九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年8月28日 Posted time : 00:50 | Category : 熊本特産物情報

DSC00948.JPG

 

人吉にある伝説の手作りまんじゅうショップのいわみ饅頭さん。3月に初めて訪ねて、長まんじゅうのおいしさにびっくりしたお店です。

そのとき書いた長まんじゅうの記事

そして、そのとき聞いたのですが、夏は長まんじゅうは作っておられず、かわりに作っておられるのが・・・

 

 

DSC01001.JPG

 

このみょうが饅頭!!みょうがの葉っぱにくるまれておるのです!みょうが饅頭は、熊本県南で古くから伝わるまんじゅうとのこと。熊本市内では見たことありません。

 

 

DSC01004.JPG

中はこしあんです。葉っぱの香りがおまんじゅうに移って、とってもいい香り。癖になります。柏餅と同様葉っぱは食べないんでしょうね。

 

 

DSC00926.JPG

 

ぐるっと永国寺方面へ。幽霊が出る池に行くと、睡蓮も見られました。黄色やピンクっぽいのやらとても幻想的な雰囲気です。「花も団子も」楽しんだ贅沢なドライブでした。次は、長まんじゅうの季節に行きたいものです。<YA>

 

いわみ饅頭

 

人吉市青井町180-1

0966-22-3541

 

 

このページのトップへ

2018年8月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

agt2.jpg

並木坂にランチに来ましたが、あるお店が満杯でしのたで ガラス張りの目立つビル、ドルハウスビルに来ました。こちらには飲食店が5,6店舗入っています。お好み焼きのええじゃろ、寿司 とく寿、フランス料理 アスペルジュ・シェフズターブル、A-BEEF、ラーメン屋さん。

 

 

agt3.jpg

今日はこちらの AGATO (アガト)に行ってみます。夜は1度来たことがありますが、ランチは初めてです。洋食メニューがずらりと。


 

agt1.jpg

右側にあるこちらのお店、1Fがカウンター、2Fはテーブル席 20名も入ればいっぱいになります。



agt10.jpg

メニュー表は手書き、昔の洋食屋さんのメニューのようで懐かしい。

ドリンク込でチキンライスが一番安く800円(税込)から。この価格って私が大学生時代(30年ほど前)に普通ランチで食べていた価格くらいなんですね、嬉しくなります。大学の近くにあった洋食屋さんを思い出します。

 


 

agt9.jpg

1Fは天井も高く気持ちが良いのですが、2Fはロフトになっていますので、夏の時期はエアコンの涼しい風は下に行き、1Fがいいなーと。


 

agt5.jpg

ファミリーでしたので子供は オムライス 850円 サラダ別添。

 

 

agt6.jpg

もう1名は ポークカツ 930円。分厚い肉だ。こちらはパンを。

 

 

agt7.jpg

私はポークソテー 930円。ポークカツより厚いお肉で食べごたえありました。

デミグラスソースが洋食っぽくてグッド。

 


 

agt8.jpg

こちらは白身魚フライ 850円。このサイズ3枚でボリューミー。ちょっと飽きる感じかな。揚げるオンリーの食材でしょう。ドリンクも付いていますので、4人で3560円。いつものランチより安くつきました。


メニュー表をじっくり見て気が付きましたが、ドリンクって ビール・ワイン(赤・白)・グラススパークリング も選べるんですね。それって安すぎダナー TT

 

 

YAさん記事

熊本市中央区AGATO おいしいお酒に合う一品料理が超充実♪

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 


 

このページのトップへ

2018年8月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

恒例となった夏カレーシリーズ    毎日食べているわけではありませんが。

 

熊本でカレーの美味しいお店でリストインされていることが多いこのお店、たごカレー。お店自体は食べログで見ると2015年6月オープンとなっているのですが、ご主人がカレーに目覚めてから早35年。ホームページに書いてありました。


otag8.jpg

飲み屋さんなども多いこの通り。

ビルの2階にあるカレー屋さんです。昼間は営業しているお店が少ない場所といえば場所。2階にあるのでどうなっているのかと考えつつ。


otag1.jpg

今日はメニューは4種類。2種類しかない時もあるとか。

実質は親子カレーはチキンカレーに玉子が乗っているので3種類ですね。ここのマトンカレーが美味しいと聞いていたのですが、マトンは無いですね。

 

otag.jpgありました。

ホームページから写したのですが、


1983年7月31日、熊本市内のカレーの名店でマトンカレーの極辛口を食べ、今までに味わった事のない本格的なカレーに衝撃を受け私のカレー人生が始まりました。あれから33年(平成28年現在)。私の夢を叶えたこだわりのカレーを皆様に味わって頂ければと思っています。思い出の味に追いつき追い越す。 15種類のスパイスが奏でる本格インド風カレー『たごCURRY』。玉ねぎ、香味野菜、牛肉などを使ったブイヨンに自らブレンドした15種類のスパイス。 旨味あふれる本格インドカレーは、チキンカレー、野菜とひよこ豆のカレー、BLTカレー、馬キーマカレー、えびカレー、ラムカレーと準備しております。

 

カレーの名店とは南熊本のニューデリー(閉店)らしいが、そこのカレーに影響を受けた人が多いらしいですね。


 

otag2.jpgカウンター席は5席。調理の様子が見えますのでこちらでもいいですね。

 

otag3.jpg奥のテーブル席。カウンター席の上にも多種のスパイスが置いてあります。

 

親子カレー 850円を頼みます。ご主人が一人で作られます。1杯ずつ鍋で作られるので、鍋に既にあるのをかけて出すみたいにすぐには出て来ません。

 

 

otag4.jpg

生野菜のサラダを食べて待ちます。辛さは普通、ちょい辛、辛口、激辛 (+50円)が選べます。はじめてでしたので普通にしてみました。

 

 

otag5.jpg

最後の仕上げは玉子を半分に切って出してくれました。

ホロホロに崩れるチキンを先ず外してカレースープの中に浸していただきます。ご飯の量は大盛りとかできるのでしょうか。カレーは普通にしたせいかそれほど辛くもありませんでした。逆に少し物足りないくらい。


カレールーの量もたっぷり入っていたので、ご飯が逆に少なく感じてしまいました。カレーはサラサラ食べているのでご飯を食べすぎている傾向はあると思うのですが。


 

 

otag6.jpg

ニューデリーのカレーを私は食べたことがないので、ニューデリーの味に近いか近づいているのかはわかりません。

チキンカレーもよいですが、マトンカレーも食べてみたい。馬肉は苦手だが馬キーマも気になる。


 

 

otag7.jpg

店の外にあった看板には えびカレー・ラムカレーも乗っていますので 夜には食べれるのでしょう。夜街中でカレーを食べるというシチュエーションがあまりないので。TT


食べログ(掲載時点 3.50)

 

 



このページのトップへ

2018年8月26日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC01040.JPG東京から訪ねてきた友人が手土産で持ってきてくれた「ニューヨークキャラメルサンド」。サイトによると、このお菓子はニューヨークの菓子店で売られていた「ハバナサンド」をもとに開発されたそう。ハバナサンドって、検索しましたがどんなものか不明。ハバナ、ニューヨーク、東京と、地名が多数出てきて、混乱(笑)。ちなみにバナナサンドではない。

 

DSC01042.JPG

 

を開けると、クッキーのオシャレな焼き印!「N.Y.C SAND」やエンパイステートビル、セントラルパーク、ブルックリンなど、前面にニューヨーク感満載。東京土産なのに、なんでやねんとまたもや突っ込みたくなりますが。

 

DSC01044.JPG

 カットしたら、とろっとしたソースが!絶対においしいとここで確信(笑)調べてみると、キャラメルをチョコレートで包んだものを挟んでいるそう。しかも使用するチョコレートは口溶けのよいクーベルチュールチョコレート。口に入れると、香ばしいクッキーの風味ととろとろのチョコレート&キャラメルがベストマッチ。ソースを挟んだクッキーがしっとりとならずにサクサクをキープしているのしているのがなかなかの技である。そしてなんと言っても黒糖を使用したキャラメルは、こんなにも深い味わいになるのか!と感動したの夏の日の昼下がりなのでした。<YA>

このページのトップへ

2018年8月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏カレーシリーズ

 

西原村にあるチャングプラントさんに、2度目の訪問です。

 

cplant1.jpg昼時から少し遅い時間に来ていますので、今日も空いていました。前回はいらっしゃらなかったですが、女性のホールスタッフの方がいらっしゃいました。

 

 

cplant2.jpg

店内はシンプル、ご主人の趣味の商品が飾ってあります。私はバイクには乗りませんが、バイクの趣味って面白そうだと思います。ライダー仲間が出来ていいですよね。私も車の全国クラブに入っていたこともあり、ツーリングなども行っていた時ありますので少しわかります。今はその車は売却して保有していないのでクラブからも退会しましたが。

 

 

cplant3.jpg

前回はチキンカレーでしたが、今日は辛くない キーマカレー 850円 に 辛みスパイスを購入。(+50円)

カレー屋さんでは使い放題になっているお店もある辛みスパイス。少し入れるだけで結構辛いんですよ。


これ全部入れてしまったらエライことになります少しづつ調整するように使用します。



 

cplant4.jpg

ご飯の上にレモンが乗ってやってきました。みた感じは辛そうに見えますが、そのまま食べてみても辛くはないです。

キーマカレーなので合いびき肉(ビーフ、ポーク)を使ったカレーです。



cplant5.jpg

リーフは煮込んであるので食べていいそうです。ローリエですかね。カレーはスパイス、スパイスは香辛料。香辛料というのは植物。植物をいただくのがカレーということなんです。刺激性のある植物。だからこの植物は癖になるんですね。

 

 

 

 

cplant6.jpg

比較的さらっとしたキーマカレーでした。旨みはだいぶありますね。


私は水分が少ないドライカレーのようなキーマカレーも好きなのですが、今日は辛みスパイスを入れ過ぎてしまいました。結構頭から汗噴き出しました。


持ち帰り冷凍カレー (黒のチキンカリー、白のチキンカリー 各400円)をお持ち帰りしました。TT

 

 

CHANG PLANT (チャングプラント) 熊本県西原村 カレー

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 


このページのトップへ

2018年8月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iez12.jpg東京駅前の丸ビル 36階にある広東料理のお店に行きます。ここでは最近35階にあるひらまつ系のサンスエサブールというフレンチに行きました。あまり印象には残っていませんが。

 

 

iez16.jpg

「福」と書いてあります。

以前ここは香港発祥の「福臨門酒家」というレストランで、今は名称変更して福臨門創業家の7番目の息子が経営しているのが家全七です。アジア日本に数店舗あるようです。名前が変わったりしたのは、よくあるお家騒動ということなので、書けば長たらしくなりそうなので省きます。

 

高級中華の代名詞のようなお店で高級食材食べでお酒飲んだら5万円とか8万円とかのレベルだとか。

 


iez15.jpg

入って団体なので、個室に入ります。

 

 

iez17.jpg

皇居の南側が見えました。

個人的にこんなに高い展望レストランはあまり好きではありません。

 

今日はコース料理で下から2番目の13000円。フカヒレ・なまこ・干し鮑・伊勢海老・ツバメの巣といった高級食材が入った一番高いディナーコースはなんと48000円ですぞ。

 

 

iez14.jpg

ここでは夜ココにきて、街の中華屋さんと同じ気分でチャーハンと焼きそば的な食べ方は気が引けますね。もちろん醤油やきそばは1200円と以外と驚かない普通の価格だと思いますが。

 

 

iez13.jpg

フカヒレの価格を見るとびっくりします。中国では官官接待減少からフカヒレの需要は減少しているとはいえ、フカヒレは中華食材では高級品。

至高フカヒレの上海煮込みは 20000円。5,6人で取り分けるわけではないですよ。

1人前ですよ。世の中にはそういう高い食べ物もあって需要もあるわけですね。

メインでなくてスープで10000円超ですから。これは見るだけにして。

 

 

iez18.jpg

こちらのXO醤(エックスオージャン)(右側)は美味しいと教えていただきました。お酒のおつまみにもなる中華高級調味料です。確かに干し貝柱の濃厚なエキスが詰まったXO醤です。チャーハンとかに少し入れると美味しくなるんです。

 

 

 

iez1.jpg

焼き物入り四種の前菜の盛り合わせ

涼しげな感じです。きくらげが美味しかった。

 

 

iez3.jpg

続いてフカヒレ

山伏茸入りミニフカヒレ姿


ミニフカヒレだけど、これで十分です。繊細で上品なスープですね。フカヒレも端っこのコラーゲンの塊みたいな部分もなく上質なフカヒレだというのが食べていてわかります。繊維質も繊細です。やはり美味しかった。


 

iez4.jpg

北京ダック

日本では高級品的扱いされる北京ダック。

シンガポールに住んでいた時食べ過ぎたことがあり、それからあまり好きではないです。あちらでは1羽数千円しかしなくて安いんですよね。皮だけでなく身の肉は焼きそばとかチャーハンの具材にするのですが、このお店では皮しか使わないそうです。身はどこにいっちゃうのでしょうかと余計な心配をしましたが。

シンガポール ミシュラン1つ星中華 レイガーデン


 

iez5.jpg

結構大きな皮だ。

 

 

iez7.jpg

料理長のおすすめ海鮮料理は

帆立ですね。


 

iez8.jpg

肉料理は豚肉の炒めもの  海鮮・肉と感動指数がダウン気味。さすがこのあたりは低めの価格からでしょうね。

岩手県産 白金豚料理の炒めもの

 

 

iez9.jpg

季節野菜の上湯スープ浸し

 

 

iez10.jpg

ご飯は

貝柱の煮汁を入れたチャーハン。出しがよく出ていて長粒米ともあいますね。

鮑の煮汁を入れたチャーハンは単品メニューにもありました。

 

 

iez11.jpg

デザート

 

 

iez2.jpg

今日は比較的リーズナブルなクラスの白ワインを

有賀さんのところのアルガブランカ 2016 がありましたので、こちらを。(日本橋すし鉄以来

 

 

iez6.jpg

イタリア シャルドネ  BRAMITO


アルガブランカからこのシャルドネに続けても違和感なし。後は紹興酒の10年物を頂きました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.72)


 

 

 


 

このページのトップへ

2018年8月24日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

DSC01033.JPG 

 

今日のおやつは、東京土産でいただいたこちら。亀十さんのどら焼きです。亀十さんといえば、浅草で大人気のどら焼き屋さんとして有名。なんでも東京三大どら焼きの一つに数えられるのだそうです。行列ができるほどの人気とのことで、わざわざ行列して買って頂いたとのことでありがたや♪それにしても自ら「有名特製」と名乗るこの筆文字に自信のほどがうかがえますね。

 

DSC01026.JPG

ワクワクしながら入刀します。黒あんと白あんがありますが、こちらは白あん。こしあんがたっぷり入ってるのが分かります。見るからにあんこぎっしり。一口食べて驚いたのは、生地のフワフワ感!こんなにフワフワなどら焼きは初めて食べたかも。まるでパンケーキみたいですね。和菓子の激戦区浅草で大人気なのもうなずけますね。

 

 

DSC01034.JPG

たまたまどら焼きを食べていた時に、たまたま読んでいた本が岡本仁さんの「ぼくの東京地図。」なのですが、なんと亀十さんのどら焼きが掲載されていました。どら焼き食べながら、本を読んでいたらそのどら焼きが読んでいる本に登場したって、なにげにこのシンクロはうれしい。作者の岡本さんも亀十のどら焼きは白あんがうまいと書かれています。私は蜂楽饅頭は黒あん派ですが、亀十は白あんの方が好きでした。老舗ならではの納得のおいしさです。<YA>

 

亀十

東京都台東区雷門2の18の11

03(3841)2210

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年10月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー