九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

編集長コラムの記事一覧

2018年12月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今日は私のお店セッティングで10人ほどの宴会、場所は海鮮家 福伸さん。


昼は2度訪問、夜は初めての訪問です。場所も銀座通りでわかりやすいし、上品な空間そして2次会への移動も便利な場所なのでいいですね。5000,6000、7000円と通常はあるようです。飲み放題込で今日は6000円のコース。

 

飲み放題というと日本酒などもイマイチだったりするのですが、銘柄は聞いていませんがこちらの熱燗は美味しかった。

 

fksk1.jpg

刺身の盛り合わせからスタート。色んな魚種がはいっていました。あんこうの肝も

 

 

fksk2.jpg

サラダは鴨とごぼうのサラダ。和風さっぱりで美味しい。

 

 

fksk3.jpg

続いて牡蠣グラタン。

あんまり牡蠣グラタンは好んでは食べませんが、チーズたっぷりで美味しかったな。

 

 

fksk4.jpg

海鮮焼き

海老、帆立、マイタケ、銀杏

 

 

fksk5.jpg

ローストビーフ

お肉も出るんですね

 

 

fksk6.jpg

天ぷら

 

 

fksk7.jpg〆はちりめん山椒ご飯。


皆さん満足されておりました。今度また利用したいと思います。TT

 

福伸ホームページ

 

 


海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店(2) 刺身定食にする

 

海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店 丼をかき込むのもいいね


このページのトップへ

2018年12月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ybt21.jpg

今日はやぼ天。

ダイニングエクスプレス初登場、とはいっても何度も来ているお店、しかも何十年も前から。

たぶん私の中での外食焼鳥の源流はこのお店だろう。

一番昔に来たのはたぶん35年ほど前。

ロングランヒットのお店ですねー

 

 

ybt22.jpg

当時でもオシャレな焼鳥屋さんだった。カウンター席とテーブル。

今でもご出勤前の女性の方も利用されている。

 


浪人時代、大学に受かって熊本を離れる3月最後の夜に、親に「お前が食べたいものを食べに連れて行ってあげる」と言われ

やぼ天をリクエストをして家族で食べにいったのを覚えている。こういう思い出はずっと時間が経っても思い出として残るから素敵だ。

 

 

ybt23.jpg

お付だしは辛子レンコン、ひともじぐるぐる、こんにゃく、トマト。

郷土料理もあるので県外のお客さんを連れてくるお店としての利用価値も高い。

 

 

ybt2.jpg

焼鳥は一見高そうだが、1本のボリュームが結構あるので、納得できる。

選ぶのが面倒くさくなるし、コースがお得な気がするので基本 Aコース 3240を頼むことが多い。

 

 

ybt4.jpg

馬肉とかのラインアップもさすがですね。

 

 

ybt3.jpg

1品料理、黒板料理もあります。あと、ここは焼酎のラインアップもすごいんですね、佐藤黒とかいろいろあります。

 

 

ybt1.jpg

やぼ天のおろし大根がうまいのは 柑橘系の味付けがなされているからでしょう。手羽先をこれに付けて食べるとゲキウマ。

 

 

ybt6.jpg

炙り銀杏。これがある時には頼むのですが、量が多くて「体悪くなるんじゃないか」という気持ちになりつつも食べ過ぎてしまう。

 

 

ybt5.jpg

よくあるカマンベールチーズフライ 600円 なんですが、ここで頼む定番品。

 

 

ybt10.jpg

コース付属のサラダ、一品料理、馬刺

馬刺しは一人前ですよ。これがいいんですね、さすが熊本。

あんまり馬刺は好きではないんですが、少量的にいただきました。



ybt11.jpg

日本酒とあいますな

 

 

ybt8.jpg

焼鳥です、とり身 290円

ぷりぷりだ

 

ybt9.jpg

せせり 290円 焼き具合もいいですね。

 

 

ybt12.jpg

手羽先 330円

ここの手羽先、身もしっかり付いてて 例のおろし大根に入れて食べるとうまいんですわ

 

 

ybt13.jpg

トマトベーコン巻焼 280円

あっさりしている焼鳥っていうか、トマトですわ

 

 

ybt14.jpg

ピントあってませんが、見てわかる通りうずら 210円

 

 

ybt15.jpg

しいたけつみれ

普通に頼むと360円なんですね、高い部類の串


 

ybt18.jpg

ささみ明太 320円

いやーこの明太子の量ありがたや。

普通はこれの5分の1くらい。ご飯もらって明太ご飯にしちゃおうかというくらいです。

 

 

ybt19.jpg

ささみ納豆 330円

納豆と海苔とささみがあうあう。これはもう1本食べたくなる。

これで8本、全部足してみたら 2080円 ということは 残り分は1160円

 

ここからは追加オーダー

 

 

ybt16.jpgybt17.jpg

つくね月見 680円。

1本は結構ボリューミー 美味しい

 

ybt20.jpg

皮焼き

皮はもう少しパリッとしていたほうが好みかな。少し柔らかいので。


 

お腹いっぱい。やっぱりうまい、老舗ですね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

銀座でお寿司を食べようと思い、ネットで予約を探しましたがフランス料理と違ってやはりお寿司屋さんはネット予約できるところが少ない。今後は増加してくるでしょうけど。

ということで予約可能なところで新橋にも近く便利がいいこちらのお店に。

 

寿司割烹 濤崎

 

tzki21.jpg

弥生ビル 2Fにあるのですが、銀座らしく夜のお店が沢山あるビル。

 

 

tzki1.jpg

静かなたたずまいのお店。ランチは銀座で2000円や3000円でにぎりが食べれるというのでそんなに敷居が高い、というわけではなさそうです。

 

 

tzki2.jpg

夜のコースは 3種。真ん中のコースにします。

 

 

tzki3.jpgtzki5.jpg

日本酒でいきました。

黒龍、風の森雄町、船中八策の3種類をいただきましたが、

結構ペースが速く酔いも早いこと・・・

 

 

tzki4.jpg

先付

色んなお料理がはいっていて、懐石のコースみたいです。

 

 

tzki6.jpg

うなぎのあんかけ


 

tzki7.jpg

刺身もボリュームがありましたよ。

 

 

tzki8.jpg

焼き魚

 

 

tzki9.jpg

揚げ物は

 

 

tzki10.jpg

中には蟹肉やら海鮮がぎっしりはいっておりました。

 

 

tzki11.jpg

そしてフカヒレスープ・・・・お酒も飲んで結構お腹いっぱいなモードになってきているので、お寿司は満腹で食べることになるでしょう。

 

tzki12.jpg

中華料理を食べに来てるわけではなく、フカヒレはあまり期待していないんですが。

 

 

tzki13.jpg

いよいよお寿司です。7貫と聞きましたのでそれくらいなら問題なくいけるでしょう。

 

 

tzki14.jpg

タイミングよくサクサク出されます。

 

 

tzki15.jpg

お寿司うまいけど。

 

 

tzki16.jpg

これだけお腹がいっぱいだと、感激が少ないわ。日本酒飲み過ぎた。


 

tzki17.jpg

お腹との戦いになってきた。

 

 

tzki18.jpg

たまご


 

tzki19.jpg

いよいよラスト

脂肪肝の代名詞、いくら・うに。

 

 

tzki20.jpg

海苔無しうにを食べてから、海苔がないほうがうまく感じる最近。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年12月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oldpa9.jpg

タイから帰ってきてしばらく。パッタイが食べたくなり来ました、オールドタイランド 新橋。

昼間は結構いつも混んでます。カウンター席は回転が良いから入れました。

4度目か5度目かの訪問です。

 

 

oldpa2.jpg

前回とはメニューは変わってませんでした。

 

 

oldpa1.jpg

パッタイ 1080円と決めていたのですが。

 

 

oldpa4.jpg

シンハ―ビールのグラスに、ノンアルコールビール。気分だけでも。

 

 

oldpa3.jpg

4種の調味料があとでパッタイを食べるのにアクセントを付け加える。

 

 

oldpa5.jpg

先ずは 生春巻きとトムヤムクンスープ。この酸っぱさが美味しい。

 

 

oldpa6.jpg

パッタイ到着しました。

生もやしとピーナツは別添え。パクチーは付いていないんですね、頼めるのでしょうか。今度聞いてみます。


 

oldpa7.jpg

タイ人のシェフが作っているせいか、タイで食べるのと同等かそれ以上にうまい。えびも2匹大き目のやつが入っている。

オールドタイランド やはりいい。ここのパッタイは旨す。

 

 

 

タイでいただいたパッタイ(もちろんこれも旨い)

 

ptii1.jpg

 

 

違うところのパッタイ

本当パッタイ好きだ。

ptii2.jpg

オールドタイランド(3) 東京新橋 2年近くぶり

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pnan8.jpg

今回の同行者が何十年も前から通っている、フカヒレ専門店があるとのことで連れてきていただきました。場所はバンコクでも1,2を争う繁華街スポット、サイアムスクエア。ブランド物も販売しているモールもすぐそば。

このあたりは以前の雰囲気があるのですが、道を少しはいっただけ。いわば東京の銀座、超一等地の地価にあるレストランなんですよ。この古い雰囲気がどうみても怪しい。

 

 

pnan1.jpg

普通の庶民風に見えるレストランなのだが、今日もお客さんはゼロ。いつも少ないという。2階に上がる。

 

 

 

pnan2.jpg

値段をシールで改定、改定した形跡がうかがわれる。

フカヒレスープ 1人前 1000です。 1000バーツ(3500円)ですよ、ここは庶民のレストランではない。

高級レストランです。

 

 

pnan3.jpg

土鍋でぐつぐつ煮られたフカヒレスープ。

コンロの関係で1度に4つしかできない。

 

 

pnan7.jpg

綺麗な姿煮のフカヒレが入っているわけではないのだ。

以外とコマ切れだった。

 

 

pnan5.jpg

スープは濃厚、なんとも言えないのが癖になると言われれば・・・・

フカヒレスープにはホワイトペッパー。これはお決まりだ。

 

 

pnan4.jpg

パクチーと生もやしを入れて食べると美味しい。

 

 

pnan6[.jpg普通の1品料理もありチャーハンも美味しいが、ここではスープだけで満足だと その人がいっていた。

 

 

お店の紹介

このページのトップへ

2018年12月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

elgg1.jpg

バンコク市内でも有数の有名なステーキハウスに行きました。BTSスクンビットからすぐ近く、超一等地にある4階建てのヨーロッパ風のビルにあります。エルガウチョ アルゼンチン ステーキハウス。

ベトナムのステーキハウスでハノイが本店だとかで、ホーチミンでもステキハウスというとエルガウチョというくらい、素敵なステーキハウス。


 

elgg2.jpg

冗談はいいとしてテラス席、1Fは少しカジュアルオシャレな感じ。

 

 

elgg3.jpg

1階には肉屋もあってテイクアウトできる。バンコクではまだまだ牛肉も高く高級品なので、ステーキの値段も高いという。


 

elgg4.jpg

2階はテーブル席、カウンターなど。

日本人も多いしもちろん外国のお客さんも多い。相当賑わっているお店だということがわかります。値段は同じクラスの日本のお店より高い。

 

 

elgg6.jpg

英語メニュー。

私も高いなぁと思った。

 

 

elgg5.jpg

肉は部類、グレードで価格が分かれています。

リブアイステーキの一番良い 250gで 2490円。ってここは日本じゃないよ。

 2490円じゃなくて 2490バーツ。 1バーツ=3.5円として 3.5倍(8715円)それに税サ。

でしょう、高級。

 

 

elgg7.jpg

ワインメニューも。

普通に日本円と間違ってしまう感覚。ワインボトルは7000円くらいから

カリフォルニアの高級ワイン オーパスワンは 24000バーツ 84000円。これは日本のフレンチり安いかも。



 

elgg8.jpg

アルゼンチンのワインの品揃えは豊富ですね。アルゼンチンのお店ではないんだけど、名前がアルゼンチンステーキハウスというくらいだからか。

 

 

 

elgg9.jpg

パンとにんにくを揚げたもの。美味しそうだった。

 

 

elgg12.jpg

シーザーサラダ このボリューム感で 490B(約1700円)ですか。びっくりするなぁ

 

 

elgg11.jpg

スモークサーモン 490B (約1700円)

5人でシェアしたらごく少量だった。でも美味しかった。

 

 

elgg13.jpg

プライムリブ 900gのカット (骨付で)

100gで690B 6210B (22000円もするんですね)

単純に5割すると一人140gで4500円。


 

elgg14.jpg

目の前で切り分けてくれます。

 

 

elgg15.jpg

可食部分はこれだけなんですね。チキンも頼んでいたので。

柔らかくて塩でいただくと、溶けるように美味しかったです。もう少し食べたい気分はガマンしてポテトフライをいただきました。

 

ソースだけでも110バーツするんですからね、これはまさしく高級店ですね。

 

 

アルゼンチンのワイン2種を飲みます。

elgg10.jpg

EL ENEMIGO MALBEC 2014

2400バーツ

 

elgg16.jpgCATENA 2015 CABERNET SAUVIGNON

2400バーツ

 

エルガウチョ ステーキハウスの記事

 

このページのトップへ

2018年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

東京で来年記念行事があり、そのディナーの試食会を行いました。私はこの金額じゃあ、たいしたものは無理だろうーと

思っていましたが。

ビールで乾杯、いや最低でもスパークリングワインでしょう。ということで変更。

 

mksi6.jpg

メニューはメインまで含めて4品。やはり少ないわ

 

 

mksi1.jpg

オードブルも全国各地の商品6品という構成なのだが、2,3千円のフランス料理のランチのオードブルなら許せるという程度か、小魚(右手前)はないよなぁ。


 

mksi2.jpg

とうもろこしスープの上にポップコーンてか

安すぎるでしょう。どうみても。却下

 

 

mksi3.jpg

カダイフをまとった平目のフリット。

衣を食べているんじゃないかと思えるんですよ。



mksi4.jpg

牛ヒレ肉 ポルチーニ茸のプラリネの香り

オーストラリア牛がこのソースの量で多少ジューシーに感じられるけど。

肉もグレードアップして料理法も変えてもらいましょう。

 

mksi5.jpgチョコレートのドーム仕立て

うーん。

結局この倍のお値段を出して再構築となりました。当日が楽しみです。


 

IMG_9590.jpg

夜にお腹がすいたので、久しぶりに吉野家の牛丼並を食べました。

 

 


 


 

 

このページのトップへ

2018年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bolan19.jpg

バンコク屈指の伝統的タイ料理に新鮮さを加えたキュイジーヌモダンタイ料理のBO.LAN (ボラン)に訪問します。相当レベルが高いタイ料理と聞いていますので期待です。タイのミシュラン1つ星にも選ばれているレストラン。

バンコクは渋滞が激しく夕方は全然ダメです。ということでBTS(高架鉄道)にのってトンロー駅で降りて歩くことに。このあたりは高級な住宅街。5分も歩かないうちに着きました。


 

bolan20.jpg

1軒屋のレストランで相当空間を贅沢に使ってあります。

まるでリゾートホテルにでも来た感じがします。

エントランスからはじまるこのワクワク感、いいですね。



bolan21.jpg

プールを横目で見ながらエントランスへと誘導されます。夕方のこの空気感はほんとうに気持ちいい。

 

 

bolan22.jpg

まるでアジアンリゾートホテルのショップのような雰囲気のエントランス、ミニショップ。

 

 

bolan24.jpg

先ずはウェイティングコーナーで軽いおつまみ。

このドリンクはだれかHPでライスワインと書いていたけど、私たちの時は甘いジュースだったような気がする。

 

 

bolan25.jpg

コースは 2種類 BOLAN BALANCE が 2,680バーツ (税サ別)。

今回いただいたのが BOLAN FEAST が 3,280バーツ (税サ別)(約12000円)

このお店は外国人メインの価格です。超ハイクラス。隣のテーブルは香港からのお客さんでした。



 

bolan32.jpg

ウェイティングコーナーから厨房に案内されました。フツー珍しいよね。全員お通ししてくれるわけないでしょうけど。

この人がオーストラリア人のディラン・ジョーンズさんですよね。

ドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんとディラン・ジョーンズのシェフによって生まれた店ですが、この夫妻はどちらもバンコクの名店「ナーム」で研鑽を積んでおられました。



bolan31.jpg

米を食べてパイナップルを食べると口の中でコンビネーション。面白い演出だなぁ。

 

 

bolan23.jpg

メインダイニング。私たちはこの右手奥に案内されました。

 

 

bolan28.jpg

いよいよ食事のスタート

これをグイッと言ってくださいって、ウィスキーのストレートみたいな。

だから先ほどお米をたべさせたんですかね。

お酒に少し弱い同行者はこれで結構酔った・・・と言ってました。

 

 

bolan0.jpg

アミューズブッシュ1

右側から順番に食べてくださいと。

なんかこう味の競演です。一つのアミューズに何種類もの素材が使ってあって。結構驚き。


bolan2.jpgアミューズブッシュ2

これも左側からいただきます。どれもこれも美味しいじゃないですか。

 

 

bolan4.jpg

担担麺風のスープ麺 美味しい

 

bolan6.jpg

ウズラ肉を揚げたもの ソフトボイルエッグ

 

 

bolan5.jpg

 

 

bolan00.jpgbolan8.jpg

ハーブ鶏と蟹、バンブーのカレー

マイルドで濃厚でこれはこれは美味しい

 

 

bolan10.jpgbolan11.jpg

トムヤムスープ

これがクリーミーでコクがあって、なんやこれっていうくらい美味しかったです。



bolan12.jpg

豚肉

 

 

bolan13.jpg

どれこれ美味しい料理を出しますので、ご飯に持って好きなように食べてくださいという感じのスタイルです。

どれもこれも確かに美味しくて素晴らしい。納得ですよ。


デザートも色々出してくれました。外国人ですごく賑わっているお店でした。

 

bolan14.jpgbolan15.jpgbolan16.jpgbolan18.jpg

 

WINE

タイはワインの酒税も高いけど、せっかくなので頂きました。

 

bolan30.jpg

ラベントス ブラン・ド・ブラン ラベントス・イ・ブラン

Raventos i Blanc Blanc de blanc

 

bolan29.jpgbolan1.jpg

ドメーヌ・ユベール・ラミー[2014]サン トーバン ブラン プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・シャトニール(Domaine Hubert LAMY)750ml

葡萄品種:シャルドネ100%
醸造・熟成:オーク樽熟成18ヶ月(新樽5%、1?9年樽使用(ヴォージュ、アリエ、トロンセ産))


白いお花の香りがふわっと広がる2015年。ピュアな果実感とつまった酸がシャープに広がります。フィネスに富んだ香りが心地よく余韻も長く続きます。完成度の高さに驚く1本です。


bolan3.jpg

Odfjell 'Winemaker's Travesy by Odfjell', Central Valley, Chile

 

レストラン ボラン

 

このページのトップへ

2018年11月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ths11.jpg

シラチャの街の中心部から車で10分弱のこのレストランに連れてきていただきました。道路に面している側の入口。店名がタイ語しか書いてないので名前不明。気にもしなかった。

 

 

ths10.jpg

こちらは横の道に面した側。2階の部分がオープンエアのレストランになっています。タイの夜のこの生涼しい風がそよぐ空気感、とても好きです。

 

さすがシラチャ。日本人が多いだけあってこのお店にも外人のガールフレンドを連れた日本人駐在員らしき人や子供を連れた家族、女性二人で訪問している日本人などなど。こんなところに沢山いるんですね。

 

メニュークリック拡大、戻る

ths14.jpg

メニューは日本語も併記されておりわかりやすいですね。

ソムタム(青パパイヤ) が40バーツ 1バーツは3.5円ほどなので、140円。日本人が来るお店ですし、タイ庶民の店というわけではないですが、日本からすればやはり安い!ですね。

 

 

ths13.jpg

日本でもおなじみのガパオライスとかチャーハンとかこの手は 50バーツ。175円ですか。

 

 

ths15.jpg

スープなんかの種類も多い

ここもパッタイ(タイ風焼きそば)以外は注文はおまかせします。

 

 

ths1.jpg

SINGHA(シンハ―ビール)の廉価版ビール  リオビールに挑戦。

シンハ―より水っぽい感じ。シンハ―がいいわ。


 

 

ths3.jpg

チキンウィング

身も小さかったな

 

 

ths4.jpg

トントロみたいなやつ。

 

 

ths5.jpg

空芯菜の炒めもの

アジアではこの手の野菜の炒めものよく食べる。

 

 

ths6.jpg

鶏肉とバジルの炒めもの

タイでは外さない1品ですね。

酒のおつまみとして。

 

ths7.jpg

ご飯の上にかけて食べるのがいいけど、そのままでも旨いです。

 

 

ths8.jpg

豚肉を揚げたものにソースをかけたもの。タイ人の駐在員の人がこれが好きらしい。脂っぽいので若者向きメニューらしい。

 

 

ths9.jpg

パッタイ。焼きそば。随分細いコンニャクみたいな麺だ。


これと焼き飯だけ食べてビールとかウィスキーとか飲んで1人 1000円ちょっとオーバーでした。


 

このページのトップへ

2018年11月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

タイへ出張で来ました。タイは通算20回以上は訪問していると思いますが、昔の話。タイには20年ぶりの久しぶりすぎる訪問。楽しみです。着いた日はバンコクから車で2時間半ほどのチョンブリ県のシラチャの先まで足を伸ばしました。有名なパタヤの少し手前です。シラチャには2000年代になって日本企業がどんどん進出して、日本人が4000人とも5000人とも住んでいる町。シラチャ自体は25万人ほどが住んでいますからその規模がしれてよう。日本人学校もあるんです。

 

前置きはそれくらいにして、国際港レムチャバンのレストランに現地の人に連れてきていただきました。

 


海が見えてきて海産物とか販売してあるお店が多い所にそのレストランはありました。


 

thth8.jpg

え、ここですか。

私もアジア駐在経験があるので慣れてはいるんですが、想像と大違い

 

 

thth9.jpg

NONGPAI ノンパイというお店でしょうか。

 

 

thth10.jpg

簡素な板張りの海上レストラン。海の上にあるのは確かだが。

昔インドネシアのバタム島のこういうところで海鮮料理食べて 腹が激痛くなったのを思い出す。

 

 

thth11.jpg

この風景、

国際港のはしっこの漁村ですね。マングローブなんかもあって。

 

 

thth12.jpg

タイに着いて初めて、シンハ―ビール大瓶で喉を潤します。

 

thth4.jpg

メニューは英語表記なのでわかります。都心部より田舎ですから価格は安いんでしょうね。オーダーは現地の人まかせ。

 

 

thth13.jpg

野菜炒め そんなに辛くない。

 

 

thth1.jpg

魚を揚げたもの。結構大きな魚なんでしょう。美味しかった。

 

 

thth6.jpg

タイというと養殖の海老も有名ですが。普通に美味しい海老。

 

 

thth7.jpg

何の蟹かわかりませんが。

 

 

thth3.jpg

これはピリ辛味のイカとか海鮮と玉子の炒め物。

 

 

thth14.jpg

野菜のおでんスープのような料理。

 

 

thth5.jpg

タイ風チャーハンのカオパッ。

やっぱり本場のカオパッは美味しい。ナンプラーをつけていただくと味もグッド。これからタイ料理店をいくつか掲載したいと思います。


 

このページのトップへ

2018年11月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ttem5.jpg

10月にリニューワルオープンした田迎にある、藁焼き てんまやさんにランチで訪問。

リニューワル前も何度も訪問しており、当ブログでも紹介していました。そばにあった田迎ミートアンドカリーも大好きだったのですがもう閉店になってしまいました。


今回のお店はリニューワルして右側は太陽が差し込むような店造りに変わっている。国産十割蕎麦をお店で作っているのは変わらない。よかった。でも国産蕎麦粉が高騰している今年は大変だろうなぁと推測。


 

ttem6.jpg

クリック拡大、戻る

メニューは藁焼き刺身定食 980円などなど 11品。以前あった海鮮丼などはなくなっていて定食物が多いですね。

ランチ限定でそばは3玉までなんと無料!

これは沢山食べる人には嬉しいと思います。

 

 

ttem4.jpg

私は藁焼き刺身定食

以前のキャベツサラダはバイキング方式から変更。

結構なボリュームですよ。刺身は3種類。藁焼きされているところが見えるようになっていてこれは演出ですね。


 

ttem3.jpg

鰹と鯛、あとなんだろう。

塩でも美味しかった。

 

 

ttenm1.jpg

子供が食べたとんかつ定食 1080円

これも刺身までついてこのボリューム

 

 

ttem2.jpg赤鶏とり天定食 の とり天もボリューム〇


ここは10割そばだから美味しいですね。嬉しくなります。TT


 

てんまやホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.08)



 

このページのトップへ

2018年11月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

solmn3.jpg

夏以来の訪問になります、カレーのお店ソロモン厨房。

2度ほど訪問したのですが、たまたまの休業日にあたってました。

今日は空いていました。

 

 

solmn4.jpg

かなりお客さんが多く賑わってます。

今日はドライカラーを食べようと思っていました。900円

それにサラダをつけて 1000円

 

solmn5.jpg

サラダで空腹の胃袋を満たし待ちます

 

 

solmn1.jpg

はい、登場。オクラの乗ったドライカレー。うん。

イメージしたドライカレーと違う・・・・


私のイメージするドライカレーというのは、ハイチカレーのようなドライカレーで・・・このタイプはドライカレーというよりカレーピラフという枠にはいっていて。

ググってみてもドライカレーってドライタイプのピラフやチャーハンに近いものととウェットの汁気が少ないカレーが乗ったタイプがあるようで。

 

 

solmn2.jpgかなりご飯の量が多くて、カレーのルーを別オーダーしたかったけど、ルーのみの注文もメニューに書いてなくて。

今日は炭水化物ばっかり摂取してしまいました。

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

 

このページのトップへ

2018年11月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktrn17.jpg

新千歳空港で昼食。地震から1ケ月少しほど経ちますが、地震後は営業していなかったレストランも通常営業しており、あまり地震の被害を肌で感じることはありませんでした。

久しぶりにラーメンの有名店「一幻」(いちげん)で食べようと思ったのですが行列が長いこと。さすが人気店。こちらのお寿司やさんの海鮮を盛った寿司が気になったのでここにしましょう。食べログで検索しても新千歳空港では高いレベルです。

 

 

ktrn16.jpg

回転寿司、函館函太郎(かんたろう)グルメ回転寿司を名乗るお店です。全国に約20店舗弱。

行列は5分程度で済みました。

 

 

ktrn3.jpg

1皿300円からが主体のようですので、やはりグルメ回転寿司。

先ずは おすすめ三昧 三貫セット 670円から。


 

ktrn1.jpg

回転台で回っているものにはフィルムが乗っているので衛生的。

 

 

ktrn2.jpg

本日の汁物 磯のりの味噌汁 206円

海苔が乗っているのですが、溶けて磯味がして結構おいしい。これは味噌汁の具材が無い時に海苔を投入すればできあがる。

 

 

ktrn5.jpg

海宝こぼれ巻 594円。

立体的で写真映えすると思ったのですが、

味はたいしたことなくてフツーでした。


 

ktrn4.jpg

三貫セット

 

 

ktrn6.jpg

炙りサーモン寿司

夕方までそんなに時間もないし、結局これだけしか食べなかった。普通の人からすればかなり少ないでしょうね。

 

 

次のお店

 

ktrn7.jpg

会合の2次会でこちらの焼鳥屋さんに、「きすむ」と読みます。

 

 

ktrn8.jpg

ススキノにあります、お洒落な焼鳥屋さん

 

 

ktrn10.jpg

串ものは1本180円から。美味しそうですね。

 

 

ktrn9.jpg

お腹もそんなに減っていないので、皆さん飲み物中心。私はボトルの白ワインと合わせて頂きました。

 

 

ktrn14.jpg

おでん盛り合わせ

 

 

ktrn11.jpg

焼鳥自体は結構おいしい。

 

ktrn12.jpgktrn13.jpgktrn15.jpg特に手羽先は美味しかった。皮の部分がカリッとしていい感じ。

札幌の焼鳥屋さんには普通にテーブルには「ゆずこしょう」なんて置いてありませんでした。

 

 

函太郎

食べログ(掲載時点 3.58)

 

きすむ 別邸

食べログ(掲載時点 3.67)

 

このページのトップへ

2018年11月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lsp15.jpg

 前回訪問時から数か月、2度目の訪問となる六本木 ル・スプートニクさん。高橋雄二郎シェフの料理にコース料理を楽しみながら「旅」を体感するフレンチ。シンプルな外装、内装、そして11品にも及ぶ料理。今日はワイン好きな人が集まり会食。

 

 

lsp16.jpg

ウッディな空間です。20名弱しかお店には入りません。

 

 

lsp19.jpg

お皿の上に置いてある紙には

 

 

lsp18.jpg

料理という創造的な旅をする時間を過ごすということが書いてあり、季節を体現する瞬間を紡ぎながら旅のように進んでいきます。

 

料理編

 

lsp29.jpg

アミューズ 洋岩石の上にのった1週間寝かせた甘鯛

フィンガーフードです。まったりした燻製されたような風味。

 

 


lsp22.jpg

続いて胡麻の上に載せてある 安納芋、ブーダンノワール、チュリソー

 

 

lsp23.jpg

さんま

料理のメニューが無いので、うろ覚え

 

 

lsp25.jpg

牛蒡を揚げたものとわかさぎ

前回は鮎でした。スプートニクのシグネチャー的料理ですね。ごぼうはサクサクしていておつまみ的に美味しい。食べてもよいのですが食べ過ぎると後に使えますね。

 

 

lsp26.jpg

たまご、キノコパウダー

 

 

lsp28.jpg

中から玉子とろっと

 


lsp1.jpg

こちらは前回もいただいた、スモーク系の料理。煙の中から

 

 

lsp2.jpg焼け焦げた牡蠣。(食用炭を使用されているよう)

 

 

lsp3.jpg

スープをかけてくださり、頂きます。

 

 

lsp4.jpg

スプートニクのシグネチャー料理2

華やかな薔薇を形どった『薔薇ビーツとフォアグラ』 これは調理するのが大変なので数量限定



lsp5.jpg

フォアグラサンド いちじく これもなかなか美味しい。白ワインにあいますね。

 

 

lsp7.jpg

うなぎ、バナナ、パンケーキ

 

 

lsp8.jpg

焼いたすっぽんと茶碗蒸しスープ

 

 

lsp10.jpg

前回も感じた火入れが最高のとろに柔らかい和牛。

お腹がふくれてきたのでスモールポーションにて。


 

lsp11.jpg

デザート

 

 

lsp12.jpg

チョコレートのデザートはリクエストしていました。前回も美味しかったけど、今回のも最後を締めくくるのに美味しかったです。

 

 

ワイン編

lsp17.jpg

Pascal Doquet Le Mesnil Sur Oger Grand Cru Blanc de Blancs 1995

パスカル・ドケ ル・メニル・シュール・オジェ・グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン

 

シャンパーニュの哲学者がル・メニル・シュール・オジェのテロワールを最大限に表現したブラン・ド・ブラン。1995年から20年の時を経てなお、2005年と言われても疑わないほどの若々しさ・シャープさを携えた1本です。新鮮なアップルジュールのような甘いアロマにののかなバタートーストの香りが漂います。

 


lsp24.jpg

CORTON CHARLEMAGNE GRAND CRU 2013 LUCIEN LE MOINE

コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ ルシアン・ル・モワンヌ シャルドネ

ユニークで情熱的、異彩を放つブルゴーニュNo.1ネゴシアン。
豊満かつ壮大な味わいを持つ、世界最高峰の白ワイン。
自らの畑は持たず、一流ドメーヌが所有する特級畑、一級畑のみで造られたワインを樽で購入し、熟成、瓶詰めを行うといういわゆるネゴシアンスタイルでワインを生み出しています。


 

lsp27.jpg

シャンベルタン・クロ・ド・ベーゼ[2008]

パトリック・ユドロ



lsp6.jpg

Pinot Noir Carneros ピノ・ノワール・カーネロス

エチュードは、80年代にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで数多くの有名プレミアムワイナリーを手掛けた伝説のワインコンサルタント、トニー・ソーター氏が自ら1982年に立ち上げたワイナリー。


lsp9.jpg

CH.DUHART MILON 2008 シャトー・デュアール・ミロン 2008 メドック4級

シャトー ラフィット・ロスチャイルドの西側、カリュアド台地の延長線上にあるミロンの丘に位置する、
細かい砂利まじりの土壌の畑でブドウが造られており、1962年以降はずっとラフィットと同じ醸造チームが手がけています。

 

コルトンシャルルマーニュが良かったです。

 

 

このページのトップへ

2018年11月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jsu15.jpg

新橋駅のコインロッカーに荷物を預けて、同行者の人と新橋駅に近い場所で美味しいものの時短ランチをということで、食べログを検索しこちら、烏森神社のそばにある 鮨処順さんに。レビュワーの意見も美味しいとの意見が多かったので。丸の内にも同名の系列店があるようですね。


 

jsu16.jpg

お昼のランチは おまかせ握りの2コースで 9貫2800円と 11貫4500円(税別) 2カンの差でもなく食材の差もあるそうです。暖簾をくぐりカウンターに着席し、11貫をオーダーします。我々が最初のお客さんだったのですが、その後数組のお客さんが入ってきて満杯状態に。烏森神社近辺も多くのお寿司屋さんがある地域ですし、もっと値段が高い所も多いので5000円くらいというのは妥当な価格ではないでしょうか。2000円クラスなら「すしざんまい」ですから。

 

 

jsu10.jpg

生姜はまるごとのものに切り目をいれてあり、この生姜が美味しいこと。

 

 

jsu1.jpg

真鯛

 

jsu2.jpg

検先いか

 

jsu3.jpg

中とろ

美味しいです

 

 

jsu4.jpg

玉子焼


 

jsu5.jpg

赤貝 ぷっくらしてボリューム感がある

 

 

jsu6.jpg

こはだ 酢のきき具合がいいですね。

 

 

jsu7.jpg

味噌汁 だしがでててるね

 

 

jsu8.jpg

いくら

 

 

jsu9.jpg

大トロ すじの脂がのってジュワッと。

 

 

jsu11.jpg

巻物は鉄火巻

 

 

jsu12.jpg

あじ

 

 

jsu13.jpg

生うに 軍艦

美味しいですね。醤油が塗られておりほとんど醤油皿は使いません。

 

 

jsu14.jpg

11貫目の最後は穴子。ふわふわで美味しい。

おなか一杯になりました。


時間がかからないランチの割には満足度も高くお店を後にしました。夜の日本酒と鮨ももちろんいいですが、東京ランチ鮨いいですね。


 

このページのトップへ

2018年11月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nkmk1.jpg

冬のシーズンには毎年2回、こちらでふぐコースをいただくのですが 最近は会席料理を食べに訪問するのがめっきり減っていました。秋のとある日久しぶりに会食で訪問致しました。

 

 

nkmk2.jpg

最初の前菜は あんこうの肝や海老などが入った海鮮茶碗蒸し風。いきなり濃厚なものですが美味しい。

 

 

nkmk3.jpg

柿の白和え

 

 

nkmk4.jpg

今日は日本酒デーにします。大吟醸、純米吟醸、本醸造と飲み進めていきましょう。

 

 

nkmk5.jpg

お造り 盛り合わせ

 

 

nkmk6.jpg

生うに うーん生うにと日本酒はあいますね。口の中でクリーミーなマリアージュ。

 

 

nkmk7.jpg

松茸の海鮮風茶碗蒸し。最初の1品目とかなりかぶってしまうメニューが登場。

メニュー表がないので、何が出てきているのかも詳細にはわからず。

 

 

nkmk8.jpg

赤魚など焼き物

 

 

nkmk10.jpg

牛肉のしゃぶしゃぶ

 

 

nkmk11.jpg

酢の物

 

 

nkmk12.jpg

茶漬けと香物

 

 

nkmk13.jpgデザート。

 

結構なボリュームでしたよ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

(今年の3月は3.21だったので最近アップしてますね)

 

 

このページのトップへ

2018年11月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

crvd1.jpg

名古屋にて団体で食事。食事の場所は私が選択しましたが、かなり悩みました。名古屋駅から徒歩で近い所、できればフレンチ。価格も妥当で40人くらいで貸切にできればベター。


そして見つけたのがこちら。クルヴェットダイニング。週末はハウスウェディングの会場で夜は待合室のフロアーなどがレストランスペースとして解放されています。こちらは東海地方をベースとする東証一部上場企業のブラスさんが経営している名古屋駅すぐ近くのウェディングスペース。

 

 

crvd2.jpg

入口も木がたくさんあって、都会にいることを忘れてしまう。

 

 

crvd3.jpg

入口も解放感たっぷりで、ここはシンガポールとかバリの高級ホテルのダイニングかと錯覚になるくらい。水の音も心地いい。

 

 

crvd4.jpg

おっしゃんだけでフレンチです。

 

 

crvd5.jpg

外を眺める方向だとここは海外かと思っちゃいます。

雰囲気が良すぎです。

 

 

crvd6.jpg

飲み放題なので、ワインも安いものなんですが、

バロンフィリップドロスチャイルドの PAYS D'OC

これは楽天などでは夏目漱石1枚で買えるんですが、味はいいんですよね。さすがバロンフィリップ。私チリに行った時もバロンフィリップのテーブルワイン買って飲んでました。


 

crvd7.jpg

白も同じ バロンフィリップ

 

 

 

crvd8.jpg

 

アミューズから

 

crvd9.jpg

もなかの上に安納芋とココアパウダー。

もなかは口に少しまとわりつくのですが・・・



crvd10.jpg

サンマのアミューズ

 

 

crvd11.jpg

前菜にしてはヘビーで メインですかと思しき


二日間煮込んだ牛ホホ肉。ホロホロと崩れる柔らかさ

 

 

crvd12.jpg

バターナッツかぼちゃのスープ

 

 

crvd13.jpg

三日熟成真鯛

ソースが2種類。肝ソースとバジルかな。



crvd14.jpg

メインは北海道産鴨

 

 

 

crvd15.jpg巨峰づくし

 

料理は価格からすれば妥当だなという感じです。もちろん名古屋にはレベルの高いフランス料理も沢山あるので、あれなんですが。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.57)



 

このページのトップへ

2018年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hitm12.jpg

名古屋へ来ました。せっかくですからナゴヤメシでも人気筆頭の「ひつまぶし」を食べたいですよね。名古屋駅近辺は観光客や出張者で「ひつまぶし」へありつくのは困難と考え、昼は空いているだろうという直感で 名古屋の夜の繁華街 栄にあるこちら「いば昇」に来ました。栄の第一ホテル 錦の丁度裏にあり、飲み屋さんなどが並ぶビル街の中にある一軒家風の建物です。


 

hitm1.jpg

いば昇とは読めないなぁ。

 

hitm13.jpg

うなぎは以外と回転が良いため 11:00入店して食べて出てくる人もいて 待たずに入れました。中には外国人や出張者と思しき人が多い。

 


hitm2.jpg

小さな中庭があります。雰囲気が落ち着きますね。

こちらのいば昇さんはひつまぶし発祥の店の一つとも言われているようです。栄にも同名の店舗があるのですが、別経営となっているようです。

 

hitm3.jpg

中庭に面したテーブル席に3名で。

 

 

hitm4.jpg

うな丼とか色々メニューはもちろんありますが、ここは まぶしでしょうね。ほとんどのお客さんはまぶしです。

3名分櫃をまとめるかと聞かれました。これが本来の食べ方でしょうが、今回は1つずつ分けるほうをチョイス。

 

 

hitm5.jpg

 

 

 

hitm6.jpg

以外に早く到着しました。

 

 

hitm7.jpg

うなぎも高騰していますので、3000円という価格は妥当だと感じます。

 

 

hitm8.jpg

タレの色目も結構こゆい感じです。

 

 

hitm9.jpg

肝吸い

わさび・ねぎの薬味も付いてますし、こちらの3杯目はだし汁ではなく、普通のお茶で茶漬けにします。私は茶漬けは嫌いなので全部普通に食べていくだけです。一緒にいたはも茶漬けにしないほうがおいしいと言ってました。

 

 

hitm10.jpg

いやいや、ご飯の量多いでしょと思いましたが ご飯自体はエッジがそんなにたっていない、少しやわらかい感じもする米。

山椒をかけて、別添のタレを追加すれば うまさアップ。

 

 

 

hitm11.jpg

結局4杯分くらいは十分にあったでしょうか、全部食べれました。ごちそうさまでした。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

いば昇 ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年11月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sphg4.jpg

このブログでも3度目の登場となる、ゲットバーガー。ゲッツバーガーではありません。

 

 

肉肉しいハンバーガーはパンを食べなくなっても食べたくなるアイテム。普通のハンバーガー 1000円にプラスすることパテトッピング +400円を 頼もうと思いましたが、


今回は テキサスバーガー 1400円に コーヒー


 

sphg1.jpg

ゲットバーガーは迫力ありますね。

肉が美味しいんですよね、ビーフ100% つなぎ無し。

そしてポテトの量も結構あるし


 

sphg2.jpg

コールスローサラダとこのポテトでお腹いっぱいになりそうですわ

 

 

 

sphg3.jpg

 

パン

ーーーーーーーー

ハラペーニョ

チェダーチーズ

オリジナルBBQソース

パティ(テキサススパイス)

オニオン

トマト

レタス

ーーーーーーーー

パン

 

ナイフとフォークで頂きます。相当満足感。TT

 

パテも分厚く美味しいハンバーガー ゲットバーガー(2) 熊本市上乃裏

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

 

 

このページのトップへ

2018年11月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

spt22.jpg

鮨 仙八に訪問です。4代続く熊本市内でもトップクラスに有名なお寿司屋さんです。実は私は父親に連れられて中学生の時に訪問したことがあります。カウンターの本物のお寿司屋さんと認識したのはその時です。小さくても高級だったり知らない世界を知ることだったんですね。


そして数十年後に移転したお店に訪問です。ミシュランガイド 熊本・大分2018でも熊本の2つ星レストラン(3つ星は0)の3軒のうちの1軒に選ばれています。

 

 

spt23.jpg

今日は2交代制で6:00からと8:20分からが2回目。カウンター10人様は外で時間がくるのを待ちます。4人テーブル席もありますがやはりカウンターですね。

 

 

spt21.jpg

清潔感がある店内です。白木のカウンターがまぶしい。一斉にスタートする劇場風です。

 

 

spt17.jpg

店主の中原 貴志氏は、四代目で福岡の割烹「とき宗」、東京・西麻布の鮨 真で修業をされて熊本に戻ってこられたとのこと。

 

 

spt1.jpg

日本酒で行きます。

 

 

spt2.jpg

特別メニューは紙メニュー。

今日は麒麟山、守破離、産山村、東鶴の4種類を飲んだのは覚えています。

 

 

spt4.jpg

錫の器しかなかった。錫はお酒をマイルドにすると言われているようだが、個人的はガラスが好きです。

 

 

spt3.jpg

魚のだし汁にシャリをいれたもの。

味も十分に出ており、胃も暖まる。

 

spt5.jpg

えびいも、いわし、帆立


 

spt6.jpg

つぶむらさき、ぶりのくんせい

黄身とぶりの薫がいいコンビネーション。

 

 

 

spt7.jpg

ししゃも 魚醤

安納芋

 

もう1品 前菜がありました。

 

 

spt8.jpg

みずいか

まったりした味ですね。しゃりはアルデンテな感じの粒感がありますね。

 

spt9.jpg

まだい

 

 

spt10.jpg

れんこ鯛

肉厚ですよ

 

 

spt11.jpg

あじ

 

 

spt12.jpg

さんまにキモのソース

今の時期ですよね。

 

spt13.jpg

石垣貝

少し苦手です

spt14.jpg

中トロ

美味しいです。

以前はまぐろに頼らないお寿司を出されていたそうですが、最近数年出されているそうです。

 

 

spt15.jpg

赤身まぐろ

 

 

spt16.jpg

まぐろの頭肉 燻製

これははじめてかも。これも薫の香りがいいですね。

 

 

spt18.jpg

天草 車海老

赤酢シャリとの相性がいいです


 

spt19.jpg

うに

海苔も熊本産 美味しい

 

 

spt20-.jpg

 

スペシャリテのとこぶしのリゾット。濃厚ながら甘味を感じるし、もっと食べたくなります。今日のコースは1メニューおまかせで14000円、ひとりあたり日本酒飲んでもそうはいきませんし、満足度は相当高いですね。また行きたくなります。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.95)

 

このページのトップへ

2018年11月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nek13.jpg

熊本銀杏北通りに面している 日本料理 ねねさんを訪問しました。個室にセパレートされた40席ほどのお店です。

 

 

nek154.jpg

お品書きはコースオンリーで

5000、7000、10000、15000円の4コース。今日は10000円のコースにて

 

 

nek12.jpg

店主の志水誉幸(たかゆき)さんは、京料理の老舗「たん熊北店」で修業をされて地元熊本にて日本料理ねねをオープン。熊本・大分ミシュラン2018にてこちらのお店は一つ星を獲得されています。

 

お酒はもちろん日本酒で。今日も色々といただきました。

 

nek2.jpg

川蟹 菊菜 菊花

川蟹は珍しいですね。さっぱりした先付

 

 

nek3.jpg

松茸の土瓶蒸し

あらと大きな長野の松茸入り この季節ですね。

 

nek4.jpg

お造り

くえ、ほっきがい、あじ


 

nek5.jpg

めひかりの一夜干しと 高麗人参天ぷら

高麗人参の天ぷらは珍しい。贅沢な食べ物だなあ、韓国でも食べるらしい。食材ですね。本当に高麗人参の味がしますし美味しい。


 

nek6.jpg

穴子 焼き霜作り

 

 

nek7.jpg

のどぐろ 煮つけ

器も色々と楽しみです。

味は繊細な京の味。


 

nek9.jpg

しゃぶしゃぶ

牛肉はレアですね。

 

nek8.jpg

お食事は 炊き込みご飯

 

 

nek11.jpg

デザートはカボチャのムース

 

日本料理と日本酒 やはり美味しいですね。TT

 

 

食べログ(掲載時点採点なし)

 

このページのトップへ

2018年11月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kyz14.jpg

宮崎県内で食べログポイントもナンバーワン、価格も地方にしてはハイクラスということで有名な 一心鮨 光洋さん。ようやく機会があり訪問することができました。なかなか宮崎に来る機会も少ないです。気分が高まりますね。場所は宮崎駅からは少し離れた場所にあります。

 

 

kyz15.jpg

一軒家で普通のカウンターのみのお寿司屋さんとまた違う雰囲気を醸し出しており、まるで料亭みたいな雰囲気。

 

 

kyz13.jpg

このお店見ると宮崎にいる気分がしない。

 

 

kyz16.jpg

店内はカウンター 11席ほど、テーブル席、個室。懐石料理なども食べれる個室もあります。カウンター越の外の木々の眺めがとても解放感があり素敵です。いよいよ料理に入っていきましょう。

 


kyz18.jpg

ジャンポビーナッツと北あかりのチップス

 

 

kyz21.jpg

ノドグロのお寿司。お酒と一緒に出してくださいました。

口の中でシャリがほどけ、しれからネタがうまく絡み合いますね。ここの鮨は期待できる。


 

kyz22.jpg

旬のサンマの炙り焼き。

 

 

kyz23.jpg

サザエの和え物

 

 

kyz25.jpg

メイチダイの刺身。とろけるようにスムーズな刺身だ。

 

 

kyz26.jpg

くじらのうねす

こってりしているものの口の中で脂がとける


 

kyz27.jpg

これもやわらかいこと、あわびの蒸し物

もっと食べたい。


 

日本酒もだいぶ飲みました。いよいよお寿司

 

kyz17.jpg

しょうが

 

 

kyz29.jpg

あおりいか

熟成されていて口の中でねっとり、甘味も広がりますね

 

kyz31.jpg

なんか鯛だったな。

 

 

kyz32.jpg

赤身づけまぐろ

シャリがほんとにうまい。もちろん寿司ネタと一緒だからもあるけど。シャリがまずいとだめだから。

 

 

kyz1.jpg

とろの2連発

 

 

kyz2.jpg

トロ3枚をうまく握ってあり 口の中に幸せ感が広がりますね。

最初に左手で食べたからお寿司を置いてくれる場所が左手用に・・・途中でいえばよかった

 

kyz3.jpg

コハダ

これも気に入りました。

 

 

kyz5.jpg

 

 

kyz6.jpg

蒸しあわびの握り

あわびのこりこりした食感かと思いきや、やわらかくこれはいったい、1貫の幸せ。

 

 

kyz7.jpg

づけにしてある車エビ。珍しい。

 

 

kyz8.jpg

うに

海苔と一緒に食べないうには、海苔がじゃますることがなく ほんとにうまい。

 

 

kyz9.jpg

穴子

 

 

kyz10.jpg

味噌汁

 

 

kyz11.jpg

玉子

 

 

kyz12.jpg

きなこのアイス さっぱりするなぁ。

相当満足感がある料理でした。値段は高いけどそれを超えてまた食べたくなります。ワインとペアリングしたりすると値段もガーンとフランス料理並みになると思いますが、日本酒を数合飲んでいるうちはワインに比べたら安い。

 

今日の日本酒

kyz20.jpg

 

 

kyz19.jpg

純米酒 丹沢山 (神奈川)

 

 

kyz24.jpg

澤屋 まつもと 守破離 ID530 (京都・伏見)

兵庫県の特A地区 中東条地域

岡本(村名)ID530の山田錦100%

 

kyz28.jpg

菊姫 純米酒 山灰純米 (石川・能登)

コクがある旨み

 

kyz30.jpg

純米吟醸 写楽 (福島)


 

kyz4.jpg

旭菊 純米大吟醸 (福岡・久留米)

 

 

数日経つと日本酒の味は覚えていないな。だけど今日のお鮨はファンタスティックに美味しかったです。TT

 

 

食べログ(掲載時点 4.18)

 

 

このページのトップへ

2018年10月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rrkm10.jpg

熊本から九州新幹線で新八代まで、B&Sみやざき バスで新八代から2時間程度。宮崎駅へ到着しました。宮崎駅でランチを食べましょう。JR宮崎駅ってかなり久しぶりに来たなぁ。熊本からJRで宮崎へ来ることはありませんしね。

 

宮崎から隣の県庁所在地、大分まで特急で3時間と数分。近そうに思える鹿児島までも2時間数分。以外と遠い場所なんです。気になって乗降客数を調べたところ宮崎駅は2017年1日平均 九州管内44位の4780名。4490名の新水前寺駅に近いですね。熊本駅は15000名だから約3分の1。

 

 

rrkm1.jpg

駅の中にはレストランは結構あります。ワクドキ広場は宮崎・鹿児島で外食店を経営する株式会社マスコが経営している飲食店が多い。食べログで評価が高い所を検索したら、鉄板焼 らくいが宮崎駅近辺では高いのでこちらに行ってみようと思います。

 

 

rrkm2.jpg

客単価も周囲に比べて高めの設定なのでそんなに混んでいる様子はない。

 

 

rrkm3.jpg

一番の売りアイテムであろう、宮崎和牛鉄板焼きステーキ定食 2490円。

 

 

rrkm4.jpg

ステーキ重とか冷汁定食などもありました。豆乳冷汁定食のみ アンダー千円の990円。

 

 

rrkm5.jpg

カウンターに通されたこともあり、宮崎和牛鉄板焼き定食に決めました。この1枚肉のは違うメニューのもの。

 

 

rrkm6.jpg

そんなに種類はないサラダバイキングから。

ドレッシングは美味しそうだった。

 

rrkm7.jpg

肉・もやし・ご飯・味噌汁 定食にセットされて到着した。

値段の割に普通の定食だなと思った。


 

rrkm8.jpg

肉も焼いているときから赤身が多い肉だと思っていたので、味もだいたい推測がついた。

 

 

rrkm9.jpg

感動もなくたいらげた。

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

このページのトップへ

2018年10月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nsff12.jpg

ANAクラウンプラザホテル 熊本ニュースカイにて フランス料理をいただきながら会合。美味しいメニューの構成になっています。


 

nsff1.jpg

アミューズ

かぼちゃの軽いムースに活きアワビとフランス産キャビアを添えて

シャンパンとあうメニューですね。


 

nsff5.jpg

3種の魚のマリネ 菜園風

 

続いて

鴨のローストとフォアグラのソテー リンゴのカラメリゼ添え ポルト酒のソース (写真を撮り忘れ)

 

 

 

nsff6.jpg

蒸しコンソメスープ 松茸の香り

かなり松茸の風味が濃厚な季節限定のスープですね。

 

 

nsff8.jpg

活きオマール海老のカネロニ仕立てと帆立貝のソテー

香草入りトマトクリームソースとプールブランソース

 

 

 

nsff9.jpg

赤牛のロースステーキ マスタードとアサツキの香り

温野菜添え

 

 

nsff11.jpg

デコポンのドライフルーツ入りアイスクリームとフルーツの盛り合わせ

 

ワイン編

 

nsff2.jpg

シャンパンはモエ・シャンドン MOET&CHANDON

定番のシャンパンです。

 

nsff3.jpg

CLOUDY BAY クラウディベイ ニュージーランド ソーヴィニヨンブラン白

素晴らしい凝縮感とピュアな果実味を持つソーヴィニヨン ブランで「世界でもっとも美味しいソーヴィニヨン・ブラン」と大絶賛され、ニュージーランド・マールボロのワインを世界に発信した「クラウディー・ベイ」は、1985年に設立されマールボロに最も早く根づいたワイナリーの一つです。

 

 

nsff4.jpg

熊本ワインの誇る 菊鹿 2016 シャルドネ樽熟成

2015は カフェバーリラでも頂きました。樽香がして美味しい。


 

 

nsff7.jpg

ヴォーヌ・ロマネ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015年 フレデリック・マニアン 

標高230mのレ・シャランダンなど3区画のわずか0.9haの畑から、平均樹齢55年のピノ・ノワール100%

 

 

nsff10.jpg

CHATEAU CHASSE-SPLEEN シャススプリーン 2013

有名なシンデレラワイン。格付け外のワインですがグランヴァン3級クラスの価格で売買されていることでも有名。TT

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年10月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

jid4.jpg

博多駅でランチ。駅から3百歩横丁は穴場なのだが、ここでは牛タンのたんかしか食べたことがない。500円ランチを提供しているお店は激混んでいる。

最近もたんかに来たので今日は違うところと思ってお店の中に入って着席した。

 

 

jid5.jpg

たんかと同じく昼も夜も好きなメニューを食べれるお店と思って、何も確認せず着席したところ

 

 

jid1.jpg

ランチメニューしかないという。

確認しなかった私が悪い。

お店を移動しようかとも考えたが、妥協することにした。

回りの人を見るとからあげがチキン南蛮ランチを食べている。

 

余りにもメニュー選択の余地がない。

 

 

jid2.jpg

揚げ物はだめなので 極上炭火焼き定食 1280円(税別)にする。これにはお高い感を感じる。

 

 

jid3.jpg

炭火で焼いてあるのか、炭火調味料で味をつけてあるのかわからない。

たんかで満足感を味わえばよかったのか。

 

後で調べたがこちらのお店は幅広く外食チェーンを展開しているイートスタイルのお店。

 


食べログ(掲載時点 3.13)

 

このページのトップへ

2018年10月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbk1.jpg

ランチでは何度も訪問したことのある アジアン屋台 バーバーバー。最近はランチはお休みされていました。人手不足の影響でしょうか。いつかわかりませんが再開されると聞きました。

 

夜にはじめて訪問です。確かにアジアの屋台風の電飾ですね。

 

 

bbk2.jpg

ベトナム料理プラスタイ料理といったメニュー構成です。それでも日本人になじみが深い料理が多い。シェフの方も日本人です。

 

 

bbk4.jpg

黒板メニュー

 

 

bbk3.jpg

メニュークリック拡大、戻る

ヤムウンセン(春雨サラダ)が食べたかったのだが量が多そうで 980円するのでやめた。


 

bbk5.jpg

こちらは麺(フォー)とカレーメニュー。

 

 

bbk6.jpg

ベトナムビールの333(バーバーバー)やっぱりこれでしょうね。

 

 

bbk7.jpg

タイ風えびせん 300円

揚げたてが食べたかったかも。

 

 

bbk8.jpg

生春巻き 3本 @300円

スイートチリソースにつけて食べる、これは必須

 

 

bbk9.jpg

フライドポテト スイートチリディップ 550円

ナチュラルカットポテト

 

 

bbk10.jpg

チキンのタルタルサラダ 600円 タルタルは別。

 

 

bbk11.jpg

炙りトロサーモンベトナムスタイル 720円

サーモンロインの炙り焼き

 

 

bbk12.jpg

砂ずりムエタイ 550円

 

 

bbk13.jpg

フォーガー 700円

あっさりフォー

 

 

bbk14.jpg

パッタイ 880円 功はピーナッツ別添にしてもらいました。

やっぱりパッタイは美味しい。大好きなメニュー。



アジアン屋台 333(バーバーバー)(5) パッタイ

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2018年10月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ging12.jpg

子飼近辺を通るたびに気になっていたカフェ、GINGILA(ギンギラ)さんを初訪問です。このあたりの地理に詳しいYAさんは訪問されたことがあるのでしょうか。店の前に車は3台ほどしか止められないので、車でここに集合、というわけにはいかなそうです。こちらは2015年4月に河原町にあったギンギラ食堂さんが移転して名前をGINGILAに変更されたようです。


 

ging13.jpg

雑貨屋さん風のテイストも感じるカフェ。注意事項で子供が走り回ったりしないようにみたいなことが書いてありました。子連れママが多いからでしょうね。


 

ging2.jpg

店内はブルー基調ながらもウッディな感じです。20名くらいでいっぱいになります。

 

 

ging14.jpg

ランチメニュー

5種類ありますね。全部1480円でドリンク付

看板メニューはおやさいたっぷりランチ

ドリア、おにく、きまぐれ、パスタ

昔は1000円程度だったらしいのですが、1480円は少しだけ高い感じもしますがこだわり素材で出すとこれくらいは必要なんです。

 

 

ging1.jpg

2から5は別紙に内容が書いてあります。

 

 

ging3.jpg

こちらは2345に付いてくる、お野菜のおばんざいミニプレート。6種類のおばんざいが。美味しいです。

 

 

ging4.jpg

スープ

 

 

ging5.jpg

とりと野菜のトマトクリームドリア

見た目以上に皿が深くボリュームありますね。トマトクリームの濃厚な味が美味しい。

 

 

ging6.jpg

ベーコンとおくらのさっぱりオイルスパゲティ

 

 

ging7.jpg

チキンのマスタードチーズグリル

結構ボリュームあります。お皿はもしかしてニトリのスレートプレートでしょうか。最近グリル系のお店で流行っていますね。この皿に盛り付けされていると料理が映えますね。

 

 

 

ging8.jpg

看板メニューのおやさいたっぷりランチ

おやさいたっぷりです。玄米入りごはん。

これだけ多種入っていると嬉しいです。女子受けするメニューですね。

 

 

ging9.jpg

こういう料理だとヘルシーで体が喜んでいるのを感じます。


 

ging11.jpgプチスイーツ200円を頼んでみました。白玉きなこアイスでした。コーヒーをいただきました。

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

このページのトップへ

2018年10月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nso90.jpg

ホテルオークラ福岡にてフレンチの会食。今日はこの食材を使ってくださいね、と依頼されてあるフレンチなので、ホテル独自のメニュー展開というわけでもありません。毎年参加しておりますが、ワインも安いテーブルワインでもないので楽しみにしています。

 

 

nso8.jpg

美食家のアミュ―ズブッシュ

白姫えびのショーフロワ 日向夏のジュレ 彩野菜のアロマートマリネ

 

ショーフロワとは、火を通した食材を冷やし、ゼラチンを加えた固まるソースで美しくコーティングした宴会用の料理です。


nso6.jpg

喜鮪の赤身と中トロのダミエ 茄子のキャビア添え ミディサラダ仕立て バジルのクーリ

 

 

nso4.jpg

十種野菜のポタージュスープ 野菜のエテュヴェを添えて

 

 

nso3.jpg

白姫えび 甘鯛 帆立貝のパナッシェ ポテトのクリームリゾット

ブイヤベースのエミュルションソース

 

 

 

 

nso2.jpg

牛フィレ肉のグリエ 香味焼き マンゴー風味の赤ワインソース

 

 

 

nso1.jpg

美食家のデザート 2種盛り合わせ

 

 

nso7.jpg

白は JOSEPH DROUHIN シャルドネ ジョセフ ドルーアン

 

全体的な特徴はマコンから、いきいきとした骨格はシャブリから、ボディは、リュリー、シャサーニュ モンラッシェ、ピュリニー モンラッシェのぶどうから来るものです。このワインはとても香り豊かで新鮮さと果実味に溢れています。

nso5.jpg

SAINT-ESTEPHE DE CALON SEGUR 2013

メドックの3級ワイン 格付け以上の人気を誇るハートのラベルで有名なカロンセギュールのサードワイン。サードワインながらもこのワインは実力があります。私も何度も購入して飲んだことはあります。

カベルネ・ソーヴィニヨン(53%)
メルロ(38%)
カベルネ・フラン(7%)
プティ・ヴェルド(2%)


こちらは大変飲みやすいボルドーです。今日は白より赤の日ですね。TT

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年10月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hirf20.jpg

福岡・中洲川端 リバレインの2階にある、フレンチレストラン ひらまつにて20名の食事会。私がお店のセレクトをしました。

 

 

hirf19.jpg

1982年に東京で誕生したひらまつが、1999年に都外にはじめてオープンさせたのがひらまつ福岡。初めての訪問です。


 

 

hirf18.jpg

メインダイニングはこんな感じ。

ここに中年男性が10人で団体で入ると、うるさくて他のお客様に影響がでますね 笑


 

 

hirf11.jpg

奥の個室を使用しました。

 

 

hirf10.jpg

本日のメニュー

なかなか期待できそう

 

 

hirf1.jpg

プティサレ

パンケーキの上にサワークリームとからすみが乗ったもの。フィンガーフードです。

 

 

hirf2.jpg

桧扇貝 ナージュ

この貝は色鮮やかさでよく知っていますがあまり食べる機会は少ないですね。

 

 

hirf3.jpg

こちらは 白ワインにもいいですね。

ガトーフォアグラ 無花果(いちじく)

トリュフと冷製フォアグラ。このくらいの量がぴったり。いちじくと一緒に食べるとフォアグラ本当に美味しい。



hirf4.jpg

のど黒 グリーンアスパラガス

脂ののってふわっとしたのど黒。

 

 

hirf5.jpg

黒毛和牛 季節野菜

焼き加減ベスト。量もこれくらい丁度いいですし、ソースがお肉にかかっていないので塩胡椒をつけていただくことができてうれしいです。

 

 

hirf6.jpg

檸檬 フロマージュブラン

 

 

hirf7.jpg

柿 タルトダタン

 

 

hirf8.jpg

ミニャルディーズ


ワイン編

ワインは事前にセレクトしておきました。複数本ずつ依頼。


hirf17.jpg

シャンパンはひらまつ恒例の

DELAMOTTE BRUT  HIRAMTASU バージョン

これは普通に飲んでおいしいシャンパン

 

 

hirf16.jpg

PULIGNY MONTRACHE FRANCOIS CARILLION 2012

 

ピュリニー最高峰のカリヨン家を継承し、現代ブルゴーニュを牽引する貫録のトップ・ドメーヌ

既にブルゴーニュトップ生産者として認められたクオリティ。ブドウの品質を最大限追求するカリヨン家のフィロソフィを継承。シャルドネの厳格さとフィネスを備えたピュアで親密なキャラクター。

以前東京のALLIEで1er Cruを飲みました。


hirf15.jpg

JOSEPH FAIVELEY POMMARD 2007 

2007年 ジョセフ フェヴレ ポマール クロ デュ ヴェルジェ 

深みのあるルビー色。よく熟したラズベリー、カシス、ダークチェリーなどの果実香。集中度があり、優しい果実味をもつ。タンニンはキメが細かく果実味に溶け込み、ポマールとしては比較的フェミニンなタイプ。


hirf14.jpg

BOURGOGNE CLAUDE DUGAT 2006

クロード・デュガ


その完成度の高さから世界中のワインラヴァーを虜にするジュヴレ・シャンベルタンのトップドメーヌ。クロード・デュガはジュヴレ・シャンベルタンのカルト的人気を誇るトップドメーヌ

所有するブドウ畑は僅か3haしかなく、極端に収量を抑えているため、非常に生産量が少ないことでも有名で、例えば、ドメーヌの代表キュヴェであるグリオット・シャンベルタンは生産量が多い年でもたった50ケース程しか生産されません。


 

hirf12.jpg

ボルドー1本目は

CHATEAU JEAN FAURE SAINT-MILLION GRAND CRU 2009

サンテミリオン・グランクリュ・クラッセに格付けされるシャトー。砂質土壌の畑にはカベルネ・フラン種がメインに植えられており、ワインは華やかな香りと果実味、しなやかで品のある仕上がり。2010年ヴィンテージは後半にボリューム感が広がり、余韻までバランスが良いのが特徴です。

メルロー40% カベルネフラン54% マルベック 6%

カベルネフランの比率が高いのか、想像したサンテミリオンと大分違った。


 

hirf13.jpg

今日のメインは

CHATEAU PICHON-LONGUEVILLE BARON 2006

ポイヤック第2級 ボルドーグランヴァン


大好きなピションロングウィルバロン。8月に沖縄のひらまつホテルで2005年を飲んでとても良かったので。デキャンタージュをして。しかし2005のほうがボディがしっかりしていて良かった

 

 

hirf9.jpgそれぞれ複数本頂いていますが、全部揃うと。振り返れば白を2種類にしてブルゴーニュは1種類で良かったのではと思いました。

 

 

食べログ(掲載時点 3.69)

このページのトップへ

2018年10月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkhh7.jpg

博多昼飯の選択肢の一つに入っています。博多たんか。

どこでも食べれるチェーン店でなくて、値段は安くはないけど満足感が高い昼飯。そしてここは夜は結構混むけど昼は穴場。三百歩横丁の他のお店には行ったことはありません。


 

tkhh8.jpg

他のメニューも色々食べてみたいけど、やっぱり選んでしまう 牛タン焼き

 

 

tkhh9.jpg

+300円でライスとテールスープのセットもあるけど、ここは焼きめしが美味しい店。がんこ親父の焼めしも注文します。

 

 

tkhh2.jpg

焼き上がって到着。

いいですね、ビールが飲みたくなります。


 

tkhh3.jpg

こんなに分厚い牛タンを串で食べれるところは少ない。だからテンションが上がります。

 

 

tkhh4.jpg

面はカリッと中はジューシーで肉厚で一粒ごとに味わう喜び

 

 

tkhh1.jpg

卓上には焼きめしのタレと牛たんのタレ

 

 

tkhh5.jpg

ここの焼きめしはうまい。

なんせ新橋チャーハン王のチャーハンの元祖なのだから。

以前のたんかの記事(2)に詳しく書いてあります。


 

 

tkhh6.jpg

ほんとにパラパラでうまい。牛タン串と焼めしのセットで王道決まり。たんかにいきましょう。

 


たんか 博多店  昼牛タン いやー今度はもう1本。

 

博多 たんか(2) 昼牛タン+チャーハンで満足度アップ。

 

博多 たんか(3) はしごで牛タン

 

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

このページのトップへ

2018年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

久しぶりの大分です。前回はフレンチをいただきましたが、今回は和食ということで

ミシュラン2018 熊本・大分で 一つ星を取得されたこのお店を訪問しました。

 

ohns21.jpg

大分市の繁華街 都町にあります。道を歩きながら探しましたが、少し崩した漢字だったため通りすぎてしまいました。

 

 

ohns1.jpg

こちらです。おおいた 花山椒

2016年11月オープンで 店名は師匠のお店が湯布院の山椒郎で実家がお花屋さんだからとのこと。素敵な感じですね。

 

 

ohns3.jpg

店内はお寿司屋さんかと思うような カウンター席とテーブル席、そして個室。20人ほどでいっぱいになる空間です。

 

 

ohns2.jpg

個室を6人で利用しました。空間的にちょうどいい数ですね。平日でしたが満席で、カウンター席は2回転目に入っていました。

 

 

ohns4.jpg

すべての料理に思いを込めて 花山椒

期待できる感じです。今日は4500円のコースと6000円のコースから 高い方の6000円のコース。それでも安さを感じるのですが。

 

 

ohns5.jpg

和食ですし、今日は日本酒と決めていました。何種類かいただき、結構飲みました。

 

 

ohns6.jpg

一品料理はこのような名刺入れに入れられています。これっていいアイデアですね。

追加や削除が簡単だから。

 

 

ohns7.jpg

1品目は 万願寺唐辛子きんぴら

唐辛子のさらっとした辛みが口の中をさっぱりさせてくれますね。

 

 

ohns8.jpg

日本酒はぐい呑みが選べます。錫製のものもありますが、グラスか陶器のものが好きなのでそちらをチョイスしました。

 

 

ohns9.jpg

続いて ごぼう豆腐

 

 

ohns10.jpg

もろっこまめのお浸し

器にもこだわられていますね。料理に合わせてあります。


 

ohns11.jpg

お造り

鯛、かつお、さば、あじ、いか

あじと鯛がとても美味しい。

 

 

ohns12.jpg

4日ほど寝かせてある鯛は口の中でほどけ溶けるような食感で。

 

 

ohns13.jpg

きのこと道明寺

 

 

ohns14.jpg

くろむつと鰆のゆあん焼き

和食は食べ進むと飽きてくる感じも出てきますが、今日の花山椒さんの料理は一つ一つが丁寧で美味しいから全然そんなことはない。

 

 

ohns15.jpg

追加でオーダーした 穴子の白焼 柚子胡椒をつけていただくとさっぱりして美味しいです

 

 

ohns16.jpg

キノコのクリームコロッケ

 

 

ohns17.jpg

手造りのクリームコロッケで、普段は揚げ物を食べない私もこれは1個頂きました。

 

 

ohns18.jpg

牛サーロイン。

もろみと柚子胡椒で。美味しいです。分量も丁度いい。


 

ohns19.jpg

お食事は雑炊物。

 

 

ohns20.jpg

デザート

何を食べたか忘れてしまいました。



丁寧な和食をいただき、美味しい日本酒。充実した時間を過ごすことができました。

 

食べログ(掲載時点 3.52)


 

このページのトップへ

2018年10月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lebr1.jpg

2ケ月ほど前にランチで訪問したことのある ル・ブリアンさん。今日は4名で夜に訪問です。お酒は私しか飲みませんが。

当ブログのYAさんもお気に入りのお店。夜にチャレンジしようとしたら一杯だったこともあるそうですが。予約がとれて滑り込めましたが今日も夜は一杯になる予感。

 

 

 

lebr3.jpg

今日はホールも調理も全て男性のようです。

 

 

lebr2.jpg

今日はアラカルトメニューからチョイスします。

住宅街のレストランということもあり近隣の方が歩いて訪問されることも多いでしょう。


 

lebr4.jpg

私は今日はこの 2014 ボンペッシェ 3400yen 白ワインボトルでオーダーし 飲み進みます。

 

南仏の4品種をブレンド!! 香り華やかで、味わいはクセがなく果実の旨みタップリ!! グラスワインからお店の看板ワインまで、幅広くお使い頂ける。 前菜?白身肉などのメイン、また和食にもピッタリ! 【品種】マルサンヌ、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、ブールブラン

 

lebr5.jpg

CHEFおまかせサラダ 850円

アラカルトは基本2名でシェアできる分量だそうですよ。

 

 

lebr6.jpg

ガーリックトースト 2pc 400円

 

季節野菜のポタージュ さつまいもスープ @600円 を頼んだのですが、写真撮影に失敗。

 

 

lebr7.jpg

こちらは2皿頼んだ サンマのグリル 1000円

ワインによくあう1品ですね。サラダと一緒に食べても美味しい。


 

lebr8.jpg

楽しみにしていた シャルキュトリーの盛り合わせ 1800円

1皿では少なすぎました。1口ずつという感じ。でもシャルキュトリーはワインとあうなぁ。

パテが美味しかった。

 

 

lebr9.jpg

にんにくと香草風味のポテト 800円

期待したけど普通のナチュラルカットポテトフライとにんにくでした。


 

lebr10.jpg

本日のお魚料理 1700円

タイ系だったかな魚忘れた。

 

 

lebr11.jpg

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み 2300円

 

 

 

lebr12.jpg

とろっとしたホホ肉です。

濃厚なソースと相まって、赤ワインが飲みたくなりますが 今日は白だけで通します。

 

 

lebr0.jpg

デザートはモンブランと

 

lebr13.jpg

クレームブリュレ


夜に来るのもいいですね。こういうビストロのお店って以外に少ないんですよね。TT

 

フランス食堂 ル・ブリアン 熊本市江越 チョイスランチ

 

南区江越 フランス食堂 ル ブリアン コスパ最高!

 

熊本市南区江越 ルブリアン ついに一日5食の限定ビストロカレーを食す!

 

食べログ(掲載時点 3.30)

最初に行ったときは採点がありませんでしたが3.30で登場。

このページのトップへ

2018年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktks17.jpg

日本橋のうなぎの老舗 高嶋家に。1875年創業なので140年あまり。コレド室町の近くの横道にあります。昼時だけに登場するお弁当屋さんとか結構たくさんあるんですね、東京らしい風景。数百円のお弁当からこちらで食べると、数千円。上司に連れられて来る人もちらほら。景気はいいんですね。

 

 

ktks1.jpg

昼も予約ができるということで、電話しておきました。共水うなぎという鰻を食べるためです。提供に時間がかかると事前に聞いていたのですが、フリーで入ってきて注文したお客さんもそんなに時間がかからなかったですね。昼間の回転効率も考えて下準備されているんでしょう。

 

 

ktks3.jpg

ラストエンペラーの愛新覚羅溥儀(ふぎ)の弟である愛新覚羅溥傑(ふけつ)から贈られたという書もあるとか。千葉市にあるふけつが日本で一時期住んだ家を見に行ったことがある。

千葉市ゆかりの家

 

 

ktks6.jpg

 

共見ずうなぎについて 書いてある。

 

 

静岡県、焼津市にある共水(株)さんが鰻本来の美味しさを第一に考え、品質研究・養殖する鰻。

健康で美味しく育てる為、飼育尾数に制限があり

全国で30数件の鰻店のみでしか味わうことのできない「幻の鰻」

共水うなぎホームページ


 

ktks2.jpg

鰻重は2400円から

共水うなぎを味わうためには 菊 4900円。 肝吸は肝赤だし 500円


ランチに5400円を払ってでも 共水うなぎを食べる価値が今日はあるだろうか。食べたことがないからどんなものだろうと想像が膨らむ。

 

 

ktks4.jpg

定食メニューとかおつまみメニューもある。

 

 

ktks5.jpg

うざくも う巻 もいただきたいが 高価なのもあり断念。本当は日本酒でも飲みたくなる。1人1本限定という肝焼もあるが日本酒を今日は飲まないのでやめておく。苦いので。

 

 

ktks7.jpg

お茶、お新香、おしぼり、お手元が運ばれてきて しばらく待つ

 

 

ktks8.jpg

珍しい 緑色のお重が運ばれてきた。こぶりな感じである。

 

 

ktks9.jpg

高嶋家と書いてある。

 

 

ktks12.jpg

縦に3列、1匹半分です。

照りもいいですね。創業以来継ぎ足しのタレはどうなんでしょうか。

 

 

ktks13.jpg

思った以上に身自体は薄いと思いました。箸でほろほろといきそうなくらい柔らかい。天然に近い鰻ということですがあっさりとした感じの鰻ですね。脂こくもなく薄めの鰻なので1匹半分でもそんなに分量はないかと。

 

 

ktks14.jpg

ご飯もそんなにヘビーな量ではありませんね。米の固さは標準でした。

 

 

ktks16.jpg

強くは焼かれていない鰻

 

 

ktks11.jpg

肝赤だしも珍しい

 

 

ktks15.jpg美味しい。

 

歴史ある名店で共水うなぎを食べる、経験をしました。うなぎは食べたあと満足感高い一品ですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

高嶋家ホームページ

 

このページのトップへ

2018年10月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

eks1.jpg

六本木1丁目にある フランス料理 エディション・コウジ・シモムラへ来ました。シェフの下村浩司氏はフランス料理業界では名がしれた人の一人です。フランスでは三ツ星レストランで修業をされ、2007年にこちらをオープン。

ミシュラン2つ星を獲得しているフレンチです。

 

eks2.jpg

ここのフレンチはバターやクリームを使用しない、軽めのフレンチとのことです。胃にもやさしいフレンチということか。素材の良さをそれだけ引き出しているということにもつながりますね。

 

 

eks4.jpg

店内はテーブルゾーン。天井は高いのですが室内はそんなに広くはないです。反対の壁にはテーブルが並ぶ

大きい話声は隣のテーブルにも聞こえてしまう。

 

 

 

eks3.jpg

Menu Découverte 80/20  20,000yen

全10皿のシェフのスペシャルメニュー

 

 

eks5.jpg

フィンガーフードのアミューズ

シャンパンは  Pierre Peters

 

 

eks6.jpg

卵の殻の形をした器に入っている。

 

 

eks7.jpg

Dom. Marc Morey & Fils Chassagne Montrachet 1er Cru Chenevottes
ドメーヌ・マルク・モレ・エ・フィス シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シュヌヴォット

コート・ド・ボーヌ地区南部、秀逸な白ワインの産地として名高いシャサーニュ・モンラッシェ。1920年、フェルナンド・モレが設立。ドメーヌ名マルク・モレは彼の息子の名。マルク・モレイには男子の相続人がなく、娘婿のベルナール・モラールが1976年にドメーヌに参加することになります。マルクの娘マリー=ジョーはボーヌの醸造学校を卒業後、販売を担当。マルク、マリー=ジョー、ベルナール・モラールの親子3人のワイン造りはマルクのリタイアの90年まで続き、現在の当主は3代目になるモラール夫妻。元詰は1930年代から。


eks9.jpg

シェフのスペシャリテ

牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 海苔風味

牡蠣はあまり好きではないのですが、スペシャリテですし。うーん、ジュレと海苔酸味もききつつ、海の中・・そんな感じ。

モンラッシェと口の中で・・・

 

 

eks8.jpg

鴨のフォアグラのポワレ アメリカンチェリー ルバープビューレ

この火の入れ具合はたまりませんね。フォアグラの量も丁度いい加減


 

eks10.jpg

カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリとレモンのジャム

軽い軽いフリット。ふわふわ。

 

 

eks11.jpg

オマール海老のロースト タイカレー風味

いやーこれにはまいった。フレンチでこんな味を味わったのははじめて。オマール海老がタイカレー味なんですよ。

私は今何を食べているのかと思うくらい。しかしこのタイカレー風味がめちゃくちゃうまくて気に入った。特にはじめてだからインパクトが大きすぎ。


 

 

eks12.jpg

和牛フィレ肉のロースト 万願寺唐辛子の詰め物

肉の焼き具合がやばい。そして唐辛子がパンチがあるね。そういえば先日ラリュームでフレンチ食べたときにもメインには万願寺唐辛子が添えられていたなぁ。


 

eks13.jpg

アヴァンデセール

さっぱりしたジュレデザート

 

 

eks14.jpg

レアチーズケーキ 柑橘

 

 

eks15.jpg

チョコ系のデザートも出たので嬉しい。

 

 

eks16.jpg

こちらの有名なピーカンナッツチョコレートコーティング

 

食べた感がどっかりせず、1皿1皿が出てくるタイミングが遅くなくリズミカル。そして男性のフロアーの方も愛想も良くて、料理ももちろんスペシャルに美味しい。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)

 

エディションコウジシモムラ ホームページ

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年10月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

shr1.jpg東京はグルメシティだ。フレンチも鰻も和食もうまいものが沢山あって何を食べようか迷ってしまいますね。東京まで来て地方にもあるチェーン店には入りたいとは思いません。

タイ料理も東京には美味しいものが沢山あるということで、東京駅でタイ料理が食べたくなりましたので、新丸ビルのこちらへ。

こちらはタイ料理を展開するブルーセラドングループで、以前銀座のサイアムセラドンを訪問したことはあります。

 

shr7.jpg

16種類のタイ料理ビュッフェにもひかれますが、ビュッフェは食べすぎるので敬遠。単品メニューもあります。

 

 

shr8.jpg

1品料理からは海老の生春巻きを1本。

 

 

shr9.jpg

単品メニューから フライドヌードル (パッタイ) 1470円を注文。

 

 

shr2.jpg

春雨サラダ注文していないと思ったら、

ランチセットに付いてくるらしい。メニューを見たら小さい字で書いてありました。

付いているのなら春巻き頼まなくても良かった。

 

 

 

shr3.jpg

春巻きは1本なので

スイートチリソースは食欲をそそりますね。シンプルな生春巻だが美味しい。


 

shr5.jpg

パッタイ到着

生もやし、ピーナッツは別添(うれしい)レモン付

しかも見た目以上にインパクトある量で、うわ多すぎと思う。


 

shr4.jpg

単純に見ても多い。

 

 

shr6.jpg

しかし、味が美味しくて麺と野菜のボリューム感がぴったりでしつこくなく、するすると胃袋に吸い込まれていく。途中でナンプラーをもらって味を調整。

美味しいものは残せない。気が付いたら全部平らげてしまっていた。半分は残すと想像したのですが、うまいものマジックだ。結局バイキングと同等に食べすぎたかもだ。それならバイキングで多くの料理を食べてもいいと思う。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)


 

このページのトップへ

2018年10月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sanz1.jpg

「今日の〆はここやー」

と盛岡の人に連れてきてもらったのが、ここ。三寿司。ラーメンという気分ではなかったので、よしっ、にぎり寿司を食べるか。

 

 

sanz2.jpg

名物なっとう巻

と書いてあるでしょう。

ここは納豆巻の発祥の地なんですよ。

「えーーー」これは初めて聞いた。あの全国どこにでもある納豆巻の発祥の地とは恐れ入りました。盛岡の人って納豆食べるんですか、

はい沢山食べます。


 

 

sanz3.jpg

三寿司さん自体は高級寿司店でもなく、回転ではないのですが 比較的リーズナブルなお寿司屋さん。

夜遅いというのに皆さん納豆巻きをがぶりついておられます。

 

 

sanz5.jpg

納豆巻きは1人1本で十分ですね。

 

 

sanz4.jpg

にぎりのメニュー。

金額順になっていないと落ち着かないのう。

なぜこの順かを考えたら、あいうえお順。なるほどか。


しかしあまりみないメニューもあるなぁ。うずら納豆・前沢牛・筋子巻・ごぼう巻


 

 

sanz6.jpg

納豆巻き

いつ納豆巻きの発祥かというと昭和38年。50年以上も前ですね。寿司は高級料理。そこで庶民の食べ物だった納豆と組合せることを考案されたようです。

 

私のリクエストでかんぴょう巻と トロタク巻を追加

最近とろたく(マグロとたくあん)って多くみかけますよね。いつころから通常メニューになったのか。

とろたく自体はここのお店発祥のよう。35年も前なのか。

 

 

sanz7.jpg

ねぎやわさびも入っていて、挽き割り納豆ではなく粒がしっかりした納豆。

 

 

sanz9.jpg

筋子巻 というこちらでは食べないメニューを食べてみてくださいと。

筋子巻は青森の三九鮨のが有名みたいですね。

 

 

 

sanz8.jpg

美味しい 軍艦いくらとはまた微妙に違う。

 

 

sanz10.jpg

お味噌汁は普通だった。

しかし海苔が がちに濃くて 海苔がふくれて お腹いっぱい。

 


食べログ(掲載時点 3.21)

 


 

 

このページのトップへ

2018年10月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kmrr18.jpg

盛岡に残っている料亭も少なくなって数軒しかないらしいのですが、そのうちの一軒 「駒龍」さんへ来ました。全体を俯瞰すると昭和を色濃く残した風情ある料亭だとわかります。

 

 

kmrr19.jpg

駒龍

 

 

kmrr17.jpg

入口に掲示されている

帰如者来

HPの説明で

来者如歸(来る者、帰るが如し) 自宅に帰ったように寛げるようなおもてなしをする。

 

料理はそれぞれ器といい、味といい満足のいくものでした。

料亭ですので、会話に集中し写真撮影は最小限にしましたので、失敗のカットも多々ありますね。

 

kmrr1.jpg

 

 

kmrr20.jpg

 

 

kmrr2.jpg

むかごの一種・・・名前忘れましたが、これは美味しかった。

 

 

kmrr7.jpg

土瓶蒸し

 

 

kmrr8.jpg

お造り

まぐろもサンマも美味しい部分を使ってあります

 

 

kmrr11.jpg

 

 

kmrr12.jpg

炊きもの

 

 

kmrr13.jpg

松茸

 

 

kmrr14.jpg

 

 

kmrr15.jpg

 

 

kmrr16.jpg

 

 

今日の日本酒

kmrr4.jpg

あさ開 大吟醸 金賞受賞酒

新聞紙で包装されている珍しい日本酒。ネットで調べてみましたが、これは見つからなかった。

 

 

kmrr9.jpg

 

kmrr5.jpg

こちらは有名な岩手の酒 南部美人 純米大吟醸

 

 

kmrr6.jpg

岩手 わしの尾の 蔵人の酒

 

 

kmrr3.jpg

料亭 駒龍 ブランドの日本酒

 

 

kmrr10.jpgあさ開 生貯蔵酒

これは飲みやすいですよと紹介いただいた日本酒

宴会とかでも飲まれていそうな日本酒だな。さしずめ熊本ではれいざんのブルーボトル的なものに近いのか。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.10)

 

このページのトップへ

2018年10月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

juen8.jpg

岩手県盛岡市へ来ました。2度目です。9月10日で雨が降って気温15度、寒いです。

盛岡駅に隣接しているホテルメトロポリタン盛岡にて会議の延長の会食。1つの円卓ですから都合がいい中華料理。

飲み放題コースですから内容にそんなに期待するわけでもなく、飲み放題のメニューも普通の飲み放題。

メトロポリタン盛岡は歩いてすぐ近くにニューウィングという別館もあるのですが、本館にはレストランはこの中華のみ。朝食会場もここだとか。


 

juen1.jpg

中華オードブル五種盛り合わせ

チャーシューが「さすけぶた」とあまり聞いたことない名前だったので。

岩手県のブランド豚 「佐助豚」ですね。

 

 

juen2.jpg

気仙沼産フカヒレ茶碗蒸し


 

juen3.jpg

牛肉と季節野菜の炒め


ズワイ蟹爪揚げと春巻(写真なし)

 

juen4.jpg

海老のチリソース煮

 

 

juen5.jpg

特製蒸し点心2種

 

 

juen6.jpg

あんかけ焼きそば


 

juen7.jpg

杏仁豆腐

 

四川料理の割には四川ぽくない中華でした。

 

食べログ(掲載時点 3.09)

 

このページのトップへ

2018年9月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

熊本のタウン誌に最近カレーが特集されていました。立ち読みしたらまたカレーが食べたくなりました。

 

bnbb2.jpg

最近頻繁に登場している 梵我(ぼんが)さんに。

今日のカレーメニューは、前回とは変化なしですが。


タウン誌の影響なのかはわかりませんが、今日は結構お客さんが多かったですね。


 

BONGA流チキンカレー 辛口 ご飯少な目に チキンティッカ3個を注文。

注文した後気が付きました。チキンがかぶったなぁー。まあいいか。


 

bnbb3.jpg

お客さんが多くて皿がショートしたのでしょうか、いつもの白い陶器皿とは違ってウッドの皿。

いやこれもいい雰囲気ですよ。

カフェ風。

 

bnbb1.jpg

比較的さらっとしたカレーですが、なすやチキン手羽元1本入っています。

辛口ですがそんなに辛くない。

 

 

bnbb4.jpg

ご飯少な目にしていますし、その分たんぱく質補給ということでチキンティッカ。

表面のスパイスも食欲をそそります。ごちそうさまでした。TT

 


キーマ茄子が食べたくて 梵我カレー(2) 熊本市河原町

久しぶりに食べたバターチキンはマイルドだった 梵我カレー 熊本市河原町

 

食べログ(掲載時点 3.12)


 

このページのトップへ

2018年9月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

shel1.jpg

都ホテル時代から静かな雰囲気だった地区、白金台。今は地下鉄も通ってはいますが、静かな地区であることに変わりありません。白金はフレンチや隠れ家的なお店も多く探索すれば面白い地区なんです。シェラトン都ホテル東京は最近よく利用しています。低層階のホテルで静かだから。


朝食はSPGプラチナ会員なのでクラブラウンジのビュッフェでサラダなどを食べることが多いのですが、(珍しくここにはグルテンフリーのパンもある)パックで朝食が付いていたため和食を訪問。

 

 

shel2.jpg

ミールクーポンは カフェカリフォルニアと中華四川とここ 大和屋三玄さんの3つから選択できます。大和屋さんは大阪上方料理のお店で大和屋で2店舗、三玄で2店舗あります。こちらは三玄の1つでもう一つは日本橋高島屋にあります。

 

 

 

shel3.jpg

朝食 あさげ 2970円

結構いい値段です。普通に払って食べることはないような。今日の焼き魚は焼きサバ。


 

shel4.jpg

すしカウンターに座ってすぐ出てきました。

しじみ汁が疲れた胃に嬉しい、塩こんぶのご飯も食欲をそそります。ぎとぎと感のないさっぱりとした和食ですね。


 

shel5.jpg

葉っぱの下には明太子。

 

 

shel6.jpg

洋食ブッフェも何日も続くと飽きます。こうして朝食も場所を変えていただくことができると同じホテルでも飽きはしませんね。次回宿泊時は中華料理 四川に行ってみます。TT

 

食べログ(掲載時点 3.47)


大和屋ホームページ

 

このページのトップへ

2018年9月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yojiya1.jpg

9月に入っています。

羽田空港第一ターミナル。京急やモノレールの出口のあるフロアにある あぶらとり紙で有名な「ようじやさん」

買うものはないのですが、

 

 

yojiya2.jpg

隣接された よーじやカフェでお茶でもと思い、席も空いていました。

 

 

yojiya4.jpg

カプチーノの図柄がキャラクターなんですか。

 

 

yojiya3.jpg

わらびもちパフェとか無性に今日は食べたい気分。


 

yojiya5.jpgいや、今年の夏はロールアイスは食べたけど「かき氷」は食べていないなぁ。夏季限定。もうじき食べれなくなるのか。

最後のかき氷、いってみますか。

かき氷 宇治に 練乳トッピングで。



yojiya6.jpg

紙おしぼりがキャラクターでかわいくて

 

 

yojiya7.jpg

白玉3個、あずき・練乳 別添


氷自体はでかいわ。


 

yojiya8.jpg

練乳をかけていただきます。

抹茶味美味しいですね、でもかき氷は戸外で食べるとやっぱりもっと美味しい。

エアコンが効きすぎているから今度はホットドリンクが飲みたくなった。



yojiya9.jpg

さて違う日に熊本で

やっぱりここのかき氷を最後にしないと夏が終わらない。ホーラク饅頭のかき氷

コバルトアイス(ミルク味) 300円 安い!  屋台縁日のかき氷と同じ価格帯ですよ。


 

yojiya10.jpg

なんだろう、この美味しさ。ここでかき氷食べている人の半分以上はこれだもんね。

八代海をイメージしたブルーとかいう話もあるが、蜂蜜味なのにミルク味でブルー色、決してブルーハワイの味ではない。


10年前の記事発見。当時は270円だったんだー。 (当時のダイニングエクスプレス記事


私にとって今夏最後のかき氷

 

 

 

食べログ(掲載時点 3.53)



 

このページのトップへ

2018年9月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

royc12.jpg

東京での休日に原宿散策。原宿は日曜午後を外せば以外にゆっくりと散策可能なエリア。日曜午後は高校生とかが地方からすごいですからね。特に路地もひっそりして面白い発見があるエリア。そして他の東京の街と違うのは一種テーマパーク的な街であること。ファーストフード店や雑貨店が立ち並び・・・ ロールアイスで有名なお店なんてオープンしたてから50人以上行列していましたよ。びっくり。

 

 

royc13.jpg

それでも東京ランチはせっかくだからいい所に行きたいと思う。30度を超える日。タイ料理が食べたい。

今日は明治通りに面したラフォーレ原宿の近く、原宿H&Mビルの8,9Fにある リゾート。ロイクラトンリゾートに。普通の東京ランチにプレミアム料金を払うだけでいつもと違う感覚が味わえる。


 

royc14.jpg

タイ北部ランナー地方のリゾートホテルをイメージした上品なくつろぎ空間。夜はまた違った雰囲気なんだろうと思いつつ天井の高さにもリゾート感、バンコクのビルリゾート的雰囲気をも感じる。

 

 

royc11.jpg

いいんじゃないですか、都会のビルの上でこんな雰囲気なのも。

ロイクラトンリゾートは東京・神奈川・埼玉でレストランを11店舗経営する ラックバッググループのリゾートレストランの一つ。それぞれが趣向をこらした店づくりです。


風の音、匂い、水の音、日差し、樹々のざわめき。
素材とスパイス、そしておもてなしのサービス。
そこはリゾートの風の匂いを感じられる場所。
忙しい日常からエスケープできる場所。

(HPより)

 

royc15.jpg

(クリック、メニュー拡大戻る)

メニューに目を通します。よし。フレンチ的要素を取り入れたニュータイ料理ですね。最近ニュータイ、ネオタイ、モダンタイ料理。特に興味があるんです。

左側にかかれる 1500円から1800円のリゾートランチセットがド定番でしょうけど、せっかくタイリゾート気分だから

今日は右側の一番上のランチコース 3300円にします。


 

royc1.jpg

食べログで調べたところ シンハ―ビール が680円が300円のキャンペーンということで1杯。

この1年でビール飲むのは8月の沖縄オリオンビールを入れて2回目。

昔シンハ―ビール 沢山飲んだなぁと感慨にふける。


 

royc2.jpg

ディップ (チリクリームチーズ、こぶみかんクリームチーズ)

チリクリームチーズはピリ辛味。

なかなかいいメニューだ

 

 

royc3.jpg

前菜は

コンソメゼリー、ほろねぎ、トマト

 

 

royc4.jpg

ねぎ感が結構強い。

 

 

royc5.jpg

オードブルは4品 (1000円から1200円)から1品チョイス可能。

生ハムとアボガドの生春巻きに。

 

 

royc6.jpg

サワークリームソースがさわやか濃厚味。生春巻は野菜だから見た目の大きさの割には食べるといける。

なかなか美味しい。

 

 

royc7.jpg

メインは

ロイクラトン特製トリュフパッタイ 通常セットでは1800円

トリュフパッタイ、地方では食べれないメニューです

結構期待します。ソースがカルボナーラソース。

 

 

royc9.jpg

具材はパンチェッタのみ

トリュフの香りがすごい

全体にカルボナーラソースをからめていただきます。

 

 

royc8.jpg

タリアテッレのカルボナーラ風。

でもグルテンフリー(米麺)だし

そして大好きなトリュフ風味で・・・・美味しい。いやこれはワインが欲しくなる味。玉子なのでしつこいといえばしつこい味なのですが、シンプルな麺だけにどんどん食べ進んでいき、全部残すことなく頂きました。


 

royc10.jpgデザートも4種類からチョイスできる嬉しさ。ドリンクはコーヒーで。

今日はお店の人のおすすめで、チャイティラミスを選択。

チャイ(紅茶)風味のマスカルポーネチーズでふんわり美味しい。


ロイクラトンリゾートでのひと時の休日の時間、とても気分よく過ごさせていただきました。


食べログ(掲載時点 3.53)

 

ラックバッググループ ホームページ

このページのトップへ

2018年9月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lal14.jpg

2018年8月、白金台プラチナ通り沿いに新しくオープンしたフレンチ「ラリューム」さんを訪問。こちらは以前レストラン・オザワさんがあった場所。すぐ近くの白金のジョンティアッシュでペアを組まれていた進藤佳明シェフと熊澤大樹ソムリエが独立されてオープンしたのがラリューム。ジョンティアッシュさんはミシュラン1つ星を獲得されておりますので、こちらのお店もこれからどんどん評価が高くなっていくのは当然の流れだと思います。ジョンティアッシュには3度訪問しています。

 

 

lal15.jpg

こちらの階段から地階へ降りていきます。

 

 

lal16.jpg

コンサートホールをイメージした空間というフロアーはキッチンがオープンスタイルでカウンターも配置。

テーブル席が並びます。天井はジョンティアッシュより高く広い空間が広がります。シェフからお客様の動きがわかるため、配膳などのサービスが目が行き届くということ。更に熊澤ソムリエとのサービスのマリアージュが生まれるのではと思いました。

 

 

lal18.jpg

メニュークリック拡大。

MENU DEGSTATION に魚はオマールをチョイス。肉はあか牛でしたので ポークを選択。

 

 

lal17.jpg

ジャカール・ブリュット モザイク /ジャカール(Jacquart Brut Mosaique NV)

シャルドネ40%、ピノ・ノワール30%、ピノ・ムニエ30%。ノン・ヴィンテージでありながら3年以上貯蔵(現地の法律では15ヶ月以上)しており、新鮮で黄金色の色合い。泡立ちも長くエレガントに続きます。洋梨を想わせる新鮮でフルーティーなブーケが特徴。口当たりはパワフルなアタックでありながらもエレガントな味わいが特徴です。

 

llal1 (1).jpg

スタートのアミューズは冷製とうもろこしのスープ。

 

 

llal1 (18).jpg

森林鶏白レバー 活帆立のタルタルを詰めたグジュール

 

 

llal1 (17).jpg

キャビアも入っているー。シャンパンにあいます。

 

 

llal1 (16).jpg

鮎のペニエ 茶豆のリゾットと胡瓜のコンディモン

見た目にも鮮やか、あっさりとした感じながらもリゾットの食感といい本当にうまく調理してあります。

 

 

llal1 (15).jpg

白ワインは熊澤ソムリエチョイス

MOREY-SAINT-DENIS DOMAINE DUJAC 2015

デュジャックの白。かなりポテンシャルある白(シャルドネ)です

1985年の霜害で村名畑のピノ・ノワールが枯死したため、試しに植えたシャルドネが成功。比較的表土は厚く、蜂蜜やグレープフルーツ、そして香ばしいナッツのニュアンスを伴う、リッチなスタイルの白ワインが生まれる。

 

llal1 (14).jpg

北海道産生雲丹と香り豊かなコンソメジュレ 水茄子のタルタルを 焼きナスのムースリーヌで覆って花穂紫蘇をアクセントに

 

 

llal1 (13).jpg

見た目も花紫蘇がかわいい感じですが、中に入っている雲丹とコンソメが、うーんとうならせてくれますね。モレサンドニの白ともマリアージュばっちし。

 

 

llal1 (12).jpg

フォアグラのブランシャ焼きと黄金梅のハーモニー ツルムラサキの苦みと黒胡椒のクランブルをアクセントに。

フォアグラの焼き方がさすが、表面がカリッとし思ったほどどっかりせず。

 

 

 

llal1 (11).jpg

夏の特選素材 オマールブルトンのロティ 松茸のソテー マッシュルームのエキュームと共に

美味しくてあっという間に食べてしまった。そういうものだ。

 

 

llal1 (10).jpg

群馬県産くちどけ加藤ポークフィレ肉をセップ茸のデュクセルと共にグラチネ

ジロール茸と万願寺唐辛子を添えて

万願寺唐辛子がいいアクセントになっていますね、この加藤くちどけポークってたまにフレンチでいただくこともありますが本当に美味しいです。

 

 

llal1 (9).jpg

シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズのエスプーマ

夏のメニューの名残だったと思いますが、9月ですので秋系のメニューを味わいたいところ・・・

 

 

llal1 (8).jpg

白桃と黒文字のかき氷

やはりこれも夏かな。今日は素直にチョコレート系のデザートが食べたかった気分。気分によってデザートがチョイスできるのというのは場合によってはいいんですよね。

 

 

llal1 (7).jpg

カヌレ茶菓子

 

ごちそうさまでした。ラリュームさんの評価は1年後にはどうなっているんでしょうか・・期待します。

 

 

食べログ(掲載時点 3.06)評価少なくこれから

 

このページのトップへ

2018年9月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

isek12.jpg

少し早目のランチが時間の大幅短縮に結びつきます。

焼鳥が食べたい。2度目の訪問になると慌てることもありません。東京駅から京橋へは歩いても10分もかかりません。道にも迷いません。行列必至で1回転目に滑り込みたいお店です。

 

 

isek1.jpg

1921年創業ですからね。すごいよ。

 

 

isek3.jpg

前回訪問時はやきとり丼4本丼。

今日はやきとり定食の5本定食にします。ご飯は小盛でお願いします、ご飯食べなくてもいいつもり。

隣のおじさんはやきとり定食7本。私も7本にすればよかったか。

 

 

isek4.jpg

カウンター席に座りましたので、焼く様子が見れて楽しい。

串打ちされた焼鳥が焼台に乗せられていきます。

 

 

isek6.jpg

どんどん煙が出ていきます。

 

 

isek5.jpg

定食を頼むと皿とお新香が来ます。

 

 

isek7.jpg

濃厚な味の鶏スープ

 

 

isek8.jpg

先ずは3本来ました。

真ん中のねぎ巻から頂きます。

 

 

 

isek10.jpg

肉がプリップリッで美味しい。

 

 

 

isek9.jpg

砂肝はあまり好きなアイテムではありませんが、ここのは美味しいわ

 

 

isek11.jpg

そしてささみ。ももと団子(つくね)も美味しい。

団子だけもう1本食べたくなりました。


ご飯はかなり小盛だったし、このペースだと8本くらいはいけます。美味しいものはいける。日本酒が飲みたくなりました。いかんいかん。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

東京・京橋 伊勢廣 焼鳥丼がこんなに美味しいなんて

伊勢廣ホームページ



 

このページのトップへ

2018年9月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jvi17.jpg

小倉でわずかばかり遅めのディナーをということで、下調べを新幹線の中でして今回訪問したのがここ、小倉の繁華街にあるジョワドヴィーグルさん。ワインと洋食を食べたい気分だったのでバルなどを中心に検索。

 

 

jvi15.jpg

料亭稚加榮さんのすぐそば。この威風堂々とした和食建築のそばにあるビストロというのがまたいい感じ。

 

 

jvi16.jpg

一人様で予約をしていたので、入ります。

 

 

jvi5.jpg

カウンター+テーブルでも十数人でいっぱいになる空間ですが、カウンター席も一枚木で幅もあるカウンターで居心地の良い座り心地。常連さんが1人でワイン中でした。結構多くのワインを揃えているお店です。

 

 

jvi3.jpg

アットホームな感じがいいですね。こちらのオーナーソムリエの女性の方は北海道出身でご主人の関係で小倉に住んでいるらしいのですが、以前は札幌のミシュランフレンチ コートドールや 東京のコートドールでも修業・研修を積まれているとあってか物腰もやわらかですが、凛とした雰囲気も感じるオーナーさんでした。丁度札幌のコートドールには5月に訪問していましたので、その時の話とか。(札幌コートドールの記事)

 

 

jvi2.jpg

チーズも美味しそうだから最後の方のいただくとするか。

 

 

jvi4.jpg

最初のお通しは野菜スープ。胃の中があたたまっていいですね。

 

 

jvi1.jpg

本日のワイン 800円から1200円から選択

シャトー・フルール・ド・ロッシュ 2016

爽やかな飲み心地。

 

 

 

jvi6.jpg

前菜の盛り合わせ 1200円

アジのマリネ、生ハム2種、キッシュ


 

 

jvi7.jpg

スペシャルグラスワイン 1600円

アルザス ゲヴェルツドラミネール マルクテンペ 2009

アルザスはやはりいいですね、黄金のぶどう酒。

 

 

jvi10.jpg

あわびとマッシュルームのホイル焼き 1500円をいただきながら。

 

jvi9.jpg

シャトーガレヴェルデ 2012

 

 

jvi11.jpg

赤ワインを ボケボケ写真

 


 

jvi8.jpg

海老とマッシュルームのアヒージョ 800円

 

 

jvi13.jpg

特選ワイン 1500円

マルサネ メオカミュゼ 2015

ドメーヌ メオ カミューゼは20世紀の始めに、コート・ドールの国民議会議員であり、ヴォーヌ・ロマネのワイン生産者であったエチエンヌ・カミュゼ氏によって設立されました。

 

jvi12.jpg

ロイヤルコペンハーゲンの皿ですね、チーズを少しばかり。

 

 

jvi14.jpg

ソーテルヌ [2011] ドメーヌ・デクスペール

調子よくなってソーテルヌの貴腐ワインまで。料理はもう少し食べようと思いましたが、途中からワインに走ってしまいました。合計白2、赤3、貴腐1。美味しかったです。TT


食べログ(掲載時点 3.52)


 

このページのトップへ

2018年9月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

半年ぶりに部長の私は出勤しました。

塚田農場さんは日曜日だとゆっくり。土曜日は結構混んでいます。

今回は株主優待券とふるさと納税商品券を使用。

 

tkn3.jpg

久しぶりに来るとメニューが一新されていて面白い。

定番メニューもあるけど。写真以外にも数品いただきました。

 

エーピーカンパニー株価低調で含み損増大したので、がんばってくれ。

 

tkn4.jpg

ほうれん草のシーザーサラダ 680円

地鶏のくんせい胸肉がのっていて美味しい。


 

tkn6.jpg

カリカリマキシマムポテト 480円 (甘醤油マヨ)

 

 

tkn5.jpg

クリームチーズ 醤油漬け 380円。

オリーブオイルがかかってこれは焼酎や日本酒にあう。

1人で1皿いけるメニューです。これは。


 

tkn8.jpg

自家製厚揚げ 380円

表面はカリカリやーーーー

 

 

季節限定メニューから。

tkn1.jpg

佐土原ナス バター醤油焼き 480円

キャッチがいいですね、柔らかくてトロける舌触り

食べたくなります。

 

 

tkn7.jpg

ホイル焼きになっている上にバターをいれてくれました。

 

 

tkn9.jpg

食感があるナスですね。

 

 

tkn2.jpg

レバーを外はカリッと中はふんわり揚げた

よだレバ


これまたネーミングがいいですね、

よだれが止まらない旨辛レバー。

 

キャッチとネーミングで注文したくなるんですよね、塚田農場はネーミング上手でもこれ大事。


 

 

tkn10.jpg

結構辛かったゾ。

 

宮崎市日南 塚田農場  熊本下通店

塚田農場


 

このページのトップへ

2018年9月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

カレーです。

少しカレーを控えめにしていました。糖質をとりすぎるので。

 

 

 

bongas2.jpg

梵我に再訪です、今日は民間駐車場に止めることなく、お店の前にある札をとってすぐ近くのお寺の駐車場に駐車。無料で止めれます。



bongas1.jpg

今日はキーマカレーを食べると決めていたので

チキンティッカと・・・・売り切れとのこと。残念。



 

bongas3.jpg

カウンター内のビニールはテイクアウトデリバリーのもの。近隣のオフィスからの注文が多いんですね。店内は1番乗り。

 

キーマ茄子のご飯半分。(糖質の鶏杉になるから)

そして ルー大盛。 ルー大盛りですかと店員さんに聞かれました。普通はしないですよね。

 

 

bongas4.jpg

ご飯少な

ルー、めちゃ多いわ。

スープのようにして食べれます。今日は辛口。それでもそんなに辛くない、ここは激辛いけますね。

 

 

bonc5.jpg

前回食べたバターチキン。ルーが少なく感じます。

 

 

bongas5.jpg

スパイスにこだわっってあります、キーマ。茄子も丁寧に入っています。これでセット600円そしてご飯小盛も同じ値段でルー多めで+110円 合計710円

 

 

bongas6.jpg

小さ目の容器もあるんですね。

 

 

bongas7.jpg

結構好きな味のキーマです。うまい。シーフードバターチキンも気になるわ。TT


 

久しぶりに食べたバターチキンはマイルドだった 梵我カレー 熊本市河原町

 

食べログ(掲載時点 3.12)

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年9月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

阿蘇赤水へ行きましたので、たかなめしで有名なあそ路さんに訪問。

2008年にダイニングエクスプレス誌で取材をしています。その時の文章をそのまま使用しながら記事作成をしてみたいと思います。


 

asji1.jpg

おふくろの味を伝える阿蘇高菜を使った熊本の郷土料理

 

熊本県・阿蘇地方の特産物として全国的に有名な阿蘇高菜。阿蘇高菜を使った料理は数あれど高菜めしはいまや郷土料理の一品として数えられるほどポピュラーなものとなりました。この地方の家庭で食べられていた家庭料理が昭和43年創業の「あそ路」さんのメニューとして加わったことがそのはじまりと言われ、元祖たかなめしとして今も多くの人に愛されています。 

 

 

asji11.jpg

久しぶりに訪問するから余計に楽しみ。

 

 

 

asji0.jpg

阿蘇の大地が育んだ高菜

熊本の代表的な野菜、阿蘇高菜。阿蘇高菜はからし菜の一種で標高4?5百メートルの阿蘇の高地で栽培されることから、耐寒性に強く、特有の火山灰土を耕して作った大自然の恵みの畑で育っています。開花前の花茎を収穫し高菜漬けにしますが漬けて日が浅く緑色の時期を「新漬け」貯蔵期間が長く黄色(あめ色)に変化したものを「古漬け」と呼びます。現在阿蘇高菜は地域ブランドとして商標登録されています。 


asji2.jpg

復興応援メニューとなっています。単品540円。10年前も525円だった。


元祖たかなめし

 

昭和43年3月創業の「あそ路」さん。もともとこの地に小さなドライブインと飲食・雑貨の販売店を開業したのが始まりです。代表の井芹和徳さんが語ります。「私の祖母が戦中・戦後の子ども10人の子育ての時期に工夫を凝らして日々の食事を作っていたとの事です。その中で私の叔父や叔母たちの思い出のメニューだったのが高菜めしだったのです。その家庭料理を少し気恥ずかしい気持ちも含めて開店間もない店にひとつのメニューとしてお出ししたのが始まりです。」 
そのたかなめしはドライバーや観光客の口コミで広がるようになり行列のできる「たかなめしの美味しいお店」として親しまれるようになりました。いまや阿蘇地方のみだけでなく、熊本の郷土料理として親しまれるようになった高菜めしは素朴な家庭料理が原点だったのです。



asji3.jpg

今日は単品たかなめし 540円 とホルモン煮込小 380円。それにおでん 1本110円を食べよう。

 

 

asji5.jpg

スジがやわらなかいのが無かったので、くんせい、たまご、練り物。 くんせいが大好きなんですよ、最近スーパーで買って毎週食べています。東京に上京した時に「くんせい」がなくて驚いたこともあります。数十年前はそうじゃなかったが今はくんせい化するブームですけど、おでんって地域性を出していくべきメニューだと思いますよ、ほんと。静岡おでんが有名ですね。

 

 

asji6.jpg

あそ路さんのたかなめしは、高菜漬けと塩漬けのタケノコを油で炒め、ご飯に混ぜ込み、ごまで香りづけをし、ふっくらした錦糸卵がアクセントを添えます。ご飯を炒めていないので、なんとも素朴な味がします。タケノコのシャキシャキした食感とご飯にうまく混ぜ込まれた高菜が「おふくろの味」を思い出させます。 結構なボリュームがある高菜めしも、この淡く素朴な味付けのおかげで食がすすみます。

「原料の高菜にはこだわりをもっています。塩と唐辛子で漬け込んだ無添加の高菜漬けで、高菜は厳選したものです。お客様に喜んでもらえる顔を思い浮かべて漬け込んでいます」春の季節になると寒い冬の阿蘇の冠雪を耐えた、新物の阿蘇高菜が出回ります。
高菜の新漬けが味わえる高菜が一番美味しいシーズンの到来です。

 

 

asji4.jpg

このホルモン煮込の鍋に圧倒されてしまう。一体何人前だろうか。

 

自慢のホルモン煮込とだご汁

単品のたかなめし(540円)以外で一番の人気メニューは「たかなめし定食」(1,295円)たかなめし以外にホルモン煮込み、だご汁、小鉢、漬物がセットになったメニューです。味の濃い味噌を使用した大鍋でぐつぐつ煮込んだホルモン煮込もファンが多い一品です。ネギを絡めていただくとホルモンとこんにゃくのコラボレーションがたまりません。家庭の味を守り通した、スープに野菜が溶け込んだとろっとした「だご汁」をいただくと体の中にじわっと温かさがしみわたります。 



 

asji7.jpg

阿蘇山かと思うようなたかなめし。久しぶりの再会に感動。


 

asji9.jpg

昭和50年代外食することが特別に感じられたとき。阿蘇へドライブした時に家族であそ路さんのたかなめしを食べたあの味で、高菜めしが好きになりました。熊本の代表的な郷土料理として、素晴らしく美味しい料理であることを再認識した「あそ路」さんの訪問でした。 

 


asji8.jpg

ホルモン煮込み 小 でこのボリューム。

 

 

asji10.jpg

唐辛子をかけて。これやっぱりうまいです。

 

10年前の記事をレビューしながら記事を作りましたが、当時の記憶がよみがえりました。

当時の記事リンク

 

食べログ(掲載時点 3.47)

 

 

このページのトップへ

2018年9月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mny16.jpg

帯広市にて現地に住んでいらっしゃる方と訪問いたしました。峰山さんです。中心部に近いのですが、隠れ家的雰囲気のある和食やさんです。1Fはカウンター席、テーブル席、2階には座敷があります。


 

mny1.jpg

会席コースを頂きます。お品書きがなかったので、何がでてくるかはわかりません。先付の料理をみるだけでここのお店の食材に対する配慮というかそういうものが見受けられます。

 

 

mny3.jpg

八寸

うに、かにの外子、あなご寿司 など。

 

 

mny4.jpg

あゆソーメン。

さっぱりとしたあゆ。

 

mny5.jpg

お造り。

うにとイカのコンビネーション。

 

 

mny7.jpg

焼き物はサンマの塩屋きです。今年あがった新ものですね。サンマ嫌いではないのですが、塩焼きはそんなに好きでもないです。

コスト的には比較的少な目ですが、きれいに焼かれていますし、身は脂がのって美味しかったです。


 

mny8.jpg

くじらの揚げ物

 

 

mny10.jpg

 

mny11.jpg

牡蠣の焼き物

 

mny12.jpg

かにのもずく酢

 

 

mny14.jpgmny13.jpg

個人的に和食ってどうしても食べて胃が満足してくると真ん中くらいからダレテしまうんですよね。

 

 

mny15.jpgmny2.jpgmny6.jpgmny9.jpg

 

ボルドー白ワインから日本酒と醸造酒コース。


食べログ(掲載時点 3.05)

 

このページのトップへ

2018年9月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

shro10.jpg

帯広・十勝地方へ来ました。熊本が気温34度という夏の日なのですが、帯広は気温15度。

これは涼しいを通り越して寒い。冬スーツで来て正解でした。帯広市内から車で30分北へ。士幌町に、平成29年にリニューワルした道の駅ピア21しほろを訪問。かなり大きな建物ですが、平日ということもあるのかそんなに多くの人はいませんね。

 

 

shro4.jpg

道の駅というから、野菜がいっぱい並んでいるのをイメージしたら・・・全然野菜ないじゃないですか・・・・

調べたら士幌の農業は 馬鈴薯・小麦・てん菜・豆スイートコーンがほとんどで葉物野菜とか生産していないとのこと。

士幌町JA

馬鈴薯生産の約半分がポテトチップスになっているとは驚きです。


 

shro8.jpg

普段目にしない面白い物産品は沢山あるのですが、今回はこちら。

大福。

 

shro7.jpg

じゃがいも大福

じゃがいも白あんミックスか。



shro3.jpg

パックに入っていない所がいい感じ。工場直送みたいな

 

shro6.jpg

コーンペーストの中にみたらし醤油とは よく考えたなぁ

クセになる

商品を販売する上でこのキャッチコピーはそそるんですよね。キャッチとして使わせていただきます、クセになる美味しさ


 

shro2.jpg

結構でかいんですよね。

 

 

shro5.jpg

実物を見せている分は親切だなーと感じました。

見せない売り方というのもありますからね。


 

shro1.jpg

2個買って食べてみました。

個人的には 焼きもろこし大福に軍配。

これはクセになりそうだわ。

 

 

shro9.jpg十勝といえば 豚丼


豚丼って普通に家庭で作って食べるんですって。地元の人は外食ではあまり食べないと聞きましたが本当でしょうか。

山椒をかけてあるのが十勝スタイル。タレがどうも うな丼のタレみたいで。ご飯だけ食べるとうな丼みたい。でも美味しかったです。

 

これを読んで納得したよ。(普通の豚丼とどう違う

TT

 


 

このページのトップへ

2018年9月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

abf1.jpg

福岡のホテルニューオータニで開催された、ある老舗企業様の祝賀会に出席しました。料理はフランス料理でメニューは4品のショートコースになっています。多くの方が挨拶されましたので、時間配分からいってこれくらいのメニューでないと決められた会合の時間内には終了しないと思われます。

 

 

abf2.jpg

フォアグラのテリーヌ 福岡野菜を添えて

いきなり濃厚な皿の登場ですね。冷製フォアグラたっぷりです。フォアグラはいちじくと合わせていただくと美味しいですね。白ワインを合わせたくなりますね。

 

 

abf3.jpg

こういう席ですが、ニューオータニさんの宴会で美味しいワインというのはあまり思い出がないのですが、会合の予算次第なんですね、今回いいワインを出しています。


プイィ・フュメ 2017年 ドメーヌ・イヴォン・エ・パスカル・タボルデ 

ロワール地方から、極めて薫り高く風味を帯びた味わい、ロワール地方ソーヴィニヨン・ブラン100%のお手本ともいえる造り手、アシェット2012年版でダブルスターで高評価 アシェット2014年版も二ツ星 2015年版も大注目 2017年版も大注目


 

abf4.jpg

九州産トマトのスープ 車海老の香りと共に

 

 

abf5.jpg

宗像鐘崎漁港産 夏鱸(すずき)のカリカリ焼き 柚子胡椒風味ムニエルソース

福岡や九州の野菜、魚、食材を使用されているコースですね。

鱸この字はいつも読めなくなる(すずき)なんですが。

柚子胡椒風味のソースがアクセントになっていて夏らしい一品。


 

abf7.jpg

特選牛ヒレ肉和風ロースト 焦がし醤油山葵ソース

何と言うんですか、しょうゆわさびソースがかなり効いていますね、ヒレ肉もやわらかいし美味しいです。

 

 

abf6.jpg

シャトー・パルメイ [2015] AOCオー・メドック クリュ・ブルジョワ

赤も良いセレクションですね、オーメドックのクリュブリュジョアクラス。

12-15カ月オーク樽で熟成されたワイン。深いルビー色。魅惑的な完熟果実のエレガントな香り。力強い果実味を感じますが、タンニンは滑らかでバランスの良いワインです。 

 

 

 

abf8.jpg

マンゴーゼリーと日向夏シャーベット 季節のフルーツ添え

 

少し飲み過ぎましたが、帰りの新幹線でもワインをハーフボトル飲んでしまいました。TT

 


 

 


 

 

このページのトップへ

2018年9月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

gtbg1.jpg

6月末にサニープレイスハンバーガーからゲットバーガーに名称変更したお店。名称変更してから2度目の訪問です。ミートミートしたハンバーガーが食べたくなりました。

 

 

 

gtbg5.jpg

普段は人が多いのですが、今日はたまたま少なかったです。店内の厨房もポップな感じですね。

 

 

gtbg4.jpg

店内の壁

 

(メニュークリック拡大、戻る)

gtbg3.jpggtbg2.jpg

どれもこれも美味しそうです、というより美味しいけど。


今日は ニューヨークチーズバーガー (1400円) +コーヒー (200円)に決定。

トッピングなしで。

トッピングのパティもあるんですね。

 

gtbg8.jpg

ジュージュー、パテを焼いている音が聞こえていました。確かに10分超で到着。

美味しそす。

 

 

gtbg6.jpg

挟まれているものは・・・

パン

-----------------

エッグ

ベーコン

チェダーチーズ

オリジナルソース

パティ

オニオン

トマト

ザワークラウト

------------------

パン

 

gtbg7.jpg

前回、ポテトが多すぎたので今日は半分くらいにしてくださいとお願いしてみました。

そんなに半分ではないですが、少し時間揚げすぎたかな・・・


 

gtbg9.jpg

卵は半熟ではないです。ベーコンもしっかり。

 

 

gtbg10.jpg

いやいやこの牛100パーセントのパテがたまりません。肉の塊といったほうが正しい。

まさしくハンバーグを食べているようです。ゲットバーガーいいですよ。TT



ゲットバーガー (旧サニープレイス) 熊本市上乃裏

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

このページのトップへ

2018年9月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uys14.jpg

熊本田崎市場内にあるコスパの良い 魚料理を提供している 魚良に半年ぶりに訪問しました。

 

 

uys15.jpg

日替定食は800円。(前回は700円だったような・・・)

 

カウンター席についてメニューを見ると、値段のところにシールが貼ってあり、値上げの形跡が。人気のある刺身御膳(梅)が1000円でしたからこれは20パーセント、200円値上げ。率にすれば大きい。

総じて 100円から300円の値上げのようです。もともと野口英世さん1枚では安い感覚がありましたからね。

 

 

 

メニューはかなり豊富です。訪問時は時価のウニ丼は3500円だそうです。


 

uys6.jpguys4.jpguys3.jpguys2.jpguys1.jpguys5.jpguys13.jpg

 

色々見ましたが、今回はこの 山崎丼 1800円 にしてみます。

 


熊本の人ならこの名前でピンときますよね、週刊山崎君とタイアップしたメニューということが。事後調べてみたら2017年に山崎丼 1000円としてデビューした後 夏まで限定だったのですが、また復活して今度は 1800円で出ているみたいです。2018年7月には熊日の記事に魚良も出ていて、「一番人気メニュー」として紹介されていました。そうなん。

 

昨年12月に訪問して食べた 本まぐろ丼 1000円はコスパにすぐれていたなぁ。

 

uys7.jpg

ご飯は少な目で申し込み。サラダ、小鉢2品、お新香、味噌汁、デザート

 

 

uys9.jpg

チュウトロ3枚。

 

 

uys8.jpg

丼をずらせば 厚さがわかる。

海苔とキュウリがいらないんだけど。ご飯は普通のご飯より本当は酢飯派。(普通のご飯の方が糖質が少ないのでよいのですが)

 

 

uys10.jpg

赤身は一面に敷かれていました。葱トロの量も結構多いなーと感じるくらい。

 

 

uys12.jpg

美味しくいただきました。

刺身定食がコストパフォーマンス的にはいいかもしれません。

 

 

魚良 熊本・田崎市場内 ハンパないコスパにびっくりランチ

 

魚良 熊本・田崎市場内 魚が良いから魚良なんだ。

 

 

食べログ(掲載時点 3.20)

 

 

 

このページのトップへ

2018年9月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ganar9.jpg

胃が付かれているせいか、今日は定食を食べたくなり初めて訪問となりますが、こちらに。熊本駅の近く合同庁舎A棟の反対側にある(電車線路のそば)美酒食彩 GANAR(ガナール)さんです。飲食店が2つ入っているこちらの建物です。駐車場は近隣に色々と安いものもありますから、食事だけで1時間弱なら100円で大丈夫でしょうか。

 

 

ganar1.jpg

2017年7月に大津町から移転してきたようです。なんと定食・しかもがっつり系が多いと聞いています。こちらが入口です。

 

 

ganar2.jpg

ホルモン唐揚げが有名だとか。少し不安定な階段を上がっていきます。

 

 

ganar3.jpg

お店の奥から。テーブル席とカウンター席。この奥にもテーブルと部屋があります。沢山のお酒(特に焼酎)が並んでいて夜のニーズが高いことがうかがえます。丁度12時を過ぎたあたりから合同庁舎で働いている人がやってくるのでしょう。


 

ganar5.jpg

ランチメニュー豊富ですね。しかもホルモン煮込み定食は600円から 男めしは980円ですが2品付いていますね。しかもごはんのおかわりは何杯も無料でたまごも無料。がっつり・男子系には喜びものですね。

 

 

ganar4.jpg

悩んでいたらランチ人気ランキングが。こういうのがあるとこれから選びますよね。ガナール丼も気になりますが、ここはホルモン鉄板焼き定食 850円に決定。

 

 

 

ganar7.jpg

ご飯も結構な量。

冷奴とゴーヤの和え物、味噌汁、お新香

卵は鉄板に落としても美味しいですよってアドバイスくれました。


 

ganar6.jpg

鉄板焼き。じゅーと音たててます。

キャベツはまだ焼けていないんじゃないかというアルデンテな感じですが、徐々にやわらかくなります。ホルモンなかなか噛み切れません笑

 

 

ganar8.jpg

玉子の黄身だけ入れて、お店の人のおすすめで醤油の代わりに 「ポン酢」でTKGいただきました。あっさり目で美味しかったです。そして最後にはカットメロンのサービスまで。相当満足しました。TT


 

GANAR ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年9月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

smy1.jpg

絶景の熊本城が望める 和食 城見櫓さんにお祝いの席があり来ました。震災を乗り越えられ、今は復興再建中の熊本城を望むことができます。(残念ながら写真は掲載しません)

天守閣は大分修復が進んでいますね。それに比べてまだ石垣・櫓などはひどい状況です。

 

 

smy2.jpg

献立。沢山出てきますね。

 

 

smyg.jpg

今日は6階 VIPルーム 迎賓庵 ホームページに画像が(素晴らしい景色)

春夏秋冬の熊本城 正面全景が見渡せる 日本随一の極上の御席

 

 

 

smy3.jpg

前菜

 

 

smy5.jpg

向付

雲丹といかが美味しかった。

 

今日は白の米焼酎にしようと思った。れいざんの日本酒も飲んだが、ご出席された方がこのお酒を持ち込まれていたのでご一緒しました。

 

smy6.jpg

純米大吟醸

獺祭 島耕作

 

特別記念ボトルと思ったら、なんと先日の豪雨によって川があふれ、酒蔵が70cmほど浸水。さらに3日間停電し、およそ70万本分の出荷ができなくなった。岩国市出身で、漫画「島耕作」の作者である弘兼憲史氏とのタイアップで「獺祭 島耕作」が生まれた。獺祭ブランドでは販売できないお酒をこのブランドで販売する。

「磨き 二割三部」(720ml5142円)、「三割九部」(2418円)「純米大吟醸50」(1539円)などのブランドが、1200円(+税)で手に入るがどの酒かはわからない。なんと磨きその先へという3万円以上するものも混ざっているというから宝くじ気分。

そして販売額のうち+200円が被害自治体に寄付される。

記 事

 

smy7.jpg

こちらは精米歩合 50。

飲んでみて ふくよかなボディだから2割3分ではなく 50だとわかりました。でも美味しいですね。

 

その後も 島耕作とれいざんで美味しい料理を頂きました。最近はワインが続いていたので日本酒でよかったと思いました。

 

smy8.jpgsmy9.jpgsmy19.jpgsmy12.jpgsmy10.jpgsmy11.jpgsmy13.jpgsmy14.jpg

 

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

城見櫓ホームページ

このページのトップへ

2018年9月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kfk1.jpg

ミシュランガイド 熊本・大分2018 で熊本で2つ星を獲得したお店は3軒のみ。鮨仙八と瑠璃紺、そして新屋敷幸福論。予約をして訪問しました。以前も新屋敷にありましたが、2015年にこちらに移転されました。

 

 

kfk2.jpg

建物の外観に器が展示されています。器にもこだわったお店だというのがわかります。

 

 

kfk3.jpg

店内はカウンター8席とテーブル席(個室)が2つ。

無駄がないスタイリッシュな店内で、ディナーを楽しみます。品数も10品程度となっており、デザートまで約3時間という。

 

写真NG ですのでこれ以上の情報は掲載できず。最近は食べログの情報も更新されていないのはこのためだったんですね。こちらのサイトには最近の情報が詳しく記載されてありますので、訪問の参考になりますよ。訪問後に読んで参考になりました。


もんきち的生活はつづく

 

 

食べログ(掲載時点 3.56)



 

 

このページのトップへ

2018年9月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hsmk1.jpg

2018のミシュランガイド 熊本・大分で 洋食ではじめてミシュラン1つ星を獲得した熊本でも有名な洋食 洋食の店 橋本さんを訪問しました。もともとこちらは「カレー」で有名なお店です。上通りからライオンパーキングの方面へ抜けるビアーレビルの2階にあります。右の階段を上がります。

 

 

hsmk2.jpg

食通芸人のアンジャッシュ 渡部健さんにも紹介されたことのある橋本のカレー

 

 

hsmk3.jpg

週末だけあってすぐ予約で満杯になりました。というか知人によるとこちらは混んでいることが多いとのこと。高級そうな洋食屋さんにふさわしい落ち着いた感じ。

 

 

hsmk4.jpg

メニュークリック拡大。

おまかせメニューやステーキ、カレー、アラカルト。本日はおまかせメニュー。

 

 

hsmk5.jpg

SANCERRE Cuvee Flores

 

Vincent Pinard ヴァンサン・ピナール

サンセールのトップ生産者!異なった仕上がりのキュヴェが魅力的です!

【ドメーヌ・ヴァンサン・ピナール】は、サンセールを産する14の村のうちのひとつ、ビュエ村に拠点を置く造り手です。
サンセールのトップ生産者として、ヒュー・ジョンソンの「ポケット・ワインブック」、「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス」など様々なガイドで高い評価を得ています。 

 

hsmk6.jpg

1品目が出るまでだいぶ時間が経過しましたが、前菜と思ったら・・・・鮑のステーキ。意表をつかれました。メニューはないとのことでした。

 

 

hsmk7.jpg

かなりやわらかく美味しいあわび。味付けはしっかりしています。

 

 

hsmk8.jpg

ぶどうといちじく。前菜というべきか、口直しなのか。既にワインをいただいています。

 

 

hsmk9.jpg

うにのトースト。うにも美味しいです。

ソーヴィニヨン・ブランにあいますね。

 

 

hsmk10.jpg

こちらはクレープの中にかにとか・・・いろいろ入っている。

 

 

hsmk11.jpg

味付けはしっかりめ

 

 

hsmk13.jpg

ここまででだいぶ時間は経過しているので、赤のグラスで ドルチェット・ダルバ。


 

 

hsmk12.jpg

続いてメインの宮崎牛のフィレステーキ。

付け合せも何もなく皿の上にシンプルに肉1枚。

塩か胡椒か味付けが必要かと思っていたら。


 

hsmk14.jpg

これで完璧な調理がされている味。驚きました。

 

 

hsmk15.jpg

デザートはクレームブリュレ。

今日の洋食は驚きの連続でした。同行者の「今日は野菜食べてないや」という言葉が印象に残りました。TT

 


食べログ(掲載時点 3.60)

 

 

このページのトップへ

2018年9月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

カレーシリーズ



bonc11.jpg

盆すぎのとある日、久しぶりに ぼんが(BONGA) 梵我のカレーを食べに訪問してみました。河原町のお店に来るのは初めてです。このあたりはひっそりとしていますね。昔は問屋街でにぎわったのでしょうか。お店は商店街が入る(ほとんどシャッター)長屋の一番端っこにあります。

今日は有料駐車場に止めましたが、そばに無料の駐車場があったようです。


 

bonc10.jpg

カレー屋さんっぽい外装のお店ですね。ここに2009年3月に移転するまえに、熊本流通団地の情報流通会館の2階にお店があった時期があるんです。なつかしい。

2007年に私も結構訪問しているんです。その時のブログがなつかしすぎる。記録があったから思い出した。ということは11年ぶりの訪問ですね。何回行ったかは正確には覚えていませんが。

 

 

bonc1.jpg

店内はカウンター3席、テーブル席。合計11席のスペースです。

 

 

bonc2.jpg

メニューを見ます。結構カレーの種類が多いですね。

 

 

bonc3.jpg

壁に本日のカレーが掲載されているので、これが注文可能なメニューなのか。聞くのを忘れた、けど今日はきのこバターチキンにします。650円、キーマも美味しかったのですが。追加でチキンティッカ 3個 +200円。


 

bonc4.jpg

卓上の香辛料。香辛料にこだわったカレー屋さんでカウンター内にも沢山の香辛料が。ハリッサパウダーは西アフリカの激辛ブレンドスパイスと書いてありました。でも使ってみたらそんなに辛くはなかったなぁ。

 

 

bonc5.jpg

そんなに待たずに 以前もこんな感じでした。同じ皿ですね。

普通サイズでも十分です。そばでLサイズ (ご飯・ルー 1.5倍)を食べている人がいたけどボリュームすごかった。今度挑戦してみようかな。

 

bonc6.jpg

チキンティッカ。味がしっかりついたチキンで美味しかった。

 

 

bonc8.jpg

サラダ、ジャガイモ、酢の物。


 

bonc7.jpg

カレーっぽさより、クリームシチュー的な雰囲気があるカレー。

 

 

bonc9.jpg

中辛ですが、かなりマイルド。でもこのマイルドさを味わいながら食べるのが梵我のバターチキンかもしれないなぁと考えつつ、辛みスパイスは少し足したものの、マイルドなので結構ルーを食べれます。ルー大盛りというチョイスもあるようなので、それもいいかも。11年ぶりの梵我カレー美味しかった。TT



食べログ(掲載時点 3.12)

 

このページのトップへ

2018年8月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rptt15 (8).jpg

大甲橋からすぐ近く。九品寺あたりは鶴屋方面から腕を組んで橋の上を歩くカップルもよく見かけます。ホテルが多い場所。熊本市九品寺にある再生商業複合ビル リバーポート9のグリルクドウにディナーに来ました。こちら側は道路の正面ではなく横。ここは50年以上経過したRC造りの邸宅をリノベーションしてあります。2015年オープン。昔はとてもオシャレな建物だったと思い知ることができます、今でも十分オシャレなビルなのですが。

 

古い邸宅を複合施設に再生

 

 

rptt15 (7).jpg

3階とルーフ。6店舗が入居しています。ヘアサロンやアンティーク家具、バー、セレクトショップなど。

 

 

rptt15 (6).jpg

階段で3Fへ上がるとグリルクドウとテラススペースがあります。白川が眼前に望めて街中の雰囲気とはまた違っていいですね。水が見えるレストランっていいと思います。熊本ではとても数が少ないですが。

 

 

rptt15 (5).jpg

予約をしていましたので、入ってみます。カウンター席と広いスペースが。快適になる適度な照明具合です。

 

 

rptt15 (4).jpg

着いたときはまだ明るい。

鶴屋方面を望みますが、ほんと川ひとつ向こうに中心街を望むだけなのに、熊本という感じがあまりしない。オシャレな感じだからでしょうか。


 

rptt15 (3).jpg

手書きメニュー。商材に合わせてメニューが変わるのでしょう。肉系のグリル中心に。

おまかせコースは1人 5000円。前日の予約だったらもう少し安いコースもあるそうです。今日はこのコースを3人分+アルファで。私もワインを飲むとあまり食べきれないし。

 

 

rptt15 (2).jpg

レバーのパテ。濃厚な胡椒風味で十分パテだけでワインのおつまみになります。

 

 

rptt15 (1).jpg

暑いので ニュージーランドの ソーヴィニヨンブラン ケーブルベイ 2016 ボトル

ケーブルベイは品種に合った土地でぶどう栽培することにこだわっており、ぶどうの特徴をじっくりと感じられるワインをつくっています。アロマが豊かで、土地ごとのミネラルが風味に反映されているのも特徴と言えるでしょう。ここのサイトから

 

結局一人でボトル1本+赤グラス1杯飲み 少し沈みました。

 

 

rpp6.jpg

とうもろこしの冷製スープ 夏のスターターはこういうのがさっぱりしていいです。

 

 

rpp4.jpg

宮崎産マンゴーとフルーツトマト、旬野菜の生ハムサラダ

 

 

rpp2.jpg

マンゴーと生ハム、バルサミコソースも合いますね。濃厚さっぱり。

いちじくも入っています。白ワインにあいますよ。

 

 

rpp1.jpg

穴子のフリット 量はそんなに多くなく。

 

 

rptt15 (14).jpg

アワビとアスパラのバターソテー。

これもソーヴィニヨンブランのワインにぴったりですね。なかなか味付けも宜しくて。

 

 

 

rptt15 (13).jpg

別注の肥皇豚肩ロースの炭火焼き

表面がかりっと中はジューシー。ポークの旨みが閉じ込められて、岩塩でいただくと美味しい。


 

rptt15 (15).jpg

空の色の移り変わりも楽しい。さっきまでは少しピンク色でした。

ここは真っ暗で来るより(冬)より少し明るい時から暗くなるのを楽しむのがいいと思う。

 

 

 

rptt15 (12).jpg

宮崎牛イチボの炭火焼き

 


rptt15 (11).jpg

これも表面はカリッとジューシーで美味しい。


rptt15 (10).jpg

パスタ

 

 

rptt15 (9).jpgクレームブリュレのアイスのせ。コーヒー・ティーも付いています。味は濃厚


テラスで食べている人もいましたが、秋口になれば気持ちいいでしょうね。また訪問してみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.12)

 

リバーポートナイン ホームページ

このページのトップへ

2018年8月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

以前から気になっていた 熊本のトアルコトラジャ コーヒーが飲めるお店を訪問。トアルコトラジャはキーコーヒー取扱いのコーヒーのプレミアムブランドです。

 

県民百貨店からだいぶ前に こちらの地域医療センター新館に移転されてこられました。

 

 

ncf2.jpg

病院の6Fにエレベーターで上がると突如現れた オアシス。こんなに暑いとオアシスには癒されますね。

 

 

ncf5.jpg

こちらが NARU CAFE。

病院の中にあるというよりデパートにあるような感じです。

 

 

ncf15.jpg

カフェというだけあってデザートメニューがものすごい多くの種類があります。甘党シスターズが喜びそうです。

病院に来たついでにカフェデザートというのも。

 

 

ncf7.jpg

サンドイッチ、カレー、パスタ、日替わり、丼 などかなり多くのメニューがあります。

 

 

ncf10.jpg

店内は結構広くゆとりのある空間となっています。

 

 

ncf14.jpg

市内中心部を望む開放的な窓。


 

ncf1.jpg

エレベーターの中の張り紙を。土曜日・祝日は営業していますが、日曜日は休み。

 

 

ncf16.jpg

色んなメニューがありこれ以外にもパスタなども多くのメニューがあります。

 

 

ncf9.jpg

今日はいい加減カレーはやめて、しょうが焼き丼 (和豚もちぶた使用)のサラダセット 756円に、コーヒーを飲まなくては意味なし+216円で トラジャホットコーヒーを。

 

ncf8.jpg

トラジャロイヤルブレンドです。

アラスカ氷河の氷を使った北極コーヒーもありますね。

 

 

ncf11.jpg

絵のメニューでは丼に入っていたのですが、実物は平皿に。

サラダはほんの少しでした。

しょうが焼き丼にクレソン、生姜。


 

ncf12.jpg

この丼に今日期待したわけでもなく、トラジャコーヒーです。

 

 

ncf13.jpg

コーヒーカップがウェッジウッド(WEDGWOOD)のジャスパーじゃないですか。

罰点ですが カップを手に取り、ソーサーの裏を見てしまいました。間違いない。

私だけのサービスと思い、周りの人のカップを見たら、ジャスパーではなかったですが

ウエッジウッドのワイルドストロベリーも。

 

落としたりしたら大変ですん、216円のコーヒーをこんなカップで飲ませてくれるところありませんよ、びっくりしました。お店の人にカップの話をすると、「マイセン」とかもありますよ。とのこと。今度マイセン指名してみようか。

 

食後のコーヒーを全て飲むとはあまりないことですが、今日は美味しかったから全部頂きました。TT

 

 

食べログ(掲載時点 採点なし)



 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

夏カレーシリーズ

 

eflo4.jpg

2度目のイクイップメントフロアの訪問です。女子受けするカフェですが、2度目だから勇気はそんなにはいりません。

 

 

eflo6.jpg

こちら側の座敷コーナーもすぐいっぱいになりました。お盆の時期の平日でしたが、帰省してきている大学生の女性がそばの席に・・・話を聞いていると熊本弁もだいぶ抜けている話し方・・・・カレの話とか。

 

 

 

eflo7.jpg

それはいいとして、今日は食べる候補は決めていました。

YAさんも気に入った、オムキーマチーズ入り

 

 

eflo5.jpg

お盆なのに、年末年始スペシャルメニューぅって

お盆も年末メニューに変更されているということですね、値段が値上げになったのかなと思ったらそういうことか。

前回はスパイシーチキンカレーでしたが、今回はオムキーマチーズ入り

 

 

 

eflo8.jpg

サラダ。

皿がカラフルだけににぎやかーに見えるサラダ。

 

 

eflo9.jpg

付きました。

オムライスカレーです。

普通のカレーより少し手間がかかっています。


 

eflo1.jpg

キーマカレーは辛くはありません、マイルドです。マイルドキーマカレーというメニューもあるのですが、同じキーマでしょうか。

そうだとしたら オムマイルドキーマチーズ入り が正しいのでしょうか。


これはご飯の量も結構多い。

男性でもお腹いっぱいになる量だと思います。私はお腹いっぱいに。


YAさんの記事

YAさんデザートまで食べられて。


 

eflo2.jpg

ルーもたっぷりだし、食べ進んでも意外と飽きがきませんね。

胃に刺激も強すぎず。

 

 

eflo3.jpg最後にホットコーヒーをいただいて〆。TT

 

前回の記事

イクイップメントフロア (Equipment Floor) 熊本市南坪井町 カレーアジア料理

 

食べログ(掲載時点 3.13)

 

 

このページのトップへ

2018年8月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

agt2.jpg

並木坂にランチに来ましたが、あるお店が満杯でしのたで ガラス張りの目立つビル、ドルハウスビルに来ました。こちらには飲食店が5,6店舗入っています。お好み焼きのええじゃろ、寿司 とく寿、フランス料理 アスペルジュ・シェフズターブル、A-BEEF、ラーメン屋さん。

 

 

agt3.jpg

今日はこちらの AGATO (アガト)に行ってみます。夜は1度来たことがありますが、ランチは初めてです。洋食メニューがずらりと。


 

agt1.jpg

右側にあるこちらのお店、1Fがカウンター、2Fはテーブル席 20名も入ればいっぱいになります。



agt10.jpg

メニュー表は手書き、昔の洋食屋さんのメニューのようで懐かしい。

ドリンク込でチキンライスが一番安く800円(税込)から。この価格って私が大学生時代(30年ほど前)に普通ランチで食べていた価格くらいなんですね、嬉しくなります。大学の近くにあった洋食屋さんを思い出します。

 


 

agt9.jpg

1Fは天井も高く気持ちが良いのですが、2Fはロフトになっていますので、夏の時期はエアコンの涼しい風は下に行き、1Fがいいなーと。


 

agt5.jpg

ファミリーでしたので子供は オムライス 850円 サラダ別添。

 

 

agt6.jpg

もう1名は ポークカツ 930円。分厚い肉だ。こちらはパンを。

 

 

agt7.jpg

私はポークソテー 930円。ポークカツより厚いお肉で食べごたえありました。

デミグラスソースが洋食っぽくてグッド。

 


 

agt8.jpg

こちらは白身魚フライ 850円。このサイズ3枚でボリューミー。ちょっと飽きる感じかな。揚げるオンリーの食材でしょう。ドリンクも付いていますので、4人で3560円。いつものランチより安くつきました。


メニュー表をじっくり見て気が付きましたが、ドリンクって ビール・ワイン(赤・白)・グラススパークリング も選べるんですね。それって安すぎダナー TT

 

 

YAさん記事

熊本市中央区AGATO おいしいお酒に合う一品料理が超充実♪

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 


 

このページのトップへ

2018年8月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

恒例となった夏カレーシリーズ    毎日食べているわけではありませんが。

 

熊本でカレーの美味しいお店でリストインされていることが多いこのお店、たごカレー。お店自体は食べログで見ると2015年6月オープンとなっているのですが、ご主人がカレーに目覚めてから早35年。ホームページに書いてありました。


otag8.jpg

飲み屋さんなども多いこの通り。

ビルの2階にあるカレー屋さんです。昼間は営業しているお店が少ない場所といえば場所。2階にあるのでどうなっているのかと考えつつ。


otag1.jpg

今日はメニューは4種類。2種類しかない時もあるとか。

実質は親子カレーはチキンカレーに玉子が乗っているので3種類ですね。ここのマトンカレーが美味しいと聞いていたのですが、マトンは無いですね。

 

otag.jpgありました。

ホームページから写したのですが、


1983年7月31日、熊本市内のカレーの名店でマトンカレーの極辛口を食べ、今までに味わった事のない本格的なカレーに衝撃を受け私のカレー人生が始まりました。あれから33年(平成28年現在)。私の夢を叶えたこだわりのカレーを皆様に味わって頂ければと思っています。思い出の味に追いつき追い越す。 15種類のスパイスが奏でる本格インド風カレー『たごCURRY』。玉ねぎ、香味野菜、牛肉などを使ったブイヨンに自らブレンドした15種類のスパイス。 旨味あふれる本格インドカレーは、チキンカレー、野菜とひよこ豆のカレー、BLTカレー、馬キーマカレー、えびカレー、ラムカレーと準備しております。

 

カレーの名店とは南熊本のニューデリー(閉店)らしいが、そこのカレーに影響を受けた人が多いらしいですね。


 

otag2.jpgカウンター席は5席。調理の様子が見えますのでこちらでもいいですね。

 

otag3.jpg奥のテーブル席。カウンター席の上にも多種のスパイスが置いてあります。

 

親子カレー 850円を頼みます。ご主人が一人で作られます。1杯ずつ鍋で作られるので、鍋に既にあるのをかけて出すみたいにすぐには出て来ません。

 

 

otag4.jpg

生野菜のサラダを食べて待ちます。辛さは普通、ちょい辛、辛口、激辛 (+50円)が選べます。はじめてでしたので普通にしてみました。

 

 

otag5.jpg

最後の仕上げは玉子を半分に切って出してくれました。

ホロホロに崩れるチキンを先ず外してカレースープの中に浸していただきます。ご飯の量は大盛りとかできるのでしょうか。カレーは普通にしたせいかそれほど辛くもありませんでした。逆に少し物足りないくらい。


カレールーの量もたっぷり入っていたので、ご飯が逆に少なく感じてしまいました。カレーはサラサラ食べているのでご飯を食べすぎている傾向はあると思うのですが。


 

 

otag6.jpg

ニューデリーのカレーを私は食べたことがないので、ニューデリーの味に近いか近づいているのかはわかりません。

チキンカレーもよいですが、マトンカレーも食べてみたい。馬肉は苦手だが馬キーマも気になる。


 

 

otag7.jpg

店の外にあった看板には えびカレー・ラムカレーも乗っていますので 夜には食べれるのでしょう。夜街中でカレーを食べるというシチュエーションがあまりないので。TT


食べログ(掲載時点 3.50)

 

 



このページのトップへ

2018年8月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏カレーシリーズ

 

西原村にあるチャングプラントさんに、2度目の訪問です。

 

cplant1.jpg昼時から少し遅い時間に来ていますので、今日も空いていました。前回はいらっしゃらなかったですが、女性のホールスタッフの方がいらっしゃいました。

 

 

cplant2.jpg

店内はシンプル、ご主人の趣味の商品が飾ってあります。私はバイクには乗りませんが、バイクの趣味って面白そうだと思います。ライダー仲間が出来ていいですよね。私も車の全国クラブに入っていたこともあり、ツーリングなども行っていた時ありますので少しわかります。今はその車は売却して保有していないのでクラブからも退会しましたが。

 

 

cplant3.jpg

前回はチキンカレーでしたが、今日は辛くない キーマカレー 850円 に 辛みスパイスを購入。(+50円)

カレー屋さんでは使い放題になっているお店もある辛みスパイス。少し入れるだけで結構辛いんですよ。


これ全部入れてしまったらエライことになります少しづつ調整するように使用します。



 

cplant4.jpg

ご飯の上にレモンが乗ってやってきました。みた感じは辛そうに見えますが、そのまま食べてみても辛くはないです。

キーマカレーなので合いびき肉(ビーフ、ポーク)を使ったカレーです。



cplant5.jpg

リーフは煮込んであるので食べていいそうです。ローリエですかね。カレーはスパイス、スパイスは香辛料。香辛料というのは植物。植物をいただくのがカレーということなんです。刺激性のある植物。だからこの植物は癖になるんですね。

 

 

 

 

cplant6.jpg

比較的さらっとしたキーマカレーでした。旨みはだいぶありますね。


私は水分が少ないドライカレーのようなキーマカレーも好きなのですが、今日は辛みスパイスを入れ過ぎてしまいました。結構頭から汗噴き出しました。


持ち帰り冷凍カレー (黒のチキンカリー、白のチキンカリー 各400円)をお持ち帰りしました。TT

 

 

CHANG PLANT (チャングプラント) 熊本県西原村 カレー

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 


このページのトップへ

2018年8月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iez12.jpg東京駅前の丸ビル 36階にある広東料理のお店に行きます。ここでは最近35階にあるひらまつ系のサンスエサブールというフレンチに行きました。あまり印象には残っていませんが。

 

 

iez16.jpg

「福」と書いてあります。

以前ここは香港発祥の「福臨門酒家」というレストランで、今は名称変更して福臨門創業家の7番目の息子が経営しているのが家全七です。アジア日本に数店舗あるようです。名前が変わったりしたのは、よくあるお家騒動ということなので、書けば長たらしくなりそうなので省きます。

 

高級中華の代名詞のようなお店で高級食材食べでお酒飲んだら5万円とか8万円とかのレベルだとか。

 


iez15.jpg

入って団体なので、個室に入ります。

 

 

iez17.jpg

皇居の南側が見えました。

個人的にこんなに高い展望レストランはあまり好きではありません。

 

今日はコース料理で下から2番目の13000円。フカヒレ・なまこ・干し鮑・伊勢海老・ツバメの巣といった高級食材が入った一番高いディナーコースはなんと48000円ですぞ。

 

 

iez14.jpg

ここでは夜ココにきて、街の中華屋さんと同じ気分でチャーハンと焼きそば的な食べ方は気が引けますね。もちろん醤油やきそばは1200円と以外と驚かない普通の価格だと思いますが。

 

 

iez13.jpg

フカヒレの価格を見るとびっくりします。中国では官官接待減少からフカヒレの需要は減少しているとはいえ、フカヒレは中華食材では高級品。

至高フカヒレの上海煮込みは 20000円。5,6人で取り分けるわけではないですよ。

1人前ですよ。世の中にはそういう高い食べ物もあって需要もあるわけですね。

メインでなくてスープで10000円超ですから。これは見るだけにして。

 

 

iez18.jpg

こちらのXO醤(エックスオージャン)(右側)は美味しいと教えていただきました。お酒のおつまみにもなる中華高級調味料です。確かに干し貝柱の濃厚なエキスが詰まったXO醤です。チャーハンとかに少し入れると美味しくなるんです。

 

 

 

iez1.jpg

焼き物入り四種の前菜の盛り合わせ

涼しげな感じです。きくらげが美味しかった。

 

 

iez3.jpg

続いてフカヒレ

山伏茸入りミニフカヒレ姿


ミニフカヒレだけど、これで十分です。繊細で上品なスープですね。フカヒレも端っこのコラーゲンの塊みたいな部分もなく上質なフカヒレだというのが食べていてわかります。繊維質も繊細です。やはり美味しかった。


 

iez4.jpg

北京ダック

日本では高級品的扱いされる北京ダック。

シンガポールに住んでいた時食べ過ぎたことがあり、それからあまり好きではないです。あちらでは1羽数千円しかしなくて安いんですよね。皮だけでなく身の肉は焼きそばとかチャーハンの具材にするのですが、このお店では皮しか使わないそうです。身はどこにいっちゃうのでしょうかと余計な心配をしましたが。

シンガポール ミシュラン1つ星中華 レイガーデン


 

iez5.jpg

結構大きな皮だ。

 

 

iez7.jpg

料理長のおすすめ海鮮料理は

帆立ですね。


 

iez8.jpg

肉料理は豚肉の炒めもの  海鮮・肉と感動指数がダウン気味。さすがこのあたりは低めの価格からでしょうね。

岩手県産 白金豚料理の炒めもの

 

 

iez9.jpg

季節野菜の上湯スープ浸し

 

 

iez10.jpg

ご飯は

貝柱の煮汁を入れたチャーハン。出しがよく出ていて長粒米ともあいますね。

鮑の煮汁を入れたチャーハンは単品メニューにもありました。

 

 

iez11.jpg

デザート

 

 

iez2.jpg

今日は比較的リーズナブルなクラスの白ワインを

有賀さんのところのアルガブランカ 2016 がありましたので、こちらを。(日本橋すし鉄以来

 

 

iez6.jpg

イタリア シャルドネ  BRAMITO


アルガブランカからこのシャルドネに続けても違和感なし。後は紹興酒の10年物を頂きました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.72)


 

 

 


 

このページのトップへ

2018年8月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

黒猫といえば、ヤマトの宅急便。

皆さんそうでしょう。今日は銀座のど真ん中。GINZA SIXから歩いて数分の場所(中央通りを挟んで向かい側の平行して走る道)

あたりにある、黒猫夜にランチに突入、黒猫昼。


 

krnk12.jpg

飲食店が沢山入るビルの8Fにあります。

ランチは3品でわかりやすいです。シンプル。

そしてA、Bランチは銀座のど真ん中でアンダー1000円の嬉しいリーマンランチ価格。雨の日だと大盛無料かデザート無料か。嬉しいサービスですね。

 

 

krnk11.jpg

黒猫夜さんは8階。高級そうなクラブも入っている。

ここの7階にある神戸牛ステーキIDEAさんは、食べログでも評価が高くて (4.38) 有名な神戸牛のお店ではないですか。一度訪問したい。

 

 

krnk13.jpg

1Fにあるお店の紹介の円筒状のものがインパクトがあるわ。

クロネコヨルって 書いてあったら何のお店かわからないし、猫が可愛いのか可愛くないのかわからない絵がシュール。

エレベーターで8階へ。

 

 

krnk1.jpg

エレベーターを降りるといきなり通路。暗いし、数段あるわ、中国の雑居ビルかに迷い込んだよう。

 

 

 

krnk3.jpg

カウンターに着座します。店員さんが丁寧にアイスウーロン茶をお湯だしからして入れてくれました。

 

 

krnk2.jpg

個室、テーブル席。黒猫夜は特に夜はかなり本格的な材料を使って、特徴ある中国郷土料理を出すお店らしい。

 

 

krnk4.jpg

ランチは3種類。Cランチは羊のスペアリブと蒸し野菜、土鍋ごはん。

AとBと考えて、はじめてなのでAの蒸し鶏の香味土鍋ごはん 890円にしました。

 

 

土鍋ご飯、シンガポールに居たときに食べてました。クレイポットライス。美味しかったなぁー。なつかしい。

ご飯のおこげが美味しかった。


 

krnk5.jpg

到着しました。土鍋ごはん、サラダ、スープ。

 

 

krnk7.jpg

サラダは控えめな盛。いいんです。サラダは付属物です。

 

 

krnk6.jpg

皮がパリッと焼かれた鶏がのっています。野菜がのってご飯は長粒米。ここは日本米ではないでしょう。

 

 

krnk8.jpg

ソースをかけて。そんなに土鍋は熱くないなぁ。

 

 

krnk9.jpg

チキンとご飯を一緒にいただきます。最初はこの味が久しぶりすぎて慣れませんでしたが、少し食べていると思い出しました。美味しいですよこれ。


 

krnk10.jpg

土鍋ご飯はかき混ぜていただくのがスタイルだと思い出しました。全部勢いよくかき混ぜます。思ったより土鍋の温度が低かったせいか、おこげがめちゃくちゃ少なくて残念。熱すぎてソースを入れると普通は「じゅわーーーー」っていうんですが。

しかしアンダー1000ランチです。美味しいので今度また違うメニューを食べたいと思います。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

黒猫夜ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年8月23日 Posted time : 13:55 | Category : 編集長コラム

tmkc1.jpg

田迎カリーアンドミートに3度目の訪問です。こちらは2018年4月3日オープンです。

 

 

tmkc2.jpg

7月の前回訪問時と少しメニュー変更があったようです。

以前はハーフアンドハーフは980円だったので、値上がりですか。

前回訪問時はグリーンカリーはありませんでした。


 

 

tmkc3.jpg

バターチキンは食べたことがなかったので、和風山椒牛キーマとの組み合わせ。見た目にも美味しそうなカレー。

 

 

 

tmkc4.jpg

ここのキーマはさっぱりして美味しい。

バターチキンの方は少し辛くて汗が出てきた。


8月31日をもって業態変更するとのこと。カレーは出さないと・・・残念です。今回が食べ収めですね。TT

 

田迎 CURRY&MEAT 田迎カレーアンドミート(1) 熊本市田迎

 

 

田迎 CURRY&MEAT 田迎カレーアンドミート(2) 熊本市田迎

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

沖縄来て、食べ忘れた。ポークたまごおにぎり。

那覇空港の到着フロアーにあるお店。ポークたまごおにぎり本店。

ここは外せないな。出来立てのポークたまごおにぎり。

 

 

ptm8.jpg

行列ができても回転がいいからスムーズに。これだけの方がせっせとおにぎりを作っています。

スパム、玉子を焼いて、機械から出てくるご飯に海苔をのせて具材をサンドします。

イートインコーナーも回転がよく、今回はお店の中でいただくことに。

 


 

ptm9.jpg

基本は ポーたま 250円

スペシャルは300円から。

大人の方でお腹普通に空いていれば美味しいので2個はいけるでしょう。


 

ptm10.jpg

お得なボックスもありますので、これと組み合わせながらチョイス。

 

 

ptm2.jpg

注文した後はカードを持って、呼ばれるのを待ちます。以外と早いですよ。

ポークたまごおにぎりのお店は 北谷、牧志公設市場にもあります。そういえば市場で外人さんがポーたま食べていた。

 

 

ptm3.jpg

もずくスープは200円。

えびタル 300円

島豆腐の厚揚げと自家製油味噌 440円

 

 

ptm4.jpg

こちらは

ゴーヤの天ぷらポークたまごおにぎり 430円

 

 

 

ptm5.jpg

厚揚げ、スパム、玉子。厚くて食べにくいのですが。スパムの塩あじ加減が丁度よくて本当に温かくて美味しい。

 

 

ptm6.jpg

人参しりしり 280円

 

 

ptm7.jpg明太子 280円

私は結構これが気にいっています。


ポークたまごおにぎりはお土産でも持って帰れるし、沖縄ではコンビニでもどこでも見かけることは多いのですが、ここのお店のは本当に美味しいですね。那覇空港でのチェックポイントですよ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ポークたまごおにぎり本店ホームページ

 


 

このページのトップへ

2018年8月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cys1.jpg

朝食は昨日のディナーと同じ会場で。予約していた時間に伺います。

リゾートホテルの朝食というとバイキング。しかも行列して・・・・という昨日も味わった雰囲気なのですが・・・こちらはそんなことはなく、決められた洋食料理が運ばれてきます。


東海岸は朝日が見れるんです。沖縄西海岸は夕日ですからね。(既に太陽は上がっていますが)


 

cys2.jpg

先ずはオレンジジュースでほっとして

 

 

cys3.jpg

お皿もディナーフレンチで使用される皿。

朝食でこんな皿に入ったサラダは見たことない。

 

 

cys4.jpg

スープは冷製ビシソワーズ。冷たくて美味しいしジャガイモチップスが添えられています。


 

cys5.jpg

パンもこちらで焼いたパン

 

 

cys6.jpg

私はパンを食べないのですが、お店の方がチーズリゾットを準備してくれました。さすがに美味しい。

 

 

cys7.jpg

通常は 半熟エッグベネディクト。マフィンでなくパンケーキ。

 

 

cys8.jpg

パンケーキがあるため、こちらをいただきました。

目玉焼き WITH フォアグラ。


朝からフォアグラの目玉焼き。びっくりです。朝シャンパンでも欲しくなります。これは贅沢。

 

 

cys9.jpg

朝食全部でこんな感じです。

 

 

cys10.jpg

木目の細かいヨーグルト、フルーツソース和え。


海外高級リゾートホテルのような朝食でした。TT


ひらまつリゾート ホームページ

 

このページのトップへ

2018年8月21日 Posted time : 13:55 | Category : 編集長コラム

夏カレーシリーズ

 

maga11.jpg

夜は 居酒屋もりまささん、

昼は マガリカレー、3月16日にオープンしたマガリカレー。9月に移転すると聞いて気になっていたので来ました。以前来たときお休みだったので。

 

 

maga1.jpg

マガリカレー ってどんなカレー。

元々はバーを営んでいた店主小山さんは、その当時出していたカレーが人気だったので専門店を出そうと思ったのがきっかけ。選んだのは20年ほど前当時「まがりかど」という名前の居酒屋で自分も働いていて、いま「もりまさ」さんの店主との縁でここを「間借り」してランチにカレーを始めたとのこと。


 

maga3.jpg

昼はカレー、夜は居酒屋 というわけです。

 

 

maga2.jpg

11:30から14:30まで。

 

 

maga7.jpg

9月から移転オープンするそうです、カレー屋さんとして。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Curry&bar サンテリア

熊本市大江6-25-4  川野病院横今のマガリカレーより徒歩2分  カウンター 10席のみ だそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

maga5.jpg

居酒屋さんはテーブル席とカウンター席。

 

 

 

maga4.jpg

今日はカレーは2種類。サラダ、ドリンク(ラッシー、ウーロン茶、アイスコーヒー)で1000円。

粗挽きポークと薬研軟骨のキーマ にします。

 

 

maga6.jpg

サラダ

 

 

maga8.jpg

ほどなくして到着。

ルーが少なく見えるが結構な量に感じました。

パクチーがのっているはずだけど入荷がないのでカイワレとのこと。追加パクチーもなし。

 


 

maga9.jpg

軟骨ミンチになっているわけだ。

なんか食欲をそそるカレー。

食べてみてこれはレベルが高いカレーとわかりました。というか美味しい、私好み。ごつごつした軟骨の食感がまた新鮮だなぁ。

辛さは私は追加でスパイスを加える必要もないかな。

 

 

maga10.jpg

レモンも絞って少し酸味を入れて、かきまぜて頂きます。いやー美味しい。

 

あっという間に完食だ。


9月に移転したら今度は違うカレーを食べに行ってみよう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.33)

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hirm2.jpg

 ディナーはフレンチ(宿泊費に含んであります)。2泊する場合は2泊目はイタリアンになります。レストラン棟が別にありそこでの食事となりますが、レストラン棟のそばにプライベート空間の戸建個室もありますね。現在は宿泊者専用のレストランですが、秋には一般開放もされると聞いています。

 

ginz29.jpg

ひとまず建物の中を見て回りました。

ホール部分は天井も吹き抜け的にかなり高く、空間的にも贅沢な作りになっています。


 

ginz15.jpg

1階のメインダイニング的存在の部屋。海に向かって席は向いています。カップルシート的です。

 

 

hirm3.jpg

反対側の部屋も2列で海に向かって並んでいる。

 

 

ginz28.jpg

2階のフロアーも席との間隔は余裕があります。

 

 

gin27.jpg

外がこの明るさでも店内は照明が暗いレストランです。

 

 

ginz17.jpg

メニューに目を通します。メインがピジョンというのが少し残念ですが、(せっかくなら石垣牛とか・・・少しでもいいから)

トリュフ・キャビアなども使用されています。

 

 

 

ginz18.jpg

グラスシャンパンはヒラマツネームのデラモット。(2500yen)

ワインリストに目を通しましたが、品揃えはそこそこよくて 値段もかなりリーズナブル。都内ではありえません。それに株主優待も効きますのでこれは間違いなく安い。


今帰仁アグーのリエット 新鮮野菜


ginz19.jpg

色鮮やかな野菜。エディブルフラワーです。

 

 

ginz21.jpg

ひらまつでよく使用されている

赤ピーマンのムースリーヌ 爽やかなトマトのクーリー

大きな白い皿とよくあっています。

 

 

ginz22.jpg

爽やかな酸味があるトマト。さっぱりしたソーヴィニヨンブランの白と合わせたいところですが、今日は珍しく白ワインをパスしました。

 

 

 

ginz23.jpg

バゲットとバターはエシレ。

 

 

hirm4.jpg

今日はこの赤。ポイヤック第2級。 2005シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

この高貴なピンクゴールド一色デザインのラベルが好きなんですよね。久しぶりにバロン頂きます。少し冷えていたようですので、もう少し時間が経ってくるといい感じになると思います。


ピション・バロンは街道を挟んでピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドと並んで位置しています。また、ボルドーで最も男性的といわれるシャトー・ラトゥールにも隣接しています。畑の土壌は砂利質土壌で、まさに卓越したテロワールといえるだけに、80年代後半に行われたシャトーの売却と、それに伴うジャン・ミシェル・カーズによる新たな手腕の発揮というのは、その後の劇的な品質向上に大きく寄与したといえます

 

 

ginz24.jpg

シャンパーニュを纏わせたポロ葱のデリス

ウォッカ風味のクリームとキャビア添え


1列で十分だと思うのですが・・2列。クリームとキャビアだけでいただいても美味しいです。これは白ワインと合わせたいところ。



ginz25.jpg

葱は特徴があるも甘味がある。


 

ginz26.jpg

黒トリュフのスープ (ムッシュ ポール・ボキューズへのオマージュ)

 

 

ginz34.jpg

私用には ドームのパンなしのものを準備していただきました。濃厚なトリュフの風味がして美味しい。

 

 

ginz35.jpg

このあたりからかなりテーブルも照明が弱いせいか、暗くなりつつ・・・写真が撮りにくいわ

オマール海老のシヴェ セップ茸風味のほうれん草のファルス

 

 

ginz31.jpg

フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース

串に刺さっているのは焼鳥といえば焼鳥。量も少なくて良かった・・・

 

 

ginz32.jpg

桃のコンポート マラスキーノ風味

あっさりして上品な桃なこと。

 

 

ginz33.jpg 小菓子 コーヒー


赤ワインは余ったのでホテルの部屋にお持ち帰りして飲み干しました・・・TT


ひらまつ ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

沖縄本島・西海岸にはリゾートホテルが沢山あります。

リゾートホテルが少ない東海岸に、2018年7月14日にオープンした高級リゾートホテルが ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ。フレンチレストランを経営するひらまつグループの4つ目(賢島・熱海・箱根)の直営ホテルです。館内レストランは1軒、無駄なものを排除した洗練されたリゾートです。那覇市内から高速道路利用で車で1時間程度です。

 

今回オープンして2週間目くらいで施設もピカピカ。今回はプレオープン予約とひらまつ株主割引で少し安く宿泊可能でした。

 

ginz8.jpg

ホテルに到着するとホテルの方が車から荷物を出してくださり、レンタカーは駐車場まで止めに行ってくださりました。

 

 

ginz9.jpg

案内されたのがこちらの建物。こちらでチェックインを・・・と思ったら

「こちらではチェックインはしません。」とのこと。冷たいお水をいただき、しばしこの景色を。

 

 

ginz10.jpg

ここはバリか、海外かと思うような 景色。以前にアジアのアマングループなど高級リゾートを宿泊しましたが、この景色にも通じる素晴らしい感動を覚え、これからホテルにエントリーするにあたり気持ちが高ぶります。

 

 

ginz11.jpg

ゴルフ場の乗用カートに乗り、わずかな距離ですが移動。こちらがチェックイン・フロント棟となります。ホテルグッズや洗練されたお土産なども少しだけ販売されてありました。

 

 

ginz1.jpg

冷たいハーブティーとこちらの濃厚黒糖プリンを頂き、しばし時間を。さすがフレンチのお店です。美味しいです。

 

 

ginz2.jpg

東海岸の海を臨みます。

海外のような景色と雰囲気に更に感動。

オープンしてすぐなので、ガーデンの芝生が生えそろっていなかったりする部分はありますが。


 

ginz12.jpg

メインプール(それほど大きくないですが、宿泊客も少ないので混雑することは少ないかと・・・)

ここの部屋数はわずか19室。プライベートプールとジャグジーが付いた戸建てのヴィラが2棟、ジャグジー付きの戸建てヴィラが2棟、その他、テラスにジャグジーを有するツインルームとダブルルームが14室あります。


今回はプール・ジャクジー付のヴィラに。(右端に見える部屋)


 

ginz13.jpg

テラスにジャグジーがある部屋棟。

 

 

ginz7.jpg

メインプールは海とつながって見える、バリのアマンキラなどで流行っていたスタイルプール。

那覇公設市場の雑踏とは全く違う・・・・

 

 

 

ginz6.jpg

ヴィラ棟は2ルーム。

十分すぎる広さのプールとジャグジー。

 

 

ginz5.jpg

ガラス張りの浴室から海が望める。

 

 

ginz3.jpg

タイのアマンプリ で流行したブラックタイルのプール

 

 

ginz4.jpg

アメニティ類はBVLGARI。

 

ginz14.jpg

2部屋ある冷蔵庫のフリードリンク。炭酸はウィルキンソン、サンペレグリノ、ペリエと揃っていて、ジュースはアラン・ミリアのジュース3種。星付レストランで利用されることの多いジュース。こちらは普通にお店で買うと1本1000円くらい。TT

 

 

エントリー部屋編はこちらで終了。次はディナーです。

 

ホテルホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1泊目は恩納村にある、ホテルムーンビーチに宿泊しました。開業1975年の沖縄でも老舗の部類に入るリゾートホテルで建物は5階未満の低層階ホテルからなり、まるで雰囲気がグアムにあるホテルのよう。

このホテルにしたのはムーンビーチのプライベートビーチが隣接しているだけでなく、ボートで15分のところにヨウ島というプライベート無人島を持ちアクティビティが充実しているから。

 


ディナーは歩いてすぐ近く、国道の入口からムーンビーチホテルへ曲がってすぐの所にある「あぐーの店 山城亭」人気があるお店らしく事前に予約済。ホテルの近くの街は夜の雰囲気と昼の雰囲気はまったく違う。夜は人も多く楽しい感じ。


 

ymsr1.jpg

入口には車が何台か止まっていると入口を見失いそうになる。看板がたより。

 

ymsr14.jpg

民家風の建物がすぐあります。山城亭はあぐー豚の養豚農場直営のお店だから信頼がおける沖縄料理のお店。

 

 

ymsr2.jpg

テーブル席と座敷席がありますね。ムーンビーチホテルが阪神タイガースの春キャンプ地になっていることもあるのか、プロ野球選手の色紙などが沢山掲示されていますね。

 

 

ymsr3.jpg

メニューは沖縄料理とアグー豚が中心ですね。

しかし ワインは置いて無い。斜め前のオシャレな沖縄料理屋さんにはあるようでしたが

今日は泡盛にします。


ymsr4.jpgアグーのメニューは豊富です。

 

 

ymsr13.jpg

テレビのニュースの気象情報を見ていたら・・・8月上旬に訪問したのですが  沖縄避暑地 というくらい涼しい。

沖縄は今や避暑地そのもの。海がある避暑地として日本で一番だ。

 

北海道よりこの日は涼しく 名古屋と12度も差がある。


 

 

ymsr5.jpg

島らっきょうの天ぷら 520円。 島らっきょうの季節はいつかというと春から6月くらい。店先にも沢山あるから今頃かと思った。


 

 

ymsr10.jpg

ジーマーミ豆腐 300円。沖縄定番。ジーマーミって漢字だと地豆。琉球語で落花生。知ってましたか。

ポテトフライも頼みましたが、写真は撮らず、どこにでもあるので。

 

 

ymsr7.jpg

ゴーヤーチャンプルー 750円。 あっさり目のチャンプルー。もやしも入っているし。豚はアグーなのかわからないが。

 

 

ymsr8.jpg

恩納村でとれた もずくの天ぷら 520円。このもずく天はウェットタイプですね。

 

 

ymsr19.jpg

田芋の天ぷら 価格忘れ 冷凍コロッケですかね。

 

 

ymsr6.jpg

メインのアグー豚しゃぶ。 1580円の2人前。肉はアグーらしく脂分が多いばかりでなく、赤身もしっかり入ってます。さっぱりしてしつこくなく、塩・ポン酢とよく合うアグー。

 

 

ymsr11.jpg

肉の量は大したこともないのですが、野菜・豆腐・きくらげなどなど 結構ヘルシー具材たっぷりなので、こちらでお腹いっぱいになります。スープ(出し)にも味がついていますので、美味しくいただけます。

 

 

ymsr9.jpg〆はタコライス 800円。

こちらのお店は提供が早いこと、早いこと。注文してサクサクっと出てきます。

ゆっくり飲むというか、さっさと食べなくてはいけない・・・というような。

なかなか出てこない店よりいいと思うのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)


 

このページのトップへ

2018年8月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ファミリーで那覇に。那覇のストリートといえば国際通り。国際通りの近くの観光名所といえば国際通りから横にのびる、市場ストリート。公設市場。


なんせ、戦後のやみ市時代から続くカオスな場所。2度目とはいえ子供に見せておく価値はあります。というかこのあたり、アーケードになっているし以外と涼しく散策できる場所なんです。

 

 

1階の魚売り場では「料理しますから食べていきませんか」との勧誘がすごい。結構値段も高そうなのだが、2階に沢山あるお店では外国人中心に中華料理のお店は大繁盛だ。いままで何度も来たことがあるけど、公設市場でご飯は食べたことはない。

 

 

ぐちゃっとした、このアジアらしさがたまらない。日本ではないようです。

娘はこんな雑然としたところでご飯食べたくない、と不機嫌。

 

sakuo5.jpg

比較的空いていたこの「さくら亭」でさく飯タイム。

テーブルもアウトレットか中古で買ったような、家庭用テーブルをつなげてあるので段差がありますね。


 

sakuo1.jpg

ご飯もの、定食、麺類 無難なものにしておいたほうが良さそう。


定食にみそ汁ってあるけど、沖縄のみそ汁は具材たっぷりなんですよね。みそ汁定食

 

 

sakuo3.jpg

子供はソーキそば 600円


 

 

sakuo2.jpg

こちらは ゴーヤーチャンプルー定食 600円。味噌汁ではなくてミニ沖縄そばが付いている。豆腐とスパム、ゴーヤーがからんだチャンプルーは沖縄で食べて外すことが少ないアイテム。

 

 

sakuo4.jpg

私は ポーク卵定食 600円。 沖縄名物スパムと卵焼きだよ。こちらもミニ沖縄そば付。どう見てもゴーヤーチャンプルー定食のほうが、同じ値段の割には美味しそうに見える。

 


アジアをバックパック旅行していた学生時代を思いだし、汗と一緒に、涙が流れてくるような気がした。

 

 

全部で4人、2400円というかなり安いランチだった。こういうのも逆に思い出に残る。TT

 

YAさんの記事

牧志公設市場グルメ 儀間鮮魚店で魚を買って、二階のきらくさんで料理してもらう

 

 

食べログ(掲載時点 3.21)



 

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssnn12.jpg

市役所に所用があり、笹のやに久しぶりに訪問してみます。2015年オープンした年の夜に来ましたから3年ぶり。ランチは初めてです。市役所の裏の上通り寄りの道、ミシュランで1つ星を獲得した、IL CASINOの近くにあります。

 

 

 

 

 

 

ssnn11.jpg

CUISINE 笹のや というんですか。ランチは1000円から。

 

 

ssnn1.jpg

お店は階段を上がって2階。入口はシックな感じにしてありますね。

 

 

ssnn2.jpg

手前にカウンターが5席ほどあるのですが、その奥は通路の両側に個室(靴を脱ぐかとおもいきや、そのまま上がれます)があります。今日はカウンターに座りました。

 

 

ssnn3.jpg

ランチは1000、1500、1200、3500、5000円とありますね。寿司は1200円。

今日は竹膳に刺身がついた 笹膳 1500円にします。


 

ssnn4.jpg

ちなみに夜はアラカルトもあるのですが、コースは軽い1500円、3500、5000,8000円とあります

 

 

ssnn5.jpg

サラダをいただき、料理はテンポよくサクサク出てきますので嬉しいです。

 

 

ssnn6.jpg

前菜盛も結構なボリュームがある。懐石のコースのような前菜。

 

 

ssnn7.jpg

刺身4種盛。いかも肉厚。それぞれが厚く切ってありました。

 

 

ssnn8.jpg

ご飯は半分でお願いしました。焼き魚はサバ。

味噌汁がおいしい。

 

 

ssnn9.jpg

表面はパリッと焼けていて、焼け具合が丁度いい焼きサバ。塩サバというほど塩気も少なく上品な味の鯖。付け合せは焼き豆腐と焼き玉子。

 

 

ssnn101.jpgそして、杏仁豆腐にて〆。テンポよかったので、時間もかからず食事を楽しむことができました。TT

 

食べログ(掲載時点 採点なし)

 

このページのトップへ

2018年8月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

熊本では月1オープンするカレー屋さんとして有名な、ソロモン厨房が7月にリニューワルオープンしたので訪問。災害があって建物も経て替わったのですね。ずっと前は並木坂にお店もありました。YAさん記事

 

soromo4.jpg

迎町のセブンイレブンのそば。自宅風お店の前に駐車場が3台とセブンイレブンの壁側に2台の合計5台。そばにコインパーキングもありますが、ここも一杯だとしたらお店もお客様で一杯の可能性大でしょう。


 

店主の村上さんは大阪のホテルで和食の修業を積み、東京でカレーに衝撃を受け銀座の「デリー」というカレーの名店で修業され、その後実家の「村上米穀店」を継ぐために帰熊。お米販売の仕事のかたわら月1でカレー店舗をオープン。幻のカレー屋と呼ばれるようになり、その後カレー店と米穀店の経営を両立されて、いろいろあり、今日に至ります。


 

soromo5.jpg

お店の外観だけでは このお店は 「何を販売しているとか全然わからない」。

出てきた人のカレー臭で判断。

 

 

soromo7.jpg

お店の中はアジアンカフェかと思うような感じ。カウンター3席、テーブル席合計 17名くらいで一杯ですね。

 

 

メニュークリック拡大、戻る。

soromo6.jpg

ソロモンカレーは名物料理か・・・

まわりはカツカレーを食べている人多い・・・・

それなら カレー2種セットで種類を食べようじゃないか。

 

カシミールカレーとソロモンカレーを選択。発汗作用と整調作用にいいのか・・・・



 

soromo9.jpg

福神漬け 少し甘目

 

 

soromo1.jpg

白米か雑穀米か 選択可能で ご飯のS,M,Lも無料。米の炊き方にこだわってあるのか。

 

 

soromo8.jpg

左はソロモンで右はカシミール。個人的にはカシミールのほうが旨さ感が出ていると感じる。

 

 

soromo2.jpg

カシミールカレーにしてみた。後でご飯を中央に異動させて反対側にソロモンカレーを注入してあいがけにしました。


カシミールカレーは口にいれてもそんなに辛くはないものの・・・食べていると頭の上から汗が出ます。中辛なのに。サラサラ香辛スパイスカレーです。

 

 

 

soromo3.jpg両方チキンが入っていました。

ドライカレーも美味しそうだ。また伺うとします。TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)


けんさむの熊本紹介

 


 

 


このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

yagc5.jpg

城彩苑から国立病院のそばを通って新町方面へ抜けるメインロードの角にある 八木カレー。

熊本では行列のできるカレー店としても有名。実は初めての訪問。

行列のできるカレー期待してしまいます。先ずネットなどで事前情報収集して訪問。


 

 

yagc6.jpg

11:45に訪問。今日は1人しか並んでいない。ということで2台確保されている駐車場は空いているはず。うまく1台分空いていて駐車して店に戻ると、ものの数分の間に4名も行列ができてしまい、6番目となりました。1回転目は大丈夫(店内の席数はカウンター10、テーブル2くらい)と安心していました。

 

12:00丁度に店がオープン。入店後注文をします。こういう通なカレー屋さんって注文の仕方みても常連かどうかわかるんだよね。ラーメン屋っぽく。

 

店内は写真撮影禁止という張り紙があったので

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メニュー:辛さは マイルド・中辛・辛口・激辛 の4段階

ルーが オリジナルベース か ココナッツベース

 

 

オリジナルベース

インドカレー 700円、 エッグカレー 800円、ベーコンと野菜のカレー 1000円、 マトンカレー 1250円


ココナッツベース

インドカレー 800円、 エッグカレー 900円、ベーコンと野菜のカレー 1100円、 エビとナスのカレー 1250円

 

ライスの小盛 は50円引、 大盛は 150円増

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ベーコンと野菜にも惹かれましたが、ここはオリジナルのエッグカレーで。調理人1名とホール1名で切り盛りされています。厨房は見えませんが、1皿づつ小さい鍋で作成されているようです。ここは 時間にゆとりがないといけない ということは調査していました。

1番目に並んだ人のカレーが出てきたのが12時18分。それからゴルフのスタートのように だいたい5分で1皿仕上がっていきます。2人で来ていても一度に2皿とか出てこない。

 

 

外には2回転目の行列ができています。

順番はそろそろと思っていると


yagc1.jpg

玉ネギの酢漬けが運ばれてきました。

 

そして入店40分かかり到着。結構時間かかるんですね。ここまでかかるとは 蒸しから行う鰻屋と同等レベルですね。


 

yagc2.jpg

撮影は自由ですが、「他の人が写り込んだり、動画はだめですよ」と店員さんから一言ありました。


フライドエッグ(卵2個)から卵1個がころんと飛び出しておりました。サラサラ系のカシミール系カレーでスパイス香がするカレーです。




yagc4.jpg

野菜がえのき、おくら、じゃがいも、ナッツ、茄子など。カレーにえのきって組み合わせいままで食べたことないですが、結構いけるものですね。新たな収穫。


 

 

yagc3.jpg

サフランライス。

卵をつぶしていただきます。

 


中辛というのは思ったより辛くないですね。玉子も合わさるせいかマイルドになります。確かに野菜とかの入れ方も丁寧に作られているカレー感がありスパイスも沢山の種類が使ってあるでしょう。かなりスパイスなカレー。


もっと衝撃な感動があるかもと思っていたので、その点はありますが十分に行列してもここのカレーは食べたくなる味だと思います、マトンカレーも美味しそうでした。食べるの10分、合計約1時間。ふぅ TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ウィークエンド。ビストロで赤ワインを飲みながら食事と想定するも、ビストロが予約が一杯だったので、家の近くの生つくねを研究してみることとした。

 

東バイパスを市民病院方面から田井の島へ向かうとこのタレ幕を見て気になった人も多いでしょう。 名物生つくね焼

 

何年も気になっていたのですがようやく訪問。

 

 

jint1.jpg

駐車場もあります。

 

 

jint17.jpg

炭火焼 鳥仁(とりじん)。行動しないと来ないものです。焼鳥屋さんはワインもあることが多いし。

 

 

jint2.jpg

カウンター、テーブル、座敷。結構多く入ります。

 

 

jint4.jpg

やっぱり生つくね

色々串がありますが、面倒なので4人中3人分 鳥仁セット(串8本) 1500円。後は好みを追加しましょう。

 

好物の ぼんじり と やげん がないことかなぁ

 

 

jint33.jpg

ワインはハーフ4種類。ここは bで 帰宅後昨日の残りのワインを飲もう。

 

 

jint5.jpg

お通しのキャベツ2人前が少ないのは、野菜高騰の影響か。メニューにはキャベツおかわり200円。

 

 

jint6.jpg

豆腐サラダ 500円

 

 

 

jint7.jpg

串はメニューの右から順に。

わさび、ゆずこしょう、梅


 

 

jint8.jpg

単品だと350円の特上和牛串。焼き立てでうまい

 

 

jint9.jpg

コース外の白玉


 

jint10.jpg

手羽先

 

 

jint11.jpg

鳥はつ

 

 

jint13.jpg

ポテト巻き

 

 

jint14.jpg

ねぎま、コース外のピーマンと皮

 

 

jint154.jpg

豚バラ

以上のメニューれ以外にも何本か食べましたね。

 

jint16.jpg

最後に生つくね。名物だから早く来た方がよかった。軟骨が入ったつくね。

それに 棒生つくねを食べないと と後の後悔

 

味わいの刻 (こちらに生つくねが掲載されていました)

 

 

jint15.jpg

焼きおにぎり バター風味

 

やはり看板の生つくね、和牛串を最初にいったほうがよいではないでしょうか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.18)

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sugt1.jpg今年も実施の運びとなりました。熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室。ある会合の総会の特別講演会が料理教室でそのあと実食懇親会という運びです。エプロンがなくても料理教室に参加できます。


 

sugt3.jpg

こんな感じで実演しながら、講演されます。大画面に手元は写し出されますので、まるでテレビ番組を見ているよう。


今日の実演料理は 真鯛のブランダード と じゃが芋のキーマ風カレー。今年はカレーを食べている夏なのですが、今日もカレーを食べれそうです。


sugt2.jpg調理方法は詳しく書いてあります。真鯛のブランダードってこんな風に作っているとは知りませんでした。

 

講演の後は、挨拶と乾杯。あまりにもカレーの調理の香辛料でみんなの食欲も刺激されましたので、私も挨拶は短めに。

 

sugt4.jpg作りたてのブランダードを試食。 ソースもあったかくて美味しい。

 

 

sugt5.jpgオードブル盛り合わせ

真鯛のブランダード、スモークサーモンとピクルス、フォアグラと夏野菜のゼリー寄せ

 

 

sugt6.jpg海の幸のマリネ ガレット仕立て

 

 

sugt7.jpgはちべえトマトの冷製スープ。ボリュームたっぷりのスープでしたが、暑い夏にさっぱり、とても美味しかったです。はちべえトマト

 

 

sugt8.jpg天草産真鯛と海老のポワレ レムラードソース

 

 

sugt9.jpg生ハムとモッツァレラ 夏野菜のサラダ

 

 

sugt10.jpg味彩牛のロースト 赤ワインソース

 

 

sugt11.jpgじゃが芋のキーマ風カレー。じゃがいもはシャキシャキ感も残り、フライドオニオンを入れるとカレーの辛さもマイルドになると教えていただきました。

 

 

sugt12.jpgなめらか杏仁豆腐 プチフルーツ 梅酒ゼリー コーヒー

 

今日はかなり品数も多くお腹いっぱいになりました。杉山シェフ毎年有難うございます。TT

 

2017年

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(2)

 

2016年

 

熊本テルサ 杉山晃二総料理長のエプロンの要らない料理教室

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ymtz11.jpg

夏休みに子供のスイミングのイベントがありましたので、アクアドームに出かけてその帰りにアクアドームのそばにある、大和寿司さんを訪問しました。ここがオープンしてだいぶたちますが、初めての訪問です。

 

 

ymtz12.jpg

アクアドームとの関係はこう。アクアドームの入口といえばすぐわかります。目立ちます。店内はスペースはゆったりしていて、6人掛けのテーブルとか仕切られていて落ち着ける空間になっています。

 

 

(クリックメニュー拡大、戻る)

ymtz5.jpg

机に置いてあったラミネートされたメニュー表。

 


メニューの品数がびっくりするほど多く

 

 

度肝を抜かれました。

 

 

度肝って久しぶりに使いました、それくらいびっくりしました。

 

 

 

ymtz4.jpg

御膳メニューや釜飯メニュー、ここには掲載していないおつまみニュー、コースメニュー

 

 

ymtz3.jpg

ざるそばやざるうどんのセットメニュー

 

 

ymtz1.jpg

和定食、うなぎメニュー

 

 

ymtz7.jpg

壁面にはちらし寿司や、サラダちらし寿司。

いろんなネタの組み合わせで構成されています。


見ているだけで楽しくなります。悩みましたが、シンプルにグランドメニューのお寿司にすることにしました。ホームページを見ると全部詳しくわかりますが、海鮮丼などメニューは参考になるなぁーと思いました。



ymtz6.jpg

ボリュームと値段からいって、12貫のやまとにぎり 2000円にしました。

 

 

 

ymtz8.jpg

シャリは100円寿司のものよりは少し大きいです。

 

 

ymtz9.jpg

いくら・うに・とびっこ。


脂肪肝になる象徴みたいな寿司、好きですが。


 

ymtz10.jpg

子供は ざるそば握り 御膳 1380円。 いなりと太巻きであれば1000円、いなりにしなさいとはいいませんでしたが。

 

メニューの多さにびっくりしました。

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 


大和寿司 ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hmm13.jpg

7月20日頃オープンした熊本御幸笛田にある、ハンバーグマンにランチで訪問しました。「ピソリーノ」で有名なセイエンタープライズさんのグループ飲食店です。

 

 

hmm2.jpg

元ビーフ食堂(その前はケーキのミュール)があった場所です。ピソリーノさんの同じ敷地内。

 

 

hmm1.jpg

ビーフ食堂の名残はあります。Hはスーパーマンにもじってあるのでしょう。

 

 

hmm3.jpg

ハンバーグ食べ放題というのがあるんですね。毎週木曜日と20:30以降。

食べ放題になると食べすぎるから、食べ放題でないほうがよいです。


 

 

hmm4.jpg

店内は4人掛けのシートが7つ。30名弱のキャパです。今日もランチタイムは待ちが出ていました。1人だと4人席には座りにくいですね。待ちがあると。

 

 

hmm5.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

ロックハンバーグは300g

ファインハンバーグは200g

ステーキも豊富にありますし、ハンバーグ・ステーキなどのコンボメニューも豊富なので、ハンバーグ・ステーキ両方食べたい!

という方に向いています。


 

 

hmm6.jpg

ご飯、サラダ、スープ ゾーン。

食べ放題です。

 

 

hmm7.jpg

サラダはキャベツサラダ。

 

 

hmm8.jpg

ハンバーグに備えて控えめに。

 

 

hmm9.jpg

ご飯、サラダはセットするには、平日ランチ200円、土日祝日450円を払う必要がありますので、注意を。

ハンバーグのみ、だったらセットにしないほうがいい。

 

(ロックステーキの食べ方)

ロックステーキはアメリカで最高の意味に使う言葉。

同行者が頼んだ 300gの黒毛和牛ロックハンバーグ 1590円 を見本にしましょう。

 

 

店員の女性が調理してくれました。

 

hmm10.jpg

到着しました。付け合せはもやしとコーン。


まんまるのハンバーグが乗っています。野球のボール、げんこつか。


いえ砲丸投げのボール と言った方が近いでしょう。



 

hmm11.jpg熱いから投げれませんよ。

 

 

 hmm12.jpg

めちゃくちゃ切れそうなナイフで スパッと2つに


 

hmm22.jpg

中はとってもジューシー

 

 

hmm21.jpg

肉をうつぶせにして、背中からいくと思いきや

 

 

hmm20.jpg

鉄板に抑え込まれました。

 

 


hmm19.jpg

砲丸投げの面影はなくなり、草履みたいになっちゃいました。

 

 

hmm18.jpg

そこからソースをかけて、はい


あとは好きな焼き加減で召し上がってください。オージービーフで安全なのでレアもおすすめだとか。


 

私は ロックハンバーグ 150g と黒毛和牛150g  1280円 のセット。私はソースはジャポネ。


同じコンボハンバーグを食べた 同行者の女性は 「やみつきニンニク醤油」 いやーいいですね。

 

hmm17.jpg

右が黒毛和牛。大きさが違うように見えますが。

 

 

hmm16.jpg

こちらは切ってくれないので、自分で焼きやきします。


というか鉄板が熱すぎてか、肉汁が跳ねること。


 

hmm15.jpg

中はレア。

思ったより固くないですね、お肉。ビーフ100%だと思いきり固くなったりするのですが、オージービーフのせいでしょうか。だから食べやすい。


 

hmm14.jpgこんな感じになって落ち着いてから食べましょう。でも鉄板熱いです。おなか一杯になりました。TT


ハンバーグマン ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

続きますねー、夏休みカレーシリーズ

 

 

今日は JANI スリランカキッチンへ。スリランカ系のカレーショップは熊本も多いのです。一時期はまったように訪問していましたが

 

 

 


スリランカカレー ヌードルカリー胃もたれ検証・・・スリランカ2nd

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

 

今回、スリランカ系のカレーはひさしぶりです。

 

 

janic1.jpg辛島町にある ジャニ スリランカキッチンに。電車通りに面しています。少し先の左側に有料駐車場がありますので、そこを利用しました。

 

 

janic2.jpgスリランカ熊本は系列店ではないと思います、メニュー構成も少し違います。

 

 

 janic3.jpg

階段を上って2階がお店です。

 

 

janic4.jpg

こちらの扉の奥です。

 

 

janic5.jpg

サラリーマンなどで後は増えていきました。スリランカカレー宜しくファンの方がいらっしゃるのですね。



テーブル席とカウンター席。

カウンター席は10席はあるのでお一人様も安心して入店可能です。


 

 

janic6.jpg

スリランカカレーのチキンとミンチ (2種類を選べる)、そしてフライドライスに変更(+100円)

 

 

 

janic7.jpg

今回は普通にしました。

 

 

janic8.jpg

有機のキャベツサラダ。ドレッシングはシーザーサラダだったです。

 

 

janic9.jpg

ワンプレートで到着。台形に盛られたフライドライス。

カレーは2種類入っていますが、スープ系なので、もう混ざり合おうとしています。

 

 

 

janic10.jpg

チキンカレー側、こちらの

チキンカリー がスパイスが効いているふり。


 

janic11.jpg

ミンチは単独より混ぜて食べるほうがおいしいかも。

 

 

janic12.jpgさらっとしていて、胃の中へ消えていきます。

少しご飯を食べすぎました、お替りしていないのですが TT

 


 

食べログ(掲載時点 3.39)

 


このページのトップへ

2018年8月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

イベントやマルシェなどで移動販売をされていた、「養生カレー」さんが実店舗を持っているとのことで行ってみました。行列のできるカレー屋さんだけあって実店舗でも人気あるようですね。

 



「養生」 って体に良さそう・・・

芝生を養生とか 休ませるとかそういう意味だし・・・生活に留意して健康増進を図ることらしい。摂生の意味に近いとか。

 

yoz10.jpg場所は藤崎宮の参道に入って、1本目から右に少し横に入ったところ。丁子屋の駐車場の斜め前。

100円で40分駐車できるので、ここも便利。


シンプルな外観のお店ですね。


 

yoz2.jpg

カウンター席6席とテーブル席6席、12席くらいでいっぱいになります。

店内では2人の若い人がカレーを作っています。


 

 

yoz1.jpg

メニュー、クリック拡大。

ランチは ベジタリアンプレート 1200円 (3種類)、 チキンカレープレート 1400円 (3種)

単品カレーは 800円から2種盛 1000円とか

 


 

ご飯はおかわり無料 (長粒米)

 

 

回りの人が注文していたり、食べているのは全部プレート物、結構高いなと思いますが私も チキンカレープレートにしてみます。


 

yoz7.jpg

混んでいたので少し待ちましたが到着。豆のせんべい、ご飯も結構な量ですね。

 


シンガポール勤務時代はインドカレーにも親しんだ私ですが、スパイスが強くバター、牛乳、香辛料のガラムマサラを沢山使う北インドのカレーばかり食べていた記憶が。フィッシュヘッドカレーはシンガポール名物のインドカレーか。ここのは南インド風カレーとのこと。

 

 

 

yoz4.jpg

日南どりチキンカレー

 

 

yoz5.jpg

茄子のサンバル(野菜カレー)


 

yoz6.jpg

ダルカレー(豆カレー)

 

 

yoz9.jpg

南インドカレーって想像したより辛くないし、パンチが少ないんです。

さらっとしていて、体に入ってくる感じ。

物足りないといえば、たぶん自分の口が日本カレーとかタイカレーに慣れてしまっているせいなんでしょう。

 

 

 

yoz8.jpg

豆のカレーも小学生でも食べれるようなカレーです。

だから養生なんですね。


 

バターこってりチキンカレーや キーマカレーとは全然違くて、さらさら野菜カレーってことなんです。スパイスカレーではありますが、ご飯がどんどん進む感じでもなく、カレー3つ食べたのもあり今日はご飯のおかわりとはいきませんでした。TT

 

facebookのHP

 

Retty(養生カレー)

 

 

 

 



このページのトップへ

2018年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lioncc1.jpg

ライオンカレーに久しぶりに来ました。2回目です。前回は熊本地震のすぐ後だったので2年以上ぶりです。当時はこの建物は地震に大丈夫だったんだー、と感慨深くカレーを食べたのを思い出しました。それから2年、たぶんメニューも変わっていると思いますしカレーも進化しているのではないかと思います。

 

 

lioncc2.jpg

本日のカレーは スリランカ風チキンカレー 800円

 

 

 

lioncc3.jpg

3種類のカレー700円 + 日替わり カレーというのは2年前と変わりありません。

というか 店内が暑い(熱い)です。エアコンが効いていない感じ。これはカレーを食するのには暑すぎます。

入口の黒板に「暑いです」と書いてありました。お断りでしょうか。

 

まぁ、多少ガマンしてカレーを食べましょう。

 

 

チキンカレーに半熟スパイシーエッグのトッピング 800円

 

 

lioncc4.jpg

米は阿蘇のにこまる、辛みスパイスで辛さを調整する。

前回訪問時とはカウンターのレイアウトが変わっていた。厨房が広くなったのか。

 

 

lioncc5.jpg

丁度お客さんで混んでいたので15分ほどして到着。以前はルーと別々の提供だったが、今回はワンプレートの提供に変わっている。バナナチップ、アチャール、ピックルが別皿で。

 

 

lioncc6.jpg

見た感じから「うまそうなオーラ」が出ているカレーである。香辛料やナッツがふりかけてあったり、これもうまそうに見えるポイントじゃないかなぁ。

 

 

lioncc8.jpg

一緒にカレーに混ぜて食べよう。

 

 

lioncc7.jpgご飯は型抜きしてあるサフランライス。

 

 

lioncc9.jpg

スパイシーな半熟卵がGOOD。

途中辛みスパイスを入れながら調整。

やはり美味しかった。でもかなり暑かった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.47) 2年前は3.21だった。


 

このページのトップへ

2018年8月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

約半年ぶりに ネイルアンドカフェバー リラさんを訪問しました。

夜男性6人で。


女性が多いバーなのに 少しうるさくてすみませんでした。

 

赤ワインを飲んで白ワイン

 

lilas3.jpg熊本ワインの人気ブランド 菊鹿 シャルドネ樽熟成 2015年です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【白ワイン】熊本ワイン 菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2016 750ml
価格:3920円(税込、送料別) (2018/7/26時点)


 

熊本ワインのホームページオンライン

 

熊本の白ワインではナンバーワンだと思います。「菊鹿ワイン」という会社も出来てブランド化が進むそうです。

おつまみを少々、そしてデザートに行きます。


 

lilas1.jpg

 

lilas2.jpg

さすが女性客が多いリラさん、デザートのラインアップは豊富ですね。色々と頼んでみましょう。

 

lilas4.jpg

ティラミス 650円

 

 

lilas6.jpg

レモンケーキ & バニラアイス 600円

 

 

lilas5.jpg

リンゴと紅茶のクレームブリュレ 650円

 

 

lilas8.jpg紅茶味のブリュレに リンゴもインしている

 

lilas9.jpgナッツのブラウニー 650円

 

ブリュレ1口しか食べてない・・・・デザートって気が付いてみると、なくなっている・・・・ってこと

多くないですか。

 

夜リラ nail&and cafe bar lila (4)熊本並木坂

 

食べログ(採点なし


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近どれだけ カレー なんでしょう。

ラーメン食べなくなって最近カレーでそれも小麦が少ないもの。



暑いのでカレーが食べたくなるのはわかりますが・・・・お手軽ランチということでしばらく探究してみます。熊本はカレーが最近アツイですね。

 


chang9.jpg

熊本空港から西原村の香梅工場方面へ約10分弱。神戸たこ焼きの少し手前の左側にあります。スピードが出ているとすぐ通りすぎてしまいます。店の前に数台分の駐車場があります。横の駐車場はここのと違います。

 


CHANG PLANT (チャングプラント)。お店の前に移動販売車があったので、移動販売から店舗を構えたお店だと思ったらここは地震の前からあったんですね、しかも以前は熊本市内でもカレー屋さんをやられていてカレー経験は20年近くとか結構すごい歴史のあるカレー店舗さんなんですね、地震を乗り越えて再開オープンされたそうです。


 

chang10.jpg

白水の水使用、昔は黒カレーとか色々あったようです。辛さ控えめな手作りカレーとのこと。

 

 

chang12.jpg

店内はカウンター席とテーブル席で、11席程度とそれほど広くありません。ご主人はバイクがご趣味なのでしょうかツーリングの写真など飾ってありました。ランチタイムは過ぎていたのでお客さんは私一人。

 

 

chang11.jpg

カフェのような空間にもなっていますね。

 

 

chang1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

辛さは市販のカレーの中辛弱くらい (個人レベルでの判断) まじめな表現だ。辛さは個人差があるからね。

 

 

 

chang2.jpg

普通盛りのごはんは230g。

チキンカレー が標準のカレーなんでしょう。

 

 

chang4.jpg

ビーフステーキカレー 1500円、チキンレッグカレー 1300円というリッチなスパイスを使用したカレーもありますが。

 

 


chang3.jpg

辛くないキーマカレー 、スペアリブカレー もあるので、 5種類からの選択。

はじめてなので チキンカレー 850円、サラダドリンクセット 1150円にしてみます。

 

 

chang5.jpg

キャベツサラダを食べて

 

 

chang7.jpg

きれいな まん〇のご飯が乗った、チキンカレーが到着。

やはりスパイス料理は食欲をそそります。

 

 

chang6.jpg

黄色いのはポテトサラダ。ポテサラがカレーの中って珍しい。


味は濃いですがカレーの辛さだけ主張していなくて、食べやすくマイルド。結構好みのタイプに入ります。ご飯は230g結構多く感じました。パックご飯は180gくらいですよね。カレーだから230gも食べれるんだろうけど。

 

 

chang8.jpgまた食べに来てみようとおもう味かも。でも次は違うのにしてみよう。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

チャングプラントホームページ


このページのトップへ

2018年8月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)お店・外観編は前日

 

lbe12.jpg

ウェルカムドリンク

 

lbe15.jpg

アミューズは トリュフ風味のマドレーヌと木製のスプーンにのった6種のハーブのソルベ。

さわやかな味で口をさっぱりさせることが出来て、これからの料理への準備を。


 

lbe17.jpg

ローブさんは飾り付けもお皿も素晴らしい感性だと情報をいただいておりました。

 

 

lbe18.jpg

スパイシーなおつまみ

 

 

lbe20.jpg

鎌倉野菜 牡蠣

スガハラガラスの美しいガラスの器に乗せられた鎌倉野菜とアンチョビなどの複雑な味のドレッシング。このソースがとても美味しい。鎌倉で農家の経験をした今橋シェフのセンスだろうか。ガラスの器の中には土が入れられていて、まさしく「大地」を表現したような1皿に仕上がっているのだ。

 

 

lbe19.jpg

1つ1つの野菜の旨みが伝わってくる。ほんとうに満足感を味わっていたら。

 

 

lbe4.jpg

パンも手造りパンが多種類にわたって提供されていた。青のりのパンだが色んなバリュエーションがあってパン好きな人は食べ過ぎてしまいそうだ。

 

 

lbe1.jpg

続いてこの1品に目を奪われます。

高知の地鶏「土佐ジロー」の卵に黒トリュフをふんだんに削ってある1品。セップ茸が下に敷かれています。

 

 

lbe2.jpg

セップ茸と土佐ジローの卵とトリュフ。このコンビネーションが生む口の中の感動。濃厚でコクがありこれは美味しい。

 

 

lbe3.jpg

素晴しい1皿と感動していたところ、

 

 

lbe21.jpg

天草のアコウ鯛とフユイヌ

こちらはさっぱりとした美味しい鯛。量的にもベスト。


 

lbe23.jpg

新たまねぎ

玉ねだけ1皿に乗って出てくる。シンプルイズベスト。


 

lbe24.jpg

先ずはたまねぎだけ味わってみる。口の中に甘くそして濃厚なたまねぎの味がふわっと広がっていく。

 

 

lbe25.jpg

スープが添えられているのでそれを注ぎいただきます。オニオンスープとなります。

 

 

lbe26.jpg

フランス産鳩胸肉 ヤングコーン

久しぶりに鳩いただきました。

 

 

lbe27.jpg

お楽しみの平瀬パティシエのデセール。

1皿目は桃とハーブ 金の飴細工。

桃がジューシーで美味しい。平瀬パティシエのデセールは立体感がありとても素晴らしいという意味が少しわかりました。

 

 

lbe28.jpg

セカンドデセール

ごちそうなす、チョコレート。立体感ある皿に葉っぱと枝を作り、オリーブも添えて。ごちそうなすのアイスクリームですね。さっぱりして美味しい。

 

 

lbe29.jpg

そしてこれですよ、これ。

ネットでは宝石箱チョコレートを見ることが多いですが、今日はアイスの中にソースイン。

しかし素晴らしいミニマルディーズ。これはやられますね。

 

 

lbe30.jpg

4種類全部いただいてもいいということでしたので、遠慮せずに。

 

 

lbe32.jpg

ソースの中身は全部別。トリュフソースがはいったものはアイスとの絶妙なコラボレーション。最高でした。

 

 

lbe31.jpg

中目黒カフェファソンの水出しコーヒー。

今日は大人が最後までテンションマックスでよいのでしょうか・・・というくらい感動したなぁ。こちらのお店まだまだこれからステージが上がっていく気がしました。絶対また訪問したいと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.96)

 

ローブ ホームページ

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(お店・飲み物編)

今回は東京・東麻布(赤羽橋)にある、昨年度ミシュラン1つ星に選ばれた とても芸術性ある料理たちと素晴らしい時間に感動したRestaurant L'aube (ローブ)を2日に分けて掲載します。雰囲気・料理・ワイン。とても満足する時間をすごしました。こちらはミシュラン2018で一つ星を獲得されています。しかもオープンして1年半で獲得。


 

lbe5.jpg

場所は東京タワーのすぐ近く、地下鉄都営大江戸線の赤羽橋駅のすぐ近く、住所は東麻布になりますが商業地というよりマンション・住宅地も多いエリアになると思います。隠れ家的雰囲気もある場所。すぐ近くにはCHEZ TAKA(イタリアン)があり、外観はこちらのCHEZ TAKAが目を引きますが・・・。レストランローブはこのマンションの2階にあります。こんなところにという感じです。


 

lbe6.jpg

入口の階段で2階に上がりますが、お洒落なカフェ風の入口で知らないとフランス料理店とは思わない感じ。このシンプルなところもいいですね。

 

 

lbe7.jpg

ディナーのメニュー表のみ。

ホームページから

「L’aube(ローブ)」とは、始まりや夜明け、

誕生を表すフランス語です。

 

自然が創造した美しさと、人が創造した美しさの

絶妙なハーモニーを生み出すこと。

 

《その瞬間にしか存在しない美味しさ》を

創りつづけること。

 

ここから私達の物語が始まる。そんな想いを込めて

「 L’aube(ローブ)」と名付けました。

 

生産者のこだわり、その風景、季節の移ろい、

日本とフランスの食文化が響き合う、

新たな美味しさ、愉しさ、心地よさと、

それらが誕生する美しい瞬間をお届けしていきます。

 


 

lbe8.jpg

はじめてのフレンチ、入店する時はときめく瞬間であります。ローブさんはフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA シェフを務めた今橋英明さんと、同じくKEISUKE MATSUSHIMAでシェフパティシエを努めた平瀬祥子さんとソムリエの石田さんがタグを組んでオープンしたお店。平瀬さんは熊本市出身でニューオータニ熊本、熊本ニュースカイホテルでの勤務経験、フランスで8年もの経験があるお方、そしてソムリエ石田博さんは日本ソムリエ協会副会長(会長は田崎真也さん)で過去3回、日本最優秀賞も獲得したソムリエ業界の重鎮の方。その3方がタグを組んでいるのだから最強だし、デザートまで期待度高いです。


 

lbe9.jpg

店内はシンプルで白の椅子、ダークブルーのクロス、オープンキッチンから今橋シェフと平瀬パティシエの動きが見えます。凛とされてきびきび動かれる平瀬シェフが素敵です。


 

lbe11.jpg

店内の明かり加減もいい雰囲気で好きです。窓の間に一枚こうしたオブジェがあるだけでまったく違ういい雰囲気になるんですね。

 

 

lbe10.jpg

テーブルのショープレートがメビウスの輪的1筆書きになっていて料理が運ばれスタートするまでの楽しみな瞬間をつないでくれる。

 

 


lbe130.jpg

ローブはランチは毎週金曜日と第1,3,5土曜日 6000円から、ディナーは 5プレート+2デザートで 9000円(税、7%税)。星付フレンチ10000円以下です。満足感がすごいとすると嬉しいこと。ディナーのランクが松竹梅のランクがあると下のランクを食べているとがっかりしたりする瞬間もあるが、ここではそれはないです。

 

ワインのリストを見てもフランス産の高級ワインがずらっとということもなくリスト掲載されているワインはほぼホームページ通りです。種類はそれほど多くないのだがニューワールドのワインが多い。石田ソムリエの意見をも参考にすればよいと安心できます。

 


lbe14.jpg

DOGPOINT VINEYARD 2014 SECTION 94

ドッグ・ポイント・ヴィンヤード セクション94 2014

これだけ暑い夏だと、さわやかなソーヴィニヨンブランを選択してしまいます。最上の特定区画から造られるニュージーランド屈指のソーヴィニヨン・ブラン。かの有名なクラウディ・ベイのブドウを造り、ブドウ栽培のチーフワインメーカーでもあったドッグ・ポイント・ヴィンヤード 。クラウディ・ベイとの契約を終え、自社畑より2002年に初ヴィンテージをリリースしました。このワインは特定された区画となる「セクション94」のソーヴィニヨン・ブランのみを使用し、古樽のフレンチオークを使用し18ヶ月間熟成しています。(9.5)


 

lbe16.jpg

CRYSTALLUM BONA FIDE PINOT NOIR 2016 WALKER BAY


南アフリカのピノノワール。石田ソムリエ選択の1本。(11)

南アの「超」一級。


ここに触れずして、南アの今を語ることは不可能…ティム・アトキンMW格付け【一級】の15生産者のうちの一つ、『クリスタルム』。南アのニュー・ウェーブ、その新たな流れの中心的存在であり、世界から賞賛される渦中の最高峰銘柄でもあります。オーナーのピーター・アラン・フィンレイソンは、かの 『ブシャール・フィンレイソン』 を運営するフィンレイソン家の第三世代。

楽天のサイトに詳しく

 

 

 

 

 

lbe22.jpg

3本目はボルドーワインで締めくくり

2012 BRANAIRE DUCRU  ブラネール・デュクリュ 2012 サンジュリアン

ボルドーグランヴァン 4級。いわずもながこれは素晴しい・良いですね。あまりにも美味しくて気に入ったのでネットで購入してみようと思います。

 

 

lbe33s.jpgローブから少し歩けば東京タワーを下から望める場所。

 

明日は料理編を

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 



 

このページのトップへ

2018年8月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)

ラペの料理はおまかせコースのみ。昼は5000円(税・サ10%別)、夜は11品前後で12000円(税・サ10%別)。お肉を変更したから+いくらとかのシステムは存在しない。流れの中で料理を楽しむスタイル。

 

lapp18.jpg

ビー玉と同化したアミューズ。中にスープが閉じ込められている。

 

 

lapp17.jpg

サーモンのタルト

 

 

lapp19.jpg

 

lapp20.jpg

 

 

lapp2.jpglapp3.jpg

 

 

 

lapp4.jpg

 

 

lapp6.jpg

 

 

lapp7.jpg

 

 

lapp23.jpg

 

 

lapp8.jpg

 

 

lapp22.jpg

メニュー表は素材だけ書かれているのですが、持って帰ってくるのを忘れました。シェフが和歌山出身ということもあり和歌山の食材も多く使用されていました。そして特にお皿が大きくだいぶこだわっているなーと感じました。料理的にはしらすとうにのコンビネーションとか、和のテイストをだいぶ取り込んであるガストロノミーフレンチ。


韃靼ソバのブランマンジェは、フランス産オリーブオイルがかけられていてジャパニーズ、フレンチの美味しい複合。量的にもパンを食べずベストな量で満足できました。有難うございました。TT


食べログ(掲載時点 4.32)


 

 

 



 

このページのトップへ

2018年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lapp11.jpg

東京・日本橋。江戸の起点であると同時に日本の中心地。都市高速が橋の上を通っており風情も何もないが、ここを以前の雰囲気を少しでも出そうとか首都高速を地下を通そうとか色んなプロジェクトの構想はあるようである。


もう少し北へ上がると、日本橋三越がある。川を渡って2本目の道を右折してしばらくいった右側に、本日訪れるフレンチレストランLA PAIX(ラペ)がある。ラペは2014年10月オープンなので4年弱。昨年ミシュラン一つ星を獲得し、勢いに乗る東京フレンチレストランの一つといっていいでしょう。

 

 

lapp10.jpg

ビルの1階にモダンな入口があります。ラペは20席ほどの小さなフレンチレストラン。隠れ家的雰囲気にふさわしい。シェフの松本一平さんは和歌山県生まれで京風おでん割烹を営む実家に育ち、六本木レストランから渡欧、ベルギーのミシュランレストランでの勤務の後、2004年から約10年間、日本橋「オーグードゥジュールメルヴェイユ」にて初代シェフを務める。

 

 

lapp12.jpg

フレンチレストランに入店する時は、気持ちが高まる。LA PAIXとはフランス語で平和という意味。いつも穏やかな心をもって人とひととの温かなつながりを大切に調和のとれたお料理や空間をご用意し日々、お客さまをお迎えしたいという意味が込められれているという。

 

 

lapp13.jpg

こちらの階段を下りていくとお店の空間が広がっています。


 

lapp14.jpg

奥に半個室。手前にテーブル席。こじんまりした空間ですが 和のテイストを重んじたラペのガストロノミーフレンチを楽しめる空間がここにあります。

 

 

lapp15.jpg

今日は6人で訪問。ワインを数本飲むには一番いいと思います。

 

(ワイン編)

lapp16.jpg

シャンパン

BOLLINGER(ボランジェ) SPECIAL CUVEE BRUT   

きめの細かい上質な泡。優しいイースト香とほんのり甘い日だまりのような香り。穏やかなアロマとは対照的に、飲むときゅっと引き締まったレモンやオレンジを思わせる酸味が効いており、ふくよかで伸びやかなボディがあります。余韻も長く、エレガントな飲みごたえのあるシャンパーニュです。 (ENOTECA) (13)

 

lap1.jpg

白ワイン

2016 SANCERRE    LE MD DE BOURGEOIS  HENRI BOURGEOIS  サンセール ル・モンダネ ド・ブルジョワ

この時期特に美味しい、ロワール サンセールの ソーヴィニヨンブラン100%の白ワイン

完熟した葡萄を感じさせるエキゾチックな香り、そしてフルーティーなミネラル感のある芳醇な香りを備えます。魚、白身の肉、特にマンステールチーズ、子牛の薄切り肉などと好相性をみせる。10?12℃前後で、その偉大な個性を十二分に発揮し、3?5年の瓶内熟成で、さらにまろやかな旨味や複雑さが出てくる。 

 

 

lapp5.jpg

赤ワイン ブルゴーニュ

2008 NUITS-ST-GEORGES LES PRULIERS

今まで何度も飲んだことあります。最初は、え・・・と思いましたがデキャンタージュしておくとさすが

 

 

 

lapp9.jpg

赤ワイン ボルドー

ブルゴーニュワイン(ピノノワール)はカベルネ系ワインが好きな人にとっては、「薄い」という人がいるので、次のチョイスは無難にポイントが高い

 2014 CHATEAU CARMAILHAC シャトー・ダルマイヤック 5級

ダルマイヤックが所有する約69haの畑は、ポイヤック村の内陸側に位置し、ボルドーワインの最高峰ともいえる2つのシャトーに囲まれた素晴らしい立地です。1つはメドック格付け第1級のシャトー・ムートン・ロスチャイルド。そしてもう1つは、メドック格付け第5級ながら、いまやトップシャトーに名を連ねているシャトー・ポンテ・カネ。これらのポイヤックを代表する一流シャトーに挟まれたシャトー・ダルマイヤックは、なだらかな丘陸の日当たりが良い位置に建ち、申し分ないテロワールと言えます。(ENOTECA) (14)

 

 

lapp21.jpg

デザートワインとして スデュイロー。

ソーテルヌワインを 初めて飲んだ人はどうもお気に入りのようでした。それにデザートワインまでいくと締りますね。



料理編は明日に

 

食べログ(掲載時点 4.32)

このページのトップへ

2018年8月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

htsn8.jpg

2014年にオープンした羽田空港のHitoshinaya (ひとしなや)に来ました。こちらは第一旅客ターミナル(JAL)の出発ロビーにあります。東北方面のロビーで中央広場より北にあります。九州方面を利用することが多い我々は利用することが少ない側ですが、歩けばすぐなんです。

 

 

htsn6.jpg

ひとしなやは3つのお店が入っています。「あさごはん」「どんぶり」「らーめん」それぞれカウンター。あさごはんは5:30からオープンして早朝の出発にも対応しています。一日中あさごはんが食べれるんですが。


スペースもあさごはんが一番広い。和食の基本となるだしを追求した和食専門店です。それぞれのお店はガラスで仕切られていてオープンな感じです。それぞれのお店は2,3品しかメニューがない。だから入店前に決めないと「どんぶり専門店」ならカツ丼はあるだろうとかそんな気持ちで入ると「え・・・・」と思うかもです。

 

 

htsn9.jpg

店の入り口にはタブレットのメニューだから、表示されるのを待つのがじれったい。

 

 

htsn7.jpg

どの店にしようかと思って、「どんぶり」を選択。

 

 

htsn10.jpg

3品しかメニューがない。親子丼、高原豚麹焼きとローストビーフ丼

メニューが少ないから悩むこともあまりない。

 

 

htsn1.jpg

高原豚麹炙り焼き 出汁あんかけ丼 1204円(税別)にしましょう。

注文と同時に店内のグリルで肉2枚を焼き始められました。提供までの時間は短そうです。

 

 

htsn2.jpg

ご飯の上に豚肉2枚、出しあんかけ そしてニンニクチップとネギ。至ってシンプルな料理です。

 

 

htsn3.jpg

この出し汁が味が濃いおかげでご飯が進みます。

具材が少ないので少しさみしい感じはします。

いわば上品なチャーシュー丼みたいな感じですね。


 

htsn4.jpg

味噌汁はご汁と書いてあるけど、忘れてしまいました。

 

 

htsn5.jpg

比較的軽めの丼だと思いました。羽田空港内のレストランも飽きてきましたが、つぎは「あさごはん」に行ってみたいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年7月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmkek6.jpg

田迎カレーアンドミートに訪問しました。暑い夏はカレー。

水曜日が休みだから注意しましょう。

 

隣の「天真屋」さんは最近良く登場しているお店です。

 

tmkek2.jpg

カレーとステーキランチのお店。今日は2回目だけど メニューは決めていました。

和風山椒キーマカリー 800円

 

 

 

tmkek1.jpg

メニュー表からの抜粋。写真ではなくてこの絵というのがイイ感じですね。

 

 

tmkek3.jpg

半熟卵もオンされて、めちゃくちゃ美味しそうではないですか。昔東京に「ハイチカレー」のドライカレーというのがあって大好きだったんですが、店が少なくなって。でも10年ぶりくらいにハイチカレー食べたいなぁ、、、ってこのカレーを見て思っていたら。

10年前のダイニングエクスプレスの記事を発見。

 

サフランライスの上に 「やみつき山椒キーマ」がのっています。


 

 

tmkek4.jpg

先ずは普通に食べてください。キーマの辛さと山椒のさわやかさが口の中に広がります。


どうですか、卵を割ると シズル感。 からめていただくと更にマイルドで美味しい。結構な量のご飯ですがいただけました。

 

 

tmkek5.jpg

ほんと、このキーマカレーは癖になりそうです。担担麺とかと同じだ。TT

 

田迎 CURRY&MEAT 田迎カレーアンドミート(1) 熊本市田迎

 

食べログ(掲載時点採点なし)

 

 

このページのトップへ

2018年7月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

家からほど近いカフェで休日ファミリーランチです。私ははじめてです。

場所は電車通りに面しています。水前寺公園電停のすぐ前。周辺には水前寺公園訪問用などの有料駐車場は沢山あります。

からあげやさんの隣。

無機質な感じですので、歩いていたら気が付かない可能性も。

 

cafer9.jpg

カフェラペさんです。

 

cafer1.jpg

こちらは入口ではない。

 

 

cafer2.jpg

店の外のメニュー表もオシャレな感じです。

 

cafer8.jpgcafer3.jpgテーブル席、ソファー席入れてだいたい20名くらいのキャパ。店内は雑貨なども販売してありました。

 

cafer4.jpgランチはカフェ飯といったシンプルなもので、ご飯ランチとカレー、クロックムッシュの3品。

私と息子はカレーランチ。

 

cafer6.jpg

キッシュや本日のおかず盛のカフェラペご飯ランチ。

 

cafer5.jpg

野菜サラダと冷製じゃがいもスープ。

カレーのスプーンがやけに平すぎて、これでいただくのかと思ってしまう。

 

 

cafer7.jpg

その疑問もわかった。

カレーはチキンカレーだけど、サラサラタイプのカレーで本格的で肉もやわらかい。

そしてスプーンが平らでないとすくえないのだ。だから薄いスプーンに合理性がある。

カレーの味はこくはあって、丁寧に作られたものだと容易に推測がつく。手羽元チキンもぽろぽろと取れる程煮込まれている。TT

 


食べログ(掲載時点 3.15)


カフェラペ ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近、特に掲載頻度が多い天真屋さん。

ファミリーで休日にランチで訪問してみました。平日と同じ内容のランチをされているようです。


tnsny7.jpg国産十割生蕎麦を食べれるのもポイント高し、もちろん天草天然の魚も。

 

子供も親子丼を頼んだり、好きなものを食べていました。


 

tnsny6.jpg私は 天草海女めし丼と天ぷら、十割そば御膳 1980円。

天ぷらは私は食べないので、皆で共有。

 

 

tnsny3.jpg子供は豚バラカツと天草刺身と十割そばセット 980円。これに絞り自由のニンジンジュースと キャベツが食べ放題なのだから、お得感は相当なものですね。



tnsny4.jpg

刺身は2切れづつ。鯛・カンパチ・まぐろですね。

 

 

tnsny1.jpg結構なボリュームがある天草海女めし丼のセット。


 

tnsny2.jpgめかぶ、とろろ、とびっこ、ねぎとろ、海鮮類がぶつ切りになってたっぷり。胡麻をすったタレをかけて食べます。これが結構美味しい。天草海女丼も単品 1080円でいただけます。一度夜も訪問したいと考えています。TT

 

 

 

旬菜魚麺図 天真屋(1) 熊本市田迎 海鮮・郷土料理系居酒屋ランチ

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sixo11.jpg

アメリカにやってきたかのような雰囲気感。有楽町の駅のそば、6th by oriental hotel。ホテルではありません、イタリアンレストランです。経営は 1870年創業の日本でも最古のホテルとして知られる神戸の外国人専用ホテルとして名を馳せた神戸のオリエンタルホテルの系列です。6thというのは東京駅基準で6本目の通りだからとか。


 

sixo10.jpg

オールディダイニングで収容人数も約300人とハコが大きいレストランです。普段だったら人気のテラスも極暑ではこの通り、がらーんとしています。

 

 

sixo3.jpg

ランチタイムは特に周辺のサラリーマン、OLの方で込み合いますね。中に入ると居留地的雰囲気でオリエンタルです。

 

 

sixo4.jpg

雰囲気も落ち着いていますが、店員さんの「ペルファボーレ」(お願いします)って声が大きくて、少し前のイタリアン居酒屋的雰囲気があるのが少し残念ですね。


 

 

sixo1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

コース、パスタ、カレー、サラダなど。女性OLさん1人でサラダオンリーのランチを食べているのも何人か見かけました。地方であまり見かけない雰囲気です。


 

sixo2.jpg

今日は、地方ではあまり食べれない エンチラーダ 1200円 サラダ付 にすることにしました。

せっかくなのでメロンパンナコッタ のデザートをつけて 1500円


 

sixo5.jpg

サラダ

なんて特徴もないんですが

 

 

sixo6.jpg

2本入って熱々のエンチラーダ。エンチラーダってトルティーヤ(とうもろこしの皮)で具材を包んでチーズ焼きしたもの。コンビニでチンするトルティーヤは有名。

 

 

sixo7.jpg

ハラペーニョも。これは辛かった。

 

 

sixo8.jpg

トマトたっぷりで具材はチキン。思ったよりスパイシーでパンチがあったので、びっくりした。これだけ暑いからカレーと一緒でピリ辛フードは食が進みますね。

 

 

sixo9.jpg

メロンが載せてあるパンナコッタ。


外はめちゃくちゃアツイので、辛い物食べて甘い物食べて、心を落ち着かせて外に出かけました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ホームページ

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今、熊本スイーツ業界で最もホットなお店、

ぷりんせすわっふるさんに行ってきました。

何がホットかって。

 


熊本で唯一の ロールアイス と熊本で2軒目という エッグワッフル の両方が食べれるお店だからです。


食べてみないとわかんないですよ。

 

 

pwf18.jpg

場所は熊本市西区上代、西バイパス沿いで田崎の県道28号上代交差点をすぎたすぐの左側。ピンクの色ですぐわかります。駐車場も6台分くらいはありますね。お店は元カラオケバーを改装したもの。販売してあるものは最先端。そしてここのあゆ姫さん(オーナー)は熊本でも あゆ姫食い倒れ放浪記というブログを作られているブロガーとして有名なお方。たぶん最先端の情報が入ってくる方なんでしょうね。

 

 

ロールアイスはまだ7月11日からはじまったから超ニューですよ。東京原宿あたりでは昨年上陸して行列がものすごいらしいのですが、熊本ではまだ知名度が。でも夏休みあたりはピークタイムはマックス2時間待ちくらいになるかも。。。


 

先ずはエッグワッフル編。



エッグワッフルはゲットバーガーでも食べることができます。こちらを読めば エッグワッフルがどういうものかはおわかりになるかと。

pwf2.jpg

標準の トッピング+アイス+ソースのチョイスできるもので 700円

 

 

pwf3.jpg

もっとシンプルなものは500円

 

 

pwf1.jpg

スペシャルなものは 850円。 インスタ映えを狙うならこちらですね。ということでルンルンパナチョコを。


 

pwf4.jpg

850円です。オレオとかポッキーとかチョコレート、バナナなど沢山入っている。ランチ1食分くらいのコストするんですね。

 

 

pwf5.jpg

エッグワッフルが見える側。少しいただいてみましたが、パリパリしてたこ焼き器で焼いたようなワッフル。かわいい感じですね。

 

 

ロールアイス編

夏はロールアイスがやっぱり人気ですね。


pwf19.jpgロールアイスは700円で、ベースのアイス、ソース、トッピングを選んでいきます。トッピングは東京や大阪に比べて熊本価格でお安くしていますとのこと。

 

ロールアイスの作り方

 

pwf6.jpg

冷たくなるロールアイス製作用の上に、ソフトクリームで使用するソフトクリームミックス牛乳を投入しへらで撹拌します。

 

 

pwf7.jpg

次第に固まっていきます

 

 

pwf8.jpg

4角形に形を成形していきます。


 

 

pwf9.jpg

少しづつ固まっていきます。

 

 

pwf10.jpg

固くてもだめ、柔らかくてもだめ、くるりとなる微妙な固さが難しいと

 

 

pwf11.jpg

へらで くるくるっと。固くなりすぎたらクルンとならないし。

 

 

pwf12.jpg

面白そうだからしてみたいな。あゆ姫さんは修業したかと思えば ユーチューブで勉強したとか。

 

 

pwf13.jpg

7つくらい出来上がるのをカップに入れてトッピング。終わったら鉄板は暖かくしてアイスを除去して次回の備えます。


 

pwf14.jpg

娘はキャラメルソースを選んだようですね。

 

 

pwf15.jpg

マシュマロトッピング

 

pwf16.jpg

私はチョコアイスにチョコソースにチョコレートトッピングという

トリプルチョコレートにしてみました。

 

 

pwf17.jpg

ロールアイスの食感・・・・冷たいふわふわ、少し硬いみたいな感じで。このように1つ1つが手作りで手間がかかりますから、結構時間もかかるし値段も少し高いのがネックですが、一度話のネタには食べてみるといいですよ。TT

 

あゆ姫さんの知り合いの

ランチしましょのブログも御参考にしてください。

 

(参考)ロールアイスクリーム ファクトリー


 

 

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

amay8.jpg

前回訪問時から間がそれほど開かずの訪問となりました。天真屋さん。実はとなりの田迎カリーアンドミートに行ったのですが、水曜日でお休みだったので、空いているこちらにしました。

 

 

amay9.jpg

カレーを食べる脳から海鮮料理へスイッチを変えるのは少し苦労するが、仕方ないでしょう。

今日は天草海鮮海女めし とろとろ丼 1080円にしようと思っていたところ、

 

 

amay1.jpg

日替りは 海女丼とそばのセットと 聞いて、 これにします。

 

 

amay2.jpg

恒例の絞りたての人参ジュースと サラダをフレンチドレッシングでいただき、

 

 

amay3.jpg

丼が到着。

ごまをすってタレを入れて丼にかけていただくとのこと。

 

 

amay4.jpg

えび・たこ・ぶつ切りの魚が沢山。

めかぶやとろろのネバネバ系も。

 

 

amay6.jpg

ねぎとろ・きゅうり・やまいもなど。

 

 

amay7.jpg

お箸では食べにくいのでスプーンで。ゴマだれと海鮮がマッチしてこれが結構いけますね。

 

 

amay5.jpg

十割蕎麦までついていてこの値段ならリーズナブル満足感。また来ます。

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近熊本ネタが増えています・・・東京のフレンチはなかなか行けないから地元ネタにしてください・・とか高いトコより手が届くとかがいいとか・・・まぁ色々織り交ぜてはいるんですが・・・

 

 

 

胡椒(ペッパー)が癖になることで有名なペッパーランチ。ここ以外では食べれない唯一に近い食べ物だし。

でも最近、めっきり来る回数が減りました。一時期よく来ていたのですが。


 

 

暑くなってきて、お店の周りの肉を焼いている「もわー」とした熱気が快適ではないので。それに段々とお店の回りも残念ながら脂っぽくなってきた感があります。それは置いておいてもたまに食べたくなるのも事実。これは掲載していないものを載せてみます。まだ食べていない人は一度どうぞ。ペッパーフードの株価も最近下がっているけどもっと上がってほしいわ・・・・

 

 

1.お肉たっぷりビーフペッパーライス + チーズ、 コーン抜き

(これを自分的スタンダードにしています)

 

ikiss1.jpgikiss2.jpgikiss3.jpg

 

 

 

2.普通のビーフペッパーライス + たまご

(チーズを入れない代わりにたまご。チャーハンっぽくなる感じです。)

 

ikiss5.jpgikiss4.jpg

 

 

3.お肉たっぷりビーフペッパーライス + チーズ、 コーン抜き

これも1と同じスタンダード。

 

ikiss7.jpgikiss6.jpg

 

やはりスタンダードを注文していることが多い・・・・

 

ikiss9.jpgikiss8.jpgikiss10.jpg


ペッパーランチ ゆめタウンはません店 ビーフペッパーライス癖になる

 

 

このページのトップへ

2018年7月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pvtl5.jpg上通りを抜けてやがて広町という場所にある、プライベートロッジ カフェアンドダイナーに。マクロビののれんがありますね。お店は2階です。

 

 

pvtl6.jpg

イベントでの出店とか急なお休みもあるようなので、営業日は事前確認しておいたほうがよいかもしれません。ヴィーガン・ベジタリアン オッケーと書いてあります。



パスタを入れなければ食べれそうですので、はいってみます。

 

 

pvtl7.jpg

2階のこちらのお店はアクセサリーのお店なので違います。この右側のドアが入口。

 

 

pvtl8.jpg

細い通路の奥に広がったスペースがあります。となりのお店の奥に位置します。テーブル席とカウンター席。今日は女子2名のお客さんでした。

 

 

pvtl2.jpg

調理場所とカウンター。プライベートロッジって 自分の家にいるような感覚でってことでしょうか。

 

 

pvtl9.jpg

ランチメニューは もう入ってくる時点から決めていました、本日の玄米ランチ 880円 で

お願いします。


 

pvtl1.jpg

玄米ランチは 夏野菜カレーか・・・今日はあんまりカレー気分ではなかったのだが・・・

 

 

pvtl3.jpg

薄味の野菜スープも付いていました。ワンプレートの玄米ランチ。野菜たっぷりのカレー。コーヒー付き

 

 

pvtl4.jpg

玄米はよく噛むから食べごたえがあります。それでも少し残してしまいました。玄米って自分の体にあっているのか、って思うんですよね。


食べログ(掲載時点 3.04)

このページのトップへ

2018年7月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kapua1.jpg

会社からほど近い 江越の平成さくら通りにある KAPUA cafe and bar (カプア)に来ました。ハワイアン・ポリネシアンをコンセプトにした明るいカフェです。空の色もブルーで気持ちいい。

 

 

kapua.jpg

入りましょう

 

 

kapua3.jpg

お洒落な空間で解放感もあり、ゆっくり過ごすのに向いてそう。インテリアもハワイ・ポリネシアン風。丁度平日、お昼の女子会数組開催中。パンケーキなども豊富だからカフェタイムもいいですね。

 

 

kapua4.jpg

ランチメニューは色々あります。名前だけではイメージ付きにくいです。ホームページで事前確認して訪問するとスムーズかもしれませんね。カレープレート 1000円にします。

 

10種類以上の野菜を煮込みスパイスとココナッツで仕上げたカプアカレーと

たっぷりの野菜をココナッツミルクで煮込んだグリーンカレーとチョイス可


 

kapua5.jpg

カプアカレーチョイスで。丁度女子会のメニューが立て込んでいたので提供されるまで時間がかかりました。色んなサラダがワンプレーとに収まっています。野菜を食べてしまわないとカレーを食べるスペース不足・・・


 

kapua6.jpg

 

 

kapua7.jpgこんな感じで色々と。今度はグリーンカレーにでも挑戦してみようか。

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

カプアホームページ

このページのトップへ

2018年7月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

mjj6.jpg

日曜日に子供をランチに連れていかなくてはならず、買い物もあったので ココサにあるMUJIカフェに久しぶりに来店。(5)となっていますが、それ以上来ていると思いますが4,5ケ月ぶりになりますかね。12時前ですが、結構混んでます。

 

 

 

mjj7.jpg

無印のカレーって美味しいんですよ。レトルトカレーの中でもタイカレー、インドカレーは評判がいい。ファミリーマートの無印コーナーでも買えるけど、ショップだと品揃えもすごいし。いやまじで2種類買ってあいがけすればベスト。これはうまいうまいレベルでご飯もバリいけちゃいますよ。ほんと、だからまとめ買いをオススメしますよ。私が大学生時代はこんなカレーなかったもんね。せいぜいLEEの20倍とか単に辛いカレーでヒーヒーいいながら、カレー食べてましたよ。

カレーの話ではなくて

 

mjj8.jpg

ショーケースで副菜を見てから決めます。メニューからおにぎりが無くなっているな。

 

 

mjj9.jpg

今日のメインは

備中高原鶏の唐揚げ 油りん地ソース

ケール入り鶏肉のメンチカツ

鰆の味噌焼き

緑黄色野菜グラタン

茶美豚の酢豚



ということでグルテンフリーの鰆を選択。鰆の時期ではないんですが。

 

 

mjj10.jpg

冷菜は7種類から2つ選べます。

 

 

 

mjj1.jpg

2人の子供は全く同じチョイスをして・・・

メンチカツと ゴーヤと青菜の沖縄風白和え 、干し大根入り厚焼き卵のえのきあんかけ

私がm印のハンバーガーとかに小学生の子供を連れて行かないからか、渋い大人のようなチョイスをしてしまう・・・・

 

 

 

mjj2.jpg

わたしは 鰆とゴーヤの白和えと きゅうりと香味野菜と茶味豚のもろみ和え にしました。

 

 

mjj5.jpg

パーツ的に、十穀ごはん

大盛無料ですが・・・と聞かれました。大盛でなく普通で。

 

 

mjj3.jpg

これ普通

 

 

mjj4.jpgゴーヤの白和え 〇

茶味豚もろみ  △

 

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

このページのトップへ

2018年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sey13.jpg

鹿児島です、以前はよく鹿児島に仕事で来ていましたが最近は少なくなりました。鹿児島天文館でランチといえばやはり「うなぎ」も候補に入りますね。何度も訪問している末よしさんに。数年ぶりです。

 

 

sey12.jpg

うなぎが新幹線に乗っている。新幹線全線開業は2011年だよね。うなぎも高騰しているからどれくらいになってるのか。

 

 

sey14.jpg

本格炭火焼 最高級備長炭使用。末よしさんは朝10時からオープンしているからすごい。

 

 

sey1.jpg

うなぎは国産・鹿児島・大隅産じゃー。鹿児島鰻といえば生産量もすごいんじゃ。

 

 

sey2.jpg

店内1階はカウンター席とテーブル席。

 

 

sey3.jpg

さてと価格をチェック。まずうな丼とはご飯に薄いたれ、タレの量は多め。

うな重は蒲焼きに濃いタレ。ご飯とうなぎは別々。

そしてそれぞれ

松 2760円、竹 2080円、梅 1420円、 うな丼のみ小 980円高騰の折良心的な価格設定に感じる。



11年前は・・・・以前のブログをみて

松 2350円、竹 1750円、梅 1200円、小 850円

小はあんまり変わらない。でもこれだけのアップだと少ないですよね。でも鰻の量は同じかわかりません。

 

sey4.jpg

以前のブログを見て考えていたら丼が到着しました。そこそこ表面積は大きい丼だ。

 

 

sey5.jpg

松は 2枚+ご飯の中に2枚。

鰻エキス入り肝味噌汁。

 

 

sey6.jpg

関東風

背開き、蒸してある。。備長炭焼き、 ヨダレうなぎ。いいね


 

 

sey7.jpg

肝吸物でなく味噌汁というのも珍しい。

 

 

sey8.jpg

うなぎをひっくり返して。

 

 

sey9.jpg

ご飯を掘ると、鰻2切れが隠れています。松は4切れですから。これがご飯で更に蒸されてフカフカに。

 

 

sey11.jpg

肉厚で表面少しカリッとジュわっと。美味しくうなぎをいただきます。タレは甘め。

 

 

sey10.jpg

濃いタレの肝焼き。ここの好きだ。完全満足。

 

以前は竹を食べていましたね。

 

うなぎの末よし (1) 2007年の記事(古いのが残ってるなぁー)

 

うなぎの末よし (2)

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

getb8.jpg

約半年ぶりに サニープレイスハンバーガーに来てみました。

え、GET

GET BURGERに 名前が変わっているじゃないですか。

6月末にサニープレイスハンバーガーから名称変更したとのこと。そうだったんですね。GETというとこの指のマークからもゲッツーを思い出します。違う、これはグーググーだ。

 

 

getb9.jpg

香港発 エッグワッフルもあるじゃないですか。私はワッフルは無理ですが 隣の席のインスタ女子は遠くからこのエッグワッフルを食べに来てたみたいです。まだエッグワッフルって日本ではポピュラーではないですね。エッグワッフルとヤフー検索しても熊本って出るくらいだから、熊本は店が多いのでしょうか。 ハウディのスイーツ女子は食べに行くべし。笑

 

 

getb1.jpg

店内もサニープレイスからGETに変更ー

 

getb10.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)

も少なくなってわかりやすく。旧来の人気バーガーはありますよ。

 

getb2.jpg

900円から2200円まで14種類。

今日は、コルビージャックチーズ 1200円にベーコントッピング 200円 + ジンジャーエールでお願いします。

 

 

getb3.jpg

ハンバーガーは10分から15分くらいかかります。

 

 

getb4.jpg

いや分厚くて嬉しいハンバーガー。コールスローサラダとポテト付

 

 

getb6.jpg

チーズとろとろだよ。

コルビージャックチーズって知ってますか

 

 



そうあのマーブルチーズというか大理石のような皆もおつまみで食べるような癖のないチーズです。コルビージャックチーズ

 

 

getb7.jpg

ベーコンもペラペラでなくて分厚いのが3枚です。

 

 

getb5.jpg

そして特筆すべきがこのナチュラルカットポテトの量です。これだけサービスしてくれるところはめったにありません。前回、次回はライスを頼もうと思ったけど、糖質が増えるのでやめました。

 

 

トランプ大統領が食べたハンバーガーで有名になった浜松町のマンチズバーガーシャックはこれでしたよ。皿がスカスカ

 

MUN4.jpg

 

さあ、皆もゲットバーガーでバーガーとエッグワッフルを。TT

 

SUNNY PLACE HAMBURGER  サニープレイスハンバーガー 熊本(2)

 

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmke8.jpg

田迎 CURRY&MEATに。昨日は隣の天真屋さんで和食をいただきました。(昨日の記事)その時気になったので早速翌日訪問。こちらのカレー屋さんは2018年4月3日オープン。天真屋さんの同系列です。駐車場は天真屋さんと共通ですからかなりたっぷりあります。場所は旧浜線沿い。

 

 

tmke9.jpg

カレーのランチとステーキのランチ。カレーはインド風。バターチキン、山椒牛キーマカリー、オリジナルカレー(今日は牛タン)の3種類があります。一度に3種類というのは無理なよう。

 

 

tmke3.jpg

1階は7席カウンター。2階にはテーブル席。夜は一人焼肉もできるようカウンターの前にグリルがあります。

 

 

tmke1.jpg

せっかくなので ハーフアンドハーフ 980円 で2種類を一度にということで、キーマ+月替り(牛タン)にすることに。今気づきましたがサラダ・ラッシーのセットもあるんですね。

 

 


 

 

tmke2.jpg

ステーキランチもあります。今度200gくらい食べてみようかな。

 

 

tmke4.jpg

以外とすぐ到着。

ターメリックライスを中心にして2種類入ってます。

 

tmke5.jpg

こちらはキーマ。和風山椒牛キーマカリー 清涼感たっぷりと書いてあるカレーということです。

 

 

tmke7.jpgこちらのキーマは辛いんですが、さっぱり味で美味しい。両方まぜても食べましたが、キーマカレーの方が気に入りました。ということで次回はキーマカリーだけのを食べてみます。半熟卵も付いているようなので。

 

食べログ(掲載時点採点なし)


ホームページ

このページのトップへ

2018年7月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uome13.jpg

田迎の旧浜線沿いにある、旬菜魚麺図 天真屋にランチに行ってみました。場所は浜線とけやき通りの交差するヒライのある交差点から100メートルほど中心部寄りにあります。大きな倉庫みたいな建物ですので、すぐわかりますし駐車場も店の前と奥にもあります。はじめての訪問です。旧浜線は混むのであまり使うことが少ないです。

 

 

uome12.jpg

店内は2階建ての構造で天井が高い。こちらは居酒屋のれんこんグループの1店です。

 

 

uome1.jpg

メニューは十割そばとのセットメニューや丼(カツ丼や海鮮丼)とのセット、天ぷらとのセットとか沢山あって全部は掲載しきれないので、ホームページを見ていただく方がよいと思います。というかメニューが沢山だ。蕎麦の単品とかアンダー1000円のメニューも結構あります。

 

 

uome2.jpg

十割そばとグルテンフリーのメインの組み合わせといえば、少なかった。

肥後うまか赤鶏 しっとり胸肉 塩麹焼きと天草天然刺身 十割蕎麦定食 1280円(税込)

これにした。

十割そばは店で挽いてそばにしていると書いてあった。十割そばはグルテンフリーだ。


 

 

uome6.jpg

キャベツサラダは食べ放題

 

 

uome3.jpg

熊本菊陽人参で自分でジューサーでジュースを作っていただける。面白いサービスだ。中嶋農法による人参。やってみよう。

 

 

uome4.jpg

カットされた人参が準備されているので

 

 

uome5.jpg

人参を入れてジュースにする。

 

 

uome7.jpg

3本分にしておいた。氷を入れたのでそんなに量はない。はじめてなので味もわからないし。

思ったより苦みもなく飲みやすいジュースだった。今度来たときはもっと増やしてみよう。

 

 

uome8.jpg

そうこうしていたら定食到着。

結構なボリュームだ。そばはやけに大きな器に入っている。

 

 

uome9.jpg

さっぱりした胸肉。

 

 

uome10.jpg

ぶり、まんだい(赤まんぼう)、たこ の刺身。

 

 

uome11.jpg

久しぶりに十割そばをいただいた。しかし食べてもこれが十割か2・8かはわからない。蕎麦はわからないものだ。お店の隣には系列のカレー屋さんがあるので、今度訪問してみよう。

 

YAさんの最近の記事

コスパ抜群!旬菜魚麺図天眞屋 ニンジンジュースでヘルシー

ニンジンジュースと海の幸 熊本市南区田迎 旬菜魚麺図天眞屋

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

eqp11.jpg

週末にファミリーで南坪井にある、イクイップメントフロアに来ました。催事などでカレーショップを出店されていることも知っていたのですが、お店に来るのは初めてです。子供たちは来たことがあるようです。外観は雑貨屋さん風。正面は広町に面していて、脇道のほうに入口があります。

 

 

eqp12.jpg

カレーやアジア料理が美味しいお店とのこと。今日はカレーにしてみるか。若いカップルにも人気なのかなぁ、数組来店。

 

 

eqp1.jpg

入口のカード。オムキーマカレー・スパイシーチキンカレー・日替わりお弁当。オードブルも予約であるようですね。店内はアジアン風インテリアです。ふわっとゆるい空気感がある感じで女性の一人客でも入りやすい雰囲気があります。

 

 

eqp2.jpg

店内のボード。

日替りのメニューが。

日替わりご飯は チキンと野菜の塩レモングリル

カレーは チキンと夏野菜のイエローカレー

アジアご飯はべトナム風冷麺(フォー)

 

 

eqp3.jpg

カレーも数種類ありますね。

サラダ・ドリンク付き 980円メニューで

マイルドキーマカレー、スパイシーチキンカレー、日替りカレー 1080円メニューで オムキーマチーズ入り

 

 

eqp4.jpg

セットドリンクも選べる幅が広い。

 

私はスパイシーチキンカレーに決定。

 

eqp5.jpg

サラダを食べて

 

 

eqp6.jpg

こちらは奥さんの日替り定食ランチ 980円

メインのほか3種類の副菜がついています。スープはないです。


 

eqp7.jpg

子供はお子様ランチなどもう選ぶこともなく、大人と同じ。アジアンご飯ランチ(フォー)デザート付 1280円。パクチーを美味しいと言ってパクパク食べる味覚の幅を持っているにも関わらず、トマトは嫌いだとーー

 

 

eqp8.jpg

下の子供はキーマカレー。デザート付 1180円。水分も多めのキーマカレーで半熟卵を混ぜるとマイルドになるためか、普通に食べてました。私も少し食べましたが美味しかった。

 

 

eqp9.jpg

スパイシーチキンカレー サラダ・ドリンク付 980円

手羽元の肉がホロホロ取れるし、スパイシーだけど美味しく、沢山の野菜から出てきたエキスが入っている感じ。本格的に作ってありますね。カレーはテイクアウトもできるようです。激辛でもなくて本当に食べやすくて美味しい。こういう味のカレーってどんどん食べすすめますね。スパイスマジックです。

 

 

eqp10.jpg

コーヒーをいただく。

 

当デックスブログブロガーのYAさんも気に入りのようです。


熊本市中央区坪井イクイップメントフロア オムキーマチーズ入りカレー

 

熊本市中央区南坪井町 町中なのに、隠れ家的カフェ♪イクイップメントフロア

 

 

食べログ(掲載時点 3.19)

このページのトップへ

2018年7月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rubur12.jpg

会社からほど近い、江越にある「フランス食堂 ル・ブリアン」に来てみました。2018年4月30日オープンですから、まだ比較的ニューです。ピンクの建物の色西松屋の隣です。こちらは以前もビストロがあって、いままで何度が店舗が変わっています。

 

 

rubur13.jpg

駐車場は店の前4台分のみ。となりの中津からあげもり山さんとは駐車場が共有していませんので、ご注意を。

 

 

rubur1.jpg

ランチメニューはそれぞれは日替り。

詳細のメニューは店内。


 

rubur2.jpg

こちらに来たのは今から10年くらい前にイタリアンだった時以来かもしれません。20名少しのキャパ。カウンターは4席。

 

 

rubur3.jpg

カレーにも惹かれますが、ここは一番人気と思われるチョイスメニューにしてみます。肉か魚がチョイスということです。ランチコースは前菜・スープ・パンorライス・メイン・デザートで 1500円 税込ですから、結構価値あるかも。

 

 

rubur5.jpg

ということで1品目はサラダ。しっかりボリュームサラダ。

 

 

rubur6.jpg

タコとトマトキュウリのマリネ ローストポークのタルタル

しっかり具材の入ったサラダ マリネ。

 

 

rubur7.jpg

新玉ねぎの冷製スープ。冷たく甘味のあるスープです。スープを飲んでいくとお腹がふくれてきます。ライスかパンが付きますが私は今日は両方パス。

 

 

rubur8.jpg

メインは 魚を選択し コショウダイのコンフィ 粒マスタードソース

みた感じ、味の濃い濃厚なソースを想像しましたが、そうでもなかったです。

 

 

rubur9.jpg

もう少し温かいと美味しいかなぁと思いましたが、ボリューム的にも満足です。

 

rubur4.jpg

飲み物はコースには付いておらず、別。

デザートはバナナのキャラメリゼ、パイナップルのソルベ (写真撮り忘れ)が付いているのですが、クレームブリュレが食べたくなったので、別(450円)で注文。

 

 

rubur10.jpg

 

 

rubur11.jpg

今日はそんなにお腹がすいていなかったのか、結構お腹一杯になりました。1500円で サラダ・スープ・パン・メイン・デザートならばコストパフォーマンスは良いと思います。(今日は別デザートで1950円)

今日もそうでしたが、お昼はいつも女性が多いお店だと推測します。

 


食べログ(掲載時点採点なし)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレス ブログに年に何度か登場するジャルディーノ。掲載しない場合もありますので、それ以上の回数は訪問していることに。特にランチ訪問が多いのですが、特にリピーターさんでにぎわっている印象。1000円でかなりのコスパランチなんです。今回は家族で1年弱ぶりにディナーで訪問。


 

jaljal6.jpg

セグレタ 2016 の白ワインをボトルで コスパのいいワインだ。

 

 

jaljal8.jpg

メニューは手書きの物以外にもありますので、結構色々。

 

 

jaljal5.jpg

15種のハウスサラダ 780円 15種というだけあって色んな野菜が入ってます。

 

 

jaljal4.jpg

小海老のニンニクオリーブオイル煮  870円

アヒージョですね。これも頼むことが多いメニュー。

 

 

jaljal1.jpg

鮑(あわび)のバター肝ソースソテー 1620円

濃厚なバター味のあわび。白ワインと合いますね。

 

 

jaljal3.jpg

フィッシュアンドチップス 670円

 

 

jaljal2.jpg

何か忘れてしまったなー。ハーフアンドハーフのピザ。

 

 

jaljal7.jpg

パンチェッタとハーブのペペロンチーノ グルテンフリー麺にチェンジ。

GENKIDOのグルテンフリーパスタは普通のパスタとほぼ同じ食感で美味しい。

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 

このページのトップへ

2018年7月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ncui1.jpg

並木坂にあるチャオリーにランチに来ました。こちらはヌーベルシノワのお店です。ヌーベルシノワってなんかフレンチみたいだと思いますが、そうですね。ヌーベルキュイジーヌ(新しいフランス料理)に習い、1980年代に香港あたりで流行しはじめた料理です。ヌーベルシノワとは新しい中華料理という意味で使用される造語です。何が新しいって伝統的中華料理より油を少なくしてあっさり目にして盛り付けにも気を配った感じ。

 

 

 

ncui3.jpg

店内は1階と2階。1階は15席ほど。2階はもう少し広いらしい。

 

 

ncui2.jpg

担担麺が有名らしくて、YAさんもたまに食べにくるようですね。

私は麺は食べないので、週替りランチ(AからD)から選びます。 800円とは高くない。低カロリーが良かったので、C カニと春雨のあっさり煮にします。

 

 

ncui4.jpg

15分ほどして到着。

ご飯、メイン、スープ、タピオカ、お新香


 

ncui5.jpg

鶏ガラスープの春雨煮です。ご飯のおかずというより、本当にあっさりしていて、単品で太平燕みたいに食べてしまい、ご飯はだいぶ残しちゃいました。

メニュー表をよく見なかったのでわかりませんでしたが、ダブルランチというのは2品選べるということでしょうね、1品・・800円、2品・・・1100円 と書いてあればわかりやすいかも。次回どういうものかチャレンジしてみます。

 

 

ncui6.jpg

スープ。

 

熊本市中央区上通町 俏麗(チャオリー) 担々麺

 

食べログ(掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2018年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ミシュランガイド熊本・大分2018 特別版

 (2018年7月13日 発売)

 


にて ビブグルマン (3500円以下でコストパフォーマンスの高いレストラン)に選ばれています、

 

 

ヨダレカレー を掲載します。すごくインパクトがあって名前を聞いたら忘れない。

ヨダレが出るほどうまいカレー です


 

今回は弊社情報誌ダイニングエクスプレス VOL33 「うまかもん」とのコラボ企画で 写真は7月上旬に実際に私が食べに行ったときのもの、文章はダイニングエクスプレス掲載のものを使用しています。

 

ydr10.jpg

オープンの12時前に行列が出来るのは当たり前とか

 

行列のできるカレー屋さん 

 


ヨダレカレーは熊本市南区田井島、平成とうや病院の斜め向かいにあります。お店は黄色1色で塗られた壁と赤い文字で書かれた看板のおかげで遠くから離れていても一目瞭然です。何よりの目印は昼時にカレーを食べるためにお店の外で溢れ返るお客さんではないかと思います。ランチでカレーが完売することも多々あり、連日県内だけではなく他県からのお客様もその噂を聞きつけてお店にやってくるのだとか。店内に入るとカレーのスパイスの香りが漂い、食欲を刺激します。また、壁にはたくさんの張り紙や雑貨が置いてあり、カレーを待っている間も楽しめるお店になっています。


 

 ydr11.jpg

行列がなくなった瞬間を撮影。またすぐ行列に

 

こだわりのカレー 

 


カレーのメニューは4種類あり、好きなカレーを単品(1種類)750円?、あいがけ(2種類)850円、混盛り(3種類)950円から選びます。(4種類がけカレーはメニューには無いようですが時間がある時に注文すると作りますとおっしゃっていました)


 4種類のカレーは時期によって変わるので行くたびにメニューが違うこともあるようです。今回の取材では花山椒と豆板醤がピリっときいた(マーラー)ポークキーマ、魚介がぎゅっと凝縮されたシーフードカレー、コクのある優しい味のバターチキンカレー、ハバネロを使用したパンチのあるハバチキキーマの4種類でした。(ダイニングエクスプレス雑誌取材当時のメニュー)

 

どれも辛さを控えめに作ってあり、とても食べやすいカレーになっています。SNS映えする見た目だけでなく、思わず笑みがこぼれてしまう程美味しいカレーです。さらに、カレーだけでなくカレーの上に乗っている副菜も手作りで、「美味しい!カレーに合いそう!」と思えば、料理のジャンルを問わずにアイディアを取り入れているそうです。また、お米はヨダレカレー専用米を奥さんのご両親と一緒に作っており、こだわり尽くしの愛情たっぷりカレーです。


 

 ydr3.jpg

カウンター席の上には色んな雑貨が並べられて店内も楽しい感じ

 

 

ydr1.jpg

メニューはたまに変わります。今日は4種類から。3種類を選ぶのも楽しい

 

 ヨダレカレー誕生の秘話 

 


店主の坂本さんは料理を作ることが好きで和洋中さまざまな飲食店で10年ほど働いていたそうです。ある日のまかないで、とても食べられるものではないくらい美味しくないカレーを作ってしまいます。失敗することは無いと思っていたカレーの難しさ・奥の深さに魅了された坂本さんは、それをきっかけに独学して、カレー屋をはじめることを決意。カレー屋をすることを聞いて奥さんは、「美味しい料理を作れるこの人なら大丈夫!」と後押しし、夫婦でお店を出すことになったそうです。

 


お店は熊本市西区で出す予定でしたがその直後に起きた熊本地震のために移動せざるを得ない状況に。ちょうど空き店舗があった熊本市南区田井島に場所を移し、「ヨダレカレー」が誕生しました。ここで疑問が。なぜ店名がヨダレカレーなのか?よだれが出るほど美味しいカレーという意味なのか?いえいえ、違うんです。テレビの食べ歩き番組を観ていたときに「よだれ鶏」が紹介されており、「よだれってつけるだけで美味しそうになるな・・・」ということでカレーにヨダレをつけて「ヨダレカレー」に決めたそうです。よだれが出るほど美味しいカレーは後付けのようですね。

 

 

 

 

  ydr2.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

 

ydr5.jpg

サラダのドレッシングも美味しい

 

 カレーの修業は大阪

 


実はよだれカレーの一皿にカレーのルゥを複数かけるスタイルは大阪にあるカレーをヒントに作ったものなのです。当時、カレーのルゥをあいがけするスタイルを熊本では誰もやっていなかったことから熊本でもやってみようと決心した坂本さん。大阪は熊本以上にカレーの激戦区ということで今でも半年に一回はお店を閉めて夫婦で大阪へ修業に行き、カレーを食べ歩くそうで、お客様が飽きないために新しいカレーのネタを探しています。修業の日はお店の入り口に「カレー修業のため長期休暇を頂きます」の張り紙が・・・。これを見たら残念ながら食べれなかった人も、つい笑って許してしまいそうですね!こうした修業の末、坂本さんが考案したカレーの種類はなんと30種類程。まだお店に出していないカレーもあるようです。


 

 

   ydr4.jpg

野菜出し汁のチーズカレー、チリポークキーマカレー、牛ビーフカレーの3つを選びました。

 


ydr7.jpg

3種類もカレーが乗っていると嬉しいわー

 


ydr6.jpg

違う人はタマチキポークカレーを選択。うずらも入っています。

 

 

 

ydr8.jpg

1皿にスパイスを繋げる 

 


ヨダレカレーではカレーのおススメの食べ方に「すべてのカレーを混ぜ合わせて食べる」とあります。「混ぜ合わせたら美味しくないのでは・・・?」という私の不安をぶつけると坂本さんが、DJからカレー屋になった方に言われたお話をしてくださいました。

 


「音楽もスパイスも同じ。音から音へ繋ぎ合わせるようにスパイスも音階に分け、お皿でスパイスが喧嘩しないように相性のいいスパイス同士を繋げる。3つの音(味)で1つの音(味)を出すようにカレーを作ることが大事。」この話を聞いて感動した坂本さんは、4種類のカレーのどれを合わせてもスパイスの相性がいいように考えて作っています。スパイスを音に例える・・・カレーの奥の深さに驚嘆です。


 

 

ydr9.jpg

今後は・・・

 


「どうしても複数のカレーを出すと提供に時間がかかってしまい、お客様にも迷惑をかけてしまうことも。今後は4種類から選べるカレーではなく1つのメニューのみで1皿に全力を注ぐカレーを作って、型にはまらずにこういうカレーもあったんだと思わせるカレーを作ってみたい。右を向けと言われたら左を向くカレー屋を目指します。」と話す坂本さん。常に進化し続けるヨダレカレーに今後も目が離せません。


今回の取材を通して、震災を乗り越え、夫婦二人三脚で1から作り上げたお店と知り、胸が熱くなると同時に、自分も「頑張らなくては」という気持ちがふつふつと湧いてきました。また、仲の良いご夫婦のカレーに対する熱い想いと、人を笑顔にする暖かい人柄に私もすっかりヨダレカレーの虜になりました。ヨダレカレーが誕生して約1年半。これから益々人気店になること間違いなしです。ぜひ皆さんも絶品カレーを食べにヨダレカレーへ行かれてはいかがでしょうか。 (文章 M.S.)

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soyma7.jpg

最近ずっとパッタイ(タイ風焼きそば)が食べたくて仕方がありません。ということで半年ぶりに来てみました。ソイマーニー。

 

 

soyma1.jpg

今日は一番奥の席に座りました。こちらカウンター以外は4席のテーブルしかないんですね。

 

 

soyma2.jpg

パッタイが・・・・パッタイがない。イエローカレーに変わっている。

お店の人に「パッタイは」

「今週はないんですよ」 わざわざ作ってくれるわけないか

 

まぁ、お店を出て次のパッタイ屋を探せるほどパッタイはどこにでもあるわけではないので

今日はガパオガイライスにします。

 

 

soyma3.jpg

サラダと海苔のスープをいただいて待ちます。

パッタイが食べたい。頭の中から離れません。


 

soyma4.jpg「ガパオライス」とは、タイの定番料理で簡単にいうと「鶏肉のバジル炒めご飯」。

私が食べたことのあるものより、チキンの一つ一つが大きいな。そぼろ風になっているところもあるので。タイでいただくのよりだいぶ日本人の口にあうように修正されているガパオ。


 

soyma5.jpg

まぜまぜしていただくのがタイ風。今日は中辛でお願いしてみました。卵がご飯を覆っています。

 

 

soyma6.jpg

箸で卵を割ってから撮影。この方がシズル感がでて美味しそうですね。中辛でしたがさほど辛くなく、途中ナンプラーで味付けを変えていただきました。久しぶりにガパオもいいけど、これを食べたいと思って違う食べ物に変更した時って少し残念ですね。

 

ガパオライス。家庭で簡単においしくできました! (YAさんブログ、イナバの缶詰めでガパオライス)

 

熊本市中央区九品寺 絶品タイ料理店 ソイマーニー

 

ソイマニー アジア(タイ)料理 熊本市九品寺

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oykd1.jpg

創業明治10年、熊本では有名なのでは。そば屋のイメージが強いのですが、うどん・そば・丼なんでもあります。

藤崎宮に近いため年末めちゃくちゃ混むイメージがあります。

 

「そばやさんで親子丼」を食べたくなって 頭に浮かんだこちらに来てみました。常連さん風な人が多いですね。ここには何度も来ていますが、親子丼を食べるのもはじめて。というかあまり親子丼たべないんです。東京のあべやさんくらいですね、食べるのは。

 

 

oykd2.jpg

牛丼というメニューもあるが肉丼もあり、ミニと普通の違いはご飯の量らしい。

今回は親子丼のミニにしてみます。

 

 

 

oykd3.jpg

イメージとまったく違うものが到着。

最初違うものが来たと思いました。

かなりたまごふわふわ丼だなぁ。

 

 

oykd4.jpg

はしでは食べれないんでしょう。スプーン必須。

 

 

oykd5.jpg

玉子をずらしてみると中に鶏肉、たまねぎなどが入っています。


そしてかなりのツユ。実は「ツユダク」というものが苦手でありまして。


そのものが美味しいとか美味しくないとかではなくて、牛丼もカツ丼もツユダクは箸が進みません。とり肉はだいぶいただきましたが、しばらく置いておいたらだいぶ汁をご飯が吸ってきました。子供がうどんでは足りないということなので、こちらの丼を食べさせました。私は追加でおにぎりをオーダー。ツユダクかどうかは最初に確認しないといけませんね。

 

YAさんもこちらのつゆダク親子丼食べられて結構好きなんですね。でもYAさんの時の方がつゆダクダクです

 

創業明治10年 広町の山本屋食堂 黄金の親子丼

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

山本屋食堂 ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年7月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kesn6.jpg

今日は魚の気分でしたので約5ケ月ぶりに国枝鮮魚店へ来ました。

 

 

kesn7.jpg

今日は前回に続いて弁当を食べたいと思います。

 

 

kesn1.jpg

弁当は 1280円で

本日のお刺身、のどぐろの塩焼き、なすとゴーヤの味噌炒め 肉じゃがなど・・・・

のどぐろまで付いているの。と思ったら 売り切れました。とのこと。


 

いつもはそこそこ人気の一番安い 680円の いわしのみりん焼き定食は 今日は人気がないようです。(9食限定)


 

そうなれば海鮮丼 のチョイス。多くの人が今日は 弁当・売り切れ・海鮮丼に流れていました。

 

kesn2.jpg

まあ沢山刺身が食べれるからいいんです。今日はご飯の上の刻み海苔は抜きでお願いしました。

 

 

kesn5.jpg

うに、いくら、たい、かんぱち、かに身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、たこ、マグロ、ほたて、しまあじ

13種類で豪華です。

 

 

kesn3.jpg

それぞれの魚も肉厚で。

ご飯が酢飯だと本当に嬉しいんですが、お寿司やさんではないからですね。

 

 

kesn4.jpg

この海鮮汁がいいんですよ。

今日は鯛とサーモンの身がたくさん入っていて、よく味の出た汁が美味しい。

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

国枝鮮魚店(3) 熊本市水道町 やっと弁当

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。

 

 

このページのトップへ

2018年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikkn1.jpg

羽田空港で食事。JALは九州方面は南側ターミナルだから中央から南よりのレストランの利用が多いのですが、今日は時間も少しありましたので、東北・北海道方面への飛行機のターミナル北側テラス2Fに行ってみました。一休茶屋というお店に。牛タンと卵かけご飯のお店です。女性の一人客が多いですね(空港だからか)


こちらは羽田・千歳他でみかけるMMCオーガニックコーヒーの店舗を経営したりしている、三本コーヒーの経営です。



ikkn2.jpg

牛タン焼きは一番安くて 赤タン焼が1580円から。通常のタンは1980円

 

 

ikkn3.jpg

それに対して、卵かけ丼 550円がとても安く感じます。(当然)

卵かけご飯は羽田空港でもう1か所食べれる場所があります。

 

 

ikkn4.jpg

色々定食はあるので何にするか悩む所ですが

 

ikkn5.jpg

ネットで検索したら、牛タンの評判がいまいちさんのようなので、

たまには卵かけご飯も食べてみたいと思い


極だし すき焼き鍋 卵かけ丼セット 1660円に決定。

 

ikkn6.jpg

標準でも量が多いご飯と

ミニ鍋

すき焼き用のたまごとスープ

たまごかけ丼用のたまご2個(卵3個は多いよな)

 

 

ikkn7.jpg

フツーの鍋です。味もね。

 

ikkn8.jpg

この卵と卵かけ用ご飯と違う卵かどうかは全くわかりません。

 

 

ikkn9.jpg

卵かけご飯(TKG)は年に2度くらいしか食べませんが、私は黄身だけ派で、1個使っていただきました。この上から醤油。

ご飯の量がちょっと多かったけど完食しました。今日は結局飛行機が遅延で1時間も遅れて、結構疲れました。食べておいて良かった。


 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

 

このページのトップへ

2018年7月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

熊本発 中九州クボタの子会社株式会社熊本玄米研究所と株式会社トレードマークの合弁会社、玄米玄氣堂株式会社が2018年6月14日、渋谷区松濤にレストランをオープン。早速訪問してみました。

詳細の記事はここ

 

国内初「玄米ペースト」を使った グルテンフリー玄米パスタ&玄米パンの店

 

以前からこちらの玄米パスタやパンは食べてました。

玄気堂 玄米パン。グルテンフリーのパンも売ってます。大津町

 

gmg15.jpg

渋谷区松濤。高級住宅エリアです。東急渋谷から3分程度。このあたりもお店がちらほらあるんです。

 

 

gmg16.jpg

天気がいいからオープンテラスになっていて気持ちよさそうでした。オープンすぐ入店。

 

 

gmg14.jpg

東京ではこの手のお店も敏感な感度の方に支持されるんでしょうね。

 

 

agmg2.jpg

カウンターから道方面を。まだオープンしたてだけあって綺麗だし、オシャレな空間ですね。

 

 

agmg1.jpg

約50席あるので、結構広く。ホールの店員さんがきびきびと働いておられました。

 

 

agmg7.jpg

玄米からGENMAIへ。

 

 

agmg6.jpg

玄米は天然の完全食 食物繊維やギャバ、ビタミンB1、B6を多く含む栄養をとれると。

 

昼には夜メニューは頼めないとのことですが、メニューの料理開発は「野菜のバーニャカウダ」で一大旋風を巻き起こした「AWkitchen」の株式会社イートウォークの渡邉明氏が担当したらしいです。

 

agmg4.jpg

カナッペなどもヴィジュアルも良さそうです。

 

 

agmg5.jpg

アヒージョいいですねー。ワインも比較的手ごろなものから揃っています。

 

 

agmg12.jpg

熊本の食材が使われていますね。

 

あ、今日はランチでした。

ランチメニューから選びましょう


 

agmg3.jpg

パスタランチとリゾットランチ。

ここのはグルテンフリーだから大丈夫です。サラダ・パン付。

魚介とロメインレタスのジェノベーゼ にしました。

 

 

agmg8.jpg

サラダを頂き

 

 

agmg9.jpg

グルテンフリーのパン。これは熊本製造かな。

 

 

agmg10.jpg

パスタ。帆立、あさり、貝柱入り、ジェノベーゼの味もしっかり。


大人の男性には少し少ないかなと思いますが、大盛にもできるようです。

 

 

agmg11.jpg

最近のGENKIDOのグルテンフリーパスタは普通の小麦パスタとわからないくらい。

 

 

agmg13.jpgリゾットランチ から

明太子と彩り野菜 菜園風チーズリゾット

 

玄米の米粒の味がしっかりしていると思います。

 

熊本で玄米パスタ麺が食べたければ「ジャルディーノ」さんに。私もたまに訪問しています。

ジャルディーノ 熊本 好きなランチ。野菜沢山。

 

 

GENMAI GENKIDO HOMEPAGE

 

食べログ(まだ採点なし)

 

このページのトップへ

2018年7月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

業界関係者の会合があり、群馬県高崎市へ行きました。初めてです。新幹線で東京駅から50分。博多と熊本(つばめ)くらいの乗車時間です。でも高崎駅近辺は発展していますね、高島屋もありますびっくりしました。隣接の県庁所在地前橋が人口33.8万人、高崎が37.4万人。合計すると約70万人。熊本市(73万人)と同規模だということがわかります。面積自体は770km2に対し熊本は390km2ですが。

 

tksk12.jpg

懇親会場は駅の近くの交差点の角にある「高崎ワインバール」。普通にあるバールで地元のワインが置いてあるとかあるかもしれませんが、特に特徴はさほどないと思います。スタンディングチェアで、もう少し落ち着ける場所だと良かったのですが。

 

 

tksk1.jpg

料理も数はありますが、普通です。

 

 

tksk4.jpg

ですので、掲載はこれくらいにしといて。

 

 

tksk13.jpg

A.ZIRNHELT RIESLING (ツィルンヘルト リースリング)アルザス 4300

アルザスのリースリングは安くても冷やしていると美味しい。これは普通に1500くらいで買えるワインですが。

 

 

tksk2.jpg

カリフォルニアの ROBERT MONDAVI (ロバート モンダヴィ セレクション)

値段は忘れたけど、これも2千円アンダーで買える。

 

 

tksk3.jpg

770miles  california  cabernet sauvignon 3500yen

ワインを大分飲みました。2次会を挟んで、高崎ラーメンに行きたいという人に連れられ


 

tksk7.jpg

環七ラーメン

高崎でカンナナラーメンですか。環七ラーメンといえば、「土佐っ子」「なんでんかんでん」といった超人気ラーメン屋が東京の環7沿いにある黄金期に過ごしました。「背脂チャチャ系」です。熊本の「おんのじ」ラーメンの雰囲気もあるね。

 

 

tksk5.jpg

土佐っ子だからではないでしょうが、土佐の醤油。しかも朝6時までやっとる。

店内に入るとめちゃくちゃ混んでいます。これは人気店ですね。

 

 

tksk8.jpg

あんまり食べたくはないけど、

 

 

tksk9.jpg

半チャーハン 480円。 同行者のオーダー

〆でチャーハン食べなくてもいいだろうに

 

 

tksk10.jpg

同行者の環7油そば 730円

細麺だからまだいいのかも。これで太麺だったら

 

 

tksk11.jpg

私の頼んだ「麺なし 油そば」だと思います。というかこんなにもやしが大盛りだったっけ。食べた記憶が薄いです。

翌日だいぶ胃もたれしている人が多かった模様。

 

ワインバール

食べログ(掲載時点 3.02)

 

ラーメン

食べログ(掲載時点 3.23)

このページのトップへ

2018年7月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ttno13.jpg

今日は東京BI食倶楽部で銀座。みちば和食 たて野さんに。銀座7丁目ビルの6階にあります。入口はシンプルな方が良いのですが、盾とか賞状がなにやら。

こちらは2008年オープンで和の鉄人・道場六三郎氏の門下の方が独立されたお店です。

 

 

ttno14.jpg

やっぱりフレンチが好きなんでしょうね。和食のメニューみてもあまりときめきません。強肴が「はも」とか個人的にテンション下がります。食べログ見ても、こちらのお店は「ローストビーフ丼の うにのせ」が評判良かったので楽しみにしていたのですが、お店の人に「今日はローストビーフは入っていませんよ」とのこと。ガックシ。ランチに食べに来てくださいってか。

 

 

ttno1.jpg

前菜の盛り合わせ

 

 

ttno4.jpg

何やらゼリーとカボスか。なんだろうと思いきや。

これは岩塩(ピンクソルト)でカボスを絞って

 

 

ttno6.jpg

鮮魚を

岩塩の上で「塗り塗り」して適度な塩分にしていただくというわけ。これははじめて。

白身の魚(ひらめ)とかがあうね。

 

 

 

ttno7.jpg

おこぜの潮椀

 

 

ttno8.jpg

水ナス握り

 

 

ttno9.jpg

焼き物が肉料理で

野菜つけあわせ

 

ttno10.jpg

室町時代のラーメン  経帯麺と煮ぬき汁

名前はなんだろうと思ったけど、けいたいめんが室町時代に食べられていたらしい。


 

ttno12.jpg

鱧の蒸籠むし  きざみ野菜  合せ出汁  ゆずこしょう

 

ttno11.jpg

はも です。この時期の名物ですか、でもタンパクであまり好みではない。


食事、デザートは席を替わったので食べていません。料理12か。場所もあると思うが。

 

 

今日いただいたワイン

ttno5.jpg

ALSACE GYOTAKU フランス アルザスの辛口白ワイン。

「お寿司に本当に合うワインは何か?」研究を重ねた夫妻(奥さんは日本人)が辿り着いた、

5品種のブレンドで生まれる、爽やかな酸とミネラルが魚介のうまみを引き出す1本。これはいいですね。

楽天市場

 

 

ttno3.jpg

KOYAMA PEARSONS VINEYARD 2014 ピノノワール

日本人ワイン醸造家 小山竜宇氏のニュージーランドワイン。(11)

ピノノワールだけどだいぶミネラル感があります。個人的にはさらっとしている感がありありです。

 

 

ttno2.jpg

CHATEAU DE PARENCHERE (シャトー・ド・パランシェール) (8)

価格的にこのレベルでこの味なら十分だと思いますが。少し冷やしすぎですけど。メルロー70、カベルネ30

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)


お店のホームページ

 

このページのトップへ

2018年7月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

料理前篇は昨日の記事

 

nbn71.jpg

日本伝統野菜とフランス伝統食文化の融合
和歌山の清流からの鮎を米粉焼きと3年熟成パテ シャルトリューズを香らせて、スイカとコンコンブルのルーロー ミント風味と江戸伝統野菜馬込半白胡瓜と水茄子のマリネ、冷たいソースオゼイユを添えて

 

HPから

和歌山県紀ノ川鮎/米粉/三年熟成鮎パテ/泉州水ナス/馬込半白胡瓜/富里スイカ/胡瓜/花丸胡瓜/ミント/鮎魚醤/シャルトリューズ/薬研堀スパイス/エストラゴン/花穂紫蘇/マイクロオゼイユ/ノルマンディーフレッシュチーズ/マヨネーズ/オゼイユフォンデュ/
 ※2018年3回目の夏の鮎料理、フィレは皮目のみに米粉を付け太白油で香ばしく焼き上げ、身側は焼き魚の内部をイメージして直にフライパンに接着させないで間接的に加熱しフワッと仕上げました。
鮎パテは鰻のタレ、熟成潤香の法則に基づいて継ぎ足しをして味に深みと時を加えました。
フランスでは定番の川魚に対する酸味のアプローチで、オゼイユ(酸葉、スカンポ)を乳脂肪、鮎魚醤と合わせ冷たいソースオゼイユとしました、キュウリウオ科の名の相性で、西瓜、胡瓜、花丸胡瓜、江戸東京野菜 馬込半白きゅうりとのコンビネーションをお楽しみ下さい。

 

 

nbn8.jpg

盆に入って出され、そして鮎を活かした料理法、ソースが美味しくて。

 

 

nbn6.jpg

Dom. Paul Pillot Chassagne Montrachet 1er Cru Les Champs Gains 2012

ドメーヌ・ポール・ピヨ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ クリュ レ・シャン・ガン

ソムリエの方に料理の相性と予算からこちらのモンラッシェをオススメ頂きました。

 

 

nbn18.jpg

※フランス国民食であるクスクスをコンパクトにまとめ食卓に、千葉県船橋市のホンビノス貝と野菜、スパイス、
ハーブでスパイシーなブイヨンを作り、夏野菜と酒蒸しした千葉県大原産マダカアワビをブイヨンに浮かべコクのあるアワビキモのソースとアリッサオイルの入ったスプーンでかき混ぜ、スポンジパン、スムールと共にお召し上がりください。


 

nbn19.jpg

私にとっても、かなりエスニックな料理に思えました。しかし素材とのコンビネーションでなんていうんですか、いただくたびに引き込まれていくようなそんなスープの1品です。残念ながらクスクスとパンは頂きませんでしたが、スープで十分です。

 

 

nbn20.jpg

フォワグラV.C.C焼き バッハコーヒー粗挽き仕上げ
メキシカンマンゴーのスパイスマリネとコンフィチュールミニョット,ココナッツのカプチーノ
 
“スパイルテイル”でアンビベした創業150年木村家本店人形焼と共に

 

テイスト的にはオーソドックスなフォアグラですが、コーヒーテーストが珍しいです。


 

nbn21.jpg

山口県産荻直送天然真鯛 皮をひいてしっとりとポワレ

初夏野菜(万願寺とうがらし、ズッキーニ、ピキオス)をあしらい ナベノソース入りシェリービネガーソース


このナベノソースがとても美味しい。真鯛のあっさりした味をきゅっと引き締めてくれる。

 

 

nbn22.jpg

メインは

オーストラリア産仔羊背肉 紀州備長炭でじっくり加熱し、コリアンダー風味のグラッサージュでグラッセ

ラムメルゲーズ入りブンムブーランジェールのミニタルトにのせて

 

 

nbn23.jpg

火入れ加減 味 肉質

今まで食べた仔羊で一番美味しかった。その感想オンリーです。

残念なのはいい赤ワインを飲んでいないことくらい。

 

 

nbn24.jpg

グレープフルーツとスパイス香る白ワインジュレ、
エクストラヴァージンオリーヴオイルとからめ、爽やかなミントのソルべをエスコート

果汁のハーモニーを楽しみました。

 

 

nbn25.jpg

アプリコットの捥ぎたてグラフティ ラム酒風味

シナモンの香るビツのコンポート 甘酒のクーリ ピスタチオとのデュオ

デザートの流れが自然というか、すっと入っていきます。そんな流れっていうのも大事ですね。

 

 

nbn26.jpg

日本堤 バッハコーヒーと駒形をイメージした小菓子

 

帰りに渡辺シェフと少しだけお話をさせていただきました。とても美味しかったです。

 

食べログ(掲載時点 4.06)

 

ナベノイズムホームページ

 

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年7月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbn9.jpg

東京浅草。都営浅草線浅草駅の出口を出て隅田川と並行して走っている路地を南の方面へ進みます。創業200年を超える鰻の老舗、前川を左手に見ながら進んでいきます。人通りは少ない場所です。

 

 

nbn11.jpg

しばらく歩くとコンクリートの無機質な建物が左手に見えてきます。ナベノーイズムの店舗です。同業界の方に予約していただき今回訪問しました。

 

 

nbn10.jpg

フランス国旗があり、フレンチのお店とすぐわかります。ナベノイズムは2016年7月オープン。2年弱ですね。渡辺雄一郎シェフは三ツ星レストランとして名高い「ジュエル・ロブション」はじめロブションシャトーレストランで21年間勤務。ナベノイズムは現在ミシュラン1つ星です。

 

 

nbn12.jpg

2階と3階に席があり隅田川が望めます。席数は24席。


 

 

nbn14.jpg

飾り皿は珍しい陶器のもの。渡辺シェフの家紋をモチーフにしてあり、陶器と木板が合わさったデザインとなっています。浅草なので、串から外れた団子だとも思ったがそうではないようだ。

 

 

nbn13.jpg

詳細なるメニュー表が。そしてホームページにも料理の詳細が解説してある。ナベノイズムは日本とフランスの素材の融合。フランス料理にうまく日本料理の素材が取り込まれている。ということだけくらいが事前情報だったので、料理も楽しみです。

 

 

nbn15.jpg

グラスの DELAMOTTE シャンパンで


 

nbn16.jpg

1杯はシャンパンいただきたい。

 

 

nbn17.jpg

赤肉メロンとミントのガスパチョ 凍らせたフランボワーズと白ポルト酒のジュレを忍ばせクランベリーのエキュームでビール仕立てに 
浅草老舗とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーヴのマリネ

 

ガスパッチョはさきほどの飾り皿をひっくり返して乗せてある。皿の上に3つの丸の皿が乗っている。先ほどの家紋のデザインをうまく融合したものです。


 

nbn3.jpg

こちらは色んな味が複雑に融合した味だ。アミューズ3品を頂いた最後いただきました。


 

nbn2.jpg

大心堂雷おこしとフランスの出会い
雷おこし古代/シャラントポワトゥーバター/スペイン産アンチョビ/シチリア産ケッパー/かんずり/すだち

おこしとバターの組み合わせが本当に地域の融合だ。こういう食べ方があるのか。


 

nbn1.jpg

駒形 種亀最中のカナッペ
種亀モナカ皮/塩昆布/アーモンド/丹波黒豆/ノルマンディー生チーズ/生ハム/赤ピーマンエッセンス

細かいアミューズだが、もなか・塩昆布といった日本食との融合。こちらもとても複雑な融合味が楽しめました。

 

 

nbn4.jpg

“両国江戸蕎麦ほそ川”の蕎麦粉をソースエミュリュッショネの技法で炊き上げたそばがき、奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレとアキテーヌキャビア、ウォッカクリーム、おろしたて天城ワサビのコンビネゾン

 

HPより

※江戸ソバリエの資格を持つ私が取得当時通い詰め惚れ込んだ両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をフランス製銅鍋、シリコン加工ホイッパー、プラック熱源で一気に炊き上げ、フランス産発酵バターで乳化させたオリジナルの冷たい蕎麦掻き、福井県敦賀市奥井海生堂の素晴らしい利尻昆布のジュレで香りを閉じ込めました。
ランチは塩雲丹、ディナーはキャビアを添え、ウォッカを垂らしたノルマンディー産サワークリーム、天城わさびとのハーモニー、そして何よりも口内に広がる香りとテクスチャーをお楽しみ頂きたいNabeno-Ismのスペシャリテの一品です。
●朝挽き蕎麦粉/キャビア/奥井海生堂蔵囲い2年昆布ジュレ/ノルマンディクリーム/ウォッカ/天城ワサビ/芽ネギ


 

nbn5.jpg

これはシグネーチャ―ディッシュです。ロブションもキャビア料理は有名なんですが、それをオマージュしたような1品ですね。蕎麦もフランスでガレットという食べ方があるように日本と共通しているところがありますね。蕎麦とキャビアの組み合わせが味わえるのってここだけしかないんじゃないだろうか。

 

(料理後半は明日)

 

食べログ(掲載時点 4.06)


 

 

このページのトップへ

2018年7月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbr1.jpg

鰻の稚魚が採れなくなり鰻がこれだけ高騰していくと、いつの日か「うな重が3000円で食べれた時代もあったよねー、今は10000円出さないと食べれないから」なんて会話が来ないとも言えませんね。そう思うと東京で美味しい鰻を食べたい。

今日はかねてより一度来てみようと思っていた 登亭 銀座店に。ここは銀座四丁目和光から有楽町方面へ行き、2本目の道を右折してすぐ。わずか1分程度ですから、超一等地ですね。和光の近くには竹葉亭という鰻屋もあります。

以前訪問した、天ぷら 阿部のすぐそばです。


 

nbr3.jpg

看板を見てから入店します。

 

 

nbr4.jpg

うなぎ弁当も1階で販売しているのですね。銀座の鰻はやはり買い物してからの「ご婦人」が多いんです。この登亭さん、2階の座席もあると思っていたら1階のみ、カウンター3席、テーブル席8席の11席の小さなお店でした。お店の外には行列用の椅子が置いてありました。3席のカウンターに着席。

ゆっくり食べるというよりファーストフード的にさくっとうなぎをいただく雰囲気です。うなぎはさくっと食べるもんです。

 

 

nbr5.jpg

丼と重は松・竹・梅。うなぎの量で値段が決まります。

多くの人のチョイスだろうと思われる、梅(3132円)にします。吸物とお新香付き。

 

 

nbr6.jpg

隣のカウンターのご婦人は白焼定食を頼んでおられました。

 

 

nbr7.jpg

以外に早く10分ほどで到着。ファーストフード的ですから、時間がかかってはいけません。

 

 

nbr8.jpg

オープン。

焦げ目の少ないキャラメル色のうなぎ4分の3。ご飯の地肌は見えてます。

お新香は2種盛

吸物だけど、肝が入っている。これは肝ではないのか、サービスなのか。わからない。

 

 

nbr9.jpg

醤油もかなりあっさり目のうなぎ。

焦げないように丁寧に焼かれた感じは出ています。身は柔らかく蒸されていますが、少し小骨感はありますね。

 

 

 

nbr11.jpg

米のボリュームはそうでもない。


 

nbr10.jpg

吸物(肝入ってるのかわからないが)は普通に。

 銀座の超一等地でいただくうな重3000円です。このあたりでは「俺のうなぎ」も美味しいです。

 


食べログ(掲載時点 3.54)


登亭ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ricatak1.jpg

夜京都に入りました。今月は2回目の京都です。3時ころ軽食をとりましたので、軽めのディナーをと思いイタリアンを食べたいと考え、結局丁度1年前くらいにランチで訪問したことのある、シチリア料理 リカータに来ました。ここの前菜が美味しかったので、前菜+ワインでもどうかと。ホテル日航プリンセス京都の近くです。


 

rikatak11.jpg

奥のカウンター席からテーブル席を望む。シェフ1人+ホール1名で運営されています。シチリア料理というカテゴリーが珍しく、ワインもシチリアのワインだそう。シチリアはイタリアの島です。


 

rikatak3.jpg

この形の島 イタリア半島のそばにあります。

 

rikatak5.jpg

スプマンテ(スパークリング)、白、赤と飲みましょうか。

 

 

rikatak2.jpg

今日は前菜盛り合わせともう1品くらいで大丈夫な胃の感じ。

 

rikatak4.jpg

魚肉料理の種類も豊富です

 

rikatak6.jpg

SALAPALUTA BRUT サラパルータ ブリュット 900円

 

 

rikatak7.jpg

色んな種類の前菜盛 1500円

オリーブオイルがたっぷり。柑橘系もはいってシチリアらしく、うれしいです。


 

rikatak8.jpg

グルテンフリーな前菜が嬉しい。

 

 

rikatak9.jpg

DUCA DI SALAPARUTA KADOS  840yen

 

 

rikatak10.jpg

IL FRAPPATO 850yen

 

rikatak12.jpg

お腹がいっぱいになってきたので、3分の2のポーションにしていただいた

カジキマグロのパンテッレリア風 2500円

(ケッパー、フレッシュトマト、オレガノ、アーモンド)

あっさりしていてスープが特に美味しい

 

 

rikatak13.jpg

ピスタチオのジェラートアイスで〆ました。

 

食べログ(掲載時点 3.57)


シチリア料理 リカータ 京都・四条  前回記事



 

 

このページのトップへ

2018年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbaro1.jpg

大阪梅田のヒルトンホテル隣接ヒルトンプラザイースト2Fにある、B BAR。昨年に続き2回目の訪問です。B BARはバカラバー。バカラのグラスでお酒が飲める、バカラのバー。カウンターとテーブル席もあります。内部は暗くムーディーな雰囲気。

 

 

bbaro2.jpg

全く知らないと敷居が高そうなバー。

 

 

bbaro3.jpg

入口入るとバカラのシャンデリアが設置されています。

 

 

bbaro4.jpg

色々なバカラのグラスが置いてありますね。カウンターは落ち着ける空間です。

 

 

bbaro6.jpg

クマモンのバカラ(確か4万円くらい)とドラえもんのバカラ。

 

 

bbaro5.jpg

今日もベガのグラスでボルドーワインを頂きました。

シャトーペデスクロー 2011 ポイヤック5級。

かなり渋いですねというか珍しい。ボルドー格付が本当ですかという評価のグランヴァンですが、最近はだいぶ良くなっていると聞きます。

 

食べログ(掲載時点 3.51)


 

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日のADHOC(1)からの続編

 

adh14.jpg

豆、ブッラータ、オマール海老

素材といい手が込んだ料理の提供が続きます。そして口の中で素材と素材が交わりその喜びが伝わってきます。

 


adh29.jpgフリーゼライン、ウナギ、オレンジ

これも見事な一皿。フリーゼラインとは新しい野菜。


 

adh16.jpg

ヒイカ、パブリカ、チョリソー

イカスミの網の上でチョリソーを焼いているかのように見えてしまう。

 

 

adh17.jpg

ソースもいかすみも入って手が込んでいる、複雑な味のコンビネーション。

 

 

adh18.jpg

GEVREY CHAMPERTIN 2012 Taupenot Merme

ドメーヌ・トープノ・メルム ジュヴレ・シャンベルタン

1405年からトプノ家とメルヌ家においてワイン造りをしており、モレ・サン・ドニで7代続く老舗ドメーヌ。1998年に兄のロマン・トプノがドメーヌ運営に参加してから急速に評価が高まりつつあります。母のドゥニーズ・メルムがアンリ・ペロ=ミノ夫人と姉妹だったことから、多くの素晴らしい区画を分割相続しました。しかも樹齢35?60年を超える超レア区画ばかり 今やモレ・サン・ドニのカリスマとして注目され、ブドウ畑ではクリストフ・ペロ・ミノと協同栽培を行っています。 出典

 

 

adh19.jpg

料理と合います。おすすめしていただいたワインで良かったです。

 

 

adh20.jpg

石鯛、ズッキーニ、新レモン

 

 

adh21.jpg

新玉ネギ、サワークリーム、リースリング

 

 

adh22.jpg

メインは

エゾ鹿、アスパラガス、アメリカンチェリー

ソースの味とあう鹿でした。あまり鹿は食べないのですが。

 

 

adh23.jpg

デザート1品目が

トウモロコシ、マンゴー、エスプレッソ

これも味が複雑にからみあう。アドックさんの料理ってこういうの多いです。味の味わい

 

 

adh24.jpg

食べかけではないデザート。これがデザイン

甘夏、レザーウッド、ムラング(メレンゲ)

さわやかな味

 

 

adh25.jpg

小菓子

 

 

adh26.jpg

最後にお店の人が「当たりが入っています」とお持ちいただきました、氷菓。

 

 

adh28.jpg

棒には 何にも書いてありませんでした。残念。


アドックさんの料理は品数は多いですし、個人的に途中ポーションを少なくしてもらいました。大阪のフレンチは比較的ボリュームが多い所が多いような。でも内容といいリピートしたくなるお店が多いです。しかもミシュランにリストされているところはレベルも高いです。

 

食べログ(掲載時点 3.92)

 

アドックホームページ

このページのトップへ

2018年6月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

adh15.jpg

大阪・中之島 堂島クロスウォーク内のレストランを訪問しました。


 


 

adh1.jpg

ADHOC(アドック)フレンチです。

1軒屋風で以前はトゥールモンドというフレンチレストランの後継で、店名変更リニューワル移転して2014年9月にオープンしたのがADHOC (アドック)。ミシュラン1つ星のフレンチ。シェフは高山龍浩氏。



adh2.jpg

ADHOC とは 目的のための、特別な という意味があるそうです。色んな方の評価を見てもリピートする、値段以上の満足感があるととても評判が良い。

 

 

adh3.jpg

店内はテーブル席20席。天井も高く、スタイリッシュで居心地の良い空間が広がっています。

 

 

adh9.jpg

いくつかの飾られている高級ワインの空ボトル。ペトリュスとかもある。

無駄が少ない空間っていうのはいいですね。

 

 

adh7.jpg

メニューはテーブルの上に、素材を記載したものが置いてあります。これがあると嬉しい。

アミューズ+7品+デザート2品 という11品くらいです。ディナーメニューは 12000円(税・サ別)のみ。

 

 

adh4.jpg

Champagne Beaumont des Crayeres
Grande Reserve Brut

ボーモン デ クレイエール (ボーモン クライエール) グラン レゼルヴ N.V. AOC シャンパーニュ 

味のタイプ:白・辛口
ブドウ品種:ピノ・ムニエ60%、シャルドネ25%、ピノ・ノワール15%

 

adh6.jpg

アミューズは

海苔、大あさり、海藻スープ。

 

 

adh5.jpg

海苔を食べて海藻スープを飲み、大浅利を食べると「うわ、海の香りと味」となる。スターターにふさわしい1品です。

 

 

adh8.jpg

アミューズ2品目は

鳥の巣のようなイメージのオブジェが運ばれたと思ったら、3品のアミューズが乗っていました。

 

adh10.jpg

飛び子のロール巻

 

adh11.jpg

幼鮎と卵の殻の中にはいったムース。

どれも美味しい。

 

 

adh12.jpg

SANCERRE SILEX MICHAEL THOMAS 2015  (6)

値段の割にはコストパフォーマンスがいい。

色々とワインはありますが、良心的な価格設定だと思います。

 

 

adh13.jpg

岩ガキ、フォラグラ

センスのいい出し方ですね。カキとフォアグラムース。コンビネーションの美味さに笑顔がでます。

 

 

続きの料理は明日に

 

食べログ(掲載時点 3.92)

 

アドックホームページ

 

このページのトップへ

2018年6月28日 Posted time : 00:14 | Category : 編集長コラム

sznm19.jpg

鈴波は名古屋が本店の魚介味醂粕漬店。魚久さんとか金為さんとかには行きましたね。鈴波は東京は六本木と日比谷のミッドタウンの2店舗があります。

かなり行列できる人気店ということでオープンに来ました。結構人気あるんですね。


sznm1.jpg

本日のお魚は銀ヒラス。買えば1枚600円くらい。

 

 

sznm3.jpg

店内は34席。すぐにいっぱいになりました。すごい。

 

 

sznm4.jpg

 

 

sznm6.jpg

鈴波の基本系はこれですね。日替わりの焼き魚定食。

 

 

sznm5.jpg

オプションが付いて価格が変わります。

 

sznm7.jpgsznm9.jpgsznm2.jpg

今日はさしみが「かつおのたたき」、基本系+さしみの 鈴波御膳にします。最後まで銀だら定食と迷いましたが。

 

 

sznm8.jpg

丹波黒豆を食べつつ、魚が焼き上がるのを待ちます。

 

 

sznm12.jpg

ワゴンで持ってこられ、1皿づつお盆にのせてくれます。お盆のまま持ってこないところに上品さを感じました。

 

 

sznm13.jpg

焦げ目なくほどよく焼かれた銀ヒラス

 

 

sznm14.jpg

カツオのタタキ 4切

 

 

sznm16.jpg

名古屋だから赤だしなんですね。上品な後味で美味しかった。


 

sznm15.jpg

新潟コシヒカリ。美味しく炊けていておかわりしようと思いましたが、無料か有料か確認せず、結局1膳だけにしました。


 

sznm17.jpg

焼き魚定食は胃にやさしい感じがします。焼き具合もよく、銀だらほど脂ケも少なく食べやすい。

 

 

sznm11.jpg

食後のお口直し「梅粕酢」


 

sznm18.jpg

食後に酢。さっぱりします。ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.61)

 

鈴波ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年6月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bonte1.jpg

知人との急な会食のセッティング。場所を検討し今回予約したのは日本橋コレド室町2にある、カジュアルガストロノミー ラ・ボンヌターブル。直訳は『美しい食卓』。フランスでは『美味しいレストラン』のことをそう呼ぶ。一度来てみたいと思っていました。コレド室町2というビルには入っていますが、中には表玄関はありません。(正確には入れますが)

 

 

bonte2.jpg

外からが入口。夜は以外に店内は暗いなぁと思いました。ここは、西麻布にあるミシュランフレンチの名店、L'Effervescence(レフェルヴェソンス)の姉妹店で、そのフィロソフィーを汲んでいてかなり評判がいい。オープンは2014年3月。

 

 

bonte3.jpg

中村和成シェフの素材の持ち味を生かす料理が食べれるとあって楽しみです。

 

 

bonte4.jpg

奥から入口側を見る。左手がオープンキッチン。

 

 

bonte5.jpg

メニューは夜は 7500円(税・サ別)の1つのみ。

材料名だけ書かれたメニュー。

 

 

bonte6.jpg

ドラピエ シャンパーニュ “カルト・ドール・ブリュット” AOCシャンパーニュ (フランス・シャンパン)

 

 

 

bonte7.jpg

袋を開けてくださいと言われて、ポテトチップス風のアルミ袋の中から、ほくほくのポテト

 

 

bonte8.jpg

畑のサラダ(2名分)

フレッシュでほんとうにシンプルで美味しい。

 

 

bonte9.jpg

2016 Rita & Rudolf Trossen Schieferblume

ボトルでドイツのリースリングにしてみた。ミネラル感はありますが、フルーティふわっとしたドイツ系の白。

 

 

bonte10.jpg

原木椎茸、鮎のなれ鮨クリーム、クルミ、ディル

これ一番おいしかった。椎茸の美味しさがギュッと濃縮されていて、ワインのフルーティ感と口の中でマリアージュされてもう1個でなくてもう1個食べたい。

 

 

bonte11.jpg

穴子の米粉揚げ、キュウリ、梅、紫蘇

米粉揚げというところが嬉しい。サクサクしていて。


 

bonte12.jpg

じゃがいもの冷たいスープ、スナックエンドウ、帆立貝、柚子

帆立も美味しいし、じゃがいもと帆立というのも合うんですね。

 

 

bonte13.jpg

金目鯛の鱗焼き、エシャロットのソース、焼き蕪、レモン

 

 

bonte15.jpg

子羊の稲藁焼き、シシリアンルージュのソース

バジル、黒にんにく

 

 

bonte14.jpg

ARPEPE GRUMELLO ROCCA DE PIRO 2010

アールペペ グルメッロ ロッカ デ ピロ 2010 グラスでいただきました 1500yen


 

bonte16.jpg

メロン、新生姜のグラニテ、カモミールクリーム はちみつレモンとペルノーのジュレ。

さわやかなデザート。

 

 

bonte17.jpg

コーヒーと たこ焼き風デザート。

 

料理の提供スピードもタイミングよく、そしてこのお値段・場所でこのコストは納得感高いメニューですね。カジュアルフレンチでこのポイントの高さはすごいですね。

 

食べログ(掲載時点 4.12)


 

このページのトップへ

2018年6月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

syoshi1.jpg

東京うなぎ。今日は新橋から内幸町へ向かい、西新橋にある「吉田屋」さんに来ました。新しいビルの間に残る超昭和の建物。

 

 

syoshi2.jpg

風情がありますね。さあ入りましょう。

 

 

syoshi4.jpg

明治中期創業。亀戸天神前から昭和25年(1950年)に当地西新橋に移転して早60年以上。レトロなわけですね。歴史あるうなぎ店ですね。タレも継ぎ足し継ぎ足しかなぁ。

 

 

syoshi3.jpg

丼と重。カウンターに着座。店内はそんなに広くないですね。カウンターも数席。あまりにも昭和の香りがプンプンするので店内を見渡してしまいます。柱の傷など色んな所に歴史あり。

2000円から6000円まで、ここは一番人気メニューとおぼしき3000円のうな重(お吸い物、お新香付)にしましょう。

 

 

syoshi5.jpg

カウンターから丁寧に焼かれているのは見ていましたが、お味は。肝吸いは別だし、お新香も私の好きな3点セットでもない。

 

 

syoshi6.jpg

ご飯の盛りも均一盛でもなくそんなに量はなく、うなぎさんがご飯をカバーするには至らない。1匹ではなくしっぽは半分だから4分の3といったところ。うなぎの照りはいい色をしていて早く食べたくなる。

 

 

syoshi7.jpg

脂乗りもそこそこだけど、やっぱりご飯が軽目で私の好みより少し柔らか目。

 

 

syoshi8.jpg

濃いめのタレです。

 

 

syoshi9.jpgやっぱり肝吸いがいいと思いながらいただく。


うなぎも高騰していて、4000円くらいがんばって出して食べないと数年前のように2500円とかで1匹がっつりうまい鰻を頂く、なんのてのは無理なんでしょう。隣のカップルの会話に耳を傾け、うな重をかき込み、会計をすませ昭和レトロの世界から平成の終わりの世界へ出ていきました。

TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 


このページのトップへ

2018年6月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

HEROKK6.jpg

熊本駅新幹線口改装された、肥後よかモン市場の中にある大漁食堂 HERO海さんに行きました。今日は何を食べましょうか、和食ということは決めていたのですが。


 

HEROKK5.jpg

丼やカレーがメインのようですね。

 

HEROKK4.jpg

海鮮丼、マグロ丼、天丼、豚バラ焼肉丼

 

 

HEROKK3.jpg

漁師のまかない丼やカレーやから揚げもあるけど、人気NO.1という海鮮丼 1,382円にしてみましょう。確かにこれを頼んでいる人も多い。

 

 

HEROKK2.jpg

魚4種類(かつお、サーモン、鯛、なんだろう)、海老、ちりめん、いくら、たまご。

味噌汁は普通の味噌汁。魚とかが入っただしがある味噌汁だと嬉しんです。

 

 

HEROKK1.jpg

丼用のタレを上にかけていただきました。

駅ですのでさっとすませて、新幹線。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月24日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

業界関連の総会がありプリンスパークタワーに訪問。

昨年もここでフレンチをいただきました。400名弱と大きな結婚式クラス。

 

pptt1.jpg

昨年と比べていかに。

 

pptt2.jpg

サーモンマリネのジュレシート 魚介と小さなサラダ

水彩画のような爽やかなグリーンピュレと柑橘のアクセント


 

pptt6.jpg

ぶれてしまいました。

フォアグラのフラン 林檎のコンポート添え ガルバドス風味


 

pptt3.jpg

舌平目のファルシとラングスティーヌのポワレ

野菜の軽いトマト煮込み クレーム・ド・ボワブロンルージュ

 

 

pptt4.jpg

国産牛フィレ肉と木の実入り牛パテのルーラード パイ包み焼き

茸のデュクセル ソース・マルシャン・ドヴァン

 

 

pptt5.jpg緑すぎる

抹茶のモワローショコラ フルーツ添え 木苺ソース

 

昨年の記事メニュー

プリンスパークタワー東京  宴会ディナー

判定 2018年 (2017年に対し)

前菜  △

スープ 〇

魚  〇

肉  △

デザート △   2勝3分けで 昨年と同じ感じ。

 


 

 

このページのトップへ

2018年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム