九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lioncc1.jpg

ライオンカレーに久しぶりに来ました。2回目です。前回は熊本地震のすぐ後だったので2年以上ぶりです。当時はこの建物は地震に大丈夫だったんだー、と感慨深くカレーを食べたのを思い出しました。それから2年、たぶんメニューも変わっていると思いますしカレーも進化しているのではないかと思います。

 

 

lioncc2.jpg

本日のカレーは スリランカ風チキンカレー 800円

 

 

 

lioncc3.jpg

3種類のカレー700円 + 日替わり カレーというのは2年前と変わりありません。

というか 店内が暑い(熱い)です。エアコンが効いていない感じ。これはカレーを食するのには暑すぎます。

入口の黒板に「暑いです」と書いてありました。お断りでしょうか。

 

まぁ、多少ガマンしてカレーを食べましょう。

 

 

チキンカレーに半熟スパイシーエッグのトッピング 800円

 

 

lioncc4.jpg

米は阿蘇のにこまる、辛みスパイスで辛さを調整する。

前回訪問時とはカウンターのレイアウトが変わっていた。厨房が広くなったのか。

 

 

lioncc5.jpg

丁度お客さんで混んでいたので15分ほどして到着。以前はルーと別々の提供だったが、今回はワンプレートの提供に変わっている。バナナチップ、アチャール、ピックルが別皿で。

 

 

lioncc6.jpg

見た感じから「うまそうなオーラ」が出ているカレーである。香辛料やナッツがふりかけてあったり、これもうまそうに見えるポイントじゃないかなぁ。

 

 

lioncc8.jpg

一緒にカレーに混ぜて食べよう。

 

 

lioncc7.jpgご飯は型抜きしてあるサフランライス。

 

 

lioncc9.jpg

スパイシーな半熟卵がGOOD。

途中辛みスパイスを入れながら調整。

やはり美味しかった。でもかなり暑かった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.47) 2年前は3.21だった。


 

このページのトップへ

2018年8月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

約半年ぶりに ネイルアンドカフェバー リラさんを訪問しました。

夜男性6人で。


女性が多いバーなのに 少しうるさくてすみませんでした。

 

赤ワインを飲んで白ワイン

 

lilas3.jpg熊本ワインの人気ブランド 菊鹿 シャルドネ樽熟成 2015年です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【白ワイン】熊本ワイン 菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2016 750ml
価格:3920円(税込、送料別) (2018/7/26時点)


 

熊本ワインのホームページオンライン

 

熊本の白ワインではナンバーワンだと思います。「菊鹿ワイン」という会社も出来てブランド化が進むそうです。

おつまみを少々、そしてデザートに行きます。


 

lilas1.jpg

 

lilas2.jpg

さすが女性客が多いリラさん、デザートのラインアップは豊富ですね。色々と頼んでみましょう。

 

lilas4.jpg

ティラミス 650円

 

 

lilas6.jpg

レモンケーキ & バニラアイス 600円

 

 

lilas5.jpg

リンゴと紅茶のクレームブリュレ 650円

 

 

lilas8.jpg紅茶味のブリュレに リンゴもインしている

 

lilas9.jpgナッツのブラウニー 650円

 

ブリュレ1口しか食べてない・・・・デザートって気が付いてみると、なくなっている・・・・ってこと

多くないですか。

 

夜リラ nail&and cafe bar lila (4)熊本並木坂

 

食べログ(採点なし


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC00827.JPG

宮崎市に宿泊する時、毎回のことながらホテルのモーニングをつけないことにしているのは、私が朝食を普段食べないことに加え、きっちょううどんさんに行きたいからなのですが、寝坊してしまい、きっちょううどんに行けないという失態を犯してしまい、手軽に食べれるドトールコーヒーさんのモーニングに来ました。390円でハムタマゴサンドイッチを食べることができます。パンが焼いてあるのがちょうどよい具合。しかし、量は少々少なめ。ちょうどいい量であります。

 

DSC00829.JPG

 

断面。ハムと卵とレタスとトマト。普通にとてもおいしい。コーヒーもエスプレッソやカフェオレなどからも選べます。

DSC00828.JPG

 

朝セットは、ジャーマンドッグや、クラブハウスサンドなどもありますよ。せっかくならジャーマンドッグのチーズトッピングにすればよかったと後悔。カウンターにはなぜか黒糖ドーナツ棒が、たくさん売ってありました。熊本じゃないのに、なぜあのように大量の黒糖ドーナツ棒が販売されていたのか不明。宮崎の友達のおみやげ用に、宮崎のドトールで黒糖ドーナツ棒を大量に買いました笑。<YA>

 

ドトールコーヒーショップ宮崎橘通店

宮崎市橘通西3-10-27.

0985-77-6550.

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近どれだけ カレー なんでしょう。

ラーメン食べなくなって最近カレーでそれも小麦が少ないもの。



暑いのでカレーが食べたくなるのはわかりますが・・・・お手軽ランチということでしばらく探究してみます。熊本はカレーが最近アツイですね。

 


chang9.jpg

熊本空港から西原村の香梅工場方面へ約10分弱。神戸たこ焼きの少し手前の左側にあります。スピードが出ているとすぐ通りすぎてしまいます。店の前に数台分の駐車場があります。横の駐車場はここのと違います。

 


CHANG PLANT (チャングプラント)。お店の前に移動販売車があったので、移動販売から店舗を構えたお店だと思ったらここは地震の前からあったんですね、しかも以前は熊本市内でもカレー屋さんをやられていてカレー経験は20年近くとか結構すごい歴史のあるカレー店舗さんなんですね、地震を乗り越えて再開オープンされたそうです。


 

chang10.jpg

白水の水使用、昔は黒カレーとか色々あったようです。辛さ控えめな手作りカレーとのこと。

 

 

chang12.jpg

店内はカウンター席とテーブル席で、11席程度とそれほど広くありません。ご主人はバイクがご趣味なのでしょうかツーリングの写真など飾ってありました。ランチタイムは過ぎていたのでお客さんは私一人。

 

 

chang11.jpg

カフェのような空間にもなっていますね。

 

 

chang1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

辛さは市販のカレーの中辛弱くらい (個人レベルでの判断) まじめな表現だ。辛さは個人差があるからね。

 

 

 

chang2.jpg

普通盛りのごはんは230g。

チキンカレー が標準のカレーなんでしょう。

 

 

chang4.jpg

ビーフステーキカレー 1500円、チキンレッグカレー 1300円というリッチなスパイスを使用したカレーもありますが。

 

 


chang3.jpg

辛くないキーマカレー 、スペアリブカレー もあるので、 5種類からの選択。

はじめてなので チキンカレー 850円、サラダドリンクセット 1150円にしてみます。

 

 

chang5.jpg

キャベツサラダを食べて

 

 

chang7.jpg

きれいな まん〇のご飯が乗った、チキンカレーが到着。

やはりスパイス料理は食欲をそそります。

 

 

chang6.jpg

黄色いのはポテトサラダ。ポテサラがカレーの中って珍しい。


味は濃いですがカレーの辛さだけ主張していなくて、食べやすくマイルド。結構好みのタイプに入ります。ご飯は230g結構多く感じました。パックご飯は180gくらいですよね。カレーだから230gも食べれるんだろうけど。

 

 

chang8.jpgまた食べに来てみようとおもう味かも。でも次は違うのにしてみよう。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

チャングプラントホームページ


このページのトップへ

2018年8月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)お店・外観編は前日

 

lbe12.jpg

ウェルカムドリンク

 

lbe15.jpg

アミューズは トリュフ風味のマドレーヌと木製のスプーンにのった6種のハーブのソルベ。

さわやかな味で口をさっぱりさせることが出来て、これからの料理への準備を。


 

lbe17.jpg

ローブさんは飾り付けもお皿も素晴らしい感性だと情報をいただいておりました。

 

 

lbe18.jpg

スパイシーなおつまみ

 

 

lbe20.jpg

鎌倉野菜 牡蠣

スガハラガラスの美しいガラスの器に乗せられた鎌倉野菜とアンチョビなどの複雑な味のドレッシング。このソースがとても美味しい。鎌倉で農家の経験をした今橋シェフのセンスだろうか。ガラスの器の中には土が入れられていて、まさしく「大地」を表現したような1皿に仕上がっているのだ。

 

 

lbe19.jpg

1つ1つの野菜の旨みが伝わってくる。ほんとうに満足感を味わっていたら。

 

 

lbe4.jpg

パンも手造りパンが多種類にわたって提供されていた。青のりのパンだが色んなバリュエーションがあってパン好きな人は食べ過ぎてしまいそうだ。

 

 

lbe1.jpg

続いてこの1品に目を奪われます。

高知の地鶏「土佐ジロー」の卵に黒トリュフをふんだんに削ってある1品。セップ茸が下に敷かれています。

 

 

lbe2.jpg

セップ茸と土佐ジローの卵とトリュフ。このコンビネーションが生む口の中の感動。濃厚でコクがありこれは美味しい。

 

 

lbe3.jpg

素晴しい1皿と感動していたところ、

 

 

lbe21.jpg

天草のアコウ鯛とフユイヌ

こちらはさっぱりとした美味しい鯛。量的にもベスト。


 

lbe23.jpg

新たまねぎ

玉ねだけ1皿に乗って出てくる。シンプルイズベスト。


 

lbe24.jpg

先ずはたまねぎだけ味わってみる。口の中に甘くそして濃厚なたまねぎの味がふわっと広がっていく。

 

 

lbe25.jpg

スープが添えられているのでそれを注ぎいただきます。オニオンスープとなります。

 

 

lbe26.jpg

フランス産鳩胸肉 ヤングコーン

久しぶりに鳩いただきました。

 

 

lbe27.jpg

お楽しみの平瀬パティシエのデセール。

1皿目は桃とハーブ 金の飴細工。

桃がジューシーで美味しい。平瀬パティシエのデセールは立体感がありとても素晴らしいという意味が少しわかりました。

 

 

lbe28.jpg

セカンドデセール

ごちそうなす、チョコレート。立体感ある皿に葉っぱと枝を作り、オリーブも添えて。ごちそうなすのアイスクリームですね。さっぱりして美味しい。

 

 

lbe29.jpg

そしてこれですよ、これ。

ネットでは宝石箱チョコレートを見ることが多いですが、今日はアイスの中にソースイン。

しかし素晴らしいミニマルディーズ。これはやられますね。

 

 

lbe30.jpg

4種類全部いただいてもいいということでしたので、遠慮せずに。

 

 

lbe32.jpg

ソースの中身は全部別。トリュフソースがはいったものはアイスとの絶妙なコラボレーション。最高でした。

 

 

lbe31.jpg

中目黒カフェファソンの水出しコーヒー。

今日は大人が最後までテンションマックスでよいのでしょうか・・・というくらい感動したなぁ。こちらのお店まだまだこれからステージが上がっていく気がしました。絶対また訪問したいと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.96)

 

ローブ ホームページ

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:42 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00761.JPG 熊本県立大のすぐ近くにあるラ プリモ オゴッツォさん。イタリアンがおいしいと評判のお店ですが、運転が苦手な私からしたら、パーキングが止めづらそうで、ついつい素通りする日々。最近、お店の裏のタクシー会社さんのところに5,6台止めれる広い駐車場があることを知り、ランチタイムに初来店しました。早く知っておけばよかったです。店内には、県立大の先生っぽい男性が多数。男性一人で来られています。

 

DSC00740.JPG

あか牛のボロネーゼがおいしいと聞き、オーダー。自家製麺というこだわりです。オゴッツォさんは、自家菜園を持っておられるのが特徴。サラダの野菜が、かなりおいしい!無肥料無農薬で付くっておられるということで、スーパーのそれとのその差は歴然。まずはサラダでノックアウトされます。お店で野菜や、野菜を使ったチャツネなどの加工品も売っておられます。

DSC00743.JPG

 

パスタを待っている間きょろきょろ。イタリアン総菜もお持ち帰りようで購入できます。またこちらの総菜を店内で料理していただくこともできます。

DSC00741.JPG

自家製パンも好みの味。サワドーブレッド風で、滋味深い。

 

DSC00748.JPG

 「あか牛のラグー ボローニャ風フェトチーネ」。あか牛100%のミートソースに自家製フェトチーネが絡んでいます。バジルソースのニョッキと悩んだけど、これにして良かった!

DSC00752.JPG

 

  

デザートもかなりおいしそうで、食べたかったのですが、おなかいっぱいになってしまいました。スパイシーなパウンドケーキなるものが人気と聞き、次回はそれを食べたいと思います。<YA>

 

ラ プリモ オゴッツォ

熊本市中央区帯山9-5-12
096-206-9618

/11時から20時半(20L.O)

/月曜

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(お店・飲み物編)

今回は東京・東麻布(赤羽橋)にある、昨年度ミシュラン1つ星に選ばれた とても芸術性ある料理たちと素晴らしい時間に感動したRestaurant L'aube (ローブ)を2日に分けて掲載します。雰囲気・料理・ワイン。とても満足する時間をすごしました。こちらはミシュラン2018で一つ星を獲得されています。しかもオープンして1年半で獲得。


 

lbe5.jpg

場所は東京タワーのすぐ近く、地下鉄都営大江戸線の赤羽橋駅のすぐ近く、住所は東麻布になりますが商業地というよりマンション・住宅地も多いエリアになると思います。隠れ家的雰囲気もある場所。すぐ近くにはCHEZ TAKA(イタリアン)があり、外観はこちらのCHEZ TAKAが目を引きますが・・・。レストランローブはこのマンションの2階にあります。こんなところにという感じです。


 

lbe6.jpg

入口の階段で2階に上がりますが、お洒落なカフェ風の入口で知らないとフランス料理店とは思わない感じ。このシンプルなところもいいですね。

 

 

lbe7.jpg

ディナーのメニュー表のみ。

ホームページから

「L’aube(ローブ)」とは、始まりや夜明け、

誕生を表すフランス語です。

 

自然が創造した美しさと、人が創造した美しさの

絶妙なハーモニーを生み出すこと。

 

《その瞬間にしか存在しない美味しさ》を

創りつづけること。

 

ここから私達の物語が始まる。そんな想いを込めて

「 L’aube(ローブ)」と名付けました。

 

生産者のこだわり、その風景、季節の移ろい、

日本とフランスの食文化が響き合う、

新たな美味しさ、愉しさ、心地よさと、

それらが誕生する美しい瞬間をお届けしていきます。

 


 

lbe8.jpg

はじめてのフレンチ、入店する時はときめく瞬間であります。ローブさんはフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA シェフを務めた今橋英明さんと、同じくKEISUKE MATSUSHIMAでシェフパティシエを努めた平瀬祥子さんとソムリエの石田さんがタグを組んでオープンしたお店。平瀬さんは熊本市出身でニューオータニ熊本、熊本ニュースカイホテルでの勤務経験、フランスで8年もの経験があるお方、そしてソムリエ石田博さんは日本ソムリエ協会副会長(会長は田崎真也さん)で過去3回、日本最優秀賞も獲得したソムリエ業界の重鎮の方。その3方がタグを組んでいるのだから最強だし、デザートまで期待度高いです。


 

lbe9.jpg

店内はシンプルで白の椅子、ダークブルーのクロス、オープンキッチンから今橋シェフと平瀬パティシエの動きが見えます。凛とされてきびきび動かれる平瀬シェフが素敵です。


 

lbe11.jpg

店内の明かり加減もいい雰囲気で好きです。窓の間に一枚こうしたオブジェがあるだけでまったく違ういい雰囲気になるんですね。

 

 

lbe10.jpg

テーブルのショープレートがメビウスの輪的1筆書きになっていて料理が運ばれスタートするまでの楽しみな瞬間をつないでくれる。

 

 


lbe130.jpg

ローブはランチは毎週金曜日と第1,3,5土曜日 6000円から、ディナーは 5プレート+2デザートで 9000円(税、7%税)。星付フレンチ10000円以下です。満足感がすごいとすると嬉しいこと。ディナーのランクが松竹梅のランクがあると下のランクを食べているとがっかりしたりする瞬間もあるが、ここではそれはないです。

 

ワインのリストを見てもフランス産の高級ワインがずらっとということもなくリスト掲載されているワインはほぼホームページ通りです。種類はそれほど多くないのだがニューワールドのワインが多い。石田ソムリエの意見をも参考にすればよいと安心できます。

 


lbe14.jpg

DOGPOINT VINEYARD 2014 SECTION 94

ドッグ・ポイント・ヴィンヤード セクション94 2014

これだけ暑い夏だと、さわやかなソーヴィニヨンブランを選択してしまいます。最上の特定区画から造られるニュージーランド屈指のソーヴィニヨン・ブラン。かの有名なクラウディ・ベイのブドウを造り、ブドウ栽培のチーフワインメーカーでもあったドッグ・ポイント・ヴィンヤード 。クラウディ・ベイとの契約を終え、自社畑より2002年に初ヴィンテージをリリースしました。このワインは特定された区画となる「セクション94」のソーヴィニヨン・ブランのみを使用し、古樽のフレンチオークを使用し18ヶ月間熟成しています。(9.5)


 

lbe16.jpg

CRYSTALLUM BONA FIDE PINOT NOIR 2016 WALKER BAY


南アフリカのピノノワール。石田ソムリエ選択の1本。(11)

南アの「超」一級。


ここに触れずして、南アの今を語ることは不可能…ティム・アトキンMW格付け【一級】の15生産者のうちの一つ、『クリスタルム』。南アのニュー・ウェーブ、その新たな流れの中心的存在であり、世界から賞賛される渦中の最高峰銘柄でもあります。オーナーのピーター・アラン・フィンレイソンは、かの 『ブシャール・フィンレイソン』 を運営するフィンレイソン家の第三世代。

楽天のサイトに詳しく

 

 

 

 

 

lbe22.jpg

3本目はボルドーワインで締めくくり

2012 BRANAIRE DUCRU  ブラネール・デュクリュ 2012 サンジュリアン

ボルドーグランヴァン 4級。いわずもながこれは素晴しい・良いですね。あまりにも美味しくて気に入ったのでネットで購入してみようと思います。

 

 

lbe33s.jpgローブから少し歩けば東京タワーを下から望める場所。

 

明日は料理編を

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 



 

このページのトップへ

カレンダー

2018年8月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー