九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年12月アーカイブ

2018年12月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

今日は12月31日、そばにゆかりのある日なのにラーメンですみません。

 

negik2.jpg

鮨匠のむらで最高級のお寿司を堪能したにもかかわらず、ホテルに帰る前に友人がラーメンを食べるといいだした。昔だったらラーメンの選択にも一言もの申したい私でしたが、最近は麺類には無頓着。

 


土曜日の天文館の夜は人でごった返していて、人気があるラーメン店には人が外まで。


ねぎらあめんがよいというので、ここに入ってみることに。これだけ人があふれているから店内にも人はいたけど、普通はどうなんだろうと考えつつ。

 

 

negik4.jpg

ねぎ系のラーメン屋なんですね。

私はねぎ飛魚(あご)友人はねぎチャーシューと、もう一人は何頼んだか忘れた。

あごラーメンもだいぶメジャーになったなぁ。


 

negik3.jpg

ぎょうざも名物か

 

 

negik5.jpg

なんか、熊本ラーメンのようなねぎチャーシュウ。

 

 

negik1.jpg私のあご。

鹿児島ラーメンの麺はやわらかいのを忘れていた。数本食べて残りは全部友人のチャーシュー麺に投入してあげた。

あごだけの汁になりました。

といって濃厚な味でもなく麺もないので胃にもやさしく、塩分を体に補給してしまったという感じでしたね。特筆すべくはあまりないかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月30日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

DSC02152.JPG博多駅のくうてんにあるポール・ボキューズさんでランチ。日曜でしたのに意外に空いていてびっくり。KITTEさんができてからあちらもお客さまが流れているのでしょうか。というわけでほぼ貸し切り状態で始まったランチタイム。

編集長は、ここのキャラメリゼしたクレームブリュレがお気に入り。楽しみです!

編集長過去記事↓

博多くうてん店

東京大丸店

 

3800円のコース(アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー)に前菜を鴨フォアグラのポワレ (+¥900)に変更しました。

DSC02159.JPG


鴨フォアグラのポワレ トウモロコシのガレットソースヴェルジュ。うまし。ソースがパッションフルーツ風で甘くて合います。
 

 

DSC02157.JPG

 

 
パンもいい香り。

 

DSC02155.JPG

 

 
チキンのパテとオリーブオイルも一緒に出てきました。

 

DSC02161.JPG

魚料理は、焦がしバターソースほろ苦いアンディーブのローストと一緒に。久しぶりのアンディーブ。大人になったのか、この苦みもおいしく感じられました。

 

DSC02163.JPG

お肉は、スペイン産栗豚肩ロース肉 糸島産豚肉のソーセージと冬野菜のポトフベアルネーズソース。手前の絵画チックな黄色のはマスタードです。これにつけながらいただきます。豚肩ロース肉も軟らかくてとてもおいしい。前菜を重くしてメインを軽くすると、満足感が高いことに気づく。

 

DSC02158.JPG

店内は知らぬ間に満席になっていました。やはり人気店です。女性でお一人様のお客さまもちらほらおられます。最初にメニューを見て気づきましたが、一番リーズナブルなランチメニューは1800円からあるのですね。すごいコスパだと感じます。

 

DSC02166.JPG

お待ちかねの「ムッシュ ポール ボキューズのクレームブリュレ」。ムッシュ、トレビアーンと叫びたくなるおいしさ。

 

 

DSC02164.JPG



キャラメリゼした林檎の軽いタルト シナモン風味のアイスクリームを添えて。シナモンアイス一つとっても、想像以上のおいしさです。あまり人がいなくて意外と穴場なのかもしれない。今度一人で訪ねてみよう。<YA>

 

このページのトップへ

2018年12月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

最近落ち着いていたカレーシリーズ。

食べには行っていたんですよ、掲載していないのが多数あっただけ。

今年は12月上旬になるまで結構あたたかく、カレーを食べたくなる時期も長かったかと。寒くなったら食べたくないというわけではないですよ。

 

iqp7.jpg

ということで、坪井にあるエクイップメントフロアさんに。

3度目の登場ですね。

今日はスパイシーチキンカレーと最初から決めていました。

 

 

iqp1.jpg

今日は店内にも一番のり

 

 

iqp3.jpg

アジアごはんのガパオにもぐらっときましたが、当初の予定通り、チキンカレーで。

サラダ・ドリンク付けて980円。

ここはカフェということもあって、女子率が高いランチになることが多いですね。

 

 

iqp2.jpg

ミニサラダ

図柄のせいかボリューミーに見える

 

 

iqp4.jpg

とろっとろに煮込んであるカレー。チキンの肉もホロホロと。ご飯の量も私には少し多いくらい。

 

 

iqp5.jpg

カレーの場合、ご飯食べれちゃうんですね。おいしい。

 

 

iqp6.jpg今日はチャイ。

 

オムキーマチーズ入りを イクイップメントフロア (Equipment Floor)(2) 熊本市南坪井町

 

食べログ(掲載時点 3.13)

このページのトップへ

2018年12月28日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

DSC02180.JPG

ガトーよこはまさんのプレミアムチーズケーキをいただきました。こちらは伝説のチーズケーキが楽しめるという横浜のお店。羽田空港で購入できるみたい。HPを見ていると、フルーツソースがかかったものや紅茶フレーバーのものなど、いろんな種類が売ってあるようですね。しかしなぜかプレミアムチーズケーキの記述なし。

 

DSC02178.JPG

 

 

こちらプレミアムチーズケーキ。いろいろ調べていても、上にキャラメルたっぷりのプレミアムチーズケーキにあまりヒットしませんが、このキャラメルのおいしさこそが、チーズケーキのおいしさをぐっと引き立てる秘けつとなっています。もちろんチーズケーキ自体も上質のクリームチーズ効果か、甘さが控えめですが濃厚、濃厚だけどくどくないというバランスの良いお味なのですが、このほろ苦いキャラメルと合わせることで、さらにお味が複雑に!チーズケーキ、ちょっとはまりそうな予感です。<YA>

ガトーよこはま

横浜市神奈川区栄町89?26

045?441?2310

 

このページのトップへ

2018年12月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tkf7.jpg

毎年恒例の帝国ホテルでのディナー宴席。上質な料理と飲めるワインが提供されるので嬉しいです。

 

 

tkf9.jpg

海の幸のキューブ仕立て キャビア飾り 花びらのソース

かなりビジュアルがお花畑のような前菜で嬉しいですね。キャビア、サーモン。真珠のようなものはなんだろう。

ロマネスコカリフラワーも添えられていますね。

 

 

 

tkf1.jpg

コンソメスープ 茸と彩り野菜入り

帝国ホテルのコンソメスープは上品で濃くて。

 

 

tkf3.jpg

海藻風味の天然真鯛 サフラン香る甲殻類のジュとともに

 

 

tkf4.jpg

洋梨のグラニテ

 

 

tkf5.jpg

黒毛和牛フィレ肉のポワレ 柚子香るヴァレルヴィネガーソース 温野菜を添えて

 

お肉やわらかい。昨年のお肉より美味しかった。昨年肉の上のソースをかけたらと書いていましたが今年はかけてありました。


インペリアルホテル(帝国ホテル)でディナーフレンチ 宴席だけど。(昨年)

 

 

 

tkf6.jpg

マロンのクリームとラム酒の香るジュレに和三盆アイスクリーム クルミをちりばめて

 

 

tkf8.jpg

モメサン プイィ・フュイッセ 2017  (白ワイン)


 

tkf2.jpg

VILLA BEL AIR 2013

昨年は2012だったなぁ


「シャトー・ヴィラ・ベレール」は、JMカーズがボルドーのグラーヴ地区で手がけるワイナリーです。M.CAZES と書いてあるのはミッシェル・カーズ。カーズ家はスーパーセカンドと言われる5級ワイン、シャトー・ランシュ・バージュのオーナー土壌はガロンヌ河の堆積である砂利と粘土混じりの石灰質です。

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月26日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

 

DSC02061.JPG

ぐるぐる倉庫さんの植木店がオープンしました!チラシを見ていたらオープニング記念で、コストコフェアをやっているとのことで、冷やかしに行ってみることに。任天堂スイッチが安くで買える抽選会をしていたので、小学校3年生のおいっこを連れて参戦。スイッチ抽選券がもらえる行列は、すごい列で、「当たるわけないよね」って感じで、案の定ハズレ。そしてコストコフェアの商品にも人がむらがっていて早々に品薄に。一人1個だけしか買えなかったので、フレーバーコーヒーをゲット。ヘーゼルナッツバニラ味。アマゾンで調べてみたら、2700円で売っていました。1000円しなかったから、かなり格安なんじゃないでしょうか。

 

DSC02063.JPG

 

ホールビーンです。袋を開けると、いい香り。フレーバーコーヒーって好き嫌いがありますが、このコーヒーは、たくさん飲んだフレーバーコーヒーの中でもかなり好きな部類でした。ナッツとバニラが甘い香りで、コーヒーと合うんですね。甘い香りなのに、甘くないのもうれしいですし、ミルクを入れて飲んでもおいしい。しばらくはこれ一本でシゴト頑張れそう。

 

コンビニ各社さんで、甘くない一杯立ての甘くないフレーバーコーヒーとフレッシュフルーツジュース(絞りたて)が楽しめるとうれしいな。フルーツジュースはいつも言ってるけど、フレーバーコーヒーも是非この場を借りてお願いしておきます(笑)<YA>

 

このページのトップへ

2018年12月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nnm16.jpg 鹿児島に友人と来ました。わずか8席の劇場シートを4名分、2ケ月前から予約してここを訪問するためにスケジュールを組みました。最近南九州3県のトップ鮨を訪問した締めくくりは鹿児島県。近海ものにこだわり漁師から直接仕入れた魚をも提供するこだわりのお店らしいです。

 

4代続く 熊本のすし名店  鮨 仙八

 

シャリが口の中でぱっとほどけ最高にうまい 一心鮨 光洋 宮崎市

 

 

nnm17.jpg

19:00に予約をしていたので、時間調整。

カウンター8席のみの至極の空間。ジャズが流れ、野村大将はおおよそ鮨職人ぽくない黒っぽい服装。2人の料理人の合計3名で提供されます。会話の多くで「これが野村流」とあったように、こだわりのこだわりが多くあるのです。

 

nnm19.jpgこれからはじまる劇場が楽しみです。

 

 

nnm20.jpg

鹿児島の淡口醤油、たたき梅とわさび、みそだれ、ごま塩、ポン酢を使っていただきますが、それぞれどれを使ったらいいかは教えてくれます。お寿司はそのまま。

 

お酒は会計をしてわかったが、飲む量と料金は関係があまりないようだ。高級な焼酎なども出てきたものだからびっくりした。

 

nnm21.jpg
出汁巻き卵と飛び魚の薩摩揚げ
最初から上質なしつらえの料理に感激する。


nnm22.jpg
どこの若布か忘れたがとても美味しかった。

nnm23.jpg
ひらめ

nnm25.jpg
エンガワ
うますぎる。
日本酒がすすみまくります

nnm26.jpg
かんぱち


nnm27.jpg
真蛸
火入れ加減がレアで、プリプリ、柔らか。かむと甘味が
これも日本酒を進ませてくれる呑兵衛のアイテムだ。

nnm29.jpg
白子、シャリ
白子が苦手な私はどっきりしたが、友人はこのリゾットみたいなものはゲキウマ!丼で食べたいと申していました。
濃厚でコクがあり、私はこれだけの量だから美味しいと思うんだけど、好きな人は好きなんだ


nnm31.jpg
ハガツオ

nnm35.jpg
いくらのはいった茶碗蒸し

さあ前菜も終わり、いよいよお寿司。

約20貫ほど出てくるそうです。しかしマイクロサイズ(シャリネタ小さ目)とのことなので、完食するようにがんばりましょう。
ゆっくり時間をかけて食べますから。

nnm37.jpg
あおりいか
一発目から来てますね、ねっとり甘く、ふわっとして、いい。

nnm38.jpg
めいちだい(目一鯛)

nnm39.jpg
なみくだひげえび
聞いたことがない。ねっとりした甘味のある珍しい海老、甘エビとは全然違う


nnm18.jpg
お店の人がI?PADで魚の写真を見せてくれる時もある。
すじあら

nnm41.jpg
すじあら
あっさりしながらも、魚の旨みが凝縮されている。

nnm40.jpg
くるまえび(鹿児島坊津産)
完璧ですね

nnm1.jpg
こはだ
うまいなぁ、もう1貫1貫の旨みを噛みしめていくしかありません。

nnm3.jpg
さより

nnm4.jpg
かごしまの鯵
脂が乗ってこれも旨い

nnm5.jpg
しまあじ 1.5kgもの
いやこれも続いて旨い鮨が続きました。

nnm6.jpg
出ました、すじこ。
口の中でこれはこれはという感じ

nnm7.jpg
あわび
もう本当に蒸しの素晴らしさといい包丁の入れといい
口の中でとろけるように柔らかい。もう1個食べたい。

nnm8.jpg
北海道厚岸の牡蠣
牡蠣の鮨とは珍しい

nnm9.jpg
バショウカジキの大トロ
教えてもらわないとサーモンかと思いそうだ。
これはうまい。

nnm10.jpg
写真も見せてくれました。

nnm11.jpg
すま
脂が乗っているね


nnm12.jpg
づけまぐろ(本鮪)

nnm13.jpg
美味しい椀(山芋となめたけ)をはさんで
あさつきの細かいこと・・・

nnm14.jpg
蒸し太刀魚
のむら名物というような丁寧なお寿司
口の中に入れるとホロホロなんですが、旨みが出てきてこれが太刀魚の鮨なのか

nnm15.jpg
穴子
単なるふわっとした単調な穴子ではなく、ボディのしっかりさもあるこれは立派な穴子です。いやいや相当食べて楽しみました。

そして日本酒・焼酎 色々と頂きました。
結構飲みました。

nnm24.jpgnnm28.jpgnnm30.jpgnnm32.jpgnnm33.jpgnnm34.jpgnnm36.jpg
友人ともども、相当な満足感を感じお店を後にしました。シャリの量は小さいものの、ビールなどでお腹がいっぱいになると最後の方はお寿司がきつくなると思います。友人は苦しそうでした。大将は相当よいお魚を仕入れられている。それは地元の強いコネクションがあるからでしょう。機会があればまた訪問したいお店です。TT




このページのトップへ

2018年12月24日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

 

DSC02056.JPG

長崎県東彼杵郡川棚町。あまり熊本の方にはなじみがないかもしれませんが、日本棚田百選に選ばれている「日向の棚田」がカメラマンに人気。あと東彼杵郡出身の女優さんに仲里依紗さんがいます。さらにさらにインド孔雀がいっぱいいる大崎のくじゃく園。あの羽根の模様が目玉のようで怖かったことは今でもトラウマ的に覚えています。大学生になるとマジックが有名な四次元パーラーあんでるせんさんに通っていました。今もあるみたいですね。すばらしいマジックを見せてくださいます。そしていさみ屋の川棚まんじゅうもおいしいのですが、なんと売り切れ。同じくいさみ屋さんの心ばかりというオレンジのパウンドケーキを購入しました。おもたせにぴったりの名前とパッケージですね。

DSC02058.JPG

 

ずっしりとしたパウンドケーキで、カットするとオレンジの香りがふんわり香ります。材料に余計なものが入っていない手作り感がうれしいですね。ちなみにいさみ屋さんはかりんとうまんじゅうも大人気。そしてかりんとうまんじゅうも売り切れでした。もともとは和菓子ショップなので、和菓子からどんどん売れていくのでしょうね。次回は和菓子でリベンジです!<YA

有限会社いさみ屋

東彼杵郡川棚町栄町15の1

0956(82)2310

このページのトップへ

2018年12月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

esq17.jpg

東京・銀座。ロイヤルクリスタル銀座という高級な名前のビルの9階にあるフレンチレストラン、ESQUISSE(エスキス)を訪問しました。こちらは2012年オープンでミシュラン2つ星を獲得しているグランメゾン。銀座では最近までは2つ星だったフレンチレストラン、ロオジエが3つ星に昇格して話題になっています。

1年ほど前になりますがこちらの姉妹店で7Fにあるアジル(ミシュラン1つ星)に訪問したことはあります。


ARGILE(アジル) 銀座 フレンチ エスキスの姉妹店!

 

esq1.jpg

店内は比較的暗めのライティング、綺麗な夜景というわけでもなく同じ目線で銀座の町並み(銀座SIXなど)が見えます。

 

 

esq20.jpg

メニューは素材のみ記載されています。今日は2つあるディナーコースの安い方を頼んでいます。

 

 

esq4.jpg

アミューズ(儚さ)

雲丹、りんご、マッシュルーム


 

esq5.jpg

塩がEの文字になっている、凝っている。

エグゼクティブシェフはフランスコルシカ出身のシェフリオネル・ベカ氏。シェフソムリエは若林英司氏、シェフ・パティシエは成田一世氏、3人の職人たちの奏でるハーモニーというフレンチの伝統に和を取り入れた料理という。


 

esq7.jpg

かぼちゃ、いくら、燻製ミルク

照明がデジカメでも綺麗に映らない・・・

 

 

esq8.jpg

聖護院蕪、発酵キャベツ、白トリュフ

価格もめちゃくちゃ高い白トリュフが使用されている。以外と軽い風味でした。

 

 

esq9.jpg

白子が苦手なのでオマール海老に変更していただきました。

 

 


esq11.jpg

はた、ぶどう酵母、ぎんなん。

結構ハイペースで料理が出てくるので少し落ち着きません。

 

esq13.jpg

メインは赤牛、ごぼう、オレンジ

 

 

esq14.jpg

グレープフルーツ、桂花陳酒、ミント

 

 

esq15.jpg

マルメロ、オレンジなど

 

 

esq16.jpgマカロンなど

 

それぞれは美味しんですが、これといったぐっと印象に残るお皿はなかった。

 

 

esq2.jpg

シャンパンはコースとセットになっている。

2006 Pierre Paillard La Grande Recolte Bouzy Grand Cru Extra Brut

 

esq6.jpg

2002 シャサーニュ・モンラッシェ 1erモルジョ 2015 ジョセフ・ドルーアン

モンラッシェの大部分を所有するラギッシュ候爵家の畑で、1947年以来、ドルーアンが葡萄栽培から醸造までのすべてを任されています。まろやかで豊かな果実味あふれる長い余韻、そして奥深い複雑さを持つこのワインは、世界を魅了する偉大なワインです。フレンチオークで12ヶ月熟成。

 

esq30.jpg2002 CHATEAU LYNCH BAGES (ランシュ・バージュ) DEMI

メドック格付け五級ですが、二級に匹敵する高い品質のワインをつくっているシャトーです。
ヴィンテージによるムラがなく、コストパフォーマンスが高い事でも有名です。

 

 

食べログ(掲載時点 4.56)

 

エスキスホームページ

 

このページのトップへ

2018年12月22日 Posted time : 00:53 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02204.JPGクリスマスももうすぐ!毎年購入するシュトーレンですが、今年はメゾンドキタガワさんのシュトーレンをちびちび楽しんでいます。キタガワさんのシュトレンは、ショコラ味。テロワールをうたっておられるところから、地元の材料で作られているみたいです。小麦粉、タマゴ、牛乳、天草晩柑、栗、赤酒が地元素材。それにオーガニックショコラを組み合わせてあります。

DSC02206.JPG

1センチ程度にスライスして。チョコだから見た目が黒っぽくておいしそうです。いろんな香りと味がミックスされていて深い味わい。噛めば噛むほどおいしさがにじみ出てきます。まだ食べ始めたばかりだから、これからどんどん熟成されて風味がしっとりなじんでくるのでしょう。賞味期限は1月頭となっていますが、この勢いで食べ続ければクリスマスまで持たなそう。この季節限定のお楽しみ。じわじわと楽しみたいと思います。<YA>

メゾン・ド・キタガワ

熊本市南区田迎2-18-15

096-334-2220 

このページのトップへ

2018年12月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

iomo9.jpg

飯田橋・神楽坂地区で食べログポイントも高い、評判のインド料理屋さんを訪問してみました。インド料理 想いの木。神楽坂上登り切ったところにあります。一番近い地下鉄は大江戸線の牛込神楽坂。

注意していないと通り過ぎそうな間口の入口です。インド料理というよりオシャレな和カフェ風の入口です。なんかすごくこだわりがあるお店という感じが伝わってきます。

 

 

iomo10.jpg

お米とお野菜は福岡県築後平野の大自然で愛情いっぱいに育てた自家栽培品と豊洲市場より直送された新鮮な食材を使用されています。

 

 

 

iomo11.jpg

急な階段を上った先にお店のドアがあります。

 

 

iomo12.jpg

インド料理風ではない、オシャレな空間。30人ほどでいっぱいになる空間です。この後すぐいっぱいになりましたが、お客さんは女性が多いこと。

 

iomo0.jpg

医食同源に基づいた安全で安心できるお料理

よい素材の商品を使用していることがうかがえます。

 

 

iomo1.jpg

ランチは3種類 1220円、1320円、1420円の3種類。

カリー1種、もしくは2種、タンドリーチキンが付くなどのバリュエーションで価格違い。

せっかくだからカリー2種食べたいということで 木への想い 1620円 ハーフナンとハーフサフランライス

 

 

iomo2.jpg

カリーは3種のうち2種をセレクト。

四季の野菜カリーとココナッツプローンカリーにします。北インドと南インドを両方味わえます。

 

 

iomo3.jpg

ひよこ豆のサラダがスパイシーで美味しい

 

 

iomo4.jpg

ワンプレートで到着

とても上質なインドカレーということがうかがえます。

 

 

iomo5.jpg

小さい器の中に色んな野菜が入っています。

福岡産自家製ピーマン・人参、青森産アピオス、京野菜・万願寺唐辛子、北海道・かぼちゃなどが入っています。

先日神楽坂の焼鳥屋でいただいたアピオスもここで会いました。すぐ会うとは。いままで知らないで食べていただけかもしれないな。

 

 

iomo7.jpg

具材がごろごろ。丁寧で優しくさややかなスパイスの味

 

 

iomo6.jpg

こちらもマイルドでコクのあるカレー。

 

 

iomo8.jpgカレーって写真見てると食べたくなる。

接客も丁寧で本当に上品なインドカレー屋さんでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.75) カレー百名店

 

ホームページ

このページのトップへ

2018年12月20日 Posted time : 00:10 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02141.JPG 

 

JR博多駅前広場で行われているクリスマスマーケットに行ってきました。行ってきましたというより、たまたま合ってましたって感じです。LEDのイルミネーションの中には、ヒュッテと呼ばれる木の小屋がいっぱい並んでいて、そこにはクリスマスグッズのお店や飲食店が所狭しと並んでいます。ステージではゴスペルが流れ、クリスマス感満載です。キャナルシティに宿泊予定でしたので、ナイトキャップ代わりにホットワインでもと思ったのですが、おなか空いていたので、あったかいスープもおいしそう。

DSC02139.JPG

パンプキンとミネストローネを1個ずつ。

DSC02143.JPG

パン付きでした。温まりますね。ホットワインのコーナーもあって、大行列ができていました。ワインにはいろんな香辛料が入っているのでしょう、スパイシーな香りが漂っています。思った以上に満腹になりました、このスープ。

 

DSC02136.JPG

というわけでお店をぐるぐる。マトリョーシカ。かわいいですね。

DSC02132.JPG

スノードームっていう名前が正式名称でしょうか。

DSC02131.JPG

 

かわいい小物いっぱいでした。ついつい買いたくなっちゃいますね。先日は、熊本市の花畑公園でも熊本初のクリスマスマーケットがあっていましたね。すごいたくさんの人でにぎわっていました。熊本でも毎年開催してほしいなと思います。<YA>

 

このページのトップへ

2018年12月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

石畳のある情緒ある街並み神楽坂。神楽坂は雰囲気がよいので以前(といっても20年ほど前から)からたまに来ています。最近は外国人やビストロなども多く東京のプチパリとも呼ばれています。

今日は神楽坂で焼鳥

 

ugu22.jpg

YAKITORI葵を訪問しようと思ったら一杯とのことでグループ店の、焼鶏うぐいすをご紹介頂きました。神楽坂通りから本多横丁にはいってすぐ神楽坂つなしょうテラス(3軒の飲食店が入るビル)でうぐいすは2018年5月オープンのお店。カウンターのみのオシャレな雰囲気の焼鳥でワインのラインアップも豊富。デート系でも使えるお店です。

 

 

ugu1.jpg

階段を上に上がっていきます。3階

 

 

ugu2.jpg

L字形カウンターでいい雰囲気です。12席。

お庭テラスもあり3階にいるのを忘れそうです、喫煙はこのテラスで。焼鳥屋というと煙モーモーというところもありますが、こちらは清潔感あふれるお店。


 

ugu3.jpg

焼鳥コースは3800円と

 

 

ugu4.jpg

5200円のコース。

今日は3800円のコースにします。

 

 

ugu5.jpg

単品でも1本300円くらいのものが多く、比較的アッパーな焼鳥屋さんに入ると思います。普通に飲んでいたら1人8000円から10000円前後くらいでしょうね。

 

 

ugu6.jpg

1部ですが、シャンパン、白、赤ワインのラインアップも沢山あります。ボトルでもグラスでも


 

ugu7.jpg

お付だし

 

 

ugu9.jpg

春菊ときのこのお浸し

牛筋の煮込み

安納芋のムース

安納芋のムースは濃厚でクリーミー美味しかった。

 

ugu10.jpg

牛筋の煮込み

ひとつひとつの料理が丁寧であると感じる。

 

 

ugu12.jpg

有機リーフのシンプルなサラダ

ドレッシングは手作りかどうかわからないが、このサラダ美味しい。

 

 

ugu16.jpg

梅紫蘇おろし

おろしでもさっぱりした味付けで口をさっぱりさせるのに一役

 

 

ugu11.jpg

焼鳥8種

何を出されるかはわかりません。

最初はささみ。丁寧な焼き具合と食べやすいボリュームの肉。提供される温度がよく考えられていると感じる。



ugu14.jpg

砂肝

あまり混んでは食べない串だが、塩加減もよく美味しい

 

 

 

ugu15.jpg

せせり

トリュフ塩がかけられていてワインにあうこと。

 

 

ugu17.jpg

鳥皮

うまく焼けている

 

ugu23.jpg

アピオス芋

はじめていただいた。青森県ではほどいもと呼ばれているらしい。むかごみたいな感じ。


 

ugu18.jpg

アスパラ

シャキッとはしていなかったけど。

 

ugu20.jpg

レバー、新鮮な具合

 

 

ugu21.jpg

最後は鶏スープ

 

今日のワイン

 

ugu8.jpg

レ・ザレ・ド・カントメルル 2011

メドック5級 シャトーカントメルルのセカンドワイン

美味しいワイン。ここでも赤ボルドー2番目の安さ


 

ugu13.jpg

シャトー・ボーモン 2014

こちらもクリュブリュジョワクラスのメドックでは日本でも入手やさしく、安定感あるワイン。しかもリーズナブル。

ボルドー最廉価ワイン。


焼鳥に合いました。こちらの店雰囲気も心地よく、客層もアッパーで、また料理も美味しかったです。隠れ家風デートでご利用下さい。

 

食べログ(掲載時点 3.48)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年12月18日 Posted time : 00:59 | Category : D@EXコラム

DSC09661.JPG

 

お友達にプレゼントでいただきましたHuilerie de Blotの種入りマスタード。 読み方はユイルリードゥブロと読みます。舌を噛みそうなネーミングです。紫色なのは、ぶどうの果汁が入っているから。Huilerie de Blotは、1857年に創業。フランス中部なだらかな山々が並ぶ美しい自然に恵まれたオーヴェルニュ地域圏ピュイ=ド=ドームにあります。1857年に創業し、オーナーのBouleauさんがその当時から使用されている石臼を使い昔ながらのシンプルな製法でヘーゼルナッツオイルやクルミオイルを作り続けています。
そしてこのぶどう果汁入りマスタードは添加物不使用だそうで体にも優しい商品。ソーセージやハム、ドレッシング、サンドイッチやホットドッグなど何にでも使用できますよ。

食べてみるとプチプチとした食感が楽しい風味豊かな種入りマスタードです。マスタードの種はフランス・シャロント産のブラウンマスタードを厳選して使用。マスタードの種に酢、水、白ワイン、塩を加え最低3ヶ月風味を移してから瓶詰めされます。増粘剤や保存料、着色料などの食品添加物は一切使っていないとのこと。クリスマスを間近に控えた今日この頃。オープンしたばかりの菊鹿ワイナリーにワインとソーセージを仕入れに行きたい気分になりますね。<ya>

このページのトップへ

2018年12月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

fdki1.jpg

10ケ月ぶりくらいの2度目の訪問となります、浜松町(大門)のアジアン居酒屋 風土木さんで フォーランチ。

ここの創作フォー、結構人気があるようです。

 

 

fdki13.jpg

すぐそばに、フォー・カレーの系列店が出てきていました。ランチの内容は同じだとか。ラーメンよりフォーのほうが女性に人気があるんですね。

 

 

fdki2.jpg

カレーとフォー。

6種類もの種類のフォーがあるのは珍しい。全メニュー食べたくなる。

 

 

fdki4.jpg

日替わり定食、カレー、フォー。

選択肢も多いから嬉しいです。

 

fdki3.jpg

fdki5.jpg

フォーにかける熱い思いの店長がプロデュースする創作フォーはうまい。

 

 

fdki6.jpg

チキンカレーも気になっているので、今日は両方だ。

 

 

fdki7.jpg

11時後半に入るといいんですが12時前にもなると続々お客さんが入ってくる。

 

 

fdki8.jpg

坦々フォー に ミニカレー 1000円  小鉢と右上写真には写っていないミニケーキが。香草を入れてもらいました。

麺は以前訪問した時に、やわらかい印象はありましたが

隣の人が「メンカタで」とお願いしているのを後で聞いて、なんだ「メンカタ」できるんだ、次回からそうしよと思いました。



fdki9.jpg

坦々フォーとはいかに。

 

 

fdki12.jpg

次回は麺カタ。でもスープコクもあって美味しいし、このフォーいいですね。

 

 

fdki11.jpg

干しエビの旨辛調味料 添加物なし

これ販売してあります、1つ買って帰ります。


これはめちゃくちゃコクがでる調味料ですよ。辛いだけのラー油調味料と違って海老の旨さがぎっしり。フォーに投入してもご飯の上に載せてもいけます。かなり気に入りました。

 

 

fdki10.jpg

カレー(チキン)も想像通りの美味しさ。ちょっとお腹いっぱいになりますが。

いやー、風土木のフォー。うまい。

 

 

干し海老調味料が美味しくて自宅で2日で全部食べてしまいました。やみつきです、ということで翌週東京に来た時にまたフォーを食べに来ました。調味料も複数個購入。

 

 

fdki16.jpg

今日は塩味フォー。麺カタ。950円

カレーつけても+50円しか増えないならそっちがいいかも。

ゆずこしょうの優しい味と書いてあります。

 

 

fdki14.jpg

チャーシューもラーメン屋で食べるような立派なのが入っているし、スープが美味しい。

 

 

fdki15.jpg

フォーはつるつる入っていきますね。干し海老調味料との相性も抜群です。

 

アジアン居酒屋 風土木 東京・大門 ランチのフォーが秀逸ね

 

食べログ(掲載時点 3.50)

このページのトップへ

2018年12月16日 Posted time : 00:45 | Category : D@EXコラム

DSC01700.JPG

久しぶりに清水の肉肉うどんさんへ。3号線を歩いているといつも博多華丸氏がすごい目力で店の中から訴えかけてくる。「体調が悪ければ悪いほど、うまい!」と。というわけで体調が悪いときに行ってみました。

どうでもいいことですが、華丸さんのオシがはなまるうどんではないことに信念を感じます。きっと華丸さんの大好物がはなまるうどんでしたら、CM決定間違いなしでしょうに。なーんてね。

 前回の肉肉うどんの記事

DSC01699.JPG

単品、とろろ入り。肉肉うどん。本当に体調不良でしたので肉肉うどんなのに肉なしです。濃い甘辛スープが食欲増し。おいしく食べることができました。確かに体調不良のときでもイケマスね。

DSC01697.JPG

こちら連れが頼みましたアジフライ定食。ネットで見ていると、こちらのアジフライ人気みたいです。サクサクしていておいしそうでした。ご飯とうどんのダブル炭水化物はちょっとノーサンキューですけどね。<ya>

DSC01012.JPG

 

肉肉うどん清水バイパス店

 熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096の277の1529

 

このページのトップへ

2018年12月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

今日は私のお店セッティングで10人ほどの宴会、場所は海鮮家 福伸さん。


昼は2度訪問、夜は初めての訪問です。場所も銀座通りでわかりやすいし、上品な空間そして2次会への移動も便利な場所なのでいいですね。5000,6000、7000円と通常はあるようです。飲み放題込で今日は6000円のコース。

 

飲み放題というと日本酒などもイマイチだったりするのですが、銘柄は聞いていませんがこちらの熱燗は美味しかった。

 

fksk1.jpg

刺身の盛り合わせからスタート。色んな魚種がはいっていました。あんこうの肝も

 

 

fksk2.jpg

サラダは鴨とごぼうのサラダ。和風さっぱりで美味しい。

 

 

fksk3.jpg

続いて牡蠣グラタン。

あんまり牡蠣グラタンは好んでは食べませんが、チーズたっぷりで美味しかったな。

 

 

fksk4.jpg

海鮮焼き

海老、帆立、マイタケ、銀杏

 

 

fksk5.jpg

ローストビーフ

お肉も出るんですね

 

 

fksk6.jpg

天ぷら

 

 

fksk7.jpg〆はちりめん山椒ご飯。


皆さん満足されておりました。今度また利用したいと思います。TT

 

福伸ホームページ

 

 


海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店(2) 刺身定食にする

 

海鮮家 福伸 熊本・銀座通り店 丼をかき込むのもいいね


このページのトップへ

2018年12月14日 Posted time : 00:40 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01702.JPG

 

熊本市にある男女共同参画センターはあもにいさん。今年度から勉強会で時々お世話になっています。というのもはあもにいさんが主催されているウイメンズカレッジという女性向けの勉強会に参加させていただいているのです。全10回の講座で、男女共同参画の現状や熊本の女性リーダー足るべく必要な知識などを学べるとても有意義な講座。見た目のあり方や立ち振る舞いからもろもろの発言の仕方や知識など、それはそれは勉強になります。前回は熊本日日新聞の越地真一郎さんの講座でしたが、一般常識を問われるテストや話の伝え方など、目からうろこ。女性リーダーになるには程遠いのですが、一歩でも近づけるように努力したいなと思っております。

勉強した後は脳みそのカロリー消費を補わなければいけません。で、仲間とランチすることもしばしばなのですが、はあもにいさんには「まいぺーす」という小さなカフェがあります。くまもと障害者労働センターさんが運営されていて障害を持つ方が働いていらっしゃいます。こちらでいただいたのが、キーマカレーです。目玉焼き付き。こっくりとした味付けで甘くて辛くて、とてもおいしかったです。<ya>

 熊本市男女共同参画センターはあもにい

 

熊本市中央区黒髪3丁目3番10号
Tel:096-345-2550

 

このページのトップへ

2018年12月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ybt21.jpg

今日はやぼ天。

ダイニングエクスプレス初登場、とはいっても何度も来ているお店、しかも何十年も前から。

たぶん私の中での外食焼鳥の源流はこのお店だろう。

一番昔に来たのはたぶん35年ほど前。

ロングランヒットのお店ですねー

 

 

ybt22.jpg

当時でもオシャレな焼鳥屋さんだった。カウンター席とテーブル。

今でもご出勤前の女性の方も利用されている。

 


浪人時代、大学に受かって熊本を離れる3月最後の夜に、親に「お前が食べたいものを食べに連れて行ってあげる」と言われ

やぼ天をリクエストをして家族で食べにいったのを覚えている。こういう思い出はずっと時間が経っても思い出として残るから素敵だ。

 

 

ybt23.jpg

お付だしは辛子レンコン、ひともじぐるぐる、こんにゃく、トマト。

郷土料理もあるので県外のお客さんを連れてくるお店としての利用価値も高い。

 

 

ybt2.jpg

焼鳥は一見高そうだが、1本のボリュームが結構あるので、納得できる。

選ぶのが面倒くさくなるし、コースがお得な気がするので基本 Aコース 3240を頼むことが多い。

 

 

ybt4.jpg

馬肉とかのラインアップもさすがですね。

 

 

ybt3.jpg

1品料理、黒板料理もあります。あと、ここは焼酎のラインアップもすごいんですね、佐藤黒とかいろいろあります。

 

 

ybt1.jpg

やぼ天のおろし大根がうまいのは 柑橘系の味付けがなされているからでしょう。手羽先をこれに付けて食べるとゲキウマ。

 

 

ybt6.jpg

炙り銀杏。これがある時には頼むのですが、量が多くて「体悪くなるんじゃないか」という気持ちになりつつも食べ過ぎてしまう。

 

 

ybt5.jpg

よくあるカマンベールチーズフライ 600円 なんですが、ここで頼む定番品。

 

 

ybt10.jpg

コース付属のサラダ、一品料理、馬刺

馬刺しは一人前ですよ。これがいいんですね、さすが熊本。

あんまり馬刺は好きではないんですが、少量的にいただきました。



ybt11.jpg

日本酒とあいますな

 

 

ybt8.jpg

焼鳥です、とり身 290円

ぷりぷりだ

 

ybt9.jpg

せせり 290円 焼き具合もいいですね。

 

 

ybt12.jpg

手羽先 330円

ここの手羽先、身もしっかり付いてて 例のおろし大根に入れて食べるとうまいんですわ

 

 

ybt13.jpg

トマトベーコン巻焼 280円

あっさりしている焼鳥っていうか、トマトですわ

 

 

ybt14.jpg

ピントあってませんが、見てわかる通りうずら 210円

 

 

ybt15.jpg

しいたけつみれ

普通に頼むと360円なんですね、高い部類の串


 

ybt18.jpg

ささみ明太 320円

いやーこの明太子の量ありがたや。

普通はこれの5分の1くらい。ご飯もらって明太ご飯にしちゃおうかというくらいです。

 

 

ybt19.jpg

ささみ納豆 330円

納豆と海苔とささみがあうあう。これはもう1本食べたくなる。

これで8本、全部足してみたら 2080円 ということは 残り分は1160円

 

ここからは追加オーダー

 

 

ybt16.jpgybt17.jpg

つくね月見 680円。

1本は結構ボリューミー 美味しい

 

ybt20.jpg

皮焼き

皮はもう少しパリッとしていたほうが好みかな。少し柔らかいので。


 

お腹いっぱい。やっぱりうまい、老舗ですね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月12日 Posted time : 00:25 | Category : D@EXコラム

 

DSC02025.JPG

芦北へ行きました。芦北に行ったら是非立ち寄りたいのが、こちらのJAあしきたファーマーズマーケットでこぽんさんです。

DSC02027.JPG

でこぽん関連商品多数。なんだか全体的にオレンジ色がかっていますね。

DSC02029.JPG

でこぽんちゃんスイーツも多いです。そんな中、異彩を放っていたのが

DSC02031.JPG

北海道物産展(笑)。チーズやいくらの加工品などもたくさんありました。百貨店で見かける北海道物産展ではみたことないラインナップになかなか楽しめるっていうね。こちらはシロクマロールというパン。北海道産小麦100パーセント使用です。

DSC02037.JPG

くるみ入りなど数種類ありましたが、酪農バターロールを購入しました。白熊ちゃんが小麦を手に持っています。こちらの白熊ちゃんは、現代美術家ミヤマケイさんの手なるものだそうです、自然で素朴な色合いですね。白い球磨には、強く、気高く雄大な政令であり、大地の豊かな恵みや自然の大いなる力の象徴であり、大地の守り神といわれているそうですよ。

DSC02034.JPG

ふわふわのパン4個いり。これまた北海道フェアで買ったミモレットチーズと一緒に食べました。ふわふわでおいしいです。

DSC02024.JPG

帰りに芦北の舞鶴城公園に行きました。ここは、紅葉がきれいなスポットとして有名です。きれいですね?。

DSC02023.JPG

 

いつも見上げていた重盤岩が眼下に見えるスポットがあるとは!日の丸の旗がはためいていました。<ya>

舞鶴城公園

芦北郡津奈木町岩城

 

このページのトップへ

2018年12月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

銀座でお寿司を食べようと思い、ネットで予約を探しましたがフランス料理と違ってやはりお寿司屋さんはネット予約できるところが少ない。今後は増加してくるでしょうけど。

ということで予約可能なところで新橋にも近く便利がいいこちらのお店に。

 

寿司割烹 濤崎

 

tzki21.jpg

弥生ビル 2Fにあるのですが、銀座らしく夜のお店が沢山あるビル。

 

 

tzki1.jpg

静かなたたずまいのお店。ランチは銀座で2000円や3000円でにぎりが食べれるというのでそんなに敷居が高い、というわけではなさそうです。

 

 

tzki2.jpg

夜のコースは 3種。真ん中のコースにします。

 

 

tzki3.jpgtzki5.jpg

日本酒でいきました。

黒龍、風の森雄町、船中八策の3種類をいただきましたが、

結構ペースが速く酔いも早いこと・・・

 

 

tzki4.jpg

先付

色んなお料理がはいっていて、懐石のコースみたいです。

 

 

tzki6.jpg

うなぎのあんかけ


 

tzki7.jpg

刺身もボリュームがありましたよ。

 

 

tzki8.jpg

焼き魚

 

 

tzki9.jpg

揚げ物は

 

 

tzki10.jpg

中には蟹肉やら海鮮がぎっしりはいっておりました。

 

 

tzki11.jpg

そしてフカヒレスープ・・・・お酒も飲んで結構お腹いっぱいなモードになってきているので、お寿司は満腹で食べることになるでしょう。

 

tzki12.jpg

中華料理を食べに来てるわけではなく、フカヒレはあまり期待していないんですが。

 

 

tzki13.jpg

いよいよお寿司です。7貫と聞きましたのでそれくらいなら問題なくいけるでしょう。

 

 

tzki14.jpg

タイミングよくサクサク出されます。

 

 

tzki15.jpg

お寿司うまいけど。

 

 

tzki16.jpg

これだけお腹がいっぱいだと、感激が少ないわ。日本酒飲み過ぎた。


 

tzki17.jpg

お腹との戦いになってきた。

 

 

tzki18.jpg

たまご


 

tzki19.jpg

いよいよラスト

脂肪肝の代名詞、いくら・うに。

 

 

tzki20.jpg

海苔無しうにを食べてから、海苔がないほうがうまく感じる最近。

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

2018年12月10日 Posted time : 00:20 | Category : 熊本グルメ情報

DSC02007.JPG

球磨郡錦町にあるカフェに行きました。こちらは新宮禅寺というお寺の正面にあるカフェで、紅葉がきれいということ。残念ながら今年は紅葉が早かったとのことで、終わっていました。

DSC02008.JPG

入り口はこんな感じです。名前は禅心生活。ランチなどはないみたい。季節のケーキはあるみたいです。雑貨もたくさんあるとのことで、雑貨を見るだけでも立ち寄りOKだそうですよ。

DSC02018.JPG

 

カフェの中から新宮禅寺をのぞむ。ほんのちょっぴり紅葉が残っています。紅葉の季節はきれいでしょうね。あと1週間早かったらなー。残念でした。

DSC02009.JPG

カフェの中には雑貨や本などがあります。私の大好きな絵本、「もちもちの木」がありました(笑)。

DSC02015.JPG

お寺っぽいグッズも多数。ここは、数年前からカフェだったそうなのですが、禅をテーマにしたカフェになったのは、ここ2から3年だそうですよ。坐禅会や和尚さんの講和会なども行われているようです。心が洗われそうですね。

DSC02017.JPG

 

暖炉もあったかい。こんな異空間が錦町にあるとは!春の新緑もきれいでしょうね。<ya>

人吉球磨の雑貨と喫茶

 

禅心生活

 

球磨郡錦町西2311の8

 

 

0966380358

休/木曜と第四金曜

営/12時?お寺の鐘が聞こえるまで

 

このページのトップへ

2018年12月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oldpa9.jpg

タイから帰ってきてしばらく。パッタイが食べたくなり来ました、オールドタイランド 新橋。

昼間は結構いつも混んでます。カウンター席は回転が良いから入れました。

4度目か5度目かの訪問です。

 

 

oldpa2.jpg

前回とはメニューは変わってませんでした。

 

 

oldpa1.jpg

パッタイ 1080円と決めていたのですが。

 

 

oldpa4.jpg

シンハ―ビールのグラスに、ノンアルコールビール。気分だけでも。

 

 

oldpa3.jpg

4種の調味料があとでパッタイを食べるのにアクセントを付け加える。

 

 

oldpa5.jpg

先ずは 生春巻きとトムヤムクンスープ。この酸っぱさが美味しい。

 

 

oldpa6.jpg

パッタイ到着しました。

生もやしとピーナツは別添え。パクチーは付いていないんですね、頼めるのでしょうか。今度聞いてみます。


 

oldpa7.jpg

タイ人のシェフが作っているせいか、タイで食べるのと同等かそれ以上にうまい。えびも2匹大き目のやつが入っている。

オールドタイランド やはりいい。ここのパッタイは旨す。

 

 

 

タイでいただいたパッタイ(もちろんこれも旨い)

 

ptii1.jpg

 

 

違うところのパッタイ

本当パッタイ好きだ。

ptii2.jpg

オールドタイランド(3) 東京新橋 2年近くぶり

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年12月 8日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

DSC01919.JPG

 

テレビドラマ「木枯らし紋次郎」といっても、今の若い人は知るまい(笑)。私もおぼろげな記憶で、つまようじを加えた紋次郎が「あっしにはかかわりのねえことでござんす」と言っていたことだけを記憶しており、どんな話だったのかまったく覚えてはいない。ということを、紋次郎さんという店に行き思い出しました。紋次郎さんは、カレーがとってもおいしいと評判の店。ナゴミカレーロードという地図を肥後民家村で見つけて、それに掲載されていたのです。山鹿市や和水町、玉名市などは、カレー屋さんが多いのだそうです。紋次郎さんのカレーは、赤ワインで煮込んであるカレーなのだとか。

 

DSC01917.JPG

 

こちらはチーズカレー600円です。チーズ抜きの普通のカレーなら500円というからかなりリーズナブル。チーズがとろとろと糸をひいてかなり大量に入っているのがわかります。口に入れた瞬間は甘いのだけどじわじわ辛くなるという口の中で好みの展開に(笑)。赤い福神漬けを久しぶりに食べて、小学生の頃、嬉野温泉センターのプールに行くとき、必ず食べていたカレーを思い出した(笑)。ひょんなことで記憶の奥底の不思議な出来事を思い出して我ながらびっくりしました。<YA>

焼き肉居酒屋紋次郎

熊本県玉名郡和水町板楠62-1

0968344003

 

 

このページのトップへ

2018年12月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pnan8.jpg

今回の同行者が何十年も前から通っている、フカヒレ専門店があるとのことで連れてきていただきました。場所はバンコクでも1,2を争う繁華街スポット、サイアムスクエア。ブランド物も販売しているモールもすぐそば。

このあたりは以前の雰囲気があるのですが、道を少しはいっただけ。いわば東京の銀座、超一等地の地価にあるレストランなんですよ。この古い雰囲気がどうみても怪しい。

 

 

pnan1.jpg

普通の庶民風に見えるレストランなのだが、今日もお客さんはゼロ。いつも少ないという。2階に上がる。

 

 

 

pnan2.jpg

値段をシールで改定、改定した形跡がうかがわれる。

フカヒレスープ 1人前 1000です。 1000バーツ(3500円)ですよ、ここは庶民のレストランではない。

高級レストランです。

 

 

pnan3.jpg

土鍋でぐつぐつ煮られたフカヒレスープ。

コンロの関係で1度に4つしかできない。

 

 

pnan7.jpg

綺麗な姿煮のフカヒレが入っているわけではないのだ。

以外とコマ切れだった。

 

 

pnan5.jpg

スープは濃厚、なんとも言えないのが癖になると言われれば・・・・

フカヒレスープにはホワイトペッパー。これはお決まりだ。

 

 

pnan4.jpg

パクチーと生もやしを入れて食べると美味しい。

 

 

pnan6[.jpg普通の1品料理もありチャーハンも美味しいが、ここではスープだけで満足だと その人がいっていた。

 

 

お店の紹介

このページのトップへ

2018年12月 6日 Posted time : 00:01 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01462.JPG

久しぶりにダイニングバーハーフさんに行きました。ここはおいしいチーズタッカルビがリーズナブルな価格で食べることができる店。それも韓国風の味付けではなくイタリアンテイストなので、ここでしか食べることができない味なのです。

 

過去記事はこちら↓

イタリアンチーズタッカルビ ダイニングバー 1/2 half(ハーフ)熊本市中央区下通

 

DSC01466.JPG

こちらの冬の人気メニューがトマトチーズ鍋です。10月から始まっていると聞き、やっとこれました。これをぐつぐつやるのですが、野菜たっぷりでヘルシー、おまけにトマト丸ごと入っているので、鍋でありながらイタリアのマンマの味となっています。こちらのチーズは花畑牧場さんのチーズを使っているそうですよ。忘年会や女子会にぴったりですね1

DSC01470.JPG

ダイニングバーハーフ

熊本市中央区下通一丁目11番8号

05052817985

 

このページのトップへ

2018年12月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

elgg1.jpg

バンコク市内でも有数の有名なステーキハウスに行きました。BTSスクンビットからすぐ近く、超一等地にある4階建てのヨーロッパ風のビルにあります。エルガウチョ アルゼンチン ステーキハウス。

ベトナムのステーキハウスでハノイが本店だとかで、ホーチミンでもステキハウスというとエルガウチョというくらい、素敵なステーキハウス。


 

elgg2.jpg

冗談はいいとしてテラス席、1Fは少しカジュアルオシャレな感じ。

 

 

elgg3.jpg

1階には肉屋もあってテイクアウトできる。バンコクではまだまだ牛肉も高く高級品なので、ステーキの値段も高いという。


 

elgg4.jpg

2階はテーブル席、カウンターなど。

日本人も多いしもちろん外国のお客さんも多い。相当賑わっているお店だということがわかります。値段は同じクラスの日本のお店より高い。

 

 

elgg6.jpg

英語メニュー。

私も高いなぁと思った。

 

 

elgg5.jpg

肉は部類、グレードで価格が分かれています。

リブアイステーキの一番良い 250gで 2490円。ってここは日本じゃないよ。

 2490円じゃなくて 2490バーツ。 1バーツ=3.5円として 3.5倍(8715円)それに税サ。

でしょう、高級。

 

 

elgg7.jpg

ワインメニューも。

普通に日本円と間違ってしまう感覚。ワインボトルは7000円くらいから

カリフォルニアの高級ワイン オーパスワンは 24000バーツ 84000円。これは日本のフレンチり安いかも。



 

elgg8.jpg

アルゼンチンのワインの品揃えは豊富ですね。アルゼンチンのお店ではないんだけど、名前がアルゼンチンステーキハウスというくらいだからか。

 

 

 

elgg9.jpg

パンとにんにくを揚げたもの。美味しそうだった。

 

 

elgg12.jpg

シーザーサラダ このボリューム感で 490B(約1700円)ですか。びっくりするなぁ

 

 

elgg11.jpg

スモークサーモン 490B (約1700円)

5人でシェアしたらごく少量だった。でも美味しかった。

 

 

elgg13.jpg

プライムリブ 900gのカット (骨付で)

100gで690B 6210B (22000円もするんですね)

単純に5割すると一人140gで4500円。


 

elgg14.jpg

目の前で切り分けてくれます。

 

 

elgg15.jpg

可食部分はこれだけなんですね。チキンも頼んでいたので。

柔らかくて塩でいただくと、溶けるように美味しかったです。もう少し食べたい気分はガマンしてポテトフライをいただきました。

 

ソースだけでも110バーツするんですからね、これはまさしく高級店ですね。

 

 

アルゼンチンのワイン2種を飲みます。

elgg10.jpg

EL ENEMIGO MALBEC 2014

2400バーツ

 

elgg16.jpgCATENA 2015 CABERNET SAUVIGNON

2400バーツ

 

エルガウチョ ステーキハウスの記事

 

このページのトップへ

2018年12月 4日 Posted time : 00:52 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01906.JPG 

 

玉名郡和水町にある肥後民家村。その中にある人気カフェキノンカフェ&アーツさんに行きました。ここは玄米スコーンがとてもおいしいお店。マルシェやイベントも行われていて、にぎわっています。

過去記事です。

玉名郡和水町 肥後民家村にある古民家カフェ KINONカフェアンドアーツ

 

DSC01904.JPG

 

玄米を何時間も炒って作られるスコーンは香ばしくってとてもヘルシーです。かめばかむほど滋味深いってこんな味でしょう。お店では季節のジャムを添えていただくことができます。この日のジャムは梨でした。四つ葉バターをジャムとスコーンでぜいたく。手前のおたまじゃくしみたいなものは、バターナイフ。名前はテタールというのですが、おたまじゃくしの意味です。置いてもバターのヘラのところが下につかないスグレモノなんですよ。キノンのオーナーの木工作家さん上妻利弘さんの作品で購入することができます。

 

DSC01912.JPG

その上妻さんが11月に新しいギャラリー「ミュージアムKOZUMA」をオープンされました。同じく肥後民家村の中にあります。カフェから民家村内を歩くと左手に現代アートのオブジェ風のものが見えてくるのでわかりますよ!中に入ると、外の風景とは別世界のオシャレでアートな空間です。手前を歩いているのは、作品の一つアリです(笑)。超かわいいですが作品は展示販売されています。セレクトされた雑貨類も充実していて、キノンさんに行く楽しみがまた一つ増えました!<YA>

KINONカフェアンドアーツ

和水町江田302(肥後民家村内)

 

 

このページのトップへ

2018年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

東京で来年記念行事があり、そのディナーの試食会を行いました。私はこの金額じゃあ、たいしたものは無理だろうーと

思っていましたが。

ビールで乾杯、いや最低でもスパークリングワインでしょう。ということで変更。

 

mksi6.jpg

メニューはメインまで含めて4品。やはり少ないわ

 

 

mksi1.jpg

オードブルも全国各地の商品6品という構成なのだが、2,3千円のフランス料理のランチのオードブルなら許せるという程度か、小魚(右手前)はないよなぁ。


 

mksi2.jpg

とうもろこしスープの上にポップコーンてか

安すぎるでしょう。どうみても。却下

 

 

mksi3.jpg

カダイフをまとった平目のフリット。

衣を食べているんじゃないかと思えるんですよ。



mksi4.jpg

牛ヒレ肉 ポルチーニ茸のプラリネの香り

オーストラリア牛がこのソースの量で多少ジューシーに感じられるけど。

肉もグレードアップして料理法も変えてもらいましょう。

 

mksi5.jpgチョコレートのドーム仕立て

うーん。

結局この倍のお値段を出して再構築となりました。当日が楽しみです。


 

IMG_9590.jpg

夜にお腹がすいたので、久しぶりに吉野家の牛丼並を食べました。

 

 


 


 

 

このページのトップへ

2018年12月 2日 Posted time : 00:21 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01322.JPG

編集長オススメのママトコキッチンさんに行きました。しかし、今回は食事じゃなくってお買い物。とてもおいしいハンバーグやソーセージがレストラン横の購入ブースで購入できるのです。お隣はままとこミートファクトリーとなっていて、加工品をたくさん作っておられるのですね。食事をしなくても、新鮮な加工品をリーズナブルな価格で購入することができます。

 

編集長の過去記事

ママトコキッチン 熊本県菊池市

 

 

DSC01321.JPG

まずは敷地の広さに驚かされます。この建物の奥は、広いガーデンになっていて、バーベキューなども楽しめるんです。貸し切りでウエディングパーティーなんかもできそう。ガーデンの向こう側は美しい木々の風景を楽しむことが出来ます。子ども連れで行くと最高です。車も70台くらい止められるんですよ。

DSC01326.JPG

そして充実の加工肉!ソーセージやハンバーグ、ベーコンなどなど。手前にあるのはチキンのスモーク。コレオススメ!

DSC01324.JPG

 

目移りします。知らないうちにショッピングのカートが山盛りになっていく・・・。

DSC01325.JPG

 

こちらがお目当てのNONGMOハンバーグ。種類もいろいろあるんですね。しょうゆ麹でうまみを引き出してあるそうです。化学調味料や保存料などは一切使っていないヘルシーさ。麹が入っていることで、ふっくらふくらむのだそうです。家で焼いて食べると、肉肉しい!肉汁たっぷりでこだわりが感じられます。お店ですばらしい景色を眺めながら家族で食べるともっとおいしく楽しいひとときを楽しめることでしょう!<YA>

 

ママトコキッチン

 

菊池市七城町蘇崎1310-3

0968415091

 

 

このページのトップへ

2018年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bolan19.jpg

バンコク屈指の伝統的タイ料理に新鮮さを加えたキュイジーヌモダンタイ料理のBO.LAN (ボラン)に訪問します。相当レベルが高いタイ料理と聞いていますので期待です。タイのミシュラン1つ星にも選ばれているレストラン。

バンコクは渋滞が激しく夕方は全然ダメです。ということでBTS(高架鉄道)にのってトンロー駅で降りて歩くことに。このあたりは高級な住宅街。5分も歩かないうちに着きました。


 

bolan20.jpg

1軒屋のレストランで相当空間を贅沢に使ってあります。

まるでリゾートホテルにでも来た感じがします。

エントランスからはじまるこのワクワク感、いいですね。



bolan21.jpg

プールを横目で見ながらエントランスへと誘導されます。夕方のこの空気感はほんとうに気持ちいい。

 

 

bolan22.jpg

まるでアジアンリゾートホテルのショップのような雰囲気のエントランス、ミニショップ。

 

 

bolan24.jpg

先ずはウェイティングコーナーで軽いおつまみ。

このドリンクはだれかHPでライスワインと書いていたけど、私たちの時は甘いジュースだったような気がする。

 

 

bolan25.jpg

コースは 2種類 BOLAN BALANCE が 2,680バーツ (税サ別)。

今回いただいたのが BOLAN FEAST が 3,280バーツ (税サ別)(約12000円)

このお店は外国人メインの価格です。超ハイクラス。隣のテーブルは香港からのお客さんでした。



 

bolan32.jpg

ウェイティングコーナーから厨房に案内されました。フツー珍しいよね。全員お通ししてくれるわけないでしょうけど。

この人がオーストラリア人のディラン・ジョーンズさんですよね。

ドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんとディラン・ジョーンズのシェフによって生まれた店ですが、この夫妻はどちらもバンコクの名店「ナーム」で研鑽を積んでおられました。



bolan31.jpg

米を食べてパイナップルを食べると口の中でコンビネーション。面白い演出だなぁ。

 

 

bolan23.jpg

メインダイニング。私たちはこの右手奥に案内されました。

 

 

bolan28.jpg

いよいよ食事のスタート

これをグイッと言ってくださいって、ウィスキーのストレートみたいな。

だから先ほどお米をたべさせたんですかね。

お酒に少し弱い同行者はこれで結構酔った・・・と言ってました。

 

 

bolan0.jpg

アミューズブッシュ1

右側から順番に食べてくださいと。

なんかこう味の競演です。一つのアミューズに何種類もの素材が使ってあって。結構驚き。


bolan2.jpgアミューズブッシュ2

これも左側からいただきます。どれもこれも美味しいじゃないですか。

 

 

bolan4.jpg

担担麺風のスープ麺 美味しい

 

bolan6.jpg

ウズラ肉を揚げたもの ソフトボイルエッグ

 

 

bolan5.jpg

 

 

bolan00.jpgbolan8.jpg

ハーブ鶏と蟹、バンブーのカレー

マイルドで濃厚でこれはこれは美味しい

 

 

bolan10.jpgbolan11.jpg

トムヤムスープ

これがクリーミーでコクがあって、なんやこれっていうくらい美味しかったです。



bolan12.jpg

豚肉

 

 

bolan13.jpg

どれこれ美味しい料理を出しますので、ご飯に持って好きなように食べてくださいという感じのスタイルです。

どれもこれも確かに美味しくて素晴らしい。納得ですよ。


デザートも色々出してくれました。外国人ですごく賑わっているお店でした。

 

bolan14.jpgbolan15.jpgbolan16.jpgbolan18.jpg

 

WINE

タイはワインの酒税も高いけど、せっかくなので頂きました。

 

bolan30.jpg

ラベントス ブラン・ド・ブラン ラベントス・イ・ブラン

Raventos i Blanc Blanc de blanc

 

bolan29.jpgbolan1.jpg

ドメーヌ・ユベール・ラミー[2014]サン トーバン ブラン プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・シャトニール(Domaine Hubert LAMY)750ml

葡萄品種:シャルドネ100%
醸造・熟成:オーク樽熟成18ヶ月(新樽5%、1?9年樽使用(ヴォージュ、アリエ、トロンセ産))


白いお花の香りがふわっと広がる2015年。ピュアな果実感とつまった酸がシャープに広がります。フィネスに富んだ香りが心地よく余韻も長く続きます。完成度の高さに驚く1本です。


bolan3.jpg

Odfjell 'Winemaker's Travesy by Odfjell', Central Valley, Chile

 

レストラン ボラン

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年12月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー