DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   サーモンのエスカベージュ【水産品特集】 [DINING EXPRESS誌より]

画像(180x140)・拡大画像(358x280)

サーモンのエスカベージュ

スモーキーで風味豊かに仕上げた国産の鮭を使用しました。自然解凍で手軽にバンケットメニューに加えられます。
18796 JG サーモンのエスカベージュ 500g*6
※自然解凍はまた流水解凍でお召し上がり下さい。

Posted at 12時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   かき片貝L【水産品特集】 [DINING EXPRESS誌より]

画像(184x171)

かき片貝L

第3号「水産品特集」より
採れたての牡蠣から片貝を取り外し窒素凍結しました。解凍後生食でも召し上げれます。
・5942 さぶ〜る かき片貝L 10枚*10
※お好みの料理に合わせ加熱調理または自然解凍でご利用下さい。

Posted at 06時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   かつおたたきB-1【水産品特集】 [DINING EXPRESS誌より]

画像(180x104)・拡大画像(387x225)

かつおたたき

九州近海で1本釣りされた鮮度抜群の天然鰹を「たたき」にて真空包装にしました。独特の燻した香ばしさが加わった本格派です。
【使用商品】
14463 かつおたたきB-1 2kg入(3〜4本)
※画像は調理イメージです。

Posted at 06時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   冷凍ブロッコリー [D@EXコラム]

画像(207x303)

私は野菜の中でも特にブロッコリーが大好きです。
ほのかに甘く、歯ごたえもあって、鮮やかなグリーンも食欲をそそります。付け合わせやお弁当の彩りにも絶対に欠かせません。
しかし、今は年中野菜が出回っているので、いつが旬なのか分からない野菜も多いと思いませんか?
ブロッコリーの旬は3、4月だと言われています。
野菜は旬の時期が一番おいしく、栄養価が高いのですが、旬を過ぎると若干味も栄養価も落ちるそうです。なるべくなら旬の野菜を季節によって頂きたいものですが、旬の時期に限らず食べたくなる時ってありますよね。
ここで冷凍食品の登場です。旬の時期に収穫した野菜を新鮮なまま冷凍保存させている冷凍食品の方が、時期外れに出回っている野菜よりも栄養価が多く含まれていたりするのです。
それに何と言っても冷凍食品の良さは、その手軽さにあるのではないでしょうか。
お弁当に一房二房だけ使いたい、と言う時には特に重宝します。残りはまた冷凍しておけば良いのですから、痛んでしまう心配もありません。
毎日少しずつ頂きたい、という私にとって冷凍ブロッコリーは欠かせません。

画像(350x248)

ところでブロッコリーにはどのような栄養があるのでしょう?
実はビタミンCはレモンの2倍、ジャガイモの7倍含んでいるそうです。100g食べれば一日のビタミン摂取量はまかなえるそうです。カロチン、ビタミンB2、カリウム、カルシウムも豊富ですし、食物繊維が多いのでとても栄養バランスが良いのです。
風邪やガン予防、そしてしみ・そばかすなど美肌効果には欠かせません。

さっと茹でてマヨネーズで食べる(茹で過ぎ注意)、サラダに和える、温野菜として煮物にも。主役にも脇役にもなれるブロッコリーは、まさに野菜の王様ですね!

画像(138x119)

味の素冷凍食品株式会社

Posted at 06時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   トマト 深赤のトマトは大地の恵みがいっぱい [D@EXコラム]

画像(111x170)

ホールトマト缶

トマトにはサラダなどにして食べる「生食用」とジュースやケチャップなどに加工する「加工用」トマトがあります。普通生のトマトは支柱で茎を支えながら、上へ伸びる栽培方法をとります。みなさんもこのようなトマトは見られたことがあるでしょう。

加工用のトマトは栽培コストを下げるという意味もありますが、より多く日差しをあびるために、支柱を使わず地面を這うように育てています。

左は普通に売ってある、ホールトマト(丸ごとトマト)の缶詰です。

画像(384x288)

地を這うトマト

もともとトマトは地をはうように、成長する植物です。加工用のトマトは、生で食べるトマトよりも野生種に近いため、自然の姿に近い育て方が向いているのです。加工用トマトは日本では年中栽培されることもありませんし、その栽培の様子を見られたことがある方は少ないと思います。

トマトが地を這うなんて、なんだか違うような気もしますが、本当です。トマトを愛し食すイタリアでの栽培様子です。

画像(384x288)

深赤のトマト

なんだか草むらの中にひっそりたたずんでいるトマトですが、ちょっと出してみると太陽と大地の恵みをいっぱいに受けたトマトであることがわかります。

画像(384x288)

ホールトマト

トマトは旬の時期にもぎとられ、品質の落ちないその日に加工工場へ運ばれ、選別、蒸し、皮取りなどの作業を経て、缶詰へと加工されていきます。新鮮な栄養がぎゅっとつまったトマト缶ができあがります。

画像(384x288)

pasta

完熟したホールトマトを使った、トマトパスタはパスタの代表。多くの人に愛されており、トマトベースのパスタは多くあります。この写真を見ているとパスタが食べたくなりませんか。

Photo: T.Tominaga
Location: Italy

Posted at 06時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   太平燕のレトルトは結構美味しい! [全国グルメ情報]

画像(448x298)

太平燕 箱入

太平燕のレトルトを4月7日のダイニング・エクスプレスBLOGで紹介しました。伝承の館さんが作られている箱入りの商品は会社でもまた自宅でも何度も食べましたが結構スープも美味しく、麺も緑豆春雨だけあって、大変評判が良かったです。

どこで買えるのですか?と聞かれたこともありますが、熊本県内であれば買えるところは多いのですが、福岡の方や東京の方からの質問だとお店で売っているところ(県の物産館にはあるかもしれませんが・・)は私もわかりませんでした。

こういうときに役に立つのがインターネットの通販。
↓ありますよ、太平燕のレトルト。

熊本発 春雨中華スープ太平燕(タイピーエン)2〜3人前 2セット入り

販売されているのは、熊本に拠点があり、醤油、塩などを販売されている「濱田醤油」さんです。濱田醤油の方とはよくお話をしたりするのですが、太平燕を「ひしおぐら」(ネットショップの名前)で販売されているとは知りませんでした。

ネットショップがあると、購入してきて詰めなおして友人へ贈る、みたいなことも煩わしくなく簡単にネット上からできますし大変便利です。

最近は全国区になってきた、熊本名物太平燕。まだご賞味いただいていない方はこのレトルトをまず味わわれてみてはいかがでしょうか。それから熊本へいらっしゃってください。最近、「太平燕食べ歩き本」なる小冊子(ラーメンでよくあるようなやつ)も出ています!

濱田醤油ホームページ (syoyu.com)

【関連記事】
熊本名物「太平燕」 中華園 緑洲(うまかもん!!VOL1) [DINING EXPRESS誌より]
熊本名物 「太平燕」(タイピーエン)レトルト編 [D@EXコラム]
太平燕の売り場を見てみました。 [熊本特産物情報]
熊本太平燕 「中華園」 持ち帰り  [熊本特産物情報]
太平燕 [D@EXコラム]
太平燕 熊本駅にて [編集長コラム]

Posted at 08時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

   ゆかり [D@EXコラム]

画像(170x150)

ゆかり 200g

「ゆかり」と言えば紫蘇のふりかけとして有名ですが、この「ゆかり」は三島食品?蠅療佻疹ι犬砲覆辰討い泙后B召里佞蠅?けメーカーでも「ゆかり」ふりかけはありますが、それら製品のほとんどが三島食品で生産されていることはあまり知られていません。名古屋でシソを刻んだお漬物がよく売れていることにヒントを得て、1970年3月にその乾燥品を三島食品が商品化したことが始まりです。
使用するシソは安定した高品質の原料を確保するため、静岡を始めとした特定の産地と契約栽培を行い、厳選した良質のものだけを使用している。また、国内の赤シソの年間使用量は6000〜7000トンと見られていますが、そのうちの約1/3の2500トンを三島食品で使用されています。

<ゆかりの名前について>
古今和歌集の中に、
紫のひともとゆえに 武蔵野の 草は皆からあはれとぞ見る  (読み人知らず)
とあります。これは「むらさき草がひともと(1本)咲いている、という“縁=ゆかり”だけで、武蔵野の草花が皆いとおしく、身近に感じてしまう」という意味になるそうです。この「縁」あるもの、「ゆかり」あるもの=むらさき草で、ゆかり(縁)の色は紫色を言うようになりました。このことから品名に「ゆかり」と名づけ、商品の袋にも紫色を使用してあります。

画像(270x202)

<赤紫蘇>
色や香りがよく、硬い茎の少ない優良品種の赤しその種子を使っています。安定した高品質の原料を確保するために静岡や愛媛をはじめとする特定の産地と契約栽培を行っています。

画像(270x202)

2月末に播種し5月下旬から刈り取りを始め、8月中旬頃まで収穫を行います。

画像(219x165)

栽培後、三島食品の工場で生産される「赤しそ漬け」です。
これが、ゆかり製品の原料になります。









画像(296x179)

かやく納豆ゆかり味

お勧めレシピ【かやく納豆ゆかり味】

【材料】(4人分)
納豆・・・4パック
たくあん・・・4切れ分
瓜漬け物・・・1個
三島のゆかり・・・大さじ2
あさつき・・・1本
練りからし・・・少々



【作り方】
1) 納豆は、荒く切り、漬け物は細かく切り、あさつきは小口切りにする。

2)ゆかりと材料全部を混ぜ合わせ、あさつきを散らす。

※文章中の「ゆかり」は、三島食品株式会社の登録商標の赤しそふりかけ「ゆかり」を使用しています。

三島食品株式会社

Posted at 00時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

5

2005


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

■チロルチョコ 「かき氷」 練乳いちご

■チロルチョコ 「かき氷」 練乳いちご

世界の調味料100

世界の調味料100

【甘露醤油】 佐川醤油店 柳井市

【甘露醤油】 佐川醤油店 柳井市

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.