ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2015年6月アーカイブ

2015年6月30日 Posted time : 00:11 | Category : D@EXコラム

amakusaolive1.jpg

 

草にオリーブ園があることはなんとなく知っていましたが、先日「天草オリーブ園AVILO」さんに、オリーブのお花見に行ってきました。オリーブの花って5から6月くらいに咲き、なんとキンモクセイに見た目はそっくり。でも、モクセイみたいないい香りはしないのがちょっと残念。白い小さな花が一杯咲いていて、かわいい花でした。

オリーブ園に併設されているショップには、オリーブオイルだけでなくコスメなども勢ぞろい。天草スペシャルブレンドというオリーブオイルを購入しました。天草で育てて、摘み取って、搾油したオリーブオイルがブレンドされています。天草産100パーセントのオリーブオイルは、一万円以上して、さすがにちょっと手が出ませんでした。ブレンドしてあるものでも、品質はお墨付き。天草オリーブ園のオリーブオイルは、国際的オリーブオイルコンテスト「オリーブジャパン2015」で金賞を受賞するほど質がいいんです。

口に含むと、とってもフルーティーな香りに、びっくり!いつも使っているイタリアのメーカーのエクストラバージンオリーブオイルとの違いに驚かされます。イタリアのものも、エクストラバージンと書かれており、酸度8パーセント以下のものですが、エクストラバージンでも、いろいろランクがあるのだなと実感しました。

天草オリーブ園がすごいのは、「体験型のオリーブ園」だということ。お料理教室や手絞り体験、オリーブオイルのテイスティングの教室なども行っていらっしゃいます。子供連れでも楽しめて、オリーブオイルの奥深い魅力に触れることができます。<YA>

〒863-2201 熊本県天草市五和町御領蛍目1580-1

0969320366

このページのトップへ

waku

2015年6月28日 Posted time : 00:06 | Category : 熊本グルメ情報

wasanta7.jpg

名郡和水町にあるわさんたらんかさんというスリメキ料理のお店に行きました。スリメキ料理って初めて聞きましたが、スリランカ料理とメキシコ料理の二種類が食べられるお店でって言う意味だそうです。スリランカ出身で、東京でメキシコ料理店で働いていたワサンタさんが作っていらっしゃいます。こちらの評判、とにかくいいんです。みんなが口をそろえて「おいしい!」と言うのです。期待に胸を膨らませてお伺いしましたが、あんなに期待していったのに、期待以上のクオリティでした。とにかくメニューが多くて、とても迷う。想像するだけで口の中が唾液でいっぱいになるほどの料理の数々。胃袋がひとつしかないので、厳選するだけでも本当に悩ましい。場所はジョイフルの菊水店のまん前です。

 

wasanta6.jpg

 

前菜にサルサソースとクラッカーが出てきます。これを食べた瞬間に、このお店が間違いないことを悟ってしまう・・そんなサルサソースです。

 

wasanta5.jpg

サラダ。

wasanta3.jpg

 

ヌードルカレー。おいしい。私が足しげく通う熊本市のスリランカのヌードルカレーとは、趣が異なり、こちらの方が歯ごたえのあるしっかりしたぷりっぷりの麺です。どちらも甲乙つけがたいおいしさです。

 

wasanta2.jpg

 

こちらは、モーレ。焦がしたまねぎとトマトをベースに作ったソースでチキンを煮込んであります。酸味があり、初めて食べる味。病み付きになりそう。ちなみに今回オーダーしたお料理すべて800円也。お手ごろ価格なのも、うれしいですね。

 

wasanta.jpg

 

おかずが三つのベリアッタセット。カレーとスリランカのおかず。お皿もかわいいでしょう?

 

wasanta4.jpg

 

手作りラッシー。辛い料理にはやはり甘いラッシーが合いますね。熊本市内にお店を出せば、大繁盛間違いなしなのに、「和水が好き。ここまでわざわざ食べに来てくださる方がいるから、やりがいがある」と語るワサンタさん。これは、がんばって和水まで通うしかないですね。<YA>

 

わさんたらんか

熊本県玉名郡和水町原口3-9

080-4314-5567

このページのトップへ

waku

2015年6月26日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本グルメ情報

taitodesu.jpg

 

「ついに!」という言葉以外のぴったりの言葉が見つからないのですが、ついに、天草市の寿司の名店、鮨たいとさんの予約が取れ、ついにその珠玉の握りを賞味するときがやってきました!蛇の目や奴っこなど、いずれ劣らぬすばらしい寿司の名店がさまざまありますが、こちらは、若い大将が握ってくれる新進のお店という感じ。

お昼のメニューはおまかせ11貫(4000円)のみ。こちらは、握りをしっかり食べた後で、さらにお持ち帰りしたちらし寿司です(笑)。ちなみに巻き寿司もお持ち帰りしました。この日のおなかの中はいろんな魚が泳ぐ水族館でした。それでは11貫スタートします。いただくのは、カウンターが絶対的におすすめです!

 

taito14.jpg

taito13.jpg

taito12.jpg

taito11.jpg

taito10.jpg

taito9.jpgtaito8.jpgtaito7.jpgtaito6.jpgtaito5.jpgtaito4.jpg

taito3.jpg

 

あまりにおいしいと「おいしー♪」という言葉が口から出なくなるというのを、この日に知りました。「ううううっ」と11回悶絶した感じでした。ネタもよければ少々小ぶりのシャリもいいです。積年の思いが募ったというシチュエーションもあるのかもしれませんが、素直に感動しました。20年ほど前に足しげく通っていた「桂寿司」(現在もありますが、代がわりされています)で修行し、その大将に教えを受けたとの言葉に納得。ピリッと厳しい大将が握る寿司が、とてもおいしかった記憶を思い出す。当時の桂寿司とは、似ているとはいえないのかもしれませんが、大将のスピリットが、まんま生きているなと感じました。<YA>

鮨たいと 〒863-0034 熊本県天草市浄南町100-1

TEL 0969-22-2505

このページのトップへ

waku

2015年6月24日 Posted time : 00:27 | Category : 熊本グルメ情報

てらこた3.JPG

 

熊本市北区龍田陳内にあるテラコッタさんに行きました。こちらは、以前もご紹介させていただいたことがありますが、とにかくメニューが豊富で、リーズナブル。

 

てらこた2.JPG

 

今の季節は、夏野菜たっぷりのミネストローネがおすすめです。ミネストローネは、春夏秋冬グランドメニューとしてありますが、当然ながら、季節によって具材が変わり、季節ごとのおいしさが楽しめます。冬はゴボウや大根などの根菜がたっぷりで、これはこれで体が温まるメニュー。夏は、仕入れによっては、カボチャやソラマメなどが入っているときがあり、いろんな野菜の旨みが出て色が鮮やか!ムシムシしてなんとなく食欲がない時でも、酸味があるので、ペロッと食べてしまうビタミンメニューですよ。野菜をたっぷり食べたい時に、ぜひトライしてみてください。

 

 

 

てらこた1.JPG

 

ちなみに、こちらも人気メニュー。コーラで煮たスペアリブです。軟らかくっておいしいですよ♪

 

全然関係のない話なのですが、龍田陳内って、陣内じゃなく、陳内なのだということを長年知らなかったのは、私だけでしょうか(笑)。ずいぶん長く間違って覚えていたなあと今更ながら反省です。<YA>

 

テラコッタ

 熊本市北区龍田陳内3-2-37

096-339-8668

このページのトップへ

waku

2015年6月22日 Posted time : 00:08 | Category : 熊本グルメ情報

いくいぷ3.jpg

 

イクイップメントフロアで打ち合わせをしてそのままランチタイム♪オムキーマチーズ入りカレーを食べました。オムもキーマーもチーズも入っているものをオーダーしたということで、わたしの空腹度合いがわかっていただけると思います。かなり欲張りなカレーですね。辛すぎず、スパイシーで薫り高いカレー。挽肉もジューシーで手作り感満載でありながらも、絶対おうちでは作れない味でした。

 いくいぷ1.jpg

 

カレーの前には、たっぷりサラダもでてきます。野菜がフレッシュでドレッシングも好みの味です。キンピラゴボウまでついていて、段々完食できるのかが不安になってきました・・。

 

いくいぷ4.jpg

 

 

でデザートのトライフルと紅茶。かなり量が多かったのですが、やはりデザート別腹。ロイヤルアイスティーの味が濃くて、少しチャイ風で美味。スプーンとフォークもオシャレでした。看板犬のフレンチブルがいなくって残念でしたが、かなり満足度の高いランチでした♪<YA>

イクイップメントフロア

熊本県熊本市中央区南坪井町7-16オツヅキビル1F

096-323-1197

 

 

このページのトップへ

waku

2015年6月20日 Posted time : 00:23 | Category : 熊本グルメ情報

つたや1.jpg

 

モリコーネさんでコーヒータイム。初めて知ったのですが、こちらのコーヒーは、ペルーやブラジルなど、豆の産地にこだわるだけでなく、ハンドドリップやフレンチプレス、パーフェクトコーヒーブリュワーなど、淹れ方にもこだわっています。で、一番高級な(と言っても500円ちょい)パーフェクトコーヒーブリュワーに挑戦しました。

 

つたや2.jpg

 

そもそもまったくパーフェクトコーヒーブリュワーというものに関する知識がなかった私。説明するのが難しいのですが、あえて言葉にしてみると、通常、紙をしいて、豆を入れて、お湯をそそぎますよね。そのお湯を注いだ状態で、下からコーヒーが落ちる出口部分がせき止められて、たまっているような状態そのままのものが、パーフェクトコーヒーブリュワー。そのパーフェクトコーヒーブリュワーと空っぽのコーヒーカップを渡され、席についてから、カップにパーフェクトコーヒーブリュワーを置いたら、一気に下部の結界が放たれて、どどどーとコーヒーがコップに流れ落ちてきます。普通のドリップ式よりも、なんとなく味がしっかり濃くてコクがあるような気がしますね。

 

つたや3.jpg

 

カップの上にブリュワーを置いたと同時に、カップに流れ落ちるコーヒー。なかなかパフォーマンス的にも優れているコーヒーですが、写真では伝わらないのが残念。コーヒーがカップに流れ落ちるさまは、おおおおおっ!と、ダイナミックで、ナイアガラフォールズをほうふつとさせます。と、言い過ぎかもしれませんが、水枯れの時の白糸の滝くらいの迫力はありますよ。<YA>

 

カフェ モリコーネ 琴平店

熊本市中央区本荘町726-1

096-371-1288

 

このページのトップへ

waku

2015年6月18日 Posted time : 00:15 | Category : D@EXコラム

しろや1.JPG

 

北九州市小倉駅の近くにあるシロヤベーカリーさんに行きました。こちらは北九州の老舗のパン屋さんだそう。アーケードの中にあるのですが、それでなくても人でぎゅうぎゅうパンパンのアーケードに、シロヤの前だけ行列ができており、人口密度高!いつも行列に並ぶのをひるむのですが、行列を上から見下ろせるアーケード沿いの喫茶店があり、そこからこの行列を観察してみると、かなりスムーズに行列がはけていることを確認。けっこう長い行列の後ろの方に並んでも10分たらずで買えました。

行列自体も、とにかくカオス!混沌としているため、パンが入っている対面形式のショーケースに近づいてくると、少々ずうずうしくオーダーしないと、気が弱い人はどんどん後ろのおばちゃんたちに順番を抜かれてしまいます。初心者な私がもじもじしていると、隣のおばちゃんが、「一緒に買ってあげようか」と言ってくださいました。若い人は、ここでおばちゃんにもまれていると、世の中に出たとき勉強になるなと思ってしまいました。

 

 

しろや2.jpg

 

 

アンパン、フランスパン、レーズンパン、サニーパン、食パンなどのパン系と、オムレットやシュークリームなどの昭和のスイーツ系とに分かれています。なんとなく勝手がわからず、パンのショーケースの前に並んでしまったため、レーズンパンなどを購入。オムレットが安くて人気の店と、後々わかり、少し後悔。しかしレーズンパンも朝食にぴったり!ブログで人気のサニーパンとオムレットに次回は挑戦します。<YA>

 

シロヤベーカリー

 

福岡県北九州市小倉北区京町2-6-14

093-521-4688

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年6月16日 Posted time : 00:30 | Category : D@EXコラム

なみきざかえすぷれっそ2.jpg

 

熊本市中央区の並木坂にあるグッドディールカフェさん。アメリカのビーチをイメージしたカフェです。グッドディールというのは、アメリカでよく使う表現だったと記憶。「Good deal?」とアメリカ人に聞かれると、deal=取引みたいな意味があるので、「いい取引?」という意味で、「けっこうあなたにとってメリットのある話でしょ?」とかいうニュアンス。たとえば「英語教えてあげるわりに、お茶おごってよ。Good deal?」みたいな使い方です。 

 

なみきざかえすぷれっそ.jpg

 

前置きは置いといて、おしゃれでゆったりした雰囲気なので、打ち合わせなどでも時々利用します。不思議と話がはずむ店ってありますが、私の中ではそのカテゴリーに入る店。エスプレッソをよくオーダーしますが、これまた本格的なおいしさです。619日にあるナイツの熊本公演のポスターが貼ってあり、毎回とても気になり(ナイツファンゆえ)、ついに「チケットほしいんですが」聞いてみましたが、カフェでは購入できないみたいです。というわけで、ナイツに関しては「 good deal」とはいきませんでしたが、いい時間が過ごせる数少ないカフェの一つですよ。<YA>

グッドディールカフェ

熊本市中央区上林町3-36並木坂ビル 1F

096-288-4834

 

このページのトップへ

waku

2015年6月14日 Posted time : 00:10 | Category : D@EXコラム

 

 

丸美屋さんののりたま。ロングセラーでありながら、若い子にも人気。さまざまなふりかけがある中で、高校生の息子の一番お気に入りがこののりたまで、家で切らしたことがありません。強烈な「のりたまラー」の息子は、白飯でおにぎりを作っては、のりたまの袋に入れて、「しゃかしゃかポテト」ならぬ「しゃかしゃかおにぎり」を作る日々(お子様は真似しないでね!)。そんな息子の携帯用にと思い購入したのが、ひよこチップ入り「手のりたま」。のりたま発売55周年を記念した、期間限定品です。ごはんが華やぐかわいい“ひよこ型チップ”が入っていますよ。


hiyoko1.jpg

 

こちら、手のりたまひよこチップ入り。かわいいひよこチップ見えますか?無表情な感じが、なかなか渋いです。手のひらサイズで密閉性も高いから、食卓はもちろん携帯に便利!!カバンの中に忍ばせて、職場や学校への持ち運びもラクラク。どこにでも連れて行けるかわいい手のりたま。のりたまを補充しながら、使い続けたいと思います。<YA>

このページのトップへ

waku

2015年6月12日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

あそたかなめし1.JPG

 

梅雨の合間の晴れた日に、南阿蘇ビジターセンターさんにお邪魔しました。南阿蘇ビジターセンターとは、阿蘇くじゅう国立公園阿蘇地域の魅力をジオラマやパネル、映像などを使って紹介し、自然とのふれあいを楽しむきっかけを提供するための施設です。お目当ては、こちらに隣接する阿蘇野草園。南阿蘇ビジターセンターに隣接する阿蘇野草園は、阿蘇に生育する植物を自然に近い状態で観察することができる施設です。四季折々の花が楽しめるだけでなく、野鳥、昆虫類、両生類など様々ないきものを観察することができます。約5ヘクタールの園内には、南阿蘇自然学習歩道が整備されていて、森の中に続く道は格好のウォーキングコースとなっています。サクラソウやカノコソウなど初夏の草花を楽しんだり、きれいな声でなくブルーのオオルリを見かけたり。日に日に緑が濃くなるこの季節は、自然散策にぴったりです。

ひとしきり歩いたら、おなかがぺこぺこ。隣接する食堂で、高菜めしとだごじるの定食をいただきました。だご汁のお味噌がちょっと赤味噌っぽくて新しい味!高菜飯を食べると、阿蘇に来た!って感じがしますよね。<YA>

南阿蘇ビジターセンター
阿蘇郡高森町大字高森3219

休/毎週水曜日

このページのトップへ

waku

2015年6月10日 Posted time : 00:01 | Category : 熊本グルメ情報

 

roribie.jpg

 

久しぶりに大好きなロリビエさんに行きました。ロリビエは、新市街のドンキホーテのすぐ近くのサンタカラヤビルの二階。県外の友人と久しぶりに会うことになり、「熊本の人しか知らないおいしい店に連れて行って」というオーダーで真っ先に思いついたのがこのロリビエさんでした。おまけにこのお店の好きなところは、肩肘張らない雰囲気。久しぶりに会う友人なので、話がはずまないと悲しいもの。あんまりがちがちのフレンチじゃなくって、おいしくてリーズナブルという条件にぴったりのお店です。

 

ろりえび.jpg

 

前菜が目に美しく、舌にもおいしいのもこちらのお店の魅力。最初に出てくる前菜が、本当においしく、美しいものでないと、後でどんなにおいしいものが出てきても、印象が残らないってことありませんか?

 

ろりふぉあ.jpg

 

フォアグラなんかもさりげなーく出てきますよ。

roribie4.jpg

 

サーモンの下には、マッシュしたポテト。一緒に食べると、幸せの味。

 

 

rroribie1.jpg

 

ボリュームもちょうどよくって、おなかいっぱいに。

 

roribie2.jpg

 

そして、別バラのスイーツもしっかりおいしい。とても楽しい時間を過ごすことができました。<YA>

 

ロリビエ

熊本市中央区新市街2-6 サンタカラヤビル 2F

096-354-3900

このページのトップへ

waku

2015年6月 6日 Posted time : 00:21 | Category : 熊本グルメ情報

たんたん2.jpg

 

坦々麺で有名な「ささのは」さんが、流通団地にオープンしたと聞いたので行ってきました。トワグリュさんのお隣のからあげ屋さんの中です。実はささのはさんの坦々麺は、初めていただきます。ちょっとピリ辛で胡麻風味800円。麺の量が半分の小は750円。辛くないたんたん麺というのも800円であります。逆に辛さが物足りないときは、辛味を「差し上げます」とメニューにあり。スープ、ラー油、胡麻ペーストなどの調味料はすべて自家製ですよ。かなりごまの風味が強い濃厚なスープで、セサミン効果で若返りそうです。

 

たんたん1.jpg

 

映画の看板絵師の 田上賢二さんの絵がたくさんかかっていますよ。なんだかレトロな雰囲気が坦々麺とぴったり合っていますね!

 

ささのは流通団地二号店

熊本市南区江越2の1の15

096ー370ー6309

このページのトップへ

waku

2015年6月 4日 Posted time : 00:33 | Category : D@EXコラム

よんよん3.jpg

韓国のオモニがつくる本場の味が楽しめると評判の南熊本の「よんよん家族」さんに行きました。よんよんとは、永遠にという意味なのだそう。韓流ファンの友達に連れられて行ったのですがとにかく安いのにびっくり。こちらの定食は、「よんよん定食」。なんと500円ぽっきりです。この日のメインは、イカのコチュジャン炒めでした。右上の小皿は、ワラビでしたよ。韓国でもワラビ食べるんですね。

 

よんよん2.jpg

 

イカのコチュジャン炒め。ソウルで食べているような味付けで、本場感が半端ないです。だからといって辛すぎるわけではありません。味が、本当に本場って感じなんです。おいしい!

 

よんよん4.jpg

 

 

こちらはソルロンタン。牛の骨や、肉、内臓などを一昼夜煮込んである手間のかかるスープです。ぐつぐつした感じで出てきますよ。そして、韓流のファンたちの集いの場というだけあって、すごいのが・・・・

 

よんよん1.jpg

 

す、すごいですねー。壁一面が、こんな感じです。悲しいことに、誰一人としてわかりません(笑)。韓流ファンの方には、垂涎ものの空間なんでしょう。

 

 

よんよん5.jpg

 

韓流ファンじゃなくても、韓国料理が好きな方なら大満足のお店です。チヂミやビビンパ、キンパにトッポギなどなど是非食べてみたいものです。<YA>

よんよん家族

熊本県熊本市中央区八王寺町36-1

096-370-3370

このページのトップへ

waku

2015年6月 2日 Posted time : 00:13 | Category : D@EXコラム

くろだぶし2.JPG

 

「酒は飲め飲め、飲むならばー♪」の黒田節。福岡に伝わる民謡の中ではかなり認知度の高いほうに入るでしょう。なぜか神事などで雅楽の調べでもよく聞きますね。そんな黒田節のことを考えながら、黒田節というお店に入りました。小倉のアーケード街にあります。こちらは、海鮮丼(1300円)です。お昼のおすすめの中には、大エビ天丼(950)や天ぷら刺身定食(1300円)など魚介類を使った魅惑のメニュー多数。とにかく丁寧に仕上げられており、ネタが新鮮。ネタの種類も多く、色々と味わうことが出来ました。特に印象深かったのは、貝柱です。甘くってプリッとして最高でした。


くろだぶs1.JPG

 

こちらは、「黒田節定食」(1300円)。いろんなおすすめの一品の盛り合わせです。特にオススメしたいのが、ぬか炊き。青魚をぬかで炊いた北九州の郷土料理で、以前食べてからファンになりました。家で作りたいけど、なかなか出せない郷土の味です。

 

くろだぶし3.JPG

 

 真っ赤なさかずきが印象的ですね。魚介類は、お酒とともに楽しみたいものです。<YA>

活魚料理黒田節
福岡県北九州市小倉北区京町2-6-19
093-521-7477
水曜日休

 

このページのトップへ

waku

カレンダー

2015年6月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー