DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   柚子胡椒 (ゆずこしょう)柚子太郎 [D@EXコラム]

画像(384x288)

柚子太郎(525円)

 柚子胡椒(ゆずこしょう、ゆずごしょう)を結構見かけるようになりました。九州地方(特に大分県が名産)では昔からよく鍋物やうどんなどに入れて食べていたのですが、あの風味、香り、ピリ辛を求めて九州外でも徐々に売れてきつつあるみたいです。ゆずこしょうは柚子の硬い皮の部分を細かく擦りつぶし、青唐辛子も細かく刻みそれらを塩であわせたもので九州地方ではごく一般的な食べ物です。

画像(384x288)

 最近では道の駅や物産館で多種多様なゆずこしょうを見かけますが、何度も食べ比べ、自宅でも使用した結果、絶品と思ったのが、「柚子太郎」のゆずこしょうです。なんといっても新鮮で辛みの強い青唐辛子を使ってあり、柚子も唐辛子も大分の天ヶ瀬産自家栽培です。無添加無農薬なので冷凍保存を前提に、独自の製法で、凍らせてもカチカチにならないというのが素晴らしく、賞味期限も長いです。冷凍しておけるんです。普通の柚子胡椒とは違います。原材料が唐辛子、柚子、塩のみですから着色料や添加物は一切ありません。自然の色です。

 柚子胡椒は鍋物はもちろん、豆腐につけたり、なんにでも良く合いますので和食のみならずイタリアン風にもお使いいただけます。
 柚子太郎のは特にピリカラ感が良いので、沢山つけすぎると舌が麻痺してしまいそうです。赤唐辛子を使用した赤鬼バージョンもあります。

これはおすすめ!



柚子太郎の柚子こしょう 青鬼和紙包み 100g
柚子太郎の柚子こしょう 青鬼和紙包み 100g




ゆずこしょう
こちらは壱岐産のゆずこしょう

Posted at 06時17分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=206

柚子こしょうを使いこなす

「柚子こしょう」を御存知だろうか? 柚子こしょうは、我が故郷大分では非常にポピュラーな香辛料で、鍋の薬味はもちろん、みそ汁やうどん・そばの薬味にガンガン使われる調味料… 入れすぎると非常に辛いんだけど、ちょっと入れるととっても風味が良くなるという代物。 「大

青い雑記帳 2005年11月15日 16時13分

   コメント

[ 内容チェック中 ]

コスプレ 2009年12月13日 11時20分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

5

2005


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

「炎の鰻」 脂の乗ったコクのあるうまい鰻が食べたい!

「炎の鰻」 脂の乗ったコクのあるうまい鰻が食べたい!

2008.4.26 無印良品 塩キャラメル味の柿の種チョコ ヒット!

2008.4.26 無印良品 塩キャラメル味の柿の種チョコ ヒット!

「マンハッタン」 175Rパッケージ リョーユーパン

「マンハッタン」 175Rパッケージ リョーユーパン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ