九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年1月アーカイブ

2018年1月31日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

jtas9.jpg

私が予約して東京の取引先の方と5名で白金台のジョンティアッシュさんを訪問しました。こちらは2回目の訪問となります。ミシュラン1つ星のフレンチです。遠藤佳明シェフの料理と熊澤大樹ソムリエのサービスでとても心地よく過ごせる食事になると思います。

 

 

jtas10.jpg

エントランスは2階、1個室とダイニング。キャパは約20名+といったところです。

 

 

jtas11.jpg

今日はダイニング席。テーブルのオーナメントを見るとこれからの楽しい食事のエントリーという気持ちが高まってくる。

 

 

jtas12.jpg

お酒を召し上がりになられない方もおられましたが、乾杯は

N.M HENRI GIRAUD ESPRIT NATURE (アンリ ジロー エスプリ ナチュール)

完熟した桃や洋梨などのフルーティな香りの中に、バニラや白コショウのニュアンスが感じられ、ピノ・ノワール主体のシャンパーニュならではの芳醇さと、軽やかなタンニンが印象的。


 

jtas13.jpg

アミューズは2品

 

jtas15.jpgjtas16.jpg

糖度の高いトマト

 

 

jtas1.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas14.jpg

LOOKING ONLY

 

 

jtas21.jpg

昨日のアルシミストに続き 

マルク・モレ・エ・フィス シャサーニュ・モンラッシェ 1er シュヌヴォット 2007

シャルドネ100%


 

 

jtas17.jpg

メニュー表がないので、説明を聞き取れないとわからないメニューもありますが、こちらはホームページのメニューと同じ

北海道産雲子のムニエル ちぢみほうれん草に乗せて 焦がしバターのソースで


この季節って白子が多いですね、あまり好きではないのですが、これはバターソースが濃厚だったので食べれました。

 

 

jtas18.jpg

味付け好みでした。

 

 

jtas19.jpgフォアグラのプランシャ焼き ビーツ・大浦牛蒡・ゆり根と合わせて  酸味の効いたビーツのクーリー・黒トリュフと共に

 

 

jtas20.jpg

フォワグラ・トリュフと贅沢なコンビネーション。そしてモンラッシェ。いいですね。前菜にキャビアが欲しかった・・・・

 

 

jtas22.jpg 千葉県産寒鰆のポワレ 京都産聖護院蕪のかぶら蒸しと共に

大黒本シメジを添え 黄柚子を香らせて

鰆っていうとあっさりした感じなのですが、この鰆は脂がのってて美味し。

 

jtas2.jpg

ECHEZEAUX GRAND CRU

CAPITAIN GAGNERO

 

 

jtas3.jpg

メインは熊本の赤牛。

熊本から来たんですよ、えーそうなんですか。

しかし熊本でもめったに食べれないほど上質な部分の赤牛。いい部分って東京に行っちゃうのかなとか思いつつ、他の皆さんもこの赤牛美味しいと言って下さり熊本県民として嬉しかったです。しかし昨日から本当に熊本の食材を沢山食べてる。

 

 

jtas4.jpg

とてもやわらかい。


デセールは2品。両方とも美味しい、2品目の樹氷のようなデザート、金粉・銀粉が散らしてあって冬のデザートっぽい感じです

 

jtas5.jpgjtas6.jpgjtas7.jpgjtas8.jpg

帰りに遠藤シェフと少しお話しする時間がありました。次回訪問する予約もして後にしました。本日はありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 4.08)

 

ジョンティアッシュホームページ

このページのトップへ

2018年1月30日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kintame1.jpg

昼は和食がよいですね。埼玉方面から戻ってきて次の用事までと思い、東京駅の「あべや」に行こうと考えたのですがなんと改装中でクローズ。ということでとりあえず大丸東京のレストラン街に。12Fです。

夜の事も考え、今日は近為(きんため)にします。

 

 

kintame11.jpg

近為は京都にて明治12年創業、創業130年。野菜の漬物と魚の粕漬などを販売されています。販売店舗は京都1、東京3店舗。

近為さんはいつも中を覗くと比較的年齢の高めの女性の方が多いんですよ。


 

kintame3.jpg

メニューの数は定食類が多いです。全部は掲載しきれません・・・・

美味しそうな魚の焼き物のラインアップが沢山。

 

 

kintame4.jpg

いくつもメニューがある中で最終的にこの3つに絞りました。

さばの味噌漬とごはん 1780円

 

 

kintame2.jpg

銀だらの粕漬とごはん 2800円

 

 

kintame5.jpg

京あわせ

さわら粕漬と鮭味噌漬の2つ盛 1800円

 

これにしました。

 

 

kintame6.jpg

最初に季節の京漬物が運ばれてきました。これをたべつつ。味付けも薄味で美味しい。

 

 

kintame7.jpg

小鉢は汲み上げ湯葉、ひじき、ちりめん山椒、デザートはわらび餅

 

 

kintame8.jpg

さわらも美味しそうですが、基本的にあっさりめの魚ですから

 

 

kintame9.jpg

鮭の方が美味しかったと。和食は胃にやさしい気がします。

 

 

kintame10.jpg

ご飯も漬物や粕漬けにあう炊き方をされていると思います。おかわりしたくなりました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.59)

 

近為ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月29日 Posted time : 00:16 | Category : 熊本グルメ情報

DSC08065.JPG

 

東海大学。阿蘇キャンパスが、地震で被害を受け、犠牲者が出た悲しいできごとは記憶に新しい。熊本キャンパスは、活気を取り戻し、学生さんたちでにぎわっています。学生さんに混じって学食に行ってみようってことで、ランチタイムに潜入。メニューはとっても豊富で、日替わりだけでもかなり種類があります。大体の定食メニューが400円也。安いなー。これでおなか一杯になれるなら本当にありがたいですね。ちなみに星翔高校の学生さんもこられるのだとか。大学生と高校生でごったがえしそう。こちらは、東海大学プレートって名前だったかな。東海って名前がついてるメニューがこれだけだったので、とりあえずブログ用に頼んでみました。カレーとエビフライとカツとサラダ。学生好みのものがぎゅぎゅっとてんこもり。ちなみにこちらはご飯は少なめに盛っていただきました。おいしかったですよ!

 

DSC08064.JPG

お昼ご一緒した方が頼んだ不思議な丼。明太子と、高菜と、牛オンザライス(笑)。誰が思いついたんだろうこの組み合わせ。この丼を「

メタギュー丼」と命名しよう。

 

DSC08062.JPG

こちらは、ちゃんぽん。あったまりそうで野菜たっぷりがうれしい。

DSC08067.JPG

受け取りはセルフですが、洗い場まで持っていって、残飯などを落とすまで完全セルフ。東海大学熊本キャンパスにはもうひとつカフェがあって、そこでも食事ができるそうです。次はカフェにお邪魔してみたいと思います。<YA>

東海大学熊本キャンパス

熊本市東区渡鹿9の1の1

 

このページのトップへ

2018年1月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

alsim1.jpg

ドメーヌ マルク モレ エ フィス Domaine Marc Morey & Fils

シャサーニュ モンラッシェ 2014

 

 

alsim12.jpg

パンは食べないのですが、何種類も美味しそうなものが用意されてありました。

 

 

alsim5.jpg

青森県 帆立 カリフラワー トレビスタルティーボ

トレビスタルティーボとはイタリア野菜で紫に見える部分の野菜

 

今回の料理も見た目に繊細な料理ですね。


 

 

alsim6.jpg

これは美味しいですね、モンラッシェにぴったりの1品。

 

 

alsim7.jpg

続いて白にあう料理が、アルシミストのシグネーチャ―料理ともいうべき

福岡県 菊芋 雲丹 ピーナツ

 

黒いのがピーナツ

 

alsim8.jpg

雲丹のふんわり感がたまりません。

 

 

alsim9.jpg

長崎県 五島列島 神経〆天然鯛 ・ トリュフ ・フェンネル


 

alsim11.jpg

ナイフで切ってもらってオープンしたらトリュフの香りがすごくて、スープも沢山入っている。このまま食べると思いきや。

 

 

alsim10.jpg

別添のフェンネルを入れてお召し上がり下さい。

 

 


alsim13.jpg

こんな感じで頂きます。

なかなかです

 

 

alsim14.jpg

茨城県 鴨 ・イカ墨・カブ

メインは鴨。個人的には+料金があってもビーフをいただきたいのですが、分厚い鴨でした。イカ墨ソースというのも珍しい組み合わせです。

 

 

 

alsim16.jpg

赤はグラスワイン

Le Clos des Fées

Les Sorcières 2015

AOP Côtes-du-Roussillon

 

 

 

alsim15.jpg

1杯だけに

 

 

alsim17.jpg

デセールは2品

苺 ピスタチオ ヨーグルト 白バルサミコ酢 春菊

春菊アイスと白バルサミコ酢、冷凍されたヨーグルトチップのコンビネーションが複雑で、珍しい味

 

 

alsim18.jpg

チョコレート ラズベリー ナッツ

チョコをいただくとほっとします

 

 

alsim19.jpgシャンパーニュ 生姜 ローズマリー

一口菓子も美味しかったです。


品数はありますが、量が一つ一つは小さいので楽しみながら食べることが出来ます。本当に美味しかった、また機会があれば訪問したいと思います。九州の食材が沢山使われていて嬉しいと思います。TT

 


食べログ(掲載時点 4.18)


 

 

このページのトップへ

2018年1月28日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

アルシミストを2日連続で

alsim20.jpg

白金・高輪というと特別におしゃれでハイソ(古い)な響きがする土地です。今日はフレンチ アルシミストを訪問します。やはりフレンチを訪問するのは心が躍りますね。劇場に行くかのようです、今月は何度劇場に行くことか・・・

三田線・南北線の白金高輪駅からも歩いて5分とかからない場所の白金商店街にアルシミストはあります。

 

 

alsim21.jpg

ビルの1Fにお店があり、上品な雰囲気が漂う入口。色使いがいいですね、薄いパープル(ライラック)とホワイトのコンビネーション。紫私も好きな色です。全席シェフズテーブル14席ほどの小さなお店ですが、このコンパクトなフレンチで美味しい料理を頂きましょう。

 

 

alsim22.jpg

L'ALCHIMISTE

 

 

alsim23.jpg

ドアを開けて中へ入りましょう

 

 

 

alsim26.jpg

素敵な空間です、決して広くはないのですが柔らかなパステルカラーで心地よく落ち着く、厨房も見える位置関係のテーブル席。

 

 

alsim24.jpg

オーナーシェフであられる山本健一シェフと笑顔の素敵なソムリエの飯塚麻希子さんのワインセレクトで奏でるアルシミストの料理達。これからどういう楽しみがあるのでしょうか。山本シェフはフランスに8年間滞在、最後は「The Worlds 50 Best Restaurant」の上位店「シャトーブリアン」で働いた経験を持ち、ガストロノミーポップをコンセプトにアルシミストを2011年7月にオープン。

 

alsim25.jpg

ディナーはおまかせ 12000円(税・サ10%別)のみ。

料理のみがかかれたメニューがあり、いったいどんな料理が出てくるのだろうという想像力がかきたてられるとの思い。

 

 

alsim27.jpg

ワインは自然派ワインと呼ばれるものが豊富にそろっており、我々のよく聞くシャトー・・・・のボルドーとかいったものは本当に少ない。

シャンパーニュ SANGER (サンゲール)をグラスで。50% ピノ・ノワール, 50% ピノ・ムニエ ボトルではシャンパンというほど好きではないのですが、アミューズとシャンパンは一緒にいただきたい。

 

 

alsim28.jpg

コクがありながらも切れのあるどんな料理にもマッチしそうなサンゲール

 

 

alsim30.jpg

1品目のアミューズは

キャビア、晩白柚

今日はメニューを見ると九州/熊本の食材が豊富に使われているとか。東京のフレンチでは長崎の魚や熊本の肉、野菜がとてもプレミアあるものとして扱われていることが多いです。


シャンパンとこの組み合わせ、やっぱりいいですね。もっと沢山キャビアが食べたいんですが・・・

 

 

alsim29.jpg

熊本産 紫黒米 倭寇サバ

スモークの演出付で登場。

古代風食べ方みたいな雰囲気

 

 

alsim31.jpg

一瞬フォワグラのパテかと思うようなサバで、黒米とベストマッチ。

 

 

alsim2.jpg

茨城県 白菜、 熊本県 新牛蒡 リードヴォー

このまま食べるのかと思っていたら、

 

 

alsim3.jpg

温かい白菜スープが注がれ

 

 

alsim4.jpgいや、これも美味しい。リードヴォー(子牛の胸線)と白菜のマッチングがとても良いではないですか。スープですがこれだけの

量ですので、ソースですね。


前半の部はここまで。


食べログ(掲載時点 4.18)

 

 

このページのトップへ

2018年1月27日 Posted time : 00:37 | Category : 熊本グルメ情報

 

 

 

DSC08099.JPG 

熊本市新町にあるお菓子司しぼりやさん。明治時代創業の老舗です。110年余り続いていて、現在三代目の方が切り盛りされていますが、熊本地震で町屋づくりの建物がダメージを受け、しばらくお店は閉まっていました。しかし1月15日に新しい店舗がオープンしたと聞き伺いました。おしゃれでありながら、風情を感じさせる建物です。城下町風情が残る新町の雰囲気にとてもよく合う建物でした。

DSC08101.JPG

お花も飾ってありました。ろうばいかな。黄色いかわいいお花。

DSC08103.JPG

中に入ると、なつかしいお菓子の数々。グリーンの漱石羊羹やあんこがおいしい漱石まんじゅう、そしてわさもんパイにお茶の香りの肥後みどり。ここのお菓子は全部おいしい。 

DSC08102.JPG

お店の中に池があるんですよ!鯉も悠々と泳いでいました。聞いた話によるとお菓子屋さんに鯉はつきものなのだそうです。お祝いでいただく鯉のお菓子のモデルとかに使われるのだそうです。古い店舗の時も、店の奥の方に池があったと聞きます。

 

 

大好きな肥後みどり。お茶の香りが最高なのです。

 

DSC08089.JPG

 

新町をぶらぶら。高麗門のお地蔵さん。新町は、古い建物が解体され、駐車場が増えていましたが、城下町の名残が今も残ります。<YA>

熊本市中央区新町 御菓子司しぼりや 肥後みどり

しぼりや

熊本市中央区新町4の1の39

096の359の2691

 

 

このページのトップへ

2018年1月27日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

TKNS9.jpg

お決まりの浜松町ランチ。会議の時間までは短いし、今日は夜はフレンチなので和食がよいかなと考え、食べログで検索してそれほど遠くないところで定食が食べれるところを探しました。

手しごと旬鮮台所「たかなし」さんです。


 

TKNS1.jpg

焼き魚系のメニューが沢山。外に値段は書いていないのですが、ネット情報で1000円オールと知ってましたので。

 

 

TKNS2.jpg

1Fはカウンター席です。1人でも訪問しやすいお店でサラリーマンの男性の方が多い。こちらがメニュー表なのですがこちらにも値段表記がない。はじめてですので、銀ムツとヒラス照焼きにします。夜は色んなお魚とか美味しい1品がいただける居酒屋さんです。


TKNS3.jpgご飯はこちらの釜に入ってます。

 

 

TKNS4.jpg

食べログとかには魚は焼いてあるのを再度焼かれて出している、と書いてありました。

見た目の魚のボリュームはそれほどではありませんが、小鉢2品と香物、味噌汁。

 

 

TKNS5.jpg

身はしっかりした魚 2切。

 

 

TKNS6.jpg

がんも、切干大根、中華春雨

 

 

TKNS7.jpg

釜炊きというのもあるのでしょう。ご飯はアツアツで美味しかったと思います。

 

 

TKNS8.jpg脂の乗った魚で、胃に負担をかけない食事を今日はしたと思いました。食事時間は短く、このお店をあとにしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

 

たかなしホームページ

 


 

 

このページのトップへ

2018年1月26日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sarasa14.jpg

かなり久しぶりですが、東バイパスのピースフルYOU YOUのそばにある、更紗(さらさ)へ来ました。プチ贅沢の人気店ですので、予約して来訪しました。プチ贅沢というのもランチは一番安いメニューが2000円からで、花かご膳が有名なお店。ここは少しづつ沢山の種類が食べたいという女性の希望を満たしてくれるお店、ということで女性特にアッパー層に人気が高い。

西原の萌の里の近くにもありましたが、熊本地震の影響で閉店になりました。

 

 

sarasa15.jpg

入口の左側には蔵風の建物があるのですが、写真ボケボケでしたので削除。古民家風エントランス

 

 

sarasa5.jpg

仕切られた空間(個室もあります)でゆっくり食事ができますね。

 

 

sarasa1.jpg

メニューを見ていきましょう。

先ずはスタンダードメニューは 花かご御膳 2000円。1の膳から3の膳まで。写真で見ても結構な量ですね。

 

 

sarasa2.jpg

花かご鉄板焼膳は 花かご+鉄板焼 で3500円。

 

 

sarasa3.jpg

更紗御膳 3500円。これより高いメニューもあるのですが、回りをみていくと2000円から3500円のメニューを食べている人が多い感じ。更紗御膳はデザートコーヒーがインされていますので、花かご+デザートとの価格差は1000円ほど。

 

今日は 花かご2000円+デザート・コーヒー 300円の合計2300円にします。


 

 

sarasa7.jpg

2000円メニューでもこのようにお品書きがあるととても嬉しい。

 

 

sarasa4.jpg

白あえとかんぱちのサラダ 白あえがクリームのようにまったりしている。


 

sarasa6.jpg

そして花かご。

8つの小さな皿に沢山の料理が乗っていて、楽しみだなぁ。

蟹グラタンは甲羅の中に入っているし、焼き魚は何かわからないが白身の西京焼きで美味しい、牛ロース焼きまで付いているし。

 

三の膳のご飯も同時に運ばれてきました。

 

 

 

sarasa10.jpg

右下は柚子羊羹

 

 

sarasa8.jpg

湯葉巻と白身魚西京焼き。ご飯のおかずにいいですね。

 

 

sarasa9.jpg

牛ロース焼き

 

 

sarasa11.jpg

これだけでも結構な、呉汁、茶碗蒸し、手造り豆腐のサラダ。

いや全部食べたら相当おなかがいっぱいになりましたよ。これに牛鉄板焼きは私は無理だわ。

 

 

sarasa13.jpg

デザートは4種から選択できました。

 

 

sarasa12.jpg葛餅は黒糖きなこ、ホット甘酒

 

満足感を感じお店を後にしました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 

更紗ホームページ

 


 

このページのトップへ

2018年1月25日 Posted time : 00:37 | Category : 編集長コラム

rend4.jpg

先週ディンシャン(頂香)で食べた麻婆豆腐が余り辛くなかったので、辛い麻婆を食べようと思って初訪問のこのお店に。蓮台寺飯店。駐車場が店の前に3台、店の先に3台分あります。

場所は熊本港方面へ、蓮台寺のJR地下を通過して牛丼すぎ家の斜め前あたりです。

 

 

rend5.jpg

日替りランチ500円というのは安いですね、しかもサラダ・スープ・コーヒー付。今日は麻婆丼とのこと。

 

 

rend6.jpg

ご飯おかわりも大盛りも無料、しかも税込金額。いいですね。

日替り 500円でも良かったのですが。

女性組も500円ランチを注文している人も多いし。

 

土鍋麻婆定食の 辛

 

 

 

rend1.jpg

土鍋麻婆です。サラダ・香物・ご飯。スープのコップのふちが2ケ所も欠けているのは・・・・

 

 

rend2.jpg

色は激辛風にも見えますが、なんか茶色っすね。


カットしていない豆腐が入っているようです。


 

 

rend3.jpg以外に豆腐の量が多いような気もします。


そんなに辛くはないと思って、食べ進むと・・・・やっぱり辛い。頭の上から汗が吹き出します。ヒーヒーします。


ご飯のおかわりをしないと食べれませんでした。ご飯のおかわりするって私的には珍しい。


コーヒーを飲んでお店を後にしました。TT


食べログ(掲載時点 3.07)

このページのトップへ

2018年1月25日 Posted time : 00:21 | Category : D@EXコラム

 DSC07952.JPG

 

美里町にある二俣橋に行きました。ここは水面にハートができる橋として有名。二俣渡と二俣福良渡の二つの兄弟橋です。震災の影響でしばらく見ることが出来ませんでしたが、昨年末に再び通れるようになり、2月頃までお昼の12時前後にハートを水面に浮かび上がらせてくれます。少し変形していますが、ハート型になっているでしょう?またこの風景が見れるなんてうれしいですね。このハート効果もあり、恋人の聖地に認定されていて、多くのカップルが訪れていました。橋の周りには、修復のプロセスが、パネルで展示されていました。流れた石を同じ場所に積み直すなど、気の遠くなるような作業だったと知りました。ほかの文化財も一日も早く元の姿を取り戻せれば良いですね。

 

 

DSC07957.JPG

 

 

釈迦院川にかかっているのが「二俣渡」、津留川に架かっているのが「二俣福良渡」です。ごつごつの壁石は、「乱積み」と呼ばれる技法なのだそうですよ。

 

DSC07966.JPG

 

 

帰りは、近くにある美里町のコムシロンカフェさんでお茶しました。けやき通りのコムシロンカフェさんも好きですが、美里町のお店もいつもお客様でにぎわっています。自転車用のラックが置かれていましたので、ポタリングの方も安心して訪ねることができますよ!<YA>

コムシロンカフェ

下益城郡美里町小筵927

0964-46-3665

 

このページのトップへ

2018年1月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

newk1.jpg

ザ・ニューホテル熊本(旧ニューオータニ熊本、現在ニューオータニホテルグループ)で新年会を開催し、出席してきました。以前博多のニューオータニで中華料理を頂いたときは、あんまり食べれるものがなかったのを記憶していますが、今日はどうでしょうか。

 

 

newk9.jpg

サーモンと鯛の刺身中華ソース。タレが多すぎて辛い。

 

newk2.jpg少しフカヒレの入ったスープ

 


newk4.jpg

海老と野菜の炒めもの

 

 

newk5.jpg

春巻きとえび餃子

 

 

newk6.jpg

肉とニンニクの芽の炒めもの

 

 

newk7.jpg

チャーハン。一番評価が高かった模様。

 

 

newk8.jpg

杏仁豆腐

 

 

newk3.jpgワインはアサヒの TAKUN SELECTION チリのカリテラのブランドでシャルドネとソーヴィニヨンブランのブレンド

ホームページで価格を見て、あまりにもテーブルだったので、ワインは2杯にとめて2次会、3次会の居酒屋で飲むこととしました。TT

 

TAKUN SELECTION

 


 

このページのトップへ

2018年1月23日 Posted time : 00:25 | Category : 編集長コラム

trcc6.jpg 2018年1月15日に新しくオープンしたレストラン「テラス」に早速訪問してきました。場所はホテル日航熊本の裏のほう、上通郵便局の近く、セブンイレブン上の裏通り店向かいです。民家2棟をリノベーションしたレストランです。もともとは壁がありましたので、中を覗くことはできませんでしたが、壁がなくなりました。通りからだけではレストランとはわかりづらい感じです。

 

trcc7.jpg通りの入口はこんな感じの表札がありました。レストランとはわかりにくいです、普通メニューとか置いてあると思っていたのですが、


 

trcc5.jpg帰る時に見たら、メニュー表が貼ってありました。

 

trcc8.jpg門をくぐってこちらがエントランス。大正時代に建築された事務所らしいです。内装はリノベーションされて綺麗です。

 

trcc9.jpgこちらの建物内にあるバーコーナーです。

 

trcc10.jpg鉄筋コンクリート造りの昭和初期頃に建築された本館がレストランの飲食スペースです。

 

trcc11.jpg こちらは本館の2Fに上がる階段から。飲食スペースと事務所棟にガラス張りの厨房。そしてテラスがあります。ここのお店は東京でレストランを経営する熊本出身の田尻秀一郎さんが震災の復興につなげたいと計画されて、ここの雰囲気を活用し熊本県産の素材を使ったレストランをオープンしたいとの思いで作られたとのことです。

 

trcc23.jpg

2階はカウンターだけ外に向かって設置されていますがテーブルを置くスペースもありますね。

 

 

trcc12.jpg

3人で来ましたが外を眺めて食事です。丁度厨房が見えて人の動きがあって面白いです。

 

 

trcc13.jpg

ランチメニューは、シュラスコ+サラダビュッフェ。といってもパスタ・カレー・デザート・スープ・ドリンクも付いてます。1500円からです(私が訪問した時は税込とのことでした)3人ですので、肥後赤鶏、天草梅肉ポーク、味彩牛の3つを頼んでシェアしようと思います。

 

 

 

trcc19.jpgサラダビュッフェコーナーのそばでシュラスコを焼いておられます。

 

trcc15.jpg

サラダバーコーナー。いやぁ、野菜が高い折にこんなに沢山、新鮮で美味しそうな野菜がたっぷりでうれしいじゃないですか。しかも普通にスーパーとかで売っているような野菜でないところもポイント。

 

 

 trcc16.jpg

パスタ系も充実しています。

 

 

trcc17.jpg

美味しかったポテトサラダ。

 

 

trcc26.jpg

ボロネーゼ

コメントに イタリアン人シェフの本気で作ったボロネーゼって

イタリアンそのものがイタリア人ですよね。



trcc18.jpg

こちらもイタリアン人。キッシュ。

料理がなくなったら、必ずしも同じ料理がそこに来るわけでもなく、違うのが来るのが楽しみなんです。いやあ、ビュッフェゾーンだけでここは満足感が得られるお店ですね。


 

 

 trcc20.jpg

ドレッシング

熟成豆板醤と白葱のドレッシング

清正人参と香味野菜のドレッシング

バンコク風スイートチリのドレッシング


清正人参ドレッシングは人気ですねー

 

 

  trcc25.jpg

こちらも美味しかったメニュー。これ単体でワインとか飲めますよ・・・というくらい!

天草エリンギと葉玉葱の自家製XO醤炒め台湾風

 

 

  trcc4.jpg

手が込んでますね。美味しい。

水田ごぼうと湯島大根 ブルドチキンの自家製BBQソース

 



trcc21.jpg

シャドーワインという珍しいいも。

 

 

trcc28.jpg

デザートコーナー

 

 

trcc22.jpg

第一弾のビュッフェメニューをいただきます。

 

 

trcc24.jpg

同伴者はカレーをいただいていたので。

 


trcc27.jpg

シュラスコの赤鶏 (こちらは1人前)

 

 

trcc29.jpg

3個なのでわけやすい。

 

 

trcc1.jpg

ポーク。

焼けた部分をカットしてくれます。3枚で1人分。

 

 

trcc2.jpg

ポークが一番おいしかったんです。オススメ

 

 

trcc14.jpg

味彩牛 ポーション的にはそんなにないと思います。。

 

 

trcc3.jpg

3人でシェアしてもお肉自体の量はそんなにないと思いますが・・・テラスさんは野菜ビュッフェがとてもいい。これからもこの野菜メニューが維持されていけばリピートしたいのですが、たぶんこちら口コミなどでこれから混んでくると思います。土日は予約必須ですね。TT


 

このページのトップへ

2018年1月23日 Posted time : 00:20 | Category : D@EXコラム

 

tairyoku2.jpg

東京大学に行った人からお土産にいただきました。東京大学が開発したキャンディーとゼリー。その名も「体力」。カラダの基本となる筋肉に大切な分岐鎖アミノ酸(BCAA)等と健康維持のために欠かすことができないグルタミン、アルギニンをバランスよく配合したキャンディとのこと。1粒に200mgのアミノ酸が配合されています。体力シリーズは、このキャンディーとゼリーのほかにようかんもあるそうです。このパッケージとてもおしゃれで好き。病気が治りそうな感じもするし、東大サプリメントと書いてあるから、頭がよくなりそうな気もします。

tairyoku3.jpg

 

キャンディーは、抹茶味。食べた瞬間、薬っぽくて効きそう(笑)。アルギニンの味なのか?グルタミンの味なのか?お世辞にもおいしいとは言えませんけど、これで元気になるなら、これで東大に合格できるなら(→注意!賢くはなりません笑)と思えば、完食できるハズ!

原材料を詳しく見たらこんな感じ。

◆原材料名
砂糖、水飴、植物油脂、抹茶、香料、
ロイシン、アルギニン、グルタミン、
リジン、イソロイシン、バリン、
メチオニン、プロリン、ヒスチジン、
トレオニン、フェニルアラニン、
トリプトファン

 

とにかくキャンディーと言うより、薬感満載(笑)。

 

tairyokudrink1.jpg

同じく、リンゴ味のアミノ酸ゼリー。アミノ酸、ビタミン10種、エネルギーがインしてます。普通にストローをさして飲みますが、これもおいしいとは言えませんでしたが、効きそう(笑)。破裂防止に、パックの四隅を開いてから、冷凍庫に入れてシャーベット状にしていただくと、ちょっとベターでした。もうすぐ熊本城マラソンですね。栄養補給に、東大ブランドのサプリメントはいかがでしょうか?<YA>

 

ここで買えます!

 

 

このページのトップへ

2018年1月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

rumon12.jpg

今日は LE MONDOさんに来ました。年末数回訪問したのですが、来たらたまたまお休みということが多かったのですが、今日は空いてました。フレンチビストロのお店です。以前訪問した イナロ食堂さんと同じビルです。

こちらは2015年秋オープンで、以前もここにはイタリアンの飲食店があったような。

 

 

rumon13.jpg

メインは選択できるようです。入ってみましょう。

 

 

rumon14.jpg

ビル入ってすぐ、1Fの左側がお店です。

 

 

rumon1.jpg

カウンター席と4人掛けの席が6テーブル。30人未満のお店です。

 

 

rumo133.jpg

反対側にはカウンターのイタリアンで最近有名な IL CASINOがあります。まだ行ったことはありません。

 

 

rumon3.jpg

メニューは平日限定の気軽な950円メニュー、1450円メニュー、2500円メニューがあります。ドリンクは別料金になっています。500円の差は前菜、デザートが付くかどうか。


はじめての訪問ですし、ここは真ん中の1450円のメニューにしましょう。

 

 

rumon2.jpg

メニューは追加料金などで選択ができます。カウンター上の黒板を見てください。

メインの肉は標準の 豚ロースで

デザートはクレームブリュレ +200円。

 

rumon4.jpg

山都町有機野菜サラダ

 

パン・ライスはどちらも不要ということでお断りして

 

 

rumon5.jpg

ミニ前菜

大阿蘇ハーブ鶏、タスマニアスモークサーモン、パテ (鶏だと思う) これは一口ずつ。

 

 

rumon6.jpg

ごぼうのスープ

結構しっかりしたスープ

 

 

rumon7.jpg

メインは 真空低温調理した豚肩ロース ラクレット仕立て

ラクレットはチーズ。

浜松町のビストロほど巨大な豚ロースでなくて安心。あれはすごいもの。

 

 

rumon8.jpg

厚みはそこそこありますね。

 

 

rumon9.jpg

弾力あるお肉。塩胡椒をつけても美味しい。

 

 

rumon10.jpg

デザートはマダガスカルバニラのクレームブリュレ。

ブリュレ結構好きだなぁ。

 

 

rumon11.jpg濃厚な味がしました。コーヒーは別だったので、頼まなくて 合計 1650円。平日に今度また食べに来ようかと思います。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月21日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

porkbea3.jpg年始早々ひどい風邪を引き、食欲ゼロに。おかゆとかうどんとか消化の良いものを食べればよいものを、猛烈にポークビーンズが食べたくなり、作りました。実は、ポークビーンズを作るのは初めて。メキシカン好きのわたしは、チリコンカーン的なものはよく作るのですが、風邪を引くと、チリ味じゃなく素朴なトマト味の方に心引かれます。

それにしてもさかのぼること、小学生の時。初めて給食のメニューに「チリコンカーン」って書いてあったのを見た時の衝撃は忘れられない。チリコンカーンという解読不能な異国メニューと食べたことがなかった私は、その強烈な言葉の響きに、どんだけ癖の強い食べ物なのだろうかと恐怖したのである。今思い返しても、なぜ「チリコンカーン」が給食のメニューとしてチョイスされたのか、不思議。当時からすれば、かなりの時代の先取りですね。そして、おいしかったけどね!

 

 

 

というわけで、今回はチリコンカーンではなく、ポークビーンズの作り方をば。サラダ用豆、ガーリック、豚挽肉、にんじんみじん切りを炒め、トマト缶(あればローリエをプラス)で煮て、鶏ガラスープの素と塩こしょう、ケチャップ、砂糖で味を調えるという簡単さ。にんじんのラペとダイコンの昆布漬けをサラダ代わりに、ズボラ感満載のワンプレートディッシュ(笑)。お豆ごろごろでおいしい。風邪の時はこのくらいパンチの効いた食べ物の方がおいしく感じるのは私だけか。カラフルな豆やトマトの真っ赤な色で元気になります!是非お試しください。<YA>

 

このページのトップへ

2018年1月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

DIXN4.jpg

ダイニングエクスプレス4度目の登場、中国料理 頂香(でぃんしゃん)。昼ランチとして普段使いのできるお店、しかも座れる(ここもポイント)ので訪問してます。今日は辛い麻婆豆腐が食べたくなったので、訪問してみました。最近の傾向として寒ければ寒いほど辛い料理が食べたくなります。唐辛子のパワーで体を温めようとしているのでしょうか。

 

 

DIXN3.jpg

麻婆丼定食 800円。 サラダ、から揚げ、スープ、杏仁豆腐付です。

 

 

DIXN2.jpg

ゴルフボールくらいの大きさのからあげ。中華料理屋だから周りは片栗粉だと思っ1個は食べました。結構衣ビシっと。

 

DXIN1.jpg

麻婆は全然辛く、もっとパンチのきいた麻婆が食べたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国料理 頂香(でぃんしゃん)3 熊本市八王寺 焼きビーフン

このページのトップへ

2018年1月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ILG11.jpg

JR大阪駅の北、グランフロント大阪 北館1F にある、イルギオットーネ ディ ピューにやってきました。イルギオットーネ本店といえば京都。今はもうありませんが、河原町のイルギオットーネ クチネーリアには一度行ったことがあります。名前からみてもこちらはイタリアンです。ショッピングゾーンの北館に行って探すもなかなか見つかりません。こちらはビル内からのアクセスがないのです、わかりにくい。一度外に出てから入店。

 


ILG12.jpg

並木通りの人があるく道からは少し高くなっているので目線などが合うことはありません。店内は細長く天井が高く、ガラスが大きいから昼はルーミーで明るい店舗。

 

 

ILG13.jpg

MENU A 3500円のコースを選びました。安い方です。一休などでも予約される方が多い店舗のようです。直前のTEL直予約でしたが、今回は一人小麦×なのでと事前に伝えてます。親切にもメニューが私用になっている。嬉しいですね。(リゾットがもう一人はパスタなので・・・)

 

 

ILG14.jpg

スタートはシャンパンで・・・

いきたいのですが、

RAISI BULLE BIO ARMAGNAC / FRANCE  900yen  (レジブルービオ) そういえば銀座のAGILEでもこれを飲みました。

このノンアルコール シャンパン(ぶどうジュース)は結構甘いんですよね、口当たりが。だから1杯以上飲まなくて良いのですが。

 

 

 

ILG15.jpg

グリッシーニ。

グリッシーニの奥の壁に 「昭和のかき氷機」が。冬なのに、何でしょうか・・・・

 

 

ILG16.jpg

おお葉の上に球体ドームガラス、なんでしょうか。ふたをとるとスモークされた風味が。演出がいいですね。

 

 

ILG17.jpg

焦げちゃった!海老芋

白みそのバーニャカウダ

 

 

ILG18.jpg食用炭を使ってあって焦げた炭風に見える。これくらいの二口分くらいのアミューズで面白さがあると嬉しい。

 

 

ILGI1.jpg

2品目はサラダ

鰤(ぶり)の炙り

色んな大根サラダ 黄柚子の香り


なんと、白い粉は大根をシャーベット状に削ったものでさっきのかき氷機で店員さんがその場で削ってかけてくれたもの。

演出が凝っていますね。


 

ILG2.jpg

カツオかと思うような、ぶり。

黄柚子と大根がアクセントになって、口の中で、えっ!という感じ。冷たいのですが、これは面白くて美味しいです。ブリは2切。

 

 

ILG4.jpg

続いては 泡泡エスプーマ。

私はパスタNGなのでリゾットに変更してもらいました。サーモンとかぶらのリゾット。

 

 

ILG5.jpg

いくらが入っていて、しかも米の食感が絶妙。おいしいリゾットです。

 

 

ILG3.jpg

パスタもこんな感じであわあわ。

 

 

ILG19.jpg

パンはこういう木箱に入っています。

 

 

ILG6.jpg

ローストポークに変更していただきました。むかご、野菜色々。黒い粉はオリーブを削った粉だそう。

 

 

ILG7.jpg

弾力があり食べごたえのあるポークでした。緑は芽キャベツ。芽キャベツが1枚1枚とって調理されていますねー

 

 

ILG8.jpg

私のデザートは エスプレッソパンナコッタと ピスタチオアイスクリーム。

濃厚なのにアイスとのコンビネーションが絶妙でおいしいー


 

 

ILG10.jpg

エスプレッソは面白い形のスプーンです

 

 

ILG9.jpgもう一人の方のデザート。

パンを食べずこれだけの量で充分です。

スピーディに料理を運んでくれたおかげで比較的早くランチが終わりました。周りはぜーんぶ女子会なのでゆっくりと。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)


このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

 harajukuapple3.jpg

 

1924年創業のコロンバン。洋菓子の老舗です。日本で初めてフランス菓子を提供したお店とHPにあります。このロゴのかっこいいこと。箱自体がとてもおしゃれで、お菓子のカンカンフェチの私としてはとっておきたいのだけれど、パイで汚れちゃってて断念。

HPを見ていると、1950年代にコロンバンが出していた冊子「Bonbon」のバックナンバーがあり、パリのエスプリぷんぷんの内容についつい読み込んでしまいます。マロニエの落ち葉が舞うキャッフェには、モジリアニが、スーチンが、藤田が・・・とか書いてあると、グローバル化が進んだ今でもうっとりするのに、1950年代にこの雑誌を読んだ人は、フランスへのあこがれの思いを強く持ったことでしょうね。そんなあこがれのパリをぎゅっと詰め込んだようなコロンバンのお菓子です。

 

harajukuapple2.jpg

原宿はちみつ&紅玉のアップルパイをいただきました。原宿はちみつとは、コロンバンの原宿本店の屋上で原宿表参道の自然から採取した貴重な国産はちみつだそうですよ。小さい容器にちょこっとついています。

 

harajukuapple1.jpg

アップルパイ。カットする前のパイの網の目模様が美しかったのですが、もう半分は子どもたちの胃袋の中。原宿はちみつをたらーり♪寒い日でしたので、ちょっとオーブンで温めました。りんごはけっこう大きめでゴロゴロ!しゃきしゃきとした食感が少し残っています。蜂蜜は、なくても十分おいしいです。というか、アップルパイが十分甘いので、蜂蜜ない方がちょうどいい甘さかもね。羽田空港にお店があります。

 

羽田空港SMILE TOKYO店

羽田空港第2旅客ターミナル2F

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

kest1.jpg

LA CANROでフレンチを堪能した後の2次会は、梅田まで戻りこちらを訪問しました。私は3回目になります、ヒルトンホテルのすぐ近くにある KENZO ESTATE (ケンゾーエステート)大阪店。

最近特に注目を浴びているケンゾーワイナリー。ワインに多少詳しい人なら、あああのケンゾーというくらい、高品質なナパ・バレーのワインとして有名ですね。先ほどはフランス ブルゴーニュのワインを味わいましたので、次はナパの濃厚なワインを頂きましょう。

 

 

kest2.jpg

手前はカウンター席

 

okuza.jpg奥はテーブル席と個室

 

 

kest3.jpg

ケンゾーワイナリーでも人気の高い赤ワイン、紫鈴 RINDO(リンド)

グラスワインは40ml単位で頼めます。


80ml 1700円


やっぱりリンド。11月に宮崎でリンドを肉に合わせていただきましたが、ワイン単体でももちろんこれは重厚なワイン。

 

kest4.jpg

おつまみというものはそんなに不要なのですが、ここではこれ。

トリュフポテトフライ (1500円)


積み木ゲームのジェンガみたいにポテトフライが積まれています。そしてその上に店員さんがトリュフをスライサーでかけてくれます。トリュフの効いたポテトフライ。なんていいんでしょう!そして赤ワインとトリュフ。

 

 

kest5.jpg

次にケンゾーワイナリーの頂点の一つ、カベルネソーヴィニヨン主体の藍 AI (アイ)を。


40ml  1,950円。 ボトルだと34,800円です。


個人的にはリンドのバランスが好きです。


3回目のケンゾーワイナリーは2杯だけでしたが、とても印象に残りました。TT


 

KENZO ESTATE WINERY 大阪店 ナパの奇跡のワインを堪能


食べログ(掲載時点 3.59)

 

ケンゾーワイナリー 大阪店 ホームページ

 

このページのトップへ

2018年1月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

料理後篇です。五感に訴える料理が続きます。

 

laca12.jpg

割れたようなお皿がデザイン。

毛蟹、ディル(ハーブ)

期待してましたキャビア

 

laca11.jpg台座部分は少し温かく、キャビアとの絶妙のコンビネーション。感性に訴える一品。

 

 

laca2.jpg

長崎クエ

 

 

laca3.jpg

牛テール、根セロリ


これは器が相当熱くてリゾットというか韓国の石焼鍋風。

おいしい、米の絶妙の感じがとてもいい。


 

laca4.jpg

本当にどの品もおいしいです。

 

 

laca5.jpg

和牛、牡蠣

 

laca13.jpgシャンボール ミュジニー プルミエ クリュ  レ プラント 2010  J.カシュー

ピノノワール100%


 

laca14.jpg粉雪の粉末の中から

 

 

laca15.jpg

いちご

 

laca16.jpg

木の上のバーは生チョコレート

 

 

laca17.jpgこのチョコレート最高においしい。とろける。

 

 

laca18.jpg

エスプレッソ

 

 

laca19.jpg

まるで宝石箱に入った チョコ、タルト

 

laca29.jpg

演出がかっこよすぎる。

1連の料理とワイン。実はアミューズを1枚とり忘れてしまった・・・・白子だったのですがあまり好きでなくて撮影するのを忘れてしまっていました。

相当なる満足感を感じ、違うメニューの時にまた来てみたいと思いました。夜は料理のコースは15000円です。税サ別。

TT

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

ラ・カンロ ホームページ

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

DSC07992.JPG

2月最初の午(うま)の日に、神社詣でをすると、とても運気がいいということで、全国の稲荷神社で初午大祭が行われます。今年の初午(はつうま)は2月7日で、この日は高橋稲荷神社は多くの参拝客でにぎわいます。福餅まきなどもあるようなので、今年は行ってみたいなと思っています。

 

DSC07995.JPG

おいなり神社にいる一対のお狐さま。お狐さまは、巻物と玉をくわえていると聞いたことがあります。こちらは巻物かな。

 

DSC07994.JPG

こちらは、宝珠という玉でしょうか。その宝珠は・・・

 

DSC07998.JPG

なんと午(うま)の胴体にも描かれていました!丸い玉が描かれているのわかりますか?宝珠の腹帯を締めた神馬かな?もうちょっと勉強してから来ないと駄目ですね・・。

 

DSC07993.JPG

 

高橋稲荷神社の境内。とっても広いのですね!神社参拝すると、心が洗われるようです。

 

dengaku3.jpg

 

鳥居を出たところに明治時代から続く田楽屋さんがあるのですが、以前ご紹介しました。お店の方は、以前は神社の境内にお店があったのだよとおっしゃっていました。また食べに行きたいな。<YA>

 

高橋稲荷神社

熊本市西区上代9丁目6番20号

 

                 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

laca23.jpg

 今回大阪のフレンチ、LA KANROを訪問するにあたり、食事に行くというより劇場に行くような、わくわくした気分が高まるのを日に日に感じていました。仕事で何十回も訪問している大阪ですが、ゆっくりとした食事、ワインを堪能した回数は本当に少ない。今回は大阪フレンチでも食べログポイント高得点の同店、そしてミシュラン一つ星に新たに加わったことでだいぶ前に予約をしていました。

  

 
laca24.jpg

大阪駅からは車で10分程度、タクシーで1000円の距離。おおよそ飲食店街とはかけ離れた大通りの裏の一角にラ・カンロはあります。外からほのかに明るい店内を除くとカウンターで食事をしている人たち。

 

laca25.jpg

重厚な扉を開けるといきなり店内というわけではなく、通路を通って店内へと導かれます。この細かな店舗デザインも劇場への入り口という期待感を高めてくれます。

 

 

laca1.jpg

フランスブルゴーニュを中心に数百種ものワインを貯蔵してあるセラー。8席のフレンチでこのラインアップとは大したものですし、ワインリストがかなり分厚い。このリストを見ているだけでも楽しい。


laca21.jpg

今回は3人で訪問。カウンター8席のみのフレンチ。

仲嶺淳一シェフの料理とソムリエ桒原孝明氏が奏でるラ・カンロ。パリの三ツ星アストランス、大阪福島のカモシヤクスモトで修業されて、2013年11月ここをオープンしました。スタイリッシュで洗練され無駄なものがないこの空間はとてもムーディ。


 

 laca22.jpg

景色や人通りを眺めるわけでもなく、スポットライトがあたる料理と対峙する空間としてのカウンター。

 

 

brssss.jpg

シャンパンはグラスでオーダー。

Vilmart & Cie Grand Cellier

木樽発酵、樽熟成、クリュグなどの名だたる生産者が取り入れる手法で、「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランスの星付レストランが採用する故希少性のあるシャンパン。

 

 

menulac1.jpg

材料のみが書かれたメニュー。

 

 

laca7.jpg

アミューズ

オマール海老、柚子

見た目からお花のようなこの細かいデコレーション。1品目から惹きつけられる。シャンパンとの相性もばっちりだ。

 

laca8.jpg

ずらして撮影

 

 

laca9.jpg

これはほかの人のパンだが、グルテンフリーの私には米粉のパンを用意していただきました。

 

 

laca26.jpg

悩んだが

ドメーヌ・ラモネ シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ モルジョ [2013]  を選択した。黄金色でふくよかなモンラッシェ。至福のひとときである。

 

laca10.jpg

フォアグラのムース 野菜類と上には細かく刻んだトリュフ。

なんともこのフォアグラと白ワインのマリアージュが素晴らしい。木の器も素晴らしい選択だ。

 

料理の続きは明日(TT)

 

ラ・カンロ フーズピープル

 

食べログ(掲載時点 4.10)

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ダイニングエクスプレスでも短期間の間で3回目の登場の人気店。

 

KSE1.jpgわが家の魚河岸 国枝鮮魚店。

 

行列はまだ見たことないけど人気店。

 

KSE2.jpg寒いせいかそんなに混んでいませんでした。いつもはカウンター多いのに、今日はカウンターに着席します。

 

KSE3.jpg今日はメニュー選び放題ということです。

7食限定のこれを目当てに訪問する人も多い、680円メニューも選べますし


いつもは売り切れの魚河岸弁当も。海鮮丼は今日はパスして、

 

魚河岸弁当 1280円ですね、だって 今日は3食限定とか。 そんな限定って少ないじゃないじゃないですか。少なすぎてあせるわ。フライ物とかが今日は入っていないのもポイント高いし。


 

KSE4.jpg来ました。

 

すごいボリューム、カンパチのアラか。迫力ある煮物だこと。あまりアラとか食べないのでこういう機会に。


KSE6.jpg今日は鯛のすまし汁ですね、いい味してます。

 

KSE7.jpg

切干大根煮、きゅうりとタコの酢の物、黒豆。正月の残りではないと思うけど。

 

KSE5.jpg

カンパチ。

身も脂が乗っていて以外と美味しかった。

 

 

KSE8.jpg

刺身は9種類。これだけで刺身定食で十分満足なのですが。

定食ぜーんぶ食べると結構お腹一杯。ご飯おかわりどうですか?と聞かれたけどやめておきました。


今日は夜がフレンチなので、昼和食にして良かったと思いました。TT

 

前回の記事

国枝鮮魚店(2) 熊本市水道町 今日の海鮮丼はEね。

 

食べログ(掲載時点 3.05)

 



 



 

このページのトップへ

2018年1月15日 Posted time : 00:12 | Category : D@EXコラム

DSC08032.JPG

 

 

クリスマスが過ぎ、お正月が終わったかと思ったら、もう恵方巻きなのですね。コンビニを見ても、どこを見ても恵方巻きののぼりがはためていおります。今年の恵方は南南東だそうです。こちらは濱かつさんの恵方巻き。オランダかつが巻かれているのですね!知らなかった!ご飯とオランダかつ合いそうですね!

 

DSC08033.JPG

いつも待たされる人気店ですが、珍しく、お客様がいない店内。

 

DSC08030.JPG

 

というわけで、この時期毎年食べている牡蠣フライを食べに来ました。一年ぶりくらいに来店すると、お漬け物、こんな小鉢で出てきてましたっけ?キャベツも別のお皿で出てきてましたっけ?といろんな変化に気づきます。もちろん、キャベツ、ご飯、味噌汁、漬け物はおかわり自由です。

 

DSC08031.JPG

 

牡蠣フライ。家では作らないので、うれしい。揚げたての広島産かきは、さくさくでとってもおいしいです。定番のかきふらいが5個ついたかきふらい膳だけでなく、かきふらいとヒレ膳、かきふらいとロース膳などのコンビネーションもありますよ!期間限定なので、是非お試しください。<YA>

とんかつ濱かつ

熊本市北区大窪4-1-11

096-346-8433

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

LUNY2.jpg

休日に家族とルナ クレッシェンテに行きました。最近熊本市内でもご飯に行くところが思い浮かばずに苦戦します・・・ここは2回目の訪問です。正月は藤崎宮に近いためかランチもかなり混んでいたようです。前回訪問した時は気が付かなかったのですが、ベトナムアジアンキュイジーネの333(バーバーバー)と同系列のようです。


 

LUNY10.jpg

子供的メニューもないと不満になっちゃいますが、ここなら大丈夫でしょう。


 

LUNY1.jpg

メニューを見て大丈夫そうです。ご注文をいただいてから1つ1つ丁寧に作りますと書いてあります。

 

LUNY4.jpg

店舗内を奥から撮影しました。古民家リノベーションした店舗です、昨年の2月オープンでやがて1周年。


 

LUNY3.jpg

今日は大根サラダ

 

 

LUNY5.jpg

オニオンスープ

 

 

LUNY6.jpg

子供は2人とも ふわとろオムレツハンバーグランチ 1100円。

卵の下にはハンバーグが隠れています。ハンバーグも丁寧に焼いて作ってあるみたい。美味しそうでした。

 

 

LUNY7.jpg

奥さんは本日のお魚ランチ 1400円、今日のお魚はエビス鯛。

 

それぞれ ライスかパンが選べます。

 

LUNY8.jpg

私は前回食べたチキンが美味しくて  若鶏の照り焼きステーキランチ 900円。 って支払う私が一番安いの!

だいたいそんなもんですか。

いやチキンが食べたいから メニュー900円 だったわけで。


美味しいですよ、でもレモンバターの方が美味しいかも。

 

LUNY9.jpgコーヒーと +300円でドルチェ盛。クレームブリュレは濃厚でした。ごちそうさまでした。TT

 

上乃裏洋食 Luna crescente (ルナ クレッシェンテ) 上乃裏通・熊本

 

食べログ(採点なし)

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

espi1.jpg

ビストロ&ワイン エスポワールに来ました。今日はこれで4次会目です。ここにはフランスのグランヴァンワインなどそうそうたるワインがラインアップされているのですが、メニューのこの4000円と5000円均一のページから選ぶことにしましょう。

 

 

esp4.jpgespi3.jpg

5000円のメニューから、アメリカ カリフォルニアワイン、 ボーグル ピノノワール。

5000円で提供されているとは思えないほどのワイン。


 

 

espi2.jpgペッパーウッドグローブのメルロー2014 いくらのかは忘れてしまいました。これも4・5000円以下だと思いますが・・・

今宵は2次会から6人で白ワイン2本、赤ワイン4本を空けました。正月から飲み過ぎが続いてます。(TT)


食べログ(掲載時点 3.0)

 

エスポワールホームページ

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月13日 Posted time : 00:11 | Category : 全国特産物情報

DSC08024.JPG

 

さて、日本における白い犬といえば、白戸家のお父さんが有名ですが、もっと前から人気者の白いわんちゃんがこちら。この真っ白のわんちゃんはサンリオキャラクターで、名前をシナモンと言います。そしてこのキャラクター名が、シナモロールちゃんだったとは、さっきはじめて知りました!ずっとずっとシナモンロールちゃんだと思っていたら(笑)。このシナモロールのしっぽがシナモンロールみたいな形をしていることから、この名前がついたのだそう。なんというまぎらわしさ! 

このわんちゃん最初は、ベビーシナモンという名前で売り出されたそうですが、アメリカで商標権の問題が起こって、シナモロールに変わったのだそうですよ。

 

DSC08027.JPG

 

意図してか、意図せずしてかわかりませんが、シナモンなだけあって、ニッキたっぷりの生八つ橋。この生八橋、JR西日本京阪神エリアの7駅11店舗の駅ナカ限定商品!!京都駅構内のおみやげ街道で買ったものをおみやげにいただきました。だから、シナモロールちゃんが駅員さんのかっこしているのですね!正式名称はおたべじゃなくって「こたべ」というそうで、抹茶味もあるそうです。

それにしても、サンリオのサイトを見ると、かわいくっていくつになっても心がうきうきします。かつて好きだったパティアンドジミーも健在のよう。今年は戌年なので、シナモロール飛躍の一年になればよいですね!<YA>

 

このページのトップへ

2018年1月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

昨日の記事は、壱の倉庫。その後はリラに流れました。。最近昼カレーリラすることが多かったのですが、今日は夜リラで赤ワイン。

 

LIL6.jpg

また昼とは違いライトアップされています。男だけで入るリラ。


 

LIL8.jpg

食事のメニューは豊富です。さっき結構食べたのですが若い人もいるので軽めのメニューを頼みましょう。

 

 

LIL7.jpg

グラスワインしかないと思っていましたが、いやいあyワインもボトルで色々あるではないですか、先ず赤のジンファンデルを飲みましょう。

 

LIL1.jpg

また食べるのですか、ソーセージ5種盛 900円


 

LIL2.jpg

また食べるのですか 生ハム 900

 

 

LIL3.jpg

枝付きほしぶとうとイチジクがあるのが嬉しいですね

 


LIL4.jpg

これが一番人気メニューだった アンチョビキャベツ 600円。

ワインともあいますね。


LIL5.jpg

また頼むのですか、スイートチリポテト 500円

ほとんど食べてるものがさっきと同じなんですが・・・

 

LIL10.jpg

ミックスナッツ 300円

 

 

LIL9.jpgGnarly Head Old Vine Zinfandel

 ナーリー・ヘッド・オールドヴァイン ジンファンデル

熟成された果実味を感じます、ジンファンデルですから!

 

その後のワインはチリのCONO SUR カベルネに突入しました。ごちそうさまでした。TT

 

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)(2)熊本並木坂

このページのトップへ

2018年1月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

壱之倉庫 (イチノソウコ)  熊本上乃裏通り ブームの火付け役

 

先日コストパフォーマンスのよいランチということでご紹介した壱之倉庫。今日はワインを飲みに夜行ってみました。予約をして訪問しましたが、休日とあってか満席でパーティも開催されていました。ここは夜も人気店なんですねー。

 

1nsk.jpg

夜の倉庫もライトアップされていい感じのお店の感じですね、ここは室内の天井が高いから好きです。

 

 

1nsk1.jpg

ビアレストランというか、夜メニューは洋風居酒屋さんメニューですね

 

1nsk2.jpg

(クリック拡大、戻る)

昼もコスパが良いですが、夜も高くないですね。リーズナブルです。


 

1nsk3.jpg

ワインメニューも普通に安くないですか。。。3000円以下が大半。まぁ、あまり有名なのはありませんけど。

 

1nsk4.jpg

安い。普通に手に入るワインばかりですが、気軽なテーブルワインといったところです。

 

 

1nsk7.jpg

少し食べていたので、軽めに

オリーブ色々 (350円)と生ハム (750円)

 

1nsk12.jpg

シーザーサラダ (780円)

ベーコンがたっぷりはいっていて、レタスとのバランスが・・・

 

 

1nsk10.jpg

ジャイアントペッパーソーセージ (GPS) 1本 380円

ソーセージは必需品といったところ。


 

1nsk11.jpg

いろいろチーズ盛り (800円)

チーズ4種類です。


 

1nsk8.jpg

フライドポテト 450円

自然なカットでホクホクでこれが一番評判良かったメニュー。ということでワインはここでは白を2本、次のお店も決まっていたので。

 

1nsk5.jpg

ラ・クロワザード レゼルブ シャルドネ(フランス) 2800円

安いワインにもかかわらず、こちらでは結構大き目のグラスを提供してくれるから嬉しいですね。グラスが大きいと少し安いワインも美味しく感じます。


 

1nsk6.jpg1nsk9.jpgウマニロンキ カサル・ディ・セッラ 3000円

 

気軽に飲めるワインTT

 

食べログ(掲載時点 3.51)



 


 

このページのトップへ

2018年1月11日 Posted time : 00:44 | Category : 編集長コラム

ksn16.jpg

うなぎは東京で食べることがほとんどなのですが、今日は珍しく熊本でうなぎを食べに来ました。市内から空港へ行く第二空港線沿いの佐土原にある「かわ専」さんです。いつも通る時に駐車場が埋まっています。今日はお店のオープンが11時なので、11時半前には到着しましたが、それでもお客さんが多い。正月あけなので、うなぎ食べたくなる人が多いのでしょうか。

ブログの記録では訪問はなんと10年ぶりです。その間に鰻の高騰などもあり、値段もだいぶ変わっているのでしょうね。

 

ksn1.jpg

入りましょう。

 

 

ksn17.jpg

うなぎの産地証明が。今日のは宮崎産だそうです。

豊富なメニューをみていきます。

 

ksn8.jpg

うなぎランチは3切れ。

 

ksn2.jpg

せいろ蒸しもあるんですね、30分ほどかかるとのことなのでパス

 

ksn3.jpg

かわ専はひつまぶしも有名なんだよなぁ。

 

ksn9.jpg

ひつまぶしといえば名古屋。その違いとかが書いてある紙。

 

ksn4.jpg

ひつまぶし 3400円とは以外にいい値段と・・熊本にいると感じてしまう。


 

ksn5.jpgksn6.jpgksn7.jpg

メニュー沢山ありますが、ここはうなぎ1匹という、特上うな丼 2760円を選択。


 

ksn10.jpg

しばらく待って到着します。普通はうな重食べるから丼は久しぶりだ。

 

 

ksn11.jpg

うなぎがご飯の上に重なっとる。


 

ksn12.jpg

うなぎの頭まではいっとる。特上、十分すぎる量のうなぎだ。

 

 

ksn13.jpg

三葉でなくてかいわれってとこが・・・・見た目のクオリティがサガル。

 

 

ksn14.jpg

なんか箸で持っても弾力感があるうなぎ。ぷりぷりしとるわ。

 

 

ksn15.jpgうなぎは関東風ばかり食べていたから、熊本風のうなぎがすんなり入ってこなくなっているのを感じます。食の好き好きは変わるようです。(TT)


2007年のダイニングエクスプレス記事

 

かわ専ホームページ

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2018年1月11日 Posted time : 00:04 | Category : D@EXコラム

 

 人吉の老舗の鍛冶屋さんに、年末包丁を作っていただきました。切れ味抜群で、とても使いやすい!最高!って感じでお雑煮を作っていたらその包丁で、さっくりと指をやってしまいました(涙)。い、痛い。じんじんする、ということで、今日のランチタイムは、日清焼きそばUFO。地震の時や、けがの時。ピンチの時に颯爽と現れて、胃袋を満たしてくれるUFOは、本当に心強いものです。というわけで、チーズカレーなるUFOが出ていると知り、いざ実食。昨年11月に新発売されたみたいです。

 

 

この黄色のパッケージといい、カレーとチーズ感が出ています。ソースの味も少しするのかなあ。ソース味のしないUFOなんて、UFOではないなあ。青のりの代わりに、チーズの袋が入っています。チーズは、パルメザン、ゴーダ、エメンタールの3種類のチーズが入っているこだわりよう。

 

DSC07999.JPG

 

 

できあがり?。けっこうチーズたっぷりです。かやくは申し訳程度入っています。見た目はソース色ですが、香りはカレーです。カレーウスターソースって感じのお味。特にスパイシーというわけではなく、子どもさんでも食べることができる辛さです。カレーとチーズ、そして焼きそば風味ですから、想像以上でも想像以下でもないお味で、普通においしいです。でも変化球UFOを食べると、やっぱりオリジナルUFOには勝たないかなと思ってしまいます。オリジナルを超えるUFOを食べてみたいものです。<YA>

 

 

このページのトップへ

2018年1月10日 Posted time : 00:04 | Category : 編集長コラム

srir12.jpg

栄通りから、下通りと三年坂方面です。先にはCOCOSAがあります。青柳さんがある通りです。


 

srir13.jpg

右側には飲食店などが沢山入った、古い雑居ビル。何度か紹介したことのあるタイ料理 ピン・トンもここにあります。スリランカの国旗が目を引きますね。(言われなければどこの国旗かわかりませんが)

 

srir1.jpg

スリランカのカレーはファンが多いことで有名。800円のランチカレーセットはお得感があります。

 

 

srir2.jpg

階段を上がるといつものように、ここはアジア。

 

 

srir3.jpg

ピントンをすぎて奥の方が、スリランカ熊本。店内はあまりにもお客さんが多くて撮影できませんでした。びっくりしました。結構な人気がうかがえます。正月から胃袋にパンチを与えたいリピーターが沢山いるようです。

 

srir5.jpg

メニューはクリック拡大、戻る。

5種類のランチメニューから選択します。

☆3つ が日本の辛いレベルということですが。


隣の女性は一人で真っ赤なカレーを食べている・・これは・・・レベル5ですよ。私にはこれは無理だわ。しかも平然と食べておられる。

前回カレーのルワニでマイルドにしてしまった情けなさから、今回はレベル4にするぞ。(+50円)

 

隣の男性のドライカリーがおいしそうだったので、これに決定。

 

 

srir6.jpg

ファルーダってドリンクがあるのですね、

しかし絵の女性の目が かなり・・・

srir4.jpg先ずはサラダでこれからの 辛さに備えることにしましょう。

 

 

srir9.jpg

真ん中にドライカレーそして2種類のカレーと チキン・ジャガイモ。

 

 

srir7.jpg

レベル4はこの赤さは食欲をそそりますね。隣の女性のレベル5にも引けを取らない。

 

 

srir8.jpg

皿もそこそこ深くカレーの量もボリュームがあります。カレーが多いんじゃないかというくらい。

 

 

srir10.jpg

かなりココナツの味がして美味しいし、スープカレーみたいに辛いけど、するする胃に入っていくから不思議だ。汗が出てくる。

 

 

srir11.jpg食後にはヨーグルトアイスとアイスティー。ほっとしてお店を後にする。(850円)、今度またリピートします。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.15)

このページのトップへ

2018年1月 9日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

DSC08022.JPG

 

長崎県佐世保市の四カ町アーケード内にあるナポリ食堂さんに行きました。かつては、ナポリスというお店でしたが、去年の秋に屋号を変更してリニューアルオープンしたみたいです。かつてはピザ感満載のお店でしたが、レモンステーキなどのご当地グルメもあり。

 

DSC08021.JPG

ここ、以前に伺ったときもピザが安価でおいしかった記憶。ちゃんと石窯で焼いてくれるのです。390円とリーズナブルなのはありがたいです。ピザの種類も10種類以上と豊富です。ドリア、パスタ、グラタンとイタリアン系は充実しています。ミートソースとコーンのピザがサンキューピザという名称で、390円なのですが。倍の価格を出してでも食べたかったチーズフォー。つまりクアトロフォルマッジ。780円。最初に食券を買って、着席するシステム。2階に広いスペースあります。

 

DSC08019.JPG

 

見た目は地味ですけど、チーズのいろんな味がしてやっぱりおいしい。

 

DSC08020.JPG

ちゃんとメープルシロップつけてくれて、うれしいな。食べ放題もあり。テイクアウトもOKです!<YA>

 

ナポリ食堂しまのせ店

佐世保市島瀬町9の7

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sech6.jpg

家族や親せきが集まるお正月。お正月といえばおせち料理。塩分が濃くてのどは渇くのですがこれを食べないとお正月が来た気がしないですね。私の今回のおせちは、朝は 八代グランドホテルのオードブルおせち 13,000円(税込)子供も好きな海老フライやから揚げも入っていてこれは結構食べるところが多いおせちでした。食事券1000円も入っていました。

 

 

sech7.jpg

実家ではこちら。このバージョンははじめてのの ホテルキャッスル熊本の フランス料理おせち。60000円(税込)。2枚プレゼントで年末ジャンポ宝くじが入っていますが、100万円に3000番くらい違いました。

 

 

sech8.jpg

開けてみましょう。仏蘭西 でなくて佛蘭西 となっています。

 

 

sech4.jpg

キャッスルのおせちにはメニュー表がついているんですよね。これがあると「これは何」ってならずにすみます。

洋食総料理長は松田祐一シェフ。

 

 


sech3.jpg

全貌はこんな感じです。

 

sech9.jpg

一の重。いくらもたっぷり。スモークサーモンは袋に入っています。蟹サラダが美味しかった。真ん中左に見えるのはあわび。ピンクの袋にかずのこのわさびクリーム和え

 

 

sech10.jpg

仏蘭西料理っぽいメニューが多い二ノ重。牛フィレ肉のパイ包みがインパクトあり。左下のパテドカンパーニュのゼリー寄せも美味しかった。これはワインが飲みたくなる料理のオンパレードや。

 

sech1.jpg

三の重はケーキやマカロン、チーズ。子供たちが喜ぶ段ですね。

 

 

sech2.jpg

ビン詰キャビアを発見。白ワインが欲しくなる。この時飲まなかったから、3日の日に百貨店でキャビアを買って家でシャブリワインを飲みました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アメリカ産】天然キャビア 20g
価格:3960円(税込、送料別)(2018/1/6時点)


 

 

sech5.jpgこちらはホテルキャッスルの45000円税込の3段おせち。今年も色々なおせちを堪能いたしました。1年が平和に過ぎてまた2019年も美味しいおせち料理が食べれればと思います。TT

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

nailcafe33.jpg

年末に再度訪問しました、ネイルアンドカフェバー・リラさん。先日訪問したばかりですし、男性1人客は珍しいのか、私のことを覚えていただいてたようです。(嬉しい)

さて今日は年末のお休みに入っている人も多いシーズンのため、席はほぼ満席。カウンターに着席しました。前回同様カレーを頼むのですが、前回5・6を頼みましたので、今回は2・3を頼むことにします。

バターチキンカレー

アボガドキーマカレー


待つこともなく運ばれてきました。スーツネクタイでしたから急いでいると思われたのかも。

 

 

nailcafe44.jpg

日替りスープと ワンプレートでサラダとカレー。カレーは前回はスープカレーだったので容器に入っていたのですが今回は皿盛。味がコンビネーションしても美味しいでしょう。


 

nailcafe11.jpg

バターチキン

トマトベースに生クリームとナッツのコクが定番のカレー

 

nailcafe22.jpgアボガドキーマカレー

黒こしょうがピリッとスパイシー、アボガドでマイルド。

辛さは辛さ調節スパイスがありますので、それを入れてください、ということなので両方ともそんなに辛くないです。キーマカレーが個人的には気に入りました。ここのカレーってスパイスを使って丁寧に作られた感があるんですよね、女性の若いシェフの方ですが。


またカレーが食べたくなったら訪問させていただきます。(TT)

 

前回の記事

nail&and cafe bar lila(ネイルアンドカフェバー・リラ)熊本並木坂

 

 

このページのトップへ

2018年1月 7日 Posted time : 00:05 | Category : D@EXコラム熊本グルメ情報

DSC07925.JPG

皆様、そろそろおせちに飽きた頃。たそがれ東館においしいスープカレーの店があると聞き、行ってみました。その名もイエロースパイスさん。カウンター6席のみの小さなお店で、お昼時に行くと案の定満席でした。外のいすに腰掛けてしばらく待って、中に入ると、まずはスパイシーなカレーの香りに胃袋をぎゅっとつかまれます!

こちらのオーダーは紙に書くオーダーシートシステムです。こってりとかあっさりとか、トマトベースとか具材はカキとかチキンとかご飯のグラム数とかいろいろ選んでいくのですが、知人のおすすめのトマトベース、濃い味、チキンという組み合わせで行くと決めていたので、今回は、そう紙に書き込んで、店員さんに渡しました。友人はカキのカレーに挑戦です。

 

DSC07926.JPG

まずは、ご飯がやってきます。添えられているのは、なんとレモン。最初にご飯にレモンをじゅじゅっとしぼるのです。ご飯も雑穀米風。

 

DSC07931.JPG

おいしそう!トマトベースのスープカレー。彩りもきれいで、おしゃれ!

 

 

DSC07935.JPG

 

ご飯を一口スプーンに乗っけて、そのままスープカレーにくぐらせます。スープカレーよ、ご飯に染みこんでくれー。トマトの酸味とレモンの酸味もいい味出してます。

 

DSC07930.JPG

 

こちらは友人の頼んだカキのカレー。カキの濃厚な風味がカレーに溶け出しています。前夜牡蠣鍋をしてしまったために、この日は、カキはNOTHANKYOUでしたが、次回は、これを頼んでみたい。カキは季節限定のようですが、もうしばらくあるみたい。スープカレーを食べることはあんまりなかったのですが、北海道の人、こんなおいしいものをいつも食べているのね!かなりはまりそうな味でした。<YA>

 

イエロースパイス

熊本市中央区下通1の5の7

たそがれ東館2階

096の342の6114

 

このページのトップへ

2018年1月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ptt8.jpg

真冬はアジア料理。2度目の訪問です、タイ料理ピントン。平日昼間、COCOSAから伸びるこの通りは閑散としています。


 

ptt1.jpg

階段で2階に上るとアジア。隣はスリランカ料理。2度目なのでだいぶ慣れました。

 

 

ptt3.jpg

前回同様店内奥の右側のスペース、店員さんから全くの死角になるスペースで落ち着いていただくこととする。

 

ptt2.jpg

ランチは800円から。今日は注文は一時以降にしてくれ!メニューの パッタイ・セット 950円にします。というかこれを食べるために1時に合わせてやってきました。暇ならば1時前でも作ってくれるんだと思いますけど、わからない。

 

 

ptt4.jpg

生春巻とグレードアップ(+200円)してトムヤムクンに。今日のトムヤムクンはずいぶん酸味が弱い。パンチが少なく煮込まれた感がある。少し物足りないが、日にちによって変わるのだろうか。

 

 

ptt5.jpg

パッタイ到着。

パッタイは焼きそばの類似。学生の時タイへ旅行した時に一番目に覚える料理は、カオパッ(焼き飯)とパッタイ(焼きそば)。これは日本人の口にあう。


干しエビがかかっている。パクチーをたっぷりかけて食べたいわ。

 

 

ptt6.jpg

麺が短け、タイの屋台で食べたパッタイを思い出す。そういえば30年くらい昔は10バーツ(ハーバーツという)25円から30円くらいで食べれたっけ。なつかしいじゃない。

タイに思いをはせながら完食。

 

ptt7.jpgコーヒーは無料、アイスとバナナの揚げ春巻きも付いていた。TT

 

前回の記事はこちら

 

食べログ(掲載時点 3.03)

 

このページのトップへ

2018年1月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

BATAN7.jpg

 熊本・西銀座通り ドン・キホーテより少し下通り寄りにあるこのお店を訪問しました。「馬タン牛タン」。うまたん ぎゅうたんと読むはずですが、どうしても競馬の馬連・馬単を想像してしまいます。熊本で馬関係というのは観光客にやはり人気があるのですね、外国の方とか観光客っぽい方がお店に吸い込まれていきます。


BATAN1.jpg

ランチメニュー、クリック拡大・戻る。

一番安いのが馬丼980円、あとは1000円台から2980円、税込3000円超メニューですから、そこそこの価格帯。ドリンクがアルコールもOKというのは珍しいですね、仕事だからアルコールは無理なので、ホットコーヒーをと思ったら、アイスコーヒーしかありませんでした。この時期にホットドリンクがないのはつらいかも。

 

 

BATAN2.jpg

牛タンだけのメニューがあればと思ったのですが、ありませんでした。

結局、赤牛と牛タンの二種炭火焼き ごちそう丼 1980円にしました。税込で2000円オーバー。

サラダ・味噌汁・小鉢付

 

BATAN3.jpg

こちら側が赤牛で

 

BATAN4.jpg

こちら側は牛タン


 

BATAN5.jpg

半熟卵をつぶしていただきます。ご飯の量は結構ありました。

 

 

BATAN6.jpg

ごちそうさまでした。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.34)

 

このページのトップへ

2018年1月 5日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

DSC07849.JPG

KITTE博多にあるラーメン屋さんShinShinさん。某有名ジャニーズアイドルグループが食べたと評判になったことから、某ジャニーズアイドルグループのヤフオク!ドームコンサート参戦日に、食べないわけには行かないでしょう・・。ということで行ってみると案の定行列できていました。コンサートの日じゃなくても博多駅直結のKITTEさんにあるので、よく食べに行きますが、いつも人気です。座席数が多く、回転が速いのですぐに座れます(^_^)普通のラーメンをオーダー。

 

DSC07851.JPG

いかにも博多ラーメンな感じです。シンプルイズベスト!

 

DSC07855.JPG

 

麺の細さもまっすぐストレートぶりもいかにも博多。ホームページには、博多ラーメンとも長浜ラーメンとも違うと書いてあります。いかにも博多って書いたら違うのでしょう。熊本県民にはその違いはわからないのですが、博多の人はわかるんでしょうね。スープには豚骨だけでなく鶏ガラや野菜もいっぱい入っているようです。だから以外とあっさりしていて、くどくないのです。

 

DSC07859.JPG

こちら、らーめんのたれみたいなものがあるのを、食べ終わってから気づきました。スープに垂らして飲んでみたら、味に深みが出ました。ところで、メニューをよく見たら焼きラーメンもあるみたいです。昔小金ちゃんという屋台に行って食べた焼きラーメンが忘れられない。まだ小金ちゃんは健在のようです。次は焼きラーメンもいいなあ。<YA>

Shinshin

博多区博多駅中央街9の1KITTE博多B1

092(260)6315

 

このページのトップへ

2018年1月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

uoy1.jpg

田崎市場へ来ましたので、ランチをして帰ることにしました。田崎市場って卸売市場なのに食べるとこ少ないんですよね。中華の栄耀か、肉食堂よかよかとか。

ここは来たのはじめてです。こちらの写真は入口。反対側にも入口があり駐車場側です。

 

uoy2.jpg

こちら。こちらに12時前だというのに結構な行列が・・・・これは期待できるんじゃないですか。行列を見ても帰る人いませんよ。並んでも食べたい!ってことですね。

営業時間は

AM6:00?9:00 AM10:00?PM2:00 PM6:00?9:00(ラストオーダー)

これは11時すぎでも11時30分でも並ぶ可能性ありますよね。逆に1時過ぎの方が空いてるかも。

 

uoy16.jpg

定食700円とかですよ。

ここからランチメニュー全掲載しますので、どれにするか考えましょう。拡大、戻るもできますよ。

 

uoy4.jpguoy5.jpguoy6.jpguoy7.jpguoy8.jpguoy9.jpg

メニュー多すぎでしょう。油淋鶏定食があるのは栄耀さんと親戚関係でその関係だとか。

 


uoy3.jpg

悩んだ挙句、この1000円の本まぐろ丼に決定。丼の上の赤い線がまぐろでしょう!

 

 

uoy10.jpg

こちらは同行ユー課長の 刺身御膳(梅) 1000円 ご飯大盛

 

これで野口英世先生1枚ですか! ガクガクブルブル

それに正月前にナマコなんて食べていいんですか。


 

 

uoy11.jpg

刺身8種類プラスなまこ

これには参った。

 

 

uoy12.jpg

私はこれだ。

天然本まぐろ丼。これもコスパいいね。ご飯は普通盛。

 

 

uoy13.jpg

この前(久留米のうなぎ)もそうだけど、錦糸卵はね、いらないんだけど。魚がいいから我慢だね。刺身定食のマグロよりこちらの方がさすがにいいマグロっぽいですね。

 

 

uoy14.jpg

いいですよ。

 

uoy15.jpg1000円でこれって大満足。 デザートが缶詰というのと、味噌汁がかぼちゃでなくて魚の汁物だったら最高なんだけど、今度は刺身御膳(竹) 1500円いってみたい。今度また食べに来よう。松野覚悟で。(TT)

 

食べログ(掲載時点 3.20)


 

 

このページのトップへ

2018年1月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

bonv15.jpg

ホテル日航の裏手でセブンイレブンのすぐ近くにある、Bon Vita(ボン・ヴィータ)に来ました。フレンチなのですが、シェフはイタリアン出身でイタリアの料理法をうまく取り入れたフレンチ。「食べて健康になる料理」を提案されています。

井本慶太シェフはイタリアの星付レストランで8年勤務の後、南阿蘇で「Trattoria Keita」をオープン、市内「Sazae」のオープニングシェフも勤められ、現在はBon Vitaのシェフをされておられます。

 

 

bonv12.jpg

店内はカウンターとテーブル席、白・青を基調にしており今日は貸切なので、テーブルセッティングも斜めにしてあります。総席数は30席。

 

bonv13.jpg

先ずは熊本ワインプロデュースのスパークリングワインで乾杯。結構にごりがあるスパークリングワインです。

 

bonv9.jpg

前菜です。前方からハガツオ、鴨

 

 

bonv8.jpg

Domaine Macon Verze 2014

ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2014

自然系ワインやフランス、イタリア、新世界に至るまで多くのワインのバリュエーションがあります。

 

bonv10.jpg

シャルドネです。

 

bonv4.jpg

パン

 

bonv1.jpg

あんのう芋の入ったスープ。ごぼうの味がしました。

 

 

bonv3.jpg

スクランブルエッグ
クレーマ・フレーシュとキャビア

ここのシグネーチャ―料理ですね。

 

bonv5.jpg

海老 スープにだいぶ味が出ている。

 

 

bonv2.jpg

Meursault 2015 "Les Grands Charrons" 

ムルソー


 

bov6.jpg

お口直し

 

bonv11.jpg

 

赤はカントメルルの2011(写真は09)とラコストボリー2012 (グランピュイラコスト2nd)を比較しながら。

値段的にも同スペックだったが、オーメドック5級 カントメルルは飲みやすいボルドーでよし。


 

bonv6.jpg

和牛ホホ肉のワイン仕込み

 

 

bonv7.jpgデザート

 

ごちそうさまでした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

ボンヴィータホームページ

このページのトップへ

2018年1月 3日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

DSC07989.JPG

大牟田市は、かつて炭鉱での町として栄えました。古きよき町並みが残り、特にすごいのは、大牟田市役所本庁旧館のかっこよさ!すばらしさ!昭和11年に建てられたそうで、当時の街のにぎわいを彷彿とさせるとても立派な建物です。ちなみに、日本のカルタの発祥の地でもあるらしくカルタの資料館もあります。そんな大牟田市のイオンにあるパスタトピザ。わかりやすい店名のイタリアンのお店です。ここは、仕事の打ち合わせでたまに利用させていただくパスタ屋さんなのですが、いつも老若男女でいっぱいです。地元の人たちに愛されているのがわかりますね!ランチタイムメニューもたくさんありますが、寒い季節はどうしてもクリーム系パスタに心動かされてしまいますね。濃厚カルボナーラをいただきました!おいしい!そして、早い!仕事の時はうどん屋並みに早く出てくるとうれしい。

 

DSC07990.JPG

 

 

 

友人が食べたなすと挽肉のピリ辛トマトがおいしそうでしたので、次回はそれにしようと思いました。ドルチェもパンケーキ系のメニューが多く充実しています。スイーツだけでも楽しめるお店ですよ!<YA>

パスタトピザ

 

大牟田市旭町2-28-1ゆめタウン大牟田 1階レストラン街
TEL:0944-53-1178

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

1nos8.jpg

熊本、上の裏通りや並木坂などこの界隈がにぎわう火付け役となった 壱之倉庫に久しぶりに来ました。(先週も来たのですが)蔵が目印ですね。ファミリーマートから横道に入ります。たまに訪問するアジアンキュイジーネ 333(バーバーバー)の斜め前。

 

 

1nos9.jpg

ビア・レストランと書いてありますが、洋食レストランという感じです。この界隈ではコストパフォーマンスも高いランチの人気店でもあります。

 

 

1nos10.jpg

この倉庫って移転されてここに来たのか!知らなかった。

 

 

1nos1.jpg

天井が高い、ふきぬけの蔵。この天井の高さが気持ちいい。入口から奥を望む。

 

 

1nos2.jpg

奥から入口方面を望む。


 

1nos11.jpg

ランチは8種類。

スープ・サラダ・メイン・パンorライス・ドリンク・デザート で税込の値段ですよ。

800円から1300円まで。800円のチキン南蛮は特にコスパいいですね。周りの人を見てもチキン南蛮食べている人も多い。人気メニューではないでしょうか。だって、弁当とコーヒー・デザートでも800円はするんですよ。

 

 

1nos12.jpg

RICH LUNCH 2000円もあります。魚・肉がついて2000円というのもコスパは良いですねぇ―、食べたことはないですけど。

 

 

1nos3.jpg

スープとサラダ。サラダには少し豆腐が乗っています、そして今日はいくらが乗っていた。

 

 

1nos5.jpg

私は 秋鮭と木の子のバター醤油包み焼き 1000円 に。来年は鮭が不漁により高騰することが報じられてますね。

 

 

1nos6.jpg

色は濃厚ですが、そんなにまったりはしていません。いんげん、えのき、ねぎ、トマト、しめじ。

 

 

1nos4.jpg

こちらはボリューミーで甘酢が特にあうチキン南蛮。女性はこのボリューム大丈夫って感じです。

 

11nos13.jpg

明太クリームパスタ 900円

 

 

1nos14.jpg

ジャンボソーセージとチキンのグリル 950円。ソーセージはスパイシーです。

 

1nos7.jpg

ドリンクとパンナコッタ・マンゴーゼリー がついてます。これが着いていると女性も嬉しいですよね。だから女性のお客さんも多いのでしょうか。雰囲気もいいしこれでランチが1000円以下、チキン南蛮800円ってコスパ良すぎじゃないですか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

壱之倉庫 ホームページ

このページのトップへ

2018年1月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lila11.jpg

上通り過ぎて並木坂の途中に4月にオープンした、カフェを訪問しました。ネイルアンド カフェバー リラ。これはもちろん女性ターゲットのカフェですよね、ネールですよ。編集長(私)がネールをするわけではないですけど。

 

 

lila10.jpg

さすがネールのお店、女性の料理人の方のアレンジがとてもフォトジェニックなスイーツの写真が。綺麗。

 

 

lila9.jpg

ランチはカレープレート 1000円があるようです。これにしましょう、入りましょう。

 

 

lila1.jpg

男性でも大丈夫ですか、と一応断りを入れて入店。清潔感あふれるナチュラル系カフェ。

 

 

lila4.jpg

ハーブティーもこだわりが沢山あり。

 

 

lila3.jpg

クリック拡大、戻る

夜は色々なフードメニューとカクテルなどもあり、ご飯を楽しむことができるカフェ。

 

lila2.jpg

6種のカレーのうち2つが選べるカレープレート。

1.欧風ビーフカレー

2.バターチキンカレー

3.アボガドキーマカレー

4.ホワイトカレー

5.ひよこ豆と野菜のスープカレー

6.グリーンカレー

 

lila5.jpg

5.スープカレー と6.グリーンカレー。ライスは結構多くてターメリックライスの色が付いています。サラダ・スープ付。グリーンカレーはチキンが入っています。


 

lila6.jpg

さらっとしたスープカレー。辛さはマイルド。

 

lila8.jpgひよこ豆、はいってます

 

たまにはカフェ飯もよいですね。次は違うカレーにチャレンジ。(TT)

 

食べログ(掲載時点評価なし)

 

 

このページのトップへ

2018年1月 1日 Posted time : 13:25 | Category : D@EXコラム

 

 DSC07877.JPG

 

あけましておめでとうございます!今年もダイニングエクスプレスブログをよろしくお願いします!一年の計は元旦にありということで、元旦もオープンしているカフェドラムさんに行きました。他県の方に説明しますが、軽音部のたまり場カフェ「ドラム」ではないですよ。「カフェ ド ラム」さんです。熊本の老舗の喫茶店で、猫のマークが目印。大学時代から何百回訪ねたことでしょう。今も変わらぬ落ち着いた雰囲気なのがうれしい。オーダーしたコーヒー。一つはラテ。一つはソイ。しかし昔のカフェドラムは、こんなこじゃれたアートなコーヒーは出ませんでした。もちろんソイもなかったです。

今年やりたいことをいろいろ書き出してみる。昨年は例年以上にライブを聴きに行くことが多かった年でした。今年も去年以上にいろんなライブに行きたいな。特に昨年印象的だったライブ「琉球の風」には今年も行こう。琉球の風は、沖縄の民謡やポップスが楽しめるフードパルで行われるイベント。昨年は、宮沢和史、ネーネーズやビギンのメンバー島袋さん、そして大好きなかりゆし58、モンパチのキヨサクさんがやってきて、楽しくってびっくりしちゃった(笑)。今年2018年は、琉球の風が始まって10年の節目の年らしいので、さらに充実のイベントになるんじゃないかなと期待しています。

5月には、ブラジル音楽の奇才エルメート・パスコアールが八代公演をするとのことで、これも見逃せません。折しも今年は、ブラジル移民110年、ブラジル熊本県文化交流会設立60周年という節目の年なのだそうですよ。音楽の話ばかりになってしまいましたが、音楽って感動するだけでなく、その土地に脈々と根付いている文化を肌で感じるよい機会だと思います。

音楽のことばっかり書きましたが、もちろん食の探求も貪欲に!心新たにおいしい情報を皆様に発信していきたいと思います。<YA>

カフェ ド ラム

熊本市中央区安政町1の23金井ビルBF

096(356)2897

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年1月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

DSC09846.jpg 久留米の鰻の名店、ふぢ井うなぎに来ました。想像とは違いレトロ調のお店の外観にびっくりしたのはいうまでもありません。福岡佐賀2014ミシュランで唯一うなぎ部門でミシュラン一つ星を獲得しているお店です。予約しておいてよかったです。お店は昭和54年創業で現在は2代目の  筬島 浩之 氏がオーナー兼料理長をつとめます。


fuju1.jpg

予約優先ということが書いてあります。お店のキャパは少ないです。15名といったところでしょうか。 

  

fuju2.jpg今日の一番最初のお客さんのようでした。4名で訪問しましたので奥の座敷に座りました。ここは予約していないと料理が出る時間がかかるお店だと思います。

  

  

fuju3.jpg


メニューは豊富ですね。普通に東京とかで頼むのと違いわかりにくい。うな重というものがないじゃないですか。それに代わるものはうな丼なのでしょうか。かつ丼900円、親子丼800円というメニューはさすがに頼みにくそうだが。。。鰻が苦手な人のためか、うな丼+かつ丼というパターンもありきや。お子様サイズうな丼+かつ丼で1800円だ。

 

fuju4.jpg写真付きのメニューもあります。私は普通はうざく派ですが、ここは珍しい鰻の唐揚げを。

 

 

fuju5.jpgこちらはウナギの骨。出てくるまでの間、ポリポリ。4人前にしては少ないと思いきや。自家製だろうか。

  

fuju9.jpgうなぎのからあげ。あえて食べなくてもいいかなくらいのイメージですかね。

 

fuju10.jpg


私は上鰻丼を注文しました。お箸も上質、丁寧な感じが出ています。

 

fuju11.jpgオープン。お、太めの錦糸卵がごはんの上に。見た目のうなぎはそんなに量が多くない。実は錦糸卵とうなぎご飯はあまり好きじゃない。メニュー写真に錦糸卵がのっているのがあったら頼まなかった。ここは聞いておくべきだった。蒲焼定食を頼むべきだったか。

  

fuju15.jpg

ご飯の間にうなぎが入っている。錦糸卵が麺のようで、うなぎ+ごはんを食べる邪魔をする。ご飯は比較的柔らか目の部類だと思う。

  

 

fuju12.jpg さわやかな肝吸

 

fuju6.jpg

こちらは同行者が頼んだ鰻わさ丼、人気メニューのようである。このような丼は珍しい。

 

fuju7.jpg

細切のうなぎの上に万能ねぎがたっぷり。わさび、ねぎ、のりに秘伝タレがマッチしているとのことだが、どんな味なのだろう。


 

fuju8.jpg

アップの写真を撮ってみました。

 

fuju14.jpg

海苔をふりかけて、美味しそう。しかし「一口どうですか?」という言葉もなく全部食べられて・・・・自分から「下さい」とは言えませんのでね。少し残念。いえめちゃくちゃ残念、味の想像のみ。


 

fuju16.jpg

食後にコーヒーをサービスくれます、鰻屋さんで上質なコーヒーをいただく、いいですね、この一杯のサービス。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年10月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー