九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年7月アーカイブ

2018年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00588.JPG

熊本市東区保田窪に、とってもかわいいクッキー屋さんを発見しました。その名もエミズクッキーさん。建物の雰囲気からとってもステキ。土砂降りの後だったので、緑が雨に洗われてきれいです。

 

DSC00617.JPG

店内に入るとクッキーのとってもいい香り。撮影NGでしたので、写真を撮ることはできませんでしたが、「大草原の小さな家」のインガルスファミリーが住んでいそうな雰囲気。(→はい。たとえが古いです。)ステキな雑貨が置いてあったり、カフェコーナーもあり、その場でお茶とお菓子を楽しむことができます。また超かわいいアイシングクッキーがいっぱい売ってあり、見るだけでワクワクします。大好きなスノーボールクッキーがあったので、迷わず購入しました。下にあるのは、コーヒーです。豆で購入しました。

 

DSC00620.JPG

 

大好物のスノーボール。かなり粉砂糖たっぷりめ。あまーくておいしいです。コーヒーと一緒にいただくと至福のひととき。アイシングクッキーは、食べるのがもったいなく感じてしまいますが、スノーボールならば、ぱくっと2コ一気に平らげました。次もこれを買おう。

それにしてもここのアイシングクッキーは、すごくオリジナリティが高いと思います。かわいいだけじゃなくって、なんだか味というかスタイルというかおオシャレさがあるのです。子どもから大人までいろんなニーズに対応でき、結婚式やパーティーなどのおみやげにもぴったりじゃないでしょうか。HPにいろんなアイシングクッキーをたくさんアップされているので、是非見てみてください。オーダーとかも受け付けておられるようですよ!

<YA>

エミズクッキー

熊本市東区保田窪4丁目14-103

096-382-5930

 

このページのトップへ

2018年7月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tmke8.jpg

田迎 CURRY&MEATに。昨日は隣の天真屋さんで和食をいただきました。(昨日の記事)その時気になったので早速翌日訪問。こちらのカレー屋さんは2018年4月3日オープン。天真屋さんの同系列です。駐車場は天真屋さんと共通ですからかなりたっぷりあります。場所は旧浜線沿い。

 

 

tmke9.jpg

カレーのランチとステーキのランチ。カレーはインド風。バターチキン、山椒牛キーマカリー、オリジナルカレー(今日は牛タン)の3種類があります。一度に3種類というのは無理なよう。

 

 

tmke3.jpg

1階は7席カウンター。2階にはテーブル席。夜は一人焼肉もできるようカウンターの前にグリルがあります。

 

 

tmke1.jpg

せっかくなので ハーフアンドハーフ 980円 で2種類を一度にということで、キーマ+月替り(牛タン)にすることに。今気づきましたがサラダ・ラッシーのセットもあるんですね。

 

 


 

 

tmke2.jpg

ステーキランチもあります。今度200gくらい食べてみようかな。

 

 

tmke4.jpg

以外とすぐ到着。

ターメリックライスを中心にして2種類入ってます。

 

tmke5.jpg

こちらはキーマ。和風山椒牛キーマカリー 清涼感たっぷりと書いてあるカレーということです。

 

 

tmke7.jpgこちらのキーマは辛いんですが、さっぱり味で美味しい。両方まぜても食べましたが、キーマカレーの方が気に入りました。ということで次回はキーマカリーだけのを食べてみます。半熟卵も付いているようなので。

 

食べログ(掲載時点採点なし)


ホームページ

このページのトップへ

2018年7月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uome13.jpg

田迎の旧浜線沿いにある、旬菜魚麺図 天真屋にランチに行ってみました。場所は浜線とけやき通りの交差するヒライのある交差点から100メートルほど中心部寄りにあります。大きな倉庫みたいな建物ですので、すぐわかりますし駐車場も店の前と奥にもあります。はじめての訪問です。旧浜線は混むのであまり使うことが少ないです。

 

 

uome12.jpg

店内は2階建ての構造で天井が高い。こちらは居酒屋のれんこんグループの1店です。

 

 

uome1.jpg

メニューは十割そばとのセットメニューや丼(カツ丼や海鮮丼)とのセット、天ぷらとのセットとか沢山あって全部は掲載しきれないので、ホームページを見ていただく方がよいと思います。というかメニューが沢山だ。蕎麦の単品とかアンダー1000円のメニューも結構あります。

 

 

uome2.jpg

十割そばとグルテンフリーのメインの組み合わせといえば、少なかった。

肥後うまか赤鶏 しっとり胸肉 塩麹焼きと天草天然刺身 十割蕎麦定食 1280円(税込)

これにした。

十割そばは店で挽いてそばにしていると書いてあった。十割そばはグルテンフリーだ。


 

 

uome6.jpg

キャベツサラダは食べ放題

 

 

uome3.jpg

熊本菊陽人参で自分でジューサーでジュースを作っていただける。面白いサービスだ。中嶋農法による人参。やってみよう。

 

 

uome4.jpg

カットされた人参が準備されているので

 

 

uome5.jpg

人参を入れてジュースにする。

 

 

uome7.jpg

3本分にしておいた。氷を入れたのでそんなに量はない。はじめてなので味もわからないし。

思ったより苦みもなく飲みやすいジュースだった。今度来たときはもっと増やしてみよう。

 

 

uome8.jpg

そうこうしていたら定食到着。

結構なボリュームだ。そばはやけに大きな器に入っている。

 

 

uome9.jpg

さっぱりした胸肉。

 

 

uome10.jpg

ぶり、まんだい(赤まんぼう)、たこ の刺身。

 

 

uome11.jpg

久しぶりに十割そばをいただいた。しかし食べてもこれが十割か2・8かはわからない。蕎麦はわからないものだ。お店の隣には系列のカレー屋さんがあるので、今度訪問してみよう。

 

YAさんの最近の記事

コスパ抜群!旬菜魚麺図天眞屋 ニンジンジュースでヘルシー

ニンジンジュースと海の幸 熊本市南区田迎 旬菜魚麺図天眞屋

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

ホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月17日 Posted time : 00:54 | Category : 熊本グルメ情報

DSC00348.JPG

甲佐町にあるやな場に行きました。ここは諸説あるようですが、細川藩のお殿様がアユを楽しんだ場所として知られる由緒ある場所。竹を編んだやなであゆをとる昔ながらのやり方を見ながら、アユ料理を愉しむことが出来ます。今の時期はのぼりあゆの時期なので、やなに引っかかることはあまりないそうですが、落ちアユの季節になると、この竹の上にアユがとれるのだそうですよ。建物もかやぶきの東屋でとても風情があります。何より、水の音がずっと聞こえてきて、心と体が癒やされていくのがわかります。

 

DSC00356.JPG

こちらがお目当てのアユです。手前が塩焼き、奥が味噌焼きだったかな。塩焼きの方はたで酢といわれる酢につけていただきます。たでって「たで食う虫もすきずき」の「たで」です。どちらもそれぞれ香ばしくって、おいしいですが、私が特に感動したのは、味噌バージョン!甘辛味と、あゆがとても合います。あゆって、香魚と呼ばれ、とても香りがよい魚として知られていますが、いろいろ調べていたらきゅうりの香りがすると書かれているモノが多いのですね!コケとか藻とかを食べるから、身自体がそのような香りになるのでしょう。キュウリって言われてみればそうだけど、違うっていわれてみれば違うような気もします(笑)。

甲佐町のやなばは期間限定のオープンで、11月30日までとなっています。土日はにぎわうので、予約してから訪ねた方がベターです。せっかく甲佐に行くならば、以前ご紹介した甲佐町のかき氷のモリチクさんと抱き合わせで訪ねてみたいなあと思いました。<YA>

甲佐町 やな場 

上益城郡甲佐町豊内

096(234)0125 

 

このページのトップへ

2018年7月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

eqp11.jpg

週末にファミリーで南坪井にある、イクイップメントフロアに来ました。催事などでカレーショップを出店されていることも知っていたのですが、お店に来るのは初めてです。子供たちは来たことがあるようです。外観は雑貨屋さん風。正面は広町に面していて、脇道のほうに入口があります。

 

 

eqp12.jpg

カレーやアジア料理が美味しいお店とのこと。今日はカレーにしてみるか。若いカップルにも人気なのかなぁ、数組来店。

 

 

eqp1.jpg

入口のカード。オムキーマカレー・スパイシーチキンカレー・日替わりお弁当。オードブルも予約であるようですね。店内はアジアン風インテリアです。ふわっとゆるい空気感がある感じで女性の一人客でも入りやすい雰囲気があります。

 

 

eqp2.jpg

店内のボード。

日替りのメニューが。

日替わりご飯は チキンと野菜の塩レモングリル

カレーは チキンと夏野菜のイエローカレー

アジアご飯はべトナム風冷麺(フォー)

 

 

eqp3.jpg

カレーも数種類ありますね。

サラダ・ドリンク付き 980円メニューで

マイルドキーマカレー、スパイシーチキンカレー、日替りカレー 1080円メニューで オムキーマチーズ入り

 

 

eqp4.jpg

セットドリンクも選べる幅が広い。

 

私はスパイシーチキンカレーに決定。

 

eqp5.jpg

サラダを食べて

 

 

eqp6.jpg

こちらは奥さんの日替り定食ランチ 980円

メインのほか3種類の副菜がついています。スープはないです。


 

eqp7.jpg

子供はお子様ランチなどもう選ぶこともなく、大人と同じ。アジアンご飯ランチ(フォー)デザート付 1280円。パクチーを美味しいと言ってパクパク食べる味覚の幅を持っているにも関わらず、トマトは嫌いだとーー

 

 

eqp8.jpg

下の子供はキーマカレー。デザート付 1180円。水分も多めのキーマカレーで半熟卵を混ぜるとマイルドになるためか、普通に食べてました。私も少し食べましたが美味しかった。

 

 

eqp9.jpg

スパイシーチキンカレー サラダ・ドリンク付 980円

手羽元の肉がホロホロ取れるし、スパイシーだけど美味しく、沢山の野菜から出てきたエキスが入っている感じ。本格的に作ってありますね。カレーはテイクアウトもできるようです。激辛でもなくて本当に食べやすくて美味しい。こういう味のカレーってどんどん食べすすめますね。スパイスマジックです。

 

 

eqp10.jpg

コーヒーをいただく。

 

当デックスブログブロガーのYAさんも気に入りのようです。


熊本市中央区坪井イクイップメントフロア オムキーマチーズ入りカレー

 

熊本市中央区南坪井町 町中なのに、隠れ家的カフェ♪イクイップメントフロア

 

 

食べログ(掲載時点 3.19)

このページのトップへ

2018年7月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rubur12.jpg

会社からほど近い、江越にある「フランス食堂 ル・ブリアン」に来てみました。2018年4月30日オープンですから、まだ比較的ニューです。ピンクの建物の色西松屋の隣です。こちらは以前もビストロがあって、いままで何度が店舗が変わっています。

 

 

rubur13.jpg

駐車場は店の前4台分のみ。となりの中津からあげもり山さんとは駐車場が共有していませんので、ご注意を。

 

 

rubur1.jpg

ランチメニューはそれぞれは日替り。

詳細のメニューは店内。


 

rubur2.jpg

こちらに来たのは今から10年くらい前にイタリアンだった時以来かもしれません。20名少しのキャパ。カウンターは4席。

 

 

rubur3.jpg

カレーにも惹かれますが、ここは一番人気と思われるチョイスメニューにしてみます。肉か魚がチョイスということです。ランチコースは前菜・スープ・パンorライス・メイン・デザートで 1500円 税込ですから、結構価値あるかも。

 

 

rubur5.jpg

ということで1品目はサラダ。しっかりボリュームサラダ。

 

 

rubur6.jpg

タコとトマトキュウリのマリネ ローストポークのタルタル

しっかり具材の入ったサラダ マリネ。

 

 

rubur7.jpg

新玉ねぎの冷製スープ。冷たく甘味のあるスープです。スープを飲んでいくとお腹がふくれてきます。ライスかパンが付きますが私は今日は両方パス。

 

 

rubur8.jpg

メインは 魚を選択し コショウダイのコンフィ 粒マスタードソース

みた感じ、味の濃い濃厚なソースを想像しましたが、そうでもなかったです。

 

 

rubur9.jpg

もう少し温かいと美味しいかなぁと思いましたが、ボリューム的にも満足です。

 

rubur4.jpg

飲み物はコースには付いておらず、別。

デザートはバナナのキャラメリゼ、パイナップルのソルベ (写真撮り忘れ)が付いているのですが、クレームブリュレが食べたくなったので、別(450円)で注文。

 

 

rubur10.jpg

 

 

rubur11.jpg

今日はそんなにお腹がすいていなかったのか、結構お腹一杯になりました。1500円で サラダ・スープ・パン・メイン・デザートならばコストパフォーマンスは良いと思います。(今日は別デザートで1950円)

今日もそうでしたが、お昼はいつも女性が多いお店だと推測します。

 


食べログ(掲載時点採点なし)

 

ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月15日 Posted time : 00:53 | Category : 熊本グルメ情報

DSC09123.JPG

 

ずっと入ってみたかった純喫茶「ラフタイム」さん。ツタヤ三年坂とダイソーにはさまれた場所の地下にあります。これまでなかなか勇気がなくって行くことができませんでしたが、知り合いの男性が行きつけらしく、ついていきました。中に入ると、女性客はゼロ、男性のオアシスのようです、インテリアは、昭和時代そのままのブラウンを基調とした渋い空間。タイムスリップしたかのような雰囲気が、おじさんたちの心を離さないのでしょう。そして、喫煙している男性の多いことといったら。喫煙可ってところが、厚い支持を得ているのでしょうね。タバコのにおいがする喫茶店、久しぶり。昔の喫茶店は、こんなにおいだったなあとなんだかなつかしむ。それはそれで、いい感じです。

頼んだのは、ホットサンドウィッチセット。お店の方から「耳アリ?耳ナシ?」といわれ、耳なしに。正しいホットサンドです。

 

DSC09126.JPG

ホットサンドとコーヒー。めっちゃ合いますね!一人で行く勇気はないけど、40から50台の男性(特に喫煙者)は、是非是非足を運んでいただきたい喫茶店でした。ふと思い出したのが、昔通っていた喫茶店焙炉。上通のオムライスが有名な喫茶店です。ホイロ、まだタバコのにおいが充満しているのだろうか。今度行ってみようかな。

 

ラフタイム

熊本市中央区安政町1-5 赤坂ビル B1F

096-356-8077

このページのトップへ

2018年7月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレス ブログに年に何度か登場するジャルディーノ。掲載しない場合もありますので、それ以上の回数は訪問していることに。特にランチ訪問が多いのですが、特にリピーターさんでにぎわっている印象。1000円でかなりのコスパランチなんです。今回は家族で1年弱ぶりにディナーで訪問。


 

jaljal6.jpg

セグレタ 2016 の白ワインをボトルで コスパのいいワインだ。

 

 

jaljal8.jpg

メニューは手書きの物以外にもありますので、結構色々。

 

 

jaljal5.jpg

15種のハウスサラダ 780円 15種というだけあって色んな野菜が入ってます。

 

 

jaljal4.jpg

小海老のニンニクオリーブオイル煮  870円

アヒージョですね。これも頼むことが多いメニュー。

 

 

jaljal1.jpg

鮑(あわび)のバター肝ソースソテー 1620円

濃厚なバター味のあわび。白ワインと合いますね。

 

 

jaljal3.jpg

フィッシュアンドチップス 670円

 

 

jaljal2.jpg

何か忘れてしまったなー。ハーフアンドハーフのピザ。

 

 

jaljal7.jpg

パンチェッタとハーブのペペロンチーノ グルテンフリー麺にチェンジ。

GENKIDOのグルテンフリーパスタは普通のパスタとほぼ同じ食感で美味しい。

 

食べログ(掲載時点 3.28)

 

 

このページのトップへ

2018年7月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ncui1.jpg

並木坂にあるチャオリーにランチに来ました。こちらはヌーベルシノワのお店です。ヌーベルシノワってなんかフレンチみたいだと思いますが、そうですね。ヌーベルキュイジーヌ(新しいフランス料理)に習い、1980年代に香港あたりで流行しはじめた料理です。ヌーベルシノワとは新しい中華料理という意味で使用される造語です。何が新しいって伝統的中華料理より油を少なくしてあっさり目にして盛り付けにも気を配った感じ。

 

 

 

ncui3.jpg

店内は1階と2階。1階は15席ほど。2階はもう少し広いらしい。

 

 

ncui2.jpg

担担麺が有名らしくて、YAさんもたまに食べにくるようですね。

私は麺は食べないので、週替りランチ(AからD)から選びます。 800円とは高くない。低カロリーが良かったので、C カニと春雨のあっさり煮にします。

 

 

ncui4.jpg

15分ほどして到着。

ご飯、メイン、スープ、タピオカ、お新香


 

ncui5.jpg

鶏ガラスープの春雨煮です。ご飯のおかずというより、本当にあっさりしていて、単品で太平燕みたいに食べてしまい、ご飯はだいぶ残しちゃいました。

メニュー表をよく見なかったのでわかりませんでしたが、ダブルランチというのは2品選べるということでしょうね、1品・・800円、2品・・・1100円 と書いてあればわかりやすいかも。次回どういうものかチャレンジしてみます。

 

 

ncui6.jpg

スープ。

 

熊本市中央区上通町 俏麗(チャオリー) 担々麺

 

食べログ(掲載時点 3.08)

このページのトップへ

2018年7月13日 Posted time : 00:40 | Category : D@EXコラム

IMG_0259.jpgアヤムベトゥトゥ?。という不思議な名前の料理を食べました。鶏のお腹にいろいろなスパイスを詰めて蒸したバリの伝統的な料理なのだそう。「アヤム・ベトゥトゥ・カス・ギリマヌク」さんというチェーン店が有名とのことで、行きました。 

店内は、ローカルの人達でごったがえしていて、人気のほどが伺えます。ナイフを入れるとほろりと崩れるくらいに柔らかく煮込まれていて、口に入れると、ターメリックやショウガ、ニンニクなど複雑なスパイスが香ります。とても美味しいのですが、これはかなり辛い!辛いのが苦手な方は、アヤム・ベトゥトゥ・ゴレンと言う揚げたタイプのベトゥトゥがオススメです。

 

IMG_0258.jpg

町をぶらぶらすると、お花屋さんなどもあります。神様の島なので、お供え用です。

 

IMG_0260.jpg

ウルワツ寺院にケチャックダンスを観にいきました。ウルワツ寺院は、海辺に立っていて夕日の時間は、すごくきれいです。日暮れとともに始まるケチャックダンス。不思議な世界観。満員御礼です。

IMG_0261.jpg

 チャッチャッチャッといいながら、ラマヤナ物語を、時に悲しく時に笑いとともに紹介してくれます。このおサルさん顔はこわいんですけど、笑わかせてくれました。子どもは怖がっていましたが(笑)。バリの夜は更けていきますが、カーチャーターにお願いすると、リーズナブルな価格ででいろんなところに連れて行ってくれます。訪ねたすべての場所が、印象に残り、普通ならば、今度は違うところに行こうと思うものですけれども、次も同じところを回りたいと思わせてくれる島でした。<YA>

 

このページのトップへ

2018年7月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ミシュランガイド熊本・大分2018 特別版

 (2018年7月13日 発売)

 


にて ビブグルマン (3500円以下でコストパフォーマンスの高いレストラン)に選ばれています、

 

 

ヨダレカレー を掲載します。すごくインパクトがあって名前を聞いたら忘れない。

ヨダレが出るほどうまいカレー です


 

今回は弊社情報誌ダイニングエクスプレス VOL33 「うまかもん」とのコラボ企画で 写真は7月上旬に実際に私が食べに行ったときのもの、文章はダイニングエクスプレス掲載のものを使用しています。

 

ydr10.jpg

オープンの12時前に行列が出来るのは当たり前とか

 

行列のできるカレー屋さん 

 


ヨダレカレーは熊本市南区田井島、平成とうや病院の斜め向かいにあります。お店は黄色1色で塗られた壁と赤い文字で書かれた看板のおかげで遠くから離れていても一目瞭然です。何よりの目印は昼時にカレーを食べるためにお店の外で溢れ返るお客さんではないかと思います。ランチでカレーが完売することも多々あり、連日県内だけではなく他県からのお客様もその噂を聞きつけてお店にやってくるのだとか。店内に入るとカレーのスパイスの香りが漂い、食欲を刺激します。また、壁にはたくさんの張り紙や雑貨が置いてあり、カレーを待っている間も楽しめるお店になっています。


 

 ydr11.jpg

行列がなくなった瞬間を撮影。またすぐ行列に

 

こだわりのカレー 

 


カレーのメニューは4種類あり、好きなカレーを単品(1種類)750円?、あいがけ(2種類)850円、混盛り(3種類)950円から選びます。(4種類がけカレーはメニューには無いようですが時間がある時に注文すると作りますとおっしゃっていました)


 4種類のカレーは時期によって変わるので行くたびにメニューが違うこともあるようです。今回の取材では花山椒と豆板醤がピリっときいた(マーラー)ポークキーマ、魚介がぎゅっと凝縮されたシーフードカレー、コクのある優しい味のバターチキンカレー、ハバネロを使用したパンチのあるハバチキキーマの4種類でした。(ダイニングエクスプレス雑誌取材当時のメニュー)

 

どれも辛さを控えめに作ってあり、とても食べやすいカレーになっています。SNS映えする見た目だけでなく、思わず笑みがこぼれてしまう程美味しいカレーです。さらに、カレーだけでなくカレーの上に乗っている副菜も手作りで、「美味しい!カレーに合いそう!」と思えば、料理のジャンルを問わずにアイディアを取り入れているそうです。また、お米はヨダレカレー専用米を奥さんのご両親と一緒に作っており、こだわり尽くしの愛情たっぷりカレーです。


 

 ydr3.jpg

カウンター席の上には色んな雑貨が並べられて店内も楽しい感じ

 

 

ydr1.jpg

メニューはたまに変わります。今日は4種類から。3種類を選ぶのも楽しい

 

 ヨダレカレー誕生の秘話 

 


店主の坂本さんは料理を作ることが好きで和洋中さまざまな飲食店で10年ほど働いていたそうです。ある日のまかないで、とても食べられるものではないくらい美味しくないカレーを作ってしまいます。失敗することは無いと思っていたカレーの難しさ・奥の深さに魅了された坂本さんは、それをきっかけに独学して、カレー屋をはじめることを決意。カレー屋をすることを聞いて奥さんは、「美味しい料理を作れるこの人なら大丈夫!」と後押しし、夫婦でお店を出すことになったそうです。

 


お店は熊本市西区で出す予定でしたがその直後に起きた熊本地震のために移動せざるを得ない状況に。ちょうど空き店舗があった熊本市南区田井島に場所を移し、「ヨダレカレー」が誕生しました。ここで疑問が。なぜ店名がヨダレカレーなのか?よだれが出るほど美味しいカレーという意味なのか?いえいえ、違うんです。テレビの食べ歩き番組を観ていたときに「よだれ鶏」が紹介されており、「よだれってつけるだけで美味しそうになるな・・・」ということでカレーにヨダレをつけて「ヨダレカレー」に決めたそうです。よだれが出るほど美味しいカレーは後付けのようですね。

 

 

 

 

  ydr2.jpg

メニューはクリック拡大、戻る

 

 

ydr5.jpg

サラダのドレッシングも美味しい

 

 カレーの修業は大阪

 


実はよだれカレーの一皿にカレーのルゥを複数かけるスタイルは大阪にあるカレーをヒントに作ったものなのです。当時、カレーのルゥをあいがけするスタイルを熊本では誰もやっていなかったことから熊本でもやってみようと決心した坂本さん。大阪は熊本以上にカレーの激戦区ということで今でも半年に一回はお店を閉めて夫婦で大阪へ修業に行き、カレーを食べ歩くそうで、お客様が飽きないために新しいカレーのネタを探しています。修業の日はお店の入り口に「カレー修業のため長期休暇を頂きます」の張り紙が・・・。これを見たら残念ながら食べれなかった人も、つい笑って許してしまいそうですね!こうした修業の末、坂本さんが考案したカレーの種類はなんと30種類程。まだお店に出していないカレーもあるようです。


 

 

   ydr4.jpg

野菜出し汁のチーズカレー、チリポークキーマカレー、牛ビーフカレーの3つを選びました。

 


ydr7.jpg

3種類もカレーが乗っていると嬉しいわー

 


ydr6.jpg

違う人はタマチキポークカレーを選択。うずらも入っています。

 

 

 

ydr8.jpg

1皿にスパイスを繋げる 

 


ヨダレカレーではカレーのおススメの食べ方に「すべてのカレーを混ぜ合わせて食べる」とあります。「混ぜ合わせたら美味しくないのでは・・・?」という私の不安をぶつけると坂本さんが、DJからカレー屋になった方に言われたお話をしてくださいました。

 


「音楽もスパイスも同じ。音から音へ繋ぎ合わせるようにスパイスも音階に分け、お皿でスパイスが喧嘩しないように相性のいいスパイス同士を繋げる。3つの音(味)で1つの音(味)を出すようにカレーを作ることが大事。」この話を聞いて感動した坂本さんは、4種類のカレーのどれを合わせてもスパイスの相性がいいように考えて作っています。スパイスを音に例える・・・カレーの奥の深さに驚嘆です。


 

 

ydr9.jpg

今後は・・・

 


「どうしても複数のカレーを出すと提供に時間がかかってしまい、お客様にも迷惑をかけてしまうことも。今後は4種類から選べるカレーではなく1つのメニューのみで1皿に全力を注ぐカレーを作って、型にはまらずにこういうカレーもあったんだと思わせるカレーを作ってみたい。右を向けと言われたら左を向くカレー屋を目指します。」と話す坂本さん。常に進化し続けるヨダレカレーに今後も目が離せません。


今回の取材を通して、震災を乗り越え、夫婦二人三脚で1から作り上げたお店と知り、胸が熱くなると同時に、自分も「頑張らなくては」という気持ちがふつふつと湧いてきました。また、仲の良いご夫婦のカレーに対する熱い想いと、人を笑顔にする暖かい人柄に私もすっかりヨダレカレーの虜になりました。ヨダレカレーが誕生して約1年半。これから益々人気店になること間違いなしです。ぜひ皆さんも絶品カレーを食べにヨダレカレーへ行かれてはいかがでしょうか。 (文章 M.S.)

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

soyma7.jpg

最近ずっとパッタイ(タイ風焼きそば)が食べたくて仕方がありません。ということで半年ぶりに来てみました。ソイマーニー。

 

 

soyma1.jpg

今日は一番奥の席に座りました。こちらカウンター以外は4席のテーブルしかないんですね。

 

 

soyma2.jpg

パッタイが・・・・パッタイがない。イエローカレーに変わっている。

お店の人に「パッタイは」

「今週はないんですよ」 わざわざ作ってくれるわけないか

 

まぁ、お店を出て次のパッタイ屋を探せるほどパッタイはどこにでもあるわけではないので

今日はガパオガイライスにします。

 

 

soyma3.jpg

サラダと海苔のスープをいただいて待ちます。

パッタイが食べたい。頭の中から離れません。


 

soyma4.jpg「ガパオライス」とは、タイの定番料理で簡単にいうと「鶏肉のバジル炒めご飯」。

私が食べたことのあるものより、チキンの一つ一つが大きいな。そぼろ風になっているところもあるので。タイでいただくのよりだいぶ日本人の口にあうように修正されているガパオ。


 

soyma5.jpg

まぜまぜしていただくのがタイ風。今日は中辛でお願いしてみました。卵がご飯を覆っています。

 

 

soyma6.jpg

箸で卵を割ってから撮影。この方がシズル感がでて美味しそうですね。中辛でしたがさほど辛くなく、途中ナンプラーで味付けを変えていただきました。久しぶりにガパオもいいけど、これを食べたいと思って違う食べ物に変更した時って少し残念ですね。

 

ガパオライス。家庭で簡単においしくできました! (YAさんブログ、イナバの缶詰めでガパオライス)

 

熊本市中央区九品寺 絶品タイ料理店 ソイマーニー

 

ソイマニー アジア(タイ)料理 熊本市九品寺

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月11日 Posted time : 00:37 | Category : D@EXコラム

IMG_0256.jpg

スミニャックは、たくさんの店が並ぶショッピングエリアで、ぶらぶら歩きながらアタバックや民芸品など、いろんなお店が軒を連ねています。そのエリアにあるのが、ジェラートファクトリーです。いろんなジェラートがいっぱい!熱い!歩きつかれた!そんなときは、吸い寄せられるように入ってしまいます。

IMG_0255.jpg

ミントとベリーのジェラートとスイカジュースに生き返ります。店内もとてもかわいくって、インスタ映えスポットとしても有名なのだそうです。

IMG_0252.jpg

この日の午前中に見たバロンダンス。バロンとは聖獣で、ヒンドゥー教の物語が演じられます。ダンスと喜劇と盛りだくさん。ガムランの音色がとてもエキゾチックで、得がたい異文化体験でした。この指のそり具合がプロです。<YA>

このページのトップへ

2018年7月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

oykd1.jpg

創業明治10年、熊本では有名なのでは。そば屋のイメージが強いのですが、うどん・そば・丼なんでもあります。

藤崎宮に近いため年末めちゃくちゃ混むイメージがあります。

 

「そばやさんで親子丼」を食べたくなって 頭に浮かんだこちらに来てみました。常連さん風な人が多いですね。ここには何度も来ていますが、親子丼を食べるのもはじめて。というかあまり親子丼たべないんです。東京のあべやさんくらいですね、食べるのは。

 

 

oykd2.jpg

牛丼というメニューもあるが肉丼もあり、ミニと普通の違いはご飯の量らしい。

今回は親子丼のミニにしてみます。

 

 

 

oykd3.jpg

イメージとまったく違うものが到着。

最初違うものが来たと思いました。

かなりたまごふわふわ丼だなぁ。

 

 

oykd4.jpg

はしでは食べれないんでしょう。スプーン必須。

 

 

oykd5.jpg

玉子をずらしてみると中に鶏肉、たまねぎなどが入っています。


そしてかなりのツユ。実は「ツユダク」というものが苦手でありまして。


そのものが美味しいとか美味しくないとかではなくて、牛丼もカツ丼もツユダクは箸が進みません。とり肉はだいぶいただきましたが、しばらく置いておいたらだいぶ汁をご飯が吸ってきました。子供がうどんでは足りないということなので、こちらの丼を食べさせました。私は追加でおにぎりをオーダー。ツユダクかどうかは最初に確認しないといけませんね。

 

YAさんもこちらのつゆダク親子丼食べられて結構好きなんですね。でもYAさんの時の方がつゆダクダクです

 

創業明治10年 広町の山本屋食堂 黄金の親子丼

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

山本屋食堂 ホームページ


 

 

このページのトップへ

2018年7月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kesn6.jpg

今日は魚の気分でしたので約5ケ月ぶりに国枝鮮魚店へ来ました。

 

 

kesn7.jpg

今日は前回に続いて弁当を食べたいと思います。

 

 

kesn1.jpg

弁当は 1280円で

本日のお刺身、のどぐろの塩焼き、なすとゴーヤの味噌炒め 肉じゃがなど・・・・

のどぐろまで付いているの。と思ったら 売り切れました。とのこと。


 

いつもはそこそこ人気の一番安い 680円の いわしのみりん焼き定食は 今日は人気がないようです。(9食限定)


 

そうなれば海鮮丼 のチョイス。多くの人が今日は 弁当・売り切れ・海鮮丼に流れていました。

 

kesn2.jpg

まあ沢山刺身が食べれるからいいんです。今日はご飯の上の刻み海苔は抜きでお願いしました。

 

 

kesn5.jpg

うに、いくら、たい、かんぱち、かに身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、たこ、マグロ、ほたて、しまあじ

13種類で豪華です。

 

 

kesn3.jpg

それぞれの魚も肉厚で。

ご飯が酢飯だと本当に嬉しいんですが、お寿司やさんではないからですね。

 

 

kesn4.jpg

この海鮮汁がいいんですよ。

今日は鯛とサーモンの身がたくさん入っていて、よく味の出た汁が美味しい。

 

 

食べログ(掲載時点 3.04)

 

国枝鮮魚店(3) 熊本市水道町 やっと弁当

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

国枝鮮魚店 熊本市水道町 多種の刺身を食べて満足。

 

 

このページのトップへ

2018年7月 9日 Posted time : 00:35 | Category : D@EXコラム

IMG_0264.jpg

バリ島で、食べたいグルメといえば、ミーゴレンもそのひとつ。ナシゴレンよりもミーゴレン(麺)の方が好きなので、あらゆる店でミーゴレンに挑戦しました。とてつもなく辛い料理も多い中で、ミーゴレンだったら、間違いなく許容範囲だとわかる安心感もよいですね。

こちらのミーゴレンは、MIE88という店のもの。「ミードゥラパンドゥラパン」と読むらしいのですが、「ミーパチパチ」と呼んでいました。「ミーパチパチ」は、チェーン店で、いろんなところにお店がありますが、リーズナブルな価格で、とてもおいしいインドネシア料理を食べることができる店だと地元の方にも評判らしいです。このミーゴレンも、あらゆるところで食べたミーゴレンの中で、もっともおいしいミーゴレンでした。ナシゴレンや海老のすり身揚げなど、いずれも間違いないおいしさです。

 

IMG_0253.jpg

こちらは、別のお店で食べたミーゴレン、サテ付き。見ての通りこちらは、UFOに焼き鳥乗っけた的な風合い(笑)。にしても、インドネシア料理は、日本人の口に合うのです。<YA>

このページのトップへ

2018年7月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikkn1.jpg

羽田空港で食事。JALは九州方面は南側ターミナルだから中央から南よりのレストランの利用が多いのですが、今日は時間も少しありましたので、東北・北海道方面への飛行機のターミナル北側テラス2Fに行ってみました。一休茶屋というお店に。牛タンと卵かけご飯のお店です。女性の一人客が多いですね(空港だからか)


こちらは羽田・千歳他でみかけるMMCオーガニックコーヒーの店舗を経営したりしている、三本コーヒーの経営です。



ikkn2.jpg

牛タン焼きは一番安くて 赤タン焼が1580円から。通常のタンは1980円

 

 

ikkn3.jpg

それに対して、卵かけ丼 550円がとても安く感じます。(当然)

卵かけご飯は羽田空港でもう1か所食べれる場所があります。

 

 

ikkn4.jpg

色々定食はあるので何にするか悩む所ですが

 

ikkn5.jpg

ネットで検索したら、牛タンの評判がいまいちさんのようなので、

たまには卵かけご飯も食べてみたいと思い


極だし すき焼き鍋 卵かけ丼セット 1660円に決定。

 

ikkn6.jpg

標準でも量が多いご飯と

ミニ鍋

すき焼き用のたまごとスープ

たまごかけ丼用のたまご2個(卵3個は多いよな)

 

 

ikkn7.jpg

フツーの鍋です。味もね。

 

ikkn8.jpg

この卵と卵かけ用ご飯と違う卵かどうかは全くわかりません。

 

 

ikkn9.jpg

卵かけご飯(TKG)は年に2度くらいしか食べませんが、私は黄身だけ派で、1個使っていただきました。この上から醤油。

ご飯の量がちょっと多かったけど完食しました。今日は結局飛行機が遅延で1時間も遅れて、結構疲れました。食べておいて良かった。


 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

 

このページのトップへ

2018年7月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

熊本発 中九州クボタの子会社株式会社熊本玄米研究所と株式会社トレードマークの合弁会社、玄米玄氣堂株式会社が2018年6月14日、渋谷区松濤にレストランをオープン。早速訪問してみました。

詳細の記事はここ

 

国内初「玄米ペースト」を使った グルテンフリー玄米パスタ&玄米パンの店

 

以前からこちらの玄米パスタやパンは食べてました。

玄気堂 玄米パン。グルテンフリーのパンも売ってます。大津町

 

gmg15.jpg

渋谷区松濤。高級住宅エリアです。東急渋谷から3分程度。このあたりもお店がちらほらあるんです。

 

 

gmg16.jpg

天気がいいからオープンテラスになっていて気持ちよさそうでした。オープンすぐ入店。

 

 

gmg14.jpg

東京ではこの手のお店も敏感な感度の方に支持されるんでしょうね。

 

 

agmg2.jpg

カウンターから道方面を。まだオープンしたてだけあって綺麗だし、オシャレな空間ですね。

 

 

agmg1.jpg

約50席あるので、結構広く。ホールの店員さんがきびきびと働いておられました。

 

 

agmg7.jpg

玄米からGENMAIへ。

 

 

agmg6.jpg

玄米は天然の完全食 食物繊維やギャバ、ビタミンB1、B6を多く含む栄養をとれると。

 

昼には夜メニューは頼めないとのことですが、メニューの料理開発は「野菜のバーニャカウダ」で一大旋風を巻き起こした「AWkitchen」の株式会社イートウォークの渡邉明氏が担当したらしいです。

 

agmg4.jpg

カナッペなどもヴィジュアルも良さそうです。

 

 

agmg5.jpg

アヒージョいいですねー。ワインも比較的手ごろなものから揃っています。

 

 

agmg12.jpg

熊本の食材が使われていますね。

 

あ、今日はランチでした。

ランチメニューから選びましょう


 

agmg3.jpg

パスタランチとリゾットランチ。

ここのはグルテンフリーだから大丈夫です。サラダ・パン付。

魚介とロメインレタスのジェノベーゼ にしました。

 

 

agmg8.jpg

サラダを頂き

 

 

agmg9.jpg

グルテンフリーのパン。これは熊本製造かな。

 

 

agmg10.jpg

パスタ。帆立、あさり、貝柱入り、ジェノベーゼの味もしっかり。


大人の男性には少し少ないかなと思いますが、大盛にもできるようです。

 

 

agmg11.jpg

最近のGENKIDOのグルテンフリーパスタは普通の小麦パスタとわからないくらい。

 

 

agmg13.jpgリゾットランチ から

明太子と彩り野菜 菜園風チーズリゾット

 

玄米の米粒の味がしっかりしていると思います。

 

熊本で玄米パスタ麺が食べたければ「ジャルディーノ」さんに。私もたまに訪問しています。

ジャルディーノ 熊本 好きなランチ。野菜沢山。

 

 

GENMAI GENKIDO HOMEPAGE

 

食べログ(まだ採点なし)

 

このページのトップへ

2018年7月 7日 Posted time : 00:38 | Category : D@EXコラム

 IMG_0262.jpg

バリ島で食べたいもののひとつにサテがあります。サテとは、焼き鳥のこと。正しくは、サテアヤムが焼き鳥で、サテカンピン(ヤギ)、サテリリ(魚)など、種類もいろいろあるみたいです。実は、ちょうどバリ島にいたとき、ガルンガンというお祭りの真っ最中でした。ガルンガンは、バリ島のお盆みたいなお祭りなのだそうで、まちのいたるところにペンジョールという背の高い飾り付けがなされ、風にふわふわ揺れています。で、このお祭りの時は、小さいお店はクローズしているところもあり、バリ島でサテリリのおいしい店を訪ねたのですが、閉まっており、食べることができませんでした。

こちらのサテアヤムは、ヌサドゥアエリアにあるショッピングモール「バリコレクション」内にあるロコカフェというレストランです。ピーナツソースにつけていただくサテは、絶品!雰囲気もいいし、味もおいしくって、少々お値段は張りますけど、次も行きたいお店です。

 

IMG_0263.jpg

ドリンクは、スイカジュース。何度飲んだかわからないくらいバリ島で飲みまくりました。すごくおいしいんです。

ロコカフェは、料理教室やホテル送迎などもなさっているみたい。そしてHPをチェックすると、JCBカード利用だと20パーセントオフになったらしい。カード使えばよかったな。<YA>

このページのトップへ

2018年7月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

業界関係者の会合があり、群馬県高崎市へ行きました。初めてです。新幹線で東京駅から50分。博多と熊本(つばめ)くらいの乗車時間です。でも高崎駅近辺は発展していますね、高島屋もありますびっくりしました。隣接の県庁所在地前橋が人口33.8万人、高崎が37.4万人。合計すると約70万人。熊本市(73万人)と同規模だということがわかります。面積自体は770km2に対し熊本は390km2ですが。

 

tksk12.jpg

懇親会場は駅の近くの交差点の角にある「高崎ワインバール」。普通にあるバールで地元のワインが置いてあるとかあるかもしれませんが、特に特徴はさほどないと思います。スタンディングチェアで、もう少し落ち着ける場所だと良かったのですが。

 

 

tksk1.jpg

料理も数はありますが、普通です。

 

 

tksk4.jpg

ですので、掲載はこれくらいにしといて。

 

 

tksk13.jpg

A.ZIRNHELT RIESLING (ツィルンヘルト リースリング)アルザス 4300

アルザスのリースリングは安くても冷やしていると美味しい。これは普通に1500くらいで買えるワインですが。

 

 

tksk2.jpg

カリフォルニアの ROBERT MONDAVI (ロバート モンダヴィ セレクション)

値段は忘れたけど、これも2千円アンダーで買える。

 

 

tksk3.jpg

770miles  california  cabernet sauvignon 3500yen

ワインを大分飲みました。2次会を挟んで、高崎ラーメンに行きたいという人に連れられ


 

tksk7.jpg

環七ラーメン

高崎でカンナナラーメンですか。環七ラーメンといえば、「土佐っ子」「なんでんかんでん」といった超人気ラーメン屋が東京の環7沿いにある黄金期に過ごしました。「背脂チャチャ系」です。熊本の「おんのじ」ラーメンの雰囲気もあるね。

 

 

tksk5.jpg

土佐っ子だからではないでしょうが、土佐の醤油。しかも朝6時までやっとる。

店内に入るとめちゃくちゃ混んでいます。これは人気店ですね。

 

 

tksk8.jpg

あんまり食べたくはないけど、

 

 

tksk9.jpg

半チャーハン 480円。 同行者のオーダー

〆でチャーハン食べなくてもいいだろうに

 

 

tksk10.jpg

同行者の環7油そば 730円

細麺だからまだいいのかも。これで太麺だったら

 

 

tksk11.jpg

私の頼んだ「麺なし 油そば」だと思います。というかこんなにもやしが大盛りだったっけ。食べた記憶が薄いです。

翌日だいぶ胃もたれしている人が多かった模様。

 

ワインバール

食べログ(掲載時点 3.02)

 

ラーメン

食べログ(掲載時点 3.23)

このページのトップへ

2018年7月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ttno13.jpg

今日は東京BI食倶楽部で銀座。みちば和食 たて野さんに。銀座7丁目ビルの6階にあります。入口はシンプルな方が良いのですが、盾とか賞状がなにやら。

こちらは2008年オープンで和の鉄人・道場六三郎氏の門下の方が独立されたお店です。

 

 

ttno14.jpg

やっぱりフレンチが好きなんでしょうね。和食のメニューみてもあまりときめきません。強肴が「はも」とか個人的にテンション下がります。食べログ見ても、こちらのお店は「ローストビーフ丼の うにのせ」が評判良かったので楽しみにしていたのですが、お店の人に「今日はローストビーフは入っていませんよ」とのこと。ガックシ。ランチに食べに来てくださいってか。

 

 

ttno1.jpg

前菜の盛り合わせ

 

 

ttno4.jpg

何やらゼリーとカボスか。なんだろうと思いきや。

これは岩塩(ピンクソルト)でカボスを絞って

 

 

ttno6.jpg

鮮魚を

岩塩の上で「塗り塗り」して適度な塩分にしていただくというわけ。これははじめて。

白身の魚(ひらめ)とかがあうね。

 

 

 

ttno7.jpg

おこぜの潮椀

 

 

ttno8.jpg

水ナス握り

 

 

ttno9.jpg

焼き物が肉料理で

野菜つけあわせ

 

ttno10.jpg

室町時代のラーメン  経帯麺と煮ぬき汁

名前はなんだろうと思ったけど、けいたいめんが室町時代に食べられていたらしい。


 

ttno12.jpg

鱧の蒸籠むし  きざみ野菜  合せ出汁  ゆずこしょう

 

ttno11.jpg

はも です。この時期の名物ですか、でもタンパクであまり好みではない。


食事、デザートは席を替わったので食べていません。料理12か。場所もあると思うが。

 

 

今日いただいたワイン

ttno5.jpg

ALSACE GYOTAKU フランス アルザスの辛口白ワイン。

「お寿司に本当に合うワインは何か?」研究を重ねた夫妻(奥さんは日本人)が辿り着いた、

5品種のブレンドで生まれる、爽やかな酸とミネラルが魚介のうまみを引き出す1本。これはいいですね。

楽天市場

 

 

ttno3.jpg

KOYAMA PEARSONS VINEYARD 2014 ピノノワール

日本人ワイン醸造家 小山竜宇氏のニュージーランドワイン。(11)

ピノノワールだけどだいぶミネラル感があります。個人的にはさらっとしている感がありありです。

 

 

ttno2.jpg

CHATEAU DE PARENCHERE (シャトー・ド・パランシェール) (8)

価格的にこのレベルでこの味なら十分だと思いますが。少し冷やしすぎですけど。メルロー70、カベルネ30

 

 

食べログ(掲載時点 3.51)


お店のホームページ

 

このページのトップへ

2018年7月 5日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

IMG_0250.jpg

バリ島に行きました。バリといえば、神々の島。信仰に基づく寺院等の文化施設、マリンスポーツ、食べ物、そしてかわいいアタバッグなど、いろんな魅力があるので、なにがしか趣味趣向にヒットする場所であると思いました。食べ物も、激辛系以外は、おおむね口に合うモノが多く、楽しめました。バリ島の魅力を5回シリーズでご紹介したいと思います。

今回は、コーヒーです。インドネシアはコーヒーの世界的産地で、バリ島でもいろんなところでコーヒーが作られており「バリコピ」の名で知られます。今回訪れた農園は、バリプリナ農園です。ガイドさんと行けば無料で入場できます。中に入ると、ジャングルみたいになっていました。農園の中には、ジャコウネコが!このジャコウネコの「う●こ」を使ったコーヒーがコピルアックと呼ばれる高級コーヒーです。コーヒー豆を食べたジャコウネコの糞の中から、豆を取りだし、コーヒーにしているのだそう。もちろんきれいに洗浄してあります。一度飲んだことありますが、おいしかった記憶があります。

 

IMG_0268.jpg

 

農園の中には、カフェがあります。そしてそのカフェからはすばらしいライステラス(棚田)の眺望が楽しめます。

 

IMG_0267.jpg

コーヒーを頼むと、無料でいろんな試飲コーヒーが出てくるんですよ!ジンジャーコーヒーやチョコレートコーヒーなど楽しい。左端に見えるのはおイモのチップス。いろいろ飲みつつ、どのコーヒーを買おうかチェック。

 

IMG_0266.jpg

バリのコーヒーは、こんな風に下に粉が沈殿しております。そろーりと飲みます。

 

 

IMG_0265.jpg

 

そして、コーヒーのおとものピサンゴレン。バナナのフリッターです。シロップをかけていただきます。ライステラスは、テガラランライステラスが有名ですが、そちらはすごく混んでいるのに対し、ここは、人も少なくて、ゆっくりコーヒーを飲みながら楽しめました。<YA>

バリプリナ農園

Banjar Pujung Kelod | Tegallalang, Bali, Indonesia

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

料理前篇は昨日の記事

 

nbn71.jpg

日本伝統野菜とフランス伝統食文化の融合
和歌山の清流からの鮎を米粉焼きと3年熟成パテ シャルトリューズを香らせて、スイカとコンコンブルのルーロー ミント風味と江戸伝統野菜馬込半白胡瓜と水茄子のマリネ、冷たいソースオゼイユを添えて

 

HPから

和歌山県紀ノ川鮎/米粉/三年熟成鮎パテ/泉州水ナス/馬込半白胡瓜/富里スイカ/胡瓜/花丸胡瓜/ミント/鮎魚醤/シャルトリューズ/薬研堀スパイス/エストラゴン/花穂紫蘇/マイクロオゼイユ/ノルマンディーフレッシュチーズ/マヨネーズ/オゼイユフォンデュ/
 ※2018年3回目の夏の鮎料理、フィレは皮目のみに米粉を付け太白油で香ばしく焼き上げ、身側は焼き魚の内部をイメージして直にフライパンに接着させないで間接的に加熱しフワッと仕上げました。
鮎パテは鰻のタレ、熟成潤香の法則に基づいて継ぎ足しをして味に深みと時を加えました。
フランスでは定番の川魚に対する酸味のアプローチで、オゼイユ(酸葉、スカンポ)を乳脂肪、鮎魚醤と合わせ冷たいソースオゼイユとしました、キュウリウオ科の名の相性で、西瓜、胡瓜、花丸胡瓜、江戸東京野菜 馬込半白きゅうりとのコンビネーションをお楽しみ下さい。

 

 

nbn8.jpg

盆に入って出され、そして鮎を活かした料理法、ソースが美味しくて。

 

 

nbn6.jpg

Dom. Paul Pillot Chassagne Montrachet 1er Cru Les Champs Gains 2012

ドメーヌ・ポール・ピヨ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ クリュ レ・シャン・ガン

ソムリエの方に料理の相性と予算からこちらのモンラッシェをオススメ頂きました。

 

 

nbn18.jpg

※フランス国民食であるクスクスをコンパクトにまとめ食卓に、千葉県船橋市のホンビノス貝と野菜、スパイス、
ハーブでスパイシーなブイヨンを作り、夏野菜と酒蒸しした千葉県大原産マダカアワビをブイヨンに浮かべコクのあるアワビキモのソースとアリッサオイルの入ったスプーンでかき混ぜ、スポンジパン、スムールと共にお召し上がりください。


 

nbn19.jpg

私にとっても、かなりエスニックな料理に思えました。しかし素材とのコンビネーションでなんていうんですか、いただくたびに引き込まれていくようなそんなスープの1品です。残念ながらクスクスとパンは頂きませんでしたが、スープで十分です。

 

 

nbn20.jpg

フォワグラV.C.C焼き バッハコーヒー粗挽き仕上げ
メキシカンマンゴーのスパイスマリネとコンフィチュールミニョット,ココナッツのカプチーノ
 
“スパイルテイル”でアンビベした創業150年木村家本店人形焼と共に

 

テイスト的にはオーソドックスなフォアグラですが、コーヒーテーストが珍しいです。


 

nbn21.jpg

山口県産荻直送天然真鯛 皮をひいてしっとりとポワレ

初夏野菜(万願寺とうがらし、ズッキーニ、ピキオス)をあしらい ナベノソース入りシェリービネガーソース


このナベノソースがとても美味しい。真鯛のあっさりした味をきゅっと引き締めてくれる。

 

 

nbn22.jpg

メインは

オーストラリア産仔羊背肉 紀州備長炭でじっくり加熱し、コリアンダー風味のグラッサージュでグラッセ

ラムメルゲーズ入りブンムブーランジェールのミニタルトにのせて

 

 

nbn23.jpg

火入れ加減 味 肉質

今まで食べた仔羊で一番美味しかった。その感想オンリーです。

残念なのはいい赤ワインを飲んでいないことくらい。

 

 

nbn24.jpg

グレープフルーツとスパイス香る白ワインジュレ、
エクストラヴァージンオリーヴオイルとからめ、爽やかなミントのソルべをエスコート

果汁のハーモニーを楽しみました。

 

 

nbn25.jpg

アプリコットの捥ぎたてグラフティ ラム酒風味

シナモンの香るビツのコンポート 甘酒のクーリ ピスタチオとのデュオ

デザートの流れが自然というか、すっと入っていきます。そんな流れっていうのも大事ですね。

 

 

nbn26.jpg

日本堤 バッハコーヒーと駒形をイメージした小菓子

 

帰りに渡辺シェフと少しだけお話をさせていただきました。とても美味しかったです。

 

食べログ(掲載時点 4.06)

 

ナベノイズムホームページ

 

 

 


 

 

このページのトップへ

2018年7月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbn9.jpg

東京浅草。都営浅草線浅草駅の出口を出て隅田川と並行して走っている路地を南の方面へ進みます。創業200年を超える鰻の老舗、前川を左手に見ながら進んでいきます。人通りは少ない場所です。

 

 

nbn11.jpg

しばらく歩くとコンクリートの無機質な建物が左手に見えてきます。ナベノーイズムの店舗です。同業界の方に予約していただき今回訪問しました。

 

 

nbn10.jpg

フランス国旗があり、フレンチのお店とすぐわかります。ナベノイズムは2016年7月オープン。2年弱ですね。渡辺雄一郎シェフは三ツ星レストランとして名高い「ジュエル・ロブション」はじめロブションシャトーレストランで21年間勤務。ナベノイズムは現在ミシュラン1つ星です。

 

 

nbn12.jpg

2階と3階に席があり隅田川が望めます。席数は24席。


 

 

nbn14.jpg

飾り皿は珍しい陶器のもの。渡辺シェフの家紋をモチーフにしてあり、陶器と木板が合わさったデザインとなっています。浅草なので、串から外れた団子だとも思ったがそうではないようだ。

 

 

nbn13.jpg

詳細なるメニュー表が。そしてホームページにも料理の詳細が解説してある。ナベノイズムは日本とフランスの素材の融合。フランス料理にうまく日本料理の素材が取り込まれている。ということだけくらいが事前情報だったので、料理も楽しみです。

 

 

nbn15.jpg

グラスの DELAMOTTE シャンパンで


 

nbn16.jpg

1杯はシャンパンいただきたい。

 

 

nbn17.jpg

赤肉メロンとミントのガスパチョ 凍らせたフランボワーズと白ポルト酒のジュレを忍ばせクランベリーのエキュームでビール仕立てに 
浅草老舗とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーヴのマリネ

 

ガスパッチョはさきほどの飾り皿をひっくり返して乗せてある。皿の上に3つの丸の皿が乗っている。先ほどの家紋のデザインをうまく融合したものです。


 

nbn3.jpg

こちらは色んな味が複雑に融合した味だ。アミューズ3品を頂いた最後いただきました。


 

nbn2.jpg

大心堂雷おこしとフランスの出会い
雷おこし古代/シャラントポワトゥーバター/スペイン産アンチョビ/シチリア産ケッパー/かんずり/すだち

おこしとバターの組み合わせが本当に地域の融合だ。こういう食べ方があるのか。


 

nbn1.jpg

駒形 種亀最中のカナッペ
種亀モナカ皮/塩昆布/アーモンド/丹波黒豆/ノルマンディー生チーズ/生ハム/赤ピーマンエッセンス

細かいアミューズだが、もなか・塩昆布といった日本食との融合。こちらもとても複雑な融合味が楽しめました。

 

 

nbn4.jpg

“両国江戸蕎麦ほそ川”の蕎麦粉をソースエミュリュッショネの技法で炊き上げたそばがき、奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレとアキテーヌキャビア、ウォッカクリーム、おろしたて天城ワサビのコンビネゾン

 

HPより

※江戸ソバリエの資格を持つ私が取得当時通い詰め惚れ込んだ両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をフランス製銅鍋、シリコン加工ホイッパー、プラック熱源で一気に炊き上げ、フランス産発酵バターで乳化させたオリジナルの冷たい蕎麦掻き、福井県敦賀市奥井海生堂の素晴らしい利尻昆布のジュレで香りを閉じ込めました。
ランチは塩雲丹、ディナーはキャビアを添え、ウォッカを垂らしたノルマンディー産サワークリーム、天城わさびとのハーモニー、そして何よりも口内に広がる香りとテクスチャーをお楽しみ頂きたいNabeno-Ismのスペシャリテの一品です。
●朝挽き蕎麦粉/キャビア/奥井海生堂蔵囲い2年昆布ジュレ/ノルマンディクリーム/ウォッカ/天城ワサビ/芽ネギ


 

nbn5.jpg

これはシグネーチャ―ディッシュです。ロブションもキャビア料理は有名なんですが、それをオマージュしたような1品ですね。蕎麦もフランスでガレットという食べ方があるように日本と共通しているところがありますね。蕎麦とキャビアの組み合わせが味わえるのってここだけしかないんじゃないだろうか。

 

(料理後半は明日)

 

食べログ(掲載時点 4.06)


 

 

このページのトップへ

2018年7月 3日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

 

DSC00439.JPG

なつかしいお菓子をいただきました。それが両口屋是清さんの旅まくら。子どもの頃のお歳暮お中元といえば、これをよくいただきました、子どもの頃はちっともこのよさがわかりませんでしたしたが、今見ると、この朝顔の包装紙もなんとも品があっておしゃれ。

 

 

DSC00441.JPG

そして、中を見ると、さらになんという整然とした並びなのでせう。キャンディーみたいにくるくるとくるんであるのですよ。

 

DSC00445.JPG

 

そしてこちらが、旅まくら。そして誰が考えたのでせう、この旅まくらという秀逸なネーミング。「せう」を乱発したくなる趣があるでせう?

 

DSC00446.JPG

HPに旅まくら誕生の由来が書いてありました。

 

銘菓詰合のひとつ、「旅まくら」。
このお菓子は昭和二十五年、愛知国体にご臨席になられる
昭和天皇・皇后両陛下の旅のつれづれをお慰めする菓子をとの命を
両口屋是清がいただき誕生したお菓子です。
普段にない旅情漂うお菓子にしたいとの思いから、
先祖より伝来の茶道具の花入れ、旅枕の形にヒントを得てつくりあげ、
両陛下も大変喜ばれたといわれています。

 

「旅のつれづれをお慰め」。このフレーズに、ひれ伏すわたし。というわけで、北海道小豆がたっぷり入ったおいしいお菓子を久しぶりに堪能し、幼き頃の思い出にひたりました。<YA」>

ココでかえます!

 

 

 

このページのトップへ

2018年7月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nbr1.jpg

鰻の稚魚が採れなくなり鰻がこれだけ高騰していくと、いつの日か「うな重が3000円で食べれた時代もあったよねー、今は10000円出さないと食べれないから」なんて会話が来ないとも言えませんね。そう思うと東京で美味しい鰻を食べたい。

今日はかねてより一度来てみようと思っていた 登亭 銀座店に。ここは銀座四丁目和光から有楽町方面へ行き、2本目の道を右折してすぐ。わずか1分程度ですから、超一等地ですね。和光の近くには竹葉亭という鰻屋もあります。

以前訪問した、天ぷら 阿部のすぐそばです。


 

nbr3.jpg

看板を見てから入店します。

 

 

nbr4.jpg

うなぎ弁当も1階で販売しているのですね。銀座の鰻はやはり買い物してからの「ご婦人」が多いんです。この登亭さん、2階の座席もあると思っていたら1階のみ、カウンター3席、テーブル席8席の11席の小さなお店でした。お店の外には行列用の椅子が置いてありました。3席のカウンターに着席。

ゆっくり食べるというよりファーストフード的にさくっとうなぎをいただく雰囲気です。うなぎはさくっと食べるもんです。

 

 

nbr5.jpg

丼と重は松・竹・梅。うなぎの量で値段が決まります。

多くの人のチョイスだろうと思われる、梅(3132円)にします。吸物とお新香付き。

 

 

nbr6.jpg

隣のカウンターのご婦人は白焼定食を頼んでおられました。

 

 

nbr7.jpg

以外に早く10分ほどで到着。ファーストフード的ですから、時間がかかってはいけません。

 

 

nbr8.jpg

オープン。

焦げ目の少ないキャラメル色のうなぎ4分の3。ご飯の地肌は見えてます。

お新香は2種盛

吸物だけど、肝が入っている。これは肝ではないのか、サービスなのか。わからない。

 

 

nbr9.jpg

醤油もかなりあっさり目のうなぎ。

焦げないように丁寧に焼かれた感じは出ています。身は柔らかく蒸されていますが、少し小骨感はありますね。

 

 

 

nbr11.jpg

米のボリュームはそうでもない。


 

nbr10.jpg

吸物(肝入ってるのかわからないが)は普通に。

 銀座の超一等地でいただくうな重3000円です。このあたりでは「俺のうなぎ」も美味しいです。

 


食べログ(掲載時点 3.54)


登亭ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年7月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ricatak1.jpg

夜京都に入りました。今月は2回目の京都です。3時ころ軽食をとりましたので、軽めのディナーをと思いイタリアンを食べたいと考え、結局丁度1年前くらいにランチで訪問したことのある、シチリア料理 リカータに来ました。ここの前菜が美味しかったので、前菜+ワインでもどうかと。ホテル日航プリンセス京都の近くです。


 

rikatak11.jpg

奥のカウンター席からテーブル席を望む。シェフ1人+ホール1名で運営されています。シチリア料理というカテゴリーが珍しく、ワインもシチリアのワインだそう。シチリアはイタリアの島です。


 

rikatak3.jpg

この形の島 イタリア半島のそばにあります。

 

rikatak5.jpg

スプマンテ(スパークリング)、白、赤と飲みましょうか。

 

 

rikatak2.jpg

今日は前菜盛り合わせともう1品くらいで大丈夫な胃の感じ。

 

rikatak4.jpg

魚肉料理の種類も豊富です

 

rikatak6.jpg

SALAPALUTA BRUT サラパルータ ブリュット 900円

 

 

rikatak7.jpg

色んな種類の前菜盛 1500円

オリーブオイルがたっぷり。柑橘系もはいってシチリアらしく、うれしいです。


 

rikatak8.jpg

グルテンフリーな前菜が嬉しい。

 

 

rikatak9.jpg

DUCA DI SALAPARUTA KADOS  840yen

 

 

rikatak10.jpg

IL FRAPPATO 850yen

 

rikatak12.jpg

お腹がいっぱいになってきたので、3分の2のポーションにしていただいた

カジキマグロのパンテッレリア風 2500円

(ケッパー、フレッシュトマト、オレガノ、アーモンド)

あっさりしていてスープが特に美味しい

 

 

rikatak13.jpg

ピスタチオのジェラートアイスで〆ました。

 

食べログ(掲載時点 3.57)


シチリア料理 リカータ 京都・四条  前回記事



 

 

このページのトップへ

2018年7月 1日 Posted time : 00:38 | Category : 熊本グルメ情報

 DSC00453.JPG
 
蒸し暑い毎日に、上通を歩いていると、ついつい誘われるように入ってしまったのが、こちらのジュースバー、ブルーラビットさんです、熊本県産のフルーツを使った100パーセントジュースや杏仁豆腐などのスイーツ、削りイチゴなど、冷たくておいしいスイーツがたくさんあります、
 
DSC00454.JPG
種類が多くて、どれにしようか迷いますね。さっぱりした甘くないドリンクを飲みたい気分、
 
 
 
 
DSC00455.JPG
カウンターでオーダーしますが、おいしそうなデトックスウォーターもあり。デトックスウォーターを知らない方のために。水にフルーツなどを入れておくと、浸透圧などを影響で、お水にビタミンなどが溶け出るのです、私がデトックスウォーターを初めて飲んだのは、4年前のアメリカ旅行のときでした、イチゴがいっぱい入ったイチゴの香りのするお水にはまったものです。今では、いろんなお店で飲むことができます。
 
DSC00459.JPG
オーダーしたのは、イチゴのスムージー、こちらはイチゴ農園もされているみたいなので、年中おいしいイチゴのスムージーが楽しめます。特殊な技術で、瞬間凍結したイチゴなので、まるで生のイチゴをそのままミキサーにかけたのようなフレッシュな香りにびっくりします!蜂蜜やお砂糖当が加えてないので、好みの味。甘い味が好きな方は、シロップなどを入れて楽しむといいのかもしれません、
 
 
DSC00458.JPG
こちらはレモンスカッシュです。すっぱくてシャキッとしますね!生き返ります!
 
 
DSC00449.JPG
 
 
ブルーラビットちゃんがいました。この夏何度も立ち寄ってしまいそうな予感笑。<YA>
 
 
 
ブルーラビット
熊本市中央区上通町
午前11時30分から午後8時(※金曜、土曜は午後10時まで)
休:水曜日
電話:080-3537-0101

このページのトップへ

2018年7月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bbaro1.jpg

大阪梅田のヒルトンホテル隣接ヒルトンプラザイースト2Fにある、B BAR。昨年に続き2回目の訪問です。B BARはバカラバー。バカラのグラスでお酒が飲める、バカラのバー。カウンターとテーブル席もあります。内部は暗くムーディーな雰囲気。

 

 

bbaro2.jpg

全く知らないと敷居が高そうなバー。

 

 

bbaro3.jpg

入口入るとバカラのシャンデリアが設置されています。

 

 

bbaro4.jpg

色々なバカラのグラスが置いてありますね。カウンターは落ち着ける空間です。

 

 

bbaro6.jpg

クマモンのバカラ(確か4万円くらい)とドラえもんのバカラ。

 

 

bbaro5.jpg

今日もベガのグラスでボルドーワインを頂きました。

シャトーペデスクロー 2011 ポイヤック5級。

かなり渋いですねというか珍しい。ボルドー格付が本当ですかという評価のグランヴァンですが、最近はだいぶ良くなっていると聞きます。

 

食べログ(掲載時点 3.51)


 

 

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年7月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー