入店できました。

  

 

itns3.jpg

山鹿にある倉庫を移築したもので、天井の高さが気持ちがいい。


  

itns2.jpg

ここのランチはリピーターさんが多いと思います。そして前回訪問時と少しメニューも変わっています。人気メニューのチキン南蛮は健在。というか800円税込みでこのパフォーマンスにはほんと驚きます。今日は私は 阿蘇名物 赤牛丼 1300円にします。県外客の方にとっても 1300円でこの内容の赤牛丼を食べれると嬉しいのではないでしょうか。

  

  

itns4.jpg

まずはスープが運ばれてきました。

とき卵わかめスープ

  

itns5.jpg

サラダが。前回よりグレードが上がった気がします。チキンの胸肉と豆腐が添えられています。店員さんに「サラダがよくなりましたね」、と話をしたら、「ありがとうございます」と返事がありました。

  

  

itns6.jpg

こちらは子供の頼んだ、チキン南蛮。二人ともチキン南蛮。普通チキン南蛮なんて食べないのに、どんだけ好きやねん。

  

  

itns7.jpg

浅めのボウルにはいった赤牛丼。ごはんのボリュームはそうでもないですが、お肉はたっぷり入っている。サラダ、長芋と半熟卵、わさびが添えられています。

 

itns8.jpg

お肉の厚さはこんな感じに。

itns9.jpg

上に重なっていた2切れを食べた後に撮影しても、まだステーキのような一枚肉の分量はあるかと思われる、赤牛丼。ごはんにたれが染みていていけます。お肉もやわらかくて赤牛だから脂身も少なくていけますね。

もう少しごはん食べれる感じですね。


itns10.jpgコーヒーとプチデザート(パンナコッタ、マンゴープリン添え)がついて、完結。チキン南蛮はパンかライスが選べます。これで800円(赤牛丼は1300円)ってすごくないですか。TT

食べログ(掲載時点3.51)

 

壱之倉庫 (イチノソウコ)(2)  熊本上乃裏通 夜ワイン

このページのトップへ

2018年3月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fugun11.jpg

和食仲むらさんで、ふぐを食べる新春の企画の2回目です。1年で一番ふぐを食べる時期。今日は前回訪問してから決めたことがありました。てっさ(ふぐ刺身)と赤ワインを飲む・・・初めてです。

 

料理のマリアージュからいけば、白のリースリングとかシャブリとかになりそうなんですが、あえて。いやまずは冷の日本酒からですよ。

 

 

fugun1.jpg

阿蘇・小国の河津酒造の純米吟醸 「小国蔵 一本〆」 宴会のスタートなのに、1本〆というのも・・・・・

地元農家と契約栽培された、酒造好適米『一本〆』を50%にまで精白し、阿蘇・小国の湧水で厳寒のなかゆっくりと醗酵させた飲み口のやさしいキレのある純米吟醸です。    HPより

 

 

fugun2.jpg

続いて県北 和水町の花の香酒造(はなのかしゅぞう)の純米大吟醸 花の香 桜花。山田錦50%の磨きで、少しにごりがかった生原酒。こちらのお酒も上品でほのかなやわらかさがあります。が少し特徴があると思います。

 

 

fugun3.jpg

前菜からいってみましょう。

 

 

fugun5.jpg

てっさ1人前。ポン酢に肝をといて・・・・

 

 

fugun4.jpg

あわせていただくのは酒屋さんで買って 3本持ち込んだ、南フランスのワイン

Delas Crozes Hermitage Les Launes Rouge
ドゥラス クローズ・エルミタージュ レ・ローヌ ルージュ 2014

 ローヌ川の左岸に広がるローヌ北部最大のAOPであるクローズ・エルミタージュ。北方の土壌は花崗岩、南に行くに従い沖積層と丸い石の大地が広がっています。最大限に熟成したぶどうを手摘みし、完全除梗した後、コンクリートオープンタンクで28-32℃の温度管理のもと、アルコール発酵を行います。約30%のワインは樽熟成。残り70%は果実のアロマそのものを活かすべくタンク熟成されます。(引用


シラー100%なのでスパイシーなんですが、やはりローヌはいいですね、値段とのコスパもいいし時間の経過とともに。てっさとのマッチングは悪くないですよ。ポン酢とワインは相性悪くない。個人的な好き好きはありますが。


 

fugun6.jpg

白子さんはパス

 

 

fugun8.jpg

唐揚げ

 

 

fugun7.jpg

鍋。今日は離席していたら 鍋全部無くなってた・・・・

 

その間、お店のセラーから シャトーモンペラ (CHATEAU  MONT PERAT) を飲みました。


 

fugun9.jpgfugun10.jpg

雑炊とデザート。

来年も赤ワインとてっさ。楽しみです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.21)


和食仲むら本店 熊本市 恒例のふぐ行事

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yels1.jpg

熊本では珍しいスープカレーの専門店「イエロースパイス」を訪問しました。2016年4月オープンとのことですが。下通りから少し入った所にある飲み屋などが入ったビル「たそがれ東館」の2Fにあります。

SPORTS&CAFE&BAR YELLOWイエローの経営とのことで、イエロースパイスですか。

 

yels2.jpg

昼間はひっそりとした感じですね。

 

 

yels5.jpg

カウンター6席のみの空間で、調理人1名とホール1名で運営されています。

 

 

yels6.jpg

本日の野菜とか書いてあります。ご飯は21雑穀米・・・・白飯がいいんだけど、選択はできないようです。

 

 

yels4.jpg

北海道のスープカレー同様にライスにレモンを絞ってかける・・・

 

 

yels3.jpg

オーダーシートがあり、

スープ、味、メインの肉、辛さ、ご飯の量、トッピングなどが選べるようになっています。基本は1000円

 

 

yels8.jpg

バターがはいってますね。野菜は素揚げしてあります。今回、辛さは3のおすすめ、そんなに辛くないよーの所にしておきます。

 

 

yels10.jpg

野菜は沢山の種類が入っている。

 

 

yels9.jpg

スープはそんなに辛くなく、比較的さらさらであっさりしているなーという感想。もっと濃い感じがあってもいいと。

 

 

yels7.jpg白ご飯のチョイスもできると嬉しいんだけど。

 

 

yels11.jpg

豚肉薄切りの具が入ってます。チキンとの選択です。TT

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

北海道で食べたスープカレー(隨縁ゴルフのスープカレーは美味しかった・)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでどんだけ登場しているのかという ジャルディーノさん

いや実際来ている回数は数知れず


夜のワインとデザートのためにまた訪問。

 

iljj1.jpg頼もうと思ったワインが欠品していて

CHABLIS LA PIERRELEE 2015 (シャブリ ラ ピエレレ) 4100yen

安定感あるシャブリではないでしょうか。ブルゴーニュのシャブリでこの価格と質は納得ですね。

シャブリ大好きの英国でも最も愛されるシャブリとして実に25%のシェアを誇る物凄い実力!! とネットではコメントも。

 

iljj2.jpgポテトとケチャップは必須アイテム・・

 

iljj5.jpg

地元のソーセージ

 

 

iljj4.jpg

特別に出していただいたイタリア生ハム・・・・美味しいです。ワインに合います。


 

iljj3.jpg

クアトロフォルーマジョ 4種のチーズのピザ。私はパスです。

 

 

iljj6.jpg

そして前回も・・・・カルボナーラの麺の食べ比べ。一つは普通の麺。

 

 

iljj7.jpg

もう1方はグルテンフリーパスタ。ジャルディーノさんは熊本でも珍しくグルテンフリーパスタを出されるから嬉しいです。

昨年後半からグルテンフリーパスタは玄気堂さんの玄米パスタを使われています。

知らないで食べていたら全然わからない・・・・という感想。美味しいですよ、ランチタイムもグルテンフリーパスタはありますので、ぜひ。ここのランチは値段内容ともお値打ち。

 

iljj8.jpgGRAVELLO ROSSO LIBRANDI (グラヴェロ ロッソ リブランディ)5720yen

南イタリア カラブリアのワイナリー リブランディが作った1本。 楽天リンク

ワイン品種はガリオッポと カベルネ・ソーヴィニヨン これはいいワインですね。


 

さてカタラーナとティラミスの デザートタイム。

iljj9.jpgティラミス

 

カタラーナは2つオーダー。

女性の店員さんが、ガスボンベバーナーで目の前で最後の仕上げ。いいですね。

 

iljj10.jpg

火力すごいです。カタラーナとクレームブリュレの違いわかりますか。

 

 

iljj11.jpg

周辺部から焼いていって

 

 

iljj112.jpg

一周させて

 

 

iljj13.jpg

ちょっと気を抜くと・・・・焼けすぎやない・・・・まぁ大丈夫です。

2個目は慎重にいきましょう。

 

 

iljj14.jpg

美味しそう。

 

 

iljj15.jpg

2個目は控えめに。少し冷たく、表面はパリパリ おいしかったです。TT

 


直近のジャルディーノ記事 ダイニングエクスプレス

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

2014年9月にオープンして、熊本のすしざんまいに初めて行ってみました。いつも横を通るとどれくらい人入っているかなーってちら見していたんですが。すしざんまいは築地など東京では何度も行ったことがあるのですが。


熊本には「すし鮮」が先にあって「すしざんまい」が出来たら「すし鮮」が2号店、3号店とすぐ近くに出店してせまいエリアで「すし戦争」となったのですが、どうみても「すしざんまい」が集客が高く・・・・2号店は現在は「すし若」になっています。しかしこのエリアにはすしが多い・・・すしざんまい 朝まで営業してますから・・・


szmi1.jpg夜は満員とかあるけど、昼だし、即ランチ。

 

szmi2.jpgにぎりも単品でも安いんだよ。

 

szmi3.jpg今日はセット系にしよう。

 

 

szmi6.jpgカウンターに着座。メニューは結構沢山あります。

(クリック拡大、戻る)

すしざんまいはまぐろなんだが・・・


szmi4.jpg

本まぐろ鉄火丼は980円だし、おいしそう。

 

 

szmi5.jpgセット握りですね。

まぐろざんまいは東京で食べたときは満足度高かったけど・・・


今日は、得々すしざんまい 1980円に トロサーモン 128円 追加。

若い板前さんが手際よく握ってくれ、そんなに待つこともなく好感。

 

szmi7.jpg

一番上のグレードですし、見た目も華やか。ねぎの寿司はいらないけど。12カンと巻物

 

 

szmi8.jpg

すしざんまいってこんなにシャリが大きかったかなというくらい1カンにボリュームもありまして。まぐろなんかの切り方は上手にボリュームがありました。

 

 

szmi9.jpg

あおさのお味噌汁。

しかしお客さんは女性ばっかりだったなー。会計税込 2276円 TT

 

食べログ (掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2018年2月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ndcc8.jpg

スリランカ 2nd ココナッツカレーで汗をかく

福岡在住のダイニングエクスプレスブログ読者の知り合いの方から、「編集長のブログを見て、私もたまに訪問するスリランカカレー屋さんのカレーが食べたくなりました」とLINEで連絡がありました。


しかも ヌードルカレー がフェバリット(好物)だと。

 

私はまだ食べたことありません・・・スリランカへ行ってみましょう。


 

 

ndcc1.jpg

この前も来ましたが。

今日は満席。しかもOLさんやらお一人さんやら。すごい熱気やわ。スリランカすごし。


 

ndcc2.jpg

ヌードルカリーはビーフンがもじゃもじゃしたイメージだったので、敬遠していたが、今日はこれしかない。

 

 

ndcc3.jpg

ヌードルカリーにだけ目が行く。

「ヌードルカリー  辛さ プラスでお願いします」

 

口がすべってしまった。辛さプラスなんて。

 

 

ndcc4.jpg

サラダは口直しのためにとっておこう。

 

 

ndcc5.jpg

来ましたよ・・・・

うわーレッドやレッド、チリオイルたっぷりだ。もじゃもじゃビーフン。


福岡の人にLINEで写真送信。

 

ndcc6.jpg

チキンもごろごろはいってます。

 

 

ndcc7.jpg

ビーフンだけ食べると優しい味。


カレーに絡めると美味しい。カレーだけスープカリーとして飲むと・・・・やっぱりカラーい。でも旨旨辛辛。次第に頭のてっぺんから汗。

ココナッツミルクのこの濃厚なカレーが今日はだいぶ胃にもたれることになりました。体調がかなりいい時でないとダメですね。

しかし完食ですよ。アイスは今日はキャンセル。

 

LINEが来ました。「私もヌードルカリーの誘惑に勝てず、モナラ来ちゃいました」

4枚の写真付き。許可をいただき掲載します。

 

IMG_8419.jpgモナラ。ランチは890円ですね。

RESTAURENT になってますが。

 

IMG_8420.jpg

IMG_8421.jpg早い時間にいらっしゃったのかな。

 

IMG_8422.jpg同じスタイルですね。これも辛そうです。皆さんで ビバ スリランカ。TT

 

 

モナラ(掲載時点 3.11)

 

スリランカ2ND (掲載時点 3.50)

 

 

 

 


 

 



 

このページのトップへ

2018年2月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tstk17.jpg

カワハギとアワビ

パプリカとアワビの肝ソース

 

 

tstk1.jpg

あわび1個です。モンラッシェとアワビ・・・ソースも濃厚な肝ソースは・・・美味しいです。

 

 

tstk11.jpg

ブルゴーニュの赤にいきましょう。

Domaine Louis Jadot Chambertin-Clos de Beze Grand Cru 2006

ドメーヌ・ルイ・ジャド  シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ グラン・クリュ 2006

ブルゴーニュでも有数のドメーヌ ルイ・ジャドのグランクリュワイン。


 

tstk4.jpg

お花畑

 

tstk3.jpg

グラニテ

 

tstk12.jpg

今回の私の持込みワインは・・・はじめて飲みます。

CHATEAU MOUTON ROTHSCHILD 2000

シャトー・ムートン ロートシルト 2000

1級格付けワインのムートンロートシルトでも間違いなく記憶に残るワインであり、2000年のミレニアムを祝して作られたワイン。2000年はボルドーでも1982年以降のビッグヴィンテージであり、入手も困難になってきたプラチナワイン。カベルネソーヴィニヨン86%、メルロー14%。この年はワインのラベルではなく、ボトルに刻まれたエッチングボトル。


幸せではないですか。私が自宅セラーで保管していた貴重なワインの1本です。記念日にあけようと思っていましたが、やはりワインラバーズたちと飲まなければ意味がありません。

 

tstk2.jpg

濃縮された果実味あふれ、さすがムートンロートシルト。17年経過しますが、まだまだ あと数十年はいけると評価されています。

 

 

tstk5.jpg

牛フィレ肉のグリエ モリーユ茸風味

 

 

tstk6.jpg

柔らかいですしソースとボルドーワインが見事にマッチします。

 

 

tstk14.jpg

ブルゴーニュとボルドー

 

 

tstk18.jpg

やはり長熟させるワインはいいコルクを使っていますね。重くてぎっしり感があります。


 

tstk8.jpg

4人で5本は飲みすぎました。

 

 

tstk7.jpgデザート、コーヒー

 

今日も素晴らしいシャンパン、ワインを飲み、また美味しい料理を味わいました。TT

 

食べログ(採点なし)


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tstk9.jpg

熊本ホテルキャッスルの11階、フランス料理 トゥールドシャトーにやってきました。美味しい料理とハイパーなワイン会をしようと、ワインが好きな4人が集まりワイン会を開催しました。1人1本お気に入りのワインをシャンパン・白・ブルゴーニュ赤・ボルドー赤と役割を決めて持込みさせていただきました。トゥールドシャトーのワインもいただきましたよ。

 

tstk10.jpg

フランス語で天守閣を意味します。

 

 

tstk28.jpg

現在天守閣は覆いがされて工事中です。ライトアップはされています。

 

tstk15.jpg

メニュー表を見ると今日のフランス料理の食材がすごいこと。

 

tstk16.jpg

キャビア・フォワグラ・トリュフ・オマール海老・あわび と・・・期待感高まります。

 

 

tstk26.jpg

Bollinger Vieilles Vignes Francaises Blanc de Noir 2005

 ボランジェ ヴィエイユ ヴィーニュ フランセーズ ブランドノワール 

シャンパンはボランジェの最高峰クラスで3702本が生産されたと。私がいままで飲んだ一番いいシャンパンとなりました。


 

tstk25.jpg

酸がきめ細かく、ただ酸があってシャキッとしているシャンパンと違い、芳香な香りとこれぞという成熟度合を感じさせる葡萄の主張。うーんこんなにいいシャンパンってあるんだ。


 

tstk23.jpg

新たまねぎとキャビアのカクテル

 

 

tstk22.jpg

シャンパンとキャビア。もうこれはこれは満足度が高い。キャビアをリクエストしておいて良かった。

 

 

tstk21.jpg

続いて

オマール海老とホワイトアスパラガスのサラダ

サラダというよりオマール海老が沢山、これは贅沢ですね。白ワインを合わせましょう。

 

 

tstk24.jpg

トゥールドシャトーのワインリスト外から注文をしたワイン。こちらはハイパーというわけではないですが。

Cellier des Ursulines Meursault 2003

セリエ・デ・ウルスリーヌ ムルソー 2003

【セリエ・デ・ウルスリーヌについて】
Pierre Ravaut氏によりブリニー・レ・ボーヌに2001年に設立されたネゴシアン。Ravaut氏が造り手を訪問し、Cellerバック・ヴィンテージをティスティングして購入。造り手の名は伏せた状態、かつエチケットがないボトルで安価に仕入れるので、ワインのクオリティーと比較すると大変お得な内容。ただ、Ravaut氏の「洗練されたアロマとフレッシュさ、骨格のある味わい」というがワイン選びのモットーは外していないシリーズです。抜粋


tstk20.jpg

続いて

 

tstk19.jpg

ォワグラのポワレ オニオンスープ仕立て

これはとても美味しいです。ふたがしてあって、ふたを取るとトリュフの香りが・・・フォアグラも美味しい・・・

 

 

tstk13.jpg 

CHEVALIER MONTRACHET GRAND CRU 2013 Philippe Colim

シュヴァリエ・モンラッシェ グラン・クリュ [2013] フィリップ・コラン

この白もなかなか普通には飲めませんね。モンラッシェのグランクリュ。2013ですがこれは早いとか全然ないです、やはり2003のムルソーより私はモンラッシェが好き。

 

【明日に続く】

 


このページのトップへ

2018年2月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

当社の事務職の方(女性)の結婚式がありましたので出席しました。場所はザスタイルオブエクセレントです。こちらでの結婚式は2回目です。お相手の方の勤務先の社長さんは私と中学校・高校の同級生です。

ということでいつも通り写真を撮影するのですが、たまーにあるミス SDカード忘れに気が付き、何枚か携帯電話で撮影。注意しておかないといけませんね。ソニーのデジカメ 撮影後NO CARDと一瞬しか出ないため撮影に一生懸命だと気が付きません。

 

IMG_8372.jpg

真鯛とオマール海老のロースト オリエンタルな香りと共に

オリエンタルな香りってどんな香りだったっけ・・・・あとでメニューを見ても思い出せませんね・・・・クリーム系の味だったというのは覚えておりますが。

 

 

IMG_8374.jpg

特選牛フィレ肉のグリエ

冬大根のおろしポン酢ソース 柚子の香りを添えて

おろしポン酢であっさり。大根がたっぷりというわけではなくさらりとしたソースでした。

 

 

IMG_8382.jpg

マロンムースとヴェニラジェラート

チュイールダンティーユ添え

 

IMG_8368.JPGMERVEILLE (メルベイユ)驚きとかの意味

南フランス最大のワイン企業ジャンジャンのテーブルワイン

今日はワインは止めておきました。北海道からの日本酒がありましたのでそちらを。自宅に帰ってから赤・白とコート・ド・ローヌのワインとボルドーのワインを堪能。

 

 

IMG_8387.jpg

S夫妻お幸せに。TT

 

スタイルオブエクセレント

 

 

このページのトップへ

2018年2月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kamg9.jpg

先月夜に2回訪問して間をあけず、今度はランチで子供と2人で来てみました。ランチを加茂川さんで食べるのははじめてではないかなぁ。1Fには同経営のHIGO BAR(肉系バル)も出来ていますが、こちらも未訪問。

 

 

kamg8.jpg

メニューを見ると ランチメニューは800円から1800円程度。普通のランチ感覚で利用される方も多いはず

 

 

 

kamg1.jpg

2階の店内を奥(上通り側)から。

 

 

kamg10.jpg

メニュー考察

グレードの高い「定食」 と「ランチ」に分かれており、差は小鉢、サラダが付いていること。肉の質も違いますが。

一番安いメニューが生姜焼き800円。あと国産黒毛和牛牛丼といったちょっと豪華な牛丼、これでも900円。一番人気と思われるすき焼鉄鍋ランチが1000円。

囲んである定食は 1800円(税込)とすこし贅沢なメニュー。回りの人をみたらサイコロステーキも美味しそうだった。


今日は味彩牛すき焼鉄鍋定食にします。

 

 

kamg2.jpg

こちらは小学生の子供が頼んだ 牛焼肉ランチ 900円。


 

kamg3.jpg

鉄板の上に肉と野菜。900円ですし よいんじゃないでしょうか。


 

kamg4.jpg

すき焼き。

てっきり 火のついた鍋に生の野菜、肉とかが入っているのを想像していたけど、すぐ食べられるように調理済のものが出てくるんですね。サラダ、小鉢、おしんこ、味噌汁。ご飯はおかわりオッケーとのこと。(茶碗1杯ですからね)

 

 

kamg6.jpg

小鉢は牛のしぐれ煮

 

 

kamg5.jpg

こんにゃくの下にはうどんが入ってました。

 

 

kamg7.jpg

そんなに甘い味付けではなかったなー。

冬は鍋ってだけで暖まります。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

加茂川ホームページ

 

前回記事

 

創業明治14年 すき焼き 加茂川 熊本市上通

このページのトップへ

2018年2月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkgk9.jpg

熊本ホテルキャッスル 中華料理 桃花源で食事をしました。今日はコース料理です。桃花源には久しぶりに訪問した気がします。

 

 

tkgk1.jpg

前菜彩々

前菜の5種盛り合わせ

 

 

tkgk2.jpg

カキと銀杏の唐辛子炒め

2種海鮮とユリ根炒め

 

 

tkgk3.jpg

フカ胸ヒレの姿煮込み

ボリュームあるフカヒレでした。私はフカヒレスープには白こしょうを入れていただくのが好きです。シンガポールに住んでいた時に教えていただきました。

 

tkgk4.jpg

牛スペアリブの蓮の葉包み蒸し

八角の効いた漢方の味のするお肉だな。


 

tkgk5.jpg

オマールエビの香り蒸し

半身です。味付けもあっさりで食べやすい。

 

 

tkgk6.jpg

白菜の蒸しスープ

漢字では 白菜芯湯

白菜の芯を使ってあるスープってことですね。

 

 

tkgk7.jpg

四川激辛麻婆丼

ホテルキャッスルのド定番。これを食べるためにホテルキャッスルの中華に来る人もいるほどのマーボー。

 

 

tkgk8.jpg古典式杏仁豆腐


以上です、今日は中華にワインをいただきましたが、さすがにワインのラインアップは赤ワインも4種類しかありませんでした。一番安いベリンジャー MERLOT を頂きました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)


 

 

このページのトップへ

2018年2月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tuoy7.jpg

昨日、部下が「今日魚良に行って刺身御膳食べてきましたー」と聞き、今日は私も行きたくなりました。少し並んだとのことでした・・・

 

二つ入口がありますが、今日は1人ということもあり待たずに入れました。12時少しすぎだったのに。ラッキーですねー。そういえば前回は12月末だったので、混んでいたのですかね。

魚が良から魚良、今日は何を食べようかな。 詳細メニューなどは前回の記事(後に記載)を参考に。


 

tuoy8.jpg

天然本マグロ丼定食は1500円。私が食べた前回は1000円だったけど。。。中身が違うのか・・・確かめたくなるけど。今日はこれはやめて違うのにしよう。

 

ということで、魚良で前回同伴者が食べていた 刺身御膳(梅)にします。前回の記事を見たら、次回は刺身御膳(竹)を食べると書いていたんだ・・・

 

「刺身御膳(梅)」です。膳を見て、あ・私が頼んだのって梅だっけ、刺身の量を見てパニックてしまった。あまりにもボリューミーだったから。

 

刺身御膳は松、竹、梅、そして刺身定食(700円)確かに梅を頼んだ。

 

 

tuoy1.jpg

サラダ、小鉢2、刺身、から揚げ、香物、デザート、味噌汁、ご飯。 これで野口英世1枚ですか・・・・・

やっぱりすごいコストパフォーマンス。高ストパフォーマンスのお刺身だわい。

 

 

tuoy2.jpg

鯛、サーモン、タコ、 まぐろ、ビンチョウマグロ、イカ、カンパチ、カツオ、ごまさば  ということで9種類。

ご飯の上に乗せれば立派な海鮮丼になるわー

 

 

tuoy6.jpg

刺身の量多すぎでしょう。ゴマサバも美味しかった。

 

 

 

tuoy3.jpg

新鮮だし、税込1000円の本当に英世さん一枚。いや確実に食べすぎカモ

 

 

tuoy4.jpg

唐揚げ。

味噌汁がカボチャの味噌汁ってとこも許せちゃうね。

 

 

tuoy5.jpgあれだけ刺身とおかずがあれば、普通盛のご飯が余るわけがない。大盛も無料なんですね。今日は並ばなかったけど、これなら多少並んだとしても許せます。アンダー1000円メニューも沢山あるし、あなどれないなぁ、ここ。TT

 

 

魚良 熊本・田崎市場内 ハンパないコスパにびっくりランチ

 

食べログ(掲載時点 3.20)

このページのトップへ

2018年2月21日 Posted time : 00:30 | Category : 編集長コラム

fukusi11.jpg

ランチで銀座通りの銀座ビルに来ました。今日はここに来るためです。「海鮮家 福伸」。天草に本店がある福伸さんの支店です。実は初めての訪問なんです。地下にあるお店って意外に苦手で・・・

 

 

fukusi12.jpg

外国人も多いのでしょうか。そして福伸御膳は930円(税別)税込1004円。ランチで見た目もボリュームあって1000円くらいのお店だと人気あるでしょうね。

 

 

fukusi1.jpg

地下のお店へ行きましょう。

 

 

fukusi2.jpg

丼とか色々メニューはあるので楽しめそうですね。店内は清潔感ある感じで個室とカウンター席(6席程度)。今日はカウンター席。ちょっと暗めで夜とかは落ち着きそうな空間。メニューを見ていきましょう。

 

 

fukusi4.jpg

週替りランチなるものは ブリの漬け丼 930円

 

 

fukusi3.jpg

選べるランチは1000円、刺身も天ぷらも荒炊きも食べたいと思ったら次の写真にもある、ぜいたく御膳1600円かな。それでもそんなに高いわけでもないと。福伸御膳 930円あたりはパフォーマンスがよいメニューなんだと思うけど。

 

 

fukusi5.jpg

穴子丼も美味しそうだが。天ぷらは食べれないので、今日は海鮮丼とかが掲載されているメニューから

海鮮ひつまぶし 1500円 にしました。



 

fukusi6.jpg

到着。写真と違ってかいわれのっていなくて良かった―

キラキラ、まるで 海の宝石箱やー

彦麻呂かって、たまに使ってますがこのフレーズ。

味噌汁には南関あげ。


 

fukusi7.jpg

いくら、いか、まぐろ、もうわけわかんないけど、色々入ってます。


 

fukusi8.jpg

なんか食欲が出てくる。

 

 

fukusi9.jpg

わさび汁を醤油にといて、濃い醤油というより味のついた醤油。全部かけてしまったのでわからなくなったけど。

 

 

fukusi10.jpg

箸では食べにくく、付属のスプーンで。

かき込みました。うまい。いやー米より海鮮が多かった感じや。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 


 

 

 


このページのトップへ

2018年2月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mujic9.jpg

数ケ月ぶりになるでしょうか、久しぶりにCOCOSAにあるMUJIカフェへ来ました。(4)となっていますが、記事にしていないのもありますから、もう少し来ているでしょうか。カフェですが、COCOSAの4F無印良品の一角にあるとあってか、平日昼間などは女性がほとんどを占めます。メニューは多くなく、デフォルトメニューの1汁3菜定食が 950円とお手頃価格ということもあるでしょう。

 

 

MUJIc1.jpg

ショーケースのメニューの現物を見て、サイドメニューを決めておくと良いです。持ち帰りも可能メニュー。

 

 

mujic2.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る)

温菜1品は 5メニューから1つ

備中高原鶏の唐揚げ 油淋鶏ソース

茶味豚のプルコギ

鮭のかんずり焼き

干し野菜煮と鶏肉の酒粕焼き

蓮根と里芋のホクホクグラタン

 

 

mujic3.jpg

(クリックメニュー拡大、戻る) 冷菜は2つ

鶏レバーのからしマヨネーズ和え

小松菜とひじきのサラダ

かぼちゃとさつまいものサラダ

かきあえなます

長芋とセロリのサフジ(インド料理の一種で野菜の蒸し煮や炒め煮のこと)

里芋と根菜のくるみ味噌和え

干し野菜の塩キンピラサラダ

 

なんか、美味しそうです、とりあえず目新しいメニューから2品選んでみました。


 

mujic4.jpg

しばらくして運ばれてきました。

 

 

mujic5.jpg

量は少なく見えますが、結構あります。お弁当に置き換えれば、メイン結構ボリュームありっという感じ。

 

 

mujic7.jpg

かきあえなます。

胡麻の味が濃厚で、食べやすかった。

 

 

mujic6.jpg

カレー風味。長芋とセロリ

 

 

mujic8.jpg

ご飯は釜炊きと言ってられました。そういえば忘れてた。ご飯美味しいです。ご飯大盛りにできるかどうなんでしょう。メニューには書いてありませんでしたが。TT

CAFE&MEAL MUJI(3)  COCOSA熊本 MUJIカフェ

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tesion7.jpg

安政町にある 塩ラーメン専門店 てしお に久しぶりに来ました。昼間からラーメン屋さん、半年ぶりくらいでしょうか。夜ラーメン屋さんで麺無しラーメンは何度か食べましたが。

今日はラーメンが目当てではありません。

 

 

tesion1.jpg

ランチ限定

てしおのローストポーク 鉄板肉ランチ

ラーメン屋さんで昼に鉄板肉ランチオンリーを提供しているお店って少ないですよね。

とりあえず入ってみましょう。


女性の一人客も数組・・・

 

今日は店員さん1名で配膳も調理も全部。いつもそうなのかなぁ。忙しそう。

 

 

tesion2.jpg

サイズは大中小 しかも100円刻み。薬味は別100円

ライス大盛り無料

それなら 大 1000円にしてみます。

 

 

tesion3.jpg

到着しました。ご飯+味噌汁+鉄板焼き+ミニ冷奴

結構レアなポークステーキですね。


tesion4.jpg

タレをかけてくださいとのことでした。

紙ナプキンを首からかけて


 

tesion5.jpg

ジューッという音と共に焼けます。

 

 

tesion6.jpgこうして平面に肉をばらして、焼いていただきました。以外にポークステーキいけるもんですね。

トンテキと思えば同じです、のようなものです。調味料はマスタードだけだと飽きますね。醤油がほしかったけど、無かったし忙しそうだったので、冷奴にあった醤油をつけて。TT

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 

てしお 安政町店 熊本市 塩ラーメンが美味しい。


 

 

このページのトップへ

2018年2月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

vvs9.jpg

寒い日だったし、一度行ってみたかったお店に家族と来店。熊本店は2010年にオープンして移転してこの場所にオープンしたよう。長野が本社の株式会社スープアンドイノベーションが展開するベリーベリースープのFC店です。現在は全国に30店舗強、九州には4店舗あるようです。スープストックのようなファーストフード店舗です。

食べるスープをコンセプトにしているようで、スープと白胡麻ごはん、またはスープと石窯ライ麦パンを基本スタイルとしているようです。

 

vvs8.jpg

ピントがぼけぼけになっている店外のメニュー表。

下通りに面していれば目立つかもしれませんが、場所は銀座通りのしのじのやサルバトーレがあるビルの少し先、飲み屋が沢山入るビルの1Fにあります。ファーストフードかなと思ってしまいますが。


 

vvs10.jpg

店内に入ると、おおよそファーストフードとは違うような、、ダーツがあったりサーフボードがあったり、夜は居酒屋なんでしょう、「たこわさ」とか居酒屋のメニュー表みたいなのがぶら下がっています。FCなのでこの辺は緩やかなのか。

 

 

vvs2.jpg

食べるスープは14種類。価格設定は650円と750円でわかりやすい。

 

 

vvs1.jpg

飲むスープが5種類、パスタやメニュー乗せてませんがカレーとか色々ありますね。組み合わせてセットメニューとかにするようです。スープベースは本部からやってきて、店内調理でそれに野菜や具材を入れてスープにするスタイルですね。今日は若い女性が2人忙しそうにしていました。これだけ種類あると作るの結構面倒くさいのかなと思ってしまいます。


 

vvs4.jpg

魚介ガーリックバタースープセット (950円)

 

 

vvs5.jpg

私がたまに食べる 「麺抜きラーメン」のようなものです。もやしなどの野菜、帆立・サーモン・海老・いか入ってます。これにラーメン麺を入れたらまさしくラーメンだ。普通にあっさりスープです。

 

 

vvs7.jpg

ソーセージと温野菜のポトフ+春雨 850円

タイピーエンみたいな・・・・

 

 

vvs6.jpg

ビーフバーグシチュー 650円

このベースも共通ですが、デミグラスのコクはあり、結構いけると思います。ビーフシチュー 650円は一番の人気メニューと推測、ボルシチも冬は人気ありそうだけど。

 

 

vvs3.jpg

ミートソース 800円

メニュー写真よりだいぶ美味しそう。

 

熊本にはスープストックトーキョーもありませんが、いまや欲しければ楽天の通販でも手に入りますしね。

今日はとても寒かったので体はあたたまりました。TT

 

ベリーベリースープ HP

 

肥後ジャーナル記事

このページのトップへ

2018年2月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

NKTY5.jpg

ホテル日航熊本 阿蘇の間にて社員のT君の結婚式がありましたので、出席しました。お昼からの開催でしたので、丁度ランチタイムです。

前菜  (今日の料理は和洋折衷だったのですが、メニュー表には詳しく記載されていなかったです。魚の種類とかもう少し書いてあると嬉しいのですが・・・)

 

 

 

NKTY6.jpg

お造り

鯛、まぐろ、鰤


 

NKTY9.jpg

マルシェからのお魚とアサリのマリニエール

 

 

NKTY8.jpg

RED WOOD CREEK 2015

今日はワインも 酒類は飲みませんでした。

 

 

NKTY1.jpg

国産牛フィレ肉とフォアグラのステーキ

肉は柔らかかった

 

 

 

NKTY2.jpg

にぎり寿司

 

 

 

NKTY3.jpg

りんごのジュレとASOMILKのアイスクリーム、パン、コーヒー

 

 

NKTY4.jpg最後の挨拶のシーン

T君夫妻お幸せをお祈りします!TT


 

このページのトップへ

2018年2月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kuron11.jpg

浜線バイパスの田井の島の少し先にある、「黒の厨房」。以前はポークバードと言っていました。ポークバード時代には訪問したことありますが、黒の厨房は初めて。ランチで訪問。

 

 

kuron10.jpg

とりあえず入りましょう。靴をぬいで上がるお店です。スリッパははきません。床が靴下で少し滑るような感じ。。。

 

 

kuron4.jpg

メニュークリック拡大、戻る

和牛、黒豚、地鶏を唄うだけあり、肉に関するメニューが豊富。こちらで焼き魚定食とか煮つけ定食はないんかーと思わないでください。肉が中心のメニュー構成ですから。

 

 

kuron3.jpg

鶏メニューも豊富ですね。

 

 

kuron22.jpg

週替りランチは 日替りみたいに安いランチメニューと思いきや、グランドメニューとほとんど値段は一緒でした。それならグランドメニューから選んでみましょう。

そうですね、今日は豚の気分でしたので


黒豚のトンテキ定食 (1500円)


kuron52.jpg

おかわりも可能なサラダを黒の厨房オリジナルドレッシングでいただきます。

 



kuron62.jpg

定食到着

 

 

kuron72.jpg

トンテキのお肉ってプリプリした豚肉のイメージがあるのですが、これはプリプリはしていません。タレもそんなに甘ーいという感じでもないタレ。

 

 

kuron82.jpg

トンテキってタレが味を決めるといっていいほど。

 

 

kuron92.jpg

デザートとコーヒー。

女子で結構ゆっくりとお話をされている方もいますが、料理のサービスの提供は早いと思いますので、ランチするのも時間を要するというわけでもないと思います。また今度来て違うメニューを頼んでみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)


黒の厨房 ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sri210.jpg

スリランカカレーの2号店に行ってみます。2号店と1号店ってそんなに離れていません。2号店はツタヤのある三年坂通りにあります。この通りって車が通らないから道にやけに飲食店の看板が出ている通り。

寒いから体の芯からあったまりたい。

 

sri21.jpg

税込800円 ランチメニュー。サラダ、デザート・ティー付です。

最初はとっつきにくそうですが、一度はまるとリピーターが多いカレー。

 

 

sri22.jpg

2階へ上がります。

 

sri23.jpg

スリランカ家庭料理の店、スリランカ2nd

 

 

sri25.jpg

カウンターに着座しましたが、店内は思ったより明るくて広い。1号店が窓がない作りに対して通りに面していますから、明るい。

そして女性が多いこと。女性が辛い物には強いとかいいますが、たぶんこれはリピーターOL軍だと思う。

 

 

sri24.jpg

新鮮なスパイスを使ったメニュー。前回はドライカレーにしましたので、今日は1の通常のスリランカカレー 辛さアベレージでいきましょう。

これを見た取引先の方、ぜひ3倍以上にチャレンジ願いたい。そして感想を聞きたい。

 

 

sri26.jpg

キャベツサラダをいただいて待ちます。

 

 

sri27.jpg

ドライカレーはチキン、じゃがいも1ずつが、

通常のカレーは2個づつになるんだ。

ココナッツのいい香り。前回食べたレベル+1よりは赤味が少ない感じです。

 

sri28.jpg

食べ進むと辛いですよ。頭からじわっと汗がでます。

スープライスですから、まるでスープの飲み物のように食べていけます。

ココナッツミルクがふんだんに使われていますから、辛さを感じるほど、翌日胃のヒリヒリ感はありませんね。以外にも体に優しいんじゃない。

 

 

sri29.jpg紅茶は飲まずに今日はヨーグルトアイスクリームだけ食べました。


やはりくせになる。1号店から関係のルワニ全部行きました。なぜか2号店が食べログ3.5オーバーだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

スリランカカレー ルワニ 並木坂に編集長もいよいよ・・・

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年2月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日に続きアニエルドールの後編です。

 

aniel27.jpg

ウズラ 山菜

ウズラ肉をホットドッグにしたもの。こちらは同伴の方用、私には小麦フリーのを作っていただきました。

 

 

aniel26.jpg

ウズラ肉を使った前菜の1品

 

aniel28.jpgウズラの卵と肉のコンビネーション

 

 

aniel29.jpg

続いて

フグ 豆 蕎麦

見た目にもボリュームがある・・・まだ前菜ですよ、大丈夫かな・・・

 

 

aniel30.jpg

和がうまく調和した料理ですね。フグのサラダ仕立ても美味しい

そばはそばの実などが入っているんですね。

 

 

aniel32.jpg

ここまでが前菜でしょう。

和牛 バイ貝 ブロッコリー カラスミ

生の牛が小さく角切りされていてソースとうまくからみあいこれは美味しすぎます。貝との食感もうまく組み合わさっている。私はこの料理が結果一番美味しかったと全部食べ終わって思いました。

 

 

aniel14.jpg

ワササギ 海老芋 椎茸 ブランダード

ワカサギのフリット。スープは目の前で入れてくれました。これくらいの量だから嬉しい

 

 


aniel33.jpg

Amiot Servelle Chambolle Musigny 2011
アミオ・セルヴェル シャンボール・ミュジニー

アミオセルヴェル

 

 

aniel34.jpg

繊細さのあるワインです。

 

 

aniel15.jpg

魚 平貝 黄蕪 ワーテルゾーイ

ワーテルゾーイ(泡立てたクリーム)にはうにが入っている

魚はアマダイ。うろこカリッと料理はあまり好きではない。

 

 

aniel16.jpg

シャラン産鴨 ゴボウ リンゴ ワサビ

鴨も少な目にしてもらいました。シードルソース。やわらかい鴨でした。

 

 

aniel17.jpg

キウイ ピスタチオ ホワイトチョコ

 

 

aniel18.jpg

シンプルながらあっさり美味しい

 

 

aniel19.jpg

パースニップ 柑橘 バナナ

パースニップの皮、柑橘が心地いいデザートです。

 

 

aniel21.jpg

小麦入りですが、たこ焼きに見立てた茶菓子 可愛いアクセントですね。

 

 

aniel22.jpg

こちらもデザート

 

 

aniel20.jpg

最後のデザート


品数も沢山で、デザートも充実。予約が取りにくい今昨年度ミシュラン一つ星を獲得したレストランというのがうなずけます。素材を損なわない調理法で、見た雰囲気、創造性も高く、このコース料理で10000円とは破格としかいいようがないのではないでしょうか。シェフにもお見送りいただき、満足感を感じお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 4.05)

 

アニエルドール ホームページ

 

 

 




 

このページのトップへ

2018年2月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

aniel4.jpg

だいぶ前から予約していた、昨年ミシュラン一つ星を獲得した大阪・阿波座のアニエルドールさんを訪問しました。ホームページなどを見ていましたので、お店の洗練された雰囲気とか期待していました。

人通りが少ない裏通りにひっそりたたずむフレンチ。大阪で前回訪問した同じミシュラン一つ星のラ・カンロさんにも共通するこの感じ。席数14、なかなか予約が取りづらくなっていると聞きました。


 

aniel1.jpg

グレーやホワイト基調のシンプルモダン。

30代後半の藤田晃成(あきなり)さんがオーナーシェフ。大阪のフレンチで修業の後、フランスに渡りノルマンディー、バスク、リヨンと地方にて4年半の修業の後、2013年8月にアニエルドールをオープン。

 

 

aniel2.jpg

agnel d'or とは、12?15世紀に鋳造されていた子羊の図柄を持つフランスの中世金貨らしいです。以前はテーブルクロスのないビストロだったのですが、昨年5月にリニューワルしてガストロノミー(美食を味わう学問とそれを供する空間)としてオープン。

 

 

 

aniel3.jpg

重厚なドアを押して中に入ります。舞台への入口。

 

 

aniel9.jpg

すぐお店があるわけではなく、通路があります。ここあたりはいい空間創造ですね。

 

 

aniel5.jpg

照明は以外に明るく感じました。もう少し暗くてスポットがあってもいいと思いましたが、いずれにせよクリーンで無駄な絵とかそういうものがないシンプルモダン。

 

 

aniel6.jpg

テーブルセッティング

 

 

 

aniel8.jpg

ペンペン草ではないですよね。

 

 

aniel7.jpg

最近流行の使用食材の一部のみを記載したメニュー。10皿以上のメニューです。

となりのテーブルの食べている様子を見ても結構なボリュームがありそう。

かなりアーティスティックで嗜好こらしたフレンチのようです、藤田シェフのワールドが広がっていそう。

 

 

aniel12.jpg

アミューズ

鹿 ブルーベリー ヘーゼルナッツ

 

 

aniel13.jpg

鹿のくんせい肉をキャラメリゼしたもの。

 

 

aniel11.jpg

鹿のエキスのスープ。濃厚なエキス

同時に2品出てきました。

 

 

aniel10.jpg

シャンパンは PIERRE TRICHET ピエール・トリシェ

パワフルなシャンパンです。

 

 

aniel23.jpg

海老 人参 みかん ディル

2品提供。

 

 

aniel25.jpg

こちらはロワイヤル(茶碗むし風)にて提供されてあります。

これは美味しい1品ですね。


 

aniel24.jpg

 

 

aniel31.jpg

このページのトップへ

2018年2月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mizuki1.jpg

休日に子供と2人でランチ、どこにするのか決めていなかったのですが、こちらの店にフラッと入ってみました。

熊本初上陸 熟成和牛焼肉専門店 MIZUKI

熟成肉を扱うお店はあったと思いますが、こちらのお店は関東で初めて熟成和牛焼肉店を開業された方の身内がはじめたお店だそう。オープンは2017年7月1日、まだ半年ちょっとです。

 

 

mizuki3.jpg

店内はテーブル席と壁に向かったカップルシート。デート用にも使えますしお一人焼肉もオッケー。炭火グリルを使用します。夜のワインリスト見ましたが、結構いいワインも置いてますね(ゴクリ)

 

 

mizuki2.jpg

今日はランチですから、ランチメニューからいきましょう。

焼肉ランチ(カルビ、ロース のミックス) 150g  1,500円を2つ

 

熟成肉ってだいぶ浸透してきましたね。ここのはドライエイジング(寝かせた)した肉です。

 

 

mizuki5.jpg

ご飯、サラダ、わかめスープ、もやしナムルのセット。手前にはタレや塩など入れてください。ご飯は炊き立てでなく、少しエイジングされているのかな。

 

 

mizuki4.jpg

肉が到着。1人前でこれだけ。

肉が重なっていて結構な量。肉にも脂がのっており

これで1500円ですから、結構満足感ありますよ。

もしかしたら90g 1000円でもちょうどいいのかもしれない。

でもあと少し欲しくなると思う。

 

 

mizuki6.jpg焼けるのも早いから、乗せすぎに注意。美味しくいただきました。TT

食べログ(掲載時点採点なし)

 

MIZUKI ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年2月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kamogawa11.jpg

熊本ですき焼の名店といえば、加茂川さんです。電話番号が示すように 2929(ニクニク)。お肉の加工、卸業者さんでもあります。創業明治14年というから創業137年ですか、すごい。


10年以上も前にダイニングエクスプレスの取材でも訪問しました。今でも野中さんが撮影した「あの写真はよかったです」と言われます。2018年は2度目の訪問になります、前回はすき焼き、しゃぶしゃぶをいただき、今回は団体会合ですき焼きです。ここを訪問する時の鉄則。「お腹をすかせれば更に旨い」


 

kamogawa2.jpg

サシが入ったお肉(あ、食べ放題ではないですよ)。4人前ですが、これで十分なくらいの量・・・年とったんだね皆。

 

 

kamogawa1.jpg

脂もたっぷり。

砂糖+しょうゆ、みりんでは 糖分が多く胃にもたれるため「わりした」であっさりと仕上げてくれる要望をお願いしました。


 

kamogawa3.jpg

贅沢にも半分の肉をすき焼き鍋に投入します。早く卵をかき混ぜときます。

 

 

kamogawa4.jpg

早速周辺部からよい香りが・・・・肉も焼けてきました。

 

 

kamogawa5.jpg

肉をまず頂くのが流です。

もう女中さんからゴーサインが出そうです。


 

kamogawa6.jpg

すき焼きの一口めの美味しさといったら。創業明治14年、肉の旨さを伝える味だわ。

 

 

kamogawa7.jpg

野菜高騰の折り、白菜は少な目の気がしましたが、まぁ肉の後は野菜が美味しいのにはわけがありますね。肉汁でぐつぐつするから。

 

 

kamogawa8.jpg

違う鍋で天草大王も焼いて、大王すき焼きへと突入する贅沢。

 

 

kamogawa9.jpg

酒ばかり飲んで大王を食べた記憶がない。

 

 

kamogawa10.jpg瑞鷹の吉村さんが持参した、超辛口 本醸造 瑞鷹 を冷でぐいぐい いきました!TT

 

ダイニングエクスプレスの10年以上前の記事

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

加茂川ホームページ

 


 


 

このページのトップへ

2018年2月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soym9.jpg

デックスブログの2年前のYAさんの記事を見てから気になっていたお店、SOI MARNYさんに行きました。当時はランチはやっていなかったようですが、いまはやっているようです。アジア料理昔から好きですから。

その記事


新しい建物の前が駐車場ですので便利ですね。


 

soym10.jpg

980円 均一メニューですよーって感じ

 

 

soym1.jpg

入ります

 

 

 

 

soym3.jpg

新しい建物ですね、天井が高くていいですね。


 

soym5.jpg

カウンター席5席


 

soym2.jpg

ランチメニューです、5種類。

食べたいのはパッタイ。(焼きそば) 米麺です。

 

soym4.jpg

サラダとスープをいただきつつ

 

soym6.jpg

タイでよく出てくる調味料。

辛いの甘いの酸っぱいの。ブレンドして味を調整。これが楽しい。使い方を説明してくださいました。


 

soym7.jpg

最近パッタイが好き。

ヘルシーで美味しいし。

油分も少ない。

米麺だし。

レモンかけるとすっぱ美味しい。

 

こちらはタイ10年在住されて熊本でタイ料理をオープンされたとか。

 

 

soym8.jpgやっぱ、美味しい。


というか大盛にしたい。TT


食べログ(掲載時点評価なし)


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lem7.jpg

東京銀座4丁目から歩いて5分弱のところにある銀座フレンチ、ラールエラマニエールを訪問しました。オーナーソムリエ 吉岡慶篤さんのお店です。名前は1回聞いても覚えられません。

 

 

lem8.jpg

店名の由来“l'art et la maniere (ラールエラマニエール)”
フランスの古い言葉で「ラール・エ・ラ・マニエール」は“正しい導き方”という意味を持っています。生産者の気持ちをお客様のもとへつなぐという意味があるそう。

飲食店などが入ったビルの地階にあります。

 

 

lem9.jpg

地階へは階段で降りるのかと思ったら、入れないように。階段が急すぎて危ないのか使用されていない様子、エレベーターで降りてくださいと書いてありました。


 

lem10.jpg

自らグランメゾンをうたうレストラン。銀座の上品なエスプリ感が漂います。お店のスペースはそんなに大きくはないですね。テーブル席20席と個室6隻の26席のようです。

 

 

lem11.jpg

奥から望む

 

 

lem18.jpg

昼は平日限定軽めのコース 4000円と フルコースの5500円、8000円があります。ここは竹に相当する5500円のコースにしましょう。 魚肉が入りますので、結構なボリュームかもと不安になりますが。


 

lem12.jpg

机の上のバラのオーナメント。素敵ですね、皿には店名が彫ってありました。

 

 

lem13.jpg

DIDIER (ディディエ)のぶどうジュースです。オーガニックでこだわりのぶどうジュース。

1本小売価格2500円/750mlするジュースですから、フツーのワインより高いという話も。(1杯お店で800円)

 

 

lem14.jpg

アミューズはゆりの根のムース、オリーブオイル

スプーンでいただきます。量はこの2/3くらいでちょうどいいと思いました。

 

 

lem1.jpg

続いて

クレームブリュレに見立てたフォアグラムース、えびいも

アミューズも2品連続でムース系・・・・確かにフォアグラブリュレは美味しい。ワインが欲しくなる。

 

 

lem17.jpg

パンの代わりにいただいたじゃがいもペースト、これもムース系で

とりあえず 二口、三口だけにしておきました。

 

 

 

lem16.jpg

帆立のムース、ブロッコリー、ハーブ

食べられるパンジー。

またムースですか、どれだけやわらか系が続くのか。

 

 

lem15.jpg

見た目にも華やかで

 

 

lem2.jpg

さつまいもとカカオのスープ エスプーマ仕立て

 

 

 

lem3.jpg

佐渡島産鰤(ぶり)

やわらかくて火入れ熱加減、脂乗りもちょうどよく、これが一番おいしかった。

 

 

lem4.jpg

続いてメイン肉

バラ肉のロースト、京野菜

量が多くて、今日は魚メイン終了でもよかった感じ。



 

lem5.jpgいちご系デザート

土台はごぼうとか聞いたと思う。

 

lem6.jpg

コーヒーと茶菓子

 

ご馳走様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.99)

 

ホームページ

 

 

 


 

 

 

このページのトップへ

2018年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ukaii12.jpg

東京BI食倶楽部、東京があまりにも寒い1月のある日にやってきました、東京・芝の豆腐屋うかい。うかいグループの1店舗です、2度目の訪問になります。以前来た時は夏だったのですが、今回は真冬。また違うテイストです。


以前来た時も東京タワーの迫力が一番記憶に残っているですが、果たして。

 

ukaii11.jpg

東京タワーのすぐ下に広大な日本庭園を構える、同店。このインパクトはすごいですよ、タワー。昭和時代の余韻に浸りますよね、やはり。オレンジ色、近くから見るとド迫力。

 

 

ukaii13.jpg

庭園を歩いて離れに異動するのですが、今日は寒くて景色をゆっくり眺める余裕が少ない。

 

 

ukaii15.jpg

田楽処ではあげを焼いています。

 

 

ukaii14.jpg

御献立、これがあるといいですね。何が出てくるかわかるから。

こちらの「うかい」さんは、夜はホームページを見ると3コース

花 10800円

月 13500円

芝 16200円

豆腐料理というのに結構高いんですね。

 

 

ukaii16.jpg

前菜

芹と北寄貝

菜の花 黒豆 鴨くわ焼き

養老豆腐

 

 

ukaii18.jpg

あったかいうちにさっさと食べなさいと督促された 鴨くわ焼き

確かに冷えてきたら固くなってた。

 

 

ukaii17.jpg

うに ON の養老豆腐

 

 

ukaii19.jpg

続いて先ほど外の建物で焼いていた あげ田楽

 

 

ukaii1.jpg

ねぎをのせていただきます。なんてことはない あげ。

 

 

ukaii2.jpg

そして

蕪と焼き白子 白みそ仕立て

白子は人にあげて

 

 

ukaii3.jpg

かに飯し蒸し

なんとまぁ、上品な。

 

 

ukaii5.jpg本日の湊より

何の魚か完全に忘れてしまった。

 

 

ukaii6.jpg

豆水豆腐

名物料理だと思います、でもびっくりする感動もありませんね。


 

ukaii7.jpg

なめらかではある豆腐

 

 

ukaii8.jpg特選和牛炭火焼き

 

 

ukaii9.jpg

ご飯はあさりの深川めし って

 

 

ukaii10.jpg

はっさく

 

 

ukaii20.jpg

熱燗をいただいたあとには カリフォルニアの CALERA (カレラ) ピノノワール 2014

ロバートパーカー氏をもって「カリフォルニアのロマネコンティ」といわせたワイン。といってもカレラは店売りで3,4千円のワインなんですが。

以前シャルドネ(白)を飲んだ時はとてもよい印象だったのですが、今回のピノ・ノワールはそうでもなかったですね。


 

ukaii4.jpg

続いては ボルドーテイストのカリフォルニアをいただきましょうということで CLOS DU VAL (クロデュバル) 2014

1976年、ブラインドテイスティングにて、ムートン・ロートシルトやオー・ブリオンをやぶりカリフォルニアのワインが第1位に選ばれました。1986年また第1位に選ばれたのが、このクロ・デュ・ヴァルでした!パリ・テイスティング事件。これでクロ・デュ・ヴァルの名前は世界に知られることになりました。

さすがカベルネ、1本通ったボディラインがありますね。ナパのカベルネ。

 

ちょっとワインに傾いて。月コース考えればフランス料理とワインを飲んだほうが内容も満足度高いんじゃないかなぁ。景色と雰囲気代というのもあると思いますが。外人さんとか喜びそう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.71)

豆腐屋うかいホームページ


 


このページのトップへ

2018年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fudo10.jpg

浜松町で暖かいランチをと・・・訪問。アジアン居酒屋 風土木。東京にどか雪の降った翌日、めちゃくちゃ寒い日、麺類が食べたいでもラーメン食べれないし、ということでここに訪問。

手しごと旬鮮台所「たかなし」 東京・浜松町 ランチ 前回たかなしを訪問したときに、斜め前にあるお店がこちらだったのです、目をつけておきました。

 

調べたら以外とこのあたりでも女性に人気があるとか。大門駅から2分程度です。

 

fudo1.jpg

ランチメニューは、日替わり、カレー、フォーの構成です。寒いので早く店内にはいります。

 

fudo4.jpg

奥がありそう、入口のテーブル席に座りました。居酒屋ですね、日本酒や焼酎が並びます。アジアン居酒屋。

 

 

fudo3.jpg

カレーも相当こだわっているようですね、寒いから10年かけて作った高知県産生姜使用の生姜カレーというのもよさそうですが。

 

 

fudo2.jpg

めったにみない、創作フォーでしょう。

ベースが950円、 ミニカレーかとろろ丼つけて ジャスト1000円。わずか50円増し。

しかも創作フォーが 6種類もあるから何度来ても楽しめそう、いいですねー。


人気どころは坦々フォーというのは想像つきますが、今日はめったにない、マー油フォーに挑戦してみます。もちろんミニとろろ丼付、パクチー入り。

 

 

fudo5.jpg

到着しました。マー油が入っていて豚骨ラーメンみたいですね。嬉しい。

 

 

fudo6.jpg

小さな豆腐、一口ケーキまでついていた。

 

 

fudo7.jpg

とろろはかなりゆるゆるなスープみたい。業務用だと思いますが、とろろのかけらも入ってます。

 

 

fudo8.jpg

とんこつラーメンにパクチーみたいな図。チャーシューは1枚、もやしなどが入って、スープも美味しい。これはヒットです。

 

 

fudo9.jpg 麺は固ゆでのフォーだと嬉しいのですが、意外に食感はやわめ。温まります。グルテンフリーの創作フォー、いいですね、今度訪問したら坦々フォーといきたいところです。TT

 

食べログ(掲載時点 3.52)

このページのトップへ

2018年2月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

daisi11.jpg

うなぎやさんがあるのは知っていましたが、あまり熊本でうなぎを食べないものですから、一度も訪問したことがありませんでした。下通りから路地に少し入った所にあります。今日はたまたま行こうとした店が空いていなかったので、ここに来てみました。

3代目ということです。調べたら大正15年創業といいますから、歴史はすごいですね。

 

 

 

daisi5.jpg

店は奥に長い造りで両側にテーブル席が並んでいます。座ってからメニューを考えます。

 

 

daisi12.jpg

ふむふむ、うな重がなくて、乗るか乗らないか 「うな丼」か「うなめし」の選択ということね。

 

 

daisi2.jpg

この料理解説本のようなメニューは何ですか。わかりにくいけど。神奈川・小田原でグラム表示のうなぎや松琴楼というのもあったけど。

1切 650円からうな丼が食べれるってこと?

うなぎ少なくないか。


うな丼の場合1匹は6切丼。


 

daisi1.jpg

ご飯とうなぎが別々になった うなめし。

うなめしの場合は2枚からで4枚でうなぎ1匹。公式が更にわかりづらく うな丼1に対しうな飯1.5ということか。

 

 

daisi4.jpg

それにナスA とか ナスBとか、特にナスAはBに比べて安い。(うなぎがないから)

ホルモン味噌煮込とかおおよそ うなぎやらしからぬメニューもあるし。

 

 

daisi3.jpg

普通のお店にはなく、うざくが安い。


ここははじめてなので、


うざく 325円  + うなめし (3枚)1700円 というチョイスにしてみた。

 

 

daisi7.jpg

うざくも同時着。2段になっている。

 

 

daisi8.jpg

なんか真っ黒い おたふくソース。いやタレ。


熊本ではこうしたうなぎめしもあるが、関東ではこんなうな飯ってあまり食べないから。

 


daisi9.jpg

粘度が高いタレです。かなり糖度も高いと思うタレ。

うなぎは本当に3切。

 

 

daisi10.jpg

ご飯の上に乗せるとこんな感じ。普通のうな重よりうなぎも少ないですね、まぁ値段も安いけどその分。


うなぎは結構はごたえがありますね。プリプリ。

うなぎ3枚ではご飯食べきれないよと思ったら、間違い。

 

タレ飯という食べ方でご飯がどんどん進む

これなら1枚丼でご飯大盛いく人もいるかも、と思ってしまう。

ご飯が足りずスモールおかわりしてしまった。


 

daisi6.jpg

うざく


うなぎを牛丼のようにかきこむのは味がありませんな。TT

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmtt11.jpg 日本料理とみたさんを訪問しました。前回訪問したのは昨年の春になりますので、9ケ月ぶりになりますでしょうか。

 

 

tmtt12.jpg

夜のおもてなしは3コース。今日は真ん中の十三夜コース 7500円です。今日は満席のようですね。前回訪問したときのブログにも書いていたんですが、ここはメニューがなくて女性の方の説明だけですので、料理を覚えきれません。しばらくたつと何を食べたのか忘れている・・・・


和食・フレンチ問わずメニュー表があるだけでグレード感がアップすると思うのですが。もしかしたら予約時に伝えておけば作ってくれるのかわかりませんが。

 

tmtt13.jpg

最初の1品

 

tmtt14.jpg

季節の雰囲気を出した前菜盛はいつも感心します。ふきのとうの天ぷらなど春を感じる内容。

 

 

tmtt15.jpg

あわびとか


 

tmtt17.jpg

箱の中にもまて貝とか前菜が入っています。


 

tmtt16.jpg

私は今日は冷酒にします。先ずは岩手の純米吟醸生原酒の「南部美人」。ふくよかなボディを持つ日本酒ですね、好きな味です。

 

 

tmtt18.jpg

お椀もの

 

tmtt1.jpg

湯葉引き、かなり塩分が高い。

 

 

tmtt2.jpg

お造りの盛り合わせ

 

 

tmtt3.jpg

今度は新潟のお酒、純米吟醸生原酒の麒麟山(きりんざん)

こちらの方が、南部美人より口当たりは軽やかな。

 

 

tmtt4.jpg

かぐや姫じゃないけど、筍の皮でデコレート。

 

tmtt5.jpg

煮物

 

 

tmtt6.jpg

揚げ物


 

tmtt7.jpg

ナマコポン酢

 

tmtt8.jpg

お食事は竹の皮に包んだもの。

 

tmtt9.jpg

一口菓子

 

tmtt10.jpg

お抹茶


料理だけではそんなに胃が大きくならないほどのサイズ感です。上品に流れる 繊細な和食系のとみたさんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年2月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

SPHB1.jpg

 上乃裏通りから少し入ったところにある、サニープレイスハンバーガーに来ました。前回はステーキを食べたのですが、絶対ここのハンバーガー食べたいと思っているのです。といっても今はグルテンフリーを通しているのでパンは食べれません。

  

 

SPHB2.jpg

食欲をそそるハンバーガーですね。ここのお店でステーキ食べている人は多くない。


  

SPHB3.jpg

前回はお客さんがいて撮影できなかったポップな壁に描かれたハンバーガーの絵。うーんシズル感あふれるこの絵を見ているとむしょうにハンバーガーが食べたくなる。

  

 

SPHZB6.jpg

ここのパテはビーフ100%だから、うれしい。そういうお店は意外と少ない。だから私にとってメニューの選択の幅が広がります。

  

 

SPHB5.jpg

チーズたっぷりのラクレットチーズバーガーにもひかれるなぁ。この前動画撮っていた人いたもの。

  

 

SPHB4.jpg

今日はこれにしようと決めた。

人気ナンバーワンのハンバーガー、グレートビーフチーズバーガー。

コンビーフ100gとパテ200gで300gの肉、ハンバーガーではなくて肉!とのこの感じがいいじゃないですか。

ジンジャーエールとセットにして1600円(税別)

 

SPHB9.jpg

まじでかいです。想像以上でした。

  

 

SPHB7.jpg

シュレッドされたコンビーフも沢山入っている。

  

 

SPHB10.jpg

ポテトも3個食べてから撮影しましたが

トランプ大統領が訪日の際に霞が関ゴルフクラブで食べた、日本でも高評価の浜松町マンチズバーガーよりもポテトが多いぞ。そこが少ないのか。

  

 

SPHB8.jpg

偽りなく、これは肉ですよ、肉。


  

SPHB11.jpg

粒マスタードが載っています。

食べにくいので、ナイフとフォークでいただきます。結構なボリューム。


SPHB12.jpgビーフ100なのでぼろぼろとなりますが、これが実に旨味があっておいしい。しかし肉だけだから、ライスが欲しくなる。ステーキランチがあるから、ここにはライスがある。

今度頼もう、ハンバーガーとライス下さい。TT

 

  食べログ(掲載時点 3.06)

   

 

このページのトップへ

2018年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今年2回目のリラ訪問となりました。夜に訪問したので略して夜リラ。


会合の2次会で、当社の部下が「ブログに何度も登場しているリラへ行きたい」とのことで。

 

話を聞くと「アンチョビキャベツ」が食べたかったとのこと。


詳しくのお店紹介は過去の記事を見ていただくとわかります。今日は土曜日だけあってお客さんも一杯でカウンターに着席。

 

今日は夜リラ nail&and cafe bar lila (3)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

LIRA11.jpg結局ワインを3杯づつ頂きました。


そしてソーセージの5種盛 (900円) 鉄鍋がジューーいってました。

 

 

LIRA33.jpg

枝豆のオリーブオイル炒め 480円

オリーブオイル炒めって初めて食べました。美味しいですね。

 

 

LIRA22.jpgそしてアンチョビキャベツ 600円。


赤ワインに合いますね。


二人で6杯飲んだのでボトルを最初から頼んだ方が安かったんじゃないかと反省(笑

TT

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

このページのトップへ

2018年2月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1月と2月に最低2回は毎年訪問している、ふぐを食べる行事。

今年も仲むらさんにやってきました。

 

nkmf1.jpg

昔は住宅だった堂々とした建物

 


 

nkmf12.jpg

さあ入りましょう

 

 

 nkmf2.jpg

エントランスが長くておしゃれです

 

 

 nkmf3.jpg

入口。シックモダンな店内

 

 

 nkmf4.jpg

前菜

 

 

 nkmf5.jpg

小さな器に沢山入った前菜。ヒレ酒を飲んでいる人が多いですが、私は冷酒で。

 

 

 nkmf8.jpg

白子さんは周りの人にあげて

 

nkmf6.jpg

1人1皿のフグ刺し。今日は皆さん肝が例年より多いと・・・・

 


nkmf7.jpg純米大吟醸とふぐ刺し。いいですわ。

 

 

nkmf9.jpg

ふぐ鍋具材。

今年は白菜とかめちゃ高いので、、野菜も少ないような気が・・・・

 

 

nkmf10.jpg

唐揚げと


 

nkmf11.jpg最後に雑炊をいただきました。また2月に訪問します。TT

 

和食仲むら本店 熊本市 フグで福を呼ぶ(2017年記事)

 

食べログ(掲載時点 3.21)

 


 

 

このページのトップへ

2018年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IKNSS5.png ここしばらく同じ経営のペッパーフードは何度か行きましたが、いきなり!ステーキから足が遠のいていました。そういえばゴールドカードで誕生日プレゼントのステーキがあったなと思い出し、出張の帰りに熊本空港店に寄ってみました。


ゴールドカードという既得権益で誕生日に毎年300gのステーキプレゼント。なんとうれしいことでしょう。年に1回は行かないとカード更新はできないと思います。いずれにせよ、300gというのは6.9円で2070円税無しの価値があるんです。


1年に最低1回はいきなり!ステーキにいきたいと思います。以前は400gだったんですね、忘れていました。 (2016年の記事

 

 

IKNSS1.jpg熊本空港のフードコートには2軒しかない。空福亭(ハンバーガー、やきそば)といきなり!だ。

 

 

IKNSS2.jpgカウンターで注文して席で待つ。ここはしょうゆとかわさびとか調味料がここのカウンターにしかないから、不便です。


 

IKNSS3.jpg

ジュージューいっている肉。 ライス・サラダセットを付けました。今日は324円で済みました。

 

 

IKNSS4.jpgいきなり!ステーキのリブロース。熊本でも他に類似ステーキ店舗はありますが、やはり元祖のいきなり!ステーキが美味しいと思います。ごちそうさまでした。TT


 

 


 

このページのトップへ

2018年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jtas9.jpg

私が予約して東京の取引先の方と5名で白金台のジョンティアッシュさんを訪問しました。こちらは2回目の訪問となります。ミシュラン1つ星のフレンチです。遠藤佳明シェフの料理と熊澤大樹ソムリエのサービスでとても心地よく過ごせる食事になると思います。

 

 

jtas10.jpg

エントランスは2階、1個室とダイニング。キャパは約20名+といったところです。

 

 

jtas11.jpg

今日はダイニング席。テーブルのオーナメントを見るとこれからの楽しい食事のエントリーという気持ちが高まってくる。

 

 

jtas12.jpg

お酒を召し上がりになられない方もおられましたが、乾杯は

N.M HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE (アンリ ジロー エスプリ ナチュール)

完熟した桃や洋梨などのフルーティな香りの中に、バニラや白コショウのニュアンスが感じられ、ピノ・ノワール主体のシャンパーニュならではの芳醇さと、軽やかなタンニンが印象的。


 

jtas13.jpg

アミューズは2品

 

jtas15.jpgjtas16.jpg

糖度の高いトマト

 

 

jtas1.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas14.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas21.jpg

昨日のアルシミストに続き 

マルク・モレ・エ・フィス シャサーニュ・モンラッシェ 1er シュヌヴォット 2007

シャルドネ100%


 

 

jtas17.jpg

メニュー表がないので、説明を聞き取れないとわからないメニューもありますが、こちらはホームページのメニューと同じ

北海道産雲子のムニエル ちぢみほうれん草に乗せて 焦がしバターのソースで


この季節って白子が多いですね、あまり好きではないのですが、これはバターソースが濃厚だったので食べれました。

 

 

jtas18.jpg

味付け好みでした。

 

 

jtas19.jpgフォアグラのプランシャ焼き ビーツ・大浦牛蒡・ゆり根と合わせて  酸味の効いたビーツのクーリー・黒トリュフと共に

 

 

jtas20.jpg

フォワグラ・トリュフと贅沢なコンビネーション。そしてモンラッシェ。いいですね。前菜にキャビアが欲しかった・・・・

 

 

jtas22.jpg 千葉県産寒鰆のポワレ 京都産聖護院蕪のかぶら蒸しと共に

大黒本シメジを添え 黄柚子を香らせて

鰆っていうとあっさりした感じなのですが、この鰆は脂がのってて美味し。

 

jtas2.jpg

ECHEZEAUX GRAND CRU

CAPITAIN GAGNERO

 

 

jtas3.jpg

メインは熊本の赤牛。

熊本から来たんですよ、えーそうなんですか。

しかし熊本でもめったに食べれないほど上質な部分の赤牛。いい部分って東京に行っちゃうのかなとか思いつつ、他の皆さんもこの赤牛美味しいと言って下さり熊本県民として嬉しかったです。しかし昨日から本当に熊本の食材を沢山食べてる。

 

 

jtas4.jpg

とてもやわらかい。


デセールは2品。両方とも美味しい、2品目の樹氷のようなデザート、金粉・銀粉が散らしてあって冬のデザートっぽい感じです

 

jtas5.jpgjtas6.jpgjtas7.jpgjtas8.jpg

帰りに遠藤シェフと少しお話しする時間がありました。次回訪問する予約もして後にしました。本日はありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.08)

 

ジョンティアッシュホームページ

このページのトップへ

2018年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kintame1.jpg

昼は和食がよいですね。埼玉方面から戻ってきて次の用事までと思い、東京駅の「あべや」に行こうと考えたのですがなんと改装中でクローズ。ということでとりあえず大丸東京のレストラン街に。12Fです。

夜の事も考え、今日は近為(きんため)にします。

 

 

kintame11.jpg

近為は京都にて明治12年創業、創業130年。野菜の漬物と魚の粕漬などを販売されています。販売店舗は京都1、東京3店舗。

近為さんはいつも中を覗くと比較的年齢の高めの女性の方が多いんですよ。


 

kintame3.jpg

メニューの数は定食類が多いです。全部は掲載しきれません・・・・

美味しそうな魚の焼き物のラインアップが沢山。

 

 

kintame4.jpg

いくつもメニューがある中で最終的にこの3つに絞りました。

さばの味噌漬とごはん 1780円

 

 

kintame2.jpg

銀だらの粕漬とごはん 2800円

 

 

kintame5.jpg

京あわせ

さわら粕漬と鮭味噌漬の2つ盛 1800円

 

これにしました。

 

 

kintame6.jpg

最初に季節の京漬物が運ばれてきました。これをたべつつ。味付けも薄味で美味しい。

 

 

kintame7.jpg

小鉢は汲み上げ湯葉、ひじき、ちりめん山椒、デザートはわらび餅

 

 

kintame8.jpg

さわらも美味しそうですが、基本的にあっさりめの魚ですから

 

 

kintame9.jpg

鮭の方が美味しかったと。和食は胃にやさしい気がします。

 

 

kintame10.jpg

ご飯も漬物や粕漬けにあう炊き方をされていると思います。おかわりしたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

近為ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alsim1.jpg

ドメーヌ マルク モレ エ フィス Domaine Marc Morey & Fils

シャサーニュ モンラッシェ 2014

 

 

alsim12.jpg

パンは食べないのですが、何種類も美味しそうなものが用意されてありました。

 

 

alsim5.jpg

青森県 帆立 カリフラワー トレビスタルティーボ

トレビスタルティーボとはイタリア野菜で紫に見える部分の野菜

 

今回の料理も見た目に繊細な料理ですね。


 

 

alsim6.jpg

これは美味しいですね、モンラッシェにぴったりの1品。

 

 

alsim7.jpg

続いて白にあう料理が、アルシミストのシグネーチャ―料理ともいうべき

福岡県 菊芋 雲丹 ピーナツ

 

黒いのがピーナツ

 

alsim8.jpg

雲丹のふんわり感がたまりません。

 

<