DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   ■函館名物? 「函館プリンキャラメル」 [編集長コラム]

画像(400x266)

函館プリンキャラメル

 北海道、キャラメルとくれば、「ジンギスカンキャラメル!」と思われる、キャラメル通の方も多くいらっしゃると思うが今日紹介するのは、「函館プリンキャラメル」です。

 北海道へ行ったわけでも、お土産でもらったわけでもなく、福岡デザートフォレストのプリンフェアで購入しただけなのです。

 北海道にはこの手のキャラメルが色々と売られているが、不二屋本店さんのものが多いですね。

ジンギスカンキャラメルは2個もきつかったけど、函館プリンキャラメルはいたって普通のキャラメル。。

でも調べていると色々みつかりました。

この「いかすみキャラメル」も強烈じゃないですか?!ちょっと興味あり。

画像(350x256)

BLOGより
□ こころにおやつ
□ 怪食一家 支店 塩ラーメンキャラメルという怖いものも存在するんだね
□ OZの雑記な日記

 いかすみキャラメルや塩ラーメンキャラメルで「へぇ〜」と言っている人、
 函館名物で面白いのはこれですよ!

いかようかん、だ! (クリック)

函館柳屋

いかようかん

でしょう・・!

Posted at 10時32分   パーマリンク

   ■紅茶Alcyonのアルションブルー [D@EXコラム]

画像(250x376)

100グラムで945円

 トワイニング、レピシエ、マリアージュ・フレール、 マリナ・ド・ブルボン、フォション・・・。世界には名だたる紅茶メーカーがありますが、今回ご紹介するのはアルションの紅茶。アルションは「?蠅?めいあんじゅ」という会社が展開している紅茶とスイーツのおいしいお店。アルションブルーは、フランスから輸入された香り豊かなフレーバーティーです。リーズナブルでおいしいランチも楽しめるとあって、関西方面では“行列ができるお店”として女性に人気ですが、九州にはまだ未上陸。「長すぎるエクレア」「カブトムシケーキ」などがマスコミで取り上げられたこともあります。
 

画像(250x166)

さわやかな香りが広がります

 フォションのカラメルティーを飲んでフレーバーティーに目覚め、アルションブルーに出会ってから、本格的にフレーバーワールドに足を突っ込んでしまいました。
 フレーバーティーは香りにうるさいフランス人の手によって生まれました。ヨーロッパでは砂糖を使わない料理が多く、その代わり、食後のデザートでは生クリームやバター、砂糖をたっぷり使ったものを食べます。そのあとに香りの紅茶=ティーパフュームで口の中をさっぱりさせ、心地よい香りの余韻を楽しみます。
 アルションブルーにはラベンダー、いちご、ルバーブに矢車草などが入っており、その名の通り、青い花びらが鮮やかな紅茶です。酸味のある爽やかなフルーツの香りがし、冷やして飲んでも美味。手軽なティーバッグタイプありますが、やはり香りとコクの強さで、リーフタイプがお勧めです。フレーバーは、ブルーのほかに、カラメル、メリメロ、ノエルなどがあります。
 ちなみに、アルションの紅茶は、フランス紅茶委員会の会長もつとめるオリビエ・スカラ氏の手によって、パリ郊外でブレンドされています。彼のティーパフュームの特徴は、天然香料の自然の心地良い香りのなかにもしっかりと原茶の紅茶の味が生かされているということ。香りと味のバランスが絶妙なのが魅力です。<YA>

アルションの紅茶を買うならここ



アルション

anjou home page

アルション東駒場店

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■醤油絵皿 [D@EXコラム]

□ 醤油絵皿 
 皿に醤油を入れると図が出るって、面白いね。

Posted at 18時03分   パーマリンク

   ■蕎麦板 「京都本家 尾張屋」 シンプルで美味しい [編集長コラム]

画像(280x375)

蕎麦板

 京都・本家尾張屋。創業530余年。寛正六年(西暦1465年・応仁の乱の前年)に、菓子司として始まり次第に、蕎麦処としても、京の町衆に親しまれるようになったのです。江戸時代には、御用蕎麦司(宮内庁御用達)をつとめ、宮中へそばをつくりに伺うこともしばしばあり、現在も、宮家の方々の御来京の折には、主人が道具一式を持って伺うこともあるのです。

 蕎麦板って歴史のあるお菓子なのですね。熊本の人は「松風」というとよく知っていると思います。薄い板のようなお菓子です。私は昔はあまり好きではありませんでしたが、今は茶菓子としてはそこそこいけるかなと思います。嗜好が変わってきたのでしょうか。その「松風」も京都の松風から伝わっているといいます。

 蕎麦板は熊本の松風と姿は似ていますが、味はやっぱり違います。蕎麦板は蕎麦粉・小麦粉を原料とし薄く伸ばした生地を、一文字釜で一枚一枚丹念に手焼きしています。丁寧に焼きあげたものです。表面にはゴマがまぶしてあります。

 この蕎麦板。うまいんです。蕎麦の風味がしっかり残っていて、食感もよく、香ばしい感じで1枚また1枚とすすんでしまいます。

画像(350x272)

6袋入り30枚 420円

 私は菊池の松風よりこちらの蕎麦板のほうが好きです。蕎麦のお菓子を調べてみたら結構あるんですね。びっくりしました。

BLOGなどから
□ 本家尾張屋ホームページ
□ 本家尾張屋 モール
□ ええもん直販
□ ある日常
□ ファルファーレ たかよ&えりのお部屋にようこそ

Posted at 11時08分   パーマリンク

   ■コアなファンに支えられ復活!川端ぜんざいは甘い! [D@EXコラム]

画像(450x299)

博多西洋和菓子と書いてありますが・・・ぜんざい

 博多の中洲川端にある上川端商店街は、お線香屋さんや、お惣菜屋さんなど昔ながらの雰囲気が残る商店街。そんな上川端商店街の真ん中あたりにあるのが川端ぜんざいです。アーケードからお店(広場?)に入って、店の奥まで通り抜けると、そこは本当にとうとうと流れる“川”!まったくもって川端ぜんざいなのです。

 川端ぜんざいは大正初期、川原四姉弟、長女キク、長男甚五郎、二男平一郎、三男清蔵によって創業されました。彼らがつくる強い甘みをもつぜんざいは博多の庶民に喜ばれたといいます
 ところが継ぐ人がいなかったのか、惜しまれながら昭和60年には閉店。しかし再び、昔ながらのファンの人たちの声に支えられて復活したといういわれがあります。作っているのはモンドセレクション金賞受賞「博多通りもん」で有名な明月堂。ちなみに「通りもん」は話題の音楽漫画「のだめカンタービレ」にもでてきます。コアな“のだめファン”の方にもおすすめです。

画像(350x233)

お持ち帰りパックは420円。お餅がついている

ホームページには

川端ぜんざいの歴史は古か
創業は大正初期
独自の強か甘味で博多のもんにゃ親しみ深か
昭和六十年にその老舗の看板も下ろしてしもうた
ばってん、また、この川端に帰ってきたとです。
こげん甘か、粘っこいぜんざいは、博多ひろしといえどもここしかなか。
食べんと分からん博多の伝統と郷愁がいっぱいつまっとりますけん。
懐かしかね〜と思わっしゃる人や
全然知らん言う人もどうぞ立ち寄ってください。


   確かにかなり甘い。甘いけどしつこくないのが不思議です。お店でいただくと、たくあんがついてくるので交互に食べるとおいしくいただけます。
 当時の「川端ぜんざい」を知る人は、ぜんざいを注文するとお爺さんの親指がぜんざい汁の中に入って出てくるのが有名で、子供同士で食べに行って「やっぱ、今日もジイチャンの親指が入っとったバイ」とか言って楽しんでいたそうです。<YA>

画像(250x233)

小豆と砂糖ともち米のみの潔さ

のだめカンタービレ(#5)



まぼろしの博多名物川端ぜんざい5袋入り

おいしいもの見つけた

川端ぜんざい

川端ぜんざい広場


川端ぜんざい
住所 福岡県福岡市博多区上川端町10-254
電話 092-281-6223(上川端商店街振興組合)
営業時間 11:00〜18:00
定休日 月〜木曜(金・土・日曜、商店街のイベント時のみ営業)


Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■アメ横で“世界一長いアイス”を食べてきたよ [編集長コラム]

Posted at 10時30分   パーマリンク

   ■古代米デザート 赤米プリン たかはたファーム [編集長コラム]

画像(350x273)

 福岡デザートフォレストで購入した一つが、山形県「たかはたファーム」の古代米デザート、赤米プリン。古代米というのはどういうものか知っていますか。保存された昔の米ではありません。古代米とは、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米(稲)で赤米や黒米が有名です。野生稲ですから、雑草のように生命力が強い米です。

 古代米の特徴

 このプリンは下のほうに、赤米が沈んでいます。ちょうどプリンのカラメルにあたる部分。なぜ赤米とプリンが結びついたかは不明ですけれど、食べてみたところ「おはぎ+プリン」のような感じです。赤米も食べ応えがあります。

画像(400x266)

たかはたファームホームページ

赤米プリン

古代米おはぎっていうのもありますね。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■安野光雅御用達津和野「開正堂」の源氏巻 [D@EXコラム]

画像(260x366)

つぶあんは珍しいのです

 鯉と掘割の町、津和野に行ってきました。津和野といえば森鴎外、西周など、数々の著名人を出した地として有名です。名物に「つわぶきご飯」や「うずめ飯」などがあります。ちなみに「うずめ飯」とは、上からみたら、普通の白い御飯なのですが、中にちくわ、豆腐三つ葉、わさび、鶏肉などがうずめてあり、だしで食べるお茶漬けみたいなもの。以前は婚礼行事などで食べられたそうで、お嫁さんに「家族に早く埋もれて慣れるように」という思いも込められているそうです。

 津和野スイーツの代表といえば、源氏巻きです。以前コラムでも取り上げましたが、今回は数ある源氏巻屋さんの中でも、津和野出身の画家、安野光雅さんが子供の頃によく通ったという創業大正14年「開正堂」さんにうかがいました。

画像(250x376)

おくるま柄のパッケージが渋い

 「開正堂の丁稚小僧になりたかった」安野さんは、子供の頃、工場の方にやってきては、飴玉やあんこをなめていたとお店の方が話して下さいました。

 工場に入ると、プーンと甘いいい香り。職人さんが手作業で焼いてらっしゃいます。これでは安野さんも誘われるはず。

 源氏巻きは普通こしあんですが、「開正堂」さんは、こし餡以外にも、つぶ餡、うぐいす餡などバラエティ豊富。試食コーナーには、食べ盛りの修学旅行生がむらがっていました。特によもぎをすりつぶして作ったよもぎ餅と外郎は絶品で、お店でいただきました。お茶コーナーもあり、その場でいただけるのが魅力です。<YA>




 
史跡とロマンの城下町!津和野詰め合わせ【送料無料】


旅の絵本

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■VanCampsのポーク&ビーンズ [D@EXコラム]

画像(400x266)

たしかにポークは見あたらないが

  ポークビーンズを知っていますか? 日本では学校給食によくでるポーク & ビーンズですが、アメリカでは古くからある家庭料理のようなものです。 その名の通り、豚肉と豆がたっぷりとトマトスープで煮込んであるのですが、タマネギやベーコンなどが入ったものがポピュラーではないでしょうか。

  Van Camp'sは140年前からおいしい豆をつくってきた老舗で、そこからでているポーク&ビーンズの缶詰は長い間ベストセラーです。歴史のある料理に歴史のあるブランドです。
 このポーク & ビーンズは、コストコで購入。容器に開けて、電子レンジで3分間チンするだけという手軽さです。フライパンで調理する場合は、約6分間時々かき混ぜながら温めます。フライパン調理をやってみましたが、小ぶりのポークがほぼ5粒くらい入っています。これは、ポーク&ビーンズと言えるのか?たしかに缶詰の写真にはポークらしきものは見当たりませんが、材料の中にはしっかり「PORK」と書いてあります。

 ベーコンをプラスして、なんとかポーク&ビーンズの面目を保ちました。ちょっぴり甘めな子ども受けするアメリカンテイストです。もう少し煮込めば、タコスやホットドッグに乗っけるとおいしそうです。
「 Van Camp's」からは、ベイクドビーンズも出ています。こちらはお肉の比率が多そうです。
  1950年代のアメリカの広告を集めた本『KITCHEN KITSCH』に、Van Camp'sのマカロ二「TENDERONI」と「SPANISH RICE」を紹介した広告を発見。マカロニを頬張ろうとする少年の笑顔が強烈なインパクトを残します。<YA>


ともダッチ・レシピ 〜キャンプ料理レシピ daiei recipe DECOさんちのばんごはん
キャンベルのポークビーンもおいしそう!こちらのほうが Van Camp'sよりお安いですね。 キャンベルポークビーンズトマトソース煮227g(2〜3人前)《英語ラベルとなります》 バンキャンプポーク アンド ビーンズ425g
 

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

6

2006


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

ノンカフェイン!オーガニック穀物コーヒー

ノンカフェイン!オーガニック穀物コーヒー

熊本グルメ 中村だんご店 「おはぎ」 甘党の店

熊本グルメ 中村だんご店 「おはぎ」 甘党の店

2010.4.10  次はムシパンブーム!?九品寺ナムコワンダーシティ南熊本にあるミスタームシパン南熊本店

2010.4.10 次はムシパンブーム!?九品寺ナムコワンダーシティ南熊本にあるミスタームシパン南熊本店

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.