DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2月3日 恵方巻き [編集長コラム]

画像(202x110)

恵方巻きについては昨年2月2日の記事を参照。

すっかり定着してきた恵方巻き。恵方巻きも最近では普通の巻いたものから、ご飯・酢・具材・海苔のアレンジを変えた、変わり恵方巻きが出てきました。NEW恵方巻きと呼ぶのでしょうか。ミツカンさんのホームページにレシピが出ていますので、参考にされてはいかがでしょう。

Posted at 15時04分   パーマリンク

   村上隆・かいかい ドール [D@EXコラム]

日本のアートシーンを代表するアーティスト

日本の現代アートシーンを代表するアーティストとして常に注目を集める村上隆氏。六本木ヒルズルイ・ヴィトンゆずなどとのコラボレーション、テレビやCMへの出演など多彩な活動でも知られています。


村上隆氏の創り出すペインティング、立体作品や巨大なバルーンなどのアート作品は、いつもカラフルで魅力的で、アニメのキャラクターのように愛らしく親近感に溢れています。一方で、その作品は強く、したたかに、西洋の長い歴史の中で培われてきたアートのルールそのものに介入し、まさに、その内部から、おたくやキャラクターに代表される「日本」という外部性を武器にじわじわとアートの世界を改革してきました。

アーティストとして、西洋と日本、過去と現在、アートとポップカルチャーなどの境界線に挑戦してきた村上隆氏の活動はアート作品の制作にとどまらず、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションでもアートと商業の境界にも疑問を投げかけ、世界を驚かせました。

今回紹介する「かいかい」と「きき」は「カイカイキキ」スタジオのキャラクター。このぬいぐるみは、村上の提唱するコンセプト「スーパーフラット」を三次元で表現した代表作ともいえます。素直でよい子そうな「かいかい」とやんちゃでオチャメそうな「きき」。村上隆ファンなら、2つセットで大切にしたいアイテムです。素材は肌ざわりのやさしいポリエステルです。

村上隆・かいかい ドール
¥2‚940

こちらから購入出来ます。
icon

村上隆氏プロフィール
1962年、東京生まれ。アーティスト。カイカイキキ代表。
主な個展に「召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」(2001年 東京都現代美術館)、「kaikaikiki」(2002年 カルティエ現代美術財団)など。
アートフェアGEISAIの主宰、六本木ヒルズやルイ・ヴィトン、ゆずなどとのコラボレーション、テレビやCMへの出演など、多彩な活動を行っています。
2007年には、ロサンゼルス現代美術館で大規模な回顧展が予定されています。
・カイカイキキ



icon
icon
かいかいドール
icon

Posted at 08時45分   パーマリンク

   【バターココナツ サンドチョコレート】 バターココナツ第3弾 [全国特産物情報]

画像(350x233)

バターココナツサンドチョコレート

 誉れの高い「バターココナツ」。バターココナツ・ココナッツサブレについては昨年のBLOGで詳しく紹介しました。その時、バターココナツチョコレートを紹介しました。

 12月下旬に私が「バターココナツサンドチョコレート」をスーパーで入手した(105円)時期と同じく、読者の方からもコメントをいただきましたBLOGでは7月に紹介してあるところも。

 モンドセレクション受賞とともに、名実ともに世界のビスケット界に君臨している「バターココナツ」に新しい仲間ができました。なんと赤色のパッケージを身にまとったサンドチョコです。薄焼きのバターココナツが東鳩の「ハーベスト」を連想させます。

画像(300x261)

 内容量は薄焼きで12枚入り(2パック)です。輸入者は同じくサニーデライト。薄いバターココナツをはがしてみたところ、チョコレートが塗ってありましたが、写真とは大違いでした。写真は四隅まできっちりとこちらは楕円。私はバターココナツチョコレートの方が美味しかったです。

Posted at 09時00分   パーマリンク

   【べんがら村】 福岡県八女市 [編集長コラム]

画像(380x285)

 福岡県八女市に第三セクター(株)八女リフレッシュビレッジが経営する「べんがら村」という温泉・地ビール・レストラン・工房があります。寒い日に行ったので、温泉も綺麗な湯で地ビールも大変美味しかったです。
個人の方のHPでのべんがら村感想)

べんがら村にはパン屋や地域物産品の販売コーナーもあるのですが、駐車場のそばにでかい看板があり、興味があったのがこの納豆店です。「製造販売 木挽 日本一のこだわり納豆」すごい看板。納豆を買いました。

画像(350x263)

 納豆は2種類購入。ここのは大粒・中粒・小粒と大豆の生産地が表示してあり、非常に安心感があります。お店の人に「何が日本一ですか?」と聞いたら豆のこだわりやここで売っている商品がこだわり、との回答をいただきました。

画像(200x178)

じゃあ食べてみましょう。大豆の蒸し加減がちょうど良く私の大変好きな小粒納豆、美味しかったです。正確な値段は忘れましたが、上記はそれぞれ230円くらいだったと思います。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   【福島ラーメン】 棒ラーメン・九州 [ラーメン情報]

画像(380x253)

スーパーで入手できる棒ラーメン各種

 九州のラーメン。これを知る上で「棒ラーメン」を抜きにして語ることはできません。棒ラーメンは九州以外ではあまり根付いていないと考えることができ(最近はファンも多いですし、製造メーカーも多いです。)、ある種「九州独自の食文化として発展したもの」と考えてもよいのではないでしょうか。

 棒ラーメンの歴史をたどると、1959年〜60年頃約45年ほど前から始まりました。福岡のマルタイ、熊本のアベックラーメン(五木食品)、福岡県八女市の飛龍(原野製麺)、福島ラーメン(江崎製麺)、が歴史を作ってきました。原野製麺はなくなったのですが、マルタイ・五木・江崎製麺は棒ラーメンの老舗企業といってもよいと思います。私は熊本育ちですので、アベックラーメンを昔よく食べていた記憶があります。以前DINING EXPRESSでもアベックラーメンを紹介。棒ラーメンから袋入りのラーメン・カップ麺へと発展していきます。棒ラーメンは昔は贅沢品だったのです。

 細麺でちょっと油断するとバリヤワみたいな麺になりますが、うまく茹でればそれなりの食感の麺ができあがります。今ではアベックラーメンも有名な商品になりました。熊本でも「ロン龍」(日の出製麺)なる棒ラーメンも販売されていますし、そのバリュエーションは醤油・とんこつ・味噌・カレーなど豊富な種類を見つけることができます。

 福岡のマルタイと並ぶ即席(カップ)麺メーカーが、佐賀県のサンポー食品。1978年に販売された「焼豚ラーメン」は焼豚1枚がフィルムで包まれており、多くの人が食べたことのある九州の有名な即席めんの一つです。サンポー食品は棒ラーメンも製造しています。長崎県の狩野ジャパンも棒ラーメンを作っています。

画像(280x352)

福島ラーメン(江崎製麺)

 今回写真付きで紹介するのが、福島ラーメン。福島県のラーメン喜多方ラーメンとは違います。福岡県八女市の江戸時代の中心部は福島でした。(ここを参照)その八女福島の地名をとった江崎製麺製造の棒ラーメンです。私はこの福島ラーメンというのは、なじみがなかったので、この製品を見たときに、「おっ」と思いました。江崎製麺は現在は筑後市に移転したのですが、現在もこの福島ラーメンという名称で親しまれています。龍のデザインは「ロン龍」とも共通するものがありますが、歴史はこちらのほうがありそうです。

 福島ラーメンのスープは粉末タイプではなくて、ラード・調味料などを含むタイプです。内容量は174g(麺146g)アベックラーメンとの違いはこちらは、1人前ずつ束になっており1人前を作るときに便利である点です。江崎製麺は耶馬台ラーメンという棒ラーメンも製造しています。福島ラーメンは中国地方の一部でも販売されているみたいです。
(福島ラーメンは八女伝統工芸館で入手できました)

画像(250x166)

福島ラーメンとんこつ スープ少なめにして (゚Д゚) ウマー(ねぎがなくて残念)

 棒ラーメンは袋入り即席めんと作る手間は一緒ですが、麺がより「うまい」です。アルデンテに仕上げるのは難しいですが、やわくなっても美味しいです。鍋などの最後にこれを入れてもいけますよ。

Posted at 06時00分   パーマリンク

   【ヴェルジニー・ド・ヴァランドロー】 シンデレラワイン セカンド [編集長コラム]

画像(188x333)

【シャトー ヴァランドロー】CHATEAU VALANDRAUD

 1989年、当時銀行員だったジャン・リュック・テュヌバン氏と彼の妻がわずか0.6haという小さな畑を購入したのが始まりです。(現在は4.5ha迄拡張)

 コンサルタントは、ミシェル・ロラン氏で1993年にR.パーカー氏に最大の評価を受けました。ファーストヴィンテージは1991年。1995年頃にはヴァランドローはペトリュスをしのぐほどの1本10万円クラスのワインとなったこともありました。その後もスタークラスのワインを排出し、1級以上の値段で取引されていることも多いワインです。

セカンド・ワインはヴェルジニー・ド・ヴァランドロー。「ヴェルジニー」はジャン・リュック・テュヌヴァン氏の娘の名前。ヴェルジニー・ド・ヴァランドロー1997を年末に飲みました。セラーで約1年ほど保管していました。

シャトー・ド・ヴァランドロー  

シャトー・ド・ヴァランドロー

ジャン=リュック・テュヌヴァン

シャトー・ド・ヴァランドローのテュヌヴァン夫妻来日 テュヌヴァン夫妻

ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー [1997]
ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー [1997]

シャトー・ド・ ヴァランドロー [1997] 750ML
シャトー・ド・ ヴァランドロー [1997] 750ML

Posted at 00時00分   パーマリンク

   【あけましておめでとうございます】

画像(380x304)

 2006年も幕を明けました。本年も(株)ハウディ、DINING EXPRESSを宜しくお願い致します。

(株)ハウディは1月5日より通常営業いたします。

Posted at 00時00分   パーマリンク

   【オリジナルフィギュア】 究極のリアルアバター [編集長コラム]

 オリジナルフィギュアに興味はあっても、ちょっと高くてプレゼントにはなぁ、と思っていた方々。

http://www.myfigure.jp/

ホームページ上で写真4枚準備するだけで注文完了。1体3,980円〜と従来のものに比べて安い!全て職人が型取りから行う為、納期は約3週間〜1ケ月となるので早めの注文がベター。私も作ってみたいです。

Posted at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

1

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2010.10.22 彦しゃん うどん 熊本市御幸笛田

2010.10.22 彦しゃん うどん 熊本市御幸笛田

2009.8.19 フジドリームエアラインズ熊本−静岡線開通でご当地お菓子をゲット!

2009.8.19 フジドリームエアラインズ熊本−静岡線開通でご当地お菓子をゲット!

クラブツリー&イブリン「オードパヒューム ローズ」トラベラー

クラブツリー&イブリン「オードパヒューム ローズ」トラベラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog

ページのトップへ

Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.