九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年6月24日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC03557.JPG

 

羽田空港に到着し、ちょっとゆっくり。エッグセレントバイツさんに行きました。イートインで520円のタルトとコーヒーのセットをオーダー。メルセデスのスターマークのドリンクなどもありました。「映える」んでしょうけど、普通のコーヒーで十分(笑)。

 

DSC03551.JPG

こちらがセット。目の前にはずらりメルセデス。若かりし頃、韓国人の友達が「自分ちの車はヒュンダイだ」と言っていたのを聞き、「韓国ではホンダのことをヒュンダイと発音するのだ」と思い込んでいたことを思い出した。カラオケのことを「きゃりおきー」とアメリカ人が言うのと同じレベルだと(笑)恥ずかしい。

 DSC03553.JPG

 

こちらがエッグタルト。グリーンカレー味。ぴりりとグリーンカレーでエスニックな香りを放ちつつ、卵のマイルドさがあるのでバランスがよいおいしさです。まさにエッグセレント!とだじゃれを言いたくなりました。

羽田空港第2ターミナルといえば、永青文庫の美術館があり、時間があるときに立ち寄っていたのですが、今回久しぶりに行こうとしたら、なんと撤退されてました。残念!<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2019年6月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ザ・プリンスパークタワーにて業界関連の総会ディナー

 

jsour5.jpg

マグロと真鯛のタルタル仕立て キャビア添え

帆立貝のマリネ ビーツソースとヴィネグレット


タルタルは結構大きくて食べごたえあり。


jsour4.jpg

百合根のフランに蕪のクリームポタージュ

 

 

jsour3.jpg

モッツァレラチーズでグラチネしたオマール海老のムース詰めグラタン プロバンス風ケークサレ添え

どっしりとした濃厚味、特にチーズがかかっているのもある。


 

jsour2.jpg

牛フィレ肉のポワレとフォアグラソテー ロッシーニ風 芳香なトリュフソース

今日は三大珍味(キャビア・フォアグラ・トリュフ)が全部入っていますね。

 

 

 

jsour1.jpg

ココナッツのブランマンジェ フルーツ飾り マンゴーソース

玉子っぽく見える

 

昨年はこんな感じでした。



 

このページのトップへ

2019年6月22日 Posted time : 00:31 | Category : D@EXコラム

DSC03498.JPGスリランカくまもとさんに売ってあったアショカリーというレトルトカレーを買いました。これはスリランカかごしまのアショカさんに手によるチキンカレーとのこと。おうちであのカレーが食べれるならば、本当に幸せです。レトルトの下の方にあるように、スリランカグループ(?)は7店舗あるみたいです。鹿児島に2店舗、福岡3店舗、熊本2店舗。

DSC03503.JPG

 

いざ実食。チキンがゴロゴロ入っています。レトルトの割りには、価格が高い(650円)ので材料は惜しみなく使ってあるのでしょう。小麦粉を一切使用してないらしく、サラサラとした口当たり。小麦粉アレルギーの方もおいしく食べることができます。一口食べるとまさしく慣れ親しんだスリランカ熊本のおいしいカレーの味がします。お店だと辛さを調節できますが、レトルトなので、私には少し辛すぎ、娘には少し甘すぎ。自分の好みの辛さに調節できないのが難点と言えば難点ですが、レトルトカレーなんだから普通のことです。(しかしネットショップでは、甘口とかリアルレッドとかいろんな辛さで販売しているみたいです。店舗には1種類しか売っていませんでした)ちなみにアショカリーに使われているスパイスは30種類以上なのだそうですよ。こだわり抜いて選んだスパイスを独自に加工、ブレンドし素材の旨味をスパイスの力で最大限に引き出してあります。まさに本場の味でした。<YA>

 

このページのトップへ

2019年6月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kmta11.jpg

東京駅近辺でお蕎麦を食べようと思い、調べたら丸の内オアゾというビルにお店がありましたので訪問。丸の内の北側になります。丸の内ホテルがそばにあり、本屋の丸善が入っている商業ビルの5Fに「小松庵」はあります。

 

 

kmta10.jpg

こちらです。小松庵は駒込が本店のお蕎麦屋さんで大正11年創業の老舗。現在は駒込、丸の内オアゾ以外に新宿高島屋、二子玉川ライズ、渋谷東急東横、ソラマチの6店舗があります。静かな雰囲気がある高級なお蕎麦屋さんの雰囲気。

 

 

kmta8.jpg

ざっとメニューをみても平均客単価2000円弱といったところでしょうか。東京だから成り立つ価格ともいえますね。

 

 

kmta9.jpg

「出し」にもこだわりがあるお蕎麦屋さんです、今日は食欲がないのでそば店を選択。

 

 

kmta7.jpg

ランチメニューの天箱 1800がここの一番人気メニューと推測がつきます。

 

 

kmta6.jpg

おまかせ天付き で3400円です、この価格となると鰻と同レベルなんですね。

 

 

kmta5.jpg

冷たいそばも。小ぶりせいろ 630円が普通の安いそば屋の普通盛り価格ですね。小ぶりのものはおつまみなどをいただいて〆に食べるサイズのものでしょうか。

 

 

kmta4.jpg

玉子とじで 1600円で。つけ汁 ごま蕎麦にしました。

1850円という価格には、リーズナブル感はありませんが

もちろん別途消費税

 

kmta1.jpg

こちらです。

野菜が付いています、そばの量は普通です。

 

kmta3.jpg

久しぶりに蕎麦の味を楽しみましょう。

 

 

kmta2.jpg

ごまダレに付けるとやっぱり蕎麦の風味が無くなりますね。普通のもりが良かった。ここのお店は日本酒とアテで、最後軽めのそばで〆る江戸スタイル的使いが良いのでは・・と思いました。

 

 

小松庵ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.68)

 

 

このページのトップへ

2019年6月20日 Posted time : 00:55 | Category : 熊本グルメ情報

DSC03461.JPG久しぶりに鶴屋百貨店さんのやぶそばさんに。そして花巻そばというメニューを見つけて、頼んでみることに。待ち時間に花巻そばをググってみましたら、江戸のおそばでノリとワサビが入っているおそばとのことらしいです。かつて海苔のことを「磯の花」と呼んでいたことに由来するそうです。で運ばれてきた花巻そばは、コレ。あれ?ノリがないな、と思いつつも、これはこれでおいしそうなのでヨシとしましょう。

DSC03465.JPG

 

具材は、ネギとホウレンソウとたっぷりのお肉。けっこう醤油風味の強い味付けで、価格の割りにはかなり盛りだくさんの具です。そばの麺は、更級風で上品。肉そば感満載で美味!

ここでちょっとメニューの内容を思い出して、「はっ!」とする。確か花巻そばはセット提供でメニューに掲載されており、大きなおにぎりがついていました。そこで小食のわたしは「おにぎりはいらないので、おそばだけ単品もオーダーできますか?」と伺ったら、「大丈夫ですよ!」と言っていただき、そばだけをオーダーしたのである。とするならば、おにぎりの「海苔」と「そば」で、花巻だったのではないだろうか。(違ってたらごめんなさい)。きっとおにぎりまで食べて、完結する花巻そばセットだったのに違いないです。無知の知、バイソクラテスなランチタイムでした。<YA>

 

このページのトップへ

2019年6月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tnsm2.jpg

フォーチュンガーデンでの立食から1軒はさんで、こちらのお店へ。河原町にあるとんかつ屋さん。私の友人は何度も来たことがあるらしく、気に入っているので連れてきていただきました。とんかつ屋さんというより、バーの雰囲気です。

 

 

tnsm3.jpg

入口にはとんかつ清水と和筆記なのが京都らしく。そしてここは極厚カツサンドで有名らしく、一種の深夜自虐的グルメ品らしい。

 

 

tnsm4.jpg

天井などには色んな方のサインなどが。和紙作家の堀木エリ子さんのサインも。腹の底からのパッション。うん、その隣には腹の上のクッションと書いてあるなぁ。

 

 

tnsm5.jpg

カウンター席のみです。カツサンドが出てくるまで30分はかかるから飲みながら待つのがふつう。カツサンドオール1500円。

 

 

tnsm6.jpg

飲み物を照明で照らしてくれた。


 

tnsm7.jpg

4cmはあろうかという極厚カツサンド。丸太のようですね、これはカット前。カツサンドは私の禁食リスト入りしているのですが、今日だけはいいか。

 

 

tnsm8.jpg

カットしたらあまりにもジューシーなので、バーナーで少しあぶり

 

 

tnsm9.jpg

完成。注文していないのですがたぶん3切で1500円なのか。衣という衣はついていなく、まさに肉。

 

 

tnsm10.jpg

思ったよりシンプルな味です。ソースが比較的あっさりめなためでしょう。


 

tnsm11.jpg

とにかく分厚い。酔っていたし1切れしか食べなかったけど、かなり大口にしないと口に入らない。

 

 

tnsm1.jpg

道端の端っこに花を咲かせている雑草。普段はあまり気にならない風景が気になる時もあるから不思議。

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

このページのトップへ

2019年6月18日 Posted time : 00:21 | Category : 熊本グルメ情報

DSC03140.JPG牛飯とつゆだく親子丼がおいしい山本屋食堂さん。そばもおいしいと評判。むしむしする日はざるそばを食べに行きたくなりますね。というわけで、山かけ月見そばをオーダーしました。生卵が別についてくるのですね。生卵をトッピングすると・・・

DSC03142.JPG

こんな風に横につるりーんと流れていきます。チキンラーメンのようなくぼみがないから仕方がないですね(笑)。

DSC03143.JPG

混ぜ混ぜ。黄色を見ると元気がでる。そば党?うどん党?と聞かれるならば、迷うことなく「うどん」と答えてはばからないのですが、暑くて食欲がないときは、完全にそばに軍配があがります。どんなに冷たく冷やそうとも、うどんよりもそばの魔法に勝るものはなし。いとも簡単に完食できる。

 

DSC03148.JPG

そば湯もしっかりいただき、血液をさらさらに。いつも思うのですが、そば湯の入れ物って、いつからこの赤いプラスチック容器ってなってるんでしょうかね?たいていこれですよね。逆を言うならば、この容器、そば湯以外で使用されているのを見たことないですね。

DSC03149.JPG

熊本の老舗、山本屋食堂。今も昔もこれからも庶民の胃袋をしっかり支えています。

創業明治10年 広町の山本屋食堂 黄金の親子丼

熊本市中央区南坪井町 山本屋の肉丼 馬パワーで元気に!


 

山本屋食堂

熊本市中央区南坪井町7番10号

096-352-2900

 <YA>

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年8月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー