DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   ■やまとの味カレー 大和製菓 懐かしい味 [編集長コラム]

画像(355x273)

やまとの味カレー

 「味カレー」。てっとり早くいえば、「かっぱえびせんのカレー味みたいなもん」。駄菓子屋にも売ってあったなつかしいスナック類です。この手のものを夕食前に食べて、夕食が食べれずよく母に怒られたものでした。

 久しぶりにコンビニで見つけたので買いました。味カレーには12g、40g、75gのパッケージが存在するらしいのですが、購入したのは40g 61円のものでした。侍の絵が描かれた商品の写真もネットでみかけます。
 (I LOVE 味カレー
 

画像(400x307)

黄金色!

 カレーの味がするシンプルな菓子なのです。うまいわけでもないと思うのですが、どんどん手が進んでしまう魔物みたいなスナックです。最初は味がイマイチと感じても手が進んでしまい、飲み物が欲しくなります。ってことはウマイってこと?

 子供が大好きなカレー。カレースナックも子供は好きという発想で出てきたのでしょう。もちろんカレースパイスのような黒い点々がスナックについていて、少し高級感を感じます。(第18回全国菓子大博覧会大臣賞を受賞しています。すごい!)大和製菓さんは長崎県佐世保市。九州地方に昔からあった菓子なのですね。

 ぜひ味カレーを見つけたら買ってみては

BLOGより
□ 九州あるある大辞典(味カレー)
□ souvenir
□ 毎日快晴時折曇天
□ ながら遊び
□ B級グルメと旅行と日記
□ やまとの味カレー
BRUTUSカレー天国

Posted at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

   ■「家カレー」もツウの味に!? カレー専用ソース [D@EXコラム]

□ 「家カレー」もツウの味に!? カレー専用ソース
 カレーにソースって私はやりませんけど、結構多いですよね。

Posted at 10時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   ■鎌倉五郎本店のごま半月 [D@EXコラム]

画像(400x266)

おせんべいにもうさぎが焼き付けてあります

 鎌倉五郎はその名にある通り、神奈川県鎌倉に本店をかまえるお菓子屋さんです。代表的な銘菓は「鎌倉 半月」ですが、今回私がいただいたのは半月のお煎餅に胡麻が練り込まれている「鎌倉 ごま半月」。
  見た目は ゴーフルを半分に切ったような感じ。割ってみると、ゴーフルに比べてみるとはさんであるクリームが分厚く、さらにはお煎餅が堅めです。半月といえども、ボリュームとお味は満月レベル。一枚で、なかなかの充足感でした。

画像(250x166)

ゴーフルを二人で分けたらこんな感じになるか

  パッケージには三日月(半月ではない?)にちょこんと乗っかる、耳をピンとたてたうさぎさんが描かれています。月と言えばうさぎ。「鎌倉 半月」のホームページには「昔々、白うさぎの耳は小さく、目は黒かったものじゃ。」というで語りで始まる御伽噺があり、
里山の人の悩みを長い耳で聞き、神様にその話をしながら泣いたから目が赤くなったというエピソードが書かれています。


「鎌倉 ごま半月」

画像(200x126)

クリームとおせんべいのハーモニーがおいしい!

味は黒糖とクリームのハーモニーが絶妙。 「ごま半月」は黒糖風味しかありませんが、「半月」は小倉クリームと抹茶クリームがあります。 「半月」の袋では、ココにあったおとぎ話のように兎が半月に隠れる様子が描かれています。

ちなみに、鎌倉五郎本店のHPには使用原料が細かく書いてあります。<YA>


あみのイチオシ!! おやつのない人生なんて! 関心空間 - 「鎌倉 半月」


半月にちなんだお菓子シリーズ

おだえ姫にちなむ2つの香味の"半月おかき"
『母の日』や『父の日』の贈り物に最適恋のおだえ姫にちなむ2つの香味の半月おかき緒絶橋 化...

味噌半月せんべい
味噌半月せんべい


Posted at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   ■なつかしのビックリマンに新シリーズ登場! [D@EXコラム]

□ なつかしのビックリマンに新シリーズ登場! 
 チョコ自体も美味しいのが小さい頃嬉しかったね

Posted at 11時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   ■WAO〜スケルトンラムネ [D@EXコラム]

画像(450x299)

骨がWAO〜と叫んでます

   スケルトンラムネ。 定価50円、24個入りで1260円(税込)ですが、楽天価格だと1008円(税込)です。販売元は、あのうまい棒の(株)やおきんです。超人気商品らしいです。 骸骨に電撃が走り、 感電して骨が透けているホラー色満載の驚愕のパッケージデザイン。 電流走っていますがパチパチ系ではなく、オーソドックスなラムネです。  
  

画像(187x124)

裏面はスケルトン図

  見ての通り、箱は棺桶になっています。開けてみると、墓荒らしにでもあったのでしょうか、バラバラになった骨骨骨。これは組み立ててあげないとスケルトンも浮かばれません
  パーツは各部位で色分けされていて、棺桶の裏面には親切に図ものっているので安心です。 小さい子には骨格の勉強にもなったりして、食べる楽しみ、組み立てる楽しさ、骨格を学ぶ喜び、と三拍子、一石三鳥とはこのこと。このあたりが人気のある所以でしょう。

画像(200x133)

真綿?に包まれた骨の形のラムネ

  そんなことを考え、触っているとあっという間に完成。 途中、左の膝を骨折させてしまうというWAO〜なアクシデントがありましたが、棺桶に入った骸骨なんてものがキレイな状態で残っているというのは考古学的にみても稀なこと。リアリティ追求の産物ということで(笑)。

画像(200x133)

パーツはそんなに多くないです

  しかし、 なんと復元されたスケルトンは棺桶には入らないことが判明。頭がはみ出すという驚愕の事実・・・    さぁ、気を取り直していただきます。味は固めのラムネで、がりっぽりっとかみ砕くと雰囲気がでてよい感じです。 楽しんだ時間を考えると大変有意義な駄菓子でした。

画像(400x266)

完成!左膝骨折中

   食べたあとに知った情報なのですが、ちゃんとしっかり組み立てれば立つそうです。 立たせることを想定して組み立てる場合は、くれぐれも骨折させないようお気をつけ下さい。 <YA>

☆駄菓子☆と共に〜(^ ^)V


スケルトンラムネ

Posted at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   diptyqueキャンドル&オードトワレ [D@EXコラム]

画像(450x392)

オリエンタルな魅惑の香りです。

前回は、ボディシャンプー「OLENE」を取り上げましたが、今回は、このブランドが世界的に名を轟かせることになったフレグランス・キャンドルと、そのブランドの名を不動のものにすることになったオードトワレです。 ベッカムをはじめ、セレブご愛用、フランスが誇るフレグランスの老舗、Diptyqueです。 この、No.15 ド ソンはなんと3年ぶりの新作。 2/1に発売されたオードトワレです。
  DIPTYQUE創業者の一人、コースラント氏が 幼少の頃「DO SON ド ソン」と呼ばれるベトナムの 避暑地で過ごした思い出を元につくられました。

ド ソンはディベルーズをメインに、水仙、花の蜜と様々な香りがブレンドされたフレグランスです。 ディベルーズとは、日本では月下香と呼ばれていますが、それは夜になるとたいそう魅惑的な香りを放ち、コースラントの心を捉えて離しませんでした。
花言葉は「危険な快楽」。古き時代のイタリアでは、若い女性は誘惑されてしまわないよう、テュベルーズの庭を通ることを禁じられていたという言い伝えもあるとか。まさに取り扱い注意の危険な香り・・・といったところでしょうか。 まとってみると、確かにのけぞるほどの魅惑の香り。

画像(400x266)

キャンドル人気No.1 ベス

  世界最高峰のフレグランスキャンドルで魅了するディプティックですが、その中でも人気No.1を誇るのがベス。 カシスの葉とブルガリアローズが使用された、爽やかな香りです。 価格は5500円と、さすがディプティックのキャンドルだけあって少々値が張りますが、 60時間のリラックスを得ると考えれば安いモノかもしれません。 ベスには黒いNOIRバージョンもあり、インテリアとしても素敵です。>

画像(250x256)

さっすが、パッケージだってシンプルビューティー

アラッシオーディプティック/全製品サイト


エフスタイル



Posted at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   ■チーズ柿種 とってもチーズな柿の種 ブルボン [編集長コラム]

画像(270x364)

チーズ柿種 48g 124円

 ビール好きなジャンクフードマニアのY氏から「ビールのつまみに合うおつまみ」として紹介してもらったのが、このブルボンの「チーズ柿種」。Y氏いわく、「チーズが溶けるからか知らないが、夏場は見かけない。晩酌のビールのおつまみにしたいのだが」とのこと。確かに裏面には、「チョコレートと同様に28度以下で保存してください。」と書いてあるが、チョコレートと同様に・・・というフレーズは不要だと思うが、溶けやすいと訴えたかったのだろう。

 

画像(350x290)

 柿の種といえば、「チョコ」「ホワイトチョコ」「カフェオレ」「マヨネーズ?」といったコーティングものを変わり種として見ることがありますし、ホワイトチョコなんてのはかなりはまったりします。

 ビールのつまみにあうというのですが、食べてみたところ、チーズクリームですので私はデイリーワイン(注:超高級でないワイン)にも合いそうだと思いました。

 これは「柿種」であって、柿の種ではありません。まぁ、どっちでもいい話だが。ピリ辛柿の種をチーズクリームでコーティングしてあるらしいが、食感ではピリ辛よりチーズ味が買って抑えていると思う。

オールアバウトでも「チーズ柿種」の記事がありました。
(パッケージは変わったみたいです)

BLOGから
□ チーズ柿種(関心空間)
□ ジャンクフードマニア
□ おいしいもの記録帖
□ 平八のブログ
□ 北海道限定ハローキティチーズ柿の種
  こんなのもあるんだ

チーズ柿種のショッピングはこちらです。


Posted at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

【頭脳パン】 平和堂 頭脳粉で作られたパン

【頭脳パン】 平和堂 頭脳粉で作られたパン

よいこのびいる プハーッ

よいこのびいる プハーッ

2010.10.11  コーヒーまる味屋。香り高いハイランドクイーン

2010.10.11 コーヒーまる味屋。香り高いハイランドクイーン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.