DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2010.1.20 カラフルでかわいい!イタリア「pastificio del Colle」社のパスタ [D@EXコラム]

画像(450x299)

 イタリアのブーツの「かかと部分」に位置するプーリア州。つまり南イタリアです。そこにあるジョイア・デル・コッレ(喜びの丘)という村は、豊かな農産物がとれるところとして有名です。そこに住む人々は昔から食を楽しみ、食に対する高い美意識を持っています。
そんなプーリア州の代表的な食材でつくられたパスタが、パドンニです。
ちなみにパドンニとはデュラムセモリナ小麦の風味豊かさと手打ちうどんのようなもちもちした食感を併せ持つパスタのこと。イタリアで最も美しく楽しくおいしいと評判のパスタだそうです。

画像(450x299)

 製造は、1920年設立の「pastificio del Colle」社。28度〜33度で24時間以上かけて低温乾燥。セモリナ粉の風味豊かさともちもちした食感は、手づくりだからできる美味しさなのだそう。
 美しい色はほうれん草、赤ビート、ウコン、パプリカ粉末の色。深鍋にたっぷりの水と、少々の塩を加え、ゆでること10から13分。パスタソースを絡めるだけでなく、グラタンやサラダ、スープなどに入れてもちょっとオシャレな一品ができあがります。<YA>


楽天でも買えます!


Posted at 00時59分   パーマリンク

   2009.1.20 毎日使うものだからこだわる!奈良市垣谷繊維の「白雪布きん」 [D@EXコラム]

画像(450x299)

垣谷繊維さんの白雪ふきんをいただきました。さまざまな女性雑誌でも取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれません。

蚊帳の生地で作られている白雪ふきんは、吸水性に優れ、いつまでも白さが続くのが魅力です。こちらは友禅染のもので、モチーフは青い鳥。鳥かごと青い鳥が散りばめられているとても素敵なデザインです。もちろん真っ白で柄のないものもあります。

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 時代とともに蚊帳の需要が減りましたが、かつては蚊帳のキレハシでつくられていた布巾が想定外に好評だったため、製品化されたものだそうです。最初は、お茶碗拭きから始まり、台拭き、雑巾とボロボロになるまで使えますね。

 最初は糊が利いてますので、手洗いをしっかりしてから、一度洗濯機で洗います。その後使い始めると、柔らかな手触りが、手に馴染み、赤ちゃんのガーゼとしても使えそう。

白雪スクワラ・うるおいタオル」という商品は、スクワランオイルが配合されたタオルで、美肌によいのだそう。蒸しタオルなどで使用すると、お肌がつるつるになるそうです。<YA>


垣谷繊維
〒630-8303 奈良市南紀寺町5−85 TEL:0742-22-6956 FAX:0742-24-5033

楽天でまとめ買いできます。




白雪ふきん:水無月cafe:So-netブログ

07年09月のブログ|yemanja Note(イエマンジャ・ノート)

Posted at 00時01分   パーマリンク

   2010.1.18 特許で甘い!愛媛県よこの柿 [全国特産物情報]

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 柿にも好みがいろいろあります。ちょっとやわらかめのとかとびきり固いのとか、ゴマが入っているのとか、スプーンですくって食べるのとか。愛媛県石鎚山で栽培されているよこの柿。ちょっと固めのシャリッとした歯ごたえとさわやかな甘みがとてもおいしい柿です。
 この柿、実は渋柿なのだそうです。「ポリ個装」といって1玉ずつアルコールと炭酸ガスを使い、丁寧に脱渋機にかけて1個1個包装するのだそう。脱渋機とはいったいどういうものなんでしょうか。これがあれば、すべての渋柿は甘柿へとへとなってしまうとしたら、すばらしい特許ではないでしょうか。JA東予園芸独自の特許製法なのだそうです。万が一、渋みが残っていた場合も2〜3日置いてから食べると渋みが抜けるみたい。これまたミラクルです。
温泉地には湯ねり柿というのがありますね。渋柿をお湯につけておくと、何らかの化学反応が起こり甘くなるというもの。あれと原理は一緒でしょうね。

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 種がないのは、たまたまなのかわかりませんが、あまり種に当ったことがありません。熊本県には太秋というおいしい柿がありますが、渋柿でありながら太秋なみの歯ざわりと甘みといったら言い過ぎでしょうか。<YA>

Posted at 00時05分   パーマリンク

   2009.1.16 日露戦争の頃から親しまれたお菓子鶴屋吉信「福ハ内」 [D@EXコラム]

画像(400x266)

もうすぐ節分。節分にちなんだ和菓子といえば、鶴屋吉信さんの「福ハ内」です。

 豆まきの豆をかたどったふっくらとしたお菓子。明治時代に京娘がおたふくの面をつけて「鬼は外、福は内!」と豆まきをしているのを見て、鶴屋吉信の4代目主人がお菓子にしたてたのだそう。杉の枡に入っているところがいかにも豆まきですね。

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 太ったジェリービーンズのような形と淡い黄色がなんともいえず愛らしいですね。この黄色の生地は「桃山」という生地で、白餡(あん)に卵黄を加えて炊き上げ焼いたもの。しっとりときめ細かく、抑えた甘さがいかにも上品です。

画像(337x224)

 明治天皇皇后も大好きだったという「福ハ内」。見た目の愛らしさと上品な甘さが心に残る和菓子の逸品です。<YA>

和菓子にみる京

鶴屋吉信(京都、東京)/福ハ内、俵屋吉富(京都)/福まめ: とべない ...

鶴屋吉信

Posted at 13時55分   パーマリンク

   2010.1.12 熊本県山鹿市「米米惣門ツアー」手ぬぐい [D@EXコラム]

画像(450x299)

 山鹿市にある温泉「さくら湯」が入っていたテナントビル「プラザファイブ」が温泉プラザ山鹿になってリニューアルオープン。レッドキャベツなどいろんなお店が入っています。ちなみに「さくら湯」は、まだ工事中にてオープンは先のことです。八千代座、米米惣門ツアーに続いて、山鹿市の起爆剤になればいいですね。
 その「米米惣門ツアー」の素敵な手ぬぐいをいただきました。山鹿の目抜き通りである豊前街道をモチーフに作られている模様。なかなか渋くてかっこいい手ぬぐいです。 米米が「come come」になっているところが、なんとも粋ですね。

 惣門とは、山鹿の南の玄関口。まちの入口に木戸が建てられてて「惣門」と呼ばれていたそうです。午前6時には門を開け、午後6時には門を閉めて以後は通行できなかったのだとか。酒蔵や味噌蔵、米蔵ギャラリー、お寺「光専寺」などを歩いて回り、「米」をキーワードに山鹿の歴史を知ろうというツアーで、この町歩きツアーに感銘を受けた長崎市の田上富久市長が、たびたび山鹿を訪れ「長崎さるく」を始めた話は有名です。私も一度参加したことがありますが、豊前街道の商店主の皆さんが古文書や古老のお話を頼りに歴史を紐解き、点と点をつなぎ合わせてできあがったツアーですので、謎解きのようで楽しかったのを覚えています。
この手ぬぐいをきっかけにオシャレなグッズがたくさんできれば良いなあと思いました。<YA>

 
 

惣門ツアーのお問い合せ

山鹿温泉観光協会 0968-43-2952
 

Posted at 00時58分   パーマリンク

   2010.1.10 !柴舟小出の「三作せんべい」 [全国特産物情報]

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 金沢の銘菓「柴舟」を出している「柴舟小出」。そちらが出しているおせんべいが三作せんべい。「さんさくせんべい」と読みます。お菓子は「天」と「地」そして「人の和」によって作られることから「三作せんべい」と名づけられたそうです。
こちらのかわいい鳥は雷鳥。加賀白山の黒百合の図柄のおせんべいもあります。


画像(400x266)

 マーガリンがたっぷりと使われているため、サクサクとした口ざわりと適度な甘さが美味。せんべいとはいえ、堅すぎないのでお年寄りから小さなお子様まで皆さんに愛される味です。隣のデスクのデザイナーさんからは「にわかせんぺいに似ている」との感想。にわかせんぺいのソフトバージョンという感じ。「柴舟」の生姜が苦手な方でも「三作せんべい」の優しい甘さはOKという方は多いと思います。<YA>

ココロにおやつ: 加賀百万石

金沢・春の和菓子めぐり〜金沢ぶらり街歩き手帖‐2‐:旅行|語ろ具:@nifty

石川県・三作せんべい - おみやげ PAKU PAKU - 楽天ブログ(Blog)

Posted at 00時04分   パーマリンク

過去の記事へ

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

うに丼

うに丼

■バブボーストロベリー

■バブボーストロベリー

■黒川「パティスリー麓」たっぷりきなこのクッキー

■黒川「パティスリー麓」たっぷりきなこのクッキー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.