DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2008.7.16 熊本ホテルキャッスルでウェディング 料理が秀逸でした。 [編集長コラム]

 先日、仕事の関連で結婚式に出席しました。熊本ホテルキャッスルでかなり大きい結婚式でした。「美味しいホテル」として料理に力を入れているホテルで、婚礼料理も美味しいです。(2月に出席した時の料理写真)熊本ホテルキャッスルさんの婚礼では食事はいつもかなり期待します。

 桃花源というホテルのダイニング(中華料理)も美味しいです。東京・銀座のホテルコムザ(旧三井アーバンホテル)にも桃花源支店があります。

 式の乾杯は、モエ・エ・シャンドン ネクター・インペリアルのネクター・オン・アイス


 今回料理がとても美味しかったので写真を掲載したいと思います。

前菜:生海胆(うに)のフラン 【場の雰囲気が、写真撮っていいかな・・・と考えているうちに撮れなかったです。】

画像(400x225)

極上タラバ蟹 キャビア添え平目のマリネ
カルパッチョ シトラスの香り

画像(400x225)

活オマール海老の香り蒸し

画像(400x225)

シャラン産カナールロティとフォワグラのエピス
トマトに詰まったエスカルゴ ブルゴーニュ風

画像(400x225)

生ヤリイカの辛子炒め

画像(400x225)

フカヒレの姿煮込み

柚子のシャーベット(写真なし)

画像(400x225)

熊本県産黒毛和牛のローストビーフ

画像(400x225)

デリスなアイスクリーム タンバルエリーゼ
フルーツと共に

コーヒー パン (写真なし)

 タンバルエリーゼって何かなって調べたら、器にフルーツやアイスクリームがのっていて さらにその上にあめをドーム状にかぶせたデザートのことらしいですね。これは針金(綿あめの線が太いようなもの)のようなあめがついていました。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   2008.7.15 かわいい!おいしい!和菓子の老舗・札幌新倉屋の「北海最中」北海最中 [D@EXコラム]

画像(350x233)

 スーパーで買い物していると目立つところに「人気商品」のポップが。かわいい・・。小さなタイヤキみたいな最中が向き合って入っています。味は、ねりごま味と小豆味。新倉屋さんは北海道では有名なお店で、特に「花園だんご」という商品が有名なのだそうです。パッケージに魚の絵が描いてあるので「うなぎパイみたいに、お魚エキスが混合してあったらちょっとね・・」と思いましたが、原材料を見る限り、魚とのつながりはカタチだけのようです。北海道からはるばる海を渡って熊本のスーパーで「人気商品」のお墨付きをもらった商品。これは挑まずにはいられません。

画像(250x166)

137円

 左がこしあん、右がごまあんです。2種類あるのが嬉しいですね。原材料も添加物がほとんどはいってないのが○。小さいかなと思いましたが、餡がずっしりつまっているので、食べ応えがあります。特にブームの黒ごま餡は、甘さ控えめでねっとり感が秀逸。今では鯛焼きなどでも人気が出ているという黒ゴマですが、最中の皮との愛称は抜群ですね。見た目のキュートさ、添加物のない作り手の真面目さで、そしてコストパフォーマンスの高さで、大満足のお菓子でした。<YA>

画像(250x166)

  
北海最中@札幌新倉屋|たいぶろぐ

スイーツ三昧!: 新倉屋 「北海最中」

【ぐるなびみんなの口コミ】やせたい 食べたい 五つ星に出会いたいっ ...

札幌新倉屋の北海最中。 blog/ウェブリブログ

Posted at 00時13分   パーマリンク

   2008.7.14 坂金製菓 キャラメルポップコーン 絶妙! [編集長コラム]

画像(370x367)

 スーパーのお菓子売場の店頭でキャラメル・メープル・黒糖の種類が並べられていたポップコーン。何気に気になってまずスタンダードなキャラメル味を購入してみました。値段は126円でした。55g入りです。

 ネットで調べてもあまり情報がありません。マイナーな商品に違いないです。
 ポップコーンの新しいカタチ、コーンガーデン。サクサクコーンをソフトミルクキャラメルで包んだ新食感のポップコーンです。とあります。この新食感というコピーに惹かれるんですよね。
 製造は愛知県の坂金製菓。ホームページも見当たりません。

画像(350x342)

 先ずは試食から。丸いポップコーンは口の中でふわっと溶けます。キャラメルの甘い味。かといってキャラメルポップコーンにあるあのしつこい甘さでなくて適度な甘さ。美味しくて何個が食べてみても、口の中でふわとけ、甘さ。表面が丸いせいかスムーズななめらかさを感じます。これはうまい。普通の表面が凹凸のポップコーンより洗練された味といいましょうか、キャラメルとのマッチングもグーです。
これは他の味も試したくなりました。これはお勧めできる一品です。

徒然なるままに食べ歩記

Posted at 00時14分   パーマリンク

   2008.7.13 一滴入魂!熊本が生んだ魚醤「味元」 [熊本特産物情報]

画像(300x199)

カツオ。735円。

 熊本県天草市牛深町。紺碧の海が美しい港町で「魚醤」が作られているのはご存知ですか?ニョクマム、しょっつるなど魚を発酵させて作る「魚醤」の文化は世界各国にありますが、なんと熊本でも作られていたんですね。西岡勝次商店の魚醤「味元」は、今では我が家にはなくてはならない調味料アイテムとなりました。
 種類はサバ、イワシ、ソーダガツオの3種類。原料魚に潮を加えながらミンチ状にし、発酵熟成させること数ヶ月。昆布とともに火入れし、ろ過という行程を経て丁寧に手作りされています。もともと節(ぶし)の製造販売業をしている西岡勝次商店ですから、材料は豊富で鮮度も抜群。全国紙に取り上げられ、東京の百貨店で人気を博した商品です。

画像(250x166)

薄いけど、インパクト大

 見た目は薄口醤油のような色ですが、魚のワタに含まれる分解酵素によって絶妙な香りです。初心者は、チキンを漬け込んで焼いたり、チャーハンなど一滴たらすと魔法のようにおいしくなります。慣れてくると普通の醤油じゃ物足りなくなってくるそうですが、私はいまだ一滴派です。しかし、この一滴があるのとないのじゃ全然違うので、やはり我が家では外せないのです。しょっぱい中にも甘みと旨みが幾重にも層をなす珠玉の味わいです。<YA>

熊本よか市で買えます!

合資会社 西岡勝次商店
〒863−1901熊本県牛深市牛深町1651-1 
TEL:0969-73-3848


天然だしの素 魚醤

Posted at 00時14分   パーマリンク

   2008.7.12 天童にてさくらんぼ(佐藤錦)を食す [編集長コラム]

画像(400x300)

素晴らしい!チェリー

 昨日に引き続き、天童ネタです。帰りの山形空港へ行く前にさくらんぼ農園へ寄って、さくらんぼ狩りを楽しみました。さくらんぼが木になっているのを見るのも初めて、さくらんぼを木から獲って食べるのも初めてとだけあって少し楽しみでした。でもバスガイドの女性の人から、「男性は10分もすれば飽きられますからねー」と聞いてました。

画像(400x300)

 やってきたのは工藤農園さん。この時期はやはりさくらんぼの王様「佐藤錦」と紅秀峰があるようです。なんといっても佐藤錦です。でもさくらんぼって種類いっぱいあるんですね。あまりなじみが無いから、こんなにあるなんて全く知りませんでした。黄色い月山錦というのが最近珍しくて注目されてます。

画像(400x300)
画像(400x300)
画像(400x300)

最初は楽しいですが、10個ほど食べると確かに飽きてきます・・・・下のほうより上にあるほうが太陽を沢山浴びているのか、甘みが多い気がします。

 取れたては美味しいですよ。さくらんぼは傷みやすく2−3日程度しか持たないですね。綺麗に箱に並べられているものは箸を使って、人の手に触れることなく並べるそうです。並んでいるものはもちろん価格も高い。人件費がかかっているからです。

画像(400x300)

 こんなに沢山食べれないよぉ〜

画像(400x300)

 三段で2000円の佐藤錦。

画像(400x300)

 光り方が綺麗な佐藤錦。こちらは1パック4000円。たぶん100粒くらい入っていると思います。特に綺麗なものだけを少し購入したいのですが、そのようなものは販売してありませんね。
 はじめてのさくらんぼ狩り、楽しかったです。



楽天で売り切れていますが、桐の箱に入った綺麗なさくらんぼもありますね。デパートでも2万円とかで販売されているのを見たことがあります。トリュフのような扱いだなぁ、と。本当綺麗。


最近人気のさくらんぼカレー

Posted at 00時47分   パーマリンク

過去の記事へ

7

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

年末年始休暇

年末年始休暇

料理旅館の八丁味噌カレー

料理旅館の八丁味噌カレー

【小城羊羹(ようかん)】 佐賀県小城町 羊羹の町

【小城羊羹(ようかん)】 佐賀県小城町 羊羹の町

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.