九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年8月アーカイブ

2018年8月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hirm2.jpg

 ディナーはフレンチ(宿泊費に含んであります)。2泊する場合は2泊目はイタリアンになります。レストラン棟が別にありそこでの食事となりますが、レストラン棟のそばにプライベート空間の戸建個室もありますね。現在は宿泊者専用のレストランですが、秋には一般開放もされると聞いています。

 

ginz29.jpg

ひとまず建物の中を見て回りました。

ホール部分は天井も吹き抜け的にかなり高く、空間的にも贅沢な作りになっています。


 

ginz15.jpg

1階のメインダイニング的存在の部屋。海に向かって席は向いています。カップルシート的です。

 

 

hirm3.jpg

反対側の部屋も2列で海に向かって並んでいる。

 

 

ginz28.jpg

2階のフロアーも席との間隔は余裕があります。

 

 

gin27.jpg

外がこの明るさでも店内は照明が暗いレストランです。

 

 

ginz17.jpg

メニューに目を通します。メインがピジョンというのが少し残念ですが、(せっかくなら石垣牛とか・・・少しでもいいから)

トリュフ・キャビアなども使用されています。

 

 

 

ginz18.jpg

グラスシャンパンはヒラマツネームのデラモット。(2500yen)

ワインリストに目を通しましたが、品揃えはそこそこよくて 値段もかなりリーズナブル。都内ではありえません。それに株主優待も効きますのでこれは間違いなく安い。


今帰仁アグーのリエット 新鮮野菜


ginz19.jpg

色鮮やかな野菜。エディブルフラワーです。

 

 

ginz21.jpg

ひらまつでよく使用されている

赤ピーマンのムースリーヌ 爽やかなトマトのクーリー

大きな白い皿とよくあっています。

 

 

ginz22.jpg

爽やかな酸味があるトマト。さっぱりしたソーヴィニヨンブランの白と合わせたいところですが、今日は珍しく白ワインをパスしました。

 

 

 

ginz23.jpg

バゲットとバターはエシレ。

 

 

hirm4.jpg

今日はこの赤。ポイヤック第2級。 2005シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

この高貴なピンクゴールド一色デザインのラベルが好きなんですよね。久しぶりにバロン頂きます。少し冷えていたようですので、もう少し時間が経ってくるといい感じになると思います。


ピション・バロンは街道を挟んでピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドと並んで位置しています。また、ボルドーで最も男性的といわれるシャトー・ラトゥールにも隣接しています。畑の土壌は砂利質土壌で、まさに卓越したテロワールといえるだけに、80年代後半に行われたシャトーの売却と、それに伴うジャン・ミシェル・カーズによる新たな手腕の発揮というのは、その後の劇的な品質向上に大きく寄与したといえます

 

 

ginz24.jpg

シャンパーニュを纏わせたポロ葱のデリス

ウォッカ風味のクリームとキャビア添え


1列で十分だと思うのですが・・2列。クリームとキャビアだけでいただいても美味しいです。これは白ワインと合わせたいところ。



ginz25.jpg

葱は特徴があるも甘味がある。


 

ginz26.jpg

黒トリュフのスープ (ムッシュ ポール・ボキューズへのオマージュ)

 

 

ginz34.jpg

私用には ドームのパンなしのものを準備していただきました。濃厚なトリュフの風味がして美味しい。

 

 

ginz35.jpg

このあたりからかなりテーブルも照明が弱いせいか、暗くなりつつ・・・写真が撮りにくいわ

オマール海老のシヴェ セップ茸風味のほうれん草のファルス

 

 

ginz31.jpg

フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース

串に刺さっているのは焼鳥といえば焼鳥。量も少なくて良かった・・・

 

 

ginz32.jpg

桃のコンポート マラスキーノ風味

あっさりして上品な桃なこと。

 

 

ginz33.jpg 小菓子 コーヒー


赤ワインは余ったのでホテルの部屋にお持ち帰りして飲み干しました・・・TT


ひらまつ ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

沖縄本島・西海岸にはリゾートホテルが沢山あります。

リゾートホテルが少ない東海岸に、2018年7月14日にオープンした高級リゾートホテルが ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ。フレンチレストランを経営するひらまつグループの4つ目(賢島・熱海・箱根)の直営ホテルです。館内レストランは1軒、無駄なものを排除した洗練されたリゾートです。那覇市内から高速道路利用で車で1時間程度です。

 

今回オープンして2週間目くらいで施設もピカピカ。今回はプレオープン予約とひらまつ株主割引で少し安く宿泊可能でした。

 

ginz8.jpg

ホテルに到着するとホテルの方が車から荷物を出してくださり、レンタカーは駐車場まで止めに行ってくださりました。

 

 

ginz9.jpg

案内されたのがこちらの建物。こちらでチェックインを・・・と思ったら

「こちらではチェックインはしません。」とのこと。冷たいお水をいただき、しばしこの景色を。

 

 

ginz10.jpg

ここはバリか、海外かと思うような 景色。以前にアジアのアマングループなど高級リゾートを宿泊しましたが、この景色にも通じる素晴らしい感動を覚え、これからホテルにエントリーするにあたり気持ちが高ぶります。

 

 

ginz11.jpg

ゴルフ場の乗用カートに乗り、わずかな距離ですが移動。こちらがチェックイン・フロント棟となります。ホテルグッズや洗練されたお土産なども少しだけ販売されてありました。

 

 

ginz1.jpg

冷たいハーブティーとこちらの濃厚黒糖プリンを頂き、しばし時間を。さすがフレンチのお店です。美味しいです。

 

 

ginz2.jpg

東海岸の海を臨みます。

海外のような景色と雰囲気に更に感動。

オープンしてすぐなので、ガーデンの芝生が生えそろっていなかったりする部分はありますが。


 

ginz12.jpg

メインプール(それほど大きくないですが、宿泊客も少ないので混雑することは少ないかと・・・)

ここの部屋数はわずか19室。プライベートプールとジャグジーが付いた戸建てのヴィラが2棟、ジャグジー付きの戸建てヴィラが2棟、その他、テラスにジャグジーを有するツインルームとダブルルームが14室あります。


今回はプール・ジャクジー付のヴィラに。(右端に見える部屋)


 

ginz13.jpg

テラスにジャグジーがある部屋棟。

 

 

ginz7.jpg

メインプールは海とつながって見える、バリのアマンキラなどで流行っていたスタイルプール。

那覇公設市場の雑踏とは全く違う・・・・

 

 

 

ginz6.jpg

ヴィラ棟は2ルーム。

十分すぎる広さのプールとジャグジー。

 

 

ginz5.jpg

ガラス張りの浴室から海が望める。

 

 

ginz3.jpg

タイのアマンプリ で流行したブラックタイルのプール

 

 

ginz4.jpg

アメニティ類はBVLGARI。

 

ginz14.jpg

2部屋ある冷蔵庫のフリードリンク。炭酸はウィルキンソン、サンペレグリノ、ペリエと揃っていて、ジュースはアラン・ミリアのジュース3種。星付レストランで利用されることの多いジュース。こちらは普通にお店で買うと1本1000円くらい。TT

 

 

エントリー部屋編はこちらで終了。次はディナーです。

 

ホテルホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年8月18日 Posted time : 00:41 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00896.JPG

 

最近アークホテルで打ち合わせをすることが多く、流れで同ホテル10階のダイニング六花さんで食事することがあります。このレストランは熊本城がきれいに見えるレストランで、昔から大好きでした。今も修復中の熊本城を見ることができます。和食のコース料理を楽しみました。シソの花がとてもかわいいです。いい香り。

 

DSC00897.JPG

 

穴子。上品でふわふわ。ちなみにウーロン茶は、黒烏龍茶と普通のウーロン茶の2種類があり、お値段ずいぶん違うので要注意です。

 

DSC00899.JPG

天ぷら

DSC00900.JPG

トマト

 

DSC00901.JPG

キュウリの酢の物。そして・・・

DSC00902.JPG

 

おなかがいっぱいになってきたころに、ステーキが!

 

DSC00905.JPG

 

ご飯もちらし寿司風でとてもおいしい。

 

DSC00907.JPG

水物とコーヒー。とても品が良くおいしいランチでした。女性の会合にぴったりですね。<YA>

ダイニング六花

 

熊本市中央区城東町5-16 アークホテル熊本10F

 096-351-2250

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1泊目は恩納村にある、ホテルムーンビーチに宿泊しました。開業1975年の沖縄でも老舗の部類に入るリゾートホテルで建物は5階未満の低層階ホテルからなり、まるで雰囲気がグアムにあるホテルのよう。

このホテルにしたのはムーンビーチのプライベートビーチが隣接しているだけでなく、ボートで15分のところにヨウ島というプライベート無人島を持ちアクティビティが充実しているから。

 


ディナーは歩いてすぐ近く、国道の入口からムーンビーチホテルへ曲がってすぐの所にある「あぐーの店 山城亭」人気があるお店らしく事前に予約済。ホテルの近くの街は夜の雰囲気と昼の雰囲気はまったく違う。夜は人も多く楽しい感じ。


 

ymsr1.jpg

入口には車が何台か止まっていると入口を見失いそうになる。看板がたより。

 

ymsr14.jpg

民家風の建物がすぐあります。山城亭はあぐー豚の養豚農場直営のお店だから信頼がおける沖縄料理のお店。

 

 

ymsr2.jpg

テーブル席と座敷席がありますね。ムーンビーチホテルが阪神タイガースの春キャンプ地になっていることもあるのか、プロ野球選手の色紙などが沢山掲示されていますね。

 

 

ymsr3.jpg

メニューは沖縄料理とアグー豚が中心ですね。

しかし ワインは置いて無い。斜め前のオシャレな沖縄料理屋さんにはあるようでしたが

今日は泡盛にします。


ymsr4.jpgアグーのメニューは豊富です。

 

 

ymsr13.jpg

テレビのニュースの気象情報を見ていたら・・・8月上旬に訪問したのですが  沖縄避暑地 というくらい涼しい。

沖縄は今や避暑地そのもの。海がある避暑地として日本で一番だ。

 

北海道よりこの日は涼しく 名古屋と12度も差がある。


 

 

ymsr5.jpg

島らっきょうの天ぷら 520円。 島らっきょうの季節はいつかというと春から6月くらい。店先にも沢山あるから今頃かと思った。


 

 

ymsr10.jpg

ジーマーミ豆腐 300円。沖縄定番。ジーマーミって漢字だと地豆。琉球語で落花生。知ってましたか。

ポテトフライも頼みましたが、写真は撮らず、どこにでもあるので。

 

 

ymsr7.jpg

ゴーヤーチャンプルー 750円。 あっさり目のチャンプルー。もやしも入っているし。豚はアグーなのかわからないが。

 

 

ymsr8.jpg

恩納村でとれた もずくの天ぷら 520円。このもずく天はウェットタイプですね。

 

 

ymsr19.jpg

田芋の天ぷら 価格忘れ 冷凍コロッケですかね。

 

 

ymsr6.jpg

メインのアグー豚しゃぶ。 1580円の2人前。肉はアグーらしく脂分が多いばかりでなく、赤身もしっかり入ってます。さっぱりしてしつこくなく、塩・ポン酢とよく合うアグー。

 

 

ymsr11.jpg

肉の量は大したこともないのですが、野菜・豆腐・きくらげなどなど 結構ヘルシー具材たっぷりなので、こちらでお腹いっぱいになります。スープ(出し)にも味がついていますので、美味しくいただけます。

 

 

ymsr9.jpg〆はタコライス 800円。

こちらのお店は提供が早いこと、早いこと。注文してサクサクっと出てきます。

ゆっくり飲むというか、さっさと食べなくてはいけない・・・というような。

なかなか出てこない店よりいいと思うのですが。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)


 

このページのトップへ

2018年8月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ファミリーで那覇に。那覇のストリートといえば国際通り。国際通りの近くの観光名所といえば国際通りから横にのびる、市場ストリート。公設市場。


なんせ、戦後のやみ市時代から続くカオスな場所。2度目とはいえ子供に見せておく価値はあります。というかこのあたり、アーケードになっているし以外と涼しく散策できる場所なんです。

 

 

1階の魚売り場では「料理しますから食べていきませんか」との勧誘がすごい。結構値段も高そうなのだが、2階に沢山あるお店では外国人中心に中華料理のお店は大繁盛だ。いままで何度も来たことがあるけど、公設市場でご飯は食べたことはない。

 

 

ぐちゃっとした、このアジアらしさがたまらない。日本ではないようです。

娘はこんな雑然としたところでご飯食べたくない、と不機嫌。

 

sakuo5.jpg

比較的空いていたこの「さくら亭」でさく飯タイム。

テーブルもアウトレットか中古で買ったような、家庭用テーブルをつなげてあるので段差がありますね。


 

sakuo1.jpg

ご飯もの、定食、麺類 無難なものにしておいたほうが良さそう。


定食にみそ汁ってあるけど、沖縄のみそ汁は具材たっぷりなんですよね。みそ汁定食

 

 

sakuo3.jpg

子供はソーキそば 600円


 

 

sakuo2.jpg

こちらは ゴーヤーチャンプルー定食 600円。味噌汁ではなくてミニ沖縄そばが付いている。豆腐とスパム、ゴーヤーがからんだチャンプルーは沖縄で食べて外すことが少ないアイテム。

 

 

sakuo4.jpg

私は ポーク卵定食 600円。 沖縄名物スパムと卵焼きだよ。こちらもミニ沖縄そば付。どう見てもゴーヤーチャンプルー定食のほうが、同じ値段の割には美味しそうに見える。

 


アジアをバックパック旅行していた学生時代を思いだし、汗と一緒に、涙が流れてくるような気がした。

 

 

全部で4人、2400円というかなり安いランチだった。こういうのも逆に思い出に残る。TT

 

YAさんの記事

牧志公設市場グルメ 儀間鮮魚店で魚を買って、二階のきらくさんで料理してもらう

 

 

食べログ(掲載時点 3.21)



 

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:53 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01012.JPG

 

 

 

近所のハンバーグ店がなくなり、なにやら飲食店ができていると思いましたら、肉肉うどんさんができました!熊本には嘉島に1店舗あるようですが、もともとは博多名物のうどん屋さんなのだそうで、早速行ってきました!

 

DSC01015.JPG

博多名物らしいのですが、もともと北九州の小倉発祥のうどんのようです。そうですよね、博多のうどんって軟らかい麺とうすい色のスープという印象ですが、こちらのスープはしょうゆが黒っぽい。おまけに肉もころころとした角切りの肉が入っていて、ショウガもトッピングしてあります。

 

DSC01014.JPG

 

メニューを見ると、うどんとそばの両方盛りなど、とってもオリジナルなメニューもあります。どっちも食べたいときって確かにありますよね。今回は、オーソドックスに肉肉うどんをオーダー。ショウガの盛りが選べるみたい。ショウガ普通で。

DSC01018.JPG

ちなみにここのもう一つの特徴は、替え玉ができること。うどんで替え玉って初めてです。しかもうどんを食べた後で、替え玉をそばにするのもいいみたい。

 

DSC01020.JPG

 

こちらが肉肉うどん。角切り肉がたっぷり入っていて軟らかくっておいしいですね!ショウガも肉の臭みを消してくれていて、豚の角煮を食べているみたい。

DSC01022.JPG

 

麺は、平たい麺でした。軟らかくて私好みです。夜は22時まで開いているみたいで、かしわ飯や親子丼、カツ丼など、うどん以外のメニューも充実。コンビニ行くより手軽に晩ご飯食べることができそうです!<YA>

 

肉肉うどん清水バイパス店

 

熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096?277?1529

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssnn12.jpg

市役所に所用があり、笹のやに久しぶりに訪問してみます。2015年オープンした年の夜に来ましたから3年ぶり。ランチは初めてです。市役所の裏の上通り寄りの道、ミシュランで1つ星を獲得した、IL CASINOの近くにあります。

 

 

 

 

 

 

ssnn11.jpg

CUISINE 笹のや というんですか。ランチは1000円から。

 

 

ssnn1.jpg

お店は階段を上がって2階。入口はシックな感じにしてありますね。

 

 

ssnn2.jpg

手前にカウンターが5席ほどあるのですが、その奥は通路の両側に個室(靴を脱ぐかとおもいきや、そのまま上がれます)があります。今日はカウンターに座りました。

 

 

ssnn3.jpg

ランチは1000、1500、1200、3500、5000円とありますね。寿司は1200円。

今日は竹膳に刺身がついた 笹膳 1500円にします。


 

ssnn4.jpg

ちなみに夜はアラカルトもあるのですが、コースは軽い1500円、3500、5000,8000円とあります

 

 

ssnn5.jpg

サラダをいただき、料理はテンポよくサクサク出てきますので嬉しいです。

 

 

ssnn6.jpg

前菜盛も結構なボリュームがある。懐石のコースのような前菜。

 

 

ssnn7.jpg

刺身4種盛。いかも肉厚。それぞれが厚く切ってありました。

 

 

ssnn8.jpg

ご飯は半分でお願いしました。焼き魚はサバ。

味噌汁がおいしい。

 

 

ssnn9.jpg

表面はパリッと焼けていて、焼け具合が丁度いい焼きサバ。塩サバというほど塩気も少なく上品な味の鯖。付け合せは焼き豆腐と焼き玉子。

 

 

ssnn101.jpgそして、杏仁豆腐にて〆。テンポよかったので、時間もかからず食事を楽しむことができました。TT

 

食べログ(掲載時点 採点なし)

 

このページのトップへ

2018年8月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

熊本では月1オープンするカレー屋さんとして有名な、ソロモン厨房が7月にリニューワルオープンしたので訪問。災害があって建物も経て替わったのですね。ずっと前は並木坂にお店もありました。YAさん記事

 

soromo4.jpg

迎町のセブンイレブンのそば。自宅風お店の前に駐車場が3台とセブンイレブンの壁側に2台の合計5台。そばにコインパーキングもありますが、ここも一杯だとしたらお店もお客様で一杯の可能性大でしょう。


 

店主の村上さんは大阪のホテルで和食の修業を積み、東京でカレーに衝撃を受け銀座の「デリー」というカレーの名店で修業され、その後実家の「村上米穀店」を継ぐために帰熊。お米販売の仕事のかたわら月1でカレー店舗をオープン。幻のカレー屋と呼ばれるようになり、その後カレー店と米穀店の経営を両立されて、いろいろあり、今日に至ります。


 

soromo5.jpg

お店の外観だけでは このお店は 「何を販売しているとか全然わからない」。

出てきた人のカレー臭で判断。

 

 

soromo7.jpg

お店の中はアジアンカフェかと思うような感じ。カウンター3席、テーブル席合計 17名くらいで一杯ですね。

 

 

メニュークリック拡大、戻る。

soromo6.jpg

ソロモンカレーは名物料理か・・・

まわりはカツカレーを食べている人多い・・・・

それなら カレー2種セットで種類を食べようじゃないか。

 

カシミールカレーとソロモンカレーを選択。発汗作用と整調作用にいいのか・・・・



 

soromo9.jpg

福神漬け 少し甘目

 

 

soromo1.jpg

白米か雑穀米か 選択可能で ご飯のS,M,Lも無料。米の炊き方にこだわってあるのか。

 

 

soromo8.jpg

左はソロモンで右はカシミール。個人的にはカシミールのほうが旨さ感が出ていると感じる。

 

 

soromo2.jpg

カシミールカレーにしてみた。後でご飯を中央に異動させて反対側にソロモンカレーを注入してあいがけにしました。


カシミールカレーは口にいれてもそんなに辛くはないものの・・・食べていると頭の上から汗が出ます。中辛なのに。サラサラ香辛スパイスカレーです。

 

 

 

soromo3.jpg両方チキンが入っていました。

ドライカレーも美味しそうだ。また伺うとします。TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)


けんさむの熊本紹介

 


 

 


このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

DSC00916.JPG

ザ・ニューホテル熊本(旧ホテルニューオータニ熊本)さんは、私が結婚式を挙げさせていただいた大好きなホテルです。現在、名前が変わって、リブランド一年。ハンドフルートのコンサートなどさまざまな企画をなさっています。今回お伺いしたのは「Beer Night 80s」という企画。80年代の音楽をBGMに、ビールやお料理が楽しめる立食タイプのパーティーです。行ってみたら、たくさんの人がいてびっくり!自分も参加しておきながら言うのもなんですけど、こんなにみんな80年代に浸りたいのか!と半ば驚き。こちらは、DJブース。DJさんの周りでは踊っている方もちらほら!それにしてもなつかしい音楽いっぱいかかりましたよ!たとえばデッドオアアライブとか笑。若い方も多数参加されていて、楽しんでいらっしゃいました。ちなみに入り口部分には薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」のポスターなどが貼ってあり、盛り上がる気分を押さえられない演出(笑)。

 

 

DSC00914.JPG

 

これでもかってくらいビールたくさんありました。残念ながらノンアルビールを楽しみました。80年代に一緒に仕事をした人たちにばったり会ったり。あのきらびやかなバブルの時代を経験した人からすれば、「you spin me round(you tube)」かかったら、体が動くの止められないですもんね(笑)。

 

DSC00918.JPG

 

抽選会などもあり、料理もすこぶるおいしくて盛り上がりました。ニューホテル熊本さんは、かつてニューオータニだった頃、バリ等のリゾートホテル・アヤナリゾートプロデュースのインドネシアフェアを行うなど、なかなかおもしろい企画をされています。それにしても楽しかったな!ハンドフルート、ビアーナイトと2つのイベントを経て、さらにパワーアップしたイベントを期待しています!<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

yagc5.jpg

城彩苑から国立病院のそばを通って新町方面へ抜けるメインロードの角にある 八木カレー。

熊本では行列のできるカレー店としても有名。実は初めての訪問。

行列のできるカレー期待してしまいます。先ずネットなどで事前情報収集して訪問。


 

 

yagc6.jpg

11:45に訪問。今日は1人しか並んでいない。ということで2台確保されている駐車場は空いているはず。うまく1台分空いていて駐車して店に戻ると、ものの数分の間に4名も行列ができてしまい、6番目となりました。1回転目は大丈夫(店内の席数はカウンター10、テーブル2くらい)と安心していました。

 

12:00丁度に店がオープン。入店後注文をします。こういう通なカレー屋さんって注文の仕方みても常連かどうかわかるんだよね。ラーメン屋っぽく。

 

店内は写真撮影禁止という張り紙があったので

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メニュー:辛さは マイルド・中辛・辛口・激辛 の4段階

ルーが オリジナルベース か ココナッツベース

 

 

オリジナルベース

インドカレー 700円、 エッグカレー 800円、ベーコンと野菜のカレー 1000円、 マトンカレー 1250円


ココナッツベース

インドカレー 800円、 エッグカレー 900円、ベーコンと野菜のカレー 1100円、 エビとナスのカレー 1250円

 

ライスの小盛 は50円引、 大盛は 150円増

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ベーコンと野菜にも惹かれましたが、ここはオリジナルのエッグカレーで。調理人1名とホール1名で切り盛りされています。厨房は見えませんが、1皿づつ小さい鍋で作成されているようです。ここは 時間にゆとりがないといけない ということは調査していました。

1番目に並んだ人のカレーが出てきたのが12時18分。それからゴルフのスタートのように だいたい5分で1皿仕上がっていきます。2人で来ていても一度に2皿とか出てこない。

 

 

外には2回転目の行列ができています。

順番はそろそろと思っていると


yagc1.jpg

玉ネギの酢漬けが運ばれてきました。

 

そして入店40分かかり到着。結構時間かかるんですね。ここまでかかるとは 蒸しから行う鰻屋と同等レベルですね。


 

yagc2.jpg

撮影は自由ですが、「他の人が写り込んだり、動画はだめですよ」と店員さんから一言ありました。


フライドエッグ(卵2個)から卵1個がころんと飛び出しておりました。サラサラ系のカシミール系カレーでスパイス香がするカレーです。




yagc4.jpg

野菜がえのき、おくら、じゃがいも、ナッツ、茄子など。カレーにえのきって組み合わせいままで食べたことないですが、結構いけるものですね。新たな収穫。


 

 

yagc3.jpg

サフランライス。

卵をつぶしていただきます。

 


中辛というのは思ったより辛くないですね。玉子も合わさるせいかマイルドになります。確かに野菜とかの入れ方も丁寧に作られているカレー感がありスパイスも沢山の種類が使ってあるでしょう。かなりスパイスなカレー。


もっと衝撃な感動があるかもと思っていたので、その点はありますが十分に行列してもここのカレーは食べたくなる味だと思います、マトンカレーも美味しそうでした。食べるの10分、合計約1時間。ふぅ TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ウィークエンド。ビストロで赤ワインを飲みながら食事と想定するも、ビストロが予約が一杯だったので、家の近くの生つくねを研究してみることとした。

 

東バイパスを市民病院方面から田井の島へ向かうとこのタレ幕を見て気になった人も多いでしょう。 名物生つくね焼

 

何年も気になっていたのですがようやく訪問。

 

 

jint1.jpg

駐車場もあります。

 

 

jint17.jpg

炭火焼 鳥仁(とりじん)。行動しないと来ないものです。焼鳥屋さんはワインもあることが多いし。

 

 

jint2.jpg

カウンター、テーブル、座敷。結構多く入ります。

 

 

jint4.jpg

やっぱり生つくね

色々串がありますが、面倒なので4人中3人分 鳥仁セット(串8本) 1500円。後は好みを追加しましょう。

 

好物の ぼんじり と やげん がないことかなぁ

 

 

jint33.jpg

ワインはハーフ4種類。ここは bで 帰宅後昨日の残りのワインを飲もう。

 

 

jint5.jpg

お通しのキャベツ2人前が少ないのは、野菜高騰の影響か。メニューにはキャベツおかわり200円。

 

 

jint6.jpg

豆腐サラダ 500円

 

 

 

jint7.jpg

串はメニューの右から順に。

わさび、ゆずこしょう、梅


 

 

jint8.jpg

単品だと350円の特上和牛串。焼き立てでうまい

 

 

jint9.jpg

コース外の白玉


 

jint10.jpg

手羽先

 

 

jint11.jpg

鳥はつ

 

 

jint13.jpg

ポテト巻き

 

 

jint14.jpg

ねぎま、コース外のピーマンと皮

 

 

jint154.jpg

豚バラ

以上のメニューれ以外にも何本か食べましたね。

 

jint16.jpg

最後に生つくね。名物だから早く来た方がよかった。軟骨が入ったつくね。

それに 棒生つくねを食べないと と後の後悔

 

味わいの刻 (こちらに生つくねが掲載されていました)

 

 

jint15.jpg

焼きおにぎり バター風味

 

やはり看板の生つくね、和牛串を最初にいったほうがよいではないでしょうか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.18)

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月12日 Posted time : 00:10 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00852.JPG

チーズタッカルビがおいしいと聞き、ダイニングバー 1/2 half(ハーフ)さんに行きました。こちらのお店、チーズタッカルビなど6品と飲み放題で3000円というやおいかんお店。タッカルビも、イタリアンチーズタッカルビらしく、ちょっと期待!ちなみにタッカルビとダッカルビってどっちが正しいのでしょうね。いろいろ調べたけどタッカルビが正しいと書いてあるものが多いので、タッカルビで統一。

 

DSC00854.JPG

シーザーサラダ。ドレッシングたっぷりめ。

 

DSC00855.JPG

カルパッチョ。ちなみに二人で行きましたので、二人前です。

DSC00858.JPG

 

こちらがイタリアンチーズタッカルビ!横にあるチーズはプレーンとバジル風味の二種類。どっちもおいしい!トマト風味の味付けで、さっぱりして新しいおいしさですね。

DSC00859.JPG

フランスパンにつけてもよろしいですし。しかしどんどん満腹中枢刺激されてきた。早く食べなければ入らない。

 

DSC00860.JPG

ポテトが出てきたかと思ったら・・・

 

DSC00861.JPG

かなりのクオリティのシメのパスタが!!!数種類からカルボナーラを選びました。

 

DSC00863.JPG

 

デザートまでしっかりおいしい!女性だけだとかなり満腹なので、男の人と行くといいかもしれませんね!すばらしいコスパです。<YA>

 

ダイニングバーハーフ

熊本市中央区下通一丁目11番8号

05052817985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sugt1.jpg今年も実施の運びとなりました。熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室。ある会合の総会の特別講演会が料理教室でそのあと実食懇親会という運びです。エプロンがなくても料理教室に参加できます。


 

sugt3.jpg

こんな感じで実演しながら、講演されます。大画面に手元は写し出されますので、まるでテレビ番組を見ているよう。


今日の実演料理は 真鯛のブランダード と じゃが芋のキーマ風カレー。今年はカレーを食べている夏なのですが、今日もカレーを食べれそうです。


sugt2.jpg調理方法は詳しく書いてあります。真鯛のブランダードってこんな風に作っているとは知りませんでした。

 

講演の後は、挨拶と乾杯。あまりにもカレーの調理の香辛料でみんなの食欲も刺激されましたので、私も挨拶は短めに。

 

sugt4.jpg作りたてのブランダードを試食。 ソースもあったかくて美味しい。

 

 

sugt5.jpgオードブル盛り合わせ

真鯛のブランダード、スモークサーモンとピクルス、フォアグラと夏野菜のゼリー寄せ

 

 

sugt6.jpg海の幸のマリネ ガレット仕立て

 

 

sugt7.jpgはちべえトマトの冷製スープ。ボリュームたっぷりのスープでしたが、暑い夏にさっぱり、とても美味しかったです。はちべえトマト

 

 

sugt8.jpg天草産真鯛と海老のポワレ レムラードソース

 

 

sugt9.jpg生ハムとモッツァレラ 夏野菜のサラダ

 

 

sugt10.jpg味彩牛のロースト 赤ワインソース

 

 

sugt11.jpgじゃが芋のキーマ風カレー。じゃがいもはシャキシャキ感も残り、フライドオニオンを入れるとカレーの辛さもマイルドになると教えていただきました。

 

 

sugt12.jpgなめらか杏仁豆腐 プチフルーツ 梅酒ゼリー コーヒー

 

今日はかなり品数も多くお腹いっぱいになりました。杉山シェフ毎年有難うございます。TT

 

2017年

熊本テルサ 杉山シェフのエプロンのいらない料理教室(2)

 

2016年

 

熊本テルサ 杉山晃二総料理長のエプロンの要らない料理教室

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ymtz11.jpg

夏休みに子供のスイミングのイベントがありましたので、アクアドームに出かけてその帰りにアクアドームのそばにある、大和寿司さんを訪問しました。ここがオープンしてだいぶたちますが、初めての訪問です。

 

 

ymtz12.jpg

アクアドームとの関係はこう。アクアドームの入口といえばすぐわかります。目立ちます。店内はスペースはゆったりしていて、6人掛けのテーブルとか仕切られていて落ち着ける空間になっています。

 

 

(クリックメニュー拡大、戻る)

ymtz5.jpg

机に置いてあったラミネートされたメニュー表。

 


メニューの品数がびっくりするほど多く

 

 

度肝を抜かれました。

 

 

度肝って久しぶりに使いました、それくらいびっくりしました。

 

 

 

ymtz4.jpg

御膳メニューや釜飯メニュー、ここには掲載していないおつまみニュー、コースメニュー

 

 

ymtz3.jpg

ざるそばやざるうどんのセットメニュー

 

 

ymtz1.jpg

和定食、うなぎメニュー

 

 

ymtz7.jpg

壁面にはちらし寿司や、サラダちらし寿司。

いろんなネタの組み合わせで構成されています。


見ているだけで楽しくなります。悩みましたが、シンプルにグランドメニューのお寿司にすることにしました。ホームページを見ると全部詳しくわかりますが、海鮮丼などメニューは参考になるなぁーと思いました。



ymtz6.jpg

ボリュームと値段からいって、12貫のやまとにぎり 2000円にしました。

 

 

 

ymtz8.jpg

シャリは100円寿司のものよりは少し大きいです。

 

 

ymtz9.jpg

いくら・うに・とびっこ。


脂肪肝になる象徴みたいな寿司、好きですが。


 

ymtz10.jpg

子供は ざるそば握り 御膳 1380円。 いなりと太巻きであれば1000円、いなりにしなさいとはいいませんでしたが。

 

メニューの多さにびっくりしました。

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 


大和寿司 ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:03 | Category : D@EXコラム

DSC00821.JPG

とにかく暑いってことで、飛び込んだ宮崎市内の百貨店山形屋さん。朝はうどんですが、夕食はそばが食べたいってことで、おそばやさんに入りました。山形屋新館にあるそばときさんというお店。

ちなみにそばときとは、蕎麦の花のことだそうですよ。

「そば時や、秋の信濃の法善寺」という小林一茶の句があります。

 閉店間近で、お客さんは私だけでした。職人さんもおられて、ちょっと高級感あり。

 

DSC00822.JPG

 

メニューはこんな感じ。五目ちらしセット、豪華でおいしそう。そしてとてもお手頃価格。

 

DSC00823.JPG

 

出てきました五目ちらしセット。五目そばと、煮物と、ちらし寿司とお漬けモノ。そしてそば湯もあり。

DSC00824.JPG

 

ごもくそばは、天ぷら等揚げ立てあつあつです。意外とかまぼこがいい味出している。

DSC00825.JPG

 

ちらし寿司。疲れた体にすっぱいご飯はおいしい。いくらではなく紅ショウガがいい味だしている。煮物なども丁寧に作られたおいしさで、非常に満足度が高い夕食でした。

 

 

宮崎山形屋そばとき

宮崎市橘通東3丁目4の12

0985313111

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hmm13.jpg

7月20日頃オープンした熊本御幸笛田にある、ハンバーグマンにランチで訪問しました。「ピソリーノ」で有名なセイエンタープライズさんのグループ飲食店です。

 

 

hmm2.jpg

元ビーフ食堂(その前はケーキのミュール)があった場所です。ピソリーノさんの同じ敷地内。

 

 

hmm1.jpg

ビーフ食堂の名残はあります。Hはスーパーマンにもじってあるのでしょう。

 

 

hmm3.jpg

ハンバーグ食べ放題というのがあるんですね。毎週木曜日と20:30以降。

食べ放題になると食べすぎるから、食べ放題でないほうがよいです。


 

 

hmm4.jpg

店内は4人掛けのシートが7つ。30名弱のキャパです。今日もランチタイムは待ちが出ていました。1人だと4人席には座りにくいですね。待ちがあると。

 

 

hmm5.jpg

メニュークリック拡大、戻る。

ロックハンバーグは300g

ファインハンバーグは200g

ステーキも豊富にありますし、ハンバーグ・ステーキなどのコンボメニューも豊富なので、ハンバーグ・ステーキ両方食べたい!

という方に向いています。


 

 

hmm6.jpg

ご飯、サラダ、スープ ゾーン。

食べ放題です。

 

 

hmm7.jpg

サラダはキャベツサラダ。

 

 

hmm8.jpg

ハンバーグに備えて控えめに。

 

 

hmm9.jpg

ご飯、サラダはセットするには、平日ランチ200円、土日祝日450円を払う必要がありますので、注意を。

ハンバーグのみ、だったらセットにしないほうがいい。

 

(ロックステーキの食べ方)

ロックステーキはアメリカで最高の意味に使う言葉。

同行者が頼んだ 300gの黒毛和牛ロックハンバーグ 1590円 を見本にしましょう。

 

 

店員の女性が調理してくれました。

 

hmm10.jpg

到着しました。付け合せはもやしとコーン。


まんまるのハンバーグが乗っています。野球のボール、げんこつか。


いえ砲丸投げのボール と言った方が近いでしょう。



 

hmm11.jpg熱いから投げれませんよ。

 

 

 hmm12.jpg

めちゃくちゃ切れそうなナイフで スパッと2つに


 

hmm22.jpg

中はとってもジューシー

 

 

hmm21.jpg

肉をうつぶせにして、背中からいくと思いきや

 

 

hmm20.jpg

鉄板に抑え込まれました。

 

 


hmm19.jpg

砲丸投げの面影はなくなり、草履みたいになっちゃいました。

 

 

hmm18.jpg

そこからソースをかけて、はい


あとは好きな焼き加減で召し上がってください。オージービーフで安全なのでレアもおすすめだとか。


 

私は ロックハンバーグ 150g と黒毛和牛150g  1280円 のセット。私はソースはジャポネ。


同じコンボハンバーグを食べた 同行者の女性は 「やみつきニンニク醤油」 いやーいいですね。

 

hmm17.jpg

右が黒毛和牛。大きさが違うように見えますが。

 

 

hmm16.jpg

こちらは切ってくれないので、自分で焼きやきします。


というか鉄板が熱すぎてか、肉汁が跳ねること。


 

hmm15.jpg

中はレア。

思ったより固くないですね、お肉。ビーフ100%だと思いきり固くなったりするのですが、オージービーフのせいでしょうか。だから食べやすい。


 

hmm14.jpgこんな感じになって落ち着いてから食べましょう。でも鉄板熱いです。おなか一杯になりました。TT


ハンバーグマン ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年8月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

続きますねー、夏休みカレーシリーズ

 

 

今日は JANI スリランカキッチンへ。スリランカ系のカレーショップは熊本も多いのです。一時期はまったように訪問していましたが

 

 

 


スリランカカレー ヌードルカリー胃もたれ検証・・・スリランカ2nd

スリランカ熊本 カレーで胃袋に気合を入れよう

 

今回、スリランカ系のカレーはひさしぶりです。

 

 

janic1.jpg辛島町にある ジャニ スリランカキッチンに。電車通りに面しています。少し先の左側に有料駐車場がありますので、そこを利用しました。

 

 

janic2.jpgスリランカ熊本は系列店ではないと思います、メニュー構成も少し違います。

 

 

 janic3.jpg

階段を上って2階がお店です。

 

 

janic4.jpg

こちらの扉の奥です。

 

 

janic5.jpg

サラリーマンなどで後は増えていきました。スリランカカレー宜しくファンの方がいらっしゃるのですね。



テーブル席とカウンター席。

カウンター席は10席はあるのでお一人様も安心して入店可能です。


 

 

janic6.jpg

スリランカカレーのチキンとミンチ (2種類を選べる)、そしてフライドライスに変更(+100円)

 

 

 

janic7.jpg

今回は普通にしました。

 

 

janic8.jpg

有機のキャベツサラダ。ドレッシングはシーザーサラダだったです。

 

 

janic9.jpg

ワンプレートで到着。台形に盛られたフライドライス。

カレーは2種類入っていますが、スープ系なので、もう混ざり合おうとしています。

 

 

 

janic10.jpg

チキンカレー側、こちらの

チキンカリー がスパイスが効いているふり。


 

janic11.jpg

ミンチは単独より混ぜて食べるほうがおいしいかも。

 

 

janic12.jpgさらっとしていて、胃の中へ消えていきます。

少しご飯を食べすぎました、お替りしていないのですが TT

 


 

食べログ(掲載時点 3.39)

 


このページのトップへ

2018年8月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

イベントやマルシェなどで移動販売をされていた、「養生カレー」さんが実店舗を持っているとのことで行ってみました。行列のできるカレー屋さんだけあって実店舗でも人気あるようですね。

 



「養生」 って体に良さそう・・・

芝生を養生とか 休ませるとかそういう意味だし・・・生活に留意して健康増進を図ることらしい。摂生の意味に近いとか。

 

yoz10.jpg場所は藤崎宮の参道に入って、1本目から右に少し横に入ったところ。丁子屋の駐車場の斜め前。

100円で40分駐車できるので、ここも便利。


シンプルな外観のお店ですね。


 

yoz2.jpg

カウンター席6席とテーブル席6席、12席くらいでいっぱいになります。

店内では2人の若い人がカレーを作っています。


 

 

yoz1.jpg

メニュー、クリック拡大。

ランチは ベジタリアンプレート 1200円 (3種類)、 チキンカレープレート 1400円 (3種)

単品カレーは 800円から2種盛 1000円とか

 


 

ご飯はおかわり無料 (長粒米)

 

 

回りの人が注文していたり、食べているのは全部プレート物、結構高いなと思いますが私も チキンカレープレートにしてみます。


 

yoz7.jpg

混んでいたので少し待ちましたが到着。豆のせんべい、ご飯も結構な量ですね。

 


シンガポール勤務時代はインドカレーにも親しんだ私ですが、スパイスが強くバター、牛乳、香辛料のガラムマサラを沢山使う北インドのカレーばかり食べていた記憶が。フィッシュヘッドカレーはシンガポール名物のインドカレーか。ここのは南インド風カレーとのこと。

 

 

 

yoz4.jpg

日南どりチキンカレー

 

 

yoz5.jpg

茄子のサンバル(野菜カレー)


 

yoz6.jpg

ダルカレー(豆カレー)

 

 

yoz9.jpg

南インドカレーって想像したより辛くないし、パンチが少ないんです。

さらっとしていて、体に入ってくる感じ。

物足りないといえば、たぶん自分の口が日本カレーとかタイカレーに慣れてしまっているせいなんでしょう。

 

 

 

yoz8.jpg

豆のカレーも小学生でも食べれるようなカレーです。

だから養生なんですね。


 

バターこってりチキンカレーや キーマカレーとは全然違くて、さらさら野菜カレーってことなんです。スパイスカレーではありますが、ご飯がどんどん進む感じでもなく、カレー3つ食べたのもあり今日はご飯のおかわりとはいきませんでした。TT

 

facebookのHP

 

Retty(養生カレー)

 

 

 

 



このページのトップへ

2018年8月 8日 Posted time : 00:23 | Category : D@EXコラム

DSC00836.JPG

 

宮崎市滞在2泊目。本日は朝寝坊もせずに、念願のきっちょううどんさんに来ました。朝6時から夜中の3時まで開いているうどんやさんなので、朝食にぴったり。3時間しか閉店時間がないなんて、すばらしいです、朝うどんセットもあります。コクバル氏は今でも宮崎県のあちこちにおられます(笑)。

 

 

DSC00832.JPG

 

かわいい壁。この横には横綱白鵬の写真。来店されたみたいですね。

 

DSC00830.JPG

 

こちら朝うどんセット310円!うどんと卵がけごはんで310円は安すぎますよね。ドトールモーニングではおなかいっぱいにならなかったメンズもこれなら大満足です。

 

DSC00835.JPG

こちらは、夏限定のいりこ冷やしうどん。いりこ粉ベースの冷たいだしに、麺とねぎと青トウガラシが入っています。これすごくおいしいです。自家製麺も麺がほどよく軟らかいのが好みだし、しっかりだしの味がするのに、薄味というすばらしいおいしさ。

 

DSC00833.JPG

 

 

青トウガラシ。これは、効きます。熊本にできないかな。通いたい。<YA>
 
きっちょう橘通店
 
宮崎市橘通西3-3-27宮崎アートセンタービル1階
TEL 0985-26-8889

このページのトップへ

2018年8月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lioncc1.jpg

ライオンカレーに久しぶりに来ました。2回目です。前回は熊本地震のすぐ後だったので2年以上ぶりです。当時はこの建物は地震に大丈夫だったんだー、と感慨深くカレーを食べたのを思い出しました。それから2年、たぶんメニューも変わっていると思いますしカレーも進化しているのではないかと思います。

 

 

lioncc2.jpg

本日のカレーは スリランカ風チキンカレー 800円

 

 

 

lioncc3.jpg

3種類のカレー700円 + 日替わり カレーというのは2年前と変わりありません。

というか 店内が暑い(熱い)です。エアコンが効いていない感じ。これはカレーを食するのには暑すぎます。

入口の黒板に「暑いです」と書いてありました。お断りでしょうか。

 

まぁ、多少ガマンしてカレーを食べましょう。

 

 

チキンカレーに半熟スパイシーエッグのトッピング 800円

 

 

lioncc4.jpg

米は阿蘇のにこまる、辛みスパイスで辛さを調整する。

前回訪問時とはカウンターのレイアウトが変わっていた。厨房が広くなったのか。

 

 

lioncc5.jpg

丁度お客さんで混んでいたので15分ほどして到着。以前はルーと別々の提供だったが、今回はワンプレートの提供に変わっている。バナナチップ、アチャール、ピックルが別皿で。

 

 

lioncc6.jpg

見た感じから「うまそうなオーラ」が出ているカレーである。香辛料やナッツがふりかけてあったり、これもうまそうに見えるポイントじゃないかなぁ。

 

 

lioncc8.jpg

一緒にカレーに混ぜて食べよう。

 

 

lioncc7.jpgご飯は型抜きしてあるサフランライス。

 

 

lioncc9.jpg

スパイシーな半熟卵がGOOD。

途中辛みスパイスを入れながら調整。

やはり美味しかった。でもかなり暑かった。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.47) 2年前は3.21だった。


 

このページのトップへ

2018年8月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

約半年ぶりに ネイルアンドカフェバー リラさんを訪問しました。

夜男性6人で。


女性が多いバーなのに 少しうるさくてすみませんでした。

 

赤ワインを飲んで白ワイン

 

lilas3.jpg熊本ワインの人気ブランド 菊鹿 シャルドネ樽熟成 2015年です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆【白ワイン】熊本ワイン 菊鹿 シャルドネ 樽熟成 2016 750ml
価格:3920円(税込、送料別) (2018/7/26時点)


 

熊本ワインのホームページオンライン

 

熊本の白ワインではナンバーワンだと思います。「菊鹿ワイン」という会社も出来てブランド化が進むそうです。

おつまみを少々、そしてデザートに行きます。


 

lilas1.jpg

 

lilas2.jpg

さすが女性客が多いリラさん、デザートのラインアップは豊富ですね。色々と頼んでみましょう。

 

lilas4.jpg

ティラミス 650円

 

 

lilas6.jpg

レモンケーキ & バニラアイス 600円

 

 

lilas5.jpg

リンゴと紅茶のクレームブリュレ 650円

 

 

lilas8.jpg紅茶味のブリュレに リンゴもインしている

 

lilas9.jpgナッツのブラウニー 650円

 

ブリュレ1口しか食べてない・・・・デザートって気が付いてみると、なくなっている・・・・ってこと

多くないですか。

 

夜リラ nail&and cafe bar lila (4)熊本並木坂

 

食べログ(採点なし


 


 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC00827.JPG

宮崎市に宿泊する時、毎回のことながらホテルのモーニングをつけないことにしているのは、私が朝食を普段食べないことに加え、きっちょううどんさんに行きたいからなのですが、寝坊してしまい、きっちょううどんに行けないという失態を犯してしまい、手軽に食べれるドトールコーヒーさんのモーニングに来ました。390円でハムタマゴサンドイッチを食べることができます。パンが焼いてあるのがちょうどよい具合。しかし、量は少々少なめ。ちょうどいい量であります。

 

DSC00829.JPG

 

断面。ハムと卵とレタスとトマト。普通にとてもおいしい。コーヒーもエスプレッソやカフェオレなどからも選べます。

DSC00828.JPG

 

朝セットは、ジャーマンドッグや、クラブハウスサンドなどもありますよ。せっかくならジャーマンドッグのチーズトッピングにすればよかったと後悔。カウンターにはなぜか黒糖ドーナツ棒が、たくさん売ってありました。熊本じゃないのに、なぜあのように大量の黒糖ドーナツ棒が販売されていたのか不明。宮崎の友達のおみやげ用に、宮崎のドトールで黒糖ドーナツ棒を大量に買いました笑。<YA>

 

ドトールコーヒーショップ宮崎橘通店

宮崎市橘通西3-10-27.

0985-77-6550.

 

このページのトップへ

2018年8月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

最近どれだけ カレー なんでしょう。

ラーメン食べなくなって最近カレーでそれも小麦が少ないもの。



暑いのでカレーが食べたくなるのはわかりますが・・・・お手軽ランチということでしばらく探究してみます。熊本はカレーが最近アツイですね。

 


chang9.jpg

熊本空港から西原村の香梅工場方面へ約10分弱。神戸たこ焼きの少し手前の左側にあります。スピードが出ているとすぐ通りすぎてしまいます。店の前に数台分の駐車場があります。横の駐車場はここのと違います。

 


CHANG PLANT (チャングプラント)。お店の前に移動販売車があったので、移動販売から店舗を構えたお店だと思ったらここは地震の前からあったんですね、しかも以前は熊本市内でもカレー屋さんをやられていてカレー経験は20年近くとか結構すごい歴史のあるカレー店舗さんなんですね、地震を乗り越えて再開オープンされたそうです。


 

chang10.jpg

白水の水使用、昔は黒カレーとか色々あったようです。辛さ控えめな手作りカレーとのこと。

 

 

chang12.jpg

店内はカウンター席とテーブル席で、11席程度とそれほど広くありません。ご主人はバイクがご趣味なのでしょうかツーリングの写真など飾ってありました。ランチタイムは過ぎていたのでお客さんは私一人。

 

 

chang11.jpg

カフェのような空間にもなっていますね。

 

 

chang1.jpg

メニュークリック拡大、戻る

辛さは市販のカレーの中辛弱くらい (個人レベルでの判断) まじめな表現だ。辛さは個人差があるからね。

 

 

 

chang2.jpg

普通盛りのごはんは230g。

チキンカレー が標準のカレーなんでしょう。

 

 

chang4.jpg

ビーフステーキカレー 1500円、チキンレッグカレー 1300円というリッチなスパイスを使用したカレーもありますが。

 

 


chang3.jpg

辛くないキーマカレー 、スペアリブカレー もあるので、 5種類からの選択。

はじめてなので チキンカレー 850円、サラダドリンクセット 1150円にしてみます。

 

 

chang5.jpg

キャベツサラダを食べて

 

 

chang7.jpg

きれいな まん〇のご飯が乗った、チキンカレーが到着。

やはりスパイス料理は食欲をそそります。

 

 

chang6.jpg

黄色いのはポテトサラダ。ポテサラがカレーの中って珍しい。


味は濃いですがカレーの辛さだけ主張していなくて、食べやすくマイルド。結構好みのタイプに入ります。ご飯は230g結構多く感じました。パックご飯は180gくらいですよね。カレーだから230gも食べれるんだろうけど。

 

 

chang8.jpgまた食べに来てみようとおもう味かも。でも次は違うのにしてみよう。TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

チャングプラントホームページ


このページのトップへ

2018年8月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)お店・外観編は前日

 

lbe12.jpg

ウェルカムドリンク

 

lbe15.jpg

アミューズは トリュフ風味のマドレーヌと木製のスプーンにのった6種のハーブのソルベ。

さわやかな味で口をさっぱりさせることが出来て、これからの料理への準備を。


 

lbe17.jpg

ローブさんは飾り付けもお皿も素晴らしい感性だと情報をいただいておりました。

 

 

lbe18.jpg

スパイシーなおつまみ

 

 

lbe20.jpg

鎌倉野菜 牡蠣

スガハラガラスの美しいガラスの器に乗せられた鎌倉野菜とアンチョビなどの複雑な味のドレッシング。このソースがとても美味しい。鎌倉で農家の経験をした今橋シェフのセンスだろうか。ガラスの器の中には土が入れられていて、まさしく「大地」を表現したような1皿に仕上がっているのだ。

 

 

lbe19.jpg

1つ1つの野菜の旨みが伝わってくる。ほんとうに満足感を味わっていたら。

 

 

lbe4.jpg

パンも手造りパンが多種類にわたって提供されていた。青のりのパンだが色んなバリュエーションがあってパン好きな人は食べ過ぎてしまいそうだ。

 

 

lbe1.jpg

続いてこの1品に目を奪われます。

高知の地鶏「土佐ジロー」の卵に黒トリュフをふんだんに削ってある1品。セップ茸が下に敷かれています。

 

 

lbe2.jpg

セップ茸と土佐ジローの卵とトリュフ。このコンビネーションが生む口の中の感動。濃厚でコクがありこれは美味しい。

 

 

lbe3.jpg

素晴しい1皿と感動していたところ、

 

 

lbe21.jpg

天草のアコウ鯛とフユイヌ

こちらはさっぱりとした美味しい鯛。量的にもベスト。


 

lbe23.jpg

新たまねぎ

玉ねだけ1皿に乗って出てくる。シンプルイズベスト。


 

lbe24.jpg

先ずはたまねぎだけ味わってみる。口の中に甘くそして濃厚なたまねぎの味がふわっと広がっていく。

 

 

lbe25.jpg

スープが添えられているのでそれを注ぎいただきます。オニオンスープとなります。

 

 

lbe26.jpg

フランス産鳩胸肉 ヤングコーン

久しぶりに鳩いただきました。

 

 

lbe27.jpg

お楽しみの平瀬パティシエのデセール。

1皿目は桃とハーブ 金の飴細工。

桃がジューシーで美味しい。平瀬パティシエのデセールは立体感がありとても素晴らしいという意味が少しわかりました。

 

 

lbe28.jpg

セカンドデセール

ごちそうなす、チョコレート。立体感ある皿に葉っぱと枝を作り、オリーブも添えて。ごちそうなすのアイスクリームですね。さっぱりして美味しい。

 

 

lbe29.jpg

そしてこれですよ、これ。

ネットでは宝石箱チョコレートを見ることが多いですが、今日はアイスの中にソースイン。

しかし素晴らしいミニマルディーズ。これはやられますね。

 

 

lbe30.jpg

4種類全部いただいてもいいということでしたので、遠慮せずに。

 

 

lbe32.jpg

ソースの中身は全部別。トリュフソースがはいったものはアイスとの絶妙なコラボレーション。最高でした。

 

 

lbe31.jpg

中目黒カフェファソンの水出しコーヒー。

今日は大人が最後までテンションマックスでよいのでしょうか・・・というくらい感動したなぁ。こちらのお店まだまだこれからステージが上がっていく気がしました。絶対また訪問したいと思います。TT


食べログ(掲載時点 3.96)

 

ローブ ホームページ

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:42 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00761.JPG 熊本県立大のすぐ近くにあるラ プリモ オゴッツォさん。イタリアンがおいしいと評判のお店ですが、運転が苦手な私からしたら、パーキングが止めづらそうで、ついつい素通りする日々。最近、お店の裏のタクシー会社さんのところに5,6台止めれる広い駐車場があることを知り、ランチタイムに初来店しました。早く知っておけばよかったです。店内には、県立大の先生っぽい男性が多数。男性一人で来られています。

 

DSC00740.JPG

あか牛のボロネーゼがおいしいと聞き、オーダー。自家製麺というこだわりです。オゴッツォさんは、自家菜園を持っておられるのが特徴。サラダの野菜が、かなりおいしい!無肥料無農薬で付くっておられるということで、スーパーのそれとのその差は歴然。まずはサラダでノックアウトされます。お店で野菜や、野菜を使ったチャツネなどの加工品も売っておられます。

DSC00743.JPG

 

パスタを待っている間きょろきょろ。イタリアン総菜もお持ち帰りようで購入できます。またこちらの総菜を店内で料理していただくこともできます。

DSC00741.JPG

自家製パンも好みの味。サワドーブレッド風で、滋味深い。

 

DSC00748.JPG

 「あか牛のラグー ボローニャ風フェトチーネ」。あか牛100%のミートソースに自家製フェトチーネが絡んでいます。バジルソースのニョッキと悩んだけど、これにして良かった!

DSC00752.JPG

 

  

デザートもかなりおいしそうで、食べたかったのですが、おなかいっぱいになってしまいました。スパイシーなパウンドケーキなるものが人気と聞き、次回はそれを食べたいと思います。<YA>

 

ラ プリモ オゴッツォ

熊本市中央区帯山9-5-12
096-206-9618

/11時から20時半(20L.O)

/月曜

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(お店・飲み物編)

今回は東京・東麻布(赤羽橋)にある、昨年度ミシュラン1つ星に選ばれた とても芸術性ある料理たちと素晴らしい時間に感動したRestaurant L'aube (ローブ)を2日に分けて掲載します。雰囲気・料理・ワイン。とても満足する時間をすごしました。こちらはミシュラン2018で一つ星を獲得されています。しかもオープンして1年半で獲得。


 

lbe5.jpg

場所は東京タワーのすぐ近く、地下鉄都営大江戸線の赤羽橋駅のすぐ近く、住所は東麻布になりますが商業地というよりマンション・住宅地も多いエリアになると思います。隠れ家的雰囲気もある場所。すぐ近くにはCHEZ TAKA(イタリアン)があり、外観はこちらのCHEZ TAKAが目を引きますが・・・。レストランローブはこのマンションの2階にあります。こんなところにという感じです。


 

lbe6.jpg

入口の階段で2階に上がりますが、お洒落なカフェ風の入口で知らないとフランス料理店とは思わない感じ。このシンプルなところもいいですね。

 

 

lbe7.jpg

ディナーのメニュー表のみ。

ホームページから

「L’aube(ローブ)」とは、始まりや夜明け、

誕生を表すフランス語です。

 

自然が創造した美しさと、人が創造した美しさの

絶妙なハーモニーを生み出すこと。

 

《その瞬間にしか存在しない美味しさ》を

創りつづけること。

 

ここから私達の物語が始まる。そんな想いを込めて

「 L’aube(ローブ)」と名付けました。

 

生産者のこだわり、その風景、季節の移ろい、

日本とフランスの食文化が響き合う、

新たな美味しさ、愉しさ、心地よさと、

それらが誕生する美しい瞬間をお届けしていきます。

 


 

lbe8.jpg

はじめてのフレンチ、入店する時はときめく瞬間であります。ローブさんはフレンチレストラン KEISUKE MATSUSHIMA シェフを務めた今橋英明さんと、同じくKEISUKE MATSUSHIMAでシェフパティシエを努めた平瀬祥子さんとソムリエの石田さんがタグを組んでオープンしたお店。平瀬さんは熊本市出身でニューオータニ熊本、熊本ニュースカイホテルでの勤務経験、フランスで8年もの経験があるお方、そしてソムリエ石田博さんは日本ソムリエ協会副会長(会長は田崎真也さん)で過去3回、日本最優秀賞も獲得したソムリエ業界の重鎮の方。その3方がタグを組んでいるのだから最強だし、デザートまで期待度高いです。


 

lbe9.jpg

店内はシンプルで白の椅子、ダークブルーのクロス、オープンキッチンから今橋シェフと平瀬パティシエの動きが見えます。凛とされてきびきび動かれる平瀬シェフが素敵です。


 

lbe11.jpg

店内の明かり加減もいい雰囲気で好きです。窓の間に一枚こうしたオブジェがあるだけでまったく違ういい雰囲気になるんですね。

 

 

lbe10.jpg

テーブルのショープレートがメビウスの輪的1筆書きになっていて料理が運ばれスタートするまでの楽しみな瞬間をつないでくれる。

 

 


lbe130.jpg

ローブはランチは毎週金曜日と第1,3,5土曜日 6000円から、ディナーは 5プレート+2デザートで 9000円(税、7%税)。星付フレンチ10000円以下です。満足感がすごいとすると嬉しいこと。ディナーのランクが松竹梅のランクがあると下のランクを食べているとがっかりしたりする瞬間もあるが、ここではそれはないです。

 

ワインのリストを見てもフランス産の高級ワインがずらっとということもなくリスト掲載されているワインはほぼホームページ通りです。種類はそれほど多くないのだがニューワールドのワインが多い。石田ソムリエの意見をも参考にすればよいと安心できます。

 


lbe14.jpg

DOGPOINT VINEYARD 2014 SECTION 94

ドッグ・ポイント・ヴィンヤード セクション94 2014

これだけ暑い夏だと、さわやかなソーヴィニヨンブランを選択してしまいます。最上の特定区画から造られるニュージーランド屈指のソーヴィニヨン・ブラン。かの有名なクラウディ・ベイのブドウを造り、ブドウ栽培のチーフワインメーカーでもあったドッグ・ポイント・ヴィンヤード 。クラウディ・ベイとの契約を終え、自社畑より2002年に初ヴィンテージをリリースしました。このワインは特定された区画となる「セクション94」のソーヴィニヨン・ブランのみを使用し、古樽のフレンチオークを使用し18ヶ月間熟成しています。(9.5)


 

lbe16.jpg

CRYSTALLUM BONA FIDE PINOT NOIR 2016 WALKER BAY


南アフリカのピノノワール。石田ソムリエ選択の1本。(11)

南アの「超」一級。


ここに触れずして、南アの今を語ることは不可能…ティム・アトキンMW格付け【一級】の15生産者のうちの一つ、『クリスタルム』。南アのニュー・ウェーブ、その新たな流れの中心的存在であり、世界から賞賛される渦中の最高峰銘柄でもあります。オーナーのピーター・アラン・フィンレイソンは、かの 『ブシャール・フィンレイソン』 を運営するフィンレイソン家の第三世代。

楽天のサイトに詳しく

 

 

 

 

 

lbe22.jpg

3本目はボルドーワインで締めくくり

2012 BRANAIRE DUCRU  ブラネール・デュクリュ 2012 サンジュリアン

ボルドーグランヴァン 4級。いわずもながこれは素晴しい・良いですね。あまりにも美味しくて気に入ったのでネットで購入してみようと思います。

 

 

lbe33s.jpgローブから少し歩けば東京タワーを下から望める場所。

 

明日は料理編を

 

食べログ(掲載時点 3.96)

 



 

このページのトップへ

2018年8月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

(料理編)

ラペの料理はおまかせコースのみ。昼は5000円(税・サ10%別)、夜は11品前後で12000円(税・サ10%別)。お肉を変更したから+いくらとかのシステムは存在しない。流れの中で料理を楽しむスタイル。

 

lapp18.jpg

ビー玉と同化したアミューズ。中にスープが閉じ込められている。

 

 

lapp17.jpg

サーモンのタルト

 

 

lapp19.jpg

 

lapp20.jpg

 

 

lapp2.jpglapp3.jpg

 

 

 

lapp4.jpg

 

 

lapp6.jpg

 

 

lapp7.jpg

 

 

lapp23.jpg

 

 

lapp8.jpg

 

 

lapp22.jpg

メニュー表は素材だけ書かれているのですが、持って帰ってくるのを忘れました。シェフが和歌山出身ということもあり和歌山の食材も多く使用されていました。そして特にお皿が大きくだいぶこだわっているなーと感じました。料理的にはしらすとうにのコンビネーションとか、和のテイストをだいぶ取り込んであるガストロノミーフレンチ。


韃靼ソバのブランマンジェは、フランス産オリーブオイルがかけられていてジャパニーズ、フレンチの美味しい複合。量的にもパンを食べずベストな量で満足できました。有難うございました。TT


食べログ(掲載時点 4.32)


 

 

 



 

このページのトップへ

2018年8月 2日 Posted time : 00:01 | Category : 全国特産物情報

DSC00818.JPG

 

鹿児島に車で行く用事があり、鹿児島市をイメージしていたところ、鹿児島県肝属郡南大隅町ってどの辺だろう、と調べたら、ええ!!九州最南端だ!と気づく。肝属郡も、「きもぞくぐん」ではなく、「きもつきぐん」だということを知る。知らない場所に行くのは、毎回ワクワクしますが、想像以上に遠いことがわかったので、急遽楽天トラベルで鹿屋市に一泊後用事を済ませ、ねじめ温泉・ネッピー館という温泉施設に行きました。ねじめ温泉は、海に近い温泉なので、少ししょっぱい。源泉掛け流しの美肌の湯として知られています。一体、ネッピーとは何だろうと思って調べましたが、オリックスのネッピーしか検索に引っかからず。竜のキャラクターがHPにあるので、この竜がネッピーくんかな?写真は、ネッピー館から北上したところの鹿児島湾の風景です。

 

DSC00816.JPG

 

で、ネッピー館には宿泊施設とレストラン雄川というお食事どころがあります。お食事どころに行くとそこで目に付いたのが、かんぱち丼(880円)。鹿児島ブランド認定魚ねじめ黄金かんぱちがたっぷりのった丼です。右にあるのは、雲丹ではなくって、かんぱちの照り焼き。かんぱちの骨でだしを取った醤油味で照り焼きにしてあります。これはおいしい!ご飯も好みの酢飯でした!私にはちょうどよい量でしたが、メンズたちは少し量が足りなかった模様。大盛り料金設定してもらえるとうれしいですね。初めての大隅半島。おいしいものを食べたので、大好きになりました。→単純笑<YA>

 

ねじめ温泉・ネッピー館

鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南732番地
TEL:0994-24-5300

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lapp11.jpg

東京・日本橋。江戸の起点であると同時に日本の中心地。都市高速が橋の上を通っており風情も何もないが、ここを以前の雰囲気を少しでも出そうとか首都高速を地下を通そうとか色んなプロジェクトの構想はあるようである。


もう少し北へ上がると、日本橋三越がある。川を渡って2本目の道を右折してしばらくいった右側に、本日訪れるフレンチレストランLA PAIX(ラペ)がある。ラペは2014年10月オープンなので4年弱。昨年ミシュラン一つ星を獲得し、勢いに乗る東京フレンチレストランの一つといっていいでしょう。

 

 

lapp10.jpg

ビルの1階にモダンな入口があります。ラペは20席ほどの小さなフレンチレストラン。隠れ家的雰囲気にふさわしい。シェフの松本一平さんは和歌山県生まれで京風おでん割烹を営む実家に育ち、六本木レストランから渡欧、ベルギーのミシュランレストランでの勤務の後、2004年から約10年間、日本橋「オーグードゥジュールメルヴェイユ」にて初代シェフを務める。

 

 

lapp12.jpg

フレンチレストランに入店する時は、気持ちが高まる。LA PAIXとはフランス語で平和という意味。いつも穏やかな心をもって人とひととの温かなつながりを大切に調和のとれたお料理や空間をご用意し日々、お客さまをお迎えしたいという意味が込められれているという。

 

 

lapp13.jpg

こちらの階段を下りていくとお店の空間が広がっています。


 

lapp14.jpg

奥に半個室。手前にテーブル席。こじんまりした空間ですが 和のテイストを重んじたラペのガストロノミーフレンチを楽しめる空間がここにあります。

 

 

lapp15.jpg

今日は6人で訪問。ワインを数本飲むには一番いいと思います。

 

(ワイン編)

lapp16.jpg

シャンパン

BOLLINGER(ボランジェ) SPECIAL CUVEE BRUT   

きめの細かい上質な泡。優しいイースト香とほんのり甘い日だまりのような香り。穏やかなアロマとは対照的に、飲むときゅっと引き締まったレモンやオレンジを思わせる酸味が効いており、ふくよかで伸びやかなボディがあります。余韻も長く、エレガントな飲みごたえのあるシャンパーニュです。 (ENOTECA) (13)

 

lap1.jpg

白ワイン

2016 SANCERRE    LE MD DE BOURGEOIS  HENRI BOURGEOIS  サンセール ル・モンダネ ド・ブルジョワ

この時期特に美味しい、ロワール サンセールの ソーヴィニヨンブラン100%の白ワイン

完熟した葡萄を感じさせるエキゾチックな香り、そしてフルーティーなミネラル感のある芳醇な香りを備えます。魚、白身の肉、特にマンステールチーズ、子牛の薄切り肉などと好相性をみせる。10?12℃前後で、その偉大な個性を十二分に発揮し、3?5年の瓶内熟成で、さらにまろやかな旨味や複雑さが出てくる。 

 

 

lapp5.jpg

赤ワイン ブルゴーニュ

2008 NUITS-ST-GEORGES LES PRULIERS

今まで何度も飲んだことあります。最初は、え・・・と思いましたがデキャンタージュしておくとさすが

 

 

 

lapp9.jpg

赤ワイン ボルドー

ブルゴーニュワイン(ピノノワール)はカベルネ系ワインが好きな人にとっては、「薄い」という人がいるので、次のチョイスは無難にポイントが高い

 2014 CHATEAU CARMAILHAC シャトー・ダルマイヤック 5級

ダルマイヤックが所有する約69haの畑は、ポイヤック村の内陸側に位置し、ボルドーワインの最高峰ともいえる2つのシャトーに囲まれた素晴らしい立地です。1つはメドック格付け第1級のシャトー・ムートン・ロスチャイルド。そしてもう1つは、メドック格付け第5級ながら、いまやトップシャトーに名を連ねているシャトー・ポンテ・カネ。これらのポイヤックを代表する一流シャトーに挟まれたシャトー・ダルマイヤックは、なだらかな丘陸の日当たりが良い位置に建ち、申し分ないテロワールと言えます。(ENOTECA) (14)

 

 

lapp21.jpg

デザートワインとして スデュイロー。

ソーテルヌワインを 初めて飲んだ人はどうもお気に入りのようでした。それにデザートワインまでいくと締りますね。



料理編は明日に

 

食べログ(掲載時点 4.32)

このページのトップへ

2018年8月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

htsn8.jpg

2014年にオープンした羽田空港のHitoshinaya (ひとしなや)に来ました。こちらは第一旅客ターミナル(JAL)の出発ロビーにあります。東北方面のロビーで中央広場より北にあります。九州方面を利用することが多い我々は利用することが少ない側ですが、歩けばすぐなんです。

 

 

htsn6.jpg

ひとしなやは3つのお店が入っています。「あさごはん」「どんぶり」「らーめん」それぞれカウンター。あさごはんは5:30からオープンして早朝の出発にも対応しています。一日中あさごはんが食べれるんですが。


スペースもあさごはんが一番広い。和食の基本となるだしを追求した和食専門店です。それぞれのお店はガラスで仕切られていてオープンな感じです。それぞれのお店は2,3品しかメニューがない。だから入店前に決めないと「どんぶり専門店」ならカツ丼はあるだろうとかそんな気持ちで入ると「え・・・・」と思うかもです。

 

 

htsn9.jpg

店の入り口にはタブレットのメニューだから、表示されるのを待つのがじれったい。

 

 

htsn7.jpg

どの店にしようかと思って、「どんぶり」を選択。

 

 

htsn10.jpg

3品しかメニューがない。親子丼、高原豚麹焼きとローストビーフ丼

メニューが少ないから悩むこともあまりない。

 

 

htsn1.jpg

高原豚麹炙り焼き 出汁あんかけ丼 1204円(税別)にしましょう。

注文と同時に店内のグリルで肉2枚を焼き始められました。提供までの時間は短そうです。

 

 

htsn2.jpg

ご飯の上に豚肉2枚、出しあんかけ そしてニンニクチップとネギ。至ってシンプルな料理です。

 

 

htsn3.jpg

この出し汁が味が濃いおかげでご飯が進みます。

具材が少ないので少しさみしい感じはします。

いわば上品なチャーシュー丼みたいな感じですね。


 

htsn4.jpg

味噌汁はご汁と書いてあるけど、忘れてしまいました。

 

 

htsn5.jpg

比較的軽めの丼だと思いました。羽田空港内のレストランも飽きてきましたが、つぎは「あさごはん」に行ってみたいと思いました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年8月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー