ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2015年4月アーカイブ

2015年4月29日 Posted time : 00:08 | Category : 熊本グルメ情報

0415keystone2.jpg

 

ドライブにぴったりの初夏。美里町の霊台橋のところにあるキーストーンガーデンさんに行きました。こちらは、山都茶寮さんの姉妹店。リーズナブルな価格で、こだわりのお料理を食べることができるカフェです。96種類のスパイスを使ったカレーや鹿肉バーガーなど、とても美味。スコーンやビスコッティなどは、お持ち帰りできます。こちらは全粒粉のビスコッティ。ウコン、クミンシード、パンプキンシードなどが入っています。

 

 

0415keystone1.jpg

 

ザクザクした食感がいいですね。とてもエキゾチックな香りで、普通のビスコッティとは違ったおいしさです。なんだか元気になりそうな味ですね。こちらのマドレーヌもいただきましたが、キャラウェイシードが入っていて、味に深みがあります。大人のスイーツですね♪

 

れいたいきょう4.JPG

 

2階のカウンターからは、霊台橋がのぞめます。ずっとボーっとしておきたくなる心地よい空間です。石橋を作る際に、石を組んでいくわけですが、要石(キーストーン)といわれる要となる石があるのだそうです。その名にちなんでつけられたキーストーンガーデン。今度オープンするフォレストアドベンチャーとともに、美里町観光の要となりそうですね。<YA>

ザキーストーンガーデン

熊本県下益城郡美里町清水1161

0964-47-1775

このページのトップへ

waku

2015年4月27日 Posted time : 00:50 | Category : D@EXコラム

0320garittobamu1.jpg

 

皆さん、ガリットバウムというバームクーヘンをご存知でしょうか?というか、そもそもガリットチュウというスーパーお笑い芸人をご存知でしょうか?ガリットチュウの福嶋善成(似顔絵)くんは、天草市の出身です。天草市にある洋菓子店ボングーさんが、ガリットバウムというガリットチュウとのコラボ商品を出されているのです。

福嶋君は、彼が高校生の頃から知っていて、それはそれはおもしろい若者でした。今じゃ押しも押されぬ人気者。あの頃、彼から「運動会で仮装をするからスカート貸して」と言われ、ロングスカートを貸したことがあります(笑)。「あのスカートは無駄になっていなかったわ」と、テレビを見ながら涙する親心の私。個人的には、たのきんトリオの野村義男と小雪、藤原紀香の物まねが好き。スーザンボイルは、顔が似ている(笑)。

肝心のガリットバウムですが、本当にガリっという食感がすごくいい。3種のナッツを練り込み、外はカリっと中はしっとりとした食感のバウムクーヘン。生地を一層一層丁寧に焼き上げた商品で、フランスのお菓子ブッシュドノエルのように木を連想させるお菓子です。サクサクの食感とナッツがくせになりそうです♪ガリットチュウもガリットバウムも全力で応援したいと思います。<YA>

 

ボングー

 熊本県天草市太田町21-14
0969-23-3711

このページのトップへ

waku

2015年4月25日 Posted time : 00:39 | Category : D@EXコラム

0404rizotto.jpg

 「リゾットダイエット」。また新たな(無駄な)ダイエットにハマろうとしているわたし。リゾットは、水分が多くて満腹感が得られる、白米を食べるよりも炭水化物の量が減らせる・・その二つの理由から、ダイエット効果があるのだそうです。で、おいしいリゾットの作り方を知りたいと思い、クックパッドで調べてみました。もちろんご飯から作るのじゃなくって、お米から作るものが、芯が少し残ったアルデンテでおいしいに決まってます。

今回作ったのは、トマトとベーコン、キャベツのリゾット。

たっぷりのオリーブオイルで具を炒めて、お米を入れてさらに炒め、水とコンソメスープのもとを入れて10分でできあがり♪最後に粉チーズを振りかけます。

大切なのは2つ。

1.お米を洗わないこと。

2.お米に水を加えてから、10分という時間を厳守すること。このさじ加減で、アルデンテ感が残るかどうかが全然違ってきますよ。

最後に、粉チーズとかブラックペッパーを振りかけるとさらにおいしくなりますよ。是非お試しください。<YA>

 

 

 

このページのトップへ

waku

2015年4月23日 Posted time : 00:27 | Category : 全国特産物情報

 

0320siookinawa2.jpg

那覇市 国際通りにお塩の専門店を発見しました。名前は、塩屋。「まーすやー」と読むのだそうです。沖縄の塩はもちろん、世界の塩が集まり、見ているだけで圧巻です。彩りもピンクっぽいのや透明っぽいの、塊やさらさらのものなど色々。「こんな料理に合います」というポップや試食もあり、塩に精通しているソルトソムリエのような方が説明をされておられました。今回購入したのは、オーソドックスにおにぎりの塩。ごはんの塩やスープの塩、サラダの塩、ステーキ用の塩など、とにかく種類がめちゃめちゃ多く、目移りしすぎてしまうのが難点。いろいろ「聞き塩」して試すのですが、ついつい無難すぎるやつに手を伸ばすという一番時間がもったいないパターン。

 

0320swiookinawa.jpg

 

サラサラで使いやすい塩です。ソルトソムリエが世界中の塩から選び抜いた3つの塩をブレンドし「おにぎり」に一番合う塩を作ったのだそう。 おにぎりがより一層おいしくなるように塩・食感・使いやすさ、すべてに満足に仕上げてあります。 この塩でおにぎりを握ると、奥行きのある辛さが楽しめます。本当においしいお米と塩さえあれば、具はなくてもおいしくいただけますね。<YA>

ネットで買えます。

 

 

このページのトップへ

waku

2015年4月21日 Posted time : 00:37 | Category : 熊本グルメ情報

0404nikai2.jpg

 

 大好きな「1.5gakuya」さんは、上通サンマルクカフェの隣の階段を上がったところにあるオシャレカフェ。家と職場の間でちょっと寄り道できる空間という意味で、「1・5」なのだそうです。「8・6バズーカ」といい、小数点ついている名称って、なんだか忘れにくいですよね。昔は、チャイゴータマだったかシャンカールGだったかそんなお店があった記憶。コーヒーもお酒も飲めるので、夜のつどいにぴったり。器もオシャレでうれしい。

 

 

0404nikai.jpg

 

 ボトルがたくさんのカウンター。アルコール類も充実しています。お店の客層は、若い人がほとんどですが、若くない私たちでも気後れせずに入れて、ゆっくりと過ごすことができる懐の深さが魅力です。レジのところに、とってもイカシタ指人形が置いてあります。実は我が家にもアメリカで仕入れた同じ指人形(ゾンビ柄)があり、

「これうちにもあります!アメリカで買いました」と言ってみたところ、なんと1.5gakuyaさんの指人形は、ヨーロッパで仕入れたとのこと。こんなレアな指人形が世界を席巻しているとは!驚愕の指人形、是非お店でチェックしてみてくださいね。(売り物ではありません、、多分笑)<YA>

1.5gakuya

熊本市上通町7の11オモキビル2F奥

096-352-7997

 

このページのトップへ

waku

2015年4月19日 Posted time : 12:16 | Category : D@EXコラム

0320hakatacurry1.jpg

 

新幹線の「びっくりつばめ」を使って博多に行くと、ついてくる金券。時間がないときは、アミュプラザ地下のゴディバでチョコをゲット。時間があるときは、このスラージで食事をして帰ることが多いです。特に最近知人がムンバイと南インドのケララを旅行し、、スパイスのすばらしさについて聞いたばかり。インド人は、スパイスとヨーグルトなどの発酵食品のおかげで、あの体型と美貌を維持していると思うと、カレーもなおさらおいしく感じるものです(単純)。前回お伺いしたときは、サラサラ系のカレーをいただきましたが、今回は、ちょっと粘度のあるチキンカリーに挑戦しました。こちら「カライチキン」(980円)。辛いチキンではありません。チキンとピーマンをスパイスでセミドライに煮込んだカリーです。このくらいまったりしたカレーの方がナンの絡みがよいですね。

 

curry1.jpg

 

こちらは、ナン。一人一枚は多すぎるので、女性であれば、3人で2枚くらいが正解です。相変わらず、店内はボリウッド映画が流れています。

わたし的には、「三枚目」としか認識できないインドの「二枚目」シリーズ第二段↓。ボリウッドの香りがぷんぷん♪<YA>

 

スラージ

  JR博多シティシティダイニングくうてん9階

092-409-6717

このページのトップへ

waku

2015年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0404obo1.jpg

ダイハツオーヴォ。シルクドソレイユの最新作で、300万人を動員した『オーヴォ』が日本上陸中です。福岡公演は、4月5日で終わりましたが、現在仙台公演の真っ最中、まだまだオーヴォ熱が下がることはありません。そのオーヴォの公演を記念して発売されていたスイーツがコレ。名前は、「A・F・E アクロバット・ファンタジー・エッグ」。名前まで華やかじゃありませんか。石村萬盛堂がコラボした「オーヴォ福岡公演記念ケーキ」のようです。なぜか、オーヴォとは関係ない福岡県大牟田市のゆめタウンで発見。

ちなみにそもそも「オーヴォ」とは、ポルトガル語で「たまご」の意味。劇中にも大きなたまごが登場します。このたまごをモチーフにした、かわいいたまご形のケーキ。カップの中には、ピスタチオムースとチーズムース、苺のソースが層になっており、その上にはたくさんのフルーツがあしらわれています。フルーツも、劇中に登場するキウイや、フォーリナーを表現したブルーベリーなど、オーヴォをイメージさせるものばかり!。イチゴの真ん中のところには、オーヴォのキラキラとした華やかなイメージから、きらめくクラッシュゼリーがトッピングされています。

 オーヴォの迫力あるアクロバット、ファンタジーの世界のおどろきが詰まったケーキですね。仙台でもあらたなコラボ商品が生まれていることでしょう♪<YA>

このページのトップへ

waku

2015年4月15日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

0404edomaedusi.jpg

 

銀座の寿し利さん。「すしとし」さんと読みます。百貨店の大江戸展で熊本に店舗を出されているときに、食べて帰るのが、好きです。こういうのを「江戸前寿司」というのかもしれませんが、そもそも江戸前寿司って、どんな定義なのだろうと思い、チェック。

ウィキペディアによると

広義には、東京で特に多く見られる「握りずしを中心とした寿司屋で提供されるすし」全般を「江戸前ずし」という

と、なんとももやっとした定義で。

江戸前の海(現在の東京湾)は遠浅の干潟を抱えた天然の漁場であり、目の前で取れた新鮮な魚介類を新鮮なうちに提供することが可能であった。

 と、これまたもやっとした内容。

となると、江戸前の海でとれないマグロ中心のこのお寿司は、江戸前といえるかどうかわかりませんが。とにかく大江戸展なので、江戸前ってことにします。

マグロ6貫と巻物一本、そして出汁巻き玉子が2切れ乗っています。赤身、中トロ、大トロと三種類のおいしさが楽しめるしくみ。巻物のマグロの巻き方は、海苔が内側のカリフォルニア巻き(笑)。ちゃんと職人さんが握ってくださるので、シャリのほろっとした感じや口の中でマグロがとろける感じに、いつも食べ慣れている「回るお寿司」とは、違う寿司の醍醐味(だいごみ)を感じました(笑)。<YA>

寿し利

03-3545-2774

東京都中央区銀座3-11-7

このページのトップへ

waku

2015年4月13日 Posted time : 00:41 | Category : D@EXコラム

0404yariudon.jpg

 

 福岡に行くとよく見かけるやりうどん。熊本には店舗がないようですが、初めて入ってみました。こちらは北九州市にあるチャチャタウンというショッピングモールのフードコードの店舗。チャチャタウンって、初めて行きましたが、なんだか不思議なモール。映画館もあり、観覧車もあり、イベント会場もあり。私が行った日は、平日のお昼間だったのに、マクドナルドと、洋麺屋ピエトロさんに猛烈に行列ができていて、ちょっとびっくり。なぜこの2店舗だけ、大行列だったのか不明。小倉の人は、チェーン店が好きなのでしょうか。

 

 

0404yariudon3.jpg

 

やりうどんもローカルですが、チェーン店です。肉うどんは、少々甘めのおだしがおいしいです。麺は、福岡の老舗である「かろのうろん」などと同様に、こしのない柔らか麺。細くて柔らかい麺が甘いおだしにとろろーんと溶ける様に入っている感じがなんとも好みでした。うどんだけじゃなく、とんかつ定食などもありましたので、がっつり行きたい人にもオススメです!<YA>

やりうどん
 

チャチャタウン小倉

北九州市小倉北区砂津3-1-1

093-531-7012

このページのトップへ

waku

2015年4月10日 Posted time : 15:29 | Category : 熊本グルメ情報

 

 

0401hanuru4.jpg

 

熊本市下通沿いにある韓国料理のお店、「コリアンダイニングハヌル」さん。話題の「寿司ざんまい」さんにほど近い距離。「ざんまいの行列に恐れをなして、並ぶ気がしない」と思う方には、是非試して欲しいおいしいお店なのです。こちらは、ホルモンのお鍋。辛くて旨い!コラーゲンもたっぷりで、お野菜もたっぷりとることができるので、特に女性にオススメのお店です。この辛さ、この深みのある味噌味、魚介っぽいエキス、ホルモンの旨み、韓国行きたい気分マックスです。

 

 

 0401hanuru2.jpg

 

お店の中は、韓流スターのビデオが流れていて、韓国のお店にいるかのよう。もちろん、誰が誰かは判別できませんが。こちらはビビンバ。銀の器と銀の箸。これまた韓国感マックス!

 

 

0401hanuru1.jpg

 

 

こちらは、ハヌルさんオススメのホットクです。ホットクは、中に黒砂糖とナッツ、シナモンなどが入った揚げたおやきのようなもの。あつあつでおいしい。ホットクもお店によって味がいろいろですが、ここのホットクはかなりクオリティ高いですね。

 

0401hanuru3.jpg

 

ハヌルって、韓国語で空という意味なのだそうです。天に届くほど繁盛しますようにという思いが込められています。この春の歓迎会や女子会など、リーズナブルにおいしい韓国料理を食べたいときは、オススメのお店です。

 

コリアンダイニングハヌル

熊本市中央区下通1丁目9の13の2Fイケゾノビル

096-288-5665

このページのトップへ

waku

2015年4月 8日 Posted time : 00:26 | Category : D@EXコラム

 

olive2.jpg

 

 北イタリアのオリーブオイルブレンダーのクリスティアーノ・ディ・リッカルディス氏が熊本に来られましたので、オリーブオイルについてお勉強がてらオリーブオイルを使ったお食事会に参加しました。こちらは、熊本市中央区出水のカリフォルニア料理の名店KAWAZOEさんです。シェフとオリーブオイルのコラボレーションが楽しみ!わくわく!

説明をなさっている方が、クリスティアーノさん。オリーブオイルブレンダーであるクリスティアーノさんは、イタリア中のオリーブオイル畑を周り、最良の香りや味を引き出すブレンドや配合を考えて、世に出していらっしゃいます。もちろん産地や年度によって味のばらつきがあるオリーブなのですが、そこを感じさせないバランスのブレンドに仕上げるのが、オリーブオイルブレンダーの腕の見せどころです。

 

olive6.jpg

オリーブオイルを使ったお料理の数々が出てきました。ちょっと照明が暗くて、写真の写りが悪いのはご勘弁下さい。菊池真土の水田ゴボウのガストロパック。ガストロパックというのは、ちょっとわかりにくいんですが、減圧にすることで、味が染みやすくなるのだそうです。ゴボウそのものの風味が生きていて、とても薫り高い一品です。オリーブオイルとの相性も抜群です。

 

olive5.jpg

こちらは、タコの低温調理マンゴーソース。甘いマンゴーソースと柔らかく煮込んだタコが合います。

 

olive4.jpg

 

マグロの梅酒ジュレ。左のマグロを右のマグロにはそれぞれ異なるオリーブオイルがかけてあります。それぞれの香りが立ってすごくフルーティー。

olive3.jpg

黒毛和牛の草牛のステーキ。樹齢が高いオリーブの木から採れるオリーブオイルは、味にコクがあり、ことなった趣があることを知りました。

olive1.jpg

 最後の最後まで、おいしくってため息が漏れます・・。オリーブオイルのシャーベットバルサミコ酢がけ。オリーブオイルがフルーティーに香るアイスは、ちょっとピスタチオのアイスのようなナッティなおいしさで、絶品でした。この日は、クリスティアーノさんが手がけられた無農薬レモンのオリーブオイルをいただきました。オリーブの実とレモンを石臼でていねいにペースト状にしてつくるオイルは、すばらしい香り。バニラやお魚料理、サラダ、ヨーグルトなどに合いますよ。オリーブオイルの奥深き世界に触れることができたすばらしい宴に感謝でした。

クリスティアーノさんのレモン風味のオリーブオイルはココで買えます!<YA>

このページのトップへ

waku

2015年4月 6日 Posted time : 00:19 | Category : 熊本グルメ情報

0320namikizaka1.jpg

 

かわいい雑貨とアジアンフード、そしてまったりしたカフェタイムが楽しめるお店イクイップメントフロアさん。いつも前を通るだけで、お店に立ち寄ったことがなく、ずっと行きたいと思っていたお店です。この前できたように思っていましたが、なんともう10年以上の歴史なのだそうです。昔(というのが30年近く前の話で、本当にすごく昔)このあたりにオフィスがあったので、よく近くの「よしのや」という定食屋さんに通っていましたが、そのころはこの界隈にはこんなにステキなお店はありませんでした。今では若者たちが集うカフェやお洋服屋さん、お花屋さんなどオシャレな通りになりました。でも「山本屋」さんなど、昔ながらのおそば屋さんも残っていて、そのころの雰囲気はそのままです。山本屋さんは、創業明治10年。昔から肉飯が有名で、私は、こちらのおそばが大好きです。

話はそれましたが、こちらは、コーヒー400円也。

 

0320namikizama2.jpg

 

なんというくつろぎの空間。おうちのインテリアをこんな風にあったかい雰囲気にしたいなと思っています。こちらには看板犬のフレンチブルドック君がいます。「背中をかいてちょーだい♪」とばかりに、擦り寄ってくるから、思う存分カキカキしてあげました。ワンちゃん好きにはたまらないお店でした。<YA>

 

イクイップメントフロア

熊本市中央区南坪井町7の16

0963231197

 

このページのトップへ

waku

2015年4月 4日 Posted time : 00:09 | Category : D@EXコラム

 

0320charry6.jpg

 

那覇の国際通り沿いにあるチャーリー多幸寿(タコス)さん。タコスって漢字にするとこんなにおめでたいな感じになるんですね(笑)。とにかく口コミで評判なので、行ってきました。

 

 

0320charry2.jpg

 

お値段もお手ごろ。タコス2個とフライドポテトソフトドリンクで780円。タコスはいろんなところで食べますが、ここのタコスはかなりのクオリティ。まずタコシェルの手作り感がすばらしく、他では食べられないおいしさでした。中のミートといい、レタスのカットの繊細さといい、ベストでした。残念なのは、guacamoleがついてないこと。是非、gualamoleをトッピングして欲しいと切に願うタコスフリークのわたし。

 

 

0320charry1.jpg

 

こちらは、単品で頼んだステーキサンド(530円)です。牛ステーキにたまねぎ、トマト、レタスをサンドしてあります。これも想像以上のおいしさでした。普通は、歯で噛み切れないほどの固い牛肉がはさまっているはずなのに、柔らかくてジューシーな質のよいお肉でした。

 

0320charry3.jpg

 

紅茶についている「レモン果汁」がなんだかいい感じ♪次に沖縄に行くときも、必ず立ち寄りたいと思えるお店でした。<YA>

 

0320chikakamitori4.jpg

 

チャーリー多幸寿 国際通り

沖縄県那覇市松尾1丁目3番地4 沖縄屋松尾 2F

098-861-9995

このページのトップへ

waku

2015年4月 2日 Posted time : 00:25 | Category : 熊本グルメ情報

0320picorina5.jpg

 

久しぶりに上乃裏通にあるピッコリーナさんに行きました。ここのパスタは、アルデンテで非常に美味。おそらく私が食べたパスタの中ではもっともしこっとした歯ごたえがよいパスタのひとつ。特別な麺を使っていらっしゃるのかわからないのですが、歯ごたえとソースの相性がよく、最後の最後まで麺がのびることがないのです。アルデンテ好きの方には、是非食べていただきたいですね。こちらのサラダは、ピリッと効いたブラックペッパーが特長。サラダのレタスが大きいと、食べにくいのですが、とりわけやすく食べやすい。さくさくクルトンもおいしく、ぺロッといっちゃいますね。

 

 

0320picorina3.jpg

 

 今回は、友人とアラカルトでオーダー。ピザもシンプルですが、あつあつでクリスピー。お皿は、我が家とおそろいのNORITAKEのお皿。金で模様がほどこされているので、電子レンジで使えませんが、こうやってピザを乗せると、グリーンの上にピザが引き立ちます。

 

0320picorina2.jpg

 

ボロネーゼが絶品です。ピンと硬いパスタ感がなんとなくわかっていただけるかと思います。ピッコリーナさんで一番好きかも、お肉がジューシーなボロネーゼ。

 

0320picorina1.jpg

 

ゴルゴンゾーラのペンネ。チーズとブラックペッパー。間違いないおいしさ。ところで、3月の中旬ですが、カマンベールチーズがアルツハイマー病の予防になるという研究を、東京大学が発表しました。最近物忘れがひどいので、積極的に摂取摂取!

 

0320picorina4.jpg

カフェピッコリーナ

熊本市中央区南坪井町5-18 サウスファイブセカンドビル1階

096-356-4745

このページのトップへ

waku

カレンダー

2015年4月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー