DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   ■六花亭の「おふたりで抹茶」 [D@EXコラム]

画像(450x299)

和菓子風ですが、中身はダックワース

 4/17の北海道銘菓「大平原」を紹介したときに、独特なネーミングが頭から離れなかった六花亭「おふたりで・抹茶」を頂きました。パッケージには六花亭らしく、花の絵があしらってあります。この花は「ニリンソウ」という花で、ひとつの株から二輪の花が寄り添うように咲きます。ちなみに大学で「トリカブトの葉と似ている植物」として習った記憶もあります。

 「ニリンソウ」と「おふたりで」。ティータイムに友人や家族、恋人と一緒に食べて欲しいという思いが込められています。

 といっても、袋の中身は一つだけ。
抹茶の入ったダックワーズに大納言小豆入りのバタークリームがサンドされています。

画像(250x166)

一個95円。おふたりで食べれば190円。

  サクサクした表面に中はふんわりというダックワーズというお菓子。贈りものなどでよくみかける洋菓子の中でもポピュラーなものですが、実は日本人考案のお菓子なのです。
もともとは“Dacquoise”(ダコワーズ)や“Biscuit dacquois”(ビスキュイ・ダコワ)と呼ばれる伝統的なフランスのお菓子で「Dax(ダックス)の」というスペイン国境近くにある街を指す意味を持っていました。
 
 現在福岡で「フランス菓子16区」という洋菓子店のオーナーシェフである三嶋さんがパリ16区の菓子店「ARTHUR」にいた頃、和菓子の「最中」(もなか)にヒントを得て改良し、発音のいい「ダックワーズ」と呼ぶようにしたのです。最中とダックワース。意外なつながりですね。


画像(250x182)

抹茶と小豆がアクセント

  そんなダックワーズの歴史を学びつつティータイム。
ふんわりお抹茶と大納言小豆、そしてクリームのバランスがとても絶妙です。
 味にも満足の六花亭「おふたりで」は、ひとつ95円(税込)。大きさの割にはリーズナブル。ネーミングのほのぼの具合とあいまって、マルセイバターサンドに続く六花亭の主力商品に上りつめてほしい期待度大のスイーツです。<YA>

ともこの道楽めもちよ
北海道でのんびり暮らす
『あまいもん』


六花亭 六花撰(19個入り)


Posted at 00時00分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=1178

   コメント

[ 内容チェック中 ]

中出し 2009年12月25日 14時13分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

童貞 2009年12月11日 15時08分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2009.12.25 草加屋かんころ餅&ミックスジャム

2009.12.25 草加屋かんころ餅&ミックスジャム

2010.1.18 特許で甘い!愛媛県よこの柿

2010.1.18 特許で甘い!愛媛県よこの柿

2009.10.2 栗の香り!期間限定 森永製菓栗キャラメル

2009.10.2 栗の香り!期間限定 森永製菓栗キャラメル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ