社員インタビュー

おかげさまでハウディは50周年!

竹田 誠也

ハウディが取り扱う商品の需要動向を的確に掌握し、欠品を起こさないように、また過剰在庫を発生させないようにメーカー様より商品の仕入を行います。また、マーケットニーズを敏感に感じ取り、食のプロであるお客様に、より良い提案ができる商品を世界中から探します。

仕入部門 一日のスケジュール

竹田 誠也

お仕事インタビュー

どうしてハウディを選びましたか?
食品業界に興味があり、又自宅からも近かったからです。
現在どのような仕事をしていますか?
商品を仕入れる仕事、商品の価格交渉、商品の情報提供等を行なっています。
また、国内・国外メーカー工場視察等もあります。
普段気をつけている事はありますか?
言われた事を何回も聞かないで良い様に、必ずメモを取るようにしています。
メーカーとの商談の際、言葉遣いや謙虚な姿勢を常に心掛けています。
仕事の面白いところは何ですか?
相場品(水産・畜産・農産)の価格交渉を行なっていますが、
交渉の結果、自分の思い通りなった時は達成感を感じます。
又、その価格が他社(ライバル会社)よりぶっちぎって安かった時は
何ともいえない快感です。
仕事の大変なところは何ですか?
商品の多さ、御客様の方が知識が多く毎日が勉強です。
やりがいを感じた瞬間や印象に残っているエピソードはありますか?
PB(プライベートブランド)の商品開発に携わり、
メーカーと何回も何回も交渉して、納得のいった商品が出来上がった時です。
又、その商品が評価され、社長賞を頂いた時は非常に嬉しかったです。
夢は何ですか?
食品のプロと言われる人になりたいです。
就職活動中の人に一言
きっと自分に合う仕事があると思いますので、焦らず頑張ってください。

line

このページのトップへ

waku