DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2008.12.10 オタル製菓 北海揚 これはウマイ [編集長コラム]

画像(410x273)

 先日紹介した、「蜂蜜入りうずまきかりんとう」と同時にスーパーサンリブで購入した北海道銘菓のご紹介です。北海道オタル製菓の蜂蜜入り味自慢 北海揚げ240g。298円で購入しました。

 思い出しましたが、ルタオって知ってますか?タオルじゃないですよ。ルタオってLeTao 小樽にある洋菓子屋さんです。通販をやっているのですが、どれも美味しそうです。ハワイをワイハって呼んだりするのと同じですかね。

 さてオタル製菓のホームページを見ると、当社の「かりんとう」は形が大きいのが特長です。板物と棒物との生産量はほぼ同じですが、全国的には板物を中心に良く売れています。と書いてあります。個人的にもかりんとうは好きなのですが、このようなかりんとうを板物と呼ぶとは知りませんでした。

画像(410x265)

 このタイプの北海揚げには2種類あります。商品紹介黒と白ですが、今回購入したのは白。違いは黒糖を使っているか、白蜜を使っているか。この板状かりんとうは、食べだすと止まりません。サクサクして丁度良い甘さで、完食したくなる勢いです。ヤバイ。でも240gもあるので途中で止まります。

 普通でどこで買えるかわからないので、次はいつ会えるのかわかりませんが、見つけたら買います。

 BLOGより
 つれずれバボ日記

Posted at 00時30分   パーマリンク

   2008.12.9 福岡市東区お菓子のアトリエカノン「レーズンウィッチ」 [D@EXコラム]

画像(350x233)

 お菓子のアトリエカノン。福岡市東区でおいしいと評判の洋菓子店のようです。福岡の友人から焼き菓子の詰め合わせをいただきました。その中でも好きだったのが「レーズンウィッチ」。レーズンウィッチといえば、「小川軒」や「六花亭」が有名です。そもそも「レーズンウィッチ」という名前の由来はどこから来たのだろうといつも考えていました。「witch」は英語で「魔女」であることから、魔法使いにまつわる物語でもあるのかも?と勝手に想像を膨らませていたのですが、いろいろ調べたところ、あっさり「サンドウィッチ」からの転用・・らしい。「確かに具材をはさむ」という共通点はありますが、意外と単純な和製英語だったようです。

画像(400x266)

 クリームとラムレーズンがサブレ生地の中に納まっています。ほろほろと崩れるサブレの食感ときゅっと引き締まったレーズンを包むほんのり甘いクリーム。すべてのバランスが口の中で溶け合い、とてもおいしいです。この卵黄を表面に塗ったようなテカテカした風貌が、昔からの洋菓子っぽくて、なつかしい感じもします。「食のアトリエカノン」のゼリーや他のお菓子もどれも美味でした。生菓子をぜひ食べてみたいですね<YA>


お菓子のアトリエ カノン
■福岡市東区三苫6丁目14-2
  レフティヒルズ三苫1F
■tel・092-607-3320
■営業時間
 am10:00〜pm8:00
■定休日
  毎週水曜日

波乱万丈 Repos姉御のグルメ放浪記!:グルメ(デザート編) - livedoor ...

お菓子のアトリエ カノン(オカシノアトリエ カノン)/三苫/ケーキ ...

グルメウォーカー] お菓子のアトリエ カノン-三苫駅/ケーキ

Posted at 00時04分   パーマリンク

   2008.12.8 出水市 菓匠田中の笑顔チーズまん [編集長コラム]

画像(350x317)

 机の上にお土産のお菓子があったので、「チーズまん」と書いてあったので宮崎のお土産?カナと思って、製造者を見ると鶴の飛来で有名な鹿児島県出水市の菓匠田中さんのチーズまんでした。初めて見るお菓子です。

 名称:焼菓子
 品名:チーズまん
 原材料名:小麦粉、卵、バター、砂糖、植物性油脂、膨張 材、チョコレート

 保存は常温3日、冷蔵5日なので保存料の使用などがないのでしょう。こだわりのお菓子?
 袋には「うまいものを食べるとつい笑顔になるんですね」と書いてあります。ふ〜ん。

画像(400x300)

丸い形のまんじゅう。重量感があります。

画像(400x300)

 中にはチーズたっぷり。でも乳成分は入っていないのかなと思いきやバターが入ってます。記事にはチョコレートチップが入っているこだわりよう。濃厚な味でしたよ。チーズ饅頭ってこんなに濃厚だと思わなかったァ。

 菓匠 田中
 鹿児島県出水市下鯖町464
 0996-67-1237


 めちゃ美味しい!チーズまんが届きました!


 イチオシ情報

 チーズまん
 

Posted at 00時00分   パーマリンク

   2008.11.7 冬のカイロ考察 「カイロ屋さんのカイロです」 [編集長コラム]

画像(410x308)

 いやー寒くなりました。今年の冬は昨年より絶対寒い!ということで春になって使わなくなっていた、カイロの残りを取り出しました。カイロって私が小学生の頃ブームになりました。ホッカイロ。カイロの代名詞ですね。白元の商品名ですがホッカイロ下さいと言ってしまいます。いわばロッテリアでマックシェーク下さいというようなもんカナ。

 カイロを考察しました。カイロって桐灰化学のホームページを見ると、歴史は江戸時代にさかのぼり、温石という石を囲炉裏やたき火で温め、布にくるんで懐へ入れて体をあたためていたらしいです。それからカイロ灰やベンジンカイロを経て、現在の鉄粉を化学反応させる使い捨てカイロになったとか。1978年頃から使われているようということで私の小学生時代と重なります。

 1個100円だったんですよね。高かったなぁ・・・それが!いまや10個入って300円しないじゃないですか!安過ぎます。

 なぜこの記事を書こうということになったかというと、春から残っていたこのカイロのネーミングが大好きだからです。「カイロ屋さんのカイロです」桐灰化学の製品ですが、カイロ屋さんとしてのプライドと自信を感じます。

 「魚屋さんのお寿司です」とか「豆腐屋さんの豆腐コロッケです」「肉屋さんのメンチカツです」など食品ではよく使われるフレーズが、カイロに!!この製品名を考えて、製品にした人ってすごいわ。エジプトの首都はカイロです。としか思いつかない。カイロ屋って普通の人には意味が非常にわかりづらいなぁ。でもネーミング大好き。残り一つとなった「カイロ屋さんのカイロです」。今年の商品ラインアップからは外れているようで、このカイロを使うべきか保存しておいてたまに笑うべきか迷ってします。

 桐灰化学は 小林製薬の連結子会社で、最近のヒット商品は「足の冷えない不思議なくつ下」この記事にも書いてあるように、ネーミングで工夫する小林製薬の子会社の発売した商品ということで妙に納得してしまいました。
 

Posted at 00時00分   パーマリンク

   2008.12.5 今年はこれで一冬越します。大人限定のど飴カンロ「アップルシナモン」 [D@EXコラム]

画像(450x299)

最近周りにのどが痛い人だらけです。新型インフルエンザも流行ってるとか流行ってないとかで、喉の傷は早めに修復・・ということで、カンロの本気を感じる私好みののど飴を発見しました。大人ののど飴アップルシナモン味。アップルにシナモンスティックの渋いエッチング風。昔、美術室で4B鉛筆かなんかで胸像をスケッチさせられていたことをしみじみ思い出す。

画像(350x245)

 シナモンエキスと果実ハーブエキス配合で、のどにもよさそうです。何より甘さ控えめなのがとてもいい!もともと「アップルシナモン」と名のつくものに弱いのですが、甘すぎず、ほどよいスパイシーさがとてもおいしいですね。もうちょっとシナモンきいていていいのかなという感じです。濃縮りんご果汁を使ってありますが、なぜか焼きりんごの味をも髣髴とさせます。昨日はスターバックスで、クリスマス季節商品のジンジャーブレッドラテをオーダーしましたが、寒い季節にはジンジャーとかシナモンとかを体が欲します。甘い系とかメンソール系のキャンディーが苦手な方は、是非お試し下さい。<YA>

ロ 大人ののど飴 アップルシナモン-水玉散歩

Doodles : "アップルシナモン"っつー言葉に

clogger:salsaさんの大人ののど飴アップルシナモン味

Posted at 00時11分   パーマリンク

過去の記事へ

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2008.1.31 ホテル日航熊本 弁慶の天婦羅ランチ

2008.1.31 ホテル日航熊本 弁慶の天婦羅ランチ

2008.5.11 ブーランジェリー・モンジュ(Monge) 熊本市 新オープン・パン屋

2008.5.11 ブーランジェリー・モンジュ(Monge) 熊本市 新オープン・パン屋

2009.9.16 これからの季節はココア!バンホーテンココアヴィンテージ缶入り

2009.9.16 これからの季節はココア!バンホーテンココアヴィンテージ缶入り

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.