DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   お勧めのコーヒーメーカー(メリタ)とお気に入りのコーヒー豆(エクアドル ナチュラレッサ) [D@EXコラム]

画像(408x310)

 私の家で欠かせないのが、毎日のコーヒー。朝はパン派なので朝食にも必ずコーヒー。夕食でも食後にはコーヒーが欠かせません。コーヒーメーカーも1年程度で新しい物に買い換えるのですが、最近購入したコーヒーメーカーがなかなかの優れものです。コーヒー器具で有名な「メリタ」製の「アロマサーモ」はドリップしたコーヒーをそのまま保温ポットに入れることが出来て、沢山作りすぎて、保温でコーヒーを煮詰めてしまうことがありません。

画像(288x260)

5人用のJCM-512/W

少し多めに作って保温ポットのままテーブルに運べるので「あと少し飲みたい」と思っても新たに作る必要がありません。また、抽出途中でポットを外してもしずくが垂れない「しずく漏れ防止機能」や「オートオフ機能」も安心です。料理中にコーヒーをセットして食べ始める頃にスイッチをON。食後には、すぐにおいしいコーヒーを楽しめます。フィルター部分は、ハンドル付きの内部フィルターが簡単に取り外し可能になっており、お手入れも簡単です。私の家で使っているのは、5人用ですが、8人用と10人用も用意されていて、家族が多い方も安心です。5人用のJCM-512はホームセンターなどでも、かなり安く販売されており、お買い得です。私が買った時は確か3000円位だったと思います。(ちなみに定価は8,000円です。)難点はポットの蓋が回転式で緩めて注ぐのですが、緩めすぎると蓋が外れて大変なことと最後に一杯が注ぎにくいことでしょうか?味は、このクラスのコーヒーメーカーとしては、ベストに近いのでは?高温抽出なので少し濃いめに出来ますが、粉の量で調整しましょう。

Melitta アロマサーモ 5カップ ホワイト JCM-512/W

☆amazonで購入出来ます。アロマサーモ 5カップ ホワイト JCM-512/W

アロマサーモ5カップ(保温ポット使用)
品番 JCM-512/W(ホワイト)
抽出方法 ペーパードリップ方式
電力 100V/650W
最大水容量 0.7リットル(2〜5杯用)
本体サイズ 幅226×奥行152×高さ311mm
フィルターサイズ 1×2

Melitta アロマサーモ 10カップ JCM-1031

☆amazonで購入出来ます。 アロマサーモ 10カップ JCM-1031

アロマサーモ 10カップ
品番 JCM-1031/B
抽出方法 ペーパードリップ方式
電力 100V/850W
最大水容量 1.4リットル(3〜10杯用)
本体サイズ 幅252×奥行199×高さ351mm
フィルターサイズ1×4

楽天での購入はこちら

画像(400x299)

エクアドル ナチュラレッサ

肝心のコーヒーですが、最近のお気に入りは有機栽培/エクアドルの「エクアドル ナチュラレッサ」です。少し高いのですが、最近のシアトル系の濃い味と違い、ライトな味わいですが、すっきりした苦味と濃厚な香りが特徴です。価格も500g/2500円とかなりの高級豆です。

エクアドル ナチュラレッサ【500gパック】
楽天から購入出来ます。/”コーヒーモルティブ下北沢"さん”は豆の挽き方も細かく指定出来て専門店ならではのクオリティで安心です。

Posted at 00時36分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=363

   コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

9

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

■加賀伝統野菜「五郎島金時」 福うさぎ 金鍔(きんつば)

■加賀伝統野菜「五郎島金時」 福うさぎ 金鍔(きんつば)

【おすすめの逸品】そっくりオリジナルフィギュア

【おすすめの逸品】そっくりオリジナルフィギュア

2008.8.31 ご当地カレーシリーズ!

2008.8.31 ご当地カレーシリーズ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ