DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   元細川家の料理番が奏でる絶品料理熊本市新屋敷「Kazoku」 [熊本グルメ情報]

画像(250x188)

天草おくらとオレンジ

 肥後細川藩の家老として名高い有吉家に代々伝わる料理法を伝承する熊本市新屋敷の「Kazoku」。旬の最高級の食材を使い、素材の持ち味を存分に生かしたお料理の数々は、食通の隠れファンが多い店です。完全予約制で、ゆっくりとした時間が極上のひとときを約束してくれます。

画像(250x188)

はつ鰹のおさしみ

 オレンジの上に乗せられたオクラは天草産。心なしか形も丸く、粘りも強いような気がします。素材からすべて説明して下さるのも勉強になって嬉しい。鮮度抜群の初がつおも臭みもなく絶品。

画像(250x188)

こじんまりとしており、くつろぎの空間

 お店はカウンター席とテーブルが一個だけのこじんまりとした作り。だからこそ行き届いたサービスができます。私のために作ってくれているという感じがとてもいいです。器もシンプルですが、とても凝っていて楽しめます。細川家の家紋が入った器もありました。

画像(250x190)

おちこ芋

 おちこ芋もほくほくして素材の味がとても生きています。下に敷かれているシソと一緒に食べると風味も増します。お皿が運ばれてくるたびに、わくわくする感覚は久しぶりです。

画像(250x188)

もずくとグレープビネガー

 グレープビネガーも手作り。数年前に皮ごと漬け込んだというビネガーは、香りも色も涼しげで、もずくと相性ピッタリです。 

画像(250x188)

アワビと赤うに塩トマト

 「そろそろアワビをソテーしますね」と言われて、期待度は高まるばかり。お店にアワビの磯の香りが立ち込めたかと思うと、お花をかたどった白磁の皿に、贅沢に生うにがトッピングされたアワビが運ばれてきました。アスパラガスも塩トマトも味がぎゅっと詰まったこだわりの品です。

画像(250x203)

甘いっ!沖縄産パイナップル

 ところで「肥後すぅぷ」というプロジェクトをご存知でしょうか?熊本商工会議所が行っているプロジェクトで、熊本自慢の食材ががたっぷり詰まった熊本オリジナルの料理です。「Kazoku」さんもそのプロジェクトに参加。細川家を下支えした大名汁と水前寺菜のおひたしを用いた「家老の食」として表現してみました。


一汁一菜の巻「家老の食」
(大名汁と水前寺菜のおひたし



画像(250x188)

菜っ葉としょうがのお漬物

 ぴかぴかの魚沼産のコシヒカリと、菜っ葉と生姜のお漬物。単なる美食に飽きた舌には新鮮で、エリを正すような暮らしを誓った夜でした。<YA>

Kazoku

熊本市新屋敷1−15−3
TEL096-311-9888 (完全予約制)

地図はココ
地域ブランドNEWS by ブランド総合研究所

肥後すぅぷ



Posted at 00時00分   パーマリンク

   鹿児島・加治木まんじゅう ざおう堂  [編集長コラム]

画像(200x267)

 先日、用事があって鹿児島県の加治木町へ行ってきました。加治木町って行ったのは初めて。カジキというとカジキマグロくらいしか思い浮かばなかったのです。加治木の町を高速道路では何度か通過したことがあって、面白い形をした山があるなと思っていました。(蔵王岳

 それはそうと、加治木で沢山みかけたのが「加治木まんじゅう」の看板。食の情報ですから、買わないわけにはゆきません。そういえば加治木まんじゅうって高速SAや鹿児島空港の近くにもお店を見たことがあった。結構有名なのね。

画像(350x263)

 加治木まんじゅうは由緒ある饅頭で、今から400年前に、薩摩17代藩主の島津義弘が重富(隣の姶良町)の平松城から加治木への移城に先立ち作らせた橋の築造工事の際、お茶受けに出されたものだそうです。
 →酒饅頭です。

 ざおう堂というお店を通りがかりに見つけたので、ここで購入することに。普通の加治木まんじゅうは70円。これを何個かとセット物の「いろいろ物語」という5個セットで500円の饅頭を2セット購入。

 この「いろいろ物語」は本来の白生地に紫いも・人参・竹炭・白ごま・よもぎを加えてアレンジしてあるのです。また出ました、「竹炭」。前回のブログでも竹炭パンでしたが、今回は竹炭まんじゅー!

画像(400x390)

いろいろ物語

 加治木まんじゅうには食べ歩きマップもあるんです

 お土産にぴったりの饅頭ですねぇ。できたてのノーマルの加治木饅頭を買ってすぐ食べましたが、ふわふわでうまー。

 私は蔵王堂で購入しましたが、加治木まんじゅうで検索した「堂免堂」というところにもこれと同じ「いろいろ物語」がある。仕入商品?って思ったけど、包装は「ざおう堂」のもの。中身を作っているところが同じなのかな。まぁ、いいや。

画像(400x300)

 これが「いろいろ物語」。竹炭が大変美味しかったんだけど、竹炭だけは購入できないのね。人参も見た目にも綺麗。このおまんじゅうは、あんこは粒アンなので私好み。酒のやわらかい風味とふわふわの生地が美味しくて3個くらいはぺろりって食べれますね。

 BLOG ざわつく気持ち
 猫にゃんのお気楽生活

 先ほどの堂免堂ではネットショッピングも可能です。


さつま隼人 25°900ml

Posted at 00時00分   パーマリンク

   黒い食パン カンテボーレ  [編集長コラム]

画像(400x353)

 最近よく「食用炭を使ったロールケーキ」などを見かけるようになりました。知ったのは2年以上前にDINING EXPRESSでも掲載した「セレネさんのロールケーキやシュークリーム」です。斬新な感じで見た目のインパクトとは裏腹に美味しかったです。

福岡へ行った際に、福岡東サティのパン屋さん「カンテボーレ」で食用竹炭を使ったパンを発見。2枚で120円。6枚でも263円ほどと以外に値段もお手ごろ。それと丸い形のパンの2種類があったので、早速購入。出来立てなのか、結構ふわふわ。

カンテボーレ

画像(250x349)

 結構これがクロイ。竹炭を沢山使っているのでしょうか。なんだかこげたパンのようです。かなりのインパクト。焼いても良いとのことですが、焼いても黒くなるなら、そのまま食べてみましょう。
 結構ふわふわで美味しいです。なんとなく炭風味はしますが、普通のパンとそれほど変わらない気もします。

画像(400x362)

 こちらが丸いやつ。(名前はあるんだけど忘れました)
こちらはクリームとナッツが入っています。値段も263円だったと思います。かなりこちらもクロイやつですね。テーブルに置いてあったらなんだかわからないですよね。でもふわふわでコレがうまい。

画像(400x300)

 断面のアップ。練りこんであるホワイトクリームとマッチしているんです。ナッツも入っていてこの値段ならお安い。

 熊本ではどこか売っているんでしょうか、竹炭パン。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   熊本市 「亜和麺」(あわめん) 魚ダシ系ラーメン [ラーメン情報]

画像(250x333)

 先日熊本市内で友人達と飲んだ後に、ラーメンを食べようということになりました。誰かが「豚骨は胃に思いから醤油系にしよう」(年を取ってくると豚骨系はどっかり来ます)と言いました。誰かが「最近TVで魚のダシのスープのラーメン屋を紹介してた」ということで、その店を探していくことに。だいたいの場所はわかっていたとのことでした。

 探して歩いていると、雑居ビルの1Fに看板が。どうもコストがかかっていない看板が。

画像(300x225)

 奥へ進むと、ラーメン屋とは見えないような入口。どうもバーなどを改造した店舗のようです。知っていないと入るのに勇気がいりそうな感じ。

画像(400x300)

 店の中はカウンターと立席、座り席合計でも10名ちょっというこじんまりしたお店。白を基調としたかなりシンプルな店内です。
 メニューを見て、全員が「和風もっちりラーメン」(普)を注文。800円なのですが熊本でラーメン1杯ではかなり高級な部類に入ると思います。ダシの材料がかなりいい素材を使っているらしいです。それでも少し高いかもしれません。
 結果から言えば飲んだ後でも、あっさりしている分(普)でもするっと食べれました。

画像(350x263)

 こちらが和風もっちりラーメン。魚介系のスープに醤油だしのシンプルないでたち。チャーシューとちょっと変わったメンマ?、ネギが載っています。

画像(300x225)

 さっぱりしていました。確かにダシが美味しかったですが、飲んだ後でしたのでスープは控えめに。

「亜和麺」
Phone:090-2962-8919
熊本市下通1-4-19 辰巳苑ビル 1F

亜和麺について掲載してあるBLOG

Posted at 00時00分   パーマリンク

   森永「チョコフレークオレンジ仕立て」 [D@EXコラム]

画像(400x301)

165円

 「疲れている時にはオランジェットが食べたくなる」と言ったのは、かのピエール・マルコリーニ。オレンジピールをクーベルチョコでコーティングしたあの珠玉の味わいを再現している・・かどうかは別として、お手ごろ価格でオレンジチョコを食べたいときは、この「チョコフレークオレンジ仕立て」はいかがですか?3月に発売されたオレンジ味のチョコフレーク。袋を開けるとオレンジとチョコの爽やかな香りがふわっと広がりおいしそう。ジッパーつきだから、食べ残しても大丈夫というのも嬉しいです。

画像(400x400)

サクサクカリカリでおいしい!

「開けたら最後、YOU CANT STOP!」は他のお菓子のコピーですが、まさにこのチョコフレークもそんな感じです。従来のチョコフレークより、オレンジの香りの分だけ贅沢感も漂い、オレンジピールを1.5%使用してるからか、程よいオレンジ特有の苦みまで再現されています。甘さ控えめで爽やかな後味は、子どもから大人まで楽しめるおいしさです。ピエールは特別な日においといて、日常は惜しげもなく食べれるチョコフレークに一票です。<YA>

あっちまで遠回り チョコフレーク オレンジ仕立て(森永)
ごはんにっき : YES!!チョコフレーク
ピエールマルコリーニ

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

6

2007


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2008.7.30 創業明治22年山梨県「桔梗屋信玄餅」

2008.7.30 創業明治22年山梨県「桔梗屋信玄餅」

2009.5.21 梅雨を乗り切る!藤ひろ菓舗の白玉スイーツ

2009.5.21 梅雨を乗り切る!藤ひろ菓舗の白玉スイーツ

樽最中 東広島市 お菓子の蔵 さくらや

樽最中 東広島市 お菓子の蔵 さくらや

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.