DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2010.9.29 湯布院ことことやイチジクジャム [全国特産物情報]

画像(450x299)

 湯布院のジャム工房ことことやさんのジャムをいただきました。
ことことやさんは1986年創業。香料や着色料等は一切使用せず、果物がもつ自然な香りや色、風味をたいせつに優しくジャムに仕上げてます。ショップ名のとおり、鍋でことこと煮詰めてあるんでしょうね。
夏みかんマーマレード、デラウエア、梅香りとかいろんなジャムがある中、季節を感じさせてくれる無花果のジャム。無花果は果物の中で好きなものの一つです。優しい甘みの中に、山の香りというか野生の香りがして、季節をそのまま食べている・・という感じがするから。
ジャムにしてももちろんおいしいです。
 全盛期を経て、黒川温泉に王座を奪われた時もあった湯布院。玉の湯や亀の井別荘など、やはり湯布院は底力があると思います。しかし、最近は昭和レトロで雑多な魅力の別府もいいなーなんて思います。とある大会社のオシャレな社長さんにインタビューしたとき「別府ってフランスのコートダジュールに似てるんだよな」と言われたことは、今でも私の心の片隅に。「お願い、おしゃれにならないで、別府」と心の中で念じるのです。<YA>

Posted at 00時17分   パーマリンク

   2010.9.27 佐賀北島の玄ぼうろ [全国特産物情報]

画像(450x299)

先日、佐賀県へと行って来ました。 佐賀といえば先日紹介しました北島の丸ぼうろ。北島さんは、1696年に創業された314年の歴史を持つ老舗。職人による手作業というところにこだわり、おいしさの歴史を刻み続けています。普通の丸ぼうろもいいけれど、今回はこの玄ぼうろを買いました。ちなみにくろぼうろと読みます。                            
北島丸ぼうろ

北島ごまぼうろ

画像(400x266)

  玄米の粉を混ぜ込んで焼き上げたぼうろを外側から黒砂糖で包んでいるこの玄ぼうろ。昔、駄菓子屋さんに行くと丸くてぺちゃんこのガリガリしたドーナツを、棒にさしてあるのがありましたが、ルックスはアレっぽい感じ。味はなつかしの「黒棒」に似ています。外側はちょっとサクッとしていますが、食感は普通の丸ぼうろと変わらず。口に含むと鼻に抜ける生姜の香りがなんとも絶妙で新しい!一つ一つが普通の丸ぼうろに比べ小さいため「少しお腹がすいたな」というときに気軽に食べてしまいます。一つだけ食べるつもりがついつい二つ三つと、結局全部食べきってしまうといういつものパターン。まさに「やめられない、とまらない」。玄ぼうろを一度ご賞味あれ♪ 



                          
ご注文はこちらから!<YA> 


玄ぼうろ 悦 ・・・ ヨロコブ ココロ/ウェブリブログ 
タベタモノニッキ : 黒砂糖のぼうろ

 

Posted at 00時18分   パーマリンク

   2010.9.25 筥崎宮世界遺産おはじき [D@EXコラム]

画像(450x337)・拡大画像(500x375)

福岡市にある筥崎宮。そのお祭り「放生会(ほうじょうや)」が9月に行われました。その時に発売される「おはじき」は、初日の午前中に完売する人気のおはじき。限定品でありながら毎年絵柄が変わることから、夜中から並んで購入するコレクターも多いそうです。

去年はその筥崎宮の縁起おはじきというものを紹介しましたが、今年は、友人が夜中から並んでゲットした放生会おはじきをご紹介します。

去年のおはじきについてはこちら

今年のテーマは世界遺産。モアイ像、ピラミッド、ピサの斜塔、タージマハルとか・・いかに知らないかを痛感。これって何だろう?といいながら見るひとときは楽しい。

熊本では、阿蘇や万田坑などが、世界遺産の登録をめざしています。阿蘇はジオパークもダメだったから、巻き返してほしいですね。それにしても今回調べていて、姫路城が世界遺産だということを知りました。熊本城も西南戦争で焼けてなかったら世界遺産になってたかもと思うと残念です。<YA>

Posted at 00時31分   パーマリンク

   2010.9.23 廣榮堂のきびだんご五味太郎さんパッケージがかわいい [熊本特産物情報]

画像(450x299)

岡山のおみやげにデザイナーさんにいただいた廣榮堂(こうえいどう)さんの「きびだんご」です。廣榮堂の創業は安政3年。1856年ですから、かれこれ150年の歴史です。それにしてもかわいいパッケージ。五味太郎さんの絵が描かれています。

画像(450x299)

 こちらは黒糖きびだんご。箱を開けると、真っ赤な鬼の顔が出てくるのも、ワクワクしますね。桃太郎、鬼などなど、個包装が一つ一つかわいいのです。この赤鬼の描かれているパンフレットには、むかしむかしの鬼退治の物語(ちょいと創作)が書かれています。話のオチは「黒糖きびだんごはおいしい。めでたしめでたし」みたいなお話(笑)。
味は柔らかくほんのり甘くおいしい・・おいしいのだが、原材料に「きび」の文字ナシ。ちょっと気になる。

画像(400x266)

おみやげパート2は、倉敷の大原美術館のはがきでした。エルグレコの受胎告知。芸術の秋。美術館にでも足を運んでみようかしらと思いました。もうすぐ県立美術館の永青文庫で始まる細川幽斎展が楽しみなのです。<YA>



株式会社 廣榮堂
〒703-8245
岡山県岡山市中区藤原60
TEL 086-271-0001


大原美術館

〒710-8575
岡山県倉敷市中央1-1-15
TEL 086-422-0005




岡山お土産きびだんご

Posted at 00時15分   パーマリンク

   2010.9.21 黒髪の小さなお菓子屋さん「kei’s-factory」のロッシェ [熊本グルメ情報]

画像(450x299)

 最近我が家で人気なのが「kei’s-factory」さんのロッシェというクッキー。先日ご紹介したカフェ&お総菜屋さん「りぷる」のレジの前にかごに入れておいてあり、ついつい一個ニ個と買ってしまうのです。
お店は、黒髪2丁目にあるそうで、カフェもあり、100円クレープも食べることができるみたい。

画像(400x266)

 ロッシェとは、フランス語で岩の意味。英語のロックと同じ語源でしょうか。見た目は岩のようにごつごつした感じではないのですが、クルミなども入っていて、アーモンドプードルの香りが生きています。材料は本当にシンプルで
薄力粉、バター、くるみ、粉糖、アーモンドプードル、バニラエッセンスのみ。小さい袋に入って200円という価格なので、100円マックを2個食べることができると思えば、割安ではないのですが、安心で、おいしいという点においては太鼓判です。

画像(400x266)

 手にとるとふわっと壊れてしまいそうな感じすらする柔らかさ。しかし、中はサクサクと軽い食感。甘さはかなり強く感じられるのですが、べたべたとした甘さではなくて、そう、エスプレッソの最後に堪能する沈殿した「シュガーな一滴」のような「大人の元気の素」って感じの甘さ。疲れたときに食べると、グリコみたいに一粒で300メートル行けそう!
 バースデーケーキやウエディングケーキなども予約できるそうです。黒髪のお店は、娘行きつけの歯医者さんのすぐ近く!今度は黒髪のお店にお邪魔してみようかなと思っています。<YA>


kei’s-factory

熊本市黒髪2丁目30-11
営業時間 AM11:00〜PM19:00
定休日 不定
090−9560−9490



黒髪の小さなお菓子屋さん kei's-factory " Digital ...

Posted at 00時19分   パーマリンク

過去の記事へ

9

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

ランチタイムステーキ 新市街「花兆亭」

ランチタイムステーキ 新市街「花兆亭」

熊本市・交通センター地下にある洋食屋さん「クレイン」

熊本市・交通センター地下にある洋食屋さん「クレイン」

2009.10.18 ポンデケージョをおうちで楽しもう!「エルフエゴ」3

2009.10.18 ポンデケージョをおうちで楽しもう!「エルフエゴ」3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.