九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2020年2月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_1807.jpg

北九州小倉に行った際に、ワインを飲みましょうということで地元の方にこちらのお店に連れてきていただきました。小倉の中心部にある、スペインバルです、1階はカウンター席、テーブル席、2階は個室やテーブル席があります。結構若い方でにぎわっていましたね。


IMG_1808.jpg

スペイン料理はやっぱりワインに合う親しみやすい料理が多いから好きですね。

お皿いっぱいの生ハム 880円

ハモンセラーノ生ハムが沢山盛り。

 

 

IMG_1809.jpg

 

IMG_1810.jpg

海老の塩フリット 680円

そのまま食べられる

 

IMG_1811.jpg

海老のアヒージョ シェリー風味 880円

定番のアヒージョですね。マッシュルームのアヒージョも好きなのですが。

 

IMG_1812.jpgニュージーランド産ラムチョップのグリル 1本480円

美味しかったので2度オーダー。こちらのお店の看板商品の一つ。確かに独特のラムの香りはなく食べやすいラム肉ですね。

 

IMG_1813.jpg

オリジナルスパニッシュソーセージ 1080円

 

IMG_1814.jpg締めはやっぱり 魚介のパエリア 2、3人前 1,890円

店内にてたっぷりのオマール海老から丁寧に作った自慢のダシを使用した海の幸たっぷりのパエリアです。


ホームページ

食べログ(掲載時点 3.17)

このページのトップへ

2020年2月 1日 Posted time : 00:34 | Category : D@EXコラム

DSC05207.JPG寒い季節にぴったりのドリンクをいただきました。ピリ辛とうがらし梅茶です。左上にはとうがらし、右下には梅干。まさに辛いとすっぱいのマリアージュ。カプサイシンもたっぷりで、発刊作用もあるため、体が温まりそうです。宇治森徳はお茶の老舗。キャラクターはパッケージ左下で微笑んでいるかおりちゃん。

DSC05210.JPG

こんな風に個パックになっています。大きな缶に入っていると湿気がきてしまいますが、これだといつまでもフレッシュな状態でGOOD!確かに、梅干も唐辛子も赤ですね。

 

DSC05213.JPG

お湯で溶いてみるとほのかに赤い。下のほうには梅昆布茶の昆布のようなものが沈んでいます。一口飲むと、からっ!癖になる辛さで、病みつきになりそうですね!それにしてもこちらのとうがらしうめ茶、調味料としての使い道に優れているのは、新しい発見。スープに入れたり、パスタに混ぜたりして使ってみたら、ピリっとアクセントがあるだけでなく、梅干の酸味で味がしまり、おまけに昆布のうまみで味に深みが出るっていうすごい効果が得られました。ほんのちょっと加えるだけで複雑な味わいが再現できますよ!お試しあれ!<ya>

 

 

このページのトップへ

2020年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001652.jpg

年末の挨拶廻りで久留米に来ましたので、ランチはここにしました。かなり久しぶりの大善寺うなぎです。平日ということもあり、しかも運の良さが重なり待たずに入れました。休日とか1,2時間待ちが普通になるとかと聞いてます。

富松うなぎ屋。久留米には沢山のうなぎ屋さんがありますが、ナンバーワンの人気を誇るうなぎ屋さん。大善寺地区は川魚問屋が集まっていた歴史を背景に福岡屈指のウナ処として知られている。

 

 

R0001656.jpg

創業80年ちょっと。建物も落ち着いた趣がある感じですが、案内された部屋も庭が見える落ち着いた感じでした。


 

R0001657.jpg

メニュー表。

定番のうなぎ定食、せいろ蒸し、コイ料理なんてものもあります。

 

 

R0001658.jpg

せいろ蒸し 2450円 税込ってもはや鰻高騰時代において安いレベル。肝吸い、お新香、小鉢付。

 

 

R0001659.jpg

ポリポリと鰻の骨を食べてせいろを待ちましょう

 

R0001660.jpg

到着。冬の寒い時にあつあつのセイロ蒸し、最高じゃないですか。

 

 

R0001661.jpg

セイロはご飯に味がついているから、これくらいの鰻の量で充分すぎる。

それにご飯の量もたっぷりだ。


R0001663.jpg継ぎ足しで来た甘目でしっかりしたタレを味わいいつつ、熱めのせいろは満足感がハンパナイですね。行列しても食べたくなる気持ちがわかります。冬うなぎも最高です。並セイロ最高。

 

相当(2006年)昔の記事。大善寺にある島崎うなぎ。せいろが1575円。昔は鰻はそんなに高くなかったんですよねー


食べログ(掲載時点 3.73)

 

 

このページのトップへ

2020年1月30日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

DSC05220.JPG暖冬とはいえ、紅茶やコーヒーをずっとお供にパソコンの前で仕事をすることが多い今日この頃。殺伐となりやすい心を癒してくれるおいしいお茶とかわいいカップは、必需品ですね。ずっとおとどしの博多駅のクリスマスマーケットでホットワインを飲んだ時のカップを使用していましたが、最近、素敵なカップをいただき、こちらを愛用しています。

お気に入りのカップは神戸のケーキアンドタルトの専門店ア・ラ・カンパーニュさんのダリアの柄のオリジナルティーカップ。大ぶりのカップにのびのびと描かれたダリアのイラスト。心が明るくなりますね。一緒にルイボスティーのティーバッグもついていました。ヘルシーでおいしい。スープにも使えそうなサイズです。

 

こちらはアラカンパーニュさんの焼き菓子セット。個包装なのもうれしいですね。すいー津激戦区神戸で、人気を保たれてるってことは、本当においしいスイーツなのでしょう。ぜひ食べてみたいものですね。<YA>

このページのトップへ

2020年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001626.jpg

新大阪に来ました。今日のランチは蕎麦が食べたくなり検索して美味しそうなお蕎麦屋さんを見つけたので新大阪から地下鉄御堂筋線で一駅(歩いてもそんなに遠くはないのですが)東三国の駅のすぐ近くの松吟庵さんに来ました。私は10割蕎麦しか食べないのですが、大阪は粉もの文化で蕎麦屋さんよりうどんが絶対多いはず。しかも十割蕎麦のお店は少ないでしょう。こちらの松吟庵さんは、本店は宮城県の松島にあるそう。長屋古民家風のお店です。なんか味のある蕎麦屋さん。

 

R0001628.jpg

カウンターと4席ほどのテーブル。2階もありますが。

 

R0001629.jpg

お昼の定食と自家打ち十割蕎麦。こちらは定食の人気が高いとのことなのでそば定食(1000円)にします。

十割蕎麦 + 小鉢2種 + 出汁巻卵 + じゃこ飯

 

12月から価格訂正があったもよう。

 

 

R0001630.jpg

夜は蕎麦居酒屋として。呑み助アイテムが沢山ありますね。牡蠣とか牛タンとか、どれも美味しそうだわ。

 


R0001632.jpg

到着しました。結構なボリュームですよ。今日はご飯少な目でお願いしました。かけ蕎麦かもり蕎麦を選べましたが、もりで。いやかなり高スペックな定食セットですね。

 

 

R0001638.jpg

そばもそこそこの量がある。

つるっとした食べ心地。比較的短めのお蕎麦。北海道産蕎麦粉70%

 

 

R0001637.jpg

小鉢もそれぞれが美味しい。

 

 

R0001635.jpg

サクサクの揚げ立て舞茸の天ぷら。

 

 

R0001636.jpg

じゃこ飯も同時に進んで食べれますね、これは。


 

R0001634.jpg

人気の出し巻き卵。

しっかりとダシの味がするでも優しい味。

 

R0001639.jpgここはやっぱり日本酒といきたいところ。宮城の地酒とかいいですね。

おいしいお蕎麦屋さんでした。近くにあったらリピりたいです。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

ホームページ

 

このページのトップへ

2020年1月28日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

DSC05215.JPGトルコ初のチョコレート製菓メーカーとして1924年の創業以来、世界中で愛されているブランドのチョコ。サワーチェリーやストロベリー、ピーチなど、さまざまなフルーツが入ったチョコを販売しておられますが、こちらは、ドライいちじくの入ったチョコレート。

DSC05217.JPG

 チョコレートボールも、ダーク、ミルク、ホワイトの3種類。プチプチ食感のドライいちじくがたっぷり入っています。

DSC05216.JPG

チョコ表面もつるつるで手がべたべたにならないのがうれしい。ついつい食べ過ぎてしまいますね。ぽりぽり。ちなみにエリートのチョコで人気なのが、こちらのスプーン型のチョコ。スプーンでコーヒーを混ぜ混ぜしながら、ぽりぽりかじるという愉悦のチョコレートです。なんという幸せ。ちなみにサワーチェリー味ファンの友人がいるため、次はサワーチェリーに挑戦したいものです。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2020年1月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001587.jpg

名古屋栄(地下鉄伏見)から徒歩6,7分程度。白川公園の近くにあるラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチさん。前回のランチ訪問から2年強。名古屋は年間訪問回数も少ない年なのでだいぶ時間が空いてしまいました。ずっとディナーで訪問したいと思っていましたが。こちらはカウンター6席があるフレンチ。夜来るとレストランも雰囲気が変わるものですね。こちらはミシュラン☆1つです。

 

 

R0001594.jpg

メニュー表

オーナーシェフ竹内 正樹氏は、フランス「ラ・ピラミッド」より料理人のキャリアをスタート。帰国後「タイユヴァン・ロブション」、「ミクニ・ナゴヤ」などを経て、2007年「グランファミーユ・シェ松尾 名古屋店」の料理長、2013年に独立し『ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ』をオープン。

 

R0001591.jpg

見た目も庭のようなアミューズ

キノコのヴァリュエーション 2019

「キノコのブラマンジェにソテーしたキノコ」「ケークサレ」「シュー皮の中にキノコとクリームチーズ」

 

R0001599.jpg

愛媛県産寒鰤のマリネ スダチの香り

聖護院かぶらのピューレとラディッシュのラメル

今回一番印象に残り、美味しかったのがこの一皿。見た目も綺麗でキャビアと寒鰤、スダチのコンビネーションが素晴らしい。店名の「ラ・フロレゾン」とは、フランス語で“開花・最盛期”という意味があり、スペシャリテの前菜や見た目にも華やかな料理を信条としているとのこと。前回のランチですら驚いたものだ。

 

 

R0001602.jpg

スペイン産フォアグラのア・ラ・プランチャ

アーモンドの香る佐渡産黒いちじくのコンフィ―

パンデピスのクーリとヴィンコットソースで。

一転濃厚なフォアグラ。

 

R0001603.jpg

山口県産クエのキュイソン・ナクレ

天然鮑と柚子の香るナージュ仕立て

 

 

R0001607.jpg

フランスシャラン産ビュルゴー鴨の低温ロースト

季節野菜を添えて 発酵黒にんにくと香り高いジュのソース

 

今日はお腹がいっぱいになってデザートパスしました。

 

R0001589.jpg

R0001595.jpgR0001600.jpgR0001605.jpg

御馳走様でした。TT


食べログ(掲載時点 4.09)

 

綺麗なホームページ

このページのトップへ

カレンダー

2020年4月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー