DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   ■今からが旬!今年こそマンゴーデビュー! [D@EXコラム]





 アルフォンゾ、アップル、ペリカン、キーツ、マチルバ・・と言えばマンゴー!マンゴーアイスにマンゴープリン、マンゴー・ジュースなど、巷では、ますますマンゴー大流行中で、日本でもずいぶん身近な存在になりました。東南アジアなどでマンゴーを食べる機会もあり、日本のスーパーにも山積みされていますが、特にやみつきになることもなく数年の月日が流れて・・・。しかし、数年前から完熟国産マンゴーの魅力に取りとかれてしまいました。私のまわりでも、毎年この季節は“マンゴー貧乏”が続出!
  





  マンゴーは、マレー半島、ビルマ、インド北部が原産の熱帯産フルーツです。うるし科の常緑喬木で、高さは30mにも達し、うっそうと葉が繁っています。インドでは4000年以上前から栽培が始まっており、仏教の経典にもその名が見られるそうです。
 味は、濃厚な甘さとともに、独特のエキゾチックな香りがあります。柔らかでねっとりとした口当たりで、口の中でとろけるような食感。果肉はこってりと柔らかく、程良い酸味で、一度食べたら虜になるような個性的な味わいをもっています。特に沖縄や宮古島などで栽培されている国産のマンゴーは、味の凝縮度が高いような気がするのは私だけでしょうか。
  





  果肉の濃いオレンジは、ベータカロチンの色。含まれているベータカロチンの量では、含有量の多いビワの2倍、柿の15倍といわれています。ビタミンAと相性の良いビタミンCを含むだけでなく、ミネラル分も多く含まれています。糖度が高い割にカロリーは抑え目。「女王」の気品と、栄養バランスの良い果物だと言えます。
  私は毎年、熊本県菊池郡菊陽町にある大自然ファームさんまで足を運びます。贈答用のマンゴーから、ご家庭で気軽に楽しめるリーズナブルな価格帯のものまであります。ジューシーでフルーティーなあじわいで人気ですので、早い時間に売り切れることもしばしば。楽天でも購入できます。

熊本産・大自然ファーム本田さんのマンゴー2、3玉入り<ご予約承り中>


 ちなみに、真ん中にある種を鉢植えにすると、マンゴーを栽培できるとか(食べれるものができるようになるかは別として)。取り出した種の外側の殻の外縁を切って開くと、中に豆様の種があるので、これを水でぬらした脱脂綿の上に置きます。1週間で芽が出るので鉢土に植えるのだそう。今年は試してみようかな。
 それにしても期間限定の旬の味、マンゴー。毎年待ちどおしい季節の味です。<YA>




有限会社 大自然ファーム
平成14年(2002年)12月23日
〒869-1102
熊本県菊池郡菊陽町原水6034
電話番号: 096-232-6730
FAX番号: 096-232-7561



マンゴーセレクション:一年中マンゴーを食べつくし 世界各国・日本各地から旬の...

マンゴーはこう切る!!

すかいぶるー。 ~マンゴー語り部屋~

Posted at 00時00分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=1412

   コメント

[ 内容チェック中 ]

逆援助交際 2009年12月25日 14時59分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

童貞 2009年12月13日 15時14分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

出会い 2009年12月06日 00時09分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

不倫 2009年12月05日 16時10分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

『interwoman』の「今日のサイト」に紹介されました。

『interwoman』の「今日のサイト」に紹介されました。

熊本市 岡田珈琲オリジナルビーフカレー

熊本市 岡田珈琲オリジナルビーフカレー

スパイスの分類

スパイスの分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ