DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   ■熊本グルメ 食通マダム御用達!水道町「銀沙灘」(ぎんしゃだん) [熊本グルメ情報]

画像(300x225)

「道草膳」1260円

 水道町ヴィラージュビル1階の銀沙灘は、地元マダムが認めるおいしい和食を食べさせてくれるお店です。お昼時ともなると、マダムたちがいっぱいで入店できないこともしばしば。マダムがたくさん入っているレストランは、間違いなくおいしい。おいしいランチどころを見つけるもっともわかりやすいコツと言えます。
 

画像(200x150)

カウンター席もあり、1人でもOK!

 しっとりとした和の趣ある店内は、細い格子戸が程良く室内を隔てて、居心地のいい空間を創り出しています。ここで供されるのは、昼は膳、夜は約70種類ある旬の素材を用いた単品料理で、予約を入れればコース料理も可能だそう。


画像(250x188)

3号線沿い。のれんが目印

 この日は1260円の「道草膳」(ランチ)をオーダー。白和え、お刺身を使ったサラダ、茶碗蒸しからデザートまで、彩り鮮やかなお料理。味も上品で美味。おかずの種類が多いので、ついついご飯をおかわりしてしまいます(おかわり自由)。ここのご飯がおいしいのは、満席になるランチタイムに、常に炊きたてが食べられるよう配慮。ご飯一つとっても、精米したての米を用い、それを研ぐ水にもこだわって炊くとか。

 

画像(250x188)

  ちなみにとは銀沙灘とは銀閣寺方丈前にある白砂を段形に盛り上げたもの。。こんなものなんです。銀沙灘は月の光を反射させるためとか、向月台はこの上に坐って東山に昇る月を待ったものだとかの俗説があるそう。なんだかミステリーサークルっぽい。岡本太郎は銀沙灘について「かずかずの名園のなかで私の発見したよろこびの、もっとも大きなものの一つだった」と言ったとか。芸術家の心を打つなにがしかのパワーを秘めた銀沙灘。恐るべし。<YA>

画像(200x236)

同じビルにある姉妹店世菜。ランチは1575円から。

「銀沙灘」
・住所  :熊本市水道町1−19 ヴィラージュビル1F
・TEL  :096−352−8802
・営業時間 :午後5時30分〜午後11時
・店休日 :日曜
・駐車場 :なし

right

デジタル「すぱいす」ほんきでパクッ!
テレビタ情報「銀沙灘」

Agreable あぐれあぶる:

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■キクのプチプリン 小さい割りに美味しいです [編集長コラム]

画像(171x166)

キクのプチプリン

 駄菓子コーナーで買って食べたことのある「キクのプチプリン」1個20円で販売されているところも多いのですが、先日サンリブくまなんで12個入り198円のパックを購入しました。4つがくっついているものが3セット。プリンとはいいながら常温保存です。

 駄菓子とはいえ味はそこそこうまいです。なつかしいプッチンプリン系です。

 プチプリン(小さいサイズ)

 プチプリン

画像(350x296)

 1個は18gなので、一口サイズ。スプーンまで付いていました。なんとも、パッケージがレトロ風。さくらんぼとプリンのみ。それに「キク」の文字が。蚊取線香に「ヨクキク」と書いてあったのを思い出してしまう。(菊の絵があったからヨクキクなのか、良く効くなのか子供の時悩んでいた)

画像(250x376)

 裏返して少し穴を開けて空気を入れてあげれば、プッチンプリンみたいに出てきます。生クリームなどでデコレーションすれば子供も喜ぶプリンアラモードが出来上がります。かわいいですね。

プチプリン
プチプリンを大人買いしたい方はこちら

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■天草大王様ますますブレイク中!鶏めし&熊本限定カレー [熊本特産物情報]

画像(350x233)

鶏めし(3合分)800円

 “熊本限定!”“復活!!”の文字と猛々しい鶏のパッケージが玉名パーキングエリアで目をひいた天草大王の鶏めしとカレー。天草大王については、以前DEXでも取り上げましたが、人気が高まっているようです。
 明治から大正時代にかけて天草地方で飼われていたという「天草大王」は、昭和の初期頃に絶滅してしまいました。そこで、県農業研究センター畜産研究所では、平成4年からこの幻の鶏の復元に取り組み、ようやく復元に成功したました。

画像(300x199)

カレーは500円

 水炊きとか煮込み料理には適していますが、弾力があるので唐揚には不向きとか。炊き込み飯やカレーはコクが広がり向いているそうです。
 鶏めしは、炊き込み用のスープと具材が別々に入っています。色が濃く糸こんにゃくがかなりの割合で入っているのが特徴。こんにゃくと味がこってりついた鶏のこりこり感がけっこう合います。鶏は、さすがに天草大王なだけあって、ふんだんには入っていませんが、全体に行き渡った滋味深い味わいは、天草大王のエキスでしょうか。

画像(250x156)

背丈90センチ、体重7キロぐらい

 カレーはピーナッツチャツネ、ココナッツペーストなどが入った本格派。ピリッと辛いコクにマイルドな甘さが広がる本格的な味わいです。



(有)玉田商店
熊本県天草市亀場町亀川1776-5
0969-23-1201

復活天草大王!あまくさテレビ

NHK熊本放送局/ひのくにYOU/おいしかたいむ/天草大王とレタスもちの豆乳なべ
くまもとでカフェる~ハイカラ食生活読本 天草大王を炭火でいただく

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■クレームデラクレーム 京野菜を使ったシュークリーム [D@EXコラム]

画像(350x373)

加茂茄子シュークリーム

 マスコミ、雑誌で取り上げられていて気になっていた「京野菜シュークリーム」1個あたり32gで200円くらいと結構高いのですが、今回16個入り3,250円(送料別)を購入しました!

 野菜をシュークリームのクリームにしてしまうなんて、今までは思いも付かなかったですね。シュークリーム専門店「クレーム デラ クレーム」(株)石田老舗がプロデュースするお店です。石田老舗は明治4年創業。初代石田亀之助が「蕎麦ぼうろ」を初めて開発し、販売したのがはじまり。以来、京都で百三十余年、焼き菓子職人の技を継承しています。

画像(400x266)

 旬を味わう「京野菜シュー」として季節に合わせて3〜4種類ずつつくっています。今は夏野菜として京の白味噌、丹波黒豆、万願寺とうがらし、賀茂なす、京とまとが購入できます。私が気になったのは加茂なすと万願寺とうがらし。シュークリームにとうがらしなんて想像もつかない。  

クレーム デラ クレームのホームページ

画像(350x334)

万願寺とうがらし

 京野菜の風味や栄養価をそのままクリームに凝縮。濃厚な味と香りを持つ京野菜でなくてはできない、自然の滋味あふれるシュークリーム。京野菜を使って旬の時期だからこそ味わえる最高の風味を季節限定の一品一品に表現しました。

 万願寺とうがらしはハバネロ級の辛さを覚悟していたのですが(冗談)、「ししとう」を連想させるほどで、それほど辛くはありませんでした。

画像(400x265)

 京料理とともに愛される京野菜のシュークリームをいただきます。どれも素直な印象は上品なお味。やはり京生まれですね。
 パッケージは16個入りは2段重ねでした。

画像(450x337)・拡大画像(640x480)

Posted at 00時00分   パーマリンク

   ■しみチョコの次は、ベイク!森永BAKE ショコラ [D@EXコラム]

 

画像(350x233)

新技術で、溶けない!

  森永から新発売された“夏でも溶けない”ベイクショコラ。チョコレートを“ベイク(焼き上げ)”する新技術で、今までにない食感と濃厚な味わいを実現したベイクドチョコレートシリーズです。「ベイクショコラ」と同時発売になったのが「ベイククッキー」。こちらもおいしそうです。

 夏でも溶けない秘密はここにあります。ベイクすることによって、中の旨みをとじこめる効果もあるみたい。

画像(300x197)

表面ぶつぶつ、中はしっとり

  表面がいかにも“焼きました”といわんばかりの焼きチョコ。軽石(かるいし)とか溶岩とかそういうものを連想させます。中には、ソフトで濃厚なしっとりチョコが入っています。外側の香ばしい感じと、中の濃厚なチョコが溶け合うと、新しい食感!ビターチョコ好きの人にはいいかもしれません。

画像(250x159)

100円で10粒

 焼きチョコのメリットは、これからの季節、持ち歩いても溶けないこともありますが、一番のメリットは、小さな子どもたちがベタベタにならずにチョコを食べれるということではないでしょうか?これなら夏でも上手に食べてくれそう!この夏“しみチョコ”人気を制することができるか楽しみです。<YA>

森永 M10ベイクショコラ 10入

ちょっと変わったお菓子 | 森永 ベイク
2201:森永製菓 : 株ブログ

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2008.11.30 北海道・十勝 花畑牧場の生キャラメル

2008.11.30 北海道・十勝 花畑牧場の生キャラメル

2010.4.05 福井紀行【3】 やきとりの名門 秋吉 しろはうまい。

2010.4.05 福井紀行【3】 やきとりの名門 秋吉 しろはうまい。

冬のSweets【HERSHY.'S CHOCOLATE SYRUP】

冬のSweets【HERSHY.'S CHOCOLATE SYRUP】

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.