九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2017年11月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jont8.jpg

ここ数日は、六本木RYUZUや小笠原伯爵邸での食事が続いていたのですが、土曜日熊本に帰る前の日にたまたま運よく、白金のジョンティアッシュさんの予約が取れましたので、訪問しました。訪問したいと思っていたフレンチの一つです。丁度六本木RYUZUの飯塚シェフもジョンティアッシュの遠藤シェフもたぶん同時期にラトリエ・ドゥ・ジョエルロブションで勤務されていたという関係。そしてジョンティアッシュもミシュラン一つ星のお店、期待感高まりますね。今回はランチで訪問。


白金の目黒通りから外苑西通り(白金台プラチナ通り)へ入って1本目を左折、すぐわかります。ビルは改装中でした。

 

 

jont9.jpg

ランチはベースは4650円のコース。そして7500円、10800円のコースもありますが。

 

 

jont7.jpg2階がエントランスです。

 

jont10.jpg

ジョンティアッシュ。ランチは12時から。予約していた名前を告げ入店します。


 

jont11.jpg

入ってすぐ左側の部屋に案内されます。ここの部屋には20人ほど入れるでしょうか。机の上のオーナメントが綺麗ですね。

 

 

jont13.jpg

ワインといきたいのですが、今日は車を運転しなくてはならず、フレッシュジンジャージュース。これがまたジンジャーをすごい感じるジュースで濃厚

 

jont12.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

肉料理は+1800円で和牛に変更をお願いしました。

 

jont15.jpg

ワインのマリアージュメニューなども沢山用意されているんですね。夜も来たいなぁ。

 

 

jont14.jpg

アミューズの1品目はフォアグラ系なんですが、生地に小麦がはいってNGのため、生ハムが出てきました。

 

 

 

jont16.jpg

アミューズ2品目はフランス モンサンミッシェルのムール貝の前菜。貝は苦手ですが、このムール貝とても美味しい。

 

 

jont17.jpg

前菜

北海道産 毛蟹をエフィロッシェにし土佐産仏手柑(ブッシュカン)で香り付け

赤パプリカ・ルッコラのエスプーマと共にガトー仕立てに

 

 

jont18.jpg

ケーキのようにして食べてくださいということなので、二つ割に。切るのがもったいないくらい。いや、これ美味しいです。ほんとうに。

 

 

jont19.jpg

広島県三次産 九重栗南瓜の滑らかなポタージュ ポワトリーヌヒュメと香ばしいクルトンを添えて

 

 

jont1.jpg

クリーミーで濃厚、舌の中でまろやかに南瓜の風味が広がります。いいね。

 

 

jont2.jpg

メインは 佐賀県産 特選和牛 希少部位(クリ)のロースト セップ茸のボルドレーズと共に

塩のあんばいが絶妙!肉もやわらかいし。ポーション的にも4切れという丁度良い量だから満足。

 

 

jont3.jpg

デザートは 熱々のチョコレートスフレに洋梨と生姜のコンフィを忍ばせて メープルシロップのグラスを添えて

 

 

jont4.jpg

木目の細かいスフレ。これだけでもチョコレートの香りがして美味しいのに。

 

 

jont5.jpg

アイスとか投入して溶けだしてマイルドになり。なんですか、このデザートのとりこになる感、ハンパナイです。


 

jont6.jpgキャラメルとかエスプレッソ。満足いたしました。ここもお気に入りのお店になりました。店員さんのアテンドや解説、心配りもサービスとしてかなり完成形に近いものではないでしょうか。料理の味も。ここはかなり女性のファンが多いと確信しました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.05)


ジョンティアッシュのホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月12日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

 

DSC07469.JPG

 

久しぶりに佐世保市民のソウルフードで、メディアにもたびたび取り上げられている佐世保玉屋のラビアンローズ(店の名前がラビアンローズだと言うことを最近知る。吉川晃司と関係はないだろう)のサンドイッチを食べました。昭和38年創業の佐世保玉屋は、佐世保市唯一の老舗百貨店。普通の百貨店ではありますが、基地の町佐世保だけあって、外国のお菓子などの品ぞろえはこの規模の百貨店にしてはかなり豊富な方だと言えるでしょう。そこで売っているサンドイッチなのですが、シンプルにレタスとハム、キュウリ、ゆで卵などが入っています。最大の特徴は甘いハチミツ入りのマヨネーズです。このマヨネーズ、甘めで多めで、ゆるめ。これにハマると、ほかのサンドイッチが食べられなくなります。というか、幼少期からこのサンドイッチで育った私からすれば、これ以外のサンドイッチは、もはやサンドイッチではないと言ってもよいくらいDNAに深く刻み込まれています。佐世保バーガーという言葉もなかった頃、普通にバーガーも食べていましたけど、どちらかといえばこちらの方がソウルフードかな。売り場に行くと、何百個もサンドイッチの入った箱が並んでいて、一心不乱にエキスパートたちがサンドイッチを作っている姿が見えます。それは、作り手こそ違えど、今も昔も同じ風景の職人技。佐世保バーガーとともにこちらのサンドイッチも食べていただくと、さらにディープな佐世保の魅力に触れることができます。<YA>

このページのトップへ

2017年11月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh23x.jpg

料理編です。ポーションはわかりませんが、結構ボリュームがありそうです。

 

 

ogh22.jpg

乾杯はCAVAですね。

Imperial Gran Reserva 2012   9,000yen

 

 

ogh21.jpg

アミュ―ズ

セップ茸とシャンピニオンのモレット 堀川ごぼうと軽いテクスチャーといか セージの香り

 

 

ogh19.jpg

前菜という感じか魚に入りそうだが、

帆立貝アンディープのグラッセ 秋のトリュフとともに

黒トリュフ、これくらいの量はやっぱりアミューズ前菜だ。


 

ogh20.jpg

白は Anayon Chardonnay 2015 8,000Yen

 

 

ogh17.jpg

スペイン料理だから、か、生ハムが食べたいと誰か。

 

ogh16.jpg

ハモンセラーノ。脂はのっていたが塩加減は良かった。白がすすむ。

 

 

ogh18.jpg

セップ茸のエラード テティージャの暮れ間 ペドロヒメネスのキューブ

 

 

ogh15.jpg

赤です。赤はオススメワイン、銘醸地ブリオラートの特徴であるしっかりしたタンニン、果実味があるワイン。

Mas Des Masos 2004 15,000Yen

 

 

ogh14.jpg

鴨のアロスメロッソ トランペット茸 クレソンリーフ シェリービネガー

リゾット。

 

ogh1.jpg

ハタのブランチャ 白いんげん豆のクレモソ モハマコンソメ

 

 

ogh3.jpg

特選牛ロース ポワローコンフィ りんごのピュレ 赤ワインソース

 

 

ogh2.jpg

2nd Rosso

Conde de Herrvias 2004 15,000Yen


 

ogh4.jpg

りんごのコンポジション

 

 

ogh5.jpg

どんぐり ショコラ マロン カシス ヘーゼルナッツ

 

ogh6.jpg

ドーム型のチョコをずらすと、中にいろいろ。

いやー量も品数も十分でした。我々よりディナー先にスタートしたカップルさんは、食べ終わって出る時まだメインでした。3時間半以上はかかっていたと・・・ヨーロッパペースですね。ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.84)

 

このページのトップへ

2017年11月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ogh7.jpg

東京BI食倶楽部で訪問しました。新宿・河田町にある小笠原伯爵邸。旧宅、古い建築物好きな私も一度は訪問したいと考えていた建物です。しかしここはレストランなどで利用しないと一般見学はできないため、訪問できずにいた場所の一つでもあります。

 

 

ogh8.jpg

庭からの建物一部。こちらはよく雑誌等で掲載される装飾部分。

小笠原伯爵邸は昭和2年(1927年)、礼法の宗家で有名な小笠原家30代当主・小笠原長幹(ながよし)伯爵の本邸として完成しました。代々小倉藩を治める大名の家柄だった小笠原家所有の敷地は竣工当時約20000坪。今なお約1000坪の敷地面積を誇ります。


 

ogh9.jpg

2002年6月スパニッシュ様式の館が施設として生まれ変わりました。このように小鳥のモチーフが多用され別名「小鳥の館」とも呼ばれています。

 

 

ogh10.jpg

日本初期のステンドグラス作家 小川三知(さんち)氏の作品。

 

 

ogh27.jpg

中庭(パティオ)から屋上へ行ってみましょう。


 

ogh26.jpg

屋上も居心地が良さそうなくつろげる場所。本当に贅沢なつくりだったんですね。

 

 

ogh25.jpg

階下へ。

 

ogh11.jpg

エントランスのそば、かつての伯爵家の正餐用食堂。テーブルは当時実際に使用されていた唯一残る家具。

 

 

ogh13.jpg

応接間。ヨーロッパからの照明やインテリア


 

ogh12.jpg

西洋館喫煙室(シガールーム)イスラム風デザインで作るのが当時の流行だったとか。

 

 

ogh24.jpg

レストランのテラス席として利用されている部分は、当時はベランダ。この他にもレストランとして利用されている部屋はあります。我々は今日はここでディナーとなります。食事編は明日掲載。TT

 


小笠原伯爵邸ホームページ

 

このページのトップへ

2017年11月10日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

DSC07592.JPG数年ぶりに鳥栖にあるプレミアムアウトレットモールに行きました。休日のアウトレットモールは大渋滞するのですね。鳥栖インターを下りた辺りから車が詰まりだして、モールに到着するまで、ずいぶん時間がかかりました。でついたのが遅かったこともあり。閉店時間の9時近くまでいる羽目に。よく沖縄のアウトレットモールには行くのですが、飛行機代を出して沖縄のモールでお買い物をすると、お洋服の割引分で飛行機代が出てるような錯覚をしてしまいます。「あ!かなりトクしてる!」と思うのですが、きっとこの考え方間違っています(笑)

DSC07584.JPG

車をパーキングから出すのもかなり時間がかかると放送が流れていたので腹ごしらえをすることに。寒いのであったかいものが食べたい!ということで、フードコートに一風堂さんもありましたが、今日は能古うどんさんにしました。能古うどんさんは博多で生まれたうどん屋さんのようです。

DSC07586.JPG

ごぼてん肉玉うどんです。手前が普通盛り、奥が大盛り。

DSC07587.JPG

上から撮影するとこんな風。どんぶりの大きさの違いがわかります。

DSC07590.JPG

能古うどんさんの最大の特徴はこの平たくて細い麺でしょう。柔らかいのにコシがあってスープとの絡みがよいですね!細い麺というと、長崎県の五島うどんが思い出されますが、五島うどんは平たくなくって丸い麺でどちらかといえばつるつるした印象。それぞれ違う持ち味でどちらとも好きです。店舗情報を見てみると、福岡県に店舗が多く、県外はこの鳥栖のプレミアムアウトレットモールだけみたいです。熊本にあればうれしいのになー。<YA>

 

このページのトップへ

2017年11月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ssera8.jpg銀座1丁目からも銀座4丁目からもそんなに遠くないビル、銀座ベルビア館に来ました。はじめて来たビルですが、LOFTとかも入ってる割には人が少ない、穴場な感じのビル。飲食店も結構入っているのですが、夜賑わうのか昼は以外に賑わってないような。これも穴場感。


食欲がない時の、タイカレー。食べようと思って検索して、そこそこ評価の高いお店が見つかったので来てみました。

 

ssera1.jpg

7階にあるタイ料理のレストラン サイアムセラドン。表に椅子が並べられているところを見ると並ぶのでしょうか。

ここは サイアムヘリテイジの店舗名で2店舗、サイアムセラドン名で6店舗ほど出店しています。

 

 

ssera3.jpg

夜メニューでしょうか。タイ料理のコースもありますね。

 

 

ssera4.jpg

テーブルがぎっしり詰められた店内。というかまだ1組目なんですか。大穴場ですねぇ。笑

個人的には夜飲んでいるときにこのぎちぎち館は勘弁してほしいけど。

 

ssera2.jpg

クリックメニュー拡大、戻る。

予定通り タイカレーセットでも食べようと思ったが、夜のフルコースを頭がよぎり、胃に少しでも優しい カオマンガイ(チキンライス)980円を注文。本当にチキンな胃袋だよ、でも昨日ワイン飲み過ぎたからなぁ。生春巻1本 350円で注文。

 

 

ssera5.jpg

お客さんが少ないせいか、生春巻きとスープがすぐに出てきた。普通の春巻きだった。惣菜の岩田さん(ロックなんとか)の生春巻きのほうが個人的には好きかもしれない。

 

ssera6.jpg

プレート到着しました。右上はポテトサラダ、右下はサラダ豆。

 

 

ssera7.jpg可もなく不可もなくしかし可と感じるカオマンガイ(チキンライス)。タイ国専門食堂のカオマンガイのほうが好みかも。同じフロアーでもゴッチズビーフというお店が行列で気になりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 



 

 

このページのトップへ

2017年11月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ryuzu8.jpg

東京レストラン事情に詳しい当社のYHさんに紹介していただいた、六本木にあるRYUZU(リューズ)さんへ訪問予定の数日前に電話したらラッキーなことにカウンター席が予約が取れましたので、訪問しました。六本木の交差点から歩いて3分程度の距離にあります。

 

 

ryuzu9.jpg

エントランスは地階1階。長い階段を下る先には竹がライトアップされており、ムーディな空間が広がり、とても期待感を感じさせると共に、お店に向かうワクワク感を感じます。

 

 

ryuzu10.jpg

階段を下った左側がRYUZU。エントランスの自動ドアを開けて店内へ入ります。今回予約していた時間帯は遅めだったため既にフロアーにはお客さんが沢山。そしてお店の天井も高く私好み。個室もあります。

 

 

ryuzu11.jpg

カウンターに着座。ワインセラーと厨房が見えます。飯塚隆太シェフが調理しておられます。飯塚シェフはタイユバン・ロブション、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションで勤務され、2011年2月にRYUZUをオープンし、今やミシュラン2つ星のお店として認められています。

 

ryuzu12.jpg

カウンターの熱気がこちらにも伝わってきます。メニューを見ながら今日のストーリーを考えていくのが楽しみ。

 

 

ryuzu13.jpg

今日はコースメニューでなくて魚介系のアラカルトで行くことにします。カウンターはアラカルトで注文できます。


今日の白ワインは新ドメーヌ、


ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2013]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2013]



 

ryuzu14.jpgぶどう本来のすっきりした味わいと旨みがフィネスとして感じられるワイン。

 

 

ryuzu15.jpg

アミューズはスモークサーモンとサンマと茄子のミルフィーユ。

 

 

ryuzu16.jpg

このスモークサーモン美味しいです。さんまも自然と笑みがこぼれます。

 

 

ryuzu17.jpg

2品目のアミュ―は パンプキンスープ。

 

 

ryuzu1.jpg

メニューに載っていないのを作っていただきました。蟹のムース、ずわい蟹、キャビアと贅沢なコンビネーション。

 

 

ryuzu2.jpg

素晴しいです、モンラッシェとの相性もとてもよく、口の中に幸せ感が充満します。キャビアやばいです。

 

 

ryuzu3.jpg

 ここでマネージャーのおすすめにより、椎茸を赤ワインと合わせることにしました。2010 シュヴレ シャンベルタン(ジャンテ・パンショ)Cevrey Chambertin (Geantet Pansiot)

 

ryuzu4.jpg

八色椎茸をタルト仕立てに コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って

ぷりぷりした椎茸とシャンベルタンのマリアージュがたまりません。


 

ryuzu5.jpg

今日のメインです。

島根産 天然鮑のソテー 鮑のエッセンスソースで

 

 

ryuzu6.jpg

想像した以上に美味しいあわび。丁度1個分入ってます。これをまた食べるために訪問したくなるなぁ。

 

 

ryuzu7.jpg今日は肉はいただきません。エスプレッソダブルと茶菓子。

 

店員さんの応対も大変良く、料理も感激します。ここは再訪したいリスト入りです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

カレンダー

2017年11月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー