九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年2月アーカイブ

2019年2月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

col810.jpg

大阪に夜入り。今回大阪上本町という場所に宿泊するのは初めて。伊丹空港から高速バスに乗ってしまえば梅田もここも時間的にはそんなに変わらないですね。近鉄百貨店があり、近鉄線の始発駅とあって結構大きなターミナル駅ですね。


今日の夜はカレーのスパイスで胃を休ませたい・・・という思いでいそいそと出かけたのはこちら、上本町の大通りに面している「コロンビアエイト 大阪上本町店」。スパイス成分が胃を元気にしてくれるでしょう。

 

 

col811.jpg

前回大阪訪問時にはコロンビアエイト北浜本店と迷った挙句、谷口カレーを訪問した経緯がある。

コロンビアエイトのつづりは COLUMBIA 国のCOLOMBIAとはつづりが違う。

 

 

col812.jpg

カウンター席とテーブル席。

閉店に近い時間だったため行列ということはなくてホッとしました。昼とか行列でしょう

 

 

co8.jpg

事前に調べていた通り、初めてのお客さんは キーマカレーか ヌードルカレーしか選択できません。2回目という嘘はつきたくはありませんので、正直にコロンビアエイトのスタンダードカレーであるキーマカレー(900円)を選択。


カレー屋さんというと黙々と作っているご主人も多いのですが、こちらのご主人は明るくてきぱきと動かれています。お客様も少なかったので話をしていたら・・・どこからですか。「熊本からです」・・・あそこのカレーは美味しいですよね、とか、とても熊本にお詳しい。


話していたら私の高校の一つ上の先輩ということが判明。こんなところでお会いするとは。私の知人の先輩も知っておられ地元の話で盛り上がり。

 

 

co81.jpg右手にスプーン、左手にししとう。

ししとうの苦みとカレーをあわせてあるそうです。少しづつししとうをかじりながらいただくということです。面白いスタイルですね。

 

 

co82.jpg

キーマカレーです。

かなりスパイス感満載のインパクトあるカレーです。素揚げされたししとうの下にはたまねぎのピクルス。ご飯は大盛無料なので、珍しく大盛りに。

数十種類のスパイスがブレンドされて、初めて食べる複雑な味。何ですかこの味は。舌の上で色んな味がブレンドされて、こればっかりはこれを食べないと説明できません。

 

 

col82.jpg

ししとうはちびりちびり食べても4,5回で食べてしまいますね。

 

 

col83.jpg

麦が入ったライスの上にもナッツやスパイスが。キーマも下に入っています。


 

col84.jpg

セットのグレープフルーツジュースを合間に飲むと、あらら辛さがリセットされて不思議なドリンク。グレープフルーツってカレーと食べるとこんなに変わるんでしたっけ。

 

 

col85.jpg

本当、辛さはそうでもないですよ、ししとう+グレープフルーツジュース+カレーでエッジのきいたスパイス感を味わえるゲキウマのカレーです。

 

 

col86.jpg

壁にはカレーの香辛料が並んでいます。

するっと食べれました。そして1回お店を出て再度入店。

2回目ということで「花火」を食べましょう。2皿目のカレー、食べれるか不安ですが、大阪まで来て今日「花火」を食べておかないわけにはいきません。ご飯は少し少な目にて。ご主人によると1日2皿食べる人は少ないとか・・・

 

 

col87.jpg

花火 900円

花火DX(デラックス) 950円 という花火に和風トッピング、山椒、生卵、ネギが乗ったバージョンもあります。


いやあ見た目にキーマ以上にインパクトがありますね、ゴマがぐるっと、色も赤いし。普通の鍋からかけただけのカレーと違います。

 

 

col89.jpg

ご主人が言われるように、キーマを食べてから2回目から花火を食べてください。意味わかるような感じです。さっきより汗噴き出します。でも複雑なスパイス味に脳が麻痺しているのか、どんどん食べすすみ、完食。よくがんばりました。

たまに食べたくなりますねこの味は。中毒性があるカレーですね。

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

コロンビアエイト ホームページ

 

このページのトップへ

2019年2月16日 Posted time : 00:11 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02490.JPG 

 

念願だった天草市の太郎寿司さんに行きました。ずいぶん前からおいしいとうわさを聞いていて、行きたいと思っていましたが、人気店ゆえ入れないことが多いと聞いていました。天草市の仕事終わりが、1時過ぎ。思い立って電話入れたら、なんとラッキーなことにお席が空いた直後!3人で滑り込んで、カウンターでにぎり寿司を堪能しました!ガリのおいしさもハンパないですが、地のものを使ったお寿司が秀逸。口の中でほろっとほどけ、わさびがツーンと効いています。大将のおしゃべりも楽しく、知らない間にお隣のお客様ともおしゃべりが弾みます。おいしすぎて幸せ!

 

DSC02492.JPG

 

とにかくいい気が流れているお店です。カウンターは6席ぐらいと小上がりが1つ。小さいお店だからこそ、アットホームで、みんな笑顔です。初めて行ったのに常連さんと分け隔てなく離してくださる大将の笑顔も最高です。このタコ一つとっても、よくあるタコのように口の中でちぎれないっていう感じにはならないのです。おそらく細やかな細工が施されているのでしょう。イカもしかり。

DSC02493.JPG

おしゃべりに夢中になっていると、エビやらイカやら赤貝やらどんどん出てきます。わざわざ天草まで来た甲斐がありました。

DSC02494.JPG

こちら絶品赤貝。

 

 

DSC02497.JPG

赤だしもオーダーしました。鯛のアラでしょうか。深みのあるだし。頼んで良かった。

 

DSC02498.JPG

 

そしてシメのウニ。価格を聞かずに頼んだのですが、お支払い時にびっくり。なんと一人前1500円しないのですね。良心的でコスパも最高!元気をいっぱいもらったお店です。天また行きたいと思わせてくれるお寿司屋さんでした。<YA>

太郎寿司

天草市船之尾町4-8

0969-23-8088

 

このページのトップへ

2019年2月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oude21.jpg

2017年9月オープンのフレンチ、ODE(オード)。オープンしてすぐ11月にランチで訪問して以来、本来のディナーメニューをと思っていてだいぶ時間が経過したが、逆に変化が出てきているのかと楽しみになります。生井裕介シェフのこのODEは昨年期待された通り、ミシュラン1つ星を獲得されました。入口はビルの2階。まるでバーかと思うような無駄のないスタイリッシュ感。


 

oude20.jpg

劇場型オープンキッチンカウンターと個室、半個室が2つ。

前回はランチでカウンター内での調理も多かったと記憶していますが、ディナーは以外に奥の調理場で調理されていることが多かったです。

 

oude17.jpg

メニュー表はありません。最後に渡される素材が記載された紙のみ。

さて、これは定番の ドラ〇ン ボール。オマールエビの凝縮されたスープが入っています。

 

 

oude18.jpg

オレンジのコアントロー酒と合わせていただきます。

 

 

oude16.jpg

フィンガーフードで

ちりめんキャベツ 山葵

 

 

oude15.jpg

焼きたてのパン

 

 

oude14.jpg

小柱 スナップエンドウ

皿の演出の仕方が面白い

 

oude13.jpg

こちらの定番ともいえる料理 グレー 2019

グレーはオードのカラー、そしてその中には


 

oude12.jpg

宮崎のブランド牛 尾崎牛とサンマ

見事なコンビネーション

 

 

oude2.jpg

イノシシ 春菊

 

 

oude3.jpg

牡蠣 源助大根

お皿もグレー。ほんとうに量的には多くなく丁度いい分量で品数が多いから色々と楽しめます

 

 

oude4.jpg

ロックフォール 若竹

 

 

oude5.jpg

柔らかいです

 

 

oude6.jpg

 

oude7.jpg鰆 ちじみほうれん草

 

 

 

oude9.jpg

赤姫牛 ごぼう

 

 

ouvde.JPG

ライムリーフ 密柑

 

oude11.jpg

キャラメル リンゴ ビーツ

 

 

oude23.jpg

サツマイモ 洋梨 山椒

 

 

ouvde2.jpg

デセール

 

流れるような料理の品々。

 

 

oude19.jpg

シャンパーニュ BLANC DE BLANC

 

 

oude1.jpg

PULIGNY-MONTRACHET 1ER CRU DEMESSEY 2000

高級辛口白ワインの代表格、ミネラリーな高級辛口白ワインを産出する、世界的な白の銘醸地。しかも貴重な18年熟成バックヴィンテージ

 

 

oude8.jpg

Le Relais de  Durfort-Vivens 2015

マルゴー2級デュルフォールデュバンのセカンドワイン。評価も高いセカンドワインのよう。

コスト的にもパフォーマンスはよいと思いました。


 

oude10.jpgデザートワインも選べます。

 

 

ODE(オード)(1) 東京・広尾 流れるようなフレンチ・フュージョン

 

ODE(オード)(2) 東京・広尾 流れるようなフレンチ・フュージョン

 

食べログ(掲載時点 4.26)

 

このページのトップへ

2019年2月14日 Posted time : 00:07 | Category : D@EXコラム

DSC02464.JPG

久しぶりに山鹿市の豊前街道をぶらぶら。昔ながらの風情が残る通りですが、なかでも大好きなお店の一つが、こうじ専門店の木屋本店さん。千代の園さんの近くにあり、江戸時代創業なのです。金栗四三ポスターも貼ってありますね。間口は狭く、奥に伸びる屋敷の作りは、当時の税金対策なのだとか。と、一緒に訪ねた外国人の知人に説明したけど、英語でうまく説明できず笑。

 

DSC02465.JPG

こうじ室もあって、こうじも売ってます。米米惣門ツアーの起点でもあります。今ではインバウンドのお客さまも増えているのだそうですよ!イケメンの8代目がほほ笑んでおられます(笑)。

 

DSC02466.JPG

 

甘酒の試飲をごちそうになりました。ここの甘酒は本当においしいです。お店のご主人は、ヨーグルトに混ぜて毎日飲んでいるそうですよ。甘さ控えめで滋味深い。飲む点滴って言葉がぴったりですね。

DSC02462.JPG

もちろんお持ち帰りしました!これでインフル撃退ですね。<YA>

山鹿市山鹿1820番地 

0968?43ー2301

 

このページのトップへ

2019年2月13日 Posted time : 00:06 | Category : 編集長コラム

1月と2月に毎年2回食べる仲むらさんでのふぐ。第一弾。今回は写真少な目。日本酒をいただくのに夢中になりすぎました。

 

nnmr5.jpg

前菜

 

 

nnmr2.jpg

フグ刺し。

初めて参加の隣の人は、これって1人前ですかと驚かれていました。そうです1人前ですよ。あせらずゆっくりお召し上がり下さい。

 

 

nnmr1.jpg

苦手な白子の茶碗蒸し

 

 

nnmur3.jpg

鍋の具材

鍋に入っているシーンは撮影できず。

ふぐの鍋ってあんまり好きではないのですが、理由があって餅の量がやけに多い鍋。

 

 

nnmr4.jpg

唐揚げ

 

美味しかったです。

 


昨年バージョン

和食仲むら本店 熊本市 恒例のふぐ行事

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月12日 Posted time : 00:04 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02458.JPG

 

櫻の馬場城彩苑さんに行きました。なかなか身近過ぎてしょっちゅう訪ねるところではないですが、行ってみたら楽しいものです。久しぶりに見た熊本城のゆるキャラひごまるくんのショーや、おもてなし武将隊の皆さんのショーもあっていました。インバウンドのお客さまも多く、にぎわっていました。城彩苑さんで食事をしたことがなくて、どこが人気なのかわかりませんでしたが、丸建水産さんが運営されている海まるさんという海鮮のお店がありましたので、ここに入ってみました。雲丹のコロッケが有名なのだそう。食べ歩きでウニコロッケを購入しておられる方も多数。

 DSC02461.JPG

 

今回は、ぶっかけ漬け丼にしました。こちらご飯少なめに盛ってもらったもので、本当はこの倍くらいご飯が入っています。いくらやエビ、アオサ、お刺身などなど新鮮な魚介類がたっぷりのっています!奥にあるボトルが、だし汁です。あらかじめ具材には醤油味が付いており、お好みで出汁をいれて茶漬け風にして食べるスタイル。自家製ゆず辛みそもついており、少しずつ味を変えながら、最後にだしをかけていただきました。外国人観光客の皆さんは、別の店のビュッフェに大挙して押し寄せておられましたが、ゆっくり静かな中で食べることができて、なかなか穴場だと思います。<YA>

櫻の馬場 城彩苑

海まる熊本城店

TEL 096-319-5073

 

 

このページのトップへ

2019年2月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

1月のある日、賀詞交換会に行きました。熊本のグループ企業さんの毎年恒例の賀詞交歓会。昨年は出席できず2年ぶりです。いつも美味しい料理をいただけるので楽しみ。今日はメニュー表撮影するのを忘れてしまいました。


そして新年福引が豪華景品なので、皆さん大注目。今回も一等は沖縄ペア旅行だったり、ダイソンホットアンドクールや5万円分の商品券などなど。当たる人には当たるものですね。普通の会合だと不在という人がいるのですが、さすが豪華景品皆さん、トイレやたばこ休憩から戻ってきていました。

 

 

yzws1.jpg

6種オードブル盛り合わせ


 

yzws2.jpg

牡蠣の辛子炒め

 

 

yzws3.jpg

フォアグラのトリュフ風味

 

 

yzws4.jpg

フカヒレ入りスープ


 

yzws5.jpg

牛フィレ肉のパイ包み焼き

 

 

yzws6.jpg

キャッスル定番の麻婆御飯

 

 

yzws7.jpgデザート


来年も楽しみです。

 

このページのトップへ

2019年2月10日 Posted time : 00:28 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02400.JPG

 

パレアさんでマッチングセミナーに参加。朝から飲まず食わずでブースに座ってしゃべりっぱなしでしたので、3時終了後渡り廊下を鶴屋さんの方にわたり、ふらふらと足が向いたのはやはりココ。鼎泰豊で小籠包。これ以外の選択肢は頭になかった。あふれる肉汁に癒やされるしかない。何度も言いますけど、セットなんて食べない。目当ては小籠包のみである。ポットになみなみと入っているホットジャズミンティー。いい香り。癒やされる。

DSC02403.JPG

6個入りセットです。908円。ズワイガニ入り1361円とかもありますが、まだ食べたことありません。普通ので十分おいしいです。バレンタイン向けのチョコレート小籠包みたいのもあるみたい。チョコフォンデュみたいな味かな。

 

DSC02405.JPG

ショウガをたっぷり酢醤油にいれまして、実食!!ひだひだの美しさ、まさに職人技!

 

DSC02410.JPG

じゅんじゅわー。千切りのショウガと合う。おいしいなー。幸せ。疲れた体に染み渡る肉汁・・。今回は、6時から懇親会があるので1セイロでやめましたが。次はがっつり2せいろで行きたい。<YA>

  ■熊本グルメ 鼎泰豊(ディンタイフォン)幻の小籠包 [熊本グルメ情報]

熊本市 鶴屋百貨店7階 鼎泰豊(ディンタイフォン)で、ついにやってしまいました!!

小龍包の名店 鼎泰豊ディンタイフォン@カレッタ汐留

 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

土曜日に、東京で散策。三菱美術館でアメリカ・フィリップスコレクションを拝見。ピカソ・モネ・ゴーギャン・ブラックなどの名画を鑑賞。そしてランチ。まんてん鮨は満杯だったので、歩いてKITTEに。行列で有名な根室花まる鮨は11:30の時点で120分待ち。すごいなぁ、そんなに待てない。


ということでショップリストをみたら、地階にあべやさんがあるのでここにします。東京駅以外にもここにもあったのですね、神楽坂店で2度食べたことのある親子丼、今回は8ケ月ぶりくらいです。

 

abt1.jpg

ヨーロッパ人と思しきツーリストさんも入っていて、ここは人気店ですね。神楽坂店は結構並びますから。神楽坂よりお店の収容人数は多そうです。

 

abt2.jpg

メニューは微妙に神楽坂と違いますが、

今日は親子丼御膳 2052円 にします。親子丼とサラダ、副菜、デザートが付いたセットものですね。


 

abt3.jpg

別々に来るのかと思いましたが、ワンプレートで到着しました。

 

 

abt4.jpg

玉子たっぷりの親子丼。

 

 

abt5.jpg

比内地鶏味噌煮込み

鶏の味噌煮込みってあまり食べませんが、結構濃い味でした。

 

 

abt6.jpg

比内地鶏卵ドレッシングのサラダ

 

 

abt7.jpg

秋田の漬物 いぶりがっこ。最近結構有名になってますよね。シャキシャキ感と薫香がよいですね。

 

 

abt8.jpg

比内地鶏たまごプリン

かなり濃厚でした。


 

abt9.jpg

汁気の多い親子丼なので、スプーンが食べやすいです。ツユダクの丼は嫌いなのですが、ここは多少ツユ多くても気になりません。

 

 

abt10.jpg

鶏も美味しいので、たまに食べたくなる親子丼です。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 


本家あべ家 神楽坂店 比内地鶏の親子丼

本家あべ家 神楽坂店(2) 比内地鶏極上親子丼

 

あべやホームページ

 

 

このページのトップへ

2019年2月 8日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC02445.JPG

 

イラストレーターのたなかみさきさんのPOP UP SHOPが鶴屋東館で開催されていると聞き、行ってきました。たなかみさきさんは、ビレッジバンガードなどともコラボされている売れっ子イラストレーターですが、ちょっとエッチでレトロな作風で知られています。熊本市内に住んでおられたこともあり、熊本にゆかりの深いイラストレーターさんです。2月2,3日にはご本人がポップアップショップにいらっしゃったみたいですが、用事がありお伺いすることができず。18日まで開催されていて、店内撮影OKとなってます。

DSC02443.JPG

 

ショップのタイトルは、「プライベートジェットストリッパー」展。この展示会のための書き下ろしも多数。もちろんイラスト購入できますよ!

DSC02444.JPG

Tシャツやバッグなどコラボ商品もあり!

DSC02447.JPG

 

今風だけど、なつかしくもあり。年齢層を超えて愛されてます。<YA>

私もフォローしてるたなかみさきさんのインスタはオススメ!みさきワールド全開ですhttps://www.instagram.com/misakinodon/

 

このページのトップへ

2019年2月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

呉服町電停のすぐ近くにある「魚よし」さんは、初代嘉次郎が新町3丁目に「石寿司」の名で開業し大正11年(1922)頃、現在の地に「魚嘉」として移転して約100年が経過し、現在は4代目。


2016年の熊本地震で被害を受けられ、2018年9月にリニューアルオープンされました。今回新年会の会合で訪問しました。以前のお店は訪問したことはありません。

 

uoys13.jpg外観もシンプルでかなり現代風の建築物に生まれ変わりました。

 

 

uoys1.jpgこちらの漢字の魚嘉という文字は以前の建物から使用されていたものだとうかがえます。店内はカウンターとテーブル席がありますが、パーティションなどが建物に組み入れられており、個室にできるという仕組みになっています。宴会などにももってこいの最新式ですね。

 

uoys2.jpg

今日は日本酒(冷)を飲みながら食を進めていくこととします。

 

 

uoys3.jpg

お造り

しつらえが上品で、どれも丁寧なお仕事というのがわかります。

 

 

uoys4.jpg

ふぐとアン肝

上質な素材を美味しく調理してありますね。

 

 

uoys5.jpg

焼き牡蠣

 

 

uoys6.jpg

ボケ写真は茶碗蒸し

 

 

uoys7.jpg

アワビ

とても柔らかいです。

 

 

uoys8.jpg

天ぷら

 

 

uoys10.jpg

鴨鍋べ

 

 

uoys9.jpg

ニ八そばをくぐらせて。最近蕎麦職人の方が入られて、ランチをはじめ蕎麦も提供されております。

 

 

uoys12.jpgお寿司

これくらいが最後には丁度いいですね。ごちそうさまでした。

 

こちらのブログにも詳しく書かれてあります。


食べログ(掲載時点 3.04)

このページのトップへ

2019年2月 6日 Posted time : 00:25 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02391.JPG

 

おいしい和食が食べたいと言うことで、花畑町の「喜三遊」さんに行きました。こちら昭和風情溢れる渋い店構えの店で、玄関開けて地下に潜っていくと個室があります。60年以上この地でお店をされている老舗とのこと。この白あえとてもなめらかで絶品。薄味で手をかけて作っておられることがわかりますね。

DSC02392.JPG

このお店、白岳さんのCM味わいの刻で登場したお店でもあるようですよ!おだしがおいしい。いろんな野菜の味がします。

 

DSC02394.JPG

 

実はお目当ては、コレ!テレビで中原丈雄さんも絶賛されていたカニの甲羅焼きです。カニとタマネギのハーモニーが絶品です。

DSC02395.JPG

お鍋も出てきました。酸味のきいたポン酢しょうゆでいただきました。あったまります。

 

DSC02396.JPG

こちらはもう一つのオススメ。カキフライととんかつです。喜三遊さんは、とんかつのおいしい店としても知られています。脂身が少なくさっぱりしているのにうまみのある柔らかいとんかつ!おいしかったです。もちろんカキフライは大好物です。サクッとしておいしい!

 

DSC02398.JPG

お楽しみは、まだまだ続きます。最後においしいぜんざいが!お餅がこんがり焼かれて香ばしくって最高です。男性陣もぺろりとたいらげていました。こちらはふぐもおいしいみたいですよ!次回はふぐ刺し食べたいものです。<YA>

喜三遊

熊本市中央区花畑町13-29

096-326-4788

このページのトップへ

2019年2月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

btry1.jpg

東京、渋谷から東急線で2駅の祐天寺。歩いて数分、閑静な住宅街の中にクレモンティーヌ・ビスはあります。ビストロフレンチです。

 

 

btry2.jpg

ディナーは5800円、6800円ですが、今日はアラカルトでお酒を頂きます。店内はワインレッド基調で外国人のお客様も多く、雰囲気がプチパリ気分、ここ。店内はカウンター4席を含め20席の小さな、夫婦で経営されています。

 

 

btry3.jpg

黒板メニューからカンパチのマリネ

見た目にも美しい

 

 

btry9.jpg

林檎とアンティーヴ、クレソン、ゴルゴンゾーラチーズ、クルミのサラダ。

色々入っていて美味しいなぁ

 

 

btry4.jpg

定番的にビストロで食べたくなる

パテ・ド・カンパーニュ


 

btry6.jpg

またお肉

山形豚の自家製ロースハム

 

 

btry7.jpg

黒板メニュー イイタコのココット煮

 

 

btry10.jpg

真鱈の白子のムニエル、春菊のソース

白子は苦手です

 

 

btry12.jpg

イチボのロティ

柔らかくて美味しいお肉ですね。


 

btry13.jpg

フォンダンショコラ バニラアイス添え

冬ですよね、フォンダンショコラ

 

 

btry14.jpg

自家製生姜キャラメルアイスクリーム

甘くショウガ味。食後にぴったり

 

食事はそんなに沢山ではないのですが、ワインはシャンパンそして、

 

btry5.jpg

サシャーニュモンラッシュ 2013 ジャン・マルク・ボワイヨ

 

 

btry8.jpg

Dom. Alain Jeanniard Chambolle Musigny
ドメーヌ・アラン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー 2014

マキコレワイン

 

btry11.jpgレ・フィエフ・ド・ラグランジュ Les Fiefs de Lagrange 2013

サントリー経営サンジュリアンボルドー シャトー・ラグランジュ 3級のセカンドワイン。何度も飲みましたね、これ。

シャンボールミュジニーの後のこれは少し軽かった。

 

ごちそうさまでした。

 

食べログ(掲載時点 3.60)

このページのトップへ

2019年2月 4日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

  

 

会社のHちゃんに教えてもらったおいしいケーキ屋さん山鹿市にあるriccaさんに行きました。鹿本農業高校の近くにあるのですけど、お店の店構えからとてもステキ!ここ、山鹿?って思っちゃう感じです。閉店ぎりぎりに滑り込みセーフ!

 

イートインスペースもあり。クリスマスリース作りやお食事会などのイベントもやられているみたい。この前のお食事会は花小町の本田シェフが来られたようです。なんというすばらしいコラボレーションなのでしょう!

 

DSC02390.JPG

ケーキを何個かお持ち帰り。フランス版ショートケーキ「フレジェ」。もともとフランスにはなかった苺を18世紀に探検家のフレジェという人物がチリから苺を持ち帰り栽培したのがきっかけで広まったとHPにあり。

DSC02387.JPG

オペラ!なぜオペラというのかというと、オペラ座を模してあるからだそう。モカ風味のバタークリーム、チョコレートのガナッシュ、たっぷりのコーヒーシロップ。なんというコラボレーションなのでしょうか。おいしすぎます。このチョコのおいしさだと、バレンタインチョコもきっとすばらしくおいしいでしょうね。

 

DSC02386.JPG

そして、一番気に入ったのがこちらのケーキ!名前を失念。今まで食べたことのないおいしさでした。次回はもっと詳しく書けるようにリベンジです涙。<YA>

ricca
熊本県山鹿市方保田279-1
Tel:0968-41-9399
営業時間:10時〜18時30分

お休みはここで確認!

このページのトップへ

2019年2月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

miyosiu9.jpg

8ケ月ぶりの2度目の訪問となります、人形町、うなぎ三好。

他にも人形町にはうなぎの美味しいお店が沢山あるのですが、またこちらに。

 

 

miyosiu.jpg

前回は「月」をいただいたのですが、今日は 「花」3320円にします。肝吸・漬物付です。

 

 

miyosiu2.jpg

ここの美味しいお茶をいただきながら、週刊文春を読みながらうなぎの到着を待ちます。

鰻屋ではスマホよりスポーツ新聞より文春があう。新潮も読みましたが。

 

 

miyosiu3.jpg

到着。待ち遠しかった。

ふたは付いていません。湿気を嫌うためでしょうね。

 

 

miyosiu4.jpg

重の到着のあと、肝吸いと香物。にんじん、だいこん、きゅうりのこの3点セットが大好きなんだ。

 

 

miyosiu6.jpg

炭火焼き 色目も最高にいいですね。丁寧な仕事です。

 

 

miyosiu5.jpg

肝吸いも三つ葉のバランスがとてもいい。鰻重・肝吸い・香物がとても引き立てあっているビジュアルですね、ここのは。

 

 

miyosiu7.jpg

久しぶりです。美味しいです。

 

 

miyosiu8.jpg

大嫌いな汁のべちゃ感もなく、ぐにゃーっとしたご飯でもなく、米粒のエッジが効いたいいお米を使っているとおぼしき炭火炊きの米。ほんとうにコメも旨い。鰻と米が互いに引き立てあっている。うなるよ。TT

 

三好 うなぎ 東京・人形町 ここの鰻好きだわ

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 


 

 

 

 

このページのトップへ

2019年2月 2日 Posted time : 00:22 | Category : D@EXコラム

DSC02380.JPG 

鹿児島といえばとんかつ!と毎回叫んで、毎回とんかつを食べますが、実は「このとんかつ、●烈亭のよりおいしい!」というものにいまだ巡りあわず。今度こそリベンジってことで、アミュプラザのかつ寿さんの「上黒ロースかつ定食」に挑戦。価格は250gで2500円なり。まあわかりやすいですけどね。量的には3切れくらいでおなかいっぱいになりそうと思いながらも、心強いメンズを二人連れていたので、シェアすれば、おいしいとんかつをちょこっとだけ堪能できるハズ。こちら、お待ちかねの上黒ロースカツ定食です。

DSC02383.JPG

 

ほのかなピンク色に期待大。ほかのとんかつより一回り以上お高いですから、期待しましたけど、普通においしいって感じでした。しかし脂がのっているからか、二切れでおなかいっぱいに。黒豚のしゃぶしゃぶはかなりヒットでしたが、とんかつっていうメニュー自体が、もう年齢的に無理ってことでしょうか。<YA>

 

とんかつかつ寿

鹿児島市中央町1の1アミュプラザ鹿児島地下一階

099-812-7127

このページのトップへ

2019年2月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tng11.jpg

最近ブームのスパイスカレー。大阪がスゴイというのは聞いて知っていたのですが実は大阪でカレーを最近食べた記憶がありません。ということで北浜近辺に居ましたので、この付近がカレー屋さんが多くてアツイとのことですので、その中から評判が高い1軒をセレクトして訪問しました。


といってもオープン前でないと並ぶとのことなので少し前に来店。5分前で一番乗り。この近くのカシミールというカレー屋さん(食べログ3.76)は1時からオープンとの張り紙があるのに1時間半前から並んでいましたよ。すごい。


 

tnc1.jpg

街の中のガソリンスタンドというのも違和感を覚えますが、そのそばにあります。

フォークオールドブックストアに同居する マガリ(間借り)カレー。今では多くを見かけますが、ここが先駆らしい。(2013年オープン)間借りとは夜居酒屋の昼間とかカレーを借りて営業しているというパターン。


 

tng2.jpg

土日祝日定休日ですよ

平日オンリー、人気店。普通のサラリーマンだと大阪在住でもハードルが高いお店ですね。

 

 

tng3.jpg

最初に入店できるので店内ショットも人がいない。

本はまばらですが、この地階にもお店があります。待ち合いの椅子が小学校の教室の椅子だ

 

 

tng4.jpg

東横堀川が望めるカウンター席に。川が見えて落ち着く。カフェのよう。

 

 

tng5.jpg

さて肝心のメニューですが、

スパイスチキンカレー 800円 以外は 2種類

両方10食限定で スパイスシーフードカレー 900円、麻辣豚バラキーマカレー 900円。

最近流行の麻辣系ですね。

 

ネクターにも惹かれるなぁ、「とろける美味しさネクター」飲みたくなりましたが。私はチキン、もう1人は麻辣。

 

 

tng7.jpg

しばらくして到着。アイガケがあったらいいのにと思いつつ、

豆腐とかカボチャなど野菜が相当煮込まれて入っていますね。

 

 

tng6.jpg

サフランライスの量もそれほどではないのですが、美味しそうなスパイスの香りが脳を刺激します。入店前まではそんなにお腹すいていなかったのですが、食欲神経をかなり刺激されます。

 

 

tng10.jpg

以外にチョイ辛はそれほど、辛くなくスパイスの絶妙なカレー感というか、すんなり胃袋に入っていきます。1皿するっと。

 

 

tng8.jpg

麻辣です。

ごまだの色々と降りかかっていて、こちらがスパイシー感はありますが、想像していた激辛感は少ないですが、食べながら汗かいていましたよ。

 

 

tng9.jpgやはり美味しそう。

するっと食べれたので、隣の人が食べいてた 色が黒っぽいシーフードカレー10食限定も食べればよかったとお店を出る時に思いました。美味しいから2人で3皿はいけるでしょう。お店を出るころには店内満席、行列でした。10食限定カレーはオープン前に行列しないと無理かもですね。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

谷口カレーの記事


 

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年2月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー