ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2014年4月アーカイブ

2014年4月29日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本特産物情報

0318takigawa1.jpg

 

熊本市中央区安政町に新しいパン屋さんを発見しました。名前は「滝川パン」。ものまねタレント・コロッケさんのおじいさんが1930年代に営んでいらっしゃったパン屋さんだそうです。しかし1945年の熊本大空襲の時に、店舗が全焼し、それ以来長い間、滝川パンが復刻することはありませんでした。今回復活した滝川パンは、コロッケさんの監修のもと、東北への復興への思いも込めて、立ち上げられたとのこと。お店は、あんぱんなど、どちらかといえば庶民的な品揃え。思わず笑顔になるような、みんなに愛されるパンがたくさんありました。くるくる巻きのチョコレートパンなど、庶民的なんですが、なんとなくオシャレでしょう?

ところで、コロッケさんといえば、「あおいくま」。お母さんからの教えで

あせるな

おこるな

いばるな

くさるな

まけるな

をモットーにしていらっしゃるというのを、以前テレビで拝見しましたが、その教えも店内に貼ってありましたよ。

熊本の新しい顔、滝川パン。ついついふらりと寄ってしまいそうですね。<YA>

滝川パン

〒860-0801
熊本県熊本市中央区安政町2-34
HILLS KAGOMACHIビル 1F

このページのトップへ

waku

2014年4月27日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0318oreo3.jpg

 

ナポリタンと聞いて、「あ、アイスクリームね」という人は、ほとんどいないと思います。日本でナポリタンといえば、スパゲッティの定番ですものね。しかしナポリタンアイスクリームとは、ストロベリー、チョコ、バニラがひとつになったアイスクリームのことを言うんだそうです。こちらのオレオは、トリプルダブルナポリタン。チョコとイチゴが二層になっていて、それを三層のビスケットではさんでいます。アメリカのおみやげでいただきました。

 

左側の「LIFT」と書いてある部分を右のほうに引っ張ると・・・

 

 

0318oreo2.jpg

 

 

中からオレオが出てきます。第一、チョコビスケットではないオレオって新鮮ですね。日本では見たことないです。これ以外にもオリジナル以外のオレオとして、発見したのが、丸くなくて長方形のオレオ。これを、ソースにディップして食べるものもあるそうです。

 

0318oreo1.jpg

 

トリプルダブル。少々顎関節症気味の人には、アゴが辛い分厚さ(笑)。もちろん味は、文句なしにおいしいです。アメリカでしか食べることができないと思うと、大事に食べてしまいますね。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月25日 Posted time : 00:00 | Category : 全国特産物情報

0318karinto2.jpg

 

 以前紹介した由布院のくくちさん。おいしいコンフィチュールやスイーツ、ラスクなどがあるカフェです。今回ご紹介するのは、こちらのカリントウ。シナモン味です。一本一本丁寧にカットし、菜種油・大豆油・オリーブオイルをブレンドした油で丁寧に揚げてあります。他には、抹茶、生姜、柚子味があります。

 

0318karinto1.jpg

 

かりんとうといっても、ちょっと細身のスレンダーガール。いかにも手作り感あふれるシェイプがいいですね。シナモンがたっぷり効いていておいしい!甘さも控えめで、大人のカリントウです。くくちさんのカフェは、由布岳がのぞめるカフェ。以前私たちが伺ったときは、土砂降りでしたが、これからの季節は、緑の風が気持ちいいでしょうね。<YA>

くくち

由布市湯布院町川上3001の1

 

TEL:0977-85-4555

このページのトップへ

waku

2014年4月23日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0318dojima1.jpg

 

モンシェールの堂島ロールは、甘すぎない生クリームが大好きなのですが、こちらの巾着型のクレープを初めて買ってみました。巾着の中には、堂島ロールの生クリームと、カスタードとフロマージュ(チーズ)が入っています。おいしいに決まってますよね、この組み合わせ。

 

 

0318dojima2.jpg

 

中はこんな風に二層構造。チーズの香りがふんわり漂い、生クリームと溶け合います。サイズも大きくて、なんだか満足感あり。堂島ロールの生クリームは、たっぷり生クリームが入っていてもちっとももたれることがないから好きです。もともと生クリームが苦手だった店主が、改良に改良を重ねて、北海道の牛乳を使って作られたのが、この生クリームなのだそうです。濃厚だけど軽いので、チーズと合せてもくどくならず、とてもいいあんばいです。

モンシェールの通販サイトを見ると、堂島ロールのチョコ味「プリンスロール」は冷凍で宅配してくれるみたいですね。熊本には店舗がないので、いつも博多阪急でのお買い上げ。通販で買えるなんてうれしいですね。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月21日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0313kitty2.jpg

 

この春アメリカに行ってびっくりしたのは、ハローキティが意外に人気だったこと。小さい女の子がキティのバッグを提げていたり、お店にキティコーナーがあったりと、「何で今ごろ?」という気もしないではないですが、確かに人気の様子。キティちゃんは、オントシ40歳なのだそう。パッケージも40周年記念パッケージで3種類あるそうです。スヌーピーファンとしては、負けてられないという感じがします。お隣に寄り添うくまちゃんの名前は、タイニーチャムというお名前。


タイニーチャムは、テディベアの男の子で、パパが仕事でニューヨークに行っている間、ロンドン郊外のホワイト家(キティちゃんの家)でホームステイしているという設定なんだそう。首に付けているリボンは大好きなキティちゃんのまねをしているのだそうです。すごい。完璧に役作りされている。。

 

 

0313kitty1.jpg

 

 

ところで、グミは、桃とりんごの二種類の味。リボンの形がとてもかわいいですね。最近は、グミもおいしくなりました。自然なりんごと自然な桃の味がします。4月30日までキャンペーンをやっていて、ハローキティハグ枕が当たりますよ!応募してみては??

このページのトップへ

waku

2014年4月19日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0313kinuneri2.jpg

 

絹練り。ネーミングからなんだかていねいさが伝わってくるチョコレートです。小さな箱に、小さなチョコが7粒。7粒で130円台なので、そんなにお安いとはいえませんが、独自の製法で練り上げたなめらかなミルクチョコです。微粉砕化したきめ細かいチョコ生地を丸一日かけて練り上げることで絹のような口解けを再現しています。

 

0313kinuneri1.jpg

 

 

見た目は単なるプレーンチョコですが、口に含んだ瞬間、なめらかにとろける感じは、絹練りという名にふさわしいおいしさです。味もミルクチョコなので、苦味は押さえた感じですが、決して甘ったるくなく大人の味です。噛まずに口の中でゆっくり溶かすと、じんわりとおいしさが口の中に広がりますよ。15年くらい前に、奥菜恵さんがコマーシャルに出ていたチョコの名前も「絹練り」だったような。同じ商品なのかなあ。とにかく噛まないで、チョコレートがゆっくりと口の中で溶けていく感触は他にはないおいしさです。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月17日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0313chocobarz2.jpg

 

ギンビスの人気商品ビッグバーZ。こちらはその人気商品を、この春からコンビニエンスストア限定で売り出したチョコバーZです。小さくなって、お安くなっています。とにかくしみチョココーン系のスナック菓子は大好き。香ばしくって、サクッとしていて、チョコの風味とベストマッチング。見た目以上においしいといつも感じます。

 

0313chocobarz1.jpg

 

なんだか見た目は、鯉の餌みたいで、相変わらずさえないです(笑)。見た目は「チョコももうちょっとついていたらうれしいなあ」と思うんですけれども。食べてみると、ギンビス独自の含浸製法で、チョコが中までちゃーんとしみこんでいるので、味の深さは秀逸。おまけに常温で手で握って食べても、チョコレートでべたべたすることがないのも、子どもをお持ちのお母さんにとても重宝がられる要因のひとつです。チョコバーゼットは、イチゴ味もあるのだそうです。イチゴ味があるところからも、子どもを狙った商品だとわかるのですが、チョコ好きの大人が食べても十分おいしいと感じますよ。 <YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月14日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本グルメ情報

__-3.jpg

 

熊本市中央区上通にできたボンビータさんにお邪魔しました。こちらは、シアトルの有名フレンチ店「ROVERS」の流れを組むフレンチのお店。私がシアトルにいたとき、とても人気の店でした。この春に数年ぶりにシアトルに行きましたが、ROVERS自体は、もうないのではないかと思われました。当時はシャポーをかぶって料理するシェフが有名で、ZAGATでも高い評価を得ていたレストランです。上の写真を見ると、ボンビータのシェフもシャポーをかぶっていらっしゃるのがわかりますでしょうか。プレオープン中にお邪魔したので、完全予約制。お客様は我々も含めて二組でした。前菜、お肉、お魚、デザートなどなど、見るも美しい珠玉のフレンチが次から次に出てきますが、内容は、来店時のお楽しみにしていて下さい笑。今までに見たこともないお料理は、心が浮き立ちますので、いくつかご紹介します。

びーた3.jpg

 

こちらは、卵料理なのですが。卵の殻に入って出てくるのです。上にはキャビアがトッピングされています。

 

びーた5.jpg

 

中はとろとろです。卵料理だけで感動させるって、なかなか難しいですよね。感動しました。

 

 

びーた4.jpg

そして、こちらは大根・・・ではなく、バターです笑。左側のものは、ラベンダーが練り込まれており、香りがすばらしい。フランスパンにとても合うのです。びっくりしました。発想に驚き、食べておいしい。バターで感動したのは、初めて笑。食の喜び満喫です。

 

 

びーた1.jpg

 

こちらにも驚き。ワインは、自販機のようにここから出てくるのです。もちろん、お店のスタッフの方が持ってきて下さいます。ワインに詳しくない私でも、ソムリエの方がいろいろ丁寧に説明して下さり、好みや食事に合ったワインを持ってきて下さいます。もちろんワインは、これだけでなく、国内外のものがたくさんそろえてありますよ。ソフトドリンクやホットドリンクも、ここでしか味わえないドリンクがあって、楽しめました。

 

__-1.jpg

 

ボンビータという言葉は、良い人生、よく生きるという意味なのだそうです。熊本の豊かな食材を生かしたフレンチレストランで、おいしく楽しいひとときでした。<YA>

 

BonVita ボンビータ
 
〒860-0844 熊本市中央区水道町3-5 上通Kビル 1F
OPEN 17:00-23:00

このページのトップへ

waku

2014年4月13日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

0313petit2.jpg

 

ブルボンプチ。小さい個パックですので、罪悪感なく完食することができるため、ついつい買ってしまいます。3月頭に、こんがりチーズ、ポテワサ、えんどう豆、カラアゲなどど一緒に新メンバーに加わったのが、こちらのキャラメリッチ。ブルボンプチは全部で24種類もあるのだそうです。ちなみにパッケージ下でほほえんでいるのは、プチクマくんです。この子達も24種類いるみたいですね。

 

 

0313petit1.jpg

 

 なんだか、ぼこぼこした形のキャラメリッチ。コーンパフにキャラメル風味のクリームをたっぷりかけて、仕上げのローストで、独特のカリカリざくざくの新食感に仕上げてあります。味もヘーゼルナッツのコクと香ばしさに、シチリア産の粗塩を加えてあるため、かなり本格的。綿菓子のような味でもあり、クレームブリュレの上に乗っているキャラメリゼのようでもあり。食感といい、味といい、とてもメリハリの効いたおいしさですね。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月11日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

0212happy.jpg

 

期間限定ハッピーターン3種ミックス。メープル味とチーズ味そして通常のハッピーターンの3種。さらに1本おまけがいちごミルク味。いちごミルク味ってどんな味だろう?

 

0313happy1.jpg

 

こちらが3種+イチゴミルク。味比べしてみましたが、ハッピーターンをベースに考えると、チーズとメープルは変化球です。チーズは想像より、さらにチーズが強く、酸味のせいか、ハピ粉による舌の痺れ具合がさらに強化させてくれる感じ。メープルは、甘辛の複雑なおいしさで、さらにマニア向けといえ、甘いハッピーターンって、おいしいのだなということを体感。ピザにハチミツをタラリとたらすのと同じ感覚で、深い味わいへと変化しています。

 

 

0318jhapi1.jpg

 

 

こちらが、いちごミルク味。うわー!微粉末がこれでもかってくらいついていて、なんだか花粉を思い出し、花粉症になりそう。おせんべいにぴったりと絡みついた微粉末が、いい味だしています。イチゴのさわやかな香りがしますが、嫌味もなくてなかなかおいしいです。でも、珍し系なので、1個でいい感じ。いっぱい入ってたら、あまっちゃうだろうな。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月 9日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0306machalatte1.jpg

 

コンビニで「新発売」のポップあり。「以前飲んだことあるような気がするけれども?」と思いましたが、購入。HPを見てもやはり3月頭に出された新商品のマークがありましたので、間違いないようです。よく読んでみると、スターバックスディスカバリーのシリーズは、発売以来、配合などを変えて進化しているようですね。同じくディスカバリーシリーズのシアトルラテに関して言えば、9回も改良を重ねているとのことでした。コーヒーでその名をとどろかすスターバックスですが、抹茶ラテに関して言えば、コーヒー度ゼロパーセントです。しかし、この抹茶ラテは、あまり抹茶になじみのない世界中の人を驚かせた商品のひとつであることは、間違いないです。来日したスターバックスの関係者が、京都の抹茶のおいしさに感動して生まれたというエピソードもあります。

京都抹茶ラテがすごいのは、香料を一切使っていないところです。とにかく香りも味も自然。一口飲んだ印象は、甘みが抑えられていることと、抹茶もミルクも決して際立たず、絶妙なおいしさのバランスで配合されていることです。甘すぎない抹茶系ドリンクって、こんなにおいしいのね、と改めて感動。外国の方の手にかかっているからこそ、ワールドスタンダードなおいしさが生み出せたのだと思います。

スターバックス 京都抹茶ラテと一緒におすすめしたいのは、上質で繊細な抹茶の風味を消してしまわないビスコッティやチョコレートウエハースクッキーなど、とHPにありました。ウエハースって長らく食べてない気がします。買ってみようかな。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月 7日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0306croissant1.jpg

 

ニューヨーク生まれのスイーツクロワッサンドーナツが、エブリワンで新発売したと聞き、買いに行きました。お店の前には、大きなポスターも貼られていて、注目度の高さが伺えます。種類は、メープルシュガー、チョコクランチ、ホワイトピンク、きなこ小倉の4種。一個158円とお得な価格です。写真は、お店の方が大絶賛した「ホワイトピンク」と「メープルシュガー」です。

いうなれば、クロワッサンの生地がドーナツのような丸い形をしていて、真ん中にカスタードクリームが入っているというものです。ホワイトピンクはホワイトチョコのコーティングの上に、ぱらぱらのイチゴキャンデーのチップがトッピングされています。クロワッサン風の生地の食感にカスタードクリームが合います。メープルシュガーも、メープルの香りがしておいしいです。もちろんカスタードクリームは入っています。食べた後で、言うのもなんですが、書けば書くほど、気になるカロリー。ちなみにピンクホワイトのカロリーは、319キロカロリーです笑。カスタードクリームが入っているものがおおいのですが、きなこ小倉はあんこ入り。こちらも買ってみればよかったな。

 

ニューヨーク生まれのクロワッサンドーナツが、日本上陸!みたいな体ですが、ニューヨークでは「クロナッツ」という、文字通りクロワッサンとドーナツを組み合わせたスイーツが流行っていて行列ができているようですね。エブリワンにも行列ができて、大人気の焼きドーナツを越えるでしょうか?<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月 5日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

 

0306browny1.jpg

 

コンビニのポップに影響されやすくて困ります。「売れてます」とか書かれていると、100円そこそこだと、間違いなく買い物かごに入れてしまいます。ビレッジバンガードみたいに、あれもこれもポップが書かれていると読むだけで疲れるのですが、コンビニのポップって、本当に売れるものだけに絞って書かれているという信頼感を勝手に持っているのも不思議なものですが。あの限られたスペースに平積みしてあると、「これだけのスペースを割いている」=「売れている」と思わずにはいられない(笑)。前置きはこのくらいにして、こちらの濃厚ブラウニーをいただいてみました。

 

 

0306browny2.jpg

 

 

天地がわからなかったのですが、下の部分はとろーりチョコがコーティングされています。見た目では、固い印象ですが、けっこうしっとりしていて、濃厚でかなりおいしい!少々苦味も感じられ、本格的なチョコの濃さが感じられます。アクセントとなっているのが、チョコチップでそれもかなりふんだんに入っています。ワンハンドで食べることができるのもすごく便利だし、これは、価格の割にはとてもお得な感じで、あまねく支持されるのがわかりますね。大人買い決定商品でした。<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月 3日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0304peko4.jpg

 

時々購入するチョコに不二家ミルキーチョコレートがありますが、こちらは不二家生ミルキーチョコレート。生ですよ、生!「とろーりソースin」と書いてあります。パッケージもピンクで春らしくて一目で買いたくなる感じ!

 

0304peko3.jpg

 

パッケージを開けると、

「チョコレートの模様は全部で7種類あるよ!※一箱に全種類はいっているとは限りません」

 

のただし書きがあり。左下のペコちゃんの笑顔に「いいよ!7種類入ってなくったって!」とつぶやいて開けたところ・・・

 

 

0304peko2.jpg

 

4種類が3個ずつキレイにラインで並んでいました。この並びから察するに、7種類入れるつもりは毛頭なかったんじゃないかな。多分どの箱も4種類×3の12粒だと察せられます。それともたまたまキレイに並んでいたのでしょうか。

 

0304peko1.jpg

 

 

気を取り直して、ペコちゃんを分割!二層構造で、上の半透明の液体がとろーり!生感出てますね。チョコの甘い中に、さらに甘くてとろける生ミルキー。けっこう癖になるおいしさです。3月4日から、前田敦子ちゃんとペコちゃんの生ミルキーキャンペーンをやっています。イニシャル入りオリジナルキーホルダーが当たるみたいですよ!<YA>

このページのトップへ

waku

2014年4月 1日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

0203sisan2.jpg

 

 シーサンとは沖縄の方言ですっぱいを意味する言葉。シーが酸という意味で、サンが、その状態を表す形容詞。マーサンは、おいしい、チュラサンは、美しいというのも、同じ原理。このシーサンの原料はシークワーサーの果汁。シークワーサーはご存知の通り、奄美や沖縄、台湾に分布する野生のみかんで、揚げ物や焼き魚にかけたり、お刺身を食べる際のおしょうゆの代わりに入れたりします。つまり、お酢やレモン、カボスみたいな位置づけで使われています。

 

 

0203sisan1.jpg

 

 

このシークワーサーの特長は、他のかんきつ類よりノビレチンというフラボノイドを多く含むということです。ノビレチンは、皮膚の老化を防いだり、炎症抑制、さらに抗認知症の作用があるといわれ、その効果が期待されています。

こちらは100パーセントの原液なので、かなり強烈にすっぱいです。絶対健康にいいに違いないと確信させてくれる容赦ないすっぱさですね。醤油とあわせて、シーサンポン酢を作ったり、焼酎や泡盛に入れたり、酢の物に使うなど、いろんな使い方ができます。もちろん蜂蜜を入れて5?7倍に希釈すると、おいしいシーサンジュースができますよ。<YA>

 

名護パイナップルワイナリー

名護市為末1196 11

0980530017

このページのトップへ

waku

カレンダー

2014年4月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー