九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年8月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hirm2.jpg

 ディナーはフレンチ(宿泊費に含んであります)。2泊する場合は2泊目はイタリアンになります。レストラン棟が別にありそこでの食事となりますが、レストラン棟のそばにプライベート空間の戸建個室もありますね。現在は宿泊者専用のレストランですが、秋には一般開放もされると聞いています。

 

ginz29.jpg

ひとまず建物の中を見て回りました。

ホール部分は天井も吹き抜け的にかなり高く、空間的にも贅沢な作りになっています。


 

ginz15.jpg

1階のメインダイニング的存在の部屋。海に向かって席は向いています。カップルシート的です。

 

 

hirm3.jpg

反対側の部屋も2列で海に向かって並んでいる。

 

 

ginz28.jpg

2階のフロアーも席との間隔は余裕があります。

 

 

gin27.jpg

外がこの明るさでも店内は照明が暗いレストランです。

 

 

ginz17.jpg

メニューに目を通します。メインがピジョンというのが少し残念ですが、(せっかくなら石垣牛とか・・・少しでもいいから)

トリュフ・キャビアなども使用されています。

 

 

 

ginz18.jpg

グラスシャンパンはヒラマツネームのデラモット。(2500yen)

ワインリストに目を通しましたが、品揃えはそこそこよくて 値段もかなりリーズナブル。都内ではありえません。それに株主優待も効きますのでこれは間違いなく安い。


今帰仁アグーのリエット 新鮮野菜


ginz19.jpg

色鮮やかな野菜。エディブルフラワーです。

 

 

ginz21.jpg

ひらまつでよく使用されている

赤ピーマンのムースリーヌ 爽やかなトマトのクーリー

大きな白い皿とよくあっています。

 

 

ginz22.jpg

爽やかな酸味があるトマト。さっぱりしたソーヴィニヨンブランの白と合わせたいところですが、今日は珍しく白ワインをパスしました。

 

 

 

ginz23.jpg

バゲットとバターはエシレ。

 

 

hirm4.jpg

今日はこの赤。ポイヤック第2級。 2005シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

この高貴なピンクゴールド一色デザインのラベルが好きなんですよね。久しぶりにバロン頂きます。少し冷えていたようですので、もう少し時間が経ってくるといい感じになると思います。


ピション・バロンは街道を挟んでピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドと並んで位置しています。また、ボルドーで最も男性的といわれるシャトー・ラトゥールにも隣接しています。畑の土壌は砂利質土壌で、まさに卓越したテロワールといえるだけに、80年代後半に行われたシャトーの売却と、それに伴うジャン・ミシェル・カーズによる新たな手腕の発揮というのは、その後の劇的な品質向上に大きく寄与したといえます

 

 

ginz24.jpg

シャンパーニュを纏わせたポロ葱のデリス

ウォッカ風味のクリームとキャビア添え


1列で十分だと思うのですが・・2列。クリームとキャビアだけでいただいても美味しいです。これは白ワインと合わせたいところ。



ginz25.jpg

葱は特徴があるも甘味がある。


 

ginz26.jpg

黒トリュフのスープ (ムッシュ ポール・ボキューズへのオマージュ)

 

 

ginz34.jpg

私用には ドームのパンなしのものを準備していただきました。濃厚なトリュフの風味がして美味しい。

 

 

ginz35.jpg

このあたりからかなりテーブルも照明が弱いせいか、暗くなりつつ・・・写真が撮りにくいわ

オマール海老のシヴェ セップ茸風味のほうれん草のファルス

 

 

ginz31.jpg

フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース

串に刺さっているのは焼鳥といえば焼鳥。量も少なくて良かった・・・

 

 

ginz32.jpg

桃のコンポート マラスキーノ風味

あっさりして上品な桃なこと。

 

 

ginz33.jpg 小菓子 コーヒー


赤ワインは余ったのでホテルの部屋にお持ち帰りして飲み干しました・・・TT


ひらまつ ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

沖縄本島・西海岸にはリゾートホテルが沢山あります。

リゾートホテルが少ない東海岸に、2018年7月14日にオープンした高級リゾートホテルが ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ。フレンチレストランを経営するひらまつグループの4つ目(賢島・熱海・箱根)の直営ホテルです。館内レストランは1軒、無駄なものを排除した洗練されたリゾートです。那覇市内から高速道路利用で車で1時間程度です。

 

今回オープンして2週間目くらいで施設もピカピカ。今回はプレオープン予約とひらまつ株主割引で少し安く宿泊可能でした。

 

ginz8.jpg

ホテルに到着するとホテルの方が車から荷物を出してくださり、レンタカーは駐車場まで止めに行ってくださりました。

 

 

ginz9.jpg

案内されたのがこちらの建物。こちらでチェックインを・・・と思ったら

「こちらではチェックインはしません。」とのこと。冷たいお水をいただき、しばしこの景色を。

 

 

ginz10.jpg

ここはバリか、海外かと思うような 景色。以前にアジアのアマングループなど高級リゾートを宿泊しましたが、この景色にも通じる素晴らしい感動を覚え、これからホテルにエントリーするにあたり気持ちが高ぶります。

 

 

ginz11.jpg

ゴルフ場の乗用カートに乗り、わずかな距離ですが移動。こちらがチェックイン・フロント棟となります。ホテルグッズや洗練されたお土産なども少しだけ販売されてありました。

 

 

ginz1.jpg

冷たいハーブティーとこちらの濃厚黒糖プリンを頂き、しばし時間を。さすがフレンチのお店です。美味しいです。

 

 

ginz2.jpg

東海岸の海を臨みます。

海外のような景色と雰囲気に更に感動。

オープンしてすぐなので、ガーデンの芝生が生えそろっていなかったりする部分はありますが。


 

ginz12.jpg

メインプール(それほど大きくないですが、宿泊客も少ないので混雑することは少ないかと・・・)

ここの部屋数はわずか19室。プライベートプールとジャグジーが付いた戸建てのヴィラが2棟、ジャグジー付きの戸建てヴィラが2棟、その他、テラスにジャグジーを有するツインルームとダブルルームが14室あります。


今回はプール・ジャクジー付のヴィラに。(右端に見える部屋)


 

ginz13.jpg

テラスにジャグジーがある部屋棟。

 

 

ginz7.jpg

メインプールは海とつながって見える、バリのアマンキラなどで流行っていたスタイルプール。

那覇公設市場の雑踏とは全く違う・・・・

 

 

 

ginz6.jpg

ヴィラ棟は2ルーム。

十分すぎる広さのプールとジャグジー。

 

 

ginz5.jpg

ガラス張りの浴室から海が望める。

 

 

ginz3.jpg

タイのアマンプリ で流行したブラックタイルのプール

 

 

ginz4.jpg

アメニティ類はBVLGARI。

 

ginz14.jpg

2部屋ある冷蔵庫のフリードリンク。炭酸はウィルキンソン、サンペレグリノ、ペリエと揃っていて、ジュースはアラン・ミリアのジュース3種。星付レストランで利用されることの多いジュース。こちらは普通にお店で買うと1本1000円くらい。TT

 

 

エントリー部屋編はこちらで終了。次はディナーです。

 

ホテルホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年8月18日 Posted time : 00:41 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00896.JPG

 

最近アークホテルで打ち合わせをすることが多く、流れで同ホテル10階のダイニング六花さんで食事することがあります。このレストランは熊本城がきれいに見えるレストランで、昔から大好きでした。今も修復中の熊本城を見ることができます。和食のコース料理を楽しみました。シソの花がとてもかわいいです。いい香り。

 

DSC00897.JPG

 

穴子。上品でふわふわ。ちなみにウーロン茶は、黒烏龍茶と普通のウーロン茶の2種類があり、お値段ずいぶん違うので要注意です。

 

DSC00899.JPG

天ぷら

DSC00900.JPG

トマト

 

DSC00901.JPG

キュウリの酢の物。そして・・・

DSC00902.JPG

 

おなかがいっぱいになってきたころに、ステーキが!

 

DSC00905.JPG

 

ご飯もちらし寿司風でとてもおいしい。

 

DSC00907.JPG

水物とコーヒー。とても品が良くおいしいランチでした。女性の会合にぴったりですね。<YA>

ダイニング六花

 

熊本市中央区城東町5-16 アークホテル熊本10F

 096-351-2250

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1泊目は恩納村にある、ホテルムーンビーチに宿泊しました。開業1975年の沖縄でも老舗の部類に入るリゾートホテルで建物は5階未満の低層階ホテルからなり、まるで雰囲気がグアムにあるホテルのよう。

このホテルにしたのはムーンビーチのプライベートビーチが隣接しているだけでなく、ボートで15分のところにヨウ島というプライベート無人島を持ちアクティビティが充実しているから。

 


ディナーは歩いてすぐ近く、国道の入口からムーンビーチホテルへ曲がってすぐの所にある「あぐーの店 山城亭」人気があるお店らしく事前に予約済。ホテルの近くの街は夜の雰囲気と昼の雰囲気はまったく違う。夜は人も多く楽しい感じ。


 

ymsr1.jpg

入口には車が何台か止まっていると入口を見失いそうになる。看板がたより。

 

ymsr14.jpg

民家風の建物がすぐあります。山城亭はあぐー豚の養豚農場直営のお店だから信頼がおける沖縄料理のお店。

 

 

ymsr2.jpg

テーブル席と座敷席がありますね。ムーンビーチホテルが阪神タイガースの春キャンプ地になっていることもあるのか、プロ野球選手の色紙などが沢山掲示されていますね。

 

 

ymsr3.jpg

メニューは沖縄料理とアグー豚が中心ですね。

しかし ワインは置いて無い。斜め前のオシャレな沖縄料理屋さんにはあるようでしたが

今日は泡盛にします。


ymsr4.jpgアグーのメニューは豊富です。

 

 

ymsr13.jpg

テレビのニュースの気象情報を見ていたら・・・8月上旬に訪問したのですが  沖縄避暑地 というくらい涼しい。

沖縄は今や避暑地そのもの。海がある避暑地として日本で一番だ。

 

北海道よりこの日は涼しく 名古屋と12度も差がある。


 

 

ymsr5.jpg

島らっきょうの天ぷら 520円。 島らっきょうの季節はいつかというと春から6月くらい。店先にも沢山あるから今頃かと思った。


 

 

ymsr10.jpg

ジーマーミ豆腐 300円。沖縄定番。ジーマーミって漢字だと地豆。琉球語で落花生。知ってましたか。

ポテトフライも頼みましたが、写真は撮らず、どこにでもあるので。

 

 

ymsr7.jpg

ゴーヤーチャンプルー 750円。 あっさり目のチャンプルー。もやしも入っているし。豚はアグーなのかわからないが。

 

 

ymsr8.jpg

恩納村でとれた もずくの天ぷら 520円。このもずく天はウェットタイプですね。

 

 

ymsr19.jpg

田芋の天ぷら 価格忘れ 冷凍コロッケですかね。

 

 

ymsr6.jpg

メインのアグー豚しゃぶ。 1580円の2人前。肉はアグーらしく脂分が多いばかりでなく、赤身もしっかり入ってます。さっぱりしてしつこくなく、塩・ポン酢とよく合うアグー。

 

 

ymsr11.jpg

肉の量は大したこともないのですが、野菜・豆腐・きくらげなどなど 結構ヘルシー具材たっぷりなので、こちらでお腹いっぱいになります。スープ(出し)にも味がついていますので、美味しくいただけます。

 

 

ymsr9.jpg〆はタコライス 800円。

こちらのお店は提供が早いこと、早いこと。注文してサクサクっと出てきます。

ゆっくり飲むというか、さっさと食べなくてはいけない・・・というような。

なかなか出てこない店よりいいと思うのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)


 

このページのトップへ

2018年8月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ファミリーで那覇に。那覇のストリートといえば国際通り。国際通りの近くの観光名所といえば国際通りから横にのびる、市場ストリート。公設市場。


なんせ、戦後のやみ市時代から続くカオスな場所。2度目とはいえ子供に見せておく価値はあります。というかこのあたり、アーケードになっているし以外と涼しく散策できる場所なんです。

 

 

1階の魚売り場では「料理しますから食べていきませんか」との勧誘がすごい。結構値段も高そうなのだが、2階に沢山あるお店では外国人中心に中華料理のお店は大繁盛だ。いままで何度も来たことがあるけど、公設市場でご飯は食べたことはない。

 

 

ぐちゃっとした、このアジアらしさがたまらない。日本ではないようです。

娘はこんな雑然としたところでご飯食べたくない、と不機嫌。

 

sakuo5.jpg

比較的空いていたこの「さくら亭」でさく飯タイム。

テーブルもアウトレットか中古で買ったような、家庭用テーブルをつなげてあるので段差がありますね。


 

sakuo1.jpg

ご飯もの、定食、麺類 無難なものにしておいたほうが良さそう。


定食にみそ汁ってあるけど、沖縄のみそ汁は具材たっぷりなんですよね。みそ汁定食

 

 

sakuo3.jpg

子供はソーキそば 600円


 

 

sakuo2.jpg

こちらは ゴーヤーチャンプルー定食 600円。味噌汁ではなくてミニ沖縄そばが付いている。豆腐とスパム、ゴーヤーがからんだチャンプルーは沖縄で食べて外すことが少ないアイテム。

 

 

sakuo4.jpg

私は ポーク卵定食 600円。 沖縄名物スパムと卵焼きだよ。こちらもミニ沖縄そば付。どう見てもゴーヤーチャンプルー定食のほうが、同じ値段の割には美味しそうに見える。

 


アジアをバックパック旅行していた学生時代を思いだし、汗と一緒に、涙が流れてくるような気がした。

 

 

全部で4人、2400円というかなり安いランチだった。こういうのも逆に思い出に残る。TT

 

YAさんの記事

牧志公設市場グルメ 儀間鮮魚店で魚を買って、二階のきらくさんで料理してもらう

 

 

食べログ(掲載時点 3.21)



 

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:53 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01012.JPG

 

 

 

近所のハンバーグ店がなくなり、なにやら飲食店ができていると思いましたら、肉肉うどんさんができました!熊本には嘉島に1店舗あるようですが、もともとは博多名物のうどん屋さんなのだそうで、早速行ってきました!

 

DSC01015.JPG

博多名物らしいのですが、もともと北九州の小倉発祥のうどんのようです。そうですよね、博多のうどんって軟らかい麺とうすい色のスープという印象ですが、こちらのスープはしょうゆが黒っぽい。おまけに肉もころころとした角切りの肉が入っていて、ショウガもトッピングしてあります。

 

DSC01014.JPG

 

メニューを見ると、うどんとそばの両方盛りなど、とってもオリジナルなメニューもあります。どっちも食べたいときって確かにありますよね。今回は、オーソドックスに肉肉うどんをオーダー。ショウガの盛りが選べるみたい。ショウガ普通で。

DSC01018.JPG

ちなみにここのもう一つの特徴は、替え玉ができること。うどんで替え玉って初めてです。しかもうどんを食べた後で、替え玉をそばにするのもいいみたい。

 

DSC01020.JPG

 

こちらが肉肉うどん。角切り肉がたっぷり入っていて軟らかくっておいしいですね!ショウガも肉の臭みを消してくれていて、豚の角煮を食べているみたい。

DSC01022.JPG

 

麺は、平たい麺でした。軟らかくて私好みです。夜は22時まで開いているみたいで、かしわ飯や親子丼、カツ丼など、うどん以外のメニューも充実。コンビニ行くより手軽に晩ご飯食べることができそうです!<YA>

 

肉肉うどん清水バイパス店

 

熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096?277?1529

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssnn12.jpg

市役所に所用があり、笹のやに久しぶりに訪問してみます。2015年オープンした年の夜に来ましたから3年ぶり。ランチは初めてです。市役所の裏の上通り寄りの道、ミシュランで1つ星を獲得した、IL CASINOの近くにあります。

 

 

 

 

 

 

ssnn11.jpg

CUISINE 笹のや というんですか。ランチは1000円から。

 

 

ssnn1.jpg

お店は階段を上がって2階。入口はシックな感じにしてありますね。

 

 

ssnn2.jpg

手前にカウンターが5席ほどあるのですが、その奥は通路の両側に個室(靴を脱ぐかとおもいきや、そのまま上がれます)があります。今日はカウンターに座りました。

 

 

ssnn3.jpg

ランチは1000、1500、1200、3500、5000円とありますね。寿司は1200円。

今日は竹膳に刺身がついた 笹膳 1500円にします。


 

ssnn4.jpg

ちなみに夜はアラカルトもあるのですが、コースは軽い1500円、3500、5000,8000円とあります

 

 

ssnn5.jpg

サラダをいただき、料理はテンポよくサクサク出てきますので嬉しいです。

 

 

ssnn6.jpg

前菜盛も結構なボリュームがある。懐石のコースのような前菜。

 

 

ssnn7.jpg

刺身4種盛。いかも肉厚。それぞれが厚く切ってありました。

 

 

ssnn8.jpg

ご飯は半分でお願いしました。焼き魚はサバ。

味噌汁がおいしい。

 

 

ssnn9.jpg

表面はパリッと焼けていて、焼け具合が丁度いい焼きサバ。塩サバというほど塩気も少なく上品な味の鯖。付け合せは焼き豆腐と焼き玉子。

 

 

ssnn101.jpgそして、杏仁豆腐にて〆。テンポよかったので、時間もかからず食事を楽しむことができました。TT

 

食べログ(掲載時点 採点なし)

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年10月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー