DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   グリコ ジャイアント レインボーカプリコ 新製品 [編集長コラム]

画像(400x280)

ジャイアント レインボーカプリコ

 コンビニのお菓子売場でやけに目を引くパッケージ。新製品と書かれた印もあって、なつかしい「ジャイアントコーン」を購入。ジャイアントコーンといえば歴史あるグリコのお菓子。ノーマルな味かイチゴ味が印象的に残っていますが、今回目にしたのはド派手なレインボーカラー。

 ホワイトチョココーティングの中に、カラフルなマーブルチョコレートが埋め込まれています。下はバニラチョコとミルクチョコの組み合わせ。エアインチョコなので従来のものとここは変りません。

画像(400x266)

非常にカラフル

 食べてみると表面のホワイトチョコレートコーティングが固い。まずは歯でチョコマーブルを一つずつかじりだし、その間からホワイトチョコを崩していきます。

 マーブルチョコレートは色はついているのですが、何味かは全くわからなかった。見た目には非常に綺麗なんですけどね。

 久しぶりに「ジャイアントコーン」を食べました。

【BLOGから】
怜奈のチョコレート

グリコ カプリコのホームページ

Posted at 00時00分   パーマリンク

   花のジプシー「新屋養蜂場」 鹿児島県 [編集長コラム]

 花のジプシーって言葉を初めて聞いたのと、蜂蜜にもこんなに種類があるのだなと実感したので記事に。ジプシーっていうとジプシーキングスが思い浮かぶのですが。

 新屋養蜂場は鹿児島県国分と宮崎県都城の中間より都城寄りにある、道の駅すえよしの場所にあります。花のジプシーという言葉は、新屋養蜂場さんが鹿児島→新潟→北海道と日本を縦断しながら花を追って蜂蜜を採取するからです。蜂さんも1年で南から北へまた鹿児島へ戻ってくるのですね。蜂も大変だ。

画像(400x300)

ソバ蜜・りんご・クローバーのはちみつ

画像(400x300)

 道の駅内にある店舗では純国産のはちみつを中心に販売されています。それも色々な花から採取されたはちみつがあるから、びっくり。りんごなんていうのもあるんです。私は一番美味しいですよ、と言われたアカシアの蜂蜜を購入しました。(1000円)

蜂蜜は人類最古の甘味料で自然がくれた万能薬です。これを聞くと砂糖なんて使わずにはちみつを多用したくなります。紅茶などにもはちみつを使う方って多いですね。お年を召された方が特にはちみつに特に気を使われる方が多いようです。

画像(400x300)

ずらっと並べられた各種はちみつ

画像(250x333)

 純はちみつは単糖です
ミツバチが花から集めてくるものは花蜜で、いわば砂糖水のような薄いもので、いくら人口で濃縮してもハチミツにはなりません。花蜜は外で働くミツバチが胃袋に吸い込んで巣箱に帰り、巣箱の中で働く若バチに口移しされ再び胃袋に貯えられます。受け取った若バチは巣房に貯蔵します。つまり花蜜は働きバチの体内を二回通過する時点でミツバチの消化液内に含まれるインウェルターゼという酵素の働きでほとんどがブドウ糖と果糖とに分解されます。こうした単糖糖類はこれ以上分解する必要はなく、飲めば直ちに吸収され、約20分後にはエネルギーになるのでスポーツ選手らが愛飲する由縁です。(パンフレットより)

ハチミツの種類
蜂が蜜を採取する花は、レンゲ、ミカン、クローバー、菜の花、ニセアカシア、リンゴ、ソバ、栗など。単一の花のものに限らず数種類の蜜を混合した製品もあります。また100%純粋のハチミツのほかにローヤルゼリー入りや加糖ハチミツ(水飴やブドウ糖を加えたもの。ハチミツ60%以上)もありますが、健康食品としての効果を期待するならば、混ぜ物のないハチミツを選びましょう。

画像(350x263)

 はちみつを使ったドラヤキも売ってあり(ここで作られている)おいしい。地方名産のゆず風味のものもあり。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   「今肉屋」 鹿児島県姶良郡隼人町 黒豚が良い [編集長コラム]

画像(350x263)

ショーケース

 鹿児島県。鹿児島といえば黒豚。とんかつにしゃぶしゃぶにと大変嬉しい食材です。鹿児島空港から車で10分ほどの鹿児島県姶良(あいら)郡隼人(はやと)町にある「今肉屋」さんは非常に良質のお肉を提供されているお店です。

 私がこのお店を知ったのも、道に路上駐車してあったりお客様が多いので、なんでだろう?と思ったのがきっかけで、その後数度利用させていただいています。

 鹿児島黒毛和牛もとても美味しいのですが、最近は自宅でも豚しゃぶをすることが多いです。安いし美味しいし野菜も食べれてヘルシー。今肉屋さんで黒豚のバラ肉(100g250円)をたくさん購入して冷凍しています。バラ肉もその場でカットしてくれ、真空パックにしてくれます。かなり薄いので「しゃぶしゃぶ」でとても美味しいのです。脂身が多くてもその脂さえすっきりして胡麻ダレに絡んで美味しい。

画像(400x300)

 ギフト用なども販売してありますから、鹿児島旅行から帰る前に早めに立ち寄って調達していくと送料もかからず喜ばれること大。

 今肉屋さんのホームページでもギフトは取り扱いがあります。

 今肉屋さんで牛スジを購入しておでんを作りましたが、A5ランクのお肉らしくて肉の部分も結構ついており、本当に美味しかったです。

 調べていたら料理雑誌のdancyuの編集部員さんも「今肉屋」さんをオススメしてありました。

画像(350x263)

(有)今肉屋
〒899−5115
鹿児島県霧島市隼人町東郷182−3
TEL(0995)42-1023
FAX(0995)43-7998

Posted at 00時00分   パーマリンク

   山江SA 栗まんじゅう 九州自動車道 うまぅ [編集長コラム]

画像(250x188)

 九州自動車道の福岡県福岡市くらいから熊本県八代市まではトンネル(橋はあるけど)はゼロで運転も非常に快適なのですが、熊本から鹿児島・宮崎方面へ向かう八代〜人吉は九州山地を横断するだけあって、中央高速道の山梨県と神奈川県の境界を走っているかのように、急カーブ・トンネルの連続。しかも23もトンネルがあるのです!数字がトンネル入口の脇に書いてあってカウントダウンしていくんです。だから私も南へ行く時はトンネル連続に入る前の宮原SAで休憩をして向かいます。また反対の鹿児島方面からは山江SAで休憩して、八代を目指します。途中には6.3kmもある全国有数の肥後トンネルもあるのです。
 23のトンネルを前にして気合を入れて通過していきます。

鹿児島方面からトンネルを前にして休憩することが多い、山江SA。そのような方が多いのか、いつも車は多いほうで大型バスなども休憩を取るようです。山江SAの名物が「栗まんじゅう」

画像(370x298)

綺麗ですね〜

 1つ100円の饅頭(以前は80円、90円と値上がりしてきたのです)です。ホクホクした栗の美味しさ大爆発!シテマス。熊本は全国有数の栗生産県です。山江はこの地方の名物栗を饅頭にして物産館などで販売していますが、よく食べるのはやはり山江SAの饅頭。

画像(350x263)

以外に上品な味です。

 つるつるの綺麗なお饅頭。山江の栗まんじゅうについての詳細はこちらの「栗の里のくりまんじゅう」に書かれています。

 一人で5個10個と買っていく方が多い中、1つ100円で今回は購入。あったかい状態で食べると中がホクホクで美味しい。でも以前はもっと栗が多かったような気もしないでもないけど。大型バスが着いていると、おばちゃんたちが行列で購入したりするので、売場に人がごった返しています。

 中はこんな感じ。栗のかけらがかなり多く入っています。外側の饅頭の生地もふわふわ。

 是非熊本を通過して、鹿児島・宮崎方面へ向かわれる方は山江SAで休憩を!

Posted at 00時00分   パーマリンク

   川常うなぎ 鹿児島市・天文館 ランチメニューがお得 [全国グルメ情報]

画像(400x197)

ランチ うな重(上)1,500円

 鹿児島といえば鰻が有名なものの一つです。いつもは天文館にある「うなぎの末よし」【1】【2】さんで食べることが多いのですが、今回は同じ鹿児島市の繁華街、天文館にある「川常うなぎ」さんでいただきました。

 川常うなぎさんの周辺から「うなぎの焼いた香り」がしたため店を見つけるのはさほど困難ではありませんでした。うなぎ屋さんのこの香りは、食欲をそそります。

 今回はランチメニューの中から、うな重(上)1,500円を注文しました。普通のうな重・うな丼は1,000円です。たぶん鰻の量が若干(1切れほど?)違うと思います。

画像(400x300)

 カウンターとテーブル2つの約20名ほど収容できる、こ綺麗な店内では男性のお客様が数名、一人でビールを飲みながら鰻を召し上がっていました。うなぎ屋さんは男性一人のお客様って本当に多いですね。

 しばらくして運ばれてきたお重を開けると、やや荒っぽく盛られたご飯と鰻(3切れ)が顔を出します。タレが少なければおっしゃってくださいとのこと。鰻に水菜と人参が添えられているけど、なくてもいいような気もしました。それに小鉢と肝吸。

 タレは個人的にはどちらかとサラッとしたタイプで余り甘いとは思いませんでした。鰻は鹿児島の川内の鰻を使用しているとのことで身がきっちりついた、鰻の食感がきちんとする鰻を使用されていると思います。関東風を想像するとその食感は全く違います。関東系のふわふわ鰻に対し、そのはっきりした食感がある鰻です。

画像(300x225)

 ランチメニューでなければ鰻重松1,370円、月1,680円など。
店名 川常うなぎ
住所 鹿児島県鹿児島市千日町14-5
電話 099-226-3558

川常うなぎ

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

4

2007


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

■キャンベル クリームオブマッシュルーム

■キャンベル クリームオブマッシュルーム

メニューがずらり!道の駅竜北「農村レストラン」

メニューがずらり!道の駅竜北「農村レストラン」

■天ぷら 天一 熊本・鶴屋店

■天ぷら 天一 熊本・鶴屋店

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.