九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年2月26日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

IMG_1459.JPG

 

最近は、肉汁たっぷりの高級ハンバーガーショップがたくさん出てきており、佐世保出身で佐世保バーガーラバーの私としては、ちょっぴり脅威(笑)。昔は安かった佐世保バーガーも最近はより小さく、より高くなっているので残念でもあります。そんな中、アメリカ人の友人がオススメしてくれたなんちゃって高級ハンバーガーの作り方を再現してみました。

材料:スーパーで2割引になっていたハンバーガー、ケチャップ、とろけるチーズ、バター

1スーパーやファストフードショップでリーズナブル価格のハンバーガーを買ってくる。

2ハンバーガーを分解する。

3フライパンにバターをひき、バンズとパテをカリッと焼く。その際、パテの上にチーズをたっぷり増量する。

4火が通ったら、分解した物をケチャップをたしながら再度組み上げる。終わり

いかがですか?簡単でしょう!?新垣結衣ちゃんの「0秒チキンラーメン」の手軽さには負けちゃいますけど、是非お試しください!<YA>

 

このページのトップへ

2019年2月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nha1.jpg

結婚式のために那覇に行きました。日本列島が寒い時期の沖縄ってほんとにいいですね、あったかい。心も開放的な気分に。さて、まず空港について到着ゲートを出てすぐポー玉をいただきます。

ポークたまごおにぎり本店

 

行列がすごくても回転はよいので、すぐ順番は回ってきます。結構テイクアウトされる人が多い。

 

 

nha2.jpg

カウンター席でいただきます。

 

 

nha3.jpg

明太子 280円と もずくスープ。普通は2個はいけますが、飛行機の中で少し食べたので。

 

 

nha4.jpg

久しぶりのポー玉。美味しいです。今回1泊2日で結局3個のポー玉をいただきました。沖縄ではコンビニでもフツーに売っています。こちらでも普通に買えたらいいのに。

あつあつのポー玉最高

ということで前回のポー玉記事


 

nha5.jpg

夜は結婚式。沖縄の結婚式色々と噂には聞いていましたが、思ったより静かだなぁと。時間通りに始まるのも驚きましたが、かりゆしウェア着た人がいるかと思ったら1人もいないし。(かりゆしで来たら浮いちゃいますね)九州みたいにビールやワイン瓶もってうろちょろする人もいないし。


 

nha7.jpg

料理は1皿づつではなく、中華のテーブル方式。

 

松山での2次会に知り合いと繰り出して

 

最後に連れてこられたのは、当初から想定通り

 

ステーキ


 

nha12.jpg

1000円ステーキです。

お決まりだもんな

 

 

nha8.jpg

メニューは色々あるんですが、

 

 

nha9.jpg

皆さん、200gの1000円ステーキしか頼まない。ハイボール飲みながら

 

 


nha10.jpg

サラダはまだしも、ライスまで食べるのか。

 

 

nha11.jpgこれを食べれるのは、泡盛で完全に中枢神経が飛んでいるからですね。

ここに誘った張本人は今日の肉は柔らかくて最高ですよ。とのこと。

私も前回訪問時はうまい、うまいと書いているんですね。今日は・・・・まぁいいか、ちなみにじゃんけんは負けました。

 

ステーキハウス88Jr. 松山店。 那覇の夜は〆ステーキ。

 

食べログ(掲載時点 3.20)

 

88グループ

 

 


 


 


 



 

このページのトップへ

2019年2月24日 Posted time : 00:56 | Category : D@EXコラム

DSC02520.JPG

休憩したSAでふく富さんの梅の香ひじきを購入。こちら2011年めし友グランプリで全国準優勝を受賞したのだそうです。赤いパッケージのものは若干お安いのですが、こちらの金のパッケージのものは少々お高め。無着色国産梅を使っているのがお高い理由のようです。パッケージには梅の花。寒くったって、もう春ですね!

 

DSC02528.JPG

ひじきとかりかり梅、白ごまをあえてあります。梅が無着色なので、見た目は地味ですが、かり!かり!とアクセント。しっとりしたひじきとの対比がよいです。材料に芽ひじきと書いてあるので、やわらかいものが使われているのでしょう。すっぱさと海の香りとごまの香りで、ご飯が進みます。おにぎりにはもちろん、キュウリのあえ物やぶっかけうどんのトッピングなんかにも合いそうですね。

 

ココで買えます!

株式会社ふく富

福岡市博多区半道橋2-6-34

092?451?1910

 

このページのトップへ

2019年2月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

casit1.jpg

本日の打合せ会場は、銀座カシータ。ホテル ザ セレスティン銀座に2017年10月にオープンしたイタリアンです。ホテルの朝食会場としても使用されるレストラン。カシータは株式会社サニーテーブルが運営するレストランで、表参道はじめ6店舗経営されています。以前青山・表参道のカシータには行ったことがあります。テラス席でのデザートなど印象的だったなぁ。

 

 

casit2.jpg

理想のダイニングを世界的高級ホテルチェーンで有名なアマンリゾートとするだけあって、洗練された雰囲気を醸し出しています。東京タワーも見える。

 

 

casit3.jpg

こちらは魚介に特化したイタリアン、ということです。

 

 

casit4.jpg

今日のメニューはエグゼクティブクラスなのですが、イタリアンで見られるパスタとかリゾットとかありません。私的には全て受け入れ可能なので嬉しいのですが。


 

casit6.jpg

前菜

 

 

casit7.jpg

雲丹とキャビア

三杯酢のジュレとキャビアコンディメント

雲丹とキャビア。これはスプマンテにあうスタータだこと。嬉しくなります

 

 

casit8.jpg

先ずはウニから。

うまい。

 

 

casit9.jpg

キャビアそのままいただきます。

以前、札幌のルマンサで食べたフレンチを思い出しました。

 

 

casit12.jpg

旬の魚介のカルパッチョバー

天然真鯛、炙りカマス、本マグロ、江戸前銀鮭、アオリイカ、マダイ、牡丹海老

 

魚介に特化している分、カルパッチョの量も多く。私的にはこの3分の1くらいで十分なのですが、ちょっと量が多かった。江戸前銀鮭とはなんだろうと思ったら、千葉県で養殖されている鮭のことらしい。

 

 

casit13.jpg

蝦夷鮑のソテー ジャガイモのカダイフ巻と焼きリゾット

 

 

casit14.jpg

左の△がリゾット、下に鮑がありました。

柔らかい鮑でしたね


 

casit16.jpg

黒毛和牛シャトーブリアンのグリル

ウズラのポーチドエッグ、黒トリュフ マデュラソース

 

シャトーブリアンは牛肉の超高級部位として知られています。さすがに柔らかいですし、脂っぽいわけではなくお肉の美味しさがありますね。


 

casit17.jpg

季節のソルベ

デザートにもう少しこだわりがあると更にテンションが上がるのだが。今日はうに、キャビア、カルパッチョと生類を沢山食べてしまったためか、お酒も入って後程胃が重くなりました。昼激辛のカレーを食べたせいもあると思いますが、さっさと寝ました。

 

 

 

casit5.jpg

スプマンテはFERRARI

 

 

casit10.jpg

エルヴェ・ヴィルマード ソーヴィニヨン

【生産者情報】
エルヴェ・ヴィルマード(旧名ドメーヌ・デュ・ムーラン)
ロワール地方シュヴェルニ(1993年に格付けされた歴史の浅いAOC)
ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣。
エルヴェ・ヴィルマードは、ティエリー・ピュズラとも親交が深く、ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになりました。

 

 

casit11.jpg

LE MARQUIS DE CALON SEGUR 2015

 

カロン・セギュール(3級)のセカンドラベルであるル・マルキ・ド・カロン・セギュール。ファーストラベル同様、ハートのモチーフを施したラベルが目を引く人気の銘柄で、メルロ64%、カベルネ・ソーヴィニョン36%のブレンド。メルロの比率が多い分、まろやかな味わいに仕上がっています。

 

casit15.jpg

La Dame de Montrose
ラ・ダム・ド・モンローズ 2014

銘醸モンローズが手掛けるセカンド銘柄。ファーストの意志を見事継承した、力強いタンニンが溶け込む味わい。

 

 

食べログ(掲載時点 3.12)朝食評価など入っているためでしょうか・・

 

カシータホームページ

 

このページのトップへ

2019年2月22日 Posted time : 00:02 | Category : 熊本グルメ情報

 

DSC02534.JPG

 郷土のデパート鶴屋百貨店の地下1階のオーデンハムファクトリーさん。ソーセージやハムがおいしいお店として有名ですが、サンドイッチやカレーをイートインスペースで楽しめ、テイクアウトもできると聞き、訪ねてみました。そう、お目当ては、スペアリブのカレー。平成店での人気メニューは、果たして鶴屋百貨店のお店にもあるのでしょうか。

 過去記事。

 上熊本駅「えきマチ一丁目」にオープンするオーデン スペアリブのカレー久しぶり

熊本市平成オーデンハム&ファクトリー 一期一会に感謝 幻のカツカレー

DSC02529.JPG

こちらがメニュー。ソーセージカレーと書いてあります。これは、なさそうな予感。

DSC02535.JPG

人気カレーランキングを見ても・・・なさそう。でもダメ元で「スペアリブのカレーありますか?」とお店の方に聞うてみたら、「時々ですが、ある時もあります」。そしてこの日は「あります」と!あるのですね!!!やったー!ラッキー!

DSC02532.JPG

テイクアウトをお願いしている間に、きょろきょろ。おいしそうなハム多数。

 DSC02533.JPG

あれもこれも買いたくなる。銀座通りにオーデンさんがオープンされた時のことは今でも忘れません。いろんなビールにワクワクしたことを、青春のおもひでとともにいつもおもひだす。

 

 DSC02540.JPG

念願のスペアリブカレーをテイクアウトし、お皿に盛って温めました。

DSC02541.JPG

ほろほろのスペアリブ。スモーキーでやっぱりおいしいです!オーデンさんありがとうございました!<YA>

このページのトップへ

2019年2月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lcro1.jpg

大阪フレンチでも感動した1軒、La Kancro(ラカンロ)さんに1年ぶりの訪問です。お店の場所とか詳細などは前回の記事を参照いただくとして今回はラカンロさん無駄をそぎ落とした店内の中で味わう洗練されたアートのような料理を中心にご紹介したいと思います。

 

La Kanro (ラカンロ) 大阪・東天満 アート作品のようなフレンチを(1)

 

La Kanro (ラカンロ) 大阪・東天満 アート作品のようなフレンチを(2)

 

lcro2.jpg

飲食店が特に多い場所ではなく、オフィスビルやマンションなどもある地区。このひっそりしたところにたたずむラカンロがいい感じ

 

 

lcro3.jpg

8席のみのカウンターシートから望むとシャンパン・ワイングラスしか見えない、ハイブリッドなバーのような景色が広がります。

 

 

lcro4.jpg

メニューも素材のみ記載されているので、何が出てくるのかは想像できません。前回のメニューとかぶらないように調べてあると思います。

 

 

lcro6.jpg

黒胡椒 玉葱

小さなカップの中には胡椒や刻まれたトリュフなど。

 

 

lcro7.jpg

玉葱のムース。かなりトリュフのテイスト、パルメジャーノもからみクリームな1皿

 

 

lcro8.jpg

白魚

白魚の上にトリュフスライス


 

lcro10.jpg

鰤 大根

 

 

lcro9.jpg

脂ののった鰤の上に唐味大根があり、カラスミもかかっており、その上にお花畑。

なんとも見た目がアーティスティックで食べるのがもったいない1皿。お味も納得できる1品ですね、これは。美しすぎます、こんなぶり大根素晴しい。

 

 

lcro11.jpg

牡蠣、子牛

子牛のラヴィオリ、スープが濃厚。

 

 

lcro13.jpg

トリュフ 人参

 

 

lcro14.jpg

香辛料 カリフラワー

スパイス香る鰻。

 

lcro15.jpg

かなり細かなピンセット的作業の飾り付け

 

 

 

lcro16.jpg

桜えび ほうれん草

蝦夷鹿です。

 

 

LCANRO17.jpg金柑とメレンゲ

 

lcro20.jpg

バンデピス

 

lcro5.jpg

シャンパンはグラスで

NV ブラン ド ノワール エリック ロデズ シャンパン 辛口 白  Eric Rodez Blanc de Noirs Brut NV


 

lcro12.jpg

François Mikulski Meursault Goutte d'Or 2011
フランソワ・ミクルスキ ムルソー グットドール

ムルソーを中心に約8ha、16区画を所有しています。環境に優しい栽培方法を心がけ、自家製のコンポストを使い続けています。収量は、白は45hl/ha?50hl/ha、赤は35hl/haに抑えています。ミクルスキ

 


lcro18.jpg

Dom. Arlaud Morey Saint Denis 1er Cru Les Blanchards 2014
ドメーヌ・アルロー・モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ レ・ブランシャール

 

 

今日も満足なコース料理でした、ラ・カンロさん。

 

食べログ(掲載時点 4.12)


このページのトップへ

2019年2月20日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

 

DSC02521.JPG

 

今年の我が家のカレンダーが楽しいので、ご紹介します。こちらは石垣島の食べ物や自然などのイラストをかかれる大塚水央さんのカレンダーです。イラブチャーやイリオモテヤマネコ、ちんすこうやシーサー、カーサームーチーなどなんでもアリアリ!それぞれ解説もついているので、毎日楽しいのです!

DSC02525.JPG

もちろん、食いしん坊としましては、食べ物のページが一番楽しい。沖縄でぜんざいといえば冷たい氷ぜんざい。甘く煮た金時豆にシャリシャリ氷が摘まれたオキナワンデザート。ああ、おいしそう。サータアンダギーは、表面がチューリップ型にきれいに割れているとおいしいとも言われる。ほー!そうなんですね。

DSC02524.JPG

大好きな島らっきょも。キムチ味のものも売っているとあります。

DSC02523.JPG

こちらはいまだトライしたことないイカスミ汁。こればっかりは食べず嫌いなのですけどね。いつの日かトライしたい。同じ日本ですが、聞いたことがない食べ物っていっぱいあるんですね。カニステル、マルグクァーなど、舌を噛みそうな発音多数。豊かな食文化を感じますね。楽しい!<YA>

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年4月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー