DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   九州国立博物館若冲と江戸絵画展 [D@EXコラム]

画像(400x266)

東京、大阪では若冲中毒者続出らしい

 九州国立博物館で行われている「若冲と江戸絵画」展に行って来ました。先に行われた東京や大阪では数十万人を動員したと言われる展示会です。若冲とは、奇想の画家と言われる伊藤若冲。江戸時代、京都に生まれた画家で、驚くほど個性的です。現代に通ずるポップなデザインで、宇多田ヒカルのプロモーションビデオに使われたりしているので見たことあるかたもいらっしゃるかもしれません。その若冲に一目ぼれしたのがジョープライス氏。1953年のニューヨークで、古美術展を訪れたプライス青年は、一枚の若冲の絵に一目ぼれ。卒業記念にメルセデス入魂のスポーツモデル「300SLガルウィング」(当時石原裕次郎が乗っていたものらしい)を買う替わりに、若冲のブドウの水墨画を購入。それ以来、世界髄一の江戸絵画コレクターとなります。何度聞いてもスケールのでっかい逸話です。今回の展覧会は、そのジョープライス氏のコレクション。つまりアメリカからはるばるわたってきた珠玉のコレクションなのです。

画像(350x233)

鶏を題材にしたものも多い

 若冲で一番有名なのは、白象のモザイク画です。まず画面をマスで区切って、その小さなマスの中に、ひたすら色を塗りこんであります。絵柄もとても幻想的ですが、すごくデジタルなところがおもしろい。マス目の数は4万3000個とも言われていますが、誰が数えたのだろう。

画像(350x233)

冷蔵庫に貼ります!若冲の虎&象マグネット

 若冲のほかにも長沢芦雪や、丸山応挙など江戸期に活躍した天才絵師たちの作品が見られます。閻魔大王が美女にみとれている絵や、達磨さんが遊女と歩いている絵など、茶目っ気たっぷりの絵も数多くあり、日本画の概念が根底からくつがえされますよ。<YA>

九州国立博物館

プライスコレクション 若冲と江戸絵画展

リトル・キッズ・ヴァイブレーション:伊藤若冲がやってくる!

秋華洞・丁稚ログ:ジョー・プライス展行って参りました

Posted at 00時00分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=1671

   コメント

[ 内容チェック中 ]

不倫 2009年12月08日 16時07分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

金髪外人 2009年12月08日 00時14分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

2009.5.7 ジェラート、本場はやっぱりおいしかった。

2009.5.7 ジェラート、本場はやっぱりおいしかった。

2008.4.28 ガトーフェスタ・ハラダのホワイトチョコラスク これうまい。

2008.4.28 ガトーフェスタ・ハラダのホワイトチョコラスク これうまい。

2008.5.1 サラダをおいしく食べるお酢

2008.5.1 サラダをおいしく食べるお酢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ