九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2016年7月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

seiyo8.jpg2016年7月17日、トルコ・イスタンブールで開催されていたユネスコ世界遺産委員会は 国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジェの建築作品」の世界文化遺産登録を決めました。やりましたね、東京都でも初めての世界文化遺産ですね、これで上野の国立西洋美術館もどっと観光客が増えるでしょう。今まで少しひっそりとしていたのが、なつかしくなるでしょう。

 

ル・コルビュジェはミース・ファンデル・ローエ、フランク・ロイド・ライトと称される近代建築の三大巨匠。(個人的にはライト建築に傾倒、もちろんコルビジュの工業作品も好きですが)

 

seiyo9.jpg国立西洋美術館は大正3年から昭和3年頃まで当時株式会社川崎造船所の社長であった故松方幸次郎氏がヨーロッパで集めた絵画等のコレクション(松方コレクション)が、サンフランシスコ平和条約でフランスに接取され、そのコレクションの返還条件として東京にフランス(西洋)美術館を作ることが条件とされ、コルビジェ氏が設計し1959年(昭和34年)に完成したものです。その後色々と増改築はありましたが。

コンクリート打ちっぱなしの外観は今風ですが、昭和30年代はすごいデザインだったんでしょうか。

 

seiyo1.jpgスロープ(斜路) 19世紀ホールと2階を結ぶ。空間の変化をゆっくりと楽しみながら上の階へ移動することができるプロムナード

 

 

seiyo2.jpg19世紀ホール。三角形のトップライトが特徴

 

seiyo3.jpg現在は使用されていないが、2階から中3階が3か所つくられている。せまい階段を上がると小さな作品展示スペースがある。

 

 

seiyo4.jpg2階のガラス張りの部屋は屋上から取り入れた自然光を展示室に入れるための回遊空間のアイデアだったが、現在は人工照明を使用している。

 

seiyo6.jpg

seiyo5.jpg2階展示室。天井高は低い所で226cm。高い天井はその倍。

 

ゆっくりとコルビュジェの無限成長美術館(コレクションの増加に伴い建物も増築していく)を楽しみましょう。TT

 

国立西洋美術館

建築探検マップ(このページの下の方にPDFファイルがあります、これは美術館でも言えばもらえます。探検するのに役立ちます)

 

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年9月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー