九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ktks17.jpg

日本橋のうなぎの老舗 高嶋家に。1875年創業なので140年あまり。コレド室町の近くの横道にあります。昼時だけに登場するお弁当屋さんとか結構たくさんあるんですね、東京らしい風景。数百円のお弁当からこちらで食べると、数千円。上司に連れられて来る人もちらほら。景気はいいんですね。

 

 

ktks1.jpg

昼も予約ができるということで、電話しておきました。共水うなぎという鰻を食べるためです。提供に時間がかかると事前に聞いていたのですが、フリーで入ってきて注文したお客さんもそんなに時間がかからなかったですね。昼間の回転効率も考えて下準備されているんでしょう。

 

 

ktks3.jpg

ラストエンペラーの愛新覚羅溥儀(ふぎ)の弟である愛新覚羅溥傑(ふけつ)から贈られたという書もあるとか。千葉市にあるふけつが日本で一時期住んだ家を見に行ったことがある。

千葉市ゆかりの家

 

 

ktks6.jpg

 

共見ずうなぎについて 書いてある。

 

 

静岡県、焼津市にある共水(株)さんが鰻本来の美味しさを第一に考え、品質研究・養殖する鰻。

健康で美味しく育てる為、飼育尾数に制限があり

全国で30数件の鰻店のみでしか味わうことのできない「幻の鰻」

共水うなぎホームページ


 

ktks2.jpg

鰻重は2400円から

共水うなぎを味わうためには 菊 4900円。 肝吸は肝赤だし 500円


ランチに5400円を払ってでも 共水うなぎを食べる価値が今日はあるだろうか。食べたことがないからどんなものだろうと想像が膨らむ。

 

 

ktks4.jpg

定食メニューとかおつまみメニューもある。

 

 

ktks5.jpg

うざくも う巻 もいただきたいが 高価なのもあり断念。本当は日本酒でも飲みたくなる。1人1本限定という肝焼もあるが日本酒を今日は飲まないのでやめておく。苦いので。

 

 

ktks7.jpg

お茶、お新香、おしぼり、お手元が運ばれてきて しばらく待つ

 

 

ktks8.jpg

珍しい 緑色のお重が運ばれてきた。こぶりな感じである。

 

 

ktks9.jpg

高嶋家と書いてある。

 

 

ktks12.jpg

縦に3列、1匹半分です。

照りもいいですね。創業以来継ぎ足しのタレはどうなんでしょうか。

 

 

ktks13.jpg

思った以上に身自体は薄いと思いました。箸でほろほろといきそうなくらい柔らかい。天然に近い鰻ということですがあっさりとした感じの鰻ですね。脂こくもなく薄めの鰻なので1匹半分でもそんなに分量はないかと。

 

 

ktks14.jpg

ご飯もそんなにヘビーな量ではありませんね。米の固さは標準でした。

 

 

ktks16.jpg

強くは焼かれていない鰻

 

 

ktks11.jpg

肝赤だしも珍しい

 

 

ktks15.jpg美味しい。

 

歴史ある名店で共水うなぎを食べる、経験をしました。うなぎは食べたあと満足感高い一品ですね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

高嶋家ホームページ

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年10月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー