DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   トマト 深赤のトマトは大地の恵みがいっぱい [D@EXコラム]

画像(111x170)

ホールトマト缶

トマトにはサラダなどにして食べる「生食用」とジュースやケチャップなどに加工する「加工用」トマトがあります。普通生のトマトは支柱で茎を支えながら、上へ伸びる栽培方法をとります。みなさんもこのようなトマトは見られたことがあるでしょう。

加工用のトマトは栽培コストを下げるという意味もありますが、より多く日差しをあびるために、支柱を使わず地面を這うように育てています。

左は普通に売ってある、ホールトマト(丸ごとトマト)の缶詰です。

画像(384x288)

地を這うトマト

もともとトマトは地をはうように、成長する植物です。加工用のトマトは、生で食べるトマトよりも野生種に近いため、自然の姿に近い育て方が向いているのです。加工用トマトは日本では年中栽培されることもありませんし、その栽培の様子を見られたことがある方は少ないと思います。

トマトが地を這うなんて、なんだか違うような気もしますが、本当です。トマトを愛し食すイタリアでの栽培様子です。

画像(384x288)

深赤のトマト

なんだか草むらの中にひっそりたたずんでいるトマトですが、ちょっと出してみると太陽と大地の恵みをいっぱいに受けたトマトであることがわかります。

画像(384x288)

ホールトマト

トマトは旬の時期にもぎとられ、品質の落ちないその日に加工工場へ運ばれ、選別、蒸し、皮取りなどの作業を経て、缶詰へと加工されていきます。新鮮な栄養がぎゅっとつまったトマト缶ができあがります。

画像(384x288)

pasta

完熟したホールトマトを使った、トマトパスタはパスタの代表。多くの人に愛されており、トマトベースのパスタは多くあります。この写真を見ているとパスタが食べたくなりませんか。

Photo: T.Tominaga
Location: Italy

Posted at 06時25分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=193

   コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

5

2005


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2009.12.6 亀田!製菓の「甘どけさつまいも」

2009.12.6 亀田!製菓の「甘どけさつまいも」

2008.6.9 「期待値を越えろ!」おバカな3人が考えた「羞恥心」キャンディー

2008.6.9 「期待値を越えろ!」おバカな3人が考えた「羞恥心」キャンディー

極味 あんきも

極味 あんきも

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ