九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

btry1.jpg

東京、渋谷から東急線で2駅の祐天寺。歩いて数分、閑静な住宅街の中にクレモンティーヌ・ビスはあります。ビストロフレンチです。

 

 

btry2.jpg

ディナーは5800円、6800円ですが、今日はアラカルトでお酒を頂きます。店内はワインレッド基調で外国人のお客様も多く、雰囲気がプチパリ気分、ここ。店内はカウンター4席を含め20席の小さな、夫婦で経営されています。

 

 

btry3.jpg

黒板メニューからカンパチのマリネ

見た目にも美しい

 

 

btry9.jpg

林檎とアンティーヴ、クレソン、ゴルゴンゾーラチーズ、クルミのサラダ。

色々入っていて美味しいなぁ

 

 

btry4.jpg

定番的にビストロで食べたくなる

パテ・ド・カンパーニュ


 

btry6.jpg

またお肉

山形豚の自家製ロースハム

 

 

btry7.jpg

黒板メニュー イイタコのココット煮

 

 

btry10.jpg

真鱈の白子のムニエル、春菊のソース

白子は苦手です

 

 

btry12.jpg

イチボのロティ

柔らかくて美味しいお肉ですね。


 

btry13.jpg

フォンダンショコラ バニラアイス添え

冬ですよね、フォンダンショコラ

 

 

btry14.jpg

自家製生姜キャラメルアイスクリーム

甘くショウガ味。食後にぴったり

 

食事はそんなに沢山ではないのですが、ワインはシャンパンそして、

 

btry5.jpg

サシャーニュモンラッシュ 2013 ジャン・マルク・ボワイヨ

 

 

btry8.jpg

Dom. Alain Jeanniard Chambolle Musigny
ドメーヌ・アラン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー 2014

マキコレワイン

 

btry11.jpgレ・フィエフ・ド・ラグランジュ Les Fiefs de Lagrange 2013

サントリー経営サンジュリアンボルドー シャトー・ラグランジュ 3級のセカンドワイン。何度も飲みましたね、これ。

シャンボールミュジニーの後のこれは少し軽かった。

 

ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.60)

このページのトップへ

2019年2月 4日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

  

 

会社のHちゃんに教えてもらったおいしいケーキ屋さん山鹿市にあるriccaさんに行きました。鹿本農業高校の近くにあるのですけど、お店の店構えからとてもステキ!ここ、山鹿?って思っちゃう感じです。閉店ぎりぎりに滑り込みセーフ!

 

イートインスペースもあり。クリスマスリース作りやお食事会などのイベントもやられているみたい。この前のお食事会は花小町の本田シェフが来られたようです。なんというすばらしいコラボレーションなのでしょう!

 

DSC02390.JPG

ケーキを何個かお持ち帰り。フランス版ショートケーキ「フレジェ」。もともとフランスにはなかった苺を18世紀に探検家のフレジェという人物がチリから苺を持ち帰り栽培したのがきっかけで広まったとHPにあり。

DSC02387.JPG

オペラ!なぜオペラというのかというと、オペラ座を模してあるからだそう。モカ風味のバタークリーム、チョコレートのガナッシュ、たっぷりのコーヒーシロップ。なんというコラボレーションなのでしょうか。おいしすぎます。このチョコのおいしさだと、バレンタインチョコもきっとすばらしくおいしいでしょうね。

 

DSC02386.JPG

そして、一番気に入ったのがこちらのケーキ!名前を失念。今まで食べたことのないおいしさでした。次回はもっと詳しく書けるようにリベンジです涙。<YA>

ricca
熊本県山鹿市方保田279-1
Tel:0968-41-9399
営業時間:10時〜18時30分

お休みはここで確認!

このページのトップへ

2019年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

miyosiu9.jpg

8ケ月ぶりの2度目の訪問となります、人形町、うなぎ三好。

他にも人形町にはうなぎの美味しいお店が沢山あるのですが、またこちらに。

 

 

miyosiu.jpg

前回は「月」をいただいたのですが、今日は 「花」3320円にします。肝吸・漬物付です。

 

 

miyosiu2.jpg

ここの美味しいお茶をいただきながら、週刊文春を読みながらうなぎの到着を待ちます。

鰻屋ではスマホよりスポーツ新聞より文春があう。新潮も読みましたが。

 

 

miyosiu3.jpg

到着。待ち遠しかった。

ふたは付いていません。湿気を嫌うためでしょうね。

 

 

miyosiu4.jpg

重の到着のあと、肝吸いと香物。にんじん、だいこん、きゅうりのこの3点セットが大好きなんだ。

 

 

miyosiu6.jpg

炭火焼き 色目も最高にいいですね。丁寧な仕事です。

 

 

miyosiu5.jpg

肝吸いも三つ葉のバランスがとてもいい。鰻重・肝吸い・香物がとても引き立てあっているビジュアルですね、ここのは。

 

 

miyosiu7.jpg

久しぶりです。美味しいです。

 

 

miyosiu8.jpg

大嫌いな汁のべちゃ感もなく、ぐにゃーっとしたご飯でもなく、米粒のエッジが効いたいいお米を使っているとおぼしき炭火炊きの米。ほんとうにコメも旨い。鰻と米が互いに引き立てあっている。うなるよ。TT

 

三好 うなぎ 東京・人形町 ここの鰻好きだわ

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月 2日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

DSC02380.JPG 

鹿児島といえばとんかつ!と毎回叫んで、毎回とんかつを食べますが、実は「このとんかつ、●烈亭のよりおいしい!」というものにいまだ巡りあわず。今度こそリベンジってことで、アミュプラザのかつ寿さんの「上黒ロースかつ定食」に挑戦。価格は250gで2500円なり。まあわかりやすいですけどね。量的には3切れくらいでおなかいっぱいになりそうと思いながらも、心強いメンズを二人連れていたので、シェアすれば、おいしいとんかつをちょこっとだけ堪能できるハズ。こちら、お待ちかねの上黒ロースカツ定食です。

DSC02383.JPG

 

ほのかなピンク色に期待大。ほかのとんかつより一回り以上お高いですから、期待しましたけど、普通においしいって感じでした。しかし脂がのっているからか、二切れでおなかいっぱいに。黒豚のしゃぶしゃぶはかなりヒットでしたが、とんかつっていうメニュー自体が、もう年齢的に無理ってことでしょうか。<YA>

 

とんかつかつ寿

鹿児島市中央町1の1アミュプラザ鹿児島地下一階

099-812-7127

このページのトップへ

2019年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tng11.jpg

最近ブームのスパイスカレー。大阪がスゴイというのは聞いて知っていたのですが実は大阪でカレーを最近食べた記憶がありません。ということで北浜近辺に居ましたので、この付近がカレー屋さんが多くてアツイとのことですので、その中から評判が高い1軒をセレクトして訪問しました。


といってもオープン前でないと並ぶとのことなので少し前に来店。5分前で一番乗り。この近くのカシミールというカレー屋さん(食べログ3.76)は1時からオープンとの張り紙があるのに1時間半前から並んでいましたよ。すごい。


 

tnc1.jpg

街の中のガソリンスタンドというのも違和感を覚えますが、そのそばにあります。

フォークオールドブックストアに同居する マガリ(間借り)カレー。今では多くを見かけますが、ここが先駆らしい。(2013年オープン)間借りとは夜居酒屋の昼間とかカレーを借りて営業しているというパターン。


 

tng2.jpg

土日祝日定休日ですよ

平日オンリー、人気店。普通のサラリーマンだと大阪在住でもハードルが高いお店ですね。

 

 

tng3.jpg

最初に入店できるので店内ショットも人がいない。

本はまばらですが、この地階にもお店があります。待ち合いの椅子が小学校の教室の椅子だ

 

 

tng4.jpg

東横堀川が望めるカウンター席に。川が見えて落ち着く。カフェのよう。

 

 

tng5.jpg

さて肝心のメニューですが、

スパイスチキンカレー 800円 以外は 2種類

両方10食限定で スパイスシーフードカレー 900円、麻辣豚バラキーマカレー 900円。

最近流行の麻辣系ですね。

 

ネクターにも惹かれるなぁ、「とろける美味しさネクター」飲みたくなりましたが。私はチキン、もう1人は麻辣。

 

 

tng7.jpg

しばらくして到着。アイガケがあったらいいのにと思いつつ、

豆腐とかカボチャなど野菜が相当煮込まれて入っていますね。

 

 

tng6.jpg

サフランライスの量もそれほどではないのですが、美味しそうなスパイスの香りが脳を刺激します。入店前まではそんなにお腹すいていなかったのですが、食欲神経をかなり刺激されます。

 

 

tng10.jpg

以外にチョイ辛はそれほど、辛くなくスパイスの絶妙なカレー感というか、すんなり胃袋に入っていきます。1皿するっと。

 

 

tng8.jpg

麻辣です。

ごまだの色々と降りかかっていて、こちらがスパイシー感はありますが、想像していた激辛感は少ないですが、食べながら汗かいていましたよ。

 

 

tng9.jpgやはり美味しそう。

するっと食べれたので、隣の人が食べいてた 色が黒っぽいシーフードカレー10食限定も食べればよかったとお店を出る時に思いました。美味しいから2人で3皿はいけるでしょう。お店を出るころには店内満席、行列でした。10食限定カレーはオープン前に行列しないと無理かもですね。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

谷口カレーの記事


 

 

このページのトップへ

2019年1月31日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

DSC02343.JPG

 

去年に引き続き東海大学の学食グルメを楽しみました。年齢を重ねて学食行くと変にウキウキするのは何なんでしょうね(笑)。

 

東海大学熊本キャンパスにてランチタイム

去年はカレーを食べましたが、今回は別の学食に潜入。いわゆるカフェ風の学食で、前回も「次回はカフェ風学食に行きたい」と熱望していたため夢が叶ったカタチです。なんだかメニューもオシャレです。ハンバーガーとかパンケーキとかあるみたい。

DSC02342.JPG

手ごねチーズハンバーガーとかそそられますが、ちょっと食べづらそう。

DSC02345.JPG

 

パスタにしてみます。日替わりパスタは、たらこパスタです。400円と激安。券売機で購入。前回行った学食よりも圧倒的にメニュー少ないですが、50円デザートとか謎の気になるメニューもあり。

 

DSC02347.JPG

パスタランチです。タラコがたっぷり入っていておいしそう!サラダとフランスパンがついています。これ、見た目以上に盛りがよくってびっくり!フランスパンまで入りませんでした。男性陣は、大盛りをオーダーしておられましたが、器がカツ丼が入っているような丼でした(笑)。オシャレとはいえ、食べ盛りの学生さん向けの配慮を欠かさないSIESTAさんでありました。<YA>

東海大学熊本キャンパス

 

 

熊本市東区渡鹿9の1の1

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lsn14.jpg

今年初のミシュランレストランは、大阪にて。北新地からJR東西線で1駅新福島駅から歩いて数分のエリアにあります。ここの辺りはなんか美味しそうなオシャレなお店が沢山ありますね。お店の名前は

 

 

lsn12.jpg

リエゾン。フランス語で繋ぐ、繋げるの意味があるとのことです。当社の情報誌ダイニングエクスプレス最新号(34号)次に流行るお店に掲載させていただきました。その後2019ミシュラン大阪・鳥取でミシュラン1つ星に選ばれたのでびっくりしました。そういうご縁で今回訪問させていただきました。


こちらはもと「ポワン」というミシュランレストランがあった跡地。ポワンもミシュラン2つ星店「アキュイール」が13年に福島に移転解明したお店ということですから、ここは名店が続くレストランの場所。


 

lsn13.jpg

昼は3500円、夜は6000円のコース。

6000円は安いですね。評判も6000円でコスパが良いとの声が多く、ここは運営元がTHE DININGという12店舗外食レストランを経営する企業です。


今回はスペシャリテの10000円のコースです。といっても星付で10000円は普通としては高くないですよね。


 

lsn15.jpg

店内はシンプルベストな空間が広がり調理場も見えて動きもあります。そしてきつすぎないゆっくりとした空間がベスト。テーブル席4卓で22席。平日でしたが後程一杯になりました。でも6000円のコースを皆さん召し上がられていたようですね。それにビールなどを飲む方も多くみかけました。

 

 

lsn25.jpg

メニュー表です。シンプルながらもこういうメニュー表があるフレンチが私は好きですね。特にフランス語並列表記とは不要だし。

 

 

lsn23.jpg

アミューズから

さくらえび スイートポテト

シャンパンはボランジェをいただきながら。

 

 

lsn22.jpg

キャビアのタルト

 

 

lsn21.jpg

中にはキャビアのサンドイッチ。シャンパンとキャビア。やはり嬉しいですね。

 

 

lsn24.jpg

玉ねぎとベーコンのクグロフ

 

 

lsn19.jpg

皿の端っこにのってやってきたのは

そば粉のブリニ うに 焼きなす

 

 

lsn18.jpg

いやいや綺麗にデコられていること。

 

 

lsn17.jpg

バターが4種類も。ゆず味とかありました。

 

 

lsn16.jpg

かぶらのムース

オマール海老のコンソメ

 

 

lsn1.jpg

ほんとに適度と思う量で、オマール海老も美味しく。

白ワインモンラッシェとのマリアージュが抜群。

 

 

lsn2.jpg

北海道産 ほたて貝柱とあわび プール・ノワゼット

貝柱の上に載っているのがあわび。うーん、美味しいですね。火入れも良くて柔らかい。

 

 

 

lsn3.jpg

フランス産 フォアグラのポワレ 十穀米のリゾット

ここまでキャビア、オマール、あわびと高級食材が続き、そしてキャビアに続き、トリュフ、フォアグラと3大珍味も登場。満足感高いですね。よければトリュフは目の前で削られるとあの香りがふわーーんとして最高なのですが、今回は削ってあるものが提供されました。フォアグラ、トリュフのリゾットはやはり香りたち美味しいですね。

 

 

lsn4.jpg

こちらのスペシャリテはだし汁の旨みを味わうフレンチということで、スープが極み。

今回は 長崎県産 甘鯛の鱗焼き ポトフ仕立て

 

 

lsn6.jpg

北海道産 黒毛和牛サーロインのロースト

 

 

lsn7.jpg

サシが入りすぎていて2切だったから食べれたかも。

 

 

lsn10.jpg

タルトタタン

 

 

lsn11.jpg

大阪のフレンチってほんと充実感が高いんですよね、どこも。

 

 

lsn20.jpg

シャサーニュ モンラッシェ 白 2012 ラモネ ramonet chassagne-montrachet

1920年、ピエール・ラモネ氏によって創設。ドメーヌ設立当時の1920年代から元詰を開始、その後、息子のアンドレが引き継ぎました。アメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として今日の名声を獲得するきっかけとなりました。

 

lsn5.jpg赤と間違って頼んだ白

ラベイユ・ド・フューザル・ブラン 2009

モンラッシェの後に飲むのには・・・いまいち。


 

lsn8.jpg

《クアディー》 エレクトラ [2014] Quady カリフォルニアのデザートワイン

 

 

lsn9.jpgマーカス モリトール リースリング ユルツィガー ヴェルツガルテン シュペートレーゼ 2016

 「口の中では甘口アウスレーゼのジューシーなアプリコットが前面に出て砂糖漬けにした柑橘果実と一体となっている。素晴らしくフルーティーなリースリングでフィネスとエレガンスに傑出している。」 byワイン・アドヴォケイト

 

食べログ(掲載時点 3.53)

このページのトップへ

カレンダー

2019年2月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー