九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年4月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

昨日のレストランリューズ続編です

 

rzu16.jpg

鴨のフォアグラのソテー リュバープのコンポートと共に フランボワーズの香りで

フレッシュなフォアグラとリュバーブ(日本でいうフキのようなもの)の甘く酸味のあるソース(ジャム)がフォアグラにマッチしてフランボワーズの軽やかな酸味もアクセント。

 

 

rzu13.jpg

島根県産の6時間蒸したあわびと 熊本県産の朝取り筍

やはり熊本県産の筍はフレンチでもよく使用されている。先日もジョンティアッシュさんで頂きました。

 

rzu14.jpg

ポーションはそんなに多くありませんが、1回目に訪問した時もこの天然あわびを頂きました。今日はあっさりとしたソースでした。本当に柔らかい。

 

 

ryzu6.jpg

1999 NUITS-ST-JEORGES CLOS DES PORRETS HENRI GOUGES

ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・ポレ・アンリ・グージュ

ここでブルゴーニュの赤。

ドメーヌの創始者アンリ氏はブルゴーニュのドメーヌワインの立役者。20世紀初期、ネゴシアンによって名前を偽ったブルゴーニュワインが出回っていたのを危惧したかれは、1929年にブルゴーニュワインの品質を守る組織を結成し、この地で最も早く自家元詰を実現しました。現在は3代目にあたるピエール氏とクリスチャン氏が後を継いでいます。


 

 

rzu1.jpg

魚料理

表面はかりっと中はふわっと。ソースもエスニック風のソースでよく合う


 

rzu2.jpg

1996 COS D'ESTOURNEL サンテステフ 2級

続くメインのワイン、ボルドーは2003コス・デストゥルネルと迷った末、思い切って1996をチョイス。1級ワインに迫るワインとしてスーパーセカンドと言われるコス。特にこの年代のコスともなると、価格も高いため「さらっと」飲めるワインではなくなりましたね。私も20年ぶりくらいにファーストワインのコスを頂きます。かなりテンションが上がりますね。

 

 

 

rzu3.jpg

メインは岩手短角牛

結構飲んできましたので、お腹も満腹度が高まってきました。短角は凝縮貫があり噛みごたえもあるお肉ですね。

 

 

rzu5.jpg

デセールは2品

 

 

rzu7.jpg

ブランマンジェと野菜のムース

 

 

rzu6.jpg

1998 Chateau Suduiraut / シャトー・シュデュイロー (スデュイロー)

貴腐ワインはソーテルヌ。最後に料理全体が貴腐ワインをいただくことで締まりますし、余韻が楽しめます。貴腐ワインはいいですね。先日1998のディケムを飲みましたが、ディケムは貴腐の王様ですしほんと最高です。


 

rzu8.jpg茶菓子など

 

食べログ(掲載時点 4.13)

前回は4.19だった。

 

東京・六本木 レストランリューズ(2)ー2 料理とワインのマリアージュ

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年8月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー