九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2013年1月25日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

monnbura1a.gif

 フルーツで有名な千疋屋さんの究極のモンブランをいただきました。まずは、お値段も究極で、一個840円也。普通のモンブランなら2個。100円寿司のくるくるで流れているモンブランならば、8個と半分食べることができます。見た目もなんとも上品。大きさは丈が高い分だけ若干大きいかなあという感じ。

_monburan2a.gif

 

個人的には、千疋屋さんの和栗のモンブランでも十分おいしいと思うのですが、その究極ぶりは、さまざまなこだわりから伺えます。半分にカットしたらこんな風。真ん中に、渋皮マロンが丸ごと1個入っています。イタリア産マローニ種のシャンテーニュ栗から作るコクの豊かなフランス産マロンペーストを使用。周りを覆うクリームも、イタリア産のマロンをマダガスカル産バニラで煮込んだマロングラッセを使用。下に敷いてあるタルト地はしっとり感と香ばしさが断然違う、スペイン産アーモンドパウダーと発酵バターをふんだんに使用。香りづけのラム酒は樽熟成によるバニラやバナナ香が豊かなトリニダード・トバゴ産プランテーション・ラムを使用しているというこだわりようです。横文字が多すぎて、どのくらいこだわってるのかがいまいち伝わらないのですが、食べてみたら、そのおいしさに圧倒されます!ラムの香りと濃厚なマロンの風味に、モンブラン好きなら一度は食べてみたい逸品です。<YA>

このページのトップへ

カレンダー

2019年12月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー