九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2017年10月アーカイブ

2017年10月22日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

dorob8.jpg

  かなり久しぶりに 泥武士 with matsu を訪問しました。昔は泥武士(どろぶし)でした。1993年オープンですから24年目ですね。2000年ごろは いわばここが発信となって全国から視察、食べにいらっしゃるくらい一世風靡したお店です。当時は「オーガニッ」という言葉すら、まだ世の中に浸透していませんでした。

夜もオーガニックワインを飲みながら食事とか、相当野菜とか材料にこだわったお店で、2000年代に東京・広尾店がオープンしたと記憶しています。そして銀座店。銀座には今も店舗があります。熊本発信で東京と熊本に店舗がある珍しい外食店舗です。

 

 

dorob9.jpg

どういうランチメニューがあったかも忘れてしまいましたが、有名なのはビーフ with ライス。もともと泥武士は三年坂のデーブスレストランの姉妹店ということでスタートして、このビーフ with ライスというのも当時からの看板メニューの一つでした。当時は黒酢豚というのもあったと記憶しています。

 

dorob1.jpg

天井が高いんですね。忘れていました。昔は小さな扉から入っていた記憶があります。

 

 

dorob3.jpg

4席ほどのカウンター席とテーブル、個室席。なつかしいです。


 

dorob2.jpg

ビーフ with ライス 1200円。オーガニックビーフステーキを頼んでから、やっぱり昔の味をということで、ビーフライスに変更。

 

dorob4.jpg

先ずはサラダが到着しました。

 

 

dorob5.jpg

しばらくして、ビーフウィズライスとみそ汁が到着。結構見た目以上にご飯の量が多い。ステーキの量はというと隠れているのも入れて5個なのです。

 

dorob6.jpg

泥武士オリジナルの醤油で炒めたライス。オーストラリア産オーガニックビーフもニンニク、塩胡椒くらいなので、全体は「意外に薄味」こんなに薄味だったかなと記憶の中で考えつつ。ほんとうにこのビーフwithライスがめちゃくちゃ流行ったのですから。

 

dorob7.jpg

こちらはだしの味がかなり出ており、こんにゃくなど具材も沢山入っています。最後は味噌汁をおかずにご飯を頂きましたが、ご飯の量も多く、だいぶ残してしまいました。オーガニックのホットコーヒーをいただいて終了。また夜に来てみたいと思います。TT

 

食べログ(掲載時点 3.0)

 

泥武士ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月21日 Posted time : 00:16 | Category : D@EXコラム

 

DSC07403.JPG

宮島さんというお菓子をいただきました。宮島っていう知人の顔が浮かびましたが、広島で宮島といえば、厳島神社です。宮島さん本舗巴屋清信さんという創業60年のお店が出していらっしゃいます。パッケージは2種類。厳島神社と菊花祭との様子でしょうか。2パターンのパッケージということは、味も2パターンあるのでしょう。

DSC07406.JPG

袋を開けると、おせんべい。見た目は一緒。形状的には風月堂のゴーフルを少し小さくしたようなものですが、ちょっと硬めで、ちょっと分厚い。瓦の形をしたかわらせんべいってありますよね。あんな風なあまーい香りと手触りです。

DSC07407.JPG

割ってみると、クリームが挟まっていてうれしい!チョコクリームバージョンとホワイトクリームバージョンでした!ばりばりっとした口ざわりがよく、食べ応えあり。しかしお年寄りには固すぎて少し不向きかもしれませんね。間にクリームが挟まっているので、瓦せんべいよりも技ありでおいしいです。懲りすぎず、シンプルすぎず、うますぎず、まずすぎず、高すぎず、安すぎず(笑)。ちょうどよい塩梅のクオリティーで、お持たせお菓子の需要に見事にこたえた名品だと思います。ココで買えます!<YA>

 

 

このページのトップへ

2017年10月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ruwani11.jpg

10月だというのに、夏のような天気が続いておりまして。今日の昼はカレーにしよう。それも小麦なしのカレーということでタイカレー系統がよい。


あまりにもこのブログに登場しすぎて頭に残っている、ルワニさんへ。記者YAさんのお気に入り。編集長もいよいよ訪問です。

だって、この登場回数。


スリランカ家庭料理 熊本並木坂 ルワニ

スリランカ料理 フライドライス&カレー 安定のおいしさ 並木坂 ルワニ

並木坂 ルワニでワンコイン!スリランカライスアンドカレー。安い!旨い!

ハウディニュースでも。 スリランカカレー

ruwani22.jpg

市役所裏にあるスリランカカレーとは兄弟店でしょうか。メニュー構成や看板が似ています。上通りがランチは50円安いのはなぜだろう。

 

ruwani33.jpg

2階へあがり、店内へ。

 

 

ruwani44.jpg

今日はたまたまだろう、私が滞在した時間はお客さんが終始私だけだった。お店には悪いが相席などより落ち着くパターンだ。

 

 

ruwani55.jpg

ランチメニューは750円のセットから単品500円なんてのもある。初心者なので、スリランカ ライス&カレー をいただこう。思い出したが、東京では珍しいネパール料理だのに30年以上も前から行っていた。当時は大のエスニック好きだった。東京出張の折にはエスニック訪問するが熊本では珍しい。

 

ruwani66.jpg

レッド3くらいいきなりいっちゃおうか。

 

頭からの汗を想像して、またYAさんのブログ記事 マイルド・マイルド とかにびびってしまい、ふつうの1段階下のマイルドに。

チキンの胃袋だ。

 

 

ruwani77.jpg

アイスティーとサラダで。

3種類のカレーと書いてあったので、「チキン」とオーダーしたら、それは全部入りということだった。初心者とばれた。

 

ruwani88.jpg

同じカレーに見えるが違うカレーだろうか。じゃがいも、チキン、野菜がダムのようにカレーをせき止めていると思いきや、スープの量が多すぎて混合している。

 

 

ruwani99.jpg

スープが多すぎというくらい。そしてスープはサラサラだ。辛さですか、いや全然辛くないですよ。期待外しくらい頭から汗も出ない。レトルトのタイカレーのほうがめちゃ辛い。だから次回はレッド3でヒリヒリ感を味わいたい。翌日休みの日にしたいが。

 

 

ruwani100.jpg

マイルド。

 

ruwani102.jpgアイスまでついていて、嬉しい。でも蜂蜜とかはいらないかも。単品500円でもよい気がする。レッドにすれば+50円です。TT

 

食べログ(軽鎖時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月19日 Posted time : 00:26 | Category : 熊本グルメ情報

 

DSC07425.JPGシャワー通りにあるカフェビストロショコラさん。カレーとワッフルがおいしいお店です!かつてはブリュッセルワッフル専門店を町中に出していらっしゃいましたが、なくなってしまい残念。でもこちらの店舗に行って、おなかいっぱい食事をした後、さらにワッフルを食べてしまうというイケナイ習慣を身につけてしまっても、仕方ないですよね。だっておいしいのだもの。

というわけで、そんなショコラの味をご家庭で・・というわけには行かないカモですが、ショコラさん監修のたまねぎの塩ジャムをいただきました。パッケージがとてもかわいいですね!

DSC07311.JPG

 

たまねぎの塩ジャムって、どんな風にして食べるの?と思いましたが、お刺身、野菜、肉料理など何にでも使えるそうですよ。素材にもこだわっておられて、甘酒も入っているみたいですね!どんな味なんだろ!

 

DSC07427.JPG

見るからにおいしそうです!あましょっぱくて、玉ネギのうま味もあり、深みのある味わいです。お友達のオススメで、ローストビーフに添えてみましたところ、スマッシュヒット!おいし過ぎる!「ビフ男」と「ネギ子」。この二人は出会うべくして出会うという感じでしょうか(笑)。ビフ男以外の男との相性を現在模索中です!<YA>

カフェビストロショコラ

熊本市中央区下通2丁目5の10

0963553157

 

このページのトップへ

2017年10月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ikunieda2.jpg

ランチに麺類を食べなくなって選択幅が狭まり困ってます。当ブログのYAさんの記事をたまたま思い出し、急遽訪問してみることにしました。場所は水道町です。わが家の魚河岸 国枝鮮魚。魚がメインのお店だとすぐわかりますね。

 

 

ikunieda1.jpg

ランチメニューは6品のラインアップ。全てが魚というわけではなく、牛ステーキ膳という魚嫌いの人と一緒でも入ることができる配慮かどうかはわかりませんが、いいですね。限定5品の鮪丼膳 680円もあります。まぁ、先着ですね。

 


ikunieda4.jpg

店の入り口近辺はカウンター、奥はテーブル席。女性客が多いことを見ても、まちに買い物に来たりした人の帰りでしょうか。まず間違いはなさそうです。かくいう私も4人テーブルにご婦人1名と相席。相手が話しかけてきてここは常連さんのようです。

 

ikunieda3.jpg

一番人気は魚河岸弁当。YAさんの取材時の昨年は1080円でしたので、200円値上がりしていますね。ボリューム等に変更があったかどうかは不明ですが。どれも美味しそうですが、ビギナーなので海鮮丼にします。

 

 

ikunieda5.jpg

着丼。丼は小さく見えますがそうでもないですよ。サラダ、味噌汁、お新香付。みた感じ これで1280円。1080円時代だったら安すぎですね。

 

ikunieda6.jpg

刺身は分厚くそして色んな種類があるので楽しめます。ご飯は酢飯ではありません、普通のあったかライス。

ネタは うに、いくら、タイ、かんぱち、カニ身、ねぎとろ、サーモン、あおりいか、赤貝、中トロ、太刀魚、羽がつお、羽魚とあるが、うにとねぎとろの存在には気が付かなかった。あったのかどうかも不明ですが、たぶん海老に置き換わったのか。そういうこともあるだろう。

 

 

ikunieda8.jpg

結構な数が入っているので、刺身でお腹いっぱいになります。

 

 

ikunieda7.jpg

この味噌汁が味が出ていて美味しかった。また刺身ご飯が食べたくなったら来ます。相席の人は弁当だったが魚の煮つけも美味しそうだった。TT

 

食べログ(掲載時点 3.05)

このページのトップへ

2017年10月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

celeb12.jpg 思い返せばこの1週間、フレンチづいてます。直近1週間でフレンチディナー4回目、昼も入れると5回目です。これほど集中することはありませんが、同じ店で同じ料理を食べているわけではありませんので、飽きるということはありません。しかもフレンチはお酒も美味しくいただけます。寿司毎日は飽きるでしょうがフレンチは飽きません、好きというのもあるんですが。今日はホテル日航熊本 2Fのレ・セレブリテにビジネスディナーで訪問。

 

celeb14.jpg

メインダイニングへ通じる通路。奥がキッチンとメインダイニング。

 

celeb15.jpg

入ってすぐの右側カウンター席、今日はメインダイニングではなく個室。

 

 

celeb16.jpg

6,7品構成のフレンチです。コースはディナーは事前予約をしないメニューは8500円コースです。

 


celeb2.jpg

パンも美味しいのですが・・・

 

celeb13.jpg

メインディッシュを+1500円で牛肉に変更

 

 

celeb17.jpg

アミューズ、シャルキュトリー。大阿蘇鱒など。


 

celleb1.jpg

オマール海老、ブロッコリー、トリュフ。見た目にも鮮やかで美しい。サラダ仕立てとなっています。シャンパンはお酒飲む人の数が少なく私はグラスで。

 

 

celeb3.jpg

本来ある、貝メニューを外していただき、変更は小さなリゾット海鮮。


 

celeb18.jpg

白はフルボトルで2011 マコン・ヴィラージュ テグエ・エ・フィス

 

celeb4.jpg

楽しみにしていた 吟醸フォアグラ ズワイガニ トマト

 

celeb5.jpg

卵の黄身も入っており、タルタルしていただきます。白に合いますね。

 

 

celeb6.jpg

マナガツオ 茸 ピスタチオ。 量はこれくらいがベターなんですよね。ここのは一皿が上品で量も多くなくていい。

 

 

celeb7.jpg

赤はサントリーの経営する3級シャトー ラグランジェのセカンドワイン。2013のレ・フィエフ・ド・ラグランジェ。ハーフボトルで。

 

 

celeb10.jpg

まだまだ若いフレッシュさを感じます。

 

celeb8.jpg黒毛和牛フィレ肉のグリエ。

 

celeb9.jpg

お肉もとても柔らかく、量も適度です。

 

 

celeb11.jpgフロマージュ・ブランと赤い果実。

 

今日もフレンチ+ワイン堪能しました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

このページのトップへ

2017年10月17日 Posted time : 00:37 | Category : 熊本グルメ情報

DSC07432.JPG

 

 

上通町にある1.5gakuyastandさん。かつてオモキビルの2階にあり、打ち合わせなどで時々利用させていただいていました。今は、ガーデン(熊本市中央区京町。ガレットのお店)、スタンド(上通)、オーシャン(沖縄)、スムージー(沖縄)など、1.5ガクヤさんのブランドで4店舗あります。スタンドさんは、ランチもあるのですが、昼飲みもできるお店として有名。ビールの種類がとっても豊富なので、休日のお昼に女性一人でふらっと飲みに来られるお客さまも多いのだそうです。ランチはカオマンガイなどもあり、エスニック好きの人にはたまりません。

DSC07431.JPG

ビールに合うメニュー、ジャーマンポテト。皮付きジャガイモが香ばしくておいしいです。

 

DSC07430.JPG

 

そしてオススメのポテトサラダ。ポテトサラダと言えばたいてい、キュウリとマヨネーズが代名詞でしょう。しかしこちらのポテトサラダは、マヨなし、キュウリなし!クミンやナツメグなどが入っていて、オリジナリティあふれています。今まで食べたことのない味付けで、ハマりそう!お総菜として売り出してくれないだろうか。本当においしいです!

夜のお店のイメージが強くって、ちょっと入りづらかったのですが、ドリンク類が充実しているのと、ランチ、カフェタイム、ディナータイムの境目がなくずっとオープンしっぱなし(11時半から夜中までずっとオープン)なので、時間を気にせずゆっくり本を読んだり打ち合わせをしたりできます。以前のお店も居心地抜群でしたが、スタンドさんも利用させていただきたいと思います。<YA>

 

1.5gakuyastand

熊本市中央区上通町9?6

0963591515

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

tanca12.jpg

先週の土曜日夜に「博多 たんか」で牛タンを食べようと思ったら「予約で一杯です」とのこと。駅から三百歩横丁とは面白い名前をつけたものだ。オープンしてから1年半くらい経過するが、ここで食べたことはない。場所はKITTEビルの地階続きでJRJP博多ビルの地階。10軒ほどありますが、ここは飲み屋横丁という感じだ。

 

tanca11.jpg

博多ランチはくうてんが多いのだが、今日は三百歩横丁だ。ランチタイムは過ぎているし、選び放題のはずだ。福岡支店のCYさんからの情報で福岡のたんかの牛タンは気になってはいたが訪問せずじまい。本店は食べログで3.8もスコアする名店だから気になるのも当たり前。

 

tanca13.jpg

夜に比べて、営業してるのかなと思わせるくらい人が少ない。わかった!飲むイメージが強くてランチを食べるというイメージがないんだ。こういう店はアナ雪ならぬアナ昼だ。つまりランチのお得メニューがないから普通に食べると高くつきやすい、という。

 

tanca6.jpg

夜の混雑とはうそのよう、それかたまたま今日がそうなのか

 

昼も夜もないから、メニュー紹介。どれでも頼めるということ。ランチタイム限定でご飯とスープのセット 300円があるから、これを組合わせすればいい。

 

tanca1.jpg

タンワサとか気になるし。

 

tanca2.jpg

今日は 一番メニューらしき タンカの牛タン焼き 1430円にライスセット300円をプラスしよう。

 

tanca4.jpg

タン刺しとかいい感じ。

 

tanca3.jpg

以外に野菜料理もしっかりあるし

 

tanca5.jpg

すっかり忘れていたが、ここのチャーハンは名物だった。これこれ。

チャーハン専門店 チャーハン王 東京新橋 意外に福岡発

 

tanca8.jpg

来ました。インパクトあるタン串だ。

 

tanca7.jpg

1本1430円ですよ。期待しないわけはないでしょう。いやぁ、分厚い。粒マスタードとマスタード。牛タン醤油をつけて召し上がれとのこと。

 

 

tanca9.jpg

見てください。この桜色の分厚い、牛タン。これはうまいですね。 一人で食べに来ている若い女性はたぶんリピーターだ。ぶどうジュースが欲しくなります。7回のお楽しみ。

 

 

tanca10.jpg

テールスープにも立派な肉入り。

これはこれは、美味しくて 牛タンか牛サガリを追加注文しようと思いましたが、また待たなくてはいけなくなるから、今日はやめて、次回は万全を期します。2本行きます。ご飯の炊き自体はいまいちだから、チャーハン希望かな。それだと昼4000円コースになってしまうけど。TT


食べログ(掲載時点 3.58)

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月16日 Posted time : 10:00 | Category : 編集長コラム

ichirann6.jpg

YAさんをグルテニストと評してはいるが 編集長は最近B級グルメのレポート少ないですね、と指摘を受けることも多く。うどん・そば・パスタ・ラーメン・パン・ピザを食べていないですしね。でも飲んだ帰り、体が塩分を欲してしまい、ラーメン一蘭を通り過ぎて、また戻ってビルの地下に吸い込まれてしまった。一蘭は一人でしか訪問したことがない。一人で入りやすいラーメン店。

 

ichirann2.jpg

味集中カウンターだから店員さんと会話もせず、隣の人と目を合わせることもない。味に集中できるシステム。もう20年以上も前だろうか博多で一蘭に入った時は感動したものだ。

 

ichirann1.jpg

味の濃さとか、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシューなどをセレクトする。以前「秘伝のタレは辛いので別添でお願いします」と言ったら、秘伝だからダメと断られた。店外流出して味を研究されると困るからだろうか。

 

 

ichirann4.jpg

ラーメン790円。久しぶりですね。

 

 

ichirann3.jpg

適度なこってり感。ねぎは青ネギが良い。

 

ichirann5.jpg

以前はこうやって麺を持ち上げて撮影していたな。兄ちゃんに「麺無し」とお願いしたら「それはできませんよ、お客さん」と言われた。麺の固さとかチャーシューあり、なしとか選べるのに、麺なしが選べないのはどうしてだろう。

私は最近ラーメンのスープニストとなっている。ラーメンはスープが命だ。麺は残して気の毒だったが麺無しをお願いした上だから仕方がない。体にラーメンの塩分が染み渡る。でもこの習慣はよろしくないだろう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.07)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月15日 Posted time : 00:19 | Category : D@EXコラム

 

DSC07409.JPG

 

山梨の方からおみやげで桔梗信玄棒をいただきました。桔梗屋さんといえば桔梗信玄餅が有名。あの紫に桔梗のお花をあしらった袋の愛らしいデザイン。そして、お餅に甘い黄な粉と黒蜜。おみやげの王様の呼び声も高く、いただくととっても気分が上がるおみやげのひとつです。こちらの信玄棒も桔梗屋さんおなじみの花柄模様がのかわいいパッケージに入っています。 

 DSC07412.JPG

編集長に“グルテニスト”と揶揄されるほどのグルテン好きの私としては、この小麦粉たっぷりの信玄棒も食さねばなるまい。見た目は熊本県民のソウルフード、黒糖ドーナツ棒に似ていますが、黄な粉がたっぷりかかっていてドーナツ棒とは似て非なるもの。たまたま黒糖ドーナツ棒をいただきましたので、みんなで食べ比べましたが、「黄な粉味が上品」などと好評価。

 

DSC07415.JPG

 

断面の黒糖の染み具合もちょうどいい感じ。原材料にローズマリー抽出物と書いてありますが、酸化防止剤として使われているようです。個パックなので、おみやげにもぴったりで、誰からも愛される後を引くおいしさです。私のグルテン漬けの日々はまだまだ続きます。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

2017年10月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lps0.jpg

この1週間はフレンチ料理づいている。昨日に続いて今日もフレンチ。来月開催される銀行の会合のワインセミナーの幹事の事前打ち合わせをフランス料理を食しながら行うこととなった。訪問した先は ラ・パッションさんで、以前は上通りの長崎書店の2Fにあったのですが、ココサの近くに移転して訪問は初めて。

 

【料理編】

lps1.jpg

前菜系。私が予約したわけではなく、非嗜好食品(小麦)が入って・・・

 

lps2.jpg

フレッシュ フォアグラ

 

lps7.jpg

オマール海老、帆立、鮮魚

 

lps9.jpg

鴨ロースト 苦手としてる食材の一つ・・・

 

lps10.jpg

デザート

 

【ワイン編】

lps12.jpg

偶然一致、昨日もシャンパンはデラモットのブリュット。本当はドンペリの予定が持ってくる人が変更したよう。

 

 

lps4.jpg

白は オパリー・ド・シャトー・クーテ 2011

貴腐ワインの産地、ソーテルヌの第1級に格付けされる辛口白ワイン。

 

lps6.jpg

フレンチオーク100%の新樽で発酵。この黄金色

 

 

lps5.jpg

私の持込みは 奮発して 2002 シャトー・ムートン・ロートシルト ボルドー第1級。フランスの5大シャトーの一つ。

パーカーポイント 94から96

カベルネソーヴィニヨン78%、メルロー12%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルト1%。ワインオブザヴィンテージと呼ぶにふさわしい素晴らしいワイン。飲みごろが2015から2040,50年というから、今開けるのはまだ若さを感じるかもしれないが。さあ、どうだろう。この年のラベルデザインはイリヤ・カバコフ、タイトルは「窓」

 

 

lps8.jpg

これは、当たりです。ワインセラーに13年ほど寝かせていましたが劣化はありませんし、濃いルビー色で本当に濃厚で豊か。ものすごいボディ感。グラスの中の時間の経過と共に、躍るような成長を感じさせます。02のムートンははじめて飲みますが、タニックで素晴らしいワイン、ポテンシャルありますね。。

 

lps11.jpg

今日いただいた、シャンパンとワイン。TT

 

食べログ(採点なし)

 


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

熊本ホテルキャッスルで役員会の後に会食会を実施しました。フレンチのトゥールドシャトーが貸切ということで宴会場をフレンチスタイル長テーブルで。長テーブルにホワイトクロスというだけで雰囲気が出ます。


csty2.jpg

乾杯のシャンパンはデラモット ブリュット。辛口のシャンパン。

 

csty3.jpg

アミューズはあわびのサンド、キノコ一口スープと揚げもの。スープだけ。

 

 

csty5.jpg

リクエストしておいたキャビアとパンケーキ。

 

csty4.jpgシャンパンとキャビア。うーん幸せなひと時ですね。


csty6.jpg皆さん美味しいと言っていたブレッド。

 

csty7.jpg

フォアグラの味噌マリネ ピクルス、フルーツ、サラダ

 

csty8.jpg

フレッシュフォアグラの上に綺麗にいちじくとか並べられていて、味噌味がこのワインとマリアージュ。

 

csty9.jpgポルトガルのワイン、マディラ セルシアル種 アルコール度 19%。この琥珀色した白ワインとまったりあうのが味噌テーストフォアグラ。新鮮な感じ。

 

csty14.jpg白はドメーヌ・ジャン・リケール ヴィレ・クレッセ  レ・ヴェルシェール 2014

切れる辛口。

 

csty10.jpgカマスのグリエとオマール海老  ラタトゥイユとポルチーニ添え

秋刀魚と思ってしまったが(笑) 白を味わう時間は短かった。

 

csty11.jpg

黒毛和牛フィレ肉のグリエ デュクセル仕立てトリュフオイルの香り

デュクセルソースって玉ねぎやらみじん切りにしてソースにしたもの。

 

csty12.jpg

肉めちゃやわらかい。

 

DSC08138.jpg洋ナシのムースとコンポート ガトーショコラとバニラアイス

 

明日もフレンチで極上グランヴァンワインとをいただきますので、今日はワインはほどほどにセーブしたつもりです。今日はキャビアとフォアグラでした。TT

 

 



このページのトップへ

2017年10月13日 Posted time : 00:24 | Category : D@EXコラム

 

DSC07422.JPG

 

 

ニューヨークのおみやげにKUSMITEAをいただきました。KUSMITEAは、帝政ロシア時代の1867年、サンクトペテルブルクで「クスミチョフ」という青年によって創業。皇帝の御用達の茶商だったそうです。クスミチョフっていかにもロシアっぽい名前です。クスミチョフティーにならなくてよかった。

1917年のロシア革命により、貴族的趣味のお茶文化は廃れてしまったことでフランスへ渡り、以来フランスで愛されているのだそうですよ。

DSC07424.JPG

こちらは、「BE COOL 」というティー。見た目もとってもかわいく、ペパーミントの香りがふわっとします。レモンバーベナ、甘草、ペパーミント、ローズヒップシードなどのブレンドです。心地良い香りでリラックスできます。ノンカフェインなので、夜のリラックスする時に最適です。ペパーミントの香りが、眠気を誘いますね。

日本でもここで買えます!<YA>

このページのトップへ

2017年10月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

hghm1.jpg

熊本でめったに鰻を食べない私が (いつも東京とかで食べているからね)今日は熊本で鰻訪問。家から近いのに初めての訪問の東濱屋 水前寺。出前では食べたことがありましたが。今日は子供たちが日曜学校で奥さんと珍しく2人でランチタイム。駐車場は3台分しかない。後は近隣パーキング。


いつもウォーキングしているとき、鰻を焼く煙が美味しそうだったけど、今日は食べる番。煙がボぉーーーーって出とる。

 

 

hghm2.jpg

明治10年創業と老舗です。東濱屋と読めない。


 

hghm3.jpg

さあ入りましょう。せいろ蒸しを事前に電話して予約しておきました。

 

hghm4.jpg

昔は座敷席だったのでしょうか、今はテーブル席です。江津湖にそそぐ川が透明でせせらぎ感がいい感じ。

 

メニューです。いつもの通りクリック拡大、戻る。

 

ghhm5.jpghghm6.jpghghm7.jpg

注文品は 並みの鰻セイロ蒸し。 2800円税別。特上は4600円もするんだよ。

 

 

hghm9.jpg

お重箱を見つつ撮影してから。

 

 

hghm10.jpg

開けて撮影。せいろ蒸しって福岡柳川とかで食べるけど、久しぶりのような気がする。

 

hghm11.jpg

柳川のものと比べて 錦糸卵の盛りが上品だ。鰻もいい具合に焼かれている。

 

 

hghm12.jpg

肝吸もいい仕事している。肝は食べると元気になる気、がする。


 

hghm13.jpg

鰻は国産ですよね。

 

 

hghm14.jpg

鰻の味付けも薄味で上品で、ご飯もふっくら。味付けが薄いからご飯の量は多いけど、食べれるんです。あったかくて美味しい。これは結構ご飯の量多いよ。普通の大人でもお腹がいっぱいになる量だと思います。ミニせいろ 1600円でも十分だったかもしれない。

 

 

hghm15.jpg

う巻 1500円も頼んでみました。ふわふわ卵焼きで結構うなぎの量が多いわ。ミニせいろにう巻、うざく、肝焼きと井戸水(日本酒)あたりをマリアージュさせるのもよいかもしれない。 TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)

 

 

このページのトップへ

2017年10月12日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

cocah10.jpg

博多アミュプラザのくうてんで夕食予定。時間はあまりないので何にしようかと思い、シンガポール駐在員時代にもだいぶお世話になった「コカレストラン」に決定。タイスキだいぶ食べたなぁ。それから訪問することはあまりありませんでしたが、タイスキ食べたい。8月シンガポールに行った時も気になりましたが、日本にもあるので訪問はせず。こちらは福岡支店のCYさんも御用達。

東京の有楽町にコカレストランがあるのを知っていたので全国にあると思っていたら博多と有楽町にしかなさそうです。タイ・バンコクが本店のタイスキチェーンですがアジアに30店舗ほどあるようです。

お腹がすいているから早く食べましょう。

 

cocah11.jpg

入口に掲示されているメニュー。タイスキは1人では無理だから、セットメニューにするか。

セットメニューもなんだかなぁ、個別にメニューを拝見しましょう。これからしつこいくらいにメニューが出ますから。

飛ばしてください。でも行きたい人には参考になるかも。アトランダムに掲載されています。無いのもあります。

(クリックで拡大、戻る)

 

cocah1.jpgcocah2.jpgcocah3.jpgcocah12.jpgcocah13.jpgcocah14.jpg

メニューは豊富ですね。

ヤムウンセンの小(580円)とタイグリーンカレー (1000円)、マナジュース 200円

 

 

cocah5.jpg

お付だしのえびせん。こればかり食べるとお腹がふくれるわ。

 

cocah6.jpg

えび、いか、海鮮たっぷりのヤムウンセン。ピリ辛で食欲を増進します。ボリュームも小の割に十分。以外とこれだけでお腹が大分ふくれてきてしまいます。春雨よりその他の具材がたっぷりだ。

 

cocah7.jpg

タイカレー。以外にマイルド。脂がギトギト系ではないのでマイルドタイカレーの部類だ。チキンやエッグプラント等の具材も入っています。長粒米とのマッチングはやっぱりいいですね。タイカレーって食欲がなくてもサラサラお腹の中に入っていく不思議。

 

 

cocah8.jpg

ルーの量はたっぷりあるよ。

 

cocah9.jpg金属製のスプーンでいただく。ご飯おかわりできるほど食べてしまった。いやおかわりはしないけど。約2000円。やっぱり大人数で色々なメニューを食べるのがいいかも。TT

 

食べログ(掲載時点 3.50)

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月11日 Posted time : 14:22 | Category : D@EXコラム

DSC07324.JPG

体育の日も終わり、スポーツの秋ではありますが、秋といえば読書の秋でもあります。こちらは中央区南坪井町のデルムンドさん。チェーンのコーヒー店とは違った落ち着きがあり、アラフィフにはしっくり来る店。昔の喫茶店の趣を残しなんだか落ち着きます。こちらのコーヒー、サイフォンで出てくるのが特徴。お替りできるからなんだか得した気分になりますし、何よりチェーン店の紙コップとは大きく異なるその趣き。

先日、エアロプレスという抽出方法のコーヒーを飲みましたが、抽出方法っていろいろなのだなと実感。そもそもサイフォン式って普通のペーパードリップと違うんでしょうね。コーヒー好きを自認しながら、基本的なことをよく知りません(笑)。ググッて見ると、

サイフォン式は、アルコールランプで下から水を加熱し気体の膨張によってお湯が上昇し、フラスコ上部にある粉に接触する抽出方法だそうです。

ですから、ペーパードリップだとコーヒーの淹れ方で味に個性が出やすいのですが、サイフォンは、蒸気なので、分量さえ間違わなければ、誰でもおいしいコーヒーを淹れることができます。デルムンドのコーヒーは、サイフォンのせいかわかりませんが、いつもおいしく感じ、帰りに我が家用に買って帰ることも多し。いつもジップロックの袋に入れてくれるのもなんだかいい感じです。<YA>

 

珈琲舎デル・ムンド

熊本市中央区南坪井町5の18


このページのトップへ

2017年10月11日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

okrr1.jpg

今日の夜はオークラ福岡でフレンチと知っていつつ、昼間はくうてんでポールボキューズ。魚のセレクションにしておいたしパンもいただいていないので、お腹は空いていました。会食でのコース。

 

 

okrr2.jpg

鮪と海老のタルタル 中トロの炙りカルパッチョ メスクランのサラダを添えて。

乾杯はモエ・シャンドン。パンを食べないのでタルタルだけ頂く。

 

 

okrr3.jpg

南瓜(かぼちゃ)のクリームスープ 野菜のエテュヴェを浮かべて

エテュヴェとは蒸した野菜ということです。濃厚なスープだった。

 

okrr4.jpg

白ワインはオークラセレクション。これは良いですね。いつものオークラセレクションワインよりちょっと上のクラスだと感じた。

 

 

okrr5.jpg

海老と真鯛のライムとバジル風味蒸し 小松菜とたもぎ茸を添えて シェリーのクリームソース

小松菜でソースが、デザインでしょう。

 

 

okrr6.jpg

海老の尾はカリカリ

 

okrr7.jpg

メルローのオークラセレクションワイン。グランヴァン。個人的には赤より今日は白が良かったと。

 

okrr8.jpg

牛フィレ肉のグリエ ディジョンマスタードのクリームと赤ワインソース

濃厚なマスタードクリームでした

 

okrr9.jpgデザート。

 

だいぶ、シャンパンとワインを頂きましたが、この日はまだまだ赤ワイン(2014 シュヴレシャンベルタン ドメーヌ フーリエ)だの白ワインをいただくことになりました。TT

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月10日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pboc1.jpg

JR博多シティくうてん9Fにある、ポールボキューズ博多に来ました。中庭風の開放的な雰囲気があるレストランの前を通ったことがある人は覚えているでしょう。くうてんに来ればとりあえず何か食べたいものが見つかります。大丸東京のポール・ボキューズの記事。ここはレストランひらまつの経営です。


ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 笑顔出るクレームブリュレ。


色々お店はありますが、ソフィストケイトされたハイブリッドなフィネスを求めるなら、ポールボキューズ。長たらしいがどんなフィネスか。

値段は適度で、気持ちよい食事ができる時間かどうか、でしょう。

 

 

pboc2.jpg

ランチセットは1500円から。パン、メイン、デザート、コーヒーで 1500円ですし、ブリュレとコーヒーだけでも1500円くらいかかってもおかしくはない。だから考え方によってはオッケー。

しかも平日などのフレンチレストランは以外とすんなり入れます。サラリーマン男性とかは敬遠する店ですし。

 

 

pboc3.jpg

(クリック拡大、戻る)

キッズメニューをきちんと準備しているのも有り難いですね。おすすめとランチセットとの違いは前菜が付くかどうか。フレンチなどは選択するメニューによってはプラスいくら、とかで高くなるので、選択メニューをする際は注意が必要です。

 

pboc4.jpg

(クリック拡大、戻る)

 


pboc5.jpg

店内に入るとフィネス感のためか、ワインが飲みたくなる。ぐっと我慢。

 

pboc6.jpg

前菜は 香ばしく焼き上げた秋刀魚とキノコのコンフィ 人参のサラダを添えて。

最近何かと値段が高く、漁獲量が減っているとの秋刀魚。オリーブオイル、バルサミコとイタリアン風の前菜です。

 

 

pboc7.jpg

香ばしい。

 

pboc8.jpg

2品目も魚をセレクト

軽く燻製をかけた九州産鮮魚のポワレ 焼き茄子のピューレ オレンジ風味のバターソース

どうも人参ときゅうりというのは、前菜のカラーリングにも似ていて見た目の新鮮さに欠けてしまった。真鯛だが、豚肉をチョイスすればよかったかと後悔する。

 

 

pboc9.jpg

続いてメインのクレームブリュレ。これを食べたかったのだから、メインと言ってもいいでしょう。笑

 

 

pboc10.jpg皿は薄いながらもしっかり食べごたえがあります。バニラビーンズも沢山はいった濃厚なブリュレ。いやー満足感ピークです。

おいしいデザート有難うございました。子供たちを連れて行ってあげたい。TT

 

食べログ(掲載時点 3.53)

 

ポールボキューズ博多ホームページ

 

 

このページのトップへ

2017年10月 9日 Posted time : 00:28 | Category : 熊本グルメ情報

DSC07303.JPG

 

手取神社近くにあるハルズバーさんに行きました。リーズナブルでおいしいと女性に評判のお店です。案の定女性客でいっぱいでしたが、運良く座ることができました。メニューを見ていると「チョコレートサラミ」なるメニューがあり、シメに頼んでみることに。サラミとチョコレートのコラボレーションってどんなの?と思っていましたが、サラミの形状をした自家製チョコレートでした。ノンアルなわたしにはぴったりのおいしい手作りチョコです。

 

DSC07296.JPG

そのほかにもおいしいメニューがいっぱい!こちらはほんのりカレー風味の豚肉のアスパラ巻き巻き。レモンをしぼっていただきます。

 

DSC07299.JPG

サザエのつぼ焼きもこんな店ならオシャレに出てきます。

 

DSC07298.JPG

グラタンやソーセージなどいろいろおなかいっぱい食べましたが、どれもとってもおいしいです。

 

DSC07297.JPG

 

DSC07295.JPG

 

一番気に入ったのは、このタコとセロリのサラダ。

 

DSC07301.JPG

 

いつも同じ店にばかり行ってしまうのですが、初めて行ったお店がおいしいととってもうれしい!リピ決定です。

 

熊本市中央区水道町1の9イーストンビル1階

096(223)7767

このページのトップへ

2017年10月 9日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ushiok11.jpg

COCOSAビルのすぐ近く、一風堂ラーメンが1階にある新しいビル、NADELビルに今年の5月にオープンした海鮮系の居酒屋「八潮」へ行ってきました。店舗数は少ないのに焼肉屋が2件も入っているビルです。会合で訪問したのですが、幹事さんは私の意向を考えず、新しいからという理由でこちらを予約したよう。

 

 


 

 

ushiok1.jpg

エントランスは2階です。鮨屋ではないのですが、鮨屋さんみたいにこうこうと店内が明るい。居酒屋はもう少し照度が低い方がよいと思うのだが。あまり明るいと落ち着かない私。今日は会合で料理3800円、飲み放題込5000円を頼んだようです。

 

 

ushiok2.jpg

白あえと前菜

 

ushiok3.jpg

刺身もタイ、きびなご、赤身とそう特筆すべくことはなくです。


 

ushiok4.jpg

鯛のおかしらの煮付け。こういうのものが人気があったり。

 

ushiok5.jpg

忘れました。お魚の。

 

ushiok6.jpg

飲み放題なのに、すぐ違うものをオーダーしたがる人っていますよね。私の事ですが。

飲み放題のワインってどういうものかわからないので、少し敬遠します。シャンパンのブーブクリコが7200円とお手頃価格、でしたので友人と相談しこれを頼むことに。夜のお店だともっと高いのは当たり前ですがね。

 

 

ushiok7.jpg

茶碗蒸し

 

ushiok8.jpg

エビマヨ

 

ushiok9.jpg

ローストポーク

 

ushiok10.jpgご飯もの。


ブーブクリコと南アフリカの赤ワイン トラピチェ 2200円 は安いけど美味しかった。TT

 

このページのトップへ

2017年10月 8日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

pirorin.jpg 「地鶏のじとっこ」で有名、全国展開している エーピーカンパニー(AP COMPANY)の基幹外食店 宮崎県日南市 塚田農場。来店数に応じ、昇進システムを取っています。最初は主任からスタート、課長、部長、専務、社長と昇進していきます。

私もたぶん7回以上行っていますので、「部長」の名刺を持っています。昇進に応じ色んなサービスが受けられます。このサイトに詳しく

 

塚田農場は素材感が高く美味しいので 家族にも受けがよいのですが、「ふるさと納税」で 日南市に寄付をして「塚田農場の商品券」をもらえることもリピート訪問になっています。

 

さて、メニューで美味しいものがあります。

 

IMG_7433.JPG

2017年も9月6日から発売となった、「加藤えのきの月見ステーキ」(680円)4年目の提供になるというが、昨年は4万4000食の注文があったとか。来年の1月ころまでの期間限定で。

エノキの軸であり、学校給食用に使用されたエノキの端材に甘味と旨みがあることに注目してメニュー化された商品である。生産しているのは宮崎県の(有)加藤えのきさん。えのきの切株につくねをのせてこんがりと焼き、卵黄とステーキソースを落としたメニュー。なかなか家では食べれないメニューですし、食感がシャキシャキ、帆立の貝柱みたいで美味しい。店員さんが卵黄をすぐつぶしてしまいましたので、写真が撮れませんでした。

卵黄がのった

塚田農場HP

 

IMG_7435.JPG噛めば噛むほど・・・という味がする。これはリピートしたいし、最近色々とメニューも変更になりました。

 

塚田農場のホームページ

 

 

 

 

 


このページのトップへ

2017年10月 7日 Posted time : 00:58 | Category : D@EXコラム

 

DSC07356.JPG

遅ればせながら、ツタヤ三年坂店2階にあるAnd Coffee Brewersさんへ。上乃裏通りにあるAnd Coffee Roastersさんが出しておられるコーヒーの抽出に特化した専門店なのだそうです。確かにメニューを見たら、ペーパードリップだけでなく、エアロプレス、コールドブリューと並んでいます。いろんな種類があるのですね。コールドブリューはなんとなく水出しかな?という感じはしましたが、エアロプレスって何だろう。エアロスミスじゃありません。試飲をさせていただき、気に入ったものをオーダーできます。

 

DSC07359.JPG

 

いろんな種類の豆があり迷いましたが、こくがあるのはエチオピアとのこと。エチオピアをエアロプレスにしていただきました。エアロプレス自体も普通のドリップよりこくが出る抽出方法なのだそうです。

 

DSC07360.JPG

しばらく時間があり店内をきょろきょろ。豆もいろいろ売ってあります。ツタヤ三年坂のよいところは、地下のスペースでコーヒーを飲みながら、店内にある本が読み放題なところです。いろんな本があるので、さまざまな企画を立てたりする時に、参考文献多数で本当に助かります。図書館でコーヒー飲みながら打ち合わせしてるようなものでしょうか。でも図書館はおしゃべりできないし、本も古いですけど、ツタヤさんは最新本多数ですもんね!すばらしい!

最近アマゾンプライムに入ってしまい、ツタヤさん率低下中。先日のニュースでツタヤさんが旧作見放題サービスを始められるとかで期待が高まります。頑張って欲しい。ツタヤさんは熊本の誇りですもん。

 

DSC07362.JPG

こんな風にして作るのですね!エアロプレス!最後の数滴は雑味が出るらしいのでもったいないけど捨てるみたい。しかし、このコーヒー、今まで飲んだことないタイプのコーヒーでした。エチオピアという豆の特長か、それともエアロプレスという淹れ方のせいかわかりませんが、香りといい、こくといいすごくエキゾチックな味。次回はかっこつけて「エチオピアをエアロプレスでお願いします」と言ってみようかしら(→いや、言えないな笑)。コーヒーって奥深いですね。

 

 

DSC05782.JPG

 

 

ちなみに、地下モリコーネさんでもコーヒー買えます。これはこれでまたおいしい。<YA>

 

このページのトップへ

2017年10月 7日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

CAFE&MEAL MUJI  COCOSA熊本 こだわり素材

 

CAFE&MEAL MUJI(2)  COCOSA熊本 また来た

 

前回に9月になったらメニュー変わりますから、と聞いていたので もう変わっているだろうと来店。

 

mjrs3.jpg

今日は平日なのに、女性がほとんどで満杯。前回は夏休みに訪問していたし、平日というのは子供たちがいない女性率が高いのか。10分ほど待って着席。今日は一汁三菜定食 950円にします。

 

mjrs1.jpg

メニューとガラスケースの中のものは同一なので、事前に見ておけば間違いない。

 

 

mjrs.jpg新しいメニューも投入されたよう。選ぶ楽しみがあります。

 

mrjs4.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)

mjrs5.jpg

メニュー(クリック拡大、戻る)


メイン5品のうち、夏メニュー色の強いゴーヤーチャンプルーが残ったのが以外です。メインからは茶美豚の生姜焼き、サブメニュー7品の中からは、じゃがじゃこサラダと塩こうじラタトゥイユに決定。

mjrs6.jpg到着しました。ご飯は白米、味噌汁、漬物付きです。見た感じは今の私にとってはボリューミーに感じます。

 

 

mjrs7.jpg 

注文を受けて作ったと思われる生姜焼き。

mjrs9.jpg

じゃがじゃこサラダ

 

 

mjrs8.jpgラタトゥイユ

 

生姜焼きもボリュームがありました。健康的に野菜が豊富ですので女性に人気があるのでしょう。TT

 

食べログ(掲載時点 3.02)


 

 

 

このページのトップへ

2017年10月 6日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

isgn10.jpg

会合があり、埼玉県の大宮に行きました。大宮は今年2度目、最近毎年訪問していますが、駅周辺は居酒屋さんが多く居酒屋さんで食事をすることが多いのですが、今日は会食場所らしいところです。伊勢錦(いせきん)さんは創業明治14年で120年余りの歴史がある日本料理店です。こちらに移転されたのは平成19年といいます、大通りから脇道にはいって、この黒い壁はなんだろう、と思うところが入口です。

 

 

isgn11.jpg

秋の入口、松茸フェアがあっています。今日は特選松茸御献立 12000円のコース料理を予約してあります。

 

 

isgn12.jpg

メニューを見ても、松茸が多い。熊本の人かどうかわからないですが、年配の方って「まったけ」って言いますよね。

 

 

isgn1.jpg

胡桃豆腐 無花果(いちじく)美味出汁


 

isgn13.jpg

穴子寿司、秋刀魚煮浸し 栗ブランデー煮 松茸身巻き 鴨ロース

 

 

isgn2.jpg

土瓶蒸し。松茸はこれも美味しいですね。

才巻海老、鱧、鶏、銀杏、結び三つ葉、酢橘

 

 

isgn3.jpg

お造りは鮪、鯛菊〆、勘八 鮪美味しい

 

 

isgn4.jpg

赤ワインを頂きましょう。サヴィニ・レ・ボーヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ(V.V) 2006年

 

 

isgn5.jpg

冬瓜ベーコン巻、栗麩利休煮、蟹黄身煮

 

 

isgn6.jpg

黒毛和牛山椒焼き

 

 

isgn7.jpg

松茸フライ

 

isgn8.jpg

松茸釜飯し

ふんだんに松茸がはいっていて、びっくり。

 

isgn9.jpg

デザート。

 

まったけ三昧、ありがとうございました。TT

 

食べログ(掲載時点 3.51)

 

 

このページのトップへ

2017年10月 5日 Posted time : 00:45 | Category : 熊本グルメ情報

DSC07212.JPG肌寒い日も増えてきましたね。どうしてもあったかいものが食べたくなります。阿蘇にドライブの帰りにふらっと立ち寄ったのが、大津町のバイパス沿いにある文化ラーメンさんです。文化ラーメンという名前のラーメン屋さんは熊本に3店舗ほどあるみたいで、それぞれに持ち味があっておいしいと聞きました。ランチタイムにお邪魔したのですが、とてもにぎわっています。ラーメンを頼んで、お水をセルフでとりに行きます。

ザ・トンコツ!って感じのラーメンですが、マーユなどが黒々しておらず、さっぱり澄んだ見た目のラーメンで豚骨なのに上品系のルックス。スープを一口。クリーミー豚骨系ですが油っぽくないので、意外とすっきりしていて好みです。麺は、中太麺でスープとの絡みがよいですね!ノリとキクラゲがのったラーメンがど真ん中好みなので、たっぷりキクラゲうれしかったです。隣で食べている餃子が無性においしそうでした。次回は是非餃子も一緒に食べたいです。

 

ところで大津町では11月12日に、毎年恒例のからいもフェスティバル(本田技研工業熊本製作所内)が行われます。おいしいカライモが食べられるだけでなく、カライモ堀り体験などのイベントも盛りだくさんです。小さい頃行った芋掘り遠足って、すごく心に残っています。スーパーでしか見たこともないサツマイモが、泥の中から出てくるんですからね(笑)。食育にぴったりの体験ですので、子どもを連れで参加してみてはいかがでしょうか!?<YA>

 

文化ラーメン

菊池郡大津町大津1212-14

 

096-293-7123

このページのトップへ

2017年10月 5日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

czt9.jpg

東京に出張で行きましたので、銀座でランチをしました。予約しておいた店、銀座シェトモ(CHEZ TOMO)に訪問です。銀座1丁目の交差点のすぐ近くのポーラビルの11Fと12Fにあります。大通り沿いですし迷うことはほぼありません。シェトモはオーナーシェフ市川知志のお店で以前は白金にあった店が2009年に銀座に移転。フランスでのシェフ経験をも生かし、有機などの食材にこだわり、訪問者の記憶に残るフレンチを提供したい同店、楽しみですね。

 

czt10.jpg

エレベータで上がります。おたる政すし 銀座店もここにあります。


 

czt14.jpg

店内はスタイリッシュな洗練された空間が広がります。高い天井。いいですね。夜は銀座の夜景を眺められるし、こちらにはフレンチでは珍しいカウンター席もあります。正面で話すより横に座って話す方が話が進む場合もありますね。

 

 

czt12.jpg

ワインも抱負に準備、ランチタイムにはマダムさんたちがほとんどですね。


 

czt13.jpg

ランチメニューは 3200円と6800円がありますが、ネットで時間と席を予約でき、特別メニューの税サ込5000円のメニューを。2品はチョイスメニュー。

 

 

czt15.jpg

お昼ですが、赤ワインを頂きます。


いえ、クランベリージュースです。ワインのつもりで。

 

 

czt16.jpg

手造りジャムとブレッド。

 

czt17.jpg

1品目はシェトモの名物の1品ともなっている、生ウニの貴婦人風。見た目にインパクトある1品です。ウフ・ブイエ(かきまぜた卵)と海老の風味を凝縮させた古典的なアメリケーヌ・ソースにウニを組み合わせたもの。

 

 

czt18.jpg

濃厚な味の1品ですね。うにの茶碗蒸しのよう。

 

czt19.jpg

2品目は魚とテリーヌのチョイスから、テリーヌを選択。

フランス産天然木の子とハンガリー産フレッシュフォアグラのテリーヌ仕立て 焼きネギのクリームソースと共に。フォアグラがとても美味しいしキノコとうまくマッチングしている。四角のものはキノコの出し汁を固めたムース。これはワインが欲しくなる一皿。

 

czt1.jpg

そしてまた シェトモ名物の無農薬野菜のディッシュ。

先ずは紙がテーブルに置かれます。26種の野菜とその料理法が書かれており

 

 

czt2.jpg

透明な皿の上に丁寧に並べられた宝石のような野菜たちが、文字が見えるように置かれます。ほんとうに鮮やかな野菜の色に目を奪われます。これは生の野菜ではなくて調理されたものなんです。山梨県境川産無農薬野菜で露地栽培。

 

czt5.jpg

フォトジェニックなシーンです。どれから食べようかと悩みます。

 

 

czt3.jpg

一つ一つの仕事が丁寧です。

 

 

czt4.jpg

白い紙を外してみたらこんな感じに。全部綺麗にいただきましたが、結構なボリュームがあります。

 

 


 

 

czt6.jpg

続いて魚もしくは肉のチョイスメニューから、メインディッシュ魚をチョイス。

長崎県産玄海灘産磯魚(小鯛、イトヨリ、カサゴ、ハタetc)を使ったサフラン風味の濃厚な南仏風スープ。小海老のクネル 国産有機白米と小海老のチップを添えて。

これも濃厚なスープで、チーズスライスを中にいれて、いただきました。手間がだいぶかかっていると思います。お腹いっぱいなのですが美味しい料理は食べれる。

 

 

czt7.jpg

最後に4種類のデザートの紹介。素材を見せてくれ説明してくれます。秋なのでモンブランをチョイス。

 

 

czt8.jpg見た目のインパクトといい味といい洗練されたデザート。エスプレッソと頂きました。


相当満足感の高いランチでした。提供のタイミングもとても良かったです。3200円のランチメニューには+900円でウニの貴婦人風をオプションで付けることもできますし、3200円のメニューだけでも満足感高いと思います。インパクトのある野菜アレンジ、あれはまた食べたくなりますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.63)

 

銀座シェトモホームページ

 

 


 

 

このページのトップへ

2017年10月 4日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

imhn1.jpg

人形町今半のすき焼きといえば、もう日本全国区のブランドです。くうてんのようにデパートや空中店舗があると多くのデパートにありきやと思いきや、西日本では名古屋以西、ここ博多にしかありません。くうてんの中でも高級な部類に位置づけられるお店の一つです。一度も行ったことがないので、行ってみます。うなぎ屋さんでリッチなお年を召された方が、お肉を食べたい時にも利用されるシーンは多いかと。価格も鰻とあまり変わりません。

 

imhn3.jpg

昼から一人でしゃぶしゃぶとかすき焼きというわけにはいきませんが。

 

 

imhn2.jpg

枠で囲んであるランチメニューを選んだ方が無難かな。

 

 

imhn4.jpg

昼メニュー、クリック拡大。戻る。

名物というくらいなので、ステーキ重 2700円にしてみます。あまりステーキ重というメニューを今まで食べたケースは少ないかもしれない。

 

 

imhn5.jpg

野菜サラダと前菜

 

imhn6.jpg

ステーキ重の到着。ミディアムレアをオススメされたので、それをオーダーしました。味噌汁と粉山椒が合いますよということです。

 

 

imhn7.jpg

肉はそこそこのボリュームはありますね。

 

 

imhn8.jpg

タレ自体は濃くありませんので、少し物足りなさを感じました。肉もそんなに脂が乗っているという質のものではありません。食べ進むうち、うな重と比較して飽きてきました。塩コショーとかテーブルにあるとよいのですが、今日はそのまま最後までいただきました。ご飯の量も結構あって、お腹もいっぱいに。

土曜日だったため、隣のテーブルの人はすき焼き食べている。美味しそうに見えて。

 

imhn9.jpgかぼちゃプリンのデザート。

 

TT

 

食べログ(掲載時点 3.54)

このページのトップへ

2017年10月 3日 Posted time : 00:22 | Category : 全国特産物情報

DSC07276.JPG

 

長野県に行きました。ドライブの途中で北安曇郡松川村の道の駅「寄って停まつかわ」へ。白馬村の近くにあります。松川村は、男性長寿日本一の村なのだそうです。長寿の秘訣(ひけつ)の研究もいろいろなされているようですが、こちらの地域の食文化の特長といえばなんと言っても昆虫食!はちのこなどを食べる文化があるので、そこにヒントが隠されているのかもしれません。

看板の両脇を固めるのは、すずむし。すずむしの里としても知られています。

 

DSC07283.JPG

外にはこんなオブジェもあり。すずむしりん太くん。

いろいろ調べていたら、この地域で

「2010年9月13日スズムシ捕獲禁止条例を可決。」

とあります。ええっ!?この地域では、スズムシ捕獲しちゃだめなのですね??

 

 

DSC07279.JPG

中に入ってみましょう。信州と言えばなんと言ってもそばでしょう。新そばがたくさん売り出されていました。

 

DSC07281.JPG

そして、なんと言っても野沢菜でしょう!どちらも購入しておうちで食べましたが、おいしかったです。フルーツや野菜、お花もいっぱいおいてあり、にぎわっていました。

 

DSC07285.JPG

 

そして、小腹がすいたのでおやつを購入。五平餅です!ご飯に甘辛い味噌が塗ってあります。初めて食べましたが、おやつにぴったり!

 

 

 

DSC07274.JPG

 

 

道の駅正面にある松並木。いいところだなー信州。<YA>

 

道の駅「寄って停まつかわ」

北安曇郡松川村5375の1

0261ー62ー1200

このページのトップへ

2017年10月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

月の木(寿司) (2)1 大分市でおまかせ握り

 

 

otkk3.jpg

箸休めの茶碗蒸しの出しが美味しすぎて、感動する。福井の日本酒 梵もいただきます。ついでに月替り日本酒(青森)も。今日は日本酒がとても美味しく。

 

 

otkk4.jpg

後半に行きます。いわし。

 

otkk5.jpg

あめか

 

 

otkk6.jpg

このしろ

 

 

otkk7.jpg

車海老。

 

otkk8.jpg

うに軍艦。海苔がパリパリなうちに召し上がり下さいと。

 

 

otkk9.jpg

濃厚味の卵焼き。フィナーレも近づいてきましたね。

 

 

otkk10.jpg

ふわふわ穴子。ワンダフル。

 

 

otkk12.jpg

濃い味がしっかりついたかんぴょう巻、わさびがピリッと。

 

 

otkk11.jpg

お椀もの。

8800円の1本勝負のメニューで最後の椀までいくと最高の満足感。また絶対行きますね。TT

 

食べログ(掲載時点 3.62)

このページのトップへ

2017年10月 2日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

otkk13.jpg

大分で澄み切った美味しいお寿司の世界に。半年ぶりの訪問です。江戸前寿司の月の木。カウンター8席のお店で人気店ですので、週末はなかなか予約が取れません、ですので事前に予約とってでも訪問したくなります。前回は一人で訪問しましたが、今回は5人での訪問となります。


月の木(寿司) 大分市 (1) 気に入りました

 

月の木(寿司) 大分市 (2)

 

otkk23.jpg

金属製の重いドアをあけるとカウンターの空間が広がります。窓からは隣のビルの煉瓦が見え、赤嶺さんいわく「この景色が私は特に気に入っています」とのこと。前回は8席のカウンターだったのですが、今日はカウンターに座る人数の関係上でしょう、9席になっています。本当に清潔感がある店内です。

 

otkk22.jpg

先ずは前菜から。北海道産の生のいくら。今年はいくらが高騰していますね。貴重品です。プチプチ弾力感があります。

 

 

otkk21.jpg

生タコ、関アジ、シマアジ、コウイカの4点セットのお刺身盛り。私はビールは飲まず井戸水(日本酒)をぐぐっといきます。銘柄は大分の鷹木屋。

 

 

otkk20.jpg

関アジもたまらなく日本酒にあいますね。


 

otkk19.jpg

あてに、たらこわさびが出るのですが、特別オーダーしておいた煮物、鯛の煮付け。身もぷりぷりして美味しい。このあたりで日本酒を高知の日本酒に。そして段々お腹もふくれつつ、お寿司のスタート。

 

 

otkk18.jpg

関さばから。月の木さんでは醤油などは軽く塗ってあります。そのままいただきます。シャリは赤酢で小さ目。

 

 

otkk17.jpg

コウイカ。

 

otkk16.jpg

日南しぶだい

 


otkk15.jpg

シマアジ

 

otkk1.jpg

づけまぐろ

 

otkk2.jpg貫目は 南まぐろオオトロ。やっぱり美味しいです。もう1個いきたいくらい。

 

ここでお寿司は一旦休憩。(2)へ移ります。明日。TT

 


このページのトップへ

2017年10月 1日 Posted time : 00:08 | Category : D@EXコラム

 

souhuren1.JPG

 

熊本市北区、旧3号沿いに日田やきそばで有名な想夫恋さんができました。近所なので、来店してみました。想夫恋さんは、熊本市南区に御幸店があり、会社からは近いのですが、行ったことがありません。旦那さんが、日田に行った時によく食べているようで、近所にできてうれしそうです。紅ショウガなどもスタンバっています。オーダーしたのは、シソトッピングの焼きそばと、卵トッピングの大盛り焼きそば。こちらのお店少々待たされるのも特長なのだそうです。それだけ時間をかけてこだわって作っておられるのでしょう。

 

 

souhuren2.JPG

 

こちらは、シソがトッピングされた焼きそば。やんちゃな麺が一本飛び出ておりますが、ご愛敬。シソと焼きそばのコラボは食べたことがなかったので、新鮮な一皿。濃厚さがシソの風味でさっぱりします。ソースは、ちょっと辛め。麺のぱりっとした堅焼き具合と軟らかいところのバランスがとってもいいですね。それとモヤシの使い方がおいしさの秘訣(ひけつ)のような気がします。しゃきっとした食感がとっても生きています。豚肉はもちっとした食感の角切りにこだわっているのだそうですよ。細かいところのこだわりが感じられる焼きそばです。

souhuren3.JPG

こちらは、卵トッピング大盛り。生卵の黄身だけがのっているのですね。麺と絡まるとまったりした風味になるみたいです。

 

souhuren4.JPG

大盛りとはいえ男性には少し量がたりなかったようで、餃子を追加オーダー。小ぶりの餃子です。

 

souhuren5.JPG

中はこんな感じ。お野菜たっぷりでおいしかったです。ご飯と餃子と焼きそばのお得なセットがありましたが、焼きそばとご飯は一緒に食べる感覚がないんですよねー(私だけ?)。単品重ねちゃうと少し高くなりましたが、こちらの組み合わせの方が満足感が高かったです。<YA>

 

想夫恋徳王店

熊本市北区下硯川1-2-25

096-245-7782

このページのトップへ

2017年10月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ondork1.jpg

小倉でランチを取ることになり、JR小倉駅から徒歩5分、魚町にある焼肉「おんどる」さんを訪問しました。魚町は昼間から焼肉屋で混んでいるランチ地帯ではないという読みがありました。創業は1987年。おんどるさんは本店は水巻で北九州市内に3店舗があります。質が高い肉を提供しており、高い評価となっています。


 

ondork2.jpg

さあ、中に入ってみましょう。

 

ondork3.jpg

入口には木製の牛のオブジェがお出迎え。頭のくぼみに小銭が入っているのは、いかにも日本的で笑ってしまいそうになります。ドンキホーテのレジの小銭とは違いますよ。

 

 

ondork4.jpg

店内は昼だからうす暗く感じる8席分のカウンターとその奥にテーブル席、お座敷など。カウンター席のある焼肉店って珍しいけど、こういうところは一人でも訪問しやすいからいいですね。

 

 

ondork5.jpg

ランチメニュー(1)(クリックで拡大、戻る)

神戸まぶし980円が一番安いランチメニュー。

 

 

ondork6.jpg

ランチメニュー(2)(クリックで拡大、戻る)

サーロインステーキ重なども売りのようだ。

 

ondork8.jpg

ランチメニュー(3)(クリックで拡大、戻る)

コールドステーキとは文字通り冷たいステーキ。

 

ondork7.jpg

ランチメニュー(4)(クリックで拡大、戻る)おんどるのすきしゃぶはここでしか食べられないとか。今日はこのすきしゃぶ御膳 3300円にしてみよう。


 

ondork9.jpg

サラダを食べて。

 

 

ondork11.jpg

肉とつけたれ、卵が運ばれました。焼いて、タレと玉子につけて食べる。

 

 

ondork10.jpg

お肉にはだいぶ脂がのっているようだ。

 

 

ondork16.jpg

肉が薄いから油を引いたとはいえ肉が網にひっついてしまう。もう少し厚さが欲しいところ。

 

 

ondork15.jpg

タレにつけて、卵をからめていただきます。やわらかい。。。。

 

ondork13.jpgすきしゃぶを食べ終わる頃、セットメニューが運ばれてきました。タレ、醤油など、ナムル。

 

 

ondork14.jpg

焼肉の肉も質がよさそう。上段から上タン、豚バラ(宮崎県産おいも豚)、鶏もも(宮崎県産さくら姫豚、極上カルビ、ハラミ

 

ondork12.jpg特選カルビを生玉子とタレにからめていただきます。脂がのって美味しい。。TT

 

食べログ(掲載時点  3.59)

 

おんどるホームページ

このページのトップへ

カレンダー

2017年10月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー