DINING-EXPRESS

食に関する気になる情報を毎日更新中!

   【銘菓 鶴乃子・石村萬盛堂】 ホワイトデー・マシュマロデーのはじまり [全国特産物情報]

画像(410x266)

ひめ鶴乃子2個セット 210円

 創業明治38年、福岡市博多に本店がある老舗の和菓子店 石村萬盛堂。伝統を守り、素材にこだわった本物を常に追い求める和菓子の老舗。特に「鶴乃子」は、皇室への献上品としても有名です。なぜ今日、銘菓・鶴乃子を紹介するのか。。今日3月14日はホワイトデーだからです。

 マシュマロデー(ホワイトデー)の発案
昭和52年、三代目社長の石村善悟が、何気なく女性雑誌の投稿欄を見ていたら、「バレンタインデーで女性ばっかりが送るだけはおかしい」という登校を目にして、これだと思い、福岡のデパート岩田屋さんで、お返しの日を作ったのが始まりでした。お返しの日を1週間後にするか、逆さにして4月12日にするか迷っていたところ、岩田屋さんに3月14日が何もイベントがなくてよいと言われ決まったそうです。やがてこのアイデアがホワイトデーとなっていきます。(石村萬盛堂HPから引用)

 ホワイトデーは福岡発祥なのか、昔はマシュマロデーと呼んでいた。それからクッキーデー。最近はホワイトデーが主流ですね。

鶴乃子が生まれたわけ
明治末期に石村萬盛堂では古くから伝わる銘菓「鶏卵素麺」を作っていました。その過程で卵の卵白が多量に余り、これをどうにかできないかと考えて生まれたのが、マシュマロ、「鶴乃子」でした。舶来のマシュマロ技術を鶴乃子に応用しました。「鶴乃子」は昭和初期には、同じく博多銘菓の「ひよこ」と並べられ、「博多の鳥戦争」と言われたこともあったとか。

画像(350x254)

さて、鶴乃子を食べてみましょう。マシュマロ。口の中に入れるとふわ〜っと溶けていきます。この食感が「鶴乃子」の命。マシュマロ自体にぼってりとした重さはありません。黄身あんとのマッチングは絶妙。ホワイト+黄身以外にもこしあん入りのものもあります。

 博多お土産として「鶴乃子」はいかがでしょうか。

□鶴乃子のショッピング

【石村萬盛堂】銘菓 鶴乃子
【石村萬盛堂】銘菓 鶴乃子

【石村萬盛堂】献上鶴乃子
【石村萬盛堂】献上鶴乃子

□気になる商品がこの「献上鶴乃子」。皇室・宮家へ献上されている「鶴乃子」で、普通の鶴乃子より、より手をかけて作られている。少し大振りで手練の餡、職人が一つ一つ手作りで作っているという。(献上鶴乃子のページ

Posted at 15時15分

   トラックバック

トラックバックURL

http://www.howdy.co.jp/dining-express/tb.php?ID=1148

   コメント

[ 内容チェック中 ]

貧乳 2009年12月25日 14時07分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

童貞 2009年12月11日 03時16分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

hamada

カテゴリー

検索

検索


ランダム写真

ピエール・マルコリーニ 至福のチョコレート

ピエール・マルコリーニ 至福のチョコレート

■ギャル曽根ちゃんオススメ!もちもちの食感がたまらない!京都「阿闍梨餅」(あじゃりもち)

■ギャル曽根ちゃんオススメ!もちもちの食感がたまらない!京都「阿闍梨餅」(あじゃりもち)

■ヤキリンゴ リョーユーパン 懐かしい。

■ヤキリンゴ リョーユーパン 懐かしい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ HOWDY ]

[ LINK ]

[Login]

RSS1.0powered by a-blog
Copyright (C) 2007 DINING EXPRESS All rights reserved.

ページのトップへ