DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   2010.2.3 期間限定でリッチな味わい。フルタの「とろーりチョコレートフォンデュ」 [D@EXコラム]

画像(450x298)・拡大画像(500x332)

フルタのとろーりチョコレートフォンデュ。昨年の12月にイチゴのフリーズドライを使用した「生クリームチョコストロベリー」とともに発売されました。最近は、チョコレートフォンデュってビュッフェの定番みたいな感じになっていますよね。チョコレートの滝にバナナ、イチゴ、フランスパンなどをスティックに刺し、滝に突っ込んで食べるというスタイル。それを意識してつくられた商品のようです。

 何しろ「とろ〜り」という枕詞がつくだけで、おいしそう。とろ〜りクリームオンプリンとかとろ〜りシュークリームとか。

画像(450x299)

 中を割ってみると、チョコレートソースがふんだんに入っています。コーヒーとチョコレートの違いこそあれ、しばらくはまっていたイタリアフェレロ社のポケットコーヒーと似ているのも嬉しい。ポケットコーヒーには、しばしばガリガリの砂糖の塊?のようなものが入っているのに対し、こちらは滑らかで濃厚美味。ただし、ガリガリの砂糖は、もしかしたらカステラの「ガリガリざらめ」と同じく、意図的なものかもしれませんが。 


画像(450x298)・拡大画像(500x332)

 ともあれ「チーズフォンデュ」といい「オイルフォンデュ」といい「フォンデュ=鍋料理」というイメージがありましたが、本来フォンデュとは「溶かす」とか「溶ける」とかいう意味なのだそうです。チョコにウイスキーなどが入っている「ボンボン」にはなじみがありますが、ボンボンと呼ばせずに「フォンデュ」と呼ぶところが、なんだか新しい。板チョコよりも、ちょっぴり贅沢気分になるところがとてもいいですね!<YA>

Posted at 00時45分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=2483

   コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

2

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

御自由にどうぞ

御自由にどうぞ

夜長堂の大判はんかち「こけしちゃん」

夜長堂の大判はんかち「こけしちゃん」

バレンタインはコレ!イタリア「caffarel」 のチョコレート

バレンタインはコレ!イタリア「caffarel」 のチョコレート

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ