九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2014年1月25日 Posted time : 00:00 | Category : 熊本グルメ情報

0108kabenoana5.jpg

 

大江のシネプレックスに映画を観にいきました。その帰りによく立ち寄るのが、パスタの壁の穴さんです。映画を観た人は、ドリンクサービスなんですよね。昨年、創業60年を迎えられました老舗。始まりは、わずか6坪のスパゲティショップだったようですが、その後、納豆パスタなどの和風スパゲティの元祖を生み出した功績は、皆様が知るところです。スパゲティ=トマト味だと思い込んでいた私たちに衝撃をもたらしたこの店。パスタ大好き日本人にとっては、超リスペクトですよ。

 

 

0108kabenoana3.jpg

 

新メニューとして、あげられていたのが「エビときのこの明太子クリームソース」(1200円)と「ポルチーニとしめじのモッツァレラトマトソースパスタ」(1280円)でした。ポルチーニのパスタ、珍しいなと思ってオーダーしたのがこちらです。もうちょっとポルチーニの香りを堪能したかったのですが、少々トマトにかき消され気味でした。乾燥ポルチーニを使ってあるのかわからないのですが、食感ももう一歩かな。トマトの酸味と、パスタのアルデンテな感じは、好みでした。

 

0108kabenoana2.jpg

 

コーヒーもおいしい。

 

0108kabenoana4.jpg

 

「壁の穴」という店名について、創業者の成松孝安は、ほんとうの由来を説明すると話が長くなるので、厨房の壁に偶然開いた穴を指さして、“ここに穴があるから”と答えていたのだそう(笑)。本当は、シェイクスピアの有名な戯曲「真夏の夜の夢」に出てくる言葉 「Hold in the Wall 」に由来しているのだそうです。恋人同士が壁に開いた穴を通してささやきあうというシーンがあるらしく、原作では二人が結ばれるまでの障害を壁にたとえています。つまり「壁の穴」は障害を乗り越えて心を通じ合わせるために存在したシンボル。お客様との心を通じ合わせたいという思いがこめられているのですね。店内の窓も壁の穴に見えてきますねー(笑)

ちなみに、この日観たのは、百田尚樹さんの「永遠の0」。お客様のすすり泣きが止まらない映画でした。

<YA>

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年8月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー