九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ハウディニュース

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ハウディニュース

ハウディニュース

ハウディニュース

2021年2月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集者の日常

私が大人になってから食べられるようになった物の一つに、牡蠣があります。

 

小さい頃は牡蠣に出くわす機会が少なく、食べるとしたらカキフライだったのですが、

揚げ物大好き少女だった私がこれはどんな味だろう?とかぶりついたとき……

大人の味に衝撃を受け、そこから苦手になってしまいました…(笑)

 

大学生の頃初めて牡蠣小屋に連れてってもらい、恐る恐る牡蠣を食べたらまたもや衝撃が…。

“な、なんて美味しいんだ” とぱくぱく食べていました。そこから牡蠣が大好きに。

 

いつもは牡蠣小屋で牡蠣を堪能していたのですが、

今年は牡蠣料理にチャレンジしてみよう!と思い立ち、お持ち帰りしてみました。

 

重量は1.5kg(注:2人分です笑)。どどんとボウルいっぱいです。

 

牡蠣1.jpg

 

 

 

まずは日本酒を入れて鍋で酒蒸しに…

 

牡蠣2.jpg

 

 

5分くらい経つと、だんだんと貝が開いてきました。

 

牡蠣3.jpg

 

 

 

あたるのが怖かったので10分加熱し、いざ実食。

 

牡蠣4.jpg

 

まずは何もかけずそのままで。蒸し牡蠣ならではのふっくらとした食感が堪りません。

1年ぶりの牡蠣の美味しさに思わず、「おいしすぎるーーー」と口に出してしまいました(笑)

ぽん酢をかけるとさらに風味が良くなり、何個でもいけちゃいます。

 

 

全部酒蒸しでもいけてしまうくらい、私は蒸し牡蠣が大好きなのですが

せっかくなので簡単なアレンジを。

 

牡蠣をお皿に並べ、レンジでチン。

個数にもよりますが、だいたい3分程で貝が開いてくるのでそのままフライパンへ。

たっぷりバター×醤油×レモン果汁でさっと炒めたら、牡蠣のバター醤油炒めの完成です。

 

牡蠣5.jpg

 

惜しみなくバターを入れたので、いい香りが漂いました。

そしてこってりバターの味わいとさっぱりレモン果汁が相性抜群。

酒蒸しで牡蠣を食べすぎてしまったので、バター醬油炒めにする牡蠣が少なくなってしまい、

もっと残しておけばよかった…と思うくらい美味しかったです。


 

次にスンドゥブ作り。

市販の牡蠣スンドゥブの素を使い、きのこ、豆腐、牡蠣を入れてお鍋でぐつぐつ。

お皿に盛って卵を割り、ねぎを散らしたら簡単スンドゥブスープの完成です。

 

牡蠣6.jpg

 

まずはスープを一口。お口の中で牡蠣ときのこの旨味がふわっと広がります。

少し煮込んだだけでこんなに旨味が出て美味しいなんて…。

この日はとても寒かったのですが、ピリ辛なのもあって身体もすっかりあたたまりました。

 

 

牡蠣を自分で調理するのは難しいと勝手に思っていましたが、

 意外と簡単だったので今度は炊き込みご飯、アヒージョ、グラタンなどもっと難易度を上げて

 おうちで牡蠣パーティーを開きたいと思います★

 

 

(E.A.)

 


 


 


このページのトップへ

カレンダー

2021年2月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー