九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年3月11日 Posted time : 00:32 | Category : 熊本グルメ情報

DSC08441.JPG 

 

春の天草は、海がきらきらでとってもきれい。今回は、地元の人に連れて行っていただき、ふぐを食べに行きました。繁華街からちょっと離れている場所にあるので、観光客の方はあまり足を運ばない場所かもしれないのですが、とてもおいしかったのでのでご紹介します。名前は、「旬彩の小川」さん。ちなみにこの近くに昔よく通った洋菓子店ロシアンさんがあります。ダックワーズとかとってもおいしいんです。

 

ここのこちらのランチ限定十食の花篭御膳です。ふぐの刺身やふぐのから揚げ、白子の豆腐、茶碗蒸し、コーヒー、デザート付き。ふぐ刺は、ネギをくるんと巻いて、薬味を入れたポン酢に浸して食べます。上品でいいですね。

 

 

DSC08445.JPG

 

ゼリー付き。さっぱりしていておいしい。おなかいっぱいになりました。熊本市内にも水前寺に系列店のふぐの小川さんはありますが、残念ながら夜のみの営業のようです。<YA>

 

 

旬彩の小川  

天草市古川町10の21

0969-24-1120

 

 

このページのトップへ

2018年3月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

myko16.jpg

宮古島へ行きました、宮古島訪問は3度目になりますが全てここのホテルに宿泊しています。ブリーズベイマリーナ。高級ホテルのアラマンダも同系列でここのレストランの数は東急リゾートなどと比べても格段に数が多い。最近は宮古島はインバウンドにも人気があり、7年ほどまえに前来た時より外人観光客が激増しているイメージ。

 

 

myko17.jpg

ホテル1階にある、沖縄料理の居酒屋「汐彩」を訪問。以前はここでは豚しゃぶとかいただいた記憶がありますが、今日はアラカルトメニューで好きなものをいただきましょう。

 

 

myko1.jpg

宮古島北部にある泡盛の池間酒造の「太郎」という泡盛をいただきます。

 

 

myko2.jpg

スクガラス豆腐

 

 

myko3.jpg

宮古島産うみぶどう 500円。

ものすごくプチプチしていて新鮮で美味しかった。


 

myko4.jpg

海人サラダ 1200円

こちらにも海ぶどう。


 

myko5.jpg

ゴーヤーチャンプルー 800円。

ゴーヤがフレッシュでやっぱり沖縄現地で食べるチャンプルーは美味しい―。コーレーグース(島とうがらしを泡盛に漬け込んだ調味料)をかけて。

 

 

myko6.jpg

グルクンの唐揚げ 800円

グルクンは沖縄の県魚でグルクンから揚げは沖縄料理屋さんでもポピュラーな料理です。

 

 

myko7.jpg

天ぷらです。

 

 

myko9.jpg

宮古牛一口ステーキ 2000円

宮古牛は結構高いんですよね。

 

 

myko8.jpg

宮古牛握り寿司(3カン 1200円)

柔らかくて美味しい。でも1貫しか食べれなかった。

 

 

myko10.jpg

お店はホテル前の琉球の風に変わり、生春巻きとラフテー

 

 

myko11.jpg

豆腐チャンプルー

 

myko13.jpg

ソーメンチャンプルー、今では食べれない一品。

 

 

myko12.jpg

宮古島のかまぼこ

 

 

myko14.jpg

スパイシーから揚げ

 

 

myko15.jpg

にんにくばくだん。

ゴルフ場じゃないんですから、これを頼まなくても。


まぁ、沖縄に来ると色々と食べたいものが沢山あります。

 


 

このページのトップへ

2018年3月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

前日に続き、六本木リューズ続編

 

rzr2.jpg

魚料理。何のワインにしようか考えていて、何のお魚か聞いて忘れてしまいました。上にはムール貝


 

rzr3.jpg

赤が飲みたくなりましたので、

2007 Chateau Sociando Mallet 

ボルドーのシャトーソシアンドマレ。ボルドーの格付ワインではありませんが3級クラスの価格で取引されている、有名なシンデレラワインですね。確か2000年前後にシャトー・シャススプリーンなどと共に人気になりました。それでも当時は4000円から5000円くらいで購入できましたが。私もこのワインはヴィンテージ違いで色々と飲んだことがあります。


 

rzr4.jpg

黒毛和牛 フィレ肉 野菜のソテーを添えて

 

 

 

rzr5.jpg

黒トリュフの濃厚な香り

 

 

rzr6.jpg

柔らかくて美味しい。

 

rzr7.jpg

2012 CH. SMITH HAUT LAFITTE (シャトー・スミス・オーラフィット)

グラーヴ地区の特級ワイン。ソシアンドマレより私はこちらのほうが、印象が良かったです。シャトー説明など

 

 

rzr8.jpg

軽やかなヌガーグラッセにフランボワーズのエスプーマソース

 

 

rzr9.jpg

最後の〆はやはり ソーテルヌでしょう。貴腐ワインと呼ばれるデザートワンです。シャトーディケムが有名ですが、ディケムはめちゃくちゃ高いですからね。

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

スデュイローははじめてでしたが、価格の割にポテンシャルが高いデザートワインですね。シュデュイローの説明など

 

 

rzr10.jpg

エスプレッソと小菓子。リューズさんは満足度が高いフレンチです。TT

 

食べログ(掲載時点 4.19)

 

リューズ ホームページ

このページのトップへ

2018年3月 9日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

DSC08430.JPG

かつて御船町で人気だったルアンさんが熊本市に移転してもう何年でしょうか。ホテル日航の裏の高田屋さんの2階にあり、リーズナブルな価格でランチが楽しめます。ここのオススメはサラダで、すごくいろんな種類の野菜がサラダに入っているんです。お料理もヘルシーでおいしく、女性の間で人気です。このお店のもうひとつの楽しみは、レジの近くに並んでいるセレクトショップ的なアイテムを見ること。こちらは、フェアトレードのチョコです。ジンジャー&レモンのチョコとかどんな味がするんでしょうね。

 

DSC08432.JPG

そして、今回気になったのがコレ!レモングラスティーの前にあるバラの絵が描いてあるボトルです。その右奥には同じ柄が書かれた別のボトルもあります。「思わずコレなんですか?」と聞いてしまいました。じつはこちらはフレンチクレイとクレンジングです。熊本の顔そりのサロンベラ熊本さんが、フェイシャルエステをされるときに使用しているのが、このベラローザフレンチクレイ。クレイですから、泥なのですが、この泥はいろんなミネラル分をたっぷり含んでお肌にとってもいいのだそうです。ルアンのオーナーさんも使用されている一押しの商品らしく、バラのとってもよい香りがするんですよ!手にとって使用させていただいたらお肌がすごくしっとりしたので、購入して、毎日お風呂タイムに楽しんでいます。

DSC08433.JPG

ここは、おいしい紅茶の種類が多く、うれしい。

DSC08431.JPG

ドライフラワーもいい感じです。隠れ家風の小さいお店ですが、お料理もインテリアも細部まで目が行き届いていて、独自の世界観。町のど真ん中にいることを忘れてしまいそうなゆったりしたひとときが過ごせますよ。<YA>

ルアン

 熊本市中央区上通町5-36の2階

080-6408-4911

このページのトップへ

2018年3月 9日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

東京・六本木

  

rzr11.jpg

レストランリューズ(RYUZU)です。ミシュラン2つ星のフレンチ。昨年1度訪問したので2度目になります。

  

 

rzr12.jpg

 この長い階段を下りてお店は左側にあります。この長い階段はお店へのエントランスとして期待高まるものであり結構気に入っています。今はもうありませんが神宮前のイタリアンMANIN (マニン)はバブル時代に店内に大階段があり見られる階段として多くの人にインパクトを与えました。

 

rzr13.jpg

 左側がお店。自動ドアは左手にあります、入りましょう。

そしてまずは喉を潤すべくシャンパンをオーダー。そしてゆっくりとメニューを見ていきましょう。

 

rzr20.jpgBILLCART-SALMON CHAMPAGNE (ビルカール サーモン シャンパーニュ)をグラスで

家族経営ならではの『少量逸品主義』を貫くメゾン。 「LA REVUE VIN DE FRANCE」にてクオリティーの高い ノンヴィンテージシャンパン第1位に輝いたブリュット・レゼルヴ。  

前回はアラカルトでしたが、今日は 前菜・魚料理・肉料理・デザートのショートメニュー8000円を変更しながら。

   

rzr19.jpg生ハム アミューズ

 

rzr17.jpg

スモークサーモンとスープ

 

rzr14.jpgこれ以外にも色々と揃っていますということなので、今日はグラスワインを中心に飲んでみます。沢山の種類が楽しめるのもグラスワインチョイスのメリット。

    

rzr1.jpg

アルザスのリースリングをチョイス。比較的アルザスのワインはリーズナブルなプライスでアッパーなフレンチレストランでボトルでアルザスをオーダーすることはめったいにないから、これも嬉しい。

2014 ALSACE GRAND CRU SCHLOSSBERG RIESLING PAUL BLANCK

アルザス シュロスブルグ リースリング


ポール・ブランクは、グラン・クリュ認定の努力を続け、1975年に息子たちの尽力でアルザス・グラン・クリュ第一号という名誉を獲得します。 シュロスベルグのブドウ畑は一貫して特別なブドウ畑として認識され、1975年には政府当局に認められる一番の“特級ブドウ畑”である。主に急斜面のため段段畑の式でブドウ畑を耕作することを採用する。これは南に向かっている。ここの花崗岩はワインの清らかな味を与える。このワインは最初の造る数年間で花の香りを含有する。預けておいた5年や10年の後でこれはもっと鉱物の香りを持つ。(引用

 

rzr16.jpg

前菜

北海道産 雲丹をフェンネルのクレームで 旨味ジュレと共に

中にはキャビアも見えますね。うにとキャビアのマリアージュ。期待感高まる1品です。

 

 

rzr15.jpg

さすがにこれはおいしい。口の中でうにとキャビア まったりと海の味が広がります。

 

 

rzr18.jpg

 

 

 

これに合わせるワインはモンラッシェ。

ピエール イヴ コラン モレ シャサーニュ モンラッシェ レ ゾンセニエール ブラン[2014]白(750ml) Pierre-Yves COLIN-MOREY Chassagne-Montrachet Les Ancegnieres Blanc[2014]

前回訪問時にこの2013のフルボトルを頼んだのですが、訪問記録に残っているのかソムリエさんが前回これを飲まれましたねと言われた時には驚きました。

 

 

続編は明日

 

前回の記事

レストラン RYUZU(リューズ) 東京・六本木 フレンチ


 

 

このページのトップへ

2018年3月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

新橋ランチ。目星をつけた1件目は貸切でアウト、困って思いついたうなぎ屋さんささきは閉店。時間がないので、困ったと思っていたら目に留まったこの看板。


his7.jpg

美味しそうなベーコンの写真だ。


食べログも何もみないで、とりあえずここにするか。東京飛び込み久しぶりである。これはこれで面白い。


his1.jpg

カウンターのみの鉄板焼きやだ。まぁ通りを歩いている数からいって混んでいることはないだろう(という推測)

 

 

his6.jpg

時間がないので、早速入ります。

 

 

his3.jpg

お客さん1名と店員さん1名。

奥に座ろうとしたら、「となりに座ってください」と。こんなにがらがらなのに。たまにそういう風に思う。

店内は新しくはない雰囲気。


 

his2.jpg

ベーコン定食1本のみ。迷うことはない。

となりの人に「その定食はダブルですか」と聞いたら「ふつー」との答えだったので、私も普通に。


色々召し上がり方とかが書いてある。岩中(いわちゅう)豚とは岩手のブランド豚。

店員さんが奥から豚肉を持ってきて鉄板で焼いていた。ふたをして焼いたり、焼くだけだから時間はかからない。


his4.jpg

普通盛りライス、半熟卵、スープ、ほんの少し乗ったサラダとベーコン。

 

his5.jpg

そのまま食べると、マンマベーコンなのだが塩味があって美味しい。厚切りだから肉を食べている感がある。

以外にいける。ご飯もいける。

以外なのは

DSC01254.jpgこいつ。


廣特製の辛味噌で、唐辛子・味噌・多くの果実・魚介等を使った辛味噌をつけていただくと、これがあっているんだ。ほとんどこれをつけて食べた。半熟卵は黄身が固くなっていてそんなに合わなかったと思う。


先客は帰ってしまい、1000円札1枚を出して、ごちそうさまといって店を後にした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.03)


 

 

 

このページのトップへ

2018年3月 7日 Posted time : 00:49 | Category : 熊本グルメ情報

DSC08529.JPG

熊本市中央街にあるロジウラさんという居酒屋に行きました。ここは、串カツがおいしいお店とのこと。2度漬けゲンキンの串カツもおいしかったのですが、このタマゴサンドがとってもおいしかったのでご紹介します。分厚いタマゴと、かなり小さくカットされたパン。見るからに唯一無二の存在感でしょう?パン、タマゴ、パンの比率が1対1対1のサンドイッチっていまだかつてあったでしょうか。厚みのあるタマゴ焼きも難しいでしょうし、パンのカットも難しいでしょう。タマゴはアツアツで、マスタードがピリッと効いています。このサンドイッチお昼ごはんとかで食べたいな。お持ち帰りとかで提供してくれないかなーと切に希望します。

DSC08533.JPG

 

シメに頼んだバター醤油の焼きおにぎりも美味でした。ちなみにここでいただいたのは、高橋酒造さんのうめポンの強炭酸割り。強炭酸氷を使ってあるHIGOロックというドリンクです。熊本市内の居酒屋さんで飲めるみたいですよ。ちなみにうめポンとは、デコポン果汁の入った梅酒で、女子に人気のお酒です。我が家にはいつも常備していますが、強炭酸氷との相性は抜群です!<YA>

ロジウラ

熊本市中央区中央街1-3

096-359-8255

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年4月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー