DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   10円饅頭が流行してます。和ふ庵・(株)香港厨師協会 まんテン [編集長コラム]

画像(420x279)

厨師会のまんテン 小豆本来の小豆色をした餡が特徴

 特に昨年くらいから関東を中心に「10円饅頭」が流行しています。並んで買わなくてはいけないほどで、売り切れてしまう店舗も。味はそぼくな黒糖風味の饅頭ですが、小豆は北海道産を使用するなどかなり本格派。10円ということでも一切手抜きのない饅頭なのです。
特に有名なのが和ふ庵さんと小饅寿本舗さん。

画像(250x166)

袋入り

 最近ネット通販で10円饅頭の販売をはじめられたのが、(株)香港厨師会さん。ネット販売は50個(チャック付袋入り)で500円。いつでも好きな時に自宅で解凍・蒸して食べれるから便利です。
 まんテンの10円饅頭は1時間ほどの自然解凍で食べるのが特に美味しいって思います。

厨師会のまんテンのホームページ、オンラインショップ

こんなに美味しい饅頭が1つ10円、10個100円なんて、信じられません。旨いんですよ、1つ食べると確実に数個は食べたくなります。お茶受けにもぴったり。子供のおやつにも夜食にも。こんなにミニ饅頭がおいしいなんて。

画像(350x213)

皿に並べて解凍

 茶まんテンも試食させていただきましたが、こちらはつぶアンです。(普通のまんテンはこしアン)私は粒あん派なので、茶まんテンも大変美味しいなと思いました。

 こぶりのサイズの10円饅頭。一口でパクパク食べれて、ほんとにかわいいお饅頭。

画像(350x223)

Posted at 00時00分   パーマリンク

   メニューがずらり!道の駅竜北「農村レストラン」 [熊本グルメ情報]

画像(400x300)

トマトスパ650円

 道の駅竜北にある「農村レストラン」。「いぐさだご汁」をはじめ、氷川町の特産品をふんだんに使ったメニューが人気のレストランです。「トマトスパがおいしい」という情報を得て、迷わず「トマトスパ」に。ホームページでも人気メニューと太鼓判が押されています。ソースも手作りなのだそうです。

画像(350x263)

い草だご汁にも興味あり

 入り口のボードにも「トマトスパ」の文字。「スパゲティ」ではなく「スパ」で切れるところがなんだか潔い。カテゴリー「めん」の中でも、肉うどん、きつねうどんなどとはあきらかに別格扱いです。広い店内は、平日だというのに、人でごった返しており、地元の方の憩いの場という感じです。

画像(300x312)

 カウンター越しにトレーを滑らせ、数々のお惣菜を見ながら足を進めます。白和え、だご汁、煮魚とおいしそうなお惣菜の数々。「ぼたん鍋」までありました(季節限定。もうないかもしれません)。いやいや今日はトマトスパなのだと言い聞かせ、あえて素通り。レジ近くのおばちゃんに「トマトスパを下さい」と告げ、待つこと数分。

画像(300x225)

カウンターで好きなお惣菜をチョイスできます

 出来上がった「トマトスパ」は、トマトの塊がちらほら見える手作りソースがおいしく絡んでいます。ちょっと太麺で、見た目は昔なつかしい感じですが、フレッシュトマトを利用しているのか、薫り高い感じです。なかなかよそでは味わえないおいしい“パスタ”・・・ではなく“スパ”でした。<YA>




住所: 八代郡氷川町大野875-3
TEL: 0965-53-5388
FAX: 0965-53-5600
営業時間: -
9:00〜18:00(直売所)
10:00〜18:00(おやつ工房)
11:00〜18:00(農村レストラン


熊本県のメールマガジン「気になる!くまもと」 第234号関連情報サイト

みんなであつまろう休憩に最適だよ道の駅

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ウマニ・ロンキ社白ワイン「レ・ブスケ・マルケ・ビアンコ」 [D@EXコラム]

画像(400x266)

 イタリア中部の東海岸、美しい自然に恵まれたマルケ州のワイナリー、ウマニ・ロンキ社。設立は1955年。いち早く近代的な畑の管理法やブドウ栽培法、新しいワイン醸造法を取り入れ、マルケ州のリーディング・ワイナリーと目されるようになりました。近年ではイタリア最高ガイド誌「ガンベロ・ロッソ誌」において最高満点を獲得、国際的にも評価の高いワイン醸造家、ジュセッペ・カヴィオラ(Giuseppe Caviola)氏をコンサルタントに迎え、優れたワインを生み出しています。また、2004年4月には、同社オーナーのベルネッティ家に伝わる紋章から、“すい星”を模したロゴを発表。幸運のサインとして知られるシューティングスターがウマニ・ロンキ社のシンボルマークとなりました。熊本県下益城郡城南町にあるワインと全国地酒のお店「あらき」さんで購入。

画像(300x199)

 あらきさんではお酒に関するわかりやすい説明書を付けてくださいます。「辛口の白で芳醇な香りのものを、安価で欲しいんですが」と(無理な)相談をすると、何十種類(何百種類?)もあるワインの中からこれを選んでくださいました。説明書には、お酒に合うおつまみなども書いてあり、とてもわかりやすいです。“辛口”の白がお好きな方は是非お試し下さい。<YA>


株式会社 あらき
〒861-4204
熊本県下益城郡城南町下宮地431-1
電話番号 0964-28-6550
FAX 0964-28-6831
定休日 ・月0回〜1回 水曜日
(変則ですので、お問い合わせ下さい)
地図はココです!


トスカニー】ウマニ・ロンキ社 4代目ミケーレ・ヴェルネッティさん ...

Posted at 00時00分   パーマリンク

   梅の花 熊本店  [熊本グルメ情報]

画像(200x150)

 先週末、梅の花さんに行ってきました。春というより初夏を思わせる陽気の日でした。梅の花は福岡県発祥で九州を中心に北海道から鹿児島まで全国展開している、湯葉と豆腐を中心にした懐石和風料理のお店です。

 私も何度も行った事がありますが、写真を撮ったのは2回目。今回はランチでしたが、手作り湯豆腐中心の懐石 梅の花膳 3,700円 1056kcalをいただいてきました。
梅の花ホームページ
梅の花は和食だけでなく、チャイナ梅の花・かに料理専門店かにしげもあります。

熊本には熊本店が一つあります。東バイパス沿いにあるのですが、お店の中に入るとバイパス沿いにあるとは思えないほどの静けさで、庭園を眺めながらとる昼食はいい気分になります。庭の梅の花は散ってしまったようです。
今回利用した個室は「織部」という部屋だったのですが、気が付いたのは食器と関係があること。織部は織部焼の器で料理を出してくれるのです。他にも「古伊万里」や「遊遊窯」「美濃」などありました。

料理は品数も多く、梅の花で特に有名な「豆腐シューマイ」や「湯葉」など美味しく頂きました。

お料理
嶺岡豆腐・湯葉煮・豆腐しゅうまい・お造り
茶碗蒸し・おしのぎ・お浸し・湯豆腐・生麩田楽
湯葉揚げ・湯葉グラタン
湯葉吸物・飯物・香の物・デザート

【料理の写真】

画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)
画像(350x263)

梅の花 熊本店
〒862-0941
熊本県熊本市出水7-662-1
096-214-3287 0120-61-1872

Posted at 00時00分   パーマリンク

   梵我(カレー) 熊本市流通団地 【2】 [熊本グルメ情報]

梵我にまた行って来ました。

 先日DINING EXPRESSでもご紹介した、カレーの梵我。会社から近いこともありまた行って来ました。800円でこれだけの質のカレーとミニサラダ・スープ・ドリンク付とはかなり高パフォーマンスランチです。

梵我(カレー)熊本市流通団地【1】

画像(400x406)

梵我流チキンカレー 800円 ランチタイム

 今回は梵我の定番メニュー、梵我流チキンカレー(さらさらカレータイプ、辛さ★★★★☆の4つ星)を頂きました。骨付きのチキンカレーです。チキンはよく煮込んであり骨からぽろぽろとれて食べやすいです。思ったほど辛いというわけではなかったけれど、後からじわりと辛さがやってくる。

画像(420x279)

 ライスの量は見た目には少なく見えるけれど食べると結構な量があります。でもカレーってついついご飯を食べ過ぎてしまう傾向にありますよね。
 個人的には濃厚なキーマカレーのほうが好きですが、複数人数で違うカレーを頼んで食べるというのも楽しいかもしれません。

画像(400x266)

ドレッシングマサラとファンネル

 気が付いたけど、前回とサラダが違います。今回のサラダにはドレッシングがついていなかったのですが、どうも梵我オリジナルのスパイス「ドレッシングマサラ」をかけて食べるようです。ドレッシングマサラはカレーのスパイスとしても使え、テーブルに配置してあります。680円で販売もしてあります。

 色がついたものは、ファンネルなどと呼ばれるハーブにコーティングしたもので、インド料理独特の口直し。

画像(400x266)

 食後はやっぱりこれ、マサラティー。美味しいです。

 次回は「ほうれん草カレー」を食べようと思います。

 梵我熊本市流通団地1-24 流通情報会館2F
096-370-5830
11:30〜22:00(オーダーストップ21:00)
ホームページ
駐車場完備

熊本市の中心部からでも車で約15分と近いです。

 梵我(カレー) 熊本市流通団地 【1】 
 梵我(カレー) 熊本市流通団地 【2】
 梵我(カレー) 熊本市流通団地 【3】
 梵我(カレー) 熊本市流通団地 【4】  

2009年2月閉店となりました。

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

3

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

グリコ ジャイアント レインボーカプリコ 新製品

グリコ ジャイアント レインボーカプリコ 新製品

2009.3.20 ビビッドカラーがきれい!指宿白水館甘藷菓子「雅」

2009.3.20 ビビッドカラーがきれい!指宿白水館甘藷菓子「雅」

ヒントミント チョコレートミント

ヒントミント チョコレートミント

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.