九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2016年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

毎年恒例の某金融機関さんの行事で ぶどうジュースを楽しむ夕べ。秋に開催します。今年も昨年に引き続き私がワインセレクトの幹事。皆さんぶどうジュースを飲まれるのを楽しみにされています。

 

乾杯はブラン・ド・ブラン シャルドネのマグナムで。キリリと。

 

meiwine4.jpg白の1本目は、シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・シュヌヴォット( ドメーヌ・シャンソン) 2012


ル モンラッシェの南西隣に位置する、有名なシャサーニュの石の混じった、粘土と石灰を主とするミネラルに富んだ土壌より産出されます。畑は互いに複雑に入り組んだ小さなブロックから構成されています。サントーバン方面へ道の途上の東向きの畑で、フレッシュな空気が循環するため、ワインにピュアさと、リフレッシュさせるアロマが現れます。オーク樽で12ヶ月熟成。淡い黄金色。白い花の香りとミネラルの感の中にエキゾチックなフルーツとハチミツの混ざり合った風味が感じられます。芳醇で複雑、しっかりした骨格とジューシーで飲み応えのある味わいです。最後に長く凝縮した後口が感じられます。 10

 

meiwine5.jpg白2本目。個人的には先ほどの白がいい。

シャサ-ニュ モンラッシェ クロ デュ シャト- ブラン(シャト- ド ラ マルトロワ)畑4haの全てを所有。シャトー ド ラ マルトロワの城館のすぐ前に広がる、この醸造元のシンボルともいえる畑。若々しく輝きのある淡い麦藁色、固く赤い林檎や柑橘系のピュアでフレッシュなアロマと、凝縮された風味、味わいの豊かさをもっており、均整のとれた美しい酸味を特徴とした佳品に仕上がっています。 6

 

meiwine1.jpgシャトー・トロタノワ 1999 ポムロール

少し過ぎた感はありました。

ジャン・ジャック・ムエックス氏が居住しているシャトー。ブドウ畑は高台の西側に広がる砂利と粘土の混じった土地に7.2ha広がり、平均樹齢が35年のM90%CF10%を栽培しています。新樽率は50%と低くなっていますが、基本的に醸造方法はペトリュスと同じでありスタイルの似たワインに仕上がります。卓越した複雑味と凝縮感は他の追随を許さない唯一無人のレベルです。ポムロールでも抜きんでた実力を持っており、今回の99年が今飲み頃かどうかを見てみたい。 26

 

meiwine2.jpg今日のメインのぶどうジュースはシャトーマルゴー 2009

メドック格付け1級。栽培面積は99ha(うち白12ha)、作付けはCS75%M20%CF2.5%PV2.5%。赤用の平均樹齢は35年。「赤ワインの女王」と讃えられる極めつけの名酒。濃醇なまでに凝縮された力強い味わいの中に、繊細さと気品が宝石のように輝きます。2009年はボルドーの00年05年09年10年と同じくスーパーグレートヴィンテージの年であり、パーカー氏は98-100点もの秀逸な評価を与えている。セカンドワインはパヴィヨンルージュ・ド・シャトーマルゴー、09年からサードワインのマルゴー・デュ・シャトー・マルゴーがリリースされた。昨年この会で飲んだワインは04のマルゴー、川島なおみさん追悼でした。

 

meiwine.jpg私からの差し入れジュースは ラミッション・オーブリオン 2004。プリムールで入手していたものです。12年で1本目を空けます。やはりラミッションいいですわ。

今宵もぶどうジュースの会とても盛り上がりました。TT



 

 


このページのトップへ

カレンダー

2017年11月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー